三井金属鉱業株式会社 有価証券報告書 第92期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第92期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)
提出日
提出者 三井金属鉱業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年6月29日

     【事業年度】                      第92期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

     【会社名】                      三井金属鉱業株式会社

     【英訳名】                      Mitsui    Mining    and  Smelting     Company,     Limited

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  西田 計治

     【本店の所在の場所】                      東京都品川区大崎一丁目11番1号

     【電話番号】                      03―5437―8031

     【事務連絡者氏名】                      経理部会計課長  黒田 啓市

     【最寄りの連絡場所】                      東京都品川区大崎一丁目11番1号

     【電話番号】                      03―5437―8031

     【事務連絡者氏名】                      経理部会計課長  黒田 啓市

                           株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/132









                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次           第88期       第89期       第90期       第91期       第92期
           決算年月           平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

     売上高            百万円       417,219       441,046       473,274       450,553       436,330

     経常利益又は
                  〃       16,194       13,656       21,096      △ 11,284       31,047
     経常損失(△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は
                  〃       9,910       3,662       17,237      △ 20,926       18,674
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     包括利益             〃       20,639       17,408       40,097      △ 23,661        8,594
                  〃      155,049       169,867       207,106       179,566       184,421

     純資産額
     総資産額             〃      438,072       503,825       538,646       484,800       518,981

                  円       256.56       281.67       344.91       296.85       304.64

     1株当たり純資産額
     1株当たり
                  〃       17.35        6.41       30.18      △ 36.64       32.70
     当期純利益金額又は
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株
                  〃
                           ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益金額
                  %        33.5       31.9       36.6       35.0       33.5
     自己資本比率
                  〃        7.1       2.4       9.6      △ 11.4       10.9

     自己資本利益率
                  倍       13.89       37.12        9.08              11.59

     株価収益率                                             ―
     営業活動による
                 百万円        38,058       38,003       37,245       50,397       24,218
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  〃     △ 47,208      △ 72,128      △ 26,418      △ 26,395      △ 38,300
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  〃       4,829       33,933      △ 12,814      △ 21,925       12,061
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                  〃       15,202       15,288       15,926       16,649       13,952
     期末残高
                         10,154       10,802       10,804       11,132       11,630
     従業員数
                  人
     (外、臨時雇用者数)                    ( 1,662   )    ( 1,368   )    ( 1,330   )    ( 1,298   )    ( 1,260   )
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第88期、第89期、第90期及び第92期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が
          存在しないため記載しておりません。
        3.第91期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また潜在
          株式が存在しないため記載しておりません。
        4.第91期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   2/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
                       第88期       第89期       第90期       第91期       第92期
            回次
           決算年月           平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

     売上高            百万円       199,081       207,951       225,292       198,351       204,767

     経常利益又は
                  〃       4,545       11,013       22,717       △ 1,231       20,008
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                  〃       3,274       9,090       25,753       △ 1,931       17,608
     当期純損失(△)
                  〃       42,129       42,129       42,129       42,129       42,129
     資本金
     発行済株式総数                   572,966       572,966       572,966       572,966       572,966

                  千株
     純資産額            百万円        82,610       90,687       113,029       110,744       120,331

     総資産額             〃      303,332       353,449       368,961       353,263       396,062

     1株当たり純資産額             円       144.64       158.78       197.91       193.91       210.70

                                                         7
                           3       ▶       6       6
     1株当たり配当額
     (うち1株当たり
                  〃
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     中間配当額)
     1株当たり
                  〃        5.73       15.92       45.09       △ 3.38       30.83
     当期純利益金額又は
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株
                  〃
                           ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益金額
                  %        27.2       25.7       30.6       31.3       30.4
     自己資本比率
     自己資本利益率             〃        4.0       10.5       25.3       △ 1.7       15.2

                  倍       42.04       14.95        6.08              12.29

     株価収益率                                             ―
                  %        52.3       25.1       13.3               22.7

     配当性向                                             ―
                                                       1,739
                         1,796       1,802       1,611       1,663
     従業員数
                  人
     (外、臨時雇用者数)                     ( 226  )     ( 277  )     ( 260  )     ( 303  )     ( 303  )
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第88期、第89期、第90期および第92期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式
          が存在しないため記載しておりません。
        3.第91期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また潜在
          株式が存在しないため記載しておりません。
        4.第91期の株価収益率及び配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
                                   3/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
      明治7年9月        三井組が神岡鉱山蛇腹平坑を取得し、鉱山経営を開始
        25年6月      三井鉱山合資会社を設立
        44年12月      三井鉱山株式会社を設立
      大正2年8月        大牟田亜鉛製煉工場の操業を開始
      昭和3年1月        鈴木商店経営の彦島亜鉛製煉工場を買収
        18年3月      昭和鉱業株式会社から日比製煉工場および竹原電煉工場を買収し、日比製煉所を設置
        19年12月      日比製煉所から竹原電煉工場を分離し、竹原製煉所を設置
              企業再建整備法による決定整備計画に基づき、三井鉱山株式会社の金属部門をもって神岡鉱業株
        25年5月
              式会社(当社)を創立
          10月    東京証券取引所、第一部上場
        27年12月      神岡鉱業株式会社から三井金属鉱業株式会社へと商号を変更
              王子金属工業および昭和ダイカストの両社を吸収合併し、伸銅事業部およびダイカスト事業部を
        37年4月
              設置
              三金機工株式会社(現          三井金属エンジニアリング株式会社)を設立
        39年2月
          8月    ペルー・ワンサラ鉱山の開発を目的として、Compania                         Minera    Santa   Luisa   S.A.の株式を取得
        42年2月      亜鉛・鉛の共同製錬会社、八戸製錬株式会社を設立
        43年11月      銅の受託製錬会社、日比共同製錬株式会社を設立
              米国ニューヨーク州に銅箔製造拠点、Oak-Mitsui                       Inc.を設立
        51年2月
              三井金属箔製造株式会社および三金レア・アース株式会社の両社を吸収合併し、上尾金属箔工場
        55年10月
              (現  上尾銅箔工場)、三池レアメタル工場を設置
          11月    台湾に銅箔製造拠点、台湾銅箔股份有限公司を設立
        58年11月      地熱蒸気および熱水の供給事業会社、奥会津地熱株式会社を設立
        61年7月      神岡鉱業所、彦島製煉所を分離し、神岡鉱業株式会社、彦島製錬株式会社を設立
              米国インディアナ州に自動車部品製造拠点、GECOM                        Corp.を設立
        62年2月
      平成元年7月        半導体実装材料(TABテープ)製造拠点、株式会社エム・シー・エスを設立
              マレーシアに銅箔製造拠点、Mitsui                 Copper    Foil(Malaysia)Sdn.Bhd.を設立
          11月
              東京高級炉材株式会社、三井金属パーライト株式会社およびダイカライト・オリエント株式会社
        2年1月
              の3社を吸収合併し、TKR事業部(現                   セラミックス事業部)、パーライト事業部を設置
              米国に亜鉛粉製造拠点、Mitsui/ZCA                 Zinc   Powders.(平成14年10月に
        4年10月
              Mitsui    Zinc   Powder    LLCへ商号変更)を設立
              タイ国ラヨンに自動車部品・排ガス浄化触媒の製造拠点、Mitsui                              Siam   Components      Co.,Ltd.を
        7年2月
              設立
          8月    中国貴州省に自動車部品製造拠点、三井華陽汽車配件有限公司を設立
        10年4月      中国香港に銅箔の加工物流拠点、三井銅箔(香港)有限公司を設立
        11年1月      本社を東京都品川区大崎に移転
              英国ウェールズに自動車部品製造拠点、Mitsui                      Components      Europe    Ltd.を設立
          6月
        12年8月      台湾にターゲット材製造拠点、台湾特格股份有限公司を設立
              米国の銅箔製造拠点Oak-Mitsui               Inc.を100%子会社化
          9月
              日鉱金属株式会社(現          JX金属株式会社)との共同出資で、パンパシフィック・カッパー株式会
          10月
              社を設立
        13年7月      中国広東省に銅箔の加工物流拠点、三井銅箔(広東)有限公司を設立
        14年6月      中国広東省に自動車部品製造拠点、広東三井汽車配件有限公司を設立
          7月    住友金属鉱山株式会社と共同出資で、エム・エスジンク株式会社を設立
          11月    台湾にTABテープ・COFテープの検査・販売拠点、台湾微電股份有限公司を設立
        15年4月      自動車部品の製造会社、株式会社大井製作所を株式交換により完全子会社化
        17年2月      中国上海に中国商社、三井金属貿易(上海)有限公司を設立
              インドに排ガス浄化触媒製造拠点、Mitsui                    Kinzoku    Components      India   Private    Limitedを設立
          6月
        18年1月      韓国に薄膜材料の加工・販売拠点、株式会社三井金属韓国を設立
          3月      ペルー・パルカ鉱山本格操業開始
          7月      中国上海に非鉄金属リサイクル事業の拠点、上海三井鑫云貴稀金属循環利用有限公司を設立
          9月      中国広東省に排ガス浄化触媒の生産・販売拠点、三井金属(珠海)環境技術有限公司を設立
        19年8月      中国上海に同国内におけるコーポレート機能拠点、三井金属(上海)企業管理有限公司を設立
        22年7月      住友金属鉱山株式会社と伸銅事業を統合し、三井住友金属鉱山伸銅株式会社を設立
                                   4/132

                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
          7月    自動車機器事業部と株式会社大井製作所を事業統合し、三井金属アクト株式会社を設立
              インドに自動車部品の販売拠点、Automotive                     Components      Technology      India   Private    Limitedを
        23年5月
              設立
              インドネシアに排ガス浄化触媒製造・販売拠点、PT.Mitsui                            Kinzoku    Catalysts     Jakartaを設立
        24年1月
              中国上海に同国内における自動車部品事業の管理拠点、三井金属愛科特(上海)管理有限公司を設
          3月
              立
          5月    中国江蘇省にセラミックス製品の製造・販売拠点、三井金属特種陶瓷(蘇州)有限公司を設立
              メキシコに自動車用機能部品の製造・販売拠点、MITSUI                          KINZOKU    ACT  MEXICANA,     S.A.   de  C.V.
          7月
              を設立
              計測システム事業部と三井金属九州機工株式会社を事業統合し、三井金属計測機工株式会社を設
          10月
              立
              米国の亜鉛粉製造拠点、Mitsui               Zinc   Powder    LLCを売却
          11月
              タイに排ガス浄化触媒製造・販売拠点、Mitsui                      Kinzoku    Catalysts(Thailand)Co.,Ltd.を設立
        25年1月
              ベトナムに排ガス浄化触媒製造・販売拠点、Mitsui                        Kinzoku    Catalysts     Vietnam    Co.,Ltd.を設
          2月
              立
          3月    半導体実装材料(TABテープ)製造拠点、株式会社エム・シー・エスを解散
              インドネシアに自動車用機能部品の製造・販売拠点、PT.MITSUI                              KINZOKU    ACT  INDONESIAを設立
          4月
          6月    TABテープ・COFテープの検査・販売拠点、台湾微電股份有限公司を解散
          6月    銅箔の加工物流拠点、三井銅箔(広東)有限公司を解散
              米国に排ガス浄化触媒製造・販売拠点、Mitsui                      Kinzoku    Catalysts     America    Inc.を設立
          7月
        26年7
              ダイカスト事業を分離し、三井金属ダイカスト株式会社を設立
        月  
          7月      チリ・カセロネス鉱山本格操業開始
        27年5月      三井華陽汽車配件有限公司の経営権を譲渡
                                   5/132













                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
        当社及び当社の関係会社(当社、子会社73社及び関連会社32社(平成29年3月31日現在)により構成)においては、
       機能材料、金属、自動車部品、関連の4部門に関係する事業を主として行っており、その製品は多岐にわたってお
       ります。
        各事業における当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりであります。
       (機能材料)

        当部門においては、電池材料(水素吸蔵合金など)、排ガス浄化触媒、機能粉(電子材料用金属粉、酸化タンタ
       ルなど)、銅箔(キャリア付極薄銅箔、プリント配線板用電解銅箔など)、スパッタリングターゲット(ITOな
       ど)、セラミックス製品の製造・販売等を行っております。
       [主な関係会社]
        日本結晶光学㈱、日本イットリウム㈱、Mitsui                       Kinzoku    Components      India   Private    Limited、三井金属(珠海)
        環境技術有限公司、PT.            Mitsui    Kinzoku    Catalysts     Jakarta、Mitsui        Kinzoku    Catalysts     Vietnam    Co.,Ltd.、
        Mitsui    Kinzoku    Catalysts(Thailand)Co.,Ltd.、Mitsui                   Kinzoku    Catalysts     America    Inc.、台湾銅箔股份有限公
        司、Mitsui      Copper    Foil(Malaysia)Sdn.Bhd.、三井銅箔(香港)有限公司、三井銅箔(蘇州)有限公司、Oak-Mitsui
        Inc.、台湾特格股份有限公司、三井金属特種陶瓷(蘇州)有限公司、パウダーテック㈱
       (金属)

        当部門においては、亜鉛、鉛、銅、金、銀の製造・販売、資源リサイクル事業等を行っております。
       [主な関係会社]
        神岡鉱業㈱、彦島製錬㈱、三池製錬㈱、八戸製錬㈱、神岡マインサービス㈱、三井金属リサイクル㈱、三井串木
        野鉱山㈱、㈱産業公害・医学研究所、Compania                       Minera    Santa   Luisa   S.A.、奥会津地熱㈱、三井金属資源開発
        ㈱、上海三井鑫云貴稀金属循環利用有限公司、エム・エスジンク㈱、パンパシフィック・カッパー㈱、日比共同
        製錬㈱、PPC      Canada    Enterprises      Corp.、Compania        Minera    Quechua    S.A.、MFN投資合同会社
       (自動車部品)

        当部門においては、自動車用ドアロックの製造・販売等を行っております。
       [主な関係会社]
        三井金属アクト㈱、GECOM             Corp.、MITSUI        KINZOKU    ACT  MEXICANA,     S.A.   de  C.V.、Mitsui       Siam   Components
        Co.,Ltd.、Mitsui         Components      Europe    Ltd.、広東三井汽車配件有限公司、無錫大昌機械工業有限公司、三井金属
        愛科特(上海)管理有限公司、Automotive                    Components      Technology      India   Private    Limited、PT.       MITSUI    KINZOKU
        ACT  INDONESIA
        (注)「自動車機器」から「自動車部品」へ名称を変更しております。
       (関連)

        当部門においては、ダイカスト製品、粉末冶金製品、伸銅品、パーライト製品の製造・販売、各種産業プラント
       エンジニアリング等を行っております。
       [主な関係会社]
        九州精密機器㈱、神岡部品工業㈱、三井金属商事㈱、三井金属スタッフサービス㈱、三井研削砥石㈱、Mitsui
        Grinding     Technology(Thailand)Co.,Ltd.、三谷伸銅㈱、日本メサライト工業㈱、三井金属計測機工㈱、㈱ユアソ
        フト、三井金属エンジニアリング㈱、三井金属ダイカスト㈱、三井金属(上海)企業管理有限公司、三井住友金
        属鉱山伸銅㈱、吉野川電線㈱、㈱ナカボーテック
                                   6/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       <事業系統図>
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                   7/132




















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
       (連結子会社)
                                                関係内容
                       資本金又は            議決権の
                             主要な事業
         名称         住所     出資金            所有割合     役員の兼任等(名)
                                               貸付金
                             の内容
                                                    営業上の取引等
                        (百万円)            (%)
                                              (百万円)
                                       兼任   出向  転籍
                         800百万
               中華民国
                                        3   ―
                                                  ・当社は同社に技術指
     台湾銅箔股份有限公司                  ニュー台湾     機能材料       95.0         ―    ―
                                       (1)
               台湾省南投県                                    導を行っている
                                          (―)
                          ドル
                         330百万
     Mitsui   Copper   Foil    Selangor,
                                        2   1        ・当社は同社に技術指
                        マレーシア     機能材料       100.0         ―  4,716
                                       (1)            導を行っている
     (Malaysia)Sdn.Bhd.          Malaysia
                                          (―)
                        リンギット
                                                  ・当社は同社にスパッ
                         600百万
               中華民国
                                        3   1         タリングターゲット
     台湾特格股份有限公司                  ニュー台湾            100.0         ―    ―
                             機能材料
                                       (2)            の原料を販売してい
               台湾省台中県
                                          (―)
                          ドル
                                                   る
                                                  ・当社は同社に亜鉛の
                                        2   4
     神岡鉱業㈱          岐阜県飛騨市          4,600   金属       100.0         5      製錬等を委託してい
                                               23,527
                                       (―)   (―)
                                                   る
                                                  ・当社は同社に亜鉛・
                                        4   1
     八戸製錬㈱          青森県八戸市          4,795          85.5        1      鉛の製錬を委託して
                             金属                  1,900
                                       (1)
                                          (―)
                                                   いる
                                                  ・当社は同社に亜鉛の
                                        2   2
     彦島製錬㈱          山口県下関市           460         100.0         2      製錬等を委託してい
                             金属                   597
                                       (―)
                                          (―)
                                                   る
                                        3           ・当社は同社より亜鉛
                                           ―
     三池製錬㈱                                       2
               福岡県大牟田市           100  金属       100.0           4,850
                                       (―)            原料を購入している
                                          (―)
                                                  ・当社は同社よりリサ
                                        1
                                           ―
                                                 ―
     三井金属リサイクル㈱          東京都品川区           100  金属       100.0         3      イクル原料を購入し
                                       (―)
                                          (―)
                                                   ている
               福島県
                                        2   ―
     奥会津地熱㈱                     100         100.0         2      ・該当なし
                             金属                  5,250
                                       (1)
               河沼郡柳津町
                                          (―)
               神奈川県
                                        2
                                           ―
     三井金属アクト㈱                     3,000   自動車部品       100.0         5      ・該当なし
                                               3,800
                                       (2)
               横浜市西区                          (―)
                        15,750千           100.0
                                        ―   ―
     GECOM   Corp.        Indiana,    U.S.A.          自動車部品                ―    ― ・該当なし
                                       (―)   (―)
                         米ドル          (100.0)
     Mitsui   Siam                 210百万           100.0    ―
                                          ―
               Rayong,Thailand             自動車部品                ―    ―
                                                  ・該当なし
                                          (―)
     Components     Co.,Ltd.              タイバーツ            (100.0)    (―)
                        71,212千                  ―
     広東三井汽車配件有限                               100.0
                                        ―
                                                 ―
               中国広東省             自動車部品                ―     ・該当なし
                                       (―)
                                          (―)
     公司                              (100.0)
                         人民元
     MITSUI   KINZOKU   ACT
               Guanajuato,         735,861千                ―   ―
                                    100.0
                             自動車部品                ―    ― ・該当なし
                                       (―)   (―)
     MEXICANA,    S.A.de   C.V.                       (100.0)
               Mexico       メキシコペソ
                                                  ・当社は同社へ各種プ
     三井金属エンジニアリ                                  1   ―
               東京都墨田区          1,085   関連       63.4             ―  ラントを発注・購入
                                             8
     ング㈱                                  (1)
                                          (―)
                                                   している
                                                  ・当社は同社に非鉄金
                                        1   ―
     三井金属商事㈱          東京都墨田区           240  関連       100.0         3    ―  属および機能材料等
                                       (1)
                                          (―)
                                                   を販売している
     その他 36社
                                   8/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (持分法適用の関連会社)
                                                関係内容
                       資本金又は            議決権の
                             主要な事業
                       出資金            所有割合
         名称         住所                      役員の兼任等(名)
                                               貸付金
                             の内容
                                                    営業上の取引等
                        (百万円)            (%)
                                              (百万円)
                                       兼任   出向   転籍
     パンパシフィック・
                                        3  2        ・当社は同社に貴金属
               東京都千代田区             金属       32.2         ―    ―
                         105,683
                                                   を販売している
     カッパー㈱
                                       (―)   (1)
                                                  ・当社は同社に亜鉛を
                                                   販売している
     三井住友金属鉱山伸銅                                  2   3
               埼玉県上尾市          4,250   関連       50.0         ―    ―
     ㈱                                  (1)           ・当社は同社に土地を
                                          (1)
                                                   賃貸している
     その他     8社
      (注)   1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.Mitsui      Copper    Foil(Malaysia)Sdn.Bhd.、台湾特格股份有限公司、神岡鉱業㈱、八戸製錬㈱、彦島製錬㈱、
          三池製錬㈱、三井金属リサイクル㈱、MITSUI                     KINZOKU    ACT  MEXICANA,     S.A.de    C.V.は、特定子会社に該当い
          たします。
        3.上記の連結子会社で、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を
          超えている会社はありません。
        4.三井金属エンジニアリング㈱、その他の持分法適用の関連会社に含まれているパウダーテック㈱、㈱ナカ
          ボーテックは、有価証券報告書を提出しております。
        5.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        6.役員の兼任等の「兼任」及び「出向」の( )内は、当社役員の兼任数及び出向数で内数であります。
                                   9/132














                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成29年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                    3,268     (600)

     機能材料
                                                    1,545     (368)

     金属
                                                    5,026     (118)

     自動車部品
                                                    1,590     (155)

     関連
                                                     201    ( 19)

     全社(共通)
                                                  11,630    (1,260)

                 合計
      (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に外数で記載しております。
        2.臨時従業員には、臨時工、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成29年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
          1,739   ( 303    )

                             42.7             16.4           7,422,586
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                    1,150   (223)

     機能材料
                                                     295  ( 43)

     金属
                                                      ― (  ―)

     自動車部品
                                                     105  ( 18)

     関連
                                                     189  ( 19)

     全社(共通)
                                                    1,739   (303)

                 合計
      (注)   1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に外数で記載しております。
        2.臨時従業員には、臨時工、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

        当社グループには、主要な労働組合として三井金属鉱業労働組合連合会(略称:三井金属労連)が結成されてお
       り、組合員数は平成29年3月末現在2,698名であります。
        また、日本基幹産業労働組合連合会(略称:基幹労連)に加盟しております。
        なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
        当連結会計年度の世界経済は、英国の欧州連合(EU)からの離脱問題や米国新政権の経済政策の不透明感か
       ら、中国および新興国経済や株式・為替等の金融市場に与える影響が懸念される中で、一部に弱さは見られるもの
       の全体としては緩やかな回復基調で推移しました。米国では企業業績や個人消費が堅調に推移し、景気は緩やかに
       回復しました。中国では景気減速が懸念されましたが、各種政策効果により景気は下支えされました。一方、わが
       国経済においても、所得や雇用情勢の改善を背景に個人消費も持ち直しつつあり、アジア向けを中心とした輸出は
       堅調に推移し、景気は緩やかに回復してきました。
        当社グループを取り巻く環境としては、非鉄金属相場は、亜鉛・鉛・銅価格が上昇したものの、インジウム価格
       は下落しました。また、為替相場は上半期において円高となったものの、下半期に入り一転し、急速に円安が進行
       しました。キャリア付極薄銅箔やプリント配線板用電解銅箔、スパッタリングターゲットの需要は堅調に推移しま
       した。
        このような状況の下、当社グループは10年後のありたい姿である「機能材料、金属、自動車部品の3事業を核
       に、成長商品・事業を継続的に創出し、価値を拡大し続けている会社」を実現するために、「16中計」を昨年4月
       よりスタートしました。特に中計初年度である当連結会計年度は、重点施策である「既存事業の基盤強化」とし
       て、四輪車向け排ガス浄化触媒の海外拠点立ち上げ、キャリア付極薄銅箔の用途拡大、リサイクル事業の強化、カ
       セロネス銅鉱山の安定的な操業が可能な体制確立に向けた改善の推進、自動車部品の海外拠点強化等の諸施策を実
       施してまいりました。また、「将来への布石作り」として、水力発電事業への投資を実行しております。
        この結果、売上高は、前連結会計年度に比べ142億円(3.2%)減少の4,363億円となりました。営業利益は、非鉄
       金属相場や為替相場の変動に伴うたな卸資産の在庫影響(以下「在庫要因」)が好転し、機能材料部門において主
       要製品の販売量が増加したこと等により、前連結会計年度に比べて273億円(245.3%)増加の384億円となりまし
       た。経常損益は、持分法による投資損失63億円等を計上したものの、前連結会計年度に計上したチリのカセロネス
       銅鉱山の減損損失の影響がなくなったこと等から、前連結会計年度に比べて423億円改善し310億円の利益となりま
       した。特別損益においては、投資有価証券売却益5億円等の特別利益や固定資産除却損28億円、減損損失20億円等の
       特別損失を計上しました。加えて、税金費用および非支配株主に帰属する当期純利益を計上した結果、親会社株主
       に帰属する当期純損益は前連結会計年度に比べて396億円改善し186億円の利益となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

        ① 機能材料

        〔電池材料〕
         ハイブリッド車、電気自動車等の環境対応車の市場は好調に推移しましたが、リチウムイオン電池に使用され
        る主要原料の転換等から、総じて販売量は減少しました。これにより、売上高は前連結会計年度に比べて減少し
        ました。
        〔排ガス浄化触媒〕

         主力の二輪車向け排ガス浄化触媒は、インドでの販売が、下半期に入り高額紙幣切り替えの影響で一時的に減
        少しましたが、通期では前期に比べて増加しました。一方、中国およびその他の新興国における需要が低調で
        あったことから、全体として販売量は減少しました。四輪車向け排ガス浄化触媒は、米国において搭載されてい
        る車種の生産が本格化したことから販売量は増加しました。
         売上高は、二輪車向け排ガス浄化触媒の販売量の減少があったものの、インドの子会社であるMitsui                                                Kinzoku
        Components      India   Private    Limitedが、当連結会計年度より決算日を3月31日に変更し、15ヶ月間を連結したこと
        から前連結会計年度に比べて増加しました。
        〔機能粉〕

         電子材料用金属粉や高純度酸化タンタルは、中華スマホの高機能化と需要拡大、電装化の進む自動車向けの需
        要が堅調であったことから販売量は増加しました。この結果、売上高は前連結会計年度に比べて増加しました。
                                  11/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        〔銅箔(当連結会計年度の生産量32千t)〕 
         キャリア付極薄銅箔は、中華スマホの高機能化と需要拡大により販売量は増加しました。また、プリント配線
        板用電解銅箔も、スマートフォンおよび通信インフラ向けを中心に販売量が増加しました。この結果、売上高は
        前連結会計年度に比べて増加しました。
        〔スパッタリングターゲット〕

         主力のITOは、中国および台湾における液晶パネルの大型化の進展により、需要が堅調であったことから販売量
        は増加しました。一方、ITOの主要原料であるインジウムの価格が下落したことから販売価格が低下し、売上高は
        前連結会計年度に比べて減少しました。
         以上の結果、当部門の売上高は、前連結会計年度に比べて17億円(1.2%)増加の1,457億円となり、経常利益

        は、主要製品の販売量が増加し、在庫要因も好転したことから、前連結会計年度に比べて121億円(322.3%)増加
        の159億円となりました。
         (注)   「金属粉」「レアメタル化合物」を合わせ「機能粉」へ名称を変更しております。
        ② 金属

        〔亜鉛(当連結会計年度の生産量220千t<共同製錬については当社シェア分>)〕
         国内の亜鉛メッキ鋼板向け需要は、自動車向けが低調に推移したこと等から減少しました。一方、亜鉛のLME
        (ロンドン金属取引所)価格は上昇したことから国内の亜鉛価格も上昇し、売上高は前連結会計年度に比べて増
        加しました。
        〔金・銀〕

         金・銀ともに前期に比べ国際相場は上昇したものの、為替相場は円高となったことから、国内価格は同水準と
        なり、売上高は前連結会計年度に比べて微減となりました。
        〔鉛(当連結会計年度の生産量67千t)〕

         国内の鉛蓄電池向け需要は、取替用の需要が堅調であったこと等から増加しました。加えて、鉛のLME(ロンド
        ン金属取引所)価格は上昇したことから国内の鉛価格も上昇し、売上高は前連結会計年度に比べて増加しまし
        た。
         以上の結果、当部門の売上高は、前連結会計年度に比べて98億円(7.6%)増加の1,396億円となり、経常損益

        は、カセロネス銅鉱山における安定的な操業が可能な体制への遅れの影響があるものの、在庫要因が好転したこ
        と等から、前連結会計年度に比べて88億円改善し84億円の利益となりました。
        ③ 自動車部品

        〔自動車用ドアロック(当連結会計年度の生産金額944億円)〕
         国内市場は軽自動車税の増税の影響等により低調でしたが、米国市場は好調であり、中国市場も小型車向け減
        税措置の影響等により好調に推移しました。
         主要製品であるサイドドアラッチの販売量は増加しましたが、販売価格は低下しました。
         以上の結果、当部門の売上高は、前連結会計年度に比べて12億円(1.1%)減少の1,131億円となりましたが、経

        常利益は、原価低減活動や部品の現地調達化の進展によるコスト改善等により、前連結会計年度に比べて7億円
        (14.3%)増加の61億円となりました。
         (注)   「自動車機器」から「自動車部品」へ名称を変更しております。
        ④ 関連

        〔各種産業プラントエンジニアリング〕
         各種産業プラントの受注高は、前期に引き続き海外プラント工事の受注環境が低調であったものの、国内グ
        ループ企業の水力発電設備や定期修理工事等の受注により堅調に推移しました。売上高は、水力発電設備の工事
        進行基準による完成計上や大型の建屋新設工事等があったことから増加しました。
                                  12/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         以上の結果、当部門の売上高は、前連結会計年度に比べて62億円(5.8%)増加の1,134億円となり、経常利益
        は、前連結会計年度に比べて23億円(71.0%)増加の56億円となりました。
         (注)「エンジニアリング」から「各種産業プラントエンジニアリング」へ名称を変更しております。
      (2)  キャッシュ・フロー

        営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ261億円収入減少の242億円の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ119億円支出増加の383億円の支出となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ339億円支出減少の120億円の収入となりました。
         以上の結果、為替換算差額を含めた現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は、前連結会計年度末に比べ

        26億円減少の139億円となりました。
         なお、キャッシュ・フローの詳細については、「7.財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分

        析(4)   キャッシュ・フローの状況とキャッシュ・フロー指標のトレンド①キャッシュ・フローの状況」に記載し
        ております。
                                  13/132















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      (1)  生産実績及び受注状況
        当社グループの生産・販売品目は広範囲かつ多種多様であり、また連結会社間の取引が複雑で、セグメントごと
       の生産実績及び受注状況を正確に把握することは困難なため、主要な品目等についてのみ「1.業績等の概要」に
       おいて、各セグメントの業績に関連付けて記載しております。
      (2)  販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                       金額(百万円)              前期比(%)
     機能材料                                       145,779            1.2

     金属                                       139,647            7.6

     自動車部品                                       113,199           △1.1

     関連                                       113,469            5.8

     調整額                                       △75,765             ―

                 合計                           436,330           △3.2

      (注)   1.セグメント間の取引については、各セグメントに含めて表示しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  14/132













                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループは「機能材料、金属、自動車部品の3事業を核に、成長商品・事業を継続的に創出可能な体制を構築
       する」を「16中計」の基本方針として、各事業セグメントで「13中計の収穫」「既存事業の基盤強化」「将来への
       布石作り」の重点施策に取り組み、経営基盤の強化をはかってまいりました。
        「16中計」の2年目となる平成29年(2017年)度は、中計の帰趨を見極める重要な年と認識しております。各事業
       セグメントにおいて、以下の重点施策を確実に実行してまいります。
        機能材料事業においては、銅箔事業は、キャリア付極薄銅箔の用途拡大が想定以上に早く進む見込みであり、こ
       れに合わせた生産能力の増強を進めるとともに、排ガス浄化触媒事業は、二輪車向けのシェア維持および四輪車向
       けの事業収益貢献に注力してまいります。
        金属事業においては、特にリサイクル原料の処理量の増加に重点をおいた取り組みを実行してまいります。ま
       た、平成31年(2019年)度からの利益貢献を予定している水力発電事業への投資も確実に実行してまいります。カ
       セロネス銅鉱山については、安定的な操業が可能な体制の確立に向けた支援に努めてまいります。
        自動車部品事業では、国内拠点の収益改善および海外拠点の戦力化のためのコスト低減を継続するとともに、平
       成31年(2019年)度以降の布石として北米市場、中国市場への拡販を積極的に推進してまいります。
        これらの施策に加えて、キャッシュ・フローを重視し、財務体質の改善を確実に実行するとともに、的確な事業
       判断をこれまで以上に推し進め、スピード感を持った競争力のある企業体質への転換を実現することにより、企業
       価値の向上に努めてまいります。
                                  15/132














                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     4  【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす
       可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社が判断したものであります。
       (1)  経済状況の変化 

         国際商品市況、為替レートおよび金利レートの変動、さらには国際的な需給の不均衡等に起因する原材料費や
        物流コストの高騰および原材料や諸サービスの入手難は、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可
        能性があります。
       (2)  環境規制等

         国内外の事業所において、環境関連法令に基づき、大気、排水、土壌、地下水等の汚染防止に努め、また、国
        内の休廃止鉱山については、鉱山保安法に基づき、坑排水による水質汚濁の防止や堆積場の安全管理等、鉱害防
        止に努めていますが、関連法令の改正等によっては、当社グループに新たな費用が発生する可能性があります。
       (3)  災害等

         主要な事業においては複数の製造拠点を有するよう努めていますが、地震、火災等国内外における不測の事態
        が発生した場合には、一時的に生産が著しく低下する可能性があります。
       (4)  第三者との提携等

         当社グループは、いくつかの事業分野において事業戦略上の必要性に応じて、合弁事業やその他第三者との提
        携等を行っています。これらの事業や提携は、当社グループの事業において重要な役割を果たしており、種々の
        要因により、重要な合弁事業が経営不振に陥り、又は提携関係における成果を挙げることができない場合は、当
        社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  資源開発

         当社グループが行っている亜鉛、銅鉱床の探鉱および開発は、探鉱・開発地域の選定、設備の建設コスト、当
        該国政府による許認可、資金調達等、種々の要因に左右されます。商業化に至らず投資費用が回収できない場合
        や想定通り回収が進まない場合には、当社グループの財政状態および経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (6)  事業再編による影響

         当社は、企業価値の向上を図るため事業の選択と集中を推進することとしており、その過程において当社グ
        ループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  債務保証等

         関係会社等に対して債務保証等を付与していますが、将来、状況によっては当社グループの業績および財政状
        態に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)  知的財産権

         知的財産権については充分な保護に努めていますが、保護が不十分であった場合あるいは違法に侵害された場
        合、他方、他社の有する知的財産権を侵害したと認定され、損害賠償等の責任を負担する場合には、当社グルー
        プの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)  情報管理

         個人情報の取扱いを含め情報管理の徹底に努めていますが、万が一情報の漏洩が発生した際には社会的信用失
        墜等により、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  16/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (10)訴訟等
         国内および海外の事業に関連して、当社グループが当事者となることのある訴訟、紛争、その他法的手続きに
        係る決定等により、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)特定の取引先・製品・技術等への依存

         電子材料関連製品は、ユーザーニーズの多様化、急速な技術革新・変化、液晶パネルや電子機器の需要変動等
        によっては受注量が大きく振れ、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、自動車部品は、自動車メーカー数社への依存度が高いため、当該ユーザーの当社部品搭載車種の販売が
        変動した場合には、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)価格競争

         とりわけ電子材料および自動車関連に属する事業においては、商品のコモディティ化に伴う競合メーカーとの
        競争やユーザーからの値下げ要請により、販売価格が大きく変動する可能性があります。
       (13)製品の品質

         品質管理には万全の体制をとっていますが、予期せぬ製品の欠陥が発生し修理費用等を負担する可能性があり
        ます。
       (14)国際的活動及び海外進出

         当社の連結売上高のおよそ44%を海外売上高が占めており、また当社の海外拠点はアジア、北米、南米等に拡
        がっておりますが、これらの海外進出には次のようなリスクが内在しております。
        ・予期しない法律または規制の変更
        ・不利な政治または経済要因
        ・不利な税制の影響
        ・テロ、戦争等による社会的混乱
        ・天災地変等地政学的なリスク
       (15)固定資産の減損

         経営環境の変化等により、収益性の低下によって投資額の回収が見込めなくなった場合には、固定資産の減損
        会計の適用により、その回収可能性を反映させるよう帳簿価額を減額し、その減少額を減損損失として計上する
        可能性があります。
       (16)保有有価証券の時価変動

         長期的な取引関係維持のために、取引先および金融機関の株式を所有しています。これらの株式は価格変動性
        が高い公開株式がほとんどですので、期末時の時価が帳簿価額に対して著しく下落した場合には、金融商品に関
        する会計基準の適用により評価損を計上する可能性があります。
       (17)退職給付費用及び債務

         従業員に対する退職給付費用および債務は、期末時点における日本国債の長期利回りによる割引率、昇給率、
        退職率等の基礎率に基づき算出しています。従って、これら基礎率の変動が当社グループの費用および債務に影
        響を及ぼす可能性があります。
       (18)財務制限条項

         安定的な資金調達を図るため、金融機関との間でシンジケートローンおよびコミットメントライン契約を締結
        しておりますが、本契約には一定の財務制限条項が付されており、当社がこれらに抵触した場合、期限の利益を
        喪失し、一括返済を求められる等、当社グループの業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  17/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         上記のようなリスクに対しては、コンプライアンスの維持、適正な情報開示、相場変動ヘッジ、財務体質強
        化、コストダウン、新規事業創出等のあらゆる努力を重ねて対応してまいります。
                                  18/132




















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     5  【経営上の重要な契約等】
        (銅製錬事業に関する包括的業務提携について)
         当社とJX金属株式会社は、銅製錬事業において、両社の共同出資によるパンパシフィック・カッパー株式会
        社を通じた包括的な業務提携を行っております。 
                                  19/132



















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     6  【研究開発活動】
        当社グループは、永年育成し蓄積してきた資源開発、非鉄金属製錬・加工技術を基礎として、グループ企業の
       「利益の最大化」に貢献することを基本理念に、新技術の創出や新製品の開発を積極的に行っております。
        研究開発体制は、新規商品の開発および事業化は、各事業本部内の開発センター等で行い、基礎評価研究所にお
       いては、分析技術の向上に努め、各事業の研究開発を支援する体制としております。
        当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費は、7,163百万円であり、このほか海外鉱山開発に向けた探鉱
       活動に取り組んでおり、353百万円の探鉱費を支出いたしました。
        また、セグメント別の研究目的、主要課題、研究成果及び研究開発費は次のとおりであります。なお、共通費用
       については、各事業部門に比例配分しております。
       (1)  機能材料部門

         当部門においては、環境、エネルギー、エレクトロニクス分野の材料を中心に研究開発を行っております。環
        境分野では、車載向け排ガス浄化触媒、環境浄化用触媒の開発等を行っております。エネルギー分野では、燃料
        電池向け機能材料の開発、次世代リチウムイオン二次電池用材料の開発等を行っております。エレクトロニクス
        分野では、パワーデバイスや次世代ICパッケージなどの先端電子部品用材料の開発、新規ターゲット材の開
        発、新規シンチレータ材料の開発等を行っております。
         この結果、当事業に係る研究開発費は5,678百万円であります。
       (2)  金属部門

         当部門においては、銅・亜鉛・鉛製錬の生産効率向上等に力を入れており、個別の研究成果としては、①難処
        理鉱石の供用技術開発、②リサイクル原料の製錬工程への供用技術開発、③製錬工程中間品や廃棄物からの有価
        金属回収等があげられます。
         なお、ペルー、カナダにおいて、探鉱を継続しております。また、これらの鉱山開発に係る鉱物、地質に関す
        る研究を行っております。
         この結果、当事業に係る研究開発費は探鉱費を含めて493百万円であります。
       (3)  自動車部品部門

         当部門においては、ドアロック等機能部品の開発と、それらを核としたシステム製品及びモジュール製品の開
        発を行っております。
         この結果、当事業に係る研究開発費は1,300百万円であります。
       (4)  関連部門

         当部門においては、銅電解工場装置向けの新規技術の開発、電解槽内電極間の短絡自動検出技術の開発、新し
        いポリエチレン材料や継手の評価及び導入、新製品の継手開発、素材製品の品質向上等の研究を行っておりま
        す。
         この結果、当事業に係る研究開発費は43百万円であります。
                                  20/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社が判断したものであります。
       (1)  重要な会計方針及び見積り

         当社の連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成しておりま
        す。その作成にあたっての重要な会計方針・見積りは、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項に記載
        のとおりであります。
       (2)  当連結会計年度の経営成績の分析

        ① 売上高 
          機能材料セグメントは、主要製品の販売量が増加したこと等により17億円の増収となりました。金属セグメ
         ントは、非鉄金属相場が上昇したこと等から98億円の増収となりました。自動車部品セグメントは、米国およ
         び中国市場が好調であったことから販売量は増加したものの、販売価格が低下したこと等から12億円の減収と
         なりました。関連セグメントは、エンジニアリングにおける完成工事高が増加したこと等から62億円の増収と
         なりました。この結果、セグメント間の内部売上高又は振替高等を調整した売上高は、前連結会計年度に比べ
         て142億円(3.2%)減少の4,363億円となりました。
        ② 販売費及び一般管理費

          前連結会計年度に計上した退職給付に係る数理計算上の差異の費用処理額が減少したこと等により、前連結
         会計年度に比べて20億円減少の488億円となりました。
        ③ 営業利益

          非鉄金属相場の上昇により在庫要因が好転し、機能材料部門において主要製品の販売量が増加したことに加
         え、退職給付費用が減少したこと等により、前連結会計年度に比べて273億円(245.3%)増加の384億円となり
         ました。
        ④ 営業外損益

          為替差損の増加9億円があったものの、チリのカセロネス銅鉱山の減損損失の影響がなくなったこと等から、
         持分法による投資損失が160億円減少したこと等により、前連結会計年度に比べて150億円改善し74億円の損失
         となりました。
        ⑤ 経常損益

          営業利益の増加273億円に加えて、営業外損益の改善150億円により、前連結会計年度に比べて423億円改善し
         310億円の利益となりました。
        ⑥ 特別損益

          特別利益において投資有価証券売却益が減少したこと等に加え、特別損失では固定資産除却損や減損損失が
         増加したこと等により、前連結会計年度に比べて38億円悪化し51億円の損失となりました。
        ⑦ 税金費用(法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額)

          法人税、住民税及び事業税の増加がありましたが、法人税等調整額の影響により税金費用の総額は、前連結
         会計年度に比べて13億円減少の63億円となりました。
        ⑧ 親会社株主に帰属する当期純損益

          経常損益の改善423億円、特別損益の悪化38億円、税金費用の減少13億円、非支配株主に帰属する当期純利益
         の増加2億円により、前連結会計年度に比べて396億円改善し186億円の利益となりました。
                                  21/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (3)  当連結会計年度の財政状態の分析
         資産合計は、受取手形及び売掛金174億円、たな卸資産190億円の増加等により、前連結会計年度末に比べ341億
        円増加の5,189億円となりました。
         負債合計は、設備投資にかかる債務や仕入債務他60億円、長・短借入金、社債及びコマーシャル・ペーパー残
        高156億円、デリバティブ債務50億円の増加等により、前連結会計年度末に比べ293億円増加の3,345億円となりま
        した。
         純資産合計は、親会社株主に帰属する当期純利益186億円による増加に、配当による減少34億円に加え、為替換
        算調整勘定54億円、繰延ヘッジ損益61億円の減少等があり、前連結会計年度末に比べ48億円増加の1,844億円とな
        りました。この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末に比べ1.5ポイント低下の33.5%となりました。
       (4)  キャッシュ・フローの状況とキャッシュ・フロー指標のトレンド

        ① キャッシュ・フローの状況
          営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益259億円、減価償却費244億円、持分法によ
         る投資損失63億円の増加要因に対し、売上債権の増加192億円、たな卸資産の増加199億円、法人税等の支払額
         69億円等の減少要因を差し引いた結果、前連結会計年度に比べ261億円収入減少の242億円の収入となりまし
         た。
          投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出354億円等により、前連結会計年度に
         比べ119億円の支出増加の383億円の支出となりました。
          財務活動によるキャッシュ・フローは、長・短期借入金、社債及びコマーシャル・ペーパーの増加164億円お
         よび配当金の支払34億円等から、前連結会計年度に比べ339億円支出減少の120億円の収入となりました。
          以上の結果、為替換算差額を含めた現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は、前連結会計年度末に比
         べ26億円減少の139億円となりました。
          なお、短期流動性確保の手段として、短期社債(電子CP)発行枠400億円を確保しているほか、250億円を限
         度とした長期コミットメント・ライン契約を取引金融機関とシンジケーション形式により締結しております。
          また、キャッシュ・マネージメント・システム等によりグループ全体の資金効率の向上に努めております。
        ② キャッシュ・フロー指標のトレンド

             回次            第88期       第89期       第90期       第91期       第92期
            決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

     自己資本比率(%)                     33.5       31.9       36.6       35.0       33.5

     時価ベースの自己資本比率(%)                     31.4       27.0       29.1       21.2       41.7

     キャッシュ・フロー対有利子負債比
                           4.7       5.7       5.6       3.8       8.6
     率(年)
     インタレスト・カバレッジ・レシオ                     16.4       16.3       18.5       27.9       15.9
      (注)   自己資本比率           :(純資産-非支配株主持分)/総資産
        時価ベースの自己資本比率     :株式時価総額/総資産
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
        インタレスト・カバレッジ・レシオ :営業キャッシュ・フロー/支払利息
      ※ 各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
        株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
        営業キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用しており
       ます。
        有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている長・短期借入金、社債及びコマーシャル・ペーパーを対象とし
       ております。
        支払利息は、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
                                  22/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (5)  経営成績に重要な影響を与える要因について
         「4.事業等のリスク」に記載のとおりであります。
       (6)  経営戦略の現状と見通し及び経営者の問題認識と今後の方針について

         「3.経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。
                                  23/132



















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当社グループ(当社及び連結子会社)においては、「成長分野への経営資源の集中」を基本方針とし、合わせて合理
      化及び省力化のための投資を行っております。
       当連結会計年度は377億円の設備投資を実施しており、セグメントごとの内訳は以下のとおりであります。
       (1)  機能材料部門においては、四輪向け排ガス浄化触媒製造設備の増強等を中心に131億円の投資を行っておりま 

         す。
       (2)  金属部門においては、水力発電設備の大規模更新等を中心に168億円の投資を行っております。
       (3)  自動車部品部門においては、ドアロック等の生産性向上・省力化等を中心に51億円の投資を行っております。
       (4)  関連部門においては、設備の維持・更新、効率化・省力化等を中心に23億円の投資を行っております。
       (5)  全社(共通)部門においては、設備の維持・更新等を中心に2億円の投資を行っております。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
               セグメントの
        事業所名
                                                         従業員数
                       設備の内容
                 名称                                         (人)
        (所在地)
                              建物及び          土地
                                  機械装置
                                           リース資産     その他     合計
                              構築物           (面積千㎡)
                                  及び運搬具
                     機能粉(酸化タンタ
     レアメタル三池工場
                     ル等)
                                                          274
                                         131
     薄膜材料三池工場                スパッタリングター
               機能材料                2,363    3,073           1    728    6,298
                                                          (63)
                                         (125)
                     ゲット
     (福岡県大牟田市)
                     生産設備等
               金属
                     非鉄金属等                   1,459                  345
     竹原製煉所
               機能材料
                               2,609    3,908           3    998    8,978
                                         (627)                  (84)
     (広島県竹原市)
                     電池材料生産設備等
               関連
                                         328
                     機能粉(マグネタイ                                      34
     日比製煉所          金属
                                240    307    (628)      ―     3    879
                     ト)生産設備等                                     (10)
     (岡山県玉野市)          機能材料
                                         <561>
                                         680                 222
     銅箔上尾事業所
               機能材料
                     銅箔生産設備          1,980    2,438          103     358    5,560
                                         (18)                 (46)
     (埼玉県上尾市)
     基礎評価研究所
                                                          119
               全社(共通)
                     研究開発施設
     機能材料研究所                           681    987      ―     ―    189    1,858
                                                           (9)
               機能材料
     (埼玉県上尾市)
                                        6,694
                     全社的管理・販売業                                     298
     本店
                                       (41,617)
               全社(共通)                2,119      63          8    410    9,297
                     務                                     (13)
     (東京都品川区)
                                         <113>
     三池事務所                                   4,985                   12
                     管理業務
               全社(共通)                 611    537          1    12   6,148
                                         (701)                  (10)
     (福岡県大牟田市)
                                  24/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                        帳簿価額(百万円)
             事業所名
                    セグメント                                     従業員数
      会社名                   設備の内容
             (所在地)       の名称                                     (人)
                              建物及び          土地
                                   機械装置
                                           リース資産     その他     合計
                              構築物           (面積千㎡)
                                  及び運搬具
                         非鉄金属等
                                        3,966
           本社・工場         金属     生産設備
                                                          394
                                        (13,893)
     神岡鉱業㈱                          6,433    6,184           ―  10,639    27,223
                                                          (186)
           (岐阜県飛騨市)         機能材料     水力発電
                                        [5,790]
                         設備
           八戸製錬所
                         非鉄金属等               1,311                  173
     八戸製錬㈱               金属
                                2,971    5,433          16    222    9,956
                         生産設備                (275)                 (55)
           (青森県八戸市)
                    金属
                                         976
           本社・工場
                         非鉄金属等                                 238
                                         (315)
     彦島製錬㈱               機能材料
                                1,038    4,379           ―    237    6,631
                         生産設備                                  (8)
           (山口県下関市)
                                         [161]
                    関連
           本社・西山事業所
                                          19
                         地熱蒸気
                                                           16
                                         (12)
     奥会津地熱㈱      (福島県
                    金属            3,731      23         ―    95   3,869
                                                           (4)
                         生産設備
                                         [182]
            河沼郡柳津町)
           R&Dセンター
                                        1,229                  220
                                556    317         72    687    2,864
                                         (28)                 (4)
           (神奈川県横浜市)
           九州工場
                         自動車用ド
     三井金属アク                                    188                 128
           (福岡県         自動車部品
                         アロック等       377    637          6    236    1,446
     ト㈱                                    (42)                 (31)
                         生産設備
            京都郡みやこ町)
           ものづくりセンター
                                                          172
                                142    540     ―    5    54    742
           (山梨県韮崎市)                                               (57)
                         人工軽量
           本社・船橋工場
     日本メサライ                                   3,348                  38
                    関連     骨材等
                                233    873         35     1   4,492
     ト工業㈱                                    (44)                 (21)
           (千葉県船橋市)
                         生産設備
     三井金属ス
           本社他
                                        5,722                  31
     タッフサービ               関連     賃貸資産
                                2,503      1         ―    20   8,247
                                          (6)                 (13)
           (東京都品川区他)
     ス㈱
                         ポリエチレ
     三井金属エン
           大分工場              ン管等の
                                        1,099
     ジニアリング               関連
                                 56    177          ―    76   1,410     43
                                         (18)
           (大分県大分市)              開発・製造
     ㈱
                         設備
                                  25/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (3)  在外子会社
                                                  平成29年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
             事業所名      セグメント
                                                        従業員数
                         設備の内容
      会社名
                    の名称
                                                         (人)
             (所在地)
                              建物及び
                                  機械装置
                                        土地
                                           リース資産     その他     合計
                              構築物           (面積千㎡)
                                  及び運搬具
           本社・工場
                         銅箔
     台湾銅箔股份                                    373
                   機能材料
                                723    1,927           ―    223    3,248     360
           (中華民国
     有限公司                                    (60)
                         生産設備
            台湾省南投県)
     Mitsui
           本社・工場
                         銅箔
                                         260                 560
     Copper   Foil
                   機能材料
           (Selangor,                    2,494     4,369          425     75   7,625
                                         (101)                  (10)
                         生産設備
     (Malaysia)
            Malaysia)
     Sdn.Bhd.
           本社・工場
     Oak-Mitsui      (New  York,           銅箔
                                         101
                   機能材料
                                394    1,064           ―    5   1,564     88
                                         (178)
     Inc.       South   Carolina,          生産設備
            U.S.A.)
                         スパッタリ
           本社・工場
     台湾特格股份                    ングター                 ―
                   機能材料
                               1,319     930          ―    160    2,409     378
           (中華民国
                         ゲット
     有限公司                                    [34]
            台湾省台中県)
                         生産設備
           本社・工場
                         自動車用ド
                                         19
     GECOM   Corp.            自動車部品
           (Indiana,    U.S.A.         アロック等      1,504     586          ―    361    2,471     882
                                         (393)
                         生産設備
            他)
     Mitsui   Siam
           本社・工場
                         自動車用ド
                                         348
     Components              自動車部品
           (Rayong,             アロック等       943    1,249           ―   1,136    3,677     986
                                         (86)
                         生産設備
     Co.,Ltd.
            Thailand)
                         自動車用ド
           本社・工場
     広東三井汽車
                                          ―
                   自動車部品
                         アロック等      1,197     1,176           ―   2,316    4,690     901
     配件有限公司
           (中国広東省)                               [66]
                         生産設備
      (注)   1.帳簿価額は各社の個別財務諸表の数値を記載しております。
        2.帳簿価額のうち「その他」は、「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。
          なお、金額には消費税等は含まれておりません。
        3.提出会社の本店の土地には、本店が管理している工場用地や鉱業採石地を含んでおり、主要な土地の所在地
          及び面積は次のとおりであります。
          一般用地:東京都         4千㎡   他 工場用地:埼玉県           249千㎡、山梨県        215千㎡    他
          鉱業採石地:ペルー          40,604千㎡      他
        4.連結会社以外の者から賃借している土地の面積を[ ]で外書きしております。
          また、連結会社以外の者へ賃貸している土地の面積を< >で内書きしております。
        5.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書きしております。
      (4)  所有鉱区

        金属部門において、下記のとおり鉱区を所有しております。
                                                  平成29年3月31日現在
                      稼行              非稼行               合計
        所在地
                         面積               面積               面積
                 鉱区数               鉱区数               鉱区数
                       (ヘクタール)               (ヘクタール)               (ヘクタール)
     ペルー               133      19,430          64     25,664         197      45,095
     その他                6     10,156          13      1,534         19     11,691

         計           139      29,587          77     27,199         216      56,786

                                  26/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     3 【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループ(当社及び連結子会社)の設備投資計画については、原則的に当社及び連結子会社各社が個別に策定
       しておりますが、経営資源の効率化を図るため、当社においてグループ全体の調整を図っております。
        また、当連結会計年度末時点では必ずしも個別案件として決定されていないこともありますので、セグメントご
       との数値を開示する方法によっております。
        なお、当連結会計年度後1年間の設備投資計画は、44,000百万円であり、セグメントごとの内訳は次のとおりで
       あります。
                  平成29年3月末計画金額
       セグメントの名称                               設備投資の主な内容・目的等
                      (百万円)
      機能材料                    11,600     銅箔製造設備の増強 等
                               水力発電設備の大規模更新、その他設備の維持・更新、
      金属                    21,500
                               効率化・省力化 等
      自動車部品                     6,000    自動車用ドアロックの生産性向上・省力化 等
      関連                     3,000    設備の維持・更新、効率化・省力化 等

      全社(共通)                     1,900    設備の維持・更新 等

          合計                 44,000

      (注)   1.記載金額には消費税等は含まれておりません。
        2.所要資金は主に自己資金を充当する予定であります。
        3.経常的な設備の更新等のための除売却等を除き、重要な設備の除売却の計画はありません。
                                  27/132













                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                   1,944,000,000

                  計                                 1,944,000,000

      (注)平成29年6月29日開催の第92期定時株主総会において、当社普通株式について10株を1株に併合する旨、及び
         株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、発行可能株式総数を1,944百万株から190百万株に変更
         する定款変更を行う旨が承認可決されました。
       ② 【発行済株式】

                 事業年度末現在             提出日現在         上場金融商品取引所
        種類         発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                (平成29年3月31日)            (平成29年6月29日)            商品取引業協会名
                                        東京証券取引所          単元株式数
       普通株式            572,966,166            572,966,166
                                        (市場第一部)         1,000株
         計           572,966,166            572,966,166            ―          ―
      (注)平成29年6月29日開催の第92期定時株主総会において、当社普通株式について10株を1株に併合する旨、及び
         単元株式数の変更を含む定款変更を行う旨が承認可決されました。これにより、株式併合の効力発生日(平成
         29年10月1日)をもって、発行済株式総数が572,966,166株から57,296,616株に、単元株式数が1,000株から100
         株に変更となります。
      (2) 【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金       資本金
         年月日        総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成15年4月1日(注)              13,660      572,966          ―    42,129       3,986      22,557
      (注) 当社を完全親会社とし、株式会社大井製作所(現                          三井金属アクト株式会社)を完全子会社とする株式交換を行っ
         たことによる増加であります。
                                  28/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成29年3月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                     単元未満
       区分
                                  外国法人等
                                                     株式の状況
            政府及び
                      金融商品      その他                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      の法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数(人)          ―     67     67     423     270      30   36,912     37,769       ―

     所有株式数
               ―  207,105      22,634     21,034     160,957       190   159,846     571,766     1,200,166
     (単元)
     所有株式数
               ―   36.22      3.96     3.68     28.15      0.03     27.96     100.00       ―
     の割合(%)
      (注)   1.自己株式1,865,050株は、「個人その他」に1,865単元、「単元未満株式の状況」に50株含まれております。
        2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ10単元
          及び700株含まれております。
                                  29/132
















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【大株主の状況】
                                               平成29年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託
                                               62,221        10.85
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号                         46,495         8.11
     株式会社(信託口)
                                               12,205         2.13

     三井金属社員持株会                東京都品川区大崎一丁目11番1号
     BBH  BOSTON    CUSTODIAN     FOR

                     HARBOUR    PLACE,    4TH  FLOOR,    103  SOUTH
     JAPAN   VALUE   EQUITY
                     CHURCH    STREET,    GEORGE    TOWN   GRAND   CAYMAN
     CONCENTRATED       FUND   A SERIES    OF
                     CAYMAN    ISLANDS                      10,657         1.85
     620135
                     (東京都港区港南二丁目15番1号               品川イン
     (常任代理人 株式会社みずほ銀
                     ターシティA棟)
     行決済営業部)
     日本トラスティ・サービス信託
                                               10,457         1.82
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口5)
     資産管理サービス信託銀行株式

                                               10,118         1.76
                     東京都中央区晴海一丁目8番12号
     会社(投信受入担保口)
     日本トラスティ・サービス信託

                                               7,909        1.38
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口9)
     JPMCB   : CREDIT    SUISSE

                     CREDIT    SUISSE    INTERNATIONAL,        ONE  CABOT
     SECURITIES      EUROPE    - JPY
                     SQUARE,    LONDON,    E14  4QJ  UNITED    KINGDOM
                                               7,738        1.35
     1007760
                     (東京都港区港南二丁目15番1号               品川イン
     (常任代理人 株式会社みずほ銀
                     ターシティA棟)
     行決済営業部)
     日本トラスティ・サービス信託
                                               7,676        1.33
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口1)
     資産管理サービス信託銀行株式
                                               7,652        1.33
                     東京都中央区晴海一丁目8番12号
     会社(証券投資信託口)
                                              183,128         31.96

            計                    ―
      (注)   1.平成28年9月2日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、オービス・インベストメン

           ト・マネジメント・(ビー・ヴィー・アイ)・リミテッド及びその共同保有者が平成28年8月31日現在で以
           下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末現在における実質所有株式
           数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)        (%)
          オービス・インベストメント・
                          バミューダHM11ハミルトン、フロ
          マネジメント・(ビー・ヴィー・                ント・ストリート25、オービス・                     15,029         2.62
                          ハウス
          アイ)・リミテッド
                          バミューダHM11ハミルトン、フロ
          オービス・インベストメント・
                          ント・ストリート25、オービス・                     8,892        1.55
          マネジメント・リミテッド
                          ハウス
                          バミューダHM11ハミルトン、フロ
          オービス・アセット・マネジメ
                          ント・ストリート25、オービス・                     1,016        0.18
          ント・リミテッド
                          ハウス
                 計                 ―             24,939         4.35
                                  30/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        2.平成28年9月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、大和住銀投信投資顧問株式会社
          が平成28年9月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末
          現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)        (%)
                          東京都千代田区霞が関三丁目2番
          大和住銀投信投資顧問株式会社                                     30,332         5.29
                          1号
        3.平成29年2月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、三井住友信託銀行株式会社及び

          その共同保有者が平成29年1月31日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社とし
          て当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
          せん。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)        (%)
                          東京都千代田区丸の内一丁目4番
          三井住友信託銀行株式会社                                     34,538         6.03
                          1号
          三井住友トラスト・アセットマ
                          東京都港区芝三丁目33番1号                     5,409        0.94
          ネジメント株式会社
          日興アセットマネジメント株式
                          東京都港区赤坂九丁目7番1号                     7,933        1.38
          会社
                 計                 ―             47,880         8.36
        4.平成29年3月23日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、アセットマネジメントOne株式

          会社及びその共同保有者が平成29年3月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、
          当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含め
          ておりません。
                                           保有株式等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                   住所
                                             (千株)        (%)
          アセットマネジメントOne株式会
                          東京都千代田区丸の内一丁目8番
                                               52,091         9.09
                          2号
          社
          アセットマネジメントOneイン
                          Mizuho    House,    30  Old  Bailey,
                                               3,645        0.64
                          London,    EC4M   7AU,   UK
          ターナショナル
                 計                 ―             55,736         9.73
                                  31/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成29年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                           ―            ―        ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―            ―        ―

     議決権制限株式(その他)                           ―            ―        ―

                      普通株式         1,865,000

     完全議決権株式(自己株式等)                                       ―        ―
                      普通株式      569,901,000

     完全議決権株式(その他)                                    569,901           ―
                                              1単元(1,000株)未満の
                      普通株式         1,200,166
     単元未満株式                                       ―
                                              株式
     発行済株式総数                     572,966,166                 ―        ―
     総株主の議決権                           ―         569,901           ―

      (注)   「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が10,000株(議決権の数10個)含まれており
         ます。
       ② 【自己株式等】

                                               平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式
                              自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所         所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                          所有株式数
                               (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                  東京都品川区大崎
     三井金属鉱業株式会社                         1,865,000           ―   1,865,000          0.32
                  一丁目11番1号
           計                ―   1,865,000           ―   1,865,000          0.32
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

         該当事項はありません。
                                  32/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】
                    会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    9,653            2,402,039

      当期間における取得自己株式                                    1,250             464,750

      (注) 当期間における取得自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
         取りによる株式は含まれておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                 当期間
               区分
                                   処分価額の総額               処分価額の総額
                            株式数(株)               株式数(株)
                                      (円)               (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

     消却の処分を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  ―        ―        ―        ―
     た取得自己株式
     その他( ― )                            ―        ―        ―        ―
     保有自己株式数                        1,865,050            ―    1,866,300            ―

      (注) 当期間における保有自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
         買取りによる株式は含まれておりません。
                                  33/132









                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     3 【配当政策】
       当社は、将来の事業展開と経営体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、業績に応じた適正な利益配分を行
      うことを基本方針としております。
       当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当をすることができる。」旨を定款に
      定めており、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことが可能であります。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       当事業年度の期末配当につきましては、当社基本方針に基づき、財政状況や当事業年度の業績等を勘案いたしまし
      て、前期より1円増配し、1株につき7円とさせていただきました。
       内部留保資金につきましては、経営環境が激変する中で、これまで以上にコスト競争力を高めるとともに、市場
      ニーズに応える研究開発・生産体制を強化し、グローバル戦略の展開を図るために有効な投資を実行してまいりま
      す。また、財務体質の改善を図り、有利子負債の圧縮に努めてまいります。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                      配当金の総額         1株当たり配当額
           決議年月日
                       (百万円)           (円)
         平成29年6月29日
                           3,997            7
         定時株主総会決議
     4 【株価の推移】

      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第88期         第89期         第90期         第91期         第92期
       決算年月        平成25年3月         平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月

       最高(円)             246         327         328         374         416

       最低(円)             145         201         234         150         162

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成28年10月          11月       12月     平成29年1月          2月       3月
       最高(円)            242       272       324       330       397       416

       最低(円)            213       208       271       289       311       364

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  34/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性10名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                        所有
                氏  名
      役名及び職名                             略  歴                 任期   株式数
               (生年月日)
                                                        (千株)
     代表取締役社長          西田 計治
                      昭和55年4月      当社入社
              (昭和32年7月13日)
                      平成18年11月      当社金属・環境事業本部企画管理部長
                      平成20年10月      当社財務部長
                      平成22年6月      当社執行役員      財務部長
                      平成23年6月      当社取締役兼常務執行役員兼CFO(最高財務責任者)                      経
                             営企画部長兼財務部長
                      平成24年2月      当社取締役兼常務執行役員兼CFO(最高財務責任者)                      経
                                                    (注)3      159
                             営企画部長
                      平成26年4月      当社代表取締役専務取締役兼専務執行役員兼CFO(最高
                             財務責任者)     経営企画部長兼金属事業本部銅事業統括部長
                      平成28年1月      当社代表取締役専務取締役兼専務執行役員兼CFO(最高
                             財務責任者)
                      平成28年4月      当社代表取締役社長(現任)
     代表取締役常務取締          納  武士
                      昭和61年4月      当社入社
     役
              (昭和36年12月3日)
                      平成22年6月      Mitsui   Copper   Foil(Malaysia)Sdn.Bhd.          社長
     (常務執行役員、機
                      平成25年10月      当社金属・資源事業本部リサイクル推進部長
     能材料事業本部長)
                      平成26年4月      当社執行役員      金属事業本部金属事業部技術統括部長
                      平成27年4月      当社執行役員      機能材料事業本部副本部長兼企画部長
                      平成27年6月      当社取締役兼常務執行役員           機能材料事業本部副本部長兼            (注)3      70
                             企画部長
                      平成27年10月      当社取締役兼常務執行役員           機能材料事業本部長兼企画部
                             長
                      平成28年4月      当社代表取締役常務取締役兼常務執行役員                 機能材料事業
                             本部長(現任)
     取締役          久岡 一史
                      昭和55年4月      当社入社
      (常務執行役員、
              (昭和32年10月10日)
                      平成22年1月      当社銅箔事業本部特殊銅箔事業部長
     金属事業本部長)
                      平成22年6月      当社執行役員      銅箔事業本部副本部長兼特殊銅箔事業部長
                      平成22年11月      当社執行役員      銅箔事業本部長兼特殊銅箔事業部長
                      平成23年6月      当社上席執行役員       電子材料事業本部長兼特殊銅箔事業部
                             長
                      平成25年6月      当社取締役兼常務執行役員           電子材料事業本部長
                                                    (注)3      72
                      平成26年4月      当社取締役兼常務執行役員           機能材料事業本部副本部長
                      平成26年6月      当社取締役兼常務執行役員           機能材料事業本部副本部長兼
                             企画部長
                      平成27年4月      当社取締役兼常務執行役員           機能材料事業本部長
                      平成27年10月      当社取締役兼常務執行役員           金属事業本部副本部長
                      平成28年4月      当社取締役兼常務執行役員           金属事業本部長(現任)
     取締役          大島  敬
                      昭和56年4月      当社入社
      (常務執行役員、        (昭和33年10月16日)
                      平成21年10月        株式会社エム・シー・エス代表取締役社長
      経営企画本部長、
                      平成25年4月      当社素材関連事業本部副本部長兼関連事業部長
     経営企画部長)
                      平成25年6月      当社執行役員      素材関連事業本部副本部長兼関連事業部長
                      平成26年4月        当社執行役員      関連事業統括部長
                                                    (注)3
                                                          59
                      平成26年6月      当社取締役兼常務執行役員           関連事業統括部長
                      平成28年1月      当社取締役兼常務執行役員兼CRO(最高危機管理責任
                             者)  経営企画本部長兼経営企画部長
                      平成28年4月      当社取締役兼常務執行役員           経営企画本部長兼経営企画部
                             長(現任)
     社外取締役          佐藤 順哉
                      昭和57年4月      弁護士登録
              (昭和28年5月4日)
                      昭和57年4月      ファーネス・佐藤・石澤法律事務所(現               石澤・神・佐藤法
                             律事務所)入所
                      平成2年10月        米国ニューヨーク州弁護士登録
                      平成16年6月      生化学工業株式会社社外監査役
                      平成19年6月        当社社外監査役
                                                    (注)3      50
                      平成21年6月      株式会社ニッキ社外取締役(現任)
                      平成23年4月      第一東京弁護士会副会長
                      平成24年3月      サッポロホールディングス株式会社社外監査役(現任)
                      平成25年6月        当社社外取締役(現任)
                      平成27年6月      大正製薬ホールディングス株式会社社外監査役(現任)
                      平成27年10月      中央大学外部評価委員(現任)
                      平成28年4月      日本弁護士連合会理事
                                  35/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有
                氏  名
      役名及び職名                             略  歴                 任期   株式数
               (生年月日)
                                                        (千株)
     社外取締役          松永 守央
                      昭和52年8月      米国テネシー大学博士研究員
              (昭和24年8月7日)
                      昭和53年10月      九州工業大学工学部講師
                      昭和55年10月      九州工業大学工学部助教授
                      平成8年9月      九州工業大学工学部教授
                      平成15年4月      九州工業大学工学研究科機能システム創成工学専攻教授
                      平成16年4月      国立大学法人九州工業大学理事
                      平成19年4月      国立大学法人九州工業大学副学長                       (注)3      35
                      平成22年4月      国立大学法人九州工業大学学長
                      平成28年6月      公益財団法人北九州産業学術推進機構理事長(現任)
                      平成28年6月      公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター理事長
                             (現任)
                      平成28年6月      当社社外取締役(現任)
                      平成29年4月      北九州市立大学経営審議会委員(現任)
     常勤監査役          森  俊樹
                      昭和53年4月      当社入社
              (昭和30年8月5日)
                      平成22年6月        当社執行役員      人事部長
                      平成23年6月      当社執行役員      神岡鉱業株式会社代表取締役社長
                      平成24年6月      当社上席執行役員兼CRO(最高危機管理責任者)                    人事部
                             長兼総務部長
                      平成24年10月      当社上席執行役員兼CRO(最高危機管理責任者)                    総務部
                                                    (注)4      54
                             長
                      平成25年6月      当社取締役兼常務執行役員兼CRO(最高危機管理責任者)
                             総務部長
                      平成25年8月      当社取締役兼常務執行役員兼CRO(最高危機管理責任者)
                      平成28年1月      当社取締役
                      平成28年6月      当社常勤監査役(現任)
     常勤監査役          門脇  隆
                      昭和56年4月      当社入社
              (昭和32年6月25日)
                      平成21年6月      当社経営企画部事業開発室長
                                                    (注)4      34
                      平成22年7月      三井住友金属鉱山伸銅株式会社常務取締役
                      平成27年6月      当社常勤監査役(現任)
     社外監査役          三浦 正晴
                      昭和50年4月      検事任官
              (昭和23年5月22日)
                      平成14年8月      那覇地方検察庁検事正
                      平成16年9月      法務省入国管理局長
                      平成19年6月      大阪地方検察庁検事正
                      平成22年1月      福岡高等検察庁検事長
                      平成23年5月      弁護士登録
                      平成23年5月      河上法律事務所入所
                                                    (注)5      17
                      平成25年6月      当社社外監査役(現任)
                      平成25年6月      宮坂建設工業株式会社社外監査役(現任)
                      平成26年4月      東亜大学通信制大学院総合学術研究科(修士課程)法学専
                             攻教授(現任)
                      平成26年4月      公益財団法人アジア刑政財団審議役(現任)
                      平成26年6月      OUGホールディングス株式会社社外取締役(現任)
                      平成27年5月      銀座中央法律事務所開所
     社外監査役          細野 哲弘
                      昭和51年4月      通商産業省(現      経済産業省)入省
              (昭和27年12月14日)
                      平成18年7月      通商産業省(現      経済産業省)製造産業局長
                      平成21年7月      特許庁長官
                      平成22年8月      資源エネルギー庁長官(平成23年9月退官)
                      平成24年5月      株式会社みずほコーポレート銀行(現               株式会社みずほ銀
                                                    (注)4       ―
                             行)顧問
                      平成25年6月      興銀リース株式会社社外取締役
                      平成27年6月      公益財団法人中東調査会常任理事(現任)
                      平成28年6月      株式会社JECC代表取締役社長(現任)
                      平成28年6月      当社社外監査役(現任)
                             計                            550
                                  36/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.取締役佐藤 順哉及び松永 守央は、社外取締役であります。
        2.監査役三浦 正晴及び細野 哲弘は、社外監査役であります。
        3.平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
          す。
        4.平成28年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年3月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
          す。
        5.平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会終結の時まででありま
          す。
       (執行役員の状況)

        平成29年6月29日現在の執行役員は次のとおりであります。
      ※社長               西田 計治

      ※常務執行役員                       機能材料事業本部長 

                    納  武士
      ※常務執行役員               久岡 一史        金属事業本部長

      ※常務執行役員                       経営企画本部長       兼 経営企画部長

                    大島  敬
                            関連事業統括部長        兼 金属事業本部      銅事業統括部長

      常務執行役員               木部 久和
                            金属事業本部      金属事業部長

      執行役員               吉田  亮
                            パンパシフィック・カッパー株式会社               取締役

      執行役員               角田  賢
                            機能材料事業本部        電池材料事業部長

      執行役員               平山 成生
      執行役員                       機能材料事業本部        薄膜材料事業部長

                    世良 佳弘
      執行役員                       機能材料事業本部        副本部長    兼 機能粉事業部長

                    宮地  誠
      執行役員                       三井住友金属鉱山伸銅株式会社             代表取締役社長

                    神林 浩一
      執行役員                       機能材料事業本部        銅箔事業部長      兼 開発部長

                    三澤 正幸
                            金属事業本部      資源事業部長

      執行役員               茂住 洋史
      執行役員               山縣     誠    機能材料事業本部        企画部長

      執行役員               青木 一彦        生産技術部長

      執行役員                       経営企画本部      人事部長    兼 経営企画部副部長       兼 秘書室長

                    丸山 憲行
      執行役員                       機能材料事業本部        触媒事業部長

                    岡部 正人
      執行役員                       経営企画本部      広報部長

                    沓内  哲
      執行役員                       機能材料事業本部        機能材料研究所長

                    安田 清隆
      フェロー               八島  勇

      (注) ※印は取締役兼務者であります。
                                  37/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ※ コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方
         当社では、コーポレートガバナンスとは、株主、お客様、従業員、地域社会等のステークホルダーの立場を踏
        まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みであるとの認識の下、当社の経営理念で
        ある「創造と前進を旨とし             価値ある商品によって社会に貢献し                 社業の永続的発展成長を期す」を実現するため
        に、経営上の組織体制や仕組みを整備し、必要な施策を講じていくことであり、経営上の最も重要な課題のひと
        つとみなしております。
         具体的には、「すべてのステークホルダーへの貢献」を目的とし、次の事項に留意した施策を当社グループ全
        体として実施しております。
          ・株主各位に対しては、業績に応じた適正な配当、適切な情報開示
          ・お客様に対しては、価値ある商品の供給
          ・地域社会との関係では、共生・共栄
          ・従業員に対しては、働きがいのある労働環境と労働条件の実現
         また、公正かつ価値ある企業活動を可能とするための制度上の裏付けとして、次の施策等を実施しておりま
        す。
          ・倫理規定を含む各種内部規則の制定
          ・社外取締役・社外監査役の選任
          ・各種内部監査制度や内部通報制度の導入
       ①   企業統治の体制

        イ.企業統治の体制の概要
          当社は監査役制度を採用しており、平成29年6月29日現在の取締役は6名(内、社外取締役2名)、執行役
         員20名(内、取締役兼務者4名)、監査役4名(内、社外監査役2名)であります。
          当社のコーポレートガバナンス体制および内部統制体制の模式図は次のとおりです。
        (注) 当社監査役と関係会社各社の監査役とは随時連携をとっております。









                                  38/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        ロ.当該体制を採用する理由
          当社は、業務執行者を兼務する取締役を中心に取締役会を運営しておりますが、適正な意思決定プロセスを
         確保するため、法令上必要とされる社外監査役に加えて、平成15年より客観的立場からの経営に関する全般的
         なアドバイザーとして、社外取締役を導入しました。これまで、社外取締役には独立性のある者を選任し、取
         締役会等で有益なアドバイスや意見を受けております。
          また、社外取締役および社外監査役がその役割を果たすためのサポート体制も確立しており、取締役会の意
         思決定にあたり、適切かつ的確に監督・監視がなされておりますので、現在の体制でコーポレートガバナンス
         は有効に機能していると判断しております。
        ハ.その他の企業統治に関する事項

         ・内部統制システムの整備の状況
           当社は、法令や規則を遵守し企業倫理に則った公正な企業活動を行うことが、企業として将来にわたり発
          展・成長を遂げるために不可欠であると考えております。
           このような認識の下、当社グループの業務の適正を確保するための体制の整備について、取締役会におけ
          る決定内容の概要は次のとおりであります。
          (1)当社および当社子会社の取締役、使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するた
            めの体制
            ア)当社および当社子会社の取締役、使用人の職務の執行が法令および定款に適合するために、取締役
              および使用人に適用される行動規範である「行動規準」および社内規則によりコンプライアンス体
              制を明確にし、その推進を図る。
            イ)「取締役会規則」等の社内規則により各取締役の権限を明確にし、さらに独立性の高い社外取締役
              の導入により、各取締役の職務執行の透明性を向上させ、適正な職務の執行が行われる体制とす
              る。
            ウ)財務処理については、その健全性維持等を目的として内部監査を定期的に実施する。
          (2)取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
             取締役の職務の執行に係る情報については、法令および「取締役会規則」、「情報管理規則」、「文
            書規則」等の社内規則に基づいて、作成、保存および管理する。
          (3)当社および当社子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             当社および当社子会社の業務執行に係るリスクの発生の未然防止、発生したリスクへの対処等を目的
            として、「リスクマネジメント規則」に基づいて、各リスク毎に所管部署を定めて、当社および当社子
            会社の業務執行におけるリスクの把握および評価、リスクマネジメントに係る方針の決定ならびにリス
            ク発生時の対策を実施する。
             また、「緊急事態発生時の対応に関する規則」を定め、大規模災害等の発生時に人命と資産を守り、
            事業の早期復旧および継続を図る。
          (4)当社および当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を月1回
            開催するほか、必要に応じて適宜臨時に開催する。また、経営に関する担当区分を定め、当社子会社を
            含む決裁権限を明確にし、意思決定の効率化を図る。さらに執行役員制度により業務執行の迅速化を図
            る。
          (5)当社子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
             「関係会社管理規則」等により、当社子会社の取締役の職務の執行状況について取締役、監査役およ
            び所管部門が適宜報告を受ける。
          (6)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項なら
            びに当該使用人の取締役からの独立性および当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関する
            事項
            ア)「会社職制規則」により監査役室を設置し、監査役の職務を補助する使用人を置く。また、当該使
              用人の人選については、監査役の意見を参考として決定する。
            イ)監査役の職務を補助する使用人は、「会社職制規則」により監査役を補佐し、監査役会等におい
              て、監査役からの指示を受けるとともに指示事項の進捗等の報告、情報提供等を行う。
                                  39/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
          (7)取締役および使用人が監査役に報告をするための体制および当社子会社の取締役、監査役および使用
            人またはこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告をするための体制、その他監査役への報告に関
            する体制
            ア)取締役および使用人ならびに当社子会社の取締役、監査役および使用人は、会社に著しい損失を及
              ぼすおそれのある事実があることを発見したとき、その他監査役会が報告すべきものと定めた事項
              が生じたときは、監査役に報告する。
            イ)当社子会社の取締役、監査役および使用人は、監査役による子会社の監査に際しては、経営状況の
              ほか、監査役が求める事項について報告する。
            ウ)内部通報制度によってなされた通報の内容については、定期的に監査役に報告する。
          (8)監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するた
            めの体制
             監査役へ報告を行った取締役および使用人ならびに当社子会社の取締役、監査役および使用人につい
            ては、当該報告を理由として不利な取扱いを行わない。
          (9)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の執行について
            生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
             監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払い等の請求をしたときは、担当部門におい
            て審議のうえ、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場
            合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。
          (10)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             代表取締役と監査役との定期的な意見交換会を開催するほか、監査役は重要な会議等に出席し、取締
            役および使用人との密接な情報交換を行うことができる。
           これらを実効あるものとし、社内不正の未然防止および早期発見を的確に行うために、内部通報制度(三

          井金属ホットライン)を当社グループに適用しております。
           さらに、監査役および会計監査人による監査に加えて、社外取締役を委員長とする取締役会直轄の内部監
          査委員会を組織するとともに、監査部を設置し内部監査を実施することなどにより内部統制機能を強化して
          おります。
           このほかにも、環境保全や安全確保に関する監査を保安環境部等が実施するなど、企業活動の健全性を確
          保するために各種の取り組みを行っております。
           また当社は、当社グループすべての役員および社員が共有する価値観と行動規範を規定した「行動規準」
          において、反社会的勢力および団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底すると定めております。
           現在総務部を当社グループにおける反社会的勢力排除のための対応統括部署としておりますが、今後とも
          反社会的勢力排除に向けた体制の更なる強化に努めてまいります。
         ・リスク管理体制の整備の状況

           当社は、当社の資産および収益に対し脅威を与えるリスクの管理を通じて当社が被る影響を極小化するこ
          とを目的として、総務部にリスク・危機管理担当の専門部署を設置し、リスクの把握・評価、リスクマネジ
          メント方針の決定やリスク発生時の対策を実施するとともにリスクマネジメントの推進に取り組んでおりま
          す。
        ニ.責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役および社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項に定める
         責任について、同法第425条第1項各号に定める額の合計額を限度とする契約を締結しております。
                                  40/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ②   取締役と業務執行
         取締役は、取締役会(毎月1回定時開催のほか随時開催)において経営上の重要な事項を審議するとともに、
        職務の執行を監督しております。適切かつ効率的に監督機能を果たすために、取締役会は事業に精通した取締役
        に社外取締役を加えた構成としております。
         業務執行については、執行役員制度を導入しております。上級の執行役員をメンバーとする執行最高会議(毎
        月2回定時開催のほか随時開催)において業務執行に関する重要な事項を審議し、その結果に基づいて執行役員
        の指揮の下に業務を遂行しております。
         取締役を兼務する執行役員の中で、代表取締役社長が三井金属グループの経営計画の立案、決定および推進に
        おける最高経営責任を担うとともに、三井金属グループの業務執行における最高業務執行責任を担っておりま
        す。
         なお、当社では、全社経営戦略を業務執行の現場に迅速に徹底させる、また、経営判断にあたっては業務の実
        情を熟知しておく必要があるとの考えから、代表取締役および業務執行取締役は、全社あるいは各事業部門・機
        能部門を担当する上級の執行役員を兼務しております。
       ③   内部監査及び監査役監査

        イ.内部監査の組織・人員・手続き
          当社は社外取締役を委員長とする取締役会直轄の内部監査委員会を組織し、監査部が実施する内部監査の方
         針・計画の承認および監査結果の評価を行い、監査結果については監査部を通じて取締役会に報告しておりま
         す。
          内部監査は、監査部員および内部監査委員会が指名した監査担当者が、当社の各事業部・事業所ならびに国
         内・外の各関係会社を訪問し、経営環境、内部統制の整備状況、会計処理の状況等について監査を実施し、当
         社グループにおける財務処理の健全性維持・改善および業務の効率化を図っております。
          当事業年度は監査部4名(専任)、監査担当者24名(兼任)が内部監査業務に携わっております。
          また、平成29年度は監査部5名(専任)、監査担当者24名(兼任)が内部監査業務に携わる予定でありま
         す。
        ロ.監査役監査の組織・人員・手続き

          当社は監査役制度を採用しており、平成29年6月29日現在の監査役は4名であります。
          監査役は、当社での業務執行経験をもつ常勤監査役2名と、非常勤の社外監査役が2名であります。監査役
         は、監査役会で決定した監査計画に従い、取締役の職務の執行等を監査しております。
          なお、常勤監査役2名のうち1名は、当社の取締役として経営に携わった経験と、人事・総務業務を長年担
         当しリスクマネジメントに関する相当程度の知見を有する者であります。また1名は、関係会社の取締役とし
         て経営に携わった経験と、経理・経営企画業務を長年担当し経理業務に関する相当程度の知見を有する者であ
         ります。
          監査役会は、監査役全員で構成され、事業の特性を理解したうえで取締役の職務執行を監視することにより
         経営の健全性を確保しております。監査役会は1か月に1回以上の頻度で開催しております。また、監査役の
         スタッフとして監査役室を設け、室員5名(兼任)を置いております。
        ハ.内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との関係

          監査部の実施する内部監査の結果については、監査役に対して遅滞なく報告するとともに、会計監査人に対
         しても適宜報告しております。
          監査役は、会計監査人からは会計監査計画の説明、監査結果の報告を受けております。また、それ以外にも
         会計監査人と定期的に意見交換を行っており、緊密に連携を図っております。
                                  41/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ④ 社外取締役および社外監査役
        イ.人数ならびに提出会社との関係
          平成29年6月29日現在、当社取締役6名のうち社外取締役を2名、また、監査役4名のうち社外監査役を2
         名選任しております。
          また、当社の社外役員は、いずれも経営陣をはじめとする特定の者と利害関係がなく、一般株主と利益相反
         が生じるおそれがないと判断されることから、当社は、社外取締役佐藤順哉、社外取締役松永守央、社外監査
         役三浦正晴および社外監査役細野哲弘を、独立役員として東京証券取引所に届け出ております。
        ロ.企業統治において果たす機能及び役割ならびに選任するための独立性に関する基準又は方針の内容及び選任

         状況に関する考え方
          社外取締役の役割は、取締役として業務執行プロセスから経営を監視し、その透明性を向上させることにあ
         ります。その手続きとして取締役会に出席しており、客観的な立場から意見を述べ、取締役会の決定に影響を
         与えております。また、取締役の報酬を決定する委員会にもメンバーとして参加しております。
          ・社外取締役佐藤順哉
           弁護士としての豊富な企業法務の専門知識・経験に加えて、他社の社外取締役としての経験があり会社経
          営に十分な見識を有しており当社運営にとって有意義であるため選任しており、内部監査委員会の委員長で
          あります。また、同氏は、弁護士、株式会社ニッキ社外取締役、サッポロホールディングス株式会社社外監
          査役、大正製薬ホールディングス株式会社社外監査役および中央大学外部評価委員を兼任しておりますが、
          同法人等と当社との間に人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係がないものと判断して
          おります。なお、「役員の状況」に記載のとおり、当社株式を50千株保有しておりますが、重要性はないも
          のと判断しております。
          ・社外取締役松永守央
           工学における専門知識と長年にわたる大学教育に携わった経験が社外取締役としての職務遂行に有意義で
          あるため選任しております。また、同氏は、公益財団法人北九州産業学術推進機構理事長、公益財団法人九
          州ヒューマンメディア創造センター理事長および北九州市立大学経営審議会委員を兼任しておりますが、同
          法人等と当社との間に人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係がないものと判断してお
          ります。なお、「役員の状況」に記載のとおり、当社株式を35千株保有しておりますが、重要性はないもの
          と判断しております。
          社外監査役の役割は、当社の活動が公正に行われているかを検証することにあり、その手続きとして監査役

         会および取締役会に可能な限り出席し、客観的な立場から意見を述べているほか、関係会社に対する監査も実
         施しております。また、取締役の報酬を決定する委員会にアドバイザーとして参加しております。
          ・社外監査役三浦正晴
           検事および弁護士としての法曹界における豊富な知識・経験が、監査業務に有意義であるため選任してお
          ります。また、同氏は、弁護士、宮坂建設工業株式会社社外監査役、東亜大学通信制大学院総合学術研究科
          法学専攻教授、公益財団法人アジア刑政財団審議役およびOUGホールディングス株式会社社外取締役を兼
          任しておりますが、同法人等と当社との間に人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係が
          ないものと判断しております。なお、「役員の状況」に記載のとおり、当社株式を17千株保有しております
          が、重要性はないものと判断しております。
          ・社外監査役細野哲弘
           通商産業政策の立案、実行に携わった豊富な行政経験が社外監査役としての職務遂行に有意義であるため
          選任しております。また、同氏は、株式会社JECC代表取締役社長および公益財団法人中東調査会常任理
          事を兼任しております。同法人と当社との間、人的関係、資本的関係又は重要な取引関係その他の利害関係
          がないものと判断しております。
          当社は、社外取締役および社外監査役を選任するための独立性の基準又は方針を定め、それに従い、選任に

         あたっては、証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
                                  42/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        ハ.社外役員による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携ならびに内部統制部門との
         関係
          社外取締役は、取締役会や内部監査委員会等への出席を通じて、また社外監査役は、監査役会や取締役会等
         への出席を通じて、内部監査・監査役監査・会計監査および内部統制についての報告を受け、必要な意見を述
         べております。
       ⑤ 会計監査の状況

         当社は、有限責任         あずさ監査法人との間で監査契約を締結し、法律の規定に基づいた会計監査を受けておりま
        す。
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、次のとおりであります。
                 公認会計士の氏名等                    所属監査法人名             継続監査年数
         指定有限責任社員
                                  有限責任     あずさ監査法人
                         田島 祥朗                           2年
         業務執行社員
         指定有限責任社員
                         細矢  聡              同上             1年
         業務執行社員
         指定有限責任社員
                         戸谷 且典              同上             6年
         業務執行社員
         また、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士10名、その他12名であります。
       ⑥ 当社定款における定めの概要

        イ.取締役の定数および選任
          当社の取締役は、11名以内とする旨を定款に定めております。なお、取締役の選任決議は、議決権を行使す
         ることができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、お
         よび累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
        ロ.自己の株式の取得

          当社は、機動的な資本政策を遂行することを目的として、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決
         議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
        ハ.中間配当

          当社は、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的として、取締役会の決議によって、毎年9月30
         日を基準日として、中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
        ニ.株主総会の特別決議要件

          当社は、より多くの株主の方に議決権を行使していただけるように、招集通知の早期発送、議決権行使の電
         子化等に取り組んでおりますが、特別決議の定足数確保をより確実なものとすることを目的として、会社法第
         309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
         1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
        ホ.取締役および監査役の責任免除

          当社は、取締役および監査役が、期待される役割を十分に発揮できるようにするため、取締役(取締役で
         あった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、善意で
         かつ重大な過失がない場合は、取締役会の決議によって、法令の定める限度額の範囲内で、その責任を免除す
         ることができる旨を定款に定めております。
                                  43/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ⑦   役員報酬等
        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額
                                             対象となる
                                   (百万円)
                       報酬等の総額
             役員区分                                役員の員数
                        (百万円)
                                              (人)
                                   基本報酬
         取締役
                            247             247          7
         (社外取締役を除く。)
         監査役
                             52             52         3
         (社外監査役を除く。)
         社外役員                   60             60         6
         (注)1.取締役の報酬限度額は、平成17年6月29日開催の第80期定時株主総会において月額60百万円以内(た
             だし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいております。また報酬については、一定の基礎報
             酬に加えて業績に連動した業績報酬を加算して算定しております。(ただし、社外取締役は基礎報酬
             のみとし、業績報酬の加算は行わない。)
           2.監査役の報酬限度額は、平成17年6月29日開催の第80期定時株主総会において月額15百万円以内と決
             議いただいております。
           3.平成26年4月22日の取締役会において、取締役賞与制度を廃止し、取締役報酬は、平成17年6月29日開
             催の第80期定時株主総会において既にご承認いただいている報酬限度額の範囲内で、一定の基礎報酬
             に加えて業績に連動した業績報酬を加算して算定する(ただし、社外取締役は基礎報酬のみとし、業
             績報酬の加算は行わない。)ことを決定いたしました。
        ロ.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          当社は、各取締役に対する報酬の支給額を、任意に設置した報酬委員会にて業績等を勘案して決定しており
         ます。
          報酬委員会は、社長・人事担当取締役・社外取締役にアドバイザーとして社外監査役を加えた構成としてお
         ります。
                                  44/132












                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ⑧ 株式の保有状況
        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          54銘柄  10,898百万円
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

         的
        (前事業年度)
         特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
                銘柄             株式数(株)                      保有目的
                                       (百万円)
       ㈱フジクラ                        3,174,000            1,682
       金益鼎企業股份有限公司                        18,841,000             887

       ㈱ジーエス・ユアサ コーポレーション                        1,016,000             488

       新日鐵住金㈱                         210,700            455

       ㈱ワールドホールディングス                         225,000            316

       JFEホールディングス㈱                         186,200            282

       日本コークス工業㈱                        2,307,000             186

       ㈱山口フィナンシャルグループ                         180,000            184

       スズキ㈱                          52,500           158

       三井物産㈱                         110,000            142

                                               取引先との長期的な取引
                                               関係の維持
       日新製鋼㈱                         106,000            139
       ㈱淀川製鋼所                          42,600           101

       ㈱三井住友フィナンシャルグループ                          28,400            96

       東京製綱㈱                         388,000            63

       日亜鋼業㈱                         212,000            51

       岡谷鋼機㈱                          4,400           30

       昭和電線ホールディングス㈱                         350,000            22

       イビデン㈱                          10,000            13

       ㈱神戸製鋼所                         106,000            10

       三井住友建設㈱                          48,400            ▶

                                  45/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        (当事業年度)
         特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
                銘柄             株式数(株)                      保有目的
                                       (百万円)
       ㈱フジクラ                        3,174,000            2,542
       金益鼎企業股份有限公司                        18,841,000            1,140

       新日鐵住金㈱                         210,700            540

       ㈱ジーエス・ユアサ コーポレーション                        1,016,000             527

       JFEホールディングス㈱                         186,200            355

       日本コークス工業㈱                        2,307,000             219

       ㈱山口フィナンシャルグループ                         180,000            217

       三井物産㈱                         110,000            177

       ㈱淀川製鋼所                          42,600           128

                                               取引先との長期的な取引
                                               関係の維持
       ㈱三井住友フィナンシャルグループ                          28,400           114
       東京製綱㈱                          38,800            65

       日亜鋼業㈱                         212,000            57

       岡谷鋼機㈱                          4,400           34

       昭和電線ホールディングス㈱                         350,000            30

       日新製鋼㈱                          18,300            26

       イビデン㈱                          10,000            17

       ㈱神戸製鋼所                          10,600            10

       三井住友建設㈱                          48,400            5

        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                  46/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【監査報酬の内容等】
       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                100            1          101            1
       連結子会社                 55           ―          55           ―

         計               156            1          156            1

       ② 【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
         当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している者に対して、監査証明業務
        に基づく報酬を18百万円支払っております。
         また、当社及び当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している者に対し
        て、非監査業務に基づく報酬を41百万円支払っております。
         (当連結会計年度)

         当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している者に対して、監査証明業務
        に基づく報酬を15百万円支払っております。
         また、当社及び当社の連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している者に対し
        て、非監査業務に基づく報酬を44百万円支払っております。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
         当社が会計監査人に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としては、社債発行における事務幹事証券会
        社への書簡(コンフォートレター)作成などがあります。
         (当連結会計年度)

         当社が会計監査人に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としては、社債発行における事務幹事証券会
        社への書簡(コンフォートレター)作成などがあります。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         会計監査人は、当社の事業規模、事業内容の複雑性等を考慮しつつ、必要とする監査日数、往査場所、作業内
        容等が記載された監査計画を作成し、それに基づいて監査報酬の見積りを行っております。
         当社は、当該監査計画に基づく監査報酬の見積りの妥当性を検討し、会計監査人と協議の上、監査報酬を決定
        しております。
         監査役会は、会社法第399条の規定に基づき、会計監査人から監査計画の内容および日数について説明を受け
        た上で、会計監査人の適切な業務遂行に必要な監査時間の確保という観点から、監査計画および監査報酬につい
        て同意しております。
         また、監査役会は、監査報酬について、成功報酬や著しく低廉な報酬ではなく、会計監査人としての独立性が
        損なわれるような内容ではないことを確認しております。
                                  47/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について有限責任
        あずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計
       基準機構へ加入し、情報の収集を行っております。
        また、会計基準等の変更等があった場合は、公益財団法人財務会計基準機構主催の研修等へ参加し、内容の理解
       と適切な会計処理への対応を実施しております。
                                  48/132













                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                          16,983              15,304
         現金及び預金
                                          78,034              95,509
         受取手形及び売掛金
                                          24,517              29,609
         商品及び製品
                                          24,551              26,653
         仕掛品
                                          31,941              43,826
         原材料及び貯蔵品
                                          2,475              4,349
         繰延税金資産
                                          4,329              1,477
         デリバティブ債権
                                          12,214              12,537
         その他
                                          △ 125             △ 199
         貸倒引当金
                                         194,923              229,068
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         166,513              167,307
           建物及び構築物
                                        △ 111,495             △ 114,817
             減価償却累計額
                                          55,018              52,490
             建物及び構築物(純額)
           機械装置及び運搬具                               334,815              344,783
                                        △ 278,458             △ 287,298
             減価償却累計額
                                          56,357              57,484
             機械装置及び運搬具(純額)
           鉱業用地                                 371              370
                                          △ 233             △ 232
             減価償却累計額
                                            137              137
             鉱業用地(純額)
           土地                               33,626              33,375
                                          4,999              4,190
           リース資産
                                         △ 2,628             △ 2,173
             減価償却累計額
                                          2,370              2,016
             リース資産(純額)
           建設仮勘定                                7,288              15,609
                                          51,886              53,614
           その他
                                         △ 43,753             △ 45,333
             減価償却累計額
                                          8,132              8,281
             その他(純額)
                                     ※2 , ※6  162,931          ※2 , ※6  169,397
           有形固定資産合計
                                        ※6  4,185            ※6  4,195
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       ※1  112,113            ※1  105,089
           投資有価証券
                                            543              507
           長期貸付金
                                          3,298              3,939
           退職給付に係る資産
                                          2,183              2,715
           繰延税金資産
                                      ※1 , ※7  4,979            ※1  4,242
           その他
                                          △ 359             △ 174
           貸倒引当金
                                         122,759              116,320
           投資その他の資産合計
                                         289,876              289,912
         固定資産合計
                                         484,800              518,981
       資産合計
                                  49/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         38,394              41,842
         支払手形及び買掛金
                                       ※2  51,289            ※2  56,914
         短期借入金
                                          3,000              18,000
         コマーシャル・ペーパー
                                         10,000              10,000
         1年内償還予定の社債
                                           541              392
         リース債務
                                          2,329              3,896
         未払法人税等
                                           774             1,114
         未払消費税等
                                                          27
         繰延税金負債                                   ―
                                           203             5,211
         デリバティブ債務
                                          4,569              4,864
         賞与引当金
                                           32              42
         役員賞与引当金
                                          1,098              1,185
         製品保証引当金
         工事損失引当金                                  27              241
         事業構造改善引当金                                  121              129
                                           269              375
         たな卸資産処分損失引当金
                                         25,792              28,418
         その他
                                         138,442              172,656
         流動負債合計
       固定負債
                                         50,000              50,000
         社債
                                       ※2  77,444            ※2  72,507
         長期借入金
                                          1,574              1,326
         リース債務
                                          5,261              5,191
         繰延税金負債
                                           581              537
         役員退職慰労引当金
                                          1,354              1,239
         環境対策引当金
                                           835             1,237
         金属鉱業等鉱害防止引当金
                                         ※7  470
         訴訟損失引当金                                                 ―
                                         25,470              25,923
         退職給付に係る負債
                                          3,015              3,224
         資産除去債務
                                           783              716
         その他
                                         166,791              161,903
         固定負債合計
                                         305,233              334,560
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         42,129              42,129
         資本金
                                         22,557              22,557
         資本剰余金
                                         82,385              97,633
         利益剰余金
                                          △ 603             △ 605
         自己株式
                                         146,469              161,713
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          1,705              2,666
         その他有価証券評価差額金
                                          2,489             △ 3,698
         繰延ヘッジ損益
                                         19,434              13,982
         為替換算調整勘定
                                          △ 561             △ 682
         退職給付に係る調整累計額
                                         23,067              12,268
         その他の包括利益累計額合計
                                         10,029              10,439
       非支配株主持分
                                         179,566              184,421
       純資産合計
                                         484,800              518,981
      負債純資産合計
                                  50/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         450,553              436,330
      売上高
                                   ※1 , ※2 , ※4  388,546         ※1 , ※2 , ※4  349,051
      売上原価
                                         62,007              87,278
      売上総利益
                                     ※3 , ※4  50,869          ※3 , ※4  48,817
      販売費及び一般管理費
                                         11,137              38,461
      営業利益
      営業外収益
                                           266              264
       受取利息
                                          1,399              1,785
       受取配当金
                                           694              692
       不動産賃貸料
                                          1,030               521
       その他
                                          3,391              3,263
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,799              1,497
       支払利息
                                         22,372               6,303
       持分法による投資損失
                                           628             1,623
       為替差損
                                          1,012              1,252
       その他
                                         25,812              10,676
       営業外費用合計
                                        △ 11,284              31,047
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                         ※5  99            ※5  62
       固定資産売却益
                                          1,487               573
       投資有価証券売却益
                                           408
       持分変動利益                                                   ―
                                           314
       関税還付金                                                   ―
                                           562              157
       その他
                                          2,873               793
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※6  113            ※6  157
       固定資産売却損
                                       ※7  1,490            ※7  2,840
       固定資産除却損
                                        ※8  305           ※8  2,044
       減損損失
                                           646              274
       環境対策費用
                                           470
       訴訟損失引当金繰入額                                                   ―
                                       ※9  1,121             ※9  592
       その他
                                          4,147              5,909
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益又は
                                        △ 12,558              25,931
      税金等調整前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    6,053              7,933
                                          1,631             △ 1,607
      法人税等調整額
                                          7,685              6,325
      法人税等合計
                                        △ 20,244              19,605
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                           681              931
      非支配株主に帰属する当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                        △ 20,926              18,674
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                  51/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                        △ 20,244              19,605
      当期純利益又は当期純損失(△)
      その他の包括利益
                                          △ 888              937
       その他有価証券評価差額金
                                          4,005             △ 6,585
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 6,132             △ 3,111
       為替換算調整勘定
                                          △ 325             △ 131
       退職給付に係る調整額
                                          △ 74            △ 2,119
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※  △  3,416           ※  △  11,011
       その他の包括利益合計
                                        △ 23,661               8,594
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 23,850               7,874
       親会社株主に係る包括利益
                                           189              719
       非支配株主に係る包括利益
                                  52/132















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                    (単位:百万円)

                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                     42,129         22,557        106,908          △ 601       170,994
     当期首残高
     当期変動額
                                      △ 3,426                 △ 3,426
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                      △ 20,926                 △ 20,926
      る当期純損失(△)
                                                 △ 2        △ 2
      自己株式の取得
                                       △ 169                 △ 169
      連結範囲の変動
      非支配株主との取引
                               △ 0                          △ 0
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額
      (純額)
                               △ 0      △ 24,522          △ 2      △ 24,525
     当期変動額合計                  ―
                     42,129         22,557         82,385         △ 603       146,469
     当期末残高
                          その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券              為替換算     退職給付に係る      その他の包括利益
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整勘定      調整累計額       累計額合計
                  2,613     △ 1,032      24,719       △ 308      25,992      10,120      207,106
     当期首残高
     当期変動額
                                                        △ 3,426
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                       △ 20,926
      る当期純損失(△)
                                                         △ 2
      自己株式の取得
                                                        △ 169
      連結範囲の変動
      非支配株主との取引
                                                         △ 0
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額            △ 908     3,522     △ 5,285      △ 252     △ 2,924       △ 90    △ 3,014
      (純額)
                  △ 908     3,522     △ 5,285      △ 252     △ 2,924       △ 90    △ 27,539
     当期変動額合計
                  1,705      2,489      19,434       △ 561      23,067      10,029      179,566
     当期末残高
                                  53/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                    (単位:百万円)

                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                     42,129         22,557         82,385         △ 603       146,469
     当期首残高
     当期変動額
                                      △ 3,426                 △ 3,426
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                      18,674                  18,674
      る当期純利益
                                                 △ 2        △ 2
      自己株式の取得
      連結範囲の変動                                                    ―
      非支配株主との取引
                               △ 0                          △ 0
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額
      (純額)
                               △ 0       15,247          △ 2       15,244
     当期変動額合計                  ―
                     42,129         22,557         97,633         △ 605       161,713
     当期末残高
                          その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
               その他有価証券              為替換算     退職給付に係る      その他の包括利益
                     繰延ヘッジ損益
                評価差額金             調整勘定      調整累計額       累計額合計
                  1,705      2,489      19,434       △ 561      23,067      10,029      179,566
     当期首残高
     当期変動額
                                                        △ 3,426
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                        18,674
      る当期純利益
                                                         △ 2
      自己株式の取得
      連結範囲の変動                                                    ―
      非支配株主との取引
                                                         △ 0
      に係る親会社の持分
      変動
      株主資本以外の項目
      の当期変動額             961    △ 6,187     △ 5,452      △ 121     △ 10,799       409    △ 10,389
      (純額)
     当期変動額合計              961    △ 6,187     △ 5,452      △ 121     △ 10,799       409     4,854
                  2,666     △ 3,698      13,982       △ 682      12,268      10,439      184,421
     当期末残高
                                  54/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は
                                        △ 12,558              25,931
       税金等調整前当期純損失(△)
                                         25,066              24,414
       減価償却費
                                           305             2,044
       減損損失
                                           13              94
       固定資産売却損益(△は益)
                                          1,490              2,840
       固定資産除却損
                                          △ 70             △ 97
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          1,874               441
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 1,666             △ 2,049
       受取利息及び受取配当金
                                          1,799              1,497
       支払利息
                                           360              886
       為替差損益(△は益)
                                         22,372               6,303
       持分法による投資損益(△は益)
                                          △ 408
       持分変動損益(△は益)                                                  -
                                         11,028             △ 19,261
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         10,237             △ 19,968
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         △ 3,828              5,470
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                           348              454
       その他
                                         56,364              29,002
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,661              2,051
                                           417              166
       持分法適用会社からの配当金の受取額
                                         △ 1,807             △ 1,526
       利息の支払額
                                         △ 8,194             △ 6,918
       法人税等の支払額
                                          1,465              1,213
       法人税等の還付額
                                           489              229
       その他
                                         50,397              24,218
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 28,204             △ 35,419
       有形固定資産の取得による支出
                                           625              417
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 473             △ 653
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 1,142             △ 1,827
       固定資産の除却による支出
                                         △ 1,228              △ 594
       投資有価証券の取得による支出
                                           606
       関係会社の整理による収入                                                  -
                                          2,043               709
       投資有価証券の売却による収入
                                           303               11
       短期貸付金の増減額(△は増加)
                                          1,072              △ 943
       その他
                                        △ 26,395             △ 38,300
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  55/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 13,973                964
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                         △ 1,000              15,000
       コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)
                                          9,009              20,381
       長期借入れによる収入
                                        △ 11,046             △ 19,910
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 1,037              △ 585
       リース債務の返済による支出
                                         10,000              10,000
       社債の発行による収入
                                        △ 10,000             △ 10,000
       社債の償還による支出
                                         △ 3,426             △ 3,426
       配当金の支払額
                                          △ 399             △ 307
       非支配株主への配当金の支払額
                                          △ 50             △ 54
       その他
                                        △ 21,925              12,061
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 1,360              △ 675
      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           716            △ 2,696
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                    15,926              16,649
                                            6
      新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                                    -
                                       ※  16,649             ※  13,952
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  56/132














                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (イ)連結子会社の数           52 社
        主要な連結子会社名
         神岡鉱業㈱、八戸製錬㈱、彦島製錬㈱、奥会津地熱㈱、台湾銅箔股份有限公司、Mitsui                                              Copper    Foil
         (Malaysia)Sdn.Bhd.、台湾特格股份有限公司、三井金属商事㈱、三井金属エンジニアリング㈱、三井金属アク
         ト㈱、GECOM      Corp.、Mitsui       Siam   Components      Co.,Ltd.、広東三井汽車配件有限公司
      (ロ)主要な非連結子会社の名称等

        主要な非連結子会社名
         ㈱三井金属韓国
        (連結の範囲から除いた理由)
         非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
        金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
     2.持分法の適用に関する事項

      (イ)持分法適用の非連結子会社数                  0 社
      (ロ)持分法適用の関連会社数               10 社

        関連会社の名称
         パンパシフィック・カッパー㈱、エム・エスジンク㈱、パウダーテック㈱、吉野川電線㈱、㈱ナカボーテッ
         ク、三井住友金属鉱山伸銅㈱、日比共同製錬㈱、PPC                          Canada    Enterprises      Corp.、Compania        Minera    Quechua
         S.A.、MFN投資合同会社
      (ハ)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称等

        主要な会社等の名称
         ㈱三井金属韓国
        (持分法を適用しない理由)
         持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見
        合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重
        要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
      (ニ)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使用し

       ております。
                                  57/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社のうち、決算日が12月31日の会社は、以下のとおりであります。 
        Compania     Minera    Santa   Luisa   S.A.、三井銅箔(香港)有限公司、三井銅箔(蘇州)有限公司、Mitsui                                   Siam

        Components      Co.,Ltd.、Mitsui         Components      Europe    Ltd.、無錫大昌機械工業有限公司、広東三井汽車配件有限公
        司、三井金属貿易(上海)有限公司、三井金属(珠海)環境技術有限公司、上海三井鑫云貴稀金属循環利用有限公
        司、PT.     Mitsui    Kinzoku    Catalysts     Jakarta、三井金属愛科特(上海)管理有限公司、MITSUI                             KINZOKU    ACT
        MEXICANA,      S.A.   de  C.V.、Mitsui        Kinzoku    Catalysts      Vietnam    Co.,   Ltd.、Mitsui        Kinzoku    Catalysts
        (Thailand)Co.,Ltd.、Mitsui              Kinzoku    Catalysts     America    Inc.、PT.     MITSUI    KINZOKU    ACT  INDONESIA、三井金属
        (上海)企業管理有限公司、三井金属特種陶瓷(蘇州)有限公司
       連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。但し、連結決算日までの期間に

      発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
       なお、Mitsui       Kinzoku    Components      India   Private    Limited    及び、Automotive         Components      Technology      India
      Private    Limitedは、当連結会計年度に決算日を12月31日から3月31日に変更したため、会計期間が15ヶ月の財務諸表
      を使用しております。決算期を変更した連結子会社の平成28年1月1日から平成28年3月31日までの売上高は2,417百
      万円、営業利益は361百万円、経常利益は367百万円、税引前当期純利益は366百万円となっております。
     4.会計方針に関する事項

      (イ)重要な資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券
         子会社株式及び関連会社株式:
          主として総平均法による原価法
         満期保有目的の債券:

          償却原価法(定額法)
         その他有価証券:

         ・時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法
          又は移動平均法により算定)
         ・時価のないもの

           主として総平均法による原価法
       (2)  デリバティブ

         時価法 
       (3)  たな卸資産

         当社:
          金属事業本部、触媒事業部
         連結子会社:
          三井金属アクト㈱、神岡鉱業㈱(金属粉工場を除く)、八戸製錬㈱ 他
           …先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         当社:

          銅箔事業部
           …移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                  58/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         当社:
          機能材料事業本部(触媒事業部及び銅箔事業部を除く)、関連事業統括部
         連結子会社:
          神岡鉱業㈱の金属粉工場、日本イットリウム㈱、三谷伸銅㈱ 他
           …総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         在外子会社のたな卸資産

           …総平均法または先入先出法による低価法
      (ロ)重要な減価償却資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         建物及び構築物、機械装置及び運搬具並びにその他の有形固定資産については主として定率法を、鉱業用地に
        ついては生産高比例法を採用しております。
         但し、当社の韮崎・上尾地区の一部(福利厚生施設)及び連結子会社の神岡鉱業㈱(金属粉製造設備を除く)、三
        谷伸銅㈱、奥会津地熱㈱、三井金属アクト㈱、三井金属ダイカスト㈱、Mitsui                                         Copper    Foil(Malaysia)
        Sdn.Bhd.、GECOM        Corp.、台湾銅箔股份有限公司、Mitsui                   Siam   Components      Co.,Ltd.、無錫大昌機械工業有限公
        司、広東三井汽車配件有限公司、三井金属(珠海)環境技術有限公司等の有形固定資産については定額法を採用し
        ております。
         なお、当社及び国内連結子会社の平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年
        4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         鉱業権は生産高比例法を、その他の無形固定資産については定額法を採用しております。
         なお、自社利用ソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しておりま
        す。
       (3)  リース資産

         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (ハ)重要な引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

         従業員に対する賞与支給見込額のうち、当期負担額を当期の費用に計上するため設定したものであり、算定方
        法は支給見込額基準によっております。
       (3)  役員賞与引当金

         役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。
       (4)  製品保証引当金

         製品の無償修理費用の支出に備えるため、個別に見積可能なクレームについてはその見積額を、その他につい
        ては、売上高に対する過去の支出割合に基づき必要額を計上しております。
       (5)  工事損失引当金

         受注工事に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末手持工事のうち損失の発生が見込まれ、かつ、そ
        の金額を合理的に見積ることができる工事について、損失見込額を計上しております。
                                  59/132


                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (6)  事業構造改善引当金
         製造拠点統合等の事業構造改善に伴い発生する損失に備えるため、見積額を計上しております。
       (7)  たな卸資産処分損失引当金

         たな卸資産の処分に伴う損失に備えるため、見積額を計上しております。
       (8)  役員退職慰労引当金

         役員の退任時に支給される慰労金の支払に備えるため、社内規定に基づく期末基準額を計上しております。
       (9)  環境対策引当金

         PCB(ポリ塩化ビフェニル)の処理が法定化されたことに伴い、PCB廃棄物の処理費用に充てるため、見積
        額を計上しております。
         また、土地改良・公害防止事業等に係る費用の支出に充てるため、見積額を計上しております。
      (10)   金属鉱業等鉱害防止引当金

         金属鉱業施設使用後の鉱害防止に要する費用の支出に充てるため、所要額を計上しております。
      (11)   訴訟損失引当金

         訴訟や係争案件などの将来発生する可能性のある損失に備えるため、事象ごとに個別のリスクを検討し、合理
        的に算定した損失見積額を計上しております。
      (ニ)退職給付に係る会計処理の方法

       (1)  退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        期間定額基準によっております。
       (2)  過去勤務費用及び数理計算上の差異の費用処理方法

         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(1~5年)による定額法により費
        用処理しております。
         数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(1~15
        年)による定額法により按分した額をそれぞれ主に発生した連結会計年度から費用処理しております。
      (ホ)重要な収益及び費用の計上基準

       (1)  完成工事高及び完成工事原価の計上基準
        ア.当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
          工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
        イ.その他の工事
          工事完成基準
      (ヘ)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
        なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平
       均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めておりま
       す。
                                  60/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (ト)重要なヘッジ会計の方法
       (1)  ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理、振当処理及び特例処理を採用しております。
       (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象

         将来の外貨建による製品(主として地金)の販売及びたな卸資産(主として原材料)の購入に係る為替相場の変動
        によるリスクを回避する目的で、為替予約取引及び通貨スワップ取引を利用しております。
         また、金融負債に係る将来の金利変動によるリスクを回避する目的で、借入金を対象とした金利スワップ取引
        を利用しております。
         さらに国際相場の影響を受ける原材料・製品等の価格変動によるリスクを回避する目的で、金属先渡取引を利
        用しております。
       (3)  ヘッジ方針

         ヘッジの手段であるデリバティブ取引は通貨関連、金利関連、商品関連とも実需の範囲内で行う方針としてお
        ります。
       (4)  ヘッジ有効性評価の方法

         通貨スワップ取引、金利スワップ取引及び金属先渡取引については、ヘッジ開始時から有効性判定時点までの
        期間において、ヘッジ対象の相場変動の累計とヘッジ手段の相場変動の累計とを比較すること等によって、ヘッ
        ジの有効性を確認しております。
         また、為替予約取引については、ヘッジ対象の予定取引と重要な条件がほぼ同じであり、ヘッジに高い有効性
        があるとみなされるため、ヘッジの有効性の判定を省略しております。
      (チ)のれんの償却方法及び償却期間

        のれんの償却については、その金額が僅少の場合を除き、5年間の定額法により償却を行っております。
      (リ)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (ヌ)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (2)  連結納税制度の適用

         連結納税制度を適用しております。
                                  61/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (会計方針の変更)
        (減価償却方法の変更)
         当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関す
        る実務上の取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日
        以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         これによる当連結会計年度の損益に与える影響は軽微であります。
       (表示方法の変更)

        (連結キャッシュ・フロー計算書関係) 
         前連結会計年度において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「固定資
        産の除却による支出」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。
         また、前連結会計年度において、独立掲記しておりました「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「長期貸
        付けによる支出」及び「長期貸付金の回収による収入」は、重要性が乏しいため、当連結会計年度より「その
        他」に含めて表示しております。
         これらの表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フ
        ロー」の「長期貸付けによる支出」に表示していた△30百万円、「長期貸付金の回収による収入」に表示してい
        た37百万円及び「その他」に表示していた△75百万円は、「固定資産の除却による支出」△1,142百万円及び「そ
        の他」1,072百万円として組替えております。
       (追加情報)

        (「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連
        結会計年度から適用しております。
                                  62/132












                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     投資有価証券(株式)                              101,014    百万円             92,357   百万円
                                   (9,343      )
     (このうち、共同支配企業に対する投資額)                                             (10,130       )
     投資その他の資産のその他(出資金)                                209                209
      ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                                  (10,386
                                                      ( 8,622百万円)
     有形固定資産                      10,386    百万円         8,622   百万円
                                  百万円)
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     長期借入金(1年内に返済予定のものを含む)                       4,199    百万円     (4,199百万円)        3,438    百万円     (3,438百万円)
         上記のうち、( )内書は工場財団抵当並びに当該債務を示しております。
       3 保証債務

         次の関係会社等について、金融機関からの借入等に対し債務保証を行っております。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (平成28年3月31日)                           (平成29年3月31日)
     パンパシフィック・カッパー㈱                   59,656   百万円    パンパシフィック・カッパー㈱                   69,601   百万円
     SCM  Minera    Lumina    Copper    Chile              SCM  Minera    Lumina    Copper    Chile
                        35,755                           31,717
     Caserones     Finance    Netherlands      B.V.           Caserones     Finance    Netherlands      B.V.
                         8,105                           7,635
     三井住友金属鉱山伸銅㈱                    1,100       三井住友金属鉱山伸銅㈱                     850
     従業員                     470      従業員                     405
     その他    5社                       その他    4社
                          315                           228
              計          105,403                 計          110,438
       4 債権流動化に伴う偶発債務は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     買戻義務                                484  百万円              560  百万円
       5 受取手形割引高

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     受取手形割引高                                466                178
                                       百万円                百万円
                                  63/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      ※6 国庫補助金により、固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     建物及び構築物
                                     408  百万円              408  百万円
     機械装置及び運搬具                               3,167                3,042
     その他                                269                269
               計                     3,845                3,721
      ※7 重要な訴訟事件

         元従業員等から、就労時の作業により健康被害を受けたとして、名古屋高等裁判所に控訴されていた、当社及
        び子会社を被告とする損害賠償請求訴訟については、平成28年2月12日までに控訴審判決で支払いを命じられて
        おりました損害賠償金378百万円及びこれに対する遅延損害金を原告側へ仮払いしておりました。
         当社は、当該控訴審判決に対して、平成28年2月3日付で最高裁判所へ上告受理の申立てをしておりました
        が、平成29年3月15日付で上告不受理が決定いたしました。これに伴い、仮払い計上していた損害賠償金及び当
        該訴訟に対する訴訟損失引当金を取り崩しております。
                                  64/132















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     
       結会計年度のたな卸資産評価損を相殺した次の金額(△戻入益)が売上原価に含まれております。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                           至 平成29年3月31日)
                        2,074                          △ 1,587
                           百万円                           百万円
     ※2 売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額

              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                           至 平成29年3月31日)
                          14 百万円                         228  百万円
     ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
                                    9,119                9,353
     運賃諸掛                                 百万円                百万円
                                    8,995                8,932
     給料
                                    1,537                1,798
     賞与・退職給与
                                    1,589                1,571
     賞与引当金繰入額
                                      32                42
     役員賞与引当金繰入額
                                    4,479                1,213
     退職給付費用
                                     161                159
     役員退職慰労引当金繰入額
                                     241                193
     製品保証引当金繰入額
                                    1,875                1,965
     減価償却費
                                    5,845                6,060
     研究費調査探鉱費
     ※4 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                           至 平成29年3月31日)
                        6,575                           7,163
                           百万円                           百万円
     ※5 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
     建物及び構築物                     18 百万円    建物及び構築物                      ▶ 百万円
     機械装置及び運搬具                     24      機械装置及び運搬具                     37
     その他                     56      その他                     21
              計             99              計             62
                                  65/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     ※6 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
     建物及び構築物                      1 百万円    建物及び構築物                     - 百万円
     機械装置及び運搬具                     103      機械装置及び運搬具                     50
     土地                      0     土地                      ▶
     その他                      7     その他                     102
              計            113              計            157
     ※7 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
     建物及び構築物                     470  百万円    建物及び構築物                     750  百万円
     機械装置及び運搬具                     974      機械装置及び運搬具                    1,594
     その他                     45      その他                     495
              計           1,490               計           2,840
     ※8 減損損失

        当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日  至 平成28年3月31日)

        当社グループは、事業用の資産については管理会計の区分に基づき、工場別・製品別等の単位によりグルーピン
       グしております。
                                                 減損損失
          場所             用途             種類
                                                 (百万円)
     埼玉県入間市             遊休設備             建物及び構築物                        132
     ペルー共和国             遊休土地             鉱業用地                        132
     その他             製造設備、遊休資産             建物及び構築物等                         40
                                      合計(5件)                 305
        遊休設備については、収益性の低下により、投資額の回収が見込めなくなったことから、帳簿価額を回収可能価

       額まで減額しております。回収可能価額は正味売却価額により測定し、帳簿価額との差額を減損損失として特別損
       失に計上しております。正味売却価額は固定資産税評価額等に基づき算定しております。
        遊休土地については、今後の使用見込が無いため、帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。回収可能価
       額は正味売却価額により測定し、帳簿価額との差額を減損損失として特別損失に計上しております。正味売却価額
       は売却の可能性が極めて低いことから零として評価しております。
        その他に含まれる製造設備については、収益性の低下により、投資額の回収が見込めなくなったことから、帳簿
       価額を回収可能価額まで減額しております。回収可能価額は、使用価値により測定し、将来キャッシュ・フローを
       1.38%で割引いて算定しております。
        その他に含まれる遊休資産については、今後の使用見込が無く、市場価格が下落していることから、帳簿価額を
       回収可能価額まで減額しております。回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、固定資産税評価額等に
       基づき算定しております。
                                  66/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

        当社グループは、事業用の資産については管理会計の区分に基づき、工場別・製品別等の単位によりグルーピン
       グしております。
                                                 減損損失
          場所             用途             種類
                                                 (百万円)
                                建物及び構築物                        969
                                機械装置及び運搬具                        897
     広島県竹原市             電池材料製造設備
                                その他                         6
                                計                       1,874
     その他             製造設備、遊休資産             機械装置及び運搬具等                         169
                                      合計(5件)                2,044
        電池材料製造設備については、収益性の低下により、投資額の回収が見込めなくなったことから、資産グループ

       の帳簿価額を回収可能価額まで減額しております。回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、将来
       キャッシュ・フローを見込めないため、帳簿価額全額を減損損失として特別損失に計上しております。
        その他に含まれる製造設備については、収益性の低下により、投資額の回収が見込めなくなったことから、帳簿
       価額を回収可能価額まで減額しております。回収可能価額は、使用価値により測定し、将来キャッシュ・フローを
       16.00%で割引いて算定しております。将来キャッシュ・フローを見込めない場合は、使用価値を零として評価して
       おります。
        遊休資産については、今後の使用見込が無く、市場価格が下落していることから、帳簿価額を回収可能価額まで
       減額しております。回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、固定資産税評価額等に基づき算定してお
       ります。
     ※9 その他特別損失に含まれている引当金繰入額

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
     貸倒引当金繰入額                                 0 百万円               ― 百万円
     製品保証引当金繰入額                                142                 ―
     事業構造改善引当金繰入額                                121                116
                                  67/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                              △1,042    百万円             1,724   百万円
                                    △131                △523
      組替調整額
       税効果調整前
                                   △1,174                 1,200
       税効果額                                285               △263
       その他有価証券評価差額金                               △888                 937
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                               7,061              △11,205
                                   △2,124                 3,384
      組替調整額
       税効果調整前
                                    4,936               △7,821
                                    △931                1,235
       税効果額
       繰延ヘッジ損益                               4,005               △6,585
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                              △5,992                △3,111
      組替調整額                               △140                 -
       為替換算調整勘定                              △6,132                △3,111
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                               △534                △302
                                      96               151
      組替調整額
       税効果調整前
                                    △438                △151
                                     113                19
       税効果額
       退職給付に係る調整額                               △325                △131
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                               2,015               △3,244
                                   △2,089                 1,124
      組替調整額
       持分法適用会社に対する持分相当額                               △74              △2,119
        その他の包括利益合計                              △3,416               △11,011
                                  68/132









                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                                                  当連結会計年度末
                                                    株式数
                         期首株式数         増加株式数         減少株式数
                                                    (千株)
                          (千株)         (千株)         (千株)
     発行済株式
      普通株式                       572,966            ―         ―      572,966

             合計               572,966            ―         ―      572,966

     自己株式

      普通株式                        1,842          12         ―       1,855

             合計                1,842          12         ―       1,855

       (注)    普通株式の自己株式の株式数の増加                 12千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
      2.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                                1株当たり
        (決議)        株式の種類        配当金の総額                   基準日        効力発生日
                                 配当額
     平成27年6月26日
                普通株式       3,426百万円              6円   平成27年3月31日         平成27年6月29日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
        (決議)       株式の種類      配当金の総額       配当の原資                基準日        効力発生日
                                    配当額
     平成28年6月29日
               普通株式      3,426百万円       利益剰余金           6円  平成28年3月31日         平成28年6月30日
     定時株主総会
                                  69/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度        当連結会計年度末
                                                    株式数
                         期首株式数         増加株式数         減少株式数
                                                    (千株)
                          (千株)         (千株)         (千株)
     発行済株式
      普通株式                       572,966            ―         ―      572,966

             合計               572,966            ―         ―      572,966

     自己株式

      普通株式                        1,855           9         ―       1,865

             合計                1,855           9         ―       1,865

       (注)    普通株式の自己株式の株式数の増加                 9千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
      2.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                                1株当たり
        (決議)        株式の種類        配当金の総額                   基準日        効力発生日
                                 配当額
     平成28年6月29日
                普通株式        3,426百万円              6円   平成28年3月31日         平成28年6月30日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
        (決議)       株式の種類      配当金の総額       配当の原資                基準日        効力発生日
                                    配当額
     平成29年6月29日
               普通株式      3,997百万円       利益剰余金           7円  平成29年3月31日         平成29年6月30日
     定時株主総会
                                  70/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                              至    平成28年3月31日)              至    平成29年3月31日)
     現金及び預金勘定                              16,983   百万円             15,304   百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △334               △1,352
     現金及び現金同等物                              16,649                13,952
                                  71/132


















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、必要な資金を主に銀行借入やコマーシャル・ペーパー及び社債発行により調達しております。
       一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利
       用しており、投機的な取引は行っておりません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、グローバルに事業を展開
       していることから生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、原則として外貨建
       ての営業債務をネットしたポジションについて、その一部につき先物為替予約を利用してヘッジしております。投
       資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。また、その一部には、
       原料等の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、原則として外貨建ての営業
       債権をネットしたポジションについて、その一部につき先物為替予約を利用してヘッジしております。借入金のう
       ち、短期借入金及びコマーシャル・ペーパーは主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5年以
       内)と社債については、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。変動金利の借入金は、金利
       の変動リスクに晒されておりますが、このうち長期のものについては、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の
       固定化を図るために、個別契約ごとにデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段として利用しておりま
       す。
        デリバティブ取引は、将来の外貨建による製品(主として地金)の販売及びたな卸資産(主として輸入原材料)の購
       入、並びに外貨建金銭債権債務残高に係る為替相場の変動によるリスクを回避する目的で、為替予約取引及び通貨
       スワップ取引を利用しております。但し、通貨スワップ取引は為替相場によっては契約が消滅する可能性のある取
       引を含んでおります。これらのデリバティブ取引については、一部の在外子会社によるもの、外貨建金銭債権債務
       残高に係る為替相場の変動によるリスクを回避する目的で行われるものを除き、繰延ヘッジ処理、または振当処理
       によるヘッジ会計を適用しております。
        また、金融負債に係る将来の金利変動によるリスクを回避する目的で、借入金を対象とした金利スワップ取引を
       利用しております。これらのデリバティブ取引については、一部の在外子会社によるものを除き、繰延ヘッジ処理
       によるヘッジ会計を適用しております。
        さらに、国際相場の影響を受ける原材料・製品等の価格変動によるリスクを回避する目的で、金属先渡取引を利
       用しております。金属先渡取引については、一部の在外子会社によるものを除き繰延ヘッジ処理によるヘッジ会計
       を適用しております。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方
       法等については、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.会計方針に関する事項」に記載されて
       いる「(ト)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
        デリバティブ取引は、取扱取引の対象物の市場価格の変動に係るリスク(市場リスク)及び取引先の倒産等による
       契約不履行に係るリスク(信用リスク)を有しております。当社企業集団が利用している為替予約取引、通貨スワッ
       プ取引、金利スワップ取引及び金属先渡取引については、将来の為替相場、市場金利、金属相場の変動によるリス
       クがあります。なお、当社グループは、取引の対象物の価格に対するデリバティブ取引の時価の変動率が大きい特
       殊な取引は利用しておりません。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権である受取手形及び売掛金については、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取
        引先の信用状況を半期ごとに把握する体制としております。
         デリバティブ取引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関、商社等とのみ取
        引を行っております。
                                  72/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         外貨建ての営業債権については、為替の変動リスクに対して、原則として外貨建ての営業債務をネットしたポ
        ジションについて、その一部につき先物為替予約を利用してヘッジしております。外貨建ての営業債務は、原則
        として外貨建ての営業債権をネットしたポジションについて、その一部につき先物為替予約を利用してヘッジし
        ております。また、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しておりま
        す。
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握するとともに、取引先企業
        との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
         デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っております。通常の営業
        取引に係る為替予約取引及び金属先渡取引等は各事業部門ごとに行い、財務取引に係る為替予約取引及びスワッ
        プ取引等は経理部資金担当が行っております。これらの取引は、まず各部門のデリバティブ管理責任者がポジ
        ション及び決済の管理を行い、毎月営業取引に係るものは各事業部門長、財務取引に係るものは経理部長に取引
        の運用状況を報告しております。経理部会計担当は、上記報告について6ヶ月に1回、当該期間におけるデリバ
        ティブ取引の状況を社長に報告し、社長より指示あるいは方針がある場合は、各事業部門長及び経理部長を通じ
        て各部門のデリバティブ管理責任者に伝達することとしております。関係会社については、親会社の関係会社管
        理規則により、新規のデリバティブ取引開始に際しては親会社の主管事業部等と協議をさせるとともに、6ヶ月
        に1回、全ての関係会社から当該期間におけるデリバティブ取引の状況を親会社に報告させ、投機行為、実需に
        基づかないデリバティブ取引は行われていないことを確認しております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         当社グループではグループ金融を導入し、経理部で資金計画を作成するなどの方法により管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
        また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自
       体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  73/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2.参照)。
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)            差額(百万円)
                          (百万円)
     (1)  現金及び預金

                               16,983            16,983               ―
     (2)  受取手形及び売掛金

                               78,034            78,034               ―
     (3)  投資有価証券

                               11,073             9,812           △1,261
      資産計                        106,091            104,830            △1,261

     (1)  支払手形及び買掛金

                               38,394            38,394               ―
     (2)  短期借入金

                               51,289            51,347              58
     (3)  コマーシャル・ペーパー

                               3,000            3,000              ―
     (4)  1年内償還予定の社債

                               10,000            10,059              59
     (5)  社債

                               50,000            50,639              639
     (6)  長期借入金

                               77,444            78,184              739
      負債計                        230,127            231,625             1,497

      デリバティブ取引(※)                         4,118            4,118              ―

      (※)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債権であります。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)            差額(百万円)
                          (百万円)
     (1)  現金及び預金

                               15,304            15,304               ―
     (2)  受取手形及び売掛金

                               95,509            95,509               ―
     (3)  投資有価証券

                               12,524            12,718              193
      資産計                        123,338            123,532              193

     (1)  支払手形及び買掛金

                               41,842            41,842               ―
     (2)  短期借入金

                               56,914            56,997              82
     (3)  コマーシャル・ペーパー

                               18,000            18,000               ―
     (4)  1年内償還予定の社債

                               10,000            10,065              65
     (5)  社債

                               50,000            50,510              510
     (6)  長期借入金

                               72,507            72,951              444
      負債計                        249,264            250,368             1,103

      デリバティブ取引(※)                        (3,734)            (3,734)               ―

      (※)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
        ては( )で示しております。
                                  74/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
         (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (3)  投資有価証券

           これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関等から
          提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有
          価証券関係」をご参照下さい。
         負 債

         (1)  支払手形及び買掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         (2)  短期借入金及び(3)         コマーシャル・ペーパー

           これらのうち、1年内返済予定の長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定さ
          れる利率で割り引いて算定する方法によっております。
           その他のものは、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
          ております。
         (4)  1年内償還予定の社債及び(5)              社債

           これらの時価については、セカンダリー(気配値)の流通利回りで割り引いて算定する方法によっておりま
          す。
         (6)  長期借入金

           これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
          算定する方法によっております。
         デリバティブ取引

          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額(百万円)

                区分              平成28年3月31日                 平成29年3月31日
         非上場株式                             65,240                 56,765
         その他の関係会社有価証券                             35,559                 35,559
         非公募の内国債券                               240                 240
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                                投資
         有価証券」には含めておりません。
                                  75/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                       1年超       5年超
                                1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                     (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
         現金及び預金                         16,983          ―       ―       ―
         受取手形及び売掛金                         78,034          ―       ―       ―

         投資有価証券

          その他有価証券のうち満期があるもの

          (1)  債券(国債・地方債等)

                                    ―       ―       ―      240
                  合計               95,018          ―       ―      240

         当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                       1年超       5年超
                                1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                     (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
         現金及び預金                         15,304          ―       ―       ―

         受取手形及び売掛金                         95,509          ―       ―       ―

         投資有価証券

          その他有価証券のうち満期があるもの

          (1)  債券(国債・地方債等)

                                    ―       ―       ―      240
                  合計               110,813          ―       ―      240

                                  76/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         4.  社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
         前連結会計年度(平成28年3月31日)
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         社債               10,000      10,000      10,000      10,000      20,000         ―
         長期借入金               19,739      25,059      22,322      23,421       4,340      2,302
         その他の有利子負債
          コマーシャル・ペーパー               3,000        ―      ―      ―      ―      ―
              合計          32,739      35,059      32,322      33,421      24,340       2,302
         (注)    社債には、1年内償還予定の社債を含めております。また、長期借入金には、1年内返済予定の長期借
            入金を含めております。
         当連結会計年度(平成29年3月31日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         社債               10,000      10,000      10,000      20,000      10,000         ―
         長期借入金               25,006      22,720      25,666       6,001      12,037       6,080
         その他の有利子負債
          コマーシャル・ペーパー              18,000         ―      ―      ―      ―      ―
              合計          53,006      32,720      35,666      26,001      22,037       6,080
         (注)    社債には、1年内償還予定の社債を含めております。また、長期借入金には、1年内返済予定の長期借
            入金を含めております。
                                  77/132












                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1.その他有価証券
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                              連結貸借対照表
                      種類                  取得原価(百万円)           差額(百万円)
                              計上額(百万円)
                  (1)  株式
                                    4,998          2,026          2,971
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債等                   ―          ―          ―
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                   ―          ―          ―
     の
                   ③ その他                   ―          ―          ―
                  (3)  その他
                                      ―          ―          ―
                      小計              4,998          2,026          2,971
                  (1)  株式
                                    1,106          1,445          △339
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債等                   ―          ―          ―
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ② 社債                   ―          ―          ―
     もの
                   ③ その他                   ―          ―          ―
                  (3)  その他
                                      ―          ―          ―
                      小計              1,106          1,445          △339
                合計                    6,104          3,472          2,632
      (注)  非上場株式(連結貸借対照表計上額4,994百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  78/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成29年3月31日)
                              連結貸借対照表
                      種類                  取得原価(百万円)           差額(百万円)
                              計上額(百万円)
                  (1)  株式
                                    5,996          2,127          3,869
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債等                   ―          ―          ―
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                   ―          ―          ―
     の
                   ③ その他                   ―          ―          ―
                  (3)  その他
                                      ―          ―          ―
                      小計              5,996          2,127          3,869
                  (1)  株式
                                    1,142          1,211           △68
                  (2)  債券
                   ① 国債・地方債等                   ―          ―          ―
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ② 社債                   ―          ―          ―
     もの
                   ③ その他                   ―          ―          ―
                  (3)  その他
                                      ―          ―          ―
                      小計              1,142          1,211           △68
                合計                    7,139          3,338          3,800
      (注)  非上場株式(連結貸借対照表計上額5,593百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
          めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  79/132












                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2.連結会計年度中に売却したその他有価証券
       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                           売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
            種類
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  株式
                               1,278            1,170              17
     (2)  債券
      ① 国債・地方債等                           ―            ―            ―
      ② 社債                           ―            ―            ―
      ③ その他                           ―            ―            ―
     (3)  その他
                                 ―            ―            ―
            合計                   1,278            1,170              17
       当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                           売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
            種類
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  株式
                                746            573             0
     (2)  債券
      ① 国債・地方債等                           ―            ―            ―
      ② 社債                           ―            ―            ―
      ③ その他                           ―            ―            ―
     (3)  その他
                                 ―            ―            ―
            合計                    746            573             0
                                  80/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1.  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                    契約額等の
                             契約額等                 時価       評価損益
         区分          取引の種類
                                    うち1年超
                             (百万円)               (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
                  売建

      市場取引以外の取引             米ドル

                                1,243          ―       36        36
                  買建

                   米ドル

                                  6        ―       △0        △0
      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                    契約額等の
                             契約額等                 時価       評価損益
         区分          取引の種類
                                    うち1年超
                             (百万円)               (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
      市場取引以外の取引            売建

                   米ドル

                                1,547          ―       25        25
      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  81/132











                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2.  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象
                                            うち1年超
                                     (百万円)               (百万円)
                                            (百万円)
                為替予約取引
                  売建           売掛金
                   米ドル
                                       44,760        11,205        2,348
                  買建           買掛金
     原則的処理方法
                   米ドル
                                        1,520         136       △37
                   ユーロ
                                         23        ―       △1
                   マレーシアリン
                                          8        ―       △0
                   ギット
                為替予約取引
     為替予約等の振当処理            売建           売掛金
                   米ドル
                                         101         ―   (注2)
      (注)   1.時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため
          その時価は、当該売掛金の時価に含めています。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象
                                            うち1年超
                                     (百万円)               (百万円)
                                            (百万円)
                為替予約取引
                  売建           売掛金
                   米ドル
                                       51,491        16,009         751
                   マレーシアリン
     原則的処理方法
                                         58        ―        0
                   ギット
                  買建           買掛金
                   米ドル
                                        3,034          ―      △13
                   ユーロ
                                         45        ―       △0
                為替予約取引
     為替予約等の振当処理            売建           売掛金
                   米ドル
                                         97        ―   (注2)
      (注)   1.時価の算定方法
          取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため
          その時価は、当該売掛金の時価に含めています。
                                  82/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (2)  金利関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象
                                            うち1年超
                                     (百万円)               (百万円)
                                            (百万円)
                金利スワップ取引
     原則的処理方法
                  受取変動・
                            長期借入金
                                        1,509         377        △2
                   支払固定
      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象
                                            うち1年超
                                     (百万円)               (百万円)
                                            (百万円)
                金利スワップ取引
     原則的処理方法
                  受取変動・
                            長期借入金
                                         373         ―        0
                   支払固定
      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  83/132














                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (3)  商品関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                 うち1年超
                                    (百万円)                (百万円)
                                            (百万円)
                金属先渡取引            原料・製品
                  売建

                   亜鉛

                                       22,397          ―      1,668
                   鉛

                                        3,053          ―       162
                   銀                      766         ―       △0

     原則的処理方法
                   銅                      248         ―        2
                  買建

                   亜鉛

                                        1,681          ―       13
                   鉛

                                        1,046          ―      △61
                   銅                      237         ―       △4

      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関及び商社等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等の
                                     契約額等                時価
      ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                 うち1年超
                                    (百万円)                (百万円)
                                            (百万円)
                金属先渡取引            原料・製品
                  売建

                   亜鉛

                                       38,488        12,314       △4,445
                   鉛

                                        2,162          ―      △45
                   銀                     1,502          ―      △40

     原則的処理方法
                   銅                      244         ―       △0
                  買建

                   亜鉛

                                        2,232          ―      △47
                   鉛

                                        1,335          ―       82
                   銅                      246         ―       △1

      (注)    時価の算定方法
         取引先金融機関及び商社等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  84/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度及び確定給付企業年金法に基づく規約型企
      業年金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債
      務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
       なお、一部の在外連結子会社は、確定給付型制度の他、確定拠出型制度を設けております。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                               38,865百万円              43,867百万円
        勤務費用                              2,183              2,440
        利息費用                               350              145
        数理計算上の差異の発生額                              3,350               708
        退職給付の支払額                             △1,757              △2,238
        過去勤務費用の発生額                                87             100
        その他                               787              101
       退職給付債務の期末残高                               43,867              45,125
       (注)    一部の子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       年金資産の期首残高                               19,702百万円              21,695百万円
        期待運用収益                               827              379
        数理計算上の差異の発生額                              △811               238
        事業主からの拠出額                              1,581              1,558
        退職給付の支払額                              △472              △796
        その他                               868              65
       年金資産の期末残高                               21,695              23,140
      (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

        産の調整表
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                               19,584百万円              19,943百万円
       年金資産                              △21,695              △23,140
                                     △2,110              △3,197
       非積立型制度の退職給付債務                               24,282              25,181
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               22,171              21,984
       退職給付に係る負債                               25,470              25,923

       退職給付に係る資産                              △3,298              △3,939
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               22,171              21,984
                                  85/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       勤務費用                               2,183百万円              2,440百万円
       利息費用                                350              145
       期待運用収益                               △827              △379
       数理計算上の差異の費用処理額                               4,161               470
       過去勤務費用の費用処理額                                 87             100
       確定給付制度に係る退職給付費用                               5,955              2,777
       (注)    簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「勤務費用」に計上しております。
      (5)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       過去勤務費用                                 9百万円            △55百万円
       数理計算上の差異                               △448              △96
       合計                               △438              △151
      (6)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                100百万円              155百万円
       未認識数理計算上の差異                                577              673
       合計                                677              828
       (注)    上記は当社及び連結子会社に関するものであり、退職給付に係る調整累計額には、上記のほか、持分法適用
         会社の未認識項目(持分相当額)が計上されております。
      (7)  年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       債券                                    34%              34%
       株式                                    29%              31%
       生命保険一般勘定                                    35%              32%
       その他                                    2%              3%
       合計                                   100%              100%
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
                                  86/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項
        主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       割引率                                0.0%~0.9%              0.0%~0.9%
       長期期待運用収益率                               主として4.7%              主として2.0%
      3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度127百万円、当連結会計年度120百万円であ
       ります。
                                  87/132

















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産
        貸倒引当金                            101百万円            86百万円
        賞与引当金                           1,326           1,419
        製品保証引当金                            241           215
        退職給付に係る負債                           7,661           7,862
        環境対策引当金                            405           380
        減損損失                           2,387           2,843
        減価償却限度超過額                           4,260           2,904
        未払事業税                            131           344
        未実現損益                           2,193           2,584
        繰越欠損金                          13,854           11,059
        その他有価証券評価差額金                            133            28
        繰延ヘッジ損益                            58          1,606
                                  5,877           6,140
        その他
       繰延税金資産小計
                                  38,632           37,476
       評価性引当額                          △29,984           △26,901
       繰延税金資産合計
                                  8,648           10,574
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                           △901          △1,163
        繰延ヘッジ損益                          △1,323             △450
        海外子会社留保利益                          △3,780           △3,598
        退職給付に係る資産                          △1,013           △1,214
                                 △2,232           △2,302
        その他
       繰延税金負債合計                           △9,250           △8,728
       繰延税金資産(負債)の純額                            △601           1,846
       (注)   前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれ
          ております。
                               前連結会計年度            当連結会計年度

                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       流動資産―繰延税金資産                            2,475百万円           4,349百万円
       固定資産―繰延税金資産                            2,183           2,715
       流動負債―繰延税金負債                              ―          △27
       固定負債―繰延税金負債                           △5,261           △5,191
                                  88/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
       た主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                                    ―%          30.7%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                              ―          0.7
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              ―         △17.2
       受取配当金連結消去に伴う影響額                              ―          17.0
       持分法による投資損益                              ―          7.5
       評価性引当金                              ―         △11.1
       税率変更による期末繰延税金資産の増額修正                              ―         △0.1
                                    ―         △3.0
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    ―          24.4
       (注)   前連結会計年度は税金等調整前当期純損失のため注記を省略しております。
      3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の一
       部を改正する法律」及び「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方
       交付税法の一部を改正する法律等の一部を改正する法律」が平成28年11月18日に国会で成立したことに伴い、当連
       結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用した法定実効税率は、前連結会計年度のものから変更さ
       れております。
        その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は21百万円増加し、当連結会計年度に計
       上された法人税等調整額が21百万円減少しております。
                                  89/132












                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
     資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      イ.当該資産除去債務の概要
        当社グループは、主に以下の資産除去債務を有しております。
        ・海外鉱山において現地法令が規定する閉山時の原状回復に係る債務
        ・事業用資産において石綿法による建物の解体時の石綿の除去に係る債務
        ・不動産賃借契約に基づく事務所等の退去時における原状回復に係る債務
      ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法

       (鉱山)
         Compania     Minera    Santa   Luisa   S.A.は、国際財務報告基準に則り、ペルー国の閉山法が規定する鉱山の閉山計
        画に基づき、閉山費用を合理的に見積り、資産除去債務を計上しております。資産除去債務の見積りにあたり、
        支出までの見込み期間は操業開始時からの採掘可能年数(平均41年)によっており、割引率は2.45%を採用してお
        ります。
         なお、当連結会計年度中に閉山費用の見積りについて変更を行っており、前連結会計年度で採用していた割引
        率(2.27%)についても見直しを行っております。これらに伴う増加額200百万円を資産除去債務の残高に加算して
        おります。
       (石綿)
         解体時の撤去費用の支出見込期間を資産に応じて取得から2~31年間と見積り、割引率は0.64~2.30%を使用
        して資産除去債務の金額を計算しております。
       (不動産賃借契約)
         資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃借契約に関する敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金
        額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。こ
        の見積りにあたり、入居から3~21年間を採用しております。
         当連結会計年度において、敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額として算定した金額は、88百万
        円であります。
      ハ.当連結会計年度における当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
         期首残高                          3,018百万円                 3,015百万円
         時の経過による調整額                           58                 55
         資産除去債務の履行による減少額                          △80                 △18
         見積りの変更による増減額(△は減少)                           391                 200
         為替換算影響額                          △372                 △28
         期末残高                          3,015                 3,224
                                  90/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
       の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内及び
       海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        従って、当社は、事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「機能材料事
       業」、「金属事業」、「自動車部品事業」及び「関連事業」の4つを報告セグメントとしております。
        各セグメントの主要製品は以下のとおりであります。
        なお、当年度より、主要製品等の記載内容を見直しております。
        セグメント                          主要製品等
              電池材料(水素吸蔵合金など) 

              排ガス浄化触媒
              機能粉(電子材料用金属粉、酸化タンタルなど)   
       機能材料
              銅箔(キャリア付極薄銅箔、プリント配線板用電解銅箔など)
              スパッタリングターゲット(ITOなど)
              セラミックス製品
       金属       亜鉛、鉛、銅、金、銀、資源リサイクル

       自動車部品       自動車用ドアロック

              ダイカスト製品、粉末冶金製品、伸銅品、パーライト製品

       関連
              各種産業プラントエンジニアリングなど
        (報告セグメントの名称変更)

         当連結会計年度より、「自動車機器」から「自動車部品」にセグメントの名称を変更しております。また、前
        連結会計年度のセグメント情報については、変更後のセグメントの名称で記載しております。当該変更によるセ
        グメント情報に与える影響はありません。
        (連結子会社の決算日の変更)

         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項に記載のとおり、従来、連結子会社のうち決算日が12月31日
        であったMitsui        Kinzoku    Components      India   Private    Limited及び、Automotive             Components      Technology      India
        Private    Limitedは同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引について必要な調整を
        行っていましたが、当連結会計年度より、決算日を3月31日に変更しております。
         この決算期変更に伴い、当連結会計年度の連結損益計算書は、平成28年1月1日から平成29年3月31日までの
        15ヶ月間を連結しており、決算期を変更した連結子会社の平成28年1月1日から平成28年3月31日までの売上高
        は機能材料で2,442百万円、自動車部品で360百万円、セグメント利益又は損失(△)は機能材料で494百万円、自
        動車部品で△67百万円であります。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、在外子会社等の収益、費用及び資産の本邦通貨への換算処
       理の取扱いを除き、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。
        在外子会社等の収益、費用及び資産の本邦通貨への換算処理の取扱いについては、主に予算作成時において想定
       した為替相場に基づいた数値であります。
        事業セグメントの利益は経常利益をベースとした数値であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。
                                  91/132



                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                                       連結
                           報告セグメント
                                                調整額      財務諸表
                  機能            自動車
                                                (注1)      計上額
                        金属             関連       計
                  材料             部品
                                                       (注2)
      売上高
       外部顧客への
                  138,408      118,164      114,448       80,164      451,186       △ 633    450,553
       売上高
       セグメント間
                   5,656      11,621             27,065      44,344     △ 44,344
       の内部売上高                          ―                         ―
       又は振替高
                  144,065      129,786      114,448      107,230      495,531      △ 44,977      450,553
          計
      セグメント利益
                   3,771      △ 366     5,415      3,324      12,145     △ 23,429     △ 11,284
      又は損失(△)
                  130,800      202,950       66,855      88,189      488,795      △ 3,995     484,800
      セグメント資産
      その他の項目
                   9,698      7,245      4,354      2,464      23,762       1,303      25,066
       減価償却費
       のれんの償却額
                          31                   31      △ 1      30
       及び負ののれん             ―             ―      ―
       償却額(△)
                    249      170       77      195      692     △ 425      266
       受取利息
                    599     1,173       268      311     2,352      △ 553     1,799
       支払利息
       持分法投資利益
                    300    △ 3,279       △ 1      9   △ 2,970     △ 19,402     △ 22,372
       又は損失(△)
       持分法適用会社
                   2,927      81,986             12,418      97,332       2,161      99,493
                                 ―
       への投資額
       有形固定資産
                   6,865      11,413       4,976      2,418      25,673       3,164      28,837
       及び無形固定
       資産の増加額
      (注)   1.調整額は以下のとおりであります。
         (1)  外部顧客への売上高の調整額は、主に在外子会社の売上高の本邦通貨への換算処理における差額(予算作
            成時において想定した為替相場と期中平均為替相場との差)であります。セグメント利益又は損失(△)の
            調整額△23,429百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△4,337百万円、持分法適用会
            社の子会社における銅鉱床開発プロジェクトに係る減損損失△19,278百万円が含まれております。全社費
            用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び試験研究費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額△3,995百万円には、本社管理部門に対する債権の相殺消去△16,927百万円、セ
            グメント間債権の相殺消去△15,985百万円、各報告セグメントに配分していない全社資産43,149百万円及
            びその他の調整額△14,231百万円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属していな
            い本社資産であります。
         (3)  その他の項目の持分法投資利益又は損失(△)の調整額△19,402百万円には、持分法適用会社の子会社にお
            ける銅鉱床開発プロジェクトに係る減損損失△19,278百万円が含まれております。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の経常利益と調整を行っております。
                                  92/132






                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                                       連結
                           報告セグメント
                                                調整額      財務諸表
                  機能            自動車
                                                (注1)      計上額
                        金属             関連       計
                  材料             部品
                                                       (注2)
      売上高
       外部顧客への
                  139,836      123,388      113,199       76,454      452,879      △ 16,549      436,330
       売上高
       セグメント間
                   5,942      16,258             37,015      59,216     △ 59,216
       の内部売上高                          ―                         ―
       又は振替高
                  145,779      139,647      113,199      113,469      512,095      △ 75,765      436,330
          計
                  15,925       8,477      6,188      5,684      36,276      △ 5,228      31,047
      セグメント利益
                  133,436      239,777       65,755      94,539      533,509      △ 14,527      518,981
      セグメント資産
      その他の項目
                   9,401      7,851      4,292      2,523      24,069        344     24,414
       減価償却費
       のれんの償却額
                          24                   24      △ 3      20
       及び負ののれん             ―             ―      ―
       償却額(△)
                    273      120       86      136      617     △ 352      264
       受取利息
                    458     1,009       236      241     1,946      △ 448     1,497
       支払利息
       持分法投資利益
                    391    △ 7,608             1,018     △ 6,198      △ 104    △ 6,303
                                 ―
       又は損失(△)
       持分法適用会社
                   3,242      73,705             13,405      90,352        525     90,877
                                 ―
       への投資額
       有形固定資産
                  13,164      16,846       5,152      2,316      37,479        238     37,718
       及び無形固定
       資産の増加額
      (注)   1.調整額は以下のとおりであります。
         (1)  外部顧客への売上高の調整額は、主に在外子会社の売上高の本邦通貨への換算処理における差額(予算作
            成時において想定した為替相場と期中平均為替相場との差)であります。セグメント利益の調整額    
            △5,228百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△1,596百万円、在外子会社等の収益及
            び費用の本邦通貨への換算処理における差額△2,141百万円が含まれております。全社費用は、主に報告
            セグメントに帰属しない一般管理費及び試験研究費であります。
         (2)  セグメント資産の調整額△14,527百万円には、本社管理部門に対する債権の相殺消去△19,096百万円、セ
            グメント間債権の相殺消去△22,690百万円、各報告セグメントに配分していない全社資産43,256百万円及
            びその他の調整額△15,997百万円が含まれております。全社資産は、主に報告セグメントに帰属していな
            い本社資産であります。
        2.セグメント利益は、連結財務諸表の経常利益と調整を行っております。
                                  93/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                   (単位:百万円)
                          アジア
         日本         中国                  北米       その他の地域           合計
                         (中国除く)
          252,626         61,029         77,036         45,303         14,556        450,553
      (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
          日本          アジア           北米         その他の地域             合計
            114,337           36,135           6,916           5,541          162,931

      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるもの
       がないため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
        報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                   (単位:百万円)
                          アジア
         日本         中国                  北米       その他の地域           合計
                         (中国除く)
          244,462         57,143         77,428         42,705         14,590        436,330
      (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
          日本          アジア           北米         その他の地域             合計
            122,938           34,690           6,613           5,155          169,397

      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるもの
       がないため、記載を省略しております。
                                  94/132





                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
              機能材料         金属      自動車部品         関連      全社・消去         合計
                          139                165        △ 0       305

      減損損失             ―                ―
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
              機能材料         金属      自動車部品         関連      全社・消去         合計
                 1,927         20        96                      2,044

      減損損失                                    ―        ―
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
              機能材料         金属      自動車部品         関連      全社・消去         合計
      当期償却額             ―       30        ―        ―        ―       30

                           27                               27

      当期末残高             ―                ―        ―        ―
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
              機能材料         金属      自動車部品         関連      全社・消去         合計
                           20                               20

      当期償却額             ―                ―        ―        ―
                           ▶                               ▶

      当期末残高             ―                ―        ―        ―
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
                                  95/132








                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (関連当事者情報)
     1.関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                 議決権等
                      資本金
                           事業の内容      の所有     関連当事者           取引金額         期末残高
          会社等の名称
      種類          所在地     又は出資金                      取引の内容          科目
           又は氏名                 又は職業     (被所有)      との関係          (百万円)         (百万円)
                      (百万円)
                                 割合(%)
                                     当社製品の販
                                     売
                                     同社製品の購
                                           債務保証
          パ ン パ シ             銅製錬事業
                                     入
               東京都千代                 (所有)                  59,656           ―
                                                       ―
     関連会社     フィック・             105,683    関連製品の                (注1)
               田区                 直接 32.2
                                     同社製品の製
          カッパー㈱                 製造・販売
                                     造受託
                                     役員の兼任等
                                     (兼任・転籍)
          SCM  Minera
                           カセロネス
          Lumina
                           銅・モリブ
               Santiago,                            債務保証
     関連会社                2,050,731千米
          Copper                 デン鉱床権       なし    債務保証            35,755           ―
                                                       ―
     の子会社          Chile         ドル                   (注1)
                           益の保有・
          Chile
                           開発
          (注2)
                           カセロネ
                           ス・プロ
                           ジェクト必
                           要資金の市
          Caserones
                           中銀行団か
          Finance
                           らの借入、
               Amsterdam,        15,963千                    債務保証
     関連会社
          Netherlands                        なし    債務保証             8,105          ―
                                                       ―
                           及びSCM
     の子会社
               Netherlands        米ドル                   (注1)
          B.V.
                           Minera
          (注3)
                           Lumina
                           Copper
                           Chile社へ
                           の転貸
     取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.    債務保証料については、銀行借入等につき債務保証を行ったものであり、一般的な保証料を勘案した債務保
         証料を受領しております。
      (注)2.    SCM  Minera    Lumina    Copper    Chileは当社の関連会社パンパシフィック・カッパー㈱の77.37%子会社でありま
         す。
      (注)3.    Caserones     Finance    Netherlands      B.V.は当社の関連会社パンパシフィック・カッパー㈱の75%子会社であり
         ます。
                                  96/132









                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                 議決権等
                      資本金
                           事業の内容      の所有                取引金額         期末残高
          会社等の名称                            関連当事者と
      種類          所在地     又は出資金                      取引の内容          科目
           又は氏名                            の関係
                           又は職業     (被所有)                (百万円)         (百万円)
                      (百万円)
                                 割合(%)
                                     当社製品の販
                                     売
                                     同社製品の購
                                           債務保証
          パ ン パ シ             銅製錬事業
                                     入
               東京都千代                 (所有)                  69,601
                                                       ―    ―
     関連会社     フィック・             105,683    関連製品の                (注1)
               田区                 直接 32.2
                                     同社製品の製
          カッパー㈱                 製造・販売
                                     造受託
                                     役員の兼任等
                                     (兼任・転籍)
                           カセロネス
          SCM  Minera
                           鉱山におけ
          Lumina
               Santiago,                            債務保証
     関連会社                3,468,428千米      る銅精鉱・
          Copper                        なし    債務保証            31,717
                                                       ―    ―
     の子会社                   ドル  モリブデン
               Chile                            (注1)
          Chile
                           精鉱及び電
          (注2)
                           気銅の生産
                           カセロネ
                           ス・プロ
                           ジェクト必
                           要資金の市
          Caserones
                           中銀行団か
          Finance
                           らの借入、
               Amsterdam,        15,963千                    債務保証
     関連会社
          Netherlands                        なし    債務保証             7,635
                                                       ―    ―
                           及びSCM
     の子会社
               Netherlands        米ドル                   (注1)
          B.V.
                           Minera
          (注3)
                           Lumina
                           Copper
                           Chile社へ
                           の転貸
     取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.    債務保証料については、銀行借入等につき債務保証を行ったものであり、一般的な保証料を勘案した債務保
         証料を受領しております。
      (注)2.    SCM  Minera    Lumina    Copper    Chileは当社の34%関連会社であるMFN投資合同会社の53.13%(間接保有)子会
         社であります。
      (注)3.      Caserones     Finance    Netherlands      B.V.は当社の関連会社パンパシフィック・カッパー㈱の75%子会社であり
         ます。
                                  97/132










                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
     2.重要な関連会社に関する注記
      (1)  重要な関連会社の要約財務情報
        当連結会計年度において、重要な関連会社はパンパシフィック・カッパー㈱及びMFN投資合同会社であり、その要
       約財務情報は以下のとおりであります。
                                      (単位:百万円)  
                          パンパシフィック・カッパー㈱
                       前連結会計年度             当連結会計年度
       流動資産合計                      242,488             279,527
       固定資産合計                      131,148             141,780
       流動負債合計                      269,926             276,231

       固定負債合計                        850           35,335
       純資産合計                      102,860             109,741

       売上高                      633,986             638,649

       税引前当期純利益金額又は
                             △81,019              8,945
       税引前当期純損失金額(△)
       当期純利益金額又は
                             △86,381              5,880
       当期純損失金額(△)
                                      (単位:百万円)  

                             MFN投資合同会社
                       前連結会計年度             当連結会計年度
       流動資産合計                      14,905             6,397
       固定資産合計                      163,639             185,855
       流動負債合計                      14,896             6,378

       固定負債合計                      59,054             81,270
       純資産合計                      104,593             104,603

       売上高                         ―             ―

       税引前当期純利益金額                         ▶             6
       当期純利益金額                         1             3
                                  98/132







                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                           至 平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                     296円85銭      1株当たり純資産額                     304円64銭
     1株当たり当期純損失金額(△)                     △36円64銭      1株当たり当期純利益金額                      32円70銭

      (注)   1.当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載し
          ておりません。なお、前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり
          当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)             至 平成29年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                        △20,926              18,674
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)(百万円)
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―             ―
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益又は
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                   △20,926              18,674
     (百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                 571,115,261             571,105,626
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)             至 平成29年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                    179,566             184,421
     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    10,029             10,439

     (うち非支配株主持分(百万円))                                    (10,029)             (10,439)

     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                    169,537             173,982

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                       571,110,769             571,101,116
     普通株式の数(株)
                                  99/132









                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
        (単元株式数の変更、株式併合)
         当社は、平成29年5月18日開催の取締役会において、平成29年6月29日開催の第92期定時株主総会に、単元株
        式数の変更および株式併合に関する議案を付議することを決議し、同株主総会において承認可決されておりま
        す。
         1.単元株式数の変更

          (1)変更の理由
            全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を発表し、平成30年10月1日までに、国内上
           場会社の普通株式の売買単位を100株に統一することを目指しております。当社は東京証券取引所に上場
           する企業としてこの趣旨を尊重し、当社株式の売買単位を1,000株から100株に変更することといたしまし
           た。
          (2)変更の内容

            単元株式を1,000株から100株に変更いたします。
         2.株式併合

          (1)併合の目的
            上記1.に記載のとおり、全国証券取引所による「売買単位の集約に向けた行動計画」への対応とし
           て、単元株式数を1,000株から100株へ変更するにあたり、証券取引所が望ましいとする投資単位の水準
           (5万円以上50万円未満)を維持することを目的として、株式の併合を行うものであります。
          (2)併合の内容

            ①併合する株式の種類
             普通株式
            ②併合の比率 
             平成29年10月1日をもって、同年9月30日の最終の株主名簿に記載された株主の所有株式について、
            10株につき1株の割合で併合いたします。
            ③併合により減少する株式数
              併合前の発行済株式総数(平成29年3月31日現在)                           572,966,166株
              併合により減少する株式数                           515,669,550株
              併合後の発行済株式総数                            57,296,616株
             (注)「併合により減少する株式数」および「併合後の発行済株式総数」は「併合前の発行済株式総
                 数」および併合の割合から算出した理論値であります。
            ④1株未満の端数が生じる場合の処理
             本株式併合の結果、1株に満たない端数が生じた場合には、会社法第235条の定めに従い一括して処
            分し、その処分代金を端数が生じた株主に対して、端数の割合に応じて交付いたします。
         3.日程

           取締役会決議日           平成29年5月18日
           株主総会開催日           平成29年6月29日
           効力発生日           平成29年10月1日
                                100/132




                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
         4.1株当たり情報に及ぼす影響
           本株式併合が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の、前連結会計年度および当連結会計年度
          における1株当たり情報は以下のとおりであります。
                   前連結会計年度                        当連結会計年度
                 (自 平成27年4月1日                        (自 平成28年4月1日
                  至 平成28年3月31日)                        至 平成29年3月31日)
           1株当たり純資産額                 2,968円55銭       1株当たり純資産額                 3,046円43銭
           1株当たり当期純損失金額(△)                 △366円42銭       1株当たり当期純利益金額                  326円98銭

           (注)当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないた
              め記載しておりません。なお、前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につい
              ては、1株当たり当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                101/132
















                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                        担保     償還期限
                               (百万円)      (百万円)      (%)
                         平成23年                             平成28年
               第10回無担保国内
        当社                        10,000         ―   0.76     なし
               普通社債
                         11月29日                             11月29日
                         平成24年                             平成29年
               第11回無担保国内                        10,000
         〃                        10,000            0.74     なし
               普通社債                        (10,000)
                         11月29日                             11月29日
                         平成25年                             平成30年
               第12回無担保国内
         〃                        10,000       10,000     0.79     なし
               普通社債
                         6月4日                             6月4日
                         平成25年                             平成32年
               第13回無担保国内
         〃                        10,000       10,000     0.76     なし
               普通社債
                         11月28日                             11月27日
                         平成26年                             平成31年
               第14回無担保国内
                                 10,000
         〃                              10,000     0.27     なし
               普通社債
                         12月16日                             12月16日
                         平成27年                             平成32年
               第15回無担保国内
         〃                        10,000       10,000     0.39     なし
               普通社債
                         12月15日                             12月15日
                         平成28年                             平成33年
               第16回無担保国内
         〃                          ―    10,000     0.20     なし
               普通社債
                         11月28日                             11月26日
                                 60,000       60,000
        合計           ―        ―                  ―     ―      ―
                                (10,000)      (10,000)
      (注)   1.連結決算日後5年内における償還予定額は以下のとおりであります。
             1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                10,000          10,000          10,000          20,000          10,000
        2.( )内の金額は、1年以内に償還が予定されている社債であり、内数であります。
                                102/132













                                                           EDINET提出書類
                                                      三井金属鉱業株式会社(E00024)
                                                            有価証券報告書
        【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                        (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                     31,550         31,908          0.59        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     19,739         25,006          0.65        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       541         392          ―      ―

                                                  平成30年4月
     長期借入金(1年以内に返済予定
                           77,444         72,507          0.55
     のものを除く。)
                                                 ~平成38年9月
                                                  平成30年4月
     リース債務(1年以内に返済予定
                           1,574         1,326           ―
     のものを除く。)
                                                 ~平成37年3月
     その他有利子負債
      コマーシャル・ペーパー
                           3,000        18,000         △0.00         ―
      (1年以内返済予定)
      預り金(1年以内返済予定)                      7,463         8,402         0.44        ―
            合計              141,311         157,542            ―      ―
      (注)   1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
          連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額
          は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内 &