大研医器株式会社 有価証券報告書 第49期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第49期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:大研医器株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                    近畿財務局長

      【提出日】                    平成29年6月27日

                         第49期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      【事業年度】
      【会社名】                    大研医器株式会社

                         DAIKEN    MEDICAL     CO.,LTD.

      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 山田 満

      【本店の所在の場所】                    大阪市中央区道修町三丁目6番1号

                         京阪神御堂筋ビル14階
                         06-6231-9917

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長 玉牧 健二

      【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区道修町三丁目6番1号

                         京阪神御堂筋ビル14階

                         06-6231-9917

      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員管理部長 玉牧 健二

      【縦覧に供する場所】                    大研医器株式会社東京支店

                         (東京都千代田区東神田二丁目4番5号)

                         株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/64










                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

      1【主要な経営指標等の推移】

              回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期

             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                    (千円)       7,068,350       7,635,801       8,033,054       8,261,416       8,399,605

     売上高
                    (千円)       1,250,125       1,401,333       1,623,909       1,704,192       1,714,916

     経常利益
                    (千円)        787,543       881,497      1,097,854       1,153,281       1,246,001

     当期純利益
     持分法を適用した場合の
                    (千円)          -       -       -       -       -
     投資利益
                    (千円)        495,875       495,875       495,875       495,875       495,875
     資本金
                    (株)      7,960,000       15,920,000       31,840,000       31,840,000       31,840,000

     発行済株式総数
                    (千円)       5,069,327       5,501,809       5,840,911       6,512,633       7,279,544

     純資産額
                    (千円)       7,964,045       8,233,182       8,768,959       10,136,843       11,007,560

     総資産額
                    (円)        168.60       181.67       194.56       216.95       242.55

     1株当たり純資産額
                            43.00       24.00       21.00       16.00       25.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (1株当たり中間配当額)                        ( - )    ( 11.75   )    ( 12.00   )     ( 7.00  )     ( 7.00  )
                    (円)        26.53       29.19       36.36       38.45       41.55
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)        26.16       29.00       36.29       38.41       41.50
     当期純利益金額
                    (%)         63.6       66.8       66.5       64.2       66.1
     自己資本比率
                    (%)         16.6       16.7       19.4       18.7       18.1

     自己資本利益率
                    (倍)         25.7       29.3       35.1       23.3       19.3

     株価収益率
                    (%)         40.5       41.1       41.3       41.6       60.2

     配当性向
     営業活動による
                    (千円)       1,211,669        995,060      1,140,020       1,294,996       1,350,353
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (千円)       △ 113,093      △ 157,368      △ 383,115     △ 1,316,200       △ 603,982
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (千円)       △ 843,844      △ 788,644      △ 586,106       192,573      △ 729,261
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                    (千円)       1,911,220       1,960,267       2,131,065       2,302,435       2,319,545
     期末残高
                             134       145       169       184       196
     従業員数
                    (名)
     (ほか、平均臨時雇用者数)                        ( 146  )     ( 137  )     ( 117  )     ( 110  )     ( 111  )
     (注)1 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        4 平成25年7月1日及び平成26年11月18日を効力発生日として、それぞれ普通株式1株につき2株の株式分割
          を行いました。第45期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純
          利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。また、第47期の1株当たり配
          当額については、1株当たり中間配当額12円(平成26年11月18日付の株式分割前)に、期末配当額9円(株
          式分割後)を加えた金額となっております。
                                  2/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要

              医療器具製造販売を目的として、大研医器株式会社を大阪市北区木幡町(現大阪市北区西天満)に
      昭和43年11月
              設立
      昭和46年7月        医療機器の製造業許可を取得
              主に整形外科用材料の仕入販売を行うため大研メディカル株式会社(後に大研産業株式会社)を大
      昭和55年2月
              阪市北区に設立
      昭和55年5月        東京都中央区に東京営業所(現東京支店)開設
      昭和56年4月        大阪市東区(現大阪市中央区)に大阪営業所(現大阪支店)開設

      昭和59年2月        大研メディカル株式会社が大研産業株式会社に商号変更

      平成2年9月        医療用吸引器「フィットフィックス」の開発・販売

      平成9年4月        携帯型ディスポーザブル注入器「シリンジェクター」の開発・販売

      平成11年10月        大阪府和泉市に本社機能を移転、研究棟・アセンブリーセンターを新設

      平成13年2月        大研産業株式会社が大研医工株式会社に商号変更

      平成13年4月        開発・製造部門を大研医工株式会社に分離

      平成15年4月        経営効率の向上を図るため大研医工株式会社を吸収合併

      平成16年3月        全事業所において国際的品質システム規格ISO9001:2000を認証取得

      平成16年10月        医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格ISO13485:2003を認証取得

      平成19年5月        大阪市中央区に本社機能を移転

      平成21年3月        東京証券取引所市場第二部に上場

      平成21年10月        タイでの海外生産委託開始

      平成22年10月        東京証券取引所市場第一部に指定

      平成23年4月        神奈川県川崎市高津区に新市場開発部(現開発第二部)開設

                                  3/64










                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社は、研究開発型医療機器メーカーとして、主に麻酔関連・病院内感染防止関連製品の企画開発・製造販売を
      行っております。なお、当社には、親会社、子会社、関連会社及びその他の関係会社はありません。
       当社の製品開発の特徴は、麻酔関連・病院内感染防止関連の医師、看護師及び臨床工学技士を中心とした医療現場
      のニーズを開発担当者が直接聞き、特許を含め独創的な技術を駆使して製品化することを製品開発の基本理念として
      いることであります。国内の医療機関の多くが、欧米メーカーを中心とした輸入医療機器に依存しており、この欧米
      主導の医療機器業界において、当社は医療現場第一主義に徹し、現場の小さな声も拾い上げ、製品化することに注力
      しております。
       また、当社は基礎研究・製品開発から製造にいたるまで、基本的にすべて当社で行っており、量産に係わる生産技
      術・品質管理においてもISO規格(ISO13485:2003)に基づき管理運営しております。
       当社は単一セグメントのため、当社製品を5つの製品群に分類し、それぞれの事業の内容を以下に記載いたしま
      す。
       (1)吸引器関連

         病院内感染防止関連の製品であり、手術室、集中治療室、病棟等において医療配管設備を吸引源とし、血液、
        組織液、唾液等の体液や体液を含んだ排液を吸引する非電動式の真空吸引器であります。従来はガラス製の吸引
        容器が使用されており、洗浄、再使用されていましたが、感染予防の観点から近年プラスチック製のディスポー
        ザブル(使い捨て)容器に置き換わってきております。
        (主な製品)
         フィットフィックス
          蓋部分とボトル部分から構成されるプラスチック製の凝固剤一体型の密閉容器であり、排液量が比較的多
         い、手術室、集中治療室等で使用いたします。蓋部分に凝固剤があらかじめ充填されており、蓋部分を押すこ
         とにより凝固剤が投下され、蓋を開けることなく排液を凝固することができます。容器ごと焼却処分をするた
         め、排液に直接触れることがなく、排液からの感染を防止しております。手術の規模によっては、数個の
         フィットフィックスを連結して使用いたします。
         キューインポット

          本体とディスポーザブルであるプラスチック製のライナー(袋)で構成され、排液量が比較的少ない病棟等
         で使用いたします。ライナーには凝固剤が入っており、吸引した排液を固めることができます。使用したライ
         ナーは、排液に接触することなく、そのまま焼却処分ができるため、病棟での感染症対策として利用されてお
         ります。
       (2)   注入器関連

         麻酔関連の製品であり、主に手術後の痛みを軽減する目的でカテーテル(医療用の細いチューブ)等に接続
        し、局所麻酔剤や鎮痛剤を微量、持続的に投与するために使用する加圧式医薬品注入器であります。
         一般的に病院施設内で使用されますが、一部では医師の管理指導のもと、在宅でも使用されております。本製
        品は電気を使用せず軽量で携帯ができ、局所麻酔剤や鎮痛剤を投与できるため、患者のQOL(Quality                                               Of  Life:
        生活の質)向上を考慮しております。
        (主な製品)
         シリンジェクター
          加圧方式に大気圧を利用した注入器であり、一定速度で薬液を注入いたします。
         バルーンジェクター

          加圧方式にバルーン(風船)の収縮力を利用した注入器であり、一定速度で薬液を注入いたします。比較的
         大容量の薬液を投与する際に使用いたします。
         PCA装置

          シリンジェクター及びバルーンジェクターに付属させて使用する装置であります。PCA(Patient                                              Control
         Analgesia:患者自身による鎮痛法)装置を付属させた場合、患者自身の操作により一定範囲内で注入量を操作
         し、鎮痛のコントロールを行います。
                                  4/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (3)   電動ポンプ関連
         麻酔関連の製品であり、極めて微量の薬液を精密に制御しながら持続的に投与するために使用するME機器(医
        用電気機器)であります。
        (主な製品)
         シリンジポンプ
          医薬品を充填したシリンジ(注射器)の押し子を制御することによって精密かつ持続的に医薬品を投与する
         機器であります。シリンジポンプは薬液投与の制御が高精度であるため、手術室や集中治療室等で使用いたし
         ます。
         輸液ポンプ

          医薬品を充填した輸液バッグやバイアル(医薬品容器)に輸液セットを接続し、その輸液セットのチューブ
         をしごくことによって医薬品を投与する機器であります。輸液ポンプは、シリンジポンプに比べて薬液投与の
         制御能力が低いため、集中治療室や病棟等で使用いたします。
       (4)   手洗い設備関連

         手洗い水装置関連の製品であり、手術室、集中治療室、病棟等において医療従事者の衛生的な手洗いに使用さ
        れる設備装置であります。
        (主な製品)
         ステリキープⅡ
          水道配管設備に接続設置し、フィルター等で濾過を行い、手洗い用の無菌水又は殺菌水を供給する装置であ
         ります。
         ワイペル

          滅菌済みのディスポーザブルタオルであり、摩擦による脱落繊維がほとんど無く、繊維が手に残らず安全面
         を考慮した製品であります。
       (5)   その他

         上述の4つの製品群に分類されない製品であります。
        (主な製品)
         ブレスウォーム
          手術室やその他処置室で患者の身体の一部を保護するために使用される不織布オイフで、吸湿発熱繊維(ア
         クリレート系繊維)を配合することにより保温性を高めた製品であります。
         気管支ブロッカーチューブ

          胸部外科手術を行う際の分離肺換気を目的に使用されるカテーテルであり、先端に設置されたカフ(風船)
         を気管支内で膨張、閉塞させることで分離肺換気を行うものであります。
         アイクール

          手術室、救命救急室、集中治療室等において、心肺停止後に低体温療法が必要な患者に対し、脳温を低下さ
         せることを目的として使用する咽頭冷却装置であります。
                                  5/64







                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        主要製品の取引関連図は次のとおりであります。
      4【関係会社の状況】






       記載すべき関係会社はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
        従業員数(名)               平均年齢             平均勤続年数            平均年間給与(千円)

                196
                          39歳2ヶ月              9年8ヶ月                 5,768
               (111)
     (注)1 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員数の期中平均人員であります。
        2 臨時従業員には、パートタイマー、契約社員及び嘱託社員を含み、派遣社員を除いております。
        3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (2)   労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  6/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】

       (1)業績
         当事業年度におけるわが国経済は、政府による積極的な金融・経済政策等を背景に、企業収益の改善、雇用・
        所得環境に持ち直しの兆しが見られ、緩やかな回復基調で推移しました。一方、世界経済に目を向けますと、英
        国のEU離脱問題や米国の経済政策転換等による国際的な金融市場の混乱の影響に加え、最近では地政学的リス
        クの高まりにより、経済不安は解消されず、依然として先行き不透明な状況が続いております。
         また、当社を取り巻く事業環境は、高齢化の進展による手術数の増加、病院内感染や医療事故防止対策の推進
        により、国内外において医療用消耗品のニーズの拡大が続いております。
         さらに、医療機器産業はわが国の経済成長の一端を担うことを期待されており、日本医療研究開発機構の設
        立、革新的な医療機器開発支援及び医工連携をはじめとした医療機器開発支援ネットワークの構築など、近年、
        官民を挙げて業界発展のためのサポート体制が整備・強化されてきております。
         しかしながら、規制緩和による国内外の新規、既存メーカーとの競争激化や製品の品質、有効性及び安全性の
        確保等に要するコストも増加しており、依然業界を取り巻く事業環境は厳しい状況が続いております。
         このような状況のもと、当社は、高品質製品の常時安定供給を優先事項と掲げ、ユーザーと密着した営業活動
        の推進、品質を確保しながらもコスト競争力をもった生産体制の構築並びに独創的な製品の研究開発活動の強化
        に取り組んでまいりました。
         これらの結果、当事業年度の売上高は8,399百万円(前期比1.7%増)、営業利益は1,711百万円(前期比0.9%
        増)、経常利益は1,714百万円(前期比0.6%増)、当期純利益は1,246百万円(前期比8.0%増)となりました。
       (2)   キャッシュ・フローの状況

         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前事業年度末に比べて17百万円増加
        し、2,319百万円となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローは次のとおりであります。
         ①  営業活動によるキャッシュ・フロー
           営業活動により得られた資金は1,350百万円(前期比55百万円増)となりました。これは主として、法人税
          等の支払いが553百万円あったものの、税引前当期純利益を1,697百万円、減価償却費を175百万円それぞれ計
          上したこと等によるものです。
         ②  投資活動によるキャッシュ・フロー
           投資活動により使用した資金は603百万円(前期比712百万円減)となりました。これは主として、有形固定
          資産の取得により、595百万円支出したこと等によるものです。
         ③  財務活動によるキャッシュ・フロー
           財務活動により使用した資金は729百万円(前年同期は192百万円の収入)となりました。これは主として、
          配当金を480百万円支払い、長期借入金を289百万円返済したこと等によるものです。
                                  7/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       当社の事業は、医療機器等の製造販売及びこれらの付随業務の単一セグメントであるため、生産、受注及び販売の
      状況につきましては、当社の製品群別に記載しております。
       (1)   生産実績
         当事業年度における生産実績を製品群別に示すと、次のとおりであります。
              製品群                 生産高(千円)                  前期比(%)

     吸引器関連                                2,380,071                    +5.7
     注入器関連                                1,232,728                   +10.5

                                       57,984
     電動ポンプ関連                                                   △37.5
     手洗い設備関連                                 295,203                  +11.8

     その他                                 202,164                  +20.6

              合計                        4,168,152                    +7.1

     (注)1 金額は、製造原価により算定しております。
        2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)   受注実績

         当社は、見込み生産を行っているため、該当事項はありません。
       (3)   販売実績

         当事業年度における販売実績を製品群別に示すと、次のとおりであります。
              製品群                 販売高(千円)                  前期比(%)

                                      5,310,482
     吸引器関連                                                    +3.6
                                      2,131,995

     注入器関連                                                    △0.1
                                       109,491
     電動ポンプ関連                                                   △11.5
                                       623,615
     手洗い設備関連                                                    △0.5
                                       224,020
     その他                                                   △11.3
                                      8,399,605
              合計                                           +1.7
     (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  8/64








                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当事業年度末                     (平成29年3月31日)          現在において、当社が判断したものであります。
       (1)経営方針
         当社は、「我々は現在の医療を見つめ明日の医療の創造を通して社会に貢献します。」という企業理念の下
        に、新しい医療の世界を切り開くべく未知なる技術と価値ある製品開発に全知全能を傾けております。
         一.私たちは医療現場と協力し常に新しい医療機器の開発と需要の創造に努めます。
         二.私たちは一人ひとりが不可能を可能にできるよう挑戦的に仕事にあたります。
         三.私たちは社会人として又企業人として全人格的な成長を通して企業の発展のため励みます。
         以上の基本方針3項目を掲げて当社事業運営の目的としており、全役職員が徹底実行し、医療を進化させ社会
        貢献できるよう日々取り組んでおります。また、当社製品ブランド名であるクーデック(COOPDECH)はクーデ
        ターバイテクノロジーという意味を持つ造語であり、独創の技術でドラスティックな医療革命を目指すという想
        いを表現しております。安易に時流に乗らず、常に新しい可能性に挑戦し続け、人が誰もやらない、しかも人類
        の生命に関する極めて価値の高い仕事を、当社の研究開発製品を通して形にしていきたいと考えております。
       (2)   中長期的な会社の経営戦略

         当社の研究開発の特徴は、麻酔・手術室関連の医師、看護師及び臨床工学技士を中心とした医療現場の潜在
        ニーズをできるだけ同じ目線で開発担当者が捉えるように努め、特許を含め独創的な技術を駆使して製品化する
        ことを基本理念としていることであります。また、当社は研究・開発から製造・販売にいたるまで、基本的に全
        て一貫して行っており、量産に係わる生産技術・品質管理においてもISO規格に基づき管理運営しております。今
        後とも現場第一主義を貫き、革新性・安全性を担保した新製品を確実に上市できる体制を維持強化してまいりま
        す。
         以上のことを今後も継続させていきつつ、既存製品については更なるシェア向上を目指し、また、競争が激し
        い海外市場でも活躍でき、かつ新たな領域への進出を可能にする新製品の研究開発を進め、飛躍的な業績及び企
        業価値の拡大をできるだけ早い時期に実現させていく所存であります。
       (3)   目標とする経営指標

         当社は、医療機器製造と医療機器販売が事業のほとんどであるため、売上高総利益率と売上高経常利益率が本
        業の収益性を明確に計るための有用な指標であると考えております。今後とも株主の出資金を有効に活用するこ
        とを大前提とし、収益改善に努め、企業経営に取り組んでまいります。
       (4)   経営環境・会社の対処すべき課題

         今後の当社を取り巻く環境は、医療費抑制策の基調が継続し、病院間の競争の激化や国内外のメーカーとの価
        格競争などにより、引き続き厳しい状況で推移するものと思われます。このような状況のもと、当社の営業・技
        術・製造が一体となって市場競争力を高めるとともに、さらなる業績の向上、企業価値の増大に向けて邁進する
        と同時に、顧客にとって不可欠なパートナーであり続けることを目指して取り組んでおります。また、当社が対
        処すべき課題として以下のことに取り組んでまいります。
         ①  既存製品の拡充・新製品の開発
          当社は「サクションの大研(吸引器…フィットフィックス、キューインポット)」、「ポンプの大研(注入
         器…シリンジェクター、バルーンジェクター)」のイメージを定着させるとともに、独創的な製品の研究開発
         活動をより一層強化し、最先端医療を支える当社のイメージを確立するよう取り組みます。
         ②  海外販売の拡充
          当社の売上はそのほとんどを国内販売に依存しており、海外売上高の割合は、平成28年3月期2.3%、平成29
         年3月期2.8%であります。今後も製品ラインアップ及び販売網の拡充に努め、海外での競争力をより一層高め
         ていけるよう取り組みます。
         ③  優秀な人材の確保、教育の強化
          当社の企業価値は個々の従業員から創出されるものであります。当社の競争力を高めるため、積極的に採用
         活動を行い、優秀な人材の確保・教育に取り組みます。
         ④  品質保証体制の充実
          当社は、    医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下、医薬品医療機器法)
         を踏まえて製品の保守、点検や修理など、お客様からのご要望に対して十分に応えられるように、品質保証体
         制の充実を図り、顧客満足度の向上に取り組みます。
         ⑤  強固な企業体質の確立
          当社は、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、内部統制等の強化を図り、強固な企業体質の確立に
         向けて取り組みます。
                                  9/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
       本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
      事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末(平成29年3月31日)現在において当社が判断したものでありま
      す。
       (1)   製品開発の進度に係るリスク
         当社は、日頃からレベルの高い新技術や新製品の開発を目指し、研究開発投資や設備投資を行っております
        が、様々な環境動向等により、当社の事業成長を可能にする新製品研究開発の対応不足が生じると、当社の業績
        に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)   製品の販売価格引下げに伴うリスク

         厚生労働省の医療費抑制政策によって償還価格(病院が特定保険医療材料を使用した場合に、国に対して請求
        する価格)は低下傾向にあり、医療機器販売業者による医療機関への販売価格もこれに連動し、低下傾向にあり
        ます。当社において、原価低減や販売効率の改善を進めておりますが、効果が限定される場合は、当社の業績に
        影響を及ぼす可能性があります。
       (3)   法的規制に伴うリスク

         当社が行っております医療機器の開発、製造及び販売については、国内では医薬品医療機器法により規制を受
        けますが、改正法が平成26年11月に施行され、品質管理、安全管理体制の一層の強化と充実が求められておりま
        す。
         これまで当社は医薬品医療機器法に係る許認可の否認や承認の取消しを受けたことはありませんが、医薬品医
        療機器法第75条においては当該取消事由が定められており、何らかの理由により当該取消事由が生じた場合に
        は、当社の業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
              許可の種類              有効期限         関連する法令           取消等となる事由

                                       医薬品       第75条に該当した場合の取消
         第一種医療機器製造販売業許可                  平成32年3月
                                      医療機器法            又は更新漏れ
         医療機器製造業登録                  平成32年3月             〃            〃
                           平成29年8月~
         高度管理医療機器等販売業許可                               〃            〃
                           平成35年3月
                           平成30年3月~
         医療機器修理業許可                               〃            〃
                           平成33年1月
         なお、欧州市場へ輸出するにはMDD(欧州医療機器指令)の要求事項を満たす必要があり、米国市場へはFDA

        (連邦食品・医薬品・化粧品法)の要求事項を満たす必要があります。当社は輸出先国の法律に係る許認可の否
        認や承認の取消しを受けたことはありませんが、法規制等が変更、強化された場合は当社の業績及び事業の継続
        に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)製品の安全性に係るリスク

         当社は、高度な技術を要する医療機器を取り扱っており、品質管理の充実に常に努めておりますが、様々な要
        因による不良品発生や医療現場での不適切な取扱いの可能性を完全に否定することはできません。医療事故等が
        発生した場合には製造物責任によって係争等に発展する可能性があり、また製造工程での不具合発生により、自
        主回収を行う可能性があります。その場合は、特別的な損失として自主回収関連費用が発生し、当社の業績に影
        響を及ぼす可能性があります。
       (5)   特定製品への依存に係るリスク

         当社の主力製品であるフィットフィックスを中心とした吸引器関連製品の売上比率が全体の50%を超えてきて
        おり、過度な価格競争による販売価格低下等により、当社の業績及び事業の継続に影響を及ぼす可能性がありま
        す。吸引器関連の売上高及び売上比率は、平成28年3月期                           5,124百万円(62.0%)、平成29年3月期                    5,310百万
        円(63.2%)であります。
                                 10/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (6)   知的財産権に係るリスク
         当社は研究開発に注力しており、知的財産権の確保並びに他社の知的所有権への侵害防止に努めております
        が、係争に発展する可能性を完全には否定できず、その場合、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、医療機器の製造販売には許可や承認を必要とし、比較的参入障壁が高い業界ではありますが、さらに競
        合他社を排除するため、当社は、自社開発製品を知的財産権で保護しております。医療現場と密接な関係を築き
        営業活動を行っておりますが、権利満了に伴う新規参入により競争が激化した場合には、当社の業績に影響を及
        ぼす可能性があります。
       (7)   人材確保、育成に係るリスク

         医療現場の顧客満足度を高めていくためには、顧客の業務及び先進技術に関する専門知識を常に習得・蓄積す
        る必要があり、事業推進に必要な人材を適時適切に確保し育成・活用できない場合には、当社の業績に影響を及
        ぼす可能性があります。
       (8)   製造拠点の集中、自然災害に係るリスク

         当社が販売している注入器関連製品は大阪府和泉市の当社アセンブリーセンターにて製造しております。製造
        工場が地震や火災等の災害を被った場合、生産設備の機能停止による製造停止、修繕費用発生等により当社の業
        績に影響を及ぼす可能性があります。また、製造委託先の業績悪化等により、生産に支障をきたした場合には、
        当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)   新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

         当社は、会社法第236条、第238条、第239条及び第240条の規定に従い、当社の業績向上に対する役員及び従業
        員の意欲や士気を高めることを目的として、ストック・オプション制度を導入し、当社役員及び従業員に新株予
        約権を付与しております。
         当事業年度末時点でストック・オプション36,000株が未行使(潜在株式)となっており、これらの新株予約権
        の行使に伴い新株が発行された場合、当社の株式価値が希薄化する可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                 11/64











                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
       当社は、研究開発型の医療機器メーカーとして、血液凝固技術、メカトロニクス技術、エンジニアリングプラス
      チックによる接着、溶着等の接合技術、MEMS(※1)開発に必要な精密加工技術等のコア技術を蓄積し、新たな技術
      開発の基盤としております。また大学や研究機関等との共同研究にも積極的に取り組み、各分野の医師のご理解、ご
      協力のもと、協力体制を構築し、医療現場の課題を当社の課題として捉え、細部までこだわりぬいた製品の開発を
      行っております。
       これら強固な基盤の上に、今後は当社の強みを発揮できる分野、将来有望な新商品の開発に経営資源を集中させ、
      顧客が望んでおられる新しい医療機器を一日も早く医療現場にお届けすることが当社の研究開発の基本戦略でありま
      す。
       加えて当社は、顧客に信頼される製品を開発することは当然のこと、医療の「現場ニーズ」の源泉に立ち返り、他
      社との差別化・高付加価値を伴った独創的な製品に結びつくような企画、研究、開発を推し進めております。企画、
      研究段階では、医療従事者との人脈を活かしたマーケティング活動を通して医療現場の潜在ニーズを探り、近い将来
      において、医療に貢献しうる新技術の研究や製品のプロトタイプ(試作品)による妥当性を確認することで本ニーズ
      の信憑性を確実なものとし、開発段階では、量産性を可能とするべく、開発の初期段階から設計部門と生産部門と
      で、生産方法や製造原価等の情報を共有しながら進める“設計製造コンカレント開発”を常態化させております。
       当社研究開発部門の平成29年3月期末の在籍者数は37名であり、当事業年度における当社が支出した研究開発費の
      総額は479百万円であります。
      (※1) Micro        Electro    Mechanical      Systemsの頭文字からMEMSと呼ばれています。その技術範囲として、機械要素
          部品、センサー、作動装置、電子回路の集積化などが挙げられ、今後は自動車、家電、産業用のみならず、
          医療への適用拡大のための研究開発及び採用が加速すると考えられています。
       現在、主に取り組んでいる研究開発活動は次のとおりであります。

       (1)   胸腔ドレナージ

         ドレナージとは、患者の体内に貯留した血液、膿などの体液を体外に排泄する手技であり、部位によって使用
        する吸引器が異なります。本件は、気胸や肺がんなどの肺切除術後に胸腔(※2)の中の気体や排液を吸引する
        ことを目的とした製品であります。
         当研究開発では、MEMS技術を応用した最初の製品として、既存製品よりも製品サイズの小型・軽量化を実現
        し、また新技術として、患者が咳き込んだ時に起こる急激な圧力変化を解消し、その時に起こりうる感染を予防
        するメカニズムを開発したことにより、患者のQOL向上、医療従事者の負担軽減や医療安全の向上を目指しており
        ます。
        (※2) 肋骨や胸椎、胸骨や横隔膜で囲まれた体内空間のこと。
       (2)   高性能低コストマイクロポンプを用いた薬液注入器

         本件は、平成26年に国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する医工連携事業化推進事業とし
        て採択され、国立大学法人岡山大学及び学校法人川崎学園川崎医科大学と共同で実施している研究開発でありま
        す。
         現在の薬液注入器は、薬剤の種類、量、投与精度等により使い分ける必要があるため種々の装置に分類されて
        います。これらは医療機関にとって機器の導入費用や管理コストを増大させており、また薬剤の種類、機器の操
        作性も様々であるため、間違いを誘発させるという医療安全面での課題があります。
         そこで、当研究開発では、高性能低コストマイクロポンプをキーデバイスとして、数ある薬液注入器を統合し
        ていくのと同時に、安全で使い易い製品にすることで、患者のQOL向上、医療従事者の負担軽減や医療安全の向上
        を目指しております。
         また、平成27年11月27日付にて「マイクロポンプ(MEMSデバイス)を用いたディスポーザブル型医療機器の開
        発」について、内閣総理大臣より関西圏国家戦略特区における事業として認定されました。上記、「胸腔ドレ
        ナージ」及び「高性能低コストマイクロポンプを用いた薬液注入器」は、「マイクロポンプを用いたディスポー
        ザブル型医療機器の開発」の一端を担うものであります。
                                 12/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)   財政状態の分析
        ①  資産
         流動資産は、前事業年度末に比べて84百万円増加し、6,290百万円となりました。これは主として、売掛金が78
        百万円減少したものの、製品が121百万円、前払費用が22百万円それぞれ増加したこと等によるものです。
         固定資産は、前事業年度末に比べて786百万円増加し、4,717百万円となりました。これは主として、建設仮勘
        定が882百万円増加したこと等によるものです。
        ②  負債
         流動負債は、前事業年度末に比べて539百万円増加し、3,202百万円となりました。これは主として、未払法人
        税等が105百万円減少したものの、短期借入金が50百万円、1年内返済予定の長期借入金が150百万円、未払金が
        382百万円、未払消費税等が26百万円それぞれ増加したこと等によるものです。
         固定負債は、前事業年度末に比べて435百万円減少し、525百万円となりました。これは、主として長期借入金
        が439百万円減少したこと等によるものです。
        ③  純資産
         純資産は、前事業年度末に比べて766百万円増加し、7,279百万円となりました。これは主として、繰越利益剰
        余金が剰余金の配当により、479百万円減少したものの、当期純利益を1,246百万円計上したこと等によるもので
        す。
       (2)   経営成績の分析

        ①  売上高
         売上高は、8,399百万円(前期比1.7%増)となりました。これは主として、主力の吸引器関連において、病棟
        用の吸引器であるキューインポットが好調に推移したこと等によるものです。
        ②  営業利益
         営業利益は、1,711百万円(前期比0.9%増)となりました。これは主として、人件費及び研究開発費の増加に
        より販売費及び一般管理費が増加したものの、売上の拡大により売上総利益が増加したこと等によるものです。
        ③  経常利益
         経常利益は、1,714百万円(前期比0.6%増)となりました。これは主として、助成金収入等の営業外収益が減
        少したものの、営業利益が増加したこと等によるものです。
        ④  当期純利益
         当期純利益は、1,246百万円(前期比8.0%増)となりました。これは主として、経常利益の増加に加えて、税
        率の引き下げにより法人税、住民税及び事業税が減少したこと等によるものです。
       (3)   キャッシュ・フローの分析

         「1 業績等の概要 (2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
                                 13/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】

       当事業年度におきましては、生産設備の増強、研究開発機能の充実・強化を目的として、103百万円の設備投資(無
      形固定資産を含む)を行いました。これは主として、生産設備関連67百万円、研究開発関連15百万円によるもので
      す。
       なお、重要な設備の除却、売却はありません。
      2【主要な設備の状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                                   帳簿価額(千円)

        事業所名                                               従業員数
                 設備の内容
                               機械及び       土地
       (所在地)                                                (名)
                         建物                  その他       合計
                                装置     (面積㎡)
     商品開発研究所                                                      51
                研究開発設備         411,131       6,019            36,241
     (大阪府和泉市)                                                      (3)
                                     1,197,677
                                                 2,024,654
     和泉アセンブリー
                                      (10,490)
                                                           31
     センター            生産設備        287,815       45,655            40,114
                                                          (101)
     (大阪府和泉市)
     本社                                                      29
                 本社事務所         14,045        -      -    30,614      44,660
     (大阪市中央区)                                                      (2)
     (注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、リース資産、ソフトウエアであります。
        3 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        4 現在休止中の主な設備はありません。
        5 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員数の期中平均人員であります。
        6 上記の他、主な賃借設備として以下のものがあります。
             事業所名                          建物賃借            年間賃借料
                         設備の内容
            (所在地)                          (面積㎡)              (千円)
         本社
                         本社事務所                    663           48,160
         (大阪市中央区)
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)   重要な設備の新設等
                       投資予定金額(千円)
        事業所名                           資金調達              完了予定       完成後の
                設備の内容                         着手年月
       (所在地)                            方法              年月      増加能力
                        総額     既支払額
     和泉第2商品開発研
                                   自己資金
     究所兼アセンブリー          研究開発設備
                       2,200,000     2,124,024
                                    及び     平成27年5月       平成29年7月         -
     センター(仮称)           製造設備
                                   借入金
     (大阪府和泉市)
     (注)1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 完成後の増加能力は算出することが困難なため記載を省略しております。
        3 計画の見直しに伴い、完了予定年月を変更しております。また、既支払額には土地の取得費用505,993千円
          (平成27年5月取得)を含んでおります。
       (2)   重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 14/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】

       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】

                  種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                      103,360,000
                  計                                    103,360,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)           発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
               (平成29年3月31日)           (平成29年6月27日)            商品取引業協会名
                                                1単元の株式数 100株
                                      東京証券取引所         完全議決権株式であり、権
       普通株式            31,840,000           31,840,000
                                      (市場第一部)         利内容に何ら限定のない、
                                                当社の標準となる株式
         計           31,840,000           31,840,000          -            -
                                 15/64














                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       (平成20年3月14日[第3回新株予約権]臨時株主総会決議)
                               事業年度末現在                提出日の前月末現在
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年5月31日)
                                  45                  45
     新株予約権の数(個)
                               (注)1、4                  (注)1、4
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                  -                  -
     (個)
                             普通株式
     新株予約権の目的となる株式の種類                                             同左
                             1単元の株式数 100株
                                 36,000                  36,000
     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                               (注)1、5                  (注)1、5
                               1株当たり71
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                             同左
                               (注)2、5
                             自 平成22年4月1日
     新株予約権の行使期間                                             同左
                             至 平成30年2月28日
                             発行価格 71(注)5
     新株予約権の行使により株式を発行する場
                                                   同左
                             資本組入額       36(注)5
     合の株式の発行価格及び資本組入額(円)
                          ア.新株予約権の割当を受けた者
                            (以下「新株予約権者」とい
                            う。)は、権利行使時において
                            当社または当社子会社の取締
                            役、監査役または従業員いずれ
                            かの地位を保有している場合に
                            限る。ただし、定年退職その他
                            取締役会が正当な理由があると
                            認めた場合は、この限りではな
     新株予約権の行使の条件                                             同左
                            い。
                          イ.新株予約権者が死亡した場合、
                            その者の相続人は新株予約権を
                            行使することができない。
                          ウ.その他の条件は、株主総会決議
                            および取締役会決議に基づき、
                            当社と新株予約権者との間で締
                            結する「新株予約権割当契約
                            書」に定めるところによる。
                          当社取締役会の決議による承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項                                             同左
                          するものとする。
     代用払込みに関する事項                            -                  -
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)3                   同左
     関する事項
     (注)1 新株予約権1個につき目的となる株式数は、株式分割による調整の結果800株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後の付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
        2 1株当たりの行使価額は、当初565円とする。
          なお、当会社が時価を下回る払込価額で募集株式の発行または自己株式の処分をする場合(ただし、当社普
          通株式の交付と引換えに当社に取得される証券もしくは当社に対して取得を請求できる証券、当社普通株式
          の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)および商法等の一部を改正す
          る法律(平成13年法律第128号)施行前の旧商法に基づき付与されたストック・オプションによる新株引受権
          の行使ならびに転換社債の転換の場合は除く。)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる
          1円未満の端数は切り上げる。
                   既発行株式数×時価+新規発行株式数×1株当たり払込金額
           調整後行使価額=
                          既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
          数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
          「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
                                 16/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
          また、株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、
          1円未満の端数は切り上げる。
                               1
           調整後行使価額=調整前行使価額×
                           分割・併合の比率
        3 組織再編時の取扱い
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
          おいて残存する募集新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号
          のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそ
          れぞれ交付することとする。この場合において、募集新株予約権は消滅するものとする。ただし、以下の条
          件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設
          分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権
             の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
          ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案のうえ決定する。
          ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
             調整した再編後の払込金額に新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ホ 新株予約権を行使することができる期間
             上記の新株予約権の行使期間に定める募集新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編
             行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記の新株予約権の行使期間に定める募集新株予約権を
             行使することができる期間の満了日までとする。
          ヘ 新株予約権の行使の条件
             上記の新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
          ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
          チ 再編対象会社による新株予約権の取得事由
             以下の新株予約権の取得事由に準じて決定する。
             新株予約権の取得事由
             ①  当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場合は、当該新株予約権を無償
               で取得することができる。
             ②  当社は、当社が消滅会社となる合併契約書承認の議案が当社株主総会で承認された場合、または、当
               社が完全子会社となる株式交換契約書承認の議案もしくは株式移転の議案が当社株主総会で承認さ
               れた場合は、新株予約権を無償で取得することができる。
        4 従業員の退職により、行使条件に該当しなくなった80個の新株予約権が消滅しております。
        5 平成21年10月1日付、平成25年7月1日付及び、平成26年11月18日付でそれぞれ普通株式1株につき2株の
          株式分割を行っております。これにより、株式分割の効力発生日以降における新株予約権の目的となる株式
          の数、新株予約権の行使時の払込金額および新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
          及び資本組入額は、各々分割による調整がなされております。
                                 17/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
       (平成26年5月14日[第6回新株予約権]取締役会決議)
                               事業年度末現在                提出日の前月末現在
                             (平成29年3月31日)                  (平成29年5月31日)
                                 1,720                  1,720
     新株予約権の数(個)
                               (注)1、7                  (注)1、7
     新株予約権のうち自己新株予約権の数
                                  -                  -
     (個)
                             普通株式
     新株予約権の目的となる株式の種類                                             同左
                             1単元の株式数 100株
                                344,000                  344,000
     新株予約権の目的となる株式の数(株)
                              (注)1、6、7                  (注)1、6、7
                               1株当たり797
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                             同左
                               (注)2、6
                             自 平成27年7月1日
     新株予約権の行使期間                                             同左
                             至 平成34年6月30日
     新株予約権の行使により株式を発行する場                      発行価格  1,500(注)6
                                                   同左
     合の株式の発行価格及び資本組入額(円)                      資本組入額  750(注)6
     新株予約権の行使の条件                           (注)3                   同左
                          当社取締役会の決議による承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項                                              同左
                          するものとする。
     代用払込みに関する事項                            -                  -
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
                                (注)5                   同左
     関する事項
     新株予約権の取得条項に関する事項                           (注)4                   同左
     (注)1 新株予約権1個につき目的となる株式数は、株式分割による調整の結果200株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
          調整後の付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
        2   1株当たりの行使価額は、当初1,593円とする。
          なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式の分割または併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
          し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額=調整前行使価額×
                              分割・併合の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式
          の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株
          式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                    新規発行株式数×1株当たり払込金額
                           既発行株式数+
                                     新規発行前の1株あたりの時価
           調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 既発行株式数+新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
          かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
          発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
          これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
          整を行うことができるものとする。
        3 新株予約権の行使の条件
         (1)新株予約権者は、下記イ及びロに掲げる各条件を充たした場合、各新株予約権者に割り当てられた本新株
          予約権のうち、それぞれ定められた割合(以下、「行使可能割合」という。)の個数を、当該条件を最初に
          充たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から行使することができる。なお、行使可能な新株予約権
          の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
          イ 平成27年3月期乃至平成28年3月期のうち、いずれかの期において経常利益が20億円以上である場合
             行使可能割合:20%
                                 18/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
          ロ 平成27年3月期乃至平成31年3月期のうち、いずれかの期において経常利益が50億円以上である場合
             行使可能割合:100%
         (2)   上記  (1)   における経常利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載される損益計算書(連結損益
          計算書を作成している場合、連結損益計算書)における数値を用いるものとし、国際財務報告基準の適用等
          により参照すべき経常利益の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参
          照すべき適正な指標および新株予約権の行使の条件として達成すべき数値を取締役会にて定めるものとす
          る。
         (3)   新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役または
          従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会
          が認めた場合は、この限りではない。
         (4)   新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
         (5)   本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         (6)   各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
        4 新株予約権の取得に関する事項
         (1)   当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、
          または当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承
          認を要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来を
          もって、本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
         (2)   新株予約権者が権利行使をする前に、                  上記の新株予約権の行使の条件              に定める規定により本新株予約権の
          行使ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
        5 組織再編時の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
          株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
          下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただ
          し、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分
          割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
          ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件を勘案のうえ決定する。
          ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
             え、調整して得られる再編後の行使価額に、新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた
             額とする。
          ホ 新株予約権を行使することができる期間
             上記の新株予約権の行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記の新
             株予約権の行使期間の末日までとする。
          ヘ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             上記に準じて決定する。
          ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          チ その他新株予約権の行使の条件
             上記の新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
          リ 新株予約権の取得事由及び条件
             上記の新株予約権の取得に関する事項に準じて決定する。
          ヌ その他の条件
             再編対象会社の条件に準じて決定する。
        6   平成26年11月18日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。これにより、株式分割の効力
          発生日以降における新株予約権の目的となる株式の数、新株予約権の行使時の払込金額および新株予約権の
          行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額は、各々分割による調整がなされておりま
          す。
        7 従業員の退職により、行使条件に該当しなくなった280個の新株予約権が消滅しております。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません。
                                 19/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (4)【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成25年7月1日
                   7,960,000       15,920,000           -     495,875          -     400,875
     (注)1
     平成26年11月18日
                   15,920,000       31,840,000           -     495,875          -     400,875
     (注)2
     (注)1 株式分割(1:2)によるものであります。
        2 株式分割(1:2)によるものであります。
       (6)【所有者別状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
               政府及び
        区分                                               株式の状
                                     外国法人等
                         金融商品     その他の                 個人
               地方公共     金融機関                                計
                                                        況(株)
                         取引業者      法人               その他
                                   個人以外      個人
                団体
     株主数(人)            -     23     34     56     58      5   11,766     11,942       -
     所有株式数
                  -   23,256      2,778     1,829     36,217        7  254,268     318,355      4,500
     (単元)
     所有株式数の割合
                  -    7.31     0.87     0.57     11.38      0.00     79.87     100.00       -
     (%)
     (注) 自己株式1,849,257株は、「個人その他」に18,492単元、「単元未満株式の状況」に57株含まれております。
                                 20/64











                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                  平成29年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                              所有株式数        総数に対する
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)        所有株式数
                                                     の割合(%)
                                                 5,877        18.46
     山田 圭一                    大阪府堺市南区
                                                 5,433        17.07
     山田 満                    大阪府堺市堺区
                                                 2,595         8.15
     山田 雅之                    東京都世田谷区
                         4  EMBARCADERO      CTR  STE  550
     BBH  FOR  MATTHEWS     JAPAN   FUND        SAN  FRANCISCO     CALIFORNIA
                                                 1,679         5.28
     (常任代理人株式会社三菱東京UFJ銀行)                    ZIP  CODE:   94111
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                                                 1,068         3.36
     山田 米子                    大阪府堺市堺区
                         4  EMBARCADERO      CTR  STE  550
     BBH  FOR  MATTHEWS     ASIA   GROWTH    FUND     SAN  FRANCISCO     CALIFORNIA
                                                  911        2.86
     (常任代理人株式会社三菱東京UFJ銀行)                    ZIP  CODE:   94111
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
                         東京都千代田区有楽町1丁目13-1
     第一生命保険株式会社
                         (東京都中央区晴海1丁目8-12
     (常任代理人資産管理サービス信託銀行                                             490        1.54
                         晴海アイランドトリトンスクエアオフィ
     株式会社)
                         スタワーZ棟)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                         東京都港区浜松町2丁目11-3                         337        1.06
     (信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                         327        1.03
     会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                         東京都中央区晴海1丁目8-11                         312        0.98
     会社(信託口)
                                  -               19,035         59.78
              計
     (注)1 上記の日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託
          口5)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数は、すべて信託業務に係る株式数
          であります。
        2 上記のほか当社所有の自己株式1,849千株(5.81%)があります。
        3   平成27年11月13日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)について、MATTHEWS
          INTERNATIONAL       FUNDSが平成27年11月9日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社
          として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができないため、大株主の状況は株主名簿に基づい
          て記載しております。
          なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
           大量保有者   MATTHEWS              INTERNATIONAL       FUNDS
           住所               4  EMBARCADERO      CTR  STE  550  SAN  FRANCISCO     CALIFORNIA ZIP        CODE:94111
           保有株券等の数 2,602,900株
           株券等保有割合 8.13           %
        4   平成28年1月15日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)について、MATTHEWS
          INTERNATIONAL       CAPITAL    MANAGEMENT,LLCが平成28年1月12日現在で以下の株式を所有している旨が記載され
          ているものの、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができないため、大株主の状況
          は株主名簿に基づいて記載しております。
          なお、大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
           大量保有者   MATTHEWS              INTERNATIONAL       CAPITAL    MANAGEMENT,LLC
           住所               4  EMBARCADERO      CTR  STE  550  SAN  FRANCISCO     CALIFORNIA ZIP        CODE:94111
           保有株券等の数 2,964,500株
           株券等保有割合 9.31           %
                                 21/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年3月31日現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                          -            -         -
     議決権制限株式(自己株式等)                          -            -         -

     議決権制限株式(その他)                          -            -         -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                      -         -
                      普通株式      1,849,200
     完全議決権株式(その他)                普通株式 29,986,300                   299,863           -
                      普通株式        4,500
     単元未満株式                                      -   1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                      31,840,000                 -         -

     総株主の議決権                          -          299,863           -

     (注) 「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式が57株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
        所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)             大阪府大阪市中央区道修町
                                  1,849,200           -    1,849,200          5.81
     大研医器株式会社             3丁目6-1
           計             -         1,849,200           -    1,849,200          5.81
       (9)【ストックオプション制度の内容】

        当社は新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予
       約権を発行する方法によるものであります。
        当該制度の内容は、以下のとおりであります。
       (平成20年3月14日[第3回新株予約権]臨時株主総会決議)

     決議年月日                            平成20年3月14日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員 23名(注)

     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     株式の数                            同上

     新株予約権の行使時の払込金額                            同上

     新株予約権の行使期間                            同上

     新株予約権の行使の条件                            同上

     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

     代用払込みに関する事項                            -

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注) 付与対象者の人数は、退職により権利を喪失した者(3名)を減じております。
                                 22/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (平成26年5月14日[第6回新株予約権]取締役会決議)
     決議年月日                            平成26年5月14日
     付与対象者の区分及び人数                            当社従業員 6名(注)

     新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     株式の数                            同上

     新株予約権の行使時の払込金額                            同上

     新株予約権の行使期間                            同上

     新株予約権の行使の条件                            同上

     新株予約権の譲渡に関する事項                            同上

     代用払込みに関する事項                            -

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。

     (注) 付与対象者の人数は、退職により権利を喪失した者(2名)を減じております。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】           普通株式

       (1)【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間

             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                    (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                               -         -         -         -
     株式
     消却の処分を行った取得自己株式                          -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                               -         -         -         -
     を行った取得自己株式
     その他
                               -         -         -         -
     (-)
     保有自己株式数                      1,849,257             -      1,849,257             -
     (注) 当期間における保有自己株式数には、平成29年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含めておりません。
                                 23/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
       当社は、株主の皆さまに対する利益還元を最重要経営課題のひとつと位置づけ、将来にわたる事業展開のための内
      部留保の確保と経営成績に裏づけされた成果の配分を中間配当及び期末配当として年2回行うことを基本方針として
      おります。また配当性向につきましては60%以上の利益還元を基本方針としております。
       この結果、当期の年間配当金は25円(中間配当金7円、期末配当金18円、配当性向60.2%)となりました。
       内部留保資金の使途につきましては、今後の有望な事業分野に投下し、さらに高い利益性と成長性を実現すること
      で企業価値の増大を図り、投資価値の拡大とさらなる利益還元につなげてまいりたいと考えております。
       なお、当社は、剰余金の配当を取締役会の決議をもって行うことができる旨を定款に定めており、必要に応じて機
      動的な利益還元を実施できる体制を整えております。
       基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                                  配当金の総額(千円)              1株当たり配当額(円)

                 決議年月日
       平成28年10月28日
                                          209,935                7.00
       取締役会決議
       平成29年5月15日
                                          539,833               18.00
       取締役会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第45期         第46期         第47期         第48期         第49期

       決算年月        平成25年3月         平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月         平成29年3月

                             5,100         2,494
                                                1,417          948
       最高(円)             2,780
                             ※2,264         ※1,310
                             2,348         1,495
                                                 803         745
       最低(円)              818
                             ※1,431         ※1,087
     (注)1 最高・最低株価は、東京証券取引所第一部におけるものであります。
        2 第46期の※印は、株式分割(平成25年7月1日、1株につき2株)による権利落後の株価であります。
        3 第47期の※印は、株式分割(平成26年11月18日、1株につき2株)による権利落後の株価であります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成28年10月          11月        12月      平成29年1月          2月        3月

      最高(円)             796        848        836        829        832        871
      最低(円)             758        765        787        785        790        800

     (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所第一部におけるものであります。
                                 24/64








                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
       男性9名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)

                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                                    当社設立
                              昭和43年11月
                                    代表取締役社長就任
     代表取締役
                              平成16年3月      代表取締役会長就任
            -    山田 満      昭和7年8月7日                              (注)4      5,433
      社長
                              平成23年4月      営業本部長
                              平成28年10月      代表取締役社長就任(現任)
                              昭和57年7月      当社入社 取締役就任
                              平成元年4月      常務取締役就任
                              平成9年4月      専務取締役就任
          執行役員
                              平成16年3月      代表取締役社長就任
      取締役    開発第一     山田 圭一      昭和33年2月15日                              (注)4      5,877
                              平成23年4月      開発本部長兼海外関連担当
           部長
                              平成25年4月      研究部長
                              平成28年10月      取締役(研究担当)就任
                              平成29年4月      取締役執行役員開発第一部長就任(現任)
                              昭和57年7月      当社入社 取締役就任
                              平成元年4月      常務取締役就任
                              平成20年4月      商品企画部長
          執行役員                   平成21年4月      営業本部長
      取締役    開発第二     山田 雅之      昭和35年1月6日        平成22年6月      専務取締役就任                 (注)4      2,595
                              平成23年4月      新市場開発部長
           部長
                              平成27年10月      開発担当
                              平成28年10月      取締役(開発担当)就任
                              平成29年4月      取締役執行役員開発第二部長就任(現任)
                              平成9年2月      当社入社
                              平成15年12月      取締役就任
                              平成17年4月      市場開発部長
                              平成21年4月      商品企画部長
          執行役員
      取締役          柳堀 真司      昭和34年3月27日        平成22年6月      取締役退任                 (注)4       165
          営業本部長
                              平成24年4月      営業部長
                              平成24年6月      取締役就任
                              平成28年10月      営業担当
                              平成29年4月      取締役執行役員営業本部長就任(現任)
                              平成6年4月      近畿大学麻酔科学教室主任教授
                              平成22年4月      近畿大学医学部特任教授
                                    医療法人錦秀会      阪和第一泉北病院顧問
                              平成22年6月
      取締役          古賀 義久      昭和18年12月5日              当社社外取締役就任(現任)
            -                                         (注)4       24
                              平成24年4月      近畿大学名誉教授(現任)
                                    医療法人錦秀会特別顧問(現任)
                              平成29年4月
                                    学校法人阪和学園       学校長(現任)
                              平成3年4月      アーサーアンダーセン公認会計士共同事
                                    務所(現有限責任       あずさ監査法人)入所
                              平成6年3月      公認会計士登録
                              平成8年4月      朝日アーサーアンダーセン㈱(現プライ
                                    スウォーターハウスクーパースコンサル
                                    タント㈱)に転籍
                              平成13年7月      アットストリームコンサルティング㈱
                                    (現㈱アットストリーム)設立に参画 
      取締役          大工舎 宏      昭和43年7月15日
            -                                         (注)4       -
                                    取締役就任
                              平成13年12月
                                    ㈱ヴァイナス社外監査役就任(現任)
                              平成18年6月      当社社外監査役就任
                              平成22年10月      ㈱ミライト・ホールディングス社外監査
                                    役就任(現任)
                              平成25年7月      ㈱アットストリーム代表取締役就任(現
                                    任)
                              平成28年6月
                                    当社社外取締役就任(現任)
                                 25/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              昭和58年1月      当社入社
                              平成9年4月      総務経理部長
     常勤監査役           上原 康司      昭和30年5月8日
            -                                         (注)5       120
                              平成16年4月      内部管理強化顧問
                              平成16年6月      常勤監査役就任(現任)
                              昭和51年4月      大阪弁護士会登録
                                    中央総合法律事務所入所
                              平成10年4月      大阪弁護士会副会長
                              平成18年3月      弁護士法人中央総合法律事務所代表社員
                                    弁護士(現任)
                              平成18年6月      大同生命保険株式会社社外取締役
      監査役      -    岩城 本臣      昭和20年5月10日                              (注)5       28
                              平成19年4月      日本弁護士連合会常務理事
                              平成19年6月      荒川化学工業㈱社外監査役就任
                                    奥村組土木興業株式会社社外監査役就任
                                    (現任)
                              平成20年6月
                                    当社社外監査役就任(現任)
                              平成27年6月
                                    フルサト工業㈱社外監査役就任(現任)
                              昭和48年3月      ㈱長谷川工務店(現㈱長谷工コーポレー
                                    ション)入社
                              平成9年4月      ㈱タケツー入社
                              平成12年11月      ㈱セイクレスト社外常勤監査役就任
      監査役      -    北山 涼一      昭和25年11月6日                              (注)5       -
                              平成23年4月      日本ロングライフ㈱入社
                              平成24年4月      社会福祉法人神戸市社会福祉協議会入職
                              平成28年6月      当社社外監査役就任(現任)
                                                         14,245
                              計
     (注)1 取締役山田圭一は代表取締役社長山田満の長男であり、取締役山田雅之は代表取締役社長山田満の次男であ
          ります。
        2 取締役古賀義久及び大工舎宏は、社外取締役であります。
        3 監査役岩城本臣及び北山涼一は、社外監査役であります。
        4 取締役の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成30年3月期に係る定時株主総会終結
          の時までであります。
        5 監査役の任期は、平成28年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年3月期に係る定時株主総会終結
          の時までであります。
                                 26/64











                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  企業統治の体制
         当社は、迅速且つ適切な経営判断を行うために、毎月開催の取締役会を運営の中心としています。取締役会につ
        いては、取締役6名(内、社外取締役2名)及び監査役3名(内、社外監査役2名)で構成されており、毎月開催
        して経営方針等の重要事項に関する意思決定を行っております。監査役については、当社は監査役会設置会社を採
        用しており、ガバナンスのあり方とその運営状況を監視し、取締役の職務執行状況等を含み、経営チェックの強化
        を進めております。また、取締役会出席者で構成されている経営会議を毎月開催し、各部門からの情報の共有、進
        捗状況の確認、リスク認識及びその対策等についての検討を行い、事業活動に反映させております。
         内部統制システムの整備の状況については、各部門長(取締役・部長クラス)が内部統制の牽引役となり、業務
        の有効性・効率性、財務報告の信頼性、コンプライアンス、資産保全の4つの目的を達成するために、各統制活動
        を通じて日常業務の改善に反映させていきます。取締役会・経営会議での業務執行報告での確認や内部監査チェッ
        ク等を通じて内部統制システムの充実を図るとともに、会計監査人による四半期レビュー、期末監査を通じて内部
        統制をより確実なものにしてまいります。また、規程や内規、分掌業務や組織を必要に応じて見直しております。
        当社では、各部門長を基点とした情報の円滑な流れを重視しており、経営会議等での情報連携、社是唱和による経
        営理念の浸透、「企業行動憲章」発布等による全社的意識付け、目標管理制度に基づく半期毎の部門内人事面談で
        の指導教育等の施策を講じております。また、部門毎に対象業務のマニュアル化やIT化・自動化を進めるとともに
        管理会計や経営データ処理、経営情報充実に向け取り組んでおります。
         リスク管理体制の整備状況は、社内におけるチェックやコントロールを十分に機能させる観点から、行動憲章・
        諸規程・ルール等に沿った業務遂行を行っております。その運用状況に関しても、内部監査部門において、諸規
        程・ルール等の整備・改訂状況や業務との整合性を含め、常に監視しております。また、社内に役員レベルで構成
        される内部統制委員会を設置し、必要課題の解決に向けた意思決定やフォローを行うとともに、各部門では実務者
        レベルの内部統制推進委員が中心となって、日常業務だけでなく定期的なコンプライアンス朝礼等を通じ、各種法
        令遵守に係る啓蒙、反社会的勢力との関係遮断に係る活動、リスクの未然防止及び軽減へ向けた取り組み等を行っ
        ております。さらに、各部門において「リスク管理一覧表」を作成し、想定リスクの洗出し、発生要因及び内在の
        有無、発生可能性や影響度、具体的対応策及びリスクコントロール後の発生可能性や影響度等を定期的に検証する
        ことで、重要度に応じてリスクの未然防止及び軽減に努めております。
        会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

       ②  内部監査及び監査役監査









                                 27/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         当社の内部監査は内部監査室長1名で構成しており、内部監査規程に基づき、当社事業部門に対して業務監査を
        実施しております。監査の結果改善事項等がある場合、被監査部門に対して監査結果を伝え、改善に向けた指導を
        行 い、改善状況を継続的に確認しております。
         当社の監査役会は、監査役3名(内、社外監査役2名)で構成されており、監査役会規程及び監査役監査基準に
        基づき、取締役会等の重要会議に出席し、決議その他において行われる取締役の意思決定に関して、必要に応じて
        意見を述べるほか、業務及び財産の状況の確認を通じ、取締役の職務遂行を監査しております。
         監査役と内部監査室は、日頃から情報共有を行い連携をとりながら、監査の有効性・実効性の向上を図っており
        ます。また、常勤監査役は会計監査人と四半期ごとに意見交換を行う一方で、監査役会としても年4回会計監査人
        より監査内容の報告を受けるほか、監査計画・実施状況について情報共有を行っております。
       ③  社外取締役及び社外監査役
         当社の社外取締役は2名であります。また、社外監査役は2名であります。社外取締役古賀義久及び社外監査役
        岩城本臣は「第4 提出会社の状況 5 役員の状況」に記載のとおり当社の株式を保有しておりますが、それ以
        外で、所属する法人も含め、当社との間に資本的・人的関係、取引関係及びその他の特別の利害関係はありませ
        ん。なお当社は、社外取締役及び社外監査役の選考にあたり、東京証券取引所が定める「独立性に関する判断基
        準」に準拠し社外役員の独立性を判断する方針としております。
         当社は取締役会等の業務執行機関に対して独立的な見地による監督・監査機能の強化を図ること及び外部の専門
        的な知識を享受すること等を目的として社外取締役及び社外監査役の設置を行っております。
         社外取締役古賀義久は、医師の資格を有しており、医療全般に関する豊富な経験を持ち合わせております。社外
        取締役大工舎宏は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する知識及び経験を持ち合わせておりま
        す。社外監査役岩城本臣は、弁護士の資格を有しており、企業法務に関する専門的な知識及び経験を持ち合わせて
        おります。社外監査役北山涼一は、他社の社外常勤監査役として10年近い実務経験を有しており、監査体制に関す
        る専門的知識や経験を持ち合わせております。
         社外取締役及び社外監査役は、監査役、内部監査室及び会計監査人と密に連携をしつつ、それぞれの専門的見地
        から適切なアドバイス等を行っております。
       ④  役員の報酬等
         イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)

                                                       対象となる
                    報酬等の総額
           役員区分                                           役員の員数
                                   ストック
                     (千円)
                            基本報酬               賞与     退職慰労金
                                                        (名)
                                  オプション
        取締役
                       229,610       229,610         -       -       -     ▶
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                              12,550
                       12,550                -       -       -     1
        (社外監査役を除く。)
        社外役員               11,175       11,175         -       -       -     ▶
         ロ  提出会社の役員ごとの報酬等の総額等
          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ハ  役員の報酬等の額の決定に関する方針
          基本報酬については、役員報酬規程に基づき、その総額を株主総会の決議において決定することとしており
          ます。また、個別の報酬については取締役は取締役会、監査役は監査役会での協議により決定しておりま
          す。
                                 28/64







                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  株式の保有状況
         イ  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                                            2銘柄
          貸借対照表計上額の合計額          7,576千円
         ロ  保有目的が純投資目的以外の目的である株式投資の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
          的
         (前事業年度)
          特定投資株式
                          株式数       貸借対照表計上額
             銘柄                                     保有目的
                          (株)         (千円)
                                            当社の主要取引金融機関との取引を
                             8,575
     ㈱りそなホールディングス                                  3,443
                                            円滑かつ継続的に進めるため
                                            当社の主要取引金融機関との取引を
     ㈱三菱UFJフィナンシャルグループ                        3,500          1,825
                                            円滑かつ継続的に進めるため
         (当事業年度)
          特定投資株式
                          株式数       貸借対照表計上額
             銘柄                                     保有目的
                          (株)         (千円)
                                            当社の主要取引金融機関との取引を
     ㈱りそなホールディングス                        8,575          5,127
                                            円滑かつ継続的に進めるため
                                            当社の主要取引金融機関との取引を
     ㈱三菱UFJフィナンシャルグループ                        3,500          2,448
                                            円滑かつ継続的に進めるため
         ハ  保有目的が純投資目的である投資株式
          該当事項はありません。
       ⑥  会計監査の状況
         当社の会計監査を執行した公認会計士は北本敏・柴崎美帆であり、有限責任                                    あずさ監査法人に所属しておりま
        す。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名、その他8名であります。
       ⑦  取締役の定数
         当社の取締役は7名以内とする旨を定款で定めております。
       ⑧  取締役の選任の決議要件
         当社は、取締役の選任について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
        議決権の過半数をもって行う旨及び取締役の選任決議は累積投票によらない旨定款に定めております。
       ⑨  株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上の多数をもって行う旨定款に定めてお
        ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
        目的とするものであります。
       ⑩  剰余金の配当等の決定機関
         当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議に
        よって会社法第459条第1項各号に定める剰余金の配当を行うことができる旨定款に定めております。
                                 29/64







                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

                 事業年度                           当事業年度

        監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)
               19,240                -            19,240                -
        ②【その他重要な報酬の内容】

          前事業年度
           該当事項はありません。
          当事業年度
           該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
          前事業年度
           該当事項はありません。
          当事業年度
           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】
          当社は監査公認会計士等に対する報酬の額の決定にあたり、監査公認会計士より提示される監査計画の内容を
         もとに、監査日数、当社の規模・業務の特性等の要素を勘案、協議し、監査役会の同意を得た上で決定すること
         としております。
                                 30/64













                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
       いて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日
       まで)の財務諸表について、有限責任                  あずさ監査法人により監査を受けております。
      3 連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
       を適切に把握すること及び会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財
       団法人財務会計基準機構へ加入し、セミナー等へ参加しております。
                                 31/64















                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,302,435              2,319,545
         現金及び預金
                                       1,300,562              1,319,400
         受取手形
                                       1,484,862              1,406,596
         売掛金
                                        553,000              674,924
         製品
                                         50,970              46,185
         仕掛品
                                        279,472              266,240
         原材料
                                         20,598              43,241
         前払費用
                                        146,210              135,011
         繰延税金資産
                                         67,892              79,034
         その他
                                         △ 189              △ 91
         貸倒引当金
                                       6,205,816              6,290,088
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              746,617              718,411
          機械及び装置(純額)                              109,731               88,773
          工具、器具及び備品(純額)                              140,344              114,885
                                       1,703,670              1,703,670
          土地
          リース資産(純額)                               12,430              13,919
                                        984,143             1,866,226
          建設仮勘定
                                      ※1 3,696,938             ※1 4,505,887
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         53,974              46,757
          ソフトウエア
                                         9,000              9,945
          ソフトウエア仮勘定
                                         5,103              5,103
          電話加入権
                                         68,077              61,805
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         5,269              7,576
          投資有価証券
                                           11              11
          出資金
                                           247              247
          破産更生債権等
                                         7,110              3,533
          長期前払費用
                                         40,081              30,037
          繰延税金資産
                                         97,643              96,673
          差入保証金
                                         25,500              21,500
          会員権
                                         9,394              8,797
          生命保険積立金
                                         13,150              13,150
          長期未収入金
                                        △ 32,398             △ 31,748
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                              166,009              149,778
                                       3,931,026              4,717,472
         固定資産合計
                                       10,136,843              11,007,560
       資産合計
                                 32/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        485,401              449,170
         支払手形
                                        377,777              403,747
         買掛金
                                       ※2 400,000             ※2 450,000
         短期借入金
         1年内返済予定の長期借入金                                289,952              439,952
                                        334,945              717,839
         未払金
                                         8,950              6,801
         リース債務
                                        384,571              394,251
         未払費用
                                        307,781              201,971
         未払法人税等
                                            -            26,025
         未払消費税等
                                         26,258              24,677
         預り金
                                         39,745              25,415
         設備関係支払手形
                                         7,305              62,636
         その他
                                       2,662,686              3,202,489
         流動負債合計
       固定負債
                                        940,092              500,140
         長期借入金
                                         4,475              8,410
         リース債務
                                         13,986              14,006
         長期預り保証金
                                         2,969              2,969
         その他
                                        961,522              525,526
         固定負債合計
                                       3,624,209              3,728,016
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        495,875              495,875
         資本金
         資本剰余金
                                        400,875              400,875
          資本準備金
                                        104,329              104,329
          その他資本剰余金
                                        505,204              505,204
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         23,750              23,750
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        690,000              690,000
            別途積立金
                                       5,301,889              6,068,039
            繰越利益剰余金
                                       6,015,639              6,781,789
          利益剰余金合計
         自己株式                               △ 510,004             △ 510,004
                                       6,506,714              7,272,864
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          △ 80             1,520
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 80             1,520
         評価・換算差額等合計
                                         6,000              5,160
       新株予約権
                                       6,512,633              7,279,544
       純資産合計
                                       10,136,843              11,007,560
      負債純資産合計
                                 33/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       8,261,416              8,399,605
      売上高
      売上原価
                                        625,676              553,000
       製品期首たな卸高
                                       3,891,164              4,168,152
       当期製品製造原価
                                         53,979              39,135
       当期商品仕入高
                                         9,527              9,614
       外注取付工事費
                                       4,580,347              4,769,902
       合計
                                        ※1 82,367            ※1 103,601
       他勘定振替高
                                        553,000              674,924
       製品期末たな卸高
                                       3,944,979              3,991,377
       売上原価合計
                                       4,316,436              4,408,227
      売上総利益
                                    ※2 , ※3 2,620,495           ※2 , ※3 2,696,974
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                  1,695,940              1,711,253
      営業外収益
                                           416              130
       受取利息
                                           281              217
       受取配当金
                                           -             1,112
       未払配当金除斥益
                                         3,060               997
       受取補償金
                                         8,662              1,938
       助成金収入
                                           -              780
       保険解約返戻金
                                         3,316              2,429
       その他
                                         15,737               7,605
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         6,140              3,942
       支払利息
                                         1,345                -
       その他
                                         7,485              3,942
       営業外費用合計
                                       1,704,192              1,714,916
      経常利益
      特別利益
                                           -             1,650
       ゴルフ会員権売却益
                                           -              840
       新株予約権戻入益
                                           -             2,490
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 983           ※4 15,594
       固定資産除却損
                                           -             4,201
       リース解約損
       特別損失合計                                   983             19,795
                                       1,703,208              1,697,610
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   519,826              431,072
                                         30,100              20,536
      法人税等調整額
                                        549,927              451,609
      法人税等合計
                                       1,153,281              1,246,001
      当期純利益
                                 34/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        製造原価明細書
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                  至 平成29年3月31日)
                       注記               構成比                  構成比
             区分               金額(千円)                  金額(千円)
                       番号               (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                          3,103,699         79.7         3,370,458         80.6
     Ⅱ 労務費                           424,083        10.9          442,271        10.6

                       ※1         366,347                  368,076
     Ⅲ 経費                                   9.4                  8.8
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                                3,894,130                  4,180,806
       期首仕掛品たな卸高                          60,865                  50,970
             合計                   3,954,995                  4,231,777

       期末仕掛品たな卸高                          50,970                  46,185

                       ※2          12,860                  17,439
       他勘定振替高
       当期製品製造原価
                                3,891,164                  4,168,152
     (注)※1 主な内訳は、次のとおりであります。

              項目               前事業年度(千円)                  当事業年度(千円)
     外注加工費                                  3,554                 26,933

     減価償却費                                 119,158                  104,040

     荷造運賃費                                 100,165                  108,866

     工場消耗品費                                  32,362                  32,879

     修繕費                                  28,148                  16,395
         ※2 他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。

              項目               前事業年度(千円)                  当事業年度(千円)
     販売費及び一般管理費                                  3,869                  6,729

     その他                                  8,991                 10,710
               計                         12,860                  17,439

         (原価計算の方法)

          当社の原価計算は、総合原価計算による実際原価計算であります。
                                 35/64







                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
         前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                   余金
     当期首残高                495,875     400,875     104,329     505,204      23,750     690,000    4,628,461     5,342,211
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 479,852    △ 479,852
      当期純利益                                             1,153,281     1,153,281
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -     -   673,428     673,428
     当期末残高                495,875     400,875     104,329     505,204      23,750     690,000    5,301,889     6,015,639
                       株主資本         評価・換算差額等

                              その他有価          新株予約権     純資産合計
                         株主資本合          評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          差額等合計
                              額金
     当期首残高               △ 509,958    5,833,331       1,579     1,579     6,000   5,840,911
     当期変動額
      剰余金の配当                   △ 479,852                    △ 479,852
      当期純利益                   1,153,281                     1,153,281
      自己株式の取得
                      △ 46    △ 46                    △ 46
      株主資本以外の項目の当期変動
                               △ 1,660    △ 1,660         △ 1,660
      額(純額)
     当期変動額合計                 △ 46   673,382     △ 1,660    △ 1,660      -   671,722
     当期末残高               △ 510,004    6,506,714       △ 80    △ 80    6,000   6,512,633
                                 36/64








                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                               その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計               繰越利益剰     合計
                                             別途積立金
                                                   余金
     当期首残高                495,875     400,875     104,329     505,204      23,750     690,000    5,301,889     6,015,639
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 479,851    △ 479,851
      当期純利益
                                                   1,246,001     1,246,001
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -     -     -     -     -     -   766,149     766,149
     当期末残高                495,875     400,875     104,329     505,204      23,750     690,000    6,068,039     6,781,789
                       株主資本         評価・換算差額等

                              その他有価          新株予約権     純資産合計
                         株主資本合          評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          差額等合計
                              額金
     当期首残高               △ 510,004    6,506,714       △ 80    △ 80    6,000   6,512,633
     当期変動額
      剰余金の配当                   △ 479,851                    △ 479,851
      当期純利益
                         1,246,001                     1,246,001
      自己株式の取得                      -                     -
      株主資本以外の項目の当期変動
                                1,601     1,601     △ 840     761
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -   766,149      1,601     1,601     △ 840   766,910
     当期末残高               △ 510,004    7,272,864       1,520     1,520     5,160   7,279,544
                                 37/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,703,208              1,697,610
       税引前当期純利益
                                        183,573              175,912
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   346             △ 748
                                         △ 698             △ 347
       受取利息及び受取配当金
                                         6,140              3,942
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 112,025               59,428
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  66,895             △ 103,905
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 5,677             △ 10,259
                                           983             15,594
       固定資産除却損
       ゴルフ会員権売却損益(△は益)                                    -            △ 1,650
                                           -             △ 780
       保険解約返戻金
                                        △ 8,662             △ 1,938
       助成金収入
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 20,517             △ 11,709
       未払費用の増減額(△は減少)                                  41,418               9,679
                                       △ 132,487               26,862
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         17,833              47,891
       その他
                                       1,740,330              1,905,582
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   649              276
                                        △ 6,221             △ 3,824
       利息の支払額
                                       △ 448,424             △ 553,619
       法人税等の支払額
                                         8,662              1,938
       助成金の受取額
                                       1,294,996              1,350,353
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,307,672              △ 595,448
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 7,211             △ 16,663
       無形固定資産の取得による支出
                                           -             5,650
       ゴルフ会員権の売却による収入
                                           -             1,377
       保険積立金の解約による収入
                                        △ 1,316              1,103
       その他
                                      △ 1,316,200              △ 603,982
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,200,000                  -
       長期借入れによる収入
                                       △ 423,124             △ 289,952
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 479,781             △ 480,359
       配当金の支払額
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 100,000               50,000
                                        △ 4,475             △ 8,950
       リース債務の返済による支出
                                          △ 46              -
       自己株式の取得による支出
                                        192,573             △ 729,261
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   171,370               17,109
                                       2,131,065              2,302,435
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,302,435              ※ 2,319,545
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 38/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)

       1 有価証券の評価基準及び評価方法
         その他有価証券
          時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均
          法により算定しております。)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

         通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
          製品・仕掛品・原材料 総平均法
       3 固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産(リース資産を除く) 定額法
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物        7年~50年
            機械及び装置    4年~18年
            工具、器具及び備品 2年~8年
           ただし、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5
          年間で均等償却する方法によっております。
       (2)   無形固定資産(リース資産を除く) 定額法

           ただし、ソフトウエア(自社利用分)については社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
       (3)   リース資産

          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
       4 引当金の計上基準

         貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については
         個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       5 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
         負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

        該当事項はありません。
         (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度
       から適用しております。
                                 39/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
       ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
       有形固定資産の減価償却累計額                            2,401,360     千円           2,525,988     千円
       ※2 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行5行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契

         約を締結しております。
          当事業年度末における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
       当座貸越極度額
                                   2,000,000千円               2,200,000千円
       及び貸出コミットメントの総額
       借入実行残高                             400,000千円               450,000千円
       差引額                            1,600,000千円               1,750,000千円
         (損益計算書関係)

       ※1 他勘定振替高の内容は、次のとおりであります。
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
       販売費及び一般管理費                               74,441千円               88,534千円
       その他                               7,925千円               15,067千円
                  計                    82,367千円               103,601千円
       ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                   前事業年度                当事業年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
       従業員給与手当                              618,712    千円            646,943    千円
       役員報酬                              276,360    千円            253,335    千円
       研究開発費                              447,609    千円            479,766    千円
       減価償却費                               22,894   千円            27,476   千円
       貸倒引当金繰入額                                346  千円             △ 98 千円
       おおよその割合

       販売費                                 42%               42%
       一般管理費                                 58%               58%
       ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

                  前事業年度                            当事業年度
               (自 平成27年4月1日                           (自 平成28年4月1日
                至 平成28年3月31日)                             至 平成29年3月31日)
                     447,609    千円                       479,766    千円
       ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
       機械及び装置                                220千円                -千円
       工具、器具及び備品                                689千円               212千円
       建設仮勘定                                 -千円             15,382千円
       ソフトウエア                                 0千円               0千円
       長期前払費用                                 73千円               -千円
                  計                      983千円              15,594千円
                                 40/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       1 発行済株式及び自己株式に関する事項
          株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
        発行済株式
         普通株式(株)             31,840,000               -           -       31,840,000

        自己株式

         普通株式(株)              1,849,216              41           -       1,849,257

        (変動事由の概要)
         自己株式増加数の内訳は、次のとおりであります。
          単元未満株式の買取りによる増加   41株
       2 新株予約権等に関する事項

                                   新株予約権の目的となる株式の数(株)
                          新株予約権の                             当事業年
        会社名          内訳        目的となる株                             度末残高
                                  当事業                 当事業
                                        増加      減少
                           式の種類                            (千円)
                                  年度期首                 年度末
             平成20年ストック・オプ
                             -        -      -      -      -      -
             ションとしての新株予約権
        提出会社
             平成26年ストック・オプ
                             -        -      -      -      -    6,000
             ションとしての新株予約権
                   合計                  -      -      -      -    6,000
       3 配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当額
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)         (円)
       平成27年5月15日
                  普通株式           269,917          9.00   平成27年3月31日         平成27年6月10日
       取締役会
       平成27年10月30日
                  普通株式           209,935          7.00   平成27年9月30日         平成27年12月2日
       取締役会
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額       1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
       平成28年5月13日
                 普通株式     利益剰余金        269,916         9.00   平成28年3月31日         平成28年6月9日
       取締役会
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

       1 発行済株式及び自己株式に関する事項
          株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
        発行済株式
         普通株式(株)             31,840,000               -           -       31,840,000

        自己株式

         普通株式(株)              1,849,257              -           -       1,849,257

                                 41/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       2 新株予約権等に関する事項

                                   新株予約権の目的となる株式の数(株)
                          新株予約権の                             当事業年
        会社名          内訳        目的となる株                             度末残高
                                  当事業                 当事業
                                        増加      減少
                          式の種類                             (千円)
                                  年度期首                 年度末
             平成20年ストック・オプ
                             -        -      -      -      -      -
             ションとしての新株予約権
        提出会社
             平成26年ストック・オプ
                             -        -      -      -      -    5,160
             ションとしての新株予約権
                   合計                  -      -      -      -    5,160
       3 配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当額
          決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                           (千円)         (円)
       平成28年5月13日
                  普通株式           269,916          9.00   平成28年3月31日         平成28年6月9日
       取締役会
       平成28年10月28日
                  普通株式           209,935          7.00   平成28年9月30日         平成28年12月2日
       取締役会
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                            配当金の総額       1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
       平成29年5月15日
                 普通株式     利益剰余金        539,833        18.00    平成29年3月31日         平成29年6月12日
       取締役会
         (キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
       現金及び預金                             2,302,435千円               2,319,545千円
       預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                 -千円               -千円
       現金及び現金同等物                             2,302,435千円               2,319,545千円
         (リース取引関係)

       ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)   リース資産の内容
          有形固定資産         研究開発用設備(「機械及び装置」)、測定機器(「工具、器具及び備品」)であります。
       (2)   リース資産の減価償却の方法

          重要な会計方針「3 固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 42/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
       1 金融商品の状況に関する事項
       (1)   金融商品に関する取組方針
          当社は、資金運用及び調達方針として、資金運用管理規程に基づき計画的かつ効率的な運用と調達を実現し、
         財務費用の低減と財政基盤の強化を図ることを目的としております。
          資金運用については、価格変動リスクのないものを中心として短期的な預金等に限定し、資金調達について
         は、銀行等金融機関からの借入を中心として、多額の設備投資が生じた場合には、エクイティファイナンス等の
         直接金融の活用を図ってまいります。
       (2)   金融商品の内容及びリスク並びにリスク管理体制

          営業債権である受取手形及び売掛金については、取引先の信用リスクに晒されております。このリスクに対し
         て、当社では、取引先ごとの期日管理及び残高管理の徹底を行うとともに与信管理規程に基づき年1回与信限度
         額水準の見直しを行い、信用リスクの低減を図っております。
          投資有価証券については、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されてお
         りますが、四半期ごとに時価の把握を行い、機動的に対応できる体制を整えております。
          営業債務である支払手形及び買掛金については、全てが1年以内の支払期日であります。
          借入金については、運転資金(主として短期)及び設備投資資金(長期)であり、支払金利の変動リスクに晒
         されておりますが、このうち長期借入金の金利変動リスクに対しては金利を固定化することによりリスク回避を
         行っております。
          また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社では、月次資金繰表を作成した上で、
         日次で入出金の確認を行い、流動性リスクの軽減を図っております。
       2 金融商品の時価等に関する事項

          貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前事業年度(平成28年3月31日)

                               貸借対照表計上額             時価          差額
                                 (千円)          (千円)          (千円)
       (1)   現金及び預金                         2,302,435          2,302,435              -
       (2)   受取手形及び売掛金                         2,785,425          2,785,425              -

       (3)   投資有価証券
                                     5,269          5,269            -
          その他有価証券
                 資産計                  5,093,130          5,093,130              -
       (4)   支払手形及び買掛金                          863,178          863,178             -

       (5)   短期借入金                          400,000          400,000             -
       (6)   長期借入金
                                   1,230,044          1,235,220            5,176
          (1年内返済予定の長期借入金を含む)
                                               13,408           △17
       (7)   リース債務                          13,425
                 負債計                  2,506,647          2,511,807            5,159

                                 43/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
        当事業年度(平成29年3月31日)
                               貸借対照表計上額             時価          差額
                                 (千円)          (千円)          (千円)
       (1)   現金及び預金                         2,319,545          2,319,545              -
       (2)   受取手形及び売掛金                         2,725,996          2,725,996              -

       (3)   投資有価証券
                                     7,576          7,576            -
          その他有価証券
                 資産計                  5,053,117          5,053,118              -
                                              852,918

       (4)   支払手形及び買掛金                          852,918                       -
       (5)   短期借入金                          450,000          450,000             -
       (6)   長期借入金
                                    940,092          942,691           2,599
          (1年内返済予定の長期借入金を含む)
                                               15,137           △74
       (7)   リース債務                          15,212
                 負債計                  2,258,222          2,260,747            2,524

       (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資 産
        (1)   現金及び預金並びに         (2)   受取手形及び売掛金
         これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
        ます。
        (3)   投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
         また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
       負 債
        (4)   支払手形及び買掛金並びに            (5)   短期借入金
         これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
        ます。
        (6)   長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)並びに                           (7)   リース債務
         これらについては、元利金の合計額を新規に同様の借入またはリース取引を行った場合に想定される利率で割
        り引いた現在価値により算定しております。
       デリバティブ取引
         該当事項はありません。
                                 44/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (注2) 金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
        前事業年度(平成28年3月31日)
                 科目                   1年以内(千円)
       現金及び預金                                      2,302,435
       受取手形及び売掛金                                      2,785,425

       投資有価証券

        満期保有目的の債券                                        -

        その他有価証券のうち満期があるもの                                        -

                 合計                            5,087,861

        当事業年度(平成29年3月31日)

                 科目                   1年以内(千円)
       現金及び預金                                      2,319,545
       受取手形及び売掛金                                      2,725,996

       投資有価証券

        満期保有目的の債券                                        -

        その他有価証券のうち満期があるもの                                        -

                 合計                            5,045,542

       (注3) 長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

        前事業年度(平成28年3月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                    5年超
           科目               2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                   (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       短期借入金             400,000          -       -       -       -       -
       長期借入金             289,952       439,952       239,952       239,952        20,236         -

       リース債務               8,950       4,475         -       -       -       -

           合計         698,902       444,427       239,952       239,952        20,236         -

        当事業年度(平成29年3月31日)

                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                    5年超
           科目               2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                   (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
       短期借入金             450,000          -       -       -       -       -
       長期借入金             439,952       239,952       239,952        20,236         -       -

       リース債務               6,801       2,147       2,147       2,147       1,968         -

           合計         896,753       242,099       242,099        22,383        1,968         -

       (注4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価額がない場合には合理的に算定された価格が含ま
        れております。
         当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価
        額が変動することもあります。
                                 45/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
       1 その他有価証券
        前事業年度(平成28年3月31日)
                              貸借対照表計上額             取得原価            差額
                 区分
                                (千円)           (千円)           (千円)
       貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        株式                            3,443           3,395            48
       貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
                                    1,825
        株式                                      1,989           △164
                                    5,269
                 合計                              5,385           △116
       (注)1 減損処理を行った有価証券については減損後の価額を取得原価としております。
          2 減損処理にあたっては期末における時価が取得価額に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
             い、30%~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性を考慮して必要と認められる額
             について減損処理を行っております。
        当事業年度(平成29年3月31日)

                              貸借対照表計上額             取得原価            差額
                 区分
                                (千円)           (千円)           (千円)
       貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        株式                            7,576           5,385           2,191
       貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
                                      -
        株式                                        -           -
                                    7,576
                 合計                              5,385           2,191
       (注)1 減損処理を行った有価証券については減損後の価額を取得原価としております。
          2 減損処理にあたっては期末における時価が取得価額に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
             い、30%~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性を考慮して必要と認められる額
             について減損処理を行っております。
       2 事業年度中に売却したその他有価証券

        該当事項はありません。
         (退職給付関係)

        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       1 採用している退職給付制度の概要
         当社は主として確定拠出年金制度を採用しております。なお、平成24年4月に退職一時金制度の一部について確
        定拠出年金制度へ移行しております。
       2 確定拠出制度

          確定拠出年金制度への要拠出額は21,801千円です。
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

       1 採用している退職給付制度の概要
         当社は主として確定拠出年金制度を採用しております。なお、平成24年4月に退職一時金制度の一部について確
        定拠出年金制度へ移行しております。
       2 確定拠出制度

          確定拠出年金制度への要拠出額は24,728千円です。
                                 46/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
       1   権利不行使による失効により利益として計上した金額
                             前事業年度                    当事業年度
                         (自 平成27年4月1日                    (自 平成28年4月1日
                          至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
     新株予約権戻入益(千円)                                  -                   840
       2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       (1)   ストック・オプションの内容
                      第3回新株予約権
     決議年月日                 平成20年3月14日
     付与対象者の区分及び人数                 当社従業員 26名

     株式の種類及び付与数(注)                 普通株式 656,000株

     付与日                 平成20年3月24日
                      ア.新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使
                        時において当社または当社子会社の取締役、監査役または従業員いずれかの地
                        位を保有している場合に限る。ただし、定年退職その他取締役会が正当な理由
                        があると認めた場合は、この限りではない。
     権利確定条件
                      イ.新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は新株予約権を行使することが
                        できない。
                      ウ.その他の条件は、株主総会決議および取締役会決議に基づき、当社と新株予約
                        権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるところによる。
     対象勤務期間                 該当事項はありません。
     権利行使期間                 平成22年4月1日~平成30年2月28日

     (注)株式数に換算して記載しております。また、当社は、平成21年10月1日付(1株を2株に)、平成25年7月1日
        付(1株を2株に)及び平成26年11月18日付(1株を2株に)で株式分割を行っており、分割後の株式数で記載
        しております。
                                 47/64











                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
                      第6回新株予約権
     決議年月日                 平成26年5月14日
     付与対象者の区分及び人数                 当社従業員 8名

     株式の種類及び付与数(注)                 普通株式 400,000株

     付与日                 平成26年5月29日

                      ア.  新株予約権者は、下記①及び②に掲げる各条件を充たした場合、各新株予約権
                        者に割り当てられた本新株予約権のうち、それぞれ定められた割合(以下、
                        「行使可能割合」という。)の個数を、当該条件を最初に充たした期の有価証
                        券報告書の提出日の翌月1日から行使することができる。なお、行使可能な新
                        株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
                      ① 平成27年3月期乃至平成28年3月期のうち、いずれかの期において経常利益が
                        20億円以上である場合
                        行使可能割合:20%
                      ② 平成27年3月期乃至平成31年3月期のうち、いずれかの期において経常利益が
                        50億円以上である場合
                        行使可能割合:100%
                      イ.  上記ア.における経常利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記載さ
                        れる損益計算書(連結損益計算書を作成している場合、連結損益計算書)にお
     権利確定条件
                        ける数値を用いるものとし、国際財務報告基準の適用等により参照すべき経常
                        利益の概念に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、
                        別途参照すべき適正な指標および新株予約権の行使の条件として達成すべき数
                        値を取締役会にて定めるものとする。
                      ウ.  新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会
                        社の取締役、監査役または従業員であることを要する。ただし、任期満了によ
                        る退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この
                        限りではない。
                      エ.  新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
                      オ.  本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権
                        株式数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはで
                        きない。
                      カ.  各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
     対象勤務期間                 該当事項はありません。
     権利行使期間                 平成27年7月1日~平成34年6月30日

     (注)株式数に換算して記載しております。また、当社は、平成26年11月18日付(1株を2株に)で株式分割を行って
        おり、分割後の株式数で記載しております。
                                 48/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (2)   ストック・オプションの規模及びその変動状況
          当事業年度(平成29年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
         数については、株式数に換算して記載しております。
         ①  ストック・オプションの数

                         第3回新株予約権             第6回新株予約権
          決議年月日               平成20年3月14日             平成26年5月14日

          権利確定前
           前事業年度末(株)                        -          400,000

           付与(株)                        -             -

           失効(株)                        -           56,000

           権利確定(株)                        -             -

           未確定残(株)                        -          344,000

          権利確定後

           前事業年度末(株)                      36,000               -

           権利確定(株)                        -             -

           権利行使(株)                        -             -

           失効(株)                        -             -

           未行使残(株)                      36,000               -

          (注)当社は、平成21年10月1日付(1株を2株に)、平成25年7月1日付(1株を2株に)及び平成26年11
             月18日付(1株を2株に)で株式分割を行っており、分割後の株式数で記載しております。
         ②  単価情報

                         第3回新株予約権             第6回新株予約権
          決議年月日               平成20年3月14日             平成26年5月14日

           権利行使価格(円)                        71            797
           行使時平均株価(円)                        -             -

           付与日における
                                  -             15
           公正な評価単価(円)
          (注)当社は、平成21年10月1日付(1株を2株に)、平成25年7月1日付(1株を2株に)及び平成26年11
             月18日付(1株を2株に)で株式分割を行っており、分割後の権利行使価格で記載しております。
       3 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

         基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
        ります。
                                 49/64






                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
       1 繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
        繰延税金資産
         貸倒引当金                             9,972千円               9,743千円
         会員権評価損                            16,187千円                6,063千円
         投資有価証券評価損                            11,267千円               11,267千円
         未払費用                            92,964千円               95,339千円
         たな卸資産評価損                             9,160千円               5,952千円
                                     46,738千円               36,682千円
         その他
        繰延税金資産の合計                             186,291千円               165,048千円
       2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
        法定実効税率
                                        -             30.9%
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                               -              0.4%
         試験研究費税額控除                               -             △2.7%
                                                     △1.9%
         所得拡大促進税額控除                               -
                                                      0.2%
         住民税均等割                               -
                                                     △0.3%
                                        -
         その他
                                                     26.6%
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                -
        (注)前事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分
           の5以下であるため注記を省略しております。
         (持分法損益等)

        該当事項はありません。
         (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         当社の事業は、医療機器等の製造販売及びこれらの付随業務の単一セグメントであるため、記載を省略しており
        ます。
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

         当社の事業は、医療機器等の製造販売及びこれらの付随業務の単一セグメントであるため、記載を省略しており
        ます。
         【関連情報】

        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       1 製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                  吸引器       注入器      電動ポンプ       手洗い設備
                                                その他        合計
                   関連       関連       関連       関連
        外部顧客への
                  5,124,167       2,134,436        123,663       626,604       252,545      8,261,416
          売上高
                                 50/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       2 地域ごとの情報
       (1)   売上高
          本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)   有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
         しております。
       3 主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

       1 製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                  吸引器       注入器      電動ポンプ       手洗い設備
                                                その他        合計
                   関連       関連       関連       関連
        外部顧客への
                  5,310,482       2,131,995        109,491       623,615       224,020      8,399,605
          売上高
       2 地域ごとの情報

       (1)   売上高
          本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)   有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
         しております。
       3 主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

        前事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         該当事項はありません。
        当事業年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 51/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前事業年度                当事業年度
                              (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                                  216.95円                242.55円
     1株当たり当期純利益金額                                   38.45円                41.55円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                   38.41円                41.50円

     (注)1 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
          であります。
                                  前事業年度                当事業年度
                項目               (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                1,153,281                1,246,001

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                -

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                1,153,281                1,246,001

      普通株式の期中平均株式数(株)                                29,990,769                29,990,743

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      普通株式増加数(株)                                  33,661                32,871

      (うち新株予約権(株))                                 (33,661)                (32,871)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜                              -                -
     在株式の概要
        2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前事業年度                当事業年度
                項目
                               (平成28年3月31日)                (平成29年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                 6,512,633                7,279,544
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                   6,000                5,160

     (うち新株予約権(千円))                                  (6,000)                (5,160)

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                 6,506,633                7,274,384

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                      29,990,743                29,990,743
     通株式の数(株)
                                 52/64







                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
        (第三者割当による自己株式の処分及び自己株式の取得について)
        当社は、平成29年5月15日開催の取締役会において、一般財団法人山田満音楽芸術振興会を設立すること、一般財
       団法人山田満音楽芸術振興会及び公益財団法人山田満育英会に対して第三者割当による自己株式の処分を行うこと、
       及び会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき自己株式の取得を行うこと
       について決議しました。
        なお、本自己株式の処分に関しましては、平成29年6月27日開催の当社第49期定時株主総会において、承認されて
       おります。また、本自己株式の取得につきましても、本自己株式の処分に関する同株主総会の承認を受けたことによ
       り実施いたします。
       1 一般財団法人山田満音楽芸術振興会                   の設立について

       (1)   一般財団法人山田満音楽芸術振興会                の目的
          音楽および芸術が人類の健康に与える影響に鑑み、音楽・芸術振興等を図ることを目的とした事業の運営また
         は助成活動を通じ、健康的な社会の実現を目指すことを目的としております。
       (2)   一般財団法人山田満音楽芸術振興会                の概要

        ①   名称                      一般財団法人山田満音楽芸術振興会
        ②   所在地         大阪府岸和田市磯上町二丁目10番3号
        ③   代表者の役職・氏名   代表理事 山田 満
        ④   活動内容        音楽等の文化・芸術振興等を図ることを目的とした助成または事業の運営
        ⑤   活動原資        年間約10,0                  00,000円
        ⑥   設立年月日            平成29年7月(予定)
       2 自己株式の処分について

       (1)   処分要領
        ①   処分株式数       普通株式 1,000,000株
        ②   処分価額        1株につき1円
        ③   資金調達の額      1,0              00,000円
        ④   処分方法        第三者割当による処分
        ⑤   処分予定先       公益財団法人山田満育英会     700,000株
                      一般財団法人山田満音楽芸術振興会 300,000株
        ⑥   処分期日        未定
        ⑦   その他         処分に関する期日その他の事項は、当該株主総会後における取締役会において決議
                      します。
       (2)   処分の目的及び理由

          当社は、創業以来、「現在の医療を見つめ明日の医療の創造を通して社会に貢献する」という経営理念のもと
         事業内外における社会貢献活動を展開してまいりました。
          第一に公益財団法人山田満育英会は、「ものづくりへの回帰」「治療精密機器の創造」「フロムジャパンの革
         新」を三本柱としたわが国における科学技術の振興を目的とした公益目的事業を行っております。
          これは、当社製品のブランド名COOPDECH(クーデック)に込められた「独創的な技術で医療現場に革命をもた
         らしたい」という強い思いにあるように欧米主導の医療機器マーケットへ日本の技術をもって対峙できるような
         将来有望な日本の技術者育成を実現すべく創業者山田満により設立された財団であります。
          本財団を支援することは、日本の医療産業の発展につながり、わが国の国力向上にも寄与するものでありま
         す。
          次に、当社創業50期目を迎えるにあたっての記念事業の一環として、平成29年5月15日に開催された取締役会
         にて「一般財団法人山田満音楽芸術振興会」の設立を決議いたしました。当社は、「社会に貢献する」という経
         営理念のもと社業に努めるとともに、音楽および芸術が人類の健康に与える影響に鑑み、音楽・芸術振興等を図
         ることを目的とした事業の運営または助成活動を通じ、地域社会の将来の発展と健康的な社会の実現を目指すこ
         とを目的としております。
          このような活動は、当社および創業者である山田満の経営理念の実現に資するものであり、また社会貢献活動
         の観点からも当社の企業価値向上につながるものであります。
          本自己株式の処分は、各財団の社会貢献への原資を拠出するために各財団に対して行うものであります。各財
         団は、当社株式を取得し、当社株式の配当等を原資として活動します。
       3 自己株式の取得について

                                 53/64


                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
       (1)自己株式の取得を行う理由
          上記2の自己株式の処分に伴う株式価値の希薄化を回避するとともに、資本効率の向上と経営環境に応じた機
         動的な資本政策を実行するためであります。
       (2)取得に係る事項の内容

        ①   取得する株式の種類   当社普通株式
        ②   取得し得る株式の総数  1,000,000株(上限)
                      (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合3.33%)
        ③   株式の取得価額の総額  900,000,000円(上限)
        ④   取得期間        平成29年6月開催の当社定時株主総会終了後から平成30年3月31日まで
       (参考)平成29年3月31日時点の自己株式の保有状況

           発行済株式総数(自己株式を除く) 29,990,743株
           自己株式数                             1,849,257株
        ⑤【附属明細表】

         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価
                                          償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                  又は償却累              残高
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                          計額             (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
                  1,339,864                   1,339,864
      建物                      -      -          621,453       28,206      718,411
      機械及び装置             747,751       10,308        -    758,060      669,286       31,266      88,773

      工具、器具及び備品            1,306,293        65,180      33,936     1,337,537      1,222,652        90,368      114,885

      土地            1,703,670          -      -   1,703,670          -      -   1,703,670

      リース資産             16,574       9,942        -    26,516      12,596       8,452      13,919

      建設仮勘定             984,143      942,152       60,070     1,866,226          -      -   1,866,226
                                                  158,293
       有形固定資産計           6,098,299      1,027,583        94,006     7,031,876      2,525,988            4,505,887
     無形固定資産

      ソフトウエア             275,994       18,449      12,676      281,767      235,009       25,667      46,757
      ソフトウエア仮勘定              9,000      10,495       9,550      9,945        -      -     9,945

      電話加入権              5,103        -      -     5,103        -      -     5,103
                                                   25,667

       無形固定資産計            290,097       28,944      22,226      296,815      235,009             61,805
                                 5,731      8,625      5,091      3,576
     長期前払費用              14,356        -                             3,533
     (注) 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          工具、器具及び備品          生産関係の製造器具備品                       34,855千円
                     研究開発用器具備品等                        9,824千円
          建設仮勘定          研究開発兼工場用地及び建物の改築工事                       754,500千円
          ソフトウエア          生産管理システムのカスタマイズ                        9,000千円
         【社債明細表】

           該当事項はありません。
                                 54/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                               (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                           400,000       450,000        0.11       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                           289,952       439,952        0.30       -

     1年以内に返済予定のリース債務                            8,950       6,801        -      -

                                                   平成30年4月30日~
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                           940,092       500,140        0.30
                                                   平成32年4月30日
                                                   平成30年4月27日~
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                            4,475       8,410        -
                                                   平成34年2月28日
     その他有利子負債
                                 10,886       10,906       0.18       -
      長期預り保証金
                合計               1,654,355       1,416,211          -      -
     (注)1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務については、リース総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸借対
          照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の貸借対照表日後5年内における返済予定
          額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     長期借入金                 239,952           239,952            20,236             -
     リース債務                  2,147           2,147           2,147           1,968

         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
     貸倒引当金                  32,587          -        650         98      31,839
     (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

        ① 資産の部
          a 現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
     現金                                                     273
     預金

      当座預金                                                 1,808,114
      普通預金                                                  10,451

      定期預金                                                  500,000

      別段預金                                                    706
                  計                                     2,319,272

                  合計                                      2,319,545

                                 55/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
          b 受取手形
           イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     ㈱八神製作所                                                   185,122

     ㈱イノメディックス                                                   112,692

     ㈱カワニシ                                                   107,679
     宮野医療器㈱                                                   96,971

     協和医科器械㈱                                                   85,242

     その他                                                   731,692
                  計                                     1,319,400

           ロ 期日別内訳

                                           金額(千円)
                 期日別
     平成29年4月満期                                                   588,744

       〃   5月    〃
                                                        269,128
       〃   6月    〃
                                                        459,615
       〃   7月    〃
                                                         1,757
       〃   8月    〃
                                                          154
                  計                                     1,319,400

          c 売掛金

           イ 相手先別内訳
                                           金額(千円)
                 相手先
     ㈱MMコーポレーション                                                   163,890

     ㈱八神製作所                                                   94,239

     ㈱ムトウ                                                   87,754

     村中医療器㈱                                                   67,252

     ㈱栗原医療器械店                                                   61,068

     その他                                                   932,390
                  計                                     1,406,596

           ロ 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)+(D)
                                            (C)            2
                                                ×  100
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                          (A)+(B)             (B)
                                                       365
                 9,052,878         9,131,144

        1,484,862                           1,406,596            86.65         58.29
     (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 56/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
          d 製品
                                           金額(千円)
                  区分
                                                        259,723
     吸引器関連
     注入器関連                                                   243,717

     電動ポンプ関連                                                   36,088

     手洗い設備関連                                                   75,734
     その他                                                   59,660
                                                        674,924

                  計
          e 仕掛品

                  区分                          金額(千円)
     吸引器関連                                                      3

     注入器関連                                                   41,293
     電動ポンプ関連                                                    3,186

     手洗い設備関連                                                     111

     その他                                                    1,589
                  計                                       46,185

          f 原材料

                  区分                          金額(千円)
     吸引器関連                                                    7,308

     注入器関連                                                   125,236

     電動ポンプ関連                                                   64,927

     手洗い設備関連                                                   25,297

     その他                                                   43,470
                  計                                      266,240

        ② 負債の部

          a 支払手形
           イ 相手先別内訳
                                           金額(千円)
                 相手先
     福田工業㈱                                                   178,868

     センコーメディカルロジスティクス㈱                                                   68,165

     ㈱フクヨー                                                   20,800

     東洋紡㈱                                                   17,525

     フォルテグロウメディカル㈱                                                   13,139

                                                        150,671
     その他
                                                        449,170

                  計
                                 57/64



                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
           ロ 期日別内訳
                                           金額(千円)
                 期日別
                                                        160,595
     平成29年4月満期
       〃   5月    〃                                            146,357
       〃   6月    〃                                            142,217
                                                        449,170

                  計
          b 買掛金

                 相手先                          金額(千円)
     NK  MECHATRONICS       CO.,   LTD.
                                                        117,892
     Yano   Electronics      (Thailand)Ltd.
                                                         85,516
     福田工業㈱                                                   81,630

     三洋化成工業㈱                                                   19,295

     PACIFIC    HOSPITAL     SUPPLY    CO.,   LTD.                                     12,962
     その他                                                   86,450

                  計                                      403,747

          c 未払金

                 相手先                          金額(千円)
     富士古河E&C㈱                                                   405,540

     エム・シー・ヘルスケア㈱                                                   34,725

     センコーメディカルロジスティクス㈱                                                   19,891

     リコージャパン㈱                                                   15,833

                                                         13,952
     ミヨシ電子㈱
     その他                                                   227,897
                  計                                      717,839

          d 短期借入金

                                           金額(千円)
                  区分
                                                        210,000
     ㈱三菱東京UFJ銀行
     ㈱みずほ銀行                                                   120,000

     ㈱りそな銀行                                                   70,000

     三井住友信託銀行㈱                                                   50,000
                  計                                      450,000

                                 58/64





                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
          e 1年内返済予定の長期借入金
                  区分                          金額(千円)
     ㈱みずほ銀行                                                   239,960

                                                        120,000
     ㈱三菱東京UFJ銀行
     ㈱三井住友銀行                                                   79,992
                  計                                      439,952

          f 長期借入金

                  区分                          金額(千円)
                                                        250,000
     ㈱三菱東京UFJ銀行
                                                        166,690
     ㈱三井住友銀行
                                                         83,450
     ㈱みずほ銀行
                                                        500,140
                  計
       (3)【その他】

          当事業年度における四半期情報等
             (累計期間)                第1四半期        第2四半期        第3四半期        当事業年度
     売上高                 (千円)        2,031,221        4,180,213        6,365,026        8,399,605
     税引前四半期(当期)純利益金額                 (千円)         399,726        849,221       1,340,511        1,697,610

     四半期(当期)純利益金額                 (千円)         294,927        626,932        990,074       1,246,001

     1株当たり四半期
                       (円)          9.83        20.90        33.01        41.55
     (当期)純利益金額
             (会計期間)                第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額                  (円)          9.83        11.07        12.11         8.53
                                 59/64










                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     剰余金の配当の基準日             9月30日及び3月31日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り
       取扱場所           大阪市中央区伏見町三丁目6番3号 三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
       株主名簿管理人           東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所           ―――
       買取手数料           無料
                  当社の公告方法は、電子公告としております。
                  ただし、事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日本
     公告掲載方法             経済新聞に掲載しております。
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  http://www.daiken-iki.co.jp
                  (株主優待制度)
                  1.対象株主
     株主に対する特典               毎年3月31日現在の株主名簿に記載又は記録された1単元(100株)以上保有の株主
                  2.優待内容
                    QUOカード(1,000円分)1枚
     (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。
         会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 60/64











                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】

        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

         事業年度 第48期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         平成28年6月24日近畿財務局長に提出。
       (2)   内部統制報告書及びその添付書類

         事業年度 第48期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         平成28年6月24日近畿財務局長に提出。
       (3)   四半期報告書及び確認書

         第49期第1四半期(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
         平成28年8月1日近畿財務局長に提出。
         第49期第2四半期(自 平成28年7月1日 至 平成28年9月30日)
         平成28年10月31日近畿財務局長に提出。
         第49期第3四半期(自 平成28年10月1日 至 平成28年12月31日)
         平成29年2月1日近畿財務局長に提出。
       (4)   臨時報告書

         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に
         基づく臨時報告書
         平成28年6月29日近畿財務局長に提出。
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書
         平成28年10月31日近畿財務局長に提出。
       (5)自己株券買付状況報告書

         平成29年6月6日近畿財務局長に提出。
                                 61/64









                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 62/64



















                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成29年6月27日

     大研医器株式会社

      取締役会 御中

                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                            北  本     敏  ㊞
                                    公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                            柴  崎  美  帆  ㊞
                                    公認会計士
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる大研医器株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第49期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表に
     ついて監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者
     が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、こ
     れに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財
     務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施
     に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討す
     る。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全
     体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、大研医
     器株式会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
     の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成29年5月15日開催の取締役会において、自己株式の処分及び自
     己株式の取得を行うことを決議し、本自己株式の処分は平成29年6月27日開催の定時株主総会において承認されている。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
                                 63/64




                                                           EDINET提出書類
                                                       大研医器株式会社(E22509)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、大研医器株式会社の平成29年
     3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基
     準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚
     偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施するこ
     とを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要
     性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結
     果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、大研医器株式会社が平成29年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
     内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
     報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 64/64









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。