美津濃株式会社 四半期報告書 第105期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第105期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:美津濃株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年11月13日

     【四半期会計期間】                      第105期    第2四半期

                          (自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)
     【会社名】                      美津濃株式会社

     【英訳名】                      MIZUNO       CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  水 野 明 人

     【本店の所在の場所】                      大阪市中央区北浜四丁目1番23号

                          (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行っ
                          ております。)
                          大阪市住之江区南港北一丁目12番35号
     【電話番号】                      大阪(06)6614-8465

     【事務連絡者氏名】                      取締役専務執行役員  福 本 大 介

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区神田小川町三丁目22番4号

     【電話番号】                      東京(03)3233-7028

     【事務連絡者氏名】                      東京本社     経理財務部次長  漆 谷 謙

     【縦覧に供する場所】                      美津濃株式会社 東京本社

                           (東京都千代田区神田小川町三丁目22番4号)

                          (上記は登記上の事務所ではありませんが、実際の業務は上記の場所

                          で行っております。)
                          株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23





                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                          第104期            第105期

            回次             第2四半期            第2四半期             第104期
                        連結累計期間            連結累計期間
                      自 平成28年4月1日            自 平成29年4月1日            自 平成28年4月1日

           会計期間
                      至 平成28年9月30日            至 平成29年9月30日            至 平成29年3月31日
                              93,143            91,766            188,718

     売上高            (百万円)
     経常利益又は経常損失
                              △ 420           3,958            1,529
                 (百万円)
     (△)
     親会社株主に帰属する
                               705           2,478             710
                 (百万円)
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益
                 (百万円)             △ 4,161            2,178             658
     又は包括利益
     純資産額            (百万円)             84,314            89,874            88,518
                             153,574            149,403            155,895

     総資産額            (百万円)
     1株当たり四半期
                              27.93            98.05            28.12
                  (円)
     (当期)純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)              -            -            -
     (当期)純利益金額
                               54.8            60.0            56.6
     自己資本比率             (%)
     営業活動による
                              8,002            9,287            9,229
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                              △ 961           △ 670          △ 1,150
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                             △ 3,038           △ 3,902           △ 7,572
                 (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                              17,614            19,162            14,448
                 (百万円)
     四半期末(期末)残高
                          第104期            第105期

            回次             第2四半期            第2四半期
                        連結会計期間            連結会計期間
                      自 平成28年7月1日            自 平成29年7月1日

           会計期間
                      至 平成28年9月30日            至 平成29年9月30日
     1株当たり四半期

                              53.28            60.06
                  (円)
     純利益金額
      (注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
           おりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4 当社は、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第104期の期
           首に当該株式併合が行われたと仮定し1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について重要な
      変更はありません。
                                  2/23


                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間末日(平成29年9月30日)現在において、当社グループが
      判断したものであります。
      (1)  業績の状況

         当第2四半期連結累計期間において当社グループは、「米州事業の改善」、「ゴルフビジネスの再建」及び
        「原価低減を主とする経営効率の向上」を最重要課題と位置づけ事業経営に取り組んでまいりました。「米州事
        業の改善」については、在庫のコントロールや値引き販売の抑制、経費削減などの施策を実施し、着実に進捗し
        ております。「ゴルフビジネスの再建」については、市場が下げ止まりの兆しを見せている中、販売価格を維持
        する販売手法へ取り組みを進めており、特にカスタムフィッティングがグローバルで好調に推移しました。「原
        価低減を主とする経営効率の向上」については、当第2四半期連結累計期間においては為替による改善効果が大
        きかったものの、為替要因以外の生産コストの改善も一定の成果を挙げています。
         これらの結果、当第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日~平成29年9月30日)における当社グループの
        経営成績は、売上高は          13億7千7百万円減収         (前年同期比      1.5%減    )の  917億6千6百万円        となったものの、営業利益
        は、為替の影響により仕入れコストが減少したことや米州事業の持ち直しなどにより、                                         33億8千1百万円増益         (同
        678.0%増     )の  38億7千9百万円       となりました。経常損益は、営業減益の増加や、前年同期に発生した英ポンド安に
        よる為替差損の計上がなくなったことなどにより、                        43億7千8百万円増益         の 39億5千8百万円       の経常利益となりまし
        た。親会社株主に帰属する四半期純利益は、経常利益の増益があったものの前期は特別利益に退職給付信託設定
        益を計上したことなどから、             17億7千3百万円増益         (同  251.4%増     )の  24億7千8百万円       となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

         ①  日本
         日本は、売上高は前年同期比でほぼ横ばいであったものの、為替要因による仕入コストの減少や、より利益を
        重視した販売により大幅な増益となりました。野球品販売事業やゴルフ品販売事業は競技人口の減少などにより
        売上高は減少しましたが、仕入コストの改善や販売手法の改善などにより収益性は向上しました。ゴルフ品販売
        事業は低迷が続いておりましたが、下げ止まりの兆しを見せております。自治体の指定管理施設の運営や工事、
        体育器具の販売を行うスポーツ施設サービス事業及び、サッカーや陸上、卓球などの競技スポーツ品販売事業は
        堅調に推移しました。競技スポーツ品販売事業は、新発売のサッカースパイクが好調でした。
         この結果、売上高は5億3千5百万円増収(前年同期比0.9%増)の                               624億9千1百万円        とほぼ前年並みでしたが、営
        業利益は24億5千6百万円増益(同260.3%増)の                      33億9千9百万円       と大幅な増益となりました。
                                  3/23






                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
         ②  欧州
         欧州は、昨年度より市場に参入したテニスシューズが好調に推移しました。また、ゴルフ品ではカスタムクラ
        ブが好調に推移し、低迷が続いた市場に明るさが見えました。一方、主力のランニングシューズは苦戦しまし
        た。営業利益は、滞貨在庫の処分販売の減少や販売先の構成変化などにより増益になりました。また、前年同期
        は、イギリスのEU離脱の国民投票の結果により英ポンドが大きく下落し多額の為替差損が発生しましたが、当
        期はその影響がなくなり経常利益は大きく改善しました。
         この結果、売上高は6億3千7百万円減収(前年同期比7.9%減)の                              73億8千3百万円       でしたが、営業利益は6千万円
        増益の   1億1千1百万円       となりました。
         なお、当第2四半期連結累計期間における欧州各通貨の換算レートは以下のとおりであります。
         英ポンド:144.35円(前年同期                146.47円)、ユーロ(欧州支店):126.61円(前年同期                          119.00円)、
         ユーロ(子会社):122.24円(前年同期                    125.32円)、ノルウェークローネ:13.32円(前年同期                          13.37円)
         ③  米州

         米州は、前年のランニングシューズの在庫過多、競争激化といった厳しい状況からの脱却を図っており、売上
        高は減少したものの在庫や販売単価は持ち直しており、また一層の経費削減策により収益性は着実に回復してお
        ります。また、欧州同様にカスタムクラブを中心にゴルフ品販売事業に好転の兆しが見えています。
         この結果、売上高は12億9千3百万円減収(前年同期比10.0%減)の                               116億6千9百万円        でしたが、営業損失は9億2
        千8百万円縮小し、         1億4百万円     となりました。
         なお、当第2四半期連結累計期間における米州各通貨の換算レートは以下のとおりであります。
         米ドル:112.72円(前年同期               113.03円)、カナダドル:84.68円(前年同期                      85.08円)
         ④  アジア・オセアニア

         アジア・オセアニアの業績は、売上高はほぼ全ての拠点でランニングシューズが苦戦したものの、中国で卓球
        シューズが好調であったことなどによりセグメント全体としてはほぼ横ばいでした。他セグメント同様、ゴルフ
        品販売事業に回復の兆しが見えているものの、滞貨在庫の値引販売などがあり営業利益は減益になりました。
         この結果、売上高は1千7百万円増収(前年同期比0.2%増)の                             102億2千2百万円        でしたが、営業利益は4千9百万
        円減益(同8.2%減)の           5億4千7百万円       となりました。
         なお、当第2四半期連結累計期間におけるアジア・オセアニア各通貨の換算レートは以下のとおりでありま
        す。
         台湾ドル:3.66円(前年同期               3.45円)、香港ドル:14.50円(前年同期                    14.56円)、
         中国元:16.38円(前年同期              17.28円)、豪ドル:84.97円(前年同期                   83.01円)、
         韓国ウォン(100ウォンあたり):9.84円(前年同期                          9.58円)、
         米ドル(シンガポール):112.72円(前年同期                       113.03円)
         財政状態の分析は、以下のとおりであります。

         当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べ                               64億9千1百万円減少         して  1,494億3百万円       と
        なりました。現金及び預金が              47億1千4百万円増加         した一方で、商品及び製品が              27億3千9百万円       、受取手形及び売
        掛金が   64億2千4百万円       それぞれ減少いたしました。
         負債は、前連結会計年度末に比べ                78億4千7百万円減少         して  595億2千9百万円        となりました。支払手形及び買掛金
        が 28億3千3百万円       、未払金及び未払費用が            14億7千9百万円       、長短借入金が32億8千7百万円、そして退職給付に係
        る負債が    5億9百万円     それぞれ減少いたしました。
         純資産は、前連結会計年度末に比べ                  13億5千6百万円増加         して  898億7千4百万円        となりました。その他有価証券評
        価差額金が     5億7千2百万円       増加した一方、繰延ヘッジ損益が                7億1千8百万円       、為替換算調整勘定が          3億6千5百万円       そ
        れぞれ減少いたしました。
         以上の結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の                         56.6%   から  60.0%   へと3.4ポイント増加いたしました。
                                  4/23




                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ47億1千4百万円増加
        し、  191億6千2百万円        となりました。
         当第2四半期連結累計期間に係る区分ごとのキャッシュ・フローの状況は以下の通りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動によるキャッシュ・フローは                  92億8千7百万円       の収入となりました。収入の主な内訳は税金等調整前四
        半期純利益     39億3千2百万円       、減価償却費の計上         14億5百万円      、売上債権の減少額         61億8千1百万円       、たな卸資産の減
        少額  29億1千2百万円       、支出の主な内訳は仕入債務の減少額                  27億6千3百万円       、未払金及び未払費用の減少額               14億4千
        1百万円    、そして法人税等の支払額            5億2千5百万円       であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは                  6億7千万円     の支出となりました         。 支出の主な内訳は有形固定資産の取得
        による支出     6億4千1百万円       、無形固定資産の取得による支出               4億2千8百万円       であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは                  39億2百万円      の支出となりました。収入の主な内訳は長期借入れによる収
        入 28億4千万円      、自己株式の売却による収入              8億3千9百万円       、支出の主な内訳は短期借入金の減少                  18億9千8百万
        円 、長期借入金の返済による支出               40億7百万円      、自己株式の取得による支出              8億4千4百万円       、そして配当金の支払
        額 6億3千万円     であります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針(会社法施行規則第
        118条第3号イ)、及びこの基本方針を実現するための特別の取り組み(同条第3号ロ)を以下のとおり決議して
        おります。
         ①当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針

         当社取締役会は、公開会社である当社における「当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者」としてのあ
        り方は、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に資する者が望ましく、その判断は最終的には当
        社の株主の意思に委ねられるべきものと考えます。
         一方で、スポーツ品の製造・販売やスポーツ施設の運営などの事業をグローバルで展開する当社グループを統
        括する当社の経営にあたっては、専門的ノウハウと豊富な経験、並びに国内外の顧客・従業員及び取引先やス
        ポーツ産業特有の選手・チーム・団体や連盟等のステークホルダーとの間に築かれた関係への理解が不可欠であ
        り、「当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者」にこれらに関する十分な理解がなくては、株主価値を毀
        損する可能性があると考えます。
         一段と激化する競争の中で、当社グループはスポーツ市場で「特徴あるブランド」として存在し続けていかな
        ければなりません。
         当社のブランド価値の核となるものは、「テクノロジー」「クラフトマンシップ」「品質」といった商品への
        信頼感であります。その信頼感の醸成のために、商品開発は当社のブランド価値向上の最も重要な要素でありま
        す。スポーツ品の研究開発においては、素材の基礎研究から製品化に至るまで多くの開発プロセスを経ており、
        長期の年月をかけ、その技術やノウハウの蓄積や技術者の育成を行ってまいりました。
         また、海外と国内の事業を連動させ、競争優位のビジネスモデルの構築を目指すため、海外生産拠点の最適化
        を図り、継続的な製品コストの低減を行うとともに、コアとなる生産技術水準を維持・継承することにも努めて
        おります。
         加えて、当社グループは顧客との情緒的な繋がりを強める企業文化や社風(当社の個性)を生み出す努力を継
        続してまいりました。従業員教育に努め、フェアプレー、フレンドシップ、ファイティングスピリットを大切に
        し、アンフェアな行為を許さない企業風土を有しております。また、長年にわたり地域スポーツ団体へのサポー
        トや、指導者育成をはじめとしたスポーツ振興活動を行うなど社会貢献にも積極的に努めております。これらの
        企業文化や社風は、取引先、消費者、各種競技団体において当社グループと<ミズノ>ブランドに対する信頼感
        を高めてまいりました。
         以上のように、信頼という無形の付加価値がグループの社員と企業文化によって築かれ、ブランド資産となり
        企業価値の向上に大きな役割を果たしております。
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
         当社では、100年以上にわたり築いてきたこれらの有形無形の財産が、当社の財務及び事業の方針の決定を支配
        することとなる大規模買付行為を行う者の下においても保全され、中長期的にその価値を向上させられるもので
        なければ、当社の企業価値・株主共同の利益は大きく毀損されることになると判断いたします。従って、当社の
        企 業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれがあると認められる場合には、そのような大規模買付行為は
        不適切であると考えます。
         ②基本方針を実現するための当社の取り組み

         当社は、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」という経営理念のもと、下記の長
        期経営方針に沿って企業価値向上の具現化を図っております。
         ・新100年ブランドの創造
         ・世界企業ミズノの実現
         ・誇りある企業文化の育成
         創業以来、商品の品質・機能の充実を通してユーザー満足度を高める努力を行ってまいりましたが、次の100年
        にも通用するブランド創造を第一に掲げました。それにはグループ全体での企業価値の最大化を目指すために国
        境を越えた連携でグローバル企業を目指し、さらに公正な企業活動のもと、挑戦的で活力のある企業文化を醸成
        してまいります。
         このためにも中長期的に以下のような重点目標を設定し、目標達成に向け経営資源を有効活用して企業価値を
        向上させていくことといたしております。
        <海外市場でのシェア向上>

         海外市場におけるマーケティング活動のさらなる強化推進により、すでに評価の高い技術や機能性を強く訴求
        することが重要と考えております。高いレベルのパフォーマンスを追求するエンドユーザーが対象顧客である
        「専門店チャネル」を中心に、欧州・米州・アジア・オセアニアをはじめとする海外市場でのブランド認知度の
        拡大とシェアアップを図ってまいります。
        <商品開発力の強化>

         ブランド差別化の源泉として、研究開発への人材と資金の投資を積極的に行ってまいります。すぐれた技術力
        により裏打ちされたスポーツシューズや、新素材の開発・採用に加え多様な機能性を発揮できる縫製技術を駆使
        するスポーツアパレルの領域は、グローバルでの市場規模が極めて大きく、これからの拡販余地が一層見込まれ
        ると考えております。従って、これらのプロダクト領域の開発に経営資源の配分ウエイトを高めてまいります。
        <健康関連事業への取組み強化>

         日本国内は、少子高齢化が加速するにともないシニア層の人口構成比が増大し、人々の健康への意識が高まり
        そのための活動の機会が増えると想定されます。日常的なスポーツやトレーニングへの志向に対する需要をしっ
        かり受けとめ、競技スポーツで培った技術やノウハウをベースに、そのような需要に応える商品とサービスを提
        供してまいります。
                                  6/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
         ③基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため
        の取り組み
         平成18年6月28日開催の第93回定時株主総会において、議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株
        式の買付行為、または結果として議決権割合が20%以上となる当社株式の買付行為(以下、「大規模買付行為」
        といい、大規模買付行為を行う者を「大規模買付者」という。)に関する対応方針が承認され、当社は買収防衛
        策を導入いたしました。
         この買収防衛策は、当社の企業価値、株主共同の利益を確保し向上させることを前提としており、事前開示・
        株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則に則った具体的なルールであります。
         大規模買付行為を受け入れるかどうかの最終判断は当社株主の皆様に委ねられるべきものであり、その判断の
        ため、当社取締役会は大規模買付者からの提供情報に対し、評価・検討の上、取りまとめた意見や必要に応じ代
        替案を定められた期間内に開示いたします。
         また、当社取締役会が敵対的な買収と評価し、社外取締役(監査等委員)及び外部専門家で構成する株主利益
        評価委員会が対抗措置発動の勧告を行った場合、当社取締役会はその勧告を最大限尊重して対抗措置の発動に関
        する最終的な意思決定を行います。
      (4)  研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は12億7千万円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         当社グループにとって経営成績に重要な影響を与える事項として、品質とコストの安定が挙げられます。製品
        の品質保持は、技術と知恵に裏打ちされた生産管理ノウハウに拠るものであり、それを包含したプロダクション
        機能の強化が重要と考えております。
         また、海外の製造拠点におけるコストの上昇は深刻な問題であり、原材料価格の変動や現地労働市場の動向へ
        の絶え間ない注視と迅速な対処が求められます。加えて、直接的に輸入仕入コストに影響する為替変動について
        は、適宜ヘッジを実行してコストの平準化に努めております。
         さらに、当社グループでは、同じカテゴリーの製品を複数の製造委託先に委託することや、複数の国にわたっ
        て製造の拠点を分散させるなど、リスク管理、品質安定及びコスト抑制を常に図っております。
      (6)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当社グループは、以下の施策により、今後の成長に必要な資金調達能力を保持しております。
         短期的な運転資金は、金融機関からの借入により、多様な資金需要に対応しております。設備投資などの長期
        の資金需要については、調達コストの抑制を図りつつ、取引の安定性を重視して金融機関との間で長期借入契約
        を締結しております。
         また、当社では、グループ各拠点の資金ポジション(過不足状況)を把握し、拠点間の需給の調整や、相互融
        通による資金マネジメントにより有効活用しております。さらに、主要取引銀行との間で締結している当座借越
        契約は、万一の資金不足の際の安全弁として、流動性の備えとしております。
      (7)  経営者の問題認識と今後の方針について

         当社グループは、現状の認識に基づいて将来の予測を行い、最良最善と判断するマーケティング戦略を具現化
        し、製販はじめグループ総合力の強化を図っております。特に販売政策を推し進めるにあたっては、国内・海外
        を問わず、市場への商品供給に最適な生産体制を構築することが重要と考えております。加えて、収益性の高い
        チャネルやエリアに対して効果的な経営資源の集中を行うため、投資バランスについて精緻な検討を進めること
        を経営方針に含めて実践しております。
                                  7/23




                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    296,000,000
                  計                                   296,000,000
      (注) 平成29年6月23日開催の第104回定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で株式併合に伴う定款変更が行
         われ、発行可能株式総数は、236,800,000株減少し、59,200,000株となっております。
       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年9月30日)          (平成29年11月13日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                               単元株式数      100株
       普通株式          132,891,217          26,578,243
                                    (市場第一部)
         計         132,891,217          26,578,243           ―            ―
      (注)   1 平成29年6月23日開催の第104回定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で当社普通株式5株を
          1株に併合いたしました。これにより、発行済株式総数は106,312,974株減少し、26,578,243株となっ
          ております。
        2 平成29年6月23日開催の第104回定時株主総会決議により、平成29年10月1日付で単元株式数を1,000株
          から100株に変更しております。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
      平成29年7月1日~
                      ―    132,891          ―    26,137          ―    22,454
      平成29年9月30日
      (注) 平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。これに伴い、発行済株式
         総数が106,312,974株減少し、26,578,243株となっております。
                                  8/23





                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成29年9月30日現在
                                                  発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                  対する所有株式数
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
     公益財団法人ミズノスポーツ
                    東京都千代田区神田小川町三丁目22                          21,735          16.35
     振興財団
     日本トラスティ・サービス信
                    東京都中央区晴海一丁目8-11                          11,354          8.54
     託銀行株式会社
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)
     RE  SILCHESTER
                    50  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON    E14
     INTERNATIONAL       INVESTORS                                  5,958          4.48
                    5NT,   UK
     INTERNATIONAL       VALUE   EQUITY
     TRUST
                    大阪市中央区北浜四丁目1-23                          5,228          3.93

     美津濃株式会社
                    東京都千代田区丸の内一丁目1-2                          4,651          3.50

     株式会社三井住友銀行
     日本マスタートラスト信託銀

                    東京都港区浜松町二丁目11-3                          3,806          2.86
     行株式会社
     NORTEHRN     TRUST   CO.  (AVFC)
                    50  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON    E14
     RE  U.S.   TAX  EXEMPTED                                   3,493          2.62
                    5NT,   UK
     PENSION    FUNDS
                    東京都千代田区丸の内一丁目6-6                          3,420          2.57
     日本生命保険相互会社
                    大阪市住之江区南港北一丁目12-35                          2,941          2.21
     美津濃従業員持株会
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)     50  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON    E14
                                              2,101          1.58
     SUB  A/C  NON  TREATY         5NT,   UK
                                              64,689          48.67
            計                    ―
      (注)1 所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
          日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                        11,354千株
          日本マスタートラスト信託銀行株式会社                        3,806千株
        2 「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」により、当第2四半期会計期間末において、野村

          信託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)が当社株式を1,280千株保有しておりますが、上記の
          表の自己株式数に含めておりません。
        3 シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・エルエルピー                                    (Silchester      International

          Investors     LLP、旧名称      シルチェスター・パートナーズ・リミテッド)より、平成29年9月6日に大量保
          有報告書(変更報告書)の提出がありましたが、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所
          有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況には記載しておりません。なお、大量保有報告書の内
          容は次のとおりであります。
                                                    発行済株式総

                                            所有株式数
                                                    数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                                    所有株式数の
                                             (千株)
                                                    割合(%)
     シルチェスター・インターナショ
                       英国 ロンドン ダブリュー1ジェイ 
     ナル・インベスターズ・エルエル
                                               14,598         10.98
                       6ティーエル、ブルトン ストリート1、
     ピー   (Silchester      International
                       タイム アンド ライフ ビル5階
     Investors     LLP)
                                  9/23





                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                         5,228,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               126,450             ―
                        126,450,000
                     普通株式
     単元未満株式                              ―      1単元(1,000株)未満の株式
                         1,213,217
     発行済株式総数                   132,891,217           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          126,450             ―

      (注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」
           により、野村信託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)が当第2四半期会計期間末において保
           有する当社株式1,280,000株(議決権の数1,280個)が含まれております。
         2 当社は、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。併せて、同
           日付で単元株式数が1,000株から100株に変更となっております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年9月30日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  大阪市中央区北浜
        美津濃株式会社                        5,228,000          ―  5,228,000           3.93
                  四丁目1-23
           計              ―        5,228,000          ―  5,228,000           3.93
      (注)   上記のほか、連結財務諸表において自己株式として認識している当社株式が1,280,000株あります。
        これは、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」により、野村信託銀行株式会社(美津濃従業
        員持株会専用信託口)に譲渡した自己株式について、会計処理において当社と一体のものと認識し、当該当社
        株式を自己株式として計上しているためであります。
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当第2四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 10/23








                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
      29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 11/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                          14,448              19,162
         現金及び預金
                                                      ※2  37,300
                                          43,724
         受取手形及び売掛金
                                          29,926              27,186
         商品及び製品
                                           798              809
         仕掛品
                                          3,323              2,893
         原材料及び貯蔵品
                                          1,943              2,272
         繰延税金資産
                                          5,964              4,473
         その他
                                          △ 679             △ 667
         貸倒引当金
                                          99,450              93,430
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          16,695              16,608
           建物及び構築物(純額)
                                          15,912              15,861
           土地
                                          2,138              1,942
           その他(純額)
                                          34,746              34,413
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          3,197              3,024
           のれん
                                          6,875              6,770
           その他
                                          10,072               9,794
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          6,865              7,559
           投資有価証券
                                          1,965              1,796
           繰延税金資産
                                          3,313              2,929
           その他
                                          △ 519             △ 519
           貸倒引当金
                                          11,625              11,765
           投資その他の資産合計
                                          56,444              55,973
         固定資産合計
                                         155,895              149,403
       資産合計
                                 12/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         17,434              14,601
         支払手形及び買掛金
                                          8,995              6,881
         短期借入金
                                          4,500              4,500
         1年内返済予定の長期借入金
                                         10,800               9,321
         未払金及び未払費用
                                           775             1,307
         未払法人税等
                                           374              356
         返品調整引当金
                                          1,948              1,571
         その他
                                         44,829              38,540
         流動負債合計
       固定負債
                                         12,849              11,675
         長期借入金
                                          1,976              2,102
         繰延税金負債
                                          2,298              2,295
         再評価に係る繰延税金負債
         退職給付に係る負債                                 1,792              1,282
         資産除去債務                                  206              178
                                          3,424              3,453
         その他
                                         22,547              20,988
         固定負債合計
                                         67,377              59,529
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         26,137              26,137
         資本金
                                         31,549              31,797
         資本剰余金
                                         29,622              31,473
         利益剰余金
                                         △ 2,382             △ 2,757
         自己株式
                                         84,927              86,650
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          1,843              2,416
         その他有価証券評価差額金
                                           781               62
         繰延ヘッジ損益
                                           34              30
         土地再評価差額金
                                          1,675              1,309
         為替換算調整勘定
                                         △ 1,053              △ 881
         退職給付に係る調整累計額
                                          3,282              2,937
         その他の包括利益累計額合計
                                           308              286
       非支配株主持分
                                         88,518              89,874
       純資産合計
                                         155,895              149,403
      負債純資産合計
                                 13/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                         93,143              91,766
      売上高
                                         57,723              54,181
      売上原価
                                         35,420              37,585
      売上総利益
                                       ※  34,921             ※  33,705
      販売費及び一般管理費
                                           498             3,879
      営業利益
      営業外収益
                                           77              42
       受取利息
                                           109              104
       受取配当金
                                                         208
       為替差益                                    -
                                           146               98
       その他
                                           334              453
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           174              152
       支払利息
                                           162              123
       売上割引
                                           837
       為替差損                                                  -
                                           33              30
       デリバティブ評価損
                                           46              68
       その他
                                          1,254               375
       営業外費用合計
                                          △ 420             3,958
      経常利益
      特別利益
                                            7              42
       固定資産売却益
                                                          1
       投資有価証券売却益                                    -
                                          2,162
                                                         -
       退職給付信託設定益
                                          2,169                44
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              0
       固定資産売却損
                                           29              70
       固定資産除却損
                                            0              0
       投資有価証券評価損
                                           230
                                                         -
       事業構造改善費用
                                           259               70
       特別損失合計
                                          1,489              3,932
      税金等調整前四半期純利益
      法人税等                                     745             1,419
                                           743             2,513
      四半期純利益
                                           37              34
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           705             2,478
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/23






                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                           743             2,513
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 1,500               572
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 301             △ 718
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 3,287              △ 360
       為替換算調整勘定
                                           183              171
       退職給付に係る調整額
                                         △ 4,904              △ 334
       その他の包括利益合計
                                         △ 4,161              2,178
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 4,159              2,138
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           △ 2              40
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/23















                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          1,489              3,932
       税金等調整前四半期純利益
                                          1,478              1,405
       減価償却費
                                           194              193
       のれん償却額
                                          △ 242             △ 248
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 2,162
       退職給付信託設定損益(△は益)                                                  -
                                          △ 321              △ 11
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                            0              0
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)
                                          △ 187             △ 146
       受取利息及び受取配当金
                                           174              152
       支払利息
                                                         △ 1
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -
                                           △ 6             △ 42
       固定資産売却損益(△は益)
                                           29              70
       固定資産除却損
                                          9,482              6,181
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          1,933              2,912
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         △ 2,567             △ 2,763
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         △ 1,271             △ 1,441
       未払金及び未払費用の増減額(△は減少)
                                           925             △ 370
       その他
                                          8,946              9,820
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   194              146
                                          △ 175             △ 153
       利息の支払額
                                          △ 962             △ 525
       法人税等の支払額
                                          8,002              9,287
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 611             △ 641
       有形固定資産の取得による支出
                                            7              95
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 248             △ 428
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 400              △ 30
       投資有価証券の取得による支出
                                                          3
       投資有価証券の売却による収入                                    -
                                                          0
       短期貸付金の純増減額(△は増加)                                    -
       長期貸付けによる支出                                   △ 41               5
                                          △ 33             △ 40
       子会社株式の取得による支出
                                           367              365
       その他
                                          △ 961             △ 670
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 2,137             △ 1,898
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                          3,000              2,840
       長期借入れによる収入
                                         △ 3,168             △ 4,007
       長期借入金の返済による支出
       自己株式の売却による収入                                    79              839
                                           △ 3            △ 844
       自己株式の取得による支出
                                          △ 630             △ 630
       配当金の支払額
                                          △ 60             △ 62
       非支配株主への配当金の支払額
                                          △ 117             △ 137
       リース債務の返済による支出
                                         △ 3,038             △ 3,902
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 564              △ 0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                          3,438              4,714
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         14,176              14,448
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  17,614             ※  19,162
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/23



                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                  当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
     税金費用の計算                  当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対す
                      る税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当
                      該見積実効税率を乗じて計算しております。
       (追加情報)

       (信託型従業員持株インセンティブ・プラン)
        当社は、当社グループ従業員に対する当社の中長期的な企業価値向上へのインセンティブの付与を目的として、
       「信託型従業員持株インセンティブ・プラン」(以下、「本プラン」といいます。)を導入しております。本制度
       に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(実
       務対応報告第30号 平成27年3月26日)を適用しております。
       (1)取引の概要

        本プランは、「美津濃従業員持株会」(以下「持株会」といいます。)に加入するすべての従業員を対象とする
       インセンティブ・プランです。本プランでは、当社が信託銀行に「美津濃従業員持株会専用信託口」(以下、「従
       持信託」といいます。)を設定し、従持信託は、今後5年間にわたり持株会が取得すると見込まれる規模の当社株
       式を借入金を原資として当社からの第三者割当によって予め取得します。その後は、従持信託から持株会に対して
       継続的に当社株式の売却が行われるとともに、信託終了時点で従持信託内に株式売却益相当額が累積した場合に
       は、当該株式売却益相当額が残余財産として受益者適格要件を満たす者に分配されます。なお、当社は、従持信託
       が当社株式を取得するための借入に対し保証をしているため、当社株価の下落により従持信託内に株式売却損相当
       額が累積し、信託終了時点において従持信託内に当該株式売却損相当の借入金残債がある場合は、かかる保証行為
       に基づき、当社が当該残債を弁済することになります。
       (2)信託に残存する自社の株式

        信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額により、連結貸借対照表の純資産の部に自己株式として計上
       しており、当該株式の帳簿価額及び株式数は下記の通りです。
        帳簿価額 当第2四半期連結会計期間末 839百万円
        株式数 当第2四半期連結会計期間末 1,280千株
       (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額

        当第2四半期連結会計期間末 840百万円
                                 17/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
      1 保証債務
        連結会社以外の個人及び法人の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間

                             (平成29年3月31日)                 (平成29年9月30日)
         庄内ゴルフ倶楽部会員                         1百万円                 0百万円
     㯿ሀ   四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しておりま

       す。
        なお、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形を
       満期日に決済が行われたものとして処理しております。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年9月30日)
         受取手形                         ―百万円                714百万円
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※     販売費及び一般管理費の主なもの
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
                                1,624                 1,571
         運賃及び荷造費                          百万円                 百万円
                                1,948                 1,958
         保管費                          百万円                 百万円
                                5,863                 5,525
         広告宣伝費                          百万円                 百万円
                                  17                 60
         貸倒引当金繰入額                          百万円                 百万円
                               10,208                 9,925
         給料及び手当                          百万円                 百万円
                                1,538                 1,515
         賞与                          百万円                 百万円
                                 827                 696
         退職給付費用                          百万円                 百万円
                                1,224                 1,166
         減価償却費                          百万円                 百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
       のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
         現金及び預金                       17,614百万円                 19,162百万円
         取得日から3ヶ月以内に償還期限
                                  ―百万円                 ―百万円
         が到来する短期投資(有価証券)
         現金及び現金同等物                       17,614百万円                 19,162百万円
                                 18/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
       (1)   配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成28年6月23日
               普通株式      利益剰余金           632        5  平成28年3月31日         平成28年6月24日
      定時株主総会
      (注)配当金の総額は、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」の導入において設定した野村信
         託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式に対する配当金0百万円を含めて
         記載しております。
       (2)  基準日が当連結会計年度の開始の日から当第2四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力

        発生日が当第2四半期連結会計期間末日後となるもの
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成28年11月10日
               普通株式      利益剰余金           631        5  平成28年9月30日         平成28年12月1日
       取締役会
      (注)配当金の総額は、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」の導入において設定した野村信
         託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式に対する配当金0百万円を含めて
         記載しております。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年9月30日)

       (1)   配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月23日
               普通株式      利益剰余金           631        5  平成29年3月31日         平成29年6月24日
      定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度の開始の日から当第2四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力

        発生日が当第2四半期連結会計期間末日後となるもの
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成29年11月10日
               普通株式      利益剰余金           638        5  平成29年9月30日         平成29年12月1日
       取締役会
      (注)配当金の総額は、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship)」の導入において設定した野村信
         託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式に対する配当金6百万円を含めて
         記載しております。
                                 19/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年9月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                            アジア・
                      日本        欧州        米州                計
                                            オセアニア
     売上高
                       61,955        8,020       12,962        10,204        93,143

       外部顧客に対する売上高
       セグメント間の内部売上高
                        1,714                 17      2,578        4,310
                                 -
       又は振替高
                       63,670        8,020       12,980        12,782        97,454
           計
     セグメント利益又は
                         943        50     △ 1,033         596        557
     セグメント損失(△)
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主

        な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                   557

     セグメント間取引消去及びその他の調整額                                                  △58

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                   498

     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                            アジア・
                      日本        欧州        米州                計
                                            オセアニア
     売上高
                       62,491        7,383       11,669        10,222        91,766

       外部顧客に対する売上高
       セグメント間の内部売上高
                        1,820                 11      1,820        3,651
                                 -
       又は振替高
                       64,311        7,383       11,681        12,042        95,418
           計
     セグメント利益又は
                        3,399         111       △ 104        547       3,953
     セグメント損失(△)
                                 20/23





                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主
        な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                  3,953

     セグメント間取引消去及びその他の調整額                                                  △74

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                  3,879

       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成28年9月30日)           至   平成29年9月30日)
       1株当たり四半期純利益金額
                                        27円93銭             98円05銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                           705            2,478
       普通株主に帰属しない金額(百万円)

                                            ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           705            2,478
       四半期純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  25,256,279             25,277,425
      (注)   1 1株当たり四半期純利益金額の算定における「期中平均株式数」は、連結財務諸表において自己株式と
          して処理している野村信託銀行株式会社(美津濃従業員持株会信託口)が保有する当社株式を控除して
          算定しております。
        2 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        3 当社は、平成29年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第104期
          の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益を算定しております。
       (重要な後発事象)

       (単元株式数の変更及び株式併合等)
       平成29年6月23日開催の第104回定時株主総会において、株式併合に関する議案が承認可決されております。これ
       により、平成29年10月1日付で単元株式数が1,000株から100株に変更となり、普通株式について5株を1株に併合
       するとともに、発行可能株式数が296,000,000株から59,200,000株に変更となっております。
     2  【その他】

       平成29年11月10日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (1) 中間配当による配当金の総額・・・・・・・・・・・・ 638百万円
       (2) 1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5円00銭
       (3) 支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・・・・・・ 平成29年12月1日
       (注)   1 配当金の総額には、野村信託銀行株式会社(美津濃従業員持株会専用信託口)に対する6百万円が含まれ

           ております。
         2 平成29年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 21/23




                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                        美津濃株式会社(E03036)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月13日

     美  津  濃  株  式  会  社
      取  締  役  会   御中
                          新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士  増           田      豊        印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士        内     田      聡         印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている美津濃株式会社

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
     29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、美津濃株式会社及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
     ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1   上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。