第一三共株式会社 訂正有価証券報告書 第11期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券報告書-第11期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:第一三共株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の2第1項

      【提出先】                   関東財務局長

      【提出日】                   2017年6月7日

      【事業年度】                   第11期(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

      【会社名】                   第一三共株式会社

      【英訳名】                   DAIICHI    SANKYO    COMPANY,     LIMITED

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  眞鍋 淳

      【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

      【電話番号】                   03-6225-1111(代表)

      【事務連絡者氏名】                   財務経理部長  高村 健太郎

      【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

      【電話番号】                   03-6225-1111(代表)

      【事務連絡者氏名】                   財務経理部長  高村 健太郎

      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2









                                                           EDINET提出書類
                                                       第一三共株式会社(E00984)
                                                          訂正有価証券報告書
     1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
       2016年6月20日に提出した第11期(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)有価証券報告書の記載事項に追加す
      べき事項がありましたので、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものです。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第2 事業の状況
          1 業績等の概要
           (4)IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表に
            おけるこれらに相当する項目との差異に関する事項
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付して表示しています。
     第一部【企業情報】

     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (4)  IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と日本基準により作成した場合の連結財務諸表におけるこ
        れらに相当する項目との差異に関する事項
       (訂正前)
          (のれんの償却)
            日本基準では、のれんは、その効果が発現すると見積もられる期間で償却することとしておりましたが、
           IFRSでは、IFRS移行日以降、のれんの償却を行                      っておりません。
          (無形資産)
            日本基準では、技術導入契約の一時金等の支出は、費用として認識しておりましたが、IFRSでは、IAS第
           38号による無形資産の定義を満たすものについては資産化しております。
          (金融収益及び金融費用)
            日本基準では、資本性金融商品の売却損益を純損益にて認識しておりましたが、IFRSでは、資本性金融商
           品の公正価値の変動を純損益ではなく、その他の包括利益として表示することを選択しております。
       (訂正後)

          (のれんの償却)
            日本基準では、のれんは、その効果が発現すると見積もられる期間で償却することとしておりましたが、
           IFRSでは、IFRS移行日以降、のれんの償却を行                      わず、毎期減損テストを行っております。この結果、当連結
           会計年度の販売費及び一般管理費は、日本基準に比べて62億円減少しております。
          (無形資産)
            日本基準では、技術導入契約の一時金等の支出は、費用として認識しておりましたが、IFRSでは、IAS第
           38号による無形資産の定義を満たすものについては資産化しております。                                  この結果、当連結会計年度の研究
           開発費は、日本基準に比べて211億円減少しております。
          (金融収益及び金融費用)
            日本基準では、資本性金融商品の売却損益を純損益にて認識しておりましたが、IFRSでは、資本性金融商
           品の公正価値の変動を純損益ではなく、その他の包括利益として表示することを選択しております。                                              この結
           果、当連結会計年度の税引前利益は、日本基準に比べて480億円増加しております。
                                 2/2







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。