株式会社ジュンテンドー 有価証券報告書 第56期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第56期(平成28年3月1日-平成29年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社ジュンテンドー

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    中国財務局長
      【提出日】                    平成29年5月29日
      【事業年度】                    第56期(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
      【会社名】                    株式会社ジュンテンドー
      【英訳名】                    JUNTENDO     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  飯 塚   正
      【本店の所在の場所】                    島根県益田市下本郷町206番地5
      【電話番号】                    0856-24-2400(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  吉 野 順 祥
      【最寄りの連絡場所】                    島根県益田市下本郷町206番地5
      【電話番号】                    0856-24-2400(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  吉 野 順 祥
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/64













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
        提出会社の経営指標等
             回次            第52期        第53期        第54期        第55期        第56期
            決算年月            平成25年2月        平成26年2月        平成27年2月        平成28年2月        平成29年2月
                   (千円)     46,164,814        44,848,285        44,218,106        43,904,347        44,078,181
     売上高及び営業収入
                   (千円)       20,611       129,962        546,308        576,792        477,167
     経常利益
     当期純利益又は
                   (千円)      △ 212,115       △ 220,692        176,285        241,133        238,786
     当期純損失(△)
     持分法を適用した場合の
                   (千円)          -        -        -        -        -
     投資利益
                   (千円)      4,224,255        4,224,255        4,224,255        4,224,255        4,224,255
     資本金
                   (株)     20,827,911        20,827,911        20,827,911        20,827,911        8,331,164
     発行済株式総数
                   (千円)     10,607,817        10,313,757        10,476,551        10,396,695        10,615,731
     純資産額
                   (千円)     34,223,820        33,524,934        33,853,101        34,082,730        34,182,971
     総資産額
                   (円)       525.45        511.09        519.29       1,288.84        1,316.08
     1株当たり純資産額
                           4.00        2.50        2.50        3.00       10.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (1株当たり中間配当額)                      ( 2.00  )     ( 1.25  )     ( 1.25  )      ( - )      ( - )
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失              (円)      △ 10.51       △ 10.93        8.74       29.89        29.60
     金額(△)
     潜在株式調整後
                   (円)         -        -        -        -        -
     1株当たり当期純利益金額
                   (%)        31.0        30.8        30.9        30.5        31.1
     自己資本比率
                   (%)         -        -       1.70        2.31        2.27
     自己資本利益率
                   (倍)         -        -      19.57        11.21        20.17
     株価収益率
                   (%)         -        -      28.61        25.09        33.78
     配当性向
     営業活動による
                   (千円)       756,602       1,504,621        2,009,716         366,675       1,405,065
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)     △ 1,299,271        △ 396,082       △ 558,800      △ 1,703,701        △ 890,820
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)       771,339      △ 1,010,893        △ 848,499        965,209       △ 407,516
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (千円)       654,242        751,888       1,354,304         982,488       1,089,216
     期末残高
                            687        683        659        645        638
     従業員数
                   (名)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 892  )      ( 880  )      ( 878  )      ( 894  )      ( 881  )
      (注)1 「売上高及び営業収入」には、消費税等は含まれておりません。
         2 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がありませんので記載しておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 第52期及び第53期の自己資本利益率、株価収益率および配当性向については、当期純損失を計上しているた
           め記載しておりません。
         5 従業員数は、正社員(出向派遣者を除き、出向受入者を含む)の期末就業人員を従業員数とし、契約社員、
           嘱託社員等の有期契約社員及びパートタイマー(1日8時間換算)の年間平均人員の合計を臨時雇用者数と
           して記載しております。
         6 平成28年9月1日付で、普通株式について2.5株を1株の割合で株式併合を行ったため、第55期の期首に当
           該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。なお、第55期の1株当たり配当額については、当該株式併合前の実際の配当金の額を記載しておりま
           す。
                                  2/64


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      明治27年10月        島根県美濃郡益田町(現益田市)において現代表取締役社長飯塚正の曾祖父飯塚文市が順天堂薬局を
              創立。医薬品販売業を開始。
      昭和23年6月        有限会社に改組。商号を有限会社飯塚順天堂駅前薬局に変更。
      昭和28年2月        有限会社飯塚順天堂駅前薬局の商号を有限会社飯塚順天堂薬局に変更。
      昭和37年4月        スーパーマーケット順天堂を開業。
      昭和37年11月        有限会社飯塚順天堂薬局の商号を有限会社順天堂に変更。
      昭和44年9月        島根県益田市にハウジングランド順天堂駅前店を当社の第1号店として開店。
      昭和45年1月        スーパーマーケットを閉鎖し、テナントの家庭用品販売業「有限会社まるぶん」を吸収合併。
      昭和45年8月        有限会社順天堂の薬局部門として島根県益田市に順天堂薬品益田店開店。
      昭和45年12月        島根県益田市に順天堂土地住宅株式会社を設立。
      昭和50年8月        順天堂土地住宅株式会社を順天堂薬品株式会社に商号変更し、有限会社順天堂の薬局部門を吸収。
      昭和51年6月        島根県松江市に順天堂商事株式会社を設立。
      昭和52年11月        有限会社順天堂を株式会社順天堂に変更。
              本店所在地 益田市東町9番16号。家庭用品、園芸用品、DIY用品、レジャー用品、文具、家具、雑
              貨等の販売を主たる営業目的とする。
      昭和55年4月        小型店舗(500㎡未満型店舗―当社呼称150坪型店舗)として山口県に美祢店を開店。新設店舗の主力
              を150坪型に変更。
      昭和57年7月        株式会社順天堂の本社を益田市下本郷町179番地1に移転。
      昭和62年3月        株式会社順天堂の商号を株式会社ジュンテンドーに変更。
      昭和62年6月        順天堂薬品株式会社の商号をジャスト商事株式会社に変更。
      昭和62年9月        ジャスト商事株式会社の書籍販売部門として島根県大田市にブックセンタージャスト大田店開店。
      昭和63年7月        株式会社ジュンテンドーの本社を益田市下本郷町206番地5(現・本社所在場所)に移転。
      平成元年3月        広島証券取引所に株式を上場。
      平成元年12月        カー用品専門のイエローハット事業に進出。
      平成3年6月        大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
      平成11年2月        株式会社ジュンテンドーの営業本部を広島県安芸郡へ移転開設。
      平成12年3月        東京証券取引所市場第二部に上場。(広島証券取引所と東京証券取引所の合併による)
      平成14年11月        広島トランスファーセンター(広島県東広島市)の開設により、ロジスティクスの整備が完了。(平
              成12年2月兵庫県三木市に三木トランスファーセンターを開設。三木センター、広島センターの運営
              は順天堂商事株式会社)
      平成15年1月        全店にTC(通過型)物流による商品供給を開始。
      平成17年9月        株式会社ジュンテンドーが順天堂商事株式会社を吸収合併。
      平成18年4月        株式会社ジュンテンドーのホームセンター事業において、ジュンテンドーポイントカードの導入開
              始。
      平成20年2月        大阪証券取引所市場第二部について、上場廃止の申請を行い上場廃止。
      平成23年5月        保険代理業等を営むジャストサービス株式会社を設立。
      平成23年9月        株式会社ジュンテンドーがジャスト商事株式会社を吸収合併。
      平成29年3月        カー用品専門のイエローハット事業を株式会社イエローハットおよび株式会社山陰イエローハットに

              譲渡。
                                  3/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、主にホームセンター事業を営む当社および非連結子会社1社で構成されております。
        なお、当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を
       省略しております。
        事業の系統図は次のとおりであります。

      4【関係会社の状況】





        該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成29年2月28日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              638(881)                41.8              18.3             4,274

      (注)1 従業員数は、正社員(正社員に準ずる者を含む)の期末在籍者数から、出向派遣者を除き、出向受入者を加
           えた就業人員を記載しております。
         2 従業員数欄の( )内に臨時雇用者数を外数で記載しております。臨時雇用者数は、契約社員、嘱託社員等
           の有期契約社員及びパートタイマー(1日8時間換算)の年間平均人員の合計を記載しております。
         3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4   当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を
           省略しております。
       (2)労働組合の状況
         UAゼンセンジュンテンドー労働組合が結成されており、平成29年2月28日現在における組合員数は1,813名で
        あります。労使関係は安定しており、特記すべき事項はありません。
                                  4/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当事業年度におきましては、企業業績の底堅い推移、雇用・所得環境の改善傾向が続く中、景気は緩やかに持ち
        直しておりますが、個人消費においては可処分所得の伸び悩みから久しく低迷が続き、海外においては英国のEU
        離脱、中国経済の減速、加えて今年1月に誕生した米国新政権の政策動向など先行きの不確実性が高まっている状
        況にあります。
         このような経営環境のもと、当社におきましては、「地方都市、中山間地、離島のなくてはならないインフラに
        なろう」の経営方針のもと、「ホームセンターは、農業、園芸、資材、金物、工具、ワーキングの専門店である」
        の基軸にもとづいた商品施策を継続して                   実行する中で、積極的に価格競争力の強化に取り組みました結果                              、通期の
        営業収益(売上高および営業収入)は前事業年度を上回るものとなりました。特に当社の基軸の基幹部門となる園
        芸農業・資材工具部門は引き続き堅調に推移いたしました。一方、9月以降より冬場にかけての天候不順等の影響
        から、売上総利益は前事業年度より減少し、営業利益、経常利益、当期純利益も共に前事業年度より減少しまし
        た。
         以上の結果、当事業年度の営業収益(売上高および営業収入)は440億7千8百万円で、前年度比1億7千3百
        万円(0.4%)の増加となりました。うち                   売上高は、424億6千5百万円              で、  前年度比2億4百万円          (0.5%)の増
        加 となり、    営業収入は16億1千3百万円             で、  前年度比3千1百万円          (1.9%)の減少        となりました。
         商品別売上高では、家庭雑貨・家庭電器が125億8千万円で前年度比1億6千7百万円の減少、園芸農業・資材
        工具が195億7千2百万円で前年度比5億5千9百万円の増加、趣味・嗜好が69億7千5百万円で前年度比1千万
        円の増加、その他の売上が8百万円で前年度比微減、関連事業が33億2千7百万円で前年度比1億9千6百万円の
        減少となりました。
         損益面におきましては、売上総利益の減少により、                         営業利益は5億7千2百万円             で、  前年度比1億1千5百万円
        (16.7%)の減少        、 経常利益は4億7千7百万円              で、  前年度比9千9百万円           (17.3%)の減少        となりました。ま
        た、  当期純利益は2億3千8百万円              で、  前年度比2百万円        (1.0%)の減少        となりました。
         店舗につきましては、ホームセンター2店を開店し、ホームセンター2店、ブックセンター2店を閉店いたしま
        した。また、全面改装3店を実施しました。これにより、当事業年度末の店舗数は148店(ホームセンター13
        2店、イエローハット4店、ドラッグストア8店、ブックセンター4店)となり、前年度末比2店の減少となりま
        した。また、売場面積は255,397平方メートルで、前年度末比2,310平方メートル(0.9%)の増加となりました。
         当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略
        しております。
         なお、自動車用品等を販売する「イエローハット」FC事業を株式会社イエローハットおよび株式会社山陰イエ
        ローハットに平成29年3月1日付で事業譲渡しております。
        (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動により増加した資金を、主と
        して店舗建設等の投資活動と長期借入金の返済に充当し、前事業年度末に比べ1億6百万円増加の10億8千9百万
        円となりました。
         当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とその要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当事業年度における営業活動による資金の増加は14億5百万円(前事業年度は3億6千6百万円の増加)とな
         りました。
          主な要因は、資金収入の税引前当期純利益4億3千6百万円、非資金費用の減価償却費10億3千7百万円およ
         び減損損失6千万円等に対して、資金支出のたな卸資産の増加2億2千7百万円などによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当事業年度における投資活動により支出した資金は8億9千万円(前事業年度は17億3百万円の支出)となり
         ました。
          主な要因は、有形及び無形固定資産の取得による支出13億7百万円などによるものであります。
          支出の主な内容は、店舗の新規出店、増床および改装等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当事業年度における財務活動による資金の減少は4億7百万円(前事業年度は9億6千5百万円の増加)とな
         りました。
          主な要因は、長期借入金22億円の調達に対し、長期借入金22億5千7百万円、リース債務7千7百万円、割賦
         債務1千2百万円の返済、短期借入金2億円の純減及び配当金6千万円等の支出によるものであります。
                                  5/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      2【仕入及び販売の状況】
        当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであり、部門別に示すと次のとおりであり
       ます。
       (1)仕入実績
                                        当事業年度
                                    (自 平成28年3月1日
             部門別
                                     至 平成29年2月28日)
                            金額(千円)             構成比(%)            前年同期比(%)
       家庭雑貨・家庭電器                        8,975,453               29.7            99.6
       園芸農業・資材工具                        13,697,544               45.3            103.4
       趣味・嗜好                        5,143,266               17.0            102.0
       その他                          5,213             0.0            82.9
       ホームセンター事業                        27,821,478               92.0            101.9
       関連事業                        2,414,914               8.0            91.4
              合計                  30,236,392               100.0            101.0
       (2)販売実績

                                        当事業年度
                                    (自 平成28年3月1日
             部門別
                                     至 平成29年2月28日)
                            金額(千円)             構成比(%)            前年同期比(%)
            家庭雑貨・家庭電器                   12,580,233               28.6            98.7
            園芸農業・資材工具                   19,572,829               44.4            102.9
            趣味・嗜好                   6,975,072               15.8            100.2
      売上高      その他                     8,995             0.0            93.7
            ホームセンター事業                   39,137,131               88.8            101.0
            関連事業                   3,327,932               7.5            94.4
               売上高合計               42,465,063               96.3            100.5
            ホームセンター事業                   1,600,908               3.7            98.1
     営業収入       関連事業                     12,208              0.0            97.6
               営業収入合計                1,613,117               3.7            98.1
         売上高及び営業収入合計                      44,078,181               100.0            100.4
      (注)1 ホームセンター事業の各部門の内容は次のとおりであります。
           家庭雑貨・家庭電器            台所用品、家庭用品、日用消耗品、家電製品、寝装・インテリア等
           園芸農業・資材工具            家庭園芸用品、農業用品、工具・建築金物、塗料・作業用品等
           趣味・嗜好            ペット用品、オフィス・店舗用品等
           その他            消耗品等
         2 関連事業の内容は次のとおりであります。
           カー・レジャー用品、書籍・CD・DVD、ドラッグ等
         3 仕入実績の金額は、仕入価格によっております。
         4 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  6/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (3)県別売上状況
                                            当事業年度
                                        (自 平成28年3月1日
                                         至 平成29年2月28日)
                 部門別
                                              前年     期末     店舗数
                                   金額     構成比
                                             同期比     店舗数     前期比増減
                                  (千円)      (%)
                                             (%)     (店)      (店)
              島根県                    7,036,740        16.0     103.3       18      -
              鳥取県                    2,672,665        6.1    101.2       11      -
              山口県                    6,228,054        14.1     100.3       27      -
              岡山県                    4,553,260        10.3     99.8      14      △1
              広島県                    11,390,196        25.8     100.4       32       1
              兵庫県                    3,518,626        8.0    100.5       16      -
              京都府                    1,843,901        4.2    100.2       5      -
     売上高
              和歌山県                     910,955       2.1    112.2       5      -
              奈良県                     610,559       1.4     99.8       3      -
              三重県                     363,176       0.8     94.3       1      -
              その他                      8,995      0.0     93.7      -      -
             ホームセンター事業合計                     39,137,131        88.8     101.0      132       -
             関連事業                     3,327,932        7.5     94.4      16      △2
                    売上高合計             42,465,063        96.3     100.5      148      △2
             ホームセンター事業                     1,600,908        3.7     98.1      -      -
     営業収入       関連事業                       12,208       0.0     97.6      -      -
                   営業収入合計              1,613,117        3.7     98.1      -      -
             売上高及び営業収入合計                    44,078,181        100.0     100.4       -      -
      (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      3【対処すべき課題】

        堅調な企業業績や人手不足の中での雇用・所得環境の改善を背景に、景気は緩やかな回復基調にあります。企業の
       高収益体質は維持されており、雇用・所得環境の改善も当面は続くものとみられるため、景気は緩やかな回復局面が
       続くものと思われます。
        小売業界におきましては、雇用・所得環境の改善が必ずしも実質所得の上昇に結びついておらず、また若年層を中
       心として将来不安からくる生活防衛意識の高まりなどから、消費者の購買意欲は引き続き低迷するものと思われま
       す。さらに、人口減少により市場規模が縮小していく中、業種業態を問わず企業間競争がますます激しくなっている
       のが現状です。
        こうした状況のもと、当社は次の課題に取り組んでまいります。
        「地方都市、中山間地、離島のなくてはならないインフラになろう」の志・経営理念のもとに、「ホームセンター
       は、農業、園芸、資材、金物、工具、ワーキングの専門店である」の基軸にもとづき、商品・販売施策強化と修理、
       貸出、技術提供等のサービス面の充実を図ってまいります。一方、ドラッグストア・ブックセンターの関連事業を含
       め、地域インフラの充実整備に努めます。
        店舗につきましては、第57期におきましてホームセンター1店の開店と1店の増床を予定しております。また、改
       装につきましては、全面改装2店を予定し、収益の向上に取り組んでまいります。
        加えて、財務面におきましても、経営資源を最大限に有効活用し、企業体質および財務体質の強化に努めてまいり
       ます。
                                  7/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、当事業年度末において当社が判断したものであります。
       (1)出店に関するリスク
         当社は、中国地方、近畿地方において営業活動を行っており、出店地域や出店形態により300坪型から1,000坪型
        の店舗により出店を行っております。
         今後も、同様な政策による出店を進めてまいりますが、経済環境の変化や、競合他社の動向により、当社の出店
        政策および業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)出店に関する法的規制について

        ① 「大規模小売店舗立地法」(平成12年6月1日施行)による規制について
          売場面積1,000㎡を超える店舗の出店につきましては、大規模小売店舗立地法の定めにより環境対策等の規制
         が行われており、規制をクリアできなければ出店することができないこととなっております。
          現在、当社は、300坪型から1,000坪型の店舗にて出店を行っておりますが、平米数で1,000㎡を超える場合に
         は、大規模小売店舗立地法の規制の対象となるため、出店にあたり、スケジュールの難航やコスト負担の増加な
         どの影響を受ける可能性があります。
        ② 商品販売に係る法的規制について
          ホームセンターにおきましては、販売にあたり法的規制を受ける「医療機器」「灯油」「農薬」等の商品を取
         り扱っております。また、ドラッグストアにおきましては、該当医薬品の販売に関し、薬剤師或いは登録販売者
         の配置の義務付けなど「薬事法」等の規制を受けております。
          当社は、これらの法的規制を遵守のうえ営業を行っておりますが、許認可の状況および有資格者の確保の状況
         によっては、出店政策および営業に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)災害等に関するリスク

         当社は、店舗および本社等の建物や店舗の商品について火災保険に加入しておりますが、地震を始め保険の対象
        外となる損害が発生した場合は、業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)天候要因によるリスク

         当社の中心でありますホームセンターにおきましては、冷暖房用品や海浜用品、祭事用品などの季節性の高い商
        品を取り扱っております。このため、冷夏、暖冬などの気候条件の不順により、予定する販売高を達成できない場
        合、売上高の減少や、余剰在庫を抱える可能性があり、業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)個人情報保護について

         当社では、顧客に対するサービスを目的として、「会員カード」「ポイントカード」「クレジットカード」の発
        行や「懸賞」の受付等を行っているため、顧客に関する情報を保管しております。
         顧客情報につきましては、「個人情報保護規程」を制定し、厳重な管理をしておりますが、犯罪行為やシステム
        障害等により、情報の流出が起こる可能性があり、また、提携先クレジット会社等からの情報の流出の可能性があ
        ります。こうした事態が発生した場合は、社会的信用の低下による売上の減少や被害者からの損害賠償の責に問わ
        れるなど、当社の業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)同業他社および他業態との競争激化によるリスク

         ホームセンター業界は、他のホームセンターおよび他業態との競争が熾烈を極める状況となっております。現
        在、当社は、中国地方で118店舗(ホームセンター102店舗、イエローハット4店舗、ドラッグストア8店舗、ブッ
        クセンター4店舗)、近畿地方で30店舗(ホームセンター30店舗)を営業しており、今後も、中国地方、近畿地方
        において出店を計画しております。
         しかし、当社の営業エリアにおきましては、多店舗展開を進めるコンビニエンスストアや大規模商業施設および
        他のホームセンターの出店が加速しており、オーバーストアの状態となっている地域もあります。また、現在、当
        社のドミナントエリアである地域につきましても、他店の出現により競争にさらされることとなり、こうした競争
        は、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  8/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (7)資金調達に関するリスク
         当社は、金融機関からの借入により、設備資金や運転資金等を調達しておりますが、当社の経営環境の悪化等の
        要因、または金融機関の合併や政府系金融機関の民営化の状況などにより、金融機関との取引に影響を及ぼす可能
        性があります。
         また、今後の金利動向によっては、利息の負担増など、経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (8)固定資産の減損等に関するリスク

         「固定資産の減損に係る会計基準」におきましては、当社の資産または資産グループについて、減損損失を認識
        する必要があると判定されたものについては、その回収可能価額まで帳簿価額を減額し、当該減少額を減損損失と
        して計上することとされております。こうした減損の判定につきましては継続的に行うこととされているため、減
        損の発生状況によっては、業績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        当社は、平成28年11月24日開催の取締役会において、当社の自動車用品等を販売する「イエローハット」FC事業
       を株式会社イエローハットおよび株式会社山陰イエローハットに事業譲渡することについて決議を行い、平成29年2
       月17日付で事業譲渡契約を締結し、平成29年3月1日付で事業を譲渡しております。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当事業年度末において当社が判断したものであります。
       (1)当事業年度の経営成績の分析
         当事業年度の営業収益(売上高及び営業収入)は、440億7千8百万円で、前事業年度比1億7千3百万円
        (0.4%)の増加となりました。
         売上高は、「ホームセンター事業」が391億3千7百万円、「関連事業」が33億2千7百万円、売上高全体では
        424億6千5百万円で前事業年度比2億4百万円(0.5%)の増加となりました。なお、営業収益に占める売上高の
        割合は96.3%であります。
         売上総利益は124億5千7百万円で、前事業年度比1億9百万円(0.9%)の減少となり、売上高に対する売上総
        利益率は29.3%で前事業年度比0.4ポイントの減少となりました。
         営業収入は、「ホームセンター事業」が16億円、「関連事業」が1千2百万円、営業収入全体では16億1千3百
        万円で前事業年度比3千1百万円(1.9%)の減少となりました。なお、営業収益に占める営業収入の割合は3.7%
        であります。
         営業総利益は、140億7千万円で前事業年度比1億4千万円(1.0%)の減少となり、営業収益に対する営業総利
        益率は31.9%で前事業年度比0.4ポイントの減少となりました。
         販売費及び一般管理費は、134億9千7百万円で前事業年度比2千5百万円(0.2%)の減少となり、営業収益販
        管費率は30.6%で前事業年度比0.2ポイントの減少となりました。
         営業利益は5億7千2百万円で前事業年度比1億1千5百万円(16.7%)の減少、経常利益は4億7千7百万円
        で前事業年度比9千9百万円(17.3%)の減少となりました。
         当期純利益は2億3千8百万円で前事業年度比2百万円(1.0%)の減少となり、増収減益となりました。
         また、1株当たり当期純利益金額は29.60円(前事業年度は29.89円)となりました。
         これらの要因につきましては、第2[事業の状況]1[業績等の概要](1)業績に記載しております。
                                  9/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (2)資本の財源および資金の流動性についての分析
        ① 財政状態の分析
         (流動資産)
          当事業年度末の流動資産の残高は142億2百万円で前事業年度比3億2千3百万円(2.3%)の増加となりまし
         た。この主な要因は、現金及び預金1億6百万円、たな卸資産2億2千7百万円の増加によるものであります。
         (固定資産)
          当事業年度末の固定資産の残高は199億8千万円で前事業年度比2億2千3百万円(1.1%)の減少となりまし
         た。この主な要因は、建設協力金1億7千2百万円の減少によるものであります。
         (流動負債)
          当事業年度末の流動負債の残高は115億7千2百万円で前事業年度比1千8百万円(0.2%)の増加となりまし
         た。この主な要因は、          未払金1億9百万円、未払法人税等1億6百万円、                        1年内返済予定の長期借入金1億7千
         5百万円の増加に対して、短期借入金2億円の減少によるものであります。
         (固定負債)
          当事業年度末の固定負債の残高は119億9千4百万円で前事業年度比1億3千7百万円(1.1%)の減少となり
         ました。この主な要因は、長期借入金2億3千2百万円の減少によるものであります。
         (純資産)
          当事業年度末の純資産の残高は106億1千5百万円で前事業年度比2億1千9百万円(2.1%)の増加となりま
         した。この主な要因は、利益剰余金1億7千8百万円、その他有価証券評価差額金4千万円の増加によるもので
         あります。
        ② キャッシュ・フローの分析
          キャッシュ・フローの分析につきましては、第2[事業の状況]1[業績等の概要](2)キャッシュ・フロー
         の状況に記載しております。
       (3)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社の営業基盤であります中国地方・近畿地方は、同業他社を始め、多店舗展開を進めるコンビニエンススト
        ア、大規模商業施設等の出店により競争が激化しており、厳しい経営環境となっております。また、デフレ圧力の
        強まりによる商品価格の変動および天候要因などが、経営成績に影響を及ぼすことが予測されます。
       (4)戦略的現状と見通し

         前項に記載しておりますように、厳しい経営環境が続く中、ホームセンター業界をはじめ、小売業界の市場競争
        は熾烈を極める状況にあります。当社は、過去、中国地方において150坪型の店舗を多店舗展開してまいりました
        が、現在は、300坪型から1,000坪型の店舗を基本に新規出店およびリニューアルを行っております。出店形態につ
        きましては、単独での出店のほか、他業態が運営する商業集積への出店、当社が主体となり食品スーパー等のテナ
        ントの入店を受ける形態での出店などの複合型の形態によっております。今後も、当社の営業エリアである中国地
        方、近畿地方において同様の政策による積極的な出店およびリニューアルを行い、商圏のドミナント化を進めてま
        いります。
         商品および販売政策におきましては、農家のお客様や建築関係のお客様へ「生産財」の商品の提供を強化するた
        め、品揃えや売り方の改革を図ってまいります。加えて、接客、特注品対応、修理、貸出、技術提供等のサービス
        面の充実に取り組んでまいります。
         自社カードシステムにつきましては、平成20年3月をもって全店舗への導入を完了しており、ポイントの付与に
        よる顧客サービスはもとより、カード会員を対象としたイベントの開催や情報提供など、顧客満足度の向上とより
        一層の販売促進を行ってまいります。
                                 10/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、「ホームセンター事業」と
       「関連事業」に区分した事業部門別に記載しております。
        当社では、店舗のクローズアンドビルドおよび全面改装並びに新設を進めており、当事業年度はこれらを中心に設
       備投資額は13億8千8百万円となりました。なお、設備投資には有形および無形固定資産の他、長期前払費用、建設
       協力金、敷金等を含めて記載しております。
        当事業年度は、「ホームセンター事業」において、ホームセンター2店の開店を実施いたしました。改装につきま
       しては、「ホームセンター事業」において、ホームセンター3店の全面改装を実施いたしました。また、「ホームセ
       ンター事業」でホームセンター2店、「関連事業」でブックセンター2店                                   を 閉店しておりますが、重要な設備の除
       却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、「ホームセンター事業」と
       「関連事業」に区分した事業部門別に記載しております。
        当社における主要な設備は次のとおりであります。
                                                    平成29年2月28日現在
                                      帳簿価額(千円)
        事業所名                                                従業員数
                事業部門の名称        設備の内容
                                             器具備品及び
       (所在地)                      建物及び      土地                     (名)
                                       リース資産            合計
                                             車両運搬具等
                             構築物     (面積㎡)
     ホームセンター益田店
                                   3,976,017
     (島根県益田市)          ホームセンター事業         営業施設     7,215,254            56,329     444,766    11,692,369        453
                                   (58,892)
     外 合計132店舗
     イエローハット松江店
                 関連事業
     (島根県松江市)                   同上      22,042       -      -    3,189     25,231       5
               (カー用品専門店)
     外 合計4店舗
     サンデーズ浜田店
                  同上                  25,957
                         同上
     (島根県浜田市)                         45,433            123     4,087     75,601       22
               (ドラッグストア)                      (914)
     外 合計8店舗
     ブックセンター浜田店
                  同上                  144,311
     (島根県浜田市)                   同上      53,260           1,158      1,971     200,702       17
               (ブックセンター)                     (4,036)
     外 合計4店舗
     広島センター
               ホームセンター事業
                                   146,232
     (広島県東広島市)                   同上     286,646            3,780     113,783      550,443       -
               (物流センター)                    (15,771)
     外 合計5箇所
     江津テナント
                  同上
                                   974,149
                       賃貸営業施設
     (島根県江津市)                         534,011             -    2,476    1,510,637        -
                (テナント等)
                                   (42,267)
     その他
     本部
               ホームセンター事業
                                   782,494
                       統括業務施設
     (島根県益田市)             及び            223,690           68,670      17,131    1,091,985        141
                                   (12,944)
                 関連事業
     その他
      (注)1 従業員数は、正社員(正社員に準ずる者を含む)の期末在籍者数から、出向派遣者を除き、出向受入者を加
           えた就業人員であります。
         2 上記のほか、主要なリース設備として以下のものがあります。
                          リース契約期間             年間リース料            リース契約残高
                設備名
                            (年)            (千円)            (千円)
            防犯システム                       6          28,059            81,774

            貨物自動車                       6          5,122            35,568

            軽自動車                       6          3,839            26,294

                                 11/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、「ホームセンター事業」と
       「関連事業」に区分した事業部門別に記載しております。
        平成29年2月28日現在において計画している新設、改修、除却、売却等の主なものは次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設等
                          投資予定額(千円)
                                                    完成後の     増加する
       事業所名                            資金調達     着手      完了
             事業部門の名称       設備の内容                               売場面積     売場面積
       (所在地)                            方法     (予定)年月      (予定)年月
                                                    (㎡)     (㎡)
                          総額    既支払額
                                   自己資金
     北栄店
             ホーム                           平成29年      平成29年
                     新設店舗     405,683      3,417    及び                 2,925     2,925
     (鳥取県東伯郡北栄町)
             センター事業                            3月      7月
                                    借入金
       (2)重要な設備の除却

          該当事項はありません。
                                 12/64
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      28,800,000

                  計                                     28,800,000

      (注)平成28年5月20日開催の第55回定時株主総会決議により、平成28年9月1日付で株式併合に伴う定款の変更が行
         われ、発行可能株式総数は43,200,000株減少し、28,800,000株となっております。
        ②【発行済株式】

               事業年度末現在             提出日現在         上場金融商品取引所名又
       種類        発行数(株)            発行数(株)          は登録認可金融商品取引                内容
             (平成29年2月28日)            (平成29年5月29日)            業協会名
                                     東京証券取引所            単元株式数は100株で
      普通株式             8,331,164            8,331,164
                                     市場第二部            あります。
        計           8,331,164            8,331,164           ―            ―
      (注)平成28年5月20日開催の第55回定時株主総会決議により、平成28年9月1日付で当社普通株式2.5株を1株に株
         式併合し、発行済株式総数が12,496,747株減少しております。あわせて、単元株式数を1,000株から100株に変更
         しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     平成28年9月1日(注)            △12,496,747         8,331,164        -      4,224,255        -      3,999,241
      (注)平成28年5月20日開催の第55回定時株主総会決議により、平成28年9月1日付で当社普通株式2.5株を1株に株
         式併合し、発行済株式総数が12,496,747株減少しております。
       (6)【所有者別状況】

                                                  平成29年2月28日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満
        区分                            外国法人等                   株式の状況
              政府及び
                        金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
              地方公共     金融機関                                計
                        取引業者      法人               その他
               団体                   個人以外      個人
     株主数(名)           -     14     11     115      8     1   3,795     3,944        -

     所有株式数
                 -   14,280       194    21,196       132      1   47,266     83,069      24,264
     (単元)
     所有株式数
                 -    17.19      0.23     25.52      0.16     0.00     56.90     100.00        -
     の割合(%)
      (注)自己株式265,006株は、「個人その他」に2,650単元、「単元未満株式の状況」に6株を含めて記載しておりま
          す。
                                 13/64


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                  平成29年2月28日現在
                                                   発行済株式総数に
                                          所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                           (千株)
                                                    の割合(%)
                                               2,436          29.24

     飯 塚   正               広島市東区
                                               1,071          12.86
     有限会社サンデーズ               島根県鹿足郡津和野町森村イ542番地
                     島根県益田市下本郷町206番地5                           379          4.55
     ジュンテンドー社員持株会
                                                365          4.38
     株式会社山陰合同銀行               島根県松江市魚町10番地
                                                223          2.68
     アイリスオーヤマ株式会社               仙台市青葉区五橋2丁目12番1号
                                                184          2.21
     株式会社山口銀行               山口県下関市竹崎町4丁目2番36号
     日本トラスティ・サービス信託
                                                149          1.80
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口4)
                                                147          1.77
     第一生命保険株式会社               東京都千代田区有楽町1丁目13番1号
                                                141          1.70
     杣 山 令 子               東京都中野区
                                                141          1.69
     大 田 圭 子               千葉市花見川区
                              ―                 5,239          62.89
            計
      (注)1 上記のほか、当社所有の自己株式265千株(3.18%)があります。
         2 上記のうち日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口4)は、株主名簿上の株主であり、当事業
           年度末現在の実質的な株主は預金保険機構であります。
       (8)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年2月28日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                      ―           ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―              ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―              ―
                      普通株式         265,000
                      普通株式       8,041,900
     完全議決権株式(その他)                                   80,419            ―
                      普通株式       24,264

     単元未満株式                                 ―              ―
     発行済株式総数                      8,331,164           ―              ―

     総株主の議決権                      ―             80,419            ―

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式6株が含まれております。
                                 14/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  平成29年2月28日現在
                                 自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数に

       所有者の氏名又は名称                所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計     対する所有株式数
                                  (株)      (株)      (株)       の割合(%)
     (自己保有株式)              島根県益田市

                                  265,000       ―     265,000           3.18
     ㈱ジュンテンドー              下本郷町206番地5
           計              ―        265,000       ―     265,000           3.18
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】          会社法第155条第7号及び第9号による普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           会社法第155条第9号による取得
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      取締役会(平成28年8月26日)での決議状況
                                           349           113,425
      (取得日      平成28年9月16日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                      349           113,425
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -             -
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             -
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             -
      (注)1.平成28年9月1日を効力発生日とする普通株式2.5株を1株とする株式併合により発生した1株に満たない
           端数の処理について、会社法第235条第2項、第234条第4項及び第5項の規定に基づく自己株式の買取を
           行ったものです。
         2.買取単価は、買取日の東京証券取引所における当社普通株式の終値であります。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           会社法第155条第7号による取得
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                        240            77,010
     当期間における取得自己株式                                        60           33,540

      (注)1.当期間における取得自己株式には、平成29年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
           りによる株式数は含めておりません。
         2.  平成28年5月20日開催の第55回定時株主総会決議により、平成28年9月1日付で当社普通株式2.5株を1株
           とする株式併合を実施しました。当事業年度における取得自己株式240株の内訳は、株式併合前50株、株式
           併合後190株であります。
                                 15/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                  -        -        -        -
     取得自己株式
     その他(―)                             -        -        -        -
     保有自己株式数                          265,006           -      265,066           -

      (注)当期間における保有自己株式数には、平成29年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         および売渡しによる株式数は含めておりません。
      3【配当政策】

        当社は、財務体質の向上と経営基盤の強化を計りつつ、収益状況および配当性向等を総合的に勘案し、株主に対す
       る利益還元を充実させることを重要施策としております。
        当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、期末配当は株主総
       会であります。
        上記方針に基づき、当事業年度の剰余金の配当につきましては、1株当たり10円としております。
        内部留保資金につきましては、新規出店等の設備投資に充当し、企業体質の強化に努めてまいります。
        なお、当社は、取締役会の決議によって、毎年8月31日を基準日として、会社法第454条第5項に規定する剰余金
       の配当(中間配当)を行うことができる旨を定款に定めております。
       (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。
                 決議年月日              配当金の総額(千円)                1株当たり配当額(円)
            平成29年5月26日
                                        80,661                 10.00
            定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第52期         第53期         第54期         第55期         第56期
       決算年月        平成25年2月         平成26年2月         平成27年2月         平成28年2月         平成29年2月

                                                         683
       最高(円)             154         149         231         210
                                                        (145)
                                                         312
       最低(円)             108         120         124         121
                                                        (122)
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
         2.平成28年9月1日付で当社普通株式2.5株を1株とする株式併合を実施したため、第56期の株価について
           は、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株価は()にて記載しております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成28年9月          10月        11月        12月      平成29年1月          2月
       最高(円)             345        369        419        395        586        683

       最低(円)             314        328        347        373        390        575

      (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
                                 16/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性 12名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                      野村證券㈱退社
                                昭和62年3月
                                昭和62年3月      当社入社
                                平成6年11月      取締役
                                平成9年11月      常務取締役
            営業本部長
      代表取締役
                                平成11年5月
              兼    飯 塚   正       昭和34年12月15日              営業本部長(現任)              (注)4      2,236
       社長
            開発本部長
                                平成12年3月
                                      開発本部長(現任)
                                平成17年5月      代表取締役社長(現任)
                                      (重要な兼職の状況)
                                       ジャストサービス㈱取締役
                                平成21年4月      ㈱山陰合同銀行から出向
                                      経営企画室長
                                平成21年5月      当社取締役
                                平成22年5月      総務部長
                                平成22年6月      ㈱山陰合同銀行退社
      常務取締役      管理本部長      吉 野 順 祥       昭和30年6月20日                            (注)4       16
                                平成24年5月      経理部長
                                平成25年5月
                                      常務取締役(現任)
                                      管理本部長(現任)
                                      (重要な兼職の状況)
                                       ジャストサービス㈱代表取締役
                                平成元年4月      当社入社
                                平成15年5月      商品Ⅰ部長
                                平成18年3月      商品事業部長
       取締役     商品事業部長      森 川   修       昭和33年2月27日
                                                    (注)4       10
                                      兼商品企画室長
                                平成20年5月
                                      取締役   (現任)
                                平成28年3月
                                      商品事業部長(現任)
                                昭和61年11月      当社入社
                                平成22年4月      店舗開発部副部長
       取締役     店舗開発部長      小 林   仁       昭和31年11月24日                            (注)4       7
                                平成24年5月
                                      店舗開発部長(現任)
                                平成27年5月
                                      取締役(現任)
                                昭和58年11月      当社入社
                                平成15年5月      販売企画部長
           情報システム部長
       取締役           永 井 智 寛       昭和33年6月14日
                                                    (注)4       7
                                平成28年3月
                                      情報システム部長(現任)
                                平成28年5月      取締役(現任)
                                昭和60年12月      当社入社
                                平成24年3月      研修部長
       取締役      人事部長     田 中 浩 司       昭和33年9月10日                            (注)4       -
                                平成29年3月      人事部長(現任)
                                平成29年5月
                                      取締役(現任)
                                平成2年4月      当社入社
                                平成18年3月      商品Ⅰ部長
            総務部長
       取締役       兼    小 田 恭 司       昭和34年4月22日        平成28年3月      総務部長
                                                    (注)4       -
           経営企画室長
                                      兼経営企画室長(現任)
                                平成29年5月
                                      取締役(現任)
                                平成21年3月      島根県松江警察署長
                                平成23年3月      島根県警察本部交通部長
       取締役
                 村 上 正 行       昭和27年9月20日        平成24年3月      警備部長
              ―                                      (注)4       1
      (非常勤)
                                平成25年3月      島根県警察本部退職
                                平成27年5月      当社取締役(現任)
                                 17/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名       生年月日                          任期
                                         略歴
                                                        (千株)
                                平成22年4月      ㈱山陰合同銀行から
                                      ジャスト商事㈱へ出向
                                      ジャスト商事㈱常務取締役
                                平成22年5月      当社取締役
                                平成23年4月      ㈱山陰合同銀行退社
                                平成23年9月      ブックセンター事業部長
       監査役
              ―    鮫 島   実       昭和32年2月21日        平成24年3月      関連事業部長              (注)5       11
      (常勤)
                                平成24年5月      経営企画室長兼総務部長
                                平成25年5月      総務部長
                                平成28年3月      総務部担当
                                平成28年5月      監査役(現任)
                                      (重要な兼職の状況)
                                       ジャストサービス㈱監査役
                                昭和61年11月      司法書士資格取得
       監査役       ―    羽 柴 克 郎       昭和27年12月20日        昭和62年2月      司法書士事務所開業              (注)5       ▶
                                平成16年5月      当社監査役(現任)
                                平成17年7月      広島北税務署長退官
       監査役       ―    田 原   豊       昭和20年8月1日        平成17年9月      税理士事務所開業              (注)5       3
                                平成20年5月
                                      当社監査役(現任)
                                平成17年7月      広島国税局総務部次長
                                平成18年7月      福山税務署長
                                平成19年7月      福山税務署長     退官
       監査役       ―    牛 尾 義 昭       昭和22年10月7日        平成19年9月      税理士事務所開業              (注)5       0
                                平成19年11月      当社顧問税理士
                                平成28年3月      当社顧問税理士退任
                                平成28年5月
                                      当社監査役(現任)
                              計
                                                          2,297
      (注)1 役員の所有株式数は、千株未満を切り捨てて表示しております。
         2 取締役 村上正行は、社外取締役であります。
         3 監査役 羽柴克郎、田原              豊、牛尾義昭は、社外監査役であります。
         4 取締役の任期は、平成29年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成31年2月期に係る定時株主総会終結
           の時までであります。
         5 監査役の任期は、平成28年2月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年2月期に係る定時株主総会終結
           の時までであります。
         6 代表取締役社長飯塚正は、平成29年4月27日に立会外分売により当社株式200,000株の売却を行っておりま
           す。
                                 18/64









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、「関わる人々の幸せに貢献できる会社を創造しよう」を経営理念としております。お客様に新鮮でより
        快適な住まいと、暮らしを営んでいただくための生活提案を行い、より良い品をより安く提供することを基本理念
        として、「お客様に感謝の気持ちと、お客様の立場に立った」いっそうのサービスをすることを行動理念とし生活
        を応援しております。
         当社は、こうした経営理念の実現を通して                     、「地方都市、中山間地、離島のなくてはならないインフラになろ
        う」の志のもと、        地域社会に貢献し、また、昨今における急激な経営環境の変化に迅速・的確に適応し、長期的な
        繁栄と成長を目指しております。
         このため、当社は、経営の透明性・健全性を高めるため自己牽制力のある組織に改善するとともに、経営環境の
        変化に迅速に対応できる組織体制の構築に努めております。
         ① 企業統治体制

          (イ)企業統治体制の概要
           a 取締役会は、取締役8名および監査役4名出席のもと、月1回定例的に開催しております。また、必要
            に応じて臨時取締役会を開催しております。
           b 業務の健全性、透明性および迅速化を計るため、月2回経営会議を開催しております。経営会議は幹部
            社員および常勤監査役が出席のうえ開催しております。
           c 当社は監査役制度を採用しております。監査役は4名で、うち常勤監査役1名、非常勤監査役3名であ
            り、非常勤監査役3名は社外監査役であります。
           d 社長直属の監査室を置き、内部監査計画に基づき業務監査等を定期的に実施しております。
           e 社内専従スタッフを配置したコンプライアンス委員会および情報管理委員会、また、リスク管理委員会
            および内部統制委員会を設置し、コンプライアンス体制の強化に努めております。
           f 監査法人として有限責任              あずさ監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。
           g 法律事務所と顧問契約を締結し、重要な法律問題に関して指導・助言を受けております。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の関係図は次のとおりであります。
                                 19/64












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
          (ロ)当該体制を採用する理由
             当社は、取締役会、監査役、内部監査室及び会計監査人並びに顧問弁護士と連携を持ちながら、業務の
            意思決定とリスク管理、コンプライアンスの徹底及び内部統制の強化を図るため、上述の体制を採用して
            おります。
          (ハ)その他の企業統治に関する事項

            ・内部統制システムの整備の状況
           a 取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
             当社は、社是「関わる人々の幸せに貢献できる会社を創造しよう」を経営理念とし、「私たちの誓い」
            を行動規範として社内に徹底しております。
             コンプライアンス経営を推進するため全体を統括する組織として、コンプライアンス委員会(事務局)
            を設置するとともに、コンプライアンス規程およびコンプライアンスマニュアルを制定しております。
             監査室は、会社の業務執行状況を監視し定期的に取締役会へ報告しております。
             「社内通報規程」に基づく社内通報制度を制定し、重要な企業倫理違反の早期発見と防止を図っており
            ます。
           b 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
             取締役会議事録、その他の定例会議の議事録は、文書管理規程に基づき保存、管理を行っております。
             取締役会議事録、その他の定例会議の議事録は、必要に応じて閲覧できるよう整備しています。
           c 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             当社は、損失の危機に関しては、「リスク管理規程」の定めることに基づき管理本部長を委員長とする
            「リスク管理委員会」を設置し、当社および子会社全体のリスクを網羅的に把握・管理する体制の構築を
            行い、これを運用しております。
             また、リスク管理委員会は、内部統制委員会、情報管理委員会とリスク管理に関し緊密に連携し、内部
            統制委員会のもとで適切なリスク対策を行っております。
           d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             当社は、取締役会の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会
            を月1回定時に開催するほか、適宜臨時に開催しております。
             また、取締役会で決議された条件の中で、経営会議において決議・協議を行う条件が付与された案件
            は、経営会議を開催して決議・協議を行うものとしております。
             取締役会の決定に基づく業務執行については、組織規程、業務分掌規程、職務権限規程において、効率
            的に執行ができるように定めております。
           e 当社および子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
             当社企業グループは、「子会社管理規程」を定めコンプライアンスマニュアルおよび社内通報制度をグ
            ループ共通とし、コンプライアンス委員会がグループ全体を統括するコンプライアンス経営を行っており
            ます。
           f 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びに
            その使用人の取締役からの独立性に関する事項およびその使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に
            関する事項
             監査役の職務を補助するため使用人を置くことを監査役が求めたときは、社内で必要な体制をとること
            としております。
             また、使用人の取締役からの独立性を確保するため、同使用人は監査役の指示に従い職務を行うものと
            し、その任命、評価等は監査役会と協議して行うこととしております。
           g 取締役および使用人並びに子会社の取締役等が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告
            に関する体制
             取締役および使用人並びに子会社の取締役等は、監査役会と取締役とが、あらかじめ協議し定めた事項
            について監査役会に報告する体制をとっております。
                                 20/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
           h 前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための
            体制
             前号の報告をした者がそのことを理由として不利な取扱いを受けることを禁止し、その旨を社内に周知
            徹底しております。
           i 監査役の職務執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続き等に関する事項
             当社は、監査役の職務執行について生ずる費用の前払いまたは償還等の手続き等について、速やかに当
            該費用または債務を処理します。
           j その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             監査役は、取締役会をはじめとする重要会議への出席、取締役からの業務執行状況の聴取、重要な決裁
            書類等の閲覧等を通じ、取締役会の意思決定の過程、および取締役の業務執行について監査の実効性の確
            保を図っております。
           k 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方とその整備状況
             当社は市民社会の秩序や安全性に脅威を与える反社会的勢力とは一切関係を持たず、不当な要求は断固
            拒否し、これらとの係わりのある企業、団体、個人とはいかなる取引も行わないことを基本方針としてお
            ります。
           l 業務の適正を確保するための体制の運用状況について
             上記に記載しています当社グループの業務の適正を確保するための体制の運用状況は、定期的に内部統
            制委員会(前期10回開催)を開催し、運用上見いだされた問題点等の是正・改善状況を協議・検証し、リ
            スク管理委員会、情報管理委員会と連携し、講じた是正・改善状況および再発防止策等並びに業務プロセ
            スの整備と運用状況の評価を実施した結果を、半期ごとに取締役会へ報告することで適切な内部統制シス
            テムの構築・運用に努めております。また、コンプライアンスについては社員階層別研修において講義を
            実施し、コンプライアンス意識の浸透を図っております。
           ・リスク管理体制の整備の状況
            コンプライアンスにつきましては、社内専従スタッフを配置したコンプライアンス委員会および情報管理
           委員会、また、リスク管理委員会および内部統制委員会の事務局を設置しております。「コンプライアンス
           規程」「個人情報保護規程」「機密情報管理規程」「社内通報規程」「リスク管理規程」「コンプライアン
           ス・マニュアル」を制定し、会社の基本方針および具体的な行動指針を徹底し、法令・内部諸規則の遵守お
           よび不正の防止を計るとともに、企業の社会的責任を遂行するため、公正で活力のある組織の構築に努めて
           おります。
          (ニ)責任限定契約の内容の概要

             当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基
            づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠
            償責任の限度額は、法令に定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるの
            は、当該社外取締役または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がない等
            法令に定める要件に該当するときに限られます。
         ② 内部監査及び監査役監査の状況

            当社の内部監査につきましては、社長直属の監査室を設置しており、人数は4名で構成されております。
           監査室は、年次監査計画を立案し、監査計画に基づき、業務活動の適正性・遵法性等の監査を実施しており
           ます。問題点および改善点等については、監査報告として都度報告するとともに、半期に1回取締役会に報
           告しております。なお、業務改善については、関係各部を通じて指示がなされております。
            監査役は監査役会で定めた監査の方針に則り、取締役会、経営会議など重要な会議に出席するほか、重要
           な書類の閲覧、会社の業務および財産状況の調査等を行い、取締役の職務執行状況の監査を行っておりま
           す。また、監査役は、会計監査人および監査室から監査計画の説明や監査結果の報告を受けており、そのほ
           か、問題点に関する意見交換や実地監査への立会い等を通じて、相互の連携を高めております。
            監査役会につきましては、隔月に開催しており、監査結果の報告および重要事項の協議を行っておりま
           す。
         ③ 会計監査の状況

            当社は、会計監査人として、有限責任                   あずさ監査法人と監査契約を締結しており、同監査法人による会
           計監査を受けております。当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、指定有限責任社員業務執行社員、
           尾﨑更三氏及び髙山裕三氏であり、この他に補助者として公認会計士6名、その他9名が従事しておりま
           す。
                                 21/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         ④ 社外取締役及び社外監査役
            当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。
            社外取締役村上正行氏は、元公務員として豊富な経験と幅広い知見を有し司法に明るく、企業経営を統治
           する充分な見識を有していることから選任しております。当社のコンプライアンス経営の強化に向けた経営
           方針に関し、的確な助言をいただくとともに、コーポレートガバナンスの強化を図ることに寄与していただ
           くこととしております。
            社外監査役田原         豊氏および牛尾義昭氏は、税理士の資格を有し、財務および会計に関する専門家とし
           て、また、社外監査役羽柴克郎氏は、司法書士の資格を有しており、法律の専門家として、業務執行の適法
           性を監査する社外監査役として適任であると考えております。
            社外取締役1名と社外監査役3名は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員であります。上記のとおり
           幅広い視野と豊かな経験に基づいて、外部からの客観的および中立的な視点より、経営の監視機能が期待で
           きることから選任しております。
            社外取締役および社外監査役は、毎月の取締役会に出席するとともに、定例的に内部監査機能としての監
           査室、コンプライアンス委員会および内部統制委員会の活動状況の報告をそれぞれ受け、連携して監督を
           行っております。
            社外取締役及び社外監査役の当社株式の保有状況は、以下のとおりであります。
             (社外取締役)        村上正行     1,000株
             (社外監査役)羽柴克郎 4,000株、田原                     豊 3,100株、       牛尾義昭     200株
            当社と社外取締役および社外監査役とは、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
            当社は、下記のとおり社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準を定めており、選
           任にあたっては、取締役として企業統治において必要な知見と経験を有し、監査役として財務・会計・法律
           の専門的な豊かな経験を有していることを基本とし、会社法に定める社外性の要件を満たすというだけでな
           く、東京証券取引所の独立役員の基準等を参考にしております。
           社外役員の独立性に関する基準
            当社は、当社の社外役員および社外役員候補者が、次の各項目のすべての要件を満たしている場合に当社
           からの独立性を有している者とする。
           (イ)当社、当社の子会社または関連会社(以下「当社グループ」という)の取締役(社外取締役を除く。
              以下同じ。)、監査役(社外監査役を除く。以下同じ。)、会計参与、執行役、執行役員または支配
              人その他重要な使用人(部長職以上)(以下「取締役等」という。)に現在及び過去においてなった
              ことがないこと。
           (ロ)当社グループの取締役等の二親等以内の親族でないこと。
           (ハ)当社の総議決権の10%以上の議決権を直接または間接的に保有する大株主またはその取締役等でない
              こと。
           (ニ)主要な取引先企業(支払額または受取額が売上高の2%以上を占めている取引先をいう)の取締役等
              でないこと。
           (ホ)当社グループから取締役、監査役報酬以外に、当該事業年度において1,000万円以上の報酬を受領し
              ている弁護士、公認会計士、各種コンサルティング等の専門サービス提供者(法人、組合等の団体の
              場合は、当該団体に所属するものおよび当該団体に直近過去5年間所属していたもの)でないこと。
           (ヘ)当社グループから当該事業年度に1,000万円以上の寄付を受けた者(法人、組合等の団体の場合は、
              当該団体に所属するものおよび当該団体に直近過去5年間所属していたもの)でないこと。
           (ト)当社グループと本人が取締役等として所属する企業との間で「社外役員の相互就任関係」にないこ
              と。
                                 22/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         ⑤ 役員報酬等
         (イ)役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                      対象となる
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                  報酬等の総額
                                                      役員の員数
         役員区分
                   (千円)
                             基本報酬          賞与        退職慰労金
                                                       (人)
     取締役
                      62,649         62,649           -         -       8
     (社外取締役を除く)
     監査役
                      10,849         10,849           -         -       2
     (社外監査役を除く)
                      8,834         8,834           -         -       5
     社外役員
         (ロ)報酬等の総額が1億円以上であるものの報酬等の総額等

            該当事項はありません。
         (ハ)使用人兼務役員の使用人分の給与のうち重要なもの

           総額(千円)              対象となる役員の員数(人)
                                                  内容
                   43,461                     6
                                         給与
         (ニ)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

            役員の報酬については、株主総会の決議により取締役及び監査役それぞれの報酬等の限度額の範囲内で決
           定しております。
            なお、当社は平成16年5月25日開催の第43回定時株主総会終結の時をもって取締役および監査役の役員退
           職慰労金制度を廃止し、同株主総会終結後引き続いて在任する取締役および監査役に対しては、就任時から
           平成16年2月29日までの在任期間に対応する役員退職慰労金を各氏の退任時に贈呈することを決議しており
           ます。
                                 23/64












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         ⑥ 株式の保有状況
         (イ)投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           20銘柄 216,616千円
         (ロ)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保

             有目的
          a   政策保有に関する方針

             当社は取引の安定維持・拡大や情報収集、資金調達の安定化を図ることを目的に、主として取引先から
            の保有要請を受けて取引先等の株式を取得し保有することとしております。当社は毎年1回主要な投資銘
            柄につき、発行企業の信用リスク等を踏まえ、継続保有が当社の持続的成長に欠かせないかを検証しま
            す。
          b   政策保有株式の議決権行使            の 基準
             当社は政策保有株式の議決権行使にあたっては、株主利益を軽視していない限り、当該取引先の会社提
            案を尊重します。当該取引先に不祥事や反社会的行為が発生した場合はコーポレート・ガバナンスの改善
            に資するよう議決権を行使します。
           前事業年度

            特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
                            株式数(株)
               銘柄                                   保有目的
                                     (千円)
                              138,000          92,460
     株式会社山陰合同銀行                                       取引の維持,関係強化
                              10,000         10,630
     株式会社山口フィナンシャルグループ                                       取引の維持,関係強化
                               2,700         8,542
     株式会社三井住友フィナンシャルグループ                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               2,700         5,767
     株式会社コメリ
                                            情報収集
                                300        2,673

     大正製薬ホールディングス株式会社                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の

                               2,940         2,440
     DCMホールディングス株式会社
                                            情報収集
                              12,000          2,028
     株式会社アサヒペン                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               1,000         1,632
     株式会社ナフコ
                                            情報収集
                               1,100         1,504
     第一生命保険株式会社                                       取引の維持,関係強化
                               1,700          827

     株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                                       取引の維持,関係強化
                                200         807
     トラスコ中山株式会社                                       取引の維持,関係強化
                                100         663
     株式会社マキタ                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               1,000          491
     株式会社ケーヨー
                                            情報収集
     株式会社やまびこ                          400         294   取引の維持,関係強化
                                144         288
     株式会社イエローハット                                       取引の維持,関係強化
                                100         248
     ユアサ商事株式会社                                       取引の維持,関係強化
                                 24/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度
            特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
                            株式数(株)
               銘柄                                   保有目的
                                     (千円)
                              138,000         138,828
     株式会社山陰合同銀行                                       取引の維持,関係強化
                              10,000         12,960
     株式会社山口フィナンシャルグループ                                       取引の維持,関係強化
                               2,700         11,817
     株式会社三井住友フィナンシャルグループ                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               2,700         7,489
     株式会社コメリ
                                            情報収集
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               2,940         2,937
     DCMホールディングス株式会社
                                            情報収集
                                300        2,745
     大正製薬ホールディングス株式会社                                       取引の維持,関係強化
                               1,100         2,323
     第一生命ホールディングス株式会社                                       取引の維持,関係強化
                              12,000          2,256
     株式会社アサヒペン                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               1,000         1,789
     株式会社ナフコ
                                            情報収集
                               1,700         1,255
     株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ                                       取引の維持,関係強化
                                400        1,014
     トラスコ中山株式会社                                       取引の維持,関係強化
                                100         778
     株式会社マキタ                                       取引の維持,関係強化
                                            当社が属する業界及び同業他社の
                               1,000          579
     株式会社ケーヨー
                                            情報収集
                                400         565
     株式会社やまびこ                                       取引の維持,関係強化
                                144         411
     株式会社イエローハット                                       取引の維持,関係強化
                                100         323
     ユアサ商事株式会社                                       取引の維持,関係強化
         ⑦ 取締役の定数

            当社の取締役は12名以内とする旨を定款で定めております。
         ⑧ 取締役の選任の決議要件

            当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
           が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款で定めており
           ます。
         ⑨ 株主総会の特別決議要件

            当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議につい
           て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分
           の2以上をもって行う旨を定款で定めております。
         ⑩ 株主総会決議事項を取締役会で決議できるとした事項

         (イ)自己株式の取得の決定機関
            当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行
           することを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等に
           より自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。
         (ロ)   中間配当の決定機関
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを可能とするため、取締役会の決議によって、毎年8月31
           日を基準日として、会社法第454条第5項に規定する剰余金の配当(中間配当)を行うことができる旨を定
           款に定めております。
                                 25/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (ハ)取締役の責任免除
            当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含
           む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に
           定めております。これは、職務の遂行にあたって期待される役割を十分に発揮できるようにするためであり
           ます。
         (ニ)監査役の責任免除
            当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる監査役(監査役であった者を含
           む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に
           定めております。これは、職務の遂行にあたって期待される役割を十分に発揮できるようにするためであり
           ます。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  前事業年度                          当事業年度
        監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
            (千円)             (千円)             (千円)             (千円)
                 22,000                ―           22,000                ―
        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は、監査公認会計士等に対する報酬の額の決定に関する方針を定めておりませんが、監査公認会計士等よ
         り提示された監査計画、監査内容、監査日数等について、当社の規模・業務の特性及び前事業年度の報酬等を勘
         案して、監査報酬について監査公認会計士等との協議の上、監査役会の同意を得て決定することとしています。
                                 26/64











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
       て作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成28年3月1日から平成29年2月28日
       まで)の財務諸表について有限責任                 あずさ監査法人の監査を受けております。
      3 連結財務諸表について

        連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年10月大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社
       では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政
       状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとし
       て、連結財務諸表は作成しておりません。
        なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
         資産基準     0.02%
         売上高基準    0.01%
         利益基準     0.39%
         利益剰余金基準  0.19%
      4 財務諸表等の適正化を確保するための特段の取組みについて

        当社は、     財務諸表等の適正化を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入しております。
        また、外部の団体等が主催するセミナーへの参加及び会計専門誌等の定期購読に取組んでおります。
                                 27/64












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                        982,488             1,089,216
         現金及び預金
                                        132,555              133,679
         売掛金
                                       11,830,194              12,058,677
         商品
                                         23,631              22,626
         貯蔵品
                                           -            22,483
         前渡金
                                        290,289              282,384
         前払費用
                                        150,010              156,449
         繰延税金資産
                                        222,177              205,639
         建設協力金
                                        247,867              231,414
         その他
                                       13,879,214              14,202,572
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                    ※1 , ※2 20,898,013           ※1 , ※2 21,080,460
          建物
                                      △ 13,161,097             △ 13,230,388
            減価償却累計額
            建物(純額)                            7,736,916              7,850,072
                                      ※2 3,602,935             ※2 3,670,512
          構築物
                                      △ 3,126,003             △ 3,140,245
            減価償却累計額
            構築物(純額)                             476,931              530,267
                                       ※2 470,578             ※2 578,090
          機械及び装置
                                       △ 402,461             △ 444,598
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                             68,117              133,492
                                       ※2 300,271             ※2 54,678
          車両運搬具
                                       △ 247,097              △ 39,517
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                             53,174              15,161
                                      ※2 1,837,054             ※2 2,003,210
          工具、器具及び備品
                                      △ 1,403,230             △ 1,542,292
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             433,823              460,917
                                      ※1 6,055,142             ※1 6,049,162
          土地
                                        666,291              282,699
          リース資産
                                       △ 521,585             △ 152,636
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             144,705              130,062
                                        272,489               49,307
          建設仮勘定
                                       15,241,300              15,218,443
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        532,438              454,526
          借地権
                                        153,076              122,181
          ソフトウエア
                                         9,601              9,142
          電話加入権
                                         5,738               121
          リース資産
                                         8,555              87,120
          その他
          無形固定資産合計                              709,410              673,093
                                 28/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
         投資その他の資産
                                        159,840              216,616
          投資有価証券
                                         3,000              3,000
          関係会社株式
                                           302              302
          出資金
                                         58,593              36,390
          長期貸付金
                                           -              282
          従業員に対する長期貸付金
          長期前払費用                              369,364              414,793
                                        223,863              187,851
          繰延税金資産
                                       1,351,404              1,179,326
          建設協力金
                                       1,793,062              1,755,911
          敷金
                                        293,373              294,387
          その他
                                       4,252,805              4,088,861
          投資その他の資産合計
                                       20,203,515              19,980,399
         固定資産合計
                                       34,082,730              34,182,971
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       3,636,152              3,648,164
         支払手形
                                           -            71,405
         電子記録債務
                                       2,362,732              2,316,617
         買掛金
                                    ※1 , ※3 1,800,000           ※1 , ※3 1,600,000
         短期借入金
                                      ※1 2,122,340             ※1 2,297,485
         1年内返済予定の長期借入金
                                         94,297              46,027
         リース債務
                                        462,681              572,436
         未払金
                                        379,396              379,884
         未払費用
                                         57,161              163,366
         未払法人税等
                                           -              511
         前受金
                                         40,830              39,739
         預り金
                                         36,533              35,845
         前受収益
                                        127,145              127,193
         賞与引当金
                                        266,087              268,242
         ポイント引当金
                                        159,300                 -
         設備関係支払手形
                                         5,391              1,400
         資産除去債務
                                         4,086              4,122
         その他
                                       11,554,134              11,572,441
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※1 8,724,657             ※1 8,491,916
         長期借入金
                                        243,324              223,288
         長期預り敷金
                                         74,186              101,904
         リース債務
                                       2,529,068              2,518,849
         退職給付引当金
                                         13,700              13,700
         店舗閉鎖損失引当金
                                        436,949              457,267
         資産除去債務
                                        110,014              187,872
         その他
                                       12,131,900              11,994,798
         固定負債合計
                                       23,686,034              23,567,240
       負債合計
                                 29/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
      純資産の部
       株主資本
                                       4,224,255              4,224,255
         資本金
         資本剰余金
                                       3,999,241              3,999,241
          資本準備金
                                       3,999,241              3,999,241
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                        715,126              715,126
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       1,319,189              1,319,189
            別途積立金
                                        239,305              417,591
            繰越利益剰余金
                                       2,273,621              2,451,907
          利益剰余金合計
                                       △ 115,168             △ 115,359
         自己株式
                                       10,381,950              10,560,045
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         14,745              55,685
         その他有価証券評価差額金
                                         14,745              55,685
         評価・換算差額等合計
       純資産合計                                10,396,695              10,615,731
                                       34,082,730              34,182,971
      負債純資産合計
                                 30/64













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      売上高
                                       41,784,030              42,023,879
       商品売上高
                                        476,174              441,183
       その他の売上高
                                       42,260,205              42,465,063
       売上高合計
      売上原価
       商品売上原価
                                       11,573,516              11,830,194
         商品期首たな卸高
                                       29,617,706              29,920,373
         当期商品仕入高
                                       41,191,222              41,750,567
         合計
                                       11,830,194              12,058,677
         商品期末たな卸高
                                       29,361,028              29,691,889
         商品売上原価
                                        332,449              316,019
       その他の売上原価
                                       29,693,477              30,007,909
       売上原価合計
                                       12,566,728              12,457,154
      売上総利益
      営業収入
                                        468,243              440,340
       不動産賃貸収入
                                       1,175,898              1,172,776
       業務受託収入
                                       1,644,141              1,613,117
       営業収入合計
                                       14,210,869              14,070,271
      営業総利益
                                      ※1 13,523,177             ※1 13,497,728
      販売費及び一般管理費
                                        687,692              572,543
      営業利益
      営業外収益
                                         25,736              24,084
       受取利息
                                         3,751              4,162
       受取配当金
                                         7,371              7,331
       受取手数料
                                         50,418              41,091
       雑収入
                                         87,277              76,669
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        183,883              160,553
       支払利息
                                         14,293              11,491
       雑損失
                                        198,176              172,044
       営業外費用合計
                                        576,792              477,167
      経常利益
      特別利益
                                        ※2 17,232            ※2 116,867
       固定資産売却益
                                         1,500                -
       賃貸借契約解約益
       収用補償金                                  2,325                -
                                         16,690                52
       補助金収入
                                           880              275
       受取保険金
                                         38,627              117,194
       特別利益合計
                                 31/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      特別損失
                                         ※3 160             ※3 118
       固定資産売却損
                                        ※4 66,613             ※4 97,264
       固定資産除却損
                                         17,463                -
       固定資産圧縮損
                                        ※5 72,434             ※5 60,057
       減損損失
                                        156,671              157,441
       特別損失合計
                                        458,748              436,921
      税引前当期純利益
                                        157,242              184,397
      法人税、住民税及び事業税
                                         60,372              13,737
      法人税等調整額
                                        217,614              198,134
      法人税等合計
                                        241,133              238,786
      当期純利益
                                 32/64















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益剰余金                    株主資本
                     資本金                               自己株式
                                              利益剰余金            合計
                         資本準備金     利益準備金
                                         繰越利益      合計
                                   別途積立金
                                         剰余金
     当期首残高               4,224,255     3,999,241      715,126    1,319,189      279,807    2,314,123     △ 113,862    10,423,758
     会計方針の変更による
                                         △ 256,416    △ 256,416         △ 256,416
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                    4,224,255     3,999,241      715,126    1,319,189      23,390    2,057,706     △ 113,862    10,167,341
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                         △ 25,218    △ 25,218         △ 25,218
      当期純利益

                                          241,133     241,133          241,133
      自己株式の取得                                              △ 1,306    △ 1,306

      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -   215,915     215,915     △ 1,306    214,608
     当期末残高               4,224,255     3,999,241      715,126    1,319,189      239,305    2,273,621     △ 115,168    10,381,950
                    評価・換算

                    差額等
                         純資産合計
                    その他有価
                    証券評価差
                    額金
     当期首残高                52,793   10,476,551
     会計方針の変更による
                         △ 256,416
     累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                     52,793   10,220,135
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 25,218
      当期純利益

                          241,133
      自己株式の取得                    △ 1,306

      株主資本以外の項目の
                    △ 38,047    △ 38,047
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 38,047     176,560
     当期末残高                14,745   10,396,695
                                 33/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                                    その他利益剰余金                    株主資本
                     資本金                               自己株式
                                              利益剰余金            合計
                         資本準備金     利益準備金
                                         繰越利益      合計
                                   別途積立金
                                         剰余金
     当期首残高               4,224,255     3,999,241      715,126    1,319,189      239,305    2,273,621     △ 115,168    10,381,950
     当期変動額
      剰余金の配当
                                         △ 60,500    △ 60,500         △ 60,500
      当期純利益                                   238,786     238,786          238,786

      自己株式の取得                                               △ 190    △ 190

      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -   178,286     178,286      △ 190   178,095
     当期末残高               4,224,255     3,999,241      715,126    1,319,189      417,591    2,451,907     △ 115,359    10,560,045
                    評価・換算

                    差額等
                         純資産合計
                    その他有価
                    証券評価差
                    額金
     当期首残高                14,745   10,396,695
     当期変動額
      剰余金の配当                    △ 60,500
      当期純利益

                          238,786
      自己株式の取得                     △ 190

      株主資本以外の項目の
                     40,940     40,940
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                40,940     219,036
     当期末残高                55,685   10,615,731
                                 34/64








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年2月29日)               至 平成29年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        458,748              436,921
       税引前当期純利益
                                       1,128,205              1,037,368
       減価償却費
                                         72,434              60,057
       減損損失
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  6,864                48
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  25,064             △ 10,218
                                        △ 29,487             △ 28,247
       受取利息及び受取配当金
                                        183,883              160,553
       支払利息
       有形及び無形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 17,071             △ 116,748
                                         66,613              97,264
       有形及び無形固定資産除却損
                                         17,463                -
       固定資産圧縮損
                                        △ 16,690               △ 52
       補助金収入
                                         △ 880             △ 275
       受取保険金
                                        △ 2,325                -
       収用補償金
       売上債権の増減額(△は増加)                                  6,317             △ 1,124
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 256,734             △ 227,478
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 365,483               37,302
                                       △ 335,396              216,998
       その他
                                        941,526             1,662,371
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  7,166              7,581
                                       △ 185,617             △ 161,484
       利息の支払額
                                         16,690                52
       補助金の受取額
                                           880              275
       保険金の受取額
                                         2,325                -
       収用補償金の受取額
                                       △ 416,295             △ 114,265
       法人税等の支払額
                                           -            10,534
       法人税等の還付額
                                        366,675             1,405,065
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,903,737             △ 1,307,548
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                         39,775              220,757
       有形及び無形固定資産の売却による収入
                                           -             △ 500
       貸付けによる支出
                                         22,212              22,257
       貸付金の回収による収入
                                        138,048              174,213
       その他
                                      △ 1,703,701              △ 890,820
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 200,000             △ 200,000
                                       5,100,000              2,200,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 4,137,026             △ 2,257,596
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 156,346              △ 77,068
       リース債務の返済による支出
                                        △ 14,796             △ 12,408
       割賦債務の返済による支出
                                        △ 1,306              △ 124
       自己株式の取得による支出
                                        △ 25,313             △ 60,318
       配当金の支払額
                                        965,209             △ 407,516
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 371,815              106,728
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,354,304               982,488
                                       ※1 982,488            ※1 1,089,216
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 35/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          該当事項はありません。
         (重要な会計方針)

         1 有価証券の評価基準及び評価方法
          (1)子会社株式
            移動平均法による原価法によっております。
          (2)その他有価証券
            時価のあるもの
            決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)によっております。
            時価のないもの
            移動平均法による原価法によっております。
         2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

          (1)商品
            評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)によっております。
            評価方法は売価還元法によっております。ただし、配送センター在庫は、移動平均法によっております。
          (2)貯蔵品
            評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)によっております。
            評価方法は最終仕入原価法によっております。
         3 固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法によっております。
            ただし、平成10年4月以降取得の建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建
            物附属設備及び構築物については、定額法によっております。
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法によっております。
            ただし、自社利用のソフトウェアの減価償却方法は、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
            によっております。
          (3)リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る資産については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を
            ゼロとする定額法によっております。
            なお、リース取引開始日が平成21年2月28日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、
            通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を引き続き採用しております。
          (4)長期前払費用
            均等償却をしております。
                                 36/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         4 引当金の計上基準
          (1)貸倒引当金
            債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
            については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上しております。
          (3)店舗閉鎖損失引当金
            店舗閉店に伴い発生する損失に備えるため、合理的に見込まれる閉店関連損失見込額を計上しておりま
            す。
          (4)ポイント引当金
            ポイントカードにより顧客に付与されたポイントの利用に備えるため、当事業年度末において将来利用さ
            れると見込まれる額を計上しております。
          (5)退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
            す。
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
            期間定額基準によっております。
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により
            費用処理しております。
            数理計算上の差異は、各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による
            定額法により、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
         5 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金・随時引出し可能な預金及
            び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に
            償還期限の到来する短期投資からなっております。
         6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理方法
             消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

          (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
           法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務
          対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度から適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設
          備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
           この変更による当事業年度の営業利益、経常利益および税引前当期純利益に与える影響は軽微であります。
         (未適用の会計基準等)

          (財務諸表に関する会計基準等)
           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
          (1)概要
           繰延税金資産の回収可能性の判断要件の見直し等。
          (2)適用予定日
           平成30年2月期の期首より適用予定であります。
          (3)新しい会計基準等の適用による影響
           影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 37/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
             担保提供資産
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     土地                              4,007,597千円                  3,969,762千円

     建物                              2,182,845                  1,782,359
               計                     6,190,443                  5,752,121
             担保されている債務

                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     短期借入金及び長期借入金(1年内返済予
                                    5,475,969千円                  5,062,859千円
     定含む)
          ※2 圧縮記帳額

             国庫補助金等の受入れにより取得価額から控除している圧縮記帳額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     建物                                12,877千円                  12,877千円
     構築物                                  417                  417
     機械及び装置                                10,705                  10,705
     車両運搬具                                3,148                   -
     工具、器具及び備品                                19,428                  19,428
               計                       46,577                  43,428
          ※3 貸出コミットメント契約

             当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、㈱山陰合同銀行と貸出コミットメント契約を締結してお
            ります。事業年度末における貸出コミットメント契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (平成28年2月29日)                  (平成29年2月28日)
     貸出コミットメントライン                              3,000,000千円                  3,000,000千円
     借入実行残高                              1,800,000                  1,600,000
              差引額                      1,200,000                  1,400,000
                                 38/64









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費
           (1)販売費に属する費用と一般管理費に属する費用のおおよその割合は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年3月1日                  (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)                  至 平成29年2月28日)
     販売費                                  80%                  80%
     一般管理費                                  20                  20
           (2)主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 平成27年3月1日                  (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)                    至 平成29年2月28日)
     広告宣伝費                               639,290    千円              635,667    千円
                                    4,394,940                  4,399,990
     従業員給料手当
                                     127,145                  127,193
     賞与引当金繰入額
                                     246,852                  175,583
     退職給付費用
                                    1,062,358                   981,746
     減価償却費
                                    2,971,397                  2,956,758
     賃借料
                                     661,128                  619,031
     水道光熱費
                                     67,717                  86,209
     リース料
     ポイント引当金繰入額                               264,546                  267,588
          ※2 固定資産売却益の内訳

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年3月1日                  (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)                  至 平成29年2月28日)
     機械及び装置                                  73千円                 299千円
                                      1,174                   37
     工具、器具及び備品
                                       445                  867
     車両運搬具
     土地                                15,538                 115,662
               計                       17,232                 116,867
          ※3 固定資産売却損の内訳

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年3月1日                  (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)                  至 平成29年2月28日)
     工具、器具及び備品                                  23千円                  -千円
                                       137                  118
     車両運搬具
               計                        160                  118
                                 39/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
          ※4 固定資産除却損の内訳
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成27年3月1日                  (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年2月29日)                  至 平成29年2月28日)
     建物                                17,155千円                  38,974千円
     構築物                                  778                 2,609
     工具、器具及び備品                                  969                  962
     解体撤去費                                47,682                  54,718
     その他                                  26                  0
               計                       66,613                  97,264
          ※5 減損損失

             当社は、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
             前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                     場所              用途               種類
               HC南岩国店(山口県岩国市)外

                               店舗等           土地、建物等
               合計7店舗等
               当社は、原則として店舗(テナントを含む)を基本単位としてグルーピングを行っております。ま
              た、同一敷地内の複合施設につきましては1つの資産グループとしてグルーピングをしております。
              主に収益性が低下した上記の資産グループについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
              額を減損損失72,434千円(土地6,055千円、建物45,671千円、構築物828千円、電話加入権2,446千
              円、借地権2,706千円、その他14,726千円)として特別損失に計上いたしました。
               資産グループの回収可能価額は、使用価値または正味売却価額によっております。使用価値につき
              ましては、将来キャッシュ・フローを2.2%で割り引いて算定しており、正味売却価額につきまして
              は、主として、重要な資産は不動産鑑定士による不動産鑑定評価により、それ以外の資産は不動産鑑
              定評価に準ずる方法等により算定しております。
             当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

                     場所              用途               種類
               HC香芝店(奈良県香芝市)外合

                               店舗等           土地、建物等
               計7店舗等
               当社は、原則として店舗(テナントを含む)を基本単位としてグルーピングを行っております。ま
              た、同一敷地内の複合施設につきましては1つの資産グループとしてグルーピングをしております。
              主に収益性が低下した上記の資産グループについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
              額を減損損失60,057千円(土地436千円、建物50,000千円、構築物2,955千円、電話加入権458千円、
              その他6,206千円)として特別損失に計上いたしました。
               資産グループの回収可能価額は、正味売却価額によっております。正味売却価額につきましては、
              主として、重要な資産は不動産鑑定士による不動産鑑定評価により、それ以外の資産は不動産鑑定評
              価に準ずる方法等により算定しております。
                                 40/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
     発行済株式
      普通株式(株)                20,827,911               -          -      20,827,911
         合計(株)              20,827,911               -          -      20,827,911
     自己株式
      普通株式(株)                  653,084            8,034            -        661,118
         合計(株)               653,084            8,034            -        661,118
     (変動事由の概要)
      増加数の内訳は、単元未満株式の買取りによるものであります。
     2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
     3 配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
          決議        株式の種類                          基準日        効力発生日
                           (千円)       額(円)
     平成27年5月22日
                   普通株式           25,218         1.25   平成27年2月28日         平成27年5月25日
     定時株主総会
      (注)平成28年9月1日付で、普通株式について2.5株を1株の割合で株式併合を行っておりますが、上記の1株当た
         り配当額については、株式併合前の実際の配当金の額を記載しております。
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額               1株当たり配
        決議      株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)              当額(円)
     平成28年5月20日
               普通株式         60,500     利益剰余金           3.00   平成28年2月29日         平成28年5月23日
     定時株主総会
      (注)平成28年9月1日付で、普通株式について2.5株を1株の割合で株式併合を行っておりますが、上記の1株当た
         り配当額については、株式併合前の実際の配当金の額を記載しております。
          当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                         当事業年度期首            増加         減少       当事業年度末
     発行済株式
      普通株式(株)(注)1.2.                    20,827,911             -     12,496,747          8,331,164
            合計(株)               20,827,911             -     12,496,747          8,331,164
     自己株式
      普通株式(株)(注)1.3.4.                      661,118           589       396,701         265,006
            合計(株)                 661,118           589       396,701         265,006
     (変動事由の概要)
      (注)1.当社は、平成28年9月1日付で2.5株につき1株の割合で株式併合を行っております。
         2.普通株式の発行済株式総数の減少12,496,747株は株式併合によるものであります。
         3.普通株式の自己株式数の増加589株は、株式併合前に行った単元未満株式の買取りによる増加50株、株式併
           合後に行った単元未満株式の買取りによる増加190株及び株式併合に伴う端数株式の買取りによる増加349株
           によるものであります。
         4.普通株式の自己株式数の減少396,701株は株式併合によるものであります。
                                 41/64


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     2 新株予約権および自己新株予約権に関する事項
      該当事項はありません。
     3 配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                          配当金の総額         1株当たり
          決議        株式の種類                          基準日        効力発生日
                           (千円)        配当額(円)
     平成28年5月20日
                   普通株式           60,500         3.00   平成28年2月29日         平成28年5月23日
     定時株主総会
      (注)平成28年9月1日付で、普通株式について2.5株を1株の割合で株式併合を行っておりますが、上記の1株当た
         り配当額については、株式併合前の実際の配当金の額を記載しております。
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額               1株当たり
        決議      株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                      (千円)              配当額(円)
     平成29年5月26日
               普通株式         80,661     利益剰余金          10.00   平成29年2月28日         平成29年5月29日
     定時株主総会
         (キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
     現金及び預金勘定                                   982,488千円             1,089,216千円
     現金及び現金同等物                                   982,488             1,089,216
           2 重要な非資金取引の内容

            新たに計上したファイナンス・リース取引及び割賦取引に係る資産及び債務の額
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
     ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額
                                         3,337千円              72,214千円
     割賦取引に係る資産及び債務の額                                     -            117,650
         (リース取引関係)

          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             有形固定資産
              主として、店舗における陳列什器及び空調機器(工具、器具及び備品)であります。
            ② リース資産の減価償却の方法
              重要な会計方針「3 固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成21年2月28日以前

             のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次
             のとおりであります。
                                 42/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                                                     (単位:千円)
                               前事業年度(平成28年2月29日)

                   取得価額相当額         減価償却累計額相当額           減損損失累計額相当額            期末残高相当額

     機械及び装置                  207,063           144,336             -         62,727
          合計              207,063           144,336             -         62,727
                                                     (単位:千円)

                               当事業年度(平成29年2月28日)

                   取得価額相当額         減価償却累計額相当額           減損損失累計額相当額            期末残高相当額

     機械及び装置                  207,063           147,288             -         59,775
          合計              207,063           147,288             -         59,775
       (2)未経過リース料期末残高相当額等

                                                     (単位:千円)
                              前事業年度                   当事業年度

                           (平成28年2月29日)                   (平成29年2月28日)
     未経過リース料期末残高相当額
      1年内                                2,769                   2,952
      1年超                                59,958                   56,823
             合計                         62,727                   59,775
       (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び支払利息相当額

                                                     (単位:千円)
                              前事業年度                   当事業年度

                          (自 平成27年3月1日                   (自 平成28年3月1日
                           至 平成28年2月29日)                   至 平成29年2月28日)
     支払リース料                                 13,683                   2,952
     リース資産減損勘定の取崩額                                  362                   -
     減価償却費相当額                                 12,959                   2,952
     支払利息相当額                                   65                   -
                                 43/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (4)減価償却費相当額の算定方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
       (5)利息相当額の算定方法
         リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息
        法によっております。
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社は資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については銀行借入により調達し
            ております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する
            企業の株式であり、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しております。
             建設協力金並びに敷金は主として新規出店時に賃貸物件を利用する際の貸主に対して差し入れる建設協
            力金並びに敷金であり、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに取引先ごとの信用状況を把握
            する体制をとっております。
             営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務、未払金は、そのほとんどが1年以内の支払期日の
            ものであります。
             短期借入金は運転資金に係る資金調達であり、長期借入金は主として設備投資に係る資金調達でありま
            す。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
           とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.を参照下さい。)。
            前事業年度(平成28年2月29日)
                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                            982,488           982,488              -
     (2)  投資有価証券

       その他有価証券                          131,296           131,296              -

     (3)  建設協力金(※1)                         1,573,581           1,677,049            103,468

     (4)  敷金                         1,793,062           1,749,703            △43,359
              資産計                  4,480,429           4,540,538             60,109

     (1)  支払手形及び買掛金                         5,998,884           5,998,884               -

     (2)短期借入金                           1,800,000           1,800,000               -

     (3)未払金                            462,681           462,681              -

     (4)  長期借入金(※2)                        10,846,997           11,040,549             193,552
              負債計                 19,108,562           19,302,115             193,552

      (※1)貸借対照表では流動資産にある、1年以内に償還される建設協力金(貸借対照表計上額222,177千円)も含めて表
        示しております。
      (※2)貸借対照表では流動負債にある、1年内返済予定の長期借入金(貸借対照表計上額2,122,340千円)も含めて表示
        しております。
                                 44/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
            当事業年度(平成29年2月28日)
                            貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
     (1)現金及び預金                           1,089,216           1,089,216               -
     (2)  投資有価証券

       その他有価証券                          188,073           188,073              -

     (3)  建設協力金(※1)                         1,384,966           1,466,715             81,749

     (4)  敷金                         1,755,911           1,698,387            △57,524
              資産計                  4,418,167           4,442,392             24,224

     (1)  支払手形及び買掛金                         5,964,781           5,964,781               -

     (2)電子記録債務                            71,405           71,405             -
     (3)短期借入金                           1,600,000           1,600,000               -

     (4)未払金                            572,436           572,436              -

     (5)  長期借入金(※2)                        10,789,401           10,843,138             53,737
              負債計                 18,998,024           19,051,762             53,737

      (※1)貸借対照表では流動資産にある、1年以内に償還される建設協力金(貸借対照表計上額205,639千円)も含めて表
        示しております。
      (※2)貸借対照表では流動負債にある、1年内返済予定の長期借入金(貸借対照表計上額2,297,485千円)も含めて表示
        しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (2)投資有価証券
            時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項につ
           いては、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
          ( 3)  建設協力金並びに        ( 4)敷   金
            これらの時価については、国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値により算定しております。
         負 債
          ( 1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、                      (3 )短期借入金並びに         (4 )未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (5 ) 長期借入金
            時価については元利金の合計額を当該借入金の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在
           価値により算定しております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                              前事業年度                   当事業年度
             区分
                           (平成28年2月29日)                   (平成29年2月28日)
     非上場株式                                28,543                   28,543
            非上場株式については、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時
           価を把握することが極めて困難と認められるものであるため、「資産(2)投資有価証券」には含めており
           ません   。
                                 45/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
      (注)3.金銭債権の決算日後の償還予定額
           前事業年度(平成28年2月29日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                       982,488            -         -         -

     建設協力金                       222,177         606,884         415,247         329,271
     敷金                       220,720         732,467         438,311         401,563
                           1,425,386                             730,834

             合計                       1,339,352          853,558
           当事業年度(平成29年2月28日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
     現金及び預金                      1,089,216             -         -         -

     建設協力金                       205,639         510,505         395,921         272,898

     敷金                       229,251         695,165         397,834         433,660
                           1,524,108                             706,558

             合計                       1,205,671          793,755
      (注)4.長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

           前事業年度(平成28年2月29日)
                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                           1,800,000             -         -         -

     短期借入金
                           2,122,340         7,137,779         1,586,878             -

     長期借入金
                           3,922,340         7,137,779         1,586,878             -

             合計
           当事業年度(平成29年2月28日)

                          1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                           1,600,000             -         -         -

     短期借入金
                           2,297,485         7,105,110         1,386,806             -

     長期借入金
                           3,897,485         7,105,110         1,386,806             -

             合計
         (有価証券関係)

          1.子会社株式及び関連会社株式
            子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式3,000千円、前事業年度の貸
           借対照表計上額は子会社株式3,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認めら
           れることから、記載しておりません。
                                 46/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
          2.その他有価証券
            前事業年度(平成28年2月29日)
                             貸借対照表計上額
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                                   127,272                      21,768
                  (1)株式                            105,504
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -           -           -
     原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計             127,272           105,504           21,768
                  (1)株式                  4,023           4,431           △408
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -           -           -
     原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              4,023           4,431           △408
               合計                   131,296           109,936           21,359
      (注)1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
         2 非上場株式(貸借対照表計上額                 28,543千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
           困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
            当事業年度(平成29年2月28日)

                             貸借対照表計上額
                      種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                                   185,817                      78,280
                  (1)株式                            107,536
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -           -           -
     原価を超えるもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計             185,817           107,536           78,280
                  (1)株式                  2,256           2,400           △144
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債
                                     -           -           -
                     等
     貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -           -           -
     原価を超えないもの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計              2,256           2,400           △144
               合計                   188,073           109,936           78,136
      (注)1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
         2 非上場株式(貸借対照表計上額                 28,543千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
           困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 47/64


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
           該当事項はありません。
         (退職給付関係)

          1.採用している退職給付制度の概要
            当社が採用している退職給付制度は、退職一時金制度であります。なお、当社はこの他に複数事業主制度
           による企業年金(日本DIYホームセンター事業厚生年金基金)に加盟しております。
            当社の加入する厚生年金基金(代行部分を含む)は総合設立方式であり、自社の拠出に対応する年金資産
           の額を合理的に計算することができないため、「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成
           24年5月17日)第33項(複数事業主制度の会計処理及び開示)により、年金基金への要拠出額を退職給付費
           用として処理しております。
            また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない
           割増退職金を支払う場合があります。
          2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                   至 平成28年2月29日)                至 平成29年2月28日)
            退職給付債務の期首残高                            2,198,817千円              2,455,607千円
             会計方針の変更による累積的影響額                            261,062                -
            会計方針の変更を反映した期首残高                            2,459,880              2,455,607

             勤務費用                            127,606              122,144

             利息費用                            13,734              13,751

             数理計算上の差異の発生額                            22,548             △7,876

             過去勤務費用の発生額                           △41,148                 -

             退職給付の支払額                           △127,015              △156,355
            退職給付債務の期末残高                            2,455,607              2,427,270

           (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
            非積立型制度の退職給付債務                            2,455,607千円              2,427,270千円
            未積立退職給付債務                            2,455,607              2,427,270

            未認識数理計算上の差異                             34,370              60,717
            未認識過去勤務費用                             39,090              30,861
            貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            2,529,068              2,518,849

            退職給付引当金                            2,529,068              2,518,849

            貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            2,529,068              2,518,849

                                 48/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
           (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                   至 平成28年2月29日)                至 平成29年2月28日)
            勤務費用                             127,606千円              122,144千円
            利息費用                             13,734              13,751
            数理計算上の差異の費用処理額                             12,795              18,470

                                         △2,057              △8,229
            過去勤務費用の費用処理額
            確定給付制度に係る退職給付費用                             152,079              146,136

           (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

             主要な数理計算上の         計算基礎
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
            割引率                               0.6%              0.6%
            予想昇給率                               2.9              2.9
          3.複数事業主制度

            確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、前事業年度
           94,772千円、当事業年度29,446千円であり、同額を費用処理しております。
            なお、当社が加入している日本               DIYホームセンター事業厚生年金基金は、平成28年3月1日付で厚生労
           働大臣から将来期間分の代行返上の認可を受けており、最低責任準備金のうち220億円を前納しておりま
           す。
            また、日本DIYホームセンター事業厚生年金基金は、平成29年3月27日の代議員会において解散が決議
           され、平成29年5月に向けて解散手続きが開始されております。なお、当基金の解散による追加負担額の発
           生は見込まれておりません。
            要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
           (1)複数事業主制度の直近の積立状況
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日現在)              (平成28年3月31日現在)
            年金資産の額                           35,338,881千円              35,739,324千円
            年金財政計算上の数理債務の額と
                                       39,808,996              39,372,380
            最低責任準備金の額との合計額
            差引額                           △4,470,114              △3,633,055
           (2)複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

                                      前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日現在)              (平成28年3月31日現在)
                                           9.2%              9.9%
           (3)補足説明

            上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の別途積立金(前事業年度△3,641,279千円、当事業年度
           △4,470,114千円)及び当年度剰余金(前事業年度△828,834千円、当事業年度837,058千円)であります。
           本制度における過去勤務債務の償却方法は期間20年の元利均等償却であります。
            なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致いたしません。
                                 49/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           繰延税金資産
            未払事業税                              6,776千円             20,667千円
            賞与引当金                             41,741              39,035
            退職給付引当金                             811,459              767,673
            ポイント引当金                             87,356              82,323
            減価償却費                             45,631              40,456
            減損損失累計額                             845,490              769,262
            資産除去債務                             141,814              139,709
                                         41,470              40,694
            その他
           繰延税金資産小計
                                        2,021,740              1,899,823
                                       △1,581,319              △1,473,553
            評価性引当額
           繰延税金資産合計                              440,420              426,270
           繰延税金負債

            その他有価証券評価差額金                             △6,614             △22,450
            資産除去債務に対応する除去費用                            △59,667              △59,518
                                          △264               -
            還付事業税
           繰延税金負債合計                             △66,546              △81,969
           繰延税金資産の純額                              373,873              344,300
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の重要な差異の原因となった主な項目別の内

           訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成28年2月29日)              (平成29年2月28日)
           法定実効税率
                                         35.4%              32.8%
           (調整)
           住民税均等割                              14.5              14.6
           評価性引当額                              △9.7              △7.1
           税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                               7.5              6.1
                                         △0.3              △1.0
           その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         47.4              45.4
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

           平成28年3月29日に「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部
           を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が国会で成立し、平成28年4月1日以後開始する事業年度よ
           り法人税率の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に
           使用する法定実効税率は、平成29年3月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異について
           は従来の32.1%から30.7%に、平成31年3月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異につ
           いては30.5%となります。
            なお、    当事業年度における一時差異を基礎として再計算した結果、この税率の変更による影響額は軽微で
           あります。
                                 50/64






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (持分法損益等)
           該当事項はありません。
         (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
            店舗等の不動産賃貸契約及び定期借地権契約に伴う原状回復義務等及び「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適
            正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特別措置法)」に基づく廃棄物撤去費用であります                                            。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

            使用見込期間を建物等の耐用年数(主に34年)と見積り、割引率は当該使用見込期間に見合う国債の流通
            利回り(主に2.118%)を使用して資産除去債務の金額を算定しております                                   。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                  至 平成28年2月29日)              至 平成29年2月28日)
              期首残高                         424,997千円              442,340千円
                                        25,255              18,303
              有形固定資産の取得に伴う増加額
                                        8,104              8,133
              時の経過による調整額
                                       △16,016              △10,110
              資産除去債務の履行による減少額
                                       442,340              458,667
              期末残高
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
            当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、記載を省略しており
           ます。
           当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

            当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、記載を省略しており
           ます。
          【関連情報】

           前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
           1 製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2 地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
           3 主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略
            しております。
                                 51/64



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)
           1 製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2 地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
           3 主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略
            しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
            当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、記載を省略しており
           ます。
           当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

            当社はホームセンターを主たる事業とする一般小売業の単一セグメントであるため、記載を省略しており
           ます。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前事業年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

           該当事項はありません。
                                 52/64





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                              前事業年度                   当事業年度
             項目             (自 平成27年3月1日                   (自 平成28年3月1日
                           至 平成28年2月29日)                   至 平成29年2月28日)
     1株当たり純資産額                             1,288.84円                   1,316.08円
     1株当たり当期純利益金額                               29.89円                   29.60円
     潜在株式調整後                   潜在株式調整後1株当たり当期純利益                   潜在株式調整後1株当たり当期純利益
     1株当たり当期純利益金額                   金額については、潜在株式が存在しな                   金額については、潜在株式が存在しな
                        いため記載しておりません。                   いため記載しておりません。
      (注)1 平成28年9月1日付で、普通株式について2.5株を1株の割合で株式併合を行ったため、前事業年度の期首
           に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
           す。
         2   1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前事業年度末             当事業年度末
                  項目
                                   (平成28年2月29日)             (平成29年2月28日)
     貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                  10,396,695             10,615,731
     普通株式に係る純資産額(千円)                                  10,396,695             10,615,731
     差額の主な内訳(千円)                                       -             -
     普通株式の発行済株式数(株)                                   8,331,164             8,331,164
     普通株式の自己株式数(株)                                    264,447             265,006
     1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)                                   8,066,717             8,066,158
         3 1株当たり当期純利益金額              の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                      前事業年度             当事業年度
                  項目                (自 平成27年3月1日             (自 平成28年3月1日
                                   至 平成28年2月29日)             至 平成29年2月28日)
     損益計算書上の当期純利益金額(千円)                                    241,133             238,786
     普通株式に係る当期純利益金額(千円)                                    241,133             238,786
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -             -
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   8,068,117             8,066,463
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 53/64










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                           当期末減価
                                           償却累計額            差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                  又は償却累              残高
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                            計額           (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産

                                513,708
                  20,898,013        696,156
      建物                              21,080,460      13,230,388        494,024     7,850,072
                               (50,000)
                                91,563
      構築物            3,602,935       159,141           3,670,512      3,140,245       100,240      530,267
                                (2,955)
                                   0
      機械及び装置             470,578      107,512            578,090      444,598       20,842      133,492
                                  (0)
      車両運搬具             300,271       53,136      298,729       54,678      39,517      24,976      15,161
                                115,674
      工具、器具及び備品            1,837,054       281,830           2,003,210      1,542,292       239,465      460,917
                                 (838)
                                38,272
      土地            6,055,142        32,292           6,049,162          -      -   6,049,162
                                 (436)
                                455,806
      リース資産             666,291       72,214            282,699      152,636       66,921      130,062
                                (1,846)
      建設仮勘定             272,489      650,526      873,708       49,307        -      -    49,307
                               2,387,463
        有形固定資産計          34,102,776       2,052,809            33,768,122      18,549,678        946,471     15,218,443
                               (56,077)
     無形固定資産
      借地権             532,438         -    77,911      454,526         -      -    454,526

      ソフトウェア             348,050       31,443      29,038      350,455      228,274       62,338      122,181

                                  458
      電話加入権              9,601        -           9,142        -      -     9,142
                                 (458)
      リース資産             39,045        -    28,090      10,955      10,833       2,216       121
                                 4,480
      その他             17,140      83,142            95,802       8,681      1,075      87,120
                                 (728)
                                139,979
        無形固定資産計            946,276      114,586            920,883      247,789       65,629      673,093
                                (1,187)
                                75,828
     長期前払費用              571,133      113,717            609,022      194,229       25,266      414,793
                                (2,792)
      (注)1 当期減少額のうち( )内は内書きで減損損失の計上額であります。
         2 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
            建物            店舗新設      612,999千円
                        資産除去債務会計基準の適用に伴う増加                     16,903千円
            工具、器具及び備品            店舗新設       93,878千円
            建設仮勘定            店舗新設      594,920千円
         3 当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
            建物            除却      405,342千円        売却      58,365千円
            構築物            除却      88,608千円
            車両運搬具            売却      296,910千円
            工具、器具及び備品            除却      114,163千円        売却        672千円
                        リース契約
            リース資産                  482,050千円
                        満了
         4 取得価額から控除した圧縮記帳額は次のとおりであります。
            建物   12,877千円      構築物     417千円     機械及び装置        10,705千円      工具、器具及び備品          19,428千円
                                 54/64


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高        平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                           1,800,000       1,600,000          0.58       ―

     1年以内に返済予定の長期借入金                           2,122,340       2,297,485          1.44       ―

     1年以内に返済予定のリース債務                             94,297       46,027          ―     ―

                                                     平成30年5月
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           8,724,657       8,491,916          1.24
                                                      ~37年9月
                                                     平成30年3月
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             74,186       101,904          ―
                                                      ~33年11月
     その他有利子負債
                                     ―     20,451        0.82       ―
     1年以内に返済予定の割賦未払金
     その他有利子負債                                                平成33年3月
                                     ―     94,202        0.82
     割賦未払金(1年以内に返済予定のものを除く。)                                                 ~36年1月
                 合計               12,815,481       12,651,986            ―     ―
      (注)1 平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2 リース債務の平均利子率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各事業年度に配分
           しているため、記載しておりません。
         3 長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年間の
           返済予定額は以下のとおりであります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                    2,054,597           1,709,105           2,331,440           1,009,968
     長期借入金
     リース債務                52,170           22,580           15,815           11,339

     その他有利子負債
                      20,618           20,787           19,204           15,545
     割賦未払金
         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                      (千円)        (千円)
     賞与引当金                 127,145        127,193        127,145           -      127,193
     ポイント引当金                 266,087        268,242        266,087           -      268,242

     店舗閉鎖損失引当金                  13,700          -        -        -      13,700

         【資産除去債務明細表】

                      当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
           区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
     不動産賃貸借契約に伴う
                         440,340           26,437          10,110          456,667
     原状回復義務等
     PCB特別措置法による
                          2,000            -          -         2,000
     撤去費用
                         442,340           26,437          10,110          458,667
           合計
                                 55/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        a 流動資産
         ① 現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
     現金                                                  584,090

     預金

      当座預金                                                 503,149

      普通預金                                                   511

      別段預金                                                  1,464

                 預金計                                       505,125

                  合計                                     1,089,216

         ② 売掛金

          イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     株式会社ごうぎんクレジット                                                   55,561

     株式会社オリエントコーポレーション                                                   13,627

     三菱UFJニコス株式会社                                                   11,315

     国民健康保険団体連合会                                                   9,239

     株式会社ティー・アンド・ジー                                                   5,646

     その他                                                   38,288

                  計                                      133,679

          ロ 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                           回収率(%)          滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)+(D)
                                           (C)            2
                                               ×  100
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)+(B)             (B)
                                                       365
         132,555        3,288,504         3,287,380          133,679             96.1         14.8

      (注)消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 56/64







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
         ③ 商品
                  区分                          金額(千円)
     家庭雑貨・家庭電器                                                 3,310,542

     園芸農業・資材工具                                                 6,649,500

     趣味・嗜好                                                 1,738,762

     その他                                                  359,871

                  計                                    12,058,677

         ④ 貯蔵品

                  品目                          金額(千円)
     事務服                                                   2,525

     店舗消耗品他                                                   20,101

                  計                                      22,626

        b 固定資産

         ① 建設協力金
                 相手先                          金額(千円)
     横野修三                                                  115,499

     大和リース株式会社                                                  105,959

     株式会社安成工務店                                                   77,759

     吉田寛雄                                                   57,983

     株式会社    コムズ                                               51,907

     その他                                                  770,216

                  計                                     1,179,326

         ② 敷金

            内訳                  相手先                  金額(千円)
                      株式会社イズミ                                  105,921

                      峰山商業開発株式会社                                  73,599

                      株式会社フジ                                  64,171

     店舗の土地及び建物の敷金

                      株式会社山本林業                                  60,000
                      イオンタウン株式会社                                  56,850

                      その他                                 1,368,859

                               計                        1,729,403

     社宅の敷金                                                   26,508

                      合計                                 1,755,911

                                 57/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
        c 流動負債
         ① 支払手形
          イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     朝日電器株式会社                                                  181,687

     中山福   株式会社                                               134,727

     エコートレーディング          株式会社                                        132,194

     アークランドサカモト株式会社                                                  118,220

     藤原産業株式会社                                                   94,142

     その他                                                 2,987,191
                  計                                     3,648,164

          ロ 期日別内訳

                  期日                          金額(千円)
     平成29年3月                                                 1,747,687

     平成29年4月                                                 1,286,128

     平成29年5月                                                  613,293

     平成29年6月                                                   1,054

                  計                                     3,648,164

         ② 買掛金

                 相手先                          金額(千円)
     ミライフ西日本株式会社                                                  131,780

     J-NET株式会社                                                  129,986

     エコートレーディング株式会社                                                   67,962

     株式会社ヴェルデ                                                   63,442

     株式会社トーハン                                                   58,985

     その他                                                 1,864,459

                  計                                     2,316,617

        d 固定負債

         退職給付引当金
                  区分                          金額(千円)
     退職給付債務                                                 2,427,270

     未認識数理計算上の差異                                                   60,717
                                                        30,861
     未認識過去勤務費用
                  計                                     2,518,849

                                 58/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
         当事業年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度
     売上高及び営業収入(千円)                  12,055,058          23,410,780          34,070,316          44,078,181
     税引前四半期純利益金額           又は
     税引前当期純利益金額                    427,049          652,290          571,776          436,921
     (千円)
     四半期純利益金額        又は当期純
                         284,746          420,686          358,444          238,786
     利益金額    (千円)
     1株当たり四半期純利益金額
     又は1株当たり当期純利益金                     35.30          52.15          44.44          29.60
     額 (円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
     又は1株当たり四半期純損失
                          35.30          16.85          △7.72          △14.83
     金額(△)(円)
     (注)当社は平成28年9月1日付で普通株式2.5株につき1株の割合で株式併合を行いましたが、当事業年度の期首に当
        該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額を算定
        しております。
                                 59/64













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度               3月1日から2月末日まで
     定時株主総会               5月中

     基準日               2月末日

     剰余金の配当の基準日               8月31日、2月末日

     1単元の株式数               100株

     単元未満株式の買取り・売渡し

                     (特別口座)
       取扱場所             大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
                     三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
                     (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                     三菱UFJ信託銀行株式会社
       買取・売渡手数料             無料
                     電子公告により行う。事故その他やむを得ない事由により、電子公告によることが

                     できない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行う。
     公告掲載方法
                     当社の公告掲載URLは次のとおり。http://www.juntendo.co.jp/
                     毎年2月末日現在の株主名簿に記載または記録された、1単元(100株)以上を保有
     株主に対する特典               されている株主の方に対し、QUOカード(クオカード)1,000円分贈呈いたしま
                     す。
     (注)当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
       (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
       (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
       (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利
       (4)株主の有する単元未満株式の数と併せて単元株式数となる数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                 60/64










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には、親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)  有価証券報告書             事業年度        自 平成27年3月1日             平成28年5月23日
          及びその添付書類             (第55期)         至 平成28年2月29日             中国財務局長に提出。
          並びに確認書
        (2)  内部統制報告書          平成28年5月23日

          及びその添付書類          中国財務局長に提出。
        (3)  四半期報告書             (第56期        自 平成28年3月1日             平成28年7月14日

          及び確認書             第1四半期)        至 平成28年5月31日             中国財務局長に提出。
                       (第56期        自 平成28年6月1日             平成28年10月14日
                       第2四半期)        至 平成28年8月31日             中国財務局長に提出。
                       (第56期        自 平成28年9月1日             平成29年1月13日
                       第3四半期)        至 平成28年11月30日             中国財務局長に提出。
        (4)  有価証券報告書の訂正             事業年度        自 平成26年3月1日             平成28年5月20日

          報告書及び確認書             (第54期)         至 平成27年2月28日             中国財務局長に提出。
                                 61/64













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 62/64




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成29年5月26日

     株式会社ジュンテンドー
      取締役会 御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                           尾 﨑   更 三  ㊞
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                           髙 山   裕 三  ㊞
                                   公認会計士
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状
     況」に掲げられている株式会社ジュンテンドーの平成28年3月1日から平成29年2月28日までの第56期
     事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フ
     ロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
     成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠
     して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合
     理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監
     査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に
     基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
     ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案する
     ために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用
     した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸
     表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
     拠して、株式会社ジュンテンドーの平成29年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業
     年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと
     認める。
                                 63/64




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ジュンテンドー(E03141)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社
     ジュンテンドーの平成29年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することに
     ある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができ
     ない可能性がある。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告
     書に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財
     務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査
     の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査
     証拠を入手するための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務
     報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報
     告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体として
     の内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社ジュンテンドーが平成29年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有効で
     あると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る
     内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点に
     おいて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上

      ※1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会社)

         が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 64/64







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。