株式会社東京商品取引所 半期報告書 第72期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第72期(平成29年4月1日-平成30年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社東京商品取引所

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2017年12月15日
      【中間会計期間】                    第72期中(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)
      【会社名】                    株式会社東京商品取引所
      【英訳名】                    Tokyo   Commodity     Exchange,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    取締役兼代表執行役社長  濵田 隆道
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町一丁目10番7号
      【電話番号】                    03-3661-9191
      【事務連絡者氏名】                    財務・経理部長  池田 恭祥
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町一丁目10番7号
      【電話番号】                    03-3661-9191
      【事務連絡者氏名】                    財務・経理部長  池田 恭祥
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/44














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
              回次            第70期中       第71期中       第72期中        第70期       第71期
                          自2015年       自2016年       自2017年       自2015年       自2016年

                          4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
             会計期間
                          至2015年       至2016年       至2017年       至2016年       至2017年
                          9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
                    (千円)      1,443,816       1,495,604       1,577,580       3,007,762       2,951,999
     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)               (千円)        99,062      △ 683,900      △ 323,560       △ 29,370     △ 1,034,077
     親会社株主に帰属する中間純
     利益又は親会社株主に帰属す               (千円)        71,693      △ 684,718      △ 327,144      △ 489,100     △ 1,099,539
     る中間(当期)純損失(△)
                    (千円)        71,693      △ 684,718      △ 327,144      △ 489,100     △ 1,099,539
     中間包括利益又は包括利益
                    (千円)      9,583,800       8,338,286       7,596,321       9,023,005       7,923,466
     純資産額
                    (千円)     105,714,766       109,739,221       133,319,016       113,944,205       122,767,698
     総資産額
                    (円)       840.80       731.53       666.44       791.60       695.14
     1株当たり純資産額
     1株当たり中間純利益金額又
     は中間(当期)純損失金額               (円)        23.57      △ 225.16      △ 107.57      △ 160.83      △ 361.57
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり中
                    (円)          -       -       -       -       -
     間(当期)純利益金額
                    (%)         9.1       7.6       5.7       7.9       6.5
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)      2,685,602       △ 420,986      1,339,479        853,762      1,639,732
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 40,485      △ 55,777      △ 133,062      1,024,266       △ 513,519
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 36,000         -       -    △ 57,000         -
     フロー
     現金及び現金同等物の中間期
                    (千円)      5,433,359       4,168,507       6,977,900       4,645,271       5,771,483
     末(期末)残高
                              83       82       81       83       82
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 10 )      ( 11 )      ( 10 )      ( 9 )      ( 10 )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、希薄化を有している潜在株式が存在しない
           ため記載しておりません。
         3.中間期末(期末)従業員数は、就業人員(当社グループ(当社及び当社の関係会社)からグループ外への出向
           者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人
           材派遣会社からの派遣社員数)は、中間連結会計期間(連結会計年度)の平均人数を()外数で記載しており
           ます。
                                  2/44





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次            第70期中       第71期中       第72期中        第70期       第71期
                          自2015年       自2016年       自2017年       自2015年       自2016年

                          4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
             会計期間
                          至2015年       至2016年       至2017年       至2016年       至2017年
                          9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
                    (千円)      1,316,074       1,335,212       1,351,129       2,741,990       2,642,118
     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)               (千円)       309,004      △ 687,075      △ 365,303       179,372     △ 1,078,983
     中間純利益又は中間(当期)
                    (千円)       363,325      △ 683,654      △ 354,554      △ 202,328     △ 1,124,165
     純損失(△)
                    (千円)      1,989,416       1,989,416       1,989,416       1,989,416       1,989,416
     資本金
                    (株)      3,124,573       3,124,573       3,124,573       3,124,573       3,124,573
     発行済株式総数
                    (千円)      7,929,744       6,680,435       5,885,369       7,364,089       6,239,923
     純資産額
     総資産額               (千円)      12,800,505       12,113,861       13,029,782       10,844,176       12,717,966
     1株当たり配当額               (円)          -       -       -       -       -

     自己資本比率               (%)        61.9       55.1       45.2       67.9       49.1

                              64       66       64       64       66
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 8 )      ( 9 )      ( 8 )      ( 7 )      ( 8 )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.中間期末(期末)従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外からの当
           社への受入出向者(兼務出向を除く)を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社か
           らの派遣社員数)は、中間会計期間(事業年度)の平均人数を()外数で記載しております。
                                  3/44












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
        当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更
       はありません。また、関係会社における異動もありません。
      3【関係会社の状況】

        当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)  連結会社の状況
                                                   2017年9月30日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)

     取引所事業                                             64(8)

     清算事業                                             17(2)
                 合 計                                 81(10)

       (注)従業員数は、就業人員であり、嘱託社員を含み、                          臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員数)は、当中間
          連結会計期間の平均人数を()             外数で記載しております           。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2017年9月30日現在
     従業員数(名)                                              64(8)

       (注)   従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外からの当社への受入出向者
          (兼務出向を除く)を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員数)
          は、当中間会計期間の平均人数を( )                  外数で記載しております           。
       (3)  労働組合の状況

         当社の従業員により東京商品取引所労働組合が組織されており、中央区労働組合協議会に加盟しております。
        2017年9月30日現在の組合員数は9名であります。
         なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  4/44










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
         当中間連結会計期間における我が国の経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、緩やかな回復基調が続いて
        います。
         商品市場におきましては、7             月までの4か月間は、米軍によるシリア攻撃、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射
        などの地政学的リスクの高まりがあったものの、仏大統領選挙での中道派候補の勝利により欧州連合分裂に直結す
        る政治リスクが回避されたことなどから、主力商品である金を中心に米連邦準備制度理事会の金融政策の行方をみ
        ながらの動意の乏しい状況となりました。8月からの2か月間は、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射と核実験実
        施により朝鮮半島情勢が一層緊迫化したことから、一時的にボラティリティ回復の兆候がみられましたが、総じて
        昨年度末以降の低ボラティリティ環境が継続しています。
         このような環境のなかで、当社グループは、当社市場の活性化に向けて各種施策に取り組んだものの、当中間連
        結会計期間における総取引高は1,236万枚(前年同期比5.4%減)となりました。
         しかしながら、定率参加料及び清算手数料の単価の引き上げ等により                                 、当社グループの営業収益は1,577,580千
        円(前年同期比5.5%増)となりました。
         また、新取引システムの稼働に伴う電算事業費及び減価償却費の減少等により営業費用は1,936,449千円(前年
        同期比14.5%減)となりました。
         この結果、営業損失は358,869千円(前年同期比53.3%減)、経常損失は323,560千円(前年同期比52.7%減)、
        親会社株主に帰属する中間純損失は327,144千円(前年同期比52.2%減)となりました。
         なお、セグメントの業績は、次のとおりであります。
        ①  取引所事業

          当事業部門における営業収益は1,351,129千円(前年同期比1.2%増)、セグメント損失(経常損失)は
         365,303千円(前年同期比46.8%減)となりました。
        ②  清算事業

          当中間連結会計期間における債務引受件数は2,518万件(前年同期比5.9%減)となりましたが、清算手数料単
         価の引き上げ(1枚あたり6円から9円に引き上げ)を行ったことにより、当事業部門における営業収益は
         226,450千円(前年同期比41.2%増)、セグメント利益(経常利益)は41,743千円(前年同期比3,322.1%増)と
         なりました。
       (2)  キャッシュ・フローの状況

        ①   営業活動によるキャッシュ・フロー
          当中間連結会計期間において営業活動の結果獲得した資金は1,339,479千円(前年同期は420,986千円の使用)と
         なりました。これは主に、税金等調整前中間純損失を323,560千円計上したものの、減価償却費523,267千円の計
         上及び受渡代金の増加1,011,220千円等があったことによるものです。
        ②   投資活動によるキャッシュ・フロー

          当中間連結会計期間において投資活動の結果使用した資金は133,062千円(前年同期比138.6%増)となりまし
         た。これは主に、無形固定資産の取得による支出129,324千円等によるものです。
        ③   財務活動によるキャッシュ・フロー

          当中間連結会計期間において、財務活動の結果獲得及び使用した資金はありません。
          これらの結果、当中間連結会計期間における現金及び現金同等物の中間期末残高は、期首に比べ1,206,416千

         円増加の6,977,900千円となりました。
                                  5/44





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      2【業績の状況】
       (1)  収益実績
                      2016年度中間連結           構成比     2017年度中間連結           構成比     前年同期比
         セグメント別収益実績
                      会計期間(千円)           (%)     会計期間(千円)           (%)      (%)
           定額参加料                 39,310       2.6         38,310       2.4      △2.5

           定率参加料               1,166,715        78.0        1,152,032        73.0      △1.3

           資格取得料収入                   50     0.0         1,000       0.1     1,900.0

           相場転送利用料                 57,824       3.9         61,162       3.9       5.8

           システム関連利用料                 71,311       4.8         94,281       6.0      32.2

           その他                   -      -         4,343       0.3       -

        取引所事業                   1,335,212        89.3        1,351,129        85.6       1.2

           清算手数料                160,392       10.7         226,450       14.4       41.2

        清算事業                    160,392       10.7         226,450       14.4       41.2

        合計                   1,495,604        100.0        1,577,580        100.0        5.5

      (注)1.主な相手先別の収益実績及び当該収益実績の総収益実績に対する割合は次のとおりであります。
                                 前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                                 (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                   相手先
                                   至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                               金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
            ソシエテ・ジェネラル証券株式会社                      311,515         20.8      271,537         17.2

            日産証券株式会社                      237,430         15.9      353,277         22.4

         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.ソシエテ・ジェネラル証券株式会社は、2016年5月にニューエッジ・ジャパン証券株式会社から商号変更し
           ております。
                                  6/44










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (2)  取引高実績
                    2016年度中間連結会計            構成比     2017年度中間連結会計            構成比     前年同期比
          市場・商品
                    期間取引高(枚)            (%)     期間取引高(枚)            (%)      (%)
            標準              4,349,136        33.3         3,335,749        27.0      △23.3

            ミニ               611,782        4.7         382,839        3.1     △37.4

       金     限日              1,971,058        15.1         1,654,717        13.4      △16.0

                            1,326                 15,113

            オプション                       0.0                 0.1     1,039.7
            現物取引                  66     0.0           148      0.0      124.2

       銀                     38,435       0.3          10,595       0.1     △72.4

            標準              1,396,036        10.7         1,353,055        10.9      △3.1

       白金     ミニ               117,089        0.9          73,978       0.6     △36.8

            限日                  -             1,116,336         9.0        -

       パラジウム                     14,033       0.1          15,915       0.1      13.4

     貴金属市場                     8,498,961        65.0         7,958,445        64.4      △6.4

     ゴム市場                     1,066,372         8.2        1,017,324         8.2      △4.6

     アルミニウム市場                        -      -            -      -       -

                          2,676,639        20.5         2,763,121        22.3

       原油                                                   3.2
            バージ               423,020        3.2         325,624        2.6     △23.0

       ガソリ
            バージスワップ                  -      -          3,045       0.0        -
       ン
            ローリースワッ
                             -      -          3,172       0.0        -
            プ
            バージ                90,081       0.7          98,676       0.8       9.5
            バージスワップ                  -      -          3,003       0.0        -

       灯油
            ローリースワッ
                             -      -          2,956       0.0        -
            プ
            バージ                  0     0.0            0     0.0        -
            バージスワップ                  -      -          2,955       0.0        -

       軽油
            ローリースワッ
                             -      -          2,952       0.0        -
            プ
     石油市場                     3,189,740        24.4         3,205,504        25.9       0.5
       ガソリン                     4,576       0.0          6,542       0.1      43.0

       灯油                     2,079       0.0          2,037       0.0      △2.0

     中京石油市場                       6,655       0.1          8,579       0.1      28.9

       一般大豆                     66,453       0.5          21,686       0.2     △67.4
       小豆                     13,472       0.1          4,523       0.0     △66.4

                                   1.8                 1.2

       とうもろこし                    230,554                 149,402             △35.2
       粗糖                       -      -            -      -       -

     農産物・砂糖市場                      310,479        2.4         175,611        1.4     △43.4

     合計                    13,072,207        100.0         12,365,463        100.0       △5.4

     (注)1.貴金属市場は、金・銀・白金・パラジウムの4商品で構成されております。
        2.ゴム及びアルミニウムは単一で市場を構成しております。
                                  7/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
        3.石油市場は、原油・ガソリン・灯油・軽油の4商品で構成されております。
        4.中京石油市場は、ガソリン・灯油の2商品で構成されております。
        5.農産物・砂糖市場は、一般大豆・小豆・とうもろこし・粗糖の4商品で構成されております。
        6.貴金属市場の金現物取引は2016年7月より、白金限日は2017年3月より取引を開始しました。
        7.石油市場のバージガソリンスワップ、ローリーガソリンスワップ、バージ灯油スワップ、ローリー灯油スワッ
          プ、バージ軽油スワップ、ローリー軽油スワップは2017年5月より取引を開始しました。
        8.アルミニウムは、2010年10月限の納会日をもって取引を休止しました。
        9.農産物・砂糖市場の粗糖は、2015年3月限の納会日をもって取引を休止しました。
       (3)  取引参加者の異動状況

                                       2017年度中間
                               2016年度末
                                       連結会計期間末          取引参加者数
                              取引参加者数
                  区分
                                       取引参加者数          増減(社)
                                (社)
                                         (社)
                       金             47         46         △1
                       銀             44         43         △1

           貴金属市場
                       白金              38         37         △1
                     パラジウム               38         38         -

                 ゴム市場                   32         31         △1

               アルミニウム市場                     16         16         -

                       原油              41         40         △1

                      ガソリン               42         41         △1

            石油市場
                       灯油              43         42         △1
                       軽油              41         40         △1

                      ガソリン               36         36         -

           中京石油市場
                       灯油              36         36         -
               農産物・砂糖市場                     35         34         △1

                合計(実数)                    86         84         △2

         (注)合計(実数)においては、重複する取引参加者を除いております。
       (4)  株式会社日本商品清算機構の債務引受件数実績

                            2016年度中間              2017年度中間
                            連結会計期間         構成比      連結会計期間         構成比     前年同期比
                            債務引受件数         (%)      債務引受件数         (%)      (%)
                             (件)              (件)
          株式会社東京商品取引所                   26,171,016        97.8      24,770,704        98.4      △5.4
          大阪堂島商品取引所                     584,020       2.2       414,016       1.6     △29.1

                                            25,184,720        100.0      △5.9

          合計                   26,755,036        100.0
         (注)株式会社日本商品清算機構では、債務引受1件毎に清算手数料を徴収しております。

      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        当中間連結会計期間において、当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等について、重要な変更は
       ありません。
                                  8/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      4【事業等のリスク】
        当中間連結会計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等
       のリスクについての重要な変更はありません。
      5【経営上の重要な契約等】

       当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      6【研究開発活動】

        特記すべき事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  重要な会計方針及び見積り
         当社グループの中間連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成し
        ております。中間連結財務諸表の作成にあたっては中間連結決算日における資産・負債及び当中間連結会計期間に
        おける収益・費用の数値に影響を与える事項について、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる様々な
        要因に基づき見積りを行ったうえで、継続して評価を行っております。ただし、実際の結果は、見積り特有の不確
        実性があるため、見積りと異なる場合があります。
       (2)  当中間連結会計期間の財政状態の分析

        (資産)
          資産合計は133,319,016千円で、前連結会計年度末に比較して10,551,318千円増加しました。
          流動資産は117,904,778千円で、前連結会計年度末に比較して3,450,152千円増加しました。これは主に現金及
         び預金の増加3,340,396千円及び未収場勘定損金徴収額の増加140,995千円等によるものであります。
          固定資産は15,414,238千円で、前連結会計年度末に比較して7,101,165千円増加しました。これは主に投資有
         価証券の増加7,496,576千円及び無形固定資産の減少350,424千円等によるものであります。
        (負債)
          負債合計は125,722,695千円で、前連結会計年度末に比較して10,878,463千円増加しました。
          流動負債は118,654,865千円で、前連結会計年度末に比較して11,400,694千円増加しました。これは主に取引
         証拠金の増加10,156,310千円、受渡代金の増加1,011,220千円、未払場勘定益金交付額の増加140,995千円等によ
         るものであります。
          固定負債は7,067,829千円で、前連結会計年度末に比較して522,231千円減少しました。これは主に清算預託金
         の減少485,753千円等によるものであります。
        (純資産)
          純資産は7,596,321千円で、前連結会計年度末に比較して327,144千円減少しました。これは親会社株主に帰属
         する中間純損失の計上327,144千円によるものであります。
       (3)  当中間連結会計期間の経営成績の分析

         当中間連結会計期間における商品市場におきましては、朝鮮半島情勢の緊迫化等から一時的にボラティリティ回
        復の兆候がみられましたが、総じて昨年度末以降の低ボラティリティ環境が継続しました。
         このような環境のなかで、当社グループでは、2017年3月に策定した中期経営計画(2017年度からの3ヵ年計
        画)に基づき、       当社市場の活性化に向けた各種施策に取り組みましたが、当中間連結会計期間における総取引高は
        1,236万枚(前年同期比5.4%減)となりました。
         この結果     、当中間連結会計期間の業績は以下のとおりであります。
        ① 営業損益及び営業損失
          当中間連結会計期間における総取引高は1,236万枚(前年同期比5.4%減)となりましたが、                                          定率参加料及び清
         算手数料の単価の引き上げ等により                、当社グループの営業収益は1,577,580千円(前年同期比5.5%増)となりま
         した。
          また、営業費用は、1,936,449千円(前年同期比14.5%減)となりました。これは主に                                         新取引システムの稼働
         に伴う電算事業費及び減価償却費の減少等                    によるものであります。
          以上の結果、営業損失は358,869千円(前年同期比53.3%減)となりました。
        ② 営業外損益及び経常利益
          営業外収益は、35,308千円(前年同期比58.0%減)となりました。これは主に受取利息の減少によるものであ
         ります。
          なお、営業外費用は発生しておりません。
          以上の結果、経常損失は323,560千円(前年同期比52.7%減)となりました。
                                  9/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
        ③ 親会社株主に帰属する中間純利益

          当中間連結会計期間に特別利益及び特別損失は発生しておりません。
          その結果、税金等調整前中間純損失は323,560千円(前年同期比52.7%減)、親会社株主に帰属する中間純損失
         は327,144千円(前年同期比52.2%減)となりました。
       (4)  当中間連結会計期間のキャッシュ・フローの状況の分析

         当中間連結会計期間のキャッシュ・フローの状況につきましては、1[業績等の概要]に記載しております。
       (5)  当中間連結会計期間の施策

         当中間連結会計期間において、当社は、2017年3月に策定した中期経営計画(2017年度からの3ヵ年計画)に基
        づき、主として①~⑤に記載した施策に取り組みました。
        ①  個人投資家の市場参入促進に向けた取組みの強化

          当社では、TOCOMスクエアを中核的な情報発信基地と位置づけ、関係団体や取引参加者と連携した個人投資家
         の参入促進を進めています。
          昨年5月に開設したTOCOMスクエアの来場者数は9月末現在で4,670名(前年同期比13%増)となり、有効性の
         高い営業ツールとして着実に浸透しています。
          商品先物取引の魅力を幅広く訴求するため、6月中旬から8月末までの2か月半の期間に192名の投資家の参
         加を得て第1回目の「リアルトレードコンテスト」を開催しました。その結果が一般紙にも詳しく報じられるこ
         とで、商品先物の普及啓発に大きく寄与しました。
          「TOCOMサロン」は登録外務員の専門知識の向上による業界の発展を目的に幅広いテーマを取り上げる講演会
         として、各界の著名講師を招いて定期的に開催しています。
          ネット系商先業者への営業支援策としては、オンライン取引と電話による情報提供を組み合わせたサービス展
         開を支援するため、TOCOMスクエアの公式メールマガジンを各社のネット環境を通じて直接委託者に配信する
         サービスの普及に着手しました。
        ②  総合コモディティ市場の創設

          取引所のビジネス領域を従来の「先物・オプション市場」から「店頭市場」及び「現物市場」まで拡大し、
         「総合コモディティ市場」を整備するため、以下の取組みを推進しました。
          石油製品スポット市場の商慣行に対応した新たなヘッジツールの提供などを目的に、本年5月に石油製品の現
         金決済先物取引(「石油スワップ」という。)を開始しました。大手元売業者の経営統合という特殊要因により
         取引は低迷していますが、将来見込まれる市場環境の正常化に備え、これまでの市場活性化策を継続します。
          石油製品の現物取引(「石油スポット」という。)については、当業者への需給調整機能の提供などを目的
         に、本年1月より開始しました。上記の特殊要因から本年度の成約量は伸び悩んでいますが、注文件数及び利用
         者登録数は高水準を維持しています。
          白金の限日現金決済先物取引(「プラチナスポット」という。)については、個人投資家への訴求力向上を目
         的にゴールドスポットと同様の商品設計で本年3月より取引を開始しました。予想以上の好評を得て当社の主力
         商品のひとつに成長しました。
          ゴム市場の活性化策としては、RSS(くん煙シート)からTSR(技術的格付けゴム)への需要構造の転換を踏ま
         え、新たに「TSR20」を上場することとし、来年度中の取引開始を目指し準備を進めています。
          当社子会社であるOTC取引の運営会社「JAPAN                      OTC  EXCHANGE株式会社(JOE)」においては、新たに2社がメン
         バーとして加入しました。
        ③  総合エネルギー先物市場の創設

          電力業界に対し、リスクヘッジインフラを提供するため、電力先物取引の開始に向けた取組みを進めていま
         す。天然ガス及び石炭については、財の関連性や当業者の重複に鑑み、同一市場で取引することが適当であるた
         め、将来的にはこれらを含む「総合エネルギー先物市場」を開設します。
          電力については、来年度中を目途に取引を開始することを決定しました。ただし、天然ガス及び石炭について
         は、最終決済価格の指標等につきなお検討を継続する必要があるため、まずは電力の上場を先行させます。
                                 10/44




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
        ④  海外マーケティングの強化

                                              (1)
          海外マーケティングでは、取引高シェアの多くを占める主要プロップハウス                                      への働きかけとともに、高い
         将来性が見込まれる中国市場への働きかけを強化しています。
          プロップハウスへの働きかけでは、その成果として、本年4月から米国の大手、5月から豪州の大手がそれぞ
                                                     (2)
         れ新規参入しています。中国市場への働きかけでは、既に当社の取引参加者となっているFCM                                             やこれまでに
          (3)
         MOU   を締結したFCMとの一層の関係強化を進めるとともに、新規MOU締結先の開拓を進め、各社とのセミナー開
         催を始めとする共同マーケティングを実施しています。今年度上半期は新たに3社とMOUを締結し、1社の取引
                              (4)
         資格取得を進めました。8月には中国国有ISV                       1社を当社ベンダーとして承認しました。同社システムは多数
         のFCMが使用しているため、この承認を契機に中国からのアクセス環境が飛躍的に向上すると期待されていま
         す。
        ⑤  その他

          その他の取組みとしては、勧誘規制の強化による相次ぐ商先業者の撤退などにより、業界団体を支える基盤が
         ぜい弱化していることに鑑み、情勢の変化に応じた団体のあり方を検討するため、本年4月に日本商品先物振興
         協会が設置した団体組織問題検討委員会に参画し、業界団体の業務見直しによるコスト削減に向けた検討を行っ
         ています。
          (注)1.プロップハウス:

                自己取引を行うトレーダーであり、主に、かつて欧米の商品取引所のフロアで取引を行っていた
               トレーダーが、コンピュータを駆使し、主として短期の売買を大量に行うようになったもの。
             2.FCM(Futures         Commission      Merchant)     :
                顧客の注文を市場に取り次ぐ現地ブローカーをいう。日本の商品先物取引業者に相当。
             3.MOU(Memorandum          of  Understanding):
                協力関係構築に係る覚書。
             4.ISV(Independent           Software     Vendors):
                商先業者等に対し売買端末やその関連サービスを提供する独立系ソフトウェア開発・販売業者。
                                 11/44












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】
      1【主要な設備の状況】
        当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                 12/44


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                  種類                         発行可能株式総数
                 普通株式                           15,000,000株

                無議決権株式                              100,000株

                  計                          15,100,000株

       ②【発行済株式】

               中間会計期間末現在              提出日現在
                                       上場金融商品取引所名
                発行数(株)             発行数(株)          又は登録認可金融商品
        種類                                              内容
               (2017年9月30日)             (2017年12月15日)           取引業協会名
                                                 (注)1、2

      普通株式          3,041,000             3,041,000          非上場・非登録
                                                 (注)1、2、3、4

     無議決権株式             83,573             83,573         非上場・非登録
                                           -           -

        計         3,124,573             3,124,573
      (注)1.単元株式数は、普通株式100株、無議決権株式1株であります。
         2.株式の譲渡又は取得については、当社の承認を要します。
         3.普通株式と無議決権株式を発行している理由は、当社が商品取引所法(現 商品先物取引法)に基づく組織
           変更を行うにあたり、組織変更前の議決権が出資口数にかかわらず1会員1個であることを踏まえ、組織変
           更に際しての会員への株式の割当ては、議決権が全会員同じ個数になるように、普通株式と無議決権株式を
           組み合わせて行う必要があったためであります。
         4.無議決権株式の内容は、以下のとおりであります。
          ・議決権      株主総会において決議することができる事項の全部につき、議決権を行使することがで
                    きない。
          ・配当       普通株式に対し剰余金の配当(期末配当金及び中間配当金に限る。)を行う場合には、
                    無議決権株主(無議決権株式の登録株式質権者を含み、株主名簿に登録株式質権者が記
                    載又は記録された無議決権株式に係る無議決権株主を除く。)に対しても、無議決権株
                    式1株につき、普通株式配当基準額に1.2を乗じて得た額(1円未満の端数について
                    は、切り捨てるものとする。)の金銭による剰余金の配当を行う。この場合、普通株式
                    配当基準額とは、剰余金の配当の効力が生ずる日における無議決権株式の株式係数
                    (100又は分割若しくは併合等の行為があった場合は、当該分割等の比率に基づき調整
                    した係数)に相当する数の普通株式に当該剰余金の配当により割り当てられる配当財産
                    の額をいう。
          ・残余財産の分配  普通株主に対し残余財産の分配を行う場合には、無議決権株主に対しても、無議決権株
                    式1株につき、普通株式分配基準額の金銭を残余財産の分配として支払う。この場合、
                    普通株式分配基準額とは、残余財産の分配に係る会社法第504条第1項各号に掲げる事
                    項を定めた日における無議決権株式の株式係数に相当する数の普通株式に当該残余財産
                    の分配により割り当てられる残余財産の額をいう。
          ・取得請求権    無議決権株主は、当社の普通株式が金融商品取引所に上場された日以後、当社が無議決
                    権株式1株を取得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の株式係数
                    に相当する数の当社の普通株式を交付することを請求することができる。
          ・取得条項(株式) 次の各号に掲げるいずれか早い日以後の日で会社法第168条第1項に基づき代表執行役
                    が別に定める日が到来することをもって、無議決権株式の全部又は一部を取得する事由
                    とする。
                    (1)  当社が当社の普通株式を金融商品取引所に上場する旨を当該金融商品取引所に対し
                      て申請した日
                    (2)  当社が消滅会社となる合併契約について当社の株主総会で承認された日(株主総会
                      決議が不要な場合は、合併契約を締結した日)
                                 13/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
                    (3)  当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画について当社の株主総会で
                      承認された日(株式交換契約について株主総会の決議が不要な場合は、株式交換契
                      約を締結した日)
                    上記の事由により無議決権株式を取得する場合には、当社が当該無議決権株式1株を取
                    得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の株式係数に相当する数の
                    当社の普通株式を交付する。
                    上記の事由により無議決権株式の一部を取得する場合には、按分比例の方法又は抽選に
                    より取得する無議決権株式を定める。
          ・取得条項(金銭) 当社が当社の普通株式を金融商品取引所に上場する旨を当該金融商品取引所に対して申
                    請した日以後の日で会社法第168条第1項に基づき代表執行役が別に定める日が到来す
                    ることをもって、無議決権株式の全部又は一部を取得する事由とする。
                    上記の事由により無議決権株式を取得する場合には、当社が当該無議決権株式1株を取
                    得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の一株当たり純資産額に相
                    当する金額の金銭を交付する。
                    上記の事由により無議決権株式の一部を取得する場合には、按分比例の方法又は抽選に
                    より取得する無議決権株式を定める。
          ・全部取得条項   当社は、会社法第171条第1項の株主総会の決議に基づき無議決権株式の全部を取得す
                    ることができる。この場合において、当該無議決権株式の取得対価の価額は、取得対価
                    の内容に応じて、上記の取得条項(株式)及び取得条項(金銭)に準じて算定するもの
                    とする。
         5.  当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為を行う場合又は無議決権株式若しくは無議決権株式を目的と
           する新株予約権に関する募集事項の決定をする場合には、無議決権株主を構成員とする種類株主総会の決議
           を要しない旨を定款で定めております。
      (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
      (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2017年4月1日~

                      -    3,124,573           -    1,989,416           -    1,391,416
     2017年9月30日
                                 14/44







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                   2017年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
           氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    の割合(%)
                        東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-12                     192,955           6.18
     豊商事株式会社
                        東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                     153,157           4.90
     日本ユニコム株式会社
                        東京都千代田区内幸町1-2-1                     152,961           4.90
     みずほキャピタル株式会社
                        東京都千代田区丸の内2-7-2                     152,623           4.88
     三菱商事RtMジャパン株式会社
                        東京都中央区晴海1-8-11                     151,250           4.84
     住友商事株式会社
                        東京都千代田区大手町1-3-7                     150,000           4.80
     株式会社日本経済新聞社
                        東京都中央区日本橋1-9-1                     150,000           4.80
     野村ホールディングス株式会社
                        東京都千代田区大手町1-5-5                     150,000           4.80
     株式会社みずほ銀行
                        大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                     150,000           4.80
     株式会社りそな銀行
                        東京都江東区豊洲3-3-3                     149,000           4.77
     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
                                -            1,551,946           49.67
              計
      なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位15名は以下のとおりであります。

                                                   2017年9月30日現在
                                                    総株主の議決権に
                                           所有議決権数
                                                    対する所有議決権
           氏名又は名称                     住所
                                             (個)
                                                    数の割合(%)
                        東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-12                      1,884          6.20
     豊商事株式会社
                        東京都千代田区内幸町1-2-1                      1,519          5.00
     みずほキャピタル株式会社
                        東京都中央区晴海1-8-11                      1,500          4.93
     住友商事株式会社
                        東京都千代田区大手町1-3-7                      1,500          4.93
     株式会社日本経済新聞社
                        東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                      1,500          4.93
     日本ユニコム株式会社
                        東京都中央区日本橋1-9-1                      1,500          4.93
     野村ホールディングス株式会社
                        東京都千代田区大手町1-5-5                      1,500          4.93
     株式会社みずほ銀行
                        東京都千代田区丸の内2-7-2                      1,500          4.93
     三菱商事RtMジャパン株式会社
     株式会社りそな銀行                   大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                      1,500          4.93
                        東京都江東区豊洲3-3-3                      1,490          4.90
     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
     バークレイズ・バンク・ピーエルシー
                        東京都港区六本木6-10-1                      1,376          4.52
     (バークレイズ銀行)
                        東京都中央区銀座5-15-8                      1,000          3.29
     株式会社時事通信社
                        東京都中央区日本橋久松町12-8                       750         2.47
     カネツ商事株式会社
                        大阪府大阪市西区阿波座1-10-14                       750         2.47
     株式会社コムテックス
                        東京都中央区銀座6-15-1                       750         2.47
     電源開発株式会社
                                -             20,019          65.83
              計
                                 15/44




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      (7)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                   2017年9月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

                         無議決権株式       83,573                   (注)1、2

     無議決権株式                                    -
     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                       -             -             -

                          普通株式     3,041,000                      (注)1

     完全議決権株式(その他)                                       30,410
     単元未満株式                       -             -             -

     発行済株式総数                         3,124,573           -             -

     総株主の議決権                       -                30,410         -

      (注)   1.株式の譲渡又は取得については、当社の承認を要します。
         2.無議決権株式の内容については、「(1)                     株式の総数等       ②  発行済株式」の注記を参照願います。
       ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【株価の推移】

        当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。
      3【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。
                                 16/44











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
       (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
        第24号)に基づいて作成しております。
       (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38
        号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(2017年4月1日から2017年9月
       30日まで)の中間連結財務諸表及び中間会計期間(2017年4月1日から2017年9月30日まで)の中間財務諸表につい
       て、有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受けております。
                                 17/44

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      1【中間連結財務諸表等】
      (1)【中間連結財務諸表】
       ①【中間連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                     ※1 113,330,461             ※1 116,670,858
         現金及び預金
                                         44,356              43,867
         営業未収入金
                                         7,907              6,617
         たな卸資産
                                        949,823             1,090,819
         未収場勘定損金徴収額
                                           638             1,414
         繰延税金資産
                                        121,438               91,202
         その他
                                      114,454,625              117,904,778
         流動資産合計
       固定資産
                                      ※2 2,038,791             ※2 2,003,668
         有形固定資産
                                       4,147,727              3,797,302
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                      ※1 1,982,564             ※1 9,479,141
          投資有価証券
                                         5,708              6,270
          繰延税金資産
                                        138,280              127,854
          その他
                                       2,126,553              9,613,267
          投資その他の資産合計
                                       8,313,072              15,414,238
         固定資産合計
                                      122,767,698              133,319,016
       資産合計
                                 18/44












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                      102,890,471              113,046,781
         取引証拠金
                                       3,150,321              4,161,541
         受渡代金
                                        949,823             1,090,819
         未払場勘定益金交付額
                                         44,919              44,011
         賞与引当金
                                                     ※4 311,710
                                        218,635
         その他
                                      107,254,170              118,654,865
         流動負債合計
       固定負債
                                         24,260              12,550
         役員退職慰労引当金
                                        853,402              861,150
         退職給付に係る負債
                                       6,376,547              5,890,793
         清算預託金
                                        335,851              303,335
         その他
                                       7,590,061              7,067,829
         固定負債合計
                                      114,844,232              125,722,695
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,989,416              1,989,416
         資本金
                                       2,011,460              2,011,460
         資本剰余金
                                       3,922,589              3,595,444
         利益剰余金
                                       7,923,466              7,596,321
         株主資本合計
                                       7,923,466              7,596,321
       純資産合計
                                      122,767,698              133,319,016
      負債純資産合計
                                 19/44












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       ②【中間連結損益及び包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                                       1,495,604              1,577,580
      営業収益
                                      ※1 2,263,552             ※1 1,936,449
      営業費用
      営業損失(△)                                  △ 767,948             △ 358,869
      営業外収益
                                         54,862               7,097
       受取利息及び配当金
                                         5,255              7,150
       有価証券利息
                                         14,569              14,536
       受取賃貸料
                                         9,360              6,524
       その他
                                         84,047              35,308
       営業外収益合計
      経常損失(△)                                  △ 683,900             △ 323,560
      税金等調整前中間純損失(△)                                  △ 683,900             △ 323,560
      法人税、住民税及び事業税                                    2,644              4,922
                                        △ 1,826             △ 1,338
      法人税等調整額
                                           817             3,584
      法人税等合計
      中間純損失(△)                                  △ 684,718             △ 327,144
      (内訳)
      親会社株主に帰属する中間純損失(△)                                  △ 684,718             △ 327,144
                                       △ 684,718             △ 327,144
      中間包括利益
      (内訳)
                                       △ 684,718             △ 327,144
      親会社株主に係る中間包括利益
                                 20/44













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       ③【中間連結株主資本等変動計算書】
          前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
                                               (単位:千円)
                              株主資本
                                               純資産合計
                   資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
     当期首残高
                    1,989,416       2,011,460       5,022,128       9,023,005       9,023,005
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属する中
                                  △ 684,718      △ 684,718      △ 684,718
      間純損失(△)
      株主資本以外の項目の当
                                                    -
      中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 -       -    △ 684,718      △ 684,718      △ 684,718
     当中間期末残高              1,989,416       2,011,460       4,337,409       8,338,286       8,338,286
          当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

                                               (単位:千円)
                              株主資本
                                               純資産合計
                   資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
     当期首残高              1,989,416       2,011,460       3,922,589       7,923,466       7,923,466
     当中間期変動額
      親会社株主に帰属する中
                                  △ 327,144      △ 327,144      △ 327,144
      間純損失(△)
      株主資本以外の項目の当
                                                    -
      中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 -       -    △ 327,144      △ 327,144      △ 327,144
     当中間期末残高
                    1,989,416       2,011,460       3,595,444       7,596,321       7,596,321
                                 21/44











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前中間純損失(△)                                △ 683,900             △ 323,560
                                        651,811              523,267
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,404              7,748
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 11,520             △ 11,710
                                        △ 60,118             △ 14,247
       受取利息及び受取配当金
       営業未収入金の増減額(△は増加)                                  17,941                489
       未払金の増減額(△は減少)                                △ 378,381               42,907
       受渡代金の増減額(△は減少)                                △ 378,805             1,011,220
                                        △ 65,061              59,388
       その他
                                       △ 906,629             1,295,503
       小計
       利息及び配当金の受取額                                 143,325               22,776
                                        △ 23,764              △ 7,984
       法人税等の支払額
                                        366,083               29,183
       法人税等の還付額
                                       △ 420,986             1,339,479
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 700,000                 -
       定期預金の預入による支出
                                        800,000                 -
       定期預金の払戻による収入
                                         5,507              11,656
       従業員に対する貸付金の回収による収入
                                        △ 26,339             △ 10,395
       有形固定資産の取得による支出
                                       △ 135,945             △ 129,324
       無形固定資産の取得による支出
                                         1,000             △ 5,000
       その他
                                        △ 55,777             △ 133,062
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 476,763             1,206,416
                                       4,645,271              5,771,483
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 4,168,507             ※1 6,977,900
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 22/44











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       【注記事項】
       (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
         (1)  連結子会社の数         1 社
           連結子会社の名称
            株式会社日本商品清算機構
         (2)  非連結子会社の名称等
           会社等の名称
            JAPAN     OTC  EXCHANGE株式会社
           連結の範囲から除いた理由
            非連結子会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、中間純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
           金(持分に見合う額)等は、いずれも中間連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
        2.持分法の適用に関する事項

         (1)  持分法適用会社の数
           該当事項はありません。
         (2)  持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の名称等
           会社等の名称
            排出量取引所設立準備株式会社
            JAPAN   OTC  EXCHANGE株式会社
           持分法を適用しない理由
            持分法を適用していない会社は、それぞれ中間純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合
           う額)等からみて、持分法の対象から除いても中間連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体と
           しても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
        3.連結子会社の中間決算日等に関する事項

          連結子会社の中間決算日は、中間連結決算日と一致しております。
        4.会計方針に関する事項

         (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
           有価証券
           ①  満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)によっております。
           ②  子会社株式及び関連会社株式
             持分法を適用していない非連結子会社株式及び関連会社株式については、移動平均法による原価法に
            よっております。
           ③  その他有価証券
             時価のないもの
              移動平均法による原価法によっております。
         (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ①  有形固定資産
            定率法によっております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)並びに2016年
           4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法によっております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物          6年~50年
          ②  無形固定資産
            定額法によっております。
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
         (3)  重要な引当金の計上基準
          ①  貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ②  賞与引当金
            従業員の賞与支給に備えるため、当中間連結会計期間末における賞与支給見込額に基づき計上しておりま
           す。
                                 23/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
          ③  役員退職慰労引当金
            連結子会社は役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員に係る退職慰労金規程に基づく中間期末要支給
           額を計上しております。
         (4)  退職給付に係る会計処理の方法
           当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る中間期末自己都合
          要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
         (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、中間期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
          ります。
         (6)  中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
          か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (7)  その他中間連結財務諸表作成のための重要な事項
          ①  消費税等の会計処理方法
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式により処理しております。
          ②  連結納税制度の適用
            連結納税制度を適用しております。
       (中間連結貸借対照表関係)

      ※1 現金及び預金、投資有価証券に含まれる預り資産
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間
                              (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
     信認金預金                              241,300千円                 231,300千円
     取引証拠金                            102,890,471                 113,046,781
     清算預託金                             6,376,547                 5,890,793
     受渡代金                             3,150,321                 4,161,541
     その他                               30,000                    16
     ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                               前連結会計年度                当中間連結会計期間
                              (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
      有形固定資産の減価償却累計額                             2,369,017     千円             2,413,628     千円
       3 当社は、商品先物取引法及び当社の関係規則に基づき各取引参加者から信認金の預託を受けております。また、

        連結子会社は、商品先物取引法及び同社の関係規則に基づき各清算参加者から取引証拠金及び清算預託金の預託を
        受けております。預託される資産は、金銭又は充用有価証券(当社または連結子会社の規則で認められたものに限
        る)であります。このうち充用有価証券については、当社及び連結子会社に処分権が無いため中間連結貸借対照表
        には記載しておりません。なお充用有価証券の充用価格は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                当中間連結会計期間
                              (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
     信認金充用有価証券                               30,097千円                 35,241千円
     取引証拠金充用有価証券                             52,948,543                 43,968,430
     清算預託金充用有価証券                             2,419,568                 1,917,703
      ※4 消費税等の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
                                 24/44




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (中間連結損益及び包括利益計算書関係)
      ※1 営業費用(販売費及び一般管理費)のうち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。なお、全額が一般管
        理費に属する費用であります。
                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2016年9月30日)                   至 2017年9月30日)
      給与手当等                             267,185    千円              291,918    千円
                                    44,717                 44,011
      賞与引当金繰入額
                                    36,084                 41,694
      退職給付費用
                                    768,644                 504,733
      電算事業費
                                    651,811                 523,267
      減価償却費
                                 25/44

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (中間連結株主資本等変動計算書関係)
        前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度期首          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間
                 株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          末株式数(株)
        発行済株式

         普通株式             3,041,000          -          -          3,041,000

         無議決権株式              83,573         -          -            83,573

           合計          3,124,573          -          -          3,124,573

        自己株式

         普通株式             -          -          -          -

         無議決権株式             -          -          -          -

           合計          -          -          -          -

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間後となるもの
            該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度期首          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間          当中間連結会計期間
                 株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)          末株式数(株)
        発行済株式

         普通株式             3,041,000          -          -          3,041,000

         無議決権株式              83,573         -          -            83,573

           合計          3,124,573          -          -          3,124,573

        自己株式

         普通株式             -          -          -          -

         無議決権株式             -          -          -          -

           合計          -          -          -          -

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)  基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が中間連結会計期間後となるもの
            該当事項はありません。
                                 26/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりで
       あります。
                              前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2016年9月30日)                  至 2017年9月30日)
     現金及び預金勘定                             99,175,340千円                 116,670,858千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                             △700,000                      -
     預金勘定のうち信認金預金                             △243,300                  △231,300
     預金勘定のうち取引証拠金預金                            △87,570,539                 △103,570,864
     預金勘定のうちOTC取引証拠金預金                              △10,000                     -
     預金勘定のうち清算預託金預金                            △6,462,993                  △5,890,793
     預金勘定のうちOTC清算預託金預金                              △20,000                     -
     現金及び現金同等物                             4,168,507                  6,977,900
       (リース取引関係)

        前連結会計年度(2017年3月31日)
          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        当中間連結会計期間(2017年9月30日)

         1.ファイナンス・リース取引
           該当事項はありません。
         2.オペレーティング・リース取引

           オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                           当中間連結会計期間
                           (2017年9月30日)
            1年内                   1,620千円
            1年超                   2,835千円

                 合計              4,455千円

                                 27/44










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (金融商品関係)
        1.金融商品の状況に関する事項
          当社グループは、資金運用については安全性の確保を基本方針としており、定期預金や国債等の安全性の高い
         金融資産で運用しております。
          資金調達については自己資金にて賄うことを原則としております。また緊急時に備え取引金融機関と当座貸越
         契約を締結しております。
          有価証券及び投資有価証券は主として国債及び地方債であり、社内規程等に則り、安全確実な運用としており
         ます。
          営業未収入金については、当社市場へ参加するための取引資格を取得する際に厳格な審査を行うとともに、毎
         年取引参加者の財務状況を把握するなど信用リスクの低減を図っております。
          当社グループの金融資産である「現金及び預金」、「投資有価証券」及び「長期預金」と金融負債である「取
         引証拠金」との間に関連があります。これは、連結子会社では、商品先物取引法に基づき、各清算参加者から預
         託を受けている取引証拠金(充用有価証券を除く。)を国債及び地方債の保有並びに銀行への預金等による方法
         で管理していることによるものです。また、連結子会社では、商品先物取引の結果生じた約定差金及び帳入差金
         等(これらを「場勘定」といいます。)を取引の翌営業日に損方清算参加者から徴収するとともに益方清算参加
         者に交付しているため、未収場勘定損金徴収額と未払場勘定益金交付額は、それぞれ同額となります。
        2.金融商品の時価等に関する事項

          中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
         ます。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表に含まれておりません((注)2.参
         照)。
          前連結会計年度(2017年3月31日)

                            連結貸借対照表
                              計上額          時価(千円)          差額(千円)
                             (千円)
                                                       -
         (1)現金及び預金                      113,330,461           113,330,461
                                                       -
         (2)営業未収入金                        44,356           44,356
                                                       -
         (3)未収場勘定損金徴収額                        949,823           949,823
                                                     86,259
         (4)投資有価証券                       1,979,340           2,065,600
                                                       -
         (5)取引証拠金                     (102,890,471)           (102,890,471)
                                                       -
         (6)受渡代金                      (3,150,321)           (3,150,231)
                                                       -
         (7)未払場勘定益金交付額                       (949,823)           (949,823)
          (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
          当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                           中間連結貸借対照表
                              計上額          時価(千円)          差額(千円)
                             (千円)
                                                       -
         (1)現金及び預金                      116,670,858           116,670,858
                                                       -
         (2)営業未収入金                        43,867           43,867
         (3)未収場勘定損金徴収額                       1,090,819           1,090,819             -
                                                     62,392
         (4)投資有価証券                       9,475,917           9,538,310
         (5)取引証拠金                     (113,046,781)           (113,046,781)               -
                                                       -
         (6)受渡代金                      (4,161,541)           (4,161,541)
                                                       -
         (7)未払場勘定益金交付額                      (1,090,819)           (1,090,819)
          (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
          (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

           (1)  現金及び預金、(2)         営業未収入金、(3)         未収場勘定損金徴収額
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
                                 28/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
           (4)  投資有価証券
             投資有価証券の時価については、日本証券業協会が公表している公社債店頭売買参考統計値によってお
            ります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照くだ
            さい。
           (5)  取引証拠金、(6)        受渡代金、(7)       未払場勘定益金交付額
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
             2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当中間連結会計期間
                    区分
                                (2017年3月31日)                (2017年9月30日)
               非上場株式                           3,224                3,224
               非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価
              を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券」に含めておりません。
               信認金は、取引参加者の脱退または資格喪失時期を合理的に見積もることができず、時価を把握す
              ることが極めて困難と認められるため、表に含めておりません。
               清算預託金は、性質上、返還の時期を判断することができず、時価を把握することが極めて困難と
              認められるため、表に含めておりません。
       (有価証券関係)

        1.満期保有目的の債券
          前連結会計年度(2017年3月31日)
                             連結貸借対照表
                               計上額
                    種類                    時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                (1)国債・地方債等
                                1,979,340           2,065,600             86,259
                (2)社債
                                    -           -           -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                (3)その他
                                    -           -           -
                    小計
                                1,979,340           2,065,600             86,259
                (1)国債・地方債等
                                    -           -           -
                (2)社債
                                    -           -           -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                (3)その他
                                    -           -           -
                    小計
                                    -           -           -
               合計
                                1,979,340           2,065,600             86,259
           当中間連結会計期間(2017年9月30日)

                            中間連結貸借対照表
                               計上額
                    種類                    時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                (1)国債・地方債等
                                3,980,596           4,063,400             82,803
                (2)社債
                                    -           -           -
     時価が中間連結貸借対照
     表計上額を超えるもの
                (3)その他
                                    -           -           -
                    小計
                                3,980,596           4,063,400             82,803
                (1)国債・地方債等
                                5,495,321           5,474,910            △20,411
                (2)社債
                                    -           -           -
     時価が中間連結貸借対照
     表計上額を超えないもの
                (3)その他
                                    -           -           -
                    小計
                                5,495,321           5,474,910            △20,411
               合計
                                9,475,917           9,538,310             62,392
                                 29/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
        2.その他有価証券

          非上場株式(前連結会計年度の連結貸借対照表計上額3,224千円、及び当中間連結会計期間の中間連結貸借対
         照表計上額3,224千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載し
         ておりません。
       (デリバティブ取引関係)

        前連結会計年度(2017年3月31日)
          該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(2017年9月30日)

          該当事項はありません。
       (ストック・オプション等関係)

        前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
          該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

          該当事項はありません。
       (資産除去債務関係)

        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
          該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

          該当事項はありません。
       (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
          該当事項はありません。
        当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

          該当事項はありません。
                                 30/44








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
          す。
           当社グループは、当社が商品先物取引等に係る取引所の開設・運営等を行っており、連結子会社が                                              商品先物
          取引等に係る債務の引受等            を行っております。
           従って、当社グループは、当社が事業を展開している「取引所事業」と連結子会社が事業を展開している
          「清算事業」の2セグメントから構成されており、当該2セグメントを報告セグメントとしております。
         2.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
          項」における記載と概ね同一であります。
           報告セグメントの利益又は損失は、経常損益ベースの数値であります。
         3.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

           前中間連結会計期間(自              2016年4月1日         至   2016年9月30日)
                                                (単位:千円)
                       報告セグメント
                                            調整額     中間連結財務
                                       合計
                                            (注)
                                                  諸表計上額
                  取引所事業       清算事業        計
       営業収益

        外部顧客への営業
                  1,335,212       160,392     1,495,604      1,495,604          -   1,495,604
        収益
        セグメント間の内
                      -      -      -      -      -      -
        部営業収益又は振
        替高
                  1,335,212       160,392     1,495,604      1,495,604          -   1,495,604
           計
       セグメント利益又は
                  △ 687,075       1,219    △ 685,855     △ 685,855       1,954    △ 683,900
       損失(△)
                  12,113,861      101,407,179      113,521,040      113,521,040      △ 3,781,819     109,739,221
       セグメント資産
       その他の項目

                   585,870       65,941      651,811      651,811         -    651,811
        減価償却費
                     754     94,217      94,972      94,972     △ 40,109      54,862
        受取利息
                      -     5,255      5,255      5,255        -     5,255

        有価証券利息
                    40,109        -    40,109      40,109     △ 40,109        -

        支払利息
        有形固定資産及び
                   868,717      189,429     1,058,147      1,058,147          -   1,058,147
        無形固定資産の増
        加額
                                 31/44






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
           当中間連結会計期間(自              2017年4月1日         至   2017年9月30日)
                                                (単位:千円)
                       報告セグメント
                                            調整額
                                                 中間連結財務
                                       合計
                                            (注)
                                                  諸表計上額
                  取引所事業       清算事業        計
       営業収益

        外部顧客への営業
                  1,351,129       226,450     1,577,580      1,577,580          -   1,577,580
        収益
        セグメント間の内
                      -      -      -      -      -      -
        部営業収益又は振
        替高
                  1,351,129       226,450     1,577,580      1,577,580          -   1,577,580
           計
       セグメント利益又は
                  △ 365,303       41,743     △ 323,560     △ 323,560         -   △ 323,560
       損失(△)
                  13,029,782      123,699,256      136,729,039      136,729,039      △ 3,410,022     133,319,016
       セグメント資産
       その他の項目

                   495,931       27,335      523,267      523,267         -    523,267
        減価償却費
                     641     26,488      27,130      27,130     △ 20,032       7,097

        受取利息
        有価証券利息              -     7,150      7,150      7,150        -     7,150

                    20,032        -    20,032      20,032     △ 20,032        -

        支払利息
        有形固定資産及び
                   137,259       4,200     141,459      141,459         -    141,459
        無形固定資産の増
        加額
       (注)調整額の内容は以下のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
           セグメント利益又は損失(△)                   前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
           セグメント間取引消去                              1,954                  -
                  合計                       1,954                  -
                                                   (単位:千円)

               セグメント資産                前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
           セグメント間取引消去                           △3,777,979                 △3,410,022
           その他                             △3,839                   -
                  合計                    △3,781,819                 △3,410,022
        【関連情報】

         前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
          1.製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:千円)
                    取引参加料等          清算手数料等            その他           合計
     外部顧客への営業収益                  1,206,075           160,392          129,136         1,495,604

          2.地域ごとの情報

           (1)  営業収益
             本邦の外部顧客への営業収益が中間連結損益及び包括利益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
            を省略しております。
                                 32/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
           (2)  有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     営業収益              関連するセグメント名
       ソシエテ・ジェネラル証券株式会社                                311,515     取引所事業、清算事業

       日産証券株式会社                                237,430     取引所事業、清算事業

     (注)1.ソシエテ・ジェネラル証券株式会社は、2016年5月にニューエッジ・ジャパン証券株式会社から商号変更して
          おります。
         当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

          1.製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:千円)
                    取引参加料等          清算手数料等            その他           合計
     外部顧客への営業収益                  1,191,342           226,450          159,787         1,577,580

          2.地域ごとの情報

           (1)  営業収益
             本邦の外部顧客への営業収益が中間連結損益及び包括利益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載
            を省略しております。
           (2)  有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
            め、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     営業収益              関連するセグメント名
       日産証券株式会社                                353,277     取引所事業、清算事業

       ソシエテ・ジェネラル証券株式会社                                271,537     取引所事業、清算事業

        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
           該当事項はありません。
         当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

           該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
           該当事項はありません。
         当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

           該当事項はありません。
                                 33/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         前中間連結会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
           該当事項はありません。
         当中間連結会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

           該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

        1株当たり純資産額は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当中間連結会計期間
                                 (2017年3月31日)               (2017年9月30日)
     1株当たり純資産額                                 695円14銭               666円44銭
        1株当たり中間純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                                (自 2016年4月1日               (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
     1株当たり中間純損失金額(△)                                △225円16銭               △107円57銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する中間純損失金額(△)(千円)                                △684,718               △327,144

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する中間純損失
                                      △684,718               △327,144
      金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                3,041,000               3,041,000
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
                              無議決権株式         83,573   株
      当たり中間純利益金額の算定に含めなかった潜在
                              なお、無議決権株式の概要は「第4 提出会社の状況 1 株式
      株式の概要
                              等の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」に記載のとおり
                              であります。
     (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載し
        ておりません。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      (2)【その他】

        該当事項はありません。
                                 34/44






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
      2【中間財務諸表等】
      (1)【中間財務諸表】
       ①【中間貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1 4,702,927             ※1 5,358,834
         現金及び預金
                                         45,162              41,942
         営業未収入金
                                         7,907              6,617
         たな卸資産
                                           -            47,505
         関係会社未収入金
                                         13,624                -
         未収還付法人税等
                                         88,733              85,411
         その他
                                       4,858,354              5,540,310
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                             1,905,948              1,884,276
                                        114,162              103,139
          その他(純額)
                                       2,020,111              1,987,416
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       3,957,840              3,568,045
          ソフトウエア
                                         5,729              68,090
          ソフトウエア仮勘定
                                         5,191              5,167
          その他
                                       3,968,761              3,641,302
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,224              3,224
          投資有価証券
                                       1,737,280              1,738,980
          関係会社株式
                                        130,234              118,549
          その他
                                       1,870,738              1,860,753
          投資その他の資産合計
                                       7,859,611              7,489,472
         固定資産合計
                                       12,717,966              13,029,782
       資産合計
                                 35/44










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (2017年3月31日)              (2017年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        165,201              205,901
         未払金
                                         12,886                -
         関係会社未払金
                                       3,150,321              4,161,541
         受渡代金
                                        400,000              400,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                         38,852              36,954
         賞与引当金
                                                      ※4 77,147
                                         35,175
         その他
                                       3,802,436              4,881,544
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,600,000              1,200,000
         長期借入金
                                        775,282              772,804
         退職給付引当金
                                        300,322              290,064
         その他
                                       2,675,605              2,262,868
         固定負債合計
                                       6,478,042              7,144,413
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,989,416              1,989,416
         資本金
         資本剰余金
                                       1,391,416              1,391,416
          資本準備金
                                        620,043              620,043
          その他資本剰余金
                                       2,011,460              2,011,460
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       2,100,000              2,100,000
            違約担保積立金
                                       1,263,212               139,047
            別途積立金
                                      △ 1,124,165              △ 354,554
            繰越利益剰余金
                                       2,239,047              1,884,492
          利益剰余金合計
                                       6,239,923              5,885,369
         株主資本合計
                                       6,239,923              5,885,369
       純資産合計
                                       12,717,966              13,029,782
      負債純資産合計
                                 36/44









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       ②【中間損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 2016年4月1日              (自 2017年4月1日
                                 至 2016年9月30日)               至 2017年9月30日)
                                       1,335,212              1,351,129
      営業収益
                                      ※3 2,011,876             ※3 1,722,542
      営業費用
      営業損失(△)                                  △ 676,664             △ 371,412
                                        ※1 30,180             ※1 26,142
      営業外収益
                                      ※2 , ※3 40,591             ※2 20,032
      営業外費用
      経常損失(△)                                  △ 687,075             △ 365,303
      税引前中間純損失(△)                                  △ 687,075             △ 365,303
                                        △ 3,420             △ 10,749
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 3,420             △ 10,749
      法人税等合計
      中間純損失(△)                                  △ 683,654             △ 354,554
                                 37/44
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       ③【中間株主資本等変動計算書】
         前中間会計期間(自 2016年4月1日 至 2016年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                株主資本
                     資本剰余金                 利益剰余金
                                                        純資産合計
                                  その他利益剰余金                 株主資本合
             資本金
                     その他資     資本剰余                    利益剰余金     計
                資本準備金
                     本剰余金     金合計     違約担保          繰越利益剰     合計
                                   別途積立金
                              積立金          余金
     当期首残高       1,989,416     1,391,416     620,043    2,011,460     2,100,000      1,465,541      △ 202,328     3,363,212     7,364,089     7,364,089
     当中間期変動額
      別途積立金の
                                    △ 202,328      202,328        -     -     -
      取崩
      中間純損失
                                         △ 683,654     △ 683,654    △ 683,654    △ 683,654
      (△)
     当中間期変動額
               -     -     -     -     -  △ 202,328     △ 481,325     △ 683,654    △ 683,654    △ 683,654
     合計
     当中間期末残高       1,989,416     1,391,416     620,043    2,011,460     2,100,000      1,263,212      △ 683,654     2,679,558     6,680,435     6,680,435
         当中間会計期間(自 2017年4月1日 至 2017年9月30日)

                                                      (単位:千円)
                                株主資本
                     資本剰余金                 利益剰余金
                                                        純資産合計
                                  その他利益剰余金                 株主資本合
             資本金
                     その他資     資本剰余                    利益剰余金     計
                資本準備金
                     本剰余金     金合計                    合計
                              違約担保          繰越利益剰
                                   別途積立金
                              積立金          余金
     当期首残高       1,989,416     1,391,416     620,043    2,011,460     2,100,000      1,263,212     △ 1,124,165      2,239,047     6,239,923     6,239,923
     当中間期変動額
      別途積立金の
                                   △ 1,124,165      1,124,165         -     -     -
      取崩
      中間純損失
                                         △ 354,554     △ 354,554    △ 354,554    △ 354,554
      (△)
     当中間期変動額
               -     -     -     -     -  △ 1,124,165      769,611     △ 354,554    △ 354,554    △ 354,554
     合計
     当中間期末残高       1,989,416     1,391,416     620,043    2,011,460     2,100,000      139,047     △ 354,554     1,884,492     5,885,369     5,885,369
                                 38/44









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       【注記事項】
       (重要な会計方針)
        1.有価証券の評価基準及び評価方法
         (1)  満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)によっております。
         (2)  子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法によっております。
         (3)  その他有価証券
           時価のないもの
            移動平均法による原価法によっております。
        2.固定資産の減価償却の方法

         (1)  有形固定資産
           定率法によっております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)並びに2016年4
          月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物         6年~50年
            構築物        10年~20年
            機械及び装置     8年~10年
            工具、器具及び備品  2年~15年
         (2)  無形固定資産
           定額法によっております。
           なお、自社利用のソフトウェアについては、当社における利用可能期間(5年)に基づいております。
        3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

          外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
         ております。
        4.引当金の計上基準

         (1)  貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)  賞与引当金
           従業員の賞与支給に備えるため、当中間会計期間末における賞与支給見込額に基づき計上しております。
         (3)  退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末における退職給付債務見込額に基づき計上しておりま
          す。
        5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         (1)  消費税等の会計処理方法
           消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (2)  連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しております。
       (中間貸借対照表関係)

      ※1 現金及び預金に含まれる預り資産
                                前事業年度                当中間会計期間
                              (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
     信認金預金                              241,300千円                 231,300千円
     受渡代金                             3,150,321                 4,161,541
                                 39/44



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
       2 偶発債務
          当社は、清算参加者の保証委託に基づき、関係会社である株式会社日本商品清算機構との間で、清算参加者の
         決済不履行により株式会社日本商品清算機構が損失を受けた場合において、当該清算参加者が同社へ預託してい
         る預託金等で補てんしてなおその損失額に不足する場合において、当社の違約担保積立金が充当される損失保証
         契約を交わしております。
       3 当社は、商品先物取引法及び当社の関係規則に基づき各取引参加者から信認金の預託を受けております。預託さ

        れる資産は、金銭又は充用有価証券(当社の規則で認められたものに限る。)であります。このうち充用有価証券
        については、当社に処分権が無いため中間貸借対照表には記載しておりません。なお充用有価証券の充用価格は次
        のとおりであります。
                                前事業年度                当中間会計期間
                              (2017年3月31日)                 (2017年9月30日)
     信認金充用有価証券                               30,097千円                 35,241千円
      ※4 消費税等の取扱い

          仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
       (中間損益計算書関係)

      ※1 営業外収益のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前中間会計期間                  当中間会計期間
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2016年9月30日)                  至 2017年9月30日)
     他社による当社システム利用料                                2,400千円                    -千円
     受取賃貸料                               19,430                  19,398
     受取利息                                754                  641
      ※2 営業外費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前中間会計期間                 当中間会計期間
                             (自 2016年4月1日                 (自 2017年4月1日
                              至 2016年9月30日)                 至 2017年9月30日)
     支払利息                                40,109千円                 20,032千円
     他社による当社システム利用関係減価償却費                                 481                 -
      ※3    減価償却実施額

                               前中間会計期間                  当中間会計期間
                             (自 2016年4月1日                  (自 2017年4月1日
                              至 2016年9月30日)                  至 2017年9月30日)
     有形固定資産                              292,330千円                  46,699千円
     無形固定資産                              313,054                  450,658
       (有価証券関係)

         子会社株式(当中間会計期間の中間貸借対照表計上額1,733,980千円、前事業年度の貸借対照表計上額1,731,032
        千円)及び関連会社株式(当中間会計期間の中間貸借対照表計上額5,000千円、前事業年度の貸借対照表計上額
        6,247千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりませ
        ん。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      (2)【その他】

        該当事項はありません。
                                 40/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】
       当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        有価証券報告書及びその添付書類
         事業年度(第71期)(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)2017年6月23日関東財務局長に提出
                                 41/44



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 42/44




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書

                                                   平成29年12月8日

     株式会社東京商品取引所

       取締役会 御中

                             有限責任監査法人          トーマツ

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               森 谷 和 正  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               岩 下 万 樹  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社東京商品取引所の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成29
     年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益及び包
     括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フロー計算書、中間連結財務諸表作成のための基
     本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中間連結財務諸
     表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間連結財務諸表を
     作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
     行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関し
     て投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を
     策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続
     の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間連結
     財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
     続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法
     人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用
     な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに
     経営者によって行われた見積りの評価も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準
     に準拠して、株式会社東京商品取引所及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中
     間連結会計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用
     な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
           別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                 まれておりません。
                                 43/44


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書

                                                   平成29年12月8日

     株式会社東京商品取引所

       取締役会 御中

                             有限責任監査法人          トーマツ

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               森 谷 和 正  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               岩 下 万 樹  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社東京商品取引所の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第72期事業年度の中間会計期間(平成29年
     4月1日から平成29年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本
     等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、株式会社東京商品取引所の平成29年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成29年4月
     1日から平成29年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
           別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                 まれておりません。
                                 44/44



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。