株式会社レッド・プラネット・ジャパン 四半期報告書 第19期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第2四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社レッド・プラネット・ジャパン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年8月14日

     【四半期会計期間】               第19期第2四半期(自            平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)

     【会社名】               株式会社レッド・プラネット・ジャパン

     【英訳名】               Red  Planet    Japan,Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長CEO ティモシー・ハンシング

     【本店の所在の場所】               東京都港区赤坂一丁目7番1号

     【電話番号】               050-5835-0966(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役CFO 王生 貴久

     【最寄りの連絡場所】               東京都港区赤坂一丁目7番1号

     【電話番号】               050-5835-0966(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役CFO 王生 貴久

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第18期           第19期

              回次              第2四半期           第2四半期            第18期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成27年10月1日         自   平成29年1月1日         自   平成27年10月1日
             会計期間
                          至   平成28年3月31日         至   平成29年6月30日         至   平成28年12月31日
                               2,536,247            580,327          5,229,908
     売上高                (千円)
                               △ 591,649          △  12,240         △ 916,824

     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純
                               △ 564,589           134,640         △ 1,546,291
     利益又は親会社株主に帰属する                (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)          △ 573,906           134,640         △ 1,572,442
                               2,835,801           3,596,399           3,480,002

     純資産額                (千円)
                               9,175,347           9,297,254           8,155,652

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 △ 2.83           0.50          △ 7.31
     は1株当たり四半期(当期)純損                 (円)
     失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                             0.43
                      (円)             ―                      ―
     四半期(当期)純利益金額
                                  28.1           37.4           41.0
     自己資本比率                 (%)
     営業活動による
                               △ 268,718           146,398          △ 627,010
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                               △ 315,488          △ 700,317          △ 521,976
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                129,276          1,425,576           1,575,848
                     (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                                814,291          2,565,291           1,693,634
                     (千円)
     四半期末(期末)残高
                             第18期           第19期

              回次              第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成28年1月1日         自   平成29年4月1日
             会計期間
                          至   平成28年3月31日         至   平成29年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 △ 1.24           0.04
     は1株当たり四半期純損失金額                 (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第18期第2四半期連結累計期間及び第18
          期連結会計年度においては、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載
          しておりません。
        3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        4.第18期は決算期変更により、平成27年10月1日から平成28年12月31日までの15ヶ月決算となっております。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主な事業内容の変更と主要な関係会社の異動は、次のと
      おりであります。
      <ホテル事業>

       主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。
      <ディストリビューション事業>

       平成29年2月1日付で、ディストリビューション事業を運営するダイキサウンド株式会社の全株式を売却したた
      め、同社を連結の範囲から除外するとともに、当社グループはディストリビューション事業から撤退いたしました。
       また、当社は、株式会社フード・プラネットの全株式を売却したため、当第2四半期連結会計期間より同社を持分

      法の適用範囲から除外しております。この結果、平成29年6月30日現在、当社グループは、当社、親会社、子会社3
      社及び関連会社1社により構成されることになりました。
       なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は「第4 経理の状況 
      1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」の「報告セグセグメントの変更等に関する事項」をご参
      照ください。
                                  3/23














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち投
      資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
      スク」についての重要な変更はありません。
       なお、当社グループは、前連結会計年度まで4期連続で営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失並

      びに営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しており、当第2四半期連結累計期間においては、営業利益、親会社
      株主に帰属する四半期純利益並びに営業キャッシュ・フローのプラスを計上しているものの、依然として継続企業の
      前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
       そこで当社は、「第2            事業の状況      3  財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                           (5)重要事象
      等について」に記載のとおりの具体的な対応策を実施し、当該事象等の解消、または改善に向けて努めております。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/23














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
       なお、当社は、前連結会計年度より事業年度の末日を9月30日から12月31日に変更いたしました。これに伴い、当
      第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日)と比較対象となる前第2四半期連結累計期間
      (平成27年10月1日から平成28年3月31日)の期間が異なるため、前年同四半期との比較は行っておりません。
      (1)業績の状況

       当第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日)におけるわが国経済は、政府及び日銀の各
      種施策を背景に企業収益や雇用情勢が改善するなど緩やかな回復基調で推移いたしました。一方、新興国経済の減速
      や米国新政権の政策不安など海外経済に対する不確実性から、金融・資本市場への影響が懸念されるなど、依然とし
      て先行き不透明な状況が続いております。
       このような状況下、当社グループは、平成28年度からの既存事業の選択と集中の方針に従い、平成29年2月1日付
      でディストリビューション事業を運営するダイキサウンド株式会社の全株式を売却し、現在はホテル事業に特化し
      て、安定収益の確保及び事業基盤の拡大に努めております。
       当社グループのホテル事業につきましては、既存ホテル3棟が安定した稼働を確保し、堅調に推移いたしました。
      また、第1四半期連結会計期間から引き続き、販売費及び一般管理費の見直しを行い、コスト削減に取り組んだ結
      果、当第2四半期連結累計期間においても、平成24年8月期以来となる営業利益を達成いたしました。
       新規ホテル開発については、現在2棟のホテル建設に着手しており、平成29年11月に「レッドプラネット名古屋
      錦」の、平成30年6月に「レッドプラネット札幌豊水すすきの(仮)」の開業を予定しているほか、北海道札幌市に
      同市内2箇所目となるホテル用地を確保しております。その一方、資産の効率化の観点から、賃貸用不動産としてお
      りました東京都目黒区の区分所有ホテルの売却を進めるなど、今後のホテル事業の持続的な成長に向けた取組みを進
      めることができました。
       以上の結果、当社グループの当第2四半期連結累計期間における業績は、売上高580百万円、営業利益21百万円、経
      常損失12百万円となり、ダイキサウンド株式会社の売却等による関係会社株式売却益156百万円を特別利益に計上した
      結果、親会社株主に帰属する四半期純利益134百万円となりました。
       なお、上述のとおり、当社グループは「ホテル事業」の単一セグメントとなったため、当第1四半期連結累計期間
      より、セグメント別の記載を省略しております。
       (参考)当第2四半期連結累計期間におけるホテル事業の主要な経営指標

       ホテル名                     客室数           客室稼働率           平均客室単価
       レッドプラネット那覇 沖縄                       117室           87.75%            8,525円
       ホテルロイヤルオーク五反田                       119室           93.37%            7,881円
       レッドプラネット浅草 東京                       134室           85.12%           10,386円
       合計                       370室           88.60%            8,954円
         ※ 客室稼働率(%)=対象期間中に稼働した延べ客室数÷(対象期間中の全客室                                対象期間の営業日数)×100
         ※ 平均客室単価(円)=対象期間の客室収入合計÷対象期間中に稼働した延べ客室数
                                  5/23







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        当第2四半期連結会計期間末における総資産は9,297百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,141百万円増加し
       ました。
        流動資産は2,916百万円となり、前連結会計年度に比べて461百万円増加しております。これは主に、売掛金が255
       百万円減少した一方、現金及び預金が871百万円増加したためであります。
        固定資産は6,381百万円となり、前連結会計年度に比べて679百万円増加しております。これは主に、長期未収入
       金が1,680百万円、貸倒引当金が2,236百万円減少したためであります。
        負債合計は5,700百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,025百万円増加しております。これは主に、長期借入
       金が1,443百万円増加したためであります。
        純資産合計につきましては、3,596百万円となり、前連結会計年度末に比べ116百万円増加しております。これは
       主に、資本金が4,071百万円、資本剰余金が658百万円減少した一方、利益剰余金が4,864百万円増加したためであり
       ます。
      (3)キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」といいます。)は、前連結会計年度末
       に比べ871百万円増加し、2,565百万円となりました。
        当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間における営業活動による資金の増加は146百万円となりました。その主な要因は、税金
       等調整前四半期純利益135百万円によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間における投資活動による資金の減少は700百万円となりました。その主な要因は、有形
       固定資産の取得による支出1,015百万円及び有形固定資産の売却による収入299百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当第2四半期連結累計期間における財務活動による資金の増加は1,425百万円となりました。その主な要因は、長
       期借入による収入1,500百万円によるものであります。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの対処すべき課題について重要な変更はありません。
                                  6/23










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (5)重要事象等について
        当社グループは、前連結会計年度まで4期連続で営業損失、経常損失、親会社株主に帰属する当期純損失並びに
       営業キャッシュ・フローのマイナスを計上しており、当第2四半期連結累計期間においては、営業利益、親会社株
       主に帰属する四半期純利益及び営業キャッシュ・フローのプラスを計上しているものの、依然として継続企業の前
       提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
        当社グループは、当該状況を解消すべく下記のような対応策を講じ、当該状況の解消または改善に努めておりま
       す。
       ①  事業基盤の拡大

        中長期的な企業価値の向上のため、国内主要地において、新規ホテルの建設、ホテル用地及び既存ホテルの取得
       に向けた取組みを積極的に実施してまいります。
        具体的には、現在SPCを通じて建設中の「レッドプラネット名古屋錦」及び「レッドプラネット札幌豊水すすきの
       (仮称)」を計画通り竣工し開業すること、事業機会の見込まれる用地を確保していくことなどを通して、更なる
       事業強化を図ってまいります。
       ②  収益力の向上

        既存ホテルにおいて、宿泊プランの多様化や客室環境の整備等、サービスの拡充を実施し、客室稼働率やリピー
       ト率のアップに繋げるとともに、各ホテルの採算について常時モニタリングを行うなど経営管理体制の強化に努
       め、収益力の向上を図ってまいります。
       ③  コスト削減努力の継続

        現在取組んでおります、経営資源の主力事業への集中、コスト削減による売上原価率の改善及び費用の圧縮、組
       織体制の効率化を一層徹底するとともに、事業シナジーの高い会社との事業連携を進めることにより収益状況の改
       善を図ってまいります。
       ④  資本政策の促進

        当社は、平成28年10月13日付で、ホテル事業の拡大及び推進を目的として、第三者割当の方法により新株式及び
       第7回新株予約権を発行いたしました。当社は、当該調達資金をもとに、ホテル事業の更なる強化を図ることで当
       社株価の回復に繋げ、新株予約権の行使促進に繋げてまいります。
       ⑤  債権管理及び回収努力

        債権管理及び回収の問題については、経営上の重要課題の一つでもあると認識しており、日常の債権管理、債権
       回収努力及び与信管理を改めて徹底してまいります。
       ⑥  内部管理体制の強化

        当社グループは、管理機能集中による管理コストの削減と、子会社ごとの意思決定スピードを向上させる体制を
       整えました。また、会社法にも対応した内部統制システムの整備をはじめ、管理体制により一層の充実を推進して
       おります。今後、前期に構築した体制を高性能に維持していくために人員の採用と育成を強化しながら、引き続き
       コンプライアンス体制を強化していく方針です。
      (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  7/23






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    798,000,000

                  計                                   798,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年6月30日)          (平成29年8月14日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式          269,570,337          269,570,337          JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計         269,570,337          269,570,337           ―            ―
      (注)提出日現在発行数には、平成29年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
         れた株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。 
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年5月2日                 -  269,570,337       △4,071,826            0   △429,472       3,642,353
     (注) 平成29年3月29日開催の第18期定時株主総会において、「資本金の額の減少及び剰余金の処分の件」及び「資
         本準備金の額の減少及び剰余金処分の件」が承認可決され、平成29年5月2日付でその効力が発生しておりま
         す。これにより、資本金の額が4,071,826千円、資本準備金の額が429,472千円減少し、それぞれ1円、
         3,642,353千円となっております。
                                  8/23





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
                      100  Beach   Road,   #25-06,    Shaw Towers, 
     Red  Planet    Holdings     Pte.   Ltd.
                      Singapore
                                            139,900,000           51.90
     (常任代理人 弁護士法人今津法
                      (東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手
     律事務所)
                      町ビル8階)
     加賀美 郷                東京都豊島区                       10,498,300           3.89
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL         133  FLEET   STREET    LONDON    EC4A   2BB  U.K.
                                              5,796,400          2.15
     (常任代理人 ゴールドマン・                (東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木
     サックス証券株式会社)                ヒルズ森タワー)
                                              3,773,600          1.40
     日置 俊光                北海道札幌市中央区
     BNP  PARIBAS    LONDON    BRANCH    FOR
     PRIME   BROKERAGE     CLEARANCE     ACC
                      10  HAREWOOD     AVENUE    LONDON    NW1  6AA
     FOR  THIRD   PARTY
                                              2,572,100          0.95
                      (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     (常任代理人 香港上海銀行東
     京支店    カストディ業務部         小松
     原  英太郎)
                                              2,548,800          0.95
     株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号
     MONEX BOOM      SECURITIES(H.K.)
                      25/F.,AIA     TOWER,183     ELECTRIC     ROAD,NORTH
     LIMITED-CLIENTS'ACCOUNT
                      POINT,HONG      KONG                  2,288,000          0.85
     (常任代理人 マネックス証券
                      (東京都港区赤坂1丁目12-32)
     株式会社)
     野村信託銀行株式会社(投信
                      東京都千代田区大手町2丁目2-2                        1,750,700          0.65
     口)
                                              1,656,100          0.61
     下山 剛矢                熊本県熊本市
                                              1,401,000          0.52

     日本証券金融株式会社                東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号
                                            172,185,000           63.87

            計                    ―
      (注)1.平成29年5月17日にRed               Planet    Holdings     Pte.   Ltd.が提出した大量保有報告書の変更報告書によると、同社
          は、当社の普通株式11,500,000株について、平成29年5月15日付でEVO                                 FUNDと株券貸借取引に関する契約書
          を締結しております。当該報告書に記載されている保有株式数及び保有割合は以下のとおりであります。
     氏名又は名称                 住所                保有株券等の数(株)           株券等保有割合(%)
                      100  Beach   Road,   #25-06,    Shaw
     Red  Planet    Holdings     Pte.   Ltd.
                                          151,400,000              56.16
                      Towers,    Singapore
                                  9/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成29年6月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                      (普通株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                           50,100
                      (普通株式)
     完全議決権株式(その他)                              2,695,188              ―
                        269,518,800
                      (普通株式)
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,437
     発行済株式総数                   269,570,337           ―              ―
     総株主の議決権                     ―         2,695,188              ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都港区赤坂一丁目7
     株式会社レッド・プラ                             50,100       ―       50,100        0.02
                  番1号
     ネット・ジャパン
           計              ―          50,100       ―       50,100        0.02
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/23










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平成
      29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、監査法人やまぶきによる四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第19期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間 東京第一監査法人
        第19期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間 監査法人やまぶき
                                 11/23
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,693,634              2,565,291
         現金及び預金
                                         323,952               68,614
         売掛金
                                          43,955                577
         商品及び製品
                                           815              176
         原材料及び貯蔵品
                                         397,458              281,457
         その他
                                         △ 5,662
                                                           -
         貸倒引当金
                                        2,454,154              2,916,116
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        2,423,034              2,374,841
           信託建物及び信託構築物(純額)
                                         789,809              611,899
           土地
                                        1,691,967              1,691,967
           信託土地
                                         381,961              922,130
           その他(純額)
                                        5,286,772              5,600,839
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          8,407              6,005
           のれん
                                         219,770              215,832
           その他
                                         228,177              221,837
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        2,093,319               412,432
           長期未収入金
                                         928,540              744,598
           その他
                                       △ 2,835,311              △ 598,569
           貸倒引当金
                                         186,547              558,461
           投資その他の資産合計
                                        5,701,498              6,381,138
         固定資産合計
                                        8,155,652              9,297,254
       資産合計
                                 12/23









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         337,750
         買掛金                                                 -
                                         200,000              200,000
         短期借入金
                                         112,360              112,360
         1年内返済予定の長期借入金
                                         13,868                35
         未払法人税等
                                          8,722
         返品調整引当金                                                 -
                                         227,325              196,160
         その他
                                         900,026              508,555
         流動負債合計
       固定負債
                                        3,747,190              5,191,010
         長期借入金
                                         28,433               1,290
         退職給付に係る負債
                                        3,775,623              5,192,300
         固定負債合計
                                        4,675,649              5,700,855
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        4,071,826                  0
         資本金
                                        4,300,778              3,642,353
         資本剰余金
                                       △ 4,890,081               △ 25,189
         利益剰余金
                                        △ 138,041             △ 138,041
         自己株式
                                        3,344,481              3,479,121
         株主資本合計
                                         135,521              117,277
       新株予約権
                                        3,480,002              3,596,399
       純資産合計
                                        8,155,652              9,297,254
      負債純資産合計
                                 13/23











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年6月30日)
                                        2,536,247               580,327
      売上高
                                        1,097,330                96,631
      売上原価
                                        1,438,916               483,696
       売上総利益
                                          3,064
       返品調整引当金繰入額                                                  -
                                        1,435,852               483,696
      差引売上総利益
                                      ※  1,962,947              ※  461,989
      販売費及び一般管理費
                                        △ 527,094               21,707
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           592             4,970
       受取利息
                                          1,968
       商標権売却益                                                  -
                                                       13,136
       貸倒引当金戻入益                                    -
                                          1,179               129
       受取保険金
                                          3,369               698
       その他
                                          7,110              18,935
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         43,234              35,662
       支払利息
                                          4,904              16,519
       持分法による投資損失
                                         22,676                18
       為替差損
                                           849              683
       その他
                                         71,665              52,883
       営業外費用合計
                                        △ 591,649              △ 12,240
      経常損失(△)
      特別利益
                                          8,088                12
       固定資産売却益
                                                       156,452
       関係会社株式売却益                                    -
                                         26,023
                                                         -
       受取損害賠償金
                                         34,111              156,464
       特別利益合計
      特別損失
                                           34
       固定資産除却損                                                  -
                                                        5,154
       固定資産売却損                                    -
                                                        3,633
       和解金                                    -
                                          8,947
                                                         -
       減損損失
       特別損失合計                                  8,981              8,787
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 566,519              135,436
      純損失(△)
                                          2,003               795
      法人税、住民税及び事業税
                                          3,464
                                                          -
      法人税等調整額
                                          5,468               795
      法人税等合計
                                        △ 571,988              134,640
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
                                         △ 7,398
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                                    -
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 564,589              134,640
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 14/23





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年6月30日)
                                        △ 571,988              134,640
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         △ 3,844
       為替換算調整勘定                                                   -
                                          1,926
                                                          -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 1,917
       その他の包括利益合計                                                   -
                                        △ 573,906              134,640
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 566,622              134,640
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         △ 7,283
       非支配株主に係る四半期包括利益                                                   -
                                 15/23
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年10月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四
                                        △ 566,519              135,436
       半期純損失(△)
                                         138,019               66,748
       減価償却費
                                          2,402              2,402
       のれん償却額
                                          8,947
       減損損失                                                  -
                                                      △ 156,452
       関係会社株式売却益                                    -
                                         16,447               1,540
       長期前払費用償却額
                                         10,414             △ 13,136
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          3,064
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                          2,702                54
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          △ 592            △ 4,970
       受取利息及び受取配当金
                                         43,234              35,662
       支払利息
                                          4,904              16,519
       持分法による投資損益(△は益)
                                        △ 24,437               2,037
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 51,253                799
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         13,741
       仕入債務の増減額(△は減少)                                                  -
                                         183,073               94,449
       その他
                                        △ 215,851              181,090
       小計
                                           192               11
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 42,526             △ 30,525
       利息の支払額
                                        △ 10,534              △ 4,178
       法人税等の支払額
                                        △ 268,718              146,398
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 350
       有価証券及び投資有価証券の取得による支出                                                  -
                                        △ 256,108            △ 1,015,690
       有形固定資産の取得による支出
                                           100            299,853
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 79,977               △ 900
       無形固定資産の取得による支出
                                         12,131
       無形固定資産の売却による収入                                                  -
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却によ
                                                       37,266
                                           -
       る収入
                                                       17,515
       関係会社株式の売却による収入                                    -
                                          △ 304             △ 200
       敷金及び保証金の差入による支出
                                          9,020               400
       敷金及び保証金の回収による収入
                                                      △ 38,561
       その他                                    -
                                        △ 315,488             △ 700,317
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         509,600
       短期借入れによる収入                                                  -
                                        △ 641,760              △ 56,180
       長期借入金の返済による支出
                                         290,000             1,500,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 10,000
       社債の償還による支出                                                  -
                                        △ 18,563
       リース債務の返済による支出                                                  -
                                                      △ 18,243
       新株予約権の買戻しによる支出                                    -
                                         129,276             1,425,576
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 2,231
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                                    -
                                        △ 457,161              871,657
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,271,452              1,693,634
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※  814,291            ※  2,565,291
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/23



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        連結の範囲の重要な変更
        当社は、ダイキサウンド株式会社の全株式を売却したため、第1四半期連結会計期間より同社を連結の範囲から
       除外しております。
        持分法適用の範囲の重要な変更

        当社は、株式会社フード・プラネットの全株式を売却したため、当第2四半期連結会計期間より同社を持分法の
       適用の範囲から除外しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

        保証債務
        次の会社の金融機関からの借入れに対して、債務保証を行っております。
                               前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                              (平成28年12月31日)                (平成29年6月30日)
        株式会社キューズダイニング                           110,662千円                90,988千円
       (四半期連結損益計算書関係)

       ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成27年10月1日              (自    平成29年1月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年6月30日)
                               478,193                 105,224
         給料手当                          千円                 千円
                                2,702                  54
         退職給付費用                          千円                 千円
                               10,414
         貸倒引当金繰入額                          千円                - 千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       㬀  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
         おりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成27年10月1日              (自    平成29年1月1日
                             至   平成28年3月31日)               至   平成29年6月30日)
         現金及び預金                        814,291千円                2,565,291千円
                                   -   〃               -   〃
         預入期間が3か月を超える定期預金
         現金及び現金同等物                        814,291千円                2,565,291千円
                                 17/23








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自                平成27年10月1日          至   平成28年3月31日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自                平成29年1月1日          至   平成29年6月30日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        当社は、平成29年3月29日開催の定時株主総会における決議に基づき、平成29年5月2日付で、資本金4,071,826
       千円及び資本準備金429,472千円をその他資本剰余金に振り替え、振替後のその他資本剰余金を繰越利益剰余金に振
       り替え、欠損の填補に充当しております。
        この結果、当第2四半期会計期間末において、資本金は1円、資本剰余金は3,642,353千円となっております。
        なお、株主資本合計金額には、著しい変動はありません。
                                 18/23











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成27年10月1日          至   平成28年3月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                       四半期連結
                                             合計     調整額     損益計算書
                      ディストリ
                                                        計上額
                      ビューション         ホテル事業        飲食事業
                        事業
     売上高
                         763,233        618,131     1,154,882      2,536,247           2,536,247

       外部顧客への売上高                                                ―
       セグメント間の内部
                            ―        ―      ―      ―      ―      ―
       売上高又は振替高
                         763,233        618,131     1,154,882      2,536,247           2,536,247
            計                                         ―
     セグメント利益又はセグメント
                        △ 80,073        55,584     △ 502,605     △ 527,094          △ 527,094
                                                     ―
     損失(△)
      (注) セグメント利益又はセグメント損失(△)の合計額は、四半期連結財務諸表の計上額の営業損失と一致して
          おります。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        飲食事業セグメントにおいて、閉店が決定した店舗の固定資産について減損損失を計上しております。
       なお、減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間において、8,947千円であります。
       (のれんの金額の重要な変動)

        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成29年1月1日          至   平成29年6月30日)

        単一セグメントとなったため、記載を省略しております。
       (報告セグメントの変更等に関する事項)

        当社は、平成28年6月30日付で「飲食事業」を構成しておりました連結子会社の株式を、平成29年2月1日付で
       「ディストリビューション事業」を構成しておりました連結子会社の株式を売却しております。これに伴い、第1
       四半期連結会計期間より、「飲食事業」及び「ディストリビューション事業」を報告セグメントより除外し「ホテ
       ル事業」の単一セグメントとなったことから、セグメント情報の記載を省略しております。
                                 19/23







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、並びに潜在株式調整後1株当
       たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    平成27年10月1日           (自    平成29年1月1日
                  項目
                                  至   平成28年3月31日)           至   平成29年6月30日)
      (1)  1株当たり四半期純利益金額又は
                                         △2円83銭              0円50銭
        1株当たり四半期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                  △564,589              134,640
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額 (千円)                                      ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
       額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)
                                         △564,589              134,640
       (千円)
       普通株式に係る期中平均株式数 (株)                                 199,520,237             269,520,237
      (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                             ―          0円43銭
        (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                    (千円)

                                             ―             ―
       普通株式増加数 (株)                                      ―         41,043,762

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た

       り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                             ―             ―
       で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
       概要
      (注)前第2四半期連結累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在
         するものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
                                 20/23










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社レッド・プラネット・ジャパン(E02978)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月14日

     株式会社レッド・プラネット・ジャパン
      取締役会      御中
                        監査法人やまぶき

                         指定社員

                                    公認会計士             茂木 亮一     印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士             江口 二郎               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社レッ

     ド・プラネット・ジャパンの平成29年1月1日から平成29年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30
     日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益
     計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社レッド・プラネット・ジャパン及び連結子会社の平成29
     年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の平成28年12月31日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び
     監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して平成28年5月16日付けで無限定の結論を表明
     しており、また、当該連結財務諸表に対して平成29年3月30日付けで無限定適正意見を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。