株式会社藤商事 四半期報告書 第53期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第53期第1四半期(平成29年4月1日-平成29年6月30日)
提出日
提出者 株式会社藤商事
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成29年8月9日
      【四半期会計期間】                    第53期第1四半期(自 平成29年4月1日 至 平成29年6月30日)
      【会社名】                    株式会社藤商事
      【英訳名】                    FUJISHOJI     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  井上 孝司
      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区内本町一丁目1番4号
      【電話番号】                    06(6949)0323
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  當仲 信秀
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区内本町一丁目1番4号
      【電話番号】                    06(6949)0323
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  當仲 信秀
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/17













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                第52期           第53期

               回次               第1四半期           第1四半期            第52期
                               累計期間           累計期間
                               自平成28年           自平成29年           自平成28年

                                4月1日            4月1日            4月1日
              会計期間
                               至平成28年           至平成29年           至平成29年
                                6月30日            6月30日            3月31日
                      (百万円)             7,305          18,472           32,953

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (百万円)             △ 699          4,534          △ 2,280

     四半期純利益又は四半期(当期)
                      (百万円)             △ 516          2,848          △ 1,944
     純損失(△)
                      (百万円)               -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (百万円)             3,281           3,281           3,281

     資本金
                       (株)          24,395,500           24,395,500           24,395,500

     発行済株式総数
     純資産額                 (百万円)             49,112           49,250           47,210

                      (百万円)             58,514           68,035           57,370

     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又は
     1株当たり四半期(当期)純損失                  (円)           △ 21.19          116.75          △ 79.71
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (円)              -           -           60
     1株当たり配当額
                       (%)             83.9           72.4           82.3

     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)             △ 848           486           △ 5
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)            △ 1,074          △ 1,700          △ 3,769
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (百万円)             △ 578          △ 815         △ 1,219
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (百万円)             23,286           18,765           20,794
     (期末)残高
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移につ
           いては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社の損益等からみて重要性が乏しいものとして記載を
           省略しております。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、第52期第1四半期累計期間および第52期
           は1株当たり四半期(当期)純損失であり、また、潜在株式が存在しないため、第53期第1四半期累計期間
           は潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
       (1)業績

         当第1四半期累計期間におけるわが国経済は、政府主導による経済政策などを背景に企業収益や雇用情勢は改善
        し、個人消費につきましても持ち直しの動きが見られ、景気は緩やかな回復基調が継続しました。
         パチンコホール業界におきましては、のめり込み防止の一環として過度の射幸性を抑えた遊技機の導入をはじ
        め、さまざまな取り組みなどを通じて、ファンの皆様がパチンコ・パチスロをより安心・安全に楽しめる環境づく
        りを推進しております。一方で、従来の射幸性を重視した機種構成の見直しなどにより、安定した集客・稼働が見
        込める新機種に対するニーズは、以前にも増して高まっております。
         このような状況のもと当社は、ものづくりに対する今までの常識や慣習にとらわれることなく、自らが変化に順
        応する『変わる挑戦』に挑み続けることにより、新たな試みや独自性の追求など、差別化された商品性の実現を目
        指しております。そして、ファンの皆様に何度でも楽しんでいただけるとともに、パチンコホール様の収益に貢献
        できる稼働力を備えた遊技機の安定的な市場投入に取り組んでおります。また、機種ごとの販売計画を達成すると
        ともに、着実に利益を確保できる体制づくりを推進しております。
         なお、当第1四半期累計期間においては、パチンコ・パチスロタイアップ戦略として、当社の主力ホラータイト
        ル機種などを市場投入いたしました。
         以上の結果、当第1四半期累計期間の業績につきましては、売上高184億72百万円(対前年同期比152.9%増)、
        営業利益44億60百万円(前年同期は営業損失7億64百万円)、経常利益45億34百万円(前年同期は経常損失6億99
        百万円)、四半期純利益28億48百万円(前年同期は四半期純損失5億16百万円)となりました。
         ※製品別の状況は次のとおりであります。

        (パチンコ遊技機)

         パチンコ遊技機につきましては、新規タイトルとして、「CR萌え萌え大戦争                                      ぱちんこば~ん」(平成29年5
        月発売)、「CRクルクルセブン」(平成29年6月発売)、「CRリング 終焉ノ刻」(平成29年6月発売)を市
        場投入したほか、前事業年度に発売したシリーズ機種などを追加発売いたしました。
         なお、「CRリング」シリーズ10周年の集大成となる「CRリング 終焉ノ刻」より新本体枠「Crystal                                                Air
        (クリスタル       エアー)」を採用いたしました。新台入替時に機種ごとの「専用サイドユニット」を本体枠に装着
        できる「サイドユニットシステム」により、多彩なギミック演出や迫力あるアイキャッチを実現し、商品性の向上
        を図っております。
         以上の結果、販売台数は32千台(対前年同期比44.0%増)、売上高134億97百万円(同84.9%増)となりまし
        た。
        (パチスロ遊技機)

         パチスロ遊技機につきましては、新規タイトルとして「パチスロ 呪怨」(平成29年4月発売)、「パチスロ
        リング 終焉ノ刻」(平成29年5月発売)を市場投入いたしました。
         なお。前作にて好評を得ましたパチスロ「リング」シリーズ第2弾となる「パチスロ                                        リング 終焉ノ刻」に
        て、新筐体「Fusion          core(フージョン         コア)」を採用いたしました。新台入替時に「筐体部ユニット」を残して
        機種ごとの「回胴部ユニット」と「下パネル」の交換で対応できる「分離筐体システム」により、コストパフォー
        マンスの高い新台入替が可能となり、パチンコホール様の利便性向上を図っております
         以上の結果、販売台数は11千台(前年同期は0千台)、売上高49億75百万円(前年同期は6百万円)となりまし
        た。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
        (資産)
         当第1四半期会計期間末における流動資産は490億40百万円となり、前事業年度末に比べ104億94百万円増加いた
        しました。これは主に、受取手形及び売掛金が109億48百万円、商品及び製品が21億89百万円増加したことなどに
        対し、現金及び預金が20億28百万円減少したことなどによるものであります。固定資産は189億95百万円となり、
        前事業年度末に比べ1億70百万円増加いたしました。
         この結果、総資産は680億35百万円となり、前事業年度末に比べ106億65百万円増加いたしました。
        (負債)

         当第1四半期会計期間末における流動負債は170億85百万円となり、前事業年度末に比べ85億46百万円増加いた
        しました。これは主に、買掛金が77億73百万円、未払法人税等が6億67百万円増加したことなどによるものであり
        ます。固定負債は17億円となり、前事業年度末に比べ79百万円増加いたしました。
         この結果、負債合計は187億85百万円となり、前事業年度末に比べ86億25百万円増加いたしました。
        (純資産)

         当第1四半期会計期間末における純資産合計は492億50百万円となり、前事業年度末に比べ20億39百万円増加い
        たしました。これは主に、四半期純利益28億48百万円および剰余金の配当8億53百万円などによるものでありま
        す。
         この結果、自己資本比率は72.4%(前事業年度は82.3%)となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第1四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前事業年度末に比べ20億28百
        万円減少し187億65百万円となりました。
         当第1四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は、4億86百万円(前年同期は8億48百万円の資金の減少)となりました。
         これは主に、税引前四半期純利益45億32百万円、仕入債務の増加額77億2百万円などが増加の要因であり、売上
        債権の増加額109億48百万円などが減少の要因であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、17億円(前年同期は10億74百万円の資金の減少)となりました。
         これは主に、有価証券の償還等による収入1億円などが増加の要因であり、有形固定資産の取得による支出17億
        79百万円などが減少の要因であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、8億15百万円(前年同期は5億78百万円の資金の減少)となりました。
         これは、配当金の支払によるものであります。
       (4)事業上および財務上の対処すべき課題

         当第1四半期累計期間において、新たに発生した事業上および財務上の対処すべき課題はありません。
       (5)研究開発活動

         当第1四半期累計期間における研究開発活動の金額は、21億15百万円であります。
         なお、当第1四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           80,000,000

                  計                                80,000,000

        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                            (平成29年8月9日)
               (平成29年6月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                     単元株式数
     普通株式              24,395,500             24,395,500        JASDAQ
                                                     100株
                                        (スタンダード)
         計          24,395,500             24,395,500             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金        資本準備金
                発行済株式        発行済株式
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                総数増減数        総数残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)
                                              (百万円)        (百万円)
     平成29年4月1日~
                      ―   24,395,500            ―      3,281          ―      3,228
     平成29年6月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(平成29年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年6月30日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                             -           -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -           -        -

      議決権制限株式(その他)                             -           -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -           -        -

                          普通株式      24,392,500

      完全議決権株式(その他)                                      243,925          -
                          普通株式              3,000

      単元未満株式                                         -        -
      発行済株式総数                         24,395,500               -        -

      総株主の議決権                             -         243,925          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)         合計(株)        株式数の割合
                                                       (%)
           -           -         -        -        -        -

          計            -         -        -        -        -

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号。以下「四半期財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、四半期財務諸表等規則第4条の2第2項により、四半期キャッシュ・フロー計算書を作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平成29
       年6月30日まで)および第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸表
       について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、当
       社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金およびキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の
       財政状態、経営成績およびキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものと
       して、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
        なお、資産基準、売上高基準、利益基準および利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
          資産基準          0.2  %
          売上高基準           ― %
          利益基準         △0.6   %
          利益剰余金基準         △0.7   %
                                  7/17













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         21,195              19,166
         現金及び預金
                                         5,501              16,449
         受取手形及び売掛金
                                         1,202              1,101
         有価証券
                                           436             2,625
         商品及び製品
                                         3,562              3,994
         原材料及び貯蔵品
                                         2,478              3,006
         前渡金
                                         3,317              2,460
         繰延税金資産
                                           859              259
         その他
                                           △ 7             △ 23
         貸倒引当金
                                         38,545              49,040
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               1,674              3,775
          機械及び装置(純額)                                216              224
          工具、器具及び備品(純額)                               1,922              2,438
                                         3,118              3,135
          土地
                                         3,146               719
          その他(純額)
                                         10,078              10,293
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  211              302
         投資その他の資産
                                         4,596              4,660
          投資有価証券
                                         3,178              3,021
          長期前払費用
                                         1,223              1,181
          その他
                                         △ 464             △ 464
          貸倒引当金
                                         8,534              8,399
          投資その他の資産合計
                                         18,824              18,995
         固定資産合計
                                         57,370              68,035
       資産合計
                                  8/17










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度            当第1四半期会計期間
                                 (平成29年3月31日)              (平成29年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         5,811              13,585
         買掛金
                                           -              667
         未払法人税等
                                           298              152
         賞与引当金
                                         2,428              2,679
         その他
                                         8,538              17,085
         流動負債合計
       固定負債
                                           797              796
         退職給付引当金
                                           823              904
         その他
                                         1,620              1,700
         固定負債合計
                                         10,159              18,785
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,281              3,281
         資本金
                                         3,228              3,228
         資本剰余金
                                         40,409              42,403
         利益剰余金
                                         46,918              48,912
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           291              337
         その他有価証券評価差額金
                                           291              337
         評価・換算差額等合計
                                         47,210              49,250
       純資産合計
                                         57,370              68,035
      負債純資産合計
                                  9/17












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第1四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
                                         7,305              18,472
      売上高
                                         3,497              9,458
      売上原価
                                         3,807              9,014
      売上総利益
                                         4,572              4,553
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                    △ 764             4,460
      営業外収益
                                           44              47
       受取配当金
                                            6              5
       受取賃貸料
                                            8              12
       利用分量配当金
                                            2              0
       受取ロイヤリティー
                                           12              10
       その他
                                           74              76
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            6              -
       シンジケートローン手数料
                                            1              1
       賃貸収入原価
                                            0              0
       その他
                                            8              1
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                    △ 699             4,534
      特別利益
                                            0              0
       固定資産売却益
                                            0              0
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              3
       固定資産除却損
                                            0              3
       特別損失合計
      税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                    △ 699             4,532
                                           27              804
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 209              879
      法人税等調整額
                                         △ 182             1,683
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    △ 516             2,848
                                 10/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前第1四半期累計期間              当第1四半期累計期間
                                (自 平成28年4月1日              (自 平成29年4月1日
                                至 平成28年6月30日)               至 平成29年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失
                                         △ 699             4,532
       (△)
                                           300              701
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0              15
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 138             △ 146
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 55              -
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                    57              △ 1
                                          △ 50             △ 50
       受取利息及び受取配当金
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 0
                                            0              3
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 574            △ 10,948
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 874            △ 2,620
       前渡金の増減額(△は増加)                                   299             △ 527
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                  △ 342              △ 21
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   771             7,702
       未払金の増減額(△は減少)                                   △ 46              880
                                           517              936
       その他
                                         △ 834              455
       小計
                                           48              51
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 62             △ 19
       法人税等の支払額
                                         △ 848              486
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 202               -
       有価証券の取得による支出
                                           -              100
       有価証券の償還による収入
                                         △ 560            △ 1,779
       有形固定資産の取得による支出
                                           △ 9             △ 21
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 208               -
       投資有価証券の取得による支出
                                         △ 102              △ 1
       その他の支出
                                            7              2
       その他の収入
                                        △ 1,074             △ 1,700
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 578             △ 815
       配当金の支払額
                                         △ 578             △ 815
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 2,501             △ 2,028
      現金及び現金同等物の期首残高                                   25,788              20,791
                                        ※ 23,286              ※ 18,765
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 11/17







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
         該当事項はありません。
        (会計上の見積りの変更)

         該当事項はありません。
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
        (追加情報)

         該当事項はありません。
        (四半期貸借対照表関係)

         1   偶発債務
           得意先の分割支払債務に対するリース会社への保証は、次のとおりであります。
            債務保証
                             前事業年度                 当第1四半期会計期間
                          (平成29年3月31日)                   (平成29年6月30日)
                        取引先     32社               取引先     31社
                                     25百万円                   24百万円
         2   当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と貸出コミットメント契約を締結しております。

          これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                             前事業年度                 当第1四半期会計期間
                          (平成29年3月31日)                   (平成29年6月30日)
      貸出コミットメントの総額                             10,000百万円                   10,000百万円
      借入実行残高                               ―                   ―
            差引額                       10,000                   10,000
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとお
          りであります。
                             前第1四半期累計期間                  当第1四半期累計期間
                            (自    平成28年4月1日              (自    平成29年4月1日
                             至   平成28年6月30日)               至   平成29年6月30日)
     現金及び預金勘定                               23,687百万円                  19,166百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △400                  △400
     現金及び現金同等物                               23,286                  18,765
                                 12/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第1四半期累計期間(自              平成28年4月1日          至   平成28年6月30日)
           配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
     (決議)          株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                             配当額(円)
     平成28年6月28日
                普通株式          609        25  平成28年3月31日         平成28年6月29日          利益剰余金
     定時株主総会
         Ⅱ   当第1四半期累計期間(自              平成29年4月1日          至   平成29年6月30日)

           配当金支払額
                             1株当たり
                     配当金の総額
     (決議)          株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                             配当額(円)
     平成29年6月27日
                普通株式          853        35  平成29年3月31日         平成29年6月28日          利益剰余金
     定時株主総会
     (注)平成29年6月27日定時株主総会決議による1株当たり配当額には、創立50周年記念配当10円を含んでおります。
        (金融商品関係)

         四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (有価証券関係)

         四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

         四半期財務諸表等規則第10条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
        (持分法損益等)

         当社では、関連会社の損益等からみて重要性が乏しいものとして記載を省略しております。
        (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           前第1四半期累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年6月30日)および当第1四半期累計期間(自平成
          29年4月1日 至平成29年6月30日)
           当社は、遊技機事業の単一セグメントにより構成されており、記載を省略しております。
                                 13/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額または1株当たり四半期純損失金額および算定上の基礎は、以下のとおりでありま
        す。
                                前第1四半期累計期間               当第1四半期累計期間
                               (自    平成28年4月1日            (自    平成29年4月1日
                                至   平成28年6月30日)             至   平成29年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                      △21円19銭                116円75銭
     純損失金額(△)
     (算定上の基礎)
      四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)
                                        △516               2,848
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
      普通株式に係る四半期純利益金額又は四半期純損
                                        △516               2,848
      失金額(△)(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               24,395,500               24,395,500
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、前第1四半期累計期間は1株当たり四半期純損失であ
         り、また、潜在株式が存在しないため、当第1四半期累計期間は潜在株式が存在しないため、記載しておりませ
         ん。
        (重要な後発事象)

         自己株式取得に係る事項の決定
          当社は、平成29年7月28日開催の取締役会において、以下のとおり、会社法第165条第3項の規定により読み
         替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項について決議いたしました。
         1.自己株式の取得を行う理由

            資本効率の向上を図るとともに、機動的な資本政策の遂行および株主への利益還元を目的として、自己株
           式の取得を行うものであります。
         2.取得に係る事項の内容

          (1)取得する株式の種類  当社普通株式
          (2)取得する株式の総数  1,000,000株(上限)
                        (発行済株式総数に対する割合 4.10%)
          (3)株式の取得価額の総額 1,157,000,000円
          (4)取得日        平成29年7月31日
          (5)取得方法       東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による買付け
         3.取得の結果

          (1)取得した株式の総数  1,000,000株
          (2)取得価額       1,157,000,000円(1株当たり1,157円)
          (3)取得日        平成29年7月31日
          (4)取得方法       東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による買付け
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社藤商事(E02488)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年8月8日

     株式会社藤商事

      取締役会       御中

                              新  日  本  有  限  責  任  監  査  法  人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              村上     和久           印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              福竹        徹          印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社藤商事

     の平成29年4月1日から平成30年3月31日までの第53期事業年度の第1四半期会計期間(平成29年4月1日から平成29年
     6月30日まで)及び第1四半期累計期間(平成29年4月1日から平成29年6月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
     ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行っ
     た。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社藤商事の平成29年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
     る第1四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.     上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク