株式会社メディア工房 四半期報告書 第20期第3四半期(平成29年3月1日-平成29年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第20期第3四半期(平成29年3月1日-平成29年5月31日)
提出日
提出者 株式会社メディア工房
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年7月13日

     【四半期会計期間】               第20期第3四半期(自 平成29年3月1日 至 平成29年5月31日)

     【会社名】               株式会社メディア工房

     【英訳名】               Media   Kobo,Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  長沢 一男

     【本店の所在の場所】               東京都港区赤坂四丁目2番6号

     【電話番号】               03-5549-1804

     【事務連絡者氏名】               執行役員  長沢 和宙

     【最寄りの連絡場所】               東京都港区赤坂四丁目2番6号

     【電話番号】               03-5549-1804

     【事務連絡者氏名】               執行役員  長沢 和宙

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第19期           第20期

              回次              第3四半期           第3四半期            第19期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自平成27年9月1日           自平成28年9月1日           自平成27年9月1日
             会計期間
                          至平成28年5月31日           至平成29年5月31日           至平成28年8月31日
     売上高                          1,472,064           1,676,988           1,940,567
                      (千円)
                                △ 24,078          △ 29,300          △ 60,097

     経常損失(△)                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純

     利益又は親会社株主に帰属する                          △ 38,263           45,062         △ 139,588
                      (千円)
     四半期(当期)純損失(△)
                                △ 58,307           48,797         △ 158,437

     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                               1,891,416           1,646,180           1,796,068

     純資産額                (千円)
                               3,518,583           3,242,115           3,260,791

     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期純利益金額又
                                 △ 3.58           4.20         △ 13.04
                      (円)
     は四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                             4.19
                      (円)             -                     -
     四半期(当期)純利益金額
                                  52.7           50.4           53.8
     自己資本比率                 (%)
                             第19期           第20期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自平成28年3月1日           自平成29年3月1日
             会計期間
                          至平成28年5月31日           至平成29年5月31日
     1株当たり四半期純損失金額
                                 △ 1.43          △ 1.55
                      (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.第19期第3四半期連結累計期間及び第19期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額欄について
          は、潜在株式が存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であるため、記載しておりません。
                                  2/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当社グループは、当社、連結子会社3社、関連会社1社で構成されており、占いコンテンツ事業、ゲームコンテン
      ツ事業、その他の事業を展開しております。当社グループの事業内容及び当社と主な連結子会社の当該事業に係る位
      置付けは次のとおりであります。
      (1)  占いコンテンツ事業
        当社、連結子会社及び関連会社が、携帯電話向け及びPC向け占いコンテンツ、及びキャリア向け非占いアプリ
       ケーションゲームを中心に企画・制作・配信しております。また、電話占いサービスや、LINE(LINE株式会社の提
       供するソーシャル・ネットワーキング・サービスアプリケーション)向けにお悩み鑑定を展開しております。                                                    ISP
       (Internet     Service    Provider)、各移動体通信事業者、Apple                   や  Google    等のプラットフォーム向けに占いコンテン
       ツ等を企画・制作・配信するビジネスを中心に展開する他、電話による占いサービスの提供を行っております。
      (2)  ゲームコンテンツ事業
        当社が、国内向けソーシャルゲームを企画・制作・配信し、連結子会社が海外ゲームの国内パブリッシング、並
       びにソーシャルゲームのセカンダリー事業を行っております。
      (3)  その他
        当社が、様々な分野に対し、新規事業を行っております。当連結会計年度においてはAI(人工知能:Artificial
       Intelligence)研究所の設立及び運営、並びに米国法人との協業によるVR(仮想現実:Virtual                                              Reality)事業を
       行っております。
                                  3/16















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
        当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、政府並びに日本銀行による経済・金融政策が機能し、雇用や
       所得環境の着実な改善、個人消費の持ち直し傾向が続くなど、緩やかな回復基調で推移いたしました。一方で、海
       外の不安定な経済・政治情勢に起因する急激な為替変動や、中国を始めとするアジア新興国における景気の下振れ
       懸念などにより、依然として先行き不透明な状況が続いております。
        当社グループの中心事業であるデジタルコンテンツビジネスにおいては、2017年第1四半期国内モバイルデバイ
       ス市場(スマートフォン市場、タブレット市場、PC市場、データ通信カードなどのデータ通信を含む)の出荷台数
       は前年同期比17.3%増の1,410万台、通年出荷台数予測は前年比10.5%増の5,367万台(注1)と言われており、今
       後ますます幅広い世代でモバイルデバイスが使用されるとともに、コミュニケーションだけではなく生活や娯楽な
       どの様々な面でスマートフォンアプリケーション(以下「スマホアプリ」といいます)が使用されるものと予測さ
       れます。
        このような事業環境の中、当社グループは、プロモーション専任部署を設立し全社横断的な体制を構築し、ユー
       ザーの流入経路や広告に関して見直し、占いコンテンツにおける収益体制を再構築する他、子会社によるセカンダ
       リー事業の強化や、AI、VRを始めとする最先端技術を活用した事業への先行投資を行うなど、引き続き新たな分野
       に対し積極的な進出を図ってまいりました。
        また、当社においては、株主への一層の利益還元、並びに当社事業活動の一層の活性化及び円滑性の向上を目的
       として、平成29年4月18日から平成29年5月19日までの期間において、自己株式の取得を行っております。
        しかしながら、既存占いコンテンツにおいて売上が前年同期を下回り、また子会社立ち上げに伴う初期費用、社
       内クラウドサービスに対応するためのインフラ整備に伴う費用の増加、並びにAI(注2)、VR(注3)事業への追
       加先行投資、並びにOBOKAID'EMゲームの減損損失により、営業利益ベースでは業績を押し下げることとなりまし
       た。
        以上の結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高                                      1,676百万円      (前年同期比      13.9%
       増 )、営業    損失23百万円      (前年同期営業       利益19百万円      )、経常    損失29百万円      (前年同期経常       損失24百万円      )、親会社株主
       に帰属する四半期純         利益45百万円      (前年同期親会社株主に帰属する四半期純                   損失38百万円      )となりました。
        セグメント別の業績は、以下のとおりであります。

       ① 占いコンテンツ事業
         占いコンテンツ事業においては、アジア諸国への推進の他、プロモーション専任部署を設立し、横断的な体制
        をとることで、集客構造並びに収益体制の再構築を進めてまいりました。電話占い事業においては、LINE株式会
        社の運営する各種占いサービスへのコンテンツ等の提供強化により、第2四半期連結会計期間以降、緩やかなが
        らも増収が続き、当第3四半期連結会計期間においては営業利益が黒字化しております。また、人気キャラク
        ターとのIP(注4)コラボレーションアプリの配信(注5)に関しては、国内のみならず海外キャラクターとの
        コラボレーションを行い、配信数を増加してまいりました。
         一方で、集客構造並びに収益体制の再構築による売上回復が当第3四半期連結累計期間内においては及ばず、
        既存占いコンテンツにおける会員数の減少、並びに集客数の横這や、キャリアの方針による広告掲載ルールの変
        更に伴うIPコラボレーションアプリの短命化により、減収減益となりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間における占いコンテンツ事業の売上高は                                     1,303百万円      (前年同期比      6.8%
        減 )、営業利益は       390百万円     (前年同期比      17.2%減    )となりました。
                                  4/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       ② ゲームコンテンツ事業
         ゲームコンテンツ事業におきましては、特に子会社ルイスファクトリーにおけるセカンダリー事業に注力し、
        平成29年5月より第2弾セカンダリータイトル『バハムートブレイブ』を運営開始した他、これまでにセカンダ
        リー事業にて取得してきたタイトルのIPを活用した、新規タイトルの制作を行って参りました。
         しかし、当期リリース予定であった既存セカンダリーゲームのIPを活用した新規タイトルを、クオリティ優先
        とするために、来期までリリース時期を引き延ばしたことや、セカンダリー新規運用タイトルの獲得が、当初予
        定より1本遅れたことにより、当第3四半期連結会計期間においては売上減少となりました。また、営業利益に
        おいては、前連結会計期間に引き続きOBOKAID'EMタイトルの不振による減損損失14百万円(当第3四半期連結累
        計期間における減損損失合計25百万円)を計上したことが影響し、マイナスの着地となっております。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるゲームコンテンツ事業の売上高は                                        371百万円     (前年同期比
        535.4%増     )、営業損失は       85百万円    (前年同期は営業        損失92百万円      )となりました。
       ③ その他

         新規事業におきましては、引き続きAI、VR等の最先端技術を活用した事業への参入及び先行投資を行ってまい
        りました。AI事業「found             it  Project」においては、データ解析・システム構築を進める他、勉強会の開催を通
        じて人材の確保、認知度の向上を図り、VR事業においては、米国法人である                                    DoubleMe,Inc.       との共同事業に関し
        てプロジェクトの準備を進める他、日本国内におけるVR端末の独占販売権を獲得すべく、VR端末開発会社との事
        業提携契約に向けた活動を行ってまいりました。いずれも現時点においては収益段階には至らないものの、来期
        以降の当社事業並びに業績において重要な役割を果たすものと考えております。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるその他の事業の売上高は                                  1百万円    (前年同期比      86.9%減    )、営業
        損失は   24百万円    (前年同期は営業        損失52百万円      )となりました。
      (注)   1.IDC    Japan   株式会社「国内モバイルデバイス市場                  2017年第1四半期の分析と2017年~2021年の予測」(2017

          年6月19日)によっております。
        2.AI:Artificial          Intelligence 人工知能
        3.VR:Virtual        Reality 仮想現実
        4.IP:Intellectual           Property 知的財産
        5.KDDI     株式会社及び沖縄セルラー電話株式会社が提供する「au                          スマートパス」、ソフトバンク株式会社が提
          供する「App      Pass」に提供しております。
      (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (3)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/16









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                                                     45,200,000

                普通株式
                                                     45,200,000

                  計
       ②  【発行済株式】
               第3四半期会計期間末                      上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成29年7月13日)
               (平成29年5月31日)                      商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
       普通株式            11,300,000           11,300,000                  単元株式数100株
                                       (マザーズ)
         計          11,300,000           11,300,000           ―           ―
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成29年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                 発行済株式
                                      資本金残高
                               資本金増減額
         年月日                総数残高                     増減額       残高
                 総数増減数
                                (千円)
                                       (千円)
                   (株)
                          (株)                    (千円)       (千円)
     平成29年3月1日~
                      ―  11,300,000            ―    451,459          ―    348,454
     平成29年5月31日
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成29年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】                               平成29年2月28日現在

            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                     普通株式       504,800

     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                     普通株式     10,794,400

     完全議決権株式(その他)                                  107,944           ―
                     普通株式         800

     単元未満株式                                 ―             ―
     発行済株式総数                     11,300,000           ―             ―

     総株主の議決権                     ―             107,944           ―

       ②  【自己株式等】                               平成29年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都港区赤坂4-2-
     株式会社メディア工房                            504,800          ―    504,800        4.47
                  6
           計              ―         504,800          ―    504,800        4.47
       ※当社は、当第3四半期連結会計期間に、平成29年4月17日取締役会決議に基づく自己株式の取得をおこなってお
        ります。その内容は以下のとおりです。
         取得した株式の種類:当社普通株式
         取得した株式の総数:470,000              株  (発行済株式数に対する割合4.2%)
         株式の取得価額の総額:279,973,200                  円
         取得期間:平成29年4月18日~平成29年5月18日
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/16







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年3月1日から平成
      29年5月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年9月1日から平成29年5月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年8月31日)              (平成29年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,735,069              2,038,720
         現金及び預金
                                         363,976              378,953
         売掛金
                                            0              0
         商品
                                          10,049              15,483
         仕掛品
                                          1,292              1,409
         貯蔵品
                                         199,462               55,856
         その他
                                         △ 3,421             △ 3,000
         貸倒引当金
                                        2,306,429              2,487,423
         流動資産合計
       固定資産
                                         280,001               23,618
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          6,239              91,794
           のれん
                                         316,421              320,961
           その他
                                         322,661              412,756
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            86            66,495
           投資有価証券
                                         156,753              123,750
           関係会社株式
                                         102,974               90,896
           敷金及び保証金
                                         122,395               68,110
           その他
                                         △ 30,509             △ 30,935
           貸倒引当金
                                         351,699              318,316
           投資その他の資産合計
                                         954,362              754,691
         固定資産合計
                                        3,260,791              3,242,115
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                          45,667              50,669
         買掛金
                                         695,043              598,159
         1年内返済予定の長期借入金
                                          97,894              89,255
         未払費用
                                           280             10,426
         未払法人税等
                                          1,949              34,516
         未払消費税等
                                          27,817              118,096
         その他
                                         868,652              901,124
         流動負債合計
       固定負債
                                         596,070              694,809
         長期借入金
         固定負債合計                                596,070              694,809
                                        1,464,723              1,595,934
       負債合計
                                  9/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年8月31日)              (平成29年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         451,459              451,459
         資本金
                                         356,492              434,151
         資本剰余金
                                        1,052,706              1,097,768
         利益剰余金
                                        △ 103,508             △ 352,194
         自己株式
                                        1,757,150              1,631,186
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 1,655              △ 276
         為替換算調整勘定
                                                        2,524
                                           -
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 1,655              2,247
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  40,404              12,746
                                           168
                                                          -
       非支配株主持分
                                        1,796,068              1,646,180
       純資産合計
      負債純資産合計                                  3,260,791              3,242,115
                                 10/16














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年9月1日              (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
                                        1,472,064              1,676,988
      売上高
                                         746,111              994,188
      売上原価
                                         725,952              682,799
      売上総利益
                                         706,117              706,601
      販売費及び一般管理費
                                         19,835             △ 23,801
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           371              118
       受取利息
                                                         189
       為替差益                                    -
                                          1,707               516
       その他
                                          2,078               824
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          6,150              5,637
       支払利息
                                         20,171
       持分法による投資損失                                                  -
                                         18,279
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                          1,390               685
       その他
                                         45,991               6,322
       営業外費用合計
                                        △ 24,078             △ 29,300
      経常損失(△)
      特別利益
                                          7,685              3,981
       受取和解金
                                                       69,671
       固定資産売却益                                    -
                                                       28,376
       関係会社株式売却益                                    -
                                                        1,492
                                           -
       その他
                                          7,685             103,522
       特別利益合計
      特別損失
                                                        4,902
       のれん償却額                                    -
                                                         391
                                           -
       その他
                                                        5,293
       特別損失合計                                    -
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 16,392              68,928
      純損失(△)
                                           667             7,212
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 1,439
      法人税等還付税額                                                    -
                                         23,045              16,822
      法人税等調整額
                                         22,273              24,034
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   △ 38,666              44,893
                                          △ 403             △ 168
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 38,263              45,062
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年9月1日              (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年5月31日)               至 平成29年5月31日)
                                        △ 38,666              44,893
      四半期純利益又は四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                                        2,524
       その他有価証券評価差額金                                    -
                                        △ 19,640               1,379
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 19,640               3,903
       その他の包括利益合計
                                        △ 58,307              48,797
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 57,904              48,965
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          △ 403             △ 168
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (1)  連結の範囲の重要な変更
         該当事項はありません。
       (2)  持分法適用の範囲の重要な変更

         第1四半期連結会計期間より、当社の持分法適用関連会社であった株式会社ギフトカムは、全保有株式を売却
        したことに伴い、持分法適用の範囲から除外しております。
       (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号平成28年3月28日)を第1四半
       期連結会計期間から適用しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
      連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
      りであります。
                                            当第3四半期連結累計期間

                           前第3四半期連結累計期間
                           (自 平成27年9月1日                 (自 平成28年9月1日
                            至 平成28年5月31日)
                                             至 平成29年5月31日)
         減価償却費
                                63,214   千円              80,918   千円
         のれんの償却額                        13,672                 22,438
       (株主資本等関係)

      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年9月1日 至 平成28年5月31日)
       配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年11月25日
               普通株式        106,971        10.00   平成27年8月31日         平成27年11月26日         利益剰余金
     定時株主総会
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年9月1日 至 平成29年5月31日)

       配当金支払額
        該当事項はありません。 
                                 13/16








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成27年9月1日 至 平成28年5月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期連結
                        報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    占いコンテ      ゲームコン
                                 計
                                                      (注)3
                    ンツ事業     テンツ事業
     売上高
                    1,398,549       58,414    1,456,964       15,099    1,472,064           1,472,064

      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
                    1,398,549       58,414    1,456,964       15,099    1,472,064           1,472,064
           計                                       -
     セグメント利益又は
                     472,125     △ 92,255     379,870     △ 52,235     327,634    △ 307,799      19,835
     セグメント損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、O2O事業を含んでおります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                         △307,799千円       には、各報告セグメントに配分していない
          全社費用△310,049千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成28年9月1日 至 平成29年5月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                     四半期連結
                        報告セグメント
                                     その他           調整額     損益計算書
                                           合計
                                     (注)1           (注)2      計上額
                    占いコンテ      ゲームコン
                                 計
                                                      (注)3
                    ンツ事業     テンツ事業
     売上高
                    1,303,856       371,150    1,675,007        1,981   1,676,988           1,676,988

      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の
                       -      -      -      -      -      -      -
      内部売上高又は振替高
                    1,303,856       371,150    1,675,007        1,981   1,676,988           1,676,988
           計                                       -
     セグメント利益又は
                     390,955     △ 85,889     305,066     △ 24,786     280,280    △ 304,082     △ 23,801
     セグメント損失(△)
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、AI事業、VR事業などの新規事業
          を含んでおります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額                         △304,082千円       には、各報告セグメントに配分していない
          全社費用△306,332千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産の減損損失の重要な変動)
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (のれんの金額の重要な変動)

         のれんの金額の重要な変動はありません。
                                 14/16



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
       半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自 平成27年9月1日             (自 平成28年9月1日
                                 至 平成28年5月31日)             至 平成29年5月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり
                                       △3円58銭              4円20銭
       四半期純損失金額(△)
       (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
                                        △38,263              45,062
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
       純利益金額又は親会社株主に帰属する四半期                                 △38,263              45,062
       純損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                10,700,088             10,733,459
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                           -           4円19銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -             -
       (千円)
       普通株式増加数(株)
                                           -           22,983
                                          ( - )          ( 22,983   )
       (うち、新株予約権)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                 ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注) 前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在するも
         のの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】


       該当事項はありません。

                                 15/16






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディア工房(E05622)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年7月13日

      株式会社メディア工房

      取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士        平 井  清 印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士        木 下  洋 印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社メディ

     ア工房の平成28年9月1日から平成29年8月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年3月1日から
     平成29年5月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年9月1日から平成29年5月31日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半
     期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社メディア工房及び連結子会社の平成29年5月31日現在の
     財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク