株式会社京都ホテル 有価証券報告書 第98期(平成28年1月1日-平成28年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第98期(平成28年1月1日-平成28年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社京都ホテル

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                    近畿財務局長

     【提出日】                    平成29年3月31日

     【事業年度】                    第98期(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

     【会社名】                    株式会社京都ホテル

     【英訳名】                    THE KYOTO HOTEL, LTD.

     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 福永 法弘

     【本店の所在の場所】                    京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                    京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                    取締役経理部長 西川 治彦

     【最寄りの連絡場所】                    京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537番地の4

     【電話番号】                    京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                    取締役経理部長 西川 治彦

     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/56









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

            回次           第94期       第95期       第96期       第97期       第98期

           決算年月           平成24年12月       平成25年12月       平成26年12月       平成27年12月       平成28年12月

                       10,346,192       10,475,597       10,508,051       10,765,470       10,707,431

     売上高            (千円)
     経常利益又は経常損失
                         58,544        7,047     △ 227,206       168,509       339,185
                 (千円)
     (△)
     当期純利益又は当期純
                         20,802        1,079     △ 345,755      △ 278,996       261,142
                 (千円)
     損失(△)
     持分法を適用した場合
                 (千円)          ―       ―       ―       ―       ―
     の投資利益
                        950,000       969,000       969,000      1,268,924       1,268,924
     資本金            (千円)
     発行済株式総数             (株)     10,338,000       10,389,000       10,389,000       11,091,400       11,091,400

                       1,911,190       1,899,633       1,522,226       1,813,173       2,041,222

     純資産額            (千円)
                       19,399,645       19,001,117       18,569,327       18,845,754       18,698,859

     総資産額            (千円)
                         185.91       183.91       147.39       164.38       185.06

     1株当たり純資産額             (円)
     1株当たり配当額
                          3.00       3.00       3.00       3.00       3.00
     (うち1株当たり             (円)
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                          2.02       0.10      △ 33.48      △ 26.73       23.68
     金額又は1株当たり当             (円)
     期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     金額
                           9.9       10.0        8.2       9.6       10.9
     自己資本比率             (%)
                           1.1       0.1                      13.6

     自己資本利益率             (%)                         ―       ―
                          193.2      5,157.6                        34.6

     株価収益率             (倍)                         ―       ―
                          148.3      2,865.3                        12.7

     配当性向             (%)                         ―       ―
     営業活動による
                        895,123       651,598       606,763       911,559       842,935
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       △ 334,241      △ 615,580      △ 364,814       △ 42,219      △ 381,876
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       △ 691,969      △ 239,129      △ 305,956       156,433      △ 308,343
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                        600,776       397,665       333,656      1,359,429       1,512,146
                 (千円)
     の期末残高
                           428       418       434       450       449
     従業員数
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)
                          ( 355  )     ( 399  )     ( 395  )     ( 352  )     ( 303  )
      (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 持分法を適用した場合の投資利益については、持分法を適用すべき関連会社がないため記載しておりませ
          ん。
        3 第94期、第95期及び第98期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しない
          ため記載しておりません。
        4 第96期及び第97期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、
          また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5 第96期及び第97期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、1株当たり当期純損失であるた
          め記載しておりません。
        6 臨時従業員は( )内に1年間の平均雇用人員を外書きで記載しております。
                                  2/56


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
     明治21年     (1888)      前田又吉、京都ホテルの前身「京都常盤」を創業。
     明治23年     (1890)      4月、京都ホテル(当時通称 常盤ホテル)を開業。
                5月、ロシア皇太子ニコライ殿下(後の皇帝ニコライ2世)投宿。大津事件後、お見舞いのた
     明治24年     (1891)
                め明治天皇の行幸を受く。
     明治28年     (1895)      3月、常盤ホテルを改装し、正式名称を「京都ホテル」として新装開業。
     昭和2年 (1927)           6月7日、「株式会社京都ホテル」(資本金125万円)を設立。
                2月25日、旧館跡地にルネッサンス様式の鉄筋コンクリート7階建洋館を新築し、営業を開
     昭和3年 (1928)
                始。
     昭和12年 (1937)           1月1日、長野県より「志賀高原温泉ホテル」の経営を受託。
     昭和35年 (1960)           6月30日、「志賀高原温泉ホテル」を分離独立させ、「㈱志賀高原ホテル」と改称。
     昭和41年 (1966)           5月10日、「洛陽食品㈱(京都商事㈱)」を設立。
     昭和44年 (1969)           3月1日、北館増築(客室数合計517室)。
                10月1日、京都証券取引所に上場。
     昭和51年 (1976)           1月14日、「京都ホテル実業㈱(粟田山荘)」設立。
                8月3日、同社開業。
     昭和58年 (1983)           11月1日、「からすま京都ホテル」開業(客室数258室)。
     昭和63年 (1988)           創業100周年を迎える。
                5月12日、高槻ホテル実業㈱(たかつき京都ホテル)設立。
     平成2年 (1990)           12月23日、「たかつき京都ホテル」開業(客室数115室)。
     平成3年 (1991)           1月1日、「京都ホテル」全面建替え計画のため休業に入る。
     平成4年 (1992)           5月29日、「京都商事㈱」を「京都ホテルサービス㈱」へ商号変更。
                7月19日、「いばらき京都ホテル」開業(業務運営指導)。
     平成6年 (1994)           7月10日、「京都ホテル」開業(客室数322室)。
     平成12年 (2000)           3月9日、「京都ホテル」土地及び建物等を日冷商事㈱に譲渡し、同社より賃借。
                6月30日、「高槻ホテル実業㈱」清算。
                12月21日、「㈱志賀高原ホテル」清算。
     平成13年 (2001)           3月1日、大阪証券取引所市場第二部に上場(京都証券取引所合併に伴う)。
                11月22日、㈱ホテルオークラと業務提携契約締結。
     平成14年 (2002)           2月1日、「京都ホテル(おいけ本館)」のホテル名称を「京都ホテルオークラ」と改称。
                7月1日、「有限責任中間法人おいけインベストメント」への基金拠出、及び「㈲おいけプ
     平成16年 (2004)
                ロパティ(特別目的会社)」へ匿名組合出資を行う。
     平成20年 (2008)           創業120周年を迎える。
                4月1日、「京都ホテルサービス㈱」を当社に吸収合併。
     平成21年     (2009)      4月1日、「京都ホテル実業㈱(粟田山荘)」を当社に吸収合併。
     平成23年     (2011)      6月1日、「㈲おいけプロパティ」を当社に吸収合併。
                7月16日、「一般社団法人おいけインベストメント」清算。
                8月22日、京都府立医科大学附属病院内に「レストランオリゾンテ」を開業。
     平成25年(2013)           7月2日、京都市左京区に大型レストラン「ザ・ガーデン岡崎」を開業。
                7月16日、東京証券取引所市場第二部に上場(大阪証券取引所との市場統合に伴う)。
     平成26年(2014)           7月11日、京都市中京区に町家ラウンジ「京都ホテルオークラ新町1888」を開業。
                業績不振により4館外店舗の閉店。2月京都ホテルオークラ1888(高島屋京都店内)、7月新
     平成28年(2016)
                町1888、8月レストランオリゾンテ(京都府立医大病院店)、9月ザ・ガーデン岡崎。
                                  3/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社の企業集団は、当社及びその他の関係会社1社で構成され、ホテル経営及びホテル付随業務を事業内容として
      おります。
      事業の系統図は、次のとおりであります。

     4 【関係会社の状況】







       関係会社の状況は次のとおりです。
                                               平成28年12月31日現在
                                         議決権の所有
                      資本金
         名称       住所              主要な事業の内容          (被所有)割合          関係内容
                      (百万円)
                                          (%)
     (その他の関係会社)
                                               役員の兼務2名
                            ホテル営業会社等の支配・管理
               東京都                                業務提携契約
     ㈱ホテルオークラ                    3,000   及びホテル・食堂等の技術指導                (29.8)
               港区                                販売提携契約
                            並びに不動産の賃貸借
                                               出資
      (注) 1 議決権の所有(被所有)割合欄の( )は、被所有割合であります。
        2 ㈱ホテルオークラは有価証券報告書を提出しております。
     5 【従業員の状況】

      (1)  提出会社の状況
                                               平成28年12月31日現在
        従業員数(人)             平均年令(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
             449(303)               36.2              9.9          3,785,368

      (注)   1 従業員数は就業人員(受入出向者を含み、他社への出向者及び臨時従業員を含んでおりません。)であり、従
          業員数の( )は、臨時従業員(契約社員、パートタイマー、配ぜん人を含み、人材会社からの派遣社員を除
          く。)の当事業年度の平均雇用人員を外書きで記載しております。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (2)  労働組合の状況

        当社の従業員で組織する労働組合は、京都ホテル労働組合と称し、サービス・ツーリズム産業労働組合連合会に
       所属しております。
        平成28年12月末現在の組合員数は318人であります。
        労働組合との間には特記すべき事項はありません。
                                  4/56



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      (1)  業績
        当事業年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善などを背景に、景気は全体として緩やかな回復基
       調を維持いたしましたが、一方で消費支出の伸び悩みや新興国経済の減速懸念等、先行きは依然不透明な状況が続
       いております。
        京都のホテル業界におきましては、政府の観光立国に向けた諸施策を背景とした訪日外国人客数の増加に加え、
       国内の個人、団体客数も順調に推移し、宿泊部門は引き続き好調を維持いたしました。一方、宴会、レストラン部
       門におきましては、企業収益や雇用環境の改善が宴会需要や個人消費に直結せず、不透明な景況感のなか、全体と
       しては足踏み状態となっております。
        このような環境下、当社におきましても、国内外からの宿泊需要の継続に加え、単価の上昇もあいまって宿泊部
       門は引き続き好調を維持いたしました。また宴会部門は、婚礼宴会におきまして大型宴会の獲得増もあり、前年売
       上を上回りました。一般宴会におきましては、件数増加の反面、人数、単価の減少のため、前年売上を下回りまし
       た。レストラン部門では、不採算店舗を閉鎖したことに伴い前年比売上高は大幅に減少いたしました。
        この結果、当期の売上高は10,707百万円(前年比58百万円減)となりました。一方、収益面におきましては、不採
       算部門からの撤退、原価管理の強化をはじめ諸経費の削減に引き続き努めました結果、営業利益613百万円(前年比
       51百万円増)、経常利益339百万円(前年比170百万円増)、当期純利益261百万円(前年は当期純損失278百万円)となり
       ました。
        ホテル事業の部門別の営業概況は次のとおりです。

         (宿泊部門)

         京都ホテルオークラにおきましては、国内エージェント経由の個人・団体ともに堅調に推移したことにより、
        客室稼働率は既往最高であった前年実績を若干下回りましたが、販売単価の上昇もあいまって、売上高は前年比
        124百万円増となりました。
         からすま京都ホテルにおきましては、年初、客室改装工事に伴う販売制限がありましたが、その後、国内エー
        ジェント経由の団体・個人客が順調に推移した上、販売単価の上昇もあり、売上高は前年比72百万円増となりま
        した。
         これらの結果、宿泊部門全体の売上高は3,602百万円(前年比5.8%増)となりました。
         (宴会部門)

         京都ホテルオークラの一般宴会は、件数はわずかに前年を上回ったものの、単価、人数減により前年を下回る
        売上となりました。一方、婚礼宴会におきましては、件数は前年並でしたが、人数、単価が大きく増加しました
        結果、売上高は前年を上回りました。これにより京都ホテルオークラの宴会部門の売上高は前年比76百万円増と
        なりました。
          からすま京都ホテルでは、一般宴会の件数、人数・単価ともに前年を上回りました結果、売上高は前年比11
        百万円増となりました。
         この結果、宴会部門全体の売上高は3,471百万円(前年比2.6%増)となりました。 
                                  5/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
         (レストラン部門)
         京都ホテルオークラでは、館内レストランにおきまして、店舗改装効果があらわれた中国料理「桃李」やトッ
        プラウンジ「オリゾンテ」が好調に推移しましたが、惣菜販売を撤退した影響もあり、カフェ「レックコート」
        で大きく減収となったことにより、売上高は前年比35百万円減となりました。また、館外レストランにおきまし
        ては、京都ホテルオークラ別邸「粟田山荘」が順調に推移しましたが、不採算でありました「京都ホテルオーク
        ラ1888(高島屋京都店内)」「新町1888」「ザ・ガーデン岡崎」「レストランオリゾンテ(京都府立医大病院店)」
        の閉鎖を実施した結果、売上高は前年比210百万円減となりました。これにより京都ホテルオークラのレストラン
        部門の売上高は前年比246百万円減となりました。
         からすま京都ホテルでは、中国料理「桃李」、お食事処「入舟」が堅調に推移しましたが、前年の9月に閉店し
        ました「レックコート」の売上減が影響し、売上高は前年比6百万円減となりました。
         この結果、レストラン部門全体の売上高は3,052百万円(前年比7.6%減)となりました。
         (その他部門)

         その他部門の売上高は581百万円(前年比13.5%減)となりました。売上減少の大きな要因は不採算となってお
        りました「病院食事業」を2015年3月で撤退したことによるものです。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、売上等による収益の増加及び増資などに
       より前事業年度末に比べ152百万円増加し、当事業年度末には1,512百万円となりました。
       ①営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動の結果得られた資金は842百万円(前年同期比68百万円の減少)となりました。これは利息の支払いが259
       百万円あったものの、減価償却費が769百万円などがあったことによるものです。
       ②投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動の結果使用した資金は381百万円(前年同期比339百万円の支出の増加)となりました。これは有形固定資
       産の取得が369百万円などあったことによるものです。
       ③財務活動によるキャッシュ・フロー

        財務活動の結果使用した資金は308百万円(前年は156百万円の資金の増加)となりました。これは主に長期借入金
       等の借換えにより借入額が13,700百万円あったものの、返済額が13,916百万円あったことによるものです。
                                  6/56









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     2 【生産、受注及び販売の状況】
      (1) 収容能力及び収容実績
       (イ)京都ホテルオークラ
                      第97期                       第98期

              (平成27年1月1日~平成27年12月31日)                       (平成28年1月1日~平成28年12月31日)
       区分
             室数     収容能力      収容実績      利用率      室数     収容能力      収容実績      利用率
                室      室      室      %      室      室      室      %
     客室         322    117,530      106,710       90.79       322    117,852      104,928       89.03
                室      名      名     回転       室      名      名     回転
     食堂          14   398,512      648,516       1.63       14   351,227      592,223       1.69
                室      名      名     回転       室      名      名     回転
     宴会          13   753,090      237,293       0.32       13   755,520      238,335       0.32
       (ロ)からすま京都ホテル

                      第97期                       第98期

              (平成27年1月1日~平成27年12月31日)                       (平成28年1月1日~平成28年12月31日)
       区分
             室数     収容能力      収容実績      利用率      室数     収容能力      収容実績      利用率
                室      室      室      %      室      室      室      %
     客室         242    88,330      77,133      87.32       238    87,316      74,561      85.39
                室      名      名     回転       室      名      名     回転
     食堂           3   78,110      72,098       0.92       3   78,324      75,870       0.97
                室      名      名     回転       室      名      名     回転
     宴会           ▶   259,150      134,424       0.52       ▶   259,860      138,063       0.53
      (注) 収容能力の内容は下記の基準により算出したものであります。

          1 客室は部屋数に営業日数を乗じて算出しております。
          2 食堂は椅子数に営業日数を乗じて算出しております。
          3 宴会は正餐形式による椅子数に営業日数を乗じて算出しております。
      (2) 販売実績

                                    当事業年度

                                 (自 平成28年1月1日
                                                   前年同期比
                                  至 平成28年12月31日)
                区分
                                                    (%)
                               金額(千円)          構成比(%)
     宿泊部門                            3,602,215            33.7         105.8

     宴会部門                            3,471,145            32.4         102.6

     レストラン部門                            3,052,437            28.5          92.4

     その他部門                             581,633            5.4         86.5

                合計                 10,707,431            100.0          99.5

      (注) 1 受注生産は行っておりません。
        2 上記金額には、消費税等は含んでおりません。
                                  7/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
         今後の見通しにつきましては、企業収益や雇用情勢の改善などを背景に、景気は全体として緩やかな回復基調
        を維持いたしましたが、一方で消費支出の伸び悩みや新興国経済の減速懸念等、先行きは依然不透明な状況が続
        いております。
         京都のホテル業界におきましては、政府の観光立国に向けた諸施策を背景とした訪日外国人客数の増加に加
        え、国内の個人、団体客数も順調に推移し、宿泊部門は引き続き好調を維持いたしました。一方、宴会、レスト
        ラン部門におきましては、企業収益や雇用環境の改善が宴会需要や個人消費に直結せず、不透明な景況感のな
        か、全体としては足踏み状態となっております。
         このような環境下、当社におきましても、国内外からの宿泊需要の継続に加え、単価の上昇もあいまって宿泊
        部門は引き続き好調を維持しており、宴会部門は、婚礼宴会におきまして大型宴会の獲得増もあり、前年売上を
        上回りました。一般宴会におきましては、件数増加の反面、人数、単価の減少のため、前年売上を下回りまし
        た。レストラン部門では、不採算店舗を閉鎖したことに伴い前年比売上高は減少いたしましたが、収益性は大幅
        に改善いたしました。その結果、平成28年度におきましては、営業利益、経常利益、当期純利益いずれも前年度
        を上回ることが出来ました。
         今後におきましても収益性が低い部門のさらなる見直し、コストコントロールの強化、積極的な営業活動に努
        めてまいる所存です。
         これらを通じまして、目標である「京都オンリーワンホテル」を目指してまいります。 
     4 【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項は、以下のようなものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日
      現在において当社が判断したものであります。
      (1) ホテル業の売上高について
        当社は日本全国及び世界各国からのお客様を受け入れていることより、自然災害、疾病、戦争、テロ等の影響を
       受ける可能性があります。
      (2) 施設の毀損、劣化について
        当社は停電の発生など、想定が必要であると考えられる事態につきましては、事業活動への影響を最小限化する
       体制を敷いておりますが、台風、地震等の天災につきましては、想定の範囲を超える事態が発生することも考えら
       れます。したがって、このような事態が発生した場合には、当社の業績及び財務の状態に影響を及ぼす可能性が生
       じます。
      (3) 食中毒について
        当社は食事の提供及び食品の販売を行なっており、新たな病原菌や食品衛生管理の瑕疵等により食中毒事案が発
       生した場合、ブランドイメージの失墜により、当社の業績が影響を受ける可能性があります。これらの事案発生を
       未然に防ぐための設備投資及び健康管理を充実させる対応を実施しております。また、食品衛生委員会を中心に館
       内の巡回点検、指導や社員教育を定期的に実施し、食品管理意識の向上を図っております。
                                  8/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     5 【経営上の重要な契約等】
       (賃借関係)
       契約会社名           賃借先             賃借物件及び内容                  賃借期間

                                                   10年
                          からすま京都ホテル建物
     ㈱京都ホテル          伊吹㈱                               (自 平成25年4月1日
                          建物全館(地上13階 地下2階)
                                               至 平成35年3月31日)
       (業務提携関係)

       契約会社名           提携先               契約内容                提携期間

                                                   20年
     ㈱京都ホテル          ㈱ホテルオークラ          業務提携契約並びに販売提携契約締結                     (自 平成14年1月1日
                                               至 平成33年12月31日)
     6 【研究開発活動】

       該当事項はありません。
     7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものであります。

      (1)  重要な会計方針及び見積り
        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計処理の基準に基づき作成されております。
       具体的には「第5 経理の状況 1 財務諸表等 注記事項 重要な会計方針」に記載のとおりであります。
        当社は大幅な見積りに依存する会計処理は行っておらず、見積り等の不確実性による財務諸表への重要な影響の
       可能性は少ないものと考えております。
      (2)  当事業年度の財政状態の分析

        当事業年度末の総資産は、前事業年度末に比べ146百万円減少し、18,698百万円となりました。これは主に有形固
       定資産の減価償却などによるものです。
        負債は、前事業年度末に比べ374百万円減少し、16,657百万円となりました。これは主に借換えなどによる短期借
       入金等が減少したことによります。
        純資産は、前事業年度末に比べ228百万円増加し、2,041百万円となりました。これは主に増益により利益剰余金
       が増加したことによります。
      (3)  当事業年度の経営成績の分析

        当社の売上高は、「第2 事業の状況 1 業績等の概要」にて記載のとおりであります。宿泊部門において
       は、国内エージェント経由の個人・団体客増加等に伴い売上増、宴会部門においては、特に婚礼宴会で人数、単価
       増により売上増、レストラン部門は不採算の館外店舗の閉店等などあり、売上減となりました。全体の売上高とし
       ましては、前事業年度に比べ0.5%減の10,707百万円となりました。原価面におきましては、売上高減等の影響によ
       り前事業年度に比べ6.1%減の2,172百万円となりました。
        販売費及び一般管理費は、営繕費の増加などにより前事業年度に比べ、0.4%増の7,921百万円となりました。
        その結果、経常利益は前事業年度に比べ、101.3%増の339百万円となりました。当期純利益は261百万円(前事業
       年度は当期純損失278百万円)となりました。なお、利益剰余金は288百万円となりました。
                                  9/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (4) 経営成績に重要な影響を与える要因について
        当社は、日本全国及び世界各国からのお客様を受入れております。そのため、自然災害や疾病等の発生により売
       上高が大きく減少する可能性があります。さらに、企業業績の低迷による法人利用の減少、少子化に伴う婚礼件数
       の減少などが考えられます。また食事の提供及び食品の販売をおこなっており、新たな病原菌や食品衛生の瑕疵等
       により食中毒事案が発生した場合、ブランドイメージの失墜により、業績が影響を受ける可能性があります。
      (5)  戦略的現状と見通し

        2017年度の当社は創業129周年を迎えることから、「伝統は未来のために」との理念の下、足下を確りと見直し、
       将来への備えを万全として努力をしてゆく所存です。とりわけ、当社の基本理念でもあります「顧客第一主義に徹
       し、お客様に心の満足を提供する」に基づき、国内外よりお越しになるお客様や、地元京都のお客様にも常に「ワ
       クワク感」を提供できる魅力あるホテルであるよう努力を重ねてまいります。
        また、当社は事業年度を「毎年1月1日から12月31日まで」としておりますが、決算事務の効率化及び営業施策
       上の観点等により「毎年4月1日から翌年3月31日まで」に変更することになりました。
        なお、決算期の変更に伴い移行期間となる第99期事業年度は、平成29年1月1日から平成30年3月31日までの15
       か月となります。
      (6) 資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社の資金状況は、「第2 事業の状況 1 業績等の概要」にて記載のとおりでありますが、当事業年度にお
       ける現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は前事業年度末に比べ152百万円増加し、当事業年度末には
       1,512百万円となりました。
        各キャッシュ・フローの状況は、営業活動の結果得られた資金は842百万円、投資活動の結果使用した資金は381
       百万円、財務活動の結果使用した資金は308百万円となりました。
                                 10/56












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当社では、当事業年度は京都ホテルオークラ及びからすま京都ホテルの設備の改修を中心に実施いたしました。そ
      の主なものは、からすま京都ホテルの客室等の改修工事として180百万円、全社的なホテルシステム更新で153百万円
      などの投資をいたしました。
     2 【主要な設備の状況】

       主要な設備は、以下のとおりです。
                                               平成28年12月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
                                                      従業
        事業所名
                設備の内容                                       員数
                                   土地
        (所在地)
                       建物及び      機械装置           リース
                                                      (人)
                                            その他      合計
                       構築物     及び運搬具            資産
                                  面積(㎡)
      京都ホテル
                                  3,959,692
                                                       334
      オークラ         ホテル設備        9,972,288       35,745         180,481     176,604    14,324,812
                                                      (213)
                                    7,392
      (京都市中京区)
      からすま
                                      ―
                                                       55
      京都ホテル         ホテル設備         410,149      10,883            ―  78,744      499,777
                                                       (57)
                                      ―
      (京都市下京区)
      京都ホテル
                                   929,944
               統括業務
                                                       44
      グループ本社                  165,404         ―         533    8,809    1,104,691
                                                       (14)
               施設
                                     808
      (京都市中京区)
                                   181,026
      粟田山荘              和風料理
                                                       11
                        35,273       546         1,642     1,521     220,010
                                                       (19)
      (京都市東山区)         旅館
                                    1,562
                                     677
                                                        5
      その他         社員寮等            ―      ―          ―     0     677
                                                       (-)
                                   158,541
                                  5,071,341
                                                       449
         合計         ─    10,583,115        47,175         182,657     265,679    16,149,969
                                                      (303)
                                   168,304
      (注)   1 帳簿価額の「その他」は、器具及び備品であります。なお、金額には消費税等を含めておりません。
        2 「からすま京都ホテル」の建物は伊吹㈱より賃借しております。
                                           年間リース料       リース契約残高
             事業所名            設備の内容           契約期間
                                             (千円)        (千円)
                     ホテル設備
           からすま京都ホテル                           10年        300,000       1,875,000
                     (オペレーティング・リース)
        3 従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、従業員数
          の( )は、臨時従業員(契約社員、パートタイマー、配ぜん人を含み、人材会社からの派遣社員を除く。)の
          当事業年度の平均雇用人員を外書きで記載しております。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        当事業年度末現在における重要な設備投資計画はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 11/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

     普通株式                                               15,000,000

                  計                                   15,000,000

       ② 【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年12月31日)          (平成29年3月31日)
                                  東京証券取引所

                                            単元株式は100株でありま
     普通株式             11,091,400          11,091,400
                                            す。
                                  (市場第二部)
         計         11,091,400          11,091,400           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      平成25年5月31日
                    51,000     10,389,000         19,000      969,000         941     210,304
         (注)1
      平成27年11月27日
                   702,400     11,091,400         299,924      1,268,924        299,924       510,229
         (注)2
      平成28年3月28日
                      ―  11,091,400            ―   1,268,924         60,000      450,229
         (注)3
      (注)1.第三者割当 発行価格391円 資本組入額372.55円 割当先                                アサヒビール株式会社
        2.第三者割当 発行価格854円 資本組入額427円 割当先                            株式会社日本政策投資銀行、株式会社池田泉州
          銀行
        3.平成28年3月28日付で会社法448条第1項の規定に基づき、資本準備金が減少し、その他資本剰余金へ振
          り替えております。
                                 12/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成28年12月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数(人)          ―     7     10     129      5     2   2,465     2,618      -

     所有株式数
               ―   10,902       96   78,313       54      2   21,504     110,871       4,300
     (単元)
     所有株式数
               ―    9.83     0.09     70.63      0.05     0.00     19.40     100.00      -
     の割合(%)
     (注) 自己株式        61,394株は、「個人その他」に613単元及び「単元未満株式の状況」に94株を含めて記載しており
        ます。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成28年12月31日現在
                                                   発行済株式総数
                                            所有株式数
          氏名又は名称                     住所                    に対する所有株
                                             (千株)
                                                   式数の割合(%)
                                               3,289        29.65
     株式会社ホテルオークラ                東京都港区虎ノ門2丁目10番4号
                     東京都中央区築地6丁目19-20                          2,008        18.11

     株式会社ニチレイ
                                                585       5.28

     株式会社日本政策投資銀行                東京都千代田区大手町1丁目9番6号
                     東京都中央区銀座2丁目6-12                           516       4.65

     中央建物株式会社
                     大阪府枚方市岡東町173-1                           364       3.29

     京阪ホールディングス株式会社
                     東京都中央区八重洲1丁目2-1                           350       3.16

     みずほ信託銀行株式会社
                     京都市下京区中堂寺櫛笥町1                           350       3.16

     彌榮自動車株式会社
                     京都市下京区油小路通六条上る卜味金仏町
     株式会社Izutsu        Mother                                   209       1.88
                     181番地
                     東京都港区台場2丁目3-3                           126       1.14
     サントリー酒類株式会社
                                                117       1.05

     株式会社池田泉州銀行                大阪府大阪市北区茶屋町18番14号
                                               7,915        71.36

            計                    ―
     (注) 当事業年度末現在における、みずほ信託銀行株式会社の信託業務の株式数については、当社として把握する
        ことができないため記載しておりません。
                                 13/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                               平成28年12月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                                           権利内容に何ら限定のない当社
                     普通株式       61,300
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―
                                           における標準となる株式
                     普通株式     11,025,800
     完全議決権株式(その他)                                 110,258           同上
                     普通株式        4,300

     単元未満株式                                ―             ―
     発行済株式総数                     11,091,400           ―             ―

                                      110,258

     総株主の議決権                     ―                        ―
       ② 【自己株式等】

                                               平成28年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
                                                    総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                 京都市中京区河原町通二条
     株式会社京都ホテル                             61,300         ―    61,300        0.55
                 南入一之船入町537番地の4
          計              ―          61,300         ―    61,300        0.55
       保有期間等の確約を取得者と締結している株式の移動について

         平成27年11月27日の第三者割当増資により発行した株式の取得者から、株式会社東京証券取引所の規則に基づ
        き、平成27年11月27日から2年間において、当該株式の全部または一部を譲渡した場合には、直ちに当社へ報告
        する旨の確約を得ております。
         なお、当該株式につきまして第三者割当増資により発行した日から有価証券報告書の提出日までの間に株式の
        移動は行われておりません。
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
     2 【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】           普通株式

      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
                                 14/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
                 区分                  株式数(株)            価額の総額(千円)
     当事業年度における取得自己株式                                      ▶              3

     当期間における取得自己株式                                      ―              ―

      (注)    当期間における取得自己株式には、平成29年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得
                              ―         ―         ―         ―
     自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他
                              ―         ―       61,394         46,598
     (第三者割当による自己株式処分)
     保有自己株式数                      61,394            ―         ―         ―
      (注) 当期間の保有自己株式数には、平成29年3月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による
         株式数は含めておりません。
     3 【配当政策】

       当社の利益配分につきましては、経営基盤の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を実施する
      ことを基本方針としております。
       当社は、剰余金の配当を期末配当の年1回行なうことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は、株主総
      会であります。
       当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり3円の配当を実施することを決定いたしま
      した。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                 1株当たり配当額(円)

         平成29年3月24日
                                   33,090                   3.00
         定時株主総会決議
                                 15/56








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     4  【株価の推移】
      (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第94期         第95期         第96期         第97期         第98期

       決算年月        平成24年12月         平成25年12月         平成26年12月         平成27年12月         平成28年12月

                                              1,135

       最高(円)             418         749         680                  930
       最低(円)             356         372         480         583         701

      (注) 最高・最低株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所(市場第二部)におけるものであり、平成25年7月
         16日以降は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
      (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成28年7月          8月       9月       10月       11月       12月

       最高(円)            780       783       760       817       867       905

       最低(円)            730       710       715       747       803       810

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                 16/56














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     5 【役員の状況】
     男性12名 女性1名 (役員のうち女性の比率7.7%)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和53年4月      日本開発銀行(現㈱日本政策投
                                     資銀行)入行
                              平成14年4月      日本政策投資銀行(現㈱日本政
                                     策投資銀行)南九州支店長
                              平成16年6月      同行都市開発部長
                              平成19年6月      同行北海道支店長             平成29年
                              平成20年10月      ㈱日本政策投資銀行北海道支店             3月の定
     代表取締役
               福 永 法 弘       昭和30年8月21日生               長             時株主総       -
     社長
                              平成21年6月      同行常務執行役員             会より1
                              平成23年6月      北海道国際航空㈱(現㈱             年
                                     AIRDO)代表取締役副社長
                              平成24年10月      ㈱AIRDO代表取締役副社長
                              平成27年3月      当社代表取締役社長(現任)
                              平成27年6月      ㈱ホテルオークラ常務執行役員
                                     (現任)
                              昭和56年4月      大成観光㈱(現㈱ホテルオーク
                                     ラ)入社
                              平成21年6月      ㈱ホテルオークラ執行役員
                              平成22年3月      ㈱海老名第一ビルディング取締
                                     役
                              平成22年6月      ㈱コンチネンタルフーズ監査役
                                     (現任)
                              平成22年6月      ㈱筑波学園ホテル取締役
                                                  平成29年
                              平成22年6月      ㈱ホテルオークラ札幌取締役
                                                  3月の定
                              平成23年6月      ㈱ホテルオークラ取締役上席執
          京都ホテル
                                                  時株主総
                                     行役員(現任)
     専務取締役     オークラ総     成 瀬 正 治       昭和33年8月8日生                                   1
                              平成24年3月      当社取締役
                                                  会より1
          支配人
                              平成24年6月      ㈱オレンジマーケティングサー
                                                  年
                                     ビスジャパン取締役
                              平成25年6月      ㈱ホテルオークラ管理本部副本
                                     部長
                              平成26年6月      当社常務取締役京都ホテルオー
                                     クラ総支配人
                              平成28年6月      ㈱オークラニッコーホテルマネ
                                     ジメント常務執行役員(現任)
                              平成29年3月      当社専務取締役京都ホテルオー
                                     クラ総支配人(現任)
                              昭和60年4月      当社入社
                              平成17年3月      当社宿泊部長
                              平成18年4月      当社販売促進部長
                              平成20年11月      当社宴会販売部長
                              平成21年3月      当社執行役員宴会販売部長
                              平成22年6月      当社執行役員からすま営業部長
                                     兼外販部長
          からすま営                                        平成29年
                              平成24年2月      当社執行役員外販部長
          業部長「か                                        3月の定
                              平成24年3月      当社取締役販売促進部長
     取締役     らすま京都      杉 田  洋      昭和37年7月10日生                            時株主総       2
                              平成25年9月      当社取締役外販部長兼「京都ホ
          ホテル総支                                        会より1
                                     テルオークラ支配人」
          配人」                                        年
                              平成26年4月      当社取締役新規事業所開発担当
                                     兼からすま営業部長「からすま
                                     京都ホテル総支配人」兼外販部
                                     長
                              平成28年3月      当社取締役からすま営業部長
                                     「からすま京都ホテル総支配
                                     人」(現任)
                                 17/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和60年4月      当社入社
                              平成16年1月      当社からすま京都ホテル営業担
                                     当部長
                              平成18年4月      当社販売促進部部長代理兼東京
                                     営業所長
                              平成21年4月      当社からすま営業部長「からす
                                     ま京都ホテル総支配人」
                              平成22年6月      当社販売促進部長
                              平成23年4月      当社販売促進部長「京都ホテル
                                     オークラ副総支配人」
          販売サポー
                                                  平成29年
                              平成23年5月      当社執行役員販売促進部長「京
          ト部長兼
                                                  3月の定
                                     都ホテルオークラ副総支配人」
          「京都ホテ
     取締役          奥 田 昭 人       昭和37年8月20日生        平成24年4月      当社執行役員料飲部長「京都ホ             時株主総       1
          ルオークラ
                                     テルオークラ副総支配人」
                                                  会より1
          副総支配
                              平成25年9月      当社執行役員販売促進部長兼東
                                                  年
          人」
                                     京営業所長「京都ホテルオーク
                                     ラ副支配人」
                              平成26年3月      当社取締役販売促進部長兼東京
                                     営業所長「京都ホテルオークラ
                                     副支配人」
                              平成27年4月      当社取締役販売促進部長兼「京
                                     都ホテルオークラ副支配人」
                              平成28年5月      当社取締役販売サポート部長兼
                                     「京都ホテルオークラ副総支配
                                     人」(現任)
                              昭和52年4月      ㈱池田銀行(現㈱池田泉州銀
                                     行)入行
                              平成6年3月      ㈱池田銀行武庫之荘支店長
                                                  平成29年
                              平成16年11月      ㈱池田銀行理事融資部長
                                                  3月の定
                              平成20年6月      ㈱池田銀行理事本店営業部長
     取締役     経理部長     西 川 治 彦       昭和29年4月2日生        平成22年5月      ㈱池田泉州銀行池田営業部長             時株主総       -
                              平成23年4月      当社顧問
                                                  会より1
                              平成24年3月      当社執行役員監査室部長「監査
                                                  年
                                     室長」
                              平成26年4月      当社執行役員経理部長
                              平成27年3月      当社取締役経理部長(現任)
                              昭和48年10月      大成観光㈱(現㈱ホテルオーク
                                     ラ)入社
                              平成9年1月      ㈱ホテルオークラ神戸出向
                                                  平成29年
                              平成13年10月      ㈱ホテルオークラ東京ベイ出向
          調理部長
                                                  3月の定
                              平成23年6月      ㈱ホテルオークラ東京執行役
          「京都ホテ
     取締役          善 養 寺 明       昭和27年1月21日生               員 洋食総料理長             時株主総       -
          ルオークラ
                              平成25年6月      ㈱ホテルオークラ執行役員(現
                                                  会より1
          総料理長」
                                     任)
                                                  年
                              平成27年10月      当社執行役員調理部長
                              平成28年3月      当社取締役調理部長「京都ホテ
                                     ルオークラ総料理長」(現任)
                              昭和39年10月      千利休居士十五代裏千家今日庵
                                     家元
                              平成元年1月      公益財団法人京都市国際交流協
                                     会理事長(現任)
                              平成8年9月      京都市生涯学習総合センター所
                                     長(現任)
                                                  平成29年
                              平成14年10月      公益財団法人日本国際連合協会
                                                  3月の定
                                     会長(現任)
     取締役          千   玄 室       大正12年4月19日生                            時株主総       19
                              平成14年12月      裏千家今日庵大宗匠(現任)
                                                  会より1
                              平成17年9月      日本・国連親善大使(現任)
                                                  年
                              平成20年6月      京都日韓親善協会会長(現任)
                              平成20年11月      一般社団法人茶道裏千家淡交会
                                     会長(現任)
                              平成21年3月      当社取締役(現任)
                              平成24年3月      ユネスコ親善大使(現任)
                              平成28年1月      日本国観光親善大使(現任)
                                 18/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和46年4月      大成観光㈱(現㈱ホテルオーク
                                     ラ)入社
                              平成19年6月      ㈱ホテルオークラ上席執行役員
                              平成20年3月      当社代表取締役専務取締役
                              平成21年6月      ㈱ホテルオークラ東京代表取締
                                     役社長
                              平成21年6月      ㈱ホテルオークラ常務執行役員
                              平成21年6月      同社取締役(現任)
                              平成22年6月      ㈱ホテルオークラエンタープラ
                                     イズ取締役(現任)
                                                  平成29年
                              平成22年6月      大成観光交通㈱取締役(現任)
                                                  3月の定
                              平成23年6月      ㈱ホテルオークラスペースソ
     取締役          清 原 當 博       昭和24年1月18日生                            時株主総       1
                                     リューションズ取締役(現任)
                                                  会より1
                              平成24年3月      当社取締役(現任)
                                                  年
                              平成25年6月      株式会社ホテルオークラ専務執
                                     行役員
                              平成26年6月      株式会社ホテルオークラ東京代
                                     表取締役会長
                              平成26年6月      ㈱コンチネンタルフーズ取締役
                                     (現任)
                              平成27年6月      株式会社ホテルオークラ顧問
                                     (現任)
                              平成28年6月      株式会社ホテルオークラ東京取
                                     締役会長(現任)
                              昭和55年4月      大成観光㈱(現㈱ホテルオーク
                                     ラ)入社
                              平成16年4月      オークラアクトシティホテル浜
                                     松総支配人
                              平成18年6月      ㈱ホテルオークラ福岡取締役総
                                     支配人
                              平成19年6月      株式会社ホテルオークラ執行役
                                     員
                              平成20年6月      同社常務取締役総支配人
                              平成21年6月      当社顧問 京都ホテルオークラ
                                                  平成29年
                                     総支配人
                                                  3月の定
                              平成22年3月      当社常務取締役京都ホテルオー
     取締役          髙 麗 積 克       昭和30年10月6日生                            時株主総       2
                                     クラ総支配人
                                                  会より1
                              平成24年6月      株式会社ホテルオークラ上席執
                                                  年
                                     行役員(現任)
                              平成24年12月      当社常務取締役京都ホテルオー
                                     クラ総支配人兼宿泊部管掌
                              平成26年6月      当社取締役(現任)
                              平成26年6月      鹿島東京開発株式会社代表取締
                                     役専務(現任)
                              平成26年6月      ホテルイースト21東京総支配人
                                     (現任)
                              平成28年6月      ㈱ホテルオークラ取締役上席執
                                     行役員(現任)
                              平成3年6月      株式会社常陽入社
                              平成3年6月      株式会社常陽取締役
                              平成9年9月      医療法人蒼龍会入社
                              平成9年10月      医療法人蒼龍会理事             平成29年
                              平成12年4月      医療法人蒼龍会老健事業部事業             3月の定
     取締役          細 見 麗 子       昭和43年4月21日生               部長             時株主総       -
                              平成18年11月      医療法人蒼龍会副理事長             会より1
                              平成23年4月      公益財団法人細見美術財団入社             年
                              平成27年11月      公益財団法人細見美術財団副館
                                     長(現任)
                              平成28年3月      当社取締役(現任)
                                 19/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和48年4月      日本冷蔵株式会社(現㈱ニチレ
                                     イ)入社
                              平成10年4月      ㈱ホッコク総務部長 出向
                              平成13年4月      わかば食品㈱総務部長 出向
                                                  平成28年
                              平成15年4月      ㈱ニチレイ経営監査部マネ
                                                  3月の定
     監査役
                                     ジャー
               柳 瀬 光 義       昭和30年1月3日生                            時株主総       -
                              平成17年4月      当社経理部長
     (常勤)
                                                  会より4
                              平成21年3月      当社執行役員経理部長
                                                  年
                              平成24年3月      当社取締役経理部長
                              平成24年12月      当社取締役経理・財務・監査室
                                     管掌
                              平成26年3月      当社常勤監査役(現任)
                              昭和56年4月      安田信託銀行㈱(現みずほ信託
                                     銀行㈱)入社
                              平成14年4月      みずほアセット信託銀行㈱(現
                                     みずほ信託銀行㈱)川越支店長
                              平成15年3月      みずほ信託銀行㈱川越支店長
                              平成16年4月      同社個人企画部長
                              平成17年4月      同社プライベートバンキング企
                                     画部長             平成29年
                              平成19年10月      同社新潟支店長             3月の定
     監査役          酒 井 康 夫       昭和31年12月20日生        平成21年4月      同社人事部長             時株主総       -
                              平成22年4月      同社執行役員人事部長             会より4
                              平成23年4月      同社常務執行役員             年
                              平成24年4月      みずほトラスト保証㈱代表取締
                                     役社長
                              平成25年3月      当社監査役(現任)
                              平成27年6月      セントラル総合開発㈱社外監査
                                     役(現任)
                              平成28年6月      みずほトラストリテールサポー
                                     ト㈱取締役社長(現任)
                              昭和45年4月      日本開発銀行(現㈱日本政策投
                                     資銀行)入行
                              平成8年6月      同行名古屋支店長
                              平成10年5月      同行都市開発部長
                              平成11年10月      日本政策投資銀行(現㈱日本政             平成28年
                                     策投資銀行)関西支店長             3月の定
     監査役           安 藤  隆      昭和23年2月3日生        平成13年3月      同行監事             時株主総       -
                              平成15年2月      同行理事             会より4
                              平成19年6月      株式会社日本空港ビルデング常             年
                                     務取締役
                              平成23年6月      株式会社日本経済研究所代表取
                                     締役社長
                              平成28年3月      当社監査役(現任)
                             計                            26
     (注)   1 取締役千玄室、細見麗子の両氏は、社外取締役であります。
       2 監査役酒井康夫、安藤隆の両氏は、社外監査役であります。
                                 20/56








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  企業統治の体制
        イ 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
          当社では、常勤の取締役及び監査役で構成される要務役員会の議を経たうえで、社外取締役2名及び社外監
         査役2名を交えた取締役会において経営方針その他の重要事項が審議、決定されます。このほか、常勤取締役
         及び監査役並びに主要部門長で構成する部長会において月毎の業績の進捗状況が報告・検証されております。
         また、内部管理面におきましては、有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選任し、四半期毎に財務諸
         表等の監査証明等を受けているほか、内部監査を実施する監査室を設置し、内部統制の実効性を高めておりま
         す。
          これらの体制を採用している理由として、当社は、全取締役10名のうち2名の社外取締役を選任いたしてお
         りますが、当該社外取締役は、我が国を代表する伝統文化の承継と発展に大きく貢献されている等、幅広い見
         識を有しております。
          取締役会においては、当該社外取締役の豊富な経験に基づく意見と各監査役による適法性の検証を十分に反
         映した意思決定に努めており、当社独自のコーポレートガバナンスが現在において有効に機能しているものと
         判断し、現状の体制を採用いたしております。
          なお、当社は、経営環境の変化に機動的に対応するため、取締役の任期を1年とする旨を定款に定めており
         ます。また、取締役(業務執行取締役であるものを除く。)及び監査役との間で、会社法第427条第1項の規定に
         基づき、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任の限度額
         は、法令が規定する額としております。
        ロ 内部統制システムの整備の状況
         当社は、内部統制システムの基本方針を次のとおり定めております。
         Ⅰ 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・当社は、コンプライアンスを経営の基本とします。
          ・当社は、コンプライアンス規程を定め、規程に定める社長を長としたコンプライアンス対策本部を設置す
           る等して役員、社員等の従業者が企業の社会的責任を深く自覚し、日常の業務遂行において法令等を遵守
           し、社会的理念に適合した行動を実践することを確保します。
          ・当社は、コンプライアンス規程の基礎として行動基準を定め、取締役及び使用人が職務を執行する基本方
           針とし、行動基準をカード化してすべての取締役及び使用人が携帯してコンプライアンスの徹底を行いま
           す。
          ・当社は、内部監査規程を定め、会社の経営諸活動の全般にわたる内部統制状況を検証し、監査担当部署
           は、不備についてその是正を提言します。
          ・当社は、内部通報運用規程を定め、違法行為等に関する相談又は通報の適正な処理の仕組みを設けます。
          ・当社は、お客さまとの取引に際して基本となる「宿泊約款」「ホテル利用規則」「宴会催事規約」に反社
           会的勢力排除条項を設け、反社会的勢力との取引を拒絶します。
         Ⅱ 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           当社は、文書管理規程を定め、この規程に則って重要な会議の議事録等、取締役の職務の執行に係る情報
           を含む重要な文書等を、適切に保存及び管理します。
         Ⅲ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          ・当社は、取締役会の下に社長を長とし常勤取締役及び常勤監査役等から成る要務役員会を設けて業務の運
           営、管理を行っており、その要務役員会の下に重要度の高いリスクに対応する各種専門委員会を設置し、
           リスクへの対応を管理します。
          ・当社は、リスクに対応する各種専門委員会の委員長には取締役をあて、定期的に委員会を開催し、その結
           果について要務役員会に報告し、重大な事項は取締役会及び監査役会に報告します。
                                 21/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
         Ⅳ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          ・当社は、年度計画を策定し、取締役はこの計画に基づいて職務を執行し、その進捗について取締役会に報
           告を行います。
          ・当社は、要務役員会を定期的に開催し、取締役の職務執行について審議、企画、立案、評価し、また要務
           役員会メンバーと主要部門長から成る部長会を設置して月次の実績の評価及び改善策の策定を行います。
          ・当社は、職制規程を定め、この規程に則って各部門の業務分担及び指揮命令系統を明確にして、効率的な
           業務執行を行う組織を構築します。
         Ⅴ 財務報告の適正性を確保するための体制
           当社は、適正かつ信頼ある財務報告を確保する内部統制システムを整備し、職制を通した定期的評価と監
           査担当部署による定期的評価を行って必要な業務の改善を行い、内部統制システムの有効性を確保しま
           す。
         Ⅵ 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該
           使用人の取締役からの独立性に関する事項
          ・当社は、現在、監査役の職務を補助すべきスタッフを置いていませんが、監査役から要請があった場合に
           補助スタッフを置くこととし、その人事については監査役と取締役が協議のうえ決定します。
          ・監査役の職務の補助を行うスタッフは、監査役の指示に従って職務を実施し、その職務について当該ス
           タッフは取締役の指揮命令を受けないこととします。
         Ⅶ 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する体制
          ・取締役及び使用人は、職務執行に関して重大な法令もしくは社内規程等の違反、又は会社に著しい損害を
           及ぼすおそれのある事実を発見、認識したときは、遅滞なく監査役に報告を行います。
         Ⅷ 内部統制システムの運用状況
          ・当社は内部監査年度計画書に基づき、内部監査を実施しております。また、財務報告に係る内部統制も内
           部監査年度計画書に基づき内部統制評価を実施しております。
        ハ 会社の機関・内部統制の関係図

                                 22/56











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
        ニ リスク管理体制の整備の状況
         当社のリスク管理体制は、前記ロⅢに記載のとおりであります。
       ②  内部監査及び監査役監査

        イ 内部監査及び監査役監査の状況
          当社の監査役会は、常勤監査役1名と社外監査役2名で構成されておりますが、社外監査役は、それぞれ長
          年にわたる金融機関での要職経験者の2氏を選任することにより、豊富な経験が監査役監査に反映される体
          制となっております。さらに、内部監査については、社長直轄の監査室に2名の人員を配置し、年間計画を
          設定のうえ、業務監査を実施しており、内部統制の実効性を高めております。
        ロ 内部監査、監査役監査及び会計監査人の相互連携並びにこれらの監査と内部統制部門との関係
          当社内部監査部門、監査役、会計監査人は、それぞれの独立性を保持しつつ、積極的にコミュニケーション
          を取るように心がけ、次のとおり連携をしております。
         ・会計監査人は、監査計画策定時において、監査役への報告・意見交換を行う会合を開催しております。
         ・当社の各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務分担等に従い、取締役会その他重要な会議に出席す
          る他、取締役から営業の報告を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧し、本社及び主要な事業所において業務及
          び財産の状況を調査し、その上で会計監査人から報告及び説明を受け、計算書類及び付属明細書につき検討
          を加えることにより、監査報告書を作成しております。また、内部監査部門との間においても積極的に意見
          交換を行い、監査業務の品質向上と効率化に努めております。
       ③  社外取締役及び社外監査役

          当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であり、当社と当該社外役員個人との間に取引関係その他利害
         関係を有するものはありません。また、資本的関係(所有株式数割合)、人的関係等は次のとおりであります。
          なお、当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針は
         特に定めておりませんが、時勢に応じて当社が必要とする専門性、一般株主と利益相反が生じるかどうか等を
         総合的に勘案し、候補者を選定することを基本的な考え方としております。
                                                         所有
                                                        株式数
                氏      名
                          人的関係、当社の企業統治において果たす機能及び役割
                                                         割合
                                                         (%)
                      我が国を代表する伝統文化の継承と発展に大きく貢献されている文化人
                      としての幅広い見識を当社の経営に反映していただくため、社外取締役
                      として就任いただいております。なお、同氏は、東京証券取引所の規則
                千  玄室                                          0.18
                      に定める独立役員であり、一般株主と利益相反が生じるおそれがない取
                      締役として、幅広い見地から当社の経営に対し的確な助言をいただいて
                      おります。
         社外取締役
                      様々な伝統文化に精通され、医療法人での職務経験を踏まえた幅広い見
                      識を当社の経営に反映していただくため、社外取締役として就任いただ
                細見 麗子      いております。また、幅広い見地から当社の経営に対し的確な助言をい                                     ―
                      ただく等、女性の立場から社外取締役としての職務を適切に遂行いただ
                      けるものと考えます。
                      金融機関における長年の経験と財務に関する豊富な知見を当社の監査に
                      生かしていただくため、社外監査役として就任いただいております。な
                      お、同氏は過去に当社の主要取引銀行であるみずほ信託銀行株式会社の
                酒井 康夫                                           ―
                      執行役員、常務執行役員を歴任しておりましたが、同氏の金融、財務に
                      関する豊富な知見は、独立した立場からの監督という機能以上に当社の
                      適正な財務報告に資すると考えます。
         社外監査役
                      金融機関における長年の経験と財務に関する豊富な知見を当社の監査に
                      生かしていただくため、社外監査役として就任いただいております。な
                      お、同氏は過去に日本政策投資銀行(現株式会社日本政策投資銀行)の監
                安藤 隆                                           ―
                      事、理事等を歴任しておりましたが、同氏の金融、財務に関する豊富な
                      知見は、独立した立場からの監督という機能以上に当社の適正な財務報
                      告に資すると考えます。
                                 23/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ④  役員の報酬等
        イ 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                            役員の員数
                   (千円)             ストック             役員退職慰労
                          基本報酬               賞与              (名)
                                オプション              引当金繰入額
      取締役
                     57,710       57,710         ―       ―        ―      9
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                     9,415       9,415         ―       ―        ―      1
      (社外監査役を除く。)
      社外役員               7,131       7,131         ―       ―        ―      5
        (注)1 上記の人数には、平成28年3月25日開催の第97期定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名及
            び監査役1名を含んでおります。
          2 上記の他、平成28年3月25日開催の第97期定時株主総会終結の時をもって退任した役員に役員退職慰労
            金を次のとおり支給しております。
              退任取締役 1名 8,723千円、退任監査役 1名 1,355千円
          3 取締役の支給額には、使用人兼務役員の使用人分は含まれておりません。
        ロ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ハ 役員の報酬等の額の決定に関する方針

          役員の報酬は、役職に応じた基本報酬と賞与から構成されており、当社の定める一定の基準に従い算出し、
         取締役会の決議及び監査役の協議を経て決定していおります。
       ⑤  株式の保有状況

        イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
           銘柄数                             1銘柄
           貸借対照表計上額の合計額                    10,000千円
        ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

          的
          (前事業年度)
           特定投資株式
                           株式数         貸借対照表計上額
              銘柄                                     保有目的
                            (株)           (千円)
       京都御池地下街㈱                        20,000           10,000    取引等の関係維持のため
          (当事業年度)

           特定投資株式
                           株式数         貸借対照表計上額
              銘柄                                     保有目的
                            (株)           (千円)
       京都御池地下街㈱                        20,000           10,000    取引等の関係維持のため
        ハ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 24/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ⑥  会計監査の状況
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、指定有限責任社員・業務執行社員の山口弘志氏と岩淵貴史氏で
        あり、有限責任監査法人トーマツに所属し、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士補等
        7名であります。
       ⑦  取締役の定数

         当社の取締役は11名以内とする旨定款に定めております。
       ⑧  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
         また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
       ⑨  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
               前事業年度                           当事業年度
        監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)
              17,500                ―           17,500                ―
        (注) 監査証明業務に基づく報酬については、上記以外に追加報酬として前事業年度に係る額が1,200千円、当事
           業年度に係る額が800千円あります。
       ②  【その他重要な報酬の内容】

        (前事業年度)
         該当事項はありません。
        (当事業年度)

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前事業年度)
         該当事項はありません。
        (当事業年度)

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社の事業規模を勘案し、監査日数、作業内容等について監査公認会計士等と協議した上で監査役会の同意を
        得て決定しております。
                                 25/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。)に基づい
      て作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成28年1月1日から平成28年12月31日ま
      で)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
     3 連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
     4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準の変更等について的確に対応するための情
      報収集に努めております。
                                 26/56














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     1  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,359,429              1,512,146
         現金及び預金
                                         586,994              565,370
         売掛金
                                         107,566              102,046
         原材料及び貯蔵品
                                          44,496              25,546
         前払費用
                                                        47,700
         繰延税金資産                                   -
                                                         3,861
         未収還付法人税等                                   -
                                          20,132              17,563
         その他
                                          △ 708             △ 812
         貸倒引当金
                                        2,117,911              2,273,422
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        10,979,708              10,524,303
           建物(純額)
                                          72,426              58,811
           構築物(純額)
                                          51,298              47,175
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         218,858              265,679
           器具及び備品(純額)
                                        5,071,341              5,071,341
           土地
                                         164,104              182,657
           リース資産(純額)
                                    ※1 、 ※2  16,557,738           ※1 、 ※2  16,149,969
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          16,204              12,553
           ソフトウエア
                                          23,473              146,381
           リース資産
                                          4,429              4,429
           電話加入権
                                           416              366
           商標権
                                          44,523              163,732
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          10,000              10,000
           投資有価証券
                                          9,458              14,681
           長期前払費用
                                          13,227              17,463
           前払年金費用
                                          81,095              54,046
           差入保証金
                                                         3,600
           繰延税金資産                                 -
                                          12,886              12,672
           その他
                                         △ 1,086              △ 728
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              125,580              111,735
                                        16,727,843              16,425,436
         固定資産合計
                                        18,845,754              18,698,859
       資産合計
                                 27/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         343,689              296,558
         買掛金
         短期借入金                               1,100,000                  -
                                    ※2 、 ※3  10,880,420            ※2 、 ※3  724,852
         1年内返済予定の長期借入金
                                          43,699              76,241
         リース債務
                                         823,007              590,264
         未払金
                                         211,417              216,523
         未払費用
                                          22,385              17,757
         未払法人税等
                                          63,004              74,163
         前受金
                                          85,377              65,742
         預り金
                                          47,059              48,384
         前受収益
                                          18,334              21,076
         ポイント引当金
         店舗閉鎖損失引当金                                 7,767                -
                                          34,830              35,301
         その他
                                        13,680,993               2,166,865
         流動負債合計
       固定負債
                                     ※2 、 ※3  2,164,672          ※2 、 ※3  13,203,666
         長期借入金
                                         163,182              285,765
         リース債務
                                          46,615              171,547
         長期未払金
                                          4,550
         役員退職慰労引当金                                                  -
                                         114,450
         店舗閉鎖損失引当金                                                  -
                                         853,884              829,792
         長期預り保証金
                                          4,233
                                                           -
         繰延税金負債
                                        3,351,587              14,490,770
         固定負債合計
                                        17,032,581              16,657,636
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        1,268,924              1,268,924
         資本金
         資本剰余金
                                         510,229              450,229
           資本準備金
                                                        60,000
                                             -
           その他資本剰余金
                                         510,229              510,229
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          24,708
           利益準備金                                                -
           その他利益剰余金
                                          35,640              288,401
             繰越利益剰余金
                                          60,348              288,401
           利益剰余金合計
                                         △ 26,329             △ 26,332
         自己株式
         株主資本合計                               1,813,173              2,041,222
                                        1,813,173              2,041,222
       純資産合計
                                        18,845,754              18,698,859
      負債純資産合計
                                 28/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
      売上高
                                        3,220,037              3,437,440
       室料売上
                                        4,444,065              4,104,593
       料理売上
                                         798,272              802,698
       飲料売上
                                         582,248              591,922
       雑貨売上
                                        1,720,846              1,770,777
       その他売上
                                       10,765,470              10,707,431
       売上高合計
      売上原価
                                        1,373,581              1,227,105
       料理原料
                                         178,200              177,675
       飲料原料
                                         464,629              456,435
       雑貨原価
                                         296,699              311,680
       その他原価
                                        2,313,111              2,172,897
       売上原価合計
                                        8,452,358              8,534,534
      売上総利益
                                      ※1  7,890,741            ※1  7,921,191
      販売費及び一般管理費
                                         561,617              613,342
      営業利益
      営業外収益
                                           44              22
       受取利息
                                           650
       受取配当金                                                   -
                                          3,993              4,841
       補助金収入
                                          4,864              4,527
       受取手数料
                                          8,005              6,026
       その他
                                         17,559              15,418
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         309,655              236,807
       支払利息
                                         98,039              51,849
       支払手数料
                                          2,971               917
       その他
                                         410,666              289,575
       営業外費用合計
                                         168,509              339,185
      経常利益
      特別利益
                                           39              327
       固定資産売却益
                                         35,129
                                                          -
       投資有価証券売却益
                                         35,168                327
       特別利益合計
      特別損失
                                       ※2  76,049            ※2  40,281
       固定資産除却損
                                       ※3  214,538             ※3  49,614
       減損損失
       店舗閉鎖損失引当金繰入額                                 122,217                 -
                                                       29,013
       借入金中途解約損                                    -
                                         22,237               8,870
       その他
                                         435,042              127,779
       特別損失合計
                                        △ 231,364              211,733
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    13,832               6,125
                                         33,799             △ 55,534
      法人税等調整額
                                         47,632             △ 49,408
      法人税等合計
                                        △ 278,996              261,142
      当期純利益又は当期純損失(△)
                                 29/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成27年1月1日 至           平成27年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                              その他利益剰余
                 資本金
                           その他資本剰余
                                                 金
                      資本準備金            資本剰余金合計       利益準備金            利益剰余金合計
                              金
                                              繰越利益剰余金
                  969,000      210,304            210,304       21,609      336,909      358,519
     当期首残高                           -
      会計方針の変更によ
                                                 11,808      11,808
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  969,000      210,304            210,304       21,609      348,718      370,327
                                 -
     した当期首残高
     当期変動額
                  299,924      299,924            299,924
      新株の発行
      資本準備金の取崩
                                           3,098     △ 34,081     △ 30,982
      剰余金の配当
      当期純利益又は当期
                                                △ 278,996     △ 278,996
      純損失(△)
      自己株式の取得
      利益準備金の取崩
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                  299,924      299,924            299,924       3,098    △ 313,077     △ 309,979
     当期変動額合計                           -
                 1,268,924       510,229            510,229       24,708      35,640      60,348
     当期末残高                           -
                   株主資本           評価・換算差額等

                                         純資産合計

                           その他有価証券      評価・換算差額
                自己株式     株主資本合計
                            評価差額金       等合計
                 △ 26,329     1,511,494       10,732      10,732     1,522,226

     当期首残高
      会計方針の変更によ
                        11,808                   11,808
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                 △ 26,329     1,523,303       10,732      10,732     1,534,035
     した当期首残高
     当期変動額
                        599,849                   599,849
      新株の発行
      資本準備金の取崩
                       △ 30,982                  △ 30,982
      剰余金の配当
      当期純利益又は当期
                       △ 278,996                  △ 278,996
      純損失(△)
      自己株式の取得
      利益準備金の取崩
      株主資本以外の項目
                              △ 10,732     △ 10,732     △ 10,732
      の当期変動額(純
      額)
                        289,869      △ 10,732     △ 10,732      279,137
     当期変動額合計
                 △ 26,329     1,813,173                   1,813,173
     当期末残高                           -      -
                                 30/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成28年1月1日 至           平成28年12月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                              その他利益剰余
                 資本金
                           その他資本剰余
                                                 金
                      資本準備金            資本剰余金合計       利益準備金            利益剰余金合計
                              金
                                              繰越利益剰余金
     当期首残高            1,268,924       510,229         -    510,229       24,708      35,640      60,348
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                 1,268,924       510,229            510,229       24,708      35,640      60,348
                                 -
     した当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                       △ 60,000      60,000
      資本準備金の取崩                                 -
                                                △ 33,090     △ 33,090
      剰余金の配当
      当期純利益又は当期
                                                 261,142      261,142
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                          △ 24,708      24,708
      利益準備金の取崩                                                   -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                       △ 60,000      60,000            △ 24,708      252,760      228,052
     当期変動額合計               -                   -
                 1,268,924       450,229       60,000      510,229            288,401      288,401
     当期末残高                                        -
                   株主資本           評価・換算差額等

                                         純資産合計

                           その他有価証券      評価・換算差額
                自己株式     株主資本合計
                            評価差額金       等合計
                 △ 26,329     1,813,173                   1,813,173

     当期首残高                           -      -
      会計方針の変更によ
                          -                   -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                 △ 26,329     1,813,173                   1,813,173
                                 -      -
     した当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
      資本準備金の取崩                    -                   -
                       △ 33,090                  △ 33,090
      剰余金の配当
      当期純利益又は当期
                        261,142                   261,142
      純損失(△)
                   △ 3     △ 3                  △ 3
      自己株式の取得
      利益準備金の取崩                    -                   -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                   △ 3    228,049                   228,049
     当期変動額合計                           -      -
                 △ 26,332     2,041,222                   2,041,222
     当期末残高                           -      -
                                 31/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ④【キャッシュフロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                 至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 231,364              211,733
       税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
                                         760,048              769,050
       減価償却費
                                          1,471              △ 253
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                          5,083              2,742
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                         122,217             △ 122,217
       店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)
                                          △ 140            △ 4,550
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 5,268             △ 4,236
       前払年金費用の増減額(△は増加)
                                          △ 694              △ 22
       受取利息及び受取配当金
                                         309,655              236,807
       支払利息
                                        △ 35,129
       投資有価証券売却損益(△は益)                                                   -
                                         76,049              40,281
       固定資産除却損
                                         214,538               49,614
       減損損失
                                                       29,013
       借入金中途解約損                                    -
                                        △ 32,971              21,981
       売上債権の増減額(△は増加)
                                         16,488               5,519
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         18,186             △ 47,130
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        △ 60,725              16,682
       未払金の増減額(△は減少)
                                         84,506             △ 44,335
       その他
                                        1,241,951              1,160,681
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   694               22
                                        △ 316,106             △ 259,308
       利息の支払額
                                                      △ 29,013
       借入金中途解約損の支払額                                    -
                                         △ 4,980             △ 20,916
       法人税等の支払額
                                        △ 10,000              △ 8,528
       その他の支出
                                         911,559              842,935
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 114,131             △ 369,172
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 7,739             △ 13,077
       無形固定資産の取得による支出
                                         79,373
       投資有価証券の売却による収入                                                   -
                                           277              374
       その他
                                        △ 42,219             △ 381,876
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         600,000            △ 1,100,000
       短期借入金の増減額(△は減少)
                                         100,000             13,700,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,070,420             △ 12,816,574
       長期借入金の返済による支出
       リース債務の返済による支出                                 △ 42,062             △ 58,589
                                         599,849
       株式の発行による収入                                                   -
                                                         △ 3
       自己株式の取得による支出                                    -
                                        △ 30,934             △ 33,175
       配当金の支払額
                                         156,433             △ 308,343
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        1,025,772               152,716
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         333,656             1,359,429
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  1,359,429            ※1  1,512,146
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 32/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1   有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法に
         より算定。)によっております。
        時価のないもの
         移動平均法による原価法によっております。
     2   たな卸資産の評価基準及び評価方法

       原材料及び貯蔵品
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)によっております。
     3   固定資産の減価償却の方法

      イ   有形固定資産(リース資産を除く)
         主要な設備については、定額法によっております。
         なお、主な耐用年数は、5~50年であります。また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却
        可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する定額法によっております。
      ロ   無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法によっております。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
      ハ   リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      ニ   長期前払費用
         用役又は期間に応じた均等償却によっております。
     4   引当金の計上基準

      イ 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      ロ ポイント引当金 
         顧客の購入実績に応じて付与するポイント制度に基づき、将来のポイント使用による費用の発生に備えるた
        め、過去の実績を基礎として、当事業年度末において使用されると見込まれる額を計上しております。
      ハ 店舗閉鎖損失引当金
         店舗の閉店等に伴い発生する損失に備えるため、今後発生すると見込まれる損失額を計上しております。
      ニ 退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき当事業年
        度末において発生していると認められる額を計上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
        算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         会計基準変更時差異(427,164千円)については、15年による按分額を費用処理しております。
         数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(6年)による
        定額法により按分額をそれぞれ発生の翌事業年度より費用処理することとしております。
         過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(6年)による定
        額法により費用処理しております。
      ホ 役員退職慰労引当金
         監査役の退職慰労金の支給に備えるため、規程に基づく期末要支給見込額を計上しております。
        (追加情報)
         当社は、平成28年2月10日開催の取締役会において、平成27年12月31日をもって監査役の役員退職慰労金制度
        を廃止することを決議し、平成28年3月25日開催の定時株主総会で監査役に対する退職慰労金の打ち切り支給案
        が承認されました。これに伴い、監査役に対する「役員退職慰労引当金」を取崩し、当事業年度末現在の未払額
        3,220千円を固定負債の「長期未払金」として計上しております。
                                 33/56



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     5   ヘッジ会計の方法
      イ ヘッジ会計の方法
         原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップ取引につい
        ては特例処理によっております。
      ロ ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段 金利スワップ
         ヘッジ対象 長期借入金
      ハ ヘッジ方針
         借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っており、ヘッジ対象の認識は個別契約ごと
        に行っております。
      ニ ヘッジ有効性評価の方法
         金利スワップ取引について、特例処理の要件を満たしておりますので有効性の評価を省略しております。
     6   キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
     7   その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理方法
        税抜方式によっております。
       (表示方法の変更)

       (損益計算書関係)
        前事業年度において、独立掲記しておりました「特別損失」の「固定資産売却損」は、特別損失の総額の100分の
       10以下となったため、当事業年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるた
       め、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
        この結果、前事業年度の損益計算書において、「特別損失」に表示していた「固定資産売却損」467千円、「その
       他」21,769千円は、「その他」22,237円として組み替えております。
       (貸借対照表関係)

       ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年12月31日)                 (平成28年12月31日)
                              10,186,638                 10,384,911
                                    千円                 千円
        減価償却累計額には減損損失累計額を含んでおります。
       ※2    担保に供している資産及び担保に係る債務

        委託者、受益者を当社とする信託受益権及び本社ビルを担保に供しております。
        ①担保に供している資産は以下のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年12月31日)                 (平成28年12月31日)
         建物等                      9,824,472千円                 9,324,887千円
                               4,889,637
         土地                                       4,877,669
        ②担保に係る債務は以下のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年12月31日)                 (平成28年12月31日)
         1年内返済予定の長期借入金                      10,681,420千円                  590,852千円
                               1,812,172
         長期借入金                                       12,985,166
                                 34/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ※3    財務制限条項
        前事業年度(平成27年12月31日)
        ① 借入金のうち平成23年3月31日締結のシンジケートローン契約(当事業年度末現在の借入金残高10,540,000
         千円)において下記の財務制限条項があります。
         (純資産額維持)
          借入人は、借入人の各年度の決算期及び中間期の末日における借入人の貸借対照表における純資産の部の金
         額を、当該決算期の直前の決算期の末日又は平成22年12月に終了する決算期の末日における借入人の貸借対照
         表における純資産の部の金額のいずれか大きい方の75%の金額以上にそれぞれ維持すること。
         (利益維持)
          借入人は、借入人の各年度の決算期に係る借入人の損益計算書上の経常損益に関して、2期連続して経常損
         失を計上しないこと。
         (有利子負債制限)
          借入人は、借入人の各年度の決算期及び中間期の末日における貸借対照表における有利子負債(当該貸借対照
         表における「短期借入金」、「長期借入金」、「1年以内返済予定長期借入金」、「社債」、「1年以内償還
         予定社債」、「新株予約権付社債」、「1年以内償還予定新株予約権付社債」、「コマーシャルペーパー」及
         び「割引手形」をいう。)の合計金額を当該貸借対照表における純資産の部の金額で除した数値を10.0倍以下
         にそれぞれ維持すること。
        ② 借入金のうち平成24年9月28日締結のシンジケートローン契約(当事業年度末現在の借入金残高1,625,000千
         円)において下記の財務制限条項があります。
         (純資産額維持)
          借入人は、借入人の各年度の決算期及び第2四半期の末日における借入人の貸借対照表における純資産の部
         の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日又は平成23年12月に終了する決算期の末日における借入人の貸借
         対照表における純資産の部の金額のいずれか大きい方の75%の金額以上にそれぞれ維持すること。
         (利益維持)
          借入人は、借入人の各年度の決算期に係る借入人の損益計算書上の経常損益に関して、2期連続して経常損
         失を計上しないこと。
         (有利子負債制限)
          借入人は、借入人の各年度の決算期及び第2四半期の末日における貸借対照表における有利子負債(当該貸借
         対照表における「短期借入金」、「長期借入金」、「1年以内返済予定長期借入金」、「社債」、「1年以内
         償還予定社債」、「新株予約権付社債」、「1年以内償還予定新株予約権付社債」、「コマーシャルペー
         パー」及び「割引手形」をいう。)の合計金額を当該貸借対照表における純資産の部の金額で除した数値を
         10.0倍以下にそれぞれ維持すること。
        当事業年度(平成28年12月31日)

         借入金のうち平成28年3月31日締結のシンジケートローン契約(当事業年度末現在の借入金残高13,426,000千
        円)において下記の財務制限条項があります。
         (純資産額維持)
          借入人は、平成28年12月期決算期以降、借入人の各年度の決算期及び中間期の末日における借入人の貸借対
         照表における純資産の部の金額を、当該決算期の直前の決算期の末日又は平成27年6月に終了する中間決算期
         の末日における借入人の貸借対照表における純資産の部の金額のいずれか大きい方の75%の金額以上にそれぞ
         れ維持すること。
         (利益維持)
          借入人は、平成28年12月期決算期以降、借入人の各年度の決算期に係る借入人の損益計算書上の経常損益に
         関して、2期連続して経常損失を計上しないこと。
         (有利子負債制限)
          借入人は、平成28年12月期決算期以降、借入人の各年度の決算期及び中間期の末日における貸借対照表にお
         ける有利子負債(当該貸借対照表における「短期借入金」、「長期借入金」、「1年以内返済予定長期借入
         金」、「社債」、「1年以内償還予定社債」、「新株予約権付社債」、「1年以内償還予定新株予約権付社
         債」、「コマーシャルペーパー」及び「割引手形」をいう。)の合計金額を当該貸借対照表における純資産の
         部の金額で除した数値を10.0倍以下にそれぞれ維持すること。
                                 35/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
       ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成27年1月1日              (自    平成28年1月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
                               2,835,748                 2,753,059
         従業員給与及び賞与                           千円                 千円
                                477,593                 438,626
         賃借料
                                610,508                 597,227
         業務委託費
                                443,841                 375,964
         水道光熱費
                                444,280                 417,019
         消耗品費
                                760,048                 769,050
         減価償却費
                                125,335                 121,209
         退職給付費用
                                 31,361                 31,283
         事業所税
                                 1,960
         役員退職慰労引当金繰入額                                            ―
       おおよその割合
         販売費                        22.7%                 23.3%
         一般管理費                        77.3%                 76.7%
       ※2    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成27年1月1日              (自    平成28年1月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         建物及び構築物                        51,266千円                 14,122千円
         機械装置及び運搬具                         497                4,515
         器具及び備品                         937                2,166
         ソフトウェア                        20,353                   ―
         撤去費用                        2,995                19,476
         計                        76,049                 40,281
       ※3    減損損失

        当社は以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
       前事業年度(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
                場所               用途            種類         金額(千円)
        ザ・ガーデン岡崎(京都府京都市)                   レストラン          建物及び器具備品等                163,665
        新町1888(京都府京都市)                   レストラン          建物及び器具備品等                39,665
        京都ホテルオークラ1888
                           売場(百貨店内)          建物及び器具備品等                11,207
        高島屋京都店内(京都府京都市)
         当社は、自ら使用する資産と賃貸不動産所在地を単位としてグルーピングを行っております。ただし、本社部
        門については、共用資産としてグルーピングを行っております。
         上記レストラン及び売場については、投資額の回収可能性が不確実であることから、平成27年12月末の帳簿価
        額のうち転用不能と考えられる214,538千円を減損損失として特別損失に計上いたしました。その内訳は、建物
        170,784千円、構築物22,215千円、器具備品20,403千円及び機械装置1,134千円であります。
         なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、転用可能な資産以外は、将来キャッシュフローに基づく
        使用価値がマイナスであるため、回収可能価額はゼロとして評価しております。
       当事業年度(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

                場所               用途            種類         金額(千円)
        館外レストラン(京都府京都市)                   レストラン他          建物及び器具備品等                35,971
        管理部門(京都府京都市)                   事務所          建物及び器具備品等                13,642
         当社は、自ら使用する資産と賃貸不動産所在地を単位としてグルーピングを行っております。ただし、本社部
        門については、共用資産としてグルーピングを行っております。
         上記施設については、今後の使用が見込まれないことから、平成28年12月末の帳簿価額のうち転用不能と考え
        られる49,614千円を減損損失として特別損失に計上いたしました。その内訳は、建物30,357千円、機械装置406
        千円、器具備品108千円、ソフトウェア13千円及び処分費用18,728千円であります。
         なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、転用可能な資産以外は、将来キャッシュフローに基づく
        使用価値がマイナスであるため、回収可能価額はゼロとして評価しております。
       (株主資本等変動計算書関係)
       前事業年度(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
                                 36/56


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
        1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首(株)             増加(株)           減少(株)         当事業年度末(株)
     発行済株式
      普通株式               10,389,000            702,400             -       11,091,400
         合計           10,389,000            702,400             -       11,091,400
     自己株式
      普通株式                 61,390             -           -         61,390
         合計             61,390             -           -         61,390
         (注) 発行済株式(普通株式)の増加702,400株は、新株の発行による増加であります。
        2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
         該当事項はありません。
        3 配当に関する事項
        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     平成27年3月27日
                普通株式            30,982          3.00   平成26年12月31日         平成27年3月30日
      定時株主総会
        (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成28年3月25日
               普通株式      利益剰余金         33,090        3.00   平成27年12月31日         平成28年3月28日
      定時株主総会
       当事業年度(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首(株)             増加(株)           減少(株)         当事業年度末(株)
     発行済株式
      普通株式               11,091,400               -           -       11,091,400
         合計           11,091,400               -           -       11,091,400
     自己株式
      普通株式                 61,390             ▶          -         61,394
         合計             61,390             ▶          -         61,394
         (注) 自己株式(普通株式)の増加4株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
        2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
        3 配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
     平成28年3月25日
                           33,090          3.00
                普通株式                         平成27年12月31日         平成28年3月28日
      定時株主総会
        (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成29年3月24日
               普通株式      利益剰余金         33,090        3.00   平成28年12月31日         平成29年3月27日
      定時株主総会
                                 37/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
       㯿ᄀ   現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
       す。
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成27年1月1日              (自    平成28年1月1日
                            至   平成27年12月31日)               至   平成28年12月31日)
         現金及び預金                      1,359,429千円                 1,512,146千円
         預入期間が3ケ月を超える
                                   ―                 ―
         定期預金
         現金及び現金同等物                       1,359,429                 1,512,146
       (リース取引関係)

       1 ファイナンス・リース取引(借主側) 
        所有権移転外ファイナンス・リース取引                                
       ・リース資産の内容 
       (有形固定資産)
         空調熱源設備(建物付属設備)等であります。
       (無形固定資産)
         全社にわたる、財務・収入等のシステム更新におけるコンピュータソフト(ソフトウェア)であります。
       ・リース資産の減価償却の方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       2   オペレーティング・リース取引(借主側)

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:千円)
                          前事業年度                    当事業年度
                        (平成27年12月31日)                    (平成28年12月31日)
     1年内                             303,537                    302,082
     1年超                            1,878,379                    1,576,297
     合計                            2,181,917                    1,878,379
       (金融商品関係)

       1   金融商品の状況に関する事項
        (1) 金融商品に対する取組方針
         当社は、資金運用については短期的な預金に限定し、資金調達については銀行借入により行っております。売
        掛債権は必要な与信管理を行い、早期回収に努めており、ほとんどの債権は1ヶ月以内の入金期日であります。
        投資有価証券は株式であります。借入金の使途は運転資金及び設備投資資金であります。
        (2) 金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクにさらされております。投資有価証券は、株式であり、変動リス
        クにさらされております。
         営業債務である買掛金、未払金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。借入金、ファイナンス・リース
        取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算日後、最長
        で7年後であります。
                                 38/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
        (3) 金融商品に係るリスク管理体制
        ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は、売掛債権管理規程に従い、営業債権について、各事業部門における管理担当が主要な取引先の状況
         を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回
         収懸念の早期把握や軽減を図っております。
          当期の決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクにさらされる金融資産の貸借対照表価額により
         表わされています。
        ②  市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          投資有価証券については、定期的に発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、保有状況を継続的に見直し
         ております。
        ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、各部署からの報告に基づき経理担当が適時に資金繰計画を作成・更新することなどの方法により、
         流動性リスクを管理しております。
        (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
        れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
        より、当該価額が変動することもあります。
       2   金融商品の時価等に関する事項

         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
        極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
      前事業年度(平成27年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                         貸借対照表計上額              時価           差額
     (1)  現金及び預金
                              1,359,429           1,359,429               ―
     (2)  売掛金
                               586,994           586,994              ―
        貸倒引当金
                                △708           △708             ―
                               586,286           586,286              ―
             資産計                 1,945,716           1,945,716               ―
     (1)  買掛金
                               343,689           343,689              ―
     (2)  短期借入金
                              1,100,000           1,100,000               ―
     (3)  1年内返済予定の長期借入金
                             10,880,420           10,880,420                ―
     (4)  リース債務(流動)
                               43,699           43,699              ―
     (5)  未払金
                               823,007           823,007              ―
     (6)  未払費用
                               211,417           211,417              ―
     (7)  預り金
                               85,377           85,377              ―
     (8)  長期借入金
                              2,164,672           2,155,577            △9,094
     (9)  リース債務(固定)
                               163,182           166,059            2,876
     (10)   長期未払金                       46,615           45,458           △1,157
             負債計                15,862,081           15,854,707             △7,374
     デリバティブ取引                            ―           ―           ―
                                 39/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(平成28年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                         貸借対照表計上額              時価           差額
     (1)  現金及び預金
                              1,512,146           1,512,146               ―
     (2)  売掛金
                               565,370           565,370              ―
        貸倒引当金
                                △812           △812             ―
                               564,558           564,558              ―
             資産計                 2,076,704           2,076,704               ―
     (1)  買掛金                       296,558           296,558              ―
     (2)  短期借入金                          ―           ―           ―
     (3)  1年内返済予定の長期借入金
                               724,852           724,852              ―
     (4)  リース債務(流動)
                               76,241           76,241              ―
     (5)  未払金
                               590,264           590,264              ―
     (6)  未払費用
                               216,523           216,523              ―
     (7)  預り金
                               65,742           65,742              ―
     (8)  長期借入金
                             13,203,666           12,889,356            △314,309
     (9)  リース債務(固定)
                               285,765           284,900            △865
     (10)   長期未払金
                               171,547           166,882           △4,665
             負債計                15,631,161           15,311,321            △319,839
     デリバティブ取引                            ―           ―           ―
       (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        資  産
         (1)  現金及び預金、(2)売掛金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
         ております。
        負  債
         (1)  買掛金、(2)短期借入金、(3)1年内返済予定の長期借入金、(4)リース債務(流動)、(5)未払金、
         (6)未払費用、(7)預り金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
         ております。
         (8)  長期借入金、(9)        リース債務(固定)、(10)長期未払金
          これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り
         引いた現在価値により算定しております。
        デリバティブ取引
         注記項目(デリバティブ取引関係)を参照下さい。
       (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                    (単位:千円)
             区分               平成27年12月31日                  平成28年12月31日
      (1)   非上場株式
                                     10,000                  10,000
        その他有価証券
      (2)   差入保証金
                                     81,095                  54,046
      (3)   長期預り保証金
                                    853,884                  829,792
         (1)  非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握す

           ることが困難と認められるため本表には含めておりません。
         (2)  差入保証金については、主に不動産賃借契約に係る敷金・保証金であります。これらについては、退去の
           予定を合理的に見積ることができないことにより、将来キャッシュ・フローを見積ることができず、時価
           を把握することが困難と認められるため、本表には含めておりません。
         (3)  長期預り保証金については、ホテル内店舗に係るテナントからの受入敷金・保証金であります。これらに
           ついては、市場価格がなく、かつ退去の予定を合理的に見積ることができないことにより、将来キャッ
           シュ・フローを見積ることができず、時価を把握することが困難と認められるため、本表には含めており
           ません。
                                 40/56



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
        前事業年度(平成27年12月31日)
                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                           1,359,429           ―       ―       ―
     売掛金                            586,994          ―       ―       ―
                 合計                1,946,424           ―       ―       ―
        当事業年度(平成28年12月31日)

                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                           1,512,146           ―       ―       ―
     売掛金                            565,370          ―       ―       ―
                 合計                2,077,516           ―       ―       ―
       (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

        前事業年度(平成27年12月31日)
                                                     (単位:千円)  
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     短期借入金                1,100,000           ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金               10,880,420        275,420      1,670,420        165,420       53,412         ―
     リース債務                  43,699       39,803       32,303       30,810       19,080       41,185
     長期未払金                  24,996       24,298       3,522       1,888        464        ―
           合計          12,049,116        339,521      1,706,246        198,119       72,956       41,185
        当事業年度(平成28年12月31日)
                                                     (単位:千円)  
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     短期借入金                    ―       ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金                 724,852       704,852       684,852       579,962     11,234,000           ―
     リース債務                  76,241       69,107       67,984       56,629       47,799       44,244
     長期未払金                  48,722       28,318       27,062       26,021       25,946       53,083
           合計           849,816       802,278       779,899       662,612     11,307,745         97,328
       (有価証券関係)

       事業年度中に売却したその他有価証券
       前事業年度(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)
                     売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
         区分
                    (千円)              (千円)              (千円)
     株式                     79,373              35,129                 ―
         合計                 79,373              35,129                 ―
       当事業年度(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)

        該当事項はありません。
                                 41/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
        1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          該当事項はありません。
        2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
         金利関連
        前事業年度(平成27年12月31日)
                                                  (単位:千円)
      ヘッジ会計        デリバティブ                            契約額のうち
                        主なヘッジ対象           契約額等                   時価
       の方法       取引の種類等                             1年超
             金利スワップ取引
     金利スワップ
                       長期借入金
     の特例処理
               支払固定・
                                    6,895,000         1,555,000         (注)
               受取変動
      (注)  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当事業年度(平成28年12月31日)

         該当事項はありません。
       (退職給付関係)

       1.採用している退職給付制度の概要
         当社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採用しており
        ます。
         確定給付企業年金制度(積立型制度であります。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給し
        ております。確定給付企業年金制度には、退職給付信託が設定されております。退職一時金制度(非積立型制度
        であります。)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。
       2.確定給付制度

        (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                      (千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
     退職給付債務の期首残高                                    796,348              823,813
      会計方針の変更による累積的影響額                                   △14,432                  ―
     会計方針の変更を反映した期首残高                                    781,915              823,813
      勤務費用                                   62,966              62,689
      利息費用                                    5,238              5,519
      数理計算上の差異の発生額                                     651           △17,617
      退職給付の支払額                                  △26,958              △70,905
     退職給付債務の期末残高                                    823,813              803,500
        (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                      (千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
     年金資産の期首残高                                    717,692              789,673
      期待運用収益                                   14,353              15,793
      数理計算上の差異の発生額                                     749            △8,614
      事業主からの拠出額                                   83,836              69,788
      退職給付の支払額                                  △26,958              △70,905
     年金資産の期末残高                                    789,673              795,734
                                 42/56



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
        (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表
                                                      (千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                    800,626              788,839
     年金資産                                   △789,673              △795,734
                                         10,953             △6,895
     非積立型制度の退職給付債務                                    23,187              14,660
     未積立退職給付債務                                    34,140              7,765
     未認識数理上の差異                                   △47,367              △25,228
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   △13,227              △17,463
     前払年金費用                                    13,227              17,463

     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                    13,227              17,463
        (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                      (千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
     勤務費用                                    62,966              62,689
     利息費用                                     5,238              5,519
     期待運用収益                                   △14,353              △15,793
     数理計算上の差異の費用処理額                                    11,700              13,136
     過去勤務費用の費用処理額                                   △15,460                  ―
     会計基準変更時差異の費用処理額                                    28,475                 ―
     確定給付制度に係る退職給付費用                                    78,567              65,552
        (5)  年金資産に関する事項

         ①年金資産の主な内訳
           年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年12月31日)              (平成28年12月31日)
     債券                                     22.8%              26.1%
     株式                                     37.0%              33.8%
     保険一般勘定                                     37.9%              38.1%
     その他                                     2.3%              2.0%
     合計                                    100.0%              100.0%
     (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前事業年度62.1%、当事業年度61.9%含まれ
     ております。
         ②長期期待運用収益率の設定方法

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
          する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
        (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年12月31日)               至 平成28年12月31日)
     割引率                                     0.67%              0.67%
     長期期待運用収益率                                     2.00%              2.00%
       3.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度43,663千円、当事業年度43,935千円でありました。
                                 43/56



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
       1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年12月31日)                 (平成28年12月31日)
        (繰延税金資産)
          欠損金                        81,790千円                111,489千円
          役員退職慰労引当金                        6,719                   ―
          減損損失                        85,712                 21,180
          店舗閉鎖損失引当金繰入額                        39,121                   ―
          ポイント引当金                        5,868                 6,483
          ギフト券                        7,000                 6,198
          未払事業所税                        10,038                 9,597
                                15,671                 17,940
          その他
          繰延税金資産小計
                                251,924                 172,888
                               △251,924                 △116,256
          評価性引当額
          繰延税金資産合計                          ―              56,631
        (繰延税金負債)
                                △4,233                 △5,331
          前払年金費用
          繰延税金負債合計                       △4,233                 △5,331
          繰延税金資産純額                       △4,233                 51,300
       2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率の差異の原因となった主要な項目別の内訳

                                  前事業年度               当事業年度
                                (平成27年12月31日)               (平成28年12月31日)
          法定実効税率                           35.54%               32.97%
          (調整)
          評価性引当額の増減                          △38.90               △64.07
          税率変更による差異                          △11.81                2.60
          交際費等永久に損金に算入
                                   △1.89                2.10
          されない項目
          住民税均等割                           △2.69                2.79
                                   △0.85                0.27
          その他
          税効果会計適用後の法人税等の負担率                         △20.59               △23.34
       3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

          「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日
         に、また、「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する
         等の法律等の一部を改正する法律」及び「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うため
         の地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律等の一部を改正する法律」が平成28年11月18日に国会で成
         立しました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成29年1月1
         日に開始する事業年度において解消が見込まれる一時差異については従来の32.01%から30.76%に、平成30年
         4月1日以降に開始する事業年度については30.53%に変更しております。
          なお、この税率変更による影響は軽微であります。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       【関連情報】

        1.製品及びサービスごとの情報
         ホテル事業の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
                                 44/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
        2.  地域ごとの情報
         (1) 売上高
          本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
         (2) 有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
        3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         報告セグメントが単一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
       (持分法損益等)

        当社は、関連会社がないため該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

       関連当事者との取引
        財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        前事業年度(自         平成27年1月1日          至   平成27年12月31日)
                             議決権等
                    資本金又
         会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                             の所有
      種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                             (被所有)
                    (百万円)
                             割合(%)
                        ホテル営業
                                 業務提携契
                        会社等の支
                                 約、販売提
                        配・管理及
                             (被所有)
                                 携契約、出
     主要株    ㈱ホテルオー       東京都港         びホテル・              業務提携報
                     3,000        直接                45,684   未払金       49,339
                                 向契約、賃
     主    クラ       区         食堂等の技              酬の支払
                              (29.8)
                                 貸借契約
                        術指導並び
                        に不動産の
                                 役員の兼務
                        賃貸借
      (注)    1 取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          業務提携報酬につきましては、契約に基づく計算方法により算出しております。
        当事業年度(自         平成28年1月1日          至   平成28年12月31日)

                             議決権等
                    資本金又
         会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                             の所有
      種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                             (被所有)
                    (百万円)
                             割合(%)
                        ホテル営業
                                 業務提携契
                        会社等の支
                        配・管理及         約、販売提
                             (被所有)
                                 携契約、出
     主要株    ㈱ホテルオー       東京都港         びホテル・              業務提携報
                     3,000        直接                174,215   未払金       101,421
     主    クラ       区         食堂等の技         向契約、賃     酬の支払
                              (29.8)
                                 貸借契約
                        術指導並び
                        に不動産の
                                 役員の兼務
                        賃貸借
      (注)    1 取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          業務提携報酬につきましては、契約に基づく計算方法により算出しております。
                                 45/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自    平成27年1月1日               (自    平成28年1月1日
                          至   平成27年12月31日)                至   平成28年12月31日)
     1株当たり純資産額                               164.38円                  185.06円
     1株当たり当期純利益金額又は
                                   △26.73円                   23.68円
     1株当たり当期純損失金額(△)
      (注)   1 前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、ま
          た、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2 当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
          りません。
        3 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前事業年度            当事業年度
                                  (自    平成27年1月1日          (自    平成28年1月1日
                                  至   平成27年12月31日)          至   平成28年12月31日)
            当期純利益又は当期純損失(△)                            △278,996千円             261,142千円
            普通株主に帰属しない金額                                ―千円            ―千円

            普通株式に係る当期純利益又は当期純損失
                                       △278,996千円             261,142千円
            (△)
            普通株式の期中平均株式数                            10,435,672株            11,030,008株
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 46/56













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価
                                               当期償却額
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高
                                         償却累計額            差引当期末
        資産の種類                                      (減損損失)
                                         又は償却累            残高(千円)
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                                                (千円)
                                         計額(千円)
     有形固定資産
      建物            18,925,852       196,341      348,250    18,773,942      8,249,639       637,623    10,524,303
                                                (30,357)
      構築物              537,062        140    28,423      508,778      449,966      13,754      58,811
      機械装置及び運搬具              507,994      13,713      31,888      489,819      442,643      13,081      47,175

                                                 (406)
      器具及び備品             1,457,215       119,817      170,503     1,406,529      1,140,849       70,701      265,679
                                                 (108)
      土地             5,071,341          ―      ―  5,071,341          ―      ―  5,071,341
      リース資産              244,911      58,558      19,000      284,470      101,812      40,006      182,657

       有形固定資産計          26,744,377       388,570      598,067    26,534,880      10,384,911       775,167    16,149,969

                                                (30,872)
     無形固定資産
      ソフトウエア              72,800      5,145     10,691      67,253      54,699      8,795      12,553
                                                  (13)
      リース資産              37,063     138,831         ―   175,894      29,512      15,922      146,381
      電話加入権               4,429        ―      ―    4,429        ―      ―    4,429
      商標権                500       ―      ―     500      133      50      366
       無形固定資産計            114,793      143,976      10,691      248,078      84,346      24,768      163,732
                                                  (13)
     長期前払費用              11,607      10,463      1,757      20,313      5,632      5,240      14,681
     繰延資産                 ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
        繰延資産計              ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
      (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          建物          からすま京都ホテル            客室改装              89,414    千円
          器具及び備品          からすま京都ホテル            客室改装              91,129    千円
          リース資産          京都ホテルオークラ他            ホテルシステム改修              153,132    千円
        2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
          建物          ザ・ガーデン岡崎            店舗閉店              152,641    千円
          器具及び備品          からすま京都ホテル            客室家具他              57,315    千円
        3.当期末減価償却累計額又は償却累計額には、減損損失を含んでおります。
         【社債明細表】

          該当事項はありません。
                                 47/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                         (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     1,100,000             ―         ―      ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                    10,880,420          724,852          1.38        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                      43,699         76,241          1.55        ―

     1年以内に返済予定のその他有利子
                           24,996         48,722          1.94        ―
     負債(未払金)
     長期借入金
                          2,164,672        13,203,666            1.44   平成30年~平成33年
     (1年以内に返済予定のものを除く)
     リース債務
                           163,182         285,765          1.62   平成30年~平成35年
     (1年以内に返済予定のものを除く)
     その他有利子負債(長期未払金)
                           30,174        160,432          1.55   平成30年~平成35年
     (1年以内に返済予定のものを除く)
            合計             14,407,145         14,499,679             ―      ―
      (注)   1 平均利率につきましては、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 1年以内に返済予定のものを除く長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(長期未払金)の貸借対照表
          日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
                  1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
            区分
                    (千円)        (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
          長期借入金           704,852        684,852        579,962       11,234,000             ―
          リース債務            69,107        67,984        56,629        47,799        44,244

         その他有利子負債
                      28,318        27,062        26,021        25,946        53,083
          (長期未払金)
         【引当金明細表】

                                       (単位:千円)
                              当期減少額
        区分      当期首残高      当期増加額                   当期末残高
                           目的使用       その他
     貸倒引当金            708      812      100      608      812

     貸倒引当金

                1,086       728     1,086         ―     728
     (長期)
     ポイント引当金           18,334      21,076      18,334         ―    21,076

     店舗閉鎖損失引

                7,767         ―    7,767         ―      ―
     当金(短期)
     退職給付引当金          △13,227       65,552      69,788         ―   △17,463

     役員退職慰労引

                4,550         ―    1,330      3,220         ―
     当金
     店舗閉鎖損失引
               114,450          ―   114,450          ―      ―
     当金(長期)
      (注) 1.計上の理由及び額の算定方法は、「重要な会計方針」に記載しております。
         2.退職給付引当金は、貸借対照表「投資その他の資産」に「前払年金費用」として表示しております。
         3.役員退職慰労引当金の当期減少額(その他)は、役員退職慰労金制度廃止に伴う打切り支給によるもので
           あり、固定負債の「長期未払金」に振替えております。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 48/56


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【主な資産及び負債の内容】
       ① 資産の部
        流動資産
         (イ)現金及び預金
                 内訳                         金額(千円)
     現金                                                 41,463

     当座預金                                                1,325,045

     普通預金                                                 78,178

     別段預金                                                   568

     振替貯金                                                  3,502

     預金(信託)                                                 63,387

                 合計                                    1,512,146

         (ロ)売掛金

          相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     三井住友カード㈱                                                 53,880

     京銀カードサービス㈱                                                 26,886

     三菱UFJニコス㈱                                                 21,449

     ㈱ジェイティービー                                                 17,732

     アメリカン・エキスプレス・インターナショナル,Inc.                                                 16,299

     その他                                                 429,121

                 合計                                     565,370

          売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                         回収率         滞留期間
      当期首残高        当期発生高        当期回収高        当期末残高
                                         (%)          (日)
       (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                                        (C)        (A)+(D)       (B)
                                           × 100        ÷
                                      (A)+(B)            2     366
        (A)        (B)        (C)        (D)
         586,994       8,448,758        8,470,383         565,370           93.74          24.96

      (注) 当期発生高の中には消費税等が含まれております。
                                 49/56






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
         (ハ)原材料及び貯蔵品
                 区分                         金額(千円)
     原材料

      生鮮食料品                                                 57,502

      飲料品                                                 32,411

      食料品                                                  298

      その他                                                 4,094

                  計                                     94,307

     貯蔵品

      各種印刷物                                                 5,646

      その他                                                 2,092

                  計                                      7,739

                 合計                                     102,046

       ② 負債の部

        流動負債
         (イ)買掛金
          相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     ㈲浅見水産                                                 18,314

     日本産業㈱                                                 17,550

     牛若商事㈱                                                 15,325

     大橋商事㈱                                                 14,319

     ㈱トーホーフードサービス                                                 12,602

     その他                                                 218,445

                 合計                                     296,558

                                 50/56







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
      (3) 【その他】
        当事業年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         当事業年度

     売上高            (千円)        2,564,479         5,264,520         7,642,916         10,707,431

     税引前四半期(当期)純

     利益又は税引前四半期            (千円)        △63,162          101,919          59,895         211,733
     純損失金額(△)
     四半期(当期)純利益又

     は四半期純損失金額            (千円)        △66,024          86,809         52,352         261,142
     (△)
     1株当たり四半期(当

     期)純利益又は1株当た
                  (円)         △5.99          7.87         4.75         23.68
     り四半期純損失金額
     (△)
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利
     益又は1株当たり四半             (円)         △5.99          13.86         △3.12          18.93
     期純損失金額(△)
                                 51/56













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             1月1日から12月31日まで

     定時株主総会             3月中

     基準日             12月31日

     剰余金の配当の基準日             12月31日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)

       取扱場所             東京都杉並区和泉二丁目8番4号
                  みずほ信託銀行株式会社 証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                  みずほ信託銀行株式会社
       取次所             ────────

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  電子公告により、当社ホームページ(http://www.kyotohotel.co.jp/)に掲載。

     公告掲載方法
                  ただし、事故その他のやむを得ない事由によって電子公告による公告をすることができな
                  い場合は、日本経済新聞に掲載。
                  12月末日現在の株主に対し、「京都ホテルオークラ」「からすま京都ホテル」「粟田山

                  荘」でご利用いただける「株主優待券」を発行しております。
                         所有株式数
                                100株以上(枚)         1,000株以上(枚)         5,000株以上(枚)
                   優待内容(割引率)
                           50%            ―         2         3

                   ホテル
                   宿 泊
                           30%            2         13         17
     株主に対する特典
                   ホテル
                           20%            2         15         20
                   飲 食
                   ホテル
                           10%            ―         2         ▶
                   婚 礼
                   粟田山荘
                           20%            1         ▶         6
                   飲 食
                  ご利用可能期間 平成29年4月1日~平成30年7月5日(ご利用除外日有り)

     (注)1.当社の定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の

         規定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受
         ける権利以外の権利を有しておりません。
       2.「株主に対する特典」に記載の事項は、平成28年12月末日現在の株主に対し発行を予定している株主優待の内
         容であります。
                                 52/56




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに有価証券報告書の確認書

       事業年度(第97期)(自 平成27年1月1日 至 平成27年12月31日)平成28年3月31日近畿財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
       平成28年3月31日近畿財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書、四半期報告書の確認書
       (第98期第1四半期)(自 平成28年1月1日 至 平成28年3月31日)平成28年5月13日近畿財務局長に提出。
       (第98期第2四半期)(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)平成28年8月12日近畿財務局長に提出。
       (第98期第3四半期)(自 平成28年7月1日 至 平成28年9月30日)平成28年11月10日近畿財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
       臨時報告書
       平成28年3月31日近畿財務局長に提出。
                                 53/56













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 54/56



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   平成29年3月23日

     株式会社京都ホテル
      取締役会 御中
                         有限責任監査法人トーマツ

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士  山  口  弘  志                      印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士  岩  淵  貴  史                      印
                        業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社京都ホテルの平成28年1月1日から平成28年12月31日までの第98期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
     対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明
     細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社京都ホテルの平成28年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 55/56





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社京都ホテルの平成28
     年12月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社京都ホテルが平成28年12月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
     の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以  上
      (注)   1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 56/56








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。