株式会社パソナグループ 四半期報告書 第11期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第11期第2四半期(平成29年9月1日-平成29年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社パソナグループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 平成30年1月12日

     【四半期会計期間】                 第11期第2四半期(自 平成29年9月1日 至 平成29年11月30日)

     【会社名】                 株式会社パソナグループ

     【英訳名】                 Pasona Group Inc.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役グループ代表兼社長 南部 靖之

     【本店の所在の場所】                 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号

     【電話番号】                 (03)6734-0200(代表)

     【事務連絡者氏名】                 専務執行役員       CFO 仲瀬 裕子

     【最寄りの連絡場所】                 東京都千代田区大手町二丁目6番2号

     【電話番号】                 (03)6734-0200(代表)

     【事務連絡者氏名】                 専務執行役員       CFO 仲瀬 裕子

     【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                  第10期          第11期

                回次                第2四半期          第2四半期           第10期
                                連結累計期間          連結累計期間
                               自   平成28年6月1日        自   平成29年6月1日        自   平成28年6月1日
               会計期間
                               至   平成28年11月30日        至   平成29年11月30日        至   平成29年5月31日
                                    136,867          150,619          280,395
     売上高                   (百万円)
                                      759         2,634          4,319

     経常利益                   (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                     △ 816          470         △ 129
     又は親会社株主に帰属する四半期                   (百万円)
     (当期)純損失(△)
                                     △ 41        1,173          2,431
     四半期包括利益又は包括利益                   (百万円)
                                    25,591          27,886          28,062
     純資産額                   (百万円)
                                    80,517         100,881          94,584
     総資産額                   (百万円)
     1株当たり四半期純利益金額又は
                           (円)         △ 22.18          12.78         △ 3.52
     1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                           (円)           -          -          -
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
                                     22.1          18.9          20.1
     自己資本比率                      (%)
                                     △ 515          457         6,464
     営業活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)
                                    △ 2,046         △ 7,915         △ 3,713
     投資活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)
                                    △ 1,961          4,155          1,890
     財務活動によるキャッシュ・フロー                   (百万円)
     現金及び現金同等物の四半期末
                                    11,752          17,783          21,062
                         (百万円)
     (期末)残高
                                  第10期          第11期

                回次                第2四半期          第2四半期
                                連結会計期間          連結会計期間
                               自   平成28年9月1日        自   平成29年9月1日
               会計期間
                               至   平成28年11月30日        至   平成29年11月30日
                                    △ 7.53         △ 1.70
     1株当たり四半期純損失金額(△)                     (円)
      (注) 1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        4 株主資本において自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-
          ESOP)」に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期(当期)純損失金額
          の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
     2  【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に重要な変更はあ
     りません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当社は、平成29年9月28日の取締役会において、三菱重工業株式会社の完全子会社である長崎ダイヤモンドスタッ
      フ株式会社の事業を吸収分割により承継するMHIダイヤモンドスタッフ株式会社(当社による株式取得後は長崎ダ
      イヤモンドスタッフ株式会社に商号変更予定)の株式を、3分の2を超えて取得の上、子会社化するための基本合意
      書を締結することを決議し、同日付で基本合意書を締結しております。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1) 業績の状況

      ①当第2四半期の経営成績
       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、海外情勢や地政学的リスクの影響等に留意する状況が続いたも
      のの、国内では企業収益や雇用環境の改善が進み、緩やかな回復基調で推移しました。雇用情勢においては引き続き
      人材需要の多様化が進み、求められる人材サービスも多岐に亘っています。
       こうした環境の中、当社グループでは今期、新たな本部ビルとして各グループ会社が結集した「JOB                                                HUB  SQUARE」
      を東京駅日本橋口に開設しました。多様な社会ニーズに応えていくためにそれぞれが持つリソースを最大化し、人材
      に関わるあらゆるサービスをワンストップで提供するとともに、オペレーションコストなどの効率化にも取り組んで
      おります。また様々な情報発信の拠点として、健康経営や働き方改革による生産性向上、グローバル化への対応、地
      方創生、新規事業の創出等、新たな取組みも推進しております。
       また当四半期は、企業の人手不足感や多様な人材サービスニーズへの対応が奏功し、インソーシングやアウトソ-
      シングを含むBPO事業や人材紹介事業の伸長を中心に、すべてのセグメントで増収となりました。また昨年8月に
      NTTグループより株式取得及び事業譲受した人材派遣事業も業績に貢献し、                                     売上高は    150,619    百万円   ( 前年同期比
      10.0%増    )となりました。売上総利益も各事業の増収に伴う利益増に加え、インソーシングやキャリアソリューショ
      ンの収益力向上が貢献し、            31,931   百万円(前年同期比         18.3%増    )と増益となりました。
       またグループ各社における業務プロセスの標準化やITシステム基盤の共通化による効率化が進みコスト低減が実
      現できたことや、前期に利益を圧迫する要因となっていた退職給付費用の負担も減り、営業利益は                                              2,618   百万円   (前年
      同期比   229.4%増     )、経常利益も       2,634   百万円   (前年同期比      246.8%増     )と大幅に拡大しました。また、第1四半期に前
      述のNTTグループ人材サービス会社のM&Aに伴う負ののれん発生益を特別利益に計上しており、親会社株主に帰
      属する四半期純利益は          470  百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失                          816  百万円)と黒字化し大幅な増益
      となりました。
       ■連結業績

                    平成29年5月期            平成30年5月期
                                            増減率
                   第2四半期(累計)            第2四半期(累計)
        売上高              136,867    百万円        150,619    百万円          10.0  %
        営業利益                794  百万円         2,618   百万円         229.4   %
        経常利益                759  百万円         2,634   百万円         246.8   %
        親会社株主に帰属
                       △816   百万円
                                                 -
                                    470  百万円
        する四半期純損益
                                  3/24



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      ②事業別の状況       (セグメント間取引消去前)
      HRソリューション

       エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他
                                     売上高     124,431    百万円 営業利益          2,330   百万円
       〔エキスパートサービス〕                売上高     78,491   百万円
         労働市場では人手不足感が継続しており、サービス業やメーカー、ITをはじめ幅広い業種で受注が増加しま
        した。引き続きニーズの高い、経理、外国語や貿易、IT系などの専門事務を中心に、多くの職種が伸長してお
        ります。当社グループでは今後必要とされる専門性の高い新たな職種を開発するとともに、スタッフのキャリア
        アップを推奨し、各分野に精通しているパートナー企業と提携し強力なバックアップ体制を構築しています。今
        期は特に将来様々な分野でロボットの活用が進むことを見据え、RPA(ロボティック・プロセス・オートメー
        ション)を扱う専門人材の需要増に対応する教育プログラムにも注力、スキルアップ支援を強化しています。 
         また当四半期は、株式会社パソナが昨年8月にNTTグループの人材サービス会社4社から譲り受けた人材派
        遣事業と子会社化した2社も業績に貢献しました。以上の結果、売上高は                                  78,491   百万円   (前年同期比      9.8%増    )と
        増収となりました。
       〔インソーシング〕             売上高     39,197   百万円

         派遣法・労働契約法の改正が浸透する中で、企業が人材ポートフォリオや業務プロセスを見直す動きが活発化
        しており、BPOのコスト効率化、人材管理の軽減等のメリットを受けて民間企業でのインソーシングの活用が
        進んでいます。コンタクトセンター等を運営するビーウィズ株式会社では、前期にエネルギー自由化による需要
        増に対応した投資及び体制強化によって今期はそれらが業績貢献し、パソナ・パナソニック                                           ビジネスサービス株
        式会社でもグループ連携が進み、総務分野の需要が増加したことから売上が伸長しました。
         またパブリック分野では、行政事務代行の実績が積み上がることで横展開が進み、拡大を続けています。また
        利便性の高い当社グループ総合拠点である「JOB                       HUB  SQUARE」には全国各地の自治体がオフィスを構え、地域へ
        の人材誘致を目指す「U・I・Jターンの窓口」や観光推進の「PR拠点」として活用するなど、地方創生に関
        わる案件も引き続き好調に推移しています。
         これらの結果、売上高は            39,197   百万円   (前年同期比      8.6%増    )と増収となりました。
       〔HRコンサルティング、教育・研修、その他〕                           売上高     3,236   百万円

         教育・研修事業を展開するキャプラン株式会社では、昨今急速に進むグローバル化を背景に、日本式の接客・
        接遇やコミュニケーション、語学、異文化理解などの研修に加え、働き方改革などの制度面やLGBTなど意識
        面に関する新しい企業研修ニーズも多く寄せられています。また同社が導入・コンサルティングを行うサクセス
        ファクターズ※は、人材のスキル・経験等を一元管理するタレントマネジメントシステムとして、グローバル展
        開を行う企業などから引き合いが拡大しました。加えて人材需要の高まりに伴い派遣から派遣先企業への直接雇
        用による紹介手数料が増加したことから、売上高は                        3,236   百万円(前年同期比         10.9%増    )となりました。
        㭟鍩浔渰뤰괰ﭽ䲚፻䤰湓陓ᘰ梊問ꄰ湎Q䍻ꅴذ鉓ﴰ欰地昰ŏũ洰湎멧偭㭵⠰ﮀ뉢ူ鉥⽣夰诿㏿⇿〰뀰ﰰ휰湎멧偻ꅴذ뜰
        テム
       〔グローバルソーシング(海外人材サービス)〕                           売上高     3,506   百万円

         海外においては、人材派遣、人材紹介、請負のすべての事業で増収となり、地域別では好調な北米に加え、A
        SEANが成長を見せています。インドネシアのPT.                         Dutagriya     Sarana(デュータグリヤ            サラナ)の派遣事業を
        中心に、経済状況が堅調なベトナムでも日系企業から技術者の需要が増加し、Caplan                                         Thailand(キャプラン           タ
        イ)との連携により日本式研修も増加しています。またインドでもクロスボーダーの人材紹介が進んでおり、順調
        に推移しました。結果、為替もプラス方向に働いたこともあり、売上高は                                  3,506   百万円(前年同期比         14.3%増    )と
        なりました。
                                  4/24



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
        以上の事業から構成されるセグメントの売上高は                        124,431    百万円(前年同期比         9.6%増    )となりました。利益面で
       はインソーシングの収益貢献やバックオフィスの共通化などによる効率化に加え、退職給付費用の負担減により、
       営業利益は     2,330   百万円(前年同期比         434.0%増     )と大幅な増益となりました。
       キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                         売上高     8,151   百万円 営業利益          1,489   百万円

        人材紹介のマーケットは引き続き好調で、メーカー、IT、金融を中心に業種や職種を問わず伸長しました。特
       にニーズの高い技術者向けには、ITエンジニア向けの転職サイト「GeekOut(ギークアウト)」を昨年8月に開設
       し、募集強化を図っています。
        また再就職支援のマーケットにおいては底打ち感が出てきているほか、今期より従来の再就職支援のコンサルタ
       ントが人材紹介や顧問サービスの提案も行う総合営業体制へと移行しております。全国80ヶ所以上の拠点を利用で
       きる強みを活かし、地方における中小企業が抱える様々な人材ニーズを捉えて早くも成果がでており、コストの効
       率化も進みました。
        これらの人材紹介と再就職支援を組み合わせたマネジメントが奏功し、当セグメントの売上高は                                              8,151   百万円(前
       年同期比    13.6%増    )、営業利益は       1,489   百万円(前年同期比         111.3%増     )と大幅な増収増益となりました。
       アウトソーシング          売上高     16,249   百万円 営業利益          2,514   百万円

        当社子会社で福利厚生アウトソーシングサービスを手がける株式会社ベネフィット・ワンでは、福利厚生事業で
       培ったサービスインフラを有効に活用しながら法人及び個人向けに事業を展開するとともに、国内の事業モデルの
       海外展開も推進しています。
        主力の福利厚生事業においては、サービス利用促進やIT投資の繰り上げ実施等により費用が先行しましたが、
       会員数は着実に増加しており事業は堅調に推移しています。報奨金等をポイント化して管理・運営するインセン
       ティブ事業では既存顧客を中心に順調であり、疾病予防のための健康支援を行うヘルスケア事業も新規取引が大幅
       に増加するなど、好調に推移しました。一方、個人会員向けにサービスを提供するパーソナル事業では、大型協業
       のスタートが8月にずれこみ、会員数の増加反転時期は下期に持ち越しとなりました。
        これらの結果、売上高は             16,249   百万円(前年同期比         11.7%増    )、営業利益は       2,514   百万円(前年同期比         1.3%増    )
       となりました。
       ライフソリューション            売上高     2,511   百万円     営業利益 110       百万円

        ライフソリューションでは、株式会社パソナフォスターにおいて、保育施設や放課後児童クラブの受託増加に加
       えて企業内保育所のコンサルティングなども貢献し、業績が伸長しました。また介護分野の株式会社パソナライフ
       ケアでも介護施設の利用やケアワーカー派遣、家事代行サービスの利用が増加したほか、企業従業員向けに介護離
       職を未然に防止するための「仕事と介護の両立支援サービス」も好調に推移しております。結果、売上高は                                                  2,511   百
       万円(前年同期比        11.4%増    )、  営業利益110      百万円(前年同期比         48.4%増    )と増収増益となりました。
       パブリックソリューション              売上高     1,198   百万円     営業損失 732       百万円

        パブリックソリューションでは、西日本最大級の道の駅を運営する株式会社丹後王国が、売上拡大に向け地域商
       社としての販路の拡大や地域に向けたPR活動提案など新たな取組みを推進し、運営コストの効率化にも注力した
       ことにより、売上増と利益改善が着実に進んでいます。一方、昨年7月、県立淡路島公園内にマンガ・アニメと自
       然環境とを融合させた体験型エンターテインメントとしてオープンした「ニジゲンノモリ」は、立ち上げ期の費用
       計上もあり営業損失となりました。
        これらの結果、売上高は             1,198   百万円(前年同期比         40.7%増    )と増収、利益面では          営業損失732      百万円(前年同期
       は 営業損失235      百万円)となりました。
                                  5/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
       消去又は全社         売上高     △1,923    百万円 営業利益          △3,094    百万円

        グループ間取引消去と、グループシナジーの最大化のためのコストや持株会社としての管理コスト等が含まれて
       います。今期は東京のグループ総合拠点への移転に伴う一時費用等が増加しております。
      ■セグメント別業績

                                     平成29年5月期           平成30年5月期

      売上高
                                                          増減率
                                    第2四半期(累計)
                                               第2四半期(累計)
      HRソリューション                                135,260    百万円       148,832    百万円      10.0  %
         エキスパートサービス(人材派遣)
                                      113,536    百万円       124,431    百万円       9.6  %
         インソーシング(委託・請負)他
           エキスパートサービス(人材派遣)                            71,469   百万円       78,491   百万円       9.8  %

           インソーシング(委託・請負)                            36,082   百万円       39,197   百万円       8.6  %
           HRコンサルティング、教育・研修、その他                             2,918   百万円        3,236   百万円      10.9  %
           グローバルソーシング(海外人材サービス)                             3,067   百万円        3,506   百万円      14.3  %
         キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                               7,178   百万円        8,151   百万円      13.6  %
         アウトソーシング                              14,545   百万円       16,249   百万円      11.7  %
      ライフソリューション                                 2,255   百万円        2,511   百万円      11.4  %
      パブリックソリューション                                  851  百万円        1,198   百万円      40.7  %
      消去又は全社                                △1,500    百万円       △1,923    百万円         ―
      合計                                136,867    百万円       150,619    百万円      10.0  %
                                     平成29年5月期           平成30年5月期

      営業  損 益
                                                          増減率
                                    第2四半期(累計)           第2四半期(累計)
      HRソリューション                                 3,623   百万円        6,334   百万円      74.8  %
         エキスパートサービス(人材派遣)
                                         436  百万円        2,330   百万円     434.0   %
         インソーシング(委託・請負)他
           エキスパートサービス(人材派遣)

           インソーシング(委託・請負)
                                         436  百万円        2,330   百万円      434.0   %
           HRコンサルティング、教育・研修、その他
           グローバルソーシング(海外人材サービス)
         キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)                                704  百万円        1,489   百万円      111.3   %
         アウトソーシング                               2,482   百万円        2,514   百万円       1.3  %
      ライフソリューション                                   74 百万円         110  百万円      48.4  %
      パブリックソリューション                                 △235   百万円        △732   百万円         ―
      消去又は全社                                △2,667    百万円       △3,094    百万円         ―
      合計                                  794  百万円        2,618   百万円     229.4   %
                                  6/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (2) 財政状態の分析
       ①資産
        当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて                                 6,296百万円増加        ( 6.7%増    )し、   100,881
       百万円   となりました。これは主に、現金及び預金の                     減少3,338百万円        、受取手形及び売掛金の           増加4,898百万円        、有
       形固定資産の増加3,935百万円等によるものであります。
       ②負債

        当第2四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて                               6,472百万円増加        ( 9.7%増    )し、   72,995百万
       円 となりました。これは主に、買掛金の                  減少2,669百万円        、未払費用の増加2,674百万円、長期借入金の増加3,327
       百万円、固定負債のその他に含まれるリース債務の増加1,274百万円等によるものであります。
       ③純資産

        当第2四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて                                176百万円減少       ( 0.6%減    )し、   27,886百万
       円 となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益470百万円、非支配株主持分の減少194百万円、
       配当金の支払447百万円等によるものであります。
      (3) キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比し
       て3,278百万円減少し、           17,783百万円      となりました。
       ①営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動の結果得られた資金は              457百万円     (前第2四半期連結累計期間             515百万円の減少        )となりました。
        資金増加の主な内訳は、税金等調整前四半期純利益                        3,053百万円      (同  724百万円     )、減価償却費       1,737百万円      (同
       1,624百万円      )、のれん償却額        495百万円     (同  487百万円     )等によるものであります。
        資金減少の主な内訳は、売上債権の増加                   2,449百万円      (同  423百万円     の減少)、営業債務の減少             1,720百万円      (同
       1,247百万円      )、法人税等の支払額          1,466百万円      (同  1,253百万円      )等によるものであります。
       ②投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動の結果使用した資金は              7,915百万円      (前第2四半期連結累計期間             2,046百万円の減少         )となりました。
        資金減少の主な内訳は、固定資産の取得による支出6,557百万円(同1,248百万円)、連結の範囲の変更を伴う子
       会社株式の取得による支出801百万円(前年同四半期は発生なし)、事業譲受による支出645百万円(前年同四半期
       は発生なし)等によるものであります。
       ③財務活動によるキャッシュ・フロー

        財務活動の結果得られた資金は              4,155百万円      (前第2四半期連結累計期間             1,961百万円の減少         )となりました。
        資金増加の主な内訳は、長期借入れによる収入7,150百万円(前年同四半期は発生なし)、セール・アンド・
       リースバックによる収入1,593百万円(前年同四半期は発生なし)等によるものであります。
        資金減少の主な内訳は、長期借入金の返済による支出                         2,735百万円      (前第2四半期連結累計期間             2,546百万円      )、
       配当金の支払額1,370百万円(同1,115百万円)等によるものであります。
      (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
      (5) 研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  7/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
          種類     発行可能株式総数(株)

         普通株式           150,000,000
           計          150,000,000
       ②   【発行済株式】

                第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所名
          種類       現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
                (平成29年11月30日)           (平成30年1月12日)              取引業協会名
                                                   単元株式数は
         普通株式            41,690,300          41,690,300      東京証券取引所市場第一部
                                                   100株であります
           計          41,690,300          41,690,300            -           -

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
           年月日       総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                   (百万円)       (百万円)
        平成29年9月1日~
                      ―  41,690,300           ―     5,000         ―    5,000
        平成29年11月30日
                                  8/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                平成29年11月30日現在
                                                      発行済株式
                                                所有株式数      総数に対する
            氏名又は名称                       住所
                                                 (株)     所有株式数
                                                      の割合(%)
                                                14,763,200         35.41
     南部 靖之                    兵庫県神戸市
                                                3,737,800         8.97
     株式会社南部エンタープライズ                    東京都千代田区大手町二丁目6番2号
                          225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW  YORK
     BNYM   NON-TREATY      DTT
                          10286,    USA                   1,986,600         4.77
     (常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀
     行)
                          (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     CREDIT    SUISSE    AG  HONG   KONG   TRUST   A/C
                          LEVEL   88,  INTERNATIONAL       COMMERCE     CENTRE,
     CLIENT
                          1 AUSTIN    ROAD   WEST,   KOWLOON,     HONG   KONG     1,081,200         2.59
     (常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀
                          (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     行)
                          VICTRIA    CROSS   NORTH   SYDNEY    2060
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                          AUSTRALIA
     COMPANY    505004
                                                 976,832        2.34
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                          (東京都港区港南二丁目15番1号 品川イン
     営業部)
                          ターシティA棟) 
                          5TH  FLOOR,    TRINITY    TOWER   9,  THOMAS    MORE
     CHASE   MANHATTAN     BANK   GTS  CLIENTS
                          STREET    LONDON,    E1W  1YT,   UNITED    KINGDOM
     ACCOUNT    ESCROW
                                                 933,521        2.24
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                          (東京都港区港南二丁目15番1号 品川イン
     営業部)
                          ターシティA棟) 
                                                 695,600        1.67
     パソナグループ従業員持株会                    東京都千代田区大手町二丁目6番4号
                                                 596,600        1.43
     株式会社グラティツード                    東京都港区赤坂八丁目5番7号
     BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNYM   GCM
                          2 KING   EDWARD    STREET,    LONDON    EC1A   1HQ
     CLIENT    ACCTS   M ILM  FE
                          UNITED    KINGDOM                    548,819        1.32
     (常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀
                          (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     行)
                          25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380621
                          E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                 536,500        1.29
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                          (東京都港区港南二丁目15番1号 品川イン
     営業部)
                          ターシティA棟)
                                                25,856,672         62.02
              計                      ―
     (注)   1 上記のほか、提出会社名義の自己株式4,398,754株(発行済株式総数に対する所有割合10.55%)があります

         が、会社法第308条第2項の規定により議決権を有しておりません。
       2 当社は「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しており、資産管理サービス信託銀
         行株式会社(信託E口)(以下「信託E口」という)が当社株式485,000株を取得しております。信託E口が
         所有する当社株式については、自己株式に含めておりません。
       3 平成29年4月11日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、Tempered                                          Investment      Management
         LTD.が平成29年4月6日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半
         期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりませ
         ん。
         なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                保有株券等        株券等
            氏名又は名称                       住所
                                                の数(株)     保有割合(%)
                          1431   Bramwell     Road,   West   Vancouver,      BC.,
     Tempered     Investment      Management      LTD.
                                                2,114,600         5.07
                          Canada
                                  9/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                 平成29年11月30日現在
              区分              株式数(株)            議決権の数(個)             内容
                                                     -
        無議決権株式                              -         -
                                                     -
        議決権制限株式(自己株式等)                              -         -
                                                     -
        議決権制限株式(その他)                              -         -
                        (自己保有株式)
                                                     -
        完全議決権株式(自己株式等)                                       -
                        普通株式          4,398,700
                                                     -
        完全議決権株式(その他)                普通株式          37,285,500           372,855
                                                     -
        単元未満株式                普通株式            6,100           -
                                                     -
        発行済株式総数                          41,690,300             -
                                                     -
        総株主の議決権                              -       372,855
      (注)1     「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式291,000株

          (議決権数2,910個)及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社株式194,000株(議決権数1,940個)
          が含まれております。
         2  「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式54株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                 平成29年11月30日現在
                                                     発行済株式
                                  自己名義      他人名義      所有株式数
            所有者の氏名                                         総数に対する
                        所有者の住所         所有株式数      所有株式数       の合計
             又は名称                                        所有株式数
                                   (株)      (株)      (株)
                                                     の割合(%)
                      東京都千代田区丸の内
         株式会社パソナグループ
                                            -
                                  4,398,700             4,398,700         10.55
          (自己保有株式)
                       一丁目5番1号
                                            -
              計             -       4,398,700             4,398,700         10.55
      (注)1     「株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式291,000株(0.70%)及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有す

          る当社株式194,000株(0.47%)は、上記自己株式に含めておりません。
         2  「自己名義所有株式数」には、当社保有の単元未満株式54株が含まれておりません。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年9月1日から平成
      29年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年6月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          21,754              18,416
         現金及び預金
                                          34,202              39,101
         受取手形及び売掛金
                                        ※1  1,504            ※1  1,613
         たな卸資産
                                          7,210              7,206
         その他
                                           △ 53             △ 51
         貸倒引当金
                                          64,617              66,286
         流動資産合計
       固定資産
                                          9,258              13,193
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          3,701              4,139
           のれん
                                          5,377              5,669
           その他
                                          9,079              9,809
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          11,740              11,720
           その他
                                          △ 111             △ 129
           貸倒引当金
                                          11,629              11,591
           投資その他の資産合計
                                          29,966              34,594
         固定資産合計
                                          94,584              100,881
       資産合計
                                 12/24












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                          5,850              3,181
         買掛金
                                          5,362              6,365
         短期借入金
                                         14,140              16,815
         未払費用
                                          1,730              1,614
         未払法人税等
                                          3,189              3,562
         賞与引当金
                                           27              26
         役員賞与引当金
                                           97              71
         資産除去債務
                                         19,412              19,760
         その他
                                         49,811              51,397
         流動負債合計
       固定負債
                                         12,017              15,345
         長期借入金
                                          1,829              1,915
         退職給付に係る負債
         役員株式給付引当金                                  28              41
         従業員株式給付引当金                                  34              41
                                           879             1,007
         資産除去債務
                                          1,921              3,246
         その他
                                         16,710              21,597
         固定負債合計
                                         66,522              72,995
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                          5,000              5,000
         資本金
                                          5,013              5,014
         資本剰余金
                                         12,593              12,616
         利益剰余金
                                         △ 4,008             △ 4,008
         自己株式
                                         18,598              18,622
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           293              306
         その他有価証券評価差額金
                                           90              108
         為替換算調整勘定
                                           74              38
         退職給付に係る調整累計額
                                           458              452
         その他の包括利益累計額合計
                                          9,006              8,811
       非支配株主持分
                                         28,062              27,886
       純資産合計
                                         94,584              100,881
      負債純資産合計
                                 13/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                         136,867              150,619
      売上高
                                         109,867              118,687
      売上原価
                                         27,000              31,931
      売上総利益
                                       ※1  26,205            ※1  29,313
      販売費及び一般管理費
                                           794             2,618
      営業利益
      営業外収益
                                           15              14
       受取利息
                                           26              24
       補助金収入
                                           20              263
       不動産賃貸料
                                           114              131
       その他
                                           176              433
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           77              91
       支払利息
                                           29              31
       コミットメントフィー
                                           40               9
       持分法による投資損失
                                            8             241
       不動産賃貸費用
                                           56              42
       その他
                                           211              417
       営業外費用合計
                                           759             2,634
      経常利益
      特別利益
                                            9
       投資有価証券売却益                                                  -
                                                         601
                                           -
       負ののれん発生益
                                            9             601
       特別利益合計
      特別損失
                                           44              106
       固定資産除売却損
                                                         67
       投資有価証券評価損                                    -
                                                          9
                                           -
       関係会社株式評価損
                                           44              182
       特別損失合計
                                           724             3,053
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,098              1,863
                                          △ 229               29
      法人税等調整額
      法人税等合計                                     868             1,893
                                          △ 144             1,160
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
                                           672              690
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                          △ 816              470
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 14/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
                                          △ 144             1,160
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           83              23
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 190               26
       為替換算調整勘定
                                           212              △ 37
       退職給付に係る調整額
                                           △ 2              0
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           102               13
       その他の包括利益合計
                                          △ 41             1,173
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          △ 724              464
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           683              708
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/24















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           724             3,053
       税金等調整前四半期純利益
                                          1,624              1,737
       減価償却費
                                           487              495
       のれん償却額
                                                        △ 601
       負ののれん発生益                                    -
                                           △ 5              6
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                           147              351
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           △ 6             △ 0
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           88              34
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                           287             △ 104
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)
                                          △ 30             △ 30
       受取利息及び受取配当金
                                           77              91
       支払利息
                                          △ 26             △ 24
       補助金収入
                                           40               9
       持分法による投資損益(△は益)
                                           44              106
       固定資産除売却損益(△は益)
                                           △ 9
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                  -
                                           423            △ 2,449
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         △ 1,247             △ 1,720
       営業債務の増減額(△は減少)
                                          △ 278             △ 197
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         △ 1,594              1,175
       その他
                                           746             1,933
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    45              49
                                          △ 79             △ 83
       利息の支払額
                                           26              24
       補助金の受取額
                                         △ 1,253             △ 1,466
       法人税等の支払額
                                          △ 515              457
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 685            △ 5,501
       有形固定資産の取得による支出
                                                         14
       有形固定資産の売却による収入                                    -
                                          △ 562            △ 1,056
       無形固定資産の取得による支出
       投資有価証券の取得による支出                                  △ 213              △ 36
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                        △ 801
                                           -
       る支出
                                          △ 72             △ 25
       貸付けによる支出
                                          △ 192             △ 231
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           106              428
       敷金及び保証金の回収による収入
                                                        △ 645
       事業譲受による支出                                    -
                                          △ 426              △ 60
       その他
                                         △ 2,046             △ 7,915
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 16/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                 至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          2,050              △ 147
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                                        7,150
       長期借入れによる収入                                    -
                                         △ 2,546             △ 2,735
       長期借入金の返済による支出
                                                        1,593
       セール・アンド・リースバックによる収入                                    -
                                          △ 369             △ 355
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                           19              19
       非支配株主からの払込みによる収入
                                       ※2   △  229
       子会社の自己株式の取得による支出                                                  -
                                        ※2  229
                                                          0
       子会社の自己株式の処分による収入
                                          △ 445             △ 446
       配当金の支払額
                                          △ 669             △ 923
       非支配株主への配当金の支払額
                                           △ 0             △ 0
       その他
                                         △ 1,961              4,155
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 165               24
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 4,688             △ 3,278
      現金及び現金同等物の期首残高                                    16,441              21,062
                                       ※1  11,752            ※1  17,783
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/24














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
     (継続企業の前提に関する事項)
      該当事項はありません。
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       連結の範囲の重要な変更
       第1四半期連結会計期間より、新たに株式取得したNTTヒューマンソリューションズ株式会社(平成29年8月1
      日付けで株式会社パソナヒューマンソリューションズに商号変更)及びテルウェル・ジョブサポート株式会社(平成
      29年8月1日付けで株式会社パソナジョブサポートに商号変更)を連結の範囲に含めております。
       なお、みなし取得日を平成29年8月31日としているため、第1四半期連結会計期間においては、貸借対照表のみを
      連結しており、当第2四半期連結会計期間より損益計算書を連結しております。
       当第2四半期連結会計期間より、新たに株式取得した株式会社ドロップシステム及び新たに設立した株式会社
      ディージーワンを連結の範囲に含めております。
       なお、株式会社ドロップシステムについては、みなし取得日を平成29年9月30日としているため、当第2四半期連
      結会計期間においては、貸借対照表のみを連結しております。
     (追加情報)

      (表示方法の変更)
       当社の連結子会社であるパソナ・パナソニック                       ビジネスサービス株式会社は、第1四半期連結会計期間より、従
      来、売上原価として計上していた費用の一部を販売費及び一般管理費として計上しております。これは、新たな会計
      システムの導入を契機に間接部門の位置付けを明確にしたことによるものであります。これにより、従来の方法に
      よった場合と比べ売上総利益が1,295百万円増加しておりますが、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利
      益に与える影響はありません。
       また、1株当たり情報に与える影響は該当箇所に記載しております。
       なお、表示方法の変更に関する原則的な取扱いにつきましては、過去の情報について変更後の区分に合わせて算定
      することが実務上不可能であるため、前第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の組替えを行なっておりませ
      ん。
     (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1  たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (平成29年5月31日)              (平成29年11月30日)
                                         1,194              1,014
     商品
                                          132              124
     貯蔵品
                                          120              401
     仕掛品
                                          24              22
     製品
                                          33              50
     原材料
                                 18/24







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     (四半期連結損益計算書関係)
      ※1  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自    平成28年6月1日            (自    平成29年6月1日
                                至   平成28年11月30日)            至   平成29年11月30日)
                                        10,222              11,788
     従業員給与及び賞与等
                                         1,729              2,044
     賞与引当金繰入額
                                          17              25
     役員賞与引当金繰入額
                                          496              175
     退職給付費用
                                          10              17
     役員株式給付引当金繰入額
                                          13               7
     従業員株式給付引当金繰入額
                                         2,185              2,496
     賃借料
                                           8             △ 0
     貸倒引当金繰入額
                                          978             1,081
     減価償却費
                                          487              495
     のれん償却額
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      㯿  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
        りであります。
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自    平成28年6月1日            (自    平成29年6月1日
                                至   平成28年11月30日)            至   平成29年11月30日)
     現金及び預金勘定                                   12,570              18,416
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                    △818              △632
     現金及び現金同等物                                   11,752              17,783
      ※2  当社の連結子会社である株式会社ベネフィット・ワン(以下、ベネフィット・ワン)が「株式給付信託(BBT)」

        及び「株式給付信託(J-ESOP)」を導入したことに伴うベネフィット・ワン株式の処分による収入ならびに、
        同制度の導入に伴うベネフィット・ワン株式の取得による支出を含んでおります。
     (株主資本等関係)

     前第2四半期連結累計期間(自 平成28年6月1日 至 平成28年11月30日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     平成28年7月15日
               普通株式          447       12  平成28年5月31日         平成28年8月22日          利益剰余金
     取締役会
     (注)「配当金の総額」には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社株式485,000
        株に対する配当金5百万円が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
                                 19/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自 平成29年6月1日 至 平成29年11月30日)
     1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     平成29年7月14日
               普通株式          447       12  平成29年5月31日         平成29年8月21日          利益剰余金
     取締役会
     (注)「配当金の総額」には、「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」が保有する当社株式485,000
        株に対する配当金5百万円が含まれております。
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
     (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
     Ⅰ.前第2四半期連結累計期間(自                   平成28年6月1日          至   平成28年11月30日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                    HRソリューション

                                                       四半期
                 エキスパー
                                                       連結
                                                  調整額
                 トサービス
                                 ライフソ     パブリック       合計         損益計算書
                      キャリアソ
                                                  (注)2
                 (人材派
                                 リューショ      ソリュー                 計上額
                      リューショ
                 遣)、イン          アウトソー
                                   ン    ション                (注)3
                      ン(人材紹
                 ソーシング            シング
                      介、再就職
                 (委託・請
                       支援)
                  負)他
                  (注)1
     売上高
                  112,844      7,166     14,219      2,220      416   136,867           136,867
       外部顧客への売上高                                               -
       セグメント間の内部
                    692      11     325      34     435    1,500    △ 1,500
                                                          -
      売上高又は振替高
                  113,536      7,178     14,545      2,255      851   138,367     △ 1,500    136,867
          計
     セグメント利益又は
                    436     704    2,482       74    △ 235    3,462    △ 2,667      794
     損失(△)
      (注)   1 「エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他」には、エキスパートサービス
           (人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、HRコンサルティング他、グローバルソーシング(海外
           人材サービス)の各事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額△2,667百万円には、セグメント間取引消去1百万円、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用2,669百万円が含まれております。全社費用は、主に当社におけるグループ管理に係る費
          用です。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ.当第2四半期連結累計期間(自                   平成29年6月1日          至   平成29年11月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                          報告セグメント
                    HRソリューション

                                                       四半期
                 エキスパー
                                                       連結
                                                  調整額
                 トサービス
                                 ライフソ     パブリック       合計         損益計算書
                      キャリアソ
                                                  (注)2
                 (人材派
                      リューショ           リューショ      ソリュー                 計上額
                 遣)、イン          アウトソー
                                   ン    ション                (注)3
                      ン(人材紹
                 ソーシング            シング
                      介、再就職
                 (委託・請
                       支援)
                  負)他
                  (注)1
     売上高
                  123,484      8,125     15,851      2,462      695   150,619           150,619
       外部顧客への売上高                                               -
       セグメント間の内部
                    947      26     397      48     502    1,923    △ 1,923
                                                          -
      売上高又は振替高
          計        124,431      8,151     16,249      2,511     1,198    152,542     △ 1,923    150,619
     セグメント利益又は
                   2,330     1,489     2,514      110    △ 732    5,713    △ 3,094     2,618
     損失(△)
      (注)   1 「エキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)他」には、エキスパートサービス

          (人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、HRコンサルティング他、グローバルソーシング(海外人
          材サービス)の各事業を含んでおります。
        2 セグメント利益の調整額△3,094百万円には、セグメント間取引消去7百万円、各報告セグメントに配分し
          ていない全社費用3,102百万円が含まれております。全社費用は、主に当社におけるグループ管理に係る費
          用及び新規事業のインキュベーションコストであります。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

        当第2四半期連結会計期間より、従来「その他」に含まれていた「パブリックソリューション」について量的な
       重要性が増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。また、それに伴い、従来「その他」
       に含まれていた「ライフソリューション」についても報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
        なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報については変更後の区分により作成したものを記載しており
       ます。
                                 21/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                項目               (自 平成28年6月1日              (自 平成29年6月1日
                                至 平成28年11月30日)               至 平成29年11月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                      △22円18銭               12円78銭
     1株当たり四半期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                         △816               470
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
     普通株主に帰属しない金額                              (百万円)
                                           -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は普通株式に係る親会社
                                         △816               470
     株主に帰属する四半期純損失(△)                        (百万円)
     普通株式の期中平均株式数        (株)                                 36,806,630              36,806,552
      (注)   1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

        2 株主資本において自己株式として計上されている「株式給付信託(BBT)」及び「株式給付信託(J-ESOP)」
          に残存する自社の株式は、1株当たり四半期純利益金額及び1株当たり四半期純損失金額の算定上、期中平
          均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
          前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における1株当たり四半期純利益金額及び1株当
          たり四半期純損失金額の算定上、控除した自己株式のうち、「株式給付信託(BBT)」は291,000株であり、
          「株式給付信託(J-ESOP)」は194,000株であります。
        3 「追加情報(表示方法の変更)」に記載のとおり、パソナ・パナソニック                                     ビジネスサービス株式会社は、
          第1四半期連結会計期間より、売上原価として計上していた費用の一部を販売費及び一般管理費として計上
          しております。
          これによる、当第2四半期連結累計期間における1株当たり四半期純利益金額に与える影響はありません。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 22/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社パソナグループ(E05729)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成30年1月12日

     株  式  会  社  パ  ソ  ナ  グ  ル  ー  プ
          取 締 役 会  御 中
                          有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士   國 井 泰 成
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士          大 橋 武 尚
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社パソナ

     グループの平成29年6月1日から平成30年5月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年9月1日か
     ら平成29年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年6月1日から平成29年11月30日まで)に係る四半期連結
     財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社パソナグループ及び連結子会社の平成29年11月30日現在
     の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表
     示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。