株式会社ティーケーピー 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社ティーケーピー

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】
      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         平成29年2月21日
      【会社名】                         株式会社ティーケーピー
      【英訳名】                         TKP  Corporation
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  河野 貴輝
      【本店の所在の場所】                         東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                         03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                         執行役員管理部長  髙木 寛
      【最寄りの連絡場所】                         東京都新宿区市谷八幡町8番地
      【電話番号】                         03-5227-7321
      【事務連絡者氏名】                         執行役員管理部長  髙木 寛
      【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                               ブックビルディング方式による募集    1,552,015,000円
                               売出金額
                               (引受人の買取引受による売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し   1,173,288,000円
                               (オーバーアロットメントによる売出し)
                               ブックビルディング方式による売出し    449,407,000円
                               (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                   社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                   券届出書提出時における見込額であります。
      【縦覧に供する場所】                         株式会社ティーケーピー横浜支店
                               (神奈川県横浜市神奈川区金港町3番地1)
                                   1/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
      1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
                     310,000
         普通株式                     標準となる株式であります。
                     (注)2.
                              なお、単元株式数は100株であります。
      (注)1.平成29年2月21日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、平成29年2月21日開催の取締役会において決議された公募による自己株式の処分に係る
           募集株式数310,000株であります。本有価証券届出書の対象とした募集(以下「本募集」という。)は、金
           融商品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又は買付けの申
           込みの勧誘であります。なお、平成29年3月7日開催予定の取締役会において変更される可能性がありま
           す。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
         4.上記とは別に、平成29年2月21日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
           76,300株の第三者割当による自己株式の処分を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当による自己株式の処
           分とシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                   2/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【募集の方法】
        平成29年3月15日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
       け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当
       該引受価額と異なる価額(発行価格)で本募集を行います。引受価額は平成29年3月7日開催予定の取締役会におい
       て決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、
       本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払
       いません。
        なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
       233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
       件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
       定する価格で行います。
               区分              発行数(株)        発行価額の総額(円)           資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                            -           -            -

     入札方式のうち入札によらない募集                            -           -            -

     ブックビルディング方式                          310,000        1,552,015,000                  -

            計(総発行株式)                   310,000        1,552,015,000                  -

      (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資等を行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定され
           ております。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れされません。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(5,890円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は1,825,900,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【募集の条件】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                          申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                          単位         申込期間                  払込期日
      (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
                      -
      未定     未定     未定              自 平成29年3月16日(木)              未定
                            100                     平成29年3月26日(日)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.               至 平成29年3月22日(水)             (注)4.
                     (注)3.
      (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、平成29年3月7日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
           ク等を総合的に勘案した上で、平成29年3月15日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成29年3月7日開催予定の取締役会において決定される予定で
           あります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成29年
           3月15日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
           の手取金となります。
         3.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額は資本組入れされません。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、平成29年3月27日(月)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本
           募集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、平成29年3月8日から平成29年3月14日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
           して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
           ページにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                   4/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                  店名                           所在地
     株式会社三菱東京UFJ銀行 麹町支店                            東京都千代田区麹町四丁目1番

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
      4【株式の引受け】

                                       引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                       引受けの条件
                                        (株)
                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は自己株式の処分に
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号
                                                対する払込金として、平成
                                                29年3月26日までに払込取
                                                扱場所へ引受価額と同額を
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                                払込むことといたします。
                                              3.引受手数料は支払われませ
                                                ん。ただし、発行価格と引
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                                受価額との差額の総額は引
                                                受人の手取金となります。
     三菱UFJモルガン・スタ

                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
     ンレー証券株式会社
     SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

                                        未定

                   愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1
     東海東京証券株式会社
                   号
     岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

     藍澤證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目20番3号

     SMBCフレンド証券株式

                   東京都中央区日本橋兜町7番12号
     会社
     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号

           計                 -             310,000            -

      (注)1.平成29年3月7日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(平成29年3月15日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                   5/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【新規発行による手取金の使途】
       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                  発行諸費用の概算額(円)                    差引手取概算額(円)
              1,679,828,000                     3,040,000                 1,676,788,000

      (注)1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における自己株式の処分に係る金額で
           あります。
         2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、自己株式の処分に際して当社に払い込まれる引
           受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(5,890円)を基礎として算出した見込
           額であります。
         3.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         4.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
       (2)【手取金の使途】

           上記の手取概算額1,676百万円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当による
          自己株式の処分の手取概算額上限413百万円と合わせて、当社における設備資金として、平成30年2月期に貸
          会議室新規出店関連投資(内装費、備品の購入、敷金等)である、ガーデンシティPREMIUM6拠点の新
          規出店に540百万円、カンファレンスセンター5拠点の新規出店に150百万円、ビジネスセンター8拠点の新規
          出店に110百万円、加えて、平成31年2月期に当社が平成29年4月より運営を行う予定であるベイサイドホテ
          ル アジュール竹芝(東京都港区)の改修工事に600百万円、平成30年2月期に西葛西宿泊施設(名称未定、
          東京都江戸川区)の建築工事に590百万円、平成30年2月期に梅田宿泊施設(名称未定、大阪府大阪市福島
          区)の建築工事に99百万円を充当する予定であります。
           なお、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
      (注) 設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

          をご参照下さい。
                                   6/140












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【売出要項】
      1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
        平成29年3月15日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
       (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
       要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
       格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
       式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
       引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
                                        東京都中央区晴海一丁目8番11号

                                        住友商事株式会社  146,600株
              ブックビルディング
     普通株式                     199,200      1,173,288,000
              方式
                                        東京都千代田区
                                        河野 貴輝                52,600株
     計(総売出株式)            -        199,200      1,173,288,000                  -

      (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
           ります。
         2.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(5,890円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   7/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

                        申込株数
     売出価格     引受価額                   申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
      (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                自 平成29年
      未定                                    東京都中央区日本橋一丁目
           未定     3月16日(木)              未定    引受人の本店及                       未定
     (注)1.                     100                9番1号
          (注)2.      至 平成29年             (注)2.     び全国各支店                      (注)3.
     (注)2.                                     野村證券株式会社
                3月22日(水)
      (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(平成29年3月15日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類
                   売出数(株)
                                  (円)       又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
              によらない売出し
              ブックビルディング                           東京都中央区日本橋一丁目9番1号
     普通株式                     76,300       449,407,000
              方式                           野村證券株式会社       76,300株
     計(総売出株式)            -         76,300       449,407,000                 -
      (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
           に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
           す。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、平成29年2月21日開催の取締役会において、野
           村證券株式会社を割当先とする当社普通株式76,300株の第三者割当による自己株式の処分の決議を行ってお
           ります。また、野村證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る
           売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合が
           あります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当による自己株式の処
           分とシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
           ります。
         4.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたしま
           す。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(5,890円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                   9/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
       (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                 元引受契約の内容
       (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
             自 平成29年
                                   野村證券株式
       未定      3月16日(木)                 未定
                         100          会社の本店及           -         -
      (注)1.       至 平成29年                (注)1.
                                   び全国各支店
             3月22日(水)
      (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  10/140












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1.東京証券取引所マザーズへの上場について
        当社は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式につ
       いて、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
      2.第三者割当による自己株式の処分とシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である河野貴輝(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
       て、当社は、平成29年2月21日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式76,300株の第三者
       割当による自己株式の処分(以下「本件第三者割当」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当の
       会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数               当社普通株式 76,300株
      (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1

      (3)   払込期日               平成29年4月25日(火)

        (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、平成29年3月7日開催予定の取締役会において決定
           さ    れる予定の「第1 募集要項」における自己株式の処分の払込金額(会社法上の払込金額)と同一と
           す    る予定であります。
           2.割当価格は、平成29年3月15日に決定される予定の「第1 募集要項」における自己株式の処分の引
           受    価額と同一とする予定であります。
            また、主幹事会社は、平成29年3月27日から平成29年4月18日までの間、貸株人から借入れる株式の
           返 却を目的として、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を
           上 限とするシンジケートカバー取引を行う場合があります。
            主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、
           割 当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当における割当株式数の全部または
           一 部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当における最終的な処分株式数が減
           少 する、または自己株式の処分そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー
           取 引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株
           式 数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                  11/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3.ロックアップについて
        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である河野貴輝並びに当社株主である
       株式会社リバーフィールド、株式会社井門コーポレーション、中村幸司、河野道有、富田友美、曽我部義矩、重隆憲
       及び府川太郎は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年
       6月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受
       による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等を行わな
       い旨、合意しております。
        当社株主であるジャフコV2共有投資事業有限責任組合、テクノロジーベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、
       ジャフコ・グレートエンジェルファンド1号投資事業有限責任組合、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合及び
       ジャフコV2-R投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を
       含む)後90日目の平成29年6月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却
       (ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売
       却等は除く。)等を行わない旨、合意しております。
        また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成29年
       9月22日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交
       換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募
       集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、
       平成29年2月21日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当等は除く。)等を行
       わない旨、合意しております。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
       きる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
       集株式等の割当等に関し、当社新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容
       については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                  12/140












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【その他の記載事項】
       自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
       (1)表紙に当社の社章                 を記載いたします。

       (2)表紙の次に「1 事業の概況」~「3 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  13/140


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  18/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  19/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  20/140





















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第10期       第11期
             決算年月            平成27年2月       平成28年2月

                   (百万円)         14,162       17,941
     売上高
                   (百万円)           710      1,848
     経常利益
                   (百万円)           339       935
     当期純利益
                   (百万円)           381       901
     包括利益
                   (百万円)          2,198       3,100
     純資産額
                   (百万円)         11,352       16,612
     総資産額
                    (円)        512.56       722.08
     1株当たり純資産額
                    (円)         79.41       218.99
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -
     当期純利益金額
                    (%)         19.3       18.6
     自己資本比率
                    (%)         17.0       35.5
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)           205      2,618
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 2,872      △ 2,729
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)          1,810       2,886
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          3,024       5,799
     残高
                             599       687
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 517  )     ( 658  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         5.第10期及び第11期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
           (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
           有限責任監査法人トーマツの監査を受けております。
         6.平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割
           を行っておりますが、第10期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当た
           り当期純利益金額を算定しております。
                                  21/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第7期       第8期       第9期       第10期       第11期
             決算年月            平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月       平成27年2月       平成28年2月

                   (百万円)          5,679       8,102       10,877       13,061       16,761
     売上高
                   (百万円)          1,012       1,222       1,241        861      1,948
     経常利益
                   (百万円)           248       615       198        5      615
     当期純利益
                   (百万円)           287       287       287       287       287
     資本金
                    (株)        47,300       47,300       47,300       47,300       47,300
     発行済株式総数
                   (百万円)          1,276       1,904       2,094       2,100       2,684
     純資産額
                   (百万円)          6,097       6,629       9,387       10,769       15,556
     総資産額
                    (円)       29,892.92       44,592.47       49,043.55         491.70       628.35
     1株当たり純資産額
                              -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純利益金額              (円)       5,824.17       14,406.03        4,647.41         1.27      144.03
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         20.9       28.7       22.3       19.5       17.3
     自己資本比率
                    (%)         21.5       38.7        9.9       0.3       25.7
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -       -
     株価収益率
                    (%)          -       -       -       -       -
     配当性向
                             176       311       392       524       607
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 120  )     ( 186  )     ( 275  )     ( 365  )     ( 464  )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行い、発行済株式総数は4,730,000株となって
           おります。
         3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第7期、第8期及び第9期は新株予約権の残高はあ
           りますが、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、第10期及び第11期は潜在株
           式が存在しないため、記載しておりません。
         4.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         5.配当性向については、当社は配当を実施していないため、記載しておりません。
         6.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         7.第10期及び第11期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任
           監査法人トーマツの監査を受けております。
           なお、第7期、第8期及び第9期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)に基づき算出
           しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく有限責任監査法人トーマツの監査を受けてお
           りません。
         8.平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っておりますが、第10期の期首に当該株式
           分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。そこ
           で、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請の
           ための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)
           に基づき、第7期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考
           までに掲げると、以下のとおりとなります。なお、第7期、第8期及び第9期の数値(1株当たり配当額に
           ついてはすべての数値)については、有限責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
                                  22/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
              回次           第7期       第8期       第9期        第10期       第11期

             決算年月           平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月        平成27年2月       平成28年2月

                   (円)        298.93       445.92       490.44        491.70       628.35

       1株当たり純資産額
       1株当たり当期純利益

                   (円)        58.24       144.06        46.47        1.27      144.03
       金額
       潜在株式調整後

                   (円)          -       -       -        -       -
       1株当たり当期純利益
       金額
       1株当たり配当額
                            -       -       -        -       -
       (1株当たり中間            (円)
                            (-)       (-)       (-)        (-)       (-)
       配当額)
                                  23/140















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【沿革】
        年月                            事項
      平成17年8月        東京都港区浜松町二丁目7番17号に貸会議室の運営並びに運営受託業務を事業目的とした株式会社
              ティーケーピーを設立
              ポータルサイト「        TKP貸会議室ネット          」の運営を開始
      平成18年10月        本社機能を東京都中央区日本橋茅場町三丁目7番3号に移転
      平成20年7月        株式会社コンビニステーション(現・連結子会社)設立
      平成20年8月        第二種旅行業免許取得
      平成21年12月        株式会社TKPプロパティーズ(現・連結子会社)設立
      平成22年5月        株式会社TKPキャピタル設立
      平成22年9月        株式会社TKPテレマーケティング(現・連結子会社)設立
      平成22年11月        TKP  New  York,Inc.(米国 現・連結子会社)設立
        〃      TKPバックオフィス株式会社を子会社化(平成24年2月に売却)
      平成23年4月        TKPガーデンシティ品川を開設し、料飲サービスの内製化開始
        〃      帝珂碧(上海)会         有限公司(現・連結子会社)設立
      平成24年2月        株式会社TKPキャピタルを当社に吸収合併
      平成24年9月        TKP  SINGAPORE     IN  PTE.LTD.(シンガポール 現・連結子会社)設立
      平成25年1月        株式会社常盤軒フーズ(現・連結子会社)を設立し、料飲サービスの内製化強化
      平成25年2月        本社機能を東京都新宿区市谷八幡町8番地に移転
      平成25年11月        「TKPリゾート」ブランドの立ち上げ、宿泊型研修会場の提供開始
      平成26年1月        TKP  International       Limited(香港 現・連結子会社)設立
      平成26年5月        第一種旅行業免許取得
      平成26年8月        アパホテル<TKP札幌駅前>開設
      平成27年1月        TKP伊豆長岡石のや(現・伊豆長岡温泉 全室温泉風呂付 はなれの宿 石のや)開業
      平成27年8月        株式会社TKPSPV-1号(現・連結子会社)設立
      平成28年3月        株式会社ファーストキャビンと業務・資本提携契約を締結
      平成28年4月        株式会社TKPSPV-2号(現・連結子会社)設立
        〃      株式会社TKPSPV-3号(現・連結子会社)設立
      平成28年6月        TKP  New  Jersey    LLC(米国 現・連結子会社)設立
      平成28年7月        株式会社TKPメディカリンク(現・連結子会社)設立
      平成28年8月        アパホテル<TKP札幌駅北口>EXCELLENT開設
      平成28年11月        ベイサイドホテル アジュール竹芝の運営受託について基本合意を締結
      平成28年12月        アパホテル<TKP日暮里駅前>開設
        〃      株式会社TKPSPV-4号(現・連結子会社)設立
        〃      株式会社TKPSPV-5号(現・連結子会社)設立
        〃      株式会社TKPSPV-6号(現・連結子会社)設立
                                  24/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社16社により構成されており、法人向け貸会議室
       ビジネスを起点に、遊休不動産を有効活用して空間を再生し、そこに付加価値を加えた快適な「場」「空間」「時
       間」を創出する空間再生流通事業を展開しております。
        当社グループは、空間再生流通事業として現在は貸会議室サービスを中心に展開しており、その特徴としては、
        ① ポータルサイトの集客力、豊富な貸会議室の管理運営実績を活かし、単に貸会議室を提供するサービスだけで
          なく、そこから派生するお客様の様々なニーズに応じたオプションサービス、料飲サービス、宿泊サービス等
          を提供し、様々な収益機会の獲得に取り組んでいる点
        ② 貸会議室の管理運営対象を、遊休資産(不採算資産、不稼働時間が多い不動産)を有する不動産オーナーに絞
          り込むことにより不動産の調達単価を引き下げ、お客様へリーズナブルな価格でサービス提供に努めている点
          があげられます。
        具体的な会議室の用途としては、会議、セミナー・講演会、研修、採用関連、試験、懇親会、説明会、展示会等、
       多岐に渡っております。企業向け研修サービス市場規模やMICE(※)開催件数や参加者数は堅調に推移している
       ことから、今後も一定程度の需要が見込まれると認識しております。
        (※)MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)
          (Incentive      Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント
          (Exhibition/Event)の頭文字であり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称。
        更に、利用顧客は様々な業種の法人、かつリピーターがその多くを占めており、売上が分散しているという特徴も
       有しております。
        なお、当社グループの事業は、空間再生流通事業の単一セグメントであり、セグメント情報を記載しておりませ

       ん。
        当社及び連結子会社16社が提供する空間再生流通事業は、貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービ
       ス、宿泊サービス、その他サービスから構成されており、グループ各社の位置付けは以下のとおりです。
               社名                         提供するサービス
                            貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス、宿泊サービ
     株式会社ティーケーピー
                            ス、その他サービス
     株式会社コンビニステーション                       貸会議室サービス
     株式会社TKPプロパティーズ                       その他サービス(ビル管理サービス)

     株式会社TKPテレマーケティング                       その他サービス(テレマーケティングサービス)

     株式会社常盤軒フーズ                       料飲サービス

     株式会社TKPメディカリンク                       その他サービス(医療系学会運営サポートサービス)

     TKP  International       Limited
                            貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス
     TKP  New  York,Inc.
                            貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス
     TKP  SINGAPORE     IN  PTE.LTD.
                            貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス
     TKP  New  Jersey    LLC
                            貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス
     帝珂碧(上海)会         有限公司             貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービス

     株式会社TKPSPV-1号                       宿泊サービス

     株式会社TKPSPV-2号                       宿泊サービス

     株式会社TKPSPV-3号                       宿泊サービス

     株式会社TKPSPV-4号                       宿泊サービス

     株式会社TKPSPV-5号                       宿泊サービス

     株式会社TKPSPV-6号                       宿泊サービス

     (注)第11期連結会計年度において連結子会社でありました帝珂碧(上海)会                                     有限公司は、平成28年10月11日開催の当
        社取締役会において解散を決議し、清算手続き中であります。
                                  25/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (1)貸会議室サービス
         当社グループは、不動産オーナーから遊休不動産もしくは稼働率の低い不動産を借り受け、貸会議室としてリ
        ニューアルし、当社グループの営業力に加え、主にポータルサイト「TKP貸会議室ネット」を集客ツールとし
        て、貸会議室管理運営を行っております。
         当社グループの管理運営する貸会議室は、国内では東京23区内を含め、札幌・仙台・千葉・横浜・名古屋・京
        都・大阪・福岡等の大都市圏を中心に全国展開し、また、海外においても、ニューヨーク、ニュージャージー、香
        港、シンガポール等にて展開しており、最近3年間の会議室数の推移は以下のとおりであります。
            平成26年2月期末時点:1,288室
            平成27年2月期末時点:1,410室
            平成28年2月期末時点:1,536室
         当社グループは、貸会議室の仕入を行うにあたり、貸会議室オーナーとの契約形態として、通常の固定賃料によ








        る賃貸借契約・定期賃貸借契約の他、運営受託契約として変動賃料による契約体系など、賃料水準等の状況に応じ
        たリスクを盛り込んだ上で、貸会議室オーナーのメリットも確保可能な賃借条件を提案しております。
         契約形態別の収益性については、運営受託契約による会議室は、貸会議室における売上高の一定割合を貸会議室
        オーナーに支払うこととなるため、稼働率にかかわらず利益率はほぼ一定となり、売上高が低迷した場合でも損失
        を抑制することが可能であります。一方で通常の固定賃料による会議室は、貸会議室の稼働率にかかわらず、定額
        の賃借料が継続的に発生するリスクがある反面、売上高が損益分岐点を大きく超えた場合には収益性が高くなると
        いう特徴があります。
         現在、東京都心のオフィスビルの過半数は築20年以上であり、かつ新築オフィスビルの着工も堅調であることか
        ら、仕入対象となる不動産は築古・新築物件共に一定程度見込めると認識しております。
                                  26/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         このような中、多様化するお客様のニーズに応えるべく、当社グループの貸会議室は主に以下の5つの形態に分
        けて展開しております。
                                                (平成29年1月31日現在)
                                                       拠点数
         形態                  特徴                 主な利用例
                                                     (会議室数)
                                         ・国際会議
                「当社最高品質の多目的ホール」                          ・学会
                ※リノベーション中心                         ・展示会                 32
     ガーデンシティ
                ・様々なイベントに対応できるホテルグレード施設内                          ・記念式典               (372)
                 のハイクオリティ貸会議室                         ・講演会
                                         ・パーティー 等
                                         ・講演会
                「ハイクオリティ会議室」                          ・外部セミナー
     ガーデンシティ           ※新築・築浅物件中心                         ・記者会見                 11
     PREMIUM          ・高級感のある内装と独創的な空間に彩られ、会議か                          ・懇親会               (113)
                 ら宴会まで多様な用途に対応                         ・入社式
                                         ・内定式 等
                                         ・会議
                                         ・研修
                「スタンダード会議室」
     カンファレンス                                    ・外部セミナー                 67
                ※リノベーション中心
     センター                                    ・記者会見               (794)
                ・会議・セミナーを中心に幅広いビジネス用途に対応
                                         ・試験
                                         ・懇親会 等
                「リーズナブル会議室」                          ・会議
                ※リノベーション中心                         ・社員研修                 55
     ビジネスセンター
                ・小規模から大規模の会議まで、社内用途を中心に対                          ・採用面接               (355)
                 応                         ・会社説明会 等
                                         ・ミーティング
                「小規模会議室」                          ・定例会議
                ※リノベーション中心                         ・朝礼                 38
     スター貸会議室
                ・法人だけでなく、個人も含む小規模なミーティン                          ・勉強会               (88)
                 グ・集会に対応                         ・緊急会議
                                         ・分科会 等
     (注)上記以外に、宿泊施設に含まれる貸会議室は29室あります。
         加えて、個人のスペース利用ニーズを捉えるべく、クラウドスペースというシェアリングエコノミーサービスを

        行っております。これは、比較的小規模の会議室スペース等を持っているオーナーと、同規模の会議室スペース等
        を使用したい個人利用者をウェブ上でマッチングさせ、簡単に予約、決済を行えるサービスです。本サービスによ
        り、これまでアプローチできていなかった個人顧客への認知度を高めると同時に、より多くの不動産オーナーとの
        つながりを作ることで、貸会議室の仕入れを強化いたします。
                                  27/140







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)オプションサービス
         貸会議室サービスにおけるお客様からのニーズに応えるサービスとして、具体的には、プロジェクター・PC・
        スクリーン、テレビ会議システム等の備品レンタルを行っております。また、貸会議室利用のお客様以外に対して
        機材・備品等を貸し出すサービスも行っております。
       (3)料飲サービス

         当社グループの料飲施設を活用し、会議室用の弁当・ケータリングサービス、当該サービスをもとにした懇親
        会・パーティー等のプランニング等を行っております。また、貸会議室利用のお客様以外に対しても、レストラ
        ン・お弁当等の提供を行っております。
       (4)宿泊サービス

         貸会議室サービスにおけるお客様からのニーズに応えるサービスとして、会議・イベント会場を備えた多様な形
        態の宿泊施設を提供しております。具体的には、会議室設備も併設した新スタイルのビジネスホテルとしてのTK
        Pアパホテル、ビジネスご利用向けの貸切りリゾートとしてのレクトーレ、会議室完備の温泉旅館としての石のや
        の運営を行っております。物件については宿泊施設の規模、経済合理性を勘案し、賃借、当社所有、当社連結子会
        社である特別目的事業体(SPV:Special                     Purpose    Vehicle)による所有を行っております。
       (5)その他サービス

         上述のオプションサービス、料飲サービス、宿泊サービス同様、貸会議室サービスから派生したサービスとなっ
        ております。
         具体的には、ビル管理、清掃、警備を行うビル管理サービス、コールセンター運営を行うテレマーケティング
        サービスを展開しております。また、平成28年7月に医療系の学会運営に関するコンサルティングや運営サポート
        を目的とした株式会社TKPメディカリンクを設立しております。
         これら派生サービスにより、下記の効果を狙っております。

        ・オプションサービス、料飲サービスにより、会議室利用時の付随ニーズを商品化し、単価をアップ。
        ・宿泊サービスにより、宿泊を伴う大口案件を囲い込み、送客・長時間利用を促進。
        ・その他サービスにより、会議室利用における発注者(法人)の外注ニーズを受託し、発注者を囲い込み、
         外注ニーズを収益化。
        (B   to  Bシェアリングエコノミーを体現するビジネスモデル概念図)

                                  28/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       [事業系統図]
        当社グループの事業の系統図は、次のとおりであります。
                                  29/140




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                           資本金       主要な事業の        有割合又は
         名称          住所                                関係内容
                          (百万円)        内容        被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                                                当社からの会議室の運営受
     株式会社コンビニス                            貸会議室              託
                 東京都千代田区               9            100.0
     テーション                            サービス              当社への管理部門業務委託
                                                役員の兼任1名
                                                当社からの会場の清掃業務
     株式会社TKPプロパ                            ビル管理              受託
                 東京都新宿区               9             55.6
     ティーズ                            サービス              当社への管理部門業務委託
                                                役員の兼任1名
                                                当社からのコールセンター
     株式会社TKPテレ
                                 テレマーティン              受託
     マーケティング           東京都新宿区              50             100.0
                                 グサービス              当社への管理部門業務委託
     (注)2
                                                役員の兼任1名
                                                当社からの弁当・ケータリ
     株式会社常盤軒フーズ
                 東京都新宿区               9  料飲サービス           100.0    ング製造業務受託
     (注)3
                                                役員の兼任1名
                                 貸会議室・
     TKP  International
                 中国             750千
                                 オプション・           100.0    役員の兼任1名
                 香港中西区            香港$
     Limited(注)3
                                 料飲サービス
                                 貸会議室・
     TKP  New  York,Inc.
                 米国            2,307千
                                 オプション・           100.0    役員の兼任1名
                 ニューヨーク州             US$
     (注)2、3
                                 料飲サービス
                 シンガポール                 貸会議室・
     TKP  SINGAPORE     IN
                             500千
                 マーケットスト                 オプション・           100.0    役員の兼任1名
                         シンガポール$
     PTE.LTD.(注)2、3
                 リート                 料飲サービス
                                 貸会議室・
     帝珂碧(上海)会         有  中国           11,727千
                                 オプション・           100.0    役員の兼任3名
     限公司(注)2、4           上海市黄浦区            人民元
                                 料飲サービス
                                                当社からの設備投資資金の
     株式会社TKPSPV
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0    借入
     -1号
                                                役員の兼任1名
      (注)1.「主要な事業の内容」欄にはサービス別の区分の内容を記載しております。
         2.特定子会社に該当しております。
         3.㈱常盤軒フーズ、TKP            International       Limited、TKP       New  York,Inc.、TKP        SINGAPORE     IN  PTE.LTD.は債務超
           過会社であり、平成28年2月末時点で債務超過額は、それぞれ56百万円、73百万円、627百万円、102百万円
           であります。
         4.第11期連結会計年度において連結子会社でありました帝珂碧(上海)会                                    有限公司は、平成28年10月11日開
           催の当社取締役会において解散を決議し、清算手続き中であります。
                                  30/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.第11期連結会計年度末後に、以下の会社を設立したため、新たに連結子会社となっております。
                                         議決権の所
                           資本金       主要な事業の        有割合又は
         名称          住所                                関係内容
                          (百万円)        内容        被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                                                当社からの設備投資資金の
     株式会社TKPSPV
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0    借入
     -2号
                                                役員の兼任1名
                                                当社からの設備投資資金の
                                                借入
     株式会社TKPSPV
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0    当社からの不動産の取得
     -3号
                                                当社への会議室運営の委託
                                                役員の兼任1名
                 米国                 貸会議室・
                             600千
     TKP  New  Jersey    LLC
                 ニュージャー                 オプション・           70.0   無し
                              US$
                 ジー州                 料飲サービス
                                 医療系学会運営
     株式会社TKPメディ
                 東京都新宿区              40  サポートサービ           75.0   役員の兼任1名
     カリンク
                                 ス
                                                当社からの設備投資資金の
     株式会社TKPSPV                                          借入
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0
     -4号                                          当社からの不動産の取得
                                                役員の兼任1名
     株式会社TKPSPV
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0    役員の兼任1名
     -5号
     株式会社TKPSPV
                 東京都新宿区               9  宿泊サービス           100.0    役員の兼任1名
     -6号
                                  31/140











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成29年1月31日現在
               事業部門の名称

                                           従業員数(人)
      営業部門                                            742   (833)
      仕入部門                                             6   (2)

      全社(共通)                                            65   (22)

                  合計                                813   (857)

      (注)1.当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しておりま
           す。
         2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、システム部門及び管理部門に所属しているものでありま
           す。
         4.従業員数が最近1年間において、155名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う期中採用によるもので
           あります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成29年1月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

            751(593)              34.6              2.1           3,447,354

               事業部門の名称

                                           従業員数(人)
      営業部門                                            680   (569)
      仕入部門                                             6   (2)

      全社(共通)                                            65   (22)

                  合計                                751   (593)

      (注)1.当社は、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
         2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間
           の平均人員を( )内に外数で記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4.全社(共通)として記載されている従業員数は、システム部門及び管理部門に所属しているものでありま
           す。
         5.従業員数が最近1年間において、127名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う期中採用によるもので
           あります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は組織されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                  32/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
        第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
         当連結会計年度におけるわが国経済は、平成27年10~12月の実質GDP成長率が2四半期ぶりの前期比マイナス
        成長となりました。平成28年に入り円高・株安が進んだことを受けて、日銀はマイナス金利を導入しましたが、市
        場の反応は一時的なものにとどまり、再び円高・株安が進行しました。
         海外経済は緩やかに回復しているものの、新興国を中心に減速感が強まっております。米国では、平成27年12月
        の米国製造業ISM指数が48.2と、5年半ぶりの水準に低下しておりますが、サービス業を中心に堅調さが続いて
        おります。また、ユーロ経済圏は、緩やかな回復が続いており、個人消費の持ち直しが景気を下支えするとみられ
        ております。一方、中国は資本ストック調整が重石となり、引き続き成長率の鈍化が続いています。
         当社グループを取り巻く環境においては、労働環境における需給の逼迫から、各企業の新卒採用活動の積極化、
        パートタイム労働者の正規化に伴う社員教育研修等のニーズから、当社会議室に対する需要も増加いたしました。
        また、企業業績の改善により、従来以上の高品質な会場の利用場面も見られるようになりました。加えて、好調な
        インバウンド需要を受けて宿泊需要も増加いたしました。
         このような状況のなか、当社グループは、高品質会場のニーズに応えるために、より高品質なグレードとして、
        『ガーデンシティPREMIUM』を新しくラインナップに加えました。
         国内貸会議室においては、「TKPガーデンシティPREMIUM神保町」、「TKPガーデンシティPREM
        IUM横浜ランドマークタワー」、「TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原」、「TKPガーデンシティP
        REMIUM仙台東口」、「TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前」、「TKPガーデンシティ博多新幹
        線口」等を展開いたしました。
         海外においては、香港に「TKPカンファレンスセンター セントラル・香港」、シンガポールに2号店「TK
        Pシンガポールカンファレンスセンター セシルストリート」を開設いたしました。
         この結果、当連結会計年度末では、全国の大都市圏を中心に1,536室(前期末比8.9%増)の貸会議室を運営して
        おります。
         この結果、当連結会計年度の業績につきましては、売上高は17,941百万円(前年同期比26.7%増)、営業利益は
        2,004百万円(同128.3%増)、経常利益は1,848百万円(同160.3%増)、当期純利益は935百万円(同175.8%増)
        となりました。
         なお、当社グループは空間再生流通事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
        す。
        第12期第3四半期連結累計期間(自 平成28年3月1日 至 平成28年11月30日)

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、平成28年7~9月の実質GDPが前期比+0.3%と3四半期
        連続でのプラスであるものの、民間需要は停滞しており、景気は緩慢な拡大にとどまっていると見られます。
         海外経済は、米国では平成28年11月8日の大統領選がトランプ氏の勝利に終わり、一時的な市場不安がありまし
        たが、既に収束しております。平成28年11月の米国製造業ISM指数は53.2に上昇し、平成28年8月以降持ち直し
        が続いており、消費者マインドも良好です。ユーロ経済圏は平成28年7~9月GDP成長率が前期比+0.3%と、
        消費中心の景気回復だったと推察され、中国については総じて横ばいと見られます。
         当社グループを取り巻く環境においては、労働環境における需給の逼迫から、各企業の新卒採用活動の積極化
        や、パートタイム労働者の正規化に伴う社員教育研修等のニーズが高まり、当社会議室に対する需要も増加いたし
        ました。なお、経団連の申し合わせにより、新卒採用が2か月前倒しとなったことから、新卒採用を目的とする会
        場利用のピークが前倒しになっております。また、企業業績の改善により、従来以上の高品質な会場の利用場面も
        見られるようになりました。
         このような状況の中、国内貸会議室においては、「TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前」、「TKP
        心斎橋駅前カンファレンスセンター」、「TKP新橋カンファレンスセンター」、「TKPガーデンシティ帯広駅
        前」、「TKP札幌ホワイトビルカンファレンスセンター」、「TKPガーデンシティPREMIUM名古屋駅
        前」、「TKPガーデンシティ鹿児島中央」、「TKP池袋カンファレンスセンター」、「TKP御茶ノ水カン
        ファレンスセンター」を積極的に展開いたしました。また、ビジネス需要に対応する会議室併設型ビジネスホテル
        「アパホテル<TKP札幌駅北口>EXCELLENT」を展開いたしました。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末では、全国の大都市圏を中心に1,731室(前期末比12.7%増)の貸会議
        室を運営しております。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は16,510百万円、営業利益は2,599百万円、経常利益は
        2,501百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は1,344百万円となりました。
                                  33/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         なお、当社グループは空間再生流通事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりま
        す。
       (2)キャッシュ・フロー

        第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ2,775百万
        円増加し、5,799百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動により得られた資金は、2,618百万円(前年同期比1,176.5%増)となりました。主な要因は、税金
          等調整前当期純利益が1,749百万円、減価償却費が407百万円あったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動により使用した資金は、2,729百万円(同5.0%減)となりました。主な要因は、有形固定資産の取
          得による支出が1,943百万円及び敷金及び保証金の差入による支出が894百万円あったことによるものでありま
          す。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動により得られた資金は、2,886百万円(同59.4%増)となりました。主な要因は、社債の償還によ
          る支出が797百万円及び長期借入金の返済による支出が1,379百万円あったものの、社債の発行による収入が
          2,394百万円及び長期借入れによる収入が2,809百万円あったことによるものであります。
      2【生産、受注及び販売の状況】

        当社グループの事業は空間再生流通事業の単一セグメントであるため、グレード別、サービス別に記載しておりま
       す。
        (1)生産実績
          当社グループは生産実績が僅少であるため、記載しておりません。
        (2)受注状況

          当社グループは概ね受注から役務提供の開始までの期間が短いため、受注実績の記載を省略しております。
        (3)販売実績

          第10期連結会計年度、第11期連結会計年度及び第12期第3四半期連結累計期間の販売実績をグレード別、サー
         ビス別に示すと、次のとおりであります。
                                                  第12期第3四半期
                       第10期連結会計年度             第11期連結会計年度
                                                   連結累計期間
                     (自 平成26年3月1日             (自 平成27年3月1日
                                                (自 平成28年3月1日
                      至 平成27年2月28日)             至 平成28年2月29日)
           グレード
                                                 至 平成28年11月30日)
                           金額          金額      前年同期比           金額
                         (百万円)          (百万円)        (%)         (百万円)
      ガーデンシティ・
                              5,058       6,658       131.6            6,607
      ガーデンシティPREMIUM
                              5,202       6,846       131.6            6,196
      カンファレンスセンター
                              1,891       1,657        87.6            1,416
      ビジネスセンター
                               307       250       81.5             135
      スター貸会議室
                                                          802
      宿泊・研修                         234       711      303.5
                              1,468       1,816       123.7            1,351
      その他
                              14,162               126.7            16,510
            合計                         17,941
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.オプションサービス、料飲サービスは、各貸会議室のグレードに含まれております。
         3.オプションサービス、料飲サービスのうち、貸会議室利用でないものは、その他に含まれております。
         4.宿泊・研修には、貸会議室サービス、オプションサービス、料飲サービスが含まれております。
                                  34/140


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  第12期第3四半期
                       第10期連結会計年度             第11期連結会計年度
                                                   連結累計期間
                     (自 平成26年3月1日             (自 平成27年3月1日
                                                (自 平成28年3月1日
                      至 平成27年2月28日)             至 平成28年2月29日)
           サービス
                                                 至 平成28年11月30日)
                           金額          金額      前年同期比           金額
                         (百万円)          (百万円)        (%)         (百万円)
                              8,334       10,304        123.6            9,734
      貸会議室サービス
      オプションサービス                        1,271       1,682       132.4            1,630
      料飲サービス                        3,275       4,004       122.3            3,368

                               222       594                    666

      宿泊サービス                                      267.0
                              1,058       1,356       128.1            1,110
      その他サービス
                              14,162               126.7            16,510
            合計                         17,941
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  35/140
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【対処すべき課題】
        当連結会計年度における企業向け貸会議室市場は、当社グループ独自のITツールを適用した新しい集客導線構築
       を基礎に、物件に対するリノベーションを通じた企業と不動産のビジネスマッチングの仕組みを事業化したことで、
       既存事業者のサービス提供に比し優位性を維持しており、当社グループは順調に業績を拡大することができました。
       このような環境のもと、当社グループはさらなる成長のために、貸会議室サービスを核にお客様に支持される付随
       サービス開発を進め、お客様本位のサービス提案を行うことが重要な課題であると認識しております。また、現事業
       の成長を図ることは当然の課題でありますが、経営体制をより強固なものへ改善していくことも重要な課題と認識し
       ております。
        当社グループは、上記の内容を踏まえ、以下の事項を主要な課題として認識し、事業展開を図る方針であります。
        (1)企業向け総合アウトソーシングビジネスの強化
          貸会議室サービスにおいては、会議室需要の大きな大都市圏を中心に積極的な出店を図り、より強固な全国で
         のネットワーク化を図るとともに、既存会議室の単価上昇及び稼働率向上を目指して収益性を高めてまいりま
         す。
          さらに、貸会議室サービスにおいて構築された集客インフラと顧客基盤を活用し、ケータリングや研修コンサ
         ルティング、採用代行、事務局運営など、当社グループの主たる顧客基盤である企業の管理部門が抱える様々な
         ニーズを積極的に取り込み、企業向け総合アウトソーシングビジネスを展開し、収益の安定化を目指してまいり
         ます。
        (2)システム向上とサービスブランドの確立

          当社グループの運営する企業向け貸会議室需要は、多様なサービスを組み合わせる為に当社のコンサルティン
         グ機能を活用して利用するケースと、人手を介さず、スマートフォン等で簡単に予約でき、気軽に利用できる身
         近な空間が利用されるケースに大別されます。
          前者のケースにおいては、お客様の利用実績データを蓄積し、お客様毎のイベントカレンダーに基づき、当社
         営業担当者が、適時適切な提案を行う事を効率よく実現するための、営業支援システムの構築が重要な課題と認
         識しており、平成29年6月の稼働を目指し、システム構築を行っております。このシステム稼働に伴い、リピー
         ター顧客の囲い込みを実現させるとともに、当社グループのサービスブランド確立を目指してまいります。
          後者のケースにおいては、貸会議室オーナーと会議室利用者の空間マッチングの利便性を格段に高めるための
         システム構築を行っております。これにより、全ての会議室オーナーの不稼働な時間をデータベース化し、会議
         室利用者に対しオンデマンドで提供できるシェアリングエコノミーサービス(クラウドスペース)を提供してま
         いります。このサービスを多数の利用者に提供することにより、当社ブランドの更なる浸透を目指してまいりま
         す。
          この他、今後はさらに、顧客及び不動産オーナーにとって使いやすい機能や付随サービスの提供ができるよう
         システムの投資開発を進めてまいります。
        (3)人材の確保及び育成

          当社グループが営んでおります空間再生流通事業は、営業・コンサルティング・システム開発業務等におきま
         して、それぞれノウハウの蓄積とともに、顧客及び不動産オーナーへの提案を行っていく上で要求される能力が
         高まってきております。そのような中、当社グループといたしましては、優秀な人材の確保・育成が急務である
         と認識し、中長期的視点に基づく積極的な人材採用と人材育成を行ってまいります。
          さらに、企業倫理の徹底とコンプライアンス経営の確立に向けた体制整備になお一層努力してまいります。
                                  36/140







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの状況及び経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があると考え
       られる主な事項及びその他投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる事項を記載しております。
        なお、以下の記載のうち将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、不確
       実性を内在しているため、実際の結果と異なる可能性があります。
       1.当社グループの事業について
        (1)特定事業・特定地域への依存について
          当社グループの事業の特徴は、不動産オーナーの保有する遊休不動産を会議室として有効活用する事業を主に
         展開している点にあります。具体的には、貸会議室サービスは、顧客が企業外部で研修や会議・打ち合わせをす
         る場所を設備とともに一定時間単位で貸し出すサービスであります。
          貸会議室に対するニーズは、ご利用される企業や団体にとって、一定以上の会議室スペースを確保し、用途ご
         とに内装・設備・備品(マイク・プロジェクター・ディスプレイ等)を設置するといったイニシャルコストや、
         賃料を支払い、さらには清掃管理や利用受付などのランニングコストを支払うよりは、必要なときに会議室利用
         料を支払って利用する方が、費用対効果が高いと判断されていることから生じております。
          このような要因により、今後とも企業や団体にとって必要不可欠なインフラとして貸会議室に対するニーズは
         さらに拡大し続けると当社グループでは考えており、このニーズを的確に捉えるために、付随サービスとしての
         オプションサービス、料飲サービス、宿泊サービスも含めた事業展開を行っておりますが、現状では当社グルー
         プの売上高は貸会議室サービス売上高が中心となっております。また、これらの貸会議室に対するニーズは企業
         の集中する首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県:第11期連結会計年度の売上高比率55.6%)に依存した
         営業体制をとっております。
          このため、同地域における市場規模が縮小した場合、あるいは貸会議室の供給増加による料金水準の低下や利
         幅の縮小などが発生した場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          また、同地域における大規模な地震や災害等の発生により貸会議室運営に重大な支障をきたした場合も、当社
         グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす能性があります。
        (2)競合について

          当社グループの属する貸会議室業界は、参入障壁が高いとはいえないため大企業から各種団体や公共施設まで
         全国に多数の同業者が存在しております。当社グループでは競合他社に比較して、より低価格な利用料金を求め
         る顧客層向け会議室、休日を含め早朝から深夜まで利用可能な会議室の充実、申し込みから予約確定までネット
         化により短時間にて完結できる仕組みなどを設けることで、競合他社よりも幅の広い顧客層を取り込むととも
         に、貸会議室に付随する多様なサービスを展開し、優位性を確保しております。
          しかしながら、これらの競合に対応するための各種方策の実施に伴うコストの増加や競争激化に伴う販売単価
         の低下による利幅の縮小等により、当社グループの事業展開や経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
         ります。
        (3)貸会議室の物件の確保について

          当社グループの強みは、物件の所有権を取得しない持たざる経営による機動的な出店戦略にあります。このた
         め事業の拡大に向けて、貸会議室を新規契約若しくは既存契約を延長し、さらなる会議室の貸出しを実施する必
         要があります。当社グループが契約している貸会議室は順調に増加しており、また、新規物件の取得について
         は、不動産オーナーのニーズを的確に把握し、対応すべく契約獲得に向けて、必要な措置を講じております。加
         えて、既存契約の延長については、不動産オーナーによる再開発計画の進捗等を的確に把握し、延長交渉を行っ
         ております。
          しかしながら、貸会議室の新規物件が当社グループの計画どおりに確保できない若しくは既存物件が計画どお
         りに延長できない場合、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (4)不動産オーナーへの敷金及び差入保証金について

          当社グループは、貸会議室の運営にあたり、初期投資を当社グループが負担するケース、あるいは、不動産
         オーナーが負担するケースがあり、各々の物件により、対応は異なっております。このため必要に応じて、一部
         の不動産オーナーに対して、当社グループが敷金及び保証金を差し入れるケースがあります。この場合、契約終
         了に伴って、契約条項に基づき、敷金及び保証金の返還を受けることとなります。当社グループでは、敷金及び
         保証金を差し入れている不動産オーナーに対して信用調査を定期的に行っております。
          しかしながら、何らかの理由により、不動産オーナーから敷金及び保証金の返還を受けられず、回収できなく
         なる場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  37/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (5)企業の採用活動動向の影響について
          当社グループ貸会議室の大口利用者の動向を分析したところ、顧客企業における、採用活動や新入社員研修を
         中心とした利用が、利用目的の比較的多くを占める傾向にあると考えております。当社グループでは、これは、
         特に大手企業において、業績回復等を要因とした人材採用活動が積極化していることと一定の関連性があるもの
         と考えております。当社グループでは、会議やセミナー会場、一般社員研修会場などの様々な会議室需要を積極
         的に取り込み、顧客の貸会議室利用の多様化ニーズへの対応強化を図っております。
          しかしながら、今後、景気後退等の理由により企業の採用活動や新入社員研修等が鈍化した場合、貸会議室の
         利用が減少し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (6)業績の季節変動について

          「(5)企業の採用活動動向の影響について」に記載したとおり、貸会議室の利用は、顧客企業における採用活
         動や新入社員研修を中心とした利用が、利用目的の比較的多くを占める傾向にあります。現在の企業の採用活動
         は当社グループの第1四半期及び第2四半期である3月から6月に集中する傾向にあり、上半期の売上高及び営
         業利益が下半期実績を上回る傾向にあります。特に、上半期の採用活動については、貸会議室サービスの需要が
         高まり、その売上原価の多くが地代家賃であるため、営業利益が相対的に高くなることに対し、下期は懇親会需
         要が高いため、料飲サービス(主にケータリング)の売上高が相対的に高まりますが、対応する売上原価は地代
         家賃のみならず、食材や飲料等の材料費もかかることから、営業利益が相対的に低くなると考えております。ま
         た、第4四半期については、比較的需要が落ち着くことに加え、賞与等の費用が発生するため、ほかの四半期よ
         りも営業利益が低くなっております。
          従って企業の採用活動時期の変更によっては、経営成績の季節的変動の傾向に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          なお、当社の第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)及び第12期連結会計年度
         (自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)の第3四半期連結累計期間の各四半期連結会計期間の売上高
         及び営業損益は以下のとおりであります。
                 第1  四半期          第2四半期            第3四半期            第4四半期
                連結会計期間            連結会計期間            連結会計期間            連結会計期間
       会計期間
               自  平成27年3月1日          自  平成27年6月1日          自  平成27年9月1日          自  平成27年12月1日
               至  平成27年5月31日          至  平成27年8月31日          至  平成27年11月30日          至  平成28年2月29日
       売上高
                      4,447            4,669            4,511            4,314
      (百万円)
       営業損益
                       804            739            520           △60
      (百万円)
                 第1  四半期          第2四半期            第3四半期

                連結会計期間            連結会計期間            連結会計期間
       会計期間
               自  平成28年3月1日          自  平成28年6月1日          自  平成28年9月1日
               至  平成28年5月31日          至  平成28年8月31日          至  平成28年11月30日
       売上高
                      5,756            5,414            5,339
      (百万円)
       営業損益
                      1,226             915            458
      (百万円)
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.第11期の金額は、有限責任監査法人トーマツの四半期レビューを受けておりません。
                                  38/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (7)特有の法的規制について
          当社グループの貸会議室においては、建物の安全性の確保を定めた「消防法」の規制を、宿泊施設において
         は、「消防法」「旅館業法」の規制を、レストラン、ケータリングにおいては、食品の規格、添加物、衛生管理
         及び営業許可について定めた「食品衛生法」の規制を受けております。また事業を営むうえで各種関連法令等に
         定める免許・登録等を取得しております。
          当社グループでは、法令遵守を徹底しておりますが、万一これらに抵触することがあった場合は、当社グルー
         プの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、新たな規制や、規制の改正があった場合には、当該規制
         に対する対応により、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
          本書提出日現在において、当社グループが保有する各種関連法令等に定める主要な免許・登録等は以下のとお
         りであります。
               取得年月日・許認可等の名称及                               法令違反の要件及び主な許認可
      取得・登録者名                         許認可等の内容及び有効期限
               び所管官庁等                               取消事由
                                              (食品衛生法)
                              飲食店営業の許可
                                              1.食品衛生法及び都道府県知
                              TKPガーデンシティ博多
                                                事が定める食品衛生法施行
               平成25年10月1日
                                                条例に違反した場合。
               飲食店営業(許可)
     当社                         平成25年10月1日から
                                              2.都道府県知事が定める衛生
                              平成29年9月30日まで
               福岡市博多保健所
                                                管理基準を下回り重大な食
                                                品事故を発生させた場合、
                              他41店舗についても登録済
                                                取消しの可能性がある。
                              飲食店営業の許可
               平成25年2月25日
     株式会社常盤軒
               飲食店営業(許可)
                                                    同上
     フーズ                         平成25年2月25日から
               大田区保健所
                              平成32年2月29日まで
                              旅館業営業の許可
                                              (旅館業法)
                              レクトーレ箱根
               平成26年3月7日
                                              営業者が、この法律若しくはこ
               旅館業営業(許可)
     当社
                              期限の定め無し
                                              の法律に基づく処分に違反した
               小田原保険福祉事務所
                                              とき等
                              他6店舗についても登録済
        (8)食品にかかる衛生管理について

          当社グループは、会議室、宴会場、レストラン、ホテル等において食事や飲料の提供を行っており、食に対す
         る安全確保を当社グループの使命として認識しております。当社グループでは、各店舗における衛生管理に係る
         マニュアル等の整備や従業員に対する教育指導の徹底に加え、外部の専門業者による各種衛生検査等により食品
         にかかる衛生管理体制の強化に努めておりますが、万一、当社グループにおいて食中毒事故や何らかの食品衛生
         上の問題が発生した場合、一定期間の営業停止等の処分を受ける可能性がある他、企業イメージの低下による顧
         客離れが起こり得ることから、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                  39/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (9)個人情報保護について
          当社グループの空間再生流通事業は、法人顧客との取引がメインとなりますが、顧客企業の担当者名等の様々
         な個人情報に接する機会があります。このため、「個人情報の保護に関する法律」を遵守し、「顧客情報管理規
         程」「情報システム管理規程」等の関連規程の適切な整備・運用と従業員への教育により、個人情報の管理には
         万全を期しております。
          しかしながら、結果として、重要な個人情報が社外に流出すること等により、個人情報の保護が損なわれた場
         合に、当社グループの社会的信用が失墜し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (10)システムトラブルについて

          当社グループは、情報システムの安全性には最善を尽くしておりますが、例えば、災害や事故により、情報シ
         ステムが支障をきたした場合、顧客へのサービス提供等に支障をきたす可能性があります。更に、システムの欠
         陥、コンピュータウィルスの侵入、外部からの不正手段によるコンピュータ内へのアクセス等により、顧客への
         サービス提供等に支障をきたす可能性があります。
          これらの事態が発生した場合には、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)知的財産権に係わるリスクについて

          当社グループは、会社名及び運営するサイトの名称「TKP」、「TKP貸会議室ネット」等について商標登
         録を行っており、今後サイト上などで新たなサービスの展開を行っていくに際しても関連する名称の商標登録を
         行っていく所存です。
          一方、他社の著作権や肖像権を侵害しないようサイト上に掲載する画像等については十分な監視・管理を行っ
         ており、現在、当社グループは第三者の知的財産権を侵害していないものと認識しております。
          しかしながら、今後も当社グループに対して知的財産権の侵害を理由とする訴訟やクレームが提起されないと
         いう保証はなく、そのような事態が発生した場合には、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
       (12)為替変動によるリスクについて

          当社グループは、事業の海外展開をしており事業活動が為替変動の影響を受けます。また、為替変動は外貨建
         取引から発生する収益・費用及び資産・負債の円換算額を変動させ、経営成績及び財政状態に影響を及ぼしま
         す。
          また、当社グループの連結財務諸表作成にあっては、海外連結子会社の財務諸表を円換算しており、為替レー
         トが変動した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (13)海外での事業展開に伴うリスクについて

          当社グループは、海外活動の拠点を米国・中国・シンガポールの3カ国に置いております。
          当社グループは、海外市場の動向に細心の注意を払い、適切な対応を図るよう努めております。しかしなが
         ら、政情不安、通関業法・税制等の法制度の変更、金融・輸出入に関する諸規制の変更、ストライキ、テロ、暴
         動、人材確保の難航及び社会環境における予測し得ない事態等の発生によって事業計画に遅延が起きた場合、ま
         た、適切な対応ができず当社グループの信用及び企業イメージの失墜等により顧客数が減少した場合、当社グ
         ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (14)固定資産の減損リスクについて

          当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」を適
         用しております。当社グループでは、宿泊サービスにおいて自社所有するホテル等の宿泊施設が増加したことに
         より、有形固定資産が増加傾向にあります。今後資産の利用状況及び資産から得られるキャッシュ・フローの状
         況等が悪化し、減損処理が必要となった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
         ります。
                                  40/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2.その他
        (1)特定人物への依存について
          当社の代表取締役社長である河野貴輝は、当社グループ設立以来代表取締役社長であり、当社グループの経営
         戦略の構築やその実行に際して、重要な経営方針を決定し、事業推進において重要な役割を果たしてまいりまし
         た。当社グループの事業が順調に成長を遂げる中で、特定の人物に依存しない体制を構築すべく、人材の強化を
         図るとともに、権限委譲を積極的に推し進めておりますが、何らかの理由により当社グループにおける業務遂行
         が困難になった場合、当社グループの事業推進及び経営成績その他に影響を及ぼす可能性があります。
        (2)人材獲得と人材育成に関するリスクについて

          当社グループの事業には、お客様を始めとする様々なステークホルダーと良好な関係を構築することができる
         人材が不可欠であり、事業の継続的発展のために新卒採用や経験者の通年採用を積極的に展開し、また、目標管
         理制度に基づいた公平な評価・処遇制度の充実、自律型人材やグローバル人材を育成するための各種教育制度の
         拡充、貸会議室運営のノウハウの伝承等、社員のモチベーションを向上する仕組みを構築し社員の定着と育成に
         努力しております。しかしながら、必要な人材を継続的に獲得するための競争は厳しく、日本国内においては、
         少子高齢化や労働人口の減少等、また、中国等の海外拠点においても、雇用環境の変化が急速に進んでおり、人
         材獲得や育成が計画とおりに進まなかった場合、長期的視点から、事業展開、業績及び成長見通しに大きな影響
         を及ぼす可能性があります。
        (3)資金調達の影響について

          当社グループは、一部の不動産オーナーに対して差し入れている敷金及び保証金並びに建物造作等の初期投資
         に関しては、主にシンジケートローンを中心とした金融機関からの借入により調達しているため、金融機関から
         の借換が出来ない場合には、当社グループの資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
        (4)有利子負債への依存について

          当社グループは、空間再生流通事業の運営資金を主に金融機関からの借入金及び社債の発行によって調達して
         おり、第11期連結会計年度末の総資産に占める有利子負債の割合は約62%となっております。当社グループは特
         定の金融機関に依存することなく借入金の調達を行っておりますが、金融情勢や経済情勢等により金利水準や金
         融環境等に変動があった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        (5)財務制限条項等について

          当社グループの有利子負債には財務制限条項等が付加されているものがあり、当社グループは事業を営む上で
         これらを遵守する必要があります。財務制限条項等の詳細は、純資産の維持、経常利益の維持、有利子負債償却
         前営業利益倍率の維持であります。万が一当社グループがこれに抵触し、当該有利子負債の一括返済を求められ
         た場合、資金繰りが悪化する可能性があります。
        (6)配当政策について

          当社グループの事業は、現時点では先行投資の段階にあり、事業展開のスピードを高め、規模の拡大に伴って
         必要な資金を確保する観点から、当面は利益配当を実施せず、内部留保に努め、事業拡大に必要な資金の確保を
         優先する方針であります。この方針のもと、当社は創業以来利益配当を実施しておりません。しかしながら、株
         主への利益還元についても重要な経営課題と認識しており、将来、経営成績及び財政状態を勘案しながら、利益
         配当も検討する所存であります。
        (7)新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

          当社グループでは、役員、従業員に対するインセンティブを目的としたストック・オプション制度を採用して
         おります。また、今後においてもストック・オプション制度を活用していくことを検討しており、現在付与して
         いる新株予約権等に加え、今後付与される新株予約権等について行使が行われた場合には、保有株式の価値が希
         薄化する可能性があります。
          なお、本書提出日現在、新株予約権による潜在株式数は128,500株であり、発行済株式総数の2.72%に相当し
         ております。
                                  41/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)重要な会計方針及び見積り
          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ております。これら連結財務諸表の作成にあたって、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間におけ
         る収益・費用の報告数値に影響を与える見積り及び仮定設定を行わねばなりません。経営者は、債権、たな卸資
         産、投資、繰延税金資産等に関する見積り及び判断について、継続して評価を行っており、過去の実績や状況に
         応じて合理的と思われる様々な要因に基づき、見積り及び判断を行っております。また、その結果は資産・負債
         の簿価及び収益・費用の報告数字についての判断の基礎となります。実際の結果は、見積り特有の不確実性のた
         め、これら見積りと異なる場合があります。
        (2)財政状態の分析

         第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
         (流動資産)
          当連結会計年度末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ2,902百万円増加し8,048百万円となりまし
         た。主な増加要因は、現金及び預金の増加が新規の借入や社債の発行により2,775百万円あったことによるもの
         です。
         (固定資産)

          当連結会計年度末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ2,357百万円増加し8,563百万円となりまし
         た。主な増加要因は、建物の増加が269百万円、土地の増加が1,128百万円及び敷金及び保証金の増加が761百万
         円あったことによるものです。建物の増加の主な内訳は、「伊豆長岡温泉 全室温泉風呂付 はなれの宿 石の
         や」の改修工事費81百万円、「アパホテル<TKP札幌駅前>」の改装工事費56百万円、「TKP東京駅八重洲
         カンファレンスセンター」の内装工事費36百万円等であります。また、土地の増加は、宮城県仙台市宮城野区の
         ホテル用地取得によるものであります。
         (流動負債)

          当連結会計年度末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ1,533百万円増加し4,919百万円となりまし
         た。主な増加要因は、未払法人税等の増加が859百万円及び1年内返済予定の長期借入金の増加が261百万円あっ
         たことによるものです。
         (固定負債)

          当連結会計年度末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ2,825百万円増加し8,592百万円となりまし
         た。主な増加要因は、社債の増加が1,612百万円及び長期借入金の増加が1,167百万円あったことによるもので
         す。
         (純資産)

          当連結会計年度末における純資産は、前連結会計年度末に比べ901百万円増加し3,100百万円となりました。主
         な増加要因は、当期純利益の計上が935百万円あったことによるものです。
                                  42/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         第12期第3四半期連結累計期間(自 平成28年3月1日 至 平成28年11月30日)
         (流動資産)
          当第3四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ539百万円減少し、7,508百万円と
         なりました。主な減少要因は、現金及び預金の減少が981百万円あったことによるものです。
         (固定資産)

          当第3四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ4,025百万円増加し、12,588百万
         円となりました。主な増加要因は、建物の増加が2,230百万円、土地の増加が1,307百万円、敷金及び保証金の増
         加が231百万円あったことによるものです。
         (流動負債)

          当第3四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ455百万円増加し、5,375百万円と
         なりました。主な増加要因は、1年内返済予定の長期借入金の増加が470百万円あったことによるものです。
         (固定負債)

          当第3四半期連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ1,702百万円増加し、10,295百万
         円となりました。主な増加要因は、社債の増加が356百万円、長期借入金の増加が1,343百万円あったことによる
         ものです。
         (純資産)

          当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ1,326百万円増加の4,427百万円とな
         りました。主な増加要因は、利益剰余金の増加が1,344百万円あったことによるものです。
        (3)経営成績の分析

         第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
         (売上高)
          当連結会計年度において、新規出店により拠点が増加したことや、当社会議室に対する需要が増加した等か
         ら、当連結会計年度の売上高は17,941百万円(前年同期比26.7%増)となりました。
         (営業利益)

          売上原価は、11,376百万円(前年同期比19.4%増)となりました。主な要因は、貸会議室数の増加に伴う地代
         家賃(固定賃料)及び支払運営報酬(変動賃料)等の増加によるものであります。
          販売費及び一般管理費は、4,561百万円(前年同期比21.5%増)となりました。主な要因は、人件費の増加に
         よるものであります。
          この結果、当連結会計年度の営業利益は2,004百万円(前年同期比128.3%増)となりました。
         (経常利益)

          営業外収益は、42百万円(前年同期比67.0%増)となりました。主な要因はその他の増加によるものでありま
         す。営業外費用は、199百万円(前年同期比2.9%増)となりました。主な要因は、支払手数料の減少、社債発行
         費の増加によるものであります。
          この結果、当連結会計年度の経常利益は1,848百万円(前年同期比160.3%増)となりました。
         (当期純利益)

          特別損失は、98百万円(前年同期比66.5%減)となりました。主な要因は、減損損失の減少によるものであり
         ます。
          当連結会計年度における税効果会計適用後の法人税等の負担率は46.1%となっております。
          この結果、当連結会計年度の当期純利益は935百万円(前年同期比175.8%増)となりました。
                                  43/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         第12期第3四半期連結累計期間(自 平成28年3月1日 至 平成28年11月30日)
         (売上高)
          当第3四半期連結累計期間においては、国内貸会議室等の積極的な開設、経団連の申し合わせによる新卒採用
         2か月前倒し、企業業績の改善による高品質な会場の利用増加等により、当第3四半期連結累計期間の売上高は
         16,510百万円となりました。
         (営業利益)

          売上原価は、10,088百万円となりました。主な内訳としては、貸会議室等の地代家賃(固定賃料)、支払運営
         報酬(変動賃料)及び水道光熱費等であります。
          販売費及び一般管理費は、3,821百万円となりました。主な内訳としては、人件費であります。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の営業利益は2,599百万円となりました。
         (経常利益)

          営業外収益は、36百万円となりました。主な内訳は助成金収入8百万円であります。
          営業外費用は、134百万円となりました。主な内訳は社債及び長期借入金の支払利息83百万円であります。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の経常利益は2,501百万円となりました。
         (親会社株主に帰属する四半期純利益)

          特別利益は発生しておりません。特別損失は減損損失136百万円を計上しております。また、当第3四半期連
         結累計期間における税効果会計適用後の法人税等の負担率は43.2%となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の親会社株主に帰属する四半期純利益は1,344百万円となりました。
        (4)キャッシュ・フローの状況の分析

         第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ2,775百
         万円増加し、5,799百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動により得られた資金は、2,618百万円(前年同期比1,176.5%増)となりました。主な要因は、税金
          等調整前当期純利益が1,749百万円、減価償却費が407百万円あったことによるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動により使用した資金は、2,729百万円(同5.0%減)となりました。主な要因は、有形固定資産の取
          得による支出が1,943百万円及び敷金及び保証金の差入による支出が894百万円あったことによるものでありま
          す。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動により得られた資金は、2,886百万円(同59.4%増)となりました。主な要因は、社債の償還によ
          る支出が797百万円及び長期借入金の返済による支出が1,379百万円あったものの、社債の発行による収入が
          2,394百万円及び長期借入れによる収入が2,809百万円あったことによるものであります。
        (5)経営成績に重要な影響を与える要因について

          当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因といたしましては、外部要因として、①貸会議室市場の環
         境、②同業者参入による競争の激化、③物件の流通動向、④企業の採用活動動向、⑤法的規制、⑥海外動向・為
         替等の影響等が挙げられます。また、内部要因としては、①人材獲得・人材育成状況、②資金調達状況、③シス
         テム稼働状況等が挙げられます。
          当社グループは、これらの要因を分散及び抑制し、適切に対応していくことで、売上高の拡大に注力する一
         方、コストの削減を図り、利益体質の向上を図ってまいります。その経営成果の指標としては、売上高成長率及
         び連結営業利益率を重要な指標としております。
          また、貸会議室サービスにおいては、形態別の部屋数や顧客単価、稼働率等を重視し、経営成績に重要な影響
         を与える要因の分析に努めております。
                                  44/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (6)経営者の問題認識と今後の方針について
          当社グループは、不稼働資産の有効活用から収益を生み出すビジネスモデルとして貸会議室サービスを中心と
         した空間再生流通事業を創出いたしました。貸会議室サービスにおいては、顧客の予算・利用規模・利用目的等
         に対応すべく形態別に5グレードの会議室を、アクセス至便な立地に全国展開しております。この貸会議室サー
         ビスから派生するニーズに対応すべく、オプションサービス、料飲サービス・宿泊サービスの「内製化」をさら
         に進めることで、顧客にとってより付加価値の高い総合サービスの実現と原価低減の両立を目指します。また、
         国内外の会議室・ホテル宴会場運営を通じて蓄積したノウハウを活かしビル管理サービスに進出する等の「多角
         化」により、企業のアウトソーシングニーズの取り込みを図ってまいります。さらに「国際化」を推し進め、当
         社グループの創出したビジネスモデルの横展開を進めます。
          また、そのための課題として、テレマーケティングサービスの企業向け総合アウトソーシング力の強化、シス
         テム向上とサービスブランドの確立、人材の確保及び育成に対処してまいります。
                                  45/140

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
       第11期連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
         当連結会計年度における設備投資額は、1,943百万円であり、その内訳は、主として貸会議室サービスにおける
        建物附属設備及び土地の増加であります。
         なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
       第12期第3四半期連結累計期間(自 平成28年3月1日 至 平成28年11月30日)

         当第3四半期連結累計期間における設備投資額は、3,849百万円であり、その内訳は、主として貸会議室サービ
        スにおける建物附属設備の増加及び宿泊サービスにおいて開設を予定しているホテル建設用土地の取得でありま
        す。
         なお、当第3四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。なお、当社グループは、空間再生流通事業の単一
       セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
       (1)提出会社
                                                    平成28年2月29日現在
                                    帳簿価額(百万円)
          事業所名                                              従業員数
                   設備の内容
          (所在地)                                               (人)
                              工具、器具       土地
                          建物               建設仮勘定      その他      総計
                              及び備品
                                   (面積㎡)
     本社及びTKP市ヶ谷カンファレ
                                                           168
                   本社及び貸
     ンスセンター
                            69     21     -     -      0     90
                                                          ( 45)
                   会議室
     (東京都新宿区)
     TKPガーデンシティ品川                                 29                    131
                   貸会議室        456      25           -      0    511
     (東京都港区)他80店
                                     (8.74)                     (136)
                                                           -

     アパホテル<TKP日暮里駅前>                                1,291
                   宿泊施設         -     -          198      -    1,489
     (東京都荒川区)                               (588.43)
                                                          ( -)
                   貸会議室
                                                           40
     TKPガーデンシティ札幌駅前
                   宿泊施設        383      9     -     -      0    392
     (北海道札幌市中央区)他7店                                                     ( 40)
                   レストラン
                                                           26
     TKPガーデンシティ仙台
                   貸会議室         31      1     -     -     -     33
                                                          ( 18)
     (宮城県仙台市青葉区)         他4店
     TKP仙台カンファレンスセン
                                                            3
                                      118
     ター              貸会議室        219      0          -     -     338
                                                          (  1)
                                    (577.16)
     (宮城県仙台市青葉区        )
                                                           57
     TKPガーデンシティ大阪梅田              貸会議室
                           170      2     -     -      0    173
                                                          ( 46)
     (大阪府大阪市福島区        )他14店      レストラン
                                                           15

     伊豆長岡石のや              貸会議室
                           135      3     -     -      0    138
     (静岡県伊豆の国市       )他4店      宿泊施設                                       ( 23)
                                                           47

     TKPガーデンシティ博多
                   貸会議室         84      ▶     -     -      0     89
                                                          ( 15)
     (福岡県福岡市博多区        )他13店
                                                            9

     TKPガーデンシティ広島
                   貸会議室         47      1     -     -     -     48
     (広島県広島市中区       )他2店                                              (  7)
                                                            6

     TKPガーデンシティ京都
                   貸会議室         42     -     -     -     -     42
                                                          (  1)
     (京都府京都市下京区        )他4店
                                                           13

     TKPガーデンシティ横浜              貸会議室
                            35      2     -     -     -     37
     (神奈川県横浜市神奈川区         )他9店    レストラン                                       ( 26)
                                                           32

     TKPガーデンシティ名古屋              貸会議室
                            29      0     -     -     -     29
                                                          ( 31)
     (愛知県名古屋市中区        )他6店      レストラン
                                                           60

     その他              貸会議室
                            35      1     -     -     -     36
     24店              レストラン                                       ( 75)
                                  46/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記の他、主要な賃借している設備として以下のものがあります。
                 事業所名                               年間賃借料又はリース料
                                   設備の内容
                (所在地)                                  (百万円)
         本社及びTKP市ヶ谷カンファレンスセンター
                             本社、貸会議室、宿泊施設、レストラン
                                                         4,501
         (東京都新宿区)他178店
         3.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         4.帳簿価額のうち「その他」は車両運搬具であります。
         5.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (2)国内子会社

                                                    平成28年2月29日現在
                                     帳簿価額(百万円)
               事業所名                                          従業員数
       会社名              設備の内容
                                工具、器具
                                      土地
               (所在地)                                          (人)
                            建物             建設仮勘定      その他     総計
                                     (面積㎡)
                                及び備品
                                                           40
             大田区事業所        事務所、工
     ㈱常盤軒フーズ                         2     19     -     -     74     96
                                                          ( 70)
             (東京都大田区)        場
                                                           -
     ㈱TKPSPV-        仙台宿泊施設                         1,138
                     宿泊施設         -     -          -     -    1,138
     1号        (仙台市宮城野区)                        (1,290.98)                      ( -)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.上記建物はすべて賃借中のものであります。
         3.従業員数の( )は、臨時雇用者数を外書しております。
         4.帳簿価額のうち「その他」はリース資産、並びに車両運搬具であります。
         5.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                  47/140












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【設備の新設、除却等の計画】                  (平成29年1月31日現在)
        当社グループにおける設備の新設、除却等の計画は以下のとおりであります。なお、当社グループは、空間再生
       流通事業の単一セグメントであるため、セグメントの名称は記載しておりません。
       (1)重要な設備の新設等
                                投資予定金額               着手及び完了予定年月
                                                         完成後
           会社名
                     所在地    設備の内容               資金調達方法                 の増加
                               総額    既支払額
          事業所名
                                                着手     完了
                                                         能力
                              (百万円)     (百万円)
     当社
                                 540       自己株式処分資       平成29年     平成29年
     ガーデンシティPREMIUMグ              未定      貸会議室             -                   66室
                                (注)2        金        5月     9月
     レード貸会議室6拠点
     当社
                                 150       自己株式処分資       平成29年     平成29年
     カンファレンスセンターグレード              未定      貸会議室             -                   60室
                                (注)3        金        8月     9月
     貸会議室5拠点
     当社
                                 110       自己株式処分資       平成29年     平成29年
     ビジネスセンターグレード貸会議              未定      貸会議室                               56室
                                      -
                                (注)4        金        3月     9月
     室8拠点
                    愛知県
     当社                    簡易宿泊               自己資金及び借       平成29年     平成29年
                    名古屋市             998     360                   216室
     名古屋簡易宿泊施設                    施設               入金        1月     8月
                    中村区
                    神奈川県
     当社                    宿泊研修               自己資金及び借       平成29年     平成29年
                    足柄下郡             280     -                   107室
     湯河原宿泊研修施設                    施設               入金        3月     3月
                    湯河原町
     当社              東京都                    自己資金及び自       平成29年     平成29年

                         宿泊施設       600     10                   123室
     西葛西宿泊施設              江戸川区                    己株式処分資金        4月     12月
                    大阪府                    自己資金及び借

     当社                                          平成29年     平成30年
                    大阪市      宿泊施設       912     162  入金並びに自己                 150室
     梅田宿泊施設                                           8月     8月
                    福島区                    株式処分資金
     当社
                    東京都                    自己株式処分資       平成30年     平成31年
     ベイサイドホテル                    宿泊施設                               187室
                                 600     -
                    港区                    金        3月     2月
     アジュール竹芝
                    宮城県
     ㈱TKPSPV-1号                                  自己資金及び借       平成29年     平成31年
                    仙台市      宿泊施設       4,505     1,293                    305室
     仙台宿泊施設                                  入金        9月     3月
                    宮城野区
                    神奈川県
     ㈱TKPSPV-2号                                  自己資金及び借       平成29年     平成30年
                    川崎市      宿泊施設       1,200      0                  143室
     川崎宿泊施設                                  入金        3月     4月
                    川崎区
     ㈱TKPSPV-3号              東京都                    自己資金及び借       平成29年     平成30年

                         宿泊施設       1,650     1,136                    87室
     外神田宿泊施設              千代田区                    入金        10月     12月
     ㈱TKPSPV-4号              大阪府                    自己資金及び借       平成29年     平成31年

                         宿泊施設                               270室
                                4,196     2,588
     曽根崎宿泊施設              大阪市北区                    入金        11月     2月
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

         2.敷金360百万円を含みます。
         3.敷金100百万円を含みます。
         4.敷金80百万円を含みます。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  48/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        12,000,000

                  計                             12,000,000

      (注)      平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で株式分割に伴う定款の変更を行い、発行
          可能株式総数は11,880,000株増加し、12,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は登録
          種類          発行数(株)                               内容
                              認可金融商品取引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権利内
                                              容に何ら限定のない当社におけ
     普通株式                  4,730,000            非上場          る標準となる株式であります。
                                              なお、単元株式数は100株であ
                                              ります。
          計             4,730,000             -               -
      (注)1.平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割 
          を行っております。これにより発行済株式数は4,682,700株増加し、4,730,000株となっております。
         2.      平成28年12月19日開催の取締役会決議により、                      平成29年1月14日付で1単元を100株とする単元株制度を採用
          しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

           会社法に基づき発行した新株予約権は次のとおりであります。
            第4回新株予約権(平成28年12月13日開催取締役会決議)
                                    最近事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                   (平成28年2月29日)             (平成29年1月31日)
      新株予約権の数(個)                                  -           1,285(注)1

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                  -             -

      新株予約権の目的となる株式の種類                                  -            普通株式

      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                  -         128,500(注)1、4

                                                 株式公開時の公開価格
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                  -
                                                    (注)2
                                                 平成30年12月14日から
      新株予約権の行使期間                                  -
                                                 平成38年12月13日まで
                                                 発行価格
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                                            株式公開時の公開価格
                                        -
      価格及び資本組入額(円)                                           資本組入額
                                                  発行価格の2分の1
      新株予約権の行使の条件                                  -            (注)3

                                                譲渡による新株予約権の取
                                                得については、当社取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項                                  -
                                                会の決議による承認を要す
                                                るものとする。
      代用払込みに関する事項                                  -             -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                  -             -

      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
           ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
           整し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てます。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
                                  49/140


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.当社が新株予約権の割当日後、株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額
           を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げます。
                                1
            調整後払込金額=調整前払込金額×
                             分割・併合の比率
           また、時価を下回る価額で新株を発行する場合または自己株式を処分する場合(新株予約権の行使によるも
           のを除く。)は、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げま
           す。
                                                1株当たりの払込金額又
                                    新規発行又は処分株式数×
                                                は処分金額
                             既発行株式数+
                                           新規発行前の株価
            調整後払込金額=調整前払込金額×
                                 既発行株式数+新規発行株式数又は処分株式数
         3.権利行使の条件は以下のとおりであります。
          (1)新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役もしくは従業
            員のいずれかの地位にあることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職その他正当な理由があ
            ると取締役会が認めた場合にはこの限りではない。
          (2)新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の行使は認めない。
          (3)新株予約権者は、割当個数の一部又は全部を行使することができる。但し、新株予約権1個未満の行使は
            できないものとする。
          (4)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
            るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          (5)新株予約権者は、以下の期間ごとに、以下に掲げる割合を上限としてその権利を行使することができる。
            ただし、各期間において行使可能な新株予約権の数は、整数未満を切り上げた数とする。
            ① 株式公開日と権利行使可能時のいずれか遅い日(以下「権利行使開始日」という。)から2年後の応
              当日の前日までは、割当数の4分の1を行使することができる。
            ② 権利行使開始日から2年後の応当日から権利行使開始日の4年後の応当日の前日までは、割当数の4
              分の2から①で行使した数を控除した数を上限として行使することができる。
            ③ 権利行使開始日から4年後の応当日から権利行使開始日の6年後の応当日の前日までは、割当数の4
              分の3から①及び②で行使した数を控除した数を上限として行使することができる。
            ④ 権利行使開始日から6年後の応当日から平成38年12月13日までは、割当数から①乃至③で行使した数
              を控除した数を上限として行使することができる。
         4.平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割
           を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の数」が調整されております。
                                  50/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金増
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日                                      減額
                 増減数(株)        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                                               (百万円)
      平成29年1月14日
                   4,682,700       4,730,000           -       287        -       242
         (注)
      (注) 平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を
          行っております。
       (5)【所有者別状況】

                                                    平成29年1月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      1     -      ▶     -     -      14      19    -
     所有株式数
                -     100      -    24,439       -     -    22,761      47,300      -
     (単元)
     所有株式数の割
                -     0.21      -    51.67       -     -    48.12     100.00     -
     合(%)
      (注) 自己株式458,400株は、「個人その他」に4,584単元を含めて記載しております。
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成29年1月31日現在
               区分              株式数(株)          議決権の数(個)              内容

      無議決権株式                          -           -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -           -           -

      議決権制限株式(その他)                          -           -           -

                           (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                     -           -
                           普通株式  458,400
                                                 権利内容に何ら限定のない当
                                                 社における標準となる株式で
                                                 あります。
      完全議決権株式(その他)                     普通株式 4,271,600               42,716
                                                 なお、単元株式数は100株で
                                                 あります。
      単元未満株式                          -           -           -
      発行済株式総数                         4,730,000            -           -

      総株主の議決権                          -          42,716              -

        ②【自己株式等】

                                                  平成29年1月31日現在
                                                   発行済株式総数に対

      所有者の氏名又は                    自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                  する所有株式数の割
      名称                    式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                   合(%)
     株式会社ティーケー          東京都新宿区市谷八
                             458,400        -         458,400           9.69
     ピー          幡町8番地
         計          -         458,400        -         458,400           9.69
                                  51/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)【ストックオプション制度の内容】
           当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する
          方法によるものであります。
           当該制度の内容は、以下のとおりであります。
            平成28年12月13日開催取締役会決議
      決議年月日                            平成28年12月13日
                                  当社取締役2名、当社執行役員5名、当社従業員34名
      付与対象者の区分及び人数
                                  子会社取締役2名、子会社従業員2名
      新株予約権の目的となる株式の種類                            「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
      株式の数(株)                                        同上

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                        同上

      新株予約権の行使期間                                        同上

      新株予約権の行使の条件                                        同上

      新株予約権の譲渡に関する事項                                        同上

      代用払込みに関する事項                                        -

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                        -

      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 普通株式
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              最近事業年度                    最近期間
             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                    (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                             -         -         -         -
     株式
     消却の処分を行った取得自己株式                        -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                             -         -         -         -
     移転を行った取得自己株式
     その他(-)                        -         -         -         -
     保有自己株式数                       4,584           -       458,400            -

     (注)平成28年12月19日開催の取締役会決議により、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っ
        ております。そのため、最近期間における保有自己株式数については、当該株式分割による調整後の株式数を記載
        しております。
                                  52/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      3【配当政策】
        当社グループの事業は、現時点では先行投資の段階にあり、事業展開のスピードを高め、規模の拡大に伴って必要
       な資金を確保する観点から、当面は利益配当を実施せず、内部留保に努め、事業拡大に必要な資金の確保を優先する
       方針であります。この方針のもと、当社は創業以来利益配当を実施しておりません。しかしながら、株主への利益還
       元についても重要な経営課題と認識しており、将来、経営成績及び財政状態を勘案しながら、利益配当も検討する所
       存であります。
        内部留保資金につきましては、経営基盤の長期安定に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大発展を実現さ
       せるための資金として、有効に活用していく所存であります。
        また、剰余金の配当を行う場合は、中間配当と期末配当の年2回行うこととしております。なお、当社は中間配当
       を行うことができる旨を定款に定めております。
        これら剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
      4【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、該当事項はありません。
                                  53/140
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      5【役員の状況】
        男性 8名 女性 -名 (役員のうち女性の比率 -%)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 平成8年4月 伊藤忠商事株式会社入社
                                 平成11年8月 日本オンライン証券株式会社
                                       (現カブドットコム証券株式会
                                       社)出向
                                 平成12年3月 日本電子決済企画株式会社(現
                                       楽天銀行株式会社)入社 社長
                                       室長
                                 平成16年3月 株式会社サイバーファーム入社
                                       執行役員新規事業開発室長
                                 平成16年4月 株式会社サイオン 代表取締役
                                 平成17年8月 当社設立 代表取締役社長(現
                                       任)
     代表取締役社長       CEO       河野 貴輝      昭和47年10月13日生                            (注)3    3,420,700
                                 平成21年5月 株式会社リバーフィールド設
                                       立 代表取締役(現任)
                                 平成22年9月 株式会社TKPテレマーケティ
                                       ング 代表取締役
                                 平成22年11月 TKP        NewYork,Inc.Vice
                                       President
                                 平成23年8月 当社取締役CEO(現任)
                                 平成25年12月 株式会社ルネッタ設立 代表取
                                       締役社長
                                 平成26年10月 株式会社常盤軒フーズ代表取締
                                       役会長(現任)
                                 平成11年10月 監査法人トーマツ(現有限責任
                                       監査法人トーマツ)入所
                                 平成18年12月 当社 取締役管理部長
                                 平成20年7月 株式会社コンビニステーショ
                                       ン 取締役(現任)
                                 平成21年12月 株式会社TKPプロパティー
                                       ズ 取締役(現任)
                                 平成22年9月 株式会社TKPテレマーケティ
                                       ング 取締役(現任)
                                 平成22年11月 TKP        New  York,Inc.    Secretary
                                       and  Treasurer(現任)
                                 平成24年10月 当社取締役経営企画室長
                                 平成25年1月 株式会社常盤軒フーズ 取締役
                                 平成25年9月 当社取締役COO経営企画室長
                                 平成26年1月 TKP        International      Limited
     取締役       COO       中村 幸司      昭和47年4月9日生                            (注)3     8,300
                                       Director(現任)
                                 平成26年8月 当社取締役COO(現任)
                                 平成27年8月 株式会社TKPSPV-1号取
                                       締役(現任)
                                 平成28年4月 株式会社TKPSPV-2号取
                                       締役(現任)
                                       株式会社TKPSPV-3号取
                                       締役(現任)
                                 平成28年7月 株式会社TKPメディカリンク
                                       (現任)
                                 平成28年12月 株式会社TKPSPV-4号取
                                       締役(現任)
                                 平成28年12月 株式会社TKPSPV-5号取
                                       締役(現任)
                                 平成28年12月 株式会社TKPSPV-6号取
                                       締役(現任)
                                  54/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和42年4月 株式会社日本相互銀行(現株式
                                       会社三井住友銀行)入行
                                 平成8年6月 株式会社さくら銀行(現株式会
                                       社三井住友銀行) 取締役融資
                                       部長
                                 平成11年6月 さくら債権回収サービス株式会
     取締役
              -     府川 太郎      昭和19年1月1日生              社(現SMBC債権回収株式会             (注)3     1,000
     (注)1
                                       社) 代表取締役社長
                                 平成18年4月 株式会社陽栄 代表取締役会長
                                 平成18年6月 株式会社フレックス 非常勤監
                                       査役
                                 平成18年11月 当社監査役
                                 平成19年10月 当社取締役(現任)
                                 昭和30年3月 早川電機工業株式会社(現
                                       シャープ株式会社)入社
                                 昭和61年6月 シャープ株式会社取締役社長
                                 平成10年6月 同社相談役
                                 平成15年6月 野村ホールディングス株式会社
                                       社外取締役
     取締役
              -     辻 晴雄     昭和7年12月6日生                            (注)3       -
     (注)1                                  野村證券株式会社社外取締役
                                 平成20年6月 小林製薬株式会社社外取締役
                                       (現任)
                                 平成22年6月 セーレン株式会社社外取締役
                                 平成25年1月 シャープ株式会社特別顧問
                                 平成27年5月 当社取締役(現任)
                                 昭和46年4月 伊藤忠商事株式会社入社
                                 平成12年6月 同社 執行役員
                                 平成14年4月 同社 常務執行役員
                                 平成14年6月 同社 代表取締役常務取締役
     取締役                            平成16年4月 同社 代表取締役専務取締役
              -     渡邉 康平      昭和24年3月26日生                            (注)3       -
     (注)1                            平成18年4月 同社 代表取締役副社長
                                 平成22年4月 同社 取締役副会長
                                 平成23年4月 同社 相談役
                                 平成26年4月 同社 理事社長補佐
                                 平成27年5月 当社取締役(現任)
                                 昭和44年4月 株式会社日本不動産銀行(現株
                                       式会社あおぞら銀行)入行
                                 平成10年5月 アイフル株式会社 取締役
     監査役
                                 平成15年4月 東急リバブル株式会社入社 ア
     (常勤)         -    曽我部 義矩      昭和21年3月26日生                            (注)4     3,000
                                       セット事業部開発部長
     (注)2
                                 平成16年2月 株式会社ケン・コーポレーショ
                                       ン 監査役
                                 平成18年5月 当社監査役(現任)
                                 平成10年4月 弁護士登録
     監査役
              -     重 隆憲     昭和45年6月8日生              元田法律事務所(現任)             (注)4     2,000
     (注)2
                                 平成18年8月 当社監査役(現任)
                                  55/140







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
       役名      職名      氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (株)
                                 昭和44年4月 株式会社日本興業銀行(現株式
                                       会社みずほフィナンシャルグ
                                       ループ)入行
                                 平成9年6月 同社 取締役総合企画部長
                                 平成11年6月 同社 執行役員営業第五部長
                                 平成12年4月 興銀信託銀行株式会社(現みず
                                       ほ信託銀行株式会社)常務取締
                                       役
     監査役
              -     関原 健夫      昭和20年9月23日生        平成13年6月 みずほ信託銀行株式会社代表取                   (注)4       -
     (注)2
                                       締役副社長
                                 平成16年6月 日本インベスター・ソリュー
                                       ション・アンド・テクノロジー
                                       株式会社代表取締役社長
                                 平成19年10月 当社監査役(現任)
                                 平成20年6月 協同油脂株式会社監査役
                                       日本プラスト株式会社監査役
                                 平成22年6月 楽天銀行株式会社取締役
                              計                          3,435,000
      (注)1.取締役府川太郎、辻晴雄及び渡邉康平は、社外取締役であります。
         2.監査役曽我部義矩、重隆憲及び関原健夫は、社外監査役であります。
         3.平成29年1月13日開催の臨時株主総会終結の時から平成29年2月期に係る定時株主総会終結の時までであり
           ます。
         4.平成29年1月13日開催の臨時株主総会終結の時から平成32年2月期に係る定時株主総会終結の時までであり
           ます。
         5.代表取締役社長河野貴輝の所有株式数には、同氏の資産管理会社である株式会社リバーフィールドが保有す
           る株式数も含んでおります。
         6.執行役員の状況
           当社では、業務執行体制を強化し、より機動的かつ効率的な業務運営を行うために、執行役員制度を導入し
           ております。なお、本書提出日現在の執行役員は以下の7名であります。
                  氏名                            担当
        河野 貴輝                            最高経営責任者

        中村 幸司                            最高執行責任者

        横岩 利恵                            海外担当

        岡田 卓哉                            営業担当
        髙木 寛                            管理担当

        金光 達成                            不動産開発担当

        清田 寛道                            営業推進担当

                                  56/140







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        (1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、株主、顧客、従業員をはじめとする利害関係者に対して、経営責任と説明責任の明確化を図り、企業
         価値の最大化によるメリットを提供するため、経営と業務執行における透明性の確保並びに法令遵守の徹底を進
         め、同時に、効率的な経営の推進を行うこととしております。こうした取組みを進めていく中で、コーポレー
         ト・ガバナンスの一層の充実に努めてまいりたいと考えております。
        (2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

         ① 会社の企業統治に関する事項
           会社の機関及び内部統制等の概要は、以下のとおりであります。
          (a)会社の機関設計の内容








            当社の基本的な機関設計は、以下のとおりであります。
            取締役会:当社取締役会は、環境変化に迅速に対応できる意思決定機関として、取締役5名(内社外取締
                 役3名)により構成し、業務執行監督体制の整備、意思決定の公正化を図っております。取締
                 役会は、原則として毎月1回定時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催し
                 ており、経営及び業務執行に関する重要事項の決定等を行っております。加えて、より機動的
                 かつ効率的な業務運営を行うために執行役員制度を採用しており、7名の執行役員(内取締役
                 兼務者2名)が業務執行にあたっております。また、取締役会には、監査役3名も出席し、取
                 締役の職務執行を監査しております。
            経営会議:代表取締役社長、代表取締役社長の指名した常勤取締役及び執行役員をもって構成する経営会

                 議は、毎月開催され、重要な経営事項についての協議を通じ、社長決裁のサポート等の役割を
                 持たせるほか、全社的に情報を共有すべきテーマ性のある事項について活発な討議、意見交換
                 を行っております。なお、本会議には常勤監査役がオブザーバーとして出席しております。
            監査役会:当社の監査役会は常勤監査役1名と非常勤監査役2名(3名とも社外監査役)で組成し、毎月

                 1回開催され、取締役の法令・定款遵守状況を把握し、業務監査及び会計監査が有効に実施さ
                 れるよう努めております。なお、定款上において、当社の監査役は5名以内とし、その選任決
                 議は、株主総会において、議決権を行使することが出来る株主の議決権の3分の1以上を有す
                 る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行うこととしております。
                                  57/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (b)内部統制システムの整備状況

            当社は、取締役会において、下記のとおり会社法に基づく業務の適正性を確保するための体制を定め、こ
           れに基づいて内部統制システム及びリスク管理体制の整備を行っております。
           (1)  取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
              取締役会については、取締役会規程の定めに基づき、定期または必要に応じて随時の適切な運営を確
             保する。さらに当社は監査役会設置会社であり、取締役の職務執行については監査役の定める監査方針
             及び分担に従い、各監査役の監査対象になっているほか、取締役が他の取締役の法令・定款違反行為を
             発見した場合直ちに監査役及び取締役会に報告し、その是正を図ることとする。
           (2)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
              重要な意思決定及び報告に関する文書の保存及び管理については、文書の作成、保存及び破棄に関す
             る文書管理規程に従って対応する。
           (3)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             ①  当社は代表取締役社長の下、組織横断的リスク状況の監視及び全社的な対応は、社長室が行い、各
               部門所管業務に付随するリスク管理は担当部署が行うこととする。
             ②  各部門の責任者は、それぞれが自部門に整備するリスクマネジメント体制の下、担当職務の業務内
               容を整理し、内在するリスクを把握・分析・評価した上で、適切な対策を実施するとともに、かか
               るリスクマネジメント状況を監督し、定期的に見直す。
           (4)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             ①  当社は定例の取締役会を開催し重要事項の決定ならびに取締役の職務執行状況の監督等を行う。
             ②  業務の運営・遂行については、中期経営計画及び各年度の予算の立案、全社的な目標の明確な設定
               を行い、その目標達成に向けた具体策を立案、実行する。
           (5)  使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
              コンプライアンス体制の維持のために管理担当役員が内部監査を実施し、管理部の内部監査は管理部
             から独立した執行役員が実施する。内部監査の重要監査領域としてコンプライアンスにかかる監査を実
             施する。
           (6)  事業報告作成会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
              子会社の財務及び経営を管理する部署と事業活動を管理する部署の役割を明確化し、子会社の位置づ
             けに応じた多面的な管理を図る。これらの部署は、子会社との定期及び随時の情報交換を通じて子会社
             の業務の適正性と適法性を確認する。
           (7)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並び
             にその使用人の取締役からの独立性に関する事項
              現在監査役の職務を補助する使用人はいないが、必要に応じて監査役の業務補助のために監査役ス
             タッフを置くこととし、その人事と評価については監査役の意見を尊重して決定する。
           (8)  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制及び監査役の監査の実効性を確保するための体制
             ①  取締役及び使用人は、会社に重大な損失を与える事項が発生、または発生する恐れがあると認識し
               た場合は、速やかに監査役に報告する。
             ②  取締役は、取締役会等の重要な会議において随時その担当する業務の執行状況を報告する。
             ③  取締役との定期的な意見交換の実施や、内部監査部門と監査役との連携が図れる環境を整えること
               により、取締役及び使用人との適切な意思疎通及び監査業務の実効性を確保する。
          (c)リスク管理体制の整備の状況

            当社は、リスク管理を経営上きわめて重要な活動と認識しております。具体的には、取締役、取締役会及
           び執行役員による業務執行及びその監督に努め、一方で、リスク管理体制を強化するため、事業計画の策
           定、予算統制、諸規程に基づく業務の運営とチェック及び内部監査の強化による社内の内部統制機能の充実
           に取組んでおります。また、顧客の個人情報の管理につきましては、顧客情報管理規程を制定し、厳正な取
           扱を期しております。
          (d)子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

            当社は、子会社の財務及び経営を管理する部署と事業活動を管理する部署の役割を明確化し、子会社の位
           置づけに応じた多面的な管理を図っております。これらの部署は、子会社との定期及び随時の情報交換を通
           じて子会社の業務の適正性と適法性を確認しております。当社は、直接出資する子会社に対し、関係会社管
           理規程に基づき、当社に対する経営上の重要事項等の報告を義務付けております。
                                  58/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (e)会計監査の状況

            当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しております。同監査法人及び当社監査に従事する
           同監査法人の業務執行社員と当社の間には特別な利害関係はありません。
               業務を執行した公認会計士の氏名                                補助者の構成
     指定有限責任社員 業務執行社員  中塚 亨

                                        公認会計士 2名
                                        その他   6名
     指定有限責任社員 業務執行社員  佐々田 博信
         ② 内部監査及び監査役監査の組織、人員及び手続並びに内部監査、監査役監査及び会計監査の連携

          (a)内部監査及び監査役監査の組織、人員及び手続
            内部監査の組織、人員及び手続
             当社は、管理部内の内部監査担当者4名が内部監査を実施し、管理部の内部監査は管理部から独立した
            執行役員が担当しております。内部監査を実施する手続は、内部監査の年間計画を策定し、代表取締役社
            長からこの計画書について承認を受け、内部監査の実施に先立ち、監査対象部門へ監査通知書を送付し、
            内部監査を行っております。内部監査の結果については、代表取締役社長へ内部監査報告書を提出するこ
            とにより、報告を行っております。内部監査の結果、改善事項が検出された場合、監査対象部門へ改善を
            求め、フォローアップ監査の実施の要否を検討し、必要に応じてフォローアップ監査を実施しておりま
            す。
            監査役監査の組織、人員及び手続

             監査役は、常勤監査役1名が非常勤監査役2名と連携し、業務監査及び会計監査を実施しております。
            監査役の監査業務を補佐する専任のスタッフを設けておりませんが、適宜管理部の担当者が事務局機能を
            遂行しております。監査役監査を実施する手続は、監査役監査の年間計画を策定し、計画書に基づいて、
            監査を実施しております。監査の結果、改善事項が検出された場合、監査役間で意見交換を行い、取締役
            会で改善勧告を行っております。その結果を受けて、フォローアップ監査の実施を検討しております。
          (b)内部監査、監査役監査及び会計監査の連携

            管理部内の内部監査担当者は、内部監査を実施する過程で検出された事項について、必要に応じて監査役
           と意見交換を行い、情報共有に努めております。
            また、内部監査担当者及び監査役は、監査法人と定期的に意見交換を行い、また、会計監査の過程で検出
           された事項について、報告を求め、対処するなど、監査の実効性確保に努めております。
         ③ 社外取締役及び社外監査役と当社の人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係

           社外取締役府川太郎は、当社株式を1,000株所有しております。社外監査役曽我部義矩は、当社株式を3,000
          株所有しております。社外監査役重隆憲は、当社株式を2,000株所有しております。以上を除き、当社と社外
          取締役及び社外監査役との間に、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
         ④ 責任限定契約の内容の概要

           当社は、社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠
          償責任について、同法第425条第1項各号に定める額の合計額を限度とする契約を締結することができる旨、
          定款に定めており、社外取締役及び社外監査役と締結しております。当該責任限定契約が認められるのは、社
          外取締役及び社外監査役が責任の原因となった職務の遂行において善意かつ重大な過失がないときに限られま
          す。
         ⑤ 取締役の定数

           当社の取締役は8名以内とする旨、定款に定めております。
                                  59/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑥ 役員報酬

          イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる役
                  報酬等の総額
         役員区分                                             員の員数
                  (百万円)              ストック・オ
                          基本報酬               賞与      退職慰労金        (人)
                                プション
     取締役
                      389       389        -       -       -        2
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       -       -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く。)
     社外取締役                 10       10       -       -       -        5
     社外監査役                  7       7       -       -       -        3

          ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

            当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
         ⑦ 株式保有状況

          イ .投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
            5銘柄 133百万円
          ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有

           目的
            前事業年度
             特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄            株式数(株)                        保有目的
                                   (百万円)
                             155,000            85
     ㈱博展                                     営業上の取引関係の維持・強化
     トラストホールディングス㈱                       124,500            56
                                           営業上の取引関係の維持・強化
            当事業年度

             特定投資株式
                                  貸借対照表計上額
              銘柄            株式数(株)                        保有目的
                                   (百万円)
                             155,000            78
     ㈱博展                                     営業上の取引関係の維持・強化
     トラストホールディングス㈱                       124,500            46
                                           営業上の取引関係の維持・強化
          ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並

           びに当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                  前事業年度
                                      当事業年度(百万円)
                  (百万円)
          区分
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額         受取配当金の合計                  評価損益の合計
                                           売却損益の合計額
                の合計額         の合計額         額                  額
                        0         0                     (注)1

     非上場株式                                    -         -
      (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益
         の合計額」は記載しておりません。
         ⑧  株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
          ております。これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
                                  60/140


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ⑨  中間配当
           当社は、株主への利益還元を機動的に行うことを可能とするため、取締役会の決議によって会社法第454条
          第5項の規定に基づく中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
         ⑩  自己株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる
          旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするためで
          あります。
         ⑪ 取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
         ⑫ 支配株主との取引を行う際における少数株主保護についての方策

           当社は、支配株主と取引等を行う際には、取締役会において取引内容、取引条件および取引の妥当性等につ
          いて審議し、決議することとしております。また、当該取引が適法かつ適正な条件に基づいており、且つ他の
          第三者との取引と同様に行うことを基本方針としております。さらに、必要に応じ、弁護士、会計監査人等外
          部専門家の意見を求めることで、取引の公正性の確保を図り、少数株主の権利を保護するよう努めておりま
          す。
                                  61/140














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                           最近連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
        提出会社               19           -           22           -

       連結子会社                -           -           -           -

         計              19           -           22           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する報酬の金額は、監査証明業務に係る人員数、監査日数等を勘案し、当社と監
         査法人で協議の上、監査役会の同意を得て決定しております。
                                  62/140











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
       (3)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

       (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成26年3月1日から平成27年
        2月28日まで)及び当連結会計年度(平成27年3月1日から平成28年2月29日まで)の連結財務諸表並びに前事業
        年度(平成26年3月1日から平成27年2月28日まで)及び当事業年度(平成27年3月1日から平成28年2月29日ま
        で)の財務     諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
       (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成28年9月1日から
        平成28年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年11月30日まで)の四半期連
        結 財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適切に把握し、また、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、経理・
       財務等に関するセミナーに参加するとともに、社内規程やマニュアルを整備し随時更新を行っております。
                                  63/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,973              5,749
         現金及び預金
                                         1,285              1,573
         売掛金
                                           50              -
         商品
                                           39              108
         繰延税金資産
                                           801              621
         その他
                                           △ 5             △ ▶
         貸倒引当金
                                         5,145              8,048
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 2,598             ※2 3,205
          建物
                                       ※4 △ 1,124            ※4 △ 1,461
            減価償却累計額
            建物(純額)                              1,473              1,743
          工具、器具及び備品                                219              280
                                        ※4 △ 131            ※4 △ 185
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               88              94
                                        ※2 1,449             ※2 2,577
          土地
                                           15              198
          建設仮勘定
                                           163              157
          その他
                                         ※4 △ 63            ※4 △ 82
            減価償却累計額
            その他(純額)                               100               74
                                         3,126              4,689
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  49              55
         投資その他の資産
                                         ※1 145             ※1 133
          投資有価証券
                                           97              86
          長期貸付金
                                           53              89
          繰延税金資産
                                         2,757              3,518
          敷金及び保証金
                                           12              28
          その他
                                          △ 36             △ 36
          貸倒引当金
                                         3,029              3,819
          投資その他の資産合計
                                         6,206              8,563
         固定資産合計
                                         11,352              16,612
       資産合計
                                  64/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      負債の部
       流動負債
                                           287              423
         買掛金
                                           120               10
         短期借入金
                                           30              889
         未払法人税等
                                           690              730
         1年内償還予定の社債
                                        ※2 1,065             ※2 1,326
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,192              1,540
         その他
                                         3,386              4,919
         流動負債合計
       固定負債
                                           880             2,492
         社債
                                        ※2 4,525             ※2 5,693
         長期借入金
                                           134              184
         資産除去債務
                                           227              221
         その他
                                         5,767              8,592
         固定負債合計
                                         9,153              13,511
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           287              287
         資本金
                                           242              242
         資本剰余金
                                         1,639              2,575
         利益剰余金
                                         △ 110             △ 110
         自己株式
                                         2,059              2,994
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           50              41
         その他有価証券評価差額金
                                           -             △ 22
         繰延ヘッジ損益
                                           79              70
         為替換算調整勘定
                                           130               89
         その他の包括利益累計額合計
                                            9              15
       少数株主持分
                                         2,198              3,100
       純資産合計
                                         11,352              16,612
      負債純資産合計
                                  65/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                (平成28年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,767
         現金及び預金
                                         1,965
         売掛金
                                           793
         その他
                                          △ 18
         貸倒引当金
                                         7,508
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               3,974
                                         3,885
          土地
                                           198
          その他(純額)
                                         8,058
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  64
         投資その他の資産
                                         3,750
          敷金及び保証金
          その他                                749
                                          △ 34
          貸倒引当金
                                         4,465
          投資その他の資産合計
                                         12,588
         固定資産合計
                                         20,097
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           399
         買掛金
                                           641
         未払法人税等
                                           758
         1年内償還予定の社債
                                         1,797
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,777
         その他
                                         5,375
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,848
         社債
                                         7,037
         長期借入金
                                           221
         資産除去債務
                                           187
         その他
                                         10,295
         固定負債合計
       負債合計                                  15,670
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                  287
                                           242
         資本剰余金
                                         3,919
         利益剰余金
                                         △ 110
         自己株式
                                         4,339
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           39
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 15
         繰延ヘッジ損益
                                           22
         為替換算調整勘定
                                           46
         その他の包括利益累計額合計
                                           41
       非支配株主持分
                                         4,427
       純資産合計
                                         20,097
      負債純資産合計
                                  66/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
                                         14,162              17,941
      売上高
                                         9,531              11,376
      売上原価
                                         4,631              6,565
      売上総利益
                                        ※1 3,752             ※1 4,561
      販売費及び一般管理費
                                           878             2,004
      営業利益
      営業外収益
                                            3              5
       受取利息
                                            ▶              5
       受取配当金
                                            2              6
       為替差益
                                            2              ▶
       助成金収入
                                           11              20
       その他
                                           25              42
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           72              109
       支払利息
                                           91              10
       支払手数料
                                           13              14
       支払保証料
                                           -              55
       社債発行費
                                           16              10
       その他
                                           193              199
       営業外費用合計
                                           710             1,848
      経常利益
      特別損失
                                         ※2 295             ※2 98
       減損損失
                                           295               98
       特別損失合計
                                           414             1,749
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     65              892
                                            5             △ 85
      法人税等調整額
                                           70              806
      法人税等合計
                                           343              942
      少数株主損益調整前当期純利益
                                            ▶              6
      少数株主利益
                                           339              935
      当期純利益
                                  67/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
                                           343              942
      少数株主損益調整前当期純利益
      その他の包括利益
                                           △ 0             △ 9
       その他有価証券評価差額金
                                           -             △ 22
       繰延ヘッジ損益
                                           37              △ 8
       為替換算調整勘定
                                          ※ 37             ※ △ 40
       その他の包括利益合計
                                           381              901
      包括利益
      (内訳)
                                           376              894
       親会社株主に係る包括利益
                                            ▶              6
       少数株主に係る包括利益
                                  68/140
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
          【四半期連結損益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年11月30日)
                                         16,510
      売上高
                                         10,088
      売上原価
                                         6,421
      売上総利益
                                         3,821
      販売費及び一般管理費
                                         2,599
      営業利益
      営業外収益
                                            2
       受取利息
                                            5
       受取配当金
                                            1
       為替差益
                                            8
       助成金収入
                                           18
       その他
                                           36
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           83
       支払利息
                                           19
       社債発行費
                                           31
       その他
                                           134
       営業外費用合計
                                         2,501
      経常利益
      特別損失
                                           136
       減損損失
                                           136
       特別損失合計
                                         2,365
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,040
                                          △ 18
      法人税等調整額
                                         1,022
      法人税等合計
                                         1,342
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                     △ 1
                                         1,344
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  69/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【四半期連結包括利益計算書】
           【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成28年3月1日
                                至 平成28年11月30日)
                                         1,342
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           △ 2
       その他有価証券評価差額金
                                            7
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 49
       為替換算調整勘定
                                          △ 44
       その他の包括利益合計
                                         1,298
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         1,301
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           △ 2
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                  70/140















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                        287         242        1,300         △ 110        1,720
     当期変動額
      当期純利益                                   339                 339
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -        339         -        339
     当期末残高                   287         242        1,639         △ 110        2,059
                         その他の包括利益累計額

                                             少数株主持分         純資産合計
                  その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                           為替換算調整勘定
                  差額金                 計額合計
     当期首残高                   50         41         92         ▶       1,817
     当期変動額
      当期純利益
                                                          339
      株主資本以外の項目の当期
                        △ 0        37         37         ▶        41
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   △ 0        37         37         ▶        381
     当期末残高
                         50         79        130         9       2,198
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   287         242        1,639         △ 110        2,059
     当期変動額
      当期純利益
                                         935                 935
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -        935         -        935
     当期末残高
                        287         242        2,575         △ 110        2,994
                           その他の包括利益累計額

                                               少数株主持分        純資産合計
                  その他有価証券              為替換算調整勘       その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益
                  評価差額金              定       益累計額合計
     当期首残高
                       50       -       79       130        9     2,198
     当期変動額
      当期純利益                                                    935
      株主資本以外の項目の当期
                       △ 9      △ 22       △ 8      △ 40        6      △ 33
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       △ 9      △ 22       △ 8      △ 40        6      901
     当期末残高                  41      △ 22       70       89       15      3,100
                                  71/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           414             1,749
       税金等調整前当期純利益
                                           346              407
       減価償却費
                                           295               98
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    3             △ 1
                                           -              55
       社債発行費
                                           △ 8             △ 11
       受取利息及び受取配当金
                                           72              109
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 60             △ 289
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 55              48
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 27              135
       未払金の増減額(△は減少)                                    28              133
       未払費用の増減額(△は減少)                                    65              37
       前受金の増減額(△は減少)                                    8              70
                                           40             △ 75
       その他
                                         1,122              2,469
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    8              11
                                          △ 69             △ 105
       利息の支払額
                                         △ 856              △ 44
       法人税等の支払額
                                           -              288
       法人税等の還付額
                                           205             2,618
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,327             △ 1,943
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 31             △ 24
       無形固定資産の取得による支出
                                           △ 0             △ ▶
       投資有価証券の取得による支出
                                            1              -
       投資有価証券の売却による収入
                                          △ 56              △ 3
       長期貸付けによる支出
                                           16              13
       長期貸付金の回収による収入
                                         △ 663             △ 894
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           190              131
       敷金及び保証金の回収による収入
                                           △ 0             △ 8
       資産除去債務の履行による支出
                                           △ 1              ▶
       その他
                                        △ 2,872             △ 2,729
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           420              840
       短期借入れによる収入
                                         △ 300             △ 950
       短期借入金の返済による支出
                                         3,195              2,809
       長期借入れによる収入
                                         △ 743            △ 1,379
       長期借入金の返済による支出
       社債の発行による収入                                    -             2,394
                                         △ 735             △ 797
       社債の償還による支出
                                          △ 25             △ 29
       リース債務の返済による支出
                                         1,810              2,886
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           22               0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 834             2,775
                                         3,858              3,024
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 3,024              ※ 5,799
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  72/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 8社
            (2)  連結子会社名
               株式会社コンビニステーション
               株式会社TKPプロパティーズ
               株式会社TKPテレマーケティング
               株式会社常盤軒フーズ
               TKP  New  York,Inc.
               帝珂碧(上海)会         有限公司
               TKP  SINGAPORE     IN  PTE.LTD.
               TKP  International       Limited
           2.持分法の適用に関する事項

            (1)持分法適用会社の数
              該当事項はありません。
            (2)持分法を適用しない関連会社

              関連会社(株式会社ジーアップキャリアセンター)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
             金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であ
             り、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             連結子会社のうちTKP           New  York,Inc.、帝珂碧(上海)会               有限公司、TKP       SINGAPORE     IN  PTE.LTD.及び
            TKP  International       Limitedの決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成に当たっては、同決算
            日現在の財務諸表を使用しております。但し、1月1日から連結決算日2月末日までの期間に発生した重
            要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
           4.会計処理基準に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
              有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法によっております。
               (ただし、建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。)
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物         5~49年
               工具、器具及び備品  2~10年
             ロ 無形固定資産

               定額法によっております。
               なお、自社利用ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
                                  73/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ハ リース資産
               所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
            (3)重要な繰延資産の処理方法

              社債発行費
               支出時に全額費用として処理しております。
            (4)重要な引当金の計上基準

              貸倒引当金
               債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
              定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

              外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理
             しております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算
             し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘
             定及び少数株主持分に含めて計上しております。
            (6)重要なヘッジ会計の方法

             イ ヘッジ会計の方法
               金利スワップについて、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
             ロ ヘッジ手段とヘッジ対象

               ヘッジ手段・・金利スワップ
               ヘッジ対象・・借入金
             ハ ヘッジ方針

               金利スワップは借入金利息等の将来の金利変動リスクを回避する目的で行っております。
             ニ ヘッジ有効性評価の方法

               金利スワップの特例処理の要件を満たしておりますので、有効性の評価を省略しております。
            (7)のれんの償却方法及び償却期間

              のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
            (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能
             であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資からなっております。
            (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
                                  74/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
           1.連結の範囲に関する事項
            (1)連結子会社の数 9社
            (2)  連結子会社名
               株式会社コンビニステーション
               株式会社TKPプロパティーズ
               株式会社TKPテレマーケティング
               株式会社常盤軒フーズ
               TKP  New  York,Inc.
               帝珂碧(上海)会         有限公司
               TKP  SINGAPORE     IN  PTE.LTD.
               TKP  International       Limited
               株式会社TKPSPV-1号
                上記のうち、株式会社TKPSPV-1号については、当連結会計年度において新たに設立した
               ため、連結の範囲に含めております。
           2.持分法の適用に関する事項

            (1)持分法適用会社の数
              該当事項はありません。
            (2)持分法を適用しない関連会社

              関連会社(株式会社ジーアップキャリアセンター)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
             金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であ
             り、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
           3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             連結子会社のうちTKP           New  York,Inc.、帝珂碧(上海)会               有限公司、TKP       SINGAPORE     IN  PTE.LTD.及び
            TKP  International       Limitedの決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成に当たっては、同決算
            日現在の財務諸表を使用しております。但し、1月1日から連結決算日2月末日までの期間に発生した重
            要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
           4.会計処理基準に関する事項

            (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
              有価証券
               その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)を採用しております。
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
            (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             イ 有形固定資産(リース資産を除く)
               定率法によっております。
               (ただし、建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。)
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物         8~49年
               工具、器具及び備品  2~10年
             ロ 無形固定資産

               定額法によっております。
               なお、自社利用ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
              す。
                                  75/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ハ リース資産
               所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
            (3)重要な繰延資産の処理方法

              社債発行費
               支出時に全額費用として処理しております。
            (4)重要な引当金の計上基準

              貸倒引当金
               債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
              定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

              外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理
             しております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算
             し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘
             定及び少数株主持分に含めて計上しております。
            (6)重要なヘッジ会計の方法

             イ ヘッジ会計の方法
               原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、金利スワップについて特例処理の要件を満た
              している金利スワップについては特例処理によっております。
             ロ ヘッジ手段とヘッジ対象

               ヘッジ手段・・金利スワップ
               ヘッジ対象・・借入金
             ハ ヘッジ方針

               金利スワップは借入金利息等の将来の金利変動リスクを回避する目的で行っております。
             ニ ヘッジ有効性評価の方法

               ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計
              を比較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。なお、金利スワップの特例処理の要件を
              満たしている金利スワップについては有効性の評価を省略しております。
            (7)のれんの償却方法及び償却期間

              のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
            (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

              手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能
             であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資からなっております。
            (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

              消費税等の会計処理
               税抜方式によっております。
                                  76/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成27年2月28日)                  (平成28年2月29日)
     投資有価証券(株式)                                 -百万円                  -百万円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成27年2月28日)                  (平成28年2月29日)
     建物                                220百万円                  215百万円
     土地                                118                 1,410
               計                       339                 1,625
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成27年2月28日)                  (平成28年2月29日)
     1年内返済予定の長期借入金                                325百万円                  362百万円
     長期借入金                               1,596                  2,034
               計                      1,922                  2,396
           3 当座貸越契約及び貸出コミットメント

             当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため、                           金融機関    と当座貸越契約及び貸出コミットメン
            ト契約を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであり
            ます。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成27年2月28日)                  (平成28年2月29日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                     2,990百万円                  3,890百万円
     総額
                                      121                  720
     借入実行残高
     差引額                               2,868百万円                  3,169百万円
          ※4 有形固定資産の減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。

                                  77/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                             至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
     給料及び手当                               1,580百万円                  1,893百万円
     役員報酬                                406                  411
     雑給                                404                  494
          ※2 減損損失

             前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
              当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
          場所             用途             種類            金額(百万円)
      札幌             貸会議室             建物                          3

      大手町             貸会議室             建物                          13

      浜松町             貸会議室             建物                          3

                                                           0
                                 長期前払費用
      四谷             貸会議室             建物                          0

      千葉             貸会議室             建物                          9

                                                           0
                                 工具、器具及び備品
      幕張             貸会議室             建物                          6

                                 工具、器具及び備品                          0
      浜松             貸会議室             建物                          ▶

      名古屋             貸会議室             建物                          11

                                 工具、器具及び備品                          0
      小倉             貸会議室             建物                          0

      天神             貸会議室             建物                          13

                                 工具、器具及び備品                          0
      福岡             貸会議室             建物                          0

                                 のれん                          2
                                 長期前払費用                          0
      熊本             貸会議室             建物                          0

      New  York

                   貸会議室             建物                         162
                                 建設仮勘定                          30
                                 工具、器具及び備品                          8
      Singapore             貸会議室             建物                          19

                                 工具、器具及び備品                          2
              当社グループは減損会計の適用にあたり、拠点別にグルーピングを行っており、遊休資産については
             当該資産ごとにグルーピングを行っております。
              当連結会計年度において、収益性が著しく低下した上記の貸会議室について帳簿価額を回収可能価額
             まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上いたしました。
              なお、回収可能価額はゼロ円としております。
                                  78/140


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
              当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
          場所             用途             種類            金額(百万円)
                                                           3
      札幌             貸会議室             建物
                                                           0
      大手町             貸会議室             建物
                                                           0
      渋谷             貸会議室             のれん
                                                           0
      四谷             貸会議室             建物
                                                           ▶
      千葉             貸会議室             建物
                                                           2
                                 工具、器具及び備品
                                                           0
      幕張             貸会議室             建物
                                                           3
      箱根             貸会議室             建物
                                                           0
                                 工具、器具及び備品
                                                           6

      軽井沢             貸会議室             建物
                                                           2
                                 工具、器具及び備品
                                                           9

      熱海             貸会議室             建物
                                                           0
                                 工具、器具及び備品
                                                           3

      浜松             貸会議室             建物
                                                           2
      名古屋             貸会議室             建物
                                                           0
                                 工具、器具及び備品
                                                           2

      防府             貸会議室             建物
                                 工具、器具及び備品                          0
                                                           1
      小倉             貸会議室             建物
                                                           0
      熊本             貸会議室             建物
      Singapore                                                     22
                   貸会議室             建物
                                                           8
                                 建設仮勘定
                                                           3
                                 工具、器具及び備品
                                                          18

      香港             貸会議室             建物
                                                           0
                                 工具、器具及び備品
              当社グループは減損会計の適用にあたり、拠点別にグルーピングを行っており、遊休資産については
             当該資産ごとにグルーピングを行っております。
              当連結会計年度において、収益性が著しく低下した上記の貸会議室について帳簿価額を回収可能価額
             まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上いたしました。
              なお、回収可能価額はゼロ円としております。
                                  79/140





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                             至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △0百万円                 △17百万円
                                      -                  -
      組替調整額
       税効果調整前
                                     △0                 △17
                                      0                  8
       税効果額
       その他有価証券評価差額金                              △0                  △9
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                               -                 △33
                                      -                  -
      組替調整額
       税効果調整前
                                      -                 △33
                                      -                  10
       税効果額
       繰延ヘッジ損益                              -                 △22
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                               37                 △8
      組替調整額                               -                  -
       税効果調整前
                                      37                 △8
                                      -                  -
       税効果額
       為替換算調整勘定                              37                 △8
                                      37
     その他の包括利益合計                                                 △40
                                  80/140












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                       47,300           -         -       47,300

             合計                47,300           -         -       47,300

     自己株式

      普通株式                       4,584           -         -        4,584

             合計                4,584           -         -        4,584

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

                             47,300           -         -       47,300
      普通株式
                             47,300           -         -       47,300
             合計
     自己株式

                             4,584           -         -        4,584
      普通株式
                             4,584           -         -        4,584
             合計
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                             至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
     現金及び預金勘定                               2,973百万円                  5,749百万円
     その他流動資産(預け金)                                 50                  50
     現金及び現金同等物                               3,024                  5,799
                                  81/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.ファイナンス・リース取引
            (借主側)
             所有権移転ファイナンス・リース取引
             ① リース資産の内容
               主として機械装置及び運搬具であります。
             ② リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計処理基準に関する事項(2)重要な減価
              償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           1.ファイナンス・リース取引
            (借主側)
             所有権移転ファイナンス・リース取引
             ① リース資産の内容
               主として機械装置及び運搬具であります。
             ② リース資産の減価償却の方法

               連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計処理基準に関する事項(2)重要な減価
              償却資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                  82/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、事業計画に照らして、必要資金を金融機関からの借入及び社債により調達しており
             ます。また、余剰資金に関しては安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は、後
             述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
             す。また、取引先に対し長期貸付を行っており、貸付先の信用リスクに晒されております。
              敷金及び保証金は、建物賃貸借契約に係るものであり、差し入れ先の信用リスクに晒されておりま
             す。
              営業債務である買掛金、未払法人税等は、短期の支払期日であります。
              借入金及び社債は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算日後、
             最長で9年後であります。
              デリバティブ取引は、借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利
             スワップ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有
             効性評価の方法等については、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4.会計処理
             基準に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権、長期貸付金、敷金及び保証金について、管理部
              が債権残高を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況
              等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社の与信
              管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
               デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機関に限定しているため信用リス
              クはほとんどないと認識しております。
             ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

               投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、取
              引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
               借入金については、支払金利の変動を定期的にモニタリングし、金利変動リスクの早期把握を図っ
              ております。
               デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規程に従い、
              担当部署が決裁担当者の承認を得て行っております。
             ③ 資金調     達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

               当社グループは、各部署からの報告に基づき管理部が定期的に資金繰り計画を作成・更新し、流動
              性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の      時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関
             係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る
             市場リスクを示すものではありません。
                                  83/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注2)を参照ください。)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
      (1)現金及び預金                          2,973            2,973              -

      (2)売掛金                          1,285            1,285              -
      (3)投資有価証券                           141            141             -

      (4)長期貸付金(*1)                           109

                                 △36
        貸倒引当金(*2)
                                  73            73            -

      (5)敷金及び保証金                          2,757            2,708             △48
       資産計                         7,232            7,184             △48

      (1)買掛金                           287            287             -

      (2)短期借入金                           120            119            △0
      (3)未払法人税等                            30            30            -

      (4)社債(*3)                          1,570            1,579              9

      (5)長期借入金(*4)                          5,590            5,573             △17
       負債計                         7,598            7,590             △7

      (*1) 1年内回収予定の長期貸付金を含めて記載しております。
      (*2) 長期貸付金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
      (*3) 1年内償還予定の社債を含めて記載しております。
      (*4) 1年内返済予定の長期借入金を含めて記載しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (3)投資有価証券
             投資有価証券の時価について、株式等は取引所の価格によっております。
           (4)長期貸付金
             元利金の合計額を同様の新規取引を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によってお
             ります。また、貸倒懸念債権については、同様の割引率による見積りキャッシュ・フローの割引現在価
             値、又は、担保及び保証による回収見込額等により、時価を算定しております。
           (5)敷金及び保証金
             合理的に見積もった将来キャッシュ・フローを、国債の利回りで割り引いた現在価値により算定してお
             ります。
          負 債
           (1)買掛金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (4)社債
             元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定
             しております。
                                  84/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (2)短期借入金、(5)長期借入金
             借入金のうち固定金利によるものは、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される
             利率で割り引いた現在価値により算定しております。
             変動金利によるものは、金利が一定期間ごとに更改される条件となっていることから、時価は帳簿価額
             にほぼ等しいと考えられるため、当該帳簿価額によっております。
          デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                   区分            連結貸借対照表計上額(百万円)
            非上場株式                                  3

                   合計                           3

         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       2,973           -         -         -

      売掛金                       1,285           -         -         -
      長期貸付金                         14         49         31         15
             合計                4,272           49         31         15

         4.借入金及び社債の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                      120        -       -       -
      短期借入金                                             -       -
                     1,065       1,062        976       881
      長期借入金                                             677       927
                      690       405       175       175
      社債                                             75       50
                     1,875       1,467       1,151       1,056

          合計                                         752       977
                                  85/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社グループは、事業計画に照らして、必要資金を金融機関からの借入及び社債により調達しており
             ます。また、余剰資金に関しては安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は、後
             述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              投資有価証券は業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
             す。また、取引先に対し長期貸付を行っており、貸付先の信用リスクに晒されております。
              敷金及び保証金は、建物賃貸借契約に係るものであり、差し入れ先の信用リスクに晒されておりま
             す。
              営業債務である買掛金、未払法人税等は、短期の支払期日であります。
              借入金及び社債は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算日後、
             最長で15年後であります。
              デリバティブ取引は、借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利
             スワップ取引であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有
             効性評価の方法等については、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4.会計処理
             基準に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権、長期貸付金、敷金及び保証金について、管理部
              が債権残高を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況
              等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、当社の与信
              管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
               デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機関に限定しているため信用リス
              クはほとんどないと認識しております。
             ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

               投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、取
              引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
               借入金については、支払金利の変動を定期的にモニタリングし、金利変動リスクの早期把握を図っ
              ております。
               デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規程に従い、
              担当部署が決裁担当者の承認を得て行っております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

               当社グループは、各部署からの報告に基づき管理部が定期的に資金繰り計画を作成・更新し、流動
              性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関
             係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る
             市場リスクを示すものではありません。
                                  86/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           2.金融商品の時価等に関する事項
             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注2)を参照ください。)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
      (1)現金及び預金                          5,749            5,749              -

                                1,573            1,573              -
      (2)売掛金
                                 124            124             -
      (3)投資有価証券
                                  99
      (4)長期貸付金(*1)
                                 △36
        貸倒引当金(*2)
                                  63            63            -

                                3,518            3,504             △14
      (5)敷金及び保証金
                                11,029            11,015             △14
       資産計
                                 423            423             -
      (1)買掛金
                                  10             9
      (2)短期借入金                                                    △0
                                 889            889             -
      (3)未払法人税等
                                3,222            3,234              12
      (4)社債(*3)
      (5)長期借入金(*4)                          7,019            6,939             △80
                                11,565            11,496

       負債計                                                  △68
      (*1) 1年内回収予定の長期貸付金を含めて記載しております。
      (*2) 長期貸付金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
      (*3) 1年内償還予定の社債を含めて記載しております。
      (*4) 1年内返済予定の長期借入金を含めて記載しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (3)投資有価証券
             投資有価証券の時価について、株式等は取引所の価格によっております。
           (4)長期貸付金
             元利金の合計額を同様の新規取引を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によってお
             ります。また、貸倒懸念債権については、同様の割引率による見積りキャッシュ・フローの割引現在価
             値、又は、担保及び保証による回収見込額等により、時価を算定しております。
           (5)敷金及び保証金
             合理的に見積もった将来キャッシュ・フローを、国債の利回りで割り引いた現在価値により算定してお
             ります。
          負 債
           (1)買掛金、(3)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
             ります。
           (4)社債
             元利金の合計額を当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算定
             しております。
                                  87/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (2)短期借入金、(5)長期借入金
             借入金のうち固定金利によるものは、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される
             利率で割り引いた現在価値により算定しております。
             変動金利によるものは、金利が一定期間ごとに更改される条件となっていることから、時価は帳簿価額
             にほぼ等しいと考えられるため、当該帳簿価額によっております。
          デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                   区分            連結貸借対照表計上額(百万円)
            非上場株式                                  8

                   合計                           8

         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
                             5,749           -         -         -

      現金及び預金
                             1,573           -         -         -
      売掛金
                               13         50         22         13
      長期貸付金
                             7,336           50         22         13
             合計
         4.借入金及び社債の連結決算日後の返済予定額
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                      10       -       -       -       -       -
      短期借入金
                     1,326       1,330       1,269       1,103        850      1,138
      長期借入金
                      730       554       554       454       429       501
      社債
                     2,066       1,884       1,823       1,557       1,279       1,640

          合計
                                  88/140










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前連結会計年度(平成27年2月28日)
           1.その他有価証券
                                 連結貸借対照表計           取得原価          差額
                          種類
                                 上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      株式                  141          45         95
     を超えるもの
                  合計                      141          45         95
           2.売却したその他有価証券

             該当事項はありません。
          当連結会計年度(平成28年2月29日)

           1.その他有価証券
                                 連結貸借対照表計           取得原価          差額
                          種類
                                 上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価
                      株式                  124          45         78
     を超えるもの
                  合計                      124          45         78
           2.売却したその他有価証券

             該当事項はありません。
                                  89/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (デリバティブ取引関係)
          前連結会計年度(平成27年2月28日)
           1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
             該当事項はありません。
           2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

             金利関連
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 金利スワップ取引
     金利スワップの特例処
                  支払固定          長期借入金             1,133         918     (注)
     理
                  受取変動
      (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
          当連結会計年度(平成28年2月29日)

           1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
             該当事項はありません。
           2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

             金利関連
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 金利スワップ取引
                                         1,401        1,127          33
     原則的処理方法            支払  固定        長期借入金
                  受取  変動
                 金利スワップ取引
     金利スワップの特例処
                  支払固定          長期借入金             2,148        1,656     (注)2.
     理
                  受取変動
      (注)1.時価の算定方法
           取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
         2.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
           め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
         (退職給付関係)

          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           該当事項はありません。
                                  90/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                             第3回新株予約権
                         当社取締役 2名
     付与対象者の区分及び人数                    当社監査役 1名
                         当社従業員 25名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 800株
     数(注)
     付与日                    平成19年3月26日
     権利確定条件                    -

     対象勤務期間                    対象期間の定めはありません。

                         平成21年3月26日~
     権利行使期間
                         平成26年3月25日
      (注) 株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

              当連結会計年度(平成27年2月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・
             オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第3回新株予約権
     権利確定前(株)

      前連結会計年度末                                  -

      付与                                  -

      失効                                  -

      権利確定                                  -

      未確定残                                  -

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                                 410

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                 410

      未行使残                                  -

             ② 単価情報

                             第3回新株予約権
     権利行使価格(円)                                 60,000

     行使時平均株価(円)                                   -

     付与日における公正な評価単価(円)                                   -

                                  91/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
             ストック・オプション付与日時点において、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプ
            ションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
             また、単位当たりの本源的価値の見積方法は、当社株式の評価額から権利行使価格を控除する方法で算
            定しており、当社株式の評価方法は純資産方式の結果を総合的に勘案して決定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

            源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日におけ
            る本源的価値の合計額
            ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                  -円
            ② 当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの
                                              -円
              権利行使日における本源的価値の合計額
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           該当事項はありません。
                                  92/140














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前連結会計年度(平成27年2月28日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成27年2月28日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業所税                              30百万円
             フリーレント家賃                              11
                                           10
             その他
                  小計
                                           52
             評価性引当額                             △2
                  計
                                           50
            繰延税金負債(流動)
                                          △11
             未収事業税
                  計
                                          △11
            繰延税金資産(固定)
             減価償却超過額                             312
             資産除去債務                              46
             フリーレント家賃                              62
             繰越欠損金                             446
             その他                              28
                  小計                        896
                                         △782
             評価性引当額
                  計
                                          114
            繰延税金負債(固定)
             建物附属設備(資産除去債務)                             △23
                                          △36
             その他有価証券評価差額金
                  計                        △60
            繰延税金資産の純額                               92
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成27年2月28日)
            法定実効税率
                                           38.0%
            (調整)
             住民税均等割                              2.1
             関係会社株式評価損                             △61.8
             税額控除                             △0.9
             評価性引当額                              39.3
             海外子会社税率差異                             △0.3
             その他                              0.7
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           17.1
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

             「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26
            年4月1日以後に開始する連結会計年度から復興特別法人税が課されないことになりました。これに伴
            い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成27年3月1日に開始する連結
            会計年度に解消が見込まれる一時差異等については従来の38.0%から35.6%になります。
             なお、この税率変更による影響は軽微であります。
                                  93/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           4.連結決算日後の法人税等の税率変更
             「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法
            律」(平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する連結会計
            年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負
            債の計算に使用する法定実効税率は、従来の35.6%から平成28年3月1日に開始する連結会計年度に解消
            が見込まれる一時差異          等 については33.1%に、平成29年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込ま
            れる一時差異      等 については32.3%となります。この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債
            の金額を控除した)は4百万円減少し、法人税等調整額が7百万円、その他有価証券評価差額金が3百万
            円、それぞれ増加する見込みであります。
                                  94/140


















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当連結会計年度(平成28年2月29日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成28年2月29日)
            繰延税金資産(流動)
             未払事業税                              58百万円
             未払事業所税                              33
             フリーレント家賃                              6
                                           12
             その他
                  小計
                                          110
             評価性引当額                             △1
                  計
                                          108
            繰延税金資産(固定)
             減価償却超過額                             328
             資産除去債務                              55
             フリーレント家賃                              64
             繰越欠損金                             465
                                           40
             その他
                  小計
                                          954
                                         △808
             評価性引当額
                  計                        146
            繰延税金負債(固定)
             建物附属設備(資産除去債務)                             △28
                                          △28
             その他有価証券評価差額金
                  計                        △57
            繰延税金資産の純額                              197
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

            因となった主要な項目別の内訳
                                     当連結会計年度
                                    (平成28年2月29日)
            法定実効税率
                                           35.6%
            (調整)
             住民税均等割                              0.6
             留保金課税                              8.4
             税額控除                             △3.0
             評価性引当額                              3.6
             海外子会社税率差異                              1.0
             その他                             △0.2
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                           46.1
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

             「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法
            律」(平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する連結会計
            年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負
            債の計算に使用する法定実効税率は、従来の35.6%から平成28年3月1日に開始する連結会計年度に解消
            が見込まれる一時差異等については33.1%に、平成29年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込ま
            れる一時差異等については32.3%となります。この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債
            の金額を控除した)は4百万円減少し、法人税等調整額が7百万円、その他有価証券評価差額金が3百万
            円、それぞれ増加しております。
                                  95/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           4.連結決算日後の法人税等の税率変更
             「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の
            法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月31日に公布され、平成28年4月1日以後に開始する連結会
            計年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、平成29年3月1日に開始す
            る連結会計年度及び平成30年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等にかかる繰
            延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は32.3%から30.9%に、平成31年3月1日に
            開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異等にかかる繰延税金資産及び繰延税金負債の計算
            に使用する法定実効税率は32.3%から30.6%に変更されております。この税率変更により、繰延税金資産
            の金額(繰延税金負債の金額を控除した)は3百万円減少し、法人税等調整額が4百万円、その他有価証
            券評価差額金が1百万円、繰延ヘッジ損益が0百万円、それぞれ増加する見込みです。
                                  96/140

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (企業結合等関係)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
             当社の主要な事業所は賃貸人、土地所有者との間に賃貸借契約を締結しており、賃貸期間終了による原
            状回復義務に関し資産除去債務を計上しております。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法

             事業所ごとに使用見込期間を見積り、割引率は当該期間に見合う国債の発行利回りを基準に決定した利
            率を適用して算定しております。
           3.当該資産除去債務の総額の増減

                               当連結会計年度
                            (自 平成26年3月1日
                             至 平成27年2月28日)
     期首残高                                 97百万円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                 21
     時の経過による調整額                                  1
     見積変更による増加                                 22
     資産除去債務の履行による減少                                △6
     期末残高                                136
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           1.当該資産除去債務の概要
             当社の主要な事業所は賃貸人、土地所有者との間に賃貸借契約を締結しており、賃貸期間終了による原
            状回復義務に関し資産除去債務を計上しております。
           2.当該資産除去債務の金額の算定方法

             事業所ごとに使用見込期間を見積り、割引率は当該期間に見合う国債の発行利回りを基準に決定した利
            率を適用して算定しております。
           3.当該資産除去債務の総額の増減

                               当連結会計年度
                            (自 平成27年3月1日
                             至 平成28年2月29日)
     期首残高                                136百万円
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                 29
     時の経過による調整額                                  1
     見積変更による増加                                 26
     資産除去債務の履行による減少                                △8
     期末残高                                185
                                  97/140




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
              す。
             (2)有形固定資産

               本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
              め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないた
             め、主要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
             載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
              す。
             (2)有形固定資産

               本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
              め、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の10%に満たないた
             め、主要な顧客ごとの情報の記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                  98/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
           前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           1.関連当事者との取引
             連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
              連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
               重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

             該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           1.関連当事者との取引
             連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
              連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
               重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

             該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成26年3月1日                 (自 平成27年3月1日
                               至 平成27年2月28日)                至 平成28年2月29日)
     1株当たり純資産額                              512円56銭                 722円08銭

     1株当たり当期純利益金額                              79円41銭                218円99銭

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.当社は、平成28年12月19日開催の取締役会決議に基づき、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株
           の株式分割を行っておりますが、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純
           資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成26年3月1日                 (自 平成27年3月1日
                               至 平成27年2月28日)                至 平成28年2月29日)
     当期純利益金額(百万円)                                 339                 935

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -                 -

     普通株式に係る当期純利益金額(百万円)                                 339                 935

     期中平均株式数(株)                              4,271,600                 4,271,600

                                  99/140



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な後発事象)
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

           (重要な設備投資)
            当社は、平成28年12月6日開催の取締役会において、下記の設備投資を行うことを決議し、土地を取得い
           たしました。
            1.設備投資の目的
              宿泊サービス拡大のための新規ビジネスホテルの建設投資であります。
            2.設備投資の内容
              大阪府大阪市北区曽根崎において、新規宿泊施設を建設するもので、投資総額は42億円程と見込んで
             おります。
            3.設備の導入時期
              土地取得  平成28年12月
              開業予定  平成30年1月
            4.当該設備が営業活動に及ぼす重要な影響
              当社グループの業績に大きく寄与するものと考えております。
           (資金の借入)

            当社は、平成28年12月19日開催の取締役会において、下記の資金調達を行うことを決議し、資金の借入を
           行いました。
            1.借入先
              株式会社みずほ銀行
            2.借入金額
              上限37億円
            3.契約締結日
              平成28年12月26日
            4.借入日(コミット期間)
              平成28年12月27日~平成31年12月26日
            5.返済期日
              平成31年12月26日(期限一括返済)
            6.担保
              根抵当権設定仮登記(極度額37億円)
              大阪府大阪市北区曽根崎の土地(7筆)
            7.保証人
              株式会社TKPSPV-4号
                                100/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (株式分割)
            当社は、平成28年12月19日開催の                 取締役会決議により、          平成29年1月14日付         をもって    株式分割を行ってお
           ります。
            また、    上記株式分割に伴う定款の変更を行い、単元株制度を採用しております。
            1.株式分割、単元株制度の採用の目的
              当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、単
             元株式数(売買単位)を100株に統一することを目標とする全国証券取引所の「売買単位の集約に向け
             た行動計画」を考慮し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたします。
            2.株式分割の概要
             (1)分割方法
               平成29年1月13日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、1株につき100株の
              割合をもって分割しております。
             (2)分割により増加する株式数
               株式分割前の発行済株式総数                         47,300株
               今回の分割により増加する株式数  4,682,700株
               株式分割後の発行済株式総数    4,730,000株
               株式分割後の発行可能株式総数                    12,000,000株
             (3)株式分割の効力発生日
               平成29年1月14日
             (4)1株当たり情報に与える影響
               「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定して算出してお
              り、これによる影響については、当該箇所に反映されております。
            3.単元株制度の採用
              単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                101/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (会計方針の変更)
           (企業結合に関する会計基準等の適用)
            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会
           計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準
           第7号 平成25年9月13日)等を第1四半期連結会計期間から適用し、四半期純利益等の表示の変更及び少
           数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。
           (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

            法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実
           務対応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間から適用し、平成28年4月1日以後に取
           得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
            なお、この変更による当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に
           与える影響は軽微であります。
          (四半期連結貸借対照表関係)

           当座貸越契約及び貸出コミットメント
            当社グループは、運転資金の効率的な調達を行うため、金融機関と当座貸越契約及び貸出コミットメント
           契約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                            当第3四半期連結会計期間
                             (平成28年11月30日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                     1,200百万円
     総額
                                      -
     借入実行残高
                                     1,200
     差引額
          (四半期連結損益計算書関係)

           業績の季節的変動
            当社グループは顧客企業における採用活動や新入社員研修を中心とした利用が、利用目的の比較的多くを
           占める傾向にあることから、業績は季節的に変動し、売上高・利益ともに下期より上期、特に第1四半期連
           結会計期間の割合が大きくなる傾向があります。
          (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

            当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
            なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)
           は、次のとおりであります。
                            当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成28年3月1日
                             至 平成28年11月30日)
     減価償却費                                296百万円
          (セグメント情報等)

           【セグメント情報】
            当社グループは、空間再生流通事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                102/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
           1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当第3四半期連結累計期間
                                    (自 平成28年3月1日
                                     至 平成28年11月30日)
            1株当たり四半期純利益金額                                314円71銭

            (算定上の基礎)
             親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                             1,344
             (百万円)
             普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -
             普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                             1,344
             純利益金額(百万円)
             普通株式の期中平均株式数(株)                               4,271,600
          (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
               りません。
             2.     当社は、平成29年1月14日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。期首に当
               該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
                                103/140














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (重要な後発事象)
           (重要な設備投資)
            当社は、平成28年12月6日開催の取締役会において、下記の設備投資を行うことを決議し、土地を取得い
           たしました。
            1.設備投資の目的
              宿泊サービス拡大のための新規ビジネスホテルの建設投資であります。
            2.設備投資の内容
              大阪府大阪市北区曽根崎において、新規宿泊施設を建設するもので、投資総額は42億円程と見込んで
             おります。
            3.設備の導入時期
              土地取得  平成28年12月
              開業予定  平成30年1月
            4.当該設備が営業活動に及ぼす重要な影響
              当社グループの業績に大きく寄与するものと考えております。
           (資金の借入)

            当社は、平成28年12月19日開催の取締役会において、下記の資金調達を行うことを決議し、資金の借入を
           行いました。
            1.借入先
              株式会社みずほ銀行
            2.借入金額
              上限37億円
            3.契約締結日
              平成28年12月26日
            4.借入日(コミット期間)
              平成28年12月27日~平成31年12月26日
            5.返済期日
              平成31年12月26日(期限一括返済)
            6.担保
              根抵当権設定仮登記(極度額37億円)
              大阪府大阪市北区曽根崎の土地(7筆)
            7.保証人
              株式会社TKPSPV-4号
                                104/140









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (株式分割)
            当社は、平成28年12月19日開催の                 取締役会決議により、          平成29年1月14日付をもって株式分割を行ってお
           ります。
            また、    上記株式分割に伴う定款の変更を行い、単元株制度を採用しております。
            1.株式分割、単元株制度の採用の目的
              当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、単
             元株式数(売買単位)を100株に統一することを目標とする全国証券取引所の「売買単位の集約に向け
             た行動計画」を考慮し、1単元を100株とする単元株制度を採用いたします。
            2.株式分割の概要
             (1)分割方法
               平成29年1月13日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、1株につき100株の
              割合をもって分割しております。
             (2)分割により増加する株式数
               株式分割前の発行済株式総数                        47,300株
               今回の分割により増加する株式数  4,682,700株
               株式分割後の発行済株式総数    4,730,000株
               株式分割後の発行可能株式総数                   12,000,000株
             (3)株式分割の効力発生日
               平成29年1月14日
             (4)1株当たり情報に与える影響
               「1株当たり情報」は、当該株式分割が期首に行われたものと仮定して算出しており、これによる
              影響については、当該箇所に反映されております。
            3.単元株制度の採用
              単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                105/140













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高
         会社名           銘柄       発行年月日                  利率(%)       担保     償還期限
                                (百万円)      (百万円)
                           平成20年         45                    平成27年
     株式会社ティーケーピー          第4回無担保社債                          -     1.48   なし
                           5月30日        [45]                     5月29日
                           平成22年         60                    平成27年
     株式会社ティーケーピー          第10回無担保社債                          -     0.63   なし
                           9月30日        [60]                     9月30日
                           平成22年         40                    平成27年
     株式会社ティーケーピー          第11回無担保社債                                  なし
                                          -     0.68
                           9月30日                             9月30日
                                   [40]
                           平成22年         50                    平成27年
     株式会社ティーケーピー          第12回無担保社債                          -     0.68   なし
                           12月6日        [50]                     11月30日
                           平成23年         20                    平成28年
     株式会社ティーケーピー          第13回無担保社債                          -     1.22   なし
                           2月28日                             2月26日
                                   [20]
                           平成23年         60                    平成28年
     株式会社ティーケーピー          第14回無担保社債                                  なし
                                          -     0.84
                           2月28日        [60]                     2月29日
                           平成23年         30      10              平成28年
     株式会社ティーケーピー          第15回無担保社債                               0.75   なし
                           7月29日                             7月29日
                                   [20]      [10]
                           平成23年         120      60              平成28年
     株式会社ティーケーピー          第16回無担保社債                                  なし
                                              0.66
                           9月30日        [60]      [60]               9月30日
                           平成23年         40      20              平成28年
     株式会社ティーケーピー          第17回無担保社債                               0.6   なし
                           9月30日        [20]      [20]               9月30日
                           平成23年         40      20              平成28年
     株式会社ティーケーピー          第18回無担保社債                               0.6   なし
                           9月30日        [20]      [20]               9月30日
                           平成23年         120      60              平成28年
     株式会社ティーケーピー          第19回無担保社債                                  なし
                                              0.63
                           12月30日        [60]      [60]               12月30日
                           平成24年         120      60              平成29年
     株式会社ティーケーピー          第20回無担保社債                               0.62   なし
                           2月29日        [60]      [60]               2月28日
                           平成25年         425      350              平成32年
     株式会社ティーケーピー          第21回無担保社債                               0.66   なし
                           9月27日                             9月25日
                                   [75]      [75]
                           平成25年         400      300              平成30年
     株式会社ティーケーピー          第22回無担保社債                               0.54   なし
                           9月30日        [100]      [100]               9月28日
                           平成27年               928              平成34年
     株式会社ティーケーピー          第23回無担保社債                    -           0.44   なし
                           3月31日                             3月31日
                                        [143]
                           平成27年               464              平成34年
     株式会社ティーケーピー          第24回無担保社債                                  なし
                                    -           0.75
                           3月31日              [72]               3月31日
                           平成28年               350              平成35年
     株式会社ティーケーピー          第25回無担保社債                    -           0.18   なし
                           2月25日              [50]               2月25日
                           平成28年               300              平成33年
     株式会社ティーケーピー          第26回無担保社債                    -           0.39   なし
                           2月29日                             2月28日
                                         [60]
                           平成28年               300              平成35年
     株式会社ティーケーピー          第27回無担保社債                    -           0.60   なし
                           2月29日              [-]               2月28日
                                  1,570      3,222
                   合計         -                  -      -      -
                                  [690]      [730]
      (注)1.[ ]内は1年以内に償還予定のものであります。
         2.連結決算日後償還予定額は以下のとおりであります。
                     1年以内       1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
      社債                   730        554        554        454        429

                                106/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【借入金等明細表】
                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                             120        10      1.13       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            1,065       1,326        1.32       -

     1年以内に返済予定のリース債務                             27       27       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            4,525       5,693        1.23    平成29年~43年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             60       30       -   平成29年~30年

                合計                 5,798       7,087       -        -

      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後返済予定額は以下のとお
           りであります。
                    1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
                        1,330        1,269        1,103         850       1,138
      長期借入金
      リース債務                    29         1        -        -        -

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の注記を省略しております。
       (2)【その他】

           該当事項はありません。
                                107/140











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,480              5,045
         現金及び預金
                                         1,192              1,469
         売掛金
                                           50              -
         商品
                                           395              507
         前払費用
                                           39              106
         繰延税金資産
                                           557              113
         その他
                                           △ 5             △ ▶
         貸倒引当金
                                         4,710              7,237
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 1,932             ※1 2,507
          建物
                                         △ 467             △ 766
            減価償却累計額
            建物(純額)                              1,464              1,741
          工具、器具及び備品                                175              213
                                          △ 92             △ 139
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               83              74
                                        ※1 1,449             ※1 1,439
          土地
                                           15              198
          建設仮勘定
                                           20              21
          その他
                                          △ 20             △ 21
            減価償却累計額
            その他(純額)                                0              0
                                         3,013              3,452
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           46              54
          ソフトウエア
                                            1              -
          その他
                                           47              54
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           145              133
          投資有価証券
                                           133              132
          関係会社株式
                                           97              86
          長期貸付金
                                           739             2,312
          関係会社長期貸付金
                                           55              92
          繰延税金資産
                                         2,544              3,240
          敷金及び保証金
                                            8              25
          その他
                                         △ 726            △ 1,210
          貸倒引当金
                                         2,998              4,811
          投資その他の資産合計
                                         6,058              8,318
         固定資産合計
                                         10,769              15,556
       資産合計
                                108/140






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      負債の部
       流動負債
                                           267              407
         買掛金
                                           362              469
         未払金
                                           345              377
         未払費用
                                           23              880
         未払法人税等
                                           185              264
         前受金
                                           690              730
         1年内償還予定の社債
                                        ※1 1,041             ※1 1,254
         1年内返済予定の長期借入金
                                           164              274
         その他
                                         3,078              4,657
         流動負債合計
       固定負債
                                           880             2,492
         社債
                                        ※1 4,513             ※1 5,453
         長期借入金
                                           126              171
         資産除去債務
                                           70              97
         その他
                                         5,589              8,215
         固定負債合計
                                         8,668              12,872
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           287              287
         資本金
         資本剰余金
                                           242              242
          資本準備金
                                           242              242
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         1,619              2,234
            繰越利益剰余金
                                         1,619              2,234
          利益剰余金合計
                                         △ 110             △ 110
         自己株式
                                         2,038              2,653
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           61              53
         その他有価証券評価差額金
                                           -             △ 22
         繰延ヘッジ損益
                                           61              30
         評価・換算差額等合計
                                         2,100              2,684
       純資産合計
      負債純資産合計                                   10,769              15,556
                                109/140








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社ティーケーピー(E20616)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度               当事業年度
                               (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
                                         13,061              16,761
      売上高
                                         8,633              10,519
      売上原価
                                         4,428              6,242
      売上総利益
                                         ※ 3,456              ※ 4,188
      販売費及び一般管理費
                                           971             2,053
      営業利益
      営業外収益
                                            3              5
       受取利息
                                           13              17
       関係会社受取利息
                                            ▶              5
       受取配当金
                                           34              34
       関係会社業務受託料
                                           10               5
       為替差益
                                            9              15
       その他
                                           75              83
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           52              88
       支払利息
                                           13              14
       社債利息
                                           90              10
       支払手数料
                                           -              55
       社債発行費
                                           29              20
       その他
                      &nbs