株式会社日本取引所グループ 有価証券報告書 第16期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第16期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社日本取引所グループ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2017年6月9日
      【事業年度】                    第16期(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
      【会社名】                    株式会社日本取引所グループ
      【英訳名】                    Japan   Exchange     Group,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    取締役兼代表執行役グループCEO  清田 瞭
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋兜町2番1号
      【電話番号】                    (03)3666-1361
      【事務連絡者氏名】                    執行役CFO  田端 厚
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋兜町2番1号
      【電話番号】                    (03)3666-1361
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部長  三輪 光雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/118













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                       国際会計基準
                         2013年4月1
             決算年月                    2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月
                         日(移行日)
                   (百万円)           -     113,846       106,167       114,776       107,885
     営業収益
                   (百万円)           -     54,786       54,887       67,774       60,604

     税引前利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)           -     33,304       34,427       44,877       42,124
     当期利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)           -     33,954       40,863       41,902       41,676
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)         181,937       207,101       235,611       257,194       257,955
     持分
                   (百万円)        1,870,000       17,479,946       27,746,771       29,546,776       41,288,932
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰
                    (円)        331.36       377.19       429.11       468.43       477.31
     属持分
                    (円)          -      60.66       62.70       81.74       77.00
     基本的1株当たり当期利益
     希薄化後1株当たり当期利
                    (円)          -       -       -       -       -
     益
                    (%)          9.7       1.2       0.8       0.9       0.6
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                    (%)          -      17.1       15.6       18.2       16.4
     利益率
                    (倍)          -      20.8       27.8       21.1       20.6
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)           -     62,722       37,346       61,069       47,462
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)           -     30,035       △ 5,563      △ 33,591      △ 19,330
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)           -    △ 71,362      △ 22,364      △ 21,030      △ 21,119
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         29,308       50,713       60,114       66,547       73,553
     残高
                    (名)         1,157       1,161       1,131       1,088       1,085
     従業員数
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.2015年3月期より国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
        4.2013年10月1日を効力発生日として普通株式1株につき5株の割合をもって株式分割を行い、2015年10月1日
          を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。そのため、2014年3
          月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり親会社所有者帰属持分及び基本的1株当たり当
          期利益を算出しております。
                                   2/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                 日本基準
             決算年月             2013年3月       2014年3月       2015年3月

                   (百万円)         71,708       116,251       106,232
     営業収益
                   (百万円)         21,631       52,801       51,912
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         10,941       29,835       31,421
     純利益
                   (百万円)         15,550       28,990       38,110
     包括利益
                   (百万円)         179,077       202,018       228,771
     純資産額
                   (百万円)        1,276,386       1,403,713       2,047,974
     総資産額
                    (円)        321.51       357.60       405.81
     1株当たり純資産額
                    (円)         32.29       54.34       57.23
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -        -
     当期純利益金額
                    (%)         13.8       14.0       10.9
     自己資本比率
                    (%)          6.2       16.0       15.0
     自己資本利益率
                    (倍)         26.4       23.2       30.4
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         23,928       62,722       37,346
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 109,659        30,035       △ 5,563
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         87,248      △ 71,362      △ 22,364
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         29,308       50,713       60,114
     残高
                    (名)         1,157       1,161       1,131
     従業員数
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.2013年3月期より株式会社日本取引所グループとして新たに連結財務諸表を作成しております。なお、2013年
          3月期の連結財務諸表は、「企業結合に関する会計基準」に基づき、株式会社東京証券取引所グループの連結
          財務諸表を引き継ぐこととなり、株式会社東京証券取引所グループの2012年4月1日から2012年12月31日まで
          の連結業績に2013年1月1日から2013年3月31日までの当社の連結業績を合算したものであります。
        4.2013年1月1日を効力発生日として普通株式1株につき100株の割合をもって株式分割を行い、2013年10月1
          日を効力発生日として普通株式1株につき5株の割合をもって株式分割を行い、                                     さらに、2015年10月1日を効
          力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。                                       そのため、2013年3月期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び                                 1株当たり     当期純利益金額を算出して
          おります。
                                   3/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     <参考>
      当社グループの資産及び負債には、連結子会社である株式会社日本証券クリアリング機構が清算機関として引き受けた
     「清算引受資産・負債」及び清算参加者から担保として預託を受けた「清算参加者預託金」が両建てで計上されておりま
     す。「清算引受資産・負債」及び「清算参加者預託金」は、多額かつ清算参加者のポジションなどにより日々変動するこ
     とから、当社グループの資産及び負債の額は、これらの変動に大きな影響を受けます。その他、金融商品取引の安全性を
     確保するための諸制度に基づく「信認金」、「取引参加者保証金」及び「違約損失積立金」が資産及び負債または資本に
     両建てで計上されております。
      連結経営指標等のうち、これらの資産及び負債または資本を控除した数値は、以下のとおりです。
                                    国際会計基準
                         2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月

            決算年月
     親会社の所有者に帰属する
                   (百万円)         179,153       207,663
                                          229,246       230,006
     持分
                   (百万円)         273,314       288,149
     総資産額                                    313,351       330,089
     1株当たり親会社所有者帰
                    (円)        326.29       378.21
                                          417.52       425.60
     属持分
                    (%)         65.5       72.1
     親会社所有者帰属持分比率                                      73.2       69.7
     親会社所有者帰属持分当期
                    (%)         20.0       17.8       20.5       18.3
     利益率
     (注)1.総資産額は「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」及び「違約損失積立金」、親会社所有者に
          帰属する持分は、「違約損失積立金」をそれぞれ控除して算出した数値であります。
        2.  2013年10月1日を効力発生日として普通株式1株につき5株の割合をもって株式分割を行い、2015年10月1日
          を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。そのため、2014年3
          月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり親会社所有者帰属持分を算出しております。
                                   4/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第12期       第13期       第14期       第15期       第16期
             決算年月             2013年3月       2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月
                   (百万円)         18,643       12,248       33,102       35,072       47,887
     営業収益
                   (百万円)          6,358       8,444       28,747       31,309       43,682
     経常利益
                   (百万円)          3,637       7,380       27,728       30,275       42,774
     当期純利益
                   (百万円)         11,500       11,500       11,500       11,500       11,500
     資本金
                    (株)      54,906,910       274,534,550       274,534,550       549,069,100       549,069,100
     発行済株式総数
                   (百万円)         83,714       81,221       102,104       110,107       111,061
     純資産額
                   (百万円)         193,658       165,956       215,218       230,071       244,641
     総資産額
                    (円)        152.47       147.93       185.96       200.54       205.50
     1株当たり純資産額
                    (円)         4,580        107        50       71       47
     1株当たり配当額
     (内、1株当たり中間配当
                    (円)        ( 4,500   )      ( 80 )      ( 18 )      ( 42 )      ( 21 )
     額)
                    (円)         10.73       13.44       50.50       55.14       78.19
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         43.2       48.9       47.4       47.9       45.4
     自己資本比率
                    (%)          4.3       8.9       30.3       28.5       38.7
     自己資本利益率
                    (倍)         79.5       93.7       34.5       31.3       20.3
     株価収益率
                    (%)         116.4       160.0        49.5       90.7       60.1
     配当性向
                    (名)          204       209       219       208       197
     従業員数
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.2013年3月期より株式会社日本取引所グループとして新たに財務諸表を作成しております。なお、2013年3月
          期の財務諸表は、「企業結合に関する会計基準」に基づき、株式会社大阪証券取引所の2012年4月1日から
          2012年12月31日までの業績に2013年1月1日から2013年3月31日までの当社の業績を合算したものでありま
          す。
        4.2013年1月1日を効力発生日として普通株式1株につき100株の割合をもって株式分割を行い、2013年10月1
          日を効力発生日として普通株式1株につき5株の割合をもって株式分割を行い、さらに、                                         2015年10月1日を効
          力発生日として普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております                                      。そのため、2013年3月期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算出して
          おります。なお、2013年3月期の1株当たり配当額4,580円は、株式会社大阪証券取引所の中間配当4,500円及
          び当社の期末配当80円を合算した金額であり、配当性向については、2013年1月1日付で行った株式分割後の
          1株当たり配当額125円を基に算出しております。
                                   5/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       当社は、2013年1月1日に、株式会社大阪証券取引所(存続会社)と株式会社東京証券取引所グループとの合併
      (同日付で商号を「株式会社日本取引所グループ」に変更。)により、発足しました。
       (合併存続会社である株式会社大阪証券取引所の沿革)

        1878年   6月     大阪株式取引所設立免許(大阪証券取引所の前身)
        1949年   4月     大阪証券取引所(会員組織)設立(同年5月に株券の売買を開始)
        1956年   4月     債券の売買を開始
        1961年   10月     市場第二部制度を導入
        1966年   10月     国債の売買を開始
        1974年   9月     相場情報伝達システム稼働
        1983年   11月     市場第二部特別指定銘柄制度(新二部市場)導入
        1988年   9月     日経平均株価先物取引を開始
        1989年   6月     日経平均株価オプション取引を開始
        1991年   12月     カントリーファンド売買取引を開始
        1994年   2月     日経300先物取引・オプション取引を開始
        1996年   4月     日経300先物限月間スプレッド取引を開始
        1996年   10月     外国株券上場制度を導入(            1997  年8月売買取引開始)
        1997年   5月     日経平均株価先物限月間スプレッド取引を開始
        1997年   7月     株券オプション取引を開始(2008年4月 個別証券オプションに名称変更)
        1997年   12月     株券に関する立会外取引制度導入
        1999年   1月     J-NET(相対)市場開設(同月売買開始)
        1999年   7月     立会場廃止
        2000年   5月     ナスダック・ジャパン市場を開設(同年6月売買開始)
        2000年   6月     東京事務所設置
        2001年   3月     京都証券取引所と合併
        2001年   4月     株式会社大阪証券取引所に組織変更
        2001年   6月     株価指数連動型上場投資信託受益証券(ETF)上場制度を導入(同年7月売買開始)
        2001年   12月     ベンチャーファンド上場制度を導入(2002年1月売買開始)
        2002年   9月     東京事務所を東京支社に変更
        2002年   11月     市場間監視グループ(ISG)に加入
        2002年   12月     ナスダック・ジャパン市場をニッポン・ニュー・マーケット-「ヘラクレス」に変更
        2003年   1月     デリバティブの清算機関として有価証券債務引受業を開始
                株式会社日本証券クリアリング機構を株券等の清算機関に指定
        2004年   4月     株式を「ヘラクレス」に上場

        2005年   4月     Russell/Nomura        Prime   インデックス先物取引を開始
        2006年7月        日経225mini取引を開始
        2006年10月        株式分割の実施(1:3)
        2007年9月        デリバティブ市場におけるイブニング・セッションの開始
        2007年10月        金融商品取引法に基づく自主規制委員会を設置
        2008年12月        株式会社ジャスダック証券取引所株式の76.1%を取得し同社を子会社化
                                   6/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        2009年7月        取引所外国為替証拠金取引(大証FX)を開始                     (2014年10月取引休止)
        2009年9月        株式会社ジャスダック証券取引所の全株式を取得し同社を完全子会社化
        2010年4月        株式会社ジャスダック証券取引所を吸収合併
        2010年10月        新JASDAQ市場開設(「ヘラクレス」、JASDAQ及びNEOを市場統合)
        2011年2月        デリバティブ売買システム「J-GATE」を稼働
        2011年7月        デリバティブ市場におけるナイト・セッションの開始
        2011年11月        株式会社東京証券取引所グループとの経営統合に関する合意
        2012年2月        日経平均ボラティリティー・インデックス先物取引を開始
        2012年5月        大証NYダウ先物取引を開始
        2012年8月        株式会社東京証券取引所グループによる公開買付けにより、同社の連結子会社となる
        2012年9月        新大証設立準備株式会社(現株式会社大阪取引所)を設立
        2012年10月        株式会社東京証券取引所グループと合併契約を締結(2013年1月1日)
        2013年1月        株式会社東京証券取引所グループと合併
                「株式会社日本取引所グループ」に商号変更
                会社分割により金融商品取引所事業を新大証設立準備株式会社に承継
                新大証設立準備株式会社は、「株式会社大阪証券取引所」に商号変更
                株式を東京証券取引所           市場第一部に上場
        2013年7月        大阪証券取引所の現物市場、清算機能及び自主規制機能をそれぞれ東京証券取引所の現物市
                場、日本証券クリアリング機構、東京証券取引所自主規制法人に統合
        2013年   10月     株式分割の実施(1:5)
                株式会社日本証券クリアリング機構、株式会社日本国債清算機関と合併
        2014年   1月     JPX日経インデックス400の算出・公表を開始
        2014年   3月     東京証券取引所のデリバティブ市場を大阪証券取引所のデリバティブ市場に統合
                株式会社大阪証券取引所が、「株式会社大阪取引所」に商号変更
        2014年   4月     東京証券取引所自主規制法人が、「日本取引所自主規制法人」に名称変更
        2014年7月        中国銀行と包括的な協力協定を締結
        2014年8月        東京証券取引所、LEI(Legal              Entity    Identifier)指定業務を開始
        2014年11月        香港駐在員事務所を開設
                大阪取引所、JPX日経インデックス400先物取引を開始
        2014年12月        ヤンゴン証券取引所設立のための合弁契約をミャンマー経済銀行、大和総研と締結(出資比率
                18.75%)。
        2015年4月        東京証券取引所、インフラファンド市場開設
        2015年5月        シンガポールに支店を開設            (駐在員事務所を廃止)
                大阪取引所、      日経225オプションに係る限月取引を拡充(Weeklyオプションの導入)
        2015年10月        株式分割の実施(1:2)
        2016年3月        ヤンゴン証券取引所、取引開始
        2016年7月        大阪取引所、東証マザーズ指数、台湾加権指数、FTSE中国50の先物取引及びJPX日経インデッ
                クス400オプション取引を開始
        2017年3月        サウジ証券取引所(タダウル)と包括的な協力協定を締結
                                   7/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      (参考情報)
       (株式会社東京証券取引所グループの沿革)
       1878年   5月     東京株式取引所設立免許(東京証券取引所の前身)

       1949年   4月     東京証券取引所(会員組織)設立(同年5月に株券の売買を開始)
       1956年   4月     債券の売買を開始
       1961年   6月     株式会社東京証券計算センター(現株式会社東証コンピュータシステム)設立
       1961年   10月     市場第二部制度を導入
       1966年   10月     国債の売買を開始
       1969年   7月     東証株価指数       (TOPIX)    の算出・公表開始
       1970年   5月     転換社債の売買を開始
       1973年   12月     外国株の売買を開始
       1974年   9月     相場報道システム稼働
       1985年   10月     国債証券先物取引を開始
       1986年   5月     ニューヨーク調査員事務所(現駐在員事務所)開設
       1986年   6月     株式会社東京証券計算センターの子会社として株式会社東証システムサービスを設立
       1988年   9月     株価指数(TOPIX)先物取引を開始
       1989年   10月     株価指数(TOPIX)オプション取引を開始
       1990年   5月     国債証券先物オプション取引を開始
       1990年   7月     ロンドン調査員事務所(現駐在員事務所)開設
       1991年   10月     財団法人証券保管振替機構が株券保管振替業務を開始
       1996年   12月     シンガポール駐在員事務所開設
       1997年   7月     株券オプション取引を開始
       1997年   11月     株券及び転換社債券に係る立会外取引制度導入
       1998年   2月     債券売買立会場を閉場
       1998年   7月     TDnet(適時開示情報伝達システム)稼働
       1999年   4月     株券売買立会場を閉場
       1999年   11月     新興企業向け市場「マザーズ」を創設
       2000年   3月     広島証券取引所及び新潟証券取引所と合併
       2001年   7月     株価指数連動型投資信託受益証券(ETF)の売買を開始
       2001年8月        証券会員制法人東京証券取引所に商号変更
       2001年9月        不動産投資信託証券(REIT)の売買を開始
       2001年11月        株式会社東京証券取引所に組織変更
       2002年1月        財団法人証券保管振替機構の株式会社化に際し出資
       2002年2月        株式会社東証システムサービスを子会社化
               株式会社東証コンピュータシステムを非子会社化(関連会社化)
       2002年7月        株式会社日本証券クリアリング機構を設立
       2003年1月        株式会社日本証券クリアリング機構、業務開始(現物清算業務を移管)

       2004年2月        株式会社日本証券クリアリング機構にデリバティブ清算業務を移管

       2004年7月        株式会社ICJを日本証券業協会、Automatic                       Data   Processing,      Inc.   (現   Broadridge
               Nederland     Ⅱ  B.V.)とともに設立。
                                   8/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       2005年10月        TOPIXを浮動株ベースの指数に移行開始
       2007年6月
               シンガポール取引所株式を取得(所有割合:約4.99%)
       2007年8月        株式会社東京証券取引所グループを設立(単独株式移転により設立)
       2007年10月        東京証券取引所自主規制法人を設立(同年11月より業務開始)

       2008年1月        ToSTNeT市場を創設(立会市場から独立)

               北京駐在員事務所開設
       2008年6月        ミニTOPIX、TOPIX         Core30、東証REIT指数の先物取引を開始
       2009年3月        ミニ長期国債先物取引を開始

       2009年6月        株式会社TOKYO          AIM取引所が取引所業務を開始(ロンドン証券取引所との共同出資)
               (2012年3月、ロンドン証券取引所が保有する全株式を取得。同年7月、株式会社東京証券
               取引所に吸収合併)
       2009年10月        オプション取引にマーケットメイカー制度を導入
       2010年1月        現物取引システム「arrowhead」を稼働

       2010年7月        配当指数(日経平均・TOPIX・TOPIX                 Core30配当指数)先物取引を開始
       2010年9月        株式会社日本証券クリアリング機構が株式会社日本国債清算機関株式を取得(所有割合:
               35.6%)
       2011年7月        株式会社日本証券クリアリング機構、CDS清算業務を開始
       2011年11月        株式会社大阪証券取引所との経営統合に関する合意

       2012年8月        公開買付けにより、株式会社大阪証券取引所株式を取得(所有割合:66.7%)
       2012年10月        株式会社日本証券クリアリング機構、金利スワップ取引清算業務を開始
       2012年10月        株式会社大阪証券取引所と合併契約を締結(効力発生日:2013年1月1日)
       2013年1月        株式会社大阪証券取引所と合併
                                   9/118











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社は、株式会社東京証券取引所、株式会社大阪取引所、日本取引所自主規制法人及び株式会社日本証券クリアリン
      グ機構を含む連結子会社5社並びに持分法適用関連会社3社を有する金融商品取引法上の金融商品取引所持株会社であ
      り、当社グループは、株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所が開設する取引所金融商品市場の開設・運営を
      主な事業内容としております。当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会
      社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づい
      て判断することとなります。
       当社グループの特徴及び収益内容は、次のとおりです。

     (1)当社グループの特徴について

      ①  現物市場
       当社グループの現物市場の中核に位置づけられるのが、市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQです。
       これらの市場に上場する企業の時価総額合計(2017年3月末時点)は、世界の取引所の中で第3位、アジアでは最大
      の市場であり、日本国内における上場株式の売買代金の約9割を占めるなど、当社グループの現物市場は、世界でも有
      数の市場規模であるとともに、我が国証券市場のセントラル・マーケットとしての地位を確立しております。
       近年、当社グループでは投資者の多様なニーズに応える観点から、上場商品の多様化に積極的に取り組み、少額、低
      コストで幅広い銘柄に分散投資することを可能にするETF及びETNのラインナップの拡充を推進しております。2017年3
      月末現在、現物市場には230銘柄が上場しており、国内の株価指数のみならず、外国株指数や原油、貴金属、農作物と
      いったコモディティ、REIT指数やレバレッジ型指数に連動する商品など、多様な商品を提供しております。
       また、当連結会計年度におきましては、2015年に創設したインフラファンド市場において3銘柄の上場が実現いたし
      ました。インフラ運営に寄与する社会的意義や安定的なアセットクラスへの投資ニーズの高まりに応えるため、今後も
      同市場の育成に精力的に取り組んでまいります。
      ②  デリバティブ市場

       当社グループのデリバティブ市場で取引を行うことができるデリバティブ取引には、指数先物取引、指数オプション
      取引、国債先物取引、国債先物オプション取引、有価証券オプション取引があります。また立会時間については、日中
      立会に加え、ナイト・セッションでの取引が可能です。
       指数先物取引及び指数オプション取引には、国内外の指数を対象とする取引があり、中でも日経平均株価先物取引、
      日経225mini及び日経平均株価オプション取引、TOPIX先物取引は、我が国を代表するデリバティブ商品です。また、国
      債先物取引においては、長期国債先物取引が、その高い流動性から、長期金利市場の指標となっています。
       近年の取組みとしては、2014年11月にJPX日経インデックス400先物取引を導入、2015年5月には日経225のWeeklyオ
      プションを導入したほか、2016年7月には東証マザーズ指数先物など4商品を導入するなど、デリバティブ市場の競争
      力の強化に努めています。
      ③  取引システム

       取引を円滑に行い、市場の安定性・信頼性を維持していくためには、システムの安定稼働が必須の要件となっており
      ます。また、金融テクノロジーの発達による取引手法の多様化・高度化や新商品の上場などに適切かつ機動的に対応
      し、市場利用者のニーズを実現していくためには、絶えずITインフラの整備を推進していく必要があります。
       当社グループでは、現物市場の売買システムとして、高速性・信頼性・拡張性を兼ね備えた「arrowhead」を、デリ
      バティブ市場の取引システムとして、世界標準の取引機能と世界水準の注文処理性能を兼ね備えた「J-GATE」をそれぞ
      れ稼働しております。
       投資者や取引参加者をはじめとした市場利用者にとっての信頼性・利便性をより向上させる観点から、2015年9月に
      「arrowhead」をリニューアルし、2016年7月に「J-GATE」を刷新いたしました。今後も更なる市場競争力の向上に向
      けた機能強化等の取組みを進めてまいります。
      ④  情報サービス

       当社グループでは、有価証券の売買及びデリバティブ取引に関する約定値段等の情報をその発生・変化の都度、即時
      に配信するとともに、株価情報等を基に算出した指数情報や各種統計情報も併せて、取引参加者や情報ベンダー等の市
      場参加者に提供しております。
       また、上場会社の適時開示情報を検索できるサービスやコーポレート・アクション情報の提供等のサービスも行って
      おり、市場参加者のニーズに応じて、各種市場情報の提供を行っております。
      ⑤  自主規制機能

       投資者が取引所金融商品市場に安心して参加するためには、市場が公正で信頼できるものである必要があり、市場の
      公正性・信頼性を確保するためには、自主規制機能が適切に発揮されることが不可欠です。
       当社グループでは、持株会社の傘下に日本取引所自主規制法人を置き、“取引所の品質管理センター”として、市場
      の公正と信頼の維持を図っています。自主規制業務を、市場運営会社たる金融商品取引所とは別法人の形態の自主規制
                                  10/118

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      法人が行うことにより、市場に近い位置に身を置き、高い専門性を発揮すると同時に、中立性・実効性を確保しやすい
      組織体制を構築しています。
      ⑥  清算・決済

       投資者が取引所金融商品市場に安心して参加するためには、清算・決済が確実に行われることが極めて重要です。
       株式会社日本証券クリアリング機構は、金融商品取引清算機関として、国内すべての金融商品取引所で成立した現物
      取引や   株式会社    大阪取引所のデリバティブ市場で成立した先物・オプション取引に係る清算業務を行うとともに、私設
      取引システム(PTS)を通じた売買、店頭デリバティブ取引及び国債店頭取引の清算業務も行っています。同社は、
      債権・債務の当事者となって決済の履行を保証するほか、有価証券と決済資金の効率的な授受のためのネッティングを
      行ったうえで、証券・資金の決済機関に対して振替指図を行っております。
       さらに、株式会社証券保管振替機構は、振替機関として、証券会社や銀行等の間における有価証券の振替等を行って
      おります。
     (2)当社グループの収益内容について

          内  訳                          内  容
         取引関連収益          売買代金・数量や注文件数に応じて取引参加者から得る収入など
         清算関連収益          株式会社日本証券クリアリング機構が行う債務引受に係る収入など

         上場関連収益          時価総額や増資の実施等に応じて上場会社から得る収入など

         情報関連収益          取引参加者、情報ベンダー等への相場情報の提供料など

          その他        株式会社東証システムサービスが行うシステム開発及び運用業務に係る収入など

       当社グループの事業系統図は次頁のとおりです。

                                  11/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                  12/118





















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                             議決権の
                            資  本  金  主    要    な
        名        称     住    所                    所有割合        関係内容
                             (百万円)      事  業  の  内  容
                                              (%)
      (連結子会社)
                                  有価証券の売買を行                経営管理

      株式会社東京証券取引所              東京都中央区          11,500                 100.0
                                  う取引所金融商品市                設備賃貸借
      (注)1,4
                                  場の開設                役員の兼任5名
                                  市場デリバティブ取

      株式会社大阪取引所              大阪府大阪市                              経営管理
                              4,723    引を行う取引所金融             100.0
      (注)1,4              中央区                              役員の兼任5名
                                  商品市場の開設
                                  株式会社東京証券取
      日本取引所自主規制法人                            引所等からの委託を                経営管理
                    東京都中央区          3,000                100.0
      (注)1,2                            受けて行う自主規制                役員の兼任1名
                                  業務
      株式会社日本証券クリア
                                  金融商品債務引受業
      リング機構              東京都中央区          8,950               (注)5     役員の兼任2名
                                  等
      (注)1,4
      株式会社東証システム                            コンピュータシステ             100.0

                    東京都中央区           100
      サービス                            ムの開発受託等            (100.0)
      (持分法適用関連会社)

                                  機関投資家向け議決

                                               50.0
      株式会社ICJ              東京都千代田区           200   権電子行使プラット
                                              (50.0)
                                  フォームの運営
      株式会社東証コンピュータ                            情報処理事務の受託             35.0

                    東京都江東区           400
      システム                            等            (35.0)
                                  有価証券の振替に係

      株式会社証券保管振替機構              東京都中央区          4,250                 24.4   役員の兼任1名
                                  る業務等
     (注)1.特定子会社に該当しております。
        2.日本取引所自主規制法人の資本金の欄には、基本金の額を記載しております。
        3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数で示しております。
        4.株式会社東京証券取引所、株式会社大阪取引所及び株式会社日本証券クリアリング機構につきましては、営業
        収益(連結会社相互間の内部営業収益を除く。)の連結営業収益に占める割合が10%を超えております。
        <主要な損益情報等(日本基準)>
                                                株式会社日本証券
                    株式会社東京証券取引所              株式会社大阪取引所
                                                クリアリング機構
          (1)  営業収益
                        79,289百万円             16,529百万円              22,288百万円
          (2)  経常利益
                        44,134百万円             4,284百万円              6,581百万円
          (3)  当期純利益
                        30,720百万円             3,066百万円              4,531百万円
          (4)  純資産額
                       115,227百万円             20,197百万円              52,046百万円
          (5)  総資産額
                       141,395百万円             29,218百万円            3,399,723百万円
        5.A種類株式99.2%、B種類株式100.0%、C種類株式60.4%、D種類株式52.9%

                                  13/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2017年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

     連結会社合計                                                  1,085
      (注)1.金融商品取引所事業の単一セグメントのため、連結会社の従業員数の合計を記載しております。
         2.従業員数は、グループ外への出向者を除き、グループ外からの出向者を含んだ就業人員であります。
         3.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含みます。)は、当該臨時雇用者の総数が従業
           員数の100分の10未満であることから、記載を省略しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2017年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

               197             43.3              18.0           10,126,287

      (注)1.従業員数は、グループ外への出向者を除き、グループ外からの出向者を含んだ就業人員であります。

         2.臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含みます。)は、当該臨時雇用者の総数が従業
           員数の100分の10未満であることから、記載を省略しております。
         3.平均年間給与は、グループ外からの受入出向者を除き、賞与及び基準外賃金を含んで算出しております。
       (3)労働組合の状況

         株式会社東京証券取引所には、東京証券取引所労働組合が組織されております。
         また、株式会社大阪取引所には、大阪証券取引所労働組合と大阪証券労働組合の2つの労働組合が組織されて
        おります。
         なお、労使関係に特記すべき事項はありません。
                                  14/118











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
     (1)業績
      当社の当連結会計年度(2016年4月1日~2017年3月31日)の連結業績は、現物の売買代金、デリバティブの取引高が
     ともに前年を下回ったことなどから営業収益は1,078億85百万円(前年同期比6.0%減)となる一方、営業費用が501億85
     百万円(前年同期比1.5%減)となったため、営業利益は593億77百万円(前年同期比10.4%減)、税引前利益は606億4百
     万円(前年同期比10.6%減)となりました。
      また、法人所得税費用を計上した後の最終的な親会社の所有者に帰属する当期利益は421億24百万円(前年同期比6.1%
     減)となりました。
     <参考>

                     前連結会計年度                        当連結会計年度
                    (自  2015年4月1日                      (自  2016年4月1日
                    至  2016年3月31日)                      至   2017年3月31日)
                          前連結会計年度末                        当連結会計年度末
                          (2016年3月31日)                        (2017年3月31日)
             1,196.28ポイント                        1,204.48ポイント
     TOPIX
                            1,347.20ポイント                        1,512.60ポイント
               ~1,691.29ポイント                        ~1,577.40ポイント
            14,952.61円                        14,952.02円
     日経平均株価                         16,758.67円                        18,909.26円
                 ~20,868.03円                        ~19,633.75円
            10,780.40ポイント                        10,869.19ポイント
     JPX日経400
                           12,161.79ポイント                        13,522.45ポイント
              ~15,251.93ポイント                        ~14,117.98ポイント
     (2)キャッシュ・フローの状況

      当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ70億5百万円増加し、735億53百万円となり
     ました。
     ①営業活動によるキャッシュ・フロー

      営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前利益606億4百万円に、減価償却費及び償却費117億84百万円並びに支払
     法人所得税等234億73百万円等を加減した結果、474億62百万円の収入となりました。
     ②投資活動によるキャッシュ・フロー

      投資活動によるキャッシュ・フローは、無形資産の取得による支出99億70                                  百万円   等により、193億30百万円の支出とな
     りました。
     ③財務活動によるキャッシュ・フロー

      財務活動によるキャッシュ・フローは、支払配当金274億14百万円、自己株式の取得による支出135億1百万円及び社債
     の発行による収入199億32百万円等により、211億19百万円の支出となりました。
     (3)並行開示情報

      IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこれらに
     相当する項目との差異に関する事項は、以下のとおりです。
     (のれんの償却停止)
       日本基準では、のれんを一定期間にわたり均等償却しておりましたが、IFRSでは、のれんの償却は行わず毎期減損テ
      ストを行っております。
       この影響により、IFRSの営業費用は日本基準に比べて、前連結会計年度3,442百万円、当連結会計年度3,442百万円減
      少しております。
                                  15/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
        業務の性格上、該当する情報がないため記載しておりません。
                                  16/118




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       当社グループは、その「企業理念」において、「公共性及び信頼性の確保、利便性、効率性及び透明性の高い市場
      基盤の構築並びに創造的かつ魅力的なサービスの提供により、市場の持続的な発展を図り、豊かな社会の実現に貢
      献」するとの方針を掲げています。
       当社グループの運営する現物市場の売買代金及びデリバティブ市場の取引高は、グローバルな経済環境や市況の動
      向によって大きく影響を受ける傾向があるため、「市場の持続的な発展」を実現するには、国内外の市場利用者から
      支持される質の高いサービスの提供に努めることに加え、短期的に外部環境が悪化した場合でも安定的な市場運営を
      可能とするだけの十分な財務基盤を確保するために、相対的に高い成長性が見込まれる事業分野への積極的な投資を
      通じて、ビジネスポートフォリオの充実を図っていく必要があります。
       そこで、当社グループでは、「第二次中期経営計画(2016年度-2018年度)」において、「統合の成功を基礎に市
      場の持続的な発展に向けた投資を強化」するとの基本方針を定め、事業部門間の連携・相互補完により市場基盤や
      サービスの質的向上などの取組みを強化しつつ、新たなビジネスへの積極的な進出を図ることを通じて、「現物市場
      ビジネス」、「デリバティブ市場ビジネス」及び「周辺ビジネス」のバランスがとれたビジネスポートフォリオを有
      する姿の実現を中長期的に目指してまいります。
       また、当社グループは、財務の安全性と株主還元のバランスをとりつつ、積極的な成長投資に伴う収益・利益の拡
      大及び安定性向上を図ることを資本政策の基本方針としております。当社グループは、こうした方針のもと、市況に
      より大きく変動する当社ROE*について、資本効率を意識した経営を行うことにより、市況変動にかかわらず資本コス
      トを上回る10%を中長期的に実現することを目指してまいります。
       * 2008年度-2012年度(統合前の合算値)の平均ROEは5%程度、2013年度-2015年度(第一次中期経営計画期間)の平均ROEは16%程度
      第二次中期経営計画の概要







       第二次中期経営計画(2016年度-2018年度)の2年目にあたる2017年度を迎えるにあたり、各重点的な取組みにお
      ける施策の進捗状況や高速取引への適切な対応などの新たな課題等を踏まえ、2017年3月31日付で第二次中期経営計
      画をアップデートいたしました。当社グループは、今回アップデートした第二次中期経営計画に沿って、次の課題に
      取り組んでまいります。
      ①  投資者の多様な投資ニーズの充足と中長期的な資産形成の活性化

       我が国における中長期的な資産形成を活性化していく観点から、個人投資家の金融リテラシーの向上と機関投資家
      の資産運用の高度化・多様化の必要性が高まっています。また、当社グループの運営する市場における円滑・公正な
      価格形成の維持・発展を図るうえでは、多様な投資判断を行う投資家の参加を促していくことが重要です。
       そこで、当社グループでは、多様なチャネルを活用し、若年層・投資未経験層に対する情報提供・啓発活動の更な
      る強化を図るほか、投資家の多様なニーズに合致した投資商品の上場、海外取引所とのコネクティビティ・サービス
      の拡充による市場への新たな投資家の誘致、新指数の開発による日本株の新たな投資魅力の提示などに取り組みま
      す。
       さらに、デリバティブ市場については、新たな商品の導入に加えて、国内の機関投資家によるデリバティブ取引の
      活用促進に取り組みます。また、総合取引所化の可能性についても継続的に検討してまいります。
      ②  上場会社の価値向上の支援

       コーポレート・ガバナンスに関する報告書や決算短信等の英文開示の促進をはじめ、上場会社の財務情報・非財務
      情報を投資家が入手しやすい環境の整備などを通じて、両者の円滑な対話を促進し、コーポレート・ガバナンスの実
      効性の更なる向上を図ります。また、成長分野へのリスクマネーの円滑な供給を通じて、我が国経済の持続的な成長
      に貢献する観点から、地方未上場企業に対する上場支援によるIPOの裾野の拡大を図るほか、市場コンセプトの明確
      化に向けた取組みを進めてまいります。
                                  17/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      ③  市場基盤の強化

       清算・決済サービスにおけるリスク管理の高度化や利便性の向上を図るとともに、決済リスク削減に向けた株式決
      済期間の短縮や国債決済期間の短縮に向けて取組みを進めてまいります。また、広域災害に備えた市場運営体制の強
      化に向けた取組みを進めるほか、サイバーセキュリティの強化・拡充を行います。
       さらに、市場運営に係るリスク管理体制の充実を図るとともに、高速取引に対する新ルールの導入を踏まえた円滑
      な移行や、現行の現物売買システムの更なる機能強化に向けた取組みを進めてまいります。
       また、日本取引所自主規制法人の売買審査業務におけるAI(人工知能)の本格的な活用に向けた取組みを進めてま
      いります。
      ④  取引所ビジネスの拡大

       中長期的なビジネスポートフォリオの多様化を進める観点から、OTCデリバティブ分野における清算対象分野の拡
      大をはじめとして新たなビジネス領域への進出に向けた取組みを進めてまいります。
       また、国際金融規制改革の進展や新しい金融・IT技術(フィンテック)の発展により、当社グループのビジネス環
      境が大きく変化する可能性を見据え、取引所ビジネスに関する新技術の研究・開発を進めるほか、創造的な組織風土
      の醸成や海外ビジネス基盤の強化、国内外の規制動向等に関する調査研究機能の強化や意見発信を進めてまいりま
      す。
                                  18/118















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
      以下、当社グループの事業その他に関し、リスク要因となる可能性があると考えられる事項を記載しておりますが、
     これらのリスクは必ずしもすべてのリスクを網羅したものではなく、提出日現在では想定していないリスクや重要性が低
     いと考えられるリスクも、今後、当社グループの財政状態や経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      また、必ずしもリスク要因には該当しないと考えられる事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考
     えられる事項については、積極的な情報開示の観点から記載しております。
      なお、記載事項のうち将来に関する事項は、提出日現在において入手可能な情報等に基づいて判断したものでありま
     す。
     1.経営体制・事業戦略に関するリスク

     (1)経営体制の特徴等について
     ①  企業理念等について
       取引所金融商品市場の運営については、金融商品取引法において、「有価証券の売買及び市場デリバティブ取引を公
     正かつ円滑にし、並びに投資者の保護に資するよう運営されなければならない」と規定されており、当社グループで
     は、以下の内容を企業理念として、事業を遂行いたします。
     ・  私たちは、公共性・信頼性の確保、利便性・効率性・透明性の高い市場基盤の構築、創造的・魅力的なサービスの
       提供により、市場の持続的な発展を図り、豊かな社会の実現に貢献します。
     ・  私たちは、これらを通じて、投資者を始めとする市場利用者の支持及び信頼の増大が図られ、その結果として、利
       益がもたらされるものと考えます。
     ②  取締役会の構成について

       当社では、経営の監視・監督機能と業務執行機能を制度上明確に分離し、経営監視・監督機能の強化及び経営の透明
     性の向上を図るため、指名委員会等設置会社形態を採用しており、経営監視・監督機能の中心的役割を担う取締役会
     は、経営の透明性及びアカウンタビリティの向上を図り、業務執行の妥当性を監督する機能を強化する観点から、過半
     を社外取締役で構成しております(2017年3月31日現在の取締役13名中、9名が社外取締役)。
       当社では、上場会社の役員等、法律専門家、公認会計士及び学識経験者を社外取締役として選任しており、各人はそ
     れぞれの分野で高い見識を認められた人材であることから、経営に多面的な社外の視点を積極的に取り入れることがで
     きる充実した体制が構築されているものと認識しております。
       また、公共性・公益性の高い清算・決済インフラの提供主体として、中立的かつ利用者の意見を反映させた業務運営
     を実現する観点から、株式会社日本証券クリアリング機構の取締役会についても社外取締役を中心とした構成としてお
     り、過半を参加者である証券会社や学識経験者等から選任しております。
       当社グループは、収益の多くを証券会社や上場会社から得ていることから、当社グループと証券会社や上場会社は利
     害が対立する可能性がありますが、当社グループでは、市場の利用者である証券会社や上場会社等のステークホルダー
     の意見等を経営に反映していくことが、市場全体の安全性・利便性・効率性の維持・改善に寄与し、ひいては当社グ
     ループの企業価値の向上にも資するものと認識しております。
     ③  持株会社であることについて

       当社は持株会社であるため、収入は、経営管理料収入や子会社や関連会社からの配当金に大きく依存しますが、法律
     上又は事業上の制約により、当社への子会社や関連会社からの配当金の支払いは制限される可能性があります。
     当社の子会社である日本取引所自主規制法人は、金融商品取引法において、営利の目的をもって業務を行ってはならな
     い旨、規定されていることから配当を行うことができず、また、子会社である株式会社日本証券クリアリング機構は、
     清算機関としての企業の継続性及び決済履行保証スキーム(「7.決済履行確保の枠組みについて」参照)の機能確保
     の観点から、一定の剰余金を確保する必要があります。(「金融市場インフラのための原則」(2012年4月:国際決済
     銀行・支払決済システム委員会、証券監督者国際機構専門委員会の共同報告書)においても、「(より複雑なリスク特
     性を伴う清算業務に従事しているCCPは)極端であるが現実に起こり得る市場環境において最大の総信用エクスポー
     ジャーをもたらす可能性がある2先の参加者とその関係法人の破綻を含み、かつこれに限定されない広範な潜在的スト
     レスシナリオを十分にカバーするだけの追加的な財務資源を保持すべきである。」との原則が掲げられております。)
       当社グループは、配当について「               金融商品取引所グループとしての財務の健全性、清算機関としてのリスクへの備
     え、当社市場の競争力強化に向けた投資機会等を踏まえた内部留保の重要性に留意しつつ、業績に応じた配当を実施す
     ることを基本とし、具体的には、配当性向を60%程度とすること                              」を目標としておりますが、当社の子会社や関連会社
     が、当社に配当を行うだけの十分な収益やキャッシュ・フローを確保できなかった場合には、当社の株主に対する配当
     が困難もしくは不可能となる可能性があります。
                                  19/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     ④  自主規制機能について
       投資者が取引所金融商品市場に安心して参加するためには、市場が公正で信頼できるものである必要があり、市場の
     公正性・信頼性を確保するためには、自主規制機能が適切に発揮されることが不可欠です。
       当社グループの企業体としての利害と市場の公正性との間の利益相反問題の回避に万全を期するとともに、その実効
     性を確保するため、持株会社の傘下に市場運営会社(株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所)と自主規制法
     人(日本取引所自主規制法人)を置いており、日本取引所自主規制法人は株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取
     引所からの委託を受けて自主規制業務を行っております。
       この自主規制業務の委託料については、金融商品取引法において、自主規制法人が委託を受けた自主規制業務を行う
     ために適正かつ明確な算出方法が委託契約に定められていることが求められていることから、長期かつ固定的な金額を
     基本としております。
       当社グループでは、自主規制機能は市場運営と密接不可分な市場開設者としての機能の根幹であり、市場についての
     一種の品質保証であるとともに、市場のブランドを維持向上させるものであると認識しており、中長期的に収益の獲
     得・向上に資するものであると考えておりますが、短期的には、自主規制機能の発揮が営利性の追求と相反する側面が
     あるとともに、市場環境の悪化等により、当社グループの経営成績が順調に進展しない場合には、自主規制機能にかか
     る業務に必要な経営資源を投入した結果、当社グループの経営成績に影響を及ぼす業績が圧迫される可能性がありま
     す。加えて、自主規制機能が適切に発揮されない場合には、市場参加者や投資者等の信頼を著しく損ね、ひいては市場
     のブランド価値を毀損することにより、当社グループ全体の事業運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       また、金融商品取引所との比較において自主規制業務に関する負担が著しく低い私設取引システム(いわゆるPTS。
     以下、「PTS」といいます。)等との競争においては、コスト構造上、不利に働く可能性があります。
     (2)  事業戦略に関するリスク

     ①  事業戦略が失敗するリスク
       当社グループは、2016年3月に、2016年度から2018年度までの3年間を対象とする当社グループの第二次中期経営計
     画を公表し、様々な施策を実行しております。2017年3月には、各重点的な取組みにおける施策の進捗状況や高速取引
     への適切な対応などの新たな課題等を踏まえ、第二次中期経営計画をアップデートいたしました。
       中期経営計画の進捗状況については、実現に向けて、定期的に経営層でモニタリングを行い、臨機応変の対応を取る
     ようにしておりますが、こうした戦略や施策が実行できない、あるいは、たとえ戦略や施策が実行できた場合でも当初
     想定した成果の実現に至らない可能性があります。また、本項に示した各種リスクの顕在化又は中期経営計画の前提と
     なる経済環境の変化等により中期経営計画で発表した数値目標を達成できない可能性があります。
     ②  システム投資について

       近年のIT技術の発展により金融商品取引所もシステムの高度化が進んでおり、その安定性・処理性能等が市場間競争
     における優位性確保に大きな影響を及ぼす状況となっております。
       当社グループでは、現物市場の売買システムとして、高速性・信頼性・拡張性を兼ね備えた「arrowhead」を、デリ
     バティブ市場の取引システムとして、世界標準の取引機能と世界水準の注文処理性能を兼ね備えた「J-GATE」をそれぞ
     れ稼働しております。
       今後も、金融テクノロジーの発達に伴う投資手法の高度化・多様化等、刻々と変化を続ける利用者のニーズに適切に
     対応し、金融商品取引所としての競争力を維持していくためには、ITに関する設備投資を継続し、取引システム等の改
     良に努めていく必要があり、今後詳細な更改スケジュールを検討してまいります。
       しかしながら、これらの設備投資により、必ずしも直ちに収益が拡大するとは限らず、市況の悪化等により、コスト
     に見合う収益を生み出すことができなかった場合には、当社グループの業績が圧迫されるとともに、その後における追
     加的な設備投資に悪影響を及ぼす可能性があります。
     2.事業環境等に関するリスク

     (1)法令等による規制等について
     ①  免許制の事業であることについて
       当社グループは金融商品取引法及び関連する諸法令の規制の下、事業を行っております。
       当社は、金融商品取引法が定める内閣総理大臣の認可(以下、「取引所持株会社認可」といいます。)を受けた「金
     融商品取引所持株会社」であり、当社の子会社である株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所は、同法が定め
     る内閣総理大臣の免許(以下、「取引所業免許」といいます。)を受けて、取引所金融商品市場を開設・運営する「金
     融商品取引所」であります。なお、株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所は、同法が定める内閣総理大臣の
     認可(以下、「自主規制業務の委託認可」といいます。)を受けて、自主規制業務を日本取引所自主規制法人に委託し
     ており、日本取引所自主規制法人は同法が定める内閣総理大臣の認可(以下、「自主規制業務認可」といいます。)を
     受けて、自主規制業務を行っております。
       また、株式会社日本証券クリアリング機構は、同法が定める内閣総理大臣の免許を受けて、金融商品取引清算機関と
     して金融商品債務引受業等を行っております。
                                  20/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       さらに、金融商品取引清算機関の総株主の議決権の100分の20(その財務及び営業の方針の決定に対して重要な影響
     を与えることが推測される事実として内閣府令で定める事実がある場合には、100分の15)以上の数の議決権を取得
     し、  若しくは保有しようとする場合、あらかじめ、内閣総理大臣の認可を受けなければならないとされており、当社は
     当該認可を受けております。
       現時点におきましては、上記免許又は認可が取消しとなるような事由は発生しておりませんが、将来、何らかの理由
     により、同法が定める取消事由等に該当し、内閣総理大臣より免許又は認可の取消処分を受けることとなった場合又は
     業務の全部若しくは一部の停止等の処分を受けることとなった場合等には、当社グループの事業運営及び経営成績に重
     大な影響を及ぼす可能性があります。
     <主な許認可等の概要>

      許認可等の名称           根拠条文              会社名          有効期限      免許又は認可の取消事由
     取引所持株会社認可          金融商品取引法         株式会社日本取引所グループ                 なし     同法   第106条の26、第106条
               第106条の10第1
                                               の28第1項
               項
     取引所業免許          同法   第80条       株式会社東京証券取引所                 なし     同法   第134条第1項、第148
                         株式会社大阪取引所
                                               条、第152条第1項
     自主規制業務の委託          同法   第85条第1      株式会社東京証券取引所                 なし     同法   第153条の2
     認可                   株式会社大阪取引所
               項
     自主規制業務認可          同法   第102条の14       日本取引所自主規制法人                 なし     同法   第153条の4
     金融商品債務引受業          同法   第156条の2       株式会社日本証券クリアリング機構                 なし     同法   第156条の17第1項、第

     免許
                                               2項
     金融商品取引清算機          同法   第156条の5      株式会社日本取引所グループ                 なし     同法   第156条の5の9第1項
     関の主要株主認可
               の5
                                  21/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     ②  業務内容の制限等について
       金融商品取引法において、金融商品取引所持株会社である当社は、子会社である株式会社金融商品取引所等の経営管
     理 を行うこと及びこれに附帯する業務のほか、他の業務を行うことができないとされており、金融商品取引所である株
     式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所は、取引所金融商品市場の開設及びこれに附帯する業務以外の業務を行
     うこと、自主規制法人である日本取引所自主規制法人は、自主規制業務及びこれに附帯する業務以外の業務を行うこと
     を禁止されており、業務範囲が制限されております。同様に、金融商品取引清算機関である株式会社日本証券クリアリ
     ング機構も、金融商品債務引受業等及びこれに附帯する業務のほか、他の業務を営むことができないとされており、内
     閣総理大臣の承認を受けた場合にのみ、金融商品債務引受業に関連する業務を行うことができるとされております。
       また、子会社につきましても、金融商品取引所持株会社及び金融商品取引所は、取引所金融商品市場の開設及びこれ
     に附帯する業務を行う会社以外の会社を子会社としてはならないとされており、内閣総理大臣の認可を受けた場合にの
     み、取引所金融商品市場の開設に関連する業務を行う会社を子会社とすることができることとされております。
       このほか、株式会社東京証券取引所、株式会社大阪取引所、日本取引所自主規制法人及び株式会社日本証券クリアリ
     ング機構は、定款、業務規程、受託契約準則、業務方法書を変更する場合には、内閣総理大臣の認可が必要である旨、
     定められているなど、当社グループは法令による広範な規制の下、業務を行っております。これらの規制は、有価証券
     の売買及び市場デリバティブ取引を公正かつ円滑にし、並びに投資者の保護に資することを目的としており、必ずしも
     当社の株主を保護することを目的とはしていないため、将来、何らかの理由により、業務上必要な認可が得られないよ
     うな場合には、当社グループが必要とする施策を実行できず、事業機会を逸失するなど、当社グループの事業運営に重
     大な影響を及ぼす可能性があります。
     ③  当社の発行済株式の取得及び所有に係る制限等について

       金融商品取引法において、金融商品取引所持株会社である当社が発行する株式につきましては、認可金融商品取引業
     協会、金融商品取引所、金融商品取引所持株会社、商品取引所、商品取引所持株会社又は地方公共団体その他政令で定
     める者を除いて、何人も、総株主の議決権の100分の20(その財務及び営業の方針の決定に対して重要な影響を与える
     ことが推測される事実として内閣府令で定める事実がある場合には、100分の15)以上の数の議決権(取得又は保有の
     態様その他の事情を勘案して内閣府令で定めるものを除きます。以下、「対象議決権」といいます。)を取得し、又は
     保有してはならないとされております。
       また、総株主の議決権の100分の5を超える対象議決権の保有者となった者は、内閣府令で定めるところにより、対
     象議決権保有割合、保有の目的その他内閣府令で定める事項を記載した対象議決権保有届出書を、遅滞なく、内閣総理
     大臣に提出しなければならないものとされております。
     ④  法改正による影響等について

       当社グループの事業に関連する法規制の導入・改正・撤廃や法規制の執行に関する方針の変更は、直接的に又はその
     結果生じる市場環境の変化を通じて、当社グループに悪影響を及ぼす可能性があります。
       例えば、規制内容の変更に伴う競争環境の変化や証券税制の変更は、当社グループの市場シェアや取引量の減少に繋
     がる可能性があります。
       将来における法規制の変更内容及びそれが当社グループの事業に与える影響を予測することは困難であり、当社グ
     ループがコントロールしうるものでもありませんが、新たな規制等が実施された場合には、当社グループの業務遂行や
     業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
     (2)   金融市場の動向による影響について

     ①  収益構造の特徴等について
       当社グループの営業収益のうち、「取引関連収益」及び「清算関連収益」(それぞれ2017年3月期の連結営業収益に
     占める割合が42.4%、19.9%)は有価証券やデリバティブ商品の売買代金・取引高の水準に、「上場関連収益」(同
     12%)は上場する企業の時価総額や資金調達額、新規上場会社数の水準などにそれぞれ大きく依拠しております。
       したがって、当社グループの収益は、有価証券やデリバティブ商品の流通市場並びに有価証券の発行市場の動向、ひ
     いては世界的な金融市場の動向や国内外の経済情勢の影響を大きく受けることとなります。
       特に、上場会社の大多数は日本企業であることから、日本経済の状況が当社グループの業績に及ぼす影響は大きく、
     景気の低迷等により、流通市場及び発行市場を取り巻く環境が悪化し、現物市場及びデリバティブ市場における取引
     量、上場会社の時価総額、資金調達額等が減少した場合には、当社グループの業績に重大な悪影響を及ぼす可能性があ
     ります。
       また、流通市場や発行市場の動向は、経済環境その他様々な要因により大きく変動する場合があるため、その動向を
     精緻に予測することは非常に困難です。
                                  22/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     ②  外国人投資家の動向による影響について
       2016年1月~12月における外国人投資家の取引量は、株式の売買代金及びデリバティブ取引の主力商品である日経
     225先物やTOPIX先物の取引高においては過半を占めるなど、重要な割合を占めております。
       したがって、日本経済、日本企業一般の株価パフォーマンス又は為替レートの状況や規制強化等により、外国人投資
     家にとっての日本市場への投資魅力が減退し、取引量が減少することとなった場合には、当社グループの事業運営、財
     政状態及び経営成績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
     (3)競合による影響について

     ①  現物市場に関する他の証券取引所、取引所外取引との競合について
       現物取引等における競合は激しさを増してきており、市場の流動性、取引の執行にかかるスピード・コスト、取引シ
     ステムの性能、取引参加者や上場会社に提供される商品やサービスの多様性、規制環境など、様々な分野において、今
     後も競合の激化は進展していくものと認識しております。
       現状、当社グループにおける株式売買代金は、2016年1~12月における国内上場株式の売買代金の9割程度を占めて
     おり、日本における取引所外取引(PTS及びOTC等)は1割程度であり、諸外国と比較すると低い水準となっております
     が、近年、PTSにおける取引量は増加傾向にあり、将来的には当社グループのシェアを奪う脅威となる可能性がありま
     す。
       当社グループがこうした競争環境に適切に対応できず、市場の流動性等が減少した場合には、当社グループの事業、
     財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
       また、近年、世界的に取引所業界は激しい価格競争にも晒されております。競合他社が当社グループよりも低い手数
     料等でのサービスの提供を開始し、当社グループにおいても、取引や上場にかかる手数料の引下げ等を行う必要が生じ
     た場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
     ②  シンガポール取引所の日経平均株価先物取引・オプション取引との競合について

       大阪取引所市場における日経平均株価先物取引は主に                         シンガポール取引所市場           の日経平均株価先物取引と競合してお
     ります。    シンガポール取引所市場           の日経平均株価先物取引は、大阪取引所市場における日経平均株価先物取引と同じ
     く、我が国株式市場を代表する指数である日経平均株価を対象とした株価指数先物取引です。
       過去3年間の大阪取引所市場及び               シンガポール取引所市場           の日経平均株価先物取引の取引高は、次のとおりです。

           年度           大阪取引所市場            シンガポール取引所市場
          2014年度            45,895,007単位              13,131,419単位
          2015年度            56,456,693単位              13,493,491単位
          2016年度            45,141,344単位              10,742,445単位
     (注1)大阪取引所市場           及び  シンガポール取引所市場           の日経平均株価先物取引には、それぞれ日経225mini及びMini
         Nikkei    225  Index   Futuresを含みます。ただし、これらは、取引金額換算では                           大阪取引所市場       における日経平
         均株価先物取引の10分の1であるため、実際の取引高の10分の1としております。
     (注2)シンガポール取引所市場               の日経平均株価先物取引(米ドル建を含み、Mini                       Nikkei    225  Index   Futuresを除き
         ます。)は、取引金額換算では              大阪取引所市場       における日経平均株価先物取引の半分であるため、実際の取引
         高の半分を記載しております。
       指数オプション取引に関しては、               大阪取引所市場       における日経平均株価オプション取引が主に競合している商品とし

     て、  シンガポール取引所市場           の日経平均株価オプション取引があります。
       過去3年間の      大阪取引所市場       及び  シンガポール取引所市場           の日経平均株価オプション取引の取引高は、次のとおりで
     す。
           年度           大阪取引所     市場       シンガポール取引所市場
          2014年度            41,272,677単位              3,672,593     単位

          2015年度            38,407,629単位              2,573,955単位
          2016年度            31,037,980単位              2,850,257単位
     (注)   シンガポール取引所市場           の日経平均株価オプション取引は、取引換算額では大阪取引所                             市場  における日経平均株
        価オプション取引の半分であるため、実際の取引高の半分を記載しております。
       2016年度の大阪取引所市場における日経平均先物取引及び日経平均株価オプション取引の取引高は、シンガポール取

     引所市場のそれを上回っておりますが、今後の市場参加者の動向によっては、大阪取引所市場の利用者がシンガポール
                                  23/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     取引所市場に移ることで大阪取引所市場における取引高が減少し、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及
     ぼす可能性があります。
     ③  取引所間の経営統合について

       取引所業界においては、情報通信技術の発展に伴うクロスボーダー取引の拡大や市場間競争の激化、取引所の株式会
     社化・上場を背景とした規模拡大や経営効率向上の取組強化、国際的な規制の調和の進展などを背景に、主に欧米地域
     を中心に、特に2000年代後半以降、主要取引間での合従連衡の動きが顕著となりました。例えば2007年には、NYSEグ
     ループとユーロネクスト間及びNasdaqとOMX間の経営統合、ロンドン証券取引所によるイタリア取引所の買収などが実
     施され、その後も2012年のHKEx               によるロンドン金属取引所の買収や2013年のインターコンチネンタル取引所による
     NYSEユーロネクストの買収などが実現しています。一方で、経営統合を発表しながらも、規制当局による承認等が得ら
     れず、見送りとなった事例もこれまで少なからずあり、また昨今では、清算分野、IT関連や情報ビジネスなどビジネス
     領域の拡大を目的にした取引所による買収事例も増加しています。
       他の取引所による経営統合・買収等が今後とも継続的に行われるのかどうか、またその場合の当社グループの事業へ
     の影響を予測することは困難ですが、他の取引所がそうした取組みを通じて、より優れたサービスの提供やコスト削減
     を実現する場合には、当社グループの競争優位性の相対的な低下や国際的なプレゼンスの低下に繋がる可能性がありま
     す。
     3.事故・災害等に関するリスク

       当社グループでは、市場開設者という社会インフラとしての責務を果たすべく、様々なリスクが発現した場合におい
     ても、事業を可能な限り継続し、止むを得ず中断する場合においても可能な限り早期に再開できるよう、BCP(緊急
     時事業継続計画)を策定しており、堅実かつ安定的な事業継続体制の整備に努めております。
       しかしながら、地震・風水害・火災等の自然災害、電力・通信等の社会インフラの停止、物理的破壊行為・サイバー
     テロ等のテロ行為又は新型インフルエンザを始めとする疫病の蔓延等により、想定を上回る被害を受け、事業を長期的
     に中断せざるをえないこととなった場合には、甚大な経済的損失を被るとともに、社会的信用の低下等、深刻な事態を
     もたらす可能性があります。
       また、事業の中断に至らなかった場合においても、被害の状況によっては、多額の回復費用が必要となり、当社グ
     ループの財政状態及び、経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
     4.システム面に関するリスク

       現物及びデリバティブの売買・清算並びにこれらに関連する業務は、システムを通じて処理されていることから、市
     場の安定性・信頼性を維持するためには、取引システムの安定稼働が必須の要件となっております。
       また、近年、金融テクノロジーの発展に伴い、取引システムは高度化してきており、取引システムの性能が、取引所
     ビジネスにおける競争力の源泉となっております。
       当社グループでは、過去にシステム障害やキャパシティの不足により売買停止に至った反省の下、同様の事態が発生
     することを防ぐためのリスク管理体制をとっておりますが、その可能性を完全に否定することはできません。
       利用者の要望に適切に対応することができず、取引システムの性能が他の取引所等の提供するシステムに劣後するこ
     ととなった場合又はシステム障害等の発生により、市場の信頼性が毀損した場合には、取引量が減少し、当社グループ
     の財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
     5.情報漏えい等に関するリスク

       当社グループでは、取引参加者、上場会社等の企業情報や個人情報を保有しているほか、様々な経営情報等の内部情
     報を保有しております。当社グループの多くの役職員は、金融商品取引法においても秘密保持義務が課せられておりま
     すが、役職員の故意又は過失による情報漏えいの発生を完全に否定することはできません。
       さらに、外部からの不正なアクセスの防止に関しても、個人情報保護法の下で、厳格な管理が要求されております。
     当社においても情報管理に関するポリシーや事務手続等を策定しており、役職員等に対する教育・研修等により情報管
     理の重要性の周知徹底、システム上のセキュリティ対策等を行っておりますが、こうした対策が必ずしも有効に機能す
     るとは限らず、重要な情報が外部に漏洩した場合には、市場利用者等からの損害賠償、監督官庁からの処分、レピュ
     テーションの毀損等により、当社グループの業務運営や、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
     6.事務リスクについて

       当社グループは、市場開設者として重要な業務に関して、事務過誤を未然に防止するための内部統制の整備やシステ
     ム化等を推進しておりますが、役職員の故意又は過失により重大な事務過誤が発生した場合には、損失の発生、監督官
     庁の処分、レピュテーションの毀損等により、当社グループの業務運営や、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可
     能性があります。
     7.決済履行確保の枠組みについて

                                  24/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       日本には株式会社東京証券取引所をはじめ、有価証券の売買を行うための金融商品取引所                                          が4つありますが、これ
                                                1
     らの取引所における有価証券の売買については、すべて株式会社日本証券クリアリング機構が清算業務を行っておりま
     す。  同社は、PTS      における有価証券の売買についても、清算業務の対象としております。また、株式会社大阪取引所に
             2
     おける先物・オプション取引についても、同社が清算を行っており、さらには、店頭市場におけるクレジットデフォル
     トスワップ取引及び金利スワップ取引(以下、「店頭デリバティブ取引」といいます。)並びに国債店頭取引も清算業
     務の対象としております。
       株式会社日本証券クリアリング機構は清算機関として市場参加者が行った取引の債務を負担し、債権・債務の当事者
     となって、決済の履行を保証しております。これにより、市場参加者は取引相手方の信用リスクを意識せずに取引を行
     うことが可能となりますが、一方で、清算参加者が決済不履行を起こした場合でも、株式会社日本証券クリアリング機
     構には他の清算参加者との決済を履行する義務があります。このため、同社では、清算参加者の決済不履行に伴い損失
     が生じた場合には、決済不履行を発生させた清算参加者の担保等によりその損失を補填する自己責任原則を基本としつ
     つ、万が一不足が生じる場合には、株式会社日本証券クリアリング機構の自己資金を充てるほか、他の清算参加者にも
     負担を求める損失補償制度を設けております。
       同社における決済履行確保のための取組み及び損失補償制度の概要は以下のとおりです。
     (決済履行確保のための取組み)

     ①  清算参加者制度及びモニタリング
       清算参加者の信用リスクの低減を図るため、清算資格の種類ごとに資格要件を定めるとともに、資格要件にはそれぞ
     れ取得基準と維持基準を設けており、一定の財務基盤、経営体制及び業務執行体制を有する者を清算参加者とすること
     としています。それらの状況については定期的にモニタリングを行い、問題があると認められた場合は、当該清算参加
     者の債務について引受けを停止することができるほか、清算資格の取消しを行うことが可能となっております。
       また、清算参加者のポジションの状況も定期的にモニタリングしており、一部の清算参加者に対する過度な信用リス
     クの集中がないかを管理し、ポジションが過大である場合には、必要に応じて措置を検討しております。
     ②  担保制度

       清算参加者の決済不履行による損失に備えるため、清算参加者に担保の預託を求めております。担保には、清算基金
      等の清算預託金、取引証拠金              、当初証拠金       及び変動証拠金        があり、定期的に十分性を確認するとともに、適宜、担
     3              ▶       5        6
     保所要額の算出モデルの検証及び見直しを行っております。
       また、担保として預託を受ける金銭又は代用有価証券に対して一定の適格要件を設定するとともに、日々担保価値の
     評価を行っております。
     ③  DVP(Delivery       Versus    Payment)決済

       株式会社日本証券クリアリング機構と清算参加者との有価証券の決済は、仮に決済不履行が生じても「取りはぐれ」
     が生じることのないよう、証券と資金の授受をリンクさせ、代金の支払いが行われることを条件に証券の引渡しを行う
     (証券の引渡しが行われることを条件に代金の支払いを行う)DVP決済で行われております。
     ④  流動性の確保

       清算参加者の決済不履行時に必要となる流動性を確保するため、資金決済銀行等との間で流動性供給に関する契約を
     締結しております。
       また、資金の流動性供給枠の十分性については、定期的に確認を行っております。
     (損失補償制度の概要)

       清算参加者が決済不履行を起こした場合、株式会社日本証券クリアリング機構は、当該清算参加者を当事者とする債
     務の引受け又は負担の停止並びに株式会社日本証券クリアリング機構が当該清算参加者に引き渡すべき有価証券及び金
     銭の引渡しを停止するとともに、引渡しを停止した有価証券及び金銭を、当該清算参加者の決済不履行の弁済に充当し
     ます。
       以上の処理後においても、株式会社日本証券クリアリング機構の損失が解消されない場合には、以下に記載する方法

     により、損失の補填を行います。なお、この補填は、原則として、有価証券の売買、先物・オプション取引、店頭デリ
     バティブ取引及び国債店頭取引のそれぞれの清算に係る損失                            について、不履行清算参加者の清算資格に応じて、個別に
                                 7
     行います。
       決済不履行発生時の有価証券の売買及び先物・オプション取引の清算に係る損失については、次に掲げる順序によ

     り、補填を行います。
     ①  不履行清算参加者が預託している担保(当初証拠金、取引証拠金及び清算基金等)による補填
                                  25/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     ②  金融商品取引所等の損失補償による補填
                         8
     ③  株式会社日本証券クリアリング機構による補填
     ④  不履行清算参加者以外の清算基金による補填
     ⑤  不履行清算参加者以外による相互保証
       したがって、清算参加者の決済不履行により、株式会社日本証券クリアリング機構に損失が生じた場合で、上記①の

     対応によっても、同社の損失を補填しえない場合には、②については、損失補償契約に定められた金額(現物取引:
     104億円、先物・オプション取引:174億円)を上限として、株式会社東京証券取引所又は株式会社大阪取引所が補填を
     行うことにより、また、③については、株式会社日本証券クリアリング機構が証券取引等決済保証準備金として積み立
     てた金額(250億円)を上限として補填を行うことにより、当社グループに損失が生じる可能性があります。
       また、決済不履行発生時の店頭デリバティブ取引の清算に係る損失については、次に掲げる順序により、補填を行い

     ます。
     ①  不履行清算参加者が預託している担保(当初証拠金及び清算基金)による補填
     ②  株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第一階層決済保証準備金)
     ③  不履行清算参加者以外の清算参加者の清算基金及び株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第二階層決済保
       証準備金)
     ④  不履行清算参加者以外の清算参加者の特別清算料による補填
     ⑤  破綻後における変動証拠金等の累計が勝ち方の不履行清算参加者以外の清算参加者による補填
       したがって、清算参加者の店頭デリバティブ取引に係る決済不履行により、株式会社日本証券クリアリング機構に損

     失が生じた場合で、上記①までの対応によっても、同社の損失を補填しえないときには、それぞれの清算業務につい
     て、②については、株式会社日本証券クリアリング機構が第一階層決済保証準備金として積み立てている金額(各20億
     円)を上限として補填することにより、③については、株式会社日本証券クリアリング機構が第二階層決済保証準備金
     として積み立てている金額(クレジットデフォルトスワップ取引:10億円、金利スワップ取引:20億円)を上限として
     補填することにより、当社グループに損失が生じる可能性があります。
       さらに、決済不履行発生時の国債店頭取引の清算に係る損失については、次に掲げる順序により、補填を行います。

     ①  不履行清算参加者が預託している担保(当初証拠金及び清算基金)による補填
     ②  株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第一階層決済保証準備金)
     ③  不履行清算参加者以外の清算参加者の清算基金及び株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第二階層決済保
       証準備金)
     ④  不履行清算参加者以外の清算参加者の特別清算料による補填
     ⑤  原取引按分清算参加者           の清算基金及び株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第二階層決済保証準備金の
                 9
       うち③での未負担額)
     ⑥  原取引按分清算参加者の特別清算料による補填
     ⑦  破綻後における変動証拠金等の累計が勝ち方の不履行清算参加者以外の清算参加者による補填
       したがって、清算参加者の国債店頭取引に係る決済不履行により、株式会社日本証券クリアリング機構に損失が生じ

     た場合で、上記①までの対応によっても、同社の損失を補填しえないときには、②については、株式会社日本証券クリ
     アリング機構が第一階層決済保証準備金として積み立てている17.5億円を上限として補填することにより、③及び⑤に
     ついては、株式会社日本証券クリアリング機構が第二階層決済保証準備金として積み立てている17.5億円を上限として
     補填することにより、当社グループに損失が生じる可能性があります。
                                  26/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       有価証券の売買を行うための金融商品取引所:東京証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所及び福岡証

     1 
      券取引所
       PTS:SBIジャパンネクスト証券株式会社及びチャイエックス・ジャパン株式会社が運営するPTS
     2 
       清算基金:清算参加者の株式会社日本証券クリアリング機構に対する債務の履行を確保するため、清算参加者に
     3 
      預託を義務付けているものです。その所要額は、極端ではあるが現実に起こりうる市場環境下において複数の清算
      参加者が決済不履行を起こした場合等に、当該不履行清算参加者が預託する証拠金等が不足することで発生する損
      失をカバーするよう計算されます。
       取引証拠金:清算参加者の株式会社日本証券クリアリング機構に対する先物・オプション取引に係る債務の履行
     4 
      を確保するため、清算参加者に預託を義務付けているもので、その所要額は、先物・オプション取引の建玉につい
      て、SPAN®※で計算した額から、ネット・オプション価値の総額を差し引いて得た額以上となります。
       ※ SPAN®   :CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が開発した証拠金計算方法で、The                                    Standard     Portfolio
        Analysis     of  Riskの略。先物・オプション取引全体の建玉から生じるリスクに応じて証拠金額が計算されま
        す。
       当初証拠金:各清算参加者の株式会社日本証券クリアリング機構に対する債務の履行を確保するため、清算参加
     5 
      者に預託を義務付けているもので、その所要額は、それぞれの取引について清算参加者が破綻した場合に、そのポ
      ジション処理が完了するまでの間に価格(金利スワップ取引についてはイールド・カーブ)が変動することにより
      想定される損失額に、一定のリスクをカバーする額を加算して計算されます。
       変動証拠金:各清算参加者のポジションについて、日々の価格変動をカバーするために、前日からのポジション
     6 
      の価値の変動分を、変動証拠金として現金により授受します。変動分が負となる清算参加者は株式会社日本証券ク
      リアリング機構に支払い、正となる清算参加者は株式会社日本証券クリアリング機構から受け取ります。
       株式会社日本証券クリアリング機構では、クロスマージン制度を導入しており、当該制度の対象とされた国債証
     7 
      券先物取引に係る損益については、店頭デリバティブ取引(金利スワップ取引)の清算に係る損益として取り扱わ
      れます。
       金融商品取引所等の損失補償による補填:株式会社日本証券クリアリング機構が金融商品取引所等との間で締結
     8 
      している損失補償契約に基づき、当該契約に定める金額を上限に損失を補填します。現物取引に係る契約は株式会
      社日本証券クリアリング機構と5つの金融商品取引所との契約に加え、株式会社日本証券クリアリング機構と各
      PTSとの契約があり、補償限度額は合計で113億円(うち当社グループである株式会社東京証券取引所と株式会社大
      阪取引所の補償限度額の合計は104億円。)となっております。また、先物・オプション取引に係る契約は株式会
      社日本証券クリアリング機構と株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所との契約で、補償限度額は合計で
      174億円となっております。
       原取引按分清算参加者:信託口を有する清算参加者をいいます。
     9 
                                  27/118








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     8.保有するシンガポール取引所株式について
       当社グループは、事業上の提携関係の強化などを通じて中長期的に当社グループの企業価値向上の効果が期待される
      場合、他の上場会社の発行する株式を保有することがあります。
      このような方針のもと、当社グループは、2007年6月に、シンガポール取引所との緊密な提携関係の構築を目的とし
     て、シンガポール取引所に上場する同社株式53,051千株を取得(発行済株式の4.99%に相当。取得金額374億円)しま
     したが、同社株式の下落に伴い、2009年3月に207億円の投資有価証券評価損を計上しております。
       その後も、シンガポール取引所との提携関係の強化を念頭に同社株式を継続的に保有しており、2014年12月4日に
     は、相互協力に係る趣意書(LOI)を締結するなど、相互の企業価値向上に資する各種施策の検討・協力等を推進して
     おります。当社グループでは、今後もシンガポール取引所との間で、当社グループの企業価値向上に資する連携等につ
     いて協議を進めていく方針ですが、シンガポール取引所株式の株価や為替の変動は、当社グループの資本や包括利益に
     影響を及ぼす可能性があります。
     9.契約等に関するリスク

     ①  シカゴ・マーカンタイル取引所              とのSPAN利用に関するライセンス契約について
       株式会社日本証券クリアリング機構は、先物・オプション取引の証拠金を受け入れておりますが、証拠金計算方式と
     して、シカゴ・マーカンタイル取引所が開発したSPAN方式を採用しております。
       同方式を採用するに際し、シカゴ・マーカンタイル取引所との間でSPANの利用に関するライセンス契約を締結してお
     りますが、不測の事態により当該契約が解消された場合には、SPAN方式に代わる証拠金計算方式の採用に伴うシステム
     改造負担等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     ②  株式会社日本経済新聞社との日経平均株価利用許諾契約について

       当社グループのデリバティブ市場の主力商品である日経平均株価先物、日経225mini及び日経平均株価オプションに
     関しては、原資産である日経平均株価の利用許諾について株式会社日本経済新聞社との間で利用許諾契約を締結してお
     ります。
       株式会社大阪取引所は株式会社日本経済新聞社に対し、日経平均株価先物取引、日経225mini及び日経平均株価オプ
     ション取引に関する利用許諾契約に基づき、契約基本料の他、取引高に応じて月額対価を支払っております。当該契約
     は、一方の当事者による契約義務不履行の場合や、議決権の過半数の株式譲渡又は取得、合併といった事由による当該
     契約関連事業の支配権に重大な変動が生じた場合等には、他方の当事者が通知を行うことにより当該契約を解約するこ
     とができる内容となっておりますが、一方の当事者が契約を終了させる通知を行わない場合は、現在締結している契約
     の満了日である2020年12月末から5年間ずつ自動更新されることとなっております。また、株式会社日本経済新聞社は
     やむを得ない事由が生じたときは、株式会社大阪取引所の了承を条件に日経平均株価の編集及び公表を廃止することが
     できます。仮に上記の事由により、当該契約が終了した場合、株式会社大阪取引所は日経平均株価先物取引、日経
     225mini及び日経平均株価オプション取引の中断、あるいは中止を余儀なくされ、この場合、当社グループの経営成績
     が大きな影響を受ける可能性があります。
       その他、当該契約に関して、当社グループの経営成績が大きな影響を受ける可能性がある事態が生じる場合として
     は、以下のようなものが考えられます。
     ・  利用許諾料については当該契約の他に別途締結している覚書により、契約基本料の他、1先物取引及び1オプショ
       ン取引当たり一定額を月額対価として株式会社大阪取引所が株式会社日本経済新聞社へ支払うこととなっております
       が、当該覚書の内容については、株式会社大阪取引所と株式会社日本経済新聞社が協議のうえ、変更される可能性が
       あります。当該利用許諾料が大幅に変更された場合には、当社グループの経営成績に大きな影響を及ぼす可能性があ
       ります。
     ・  当該契約は独占契約ではないため、今後、国内外において株式会社大阪取引所以外の者が株式会社日本経済新聞社
       との間で日経平均株価利用許諾契約を締結し、利用権を取得する可能性があります。株式会社大阪取引所以外の者が
       日経平均株価の利用権を取得し国内外において日経平均株価先物・オプション取引を行い、その利便性が高い等の事
       情により大阪取引所市場の取引高が減少した場合、当社グループの経営成績に大きな影響を及ぼす可能性がありま
       す。
     10.訴訟等に関するリスク

     ①  法令遵守に関するリスク
       当社グループでは、情報漏えいをはじめ、役職員の故意又は過失による法令違反行為を防止するための取組みに注力
     しておりますが、これらの取組みがすべての法令違反行為の発見・防止に対して有効であるとは限らず、役職員による
     法令違反行為を常に排除できるとは限りません。
       役職員による法令違反行為が現実のものとなった場合には、監督官庁からの行政処分や市場利用者等からの損害賠償
     請求等、行政上又は司法上の制裁が科される可能性があるとともに、社会的信用の低下等により、当社グループの事業
     運営に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  28/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     ②  訴訟に関するリスクについて
       当社グループの事業は様々な法的責任に晒されており、これらには、役職員等又はコンピュータ・システムによる業
     務運営の中で、過誤が発生するリスク(いわゆるオペレーショナル・リスク)の顕在化による法的責任も含まれます。
       オペレーショナル・リスクには、例えば次のようなものが考えられます。
     ・  役職員が法令や当社グループの定款、業務規程その他の諸規則等に定められた適正な業務遂行(必要な市場規制措
       置等)を過誤等により怠る又は誤った措置を行うリスク
     ・  障害や大規模災害によるシステム停止又はシステムに誤作動が発生するリスク
     ・  役職員又はシステム運用業務委託先の過誤等により取引が中断されるリスク
     ・  当社グループが算出を行っているTOPIX等の株価指数や統計情報等、配信を行う各種情報に誤謬が生じるリスク
       上記のリスクが顕在化した場合には、監督官庁から処分等を科される可能性があるとともに、損害を被った市場利用

     者から損害賠償等を求められる可能性もあります。
       当社グループでは、規則や契約等において、利用者が損害を受けた場合であっても、当社グループに故意又は重過失
     がある場合を除き、損害賠償の責を負わない旨を定めておりますが、オペレーショナル・リスクの顕在化を含むなんら
     かの要因により訴訟が提起された場合には、訴訟費用が多額にのぼる可能性があるとともに、訴訟において当社グルー
     プに不利な決定がなされた場合には、訴訟に伴う損害賠償のみならず、社会的な信用の低下等を通じて、当社グループ
     の事業、財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
     11.レピュテーショナル・リスク

       当社グループでは、社会的な信用力やブランド力を、競争力の源泉の一つとして認識しております。
       当社グループの社会的な信用は、システム及び自主規制業務等における過誤等、当社グループに起因する様々な要因
     のみならず、取引参加者や上場会社等の市場参加者又はその他の第三者による不法行為等によっても毀損される可能性
     があります。
       当社グループの社会的な信用の毀損は、取引高の減少や発行会社の当社グループが開設する市場への上場を妨げる要
     因となる可能性があり、ひいては、当社グループの事業、財政状態及び経営成績に重大な悪影響を及ぼす可能性があり
     ます。
                                  29/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
              契約内容             相手方の名称           契約会社名            契約期間        備考

        日経平均先物取引、ミニ日経平均
                                               2011年1月1日から5
        先物取引及び日経平均オプション                 株式会社日本経済新
                                   株式会社大阪取引所           年間
        取引に係る「日経平均株価」の利                 聞社
                                               以後5年毎に自動更新
        用許諾に関する契約
                         Chicago    Mercantile
                                   株式会社日本証券クリ
        SPANの利用に係るライセンス契約                                       2004年2月2日            ※
                         Exchange          アリング機構
        ※ 期間の定めのない契約のため、契約の効力発生日を記載しております。
        なお、2016年度第2四半期連結会計期間において、契約期間満了により終了した契約は以下のとおりであります。

              契約内容             相手方の名称           契約会社名            契約期間        備考

        Click   XT(各種デリバティブ商品
                         OMX  TECHNOLOGY      AB
                                               2009年9月18日から
        に係るソフトウェア)に係るライ
                                   株式会社大阪取引所
                                               2016年7月26日まで
        センス契約
        J-GATEの運用保守契約                 株式会社エヌ・                      2010年10月16日から

                                   株式会社大阪取引所
                         ティ・ティ・データ                      2016年7月31日まで
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  30/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      本項に記載した予想、予見、見込み、見通し、方針等の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したもので
     あり、将来に生じる実際の結果と大きく異なる可能性もあります。
     (1)重要な会計方針及び見積り

      当社グループの連結財務諸表は、IFRSに準拠して作成しております。
      この連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や状況に応じ合理的だと考えられる様々な要因に基づき、見積り及
     び判断を行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるために、これらの見積りと異なる場合がありま
     す。
      なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況-1 連結財務諸表等-(1)
     連結財務諸表-連結財務諸表注記-3.重要な会計方針」に記載しております。
     (2)当連結会計年度の経営成績の分析

     (営業収益の状況)
     ①取引関連収益
      取引関連収益は、現物の売買代金及びデリバティブの取引高等に応じた「取引料」、取引参加者の取引資格に応じた
     「基本料」、注文件数に応じた「アクセス料」、利用する売買システム施設の種類に応じた「売買システム施設利用料」
     等から構成されます。
      当連結会計年度の取引関連収益は、現物の売買代金、デリバティブの取引高がともに前年同期を下回ったことなどか
     ら、前年同期比12.9%減の457億3百万円となりました。
     ・取引関連収益の内訳

                                              (単位:百万円)
                                            当連結会計年度
                              前連結会計年度
                                           (自  2016年4月1日
                             (自  2015年4月1日
                                           至   2017年3月31日)
                              至   2016年3月31日)
                                                 増減(%)
                                     52,471       45,703      △12.9
     取引関連収益
                                     43,294       36,523      △15.6
      取引料
                                     30,783       26,168      △15.0
       現物
                                     12,510       10,354      △17.2
       デリバティブ
                                      1,934       1,841      △4.8
        TOPIX先物取引
        日経平均株価先物取引           (注1)                    5,136       4,231      △17.6
        日経平均株価指数オプション取引               (注2)               3,543       2,834      △20.0
                                      1,597       1,329      △16.8
        長期国債先物取引
                                       298       117     △60.6
        その他
                                      1,061       1,044      △1.6
      基本料
                                      5,165       4,985      △3.5
      アクセス料
                                      2,854       3,066       7.4
      売買システム施設利用料
                                       95       84    △12.1
      その他
     (注1) 日経225mini先物取引を含めております。
     (注2) Weeklyオプション取引を除きます。
                                  31/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     <参考>
     ・現物の売買代金及びデリバティブの取引高等(立会内外含む)
                      1 日 平 均                       期 間 合 計
                            当連結会計年度                       当連結会計年度
                前連結会計年度                       前連結会計年度
                           (自  2016年4月1日                     (自  2016年4月1日
               (自  2015年4月1日                     (自  2015年4月1日
                           至   2017年3月31日)                     至   2017年3月31日)
                至   2016年3月31日)                     至   2016年3月31日)
                                 増減(%)                       増減(%)
     <現物>
      東証市場第一部・
      二部
                     2,914,804       2,572,220      △11.8         714,126,887       630,193,987       △11.8
      売買代金
      (百万円)
      マザーズ
      売買代金                97,914      122,500      25.1         23,988,944       30,012,485        25.1
      (百万円)
      JASDAQ
                      70,338       47,450     △32.5          17,232,911       11,625,223       △32.5
      売買代金
      (百万円)
      ETF・ETN等
      売買代金                286,770       206,552     △28.0          70,258,699       50,605,141       △28.0
      (百万円)
      REIT等
      売買代金                42,805       49,869      16.5         10,487,342       12,217,881        16.5
      (百万円)
     <デリバティブ>
      TOPIX先物
      取引高                93,824       89,966     △4.1         22,986,847       22,041,552       △4.1
      (単位)
      日経平均株価
      先物取引高                120,358       98,128     △18.5          29,487,683       24,041,367       △18.5
      (単位)
      日経225mini
                     1,100,776        861,224     △21.8         269,690,101       210,999,767       △21.8
      先物取引高
      (単位)
      日経平均株価指数
      オプション取引
                      30,690       24,823     △19.1          7,519,072       6,081,697      △19.1
      金額
      (百万円)(注)
      長期国債先物
      取引高                34,658       28,569     △17.6          8,491,325       6,999,496      △17.6
      (単位)
     (注)Weeklyオプション取引を除きます。
     ②清算関連収益

      清算関連収益は、株式会社日本証券クリアリング機構が行う金融商品債務引受業に関する清算手数料等から構成され
     ます。
      当連結会計年度の清算関連収益は、前年同期比7.3%減の214億54百万円となりました。
     ③上場関連収益

      上場関連収益は、新規上場や上場会社の新株券発行の際に発行額に応じて受領する料金等から構成される「新規・追
     加上場料」及び時価総額に応じて上場会社から受領する料金等から構成される「年間上場料」に区分されます。
      当連結会計年度の上場関連収益は、新規・追加上場料が減少し、前年同期比2.6%減の129億3百万円となりました。
     ・上場関連収益の内訳

                                         (単位:百万円)
                                       当連結会計年度
                          前連結会計年度
                                      (自  2016年4月1日
                         (自  2015年4月1日
                                      至  2017年3月31日)
                         至  2016年3月31日)
                                            増減(%)
                                13,250       12,903       △2.6
     上場関連収益
                                 5,330       4,317      △19.0
      新規・追加上場料
                                 7,919       8,586        8.4
      年間上場料
                                  32/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     <参考>
     ・上場会社数並びにETF、ETN及びREITの上場銘柄数
                                                  (単位:社、銘柄)

                    新規上場会社(銘柄)数                        上場会社(銘柄)数
                            当連結会計年度
                前連結会計年度
                                                   当連結会計年度末
                                       前連結会計年度末
                           (自  2016年4月1日
               (自  2015年4月1日
                                                   (2017年3月31日)
                                       (2016年3月31日)
                           至   2017年3月31日)
                至  2016年3月31日)
                                 増減                       増減
     東証市場第一部・
                        23      19     △4           2,492      2,550       58
     第二部
                        58      56     △2            225      237      12
     マザーズ
     JASDAQ                   14      14      0           786      754     △32
     TOKYO   PRO  Market              ▶      ▶      0           14      17      3
                        99      93     △6           3,517      3,558       41
        合計
     ETF・ETN                   21      17     △4            225      230       5
     REIT                   ▶      7      3           53      58      5
     (注) 新規上場会社(銘柄)数は、テクニカル上場(合併や株式移転等により設立された会社(銘柄)の新規上場)に
         係る会社(銘柄)数を除いております。
     ・上場会社の資金調達額

                                       (単位:百万円)
                                      当連結会計年度
                         前連結会計年度
                                     (自  2016年4月1日
                        (自  2015年4月1日
                                     至  2017年3月31日)
                         至   2016年3月31日)
                                          増減(%)
                               994,291      947,107       △4.7
     上場会社の資金調達額
     (注)     東証市場における公募(新規上場時の公募を含む。)、第三者割当及び株主割当による資金調達の合計金額                                                  。
     ④情報関連収益

      情報関連収益は、情報ベンダー等への相場情報の提供に係る収益(相場情報料)のほか、指数ビジネスに係る収益及
     びコーポレートアクション情報等の各種情報の提供に係る収益から構成されます。
      当連結会計年度の情報関連収益は、相場情報料が増加したことに加え、指数ビジネスに係る収益が増加したことなど
     から、前年同期比2.3%増の181億12百万円となりました。
     ⑤その他の営業収益

      その他の営業収益は、売買・相場報道等の各種システムと取引参加者・ユーザをつなぐarrownetに係る利用料、注文
     の送信時間等の短縮による売買執行の効率化を目的として、システムセンター内に取引参加者及び情報ベンダー等が機器
     等を設置するコロケーションサービスに係る利用料、株式会社東証システムサービスが行うシステム開発・運用収益、売
     買システム等のサービス提供料等から構成されます。
      当連結会計年度のその他の営業収益は、                    ▶ rrownet利用料、コロケーションサービス利用料が増加したことなどから、前
     年同期比18.3%増の97億11百万円となりました。
     ・その他の営業収益の内訳

                                          (単位:百万円)
                                         当連結会計年度
                            前連結会計年度
                                        (自  2016年4月1日
                           (自  2015年4月1日
                                        至  2017年3月31日)
                            至  2016年3月31日)
                                             増減(%)
                                   8,208       9,711      18.3
     その他の営業収益
                                   2,316       2,848      23.0
      arrownet利用料
                                   2,886       3,234      12.0
      コロケーション利用料
                                   3,005       3,628      20.7
      その他
                                  33/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     (営業費用の状況)
      当連結会計年度の人件費は、前年同期比5.0%減の156億14百万円となりました。
      システム維持・運営費は、現物及びデリバティブの売買システムをはじめとした各種システムの維持及び管理運用に
     係る費用等から構成されます。当連結会計年度のシステム維持・運営費は、前年同期比14.1%増の108億13百万円となり
     ました。
      減価償却費及び償却費は、前年同期比10.1%増の109億83百万円となりました。
      その他の営業費用は、当連結会計年度は前年同期比15.0%減の127億74百万円となりました。
     (3)財政状態に関する分析

     (資産、負債及び資本の状況)
      当社グループの資産及び負債には、株式会社日本証券クリアリング機構が清算機関として引き受けた「清算引受資産・
     負債」及び清算参加者から担保として預託を受けた「清算参加者預託金」が両建てで計上されております。「清算引受資
     産・負債」及び「清算参加者預託金」は、多額かつ清算参加者のポジションなどにより日々変動することから、当社グ
     ループの資産及び負債の額は、これらの変動に大きな影響を受けます。その他、金融商品取引の安全性を確保するための
     諸制度に基づく「信認金」、「取引参加者保証金」及び「違約損失積立金」が資産及び負債または資本に両建てで計上さ
     れております。
      当連結会計年度末の資産は、「清算引受資産」が増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ11兆7,421億56百万
     円増加し、41兆2,889億32百万円となりました。また、「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」及び「違
     約損失積立金」を控除した後の資産は、前連結会計年度末に比べ167億37百万円増加し、3,300億89百万円となりました。
      当連結会計年度末の負債は、資産と同様に「清算引受負債」が増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ11兆
     7,412億97百万円増加し、41兆251億61百万円となりました。一方、「清算引受負債」、「清算参加者預託金」、「信認
     金」及び「取引参加者保証金」を控除した後の負債は、前連結会計年度末日に比べ151億66百万円増加し、861億25百万円
     となりました。
      当連結会計年度末の資本は、親会社の所有者に帰属する当期利益の計上により増加した一方、配当金の支払及び自己株
     式の取得により減少したことなどから、前連結会計年度末に比べ8億58百万円増加し、2,637億70百万円となりました。ま
     た、違約損失積立金を控除した後の資本は、2,358億22百万円となりました。
     <参考>

                                       親会社所有者に            親会社所有者
                 資産合計            資本合計
                                        帰属する持分            帰属持分比率
                      百万円            百万円            百万円              %
     2017年3月期         41,288,932      (330,089)        263,770    (235,822)        257,955    (230,006)
                                                      0.6  (69.7)
     2016年3月期
              29,546,776      (313,351)        262,912    (234,964)        257,194    (229,246)
                                                      0.9  (73.2)
              親会社所有者帰属持分               資産合計          1株当たり親会社

                 当期利益率           税引前利益率           所有者帰属持分
                        %            %          円 銭
     2017年3月期                                   477.31    (425.60)
                   16.4   (18.3)          0.2  (18.8)
     2016年3月期
                                        468.43    (417.52)
                   18.2   (20.5)          0.2  (22.5)
     (注) 各指標における(             )内は、資産合計は「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」及び「違約損失
        積立金」、資本合計及び親会社所有者に帰属する持分は、「違約損失積立金」をそれぞれ控除して算出した数値で
        あります。
     (キャッシュ・フローの状況)

      キャッシュ・フローの状況については、「第2 事業の状況-1 業績等の概要-(2)キャッシュ・フローの状況」
     に記載しております。
     (4)経営成績に重要な影響を与える要因

      経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況-4 事業等のリスク」に記載しております。
                                  34/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度において、当社グループでは、国際的な市場競争力を強化するため、売買システムや清算システ
       ム等の開発を行い、全体で約103億円の設備投資を行いました。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
         該当事項はありません。
       (2)国内子会社

                                                   2017年3月31日現在
                    事業所名                 従業員数        賃借面積        年間賃借料

           会社名                 設備の内容
                   (所在地)                  (人)        (㎡)        (百万円)
        株式会社         本社
                           本社ビル             416       48,558          2,700
        東京証券取引所         (東京都中央区)
       (3)在外子会社

         該当事項はありません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等の計画

         該当事項はありません。
                                  35/118











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                          2,180,000,000
                  計                         2,180,000,000

        ②【発行済株式】

          事業年度末現在発行数(株)

                         提出日現在発行数(株)             上場金融商品取引所名又は登
      種類                                                内容
                          (2017年6月9日)            録認可金融商品取引業協会名
            (2017年3月31日)
      普通株式            549,069,100            549,069,100       東京証券取引所 市場第一部              単元株式数 100株

       計          549,069,100            549,069,100              -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                  36/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2013年1月1日
                  26,730,000       27,000,000           -      4,723         -      4,825
     (注1)
     2013年1月1日
                      -   27,000,000           -      4,723      △1,825        3,000
     (注2)
     2013年1月1日
                  45,906,810       72,906,810          6,776       11,500         -      3,000
     (注3)
     2013年3月8日
                 △17,999,900        54,906,910           -     11,500         -      3,000
     (注4)
     2013年10月1日
                 219,627,640       274,534,550
                                     -     11,500         -      3,000
     (注5)
     2015年10月1日
                 274,534,550       549,069,100            -     11,500         -      3,000
     (注6)
     (注1)株式分割(1:100)によるものであります。
     (注2)合併後の当社の資本準備金の額を3,000百万円とするため、2012年11月20日開催の株主総会の決議に基づき、資
         本準備金の額を減少し、その他資本剰余金に振り替えております。
     (注3)株式会社東京証券取引所グループとの合併に際して、2012年12月31日(月曜日)(ただし、当日は株主名簿管
         理人の休業日につき、実質上は同年12月28日(金曜日))における株式会社東京証券取引所グループの最終の
         株主名簿に記載又は記録された株主に対して、その所有する株式会社東京証券取引所グループの普通株式1株
         につき、株式分割後の株式会社大阪証券取引所の普通株式20.19株の割合をもって割当交付しております。(た
         だし、株式会社東京証券取引所グループが保有する自己株式26,260株については、株式の割当ては行っており
         ません。)また、資本金の増減額は、合併により株式会社東京証券取引所から受け入れたものです。
     (注4)株式会社東京証券取引所グループが株式会社大阪証券取引所への公開買付により取得し、合併により自己株式
         となった17,999,900株の全株を、2013年3月8日付で消却しました。
     (注5)株式分割(1:5)によるものであります。
     (注6)株式分割(1:2)によるものであります。
       (6)【所有者別状況】

                                                   2017年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                        単元未満
        区分      政府及び                       外国法人等                   株式の状
                         金融商品     その他の                個人その
               地方公共     金融機関                                 計    況(株)
                         取引業者     法人                他
               団体                     個人以外      個人
     株主数(人)             ―     52     65     324     509      48   51,291     52,289       -
     所有株式数
                                   2,285,893                5,490,564
                  ― 1,281,227     1,427,331      212,104            317   283,692           12,700
     (単元)
     所有株式数の割合
                  ―   23.34     26.00      3.86     41.63      0.01     5.17    100.00       -
     (%)
      (注)自己株式8,049,252株は、「個人その他」に80,492単元及び「単元未満株式の状況」に52株を含めて記載してお
         ります。
                                  37/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                   2017年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    の割合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         18,469          3.36
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                                16,168          2.94
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
                       東京都中央区日本橋兜町7-12                         15,118          2.75
     SMBCフレンド証券株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         11,274          2.05
     株式会社(信託口5)
     THE BANK OF NEW                   225 LIBERTY STREE
     YORK MELLON 1400                  T, NEW YORK, NEW Y
                                                10,748          1.95
     44(常任代理人 株式会社みずほ                  ORK, U.S.A.(港区港南2丁
     銀行決済営業部)                  目15-1      品川インターシティA棟)
                                                9,600          1.74
     みずほ証券株式会社
                       東京都千代田区大手町1丁目5番1号
     NORTHERN TRUST C                  50 BANK STREET CAN
     O.(AVFC) SUB A/                  ARY WHARF LONDON E
                                                9,248          1.68
     C NON TREATY(常任代                  14 5NT, UK(東京都中央区日
     理人 香港上海銀行東京支店)                  本橋3丁目11-1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         8,276          1.50
     株式会社(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         8,271          1.50
     株式会社(信託口2)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1丁目8-11                         8,018          1.46
     株式会社(信託口7)
                                -               115,193          20.98
             計
     (注)1.上記のほか、自己株式が8,049千株あります。
        2.次の法人より大量保有報告書等の提出があり、下記の報告義務発生日現在で当社株式を所有している旨の報告
         を受けましたが、当社として期末時点における実質所有株式数を確認できませんので、上記大株主の状況には
         含めておりません。
         なお、大量保有報告書等が複数回提出されている場合は、最新の報告書の概要を記載しており、保有株券等の
         数及び株券等保有割合については、共同保有者に係る保有分として報告があった場合は、その株数及び保有割
         合を含めて記載しております。
                                                保有株券等      株券等保有
       氏名又は名称               住所           提出日      報告義務発生日
                                                 の数(株)      割合(%)
                カルトン・スクエア、1グリー
     ベイリー・ギフォー
                ンサイド・ロウ、エジンバ
     ド・アンド・カンパ                          2016年7月20日         2016年7月12日         64,091,283         11.67
                ラ EH1 3AN スコットラン
     ニー
                ド
                東京都千代田区大手町一丁目5
     株式会社みずほ銀行                          2016年10月21日         2016年10月14日         33,591,400         6.12
                番5号
     三井住友信託銀行株           東京都千代田区丸の内一丁目4
                               2017年3月22日         2017年3月15日         22,684,200         4.13
     式会社           番1号
                                  38/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2017年3月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                                        -             -
                                -
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -             -
     議決権制限株式(その他)                           -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)               普通株式        8,049,200                 -             -

     完全議決権株式(その他)               普通株式       541,007,200              5,410,072                 -

     単元未満株式               普通株         12,700               -  一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                      549,069,100                  -             -

     総株主の議決権                           -          5,410,072                 -

     (注1)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式付与型ESOP信託口が所有する当社株式586,800株
         (議決権5,868個)が含まれております。
     (注2)「単元未満株式」の欄の普通株式には、自己株式52株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2017年3月31日現在
                         自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        発行済株式総数に対する
      所有者の氏名又は名称            所有者の住所
                         株式数(株)        株式数(株)        合計(株)       所有株式数の割合(%)
                 東京都中央区
     株式会社    日本取引所グ
                 日本橋兜町2         8,049,200            ―    8,049,200               1.47
     ループ
                 番1号
          計          -       8,049,200            ―    8,049,200               1.47
       (9)【ストックオプション制度の内容】

           該当事項はありません。
                                  39/118









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (10)【従業員株式所有制度の内容】
           当社は、2017年1月30日開催の取締役会において、当社グループ従業員(以下、「従業員」という。)に経
          営参画意識を持たせ、業績向上や株価上昇に対する意欲の高揚を促すことにより、中長期的な企業価値向上を
          図ることを目的として、従業員を対象としたインセンティブ・プラン「株式付与型ESOP信託」(以下、
          「本制度」という。)の導入を決議しました。
          ①  本制度の概要

           本制度は、米国のESOP制度を参考にした従業員インセンティブ・プランであり、ESOP信託が取得
          した当社株式を、経営財務指標や生産性にかかる目標の達成状況に応じて退職時に従業員に交付するもので
          す。なお、ESOP信託が取得する当社株式の取得資金は全額当社が拠出するため、従業員の負担はありませ
          ん。
           本制度の導入により、従業員は当社株式の株価上昇による経済的な利益を収受することができるため、株
          価を意識した従業員の業務遂行を促すとともに、従業員の勤労意欲を高める効果が期待できます。
          ②  従業員に取得させる予定の株式の総数

           586,800株
          ③  当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

           従業員のうち受益者要件を充足する者
                                  40/118














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号による普通株式の取得。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                                     株式数(株)             価額の総額(円)

                  区分
      取締役会(2016年7月28日)での決議状況
                                         10,000,000            10,000,000,000
      (取得期間 2016年7月29日~2017年1月27日)
      当事業年度前における取得自己株式                                        -              -
      当事業年度における取得自己株式                                    2,746,800            3,994,268,900

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                    7,253,200            6,005,731,100

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                            72.5              60.1
      当期間における取得自己株式                                        -              -

      提出日現在の未行使割合(%)
                                            72.5              60.1
     (注) 2016年7月28日に開催された取締役会において、自己株式の取得方法については東京証券取引所における市場
     買    付けとすることを決議しています。
                                     株式数(株)             価額の総額(円)

                  区分
      取締役会(2017年1月30日)での決議状況
                                         16,000,000            16,000,000,000
      (取得期間 2017年1月31日~2017年7月27日)
      当事業年度前における取得自己株式                                        -              -
      当事業年度における取得自己株式                                    5,295,200            8,547,937,200

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   10,704,800            7,452,062,800

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                            66.9              46.6
      当期間における取得自己株式                                    4,668,400            7,452,013,700

      提出日現在の未行使割合(%)
                                            37.7              0.0
     (注) 2017年1月30日に開催された取締役会において、自己株式の取得方法については東京証券取引所における市場
     買    付けとすることを決議しています。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
                                  41/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                              株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                              (株)       (百万円)         (株)       (百万円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             ―        ―        ―        ―

     消却の処分を行った取得自己株式                             ―        ―        ―        ―

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   ―        ―        ―        ―
     取得自己株式
     その他(-)                             ―        ―        ―        ―
     保有自己株式数                         8,049,252            ―    12,717,652             ―

      (注)     当期間における保有自己株式には、2017年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。
                                  42/118
















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
       当社は、金融商品取引所グループとしての財務の健全性、清算機関としてのリスクへの備え、当社市場の競争力強化
      に向けた投資機会等を踏まえた内部留保の重要性に留意しつつ、業績に応じた配当を実施することを基本とし、具体的
      には、配当性向を60%程度とすることを目標としております。
       なお、当社は、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を

      除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める」旨を定款に定めております。
       また、当社は、会社法に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めており、配当の回数については、中間
      配当及び期末配当の年2回を基本としております。
       基準日が当事業年度に属する剰余金の配当の状況は以下のとおりです。

          決議年月日            配当金の総額(百万円)              1株当たり配当額(円)
         2016年10月28日
                               11,491               21
           取締役会
         2017年5月16日
                               14,066               26
           取締役会
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第12期         第13期         第14期         第15期         第16期
       決算年月         2013年3月         2014年3月         2015年3月         2016年3月         2017年3月

                                                4,480
                             12,250
                   464,000
                                                         1,821
       最高(円)                                3,740
                   ◇8,930                            □2,015
                            ◆ 3,085
                                                3,280
                             7,550
                   292,000
                                                         1,116
       最低(円)                                1,974
                   ◇3,740                            □1,468
                            ◆ 1,968
      (注)1.株価は、2012年12月28日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、2013年1月4日
          以降は東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2.第12期において、当社が2013年1月1日付で実施した1株を100株に分割する株式分割に伴う権利落ち後の株
          価につきましては、◇印を付けております。また、第13期において、2013年10月1日付で実施した1株を5株
          に分割する株式分割に伴う権利落ち後の株価につきましては、◆印を付けております。さらに、第15期におい
          て、2015年10月1日付で実施した1株を2株に分割する株式分割に伴う権利落ち後の株価につきましては、□
          印を付けております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      2016年10月          11月        12月       2017年1月          2月        3月
     最高(円)           1,637        1,731        1,799        1,712        1,667        1,650
     最低(円)           1,542        1,429        1,669        1,560        1,553        1,560

                                  43/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
       (1)  2017年6月9日(有価証券報告書提出日)現在の役員の状況は、以下のとおりであります。
       男性18名 女性2名 (役員のうち女性の比率10%)
       ①取締役の状況
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1972年4月      大蔵省(現財務省)入省
                            2002年8月      財務省東京税関長
                            2003年1月      同省大臣官房総括審議官
                            2004年7月      同省大臣官房長
           取締役会             1948年
     取締役            津田廣喜                                   (注)4      100
           議長
                            2006年7月      同省主計局長
                       8月11日生
                            2007年7月      財務事務次官
                            2008年9月      早稲田大学公共経営大学院教授
                            2015年6月
                                  当社社外取締役      取締役会議長(現任)
                            1969年4月      大和証券株式会社(現株式会社大和証券グ
                                  ループ本社)入社
                            1994年6月      同社取締役東部本部長
                            1996年5月      同社取締役債券・資金本部長
                            1997年6月      同社常務取締役債券・資金本部長
                            1997年10月      同社代表取締役副社長
                            1999年4月      大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ株
                                  式会社(現大和証券株式会社)代表取締役社長
                            2004年6月      株式会社大和証券グループ本社取締役副会長
     取締役兼代表      グループ
                        1945年
                                  兼執行役
                  清田 瞭
                                                    (注)4     17,800
     執行役CEO      CEO
                       5月6日生
                                  株式会社大和総研理事長
                            2008年6月      株式会社大和証券グループ本社取締役会長兼
                                  執行役
                            2011年4月      同社取締役名誉会長
                            2011年6月      同社名誉会長
                            2013年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所代表取締役社長
                            2015年6月
                                  当社代表執行役グループCEO(現任)
                                  株式会社東京証券取引所取締役(現任)
                            1979年4月      電源開発株式会社入社
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2002年6月      株式会社東京証券取引所総務部長
                            2004年6月      同社情報サービス部長
                            2005年6月      株式会社ICJ代表取締役社長
                            2005年12月      株式会社東京証券取引所執行役員
                            2007年10月      東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所
                                  自主規制法人)常任理事
                        1957年
     取締役            宮原幸一郎                                   (注)4     20,000
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ常務執行役
                       3月10日生
                            2013年1月      当社常務執行役
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員
                            2014年6月      当社専務執行役
                            2015年6月      当社取締役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所代表取締役社長(現
                                  任)
                            2015年11月      当社執行役(現任)
                                  44/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1977年4月      野村證券株式会社(現野村ホールディングス
                                  株式会社)入社
                            1997年6月      同社人事部長
                            1998年6月      同社取締役インベストメント・バンキング・
                                  プロダクト本部担当
                            2000年6月      同社常務取締役グローバルインベストメント
                                  バンキング本部担当
                            2002年4月      ノムラ・ヨーロッパ・ホールディングズPLC
                        1955年
     取締役            山道裕己                 (ロンドン)社長                  (注)4     11,900
                       3月8日生
                                  ノムラ・ホールディング・アメリカInc.
                                  (ニューヨーク)会長
                            2007年4月      野村證券株式会社専務執行役インベストメン
                                  ト・バンキング部門兼企業金融本部担当
                            2013年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社大阪証券取引所(現株式会社大阪取
                                  引所)代表取締役社長(現任)
                            2015年11月      当社執行役(現任)
                            1995年1月      コロンビア大学ビジネススクール助教授
                            2001年10月      一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授
                 クリスティー
                            2004年1月      同大学大学院国際企業戦略研究科教授
                        1959年
     取締役           ナ・アメージャ                                    (注)4      100
                       3月5日生     2010年4月      同大学大学院国際企業戦略研究科研究科長
                   ン
                            2012年4月      同大学大学院商学研究科教授(現任)
                            2014年6月      当社社外取締役(現任)
                            1965年4月      朝日麦酒株式会社(後にアサヒビール株式会
                                  社に商号変更、現アサヒグループホールディ
                                  ングス株式会社)入社
                            1997年3月      アサヒビール株式会社(現アサヒグループ
                                  ホールディングス株式会社)取締役福岡支社
                                  長
                            2000年3月      同社常務執行役員九州地区本部長
                            2002年3月      同社専務執行役員関信越地区本部長
                            2002年9月      アサヒ飲料株式会社執行役員副社長
                        1942年
     取締役            荻田 伍                                   (注)4      3,100
                            2003年3月      同社代表取締役社長
                        1月1日生
                            2006年3月      アサヒビール株式会社(現アサヒグループ
                                  ホールディングス株式会社)代表取締役社長
                            2010年3月      同社代表取締役会長
                            2010年6月      株式会社帝国ホテル社外取締役(現任)
                            2012年6月      日本電気株式会社社外取締役(現任)
                            2014年3月      アサヒグループホールディングス株式会社相
                                  談役(現任)
                            2016年6月      当社社外取締役(現任)
                            1971年4月      弁護士登録(現任)・森綜合法律事務所
                                  (現森・濱田松本法律事務所)入所
                            1998年4月      日比谷パーク法律事務所代表(現任)
                            2001年4月      第二東京弁護士会会長・日本弁護士連合会
                                  副会長
                        1944年
                            2011年6月      株式会社東京証券取引所グループ社外取締役
     取締役            久保利英明                                   (注)4       -
                       8月29日生
                                  東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所
                                  自主規制法人)外部理事(2017年6月16日退
                                  任予定)
                            2013年1月
                                  当社社外取締役(現任)
                            2015年4月
                                  桐蔭法科大学院教授(現任)
                            1995年9月      作家として独立、現在に至る
                            2003年1月      財務省財政制度等審議会委員
                            2004年4月      滋賀大学経済学部客員教授
                            2005年3月      国土交通省交通政策審議会委員
                        1951年
                            2006年11月      政府税制調査会委員
     取締役            幸田真音                                   (注)4      100
                            2010年6月      日本放送協会経営委員会委員
                       4月25日生
                            2012年6月
                                  日本たばこ産業株式会社社外取締役(現任)
                            2013年6月      株式会社LIXILグループ社外取締役(現
                                  任)
                            2016年6月
                                  当社社外取締役(現任)
                                  45/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1972年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                            2000年6月      同社執行役員
                            2002年4月      同社常務執行役員
                            2003年6月      同社代表取締役常務取締役
                            2004年4月      同社代表取締役専務取締役
                            2004年6月      同社代表取締役社長
                            2010年4月      同社代表取締役会長
                        1949年
                            2010年7月      朝日生命保険相互会社社外監査役(2017年7
     取締役            小林栄三
                                                    (注)4      300
                       1月7日生
                            2011年6月
                                  月4日退任予定)
                            2013年6月
                                  伊藤忠商事株式会社取締役会長
                            2015年6月
                                  オムロン株式会社社外取締役(現任)
                                  日本銀行参与(現任)
                            2016年6月
                                  日本航空株式会社社外取締役(現任)
                                  伊藤忠商事株式会社会長(現任)
                                  当社社外取締役(現任)
                            1979年4月      東京証券取引所入所
                            2003年6月      株式会社東京証券取引所考査部長
                            2004年6月      同社情報システム部長
                            2006年4月      同社IT企画部長
                            2006年6月      同社IT企画部長兼開発運用部売買システム部
                                  長
                            2007年8月      株式会社東京証券取引所グループIT企画部長
                        1956年
     取締役            広瀬雅行                                   (注)4      300
                                  株式会社東京証券取引所IT開発部売買システ
                       7月8日生
                                  ム部長
                            2009年1月      株式会社東京証券取引所IT開発部Tdex+シス
                                  テム部長兼IT管理室長
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ取締役
                                  株式会社東京証券取引所監査役(2017年6月
                                  16日退任予定)
                            2013年1月
                                  当社取締役(現任)
                            1965年4月      日本専売公社(現日本たばこ産業株式会社)
                                  入社
                            1992年6月      同社取締役人事部長
                            1994年6月      同社常務取締役人事労働グループリーダー
                            1995年6月      同社常務取締役たばこ事業本部長
                            1996年6月      同社専務取締役たばこ事業本部長
                        1942年
                            1998年6月      同社代表取締役副社長
     取締役            本田勝彦                                   (注)4      100
                            2000年6月      同社代表取締役社長
                       3月12日生
                            2006年6月      同社取締役相談役
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ社外取締役
                                  株式会社東京証券取引所社外取締役
                                  日本たばこ産業株式会社相談役
                            2012年6月      日本たばこ産業株式会社顧問(現任)
                            2013年1月      当社社外取締役(現任)
                            1980年4月      新和監査法人(現有限責任あずさ監査法人)
                                  入社
                            2000年6月      朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)
                                  代表社員
                            2004年6月      あずさ監査法人(現有限責任あずさ監査法
                                  人)金融本部長
                        1957年
                            2006年6月      同法人本部理事
     取締役            森 公高
                                                    (注)4      300
                            2011年7月      有限責任あずさ監査法人KPMGファイナン
                       6月30日生
                                  シャルサービス・ジャパン           チェアマン
                            2013年6月
                                  有限責任あずさ監査法人          退社
                            2013年7月
                                  森公認会計士事務所設立
                                  日本公認会計士協会会長
                            2016年7月
                                  日本公認会計協会相談役(現任)
                                  当社社外取締役(現任)
                                  46/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1976年4月      警察庁入庁
                            1997年7月      和歌山県警察本部長
                            2001年9月      警視庁刑事部長
                            2003年8月      京都府警察本部長
                            2005年5月      警察庁刑事局組織犯罪対策部長            )
                        1952年
                            2007年9月      警察庁刑事局長
     取締役            米田 壯                                   (注)4      100
                       4月7日生
                            2009年6月      警察庁長官官房長
                            2011年10月      警察庁次長
                            2013年1月      警察庁長官
                            2015年1月      退官
                            2015年6月      当社社外取締役(現任)
                              計
                                                          54,200
      (注)1.     津田廣喜氏、クリスティーナ・アメージャン氏、荻田伍氏、久保利英明氏、幸田真音氏、小林栄三氏、本田
           勝彦氏、森公高氏及び米田壯氏は、社外取締役であります。
         2.  クリスティーナ・アメージャン氏、荻田伍氏、久保利英明氏、幸田真音氏、小林栄三氏、本田勝彦氏、森公
           高氏及び米田壯氏は、株式会社東京証券取引所が一般株主保護のため確保を義務付けている独立役員であり
           ます。
         3.当社の委員会体制については次のとおりであります。
           指名委員会         委員長     清田 瞭         委員 宮原 幸一郎             委員 荻田 伍
                    委員  久保利 英明             委員 本田 勝彦
           報酬委員会         委員長 本田 勝彦             委員    清田 瞭          委員 宮原 幸一郎
                    委員      クリスティーナ・アメージャン                       委員 小林 栄三
           監査委員会         委員長     米田 壯         委員    クリスティーナ・アメージャン
                    委員  幸田 真音             委員 広瀬 雅行             委員 森 公高
         4.任期は2017年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
                                  47/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       ②執行役の状況
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日               略歴              任期
                                                         (株)
     取締役兼代表      グループ
                  清田 瞭       ①参照               同左             (注)     17,800
     執行役CEO      CEO
                            1986年4月      東京証券取引所入所
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所ITビジネス部長
                            2011年4月      同社執行役員
           CIO、             1963年
                            2017年4月
     常務執行役            横山隆介                 当社常務執行役(現任)                  (注)     10,400
           IT企画担当
                       5月6日生
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                                  株式会社大阪取引所常務執行役員(現任)
                            1980年4月      日本電信電話公社入社
                            1988年9月      エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社(現
                                  株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)金融シ
                                  ステム事業部担当課長
                            1995年4月      同社金融システム事業本部担当部長
                            2006年8月      同社金融システム事業本部副事業本部長
                            2009年7月      同社第三金融事業本部副事業本部長
                        1957年
     常務執行役      IT企画担当      狩野芳徳                                   (注)     12,000
                            2010年5月      株式会社大阪証券取引所顧問
                       11月29日生
                            2010年6月      同社取締役常務執行役員
                            2013年1月      当社常務執行役(現任)
                                  株式会社大阪証券取引所(現株式会社大阪取
                                  引所)取締役常務執行役員(現任)
                            2017年4月
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                            1979年4月      大蔵省(現財務省)入省
                            1998年6月      金融監督庁長官官房企画課国際室長
                            2000年7月      国税庁長官官房国際業務課長
                            2003年7月      同庁調査査察部調査課長
                            2004年6月      外務省在英国日本国大使館公使
                            2007年7月
                                  国税庁長官官房審議官(国際担当)
                            2009年7月      名古屋国税局長
           グローバル             1955年
                            2010年8月
     常務執行役            井阪喜浩                 外務省大臣官房審議官(欧州局)                  (注)      4,800
           戦略  担当          7月6日生
                            2012年7月      国税不服審判所次長
                            2013年6月      株式会社東京証券取引所執行役員
                            2014年6月
                                  株式会社大阪取引所執行役員
                            2017年4月
                                  当社常務執行役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                                  株式会社大阪取引所常務執行役員(現任)
           株式会社東
     取締役兼執行      京証券取引
                 宮原幸一郎       ①参照               同左             (注)     20,000
     役      所経営管理
           統括
           株式会社大
     取締役兼執行
           阪取引所経      山道裕己      ①参照               同左             (注)     11,900
     役
           営管理統括
                            1978年4月      東京証券取引所入所
                            2001年11月      株式会社東京証券取引所派生商品部長
                            2003年6月      同社財務部長
           株式会社日
                            2004年6月      同社経営企画部長
           本証券クリ
                        1954年
                            2005年6月      同社執行役員
     執行役      アリング機      深山浩永                                   (注)      9,000
                       10月20日生
           構経営管理
                            2007年6月      同社常務執行役員
                            2011年6月      同社常務取締役
           統括
                            2013年6月      株式会社日本証券クリアリング機構代表取締
                                  役社長(現任)
                            2016年4月
                                  当社執行役(現任)
                                  48/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1987年4月      東京証券取引所入所
                            2010年6月      株式会社東京証券取引所株式部長
           総務・人事             1964年
                            2014年6月
     執行役            長谷川勲                 当社執行役(現任)                  (注)      9,000
           担当            9月9日生
                                  株式会社東京証券取引所執行役員(現任)
                                  株式会社大阪取引所執行役員(現任)
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2011年6月      株式会社東京証券取引所グループ経営企画部
           総合企画・
                        1964年          長
     執行役      決済連携推      二木 聡
                                                    (注)     13,500
                            2013年1月      当社総合企画部長
                       5月11日生
           進担当
                            2014年6月      株式会社東京証券取引所株式部長
                            2015年6月      当社執行役(現任)
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ秘書室秘書
                                  役
           CFO、財
                            2013年1月      当社秘書室秘書役
                        1965年
     執行役      務・広報・      田端 厚                                   (注)     12,500
                            2014年6月      株式会社証券保管振替機構総合企画部長
                       1月7日生
           IR担当
                            2016年4月
                                  当社執行役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所執行役員
                                  株式会社大阪取引所執行役員
                              計                           120,900
      (注)任期は選任日である2017年4月1日から1年以内に終了する事業年度の末日までであります。
                                  49/118













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (2)  2017年6月16日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役13名選任の件」を提案しており、
       当該議案が承認可決されますと、当社の役員の状況は、以下のとおりとなる予定であります。
       男性17名 女性2名 (役員のうち女性の比率10.5%)
       ①取締役の状況
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1972年4月      大蔵省(現財務省)入省
                            2002年8月      財務省東京税関長
                            2003年1月      同省大臣官房総括審議官
                            2004年7月      同省大臣官房長
           取締役会             1948年
     取締役            津田廣喜
                                                    (注)4      100
           議長
                            2006年7月      同省主計局長
                       8月11日生
                            2007年7月      財務事務次官
                            2008年9月      早稲田大学公共経営大学院教授
                            2015年6月      当社社外取締役      取締役会議長(現任)
                            1969年4月      大和証券株式会社(現株式会社大和証券グ
                                  ループ本社)入社
                            1994年6月      同社取締役東部本部長
                            1996年5月      同社取締役債券・資金本部長
                            1997年6月      同社常務取締役債券・資金本部長
                            1997年10月      同社代表取締役副社長
                            1999年4月      大和証券エスビーキャピタル・マーケッツ株
                                  式会社(現大和証券株式会社)代表取締役社長
                            2004年6月      株式会社大和証券グループ本社取締役副会長
     取締役兼代表      グループ             1945年
                                  兼執行役
                  清田 瞭
                                                    (注)4     17,800
     執行役CEO      CEO
                       5月6日生
                                  株式会社大和総研理事長
                            2008年6月      株式会社大和証券グループ本社取締役会長兼
                                  執行役
                            2011年4月      同社取締役名誉会長
                            2011年6月      同社名誉会長
                            2013年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所代表取締役社長
                            2015年6月      当社代表執行役グループCEO(現任)
                                  株式会社東京証券取引所取締役(現任)
                            1979年4月      電源開発株式会社入社
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2002年6月      株式会社東京証券取引所総務部長
                            2004年6月      同社情報サービス部長
                            2005年6月      株式会社ICJ代表取締役社長
                            2005年12月      株式会社東京証券取引所執行役員
                            2007年10月      東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所
                                  自主規制法人)常任理事
                        1957年
     取締役            宮原幸一郎                                   (注)4     20,000
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ常務執行役
                       3月10日生
                            2013年1月      当社常務執行役
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員
                            2014年6月      当社専務執行役
                            2015年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所代表取締役社長(現
                                  任)
                            2015年11月      当社執行役(現任)
                                  50/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1977年4月      野村證券株式会社(現野村ホールディングス
                                  株式会社)入社
                            1997年6月      同社人事部長
                            1998年6月      同社取締役インベストメント・バンキング・
                                  プロダクト本部担当
                            2000年6月      同社常務取締役グローバルインベストメント
                                  バンキング本部担当
                            2002年4月      ノムラ・ヨーロッパ・ホールディングズPLC
                        1955年
     取締役            山道裕己                                   (注)4     11,900
                                  (ロンドン)社長
                       3月8日生
                                  ノムラ・ホールディング・アメリカInc.
                                  (ニューヨーク)会長
                            2007年4月      野村證券株式会社専務執行役インベストメン
                                  ト・バンキング部門兼企業金融本部担当
                            2013年6月      当社取締役(現任)
                                  株式会社大阪証券取引所(現株式会社大阪取
                                  引所)代表取締役社長(現任)
                            2015年11月
                                  当社執行役(現任)
                            1978年4月      東京証券取引所入所
                            2001年11月      株式会社東京証券取引所派生商品部長
                            2003年6月      同社財務部長
                            2004年6月      同社経営企画部長
                            2005年6月      同社執行役員
                        1954年
                            2007年6月      同社常務執行役員
     取締役            深山浩永                                   (注)4
                                                          9,000
                       10月20日生
                            2011年6月      同社常務取締役
                            2013年6月      株式会社日本証券クリアリング機構代表取締
                                  役社長(現任)
                            2016年4月
                                  当社執行役(現任)
                            2017年6月
                                  当社取締役(現任)
                            1995年1月      コロンビア大学ビジネススクール助教授
                            2001年10月      一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授
                 クリスティー
                            2004年1月      同大学大学院国際企業戦略研究科教授
                        1959年
     取締役           ナ・アメージャ                                    (注)4      100
                       3月5日生     2010年4月      同大学大学院国際企業戦略研究科研究科長
                   ン
                            2012年4月      同大学大学院商学研究科教授(現任)
                            2014年6月      当社社外取締役(現任)
                            1965年4月      朝日麦酒株式会社(後にアサヒビール株式会
                                  社に商号変更、現アサヒグループホールディ
                                  ングス株式会社)入社
                            1997年3月      アサヒビール株式会社(現アサヒグループ
                                  ホールディングス株式会社)取締役福岡支社
                                  長
                            2000年3月      同社常務執行役員九州地区本部長
                            2002年3月      同社専務執行役員関信越地区本部長
                            2002年9月      アサヒ飲料株式会社執行役員副社長
                        1942年
     取締役            荻田 伍
                                                    (注)4      3,100
                            2003年3月      同社代表取締役社長
                       1月1日生
                            2006年3月      アサヒビール株式会社(現アサヒグループ
                                  ホールディングス株式会社)代表取締役社長
                            2010年3月      同社代表取締役会長
                            2010年6月
                                  株式会社帝国ホテル社外取締役(現任)
                            2012年6月
                                  日本電気株式会社社外取締役(現任)
                            2014年3月      アサヒグループホールディングス株式会社相
                                  談役(現任)
                            2016年6月
                                  当社社外取締役(現任)
                                  51/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1971年4月      弁護士登録(現任)・森綜合法律事務所
                                  (現森・濱田松本法律事務所)入所
                            1998年4月
                                  日比谷パーク法律事務所代表(現任)
                            2001年4月      第二東京弁護士会会長・日本弁護士連合会
                        1944年
                                  副会長
     取締役            久保利英明                                   (注)4       -
                            2011年6月      株式会社東京証券取引所グループ社外取締役
                       8月29日生
                                  東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所
                                  自主規制法人)外部理事
                            2013年1月      当社社外取締役(現任)
                            2015年4月      桐蔭法科大学院教授(現任)
                            1995年9月      作家として独立、現在に至る
                            2003年1月      財務省財政制度等審議会委員
                            2004年4月      滋賀大学経済学部客員教授
                            2005年3月      国土交通省交通政策審議会委員
                        1951年
                            2006年11月      政府税制調査会委員
     取締役            幸田真音                                   (注)4      100
                            2010年6月      日本放送協会経営委員会委員
                       4月25日生
                            2012年6月
                                  日本たばこ産業株式会社社外取締役(現任)
                            2013年6月      株式会社LIXILグループ社外取締役(現
                                  任)
                            2016年6月
                                  当社社外取締役(現任)
                            1972年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                            2000年6月      同社執行役員
                            2002年4月      同社常務執行役員
                            2003年6月      同社代表取締役常務取締役
                            2004年4月      同社代表取締役専務取締役
                            2004年6月      同社代表取締役社長
                            2010年4月      同社代表取締役会長
                        1949年
     取締役            小林栄三                                   (注)4      300
                            2010年7月      朝日生命保険相互会社社外監査役(2017年7
                       1月7日生
                                  月4日退任予定)
                            2011年6月      伊藤忠商事株式会社取締役会長
                            2013年6月      オムロン株式会社社外取締役(現任)
                            2015年6月      日本銀行参与(現任)
                                  日本航空株式会社社外取締役(現任)
                            2016年6月
                                  当社社外取締役(現任)
                                  伊藤忠商事株式会社会長(現任)
                            1984年4月      東京証券取引所入所
                            2007年6月      株式会社東京証券取引所総務部長
                            2007年8月      株式会社東京証券取引所グループ総務部長
                            2009年6月      同社経営企画部長
                            2010年10月      東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所
                        1961年
     取締役            美濃口真琴                                   (注)4      7,200
                                  自主規制法人)上場審査部長
                       3月14日生
                            2011年6月      同法人常任理事
                            2015年6月      株式会社日本証券クリアリング機構取締役
                            2017年4月      同社執行役員
                            2017年6月
                                  当社取締役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所監査役(現任)
                                  52/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1980年4月      新和監査法人(現有限責任あずさ監査法人)
                                  入社
                            2000年6月      朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)
                                  代表社員
                            2004年6月      あずさ監査法人(現有限責任あずさ監査法
                                  人)金融本部長
                        1957年    2006年6月      同法人本部理事
     取締役            森 公高                                   (注)4      300
                            2011年7月      有限責任あずさ監査法人KPMGファイナン
                       6月30日生
                                  シャルサービス・ジャパン           チェアマン
                            2013年6月      有限責任あずさ監査法人          退社
                            2013年7月      森公認会計士事務所設立
                                  日本公認会計士協会会長
                            2016年7月      日本公認会計士協会相談役(現任)
                                  当社社外取締役(現任)
                            1976年4月      警察庁入庁
                            1997年7月      和歌山県警察本部長
                            2001年9月      警視庁刑事部長
                            2003年8月      京都府警察本部長
                            2005年5月      警察庁刑事局組織犯罪対策部長
                        1952年
                            2007年9月      警察庁刑事局長
     取締役            米田 壯
                                                    (注)4      100
                       4月7日生
                            2009年6月      警察庁長官官房長
                            2011年10月      警察庁次長
                            2013年1月      警察庁長官
                            2015年1月      退官
                            2015年6月
                                  当社社外取締役(現任)
                              計                            70,000
      (注)1.津田廣喜氏、クリスティーナ・アメージャン氏、荻田伍氏、久保利英明氏、幸田真音氏、小林栄三氏、

           森公高氏及び米田壯氏は、社外取締役であります。
         2.クリスティーナ・アメージャン氏、荻田伍氏、久保利英明氏、幸田真音氏、小林栄三氏、森公高氏及び米田
           壯氏は、株式会社東京証券取引所が一般株主保護のため確保を義務付けている独立役員であります。
         3.当社の委員会体制については、2017年6月16日の定時株主総会後の取締役会において、以下のとおり決定す
           る予定です。
           指名委員会         委員長     清田 瞭         委員 宮原 幸一郎             委員 荻田 伍
                    委員  久保利 英明             委員 小林 栄三
           報酬委員会         委員長 小林 栄三             委員    清田 瞭          委員 宮原 幸一郎
                    委員      クリスティーナ・アメージャン                       委員 森 公高
           監査委員会         委員長     米田 壯         委員    クリスティーナ・アメージャン
                    委員  幸田 真音             委員 美濃口 真琴             委員 森 公高
         4.任期は2018年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
                                  53/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       ②執行役の状況
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名     生年月日               略歴              任期
                                                         (株)
     取締役兼代表      グループ
                  清田 瞭       ①参照               同左             (注)     17,800
     執行役CEO      CEO
                            1986年4月      東京証券取引所入所
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所ITビジネス部長
                            2011年4月      同社執行役員
           CIO、             1963年
                            2017年4月
     常務執行役            横山隆介                 当社常務執行役(現任)                  (注)     10,400
           IT企画担当
                       5月6日生
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                                  株式会社大阪取引所常務執行役員(現任)
                            1980年4月      日本電信電話公社入社
                            1988年9月      エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社(現
                                  株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)金融シ
                                  ステム事業部担当課長
                            1995年4月      同社金融システム事業本部担当部長
                            2006年8月      同社金融システム事業本部副事業本部長
                            2009年7月      同社第三金融事業本部副事業本部長
                        1957年
     常務執行役      IT企画担当      狩野芳徳                                   (注)     12,000
                            2010年5月      株式会社大阪証券取引所顧問
                       11月29日生
                            2010年6月      同社取締役常務執行役員
                            2013年1月      当社常務執行役(現任)
                                  株式会社大阪証券取引所(現株式会社大阪取
                                  引所)取締役常務執行役員(現任)
                            2017年4月
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                            1979年4月      大蔵省(現財務省)入省
                            1998年6月      金融監督庁長官官房企画課国際室長
                            2000年7月      国税庁長官官房国際業務課長
                            2003年7月      同庁調査査察部調査課長
                            2004年6月      外務省在英国日本国大使館公使
                            2007年7月
                                  国税庁長官官房審議官(国際担当)
                            2009年7月      名古屋国税局長
           グローバル             1955年
                            2010年8月
     常務執行役            井阪喜浩                 外務省大臣官房審議官(欧州局)                  (注)      4,800
           戦略  担当          7月6日生
                            2012年7月      国税不服審判所次長
                            2013年6月      株式会社東京証券取引所執行役員
                            2014年6月
                                  株式会社大阪取引所執行役員
                            2017年4月
                                  当社常務執行役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所常務執行役員(現
                                  任)
                                  株式会社大阪取引所常務執行役員(現任)
           株式会社東
     取締役兼執行      京証券取引
                 宮原幸一郎       ①参照               同左             (注)     20,000
     役      所経営管理
           統括
           株式会社大
     取締役兼執行
           阪取引所経      山道裕己      ①参照               同左             (注)     11,900
     役
           営管理統括
           株式会社日
           本証券クリ
     取締役兼執行
           アリング機      深山浩永      ①参照               同左             (注)      9,000
     役
           構経営管理
           統括
                            1987年4月      東京証券取引所入所
                            2010年6月      株式会社東京証券取引所株式部長
           総務・人事             1964年
                            2014年6月
     執行役            長谷川勲                 当社執行役(現任)                  (注)      9,000
           担当            9月9日生
                                  株式会社東京証券取引所執行役員(現任)
                                  株式会社大阪取引所執行役員(現任)
                                  54/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名      氏名     生年月日                             任期
                                       略歴
                                                         (株)
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2011年6月      株式会社東京証券取引所グループ経営企画部
           総合企画・
                        1964年          長
     執行役      決済連携推      二木 聡                                   (注)     13,500
                            2013年1月      当社総合企画部長
                       5月11日生
           進担当
                            2014年6月      株式会社東京証券取引所株式部長
                            2015年6月      当社執行役(現任)
                            1988年4月      東京証券取引所入所
                            2009年6月      株式会社東京証券取引所グループ秘書室秘書
                                  役
           CFO、財
                        1965年    2013年1月      当社秘書室秘書役
     執行役      務・広報・      田端 厚                                   (注)     12,500
                            2014年6月      株式会社証券保管振替機構総合企画部長
                       1月7日生
           IR担当
                            2016年4月
                                  当社執行役(現任)
                                  株式会社東京証券取引所執行役員
                                  株式会社大阪取引所執行役員
                              計                           120,900
      (注)任期は選任日である2017年4月1日から1年以内に終了する事業年度の末日までであります。
                                  55/118















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社の企業理念に沿った経営を実践するためには、ステークホルダーによる当社の企業理念・企業活動への理解が
       重要と考えています。したがって、当社は、ステークホルダーが当社を理解し、当社への信頼性を高めることができ
       るよう(イ)企業理念・社会的使命、(ロ)市場運営、(ハ)企業価値向上、(ニ)コーポレート・ガバナンスの実効性とい
       う4つの観点から、コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を定めています。
       イ.企業理念・社会的使命

         当社グループが運営する市場は、公共の財産であり、当社の社会的使命は、その持続的発展を図ることにありま
        す。
       ロ.市場運営

         当社グループは、その開設する市場に対する支持と信頼こそが、投資者を始めとするすべての市場利用者に共通
        する利益であり、その維持・向上こそが市場の持続的発展の基礎であるという考え方で市場を運営します。
       ハ.取締役会

         当社は、市場の持続的発展を支えるため、そのコーポレート・ガバナンスについて、より実効性が高く適切に機
        能するものとなるよう、常に改善を図っていきます。
       ニ.コーポレート・ガバナンスの実効性

         取締役会は、経営の基本方針・重要事項の決定を行うとともに、それに従って行う執行役の業務執行について監
        督します。
      ②  会社の機関の内容

        当社は、経営の監視・監督機能と業務執行機能を制度上明確に分離し、経営監視・監督機能の強化及び経営の透明
       性の向上を図るために指名委員会等設置会社形態を採用し、構成メンバーの過半数が社外取締役からなる法定の指名
       委員会、監査委員会及び報酬委員会を設置するとともに、業務執行を担当する執行役を置き、経営の監督機能と業務
       執行機能を分離しております。
        当社の各機関の概要は以下のとおりです。

       イ.取締役会
         当社は、株主を始めとするステークホルダーに対するより一層のアカウンタビリティの確保が必要になるものと
        認識しており、経営の監視・監督機能と業務執行機能を制度上明確に分離し、経営監視・監督機能の強化及び経営
        の透明性の向上を図ることが当社のコーポレート・ガバナンス充実により資するものと考え、指名委員会等設置会
        社を採用しています。
         また、取締役会は、経営の透明性及びアカウンタビリティの向上を図り、業務執行の妥当性を監督する機能を強
        化する観点から、過半を社外取締役で構成しています。
         提出日現在、当社取締役会は、女性2名を含む13名で構成されており、そのうち8名が独立社外取締役となりま
        す。当社独立社外取締役8名の内訳は、企業経営者3名、法律専門家1名、公認会計士1名、研究者・行政機関出
        身者3名で、それぞれの分野で高い見識を認められており、当社の経営に多面的な社外の視点を積極的に取り入れ
        ることができる充実した体制となっています。(2017年6月16日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)とし
        て、「取締役13名選任の件」を提案しており、当該議案が承認可決されますと、当社の取締役の状況は、取締役13
        名、うち7名が独立社外取締役となる予定です。)
         なお、当社の非常勤独立社外取締役が、情報交換や認識共有を図ることで、経営の監督機能をより発揮するとと
        もに、取締役会を更に活性化させることを目的として、非常勤独立社外取締役のみによる会議体「独立社外取締役
        委員会」を設置しております。
       ロ.指名・監査・報酬委員会

         指名委員会は、5名の取締役で構成され、うち3名を社外取締役としております。指名委員会においては、株主
        総会に提出する取締役の選任や解任に関する議案の内容を決定します。
         監査委員会は、5名の取締役で構成され、うち4名を社外取締役としております。監査委員会は、執行役及び取
        締役の職務の執行の監査、監査報告の作成、株主総会に提出する会計監査人の選任及び解任並びに会計監査人を再
        任しないことに関する議案の内容の決定を行います。
                                  56/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         監査に当たっては、監査委員会で決定した監査計画及び職務分担に基づき、会計監査人、内部監査室及び子会社
        の監査役等と密接な連携をとりつつ、内部統制システムの構築、運用状況を監視検証することにより、効率的な監
        査を行います。
         報酬委員会は、5名の取締役で構成され、うち3名を社外取締役としております。報酬委員会においては、取締
        役及び執行役の個人別の報酬等の内容を決定します。
         なお、2017年6月16日以降の委員会体制については、「5                           役員の状況(2)」に記載のとおりです。
       ハ.   リスクポリシー委員会

        リスクポリシー委員会は、取締役4名及び執行役1名の計5名で構成され、取締役のうち3名を社外取締役とし
        ております。リスクポリシー委員会は、取締役会が当社グループのリスク管理体制を監督することを補佐すること
        により、当社グループの適切なリスク管理体制の構築に資することを目的として、当社グループにおける適切なリ
        スク管理の構築、運営について協議を行い、取締役会に対してリスクに係る提言等を行うこととしています。
       ニ.   執行役会

         執行役会は、執行役全員をもって構成し、取締役会付議事項及び取締役会の決議によってCEOが委任を受けた
        事項のうち業務執行に関する重要事項について協議します。
                                            ※提出日現在、COOは空席です。







      ③  内部統制システムの整備の状況

        内部統制システム構築の基本方針は以下のとおりです。
        イ.当社の監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項
         監査委員会の職務を補助する社員に関する事項を定めるために、社内規則として、次の内容を含む「監査委員
        会の職務を補助する社員に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
         (ⅰ)監査委員会室に所属する社員は、監査委員会の職務を補助するものとし、監査委員会の指揮命令に服する。
         (ⅱ)監査委員会室に所属する社員は、室長1名を含む4名以上とする。
        ロ.当社の監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人の当社の執行役からの独立性に関する事項

         監査委員会室に所属する社員の独立性を確保するために、社内規則として、次の内容を含む「監査委員会の職
        務を補助する社員に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
         (ⅰ)監査委員会室に所属する社員の採用、異動、人事考課、給与及び懲戒については、あらかじめ、監査委員会
          (監査委員会が特定の監査委員を指名した場合には、当該監査委員)の同意を得るものとする。
         (ⅱ)執行役及び社員は、監査委員会室に所属する社員の業務遂行に対して不当な制約を行うことにより、その独
          立性を阻害することのないよう留意するものとする。
                                  57/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ハ.当社の監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に対する監査委員会の指示の実効性の確保に関する事
          項
         監査委員会の監査委員会室に所属する社員に対する指示の実効性を確保するために、社内規則として、次の内
        容を含む「監査委員会の職務を補助する社員に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
         (ⅰ)監査委員会室に所属する社員は、監査委員会の職務を補助するものとし、監査委員会の指揮命令に服する。
         (ⅱ)監査委員会室長は監査委員会の職務を補佐し、監査委員会監査の円滑な遂行のために監査委員会室に所属す
          る他の社員を指揮して所管業務を統括する。
        ニ.次に掲げる体制その他の当社の監査委員会への報告に関する体制
         (ⅰ)当社の取締役(監査委員である取締役を除く。)、執行役及び使用人が当社の監査委員会に報告をするため
           の体制その他の監査委員会への報告に関する体制
           監査委員会に対する報告体制を整備するために、社内規則として、次の内容を含む「監査委員会への報告等
          に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
          a.取締役(監査委員である取締役を除く。)、執行役及び社員は、監査委員会又は監査委員会が指名した監
            査委員からその職務の執行に関する事項について報告を求められたときは、速やかに適切な報告を行うも
            のとする。
          b.執行役及び社員は、当社、当社の子会社又は関連会社の業務又は財務の状況に重大な影響を及ぼすおそれ
            のある事項を発見したときは、その内容について直ちに監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員に
            報告しなければならない。
         (ⅱ)当社の子会社の取締役、監査役、執行役その他これらの者に相当する者及び使用人又はこれらの者から報告

           を受けた者(以下この号において「子会社取締役等」という。)が当社の監査委員会に報告をするための体
           制
           監査委員会に対する報告体制を整備するために、社内規則として、次の内容を含む「監査委員会への報告等
          に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
          a.子会社取締役等又は当社の執行役及び社員は、監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員から子会社
            に関する事項について報告を求められたときは、速やかに適切な報告を行うものとする。
          b.子会社取締役等又は当社の執行役及び社員は、子会社の業務又は財務の状況に重大な影響を及ぼすおそれ
            のある事項を発見したときは、その内容について直ちに監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員に
            報告しなければならない。
        ホ.前ニ.の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

         監査委員会に報告した者が当該報告したことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保する体制を整備
        するために、社内規則として、次の内容を含む「監査委員会への報告等に関する規則」を制定し、適切に運用す
        ることとする。
         (ⅰ)  監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員に報告した者は、当社並びに執行役及び社員等から、当該報
          告をしたことを理由としたいかなる不利益も受けないものとする。
         (ⅱ)  当社並びに執行役及び社員等は、監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員に報告した者に対して、当
          該報告したことを理由としたいかなる不利益も加えてはならない。
        ヘ.当社の監査委員の職務の執行(監査委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前払又

          は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
         監査委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関して、社内規則として、次の内容を
        含む「監査委員会への報告等に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
         (ⅰ)執行役及び社員は、監査委員又は監査委員会が監査の実施のために弁護士、公認会計士その他の社外の専門
          家に対して助言を求める又は調査、鑑定その他の事務を委託するなど所要の費用を請求するときは、当該請求
          に係る費用が監査委員又は監査委員会の職務の執行に必要でないと認められる場合を除き、これを拒むことが
          できない。
         (ⅱ)前号の規定は、着手金等の前払、及び事後的に発生した費用等の償還その他の監査委員会の職務の執行に係
          る費用についても同様とする。
                                  58/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ト.その他当社の監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         監査委員会による監査の実効性を確保するために、社内規則として、次の事項を含む「監査委員会への報告等
        に関する規則」を制定し、適切に運用することとする。
         (ⅰ)  代表執行役は、監査委員会又は監査委員会が指名した監査委員と定期的に会合を持ち、経営方針、当社が対
          処すべき課題、当社を取り巻く重大なリスク、監査委員会監査の環境整備、監査上の重要課題等について意見
          交換を行う。
         (ⅱ)  執行役及び社員は、監査委員会が指名した監査委員が、執行役会その他の重要な会議に出席して意見を述
          べ、又は説明を求めた場合には、誠実かつ適切に対応するものとする。
        チ.当社の執行役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         社内規則において定められた職務分掌及び権限に基づいて業務運営を行う体制とし、職務の執行が法令及び定
        款に適合することを確保する。
         コンプライアンス・プログラムを導入し、次の施策を実施する。
         (ⅰ)  役員及び社員が企業倫理の観点から準拠すべき普遍的価値観を示した「企業行動憲章」や社員の具体的な行
          動規範を示した行動規範をはじめ、コンプライアンスに関連した社内規則(情報管理に係るものを含む。)の
          制定及び遵守
         (ⅱ)  コンプライアンスに係る社内体制として、コンプライアンス責任者(CEO)、コンプライアンス担当役員
          (総務担当執行役)及びコンプライアンス関連業務事務局(総務部内)を設置
         (ⅲ)  公益通報制度として、コンプライアンス・ホットラインを設置し運用
         (ⅳ)  継続的な周知・教育活動として、コンプライアンス担当者との連絡会議の開催やイントラネットを利用した
          コンプライアンス関連の情報配信、e-ラーニングによる研修の実施
         反社会的勢力の排除に向けて、「企業行動憲章」に基づき、次のとおり毅然たる対応を行う。

         (ⅰ)  市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力には断固とした姿勢で臨み、一切の関係遮断に努める。
         (ⅱ)  反社会的勢力による金融商品市場への介入を防止し、健全で公正な市場の構築に努める。
         CEO及びCOO直轄の内部監査室を設置して内部監査を実施する。

        リ.当社の執行役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         社内規則において明確化された情報セキュリティ対策基準において、執行役会議事録をはじめとした執行役の
        職務の執行に係る文書の保管等の取扱いについて規定し、適切に運用する。
        ヌ.当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         社内規則において明確化された職務分掌及び権限に基づいて業務運営を行う体制とし、取締役、執行役及び社
        員それぞれが自己の職務分掌及び権限に応じ、責任を持ってリスク管理を行うとの認識の下で業務を行うことを
        基本とする。
         当社及びその子会社からなる企業集団(以下「日本取引所グループ各社」という。)のリスクに関して、未然

        防止の観点からリスク事象の認識と適切な対応策の整備、運用を行うとともに、定期的にその状況が報告される
        体制を整備するため、次のとおり社外取締役を委員長とするリスクポリシー委員会及びCEOを委員長とするリ
        スク管理委員会を設置するとともに、「リスク管理方針」を制定し、適切に運用することとする。
         リスクポリシー委員会は、「リスク管理方針」に定める包括的リスク管理フレームワークに基づく日本取引所
        グループ各社における重要リスク管理に係る諸事項を協議し、取締役会に提言及び報告を行うものとする。
         リスク管理委員会は、日本取引所グループ各社における日々のリスク管理状況及びリスクが顕在化した場合又
        はそのおそれが生じた場合の状況の総括的な把握、事態の早期解決のための対応等を協議し、取締役会に報告を
        行うものとする。
                                  59/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         特に、市場利用者が安心して取引できる機会を安定的に提供することが市場開設者としての日本取引所グルー
        プ各社の責務の根幹であることを強く認識し、システムの安定的稼動に係るリスクについては、その開発及び運
        用体制において、開発手法の標準化や十分な稼動確認テストの実施、詳細な運用マニュアルの整備とその遵守、
        更 には専門部署の設置による開発及び運用業務に係る品質管理の徹底など、必要十分な対応を図る。
         そのうえで、万一の天災地変やテロ行為等により市場開設に係る業務の継続が困難となる状況については、

        「事業継続基本計画書」を策定し、関係者に対する影響を最小化し、一刻も早い業務の再開を行うために必要な
        体制、手順等をあらかじめ定めておくことにより、適切な対応を図る。
         また、市場開設者である日本取引所グループ各社にとっての自主規制機能の重要性及び社会一般からの日本取

        引所グループ各社の自主規制機能に対する期待の大きさに鑑み、自主規制機能の適切な発揮に係るリスク(自主
        規制業務の遂行が不適切であった場合のレピュテーションリスクをはじめとした各種リスクをいう。)について
        は、自主規制業務の独立性確保のための組織上の措置をはじめ、公正性確保のための施策を講じるとともに、積
        極的に経営資源を投入のうえ、詳細な業務マニュアルの整備とその遵守、教育研修の充実等による自主規制業務
        の質的向上を追求することにより、万全の対応を図る。
        ル.当社の執行役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         社内規則において明確化された職務分掌及び権限に基づいて業務運営を行う体制とし、分業体制による業務の
        専門化・高度化を図る。また、そうした体制の中で、重要度に応じて職務権限を委任できることとし意思決定手
        続きの機動性向上を図る。
         経営層からのトップダウンと事業部門等からのボトムアップを適切に組み合わせながら中期経営計画及び年度
        予算を策定するとともに、適切な進捗管理等を実施することを通じて職務執行の効率化を図る。
        ヲ.当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         (ⅰ)当社の子会社の取締役、執行役その他これらの者に相当する者(以下「子会社の取締役等」という。)の職
          務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
           子会社に対し、経営管理契約に基づく経営管理を行い又は「関係会社管理規則」に基づく各種報告を求め
          る。
         (ⅱ)当社の子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           子会社に対し、経営管理契約に基づく経営管理を行い又は「関係会社管理規則」に基づきリスク管理状況に
          係る報告を求めるとともに必要に応じて助言等を行う。
         (ⅲ)当社の子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           子会社に対し、経営管理契約又は「関係会社管理規則」に基づき、各社の位置付けや規模に応じた適切な子
          会社管理及び支援等を行うことにより、日本取引所グループ各社における職務執行の効率化を図る。
         (ⅳ)当社の子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           子会社に対し、継続的な周知・教育活動として、日本取引所グループ各社のコンプライアンス担当者との連
          絡会議の開催やコンプライアンス関連の情報配信を行う。
           子会社に対し、経営管理契約に基づく経営管理を行い又は「関係会社管理規則」に基づき公益通報制度とし
          てコンプライアンス・ホットラインの導入を求めるとともに必要に応じて助言等を行う。
           子会社に対し、経営管理契約又は「関係会社管理規則」に基づき、当社の内部監査室が内部監査を実施し又
          は子会社自らが内部監査を実施した内容につき報告を求めるとともに必要に応じて助言等を行う。
         (ⅴ)その他当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           日本取引所グループ各社の役員及び社員が企業倫理の観点から準拠すべき普遍的価値観を示した「企業行動
          憲章」を制定する。
                                  60/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      ④  リスク管理体制の整備の状況
        当社では、当社グループの事業活動に関わるリスク管理の方針として、「リスク管理方針」を制定しております。
       リスク管理方針のもと、当社グループのリスク管理強化を目的として、社外取締役を委員長とするリスクポリシー委
       員会及びCEOを委員長とするリスク管理委員会を設置しております。リスク管理方針、リスクポリシー委員会の体
       制・機能及びリスク管理委員会の体制・機能については以下のとおりです。
        イ.リスク管理方針

         当社グループの事業目的の達成を阻害する要因への適切な対応を行い、公共性及び信頼性の確保、利便性、効
        率性及び透明性の高い市場基盤の構築並びに創造的かつ魅力的なサービスの提供を図り、もって企業価値の最大
        化を図ることをリスク管理の目的として定め、当社グループが抱えるリスクを特定したうえで分類し、当該分類
        毎にリスク管理の所管部室を定めて管理しております。
        ロ.  リスクポリシー委員会の体制

         リスクポリシー委員会は委員5名以上とし、その過半数を社外取締役としたメンバーで構成されます。委員長
        については、原則として社外取締役が務めることとしております。
        ハ.  リスクポリシー委員会の機能

         当社グループでは、社外取締役を中心にしたリスクポリシー委員会を活用することで、当社グループのリスク
        管理に外部の視点を取り込み、リスク管理におけるガバナンスを強化しております。
         リスクポリシー委員会では、当社グループにおいて重点的に対応すべきリスクである「重要リスク」等を検討
        し、その結果を「包括的リスク管理ステートメント」にとりまとめ、取締役会に提言します。「包括的リスク管
        理ステートメント」を踏まえ、未然に「重要リスク」等への対応を行うことで、リスクの発現可能性を低減させ
        るとともに、リスクが顕在化した際には機動的な対応を行います。
        ニ.  リスク管理委員会の体制

         リスク管理委員会は委員長、コアメンバー、プロジェクトメンバーより構成されます。委員長はCEOとし、
        コアメンバーはCEO、COO、総務担当執行役及び総務部長としております。
         また、委員長は個別の事案に応じ、コアメンバー以外の執行役及び部長、株式会社東京証券取引所及び株式会
        社大阪取引所の執行役員及び部長、株式会社日本証券クリアリング機構の常勤取締役及び部長並びに日本取引所
        自主規制法人の常任理事及び部長からプロジェクトメンバーを指名します。
        ホ.  リスク管理委員会の機能

         リスク管理委員会ではリスク管理に係る基本方針の策定やリスク管理に必要な各種の規則・手順書等の策定や
        リスクが顕在化した際におけるグループ横断的な指揮・命令、対外処理を行います。
         リスク管理委員会で策定された各種規則・手順書等については、定期的にその運用状況等を確認し、必要に応
        じて運用の改善を命令し、当該規則・手順書等の見直しを実施します。また、リスクが顕在化した際には事故の
        状況を統括的に把握し、事態の早期収拾のための指揮・命令を行うとともに対外処理(広報、行政対応、訴訟対
        応等)の統括を行います。
        なお、当社グループでは、市場開設者という社会インフラとしての責務を果たすべく、様々なリスクが発現した場

       合においても、事業を可能な限り継続し、止むを得ず中断する場合においても可能な限り早期に再開できるよう、B
       CP(緊急時事業継続計画)を策定しており、堅実かつ安定的な事業継続体制の整備に努めております。
                                  61/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  内部監査及び監査委員会監査の状況
        イ.内部監査
         内部監査においては、内部統制システムの整備及び運用状況の確認・評価等を実施し、業務の遂行状況を適法
        性と妥当性の観点から監査することを基本方針として、CEO及びCOO直轄の内部監査室(8名)を設置して
        おります。
         内部監査室は、半期ごとに策定する監査計画等に基づき内部監査を実施します。
         また、監査終了後は監査報告書を取りまとめてCEO及びCOOに報告するとともに、CEO及びCOOの承
        認を得て監査結果を監査対象部署の長に通知します。被監査部門に対しては、監査の結果、改善を要する事項が
        ある場合には、監査対象部署に回答書を求め、その後の改善状況について報告を求めるとともにフォローアップ
        監査を行い、改善策の実施・運用状況を確認します。
        ロ.監査委員会監査

         監査委員会は、監査委員会規則及び監査委員会監査規則に基づき決議された、監査方針、監査計画に沿って監
        査を実施します。
         当社の監査委員は5名(うち社外監査委員4名)で、常勤の監査委員1名及び非常勤監査委員4名としており
        ます。監査委員会で選定された委員(常勤の監査委員)は、取締役会、執行役会など重要な会議への出席、主要な
        りん議書等の閲覧などの日常的な監査業務を行い、当該日常監査活動の状況について、監査委員会に報告しま
        す。それ以外の監査委員は、取締役会及び監査委員会に出席し、広く大所高所より監査に関し助言・提言を行い
        ます。また、監査委員会では、必要に応じて、代表執行役をはじめ、執行役、内部監査室長、会計監査人等から
        直接報告を受けます。
         監査委員会を補佐する事務局として監査委員会室を設置し、監査委員会の行う監査に関する補助等及び監査委
        員会に関する事務を行います。
        ハ.相互連携

         内部監査室と常勤の監査委員との間では、必要に応じて監査計画の策定に当たって情報交換を行うこととし、
        内部監査室は、内部監査の結果について、CEO及びCOOへの報告後遅滞なく監査委員会に説明を行います。
      ⑥  会計監査の状況

        当社の会計監査人には有限責任監査法人トーマツを選任しており、会計監査業務を執行する公認会計士は下記のと
       おりで、いずれも継続監査年数は7年以内です。
       ・  指定有限責任社員 業務執行社員  宮坂泰行
       ・  指定有限責任社員 業務執行社員                    藤本貴子
       ・  指定有限責任社員 業務執行社員  石川航史
        また、会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名及びその他12名です。
        会計監査人と監査委員会との間では、監査計画や監査の実施状況等について、定期的に意見交換を行います。
      ⑦  社外取締役との関係

        当社は、経営の監視・監督機能と業務執行機能を制度上明確に分離し、経営監視・監督機能の強化及び経営の透明
       性の向上を図るために指名委員会等設置会社形態を採用しており、社外取締役につきましては、指名委員会の決定に
       基づき、広く企業経営者、法律専門家、公認会計士、研究者及び行政機関出身者から選任しております。
        また、指名委員会においては、社外取締役について、取引関係をはじめとした様々な関係を考慮のうえ、当社経営
       陣から独立性を保つことができる者であること等の独立性に関する基準を設けております。
        なお、当社は、社外取締役の人数が常勤取締役の人数を上回る体制を採用しており、2017年6月16日に開催する定
       時株主総会終了後の社外取締役は8名となる予定で、うち7名の社外取締役が、株式会社東京証券取引所が一般株主
       保護のために確保を義務付けている独立役員の要件を満たしております。
        社外取締役は、それぞれの専門分野における豊富な経験や知見を活かし、取締役会あるいは指名・監査・報酬の各
       委員会の活動を通じて、当社の経営の重要事項の決定および業務執行の監督等を行っております。
        また、必要に応じて、監査委員、内部監査部門(内部監査室)との連携を行っております。
        当社と社外取締役との間には、特筆すべき人的関係、資本的関係及び取引関係はありません。
                                  62/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      ⑧  役員報酬の内容
        イ.役員区分ごとの報酬等の総額、社外役員の報酬等の総額、役員賞与及び役員の員数
                   報酬等の総額                                対象となる役員の
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
           役員区分
                    (百万円)                                 員数(名)
                                 ストックオ
                            基本報酬             賞与     退職慰労金
                                 プション
                        140
        取締役                       140             -               12
                                     -            -
        (うち、社外取締役)                      (112)            (-)                (11)
                        (112)
        執行役                 422      283       -      139       -          8
       (注)   1.取締役と執行役の兼務者については、取締役としての報酬は支払っておりません。
          2.上記支給額には、2017年4月24日開催の報酬委員会において決議された役員賞与の額1億39百万円を含んで
           おります。
          3.当事業年度において、別途、日本取引所自主規制法人から社外取締役に対し、総額17百万円の役員報酬が支
           払われております。
        ロ.連結報酬等の総額が1億円以上の役員の報酬等

                                       連結報酬等の種類別の総額(百万円)
              連結報酬等
         氏名      の総額       役員  区分      会社区分
                                           ストックオ
              (百万円)                       基本報酬             賞与    退職慰労金
                                           プション
                   取締役
                                                    37
                                        71      -           -
       清田 瞭          109  代表執行役(グ        提出会社
                   ループCEO)
        (注)   役員区分は提出会社における役員区分を記載しております。
        ハ.  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

        当社の役員報酬は(1)基本報酬、(2)賞与及び(3)自社株報酬で構成され、報酬委員会において決定しま
       す。
        (1)基本報酬は日々の業務遂行や経営への参画の対価として役位・職務内容に応じた額、(2)賞与は、短期の
       インセンティブとしての連結当期利益を指標として決定した額と、中期のインセンティブとしての事業計画及び経営
       財務目標の達成状況等に応じて決定した額、(3)自社株報酬は中長期の企業価値向上に対するインセンティブとし
       て当社株式の購入に充てるもので、役位・職務内容に応じた額としています。
        なお、取締役(執行役との兼務者を除く。)については、その役割と独立性の観点から、賞与及び自社株報酬を支
       払っていません。
                                  63/118









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      ⑨  株式の保有状況
       当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会社)で
      ある当社については以下のとおりです。
        イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
          銘柄数 6銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                33,  254  百万円
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

       (前事業年度)
        特定投資株式
                  株式数        貸借対照表計上額
         銘柄                                   保有目的
                  (株)         (百万円)
     Singapore     Exchange
                                    発行会社との協力関係の維持・強化のため取
                               33,513
                   53,051,000
                                    得し、保有しております。
        Limited
       (当事業年度)

        特定投資株式
                  株式数        貸借対照表計上額
         銘柄                                   保有目的
                  (株)         (百万円)
     Singapore     Exchange
                                    発行会社との協力関係の維持・強化のため取
                               32,267
                   53,051,000
        Limited                            得し、保有しております。
        ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに

          当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
         該当事項はありません。
      ⑩  責任限定契約の内容の概要

        当社は、取締役及び執行役が徒に萎縮することなく職務に専念し、期待される職務を適切に行えるよう、会社法第
       426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び執行役(執行役で
       あった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定
       款に定めております。
        また、同様の趣旨から、当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠
       償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としてお
       ります。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務を行うにつき善意かつ無
       重過失であるときに限られます。
      ⑪  取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
       出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
        また、取締役の選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めております。
      ⑫  株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、
       議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
       もって行う旨を定款に定めております。
      ⑬  剰余金の配当等の決定機関

        当社は、資本政策の機動的な実行等を目的として、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項につい
       て、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めて
       おります。
                                  64/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ① 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                       前連結会計年度                      当連結会計年度
                監査証明業務に基づく           非監査報酬業務に基づ           監査証明業務に基づく           非監査報酬業務に基づ
                    報酬           く報酬            報酬           く報酬
                   (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
      提出会社                   33           -           33           -
      連結子会社                   51           -           51           -

      計                   85           -           85           -

        ② その他重要な報酬の内容

       該当事項はありません。
        ③ 監査公認会計士等の提出に対する非監査業務の内容

      (前連結会計年度)
       該当事項はありません。
      (当連結会計年度)
       該当事項はありません。
        ④ 監査報酬の決定方針

       該当事項はありません。
                                  65/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)    当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号。以下、「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に
        準拠して作成しております。
      (2)    当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以
        下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      (3)    連結財務諸表及び財務諸表は、百万円未満を切り捨てて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(2016年4月1日から2017年3月31
       日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(2016年4月1日から2017年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任
       監査法人トーマツの監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりです。
      (1)    会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、
        公益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行ってお
        ります。
      (2)    IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の
        把握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会
        計方針を策定し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                  66/118












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2016年3月31日)               (2017年3月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     資産
      流動資産
                           7,23
       現金及び現金同等物                                  66,547               73,553
                           8,23
       営業債権及びその他の債権                                  10,096                9,774
                            23
       清算引受資産                                26,395,558               37,555,555
                           9,23
       清算参加者預託金特定資産                                2,809,433               3,374,863
                           9,23
       信認金特定資産                                    483               474
       未収法人所得税                                   5,055               8,507
                           10,23
       その他の金融資産                                  65,600               73,800
       その他の流動資産                                   1,163               1,626
       流動資産合計
                                       29,353,939               41,098,156
      非流動資産

                            11
       有形固定資産                                   6,025               5,140
                            12
       のれん                                  67,374               67,374
                            12
       無形資産                                  31,033               30,596
                            13
       退職給付に係る資産                                   3,626               5,202
                            14
       持分法で会計処理されている投資                                   7,592               8,809
                           9,23
       違約損失積立金特定資産                                  27,948               27,948
                           10,23
       その他の金融資産                                  38,639               36,275
       その他の非流動資産                                   5,854               5,793
                            15
                                          4,741               3,635
       繰延税金資産
       非流動資産合計
                                         192,836               190,775
                                       29,546,776               41,288,932

     資産合計
                                  67/118










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2016年3月31日)               (2017年3月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                          16,23,24
        営業債務及びその他の債務                                  4,413               3,190
                          17,23,24
        社債及び借入金                                 22,500               22,500
                           23,24
        清算引受負債                               26,395,558               37,555,555
                           9,23,24
        清算参加者預託金                               2,809,433               3,374,863
                           9,23,24
        信認金                                   483               474
                           9,23,24
        取引参加者保証金                                  7,429               8,142
        未払法人所得税等                                 10,714                9,210
                                          6,403               5,339
        その他の流動負債
        流動負債合計
                                       29,256,937               40,979,276
       非流動負債

                          17,23,24
        社債及び借入金                                 10,000               29,933
                            13
        退職給付に係る負債                                  7,352               7,357
        その他の非流動負債                                  3,924               3,693
        繰延税金負債                    15              5,650               4,900
        非流動負債合計
                                         26,926               45,884
       負債合計

                                       29,283,864               41,025,161
      資本

                            18
       資本金                                  11,500               11,500
                            18
       資本剰余金                                  59,726               59,722
                            18
       自己株式                                    △9             △13,506
                            18
       その他の資本の構成要素                                  13,321               11,604
                           9,18             172,656               188,634
       利益剰余金
                            24
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         257,194               257,955
                                          5,717               5,815
       非支配持分
       資本合計
                                         262,912               263,770
                                       29,546,776               41,288,932

     負債及び資本合計
                                  68/118








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2015年4月1日               (自 2016年4月1日
                                至 2016年3月31日)               至 2017年3月31日)
                         注記
                                   百万円               百万円
     収益
      営業収益                     19              114,776               107,885
      その他の収益                                   2,137                161
             収益計
                                        116,914               108,047
     費用
      営業費用                  12,13,20,27                 50,925               50,185
                                          466                9
      その他の費用
             費用計
                                        51,392               50,195
                                          749              1,525
     持分法による投資利益                     14
     営業利益
                                        66,271               59,377
     金融収益                     21               1,540               1,235

                                          36                8
     金融費用                     21
     税引前利益
                                        67,774               60,604
                                        22,599               18,240

     法人所得税費用                     15
                                        45,175               42,363
     当期利益
     当期利益の帰属

      親会社の所有者                                  44,877               42,124
                                          297               238
      非支配持分
                                        45,175               42,363
      当期利益
     1株当たり当期利益

      基本的1株当たり当期利益(円)                    22               81.74               77.00
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                    22                -               -
                                  69/118










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2015年4月1日                (自 2016年4月1日
                                至 2016年3月31日)                至 2017年3月31日)
                          注記
                                   百万円                百万円
     当期利益                                   45,175                42,363
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
      その他の包括利益を通じて測定する金
                          23             △1,491                △1,717
      融資産の公正価値の純変動
      確定給付制度の再測定                    13             △1,484                 1,268
      持分法適用会社におけるその他の包括
                                           0               △0
                          14
      利益に対する持分
     その他の包括利益(税引後)                     25             △2,975                 △448
                                        42,199                41,914
     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                  41,902                41,676
                                          297                238
      非支配持分
                                        42,199                41,914
      当期包括利益
                                  70/118














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
                                    親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素

                                                その他の包

                                                括利益を通
                           資本金      資本剰余金        自己株式
                                                じて測定す       確定給付制
                                                る金融資産       度の再測定
                                                の公正価値
                                                の純変動
                      注記
                           百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     2015年4月1日時点の残高                       11,500       59,726         △5      14,828         -
      当期利益                        -       -       -       -       -
                              -       -       -     △1,491       △1,484
      その他の包括利益(税引後)
     当期包括利益合計
                              -       -       -     △1,491       △1,484
      自己株式の取得                 18       -       -       △3        -       -
      配当金の支払                 26       -       -       -       -       -
      支配喪失を伴わない子会社に対
                              -       -       -       -       -
      する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から利
                              -       -       -      △15       1,484
      益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                         -       -       △3       △15       1,484
     2016年3月31日時点の残高
                            11,500       59,726         △9      13,321         -
      当期利益                        -       -       -       -       -
                              -       -       -     △1,717        1,268
      その他の包括利益(税引後)
     当期包括利益合計
                              -       -       -     △1,717        1,268
      自己株式の取得                 18       -       △3     △13,497          -       -
      配当金の支払                 26       -       -       -       -       -
      支配喪失を伴わない子会社に対
                              -       -       -       -       -
      する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から利
                              -       -       -       -     △1,268
      益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                         -       △3     △13,497          -     △1,268
                            11,500       59,722      △13,506        11,604         -
     2017年3月31日時点の残高
                                  71/118









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                             親会社の所有者に帰属する持分
                          その他の資

                                                非支配持分        資本合計
                          本の構成要
                          素       利益剰余金         合計
                           合計

                      注記
                           百万円       百万円       百万円       百万円       百万円
     2015年4月1日時点の残高                       14,828       149,562       235,611        5,954      241,565
      当期利益                        -     44,877       44,877         297      45,175
                           △2,975          -     △2,975          -     △2,975
      その他の包括利益(税引後)
     当期包括利益合計
                           △2,975        44,877       41,902         297      42,199
      自己株式の取得                 18       -       -       △3        -       △3
      配当金の支払                 26       -    △20,315       △20,315          △8     △20,324
      支配喪失を伴わない子会社に対
                                                  △525       △525
                              -       -       -
      する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から利
                             1,468      △1,468          -       -       -
      益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                       1,468      △21,784       △20,319         △534      △20,853
     2016年3月31日時点の残高
                            13,321       172,656       257,194        5,717      262,912
      当期利益                        -     42,124       42,124         238      42,363
                             △448         -      △448         -      △448
      その他の包括利益(税引後)
     当期包括利益合計
                             △448       42,124       41,676         238      41,914
      自己株式の取得                 18       -       -    △13,500          -    △13,500
      配当金の支払                 26       -    △27,414       △27,414          -    △27,414
      支配喪失を伴わない子会社に対
                                                  △140       △140
                              -       -       -
      する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から利
                           △1,268        1,268         -       -       -
      益剰余金への振替
     所有者との取引額合計                      △1,268       △26,146       △40,915         △140      △41,056
                            11,604       188,634       257,955        5,815      263,770
     2017年3月31日時点の残高
                                  72/118










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2015年4月1日                (自 2016年4月1日
                                至 2016年3月31日)                至 2017年3月31日)
                           注記
                                    百万円                百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前利益                                   67,774                60,604
      減価償却費及び償却費                                   10,727                11,784
      金融収益                                  △1,540                △1,235
      金融費用                                     36                8
      持分法による投資利益                                   △749               △1,525
      有形固定資産売却益                                  △1,853                   -
      営業債権及びその他の債権の増減(△は
                                          203                306
      増加)
      営業債務及びその他の債務の増減(△は
                                          210               △498
      減少)
      退職給付に係る資産の増減(△は増加)                                   1,797               △1,575
      退職給付に係る負債の増減(△は減少)                                    313                 ▶
                                         △247                1,492
      その他
      小計                                   76,673                69,364
      利息及び配当金の受取額
                                         1,678                1,575
      利息の支払額                                    △38                △5
                                        △17,243                △23,473
      支払法人所得税等
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   61,069                47,462
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                  △70,600                △83,100
      定期預金の払戻による収入                                   47,100                74,900
      有形固定資産の取得による支出                                  △1,624                △1,111
      有形固定資産の売却による収入                                   3,660                 -
      無形資産の取得による支出                                  △11,934                △9,970
      投資有価証券の取得による支出                                  △1,000                 △127
                                          807                79
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △33,591                △19,330
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      借入れによる収入                                   10,000                10,000
      借入金の返済による支出                                  △10,000                △10,000
      社債の発行による収入                                     -              19,932
      支払配当金                                  △20,315                △27,414
      自己株式の取得による支出                                    △3             △13,501
                                         △711                △136
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △21,030                △21,119
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    6,447                7,011
     現金及び現金同等物の期首残高                                    60,114                66,547
     現金及び現金同等物の為替変動による影響                                     △13                △6
                                         66,547                73,553
     現金及び現金同等物の期末残高                      7
                                  73/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
          株式会社日本取引所グループ(以下、「当社」という。)は日本に所在する株式会社で、登記されている本社
         の住所は、東京都中央区日本橋兜町2番1号です。当社の連結財務諸表は、2017年3月31日を報告日とし、当社
         及びその子会社(以下、「当社グループ」という。)並びに関連会社に対する当社グループの持分により構成さ
         れております。当社グループは金融商品取引法及び関連する諸法令の規制の下、事業を行っており、主な事業内
         容は、取引所金融商品市場の開設・運営及び金融商品債務引受等です。
         2.作成の基礎

          (1)IFRSに準拠している旨
            当社グループの連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2の要件を満たすことから、連結財務諸表規
           則第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。
          (2)連結財務諸表の承認

            当社グループの       連結財務諸表は、2017年6月9日に、取締役兼代表執行役グループCEO                                  清田瞭   及び執行
           役CFO    田端厚   によって承認されております。
          (3)測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されてい
           る特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
          (4)機能通貨及び表示通貨

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を切り
           捨てて表示しております。
          (5)新基準の早期適用

            当社グループはIFRS第9号「金融商品」(2010年10月改訂)(以下、「IFRS第9号(2010年版)」とい
           う。)を移行日(2013年4月1日)より早期適用しております。
            IFRS第9号(2010年版)は、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」(以下、「IAS第39号」という。)を
           置き換えるものであり、金融商品に償却原価と公正価値の2つの測定区分を採用しております。公正価値で
           測定される金融資産に係る公正価値の変動は損益で認識することとなっております。ただし、売買目的では
           ない資本性金融商品への投資については、当初認識時に、その公正価値の事後的な変動をその他の包括利益
           として認識するという取消不能な選択を行うことが認められております。
                                  74/118










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         3.重要な会計方針
          (1)連結の基礎
           ①子会社
            子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。子会社に該当するかどうかの判断にあ
           たっては、議決権保有の状況、取締役会等の統治機関におけるメンバー構成並びに財務及び経営方針に関す
           る意思決定に対する影響力等の支配の判定に関連する諸要素を総合的に勘案して決定しております。
            すべての子会社は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで連結の対象に含めており
           ます。
            子会社との債権債務残高、取引高及びグループ内取引によって発生した未実現利益は、連結財務諸表の作
           成に際して消去しております。
           ②関連会社

            関連会社とは、当社グループにより支配されていないが、当社グループがその財務及び経営方針に対して
           重要な影響力を有している企業をいいます。当社グループが他の企業の20%以上50%以下の議決権を保有す
           る場合、当社グループは当該他の企業に対して重要な影響力を有していると推定されます。
            関連会社に対する投資は、持分法を適用して会計処理を行い、取得時に取得原価で測定し、それ以後は、
           関連会社の純資産に対する当社グループの持分の変動に応じて投資額を変動させております。その際、関連
           会社の純損益のうち当社グループの持分相当額は連結損益計算書に計上しております。また、関連会社のそ
           の他の包括利益のうち、当社グループの持分相当額は連結包括利益計算書のその他の包括利益に計上してお
           ります。
            重要な内部取引に係る利益は、関連会社に対する持分比率に応じて消去しております。
          (2)企業結合

            企業結合は取得法を適用して会計処理をしております。
            取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資産、引き受けた負債及び当社が発行する資本性金融商
           品の取得日の公正価値の合計として測定されます。取得日において、識別可能な資産及び負債は取得日にお
           ける公正価値(但し、繰延税金資産、繰延税金負債、並びに従業員給付に係る資産及び負債等、IFRS第3号
           「企業結合」により公正価値以外で測定すべきとされている資産及び負債については、IFRS第3号「企業結
           合」に規定する価額)で認識しております。
            非支配持分を公正価値で測定するか、又は被取得企業の識別可能な純資産の比例持分で測定するかを、取
           得日に個別の企業結合ごとに選択しております。
            取得対価と被取得企業の非支配持分の金額の合計額が取得日における識別可能な資産及び負債の公正価値
           を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとして計上しております。反対に下回る場合には、
           直ちに連結損益計算書において収益として認識しております。発生した取得関連コストは費用として会計処
           理しております。段階的に支配が達成される企業結合の場合、当社グループが以前に保有していた被取得企
           業の持分は取得日の公正価値で再評価され、発生した利得又は損失があれば純損益として認識しておりま
           す。
          (3)外貨換算

            外貨建取引
             外貨建取引は、取引日における直物為替相場により機能通貨に換算しております。
             各連結会計年度末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、連結会計年度末日の為替レートで換算して
            おり、換算により生じる換算差額は、純損益として認識しております。ただし、その他の包括利益を通じ
            て測定される金融資産から生じる換算差額については、その他の包括利益として認識しております。
          (4)現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物は、手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動
           について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっておりま
           す。
                                  75/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
          (5)金融商品
           ①  金融資産
            (ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融商品の契約条項の当事者となったときに、金融資産を認識します。
               当社グループは、当初認識時の事実関係及び状況において、次の条件がともに満たされる場合に
              は、償却原価で測定される金融資産に分類し、それ以外の場合には純損益を通じて公正価値で測定さ
              れる金融資産へ分類しております。
               ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基
                づいて、資産が保有されている。
               ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払いのみであるキャッシュ・フ
                ローが特定の日に生じる。
               また、当社グループは当初認識時に、資本性金融商品への投資における公正価値の変動をその他の
              包括利益として認識するという取消不能の指定を行う場合があります。
               すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定される金融資産に分類される場合を除き、公
              正価値に直接帰属する取引費用を加算した金額で当初測定しております。
            (ⅱ)事後測定

               金融資産の当初認識後は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
              (a)償却原価で測定される金融資産
                実効金利法により測定しております。
              (b)純損益を通じて公正価値で測定される金融資産

                公正価値で測定しており、その変動額を純損益として認識しております。
              (c)その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産

                公正価値で測定しており、その変動額をその他の包括利益として認識しております。当該金融資
               産の認識を中止した場合、あるいは公正価値が著しく下落した場合にはその他の包括利益から直接
               利益剰余金に振り替えており、純損益として認識しておりません。
                ただし、当該金融資産からの受取配当金については純損益として認識しております。
            (ⅲ)認識の中止

               金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、又は、当該金融資産の
              所有に係るリスク及び便益を実質的にすべて移転する取引において、金融資産から生じるキャッ
              シュ・フローを受け取る契約上の権利を移転する場合に、当該金融資産の認識を中止しております。
           ②  償却原価で測定される金融資産の減損

             IAS第39号に基づき、各連結会計年度末日に償却原価で測定される金融資産について、減損の客観的証
            拠の有無を評価しております。減損の客観的証拠には、債務者の重大な財政状態の悪化、元利の支払いに
            対する債務不履行や延滞、破産等を含んでおります。
             償却原価で測定される金融資産の減損の証拠を、個別の資産ごとに検討するとともに全体としても検討
            しております。重要な金融資産は、個別に減損を評価しております。重要な金融資産のうち個別に減損す
            る必要がないものについては、発生しているが未特定となっている減損の有無の評価を全体として実施し
            ております。
             減損が発生しているという客観的証拠が存在する場合、減損損失は、当該資産の帳簿価額と見積将来
            キャッシュ・フローの現在価値との差額として測定しております。
             減損が認識された償却原価で測定される金融資産の帳簿価額は、貸倒引当金を通じて減額され、減損損
            失を計上しており、将来の回収を現実的に見込めず、すべての担保が実現又は当社グループに移転された
            ときに、直接減額しております。減損認識後に生じた事象により、翌連結会計年度以降に減損損失の見積
            額が変動した場合には、過年度に計上した減損損失は貸倒引当金を用いて調整しております。
                                  76/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
           ③ 金融負債
            (ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融商品の契約条項の当事者となったときに、金融負債を認識します。
               金融負債は、原則として償却原価で測定される金融負債に分類しておりますが、デリバティブ負債
              及び売買目的の金融負債は純損益を通じて公正価値で測定される金融負債に分類しております。分類
              は、金融負債の当初認識時に決定しております。
               すべての金融負債は当初認識時に公正価値で測定しておりますが、償却原価で測定される金融負債
              については、公正価値から直接帰属する取引費用を控除した金額で測定しております。
            (ⅱ)事後測定

               金融負債の当初認識後は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
              (a)償却原価で測定される金融負債
                実効金利法により測定しております。
              (b)純損益を通じて公正価値で測定される金融負債

                公正価値で測定しており、その変動額を純損益で認識しております。
            (ⅲ)認識の中止

               金融負債は、契約上の義務が免責、取消し、又は失効となった場合に認識を中止しております。
           ④  清算引受資産及び清算引受負債

             当社の子会社である株式会社日本証券クリアリング機構は、金融商品取引清算機関として、市場参加者
            が行った取引の債務を負担し、取引の当事者となることによって、清算対象に係る債権・債務を清算引受
            資産及び清算引受負債(以下、「清算引受資産・負債」という。)として計上し、決済の履行を保証して
            おります。
             金融商品取引所等における現物取引及び店頭市場における国債の売買取引については、決済日基準によ
            り清算引受資産・負債を当初認識すると同時に認識の中止を行っております。
             先物取引については、取引日に清算引受資産・負債として当初認識を行い、その後は公正価値で測定
            し、その評価差額を損益として認識しております。さらに、同社は清算参加者との間において、当該損益
            を日々差金として受払いしていることから、その受払いをもって清算引受資産・負債の認識の中止を行っ
            ております。
             オプション取引については取引日に、店頭市場における金利スワップ取引及びクレジットデフォルトス
            ワップ取引(以下、「店頭デリバティブ取引」という。)については債務負担を実施した日において、そ
            れぞれ当初認識を行い、その後は公正価値で測定し、その評価差額を損益として認識しております。
             国債店頭取引のうち現先取引及び現金担保付債券貸借取引(以下、「レポ取引」という。)について
            は、取引開始日において当初認識を行い、その後は公正価値で測定しております。
             認識した清算引受資産・負債については、金額を相殺する強制可能な法的権利を現在有しており、かつ
            純額で決済するか又は資産を実現すると同時に負債を決済する意図を有している場合には相殺し、純額で
            連結財政状態計算書に計上しております。
             また、清算引受資産・負債は、同額で認識されるため、公正価値の変動から発生する損益も同額となり
            ます。そのため、当該損益は消去され、連結損益計算書には計上されません。
          (6)有形固定資産

            有形固定資産の測定については原価モデルを採用し、当初認識後、取得原価から減価償却累計額及び減損
           損失累計額を控除した額で測定しております。
            取得原価には、資産の取得に直接関連する費用が含まれております。
            各資産の減価償却費は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で計上しております。主要な資産項目
           ごとの見積耐用年数は以下のとおりです。
            ・建物             2-50年
            ・情報システム設備             5年
                                  77/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            なお、見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、少なくとも各連結会計年度末日には見直しを行い、
           変更があった場合は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
            有形固定資産は、処分時又は継続的な使用若しくは処分から将来の経済的便益が期待されなくなったとき
           に認識を中止しております。有形固定資産項目の認識の中止から生じる利得又は損失は、当該資産項目の認
           識中止時に純損益として認識しております。
          (7)のれん及び無形資産

           ① のれん
             当初認識時におけるのれんの測定については、注記「3.重要な会計方針                                   (2)企業結合」に記載してお
            ります。当初認識後においては、のれんは取得原価から減損損失累計額を控除して測定しております。の
            れんの償却は行わず、各連結会計年度末日又は減損の兆候がある場合に減損テストを実施し、該当する場
            合は減損損失を計上しております。なお、のれんの減損損失の戻入は行いません。
           ② 無形資産

             無形資産の測定については原価モデルを採用し、当初認識後、取得原価から償却累計額及び減損損失累
            計額を控除した額で測定しております。
             開発局面における支出については、当社グループが、当該支出を信頼性を持って測定できる能力、無形
            資産を完成させるための技術上の実行可能性、無形資産を使用又は売却する意図、無形資産を使用又は売
            却する能力、将来の経済的便益を創出する高い蓋然性及び無形資産の使用又は売却のために必要となる適
            切な資源の利用可能性をすべて有している場合に、無形資産として認識しております。
             各資産の償却費は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で計上しております。主要な資産項目で
            あるソフトウェアの見積耐用年数は5年です。
             なお、見積耐用年数、残存価額及び償却方法は、少なくとも各連結会計年度末日には見直しを行い、変
            更があった場合は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
          (8)リース

            リースは、所有に伴うリスクと経済価値が実質的にすべて当社グループに移転する場合には、ファイナン
           ス・リースに分類し、それ以外の場合にはオペレーティング・リースとして分類しております。
            ファイナンス・リース取引において、リース資産及びリース負債は、リース開始日に算定したリース物件
           の公正価値と最低リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で連結財政状態計算書に計上しております。
           リース料は、利息法に基づき金融費用とリース債務の返済額とに配分しており、金融費用は連結損益計算書
           に計上しております。リース資産は、見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、定額法で
           減価償却を行っております。
            オペレーティング・リース取引においては、リース料をリース期間にわたって定額法により費用として認
           識しております。
          (9)非金融資産の減損

            当社グループは各連結会計年度末日に、各資産の減損の兆候の有無を評価しております。何らかの兆候が
           存在する場合又は毎連結会計年度において減損テストが要求されている場合、その資産の回収可能価額を見
           積っております。個別の資産について回収可能価額を見積ることができない場合には、その資産の属する資
           金生成単位ごとに回収可能価額を見積っております。回収可能価額は、資産又は資金生成単位の売却費用控
           除後の公正価値とその使用価値のうち、いずれか高い方の金額で算定しております。資産又は資金生成単位
           の帳簿価額が回収可能価額を超える場合は、その資産について減損損失を認識し、回収可能価額まで評価減
           しております。また、使用価値の評価における見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間価値に関する現
           在の市場評価及び当該資産に固有のリスク等を反映した税引前割引率を使用して、現在価値まで割引いてお
           ります。売却費用控除後の公正価値の算定にあたっては、利用可能な公正価値指標に裏付けられた適切な評
           価モデルを使用しております。
            のれん以外の資産に関しては、各連結会計年度末日において過年度に計上した減損損失について、当該損
           失の減少又は消滅の可能性を示す兆候の有無について評価しております。そのような兆候が存在する場合
           は、当該資産又は資金生成単位の回収可能価額の見積りを再度実施し、その回収可能価額が、資産又は資金
           生成単位の帳簿価額を超える場合、算定した回収可能価額と過年度において減損損失を計上しなかった場合
           の減価償却控除後の帳簿価額とのいずれか低い方の金額を上限として、減損損失を戻し入れております。
            のれんについては、注記「12.のれんおよび無形資産                          (4)のれんの減損テスト」に記載しております。
                                  78/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
          (10)従業員退職後給付
            当社及び当社の一部の子会社は、確定給付型の制度として規約型の確定給付企業年金制度及び退職一時金
           制度、並びに確定拠出年金制度を導入しております。
           ① 確定給付制度
             確定給付制度債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用を、予測単位積増方式を使
            用して制度ごとに個別に算定しております。割引率は、各制度における給付支払見込日までの期間に応じ
            た連結会計年度末日時点の優良社債の市場利回りに基づき算定しております。
             確定給付負債(資産)は、確定給付制度債務の現在価値から、制度資産の公正価値(必要な場合には、
            確定給付資産の上限、最低積立要件への調整を含む)を控除して算定しております。また、確定給付負債
            (資産)の純額に係る利息純額は、営業費用として認識しております。
             確定給付制度の再測定は、発生した期においてその他の包括利益として一括認識しており、直ちに利益
            剰余金に振り替えております。また、過去勤務費用は、発生した期の純損益として認識しております。
             なお、    確定給付制度の積立超過を他の制度の債務を決済するために使用できる法的権限を有している場
            合を除いて、制度間の資産と負債は相殺しておりません。
           ② 確定拠出年金制度
             退職給付に係る費用は、拠出した時点で費用として認識しております。
         (11)収益

            収益は、受領する対価の公正価値で測定しております。
             当社グループは、主として金融商品取引所事業を行っており、収益は、主に役務の提供に該当する取引
            関連収益、清算関連収益等から構成されております。
             役務の提供に該当する           取引については、以下の条件をすべて満たした場合、かつ取引の成果を信頼性を
            もって見積ることができる場合に、連結会計年度末日現在の取引の進捗度に応じて収益を認識しておりま
            す。
            ・収益の金額を信頼性をもって測定できること
            ・取引に関する経済的便益が当社グループに流入する可能性が高いこと
            ・期末日における取引の進捗度を信頼性をもって測定できること
            ・取引に関して発生する費用と取引を完了するために要する費用を信頼性をもって測定できること
             また、役務の提供に関し信頼性をもって見積ることができない場合には、費用が回収可能と認められる
            部分についてのみ収益を認識しております。
             配当は、支払いを受ける株主の権利が確定したときに認識しております。
         (12)法人所得税

            法人所得税は、当期税金及び繰延税金で構成されており、企業結合から生じる項目、その他の包括利益と
           して認識される項目及び資本で直接認識される項目を除き、純損益として認識しております。
            当期税金は、連結会計年度末日において制定されているか、実質的に制定されている税率を使用した、当
           連結会計年度の課税所得に対する納税見込額あるいは還付見込額に過年度の納税調整額を加味したもので
           す。
            繰延税金は、資産負債法により、会計上の資産及び負債の帳簿価額と税務上の資産及び負債の金額との差
           額である一時差異に対して認識しております。なお、以下の一時差異に対しては、繰延税金を認識しており
           ません。
            ・のれんの当初認識から生じる場合
            ・子会社及び関連会社への投資に係る将来減算一時差異で、予見可能な将来において一時差異が解消され
             ない可能性が高い場合
            ・ 子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異で、一時差異の解消の時点をコントロールす
             ることができ、予測可能な将来に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合
            繰延税金は、連結会計年度末日に制定又は実質的に制定されている法律に基づいて、一時差異が解消され

           ると予測される期の税率を用いて測定しております。
            繰延税金資産及び負債は、当期税金資産及び負債を相殺する法律上強制力のある権利を有しており、かつ
           法人所得税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しております。
            繰延税金資産は、税務上の繰越欠損金、欠損金の繰戻還付及び将来減算一時差異に対して利用できる十分
           な課税所得が発生すると見込まれる範囲内で計上しております。また、税務上の恩恵が受けられない可能性
           が高くなった繰延税金資産は減額しております。
         (13)   自己株式

                                  79/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            自己株式は取得原価で測定し、資本から控除しております。自己株式の取得、売却又は消却において利得
           又は損失は認識しておりません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額は資本として認識しております。
         (14)   偶発負債

            連結会計年度末日現在において発生可能性のある債務を有しているが、それが連結会計年度末日現在の債
           務であるか否か確認ができないもの、又は引当金の認識基準(過去の事象の結果として現在の債務(法的債
           務又は推定的債務)を有しており、債務の決済を要求される可能性が高く、かつ当該債務の金額について信
           頼できる見積りが可能)を満たさないものについては、偶発負債として注記しております。
                                  80/118


















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断
           IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用
          の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、その性質上こ
          れらの見積りとは異なる場合があります。
           見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを
          見直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
           経営者が行った連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりです。
           ・有形固定資産及び無形資産の耐用年数の見積り(注記「3.重要な会計方針(6)、(7)」)
           ・非金融資産の減損(注記「11.有形固定資産」、「12.のれん及び無形資産」)
           ・繰延税金資産の回収可能性(注記「15.法人所得税」)
           ・確定給付制度債務の測定(注記「13.従業員給付」)
           ・ 金融商品の公正価値測定(注記「23.金融商品」)
         5.未適用の新基準書

           連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が行われた新基準書及び新解釈指針のうち、当社グループが早期
          適用していない主なものは、以下のとおりです。
           なお、これらの適用による影響は検討中です。
                          強制適用時期
                                     当社グループ
               IFRS
                                                 新設・改訂の概要
                         (以降開始年度)
                                      適用年度
                                              金融商品の分類、測定、認識
           IFRS第9号 金融商品              2018年1月1日           2019年3月期
                                              及び減損に係る改訂
            IFRS第16号       リース        2019年1月1日             未定       リース会計に関する改訂
         6.事業セグメント

          (1)一般情報
            当社グループは、金融商品取引所事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          (2)製品及びサービスに関する情報

            注記「19.営業収益」に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          (3)地域に関する情報

           ①営業収益
             本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の大半を占めるため、記載を省略しておりま
            す。
           ②非流動資産
             本邦に所在している非流動資産の金額が連結財政状態計算書の非流動資産の金額の大半を占めるため、
            記載を省略しております。
          (4)主要な顧客ごとの情報

            外部顧客への営業収益のうち、特定の顧客への営業収益であって、連結損益計算書の営業収益の10%以上
           を占めるものがないため、記載を省略しております。
                                  81/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         7.現金及び現金同等物
           「現金及び現金同等物」の内訳は以下のとおりです。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                                  百万円                 百万円
          現金及び現金同等物
                                        66,547                 73,553
           現金及び預金
                                        66,547                 73,553
                  合計
         8.営業債権及びその他の債権

           「営業債権及びその他の債権」の内訳は以下のとおりです。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                                  百万円                 百万円
          営業未収入金                              10,058                 9,771
          その他                                47                 12
                                         △10                 △9
          貸倒引当金
                                        10,096                 9,774
                  合計
         (注) 連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
         9.金融商品取引の安全性確保のための諸制度に基づく資産・負債

           清算参加者預託金は、清算参加者の決済不履行により株式会社日本証券クリアリング機構が被る損失に備え
          るため、同社が清算参加者に預託を求めている担保(清算基金等の清算預託金、取引証拠金、当初証拠金及び
          変動証拠金)です。
           信認金は、取引参加者の債務不履行により有価証券売買等の委託者等が被る損失に備えるため、株式会社東
          京証券取引所及び株式会社大阪取引所が取引参加者に預託を求めている担保です。
           取引参加者保証金は、取引参加者の債務不履行により株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所が被
          る損失に備えるため、両社が取引参加者に預託を求めている担保です。
           各担保は、金銭又は代用有価証券(各社の規則で認められたものに限る)で預託され、このうち金銭による
          預託については、連結財政状態計算書の資産・負債に両建てで計上しております。
           一方、代用有価証券で預託された担保については、連結財政状態計算書に計上しておりません。なお、各担
          保の代用有価証券の公正価値は以下のとおりです。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                                  百万円                 百万円
          清算参加者預託金代用有価証券                            2,324,542                 2,675,561
          信認金代用有価証券                              1,151                 1,338
          取引参加者保証金代用有価証券                              2,635                 2,591
           また、違約損失積立金は、清算業務に関して株式会社日本証券クリアリング機構が被った損失を補填するた

          めの積立金です。
                                  82/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         10.その他の金融資産
          (1)「その他の金融資産」の内訳は、以下のとおりです。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                                  百万円                 百万円
          流動資産
                                        65,600                 73,800
           定期預金
                                        65,600                 73,800
                  合計
          非流動資産
           株式                             36,922                 34,598
           債券                             1,504                 1,504
           その他                              342                 290
                                         △130                 △117
           貸倒引当金
                                        38,639                 36,275
                  合計
            連結財政状態計算書では、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。

            株式はその他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産、定期預金及び債券は償却原価で測定さ

           れる金融資産にそれぞれ分類しております。
          (2)その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産の主な銘柄及び公正価値等は、以下のとおりで

           す。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                                  百万円                 百万円
          シンガポール取引所株式                              35,144                 32,797

            上記株式は政策投資目的で保有しているため、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産

           に指定しております。
            売却時の公正価値及び資本で認識されていたその他の包括利益の累積損益は、以下のとおりです。

                  前連結会計年度                         当連結会計年度

                 (2016年3月31日)                         (2017年3月31日)
                       資本で認識されていた                         資本で認識されていた

              公正価値          その他の包括利益の               公正価値          その他の包括利益の
                          累積損益                         累積損益
              百万円            百万円            百万円            百万円

                    43             15            -             -
           (注) 資本で認識されていたその他の包括利益の累積損益は、売却した場合及び公正価値が著しく下落し
               た場合に利益剰余金に振り替えております。
                                  83/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         11.有形固定資産
          (1)増減表
            「有形固定資産」の帳簿価額の増減及び取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額は以下のとおりで
           す。
            ① 帳簿価額

                                 情報システム
                          建物                土地      その他       合計
                                   設備
                          百万円         百万円        百万円       百万円       百万円
          2015年4月1日残高                  1,321        4,493       1,297       1,461       8,573
          個別取得                   88       1,357         -      173      1,619
          減価償却費                  △200       △1,990          -     △163      △2,354
                            △524         △0     △1,282         △5     △1,812
          売却又は処分
          2016年3月31日残高
                             685       3,859         14     1,465       6,025
          個別取得                   138        674        -      288      1,101
          減価償却費                  △147       △1,653          -     △185      △1,985
                             △0        △0        -      △0       △0
          売却又は処分
                             676       2,880         14     1,568       5,140
          2017年3月31日残高
            ② 取得    原価

                               情報システム
                         建物                土地       その他        合計
                                 設備
                        百万円        百万円        百万円        百万円        百万円
          2015年4月1日残高                9,566       13,197        2,851        4,076       29,693
          2016年3月31日残高                3,845       10,847         192       4,082       18,967
          2017年3月31日残高                3,874        8,108        192       4,299       16,475
            ③ 減価償却累計額及び減損損失累計額

                               情報システム
                         建物                土地       その他        合計
                                 設備
                        百万円        百万円        百万円        百万円        百万円
          2015年4月1日残高                8,244        8,704       1,554        2,615       21,120
          2016年3月31日残高                3,159        6,987        178       2,616       12,942
          2017年3月31日残高                3,197        5,228        178       2,730       11,334
          (2)減損損失

            有形固定資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループ
           の最小単位を基礎としてグルーピングを行っております。
            前連結会計年度及び当連結会計年度において計上した減損損失はありません。
                                  84/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         12.のれん及び無形資産
          (1)増減表
            「のれん」及び「無形資産」の帳簿価額の増減及び取得原価、償却累計額及び減損損失累計額は以下のと
           おりです。
            ① 帳簿価額

                                            無形資産
                         のれん
                                 ソフトウェア           その他          合計
                         百万円          百万円          百万円          百万円
          2015年4月1日残高                67,374          18,055           9,575         27,631
          個別取得                  -       13,923          △2,147          11,775
          償却費                  -       △8,231           △142        △8,373
                             -         △0           -         △0
          売却又は処分
          2016年3月31日残高
                           67,374          23,747           7,286         31,033
          個別取得                  -        9,799          △436         9,362
          償却費                  -       △9,686           △112        △9,799
                             -         △0          △0         △0
          売却又は処分
                           67,374          23,860           6,736         30,596
          2017年3月31日残高
          (注1)無形資産のその他の個別取得には、ソフトウェア仮勘定の取得額とソフトウェアへの振替額が含まれ
              ております。
          (注2)無形資産の償却費は、連結損益計算書の「営業費用」に含まれております。
            ② 取得原価

                                           無形資産
                         のれん
                                 ソフトウェア            その他          合計
                         百万円          百万円          百万円          百万円
          2015年4月1日残高                67,374          59,183          10,336         69,519
          2016年3月31日残高                67,374          71,853           7,785         79,638
          2017年3月31日残高                67,374          72,703           7,197         79,901
            ③ 償却累計額及び減損損失累計額

                                            無形資産
                         のれん
                                  ソフトウェア           その他          合計
                         百万円          百万円          百万円         百万円
          2015年4月1日残高                    -       41,127            760       41,888
          2016年3月31日残高                    -       48,105            499       48,605
          2017年3月31日残高                    -       48,843            461       49,304
          (2)重要なのれん

            連結財政状態計算書に計上されているのれんは、株式会社東京証券取引所グループと株式会社大阪証券取
           引所との経営統合に際して発生したものです。
          (3)減損損失

            無形資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループの最
           小単位を基礎としてグルーピングを行っております。
            前連結会計年度及び          当連結会計年度において計上した減損損失はありません。
                                  85/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
          (4)のれんの減損テスト
            当社グループは、のれんについて、各連結会計年度末日又は減損の兆候がある場合に、減損テストを実施
           しております。減損テストの回収可能価額は、使用価値に基づき算定しております。
            使用価値は、経営計画等に基づくキャッシュ・フローの見積額を、当該資金生成単位の加重平均資本コス
           トを基礎とした割引率により割引いて算定しており、経営計画の最終年度を超える期間におけるキャッ
           シュ・フローについては、将来の不確実性を考慮し、最終年度と同水準で推移すると仮定しております。
            なお、企業結合で生じたのれんは、当社グループ全体を一つの資金生成単位として減損テストをしており
           ます。
         13.従業員給付

          (1)従業員退職後給付
            当社及び当社の一部の子会社は、確定給付型の制度として規約型の確定給付企業年金制度及び退職一時金
           制度、並びに確定拠出年金制度を導入しております。
           ① 確定給付制度債務の調整表

             確定給付制度債務の増減は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2015年4月1日                (自 2016年4月1日
                                 至 2016年3月31日)                至 2017年3月31日)
                                    百万円                百万円
                                         22,955                23,730
            期首残高
                                         1,006                1,077
            勤務費用
                                          252                149
            利息費用
                                         1,146               △1,242
            再測定による増減
             数理計算上の差異-人口統計上の仮
                                          △0               △694
             定の変更により生じた影響
             数理計算上の差異-財務上の仮定の
                                         1,157                △468
             変更により生じた影響
                                          △11                △79
             数理計算上の差異-実績による修正
                                        △1,631                △1,446
            給付支払額
                                         23,730                22,268
            期末残高
           ② 制度資産の調整表

             制度資産の増減は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2015年4月1日                (自 2016年4月1日
                                 至 2016年3月31日)                至 2017年3月31日)
                                    百万円                百万円
                                         21,340                20,004
            期首残高
            利息収益                              256                140
                                         △ 992                586
            再測定による増減
             制度資産に係る収益
                                         △ 992                586
             (利息収益に含まれる金額を除く)
                                          414                381
            事業主からの拠出金
                                        △1,015                 △998
            給付支払額
            期末残高
                                         20,004                20,113
                                  86/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
           ③ 確定給付制度債務及び制度資産の調整表
             確定給付制度債務及び制度資産と連結財政状態計算書に計上された退職給付に係る負債及び資産との関
            係は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (2016年3月31日)                (2017年3月31日)
                                    百万円                百万円
                                         16,377                14,910
            積立型の確定給付制度債務
                                        △20,004                △20,113
            制度資産
                    小計                    △3,626                △5,202
                                         7,352                7,357
            非積立型の確定給付制度債務
            連結財政状態計算書に計上された負
                                         3,725                2,154
            債と資産の純額
                                         7,352                7,357

            退職給付に係る負債
                                        △3,626                △5,202
            退職給付に係る資産
            連結財政状態計算書に計上された負
                                         3,725                2,154
            債と資産の純額
           ④ 確定給付費用の内訳

             確定給付費用の内訳は、以下のとおりです。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2015年4月1日               (自 2016年4月1日
                                  至 2016年3月31日)               至 2017年3月31日)
                                     百万円               百万円
                                          1,006               1,077
            勤務費用
                                           252               149
            利息費用
                                          △256               △140
            利息収益
                                          1,002               1,086
                     合計
           (注) 確定給付費用は「営業費用」に含めて表示しております。
           ⑤ 制度資産の主な内訳

             制度資産合計に対する主な分類ごとの内訳は以下のとおりです。
             なお、制度資産の運用方針             については、      年金給付金及び一時金等の支払いを将来にわたり確実に行うこ
            とを目的とし、許容されるリスクの範囲内で、必要とされる運用収益を長期的に確保すること                                           としており
            ます。   具体的には、将来にわたって健全な年金制度運営を維持するために必要な収益率として年金財政上
            の予定利率を上回るものを            運用目標    とし、また     期待収益率の予測及び事業主の負担能力等を踏まえた許容
            されるリスクを考慮した上で、資産構成を採用することとしております。
             一方、運用目標を達成するために採用した資産構成に即し、想定したリスクのもとでリターンを極大化
            するために、リスク管理にも十分配慮することとしております。
                                  87/118







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2016年3月31日)             (2017年3月31日)
                                      百万円             百万円
            活発な市場における公表市場価格があるもの
                                          6,423             6,606
             資本性金融商品
                                          4,382             4,427
              国内株式
                                          2,041             2,179
              外国株式
                                          6,002             5,885
             負債性金融商品
                                          2,548             2,009
              国内債券
                                          3,453             3,875
              外国債券
                                          1,798             1,827
             その他
                      小計                    14,225             14,318
             活発な市場における公表市場価格がないもの
                                          5,779             5,794
              企業年金保険契約
                                          5,779             5,794
                     小計
                                         20,004             20,113
                    制度資産合計
             2018年3月期において、約509百万円を掛金として制度資産へ拠出する予定です。

             当連結会計年度末日における確定給付制度債務の加重平均デュレーションは16年です。

           ⑥ 数理計算上の仮定に関する事項

             数理計算の仮定の主要なものは、以下のとおりです。
                           前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2016年3月31日)            (2017年3月31日)
                              %            %
                               0.5~0.7            0.6~0.7
            3月31日現在の割引率
           (注)確定給付制度債務の評価は将来の不確定な事象への判断を含んでおります。割引率の変化が当連結

           会計年度における確定給付制度債務に与える感応度は以下のとおりです。この感応度は、その他の変数が
           一定との前提を置いておりますが、実際には独立して変化するとは限りません。なお、マイナスは確定給
           付制度債務の減少を、プラスは確定給付制度債務の増加を表しております。
                           前連結会計年度            当連結会計年度

                          (2016年3月31日)            (2017年3月31日)
                             百万円            百万円
                                △1,448            △1,267
            0.5%の上昇
                                 1,613            1,400
            0.5%の低下
           ⑦ 確定拠出制度

             確定拠出制度に関して費用として認識した金額は、前連結会計年度が64百万円、当連結会計年度が63百
            万円です。
          (2)短期従業員給付

            前連結会計年度及び当連結会計年度において連結損益計算書に含まれる短期従業員給付の金額は、それぞ
           れ16,178百万円及び15,242百万円です。
                                  88/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         14.持分法で会計処理されている投資
           関連会社
            当社グループの関連会社について、持分を合算した情報は以下のとおりです。
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                             (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               至 2016年3月31日)              至 2017年3月31日)
                                  百万円              百万円
            持分法による投資利益                            749             1,525
            持分法適用会社におけるその他の包
                                        0             △0
            括利益に対する持分
                                       749             1,525
            包括利益の持分合計
            当社グループの関連会社に対する

                                      7,592              8,809
            持分の帳簿価額合計
         15.法人所得税

          (1)繰延税金資産及び繰延税金負債
            「繰延税金資産」及び「繰延税金負債」の発生の主な原因別の内訳及び増減は以下のとおりです。
            前連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

                                          その他の包括利益
                       2015年4月1日          損益として認識                   2016年3月31日
                                            として認識
                         百万円          百万円          百万円          百万円
            繰延税金資産
             退職後給付                 562         △56          654         1,161
             固定資産                1,109          △435           -         674
             未払事業税                 601          101          -         702
             未払費用                 505          231          -         736
             訴訟関連損失                4,273         △4,273            -          -
                            1,252          1,258           -        2,511
             その他
                小計
                            8,304         △3,172           654         5,786
             未認識の将来減算
                            △228           12         -        △216
             一時差異
                            8,075         △3,160           654         5,570
                合計
            繰延税金負債

             その他の包括利益を
             通じて測定される金               △7,087            -        1,208         △5,879
             融資産の公正価値
                            △633           33         -        △599
             その他
                           △7,720            33        1,208         △6,478
                合計
                                  89/118






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
                                          その他の包括利益
                       2016年4月1日          損益として認識                   2017年3月31日
                                            として認識
                         百万円          百万円          百万円          百万円
            繰延税金資産
             退職後給付                1,161           79        △559           681
             固定資産                 674         △300           -         374
             未払事業税                 702         △302           -         400
             未払費用                 736         △25          -         711
                            2,511           △6          -        2,504
             その他
                小計
                            5,786          △555         △559          4,671
             未認識の将来減算
                            △216           -         -        △216
             一時差異
                            5,570          △555         △559          4,455
                合計
            繰延税金負債

             その他の包括利益を
             通じて測定される金               △5,879            -         757        △5,121
             融資産の公正価値
                            △599           -         -        △599
             その他
                           △6,478            -         757        △5,720
                合計
            当社グループは、繰延税金資産の認識にあたり、将来減算一時差異が将来課税所得で控除できるかを考慮

           しております。
            繰延税金資産を認識していない将来減算一時差異は、前連結会計年度、当連結会計年度ともに707百万円
           であり、税務上の繰越欠損金及び繰延税金負債を認識していない子会社及び持分法適用会社への投資に伴う
           重要な一時差異はありません。
                                  90/118











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
          (2)法人所得税費用
            「法人所得税費用」の内訳は以下のとおりです。
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (自 2015年4月1日                 (自 2016年4月1日
                          至 2016年3月31日)                 至 2017年3月31日)
                             百万円                 百万円
           当期税金費用                        19,472                 17,685
           繰延税金費用                        3,126                  555
                                   22,599                 18,240
               合計
          (3)実効税率の調整

            当社グループは、法人税、住民税及び事業税を課されており、これらを基礎として計算した法定実効税率
           は、主に前連結会計年度が33.1%、当連結会計年度が30.9%となっております。当該法定実効税率と、連結
           損益計算書における実際負担税率との差異要因は以下のとおりです。
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (自 2015年4月1日                 (自 2016年4月1日
                          至 2016年3月31日)                 至 2017年3月31日)
                              %                 %
           法定実効税率                         33.1                 30.9
                                     0.3                △0.8
           その他
                                    33.3                 30.1
              実際負担税率
         16.営業債務及びその他の債務

           「営業債務及びその他の債務」の内訳は以下のとおりです。
                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                          (2016年3月31日)                 (2017年3月31日)
                             百万円                 百万円
          営業未払金                        2,880                 2,377
                                   1,533                  812
          未払金
                                   4,413                 3,190
               合計
                                  91/118










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         17.社債及び借入金
           「社債及び借入金」の内訳は以下のとおりです。
                            前連結会計年度           当連結会計年度          平均利率

                           (2016年3月31日)           (2017年3月31日)           (注1)
                              百万円           百万円          %

          短期借入金                       22,500           12,500       0.01
          1年内返済予定の長期借入金                         -         10,000       0.01
          社債                         -         19,933      0.355
                                  10,000           10,000
          長期借入金                                          0.01
                                  32,500           52,433
                 合計
          流動負債
                                  22,500           22,500
                                  10,000           29,933
          非流動負債
                                  32,500           52,433
                 合計
         (注1)平均利率を算出する際の利率及び残高は、期末日の数値を使用しております。
         (注2)借入金に関し、当社グループの財務活動に重大な影響を及ぼす財務制限条項は付されておりません。
         (注3)社債の発行条件の要約は次のとおりであります。
                                     当連結会計年度

                                               利率
              発行会社           銘柄     発行年月日      (2017年3月31日)                償還期限
                                       百万円         %

                         第1回       2017年                     2027年
           ㈱日本取引所グループ                            20,000        0.355
                       無担保社債       3月16日                     3月16日
         18.資本及びその他の資本項目

          (1)資本金及び自己株式
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2015年4月1日                 (自 2016年4月1日
                              至 2016年3月31日)                 至 2017年3月31日)
                                   株                 株
           授権株式                         2,180,000,000                 2,180,000,000
           発行済株式                          549,069,100                 549,069,100
           自己株式                             7,252               8,636,052
          (注1)当社の発行する株式は、すべて権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式です。
          (注2)当社は2015年10月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しており
              ます。
          (注3)当社は2017年3月期より株式付与型ESOP信託を導入しております。当連結会計年度末の自己株式に
              は、当該信託口が所有する当社株式586,800株が含まれております。
          (2)剰余金

           ① 資本剰余金
             会社法では、株式の発行に対しての払込みの2分の1以上を資本金に組み入れ、残りは資本剰余金に含
            まれる資本準備金に組み入れることが規定されております。資本準備金は株主総会の決議により、資本金
            に組み入れることができます。
           ② 利益剰余金

             会社法では、剰余金の配当として支出する金額の10分の1を、資本剰余金に含まれる資本準備金及び利
            益剰余金に含まれる利益準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、資本準備金又は利益準備金と
            して積み立てることが規定されております。積み立てられた利益準備金は、欠損補填に充当できます。ま
            た、株主総会の決議をもって、利益準備金を取り崩すことができます。
             その他の包括利益を通じて公正価値の変動を認識する区分に指定した株式投資の認識を中止した場合及
            び公正価値の著しい下落がある場合、売却差額及び評価差損を「その他の包括利益」から「利益剰余金」
            に振り替えております。
                                  92/118



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         19.営業収益
           「営業収益」の内訳は以下のとおりです。
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自 2015年4月1日                (自 2016年4月1日
                              至 2016年3月31日)                至 2017年3月31日)
                                 百万円                百万円
          取引関連収益                           52,471                45,703
          清算関連収益                           23,140                21,454
          上場関連収益                           13,250                12,903
          情報関連収益                           17,706                18,112
                                      8,208                9,711
          その他
                                     114,776                107,885
                  合計
         20.営業費用

           「営業費用」の内訳は以下のとおりです。
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自 2015年4月1日               (自 2016年4月1日
                             至 2016年3月31日)               至 2017年3月31日)
                                 百万円               百万円
          人件費                           16,437               15,614
          システム維持・運営費                           9,480               10,813
          減価償却費及び償却費                           9,973               10,983
                                     15,034               12,774
          その他
                                     50,925               50,185
                  合計
         21.金融収益及び金融費用

           「金融収益」及び「金融費用」の内訳は以下のとおりです。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2015年4月1日               (自 2016年4月1日
                                  至 2016年3月31日)               至 2017年3月31日)
                                     百万円               百万円
          受取配当金                                1,410               1,183

                                            129               52
          受取利息
                                           1,540               1,235
                  金融収益 計
          支払利息
                                            36               8
                                            -               0
          その他
                  金融費用 計                          36               8
         22.1株当たり利益

           当連結会計年度の基本的1株当たり当期利益の計算は、親会社の所有者に帰属する当期利益42,124百万円
          (前連結会計年度:44,877百万円)及び加重平均普通株式数547,051千株(前連結会計年度:549,062千株)に
          基づき計算しております。希薄化後                1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
           なお、2015年10月1日を効力発生日として普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っているため、当
          該株式分割後の株式数を基準として遡及的に調整した株式数に基づき、基本的1株当たり当期利益を算定して
          おります。
           また、株式付与型ESOP信託口が保有する当社株式81,300株は、連結財政状態計算書の「自己株式」として処
          理しており、加重平均普通株式数からは控除しております。
                                  93/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
         23.金融商品
          (1)金融資産及び負債の分類
            金融資産及び負債の帳簿価額及び会計上の分類は以下のとおりです。
            前連結会計年度(2016年3月31日)

            ① 金融資産
                        純損益を通じて公正価            その他の包括利益を通
                                                 償却原価で測定される
                        値で測定される金融資            じて公正価値で測定さ
                                                    金融資産
                             産          れる金融資産
                            百万円            百万円            百万円
                                 -            -          66,547
          現金及び現金同等物
                                 -            -          10,096
          営業債権及びその他の債権
                             26,395,558                -            -
          清算引受資産
                                 -            -         2,809,433
          清算参加者預託金特定資産
                                 -            -            483
          信認金特定資産
                                 -            -          27,948
          違約損失積立金特定資産
                                 -          37,096            67,143
          その他の金融資産
                             26,395,558              37,096           2,981,652
                合計
            ②   金融負債

                            純損益を通じて               償却原価で測定される
                         公正価値で測定される金融負債                      金融負債
                              百万円                 百万円
                                      -               4,413
          営業債務及びその他の債務
          社債及び借入金(流動)                            -              22,500
                                  26,395,558                     -
          清算引受負債
                                      -             2,809,433
          清算参加者預託金
                                      -                483
          信認金
                                      -               7,429
          取引参加者保証金
                                      -              10,000
          社債及び借入金(非流動)
                                  26,395,558                 2,854,259
                合計
            当連結会計年度(2017年3月31日)

            ① 金融資産
                        純損益を通じて公正価            その他の包括利益を通
                                                 償却原価で測定される
                        値で測定される金融資            じて公正価値で測定さ
                                                    金融資産
                             産          れる金融資産
                            百万円            百万円            百万円
                                 -            -          73,553
          現金及び現金同等物
                                 -            -           9,774
          営業債権及びその他の債権
                             37,555,555                -            -
          清算引受資産
                                 -            -         3,374,863
          清算参加者預託金特定資産
                                 -            -            474
          信認金特定資産
                                 -            -          27,948
          違約損失積立金特定資産
                                 -          34,748            75,326
          その他の金融資産
                             37,555,555              34,748           3,561,940
                合計
                                  94/118





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            ②   金融負債
                            純損益を通じて               償却原価で測定される
                         公正価値で測定される金融負債                      金融負債
                              百万円                 百万円
                                      -               3,190
          営業債務及びその他の債務
          社債及び借入金(流動)                            -              22,500
                                  37,555,555                     -
          清算引受負債
                                      -             3,374,863
          清算参加者預託金
                                      -                474
          信認金
                                      -               8,142
          取引参加者保証金
                                      -              29,933
          社債及び借入金(非流動)
                                  37,555,555                 3,439,104
                合計
          (2)公正価値ヒエラルキー

            IFRS第13号「公正価値測定」は、公正価値の測定に利用するインプットの重要性を反映させた公正価値の
           ヒエラルキーを用いて、公正価値の測定を分類することを要求しております。
            公正価値の測定に用いられる公正価値の階層(公正価値ヒエラルキー)の定義は次のとおりです。
             ・レベル1:同一の資産又は負債に関する活発な市場における無修正の相場価格

             ・レベル2:資産又は負債に関する直接又は間接に観察可能な、レベル1に含まれる相場価格以外のイ
                   ンプットを用いて算定された公正価値
             ・レベル3:資産又は負債に関する観察可能でないインプットを用いて算定された公正価値
            金融商品の公正価値ヒエラルキーのレベルは、公正価値の測定の重要なインプットのうち、最も低いレベ

           ルにより決定されます。
            上記の定義に基づき、連結財政状態計算書において経常的に公正価値で測定されている金融資産及び金融
           負債の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりです。
            前連結会計年度(2016年3月31日)

                            レベル1            レベル2            レベル3

                            百万円            百万円            百万円

                               450,375           25,945,183                -
          清算引受資産
                               35,144              -           1,951
          その他の金融資産
                               485,519           25,945,183               1,951
                合計
          清算引受負債
                               450,375           25,945,183                -
                               450,375           25,945,183                -
                合計
            当連結会計年度(2017年3月31日)

                            レベル1            レベル2            レベル3

                            百万円            百万円            百万円

                               453,732           37,101,823                -
          清算引受資産
                               32,797              -           1,950
          その他の金融資産
                               486,530           37,101,823               1,950
                合計
          清算引受負債
                               453,732           37,101,823                -
                               453,732           37,101,823                -
                合計
                                  95/118




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            連結財政状態計算書上、公正価値で測定されていない金融資産及び金融負債の帳簿価額、公正価値及び公
           正価値ヒエラルキーは以下のとおりです。
            前連結会計年度(2016年3月31日)

                                             公正価値
                          帳簿価額
                                      レベル1             レベル2
                          百万円             百万円             百万円
                              67,143             66,165             1,001
         その他の金融資産
                              67,143             66,165             1,001
               合計
         社債及び借入金(非流動)

                              10,000               -           10,000
                              10,000               -           10,000
               合計
            当連結会計年度(2017年3月31日)

                                             公正価値
                          帳簿価額
                                      レベル1             レベル2
                          百万円             百万円             百万円
                              75,326             74,345             1,000
         その他の金融資産
                              75,326             74,345             1,000
               合計
         社債及び借入金(非流動)
                              29,933               -           30,000
                              29,933               -           30,000
               合計
            なお、連結財政状態計算書上、公正価値で測定されていない金融資産・金融負債のうち、下記の項目につ

           いては、いずれも短期であり、帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっているため、公正価値を開示し
           ておりません。
            ・現金及び現金同等物

            ・営業債権及びその他の債権
            ・清算参加者預託金特定資産
            ・信認金特定資産
            ・違約損失積立金特定資産
            ・営業債務及びその他の債務
            ・社債及び借入金(流動)
            ・清算参加者預託金
            ・信認金
            ・取引参加者保証金
          (3)公正価値の測定方法

            金融資産及び金融負債の公正価値は、以下のとおりです。
           ① 清算引受資産・負債

            以下の区分に従い、それぞれに掲げる方法によって公正価値を見積もっております。
             ・先物取引、オプション取引及び店頭デリバティブ取引については、期末日における清算値段により見

              積もっております。
             ・レポ取引については、取引決済日における受渡決済金額を割り引く方法により見積もっております。
           ② その他の金融資産

            市場性のある株式については市場価格を、市場性のある債券については日本証券業協会の売買参考統計値
           を用いて公正価値を見積もっております。
           ③ 社債及び借入金

                                  96/118


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                            有価証券報告書
            満期までの期間が長期であるものは、当社グループの信用力を反映した割引率を用いて、将来キャッ
           シュ・フローを割り引く方法により公正価値を見積もっております。
          (4)金融商品の相殺

            当社グループは、認識された金額を相殺する強制可能な法的権利を現在有しており、かつ純額で決済する
           か又は資産を実現すると同時に負債を決済する意図を有している場合には相殺し、連結財政状態計算書にお
           いて純額で計上しております。
            連結財政状態計算書における清算引受資産・負債に対する相殺の影響額は、以下のとおりです。
            前連結会計年度(2016年3月31日)

            ① 金融資産
                                     連結財政状態計算書で
                         認識された金融資産                          連結財政状態
                                       相殺された
                            の総額                       計算書残高
                                      金融資産の総額
                            百万円            百万円            百万円
                              50,035,432            24,124,211            25,911,220
          レポ取引
                              2,140,375            1,735,453             404,922
          上場オプション取引
                              26,826,664            26,747,248              79,415
          その他
                              79,002,471            52,606,913            26,395,558
                合計
            ② 金融負債

                                     連結財政状態計算書で
                         認識された金融負債                          連結財政状態
                                       相殺された
                            の総額                       計算書残高
                                      金融負債の総額
                            百万円            百万円            百万円
                              50,035,432            24,124,211            25,911,220
          レポ取引
                              2,140,375            1,735,453             404,922
          上場オプション取引
                              26,826,664            26,747,248              79,415
          その他
                              79,002,471            52,606,913            26,395,558
                合計
    &