株式会社JMAホールディングス 有価証券報告書 第56期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

有価証券報告書-第56期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社JMAホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成29年6月26日

     【事業年度】                      第56期(自       平成28年4月1日          至   平成29年3月31日)

     【会社名】                      株式会社JMAホールディングス

     【英訳名】                      JMA HOLDINGS Inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長         丸尾 健司

     【本店の所在の場所】                      東京都港区芝公園三丁目1番22号

     【電話番号】                      03(3436)4304

     【事務連絡者氏名】                      常務取締役 事業・管理本部本部長                   小島 厚

     【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区一ツ橋一丁目2番2号

     【電話番号】                      03(3436)4304

     【事務連絡者氏名】                      常務取締役 事業・管理本部本部長                   小島 厚

     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                  1/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
            回次            第52期       第53期       第54期       第55期       第56期

           決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                        30,014,115       31,878,616       19,532,353       20,919,646       20,333,883

     売上高             (千円)
                         245,525      1,068,354       1,165,711         691,108      1,252,862

     経常利益金額             (千円)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益金額又は
                         929,185       △ 77,270       648,198       223,796       725,315
                  (千円)
     親会社株主に帰属する
     当期純損失金額(△)
     包括利益金額             (千円)       916,775        29,856       714,031       168,000       698,221
                        12,597,941       12,834,913       13,630,000       13,776,076       14,598,046

     純資産額             (千円)
                        29,278,971       20,590,993       22,250,738       22,386,861       23,991,962

     総資産額             (千円)
                      1,461,701.90       3,594,827.47       3,881,554.43       3,997,509.90       4,093,605.43

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり当期純利益金
                        108,021.68       △ 10,050.35       183,357.62        64,175.70       206,073.19
     額又は当期純損失金額             (円)
     (△)
     潜在株式調整後
     1株当たり当期純利益             (円)         -       -       -       -       -
     金額
                           42.8       62.1       61.0       61.3       60.6
     自己資本比率             (%)
                           7.4      △ 0.5       4.8       1.6       5.0

     自己資本利益率             (%)
     株価収益率             (倍)         -       -       -       -       -

     営業活動による
                          20,943      1,878,140       1,752,768       1,231,681         253,828
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 496,607      △ 514,647       △ 96,287       274,656     △ 1,665,833
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        △ 305,325      △ 610,704      △ 208,204        68,917       904,963
                  (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        7,637,626       6,517,561       7,973,081       9,517,946       8,995,811
                  (千円)
     の期末残高
                          1,345         846       830       802       798
     従業員数
                   (名)
     〔ほか平均臨時雇用人員〕                    〔 206  〕     〔 108  〕     〔 92 〕     〔 118  〕     〔 104  〕
     (注1)売上高には、消費税等は含まれておりません。
     (注2)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     (注3)株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
     (注4)第53期連結会計年度末をみなし除外日として、主要子会社を持分法適用会社としているため、売上高等が減少
         しております。
                                  2/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第52期       第53期       第54期       第55期       第56期
           決算年月            平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月

                         732,717       631,007       631,932       573,306       700,346

     売上高             (千円)
     経常利益金額又は経常損
                         181,263       125,551        63,741      △ 567,696      △ 316,274
                  (千円)
     失金額(△)
     当期純利益金額又は
                         661,680       440,738        99,697      △ 165,160      △ 243,379
                  (千円)
     当期純損失金額(△)
                         500,000       500,000       500,000       500,000       500,000
     資本金             (千円)
                      甲種類株式       甲種類株式       甲種類株式       甲種類株式       甲種類株式

                          38,906       38,906       38,906       38,906       38,906
     発行済株式総数             (株)
                      乙種類株式       乙種類株式       乙種類株式       乙種類株式       乙種類株式
                            76       76       76       76       76
                        11,193,443       11,345,688       11,445,261       11,256,034       11,025,674

     純資産額             (千円)
                        14,077,559       14,054,518       14,270,329       13,448,953       14,528,175

     総資産額             (千円)
                      1,304,183.41       3,190,714.17       3,274,109.04       3,280,986.83       3,105,189.90

     1株当たり純資産額             (円)
                          5,000       5,000       5,000       5,000       5,000
     1株当たり配当額
                   (円)
                           ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     (1株当たり中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                        76,923.07       57,325.32       28,201.83      △ 47,361.38      △ 69,147.70
     金額又は1株当たり当期             (円)
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                           79.5       80.5       80.2       83.7       75.9
     自己資本比率             (%)
                           5.9       3.9       0.8      △ 1.4      △ 2.2

     自己資本利益率             (%)
     株価収益率             (倍)         -       -       -       -       -

                           6.5       8.7       17.7

     配当性向             (%)                               -       -
                            5       5       6       7       ▶
     従業員数
                   (名)
     〔ほか平均臨時雇用人員〕                     〔 1 〕      〔 1 〕     〔   1 〕     〔 -〕      〔 -〕
     (注1)売上高には、消費税等は含まれておりません。
     (注2)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。
     (注3)株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
     (注4)第55期及び第56期は当期純損失を計上しているため、配当性向は記載しておりません。
                                  3/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
       提出会社は、社団法人日本能率協会のビル建設、その後の管理運営を目的として、社団法人日本能率協会の主要会
      員が株主となり、昭和36年7月に日本協立地所株式会社として設立されました。設立以降の沿革は次の通りでありま
      す。
        年月                           概要

      昭和36年7月       東京都中央区銀座にビル建設、管理運営を事業目的として、資本金2億5千万円で日本協立地所株

             式会社(現・株式会社JMAホールディングス)を設立。
      昭和38年5月       資本金5億円に増資。
      昭和39年1月       協立ビルディング(現・日本能率協会ビル、現・社屋及び賃貸建物)竣工。
      昭和42年5月       日本協立株式会社と社名変更。
      昭和44年5月       本社を東京都港区に移転。
      昭和45年5月       株式会社二チノーと社名変更。
      昭和46年11月        社団法人日本能率協会の収益事業だったコンピュータ事業部を独立分離し、社団法人日本能率協
             会グループの一員として株式会社ジェーエムエーシステムズ(現・連結子会社)を設立。資本金
             3億8150万円。
      昭和55年4月       社団法人日本能率協会の収益事業だったコンサルティング事業を独立分離し、社団法人日本能率
             協会グループの一員として株式会社日本能率協会コンサルティング(現・連結子会社)を設立。
             資本金1億5千万円。
      昭和59年4月       社団法人日本能率協会の収益事業だった総合研究所とマーケティング・データバンクを統合独立
             し、社団法人日本能率協会グループの一員として株式会社日本能率協会総合研究所(現・連結子
             会社)を設立。資本金1億5千万円。
      平成3年8月       社団法人日本能率協会の収益事業だった社内教育事業、手帳事業、出版事業等を独立分離し、社
             団法人日本能率協会グループの一員として株式会社日本能率協会マネジメントセンターを設立。
             資本金10億円。
      平成17年1月       社団法人日本プラントメンテナンス協会の収益事業を独立分離し、社団法人日本能率協会グルー
             プの一員として株式会社JIPMソリューションを設立。資本金1億円。
      平成23年3月       株式会社JMAホールディングスと社名変更。株式会社ジェーエムエーシステムズ、株式会社日本
             能率協会コンサルティング、株式会社日本能率協会総合研究所、株式会社日本能率協会マネジメ
             ントセンター及び株式会社JIPMソリューションを株式交換により完全子会社とし、持株会社体制
             へ移行。
      平成25年7月       株式会社日本能率協会コンサルティングが株式会社JIPMソリューションを吸収合併。資本金2億5
             千万円。
                                  4/92






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社グループは、当社、当社の子会社10社(うち連結子会社10社)及び関連会社1社(うち持分法適用会社1社)の
      計12社によって構成され、調査、コンサルティング、出版等のサービスを提供するシンクタンク・コンサルティング
      事業と、情報システムの開発、導入、運用等を提供するITソリューション事業、不動産賃貸を行う不動産賃貸事業を
      主な事業として取り組んでおります。
       当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであ
      ります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
       (シンクタンク・コンサルティング事業)

       当社の連結子会社である㈱日本能率協会コンサルティングを中心として、R&D開発マネジメント領域、戦略・マー
      ケティング領域、生産・ロジスティクス領域など、各領域のプロフェッショナルコンサルタントによって、改善・革
      新方向を提案するだけに終わることなく、実践・成果実現とそのフォローまでを確実に行うことを特徴としたコンサ
      ルティングサービスを提供しております。
       (ITソリューション事業)
       当社の連結子会社である㈱ジェーエムエーシステムズを中心として、コンサルティングサービスからシステム導
      入、運用に至るまで、お客様の経営課題に応える最適なソリューションを提供するサービスを行っております。
       (不動産賃貸事業)
       当社は、不動産賃貸事業を行っております。また持株会社として子会社及び関連会社を統括しております。
      [事業系統図]

                                  5/92













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                            資本金又は               議決権の所有

                                   主要な事業
          名称           住所       出資金              [被所有]割合         関係内容
                                    の内容
                             (千円)                (%)
     (連結子会社)
     ㈱ジェーエムエーシステム                             ITソリューショ
                                                  役員の兼任      5名
                   東京都港区           381,500                100.0
     ズ(注2、6)                             ン事業
                                  シンクタンク・
                                                  事務所賃貸
     ㈱日本能率協会コンサル
                   東京都千代田区           250,000     コンサルティン           100.0
     ティング(注2、6)                                             役員の兼任 6名
                                  グ事業
                                  シンクタンク・
                                                  事務所賃貸
     ㈱日本能率協会総合研究所
                   東京都港区           150,000     コンサルティン           100.0
     (注2、6)
                                                  役員の兼任 5名
                                  グ事業
     ㈱クロスオーバー
                                  ITソリューショ           100.0
                   東京都港区            16,000                    役員の兼任 1名
                                  ン事業           (100.0)
     ㈱フューチャーマネジメン                             シンクタンク・
                                              50.0
                                                  役員の兼任      1名
     トアンドイノベーションコ             東京都港区            24,000    コンサルティン
                                              (50.0)
     ンサルティング(注5)                             グ事業
                                  シンクタンク・
     JMA  Consultants      Europe      イタリア            1,000               100.0
                                  コンサルティン                役員の兼任 1名
                                             (100.0)
     S.p.A.             ミラノ           千ユーロ
                                  グ事業
                                  シンクタンク・
     捷勵克日能咨詢(上海)             中華人民共和国            5,276
                                              100.0
                                  コンサルティン                役員の兼任 1名
                                             (100.0)
     有限公司             上海             千元
                                  グ事業
                                  シンクタンク・
     邦捷管理咨詢(上海)             中華人民共和国             200
                                              51.0
                                  コンサルティン                役員の兼任 1名
                                              (51.0)
     有限公司             上海             千元
                                  グ事業
                                  シンクタンク・
     JMA Consultants              タイ            5,000
                                              100.0
                                  コンサルティン                役員の兼任 1名
                                             (100.0)
     (Thailand) Co.,Ltd.             バンコク         千タイバーツ
                                  グ事業
                                  シンクタンク・
                   大韓民国
                            1,142,500千                  100.0
     韓国JMAC㈱                             コンサルティン                役員の兼任 1名
                            韓国ウォン                 (100.0)
                   ソウル
                                  グ事業
                                  6/92











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                            資本金又は               議決権の所有
                                   主要な事業
          名称           住所       出資金              [被所有]割合         関係内容
                                    の内容
                             (千円)                (%)
      (持分法適用関連会社)
                                  シンクタンク・
     ㈱日本能率協会マネジメン
                                                  役員の兼任      2名
                   東京都中央区          1,000,000      コンサルティン            39.5
     トセンター(注3)
                                  グ事業
     (注1)主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
     (注2)特定子会社であります。
     (注3)有価証券報告書を提出しております。
     (注4)「議決権の所有[被所有]割合」の( )内は、間接所有割合で内数であります。
     (注5)持分は、100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としております。
     (注6)㈱ジェーエムエーシステムズ、㈱日本能率協会コンサルティングおよび㈱日本能率協会総合研究所につい
        ては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
      主要な損益情報等
     ㈱ジェーエムエーシステムズ                     売上高                 9,458,087千円
                           経常利益                  657,140千円
                           当期純利益                  413,728千円
                           純資産額                 1,827,947千円
                           総資産額                 4,915,218千円
     ㈱日本能率協会コンサルティング                     売上高                 5,878,064千円

                           経常利益                  479,352千円
                           当期純利益                  206,871千円
                           純資産額                 3,068,369千円
                           総資産額                 5,996,436千円
     ㈱日本能率協会総合研究所                     売上高                 3,530,218千円

                           経常利益                  366,360千円
                           当期純利益                  255,098千円
                           純資産額                 3,179,865千円
                           総資産額                 4,833,948千円
                                  7/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1) 連結会社の状況
                                               平成29年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
     シンクタンク・コンサルティング事業                                      424(77)

     ITソリューション事業                                      370(27)

     不動産賃貸事業                                       1( )

     全社(共通)                                       3(-)

                 合計                          798(104)

      (注1)従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者
          を含む、就業人員数であります。
      (注2)従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
      (注3)全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。
      (2) 提出会社の状況

                                               平成29年3月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)             平均勤続年数            平均年間給与(千円)
              4(-)               54.8           4年7か月               9,731

              セグメントの名称                            従業員数(名)

     不動産賃貸事業                                       1(-)

     全社(共通)                                       3(-)

                 合計                            4(-)

      (注1)従業員数は、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む、就業人員数であります。
      (注2)従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
      (注3)平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (注4)全社(共通)は、特定のセグメントに区分できない管理部門の従業員であります。
      (3) 労働組合の状況

        労働組合はありません。
        なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  8/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      (1) 業績
        当連結会計年度における世界経済は、前半では米国経済の足踏み、中国経済の失速懸念、新興国経済の危うさ等
       により減速が見られましたが、後半では、米国のトランプ大統領勝利による、大型減税、インフラ投資の拡大等へ
       の期待を背景とした米国経済の持ち直し、そして中国経済の下支え等の進行により、全体としては穏やかな持ち直
       しが進んでいます。
        一方、我が国におきましては、為替レートが円高に動いたことから、設備投資への慎重さが見られたものの、企
       業の業績は改善され、穏やかな回復基調が続いています。しかし、個人消費等の支出面への波及は十分ではなく、
       また物価についても横ばいの状態が続いています。
        このような状況下、売上高は20,333,883千円(前年同期比2.8%減)、営業利益は940,808千円(前年同期比
       100.7%増)、経常利益は1,252,862千円(前年同期比81.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は725,315千
       円(前年同期比224.1%増)となりました。
        セグメントの業績は以下のとおりです。 
      (シンクタンク・コンサルティング事業)

        シンクタンク・コンサルティング事業は、官公需の下支えの下、緩やかな景気回復が続いているものの、前連結
       会計年度と比べて、減収増益となりました。世界的に景気動向が不透明になる中で、シンクタンク事業もコンサル
       ティング事業も先行きが読みにくい状況ですが、今後の景気動向をよく判断しながら、事業運営に努めていきま
       す。
        このような状況下、外部への売上高は10,447,450千円(前年同期比1.0%減)、セグメント利益は719,486千円
       (前年同期比82.2%増)となりました。
      (ITソリューション事業)

        ITソリューション事業は、前連結会計年度から続く金融事業系の大型案件で一定量の受注規模を確保できたこ
       と、ベンダー系事業、プライム系事業、関西事業でもそれぞれの事業が堅調に推移したこと、また自社開発製品で
       あるKAITOシリーズの堅調な販売もあり、全体では、期初の予算を達成する活動実績となりました。
        当連結会計年度を含む2017年度までの中期事業計画では、売上高90億円超、営業利益率10%を確実に達成できる
       組織体質作りを目標としており、当連結会計年度は、前連結会計年度実績を下回ったものの、中期事業計画上では
       順調な推移となっております。
        このような状況下、外部への売上高は9,539,599千円(前年同期比4.5%減)、セグメント利益は660,799千円
       (前年同期比5.0%増)となりました。
                                  9/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (不動産賃貸事業)
        「新・日本能率協会ビル」の建設につきましては、2017年11月の竣工、2018年1月のオープンを目指
       し、ほぼ予定通りに進行しています。
        入居するJMAグループの各法人では、「働き方改革」に基づいたオフイスの機能・レイアウトの検討を進めて
       おり、また、セミナールームにつきましては、より学習しやすい環境づくりを目指し、研究・検討を進めていま
       す。
        このような状況下、外部への売上高は347,379千円(前年同期比61.4%増)、セグメント損失は215,413千円(前
       年同期は398,662千円の損失)となりました。
      (2) キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、8,995,811千円(前年同期
       比5.5%減)となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において営業活動により得られた資金は、253,828千円(前年同期比79.4%減)となりました。こ
       れは主に税金等調整前当期純利益によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において投資活動により使用した資金は、1,665,833千円(前年同期は274,656千円の取得)とな
       りました。これは主に有形固定資産の取得による支出によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度において財務活動により得られた資金は、904,963千円(前年同期比1213.1%増)となりまし
       た。これは、主に長期借入金の収入によるものです。
                                 10/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 【生産、受注及び販売の状況】
      (1)生産実績
      当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
       セグメントの名称                     生産高(千円)          前年同期比(%)
       シンクタンク・コンサルティング事業                            -          -
       ITソリューション事業                        7,581,917             95.5
       不動産賃貸事業                            -          -
       合計                        7,581,917             95.5
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (注2) 金額は、製造原価によっております。
       (注3) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       (注4) シンクタンク・コンサルティング事業に含まれておりますコンサルティング事業、研修事
           業は、生産として捉えておりませんので、上記金額に含めておりません。
      (2)受注実績

      当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                            受注高               受注残高
                                   前年同期比               前年同期比
       セグメントの名称
                            (千円)        (%)        (千円)        (%)
       シンクタンク・コンサルティング事業                     9,617,245          103.2      1,046,966          151.8
       ITソリューション事業                     9,286,525          90.5     1,115,637          76.0
       不動産賃貸事業                        -        -        -        -
       合計                    18,903,770           96.6     2,162,603          100.2
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (注2) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       (注3) シンクタンク・コンサルティング事業に含まれております出版事業、研修事業につきまし
           ては、受注販売を行っていないため、上記の金額に含まれておりません。
      (3)販売実績

      当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
       セグメントの名称                   販売高(千円)        前年同期比(%)
       シンクタンク・コンサルティング事業                     10,447,450            99.0
       ITソリューション事業                      9,539,053           95.4
       不動産賃貸事業                       347,379          93.7
       合計                     20,333,883            97.2
       (注1) セグメント間取引については、相殺消去しております。
       (注2) 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                          前連結会計年度               当連結会計年度
       相手先
                       販売高(千円)         割合(%)       販売高(千円)         割合(%)
       みずほ情報総研(株)                  5,060,060         24.2      4,708,716         23.2
       (注3) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 11/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       現在の我が国の経済は、円安の進行等による企業収益の改善や設備投資及び個人消費の持ち直しなどを背景に穏や
      かに回復しつつあります。
       当社グループはこれらのことを踏まえ、以下のような課題に取り組んでまいります。
       (1) 事業競争力の向上

         市況のグローバル化や顧客ニーズの多様化に対応するために、既存事業の品質と生産性の向上に努めるととも
         に、上記の経営とITの連動による新しい価値創造、アジアの発展に向けたグローバル化対応支援、産業界の発
         展に向けた官公庁による政策の支援等に関する新規事業の開拓に積極的に取り組んでまいります。
       (2) 人材の充実

         当社グループにとって人材が最も重要な経営資源であると認識しており、人材の確保と育成が極めて重要な課
         題であります。そのため、人材に対する投資を積極的に行い、人材育成に努めてまいります。
       (3) CSR(企業の社会的責任)経営の推進

         当社グループの健全な成長と企業価値の向上のためには、企業の社会的責任(CSR)に立った経営が不可欠と
         認識しております。CSRを遂行し、当社グループの関係する全ての人々から信頼されるグループになるべく努
         力してまいります。
       (4) 内部統制、コーポレート・ガバナンスの向上

         経営の透明性、健全性、遵法性を確保するためにコーポレート・ガバナンスの向上が不可欠であると認識して
         おり、その基盤として、内部統制機能の確立は極めて重要な課題であると考えております。当社グループにお
         いて、より健全で効率的な経営を遂行するためにより一層、内部統制の充実を図ってまいります。
                                 12/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     4  【事業等のリスク】
       当社グループの事業等において、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、次のようなものがあ
      ります。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の対応に努
      める所存です。また、当社グループとして必ずしも事業上のリスクとして考えていない事項についても、投資家の投
      資判断、あるいは当社グループの事業活動を理解するうえで重要と考えられる事項については、投資家に対する積極
      的な情報開示の観点から記載しております。
       なお、これらは事業等に関するリスクのうち代表的なものであり、実際に起こり得るリスクはこの限りではありま
      せん。また、本文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであり
      ます。
       (1) 情報サービス産業について

          情報サービス分野においては、景気の回復を受け、企業の収益の改善が見られるものの実体経済面での回復
         まで、投資の抑制やコンサルティング等への支出抑制が懸念されております。このような状況下、業界内の価
         格競争が加速する可能性があります。当社グループは、コンサルティングからシステム開発・運用に至る総合
         力をさらに高め、サービスの高付加価値化により競合他社との差別化を図るとともに生産性の向上等の質的転
         換に取り組んでいます。しかしながら、想定以上の価格競争が発生した場合、当社グループの業績が影響を受
         ける可能性があります。
       (2) システム開発について

          情報システムは、重要な社会インフラであり、完成後の安定稼動に向け、開発段階から品質管理、リスク管
         理が重要と考えています。当社グループは、教育研修等を通じプロジェクトマネージャの管理能力の向上に努
         め、また、ISO(国際標準化機構)9001に準拠した品質マネジメントを整備しています。特に一定規模以上
         のプロジェクトに対しては、プロジェクト立上げ段階から安定稼動まで進捗状況に応じ納期・コスト・品質面
         からの審査を施しプロジェクト運営の改善を進めています。しかしながら、作業工数の増加や納品後の性能改
         善等の追加費用が発生した場合、最終的な採算が悪化する可能性があります。
       (3) 官公庁との取引について

          官公庁においては、一般競争入札の増加など、市場環境が大きく変化し、受注競争激化や価格下落の傾向が
         強まっております。当社グループでは、生産性の向上、高品質による非価格競争力、品質管理の徹底等により
         顧客の信頼をより強固なものとするよう努力しておりますが、予想を超える官公庁の予算縮小等があった場合
         には、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4) 人材の確保・育成について

          お客様の多様なニーズに応えるサービスを行っていくためには、優秀な人材を確保し、育成していく必要が
         あると考えております。採用に関しては、優秀な学生の母集団形成を行うべく就職活動支援サイトや各種メ
         ディアへの積極的な露出と知名度アップ、留学生フェアなどでの国内学生とは視点の異なる人材の積極的な採
         用、大学との積極的な連携維持等に努めています。また、人材育成面では、若手層の退職率低減のために、採
         用時の選考過程で業種ミスマッチ判断を強化しています。さらには、業務に直接必要な技術の研修だけではな
         く、定期的に自己を振り返り、ストレス耐性を強め、リーダーシップを育成するなど人間力強化の施策に努め
         ています。しかしながら、少子化や労働市場の流動化等の理由により、事業展開上必要な量の人材の確保・維
         持が困難となる状況となることが考えられます。その場合には業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (5) 情報セキュリティについて
          当社グループの事業では、顧客の機密情報や個人情報等を多く取り扱っており、それらの情報管理やセキュ
         リティ管理は最も重要な事項のひとつであります。このため、一部の事業では情報セキュリティマネジメント
         システムの認証を取得し、機密情報の適切な管理を行っています。また、常に高度なセキュリティレベルを維
         持するため、システムによる入退室の管理や、ネットワーク上のパソコン等の機器のセキュリティ管理の徹底
         を行っています。しかしながら、情報漏えい等の事態が発生した場合には、顧客等からの損害賠償請求や信用
         失墜に繋がり、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6) 業績の季節的変動について

          当社グループの主力事業であるシンクタンク・コンサルティング事業は、主要な取引先である企業や官公庁
         の会計年度の関係により、年度末に完了するプロジェクトが多いことから、上半期に比べて下半期の業績の方
         が売上高及び利益が高くなる傾向にあります。
                                 14/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     5 【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     6 【研究開発活動】

       当社グループは、グループ各社が各々の中長期的な事業の発展成長に資するため、顧客ニーズを先取りし、有用と
      思われる様々な研究テーマを抽出して研究開発を行っております。
      各事業の研究開発活動の内容は、以下のとおりであり、研究開発費の総額は225,893千円であります。
       なお、当事業年度において当社は研究開発活動を行っておりません。
      (1) シンクタンク・コンサルティング事業

          シンクタンク・コンサルティング事業の研究開発活動については、主に当社子会社の株式会社日本能率協会
         コンサルティングで行っております。株式会社日本能率協会コンサルティングでは、お客様へのコンサルティ
         ング活動と技術・商品開発活動を一体で進める伝統的な研究開発スタイルを踏襲し、地道に研究開発を進めて
         きました。
          一方、将来を先取りする研究開発活動としては、「IoT(Internet                                of  Things)4.0」「スマートファクト
         リー」「働き方改革」についての研究開発活動が挙げられます。
         「IoT4.0」「スマートファクトリー」の研究開発活動では、IoT技術を使ったFact-Finding・現状分析の実証
         実験を行い、新しいコンサルティングスタイルの構築を目指しています。このテーマは、当社連結子会社のシ
         ステム開発会社、株式会社ジェーエムエーシステムズと一緒に進めています。
          「働き方改革」は、生産年齢人口の減少、少子高齢化を迎える日本産業界にあって、どうしても取り組まざ
         るを得ない大改革で、そうした社会的改革ニーズに速やかに対応すべく、研究開発に取り組んでいます。「働
         き方改革」の研究では、業務プロセス改革を通じた残業削減や、女性活用、子育て支援、高齢者活用などのダ
         イバーシティなどを含めた就業環境の構造改革のためのマネジメント技術の開発に努めています。
          以上の研究開発に伴う研究開発費用は91,915千円です。
      (2) ITソリューション事業

          ITソリューション事業の研究開発は、主として(株)ジェーエムエーシステムズで行っております。毎週開催
         の「商品企画会議」を設け中長期的な視点に立った新規技術・先端技術の調査・研究、当社オリジナル商品の
         企画・開発に取り組んでおります。当連結会計年度は前連結会計年度に引き続き、スマートデバイス事業を推
         進する上で必要な関連技術の習得と深耕に加え、日本能率協会コンサルティングと共同でIoT関連のサービス
         の企画開発を行いました。
          ①  スマートデバイス向け製品の研究・開発
          スマートデバイス向け製品の研究・調査を前期に引き続き実施しています。
         事業企画部を中心に、社内横断的な協業体制の下で、業界動向や市場ニーズの調査を行なって商材のアイデア
         を出し、具体的な製品の企画・検討・評価までを実施しています。
         今期は下記の製品候補題材について調査・研究・製品化検討を引き続き行いました。
         ・  センサーなど各種の新しいデバイスの活用
         ・  人工知能技術の活用
          ②   KAITO   Secureシリーズの研究・開発
          「KAITO    Camera」について、より導入障壁を低くすると共に、利用料モデルへの転換を狙いクラウド版の製
         品化・リリースを行いました。「KAITO                   Recorder」についてもクラウド版の検討を開始しています。また、新
         たなOEM提供の検討も開始しています。
                                 15/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
          ③  Any3シリーズの研究・開発
         Office    365  と連携するWindows         タブレット向けのビジネスアプリ「Any3                   for  Office    365」について、iOS版
         の製品化の検討に着手しており、プロトタイプ版の開発と試験利用、市場調査を行いました。
          ④  「Beacapp」の研究・開発
         2011年にリリースしたビーコン端末を利用した位置情報活用クラウドサービス「Beacapp」のソリューション
         パック開発を行い、6つの業務パッケージをリリースしました。また、標準的なデータ分析画面の開発を開始
         しました。SDKのUnity,            HTML5,    Xamarin対応を行なっており、多様化するデバイスや開発環境に対応しまし
         た。
          ⑤  「スマートファクトリー」の研究・開発
         製造プロセスにてIoTを活用し、生産システムの高度化をめざす取組として「スマートファクトリー」の研
         究・開発を日本能率協会コンサルティングと共同で進めています。
         各種センサーを利用した人の作業分析の研究・開発・実証実験を引き続き実施しています。
          ⑥  クロスプラットフォーム対応開発環境「Xamarin」の研究・開発
         Microsoftが提供するクロスプラットフォーム「Xamarin」を活用したモバイルアプリ開発の研究開発を開始
         し、その一つとして、日本マイクロソフトが主催するイベント(「Forsight」「Tech                                        Summit」)の公式アプ
         リをXamarinにて開発し、本イベントの来場者に提供しました。合わせて、本アプリを様々なイベントに向け
         て提供していくための製品化検討を開始しました。
          ⑦  現状の情報システムの関連構造を可視化・影響分析ソリュージョンの研究・開発
          現状の情報システムの関連構造を可視化・影響分析ソリュージョンを活用しIT資産の評価とITシステム
         の再構築(モダナイゼーション)プログラムを研究・開発を推進しています。
          現状の情報システムを機能させている全てのデータ要素(ハード、ソフト、アプリケーションプログラム、
         ネットワーク、人・組織、製品、取引先、関連する外部要素など)メタデータ化し、リポジトリーとして保持
         することで、全てのメタデータの関連構造を分析できる技術を活用した商品開発です。システム再構築リスク
         の軽減や保守開発・運用コストの低減などの課題解決のために、現状システム実態を可視化・影響分析し、現
         状システムの再構築を成功に導くためのツールとして実践事例を技術化しています。
          実施事例として、京都市役所の情報システム再構築プロジェクトの支援をすべく、産総研(AIST)フ
         レームワークの技術を拡張技術を開発し、現状システムからの移行に伴うリスクを最小にするための可視化・
         影響分析に採用され実施しております。
          また、この技術を産総研フレームワークの拡張技術として正式化すべく、産総研からの研究委託事業として
         実施した。また、集計・影響分析の必要性から無秩序に活用・氾濫している利便性の高いエクセル(Exce
         l)データを統合でき、要件に沿ったシミュレーションが可能なツール(Jedox)を導入しております。
          ⑧  大手自動車メーカーのファイナンス会社におけるサイバーセキュリティ防護に対する組織能力を高める
         諸対策とマニュアルを作成し実施・運用マニュアルを行い、サイバーセキュリティ領域における商品開発を実
         施しました。
          ⑨  顧客の情報システム化の適正支援のためのRFI・RFP作成・適用技術の開発を行い、最適なベン
         ダー選定支援プログラムとして導入実績を作ることができました。
          ⑩  BPMによる業務プロセス改善活動に伴って必要な現状の業務量を簡易に測定するツール(BPEC)
         を導入
         業務プロセス改善を行う場合は必ず現状の業務量を把握します。BPECは現状の業務体系が標準整備され、
         業務の粒度レベルが定義されています。また、業務従事者への測定負荷を軽減する測定方法であるため、有用
         な技術として実証研究・商品化に取り組んでいます。
          以上の研究開発に伴う研究開発費用は133,977千円です。
                                 16/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1) 重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表及び当社の財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計
         基準に基づき作成されております。この連結財務諸表等の作成にあたり、見積りが必要な事項につきまして
         は、過去の実績などの合理的な基準に基づき見積りを行っております。
      (2) 財政状態の分析

         (流動資産)
         当連結会計年度末の流動資産の残高は14,607,719千円(前年同期比1.5%増)となりました。主な内容は、現金
         及び預金9,046,980千円、受取手形及び売掛金4,235,207千円であります。
         (固定資産)
         当連結会計年度末の固定資産の残高は9,384,243千円(前年同期比17.4%増)となりました。主な内容は、投資
         有価証券4,861,090千円、繰延税金資産(固定)1,392,522千円であります。
         (流動負債)
         当連結会計年度末の流動負債の残高は3,251,206千円(前年同期比3.3%減)となりました。主な内容は、支払
         手形及び買掛金725,162千円、未払法人税等302,744千円であります。
         (固定負債)
         当連結会計年度末の固定負債の残高は6,142,709千円(前年同期比17.0%増)となりました。主な内容は、退職
         給付に係る負債4,217,858千円、役員退職慰労引当金419,724千円であります。
         (純資産)
         当連結会計年度末の純資産の残高は14,598,046千円(前年同期比6.0%増)となりました。主な内容は、資本剰
         余金9,391,036千円、利益剰余金6,923,321千円であります。
      (3) キャッシュ・フローの分析

          キャッシュ・フローの分析につきましては、「1  業績等の概要  (2) キャッシュ・フローの状況」に記載
         の通りであります。
      (4) 経営成績の分析

          経営成績の分析につきましては、「1  業績等の概要  (1) 業績」に記載の通りであります。
                                 17/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の設備投資については、データベースの充実や、賃貸用建物のメンテナンス等を目的とした設備投
      資を継続的に実施しております。
       当連結会計年度の設備投資の総額は、2,000,375千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のと
      おりであります。なお、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
       (1) シンクタンク・コンサルティング事業
       当連結会計年度の主な設備投資は、業務用ソフトウエア更新を中心とする総額4,974千円の投資を実施しました。
      なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
       (2) ITソリューション事業
       当連結会計年度の主な設備投資は、サーバーやコンピューターの更新中心に75,329千円の投資を実施しました。
      なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
       (3) 不動産賃貸事業
       当連結会計年度の主な設備投資は、賃貸用建物の大改修を中心とする総額1,920,070千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 18/92














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 【主要な設備の状況】
      (1) 提出会社
                                               平成29年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
       事業所名      セグメント      設備の                                    従業員数
       (所在地)       の名称      内容                                     (名)
                                  土地    工具器具     建設    ソフト
                         建物    構築物                       合計
                                 (面積㎡)     及び備品     仮勘定    ウェア
      本社       不動産賃貸      事務所設備
                                 125,541                         ▶
                         84,230      -        2,907   1,742,820      4,333   1,959,833
                                 (1630.54)                        [-]
      (東京都港区)         事業    賃貸用設備
     (注1)賃貸用設備は、現在改修中です。
     (注2)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (注3)「従業員数」の[             ]内には、臨時従業員の年間平均人員数を外書きで記載しています。
      (2) 国内子会社

                                               平成29年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
        会社名       セグメント      設備の                                  従業員数
                          建物   機械装置
                                 工具器具
       (所在地)        の名称      内容                                  (名)
                                       土地    リース    ソフト
                                  及び
                          及び    及び                     合計
                                      (面積㎡)     資産    ウェア
                                  備品
                         構築物    運搬具
     ㈱ジェーエムエーシ
              ITソリュー      事務所用                    695                367
     ステムズ
                          53,905      -   38,900        77,289    28,566    161,714
              ション事業                        (893.00)                  [20]
                    設備
     (東京都港区)
              シンクタン
     ㈱日本能率協会コン
                    事務所用
              ク・コンサ                                          215
     サルティング
                          9,394      -   12,442      -    -   19,437    41,274
              ルティング                                          [5]
                    設備
     (東京都千代田区)
              事業
              シンクタン
     ㈱日本能率協会総合
                    事務所用
              ク・コンサ                                          133
     研究所
                          13,450      -   31,343      -    -  105,701    150,494
              ルティング                                         [63]
                    設備
     (東京都港区)
              事業
     (注1)現在休止中の主要な設備はありません。
     (注2)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (注3)「従業員数」の[ ]内には、臨時従業員の年間平均人員数を外書きで記載しています。
                                 19/92











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     3 【設備の新設、除却等の計画】
       当社グループの設備投資計画については、投資効率、業界動向、景気予測等を総合的に勘案して作成しておりま
      す。設備投資計画は、原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、計画策定にあたっては、当社がグループ
      全体の調整を図っております。
       なお、平成29年3月31日現在における重要な設備計画は、次の通りです。除却の計画はありません。
                          投資予定額
           セグメントの名称
      会社名              設備の内容              既支払額     資金調達方法        着手年月      完了予定年月
                          (百万円)
     提出会社     不動産賃貸事業        賃貸ビル改修          5,500      1,742     借入金     平成28年10月       平成29年12月
                                 20/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                 2,000,000

               甲種類株式                                  100,000

               乙種類株式                                     200

                  計                               2,100,200

       ② 【発行済株式】

                 事業年度末          提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年3月31日)          (平成29年6月26日)          商品取引業協会名
                                                単元株式数
       甲種類株式              38,906          38,906     非上場・非登録               1株
                                                (注2,3,5)
                                                単元株式数
       乙種類株式                76          76   非上場・非登録               1株
                                                 (注2,4)
         計           38,982          38,982        -            -
     (注1)当社は普通株式、甲種類株式及び乙種類株式の異なる種類の株式を定款に定めております。
     (注2)甲種類株式及び乙種類株式は譲渡制限株式であり、これを譲渡により取得するには取締役会の承認が必要にな
         ります。
     (注3)甲種類株式の内容は次のとおりであり、特に定めがない点については普通株式と同一の内容であります。
       1.株主総会の議決権
         甲種類株式を有する株主(以下「甲種類株主」という。)は、株主総会において議決権を行使することができ
         ない。
       2.取得条項
         ⅰ)当会社は、当会社が別に定める日が到来したときに、当会社の甲種類株式を取得することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が甲種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、甲種類株式1株につき5万円とする。
       3.取得請求権
         ⅰ)甲種類株主は、当会社に対し、いつでも甲種類株式の取得を請求することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が甲種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、甲種類株式1株につき5万円とする。
       4.種類株主総会の決議
         甲種類株式については、会社法第199条第4項、同法第238条第4項及び同法第322条第1項の規定による種類株
         主総会の決議を要しない。
                                 21/92






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     (注4)乙種類株式の内容は次のとおりであり、特に定めがない点については普通株式と同一の内容であります。
       1.剰余金の配当
         当会社は、乙種類株式を有する株主(以下「乙種類株主」という。)に対しては剰余金の配当を行わない。
       2.残余財産の分配
         ⅰ)当会社の残余財産を分配するときは、乙種類株主に対し、乙種類株式1株につき金5万円を支払う。
         ⅱ)乙種類株主に対しては、前項の他、残余財産の分配を行わない。
       3.取得条項
         ⅰ)当会社は、当会社が別に定める日が到来したときに、当会社の乙種類株式を取得することができる。
         ⅱ)前項の定めにより当会社が乙種類株式を取得する場合の対価は金銭とする。
         ⅲ)前項に定める金銭の額は、乙種類株式1株につき5万円とする。
       4.種類株主総会の決議
         乙種類株式については、会社法第199条第4項、同法第238条第4項及び同法第322条第1項の規定による種類株
         主総会の決議を要しない。
     (注5)甲種類株式の発行済株式数には、当社に対する金銭債権の現物出資による発行株式1,705株(85,250千円)が含
         まれております。
     (注6)定款において、会社法第322条第2項に関する定めはしておりません。
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成23年9月1日
                   △25,839        38,982         -    500,000          -       -
     (注1)
     (注1)平成23年6月17日開催の取締役会決議に基づき、普通株式(自己株式)の全株を消却したものであります。
                                 22/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (6) 【所有者別状況】
        ①甲種類株式
                                               平成29年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数1株)
                                                     単元未満
       区分                           外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                           その他の                個人
                      金融商品
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者
                            法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               -     -     -     -     -     -     212     212      -
     (人)
     所有株式数
               -     -     -     -     -     -   38,906     38,906        -
     (単元)
     所有株式数
               -     -     -     -     -     -    100.0     100.0       -
     の割合(%)
     (注)当社が保有する自己株式35,356株は「個人その他」に含めて記載しております。
        ②乙種類株式

                                               平成29年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数1株)
                                                     単元未満
       区分                           外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者
                            法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               -     -     -     -     -     -     19     19      -
     (人)
     所有株式数
               -     -     -     -     -     -     76     76      -
     (単元)
     所有株式数
               -     -     -     -     -     -    100.0     100.0       -
     の割合(%)
     (注)     当社が保有する自己株式31株は「個人その他」に含めて記載しております。
                                 23/92











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (7) 【大株主の状況】
                                               平成29年3月31日現在
                                                 発行済株式総数に
                                          所有株式数
           氏名又は名称                    住所
                                                 対する所有株式数の
                                            (株)
                                                   割合(%)
     秋山    守由                                     200         0.51
                        神奈川県横浜市港北区
     丸尾    健司                                     197         0.51
                        埼玉県越谷市
                                             105         0.27
     小島  厚                   千葉県市川市
                                             103         0.26
     坂倉  猛                   神奈川県川崎市高津区
                                              83         0.21
     加藤 文昭                   千葉県柏市
                                              82         0.21
     森山 直樹                   東京都府中市
                                              82         0.21
     中川 久方                   東京都港区
                                              63         0.16
     鈴木  亨                   埼玉県さいたま市浦和区
                                              62         0.16
     石川 浩一                   東京都足立区
                                              62         0.16
     譲原 正昭                   埼玉県朝霞市
                                            1,039          2.67
             計                  -
     (注1)上記のほか、当社所有の自己株式(甲種類株式35,356株及び乙種類株式31株)があり、その発行済株式総数に
         対する割合は90.78%であります。
     (注2)発行済株式総数は、甲種類株式及び乙種類株式の合計の株式数であります。
     なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位は、以下のとおりであります。

                                               平成29年3月31日現在
                                                 総株主の議決権に対
                                          所有議決権数
           氏名又は名称                    住所                 する所有議決権数の
                                            (個)
                                                   割合(%)
     丸尾    健司                                      7        15.56
                        埼玉県越谷市
     小島       厚                                     5        15.56
                        千葉県市川市
     長谷川     隆                                     5        11.11
                        東京都中央区
     加藤    文昭                                      3        11.11
                        千葉県柏市
                                              3        6.67
     坂倉  猛                   神奈川県川崎市高津区
                                              3        6.67
     鈴木  亨                   埼玉県さいたま市浦和区
                                              2        4.44
     森山 直樹                   東京都府中市
                                              2        4.44
     中川 久方                   東京都港区
                                              2        4.44
     石川 浩一                   東京都足立区
     譲原 正昭                   埼玉県朝霞市                      2        4.44
                                              2        4.44
     横田 正仲                   東京都足立区
                                              2        4.44
     武中 和昭                   埼玉県川越市
                                              38        84.44
             計
     (注1)前事業年度末現在、主要株主であった秋山守由は、当事業年度末では主要株主ではなくなりました。
                                 24/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (8) 【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成29年3月31日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
                     甲種類株式          38,906

     無議決権株式                                  -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                          -        -            -

     議決権制限株式(その他)                          -        -            -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
                     乙種類株式                  31
                     乙種類株式                  45
     完全議決権株式(その他)                                      45        -
     単元未満株式                          -        -            -

     発行済株式総数                        38,982         -            -

     総株主の議決権                     -                 45        -

     (注)無議決権株式のうち、35,356株を当社が保有しております。
       ② 【自己株式等】

                                               平成29年3月31日現在
                          自己名義        他人名義        所有株式数
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名
               所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計       対する所有株式数
       又は名称
                                                   の割合(%)
                           (株)        (株)        (株)
     (自己保有株式)
              東京都港区芝公園
     ㈱JMAホールディ
                        乙種類株式       31          乙種類株式         31  乙種類株式      40.79
                                    -
     ングス
              三丁目1番22号
                        乙種類株式       31          乙種類株式         31  乙種類株式      40.79

         計         -                  -
      (9) 【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
                                 25/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】          会社法第155条第3号による甲種類株式、および乙種類株式
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】
                区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

     株主総会(平成28年6月24日)での決議状況
                               甲種類株式      1,000 
                                                     50,000,000
     (取得期間       平成28年6月24日~平成29年6月23日)
     当事業年度前における取得自己株式                                     -              -
     当事業年度における取得自己株式
                               甲種類株式  50  
                                                     2,500,000
     (平成28年4月1日~平成29年3月31日)
                               甲種類株式       950  
     残存授権株式の総数及び価額の総額                                               47,500,000
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    95.0%              95.0%

     当期間における取得自己株式                                     -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                    95.0%              95.0%

                区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

     株主総会(平成28年6月24日)での決議状況
                               乙種類株式        20 
                                                     1,000,000
     (取得期間       平成28年6月24日~平成29年6月23日)
     当事業年度前における取得自己株式                                     -              -
     当事業年度における取得自己株式
                               乙種類株式  1 
                                                       50,000
     (平成28年4月1日~平成29年3月31日)
                               乙種類株式       19  
     残存授権株式の総数及び価額の総額                                                 950,000
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    95.0%              95.0%

     当期間における取得自己株式                                     -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                    95.0%              95.0%

      (2) 【取締役会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
                                 26/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                            当事業年度                    当期間

            区分
                                 処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                   株式数(株)
                                   (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              -         -           -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         -         -           -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              -         -           -         -
     移転を行った取得自己株式
                      甲種類株式         170
                                   12,220,173
     その他(注)                                            -         -
                      乙種類株式            1       50,000
                      甲種類株式35,356                   甲種類株式35,356
     保有自己株式数                                  -                   -
                      乙種類株式          31            乙種類株式          31
      (注)株主の売渡請求による売渡であります。
     3 【配当政策】
       当社は、社会の発展と価値創造への貢献を実現しつつ、企業価値の継続的な向上がもっとも重要な株主還元と考え
      ています。剰余金の配当につきましては、長期的な事業発展のための内部留保の充実に留意しつつ、安定的な配当を
      継続的に行うことを基本方針としています。
       内部留保資金につきましては、事業拡大、設備投資、新規事業開発、生産性向上、品質向上等を目的とした設備投
      資及び研究開発投資ならびに人材育成投資の原資とし、今後の事業発展に活用していきたいと考えております。ま
      た、資本効率の向上、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の一環として自己の株式の取得に充当することが
      あります。
       当社は、年1回、期末配当として剰余金の配当を行うこととしております。また剰余金の配当の決定機関は株主総
      会であります。当事業年度の剰余金の配当につきましては、甲種類株式の1株当たり年間5,000円としております。
      当社は今後におきましても、利益配当の継続的実施に向けて取り組んでまいります。
       当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日               配当金の総額(千円)                 1株当たり配当額(円)
      平成29年6月23日          定時株主総会
                                     17,750                  5,000
     4 【株価の推移】

       当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。
                                 27/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     5 【役員の状況】
     男性8名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%) 
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               昭和41年4月      (社)日本能率協会入職
                               昭和46年11月      ㈱ジェーエムエーシステムズ転籍
                               昭和53年6月      同社取締役
                               平成8年6月      同社代表取締役社長
                               平成16年5月      (社)日本能率協会理事
                               平成16年6月      当社取締役就任
                                                       甲種類
                               平成23年3月      当社副社長就任
                                                       株式
                               平成24年6月      当社代表取締役副社長
                                                       190
                               平成24年6月      (公益社団法人)企業情報化協会副
     代表取締役
            -    丸尾  健司       昭和19年2月2日                            (注1)
      社長
                                     会長(現任)
                                                       乙種類
                               平成28年4月      (一般社団法人)JMAメンタル
                                                       株式
                                     ヘルス研究所理事(現任)
                                                        7
                               平成28年6月      ㈱ジェーエムエーシステムズ代表
                                     取締役会長
                               平成28年6月      当社取締役副社長
                               平成29年2月      当社代表取締役社長(現任)
                               平成29年6月      ㈱ジェーエムエーシステムズ取締
                                     役会長(現任)
                               昭和45年4月      (社)日本能率協会入職
                               昭和59年4月      ㈱日本能率協会総合研究所転籍
                                                       甲種類
                               平成11年6月      同社取締役
                                                       株式
                               平成23年6月      同社代表取締役社長
                                                        80
                               平成23年6月      当社取締役
      取締役
            -    加藤  文昭      昭和23年11月6日                            (注1)
      副社長
                               平成24年6月      (公益社団法人)企業情報化協会常
                                                       乙種類
                                     任理事(現任)
                                                       株式
                               平成28年4月      (一般社団法人)JMAメンタル
                                                        5
                                     ヘルス研究所理事(現任)
                               平成29年6月      当社取締役副社長(現任)
                               昭和60年2月      (社)日本能率協会入職
                               平成3年10月      ㈱日本能率協会マネジメントセン
                                                       甲種類
                                     ター転籍
                                                       株式
                               平成14年4月      同社取締役
                                                       100
                 小島    厚
     常務取締役       -           昭和26年6月20日        平成16年2月      ㈱ジェイマム人材センター代表取              (注1)
                                                       乙種類
                                     締役
                                                       株式
                               平成19年6月      当社取締役
                                                        5
                               平成21年6月      当社代表取締役社長
                               平成23年3月      当社常務取締役(現任)
                               昭和60年2月      (社)日本能率協会入職
                               平成3年10月      ㈱日本能率協会マネジメントセン
                                     ター転籍
                               平成18年6月      同社取締役
                               平成22年6月      同社代表取締役社長(現任)
                                                       乙種類
     常務取締役       -    長谷川  隆       昭和30年4月5日        平成23年3月      当社取締役              (注1)    株式
                                                        5
                               平成24年6月      (公益社団法人)企業情報化協会常
                                     任理事(現任)
                               平成24年6月      当社常務取締役(現任)
                               平成28年4月      (一般社団法人)JMAメンタル
                                     ヘルス研究所理事(現任)
                               昭和61年8月      ㈱日本能率協会コンサルティング
                                     入社
                                                       甲種類
                               平成21年6月      同社取締役
                                                       株式
                               平成25年3月      ㈱日本能率協会コンサルティング
                                                        60
                                     代表取締役社長(現任)
      取締役      -     鈴木 亨      昭和30年9月6日                            (注1)
                               平成25年6月      当社取締役(現任)
                                                       乙種類
                               平成25年6月      (公益社団法人)企業情報化協会常
                                                       株式
                                     任理事(現任)
                                                        3
                               平成28年4月      (一般社団法人)JMAメンタル
                                     ヘルス研究所理事(現任)
                                 28/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                                                       甲種類
                               昭和61年4月      ㈱ジェーエムエーシステムズ入社
                                                       株式
                               平成20年6月      同社取締役
                                                       100
                               平成23年6月      同社常務取締役
      取締役      -     坂倉 猛      昭和37年11月29日                             (注1)
                               平成26年6月      同社専務取締役
                                                       乙種類
                               平成28年6月      同社代表取締役社長(現任)
                                                       株式
                               平成29年6月      当社取締役(現任)
                                                        3
                               平成8年8月      ㈱日本能率協会総合研究所入社
                                                       甲種類
                               平成24年4月      同社執行役員民間調査研究本部本
                                                       株式
                                     部長
                                                        60
      取締役      -    譲原 正昭      昭和35年6月15日        平成26年6月      同社取締役              (注1)
                                                       乙種類
                               平成28年6月      同社常務取締役
                                                       株式
                               平成29年6月      同社代表取締役社長(現任)
                                                        3
                               平成29年6月      当社取締役(現任)
                               昭和54年9月      (社)日本能率協会入職
                               昭和55年4月      ㈱日本能率協会コンサルティング
                                     転籍
                                                       甲種類
      監査役      -     戸張  眞      昭和24年2月25日        平成15年6月      同社取締役              (注2)    株式
                                                        20
                               平成20年5月      (公益社団法人)全日本能率連盟専
                                     務理事
                               平成23年6月      当社監査役(現任)
                                                       甲種類
                                                       株式
                                                       610
                             計
                                                       乙種類
                                                       株式
                                                        31
     (注1)取締役の任期は、平成28年3月期に係る株主総会終結の時から平成30年3月期に係る株主総会終結の時までであ
         ります。
     (注2)監査役の任期は、平成27年3月期に係る株主総会終結の時から平成31年3月期に係る株主総会終結の時までであ
         ります。
                                 29/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、経営の健全性、透明性および迅速性を高めることを通じて、企業価値の最大化を図ることが重要であ
        ると考えており、コーポレート・ガバナンスの確立を経営上の重要課題と認識し、その強化に努めております。
       ②  会社の機関の内容

       イ.取締役会






         当社の取締役会は、取締役7名、監査役1名で構成され、原則として3ヶ月に1度開催しております。当社取締役
         会では、会社の運営に関し様々な検討がなされ、意思決定されております。
       ロ.経営戦略会議
         経営戦略会議は、毎月1回開催され、取締役6名、事業本部長、事業部長をメンバーとしてグループ全体での課
         題・改善・問題点等を様々な方面から検討し、行動計画の策定、実行報告、評価、改善計画及び実施が行われ
         ております。
       ハ.常務会
         常務会は、毎月1回開催され、社長、副社長、常務2名の4名をメンバーとして主として当社の重要事項につい
         ての討議を行い、迅速な意思決定をおこなっております。
       ニ.監査役監査及び内部監査の状況
         当社の監査役は、取締役会他の重要な会議に参加し、意見を述べるだけでなく、社長や常務会メンバーと定期
         的に情報交流を図る体制をとっております。またグループ各社の監査役や内部統制担当者と定期的に情報交
         流・意見交換を持ち、グループ全体の統制・監督機能の強化に努めております。
         内部監査は、当社の管理本部(2名)がグループ全体の業務及び経理について指導とチェックを日常的に行っ
         ております。また、グループ各社の内部監査部門とも必要に応じて連絡調整を行っております。
       ホ.会計監査人
         会計監査人は第三者としての立場から財務諸表監査を実施し、当社は監査結果の報告並びに意見交換・改善な
         どの提言を受けております。また、重要な会計的課題についても相談し、助言を得ております。会計監査人
         は、監査役に対し監査結果を報告し、情報交換を積極的に行っております。当社の会計監査業務を執行した公
         認会計士は、青南監査法人の齋藤敏雄氏、大野木猛氏の2名であり、当社の会計監査業務に係わる補助者は、
         公認会計士11名となっております。
                                 30/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ③  内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況
         当社では、グループ全体の内部統制の充実を図るため、管理本部において、各グループ会社と連携しグループ
        内部統制システムの整備と運用を行っております。
         リスク管理についても管理本部にリスクマネジメント委員会を設置し、各グループ会社のリスクマネジメント
        業務を統括し、リスクマネジメントの基本方針、推進体制その他重要事項を決定しております。
       ④   役員の報酬等

         当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬は以下のとおりであります。
                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                  対象となる役員の
         役員区分         報酬等の総額
                                                   員数(人)
                           基本報酬         賞与       退職慰労金
         取締役
                    114,410         47,500         24,000        42,910           3
     (社外取締役を除く。)
         監査役
                     3,600        3,600          -        -         1
     (社外監査役を除く。)
         社外役員              -        -         -        -         -
     (注1)取締役の報酬限度額は、平成20年6月25日定時株主総会において年額1億円以内と決議しております。
       ⑤   議決権制限株式

         当社グループは、常に中立的立場に立ち、社会・産業界の健全なる発展に寄与していくという基本理念から、
        原則として外部の資本参加を求めないこととしております。そのため、当社グループの役員・従業員を対象とし
        た議決権のない甲種株式と、当社グループの役員を対象とした経営を重視した配当のない乙種株式を発行してお
        ります。
      (2) 【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               19,500             -         19,500             -
       連結子会社                 -           -           -           -

         計             19,500             -         19,500             -

       ② 【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありませんが、監査報酬は、監査日数・事業の規模等を勘案し、監査役の同意を得た上で、取締役
        会の決議により決定しております。
                                 31/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1  連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
     2  監査証明について
       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月31
      日まで)及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、青南監査
      法人の監査を受けております。
     3  連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構への加
      入を検討しております。また、決算前に会計処理の方法や会計基準等の変更等に関して監査法人と綿密な事前協議を
      実施しております。
                                 32/92













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ① 【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        9,619,110              9,046,980
         現金及び預金
                                        3,766,416              4,235,207
         受取手形及び売掛金
                                         400,045              808,748
         有価証券
                                         238,211              237,684
         繰延税金資産
                                         433,570              331,321
         その他
                                         △ 62,551             △ 52,222
         貸倒引当金
                                        14,394,804              14,607,719
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         128,338              154,643
           建物及び構築物(純額)
                                          6,130            1,742,820
           建設仮勘定
                                                     ※3  255,376
                                         286,624
           その他(純額)
                                       ※1  421,093           ※1  2,152,840
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         143,924              134,498
           ソフトウエア
                                          30,992               3,062
           その他
                                         174,917              137,561
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※2  4,595,004            ※2  4,861,090
           投資有価証券
                                         712,395               26,869
           長期貸付金
                                        1,309,757              1,392,522
           繰延税金資産
                                         779,580              814,588
           その他
                                          △ 690            △ 1,230
           貸倒引当金
                                        7,396,047              7,093,841
           投資その他の資産合計
                                        7,992,057              9,384,243
         固定資産合計
                                        22,386,861              23,991,962
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         683,987              725,162
         支払手形及び買掛金
                                          77,282              85,535
         短期借入金
                                         253,002              302,744
         未払法人税等
                                         318,331              295,267
         賞与引当金
         役員賞与引当金                                 50,690              52,395
                                        1,979,209              1,790,101
         その他
                                        3,362,503              3,251,206
         流動負債合計
       固定負債
                                                    ※3  1,039,332
                                         115,964
         長期借入金
                                        4,253,211              4,217,858
         退職給付に係る負債
                                         403,290              419,724
         役員退職慰労引当金
                                         475,815              465,794
         その他
                                        5,248,281              6,142,709
         固定負債合計
                                        8,610,785              9,393,916
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
                                        9,394,756              9,391,036
         資本剰余金
                                        6,078,785              6,923,321
         利益剰余金
                                 33/92


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                                       △ 2,551,684             △ 2,541,964
         自己株式
                                        13,421,857              14,272,393
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         142,791              153,664
         その他有価証券評価差額金
                                         103,142               77,879
         為替換算調整勘定
                                          45,918              30,612
         退職給付に係る調整累計額
                                         291,851              262,155
         その他の包括利益累計額合計
       非支配株主持分                                  62,367              63,497
       純資産合計                                13,776,076              14,598,046
                                        22,386,861              23,991,962
      負債純資産合計
                                 34/92

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                       20,919,646              20,333,883
      売上高
                                       16,315,537              15,297,442
      売上原価
                                        4,604,109              5,036,441
      売上総利益
                                    ※1 , ※2  4,135,410           ※1 , ※2  4,095,632
      販売費及び一般管理費
                                         468,699              940,808
      営業利益
      営業外収益
                                         52,115              42,994
       受取利息
                                         10,620              10,430
       受取配当金
                                          1,006              3,059
       受取事務手数料
                                         182,090              274,319
       持分法による投資利益
                                          5,002              6,088
       その他
                                         250,834              336,892
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          3,122              8,383
       支払利息
                                         23,844              10,236
       為替差損
                                                        2,719
       リース解約損                                    -
                                          1,458              3,498
       その他
                                         28,425              24,838
       営業外費用合計
                                         691,108             1,252,862
      経常利益
      特別利益
                                        ※3  1,323              ※3  23
       固定資産売却益
                                          1,323                23
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※4  2,480            ※4  12,192
       固定資産除却損
                                         17,150              12,942
       事務所移転費用
                                                       40,920
       関係会社株式売却損                                    -
                                                       14,477
                                            -
       投資有価証券評価損
                                         19,631              80,532
       特別損失合計
                                         672,800             1,172,353
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   558,264              412,982
                                        △ 111,109               31,453
      法人税等調整額
                                         447,154              444,435
      法人税等合計
                                         225,645              727,917
      当期純利益
                                          1,849              2,602
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         223,796              725,315
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 35/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
                                         225,645              727,917
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 12,795              17,057
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 28,701             △ 25,263
       為替換算調整勘定
                                        △ 10,876             △ 15,306
       退職給付に係る調整額
                                         △ 5,271             △ 6,184
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※1  △  57,644           ※1  △  29,696
       その他の包括利益合計
                                         168,000              698,221
      包括利益
      (内訳)
                                         166,356              695,906
       親会社株主に係る包括利益
                                          1,644              2,315
       非支配株主に係る包括利益
                                 36/92















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成27年4月1日         至  平成28年3月31日) 
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   500,000      9,394,756       5,872,463      △ 2,548,434       13,218,785
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                    -              -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   500,000      9,394,756       5,872,463      △ 2,548,434       13,218,785
     した当期首残高
     当期変動額
                                        △ 3,250      △ 3,250
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                            -
      連結範囲の変動                                            -
                                 △ 17,475              △ 17,475
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 223,796              223,796
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                 206,321       △ 3,250      203,071
     当期変動額合計                -       -
                   500,000      9,394,756       6,078,785      △ 2,551,684       13,421,857
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
                   160,858       131,843        56,794       349,496        61,717      13,630,000
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                         -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   160,858       131,843        56,794       349,496        61,717      13,630,000
     した当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 3,250
      自己株式の取得
      自己株式の処分                                                   -
      連結範囲の変動                                                   -
                                                      △ 17,475
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                       223,796
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                  △ 18,066      △ 28,701      △ 10,876      △ 57,644         649     △ 56,995
      の当期変動額(純
      額)
                  △ 18,066      △ 28,701      △ 10,876      △ 57,644         649      146,075
     当期変動額合計
                   142,791       103,142        45,918       291,851        62,367      13,776,076
     当期末残高
                                 37/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成28年4月1日         至  平成29年3月31日) 
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
                   500,000      9,394,756       6,078,785      △ 2,551,684       13,421,857
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                 116,730              116,730
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   500,000      9,394,756       6,195,515      △ 2,551,684       13,538,587
     した当期首残高
     当期変動額
                                        △ 2,550      △ 2,550
      自己株式の取得
                          △ 3,720              12,270        8,550
      自己株式の処分
                                 19,640              19,640
      連結範囲の変動
                                 △ 17,150              △ 17,150
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                 725,315              725,315
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -     △ 3,720      727,806        9,720      733,806
                   500,000      9,391,036       6,923,321      △ 2,541,964       14,272,393
     当期末残高
                         その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
                   142,791       103,142        45,918       291,851        62,367      13,776,076
     当期首残高
      会計方針の変更によ
                                                       116,730
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   142,791       103,142        45,918       291,851        62,367      13,892,806
     した当期首残高
     当期変動額
                                                       △ 2,550
      自己株式の取得
                                                        8,550
      自己株式の処分
                                                       19,640
      連結範囲の変動
                                                      △ 17,150
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                                       725,315
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                   10,872      △ 25,263      △ 15,306      △ 29,696        1,130      △ 28,565
      の当期変動額(純
      額)
                   10,872      △ 25,263      △ 15,306      △ 29,696        1,130      705,240
     当期変動額合計
     当期末残高             153,664        77,879       30,612       262,155        63,497      14,598,046
                                 38/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         672,800             1,172,353
       税金等調整前当期純利益
                                         886,051              320,595
       減価償却費
                                         124,686
       のれん償却額                                                  -
                                          5,291             △ 9,789
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         43,233             △ 23,064
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                           240             1,705
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         51,284             △ 53,237
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         42,578              16,433
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 1,210
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                                  -
                                        △ 62,735             △ 53,425
       受取利息及び受取配当金
                                          3,122              8,383
       支払利息
                                          1,157              12,169
       固定資産処分損益(△は益)
                                                       40,920
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -
                                        △ 174,830             △ 250,119
       持分法による投資損益(△は益)
                                                       14,477
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                    -
                                         163,813             △ 535,952
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         140,201              160,725
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △ 205,439               41,825
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         38,994             △ 38,397
       未収入金の増減額(△は増加)
                                        △ 88,557              54,870
       未払金の増減額(△は減少)
                                        △ 124,543               86,089
       未払費用の増減額(△は減少)
                                        △ 185,059              △ 49,527
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         257,454             △ 256,728
       預り金の増減額(△は減少)
                                         54,929             △ 70,410
       その他
                                        1,643,464               589,895
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  62,735              65,644
                                         △ 3,122             △ 8,383
       利息の支払額
                                        △ 471,394             △ 393,327
       法人税等の支払額
                                        1,231,681               253,828
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 20,005              49,995
       定期預金の増減額(△は増加)
                                        △ 91,042            △ 1,925,881
       有形固定資産の取得による支出
                                          1,323              12,606
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 69,627             △ 45,789
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 416,578            △ 1,068,877
       投資有価証券の取得による支出
                                                      △ 50,000
       出資金の払込による支出                                    -
                                         50,628              32,892
       投資有価証券の売却による収入
       投資有価証券の償還による収入                                 100,024              600,000
                                         △ 9,850              △ 750
       貸付けによる支出
                                        1,008,146               736,279
       貸付金の回収による収入
                                        △ 280,458
       差入保証金の差入による支出                                                  -
                                          2,098             △ 6,310
       その他
                                         274,656            △ 1,665,833
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           35             8,648
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                         200,000             1,000,000
       長期借入れによる収入
                                        △ 94,168             △ 77,028
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 3,250             △ 2,550
       自己株式の取得による支出
                                                        8,550
       自己株式の売却による収入                                    -
                                        △ 17,475             △ 17,150
       配当金の支払額
                                         △ 1,200             △ 1,471
       非支配株主への配当金の支払額
                                 39/92

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                                        △ 15,024             △ 14,035
       その他
                                         68,917              904,963
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 30,391             △ 15,092
                                        1,544,864              △ 522,134
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                  7,973,081              9,517,946
                                      ※1  9,517,946            ※1  8,995,811
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 40/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1  連結の範囲に関する事項
       すべての子会社を連結しております。
      (1)  連結子会社の数         10 社
      (2) 連結子会社の名称
        株式会社ジェーエムエーシステムズ
        株式会社日本能率協会コンサルティング
        株式会社日本能率協会総合研究所
        株式会社クロスオーバー
        株式会社     フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
        JMA  Consultants      Europe    S.p.A.
        捷勵克日能咨詢(上海)有限公司
        JMA  Consultants      (Thailand)      Co.,Ltd.
        韓国JMAC株式会社
        邦捷管理咨詢(上海)有限公司
         前連結会計年度において連結子会社であったJMA Scandinavia                              AB.ならびに上海日能綜研企業管理咨                  有限公
        司は、保有株式の売却に伴い、連結の範囲から除外しており、それぞれ連結除外時までの損益計算書を連結して
        おります。
      (3)   非連結子会社の数 0社
     2  持分法の適用に関する事項

      (1)  持分法を適用した関連会社数                1 社
        株式会社日本能率協会マネジメントセンター
      (2)  持分法を適用した非連結子会社数                  0 社
      (3)  持分法を適用しない関連会社数 0社
      (4)  持分法を適用しない非連結子会社数 0社
      (5)  持分法適用会社である株式会社日本能率協会マネジメントセンターは決算日を3月31日から6月30日に変更したた
        め、3月末日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
     3  連結子会社の事業年度等に関する事項
         連結子会社のうち、株式会社                 フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング、JMA
         Consultants      Europe    S.p.A.、捷勵克日能咨詢(上海)有限公司、JMA                      Consultants      (Thailand)      Co.,Ltd.、韓国
         JMAC株式会社、邦捷管理咨詢(上海)有限公司の決算日は、12月31日であります。
         連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につ
         いては連結上必要な調整を行っております。
                                 41/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     4   会計方針に関する事項
      (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        (イ) 満期保有目的の債券
           償却原価法(定額法)
        (ロ) その他有価証券
          時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
          均法により算定)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       ②  デリバティブ
         時価法
       ③  たな卸資産
         主として個別法又は総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
        算定)により評価しております。ただし、一部の連結子会社の製品については最終仕入原価法により評価してお
        ります。
      (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          主として定率法によっております。ただし、当社及び国内連結子会社が平成10年4月1日以降に取得した建物
         (建物付属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物付属設備及び構築物については定額法を採
         用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物            1年~50年
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法によっております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を、市場販売
         目的ソフトウエアについては、見込販売数量に基づく償却額と見込販売可能期間(原則3年)に基づく均等配分
         額とを比較し、何れか大きい額を償却する方法を採用しております。
       ③  リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      (3)  重要な引当金の計上基準

       ①  貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ②   賞与引当金
          従業員に対する賞与の支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
       ③   役員賞与引当金
          役員に対する賞与の支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
       ④   役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
                                 42/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法
       従業員の退職に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の額を退職給付に係る負債として計上してお
      ります。
       ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給
       付算定式基準によっております。
       ②数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、その発生時の翌期から従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により
       費用処理しております。
        数理計算上の差異は、発生時の連結会計年度に全額費用処理しております。
       ③簡便法の採用
        当社及び一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
       支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  重要な収益及び費用の計上基準

        売上高及び売上原価の計上基準
         当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事進行基準
        (プロジェクトの進捗率の見積もりは原価比例法)を、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用し
        ております。
      (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
        ます。なお、在外子会社等の資産及び負債は、当該子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及
        び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持
        分に含めて計上しております。
      (7)  重要なヘッジ会計の方法

       ①  ヘッジ会計の方法
          特例処理の要件を満たした金利スワップについては、特例処理を採用しております。
       ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
         (ヘッジ手段)
         金利スワップ
         (ヘッジ対象)
         借入金
       ③  ヘッジ方針
          当社グループは、借入金等の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象
         の識別は個別契約ごとに行っております。
       ④  ヘッジ有効性評価の方法
          金利スワップは特例処理によっているため有効性の評価を省略しております。
      (8)  のれんの償却方法及び償却期間

         主として5年間で均等償却を行っております。
      (9)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日又は償還日の到来する流動性の高い、容易に換金可能
        であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。
                                 43/92



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項
      ①消費税及び地方消費税の会計処理
        税抜き方式によっております。
      ②連結納税制度の適用
        当社及び一部の国内連結子会社は、当社を連結納税親会社とした連結納税制度を適用しております。
       (会計方針の変更)

      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日。以下「回収可
     能性適用指針」という。)を当連結会計年度から適用し、繰延税金資産の回収可能性に関する会計処理の方法の一部を
     見直しております。
      回収可能性適用指針の適用については、回収可能性適用指針第49項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結
     会計年度の期首時点において回収可能性適用指針第49項(3)①から③に該当する定めを適用した場合の繰延税金資産及び
     繰延税金負債の額と、前連結会計年度末の繰延税金資産及び繰延税金負債の額との差額を、当連結会計年度の期首の利
     益剰余金及びその他の包括利益累計額に加算しております。
      この結果、当連結会計年度の期首において、繰延税金資産(投資その他の資産)が116,730千円、利益剰余金が
     116,730千円増加しております。
      当連結会計年度の期首の純資産に影響額が反映されたことにより、連結株主資本等変動計算書の利益剰余金の期首残
     高は116,730千円増加しております。
      (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取り扱いの適用)

      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物付属設備及び構築物に
     係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      この結果、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前純利益はそれぞれ69,241千円増加しております。
                                 44/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (表示方法の変更)
       (連結貸借対照表関係)
      前連結会計年度において、「有形固定資産」の「その他」に含めておりました「建設仮勘定」は、重要性が増したた
     め、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
     連結財務諸表の組替を行っております。 
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において「有形固定資産」の「その他」に表示していた292,754千円は、

     「建設仮勘定」6,130千円、「その他」286,624千円として組み替えております。
                                 45/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
                               2,722,794                 2,894,597
         有形固定資産の減価償却累計額                           千円                 千円
     ※2    関連会社に対するものは次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         投資有価証券(株式)                      1,686,342千円                 1,930,276千円
     ※3 担保資産及び担保付債務

      担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         有形固定資産その他                          -千円              125,541千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         長期借入金                          -千円             1,000,000千円
                                 46/92














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。 
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
                                897,798                 973,177
         給与                           千円                 千円
                                323,672                 188,265
         地代家賃                           千円                 千円
                                17,884                  543
         貸倒引当金繰入額                           千円                 千円
                                318,331                 288,297
         賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                54,082                 69,537
         退職給付費用                           千円                 千円
                                40,314                 33,933
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                50,690                 52,395
         役員賞与引当金繰入額                           千円                 千円
     ※2 一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

             前連結会計年度                 当連結会計年度
           (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
               191,609                 225,893
                   千円                 千円
     ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
         有形固定資産 その他                        1,323千円                  23千円
         計                        1,323千円                  23千円
     ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                             至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
         有形固定資産 その他                        2,110千円                 9,181千円
         無形固定資産 その他                         369千円                3,011千円
         計                        2,480千円                12,192千円
                                 47/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (連結包括利益計算書関係)
     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額                        △22,737千円                 31,522千円
                                   -千円                -千円
         組替調整額
         税効果調整前
                                △22,737千円                 31,522千円
                                  9,942千円              △14,464千円
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                       △12,795千円                 17,057千円
        為替換算調整勘定
                                △28,701千円                △21,362千円
         当期発生額
         組替調整額                           -千円             △3,900千円
         為替換算調整勘定                       △28,701千円                △25,263千円
        退職給付に係る調整累計額
         当期発生額                           -千円                -千円
                                △22,061千円                △22,061千円
         組替調整額
         税効果調整前
                                △22,061千円                △22,061千円
                                 11,185千円                6,755千円
         税効果額
         退職給付に係る調整累計額                       △10,876千円                △15,306千円
        持分法適用会社に対する持分相当額
                                 △5,271千円                △6,184千円
         当期発生額
         持分法適用会社に対する持分相当額                        △5,271千円                △6,184千円
         その他の包括利益合計                       △57,644千円                △29,696千円
                                 48/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
      1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                   -           -           -           -

     甲種類株式(株)                 38,906             -           -         38,906

     乙種類株式(株)                   76           -           -           76

        合計(株)               38,982             -           -         38,982

      2  自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                   -           -           -           -

     甲種類株式(株)                 35,411             65           -         35,476

     乙種類株式(株)                   31           -           -           31

        合計(株)               35,442             65           -         35,507

     (変動事由の概要)
        甲種類株式 株主総会決議による自己株式の取得による増加                              65株
        乙種類株式 株主総会決議による自己株式の取得による増加                               -株
      3  新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4  配当に関する事項

       (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成27年6月23日
                甲種類株式           17,475         5,000    平成27年3月31日         平成27年6月24日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成28年6月24日
              甲種類株式      利益剰余金         17,150        5,000    平成28年3月31日         平成28年6月27日
     定時株主総会
                                 49/92






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)
      1  発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                   -           -           -           -

     甲種類株式(株)                 38,906             -           -         38,906

     乙種類株式(株)                   76           -           -           76

        合計(株)               38,982             -           -         38,982

      2  自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                   -           -           -           -

     甲種類株式(株)                 35,476             50          170         35,356

     乙種類株式(株)                   31           1           1          31

        合計(株)               35,507             51          171         35,387

     (変動事由の概要)
        甲種類株式 株主総会決議による自己株式の取得による増加                              50株
        甲種類株式 株主総会決議による自己株式の処分による減少                            170株
        乙種類株式 株主総会決議による自己株式の取得による増加                               1株
        乙種類株式 株主総会決議による自己株式の処分による減少                               1株
      3  新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
      4  配当に関する事項

       (1) 配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成28年6月24日
                甲種類株式           17,150         5,000    平成28年3月31日         平成28年6月27日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成29年6月23日
              甲種類株式      利益剰余金         17,750        5,000    平成29年3月31日         平成29年6月26日
     定時株主総会
                                 50/92






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、
         次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成27年4月1日                 (自 平成28年4月1日
                               至 平成28年3月31日)                    至 平成29年3月31日)
         現金及び預金                        9,619,110千円                9,046,980千円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                        △101,164千円                 △51,169千円
         現金及び現金同等物                        9,517,946千円                8,995,811千円
       (リース取引関係)

      1.ファイナンス・リース取引
       内容の重要性が乏しく、また契約一件当たりの金額が少額のため、記載を省略しております。
      2.オペレーティング・リース取引

      (借主側)
        オペレーティング・リースのうち解約不能のものに係る未経過リース料
                   (平成28年3月31日現在)              (平成29年3月31日現在)
       1年内                  549,591千円              652,333千円
       1年超                  652,333千円                -千円
       合計                 1,201,925千円               652,333千円
                                 51/92













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1  金融商品の状況に関する事項
       (1) 金融商品に対する取り組み方針
          当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産で運用し、資金調達については銀行等金融機関
         から調達しております。デリバティブは、主にリスクヘッジ目的で利用しております。
       (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されていますが、回収までの期間はおおむ
         ね短期であり、貸倒実績率は低いものとなっています。当該リスクについては、取引先ごとに期日及び残高を
         管理するとともに、取引先の状況をモニタリングし、財務状況の悪化等を把握したときは速やかに対応するな
         どリスク軽減に努めております。
          投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リ
         スクに晒されています。当該リスクに関して、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、リスク軽減に努
         めております。
          営業債務である支払手形及び買掛金は支払までの期間は概ね短期であります。
          デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引で
         あります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等に
         ついては、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の「4                                       会計方針に関する事項」に記
         載されている「(7)         重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。なお、デリバティブの利用にあたっては、信
         用リスクを軽減するために、信用度の高い金融機関に限定して取引を行っております。
       (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することもあります。
          また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自
         体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                 52/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2  金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極
        めて困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照下さい。)。
      前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
      (1)現金及び預金                       9,619,110           9,619,110                 -
      (2)受取手形及び売掛金                       3,766,416           3,766,416                 -
      (3)有価証券及び投資有価証券
        ①  満期保有目的の債券                       2,868,638           2,944,884               76,245
        ②  その他有価証券                        282,038           282,038                -
      資産計                      16,536,204           16,612,450               76,245
      (1) 支払手形及び買掛金                        683,987           683,987                -
      (2)  短期借入金
                                254           254              -
      (3)  長期借入金
                              192,992           193,456               464
      (1年内返済予定の長期借入金
      を含む)
      負債計                        877,234           877,698               464
      デリバティブ取引                          -           -             -
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
      (1)現金及び預金                       9,046,980           9,046,980                 -
      (2)受取手形及び売掛金                       4,235,207           4,235,207                 -
      (3)有価証券及び投資有価証券                       3,575,440           3,631,260               55,820
        ①  満期保有目的の債券                       3,261,879           3,317,700               55,820
        ②  その他有価証券                        313,560           313,560                -
      資産計                      16,857,628           16,913,449               55,820
      (1) 支払手形及び買掛金                        725,162           725,162                -
      (2)  短期借入金                       8,903           8,903               -
      (3)  長期借入金
      (1年内返済予定の長期借入金                       1,115,964           1,116,154                190
      を含む)
      負債計                       1,850,029           1,850,220                190
      デリバティブ取引                          -           -             -
                                 53/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資産
         (1) 現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)有価証券及び投資有価証券
           満期保有目的の債券の時価は、証券会社が提示する参考価格によっております。
           市場価格のある株式の時価は、取引所の価格によっております。
           また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
         負債
         (1)  支払手形及び買掛金、(2)短期借入金(一年内返済予定の長期借入金を除く)
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         (3)長期借入金(一年内返済予定の長期借入金を含む)
           時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
           価値により算定しております。
         デリバティブ取引
           金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
           ため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
     (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                  区分             平成28年3月31日             平成29年3月31日

          非上場株式等(関係会社株式を含む)                         1,844,373千円             2,094,397千円
          これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把
         握することが極めて困難と認められるため、「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
     (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

      前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                       10年超
                                      5年以内        10年以内
          (1)現金及び預金                     9,619,110           -        -        -
          (2)受取手形及び売掛金                     3,766,416           -        -        -
          (3)投資有価証券
            ①  満期保有目的の債券                      400,000      1,395,011        1,020,344         29,970
          金銭債権及び満期がある有価証券合計                     13,785,527        1,395,011        1,020,344         29,970
                                 54/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                   (単位:千円)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                       10年超
                                      5年以内        10年以内
          (1)現金及び預金                     9,046,980                   -        -
          (2)受取手形及び売掛金                     4,235,207           -        -        -
          (3)投資有価証券
            ①  満期保有目的の債券                      804,690        682,974      1,810,000         129,970
          金銭債権及び満期がある有価証券合計                     14,086,878         682,974      1,810,000         129,970
     (注4)     長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

      前連結会計年度(平成28年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                       10年超
                                      5年以内        10年以内
          短期借入金                       77,282          -        -        -
          長期借入金                         -     115,964          -        -
                  合計               77,282       115,964          -        -
      当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                   (単位:千円)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                       10年超
                                      5年以内        10年以内
          短期借入金                       8,903         -        -        -
          長期借入金                       76,632       839,332        200,000          -
                  合計               85,535       839,332        200,000          -
                                 55/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1   満期保有目的の債券

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                        連結決算日における              連結決算日に
            区分                                       差額
                       連結貸借対照表計上額               おける時価
     時価が連結貸借対照表計上額を
                             2,139,718            2,320,359              80,640
     超えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を
                              728,919            624,525            △4,394
     超えないもの
            合計                 2,868,638            2,944,884              76,245

       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                        連結決算日における              連結決算日に
            区分                                       差額
                       連結貸借対照表計上額               おける時価
     時価が連結貸借対照表計上額を
                             2,259,117            2,328,838              69,720
     超えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を
                             1,002,762             988,862            △13,900
     超えないもの
            合計                 3,261,879            3,317,700              55,820

     2   その他有価証券

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                        連結決算日における
            区分                          取得原価             差額
                       連結貸借対照表計上額
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
       株式                         216,559             92,406            124,152
      その他
                               65,432            46,614            18,818
            小計                  281,992            139,021            142,971
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
       株式                           -            -            -
       その他                           45            72           △26
            小計                    45            72           △26
            合計                  282,038            139,094            142,944
      (注1)非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
        の「その他有価証券」には含めておりません。
      (注2)上表の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
                                 56/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成29年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                        連結決算日における
            区分                          取得原価             差額
                       連結貸借対照表計上額
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えるもの
       株式                         229,422             92,406            137,015
      その他
                               84,092            46,614            37,478
            小計                  313,514            139,021            174,493
     連結貸借対照表計上額が取得原価
     を超えないもの
       株式
       その他                           45            72           △26
            小計                    45            72           △26
            合計                  313,560            139,094            174,466
      (注1)非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
        の「その他有価証券」には含めておりません。
      (注2)上表の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
      3 連結会計年度中に売却した満期保有目的の債券

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
      4 連結会計年度中に売却したその他有価証券

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                    (単位:千円)
            区分              売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
      株式

                               50,637              -            -
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
            区分              売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
      投資信託                         32,892              -          3,451

      5 保有目的の変更

       前連結会計年度(平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 57/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      6 減損処理を行った有価証券
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

        当連結会計年度において、投資有価証券について14,477千円減損処理を行っております。
                                 58/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
      1 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       (1)  金利関連
       前連結会計年度(平成28年3月31日)
                                                   (単位:千円)
      ヘッジ会計         デリバティブ                           契約額のうち
                         主なヘッジ対象          契約額                  時価
       の方法        取引の種類等                            1年超
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                          長期借入金           166,800         100,400           -
     の特例処理
               支払固定・受取変動
       当連結会計年度(平成29年3月31日)

                                                   (単位:千円)
      ヘッジ会計         デリバティブ                           契約額のうち
                         主なヘッジ対象          契約額                  時価
       の方法        取引の種類等                            1年超
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                          長期借入金           100,400         34,000           -
     の特例処理
               支払固定・受取変動
      .(注)     時価の算定方法
         金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 59/92















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     1   採用している退職給付制度の概要

       当社及び一部の連結子会社は確定給付型の制度として退職一時金制度を設けております。
       また、一部の連結子会社は退職年金制度を設けております。
       当社及び一部の国内連結子会社は、上記以外に総合設立型の厚生年金基金(経済産業省関係公益法人厚生年金基金)
      に加入しており、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算することができないため、当該年金基金への要
      拠出額を退職給付費用として処理しております。
       また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職
      金を支払う場合があります。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
     (1)  制度全体の積立状況に関する事項
                                 (平成27年3月31日現在)
       年金資産の額                               27,740,109千円
       年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備金
                                      24,476,276千円
       の額との合計額(注)
       差引額                                3,263,833千円
      (注)前連結会計年度においては「年金財政計算上の給付債務の額」と掲記していた項目であります。
     (2)  制度全体に占める当社グループの加入人員割合
         (平成27年3月31日現在)
               5.3%
     (3)  補足説明

                                 (平成27年3月31日現在)
       別途積立金                                2,879,811千円
       当年度剰余金                                1,289,880千円
       未償却過去勤務債務残高                                △905,859千円
       差引額                                3,263,833千円
       過去勤務債務の償却方法は期間9年6か月の元利均等償却であります。
                                 60/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 確定給付制度
     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付債務の期首残高                                4,179,865千円
        会計方針の変更による累積的影響額                                   -千円
       会計方針の変更を反映した期首残高                                4,179,865千円
       勤務費用(注)1                                 430,623千円
       利息費用                                  5,627千円
       数理計算上の差異の発生額                                 △6,796千円
       退職給付の支払額                                △377,091千円
       その他                                 20,982千円
       退職給付債務の期末残高                                4,253,211千円
        (注)1 当社及び一部の連結子会社では簡便法を採用しており、その退職給付費用は「勤務費用」に計上してお
        ります。
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
     の調整表
       積立型制度の退職給付債務                                   -千円
       年金資産                                   -千円
       非積立型制度の退職給付債務                                4,253,211千円

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                4,253,211千円
       退職給付に係る負債                                4,253,211千円

       退職給付に係る資産                                   -千円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                4,253,211千円
     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
       勤務費用(注)1                                 430,623千円
       利息費用                                  5,627千円
       数理計算上の差異の費用処理額                                 △6,796千円
       過去勤務費用の費用処理額                                △22,061千円
       その他                                 20,982千円
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 428,375千円
        (注)1 当社及び一部の連結子会社では簡便法を採用しており、その退職給付費用は「勤務費用」に計上してお
        ります。
         総合設立型厚生年金基金に対する拠出額82,416千円は、上記の退職給付費用に含まれておりません。
     (4)  退職給付に係る調整額
       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りです。
       過去勤務費用                                △22,061千円
       数理計算上の差異                                △6,796千円
       合計                                △28,857千円
     (5)  退職給付に係る調整累計額
       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。 
       未認識過去勤務費用                                 66,183千円
       未認識数理計算上の差異                                   -千円
       その他                                   -千円
       合計                                 66,183千円
     (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項
       割引率               0.4%
       予想昇給率             4.0%
                                 61/92



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
     1   採用している退職給付制度の概要

       当社及び一部の連結子会社は確定給付型の制度として退職一時金制度を設けております。
       また、一部の連結子会社は退職年金制度を設けております。
       当社及び一部の国内連結子会社は、上記以外に総合設立型の厚生年金基金(経済産業省関係公益法人厚生年金基金)
      に加入しており、自社の拠出に対応する年金資産の額を合理的に計算することができないため、当該年金基金への要
      拠出額を退職給付費用として処理しております。
       また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職
      金を支払う場合があります。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
     (1)  制度全体の積立状況に関する事項
                                 (平成28年3月31日現在)
       年金資産の額                               27,286,709千円
       年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備金
                                      24,306,343千円
       の額との合計額(注)
       差引額                                2,980,366千円
      (注)前連結会計年度においては「年金財政計算上の給付債務の額」と掲記していた項目であります。
     (2)  制度全体に占める当社グループの加入人員割合
         (平成28年3月31日現在)
               4.8%
     (3)  補足説明
                                 (平成28年3月31日現在)
       別途積立金                                4,169,692千円
       当年度不足金                                △321,738千円
       未償却過去勤務債務残高                                △867,588千円
       差引額                                2,980,366千円
       過去勤務債務の償却方法は期間9年6か月の元利均等償却であります。
                                 62/92










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 確定給付制度
     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付債務の期首残高                                4,253,211千円
       勤務費用(注)1                                 350,126千円
       利息費用                                  6,112千円
       数理計算上の差異の発生額                                 27,158千円
       退職給付の支払額                                △395,660千円
       その他                                △23,090千円
       退職給付債務の期末残高                                4,217,858千円
        (注)1 当社及び一部の連結子会社では簡便法を採用しており、その退職給付費用は「勤務費用」に計上してお
        ります。
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
     の調整表
       積立型制度の退職給付債務                                   -千円
       年金資産                                   -千円
       非積立型制度の退職給付債務                                4,217,858千円

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                4,217,858千円
       退職給付に係る負債                                4,217,858千円

       退職給付に係る資産                                   -千円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                4,217,858千円
     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
       勤務費用(注)1                                 350,126千円
       利息費用                                  6,112千円
       数理計算上の差異の費用処理額                                  5,097千円
       過去勤務費用の費用処理額                                 22,061千円
       その他                                 △1,029千円
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 382,368千円
        (注)1 当社及び一部の連結子会社では簡便法を採用しており、その退職給付費用は「勤務費用」に計上してお
        ります。
         総合設立型厚生年金基金に対する拠出額78,036千円は、上記の退職給付費用に含まれておりません。
     (4)  退職給付に係る調整額
       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。
       過去勤務費用                                 22,061千円
       数理計算上の差異                                 5,097千円
       合計                                 27,158千円
     (5)  退職給付に係る調整累計額
       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次の通りであります。 
       未認識過去勤務費用                                 44,122千円
       未認識数理計算上の差異                                   -千円
       その他                                   -千円
       合計                                 44,122千円
     (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項
       割引率               0.4%
       予想昇給率             4.0%
                                 63/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         繰延税金資産
           賞与引当金                        85,977千円                 84,031千円
          未払賞与                       118,029千円                 112,400千円
          減価償却費                       209,479千円                 197,060千円
          退職給付に係る負債
                               1,259,485千円                 1,149,224千円
           役員退職慰労引当金                        73,486千円                118,718千円
          投資有価証券評価損                        46,675千円                 34,504千円
           繰越欠損金                        12,114千円                 28,103千円
                                281,651千円                 428,695千円
           その他
         繰延税金資産小計
                               2,086,900千円                 2,152,738千円
                               △494,676千円                 △468,772千円
         評価性引当額
         繰延税金資産合計                      1,592,224千円                 1,683,965千円
         繰延税金負債

           その他有価証券評価差額金                       △44,255千円                 △53,757千円
          その他                         -千円                 -千円
         繰延税金負債合計                       △44,255千円                 △53,757千円
         繰延税金資産(負債)の純額                      1,547,968千円                 1,630,207千円
       繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         流動資産―繰延税金資産                       238,211千円                 237,684千円
         固定資産―繰延税金資産                      1,309,757千円                 1,392,522千円
         流動負債―繰延税金負債                          -千円                 -千円
         固定負債―繰延税金負債                          -千円                 -千円
     2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (平成28年3月31日)             (平成29年3月31日)
         法定実効税率                             33.1%             30.9%
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       2.5%             1.3%
          受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                      △6.5%             △2.9%
          住民税均等割等
                                       1.1%             0.5%
          税率変更による繰延税金資産の減額修正                             19.7%              -%
          評価性引当額の増減額                             15.8%             1.6%
          役員賞与等の損金に算入されない額                              2.5%             4.7%
          受贈益の益金に算入されない額                             △4.0%              -%
          税額控除                              1.5%             0.9%
                                       0.7%             1.0%
           その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                             66.5%             37.9%
       (企業結合等関係)

      該当事項はありません。
                                 64/92



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
        資産除去債務の総額に重要性が乏しいため注記を省略しております。
       (賃貸等不動産関係)

     (1) 賃貸等不動産の概要
         当社は東京都に、賃貸用のオフィスビル(土地を含む)を有しております。なお、国内の賃貸オフィスビルの一
        部については、当社及び一部の連結子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動
        産としております。
         平成28年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は△398,662千円であります。
         平成29年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は△36,911千円であります。
         賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上額及び連結決算日における時価
        及び当該時価の算定方法は以下のとおりであります。
     (2) 賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、連結決算日における時価及び当該時価の算定方法

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                                   至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
                           期首残高             895,953千円             184,301千円
               連結貸借対照表計上額            期中増減額            △711,652千円             1,684,060千円

     賃貸等不動産として
     使用される部分を含
       む不動産
                           期末残高             184,301千円            1,868,362千円
                      期末時価                 2,052,000千円             2,085,000千円

        (注1)     連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
        (注2)     期中の主な変動は賃貸ビルの大規模修繕によるものであります。
        (注3)     連結決算日における時価は、「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調
           整を行ったものを含みます)であります。
                                 65/92











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高経営意思決定機関
       が、経営資源の配分の決定及び実績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
        当社グループでは持株会社体制の下、各事業会社が各々の事業活動を行っており、当社はグループの経営戦略の
       策定やグループ管理を行っております。
        したがって、当社グループは、各事業会社をベースに、取り扱う製品・サービスの種類・性質の類似性を考慮し
       たセグメントから構成されており、「シンクタンク・コンサルティング事業」、「ITソリューション事業」及び
       「不動産賃貸事業」を報告セグメントとしています。
        各報告セグメントに属する主な製品及びサービスは次のとおりであります。
           報告セグメント                        主な製品及びサービス

                       経営コンサルティング事業、研修及び出版事業、受託調査及びマーケティ
        シンクタンク・コンサルティ
                       ング情報サービス事業、TPM活動に関するコンサルティング及びセミナー事
        ング事業
                       業等
        ITソリューション事業               ITコンサルティング及びソフトウエア開発事業等
        不動産賃貸事業               ビルディング賃貸および管理事業等
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と同一です。報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振
       替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 66/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
     前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                 シンクタンク
                                               調整額      連結財務諸表
                        ITソリュー       不動産賃貸
                  ・コンサル                      合計
                                              (注1)       計上額
                        ション事業         事業
                 ティング事業
     売上高
                   10,554,342       9,994,720        370,583      20,919,646              20,919,646
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                    31,214       70,085       117,313       218,613      △ 218,613
                                                         -
       売上高又は振替高
                   10,585,557       10,064,806        487,896      21,138,260       △ 218,613      20,919,646
          計
     セグメント利益又は損失
                    394,845       629,479      △ 398,662       625,661      △ 156,962       468,699
     (△)
                   11,311,701       4,879,756        898,309      17,089,768       5,297,092       22,386,861
     セグメント資産
     その他の項目
                    122,121       48,132       693,912       864,165       21,885       886,051
         減価償却費
       有形固定資産及び無形
                    67,246       112,353        7,353      186,953       △ 70,085       116,868
       固定資産の増加額
     (注1)1.営業利益の調整額△156,962千円は、セグメント間取引消去439,107千円、各報告セグメントに配分してい
         ない全社費用282,145千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント資産の調整額5,297,092千円には各報告セグメントに配分していない全社資産6,507,416千円及
         びセグメント間の債権の相殺消去等△1,212,324千円が含まれています。
         3.当社は、取締役会で本社改築・移転に関する決議をいたしました。この本社移転に伴い利用見込みのない
         建物等につきまして移転予定日までの期間で減価償却が完了するように当連結事業年度より、耐用年数を変更
         しております。これにより、従来の方法に比べて不動産賃貸事業のセグメント利益又は損失(△)は、651,924
         千円減少しております。
     当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                 シンクタンク
                                               調整額      連結財務諸表
                        ITソリュー       不動産賃貸
                  ・コンサル                      合計
                                              (注1)       計上額
                        ション事業         事業
                 ティング事業
     売上高
                   10,447,450       9,539,053        347,379      20,333,883              20,333,883
       外部顧客への売上高                                             -
       セグメント間の内部
                     2,950      100,545       250,617       354,113      △ 354,113
                                                         -
       売上高又は振替高
                   10,450,400       9,639,599        597,996      20,687,997       △ 354,113      20,333,883
          計
     セグメント利益又は損失
                    719,486       660,799      △ 215,413      1,164,872       △ 224,064       940,808
     (△)
                   11,421,343       4,917,367       2,570,387       18,909,098       5,082,864       23,991,962
     セグメント資産
     その他の項目
                    94,272       61,834       157,188       313,295        7,299      320,595
         減価償却費
       有形固定資産及び無形
                    66,544       75,329      1,924,572       2,066,446       △ 66,071      2,000,375
       固定資産の増加額
     (注1)1.営業利益の調整額△224,064千円は、セグメント間取引消去438,342千円、各報告セグメントに配分してい
         ない全社費用214,278千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント資産の調整額5,082,864千円には各報告セグメントに配分していない全社資産5,873,960千円及
         びセグメント間の債権の相殺消去等△791,096千円が含まれています。
         3.会計方針の変更に記載の通り、法人税法の改正に伴い、平成28年4月1日以降に取得した建物付属設備及び
         構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更したため、事業セグメントの減価償却の方法を同様に変
         更しております。
          当該変更により、従来の方法に比べて、当連結会計年度の「ITソリューション事業」のセグメント利益が608
         千円増加し、「不動産賃貸事業」のセグメント利益が68,632千円増加しております。
                                 67/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     【関連情報】
     前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
     1.  製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.  地域ごとの情報
     (1)売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
        全セグメントの有形固定資産の金額の合計額に占める国内セグメントの割合が90%を超えているため、記載を省
       略しています。
     3.  主要な顧客ごとの情報
       顧客の名称または氏名                  売上高(千円)                関連するセグメント名
     みずほ情報総研株式会社                           5,060,060      ITソリューション事業
     当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)

     1.  製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.  地域ごとの情報
     (1)売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     (2)有形固定資産
        全セグメントの有形固定資産の金額の合計額に占める国内セグメントの割合が90%を超えているため、記載を省
       略しています。
     3.  主要な顧客ごとの情報
       顧客の名称または氏名                  売上高(千円)                関連するセグメント名
     みずほ情報総研株式会社                           4,708,716      ITソリューション事業
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)

      該当事項はありません。
                                 68/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
     前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
                                                   (単位:千円)
              シンクタンク・
                        ITソリューシ
              コンサルティン                  不動産賃貸事業          全社・消去          合計
                         ョン事業
                グ事業
                   74,868         49,817                          124,686
     当期償却額                                  -         -
     当期末残高                -         -         -         -         -

     当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自           平成27年4月1日         至   平成28年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自           平成28年4月1日         至   平成29年3月31日)

        該当事項はありません。
                                 69/92














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1  関連当事者との取引
      (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
     ① 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
      該当事項はありません。
     ②連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     種類      会社等の     所在地    資本金又     事業の内     議決権等の      関連当    取引の内容      取引金    科目      期末残高
           名称又は         は出資金     容又は職     所有(被所      事者と          額(千          (千円)
           氏名         (千円)     業     有)割合      の関係          円)
                              (%)
     関連会社      株式会社     東京都    1,000,000     人材育成      所有    役員の    受取利息       8,190            -
           日本能率     中央区         支援事業           兼任    短期貸付金の      894,879
                               直接
           協会マネ                             入金
                               39.5
           ジメント
           センター
                                    -
     関連会社の      株式会社     東京都     100,000    手帳の製      所有        貸付金の入金      100,000    1年内返済       50,000
     子会社      新寿堂              造販売               受取利息       8,021   予定の長期
                板橋区               間接
                                                  貸付金
                               39.5
                                                  長期貸付金      675,000
      (注1)上記取引金額には消費税は含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。
      (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
          取引条件に関しては、両社協議の上で個別に決定しておりますが、資本関係のない会社と通常取引する場合
          と同様の条件であります。
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

     種類      会社等の     所在地    資本金又     事業の内     議決権等の      関連当    取引の内容      取引金    科目      期末残高
           名称又は         は出資金     容又は職     所有(被所      事者と          額(千          (千円)
           氏名         (千円)     業     有)割合      の関係          円)
                              (%)
                                    -
     関連会社の      株式会社     東京都     100,000    手帳の製      所有        貸付金の入金      725,000    1年内返済        -
     子会社      新寿堂              造販売               受取利息       6,281   予定の長期
                板橋区               間接
                                                  貸付金
                               39.5
                                                  長期貸付金        -
      (注1)上記取引金額には消費税は含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。
      (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
          取引条件に関しては、両社協議の上で個別に決定しておりますが、資本関係のない会社と通常取引する場合
          と同様の条件であります。
                                 70/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     ③連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
      該当事項はありません。
     ④連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
     種類      会社等の     所在地    資本金又     事業の内     議決権等の      関連当    取引の内容      取引金    科目      期末残高
           名称又は         は出資金     容又は職     所有(被所      事者と          額(千          (千円)
           氏名         (千円)     業     有)割合      の関係          円)
                              (%)
     役員の近親      恵美華株     東京都     10,000    倉庫業       -    倉庫の    当社関連会社       35,000    買掛金        -
     者が議決権      式会社     墨田区                    賃借、    の商品の保
     の過半数を                              商品管    管、管理、発
     所有してい                              理    送
     る会社
      (注1)上記金額のうち、取引金額には消費税が含まれておりません。
      (注2)取引条件及び取引条件の決定方針等
         独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
      (注3)恵美華株式会社は、当社連結子会社取締役 和泉高雄の近親者が議決権の過半数を所有している会社でありま
         す。
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      重要性が乏しいため記載を省略しております。
      (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
     2  親会社又は重要な関連会社に関する注記

      重要な関連会社の要約財務情報
      前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       当連結会計年度において、重要な関連会社は株式会社日本能率協会マネジメントセンターであり、その要約連結財
      務情報は以下のとおりであります。
         流動資産合計                       7,294,170千円
         固定資産合計                       4,736,191千円
         流動負債合計                       4,615,215千円
         固定負債合計                       5,100,718千円
         純資産合計                       2,314,428千円
         売上高                       15,868,194千円
         税金等調整前当期純利益                        841,513千円
         親会社株主に帰属する当期純利益                        460,987千円
      当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

       当連結会計年度において、重要な関連会社は株式会社日本能率協会マネジメントセンターであり、その要約連結財
      務情報は以下のとおりであります。
         流動資産合計                       7,961,957千円
         固定資産合計                       4,581,670千円
         流動負債合計                       4,752,614千円
         固定負債合計                       4,859,088千円
         純資産合計                       2,931,925千円
         売上高                       16,169,172千円
         税金等調整前当期純利益                        986,365千円
         親会社株主に帰属する当期純利益                        694,479千円
                                 71/92



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目
                                  (平成28年3月31日)             (平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額                               3,997,509円90銭             4,093,605円43銭
     1株当たり当期純利益金額                                64,175円70銭            206,073円19銭

      (注)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
       1 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                     前連結会計年度             当連結会計年度

                                   (自    平成27年4月1日          (自    平成28年4月1日
                  項目
                                   至   平成28年3月31日)           至   平成29年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    223,796             725,315
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -             -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    223,796             725,315

      普通株式の期中平均株式数(株)                                     3,487             3,520
        (うち普通類株式)                                  ( -  )          ( -  )
        (うち甲種類株式)
                                          (3,487)             (3,520)
     (注)甲種類株式は剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を有しているため、1
        株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しております。
      2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                 項目
                                  (平成28年3月31日)             (平成29年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                 13,776,076             14,598,046
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)

      (うち乙種類株式)                                   (2,250)             (2,250)

      (うち非支配株主持分)                                  (62,367)             (63,497)

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                  13,711,458             14,532,299

       1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                         3,430             3,550
       普通株式の数(株)
                                         ( -  )          ( -  )
        (うち普通類株式)
          (うち甲種類株式)                                   (3,430)             (3,550)
     (注)甲種類株式は剰余金の配当請求権及び残余財産分配請求権について普通株式と同等の権利を
       有しているため、1株当たり情報の算定上、普通株式に含めて計算しております。
       (重要な後発事象)


      該当事項はありません。
                                 72/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
      該当事項はありません。 
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                       254        8,903         0.67       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                     77,028         76,632          1.26       -
     1年以内に返済予定のリース債務                     16,286         15,142           -      -
                                                 平成30年4月30日~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          115,964        1,039,332           0.37
     のものを除く)
                                                 平成35年3月24日
                                                  平成30年4月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                           39,694         28,053           -
     のものを除く)
                                                  平成33年8月
     その他有利子負債                       -         -         -      -
            合計              249,227        1,168,063            -      -
     (注1)「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結
         貸借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
     (注2)長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以
         下のとおりであります。
                      1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
              区分
                        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           長期借入金               237,576         201,756         200,000         200,000
           リース債務               14,410          8,697         4,601          343
         【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会計
       年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
      (2) 【その他】

        特記事項はありません。
                                 73/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ① 【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成28年3月31日)              (平成29年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,541,141              2,114,178
         現金及び預金
                                        ※1  5,663            ※1  13,921
         営業未収入金
                                         400,000              701,970
         有価証券
                                          50,000
         関係会社短期貸付金                                                 -
                                          15,244              59,344
         前払費用
                                          6,525              1,640
         繰延税金資産
                                       ※1  405,938            ※1  435,262
         その他
                                        3,424,513              3,326,319
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        2,204,653              2,393,706
           建物
                                       △ 2,146,565             △ 2,309,476
             減価償却累計額
                                          58,088              84,230
             建物(純額)
           構築物                               46,811              46,811
                                         △ 46,139             △ 46,811
             減価償却累計額
                                            672
             構築物(純額)                                              -
           工具、器具及び備品                               59,280              59,984
                                         △ 56,372             △ 57,077
             減価償却累計額
                                          2,908              2,907
             工具、器具及び備品(純額)
                                                      ※2  125,541
                                         125,541
           土地
                                          6,130            1,742,820
           建設仮勘定
                                         193,339             1,955,499
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          6,459              4,333
           ソフトウエア
                                          6,459              4,333
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        2,260,170              2,283,827
           投資有価証券
                                        6,370,852              6,370,852
           関係会社株式
                                                        50,000
           出資金                                 -
                                         675,000
           関係会社長期貸付金                                               -
                                         365,301              366,334
           差入保証金
                                         147,285              166,977
           繰延税金資産
           その他                                6,720              4,720
                                          △ 690             △ 690
           貸倒引当金
                                        9,824,640              9,242,023
           投資その他の資産合計
                                        10,024,440              11,201,856
         固定資産合計
                                        13,448,953              14,528,175
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        ※1  57,713            ※1  27,983
         未払金
                                         115,966              205,487
         未払法人税等
                                        ※1  35,635            ※1  38,722
         前受金
                                          3,368              10,702
         預り金
                                          5,180              3,392
         賞与引当金
                                          24,000               9,000
         役員賞与引当金
                                          13,730               1,000
         その他
                                         255,594              296,287
         流動負債合計
                                 74/92


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       固定負債
                                        1,280,000              1,580,000
         関係会社長期借入金
                                                     ※2  1,000,000
         長期借入金                                   -
                                          5,907              8,612
         退職給付引当金
                                          63,800              29,500
         役員退職慰労引当金
                                       ※1  587,616            ※1  588,101
         長期預り保証金
                                        1,937,323              3,206,213
         固定負債合計
       負債合計                                 2,192,918              3,502,500
      純資産の部
       株主資本
                                         500,000              500,000
         資本金
         資本剰余金
                                        9,394,756              9,391,036
           その他資本剰余金
                                        9,394,756              9,391,036
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         125,000              125,000
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                         360,000              360,000
             社屋建設積立金
             別途積立金                            2,235,340              2,235,340
                                        1,121,341               876,580
             繰越利益剰余金
                                        3,841,681              3,596,920
           利益剰余金合計
                                       △ 2,551,684             △ 2,541,964
         自己株式
                                        11,184,753              10,945,992
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          71,281              79,681
         その他有価証券評価差額金
                                          71,281              79,681
         評価・換算差額等合計
                                        11,256,034              11,025,674
       純資産合計
                                        13,448,953              14,528,175
      負債純資産合計
                                 75/92











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ② 【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成28年3月31日)               至 平成29年3月31日)
      売上高
                                       ※1  455,719            ※1  595,793
       不動産賃貸収入
                                       ※1  85,410            ※1  102,350
       関係会社受取配当金収入
                                       ※1  32,177             ※1  2,203
       その他事業収入
                                         573,306              700,346
       売上高合計
      売上原価
                                         837,165              787,698
       不動産賃貸原価
                                          3,448
                                                         -
       その他事業原価
                                         840,613              787,698
       売上原価合計
                                        △ 267,307              △ 87,351
      売上総損失(△)
                                     ※1 , ※2  331,757           ※1 , ※2  251,189
      販売費及び一般管理費
                                        △ 599,064             △ 338,541
      営業損失(△)
      営業外収益
                                       ※1  16,597             ※1  6,431
       受取利息
                                         30,318              31,338
       有価証券利息
                                          5,720              6,025
       受取配当金
                                           886             1,337
       雑収入
                                         53,524              45,131
       営業外収益合計
      営業外費用
                                       ※1  20,363            ※1  20,055
       支払利息
                                          1,793              2,809
       雑損失
                                         22,156              22,865
       営業外費用合計
                                        △ 567,696             △ 316,274
      経常損失(△)
      特別利益
                                       ※1  312,239
       関係会社株式売却益                                                  -
                                                       ※3  23
                                           -
       固定資産売却益
                                         312,239                 23
       特別利益合計
      特別損失
                                         23,382              12,942
       事務所移転費用
                                         23,382              12,942
       特別損失合計
      税引前当期純損失(△)                                  △ 278,839             △ 329,193
      法人税、住民税及び事業税                                    9,737             △ 83,026
                                        △ 123,416              △ 2,787
      法人税等調整額
                                        △ 113,679              △ 85,814
      法人税等合計
                                        △ 165,160             △ 243,379
      当期純損失(△)
                                 76/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ③ 【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成27年4月1日 至           平成28年3月31日) 
                                           (単位:千円)
                               株主資本
                                   資本剰余金
                   資本金
                          資本準備金       その他資本剰余金         資本剰余金合計
                     500,000                9,394,756         9,394,756
     当期首残高                          -
      会計方針の変更による
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
     た当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純損失(△)
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -         -         -         -
                     500,000                9,394,756         9,394,756
     当期末残高                           -
                                   株主資本

                                   利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                  利益準備金                                  利益剰余金合計
                         社屋建設積立金          別途積立金        繰越利益剰余金
                     125,000         360,000        2,235,340         1,303,976         4,024,316
     当期首残高
      会計方針の変更による
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
     た当期首残高
     当期変動額
                                              △ 17,475        △ 17,475
      剰余金の配当
                                              △ 165,160        △ 165,160
      当期純損失(△)
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -         -         -     △ 182,635        △ 182,635
                     125,000         360,000        2,235,340         1,121,341         3,841,681
     当期末残高
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                                  その他有価証券
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                   評価差額金
                   △ 2,548,434        11,370,638          74,622         74,622       11,445,261
     当期首残高
      会計方針の変更による
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
     た当期首残高
     当期変動額
                             △ 17,475                         △ 17,475
      剰余金の配当
                            △ 165,160                         △ 165,160
      当期純損失(△)
                     △ 3,250        △ 3,250                         △ 3,250
      自己株式の取得
      自己株式の処分                          -                          -
      株主資本以外の項目の
                                      △ 3,340        △ 3,340        △ 3,340
                                -
      当期変動額(純額)
                     △ 3,250       △ 185,885         △ 3,340        △ 3,340       △ 189,226
     当期変動額合計
                   △ 2,551,684        11,184,753          71,281         71,281       11,256,034
     当期末残高
                                 77/92


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成28年4月1日 至           平成29年3月31日) 
                                           (単位:千円)
                               株主資本
                                   資本剰余金
                   資本金
                          資本準備金       その他資本剰余金         資本剰余金合計
                     500,000                9,394,756         9,394,756
     当期首残高                           -
      会計方針の変更による
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                     500,000                9,394,756         9,394,756
                               -
     た当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純損失(△)
      自己株式の取得
                                      △ 3,720        △ 3,720
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                      △ 3,720        △ 3,720
     当期変動額合計                  -         -
                     500,000                9,391,036         9,391,036
     当期末残高                          -
                                   株主資本

                                   利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                  利益準備金                                  利益剰余金合計
                         社屋建設積立金          別途積立金        繰越利益剰余金
                     125,000         360,000        2,235,340         1,121,341         3,841,681
     当期首残高
      会計方針の変更による
                                               15,768         15,768
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                     125,000         360,000        2,235,340         1,137,109         3,857,449
     た当期首残高
     当期変動額
                                              △ 17,150        △ 17,150
      剰余金の配当
                                              △ 243,379        △ 243,379
      当期純損失(△)
      自己株式の取得
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
                                              △ 260,529        △ 260,529
     当期変動額合計                  -         -         -
     当期末残高               125,000         360,000        2,235,340          876,580        3,596,920
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計
                                  その他有価証券
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                   評価差額金
                   △ 2,551,684        11,184,753          71,281         71,281       11,256,034
     当期首残高
      会計方針の変更による
                              15,768                          15,768
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映し
                   △ 2,551,684        11,200,521          71,281         71,281       11,271,802
     た当期首残高
     当期変動額
                             △ 17,150                         △ 17,150
      剰余金の配当
                            △ 243,379                         △ 243,379
      当期純損失(△)
                     △ 2,550        △ 2,550                         △ 2,550
      自己株式の取得
                     12,270         8,550                          8,550
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
                                       8,400         8,400         8,400
      当期変動額(純額)
                     9,720       △ 254,529          8,400         8,400       △ 246,128
     当期変動額合計
                   △ 2,541,964        10,945,992          79,681         79,681       11,025,674
     当期末残高
                                 78/92



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1  有価証券の評価基準及び評価方法
      (1) 子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
      (2) 満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)
      (3) その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
        り算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
     2  固定資産の減価償却の方法

      (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
         ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物付属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建
        物付属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物                           1~50年
         構築物              10~20年
         工具、器具及び備品   5~15年
      (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         ソフトウェア    5年
      (3) リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存期間を零とする定額法を採用しております。
     3  引当金の計上基準

      (1) 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の債権につい
        ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2) 賞与引当金
         従業員に対する賞与の支給に備えるため、当期に負担すべき支給見込額を計上しております。
      (3) 役員賞与引当金
         役員に対する賞与の支給に備えるため、当期に負担すべき支給見込額を計上しております。
      (4) 退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
         退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用
        いた簡便法を適用しております。
      (5) 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
                                 79/92




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     4  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      (1)  消費税等の会計処理
         税抜き方式によっております。
     (会計方針の変更)

     (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
     「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日。以下「回収可能
     性適用指針」という。)を当事業年度から適用し、繰延税金資産の回収可能性に関する会計処理の方法の一部を見直し
     ております。
      回収可能性適用指針の適用については、回収可能性適用指針第49項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業
     年度の期首時点において回収可能性適用指針第49項(3)①から③に該当する定めを適用した場合の繰延税金資産及び繰延
     税金負債の額と、前事業年度末の繰延税金資産及び繰延税金負債の額との差額を、当事業年度の期首の繰越利益剰余金
     及び評価・換算差額等に加算しております。
      この結果、当事業年度の期首において、繰延税金資産(投資その他の資産)が15,768千円、繰越利益剰余金が15,768
     千円増加しております。
      当事業年度の期首の純資産に影響額が反映されたことにより、株主資本等変動計算書の繰越利益剰余金の期首残高は
     15,768千円増加しております。
     (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取り扱いの適用)

      法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告
     第32号    平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物付属設備及び構築物に係る減
     価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
     この結果、当事業年度の営業損失、経常損失及び税引前当期純損失はそれぞれ68,632千円減少しております。
                                 80/92












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1  関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         営業未収入金                        2,025千円                  698千円
         未収入金                       401,992千円                 386,097千円
         未払金                        8,416千円                 2,898千円
         前受金                        6,984千円                20,105千円
         長期預り保証金                       157,806千円                 158,291千円
     ※2 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         土地                          -千円              125,541千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         長期借入金                          -千円             1,000,000千円
       (損益計算書関係)
     ※1  各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
         不動産賃貸収入                        87,920千円                249,031千円
         関係会社配当収入                        85,410千円                102,350千円
         その他事業収入                        29,400千円                 1,650千円
         販売費及び一般管理費                        27,053千円                 15,564千円
         支払利息                        19,900千円                 15,050千円
         受取利息                        16,212千円                   -千円
         関係会社株式売却益                       312,239千円                   -千円
     ※2    販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は以下のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
                                58,200                 51,100
         役員報酬                           千円                 千円
                                46,762                 37,591
         給料                           千円                 千円
                                 5,180                 3,392
         賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                24,000                 9,000
         役員賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                 2,252                 2,704
         退職給付費用                           千円                 千円
                                10,020                 17,430
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                 3,956                 6,549
         租税公課                           千円                 千円
                                23,476                 7,299
         減価償却費                           千円                 千円
                                84,560                 60,843
         業務委託費                           千円                 千円
     ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                            至   平成28年3月31日)               至   平成29年3月31日)
         工具、器具及び備品                          -千円                 23千円
       (有価証券関係)

        子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
                                 81/92


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
        (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額 
          区分          前事業年度(平成28年3月31日)                   当事業年度(平成29年3月31日)
     子会社株式                         5,363,106千円                   5,363,106千円
     関連会社株式                         1,007,746千円                   1,007,746千円
                                 82/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成28年3月31日)                 (平成29年3月31日)
         (繰延税金資産)
             賞与引当金                        1,219千円                  798千円
             退職給付引当金                        1,456千円                 2,123千円
             役員退職慰労引当金                        15,733千円                 7,274千円
             ゴルフ会員権評価損                        1,978千円                 1,978千円
             貸倒引当金                         170千円                 170千円
             投資有価証券評価損                        17,269千円                 17,269千円
           減価償却費                       162,232千円                 192,988千円
           その他                        8,433千円                  997千円
           繰越欠損金                        12,114千円                 28,103千円
             繰延税金負債(固定)
                               △31,815千円                 △35,565千円
             との相殺
           繰延税金資産小計
                                188,792千円                 216,138千円
           評価性引当額                       △34,980千円                 △47,521千円
             繰延税金資産合計
                                153,811千円                 168,617千円
         (繰延税金負債)

             固定負債
             その他有価証券評価差額金                       △31,815千円                 △35,565千円
             繰延税金資産(固定)
                                31,815千円                 35,565千円
             との相殺
             繰延税金負債合計
                                   -千円                 -千円
             差引:繰延税金資産純額                       153,811千円                 168,617千円

     2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      前事業年度、当事業年度とも税引前当期純損失であるため、注記を省略しております。
       (企業結合等関係)

      該当事項はありません。
       (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 83/92







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
         【有価証券明細表】
        【株式】
                                                貸借対照表計上額
                    銘柄                    株式数(株)
                                                   (千円)
                 大東建託(株)                           5,040         77,086

                 京成電鉄(株)                           2,500         6,457

                 キッセイ薬品工業株                           1,000         2,918

     投資      その他
     有価証券      有価証券
                 (株)小田原エンジニアリング                           1,440         1,316
                 日本電信電話(株)                            200         950

                 (株)みずほフィナンシャルグループ                          455,000          92,820

                     計                       465,180         181,548

                                 84/92














                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
        【債券】
                                         券面総額
                                                貸借対照表計上額
                    銘柄
                                                   (千円)
                                         (千円)
                 ジェッツINTLスリーLTD           SR.829

                                           100,000         100,000
                 三菱UFJ証券ホールディングス クレ

                                           100,000         100,150
                 ジットリンク債
           満期保有
      有価証券      目的の
                 第一回バンクオブアメリカ円貨社債                          300,000         301,071
           債券
                 第一回メリルリンチ円貨社債                          200,000         200,749
                          小計                 700,000         701,970

                 ドイツ復興金融公庫           ユーロ円債(平成
                                           100,000          29,970
                 49年11月償還)
                 第17回シティグループ・インク円貨社債                          105,950         102,746

                 The  Goldman    Sachs   Group,    Inc  2,020年2

                                            99,750         99,894
                 月13日満期ユーロ円建社債
                 ゴールドマンサックス2578-9052                           11,000         10,584

                 ゴールドマンサックス2579-9052                           33,000         31,752

                 ロイヤルバンクオブスコットランド                          104,700         102,379

                 三菱UFJ証券ホールディングス クレ

                                           100,000         100,000
                 ジットリンク債
                 ジェッツINTLスリーLTD           SR.871

                                           100,000         100,000
           満期保有
     投資
                 クレディ・アグリコル・エス・エー 第一
           目的の                                100,000         101,492
                 回円貨社債
     有価証券
           債券
                 第21回みずほ銀行期限前償還条項付劣後社
                                           500,000         500,000
                 債
                 クレディ・スイス円貨建債(固定利率型)                          100,000         100,000

                 ビーピーシーイーエスエー第4回円貨社債

                                           200,000         212,482
                 (劣後特約付き)
                 ソシエテジェネラル円貨社債(劣後特約付
                                           200,000         210,978
                 き)
                 ゴールドマンサックス劣後債                          100,000         100,000

                 ドイツ銀行ロンドン支店ユーロ円建て債                          200,000         200,000

                 ビー・エヌ・ピー・パリバ第2回非上位円

                                           100,000         100,000
                 貨社債
                          小計                2,154,400         2,102,278

                     計                      2,854,400         2,804,249

                                 85/92





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                                   減価償却累計

                   当期首残高      当期増加額      当期減少額
                                      当期償却額      当期末残高
                                                     額
         資産の種類
                                       (千円)      (千円)
                    (千円)      (千円)      (千円)
                                                    (千円)
     有形固定資産

       建物                58,088      187,178         -    161,036       84,230     2,307,601

       構築物                  672       -      -      672       -    46,811

       工具、器具及び備品                 2,908       703       -      704     2,907      57,077

       土地               125,541         -      -      -    125,541         -

      建設仮勘定                 6,130    1,736,690          -      -   1,742,820          -

        有形固定資産計             193,339     1,924,572          -    162,412     1,955,499      2,411,489

     無形固定資産

       ソフトウェア                 6,459        -      -     2,125      4,333      9,503

        無形固定資産計              6,459        -      -     2,125      4,333      9,503

      当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
       建設仮勘定  賃貸用不動産の改築  1,736,690千円
         【引当金明細表】
                   当期首残高         当期増加額         当期減少額         当期末残高

          区分
                    (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     貸倒引当金                   690          -         -         690

     賞与引当金                  5,180         3,392         5,180         3,392

     役員賞与引当金                  24,000          9,000         24,000          9,000

     役員退職慰労引当金                  63,800         17,430         51,730         29,500

                                 86/92









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

      該当事項はありません。
                                 87/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     株券の種類             当社は株券を発行しておりません。

     剰余金の配当の基準日             3月31日

     1単元の株式数             1株

     株式の名義書換え

                  東京都港区芝公園三丁目1番22号
         取扱場所
                  当社管理本部
         株主名簿管理人              ―――――
         取次所              ―――――

         名義書換手数料              ―――――

         新券交付手数料              ―――――

     単元未満株式の買取り

                  東京都港区芝公園三丁目1番22号
         取扱場所
                  当社管理本部
         株主名簿管理人              ―――――
         取次所              ―――――

         買取手数料              ―――――

     公告掲載方法             官報

     株主に対する特典              ―――――

     (注)当社の甲種類株式及び乙種類株式は譲渡制限株式であり、これを譲渡により取得するには取締役会の承認が必要
        になります。
                                 88/92








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

       該当事項はありません。
     2 【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度 第55期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
       平成28年6月27日関東財務局長に提出。
     (2)  半期報告書

       事業年度 第56期中(自 平成28年4月1日 至 平成28年9月30日)
       平成28年12月26日関東財務局長に提出。
     (3)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)の規定に基づく臨時報告書
       平成29年3月10日関東財務局長に提出。
                                 89/92













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 90/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年6月23日

     株式会社JMAホールディングス
      取締役会  御中
                          青南監査法人
                           代表社員

                                    公認会計士          齋  藤  敏  雄               ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                    公認会計士          大  野  木  猛               ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社JMAホールディングスの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フ
     ロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
     た。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社JMAホールディングス及び連結子会社の平成29年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会
     計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      会計方針の変更に記載されているとおり、会社は、当連結会計年度より、平成28年4月1日以後に取得した建物付属設
     備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更している。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社JMAホールディングス(E25899)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成29年6月23日

     株式会社JMAホールディングス
      取締役会  御中
                          青南監査法人
                           代表社員

                                    公認会計士          齋  藤  敏  雄               ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                    公認会計士          大  野  木  猛               ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社JMAホールディングスの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの第56期事業年度の財務諸表、すな
     わち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社JMAホールディングスの平成29年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべて
     の重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      会計方針の変更に記載されているとおり、会社は、当事業年度より、平成28年4月1日以後に取得した建物付属設備及
     び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)   1   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/92





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。