株式会社アスモ 四半期報告書 第42期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第42期第2四半期(平成28年7月1日-平成28年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社アスモ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年11月14日
      【四半期会計期間】                    第42期第2四半期(自            平成28年7月1日          至   平成28年9月30日)
      【会社名】                    株式会社アスモ
      【英訳名】                    ASMO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            長井    尊
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室          重清    安雄
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室          重清    安雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第41期           第42期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第41期
                               累計期間           累計期間
                            自平成27年4月1日           自平成28年4月1日           自平成27年4月1日

              会計期間
                            至平成27年9月30日           至平成28年9月30日           至平成28年3月31日
                      (千円)           9,015,563           9,061,828           18,151,621

      売上高
                      (千円)            378,469           380,950           816,589
      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            290,139           267,416           613,017
      期)純利益
                      (千円)            289,049           212,658           546,345
      四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           3,878,679           4,208,386           4,135,935
      純資産額
                      (千円)           5,760,814           6,195,265           6,050,981
      総資産額
      1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)             2.07           1.91           4.37
      金額
      潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
      (当期)純利益金額
                       (%)             64.9           66.1           66.2
      自己資本比率
      営業活動による
                      (千円)            452,148           300,603           852,977
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                      (千円)           △ 292,581          △ 175,207          △ 466,336
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                      (千円)           △ 124,295           △ 73,450          △ 127,461
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,972,280           2,200,098           2,178,617
      (期末)残高
                               第41期           第42期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                            自平成27年7月1日           自平成28年7月1日

              会計期間
                            至平成27年9月30日           至平成28年9月30日
                                    1.45           1.33

      1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/26





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
       (アスモフードサービス事業)

        当社の子会社である株式会社アスモフードサービスは、平成28年9月1日を効力発生日として株式会社アスモフー
       ドサービスを会社分割により分社化し、新たに設立した株式会社アスモフードサービス首都圏、株式会社アスモフー
       ドサービス東日本、株式会社アスモフードサービス中日本、株式会社アスモフードサービス西日本に事業の一部を承
       継させる新設分割を行っております。
        この結果、平成28年9月30日現在では、当社グループは、当社(株式会社アスモ)、連結子会社11社、非連結子会

       社2社により構成されることとなりました。
        事業の系統図は、次頁のとおりであります。

                                  3/26















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                                                     ※ 非連結子会社


















                                  4/26


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあり緩
        やかな回復基調で推移したものの、イギリスのEU離脱等為替や株価の不安定な動きがある中、企業収益を悪化させ
        るなど、先行き不透明な状況で推移いたしました。
         このような状況の下、当社グループは、お客様の利便性等を追求することで購買機会の増加・シェアの拡大を
        図ってまいりました。今後におきましては、シェアの拡大によるスケールメリットを発揮することで各種コストの
        見直しを図り、利益の確保に努めてまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高9,061百万円(前年同四半期比                                         0.5%増)、営業利益
        383百万円(前年同四半期比             0.7%減)、経常利益380百万円(前年同四半期比                       0.7%増)、親会社株主に帰属する
        四半期純利益は、267百万円(前年同四半期比                      7.8%減)となりました。
         主な事業別の状況は次のとおりであります。

                  セグメント名称

                                           主要な事業の内容
              (セグメントに該当する会社)
                   アスモ事業
                                   グループ会社の統制・管理、不動産賃貸
                 (株式会社アスモ)
               アスモトレーディング事業
                                   食肉の輸出入、食肉及び食肉加工品の販売
             (株式会社アスモトレーディング)
               アスモフードサービス事業
             (株式会社アスモフードサービス)
            (株式会社アスモフードサービス首都圏)
                                   高齢者介護施設等における給食の提供
            (株式会社アスモフードサービス東日本)
            (株式会社アスモフードサービス中日本)
            (株式会社アスモフードサービス西日本)
                アスモ介護サービス事業
                                   訪問・居宅介護事業所の運営、有料老人ホームの運営
              (株式会社アスモ介護サービス)
                ASMO   CATERING     (HK)   事業
                                   香港における外食店舗の運営
            ( ASMO   CATERING     (HK)   CO.,   LIMITED    )
                 (サーバントラスト信託株式会社)                  信託商品の販売
                 (アスモ少額短期保険株式会社)
                                   保険商品の販売
         そ   の   他
                (ASMO    CATERING(TAIWAN)
                                   台湾における外食店舗の運営
                         COMPANY    LIMITED    )
                                  5/26





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       ①  アスモトレーディング事業

         アスモトレーディング事業におきましては、人手、車両不足を背景にした物流費の上昇や販売競争の激化によ
        り、依然として厳しい経営環境が続きました。
         このような中、当事業ではこれまで取り組んでまいりましたメキシコ産牛肉の拡販におきまして、品質面におい
        て豪州産牛肉、価格面において米国産牛肉との差別化も図れ、安定した顧客と利益を確保できるようになりまし
        た。
         一方、グループ内でのシナジー効果を目指した介護用の加工品開発も進み、当該期間内に新たに新製品が増えま
        した。
         通販部門におきましても、従来の銘柄牛やローストビーフ、ローストポークの他に、新たに牛タンの販売も開始
        しました。
         以上の結果、期初の計画でもありました、売上高の追求から内容重視の利益追求をした結果、当第2四半期連結
        累計期間の売上高は1,435            百万円(前年同四半期比            0.4%減)、セグメント利益(営業利益)は、47百万円(前年同
        四半期はセグメント損失19百万円)となりました。
         今後においては販路の拡大と新製品の増強に努めてまいります。
         また、今後当事業の核となります、「国内外を問わず、広く生産者から原料を仕入れ、委託加工先で加工し、グ
        ループ内を始め広く販売の横展開を図る」べく、委託加工先や販売先の開拓も進めており、今後のグループ全体の
        利益に貢献してまいります。
       ②  アスモフードサービス事業

         アスモフードサービス事業におきましては、高齢者介護施設以外から幅広い分野において受注先が増加し、収益
        向上のための不採算受託施設の契約解除を並行し行ったことにより、売上高、営業利益はともに堅調に推移いたし
        ました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、3,814百万円(前年同四半期比                                       4.4%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、193百万円(前年同四半期比                       0.5%増)となりました           。
         今後におきましては、引き続き堅実に増収増益を維持できるよう、基盤の強化に努めてまいります。また、様々
        な年間行事やイベントを企画し、常にお客様に喜んでいただけるご提案をすることで、給食提供の質の向上を図っ
        てまいります。
       ③  アスモ介護サービス事業

         アスモ介護サービス事業におきましては、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所および有料老人ホーム運営事業
        を営んでおり、当第2四半期連結累計期間につきましては、平成27年4月の介護保険法の改正による介護報酬大幅
        減、恒常的な人手不足に伴う人件費の上昇など、足元・先行きとも非常に厳しい状況で推移しております。
         このような状況の中、ご利用いただける機会を増やすことを目的に積極的に事業所の開設を進め、ご利用者の獲
        得に努めております。当第2四半期連結会計期間末現在、訪問介護事業所38事業所(前年同四半期末は38事業
        所)、居宅介護支援事業所12事業所(前年同四半期末は12事業所)、ご契約者様は、1,731名(前年同四半期末は
        1,673名)。有料老人ホーム3施設(前年同四半期末は3施設)、ご入居者様数は83名(前年同四半期末は53名)
        となり、ご契約者様、ご入居者様数は前年同四半期末と比べ増加しておりますが、新規有料老人ホームの入居一時
        金収入が減少したことにより、増収減益となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、2,392百万円(前年同四半期比                                       1.1%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、231百万円(前年同四半期比                       8.1%減)となりました。
         今後ともご利用者の獲得に努めていくとともに、介護人材育成に注力していくことで、より良い人材の確保と定
        着率向上に努め、介護サービスの質の向上を図ってまいります。
                                  6/26






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       ④  ASMO   CATERING     (HK)   事業
         ASMO   CATERING     (HK)   事業におきましては、収益改善を図るべく、新たにコスモスハウスコーンヒル店をオープ
        ンしました。コスモスハウスコーンヒル店は、香港島に位置する最も日本人が多く住む郊外都市である地下鉄MTR
        の太古城(タイクーシン)駅の真上にあるモールに出店しております。
         店名は、『Cosmos         House   Pancake    Cafe』で『パンケーキを中心としたデザートメニューが豊富な洋食ファミ
        リーレストラン』というコンセプトにてメニューおよびショップイメージの組み立てを行いました。近年の香港に
        おけるカフェブームもあり8月5日のオープンより好調に推移いたしております。一方、チュン湾山頭火店、半山
        秋桜屋店を閉店したことなどが収益に与えるマイナス要素となっており、加えて円高傾向により物流部門の収益に
        おいても昨年と比較して大きく落ち込んでおります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、1,044百万円(前年同四半期比                                       11.8%減)、セグメント損
        失(営業損失)は、1百万円(前年同四半期はセグメント利益24百万円)となりました。
         第3四半期以降については、日系スーパー一田(YATA)の食品売り場に併設した小型フードコートタイプにチュ
        ン湾一田虎蔵食堂店のショップを10月1日にオープンしました。一田(YATA)の出店は今後も継続するとみられ、
        当社の最も収益を上げている店舗の沙田秀吉店も同スーパーにあることから、今後も同社と協力関係を継続し収益
        拡大に努めてまいります。
        ⑤  その他の事業

        a.  サーバントラスト信託株式会社
          その他セグメントに含めておりますサーバントラスト信託株式会社は、管理型信託事業を営んでおります。信
         託事業では、「特定贈与信託」「ペット飼育費保全信託」「老い支度サポート信託(遺言代用信託を含む)」
         「不動産管理信託」などの個人向けの信託商品のほか、「葬儀費用管理信託」「顧客分別金管理信託」「不動産
         証券化信託」「エスクロー信託」などの法人向けの信託商品の販売にも努めました。
          営業面以外に、経費節減にも努めた結果、前年同月比での増益を実現しております。
          引き続き、積極的な営業活動を行っていくとともに、グループ主要事業である介護事業とのシナジーを図りな
         がら、新規信託契約の獲得ならびに売上増加に努めてまいります。
        b.  アスモ少額短期保険株式会社

          その他セグメントに含めておりますアスモ少額短期保険株式会社は、少額短期保険事業を展開しており、生命
         保険商品3種類(生命定期保険、入院保障付生命定期保険、無選択型生命保険)と損害保険商品(高齢者施設入
         居者家財保険)を販売しています。
          特に、昨年より販売を開始いたしました高齢者施設入居者家財保険「転ばぬ先の杖」は数社の有料老人ホーム
         運営会社と代理店契約を締結し、入居者様への販売を開始いたしております。また、新たに有料老人ホーム紹介
         会社との提携も進み、紹介案件への保険付帯という本業支援スキームにより契約を獲得するスキームが固まりつ
         つあり、この秋より、大手紹介会社を中心に本格的に販売が進んでいく予定です。従来の生命保険商品に加え、
         損害保険商品の販売を増やしていくことにより、収入保険料の増加に向け、進んでまいります。
        c.  ASMO   CATERING(TAIWAN)COMPANY            LIMITED

          その他セグメントに含めておりますASMO                   CATERING(TAIWAN)COMPANY            LIMITEDは、平成26年4月にオープンいた
         しました台北市内天母そごう店の台湾の一号店『日本料理 今助』においては、天母地区の商圏の縮小に歯止め
         がかからず、当店にも大きく影響しております。その他フードコート2店においても当初の目標を売上には届い
         ておらず、台湾事業においては不採算店舗の早期撤退や要員の見直し、事務所移転により経費削減など、一旦縮
         小する方向で進めております。
          しかしながら低迷する天母そごう店内においても『日本料理 今助』には固定客が多く台湾における今後の展
         開は同業種に絞り取り組んでまいりたいと存じます。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、371百万円(前年同四半期比                                      1.8  %増)、セグメント利

         益(営業利益)は、1百万円(前年同四半期比                     90.2%減)となりました。
                                  7/26





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
       ①  資産、負債及び純資産の状況
        (資産)
         当第2四半期連結会計期間末における総資産は6,195百万円となり、前連結会計年度末に比べ144百万円増加いた
        しました。これは主に現金及び預金が21百万円、無形固定資産が33百万円、投資その他の資産その他が91百万円増
        加したことによるものであります。
        (負債)

         当第2四半期連結会計期間末における負債合計は1,986百万円となり、前連結会計年度末に比べ71百万円増加い
        たしました。これは主に短期借入金が50百万円、賞与引当金が7百万円、退職給付に係る負債が11百万円増加した
        ことによるものであります。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は4,208百万円となり、前連結会計年度末に比べ72百万円増加
        いたしました。これは主に利益剰余金が127百万円増加し、為替換算調整勘定が48百万円減少したことによるもの
        であります。
         この結果、自己資本比率は66.1%(前連結会計年度末は66.2%)となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、2,200百万円となり、前
        連結会計年度末より21百万円増加いたしました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は、300百万円(前年同四半期は452百万円の獲得)となりました。これは主に、法
        人税等の支払額116百万円の支払に対し、税金等調整前四半期純利益380百万円及び減価償却費66百万円の非資金項
        目等の増加によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、175百万円(前年同四半期は292百万円の使用)となりました。これは主に、有
        形固定資産の取得による支出65百万円、建設協力金の支払による支出80百万円、及び投資有価証券の取得による支
        出27百万円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、73百万円(前年同四半期は124百万円の使用)となりました。これは主に、配
        当金の支払額119百万円等に対し、短期借入れによる収入50百万円等の増加によるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  8/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          600,000,000

                  計                               600,000,000

        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年11月14日)
              (平成28年9月30日)                          取引業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数
     普通株式            151,451,750             151,451,750
                                       市場第二部             1,000株
        計         151,451,750             151,451,750              -           -
     (注)発行済株式数のうち4,610千株は、現物出資(貸付金債権299,650千円)によるものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総
                                資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高
                                 (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                  (千株)       (千株)
      平成28年7月1日~
                      -     151,451          -    2,323,272           -       -
      平成28年9月30日
                                  9/26









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成28年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
            氏名又は名称                      住所
                                             (千株)
                                                    の割合(%)
                         東京都新宿区西新宿二丁目4-1                  新宿
     株式会社Persons        Bridge                                 82,000         54.14
                         NSビル25階
                         東京都新宿区西新宿二丁目6-1                  新宿
                                              15,284         10.09
     株式会社ベストライフ
                         住友ビルディング39階
     長井    博實                                      10,757         7.10
                         東京都杉並区
     福山    良二                                      1,771         1.17

                         千葉県千葉市中央区
                         東京都港区六本木一丁目6-1                       784       0.52

     株式会社SBI証券
     石原    幸久                                       410       0.27

                         兵庫県揖保郡太子町
     小西    静馬                                       405       0.27

                         京都府京都市伏見区
                         東京都中央区日本橋茅場町一丁目2-18                       405       0.27

     株式会社証券ジャパン
                         東京都千代田区大手町一丁目3-2                   経
                                                358       0.24
     カブドットコム証券株式会社
                         団連会館6階
     武田    昌姫                                       351       0.23
                         神奈川県横浜市神奈川区
                                  -            112,525         74.30

              計
     (注)上記のほか、自己株式が11,244千株あります。
                                 10/26












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式      11,244,000           -            -

      完全議決権株式(その他)                   普通株式      140,186,000             140,186          -

      単元未満株式                   普通株式        21,750         -            -

      発行済株式総数                         151,451,750            -            -

      総株主の議決権                         -              140,186          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成28年9月30日現在
                             自己名義所               所有株式数       発行済株式総数に対

      所有者の氏名                              他人名義所有
                  所有者の住所           有株式数               の合計       する所有株式数の割
      又は名称                              株式数(株)
                             (株)               (株)       合(%)
             東京都新宿区西新宿二丁目

     株式会社アスモ                        11,244,000            -   11,244,000             7.42
              4番1号      新宿NSビル
        計            -         11,244,000            -   11,244,000             7.42

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 11/26










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年7月1日から平
       成28年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,248,617              2,270,098
         現金及び預金
                                       1,850,959              1,847,893
         受取手形及び売掛金
                                        273,705              272,864
         商品
                                         13,586              15,958
         貯蔵品
                                        498,563              522,564
         その他
                                        △ 1,842             △ 1,919
         貸倒引当金
                                       4,883,590              4,927,460
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        305,033              280,300
          その他(純額)
                                        305,033              280,300
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         54,623              44,691
          のれん
                                         15,030              58,373
          その他
                                         69,654              103,065
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,107,243              1,198,919
          その他
                                       △ 314,539             △ 314,479
          貸倒引当金
                                        792,703              884,439
          投資その他の資産合計
                                       1,167,391              1,267,805
         固定資産合計
                                       6,050,981              6,195,265
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        478,944              470,826
         支払手形及び買掛金
                                           -            50,000
         短期借入金
                                        124,576               97,297
         未払法人税等
                                        205,730              212,834
         賞与引当金
                                        964,354              967,064
         その他
                                       1,773,606              1,798,023
         流動負債合計
       固定負債
                                        125,927              137,890
         退職給付に係る負債
                                         15,512              50,965
         その他
                                        141,439              188,855
         固定負債合計
                                       1,915,046              1,986,879
       負債合計
                                 13/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,323,272              2,323,272
         資本金
                                       1,620,715              1,747,924
         利益剰余金
                                        △ 42,448             △ 42,448
         自己株式
                                       3,901,539              4,028,748
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 87             △ 214
         繰延ヘッジ損益
                                        124,216               76,156
         為替換算調整勘定
                                        △ 18,332              △ 9,166
         退職給付に係る調整累計額
                                        105,796               66,776
         その他の包括利益累計額合計
                                        128,599              112,861
       非支配株主持分
                                       4,135,935              4,208,386
       純資産合計
                                       6,050,981              6,195,265
      負債純資産合計
                                 14/26















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      売上高                                  9,015,563              9,061,828
                                       6,869,184              6,939,815
      売上原価
                                       2,146,379              2,122,012
      売上総利益
                                       ※ 1,760,205              ※ 1,738,467
      販売費及び一般管理費
                                        386,173              383,544
      営業利益
      営業外収益
                                         1,926              2,727
       受取利息
                                         4,325              3,400
       助成金収入
                                         1,550              2,318
       その他
                                         7,802              8,445
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           86              401
       支払利息
       為替差損                                  4,897              10,434
                                         10,259               △ 60
       貸倒引当金繰入額
                                           262              264
       その他
                                         15,506              11,040
       営業外費用合計
                                        378,469              380,950
      経常利益
      特別利益
                                           18              83
       固定資産売却益
                                           18              83
       特別利益合計
      特別損失
                                         4,930                0
       固定資産除却損
                                         5,500               300
       和解金
                                           594               -
       その他
                                         11,025                300
       特別損失合計
                                        367,462              380,733
      税金等調整前四半期純利益
                                         75,910              86,525
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 3,663              29,648
      法人税等調整額
                                         72,246              116,174
      法人税等合計
                                        295,215              264,559
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         5,075             △ 2,856
      に帰属する四半期純損失(△)
                                        290,139              267,416
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
                                        295,215              264,559
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           357             △ 126
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 2,880             △ 60,940
       為替換算調整勘定
                                        △ 3,642              9,166
       退職給付に係る調整額
                                        △ 6,165             △ 51,901
       その他の包括利益合計
                                        289,049              212,658
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        284,593              228,396
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         4,456             △ 15,737
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/26
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年9月30日)               至 平成28年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        367,462              380,733
       税金等調整前四半期純利益
                                         86,111              66,101
       減価償却費
                                         9,931              9,931
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  10,369                16
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  4,290              21,128
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  60,390               7,933
                                        △ 1,926             △ 2,727
       受取利息及び受取配当金
                                           86              401
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  1,225              11,703
       有形固定資産売却損益(△は益)                                   △ 18             △ 83
                                         4,930                0
       有形固定資産除却損
       和解金                                  5,500               300
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 53,850              △ 4,463
       その他の資産の増減額(△は増加)                                  40,171             △ 56,185
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,299             △ 7,210
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  14,248              △ 1,369
       その他の負債の増減額(△は減少)                                △ 139,034               8,041
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 50,306             △ 16,100
                                           △ 6              -
       その他
                                        353,278              418,149
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   199               16
                                          △ 86             △ 401
       利息の支払額
                                           -             △ 300
       和解金の支払額
                                        △ 13,318             △ 116,983
       法人税等の支払額
                                        112,074                121
       法人税等の還付額
                                        452,148              300,603
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -           △ 27,022
       投資有価証券の取得による支出
                                        △ 92,189             △ 65,230
       有形固定資産の取得による支出
                                           18              300
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 4,000              △ 129
       無形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 70,000
       定期預金の預入による支出
                                           -            70,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 62,973             △ 17,648
       差入保証金の差入による支出
                                         3,731              10,910
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 76,218               △ 100
       貸付けによる支出
                                         1,378                70
       貸付金の回収による収入
                                        △ 65,000             △ 80,000
       建設協力金の支払による支出
                                         2,669              3,642
       建設協力金の回収による収入
                                       △ 292,581             △ 175,207
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            50,000
       短期借入れによる収入
                                        △ 3,396                -
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,503             △ 3,992
       リース債務の返済による支出
                                          △ 26              -
       自己株式の取得による支出
                                       △ 119,368             △ 119,457
       配当金の支払額
                                       △ 124,295              △ 73,450
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 4,064             △ 30,464
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   31,206              21,480
                                       1,941,074              2,178,617
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,972,280              ※ 2,200,098
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/26



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        (1)連結の範囲の重要な変更
           当第2四半期連結会計期間において、                   当社の子会社である株式会社アスモフードサービスは、平成28年9月
          1日を効力発生日として株式会社アスモフードサービスを会社分割により分社化し、新たに設立した株式会社
          アスモフードサービス首都圏、株式会社アスモフードサービス東日本、株式会社アスモフードサービス中日
          本、株式会社アスモフードサービス西日本に事業の一部を承継させる新設分割を行ったことにより                                             新たに4社
          を連結の範囲に含めております。
           なお、当     第2四半期連結会計期間において、                 ASMO   CATERING     MALAYSIA     SDN.   BHD.を子会社化       しております
          が、小規模であり、合計の総資産、売上高、四半期純損益                           (持分に見合う額)         及び利益剰余金       (持分に見合う
          額)  等は、いずれも四半期連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であるため、連結の範囲から除外しております。
        (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           該当事項はありません。
           なお、当     第2四半期連結会計期間において、                 ASMO   CATERING     MALAYSIA     SDN.   BHD.を子会社化       しております
          が、四半期純損益        (持分に見合う額)         及び利益剰余金       (持分に見合う額)         等からみて     持分法の対象から除いて
          も四半期連結財務諸表に           及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲
          から除外しております。
        (会計方針の変更)

        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
        応報告第32号 平成28年6月17日)を第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得する建物
        附属設備および構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表への影響額はありません。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を第1四半
        期連結会計期間から適用しております。
                                 18/26










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                        前第2四半期連結累計期間                     当第2四半期連結累計期間

                        (自    平成27年4月1日                 (自    平成28年4月1日
                         至     平成27年9月30日)                 至     平成28年9月30日)
        従業員給料及び手当                      549,551    千円                558,475    千円
                               55,517                    57,333
        賞与引当金繰入額
                                198                    916
        退職給付費用
                                135                    32
        貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                             至   平成27年9月30日)               至   平成28年9月30日)
         現金及び預金                         1,972,280千円                 2,270,098千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                             -              △70,000
         現金及び現金同等物                         1,972,280                 2,200,098
                                 19/26












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自               平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)
          1.配当に関する事項
            配当支払額
                     配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成27年5月14日
               普通株式        140,208          1  平成27年3月31日          平成27年6月26日          利益剰余金
     取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自               平成28年4月1日         至  平成28年9月30日)

          1.配当に関する事項
            配当支払額
                     配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成28年5月12日
               普通株式        140,207          1  平成28年3月31日          平成28年6月29日          利益剰余金
     取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 20/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
     Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自平成27年4月1日                        至平成27年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    2,550    1,442,232      3,654,764      2,366,502      1,184,350      8,650,400       365,163
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -    27,692      40,248        -      -    67,941        -
      売上高又は振替高
                    2,550    1,469,925      3,695,013      2,366,502      1,184,350      8,718,341       365,163
          計
     セグメント利益又は損
                  △ 73,039     △ 19,326      192,237      251,904       24,174      375,950       10,656
     失(△)
                             四半期連結

                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                  9,015,563          -   9,015,563
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   67,941     △ 67,941        -
      売上高又は振替高
                  9,083,505       △ 67,941     9,015,563
          計
     セグメント利益又は損
                   386,606       △ 432    386,173
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                               (単位:千円)

                   利益                       金額
        報告セグメント計                                          375,950
        「その他」の区分の利益又は損失(△)                                          10,656
        セグメント間取引消去                                           △432
        四半期連結損益計算書の営業利益                                          386,173
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 21/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自平成28年4月1日                        至平成28年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    2,463    1,435,878      3,814,794      2,392,853      1,044,226      8,690,215       371,613
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -    24,637      52,077        -      -    76,715        -
      売上高又は振替高
                    2,463    1,460,515      3,866,872      2,392,853      1,044,226      8,766,930       371,613
          計
     セグメント利益又は損
                  △ 88,040      47,152      193,159      231,514      △ 1,312     382,474       1,040
     失(△)
                             四半期連結

                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                  9,061,828          -   9,061,828
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   76,715     △ 76,715        -
      売上高又は振替高
                  9,138,544       △ 76,715     9,061,828
          計
     セグメント利益又は損
                   383,514         29    383,544
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                               (単位:千円)

                   利益                       金額
        報告セグメント計                                          382,474
        「その他」の区分の利益又は損失(△)                                           1,040
        セグメント間取引消去                                            29
        四半期連結損益計算書の営業利益                                          383,544
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      4.報告セグメントの変更等に関する事項

         該当事項はありません。
          なお、当社の連結子会社である株式会社アスモフードサービスの給食事業を会社分割により、                                           新たに設立した
         株式会社アスモフードサービス首都圏、株式会社アスモフードサービス東日本、株式会社アスモフードサービス
         中日本、株式会社アスモフードサービス西日本に事業の一部を承継させる新設分割を                                       いたしました。詳しくは平
         成28年8月12日付で開示しております「子会社の会社分割(新設分割)及び孫会社の異動(取得)に関するお知ら
         せ」及び「第5 経理の状況 注記事項 (企業結合等関係)」をご参照ください。これによる当第2四半期連
         結累計期間における報告セグメントに変更はありません。
                                 22/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         共通支配下の取引等
         1.取引の概要
          (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
              事業の名称          当社の連結子会社である株式会社アスモフードサービスの給食事業
              事業の内容          高齢者介護施設等へ給食を提供しております。
          (2)  企業結合日
            平成28年9月1日
          (3)  企業結合の法的形式
            株式会社アスモフードサービス(当社の連結子会社)を分割会社とし、新たに設立した株式会社アスモ
           フードサービス首都圏(当社の連結子会社)に給食事業の一部を                             承継させる新設分割
            株式会社アスモフードサービス(当社の連結子会社)を分割会社とし、新たに設立した株式会社アスモ
           フードサービス東日本(当社の連結子会社)に給食事業の一部を                             承継させる新設分割
            株式会社アスモフードサービス(当社の連結子会社)を分割会社とし、新たに設立した株式会社アスモ
           フードサービス中日本(当社の連結子会社)に給食事業の一部を                             承継させる新設分割
            株式会社アスモフードサービス(当社の連結子会社)を分割会社とし、新たに設立した株式会社アスモ
           フードサービス西日本(当社の連結子会社)に給食事業の一部を                             承継させる新設分割
          (4)  結合後企業の名称
            株式会社アスモフードサービス首都圏                  (当社の連結子会社)
            株式会社アスモフードサービス東日本                  (当社の連結子会社)
            株式会社アスモフードサービス中日本                  (当社の連結子会社)
            株式会社アスモフードサービス西日本                  (当社の連結子会社)
          (5)  その他取引の概要に関する事項
             給食   事業のさらなる拡大・成長のため、意思決定の迅速化と組織の自立性・独立性を高めるとともに、
           地域に見合った肌理細かいサービスを提供することを目的としております。
         2.実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
           き、共通支配下の取引として処理しております。
                                 23/26











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成27年4月1日             (自    平成28年4月1日
                               至   平成27年9月30日)              至   平成28年9月30日)
      1株当たり四半期純利益金額                                 2円07銭                1円91銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       290,139                267,416
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       290,139                267,416
       純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                140,208                140,207
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                              -                -
      株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
      た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
      動があったものの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 24/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成28年11月11日

     株式会社アスモ
      取締役会       御中
                           清  和  監  査  法  人

                            指定社員

                                      公認会計士
                                              坂井     浩史        印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              髙橋     潔弘        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アスモ

     の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年7月1日から平成28
     年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アスモ及び連結子会社の平成28年9月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
            報告書提出会社)が別途保管しています。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 26/26





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。