テラ株式会社 四半期報告書 第14期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第14期第3四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)
提出日
提出者 テラ株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】              四半期報告書

     【根拠条文】              金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】              関東財務局長

     【提出日】              平成29年11月10日

     【四半期会計期間】              第14期第3四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)

     【会社名】              テラ株式会社

     【英訳名】              tella, Inc.

     【代表者の役職氏名】              代表取締役社長CEO         矢 崎 雄 一 郎

     【本店の所在の場所】              東京都新宿区西新宿七丁目22番36号

     【電話番号】              03-5937-2111(代表)

     【事務連絡者氏名】              取締役CFO     小 塚 祥 吾

     【最寄りの連絡場所】              東京都新宿区西新宿七丁目22番36号

     【電話番号】              03-5937-2111(代表)

     【事務連絡者氏名】              取締役CFO     小 塚 祥 吾

                   株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                   (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19









                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第13期           第14期

              回次              第3四半期           第3四半期            第13期
                            連結累計期間           連結累計期間
                         自 平成28年1月1日           自 平成29年1月1日           自 平成28年1月1日
             会計期間
                         至 平成28年9月30日           至 平成29年9月30日           至 平成28年12月31日
                               1,421,147            842,121          1,801,837
     売上高                (千円)
                               △ 390,457          △ 230,371          △ 667,159
     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する
                               △ 463,506          △ 606,923          △ 918,828
                     (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                               △ 445,984          △ 601,897          △ 886,081
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               1,046,623           1,381,190            609,221
     純資産額                (千円)
                               1,916,945           1,911,638           1,537,520
     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)純損
                                △ 33.12          △ 39.52          △ 65.65
                     (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                     (円)             -           -           -
     期(当期)純利益金額
                                 50.6           72.1           33.5
     自己資本比率                (%)
                             第13期           第14期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成28年7月1日         自   平成29年7月1日
             会計期間
                          至   平成28年9月30日         至   平成29年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額
                                △ 14.82          △ 17.32
                      (円)
     (△)
      (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり
          四半期(当期)純損失であるため、記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       なお、当第3四半期連結会計期間において、医療支援事業に属する連結子会社バイオメディカ・ソリューション株
      式会社の全株式を同社へ譲渡したため、同社を連結の範囲から除外しております。詳細につきましては、「第4 経
      理の状況 1       四半期連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載しております。
                                  2/19






                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       なお、当社グループは、がん免疫療法の一つである樹状細胞ワクチン療法の研究開発を行い、独自に改良を重ねた
      がん治療技術・ノウハウの提供を契約医療機関に行っておりますが、当該技術を利用する患者の増加のための認知・
      広告活動を積極的に実施してきたものの、契約医療機関から得られる収益が、がん治療技術の多様化及び競争環境の
      激化等の理由により減少傾向にあること、がん治療用再生医療等製品として樹状細胞ワクチンの承認取得へ向けた活
      動を推進したこと、及びその他医療支援サービスに関わる費用が、収益に先行して発生したこと等により、継続的に
      営業損失及びマイナスの営業キャッシュ・フローが発生しております。
       また、平成28年12月期で3期連続で連結営業損失及び連結営業キャッシュ・フローのマイナスとなり、当社が属す
      るJASDAQ市場における上場廃止基準に抵触するリスクがあります。
       このような状況のもと当社グループでは、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しておりま
      す。しかしながら、当該状況を解消又は改善するための対応策を講じることにより、継続企業の前提に関する重要な
      不確実性は認められないものと判断しております。当該状況を解消又は改善するための対応策は、「3                                                 財政状態、
      経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                       (4)  事業等のリスクに記載した重要事象等への対応策」に記載して
      おります。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1) 業績の状況
         当第3四半期連結累計期間における当社を取り巻く環境につきましては、再生医療等製品を新たに定義し、条件
       付(早期)承認制度の実現等を明記した「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」
       (医薬品医療機器等法)及び細胞加工業の事業化の実現等を目指した「再生医療等の安全性の確保等に関する法
       律」(再生医療等安全性確保法)が平成26年11月25日より施行され、再生医療・細胞医療の実用化・産業化の進展
       が加速化されております。平成27年9月には、医薬品医療機器等法のもと、再生医療等製品として初めて承認申請
       を行っていた2製品が、承認申請から1年以内という短い期間で製造販売承認されました。その内の1つは、条件
       付(早期)承認を取得し保険収載されております。当社グループは、このような環境変化の中において、がん治療
       用再生医療等製品として樹状細胞ワクチンの承認取得を目指しております。
         このような状況の下、当社グループは、がん免疫療法の一つである樹状細胞ワクチン療法の研究開発を行い、独
       自に改良を重ねたがん治療技術・ノウハウの提供を契約医療機関に行っております。また、全国の医療機関に対す
       る営業開拓、セミナー等を通じた患者に対する情報提供、学会等での発表を中心とした学術活動、大学・研究機関
       等に対する細胞加工施設の運営受託・保守管理サービス、細胞培養関連装置等の販売、CRO事業、遺伝子検査サー
       ビス事業並びに医薬品事業等を行っております。
         当第3四半期連結累計期間につきましては、細胞医療事業において、症例数が減少したこと、医療支援事業にお
       いて、細胞培養関連装置の受注販売が減少したことが影響し、売上高は                                 842,121    千円(前年同期比        579,025千円減       、
       40.7%減    )、利益面につきましては、主に細胞医療事業での経営の構造改革による固定費削減が実現したものの、
       医療支援事業における売上高の減少により、                     営業損失は201,034         千円(前年同期は        368,717千円の損失         )、  経常損失
       は230,371     千円(前年同期は        390,457千円の損失         )となりました。
        また、医薬品事業において所有する固定資産に対して、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、減損損失
       400,272千円を計上することとなったため、                     親会社株主に帰属する四半期純損失は606,923                       千円(前年同期は
       463,506    千円の損失)となりました。
         報告セグメント別の業績は次のとおりであります。

                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
        ①細胞医療事業
         細胞医療事業は、当社独自の樹状細胞ワクチン療法を中心としたがん治療技術・ノウハウの提供を契約医療機関
       に行っております。
         患者に対する情報提供活動につきましては、「がん治療セミナー」を当社契約医療機関と共同で、北海道、宮城
       県、東京都、埼玉県、神奈川県、愛知県、石川県、兵庫県及び福岡県にて開催いたしました。
         当第3四半期(7月~9月)の契約医療機関における樹状細胞ワクチン療法の症例数は約150症例となり、当社
       設立以降の累計で約11,560症例となりました。
         当第3四半期連結累計期間につきましては、症例数が前年同期と比べ減少したことにより、売上高は426,235千
       円(前年同期比195,553千円減、31.5%減)、経営の構造改革により財務体質が大幅に改善し、営業利益は23,081
       千円(前年同期は219,617千円の損失)となりました。
        ②医療支援事業

         医療支援事業は、研究機関、医療機関からの細胞加工施設の運営受託及び保守管理サービス、消耗品及び細胞培
       養関連装置の販売、CRO事業並びに遺伝子検査サービス事業等を行っております。
         当第3四半期連結累計期間につきましては、細胞培養関連装置の受注販売が昨年に比べ大きく減少したことによ
       り、売上高は524,433千円(前年同期比277,845千円減、34.6%減)、営業損失は20,547千円(前年同期は3,360千
       円の利益)となりました。
        ③医薬品事業

         医薬品事業は、膵臓がんに対する再生医療等製品としての樹状細胞ワクチンの承認取得を目指した活動を推進し
       ております。
         平成29年3月に、連結子会社テラファーマ株式会社は、治験製品を製造するための施設をライフイノベーション
       センター(神奈川県川崎市)に設置しました。また、公立大学法人                                和歌山県立医科大学と医師主導治験の実施に
       係る契約を締結しておりますが、同年3月に、治験が開始され、同年5月には、治験登録患者に対して1例目の投
       与が実施されました。
         当第3四半期連結累計期間につきましては、営業損失は174,903千円(前年同期は166,572千円の損失)となりま
       した。
      (2) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
       ありません。
      (3) 研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発費の総額は182,896千円であります。主な
       ものは、そのうち「細胞医療事業」におけるものは15,340千円及び「医薬品事業」におけるものは167,555千円で
       あります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (4) 事業等のリスクに記載した重要事象等への対応策

        当社グループは、がん免疫療法の一つである樹状細胞ワクチン療法の研究開発を行い、独自に改良を重ねたがん
       治療技術・ノウハウの提供を契約医療機関に行っておりますが、当該技術を利用する患者の増加のための認知・広
       告活動を積極的に実施してきたものの、契約医療機関から得られる収益が、がん治療技術の多様化及び競争環境の
       激化等の理由により減少傾向にあること、がん治療用再生医療等製品として樹状細胞ワクチンの承認取得へ向けた
       活動を推進したこと、及びその他医療支援サービスに関わる費用が、収益に先行して発生したこと等により、継続
       的に営業損失及びマイナスの営業キャッシュ・フローが発生しております。
        また、平成28年12月期において、3期連続で連結営業損失及び連結営業キャッシュ・フローのマイナスとなり、
       当社が属するJASDAQ市場における上場廃止基準に抵触するリスクがあります。
        このような状況のもと当社グループでは、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており
       ます。しかしながら、以下の理由により、これらを解消又は改善できる見込みとなっております。
        ・第17回新株予約権の行使による入金491,125千円及び平成29年6月30日発行決議の第三者割当による新株式発行
         による入金982,000千円があったため、当社グループの事業運営のための当面の資金を確保できたこと
                                  4/19


                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
        ・これまでの経営構造改革の成果として、固定費削減を実現する等、平成28年度以前に比べて、平成29年度は費
         用を大幅に圧縮できる見込みであること
        ・取締役会、経営会議等の牽制機能を更に強化し、当初計画における、定期的なモニタリングを強化することで
         計画を超過する新たな費用を抑制すること
        ・平成29年度中に、現在未回収の延滞債権を回収していく努力を継続的に実施すること
        以上のとおり、当面の事業運営のための資金確保ができたということ、及び上記その他施策を実施するための経

       営努力を断行していくという前提に基づき、資金残高の状況及び今後の資金繰りを検討した結果、当面は事業活動
       の継続性に懸念はなく、また平成29年度中に連結営業キャッシュ・フローをプラスにすることでJASDAQ市場
       における上場廃止基準を回避できる見込みとなっており、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められない
       ものと判断しております。
                                  5/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
                普通株式                          52,296,000
                  計                         52,296,000
       ②   【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (平成29年9月30日)           (平成29年11月10日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所          完全議決権株式で株主の
       普通株式            16,999,156          16,999,156        JASDAQ         権利に特に制限のない株式
                                   (スタンダード)            単元株式数 100株
        計           16,999,156          16,999,156          -            -
       (注)提出日現在の発行数には、平成29年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      平成29年7月18日
                   2,000,000      16,995,156         491,000      2,083,756        491,000      1,955,432
      (注)1
      平成29年7月1日~
      平成29年9月30日                4,000    16,999,156           292    2,084,048          292    1,955,724
      (注)2
      (注)1.有償第三者割当               発行価格491円         資本組入額245.5円
           割当先           ひふみ投信マザーファンド
         2.新株予約権の行使による増加であります。
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19





                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成29年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①   【発行済株式】

                                               平成29年6月30日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                     -           -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -
     議決権制限株式(その他)                     -           -             -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                -             -
                     普通株式          200
                                           完全議決権株式で株主の権利に特
                                           に制限のない株式
     完全議決権株式(その他)                普通株式      14,990,600           149,906
                                           単元株式数 100株
     単元未満株式                普通株式         4,356       -             -
     発行済株式総数                      14,995,156          -             -
     総株主の議決権                     -            149,906            -
       ②   【自己株式等】

                                               平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都新宿区西新宿七丁
                                    200       -      200      0.00
                  目22番36号
      テラ株式会社
           計             -            200       -      200      0.00
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  7/19









                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平
      成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連
      結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         709,519             1,429,876
         現金及び預金
                                         413,882              221,148
         受取手形及び売掛金
                                          3,215              2,220
         商品
                                          6,720
         仕掛品                                                 -
                                          10,007
         原材料                                                 -
                                         169,697               85,873
         前払費用
                                            68               8
         未収還付法人税等
                                          1,640
         繰延税金資産                                                 -
                                          81,886              41,679
         その他
                                        △ 134,415             △ 133,232
         貸倒引当金
                                        1,262,223              1,647,573
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          11,420               6,454
           建物(純額)
                                          6,205              1,232
           工具、器具及び備品(純額)
                                            0            1,601
           リース資産(純額)
                                          17,626               9,289
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            0              0
           ソフトウエア
                                                        12,960
           ソフトウエア仮勘定                                 -
                                           561
           のれん                                               -
                                            15               0
           特許実施権
                                                         3,121
                                            -
           その他
                                           577             16,081
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          56,928              51,715
           投資有価証券
                                          13,415
           長期貸付金                                               -
                                         111,047              120,885
           敷金
                                          28,157              19,047
           保険積立金
                                           105
           繰延税金資産                                               -
                                        ※  47,440             ※  47,044
           その他
           投資その他の資産合計                              257,093              238,693
                                         275,297              264,064
         固定資産合計
                                        1,537,520              1,911,638
       資産合計
                                  9/19






                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         89,951               2,623
         支払手形及び買掛金
                                         200,000              100,000
         短期借入金
                                         172,280              147,260
         1年内返済予定の長期借入金
                                         16,604              17,169
         リース債務
                                         96,571              44,696
         未払金
                                         28,419               9,877
         未払法人税等
                                         43,379              10,589
         その他
                                         647,206              332,215
         流動負債合計
       固定負債
                                         160,750               56,500
         長期借入金
                                         22,008              14,119
         リース債務
                                         88,124              88,124
         長期預り敷金
                                         10,210              39,488
         資産除去債務
         固定負債合計                                281,092              198,232
                                         928,299              530,447
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,346,778              2,084,048
         資本金
                                        1,218,455              1,951,022
         資本剰余金
                                       △ 2,049,477             △ 2,655,797
         利益剰余金
                                          △ 282             △ 282
         自己株式
                                         515,473             1,378,990
         株主資本合計
                                          7,106              2,200
       新株予約権
                                         86,641
                                                          -
       非支配株主持分
                                         609,221             1,381,190
       純資産合計
                                        1,537,520              1,911,638
      負債純資産合計
                                 10/19










                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                        1,421,147               842,121
      売上高
                                         750,566              347,867
      売上原価
                                         670,580              494,254
      売上総利益
                                        1,039,298               695,288
      販売費及び一般管理費
                                        △ 368,717             △ 201,034
      営業損失(△)
      営業外収益
                                           324              193
       受取利息
                                           225
       受取配当金                                                  -
                                         92,016              91,652
       不動産賃貸収入
                                          9,933
       助成金収入                                                  -
                                          5,713              3,745
       その他
                                         108,212               95,591
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         20,460
       本社移転関連費用                                                  -
                                          5,980              5,092
       支払利息
                                           109
       社債利息                                                  -
                                         10,039               1,998
       持分法による投資損失
                                         92,016              91,652
       不動産賃貸原価
                                                       14,506
       株式交付費                                    -
                                           235
       支払保証料                                                  -
                                          1,109              11,676
       その他
                                         129,952              124,928
       営業外費用合計
                                        △ 390,457             △ 230,371
      経常損失(△)
      特別利益
                                          1,765
       持分変動利益                                                  -
                                           610
       固定資産売却益                                                  -
                                          8,600              7,345
       投資有価証券売却益
                                                       23,335
       関係会社株式売却益                                    -
                                           660             2,585
       新株予約権戻入益
                                         11,636              33,266
       特別利益合計
      特別損失
       関係会社株式売却損                                  2,610                -
                                         17,495              400,272
       減損損失
                                          3,532
       固定資産除却損                                                  -
                                          5,373
                                                         -
       投資有価証券評価損
                                         29,011              400,272
       特別損失合計
                                        △ 407,831             △ 597,377
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    26,986               3,146
                                          2,936              1,373
      法人税等調整額
                                         29,923               4,520
      法人税等合計
                                        △ 437,755             △ 601,897
      四半期純損失(△)
                                         25,751               5,025
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        △ 463,506             △ 606,923
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/19




                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                        △ 437,755             △ 601,897
      四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         △ 8,228
                                                         -
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 8,228
       その他の包括利益合計                                                  -
                                        △ 445,984             △ 601,897
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 471,735             △ 606,923
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         25,751               5,025
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
     (追加情報)
       繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用
                         当第3四半期連結累計期間
                    (自    平成29年1月1日          至   平成29年9月30日)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
     半期連結会計期間から適用しております。
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

      当第3四半期連結会計期間において、連結子会社バイオメディカ・ソリューション株式会社の全株式を譲渡したた
     め、同社を連結の範囲から除外しております。
      また、持分法適用関連会社の株式会社バイオベルデの全株式を譲渡したため、持分法の適用の範囲から除外しており
     ます。
     (四半期連結貸借対照表関係)

       ※ 担保資産
       提携医療機関の金融機関等からの借入に対し、以下の資産を担保として差し入れております。
                           前連結会計年度                当第3四半期連結会計期間
                          (平成28年12月31日)                   (平成29年9月30日)
     投資その他の資産
                                  46,500千円                   46,500千円
     その他(長期性預金)
     (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間                   当第3四半期連結累計期間
                         (自    平成28年1月1日                (自    平成29年1月1日
                          至   平成28年9月30日)                 至   平成29年9月30日)
     減価償却費                            109,191千円                    3,993千円
     のれんの償却額                              133千円                   118千円
                                 13/19










                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年9月30日)
     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年9月30日)

     1.配当金支払額
       該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の金額の著しい変動

        当社は、当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の行使による新株発行に伴い、資本金及び資本準備金
       がそれぞれ246,269千円増加し、さらに平成29年7月18日付で、ひふみ投信マザーファンドから第三者割当増資の払
       込みを受け、資本金及び資本準備金がそれぞれ491,000千円増加しております。この結果、当第3四半期連結会計期
       間末において、資本金が2,084,048千円、資本剰余金が1,951,022千円となっております。
                                 14/19












                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                   平成28年1月1日          至   平成28年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                            合計
                                                       計上額
                     細胞医療     医療支援      医薬品
                                                 (注)1
                                       計
                                                      (注)2
                      事業     事業     事業
     売上高
                      621,788     799,358          1,421,147      1,421,147           1,421,147
       外部顧客への売上高                              -                 -
       セグメント間の内部売上高又
                            2,920           2,920      2,920    △ 2,920
                         -          -                       -
      は振替高
                      621,788     802,278          1,424,067      1,424,067      △ 2,920    1,421,147
            計                       -
                     △ 219,617      3,360   △ 166,572    △ 382,829     △ 382,829      14,112    △ 368,717

     セグメント利益又は損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額14,112千円は、セグメント間取引消去5,512千円及び固定資産の調整額
          8,599千円であります。
        2.セグメント利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失等に関する情報

      (固定資産にかかる重要な減損損失)
        前第3四半期連結累計期間において、「細胞医療事業」セグメントでは、当初想定していた収益が見込めないた
       め、11,734千円の減損損失を計上しております。「医療支援事業」セグメントでは、取得時から需要見込みが著し
       く変化し、収益性が低下していることから、5,760千円の減損損失を計上しております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                   平成29年1月1日          至   平成29年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                            報告セグメント
                                                 調整額     損益計算書
                                            合計
                                                       計上額
                     細胞医療     医療支援      医薬品
                                                 (注)1
                                       計
                                                      (注)2
                      事業     事業     事業
     売上高
                      426,235     415,886           842,121      842,121           842,121
       外部顧客への売上高                              -                 -
       セグメント間の内部売上高又
                           108,547           108,547      108,547    △ 108,547
                        -           -                       -
      は振替高
                      426,235     524,433           950,668      950,668    △ 108,547      842,121
            計                       -
                      23,081    △ 20,547    △ 174,903    △ 172,369     △ 172,369     △ 28,665    △ 201,034
     セグメント利益又は損失(△)
      (注)   1.セグメント利益又は損失の調整額△28,665千円は、セグメント間取引消去になります。
        2.セグメント利益又は損失の合計額は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失等に関する情報

      (固定資産にかかる重要な減損損失)
        当第3四半期連結累計期間において、「医薬品事業」に帰属する、がん治療用再生医療等製品として樹状細胞ワ
       クチンの承認取得に向けた開発活動を実施していくための設備投資(建物附属設備及び工具、器具及び備品)につい
       て、医薬品の承認取得までの期間に収益獲得の見込みがないことを踏まえ、400,272千円の減損損失を計上しており
       ます。
                                 15/19




                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     (企業結合等関係)
      当第3四半期連結会計期間             (自    平成29年7月1日          至   平成29年9月30日)
      事業分離
       当社は、平成29年9月21日に、連結子会社でありましたバイオメディカ・ソリューション株式会社の当社保有の全
      株式を譲渡いたしました。 
      (1)  事業分離の概要

        ① 分離先企業の名称
         バイオメディカ・ソリューション株式会社(以下、「BMS」といいます。)
        ② 分離した事業の内容
         細胞加工施設の製造及び運営受託、保守管理サービス
        ③ 事業分離を行った主な理由
          平成23年2月にBMSを連結子会社とし、細胞治療分野における総合支援に関する事業を推進してまいりまし
         た。現在、当社は、日本初の膵臓がんに対する再生医療等製品としての樹状細胞ワクチンの承認取得へ向けた
         開発及びコア事業である細胞医療事業の業績回復を最重要経営課題とし、経営資源の選択と集中を図っており
         ます。また、一方でBMSにおいては、上場企業の傘下となり経営の自由度が制限されていたことにより、親会社
         である当社との間で経営のスピード感を合わせることが困難となりました。そこで、今般、BMSとの間で、当社
         の保有するBMSの全株式の譲渡に関する協議が調ったため、BMSの全株式の譲渡を実施する運びとなりました。
        ④ 事業分離日
         平成29年9月21日
        ⑤ 法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする株式譲渡
      (2)  実施した会計処理の概要

        ① 移転損益の金額
         関係会社株式売却益 23,335千円
        ② 移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
        流動資産

              509,792千円
        固定資産       36,825千円
              546,617千円
        資産合計
        流動負債
              353,284千円
              353,284千円
        負債合計
        ③ 会計処理

          バイオメディカ・ソリューション株式会社の連結上の帳簿価額と売却価額の差額を関係会社株式売却益とし
         て特別利益に計上しております。
      (3)  分離した事業が含まれていた報告セグメント

        医療支援事業
      (4)  四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

               累計期間
        売上高
              453,792千円
        営業利益       10,509千円
                                 16/19



                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                 項目                (自 平成28年1月1日             (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年9月30日)              至 平成29年9月30日)
        1株当たり四半期純損失金額(△)                                △33.12円             △39.52円
       (算定上の基礎)
        四半期連結損益計算書上の親会社株主に帰属する
                                       △463,506             △606,923
        四半期純損失(△)(千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -             -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △463,506             △606,923
        四半期純損失(△)(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                 13,994             15,356
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損
         失であるため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 17/19













                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                         テラ株式会社(E22621)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 平成29年11月10日

     テラ株式会社
      取締役会      御中
                        有限責任監査法人 ト           ー  マ  ツ

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士           孫        延 生        印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       杉 本 健 太 郎             印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているテラ株式会

     社の平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年7月
     1日から平成29年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年9月30日ま
     で)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、テラ株式会社及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク