トラストホールディングス株式会社 訂正四半期報告書 第4期第3四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)

提出書類 訂正四半期報告書-第4期第3四半期(平成29年1月1日-平成29年3月31日)
提出日
提出者 トラストホールディングス株式会社
カテゴリ 訂正四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第4項
      【提出先】                    福岡財務支局長
      【提出日】                    平成29年9月8日
      【四半期会計期間】                    第4期第3四半期(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    トラストホールディングス株式会社
      【英訳名】                    TRUST   Holdings     Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  喜久田 匡宏
      【本店の所在の場所】                    福岡市博多区博多駅南5丁目15番18号
      【電話番号】                    092-437-8944
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役  矢羽田 弘
      【最寄りの連絡場所】                    福岡市博多区博多駅南5丁目15番18号
      【電話番号】                    092-437-8944
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役  矢羽田 弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人福岡証券取引所
                         (福岡市中央区天神2丁目14番2号)
                                 1/9












                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
      訂正の経緯
       平成29年5月12日に提出いたしました第4期第3四半期(自 平成29年1月1日 至 平成29年3月31日)に係る四
      半期報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報
      告書の訂正報告書を提出するものであります。
       平成29年6月期決算作業の過程において、「その他」の区分のセグメントにて記載しておりました「メディカルサー
      ビス事業」は報告セグメントに該当することが判明したため、記載内容の一部訂正を行うものであります。
       なお、訂正後の四半期連結財務諸表については、三優監査法人により四半期レビューを受けており、その四半期レ
      ビュー報告書を添付しています。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (1)業績の状況
        第4 経理の状況
          2.監査証明について
          1 四半期連結財務諸表
           注記事項
            (セグメント情報等)
             セグメント情報
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___線を付して表示しております。
                                 2/9












                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第2【事業の状況】
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)  業績の状況
        (略)
       <訂正前>
        ⑤ RV事業
         RV事業につきましては、人材確保に時間を要したことで、最優先課題として取り組んでまいりました販売体制
        の構築に遅れが生じた影響もあり、販売台数を伸ばすことができませんでした。
         以上の結果、売上高301,548千円(前年同期比94.2                       % 増 )、営業損失82,052千円(前年同期は107,432千円の営業
        損失)となりました。
         なお、平成28年11月には福岡県筑紫郡那珂川町に新店舗がオープンし、平成29年1月より営業人員を増員してお
        ります。引き続き販売体制の強化及び製造コストの低減に努め、早期の収益改善を図ってまいります。
        ⑥ その他事業

         その他事業につきましては、             警備事業、メディカルサービス事業等の既存事業は概ね堅調に推移いたしました。
         新規事業としましては、スキンケア商品「ミニュール」の販売を第1四半期連結会計期間より開始いたしまし
        た。また、トラストホームエナジー株式会社において、エネファーム及びオール電化等の住宅設備機器等の販売活
        動を開始、第2四半期連結会計期間より受注を獲得できる体制となり、早期の収益化に向け注力してまいりまし
        た。
         以上の結果、売上高         305,277    千円(前年同期比        10.4  % 増)、営業損失       88,968   千円(前年同期は        18,168   千円の営業
        利益  )となりました。
       <訂正後>

        ⑤メディカルサービス事業
         メディカルサービス事業につきましては、「介護老人保健施設みやこ」及び「福岡信和病院」の賃貸収入等によ
        り概ね堅調に推移いたしました。
         以上の結果、売上高142,197千円(前年同期比3.8%増)、営業利益20,976千円(前年同期比48.9%減)となりま
        した。
        ⑥ RV事業

         RV事業につきましては、人材確保に時間を要したことで、最優先課題として取り組んでまいりました販売体制
        の構築に遅れが生じた影響もあり、販売台数を伸ばすことができませんでした。
         以上の結果、売上高301,548千円(前年同期比94.2                       % 増 )、営業損失82,052千円(前年同期は107,432千円の営業
        損失)となりました。
         なお、平成28年11月には福岡県筑紫郡那珂川町に新店舗がオープンし、平成29年1月より営業人員を増員してお
        ります。引き続き販売体制の強化及び製造コストの低減に努め、早期の収益改善を図ってまいります。
        ⑦ その他事業

         その他事業につきましては、             特に新規事業の早期収益化に向け注力してまいりました。第1四半期連結累計期間
        より、スキンケア商品「ミニュール」の販売を開始、エコ商品販売事業においては、エネファーム及びオール電化
        等の住宅設備機器等の販売活動を開始いたしました。
         以上の結果、売上高         163,079    千円(前年同期比        16.8  % 増)、営業損失       109,944    千円(前年同期は        22,903   千円の営業
        損失  )となりました。
                                 3/9





                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      2.監査証明について
       <訂正前>
         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年1月1日から
        平成29年3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年7月1日から平成29年3月31日まで)に係る四
        半期連結財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
       <訂正後>

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年1月1日から
        平成29年3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年7月1日から平成29年3月31日まで)に係る四
        半期連結財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
         なお、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しております
        が、訂正後の四半期連結財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 4/9
















                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       【注記事項】
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       <訂正前>
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年7月1日 至 平成28年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                 ウォーター       アミューズ
                   駐車場事業       不動産等事業                      RV事業        計
                                   事業      メント事業
          売上高
           外部顧客への
                    5,005,765       2,109,685       1,723,830        644,393       155,258      9,638,932
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は           3,879       16,930        1,274        698        -     22,782
           振替高
             計       5,009,644       2,126,616       1,725,104        645,091       155,258      9,661,715
          セグメント利益
                     420,747      △279,086        34,099      △11,621       △107,432        56,706
          又は損失(△)
                                        四半期連結

                    その他              調整額      損益計算書
                           合計
                   (注)1              (注)2        計上額
                                         (注)3
          売上高
           外部顧客への
                     276,633      9,915,566          -    9,915,566
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は           67,669       90,451      (90,451)          -
           振替高
             計        344,302      10,006,018        (90,451)       9,915,566
          セグメント利益
                      18,168       74,874        5,797       80,672
          又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、                                         広告事業、警備事
               業、メディカルサービス事業             等を含んでおります。
              2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去293,692千円、各報告セグメントに配分して
               いない全社費用△287,848千円及び棚卸資産等の調整額△47千円が含まれております。全社費用の
               主なものは、当社(持株会社)運営に係る費用であります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
              「駐車場事業」セグメントにおいて、主に収益性が著しく低下した店舗設備の帳簿価額を回収可能価
             額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては5,995千円であります。
              「その他」の区分において、主に収益性が著しく低下した車両の帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては70千円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
                                 5/9



                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年7月1日 至 平成29年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                 ウォーター       アミューズ
                   駐車場事業       不動産等事業                      RV事業        計
                                   事業      メント事業
          売上高
           外部顧客への
                    4,982,700       7,496,738        976,698       602,157       301,548      14,359,842
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は           4,388       25,067        2,876       2,046        278      34,658
           振替高
             計       4,987,089       7,521,806        979,574       604,203       301,827      14,394,500
          セグメント利益
                     478,945       492,412      △110,805        △45,613       △82,052        732,886
          又は損失(△)
                                        四半期連結

                    その他              調整額      損益計算書
                           合計
                   (注)1              (注)2        計上額
                                         (注)3
          売上高
           外部顧客への
                     305,277      14,665,119           -    14,665,119
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は          153,306       187,965      (187,965)          -
           振替高
             計        458,583      14,853,084        (187,965)       14,665,119
          セグメント利益
                     △88,968        643,918        37,275       681,193
          又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、                                         広告事業、警備事
               業、メディカルサービス事業             等を含んでおります。
              2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去325,326千円、各報告セグメントに配分して
               いない全社費用△287,978千円及び棚卸資産等の調整額△72千円が含まれております。全社費用の
               主なものは、当社(持株会社)運営に係る費用であります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
              「駐車場事業」セグメントにおいて、主に収益性が著しく低下した店舗設備の帳簿価額を回収可能価
             額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては5,987千円であります。
              「不動産等事業」セグメントにおいて、資産の用途変更に伴い、地質調査及び建築設計等に生じた費
             用の全額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては19,971千円であります。
              「ウォーター事業」セグメントにおいて、当連結会計年度に予定しておりました新規事業の計画変更
             及び当該新規事業用の生産器具の大幅な仕様変更に伴い、その生産器具の製造に要した費用の全額を減
             損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては23,060千円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
                                 6/9




                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
       <訂正後>
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年7月1日 至 平成28年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                    報告セグメント
                               ウォーター      アミューズ      メディカル
                  駐車場事業      不動産等事業                         RV事業       計
                                事業     メント事業      サービス事業
          売上高
           外部顧客への
                   5,005,765      2,109,685      1,723,830       644,393      136,969      155,258     9,775,902
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は          3,879      16,930       1,274       698       -      -    22,782
           振替高
             計      5,009,644      2,126,616      1,725,104       645,091      136,969      155,258     9,798,685
          セグメント利益
                    420,747     △279,086       34,099     △11,621       41,072     △107,432       97,778
          又は損失(△)
                                        四半期連結

                    その他              調整額      損益計算書
                           合計
                                         計上額
                   (注)1              (注)2
                                         (注)3
          売上高
           外部顧客への
                     139,663      9,915,566          -    9,915,566
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は           67,669       90,451      (90,451)          -
           振替高
             計        207,332      10,006,018        (90,451)       9,915,566
          セグメント利益
                     △22,903        74,874        5,797       80,672
          又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、                                        広告事業、警備事業
               等を含んでおります。
              2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去293,692千円、各報告セグメントに配分して
               いない全社費用△287,848千円及び棚卸資産等の調整額△47千円が含まれております。全社費用の
               主なものは、当社(持株会社)運営に係る費用であります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
              「駐車場事業」セグメントにおいて、主に収益性が著しく低下した店舗設備の帳簿価額を回収可能価
             額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては5,995千円であります。
              「その他」の区分において、主に収益性が著しく低下した車両の帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては70千円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
                                 7/9





                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年7月1日 至 平成29年3月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                    報告セグメント
                               ウォーター      アミューズ      メディカル
                  駐車場事業      不動産等事業                         RV事業       計
                                事業     メント事業      サービス事業
          売上高
           外部顧客への
                   4,982,700      7,496,738       976,698      602,157      142,197      301,548     14,502,040
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は          4,388      25,067       2,876      2,046       -      278     34,658
           振替高
             計      4,987,089      7,521,806       979,574      604,203      142,197      301,827     14,536,698
          セグメント利益
                    478,945      492,412     △110,805       △45,613       20,976     △82,052       753,862
          又は損失(△)
                                        四半期連結

                    その他              調整額      損益計算書
                           合計
                   (注)1              (注)2        計上額
                                         (注)3
          売上高
           外部顧客への
                     163,079      14,665,119           -    14,665,119
           売上高
           セグメント間の
           内部売上高又は          153,306       187,965      (187,965)          -
           振替高
             計        316,386      14,853,084        (187,965)       14,665,119
          セグメント利益
                    △109,944        643,918        37,275       681,193
          又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、                                        広告事業、警備事業
               等を含んでおります。
              2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去325,326千円、各報告セグメントに配分して
               いない全社費用△287,978千円及び棚卸資産等の調整額△72千円が含まれております。全社費用の
               主なものは、当社(持株会社)運営に係る費用であります。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
              「駐車場事業」セグメントにおいて、主に収益性が著しく低下した店舗設備の帳簿価額を回収可能価
             額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては5,987千円であります。
              「不動産等事業」セグメントにおいて、資産の用途変更に伴い、地質調査及び建築設計等に生じた費
             用の全額を減損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては19,971千円であります。
              「ウォーター事業」セグメントにおいて、当連結会計年度に予定しておりました新規事業の計画変更
             及び当該新規事業用の生産器具の大幅な仕様変更に伴い、その生産器具の製造に要した費用の全額を減
             損損失として計上しております。
              なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては23,060千円であります。
           (のれんの金額の重要な変動)

              該当事項はありません。
                                 8/9




                                                           EDINET提出書類
                                                トラストホールディングス株式会社(E27464)
                                                           訂正四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年9月7日

     トラストホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                              三優監査法人

                               代表社員

                                      公認会計士
                                              吉川 秀嗣   印
                               業務執行社員
                               代表社員

                                      公認会計士
                                              大神  匡   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているトラストホー

     ルディングス株式会社の平成28年7月1日から平成29年6月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平
     成29年1月1日から平成29年3月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年7月1日から平成29年3月31日
     まで)に係る訂正後の四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結
     包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
     結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
     に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
     質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
     当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、トラストホールディングス株式会社及び連結子会社の平成29年3
     月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
     せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      四半期報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂正している。な
     お、当監査法人は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して平成29年5月11日に四半期レビュー報告書を提出した。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 9/9



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク