岡山県貨物運送株式会社 四半期報告書 第106期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第106期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:岡山県貨物運送株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    中国財務局長
      【提出日】                    平成29年8月10日
      【四半期会計期間】                    第106期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    岡山県貨物運送株式会社
      【英訳名】                    Okayamaken      Freight    Transportation        Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  遠藤 俊夫
      【本店の所在の場所】                    岡山市北区清心町4番31号
      【電話番号】                    (086)252-2111
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  正保 和則
      【最寄りの連絡場所】                    広島市中区光南6丁目1番16号
      【電話番号】                    (082)243-8111
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 広島主管支店長  関 裕二
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/14













                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第105期           第106期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第105期
                              累計期間           累計期間
                              自平成28年           自平成29年           自平成28年
                               4月1日           4月1日           4月1日
              会計期間
                              至平成28年           至平成29年           至平成29年
                               6月30日           6月30日           3月31日
                      (千円)           9,687,137           10,054,466           40,250,853

     営業収益
                      (千円)            474,456           490,617          1,722,037

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            302,131           324,015          1,224,392
     期)純利益
                      (千円)            264,777           425,352          1,491,305
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          12,462,570           13,908,880           13,607,335

     純資産額
                      (千円)          40,875,805           42,358,390           41,678,669

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            14.63           15.97           59.71
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             30.4           32.8           32.6
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
           ない。
         2.上記の営業収益には消費税等は含まれていない。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していな
           い。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はない。また、主要な関係会社における異動もない。
                                  2/14









                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はない。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものである。
       (1)業績の状況
         当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、政府と日銀による各種政策を背景に、企業収益の回復や雇
        用環境に改善がみられるなど、引き続き緩やかな回復基調で推移した。一方で、欧州の政治情勢や米国の諸政策
        がもたらす影響への懸念など、依然として先行き不透明な状況が続いている。
         当社グループの主要な業務である運輸業界においても、長時間労働の是正に向けた取り組みや、深刻なドライ
        バー不足への対策が急務となるなど厳しい経営環境にある。
         このような状況のもとで当社グループは、主力の特別積合事業を中心として3PL事業、引越し事業、静脈物
        流などの幅広い輸送の提案を行い、更なる輸送品質の向上を図りつつ、物量の確保に取り組むとともに適正運賃
        の収受にも力を注いできた。
         その結果、当第1四半期連結累計期間の営業収益は100億5千4百万円(前年同四半期比3.8%増)となり、営
        業利益は4億5千6百万円(前年同四半期比3.6%増)、経常利益は4億9千万円(前年同四半期比3.4%増)、
        親会社株主に帰属する四半期純利益は3億2千4百万円(前年同四半期比7.2%増)となった。
         セグメントの業績は次のとおりである。

        ①貨物運送関連
         貨物運送関連については、物量がやや回復したことや、適正運賃の収受に取り組んだことなどにより、営業収
        益は96億3千2百万円(前年同四半期比3.4%増)となった。営業利益は、外注費(傭車料)等の増加はあったも
        のの、諸経費の削減に努めた結果、4億1千4百万円(前年同四半期比0.8%増)となった。
        ②石油製品販売
         石油製品販売については、商品販売価格の上昇等により営業収益は2億7千3百万円(前年同四半期比13.1%
        増)となり、営業損失は6百万円(前年同四半期は9百万円の営業損失)となった。
        ③その他
         その他については、自動車用品販売、フォークリフト販売及び一般労働者派遣等を含んでおり、営業収益は1
        億4千9百万円(前年同四半期比11.9%増)となり、営業利益は3千8百万円(前年同四半期比30.4%増)と
        なった。
       (2)財政状態の分析

          当第1四半期連結会計期間末の総資産は423億5千8百万円となり、前連結会計年度末に比べ6億7千9百万
         円の増加となった。これは、現金及び預金の増加等により流動資産が3千9百万円増加し、有形固定資産の増加
         等により固定資産が6億4千万円増加したことによるものである。
          負債については284億4千9百万円となり、前連結会計年度末に比べ3億7千8百万円の増加となった。これ
         は短期借入金の増加等により流動負債が10億6千4百万円増加し、長期借入金の減少等により固定負債が6億8
         千6百万円減少したことによるものである。
          純資産については139億8百万円となり、前連結会計年度末に比べ3億1百万円の増加となった。これは主に
         利益剰余金の増加によるものである。
       (3)経営方針・経営戦略等

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ない。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はない。
       (5)研究開発活動

          該当事項はない。
                                  3/14


                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          40,000,000

                  計                                40,000,000

        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年8月10日)
               (平成29年6月30日)                        取引業協会名
                                       東京証券取引所
     普通株式               22,000,000            22,000,000                  単元株式数1,000株
                                       市場第二部
         計           22,000,000            22,000,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はない。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はない。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はない。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総
                                資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高
                                 (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (千株)       (千株)
     平成29年4月1日~
                       -     22,000         -    2,420,600           -    1,761,954
       平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はない。
                                  4/14








                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしてい
          る。
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                             -            -       -
      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
      議決権制限株式(その他)                             -            -       -
                          普通株式        1,711,000
      完全議決権株式(自己株式等)                                         -       -
                          普通株式      20,113,000
      完全議決権株式(その他)                                       20,113         -
                                                 1単元(1,000株)未
                          普通株式           176,000
      単元未満株式                                         -
                                                 満の株式
      発行済株式総数                         22,000,000                -       -
      総株主の議決権                             -          20,113         -
      (注)「完全議決権株式(その他)」には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1千株含まれている。また、
        「議決権の数」には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれている。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                      (%)
                  岡山市北区清心町4番
     岡山県貨物運送株式会社                          1,711,000           -    1,711,000           7.77
                  31号
           計            -        1,711,000           -    1,711,000           7.77
      (注)当第1四半期会計期間末日現在における所有自己株式数は1,711,672株で、発行済株式総数に対する所有株式数
        の割合は7.78%である。
      2【役員の状況】

        該当事項はない。
                                  5/14








                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成している。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日から平
       成29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けている。
                                  6/14

















                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,052,587              5,091,969
         現金及び預金
                                       6,984,282              6,771,136
         受取手形及び営業未収入金
                                        123,030              126,791
         たな卸資産
                                        518,874              728,890
         その他
                                        △ 3,858             △ 4,280
         貸倒引当金
                                       12,674,917              12,714,508
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             7,026,088              6,936,455
          車両運搬具(純額)                             1,445,277              1,628,033
                                       15,673,801              15,673,801
          土地
                                        799,844             1,242,877
          その他(純額)
                                       24,945,011              25,481,167
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                608,252              605,086
         投資その他の資産
                                       3,034,589              3,142,398
          投資有価証券
                                        433,508              433,064
          その他
                                        △ 17,609             △ 17,834
          貸倒引当金
                                       3,450,488              3,557,628
          投資その他の資産合計
                                       29,003,751              29,643,882
         固定資産合計
                                       41,678,669              42,358,390
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,752,437              2,690,444
         支払手形及び営業未払金
                                       6,973,745              7,954,327
         短期借入金
                                        451,237              240,121
         未払法人税等
                                        250,784               4,200
         賞与引当金
                                       2,764,010              3,368,118
         その他
                                       13,192,214              14,257,211
         流動負債合計
       固定負債
                                       10,640,685               9,971,522
         長期借入金
                                        141,904               94,019
         役員退職慰労引当金
                                       2,984,698              2,979,433
         退職給付に係る負債
                                        101,492              101,927
         資産除去債務
                                       1,010,339              1,045,396
         その他
                                       14,879,119              14,192,298
         固定負債合計
                                       28,071,333              28,449,509
       負債合計
                                  7/14







                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,420,600              2,420,600
         資本金
                                       1,770,311              1,770,311
         資本剰余金
                                       9,131,924              9,334,209
         利益剰余金
                                       △ 289,439             △ 289,515
         自己株式
                                       13,033,396              13,235,604
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        643,433              726,087
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 92,820             △ 76,475
         退職給付に係る調整累計額
                                        550,613              649,611
         その他の包括利益累計額合計
                                         23,326              23,664
       非支配株主持分
                                       13,607,335              13,908,880
       純資産合計
                                       41,678,669              42,358,390
      負債純資産合計
                                  8/14















                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業収益                                  9,687,137              10,054,466
                                       8,854,332              9,202,244
      営業原価
                                        832,804              852,221
      営業総利益
                                        391,816              395,549
      販売費及び一般管理費
                                        440,987              456,672
      営業利益
      営業外収益
                                           16              12
       受取利息
                                         18,794              17,998
       受取配当金
                                         44,739              41,844
       受取賃貸料
                                         17,255              13,053
       持分法による投資利益
                                         16,447              14,255
       その他
                                         97,253              87,165
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         63,008              52,256
       支払利息
                                           776              963
       その他
                                         63,784              53,220
       営業外費用合計
                                        474,456              490,617
      経常利益
      特別利益
                                         11,293               6,463
       固定資産売却益
                                         11,293               6,463
       特別利益合計
      特別損失
                                           10              -
       固定資産売却損
                                           668               -
       投資有価証券売却損
                                           376               -
       投資有価証券評価損
                                         1,055                -
       特別損失合計
                                        484,694              497,080
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   234,592              219,379
                                        △ 53,576             △ 48,652
      法人税等調整額
                                        181,016              170,726
      法人税等合計
                                        303,678              326,354
      四半期純利益
                                         1,546              2,338
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   302,131              324,015
                                  9/14








                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                        303,678              326,354
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 56,803              82,654
       その他有価証券評価差額金
                                         17,902              16,344
       退職給付に係る調整額
                                        △ 38,901              98,998
       その他の包括利益合計
                                        264,777              425,352
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        263,230              423,014
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,546              2,338
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 10/14
















                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。なお、第1四半期連
        結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)の償却額は、次のとおりである。
                            前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                            (自 平成28年4月1日                 (自 平成29年4月1日
                             至 平成28年6月30日)                 至 平成29年6月30日)
         減価償却費                         369,809千円                 364,565千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      平成28年6月28日
                普通株式        103,247         5   平成28年3月31日          平成28年6月29日           利益剰余金
       定時株主総会
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類              配当額        基準日        効力発生日         配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      平成29年6月28日
                普通株式        121,731         6   平成29年3月31日          平成29年6月29日          利益剰余金
       定時株主総会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                     その他             調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注)1             (注)2       計上額
                 貨物運送      石油製品
                               計
                                                       (注)3
                  関連      販売
       営業収益
        外部顧客への
                 9,312,315       241,631     9,553,946       133,190     9,687,137          -   9,687,137
        営業収益
        セグメント間
                   5,589     457,245      462,835      280,455      743,290      ( 743,290    )     -
        の内部営業収
        益又は振替高
                 9,317,905       698,876     10,016,781        413,645     10,430,427       ( 743,290    )  9,687,137
           計
       セグメント利益
                  411,244      △ 9,585     401,659       29,734      431,393       9,593     440,987
       又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、自動車用品販売、
                フォークリフト販売及び一般労働者派遣等を含んでいる。
              2.セグメント利益又は損失の調整額9,593千円は、セグメント間取引消去である。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はない。
                                 11/14



                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                     その他             調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注)1             (注)2       計上額
                 貨物運送      石油製品
                               計
                                                       (注)3
                  関連      販売
       営業収益
        外部顧客への
                 9,632,117       273,257     9,905,374       149,092     10,054,466           -  10,054,466
        営業収益
        セグメント間
                   8,321     529,179      537,500      376,059      913,560      ( 913,560    )     -
        の内部営業収
        益又は振替高
                 9,640,438       802,436     10,442,874        525,151     10,968,026       ( 913,560    ) 10,054,466
           計
       セグメント利益
                  414,606      △ 6,336     408,270       38,762      447,032       9,640     456,672
       又は損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、自動車用品販売、
                フォークリフト販売及び一般労働者派遣等を含んでいる。
              2.セグメント利益又は損失の調整額9,640千円は、セグメント間取引消去である。
              3.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はない。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりである。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成28年4月1日               (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 14円63銭               15円97銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       302,131               324,015
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       302,131               324,015
       純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                20,649               20,288
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        (重要な後発事象)

         該当事項はない。
      2【その他】

        該当事項はない。
                                 12/14





                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項なし。
                                 13/14




















                                                           EDINET提出書類
                                                     岡山県貨物運送株式会社(E04195)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月8日

     岡山県貨物運送株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任監査法人          トーマツ

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                三宅  昇  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                吉村 康弘  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている岡山県貨物運送

     株式会社の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成29年4月1日か
     ら平成29年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、岡山県貨物運送株式会社及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告
         書提出会社)が別途保管している。
        2.XBRL         データは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 14/14




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報関連報告書ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。