バンドー化学株式会社 有価証券報告書 第94期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

有価証券報告書-第94期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:バンドー化学株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月26日
                          第94期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    バンドー化学株式会社
                          Bando   Chemical     Industries,      Ltd.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  吉井 満隆
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区港島南町4丁目6番6号
                          (078)304-2516
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    財務部長 林 一志
      【最寄りの連絡場所】                    神戸市中央区港島南町4丁目6番6号
                          (078)304-2516
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    財務部長 林 一志
      【縦覧に供する場所】                    バンドー化学株式会社 東京支店
                          (東京都中央区京橋2丁目13番10号(京橋MIDビル内))
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/104












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第90期       第91期       第92期       第93期       第94期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)         85,771       93,434       95,395       93,272       88,387

     売上高
                   (百万円)         4,779       6,103       5,730       6,363       6,571

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         2,510       4,280       3,758       4,386       4,951
     純利益
                   (百万円)         5,556       8,048       8,557       △ 262      5,955
     包括利益
                   (百万円)         43,225       49,276       56,776       55,204       58,741

     純資産額
                   (百万円)         82,207       89,622       94,699       90,765       96,695

     総資産額
                    (円)        909.03      1,036.82       1,196.68       1,168.48       1,276.46

     1株当たり純資産額
                    (円)        52.95       90.98       79.90       93.31       107.90

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         52.0       54.4       59.4       60.4       60.5
     自己資本比率
                    (%)         6.2       9.4       7.2       7.9       8.7

     自己資本利益率
                    (倍)        11.07        9.32       11.64       10.91        9.16

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         7,004       6,459       8,061       9,038       6,799
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 5,781      △ 5,037      △ 3,931      △ 4,184      △ 4,638
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 462     △ 1,548      △ 2,472      △ 3,049        422
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         12,267       12,981       15,697       16,435       18,935
     残高
     従業員数                       3,592       3,817       3,930       3,920       4,043
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 837  ]     [ 829  ]     [ 797  ]     [ 765  ]     [ 708  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる自己株式等には、「従業員持株会信
           託口」および      「役員報酬BIP信託口」が保有する当社株式を含めております。
         4.  平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、第90期の期首に当該株式
           併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額を算定しております。
                                   2/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第90期       第91期       第92期       第93期       第94期
             決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                   (百万円)         50,868       51,713       49,505       46,980       46,207

     売上高
                   (百万円)         2,574       3,064       2,385       4,297       2,795

     経常利益
                   (百万円)          319      2,066       1,318       3,829       2,317

     当期純利益
     資本金             (百万円)         10,951       10,951       10,951       10,951       10,951

                   (千株)        94,427       94,427       94,427       94,427       47,213

     発行済株式総数
                   (百万円)         31,119       32,660       33,719       35,769       36,443

     純資産額
                   (百万円)         62,989       61,541       61,959       62,461       66,409

     総資産額
                    (円)        660.94       693.89       716.61       762.37       794.34

     1株当たり純資産額
                            8.00       10.00       10.00       12.00       20.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 4.00  )     ( 5.00  )     ( 5.00  )     ( 6.00  )     ( 6.00  )
     額)
                    (円)         6.73       43.90       28.02       81.41       50.47
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         49.4       53.1       54.4       57.3       54.9
     自己資本比率
                    (%)         1.0       6.5       4.0       11.0        6.4

     自己資本利益率
                    (倍)        87.01       19.32       33.19       12.51       19.58

     株価収益率
                    (%)        237.6        45.6       71.4       29.5       51.5

     配当性向
                            1,324       1,331       1,329       1,308       1,282

     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 708  ]     [ 563  ]     [ 531  ]     [ 487  ]     [ 447  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎となる自己株式等には、「従業員持株会信
           託口」および      「役員報酬BIP信託口」が保有する当社株式を含めております。
         4.平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、第90期の期首に当該株式
           併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         5.当事業年度(第94期)の1株当たり配当額20.00円は、1株当たり中間配当額6.00円と1株当たり期末配当
           額14.00円の合計となっております。平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を
           行っているため、1株当たり中間配当額6.00円は株式併合前、1株当たり期末配当額14.00円は株式併合後
           の金額となっております。
                                   3/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      昭和12年1月        阪東調帯護謨株式会社を設立
              (経緯)
              当社の前身は故榎並充造が明治39年4月、現在の神戸市兵庫区明和通3丁目2番15号の地に、故
              阪東直三郎の考案による特許により阪東式木綿調帯を製造するために設立した、阪東式調帯合資
              会社であります。その後大正2年10月にゴムベルト、大正10年5月にコンベヤベルトの製造を開
              始。昭和6年6月に阪東調帯護謨合資会社に商号変更し、籾摺ロールの製造を、昭和7年4月に
              はわが国最初のVベルトの製造を開始。昭和12年1月に、株式会社に改組し、阪東調帯護謨株式
              会社として、業務を継承。
       〃  16年11月      有限会社南海調帯製造所を吸収合併し、南海工場(大阪府泉南市)設置
       〃  36年8月      阪東調帯ゴム株式会社に商号変更
       〃  37年1月      大阪証券取引所市場第二部に上場
       〃  43年2月      大阪証券取引所市場第一部に上場
       〃  43年3月      兵庫県加古川市にベルトおよび工業用品の製造を目的として加古川工場新設
       〃  43年10月      株式会社バンドー東販(現社名                バンドー・I・C・S株式会社             )を設立
       〃  44年2月      九州バンドー株式会社          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
       〃  45年4月      大阪バンドーベルト販売株式会社               (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
       〃  45年6月      バンドー化学株式会社に商号変更
       〃  45年10月      東京証券取引所市場第一部に上場
       〃  46年4月      株式会社近畿バンドー          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
       〃  48年9月      バンドー興産株式会社を設立
       〃  48年10月      栃木県足利市にバンコラン製品の製造を目的として足利工場新設
       〃  51年4月      バンドー・ショルツ株式会社を設立
       〃  53年6月      ドイツにBando       Chemical     Industries(Europe)GmbH(現社名 Bando                     Europe    GmbH)を設立
       〃  55年7月      シンガポールにBando          Chemical     Industries      (Singapore)      Pte.   Ltd.(現社名 Bando
              (Singapore)      Pte.Ltd.)を設立
       〃  59年9月      バンドートレーディング株式会社を設立
       〃  62年3月      インドネシアにPT.         Bando   Indonesiaを設立
       〃  62年4月      タイにSiamese-Bando          Rubber    Industry     Ltd.(現社名 Bando          Manufacturing       (Thailand)
              Ltd.)を設立
       〃  62年5月      ビー・エル・オートテック株式会社を設立
       〃  62年7月      スペインにBando        Iberica    S.A.を設立
       〃  63年4月      バンドーエラストマー株式会社を設立
       〃  63年5月      マレーシアにPengeluaran            Getah   Bando   (Malaysia)      Sdn.   Bhd.を設立
       〃  63年7月      韓国にDongil       Bando   Co.,   Ltd.(現社名 Bando          Korea   Co.,   Ltd.)を設立
       〃  63年8月      韓国にBando      Jungkong     Ltd.を設立
       〃  63年10月      北海道バンドー株式会社           (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
      平成2年3月        中国バンドー株式会社          (現社名      バンドー・I・C・S株式会社             ) を設立
       〃  2年9月      和歌山県那賀郡(現住所 和歌山県紀の川市)に伝動ベルトの製造を目的として和歌山工場およ
              び伝動技術研究所を新設
       〃  2年11月      アメリカにBando        (U.S.A.),     Inc.(現社名        Bando   USA,   Inc.  )を設立
       〃  5年3月      西兵庫開発株式会社に資本参加
       〃  7年3月      香港にBando      Sakata    Ltd.(現社名        Bando   Siix   Limited    )を設立
       〃  10年9月      中国にBando      Chemical     Industries(Tianjin)Co.,             Ltd.(現社名 Bando          Belt(Tianjin)Co.,
              Ltd.)を設立
       〃  13年6月      執行役員制度を導入
                                   4/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        年月                            概要
      平成14年5月        中国にBando      (Shanghai)      International       Trading    Co.,   Ltd(現社名 Bando          (Shanghai)
              Management      Co.,Ltd.)を設立
       〃  14年10月      株式会社バンドー東販が、当社子会社であるバンドー神奈川販売株式会社と当社関連会社である
              東北バンドー販売株式会社を株式交換により統合し、東日本バンドー株式会社と社名変更
       〃  15年1月      トルコにBando       Kockaya    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.を設立
       〃  15年7月      Bando   (U.S.A.),     Inc.が、同社子会社であるBando               Manufacturing       Of  America,     Inc.とBando
              American     Inc.を吸収合併し、Bando            USA,   Inc.に社名変更
       〃  15年12月      インドに    Bando   (India)    Private    Limited    を設立
       〃  17年6月      中国にBando      Manufacturing       (Dongguan)      Co.,Ltd.を設立
       〃  17年9月      韓国の関連会社Dongil           Bando   Co.,   Ltd.を100%出資の当社子会社とし社名も
              Bando   Korea   Co.,   Ltd.に変更
       〃  18年8月      当社の生産体制の再編成に伴う資産の有効活用や当社を含めた関係会社間の連携強化、効率化を
              目的として、神戸工場の西工場跡地に、バンドーグループファクトリー神戸を新設
       〃  19年1月      福井ベルト工業株式会社を当社100%出資の子会社化
       〃  19年10月      兵庫県神戸市/ポートアイランドに本社事業所を新設し、本社事務所、R&Dセンター、生産技
              術センターを移転
       〃  20年4月      当社子会社である大阪バンドーベルト販売株式会社、株式会社近畿バンドーおよび中国バンドー
              株式会社は、株式会社近畿バンドーを存続会社として合併し、西日本バンドー株式会社と商号変
              更
       〃  21年10月      トルコの子会社Bando          Kockaya    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.を100%子会社とし、社名も
              Bando   Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.に変更
       〃  22年2月      神戸工場を足利工場へ統合
              西兵庫開発株式会社を100%子会社化
       〃  22年4月      本店所在地登記を兵庫県神戸市中央区の本社事業所へ変更
       〃  23年3月      大阪支店を本社事業所へ統合
       〃  24年1月      国内無担保普通社債(30億円)を発行
       〃  24年2月      ベトナムにBando         Manufacturing       (Vietnam)     Co.,   Ltd.を設立
              中国の子会社Bando          Manufacturing       (Shanghai)      Co.,   Ltd.にバンドー中国技術中心を開設
       〃  24年3月      中国にBL      Autotec    (Shanghai),      Ltd.を設立
       〃  24年9月      中国の子会社Bando         Manufacturing       (Shanghai)      Co.,Ltd.を管理性公司に改組し、社名をBando
              (Shanghai)      Management      Co.,Ltd.に変更
       〃  25年3月      タイの子会社Bando         Manufacturing(Thailand)Ltd.の内に、アジア技術センターを開設
              西兵庫開発株式会社の全株式を譲渡
       〃  25年4月      東日本バンドー株式会社を存続会社として、北海道バンドー株式会社を吸収合併
              西日本バンドー株式会社を存続会社として、九州バンドー株式会社を吸収合併
       〃  26年4月      ビー・エル・オートテック株式会社を存続会社として、バンドー精機株式会社を吸収合併
              中国にBando       (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltdを設立
       〃  26年7月
              Bando   Jungkong     Ltd.を当社子会社であるBando              Korea   Co.,   Ltd.100%出資の子会社化(当社の
       〃  26年11月
              孫会社)
       〃  27年10月      メキシコにBando        Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.を設立
       〃  28年11月      西日本バンドー株式会社を100%子会社化
       〃  29年1月      国内無担保普通社債(総額60億円)を発行
              当社完全子会社である西日本バンドー株式会社と東日本バンドー株式会社は、西日本バンドー株
       〃  29年4月
              式会社を存続会社として合併し、バンドー・I・C・S株式会社と商号変更。
                                   5/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
         当社グループは、当社、子会社25社および関連会社9社で構成され、自動車部品事業、産業資材事業、高機能エ
        ラストマー製品事業の製造・販売および加工を主な内容とし、さらにロボット事業、不動産業等のその他の事業を
        展開しております。
         当社グループの事業に係わる位置づけおよびセグメントとの関連は、次のとおりであります。
         自動車部品事業・産業資材事業

           …   当社が製造・販売するほか、国内販売については、関連会社                             東日本ベルト販売株式会社、バン工業用
              品株式会社、北陸バンドー株式会社ほか、関連会社1社、海外販売については、子会社                                           Bando
              (Shanghai)Management            Co.,   Ltd.、Bando      (Singapore)Pte.         Ltd.、Bando      Europe    GmbH、Bando
              Iberica    S.A.、Bando      Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.が行っております。製造・加工・販売に
              ついては、国内では子会社             東日本バンドー株式会社、福井ベルト工業株式会社、西日本バンドー
              株式会社、関連会社          バンドー・ショルツ株式会社、海外では子会社                        Bando   USA,   Inc.、Bando
              Jungkong     Ltd.、Bando      Korea   Co.,   Ltd.、Bando      Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.、Bando      (Shanghai)
              Industry     Equipment     Element    Co.,Ltd.、Bando         Manufacturing       (Thailand)      Ltd.、Pengeluaran
              Getah    Bando    (Malaysia)      Sdn.   Bhd.   、  Bando    (India)     Private     Limited    、  Bando    Belt
              Manufacturing       (Turkey),     Inc.、Bando       Manufacturing       (Vietnam)     Co.,   Ltd.、関連会社         Sanwu
              Bando   Inc.、Kee     Fatt   Industries      Sdn.   Bhd.、PT.     Bando   Indonesia     ほか、関連会社1社が行っ
              ております。
         高機能エラストマー製品事業

           …  当社が製造・販売するほか、国内では子会社                     バンドーエラストマー株式会社が加工・販売を行って

            おります。海外では子会社Bando               Siix   Limitedが販売、Bando           Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.
            が製造・販売を行っております。
        その他

           … ロボット関連デバイスを子会社               ビー・エル・オートテック株式会社が国内にて製造・販売しており、BL
            Autotec    (Shanghai),      Ltd.が海外にて販売を行っております。また、輸出入業務を子会社                               バンドート
            レーディング株式会社、不動産業、保険代理業、太陽光発電事業等を子会社                                    バンドー興産株式会社が
            行っております。
        (注) Bando       (Shanghai)      Industrial      Belt   Co.,   Ltd.は、平成28年10月9日付で清算手続きが全て完了してお

           ります。
            平成29年4月に西日本バンドー株式会社を存続会社として、東日本バンドー株式会社と西日本バンドー株
           式会社を合併し、合併後の商号をバンドー・I・C・S株式会社に変更しております。
                                   6/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は次のとおりであります。
                                   7/104




















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              関係内容
                                      役員の派遣状
                                 議決権の
                                      況
        名称        住所      資本金      事業内容
                                 所有割合
                                                      設備の賃
                                            貸付金   営業上の取引
                                         当社従             貸借
                                      当社役
                                         業員
                                      員(人)
                                         (人)
                           伝動ベルト製
                           品・運搬ベル
     東日本バンドー
                           ト、ポリウレ                    当社製品の販      事務所等
              東京都中央区         72百万円            100%    2   2   なし
     株式会社
                           タン機能部品                    売      一部貸与
     (注)2,5
                           などの加工、
                           販売
                           伝動ベルト製
     福井ベルト工業
                                               同社製品の仕
              福井県福井市         10百万円    品などの製        100%    -   4   なし         なし
                                               入
     株式会社
                           造、販売
                           伝動ベルト製
                           品・運搬ベル
     西日本バンドー
                           ト、ポリウレ                    当社製品の販      事務所等
              大阪市淀川区         90百万円                      あり
     株式会社                              100%    2   4
                           タン機能部品                    売      一部貸与
     (注)2,4,5,14
                           などの加工、
                           販売
                                               当社材料の販
                           ベルトおよび
     バンドートレー                                          売、同社輸入      事務所等
              神戸市兵庫区         15百万円    関連製品の輸        100%    -   3   なし
     ディング株式会社                                          品の購入、輸      貸与
                           出入
                                               出業務委託
                           装飾表示用フ
     バンドーエラスト                                          当社製品の販      事務所等
              神戸市兵庫区         30百万円    イルムなどの                 なし
                                   100%    -   4
     マー株式会社                                          売      貸与
                           加工、販売
                           ロボット関連
                                               同社製品の仕
     ビー・エル・オー                      デバイスおよ                           事務所等
              神戸市兵庫区         50百万円            100%    1   5   なし   入、当社材料
     トテック株式会社                      びプーリの製                           貸与
                                               の販売
                           造、販売
                           不動産業、保
                                               当社の営繕工
     バンドー興産
                           険代理業、太                           事務所等
              神戸市兵庫区         88百万円            100%    -   3   なし   事・不動産管
                           陽光発電事業                           貸与
     株式会社
                                               理等委託
                           など
                                   8/104










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                              関係内容
                                      役員の派遣状
                                 議決権の
                                      況
        名称        住所      資本金      事業内容
                                 所有割合
                                                      設備の賃
                                            貸付金   営業上の取引
                                         当社従             貸借
                                      当社役
                                         業員
                                      員(人)
                                         (人)
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
     Bando   USA,  Inc.
              米国         40,500千
                           品などの製        100%    -   6   あり   売・技術供与      なし
              イリノイ          米ドル
     (注)2
                           造、販売                    等
     Bando   Belting   de
                                 間接含む
              メキシコ
                        240千   伝動ベルト製
     Mexico,   S.A.  de   メキシコシ                     100%    -   1   なし   なし      なし
                        米ドル    品などの販売
              ティー
                                 (注)6
     C.V.
                                 間接含む
     Bando   Jungkong
              韓国         370百万    プーリの製                    同社製品の仕
                                   100%    -   2   なし         なし
              京畿道        韓国ウォン     造、販売                    入
     Ltd.
                                 (注)7
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
     Bando   Korea   Co.,
              韓国        2,400百万
                           品などの製        100%    -   4   なし   売・技術供与      なし
              慶尚南道        韓国ウォン
     Ltd.
                           造、販売                    等
     Bando   Belt
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
     (Tianjin)         中国         13,310千
                           品などの製                 なし   売・技術供与      なし
                                   100%    -   5
     Co.,  Ltd.      天津          米ドル
                           造、販売                    等
     (注)2
                           中国における
                           製品販売およ
                           び営業統括、
                           グループ各社
     Bando
                           の人事労務、
     (Shanghai)
              中国         4,000千                        当社製品の販
                           財務経理、情        100%    -   6   なし         なし
     Management
              上海          米ドル                        売
                           報システム、
     Co.,  Ltd.
                           物流管理など
                           に関する管理
                           業務の統括・
                           支援
     Bando
     (Shanghai)
                           搬送用ベルト
                                 間接含む
                       4,000千
     Industry
              中国             のエンドレス                    当社製品の販
                        人民元           100%    -   4   なし         なし
     Equipment         上海             加工や付帯加                    売・技術供与
                                 (注)8
                           工
     Element
     Co.,  Ltd.
                                 間接含む
                           ロボット関連
     BL Autotec       中国          700千
                           デバイスの販        100%          なし   なし      なし
                                       -   3
              上海          米ドル
     (Shanghai),     Ltd.
                           売      (注)9
     Bando
                           伝動ベルト製
     Manufacturing
              中国         4,920千                        当社製品の販
                           品などの製        100%    -   4   なし         なし
     (Dongguan)         東莞          米ドル                        売・技術供与
                           造、販売
     Co.,  Ltd.
     Bando   Siix 
                       3,500千    ブレードなど                    当社製品の販
              香港                     70%   -   2   なし         なし
                       香港ドル    の販売                    売・技術供与
     Limited
     Bando
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
     Manufacturing         ベトナム         2,000千
                           品などの製                 なし   売・技術供与      なし
                                   100%    -   5
     (Vietnam)    Co.,    ハノイ          米ドル
                           造、販売                    等
     Ltd.
     Bando
                           伝動ベルト製      間接含む              当社製品の販
     Manufacturing
              タイ        177,000千
                           品の製造、販        100%          なし   売・技術供与      なし
                                       -   8
     (Thailand)     Ltd.
              サムサコーン        タイバーツ
                           売      (注)10              等
     (注)15
                                   9/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                              関係内容
                                      役員の派遣状
                                 議決権の
                                      況
        名称        住所      資本金      事業内容
                                 所有割合
                                                      設備の賃
                                            貸付金   営業上の取引
                                         当社従             貸借
                                      当社役
                                         業員
                                      員(人)
                                         (人)
     Pengeluaran
                       3,100千    自動車用機能
     Getah   Bando
              マレーシア                     100%
                      マレーシア     部品の製造、            -   2   なし   技術供与等      なし
     (Malaysia)     Sdn.    ジョホール
                      リンギット     販売
     Bhd.  (注)11
                        500千
     Bando   (Singapore)
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
              シンガポール       シンガポール                        なし         なし
                                   100%    -   4
     Pte.  Ltd.                    品などの販売                    売
                        ドル
     Bando   (India)
                           伝動ベルト製      間接含む              当社製品の販
              インド         891百万
     Private   Limited                  品などの製        100%    -   6   あり   売・技術供与      なし
              ハリヤナ       インドルピー
                           造、販売      (注)12              等
     (注)2
     Bando   Belt
                           伝動ベルト製                    当社製品の販
              トルコ         15,792千
                           品などの製                 なし   売・技術供与      なし
     Manufacturing                              100%    -   4
              コジェエリ        トルコリラ
                           造、販売                    等
     (Turkey),    Inc.
                           伝動ベルト製
              ドイツ                                  当社製品の販
     Bando   Europe
                       1,022千    品、ポリウレ
              メンヒェング                               なし   売・技術供与      なし
                                   100%    -   4
                        ユーロ    タン機能部品
     GmbH
              ラッドバッハ                                  等
                           などの販売
                                 間接含む
     Bando   Iberica,
              スペイン          300千   伝動ベルト製                    当社製品の販
                                   100%          なし         なし
                                       -   2
              バルセロナ          ユーロ    品などの販売                    売
     S.A.
                                 (注)13
                                              関係内容

                                      役員の派遣状
                                 議決権の
                                      況
        名称        住所      資本金      事業内容
                                 所有割合
                                                      設備の賃
                                            貸付金   営業上の取引
                                         当社従             貸借
                                      当社役
                                         業員
                                      員(人)
                                         (人)
     (持分法適用関連会
     社)
                           伝動ベルト製
                           品・運搬ベル
     東日本ベルト販売
                                               当社製品の販
              福島県いわき市         24百万円    ト、ポリウレ       33.33%     -   1   なし         なし
     株式会社    (注)3
                                               売
                           タン機能部品
                           などの販売
                           伝動ベルト製
                           品・運搬ベル
     バン工業用品
                                               当社製品の販
              東京都中央区         45百万円    ト、ポリウレ        20%   -   1   なし         なし
                                               売
     株式会社
                           タン機能部な
                           どの販売
                           伝動ベルト製
                           品・運搬ベル
     北陸バンドー                                          当社製品の販
              富山県富山市         30百万円    ト、ポリウレ       46.66%     -   3   なし         なし
     株式会社                                          売
                           タン機能部品
                           などの販売
     バンドー・ショル                      運搬ベルトの                    同社製品の仕      工場用建
              兵庫県加古川市         50百万円             50%   -   4   なし
     ツ株式会社                      製造、販売                    入      物等貸与
                           伝動ベルト製
                           品の販売、ポ                    当社製品の販
              台湾         56,000千
     Sanwu   Bando   Inc.                 リウレタン機        50%   1   3   なし   売・技術供与      なし
              台北         台湾ドル
                           能部品などの                    等
                           製造、販売
     Kee  Fatt
                       5,000千    伝動ベルト製                    当社製品の販
              マレーシア
                      マレーシア     品などの製                 なし   売・技術供与      なし
     Industries                              39%   -   4
              ジョホール
                      リンギット     造、販売                    等
     Sdn.  Bhd.
                           伝動ベルト製
                                               当社製品の販
     PT.Bando         インドネシア         5,000千    品・運搬ベル
                                   50%   2   6   なし   売・技術供与      なし
     Indonesia         タンゲラン          米ドル    トなどの製
                                               等
                           造、販売
                                  10/104


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
         2.特定子会社は、東日本バンドー株式会社、西日本バンドー株式会社、Bando                                        USA,   Inc.、Bando      Belt
           (Tianjin)     Co.,   Ltd.、および      Bando   (India)    Private    Limited    であります。
         3.バンドー福島販売株式会社は、平成28年7月1日をもって社名を東日本ベルト販売株式会社に変更いたしま
           した。
         4.  当社は、平成28年11月1日をもって西日本バンドー株式会社と株式交換を実施し、その株式をすべて取得し
           たことにより、当社の同社に対する出資比率は100%となりました。
         5.  西日本バンドー株式会社は、平成29年4月1日をもって東日本バンドー株式会社と合併し、合併後の商号を
           バンドー・I・C・S株式会社に変更しております。
         6.  Bando   Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.については、当社の子会社であるBando                     USA,   Incが99.90%直接保
           有し、当社の子会社であるBando               (Singapore)      Pte.   Ltd.が0.10%直接保有しております.
         7.Bando     Jungkong     Ltd.については、当社の子会社であるBando                     Korea   Co.,   Ltd.が100%直接保有しておりま
           す。
         8.Bando     (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltdについては、当社の子会社であるBando
           (Shanghai)      Management      Co.,   Ltd.が100%直接保有しております。
         9.BL    Autotec    (Shanghai),      Ltd.については、当社の子会社であるビー・エル・オートテック株式会社が100%
           直接保有しております。
         10.当社は、平成28年9月30日に子会社4社よりBando                          Manufacturing       (Thailand)      Ltd.の株式を取得したこと
           により、当社の同社に対する出資比率は99.99%となりました。0.01%は当社100%子会社2社が直接保有し
           ております。
         11.Pengeluaran        Getah   Bando   (Malaysia)      Sdn.   Bhd.は、平成28年7月1日をもって解散を決議し、現在清算手
           続き中であります。
         12.  Bando   (India)    Private    Limited    については、当社が78.59%直接保有し、当社の子会社であるBando
           (Singapore)      Pte.   Ltd.が21.41%直接保有しております.
         13.Bando     Iberica,     S.A.については、当社の子会社であるBando                     Europe    GmbHが100     % 直接保有しております。
         14.西日本バンドー株式会社については、売上高(連結会社間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割
           合が100分の10を超えております。
            主要な損益情報 (1)売上高      13,769百万円
                    (2)経常利益                               397百万円
                    (3)当期純利益                                  220百万円
                    (4)純資産額                                2,319百万円
                    (5)総資産額                                7,089百万円
         15.Bando     Manufacturing       (Thailand)      Ltd.については、売上高(連結会社間の内部売上高を除く。)の連結売
           上高に占める割合が100分の10を超えております。
            主要な損益情報 (1)売上高      12,437百万円
                    (2)経常利益                              1,595百万円
                    (3)当期純利益                               1,263百万円
                    (4)純資産額                                8,094百万円
                    (5)総資産額     10,699百万円
                                  11/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                     2,546
      自動車部品事業
                                                     [349]
                                                      726
      産業資材事業
                                                     [143]
                                                      383
      高機能エラストマー製品事業
                                                     [163]
                                                     3,655
               報告セグメント計
                                                     [655]
                                                      89
      その他
                                                     [24]
                                                      299
      全社(共通)
                                                     [29]
                                                     4,043
                  合計
                                                     [708]
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、親会社の管理部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況
                                                 平成29年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              1,282              41.9              15.7           6,595,792

               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                      353
      自動車部品事業
                                                     [158]
                                                      361
      産業資材事業
                                                     [97]
                                                      269
      高機能エラストマー製品事業
                                                     [163]
                                                      983
               報告セグメント計
                                                     [418]
                                                       0
      その他
                                                      [0]
                                                      299
      全社(共通)
                                                     [29]
                                                     1,282
                  合計
                                                     [447]
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         当社の労働組合(バンドー化学労働組合)は、組合員1,106人(平成29年3月31日現在)で組織され、その上部
        団体は日本ゴム産業労働組合連合であります。
         なお、連結会社における各社の労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  12/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当連結会計年度における世界経済は、米国においては内外需要の回復を背景に個人消費が底堅く推移し、欧州
        においては英国のEU離脱など先行きが不透明な状況のなか、緩やかな景気回復が見られました。中国においては、
        長期的な減速基調が継続し、アジア地域においては、タイの国王崩御による自粛ムードやインドの高額紙幣廃止な
        どの影響は限定的となりましたが、総じて停滞感のあるなかで推移いたしました。また、日本においては、緩やか
        な回復基調で推移いたしました。
         当社グループの主要な市場である自動車分野におきましては、米国や欧州では前年度に引き続き自動車生産台数
        が堅調に推移いたしました。中国においても、小型車に対する減税措置の効果が継続し、自動車生産台数が前年度
        を上回りました。一方、日本においては、軽自動車の販売減少の影響などがあるなかで、自動車生産台数は前年並
        みとなりましたが、ハイブリッド車などのベルト非装着車種が増加したことにより、ベルト装着車種の生産台数は
        減少いたしました。産業機械分野におきましては、国内の設備投資に持ち直しの兆しがみられるものの、なお低い
        水準で推移いたしました。一方、高機能フイルムの主要な市場である国内の建築分野におきましては、住宅・非住
        宅着工数が、堅調に推移いたしました。
         このような状況のなか、当社グループは、中長期経営計画“Breakthroughs                                    for  the  future”(未来への躍  
        進)の第1ステージの4年目として、自動車用、二輪車用、農業機械用および産業機械用の伝動ベルトのほか軽搬
        送用ベルトなどの販売体制を強化し、中国、アセアン地域を中心に顧客開拓を推進いたしました。また、国内初と
        なる自己消炎性を有した難燃耐熱コンベヤベルト「FR7000シリーズ」、産業機械の大型化・高負荷化・コンパクト
        化の需要に応えるべく、国内初となる高弾性アラミド心線を採用した結合型細幅Vベルト「パワーエース®アラミ
        ドコンボ」およびバイオマス発電プラント専用コンベヤベルト「BANDO                                 FR-BIOS™(バイオス)」など、市場最適仕
        様製品の開発を促進いたしました。新製品の開発につきましては、国立大学法人神戸大学との包括連携に基づく研
        究を推進したほか、光学用透明粘着剤シート「Free                        Crystal®(フリークリスタル)」などを開発いたしました。
        加えて創業110周年記念事業として開催した「バンドーテクノフェア2016」では、開発に取り組んでいるさまざま
        な製品を披露いたしました。また、経済産業省と東京証券取引所から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、
        戦略的に取り組む姿勢が評価され、「健康経営銘柄2017」に選定されました。
        これらの結果、当連結会計年度は、円高の影響もあり、売上高は883億8千7百万円(前年同期比5.2%減)、営業

        利益は58億9千6百万円(前年同期比1.1%減)、経常利益は65億7千1百万円(前年同期比3.3%増)、親会社株
        主に帰属する当期純利益は49億5千1百万円(前年同期比12.9%増)となりました。
        事業(セグメント)別の状況は、次のとおりであります。

       [自動車部品事業]

        自動車の補機駆動用伝動ベルト(リブエース®など)および補機駆動用伝動システム製品(オートテンショナ、バ
       ンドースムースカップラー®など)につきましては、国内においては、積極的な営業活動や新商材の投入により補修
       市場への販売は前年並みを維持しましたが、ベルト非装着車種の増加や軽自動車の販売不振などを背景に自動車メー
       カーへの販売が減少し、国内全体では販売が減少いたしました。
        一方、海外においては、アセアン地域において積極的な顧客開拓に注力したことにより、スクーター用変速ベルト
       の販売が増加いたしました。また、タイにおいて自動車生産台数が堅調に推移したことにより、自動車の補機駆動用
       伝動ベルトおよび補機駆動用伝動システム製品の販売が増加いたしました。これにより海外全体では現地通貨ベース
       で販売が増加いたしましたが、円高の影響により減収となりました。
        これらの結果、当セグメントの売上高は403億2千万円(前年同期比5.9%減)、セグメント利益は徹底した原価低

       減活動および海外生産拠点の採算改善を推進いたしましたが、円高の影響もあり29億3千7百万円(前年同期比
       11.6%減)となりました。
       [産業資材事業]

        一般産業用伝動ベルトにつきましては、中国およびアセアン地域における販売強化により農業機械用伝動ベルトや
       産業機械用伝動ベルトの販売が増加いたしましたが、国内および米国においては設備投資需要が低調に推移した影響
       を受け、産業機械用伝動ベルトの販売が減少し、全体では販売が減少いたしました。
        運搬ベルトにつきましては、国内、中国およびアセアン地域において積極的な顧客開拓を進めたことにより、樹脂
       コンベヤベルト(サンライン®ベルト)の販売が伸長いたしましたが、収益重視の受注活動により、コンベヤベルト
       の販売が減少いたしました。
                                  13/104


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        これらの結果、当セグメントの売上高は314億4千6百万円(前年同期比5.0%減)となりましたが、セグメント利
       益は徹底した原価低減活動と収益性を重視した受注を行ったことなどにより19億9千1百万円(前年同期比3.5%
       増)となりました。
       [高機能エラストマー製品事業]

        精密機能部品につきましては、当社主要顧客である国内外のOA機器メーカーの減産の影響により、クリーニング
       ブレード、樹脂部品などの販売が減少いたしました。
        一方、機能フイルム製品につきましては、国内において非住宅関連の需要が好調に推移するなか、積極的な営業
       活動を推進したことにより建築資材用、工業用および医療用フイルムの販売が増加いたしました。
        これらの結果、当セグメントの売上高は149億1千4百万円(前年同期比4.5%減)、セグメント利益は販売減に加

       え、販売構成の変化などにより2億9千4百万円(前年同期比61.3%減)となりました。
       [その他事業]

        その他の事業といたしましては、ロボット関連デバイス事業などを行っており、売上高は25億9百万円(前年同期
       比4.6%減)、セグメント利益は4億2千7百万円(前年同期比54.9%増)となりました。
       上記の各セグメント別売上高およびセグメント利益は、セグメント間取引消去前の金額で記載しております。

       (2)キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ24億9千
        9百万円増加し、当連結会計年度末には189億3千5百万円となりました。各連結キャッシュ・フローの状況とそ
        の要因は次のとおりであります。
        営業活動によるキャッシュ・フロー:
         当連結会計年度において、営業活動による資金収支は67億9千9百万円の収入超過(前連結会計年度は90億3千
        8百万円の収入超過)となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益65億5千3百万円によるものでありま
        す。
        投資活動によるキャッシュ・フロー:
         当連結会計年度において、投資活動による資金収支は46億3千8百万円の支出超過(前連結会計年度は41億8千
        4百万円の支出超過)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出40億4百万円および無形固定資
        産の取得による支出5億1千4百万円によるものであります。
        財務活動によるキャッシュ・フロー:
         当連結会計年度において、財務活動による資金収支は4億2千2百万円の収入超過(前連結会計年度は30億4千
        9百万円の支出超過)となりました。これは主に、社債の発行による収入59億5千7百万円および社債の償還によ
        る支出30億円によるものであります。
                                  14/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   生産高(百万円)                  前年同期比(%)
     自動車部品事業                              43,223                   96.9

     産業資材事業                              21,519                   119.1

     高機能エラストマー製品事業                              11,221                   99.2

          報告セグメント計                         75,964                   102.7

     その他                              1,223                  123.0

              合計                      77,187                   103.0

      (注)1.金額は、販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)受注状況

         当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                           受注高                  受注残高
          セグメントの名称                       前年同期比(%)                  前年同期比(%)
                          (百万円)                   (百万円)
     自動車部品事業                        33,855          104.2         3,870         99.1
     産業資材事業                        31,992          101.5         4,457         119.1

     高機能エラストマー製品事業                        14,995          98.3         1,261         106.9

          報告セグメント計                   80,842          102.0         9,589         108.6

     その他                        2,448          97.6          139        111.5

             合計                83,291          101.9         9,729         108.6

      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (3)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                   販売高(百万円)                  前年同期比(%)
     自動車部品事業                              40,232                   94.1

     産業資材事業                              31,368                   95.0

     高機能エラストマー製品事業                              14,777                   94.9

          報告セグメント計                         86,378                   94.6

     その他                              2,008                  104.1

              合計                      88,387                   94.8

      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.主な相手先別の販売実績で、総販売実績に対する割合が10%を超えるものはありません。
         なお、「生産実績」「受注状況」および「販売実績」は、セグメント間取引消去後の金額を記載しております。

                                  15/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針

        当社グループは、「調和と誠実の精神をもって、社会のニーズに沿った新たな付加価値とより高い品質を日々創
       造、提供し、お客様をはじめとする社会の信頼に応え、社業の発展を期するとともに、バンドーグループの従業員
       たることに誇りを持ち、社会に貢献することを期する」ことを経営理念としております。
        この理念のもとに、当社グループは、ゴム・プラスチック製品メーカーのパイオニアとして、お客様のニーズに
       応えるべく、新技術や新製品を開発し、これらを社会に提供することにより、当社グループの企業価値を高め、お
       客様をはじめとして、株主、取引先、従業員および社会の期待に応えるとともに、企業倫理を遵守し、環境保全に
       配慮した事業経営をすすめることにより、企業としての社会的責任を全うしてまいりたいと考えております。
       (2)目標とする経営指標

        当社グループは、2013年度から2017年度までを中長期経営計画“Breakthroughs                                       for  the  future”の1st        stage
       (BF-1)として、新たに次のとおり経営目標を設定し、全社一丸となって、この目標の達成を目指してまいりま
       す。
        売上高(連結) ・・・・・1,000億円

        営業利益(連結)・・・・・ 100億円
        ROA(連結)          ・・・・・ 6.0        %
       (3)中長期的な会社の経営戦略

        前項の目標を達成するため、当社および連結子会社が一体となってグローバル市場の開拓や当該市場向けの製品
       開発ならびに収益性改善のための施策等を、以下を重点方針として推進してまいります。
        ①グローバル市場戦略の進化

         アジアを重点地域とし、ベルト事業分野において、アジア市場シェアNo.1を目指してまいります。また、国内
        市場においては、市場ニーズにマッチした高機能製品を開発するほか、お客様に密着した販売網を構築すること
        により、お客様にとって付加価値の高い製品を提供するとともに、これらの高機能製品を核として周辺事業領域
        を拡大してまいります。
        ②製品の進化

         グローバルな視点で、各地域の市場ニーズにマッチした「市場最適仕様」製品の開発を促進するとともに、お
        客様の「環境負荷低減・高効率・コンパクト化・機能複合化」に貢献する製品を連続的に生み出してまいりま
        す。
        ③ものづくりの進化

         お客様からの信頼をさらに強固にするため、不良率を低減するとともに、開発購買の推進や生産性の革新等に
        より、高いコスト競争力を実現するものづくりを目指してまいります。
        ④新事業の創出

         当社のコア技術であるエラストマーや樹脂の配合・分散・複合化技術に磨きをかけるとともに、これらのコア
        技術に新たな技術を融合させることにより新製品の創出と新市場開拓を進め、次代の新事業の柱として育成して
        まいります。
        ⑤経営品質の強化

         ポートフォリオマネジメントの強化による成長製品への戦略的投資や連結経営管理の強化に取り組んでまいり
        ます。加えて、純有利子負債ゼロを目指すとともに、為替・金利等の財務リスク管理を強化して、財務体質を強
        化してまいります。また、経営者育成プログラムの推進、グローバル人事管理の強化、スペシャリストの育成、
        女性や外国人等多様な人材の積極的活用を実施することにより、次世代を担う人材を育成してまいります。
                                  16/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (4)会社の対処すべき課題
        今後の見通しにつきましては、海外の政治・経済情勢を巡る不透明感など先行きに懸念があるものの、中国にお
       ける過剰生産能力の調整、米国経済の回復および資源国の持ち直しにより、世界経済は拡大基調で推移することが
       予想されます。国内においては、個人消費は依然力強さに欠け、企業の設備投資にも弾みがつき難い状況であるも
       のの、経済対策に伴う公共投資の増加や海外経済の持ち直しなどにより緩やかな景気回復傾向にあります。このよ
       うな情勢のもと、当社グループは、中長期経営計画“Breakthroughs                                for  the  future”(未来への躍進)の最終年
       度にあたり、以下の5つの指針のもと、経営目標の達成を目指してまいります。
        ①グローバル市場戦略の進化

         当社グループは、ベルト事業におけるアジア市場シェアNo.1を目指し、中国およびアセアン地域を中心とする
        海外市場において、自動車用、二輪車用、農業機械用および産業機械用の伝動ベルトのほか軽搬送用ベルトなど
        を重点分野として位置づけ、さらなる販売拡大に取り組んでおります。また、日本国内では、本年4月に経営を
        統合した国内販売子会社バンドー・I・C・S                     株式会社が地域密着の販売体制を堅持しつつ全国規模の会社として
        事業拡大を図るとともに、グループとしての販売戦略の一貫性の確保と経営の一層の効率化を通し、グループ収
        益力の強化を図ります。
        ②製品の進化

         当年度においては、現有製品の高効率化や高機能化を推進し、国内初となる高温搬送用途で使用可能な自己消
        炎性を有した難燃耐熱コンベヤベルト「FR7000シリーズ」、バイオマス発電プラント専用コンベヤベルト「BANDO
        FR-BIOS™(バイオス)」などの高付加価値製品を開発いたしました。今後も高効率化や高機能化による高付加価
        値製品の開発を推進するとともに、各地域のお客様ニーズにマッチした市場最適仕様製品を提供してまいりま
        す。
        ③ものづくりの進化

         当年度においては、グローバルコスト競争力を強化するため、加古川工場のコンベヤベルト生産ラインおよび
        足利工場のウレタンベルト生産ラインの刷新を進めました。今後も各生産拠点の製造原価、物流、スケールメ
        リットなどの状況を踏まえ、世界最適生産体制の構築に取り組み、グローバルコスト競争力の強化を図ってまい
        ります。
        ④新事業の創出

         当年度においては、タッチパネルの需要拡大に伴い、特に車載用途で要求される視認性や、曲面ディスプレイ
        への追従性、耐衝撃性を備えた光学用透明粘着剤シート「Free                             Crystal®(フリークリスタル)」を開発いたしま
        した。また、中長期経営計画開始以降、開発した他の新製品につきましても各種展示会に出展するなど上市に向
        けた活動を推進いたしました。今後も当社のコア技術であるゴムの配合・分散・加工技術やフイルムの加工技術
        を活かした新製品開発を進め、新事業の創出を目指してまいります。
        ⑤経営品質の進化

         当年度においては、経営基盤の強化として海外拠点のIT基盤の整備を進めました。今後もグループウェアの刷
        新や海外基幹システムの順次導入など、グローバルでのIT化を実施し、グループ経営の効率化を進めてまいりま
        す。
         本年2月には、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業として、「健康経営銘
        柄2017」に初めて選定されました。当社は、従業員の健康保持・増進の支援やメンタルヘルスケア対策、職場環
        境改善活動を推進することにより、従業員一人ひとりが活き活きと働くことができる環境整備に努めるととも
        に、高度な専門性とコミュニケーション能力を持ったグローバル人材の育成に注力してまいります。
       財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

        当社は、平成20年4月22日開催の取締役会において、本方針を決議し、その後、毎年、取締役会において、その
       継続の是非を検討し、本方針の基本的な考え方を維持してまいりました。
        本方針は、株主の皆様に適切に判断いただくために、株主の皆様に十分な情報を提供することを目的として、当
       社株券等の大量買付を行おうとする者に対して、買付目的その他必要な情報の提供を求めるとともに、当社が定め
       る一定の手続きの遵守を求めるものでありますが、コーポレートガバナンス・コードの浸透などの当社を取り巻く
       環境の変化や、機関投資家をはじめとする株主の皆様のご意見を踏まえ、平成29年3月末日をもって、本方針を廃
       止いたしました。
        本方針の廃止後も、当社は、企業価値、株主価値の最大化を図るとともに、株主の皆様に十分な情報を提供して
       まいります。
                                  17/104


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
         有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼ
        す可能性のある事項については、以下のようなものがあります。
         なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり
        ます。
        (1)海外取引拡大に伴うリスク

          現在、相当程度の外貨建金銭債権について為替予約等のリスクヘッジを行っており、今後とも適切なリスク
         ヘッジ対策を実施してまいりますが、為替変動が業績に影響を与える可能性があります。
          また、当社グループは、海外の生産、販売体制の強化を進めておりますが、各地に係る経済状況等の変化
         は、当社グループの業績および財政状態に影響を与える可能性があります。
        (2)リコール発生に伴うリスク

          当社は、部品メーカーであり、自動車メーカー、OA機器メーカーおよび消費生活用製品メーカー等に当社
         の製品を納入しております。
          また、当社の子会社および関連会社は、主としてこれら製品の製造、加工、販売を行っております。当社グ
         ループにおきましては、製品の品質を、現在の事業を維持、発展させるためのもっとも重要なものの1つであ
         ると考え、各種の施策、対策を実施し、製品の品質確保に最大限の注力を行っております。しかしながら、こ
         れらの製品(部品)を組み込んだ自動車等の不具合の原因が当社グループの供給した製品にある場合、リコー
         ル等の処置がなされる場合が考えられます。
          このような事態が発生した場合、契約上も、法律上もリコール等の処置にかかわる費用を負担しなければな
         らない場合が考えられます。この場合、業績に影響を与える可能性があります。
        (3)原材料の市況変動および調達に伴うリスク

          当社グループでは、随時市況価格および需給状況を注視しながら取引業者との納期交渉や価格交渉にあたっ
         ておりますが、原油価格の上昇により原材料価格が高騰する可能性があります。需給の安定化のために代替材
         料の検討を進め、原材料の高騰に対しては製品価格の是正や値上げおよび総原価の低減の取り組みを強化して
         おりますが、需給の滞りや想定以上に材料、燃料等の値上げが続く場合、業績に影響を与える可能性がありま
         す。
        (4)地震等天災地変発生に伴うリスク

          東海地震あるいは東南海・南海地震の発生の可能性が指摘されております。また、台風や水害が発生する恐
         れもあります。このような場合、当社の南海工場を含めた各事業所において、生産設備等への損害発生、それ
         に伴う一時的な操業停止という事態が予見されます。国内の4工場が、それぞれ被災したことを想定し、BCP
         (Business      Continuity      Plan:事業継続計画)を策定いたしました。そのなかで、復旧計画の策定や海外生産
         拠点との相互補完による製品供給体制の確立など、その被害を最小限に止めるための体制の整備に取り組んで
         おりますが、災害の規模によっては、業績に大きな影響を与える可能性があります。
                                  18/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
       (1)当社の技術導入契約
         相手方の名称             国名        契約品目           契約内容           契約期間
     Litens    Automotive
                                      特許およびノウハウ           平成2年4月1日から
                   カナダ        オートテンショナ
                                      の実施許諾           平成32年3月31日まで
     Partnership
      (注) 上記については、ロイヤルティとして純売上高の一定率を支払っております。
       (2)当社の技術供与契約

         相手方の名称             国名        契約品目           契約内容           契約期間
                                                 昭和63年1月1日から
                           ウレタンベルト           ノウハウの実施許諾           5年間 その後5か年
                                                 毎に自動更新
     Sanwu   Bando   Inc.
                   台湾
                                                 平成4年8月1日から
                           二輪スクーター用           特許およびノウハウ
                                                 5年間 その後1年毎
                           ウェイトローラー           の実施許諾
                                                 に自動更新
                                                 昭和53年10月1日から
     Philippine      Belt
                                      特許およびノウハウ
                   フィリピン        ゴムベルト等                     5年間 その後5か年
     Manufacturing       Corp.                          の実施許諾
                                                 毎に更新
                                                 昭和53年12月11日から
     Kee  Fatt   Industries
                                      特許およびノウハウ
                   マレーシア        ゴムベルト等                     5年間 その後5か年
     Sdn.   Bhd.                              の実施許諾
                                                 毎に更新
                                                 昭和63年1月1日から
                                      特許およびノウハウ
     PT.  Bando   Indonesia
                   インドネシア        ゴムベルト等                     5年間 その後4か年
                                      の実施許諾
                                                 毎に更新
      (注) 上記については、ロイヤルティとして純売上高の一定率を受け取っております。
         なお、上記の他、当社は次の連結子会社との間でベルト、工業用品等に関わる特許、またはノウハウの実施許諾

        に関わる契約を締結しており、ロイヤルティとして純売上高に対する一定率の支払を受けております。
         ・Bando    USA,   Inc.
         ・Bando    Korea   Co.,   Ltd.
         ・Bando    Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.
         ・Bando    Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.
         ・Bando    Siix   Limited
         ・Bando    Manufacturing       (Thailand)      Ltd.
         ・Bando    (India)    Private    Limited
         ・Bando    Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.
         ・Bando    Manufacturing         (Vietnam)     Co.,   Ltd.
       (3)連結子会社間の合併

         当社は、平成28年12月26日開催の取締役会において、当社の完全子会社である西日本バンドー株式会社と東日本
        バンドー株式会社の合併および存続会社の商号変更を行うことを決議し、平成29年4月1日付で合併および存続会
        社の商号変更を行っております。
         詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記
        載しております。
                                  19/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
         当社グループは、2013年度から2022年度までの中長期経営計画“Breakthroughs                                     for  the  future”(未来への躍
        進)の第1ステージの4年目の年度として、10年後のありたい姿を目指し、5つの指針のもと、経営目標の達成に
        積極的に取り組んでまいりました。指針2の「製品の進化」においては、グローバル各地域の市場ニーズにマッチ
        した「市場最適仕様」製品の開発を促進、お客様の「環境負荷低減・高効率・コンパクト化・機能複合化」に貢献
        する製品を連続的に生み出し育てていくことを目指しております(Incremental                                     Innovation:持続的イノベーショ
        ン)。また、指針4の「新事業の創出」においては、重点市場に向けてエラストマー・樹脂の配合・分散・複合化
        のコア技術に磨きをかけ、これに新技術を融合させて練り上げた「尖った技術」をベースに新製品の創出と新市場
        開拓を進め、次代の新事業の柱として育成することを目指しております(Radical                                      Innovation:破壊的イノベー
        ション)。なお、新製品のキーワードは「環境・省エネ・高機能」、重点市場はオプトエレクトロニクス・交通/
        自動車・エネルギー/ロボット、重点分野はパワーエレクトロニクス・印刷エレクトロニクス・福祉・介護、とし
        ております。これらの指針に基づき、研究開発は、R&Dセンター・ものづくりセンター・生産技術開発センター
        (当連結会計年度末人員138名)および伝動技術研究所(同人員66名)を中心に取り組んでおり、当連結会計年度
        における全体の改良開発を含む開発・研究に42億9千8百万円を投入いたしました。
         セグメント別の研究開発活動とその成果は次のとおりです。なお、自動車部品事業および産業資材事業での研究
        開発活動については、特定のセグメントに関連付けられないため、両事業部を合わせて記載しております。
       [自動車部品事業・産業資材事業]

         当事業では、伝動技術研究所を中心として、伝動ベルトおよび伝動ベルトシステム製品に関する研究開発に取り
        組んでおります。
         産業資材事業においては、平成28年1月に工作機械のシールブレードの高機能ニーズに対応し、耐クーラント性
        (耐膨潤性)、耐高速摺動性、耐摩耗性に優れた特殊ポリウレタン製シールブレード「バンドーワイパーエッジ
        ®EX(イーエックス)」を開発いたしました。また、平成28年11月に産業機械の高負荷化・コンパクト化に伴う高
        強度かつ長寿命ニーズに対応した高強度結合型細幅Vベルト「パワーエース®アラミドコンボ」を開発いたしまし
        た。搬送ベルトでは、平成29年2月にベルト表面温度が100℃~180℃となる高温領域で使用可能な「難燃耐熱コン
        ベヤベルトFR7700」、同3月にはバイオマス発電に特化し、耐油性、耐摩耗性、難燃性の3つの機能を併せ持った
        「バイオマス発電プラント向けBANDO                  FR-BIOS™(バイオス)」を開発いたしました。
       [高機能エラストマー製品事業]

         当事業では、電子写真プロセス用のクリーニングブレード、現像ローラなどの高機能樹脂製品や装飾表示用フイ
        ルムなどの改良開発、システム製品である「BANDO                        MDEC®(Micro      Dust   Electric     Cleaner:静電吸着ゴミ除去装
        置)」の開発を行っております。平成28年6月にタッチパネルディスプレイ製品の各部材の貼り合わせに用いられ
        る光学用透明粘着剤シート「Free                Crystal®(フリークリスタル)」を開発いたしました。特に車載用タッチパネ
        ルディスプレイにおいては、視認性改善や曲面における貼り合わせ、耐衝撃性への対応などの観点により、光学用
        透明粘着剤シートの厚膜化が求められており、当社は長年蓄積してきたエラストマー材料技術、成形技術を活用す
        ることにより、1,000μm以上の厚膜化に対応いたしました。
       [その他事業]

         伸縮性ひずみセンサ「C-STRETCH®(シーストレッチ)」の応用開発を進めました。当製品は、当社のコア技術であ
        るゴム・ウレタン材料の配合設計、フイルムの加工技術に導電材料の分散技術を組み合わせすることで生まれまし
        た。当製品の柔らかさや伸びの大きさが人の動きと親和性が高いため、ベッドサイドで簡便に利用できる飲み込み
        をお知らせする機器や体表面から測定できる呼吸状態の計測機器などの介護支援分野への応用、関節の曲げ・捻り
        の計測から腰への負荷を可視化する健康分野への応用といった人の周りで使われるセンサとして、お役に立てる製
        品になるものと期待しています。平成28年4月の「第7回 高機能フィルム展(フィルムテック                                             ジャパン)」、
        同10月の「第43回 国際福祉機器展H.C.R.2016」、平成29年1月の「第3回 ウェアラブルEXPO」に出展し、非常
        に多くの来場者を集め、好評を得ました。
         なお、改良開発を中心とした開発・研究として、自動車部品事業・産業資材事業に25億3千8百万円、高機能エ

        ラストマー製品事業に6億3千5百万円を投資した他、新規新製品の「研究開発費」として11億2千3百万円を投
        入しております。
                                  20/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)財政状態の分析
         当連結会計年度末における総資産は、流動資産が52億8千万円増加し、固定資産が6億4千9百万円増加した結
        果、前連結会計年度末に比べ59億3千万円増加し、966億9千5百万円となりました。
         負債は、流動負債が2億7百万円減少した一方、固定負債が26億1百万円増加した結果、前連結会計年度末に比
        べ23億9千3百万円増加し、379億5千4百万円となりました。
         純資産は、親会社株主に帰属する当期純利益等の計上により利益剰余金が38億3千2百万円増加した一方、自己
        株式が10億9千9百万円増加した結果、前連結会計年度末に比べ35億3千6百万円増加し、587億4千1百万円と
        なりました。
         以上の結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の60.4%から60.5%に上昇しました。
       (2)経営成績の分析

        ①売上高
          売上高は883億8千7百万円となり、前連結会計年度に比べ5.2%の減少となりました。これは、円高による為
         替影響などによるものであります。なお、セグメント別の状況は、「1 業績等の概要」に記載のとおりであり
         ます。
        ②営業利益

          営業利益は58億9千6百万円となり、前連結会計年度に比べ1.1%の減少となりました。これは、円高による
         為替影響などによるものであります。なお、セグメント別の状況は、「1 業績等の概要」に記載のとおりであ
         ります。
        ③経常利益

          経常利益は65億7千1百万円となり、前連結会計年度に比べ3.3%の増加となりました。これは、固定資産除
         却損の減少および為替差損の改善などによるものであります。
        ④親会社株主に帰属する当期純利益

          親会社株主に帰属する当期純利益は49億5千1百万円となり、前連結会計年度に比べ12.9%の増加となりまし
         た。これは、経常利益の増益に加え、特別損失計上額が減少したことなどによるものであります。
       (3)キャッシュ・フローの状況の分析

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ24億9千
        9百万円増加し、当連結会計年度末には189億3千5百万円となりました。                                   なお、各連結キャッシュ・フローの状
        況は、「1 業績等の概要」に記載のとおりであります。
                                  21/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループにおきましては、当連結会計年度に、設備の集約、強化、合理化などを主な目的として、45億5千8
       百万円の設備投資等を行いました。
        自動車部品事業       につきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で20億5千万円の設備投資を行いま
       した。   産業資材事業      につきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で9億5千万円の設備投資を行い
       ました。    高機能エラストマー製品事業に              つきましては、当社の製造設備の拡充を中心にグループ全体で6億7千1百
       万円の設備投資を行いました。その他事業につきましては、1千4百万円の設備投資を行いました。全社につきまし
       ては、8億7千1百万円の設備投資を行いました。
        また、当連結会計年度において、減損損失1千7百万円を計上いたしました。減損損失の内容については「第5経
       理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結損益計算書関係) ※4 減損損失」に記載
       のとおりであります。
        なお、上記の金額には消費税等は含まれておりません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
        なお、下記の各金額には、消費税等は含まれておりません。
       (1)提出会社

                                                   平成29年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)
                                                         従業員
       事業所名      セグメントの名
                     設備の内容                                    数(人)
              称                   機械装置
       (所在地)                     建物及び           土地          その他
                                                          (注)2
                                          建設仮勘定           合計
                            構築物
                                      (面積㎡)           (注)1
                                及び運搬具
              自動車部品    事業
     南海工場         産業資材事業              (注)3                    (注)4
                                                           454
                     製造設備
     (大阪府泉南市)         高機能エラスト                     1,261      319     292         4,209
                             2,087                     249
                                                          [215]
              マー製品事業
                                       (89,665)
                            (注)5
     加古川工場
                                                           244
              産業資材事業       製造設備        1,182     1,388      400     216     99    3,287
     (兵庫県加古川市)
                                                           [62]
                                       (87,528)
     足利工場         高機能エラスト
                     製造設備、
                                                           146
                              780     514     240     57     82    1,675
     (栃木県足利市)         マー製品事業       研究開発施設
                                                          [118]
                                       (92,461)
     和歌山工場                                (注)6
                                                           61
     (和歌山県紀の川         産業資材事業       製造設備         383     188          35     38    2,193
                                       1,547
                                                           [22]
     市)
                                      (103,437)
     本社事務所                      (注)8      (注)8      (注)7          (注)8
     R&Dセンター
                                       1,621
              その他
                     全社管理、
                                                           225
     ものづくりセン
                             1,291      626          57     174    3,772
                                       (16,473)
              全社       研究開発施設
                                                           [11]
     ター
                                       [4,527]
     (神戸市中央区)
     伝動技術研究所                           (注)9     (注)6
              自動車部品    事業
                                                           49
     (和歌山県紀の川                研究開発施設         233               24     48     472
                                   165     -
              産業資材事業
                                                           [16]
     市)
                            (注)10          (注)11
     東京支店
                                                           49
                     販売施設
              全社                 46     5     16     0     6     74
     (東京都中央区)
                                                           [2]
                                       (1,857)
     名古屋オフィス                      (注)12
                                                           11
              全社
                     販売施設              -     -     -     5     9
     (名古屋市中村区)                          ▶
                                                           [- ]
     大阪オフィス
                            (注)13
                                                           43
              全社
                     販売施設
                                    -     -     1     0     11
     (大阪市淀川区)                          8
                                                           [1]
                                      (注)15
                     福利厚生施設
                                                           -
                               36     -          -     -     75
     その他(注)14         全社                           39
                     等
                                                           [- ]
                                       (5,299)
      (注)1.工具、器具及び備品および有形リース資産であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
                                  22/104


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         3.この他連結会社以外の会社から建物等を賃借しており、年間賃借料は13百万円であります。
         4.連結会社のBando          Manufacturing       (Thailand)      Ltd.へ貸与しているその他(帳簿価額1百万円)を含んでおり
           ます。
         5.連結会社の西日本バンドー㈱および関連会社のバンドー・ショルツ㈱へ貸与している建物及び構築物(帳簿
           価額187百万円)を含んでおります。
         6.和歌山工場の土地には、伝動技術研究所の土地が含まれております。
         7.連結会社のビー・エル・オートテック㈱、バンドーエラストマー㈱、バンドートレーディング㈱およびバン
           ドー興産㈱へ貸与している土地(帳簿価額6百万円)を含んでおります。貸与している土地の面積は[ ]
           で内書きしております。
         8.連結会社のビー・エル・オートテック㈱、バンドーエラストマー㈱およびバンドー興産㈱へ貸与している建
           物及び構築物(帳簿価額283百万円)、機械装置及び運搬具(帳簿価額0百万円)およびその他(帳簿価額
           3百万円)を含んでおります。
         9.連結会社の福井ベルト工業㈱へ貸与している機械装置及び運搬具(帳簿価額1百万円)を含んでおります。
         10.この他連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は76百万円であります。また、連結会社の
           東日本バンドー㈱へ貸与している建物及び構築物(帳簿価額17百万円)を含んでおります。
         11.この土地を連結会社の東日本バンドー㈱へ貸与しております。
         12.連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は19百万円であります。
         13.連結会社以外の会社から建物を賃借しており、年間賃借料は21百万円であります。
         14.各地に保有しております社宅・寮等の施設であります。
         15.大阪府所在の旧独身寮跡地(4,404㎡)、東京都所在の社宅土地(121㎡)、和歌山県所在の独身寮土地
           (773㎡)であります。
         16.現在休止中の主要な設備はありません。
       (2)国内子会社

                                                   平成29年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)
                                                         従業員
        会社名      セグメントの名
                                                         数(人)
                     設備の内容
       (所在地)       称
                            建物及び     機械装置及      土地          その他
                                          建設仮勘定           合計
                                                          (注)2
                            構築物     び運搬具      (面積㎡)           (注)1
              自動車部品    事業
     東日本バンドー㈱         産業資材事業                 184     22     243     -     56     507
                                                           144
                     販売施設
              高機能エラスト
     (東京都中央区)                                  (8,534)
                                                           [21]
              マー製品事業
              自動車部品    事業
     西日本バンドー㈱         産業資材事業                 300     11     614      2     50     979
                                                           182
                     販売施設
              高機能エラスト
     (大阪市淀川区)                                  (2,823)
                                                           [25]
              マー製品事業
      (注)1.工具、器具及び備品およびリース資産であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
                                  23/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                   平成29年3月31日現在
                                     帳簿価額(単位:百万円)
                                                         従業員
        会社名      セグメントの名
                                                         数(人)
                     設備の内容
              称
       (所在地)                    建物及び     機械装置及      土地          その他
                                          建設仮勘定           合計    (注)2
                            構築物     び運搬具
                                      (面積㎡)           (注)1
     Bando   USA,Inc.

                                                           185
              自動車部品    事業   製造設備
                              478    1,676      33     43     54    2,285
     (米国   イリノイ)
                                                           [7]
                                       (54,422)
     Bando   Korea   Co.,
                                                           182
                              384     371     323     84     104    1,268
     Ltd.         自動車部品    事業   製造設備
                                       (19,523)                    [-]
     (韓国   慶尚南道)
     Bando   Belt
     (Tianjin)
                                                           174
                              254     480     -     68     88     892
              自動車部品    事業   製造設備
     Co.,  Ltd.
                                                           [-]
     (中国 天津)
     Bando
     Manufacturing
     (Thailand)
                                                          1,002
                             1,442     1,606      470     170     308    3,998
              自動車部品    事業   製造設備
     Ltd.
                                                           [3]
                                       (98,092)
     (タイ   サムサコー
     ン)
     Bando   (India)
     Private   Limited
                                                           193
                              790     928     249     23     10    2,001
              自動車部品    事業   製造設備
     (インド ハリヤ
                                       (67,543)
                                                          [171]
     ナ)
      (注)1.工具、器具及び備品であります。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書きしております。
                                  24/104












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、生産能力の拡充、新製品開発や長期展望に立った研究開発を中心に策定して
       おります。
        設備計画は連結会社各社が策定しておりますが、計画策定に当っては提出会社を中心に調整を図っております。
        なお、当連結会計年度末現在における主要な設備の新設、拡充の計画は以下のとおりであります。また、重要な設
       備の除却、売却の計画はありません。
       (1)新設拡充

                                   投資予定金額               着手及び完了予定年月
                                            資金調達
       会社名・事業所名
                セグメントの名称          設備の内容
        (所在地)                          総額     既支払額
                                            方法
                                                  着手      完了
                                 (百万円)     (百万円)
                自動車部品事業         伝動ベルト関係                   自己資金及
                                                 平成29年4月       平成30年3月
                                   1,154       -
     当社
                産業資材事業         設備の拡充等                   び借入金
     南海工場
                         化成品関係設備                   自己資金及
                高機能エラストマー
     (大阪府泉南市)
                                    178      -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                製品事業
                         の拡充等                   び借入金
     当社                   運搬ベルト関係工
                                           自己資金及
     加古川工場
                産業資材事業         業用品関係設備の           361      -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                                           び借入金
     (兵庫県加古川市)                   拡充等
     当社                   工業用品関係伝動
                高機能エラストマー                           自己資金及
     足利工場
                         ベルト関係設備の           249      -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                製品事業                           び借入金
     (栃木県足利市)                   拡充等
     当社
                         伝動ベルト関係                   自己資金及
     和歌山工場           産業資材事業                    77     -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                         設備の拡充等                   び借入金
     (和歌山県紀の川市)
     当社
     本社
                         新製品開発
     R&Dセンター                                      自己資金及
                全社         試験研究設備                         平成  29 年4月    平成  30 年3月
                                   1,014       -
     ものづくりセンター
                                           び借入金
                         システム投資
     生産技術開発センター
     (神戸市中央区)
     当社
                自動車部品事業                           自己資金及
     伝動技術研究所                   試験研究設備           135      -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                                           び借入金
                産業資材事業
     (和歌山県紀の川市)
     ビー・エル・オート
                                           自己資金及
     テック株式会社           その他         システム投資等                         平成  29 年4月    平成  30 年3月
                                    104      -
                                           び借入金
     (神戸市兵庫区)
     Bando   USA,  Inc.
                自動車部品事業         伝動ベルト関係                   自己資金及
                                    140      -        平成  29 年4月    平成  30 年3月
                産業資材事業         設備の拡充等                   び借入金
     (米国 イリノイ)
     Bando   Korea   Co.,Ltd
                         伝動ベルト関係
                自動車部品事業                           自己資金      平成  29 年4月    平成  30 年3月
                                    117      -
                         設備の拡充等
     (韓国 慶尚南道)
     Bando   Belt(Tianjin)
                         伝動ベルト関係
                自動車部品事業                    167      -  自己資金      平成  29 年4月    平成  30 年3月
     Co.,Ltd
                         設備の拡充等
     (中国 天津)
     Bando   Manufacturing
                         伝動ベルト関係
     (Vietnam)    Co.,  Ltd.    自動車部品事業                    587      -  自己資金      平成  29 年4月    平成  30 年3月
                         設備の拡充等
     (ベトナム ハノイ)
     Bando   Manufacturing
                自動車部品事業         伝動ベルト関係
                                    671      -  自己資金      平成  29 年4月    平成  30 年3月
     (Thailand)Ltd.
                産業資材事業         設備の拡充等
     (タイ サムサコーン)
      (注)1.上記に伴う設備完成後の生産能力の増加は僅少であります。
         2.上記金額には消費税等を含んでおりません。
                                  25/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          187,000,000

                  計                               187,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                 又は登録認可金融商品               内容
              (平成29年3月31日)              (平成29年6月26日)
                                        取引業協会名
                                                      単元株式数
                                        東京証券取引所市場第一
     普通株式              47,213,536             47,213,536
                                        部
                                                      100株
        計           47,213,536             47,213,536             -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金増        資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                      減額        高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)        (百万円)
      平成25年3月28日
                   △2,000        94,427       -        10,951       -         2,738
        (注1)
      平成28年10月1日
                  △47,213        47,213       -        10,951       -         2,738
        (注2)
     (注)1.発行済株式総数の減少は自己株式の消却によるものであります。
        2.平成28年10月1日付で当社普通株式について2株につき1株の割合で株式併合をしており、発行済株式総数は
          47,213千株減少し、47,213千株となっています。
                                  26/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                 平成29年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                 金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)        -       35     29     228     143      1    6,164     6,600     -
     所有株式数
             -     189,360      5,097     57,866     69,859       20   148,864     471,066     106,936
     (単元)
     所有株式数の
             -      40.19      1.08     12.28     14.83      0.00     31.60      100    -
     割合(%)
      (注)1.自己株式693,973株は「個人その他」に693,900株(6,939単元)、「単元未満株式の状況」に73株を含めて
           記載しております。
         2.上記「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が10単元含まれております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
                                             3,803          8.05

     バンドー共栄会               神戸市中央区港島南町4丁目6番6号
                                             2,315          4.90

     株式会社三井住友銀行               東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
                                             2,002          4.24

     三菱UFJ信託銀行株式会社               東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                                             2,000          4.23

     明治安田生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
                                             1,800          3.81

     株式会社みずほ銀行               東京都千代田区大手町1丁目5番5号
                                             1,575          3.33

     株式会社三菱東京UFJ銀行               東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
     日本トラスティ・サービス信
                                             1,530          3.24
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号
     託銀行株式会社(信託口)
                                             1,174          2.48
     日本生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
     日本マスタートラスト信託銀
                                             1,122          2.37
                    東京都港区浜松町2丁目11番3号
     行株式会社(信託口)
                    388  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NY
     CBNY-GOVERNMENT        OF  NORWAY                               920         1.95
                    10013   USA
            計                  -               18,244          38.64
      (注)日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数1                                    ,530  千株は信託業務に係る株式数でありま
         す。
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数1,122千株は信託業務に係る株式数であります。
                                  27/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成29年3月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                         普通株式       721,800

      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                            463,848

      完全議決権株式(その他)                   普通株式 46,384,800                            -
                                                 1単元(100株)未
                         普通株式       106,936
      単元未満株式                                    -
                                                 満の株式
                              47,213,536
      発行済株式総数                                    -            -
                                            463,848

      総株主の議決権                        -                        -
      (注)    上記「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の当社株式1,000株(議決権の数10個)、
         従業員持株ESOP信託が所有する当社株式357,200株(議決権の数3,572個)および役員報酬BIP信託が所有す
         る当社株式567,000株(議決権5,670個)が含まれております。なお、当該株式にかかる議決権の数9,252個につい
         ては、「議決権の数」の欄に含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成29年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又は                       自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                   所有者の住所                                 対する所有株式数
      名称                       株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
     バンドー化学株式会           神戸市中央区港島南町
                               693,900               693,900          1.46
                                         -
     社           4丁目6番6号
     北陸バンドー株式会           富山県富山市問屋町3
                                 600      26,200        26,800          0.05
     社           丁目2番19号
     東日本ベルト販売株           福島県いわき市平字愛
                                1,100               1,100         0.00
                                         -
     式会社           谷町4丁目6番地13
                               695,600        26,200       721,800          1.52
          計            -
      (注)北陸バンドー株式会社は、当社の取引先会社で構成される持株会(バンドー共栄会 神戸市中央区港島南町4丁
         目6番6号)に加入しており、同持株会名義で当社株式26,200株を所有しております。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                  28/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (10)【従業員株式所有制度の内容】
       ①   従業員持株ESOP信託
        当社は、平成27年12月22日開催の取締役会において、当社の中長期的な企業価値を高めることを目的として、従
       業員インセンティブ・プラン「従業員持株ESOP信託」(以下、「ESOP信託」といいます。)の導入を決定
       いたしました。
       (1)   ESOP信託の概要
        ESOP信託とは、米国のESOP(Employee                       Stock   Ownership     Plan)制度を参考に、従業員持株会の仕組み
       を応用した信託型の従業員インセンティブ・プランであり、当社株式を活用した従業員の財産形成を促進する貯蓄
       制度の拡充(福利厚生制度の拡充)を図る目的を有するものをいいます。
        当社が「バンドー化学社員持株会」(以下、「当社持株会」といいます。)に加入する従業員のうち一定の要件
       を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は信託設定後5年間にわたり当社持株会が取得すると見込ま
       れる数の当社株式を、予め定める取得期間中に取得します。その後、当該信託は当社株式を毎月一定日に当社持株
       会に売却します。信託終了時に、株価の上昇により信託収益がある場合には、受益者たる従業員の拠出割合に応じ
       て金銭が分配されます。株価の下落により譲渡損失が生じ信託財産に係る債務が残る場合には、金銭消費貸借契約
       の保証条項に基づき、当社が銀行に対して一括弁済するため、従業員の追加負担はありません。
       (2)   従業員等持株会に取得させる予定の株式の総額
        453百万円
       (3)   当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
        当社持株会加入員のうち受益者要件を充足する者
       ②   役員向け業績連動型株式報酬制度

        当社は、平成28年3月14日開催の取締役会において、平成28年6月23日開催の第93期定時株主総会に、当社の取
       締役(業務執行取締役でない取締役および海外居住者を除く。以下、同じ。)および当社と委任契約を締結してい
       る執行役員(海外居住者を除く。以下、同じ。)を対象に、新たなインセンティブプランとして、業績連動型株式
       報酬制度(以下、「本制度」という。)の導入について付議することを決議し、同株主総会において承認可決され
       ました。
        当社は、取締役および執行役員(以下、併せて「取締役等」という。)を対象に、取締役等の報酬と当社株式の
       価値との連動性をより明確にし、中長期的な業績の向上と企業価値の増大への貢献意識を高めることを目的とし
       て、本制度を導入します。
       (1)   役員向け業績連動型株式報酬制度の概要
        本制度を導入するにあたり、役員報酬BIP(Board                          Incentive     Plan)信託(以下、「BIP信託」という。)
       と称される仕組みを採用します。BIP信託とは、米国の業績連動型株式報酬(Performance                                           Share)制度および
       譲渡制限付株式報酬(Restricted                Stock)制度を参考にした役員に対するインセンティブプランであり、BIP信
       託により取得した当社株式を業績目標の達成度等に応じて取締役等に交付するものです。信託期間中、毎事業年度
       における業績達成度等に応じて、取締役等にポイントが付与されます。一定の受益者要件を満たす取締役等に対し
       て、当該取締役等に付与されたポイント数に相当する当社株式が退任時に交付されます。なお、当初設定される本
       信託については、平成29年3月末日で終了する事業年度から平成35年3月末日で終了する事業年度までの7事業年
       度を本制度の対象期間としています。
       (2)   対象となる取締役等に取得させる予定の株式の総数
        上限567,000株(うち、取締役分として上限378,000株)
       (3)   当該制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
        取締役等のうち受益者要件を充足する者
                                  29/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】          会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得および会社法第155条第7号に該当する普通株
                 式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                                                 価額の総額(円)

                 区分                  株式数(株)
     取締役会(平成28年3月14日)での決議状況
                                         2,000,000            1,000,000,000
      (取得期間 平成28年3月15日~平成28年9月30日)
      当事業年度前における取得自己株式                                    253,000            130,344,000
                                         1,639,000             865,344,000

      当事業年度における取得自己株式
                                          108,000             4,312,000

      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      5.4              0.4
                                       ―              ―

      当期間における取得自己株式
      提出日現在の未行使割合(%)                                 ―              ―

                                                 価額の総額(円)

                 区分                  株式数(株)
     取締役会(平成28年10月28日)での決議状況
                                            619            635,607
      (取得期間 平成28年10月28日)
                                       ―              ―
      当事業年度前における取得自己株式
                                            619            635,607

      当事業年度における取得自己株式
                                       ―              ―

      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                 ―              ―
                                       ―              ―

      当期間における取得自己株式
      提出日現在の未行使割合(%)                                 ―              ―

      (注)    平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。この株式併合により生じた
         1株に満たない端数の処理について、会社法第235条第2項、第234条第4項及び第5項の規定に基づく自己株式
         の買取りを行ったものです。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
                                         69,467            40,352,045
      当事業年度における取得自己株式
                                           809            815,949

      当期間における取得自己株式
      (注)    1.平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。当事業年度における取
           得自己株式69,467株の内訳は、株式併合前55,859株、株式併合後13,608株です。
         2.当期間における取得自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                              ―        ―        ―        ―

                                  30/104

                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)                (円)
      消却の処分を行った取得自己株式                              ―        ―        ―        ―

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                 179,200      177,089,190             ―        ―
      得自己株式
      その他(単元未満株式の売渡請求による売渡)
                                   948      493,836
                                                    ―        ―
      (注)   1,2
                                 693,973                694,782

      保有自己株式数(注)          3,4                            ―                ―
      (注)    1.平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。当事業年度における単

           元未満株式の売渡請求による売渡948株の内訳は、株式併合前898株、株式併合後50株です。
         2.当期間における処理自己株式には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           売渡による株式は含まれておりません。
         3.当期間における保有自己株式数には、平成29年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取りおよび売渡しによる株式は含まれておりません。
         4.役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式は含めておりません。
                                  31/104














                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
         当社の利益配分につきましては、収益および財務状況を配慮しつつ、当面の連結配当性向は30%を目処に安定し
        た利益配当を行うことを目標とし、利益還元の充実に努めることを基本方針としています。
         また、中間配当と期末配当の年2回の配当を基本としており、決定機関は中間配当は取締役会、期末配当は株主
        総会であります。
         当事業年度の配当につきましては、当該基本方針および業績等を総合的に勘案し、中間配当を1株当たり6円、
        期末配当を1株当たり14円とさせていただきました。
         なお、平成28年10月1日付で普通株式について2株につき1株の割合で株式併合を行っており、中間配当は株式
        併合前の配当額、期末配当は株式併合後の配当額となります。
         内部留保資金につきましては、長期的展望に立った研究開発、新製品開発、生産技術開発、市場開拓などの開発
        投資や企業体質の強化、国際化および新規事業分野への展開を図るための投資などに充当し、さらなる企業価値の
        向上を図ってまいります。当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことが
        できる旨を定款に定めております。
         当該事業年度に係る配当は以下の通りであります。
                               配当金の総額                1株当たり配当額

               決議年月日
                                (百万円)                  (円)
             平成28年11月9日
                                      556                  6
              取締役会決議
             平成29年6月22日
                                      651                 14
             定時株主総会決議
        (注)1.平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合を行っております。当該株式併合後の
             基準で換算すると、中間配当金は1株当たり12円となります。
           2.配当金の総額には、従業員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対する配
             当金が含まれております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第90期          第91期          第92期          第93期          第94期
      決算年月       平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月          平成29年3月

                                                         569
                                      479          558
      最高(円)             317          454
                                                       (1,088)
                                                         443
                                      360          390
      最低(円)             236          275
                                                        (925)
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2.  平成28年10月1日付で普通株式2株につき1株の割合で株式併合したため、第94期の株価については株式併
           合前の最高・最低株価を記載し、( )内に株式併合後の最高・最低株価を記載しています。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成28年10月        平成28年11月        平成28年12月        平成29年1月        平成29年2月        平成29年3月
                1,032        1,048        1,060        1,070        1,074        1,088

      最高(円)
                 958        925        971       1,000         985        988

      最低(円)
      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  32/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性7名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和56年4月      当社入社
                                平成11年4月      同伝動事業部自動車部品販売部長
                                 〃12年4月     同営業本部東京支店
                                      AMP営業部長
                                 〃14年11月     同海外事業推進室長
                                 〃15年5月     Bando   Europe   GmbH  取締役社長
     取締役社長
                                 〃19年4月     当社調達部長
             -
     (代表取締            吉井 満隆      昭和33年8月18日生                             (注)2       44
                                 〃21年4月     同執行役員に就任
                                   〃   同経営企画部長
     役)
                                 〃23年4月     同産業資材事業部長
                                   〃   バンドー・ショルツ株式会社代表
                                      取締役社長
                                   〃6月   当社取締役に就任
                                 〃25年4月     同取締役社長(代表取締役)兼社
                                      長執行役員に就任(現在)
                                昭和56年4月      当社入社
                                平成10年4月      同伝動事業部大阪販売部部長代理
                                 〃15年12月     同人事・総務部長
                                 〃21年4月     同執行役員に就任
     取締役            中村 恭祐      昭和31年3月26日生
             -                                       (注)2       20
                                 〃23年4月     同経営情報システム部長
                                 〃25年4月     同経営企画部長
                                 〃26年4月     同常務執行役員に就任(現在)
                                 〃26年6月
                                      同取締役に就任(現在)
                                昭和60年4月      当社入社
                                平成12年4月      同営業本部名古屋支店
                                      AMP営業部長
                                 〃14年11月     同営業本部東京支店
                                      AMP営業部長
                                 〃18年4月     同営業本部東京支店副支店長
                                 〃19年4月     同営業本部大阪支店長
     取締役            柏田 真司      昭和37年2月27日生
             -                                       (注)2        8
                                 〃20年4月     同伝動事業部企画管理部長
                                 〃21年4月     同執行役員に就任
                                   〃   同伝動事業部長兼AMP営業部長
                                 〃23年6月
                                      同取締役に就任(現在)
                                 〃25年4月     同BF推進部長兼東京支店長に就
                                      任
                                 〃28年4月
                                      同常務執行役員に就任(現在)
                                昭和62年4月      当社入社
                                平成12年12月      同伝動事業部伝動技術研究所
                                      設計3グループグループ長
           自動車部品
                                 〃20年4月     同伝動技術研究所長
     取締役             染田 厚     昭和38年2月28日生                             (注)2        2
            事業部長
                                 〃25年4月
                                      同自動車部品事業部長(現在)
                                 〃28年4月     同執行役員に就任(現在)
                                 〃29年6月     同取締役に就任(現在)
                                  33/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                昭和49年4月      株式会社太陽神戸銀行(現株式会
                                      社三井住友銀行)入行
                                平成5年6月      株式会社さくら銀行(現株式会社
                                      三井住友銀行)茨木支店長
                                 〃7年4月     同関西審査第一部 業務推進役
                                 〃8年6月     同融資部(関西)室長
                                 〃12年4月     同三宮支店長
                                 〃12年10月     同三宮法人営業部長
                                 〃14年6月     株式会社三井住友銀行執行役員姫
     取締役
                                      路法人営業部長
             -
     (監査等委            松坂 隆廣      昭和25年8月11日生                             (注)3        1
                                 〃16年6月     銀泉株式会社 専務取締役
     員)
                                 〃20年6月     神戸土地建物株式会社代表取締役
                                      副社長
                                 〃22年6月     神戸ビル管理株式会社代表取締役
                                      社長
                                 〃24年6月     神戸土地建物株式会社代表取締役
                                      社長
                                 〃26年6月     当社監査役(常勤)に就任
                                 〃28年6月     同取締役(監査等委員)に就任
                                      (現在)
                                昭和50年4月      トヨタ自動車工業株式会社(現ト
                                      ヨタ自動車株式会社)入社
                                平成13年6月      同第5開発センター第2電子技術
                                      部長
     取締役
                                 〃16年6月     同常務役員
                                 〃17年6月     富士通テン株式会社社外取締役
     (監査等委       -     重松 崇     昭和24年11月3日生                             (注)3
                                                           -
                                 〃22年6月     同代表取締役社長
     員)
                                 〃26年6月     同代表取締役会長(現在)
                                 〃27年6月     当社社外取締役に就任
                                 〃28年6月     同取締役(監査等委員)に就任
                                      (現在)
                                昭和45年2月      株式会社大金製作所(現株式会社
                                      エクセディ)入社
                                平成1年4月      同海外事業室長
                                 〃5年7月     同営業本部副本部長
                                 〃6年6月     同取締役
     取締役
                                 〃8年6月     同営業本部長
     (監査等委            清水 春生      昭和22年1月7日生          〃11年6月     同常務取締役
             -                                       (注)3
                                                           -
                                 〃14年6月     同専務取締役
     員)
                                 〃18年6月     同代表取締役社長
                                 〃27年4月     同取締役会長
                                 〃28年6月     同相談役(現在)
                                   〃   当社取締役(監査等委員)に就任
                                      (現在)
                                         計
                                                           77
      (注)1.取締役のうち、            松坂隆廣、     重松崇、清水春生は社外取締役であります。

         2.平成29年6月22日の定時株主総会終結の時から1年間であります。
         3.  平成28年6月23日の定時株主総会終結の時から2年間であります。
         4.平成28年6月23日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもっ
           て監査等委員会設置会社に移行しております。
         5.当社では経営執行体制の充実と、取締役と執行役員の機能を分離して責任体制の明確化を図るため、執行
           役員制度を導入しております。
           執行役員は14名で、以下のとおり構成されております。
            社長執行役員   吉井 満隆
            常務執行役員   中村 恭祐
            常務執行役員   柏田 真司
            常務執行役員   大原 正夫
            (Bando    USA,Inc.取締役会長)
            常務執行役員   岩井 啓次
                                  34/104


                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
            (Bando    Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.董事長、Bando         (Shanghai)      Management      Co.,   Ltd.董事長兼総経理、
            Bando   Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.董事長)
            常務執行役員   北林 雅之
            (ものづくりセンター長)
            常務執行役員   鮫嶋 壽
            常務執行役員   畑 克彦
            (R&Dセンター長)
            執行役員     山口 勝也
            (ものづくりセンター副センター長)
            執行役員     永瀨 貴行
            (高機能エラストマー製品事業部長、Bando                     Siix   Limited    董事長)
            執行役員     万場 一幸
            (Bando    Manufacturing       (Thailand)      Ltd.取締役社長)
            執行役員     松尾 聡
            (産業資材事業部長)
            執行役員     染田 厚
            (自動車部品事業部長)
            執行役員     岡田 勉
            (経営企画部長)
                                  35/104















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
          当社は、企業価値の向上を図るためには、当社も社会の一員として、法令を遵守し、社会的良識に基づいて行
         動するとともに、当社製品を使っていただく最終の「お客様」をはじめとして、株主、当社に投資しようと考え
         られておられる方々、取引先、地域社会等の社会あるいは労働組合とより良い関係を構築していくことが極めて
         重要と考えております。
          このような考え方のもと、当社は、コーポレート・ガバナンス体制の充実を図り、経営の健全性・透明性・効
         率性の確保に重きを置いた経営に努めております。
         (1)コーポレート・ガバナンス体制

          ①コーポレート・ガバナンス体制の概要
           当社は、監査等委員会設置会社制度を採用することにより、監査・監督機能の一層の強化を図っておりま
          す。当社の取締役会は、監査等委員でない取締役4名および監査等委員である取締役3名の合計7名の取締
          役で構成されており、少なくとも月1回は開催しております。なお、取締役の内、3名を社外取締役とし、
          業務執行に対する独立した立場から監督が行われることを期しております。また、当社では、業務執行の効
          率化と迅速化を図るため、執行役員制度を導入しているほか、社長による経営の意思決定のための諮問機関
          として、経営課題審議会を設置しております。
           取締役会におきましては、経営の基本方針、法令で定められた事項、その他経営に関する重要事項を決定
          するとともに、取締役および執行役員の業務執行状況をチェックする体制をとっております。なお、当社の
          監査等委員でない取締役は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨定款に定めております。
           当社の監査等委員である取締役は3名であり、3名全員が社外取締役であります。監査等委員である社外
          取締役1名を常勤の監査等委員としております。会社法上、監査等委員の過半数は社外取締役でなければな
          らないとされているところ、当社は、会社法の求める比率以上の社外取締役を監査等委員として選任するこ
          とにより、各専門分野から多面的な監査および監督が行われることを期しております。
           また、当社は、会社法上、指名委員会および報酬委員会の設置を義務づけられてはおりませんが、取締役
          会の諮問機関としてこれらの委員会を設置し、さらなるコーポレート・ガバナンスの強化を図る体制として
          おります。具体的には、取締役の選任、報酬配分の決定については、社外取締役および監査等委員である取
          締役をメンバーに含む指名委員会および報酬委員会の審議を経て、取締役会の決議により決定しておりま
          す。監査等委員である取締役の選任に関しては、監査等委員会の同意を得、監査等委員である取締役の報酬
          配分については、監査等委員会で協議しております。
          ②当該コーポレート・ガバナンス体制を採用する理由

           当社は、効率的な経営と監査・監督機能の強化を図るべく、平成28年6月23日開催の定時株主総会の決議
          をもって、監査等委員会設置会社に移行しました。
                                  36/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (2)内部統制システムの整備状況
            当社においては、過去100年の歴史のなかにおいて、各種の内部統制システムを構築、整備してきました
           が、今後とも、これら内部統制システムについて、常にマネジメントサイクルを回して、さらに有効かつ
           効率的な体制の構築、整備に取組んでいく必要があると考えております。なお、会社法が取締役会決議を
           求める内部統制システムの整備に関する体制については、次のとおりであります。
          1.取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
             バンドーグループ行動規範や企業倫理も含めた法令等遵守に係る規程を制定し、法令等遵守委員会を
            含む各種委員会から構成されるCSR推進委員会を設置し、グループの役員および従業員に対する啓蒙活
            動、内部監査部門によるグループ全体の内部監査、社外の弁護士を通報先の一つとする内部通報制度の
            採用、グループ全員による法令および企業倫理遵守を期す体制とする。
          2.取締役の職務の執行に係る情報の保存と管理に関する体制
             文書および情報管理に係る規程を含め社内規則の整備を進め、その定めに従って、役員および従業員
            の業務に係る情報について、情報セキュリティを含め、その他の管理について規定し、適切な情報管理
            を期す体制とする。
          3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             経営に重大な影響を与える事象の発生に備え、危機管理委員会を設置し、適切な対応を期す体制とす
            る。また、重要な業務執行に関しては、取締役会等の会議体において、リスクマネジメントという視点
            も含めて審議をする体制とする。
          4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             決裁権限に関する規程を整備して権限委譲を図るとともに、必要に応じて弾力的に委員会等を活用す
            ることにより、取締役の職務の執行が効率的に行われる体制とする。また、内部監査制度、予算・業績
            管理制度、人事管理制度等各種制度を常に見直し、業務が有効かつ効率的に行われる体制とする。
          5.当社および当社の子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
             当社は、グループ会社とともにグループ全体の企業価値の向上を図るため、経営理念、バンドーグ
            ループ行動規範、重要な社内規則の共有、それら社内規則等の整備、グループ各社に対する当社内部監
            査部門による内部監査の実施、関係会社管理に関する規程の制定等により、グループ全体の業務の適正
            を図る体制とする。
           (a)当社の子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

             当社が定める関係会社管理に関する規程等により、定期的に事業の執行状況を報告させるほか、子会
            社の重要な業務執行については、その都度、報告をさせ、当社と協議する体制とする。
           (b)当社の子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

             子会社の取締役および使用人は、自社に内在するリスクを把握、分析、評価したうえで適切な対策を
            実施するとともに、不測の事態や危機の発生時には、当社に速やかに連絡する体制とする。
           (c)当社の子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             子会社の規模や業態等に応じて、決裁権限に関する規程等を整備させるとともに、各種の規則等を整
            備させることにより、業務が有効かつ効率的に行われる体制とする。
          6.監査等委員会の職務を補助すべき取締役および使用人に関する事項

             監査等委員会事務局を設置し、監査等委員会が必要とする場合、監査等委員会の職務を補助する従業
            員を配置する体制とする。
          7.前号の使用人の取締役(監査等委員である取締役を除く)からの独立性に関する事項
             監査等委員会事務局に配属された従業員の人事異動を含む人事に関する事項の決定については、監査
            等委員会の事前の同意を得る体制とする。
          8.監査等委員会の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
             当該使用人が監査等委員会の指揮命令のもと監査等委員会の職務を補助する体制とする。
          9.当社および当社の子会社の取締役および使用人が監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委
             員会への報告に関する体制
             当社および当社の子会社の取締役および使用人が、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある
            事実あるいは法令・定款に違反する事実を発見したときは、遅滞なく監査等委員会に報告する体制とす
            るとともに、報告した者が不利な扱いを受けない体制とし、グループ内で周知徹底する。また、あわせ
            て、当社内部監査部門は、その監査結果をすべて監査等委員会に報告する体制とする。
           10.監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続きその他の当該職務の執行につ
             いて生ずる費用または、債務の処理に係る方針に関する事項
              監査等委員の職務の執行について生ずる費用については、全額を前払いまたは償還する体制とする。
                                  37/104

                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
           11.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             監査等委員会は、重要会議への出席、社長や執行役員との定期的な意見交換、重要案件の決裁書の確
            認、関係会社の監査役との意見交換等によりその権限を支障なく行使できる体制とする。
         (3)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその整備状況

            当社グループにおきましては、反社会的勢力排除の方針のもと、バンドーグループ行動規範に、法令と
           企業倫理の遵守を第一に掲げ、新規取引開始時においては、相手先の事前調査等を実施することにより、
           その排除の徹底を期しております。また、内部通報制度を整備し、法令および企業倫理に反する行為を行
           なわないよう周知徹底しております。なお、仮に、相手先が反社会的勢力であると判明したときは、速や
           かに関係を解消することにしております。
         (4)内部監査および          監査等委員会      監査の状況

            当社は、社長直轄の独立部門として経営監査室(人員4名)を設置しております。経営監査室は、全部
           署および国内外の関係会社を対象として、内部統制システム(財務報告に係る内部統制システムを含む)
           に係る内部監査を含め、計画的な内部監査を実施しております。また、経営監査室による当社事業所およ
           び関係会社の往査には原則として監査等委員が同行し、監査結果につきましては、社長、監査等委員でな
           い取締役および監査等委員会に報告されることになっております。
            当社の監査等委員会は、社外取締役3名で構成されており、このうち1名を常勤の監査等委員として選
           定しております。監査等委員は、取締役会の諮問機関である指名委員会および報酬委員会に全員が出席す
           るほか、監査等委員会で定めた分担に従って、その他の重要な会議や社内の各種委員会に出席しておりま
           す。また、監査等委員は、経営監査室のみならず監査法人による当社事業所や国内外の関係会社の往査に
           同行するほか、監査法人との定期的な連絡会の開催などにより、監査法人との相互の連携および情報の共
           有化を図っております。これらの監査活動を通じて、監査等委員会は、取締役や執行役員等による職務執
           行を監視、検証しております。なお、監査等委員である松坂隆廣氏は、金融機関における長年の経験があ
           り、財務および会計に関する相当程度の知見を有する者であります。
         (5)会計監査の状況

           当社は、会社法に基づく会計監査および金融商品取引法に基づく会計監査を有限責任監査法人トーマツに
          委嘱しておりますが、同監査法人および当社監査に関与する同監査法人の業務執行社員と当社との間には、
          特別の利害関係はありません。当社と同監査法人とは、会社法監査および金融商品取引法監査に関しては監
          査契約書を締結し、当該契約に基づき監査報酬を支払っております。また、有限責任監査法人トーマツは、
          当社の会計監査に従事する業務執行社員が一定期間を超えて関与しない措置を講じております。
           当期において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成は下記のとおりでありま
          す。
           業務を執行した公認会計士の氏名
            指定有限責任社員 業務執行社員  増村 正之
            指定有限責任社員 業務執行社員  和田 朝喜
           会計監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士 6名、その他 9名
                                  38/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (6)社外取締役との関係
           社外取締役と当社との間に取引等の利害関係はありません。また、社外取締役は、いずれも株式会社東京
          証券取引所の有価証券上場規程に定める独立役員であります。なお、社外取締役である松坂 隆廣氏は、当
          社の主要な取引先である株式会社三井住友銀行の出身者ではありますが、同行を退職後、相当期間が経過し
          ており、同行の意向に影響される立場にありません。また、当社は複数の金融機関と取引を行っているとこ
          ろ、同行との取引は通常の条件(他の金融機関と同等の条件)によるものであり、当社の意思決定において
          重大な影響を受けることはないと判断しております。また、同氏は、当社株式を1,800株所有しております
          が、当社の発行済株式総数に占める割合は僅少であるほか、当社株式の所有により一般株主と利益相反が生
          じるおそれはないことから、業務執行に対する独立した立場からの監督を期待できると判断しております。
           当社は、社外取締役を選任することにより、業務執行に対する独立した立場から監督が行われることを期
          しております。また、当社は、監査等委員会事務局を置き、監査等委員である社外取締役をサポートする体
          制としております。
           当社では、常勤の監査等委員である取締役が、内部監査部門による社内および関係会社の往査に原則とし
          て同行する体制としております。また、重要案件の決裁書を含む各種書類の閲覧のほか、社長等との定期的
          な意見交換等を制度化しており、監査等委員である取締役から忌憚のない意見をいただいております。
         (7)社外取締役の独立性に関する方針

           当社は、社外取締役の選任にあたっては、客観的かつ中立的な立場から、それぞれの経験によって培われ
          た識見により、監査および監督を充分に行っていただくべく、独立性につきましても考慮、勘案のうえ、選
          任することにしております。なお、独立性を考慮、勘案するにあたっては、株式会社東京証券取引所が開示
          を求める社外役員の独立性に関する事項を参考にしております。
         (8)  責任限定契約の内容の概要

            当社は、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)との間で、会社法第427条第1項の規定に基づ
           き、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の
           限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。
         (9)リスク管理体制の整備状況

           当社におきましては、法令等遵守規則をはじめとする各種規程を制定し、リスク顕在化の未然防止を図っ
          ております。業務遂行に伴う事案ごとのリスクにつきましては、各部門においてそのリスクが顕在化する蓋
          然性や顕在化した場合の重大性を検討し、対応しております。
                                  39/104










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (10)役員報酬等
           ①役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
       [監査等委員会設置会社移行前(平成28年4月1日から第93期定時株主総会終結の時まで)]
                                報酬等の種類別の総額
                                             対象となる
             役員区分          報酬等の総額                              報酬限度額
                                             役員の員数
                               基本報酬      利益連動給与
        取締役(社外取締役を除く)                19百万円       19百万円          -    4名
                                                   年額240百万円以内
        社外取締役                4百万円       4百万円          -    2名
        監査役(社外監査役を除く)                5百万円       5百万円          -    1名

                                                   月額7百万円以内
        社外監査役                8百万円       8百万円          -    3名
       [監査等委員会設置会社移行後(第93期定時株主総会終結の時から平成29年3月31日まで)]

                            報酬等の種類別の総額
                                             対象となる
             役員区分                                        報酬限度額
                                             役員の員数
                        基本報酬      利益連動給与        株式報酬
                                                   ・基本報酬と利益
        監査等委員でない取締役
                                                    連動給与の総額
                        57百万円       19百万円       19百万円        4名
        (社外取締役を除く)
                                                    が年額190百万円
                                                    以内
                                                   ・株式報酬の支給
        監査等委員でない取締役                                           は、1年あたり50
                           -
                                   -       -    0名
        (社外取締役)                                           百万円かつ54,000
                                                   株を上限とする
        監査等委員である取締役
                           -
                                   -       -    0 名
        (社外取締役を除く)
                                                   年額  84 百万円以内
        監査等委員である取締役
                        27百万円          -       -    3名
        (社外取締役)
          (注)   当期においては、当社利益連動給与支給基準(業務執行取締役でない取締役は対象外)に基づき、利
             益連動給与が支給されます。なお、利益連動給与の算定方法については、「(11)取締役に対する利
             益連動給与の算定方法」に記載しております。
           ②使用人兼務取締役の使用人分給与・賞与のうち重要なもの

                区分                  総額             対象となる取締役の員数
              使用人分給与                   36百万円                   2名

              使用人分賞与                   12百万円                   2名

           ③役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

              当社は、監査等委員でない取締役および監査等委員である取締役の報酬について、株主総会の決議に
             より、報酬限度額を決定しております。
              また、報酬配分の決定の透明性を高めるべく、当社は、会社法上、報酬委員会の設置を義務づけられ
             てはおりませんが、取締役会の諮問機関として、社外取締役を構成員とする報酬委員会を設置しており
             ます。監査等委員でない取締役の報酬配分の決定については、報酬委員会の審議を経て、取締役会の決
             議により決定し       、 監査等委員である取締役の報酬配分については、監査等委員である取締役の協議によ
             り決定しております。
                                  40/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (11)取締役に対する利益連動給与の算定方法
            第95期以降の利益連動給与             (業績に連動して支給する金銭報酬をいう。以下、同じ。)                            を以下の通り支
           給する。
           ① 利益連動給与支給の要件
             当社の監査等委員でない常勤取締役(業務執行取締役でない取締役を除く。)に対して支給する利益連
           動給与は、期末の業績が次の要件を満たす場合に限りこれを支給する。
           (1)一株あたり配当が、12円/年以上であること。
           (2)親会社株主に帰属する当期純利益が30億円以上かつ単体当期純利益が黒字であること。
           ② 利益連動給与の総額の算定式
             取締役に対して支給する利益連動給与総額については、次の算式により算定する。
            ただし、当算定式に基づく利益連動給与総額の確定限度額は5千万円とする。
            利益連動給与総額=業績連動型株式報酬および利益連動給与支給前                                親会社株主に帰属する当期純利益
           ×0.004×(1.05)         )
                   n-4
                                            *n=取締役人数
           ③ 役位別利益連動給与額
              個々の取締役に対する利益連動給与額については、次のとおり役位別に定めるものとし、使用人給与
             を除いた取締役報酬月額を社長を1.000として係数化し、全取締役の係数の合計(S)で除した配分率で
             利益連動給与総額を配分する。
             算式は、S=0.735V+0.676W+1.0+0.781X+0.147Y とする。
                               [配分率]   [対象人数]
              代表取締役会長         0.735/S     Ⅴ名
              代表取締役副会長        0.676/S     W名
              代表取締役社長                             1.0/S      1名
              その他の代表取締役                         0.781/S     X名
              取締役(使用人兼務)                  0.147/S     Y名
           ④ 個々の取締役に対する役位別の利益連動給与の限度額を、次のとおりとする。
             (1)   代表取締役会長                  9.0百万円
             (2)   代表取締役副会長                 8.5百万円
             (3)   代表取締役社長     12.5百万円
             (4)   その他の代表取締役               10.0百万円
             (5)   取締役(使用人兼務)                 2.0百万円
         (12)取締役の選任の決議要件

            当社は、取締役の「選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
           主が出席し、その議決権の過半数をもって行う。」旨を、また、「取締役の選任決議は、累積投票によらな
           いものとする。」旨を定款に定めております。
         (13)株主総会の特別決議要件

            当社は、「会社法第309条第2項の規定によるべき決議は、議決権を行使することができる株主の議決権
           の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもってこれを行う。」旨を定款に定め
           ております。これは、          株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、                            株主総会の円滑な運営を
           行うことを目的とするものであります。
         (14)株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

           ① 自己株式の取得
               当社は、「会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己株式を取得することが
              できる。」旨を定款に定めております。これは、経営環境に対応した機動的な資本政策を遂行するこ
              とを目的とするものであります。
           ② 中間配当
              当社は、会社法第454条第5項の規定により、「取締役会の決議により、毎年9月30日の最終の株主
              名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対し中間配当を行うことができる。」旨を
              定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行なうことを目的とするものでありま
              す。
                                  41/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (15)株式の保有状況
           イ.投資株式のうち保有株式が純投資目的以外の目的であるものの銘柄及び貸借対照表計上額の合計額
             58銘柄 5,845百万円
           ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保
            有目的
           前事業年度

             特定投資株式
                                       貸借対照表計上額
                              株式数(株)
                銘柄                                    保有目的
                                        (百万円)
                                                ゴム・樹脂材料の共同研究
                                600,202            971
       JSR株式会社
                                                関係維持
                                275,000            504
       株式会社ノーリツ                                         地元企業としての地域貢献
                                125,565            428
       株式会社三井住友フィナンシャルグループ                                         安定的取引関係維持
                                59,000            411
       株式会社マキタ                                         営業取引関係維持
                                212,750            358
       オイレス工業株式会社                                         営業取引関係維持
                                84,000            252
       スズキ株式会社                                         営業取引関係維持
       MS&ADインシュアランスグループホー
                                73,181            229
                                                安定的取引関係維持
       ルディングス株式会社
                                772,000            170
       井関農機株式会社                                         営業取引関係維持
                               1,001,000              168
       株式会社みずほフィナンシャルグループ                                         安定的取引関係維持
                                33,000            162
       岩塚製菓株式会社                                         営業取引関係維持
                                100,000            153
       株式会社クボタ                                         営業取引関係維持
                                120,000            124
       日産自動車株式会社                                         営業取引関係維持
                                30,433            120
       富士重工業株式会社                                         営業取引関係維持
                                141,220            119
       株式会社カネミツ                                         営業取引関係維持
                                 5,000            99
       東海旅客鉄道      株式会社                                   営業取引関係維持
                                268,700             92
       日工株式会社                                         営業取引関係維持
                                57,000            85
       積水樹脂株式会社                                         営業取引関係維持
                                15,699            78
       久光製薬株式会社                                         営業取引関係維持
                                268,750             69
       太平洋セメント株式会社                                         営業取引関係維持
                                144,000             64
       株式会社ノザワ                                         営業取引関係維持
                                111,000             52
       東ソー株式会社                                         営業取引関係維持
                                50,727            47
       凸版印刷株式会社                                         営業取引関係維持
                                 5,000            34
       西日本旅客鉄道株式会社                                         営業取引関係維持
       三菱マテリアル株式会社                         95,024            30   営業取引関係維持
       株式会社さくらケーシーエス                         30,000            19   営業取引関係維持
                                45,000            18
       日鉄鉱業株式会社                                         営業取引関係維持
                                20,000            14
       日本ゼオン株式会社                                         営業取引関係維持
       ジェイ    エフ   イー ホールディングス株式
                                 4,300            6
                                                営業取引関係維持
       会社
                                30,000             5
       株式会社トクヤマ                                         営業取引関係維持
                                50,000             5
       神栄株式会社                                         営業取引関係維持
                                  42/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
             みなし保有株式

                                      貸借対照表計上額
                              株式数(株)
                銘柄                                    保有目的
                                        (百万円)
       株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ                                         退職給付信託契約に基づく
                               2,313,830            1,206
       ループ                                         議決権行使の指図権
       三井住友トラスト・ホールディングス株式                                         退職給付信託契約に基づく
                                157,940             52
       会社                                         議決権行使の指図権
                                                退職給付信託契約に基づく
                                119,000             20
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
                                                議決権行使の指図権
       (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
                                  43/104

















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度
             特定投資株式
                                       貸借対照表計上額
                              株式数(株)
                銘柄                                    保有目的
                                        (百万円)
                                                ゴム・樹脂材料の共同研究
                                600,202           1,126
       JSR株式会社
                                                関係維持
                                275,000            580
       株式会社ノーリツ                                         地元企業としての地域貢献
                                125,565            507
       株式会社三井住友フィナンシャルグループ                                         安定的取引関係維持
                                118,000            460
       株式会社マキタ                                         営業取引関係維持
                                212,750            436
       オイレス工業株式会社                                         営業取引関係維持
                                84,000            388
       スズキ株式会社                                         営業取引関係維持
       MS&ADインシュアランスグループホー
                                73,181            259
                                                安定的取引関係維持
       ルディングス株式会社
                               1,001,000              204
       株式会社みずほフィナンシャルグループ                                         安定的取引関係維持
                                772,000            176
       井関農機株式会社                                         営業取引関係維持
                                100,000            167
       株式会社クボタ                                         営業取引関係維持
       株式会社カネミツ                         141,220            163    営業取引関係維持
                                33,000            147
       岩塚製菓株式会社                                         営業取引関係維持
                                120,000            128
       日産自動車株式会社                                         営業取引関係維持
                                31,277            127
       富士重工業株式会社                                         営業取引関係維持
                                111,000            108
       東ソー株式会社                                         営業取引関係維持
                                53,740            108
       日工株式会社                                         営業取引関係維持
                                16,311            103
       久光製薬株式会社                                         営業取引関係維持
                                268,750             99
       太平洋セメント株式会社                                         営業取引関係維持
                                 5,000            90
       東海旅客鉄道      株式会社                                   営業取引関係維持
                                72,000            84
       株式会社ノザワ                                         営業取引関係維持
                                52,326            59
       凸版印刷株式会社                                         営業取引関係維持
                                 5,000            36
       西日本旅客鉄道株式会社                                         営業取引関係維持
                                 9,502            32
       三菱マテリアル株式会社                                         営業取引関係維持
                                 4,500            27
       日鉄鉱業株式会社                                         営業取引関係維持
                                20,000            25
       日本ゼオン株式会社                                         営業取引関係維持
                                30,000            19
       株式会社さくらケーシーエス                                         営業取引関係維持
                                30,000            16
       株式会社トクヤマ                                         営業取引関係維持
                                 3,643            11
       澁谷工業株式会社                                         営業取引関係維持
       ジェイ    エフ   イー ホールディングス株式
                                 4,300            8
                                                営業取引関係維持
       会社
                                 8,025            3
       住友大阪セメント株式会社                                         営業取引関係維持
             みなし保有株式

                                      貸借対照表計上額
                              株式数(株)
                銘柄                                    保有目的
                                        (百万円)
       株式会社三菱UFJフィナンシャル・グ                                         退職給付信託契約に基づく
                               2,313,830            1,618
       ループ                                         議決権行使の指図権
       三井住友トラスト・ホールディングス株式                                         退職給付信託契約に基づく
                                15,794            60
       会社                                         議決権行使の指図権
                                                退職給付信託契約に基づく
                                119,000             24
       株式会社みずほフィナンシャルグループ
                                                議決権行使の指図権
       (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
                                  44/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                        50           32           48           47
      提出会社
                        -           -           -           -
      連結子会社
                        50           32           48           47
         計
        ②【その他重要な報酬の内容】

         前連結会計年度
          当社および当社の連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているデロイト                                                 トウ
         シュ   トーマツに対して、支払うべき報酬の金額は54百万円であります。
         当連結会計年度

          当社および当社の連結子会社が、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているデロイト                                                 トウ
         シュ   トーマツに対して、支払うべき報酬の金額は46百万円であります。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前連結会計年度
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、主に財務報告にかかる
         内部管理体制の強化に関するアドバイザリー業務であります。
         当連結会計年度

          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、主に財務報告にかかる
         内部管理体制の強化に関するアドバイザリー業務であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          該当事項はありませんが、監査の範囲・監査日数等を勘案し決定しております。
                                  45/104










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
       に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以

        下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており

        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月
       31日まで)の連結財務諸表および事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、有
       限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、遅滞なく開示できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しております。
                                  46/104














                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,980              19,522
         現金及び預金
                                         16,731              18,824
         受取手形及び売掛金
                                         1,617              1,788
         電子記録債権
                                         6,460              6,754
         商品及び製品
                                         1,541              1,508
         仕掛品
                                         2,505              2,640
         原材料及び貯蔵品
                                           458              550
         繰延税金資産
                                         1,262              1,250
         その他
                                          △ 38             △ 38
         貸倒引当金
                                         47,520              52,801
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1 , ※4 10,337           ※1 , ※4 10,005
          建物及び構築物(純額)
                                        ※1 9,867             ※1 9,965
          機械装置及び運搬具(純額)
                                         6,507              6,435
          土地
                                         1,508              1,168
          建設仮勘定
                                        ※1 1,266             ※1 1,562
          その他(純額)
                                         29,486              29,137
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           82              74
          のれん
                                           875              792
          ソフトウエア
                                           230              681
          その他
                                         1,188              1,548
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※2 , ※3 10,327           ※2 , ※3 11,487
          投資有価証券
                                           965              403
          繰延税金資産
                                            1              0
          退職給付に係る資産
                                         1,409              1,464
          その他
                                         △ 134             △ 149
          貸倒引当金
                                         12,568              13,207
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                43,244              43,894
                                         90,765              96,695
       資産合計
                                  47/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         9,907              9,259
         支払手形及び買掛金
                                         2,767              3,406
         電子記録債務
                                         2,047              4,499
         短期借入金
                                         3,000                -
         1年内償還予定の社債
                                           438             1,064
         未払法人税等
                                           30               9
         関係会社整理損失引当金
                                         6,788              6,533
         その他
                                         24,980              24,773
         流動負債合計
       固定負債
                                         7,513              4,913
         長期借入金
                                           -             6,000
         社債
                                           -              29
         株式報酬引当金
                                         2,917              2,006
         退職給付に係る負債
                                           148              231
         その他
                                         10,580              13,181
         固定負債合計
                                         35,560              37,954
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,951              10,951
         資本金
                                         2,970              2,995
         資本剰余金
                                         42,090              45,922
         利益剰余金
                                         △ 256            △ 1,356
         自己株式
                                         55,756              58,513
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,431              2,060
         その他有価証券評価差額金
                                            0              0
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,169             △ 1,643
         為替換算調整勘定
                                        △ 1,232              △ 409
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 970               7
         その他の包括利益累計額合計
                                           418              220
       非支配株主持分
                                         55,204              58,741
       純資産合計
                                         90,765              96,695
      負債純資産合計
                                  48/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         93,272              88,387
      売上高
                                        ※1 66,096             ※1 61,596
      売上原価
                                      ※2 , ※3 27,175           ※2 , ※3 26,791
      売上総利益
                                         21,214              20,895
      販売費及び一般管理費
                                         5,960              5,896
      営業利益
      営業外収益
                                           259              239
       受取利息及び配当金
                                           509              591
       持分法による投資利益
                                           490              424
       その他
                                         1,259              1,254
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           288              232
       支払利息
                                           147               41
       為替差損
                                           212               63
       固定資産除却損
                                           208              243
       その他
                                           856              579
       営業外費用合計
                                         6,363              6,571
      経常利益
      特別損失
                                          ※4 91             ※4 17
       減損損失
                                          ※5 93
                                                         -
       固定資産除却損
                                          ※6 92
                                                         -
       関係会社整理損失引当金繰入額
                                           277               17
       特別損失合計
                                         6,086              6,553
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,598              1,737
                                           30             △ 164
      法人税等調整額
                                         1,628              1,573
      法人税等合計
                                         4,457              4,980
      当期純利益
                                           71              28
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         4,386              4,951
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  49/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         4,457              4,980
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 635              629
       その他有価証券評価差額金
                                            0              0
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 3,062              △ 364
       為替換算調整勘定
                                         △ 728              822
       退職給付に係る調整額
                                         △ 292             △ 112
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※ △ 4,719               ※ 975
       その他の包括利益合計
                                         △ 262             5,955
      包括利益
      (内訳)
                                         △ 312             5,928
       親会社株主に係る包括利益
                                           50              26
       非支配株主に係る包括利益
                                  50/104















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       10,951         2,968        38,739         △ 114       52,544
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,035                △ 1,035
      親会社株主に帰属する当期
                                         4,386                 4,386
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 142        △ 142
      自己株式の処分
                                  0                 0         0
      非支配株主との取引に係る
                                  1                          1
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         1       3,351         △ 141        3,211
     当期末残高
                       10,951         2,970        42,090         △ 256       55,756
                            その他の包括利益累計額

                                           その他の包括      非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証            為替換算調整勘      退職給付に係る
                        繰延ヘッジ損益                   利益累計額合
                  券評価差額金            定      調整累計額
                                           計
     当期首残高                2,060       △ 0    2,171      △ 503     3,728       502     56,776
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 1,035
      親会社株主に帰属する当期
                                                          4,386
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 142
      自己株式の処分                                                     0
      非支配株主との取引に係る
                                                            1
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 629       0    △ 3,340      △ 728    △ 4,698       △ 84    △ 4,782
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     △ 629       0    △ 3,340      △ 728    △ 4,698       △ 84    △ 1,571
     当期末残高                1,431        0    △ 1,169     △ 1,232      △ 970      418     55,204
                                  51/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  10,951         2,970        42,090         △ 256       55,756
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,119                △ 1,119
      親会社株主に帰属する当期
                                         4,951                 4,951
      純利益
      自己株式の取得                                          △ 1,643        △ 1,643
      自己株式の処分                            5                543         548
      非支配株主との取引に係る
                                 19                          19
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         25       3,832        △ 1,099         2,757
     当期末残高                  10,951         2,995        45,922        △ 1,356        58,513
                            その他の包括利益累計額

                                           その他の包括      非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証            為替換算調整勘      退職給付に係る
                        繰延ヘッジ損益                   利益累計額合
                  券評価差額金            定      調整累計額
                                           計
     当期首残高
                     1,431        0    △ 1,169     △ 1,232      △ 970      418     55,204
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,119
      親会社株主に帰属する当期
                                                          4,951
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 1,643
      自己株式の処分
                                                           548
      非支配株主との取引に係る
                                                           19
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                      628       0    △ 474      822      977     △ 198      778
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 628       0    △ 474      822      977     △ 198     3,536
     当期末残高                2,060        0    △ 1,643      △ 409       7     220     58,741
                                  52/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         6,086              6,553
       税金等調整前当期純利益
                                         4,321              4,101
       減価償却費
                                            9              9
       のれん及び負ののれん償却額
                                           91              17
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    30              19
       株式報酬引当金の増減額(△は減少)                                    -              29
       関係会社整理損失引当金の増減額(△は減少)                                    31             △ 17
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 144              277
                                         △ 259             △ 239
       受取利息及び受取配当金
                                           288              232
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    55             △ 51
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 509             △ 591
       固定資産除売却損益(△は益)                                   256               58
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 8           △ 2,519
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   633             △ 541
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 810              171
                                           317              682
       その他
                                         10,391               8,190
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   554              284
                                         △ 293             △ 236
       利息の支払額
                                        △ 1,847             △ 1,523
       法人税等の支払額
                                           233               84
       法人税等の還付額
                                         9,038              6,799
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の増減額(△は増加)                                   △ 94             △ 50
                                        △ 3,882             △ 4,004
       有形固定資産の取得による支出
                                           108              104
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 407             △ 514
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 18             △ 19
       投資有価証券の取得による支出
                                           34              110
       投資有価証券の売却による収入
                                           75             △ 265
       その他
                                        △ 4,184             △ 4,638
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 1,049              △ 114
                                         1,383               553
       長期借入れによる収入
                                        △ 2,049              △ 529
       長期借入金の返済による支出
                                           -             5,957
       社債の発行による収入
                                           -            △ 3,000
       社債の償還による支出
                                         △ 141            △ 1,642
       自己株式の取得による支出
                                            0             367
       自己株式の売却による収入
                                        △ 1,035             △ 1,119
       親会社による配当金の支払額
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 105              △ 25
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          △ 26              -
       よる支出
                                          △ 26             △ 23
       その他
                                        △ 3,049               422
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,066               △ 82
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     738             2,499
                                         15,697              16,435
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 16,435              ※ 18,935
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  53/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)連結子会社数            25 社
        ①国内子会社            7社
         東日本バンドー株式会社
         福井ベルト工業株式会社
         西日本バンドー株式会社
         バンドートレーディング株式会社
         バンドーエラストマー株式会社
         ビー・エル・オートテック株式会社
         バンドー興産株式会社
        ②海外子会社           18社
         Bando   USA,   Inc.
         Bando   Belting    de  Mexico,    S.A.   de  C.V.
         Bando   Jungkong     Ltd.
         Bando   Korea   Co.,   Ltd.
         Bando   Belt   (Tianjin)     Co.,   Ltd.
         Bando   (Shanghai)      Management      Co.,   Ltd.
         Bando   (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltd.
         BL  Autotec    (Shanghai),      Ltd.
         Bando   Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.
         Bando   Siix   Limited
         Bando   Manufacturing       (Vietnam)     Co.,   Ltd.
         Bando   Manufacturing       (Thailand)      Ltd.
         Pengeluaran      Getah   Bando   (Malaysia)      Sdn.   Bhd.
         Bando   (Singapore)      Pte.   Ltd.
         Bando   (India)    Private    Limited
         Bando   Belt   Manufacturing       (Turkey),     Inc.
         Bando   Europe    GmbH
         Bando   Iberica,     S.A.
          Bando   (Shanghai)      Industrial      Belt   Co.,   Ltd.   は、平成28年10月に清算したため、連結の範囲から除外して

        おります。
     2.持分法の適用に関する事項

      (1)持分法適用会社数 関連会社                7 社
         東日本ベルト販売株式会社
         バン工業用品株式会社
         北陸バンドー株式会社
         バンドー・ショルツ株式会社
         Sanwu    Bando   Inc.
         Kee   Fatt   Industries      Sdn.Bhd.
         PT.   Bando   Indonesia
        バンドー福島販売株式会社は、平成28年7月1日付で東日本ベルト販売株式会社に商号を変更しております。
                                  54/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (2)   持分法非適用会社
        関連会社名
         浩洋産業株式会社
         Philippine      Belt   Manufacturing       Corp.
       (持分法を適用しない理由)
        持分法非適用会社は、当期純利益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等に重要な影響を及
       ぼさないと考えられるので持分法適用の範囲から除外しております。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
            連結子会社名                                     決算日
        Bando   Belt(Tianjin)Co.,          Ltd.                           12月末日

        Bando   (Shanghai)      Management      Co.,   Ltd.                       12月末日
        BL  Autotec    (Shanghai),      Ltd.                            12月末日

        Bando   Manufacturing       (Dongguan)      Co.,   Ltd.                      12月末日

        Bando   (Shanghai)      Industry     Equipment     Element    Co.,   Ltd               12月末日

        連結財務諸表の作成には、連結決算日で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
     4.会計方針に関する事項

      (1)   重要な資産の評価基準および評価方法
        ①有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
         より算定しております)
          時価のないもの
          移動平均法による原価法
        ②デリバティブ
         時価法
        ③たな卸資産
         連結財務諸表提出会社
          製品、原材料、仕掛品
          先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          商品、貯蔵品
          総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         連結子会社

          国内連結子会社は主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方
         法により算定)によっており、在外連結子会社は概ね先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低
         下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっております。
      (2)   重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法(一部の連結子会社では定額法を採用しております。)
         ただし、連結財務諸表提出会社および国内連結子会社は、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備
        を除く)並びに平成28年4月1日以降取得した建物附属設備および構築物については、定額法を採用しておりま
        す。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物及び構築物   3~50年
          機械装置及び運搬具 5~10年
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ③リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                  55/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (3)重要な引当金の計上基準

        ①貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②関係会社整理損失引当金
         関係会社の整理に伴い発生すると見込まれる損失に備えるため、損失発生見込額を計上しております。
        ③株式報酬引当金
         役員報酬BIP信託による当社株式の交付に備えるため、株式交付規程に基づき、役員等に割り当てられたポ
        イントに応じた株式の支給見込額を計上しております。
      (4)退職給付に係る会計処理の方法

        ①退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用
        処理しております。
         数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
        による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
        ③小規模企業等における簡便法の採用
         一部の連結子会社は、退職給付に係る負債および退職給付費用の計算に、退職一時金制度については、退職給
        付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とし、企業年金制度については、直近の年金財政計算上の数理債
        務をもって退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)連結財務諸表作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産又は負債の

        本邦通貨への換算の基準
         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
        ます。
         なお、在外子会社等の資産および負債は、在外子会社等の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益お
        よび費用は期中平均為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定および非支
        配株主持分に含めております。
      (6)重要なヘッジ会計の方法

        ①ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理によっております。ただし、金利スワップについては特例処理を採用しております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段:金利スワップ取引および金利通貨スワップ取引
         ヘッジ対象:変動金利の借入金
        ③ヘッジ方針
         為替変動リスクおよび金利変動リスクを回避するために、社内規定に基づきヘッジを行っております。
        ④ヘッジ有効性評価の方法
         ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比較し、両者の変動額等を基礎にして判断をしております。
         また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているかの判定をもって有効性の判定に代えており
        ます。
      (7)のれんの償却方法及び償却期間

         のれんについては、10年の定額法により償却を行っております。
      (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       イ 消費税等の会計処理
         消費税および地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
       ロ 連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用しております。
                                  56/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
         (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
          法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務
         対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属
         設備および構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          この結果、当連結会計年度の連結財務諸表に与える影響額は軽微であります。
         (表示方法の変更)

         (連結キャッシュ・フロー計算書)
          前事業年度において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」                                    に含めていた「自己株式の売却に
         よる収入」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の
         変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の              連結キャッシュ・フロー計算書              において「     財務活動によるキャッシュ・フロー                 」
         の「その他」に表示していた0百万円は、「                     自己株式の売却による収入            」として組み替えております。
         (追加情報)

         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連
         結会計年度から適用しております。
         ( 従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引                        )

          当社は、当連結会計年度より、当社の中長期的な企業価値を高めることを目的として、「従業員持株                                              ESO
         P 信託」を導入しております。
          当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
         務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)を適用しております。
         (1)取引の概要
          当社が「バンドー化学社員持株会」(以下、「当社持株会」という。)に加入する従業員のうち一定の要件
         を充足する者を受益者とする信託を設定し、当該信託は信託設定時より5年間にわたり当社持株会が取得する
         と見込まれる数の当社株式を、予め定めた取得期間において取得しております。その後、当該信託は当社株式
         を毎月一定日に当社持株会に売却いたします。
         (2)信託に残存する自社の株式
          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株
         式として計上しております。             当連結会計年度末の当該株式の帳簿価額および株式数は、367百万円および357千株
         であります。
         (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
          当連結会計年度末 407百万円
         (取締役等を対象とする業績連動型株式報酬制度)

          当社は、当連結会計年度            より、   取締役(業務執行取締役でない取締役および海外居住者を除く。)および執行
         役員(以下、併せて「取締役等」という。)を対象に、取締役等の報酬と当社株式の価値との連動性をより明確
         にし、中長期的な業績の向上と企業価値の増大への貢献意識を高めることを目的として、業績連動型株式報酬制
         度(以下、「本制度」という。)として「役員報酬BIP信託」を導入しております。
          当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務
         上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じております。
         (1)取引の概要
          本制度は、当社が信託に金員を拠出し、当該信託がこれを原資として当社株式を取得し、業績達成度に応じて
         当社の取締役等に当社株式の交付を行う業績連動型株式報酬制度です。ただし、取締役等が当社株式の交付を受
         ける時期は、原則として、取締役等の退任時とします。
         (2)信託に残存する自社の株式
          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己株
         式として計上しております。             当連結会計年度末の当該株式の帳簿価額および株式数は、283百万円および283千株
         であります。
          また、上記役員報酬の当連結会計年度負担見込額については、株式報酬引当金として計上しております。
                                  57/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
                                    75,355   百万円              76,985   百万円
          ※2.非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
           投資有価証券(株式)                          5,040百万円                  5,305百万円
          ※3.担保提供資産

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
           投資有価証券                            5百万円                  5百万円
             上記担保提供資産に対応する債務はありません。
          ※4.圧縮記帳

             有形固定資産に係る国庫補助金等の受入れによる圧縮記帳累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                  (平成29年3月31日)
           建物                           148百万円                  148百万円
                                  58/104













                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1.期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
                                     △ 57 百万円                137  百万円
          ※2.販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
           従業員給料                          6,210   百万円               5,905   百万円
                                      441                  676
           退職給付費用
                                     2,484                  2,324
           運送費及び保管費
                                      33                  29
           貸倒引当金繰入額
                                      -                  29
           株式報酬引当金繰入額
          ※3.一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                  (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
                                     1,192   百万円               1,123   百万円
          ※4.減損損失

             前連結会計年度(自 平成27年4月1日                     至 平成28年3月31日)
                用途             場所             種類          金額(百万円)
           事業用資産             兵庫県神戸市             建物及び構築物                        3
                                    機械装置及び運搬具                        6
                                    その他                        0
                                         計                  10
           遊休資産             香川県高松市             建物及び構築物                        ▶
                                    機械装置及び運搬具                        0
                                    土地                       35
                                    その他                        0
                                         計                  39
                       大阪府大阪市             建物及び構築物                        5
                                    土地                       36
                                         計                  41
                            合計                               91
             (資産のグルーピング方法)
              当社グループは管理会計上の区分に従い、事業部を基礎としたグルーピングを行っております。
             ただし、遊休資産については、それぞれ個別の物件ごとにグルーピングを行っております。
             (減損損失の認識に至った経緯)
              当連結会計年度に減損処理の対象となる資産のうち、事業用資産は営業損失の発生が継続し、減損損
             失の測定を行った結果、回収可能価額が帳簿価額を下回ったため、遊休資産は事業の用に供しなくなっ
             たため、当該帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として認識しております。
             (回収可能価額の算定方法)
              回収可能価額は、正味売却価額または使用価値により測定しております。なお、正味売却価額は売却
             予定価額により算定しており、使用価値は将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、零として計
             算しております。
                                  59/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 平成28年4月1日                     至 平成29年3月31日)
                用途             場所             種類          金額(百万円)
           事業用資産             栃木県足利市             機械装置及び運搬具                        8
                                    建設仮勘定                        9
                                    その他                        0
                                         合計                  17
             (資産のグルーピング方法)
              当社グループは管理会計上の区分に従い、事業部を基礎としたグルーピングを行っております。
             ただし、遊休資産については、それぞれ個別の物件ごとにグルーピングを行っております。
             (減損損失の認識に至った経緯)
              当連結会計年度に減損処理の対象となる資産は、営業損失の発生が継続し、割引前将来キャッシュ・
             フローの総額が帳簿価額を下回ったため、減損損失を認識しております。
             (回収可能価額の算定方法)
              回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、回
             収可能価額を零として評価しております。
          ※5.固定資産除却損(特別損失)

             前連結会計年度(自 平成27年4月1日                     至 平成28年3月31日)
             固定資産除却損は、清算中の             連結子会社であるPengeluaran              Getah   Bando   (Malaysia)      Sdn.Bhd.に関す

             るものであります。
             当連結会計年度(自 平成28年4月1日                     至 平成29年3月31日)

             該当事項はありません          。

          ※6.関係会社整理損失引当金繰入額(特別損失)

             前連結会計年度(自 平成27年4月1日                     至 平成28年3月31日)
             関係会社整理損失引当金繰入額は、清算中の連結子会社であるPengeluaran                                   Getah   Bando   (Malaysia)

             Sdn.Bhd.の清算に伴う損失に備えるため、当該損失の発生見込額を計上しております。
             当連結会計年度(自 平成28年4月1日                     至 平成29年3月31日)

             該当事項はありません          。

                                  60/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額および税効果額
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
           その他有価証券評価差額金:
            当期発生額                            △959百万円                986百万円
            組替調整額                            △24               △80
             税効果調整前
                                       △983                906
             税効果額                            347              △277
             その他有価証券評価差額金
                                       △635                629
           繰延ヘッジ損益:
            当期発生額                              0                0
             税効果調整前
                                         0               0
             税効果額                            △0               △0
             繰延ヘッジ損益
                                         0               0
           為替換算調整勘定:
            当期発生額                           △3,062                △351
            組替調整額                             -              △13
             為替換算調整勘定
                                      △3,062                △364
           退職給付に係る調整額:
            当期発生額                           △1,230                 573
            組替調整額                             198               611
             税効果調整前
                                      △1,032                1,185
             税効果額
                                        303              △362
             退職給付に係る調整額
                                       △728                822
           持分法適用会社に対する持分相当額:
            当期発生額                            △292               △112
              その他の包括利益合計
                                      △4,719                 975
                                  61/104











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                           当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                           期首  株式数(千       増加株式数(千         減少株式数(千         末株式数(千
                           株)         株)         株)         株)
           発行済株式
                                                        94,427
            普通株式                   94,427           -         -
                                                        94,427
                 合計             94,427           -         -
           自己株式
            普通株式 (注)1,2                    378         277          1        654
                 合計               378         277          1        654
          (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加のうち主なものは、定款の定めに基づく取締役会決議による取
               得であります。
             2.普通株式の自己株式の株式数の減少は、単元未満株の売渡によるものであります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                           配当金の総額         1株当たり
             (決議)        株式の種類                         基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
           平成27年6月23日
                     普通株式           470         5  平成27年3月31日         平成27年6月24日
           定時株主総会
           平成27年11月10日
                     普通株式           564         6  平成27年9月30日         平成27年12月1日
           取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                         配当金の            1株当たり
                               配当の
            (決議)       株式の種類       総額            配当額        基準日        効力発生日
                                原資
                        (百万円)              (円)
           平成28年6月23日
                    普通株式        563   利益剰余金            6 平成28年3月31日         平成28年6月24日
           定時株主総会
                                  62/104










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                           当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                           期首  株式数(千       増加株式数(千         減少株式数(千         末株式数(千
                           株)         株)         株)         株)
           発行済株式
                               94,427
            普通株式 (注)1                              -       47,213         47,213
                               94,427
                 合計                        -       47,213         47,213
           自己株式
            普通株式 (注)2,3
                                654        3,158         2,445         1,367
                    4,5
                 合計               654        3,158         2,445         1,367
          (注)1.普通株式の発行済株式総数の減少47,213千株は、株式併合によるものです。
             2.当社は、当連結会計年度より従業員持株ESOP信託および役員報酬BIP信託を導入しており、
               信託が所有する当社株式は自己株式に含めて記載しております
             3.普通株式の自己株式の株式数の増加                   3,158   千株のうち主なものは、定款の定めに基づく取締役会決
               議による取得1,639千株(株式併合前1,639千株)、従業員持株ESOP信託による当社の株式の取
               得880千株(株式併合前880千株)および役員報酬BIP信託による当社の株式の取得567千株(株
               式併合前567千株)によるものであります。
             4.普通株式の       自己株式の株式数の         減少2,445千株は、株式併合による減少1,577千株、単元未満株式の
               売渡180千株      (株式併合前0千株、株式併合後179千株)                    、従業員持株ESOP信託による当社の株
               式の売却120千株        (株式併合前75千株、株式併合後45千株)                    および役員報酬BIP信託への当社の
               株式の売却567千株         (株式併合前567千株)           によるものであります。
             5.当連結会計年度末の自己株式数には、従業員持株ESOP信託が保有する当社の株式357千株、お
               よび役員報酬BIP信託が保有する当社の株式283千株が含まれております。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                           配当金の総額         1株当たり
             (決議)        株式の種類                         基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
           平成28年6月23日
                     普通株式           563         6  平成28年3月31日         平成28年6月24日
           定時株主総会
           平成28年11月9日
                     普通株式           556         6  平成28年9月30日         平成28年12月1日
           取締役会
          (注)1.平成28年11月9日開催の取締役会決議による配当金総額には、従業員持株ESOP信託が保有する
               当社の株式に対する配当金4百万円および役員報酬BIP信託が保有する当社の株式に対する配当
               金3百万円が含まれております。
             2.1株当たり配当額については、基準日が平成28年9月30日であるため、平成28年10月1日の株式併
               合は加味しておりません。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                         配当金の            1株当たり
                               配当の
            (決議)       株式の種類       総額            配当額        基準日        効力発生日
                                原資
                        (百万円)              (円)
           平成29年6月22日
                    普通株式        651   利益剰余金           14  平成29年3月31日         平成29年6月23日
           定時株主総会
          (注)1.平成29年6月22日開催の定時株主総会決議による配当金総額には、従業員持株ESOP信託が保有
               する当社の株式に対する配当金5百万円および役員報酬BIP信託が保有する当社の株式に対する
               配当金3百万円が含まれております。
             2.当社は、平成28年10月1日付で、普通株式について2株につき1株の割合で株式併合を行っており
               ます。
                                  63/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                至 平成29年3月31日)
           現金及び預金勘定                           16,980百万円                 19,522百万円
           預入期間が3か月を超える定期預金                           △545                 △587
           現金及び現金同等物                           16,435                 18,935
                                  64/104


















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
         (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、年度経営計画の一環として策定した資金計画に照らして必要な資金を安定的かつ低コ
           ストの調達手段(主として銀行借入または社債の発行)で調達し、一時的な余資は流動性および安全性の
           高い金融資産で運用しております。また、デリバティブはリスク回避を目的とし、実需の範囲で行うこと
           としております。
         (2)金融商品の内容及びそのリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。また、
           海外で事業を行うにあたり生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。投資有
           価証券は主として株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。上場株式については四半期ご
           とに時価の把握を行っております。
            営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、主として支払期日が4ヶ月以内のものでありま
           す。一部外貨建てのものにつきましては、為替の変動リスクに晒されております。借入金および社債の使
           途は運転資金および設備投資資金であり、金利変動リスクに晒されております一部の長期借入金に対し
           て、金利スワップ取引を実施して支払利息の固定化を実施しております。
            デリバティブ取引は、外貨建ての債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為
           替予約取引、借入金に係る為替変動リスクおよび金利変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワッ
           プ取引および金利通貨スワップ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、
           ヘッジ方針、ヘッジの有効性評価の方法等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要
           な事項「4.会計方針に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」に記載のとおりであります。
         (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ①信用リスク(得意先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              営業債権については、与信限度管理規程に従い、債権回収担当部署および財務担当部署が連携して取
             引先の状況を定期的にモニタリングするなどし、リスクの低減を図っております。デリバティブ取引に
             ついては、取引相手先を信用度の高い国内の銀行に限定しているため信用リスクはほとんどないと認識
             しております。
            ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              外貨建ての債権債務については、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対して、先物為替予約
             を利用してヘッジしております。投資有価証券については、時価や発行体の財務状況の把握、保有意義
             の見直し等を定期的に実施し、管理しております。
            ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
             財務担当部署が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、一定水準の手許流動性の維持などに
             より流動性リスクを管理しております。
         (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
           が含まれております。当該価額の算定においては、変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を
           採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」に
           おけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リス
           クを示すものではありません。
                                  65/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
           することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
       前連結会計年度(平成28年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価 (百万円)           差額 (百万円)
                              (百万円)
     (1)   現金及び預金
                                 16,980           16,980              -
     (2)   受取手形及び売掛金

                                 16,731           16,731              -
     (3)   電子記録債権

                                  1,617           1,617             -
     (4)   投資有価証券
                                  5,153           5,153             -
        その他有価証券
       資産計                          40,483           40,483              -

     (5)   支払手形及び買掛金

                                  9,907           9,907             -
     (6)   電子記録債務                          2,767           2,767             -

     (7)   短期借入金

                                  1,555           1,555             -
     (8)   1年内償還予定の社債

                                  3,000           3,014             14
     (9)   未払法人税等

                                   438           438            -
     (10)   長期借入金

                                  8,005           8,072             67
     (11)   社債

                                   -           -           -
       負債計                          25,674           25,756              81

       デリバティブ取引(※)

      ①ヘッジ会計が適用されていないもの                              10           10           -
      ②ヘッジ会計が適用されているもの                              35           35           -
      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で表示しております。
                                  66/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成29年3月31日)
                           連結貸借対照表計上額
                                        時価 (百万円)           差額 (百万円)
                              (百万円)
     (1)   現金及び預金
                                 19,522           19,522              -
     (2)   受取手形及び売掛金

                                 18,824           18,824              -
     (3)   電子記録債権

                                  1,788           1,788             -
     (4)   投資有価証券
                                  6,047           6,047             -
        その他有価証券
       資産計                          46,182           46,182              -

     (5)   支払手形及び買掛金

                                  9,259           9,259             -
     (6)   電子記録債務

                                  3,406           3,406             -
     (7)   短期借入金

                                  1,421           1,421             -
     (8)   1年内償還予定の社債                            -           -           -

     (9)   未払法人税等

                                  1,064           1,064             -
     (10)   長期借入金

                                  7,991           8,023             31
     (11)   社債

                                  6,000           6,000              0
       負債計                          29,143           29,175              32

       デリバティブ取引(※)

      ①ヘッジ会計が適用されていないもの                              3           3          -
      ②ヘッジ会計が適用されているもの                              11           11           -
      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては、( )で表示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

         資産
         (1)   現金及び預金、(2)          受取手形及び売掛金、(3)             電子記録債権
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (4)投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
         負債

         (5)   支払手形及び買掛金、(6)             電子記録債務、(7)          短期借入金、(9)         未払法人税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (10)   長期借入金
          長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
         算定する方法によっております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とされており、当
         該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積
         られる利率で割り引いて算定する方法によっております。なお、連結貸借対照表において短期借入金として計上
         されている1年以内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて表示しております。
         (11)   社債
          社債の時価については、市場価格に基づいております。
         デリバティブ取引

          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
                                  67/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                区分
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
          非上場株式                              133                 135
          関連会社株式                             5,040                 5,305

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)
          投資有価証券 その他有価証券」には含めておりません。
       3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

         前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                 1年超         5年超
                        1年以内                             10年超
                                 5年以内         10年以内
                       (百万円)                            (百万円)
                                 (百万円)         (百万円)
          現金及び預金                16,980           -         -         -
          受取手形及び売掛金                16,731           -         -         -

          電子記録債権                 1,617           -         -         -

              合計             35,329           -         -         -

         当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                 1年超         5年超
                        1年以内                             10年超
                                 5年以内         10年以内
                       (百万円)                            (百万円)
                                 (百万円)         (百万円)
          現金及び預金                19,522           -         -         -
          受取手形及び売掛金                18,824           -         -         -

          電子記録債権                 1,788           -         -         -

              合計             40,135           -         -         -

       4.社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(平成28年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
          長期借入金               491     3,019      1,693      1,500      1,300        -
          社債              3,000        -      -      -      -      -

              合計          3,491      3,019      1,693      1,500      1,300        -

         当連結会計年度(平成29年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (百万円)                               (百万円)
                            (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
          長期借入金              3,078      1,787      1,590      1,390        45      100
          社債               -      -      -      -     3,000      3,000

              合計          3,078      1,787      1,590      1,390      3,045      3,100

                                  68/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
           前連結会計年度(平成28年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                      取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             (百万円)
          (連結貸借対照表計上額が取得
           原価を超えるもの)
                                4,175           2,034           2,141
            株式
          (連結貸借対照表計上額が取得
           原価を超えないもの)
                                 978          1,145
            株式                                           △167
                                5,153           3,180
                合計                                       1,973
           当連結会計年度(平成29年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                      取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             (百万円)
          (連結貸借対照表計上額が取得
           原価を超えるもの)
                                4,920           2,032           2,887
            株式
          (連結貸借対照表計上額が取得
           原価を超えないもの)
                                1,126           1,136
            株式                                            △10
                                6,047           3,169
                合計                                       2,877
                                  69/104












                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         2.売却したその他有価証券
           前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                   売却益の合計額            売却損の合計額
              種類        売却額(百万円)
                                    (百万円)            (百万円)
          (1)株式                     34            24           -

          (2)債券

           ①   国債・地方債等                  -            -           -

           ②   社債

                               -            -           -
           ③   その他

                               -            -           -
          (3)その他                     -            -           -

              合計                 34            24           -

           当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                   売却益の合計額            売却損の合計額
              種類         売却額(百万円)
                                    (百万円)            (百万円)
          (1)株式                     110             80           -

          (2)債券
           ①   国債・地方債等
                               -            -           -
           ②   社債
                               -            -           -
           ③   その他
                               -            -           -
          (3)その他                     -            -           -
              合計                110             80           -

                                  70/104











                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          (1)通貨関連
            前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                     契約額等の
                              契約額等                 時価       評価損益
            区分        取引の種類                  うち1年超
                             (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
                 売建
                                  130
                  米ドル                          -        2        2
         市場取引以外         ユーロ                          -        0        0
                                  103
         の取引
                 買建
                  円                          -        6        6
                                  142
                  米ドル                          -       △0        △0
                                   3
         (注)時価の算定方法については、取引先金融機関等から提示された価格等に基づいております。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                     契約額等の
                              契約額等                 時価       評価損益
            区分        取引の種類                  うち1年超
                             (百万円)                (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                為替予約取引
                 売建
                  米ドル                 209        -        2        2
         市場取引以外         ユーロ                 121        -       △0        △0
         の取引
                 買建
                  円                  74        -        1        1
                  米ドル                  8       -       △0        △0
         (注)時価の算定方法については、取引先金融機関等から提示された価格等に基づいております。
          (2)金利通貨関連

            前連結会計年度(平成28年3月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

             該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           (1)通貨関連
           前連結会計年度(平成28年3月31日)
             該当事項はありません。
           当連結会計年度(平成29年3月31日)

             該当事項はありません。
                                  71/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
           (2)金利関連
            前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                            契約額等のうち
         ヘッジ会計の                            契約額等                 時価
                    取引の種類        主なヘッジ対象                1年超
         方法                            (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
         金利スワップの        金利スワップ取引
         特例処理         変動受取・固定支払           長期借入金            4,900        4,900       (注)
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
            いるため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                            契約額等のうち
         ヘッジ会計の                            契約額等                 時価
                    取引の種類        主なヘッジ対象                1年超
         方法                            (百万円)                (百万円)
                                             (百万円)
         金利スワップの        金利スワップ取引
         特例処理         変動受取・固定支払           長期借入金            4,900        2,200       (注)
         (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されて
            いるため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
           (3)金利通貨関連

            前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                             契約額等のうち
         ヘッジ会計の                      主なヘッジ       契約額等                時価
                      取引の種類                       1年超
         方法                      対象       (百万円)              (百万円)
                                              (百万円)
                  金利通貨スワップ取引
                   変動受取・固定支払
         公正価値ヘッジお
                    円受取・
         よびキャッシュ・
                    インドルピー支払             長期借入金           160         -     △23
         フロー・ヘッジ
                    米ドル受取・
                    インドルピー支払                        353        207       58
                      合計                    513        207       35
         (注)時価の算定方法については、取引先金融機関等から提示された価格等に基づいております。
            当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                             契約額等のうち
         ヘッジ会計の                      主なヘッジ       契約額等                時価
                      取引の種類                       1年超
         方法                      対象       (百万円)              (百万円)
                                              (百万円)
                  金利通貨スワップ取引
                   変動受取・固定支払
         公正価値ヘッジお
                    円受取・
         よびキャッシュ・
                    インドルピー支払             長期借入金           80        -      12
         フロー・ヘッジ
                    米ドル受取・
                    インドルピー支払                        175         -      △1
                      合計                    255         -      11
         (注)時価の算定方法については、取引先金融機関等から提示された価格等に基づいております。
                                  72/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       連結財務諸表提出会社および一部の連結子会社は、確定拠出年金制度および確定給付型の制度として、企業年金基金
      制度または厚生年金基金制度、退職一時金制度を設けております。また、連結財務諸表提出会社において退職給付信託
      を設定しております。なお、一部の国内連結子会社は、中小企業退職金共済制度に加入しております。
       なお、連結財務諸表提出会社が有する退職一時金制度、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度および退職
      一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債および退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                 11,633百万円               11,735百万円
      勤務費用                                  532               560
      利息費用                                  93               48
      数理計算上の差異の発生額                                  486               △52
      退職給付の支払額                                △924               △749
      過去勤務費用の発生額                                 △14                 3
      その他                                 △70                 11
     退職給付債務の期末残高                                 11,735               11,557
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     年金資産の期首残高                                  9,874百万円               9,150百万円
      期待運用収益                                  164               157
      数理計算上の差異の発生額                                △734                 518
      事業主からの拠出額                                  808               819
      退職給付の支払額                                △918               △742
      その他                                 △43                 12
     年金資産の期末残高                                  9,150               9,917
      (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                   297百万円               332百万円
      退職給付費用                                  110               169
      退職給付の支払額                                 △22                △7
      制度への拠出額                                 △53               △127
     退職給付に係る負債の期末残高                                   332               367
                                  73/104





                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
       産の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                 12,466百万円               12,330百万円
     年金資産                                △9,663               △10,447
                                       2,803               1,883
     非積立型制度の退職給付債務                                   113               123
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  2,916               2,006
     退職給付に係る負債                                  2,917               2,006

     退職給付に係る資産                                    1               0
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  2,916               2,006
      (注)簡便法を適用した制度を含んでおります。
      (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     勤務費用                                   532百万円               560百万円
     利息費用                                   93               48
     期待運用収益                                  △164               △157
     数理計算上の差異の費用処理額                                   190               616
     過去勤務費用の費用処理額                                  △16                 1
     簡便法で計算した退職給付費用                                   110               169
     確定給付制度に係る退職給付費用                                   746              1,239
      (6)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
     過去勤務費用                                   △1百万円               △1百万円
     数理計算上の差異                                △1,030                 1,187
      合計                               △1,032                 1,185
      (7)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
     未認識過去勤務費用                                   28百万円               26百万円
     未認識数理計算上の差異                                △1,804                 △616
      合計                               △1,775                 △590
                                  74/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      (8)年金資産に関する事項
       ① 年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
                                                        43%
     株式                                   41%
     債券                                   41               38
     一般勘定                                   11               10
     現金及び預金                                    5               6
     その他                                    2               2
      合計                                  100               100
      (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度14%、当連結会計年度17%含
         まれております。
       ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在および予想される年金資産の配分と、年金資産を
        構成する多様な資産からの現在および将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
                                                       0.4%
     割引率                                   0.3  %
                                                       2.0%
     長期期待運用収益率                                   2.1  %
                              ポイント制を採用しているため、退職給付債務の算定に際し
     予想昇給率
                              て予想昇給率を使用しておりません。
     3.確定拠出制度

       連結財務諸表提出会社および一部の連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度193百万円、当連結
      会計年度192百万円であります。
                                  75/104










                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
           繰延税金資産

            退職給付信託拠出額                            1,111百万円               1,135百万円
            退職給付に係る負債                             860               579
            関係会社株式評価損                             646               646
            繰越欠損金                             602               376
            評価損否認                             502               525
            減損損失                             258               194
            連結会社間内部利益消去                             632               632
            その他                             288               444
           繰延税金資産小計
                                       4,904               4,535
           評価性引当額                            △1,534               △1,259
           繰延税金資産合計
                                       3,369               3,275
           繰延税金負債
            退職給付信託設定差益                             927               927
            その他有価証券評価差額金                             541               818
            連結会社間内部損失消去                             259               280
            その他                             247               327
           繰延税金負債合計
                                       1,976               2,355
           繰延税金資産の純額
                                       1,393                920
          (注)繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
          流動資産-繰延税金資産                              458百万円               550百万円

          固定資産-繰延税金資産                              965               403
          流動負債-その他                               0               3
          固定負債-その他                               30               31
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の

            原因となった主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (平成28年3月31日)               (平成29年3月31日)
           法定実効税率                             33.0%                30.8%

           (調整)
            海外子会社法人税等負担差異                            △7.7               △5.5
            関連会社持分法損益                            △2.8               △2.8
            損金不算入の費用                             1.7               1.2
            税額控除                            △1.3               △1.9
            外国源泉税                             4.1               0.2
            評価性引当額の増減                            △0.2               △1.6
            過年度法人税等                            △2.5                0.1
            税率変更による期末繰延税金資産の減額                             1.2               -
            修正
            在外子会社の留保利益                             1.2               1.1
            その他                             0.0               2.4
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                        26.8               24.0
                                  76/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
          (表示方法の変更)
           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「益金不算入の収益」は、金額的重要性が乏しくなった
          ため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。また、「その他」に含めて表示しておりま
          した「在外子会社の留保金」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。こ
          の表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組み替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度における「益金不算入の収益」0.5%および「その他」0.7%は、                                           「在外子会社の
          留保金」1.2%および「その他」0.0%として組み替えております。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
       1.報告セグメントの概要
          当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が
         経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社グループは、製品・サービスを軸とした事業部制を採用しており、各事業部は取り扱う製品・サービスに
         ついて国内および海外における包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
          したがいまして、当社グループの事業は親会社の事業部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成
         されており、「自動車部品事業」、「産業資材事業」および「高機能エラストマー製品事業」の3つを報告セグ
         メントとしております。
          なお、各報告セグメントは、以下の製造・販売を行っております。
           セグメントの名称                           主要な製品
                       自動車用伝動ベルト製品(補機駆動用伝動ベルトおよび補機駆動用伝動システム

         自動車部品事業
                       製品)、二輪車用伝動ベルト製品(スクーター用変速ベルトなど)
                       一般産業用伝動ベルト製品(産業機械用Vベルト、歯付ベルト、プーリなど)、そ

         産業資材事業             の他伝動用製品、運搬ベルト(コンベヤベルト、樹脂コンベヤベルト、同期搬送
                       用ベルト)、運搬システム製品、もみすりロールなど
                       クリーニングブレード、高機能ローラ、精密ベルト、ポリウレタン機能部品、精
         高機能エラストマー製品事
                       密研磨材、建築資材用フイルム、医療用フイルム、装飾表示用フイルム、工業用
         業
                       フイルムなど
       2.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
         ける記載と同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部
         収益および振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                  77/104









                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       3.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
         前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                       :百万円)

                                                    (単位
                        報告セグメント
                                                       連結財務諸
                                         その他
                                                   調整額
                            高機能エラ
                                                        表計上額
                                              合計
                 自動車部品      産業資材事
                                                   (注)2
                                        (注)1
                            ストマー製        計
                                                        (注)3
                  事業      業
                             品事業
     売上高
                   42,750      33,028      15,563      91,342      1,929     93,272       -   93,272
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     94      68      55     218     701     920    △ 920      -
      売上高または振替高
                   42,844      33,096      15,619      91,561      2,630     94,192      △ 920    93,272
          計
                   3,323      1,924       759     6,007      275    6,283     △ 322    5,960
     セグメント利益
                   32,810      28,507      10,670      71,987      2,296     74,284     16,480     90,765
     セグメント資産
     その他の項目
      減価償却費(注)4             2,432      1,004       717     4,154      123    4,278      120    4,398
      有形固定資産および
      無形固定資産の増加             1,736      1,110       854     3,701       15    3,717      958    4,675
      額(注)5
                     -      81      10      91     -     91     -     91
      減損損失
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主としてロボット関連
               デバイス事業他であります。
             2.調整額は以下のとおりです。
             (1)セグメント利益の調整額△322百万円には、セグメント間取引消去△1百万円、全社費用△320百
                万円が含まれております。全社費用は、各報告セグメントに配賦した一般管理費および研究開発
                費の予定配賦額と実績発生額との差額および各報告セグメントに帰属しない研究開発費でありま
                す。
             (2)セグメント資産の調整額16,480百万円には、セグメント間の債権の相殺消去等△4,794百万円、
                全社資産21,275百万円が含まれております。
             (3)有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額958百万円は、主に報告セグメントに帰属し
                ない固定資産等に係るものであります。
             3.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
             4.減価償却費には長期前払費用の償却額が含まれております。
             5.有形固定資産および無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
                                  78/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)
                                                       :百万円)

                                                    (単位
                        報告セグメント
                                                       連結財務諸
                                         その他
                                                   調整額
                            高機能エラ
                                                        表計上額
                                              合計
                 自動車部品      産業資材事
                                                   (注)2
                                        (注)1
                            ストマー製        計
                                                        (注)3
                  事業      業
                             品事業
     売上高
                   40,232      31,368      14,777      86,378      2,008     88,387       -   88,387
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     87      77     137      302     501     803    △ 803      -
      売上高または振替高
                   40,320      31,446      14,914      86,680      2,509     89,190      △ 803    88,387
          計
                   2,937      1,991       294     5,222      427    5,650      245    5,896
     セグメント利益
                   34,001      29,158      11,000      74,160      2,403     76,563     20,132     96,695
     セグメント資産
     その他の項目
      減価償却費(注)4             2,171      1,183       686     4,041      102    4,144       37    4,181
      有形固定資産および
      無形固定資産の増加             2,050       950      671     3,672       14    3,687      871    4,558
      額(注)5
                     -      -      17      17     -     17     -     17
      減損損失
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主としてロボット関連
               デバイス事業他であります。
             2.調整額は以下のとおりです。
             (1)セグメント利益の調整額245百万円には、セグメント間取引消去15百万円、全社費用229百万円が
                含まれております。全社費用は、各報告セグメントに配賦した一般管理費および研究開発費の予
                定配賦額と実績発生額との差額および各報告セグメントに帰属しない研究開発費であります。
             (2)セグメント資産の調整額20,132百万円には、セグメント間の債権の相殺消去等△3,522百万円、
                全社資産23,654百万円が含まれております。
             (3)有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額871百万円は、主に報告セグメントに帰属し
                ない固定資産等に係るものであります。
             3.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
             4.減価償却費には長期前払費用の償却額が含まれております。
             5.有形固定資産および無形固定資産の増加額には、長期前払費用の増加額が含まれております。
                                  79/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         【関連情報】
             前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:百万円)
                日本         アジア          中国         欧米他           計
                          22,584          11,533          11,129

                 48,025                                      93,272
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:百万円)
                日本      アジア(うちタイ)             中国         欧米他           計
                 17,804       7,354(3,933)             1,378          2,949         29,486

           3.主要な顧客ごとの情報

             連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の外部顧客への売上高がないため、記載を省略してお
            ります。
             当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                     (単位:百万円)
                日本         アジア          中国         欧米他           計
                          22,206          10,263          10,128

                 45,787                                      88,387
            (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
            (2)有形固定資産

                                                     (単位:百万円)
                日本      アジア(うちタイ)             中国         欧米他           計
                 17,765       7,425(3,969)             1,280          2,665         29,137

           3.主要な顧客ごとの情報

             連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の外部顧客への売上高がないため、記載を省略してお
            ります。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
                                  80/104



                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

           1.関連当事者との取引
             前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
              重要性が乏しいため、記載を省略しております。
             当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

              重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
              該当事項はありません。
           (2)重要な関連会社の要約財務情報

              当連結会計年度において、重要な関連会社はPT.                        Bando   Indonesiaであり、その要約財務諸表は以下
             のとおりであります。
                                               (単位:百万円)
                               前連結会計年度              当連結会計年度
             流動資産合計                        4,154              4,604
             固定資産合計                        3,018              2,875
             流動負債合計                        2,007              1,729

             固定負債合計                        1,122              1,323
             純資産合計                        4,043              4,428

             売上高                        9,041              8,255

             税引前当期純利益金額                         787             1,033
             当期純利益金額                         573              791
                                  81/104






                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
               項目
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
      1株当たり純資産額(円)                              1,168.48                 1,276.46

      1株当たり当期純利益金額(円)                                93.31                 107.90
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                              至 平成28年3月31日)                 至 平成29年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                      4,386                 4,951
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      4,386                 4,951
      当期純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                               47,009                 45,890
         3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度末                 当連結会計年度末
                              (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                55,204                 58,741
     純資産の部の合計額から控除する金額
                                       418                 220
     (百万円)
     (うち非支配株主持分(百万円))                                (418)                 (220)
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                54,785                 58,520
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期
                                     46,886                 45,846
     末の普通株式の数(千株)
         4.1株当たり当期純利益金額の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
           (当連結会計年度464千株)
            また、「従業員持株会信託口」および「役員報酬BIP信託口」が保有する当社株式を、1株当たり純資
           産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式に含めております。(当連結会計年度640千株)
         5.当社は、平成28年10月1日付で、普通株式について2株につき1株の割合で株式併合を行っております。前
           連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額および1株当たり純資
           産額を算定しております。
                                  82/104








                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
         (連結子会社間の合併)
          当社は、平成28年12月26日開催の取締役会において、当社の完全子会社である西日本バンドー株式会社(以
         下、「西日本バンドー」という。)と東日本バンドー株式会社(以下、「東日本バンドー」という。)の合併お
         よび存続会社の商号変更を行うことを決議し、平成29年4月1日付で合併および存続会社の商号変更を行ってお
         ります。
         1.合併の目的

          当社の国内販売子会社である2社の経営を統合し、地域密着の販売体制を堅持しつつ全国規模の会社として
         事業拡大を図るとともに、グループとしての販売戦略の一貫性の確保と経営の一層の効率化を通し、グループ収
         益力の強化を図ることを目的としております。
         2.合併の要旨
        (1)合併の日程
          合併決議取締役会(当社)             平成28年12月26日
              (合併当事会社)         平成28年12月27日
          合併契約締結日             平成28年12月27日
          合併承認株主総会             平成29年1月16日
          合併期日(効力発生日)             平成29年4月1日
        (2)合併方式
          西日本バンドーを存続会社とし、東日本バンドーを消滅会社とする吸収合併方式です。なお、本合併は当社の
         完全子会社同士の合併であるため、これに伴う当社に対する合併対価の交付はありません。
        (3)合併後の会社の名称
          バンドー・I・C・S         株式会社
         3.合併当事会社の概要
                                                  平成29年3月31日現在
                         存続会社                      消滅会社
     (1)商号                 西日本バンドー株式会社                      東日本バンドー株式会社

     (2)所在地              大阪市淀川区西中島六丁目1番1号                       東京都中央区築地二丁目3番4号

                         松尾   聡                   荒木   孝
     (3)代表者
                伝動ベルト製品・運搬ベルト、ポリウレタン機                      伝動ベルト製品・運搬ベルト、ポリウレタン機
     (4)事業内容
                能部品などの加工、販売                      能部品などの加工、販売
     (5)資本金                    90百万円                      72百万円
     (6)決算期                    3月31日                      3月31日

         4.実施する会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)および「企業結合会計基準及び
          事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支
          配下の取引として会計処理しております。
                                  83/104







                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高       利率
       会社名           銘柄        発行年月日                         担保     償還期限
                                (百万円)      (百万円)       (%)
      バンドー化学                     平成年月日                             平成年月日

                                  3,000        -
                                              0.99
                第1回無担保社債                                    なし
                          24.1.23                             29.1.23
     株式会社
                                  (3,000)        (-)
      バンドー化学                     平成年月日                             平成年月日

                                    -     3,000
                                              0.24
                第2回無担保社債                                    なし
                          29.1.20                             34.1.20
     株式会社
                                   ( - )     (-)
      バンドー化学                     平成年月日                             平成年月日

                                    -     3,000
                                              0.40
                第3回無担保社債                                    なし
                          29.1.20                             36.1.19
     株式会社
                                   ( - )     (-)
                                  3,000      6,000
                  -         -                  -      -      -
        合計
                                  (3,000)        ( - )
      (注)1.(        )内書は、1年以内の償還予定額であります。
         2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
             1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内

            (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                 -

                         -        -        -      3,000
         【借入金等明細表】

                                             平均利率
                               当期首   残高    当期末残高
                 区分                             (%)        返済期限
                               (百万円)       (百万円)
                                             (注)1
                                               3.75
     短期借入金                             1,555       1,421              -
                                               1.11

     1年以内に返済予定の長期借入金                              491      3,078              -
     1年以内に返済予定のリース債務(注)2                              21       33      -       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                                             平成29年4月~平成
                                  7,513       4,913       0.92
     (注)3                                             35年2月
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                                             平成29年4月~平成
                                    35       67      -
     (注)2,3                                             34年6月
                 合計                 9,616       9,514        -       -
      (注)1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金およびリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は
           以下のとおりであります。
                     1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
               区分
                      (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
            長期借入金             1,787        1,590        1,390          45       100

            リース債務              24        16        14        11        0

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                  84/104




                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(百万円)                        21,850         43,813         65,772         88,387
     税金等調整前四半期(当期)純利益
                             1,291         2,762         5,013         6,553
     金額(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期(当期)
                               985        2,095         3,797         4,951
     純利益金額(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益金額
                             21.34         45.60         82.74         107.90
     (円)
     (会計期間)                    第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額(円)                        21.34         24.30         37.22         25.16
       (注)当社は、平成28年10月1日付で、普通株式について2株につき1株の割合で株式併合を行っております。当連
          結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定しており
          ます。
                                  85/104















                                                           EDINET提出書類
                                                      バンドー化学株式会社(E01092)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         8,372              9,906
         現金及び預金
                                         ※1 122             ※1 371
         受取手形
                                         ※1 490             ※1 565
         電子記録債権
                                        ※1 11,718             ※1 12,191
         売掛金
                                         1,453              1,555
         商品及び製品
                                         1,200              1,148
         仕掛品
                                           307              336
         原材料及び貯蔵品
                                           241              216
         前払費用
                                           93              161
         繰延税金資産
                                        ※1 1,225             ※1 1,597
         その他
                                           △ 8              -
         貸倒引当金
                                         25,215              28,051
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※3 5,893             ※3 5,752
          建物
                                           315              303
          構築物
                                         3,685              4,136
          機械及び装置
                                           20              13
          車両運搬具
                                           507              694
          工具、器具及び備品
                                         4,185              4,185
          土地
                                            7              10
          リース資産
                                         1,155               685
          建設仮勘定
                                         15,772              15,782
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           684              610
          ソフトウエア
                                           174              615
          その他
                                           859             1,225
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         5,049              5,845
          投資有価証券
                                         12,110              12,295
          関係会社株式
                                         2,626              2,626
          関係会社出資金
                                          ※1 80
                                                          -
          長期貸付金
                                           94              60
          長期前払費用
         &nbs