日産車体株式会社 四半期報告書 第95期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第95期第2四半期(平成29年7月1日-平成29年9月30日)

提出日:

提出者:日産車体株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   平成29年11月10日

     【四半期会計期間】                   第95期第2四半期(自 平成29年7月1日 至 平成29年9月30日)

     【会社名】                   日産車体株式会社

     【英訳名】                   NISSAN    SHATAI    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                   取締役社長  木 村 昌 平

     【本店の所在の場所】                   神奈川県平塚市堤町2番1号

     【電話番号】                   0463(21)8012

     【事務連絡者氏名】                   経理部主担  秋 元 浩 平

     【最寄りの連絡場所】                   神奈川県平塚市堤町2番1号

     【電話番号】                   0463(21)8012

     【事務連絡者氏名】                   経理部主担  秋 元 浩 平

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第94期           第95期

              回次              第2四半期           第2四半期            第94期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成28年4月1日         自   平成29年4月1日         自   平成28年4月1日
             会計期間
                          至   平成28年9月30日         至   平成29年9月30日         至   平成29年3月31日
                                241,889           290,657           565,822
     売上高                (百万円)
                                 3,064           4,306          12,709

     経常利益                (百万円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益
                                 1,364           △ 248          8,223
                     (百万円)
     又は親会社株主に帰属する
     四半期純損失(△)
                                 1,835            116         11,202
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)
                                170,823           164,110           179,376

     純資産額                (百万円)
                                268,883           273,293           294,476

     総資産額                (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                                  9.22          △ 1.72          55.59
     金額又は1株当たり四半期純損                 (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
                                 63.53           60.05           60.91
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                                 6,176           7,732          20,166
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 2,408          △ 3,463          △ 5,180
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 2,288         △ 17,363          △ 4,621
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                125,648           121,438           134,532
                     (百万円)
     四半期末(期末)残高
                             第94期           第95期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成28年7月1日         自   平成29年7月1日
             会計期間
                          至   平成28年9月30日         至   平成29年9月30日
     1株当たり四半期純利益金額
                                  2.15         △ 14.52
                      (円)
     又は1株当たり四半期純損失金
     額(△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
          ない。
        2.売上高には、消費税等は含まれていない。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していな
          い。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はない。
       また、主要な関係会社に異動はない。
                                  2/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等又は、前
      事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はない。
     2  【経営上の重要な契約等】

       該当事項なし。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものである。
      (1)  業績の状況
        当第2四半期連結累計期間に当社が日産自動車(株)から受注している自動車は、中近東向けの「パトロール(Y
       61)(Y62)」等の減少があるものの、昨年6月に生産を開始した北米向け「アルマーダ」、北米向け「イン
       フィニティQX80」の増加などにより、売上台数は前年同期と比べ10.4%増加の112,452台、売上高も20.2%増加
       の2,906億円となった。営業利益は売上高の増加等により前年同期と比べ44.3%増加の40億円、経常利益は40.6%増
       加の43億円となった。親会社株主に帰属する四半期純損益は、「リコール関連費用」45億円を特別損失に計上した
       ことなどにより、2億円の損失となった。なお、「リコール関連費用」は本年9月、国土交通省の指摘により、車両
       製造の最終工程となっている完成検査工程において不適切な取扱いが判明し、日産自動車(株)がリコールの届出を
       実施したことに伴い、当社製造のリコール対象車種に係る再点検費用を現在入手可能な事実と状況に基づき、特別
       損失に見積り計上したものである。当該見積額は日産自動車(株)との協議を経て最終的に確定するものである。
        自動車関連セグメントの売上高がすべての事業セグメント合計に占める割合は90%以上になっており、その他の
       セグメントが業績に与える影響は軽微である。
      (2) キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は1,214億円となり、前
       第2四半期連結累計期間末に比べ42億円(前第2四半期連結累計期間末比3.4%)減少した。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は、税金等調整前四半期純損益や仕入債務の減少はあるものの、売上債権の減少や
       リコール関連費用の増加などにより、前第2四半期連結累計期間に比べ15億円(25.2%)増加の77億円となった。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は、固定資産の取得による支出の増加などにより、前第2四半期連結累計期間に比
       べ10億円(43.8%)増加の34億円となった。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は、自己株式の取得による支出の増加などにより、前第2四半期連結累計期間に比
       べ150億円(658.9%)増加の173億円となった。
                                  3/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第2四半期連結累計期間において新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題は、次のとおりである。
       平成29年9月に行われた国土交通省による立入検査により、当社グループの車両製造3工場での完成検査工程にお
       いて不適切な取扱いが発覚した。
        当社グループはこの問題を重大な事態として受け止め、第三者による調査を進め、その結果も踏まえて、再発防
       止策を車両製造3工場に順次適用していく。
      (4)  研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は44億円である。
        なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
                                  4/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    400,000,000

                  計                                   400,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成29年11月10日)
               (平成29年9月30日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式           157,239,691           157,239,691                  単元株式数 100株
                                     (市場第一部)
         計          157,239,691           157,239,691           ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項なし。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項なし。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成29年7月1日~
                      ―    157,239          ―     7,904         ―     8,317
     平成29年9月30日
                                  5/18








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成29年9月30日現在
                                         所有株式数      発行済株式総数に対する
         氏名又は名称                    住所
                                          (千株)     所有株式数の割合(%)
                                           67,726            43.07
     日産自動車株式会社                神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地
                     PO  BOX1586    3RD  FLOOR,ROYAL      BANK
                     HOUSE,24     SHEDDEN    ROAD,GEORGE
     イーシーエム エムエフ
                     TOWN,GRAND      CAYMAN    KY1-1110             16,082            10.23
     (常任代理人 立花証券株式会
     社)
                     CAYMAN    ISLANDS
                     (東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-14)
     エムエルアイ フォークライア
                     MERRILL    LYNCH   FINANCIAL     CENTRE    2
     ントジェネラル オムニノンコ
     ラテラルノントリーティーピー
                     KING   EDWARD    STREET    LONDON    EC1A   1HQ
                                           13,022             8.28
     ビー
                     (東京都中央区日本橋1丁目4-1日本橋一丁
     (常任代理人 メリルリンチ日
                     目三井ビルディング)
     本証券株式会社)
     日産車体取引先持株会                                      2,669            1.70
                     神奈川県平塚市堤町2番1号
     日本トラスティ・サービス信託

                                           2,570            1.64
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行

                                           2,160            1.37
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     バンク オブ ニューヨーク 
     ジーシーエム クライアント 
                     PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     アカウント ジエイピーアール
     ディ アイエスジー エフイー
                     LONDON    EC4A   2BB  UNITED    KINGDOM           1,948            1.24
      ―エイシー
                     (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
     (常任代理人 株式会社三菱東
     京UFJ銀行)
     日本トラスティ・サービス信託
                                           1,541            0.98
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口5)
     GOVERNMENT           OF   N
                     BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO   0107
     ORWAY
                     NO                       1,273            0.81
     (常任代理人 シティバンク、
                     (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     エヌ・エイ東京支店)
     日本トラスティ・サービス信託
                                           1,257            0.80
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口1)
                                          110,253             70.12

            計                   ―
       (注)1 当社は、自己株式21,786千株(13.86%)を保有しているが、上記大株主の状況から除いている。
        2 平成29年6月26日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、エフィッシモ 
          キャピタル マネージメント ピーティーイー エルティーディーが平成29年6月20日現在で以下の株式を
          所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数
          の確認ができないため、上記大株主の状況には含めていない。
          なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりである。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                  住所
                                            (千株)         (%)
         エフィッシモ キャピタ
                      260 オーチャードロード #12-06
         ル マネージメント 
                                              30,963         19.69
         ピーティーイー エル             ザヒーレン シンガポール 238855
         ティーディー
                                  6/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式              ―              ―
                         21,786,100
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,354,269              ―
                        135,426,900
                      普通株式
     単元未満株式                              ―     一単元(100株)未満の株式
                           26,691
     発行済株式総数                   157,239,691           ―              ―
     総株主の議決権                     ―         1,354,269              ―

      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれている。
         また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数10個が含まれている。
       ②  【自己株式等】

                                               平成29年9月30日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)             神奈川県平塚市堤町
                               21,786,100           ―  21,786,100           13.86
     日産車体㈱             2番1号
           計              ―       21,786,100           ―  21,786,100           13.86
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はない。
                                  7/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成している。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
      29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                           335              581
         現金及び預金
                                                      ※2  80,336
                                          92,313
         受取手形及び売掛金
                                          3,174              5,236
         仕掛品
                                          2,364              3,186
         原材料及び貯蔵品
                                         134,196              120,857
         預け金
                                          4,601              4,764
         その他
                                         236,986              214,962
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          11,615              11,587
           建物及び構築物(純額)
                                          17,694              17,133
           機械装置及び運搬具(純額)
                                          6,298              6,611
           工具、器具及び備品(純額)
                                          15,684              15,684
           土地
                                          1,751              3,101
           建設仮勘定
                                          53,044              54,117
           有形固定資産合計
         無形固定資産                                 1,060               975
                                          3,385              3,238
         投資その他の資産
                                          57,489              58,331
         固定資産合計
                                         294,476              273,293
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          68,625              59,322
         支払手形及び買掛金
                                          2,633               337
         未払法人税等
                                           138              171
         製品保証引当金
                                          29,114              35,085
         その他
                                         100,512               94,917
         流動負債合計
       固定負債
                                           174              203
         製品保証引当金
                                          10,379              10,200
         退職給付に係る負債
                                          4,032              3,862
         その他
                                          14,586              14,266
         固定負債合計
                                         115,099              109,183
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                 7,904              7,904
                                          8,517              8,517
         資本剰余金
                                         173,804              172,446
         利益剰余金
                                         △ 8,362             △ 22,635
         自己株式
                                         181,864              166,233
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 2,487             △ 2,122
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 2,487             △ 2,122
         その他の包括利益累計額合計
                                         179,376              164,110
       純資産合計
                                         294,476              273,293
      負債純資産合計
                                  9/18



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                         241,889              290,657
      売上高
                                         235,628              283,007
      売上原価
                                          6,260              7,649
      売上総利益
                                       ※1  3,439            ※1  3,579
      販売費及び一般管理費
                                          2,821              4,069
      営業利益
      営業外収益
                                           166              157
       受取利息
                                           100              102
       固定資産賃貸料
                                           66              96
       その他
                                           332              356
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           21              22
       支払利息
                                           39              56
       固定資産賃貸費用
                                                         23
       自己株式取得費用                                    -
                                           28              17
       その他
                                           89              119
       営業外費用合計
                                          3,064              4,306
      経常利益
      特別利益
                                            0              0
       固定資産売却益
                                            0              0
       特別利益合計
      特別損失
                                           102               80
       固定資産除却損
                                                      ※2  4,584
       リコール関連費用                                    -
                                          1,028
                                                          -
       退職特別加算金
                                          1,131              4,664
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は
                                          1,933              △ 357
      税金等調整前四半期純損失(△)
                                           569             △ 108
      法人税等
                                          1,364              △ 248
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は
                                            -              -
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                          1,364              △ 248
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
                                          1,364              △ 248
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           471              364
       退職給付に係る調整額
                                           471              364
       その他の包括利益合計
                                          1,835               116
      四半期包括利益
      (内訳)
                                          1,835               116
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                 至 平成28年9月30日)               至 平成29年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                          1,933              △ 357
       半期純損失(△)
                                          4,810              4,998
       減価償却費
                                          △ 276             △ 178
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 168             △ 160
       受取利息及び受取配当金
                                           21              22
       支払利息
                                           △ 0             △ 0
       固定資産売却損益(△は益)
                                           102               80
       固定資産除却損
                                                        4,584
       リコール関連費用                                    -
                                         △ 6,100              11,977
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          △ 27            △ 2,884
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          6,820             △ 7,712
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           706             △ 435
       その他
                                          7,820              9,933
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   177              163
                                          △ 22             △ 22
       利息の支払額
                                         △ 1,799             △ 2,341
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                          6,176              7,732
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 2,380             △ 3,417
       固定資産の取得による支出
                                            3              0
       固定資産の売却による収入
                                            0              1
       貸付金の回収による収入
                                                        △ 55
       有形固定資産の除却による支出                                    -
                                          △ 31               6
       その他
                                         △ 2,408             △ 3,463
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 961            △ 1,109
       配当金の支払額
                                           △ 0           △ 14,273
       自己株式の取得による支出
                                         △ 1,324             △ 1,979
       リース債務の返済による支出
                                           △ 1             △ 1
       その他
                                         △ 2,288             △ 17,363
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,480             △ 13,093
                                         124,167              134,532
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  125,648            ※1  121,438
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 12/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項なし。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)
      税金費用の計算                 税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税
                      引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税
                      引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算している。
       (四半期連結貸借対照表関係)

       1     従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し、債務保証を行っている。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年9月30日)
         従業員                        1,927百万円                 1,735百万円
      ※2 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理している。

         なお、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
        が、四半期連結会計期間末残高に含まれている。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成29年3月31日)                 (平成29年9月30日)
         受取手形                         ―百万円                 7百万円
       (四半期連結損益計算書関係)

      ※1     販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりである。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成28年4月1日               (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
                                1,255                 1,230
         給料手当                          百万円                 百万円
                                  79                 183
         製品保証引当金繰入額
                                 107                  84
         退職給付費用
      ※2     リコール関連費用

          平成29年9月、国土交通省の指摘により、当社グループの車両製造3工場での完成検査工程において不適切な
         取扱いが判明し、日産自動車(株)によりリコールの届出が実施された。これに伴い、リコール対象車両に係る
         再点検費用を現在入手可能な事実と状況に基づき、特別損失に4,584百万円見積り計上した。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      㯿ᄀ   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
        おりである。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                            至   平成28年9月30日)               至   平成29年9月30日)
         現金及び預金                        348百万円                 581百万円
         預け金                      125,300                 120,857
         現金及び現金同等物                      125,648                 121,438
                                 13/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年9月30日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成28年6月28日
               普通株式          961       6.50   平成28年3月31日         平成28年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成28年11月7日
               普通株式          813       5.50   平成28年9月30日         平成28年12月1日         利益剰余金
     取締役会
      当第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年6月28日
               普通株式         1,109        7.50   平成29年3月31日         平成29年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成29年11月8日
               普通株式          880       6.50   平成29年9月30日         平成29年12月1日         利益剰余金
     取締役会
      3.株主資本の著しい変動

       当社は、平成29年7月31日開催の取締役会決議に基づき、自己株式12,476,500株の取得を行っている。この結果、
      当第2四半期連結累計期間において、自己株式が14,273百万円増加し、当第2四半期連結会計期間末において自己株
      式が22,635百万円となっている。
                                 14/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成28年4月1日          至   平成28年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                   四半期連結損益
                    報告セグメント
                             その他                調整額
                                      合計              計算書計上額
                             (注1)                (注2)
                     自動車関連
                                                    (注3)
     売上高
                       238,930         2,958       241,889                241,889
      外部顧客への売上高                                           ―
      セグメント間の内部売上高
                                4,369        4,369       △ 4,369
                          ―                               ―
      又は振替高
                       238,930         7,328       246,258        △ 4,369       241,889
           計
                        2,750         70      2,821         △ 0      2,821
     セグメント利益
      (注)   1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備メンテナンス業、情報処理事
          業、人材派遣業を含んでいる。
        2 セグメント利益の調整額△0百万円は、セグメント間の内部売上高4,369百万円及び内部営業費用4,369百万
          円の消去である。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項なし。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年4月1日          至   平成29年9月30日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                   四半期連結損益
                    報告セグメント
                             その他                調整額
                                      合計              計算書計上額
                             (注1)                (注2)
                     自動車関連
                                                    (注3)
     売上高
                       287,119         3,537       290,657                290,657
      外部顧客への売上高                                           ―
      セグメント間の内部売上高
                          6      5,169        5,176       △ 5,176
                                                         ―
      又は振替高
                       287,126         8,706       295,833        △ 5,176       290,657
           計
                        3,895         189       4,085        △ 15      4,069
     セグメント利益
      (注)   1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備メンテナンス業、情報処理事
          業、人材派遣業を含んでいる。
        2 セグメント利益の調整額△15百万円は、セグメント間の内部売上高5,176百万円及び内部営業費用5,160百万
          円の消去である。
        3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項なし。
                                 15/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                (自    平成28年4月1日           (自    平成29年4月1日
                 項目
                                 至   平成28年9月30日)           至   平成29年9月30日)
       1株当たり四半期純利益金額
                                        9 円22銭
                                                     △1円72銭
       又は1株当たり四半期純損失金額(△)
         (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会
       社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(百万                                  1,364             △248
       円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)
                                           -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          1,364             △248
       四半期純利益金額又は親会社株主に帰属する四半
       期純損失金額(△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         147,930             144,365
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
       (重要な後発事象)

        当社は、当社グループの車両製造3工場での完成検査工程における不適切な取扱いの発覚を受け、平成29年10月
       18日以降、国内市場向け車両の生産、完成検査、工場出荷を停止した。その後、再発防止策を上記3工場について
       講じ、国土交通省の確認を経た工場から、平成29年11月7日より順次生産、工場出荷を再開している。
        当該生産停止により平成30年3月期第3四半期連結会計期間以降の連結業績に対する影響が見込まれるが、当該
       影響額を合理的に見積もることは困難である。
     2  【その他】

        平成29年11月8日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議した。
        ① 中間配当による配当金の総額……………………………………………………                                       880百万円
        ② 1株当たりの金額……………………………………………………………………                                       6円50銭
        ③ 支払請求の効力発生日及び支払開始日…………………………………                                   平成29年12月1日
        (注) 平成29年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し支払を行う。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年11月10日

     日産車体株式会社
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          藤  間  康  司               印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          中  村  昌  之               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日産車体株式会

     社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成29年7月1日から平成
     29年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日産車体株式会社及び連結子会社の平成29年9月30日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。