ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド 有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                  有価証券報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  平成29年1月6日

     【事業年度】                  自 2015年10月1日 至 2016年9月30日

     【会社名】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

                       (ABN   12  004  044  937)
                       (National      Australia      Bank   Limited)
                       (ABN   12  004  044  937)
     【代表者の役職氏名】                  最高財務責任者

                       (Chief    Financial      Officer)
                       ゲイリー・レノン
                       (Gary   Lennon)
     【本店の所在の場所】                  オーストラリア連邦 ビクトリア州 3008 ドックランズ

                       バークストリート          800 1階
                       (Level     1,  800   Bourke     Street,     Docklands,       Victoria,      3008,
                       Australia)
     【代理人の氏名又は名称】                  弁護士 梅 津  立

     【代理人の住所又は所在地】                  東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03―6888―1000

     【事務連絡者氏名】                  弁護士 中村 慎二

                       弁護士 栗田 聡
                       弁護士 寺尾 裕真
                       弁護士 大木 彩衣里
     【連絡場所】                  東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                       アンダーソン・毛利・友常              法律事務所
     【電話番号】                  03―6888―1000

     【縦覧に供する場所】                  ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド東京支店

                       (東京都中央区日本橋室町2丁目2番1号 
                       室町東三井ビルディング18階)
                                   1/440



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第一部      【企業情報】

      (注)   1 本報告書において、別段の記載がある場合を除き、「当社」とはナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッ

          ドを指し、「当社グループ」とは全体としてみたナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドおよびその被
          支配会社を指す。別段の注記が付されている場合を除き、本報告書中の情報は当社の2016年度年次財務報告書の日
          付である2016年11月14日時点のものである。
        2 本報告書に記載の金額は、別段の記載がない限り、オーストラリア・ドルで表示される。「百万豪ドル」は、百万
          オーストラリア・ドルを指す。本報告書において便宜上記載されている日本円への換算は、1豪ドル=80.92円の
          換算レート(2016年11月14日現在の三菱東京UFJ銀行の対顧客電信直物売買相場仲値)により換算されている。
        3 本報告書の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
        4 将来の見通しに関する記述
          本報告書には、1934年米国証券取引所法第21E条で定義された一定の「将来の見通しに関する記述」が含まれてい
          る。1995年米国証券民事訴訟改革法は、企業が訴訟リスクを負うことなく当該企業に関する予測情報を発表するの
          を促す目的で、当該予測情報が将来の見通しであることが見分けられるようにし、かつ、実際の結果を当該予測情
          報の内容から大幅に異ならせる可能性のある重要な諸要因をしかるべき注意書きにおいて識別している場合には、
          その限りにおいて将来の見通しに関する情報についてセーフハーバーを設けている。従って、「予想する」、「確
          信する」、「期待する」、「計画する」、「予測する」、「予定する」、「だろう」、「可能性がある」、「~こ
          とがある」、「目標とする」、「目標」、「目的」、「計画」、「展望」、その他同様の用語は、将来の見通しに
          関する記述に関連して使用されている。
         本報告書中、将来の見通しに関する記述は、以下の事項に関する記述に関係するが、これらに限定されない。

         ●  取締役の財務内容の検討・報告書を含むがこれらに限定されない、経済・財務予測。
         ●  リスク管理において記載されたものを含むがこれらに限定されない一定の管理制度・プログラムの実行の見通し。
         ●  一定の経営の計画、戦略および目的。
         将来の見通しに関する記述は、将来の業績の保証ではなく、既知・未知のリスク、不確定要素その他の要素を伴い、

         その多くが当社グループの制御の範囲を超えるものであり、これらの要素により実際の結果が本報告書中に記載され
         た表現と大幅に異なる可能性がある。その例は以下の通りである。
         ●  本報告書中の経済・財務予測は、現水準から大幅に変動する可能性がある金利・為替レートの変動および当社グ
          ループの各主要市場の一般的経済状況の影響を受ける。マイナスの変動であった場合、当社グループの財務状況お
          よび営業成績に大きな影響を及ぼす。
         ●  管理制度・プログラムの実行は、当社グループが必要な技術・システムを取得・開発する能力、適任な人員をひき
          つけ・保持する能力ならびに顧客および第三者企業の協力等の要因に左右される。
         ●  経営の計画、戦略および目的はとりわけ、何時でも変更され、当社グループが制御不能な政府による規制に服す
          る。さらに、当社グループはオーストラリアおよび全世界の一般的経済状況、資本市場の変動および状況、各市場
          における競争的環境ならびに政治および規制の政策により絶えず影響を受ける。
         実際の結果が本報告書中の将来の見通しに関する記述と大きく異ならないという保証はない。

        5 本報告書の表における「大」とは、100%を超える割合を指す。
                                   2/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
     1  【会社制度等の概要】

      (1)  【提出会社の属する国・州等における会社制度】
        ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(以下「当社」という。)は、オーストラリア連邦の会社
       を規制する法律である、2001年会社法(以下「会社法」という。)により規制される。会社法はオーストラリア
       証券投資委員会(以下「ASIC」という。)が統制している。
        オーストラリア連邦の諸法律(以下「連邦法」という。)および当社が業務を行うオーストラリア各州の法律

       は当社の業務の運営面に種々の影響を与えているが、とくに当社に関係の深い重要な連邦法は現行の連邦銀行
       法を構成する諸法であり、これには1959年銀行法(以下「銀行法」という。)、1998年オーストラリア金融監督
       権限法および1998年金融部門(株式保有)法(以下「FSSA」という。)が含まれる。オーストラリア証券取引所
       (以下「ASX」という。)の上場規則(以下「上場規則」という。)もまた当社の業務の一部に影響を及ぼす。
        当社に適用のある会社法の主要な規定の概略は以下の通りである。

        会社の定款は、会社法およびコモンローの規定とともに、会社内部の業務を規制する。会社法は種々の置き

       替え可能な規則を置いており、置き換え可能なこれらの規則を置き換えるか変更する定款を会社が採択するま
       で会社の内部規則として機能する。当社は定款(以下「当社定款」という。)を採択し、当社定款には置き換え
       可能な規則として適用される会社法の規定が当社に適用されないことを明示的に記載している。
        当社定款には、当社の業務、事務、権利および権限ならびに株主、取締役その他の役員の権利および権限に

       関して、法律の規定と矛盾しないあらゆる事項を定めることができる。当社定款は、株主総会において本人が
       出席しているかまたはその他の者が代表して議決権を有する株主の75%以上の多数をもって決議される場合に
       のみ改訂することができる。
                                   3/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        当社定款はとりわけ次の事項に関する規定を含んでいる。
        -株式の名義書換および譲渡を含む会社の株式に付随する権利および義務。

        -株主総会の投票および運営方法。
        -取締役、取締役の人数、権限、義務および任免に関する手続ならびに取締役会の議事の運営。
        -会社秘書役の任命および社印の使用。
        -配当の宣言およびその支払。
        -株主への通知手続。
        -当社の清算に際しての資産の分配。
        会社法は、会社に対し、その取引および財務状況および業績を正確に記録しかつこれを説明し、真正かつ公

       正な財務書類の作成および監査を可能にする書面による会計帳簿を保持することを要求している。会社はま
       た、会社法に基づき事業期間終了後に財務報告書(会計基準に基づき要求される財務書類およびその注記、財
       務書類およびその注記についての取締役会の宣言から成る)、取締役会の報告書ならびに監査報告書を所定の
       期限前に提出することを要する。上場規則はまた、事業期間終了後に定期的な財務報告を期限前に行うことに
       ついて規定する。財務報告書はオーストラリア会計基準、オーストラリア会計解釈指針および2001年会社規則
       を遵守の上、会社法に則り、当社の財務状況および業績を真正かつ公正に表示していなければならない。個別
       財務書類に加え、当社の場合のようにグループ内の親会社である会社は、オーストラリアの会計基準に基づ
       き、親会社と事業期間を通して随時親会社が支配していた会社の連結財務書類の作成を要する。その場合、財
       務報告書は連結会社の財務状況および業績について真正かつ公正な見解を示さなければならない。監査人は独
       立の公認会計士とし、少なくとも1名の監査法人のメンバーが会社法に基づき登録されたオーストラリアに通
       常居住する会社監査人でなければならない。監査人は財務報告書について以下の事項に関する意見を述べる義
       務を有する。
       -財務報告書がオーストラリア会計基準に従って作成されており財務状況および業績について真実かつ公正な

        概観を示していることを含み、財務報告書が会社法に則していること。
       -監査人は、監査の実施にすべて必要な情報、説明および支援を得ていること。
       -当社が財務報告書の作成および監査を可能にするため十分な会計帳簿を保持していること。
       -当社が会社法の要求するその他すべての記録および登録簿を保持していること。
        これらの事項の欠如、不履行または不足についての詳細は監査報告書に記載されなければならない。

                                   4/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        取締役は、会社法で特定された事項に関する株主宛の報告書を作成しなければならない。これらの事項に
       は、会計年度中支払われた配当額、会計年度中推奨されたが支払われなかった配当額、当該会計年度の業績お
       よびこれらの業績の結果の検討、会計年度中に行われた主要な業務についての記載、これらの業務の性質の重
       要な変更、ならびに当社の将来の会計年度における業務、業績または経営状態に重大な影響を及ぼした、また
       はその可能性のある会計年度末から生じた事項の詳細が含まれる。
        (当社のように)ASXに上場されている会社の取締役会の報告書には、当該会社の株主が自社の経営、財務状

       況および事業戦略ならびに翌会計年度以降に対する展望について十分な知識に基づく評価を行うために合理的
       に必要とされる情報、さらに取締役会メンバーおよび上級経営陣の報酬の決定に関する取締役会の方針の検
       討、かかる方針と会社の業績との関係の検討ならびに報酬の性質および額の詳細をも含まなければならない。
        取締役会は、       ASICには     会計年度末から3ヶ月以内に               、またASXには2ヶ月以内に               年次財務報告書の写しを提

       出しなければならない。株主は、年次財務報告書の写しをハードコピーまたは電子媒体のいずれかで受領する
       ことを選択できる。株主の選択により、当社はかかる株主に対して、次の定時株主総会から21日前までまたは
       会計年度末から4ヶ月後のいずれか早い方までにかかる報告書の写し(ハードコピーまたは電子媒体のいずれ
       か該当する方)を送付しなければならない。別の方法として、株主は、当社のウェブサイトにて年次財務報告
       書を入手することができる。半期報告書は                      ASICには     半期終了から75日以内に             、またASXには2ヶ月以内に               提出
       しなければならない。半期報告書を株主に送付する義務はないが、かかる半期報告書はASXに提出され、ASXの
       ウェブサイトで公衆の縦覧に付され、通常は当社のウェブサイトに掲載される。
        定款には、最終配当の支払は株主総会の承認事項とする旨の規定を設けることがあるが、これはオーストラ

       リアでは通常当てはまらない。中間配当については、定款は通常、株主の承認を要することなく取締役がこれ
       を実行し得ることを定めている。当社では、全ての配当を宣言し、支払う権限は取締役に付与されている。会
       社法は、配当金の宣言の直前における会社の資産が負債を上回っており、かつかかる超過分が配当金の支払に
       十分であり、かつ配当金の支払が会社の株主全体にとって公平かつ合理的であり、かつ会社の債権者に対する
       支払能力を著しく損なわない限り会社は配当金を支払ってはならない旨規定する。
       株主

        会社法の規定に従い、公開会社(当社等)は、株主総会を毎暦年少なくとも1回は開催しなければならな
       い。この総会は、定時株主総会と称される。定時株主総会の議事は、一般的に取締役の選任または再選ならび
       に財務書類および報告書の審議である。その他の議事は、会社法の通知に関する規定に従い提案される。これ
       に加え、取締役または一定比率の株式を保有する株主は、その他の株主総会を招集することができる。この総
       会は、単に株主総会と称されている。
                                   5/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        会社の株式に付随する議決権は、株主総会におけるその行使方法とともに、定款に定められている。
        株主総会への出席権および議決権を有する株主は、代理人、アトーニー、あるいは適切な場合は法人の代表

       者によって株主総会に出席することができる。この場合のかかる代理人等は当社の株主たることを要しない。
       当社定款には、株主総会の定足数および総会の議長の任命等株主総会に係る規定がある。
        株主総会の決議は、通常一般の決議方法、すなわち株主総会に出席しておりかつ議決権を有する株主の投票

       (本人、代理人または代表者によるものかを問わない。)の50%以上によって採択される。しかし特定の事項
       (例えば当社定款の変更)については、会社法または当社定款によって、特別決議、すなわち出席しておりかつ
       議決権を有する株主の投票(本人、代理人または代表者によるものかを問わない。)の75%以上による決議承
       認を経ることが必要とされている。
       経営および運営

        公開会社(例えば当社)は3名以上の取締役によって運営されることが要求されている。取締役は自然人でな
       ければならない。当社定款は取締役の数を5人以上14人以下と規定している。そのうち少なくとも2名はオー
       ストラリアに通常居住する者でなければならない。取締役の当社運営権限(およびこの権限に対する全ての制
       限)は定款で定められている。取締役は、定款に基づき当社の業務を運営する権限を付与されており、会社法
       または定款により当社の株主総会において行使することが要求されていない権限についてすべて行使できる。
        取締役は、取締役会として行為しなければならず、取締役会は諸決議を会議で行うほか、会議を開催するこ

       となく持回り決議の方法によりこれを行うことができる。個々の取締役は、取締役会の決議で付与された範囲
       内においてのみ当社を代表して行為する権限を有する。
        (当社のような)公開会社は少なくとも1名の秘書役を置くことを義務づけられているが、会社法はその他

       の特定の役職員の任命を要求していない。秘書役は自然人でなくてはならず、会社法および取締役会の決定に
       基づき特定の機能と責任を有している。少なくとも1名の秘書役は、オーストラリア国内に通常居住していな
       ければならない。
        当社定款は、当社の業務運営権を取締役に付与するのみならず、取締役が業務運営権限を専有するものと定

       めており、これによって、株主全体が会社業務の運営方法につき取締役会に指示を与え、業務遂行につき取締
       役会の決定した事項を覆すことを排除している。ただし、株主は次の事項により最終的決定権を保持してい
       る。
                                   6/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       (a)  取締役会に諸権限を付与している当社定款を株主総会において修正すること。
       (b)  取締役の解任または不再任を決議すること。
        当社定款によって付与された権利および権限を行使するに際しては、取締役は必要な注意と勤勉さをもって

       これに当り、当社の最善の利益のために正しい目的で誠実に行為する義務を負っている。業務上の判断を行う
       場合、取締役は、かかる判断を誠実かつ正しい目的で行い、かつ会社法が要求するその他の一定の条件を満た
       す場合は、必要な程度の技術と注意をもって行為をしたとみなされる。
       株式の発行

        会社法、上場規則、当社定款、株主に付与される特別な権利に従うことを条件として、あらゆる種類の株式
       の発行は全て取締役の管理下にあり、取締役は、適切と判断した条件によりこれら株式を発行することができ
       る。
      (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】

        以下は、当社定款の重要な事項の概要である。
       目的

        当社は1893年6月23日にオーストラリア、ビクトリア州で設立された。当社はASICに登録されており、当社
       のオーストラリア事業番号は12                 004  044  937である。当社定款は当社の目的を特定していない。会社法に基づ
       き、当社は法人としての法的な能力および権限を有している。
       取締役

        当社定款は当社の取締役に関する様々な事項を規制している。
       (a)  取締役が重大な個人的利益を有する事項

         取締役会において審議された事項に重大な個人的利益を有する取締役は、当社定款および会社法に規定さ
        れた以下の4つの状況における場合を除き、かかる事項が審議されている間は会議に出席できず、かかる事
        項に投票することはできない。
        (ⅰ)かかる事項に重大な個人的利益を有しない取締役が、かかる事項に利益を有する取締役の氏名、かかる

         取締役のかかる事項に対する利益の性質および範囲ならびに当社の業務との関係を明らかにし、かかる利
         益を有する取締役の利益によりかかる取締役による決議参加および出席の資格を剥奪するべきでないこと
         を残りの取締役が認める旨述べた決議を採択した場合、
        (ⅱ)ASICが会社法に基づき、取締役による重大な個人的利益があってもかかる取締役に出席および決議参加
         を許可する宣言または命令を行った場合、
                                   7/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        (ⅲ)個人的利益を有する取締役の欠格のために取締役会の定足数を満たすに十分な数の取締役がいない場合
         (この場合、1名以上の取締役(重大な個人的利益を有する取締役を含む)がかかる事項を審議するために
         株主総会を招集することができる。)、
        (ⅳ)かかる事項が、取締役の重大な個人的利益があってもかかる事項の検討中に取締役による取締役会にお
         ける決議参加および出席を会社法が特別に許可する種類の事項であった場合。
       (b)  非業務執行取締役の報酬

         非業務執行取締役の報酬総額は当社が株主総会においてこれを決定する。報酬総額は非業務執行取締役間
        での合意に基づきまたは合意がなされない場合には同等に配分される。非業務執行取締役間の報酬総額の配
        分のために別の定足数を設ける必要はない。
         さらに、各取締役は、会議出席のため往復するにあたってまたは同様に当社業務に従事した場合に発生し

        た合理的な出張費、宿泊費その他の費用について払い戻しを受ける権利を有する。
       (c)  取締役により行使可能な借入権限

         当社定款に基づき、当社の業務は、会社法または当社定款により、株主総会において行使されることが要
        求されていない当社の権限をすべて行使できる取締役により運営される。取締役は、金銭の借入または調達
        をし、当社の資産もしくは事業または未払込資本金の全部もしくは一部に対し担保権を設定し、および債券
        を発行しまたは当社もしくはその他の者の負債、債務もしくは義務のため債券を付与する当社のあらゆる権
        限を、当社のために行使する権限を明示的に付与されている。これらの権限は当社定款の修正によってのみ
        変更でき、株主総会において当社株主による特別決議の採択により承認を受ける必要がある。
       (d)  株式に関する資格

         取締役の任命から6ヶ月以内に、取締役はかかる取締役自身の権利として当社の全額払込済普通株式を最
        低2,000株は保有しなければならない。
       株主権-普通株式

        普通株式の保有者は取締役会が随時宣言する株式の配当金を受領する権利を有する。支払済みであるが未請
       求の配当金は、請求または未請求金額に関する法律に従い取り扱いが要求されるまでは取締役会がこれを当社
       の利益のために投資できる。一部払込済普通株式の保有者は、当該株式の発行規程により、引受時に払込まれ
       た額(あるいは、一定の状況下では引受後に随時払い込まれる額)に比例して普通株式配当を受領する権利を
       有する。
                                   8/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        配当金は、配当金の宣言の直前における当社の資産が負債を上回っており、かつかかる超過分が配当金の支
       払に十分であり、かつ配当金の支払が当社の株主全体にとって公平かつ合理的であり、かつ当社の債権者に対
       する支払能力を著しく損なわない場合にのみ支払われる。配当金の支払の前に、取締役会は当社の利益から取
       締役会が適正な目的のためにあてることがその裁量で適切と考える準備金をとりおくことができ、配当金とし
       て分配するべきでないと考える残余利益を準備金に移転せずに繰り越すことができる。
        各普通株主は(本人または代理人もしくは代表者により)株主総会において挙手により1議決権を行使する権

       利を有し、投票による場合は保有する全額払込済普通株式1株につき1議決権を行使する権利を有する。投票
       により議決権を行使する一部払込済株式の保有者は、払込請求に基づき払込済である資本額が株式の総発行価
       格に占める割合に応じた数の議決権を行使できる。
        当社の清算の際には、普通株主は他の種類の株主全員および債権者より劣位にランクされ、清算の際の剰余

       資産に対する完全な権限を有する。
        普通株主は保有する株式を償還する権利を有しない。

        全額払込済普通株式の保有者は当社による資本の払込の追加的な要請に対する義務を有しない。一部払込済

       普通株式の保有者は株式の発行の条件および当社定款に従ってなされた払込請求に基づき株式の未払額を支払
       う義務を負う。
        当社定款には、普通株式の既存または将来の保有者に対する株式の大量保有による差別的取扱に関する規定

       はない。
       株主権-普通株式を表章する米国預託株式

        米国預託株式(以下「ADS」という。)1株は預託機関または保管機関に預託された全額払込済当社株式1
       株で構成される。ADSを構成する全額払込済株式に付された権利は、上記の全額払込済普通株式に付された権
       利と同じである。これらの権利は全額払込済普通株式の保有者としての預託機関あるいは保管機関に帰属す
       る。但し、ADSを証する米国預託証券(以下「ADR」という。)の保有者はADRの発行に適用される規程に基づ
       き預託機関または保管機関に対する一定の権利を有する。
                                   9/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       株主権-ナショナル・インカム・セキュリティーズ
        1999年6月29日、当社は、ナショナル・インカム・セキュリティーズ(以下「NIS」という。)20百万株を1
       株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通じて発行した100豪ドルの全額払込済1
       ノートおよび当社が発行した未払優先株式(以下「NIS優先株式」という。)1株から成るステープル証券
       (stapled      securities)である。NIS優先株式の未払額は、一定の限定された状況(不履行事由の発生等)の下
       でその支払期日が到来する。NISの各保有者は、四半期毎に後払いされる90日オーストラリア銀行手形の利率
       に年率1.25%を加えた利率による非累積的分配を受ける権利を有する。
        オーストラリア健全性規制庁(以下「APRA」という。)から事前に書面で同意を得て、当社は1ノート当た

       り100豪ドル(発生した配当金を付す)で償還し、かかるノートに非分離のものとして付されたNIS優先株式を無
       償で買い戻すか消却することができる。NISには満期日はなく、ASXに上場されている。
       株主権-信託優先証券

        2003年9月29日、当社および被支配会社(以下「当社グループ」という。)は、ナショナル・キャピタル・
       トラストIによる信託優先証券400,000口の1口当たり1,000英ポンドでの発行を通じて当社ロンドン支店が
       使用する資金4億英ポンドを調達した。各信託優先証券には2018年12月17日まで半年毎に後払いされる年率
       5.62%の非累積配当が付き、その後は5年の期間毎にかかる期間当初の5年物英国国債の指標銘柄の償還利
       回りに1.93%を加えた合計の率による非累積配当が付き、半年毎に後払いされる。
        信託優先証券はAPRAから事前に書面で同意を得て2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日にこ

       れを償還でき       る。その場合、        償還価格は1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6ヶ月間の配当期間の未
       払配当金を加えた額である。               また、信託優先証券は一定の状況下でこれを早期償還できる。その場合、償還
       価格は   早期償還に伴う再投資コストの補完調整                     に服する場合がある。
       株主権-ナショナル・キャピタル・インストルメンツ

        2006年9月18日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅢによるナショナル・キャピタル・
       インストルメンツ(以下「オーストラリアンNCI」という。)8,000株の1株当たり50,000豪ドルでの発行を通
       じて資金4億豪ドル(発行コスト控除前)を調達した。各オーストラリアンNCIには                                            初回の任意償還日まで、
       四半期毎に後払いされる、銀行手形の利率に年率0.95%のマージンを加えた利率に相当する非累積配当が付
       く。  2016年10月4日、当社グループは                  APRAから事前に同意を得て              任意にオーストラリアンNCIを全額償還し
       た。
                                  10/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       株主権-転換優先株式
        当社は、2013年3月20日に1,510百万豪ドルの転換優先株式(以下「NAB                                      CPS」という。)および2013年12月
       17日に1,720百万豪ドルの転換優先株式(以下「NAB                           CPS  II」という。)を発行した。これらの転換優先株式
       は、強制転換日である2021年3月22日(NAB                       CPS)および2022年12月19日(NAB                  CPS  II)に普通株式に強制的
       に転換される。
        当社は、事前にAPRAの書面による同意を得た上で、一定の条件の充足を条件として、NAB                                                CPSについては

       2019年3月20日、NAB            CPS  IIについては2020年12月17日、または特定の事象の発生時に、これらを転換、償還
       または再販売する選択権を有する。NAB                     CPSおよびNAB        CPS  IIは特定の状況において健全性規制要件により必
       要とされる場合にも転換が可能である。利息は、NAB                            CPSについては90日銀行手形交換レート(以下「BBSW」
       という。)を3.20%上回る利率(年率)で、NAB                         CPS  IIについては90日BBSWを3.25%上回る利率(年率)で、
       四半期ごとに後払いで支払われる。
       株式、業績連動型オプションおよび業績連動型新株引受権

        株式(様々な制限に服する)、業績連動型オプションおよび業績連動型新株引受権は、従業員に短期および
       長期のインセンティブを与える方法として当社グループにより随時利用されている。
        当社グループが運営する株式およびオプションのプランは、「第6-1 財務書類」の注記                                               39 「株式および

       業績連動型新株引受権」に記載されている。
       社印

        当社は当社定款に規定された社印を持つ。社印は、取締役会の権限または取締役会が社印の使用の権限を付
       与する取締役会委員会の権限に従ってのみ使用されるものとし、社印押捺済の書類には取締役1名が署名し、
       他の取締役、秘書役、またはその他かかる書類の副署のため取締役会が選任した者による副署を添える。
      (3)  【オーストラリアの銀行制度】

        201  6 年 12 月 13 日現在のオーストラリアの銀行制度は、APRAに規制される約                               73 の銀行グループに属する認可銀
       行約  83 行から成る。この中に、オーストラリアにおける主要銀行4行および多数の小規模な銀行およびさらに
       多数の外国銀行が含まれる。
                                  11/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【外国為替管理制度】
       当社の定款は、非居住者であるかまたは外国の普通株式の保有者が保有証券についての権益を有するかまたは
      議決権を行使することを制限していない。
       ASXに上場されているオーストラリアの公開会社(当社等)の合併、買収および売却は、詳細かつ広範囲に及

      ぶ法律およびASXの規則の規制を受ける。
       要約すると、会社法に基づき、ある取引の結果、概ね、その者またはその他の者が保有するオーストラリアの

      上場会社の議決権が20%以下から20%超に増加する場合、または当初から議決権が20%超90%未満である場合
      は、その者は当該会社の発行済議決権付株式の関連持分を取得してはならない。但し、株式が法律により特別に
      許可される方法で取得される場合は除かれる。この制限は、オーストラリアの上場会社における20%超の保有株
      式の売却を希望する株主が有する選択権を制限することにもなる。
       オーストラリアの法律は、オーストラリア、オーストラリアの州、準州または地域の市場における競争を大幅

      に減少させる効果を及ぼすかまたは及ぼす可能性のある買収を規制している。
       外国会社によるオーストラリアの会社に対する一定の利権の買収もまたオーストラリア連邦の財務大臣(以下

      「オーストラリアの財務大臣」という。)による検討および承認を受けなければならない。
       さらに、オーストラリアの1998年金融部門(株式保有)法(以下「FSSA」という。)に基づき、銀行の株式の

      取得に対して特定の制限が課される。FSSAの下で、ある者(会社を含む)が、オーストラリアの金融部門会社に
      対する持分を取得することにより、かかる者が保有するかかる金融部門会社の議決権(かかる者の関係者の議決
      権を含む)がかかる金融部門会社の議決権の15%を上回ることとなる場合、かかる者は、最初にオーストラリア
      の財務大臣の承認を得ることなくそのような取得を行ってはならない。ある者の保有する議決権が15%未満の場
      合であっても、オーストラリアの財務大臣は、かかる者がかかる会社に対する実質的な支配権を有する旨を宣言
      する権限を有し、オーストラリア連邦裁判所の裁定を申請することにより、かかる者に対してかかる支配権を放
      棄するよう要求することができる。金融部門会社の定義には、当社をはじめとする銀行が含まれる。
                                  12/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3  【課税上の取扱い】
       下記の税務に関する検討は、単なる概要の記述であり、完全な技術的分析または当社株式もしくは当社社債の
      日本の実質保有者に対するオーストラリアおよび日本のすべての税効果を列挙することを意図するものではな
      い。同検討は、現在有効な法律、規則および決定に基づいており、オーストラリアおよび日本の法律の改正の影
      響を受ける。税務は複雑な法分野であり、保有者の税効果は、保有者がおかれる特有の状況によっては本解説に
      おいて詳述されたものとは異なる可能性がある。その場合、保有者は、当社の株式または社債の保有者であるこ
      とによる税効果について自分自身で別途税務上の助言を求めるべきである。
      (1)  株式

       オーストラリアの居住者と日本の居住者との間で発生する所得(配当金を含む。)に対するオーストラリアおよ
      び日本両国の所得税については、「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国と
      オーストラリアとの間の条約」(以下「租税条約」という。)がこれを規定している。
       日本国居住者でかつオーストラリアの非居住者である者(かつオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行

      われる取引または事業の一環として株式を保有しない者)が実質的に保有する当社株式に対して支払われる配当
      金については、租税条約の規定により原則として配当金総額の10%がオーストラリアの源泉徴収税として徴収さ
      れる。しかしながら、オーストラリアの配当帰属方式の下で、100%税額控除の対象となる配当金は、オースト
      ラリアの源泉徴収税を免除されている。源泉徴収税は、導管体からの外国所得として申告されていない課税配当
      にのみ適用される。
       当社の日本における実質株主は、当社株式の売却により実現した資産譲渡益については、オーストラリアにお

      ける恒久的施設を通じて行われる取引または事業の一部として、株式が保有されている場合を除き、オーストラ
      リアの所得税を課されることはない。
       通常、オーストラリアの非居住者であってオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行われる取引または事

      業の一環として株式を保有する日本の当社株式の実質株主は、かかる株式の売却からの利益もしくは収益がオー
      ストラリアを源泉とする場合(かかる株主によるオーストラリア国外の証券取引所を通じたかかる株式の受益権
      の売却においては通常、売却からの利益もしくは収益がオーストラリアを源泉とすることにはならない)は、か
      かる利益または収益はオーストラリアの所得税の課税対象となる。かかる場合には、処分によって発生する利益
      または収益は恒久的施設に帰する範囲内で通常の所得税が課される。同様に、損失は、恒久的施設に帰する範囲
      内で、許容される限度で控除される。
                                  13/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       配当金に対するオーストラリアの源泉徴収税に服する当社の日本における実質株主は、租税条約の第25条第1
      項に基づき、日本における税額控除の適用を受けることができる。
       日本における課税については、「第8 本邦における提出会社の株式事務等の概要」を参照のこと。

      (2)  社債

        (イ)オーストラリアにおける課税
          以下の条件が充足される場合、オーストラリア税法に基づき、社債に関してオーストラリアの利息に対
         する源泉徴収は免除される。
         (ⅰ)社債を発行し、利息が支払われる時に発行会社がオーストラリアの居住者であること。利息は、利子
          の性質を有するかまたは利子に代わる額その他一定の額を含むものとされる。
         (ⅱ)  社債の募集は、以下の条件のうち一つを満たす方法でなされなければならない。
          -関係を有しない10以上の金融機関または証券会社に対する募集、
          -100以上の投資家に対する募集、
          -募集   される社債の証券取引所への上場が認められること                          、
          -公衆が入手可能な情報源を通じての募集、
          -上記のいずれかの方法で30日以内に社債を売出すディーラー、幹事会社または引受会社に対する募
            集、  または、
          -グローバル・ボンドの形式による募集。
         (ⅲ)発行の時点で、社債が発行会社の関係者(社債の販売に関してディーラー、幹事会社または引受会社
          としての資格の範囲における場合を除く。)により取得されているか取得が予定されている(直接または
          間接を問わない。)ことを発行会社が知らないかまたは推測する合理的な理由がないこと。
         (ⅳ)利息の支払の時点で、受取人が発行会社の関係者であることを発行会社が知らないかまたは推測する
          合理的な理由がないこと。
          公募書類に別段の規定がある場合を除き、当社は、発行会社として、上述の公募基準(またはグローバ
         ル・ノート/ボンドの条件)を満たし、かつ、その他利息に対する源泉徴収の免除についての関連あるオー
         ストラリア税法の条件を満たす方法で社債を発行する。
          オーストラリアの非居住者であってオーストラリアにおける恒久的施設を通じて行われる取引または事
         業の一環として社債を保有するのではない日本の実質保有者は、社債の売却もしくは償還から実現された
         利益もしくは収益がオーストラリアを源泉としない場合(オーストラリアの非居住者による別のオースト
         ラリアの非居住者に対する社債の売却からの利益もしくは収益は、社債がオーストラリア国外で売却さ
         れ、かつ交渉がすべてオーストラリア国外でなされ、かつ文書がオーストラリア国外で締結された場合
         は、オーストラリアを源泉とすることにはならない)は、かかる利益または収益はオーストラリアの所得
         税の課税対象とならない。
                                  14/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
        (ロ)日本における課税
          日本国の居住者または日本国の法人が支払を受ける社債の利息は、日本国の租税に関する現行法令の定
         めるところにより課税対象となる。社債の譲渡によって生じる所得については、その譲渡人が内国法人で
         ある場合は、益金となる。譲渡人が日本国の居住者である個人である場合には、2016年1月1日よりも前
         に行われた社債の譲渡によって生じる所得については一定の場合を除いて日本国の租税に服さないが、
         2016年1月1日以降に行われた社債の譲渡によって生じる所得については日本国の租税に服する。かかる
         社債の利息および社債の譲渡に関する所得の計算においては、一定の範囲内で、上場株式等(2016年1月
         1日以降は、一定の公社債等が含まれる。)の譲渡損益や配当金・利子等との損益通算をすることができ
         る。
     4  【法律意見】

       当社の   法務担当ジェネラル・カウンシル(代理)                      であるジョン・ドナルドソン氏により、以下の趣旨の法律意
      見が提出されている。
      (1)  当社は、オーストラリア連邦法およびビクトリア州法に基づく銀行として適法に設立されかつ有効に存続し
       ており、資産を保有し、本報告書(第八号様式)に記載された銀行業務を遂行するための権能を完全に具備し
       ていること。
      (2)  当社と取引を行う者は、2001年会社法第128条に基づき、当社における発行済普通株式が当社の定款に従い
       すべて有効に発行されていると推定する資格を有すること。ただし、かかる者が取引時に推定が誤りであると
       知っているかまたは誤りである疑いがある場合はこの限りでない。および
      (3)  同氏の知り得た限り、かつその信ずる範囲内においては、本報告書(第八号様式)第1-1、2、3節にそ
       れぞれ記載の本国における法制等の概要の記載は真実かつ正確であること。
                                  15/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       下表は最近5事業年度における当社グループの主要な経営指標等の推移を示している。
       注-下表の数値は、当社グループの2012年度から2016年度までの監査済み連結財務報告書および/または未監査の通期業

       績発表に基づいている。したがって、かかる数値は当該監査済み財務書類および/または未監査の通期業績発表と合わせ
       て読まれ、またそれらを参照することにより完全となるものとする。
                国際財務報告基準に基づく財務データ-2012年度から2016年度

                             当社グループ
                      2016年度        2015年度        2014年度        2013年度        2012年度

     税引前利益
                        8,978        9,515        7,782        8,088        6,159
           (1)
     (百万豪ドル)
     当社株主に帰属する当期
                          352       6,338        5,295        5,355        4,082
     純利益(百万豪ドル)
                (2)
                        34,285        34,651        28,380        27,944        27,373
     払込資本(百万豪ドル)
     払込資本を構成する
     発行済証券総数
                    2,667,929,953        2,583,281,182        2,331,378,557        2,691,463,884        2,974,762,199
     (内 全額払込済普通株式
                    (2,656,975,856)        (2,625,764,110)        (2,365,790,790)        (2,348,902,914)        (2,297,246,415)
          (2)
     総数)   (株)
               (3)
                        51,315        55,513        47,908        46,376        43,803
     純資産(百万豪ドル)
     資産合計(百万豪ドル)                  777,622        955,052        883,301        809,870        763,090
            (4)
                       14.14%        14.15%        12.16%        11.80%        11.58%
     総自己資本比率
         (1)(5)
                        80.8%        79.5%        92.48%        84.11%        102.68%
     配当性向
     従業員数
                        34,263        33,894        41,420        42,164        43,366
             (1)(6)
     (フルタイム相当)
     (1)
       情報は、2015年度のみに関する修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       「払込資本」および「払込資本を構成する発行済証券総数」は、(ⅰ)全額払込済普通株式、(ⅱ)一部払込済普通株式、
       (ⅲ)優先株式、(ⅳ)ナショナル・インカム・セキュリティーズ、(ⅴ)信託優先証券および(ⅵ)ナショナル・キャピタル・
       インストルメンツから成る。「第5-1 株式等の状況」を参照のこと。「払込資本を構成する発行済証券総数」は、主
       に保有される普通株式である自己株式について調整されている。
     (3)
       純資産額は、資産合計から負債合計を引いたものである。
     (4)
       APRAの定義による。
     (5)
       年間の配当金は、宣言、決定および公に推奨された時期とは無関係に、当該年度の最終配当および中間配当を表してお
       り、配当再投資プランを含み、現金に代わるボーナス株式プランの下での発行を含まない。配当性向は、当該期間の配当
       額を当社株主に帰属する法定当期純利益ベースの1株当たり利益で除して計算されている。
     (6)
       フルタイム相当従業員(「FTE」)数には、パートタイム従業員(フルタイム換算済)および従業員名簿に記載されてい
       ないフルタイム相当従業員(契約社員等)が含まれる。
                                  16/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       当社グループは包括的かつ総合的な金融商品および金融サービスを提供する金融サービス組織である。
       当社の歴史は1858年に設立されたザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアに遡る。ナショナル・

      オーストラリア・バンク・リミテッドは当社の本拠地であるオーストラリアで1893年6月23日に設立された株式
      会社である。
       登録事務所の住所はオーストラリア連邦                     ビクトリア州 3008、ドックランズ、バークストリート                              800、1階

      である。当社は1959年銀行法(連邦法)および2001年会社法(連邦法)の規定に基づき業務を行っている。
       1981年、ザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアは、1834年に設立されたザ・コマーシャル・バ

      ンキング・コーポレーション・オブ・シドニーと合併した。
     3  【事業の内容】

      戦略的ハイライト
      展望および目標
       当社グループは、オーストラリアおよびニュージーランドにおいて最も評価の高い銀行になるという展望を追
      求して、新たな戦略を実施している。この展望を実現するため、当社グループの戦略は、実施の指針となり、業
      績を測定するための3つの目標を示している。
       1.顧客が熱心な支持者となること

       2.従業員が意欲的に参画すること
       3.株主資本利益率(ROE)を改善すること
      2016  年の結果

       2016  年度中、当社グループは、これらの目標の達成に向けて著しい進歩をとげた。
      1.オーストラリアおよびニュージーランドの中心となる顧客への注力

       2016  年度中、当社グループは、非中核の資産の一部を売却する主要な売却プログラムを完了した。このプログ
      ラムは以下を含む。
       -2016年2月の会社分割およびIPOを通じたCYBGの完全な売却
       -2016年9月付けでのNABウェルスの生命保険事業の持分のうち、80%を日本生命に対して売却
       これは、当社グループを簡略化し、中心となるオーストラリアおよびニュージーランドのフランチャイズ市場
      に集中することを可能にした。
                                  17/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      2 .良質な顧客経験価値の提供
       戦略の牽引力は以下によって証明される。
                                    (1)
      ・顧客経験の向上。ネット・プロモーター・スコア(NPS)                                 を通じたカスタマー・アドボカシーの測定の継
       続的な展開が例として挙げられる。優先顧客セグメントのカスタマー・アドボカシーは、組織の目標および執
       行役員のスコアカードに含まれている。2016年度中、NABは、優先セグメントNPSにおいて主要な同業者の中で
                     (2)
       3位から1位に上昇した。
      ・顧客経験を改善するため、製品、サービスおよび処理を簡易化することで顧客の不満に取り組むこと。2015年
       および2016年中、100以上の不満点が対処され、2014年のプログラム開始から、4.6百万人の顧客がプログラム
       によって良い影響を受けた。
      ・顧客のニーズを満たすための新たな製品およびサービス。例えば、NABクイックビズ・ローンは、小規模事業
       に対してオンラインの無担保ローンを提供している。
      ・当社グループはさらに、年金事業を合理化し、特別ファンドのうち5つを一つに統合し、オーストラリア最大
       のリテール特別ファンドを創設した。MLC特別ファンドは、100万人以上のオーストラリア人の年金および退職
       金のニーズを管理し、顧客ニーズが一生のうちで変化するのに合わせて様々な商品および特徴の間の切り替え
       を容易にしている。
      ・NABの個人向け銀行業務のオリジネーション・プラットフォーム(PBOP)の国内展開は2016年に完了し、プ
       ラットフォームは、現在8,000人以上の銀行員に展開されている。申込みの進捗状況のさらなる透明化、接触
       の削減、および応答時間の改善により、担保付および無担保の個人貸付に関する顧客経験は、大きく改善され
       る。
      3 .従業員の参画意欲

       当社グループは、以下を達成すべく取り組んでいる。
      ・顧客にとって優れた結果をもたらすため、人材を発見し、育成する。
      ・業績を牽引する優れた指導者を育てる。
      ・より高いレベルで実力を発揮し、高い業績を導くための風土を支えるため、従業員の能力を育成する。業績
       は、バランス・スコアカード手法を用いて評価される。
                                                           (3)
       この重点的取り組みにより、従業員の参画意欲は、前年度の56%から当年度の61%にまで改善した。                                                       当
                                                  (3)
      社グループの参画意欲スコアは、現在「世界的高パフォーマンス組織のベンチマーク」                                                を上回っている。
      ▶ .収益の改善

       CYBGおよびNABウェルスの生命保険事業の80%の売却によって、ポートフォリオは、当社グループが強い競争
      力を持つ収益率がより高い事業ラインへ傾いた。
       当社グループは、0.5%の法定ROEを実現した。当社グループの継続事業の現金ROEは、前年度の当社グループ
      の現金ROEである14.8%に対して、当年度は14.3%であった。
                                  18/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      5 .当社基盤の維持および強化
       当社グループの戦略は、バランスシートの強み(資本、資金調達および流動性を含む。)、リスク管理能力
      (信用リスクおよびオペレーティング・リスクを含む。)および技術プラットフォームの基礎を維持および強化
      することにより支えられている。
       資本:

       ・資本に関連して、売却およびポートフォリオのリバランスにより、当社グループの資本基盤は改善した。
       ・当社グループは、当年度、十分な資本を維持しており、普通株式等Tier                                       1(CET1)目標比率である8.75%
        から9.25%を上回っており、2016年9月30日現在のCET1比率は、9.77%であった。これらの資本に関する結
        果は、モーゲージ・リスク・ウェイトに関連する金融制度審議会の勧告の結果として当社グループに保有が
        要求される水準より高い資本レベルを含んでいる。
       資金調達:

       ・当社グループの現在の長期債務格付は、当社 AA-/Aa2/AA-(S&P/ムーディーズ/フィッチ)、BNZ 
        AA-/Aa3/AA-(S&P/ムーディーズ/フィッチ)、ナショナル・ウェルス・マネジメント・ホールディングズ・
        リミテッド A+(S&P)である。
       ・当社グループは、多様性に富んだ資金調達プロファイルを維持しており、当年度中、364億豪ドルを調達し
        た。
       ・CYBGの会社分割の影響を除き、当年度中、構造的指標は安定していた。
       流動性:

       ・当社グループは、当年度中、強力な流動性を維持していた。当年度の四半期平均流動性カバレッジ比率
        (LCR)は、121%で、APRA要件である100%を上回っている。
       安定調達比率(NSFR):

       ・NABグループのNSFRは、APRA規則草案に基づき、2016年9月現在で100%を上回っている。
       ・NSFR100%の最小遵守比率が2018年1月1日から要件とされる。
       信用:

       ・当社グループポートフォリオの全体の信用リスクは、安定している。
       ・不良債権は、安定し、長期的平均を下回っている。
       ・当社グループは、2016年9月現在、個別引当金カバレッジを減損資産総額の38.3%に維持している。
       ・ポートフォリオの集中は、確立された当社グループのリスク選好の枠組み内で管理されている。
                                  19/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       オペレーティング・リスク:
       ・CYBGの会社分割およびNABウェルスの生命保険事業の80%の売却は、当社グループを簡略化し、オペレー
        ティング・リスクを低下させた。
       当年度は、CYBGの会社分割およびNABウェルスの生命保険事業の80%の日本生命への売却を含む、主要な売却

      が完了したことで、当社グループにとって節目の年となった。2017年には、当社グループは、より強力かつ簡略
      で、オーストラリアおよびニュージーランドの顧客を手助けすることに重点を置いた、再構築された企業とな
      る。
     (1)

        ネット・プロモーター®およびNPS®は、登録商標であり、ネット・プロモーター・スコアおよびネット・プロモーター・
       システムは、ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの商標であ
       る。
     (2)
        優先セグメントのネット・プロモーター・スコア(NPS)は、5つの優先セグメント(住宅抵当貸付顧客、債務のない顧
       客、零細事業(100万豪ドル未満)、小規模企業(100万豪ドル以上500万豪ドル未満)および中規模事業(500万豪ドル以
       上50百万豪ドル未満))のNPSスコアの単純平均である。優先セグメントのNPSデータは、ロイ・モーガン・リサーチおよ
       びDBM   BFSM・リサーチによる6ヶ月間の移動平均に基づいている。
     (3)
        ライト・マネジメントによるスピークアップ・ステップアップ調査。2015年の参画意欲の数値は、非継続事業を除くた
       め修正再表示されている。
     4  【関係会社の状況】

      (1)  親会社
        当社は別の法人もしくは自然人または外国政府によって直接または間接的に支配されていない。
      (2)  子会社

        子会社に関する情報は「第6-1 財務書類」の注記30「子会社および他の企業への関与」に記載されてい
       る。
                                  20/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
     フルタイム相当従業員
                       2016  年     2016  年     2015  年     2016  年 9月    2016  年 9月

                       9月30日       3月31日       9月30日        対2015年       対2016年
                        現在       現在       現在       9月(%)       3月(%)
     オーストラリア銀行業務                    24,620       25,073       24,770         0.6       1.8
     ニュージーランド銀行業務                    4,963       5,012       4,784        (3.7)        1.0
     NABウェルス                    4,584       4,567       4,215        (8.8)       (0.4)
     コーポレート機能・その他業務                      96       128       125       23.2       25.0
     フルタイム相当従業員
     (「FTE」)数合計                    34,263       34,780       33,894         (1.1)        1.5
     半期中の平均FTE数
                         34,835       34,330       34,148         (2.0)       (1.5)
     当年度と前年度との比較

      FTE数合計は、前年度から369名増加した。
      各業務におけるFTE数の主要な変動は、以下に記載のとおり。

      -オーストラリア銀行業務のFTE数は、戦略的計画による効率性の向上を反映して、150名減少した。これらの減
       少は、当社グループの優先顧客セグメントへの投資の増加により相殺された。
      -ニュージーランド銀行業務のFTE数は、優先セグメントおよび戦略的計画の支援のため、179名増加した。これ
       らの増加は、生産性向上による節減により一部相殺された。
      -NABウェルスのFTE数は、規制・コンプライアンス業務の増加に加えて、NABウェルスの生命保険事業の80%の
       売却の実行に必要とされる変革および能力上昇の計画を主因として369名増加した。
      -コーポレート機能・その他業務のFTE数は、事業の合理化によって29名減少したが、NABラブズに対する投資が
       増加したことによって一部相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      FTE数合計は、当年度上半期から517名減少した。
      各業務におけるFTE数の主要な変動は、以下に記載のとおり。

      -オーストラリア銀行業務のFTE数は、生産性および合理化計画によって453名減少した。これは、当社グループ
       の優先セグメントに対する投資の増加によって一部相殺された。
      -ニュージーランド銀行業務のFTE数は、生産性向上による節減を主因として、49名減少した。
      -NABウェルスのFTE数は、NABウェルスの生命保険事業の80%の売却の実行に必要とされる変革および能力上昇
       のイニシアチブを主因として、17名増加した。
      -コーポレート機能・その他業務のFTE数は、事業の合理化を主因として、32名減少したが、NABラブズに対する
       投資が増加したことによって一部相殺された。
                                  21/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

       下記「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     2  【生産、受注および販売の状況】

       下記「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
     3  【対処すべき課題】

       下記「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および「第6-1 財務書類」
      の注記31「偶発債務および与信コミットメント」を参照のこと。
       下記「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記31「偶発債務および

      与信コミットメント」に記載されている情報は、2016年9月30日時点のものである。下記「第3-7 財政状
      態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」および注記31「偶発債務および与信コミットメント」に関
      するそれ以降の情報については、第6-2および「第6-1 財務書類」の注記42「後発事象」を参照のこと。
     4  【事業等のリスク】

      一般銀行業務、経済情勢および財務状況に関連するものを含む当社グループ特有のリスク

       以下は、当社グループに関連する主要なリスクおよび                            不確定性である。これらのリスクおよび不確定性は、重
      要度の順に記載されておらず、これらのリスクが発生する可能性を判断することは不可能である。これらのリス
      クが一または複数発生した場合、当社グループの事業、営業、財務状況および将来の業績は悪影響を被る可能性
      がある。
       その他、現在は不明であるかまたは重要でないとみなされているが、後に判明するかまたは重要なものとなる

      可能性のある当社グループが直面しているリスクがある。これらは個別にまたはあわせて、当社グループに悪影
      響を及ぼす可能性がある。              そのため、当社グループは、将来の業績、収益性、収益の分配または資本収益率につ
      いて補償または保証しない。
      銀行・金融サービス業界特有のリスク

       通常、この外部リスクの性質および影響については、予測不能であり、かつ当社グループの直接の支配が及ば
      ない場合が多い。
                                  22/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループはマクロ経済および地政学的リスクならびに金融市場の状況から悪影響を受ける可能性がある。
       当社グループは、オーストラリア、ニュージーランド、英国、米国およびアジアを含む幅広い法域内で業務を
      行っている。当社グループの事業活動は、世界各地の顧客が要求する銀行・財務サービスおよび商品性質および
      程度に左右される。とりわけ、借入水準は、顧客心理、雇用動向、市場金利ならびにマクロ経済・金融市場の状
      況および予測に非常に大きく左右される。
       国内外の経済状況および経済予測は、経済成長率、資本の利用可能性およびコスト、中央銀行の介入、インフ

      レ率およびデフレ率、ならびに市場の不安定性および不確実性等の数多くの要因の影響を受ける。経済状況はま
      た、自然災害、戦争・テロ、政治・社会不安ならびに公的債務の再編および不履行等の大きな影響のある事象の
      影響を受ける。
       信用市場、為替市場、商品市場および株式市場における不安定性または不確実性および困難な経済状況によ

      り、以下の事象が起こっており、または今後起こる可能性がある。
       ● 資金調達費用の増加または利用可能な資金の欠如
       ● 資産(担保を含む。)の価値の低下および資産(担保を含む。)の流動性の悪化
       ● 一部の資産に係る価格決定不能
       ● 契約相手方の債務不履行および信用損失(ヘッジ戦略の一環としての保障保険の売買に係るものを含
         む。)の危険性の増加
       ● 貸倒引当金の増加
       ● 株式ポジションおよび売買ポジションにおける値洗い損
       ● 利用可能なもしくは適切なヘッジ目的のデリバティブ商品の欠如
       ● 成長率、営業収益および利益の低下。とりわけ、当社グループのウェルス業務の収益は資産価値(とりわ
         け上場株式の価値)への依存度が高いため、同業務の運用資産の価値が低下すると、当社グループに対す
         る同業務からの収益寄与額が減少する可能性がある。
       ● 保険コストの増加、利用可能なもしくは適切な保険の欠如または保険業者の破綻
       以下は、現在当社グループと関わりがあり当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性の

      ある一定のマクロ経済・金融市場の状況の例である。
       ● トレンドを下回る実質国内総生産(「GDP」)の増加およびサブターゲットのインフレは、世界的な収益
         の増加率の低下をもたらした。先進国経済では、この低下は生産性の増加の鈍化、世界金融危機の長引く
         影響、そして日本およびユーロ圏等の主要経済において需要の伸びが不足していることを反映している。
         オーストラリアとニュージーランドでは、所得創出は商品価格の低下の影響を受け、実質GDPの成長率に
         歯止めをかけた。
                                  23/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● 経済の持続的成長がみられないことから、対所得負債比率は経済が循環的に悪化した場合の継続的なリス
         クを示している。先進国経済における国債、新興国経済(特に中国およびブラジル)の非金融機関の社債
         ならびにオーストラリア、ニュージーランド、カナダおよび西ヨーロッパの一部の家計部門では、とりわ
         け高い債務負担がかかっている。多くの先進国経済における政府債務比率の上昇も国債の信用格付に影響
         を及ぼす可能性がある。格付機関であるS&Pグローバル・レーティングス(「S&P」)は、オーストラリア
         の国債の格付のアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」に修正し、AAAの格付を据え置いた。その
         結果、S&Pはオーストラリアの主要銀行およびそのニュージーランドの子会社のアウトルックも「安定
         的」から「ネガティブ」に修正した。ムーディーズ・インベスターズ・サービス(「ムーディーズ」)
         は、オーストラリアの国債のアウトルックを「安定的」のままとしたが、オーストラリアのマクロ・プロ
         ファイルを「非常に強い」から「非常に強いネガティブ」に変更し、その結果、多くのオーストラリアの
         銀行およびそのニュージーランドの子会社の格付のアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」に修正
         した。ニュージーランドの国債の信用格付のアウトルックは安定的のままである。
       ● ヨーロッパの銀行のいくつかでは、引き続き弱含みが続いており、資産合計に対する不良債権の割合は依
         然として高い。世界銀行制度の相互関連性は、ヨーロッパの銀行制度が抱える問題が世界金融市場におけ
         る混乱を生み出し、世界中の個別の銀行の安定性について問題を提起する可能性があることを意味してい
         る。過去にはそのような相互関連性により市場の流動性が低下したことがあり、当社グループのホール
         セール資金調達にマイナスの影響を与える可能性がある。
       ● 先進諸国経済において金利が歴史的な低金利から上昇した場合、住宅から国債に至るまで幅広い資産の評
         価が急激に低下するリスクがある。これらの市場の流動性もまた予想外に低下し、市場のボラティリティ
         が上昇する可能性がある。過去に米国において金融政策の引き締めがあった時期には、新興国市場におけ
         る資本流入の量および価格設定のより大きな変動と関連していた。オーストラリアおよびニュージーラン
         ド経済を含む資本輸入国経済のいくつかは、依然として米国の金利の突然のまたは目立った変動および金
         利見通しへの期待から被害を受けやすい。
       ● 中国における経済成長の継続は、急速な成長速度が急激に低下する可能性があるとの懸念が続いているこ
         とから、オーストラリアとニュージーランド双方にとってとりわけ重要である。中国の政策立案者は高い
         投資水準および速い与信成長に基づく経済モデルへの依存を続けている。オーストラリア経済は、その輸
         出構成により、とりわけ中国による投資の突然の低迷または中国経済の大幅なもしくは継続的な悪化にさ
         らされている。さらに、中国における不良債権比率の水準の上昇は、信用および流動性の状態ならびによ
         り広範囲の中国経済に対する影響に波及する可能性があることから、中国の銀行制度に対する重大なリス
         クとなっている。
                                  24/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       ● オーストラリアおよびニュージーランド双方での商品価格の急激な低下は、トレンドを下回る世界成長に
         よる需要の抑制が商品供給の増加と相俟ってもたらされた。一部の地域は、オーストラリアにおける石炭
         および鉄鉱石等の鉱物ならびに石油およびガスの価格低下の他、両国における酪農製品価格の低下から悪
         影響を受けた。商品価格のボラティリティは依然として大きいところ、当社グループは商品生産およびト
         レーディング業務に対する大きなエクスポージャーがある。
       ● 政治環境の変化は、前払費用が発生するものの中期的には見返りのある成長促進改革を実行することが一
         層困難になり得るリスクを高める。長期にわたり確立されてきた経済政策は、より不安定かつより予測不
         能な地政学的環境において突然変更される可能性があり、この数十年間世界成長を支えてきたグローバリ
         ゼーションおよび市場解放の傾向が振り出しに戻る可能性がある。英国の欧州連合離脱投票は、政治、社
         会およびマクロ経済面での大きな不確実性を生み出した。欧州市場への英国のアクセス、英国の規制環境
         および資本と労働の移動の自由等の問題に関する英国および欧州連合間の離脱後の取り決めについては、
         未だ不明である。2016年11月の米国の連邦選挙および2017年の主要なユーロ圏諸国の選挙を含む様々な政
         治的イベントから生じる潜在的変化は、世界事業環境が追加のリスクを負うことを示し、市場のボラティ
         リティを上昇させる可能性がある。
      当社グループは広範囲にわたる規制に服する。規制の変更は当社グループの営業、財務実績および財務状況に悪

      影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループは、オーストラリアおよび当社グループが事業を行うか、取引を行うかまたは資金を調達するそ
      の他の法域における高度の規制に服する。当社グループは、いくつかの規制当局および業界の実務指針の監督に
      服する。
       規制内容は、法域毎に異なり、預金者、保険契約者、有価証券の保有者、および銀行・金融サービスシステム

      全体の利益の保護を目的としている。法律および規則に対する変更または規制方針もしくは解釈の変更は、予測
      不能かつ当社グループの支配が及び得ないものであり、当社グループが事業を行う法域間で協調できない可能性
      がある。規制の変更は、多額の資本・コンプライアンス費用、企業構造の変更、経営陣、従業員およびITシステ
      ムに対する要求の増加をもたらす可能性がある。
                                  25/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループに影響を及ぼす現在または潜在的な規制の変更の例は、以下のとおりである。
       バーゼル銀行監督委員会(「BCBS」)の規制改革の実行が今後続く予定である。オーストラリア健全性規制庁

      (「APRA」)はオーストラリアでBCBSのバーゼルIII要件に係る健全性基準を導入した。これらの改革により、
      当社グループが維持するべき資本の質およびリスク加重資産に対する資本の割合が上昇し、質の高い流動資産
      (「HQLA」)として当社グループが保有するべき資産の質および割合が上昇した。その他当社グループに影響を
      及ぼすBCBSによる主要な変更は、以下を含む。
       ● 安定調達比率(「NSFR」)に係るAPRAの最終基準は2018年1月までに実施される予定である。APRAの解釈
         によっては、NSFRの遵守はオーストラリア銀行業界の参加者およびオーストラリアの親銀行が所有する
         ニュージーランドの銀行の資金調達プロファイルおよび関連コストに影響を及ぼす可能性がある。
       ● 証券化枠組みの修正が2018年1月に実施される予定である。これは業界全体が証券化エクスポージャーの
         ために保有する規制上の自己資本の額に影響を及ぼす可能性がある。
       ● 2016年1月、BCBSは2019年に世界的に発効する予定の修正市場リスクの枠組を発表した。これはトレー
         ディング勘定資本要件に影響を及ぼす可能性がある。
       ● APRAはまた、認可預金受入機関(「ADI」)に最低レバレッジ比率の要件を課す意向を表明した。これは
         2018年1月1日までは予定されていない。
       ニュージーランドでは、ニュージーランド準備銀行がバーゼルIII自己資本比率に関する枠組をニュージーラ

      ンドの状況を反映した修正を加えて実施した。
       他の規制当局もバーゼルIIIおよび同等の改革を実施したかまたは実施の過程にある。

       BCBS  は、銀行の規制自己資本比率の一貫性および比較可能性の向上に注力していることから、引き続き規制の

      変更を行っている。基準の修正を動かすテーマには、透明性、一貫性および信頼性が含まれる。提案の草案に
      は、規制上の自己資本の計算に対する内部格付に基づき、標準化されたアプローチの修正と資本フロアー枠組み
      の導入が含まれ、ソブリンリスクの検討が予定されている。2016年4月、BCBSは銀行勘定の金利リスクの修正枠
      組を発表した。BCBSはオペレーショナルリスク・キャピタル枠組の修正も実施する予定である。これらの変更の
      影響の全容は、BCBSの要件が確定し、APRAその他の規制当局がこれを実施するまでは明らかとならない。かかる
      影響は、オーストラリア政府による金融制度審議会(「FSI」)の結果とられた措置に関連する可能性がある。
                                  26/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       FSI  は、オーストラリアの発展するニーズを最もよく満たし、経済成長を支援するにはオーストラリアの金融
      制度がどのように位置づけられるかを検討する責任を負っている。FSIはまた、年金および退職、規制プロセ
      ス、革新、支払およびデータを含む事項に関し、銀行システムの強靱性、効率性および公平性を改善するための
      措置ならびに消費者への影響を改善する措置を提案した。2015年、オーストラリア政府は、オーストラリアの金
      融制度に対する44の勧告のうち43の勧告を支持することを確認し、金融セクターの規制枠組に影響を及ぼす勧告
      を実施する責任をAPRAに課した。2016年7月以降、APRAは、内部モデルの使用の認可を受けたADIについてオー
      ストラリアの住宅抵当貸付のリスク・ウェイトを約16%から平均25%に引き上げた。さらなる勧告の実行は、規
      制および法律、リスク加重資産または自己資本比率に影響をもたらす可能性がある。
       金融安定理事会は、2015年11月に世界のシステム上重要な銀行(「G-SIB」)向けの総損失吸収力の基準を発

      表した。当社はG-SIBではないが、国内のシステム上重要な銀行としてより高い自己資本の水準を要求される可
      能性がある。これは損失吸収力枠組の実行に関するFSIの勧告に沿っており、新たな国際慣行にも従っている。
      これは当社グループの資本の性質およびコストに影響を与える可能性がある。
       当社グループは、APRAによるADIレベル2グループの定義の明確化に基づき修正レベル2グループ構造への移

      行を進めている。しばらくの間、CET1資本には、ナショナル・ウェルス・マネジメント・ホールディングスが
      直接発行した債券から生じた自己資本上の便益の廃止に関するAPRAの暫定的取り決めが反映される。
       APRA  は、当社グループを含む金融コングロマリットグループの監督に係る枠組みのガバナンスおよびリスク管

      理要素に関連する最終健全性基準を発表している。これらの非資本要素は2017年7月1日に有効となる。APRAは
      同枠組の資本要素の確定を延期したため、新たな要件の実施は2019年まで予定されていない。
       米国の2010年ドッド・フランク                 ウォール街改革および消費者保護法(「ドッド・フランク法」)は、米国の

      銀行および金融機関の規制制度における大きな改正を行った。これらの改正には、一部の外国銀行組織(当社も
      含む。)および関連会社に課される監督要件および健全性基準の追加が含まれる。ドッド・フランク法はまた、
      一部の自己勘定取引、一部の外国銀行組織(当社を含む。)によるヘッジファンド、プライベート・エクイ
      ティ・ファンドその他同様のファンドへの資金提供または投資を禁止するボルカー・ルールを含む。
                                  27/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       店頭(「OTC」)デリバティブ市場改革が世界的に実施されている。オーストラリアでは現在、オーストラリ
      ア証券投資委員会(「ASIC」)がオーストラリアのADIが締結した一部の金利デリバティブの中央清算を要求し
      ている。APRAは、概ね国際基準に沿って、中央清算されないデリバティブに対する証拠金およびリスク緩和の基
      準を提案した。OTC改革は、英国の金融行為監督機構、欧州の欧州証券市場監督局およびドッド・フランク法お
      よび米国の関連規制を通じた証券取引委員会を含む規制当局により実施されている。OTC改革の範囲および実施
      のスケジュールが法域間で異なる場合、当社グループによる規制コンプライアンスの達成において費用および複
      雑性が増す可能性がある。
       上記の変更に加え、継続中の規制の変更および見直しには、追加の健全性規制・行動規範改革、投資家への貸

      付の増加を制限することを含む健全な住宅ローン貸付慣行を補強するための監視措置、会計・報告要件の変更、
      税法制定、銀行固有の課税、支払およびプライバシー法が含まれる。贈賄・腐敗防止、反マネーロンダリングお
      よびテロ防止のための融資および貿易制裁に関する監督および規制が増加している。また、財務上のアドバイ
      ス、データの質・管理、ガバナンス・文化、行為ならびに利益相反および請求された生命保険金の管理を含む多
      くの分野に関する規制当局の期待および注力が増している。さらに、連邦議会内では、王立委員会によってオー
      ストラリアの銀行の調査が行われることが提案されている。
       これらの現行のおよび潜在的な調査および規制改革の範囲、スケジュールおよび効果の全容または(実施され

      るとしたならば)どのように実施されるかは、不明である。要件の特性およびそれがどのように実施されるかに
      よっては、かかる要件は当社グループの事業、経営、構造、コンプライアンス費用または資本要件、そして最終
      的には財務実績および財政的見通しに悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループは、激しい競争にさらされており、当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能

      性がある。
       当社グループが活動する市場全体にわたり熾烈な競争が繰り広げられている。顧客獲得の競争が激化した場
      合、利益マージンが圧縮され、またはマーケット・シェアを失う可能性がある。当社グループはより低コストの
      かつ新たなビジネスモデルを有する外国銀行およびノンバンクの競合他社を含む新規市場参入者に加えて、有力
      な金融サービス提供者との競争にも直面している。進化する業界の傾向および予想される急速な技術の変化は、
      顧客のニーズおよび志向に影響を及ぼす可能性がある。当社グループは、これらの変化を正確にもしくは十分な
      速さで予想し、または業界の動きに後れをとらずに十分な余裕をもって適応し、顧客の期待に応えるための資源
      と柔軟性を備えていない可能性がある。その結果、当社グループの財務実績および競争地位は悪影響を受ける可
      能性がある。
                                  28/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループ特有のリスク
       銀行業界および金融サービス業界の主力金融機関である当社グループの事業および当社グループ特有の構造に
      は、それぞれ直接起因する複数のリスクが存在する。当社グループの財務実績および財務状況は、以下に記載し
      た当該リスクの影響を受けており、今後も受け続ける可能性がある。
      当社グループは財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある信用リスクにさらされている。

       信用リスクとは、契約の相手方または顧客が当社グループに対して契約条件に従った債務の履行が不可能とな
      る可能性をいう。当社グループの信用リスクの大半は貸付事業によるものである。しかし、銀行勘定、トレー
      ディング勘定、その他の金融商品および貸付金、コミットメントおよび保証の供与ならびに取引決済を含め、当
      該事業にはその他の信用リスク要因が存在する。
       当社グループの貸付ポートフォリオにおける主な副セグメントは、当社の貸付金および支払承諾総額の重要な

      要素である住宅ローンならびにその大半がオーストラリアおよびニュージーランド全土に所在していた商業用不
      動産ローンを含む。
       厳しい事業状況または経済状況(資産評価もしくは住宅不動産および商業用不動産双方の価格の低下、雇用市

      場、政治環境の悪化またはオーストラリアおよびニュージーランドにおける高い水準の家計の負債を含む。)に
      より、契約の相手方または顧客による契約条件に従った債務の履行が不可能となる可能性がある。金利が近年の
      最低記録またはそれに近い水準から上昇した場合は、当社グループは相手方または顧客による債務不履行リスク
      の増加にさらされる可能性がある。とりわけ、住宅投資家住宅抵当貸付ポートフォリオに加えて、当社グループ
      のリテール・非リテールセグメントにわたる金利のみ返済のローンのポートフォリオは、金利が上昇した場合ま
      たは不動産価格が下落した場合には、損失の影響を受けやすい可能性がある。当社グループはまた、集合住宅市
      場が悪化した場合は、不動産開発業者に対するリテール貸付および非リテール貸付双方を通じて、相手方による
      債務不履行リスクの増加にさらされる可能性がある。
       当社グループのオーストラリアおよびニュージーランドにおける事業貸付のマーケット・シェアが大きいこと

      により、同部門全体にわたり状況が悪化した場合は、当社グループは潜在的損失にさらされる。同様に、当社グ
      ループはオーストラリアおよびニュージーランドの農業部門(とりわけニュージーランドの酪農部門)において
      大きなマーケット・シェアを占めている。その結果、商品価格の乱高下、為替変動、気象(干ばつを含む。)、
      病気、輸出規制、検疫による規制、病原菌や害虫の流入および同部門に影響を及ぼす可能性のあるその他リスク
      が当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。より具体的には、ニュージーランド
      の乳製品市場は乳固形分に係る受取単価の割合の低下による圧力を受けている。乳製品受取単価の低い状況は、
      不良債権の増加をもたらす可能性がある。オーストラリアの酪農産業も乳価の下落および生産者への支払の減少
      に直面している。オーストラリアにおける鉱業および石油・ガス産業にサービスを提供する多くのセクターに加
      えて、これらの産業自体が鉱業投資の減速および商品価格の下落の影響を受けた。これらのセクターに対する圧
      力の継続もまた不良債権の増加をもたらす可能性がある。
                                  29/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループは、貸付金、前渡金その他の資産に関連する貸倒損失に備えて引当を行っている。貸出金ポート
      フォリオ上の損失の見積は、その性質上不確実である。かかる見積の精度は、一般的な経済情勢、予測および前
      提条件を含む多くの要因に左右され、複雑なモデリングおよび判断を伴う。情報または評価の前提条件が不正確
      であることが判明した場合、信用減損に係る引当金を見直す必要が生じる。これは、当社グループの財務実績お
      よび財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループはオペレーショナルリスクにさらされていることにより損失を被る可能性がある。

       オペレーショナルリスクは、不十分な内部の手続および内部統制、人員およびシステムまたは外部事象に起因
      する損失のリスクである。オペレーショナルリスクは、法的リスクを含むが、戦略リスクおよびレピュテーショ
      ン・リスクを含まない。
       オペレーショナルリスクは、戦略プロジェクトおよび事業変革の取組みに加えて当社グループの日々の事業活

      動から発生する事業遂行における中核的要素である。オペレーショナルリスクが完全に緩和できないことに鑑み
      て、当社グループは潜在的損失の負担と緩和コストの負担との間の適切なバランスを図る。
       オペレーショナルリスク事由は、経済的損失、罰金、課徴金、身体傷害、評判の悪化、マーケット・シェアの

      喪失、財産の窃盗、顧客救済および訴訟を含む相当な損失をもたらす可能性がある。オペレーショナルリスク事
      由による損失は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       オペレーショナルリスク事由の例には、以下のものがある。

       ● 従業員、請負業者および外部者による詐欺的または不正な行為
       ● システム、技術およびインフラの故障、サイバー攻撃(サービスの拒否および悪質なソフトウェア攻撃を
         含む。)または顧客もしくは機密のデータへの不正アクセス
       ● 人的ミスまたは手順もしくは管理の不十分な設定に基づく手順の誤りまたは失敗
       ● 第三者(オフショアおよび外部委託によるサービス提供者を含む。)による事業上の不履行
       ● 雇用慣行(多様性、差別、職場の健康・安全に関するものを含む。)の脆弱性
       ● 不十分な商品の設計および保守
       ● 自然災害、生物学的危害またはテロ行為等の事象から生じる業務の混乱および物的損害
       さらに、当社グループは、主要な経営陣および業務を行う人員を留任および招致する能力に左右されている。

      主要人的資源が予期せず流失した場合、または適切な経験を有する人材を招致できなかった場合、当社グループ
      が効果的かつ効率的に事業を展開しまたは戦略的目標を達成する能力が悪影響を受ける可能性がある。
                                  30/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       モデルは、当社グループの業務の遂行(例えば、資本要件の計算ならびにエクスポージャーに係る測定および
      ストレス負荷)において広く使用されている。使用されたモデルが不十分であるかまたは誤ったもしくは妥当で
      ない仮定、判断もしくは情報提供に基づいていることが判明した場合は、当社グループの財務実績および財務状
      況に悪影響を及ぼすことがある。
      当社グループは法律または基準の不遵守その他の形での不正行為によりリスクにさらされるおそれがあり、かか

      るリスクは当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある                                          。
       当社グループは、適用ある法律、規則、免許の条件、規制基準、業界の行動規範ならびに当社グループの方針
      および手続の遵守の不履行または不能から生じるリスクにさらされている。これには不適切な商品・サービスの
      顧客への販売、当該商品・サービスを購入させるための不当な影響力の行使、不適切な市場慣行の実施または詐
      欺の当事者となること、受託者責任の不遵守または不適切なもしくは顧客の最善の利益とならない財務上のアド
      バイスの提供等の有害な慣行が含まれることがある。当社グループのコンプライアンス管理に重大な不備があ
      り、不適切に設定され、または法律上もしくは規制上の期待に満たないことによりこれらのリスクを発現させた
      場合は、当社グループには罰金、世間の非難、訴訟、和解、顧客、規制当局もしくはその他の利害関係者に対す
      る損害賠償、ローン、保証その他の担保関連書類等の契約の執行不能または強制的な営業停止または当社グルー
      プの業務の全部もしくは一部を行うための免許の取消がもたらされる可能性がある。これにより、当社グループ
      の評判ならびに財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
       当社グループは主要な規制当局と業界全体の問題および当社グループに特有の問題について継続的に協議して

      いる。世界の銀行・金融サービス業界は以前に増してその行為地の規制当局そして時には政府による情報請求、
      監視および調査を受けており、国際的な企業数社が注目度の高い執行行為(法令違反による多額の罰金を含
      む。)を受けた。世界中の規制当局が財務指標および市場の操作に対する調査を続けている。オーストラリアで
      は、かかる調査には銀行手形交換基準レート(「BBSW」)市場の参加者に対するASICによる業界全体にわたる検
      査が含まれる。この検査に引き続き、ASICは当社と他2社の市場参加者に対する連邦裁判所における訴訟手続を
      開始した。当社は訴訟手続開始前に行われたASICの検査に全面的に協力した。当社はニュージーランドを本拠地
      とする子会社(バンク・オブ・ニュージーランド)その他16の銀行とともに、米国ニューヨーク南部地区連邦地
      方裁判所で提起されたBBSWに関して行われたとされる行為に関する集団訴訟の被告に指名された。同訴訟はASIC
      が提起した訴訟手続を参照している。ASICおよびオーストラリア競争・消費者委員会(「ACCC」)による直物為
      替取引に関する不正行為の可能性についての業界調査は続いている。当社はASICおよびACCCに協力しており、こ
      れらの質問に回答している。これらの訴訟および調査の潜在的結果は現時点では不確定である。BBSWおよび為替
      取引に関する業界全体にわたる問題に関連して他にも集団訴訟が発生する可能性がある。
                                  31/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       2014  年9月以降、オーストラリア上院の経済参考委員会は、潜在的に非倫理的または誤解を与える財務アドバ
      イスおよびかかるアドバイスの影響を受けた顧客のための補償手続を含む財務アドバイザリー業界の各側面に関
      する調査を行っている。この調査は、2016年7月における総選挙前に連邦議会が解散したことにより現在は無効
      となっている。
       2015  年10月、当社グループは、2009年以降法令に違反する助言を受けた可能性があると懸念される一部の顧客

      グループとの接触を開始した。この業務の結果および関連コストの総額は不確定である。当社グループは、原告
      を代理する2つの法律事務所が、当社グループの助言者から財務アドバイスを受けた結果損失を被った当社グ
      ループの顧客を代理して主張を精査している旨を公表したことを認識している。この件に関し、当社グループに
      対して正式な措置はとられていない。
       コンダクト・リスクおよび訴訟問題に関して設定される引当金は、過去の実績、将来の見込み、業界内での比

      較および外部専門家の助言(適切な場合)に基づく主観的判断の行使の組み合わせに基づく数多くの仮定に基づ
      いている。これらの仮定および当社グループが負う損害賠償請求の最終的なコストにはあくまでリスクおよび不
      確定性が存在する。これらの要因は、コンダクト・リスクおよびコンプライアンス関連事項の最終コストが予想
      とは大幅に異なり、追加の引当金を要する可能性があり、これにより当社グループの評判ならびに財務実績およ
      び財務状況が悪影響を被る可能性があることを意味している。
      技術システムの混乱またはデータ・セキュリティーの侵害は、当社グループの営業、評判ならびに財務実績およ

      び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループの日常業務はコンピューターを利用して行われているため、当社グループの情報技術のシステム
      および基盤の信頼性および安全性は、業務にとって不可欠である。これらのシステムが効果的に稼働できないこ
      と、これらのシステムの許容時間内における修復または回復が不能であること、データ・セキュリティーの侵害
      その他の形でのサイバー攻撃または物理的攻撃を含む事由から、技術的リスクが発生する可能性がある。これら
      の事由の全部または一部は当社グループの制御の範囲外である。かかる事由は業務の混乱、評判の毀損、訴訟、
      顧客データの滅失もしくは盗失または規制当局による調査および課徴金をもたらす可能性がある。これは、当社
      グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       金融サービス業界における技術の急速な進展、オンデマンドのインターネットおよびモバイルサービスへの顧

      客の期待の増加により、当社グループはこれらの分野で新たな挑戦を受けることが求められている。
                                  32/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社グループは、コンピューター・システムおよびネットワークを通じて大量の個人情報および機密情報を処
      理し、保管し、送信している。当社グループはこれらの情報の機密性および完全性の保護に対して多額の資金を
      投資している。しかし、情報セキュリティーに対する脅威は絶えず進化しており、サイバー攻撃の実行に使用さ
      れる技術は一層高度化している。当社グループは、セキュリティーに対する脅威を予測できない可能性があり、
      また、結果として生じる損害を防止または最小限とするための有効な措置を講じることができない可能性もあ
      る。情報セキュリティー侵害は、業務の混乱、規制当局による執行行為、財務損失、顧客データの盗失もしくは
      滅失、または適用あるプライバシー法の違反をもたらすおそれがあり、これらはすべて、当社グループの評判な
      らびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       その他の事業活動と同様、当社グループは、技術的解決法を開発および提供し続けるために厳選した外部技術

      提供者(オーストラリア国内および海外の双方)を使用している。外部委託またはオフショア化された業務およ
      び関連するリスク(機密データの適切な管理および統制等)は、規制当局および公衆による一層の監視にさらさ
      れている。これらの外部提供者が当社グループに対する義務を履行できなかった場合または当社グループがこれ
      らの提供者を適切に管理できなかった場合は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を
      及ぼす可能性がある。
      当社グループ全体にわたる変換および変更の計画は期待された利益の全部または一部をもたらさない可能性があ

      る。
       当社グループは組織全体にわたる変化(技術およびインフラの変革を含む。)に対して多額の投資を行ってい
      る。これらの計画は、期待された利益の全部または一部を実現しないリスクがある。また当社グループは、戦略
      的目標を達成し、変化する顧客の期待に応え、競争圧力に対処するために、引き続き業務プロセス改善計画を追
      求し、技術に対して投資を行う。これらのプロセスの変更は、オペレーショナルリスクおよび法令遵守リスクを
      増加させ、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      重要な会計上の判断および見積りの誤りが後に判明した場合、当社グループは損失を被る可能性がある。

       当社グループの財務書類を作成するにあたっては、経営陣は、見積りおよび仮定を用い、会計原則の適用にお
      いて判断を行使する必要があり、それぞれが資産、負債、収益および費用の報告額に影響を及ぼす可能性があ
      る。高度な判断を伴うかあるいは仮定が財務書類にとって重要な分野には、引当金(コンダクト・リスクに関す
      るものを含む。)の計算において使用される推定、のれんおよび無形資産の評価ならびに金融商品の公正価値が
      含まれる。
       連結財務書類の作成にあたり当社グループが使用した判断、見積りおよび仮定に誤りがあることが後に判明し

      た場合、当社グループは予想または引当金の設定を上回る多大な損失を被る可能性がある。これは、当社の財務
      実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
                                  33/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループの業務遂行から生じる訴訟および偶発債務は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状
      況に悪影響を及ぼす可能性がある。
       当社グループ内の企業は、自社の業務遂行に起因する法的手続に随時巻き込まれる場合がある。当該法的手続
      に関する潜在的な債務およびコストの総額は正確に評価できない。重大な法的手続によって、当社グループの評
      判ならびに財務実績および財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
       当社グループの重要な法的手続および偶発債務に関する詳細については、「第6-1 財務書類」の注記31

      「偶発債務および与信コミットメント」を参照のこと。
      資本不足は、当社グループの事業ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

       資本リスクは、当社グループが、健全性基準の要件を満たすため、戦略的計画および目標を達成するため、自
      らがさらされるリスクをカバーするため、または予期せぬ損失から自らを防御するための十分な資本および準備
      金を有していないリスクをいう。当社グループは、規制対象活動を行う全ての法域において、当社グループの事
      業のバランスシートの規模およびリスク構成に相応の最小限の資本および準備金を保持する義務を負う。
       健全性資本要件(およびこれらの要件における提案された変更(BCBSによる自己資本比率改革から生じるかま

      たはFSIの勧告に対応する変更を含む。))は、当社グループが、当社グループ内の企業全体における資本を管
      理する能力を制限するか、株式およびハイブリッド商品の配当金もしくは分配金を支払う能力を制限するかまた
      は当社グループに対し、より質の高い資本のより多くの調達もしくは使用またはバランスシートの増大の制限を
      要求する可能性がある。さらに、資本要件の評価の根拠とされた情報または前提が不正確であることが判明した
      場合、当社グループの営業ならびに財務実績および財務状況は悪影響を被る可能性がある。
      当社グループの資金調達および流動性水準は、世界の資本市場の混乱から悪影響を受ける可能性がある。

       資金調達リスクは、当社グループが継続事業、戦略的計画および目標を支援するための短期・長期の資金調達
      ができないリスクである。当社グループは、その事業運営に必要な資金を調達するため、国内外の資本市場にア
      クセスする。これらの資金調達市場に混乱が生じた場合または当社グループの証券を保有することへの投資家の
      意欲が減少した場合、当社グループの資金調達能力が悪影響を被るかまたは当社グループがより高いコストもし
      くは不利な条件で資金を調達しなければならなくなる可能性がある。
                                  34/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       流動性リスクとは、当社グループが金融上の義務を満期到来時に履行できないリスクをいう。これらの義務に
      は、要求時または契約上の満期日における預金支払、借入金および満期借入資本の期日弁済、借入利息の支払、
      営業費用および税金の支払が含まれる。当社グループの流動性水準の大幅な悪化は、当社グループの資金調達コ
      ストの増加をもたらすか、新規貸付高を抑制するかまたは当社グループによるオーストラリア準備銀行の流動性
      約定融資枠の利用をもたらす可能性がある。これは、当社グループの収益性ならびに財務実績および財務状況に
      悪影響を及ぼす可能性がある。
      当社グループの信用格付の大幅な引下げは、当社グループの資金調達コスト、市場アクセスおよび競争力に悪影

      響を及ぼす可能性がある。
       信用格付は、借入人の一般的信用度に関する見解であり、市場参加者が当社グループならびにその商品、サー
      ビスおよび証券を評価するにあたって重要な参考指標となり得る。
       格付機関は、当社グループまたは当社グループが業務を行う国の政府の信用格付の設定および見通しに変更を

      もたらす可能性がある継続的な格付見直し業務を行っている。この見直し業務は、当社グループの財務状況およ
      び見通し、当社グループの業務およびプロセスの強さ、金融危機における政府による当社グループへの支援につ
      いて予想される水準およびかかる政府の体力ならびに金融サービス業界および市場全体の状況を含むいくつかの
      要因に基づいている。信用格付は、格付機関が使用する格付方法の変更からも影響を受ける。
       2016  年7月7日、S&Pはオーストラリア連邦のアウトルックを「安定的」から「ネガティブ」に修正した。

      2016年8月18日、ムーディーズはオーストラリアのマクロ・プロファイルを「非常に強い」から「非常に強いネ
      ガティブ」に修正した。これらの変更の結果、S&Pおよびムーディーズ双方とも、当社およびバンク・オブ・
      ニュージーランドを含む多くのオーストラリアの銀行およびそのニュージーランド子会社のアウトルックを「安
      定的」から「ネガティブ」に修正した。
       当社グループもしくは当社グループの証券の信用格付または当社グループが事業を行う一もしくは複数の国の

      国債の格付が引き下げられた場合、当社グループの資金調達コストが増加するかまたは資本市場へのアクセスが
      制限される可能性がある。この結果、流動性水準の低下をもたらし、デリバティブ契約その他の保証付資金調達
      において担保の追加が要求される可能性もある。当社グループの信用格付の引下げにより、当社グループの競争
      力が悪影響を被る可能性がある。
                                  35/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      金利変動は当社グループの財務実績および財務状況に影響を及ぼす可能性がある。
       金利リスクは、金利変動に起因する当社グループの財務実績および財務状況に対するリスクをいう。当社グ
      ループが業務を行う国におけるマイナス金利を含め、時間とともに金利およびイールド・カーブが変化するにつ
      れ、当社グループは、バランスシート上の金利プロファイルによって、収益および経済的価値で損失を被る可能
      性がある。銀行業界では、かかるエクスポージャーは通常銀行の貸付ポートフォリオと預金ポートフォリオ(お
      よびその他資金調達源)の満期日構成のミスマッチから生じる。金利リスクはまた様々な金利再設定条項付の金
      利関連商品に対する顧客需要から生じるリスクを含む。短期金利および長期金利双方とも、当社グループが正確
      に予想していない方法で変動する可能性があり、これにより当社グループの財務実績及び財務状況は悪影響を被
      る可能性がある。
      当社グループは財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性のある外国為替リスクおよび換算リスクにさら

      されている。
       外国為替リスクおよび換算リスクは、世界中の金融市場および国際的な事業運営に参入している中で、当社グ
      ループのキャッシュ・フロー、損益、資産および負債の価値に対する為替変動の影響に起因する。
       当社グループの所有構造は、海外子会社および関連会社に対する投資および確定した為替取引からのエクス

      ポージャー(海外子会社からの資本の本国送還および配当金等)を含む。当社グループはオーストラリア国外で
      も事業を行っており、顧客、銀行その他の相手方と複数の通貨(最も多くは豪ドル、ニュージーランド・ドル、
      米ドル、英国ポンドおよびユーロ)建てで取引を行っている。従って、当社グループの事業は、為替レート変
      動、ユーロ圏の全部もしくは一部の破綻またはこれらの通貨のいずれかの準備金の状況の変更の影響を受ける可
      能性がある。外国為替相場の不利な変動は当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性があ
      る。
       当社グループの財務書類は豪ドル建てで作成かつ表示されており、当社グループが投資または取引を行い、利

      益を稼得する(または損失を被る)他通貨と豪ドルとの為替変動が生じた場合には、当社グループの財務実績お
      よび財務状況が悪影響を受ける可能性がある。
      当社グループはトレーディング活動からの多額の損失を被る可能性がある。

       トレーディング市場リスクは、当社グループのトレーディング活動(自己勘定を含む。)から発生する損失リ
      スクをいう。市場価格の悪化により、金融商品のポジションの価値の変動またはヘッジから損失が発生する可能
      性がある。かかるトレーディング業務からの重大な損失が当社グループの財務実績および財務状況に悪影響を与
      える可能性がある。
                                  36/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループの評判が損なわれると当社グループの財務実績および財務状況が悪影響を被る可能性がある。
       当社グループの評判は、当社グループ、当社グループの従業員、関連会社、供給業者、仲介者、契約の相手方
      もしくは顧客または金融サービス業界全体の活動、行動または業績によって損なわれる可能性がある。オースト
      ラリアの銀行業界に対するメディアや政治による攻勢の高まりは、銀行業界の長期的な評判を損なうかまたは同
      セクターに対する政府によるさらなる介入もしくは調査につながる可能性がある。
       コンプライアンス違反、詐欺または営業もしくは技術上の障害等のリスク事由によって、当社グループは訴

      訟、罰金および課徴金、改善費用または主要人員の流失による直接的な損失を被り、当社の株価が潜在的な影響
      を受ける可能性がある。さらに、このような事由は、世間、株主、投資家、顧客、規制当局または格付機関の当
      社グループに対する見解に悪影響を与えるおそれがある。評判が損なわれるリスクは、ソーシャルメディアの継
      続的発展および利用によって高まる可能性がある。
       評判が損なわれると、短期的および長期的に当社グループが顧客または従業員を誘致して、確保する能力およ

      び新たな事業機会を追求する能力に悪影響を及ぼす可能性がある。より高いリスクプレミアムが当社グループに
      適用された場合、当社グループの資金調達コスト、営業または財務状況に影響を与える可能性がある。また、規
      制当局が当社グループに対し、追加の資本を保有すること、罰金を支払うことまたは追加のコスト(是正措置を
      とるためのコストを含む。)の負担を要求することとなる可能性がある。当社グループの評判が損なわれること
      によっても、当社グループの財務実績または財務状況が悪影響を被る可能性がある。
      引受リスクを転嫁できない場合、当社グループは損失を被る可能性がある。

       当社グループ会社は、金融仲介業者として、上場および非上場の債券、株価指数連動型有価証券および株式の
      募集を含む数多くの各種取引、リスクおよび結果を引受けまたは保証している。引受けの義務または保証は、当
      該証券の価格設定および発行に関するものである場合もあるため、当社グループは、当該リスクの全部または一
      部を他の市場参加者に転嫁できなかった場合に損失を負う可能性がある。
      当社グループのリスク管理体制の破綻は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼ

      す可能性がある。
       当社グループは、三つの防衛線モデルに基づいており、かつ、識別された重大なリスクのすべての重要な内
      部・外部の源泉を管理するシステム、構造、方針、手続および人材の総計であるリスク管理体制の中で業務を
      行っている。
                                  37/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       他のリスク管理戦略と同様、この体制が既知のリスクを軽減し、または変化するもしくは新たに発生したリス
      クを識別もしくは対処するのに十分であるとの保証はない。そのため、リスク管理体制およびその実行が無効ま
      たは不十分である場合、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。
      買収または処分を含む一部の戦略的決定は、当社グループの評判、財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可

      能性がある。
       当社グループの戦略的決定の基礎となる前提が誤っている(もしくは誤っていることが判明しうる)リスクま
      たは戦略的決定の根拠となる状況が変更するリスクがある。当社グループはかかる変更に迅速に適応するための
      資源または柔軟性を備えていない可能性がある。さらに、一または複数の当社グループの戦略的計画について、
      その効率的な実施が困難であるかまたは費用がかさむことが明らかとなるリスクがある。
       当社グループは、買収、処分および合弁事業を含む幅広いビジネスチャンスを定期的に検討している。

       追求する機会によって当社グループのリスク構成および資本構成が変わる可能性がある。

       そのように追求される機会には、本質的に、買収対象の過大評価(または処分の過小評価)を含む取引リスク

      ならびにレピュテーション・リスクおよび財務リスクへのエクスポージャーが伴う。事業の統合または分離(期
      待したシナジーが実現できないこと、業務の中断、経営資源の転換または予想を上回る費用を含む。)を通じて
      その他のリスクが発生する可能性がある。さらに、当社グループは売却した事業の継続的なエクスポージャー
      (継続的なサービスおよび基盤(CYBGグループに提供されている移行サービス等)の提供を通じたものを含
      む。)または債務の維持(販売契約(CYBGとの金融行動損害賠償証書等)に基づく保証および補償を通じたもの
      を含む。)にさらされる可能性がある。「第6-1 財務書類」の注記31「偶発債務および与信コミットメン
      ト」、「(b)偶発債務」、「(v)英国における金融行動問題および金融行動損害賠償証書」を参照のこと。
       これらの要因は、当社グループの評判ならびに財務実績および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

      NAB  ウェルス(MLCリミテッド)の生命保険業務の取引特有のリスク

       上記のリスクの他、以下のとおり、MLCの生命保険業務の取引に関連する特有のリスクが存在する。
       2016  年10月3日、当社は日本生命に対するMLCリミテッド(生命保険業務を継続する会社)の80%の売却を完

      了した。
                                  38/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
       当社はMLCリミテッドを独立の事業体として設立するために一定の措置を講じることに同意した。実行計画は
      13億豪ドルの売却損認識額の一部を構成する。かかる措置はまだ完了していないため、実行コストが最終的に予
      想を上回ることとなるリスクがある。さらに、当社は取引に関連して日本生命のために一定の約束を行い、保証
      および補償を提供した。これらの約束もしくは保証に違反した場合または補償のトリガーが働いた場合、当社は
      日本生命に対して責任を負うこととなる可能性がある。
       当社は、同取引の一環として、一定の長期契約を締結した。これらは、以下を含む。(1)当社が当社の各種経

      路を通じてMLCの生命保険商品を販売するための20年間販売契約、(2)当社のMLCリミテッドに対する20%の株式
      保有分に関する株主証書(かかる株主証書は当社がMLCリミテッドの株式を保有している間存続する)および(3)
      MLCリミテッドがMLCブランドを使用し続けるための10年間ブランド使用許諾契約。これらの契約の期間および性
      質により一定のリスクが生じる。例えば、今後の規制または商業環境の変更は、これらの長期契約の魅力または
      商業性に影響を及ぼす可能性があり、独占および非競争の取り決めは当社の将来の機会を制限する可能性があ
      る。
       さらに、日本生命はMLCリミテッドの株式の過半数を保有しており、取締役の過半数を任命する権利を有す

      る。当社はMLCリミテッドに対する20%の株式所有を保持しているが、同社の戦略もしくは業務について指図を
      行う、または関係するコストやリスクを管理する立場にはない。
      その他のリスク

       上記リスクは、当社グループに関連するすべてのリスクを網羅していない。本有価証券報告書で特に言及され
      ていないその他のリスク(事業機会を識別および転換できないことを含む)は、当社グループの今後の財務実績
      および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。そのため、当社グループは、将来の業績、収益性、収益の分配
      または資本収益率について補償または保証しない。
     5  【経営上の重要な契約等】

       経営上の重要な契約等はない。
     6  【研究開発活動】

       「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」を参照のこと。
       2016年度中のソフトウェア投資の概要は下記「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況

      の分析」の「のれんおよびその他無形資産」に記載されている。
                                  39/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     概況
      当社グループは、包括的かつ統合的な範囲の金融商品およびサービスを提供している国際的金融サービスグルー
     プである。
      当社の歴史は、1858年のザ・ナショナル・バンク・オブ・オーストラレイシアの創業にさかのぼる。ナショナ

     ル・オーストラリア・バンク・リミテッドは、1893年6月23日に、当社の主たる所在地であるオーストラリアにお
     いて設立された株式公開会社である。
      2016  年9月30日現在、当社グループは、全世界で、

     -777,622百万豪ドルの資産合計
     -1,974億豪ドルの運用・管理資産
     -34,263名のフルタイム相当従業員
     を有していた。
     グループの事業および業績の概観

         (1)
     財務分析
     当年度と前年度との比較

      継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益                        は、前年度通年から380百万豪ドルすなわち5.6%減少した。為替
     変動を除くと、継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益は、382百万豪ドルすなわち5.6%減少した。これは
     主に公正価値およびヘッジの非有効部分におけるマイナスの変動ならびに営業費用の増加によってもたらされた
     が、純営業収益の増加により一部相殺された。
      現金収益     は、前年度通年から261百万豪ドルすなわち4.2%増加した。為替変動を除くと、現金収益は、純営業収

     益の増加によって258百万豪ドルすなわち4.1%増加した。これは、営業費用の増加および貸倒引当金繰入額の増加
     によって一部相殺された。
                                 (2)

      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                       は、FSI       により要求されたモーゲージリスク加重資産の増加を
     反映して9ベーシス・ポイント低下した。これは、現金収益の増加により一部相殺された。
                                  40/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      純利息収益      は、432百万豪ドルすなわち3.5%増加した。為替変動を除くと、純利息収益は414百万豪ドルすなわ
     ち3.3%増加した。これには、107百万豪ドルの減少(その他営業収益における経済的ヘッジの変動により相殺され
     ている。)が含まれる。基礎的増加分は、貸付および預金の金利再設定から受けた利益と併せて、住宅貸付および
     事業貸付ならびに預金の増加を主に反映している。これは、資金調達コストの増加ならびに住宅貸付および事業貸
     付のマージンに対する競争圧力により、一部相殺された。
      その他営業収益        は、4百万豪ドルすなわち0.1%減少した。為替変動を除くと、その他営業収益は、15百万豪ド

     ルすなわち0.3%減少した。この結果には、純利息収益において相殺された経済的ヘッジの変動に起因する107百万
     豪ドルの増加が含まれる。基礎的減少分は、2016年9月終了年度には前年のように発生しなかったNAB英国商業用
     不動産業務の貸付金およびオーストラリア銀行業務の資産の売却に加え、取引業績の低下、当社グループの顧客に
     対するリスク管理商品の売上の減少および長年にわたる法的紛争の解決に関する利益が2015年9月終了年度通年に
     は発生したことに起因する。これらは、デリバティブ評価調整によるプラスの影響ならびにグループ・ファンディ
     ングおよびヘッジ業務の利益により一部相殺された。
      営業費用     は、160百万豪ドルすなわち2.2%増加した。為替変動を除くと、営業費用は、143百万豪ドルすなわち

     2.0%増加した。これは主として、労働協約(「EBA」)に基づく賃金の上昇、業績ベースの報奨の標準化、展開さ
     れたプロジェクトの支援コストの増加ならびに減価償却費および償却費の増加によってもたらされたが、当社グ
     ループの業務全体にわたる生産性向上による節減により一部相殺された。
      貸倒引当金繰入額         は、52百万豪ドルすなわち7.0%増加した。為替変動を除くと、貸倒引当金繰入額は、鉱業、

     鉱業関連および農業セクターのためのオーバーレイの増加が少数の同一債務者の大口エクスポージャーのための個
     別引当金(一括引当金戻入れ控除後)の増加と相俟って、48百万豪ドルすなわち6.4%増加した。これは、より広
     い範囲の事業貸付ポートフォリオにおける与信の質の改善により相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益                          は、当年度上半期から28百万豪ドルすなわち0.9%減少した。為
     替変動を除くと、継続事業からの当社株主に帰属する当期純利益は、19百万豪ドルすなわち0.6%減少した。これ
     は主として、貸倒引当金繰入額の増加および非現金収益の減少によってもたらされたが、営業費用の減少により一
     部相殺された。
      現金収益      は、当年度上半期から43百万豪ドルすなわち1.3%増加した。為替変動を除くと、現金収益は、営業費

     用の減少により49百万豪ドルすなわち1.5%増加したが、貸倒引当金繰入額の増加により一部相殺された。
                                  41/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                 (2)
      平均リスク加重資産に対する現金収益の比率                        は、FSI       の結果により要求されたモーゲージリスク加重資産の
     増加を反映して、4ベーシス・ポイント低下したが、現金収益の増加により一部相殺された。
      純利息収益      は、当年度上半期から270百万豪ドルすなわち4.1%減少した。為替変動を除くと、純利息収益は、

     163百万豪ドルの減少(その他営業収益における経済的ヘッジの変動により相殺された。)により、276百万豪ドル
     すなわち4.2%減少した。基礎的減少分は、資金調達コストの増加、住宅貸付および事業貸付における市場競争圧
     力ならびにグループ・ファンディングおよびヘッジ業務からの収益の減少に起因するが、貸付商品の金利再設定か
     ら受けた利益と併せて、住宅貸付および預金の増加により一部相殺された。
      その他営業収益        は、285百万豪ドルすなわち13.5%増加した。為替変動を除くと、その他営業収益は、306百万豪

     ドルすなわち14.5%増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する163百万豪ドルの増加が含まれる
     が、純利息収益において相殺された。基礎的増加分は、オーストラリア銀行業務における取引量の増加および貸付
     手数料の回収率の向上、グループ・ファンディングおよびヘッジ業務に関する利益ならびに投資市場におけるウェ
     ルス業務の業績の改善に起因する。
      営業費用     は、72百万豪ドルすなわち1.9%減少した。為替変動を除くと、営業費用は、プロジェクト支出の減少

     および当社グループの業務全体にわたる生産性向上による節減の強化に起因して、65百万豪ドルすなわち1.7%減
     少したが、マーケティング支出の増加ならびに減価償却費および償却費の増加により一部相殺された。
      貸倒引当金繰入額         は、50百万豪ドルすなわち13.3%増加した。為替変動を除くと、貸倒引当金繰入額は47百万豪

     ドルすなわち12.5%増加した。これは主として、オーストラリア銀行業務のリテール貸付ポートフォリオにおける
     個別引当金繰入額の増加ならびに鉱業、鉱業関連および農業セクターのためのオーバーレイの増加に起因する。こ
     れは、ニュージーランド銀行業務と、オーストラリア銀行業務の無担保リテール貸付ポートフォリオのための一括
     貸倒引当金繰入額の減少により一部相殺された。
     為替変動の影響

      為替変動を除くと、現金収益は、前年度比258百万豪ドルすなわち4.1%増加した。為替変動の結果、当年度下半
     期の現金収益は、当年度上半期の現金収益に比して6百万豪ドルのマイナスの影響を受けた。
     (1)

        別段の記載のない限り、情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
        金融制度審議会(「FSI」)がリスク加重資産に及ぼした影響は、2016年7月1日以降230億豪ドルであった。
                                  42/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     純利息収益
                          (1)                    (1)

                        年度                    半期
                               2016  年                  2016  年
                               9月終了                    9 月終了
                  2016  年    2015  年            2016  年    2016  年
                               対2015年                    対 2016  年
                  9月終了      9月終了              9月終了      3月終了
                               9月終了                    3 月終了
                               (%)                    (%)
     純利息収益
                    12,930      12,498         3.5      6,330      6,600       (4.1)
     (百万豪ドル)
     期中平均利付資産
                    689.5      658.1        4.8      695.1      683.9        1.6
     (十億豪ドル)
     純利息マージン(%)               1.88      1.90       (2bps)       1.82      1.93      (11bps)
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
      純利息収益および純利息マージン管理は、各部門において注力すべき主要分野である。当社グループの純利息

     マージンは、個々の事業成果が融合されたものであり、以下の分析は、部門的な要因に基づいている。
     当年度と前年度との比較

      純利息収益      は、前年度比432百万豪ドルすなわち3.5%増加した。為替変動を除くと、純利息収益は、以下を主因
     として、414百万豪ドルすなわち3.3%増加した。
     -オーストラリア銀行業務における434百万豪ドルの増加。これには、資金調達、流動性および銀行帳簿における
      金利リスク管理業務に起因する107百万豪ドルの変動が含まれるが、その他営業収益における経済的ヘッジの変
      動により相殺された。基礎的増加分は、住宅貸付および預金の金利再設定から受けた利益と併せて、住宅貸付高
      および事業貸付高ならびに預金高の増加を反映している。これは、資金調達コストの増加、住宅貸付および事業
      貸付のマージンに対する市場の競争圧力ならびに資本に対する利益率の低下により一部相殺された。
     -市場の競争圧力によってもたらされた貸付高および預金双方のマージンの減少に起因する、ニュージーランド銀
      行業務における6百万豪ドルの減少。これは、貸付高および預金高の増加により一部相殺された。
     -当社グループの資金調達業務およびヘッジ業務からの受取利息の減少を反映した、コーポレート機能・その他業
      務において14百万豪ドル減少した。
                                  43/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      純利息収益      は、当年度上半期比270百万豪ドルすなわち4.1%減少した。為替変動を除くと、純利息収益は、以下
     を主因として、276百万豪ドルすなわち4.2%減少した。
     -オーストラリア銀行業務における223百万豪ドルの減少。これには、資金調達、流動性および銀行帳簿における
      金利リスク管理業務に起因する163百万豪ドルの変動が含まれるが、その他営業収益における変動により相殺さ
      れた。基礎的減少分は、資金調達コストの増加、住宅貸付における市場の競争圧力および資本に対する利益率の
      低下を反映している。これは、貸付の金利再設定から受けた利益と併せて、住宅貸付高および預金高の増加によ
      り一部相殺された。
     -市場の競争圧力によりもたらされた貸付におけるマージンに対する圧力と併せて、資金調達コストの増加に起因
      する、ニュージーランド銀行業務における7百万豪ドルの減少。これは、貸付高および預金高の増加により一部
      相殺された。
     -当社グループの資金調達業務およびヘッジ業務からの受取利息の減少を反映した、コーポレート機能・その他業
      務における46百万豪ドルの減少。
     純利息マージン

                              (1)                   (1)

                            年度                   半期
                                  2016  年                 2016  年
                      2016  年   2015  年            2016  年   2016  年
                                 9月終了                   9月終了
                     9月終了     9月終了              9月終了     3月終了
                                 対2015年                   対2016年
                      (%)     (%)              (%)     (%)
                                 9月終了                   3月終了
                                    (2  bps)                 (11  bps)
     当社グループの純利息マージン                  1.88     1.90              1.82     1.93
                                    3 bps                  (9  bps)

     オーストラリア銀行業務                  1.66     1. 63             1.61     1.70
                                   (19  bps)                 (11  bps)
     ニュージーランド銀行業務                  2.25     2.44              2.20     2.31
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下の変動に起因して、前年度比2ベーシス・ポイント低下した。
     -金利再設定から受けた利益に起因して、貸付マージンが5ベーシス・ポイント上昇。これは、市場の競争圧力が
      オーストラリア銀行業務およびニュージーランド銀行業務における事業貸付および住宅貸付のマージンに影響を
      及ぼしたことにより一部相殺された。
     -預金は、金利再設定から受けた利益を反映して変動がなかったが、預金コストの増加により一部相殺された。
     -ホールセール資金調達コストの増加を反映した資金調達コストおよび流動性コストの増加に起因して、4ベーシ
      ス・ポイント低下。
     -定期預金から要求払預金および決済勘定への移行に起因して、債務構成において1ベーシス・ポイント上昇。
     -低金利環境を反映した、資本に対する利益率の低下に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
                                  44/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     -総期中平均利付資産に対する流動資産および市場性のある証券の保有割合の増加に起因して、1ベーシス・ポイ
      ント低下。
     -資金調達、流動性および銀行帳簿における金利リスク管理業務を主因として、マーケッツ・アンド・トレジャ
      リー業務において2ベーシス・ポイント低下。これは、その他営業収益における経済的ヘッジの変動により相殺
      された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      当社グループの         純利息マージン        は、以下に起因して、当年度上半期比11ベーシス・ポイント低下した。
     -金利再設定から受けた利益に起因して、貸付マージンが3ベーシス・ポイント上昇。これは、市場の競争圧力が
      オーストラリア銀行業務およびニュージーランド銀行業務における住宅貸付マージンに影響を及ぼしたことによ
      り一部相殺された。
     -預金コストの増加に起因して、3ベーシス・ポイント低下。
     -短期資金調達コストの増加と併せて、当社グループがバランスシートの強化のために長期資金調達を行ったこと
      に伴う中長期資金調達コストの増加を原因とした、資金調達コストおよび流動性コストの増加に起因して、3
      ベーシス・ポイント低下。
     -低マージンの貸付の縮小管理と併せて、優先セグメントの成長により、貸付構成において1ベーシス・ポイント
      上昇。
     -低金利環境を反映した、資本に対する利益率の低下に起因して、1ベーシス・ポイント低下。
     -資金調達、流動性および銀行帳簿における金利リスク管理業務を主因として、マーケッツ・アンド・トレジャ
      リー業務において8ベーシス・ポイント低下。これは、その他営業収益における経済的ヘッジの変動により相殺
      された。
     その他営業収益

                             (1)                   (1)

                           年度                   半期
                                  2016  年                  2016  年
                      2016  年    2015  年           2016  年    2016  年
                                 9月終了                    9月終了
                     9月終了      9月終了             9月終了      3月終了
                                 対2015年                    対2016年
                      ( 百万     ( 百万            ( 百万      ( 百万
                                 9月終了                    3月終了
                      豪ドル)      豪ドル)             豪ドル)      豪ドル)
                                  (%)                    (%)
     手数料等                  2,093      2,090       0.1      1,066      1,027       3.8
     トレーディング収益                   945      764     23.7        595      350      70.0
     その他収益                  1,465      1,653      (11.4)        733      732      0.1
     その他営業収益                  4,503      4,507      (0.1)       2,394      2,109       13.5
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
                                  45/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度との比較
      その他営業収益        は、前年度比4百万豪ドルすなわち0.1%減少した。為替変動の影響を除くと、その他営業収益
     は、15百万豪ドルすなわち0.3%減少した。
      手数料等     は、前年度比3百万豪ドルすなわち0.1%増加(為替変動を除くと、3百万豪ドルすなわち0.1%減少)

     した。この増加は、オーストラリア銀行業務における貸付高の増加および貸付手数料の回収率の向上に起因する。
      トレーディング収益           は、前年度比181百万豪ドルすなわち23.7%(為替変動を除くと、179百万豪ドルすなわち

     23.4%)増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する107百万豪ドルの増加(純利息収益において相
     殺された。)が含まれる。基礎的増加分は、デリバティブ評価調整によるプラスの影響ならびに当社グループの資
     金調達およびヘッジ業務からの利益が主因となってもたらされたが、取引業績の低下および当社グループの顧客に
     対するリスク管理商品の売上の減少により一部相殺された。
      その他収益      は、前年度比188百万豪ドルすなわち11.4%(為替変動を除くと、191百万豪ドルすなわち11.6%)減

     少した。為替変動の影響を除くと、基礎的減少分は、NAB英国商業用不動産業務における貸付金およびオーストラ
     リア銀行業務の資産の売却が今年度は前年のように発生しなかったことに加えて、長年にわたる法的紛争の解決に
     関する利益が前年度には発生したことによってもたらされた。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      その他営業収益        は、当年度上半期比285百万豪ドルすなわち13.5%増加した。為替変動の影響を除くと、その他
     営業収益は、306百万豪ドルすなわち14.5%増加した。
      手数料等     は、当年度上半期比39百万豪ドルすなわち3.8%(為替変動を除くと、41百万豪ドルすなわち4.0%)増

     加した。為替変動の影響を除くと、基礎的増加分は、オーストラリア銀行業務における貸付高の増加および貸付手
     数料の回収率の向上に起因する。
      トレーディング収益          は、当年度上半期比245百万豪ドルすなわち70.0%(為替変動の影響を除くと、269百万豪ド

     ルすなわち76.9%)増加した。この結果には、経済的ヘッジの変動に起因する163百万豪ドルの増加(純利息収益
     において相殺された。)が含まれる。基礎的増加分は、グループ・ファンディングおよびヘッジ業務に関する利
     益、デリバティブ評価調整によるプラスの影響ならびにリスク管理商品の売上の増加に起因してもたらされたが、
     取引業績の低下により相殺された。
      その他収益      は、NABウェルスの当年度下半期の投資市場における業績の改善に起因して、当年度上半期比1百万

     豪ドルすなわち0.1%増加(為替変動を除くと、4百万豪ドルすなわち0.5%減少)した。これは主として、NAB英
     国商業用不動産業務における貸付金の売却による損失により相殺された。
                                  46/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     営業費用
                            (1)

                                                (1)
                          年度
                                              半期
                                 2016  年                   2016
                    2016  年    2015  年            2016  年    2016  年
                                 9月終了                    9月終了
                    9月終了      9月終了              9月終了       3月終了
                                 対2015年                    対2016年
                    ( 百万      ( 百万             ( 百万      ( 百万
                                 9月終了                    3月終了
                    豪ドル)      豪ドル)              豪ドル)       豪ドル)
                                 (%)                    (%)
     人件費                 4,362      4,122       (5.8)       2,144       2,218        3.3
     設備関連費                  658       643      (2.3)        328      330       0.6
     一般費                 2,418      2,513        3.8      1,211       1,207       (0.3)
     営業費用合計                 7,438      7,278       (2.2)       3,683       3,755        1.9
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      営業費用     は、前年度に比して160百万豪ドルすなわち2.2%増加した。為替変動の影響を除くと、営業費用は、
     143百万豪ドルすなわち2.0%増加した。
      人件費   は、240百万豪ドルすなわち5.8%増加した。為替変動の影響を除くと、人件費は、230百万豪ドルすなわ

     ち5.6%増加した。この増加は、EBAに基づく賃金の上昇および業績ベースの報奨の標準化によってもたらされた
     が、当社グループの業務全体における生産性向上による節減により一部相殺された。
      設備関連費      は、不動産賃貸料の増加を反映して、15百万豪ドルすなわち2.3%(為替変動を除くと13百万豪ドル

     すなわち2.0%)増加したが、生産性向上による節減により一部相殺された。
      一般費   は、95百万豪ドルすなわち3.8%減少した。為替変動の影響を除くと、一般費は、100百万豪ドルすなわち

     4.0%減少した。この減少は、当社グループの業務全体にわたる生産性向上による節減および資産の評価切り下げ
     の水準の低下を反映しているが、プロジェクト支出の増加、展開されたプロジェクトの支援コストの増加ならびに
     減価償却費および償却費の増加により一部相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      営業費用     は、当年度上半期に比して72百万豪ドルすなわち1.9%減少した。                                  為替変動の影響を除くと、営業費用
     は、65百万豪ドルすなわち1.7%減少した。
      人件費   は、74百万豪ドルすなわち3.3%減少した。為替変動の影響を除くと、人件費は、68百万豪ドルすなわち

     3.1%減少した。この減少は、プロジェクト支出の減少および当社グループの業務全体における生産性向上による
     節減の強化によってもたらされた。
      設備関連費      は、2百万豪ドルすなわち0.6%(為替変動を除くと、2百万豪ドルすなわち0.6%)減少した。

                                  47/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      一般費   は、当年度上半期に比して4百万豪ドルすなわち0.3%増加した。為替変動の影響を除くと、一般費は、
     5百万豪ドルすなわち0.4%増加した。この増加は、マーケティング支出の増加ならびに減価償却費および償却費
     の増加を反映しているが、当社グループの業務全体における生産性向上による節減の強化により一部相殺された。
     投資支出

                            (1)                    (1)

                          年度                    半期
                                  2016                    2016  年
                    2016  年    2015  年            2016  年    2016  年
                                 9月終了                    9月終了
                    9月終了      9月終了              9月終了       3月終了
                                 対2015年                    対2016年
                    ( 百万      ( 百万             ( 百万      ( 百万
                                 9月終了                    3月終了
                    豪ドル)      豪ドル)              豪ドル)       豪ドル)
                                 (%)                    (%)
     インフラストラクチャー                  456       637     (28.4)        250      206      21.4
     コンプライアンス/オペ
                       321       310      3.5       155      166      (6.6)
     レーショナルリスク
     効率性および持続可能な収
                       215       96       大       126       89     41.6
     益
     その他                   8       6     33.3         -      8      大
     投資支出合計                 1,000      1,049       (4.7)        531      469      13.2
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
      投資支出     は、顧客経験価値を向上させること、法律および規則の要件を遵守すること、当社グループの業務プロ

     セスの機能および効率性を改善することを企図したプロジェクトおよび取組みに係る支出である。当年度の投資支
     出は、前年度から49百万豪ドルすなわち4.7%減、当年度上半期から62百万豪ドルすなわち13.2%増の1,000百万豪
     ドルであった。
     当年度と前年度との比較

      インフラストラクチャー関連プロジェクトへの投資は、新データセンターの完成ならびにネットワークおよび構
     造基盤の改善を含むオーストラリアにおける継続的な変革の課題の実行が大幅に前進したことに起因して、前年度
     に比して181百万豪ドルすなわち28.4%減少した。オラクルのバンキング・プラットフォームに係る支出は、個人
     向け銀行業務のオリジネーション・プラットフォームの展開が現在完了しており、注力の対象が改善された顧客経
     験価値、効率性および収益の恩恵の提供に移行したことから、減少した。これは、即時振込サービスを提供するた
     めのシステム能力の向上に向けた追加支出により一部相殺された。
      コンプライアンスおよびオペレーショナルリスクのプロジェクトへの支出は、反マネーロンダリング、外国課税

     コンプライアンスおよびG20による規制改革を含む規制コンプライアンス改善プログラムを主因として、前年度に
     比して11百万豪ドルすなわち3.5%増加したが、今年度中にストロンガー・スーパー・プロジェクトの流れの大半
     が完了したことに伴う同プロジェクトに係る支出の減少により一部相殺された。
                                  48/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      効率性および持続可能な収益プロジェクトへの投資は、顧客重視のデジタルソリューション、カスタマー・アド
     ボカシーおよびプロモーションの測定の強化ならびに顧客経験価値を高めるためのイノベーションに係る支出の増
     加を主因として、前年度に比して119百万豪ドルすなわち124.0%増加した。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      インフラストラクチャー関連プロジェクトへの投資は、即時振込サービスを提供するためのシステム能力の向
     上、商業貸出申込プロセスの合理化およびデジタル・バンキング・プラットフォームのさらなる改善に注力した支
     出の増加に起因して、当年度上半期に比して44百万豪ドルすなわち21.4%増加した。
      コンプライアンスおよびオペレーショナルリスクのプロジェクトへの支出は、反マネーロンダリング改革の第一

     段階が完了したことおよび規制報告要件の改善実行において大幅な前進がみられたことにより、当年度上半期に比
     して11百万豪ドルすなわち6.6%減少した。
      効率性および持続可能な収益プロジェクトへの投資は、顧客重視のデジタルソリューションの改善、顧客からの

     支援および促進の計測の強化ならびに顧客経験価値を高めるためのイノベーションに対する当社グループの投資を
     反映して、当年度上半期に比して37百万豪ドルすなわち41.6%増加した。
     課税

                            (1)                    (1)

                          年度                    半期
                                 2016  年                  2016  年
                    2016  年    2015  年    9月終了        2016  年    2016  年    9月終了
                    9月終了      9月終了       対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                                 9月終了                    3月終了
     法人税(百万豪ドル)                 2,588      2,582       0.2%       1,293       1,295      (0.2  % )
                                  (70  bps)                  (30  bps)
     実効税率(%)                 28.1       28.8              28.0      28.3
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      当年度通年の        現金収益に係る法人税            は、前年度通年に比して6百万豪ドルすなわち0.2%増加し、概ね横ばいで
     あった。
      当年度通年の        現金収益に係る実効税率             は、前年度通年を70ベーシス・ポイント下回り、28.1%であった。当年度

     通年の現金収益に係る実効税率の低下は主として、2016年中のオフショアバンキング・ユニットの収益額の増加お
     よび2015年中の税控除対象外の臨時調整によってもたらされた。
                                  49/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      当年度下半期の         現金収益に係る法人税            は、当年度上半期に比して2百万豪ドルすなわち0.2%減少し、概ね横ば
     いであった。
      当年度   下半期の     現金収益に係る実効税率             は、当年度上半期を30ベーシス・ポイント下回る28.0%であった。当年

     度下半期の現金収益に係る実効税率の低下は主として、前年度の確定申告の完了によってもたらされた。
     貸付

                        2016  年 9月    2016  年 3月    2015  年 9月

                                             2016  年 9月    2016  年 9月
                          (1)       (1)       (1)
                                            対2015年9月       対2016年3月
                        現在       現在       現在
                                              (%)       (%)
                       ( 百万  豪ドル)    ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)
     住宅貸付
      オーストラリア銀行業務                   281,126       273,003       268,486          4.7       3.0
      ニュージーランド銀行業務                    33,431       30,117       29,122         14.8       11.0
     住宅貸付合計                    314,557       303,120       297,608          5.7       3.8
     非住宅貸付
      オーストラリア銀行業務                   193,168       193,739       190,391          1.5       (0.3)
      ニュージーランド銀行業務                    37,188       33,994       32,787         13.4        9.4
      NABウェルス                      41       41       36       13.9         -
      コーポレート機能・その他業務                     806      1,419       1,059        (23.9)       (43.2)
     非住宅貸付合計                    231,203       229,193       224,273          3.1       0.9
     支払承諾を含む貸付金
     および前渡金総額                    545,760       532,313       521,881          4.6       2.5
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、前年度に比して238億豪ドルすなわち4.6%増加した。為替
     変動の影響を除くと、貸付は、226億豪ドルすなわち4.3%増加した。この増加は主に、住宅貸付およびその他優先
     顧客セグメントの伸びによりもたらされた。
      住宅貸付     は、前年度に比して169億豪ドルすなわち5.7%増加した。為替変動の影響を除くと、住宅貸付は、以下

     に起因して、156億豪ドルすなわち5.2%増加した。
     -マーケティングおよび競争力のある価格設定に対する顧客の好反応を反映した自社販売経路およびブローカー販
      売経路双方の伸びに起因して、オーストラリア銀行業務において129億豪ドル増加
     -自社販売経路およびブローカー販売経路双方の伸びを反映して、ニュージーランド銀行業務において27億豪ドル
      増加
                                  50/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      非住宅貸付      は、前年度から69億豪ドルすなわち3.1%増加した。為替変動の影響を除くと、非住宅貸付は、以下
     に起因して、70億豪ドルすなわち3.1%増加した。
     -オーストラリア銀行業務およびコーポレート機能業務において、農業および健康を含む優先顧客セグメントの伸
      びならびに資本調達および資産金融における増加を主因として、43億豪ドル増加(NAB英国商業用不動産業務の
      ポートフォリオのさらなる売却および機関投資家向け貸付に対するエクスポージャーの減少により一部相殺され
      た。)
     -ニュージーランド銀行業務において、優先顧客セグメントの伸びを反映して、27億豪ドル増加
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      貸付  (支払承諾を含む貸付金および前渡金総額)は、当年度上半期に比して134億豪ドルすなわち2.5%増加し
     た。為替変動の影響を除くと、貸付は、100億豪ドルすなわち1.9%増加した。この増加は主に、住宅貸付およびそ
     の他優先顧客セグメントの伸びによってもたらされた。
      住宅貸付      は、当年度上半期に比して114億豪ドルすなわち3.8%増加した。為替変動の影響を除くと、住宅貸付

     は、以下に起因して、96億豪ドルすなわち3.2%増加した。
     -オーストラリア銀行業務において、マーケティングおよび競争力のある価格設定に対する顧客の好反応を反映し
      た自社販売経路およびブローカー販売経路双方の伸びに起因して、81億豪ドル増加
     -ニュージーランド銀行業務において、主に固定金利貸付における自社販売経路およびブローカー販売経路双方の
      伸びを反映して、15億豪ドル増加
      非住宅貸付      は、当年度上半期に比して20億豪ドルすなわち0.9%増加した。為替変動の影響を除くと、非住宅貸

     付は、優先顧客セグメントの伸びを主因として、4億豪ドルすなわち0.2%増加したが、NAB英国商業用不動産業務
     のポートフォリオのさらなる売却および機関投資家向け貸付に対するエクスポージャーの減少に起因する減少によ
     り一部相殺された。
     のれんおよびその他無形資産

      2016年9月30日現在ののれんは、2015年9月30日現在の4,631百万豪ドルから1,718百万豪ドル減少して、2,913百
     万豪ドルとなった。この減少の主要な要因は、為替変動の影響に加え、NABウェルスの生命保険事業の80%を売却
     したことである。
      無形資産は、資産計上ソフトウェアおよびその他の無形資産から構成される。無形資産は、2015年9月から312

     百万豪ドルすなわち15.4%増加した。この増加は、効率性およびコンプライアンスのプロジェクトに加えて、変革
     の課題に対する継続的投資に起因している。これは、償却費の増加により一部相殺された。
                                  51/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループは、顧客重視の戦略的な目標を支えるために引き続きソフトウェアに対する投資を行っている。現
     在行われている主な投資は、以下のとおりである。
     -オーストラリアでは、規制コンプライアンスの取り組み、そしてオーストラリアの銀行業務の営業拠点網のデジ
      タル機能を向上させることに加え、RBA主導の決済制度改革の実施に対して更なる投資が行われた。
     -ニュージーランドでは、ニュージーランド銀行(「BNZ」)戦略計画の実行を支えるための機能に対して投資が
      続けられた。
      資産計上ソフトウェアの変動は、以下のとおりである。

                                 (1)                 (1)

                               年度                 半期
                         2016  年 9月終了     2015  年 9月終了      2016  年 9月終了     2016  年 3月終了
                         (百万豪ドル)        (百万豪ドル)         (百万豪ドル)        (百万豪ドル)
     期首残高                         2,032        1,730         2,127        2,032
     追加                          610        547         365        245
     除却および償却                          (10)        (33  )        (3)        (7)
     償却費                         (290)        (209)         (152)        (138)
     為替換算調整勘定                           2        (3)         7        (5)
     資産計上ソフトウェア                         2,344        2,032         2,344        2,127
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     顧客預金

                    2016  年9月      2016  年3月      2015  年9月

                                           2016  年9月   対   2016  年9月   対
                       (1)        (1)        (1)
                                            2015  年9月      2016  年3月
                   30 日現在       31 日現在       30 日現在
                                             (%)        (%)
                   ( 百万豪ドル)       ( 百万豪ドル)       ( 百万豪ドル)
     オーストラリア銀行業務                 342,340        332,741        320,410           6.8        2.9
     ニュージーランド銀行業務                 48,160        43,941        41,619          15.7        9.6
     コーポレート機能・その他
                         -        1        2        大        大
     業務
     顧客預金合計                 390,500        376,683        362,031           7.9        3.7
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度との比較

      顧客預金     は、前年度から285億豪ドルすなわち7.9%増加した。為替変動の影響を除くと、顧客預金は、290億豪
     ドルすなわち8.0%増加した。この増加の一部は、当社グループが持続可能な顧客預金の増加を含む資金調達計画
     を実行した結果、もたらされた。この増加(為替変動の影響を除く。)の要因は、以下のとおりである。
     -バランスシートの健全性をサポートするために引き続き預金に注力がなされたことを反映して、オーストラリア
      の預金が247億豪ドルすなわち7.7%増加した。具体的には、要求払預金は140億豪ドル、定期預金は69億豪ド
      ル、決済勘定は38億豪ドル増加した。
     -ニュージーランドの預金が43億豪ドルすなわち10.3%増加した。これは、要求払預金および決済勘定における16
      億豪ドルの増加に加えて、定期預金における27億豪ドルの増加に起因している。
                                  52/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度下半期と当年度上半期との比較
      顧客預金     は、当年度上半期に比して138億豪ドルすなわち3.7%増加した。為替変動の影響を除くと、顧客預金
     は、以下に起因して、112億豪ドルすなわち3.0%増加した。
     - バランスシートの健全性をサポートするために引き続き預金に注力がなされたことを反映して、オーストラリア
      の預金が96億豪ドルすなわち2.9%増加した。具体的には、定期預金は43億豪ドル、要求払預金は29億豪ドル、
      決済勘定は24億豪ドル増加した。
     -ニュージーランドの預金が16億豪ドルすなわち3.6%増加した。これは、定期預金および決済勘定双方における
      増加の合計20億豪ドルに起因しているが、要求払預金における4億豪ドルの減少により一部相殺された。
     資産の質

     貸倒引当金繰入額
                                 (1)                 (1)

                               年度                 半期
                         2016  年 9月終了     2015  年 9月終了      2016  年 9月終了     2016  年 3月終了
                         (百万豪ドル)        (百万豪ドル)         (百万豪ドル)        (百万豪ドル)
     個別貸倒引当金繰入額-新規、増加、戻入
                              1,011         708         530        481
     れ
     個別貸倒引当金繰入額-回収                         (111)         (99)         (56)        (55  )
     個別貸倒引当金繰入額                          900        609         474        426
     一括貸倒引当金(戻入れ)/繰入                         (100)         139         (49)        (51)
     貸倒引当金繰入額合計                          800        748         425        375
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
                                 (1)                 (1)

                               年度                 半期
                         2016  年 9月終了     2015  年 9月終了      2016  年 9月終了     2016  年 3月終了
     貸付金および支払承諾総額に対する貸倒
     引当金繰入額の割合(年度換算ベース)                        0.15  %      0.14  %       0.16  %      0.14  %
     貸付金および支払承諾総額に対する純償
                    (2)
                             0.12  %      0.20  %       0.13  %      0.10  %
     却額の割合(年度換算ベース)
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     貸倒引当金

                            2016  年         2016  年         2015  年

                                (1)           (1)           (1)
                         9月30日現在           3月31日現在           9月30日現在
                          (百万豪ドル)           (百万豪ドル)           (百万豪ドル)
     不良債権に対する一括引当金                           2,811           2,978           3,054
     不良債権に対する個別引当金                            712           602           448
     貸倒引当金合計                           3,523           3,580           3,502
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
                                  53/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                            2016  年         2016  年         2015  年
                                (1)           (1)           (1)
                         9月30日現在           3月31日現在           9月30日現在
     貸付金および支払承諾総額に対する引
                                0.65  %         0.67  %         0.67  %
     当金合計の割合
     純償却額に対する引当金合計の割合
                                557  %          671  %          341  %
              (2)(3)
     (年度換算ベース)
     資本合計(親会社持分)に対する減損
                                3.8  %          3.2  %          2.2  %
     資産純額の割合
     減損資産総額に対する個別引当金の割
                                38.3  %         36.4  %         30.3  %
      (4)
     合
     信用リスク加重資産に対する一括引当
                                0.85  %         0.98  %         0.99  %
     金の割合
     貸付金および支払承諾総額に対する一
                                0.52  %         0.56  %         0.59  %
     括引当金の割合
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       2016年9月および2015年9月の数値は通年の割合を指している。2016年3月の数値は年度換算された半期の割合を指して
       いる。
     (3)
       純償却額には、公正価値で測定された貸付金の純償却額が含まれる。
     (4)
       個別引当金が繰り入れられた減損資産のみからなり、一括引当金および保有担保ベースで現在損失ではないと評価されて
       いる785百万豪ドル(823百万ニュージーランド・ドル)、2016年3月においては522百万豪ドル(579百万ニュージーラン
       ド・ドル)、2015年9月においてはゼロのニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含まない。
     貸倒引当金繰入額

      当年度通年の貸倒引当金繰入額合計は、前年度通年比52百万豪ドルすなわち7.0%増の800百万豪ドルであった。
     当年度下半期の貸倒引当金繰入額合計は、当年度上半期比50百万豪ドルすなわち13.3%増の425百万豪ドルであっ
     た。
      個別貸倒引当金繰入額は、以下の要因により前年度通年比291百万豪ドル増の900百万豪ドルであった。

     -オーストラリア銀行業務における少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーの減損
     -オーストラリア銀行業務における住宅抵当無担保リテールポートフォリオに係る個別引当金繰入額の増加
     -ニュージーランド銀行業務のポートフォリオ全体に係る個別引当金繰入額の減少により一部相殺
      当年度通年の一括貸倒引当金戻入れは、主に以下の要因により、100百万豪ドルであった。

     -少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーに係る個別引当金の繰入れに関連する戻入れ
     -オーストラリア銀行業務の事業貸付ポートフォリに係る与信の質における基礎的改善
      これは、以下に係る一括貸倒引当金繰入額により一部相殺された。

     -ニュージーランドの酪農セクターの困難な状況を反映した、ニュージーランド銀行業務の酪農業のポートフォリ
      オ
     -オーストラリア銀行業務における少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーに係る顧客の信用格付の引き
      下げ
     -鉱業、鉱業関連および農業セクターの一括引当金のオーバーレイにおける増加
                                  54/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     貸倒引当金
      貸倒引当金合計は、当年度通年で21百万豪ドル増加して3,523百万豪ドルとなった。
      個別引当金は、オーストラリア銀行業務における少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーの減損に起因

     して、当年度通年で264百万豪ドル増加して712百万豪ドルとなった。これにより、2016年9月現在の当社グループ
     の減損資産総額に対する個別引当金の割合は、2015年9月現在の30.3%から38.3%に増加した。
      一括引当金合計は、2015年9月現在の3,054百万豪ドルから243百万豪ドル減少し、2016年9月現在2,811百万豪

     ドルであった。これは主として、以下の要因に起因する。
     -少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーに係る個別引当金の繰入れに起因する戻入れ
     -公正価値で計上された貸付金およびデリバティブに関連する一括引当金の減少
     -与信の質における基礎的改善に起因するオーストラリア銀行業務の事業貸付ポートフォリオにおける一括引当金
      の戻入れ
      これは、以下に係る一括引当金の増加により一部相殺された。

     -ニュージーランド銀行業務の酪農業のポートフォリオ
     -オーストラリア銀行業務における少数の大口同一債務者に対するエクスポージャーに係る顧客の信用格付の引き
      下げ
     -鉱業、鉱業関連および農業セクターの一括引当金のオーバーレイにおける増加
      信用リスク加重資産に対する一括引当金の割合は、当年度中14ベーシス・ポイント低下し、0.85%となった。同

     割合は、一括引当金の減少に加え、オーストラリアの住宅抵当貸付ポートフォリオに関する信用リスク加重資産フ
     ロアーに対する規制の変更の影響を受けており、かかる変更は当年度中の8ベーシス・ポイントの低下の原因と
     なった。
     90 日以上期日経過の貸付金および減損資産総額

     資産の質
                            2016  年         2016  年         2015  年

                                (1)           (1)           (1)
                         9月30日現在           3月31日現在           9月30日現在
     90日以上期日経過の貸付金              (百万豪ド
                                1,975           2,003           1,813
     ル)
                   (2)
                                2,642           2,174           1,481
     減損資産総額(百万豪ドル)
     90日以上期日経過の貸付金
     および減損資産総額(百万豪ドル)                           4,617           4,177           3,294
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       減損資産総額には、一括引当金および担保証券ベースで現在損失ではないと評価されている785百万豪ドル(823百万
       ニュージーランド・ドル)、2016年3月においては522百万豪ドル(579百万ニュージーランド・ドル)、2016年9月にお
       いてはゼロのニュージーランドの酪農業に係るエクスポージャーを含む。
                                  55/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                            2016  年         2016  年         2015  年
                                (1)           (1)           (1)
                         9月30日現在           3月31日現在           9月30日現在
     貸付金および支払承諾総額に対する90
     日以上期日経過の貸付金の比率                           0.36  %         0.37  %         0.35  %
     貸付金および支払承諾総額に対する減
     損資産総額の比率                           0.49  %         0.41  %         0.28  %
     貸付金および支払承諾総額に対する90
     日以上期日経過の貸付金および減損資
     産総額の比率                           0.85  %         0.78  %         0.63  %
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     90 日以上期日経過の貸付金

      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する90日以上期日経過の貸付金の比率(「90日以上期日経過の貸
     付金の比率」)は、鉱業の低迷によってもたらされた経済状況に起因して、主にオーストラリア銀行業務の住宅抵
     当貸付ポートフォリオにおいて、当年度通年において1ベーシス・ポイント上昇し、0.36%となった。これは、当
     年度通年にわたる事業貸付における90日以上期日経過の貸付金ポートフォリオの改善により一部相殺された。
     減損資産総額

      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額の比率は、当年度通年において21ベーシス・ポ
     イント上昇して0.49%となった。現在損失ではないと評価されている合計785百万豪ドル(823百万ニュージーラン
     ド・ドル)のニュージーランドの酪農業顧客を含めたことは、14ベーシス・ポイントの増加の要因となった他、
     オーストラリア銀行業務の事業貸付ポートフォリオにおける少数の大口同一債務者によるエクスポージャーの減損
     が主要な増加要因となった。
     純償却額

      当社グループの貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率は、当年度通年で8ベーシス・ポイント低下
     して0.12%となった。この低下は主として、減損資産の水準が現在低いことから償却が低い水準に留まっている
     オーストラリア銀行業務の事業貸付ポートフォリオによってもたらされた。
      当社グループのリテールポートフォリオの純償却額の貸付金および支払承諾総額に対する比率は、当年度通年で

     1ベーシス・ポイント上昇し、0.11%となり、当社グループの住宅貸付ポートフォリオの純償却額の比率について
     は0.02%で安定していた。
     資本管理および資金調達

     貸借対照表の管理の概観
      当社グループは、バランスシートの健全性に対する継続的なコミットメントに基づき、強力な資本、資金調達お
     よび流動性の水準を維持している。これには、以下が含まれる。
     - シニア債券市場、劣後債券市場、担保付債券市場および国内リテール・ハイブリッド市場にわたる幅広い資金調
      達方法および資本の選択肢を利用する能力により適切に分散されたホールセール資金調達ポートフォリオを維持
      していること。
                                  56/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     -経済情勢および規制環境の評価について慎重姿勢をとり続け、当社グループが変化する市況および規制要件に対
      応できるようにバランスシートの健全性の維持を今後も継続すること。
     規制改革

      当社グループは引き続き規制上の変更の対象となる各分野にも注目している。当社グループの資本および資金調
     達に影響を及ぼす可能性の              ある主な改革は、以下を含む。
     バーゼルIII:

     -2016年9月のレバレッジ比率については、当社の2016年9月のピラー3レポートにおいて開示される。最低レバ
      レッジ比率はAPRAが今後決定する。
     -2016年1月、BCBSは、修正版の市場リスクに関する枠組を発表した。同枠組は2019年1月1日に世界的に実施さ
      れる予定である。信用評価調整(「CVA」)枠組については、現在協議中である。
     -2016年9月、APRAは安定調達比率(「NSFR」)に関する追加の協議文書を発表した。2018年1月1日以降はレベ
      ル1および2双方について少なくとも100%の比率を採用することが提案されている。
     連邦政府の金融制度審議会(「審議会」):

     -2016年7月、APRAは、オーストラリアの主要銀行の自己資本比率を海外の同業者と比較した2015年の調査の更新
      版を発表した。
     -APRAによる過去の発表に沿って、2016年7月1日以降、モーゲージ・ローンに適用されるリスク・ウェイトが引
      き上げられた。
     総損失吸収力(「TLAC」):

     -金融安定理事会(「FSB」)は、世界のシステム上重要な銀行(「G-SIB」)に係るTLAC基準を2015年11月に発表
      した。審議会の推奨に沿って、APRAは新たな国際的慣行に従って損失吸収力の枠組を実施する可能性がある。現
      段階では、APRAは想定されるTLACの実行方法の指針をまだ発表していない。
     改正BCBS基準:

     -BCBSの基準の改正を動かしているテーマには、内部格付(「IRB」)モデルの透明性、一貫性および信頼性の改
      善が含まれる。提案の草案には、信用リスクおよびオペレーショナルリスク規制上の自己資本の計算に対する標
      準化されたアプローチ、信用リスクに関するIRBアプローチの修正および資本フロアー枠組の導入が含まれる。
      バーゼル基準は暦年末までに確定することが予定されており、その後APRAがこれに対する反応を示すと予想され
      ている。
     -2016年4月、BCBSは修正後の銀行勘定の金利リスク(「IRRBB」)枠組を発表した。同修正枠組は2018年までに
      世界的に実施される予定である。
                                  57/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     その他の規制上の変更
     -当社グループは、APRAによるADIレベル2グループの定義の明確化を受けて、修正レベル2グループ構造への移
      行を進めている。暫定期間中、CET1資本には、ナショナル・ウェルス・マネジメント・ホールディングス・リ
      ミテッド(「NWMH」)が直接発行した債券から発生した自己資本上の便益を失わせることについてAPRAが認めた
      移行の取り決めが反映される。
     -APRAが行った        健全性基準APS120「証券化」               の修正についての検討は、オリジネーターであるADIによる証券化を
      簡略化する提案と更新されたBCBSの証券化枠組とを統合させる。
     -コングロマリット・グループ(レベル3枠組)の監督の非資本構成要素に係るAPRAの基準は、2017年7月1日以
      降に発効する。レベル3資本要件はその他の国内外の政策イニシアティブの確定に従って決定される予定であ
      り、APRAは実行が2019年以降になると通知した。APRAの定量的効果分析は、実行の結果追加資本の調達が要求さ
      れないことを示唆している。
     資本管理

      当社グループの資本管理戦略では、適正性、効率性および柔軟性に注力している。自己資本比率の目標は、社内
     のリスク評価に基づく資本要件および規制上の要件を超える十分な資本を保有することならびに当社グループのバ
     ランスシート上のリスク選好および投資家の期待に見合う資本を維持することを確保することである。このアプ
     ローチは、当社グループの子会社間で一貫してとられている。
      当社グループのCET1資本比率運用目標幅は、8.75%と9.25%の間に留まっており、バランスシートの健全性を維

     持するため、外部経済の状況および規制の見通しに照らして定期的に見直されている。
     自己資本比率

      自己資本比率およびリスク加重資産(「RWA」)は、以下に記載したとおりである。
                      2016  年9月     2016  年3月     2015  年9月      2016  年9月   対  2016  年9月   対

     自己資本比率
                      30 日現在      31 日現在      30 日現在       2015  年9月     2016年3月
                       (%)       (%)       (%)
                                               (47  bps)      8 bps
     普通株式等Tier1        比率             9.77       9.69       10.24
     Tier1   資本比率                 12.19       11.77       12.44       (25  bps)      42  bps
                                                (1  bp)     89  bps
     総自己資本比率                    14.14       13.25       14.15
                      2016  年9月     2016  年3月     2015  年9月      2016  年9月   対  2016  年9月   対

            (1)
                       30 日現在      31 日現在      30 日現在       2015  年9月     2016  年3月
     リスク加重資産
                      ( 百万豪ドル)       ( 百万豪ドル)       ( 百万豪ドル)         (%)       (%)
     信用リスク                   331,510       303,458       344,326          (3.7)        9.2
     市場リスク                    7,299       7,250       5,793         26.0        0.7
     オペレーショナルリスク                   37,500       40,000       40,000         (6.3)       (6.3)
     銀行勘定の金利リスク                   12,136       10,725        9,639         25.9       13.2
     リスク加重資産合計                   388,445       361,433       399,758          (2.8)        7.5
     (1)
       過年度のRWAの数値は、上記で開示されたとおり過去の各報告期間に係る規制自己資本比率の計算に使用されることか
       ら、継続事業を反映するため修正再表示されていない。
                                  58/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当期間中の資本の変動
      2016年9月30日現在の当社グループのCET1比率は、9.8%であった。当年度下半期における自己資本の主要な変
     動は、以下を含む。
     -NABウェルスの生命保険事業の80%の売却(45ベーシス・ポイント)
     -配当再投資プラン(「DRP」)への参加分を控除した配当金を差し引いた現金収益(26ベーシス・ポイント)
     -モーゲージのリスク・ウェイトの変動(マイナス69ベーシス・ポイント)
     配当金および配当再投資プラン(「DRP」)

      当社グループは、自己資本比率および見通しを反映させるために定期的にDRPを調整している。当年度の最終配
     当金は99豪セントであり、DRP割引率は参加制限なしにゼロであった。
     その他Tier1資本イニシアティブ

      2016年7月7日、当社は1,499百万豪ドル相当のキャピタル・ノートを発行した。このキャピタル・ノートは、
     強制転換条件の充足を条件として2024年7月8日に普通株式に強制的に転換する。
      当年度下半期中、2つのその他Tier1証券が繰上償還された。

     -当初2009年9月24日に発行された600百万米ドルの永久キャピタル・ノート、
     -当初2006年9月29日に発行された400百万ユーロのEURナショナル・キャピタル・インストルメンツ(「NCI」)
      CYBGの会社分割のスキーム・ブックレットに沿って、2016年9月22日、CYBGその他Tier1証券の当社グループ保

     有分は、総額419百万英ポンドで売却された。
     Tier2資本イニシアティブ

      当下半期中の当社グループのTier2資本に関する戦略は、以下の劣後債の発行を含む。
     -2016年5月17日における、2026年に満期となる1,137百万香港ドルの劣後債の発行
     -2016年5月19日における、2028年に満期となる450百万シンガポール・ドルの劣後債の発行
     -2016年9月16日における、2026年に満期となる100億円の劣後債の発行
     -2016年9月21日における、2026年に満期となる800百万豪ドルの劣後債の発行
      これらの取引について、劣後債は、かかる転換を行わなければ当社が存続できなくなるという根拠に基づいて

     APRAが必要と判断した場合は全額払込済当社普通株式に転換する。
      CYBGの会社分割のスキーム・ブックレットに沿って、2016年9月22日、CYBG                                         Tier2証券の当社グループ保有分

     は、総額460百万英ポンドで売却された。
                                  59/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ピラー3に基づく開示
      自己資本比率およびリスク管理に関する追加的な開示は、APRA健全性基準APS330「公表」により要求される2016
     年9月のピラー3レポートにより行われる。
     資金調達

      当社グループは引き続き資金調達手段を向上させ、多様化させる機会を追求している。
     資金調達指標

      当社グループは、リスク選好の設定およびバランスシートの健全性の計測のために、当社取締役会が承認した一
     連の尺度を採用している。当社グループが使用している1つの主要な構造的尺度は、安定資金調達指標(「SFI」)
     であり、同指標は、顧客資金調達指標(「CFI」)および中長期資金調達指標(「TFI」)から構成される。CFIは、
     顧客預金により調達された当社グループのコア資産の割合を表している。同様に、TFIは、満期までの残存期間が
     1年超の中長期ホールセール資金調達により調達された当社グループのコア資産の割合を表している。
      資金調達指標は、CYBGの会社分割に起因して当事業年度中低下した。会社分割がSFIに対して及ぼした影響は

     1.1%、CFIに対しては2.1%であった。CYBGの会社分割の影響を除くと、構造的指標は当事業年度中安定してい
     た。
     グループ資金調達指標(CFI、TFIおよびSFI)

                               2015  年        2014  年        2013  年

                     2016  年
                                  (1)          (1)          (1)
     グループ資金調達指標
                   9月30日現在
                            9月30日現在          9月30日現在          9月30日現在
                     (%)
                               (%)          (%)          (%)
     顧客資金調達指標                     69          71          70          69
     中長期資金調達指標                     22          21          20          20
     安定資金調達指標                     91          92          90          89
     (1)
       過去の期間については、非継続事業を除外するための修正再表示をしていない。
                                  60/440









                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     顧客資金調達
      当社グループの預金は当事業年度中引き続き増加した。預金の調達は、現在の市況、資金調達の必要性、調達さ
     れた資金の特性を元に判断される。
      APRAが発表する銀行業務統計月報は、2016年8月終了の12ヶ月間に以下の事項が生じたことを示している。

                                            (1)
     -オーストラリアの国内世帯の預金が6.6%増加(業界全体の増加の0.7倍)
                                                        (1)
     -事業預金(金融会社および国内世帯による預金を除く。)が5.7%増加(業界全体の増加の1.0倍)
                                  (1)
     -金融会社の預金が3.7%増加(業界全体の増加の0.5倍)
     (1)

       当社のマーケットシェアの成長。
     中長期ホールセール資金調達

      当年度中、全世界の資金調達の状況は、グローバル・イベントによる不安定な時期があったものの、主要な市場
     における中長期的な債務の発行を引き続き幅広く促進した。金融市場の状況は、2016年6月における英国の国民投
     票の結果の後に、大幅に改善した。当社は、S&Pグローバル・レーティングスおよびムーディーズ・インベスター
     ズ・サービスにより他のオーストラリアの主要銀行とともにネガティブ(否定的)な格付見通しとされた(後述
     「信用格付」を参照)にもかかわらず、引き続き当社の債券に対する投資家の力強い需要を認識した。現在の市況
     は適度に安定しているものの、市場は依然として継続的なマクロ経済的リスク、地政学的リスクおよび金融リスク
     の影響を受けやすい状況にある。
      当社グループは、適切に分散された資金調達プロファイルを維持しており、当事業年度中364億豪ドルを調達し

     た(当社のその他Tier            1ハイブリッド証券を除く。)。
      当事業年度中、当社は、252億豪ドルの無担保シニア債券、50億豪ドルの担保付債券(カバードボンドおよび住

     宅ローン債権担保証券(「RMBS」)の両方により構成される。)および16億豪ドルのTier                                               2劣後債を含む318億豪
     ドルを調達した。当事業年度中、バンク・オブ・ニュージーランド(「BNZ」)が46億豪ドルを調達した。
      当事業年度中に当社グループが調達した中長期ホールセール資金の加重平均償還期間は、初回の繰上早期償還日

     まで約5.4年であった。当社グループの中長期ホールセール資金調達のポートフォリオの加重平均残存償還期間
     は、3.3年(償還までの残存期間が12ヶ月より長期の債券のみを含むTFI適格の債券の場合は4.2年)であった。当
     社が当事業年度中に調達した中長期ホールセール資金の加重平均償還期間は、前事業年度が初回の繰上早期償還日
     まで約5.0年であったのに比して約5.4年であった。
                                  61/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2016事業年度通年の取引類型別中長期ホールセール資金調達(364億豪ドル)
                           2016  年 9月30日       2016  年 3月31日       2015  年 9月30日

     取引類型別ホールセール資金調達
                              現在          現在          現在
     シニア債公募(海外)                            45 %         40 %         47 %
     優先債公募(国内)                            22 %         25 %         13 %
     担保付公募(海外)                            11 %         17 %         10 %
     担保付公募(国内)                            6 %         2 %         11 %
     私募                            10 %         13 %         11 %
     劣後債公募                            5 %         3 %         8 %
     劣後債私募                            8 %          -          -
     合計                           100  %        100  %        100  %
     2016事業年度通年の通貨別中長期ホールセール資金調達(364億豪ドル)

                           2016  年9月30日        2016  年3月31日        2015  年 9月30日

     通貨別ホールセール資金調達
                              現在          現在          現在
     米ドル                            44 %         49 %         28 %
     豪ドル                            30 %         27 %         21 %
     ユーロ                            16 %         9 %         30 %
     英ポンド                            1 %         3 %         8 %
     日本円                            1 %         1 %         ▶ %
     その他                            8 %         11 %         9 %
     合計                           100  %        100  %        100  %
     短期ホールセール資金調達

      当社グループは、2016年を通して、国内外の短期ホールセール資金調達市場に参入してきた。
      さらに、約定されたレポ取引は、通常の取引活動の一環として、同様の満期日構成を有するリバース・レポ取引

     によって大幅に相殺される。
     流動資産のポートフォリオ

      当社グループは、業務を行う様々な国において、規制要件および内部的要件を満たすため、適切に分散された質
     の高い流動資産のポートフォリオを維持している。2016年9月30日現在の流動資産合計の時価は、1,180億豪ドル
     (偶発流動資産を除く。)であった。これは、2016年3月31日から20億豪ドルの減少、そして2015年9月30日から
     60億豪ドルの増加(CYBGを除く。)である。
      保有流動資産には、2016年9月30日現在1,070億豪ドルの規制流動資産(HQLAおよび流動性約定融資枠適格資産

     の両方で構成される。)が含まれている。
      当社グループは、上記の流動資産のほか、偶発流動資産の源泉として、RMBSのグループ内証券化プールを保有し

     ている。これらの資産は、流動性約定融資枠を補強することもある。当社グループは、2016年9月30日現在(適用
     ある中央銀行による控除後で)470億豪ドルのグループ内RMBSを保有していた。これは、2016年3月31日から20億
     豪ドルの増加、2015年9月30日から30億豪ドルの増加である。
                                  62/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社グループのLCRおよびグループ内RMBS(適用規制上の控除後)に算入することのできる流動資産は、2016年
     9月30日終了の四半期中平均1,470億豪ドルであった。その結果、平均グループLCRは121%であった。
     信用格付

      当社グループは、格付機関の動向を緊密に監視し、これらの機関と定期的に連絡をとっている。当社グループに
     属する会社は、S&Pグローバル・レーティングス(「S&P」)、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(「ムー
     ディーズ」)およびフィッチ・レーティングス(「フィッチ」)によって格付を付与されている。
      当社グループの現在の長期債務格付は、当社がAA-/Aa2/AA-(S&P/ムーディーズ/フィッチ)、BNZがAA

     -/Aa3/AA-(S&P/ムーディーズ/フィッチ)、ナショナル・ウェルス・マネジメント・ホールディングス・リ
     ミテッドがA+(S&P)である。
      2016年7月7日、S&Pは、オーストラリア連邦の格付のアウトルックを安定的からネガティブに変更した。S&Pは

     同時に、オーストラリアの国債の勝手格付について、長期国債は「AAA」、短期国債は「A-1+」で据え置いた。
     オーストラリアの国債の格付のアウトルックが変更された結果、S&Pは同日にオーストラリアの主要銀行および戦
     略上重要なこれらの一連の子会社の格付のアウトルックも修正した。この修正には、当社およびBNZのアウトルッ
     クの安定的からネガティブへの修正が含まれる。S&Pは、当社の長期格付「AA-」および短期格付「A-1+」ならびに
     BNZの長期格付「AA-」および短期格付「A-1+」を据え置いた。
      2016年8月18日、ムーディーズは、オーストラリアの銀行がより困難な事業環境に置かれているとの同社の見通

     しを反映して、オーストラリアのマクロ・プロファイルを「非常に強い」から「非常に強い-」に修正した。ムー
     ディーズによるオーストラリアのマクロ・プロファイルが修正された結果、同社は、当社を含むオーストラリアの
     主要な銀行の格付アウトルックを安定的からネガティブに修正した。ムーディーズは、当社の格付を据え置き、当
     社の無担保シニア債券の格付はAa2のままである。2016年8月19日、ムーディーズは、BNZを含むニュージーランド
     の主要銀行4行のアウトルックを親会社にあわせて修正し、BNZの長期無担保シニア債券の格付をAa3で据え置い
     た。ムーディーズの格付アウトルックは銀行の長期預金、発行者および無担保シニア債券の格付についてのみ付さ
     れる。当社の短期債券、ハイブリッド商品および劣後債券の格付には変更がなかった。
      フィッチによる当社およびBNZの長期および短期の格付に変更はなく、アウトルックは安定的のままである。

                                  63/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     企業責任
      企業責任は、当社が環境リスク、社会リスクおよびガバナンスリスクを理解し、抑制する助けとなることならび

     に顧客と従業員との間の関係を深めることにより、オーストラリアおよびニュージーランドにおいて最も評判の良
     い銀行になるという当社の構想の実現に寄与する。
      当社の目標は、顧客と地域社会が直面する大きな問題に注力し、当社が最も適任な貢献者となる分野に優先的に

     努力を払うことである。
     -金融包摂および強靱姓-主流の銀行業務の対象から外れた人々が公平で良心的な金融サービスを利用できるよう
      に支援することおよび顧客による金融上の強靱性の構築を支援すること
     -社会的一体性-より強く、よりつながりのある社会を構築するために、当社のパートナーと協力して社会が直面
      する大きな問題(ジェンダー包摂および家庭内暴力、先住系オーストラリア人および住宅購入能力における格差
      を減らすこと)に対処すること
     -環境保全-当社の業務を管理するためのより持続可能なアプローチをとり、顧客にも同様のアプローチが可能と
      なるよう支援することにより、気候変動、生物多様性損失および生態系悪化に対処すること
      当社は以下の行動によって、金融包摂および金融上の強靭性を構築している。

     -グッド・シェパード・マイクロファイナンスとパートナーシップを組んでのマイクロファイナンス商品の提供に
      より、2005年以降440,000人超のオーストラリア人を支援してきた。これにより、2018年までに低所得者層の顧
      客100万人に対して公平で良心的な資金を提供するという目標に向けて前進した。
     -開始して2年目となるBNZのコミュニティファイナンス計画は、低所得者層に753,450ニュージーランド・ドル相
      当の263を超えるローンを提供した。BNZは、同計画の発展を支援するために50百万ニュージーランド・ドルの追
      加出資を確約した。
     -金融上の強靱性枠組を設定した。同枠組により、政策決定および計画の意思決定の支援を目的としてオーストラ
      リア人の金融上の強靱性が研究測定される。
     -経済的困難に陥っている顧客をNABアシストを通じてサポートした。2016年度中、当社は21,000超の顧客を支援
                                                           (1)
      し、その93%が90日以内で経済を軌道に戻した。同計画は、フォーチュン誌の世界を変える企業リスト                                                        に
      よって認識された。
      当社は、以下の行動を通じて社会的一体性を支援している。

     -当社の2015年-2017年調整実行計画において大要が示された目標に向けて前進した。
      -先住民従業員のキャリアアップを支援し、より上級の職務を担うことができるようにした。2016年中、研修を
       終えた先住民研修生の61%が当社の正社員となることを決めた。
      -先住民文化の啓発研修へのアクセスを全従業員に対して広げた。
                                  64/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     -家庭内暴力の問題への対処における金融サービス業界の役割について検討するために、異業種作業部会を発足さ
      せた。当社は既に以下の措置をとった。
      -経済的困難に陥っている顧客に対する家庭内暴力被害者支援補助金を交付した。
      -全従業員を対象とする家庭内暴力被害休暇を設け、精神的に健全な職場の統率についてピープル・リーダーを
       対象とする研修を行った。
     -以下の行動により、インパクト投資市場の発展において重要な役割を果たした。

      -9つの新規インパクト・インベストメント・レディネス・ファンドに基づく資金提供を承認し、これにより受
       領者による事業発展のための、またより重要なことには受領者がもたらす社会的影響を強めるための31百万豪
       ドル超の資金調達を支援した。
      -ニューサウスウェールズ州政府が発行した第3次社会的インパクト投資債券に関する資金提供を行った。これ
       は、仮釈放者による再犯を削減し、再収監を最小限に抑えることにより、累犯を削減することを目的とする
       オーストラリアン・コミュニティ・サポート・オーガナイゼーション・リミテッド(「ACSO」)が提供するプ
       ログラムである。
     -当年度中、以下の貢献を行うことにより、地域組織を支援した。

      -従業員が178,751時間をボランティア活動に捧げ、その価値は8.9百万豪ドルに上る。
      -ワークプレイス・ギビング寄付金を通じて2百万豪ドル超が寄付された。これには、従業員による寄付および
       当社による同額の寄付が含まれる。
     当社は、以下の行動により環境保全に対して貢献している。

     -気候変動への対処を支援し、低炭素経済への移行を支援するために、2022年9月までの7年間にわたる180億豪
                                        (2)
      ドルの融資を含む5つの新たな気候変動コミットメントを行った。
     -2015年6月以降、クリーン・エナジー・ファイナンス・コーポレーションの支援を受け、再生可能エネルギーお
      よびエネルギー効率のよい資産に対し、92百万豪ドル超を割引融資で提供した。資金の89%超がオーストラリア
      の農村部および地方の顧客に提供されており、これらの資金提供は農業の効率性を改善し、地元の仕事をサポー
      トし、環境面でプラスの成果をもたらしている。
     -2016年6月、世界初の国に準ずる当局により発行された気候変動債であるビクトリア州政府グリーンボンド300
      百万豪ドル相当の発行に係るアレンジャーおよび主幹事会社を務めた。
     当社はまた、政策および慣行を進化させ続けている。

     -2016年5月、取締役会は、当社グループ全体で直ちに政治献金を廃止するべきであると決定した。
     (1)

        世界を変える企業リスト(www.fortune.com/change-the-world/)。
     (2)
        新たな融資には、新たな貸付、債券市場活動、リスク管理商品の提供、融資解決法の開発および助言業務が含まれる。
       顧客への資金提供は、低炭素資産、低公害輸送および気候変動適応活動を含む再生可能エネルギーおよびエネルギー効率
       等の気候変動問題の緩和を行うために行われる。
                                  65/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     オーストラリア銀行業務
      オーストラリア銀行業務は、リテール顧客および中小企業から一部のオーストラリアの大企業におよぶ範囲の顧

     客に対して広範な銀行業務商品・サービスを提供している。オーストラリア銀行業務は、個人向けおよび事業者向
     け銀行業務のフランチャイズ、フィックスト・インカム・カレンシー・アンド・コモディティーズ(「FICC」)、
     キャピタル・ファイナンス、資産運用・管理業務ならびにトレジャリー業務からなる。
                         (1)(2)                     (1)(2)

                       年度                     半期
                                                     2016  年
                                2016年
                                        2016年
                                              2016年      9月終了
                   2016年       2015年
                                9月終了
                                                     対2016年
                  9月終了       9月終了              9月終了
                                              3月終了
                                対2015年
                 (百万豪ドル)       (百万豪ドル)
                                             (百万豪ドル)        3月終了
                                      (百万豪ドル)
                               9月終了(%)
                                                     (%)
     純利息収益               11,170       10,727        4.1      5,469       5,701       (4.1)
     その他営業収益               2,878       2,666        8.0      1,578       1,300       21.4
     純営業収益               14,048       13,393        4.9      7,047       7,001        0.7
     営業費用               (5,782)       (5,556)        (4.1)      (2,875)       (2,907)        1.1
     基礎利益               8,266       7,837        5.5      4,172       4,094        1.9
     貸倒引当金繰入額                (639)       (665)       3.9       (298)       (341)       12.6
     税引前現金収益               7,627       7,172        6.3      3,874       3,753        3.2
     法人税               (2,155)       (2,071)        (4.1)      (1,096)       (1,059)        (3.5)
     現金収益               5,472       5,101        7.3      2,778       2,694        3.1
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       オーストラリア銀行業務は、オーストラリアの銀行業務、海外支店およびニュージーランドの市場業務を含む。
     平均残高

     (十億豪ドル)
     住宅貸付               274.0       260.2        5.3      277.7       270.4        2.7
     事業貸付               181.9       172.5        5.4      182.1       181.8        0.2
     その他貸付                10.3       9.9       4.0       10.5       10.1       4.0
     貸付金および支払承諾
                    466.2       442.6        5.3      470.3       462.3        1.7
     総額
     利付資産               673.6       659.6        2.1      677.3       669.8        1.1
     資産合計               736.1       747.3       (1.5)       736.2       736.0        -
     顧客預金               339.0       315.3        7.5      344.5       333.4        3.3
                                  66/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     資本金
     (十億豪ドル)
     リスク加重資産-信用
     リスク(該当時点にお               277.5       261.6        6.1      277.5       257.3        7.9
     ける残高)
     リスク加重資産合計
     (該当時点における残               314.7       294.2        7.0      314.7       291.6        7.9
     高)
     パフォーマンス指標

     期中平均資産に対する
                                  6 bps                    2 bps
                    0.74%       0.68%              0.75%       0.73%
     現金収益
     期中平均リスク加重資
                                  2 bps                    (1  bp)
                    1.85%       1.83%              1.85%       1.86%
     産に対する現金収益
                                  3 bps                    (9  bps)
     純利息マージン               1.66%       1.63%              1.61%       1.70%
                                  30  bps                    70  bps
     対収益費用比率               41.2%       41.5%              40.8%       41.5%
                                 250  bps                   (10  bps)
     「ジョーズ」               0.8%      (1.7%)               1.8%       1.9%
     平均フルタイム相当従
     業員当たり現金収益                219       205       6.8       222       216       2.8
     (千豪ドル)
     フルタイム相当従業員
     (該当時点における人
                    24,620       24,770        0.6      24,620       25,073        1.8
       (1)
     数)
     (1)
       フルタイム相当従業員には、コーポレート機能業務のフルタイム相当従業員も含まれる。
                         2016年       2015年

                   2016年
                         3月31日       9月30日
     市場シェア
                  8月31日
                           (1)       (1)
                   現在
                         現在       現在
         (2)
                    21.9%       21.9%       22.1%
     事業貸付
         (3)
                    21.2%       21.3%       21.2%
     事業貸付
          (2)
                    20.4%       20.3%       20.7%
     事業者預金
         (3)
                    14.6%       14.7%       15.0%
     住宅貸付
          (2)
                    14.4%       14.4%       14.7%
     世帯預金額
     (1)
       前年度は借入金目的の分類の修正再表示のため調整されている。
     (2)
       出所:APRA銀行システム
     (3)
       出所:RBA金融システム
                   2016年       2016年       2015年

     販売
                  9月30日       3月31日       9月30日
                   現在       現在       現在
     支店および事業者向け
                     820       821       828
     銀行業務センター数
     ATM台数               2,976       2,943       3,033
     インターネットバンキ
                     3.80       3.64       3.49
     ング顧客数(百万人)
                                  67/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     オーストラリア銀行業務部門
         (1)
     財務分析
     当年度と前年度との比較

      現金収益     は、純営業収益の増加および貸倒引当金繰入額の減少により、前年度比で371百万豪ドルすなわち7.3%
     (為替変動を除くと現金収益は370百万豪ドルすなわち7.3%)増加したが、費用の増加によって一部相殺された。
      期中平均資産に対する現金収益                は、現金収益の業績の改善および利息外収益資産の減少を主に反映して、6ベー

     シス・ポイント上昇した。
      期中平均リスク加重資産に対する現金収益                      は、現金収入の増加がリスク加重資産の増加を上回ったことにより、

     2ベーシス・ポイント上昇した。これは、FSIの結果に続きモーゲージのリスク・ウェイトが引き上げられた
                                  (2)
     後、リスク加重資産が増加したにも関わらず達成された。
      純利息収益      は、443百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと434百万豪ドルすなわち4.0%)増加したが、そ

     の他営業収益の経済的ヘッジの変動により、107百万豪ドル減少したことにより相殺された。これらの変動は、資
     金、流動性および銀行勘定内の金利リスクの管理活動に関連している。基礎的増加分は、住宅、事業の貸付高およ
     び預金額の増加、ならびに金利再設定活動から発生する住宅貸付および預金マージンの増加を反映している。これ
     は、資金調達コストの増加、住宅および事業貸付マージンの競争圧力の上昇、ならびに資本に対する利益率の低下
     によって一部相殺された。
      期中平均利付資産         は、住宅貸付および事業貸付の増加と合わせて、当社グループの流動性を支える流動資産の増

     加を主因として、140億豪ドルすなわち2.1%増加した。
      期中平均顧客預金         は、要求払預金、決済勘定および定期預金の増加により、237億豪ドルすなわち7.5%増加し

     た。
      純利息マージン        は、住宅貸付の貸付マージンの増加および預金の金利再設定の結果として、3ベーシス・ポイン

     ト上昇した。これは、住宅および事業貸付の顧客価格設定に関する競争圧力およびホールセール資金調達コストの
     増加によって一部相殺された。
      その他営業収益        は、212百万豪ドルすなわち8.0%(為替変動を除くと207百万豪ドルすなわち7.8%)増加した。

     これには、経済的ヘッジにおける変動を要因とする107百万豪ドルの増加が含まれており、これは純利息収益によ
     り相殺された。基礎的増加分は、貸付高の増加に係る貸付手数料の増加、貸付手数料の回収率の改善およびデリバ
     ティブの評価調整によるプラスの影響によるものである。
                                  68/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      営業費用     は、226百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと214百万豪ドルすなわち                                        3.9  %)増加した。これは
     主に、労働協約に基づく賃金の上昇、報奨の標準化、展開済プロジェクトによる支援コストの増加および減価償却
     費および償却費の増加によるものである。これらは、生産性の向上により一部相殺された。
      貸倒引当金繰入額          は、前年上半期比で26百万豪ドルすなわち3.9%(為替変動を除くと29百万豪ドルすなわち

     4.4%)減少した。これは、より幅広い事業貸付ポートフォリオのための与信の質の改善による一括引当金繰入額
     の削減および少数の大口             同一債務者のエクスポージャーに対する個別引当金の繰入れに関連する取り崩しによる一
     括引当金戻入れの増加によるものである。これらは、上記の事業貸付ポートフォリオにおける少数の大口同一債務
     者のエクスポージャーの減損ならびに住宅抵当貸付および無担保リテール向けポートフォリオに対する個別引当金
     繰入額の増加により一部相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      現金収益     は、純営業収益の増加ならびに費用および貸倒引当金繰入額の減少により、当年度上半期比で84百万豪
     ドルすなわち3.1%(為替変動を除くと現金収益は101百万豪ドルすなわち3.7%)増加した。
      期中平均資産に対する現金収益                は、現金収益の実績が改善されたことを反映し、当年度上半期比で2ベーシス・

     ポイント上昇した。
      期中平均リスク加重資産に対する現金収益                      は、FSIの討論の結果要求されるモーゲージリスク加重資産の増加

                          (2)
     を反映し、1ベーシス・ポイント低下した                         。
      純利息収益      は、232百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと223百万豪ドルすなわち3.9%)減少し、このう

     ち163百万豪ドルの減少が含まれているが、その他営業収益の経済的ヘッジの変動により相殺された。基礎的減少
     分は主に、資金調達コストの増加、住宅貸付に関する競争的圧力および資本に対する利益率の低下を原因とする。
     これらは、金利再設定活動による住宅および事業貸付マージンの向上ならびに住宅および事業貸付高および預金額
     の増加より一部相殺された。
      期中平均利付資産         は、住宅貸付の増加と合わせて、当社グループの流動性を支える流動資産の増加を主因とし

     て、75億豪ドルすなわち1.1%増加した。事業貸付高は、目標とした優先顧客セグメントにおける増加が非優先顧
     客セグメントにおける減少により相殺されたことを反映して横ばいであった。
      期中平均顧客預金         は、定期預金、要求払預金および決済勘定の増加により、111億豪ドルすなわち3.3%増加し

     た。
                                  69/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      純利息マージン        は、上記の経済ヘッジの変動、顧客価格設定に関する競争圧力および資金調達コストの増加によ
     り、9ベーシス・ポイント低下した。これは、金利再設定活動による住宅および事業貸付の貸付マージンの上昇に
     よって一部相殺された。
      その他営業収益        は、278百万豪ドルすなわち21.4%(為替変動を除くと305百万豪ドルすなわち23.5%)増加し

     た。この増加は、経済ヘッジの変動による163百万豪ドルの増加を含んでおり、純利息収益において相殺されてい
     る。基礎的増加分は、貸付高および取引手数料の増加ならびに当年度下半期中の当社グループ顧客へのリスク管理
     商品の売上の増加によるものである。
      営業費用     は、プロジェクト関連の営業費の削減および生産性向上による節減により、32百万豪ドルすなわち

     1.1%(為替変動を除くと19百万豪ドルすなわち0.7%)減少した。これは、テクノロジーおよびマーケティング費
     用ならびに減価償却費および償却費の増加により一部相殺された。
      貸倒引当金繰入額         は、43百万豪ドルすなわち12.6%(為替変動を除くと43百万豪ドルすなわち12.6%)減少し

     た。これは主に、事業貸付ポートフォリオに対する一括引当金戻入れの増加に加えて、当年度上半期中に無担保リ
     テール・ポートフォリオにおいて見られたオーバーレイの不再発、無担保リテール・ポートフォリオの引当金繰入
     額の削減によるものである。これらは、個別引当金繰入額の増加により相殺された。
     (1)

       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       リスク加重資産に対する金融制度審議会(FSI)の影響は、2016年7月1日以降、230億豪ドルであった。
     オーストラリア銀行業務部門

     純利息収益
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                   2016年       2015年      9月終了        2016年       2016年      9月終了
                  9月  終了     9月終了       対2015年       9月  終了     3月  終了     対2016年
                 (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                                (%)                     (%)
     住宅貸付               3,363       3,247        3.6      1,627       1,736       (6.3)

     事業貸付               3,279       3,357       (2.3)       1,650       1,629        1.3
     その他銀行業務商品
                     942       902       4.4       487       455       7.0
     (2)
     預金               2,733       2,245       21.7       1,382       1,351        2.3
     NABリスク管理                853       976      (12.6)         323       530      (39.1)
     純利息収益合計               11,170       10,727        4.1      5,469       5,701       (4.1)
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他銀行業務商品は、個人貸付、クレジットカード、投資有価証券およびマージン貸付を含む。
                                  70/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     純利息マージン
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                   2016年       2015年      9月終了        2016年       2016年      9月終了
                  9月  終了     9月終了       対2015年       9月  終了     3月終了       対2016年
                   (%)       (%)      9月終了         (%)       (%)      3月終了
                                (bps)                     (bps)
     オーストラリア銀行業
                                  3 bps                    (9  bps)
                    1.66  %     1.63%              1.61%       1.70%
     務純利息マージン
     住宅貸付純利息マージ

                                  (1  bp)                   (12  bps)
                    1.34%       1.35%              1.28%       1.40%
      (2)
     ン
     事業貸付純利息マージ
                                 (15  bps)                    2 bps
                    1.80%       1.95%              1.81%       1.79%
     ン
     個人向け銀行業務純利

                                  8 bps                    (9  bps)
                    2.21%       2.13%              2.16%       2.25%
     息マージン
     事業向け銀行業務純利
                                  (2  bps)                    (1  bp)
                    2.34%       2.36%              2.33%       2.34%
     息マージン
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       2016年9月終了期の住宅貸付純利息マージンは資金調達コストの手法変更による影響を受けたが、預金で相殺されたた
       め、オーストラリアの銀行レベルでは影響がなかった。
     当年度と前年度との比較

      純利息収益      は、前年度に対して443百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと434百万豪ドルすなわち4.0%)
     増加した。
      住宅貸付純利息収益          は、貸付高の増加および金利再設定活動により、116百万豪ドルすなわち3.6%増加したが、

     顧客価格設定に関する競争圧力および資金調達コストの増加により一部相殺された。
      住宅貸付純利息マージン             は、顧客価格設定に関する競争圧力および資金調達コストにより、1ベーシス・ポイン

     ト低下したが、金利再設定の恩恵により一部相殺された。
      事業貸付純利息収益          は、資本投資収益の減少および資金調達コストの増加と合わせて、顧客価格設定に関する競

     争圧力により、78百万豪ドルすなわち2.3%減少したが、貸付高の増加により一部相殺された。
      事業貸付純利息マージン             は、顧客価格設定に関する競争圧力、資本投資収益の減少および資金調達コストの増加

     により15ベーシス・ポイント低下したが、金利再設定の恩恵により一部相殺された。
      その他銀行業務商品純利息収益                は、無担保貸付ポートフォリオにおける貸付高の増加により、40百万豪ドルすな

     わち4.4%増加した。
      預金純利息収益        は、バランスシートの健全性を支えるための預金への継続的な注力および金利再設定の恩恵を反

     映した貸付高の増加により、488百万豪ドルすなわち21.7%増加した。
                                  71/440



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      NAB  リスク管理利息収益          は、123百万豪ドルすなわち12.6%減少した。これには、金利リスク管理活動による107
     百万豪ドルを含み、その他営業収益において相殺された。基礎的減少額は、金利リスク管理活動による収益の減少
     によるものであった。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      純利息収益      は、当年度上半期比で232百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと223百万豪ドルすなわち
     3.9%)減少した。
      住宅貸付純利息収益          は、資金調達コストの増加および顧客価格設定に関する競争圧力により、109百万豪ドルす

     なわち6.3%減少したが、貸付高の増加および金利再設定の恩恵により一部相殺された。
                   (1)

      住宅貸付純利息マージン               は、資金調達コストの増加、顧客価格設定に関する競争圧力および資本投資収益の
     減少により、12ベーシス・ポイント低下したが、金利再設定から得た利益により一部相殺された。
      事業貸付純利息収益          は、金利再設定の恩恵による貸付マージンの改善により、21百万豪ドルすなわち1.3%増加

     したが、資本投資収益の減少により一部相殺された。
      事業貸付純利息マージン             は、金利再設定の恩恵により、2ベーシス・ポイント上昇したが、資本投資収益の減少

     により一部相殺された。
      その他銀行業務商品純利息収益                は、貸付高の増加および無担保貸付ポートフォリオのマージンの改善により、32

     百万豪ドルすなわち7.0%増加した。
      預金純利息収益        は、貸付高の増加により、              31 百万豪ドルすなわち2.3%増加した。

      NAB  リスク管理利息収益          は、207百万豪ドルすなわち39.1%減少した。これには、その他営業収益において相殺さ

     れた、金利リスク管理活動による163百万豪ドルを含む。基礎的減少は、リスク管理活動による収益の減少による
     ものである。
     (1)

       住宅貸付と預金商品の間の資金調達コストの手法変更による4bpsの減少を含む。
                                  72/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     オーストラリア銀行業務部門
     その他営業収益
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                   2016年       2015年      9月終了        2016年       2016年      9月終了
                  9月  終了     9月終了       対2015年       9月終了       3月  終了     対2016年
                 (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                                (%)                     (%)
     住宅貸付                284       272       4.4       143       141       1.4
     事業貸付                623       585       6.5       304       319      (4.7)
     その他銀行業務商品
                     909       928      (2.0)        474       435       9.0
     (2)
     預金                 75       86     (12.8)         34       41     (17.1)
     顧客リスク管理                731       824      (11.3)         392       339      15.6
     NABリスク管理                256       (29)       大       231       25       大
     その他営業収益合計               2,878       2,666        8.0      1,578       1,300       21.4
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他銀行業務商品は、個人貸付、クレジットカード、投資有価証券およびマージン貸付を含む。
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                         2015年
                   2016年             9月終了        2016年       2016年      9月終了
                         9月終了
                  9月終了              対2015年       9月終了       3月  終了     対2016年
                 (百万豪ドル)               9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                        (百万豪ドル)
                                (%)                     (%)
     手数料等               1,742       1,725        1.0       884       858       3.0
     トレーディング収益                948       744      27.4        599       349      71.6
     その他                188       197      (4.6)        95       93      2.2
     その他営業収益合計               2,878       2,666        8.0      1,578       1,300       21.4
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度の比較

      その他営業収益        は、212百万豪ドルすなわち8.0%(為替変動を除くと、207百万豪ドルすなわち7.8%)増加し
     た。
      住宅貸付収益       は、貸付高の増加および手数料回収率の改善により、前年度12百万豪ドルすなわち4.4%増加し

     た。
      事業貸付収益       は、キャピタル・ファイナンス手数料の増加に加え、貸付高の増加および手数料回収率の改善によ

     り、38百万豪ドルまたは6.5%増加した。
      その他銀行業務商品収益             は、保管手数料の減少により、19百万豪ドルすなわち2.0%減少した。

      預金収益     は、口座手数料の減少により、11百万豪ドルすなわち12.8%減少した。

                                  73/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      顧客リスク管理収益          は、デリバティブの評価調整のマイナスの影響および当社グループ顧客へのリスク管理商品
     の売上の減少の結果として、93百万豪ドルすなわち11.3%減少した。
      NABリスク管理         収益  は、285百万豪ドル増加したが、これには経済的ヘッジの変動の結果である107百万豪ドルの

     増加が含まれており、純利息収益で相殺された。基礎的増加分は、デリバティブの信用評価調整の有利な影響なら
     びに好ましい当社グループの資本調達およびヘッジ活動を原因としている。これは、取引業績の減少によって一部
     相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期との比較

      その他営業収益        は、278百万豪ドルすなわち21.4%(為替変動を除くと305百万豪ドルすなわち23.5%)増加し
     た。
      住宅貸付収益       は、貸付高の増加および手数料回収率の改善により、当年度上半期比で2百万豪ドルすなわち

     1.4%増加した。
      事業貸付収益       は、事業者顧客からの手数料の減少により、15百万豪ドルすなわち4.7%減少した。

      その他銀行業務商品収益             は、貸付高および無担保貸付の取引手数料の増加の結果として、39百万豪ドルすなわち

     9.0%増加した。
      預金収益     は、口座手数料の減少によって7百万豪ドルすなわち17.1%減少した。

      顧客リスク管理収益          は、デリバティブの評価調整の有利な影響および当社グループ顧客へのリスク管理商品の売

     上の増加の結果として、当年度上半期比で53百万豪ドルすなわち15.6%増加した。
      NAB  リスク管理      収益  は、206百万豪ドル増加したが、これには経済的ヘッジの変動の結果である163百万豪ドルの

     増加が含まれており、純利息収益で相殺された。基礎的増加分は、好ましい当社グループの資本調達およびヘッジ
     活動の結果であり、デリバティブの評価調整の不利な影響および取引業績の減少によって一部相殺された。
                                  74/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     オーストラリア銀行業務部門
     営業費用
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                         2015年
                   2016年             9月終了        2016年       2016年      9月終了
                         9月終了
                  9月終了              対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                                (%)                     (%)
     人件費               3,349       3,185       (5.1)       1,637       1,712        4.4
     設備関連費                516       522       1.1       257       259       0.8
     一般費               1,917       1,849       (3.7)        981       936      (4.8)
     営業費用合計               5,782       5,556       (4.1)       2,875       2,907        1.1
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度の比較

      営業費用     は、前年度比で226百万豪ドルすなわち4.1%(為替変動を除くと214百万豪ドルすなわち3.9%)増加し
     た。
      人件費   は、164百万豪ドルすなわち5.1%(為替変動を除くと157百万豪ドルすなわち4.9%)増加した。これは、

     労働協約に基づく賃金の上昇および報奨の標準化によってもたらされた。これらは、生産性向上による節減により
     一部相殺された。
      設備関連費      は、不動産最適化の恩恵の結果として、6百万豪ドルすなわち1.1%(為替変動を除くと8百万豪ド

     ルすなわち1.5%)減少したが、賃貸料の増加により一部相殺された。
      一般費   は、減価償却費および償却費および実施プロジェクトの関連支援コストの増加により、68百万豪ドルすな

     わち3.7%(為替変動を除くと65百万豪ドルすなわち3.5%)増加した。これは、生産性向上による節減により一部
     相殺された。
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      営業費用     は、当年度上半期比で32百万豪ドルすなわち1.1%(為替変動を除くと19百万豪ドルすなわち0.7%)減
     少した。
      人件費   は、75百万豪ドルすなわち4.4%(為替変動を除くと68百万豪ドルすなわち4.0%)減少した。これは、生

     産性向上による節減およびプロジェクト関連活動の削減によるものである。
      設備関連費      は、2百万豪ドルすなわち0.8%(為替変動を除くと2百万豪ドルすなわち0.8%)減少した。

                                  75/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      一般費   は、テクノロジーおよびマーケティング費用の増加ならびに減価償却費および償却費の増加により、45百
     万豪ドルすなわち4.8%(為替変動を除くと51百万豪ドルすなわち5.4%)増加したが、生産性向上による節減によ
     り一部相殺された。
     オーストラリア銀行業務部門

     貸倒引当金繰入額
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                         2015年
                   2016年             9月終了        2016年       2016年      9月終了
                         9月終了
                  9月終了              対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 (百万豪ドル)               9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                        (百万豪ドル)
                                (%)                     (%)
     個別貸倒引当金繰入額                859       532      (61.5)         449       410      (9.5)
     一括貸倒引当金(戻入
                     (220)       133       大      (151)       (69)       大
     れ)/繰入
     貸倒引当金繰入額
                     639       665       3.9       298       341      12.6
     合計
     住宅貸付                 97       43       大       55       42     (31.0)

     事業貸付                308       409      24.7        141       167      15.6
     その他銀行業務商品
                     234       213      (9.9)        102       132      22.7
     (2)
     貸倒引当金繰入額
                     639       665       3.9       298       341      12.6
     合計
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他銀行業務商品は、個人貸付、クレジットカード、投資有価証券およびマージン貸付を含む。
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                         2015年
                   2016年             9月終了        2016年       2016年      9月終了
                         9月終了
                  9月終了              対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 (百万豪ドル)               9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                        (百万豪ドル)
                                (%)                     (%)
     個人向け銀行業務                324       245      (32.2)         144       180       20.0
     事業者向け銀行業務                315       420      25.0        154       161       4.3
     貸倒引当金繰入額合計                639       665       3.9       298       341       12.6
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
                                  76/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     当年度と前年度の比較
      貸倒引当金繰入額         は、前年度比で26百万豪ドルすなわち3.9%減少した。これは、以下を主因とする一括引当金
     繰入額の353百万豪ドルの削減によるものであった。
     -少数の大口同一債務者のエクスポージャーに対する個別貸倒引当金が繰入れられたことにより、事業貸付ポート
      フォリオに対する一括貸倒引当金戻入れが増加
     -より幅広い事業貸付ポートフォリオにおける与信の質の基礎的改善
     -少数の大口同一債務者のエクスポージャーに対する顧客の与信格付の引下げによる一括引当金の増加による一部
      相殺
      これは、以下を主因とする327百万豪ドルの個別貸倒引当金繰入額の増加により相殺された。

     -事業貸付ポートフォリオにおける少数の大口同一債務者のエクスポージャーの減損
     -住宅抵当貸付および無担保リテール貸付金ポートフォリオに対する個別貸倒引当金の増加
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      貸倒引当金繰入額         は、当年度上半期比で43百万豪ドルすなわち12.6%減少した。これは、以下を主因とする82百
     万豪ドルの一括引当金繰入額の削減によるものであった。
     -無担保リテール貸付金ポートフォリオの一括貸倒引当金繰入額の減少。当年度上半期は単発のオーバーレイを含
      んでいた。
     -少数の大口同一債務者のエクスポージャーに対する個別貸倒引当金が繰入れられたことにより、事業貸付ポート
      フォリオに対する一括引当金戻入れが増加
      これは、主に住宅抵当貸付および無担保リテール貸付ポートフォリオの個別引当金繰入額の39百万豪ドルの増額
     によって一部相殺された。
                                  77/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     オーストラリア銀行業務部門
     資産の質
                             2016年           2016年           2015年

                                (1)           (1)           (1)
                          9月30日現在           3月31日現在           9月30日現在
     不良債権に対する個別引当金(百万豪ド
                                  612           501           346
     ル)
     不良債権に対する一括引当金(百万豪ド
                                 1,712           1,897           1,956
     ル)
     公正価値による貸付金に対する一括引当
                                   96           124           120
     金(百万豪ドル)
     公正価値によるデリバティブに対する一
                                  254           290           309
     括引当金(百万豪ドル)
     90日以上期日経過の資産(百万豪ドル)                            1,807           1,797           1,620
     減損資産総額(百万豪ドル)                            1,606           1,425           1,249
     信用リスク加重資産に対する一括引当金                           0.74%           0.90%           0.91%
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
                                 0.38%           0.38%           0.36%
     以上期日経過の資産の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する減損
                                 0.34%           0.31%           0.27%
     資産総額の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する90日
     以上期日経過の資産および減損資産総額                           0.72%           0.69%           0.63%
     の比率
     減損資産総額に対する個別引当金の比率                           38.1%           35.2%           27.7%
     貸付金および支払承諾総額に対する純償
                                 0.12%           0.11%           0.19%
                    (2)
     却額の比率(年度換算ベース)
     純償却額に対する引当金合計の比率(年
                                 455%           560%           309%
            (2)
     度換算ベース)
     貸付金および支払承諾総額に対する引当
                                 0.56%           0.60%           0.60%
     金合計の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する貸倒
     引当金繰入額の比率(年度換算ベース)
                                 0.13%           0.15%           0.14%
     (2)
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       2016年9月現在および2015年9月現在の指標は、通年度比率を表しており、2016年3月現在の指標は、年度換算ベースの
       半期比率を表している。
      当年度中、貸付金および支払承諾総額に対する90日以上期日経過の資産および減損資産総額の比率は、0.72%へ

     と9ベーシス・ポイント上昇した。
      これは、鉱業の低迷による経済状況を原因とする90日以上期日経過の住宅抵当貸付資産の増加の結果である。

      当年度における1,356百万豪ドルの新規減損資産は、前年度に対して45%高かった。これは、事業貸付における

     少数の大口同一債務者のエクスポージャーの減損を主因としている。
                                  78/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      オーストラリア銀行業務の一括引当金合計は、前年度比で323百万豪ドル減少し、2,062百万豪ドルであった。こ
     れは、少数の大口同一債務者のエクスポージャーに対する個別引当金の繰入れに関連する取り崩しおよび事業貸付
     ポートフォリオの基礎的な与信の質の改善によるものであるが、少数の大口同一債務者のエクスポージャーに対す
     る顧客の与信格付の引下げによる一括引当金の増加により一部相殺された。
      信用リスク加重資産に対する一括引当金の比率は、当年度中、17ベーシス・ポイント低下して0.74%であった。

     一括引当金の削減に加えて、この比率は、住宅抵当貸付ポートフォリオに関する信用リスク加重資産フロアに対す
     る規制変更の影響を受け、当年度中8ベーシス・ポイントの影響をもたらした。
      減損資産総額に対する個別引当金の比率は、当年度中に38.1%に改善した。これは、期間中に提供された少数の

     大口同一債務者のエクスポージャーに関連する高いカバレッジ水準の結果である。
     オーストラリア銀行業務部門

     純営業収益分析
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016年                     2016年
                         2015年
                   2016年             9月終了        2016年       2016年      9月終了
                         9月終了
                  9月終了              対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 (百万豪ドル)               9月終了      (百万豪ドル)       (百万豪ドル)        3月終了
                        (百万豪ドル)
                                (%)                     (%)
     商品別
     住宅貸付               3,647       3,519        3.6      1,770       1,877       (5.7)
     事業貸付               3,902       3,942       (1.0)       1,954       1,948        0.3
     その他銀行業務商品
                    1,851       1,830        1.1       961       890       8.0
     (2)
     預金               2,808       2,331       20.5       1,416       1,392        1.7
     顧客リスク管理                731       824      (11.3)         392       339      15.6
     NABリスク管理               1,109        947      17.1        554       555      (0.2)
     純営業収益               14,048       13,393        4.9      7,047       7,001        0.7
        (3)

     顧客別
     個人向け銀行業務               4,867       4,559        6.8      2,428       2,439       (0.5)
     事業者向け銀行業務               8,072       7,887        2.3      4,065       4,007        1.4
     NABリスク管理               1,109        947      17.1        554       555      (0.2)
     純営業収益               14,048       13,393        4.9      7,047       7,001        0.7
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他銀行業務商品は、個人貸付、クレジットカード、投資有価証券およびマージン貸付を含む                                            。
     (3)
       2015年度の顧客収益の数字は、事業者向け銀行業務と個人向け銀行業務間の移動を反映するため再表示されており、顧客
       が当年度に拠点を有していた場所と合致している。
                                  79/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
      ニュージーランド銀行業務部門は、「BNZ」のブランド名で運営されているニュージーランドにおけるリテール

     業務、事業金融業務、アグリビジネス業務、法人向け業務および保険フランチャイズ業務からなる。ニュージーラ
     ンド銀行業務部門には、BNZのマーケット業務は含まれない。
      数値は現地通貨で表示されている。豪ドル建ての数値は後出表を参照のこと。
                          年度                     半期

                                2016  年                   2016  年
                   2016  年     2015  年            2016  年     2016  年
                                9月終了                     9月終了
                  9月終了       9月終了              9月終了       3月終了
                                対2015年                     対2016年
                   (百万       (百万              (百万       (百万
                                9月終了                     3月終了
                  NZ ドル)      NZ ドル)             NZ ドル)      NZ ドル)
                                (%)                     (%)
     純利息収益               1,617       1,624       (0.4)        805       812      (0.9)
     その他営業収益                494       468       5.6       255       239       6.7
     純営業収益               2,111       2,092        0.9      1,060       1,051        0.9
     営業費用                (834)       (826)       (1.0)       (419)       (415)       (1.0)
     基礎利益               1,277       1,266        0.9       641       636       0.8
     貸倒引当金繰入額                (125)       (134)       6.7       (41)       (84)      51.2
     税引前現金収益               1,152       1,132        1.8       600       552       8.7
     法人税                (316)       (309)       (2.3)       (168)       (148)      (13.5)
     現金収益                836       823       1.6       432       404       6.9
     平均残高

     (十億NZドル)
     貸付金および支払承諾
                     70.8       65.8       7.6       72.1       69.4       3.9
     総額
         (1)
                     71.9       66.6       8.0       73.3       70.4       4.1
     利付資産
     資産合計                73.9       68.6       7.7       75.4       72.5       4.0
     顧客預金                48.6       44.9       8.2       49.7       47.5       4.6
     資本(十億NZドル)

     リスク加重資産-信用
     リスク(該当時点にお                49.6       44.8       10.7       49.6       47.7       4.0
     ける残高)
     リスク加重資産合計
     (該当時点における残                53.1       48.6       9.3       53.1       51.6       2.9
     高)
     パフォーマンス指標

     期中平均資産に対する
                                  (7  bps)                    ▶ bps
                    1.13%       1.20%              1.15%       1.11%
     現金収益
     期中平均リスク加重資
                                 (11  bps)                    ▶ bps
                    1.63%       1.74%              1.65%       1.61%
     産に対する現金収益
            (1)
                                 (19  bps)                   (11  bps)
                    2.25%       2.44%              2.20%       2.31%
     純利息マージン
     対収益費用比率               39.5%       39.5%         -     39.5%       39.5%         -
                                 (200   bps)                   (40  bps)
     「ジョーズ」               (0.1%)       1.9%              (0.1%)       0.3%
     平均フルタイム相当従
     業員当たり現金収益                169       174      (2.9)        172       165       4.2
     (千NZドル)
     フルタイム相当従業員
     (該当時点における人               4,963       4,784       (3.7)       4,963       5,012        1.0
     数)
     (1)
       2015年9月終了年度は、利付資産の手法変更により、住宅抵当貸付相殺勘定を除くため、修正再表示されている。
                                  80/440



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
          (1)
     市場シェア
                         2016  年 8月31日現在        2016  年 3月31日現在        2015  年 9月30日現在

     住宅貸付                           15.5%           15.5%           15.5%
     カード                           19.7%           19.9%           20.4%
     アグリビジネス                           22.5%           22.6%           22.4%
     事業貸付                           27.5%           27.2%           26.5%
           (2)
                                17.6%           17.6%           17.6%
     リテール預金
     (1)
       出典:RBNZ2016年8月(RBNZ公表の直近データを基に過去の市場シェアを改定)
     (2)
       リテール預金は、事業預金および個人預金を含み、ホールセール預金を除く。
     販売

                         2016  年 9月30日現在        2016  年 3月31日現在        2015  年 9月30日現在

     リテール支店数                            171           173           173
     ATM台数                            478           479           474
     インターネットバンキング顧客数(単
                                 723           705           686
     位:千人)
                                  81/440














                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
     財務分析(現地通貨による)
     当年度と前年度の比較

      現金収益     は、収益改善および貸倒引当金繰入額の減少により、前年度比で13百万NZドルすなわち1.6%増加した
     が、営業費用の増加により一部相殺された。
      期中平均リスク加重資産に対する現金収益                       は、資産の増加に加え、ニュージーランドの酪農業のポートフォリオ

     における信用リスクの遷移によるリスク加重資産の増加の結果として、11ベーシス・ポイント低下し、1.63%で
     あった。
      純利息収益は        、金利低下の環境による貸付および預金のマージンに対する圧力ならびに資金調達コストの増加に

     より、7百万NZドルすなわち0.4%減少したが、貸付高および預金額の伸びにより一部相殺された。
      貸付金および支払承諾総額              の期中平均額は、50億NZドルすなわち7.6%増加した。引き続き好調な景気に支えら

     れ、事業貸付および住宅貸付の両方のポートフォリオにおいて強力な増加が見られた。事業貸付高は、市場シェア
                                                 (1)
     の拡大と合わせて、貸付の需要が高まった結果、30億NZドルすなわち9.2%増加した                                               。 住宅貸付高は、市場
     シェアが安定している中、ブローカー販売経路および適切販売経路における強力な伸びにより、21億NZドルすなわ
             (1)
     ち6.6%増加した           。
      期中平均顧客預金         は、前年同期に対し37億NZドルすなわち8.2%増加した。顧客預金の増加額は、預金の質なら

     びにバランスシートの状態および健全性の管理がより重視されたことを反映している。これは安定した市場シェア
            (1)
     につながった          。
      純利息マージン         は、19ベーシス・ポイント低下して2.25%となった。預金マージンの低下は主に、激しい競争と

     合わせて、ホールセールの利率水準が継続して低下したことの結果である。貸付マージンも競争および資金調達コ
     ストの増加によって縮小した。
      その他営業収益         は、プレミアム収益の増加によるリテール事業の収益、管理下にあるキウイセーバー・ファンド

     の成長による投資収益の改善および管理報酬の増加、ならびにカード・ポートフォリオによる収益の改善を主因と
     して、26百万NZドルすなわち5.6%増加した。
      営業費用      は、優先顧客セグメントおよび戦略的計画を支えるためのフルタイム相当従業員の増加を主因として、

     8百万NZドルすなわち1.0%増加した。
                                  82/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      貸倒引当金繰入額          は、個別引当金の減少により当年度9百万NZドルすなわち6.7%減少したが、一括引当金繰入
     額の増加によって一部相殺された。これは、酪農業以外のセクターにおけるニュージーランドの好調な経済状況を
     反映している。
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      現金収益     は、収益増加および貸倒引当金繰入額の減少によって、当年度上半期比で28百万NZドルすなわち6.9%
     増加したが、営業費用の増加により一部相殺された。
      期中平均リスク加重資産に対する現金収益                      は、現金収益の増加がニュージーランドの酪農業ポートフォリオの信

     用リスクの遷移によるリスク加重資産の増加によって一部相殺され、4ベーシス・ポイント上昇し、1.65%であっ
     た。
      純利息収益       は、資金調達コストの増加および貸付のマージンに対する圧力により7百万NZドルすなわち0.9%減

     少したが、預金マージンならびに貸付高および預金額の伸びにより一部相殺された。
      貸付金および支払承諾総額の期中平均額                      は、27億NZドルすなわち3.9%増加した。住宅貸付および事業貸付は、

     引き続き好調な経済状況および貸付への高い需要に支えられ、好調な伸びがみられた。住宅貸付高は、市場シェア
                                (1)
     が安定しており、15億NZドルすなわち4.7%増加した                              。 事業貸付高は、市場シェアの拡大により13億NZドルす
                (1)
     なわち3.6%増加した              。
      期中平均     顧客預金     は、22億NZドルすなわち4.6%増加した。顧客預金における伸びは、預金の質ならびにバラン

     スシートの状態および健全性の管理がより重視されたことを反映している。市場シェアは引き続き安定していた。
     (1)
      純利息マージン         は、激しい競争による資金調達コストの増加および貸付マージンの低下を主因として、11ベーシ

     ス・ポイント低下し、2.20%となった。
      その他営業収益         は、プレミアム収益の増加によるリテール事業の収益、管理下にあるキウイセーバー・ファンド

     の成長による管理報酬の増加、ならびにカード・ポートフォリオによる収益の改善を主因として、16百万NZドルす
     なわち6.7%増加した。
      営業費用      は、優先顧客セグメントを支えるための平均フルタイム相当従業員の増加を主因として4百万NZドルす

     なわち1.0%増加した。
                                  83/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      貸倒引当金繰入額          は、経済状況の改善の結果として減少した一括引当金繰入額によって、当年度下半期において
     43百万NZドルすなわち51.2%減少した。酪農業のポートフォリオは、予想以上のポートフォリオの悪化がなく、
     ニュージーランドの酪農産業の見通しが安定し始めたことで、安定していた。
     (1)

       出典:RBNZ2016年8月
     その他項目

     資産の質
                                  2016  年       2016  年       2015  年

                                 9月30日現在         3月31日現在         9月30日現在
     個別貸倒引当金(百万NZドル)                                 100         101         92
     一括貸倒引当金(百万NZドル)                                 398         386         331
     公正価値による貸付金に対する一括貸倒引当金
                                       47         48         44
     (百万NZドル)
     90日以上期日経過の資産(百万NZドル)                                 173         210         196
                   (1)
                                     1,078          807         216
     減損資産総額(百万NZドル)
     信用リスク加重資産に対する一括引当金                                0.90%         0.91%         0.84%
     貸付金および支払承諾総額に対する90日以上期日経過の
                                     0.23%         0.30%         0.29%
     資産の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する減損資産総額の比率
                                     1.46%         1.13%         0.32%
     (1)
     貸付金および支払承諾総額に対する90日以上期日経過の
                                     1.69%         1.43%         0.61%
                    (1)
     資産および減損資産総額の比率
                        (2)
                                     39.2%         44.3%         42.6%
     減損資産総額に対する個別引当金の比率
     貸付金および支払承諾総額に対する純償却額の比率
                                     0.06%         0.04%         0.17%
              (3)
     (年度換算ベース)
     純償却額に対する貸倒引当金合計の比率
                                    1,185%         1,819%          406%
              (3)
     (年度換算ベース)
     貸付金および支払承諾総額に対する引当金合計の比率                                0.74%         0.75%         0.69%
     貸付金および支払承諾総額に対する貸倒引当金繰入額の
                                     0.17%         0.24%         0.20%
                 (3)
     比率(年度換算ベース)
     (1)
       減損資産総額は、一括引当金および保有証券に基づき現時点で損失ではないと評価されている823百万NZドルの酪農業に
       関連したエクスポージャーを含む。(当年度上半期579百万NZドル、前年度下半期ゼロ。)
     (2)
       個別引当金が繰入れられている減損資産のみで構成されており、一括引当金および保有証券に基づき現時点で損失ではな
       いと評価されている823百万NZドルの酪農業に関連したエクスポージャーを除外する。
     (3)
       2016年9月現在および2015年9月現在の指標は、通年度比率を指しており、2016年3月現在の指標は、年度換算ベースの
       半期比率を表している。
                                  84/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      前年度と比較して、90日以上期日経過の資産および減損資産総額の水準は108ベーシス・ポイント低下し、
     0.61%から1.69%となった。これは、現時点でデフォルトで当年度の減損資産の損失ではないと評価されている
     823百万NZドル(当年度上半期時点で579百万NZドル)の酪農業に関連したエクスポージャーを主因とする。貸付金
     および支払承諾総額に対する90日以上期日経過の資産の比率は、債務返済および資産の質の改善により、6ベーシ
     ス・ポイント改善して、0.29%から0.23%になった。
      貸付金および支払承諾総額に対する引当金カバレッジ総額は、前年度比で5ベーシス・ポイント上昇し、0.74%

     であった。
      一括貸倒引当金繰入総額は、当年度に70百万NZドル増加した。この増加は、酪農品の顧客に対する引当金を主因

     とし、これはその他のセグメントの改善によって相殺された。個別引当金は、昨年度から8百万NZドル増加した。
      当年度の貸付金および支払承諾総額に対する純償却額は、リテールおよび非リテール・ポートフォリオにおける

     改善によって、前年度比で11ベーシス・ポイント低下した。
     資本および資金調達状況

      BNZは、堅調な資本構成を維持しており、バランスシートは、多様で安定的な資本調達源を通じて十分な資金が
     供給されていた。
      BNZの普通株式等Tier1比率、Tier1資本比率および総自己資本比率は、2016年9月30日現在それぞれ10.21%、

     10.54%および12.04%であり、これらはRBNZのそれぞれの最低資本要件である7.00%、8.50%および10.50%を満
     たしている。2015年12月、BNZは、国内の劣後債の発行を通じて550百万NZドルの規制上のTier                                                 2資本を集めた。当
     年度中、BNZの主要な規制上の流動性比率は、安定した顧客預金へ注力することによって支えられ、2016年9月30
     日現在のBNZの中核資金調達比率は86%で最低RBNZ要件である75%を優に超えていた。
      BNZは、中長期債務の借換えをサポートしており、国内外のホールセール市場において活発であった。債券の取

     引には、それぞれ2016年3月および2016年9月における500百万米ドルおよび850百万米ドルの満期5年のオフショ
     ア無担保シニア債の発行、ならびに2016年6月の250百万NZドルの満期7年の国内無担保シニア債の発行が含まれ
     る。BNZはまた、カバードボンド市場に再参入し、2016年2月に300百万NZドルの満期7年の国内カバードボンド、
     2016年6月に750百万ユーロの満期5年のオフショアカバーボンドを発行した。
      総合的にみて、BNZの資金状況および自己資本比率は、BNZのAA-/Aa3/AA-(S&P/ムーディーズ/フィッチ)の長期

     無担保シニア発行体信用格付を支える要因となっている。
                                  85/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ニュージーランド銀行業務
      数値は豪ドルで表示されている。現地通貨建ての数値については前出表を参照のこと。
                          年度                     半期

                                2016  年                   2016  年
                   2016  年     2015  年    9月終了        2016  年     2016  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                (%)                     (%)
     純利息収益               1,505       1,504        0.1       756       749       0.9
     その他営業収益                460       434       6.0       240       220       9.1
     純営業収益               1,965       1,938        1.4       996       969       2.8
     営業費用                (777)       (766)       (1.4)       (395)       (382)       (3.4)
     基礎利益               1,188       1,172        1.4       601       587       2.4
     貸倒引当金繰入額                (116)       (124)       6.5       (39)       (77)      49.4
     税引前現金収益               1,072       1,048        2.3       562       510      10.2
     法人税                (294)       (286)       (2.8)       (157)       (137)      (14.6)
     現金収益                778       762       2.1       405       373       8.6
     外国為替相場の変動の影響

                             2016  年 9月終了                 2016  年 9月終了

                     2015  年 9月                 2016  年 3月
     2016年9月における                        対2015年9月終了                    対2016年3月終了
                    終了後の年度                    終了後の半期
     プラス/(マイナス)                        ( 為替変動を除く)                    ( 為替変動を除く)
                    ( 百万豪ドル)                    ( 百万豪ドル)
                                (%)                    (%)
     純利息収益                      7        (0.4)            14         (0.9)
     その他営業収益                      3         5.3            5         6.8
     営業費用                     (4)         (0.9)            (7)         (1.6)
     貸倒引当金繰入額                     -         6.5           (1)         50.6
     法人税                     (2)         (2.1)            (3)         (12.4)
     現金収益                      ▶         1.6            8         6.4
                                  86/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     NAB  ウェルス
      NAB  ウェルスは、       リテール、法人および機関投資家などの顧客に対し、老齢年金、投資および保険ソリューショ

     ンを提供している。NABウェルスは、オーストラリア最大の財務アドバイザーのネットワークの一つを運営してい
     る。
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016  年                   2016  年
                   2016  年     2015  年    9月終了        2016  年     2016  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                (%)                     (%)
     純投資収益               1,155       1,136        1.7       595       560       6.3
            (2)
                      78       72      8.3        40       38      5.3
     その他営業収益
     純収益               1,233       1,208        2.1       635       598       6.2
     営業費用                (758)       (786)       3.6       (370)       (388)       4.6
     税引前現金収益                475       422      12.6        265       210      26.2
     法人税                (119)       (106)      (12.3)         (68)       (51)      (33.3)
     現金収益                356       316      12.7        197       159      23.9
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       NABウェルスの生命保険事業に関連する税引後純利益の20%を含む。過年度は常に修正再表示されている。
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016  年                   2016  年
                   2016  年     2015  年    9月終了        2016  年     2016  年    9月終了
     パフォーマンス
                  9月終了       9月終了       対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
       (2)
     指標
                 ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                (%)                     (%)
     運用・管理資産
     (該当時点における残
                   197,352       168,365        17.2      197,352       188,365         4.8
     高)
     (百万豪ドル)
     運用・管理資産
     (平均)(百万豪ド              186,253       167,045        11.5      194,305       179,665         8.1
     ル)
     純資金フロー(百万豪
                     252      (742)        大       84      168      (50.0)
     ドル)
                                 360  bps                   660  bps
     対収益費用比率(%)               61.5%       65.1%              58.3%       64.9%
     平均運用・管理資産に
                                  6 bps                    5 bps
     対する営業費用の比率                 41       47              38       43
     (bps)
     平均運用・管理資産に
     対する純投資収益の比                 62       68     (6  bps)        61       62     (1  bp)
     率(bps)
     平均フルタイム相当従
     業員1人当たりの現金
                      79       74      6.8        85       73      16.4
     収益
     (千豪ドル)
     フルタイム相当従業員
     (該当時点における人               4,584       4,215       (8.8)       4,584       4,567       (0.4)
     数)
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       運用・管理資産は、受託サービスおよびキャッシュ・マネジメント・サービスは除く。運用・管理資産は、これら事業の
       運用・管理資産の合計ではなく、NABアセット・マネジメント・リミテッドの資産管理事業の比例所有者持分に基づき計上
       される。運用・管理資産には、2016年1月から完全所有となったJBウェア運用・管理資産が含まれる。
                                  87/440



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     NAB  ウェルス
         (1)
     財務分析
     当年度と前年度の比較

      現金収益     は、投資市場、プラスの純資金フロー、および営業費用の効率化による運用・管理資産の増加を反映し
     て、前年度比で40百万豪ドルすなわち12.7%増加した。
      純投資収益      は、当年度の投資市場の成長の結果である運用・管理資産の増加による収益増加によって、前年度に

     対して19百万豪ドルすなわち1.7%増加した。マージンは、JBウェアの運用・管理資産の算入、より広範な業界の
     過去の行動に合わせた、マイスーパー・プランの移行、ならびに事業構成が低マージンホールセール向け商品およ
     び機関投資家向け商品へ変化したことにより、前年度以降低下した。
      その他営業収益        は、前年度に対して6百万豪ドルすなわち8.3%増加した。

      営業費用     は、主に規制・コンプライアンスのプロジェクト支出の減少、効率性推進および裁量的支出の減少によ

     り、前年度に対して28百万豪ドルすなわち3.6%減少した。
      平均運用・管理資産          は、主に2016年1月にJBウェアの残存する20%の買収を行ったことによるJBウェア運用・管

     理資産の算入、投資市場の成長およびプラスの純資金フローを主因として、192億豪ドルすなわち11.5%増加し
     た。
      純資金フロー       は、前年度に1社の機関投資家からの運用委託(14億豪ドル)が終了したことにより、前年度比で

     994百万豪ドル増加し、プラス252百万豪ドルであった。
      フルタイム相当従業員            は、当年度中、NABウェルスの生命保険事業の80%の売却を実行するために要求される変

     革および能力向上イニシアチブによって、369人すなわち8.8%増加した。
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      現金収益     は、当年度上半期から38百万豪ドルすなわち23.9%増加した。この増加は市場環境の改善および営業費
     用の効率化によるものであった。
      純投資収益      は、主として当年度下半期の投資市場の改善およびプラスの純資金フローの結果である運用・管理資

     産の収益増加を主因として、当年度上半期から35百万豪ドルすなわち6.3%増加した。
      その他営業収益        は、当年度上半期から2百万豪ドルすなわち5.3%増加した。

                                  88/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      営業費用     は、当年度上半期から18百万豪ドルすなわち4.6%減少した。この減少は、主に効率性推進および裁量
     的支出の減少によるものである。
      平均運用・管理資産          は、主として今年度中のJBウェア運用・管理資産の算入、投資市場の改善およびプラスの純

     資金フローにより、146億豪ドルすなわち8.1%増加した。
      純資金フロー       は、当年度上半期比で84百万豪ドル減少し、プラス84百万豪ドルであった。

      フルタイム相当従業員            は、NABウェルスの生命保険事業の80%の売却を実行するために要求される変革および能

     力向上イニシアチブを主因として、当年度上半期比で17人すなわち0.4%増加した。
     (1)

       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     NAB  ウェルス     - 運用・管理資産分析

     運用・管理資産に

                                                その他
                                    ネット・
                    2015  年         アウト                       2016  年
          (1)
                        インフロー                  投資収益
     おける変動
                                               (2)(3)
                   9月現在            フロー                      9月現在
                                     フロー
     (百万豪ドル)
     リテール向けプラット
                     59,383      11,398      (8,536)      2,862      4,625     17,749      84,619
     フォーム
     事業者および企業向け年金               35,530      3,806     (4,293)       (487)     1,676      (608)     36,111
     オフセールリテール向け商
                     12,422       543    (1,813)      (1,270)       938     (604)     11,486
     品およびその他
     リテール               107,335      15,747     (14,642)       1,105      7,239     16,537     132,216
     ホールセール               61,030      7,854     (8,707)       (853)     3,293      1,666     65,136
     NABウェルス総計               168,365      23,601     (23,349)        252    10,532      18,203     197,352
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他は信託分配金を含む。
     (3)
       運用・管理資産には、2016年1月から完全所有となったJBウェア運用・管理資産が含まれる。
     運用・管理資産に

                                                その他
                                    ネット・
                    2016  年         アウト                       2016  年
          (1)
                        インフロー                  投資収益
     おける変動
                                                (2)
                   3月現在            フロー                      9月現在
                                     フロー
     (百万豪ドル)
     リテール向けプラット
                     79,259      6,614     (4,915)      1,699      3,385       276    84,619
     フォーム
     事業者および企業向け年金               34,947      1,960     (2,315)       (355)     2,112      (593)     36,111
     オフセールリテール向け商
                     11,718       264     (974)      (710)      699     (221)     11,486
     品およびその他
     リテール               125,924       8,838     (8,204)       634     6,196      (538)    132,216
     ホールセール               62,441      3,729     (4,279)       (550)     2,790       455    65,136
     NABウェルス総計               188,365      12,567     (12,483)        84    8,986       (83)    197,352
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     (2)
       その他は信託分配金を含む。
                                  89/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                     2016  年      2016  年      2015  年
                   (1)
     資産クラス別運用・管理資産
                                    9月30日現在        3月31日現在        9月30日現在
     オーストラリア株式                                   40%        38%       31%
     国際株式                                   22%        20%       24%
     オーストラリア確定利付資産                                   12%        14%       15%
     国際確定利付資産                                    8%        9%       9%
     オーストラリア現金                                   10%        11%       11%
     国際直接不動産投資                                    4%        4%       5%
     国際上場不動産信託                                    2%        2%       2%
     オーストラリア上場不動産信託                                    2 %        2%       3%
     (1)
       過年度は、非継続事業を除くため、修正再表示されていない。
                                       (1)

                                   運用資産
                      2016  年 6月          2015  年 12月          2015  年 6月
                     順位     市場シェア        順位     市場シェア        順位     市場シェア
     リテール(現金を除く)                   2    13.9%         2    14.1%         2    14.6%
     リテール年金の合計                   2    18.2%         2    18.3%         2    18.6%
     ホールセールの合計                   5     5.3%         5     5.2%         5     5.2%
     (1)
       出典:Strategic        Insight    (formerly     known   as  Plan   for  Life)   Australian      Retail    and  Wholesale     Investments      Market
       Share   and  Dynamics     Report(2016年6月)(これより前の期間にはStrategic                           Insightによる、運用資産の修正再表示が
       含まれる。)
                                  90/440













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     コーポレート機能・その他業務
      当社グループの「コーポレート機能」部門には、グループ                               ・ファンディング         、その他コーポレート機能の業務、

     NAB英国商業用不動産業務およびスペシャライズド・グループ・アセッツ(「SGA」)(2015年3月31日付で閉鎖)
     の事業をはじめ、全事業部門を支援する機能が含まれる。グループ                                  ・ファンディング         は、資本管理およびバランス
     シート管理とともに、当社グループの業務を支援する資本および構造的資金の移動を担当する中央機関としての役
     割を務める。その他コーポレート機能業務には、企業向けサービス・変革業務およびサポート部門(CEO室、リス
     ク業務、財務・戦略業務、人事およびガバナンス・レピュテーション業務を含む。)が含まれる。
                           (1)                     (1)

                         年度                     半期
                                2016  年                   2016  年
                   2016  年     2015  年    9月終了        2016  年     2016  年    9月終了
                  9月終了       9月終了       対2015年       9月終了       3月終了       対2016年
                 ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       9月終了      ( 百万豪ドル)      ( 百万豪ドル)       3月終了
                                (%)                     (%)
     純営業収益                234       503      (53.5)         74      160      (53.8)
     営業費用                (168)       (207)       18.8        (71)       (97)      26.8
     基礎利益                 66      296      (77.7)          3      63     (95.2)
     (貸倒引当金への繰
     入)/貸倒引当金繰入                (45)       41       大       (88)       43       大
     額からの戻入れ
     税引前現金収益                 21      337      (93.8)         (85)       106       大
     法人税(費用)/利益                (20)      (119)       83.2         28      (48)       大
     現金収益/(損失)                 1      218      (99.5)         (57)       58       大
     (1)
       情報は、過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     当年度と前年度の比較

      現金収益     は、前年度に対して217百万豪ドル減少した。外国為替の影響を除くと、現金収益は、219百万豪ドル減
     少した。この減少は、純営業収益の減少および貸倒引当金繰入額の増加によるものであり、営業費用および法人税
     の減少により一部相殺された。
      純営業収益       は、269百万豪ドルすなわち53.5%減少した。外国為替の影響を除くと、純営業収益は、グループ・

     ファンディングおよびヘッジ活動による収益低下、昨年度中の長期にわたる法律上の紛争の解決およびNAB英国商
     業用不動産業務における貸付金の売却に関連する利益が今年は得られなかったことにより、274百万豪ドル減少し
     た。
      営業費用      は、39百万豪ドルすなわち18.8%減少した。外国為替の影響を除くと、営業費用は、40百万豪ドル減少

     した。これは、業績ベースの報奨コストが減少し、ポートフォリオ内の継続的な流出およびSGAの閉鎖の結果とし
     て、NAB英国商業用不動産部門の営業費用が低下したことによるもので、規制関連費用の増加により一部相殺され
     た。
                                  91/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      貸倒引当金繰入額          は、昨年度に単発で発生したNAB英国商業用不動産部門の戻入れと合わせて、鉱業、鉱業関連
     および農業セクターのオーバーレイを要因として、86百万豪ドル増加したが、新たなクレジット・システムの導入
     による戻入れによって一部相殺された。
      法人税     は、99百万豪ドルすなわち83.2%減少した。外国為替の影響を除いても、法人税は、100百万豪ドル減少

     した。
     当年度下半期と当年度上半期の比較

      現金収益     は、当年度上半期比で115百万豪ドル減少した。外国為替の影響を除き、現金収益は、116百万豪ドル減
     少した。この減少は、純営業収益の減少および貸倒引当金繰入額の増加の結果であり、営業費用および法人税の減
     少により一部相殺された。
      純営業収益       は、86百万豪ドルすなわち53.8%減少した。外国為替の影響を除き、純営業収益は、グループ・ファ

     ンディングおよびヘッジ活動による収益低下により、88百万豪ドル減少した。
      営業費用      は、26百万豪ドルすなわち26.8%減少した。外国為替の影響を除き、営業費用は、25百万豪ドル減少し

     た。これは、業績ベースの報奨コストの減少、規制関連費用の減少ならびにグループ・ファンディングおよびヘッ
     ジ活動のコストの減少によるものである。
      貸倒引当金繰入額          は、鉱業、鉱業関連および農業セクターのオーバーレイを要因として、131百万豪ドル増加し

     たが、当年度上半期における単発で発生した新たなクレジット・システムの導入による戻入れにより一部相殺され
     た。
      法人税     は、76百万豪ドル減少した。外国為替の影響を除いても、法人税は、76百万豪ドル減少した。

                                  92/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第4    【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       2016年度中、当社グループは設備の更改の必要性から905百万豪ドルの設備投資を行なった。この金額は、
      2016事業年度における当社グループの不動産、施設、設備およびソフトウェア購入額である。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループは、全世界で1,000超の支店および事業者向け銀行業務センターを有している。
       当社グループの建物は継続的な維持および改築を受けており、当社グループの現在および予見可能な将来の条
      件に適合しかつ十分であると考えられている。
       「第3-7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「投資支出」および「第6-1 
      財務書類」(2016年9月30日終了年度に係るもの)の注記20「有形固定資産」を参照のこと。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループは、銀行の支店および関連設備に関する継続的な保守・改修計画を有しており、設備需要を継続
      的に見直している。上記2をあわせて参照のこと。
                                  93/440













                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】         (2016年9月30日現在)

      ①【株式の総数】
          オーストラリア法上、会社は授権株式資本を持つ必要がなくなった。

               (1)

      ②【発行済株式】
                                  上場金融商品

                                  取引所名又は
      記名・無記名の別
                    種類      発行数(千株)        登録認可金融               詳細
     及び額面・無額面の別
                                  商品取引業
                                    協会名
                                          普通株式(完全議決権株式であ
                                          り、権利内容に何ら限定のない標
                                          準となる株式である。)
                                          米国預託株式(ADS)(預託機関ま
                                 オーストラリア         たは保管機関に預託された当社の
        記名式株式         普通株式           2,656,976
                                 証券取引所         全額払込済普通株式である。ADSを
                                          構成する各全額払込済普通株式に
                                          は、全額払込済普通株式に付され
                                          たものと同じ権利が付されてい
                                          る。)
                一部払込済
                                          (1)
        記名式株式                        49
                (0.25豪ドル)株式
                                 オーストラリア
        記名式株式         自己株式             (9,504)             当社が支配する株式
                                 証券取引所
                ナショナル・インカ
                                 オーストラリア
                                          (2)
        記名式株式         ム・セキュリティー             20,000
                                 証券取引所
                ズ
                                 ルクセンブルグ
                                          (3)
        記名式株式         信託優先証券              400
                                 証券取引所
                ナショナル・キャピ
                                 ルクセンブルグ
                                          (4)
        記名式株式         タル・インストルメ               8
                                 証券取引所
                ンツ
          計           ―      2,667,929          ―             ―
                                  94/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      (1)
        従業員持株制度における一部払込済株式は発行済であるが上場されていない。
      (2)

        1999年6月29日、当社は、NIS20,000,000株を1株当たり100豪ドルで発行した。NISは、当社がニューヨーク支店を通
       じて発行した100豪ドルの全額払込済社債1単位および未払NIS優先株式1株から成るステープル証券である。NIS優先株
       式の未払額は、一定の限られた状況(不履行事由の発生等)のもとで支払義務が発生する。NISの各保有者は、四半期ごと
       の後払いでオーストラリアの90日銀行手形の利率プラス1.25%に相当する年率で非累積分配金を受領する権利を有する。
       APRAの事前の同意によって、当社は社債を1単位当たり100豪ドル(未払分配金がある場合はこれを加算した金額)で償還
       し、かかる社債に抱き合わされたNIS優先株式を対価なしで買い戻すか消却することができる。NISには満期日はなく、
       オーストラリア証券取引所(「ASX」)に上場している。
      (3)

        2003年9月29日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅠによる1株当たり1,000英ポンドの信託優先
       証券400,000株の発行を通じて、当社のロンドン支店が使用する資金400百万英ポンドを調達した。各信託優先証券につい
       ては2018年12月17日まで半年ごとに後払いされる年率5.62%の非累積分配金が付き、その後は5年ごとの各期間に、かか
       る期間の開始時における5年物英国国債の指標銘柄の最終利回りに1.93%を加えた利率による非累積分配金が、半年ごと
       に後払いされる。信託優先証券はAPRAの事前の同意によって2018年12月17日およびそれ以降の各5年目の応当日に償還可
       能であり、その場合1信託優先証券当たり1,000英ポンドに過去6か月間の分配期間の未払分配金を加えた償還価格で償
       還される。
      (4)

        2006年9月18日、当社グループは、ナショナル・キャピタル・トラストⅢによる1単位当たり50,000豪ドルのナショナ
       ル・キャピタル・インストルメンツ(「オーストラリアンNCI」)8,000株の発行を通じて400百万豪ドル(発行費用控除
       前)を調達した。各オーストラリアンNCIには初回の任意償還日まで、銀行手形の利率プラス0.95%に相当する年率で四
       半期ごとに後払いされる非累積分配金が付いた。2016年10月4日、当社グループはAPRAの事前の同意によって、任意に
       オーストラリアンNCIを全額償還した。
      (2)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債等の行使状況等】

          該当なし
                                  95/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【発行済株式総数及び資本金の推移】
                                   資本金

                    発行済株式総数(千株)
                               (単位:百万豪ドル、
                        (1)
                                カッコ内十億円)
                                      25,274
     2011年9月30日現在                    2,883,894
                                      (2,045)
                                       2,099
     期中異動                      90,868
                                       (170)
                                      27,373
     2012年9月30日現在                    2,974,762
                                      (2,215)
                                        571
     期中異動                     (405,826)
                                        (46)
                                      27,944
     2013年9月30日現在                    2,568,936
                                      (2,261)
                                        436
     期中異動                     (237,557)
                                        (35)
                                      28,380
     2014年9月30日現在                    2,331,379
                                      (2,297)
                                       6,271
     期中異動                     251,902
                                       (507)
                                      34,651
     2015年9月30日現在                    2,583,281
                                      (2,804)
                                       △366
     期中異動                      84,648
                                       (△30)
                                      34,285
     2016年9月30日現在                    2,667,929
                                      (2,774)
     (1)
       1,000株未満四捨五入。
     (1)

       上記の発行済株式および証券数は、従業員持株制度に基づく一部払込済株式を含む。全額払込済発行済株式総数(1000株
       未満四捨五入)は、2,667,929株(NIS証券、信託優先証券およびナショナル・キャピタル・インストルメンツを含む。)
       である。「払込資本を構成する発行済証券総数」は、主に当社グループの生命保険事業により保有し支配される普通株式
       であり、かつ国際財務報告基準の要件に準拠して連結上相殺消去される自己株式について調整されている。
      (4)  【所有者別状況】

        2016年10月31日現在、当社に支配株主は存在しない。
     全額払込済普通株式の所有者の状況

                              株主総数に                   株式総数に対する

          区分          株主数(名)                    株式数(株)
                             対する割合(%)                      割合(%)
     1株~1,000株                   336,167           57.77       129,594,041              4.88
     1,001株~5,000株                   196,825           33.82       435,253,413             16.38

     5,001株~10,000株                   30,863           5.30       214,283,903              8.06

     10,001株~100,000株                   17,629           3.03       360,290,795             13.56

     100,001株以上                     454          0.08      1,517,560,610              57.12

           計             581,938           100.00       2,656,982,762              100.00

     市場性を有する単位
                        15,504                    119,557
     (500豪ドル)未満
                                  96/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【大株主の状況】
        2016年10月31日現在、下記が普通株式名簿上で発行済普通株式の1%超を保有している主要株主7社であ
       る。
                                                   発行済普通株式

                                           所有普通株式数
             氏名または名称                     住所                 総数に対する
                                             (株)
                                                     割合(%)
     HSBCカストディ・ノミニーズ(オーストラリア)                        ニューサウスウェールズ州
                                            561,686,718           21.14
     リミテッド                        シドニー
     JPモルガン・ノミニーズ・オーストラリア・リミ                        ニューサウスウェールズ州
                                            338,106,136           12.73
     テッド                        シドニー
     シティコープ・ノミニーズ・ピーティーワイ・リ
                             ビクトリア州メルボルン               137,574,120            5.18
     ミテッド
     ナショナル・ノミニーズ・リミテッド                        ビクトリア州メルボルン               122,917,153            4.63
     BNPパリバ・ノムズ・ピーティーワイ・リミテッ                        ニューサウスウェールズ州
                                             62,796   ,390        2.36
     ド                        ロイヤル・エクスチェンジ
     BNPパリバ・ノミニーズ・ピーティーワイ・リミ                        ニューサウスウェールズ州
                                             31,581   ,422        1.19
     テッド                        ロイヤル・エクスチェンジ
     シティコープ・ノミニーズ・ピーティーワイ・リ
     ミテッド(コロニアル・ファースト・ステート投                        ビクトリア州メルボルン                27,021   ,954        1.02
     資勘定)
                合計                            1,281,683,893            48.25
     2  【配当政策】

       普通株式に対する配当金
       取締役会は、2016年12月13日に支払われるべき最終配当として、全額払込済普通株式1株当たり99豪セント
      (100パーセント税額控除対象)とすると決定した。支払予定額は、約2,630百万豪ドルに上る。
       前事業年度末以降に支払われた配当金は、以下のとおりである。当社グループは、自己資本比率および見通し
      を反映するため、配当再投資プラン(DRP)を定期的に調整している。DRPに割引はなく、参加枠の限界もない。
       ● 2015年9月30日終了の事業年度の最終配当として全額払込済普通株式1株当たり99豪セント(100パーセ
         ント税額控除対象)が2015年12月15日に支払われた。支払額は2,600百万豪ドルであった。
       ● 2016年9月30日終了の事業年度の中間配当として全額払込済普通株式1株当たり99豪セント(100パーセ
         ント税額控除対象)が2016年7月5日に支払われた。支払額は2,618百万豪ドルであった。
       現在までに支払済および決定済の配当金に関する情報は、「第6-1 財務書類」の注記28「配当金および分
      配金」に含まれている。
       これらの適格配当に対する税額控除の割合は、現行のオーストラリア法人税率が30%であることを反映して、
      オーストラリアの税額控除30%となる。
       オーストラリアの課税上、将来の配当金に対する税額控除対象の範囲は、オーストラリアの所得税の対象とな
      る当社グループの利益の割合および今後のオーストラリアの事業税制度における変更を含む数多くの要因に左右
      される。
                                  97/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3  【株価の推移】
                                      (1)
       ASXにおける当社普通株式の株価の推移は下記のとおりである                                 。
      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
                             9月30日に終了した年度

                2012年        2013年        2014年        2015年         2016年

     最高(豪ドル)           26.56        35.45        37.07        39.15         31.61

     最低(豪ドル)           20.92        22.97        31.90        29.15         23.82

      (2)  【当該事業年度中最近6月間の月別最高・最低株価】

                                 2016年

                4月       5月       6月       7月       8月       9月

     最高(豪ドル)          27.90       29.49       26.88       26.60       28.00       28.26

     最低(豪ドル)          24.88       26.20       23.90       24.16       25.81       26.16

     (1)

       当社普通株式は、2006年9月10日に東京証券取引所から上場廃止された。
                                  98/440












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     4  【役員の状況】

       取締役は特定の任期を有していない。本報告書提出時における(または当年度の在職期間中の)当社取締役に
      関する詳細、ならびに各取締役の資質、経験および特別な責任については下記の通りである。
                                                     所有株式の

                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ケネス・R・ヘン          58   在職期間    :2011年11月から取締役。2015年12月から会長。                         普通株式
     執行取     リー博士                                            6,860株
     締役、     (Dr.   Kenneth     R     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
     会長
          Henry)    [男性]
                       技能・経験     :経済、政策および規制、ガバナンスならびに
                       リーダーシップの分野で30年以上の経験を有する。同氏は、
                       2001年から2011年までトレジャリー部門の秘書役を務めた。
                       2011年6月から2012年11月まで、首相の特別アドバイザーを
                       務め、アジアの世紀におけるオーストラリア白書を促進する
                       責任を負っていた。オーストラリア準備銀行の理事会、税務
                       審議会、金融規制者委員会およびオーストラリアのインフラ
                       委員会の元メンバーであり、ハワード政権の課税タスク
                       フォース(「ニュー・タックス・システム」、1997年-1998
                       年)およびラッド政権により委託されたオーストラリアの
                       フューチャー・タックス・システム・レビュー(「ヘン
                       リー・タックス・レビュー」)(2008年-2009年)のどちらも
                       議長を務めていた。同氏は、2007年に豪コンパニオン勲章を
                       受章し、2001年にセンテナリー・メダルを受章した。
                       過去3年間に務めた上場会社の取締役職およびその他の取締

                       役職等(現在・最近)          :
                       ●ANUのサー・ローランド・ウィルソン・ファウンデーション
                       の委員長(2001年5月から委員、2013年2月から委員長)。
                       ●ASXリミテッドおよびその子会社数社の取締役(2013年2月
                       から)。
                       ●ケープ・ヨーク・パートナーシップの取締役(2016年5月
                       から)。
                       ●オーストラリア経済開発委員会(CEDA)の会長(2011年11
                       月から)。
                       ●シドニー大学プロジェクト・リーダーシップのためのジョ
                       ン・グリル・センターの諮問委員会の委員(2015年11月か
                       ら)。
                       ●オーストラリア・中国 シニア・ビジネスリーダーズ・
                       フォーラムの委員(2015年12月から)。
                       ●SMARTインフラストラクチャー・ファシリティ(ウロンゴン
                       グ大学)の諮問委員会の元委員長(2011年から2015年8月ま
                       で)。
                       ●オーストラリア国立大学(ANU)の公共政策協会の元委員長
                       (2012年7月から2014年11月まで)。
                       ●リコンシリエーション・オーストラリアの委員会の元委員
                       (2012年7月から2016年9月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●指名委員会の委員長。
                                  99/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     グルー     アンドリュー・          51   在職期間    : 2014年8月から取締役。                        普通株式
     プ最高     G・ソーバーン氏                                            117,990株
     経営責     (Mr.    Andrew     ▶     独立/非独立取締役の別           : 非独立取締役
     任者兼
          Thorburn)     [男性]
     マネー                  技能・経験     : 銀行業務および金融の分野で30年超の勤務経験
     ジ   ン               を有する。ソーバーン氏は、2005年1月にリテール・バンキ
     グ   ・               ング業務部門長として当社に入社し、2008年にBNZのマネージ
     ディレ                  ング・ディレクター兼CEOに任命され、2009年1月に当社のグ
     クター                  ループ業務執行役員委員会に加入した。2014年8月、同氏は
                       現在の役職に任命された。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●オーストラリア銀行協会の会長(2014年9月から取締役、
                       2015年12月から会長)。
                       ●ザ・フィナンシャル・マーケッツ・ファウンデーション・
                       フォー・チルドレンの取締役(2014年9月から)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●IT委員会の委員(2016年9月まで)。
                                100/440












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     デイヴィッド・          58   在職期間    : 2014年8月から取締役。                        普通株式
     執行取     H・アームストロ                                            8,480株
     締役     ング氏             独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          (Mr.    David    H
                       技能・経験      : プライスウォーターハウス・クーパーズ
          Armstrong)      [男性]
                       (「PwC」)のパートナーを含む、専門的なサービス分野で30
                       年超の経験を有する。同氏は、銀行業務およびキャピタル・
                       マーケット、不動産およびインフラに関する相当の知識なら
                       びに理解を有しており、業界が直面する報告、規制およびリ
                       スクに関する問題に精通している。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●ジョージ国際保健研究所の取締役(2014年10月から)。
                       ●リザード・アイランド・リーフ・リサーチ・ファウンデー
                       ションの理事(2014年4月から)。
                       ●オーストラリア博物館の理事(2014年1月から)。
                       ●オペラ・オーストラリア・キャピタル・ファンド・リミ
                       テッドの取締役(2013年5月から)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●リスク委員会の委員長。
                       ●監査委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                       ●IT委員会の委員(2016年9月まで)。
                                101/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     フィリップ・W・          60   在職期間    : 2016年5月から取締役。                        普通株式
     執行取     クロニカン氏                                            30,000株
     締役     (Mr.    Philip     W     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Chronican)      [男性]
                       技能・経験     : オーストラリアおよびニュージーランドの銀行
                       および融資業務において35年以上の経験を有する。最近の幹
                       部職としては、オーストラリア・アンド・ニュージーラン
                       ド・バンキング・グループ・リミテッド(ANZ)のオーストラ
                       リア部門の責任者を務め、特にANZのリテールおよび商業事業
                       の責任者であった。ANZに入社する以前は、ウェストパック・
                       バンキング・コーポレーション(ウェストパック)において
                       長期の勤務経験を有し、ウェストパックでは、ウェストパッ
                       ク・インスティチューショナル・バンクのグループ業務執行
                       役員および最高財務責任者を含む幹部役職を務め、主要な
                       オーストラリアの銀行の幹部の一人として評判を確立した。
                       同氏は、M&A活動の幅広い経験を有し、ウェストパックによる
                       AGCの売却、BTフィナンシャルの買収を主導し、様々な地方銀
                       行の合併後の統合で積極的な役割を果たした。さらに、銀行
                       業務におけるさらなる透明性および倫理の向上ならびに労働
                       力の多様性の推進において積極的かつ公的な役割を担ってき
                       た。同氏は、BNZ(当社の子会社)の取締役である。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●ニューサウスウェールズ州トレジャリー・コーポレーショ
                       ン(「TCorp」として知られる。)の会長(2009年11月から取
                       締役、2016年6月から会長)。
                       ●バンキング・アンド・ファイナンス・オースの取締役
                       (2013年2月から)。
                       ●国際若年性糖尿病研究財団の取締役(2015年6月から)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●リスク委員会の委員。
                       ●報酬委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                                102/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ピーユシュ・K・          57   在職期間    : 2014年11月から取締役。                        普通株式
     執行取     グプタ氏                                            6,480株
     締役     (Mr.   Peeyush     K     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Gupta)    [男性]
                       技能・経験     : 資産活用の分野で30年超の経験を有する。同氏
                       は、フィナンシャル・アドバイスから機関投資家のポート
                       フォリオ管理を扱う有数の資産活用会社であり、AXAにより買
                       収されたIPACセキュリティーズの共同創業者かつ初代CEOであ
                       る。同氏はまた、1990年代より多数の企業、非営利団体、ト
                       ラスティーおよび責任会社の取締役会において取締役を務め
                       た経験があるため、広範なコーポレート・ガバナンスの経験
                       を有する。同氏は、一部のNABウェルスおよびBNZ関連子会社
                       における取締役である。
                       過去3年間に務めた上場会社の取締役職およびその他の取締

                       役職等(現在・最近)          :
                       ●インシュアランス・アンド・ケア・NSW(「iCare」)の取
                       締役(2015年10月から)。
                       ●チャーター・ホール・ダイレクト・プロパティー・マネジ
                       メント・リミテッドの会長(2011年11月から)。
                       ●チャーター・ホール・ウェール・リミテッドの取締役
                       (2016年5月から)。
                       ●クインテセンス・ラブス・ピーティーワイ・リミテッドの
                       取締役(2008年6月から)。
                       ●SBS・スペシャル・ブロードキャスティング・サービスの取
                       締役(2014年10月から)。
                       ●ウェスタン・シドニー大学の理事(2016年6月から)。
                       ●安全・職場復帰・支援審議会(ニューサウスウェールズ州
                       労働局および自動車事故局)の元取締役(2012年8月から
                       2015年8月まで)。
                       ●ステート・スーパー・フィナンシャル・サービシズ・オー
                       ストラリア・リミテッドの前会長(2010年6月から2016年6
                       月まで)。
                       ●アジア太平洋証券業界リサーチ・センター(「SIRCA」)の
                       元取締役(2009年10月から2015年まで)。
                       ●ウェスタン・シドニー大学基金の元メンバー(2013年6月
                       から2016年まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●リスク委員会の委員。
                       ●報酬委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                                103/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     アン・J・ラブ          55   在職期間    : 2015年12月から取締役。                        普通株式
     執行取     リッジ氏                                            9,000株
     締役     (Ms.   Anne   J        独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Loveridge)      [女性]
                       技能・経験     :  PwCにおいて金融サービス業務の分野で30年超
                       の経験を有する。同業務において同氏は、銀行、不動産、プ
                       ライベート・エクイティおよび資産運用セクターの幅広い顧
                       客を有していた。同氏は、財務・規制上の報告、リスク管
                       理、統制およびコンプライアンス体制に関する幅広い知識を
                       有している。PwC在職中、同氏はPwCオーストラリアの副会長
                       を含む様々な指導的立場を担い、財務成績、リスクおよび品
                       質の問題、従業員およびパートナーの開発、報酬ならびに多
                       様性のプログラムを管理していた。
                       過去3年間に務めた上場会社の取締役職およびその他の取締

                       役職等(現在・最近)          :
                       ●ザ・ベル・シェイクスピア・カンパニー・リミテッドの取
                       締役(2014年9月から)。
                       ●プラチナ・アセット・マネジメント・リミテッドの取締役
                       (2016年9月から)。
                       ●国際会計士連盟(IFAC)の取締役指名委員会委員(2014年
                       1月から)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●監査委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                                104/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ジェラルディー          55   在職期間    : 2014年3月から取締役。                        普通株式
     執行取     ン・C・マクブラ                                            3,960株
     締役     イド氏             独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          (Ms.   Geraldine     C
                       技能・経験     : 27年を超える技術業界および国際ビジネスの経
          McBride)     [女性]
                       験を有する。世界的なソフトウェア会社であるSAPの北米法人
                       の元代表取締役である。知的アシスタントおよびパーソナ
                       ル・クラウド技術を用いて消費者および企業関係のソリュー
                       ションを開発するソフトウェア・サービス会社であるマイ
                       ウェーブの創業者兼CEOである。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●スカイ・テレヴィジョン・リミテッドの取締役(2013年8
                       月から)。
                       ●フィッシャー・アンド・パイケル・ヘルスケアの取締役
                       (2013年7月から)。
                       ●マイ・ウェーブ・リミテッドの取締役(2013年8月か
                       ら)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●指名委員会の委員。
                       ●IT委員会の委員(2016年9月まで)。
                                105/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ダグ・A・マッケ          61   在職期間    : 2016年2月から取締役。                        普通株式
     執行取     イ氏                                            2,000株
     締役     (Mr.   Doug   A        独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          McKay)    [男性]
                       技能・経験     :
                       上級職として商業、営業およびマーケティングで30年超の経
                       験を有し、オーストラリアおよびニュージーランドの市場に
                       深い理解を持っている。過去7年の間で、IAG(ニュージーラ
                       ンド)インシュランスおよびライマン・ヘルスケア(現職)
                       およびオーストラリア・ニュージーランド勅許会計士協会の
                       取締役を含む、主要なトランス・タスマン企業および機関に
                       おいて上級職についていた。同氏の以前の指導的な幹部役職
                       は、オークランド・カウンシル、ライオン・ネイサン、カー
                       ター・ホルト・ハーベイ、グッドマン・フィールダー、シー
                       ロードおよびインディペンデント・リカーを含む。ニュー
                       ジーランド経営者協会の会員である。同氏は、BNZ(当社の子
                       会社)の会長である。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●エデン・パーク・トラスト・ボードの会長(2014年7月か
                       ら)。
                       ●ジェネシス・エナジー・リミテッドの取締役(2014年2月
                       から)。
                       ●IAG(ニュージーランド)ホールディングス・リミテッドお
                       よびその子会社の取締役(2014年2月から)。
                       ●ライマン・ヘルスケア・リミテッドの取締役(2014年9月
                       から)。
                       ●ニュージーランド勅許会計士協会規制委員会の元取締役
                       (2009年7月から2016年6月まで)。
                       ●オーストラリア・ニュージーランド勅許会計士協会の元取
                       締役(2014年12月から2016年6月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●監査委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                                106/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     アンソニー・KT          66   在職期間    : 2010年3月から取締役。                        普通株式
     執行取     ・ユエン氏                                            10,464株
     締役     (Mr.   Anthony    K T     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Yuen)   [男性]
                       技能・経験     : 国際銀行・金融業界において40年を越える経験
                       を有する。2006年にロイヤル・バンク・オブ・スコットラン
                       ド・ピーエルシーの代理としてバンク・オブ・チャイナの戦
                       略的投資運用の役割を担う前は、バンク・オブ・アメリカ・
                       コーポレーション、ナショナル・ウェストミンスター・バン
                       ク・ピーエルシーおよびザ・ロイヤル・バンク・オブ・ス
                       コットランド・ピーエルシーでアジア一帯の責任を担う上級
                       執行役員であった。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●ABF・ホンコン・ボンド・インデックス・ファンドの監視委
                       員会のメンバー(2006年から)。
                       ●香港赤十字国際および救済サービス管理委員会のメンバー
                       (2015年4月から)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●監査委員会の委員。
                       ●リスク委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                                107/440











                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     チェイニー氏は、2015年12月17日に取締役会から退任した。
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     マイケル・A・          66   在職期間    : 2005年9月から2015年12月まで会長、2004年12月                        普通株式
     執行取     チェイニー氏             から取締役。                              30,643株
     締役     (Mr.   Michael    A
                       独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Chaney)    [男性]
                       技能・経験     : ウェスファーマーズ・リミテッドのマネージン

                       グ・ディレクター兼最高経営責任者(1992年から2005年7月
                       まで)を含む、様々な業界において30年間を超える業務執
                       行、財務管理およびガバナンスのポストに就いた経験を有す
                       る。1980年から1983年までの3年間、投資銀行であるオース
                       トラリアン・インダストリー・ディベロップメント・コーポ
                       レーションに勤めた。1972年から1980年までの8年間、オー
                       ストラリア、インドネシアおよび米国で石油探査に従事。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●ウッドサイド・ペトロレアム・リミテッドの会長(2005年
                       11月から取締役、2007年8月から会長)。
                       ●ウェスファーマーズ・リミテッドの会長(2015年6月から
                       取締役、2015年11月から会長)。
                       ●センター・フォー・インデペンデント・スタディーズの取
                       締役(2000年10月から)。
                       ●ウェスタン・オーストラリア大学の学長(2005年12月か
                       ら)。
                       ●コモンウェルス・サイエンス・カウンシルのメンバー
                       (2014年10月から)。
                       ●オーストラリア・ドイツ諮問グループのメンバー(2015年
                       2月から)。
                       ●グレシャム・パートナーズ・ホールディングス・リミテッ
                       ドの前会長(2005年7月から2015年5月まで)。
                       ●JPモルガン・インターナショナル・カウンシルの元委員
                       (2003年10月から2014年10月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●指名委員会の委員長。
                                108/440







                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     リッゾ氏は、2015年12月17日に取締役会から退任した。
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ポール・J・リッ          72   在職期間    : 2004年9月から2015年12月まで取締役。                        普通株式
     執行取     ゾ氏                                            6,290株
     締役     (Mr.   Paul   J        独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Rizzo)    [男性]
                       技能・経験     :  40年を超える銀行・金融業務の経験がある。
                       2000年から2004年までメルボルン・ビジネス・スクールの前
                       学部長および理事を兼務。1993年から2000年までテルスト
                       ラ・コーポレーション・リミテッドの金融・管理担当グルー
                       プ・マネージング・ディレクターに従事。1991年から1993年
                       までコモンウェルス・バンク・オブ・オーストラリアの上級
                       職に従事。1990年にはステート・バンク・オブ・ビクトリア
                       の最高経営責任者に就任。1966年から1990年までオーストラ
                       リア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・
                       リミテッドにおいて24年間の経験を有する。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●オーストラリア国防省の国防監査およびリスク委員会委員
                       長(2008年2月から)
                       ●オーストラリアン・サブマリン・コーポレーション・ピー
                       ティーワイ・リミテッドの取締役(2013年12月から)。
                       ●リッゾ報告書実施国防委員会の前会長(2011年9月から
                       2014年11月まで)。
                       ●ファウンデーション・フォー・ヴェリー・スペシャル・
                       キッズの前会長(2004年7月から2015年6月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●リスク委員会の委員。
                       ●監査委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                       ●IT委員会の委員。
                                109/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     ギルバート氏は、2016年12月16日に取締役会から退任した。
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ダニエル・T・ギ          65   在職期間    : 2004年9月から取締役。                        普通株式
     執行取     ルバート氏                                            17,486株
     締役     (Mr.    Daniel     T     独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Gilbert)     [男性]
                       技能・経験     : 商法の分野で40年超の経験を有する。1988年に
                       共同設立した企業法務系法律事務所ギルバート・アンド・ト
                       ビンのマネージング・パートナー。当社の先住民諮問グルー
                       プの共同議長である。
                       過去3年間に務めた上場会社の取締役職およびその他の取締

                       役職等(現在・最近)          :
                       ●ウェスタン・シドニー大学基金の会長(2012年1月か
                       ら)。
                       ●ケープ・ヨーク・パートナーシップの会長(2015年1月か
                       ら)。
                       ●ユーカリスティック・コミュニティ・リミテッドの議長
                       (2013年6月から)。
                       ●メンジーズ・スクール・オブ・ヘルス・リサーチの名誉大
                       使(2015年6月から)。
                       ●ナショナル・ミュージアム・オブ・オーストラリアの元会
                       長(2009年3月から2015年3月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●報酬委員会の委員長。
                       ●IT委員会の委員長(2016年9月まで)。
                       ●指名委員会の委員。
                                110/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     シーガル氏は、2016年12月16日に取締役会から退任した。
                                                     所有株式の
                                                      種類及び
                                                      その数
      役職名        氏名       年齢               主要略歴
                                                      (2016年
                                                      9月30日
                                                      現在)
     非業務     ジリアン・S・          61   在職期間    : 2004年9月から取締役。                        普通株式
     執行取     シーガル氏                                            17,184株
     締役     (Ms.   Jillian    S       独立/非独立取締役の別           :独立取締役
          Segal)    [女性]
                       技能・経験     : 弁護士および規制当局の担当者として20年を超
                       える経験を有する。1997年から2002年までASICのコミッショ
                       ナーであり、2000年から2002年まで副議長であった。2002年
                       から2004年までバンキング・アンド・ファイナンシャル・
                       サービシズ・オンブズマン・ボードの議長を務めた。それ以
                       前は、アレン・アレン・アンド・ヘムズレーの環境・法人担
                       当パートナー兼コンサルタントを務めた経験があり、ニュー
                       ヨークのデイビス・ポーク・アンド・ウォードウェルに勤務
                       した。当社の企業責任諮問委員会の委員である。
                       過去3年間において務めた上場会社の取締役職およびその他

                       の取締役職等(現在・最近)             :
                       ●ジェネラル・サー・ジョン・モナッシュ・ファウンデー
                       ションの会長(2008年2月から取締役、2010年5月から会
                       長)。
                       ●オーストラリア・イスラエル商工会議所(NSW)の会長
                       (2013年2月から取締役、2015年3月から会長)。
                       ●ザ・ガルヴァン・インスティテュート・オブ・メディカ
                       ル・リサーチの取締役(2009年6月から)。
                       ●ニューサウスウェールズ・オーストラリア大学委員会の副
                       委員長(2006年2月から委員、2010年1月から副委員長)。
                       ●シドニー・オペラハウス・トラスト理事会のメンバー
                       (2014年1月から)。
                       ●オーストラリア戦争記念委員会のメンバー(2014年6月か
                       ら)。
                       ●ASXリミテッドの元取締役(2003年7月から2015年9月ま
                       で)。
                       ●ASXコンプライアンス・ピーティーワイ・リミテッドの元取
                       締役(2006年7月から2015年9月まで)。
                       取締役会委員会への所属(2016年9月30日現在)                       :

                       ●リスク委員会の委員。
                       ●報酬委員会の委員。
                       ●指名委員会の委員。
                       ●IT委員会の委員(2016年9月まで)。
                                111/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     報酬報告書
     セクション1-報酬の概観

      本報告書は、2016年度中の当社および当社グループ双方の主要経営陣(「KMP」)の報酬に関する取り決めにつ
     いて詳述している。本報告書は、2001年(連邦)会社法第300A条に従い作成されている。
     1.1   2016年度中の主要な報酬支給結果

      当社の業績および報酬の体制(「業績・報酬体制」)は、従業員の報酬支給結果と持続可能な顧客営業成果、株
     主のための成果および事業成果とを関連付けることを目的としている。これは、有能な従業員を招致し、動機付
     け、および留任させるために当社が取引を行う市場において競争力のある固定報酬を設定することを通じて達成さ
     れる。事業成果、顧客営業成果および当社の戦略の実行は、当社グループの年次報奨計画を通じて評価される。当
     社の業績・報酬体制は、従業員の報酬支給結果に影響を及ぼす厳格な行為・行動に関する要件によって支えられて
     いる。2016年度の主要な報酬支給結果は以下のとおりである。
     ● 継続事業ベースの現金収益が年度中に4.2%増加し、64.8億豪ドルとなった。
     ● 継続事業ベースの現金株式資本比率(現金ROE)が2015年度通年に比して50ベーシス・ポイント低下し、
       14.3%となった。
     ● 当社の顧客からの支援(当社の優先顧客セグメントNPSで計測される。)は、目標をわずかに上回りオースト
       ラリアの他の主要銀行に比して改善した。
     ● グループSTIプール額              の指標である現金収益(40%)、現金ROE(30%)および総割当株主資本利益率
       (「ROTAE」)(30%)の達成を取締役会が決定し、その結果、グループSTIプール額全額への資金充当がなさ
       れた。
     ● 以下を含む非中核資産のいくつかを分離する主要な売却計画の完了
       ● 2016年2月における会社分割およびIPOを通じたCYBGの完全な分離
       ● 2016年9月以降有効となるNABウェルスの生命保険事業の80%の日本生命への売却
       これにより当社グループは簡素化され、オーストラリアおよびニュージーランドの中核的なフランチャイズ市
       場に注力することが可能になる。
     ● 上級執行役員の短期報奨(「STI」)による報酬全体が平均107%となり、取締役会による2016年度の当社グ
       ループの業績の評価を反映していた(詳細については、                              セクション2.1「         2016  年度短期報奨の結果           」 を参
       照)。
     ● 2016年度中に検査される予定の長期報奨(「LTI」)による報酬はなかった。
     ● 2016年度中、一部の上級執行役員に関する固定報酬の増額および株式報酬が取締役会により承認された。取締
       役会の決定においては、独立した市場データ、役職に基づく説明責任の変更、上級執行役員の業績および優秀
       な人材を確保する必要性が考慮された。業績が期待を上回ったグループCEOは増額を受けなかった。
     ● 競合他社との競争力を維持し、優秀な人材を確保し定着させるために、2016年度中取締役会報酬および委員会
       報酬が増額された(          セクション4.1「         非業務執行取締役の報酬方針               」 を参照)。
                                112/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     1.2   2016年度中に行われた変更
     ● LTI業績基準の再検証は、2015年12月以降付与されるLTI報酬について廃止された。この決定は、当社のLTIを
       進化する市場慣行に連動させるために、株主および議決権行使助言会社のフィードバックを考慮して行われ
       た。
     ● 当社がコンプライアンスに注力していることを示す行動制御枠組を刷新し、従業員の好ましい行動のより明確
       な定義を示し、「正しい行い」の文化的な重要性を高め、当社における業績管理方法についての期待を根付か
       せた。
     1.3   2017年度に向けた業績および報酬体制の変更

      当年度中、当社グループの業績・報酬体制が見直された。これは業績・報酬体制が正しい行動および文化をもた
     らし続け、当社による事業戦略の実行の助力となることをより強固にするために行われた。正しい行動および文化
     は当社の価値基準および当社取締役会が設定した高い基準と一致していなければならない。これらは当社の株主、
     当社の顧客および当社が業務を行う地域が当社に期待することを反映していなければならない。
     ● 2016年12月以降のLTI報酬について、現金ROE増加業績基準が関連するS&P/ASX                                            Top  50  Index株主総利益率
       (「TSR」)業績基準にとって代わる(詳細については、                               セクション3.4「上級執行役員の報酬方針」                       を参
       照。)。現金ROE増加業績基準および現行の上位金融サービス会社TSR基準は、魅力的な株主利益率を発生させ
       る当社の目的とのより緊密な連動をもたらす。
     ● 業績は当社の人材戦略にとって重要な注力分野である。以下は当社グループが追及する業績文化を支援する重
       要な要素であり、2017年度以降における、上級執行役員を含む全従業員のための業績・報酬体制の基盤を形成
       する。
       ● 個人および組織の業績をもたらすためにリーダーが積極的にチームのメンバーの業績、行動および行為を
         毎日管理することに重きを置き、毎月対話を行うことで業績を見守り、達成事項、進捗状況および関心事
         について頻繁にフィードバックする。
       ● 中核的な役割の責任を果たすこと に加え、単純なスコアカードは最大3つの主要なストレッチ目標を掲
         げるようにし、これらの目標のすべてにおいて、明確なリスク管理目標に加えて事業の加速および当社の
         戦略の実行に重点が置かれる。
       ● 当社の価値基準(顧客への情熱、勝利への意欲、大胆であること、人々への敬意、正しいことをする)は
         従業員の業績の評価に不可欠である。当社の価値基準は、当社の顧客のニーズを満たし、かつ当社グルー
         プの事業戦略に寄与するための最善の方法を従業員に導く指針である。
       ● スコアカードの目標、リスク管理および当社の価値基準に照らして従業員の業績を評価するための簡素化
         された5段階総合評価
       ● 行為および行動は、正しい顧客営業成果を確保するにあたって不可欠である。好ましくない行為および行
         動は、解雇、変動報酬の減額または不支給、固定報酬の増額に対する不適格認定および/またはキャリア
         への潜在的影響を含む重大な結果をもたらす可能性がある。
                                113/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     1.4   主要経営陣
      KMPは、当社およびグループ双方の活動を計画、指図および管理する権限と責任を有する当社の取締役兼当社グ
     ループの従業員である。下表は、2016年度中のKMPおよびそれぞれの在任期間を示している。
     表1:主要経営陣

           氏名                      役職                  KMP を務めた期間
     業務執行取締役
     アンドリュー・G・ソーバーン              グループ最高経営責任者                              通年
     その他の上級執行役員
               (1)
                   最高執行責任者                              通年
     アントニー・J・ケーヒル
                   最高顧客担当役員代理-法人・機関投資家向銀行業務(2016年8月1日か
     キャスリン・A・カーヴァー                                            年度の一部
                   ら)
     A・デイビッド・ゴール             最高リスク管理担当役員                              通年
               (2)
                   最高顧客担当役員-消費者金融・資産運用業務                              通年
     アンドリュー・P・ハガー
     アンソニー・J・ヒーリー              バンク・オブ・ニュージーランドの最高経営責任者                              通年
     マシュー・R・ローランス              最高技術・オペレーション担当役員代理(2016年9月5日から)                              年度の一部
     ゲイリー・A・レノン              最高財務責任者(2016年3月15日から)                              年度の一部
               (3)
                   最高顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務                              通年
     アンジェラ・メンティス
               (4)
                   最高人事担当役員(2016年3月15日から)                              年度の一部
     ロレーン・N・マーフィー
     元上級執行役員
     クレイグ・M・ドラモンド              財務・戦略担当グループ業務執行役員(2016年3月14日まで)                              年度の一部
     ミカエラ・J・ヒーリー              ガバナンス・風評担当グループ業務執行役員(2016年7月31日まで)                              年度の一部
                   最高技術・オペレーション担当役員代理(2016年8月1日から8月31日ま
     ロバート・A・メルローズ                                            年度の一部
                   で)
                   企業向けサービス・変革担当グループ業務執行役員(2016年7月31日ま
     ルネー・M・ロバーツ                                            年度の一部
                   で)
     ギャビン・R・スレーター              個人向け銀行業務担当グループ業務執行役員(2016年7月31日まで)                              年度の一部
     非業務執行取締役
             (5)
                   非業務執行取締役、会長                              通年
     ケネス・R・ヘンリー
     デイビッド・H・アームストロン
                   非業務執行取締役                              通年
     グ
     フィリップ・W・クロニカン              非業務執行取締役(2016年5月2日から)                              年度の一部
     ダニエル・T・ギルバート              非業務執行取締役                              通年
     ピーユシュ・K・グプタ              非業務執行取締役                              通年
     アン・J・ラブリッジ              非業務執行取締役(2015年12月15日から)                              年度の一部
     ジェラルディーン・C・マクブラ
                   非業務執行取締役                              通年
     イド
     ダグラス・A・マッケイ              非業務執行取締役(2016年2月1日から)                              年度の一部
     ジリアン・S・シーガル              非業務執行取締役                              通年
     アンソニー・K・T・ユエン              非業務執行取締役                              通年
     元非業務執行取締役
     マイケル・A・チェイニー              非業務執行取締役、会長(2015年12月17日まで)                              年度の一部
     ポール・J・リッゾ              非業務執行取締役(2015年12月17日まで)                              年度の一部
      (1)
         ケーヒル氏は、2016年7月31日まで商品・マーケット担当グループ業務執行役員を務めた後、2016年8月1日から                                                     最
        高執行責任者を務めている。
      (2)
         ハガー氏は、2016年7月31日までNABウェルス担当グループ業務執行役員を務めた後、2016年8月1日から                                                 最高顧客担
        当役員-消費者金融・資産運用業務を務めている。
      (3)
         メンティス氏は、2016年7月31日まで事業者向け銀行業務担当グループ業務執行役員を務めた後、2016年8月1日か
        ら最高   顧客担当役員-事業者向け・プライベートバンキング業務を務めている。
      (4)
         マーフィー氏の役職名は、2016年8月1日付で人事担当グループ業務執行役員から最高人事担当役員に変更された。
      (5)
         ヘンリー博士は、2015年12月17日に取締役会会長に就任した。
                                114/440




                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2016  年9月30日以降のKMPの変更
      ギルバート氏およびシーガル氏は2016年12月をもって当社の取締役を退任した。その他2016年9月30日以降の
     KMPの変更は発表されておらず、または発生する予定はない。
     1.5   上級執行役員の報酬体制の概観

      下表は、当社における上級執行役員であるKMPの報酬の構成要素を示している。
     表2:報酬の構成要素-上級執行役員

            報酬の構成要素                   指標             戦略および業績との関連
       固定報酬                 役割                 重要な人材を招致し、保持し、雇用する
       現金および手当(雇用主年金を含む。)と                 中核的な役割の責任                 考慮事項:
       して提供される。                                   ●能力および経験
     固
                                          ●適切な報酬の幅
     定
                                          ●適切な内部の関連性
                                          ●適切な場合は、勤務成績
                                          ●賃金平等
       短期報奨                 グループSTIプール額                 短期報酬を当社の戦略の実行および株主の
       業績年度末以降は50%が現金で支払われ                 現金収益(40%)、現金ROE(30%)およ                 ための成果の創出と連動させる
       る。                 びROTAE(30%)の業績に基づき発生す                 以下を目的とする、変動的な報酬の構成要
                         る。                 素:
       50 %が業績連動型新株引受権で付与され、                                  ●短期従業員報酬を現在の業績年度の当社
       繰り延べられる。                 当社グループの(均等加重)指標に基づき                 グループの業績と連動させ、株主への持続
                         評価される個人の業績                 可能な利益率を支える
       業績連動型新株引受権の半分の権利確定期                 ●現金収益-業績をもたらす                 ●当社グループの業績、行為および行動に
       間は1年間であり、残りの半分の権利確定                 ●現金ROE-株主のための持続可能な利益                 関する従業員の期待を支える
       期間は2年間である。                 を発生させる                 ●事業成果の達成に関する事業リスクを適
                         ●顧客からの支援(優先顧客セグメント                 切にとらえる
                         NPS)
                         -顧客を支援者に変える
                         当社グループの事業リスク管理、株主の期
                         待および財務成績の質を反映させるための
                         定性的オーバーレイ
                         リーダーシップ
     ア
                         ●リスク管理
     ッ
                         ●部門別財務・非財務指標
     ト                   ●当社の価値基準
                         1.  顧客への情熱
     リ
                         2.勝利への意欲
     ス
                         3.大胆であること
                         4.人々への敬意
     ク
                         5.正しいことをする
                         行動制御の基準
                         全従業員に期待される行動の水準
       長期報奨                 2016  年度(2015年12月に割り当てられた)                長期的に持続可能な業績を促進する
       4年間にわたり評価される業績に関する条                 株主総利益率(「TSR」)                 以下を目的とする、変動的な報酬の構成要
       件に服する業績連動型新株引受権で提供さ                 ●S&P/ASX    Top  50 Index(50%加重)との          素:
       れる。                                   ●当社グループの長期戦略を支援する
                         比較
                                          ●業績連動型新株引受権が権利確定するま
                         ●上位金融サービス会社の同業グループ
                                          で、アットリスクに留まる
                         (50%加重)との比較
                         2017  年度(2016年12月に割り当てられた)
                         ●オーストラリアの他の主要銀行(50%加
                         重)と比較した現金ROE増加ランキング
                         ●上位金融サービス会社の同業グループ
                         (50%加重)と比較したTSR
                         行動制御の基準(上記のとおり)
                                115/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      当社のSTIおよびLTIに係る規定のさらなる詳細は、                           セクション3.4「上級執行役員の報酬方針」                       に記載されてい
     る。
     セクション2-       報酬および業績の連動

     2.1   2016年度短期報奨の結果

      取締役会は、グループSTIプール額の指標である現金収益(40%)、現金ROE(30%)およびROTAE(30%)の達
     成を決定した。その結果、グループSTIプール額全額への資金充当がなされ、個々の業績に基づく従業員への分配
     が可能であった。
      各上級執行役員の業績は、当社グループの戦略および事業目的を支える3つの主要指標に照らして評価される。

     下表は、上級執行役員個人の成績を評価するために2016年度に用いられた主要指標の詳細を示したものである。
                                116/440















                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     表3:上級執行役員のSTI業績指標
       (1)

                        加重   結果
     指標
     現金収益                   1/3   取締役会は期待基準達成と判断した。
     結果をもたらす                      ●2016年9月終了年度の(継続事業ベースの)現金収益は、2015年9月終了年
                            度比で4.2%増の6,483百万豪ドルであった。この業績は主として、純営業収
                            益の増加によってもたらされたが、営業費用の増加および貸倒引当金繰入額
                            の増加によって一部相殺された。
                           ●2016年9月終了年度の収益は、2015年9月終了年度比で2.5%増加した。訴訟
                            和解金ならびに英国商業用不動産業務の貸付金ポートフォリオの売却および
                            SGAの資産売却による2015年3月終了の半期の収益を除くと、収益は、貸付残
                            高の増加およびマーケッツ・アンド・トレジャリー業務の収益の増加から利
                            益を得て、約3.7%増加した。当社グループの純利息マージンは、資金調達コ
                            ストの増加を主因として2べーシス・ポイント低下した。
                           ●2016年9月終了年度の費用は、2015年9月終了年度比で2.2%増加した。増加
                            の主要な要因には人件費の増加並びに技術関連の償却およびプロジェクト支
                            出の増加が含まれるが、生産性向上による節減により一部相殺された。2016
                            年9月終了の半期において費用は厳しく管理され、2016年3月終了の半期に
                            比して1.9%減少した。
     現金ROE                   1/3   取締役会は期待基準達成と判断した。
     株主のための持続可能な利益率をもたらす                      ●継続事業の現金ROEは、2015年9月終了の半期における55億豪ドルの資本調達
                            による通年の希釈効果を主因として、2015年度から50ベーシス・ポイント減
                            の14.3%となった。
                           ●2016年9月30日現在の当社グループの普通株式Tier                      1(「CET1」)資本比率
                            は、NABウェルスの生命保険事業の80%の売却および好調な資本創出を反映し
                            たものの、2016年7月1日以降のモーゲージのリスク・ウェイトの引き上げ
                            の影響により大幅に相殺され、2016年3月31日から8ベーシス・ポイント増
                            の9.8%であった。当社グループの目標CET1資本比率は、現在の規制要件に基
                            づき8.75%と9.25%の間に留まっている。
              (2)
                        1/3   取締役会は期待基準以上と判断した。
     優先顧客セグメントNPS
                           ●2016年度のNPSの目標は、ネットプロモーターシステムを実行し続けながら、
     顧客を支持者に変える
                            当社の2015年度の優先顧客セグメントNPSについて優勢な地位を維持するよう
                            にし、1位との差を縮めることである。
                           ●2016年度中、当社の優先顧客セグメントNPSについての優勢な地位は、3位か
                            ら1位となった。当社は業績期間中10ヶ月間優先顧客セグメントNPSで主要4
                            行をリードした。債務のない顧客、零細企業および小規模企業における当社
                            のポジションが上がり、小規模事業顧客セグメントについての優勢な地位が
                            主要4行のうち3位から1位になり、債務のない顧客セグメントについては
                            主要4行のうち2位から1位になり、零細企業顧客セグメントについては3
                            位から2位になった。住宅抵当貸付顧客セグメントでは、当社は優勢な地位
                            の低下を経験し、1位相当から2位になった。
                           ●手続の改善に加え、当社の技術およびデジタルでの提供を強化することによ
                            り顧客経験価値を向上させる活動が順調に進展し、顧客が当社と取引しやす
                            くなった。
                           ●NABペイ、ビジネス・イン・ワン(小規模バンキング顧客向け試験的デジタ
                            ル・ハブ)、顧客・マーチャント経験価値を合理化するNABダッシュの開始お
                            よび小規模事業に対しオンラインでの迅速な無担保ローンを提供するNABク
                            イックビズ・ローンを含むデジタル計画の前倒し。
                           ●当社の個人向け銀行業務のオリジネーション・プラットフォームの全国的展
                            開の完了。担保付および無担保個人貸付双方の顧客経験価値が申請手続の可
                            視性の向上、接触の減少および応答時間の改善によって大幅に向上する。
      (1)
         情報は2015年度のみに関する過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
      (2)
         ネットプロモーターおよびNPSは登録商標であり、                       ネットプロモータースコアおよびネットプロモーターシステムは、
        ベイン・アンド・カンパニー、サトメトリックス・システムズおよびフレッド・ライクヘルドの登録                                               商標である。優先
        顧客セグメント・ネットプロモータースコア(「NPS」)                           とは、住宅抵当貸付顧客、債務のない顧客、零細企業(1百万
        豪ドル未満)、小規模企業(1百万豪ドル以上5百万豪ドル未満)および中規模企業(5百万豪ドル以上50百万豪ドル
        未満)から成る       5つの優先顧客セグメントのNPSの単純平均である。ロイ・モーガン・リサーチおよびDBM                                          BFSM・リサー
        チによる6ヶ月の移動平均に基づいている。
                                117/440



                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      各上級執行役員は、当社の価値、適切なリスク管理の実施の遵守ならびにその他の部門別および非財務的な基準
     に基づく評価も受ける。下表は、2016年度の業績に関する2016年度のSTI支給額の詳細を示している。
     表4:2016年度の上級執行役員のSTI支給結果

                        STI 目標値   に

                                             繰延STI       繰延STI
                                        (1)
                 STI 目標値     対する実質       実質STI
                                               (2)       (3)
                                     現金STI
                                           (約1年)       (約2年)
                        STI の割合
     氏名            (豪ドル)         %     (豪ドル)       (豪ドル)       (豪ドル)       (豪ドル)
     業務執行取締役
     A.G.  ソーバーン
                  2,300,000          120    2,760,000       1,380,000        690,000       690,000
     その他の上級執行役員
     A.J.  ケーヒル
                  1,000,000          120    1,200,000        600,000       300,000       300,000
     C.A.  カーヴァー(年度の
                   177,767         100     177,767       133,325       44,442         -
     一部)
     A.D.  ゴール
                   720,000         120     864,000       432,000       216,000       216,000
     A.P.  ハガー
                  1,100,000          120    1,320,000        660,000       330,000       330,000
     A.J.  ヒーリー
                   973,554         100     973,554       486,777       243,388       243,388
     M.R.  ローランス(年度の
                   30,725        160     49,160       36,870       12,290         -
     一部)
     G.A.  レノン(年度の一
                   549,618         100     549,618       274,809       137,405       137,405
     部)
     A. メンティス
                  1,000,000          120    1,200,000        600,000       300,000       300,000
     L.N.  マーフィー(年度の
                   700,000         100     700,000       350,000       175,000       175,000
     一部)
     元上級執行役員
     M.J.  ヒーリー    (年度の一
                   704,008         100     704,008       528,006       176,002         -
     部)
     R.A.  メルローズ(年度の
                   17,557        160     28,092       21,069       7,023        -
     一部)
     R.M.  ロバーツ(年度の一
                   828,244         100     828,244       621,183       207,061         -
     部)
     G.R.  スレーター(年度の
                   911,069         90     819,962       614,971       204,990         -
     一部)
      (1)
         この額は、資格のある現上級執行役員(カーヴァー氏およびローランス氏を除く。)および業務執行取締役に支給さ
        れるSTIの50%を示している。この額は、カーヴァー氏、ローランス氏および資格のある元上級執行役員に支給される
        STIの75%を示している。2016年度に関して受領されたSTIの現金部分は、オーストラリアでは2016年11月16日に、
        ニュージーランドでは2016年12月1日に支払われる。
      (2)
         この額は、資格のある現上級執行役員および業務執行取締役に支給されるSTIの25%を示している。この額は、2017年
        2月に割り当てられる予定の業績連動型新株引受権または業績連動型株式で支給され、約14ヶ月間制限を受ける。ヒー
        リー氏、ロバーツ氏及びスレーター氏について表示された額は、2017年11月に現金で支払われる予定である。詳細につ
        いては、セクション3.4「            上級執行役員の報酬方針           」を参照のこと。
      (3)
         この額は、資格のある現上級執行役員および業務執行取締役に支給されるSTIの25%を示している。この額は、2017年
        2月に割り当てられる予定の業績連動型新株引受権で支給され、約26ヶ月間制限を受ける。詳細については、セクショ
        ン3.4「    上級執行役員の報酬方針           」を参照のこと。
                                118/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2.2   2016年度長期報奨の結果
      2012年度にLTIの業績期間が3年間から4年間に変更されたことにより、2016年度中に検査される予定のLTI報酬
     はなかった。その結果、2016年度中に上級執行役員がLTI制度に基づき実際に受領した額はなかった。次回のLTI検
     査は、2016年12月に行われる2012年LTI報酬の検査である。
     2.3   過去5年間の当社グループの業績

      下表は、過去5年間に関する当社グループの年次業績を示している。この表は、期間中の配当金の支払、株価の
     変動およびその他の資本調整を考慮に入れた当社グループ業績の株主価値への影響を示している。
     表5:過去5年間の当社グループの業績

                        2016       2015       2014       2013       2012

               (1)
     1株当たり基本的利益
                          242.4       271.7       214.1       225.9       175.3
     (豪セント)
                 (1)
                          6,483       6,222       5,055       5,747       5,433
     現金収益(百万豪ドル)
     1株当たり配当金支払い額
                          1.98       1.98       1.96       1.83       1.78
     (豪ドル)
     期首当社株価(豪ドル)                     29.98       32.54       34.32       25.49       22.37
     期末当社株価(豪ドル)                     27.87       29.98       32.54       34.32       25.49
     年間の完全TSR                    (0.7   %)     (2.0%)        0.4  %     42.9  %     22.4  %
      (1)
         情報は、2015年のみに関する過年度の修正再表示を含む継続事業ベースで表示されている。
     「第6-1 財務書類」の注記36「1株当たり利益」は、1株当たり基本的利益の計算の詳細を示している。当社株主に帰属

     する法定当期純利益の詳細については「第6-1 財務書類」を、現金収益と当社株主に帰属する法定当期純利益との調整に
     ついては、「第6-1 財務書類」の注記2「セグメント情報」を参照のこと。
     セクション3-報酬に関する取り決め

     3.1   報酬のガバナンス

      報酬委員会は取締役会により設立された。報酬委員会の委員の資格、責務、権限および活動は、報酬委員会憲章
     (取締役会の承認を受けている)に定められている。憲章の全文はwww.nab.com.auで確認することができる。報酬
     委員会のガバナンス、委員の地位、業務および活動に関する情報は、www.nab.com.au/about-us/corporate-
     governanceでオンライン閲覧可能な2016年コーポレート・ガバナンス・ステートメント                                             に詳述されている。
      当社グループは、全世界的な報酬方針を実施しており、かかる方針は、業務要件および規制要件と合わせるため

     に少なくとも年に一度報酬委員会により見直され、取締役会により承認されている。
                                119/440






                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
      報酬委員会の決定および勧告は、報酬が業績、顧客、文化および株主のための成果と一致するために可能な範囲
     において、地域的規制要件および世界的規制動向に従って行われる。報酬委員会は、報酬に関する決定を支援する
     ため、当社グループ全体にわたり地域委員会を設立した。報酬委員会の報酬に関する決定は、以下を通じたリスク
     調整後の当社グループの財務実績に関する見解に基づいて行われる。
     リスク・アセスメント           -リスクの設定および監視は、リスク選好体系を通じて行われる。

     業績の保証      -報酬委員会は、当社グループ全体の業績の評価を支援するため、財務およびリスク実績、規制の変更

     ならびに市場慣行についての情報を見直す。
     報酬支給結果の決定          -各年度末に当社グループのリスクおよび財務上の成果をまとめ、全般的な財務結果の健全性

     を査定した正式な報告書がグループCEO、最高リスク管理担当役員(「CRO」)および最高財務責任者から報酬委員
     会に提出される。この情報は、リスク業務部門および財務業務部門が提供する。リスクの結果の評価は以下を含
     む。
     ●取締役会が承認したリスク選好と比較した業績
     ●当社グループの全体的リスク構成(適正な利益率のために適正な管理を行って、正しいリスクをとる)
     ●事件および違反についての適時の上申および管理
     ●上級経営陣についての個人のリスク実績の評価および結果
     ●健全性要件の遵守、違反および事件
      かかる報告書の結果を見直すため、報酬委員会と取締役会のリスク委員会の共同会議が開かれる。権利確定期間

     中に当社グループの財務実績およびリスク管理が著しく悪化した場合、報酬委員会は、その裁量において当年度の
     報奨の支給結果の調整を取締役会に対して勧告するとともに、繰延報奨および長期報奨の受領権を変更することが
     できる。また、報酬委員会は、当社グループの事業リスクの管理、株主の期待および財務成績の質を反映する定性
     的オーバーレイを適用する場合がある。
      報酬委員会は、取締役会会長および経営陣のメンバー(CROを含む。)を招聘し、報酬委員会の審議(個別の報

     酬に関する審議を除く。)における支援を要請している。CROは、リスク調整報酬対策について検討する会議への
     出席を求められる。
                                120/440








                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3.2   外部アドバイザーの活用
      報酬委員会は、経営陣から独立した外部アドバイザーに必要に応じて直接アドバイスを求め、検討している。報
     酬委員会は、報酬およびガバナンスについて検討し勧告および助言を行うスリー・ディグリーズ・コンサルティン
     グと引き続き契約した。当社とスリー・ディグリーズ・コンサルティングとの雇用に関する取り決めの条件に基づ
     き、報酬委員会の社外報酬コンサルタントは、報酬に関するアドバイス(オーストラリア連邦2001年会社法第9B
     条に定義する「報酬に関する勧告」を含む。)を報酬委員会に提供した。2016年9月30日現在、2016年度中に、
     KMPの報酬に関する勧告に関して10,000豪ドル(商品サービス税および費用を除く。)の報酬に加え、報酬および
     ガバナンス問題全般に係る助言の提供に関してさらに125,000豪ドル(商品サービス税および費用を除く。)がス
     リー・ディグリーズ・コンサルティングに支払われている。
      報酬委員会は、オーストラリア連邦2001年会社法の遵守を支援する社外報酬コンサルタントの採用に関する実施

     計画を定めた。この実施計画はスリー・ディグリーズ・コンサルティングの採用条件に反映され、遵守されてい
     る。報酬委員会の社外報酬コンサルタントは、提示する勧告は当該勧告に関係するKMPによる「不当な影響」を受
     けていないことを確認する旨の正式な確約書を提出した。これに基づき、取締役会は、勧告は当該勧告に関係する
     KMPによる不当な影響を受けていなかったと確信している。
     3.3   インサイダー取引およびデリバティブに関する方針

      グループ証券取引方針は、               オーストラリア連邦2001年会社法                 のヘッジに関する要件に従い、                取締役および従業員
     がデリバティブにより権利未確定の証券(権利未確定の                             LTI  または繰延STIを含む。)の価値を保護することを明確
     に禁止している。グループ証券取引方針に示されたとおり、取締役および従業員は権利確定した証券の価値を限ら
     れた状況下で保護することができる。非業務執行取締役は、2009年以降、報酬の一部として証券を受領していな
     い。グループ証券取引方針についての更なる詳細は、                            2016  年コーポレート・ガバナンス・ステートメント                        に記載さ
     れている     ( 「第5-5 (1)コーポレート・ガバナンスの状況」を参照のこと。)。当社の                                           2016  年コーポレー
     ト・ガバナンス・ステートメント                 およびグループ証券取引方針は、www.nabgroup.com.auにて入手可能である。
                                121/440










                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     3.4   上級執行役員の報酬方針
      当社グループの報酬方針は、上級執行役員の当社グループの戦略および事業目標の達成に焦点を当てるための一
     連の要素を使用している。当社グループの総合的な理念は、可能な限り、報酬を個人の業績および行動、当社グ
     ループの成績ならびに株主のための成果と直接に結びつける方法を採用することである。当社グループの上級執行
     役員の報酬方針は当社グループが業務を行う市場内の一般的な慣行に従って業績を認識・評価する。
      報酬方針は、以下を意図したものである。

      ● 高い業績をもたらす者をひきつけ、認識し、モチベーションを与え、保持し続けること
      ● 上級執行役員のよい業績を引き出すこと
      ● 当社証券の保有を通じて上級執行役員および株主の利益を一致させること
      ● 報酬に関する適用ある規則ならびに当社グループの多様性、包摂および賃金平等に対するコミットメントを
        守ること
      個人の報酬を設定する際に、取締役会は以下を考慮する。

      ● 内部の関連性
      ● 昨年度中の個人および当社グループの業績
      ● グループCEOに直属する上級執行役員の報酬に関する取り決めについてのグループCEOからの助言
      ● 報酬委員会の社外報酬コンサルタントであるスリー・ディグリーズ・コンサルティングからの助言
      ● オーストラリア証券取引所(「ASX」)上場企業の類似業種における市場データ。選出された同業グループ
        18社は、当社の主要な競合他社を含んでおり、有意な市場データ情報を提供できる程度に大規模である。
      ● 一般的な報酬市場環境および傾向
     報酬の構造

      ● 固定要素は、優秀な経営チームを招致し、留任させ、動機付けるために、市場における競争力を有してい
        る。
      ● 「アットリスク」構成要素は、よい業績をもたらし、上級執行役員の報酬を事業成果と関連付け、株主価値
        を創設するにあたり十分に意味がある。
      CROの役割は当社グループおよび従業員の財務実績およびリスク実績の監督において重要な部分を占めている。

     CROについて設定された報酬構造は、これらの責任を認識し、かつその他の上級執行役員と比べて固定報酬の割合
     を高め、および「アットリスク」構成要素のうちLTI報酬の部分により重きを置くことを通じて、同職務に要求さ
     れる独立性を支える構造となっている。
      各上級執行役員の2016年度の実際の報酬構造は、成績に応じて異なり、                                      表9「報酬結果」         に示されている。

                                122/440





                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     2016  年度の短期報奨
      STI制度は上級執行役員に対し、個人および事業双方の業績に基づく報酬を提供する。
      下表は、2016年度の個人および事業の業績の結果に基づき上級執行役員に支払われる予定のSTIに適用されるア
     プローチの概要を示している。
     2016  年度の上級執行役員の          短期報奨規定
     目的               ●STIは、以下を意図した報酬の変動的(アットリスク)構成要素である。
                     -従業員の年間報酬を事業業績および持続可能な株主利益率と調整すること
                     -STI報酬の構成要素の繰延を通じて現行年度を上回る事業業績に適切に焦点を
                      置き、リスクの結果との調整を可能とすること
                     -事業成果の達成に関する事業リスクを適切にとらえ、変動報酬に反映させる
                      こと
     STI  プール額の指標             ●STIプール額を計算する目的上の当社グループの財務実績は、現金収益
                     (40%)、現金ROE(30%)およびROTAE(30%)の組み合わせにより決定され
     当社グループの業績が                た。これらの財務指標は、幾つかの重大なリスクの影響を合理的に把握し、あ
     STI  報酬に及ぼす影響              わせて長期的な事業の成長および成功を犠牲にして短期的な業績を上げる行動
                     を最小限に抑える。
                    ●業績期間末において、報酬委員会は、取締役会のリスク委員会と協議して、当
                     社グループの事業リスクの管理、株主の期待および財務成績の質を反映した定
                     性的オーバーレイを考慮した上で、STIプールの規模を取締役会に推奨する。
                    ●STI乗数は、取締役会が承認したSTIプール額およびSTI制度に参加する従業員全
                     員の業績分布全体に基づき決定される。
     上級執行役員の業績指標               ●業績指標は取締役会の承認を受ける。
                    ●個々の上級執行役員の業績は、当社グループの財務実績および当社の顧客によ
     個人業績がSTI報酬に
                     る支援の実績と株主価値とを連動させる以下の3つの均等加重指標の達成に基
     及ぼす影響
                     づき決定される(        表3「上級執行役員のSTI業績指標」                 を参照)。
                     -現金収益
                     -現金ROE
                                 (1)
                     -優先顧客セグメントNPS               およびネットプロモーターシステムの構築の進
                      展を指標とする顧客による支援
                    ●上級執行役員はまた、リーダーシップ、当社の価値基準およびリスク管理の実
                     施に基づいて評価される。
                    ●役割上の行為の期待水準を満たさなかった上級執行役員は、問題の重大さに応
                     じてSTIを全部または一部減額される。2016年度の上級執行役員のSTI報酬につ
                     いては、行為の期待水準を満たさなかったことを理由とする減額はなされな
                     かった。
                    ●取締役会は、各上級執行役員の個々の業績ならびにグループCEOの助言を考慮し
                     た上で個人の全体的成績を割り当てた。
     STI  報酬             ●2016年度の個人の実際のSTI報酬は、そのSTI目標値に業績結果の関連STI乗数を
                     乗じたものを反映しており、STI目標値の1.75倍を上限とする。
     業績結果を上級執行役員の
                    ●当社グループの全従業員(上級執行役員を含む。)に提供されるSTI報酬合計
     報酬支給結果と連動させる
                     は、STI制度に基づき支払われたSTI報酬すべてを当社グループの業績と連動さ
                     せて、STI資金プール額の規模を上限とする。
                    ●STI報酬の半分は現金で提供される。ただし、上級執行役員代理および資格を有
                     する元上級執行役員は報酬の75%を現金で提供される。この報酬の部分につい
                     ては、2016年11月に支払われるまでは、取締役会が法律に従い理由の如何を問
                     わず全部または一部失権させることができる。下限はゼロ豪ドル、上限は                                   表4
                     「 2016  年度の上級執行役員のSTI支給結果                」 の「現金STI」の欄に示された現金
                     部分の額である。
                    ●STI報酬の残りは、2017年2月に割当が予定されている業績連動型新株引受権
                     (グループCEOについては必要な株主の承認を得ることを条件とする。)または
                     上級執行役員代理および資格を有する元上級執行役員については業績連動型株
                     式として繰り延べられる。割当前に雇用が終了する上級執行役員は繰延現金を
                     受領する。
                                123/440


                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
                    ●報酬の繰延部分の下限は、報酬が権利確定しない場合、ゼロ豪ドルである。上
                     級執行役員の上限は、繰延STI業績連動型新株引受権がすべて権利確定した場
                     合、  表4「   2016  年度の上級執行役員のSTI支給結果                」 の2つの「繰延STI」の欄
                     に示された額の合計である(権利確定時の当社株式の価値に従う。)。
     2016  年度の上級執行役員の          短期報奨規定

     繰延および権利確定               ●STI報酬はすべて、上級執行役員を留任させ、業績の保証を可能とし、株主のた
                     めの成果と関連付けることを目的とした繰延要素を有している。
     長期成果と連動させる
                    ●繰延STI業績連動型新株引受権の半分には行使制限が課せられ、2016年末から約
                     14ヶ月間(第1トランシェ)、残りの半分については約26ヶ月間(第2トラン
                     シェ)、失効ならびに勤務および業績に関する条件に服する。適用条件が満た
                     された場合、業績連動型新株引受権は権利確定し、各業績連動型新株引受権は
                     当社普通株式1株と引き換えに自動的に行使される。
                    ●繰延期間中、繰延STI業績連動型新株引受権について受領する配当金はない。
                    ●上級執行役員代理および資格を有する元上級執行役員については、現金繰延STI
                     または繰延STI株式は制限され、2016年末から約14ヶ月間失権および業績に関す
                     る条件に服する。
     STI  の留保             ●雇用の終了に際して繰延STI業績連動型新株引受権または繰延STI業績連動型株
                     式が留保される場合(下記「業績連動型新株引受権の失効および株式の失権」
                     を参照)、当該繰延STI業績連動型新株引受権は、引き続き上記の報酬に係る業
                     績基準および予定表に従う。
      (1)
         優先顧客セグメント・ネットプロモータースコア(「NPS」)とは、住宅抵当貸付顧客、債務のない顧客、零細企業
        (1百万豪ドル未満)、小規模企業(1百万豪ドル以上5百万豪ドル未満)および中規模企業(5百万豪ドル以上50百
        万豪ドル未満)から成る5つの優先顧客セグメントNPSの単純平均である。
                                124/440












                                                           EDINET提出書類
                                          ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド(E05750)
                                                            有価証券報告書
     下表は、2016年度の業績に関して上級執行役員に支払われる予定のLTIの概要を示している。
     2016  年度の上級執行役員の          長期報奨規定
     目的               ●LTI報酬は、当社グループの戦略および株主利益率を支援する達成困難な業績基
                     準を用いることで経営判断を当社グループの長期的繁栄と関連付けることに役
                     立っている。
     LTI  価額             ●2016年度に関して付与されるLTI価額は、以下のとおりである。
                     -グループCEOの固定報酬の130%
     市場での競争力がある                -CROの固定報酬の67%
                     -他の上級執行役員(LTI報酬を受ける資格を有しない上級執行役員代理を除
                      く。)の固定報酬の100%
     LTI  報酬             ●LTIは業績連動型新株引受権の2トランシェ同等に付与される。各トランシェの
                     業績連動型新株引受権の数は以下の計算式に基づいている。
                    トランシェの価値(LTI価額の半分)/各業績連動型新株引受権の見積公正価値

                    ●独立外部コンサルタントが決定する見積公正価値は、当社株式が2016年12月5

                     日から2016年12月9日(同日を含む。)までの5取引日間にASXにおいて取引さ
                     れた加重平均株価(「WASP」)に基づく。見積公正価値は、業績連動型新株引
                     受権が権利確定して行使されるまでは業績連動型新株引受権に関して配当金が
                     支払可能とならないという事実も考慮に入れる。業績基準の達成の可能性も考
                     慮される。その結果、各トランシェの業績基準が異なることを考慮すると、第
                     1トランシェの業績連動型新株引受権の公正価値、そして第1トランシェの業
                     績連動型新株引受権の数は、第2トランシェの業績連動型新株引受権の公正価
                     値および数とは異なる可能性がある。
                    ●付与日におけるLTI報酬の額面価値の合理的な見積もりは、各トランシェの業績
                     連動型新株引受権の数をWASPに乗じることにより決定できる。
                    ● 表11「上級執行役員に付与された証券の公正価値」                        は、2016年度中に付与され
                     たLTI報酬の付与日現在の公正価値および額面価値を示している。2015年12月に
                     上級執行役員に付与されたLTI報酬の詳細は                    表10「株式および業績連動型新株引
                     受権の価値」      に示されている。        2016年度に関して付与されたLTI報酬の公正価値
                     および額面価値は、2016年12月に判明する。
     LTI  報酬  の期間           ●2016年12月に2トランシェ同等に付与される予定である(グループCEOについて
                     は、定時株主総会において株主の承認を得ることを条件として、2017年2月に
     長期的な基準で注目する                付与される。)。LTI業績連動型新株引受権の期間は、2016年12月から最短で約
                     4年間である。
                    ●未行使のLTI業績連動型新株引受権は、当該業績期間終了後に失効する。
                                125/440








    &nb