株式会社富士山マガジンサービス 四半期報告書 第16期第2四半期(平成29年1月1日-平成29年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第2四半期(平成29年1月1日-平成29年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社富士山マガジンサービス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年8月10日

     【四半期会計期間】               第16期第2四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)

     【会社名】               株式会社富士山マガジンサービス

     【英訳名】               Fujisan    Magazine     Service    Co.,   Ltd

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 西野 伸一郎

     【本店の所在の場所】               東京都渋谷区南平台町16番11号

     【電話番号】               03-5459-7076

     【事務連絡者氏名】               取締役経営管理グループ長 佐藤 鉄平

     【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区南平台町16番11号

     【電話番号】               03-5459-7076

     【事務連絡者氏名】               取締役経営管理グループ長 佐藤 鉄平

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第15期           第16期

               回次                                     第15期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                           自 平成28年1月1日           自 平成29年1月1日           自 平成28年1月1日

              会計期間
                           至 平成28年6月30日           至 平成29年6月30日           至 平成28年12月31日
                                1,274,061           1,440,978           2,568,488

     売上高                  (千円)
                                 234,399           167,038           407,889

     経常利益                  (千円)
     四半期(当期)純利益                  (千円)          153,889           112,529           275,019

     持分法を適用した場合の投資損失
                                            △ 10,809
                       (千円)             -                     -
     (△)
                                 259,291           265,023           259,963
     資本金                  (千円)
                                1,634,180           1,657,110           1,636,870

     発行済株式総数                  (株)
                                 882,584           827,950          1,005,058

     純資産額                  (千円)
                                3,237,478           3,417,081           3,400,008

     総資産額                  (千円)
                                  94.37           71.09          168.39

     1株当たり四半期(当期)純利益金額                  (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                                  85.11           64.30          152.26
                        (円)
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                  (円)            -           -           -
                                   27.3           24.2           29.6

     自己資本比率                  (%)
                                 366,473           426,525           482,150

     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
                                 △ 85,781          △ 83,918         △ 249,580

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
                                  2,565         △ 289,637            3,910

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (千円)
     現金及び現金同等物の
                                1,849,822           1,856,013           1,803,044
                       (千円)
     四半期末(期末)残高
                               第15期           第16期

               回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                           自   平成28年4月1日         自   平成29年4月1日
              会計期間
                           至   平成28年6月30日         至   平成29年6月30日
                                  48.98           40.52
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していないため、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については
         記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、第15期第2四半期累計期間は関連会社を有していないため記
         載しておりません。第15期は当社は関連会社2社を有しておりますが、重要性の観点から持分法損益等の注記
         を省略しているため、記載しておりません。
                                  2/25



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
      当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。 
                                  3/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

      当第2四半期累計期間において、当社が営む事業等のリスクについて、重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)業績の状況
       当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、円高などにより投資に対する姿勢が慎重化し踊り場局面から脱せな
      い状況にあります。また、新興国経済の減速、中国経済の停滞、イギリスのEU離脱の影響等の世界経済の悪化懸念に
      より、その先行きも不透明な状況にあります。このような経済情勢の中、当社サービスの基盤となる、インターネッ
      ト及びブロードバンド関連の環境につきましては、着実に増加しており、平成29年3月末時点で固定系ブロードバン
      ド契約数が約3,869万(前年同期比2.3%増)とインターネットを利用する機会が広く普及しております。また、ス
      マートフォンやタブレット端末の利用者の増加により移動系超高速ブロードバンド契約数は約10,219万(前年同期比
      17.0%増)となるなど、インターネットを利用する環境は引き続き継続的な拡大基調にあります(出所:総務省電気
      通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表資料)。一方、平成29年1月から6月累計の雑誌の販
      売状況は前年同期比で約8.5%減少となりました。書店からの返品率は44.0%となり(前年同期比2.0ポイント増)、
      返品率も改善の兆しがみえない状況となっております(出所:出版月報2017年7月号)。
       このような環境のなか、当社は、当第2四半期累計期間においても、前事業年度に引き続き、各マーケティング
      チャネルの充実、SEO対策やリテンション対策による雑誌購読者の定期購読者化、新規受注高の増加及び継続率の
      上昇による継続受注高増加のための各種施策を実施して参りました。さらに、WEB経由以外で新規の雑誌定期購読
      者数を増やすために、出版社が管理する既存の定期購読顧客の管理を当社に移管し、当社が購読顧客の獲得、管理、
      配送までを一括で受ける「Fujisan                 VCS(Fujisan      Value   Chain   Support)」の展開及び法人顧客開拓についても、引き
      続き注力して参りました。また、当社の経営戦略として提示している出版社への雑誌販売以外の収益機会を提供する
      「第三の矢」については、雑誌記事連動型のECサイトの運営についてノウハウを獲得すべく、雑誌「OCEANS」公式
      オンラインストアの運営を受託し、試験運用を開始しております。この結果、当第2四半期累計期間において総登録
      ユーザー数(一般購読者及び法人購読者の合計数)は2,635,021名、そのうち課金期間が継続している継続課金ユー
      ザー(「Fujisan.co.jp」に登録しているユーザーのうち、月末時点で年間定期購読及び月額払い定期購読の申込みを
      継続しているユーザー並びに当月内に雑誌を購読したユーザーの合計数)は562,408名となりました。
       また、雑誌においては未だ黎明期にありますが、スマートフォン、タブレット端末の普及に合わせ、今後、紙媒体
      に並ぶ媒体となることが期待されるデジタル雑誌の取次サービスの拡大についても、引き続き注力して参りました。
       この結果、当社が取り扱うデジタル雑誌数は平成29年6月末時点で3,538誌となっております。
       上記の施策の結果、当第2四半期累計期間における取扱高(当社から出版社への定期購読の注文取次高、当社の仕
      入販売高、当社が出版社から配送業務及び広告PR業務等を受けた請負業務の取扱高の合計)は4,460,979千円(前年同
      期比11.7%増)、売上高は1,440,978千円(前年同期比13.1%増)となりました。利益面につきましては、営業利益
      166,647千円(前年同期比28.4%減)、経常利益167,038千円(前年同期比28.7%減)、四半期純利益112,529千円(前
      年同期比26.9%減)となりました。
      注.当社は単一セグメントであるため、セグメント別の業績の状況については記載しておりません。

      (2)財政状態の分析

      (資産の部)
       当第2四半期会計期間末の総資産は3,417,081千円(前事業年度末比17,072千円増)となりました。総資産の内訳
      は、流動資産が3,012,244千円(同24,813千円増)、固定資産が404,837千円(同7,741千円減)であり、主な変動要因
      は、前事業年度末に比べ現金及び預金が252,969千円増加したこと、有価証券が200,000千円減少したこと等によるも
      のであります。
      (負債の部)
                                  4/25


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       当第2四半期会計期間末における負債合計は2,589,131千円(前事業年度末比197,180千円増)となりました。主な
      変動要因は、前事業年度末に比べ預り金が171,971千円増加したこと、未払金が51,678千円増加したこと等によるもの
      であります。
      (純資産の部)
       当第2四半期会計期間末における純資産合計は827,950千円(前事業年度末比177,108千円減)となりました。主な
      変動要因は、四半期純利益の計上に伴い利益剰余金が112,529千円増加したこと、新株予約権の行使により資本金及び
      資本準備金がそれぞれ5,060千円増加したこと、自己株式の取得により株主資本が299,757千円減少したことによるも
      のであります。
      (3)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前事業年度末より52,969千円
      増加し、1,856,013千円となりました。
       当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は、次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間において営業活動の結果得た資金は、426,525千円(前年同期は366,473千円の収入)となり
      ました。
       これは、税引前当期純利益167,038千円、減価償却費88,581千円、預り金の増加額171,971千円等による資金の増加
      と、法人税等の支払額80,769千円等による資金の減少によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間において投資活動の結果使用した資金は、83,918千円(前年同期は85,781千円の支出)とな
      りました。
       これは、ソフトウエア開発に伴う無形固定資産の取得による支出80,730千円等による資金の減少によるものであり
      ます。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       当第2四半期累計期間において財務活動の結果使用した資金は、289,637千円(前年同期は2,565千円の収入)とな
      りました。
       これは、自己株式の取得による支出299,757千円による資金の減少と、株式の発行による収入10,120千円による資金
      の増加によるものであります。
      (4)    事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)    研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/25








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     6,136,760

                  計                                    6,136,760

       ② 【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年6月30日)          (平成29年8月10日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限りのない当社の
                                   東京証券取引所
                                            標準となる株式であります。
       普通株式           1,657,110          1,657,110
                                     マザーズ
                                            また、1単元の株式数は、
                                            100株であります。
         計          1,657,110          1,657,110          ―            ―
      (注)「提出日現在発行数」欄には、平成29年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/25











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年4月1日~
                    17,190     1,657,110         4,297      265,023        4,297      250,023
     平成29年6月30日
       (注)新株予約権の行使による増加であります。
      (6)  【大株主の状況】

                                               平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
     カルチュア・エンタテインメン
                                              490,220         29.58
                     東京都渋谷区南平台町16番17号
     ト株式会社
                                              403,000         24.31
     西野 伸一郎                東京都渋谷区
     Fujisan.com,Inc.                150SpearStreet,Suite725,SanFrancisco,                    CA
                                               50,000         3.01
     (常任代理人 鈴木 淳司)                94105(東京都目黒区)
     資産管理サービス信託銀行株式
                                               26,000         1.56
                     東京都中央区晴海1丁目8番12号
     会社(証券投資信託口)
     合同会社581Wilcox         Ave.                                25,700         1.55
                     東京都港区元麻布3丁目2番19号
                                               25,200         1.52

     高野 剛                神奈川県横浜市港北区
     森實   厚裕                                       25,000         1.50

                     大阪府大阪市
     奥西   利行                                       23,100         1.39

                     奈良県磯城郡田原本町
                                               21,000         1.26

     金子 好之                埼玉県坂戸市
                                               19,800         1.19

     神谷 アントニオ                東京都世田谷区
            計                    ―              1,109,020          66.92

       (注)上記のほか当社所有の自己株式111,600株(6.73%)があります。
                                  7/25






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成29年6月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                          普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                          111,600
                                        完全議決権株式であり、株主としての
                          普通株式
     完全議決権株式(その他)                               15,444    権利内容に何ら限定のない当社におけ
                         1,544,400
                                        る標準となる株式であります。
                          普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           1,110
     発行済株式総数                    1,657,110          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           15,444             ―

       ② 【自己株式等】

                                              平成29年6月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                 東京都渋谷区南平台町16番
                                 111,600        ―      111,600         6.73
     株式会社富士山マガジ
                 11号
     ンサービス
          計             ―          111,600        ―      111,600         6.73
                                  8/25











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     2  【役員の状況】
       該当事項はありません。
                                  9/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.  四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成29年4月1日から平成29年
      6月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項によ
      り、当社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集
      団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいも
      のとして、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 10/25














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期財務諸表】
      (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,503,044              1,756,013
         現金及び預金
                                          61,058              65,380
         売掛金
                                         300,000              100,000
         有価証券
                                          28,546              27,232
         商品
                                          11,829              17,659
         前払費用
                                          8,591              6,438
         繰延税金資産
                                        1,076,140              1,040,928
         未収入金
                                          5,211              5,826
         その他
                                         △ 6,991             △ 7,234
         貸倒引当金
                                        2,987,430              3,012,244
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                          12,479              11,942
           建物(純額)
                                          10,249              11,135
           工具、器具及び備品(純額)
                                          22,729              23,078
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         278,444              270,625
           ソフトウエア
                                         278,444              270,625
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          1,863              1,863
           投資有価証券
                                          47,200              47,200
           関係会社株式
                                          39,055              38,455
           敷金保証金
                                          23,285              23,613
           繰延税金資産
                                         111,405              111,132
           投資その他の資産合計
                                         412,578              404,837
         固定資産合計
                                        3,400,008              3,417,081
       資産合計
                                 11/25









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (平成28年12月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         49,742              56,513
         買掛金
                                        1,188,368              1,240,046
         未払金
                                         85,728              58,420
         未払法人税等
                                        1,023,608              1,195,579
         預り金
                                         47,502              38,570
         その他
                                        2,394,950              2,589,131
         流動負債合計
                                        2,394,950              2,589,131
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         259,963              265,023
         資本金
                                         244,963              250,023
         資本剰余金
                                         500,131              612,660
         利益剰余金
                                                      △ 299,757
         自己株式                                   ―
         株主資本合計                               1,005,058               827,950
                                        1,005,058               827,950
       純資産合計
                                        3,400,008              3,417,081
      負債純資産合計
                                 12/25













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期損益計算書】
       【第2四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                        1,274,061              1,440,978
      売上高
                                         568,319              715,332
      売上原価
                                         705,742              725,645
      売上総利益
                                       ※  472,997             ※  558,998
      販売費及び一般管理費
                                         232,744              166,647
      営業利益
      営業外収益
                                           349               32
       受取利息
                                          1,362               614
       受取精算金
                                            0
                                                         -
       雑収入
                                          1,712               647
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           58
       支払利息                                                  -
                                                         256
                                           -
       自己株式取得費用
                                           58              256
       営業外費用合計
                                         234,399              167,038
      経常利益
                                         234,399              167,038
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    80,520              52,683
                                          △ 11             1,825
      法人税等調整額
                                         80,509              54,509
      法人税等合計
                                         153,889              112,529
      四半期純利益
                                 13/25












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
      (3)  【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自 平成28年1月1日              (自 平成29年1月1日
                                 至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         234,399              167,038
       税引前四半期純利益
                                         84,501              88,581
       減価償却費
                                          △ 350              242
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 349              △ 32
       受取利息及び受取配当金
                                           58
       支払利息                                                  -
                                         △ 3,408             △ 4,322
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          △ 199             1,313
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                          9,966              6,771
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         12,688              35,212
       未収入金の増減額(△は増加)
                                          △ 433            △ 5,829
       前払費用の増減額(△は増加)
                                         12,310              53,292
       未払金の増減額(△は減少)
                                         112,344              171,971
       預り金の増減額(△は減少)
                                        △ 18,201              △ 6,977
       その他
                                         443,325              507,262
       小計
                                           349               32
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 58
       利息の支払額                                                  -
                                        △ 77,142             △ 80,769
       法人税等の支払額
                                         366,473              426,525
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 2,384             △ 3,188
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 81,533             △ 80,730
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,863
                                                         -
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 85,781             △ 83,918
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          2,565              10,120
       株式の発行による収入
                                                      △ 299,757
                                           -
       自己株式の取得による支出
                                          2,565            △ 289,637
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         283,257               52,969
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        1,566,564              1,803,044
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  1,849,822             ※  1,856,013
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/25








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (追加情報)
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用) 
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1
        四半期会計期間より適用しております。 
                                 15/25



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (四半期損益計算書関係)
     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                             (自    平成28年1月1日              (自    平成29年1月1日
                             至   平成28年6月30日)               至   平成29年6月30日)
                                  30,665                 31,130
         役員報酬                            千円                 千円
                                  99,319                108,505
         給与                             〃                  〃
                                  41,988                 36,594
         販売手数料                             〃                 〃
                                  47,202                 46,141
         支払手数料                             〃                 〃
                                 101,852                 156,067
         広告宣伝費                             〃                 〃
                                 102,680                 114,221
         決済手数料                             〃                 〃
                                   367                1,147
         減価償却費                             〃                 〃
                                  1,865                 1,844
         貸倒引当金繰入額                             〃                 〃
                                 16/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
     
      ります。
                               前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間

                               (自    平成28年1月1日             (自    平成29年1月1日
                               至   平成28年6月30日)             至   平成29年6月30日)
         現金及び預金                         1,549,822千円               1,756,013千円
                                   300,000    〃
         有価証券勘定(合同運用指定金銭信託)                                            - 〃
                                     -   〃           100,000       〃
         有価証券勘定(MRF)
         現金及び現金同等物                         1,849,822千円               1,856,013千円
                                 17/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年6月30日)
      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。  
      当第2四半期累計期間(自 平成29年1月1日 至 平成29年6月30日)

      1.配当金支払額
        該当事項はありません。
      2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        当社は、平成29年3月27日開催の取締役会決議に基づき平成29年3月28日付で自己株式111,600株を総額299,757
       千円で取得しております。この結果、当第2四半期会計期間末の自己株式は299,757千円となっております。 
                                 18/25












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (持分法損益等)
                              前事業年度               当第2四半期会計期間
                            (平成28年12月31日)                 (平成29年6月30日)
       関連会社に対する投資の金額                          ―               34,000千円
                                               18,759     〃
       持分法を適用した場合の投資の金額                          ―
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間

                           (自 平成28年1月1日                 (自 平成29年1月1日
                            至 平成28年6月30日)                   至 平成29年6月30日)
       持分法を適用した場合の投資損失
                                 ―              △10,809千円
       (△)の金額
       (注)1.前事業年度は、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性が乏しいため、記載を省略しております。

          2.前第2四半期累計期間は、関連会社を有していないため該当事項はありません。
          3.損益等からみて、重要性の乏しい関連会社については、除外してこれらの金額を算出しております。 
                                 19/25















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社の事業セグメントは、雑誌販売支援事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略し
       ております。
                                 20/25



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間

                                 (自    平成28年1月1日           (自    平成29年1月1日
                 項目
                                 至   平成28年6月30日)           至   平成29年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   94円37銭             71円09銭
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)

                                         153,889             112,529
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                                  -

                                           -
      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)

                                         153,889             112,529
      普通株式の期中平均株式数(株)

                                        1,630,708             1,582,854
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   85円11銭             64円30銭

     (算定上の基礎)

      四半期純利益調整額(千円)                                      -             -

      普通株式増加数(株)                                    177,370             167,107

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前
                                           -             -
     事業年度末から重要な変動があったものの概要
                                 21/25











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
        (株式分割)
         当社は、平成29年7月14日開催の取締役会において、株式分割を行うことを決議いたしました。
        当該株式分割の内容は、次のとおりであります。
         1.目的
           当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げ、株式数の増加により株式の流動性を高めることで、投資家
           の皆様に投資しやすい環境を整えるとともに、投資家層の更なる拡大を図ることを目的としております。
         2.株式分割の割合及び時期 
           平成29年9月1日付をもって平成29年8月31日の株主名簿に記録された株主の所有株式数を1株につき2
           株の割合をもって分割いたします。
         3.分割により増加する株式数
           普通株式1,657,110株
         4.1株当たり情報に及ぼす影響
           前事業年度の期首に当該株式分割が行われたものと仮定した場合における(1株当たり情報)の各数値は
           それぞれ次のとおりであります。 
                             前第2四半期累計期間

                                            当第2四半期累計期間
                            (自 平成28年1月1日
                項目                            (自 平成29年1月1日
                                             至 平成29年6月30日)
                             至 平成28年6月30日)
        1株当たり四半期純利益金額                             47円18銭               35円55銭
        潜在株式調整後1株当たり四半期純
                                     42円56銭               32円15銭
        利益金額
                                 22/25













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 23/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 24/25



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社富士山マガジンサービス(E31625)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月9日

     株式会社富士山マガジンサービス
      取締役会      御中
                        東陽監査法人

                         指定社員

                                    公認会計士          金野 栄太郎           印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士          太田 裕士           印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社富士山

     マガジンサービスの平成29年1月1日から平成29年12月31日までの第16期事業年度の第2四半期会計期間(平成29年4月
     1日から平成29年6月30日まで)及び第2四半期累計期間(平成29年1月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財
     務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社富士山マガジンサービスの平成29年6月30日現在の財政状態並び
     に同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じ
     させる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 25/25



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。