鉄建建設株式会社 有価証券報告書 第76期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第76期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)
提出日
提出者 鉄建建設株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月29日
      【事業年度】                    第76期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【会社名】                    鉄建建設株式会社
      【英訳名】                    TEKKEN    CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 林 康雄
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区三崎町二丁目5番3号
      【電話番号】                    03(3221)2158
      【事務連絡者氏名】                    管理本部経理部長 金井 陽一
      【縦覧に供する場所】                    鉄建建設株式会社 関越支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地7)
                         鉄建建設株式会社 東関東支店
                         (千葉市中央区新千葉一丁目7番3号)
                         鉄建建設株式会社 横浜支店
                         (横浜市中区不老町二丁目9番2号)
                         鉄建建設株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
                         鉄建建設株式会社 大阪支店
                         (大阪市北区堂島一丁目5番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)         126,609       137,281       150,672       171,243       165,053
     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (百万円)          △ 871      2,049       3,619       2,627       6,148
     (△)
     親会社株主に帰属する当期
     純利益又は親会社株主に帰             (百万円)         △ 1,234       1,250       1,467       1,271       3,998
     属する当期純損失(△)
                   (百万円)          3,401       2,649       8,483       1,189       4,089
     包括利益
                   (百万円)         34,580       36,138       44,505       45,448       49,220
     純資産額
                   (百万円)         162,082       166,426       181,367       183,672       183,730
     総資産額
                    (円)        219.17       229.00       282.48       288.58       312.70
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失              (円)        △ 7.91       8.01       9.40       8.15       25.61
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         21.1       21.5       24.3       24.5       26.6
     自己資本比率
                    (%)         △ 3.8       3.6       3.7       2.9       8.5
     自己資本利益率
                    (倍)          -      34.8       44.1       33.3       13.1
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 7,982       1,876      △ 1,648      △ 3,112       19,747
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)          △ 387      △ 319     △ 3,503         16     △ 1,164
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)          2,193       △ 310      1,394       3,265      △ 11,218
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         13,077       14,324       10,675       10,795       18,173
     残高
                            1,770       1,729       1,715       1,716       1,755
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 154  ]     [ 205  ]     [ 236  ]     [ 302  ]     [ 352  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
         2.第73期、第74期、第75期及び第76期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存
           在していないため記載していません。また、第72期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
           は、1株当たり当期純損失金額であり、また潜在株式が存在しないため記載していません。
         3.第72期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。
                                  2/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第72期       第73期       第74期       第75期       第76期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)         125,189       134,804       147,396       167,885       162,254
     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (百万円)         △ 1,078       1,779       3,404       2,419       5,954
     (△)
     当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)         △ 1,328       1,137       1,876       1,160       3,890
     (△)
                   (百万円)         18,293       18,293       18,293       18,293       18,293
     資本金
                   (千株)        156,689       156,689       156,689       156,689       156,689
     発行済株式総数
                   (百万円)         32,408       34,911       43,258       44,194       47,653
     純資産額
                   (百万円)         157,647       160,727       174,739       176,936       177,010
     総資産額
                    (円)        207.56       223.61       277.09       283.10       305.27
     1株当たり純資産額
                    (円)          -       1.0       1.5       2.0       5.0

     1株当たり配当額
     (うち1株当たり中間配当
                    (円)          ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失              (円)        △ 8.51       7.28       12.02        7.43       24.92
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         20.6       21.7       24.8       25.0       26.9
     自己資本比率
                    (%)         △ 4.3       3.4       4.8       2.7       8.5
     自己資本利益率
                    (倍)          -      38.3       34.4       36.5       13.4
     株価収益率
                    (%)          -      13.7       12.5       26.9       20.1
     配当性向
                            1,605       1,572       1,559       1,563       1,604
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 149  ]     [ 193  ]     [ 223  ]     [ 287  ]     [ 339  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
         2.第73期、第74期、第75期及び第76期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存
           在していないため記載していません。また、第72期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額について
           は、1株当たり当期純損失金額であり、また潜在株式が存在しないため記載していません。
         3.第72期の株価収益率については当期純損失であるため記載しておりません。
                                  3/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        戦時中、国内産業の根幹である陸運輸送力の確保と増強という目的から、既存の鉄道工事統制協力会の組織の見直
       しが検討され、ここに鉄道建設興業株式会社として、昭和19年2月1日に資本金1,000万円をもって設立されまし
       た。
        変遷は次のとおりです。

      昭和19年2月        鉄道建設興業株式会社を設立、営業種目を「鉄道工事の施行、測量、設計、監理」とする。

      昭和19年5月        大阪支店、札幌支店開設
      昭和20年1月        福岡支店開設(平成2年4月 九州支店と改称)
      昭和21年4月        盛岡支店開設(昭和42年10月 仙台支店、平成2年4月 東北支店と改称)
      昭和22年10月        名古屋支店開設
      昭和22年11月        東京支店開設
      昭和24年10月        建設業法による建設大臣登録(イ)第365号の登録完了(以後2年ごとに登録更新)
      昭和28年5月        営業種目を「土木建築工事の施行並びに測量、設計、監理」及び「工事用資材の製造、販売及び運
              搬」と改める。
      昭和31年3月        千代田共栄株式会社を設立
      昭和36年10月        株式を東京証券取引所市場第二部に上場
      昭和37年11月        測量法による建設大臣登録第(1)-527号の登録を受ける。(以後3年ごとに登録更新・平成10年
              より5年ごとに登録更新)
      昭和37年12月        株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
      昭和38年5月        営業種目に「土地、建物の売買、あっせん、賃貸」を加える。
      昭和38年8月        株式を東京、大阪両証券取引所市場第一部に上場
      昭和39年2月        商号を「鉄建建設株式会社」に変更、広島支店開設
      昭和39年6月        建築支店開設(平成元年6月 東京支店と併合)
      昭和43年1月        株式会社美合カントリー(株式会社岡崎ゴルフ倶楽部と改称)を設立
      昭和47年2月        パレス不動産株式会社を設立
      昭和48年6月        建設業法改正に伴い、建設大臣許可(特-48)第1220号の許可を受ける。(以後3年ごとに許可更
              新・平成9年より5年ごとに許可更新)
      昭和48年9月        宅地建物取引業法による建設大臣免許(1)第1658号を取得(以後3年ごとに免許更新・平成9年よ
              り5年ごとに許可更新)
      昭和50年8月        横浜支店、北陸支店開設
      昭和61年2月        建設コンサルタント登録規程による建設大臣登録建61第3841号の登録を受ける。(以後3年ごとに
              登録更新・平成9年より5年ごとに登録更新)
      昭和62年2月        四国支店開設
      平成元年1月        株式会社テッケンスポーツを設立
      平成元年6月        事業規模の拡大と事業の多角化をはかるため、営業種目の追加、整備を行う。
      平成2年10月        千代田共栄株式会社とパレス不動産株式会社が合併し、テッケン興産株式会社(現・連結子会社)と
              する。
      平成5年3月        富士バードタウン株式会社を設立
      平成9年4月        北関東支店(平成19年4月 関越支店と改称)、東関東支店開設
      平成10年4月        海外統括支店開設
      平成10年6月        株式会社ジェイテック(現・連結子会社)を設立
      平成14年3月        海外統括支店を廃止し、土木本部海外事業部を設置
      平成16年1月        株式会社大阪証券取引所市場第一部の株式上場廃止(平成15年12月                               当社より申請)
      平成16年2月        測量法による国土交通大臣登録を更新し、第(1)-29134号の登録を受ける。(以後5年ごとに登
              録更新)
      平成16年7月        株式会社テッケンスポーツとテッケン興産株式会社が合併(存続会社はテッケン興産株式会社)
      平成17年6月        今後の事業展開とグループ経営の推進に備えるため、営業種目の追加及び変更を行う。
      平成17年7月        テッケン興産株式会社を完全子会社とする。
      平成18年9月        富士バードタウン株式会社を清算
      平成19年3月        株式会社岡崎ゴルフ倶楽部の全株式を譲渡
      平成19年4月        東京鉄道支店開設
      平成19年11月        建設技術総合センター開設
      平成20年4月        四国支店を廃止し、四国営業所を設置
                                  4/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、子会社2社及び関連会社4社(内、連結対象
       は子会社2社)で構成され、土木工事・建築工事を主な事業とし、その他不動産事業などの事業活動を展開していま
       す。
        当社グループの事業に係わる位置づけ及びセグメントとの関連は、次のとおりです。
        なお、当社グループが行っている事業内容と、セグメントにおける事業区分は同一です。
         土木工事  当社は土木工事を営んでおり、建設資機材の一部をテッケン興産㈱より調達している他、㈱ジェイ

               テックが専門工事の施工を行い、それらの一部は当社が発注しています。
               また、THANH      PHAT   CONSTRUCTION       WORK   JOINT   STOCK   COMPANYは、海外工事の施工を行っています。
         建築工事  当社は建築工事を営んでおり、建設資機材の一部をテッケン興産㈱より調達しています。

         不動産事業 当社とテッケン興産㈱が住宅及び土地開発関連事業を行っています。

         その他   テッケン興産㈱が建設資機材関連事業及びスポーツ施設運営等を行っています。

               また、墨田コートハウスサービス㈱、プラザノースマネジメント㈱及び八千代ゆりのき台PFI㈱
               は、PFI関連事業を行っています。
        事業の系統図は次のとおりです。

                                  5/92













                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の

                        資本金
          名称         住所           主要な事業の内容          所有割合           関係内容
                       (百万円)
                                        (%)
     (連結子会社)

                                             当社の不動産の管理のほか、当
                                             社の土木工事・建築工事におい
                                             て建設資機材の納入をしていま
     テッケン興産㈱            東京都            不動産事業・
                           58              100.0
                                             す。
      (注2)            千代田区            その他
                                             当社が事業用施設を賃貸してい
                                             ます。
     ㈱ジェイテック            東京都                            当社の土木工事において施工協
                           40   土木工事            45.0
     (注3)            千代田区                            力をしています。
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しています。
         2.特定子会社に該当します。
         3.持分は100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としたものです。
                                  6/92















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
               セグメントの名称
                                           従業員数(人)
      土木工事                                            801    [187]
      建築工事                                            572     [90]
                                                   8
      不動産事業                                                  [-]
       報告セグメント計                                           1,381     [277]
      その他                                            110     [11]
      全社(共通)                                            264     [64]
                  合計                                1,755     [352]
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものです。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成29年3月31日現在
                      平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
        従業員数(人)
           1,604   [339]              44.2              17.9           8,126,523
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      土木工事                                            768    [185]
      建築工事                                            572     [90]
      不動産事業                                             5    [-]
                                                 1,345
       報告セグメント計                                                 [275]
      その他                                             1    [-]
      全社(共通)                                            258     [64]
                  合計                                1,604     [339]
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
         3.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
           るものです。
       (3)労働組合の状況

          当社においては、鉄建建設職員組合と称し、昭和22年9月22日結成され、平成29年3月末現在の組合員数は
         939名であり、関連団体は日本建設産業職員労働組合協議会です。
          労使関係について特記すべき事項はありません。
          なお、当社以外のグループ会社においては、労働組合はありません。
                                  7/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      以下、「第2.事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
      1【業績等の概要】

       (1)業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、政府の経済対策などによる雇用・所得環境の改善を背景に、企業収益
        の拡大や設備投資の持ち直しの動きがみられる中、緩やかな回復基調が続きました。
         建設業界におきましては、公共投資は底堅く推移し、民間投資については、住宅建設は概ね横ばいで推移して
        いるものの、企業の設備投資は持ち直しの動きが見られます。一方で、建設労働者の需給状況や資機材価格の動
        向等については、引き続き留意する必要があります。
         このような状況の中、当社におきましては、「中期経営計画2015〜2017」の2年目にあたり、様々な経営課題
        の解決に取り組んだ結果、当連結会計年度の受注高は175,195百万円(前連結会計年度比15.4%増)、売上高は
        165,053百万円(前連結会計年度比3.6%減)となりました。利益につきましては、工事利益率改善の効果もあり
        営業利益は6,107百万円(前連結会計年度比242.0%増)、経常利益は6,148百万円(前連結会計年度比134.0%
        増)、親会社株主に帰属する当期純利益は3,998百万円(前連結会計年度比214.4%増)となりました。
         セグメントの業績は次のとおりです。(セグメントごとの業績については、セグメント間の内部売上高等を含

         めて記載しています。)
       (土木工事)

         土木工事については、売上高86,863百万円(前連結会計年度比1.2%減)、セグメント利益3,969百万円(前連
        結会計年度比471.1%増)となりました。
       (建築工事)
         建築工事については、売上高76,479百万円(前連結会計年度比5.6%減)、セグメント利益1,641百万円(前連
        結会計年度比175.6%増)となりました。
       (不動産事業)
         不動産事業については、売上高1,098百万円(前連結会計年度比4.7%減)、セグメント利益396百万円(前連結
        会計年度比11.6%増)となりました。
       (その他)
         その他については、売上高20,970百万円(前連結会計年度比8.0%増)、セグメント利益98百万円(前連結会計
        年度比26.7%減)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益が5,794百万円となったことに加え、その他の
        資産の減少5,128百万円、仕入債務の増加4,594百万円などの増加要因があり、19,747百万円の資金増加(前連結
        会計年度は3,112百万円の資金減少)となりました。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有価証券の取得による支出758百万円、有形固定資産の取得による
        支出221百万円などにより、1,164百万円の資金減少(前連結会計年度は16百万円の資金増加)となりました。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、短期借入金の減少10,300百万円などにより、11,218百万円の資金減少
        (前連結会計年度は3,265百万円の資金増加)となりました。
         以上の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ7,377百万円(68.3%)
        増加し18,173百万円となりました。
                                  8/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
        当社グループでは生産実績を定義することが困難であるため「生産の状況」は記載していません。
        なお、参考に提出会社個別の事業の状況を「提出会社の受注工事高及び完成工事高の状況」に記載しています。
      (1)受注実績

                          当連結会計年度(百万円)
          セグメントの名称                 (自平成28年4月1日                    前年同期比(%)
                            至平成29年3月31日)
        土木工事                               97,550                   21.7%
        建築工事                               77,644                   8.4%
             合 計                       175,195                   15.4%
      (注) 当社グループにおいては土木工事・建築工事以外は受注生産を行っていません。
      (2)売上実績

                          当連結会計年度(百万円)
          セグメントの名称                 (自平成28年4月1日                    前年同期比(%)
                            至平成29年3月31日)
        土木工事                               86,863                  △1.2%
        建築工事                               76,479                  △5.6%
        不動産事業                                757                 △6.0%
          報告セグメント計                          164,100                   △3.3%
        その他                                953                △36.3%
             合 計                       165,053                   △3.6%
      (注) セグメント間の取引については相殺消去しています。
       提出会社の受注工事高及び完成工事高の状況

        ① 受注工事高、完成工事高及び次期繰越工事高
                      前期繰越工事高        当期受注工事高          計     当期完成工事高        次期繰越工事高

          期別       区 分
                       (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                 土木工事         135,003        78,633       213,636        86,108       127,528

          第75期
      (自平成27年4月1日          建築工事         79,373        71,622       150,996        81,021        69,974
       至平成28年3月31日)
                  計
                          214,376        150,256        364,633        167,130        197,502
                 土木工事         127,528        94,940       222,469        85,077       137,391

          第76期
      (自平成28年4月1日
                 建築工事         69,974        77,644       147,619        76,479        71,139
       至平成29年3月31日)
                  計        197,502        172,585        370,088        161,556        208,531
      (注)1.前事業年度以前に受注した工事で、契約の変更により請負金額に増減のあるものについては、当事業年度受

           注工事高にその増減額を含みます。したがって、当事業年度売上高にもかかる増減額が含まれます。また、
           前事業年度以前に外貨建で受注した工事で、当事業年度中の為替相場の変動により請負金額に増減のあるも
           のについても同様に処理しています。
         2.次期繰越工事高は、(前期繰越工事高+当期受注工事高-当期完成工事高)に一致します。
                                  9/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ② 受注工事高の受注方法別比率
          工事の受注方法は、特命と競争に大別されます。
          期別           区分        特命(%)           競争(%)            計(%)
          第75期
                    土木工事           39.0           61.0          100.0
     (自 平成27年4月1日
                    建築工事           39.0           61.0          100.0
      至 平成28年3月31日)
          第76期
                    土木工事           44.7           55.3          100.0
     (自 平成28年4月1日
                    建築工事           61.1           38.9          100.0
      至 平成29年3月31日)
      (注) 百分比は請負金額比です。
        ③ 完成工事高

          期別           区分       官公庁(百万円)            民間(百万円)            計(百万円)
                    土木工事             38,249           47,858           86,108
          第75期
                    建築工事             7,717           73,304           81,021
     (自 平成27年4月1日
      至 平成28年3月31日)
                      計           45,966           121,163           167,130
                    土木工事             40,376           44,701           85,077
          第76期
                    建築工事             7,594           68,884           76,479
     (自 平成28年4月1日
      至 平成29年3月31日)
                      計           47,970           113,586           161,556
      (注)1.完成工事のうち主なものは、次のとおりです。
           第75期
            東日本旅客鉄道(株)                 東北縦貫線(北部)秋葉原・上野間改良1
            東日本旅客鉄道(株)                 茅ヶ崎駅改良及び駅ビル増築他
            北海道旅客鉄道(株)                 北海道新幹線限界支障報知装置竜飛工区
            東日本高速道路(株)                 首都圏中央連絡自動車道桶川北本インターチェンジ工事
            東京都                 谷田川幹線再構築その3工事
            東京都千代田区                 国指定史跡常盤橋門跡常磐橋復旧工事Ⅰ期(第506号)
            (学)近畿大学弘徳学園                 近大姫路大学新2号棟新築工事
            (学)大乗淑徳学園                 淑徳大学看護栄養学部増築工事
            ルートインジャパン(株)                 (仮称)ホテルルートイン上田駅前新築工事
            トヨタホーム(株)                 (仮称)瑞穂区緑ヶ岡計画新築工事
           第76期

            東日本旅客鉄道(株)                 渋谷駅改良1
            東日本旅客鉄道(株)                 新宿駅新南口ビル(仮称)他新築
            東日本旅客鉄道(株)                 東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧(常磐山下工区1)
            国土交通省                 国道45号 気仙トンネル工事
            環境省                 平成27年度川俣町除染等工事(その3)
            西日本高速道路(株)                 新名神高速道路道場生野工事
            日本梱包運輸倉庫(株)                 (仮称)日本梱包運輸倉庫株式会社苫小牧営業所
                             輪厚物流センター新築工事
            東京地下鉄(株)                 馬込新社宅(仮称)ほか新築工事
            NTT都市開発(株)                 (仮称)鎌倉市岩瀬サービス付き高齢者向け住宅新築工事
            ルートインジャパン(株)                 (仮称)ホテルルートイン東広島西条駅前新築工事
                                 10/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          2.完成工事高総額に対する割合が100分の10以上の相手先別の完成工事高及びその割合は次のとおりです。
           第75期
            東日本旅客鉄道(株) 59,381百万円 35.5%
           第76期
            東日本旅客鉄道(株) 56,409百万円 34.9%
        ④ 手持工事高

                                                  平成29年3月31日現在
           区分           官公庁(百万円)              民間(百万円)              計(百万円)

                          82,359

          土木工事                               55,032             137,391
          建築工事                 16,476              54,663              71,139
           計               98,835             109,695              208,531

     (注)手持工事のうち主なものは、次のとおりです。
        東日本旅客鉄道(株)              東海道貨物線横浜羽沢駅構内改修工事他1                            平成30年5月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              新小岩駅南北自由通路整備                            平成31年7月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              川崎駅北口自由通路新設・駅改良他                            平成30年9月       完成予定
        東日本旅客鉄道(株)              鉄道博物館新館新築・本館改修他工事                            平成30年7月       完成予定
        東京都              オリンピックアクアティクスセンター                            平成31年12月       完成予定
                     (仮称)(27)新築工事
        鉄道建設・運輸施設整備              北海道新幹線、昆布トンネル(桂台)他                            平成34年3月       完成予定
        支援機構
        中日本高速道路(株)              中部横断自動車道 新清水ジャンクション                            平成31年8月       完成予定
                     Hランプ橋他4橋(PC上部工)工事
        知立駅北地区市街地再開              知立駅北地区第一種市街地再開発事業施設                            平成31年1月       完成予定
        発組合              建築物新築工事
        カンボジア国公共工事交通省              カンボジア国道5号線改修工事                            平成32年1月       完成予定
                     (バッタンバン-シソポン間)CP1
        ヒューリック株式会社              (仮称)六本木3丁目PJ新築工事                            平成29年9月       完成予定
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)    会社の経営の基本方針

       当社は、経営の基本方針として
            わが社は信用と技術を基本として

            お客さまに喜んでいただける安全で良質な
            社会基盤を創造することを通じて
            社会の繁栄に貢献するとともに
            持続的に成長し家族に誇れる
            働きがいのある企業をめざします。
      を経営理念に掲げています。

       これは“株主・お客さま・取引先・従業員など関係あるすべてのステークホルダー”から「価値ある企業」として
      支持され、将来にわたりその存在を主張する基本理念です。
                                 11/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     (2)    中長期的な会社の経営戦略・経営目標

       当社は、平成27年3月に「中期経営計画2015~2017」を策定し、3年間で信用と技術を基本に業績の飛躍的な向上
      を目指すことを経営目標に掲げました。
        [中期経営計画の概要]

         ①計画期間          2015年度~2017年度(3ヵ年)
         ②経営目標  信用           と技術を基本に 業績の飛躍的な向上を目指す
         ③目標達成に向けた方針
          ・基礎体力の強化
          ・技術力を核とした企業力の強化
          ・人材力の強化
         ④目標指標(連結)             中期経営計画最終年度(2017年度):                 受注額     1,660億 売上高1,680億 経常利益                 55億
     (3)    会社の対処すべき課題

        今後のわが国経済の見通しにつきましては、政府の経済対策の推進等により、雇用・所得環境が引き続き改善
       し、民需を中心に緩やかな回復が続く見通しでありますが、海外経済の不確実性や金融市場の変動の影響に留意す
       る必要があります。
        建設業界におきましては、東京オリンピック・パラリンピックの開催による公共投資、民間投資の増加により、
       全体的には追い風の状況でありますが、建設労働者の需給状況や資機材価格の動向等については、引き続き留意す
       る必要があります。
        このような状況の中、当社におきましては「中期経営計画2015~2017」の最終年度として、本計画の3本柱であ
       る「基礎体力の強化」「技術力を核とした企業力の強化」「人材力の強化」の取組の総仕上げを行い目標を確実に
       達成していくために
       ・「基礎体力」向上の取組をさらに強化し、次代に向けた力強い企業体質をつくりあげる

       ・「技術力を核とした企業力」の強化に戦略的に取り組み、さらに成長するための土台を築く
       ・「人材力」の強化に向け、社員の成長と働き方改革を実現する
        などの重点施策に取り組んでまいります。

        これらの施策を確実に実行することにより、平成29年度の目標を達成できるよう全力をあげてまいります。

                                 12/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中における将来予測は、当連結会計年度末(平成29年3月31日)現在において判断したものです。
       (1)公共事業投資額の予想を上回る減少
        当社グループの売上高のうち重要な部分を占める建設事業は、公共事業の投資額に大きな影響を受けます。公共投
       資は変動があるため、それをカバーするべく技術を中心とした体制の構築、建築部門の営業力・収益力の強化等の施
       策を講じています。しかし、予想を上回る減少となった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
       (2)製品の欠陥による重大な瑕疵の発生
        品質管理には万全を期していますが、重大な瑕疵による損害賠償が発生した場合には、当社グループの業績に影響
       を及ぼす可能性があります。
       (3)災害、事故の発生
        施工中の防災及び事故防止には万全を期していますが、予期しない原因などにより工事事故や労働災害が発生する
       可能性があります。この場合、損害賠償や指名停止などによる受注機会の減少により、当社グループの業績に影響を
       及ぼす可能性があります。
      (4)自然災害によるリスク
        地震・洪水・台風等の自然災害により事業活動の停止や施工中物件の復旧に多額の費用と時間を要する等の直接的
       な影響を受ける可能性があります。さらに、電力・水道・燃料の使用制限をはじめとしたインフラ機能の低下、仕入
       先の被災による材料調達の停滞等の間接的な影響も受ける可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
      (5)取引先の信用不安
        当社グループの主たる事業である建設事業においては、工事一件あたりの取引金額が大きいため、お客さまや協力
       会社の業績が悪化し信用不安に陥った場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)資材・労務費等の高騰による工事原価の増加
        請負契約後、原材料価格・労務費等が高騰した際、それを請負金額に反映できない場合は、当社グループの業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
       (7)当社保有資産の価値下落
        当社グループでは建設事業・不動産事業と関連して販売用不動産や有価証券等を保有しており、これらの資産価値
       が景気変動等により著しく下落した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)金利の上昇
        当社グループは金利上昇を見込んだ経営を行っていますが、請負業という建設事業の特性により、立替金が少なか
       らず発生し、一定水準の有利子負債が必要となります。よって、金利が著しく上昇した場合には、当社グループの業
       績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)海外事業に伴うリスク
        海外での工事においては、戦争・テロ・紛争の発生、その国の経済状況・政治状況の変動及び予期しない法律・規
       制の変更等が行われた場合に、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、為替相場に大幅な変動
       等が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)法的規制
        当社グループの事業は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、独占禁止法等により法的規制を受けていま
       す。これら法律の改廃、法的規制の新設、適用基準の変更や万一これらの法令に抵触する事象が発生した場合には、
       当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)繰延税金資産
        繰延税金資産については、今後の課税所得をもって全額回収可能と判断しておりますが、将来の課税所得見積額の
       変更等により一部回収が困難であると判断した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        (注)土木工事・建築工事を一括し、「建設事業」として記載しております。

      5【経営上の重要な契約等】

       経営上の重要な契約等はありません。
                                 13/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
         研究開発活動においては、「市場性」を充分把握し、当社の付加価値を高める技術開発や環境ビジネスに積極的
        な取り組みを行い、技術と営業が一体となったメンバー編成による活動を行っています。また、総合評価制度への
        対応を主軸とする研究開発活動にも力を入れ技術戦略を持って経営に貢献する研究開発を推進しています。
         当連結会計年度の研究開発費は395百万円(土木工事368百万円・建築工事27百万円)で、主な研究開発活動及び
        その成果は次のとおりです。なお、研究開発活動には、子会社である株式会社ジェイテックとの共同研究開発活動
        が含まれています。
      (1)土木工事

       ①効率的な立体交差工法
         HEP&JES工法は、鉄道・道路等の新しい立体交差工法として開発されました。施工実績を重ね、コストダ
        ウンとともに地盤切削JES工法の確立をはじめ、多様な施工条件でも対応できるよう開発を進めてきました。
         今年度は昨年より開発を検討してきた大断面および大深度の案件にも取り組めるよう、構造検討や基礎実験を継
        続し研究開発を進めています。
         また、小断面のアンダーパス工法であるCOMPASS工法についても、よりコストダウンが可能で施工延長の
        制約がない新たな工法の実用化が完了し、鉄道関連だけではなく道路関連の案件にも積極的に取り組む予定です。
       ②更新改築工事
         社会資本の老朽化対策として、今後、大規模な鉄道・道路等の修繕・更新工事が見込まれます。トンネルの覆工
        コンクリート補強やインバートの増設など大規模修繕工事等に対応しやすいよう、これまでに研究開発してきた成
        果をさらに効率化し、工期短縮を目指します。
         また、駅改良工事等では狭隘な場所で耐震補強に伴う増し杭工事を行うなど、空頭の低い施工条件の工事が少な
        からずあり、このような場所では超低空頭場所打ち杭工法の適用が見込まれます。
       ③i-Constructionへの取り組み
         現場技術者不足等により現場作業の効率化は喫緊の課題となっており、当社も、「ICTの全面的な活用(IC
        T土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建
        設現場を目指すi-Constructionの取り組みを進めています。
         当社は、今期中に総合的な施工管理支援ツールを土木全現場へ導入し、写真撮影・測量をはじめとする現場にお
        ける業務のほか、施工計画書や各帳票作成などの机上業務についても効率化を進めてまいります。
         そのほか土工事現場においてはマシンガイダンスによる施工のほか、3D測量、3Dデータを活用し出来形測量
        や管理の効率化に取り組んでいます。
       ④バイオマスガス発電
         地方創生が求められている昨今、その切り札として分散型エネルギーが注目されています。那須バイオマスガス
        発電プラントは、東日本高速道路(株)と当社が道路の維持管理で発生する刈草、剪定枝の新たな利活用システムと
        して開発しました。実証実験を経て、平成28年3月に施設の維持管理は東日本高速道路(株)の子会社に移管され、
        隣接する那須高原SAと電気の系統連携も始まりました。また、平成28年2月から3月には、維持運転で必要な作
        業足場や一部機器の設備改良が行われました。
      (2)建築工事
       ①BIM(Building          Information      Modeling)への取組み
         BIMは、建物の3次元デジタルデータをコンピューター上でモデル化し、躯体から設備、仕上げ工事の管理情
        報などの属性データを追加して、建物の設計・施工から維持管理まで情報を一括して管理する手法です。今回、当
        社設計施工の岐阜工場部品加工工場建設工事(川崎重工業発注)で、意匠BIMとの連携を図り、施工BIMを試
        行しました。長大スパンのトラス梁の施工のほか、複雑な鉄骨架設の対応に施工BIMを積極活用しました。施工
        計画の立案から施主との合意形成に利用し、施工BIMが情報の伝達と共有に大変有効であることを確認しまし
        た。今後も施工BIMの水平展開を図り、生産性の向上に寄与して行きます。
       ②SWORD(ソード)工法による線路上空建物の施工
         当社の得意とする線路上空への構造物の構築工法として、SWORD(ソード)工法があります。今回、ソード
        工法を川崎駅北口自由通路新設・駅改良他(JR東日本発注)で採用しました。平成18年にJR立川駅改良工事
        で、はじめて採用されて以来の実施工になります。ソード工法は、あらかじめ夜間作業で設けた発進構台上におい
        て、昼間作業で上部構造体(鉄骨)を組み立てた後、夜間作業にて線路上空をスライドさせることにより所定位置
        に設置します。夜間作業を最小限に減じ、安全性と施工能率を向上させる工法です。今後とも工期短縮、コストダ
        ウンを可能にする工法の確立を目指し、研究開発を行います。
       ③超高強度コンクリートの大臣認定取得
                                 14/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         高層RC造建物で必要な超高強度コンクリート(設計基準強度80~120N/mm2)の国土交通大臣認定を2016年10月
        4日付けで取得しました。この大臣認定は高強度コンクリートにおける火災時の爆裂抑制工法(FPC工法)で使用
        されているポリプロピレン樹脂粉末を混入した超高強度コンクリートの強度発現性状とフレッシュコンクリート性
        状 を確認し、(一財)日本建築総合試験所における性能評価を経て取得しました。さらに、関連技術の研究開発を継
        続して行きますしています。
      (3)不動産事業及びその他

         研究開発活動は特段行われていません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成29年3月31日)現在において当社グループが判断したもの
       です。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        います。この連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる見積りによっ
        ている部分があり、見積り特有の不確実性のために、実際の結果が見積りと異なることがあります。
         重要な会計方針については「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財
        務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりです。
       (2)当連結会計年度の経営成績の分析

         当連結会計年度の経営成績は、前連結会計年度と比較すると、売上高は6,189百万円減少(3.6%減)し165,053百万
        円となりました。売上高の減少は、主に完成工事高の減少によるもので、土木工事が1,055百万円(1.2%減)、建築
        工事が4,542百万円(5.6%減)、いずれも工事施工高の減少等に伴い減少しています。
         売上総利益は、前連結会計年度比5,436百万円増加(67.4%増)し13,501百万円となりました。これは、完成工事総
        利益率の改善(前連結会計年度4.5%に対して当連結会計年度7.9%)が主な要因で、土木工事、建築工事でいずれも
        改善しています。従業員給料手当の増加等により、販売費及び一般管理費が前連結会計年度比1,115百万円増加
        (17.8%増)し、営業利益は前連結会計年度比4,321百万円増加(242.0%増)の6,107百万円となりました。営業外
        収支は為替差益の減少等により前連結会計年度比800百万円黒字が減少(95.2%減)し、経常利益は前連結会計年度比
        3,520百万円増加(134.0%増)の6,148百万円となりました。
         支払補償金132百万円など合計354百万円の特別損失が計上され、税金等調整前当期純利益は前連結会計年度比
        3,329百万円増加(135.1%増)の5,794百万円となりました。
         課税所得が前連結会計年度を上回り、税金費用が前連結会計年度比595百万円増加(50.1%増)の1,784百万円と
        なり、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度比2,726百万円増加(214.4%増)の3,998百万円となり
        ました。
       (3)資本の財源及び資金の流動性(キャッシュ・フローの状況)についての分析

         「第2     事業の状況」の「1          業績等の概要」の「(2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりです。
       (4)当連結会計年度末の財政状態の分析

         当連結会計年度末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ57百万円増加し183,730百万円となりました。
        主な要因は、現金預金の増加7,377百万円、流動資産のその他の減少5,237百万円、受取手形・完成工事未収入金等
        の減少2,912百万円です。負債合計は、前連結会計年度末に比べ3,715百万円減少し134,509百万円となりました。
        主な要因は、短期借入金の減少10,000百万円、支払手形・工事未払金等の増加4,594百万円です。純資産合計は、
        前連結会計年度末に比べ3,772百万円増加し49,220百万円となりました。主な要因は、利益剰余金の増加3,685百万
        円です。
        以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度末の24.5%に対して2.1ポイント増加の26.6%となりました。
                                 15/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      以下、「第3        設備の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
      1【設備投資等の概要】

        当連結会計年度に実施した設備投資の総額は328百万円で、このうち主なものは相模原スポーツガーデンのスポー
       ツ施設の改修及び当社保有不動産の更新です。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                  平成29年3月31日現在
                              帳簿価額(百万円)

                                                       従業員数
        事業所名                                                (人)
                                  土地
                       機械、運搬具
                  建物・
        (所在地)                                               [外、臨時
                       及び工具器具                   リース資産        合計
                                                       従業員数]
                  構築物
                         備品
                              面積(㎡)       金額
     本店

                                                         227
     (東京都千代田区)              2,340        71  120,702.57         6,712       110     9,235
                                                         [21]
     (注3)
     札幌支店

                                                          64
     (札幌市中央区)                73      -   14,367.11         125       -      199
                                                          [5]
     (注3)
     東北支店

                                                         159
     (仙台市青葉区)                10       0    351.80         5      -      16
                                                         [13]
     (注3)
     関越支店

                                                         105
     (さいたま市大宮区)               178       0   2,866.41         297       -      476
                                                         [18]
     (注2)(注3)
     東京支店

                                                         292
     (東京都千代田区)                -      -      -      -      -      -
                                                         [87]
     (注2)(注3)
     東京鉄道支店                                                    383

                     -       0      -      -      -       0
     (東京都千代田区)                                                   [155]
     名古屋支店

                                                          88
     (名古屋市中村区)               143       -   1,767.34         188       -      332
                                                          [7]
     (注3)
     大阪支店

                                                         148
     (大阪市北区)                43       0   3,027.56         912       -      955
                                                         [15]
     (注2)(注3)
     九州支店                                                    113

                   1,002         0   9,153.08        1,193        -     2,196
     (福岡市中央区)                                                    [18]
     建設技術総合センター

                                                          25
     (千葉県成田市)               598      119   29,712.18        1,215        -     1,934
                                                         [-]
     (注4)
                                 16/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                   平成29年3月31日現在
                                  帳簿価額(百万円)

                                                        従業員数
         会社名        セグメントの                                        (人)
                                       土地
                            機械、運搬具
        (所在地)           名称                                     [外、臨時
                        建物・                      リース
                            及び工具器具                       合計
                                                       従業員数]
                        構築物                       資産
                              備品
                                   面積(㎡)      金額
                                                         118
     テッケン興産㈱本店他            不動産事業
                         1,365        61  87,582.78       2,834       3   4,264
     (東京都千代田区)             その他
                                                         [11]
                                                          33
     ㈱ジェイテック
                  土木工事         0      67     -     -     -     67
     (東京都千代田区)
                                                          [2]
      (注)1.提出会社は土木工事・建築工事の他に不動産事業及びその他を行っていますが、大半の設備は土木工事・建
           築工事又は共通的に使用されていますので、セグメントに分類せず、主要な事業所ごとに一括して記載して
           います。
         2.提出会社の関越支店には北陸支店分を、東京支店には東関東支店、横浜支店分を、大阪支店には広島支店分
           をそれぞれ含んでいます。
         3.建物の一部を事務所ビルとして、連結会社以外から賃借しており、年間賃借料は181百万円です。
         4.提出会社の建設技術総合センターは、土木工事・建築工事における土木建築技術の研究開発及び安全研修施
           設です。他の施設は、提出会社・子会社共に事務所ビル及び施設賃貸物件です。
         5.土地・建物のうち賃貸中の主なものは次のとおりです。
            会社名又は事業所名                土地(㎡)              建物(㎡)
          鉄建建設㈱本店                    47,503.10              13,092.78
               札幌支店               13,884.18               1,671.20
               関越支店                  -           2,519.99
               九州支店               4,096.61              5,453.05
          テッケン興産㈱                     298.98             5,415.65
      3【設備の新設、除却等の計画】

         重要な設備の新設、除却等の計画はありません。
                                 17/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 298,476,000

                  計                               298,476,000

     (注)平成29年6月29日開催の第76回定時株主総会において、株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、当
     社の発行可能株式総数を29,847,600株とする旨の決議をしています。
        ②【発行済株式】

             事業年度末現在発行数            提出日現在発行数           上場金融商品取引所
       種類         (株)           (株)        名又は登録認可金融                内容
             (平成29年3月31日)           (平成29年6月29日)            商品取引業協会名
                                                   単元株式数
                                     東京証券取引所
     普通株式          156,689,563           156,689,563
                                     (市場第一部)
                                                    1,000株
        計        156,689,563           156,689,563             -             -
     (注)平成29年6月29日開催の第76回定時株主総会において、株式併合の効力発生日(平成29年10月1日)をもって、当
     社の単元株式数を1,000株から100株に変更する旨を決議しています。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
     平成13年9月28日
                △1,524,000        156,689,563            -      18,293          -      5,289
     (注)
      (注)利益による自己株式の消却による減少です。
       (6)【所有者別状況】

                                                    平成29年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                        単元未満株
         区分                             外国法人等                  式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                         (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)                  33     49     191     101      8   19,046     19,428
                  -                                         -
     所有株式数(単元)                34,626      4,403     27,673      8,627      37   80,427     155,793     896,563
                  -
     所有株式数の割合
                      22.23      2.83     17.76      5.54     0.02     51.62      100
                  -                                         -
     (%)
      (注)1.自己株式588,489株は「個人その他」に588単元、「単元未満株式の状況」に489株を含めて記載していま
           す。
           なお、自己株式588,489株は株主名簿上の株式数ですが、この内実質的に保有していない株式が1,000株含ま
           れているため、平成29年3月31日現在の実保有株式数は587,489株です。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が6単元含まれています。
                                 18/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                  平成29年3月31日現在
                                                     発行済株式総数
                                              所有株式数       に対する所有株
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)       式数の割合
                                                     (%)
                       東京都渋谷区代々木2丁目2-2                          15,782         10.07

     東日本旅客鉄道株式会社
                       東京都千代田区大手町1丁目5-5                          7,732         4.93
     株式会社みずほ銀行
                       東京都千代田区丸の内2丁目7-1                          7,653         4.88
     株式会社三菱東京UFJ銀行
                       東京都港区元赤坂1丁目3-1                          4,700         3.00
     鹿島建設株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                          2,502         1.60
     株式会社(信託口5)
                       東京都千代田区三崎町2丁目5-3                          2,495         1.59
     鉄建職員持株会
                       東京都千代田区三崎町2丁目5-3                          2,414         1.54
     鉄建取引先持株会
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                          1,878         1.20
     株式会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                          1,822         1.16
     株式会社(信託口2)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2丁目11-3                          1,720         1.10
     会社(信託口)
                                 -                48,700         31.08
             計
     (注)1.    株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから、平成26年8月18日付で大量保有報告書の変更報告書の写し

         の送付があり、平成26年8月11日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨の報告を受けております
         が、当社として期末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりませ
         ん。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
         株式会社三菱東京UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内2丁目7-1                       7,653,953            4.88
         三菱UFJ信託銀行株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目4-5                       2,092,000            1.34
                                                          0.17
         三菱UFJ投信株式会社                  東京都千代田区丸の内1丁目4-5                        261,000
         三菱UFJモルガン・スタンレ
                                                          0.37
                          東京都千代田区丸の内2丁目5-2                        572,525
         ー証券株式会社
                計                   -             10,579,478            6.75
     (注)2.    株式会社みずほ銀行から、平成28年10月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、平成28年

          10月14日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているものの、当社として期末時点に
          おける実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりません。
                                             保有株券等の数        株券等保有割合
              氏名又は名称                     住所
                                               (株)        (%)
         株式会社みずほ銀行                  東京都千代田区大手町1丁目5-5                       7,732,583            4.93
         みずほ証券株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目5-1                        788,200          0.50
         アセットマネジメントOne                  東京都千代田区丸の内1丁目8-2                       4,216,000            2.69
                計                   -             12,736,783           8.13
                                 19/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
             区分              株式数(株)          議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -           -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -

      議決権制限株式(その他)                       -           -            -

                      (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                         普通株式           -            -
                              587,000
                              普通株式
      完全議決権株式(その他)                                  155,206             -
                            155,206,000
                              普通株式
      単元未満株式                                  -      1単元(1,000株)未満の株式
                              896,563
      発行済株式総数                       156,689,563            -            -
      総株主の議決権                       -           155,206             -

       (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が6,000株(議決権6個)が含まれて
          います。
        ②【自己株式等】

                                                   平成29年3月31日現在
                                                     発行済株式総数
      所有者の氏名又は                     自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合         に対する所有株
                  所有者の住所
      名称                     式数(株)         式数(株)         計(株)         式数の割合
                                                     (%)
     (自己保有株式)           東京都千代田区三崎

                              587,000         -        587,000        0.37
     鉄建建設㈱           町二丁目5-3
          計           -         587,000         -        587,000        0.37

       (注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっていますが実質的に所有していない株式が1,000株(議決権1個)
          あります。なお、当該株式は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれています。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                 20/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
         会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
                                                      1,932,975
      当事業年度における取得自己株式                                    5,840
      当期間における取得自己株式                                     772            255,520

     (注)当期間における取得自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                        587,489           -      588,261           -
     (注)当期間における保有自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
        取り及び売渡による株式は含まれておりません。
      3【配当政策】

         当社は、総合建設業としての技術革新と競争力を保持するため、人的資源及び技術研究開発などへの投資と企業
        リスク回避のための内部留保に努め、経営基盤の維持補強を図るとともに、株主様に対する利益還元についても安
        定配当の継続を重視した利益配分を基本方針としています。
         また、剰余金の配当は、年1回期末配当を行うことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は株主総会
        です。
         なお、    当期の配当金につきましては、当期の業績及び財務体質等を総合的に勘案し、1株当たり年5円の配当を
        実施することとしました。
         当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                         配当金の総額           1株当たり配当額
             決議年月日
                         (百万円)           (円)
           平成29年6月29日
                              780                 5.0
           定時株主総会決議
                                 21/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      4【株価の推移】
       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第72期          第73期          第74期          第75期          第76期
       決算年月        平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月

      最高(円)             146          381          534          425          393

      最低(円)             83         101          262          214          245

       (注)東京証券取引所市場第一部における最高・最低株価を記載しました。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年10月        平成28年11月        平成28年12月        平成29年1月        平成29年2月        平成29年3月
      最高(円)           350        354        375        351        345        343

      最低(円)           309        299        337        326        326        319

       (注)東京証券取引所市場第一部における最高・最低株価を記載しました。
                                 22/92















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性14名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               昭和44年4月      日本国有鉄道入社
                               平成4年5月      東日本旅客鉄道株式会社厚生部長
                                同 8年6月    同 取締役盛岡支社長
                                同 10年6月    同 取締役建設工事部長
                                同 12年6月    同 常務取締役仙台支社長
                                同 14年6月    同 常務取締役鉄道事業本部副本部長                (注)
     取締役   会長          橋口誠之     昭和22年3月10日生                                    94
                                同 16年6月    同 代表取締役副社長鉄道事業本部長
                                                     3
                                同 19年6月    同 代表取締役副社長鉄道事業本部長
                                       建設工事部担当
                                同 20年6月    当社代表取締役社長執行役員社長
                                同 26年6月    当社代表取締役会長
                                同 28年6月    当社取締役会長(現任)
                               昭和50年4月       日本国有鉄道入社
                               平成12年11月       東日本旅客鉄道株式会社総合企画本
                                     部投資計画部長
                                同  15年6月 同 理事八王子支社長
                                同  18年6月 同 理事建設工事部長
                                同  19年6月 同 取締役建設工事部長
                                同  21年4月 同 常務取締役鉄道事業本部
                                        副本部長建設工事部長
                                同  21年6月 同 常務取締役鉄道事業本部
                                        副本部長
     代表取締役                                               (注)
           執行役員社長       林 康雄     昭和27年7月10日生
                                                           42
                                同  24年6月 同 常務取締役 鉄道事業本部
     社長
                                                      3
                                        副本部長総合企画本部復興企画
                                        部担当 鉄道事業本部信濃川
                                        発電所業務改善推進部担当
                                        建設工事部担当
                                        (平成25年6月退任)
                               平成20年6月 当社社外取締役(平成21年3月退任)

                                同  25年6月     当社代表取締役執行役員副社長
                                同  26年6月     当社代表取締役社長執行役員社長
                                     (現任)
                               昭和50年4月      当社入社
                               平成17年10月      当社経営戦略本部経営企画部長
                                同 19年4月    当社経営戦略室経営企画部長兼鉄道計
                                     画・調整部長
                                同 20年6月    当社執行役員経営戦略室副室長兼経営
                                     企画部長兼内部統制部長
                                同 21年4月    当社執行役員東京鉄道支店長
                                同 22年6月    当社常務執行役員東京鉄道支店長
                                同 24年4月    当社常務執行役員経営戦略室長                (注)
     代表取締役     執行役員副社長       山崎幹彦     昭和26年11月26日生                                    84
                                同 24年6月    当社取締役常務執行役員経営戦略室長
                                                      3
                                同 25年4月    当社取締役執行役員副社長経営戦略室
                                     長
                                同 25年6月    当社代表取締役執行役員副社長経営戦
                                     略室長
                                同 27年4月    当社代表取締役執行役員副社長経営戦
                                     略室長兼建設技術総合センター所長
                                同 28年4月    当社代表取締役執行役員副社長
                                     (現任)
                                 23/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               昭和53年4月      日本国有鉄道入社
                               平成15年6月      東日本旅客鉄道株式会社東京工事事務
                                     所上信越工事事務所長
                                同 16年6月    同 東京工事事務所長
                                同 18年6月    同 理事長野支社長
                                同 20年6月    同 執行役員長野支社長
                                同 21年6月    同 執行役員建設工事部長
                                       (平成24年6月退任)
                                                     (注)
                                同  21年6月    当社社外取締役
     代表取締役     執行役員副社長       伊藤泰司     昭和31年2月20日生                                    32
                                                      3
                                同 24年6月    当社取締役常務執行役員鉄道統括室長
                                     兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  25年4月    当社取締役専務執行役員鉄道統括室長
                                     兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  27年4月    当社取締役執行役員副社長鉄道統括室
                                     長兼土木本部担当兼建築本部担当
                                同  27年6月    当社取締役執行役員副社長
                                同  28年6月    当社代表取締役執行役員副社長
                                     (現任)
                               昭和51年4月      当社入社

                               平成17年4月      当社エンジニアリング本部副本部長
                                     (土木技術担当)兼エンジニアリング
                                     企画部長
                                同 19年6月    当社執行役員エンジニアリング本部長
                                同 21年4月    当社執行役員エンジニアリング本部長
                                     兼土木本部副本部長(技術提案担当)
                                同 24年4月    当社常務執行役員エンジニアリング本
           専務執行役員                                          (注)
     取締役             菊地 眞     昭和28年3月20日生                                    49
                                     部長兼土木本部副本部長(土木技術プ
           土木本部長
                                                      3
                                     ロジェクト担当)
                                同 25年4月    当社常務執行役員土木本部副本部長兼
                                     土木企画部長
                                同 27年4月    当社常務執行役員土木本部副本部長
                                     (統括)兼土木企画部長
                                同 28年4月    当社専務執行役員土木本部長
                                同 28年6月    当社取締役専務執行役員土木本部長
                                     (現任)
                               昭和53年4月      当社入社

                               平成14年7月      当社管理本部人事部長
                                同 18年6月    当社管理本部総務部長
                                同 22年4月    当社管理本部総務人事部長
                                同 23年4月    当社執行役員管理本部副本部長兼総務
           専務執行役員                                          (注)
     取締役             柳下 哲     昭和29年3月25日生              人事部長
                                                           21
           管理本部長                                            3
                                同 25年4月    当社執行役員管理本部長
                                同 25年6月    当社取締役執行役員管理本部長
                                同 27年4月    当社取締役常務執行役員管理本部長
                                同 29年4月    当社取締役専務執行役員管理本部長
                                     (現任)
                                 24/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               昭和52年4月     当社入社
                               平成13年7月     当社東北支店建築部長
                                同 21年7月    当社建築本部副本部長(工事担当)兼
                                     建築部長
                                同 23年4月    当社執行役員建築本部副本部長(工事
           常務執行役員                                          (注)
     取締役             相越信秀     昭和29年8月4日生                                     40
                                     担当)
           建築本部長
                                                      3
                                同 24年4月    当社執行役員東北支店長
                                同 25年6月    当社取締役執行役員建築本部長
                                同 27年4月    当社取締役常務執行役員建築本部長
                                     (現任)
                               昭和58年4月      当社入社

                               平成25年4月      当社執行役員建築本部副本部長兼建築
                                     企画部長
           常務執行役員
                                同 26年6月    当社執行役員関越支店長
           経営戦略室長      兼
                                                     (注)
                                同 28年4月    当社執行役員経営戦略室長兼建設技術
     取締役             熊井和雄     昭和30年9月21日生                                    12
                                     総合センター所長
                                                      3
           建設技術総合セン
                                同 28年6月    当社取締役執行役員経営戦略室長兼
           ター所長
                                     建設技術総合センター所長
                                同 29年4月    当社取締役常務執行役員経営戦略室長
                                     兼建設技術総合センター所長(現任)
                               昭和51年4月      警察庁入庁

                               平成19年8月      警察庁警備局長
                                同 22年1月    警視総監
                                同 23年10月    損害保険ジャパン日本興亜株式会社
                                     顧問
                                同 24年9月    原子力規制庁長官
                                                     (注)
                                同 27年11月    日本生命保険相互会社特別顧問
     取締役             池田克彦     昭和28年2月12日生                                    -
                                                     1・3
                                同 29年6月    公益財団法人日本道路交通情報セン
                                     ター理事長(現任)
                                同 29年6月    株式会社テレビ朝日ホールディングス
                                     取締役(監査等委員)・株式会社テレ
                                     ビ朝日監査役(現任)
                                同 28年6月

                                     当社取締役(現任)
                               平成5年4月      東京電力株式会社入社

                                同 9年10月    東京大学助手
                                同 10年4月    高知工科大学講師
                                                     (注)
                                同 13年10月    高知工科大学助教授
     取締役             大内雅博     昭和43年1月17日生                                    -
                                                     1・3
                                同 19年4月    高知工科大学准教授
                                同 27年6月
                                     高知工科大学教授(現任)
                                同 28年6月    当社取締役(現任)

                               昭和60年4月      日本国有鉄道入社

                               平成24年6月      東日本旅客鉄道株式会社総合企画本部
                                     投資計画部担当部長
                                同 27年6月
                                     同 東京工事事務所長
                                                     (注)
                                同 28年6月
                                     同 執行役員東京工事事務所長
     取締役             大西精治     昭和36年2月17日生                                     1
                                                     1・3
                                同 29年6月    同 執行役員鉄道事業本部信濃川発電
                                       所業務改善推進部長・建設工事部
                                       長   (現任)
                                同 29年6月

                                     当社取締役(現任)
                                 25/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                        (千株)
                               昭和53年4月      当社入社
                                同 17年7月    当社四国支店総務部長
                                同 17年10月    当社東関東支店総務部長
                                                     (注)
     常勤監査役             嶺村 功     昭和31年3月20日生                                     3
                                同 19年4月    当社東京支店総務部長
                                                      4
                                同 21年6月    当社経営戦略室監査部長
                                同 29年6月    当社常勤監査役      (現任)
                               昭和53年4月      東鉄工業株式会社入社

                                同 14年10月    同 横浜支店土木部担当部長
                                同 17年4月    同 八王子支店工事担当部長
                                同 19年7月    同 横浜支店安全担当部長
                                                     (注)
     常勤監査役             浦野正人     昭和31年1月3日生
                                                           -
                                同 23年10月    同 環境本部環境事業部長
                                                     2・4
                                同 26年7月    同 内部統制本部品質環境マネジメ
                                     ン  ト部長
                                同 29年6月    当社常勤監査役      (現任)

                               昭和47年4月      弁護士登録

                                同 47年4月    一番町法律事務所
                                同 57年4月    青木二郎法律事務所
                                                     (注)
                               平成11年6月      内幸町総合法律事務所
     監査役             青木二郎     昭和20年11月19日生
                                                           109
                                                     2・5
                               平成24年7月      弁護士法人内幸町総合法律事務所
                                     (現任)
                                同 16年6月

                                     当社監査役    (現任)
       計                                                    487
      (注)1.取締役         池田克彦、大内雅博、大西精治              は、社外取締役です。
         2.監査役浦野正人、青木二郎は、社外監査役です。
         3.任期は平成29年6月29日開催の定時株主総会終結の時から1年間です。
         4.任期は平成29年6月29日開催の定時株主総会終結の時から4年間です。
         5.任期は平成28年6月29日開催の定時株主総会終結の時から4年間です。
         6.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しています。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                 略歴
                                                        (千株)
                               昭和34年4月      東京国税局入局
                               平成10年7月      東京国税局調査第四部部長
                                同 11年9月
                                     税理士開業(現任)
                                同 13年8月    株式会社インプレスホールディングス監査役
                                     (現任)
     補欠監査役             大西健一     昭和15年12月17日生                                    ー
                                同 17年12月
                                     株式会社合同資源 監査役(現任)
                                同 18年6月
                                     株式会社ゴールドクレスト 監査役(現任)
                                同 22年6月    一般社団法人日本コミュニティーガス協会 
                                     監事(現任)
                                 26/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         7.当社は執行役員制度を導入しており、取締役会で選任された執行役員は次のとおりです。
           ※は取締役兼務者です。
                役名           氏名                   職名

                         林    康雄

            ※執行役員社長
                         山崎    幹彦

            ※執行役員副社長
                         伊藤    泰司

            ※執行役員副社長
            ※専務執行役員             菊地  眞        土木本部長

                         柳下      哲

            ※専務執行役員                     管理本部長
                         田中    健二

             専務執行役員                    土木本部担当
                         松隈    宣明

             専務執行役員                    土木本部担当
                         藤森    伸一

             専務執行役員                    鉄道統括室担当 兼 土木本部担当 兼 建築本部担当
                         相越    信秀

            ※常務執行役員                     建築本部長
                         熊井    和雄     経営戦略室長       兼  建設技術総合センター所長

            ※常務執行役員
                         外山      勉    建築本部副本部長(全般)

             常務執行役員
                         森澤    吉男     建築本部担当       兼  管理本部担当

             常務執行役員
                         藤井    義久     建築本部担当       兼  管理本部担当

             常務執行役員
                         高見    勝則

             常務執行役員                    東京支店長
                         大塚    一史

             常務執行役員                    東京鉄道支店長
                         笠井    高志

             常務執行役員                    鉄道統括室長
                         高橋    昭宏     東京鉄道支店副支店長(全般)

             常務執行役員
                         城本    政雄

             常務執行役員                    安全推進室長
                                 土木本部副本部長(全般)

             常務執行役員            酒井喜市郎
             常務執行役員            鈴木 辰夫        土木本部担当

                                 27/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                役名           氏名                   職名

                         橋本     謙     管理本部副本部長         兼  経営戦略室広報部長

             執行役員
                         中川     泰

             執行役員                    土木本部・建築本部 海外事業部長
                         荒明    浩登

             執行役員                    札幌支店長
                                 土木本部副本部長(土木技術担当) 兼

                         松岡     茂
             執行役員
                                 i-con推進部長 兼 リニューアル推進部長
                         村井     明

             執行役員                    建築本部副本部長(海外・営業・設計担当)
                         田中    智晴     東京鉄道支店副支店長(安全担当)

             執行役員
                         大沢      悟

             執行役員                    大阪支店長
                         谷口    和善

             執行役員                    東北支店長
                         石丸    和也

             執行役員                    関越支店長
                         山内    哲裕

             執行役員                    東京支店副支店長 兼 横浜支店長
             執行役員            塩畑 泰典        名古屋支店長

                                 東京鉄道支店建築部川崎駅プロジェクト部長 兼

             執行役員            小西 伸博
                                 JV川崎駅作業所長
             執行役員            瀬下 耕司        建築本部副本部長(工事担当) 兼 建築部長

             執行役員            魚谷 和亮        九州支店長

                                 東京鉄道支店副支店長(プロジェクト担当)

             執行役員            荒川栄佐夫
                                 建築本部副本部長(鉄道担当) 兼 鉄道統括室副室長

                                 (建築担当) 兼 東京鉄道支店副支店長(建築鉄道担
             執行役員            飯塚 博之
                                 当)
                                 建築本部副本部長(全般)

             執行役員            尾形 直樹
                                 28/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         当社では、株主・お客さま・取引先など関係あるすべてのステークホルダーからの信頼をより高めるため、ま
        た的確かつ迅速な意思決定により経営の基本方針を実現していくために、効率的で透明性の高い経営体制を確立
        することをコーポレート・ガバナンスの基本としています。
        ①企業統治の体制

         ア.企業統治の体制の概要
            当社は、執行役員制度を採用しており「経営戦略部門」である取締役会と「業務執行」にあたる執行役員
           を明確にしています。なお、社長を補佐する審議機関として経営会議があります。また、当社は監査役制度
           を採用し、監査役3名のうち社外監査役2名を選任しています。なお、コンプライアンス体制を監視する機
           関及び企業リスクに対応する機関として「リスク管理委員会」を設置しています。
         イ.会社の機関・内部統制の関係

                                 29/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         ウ.企業統治の体制を採用する理由
            当社は、執行役員制度を導入しており、経営戦略部門である取締役会は、経営の基本方針や重要事項を決
           定するとともに、執行役員の職務の執行を監督しています。
            取締役会の決定した経営の基本方針に基づき、社長を補佐する審議機関として経営会議を原則として毎週
           開催しています。経営会議は、全般的執行方針を確立することを目的とし、執行役員等に業務執行に関する
           指示を行っています。日常的な業務の執行については、執行役員が業務執行担当として、迅速な意思決定を
           行っています。
            また、監査役会を設置しており、監査役会においては監査部と連携を図り業務監査を会計監査人と随時情
           報交換を行い会計監査を行っています。
            監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に参加するなどして、取締役の職務執行を監査していま
           す。
            社外取締役(3名)からは、豊富な知識と経験に基づき、客観的立場から助言・指導を受けています。
            また、社外監査役(2名)は、独立した立場から取締役の職務執行の監査と、会計監査人と連携して会計
           に関する監査を実施しています。
            取締役及び監査役はそれぞれの立場で監督機能を十分果たしているため、現状のガバナンス体制を採用し
           ています。
         エ.内部統制システムの整備の状況等(提出会社及び子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況)

           当社及び子会社の内部統制システムの整備状況は次のとおりです。
          [内部統制基本方針]

         a.当社グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (a)「経営理念」、「企業活動指針」、「リスク管理基本規程」及び「コンプライアンス規程」により、取締
            役及び使用人が法令及び定款に適合した行動をとるための守るべき規範や活動指針を明確にする。また、
            「リスク管理委員会」を通じて当社グループのコンプライアンス体制を監視するとともに、取締役及び使
            用人に対し教育を通じコンプライアンスに関する理解を徹底する。
         (b)内部通報制度により、法令違反行為等に関する社内通報システムを運用し、コンプライアンス経営の強化
            を図る。
         (c)監査役は、取締役会、経営会議等の重要な会議に参加するなどして、取締役の職務執行を監査する。
         (d)監査部は、「内部監査関連規程」及び「内部監査計画」により、使用人の職務の執行に対して業務監査及
            び改善指導を実施する。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           取締役の職務の執行に係る文書その他の情報は、「取締役会規則」及び「文書情報関連規程」により、適
           切に保存及び管理を行う。
         c.当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社グループの諸種のリスクに迅速かつ適切に対処するため、「リスク管理基本規程」及び「リスク管理
           関連規程」により、リスク予防、リスク対応、再発防止等を行う。また、当社グループの業務に影響を与
           えるリスクに関し、社内外へ適時の開示を行う。
         d.当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         (a)取締役会は、経営の基本方針や重要事項を決定するとともに、執行役員の職務の執行を監督する。
         (b)取締役会の決定した経営の基本方針に基づき、経営に関する事項を審議、決定し、業務執行の効率化と全
            般的統制を行うことを目的として、経営会議を原則として毎週開催する。
         (c)日常的な業務の執行については、執行役員が業務執行担当として、迅速な意思決定を行う。
         (d)年度計画により、当社グループが達成すべき目標を明確化する。
         e.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
         (a)「子会社管理規程」により、子会社に関する主要業務に係る諸手続及び子会社に対する管理(内部統制シ
            ステムの構築・運用の管理等)、指導、育成のしくみを定め,これを実行することとし、定期的に開催す
            るグループ会社連絡会議等で、決算状況などについて報告を求める。
         (b)子会社における業務の適正を確保するため、「企業活動指針」を子会社に準用、展開し、当社グループの
            取締役及び使用人が法令及び定款に適合した行動をとるための守るべき規範や活動指針を明確にする。
         (c)子会社に、コンプライアンス担当部署を設置する。
         (d)監査部は、子会社の内部監査及び指導、勧告を行う。
                                 30/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該
         使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         (a)監査役が必要あるときは、監査部に所属する使用人は、監査役の職務の補助業務を担当する。
         (b)監査役の職務の補助業務を担当する監査部に所属する使用人は、その業務に関して取締役の指揮命令を受
            けない。
         (c)監査役の職務の補助業務を担当する監査部に所属する使用人は、監査役に係る業務を優先して従事する。
         g.当社グループの取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制及
           び報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
         (a)当社グループの取締役及び使用人は、当社グループの業務又は業績に影響を与える重要な事項について、
            監査役に報告する。
         (b)監査役は、必要に応じて当社グループの取締役及び使用人から報告を求める。
         (c)内部通報制度により、法令違反その他のコンプライアンス上の問題について、監査役への適切な報告体制
            を確保する。
         (d)上記各項の報告をした者が、当該報告をしたことを理由として、不利な取扱いを受けない。
         h.監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役が、その職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求をしたときは、速やかに処理す
           る。
         i.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         (a)代表取締役は、監査役と定期的に意見交換の場をもち、会社運営に関する意見を交換し、相互意思疎通を
            図る。
         (b)内部監査を所管する監査部は、監査役に協力し随時連絡調整を行う。
        ②内部監査及び監査役監査の状況

          当社の内部監査として監査部(2名)が設置されており、内部監査規程、内部監査計画に従い、使用人の職務
         の執行に対して業務監査及び改善指導を実施しています。
          また、監査役監査の組織として監査役が3名おり、うち社外監査役2名を選任しています。監査役は、取締役
         の職務執行を監査する体制となっており、監査役会で作成した監査方針・監査計画に従い、取締役会、経営会議
         等の重要な会議に参加するほか、稟議等の閲覧、実地監査などを通じて、取締役の業務執行の適正性を中心に監
         査を行っています。
          監査役と会計監査人は、必要に応じ随時情報の交換を行い、また会計監査人の支店等の往査・講評に立ち会う
         等により相互の連携を高めています。
          内部監査部門である監査部は使用人の職務の執行に対して業務監査及び改善指導を行っており、監査役は、監
         査部の実施した内部監査結果報告を閲覧するとともに、随時情報の交換を行うことにより、相互の連携を高めて
         います。
        ③会計監査の状況

          会計監査人である「有限責任              あずさ監査法人」に対しては、必要な会計情報を提供し、公正不偏な立場から 
         監査が実施される環境を整備しています。業務執行は、公認会計士 安藤 見氏、公認会計士 田中 量氏(い
         ずれも継続監査年数は7年以内)により行われており、監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士9名、その
         他11名です。
        ④社外取締役及び社外監査役

          当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役 大西精治氏は、当社株式を1千株保有しています。また、当社の主要株主であり特定関係事業者
         の東日本旅客鉄道株式会社の執行役員鉄道事業本部信濃川発電所業務改善推進部長・建設工事部長であります
         が、同社との取引は通常の取引関係であります。
          社外監査役 浦野正人氏が平成29年6月28日まで在籍をした東鉄工業株式会社との間には一定の資本関係があ
         り、同社とは社外監査役が相互に就任していますが、取引の規模、性質に照らして、株主・投資者の判断に影響
         を及ぼす恐れがないと判断されることから、概要の記載を省略しています。
                                 31/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          社外監査役 青木二郎氏は、弁護士であり、当社株式を109千株保有しています。当社が平成28年度に同氏へ
         支払った弁護士報酬はありません。(同氏が代表を務める法律事務所に弁護士報酬の支払いがありますが少額で
         す。)
          前記以外の当社と社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係、その他の利害関係はあ
         りません。
          当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準又は方針は定めていませんが、各々の社外取締役及
         び社外監査役が、豊富な知識と経験に基づく専門的見地及び大所高所に立った経営判断を行っています。
          社外取締役 大西精治氏は東日本旅客鉄道株式会社の建設工事部門等における豊富な知識と経験を当社の経営
         に活かしていただけると考え、独立性の有無に関わらず、社外取締役として選任しています。
          社外取締役 池田克彦氏、               大内雅博氏は独立した立場から豊富な知識と経験                       を 当社  の経営に活かしていただけ
         ると判断し、選任をしています。
          社外監査役 浦野正人氏、青木二郎氏は、取締役の業務執行の監査と、会計監査人と連携して会計に関する監
         査を実施するにあたり、人格、識見、能力、経験から判断し、選任をしています。
          社外取締役は、取締役会を通じて監査役監査及び会計監査に関する情報交換や内部監査部門である監査部等の
         内部と必要に応じて連携できる体制を整備をしています。
          社外監査役は内部監査部門である監査部の実施した内部監査結果報告を閲覧するとともに、随時情報の交換を
         行うことにより、相互の連携を高めております。また、会計監査人に対しても、必要な情報を提供し、公正不偏
         な立場から監査が実施される環境を整備しています。
        ⑤役員報酬等

         ア.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                       対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                             役員の員数
                     (百万円)
                                   ストック
                                                        (人)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金
                                  オプション
     取締役
                        200       200       -       -       -       9
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                         14       14       -       -       -       1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                    29       29       -       -       -       ▶
         イ.役員の報酬等の額又は、その算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

          方針の内容
            当社は、役員の報酬等の額の決定にあたっては、上場企業等の水準を参考に、建設業界の環境、当社の状
           況等を包括的に考慮して報酬指標額を算定します。報酬指標額は、基本報酬と業績報酬により構成され、業
           績報酬は、毎年企業業績に応じて加減されます。各役員の報酬は、業績報酬が加減された報酬指標額に基づ
           いて算定された役位別報酬に、各役員の業績、業務執行の責任度合等を総合的に考慮して決定されます。
          決定方法
            当社は、取締役会において役員の報酬等の額の決定に関する方針を定めます。
        ⑥取締役の定数

          当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めています。
        ⑦責任限定契約の内容の概要

          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責
         任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく社外取締役及び社外監査役の損害賠償責任の限度額
         は、当該契約に基づく法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締
         役または社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑧取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席した株主総会において、出席した当該株主の議決権の過半数をもって選任し、累積投票によらないもの
         とする旨を定款に定めています。
                                 32/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ⑨取締役会で決議することができる株主総会決議事項
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
         ることができる旨を定款に定めています。これは、経済情勢の変化に対応して、資本政策を機動的に実施するこ
         とを目的とするものです。
        ⑩株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてい
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものです。
        ⑪株式の保有状況

         ア.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
            69銘柄 34,410百万円
         イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

           目的
           前事業年度
            特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
     東日本旅客鉄道㈱                      1,200,000               11,655     取引関係の維持・発展
     東海旅客鉄道㈱                       420,000               8,360    取引関係の維持・発展
     東鉄工業㈱                       770,000               2,664    取引関係の維持・発展
     西日本旅客鉄道㈱                       299,000               2,077    取引関係の維持・発展
     ヒューリック㈱                      1,530,000                1,646    取引関係の維持・発展
     ㈱三菱UFJ
                           2,124,710                1,108    事業基盤の充実・強化
     フィナンシャル・グループ
     阪急阪神
                           1,534,970                1,102    取引関係の維持・発展
     ホールディングス㈱
     鹿島建設㈱                      1,200,000                 847   取引関係の維持・発展
     ㈱みずほ
                           2,483,480                 417   事業基盤の充実・強化
     フィナンシャルグループ
     名工建設㈱                       509,061                411   取引関係の維持・発展
     片倉工業㈱                       316,000                373   取引関係の維持・発展
     京成電鉄㈱                       218,203                345   取引関係の維持・発展
     南海電気鉄道㈱                       500,000                305   取引関係の維持・発展
     京阪電気鉄道㈱                       362,000                287   取引関係の維持・発展
     日本電設工業㈱                       124,716                282   取引関係の維持・発展
     ㈱三井住友
                            54,871               187   事業基盤の充実・強化
     フィナンシャルグループ
     西松建設㈱                       334,958                161   取引関係の維持・発展
     京浜急行電鉄㈱                       100,000                 99   取引関係の維持・発展
     第一建設工業㈱                       71,029                78   取引関係の維持・発展
     ㈱北日本銀行                       24,200                69   事業基盤の充実・強化
     大洋基礎工業㈱                       100,000                 65   取引関係の維持・発展
     小田急電鉄㈱                       43,281                53   取引関係の維持・発展
                                 33/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
     東京急行電鉄㈱                       51,631                48   取引関係の維持・発展
     ㈱ふくおかフィナンシャ
                            107,500                 39   事業基盤の充実・強化
     ル・グループ
     京王電鉄㈱                       32,891                32   取引関係の維持・発展
     ㈱ほくほくフィナンシャ
                            200,000                 29   事業基盤の充実・強化
     ル・グループ
     日本リーテック㈱                       32,917                27   取引関係の維持・発展
     ㈱りそなホールディングス                        6,860                2  事業基盤の充実・強化
        みなし保有株式

                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
                 -              -              -              -
           当事業年度

            特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
     東日本旅客鉄道㈱                      1,200,000               11,632     取引関係の維持・発展
     東海旅客鉄道㈱                       420,000               7,618    取引関係の維持・発展
     東鉄工業㈱                       770,000               2,460    取引関係の維持・発展
     西日本旅客鉄道㈱                       299,000               2,165    取引関係の維持・発展
     ヒューリック㈱                      1,530,000                1,601    取引関係の維持・発展
     ㈱三菱UFJ
                           2,124,710                1,486    事業基盤の充実・強化
     フィナンシャル・グループ
     阪急阪神
                            306,994               1,111    取引関係の維持・発展
     ホールディングス㈱
     鹿島建設㈱                      1,200,000                 871   取引関係の維持・発展
     九州旅客鉄道㈱                       253,000                 866   取引関係の維持・発展
     ㈱みずほ
                           2,483,480                 506   事業基盤の充実・強化
     フィナンシャルグループ
     片倉工業㈱                       316,000                440   取引関係の維持・発展
     名工建設㈱                       509,061                434   取引関係の維持・発展
     京成電鉄㈱                       110,568                 285   取引関係の維持・発展
     南海電気鉄道㈱                       500,000                271   取引関係の維持・発展
     日本電設工業㈱                       124,716                250   取引関係の維持・発展
     京阪電気鉄道㈱                       362,000                246   取引関係の維持・発展
     ㈱三井住友
                            54,871               221   事業基盤の充実・強化
     フィナンシャルグループ
     西松建設㈱                       334,958                183   取引関係の維持・発展
                                 34/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
     京浜急行電鉄㈱                       100,000                122   取引関係の維持・発展
     大洋基礎工業㈱                       100,000                 89   取引関係の維持・発展
     第一建設工業㈱                       71,029                88   取引関係の維持・発展
     ㈱北日本銀行                       24,200                77   事業基盤の充実・強化
     ㈱ふくおかフィナンシャ
                            107,500                 51   事業基盤の充実・強化
     ル・グループ
     小田急電鉄㈱                        21,640                 46   取引関係の維持・発展
     東京急行電鉄㈱                        56,301                 44   取引関係の維持・発展
     日本リーテック㈱                       32,917                39   取引関係の維持・発展
     ㈱ほくほくフィナンシャ
                             20,000                 34   事業基盤の充実・強化
     ル・グループ
     京王電鉄㈱                        37,051                 32   取引関係の維持・発展
     ㈱りそなホールディングス                        6,860                ▶  事業基盤の充実・強化
            みなし保有株式

                                   貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                             保有目的
                                     (百万円)
                 -              -              -              -
         ウ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並び
           に当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                     前事業年度
                                       当事業年度(百万円)
                     (百万円)
           区 分
                     貸借対照表        貸借対照表        受取配当金         売却損益        評価損益
                    計上額の合計額        計上額の合計額          の合計額        の合計額        の合計額
     非上場株式                    -        -        -        -        -
     上記以外の株式                    -        -        -        -        -
         エ.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

           上額
             銘柄                 株式数(株)               貸借対照表計上額(百万円)
                     -                   -                   -
         オ.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計

           上額
             銘柄                 株式数(株)               貸借対照表計上額(百万円)
                     -                   -                   -
                                 35/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  56           -           59            0

      連結子会社                  -           -           -           -

         計               56           -           59            0

        ②【その他重要な報酬の内容】

          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
            該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
            当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務内容は、海外工事入札用財務諸表の認証
           業務等です
        ④【監査報酬の決定方針】
            決定方針は定めていません。
                                 36/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しています。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第2

         条の規定に基づき、同規則及び「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)により作成しています。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3
        月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、
        有限責任     あずさ監査法人による監査を受けています。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内
        容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
        法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しています。
                                 37/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         10,795              18,173
         現金預金
                                         95,236              92,323
         受取手形・完成工事未収入金等
                                           -             1,641
         有価証券
                                           252              245
         販売用不動産
                                                      ※5 2,272
                                         2,674
         未成工事支出金
                                         1,342              1,342
         不動産事業支出金
                                        ※4 1,042             ※4 1,498
         その他のたな卸資産
                                         2,561              2,676
         繰延税金資産
                                         10,216               4,979
         その他
                                         △ 103              △ 19
         貸倒引当金
         流動資産合計                                124,019              125,134
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※3 16,027             ※3 16,121
          建物・構築物
          機械、運搬具及び工具器具備品                               2,360              2,428
                                      ※2 , ※3 13,457           ※2 , ※3 13,457
          土地
                                           104              166
          リース資産
                                        △ 12,164             △ 12,510
          減価償却累計額
                                         19,785              19,664
          有形固定資産合計
                                           516              448
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※3 36,351           ※1 , ※3 35,310
          投資有価証券
                                         ※3 539             ※3 508
          長期貸付金
                                           555              555
          破産更生債権等
                                            6              5
          繰延税金資産
                                           470              660
          退職給付に係る資産
                                         1,953              1,967
          その他
                                         △ 524             △ 524
          貸倒引当金
                                         39,352              38,483
          投資その他の資産合計
                                         59,653              58,595
         固定資産合計
                                        183,672              183,730
       資産合計
                                 38/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         52,591              57,186
         支払手形・工事未払金等
                                        ※3 41,908             ※3 31,907
         短期借入金
                                         1,284              1,410
         未払金
         未成工事受入金                                 4,150              4,738
                                         10,810              10,014
         預り金
                                           376              333
         完成工事補償引当金
                                           600              764
         賞与引当金
                                                      ※5 1,261
                                         1,039
         工事損失引当金
                                           -              120
         損害補償引当金
                                         1,763              4,265
         その他
                                        114,524              112,002
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※3 10,870             ※3 10,002
         長期借入金
                                         3,503              3,505
         繰延税金負債
                                        ※2 2,217             ※2 2,217
         再評価に係る繰延税金負債
                                         6,927              6,621
         退職給付に係る負債
                                           30              -
         偶発損失引当金
                                           151              160
         その他
                                         23,699              22,506
         固定負債合計
                                        138,224              134,509
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,293              18,293
         資本金
                                         5,329              5,329
         資本剰余金
                                         7,894              11,580
         利益剰余金
                                          △ 78             △ 79
         自己株式
                                         31,440              35,123
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         12,837              12,721
         その他有価証券評価差額金
                                        ※2 1,546             ※2 1,546
         土地再評価差額金
                                         △ 775             △ 579
         退職給付に係る調整累計額
                                         13,609              13,688
         その他の包括利益累計額合計
                                           398              408
       非支配株主持分
                                         45,448              49,220
       純資産合計
                                        183,672              183,730
      負債純資産合計
                                 39/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      売上高
                                       ※3 168,940             ※3 163,342
       完成工事高
                                         2,302              1,711
       兼業事業売上高
                                        171,243              165,053
       売上高合計
      売上原価
                                       ※4 161,365             ※4 150,372
       完成工事原価
                                        ※5 1,812             ※5 1,179
       兼業事業売上原価
                                        163,178              151,551
       売上原価合計
      売上総利益
                                         7,575              12,970
       完成工事総利益
                                           489              531
       兼業事業総利益
                                         8,065              13,501
       売上総利益合計
                                      ※1 , ※2 6,279           ※1 , ※2 7,394
      販売費及び一般管理費
                                         1,785              6,107
      営業利益
      営業外収益
                                           64              66
       受取利息
                                           435              492
       受取配当金
                                           992               27
       為替差益
                                           128              112
       その他
                                         1,621               698
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           726              576
       支払利息
                                            ▶              -
       貸倒引当金繰入額
                                           49              81
       その他
                                           779              658
       営業外費用合計
                                         2,627              6,148
      経常利益
      特別利益
                                         ※6 114
                                                         -
       固定資産売却益
                                            1              -
       その他
                                           116               -
       特別利益合計
      特別損失
                                           234               -
       投資有価証券売却損
                                            2              1
       固定資産除却損
                                          ※7 3
                                                         -
       減損損失
                                           -              132
       支払補償金
       訴訟和解金                                    -              90
                                           30              -
       偶発損失引当金繰入額
                                           -              120
       損害補償引当金繰入額
                                            7              9
       その他
                                           278              354
       特別損失合計
                                         2,464              5,794
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,285              1,868
                                          △ 96             △ 83
      法人税等調整額
                                         1,189              1,784
      法人税等合計
                                         1,275              4,009
      当期純利益
                                            3              11
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,271              3,998
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 40/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         1,275              4,009
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 103             △ 116
       その他有価証券評価差額金
                                           115               -
       土地再評価差額金
                                          △ 98              195
       退職給付に係る調整額
                                         ※1 △ 85             ※1 79
       その他の包括利益合計
                                         1,189              4,089
      包括利益
      (内訳)
                                         1,186              4,077
       親会社株主に係る包括利益
                                            3              11
       非支配株主に係る包括利益
                                 41/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       18,293         5,329         6,857         △ 74       30,406
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 234                △ 234
      親会社株主に帰属する当期純
                                         1,271                 1,271
      利益
      自己株式の取得                                            △ 3        △ 3
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -       1,037         △ 3       1,033
     当期末残高                  18,293         5,329         7,894         △ 78       31,440
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                                                      純資産合計
                  その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利益         持分
                   評価差額金        差額金      調整累計額       累計額合計
     当期首残高
                     12,941       1,430       △ 676      13,694       404       44,505
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 234
      親会社株主に帰属する当期純
                                                          1,271
      利益
      自己株式の取得                                                     △ 3
      株主資本以外の項目の当期変
                      △ 103       115      △ 98       △ 85      △ 5       △ 91
      動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 103       115      △ 98       △ 85      △ 5        942
     当期末残高                12,837       1,546       △ 775      13,609       398       45,448
                                 42/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  18,293         5,329         7,894         △ 78       31,440
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 312                △ 312
      親会社株主に帰属する当期純
                                         3,998                 3,998
      利益
      自己株式の取得
                                                  △ 1        △ 1
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -       3,685         △ 1       3,683
     当期末残高                  18,293         5,329        11,580         △ 79       35,123
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主
                                                      純資産合計
                  その他有価証券        土地再評価      退職給付に係る       その他の包括利益         持分
                   評価差額金        差額金      調整累計額       累計額合計
     当期首残高                12,837       1,546       △ 775      13,609       398       45,448
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 312
      親会社株主に帰属する当期純
                                                          3,998
      利益
      自己株式の取得
                                                           △ 1
      株主資本以外の項目の当期変
                      △ 116       -      195        79      9        88
      動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 116       -      195        79      9       3,772
     当期末残高                12,721       1,546       △ 579      13,688       408       49,220
                                 43/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,464              5,794
       税金等調整前当期純利益
                                           546              592
       減価償却費
                                            3              -
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    23             △ 84
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 383              △ 26
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 338             △ 185
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 393              221
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                    66              211
                                         △ 500             △ 558
       受取利息及び受取配当金
                                           726              576
       支払利息
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                   232               -
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                    2              -
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 114               -
                                           -              90
       訴訟和解金
       支払補償金                                    -              132
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 8,630              2,912
       未成工事支出金の増減額(△は増加)                                  11,400                402
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   343             △ 448
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 5,124              5,128
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,074              4,594
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                 △ 3,795               588
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  2,737              1,842
                                           280               6
       その他
                                        △ 2,527              21,790
       小計
                                           504              562
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 720             △ 635
       利息の支払額
                                         △ 368            △ 1,763
       法人税等の支払額
                                           -             △ 73
       訴訟和解金の支払額
                                           -             △ 132
       支払補償金の支払額
                                        △ 3,112              19,747
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 582             △ 221
       有形固定資産の取得による支出
                                           631               -
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 324             △ 124
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 11             △ 758
       投資有価証券の取得による支出
                                           273               -
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                           -             △ 89
       関係会社株式の取得による支出
                                          △ 55             △ 43
       貸付けによる支出
                                           81              75
       貸付金の回収による収入
                                            9              -
       敷金及び保証金の回収による収入
                                           △ 5             △ 2
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                    16            △ 1,164
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  3,447             △ 10,300
                                         5,650              5,100
       長期借入れによる収入
                                        △ 5,558             △ 5,668
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 25             △ 33
       リース債務の返済による支出
       自己株式の増減額(△は増加)                                   △ 3             △ 1
                                         △ 234             △ 312
       配当金の支払額
                                           △ 9             △ 2
       非支配株主への配当金の支払額
                                         3,265             △ 11,218
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 49              14
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     120             7,377
                                         10,675              10,795
      現金及び現金同等物の期首残高
                                 44/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                        ※1 10,795             ※1 18,173
      現金及び現金同等物の期末残高
        【注記事項】

         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
         すべての子会社(         2 社)を連結しています。
         連結子会社名
          テッケン興産㈱         、㈱ジェイテック
       2.持分法の適用に関する事項

         関連会社に対する投資については、持分法を適用していません。
         持分法非適用の関連会社名
          墨田コートハウスサービス㈱、プラザノースマネジメント㈱、八千代ゆりのき台PFI㈱
          THANH    PHAT   CONSTRUCTION       WORK   JOINT   STOCK   COMPANY
         持分法非適用の関連会社は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体と

        しても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しています。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社の事業年度は当社と一致しています。
       4.会計方針に関する事項

        (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          a.満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)
          b.その他有価証券
           (a)時価のあるもの
              連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
             原価は移動平均法により算定)
           (b)時価のないもの
              移動平均法による原価法
         ②デリバティブ
           時価法
         ③たな卸資産
          販売用不動産・不動産事業支出金
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          未成工事支出金
           個別法による原価法
          その他のたな卸資産(材料貯蔵品)
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
            ただし、一部の連結子会社は貯蔵品や商品に先入先出法による原価法を採用しています。
        (2)  重要な減価償却資産の減価償却方法

         ①有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法によっています。
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に
           取得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっています。
            なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
         ②無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法によっています。
            なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
            ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
           よっています。
                                 45/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         ③リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。
        (3)  重要な引当金の計上基準

         ①貸倒引当金
           売上債権及び貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
          念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
         ②完成工事補償引当金
           完成工事に係るかし担保の費用に備えるため、当連結会計年度の完成工事高(進行基準工事を含む)に対
          する将来の見積補償額に基づいて計上しています。
         ③賞与引当金
           従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しています。
         ④工事損失引当金
           受注工事に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末の手持工事のうち損失の発生が見込まれ、か
          つ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しています。
         ⑤損害補償引当金
           将来の損害補償の履行に伴い発生するおそれのある損失に備えるため、当連結会計年度末において金額を
          合理的に見積もることができるものについて、損失見込額を計上しています。
        (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっています。
         ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、発生時に一括償却しています。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
          年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しています。
        (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事
          の進捗度の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しています。
        (6)  重要なヘッジ会計の方法

         ①ヘッジ会計の方法
           特例処理の要件を満たす金利スワップについて、特例処理を採用しています。
         ②ヘッジ手段とヘッジ対象
          a.ヘッジ手段
             デリバティブ取引(金利スワップ)
          b.ヘッジ対象
             相場変動による損失の可能性があり、相場変動が評価に反映されていないもの及びキャッシュ・フ
            ローが固定され、その変動が回避されるもの
         ③ヘッジ方針
           主に当社の内部規程である「金融市場リスク管理方針」に基づき、相場変動及び金利変動をヘッジしてい
          ます。
           なお、主なリスクとして借入金の金利変動をヘッジしています。
         ④ヘッジ有効性評価の方法
           金利スワップの特例処理を採用しているため、ヘッジ有効性評価は省略しています。
                                 46/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
        (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         ①消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税に相当する額の会計処理は、税抜方式によっています。
         ②連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しています。
         (会計方針の変更)

         (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
        報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び
        構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しています。
         なお、この変更による当連結会計年度の損益への影響は軽微です。
         (表示方法の変更)

         (損益計算書関係)
         前連結会計年度において、区分掲記していました「営業外収益」の「償却債権取立益」は、金額的重要性が低下
        したため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しています。この表示方法の変更を反映させるため、前連
        結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。
         この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」に表示していた「償却債権取立益」20百
        万円、「その他」108百万円は、「その他」128百万円として組替えています。
         (追加情報)

         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結
        会計年度から適用しています。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 関連会社に対するものは、次のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 19百万円                 108百万円
      ※2 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価

        を行い、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除し
        た金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しています。
         ・再評価の方法
            土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める路線価及
           び路線価のない土地は同条第3号に定める固定資産税評価額に基づいて、奥行価格補正等の合理的な調整を
           行って算出しています。
         ・再評価を行った年月日
           平成12年3月31日
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     再評価を行った土地の期末における時価と
                                     2,872百万円                 2,448百万円
     再評価後の帳簿価額との差額
     上記差額のうち賃貸等不動産に係る差額                                 527                 408
                                 47/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      ※3 担保資産及び担保付債務
        (1)  担保に供している資産及び担保付債務は、次のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     建物・構築物                                1,445百万円                 1,404百万円
     土地                                1,061                 1,061
     投資有価証券                               11,437                 11,652
               計                      13,944                 14,118
     長期借入金                                4,396百万円                 3,624百万円

     短期借入金(長期借入金からの振替分)                                2,288                 2,319
        (2)  下記の資産は関連会社等の借入金等の担保に供しています。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     投資有価証券                                 22百万円                 22百万円
     長期貸付金                                 46                 44
               計                        69                 66
      ※4 その他のたな卸資産の内訳は次のとおりです。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
     材料貯蔵品                               1,038   百万円               1,498   百万円
                                       ▶                  0
     商品
      ※5 損失の発生が見込まれる工事契約に係る未成工事支出金と工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示していま

        す。
        工事損失引当金に対応する未成工事支出金の額
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
                            -百万円                            22百万円
     6 偶発債務
        (1)  連結会社以外の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
         ①借入金保証
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
     マンション購入者                       24百万円     マンション購入者                       20百万円
     当社従業員                       0     当社従業員                       -
             計               24            計               20
         ②住宅分譲手付金等保証

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
                           115百万円                            47百万円
     ㈱コーセーアールイー                            ㈱コーセーアールイー
             計               115             計               47
                                 48/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
     従業員給料手当                               3,027   百万円               3,608   百万円
                                      130                  171
     賞与引当金繰入額
                                      179                  189
     退職給付費用
                                      522                  601
     法定福利費
                                      174                  226
     福利厚生費
                                      453                  504
     通信交通費
                                      158                  164
     地代家賃
      ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                              至 平成29年3月31日)
                           319  百万円                          395  百万円
      ※3 完成工事高のうち、工事進行基準によった完成工事高は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
                         148,220百万円                            138,616百万円
      ※4 完成工事原価に含まれる工事損失引当金繰入額は次のとおりです。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                            至 平成29年3月31日)
                          1,035百万円                             876百万円
      ※5 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損(△は戻入益)が兼業事業

        売上原価に含まれています。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成27年4月1日                            (自 平成28年4月1日
              至 平成28年3月31日)                              至 平成29年3月31日)
                             1 百万円                          △ 77 百万円
      ※6 固定資産売却益の内容は次のとおりです。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
     建物                                 44百万円                 -百万円
     土地                                 69                 -
               計                       114                  -
                                 49/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      ※7 減損損失
         当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日  至 平成28年3月31日)
           場所              用途               種類             その他
     北海道              建設              ソフトウェア、電話加入権他                   ─────

     北海道              共用資産              建物・構築物                   ─────

         当社グループは、建設事業及び共用資産については各支店及び事業所単位に、不動産賃貸事業及びその他の事業
        については個別物件毎に、また、将来使用が見込まれない資産については処分予定資産として、グルーピングして
        います。
         建設事業及び共用資産は収益性が低下しているグループについて、それぞれ帳簿価額を正味売却価額まで減額
        し、当該減少額を減損損失3百万円として特別損失に計上しています。当該減損損失は、ソフトウェア1百万円、
        電話加入権1百万円、建物・構築物0百万円、その他0百万円によるものです。
         なお、各資産の回収可能価額は正味売却価額と使用価値のいずれか高い価額としています。建物・構築物、土地
        等の正味売却価額は路線価及び固定資産税評価額などを基に評価し、使用価値は将来キャッシュ・フローを2.5%
        で割り引いて算定しています。
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

         該当事項はありません。
         (連結包括利益計算書関係)

      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △776百万円               △232百万円
      組替調整額                                  233                -
       税効果調整前
                                       △542               △232
       税効果額                                439               115
       その他有価証券評価差額金
                                       △103               △116
     土地再評価差額金:
      税効果額                                  115                -
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △279                △19
      組替調整額                                  160               302
       税効果調整前
                                       △118                 283
       税効果額                                 20              △87
       退職給付に係る調整額
                                       △98                195
        その他の包括利益合計
                                       △85                 79
                                 50/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日  至 平成28年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                 156,689,563              -          -     156,689,563
     2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                   570,771          10,878            -       581,649
     (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加10,878株は、単元未満株式の買取りによる増加です。

     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額          1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
      平成27年6月26日
                  普通株式             234        1.5    平成27年3月31日          平成27年6月29日
       定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類               配当の原資               基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     平成28年6月29日
                普通株式           312   利益剰余金           2  平成28年3月31日         平成28年6月30日
      定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                 156,689,563              -          -     156,689,563

     2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

                      当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少          当連結会計年度末株
          株式の種類
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          式数(株)
       普通株式                   581,649           5,840           -       587,489

     (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加5,840株は、単元未満株式の買取りによる増加です。

     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                         配当金の総額          1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)        配当額(円)
      平成28年6月29日
                  普通株式             312         2   平成28年3月31日          平成28年6月30日
       定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類               配当の原資               基準日        効力発生日
                      (百万円)              配当額(円)
     平成29年6月29日
                普通株式           780   利益剰余金           5  平成29年3月31日         平成29年6月30日
      定時株主総会
                                 51/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                              至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
      現金及び預金勘定                              10,795   百万円              18,173   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                                -                 -
      現金及び現金同等物                              10,795                 18,173
         (リース取引関係)

      (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
       (1)  所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①リース資産の内容
         a.有形固定資産
           主として、コンピュータ(工具器具・備品)です。
        ②リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.(2)重要な減価償却資産の減価償却方法」に記載のと
        おりです。
      2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成28年3月31日)                   (平成29年3月31日)
      1年内                                  1                   3
      1年超                                  -                   8
             合計                            1                  11
                                 52/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
        (1)  金融商品に対する取組方針
          当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産に限定し、また、資金調達については銀行借入及
         び社債発行による方針です。デリバティブは、借入金の金利変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引
         は行いません。
        (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
          営業債権である受取手形・完成工事未収入金等は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関して
         は、社内規程に従って、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を適宜把握
         する体制としています。
          有価証券及び投資有価証券は主として業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒さ
         れていますが、四半期ごとに時価の把握を行っています。
          営業債務である支払手形・工事未払金等は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。
          借入金の使途は主として運転資金です。変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されていますが、このう
         ち長期のものの一部については、支払金利の変動リスクを回避し支払利息の固定化を図るために、個別契約ごと
         にデリバティブ取引(金利スワップ取引)をヘッジ手段として利用しています。ヘッジの有効性の評価方法につ
         いては、金利スワップの特例処理の要件を満たしているため、その判定をもって有効性の評価を省略していま
         す。
          デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従っており、また、デリバティブの
         利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っています。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されていますが、当社グループでは各社が月次に資金繰り計画
         を作成するなどの方法により管理しています。
        (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
         れています。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
         り、当該価額が変動することもあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて
       困難と認められるものは、次表には含めていません((注2)参照)。
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                   連結貸借対照表
                                               時価         差額
                                     計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
         (1)現金預金                              10,795         10,795           -
         (2)受取手形・完成工事未収入金等                              95,236         95,236           -
         (3)有価証券及び投資有価証券                              35,227         35,204          △22
         (4)長期預金(※1)                               1,093         1,086          △6
                               資産計        142,352         142,323          △28
         (1)支払手形・工事未払金等                              52,591         52,591           -
         (2)短期借入金                              36,500         36,500           -
         (3)未払金                               1,284         1,284          -
         (4)預り金                              10,810         10,810           -
         (5)長期借入金(※2)                              16,278         16,384          105
                               負債計        117,464         117,570           105
         デリバティブ取引                                -         -         -
          (※1)長期預金は、連結貸借対照表上、「投資その他の資産」の「その他」に含まれています。
          (※2)長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金も含まれています。
                                 53/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                   連結貸借対照表
                                               時価         差額
                                     計上額
                                             (百万円)         (百万円)
                                    (百万円)
         (1)現金預金                              18,173         18,173           -
         (2)受取手形・完成工事未収入金等                              92,323         92,323           -
         (3)有価証券及び投資有価証券                              35,720         35,703          △16
         (4)長期預金(※1)                               1,088         1,076         △11
                               資産計        147,305         147,278          △27
         (1)支払手形・工事未払金等                              57,186         57,186           -
         (2)短期借入金                              26,200         26,200           -
         (3)未払金                               1,410         1,410          -
         (4)預り金                              10,014         10,014           -
         (5)長期借入金(※2)                              15,710         15,788           78
                               負債計        110,521         110,600           78
         デリバティブ取引                                -         -         -
          (※1)長期預金は、連結貸借対照表上、「投資その他の資産」の「その他」に含まれています。
          (※2)長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金も含まれています。
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

       資 産
        (1)  現金預金、及び(2)         受取手形・完成工事未収入金等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
        (3)  有価証券及び投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は主として取引金融機関から提示された価格
         によっています。
          また、有価証券について定められた注記事項は、「有価証券関係」に記載しています。
        (4)  長期預金
          長期預金の時価は、取引金融機関から提示された価格によっています。
       負 債
        (1)  支払手形・工事未払金等、(2)              短期借入金、(3)        未払金、及び(4)        預り金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
        (5)  長期借入金
          長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
         現在価値により算定しています。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており
         (「デリバティブ取引関係」注記参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の
         借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いた現在価値により算定しています。
       デリバティブ取引
        「デリバティブ取引関係」に記載しています。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                 区分
                              (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
           非上場株式(百万円)                             1,124                 1,231
           これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握
          することが極めて困難と認められることから、「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めていません。
                                 54/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                     1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内
                                    (百万円)         (百万円)         (百万円)
         現金預金                              10,795           -         -
         受取手形・完成工事未収入金等                              95,236           -         -
         有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券                               -       2,440          -
         長期預金                                -       1,093          -
                     合計                   106,032          3,533          -
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                     1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内
                                    (百万円)         (百万円)         (百万円)
         現金預金                              18,173           -         -
         受取手形・完成工事未収入金等                              92,323           -         -
         有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券                              1,641          783         -
         長期預金                                -       1,088          -
                     合計                   112,139          1,871          -
      (注4)長期借入金の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     長期借入金            5,408        4,660        3,382        1,810        1,017         -

        合計         5,408        4,660        3,382        1,810        1,017         -

        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     長期借入金            5,707        4,523        2,937        1,920         622        -

        合計         5,707        4,523        2,937        1,920         622        -

                                 55/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                               連結貸借対照表
                                            時価          差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)国債・地方債等                    -          -          -
                   (2)社債                    -          -          -

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               -          -          -

                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                  2,440          2,418           △22

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計              2,440          2,418           △22

                合計                     2,440          2,418           △22

       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                            時価          差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                    -          -          -

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               -          -          -

                   (1)国債・地方債等                    -          -          -

                   (2)社債                  2,425          2,409           △16

     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計              2,425          2,409           △16

                合計                     2,425          2,409           △16

                                 56/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2.その他有価証券
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                               連結貸借対照表
                                           取得原価           差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)株式                 31,579          13,166          18,413

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計             31,579          13,166          18,413

                   (1)株式                  1,206          1,345          △138

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計              1,206          1,345          △138

                合計                    32,786          14,511          18,274

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 1,124百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積る
        ことなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めてい
        ません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                               連結貸借対照表
                                           取得原価           差額
                       種類          計上額
                                          (百万円)          (百万円)
                                (百万円)
                   (1)株式                 33,259          15,207          18,051

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計             33,259          15,207          18,051

                   (1)株式                    34          44          △9

                   (2)債券                    -          -          -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                   (3)その他                    -          -          -
                       小計               34          44          △9

                合計                    33,294          15,252          18,042

     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 1,231百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積る
        ことなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めてい
        ません。
                                 57/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3.売却したその他有価証券
       前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                     売却益の合計額             売却損の合計額

           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          274               1             234

     (2)債券                          -              -              -

     (3)その他                          -              -              -

           合計                    274               1             234

       当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       金利関連
        前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                        契約額等       うち1年超         時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                       (百万円)       (百万円)       (百万円)
          金利スワップの           金利スワップ取引

                                長期借入金           8,149       5,316         -
           特例処理         支払固定・受取変動
        (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
           め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
        当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                        契約額等       うち1年超         時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                       (百万円)       (百万円)       (百万円)
          金利スワップの           金利スワップ取引

                                長期借入金           7,696       4,690         -
           特例処理         支払固定・受取変動
        (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
           め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
                                 58/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社は従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度を設けています。規約型企業年金制度
        (すべて積立型制度であります。)及び退職一時金制度(すべて非積立型制度であります。)では、キャッシュ・
        バランス・プランに基づいて計算された一時金又は年金を支給しています。
         また、当連結会計年度より新たに確定拠出制度を設けています。
         連結子会社においては、確定給付型の制度として退職一時金制度及び確定拠出制度を設けています。
         その他、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
         当社及び一部の連結子会社が加入している全国建設厚生年金基金は、厚生労働大臣の認可を得て平成28年9月30
        日付で解散しています。なお、当基金の解散による追加負担額の発生は見込まれていません。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                13,348百万円              12,661百万円
        勤務費用                                527              525
        利息費用                                132              125
        数理計算上の差異の発生額                                 74             △21
        退職給付の支払額                              △1,421              △1,303
       退職給付債務の期末残高                                12,661              11,986
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       年金資産の期首残高                                6,287百万円              6,204百万円
        期待運用収益                                157              155
        数理計算上の差異の発生額                               △204              △40
        事業主からの拠出額                                616              307
        退職給付の支給額                               △652              △600
       年金資産の期末残高                                6,204              6,025
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                5,733百万円              5,365百万円
       年金資産                               △6,204              △6,025
                                       △470              △660
       非積立型制度の退職給付債務                                6,927              6,621
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                6,456              5,960
       退職給付に係る負債                                6,927              6,621

       退職給付に係る資産                                △470              △660
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                6,456              5,960
                                 59/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       勤務費用                                 527百万円              525百万円
       利息費用                                 132              125
       期待運用収益                                △157              △155
       数理計算上の差異の費用処理額                                 160              302
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 663              797
       (5)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       数理計算上の差異                                △118百万円               283百万円
           合 計                                △118               283
       (6)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       未認識数理計算上の差異                                1,118百万円               835百万円
           合 計                                1,118               835
       (7)年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
       債券                                    40%              40%
       株式                                    23              22
       一般勘定                                    29              29
       現金及び預金                                    1              1
       その他                                    7              8
           合 計                                   100              100
        ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日           (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)            至   平成29年3月31日)
       割引率                                   1.0%              1.0%
       長期期待運用収益率                                   2.5              2.5
       予想昇給率                                   5.1              5.1
                                 60/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      3.複数事業主制度
       (1)確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金制度への要拠出額
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
          (自   平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)            (自   平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                             127百万円                          65百万円
       (2)制度全体の積立状況に関する事項

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 平成27年3月31日現在              平成28年3月31日現在
       年金資産の額                               270,327百万円              252,967百万円
       年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備金の
                                      260,101              242,429
       額との合計額
       差引額                                10,226              10,538
       (3)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合(加重平均値)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                                 至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
                                          3.34%              3.30%
       (4)補足説明

         上記(2)の差引額は、剰余金(前連結会計年度20,590百万円、当連結会計年度20,020百万円)から年金財政計算
        上の過去勤務債務残高(前連結会計年度10,364百万円、当連結会計年度9,481百万円)を控除した額です。
         なお、上記(3)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
      4.確定拠出制度

       当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
          (自   平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)            (自   平成28年4月1日 至           平成29年3月31日)
                              -百万円                          63百万円
                                 61/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産
        貸倒引当金                           2,117百万円            2,090百万円
        退職給付に係る負債                           2,124            2,027
        完成工事原価                           1,559            1,542
        たな卸資産有税評価減                            969            882
        投資有価証券有税評価減                            445            445
        工事損失引当金                            318            385
        固定資産減損                            289            279
        未払金否認                            231            272
        賞与引当金                            184            235
        保有目的変更に伴う再評価差額金取崩額                            156            156
                                    550            626
        その他
       繰延税金資産小計
                                   8,946            8,945
                                  △4,235            △4,182
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                   4,710            4,763
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                          △5,436            △5,320
        退職給付に係る資産                           △144            △202
                                   △66            △65
        その他
       繰延税金負債合計                           △5,646            △5,587
       繰延税金負債の純額                            △936            △823
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                                   33.0%             -
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                            5.0            -
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                           △1.3             -
        住民税均等割等                            4.0            -
        評価性引当額の増減                           △0.3             -
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                           10.9             -
        税額控除                           △3.8             -
                                    0.7            -
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                            48.2             -
       (注)当連結会計年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の
          5以下であるため注記を省略しています。
                                 62/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
        当社及び一部の連結子会社では、東京都その他の地域において、賃貸用のオフィスビル及び住宅等(土地を含
       む。)を有しております。平成28年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は242百万円(賃貸収益は兼
       業事業売上高に、主な賃貸費用は兼業事業売上原価に計上)であり、平成29年3月期における当該賃貸等不動産に関
       する賃貸損益は265百万円(賃貸収益は兼業事業売上高に、主な賃貸費用は兼業事業売上原価に計上)です。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
     連結貸借対照表計上額
         期首残高                              8,762                 8,146
         期中増減額                              △616                 △101
         期末残高                              8,146                 8,045
     期末時価                                  6,979                 6,763
      (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額です。
        2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は新規取得(21百万円)であり、主な減少額は売却(517百
          万円)です。また、当連結会計年度の主な増加額は新規取得(31百万円)です。
        3.期末の時価は、主要な物件については社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書に基づく金額、その他の物
          件については、一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に基づく金額です。
                                 63/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
        1.報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
         が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
          当社は本社に土木本部、建築本部を置き、各本部は、取り扱う工事について包括的な戦略を立案し、事業活動
         を展開しています。また、不動産部門については専門の部署を設け、包括的な戦略を立案し、事業活動を展開し
         ています。
          したがって、当社は、本部及び専門部署を基礎とした工事・事業別のセグメントから構成されており、「土木
         工事」、「建築工事」及び「不動産事業」の3つを報告セグメントとしています。
          「土木工事」は、土木工事の請負並びにこれに関する調査、企画、測量、設計、監理、マネジメント及びコン
         サルティングを行っております。「建築工事」は、建築工事の請負並びにこれに関する調査、企画、測量、設
         計、監理、マネジメント及びコンサルティングを行っております。「不動産事業」は、不動産の売買及び賃貸等
         の不動産に関する事業全般を行っています。
        2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
         おける記載と概ね同一です。
          報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格
         に基づいています。なお、資産については事業セグメントに配分していませんが、当該資産にかかる減価償却費
         についてはその使用状況等によった合理的な基準に従い事業セグメントに配分しています。
        3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額に関する情報

         前連結会計年度(自           平成27年4月1日  至             平成28年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        連結損益
                         報告セグメント
                                        その他          調整額     計算書
                                              合計
                    土木     建築     不動産
                                        (注1)          (注2)      計上額
                                    計
                    工事     工事     事業
                                                        (注3)
      売上高
                    87,918     81,021       805   169,746      1,496    171,243        -   171,243
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売
                      -     -     345     345    17,929     18,275    △ 18,275        -
       上高又は振替高
                    87,918     81,021      1,151    170,092      19,426     189,518     △ 18,275     171,243
            計
      セグメント利益               694     595     355    1,645      134    1,779       6    1,785
      その他の項目

                      222     150     153     527      20     548     △ 1     546
       減価償却費
         (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設資機材等の販売他の事
              業を含んでおります。
            2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 64/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自           平成28年4月1日  至             平成29年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                        連結損益
                         報告セグメント
                                        その他          調整額     計算書
                                              合計
                    土木     建築     不動産
                                        (注1)          (注2)      計上額
                                    計
                    工事     工事     事業
                                                        (注3)
      売上高
                    86,863     76,479       757   164,100       953   165,053        -   165,053
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売
                      -     -     340     340    20,017     20,357    △ 20,357        -
       上高又は振替高
                    86,863     76,479      1,098    164,440      20,970     185,411     △ 20,357     165,053
            計
                     3,969     1,641      396    6,006       98    6,105       2    6,107
      セグメント利益
      その他の項目

                      244     176     145     566      27     593     △ 1     592
       減価償却費
         (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、建設資機材等の販売他の事
              業を含んでおります。
            2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          【関連情報】

         前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しています。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
         (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しています。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:百万円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
          東日本旅客鉄道株式会社                            59,381     土木工事、建築工事

                                 65/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しています。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
           本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
         (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しています。
        3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:百万円)
            顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
          東日本旅客鉄道株式会社                            56,409     土木工事、建築工事

          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                        報告セグメント
                                         その他     全社・消去        合計
                土木工事      建築工事      不動産事業        計
                    1      1      0      3      -      -       3
        減損損失
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
                                 66/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 平成27年4月1日  至 平成28年3月31日)
                   資本金又
                              議決権等の所
                                               取引金額          期末残高
                        事業の内容
         会社等の名称                           関連当事者
                   は出資金
      種類         所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                                               (百万円)          (百万円)
         又は氏名                           との関係
                         又は職業
                    (百万円)
                              割合(%)
                                                59,381
                              直接                           39,359
                    200,000                     完成工事高
         東日本旅客鉄
     法人主          東京都                     建設工事               完成工事未
                        運輸業
     要株主    道㈱      渋谷区                     の請負               収入金
                                10.2
                        駅スペース活
                                    役員の兼               未成工事受
                                                           260
                        用事業
                                    任、転籍               入金
                        ショッピン
                        グ・オフィス
                        事業
                        その他事業
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
            取引金額その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっています。
        当連結会計年度(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

                   資本金又
                              議決権等の所
                        事業の内容                      取引金額          期末残高
         会社等の名称                           関連当事者
                   は出資金
      種類         所在地               有(被所有)           取引の内容           科目
                                               (百万円)          (百万円)
         又は氏名                           との関係
                         又は職業
                    (百万円)
                              割合(%)
                                                56,409
                              直接                           40,316
                    200,000                     完成工事高
     法人主    東日本旅客鉄      東京都
                                    建設工事               完成工事未
                        運輸業
     要株主    道㈱      渋谷区
                                    の請負               収入金
                                10.2
                        駅スペース活
                                    役員の兼               未成工事受        778
                        用事業
                                    任、転籍               入金
                        ショッピン
                        グ・オフィス
                        事業
                        その他事業
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。
         2.取引条件ないし取引条件の決定方針等
            取引金額その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっています。
                                 67/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成27年4月1日            (自    平成28年4月1日
                                 至   平成28年3月31日)             至   平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                                   288.58円               312.70円
     1株当たり当期純利益金額                                     8.15円              25.61円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益   (百万円)                                    1,271               3,998

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          1,271               3,998
      当期純利益             (百万円)
      普通株式の期中平均株式数       (千株)                                   156,111               156,104
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     純資産の部の合計額          (百万円)                                     45,448               49,220

     純資産の部の合計額から控除する金額  (百万円)                                      398               408

     (うち非支配株主持分)        (百万円)                                      (398)               (408)

     普通株式に係る期末の純資産額     (百万円)                                     45,049               48,812

      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                         156,107               156,102
     式の数                 (千株)
                                 68/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
         (単元株式数の変更及び株式併合)
         当社は、平成29年5月12日開催の取締役会において、平成29年6月29日開催の第76回定時株主総会に普通株式の
        併合について付議することを決議しました。併せて、本株主総会において株式併合に関する議案が可決されること
        を条件として、単元株式数の変更を行うことを決議しました。その内容は以下のとおりです。
        (1)株式併合、単元株式数および発行可能株式総数の変更の目的

         全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を発表し、上場する国内会社の普通株式の売買単位
        (単元株式数)を100株に統一することを目指しています。
         当社は、東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を尊重し、当社株式の売買単位(単元株式数)を100
        株に変更することとし、併せて証券取引所が望ましいとしている投資単位の金額水準(5万円以上50万円未満)を
        勘案し、株式併合を実施するものです。
        (2)株式併合の内容

         ①株式併合する株式の種類
          普通株式
         ②株式併合の方法・比率
           平成29年10月1日をもって、平成29年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主の所有株式を基準に、10
          株につき1株の割合で併合します。
           なお、株式併合の結果、1株未満の端数が生じた場合は会社法の定めに基づき、すべての端数株式を当社が
          一括して処分し、その処分代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて分配します。
         ③株式併合により減少する株式数
         株式併合前の発行済株式総数(平成29年3月31日現在)                                            156,689,563株
         株式併合により減少する株式数                                            141,020,607株
         株式併合後の発行済株式総数                                            15,668,956株
         (注)「株式併合により減少する株式数」及び「株式併合後の発行済株式総数」は、株式併合前の発行済株式総
            数及び株式併合の併合割合に基づき算出した理論値です。
        (3)単元株式数の変更の内容

         株式併合の効力発生と同時に、普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更いたします。
         なお、会社法第195条第1項の定めに基づき、株式併合の効力発生日である平成29年10月1日に、定款第5条
        (発行可能株式総数)に規定する単元株式数が、現行の1,000株から100株に変更されたものとみなされます。
        (4)効力発生日における発行可能株式総数

         29,847,600株
         株式併合の割合に合わせて、現行の298,476,000株から29,847,600株に減少いたします。
         なお、会社法第182条第2項の定めに基づき、株式併合の効力発生日である平成29年10月1日に、定款第5条
        (発行可能株式総数)に規定する発行可能株式総数が、現行の298,476,000株から29,847,600株に変更されたもの
        とみなされます。
        (5)株式併合及び単元株式数の変更の日程

         取締役会決議日                                       平成29年5月12日
         株主総会決議日                                       平成29年6月29日
         株式併合及び単元株式数の変更の効力発生日                                       平成29年10月1日
        (6)1株当たり情報に及ぼす影響

         当該株式併合が前連結会計年度の期首に実施されたと仮定した場合の、前連結会計年度及び当連結会計年度にお
        ける1株当たり情報は以下のとおりです。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
         1株当たり純資産額                            2,885.77円                 3,126.96円
         1株当たり当期純利益金額                              81.47円                 256.11円
                                 69/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首   残高     当期末残高       平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                             36,500        26,200        0.8      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              5,408        5,707       1.4      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               22        35      -     -

                                                     平成30年から
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             10,870        10,002        1.3
                                                     平成34年
                                                     平成30年から
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                               62        87      -
                                                     平成34年
     その他有利子負債                               -        -      -     -
                 合計                  52,863        42,033        -     -

      (注)1.「平均利率」については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率を記載しています。
            なお、リース債務の「平均利率」については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結
           会計年度に配分しているため記載していません。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
           の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりです。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                4,523           2,937           1,920            622

     リース債務                  34           33           14            ▶

         【資産除去債務明細表】

           連結財務諸表規則第92条の2第1項の規定により記載を省略しています。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高     (百万円)                     33,767          69,947          110,150          165,053
     税金等調整前四半期(当期)
                           793         2,749          4,582          5,794
     純利益金額   (百万円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益金額                      586         1,860          3,102          3,998
             (百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                           3.76          11.92          19.88          25.61
     純利益金額     (円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金
     額                                3.76          8.16          7.96          5.74
     (円)
                                 70/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         9,782              17,234
         現金預金
                                           413             1,149
         受取手形
                                           134              331
         電子記録債権
                                         93,707              89,933
         完成工事未収入金
                                            5              1
         不動産事業未収入金
                                           -             1,641
         有価証券
                                           252              245
         販売用不動産
                                         2,619              2,155
         未成工事支出金
                                         1,342              1,342
         不動産事業支出金
                                         1,034              1,495
         材料貯蔵品
                                         7,507              4,462
         未収入金
                                         2,542              2,653
         繰延税金資産
                                         2,757               514
         その他
                                         △ 103              △ 19
         貸倒引当金
         流動資産合計                                121,998              123,143
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 11,843             ※1 11,928
          建物
                                        △ 7,367             △ 7,618
            減価償却累計額
            建物(純額)                              4,475              4,309
                                         ※1 656             ※1 661
          構築物
                                         △ 560             △ 569
            減価償却累計額
            構築物(純額)                               96              91
                                           525              565
          機械及び装置
                                         △ 399             △ 409
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                               125              155
                                           806              834
          工具器具・備品
                                         △ 774             △ 784
            減価償却累計額
            工具器具・備品(純額)                               31              49
                                        ※1 10,651             ※1 10,651
          土地
                                           99              160
          リース資産
                                          △ 25             △ 49
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               73              110
                                         15,455              15,369
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  474              403
         投資その他の資産
                                        ※1 36,325             ※1 35,193
          投資有価証券
                                         ※1 144             ※1 234
          関係会社株式
                                         ※1 388             ※1 380
          長期貸付金
                                           137              116
          従業員に対する長期貸付金
                                          ※1 13             ※1 11
          関係会社長期貸付金
                                           555              555
          破産更生債権等
                                            3              2
          長期前払費用
                                           -              147
          前払年金費用
                                         1,964              1,976
          その他
                                         △ 524             △ 524
          貸倒引当金
                                         39,008              38,093
          投資その他の資産合計
                                         54,938              53,867
         固定資産合計
                                        176,936              177,010
       資産合計
                                 71/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         4,920              4,841
         支払手形
                                         15,050              15,973
         電子記録債務
                                         30,403              34,093
         工事未払金
                                        ※1 40,908             ※1 30,957
         短期借入金
                                           21              34
         リース債務
                                         1,299              1,397
         未払金
                                         1,278              1,416
         未払法人税等
                                         4,120              4,651
         未成工事受入金
                                           43              40
         不動産事業受入金
                                         10,745               9,948
         預り金
                                           376              333
         完成工事補償引当金
                                           581              741
         賞与引当金
                                         1,039              1,261
         工事損失引当金
                                           -              120
         損害補償引当金
                                           289             2,707
         その他
                                        111,077              108,520
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※1 10,270             ※1 9,602
         長期借入金
                                           59              85
         リース債務
                                         3,820              3,737
         繰延税金負債
                                         2,217              2,217
         再評価に係る繰延税金負債
                                         5,267              5,194
         退職給付引当金
                                           30              -
         偶発損失引当金
                                         21,664              20,837
         固定負債合計
                                        132,742              129,357
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,293              18,293
         資本金
         資本剰余金
                                         5,289              5,289
          資本準備金
                                            0              0
          その他資本剰余金
                                         5,289              5,289
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           80              80
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         6,224              9,802
            繰越利益剰余金
                                         6,304              9,882
          利益剰余金合計
                                          △ 78             △ 79
         自己株式
         株主資本合計                                29,809              33,385
       評価・換算差額等
         その他有価証券評価差額金                                12,838              12,721
                                         1,546              1,546
         土地再評価差額金
                                         14,384              14,267
         評価・換算差額等合計
                                         44,194              47,653
       純資産合計
                                        176,936              177,010
      負債純資産合計
                                 72/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      売上高
                                        167,130              161,556
       完成工事高
                                           755              697
       兼業事業売上高
                                        167,885              162,254
       売上高合計
      売上原価
                                        160,135              149,206
       完成工事原価
                                           476              355
       兼業事業売上原価
                                        160,612              149,562
       売上原価合計
      売上総利益
                                         6,994              12,350
       完成工事総利益
                                           278              341
       兼業事業総利益
                                         7,273              12,692
       売上総利益合計
      販売費及び一般管理費
                                           217              244
       役員報酬
                                         2,684              3,238
       従業員給料手当
                                           117              160
       賞与引当金繰入額
                                           168              179
       退職給付費用
       法定福利費                                   468              549
                                           360              405
       福利厚生費
                                           22              34
       修繕維持費
                                           35              50
       事務用品費
                                           421              473
       通信交通費
                                           41              33
       動力用水光熱費
                                           63              104
       調査研究費
                                           29              45
       広告宣伝費
                                           18             △ 79
       貸倒引当金繰入額
                                           -               0
       貸倒損失
                                           162              219
       交際費
                                            6              15
       寄付金
                                           164              169
       地代家賃
                                           95              135
       減価償却費
                                           337              441
       租税公課
                                           12              15
       保険料
                                           332              407
       雑費
                                         5,761              6,845
       販売費及び一般管理費合計
                                         1,511              5,846
      営業利益
                                 73/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業外収益
                                           31              35
       受取利息
                                           33              30
       有価証券利息
                                           476              537
       受取配当金
                                           992               27
       為替差益
                                           127              110
       その他
                                         1,660               742
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           699              553
       支払利息
                                            ▶              -
       貸倒引当金繰入額
                                           49              81
       その他
                                           752              634
       営業外費用合計
      経常利益                                    2,419              5,954
      特別利益
                                         ※1 114
                                                         -
       固定資産売却益
                                            1              -
       その他
                                           116               -
       特別利益合計
      特別損失
                                           234               -
       投資有価証券売却損
                                            3              -
       減損損失
                                            2              0
       固定資産除却損
                                           -              132
       支払補償金
                                           -              90
       訴訟和解金
                                           30              -
       偶発損失引当金繰入額
                                           -              120
       損害補償引当金繰入額
                                            7              9
       その他
                                           278              353
       特別損失合計
                                         2,256              5,601
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,188              1,788
                                          △ 92             △ 77
      法人税等調整額
                                         1,096              1,710
      法人税等合計
                                         1,160              3,890
      当期純利益
                                 74/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        完成工事原価報告書
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
                           至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                     注記
                                      構成比                   構成比
                              金額                   金額
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号       (百万円)                   (百万円)
     Ⅰ 材料費                             22,764     14.2             21,385     14.3
     Ⅱ 労務費                             3,051     1.9             2,853     1.9
       (うち労務外注費)                           (2,811)     (1.8)             (2,660)     (1.8)
     Ⅲ 外注費                            112,398      70.2             105,341      70.6
     Ⅳ 経費                             21,920     13.7             19,625     13.2
                                  (11,457)                   (11,209)
       (うち人件費)                                (7.2)                   (7.5)
            計                           100.0                   100.0
                                  160,135                   149,206
      (注) 原価計算の方法は、個別原価計算です。
        兼業事業売上原価報告書

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
                           至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                     注記
                                      構成比                   構成比
                              金額                   金額
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号       (百万円)                   (百万円)
     Ⅰ 不動産事業
      1 不動産取得費                              38    8.1               35   10.0
      2 工事費                              44    9.4               51   14.4
                                    385                   266
      3 経費                                 80.7                   74.9
           小計                            98.2                   99.3
                                    468                   353
                                     8                   2
     Ⅱ その他(PFI事業等)                                  1.8                   0.7
            計                           100.0                   100.0
                                    476                   355
      (注) 原価計算の方法は、個別原価計算です。
                                 75/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利
                 資本金                        益剰余金          自己株式    株主資本合計
                          その他資本     資本剰余金               利益剰余金
                     資本準備金               利益準備金
                          剰余金      合計               合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
     当期首残高            18,293     5,289       0   5,289      80    5,298     5,378     △ 74    28,887
     当期変動額
      剰余金の配当                                    △ 234    △ 234          △ 234
      当期純利益                                    1,160     1,160          1,160
      自己株式の取得
                                                     △ 3     △ 3
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     -    926     926     △ 3     922
     当期末残高            18,293     5,289       0   5,289      80    6,224     6,304     △ 78    29,809
                     評価・換算差額等

                 その他                純資産合計
                      土地再評価      評価・換算
                 有価証券
                       差額金     差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高
                  12,941      1,430     14,371      43,258
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 234
      当期純利益                             1,160
      自己株式の取得
                                    △ 3
      株主資本以外の項目の当
                   △ 103      115      12      12
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 103      115      12     935
     当期末残高             12,838      1,546     14,384      44,194
                                 76/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                         その他利
                 資本金                        益剰余金          自己株式    株主資本合計
                          その他資本     資本剰余金               利益剰余金
                     資本準備金               利益準備金
                          剰余金      合計               合計
                                         繰越利益
                                         剰余金
     当期首残高            18,293     5,289       0   5,289      80    6,224     6,304     △ 78    29,809
     当期変動額
      剰余金の配当
                                          △ 312    △ 312          △ 312
      当期純利益                                    3,890     3,890          3,890
      自己株式の取得                                               △ 1     △ 1
      株主資本以外の項目の当
      期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     -    3,578     3,578      △ 1    3,576
     当期末残高            18,293     5,289       0   5,289      80    9,802     9,882     △ 79    33,385
                     評価・換算差額等

                 その他                純資産合計
                      土地再評価      評価・換算
                 有価証券
                       差額金     差額等合計
                 評価差額金
     当期首残高             12,838      1,546     14,384      44,194
     当期変動額
      剰余金の配当
                                    △ 312
      当期純利益                             3,890
      自己株式の取得                              △ 1
      株主資本以外の項目の当
                   △ 116      -    △ 116     △ 116
      期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 116      -    △ 116     3,459
     当期末残高             12,721      1,546     14,267      47,653
                                 77/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
        (1)  満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)
        (2)  子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法
        (3)  その他有価証券
         ①時価のあるもの
           事業年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
          平均法により算定)
         ②時価のないもの
           移動平均法による原価法
       2.デリバティブの評価基準及び評価方法

          時価法
       3.たな卸資産の評価基準及び評価方法

        (1)  販売用不動産
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        (2)  未成工事支出金
           個別法による原価法
        (3)  不動産事業支出金
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        (4)  材料貯蔵品
           移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       4.固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
           定率法によっています。
           ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取
          得した建物附属設備及び構築物については、定額法によっています。
            なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
        (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
           定額法によっています。
           なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっています。
           ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっ
          ています。
        (3)  リース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。
       5.引当金の計上基準

        (1)  貸倒引当金
           売上債権及び貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
          念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
        (2)  完成工事補償引当金
           完成工事に係るかし担保の費用に備えるため、当事業年度の完成工事高(進行基準工事を含む)に対する
          将来の見積補償額に基づいて計上しています。
        (3)  賞与引当金
           従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準により計上しています。
        (4)  工事損失引当金
           受注工事に係る将来の損失に備えるため、当事業年度末手持工事のうち損失の発生が見込まれ、かつ、そ
          の金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見込額を計上しています。
                                 78/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (5)  損害補償引当金
           将来の損害補償の履行に伴い発生するおそれのある損失に備えるため、当事業年度末において金額を合理
          的に見積もることができるものについて、損失見込額を計上しています。
        (6)  退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
          しています。
          ①退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
          給付算定式基準によっています。
          ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、発生時に一括償却しています。
           数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
          による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しています。
       6.完成工事高及び完成工事原価の計上基準

          完成工事高及び完成工事原価の計上基準
           当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進
          捗度の見積りは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しています。
           なお、工事進行基準によった完成工事高は136,918百万円です。
       7.ヘッジ会計の方法

        (1)  ヘッジ会計の方法
           特例処理の要件を満たす金利スワップについて、特例処理を採用しています。
        (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
          ①ヘッジ手段
           デリバティブ取引(金利スワップ)
          ②ヘッジ対象
           相場変動による損失の可能性があり、相場変動が評価に反映されていないもの及びキャッシュ・フローが
          固定され、その変動が回避されるもの
        (3)  ヘッジ方針
           主に当社の内部規程である「金融市場リスク管理方針」に基づき、相場変動及び金利変動をヘッジしてい
          ます。
           なお、主なリスクとして借入金の金利変動をヘッジしています。
        (4)  ヘッジ有効性評価の方法
           金利スワップの特例処理を採用しているため、ヘッジ有効性評価は省略しています。
       8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)  退職給付に係る会計処理
           財務諸表において、未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表における会計
          処理の方法と異なっています。
        (2)  消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税に相当する額の会計処理は、税抜方式によっています。
        (3)  連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しています。
                                 79/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
        報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築
        物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しています。
         なお、この変更による当事業年度の損益への影響は軽微です。
         (表示方法の変更)

         (損益計算書関係)
         前事業年度において、区分掲記していました「営業外収益」の「償却債権取立益」は、金額的重要性が低下した
        ため、当事業年度より「その他」に含めて表示しています。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の
        財務諸表の組替えを行っています。
         この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」に表示していた「償却債権取立益」20百万円、
        「その他」107百万円は、「その他」127百万円として組替えています。
         (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業
        年度から適用しています。
         (貸借対照表関係)

      ※1 担保資産及び担保付債務
        (1)  担保に供している資産及び担保付債務は、次のとおりです。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     建物                                 822百万円                 809百万円
     構築物                                  5                 5
     土地                                 663                 663
     投資有価証券                               11,437                 11,652
               計                      12,929                 13,130
     長期借入金                                3,796百万円                 3,224百万円

     短期借入金(長期借入金からの振替分)                                2,088                 2,119
        (2)  下記の資産は関連会社等の借入金等の担保に供しています。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     投資有価証券                                  2百万円                 2百万円
     関係会社株式                                 19                 19
     長期貸付金                                 38                 36
     関係会社長期貸付金                                  8                 7
               計                        69                 66
     2 偶発債務

        (1)  下記の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
         ①借入金保証
                前事業年度                            当事業年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
     マンション購入者                       24百万円     マンション購入者                       20百万円
     当社従業員                       0     当社従業員                       -
             計               24            計               20
                                 80/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         ②住宅分譲手付金等保証
                前事業年度                            当事業年度
              (平成28年3月31日)                            (平成29年3月31日)
     ㈱コーセーアールイー                       115百万円     ㈱コーセーアールイー                       47百万円
             計               115             計               47
         (損益計算書関係)

      ※1 固定資産売却益の内容は、次のとおりです。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
     建物                                 44百万円                 -百万円
     土地                                 69                 -
               計                       114                  -
         (有価証券関係)

       前事業年度(平成28年3月31日)
         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式125百万円、関連会社株式19百万円)は、市場価
        格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載していません。
       当事業年度(平成29年3月31日)

         子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式125百万円、関連会社株式108百万円)は、市場価
        格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載していません。
         (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       繰延税金資産
        貸倒引当金                           2,116百万円            2,089百万円
        退職給付引当金                           1,615            1,590
        完成工事原価                           1,559            1,542
        たな卸資産有税評価減                            969            882
        投資有価証券有税評価減                            445            445
        工事損失引当金                            318            385
        固定資産減損                            289            279
        未払金否認                            225            264
        賞与引当金                            178            228
        保有目的変更に伴う再評価差額金取崩額                            156            156
        その他                            467            545
       繰延税金資産小計
                                   8,341            8,410
                                  △4,182            △4,129
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                   4,158            4,281
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                          △5,435            △5,319
                                    -           △45
        その他
       繰延税金負債合計                           △5,435            △5,364
       繰延税金負債の純額                           △1,277            △1,083
                                 81/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
       法定実効税率
                                   33.0%             -
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                             5.3            -
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △2.0             -
        住民税均等割等                             4.3            -
        評価性引当額の増減                            △0.3             -
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                            12.0             -
        税額控除                            △4.1             -
                                    0.4            -
        その他
                                   48.6             -
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
       (注)当事業年度は、法定実効税率税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異が法定実効税率の100分の
          5以下であるため注記を省略しています。
         (重要な後発事象)

         (単元株式数の変更及び株式併合)
         当社は、平成29年5月12日開催の取締役会において、平成29年6月29日開催の第76回定時株主総会に普通株式の
        併合について付議することを決議しました。併せて、本株主総会において株式併合に関する議案が可決されること
        を条件として、単元株式数の変更を行うことを決議しました。その内容は以下のとおりです。
        (1)株式併合、単元株式数および発行可能株式総数の変更の目的

         全国証券取引所は、「売買単位の集約に向けた行動計画」を発表し、上場する国内会社の普通株式の売買単位
        (単元株式数)を100株に統一することを目指しています。
         当社は、東京証券取引所に上場する企業として、この趣旨を尊重し、当社株式の売買単位(単元株式数)を100
        株に変更することとし、併せて証券取引所が望ましいとしている投資単位の金額水準(5万円以上50万円未満)を
        勘案し、株式併合を実施するものです。
        (2)株式併合の内容

         ①株式併合する株式の種類
          普通株式
         ②株式併合の方法・比率
           平成29年10月1日をもって、平成29年9月30日の最終の株主名簿に記録された株主の所有株式を基準に、10
          株につき1株の割合で併合します。
           なお、株式併合の結果、1株未満の端数が生じた場合は会社法の定めに基づき、すべての端数株式を当社が
          一括して処分し、その処分代金を端数が生じた株主様に対して、端数の割合に応じて分配します。
         ③株式併合により減少する株式数
         株式併合前の発行済株式総数(平成29年3月31日現在)                                            156,689,563株
         株式併合により減少する株式数                                            141,020,607株
         株式併合後の発行済株式総数                                            15,668,956株
         (注)「株式併合により減少する株式数」及び「株式併合後の発行済株式総数」は、株式併合前の発行済株式総
            数及び株式併合の併合割合に基づき算出した理論値です。
        (3)単元株式数の変更の内容

         株式併合の効力発生と同時に、普通株式の単元株式数を1,000株から100株に変更いたします。
         なお、会社法第195条第1項の定めに基づき、株式併合の効力発生日である平成29年10月1日に、定款第5条
        (発行可能株式総数)に規定する単元株式数が、現行の1,000株から100株に変更されたものとみなされます。
        (4)効力発生日における発行可能株式総数

         29,847,600株
         株式併合の割合に合わせて、現行の298,476,000株から29,847,600株に減少いたします。
         なお、会社法第182条第2項の定めに基づき、株式併合の効力発生日である平成29年10月1日に、定款第5条
        (発行可能株式総数)に規定する発行可能株式総数が、現行の298,476,000株から29,847,600株に変更されたもの
        とみなされます。
                                 82/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        (5)株式併合及び単元株式数の変更の日程
         取締役会決議日                                       平成29年5月12日
         株主総会決議日                                       平成29年6月29日
         株式併合及び単元株式数の変更の効力発生日                                       平成29年10月1日
        (6)1株当たり情報に及ぼす影響

         当該株式併合が前事業年度の期首に実施されたと仮定した場合の、前事業年度及び当事業年度における1株当た
        り情報は以下のとおりです。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
         1株当たり純資産額                            2,831.01円                 3,052.71円
         1株当たり当期純利益金額                              74.33円                 249.21円
                                 83/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          (株式)
                                           株式数        貸借対照表計上額
                     銘柄
                                           (株)         (百万円)
                   東日本旅客鉄道株式会社                         1,200,000            11,632
                   東海旅客鉄道株式会社                          420,000           7,618
                   東鉄工業株式会社                          770,000           2,460
                                                         2,165
                   西日本旅客鉄道株式会社                          299,000
                   ヒューリック株式会社                         1,530,000            1,601
                   株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ
                                            2,124,710            1,486
                   ループ
                   阪急阪神ホールディングス株式会社                          306,994           1,111
                   鹿島建設株式会社                         1,200,000             871
                   九州旅客鉄道株式会社                          253,000            866
                   株式会社みずほフィナンシャルグループ                         2,483,480             506
             その他
                   片倉工業株式会社                          316,000            440
     投資有価証券
             有価証券
                   名工建設株式会社                          509,061            434
                   京成電鉄株式会社                          110,568            285
                   南海電気鉄道株式会社                          500,000            271
                   日本電設工業株式会社                          124,716            250
                   京阪電気鉄道株式会社                          362,000            246
                   株式会社三井住友フィナンシャルグループ                           54,871            221
                   関西国際空港株式会社                           4,300           215
                   首都圏新都市鉄道株式会社                           4,000           200
                   西松建設株式会社                          334,958            183
                   その他49銘柄                          771,327           1,340
                            小計                13,678,986            34,410
                      計                      13,678,986            34,410
          (債券)

                                           券面総額        貸借対照表計上額
                     銘柄
                                          (百万円)          (百万円)
                   みずほコーポレート銀行                            561          564
                   みずほコーポレート銀行                            513          516
             満期保有
     有価証券              トヨタファイナンスオーストラリア                            336          336
             目的の債券
                   その他2銘柄                            224          225
                            小計                  1,635          1,641
                   トヨタファイナンスオーストラリア                             561          557
             満期保有
     投資有価証券             その他2銘柄                             224          225
             目的の債券
                            小計                   785          783
                      計                         2,421          2,425

                                 84/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価
                                          償却累計額             差引当期末
                 当期首   残高   当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
        資産の種類                                    又は             残高
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)             (百万円)
                                          償却累計額             (百万円)
                                           (百万円)
     有形固定資産

                   11,843                          7,618       250     4,309

      建物                     84      -    11,928
      構築物              656       ▶      -      661      569       9      91

      機械及び装置              525       57      17      565      409       26      155

      工具器具・備品              806       28      -      834      784       10      49

                   10,651                   10,651

      土地                     -      -             -      -    10,651
                   [3,763]                   [3,763]
      リース資産              99      66       ▶     160       49      29      110

                   24,582                   24,801

       有形固定資産計                   241       22           9,432       326     15,369
                   [3,763]                   [3,763]
     無形固定資産

      特許権              -      -      -      109       77      11      31

      ソフトウェア              -      -      -     1,124       771      117      352

      電話加入権              -      -      -      18      -      -      18

      リース資産              -      -      -       ▶      ▶      0      0

       無形固定資産計              -      -      -     1,257       853      130      403

        長期前払費用              3      -      -       3      0      1      2

     (注)1.「当期首残高」及び「当期末残高」欄の                        [ ]   内は内書きで、土地の再評価に関する法律の適用を受けて取得

          価額の修正を行ったことによる再評価差額です。
        2.無形固定資産の金額は資産の総額の100分の1以下であるため、「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期
          減少額」の記載を省略しました。
                                 85/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                    当期減少額
                                             当期減少額
                    当期首   残高    当期増加額                          当期末残高
           区分                         (目的使用)          (その他)
                    (百万円)        (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)
                                             (百万円)
      貸倒引当金                   628       19         -  (注1)       104        543

      完成工事補償引当金                   376       333         276  (注2)        99        333

      賞与引当金                   581       741         581          -        741

      工事損失引当金                  1,039        876         415  (注3)       240       1,261

                          -

      損害補償引当金                          120          -         -        120
      偶発損失引当金                    30       -         30         -        -

      (注)1.貸倒引当金の当期減少額(その他)は、一般債権の貸倒実績率による洗替額104百万円です。
         2.完成工事補償引当金の当期減少額(その他)は、未使用引当金戻入額99百万円です。
         3.工事損失引当金の当期減少額(その他)は、未使用引当金戻入額240百万円です。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 86/92













                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

      剰余金の配当の基準日                  3月31日

      1単元の株式数                  1,000株

      単元未満株式の買取り・売渡し

       取扱場所
                        (特別口座)
                        東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                         みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
       株主名簿管理人

                        (特別口座)
                        東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                         みずほ信託銀行株式会社
       取次所                   ─────

       買取・売渡手数料                 無料

                        電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他や

                        むを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                        公告掲載URL
                         http://www.tekken.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定

        による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権
        利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権利を有しておりません。
                                 87/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から本有価証券報告書提出日までの間において、関東財務局長に提出した金融商品取引法第25条
      第1項各号に掲げる書類は、次のとおりです。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第75期)(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)       平成28年6月29日に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類
                                                平成28年6月29日に提出
      (3)四半期報告書及び確認書
        (第76期第1四半期)(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)                                                   平成28年8月10日に提出
        (第76期第2四半期)(自 平成28年7月1日 至 平成28年9月30日)                                                   平成28年11月14日に提出
        (第76期第3四半期)(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)                                                  平成29年2月10日に提出
      (4)臨時報告書
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使結果)に基づく臨時
         報告書                                                                                                平成28年7月5日に提出
                                 88/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 89/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成29年6月29日

     鉄建建設株式会社

       取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              安藤  見
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              田中  量
                             業  務  執  行  社  員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる鉄建建設株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸
     借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
     務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、鉄建
     建設株式会社及び連結子会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及
     びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     <内部統制監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、鉄建建設株式会社の平成29年
     3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
                                 90/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
     内部統制報告書に対する経営者の責任
      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、鉄建建設株式会社が平成29年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
     部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報
     告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管していま
           す。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年6月29日

     鉄建建設株式会社

       取締役会 御中

                            有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              安藤  見
                             業  務  執  行  社  員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              田中  量
                             業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる鉄建建設株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第76期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、鉄建建設
     株式会社の平成29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において
     適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してい