株式会社山王 四半期報告書 第59期第3四半期(平成29年2月1日-平成29年4月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第59期第3四半期(平成29年2月1日-平成29年4月30日)

提出日:

提出者:株式会社山王

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成29年6月14日
      【四半期会計期間】                    第59期第3四半期(自 平成29年2月1日 至 平成29年4月30日)
      【会社名】                    株式会社 山王
      【英訳名】                    SANNO   Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  鈴木 啓治
      【本店の所在の場所】                    横浜市港北区綱島東五丁目8番8号
      【電話番号】                    (045)542-8241(代表)
      【事務連絡者氏名】                    管理本部副本部長兼経理部長  浜口 和雄
      【最寄りの連絡場所】                    横浜市港北区綱島東五丁目8番8号
      【電話番号】                    (045)542-8241(代表)
      【事務連絡者氏名】                    管理本部副本部長兼経理部長  浜口 和雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第58期           第59期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第58期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成27年8月1日           自 平成28年8月1日           自 平成27年8月1日
              会計期間
                           至 平成28年4月30日           至 平成29年4月30日           至 平成28年7月31日
                      (千円)           4,638,863           5,393,856           6,406,350
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 449,711            45,234          △ 476,318
     親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は親会社株主に帰
                      (千円)           △ 476,224           104,990          △ 555,535
     属する四半期(当期)純損失
     (△)
                      (千円)           △ 839,715           237,869         △ 1,007,323
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           5,005,553           5,075,814           4,837,945
     純資産額
                      (千円)           8,665,882           9,070,028           8,519,638
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金
     額又は1株当たり四半期(当期)                 (円)           △ 103.17            22.75          △ 120.35
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             57.8           56.0           56.8
     自己資本比率
                               第58期           第59期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自 平成28年2月1日           自 平成29年2月1日

              会計期間
                           至 平成28年4月30日           至 平成29年4月30日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                  (円)           △ 19.39          △ 11.85

      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
      2【事業の内容】

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/16






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて変更が
        あった事項は次のとおりです。
         なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
        ります。
       (1)継続企業の前提に関する重要事象等について

        前連結会計年度の有価証券報告書においては、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が
       存在しているものと判断し事業等のリスクとして記載をしておりましたが、当第3四半期連結累計期間において
       は、主力製品を中心に積極的な受注活動を行い、前期から取り組んでいた歩留り改善等の収益改善施策を継続する
       ことで、現時点においては、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況は存在していないと判
       断しております。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)業績の状況
        当第3四半期連結累計期間における世界経済におきましては、米国経済は好調な雇用情勢を背景に景気回復基調
       が続いており、また欧州経済についても、雇用情勢の改善を受け個人消費が持ち直してきていることに加え、企業
       の設備投資も改善傾向が見られており、緩やかな回復基調にありました。
        一方で、新興国経済につきましては、資源価格の回復に伴い一部の資源国経済では持ち直しが見られております
       が、中国経済については構造調整の進展に伴い減速傾向にあり、先行き不透明な状況が続いております。
        わが国経済におきましては、個人消費には引き続き停滞感がありますが、米国経済を中心とした世界経済の改善
       を受け輸出が増加しており、設備投資にも持ち直しの兆しが見られる等、緩やかながら回復基調にありましたが、
       深刻化する人手不足により今後経済活動が停滞する懸念が生じております。
        当社グループが属する電子工業界におきましては、自動車市場は海外向けを中心に引き続き好調が続いており、
       またスマートフォンやタブレットPC等のIT機器市場についても、生産調整の解消に伴い、部品需要は旺盛に推
       移しております。
        このような状況のもとで当社グループは、スマートフォン向け製品や車載向け製品等の主力製品を中心に積極的
       な受注活動を行い、前期から取り組んできた歩留り改善、生産性向上、経費削減等の収益改善施策を継続すること
       で、収益基盤の確立を図ってまいりました。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は5,393百万円(前年同期比16.3%増)となりました。また、営業
       利益は26百万円(前年同期は営業損失410百万円)、経常利益は45百万円(前年同期は経常損失449百万円)、親会
       社株主に帰属する四半期純利益は104百万円(前年同期は親会社株主に帰属する四半期純損失476百万円)となりま
       した。
        なお、セグメント毎の業績は次のとおりであります。

       ① 日本
        当第3四半期連結累計期間は、スマートフォン向け製品や車載向け製品等の主力製品を中心に積極的な受注活動
       を行い、前期から取り組んできた生産性向上、経費削減等の収益改善施策を継続することで、前年同期に比べ収益
       性を改善させることが出来ましたが、当第3四半期連結累計期間での営業利益確保には至りませんでした。
        この結果、売上高は3,592百万円(前年同期比28.0%増)、営業損失は97百万円(前年同期は営業損失388百万
       円)となりました。
       ② 中国
        当第3四半期連結累計期間は、プレス・めっき一貫加工による受注を中心に積極的な受注活動を行うとともに、
       歩留り改善、生産性向上、経費削減等の収益改善施策を継続することで、前年同期に比べ収益性を改善させること
       が出来ましたが、当第3四半期連結累計期間での営業利益確保までには至りませんでした。
        この結果、売上高は864百万円(前年同期比0.1%増)、営業損失は56百万円(前年同期は営業損失176百万円)と
       なりました。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       ③ フィリピン
        当第3四半期連結累計期間は、前期において収益性悪化の主要因になっていためっき工程での歩留り管理を徹底
       するとともに、生産性向上によるコスト削減に努めることで利益体質を強化することが出来、売上高は前年同期比
       減少しましたが、前年同期を上回る営業利益を確保することが出来ました。
        この結果、売上高は943百万円(前年同期比8.8%減)、営業利益は109百万円(前年同期比42.2%増)となりまし
       た。
       (2)財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、現金及び預金が199百万円、機械装置及び運搬具が204百万円増加した
       ことなどから、前連結会計年度末と比べ550百万円増加し、9,070百万円となりました(前連結会計年度末は8,519百
       万円)。
        負債は、短期借入金が203百万円、長期借入金が132百万円増加したことなどから、前連結会計年度末と比べ312百
       万円増加し、3,994百万円となりました(前連結会計年度末は3,681百万円)。
        また、純資産は利益剰余金が増加したことなどから、前連結会計年度末と比べ237百万円増加し、5,075百万円と
       なりました。この結果、自己資本比率は56.0%となり、前連結会計年度末と概ね同水準となりました。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題はありません。
       (4)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は48百万円であります。なお、当第3四
       半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  4/16













                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 17,600,000

                  計                                17,600,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (平成29年6月14日)
               (平成29年4月30日)                            取引業協会名
                                          東京  証券取引所
       普通株式            5,000,000             5,000,000          JASDAQ          単元株式数100株
                                         (スタンダード)
         計           5,000,000             5,000,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金        資本準備金
                発行済株式総       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                数増減(株)       数残高(株)         (千円)        (千円)
                                               (千円)        (千円)
     平成29年2月1日~
                  -      5,000,000         -      962,200         -      870,620
     平成29年4月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/16








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないた
          め、記載することができないことから、直前の基準日(平成29年1月31日)に基づく株主名簿による記載を
          しております。
        ①【発行済株式】

                                                  平成29年4月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                      普通株式               384,000

     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                                                権利内容に何ら限定のな

                      普通株式            4,614,700
     完全議決権株式(その他)                                       46,147    い当社における標準とな
                                                る株式
                      普通株式                  1,300

     単元未満株式                                   -            同上
     発行済株式総数                        5,000,000           -             -

     総株主の議決権                       -                46,147          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年4月30日現在
                          自己名義         他人名義                発行済株式総数に

      所有者の氏名                                    所有株式数の合計
                所有者の住所          所有株式数         所有株式数                 対する所有株式数
       又は名称                                      (株)
                           (株)         (株)                 の割合(%)
               横浜市港北区綱島東
        ㈱山王                  384,000           ―       384,000          7.68
                五丁目8番8号
         計          ―       384,000           ―       384,000          7.68
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成29年2月1日から平
       成29年4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年8月1日から平成29年4月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について有限責任              あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年7月31日)              (平成29年4月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,810,974              3,010,465
         現金及び預金
                                      ※1 1,911,568             ※1 1,969,869
         受取手形及び売掛金
                                         87,222              107,027
         製品
                                       1,074,018              1,176,260
         原材料及び貯蔵品
                                        125,205              118,928
         その他
                                         △ 250             △ 250
         貸倒引当金
                                       6,008,739              6,382,301
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                              135,567              132,715
          機械装置及び運搬具(純額)                               65,138              269,931
                                       1,238,472              1,238,472
          土地
          リース資産(純額)                              132,325               90,496
                                        275,608              225,736
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             1,847,112              1,957,351
         無形固定資産                                26,698              22,010
         投資その他の資産
                                        472,717              569,972
          投資有価証券
                                        167,723              140,661
          その他
                                        △ 3,353             △ 2,268
          貸倒引当金
                                        637,088              708,365
          投資その他の資産合計
                                       2,510,899              2,687,726
         固定資産合計
                                       8,519,638              9,070,028
       資産合計
                                  8/16











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成28年7月31日)              (平成29年4月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        240,681              283,428
         支払手形及び買掛金
                                       1,477,400              1,681,050
         短期借入金
                                        461,799              500,082
         1年内返済予定の長期借入金
                                         88,195              85,465
         リース債務
                                         14,231              12,078
         未払法人税等
                                         7,551              6,261
         繰延税金負債
                                        483,570              416,308
         その他
                                       2,773,430              2,984,675
         流動負債合計
       固定負債
                                        406,089              539,072
         長期借入金
                                        104,763               41,596
         リース債務
                                        210,654              221,393
         退職給付に係る負債
                                         44,535              76,977
         繰延税金負債
                                        142,219              130,496
         その他
                                        908,263             1,009,537
         固定負債合計
                                       3,681,693              3,994,213
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        962,200              962,200
         資本金
                                        870,620              870,620
         資本剰余金
                                       2,466,561              2,571,552
         利益剰余金
                                       △ 125,103             △ 125,103
         自己株式
                                       4,174,278              4,279,269
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        133,998              219,934
         その他有価証券評価差額金
                                        527,435              574,179
         為替換算調整勘定
                                         2,233              2,431
         退職給付に係る調整累計額
                                        663,667              796,545
         その他の包括利益累計額合計
                                       4,837,945              5,075,814
       純資産合計
                                       8,519,638              9,070,028
      負債純資産合計
                                  9/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年8月1日              (自 平成28年8月1日
                                至 平成28年4月30日)               至 平成29年4月30日)
      売上高                                  4,638,863              5,393,856
                                       4,057,772              4,401,284
      売上原価
                                        581,090              992,571
      売上総利益
                                        991,882              966,202
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 410,791               26,369
      営業外収益
                                         17,587               9,882
       受取利息
                                         1,874              19,546
       受取保険料
                                           -            14,074
       為替差益
                                         27,909              15,767
       その他
                                         47,371              59,270
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         33,201              25,912
       支払利息
                                         35,995                -
       為替差損
                                         17,094              14,494
       その他
                                         86,291              40,406
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 449,711               45,234
      特別利益
                                           -            84,525
       投資有価証券売却益
                                           -            84,525
       特別利益合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                       △ 449,711              129,759
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   23,770              26,061
                                         2,742             △ 1,292
      法人税等調整額
                                         26,513              24,768
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 476,224              104,990
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 476,224              104,990
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成27年8月1日              (自 平成28年8月1日
                                至 平成28年4月30日)               至 平成29年4月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 476,224              104,990
      その他の包括利益
                                       △ 123,045               85,936
       その他有価証券評価差額金
                                       △ 240,559               46,744
       為替換算調整勘定
                                           113              197
       退職給付に係る調整額
                                       △ 363,490              132,878
       その他の包括利益合計
                                       △ 839,715              237,869
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 839,715              237,869
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四
        半期連結会計期間から適用しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理
        四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当
       第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が当第3四半
       期連結会計期間末残高に含まれております。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成28年7月31日)                  (平成29年4月30日)
     受取手形                              4,114千円                 14,290千円
        2 コミットメントライン契約

        当社は、安定的かつ機動的な資金調達を行うために、株式会社りそな銀行との間で、コミットメントライン契約を
       締結しております。なお、当第3四半期連結会計期間末において借入は実行しておりません。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成28年7月31日)                  (平成29年4月30日)
     コミットメントラインの総額                           300,000千円                  300,000千円
     借入実行残高                                -                  -
     差引額                           300,000千円                  300,000千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成27年8月1日                  (自 平成28年8月1日
                             至 平成28年4月30日)                  至 平成29年4月30日)
       減価償却費                             104,388千円                  114,476千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 平成27年8月1日 至 平成28年4月30日)
          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 平成28年8月1日 至 平成29年4月30日)

          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間              (自 平成27年8月1日 至 平成28年4月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                                                調整額
                                                       損益計算書
                       日本       中国     フィリピン        合計
                                                (注)1
                                                     計上額(注)2
     売上高

                      2,800,885        803,551      1,034,425      4,638,863          -    4,638,863
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                        6,326      60,170         -    66,497     △ 66,497          -
      又は振替高
                      2,807,212        863,722      1,034,425      4,705,360       △ 66,497      4,638,863
            計
      セグメント利益又は損失(△)                △ 388,568      △ 176,209       77,020     △ 487,756       76,964      △ 410,791
       (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間              (自 平成28年8月1日 至 平成29年4月30日)

            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                                                調整額
                                                       損益計算書
                       日本       中国     フィリピン        合計
                                                (注)1
                                                     計上額(注)2
     売上高

                      3,585,693        864,410       943,752     5,393,856          -    5,393,856
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                        6,784        242       -     7,027     △ 7,027         -
      又は振替高
                      3,592,477        864,653       943,752     5,400,883       △ 7,027      5,393,856
            計
      セグメント利益又は損失(△)                △ 97,051      △ 56,040      109,508      △ 43,583      69,953        26,369
       (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去であります。
          2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/16









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成27年8月1日               (自 平成28年8月1日
                                至 平成28年4月30日)               至 平成29年4月30日)
      1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
                                     △103円17銭                 22円75銭
      期純損失金額(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は
       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                               △476,224                 104,990
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益金額又は普通株式に係る親会社株主に帰属                               △476,224                 104,990
       する四半期純損失金額(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 4,615               4,615
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 14/16












                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社山王(E02121)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年6月14日

     株式会社山王

      取締役会 御中

                              有限責任     あずさ監査法人

                               指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                岩  瀬 弘    典  印
                               業  務  執  行  社  員
                               指定有限責任社員

                                          公認会計士
                                                木  村 純    一  印
                               業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社山王の

     平成28年8月1日から平成29年7月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成29年2月1日から平成29年
     4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年8月1日から平成29年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社山王及び連結子会社の平成29年4月30日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点
     において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管している。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 16/16



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。