株式会社ティビィシィ・スキヤツト 四半期報告書 第50期第1四半期(平成28年11月1日-平成29年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第50期第1四半期(平成28年11月1日-平成29年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社ティビィシィ・スキヤツト

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成29年3月16日

     【四半期会計期間】               第50期第1四半期(自 平成28年11月1日 至 平成29年1月31日)

     【会社名】               株式会社ティビィシィ・スキヤツト

     【英訳名】               TBCSCAT Inc.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 安田 茂幸

     【本店の所在の場所】               栃木県小山市城東一丁目6番33号

     【電話番号】               0285-23-5151

     【事務連絡者氏名】               常務取締役経営管理本部長 古澤 誠一

     【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋本町三丁目8番4号

                    ユニゾ日本橋本町3丁目ビル7階
     【電話番号】               03-5623-9670

     【事務連絡者氏名】               常務取締役経営管理本部長 古澤 誠一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                  第50期

                回次                第1四半期            第49期
                                連結累計期間
                              自 平成28年11月1日           自 平成27年11月1日
               会計期間
                              至 平成29年1月31日           至 平成28年10月31日
                                    574,421          2,866,513
     売上高                     (千円)
                                    △ 29,178          239,874

     経常利益又は経常損失(△)                     (千円)
     親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                    △ 13,555          143,197
                          (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                     (千円)          △ 13,555          143,197
                                   1,835,780           1,649,500

     純資産額                     (千円)
                                   3,080,379           3,022,629

     総資産額                     (千円)
     1株当たり当期純利益金額又は
                                    △ 10.15          112.31
                          (円)
     四半期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                          (円)             -           -
     四半期(当期)純利益金額
                                      59.6           54.6
     自己資本比率                     (%)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  当社は、第49期第1四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、第49期第1
          四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
        4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        5.当社は、平成28年7月21日付で普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行いましたが、第49期の期首に
          当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり当期純利益金額を算定しております。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/17







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
      のリスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      なお、当社は、前第1四半期連結累計期間については四半期連結財務諸表を作成していないため、前年同四半期連結
      累計期間との比較分析は行っておりません。
      (1)  業績の状況

        当第1四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、政府の経済政策等により企業業績や雇用環境の改善傾向が
       続き、緩やかな回復基調となりました。しかし、英国EU離脱問題や米国大統領選挙後の政策等の影響など依然と
       して先行きが不透明な状況が続いており、金融資本市場への影響に留意する必要があります。
        当社の主力事業である美容サロン向けICT事業を展開するIT関連サービス業界では、「平成28年度版情報通
       信白書」(総務省)によりますと、スマートフォン世帯普及率は72.0%(前年比7.8ポイント増)と普及が進んでお
       り、今後もスマートフォン市場を中心としたIT関連サービス業界の市場は拡大していくものと予測されます。
        このような事業環境のもと、当社グループでは平成28年12月27日に東京証券取引所JASDAQ市場に株式公開
       を行い、企業価値向上のため主要となる美容サロン向けICT事業の商品開発への投資と、販売チャネルの拡大及
       び広告宣伝等に一層の注力を行い事業展開いたしました。
        一方、中小企業向けビジネスサービス事業では、平成27年10月期から平成28年10月期における損失事業の撤退
       (製造業向け人材派遣事業及び地方自治体向け業務請負等)に伴う再構築コストの影響により、当第1四半期連結
       累計期間において損失を計上いたしました。さらに、当社グループでは株式公開に伴う一時的な費用計上を行って
       おります。
        以上の結果、当第1四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高                                     574,421千円      、営業   損失10,686千
       円 、経常   損失29,178千円       、親会社株主に帰属する四半期純               損失13,555千円       となりました。
        セグメント別の業績は、以下のとおりであります。
       ①  美容サロン向けICT事業

         美容サロン向けICT事業では、スマートフォンをはじめとしたモバイルへの対応技術の進展により、サロン
        顧客のICT利用範囲が広がり、それに対応するPOSレジ顧客管理システム(Sacla)に連動したサロンアプリ
        (美容サロンオリジナルアプリ)の提供による事業展開を行っております。一方、美容商材を提供する美容ディ
        ラー向け販売管理システム(i-SCAP                  EX)のリリースにより、「美容ディーラー(i-SCAP                         EX)-美容サロン
        (Sacla)―消費者(サロンアプリ)」を結ぶ商品を揃えております。
         当第1四半期連結累計期間では、既存顧客の買替販売において、年間平均台数より低めの実績となっており、
        カスタマイズを伴う受注案件が、美容サロン及び美容ディーラーの繁忙期と重なり納品が延期となったことによ
        り売上計上時期が延期しております。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間におきましては、売上高は                               309,299千円      、セグメント      損失は24,148千円
        となりました。
       ②  中小企業向けビジネスサービス事業 

         中小企業向けビジネスサービス事業では、北関東地方を中心とした中小企業者への経理代行等の会計サービス
        及び人材サービスは、既存顧客を中心に業務を行い、業績も順調に推移しました。しかし、依然として損失事業
        の撤退による再構築コストの影響が続いております。
                                  3/17


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間におきましては、売上高は                               84,987千円     、セグメント      損失は3,414千円        と
        なりました。
       ③  介護サービス事業

         介護サービス事業では、介護付き有料老人ホームを3施設(栃木県佐野市、群馬県館林市、長野県小諸市)を
        運営しており、各施設への入居率の向上に取り組み、安定した収益を確保しております。
         しかし、季節の変わり目もあり入居者の入院及び逝去による退去により、一部施設の稼働率が低下したことに
        伴い、業績に影響がありました。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間におきましては、売上高は                               175,411千円      、セグメント      利益は13,043千円
        となりました。
                                  4/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
        当第1四半期連結会計期間末における財政状態は、以下のとおりであります。
       (流動資産)
        当第1四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ                                   61,387千円増加し、         1,470,017千円       と
       なりました。これは主として、現金及び預金の増加103,448千円、売掛金の減少47,594千円によるものであります。
       (固定資産)

        当第1四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ                                    3,637千円減少し、         1,610,361千円       と
       なりました。これは主として、建物及び構築物の減価償却累計額の増加8,392千円によるものであります。
       (流動負債)

        当第1四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ                                    120,966千円減少し、          333,572千円      と
       なりました。これは主として、未払費用の減少76,284千円、未払法人税等の減少63,534千円によるものでありま
       す。
       (固定負債)

        当第1四半期連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ                                    7,563千円減少し、         911,026千円      とな
       りました。これは主として、長期借入金の減少18,798千円、退職給付に係る負債の増加7,696千円によるものであり
       ます。
       (純資産)

        当第1四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ                                   186,280千円増加し、          1,835,780千円       と
       なりました。これは主として、新規上場に伴う自己株式の処分による資本剰余金の増加133,960千円、自己株式の減
       少85,000千円、利益剰余金の減少32,679千円によるものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更は
       ありません。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/17









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     5,200,000

                  計                                    5,200,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成29年1月31日)          (平成29年3月16日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           1,820,000          1,820,000       JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計          1,820,000          1,820,000          ―            ―
      (注)   平成28年12月27日をもって、当社株式は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場しております。

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      平成29年1月31日                ―   1,820,000           ―    200,000          ―    143,198
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/17






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成28年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】

                                               平成29年1月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式              ―              ―
                           545,000
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                                12,727             ―
                         1,272,700
                      普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                            2,300
     発行済株式総数                    1,820,000          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           12,727             ―

      (注)   「単元未満株式」の中には、自己株式が次のとおり含まれております。

         自己株式 24株
       ②  【自己株式等】

                                                平成29年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                   栃木県小山市城東
     株式会社                             545,000          ―    545,000        29.9
                      一丁目6番33号
     ティビィシィ・スキヤツト
           計              ―         545,000          ―    545,000        29.9
      (注) 当第1四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できておりませんが、

         自己株式については把握できております。当第1四半期会計期間末日現在の自己名義所有株式数は375,024株
         (発行済株式総数に対する所有株式数の割合20.6%)となっております。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/17







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1 四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年11月1日から平成
      29年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年11月1日から平成29年1月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3 最初に提出する四半期報告書の記載上の特例について

       当四半期報告書は、「企業内容等開示ガイドライン24の4の7-6」の規定に準じて前年同四半期との対比は行っ
      ておりません。
                                  8/17















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)

                                   前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                  (平成28年10月31日)              (平成29年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        1,101,646              1,205,094
         現金及び預金
                                         221,155              173,560
         売掛金
                                          24,722              21,400
         商品
                                          7,236              2,548
         仕掛品
                                          31,926              38,289
         繰延税金資産
                                          22,283              29,339
         その他
                                          △ 340             △ 214
         貸倒引当金
                                        1,408,630              1,470,017
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        1,831,626              1,831,950
           建物及び構築物
                                        △ 904,268             △ 912,661
             減価償却累計額
                                         927,357              919,289
             建物及び構築物(純額)
                                         342,737              342,737
           土地
           その他                               146,405              146,878
                                        △ 123,304             △ 125,081
             減価償却累計額
                                          23,101              21,797
             その他(純額)
                                        1,293,196              1,283,824
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         148,357              163,547
           ソフトウエア
                                          29,996              10,238
           その他
                                         178,354              173,785
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          88,554              98,933
           繰延税金資産
                                          71,370              71,234
           その他
                                         △ 17,476             △ 17,416
           貸倒引当金
                                         142,448              152,751
           投資その他の資産合計
                                        1,613,998              1,610,361
         固定資産合計
                                        3,022,629              3,080,379
       資産合計
                                  9/17







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年10月31日)              (平成29年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         61,852              40,300
         買掛金
                                         75,192              75,192
         1年内返済予定の長期借入金
                                         181,500              105,216
         未払費用
                                                        36,633
         賞与引当金                                  -
                                         65,610               2,076
         未払法人税等
                                         70,382              74,153
         その他
                                         454,538              333,572
         流動負債合計
       固定負債
                                         530,371              511,573
         長期借入金
                                         291,375              299,072
         退職給付に係る負債
                                         70,306              72,625
         役員退職慰労引当金
                                         26,536              27,756
         その他
         固定負債合計                                918,590              911,026
       負債合計                                 1,373,129              1,244,598
      純資産の部
       株主資本
                                         200,000              200,000
         資本金
                                         143,198              277,158
         資本剰余金
                                        1,578,813              1,546,133
         利益剰余金
                                        △ 272,512             △ 187,512
         自己株式
                                        1,649,500              1,835,780
         株主資本合計
                                        1,649,500              1,835,780
       純資産合計
                                        3,022,629              3,080,379
      負債純資産合計
                                 10/17











                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日
                                 至 平成29年1月31日)
                                         574,421
      売上高
                                         359,528
      売上原価
                                         214,892
      売上総利益
                                         225,579
      販売費及び一般管理費
                                        △ 10,686
      営業損失(△)
      営業外収益
                                            0
       受取利息
                                           474
       施設利用料
                                           413
       その他
                                           889
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,372
       支払利息
                                         17,997
       支払手数料
                                           11
       その他
                                         19,381
       営業外費用合計
                                        △ 29,178
      経常損失(△)
                                        △ 29,178
      税金等調整前四半期純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    1,118
                                        △ 16,741
      法人税等調整額
                                        △ 15,623
      法人税等合計
                                        △ 13,555
      四半期純損失(△)
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                      -
                                        △ 13,555
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                 11/17










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成28年11月1日
                                 至 平成29年1月31日)
                                        △ 13,555
      四半期純損失(△)
                                        △ 13,555
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 13,555
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
       (追加情報)
        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当第1
       四半期連結会計期間から適用しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           当第1四半期連結累計期間

                           (自 平成28年11月1日
                            至 平成29年1月31日)
         減価償却費                           34,581   千円
       (株主資本等関係)

       当第1四半期連結累計期間(自 平成28年11月1日 至 平成29年1月31日)
       1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成29年1月30日
               普通株式         19,124         15  平成28年10月31日         平成29年1月31日         利益剰余金
      定時株主総会
       2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
        該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         当社は、平成28年12月26日を払込期日とする公募による自己株式140,000株の処分を行いました。また、平成29
        年1月20日を払込期日とするオーバーアロットメント方式による売り出しに伴う自己株式30,000株の処分を行っ
        たことにより、当第1四半期連結会計期間において資本剰余金が133,960千円増加し、自己株式が85,000千円減少
        いたしました。
         この結果、当第1四半期連結会計期間末において資本剰余金が277,158千円、自己株式が187,512千円となって
        おります。
                                 13/17








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当第1四半期連結累計期間(自                平成28年11月1日          至   平成29年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                その他
                                                       合計
                           中小企業向け
                                                (注)
                    美容サロン向け              介護サービス
                            ビジネス
                                          計
                     ICT事業               事業
                           サービス事業
     売上高
      外部顧客への売上高                309,299       84,533      175,411       569,245        5,175      574,421

      セグメント間の内部
                               453             453       840      1,293
                         -             -
      売上高又は振替高
                      309,299       84,987      175,411       569,698        6,015      575,714
            計
                      △ 24,148      △ 3,414      13,043      △ 14,520       3,813     △ 10,706

     セグメント利益又は損失(△)
      (注) 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産賃貸事業等を含んでおりま
         す。
      2.   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                 利益                            金額
     報告セグメント計                                                  △14,520

     「その他」の区分の利益                                                   3,813

     セグメント間取引消去                                                     20

     四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                                  △10,686

       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                       当第1四半期連結累計期間

                    項目                   (自 平成28年11月1日
                                        至 平成29年1月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                         △10円15銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)(千円)                                          △13,555

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                             -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                               △13,555
     四半期純損失金額(△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                          1,335,193
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在していないため、記載しておりませ
         ん。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 14/17


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 15/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 16/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ティビィシィ・スキヤツト(E32814)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成29年3月9日

     株式会社ティビィシィ・スキヤツト
      取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          新       井       達       哉   ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          秋       田       秀       樹   ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ティ

     ビィシィ・スキヤツトの平成28年11月1日から平成29年10月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成28
     年11月1日から平成29年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年11月1日から平成29年1月31日まで)に係
     る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ティビィシィ・スキヤツト及び連結子会社の平成29年1
     月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
     せる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。