アルピコホールディングス株式会社 訂正四半期報告書 第9期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第9期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

提出日:

提出者:アルピコホールディングス株式会社

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第4項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   平成28年11月14日
      【四半期会計期間】                   第9期第1四半期(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
      【会社名】                   アルピコホールディングス株式会社
      【英訳名】                   ALPICO    HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  堀籠 義雄
      【本店の所在の場所】                   長野県松本市井川城2丁目1番1号
      【電話番号】                   0263-26-7100(代表)
      【事務連絡者氏名】                   常務取締役  塚田 進
      【最寄りの連絡場所】                   長野県松本市井川城2丁目1番1号
      【電話番号】                   0263-26-7100(代表)
      【事務連絡者氏名】                   常務取締役  塚田 進
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                  1/32













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
      平成29年3月期第2四半期の決算手続きにおいて、当社の連結子会社であるアルピコ自工株式会社により不適切な会計
     処理が行われていたことが発覚し、社内調査を進めたところ、売上及び在庫の過大計上の事実を把握するに至りました。
      過年度において重要性の観点から修正を行わなかった事項も考慮して、四半期連結財務諸表に含まれる一連の会計処理
     を訂正することといたしました。
      これらの決算訂正により、当社が平成28年8月12日に提出いたしました第9期第1四半期(自 平成28年4月1日 
     至 平成28年6月30日)四半期報告書の記載事項の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の4の
     7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
      訂正後の四半期連結財務諸表の記載内容については、新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けており、そ
     の四半期レビュー報告書を添付しております。
      なお、四半期連結財務諸表の記載内容に係る訂正箇所についてはXBRLの修正も行いましたので、併せて修正後のXBRL
     データ一式(表示情報ファイルを含む)を提出いたします。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (1)業績の状況
        第4 経理の状況
         2.監査証明について
          1 四半期連結財務諸表
           (1)四半期連結貸借対照表
           (2)四半期連結損益及び包括利益計算書
           注記事項
            (セグメント情報等)
             セグメント情報
            (1株当たり情報)
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___線を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから上記の訂正事項については、
      訂正後のみを記載しております。
                                  2/32









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第8期           第9期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第8期
                              累計期間           累計期間
                           自平成27年4月1日           自平成28年4月1日           自平成27年4月1日

              会計期間
                           至平成27年6月30日           至平成28年6月30日           至平成28年3月31日
                      (千円)          17,844,816           24,268,687           82,769,214
     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)            520,566           △35,635           1,651,802
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)            683,172          △363,161           1,742,866
     する四半期純損失(△)
                      (千円)            709,041          △363,148           1,755,468
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          12,845,267           13,295,101           13,816,214
     純資産額
                      (千円)          53,031,444           70,710,961           67,793,685
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     金額又は1株当たり四半期純損失                 (円)            18.99          △10.10            48.45
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             24.2           18.8           20.4
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.第9期第1四半期の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1
           株当たり四半期純損失金額であるため記載しておりません。
         4.第8期潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額及び第8期第1四半期潜在株式調整後1株当たり四半期純
           利益金額については、潜在株式は存在しておりますが、当社は非上場であり期中平均株価が把握できないた
           め、記載しておりません。
      2【事業の内容】
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。なお、
       主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
                                      議決権の所有割合

                       資本金
        名称        住所            主要な事業の内容          又は被所有割合             関係内容
                      (百万円)
                                         (%)
                                                  アルピコ交通㈱が
      アルピコ交通                                      100.00
              大阪市大正区            50    運輸事業                  100%出資する当社の
      大阪株式会社                                     (100.00)
                                                 連結子会社(孫会社)
       (注)1.「主要な事業の内容」欄には、報告セグメントの名称を記載しております。
          2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        なお、当社の連結子会社である株式会社アップルランドと株式会社マツヤを合併し、存続会社である株式会社アッ

       プルランドは商号を株式会社デリシアに変更しております。
        また、同じく当社の連結子会社であるアルピコタクシー株式会社、信州アルピコタクシー株式会社及び株式会社宇
       都宮の3社は合併し、存続会社をアルピコタクシー株式会社としております。
        この結果、平成28年6月30日現在では、当社グループは、当社、連結子会社10社、持分法適用関連会社1社により
       構成されることとなりました。
                                  3/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/32


















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日~平成28年6月30日)におけるわが国経済は、雇用・所得環境に
        改善がみられるものの、海外の経済変動や社会不安に加えて、4月に発生した熊本地震などの影響で企業業績や個
        人消費の停滞が続いており、先行きに対する不透明感が強い状況で推移しました。
         このような状況において、当社グループは、平成27年11月に策定致しました中期経営計画「VALUE                                              UP  ALPICO
        2020」で設定した経営目標に基づき、当社グループ各事業のサービスや設備の質の向上、グループ内企業統合によ
        る事業シナジーの創出に努めました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、連結営業収益                             24,268,687     千円  (前年同期比      36.0%   増)、連結営
        業利益   95,589千円     (前年同期比      84.7%   減)となりました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。
        ①  運輸事業

         バス事業は、昨年の善光寺御開帳や北陸新幹線開通による観光客入込増加の反動から、市街地一般路線および高
        速バスの乗客数は前年同期比減となりましたが、上高地を中心とする観光路線はゴールデンウィークを始め5月、6
        月において概ね好天に恵まれたこと、貸切バスは首都圏発着需要の取込みや諏訪御柱祭などのイベント運行受注が
        あったことから、堅調に推移しました。タクシー事業では、消費者の節約志向が継続していることから、夜間市街
        地の個人需要が弱含みで推移しており、客数が減少いたしました。なお、事業統合による業務効率化を図るため、
        平成28年4月1日にグループタクシー会社3社を合併し、アルピコタクシー株式会社1社体制として運営を開始してお
        ります。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、営業収益2,911,736千円(前年同期比2.6%減)、営業利益
        27,842千円(前年同期比72.5%減)となりました。
        ②  流通事業

         流通事業では、東北信地区を中心にスーパーマーケット事業を営んでおりました株式会社マツヤを平成27年12月
        に子会社化し、平成28年4月1日に株式会社アップルランドと合併の上、株式会社デリシアに商号変更し、事業再編
        を行っております。このためセグメント売上については大幅な増収となりましたが、一方で、新生デリシアとして
        お客様の利便性と満足度を向上させるべく、従来のポイントカードを刷新してプリペイド機能を持たせた「Picoca
        カード」を導入し会員獲得に努めたほか、4月にデリシア大町店の移転開店、6月には業務スーパーとしてユーパ
        レット赤沼店の業態転換を行うなど、積極的な投資を進めており、販売促進費や開店経費等の一時費用が増加いた
        しました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、営業収益18,004,113千円(前年同期比59.6%増)、営業利益
        129,590    千円  (前年同期比      70.6%   減)となりました        。
        ③  レジャー・サービス事業

         ホテル旅館事業では、松本市内の旗艦ホテルであるホテルブエナビスタのエグゼクティブフロア改装や諏訪湖畔
        温泉旅館「双泉の宿 朱白」の外壁改装工事を始め、施設の品質向上に繋がるグレードアップ投資を進めました。
         サービスエリア事業は、大河ドラマ「真田丸」関連の観光立寄り客が増加したものの、前年の善光寺御開帳訪問
        客増加の反動もあり、運営する4サービスエリア全体では前年同期比で客数減となりました。
         旅行事業は、募集型企画旅行において海外の治安悪化や熊本地震の影響による九州旅行需要の減退から、参加客
        数が減少いたしました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、営業収益                            2,791,204千円(前年同期比4.5%減)、営業利益△
        11,463千円(前年同期比159.9%減)となりました。
        ④  不動産事業

         蓼科地区別荘分譲地管理事業では新規分譲地の区画販売が進んだほか、仲介物件数の増加や別荘オーナーへのリ
        フォーム、景観整備提案営業による建築サービス部門を強化いたしました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、営業収益313,063千円(前年同期比5.9%減)、営業利益98,024
        千円(前年同期比13.0%増)となりました                   。
                                  5/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        ⑤  その他のサービス事業
         自動車整備事業では、軽鈑金、コーティングなどサービスメニューの拡充や特許商品であるクリアー車検のWeb
        予約獲得に向けた広告宣伝など営業強化に取り組みましたが、車検時期にあたる3年前の新車販売台数減少の影響
        を受けて車検整備台数が減少いたしました。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、営業収益                           519,683千円      (前年同期比      1.2%  増)、営業利益       20,110
        千円  (前年同期比      33.6%減    )となりました       。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/32

















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           100,000,000

       種類株式 A                                            4,215,000

       種類株式 B                                            3,000,000

       種類株式 C                                            2,000,000

                  計                               100,987,960

       (注)  会社法下では、発行可能種類株式総数の合計は発行可能株式総数と一致する必要はないと解され、当社に
            おきましても発行可能種類株式総数と一致いたしません。
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現在                           上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類         発行数(株)                        又は登録認可金融商品               内容
                            (平成28年8月12日)
               (平成28年6月30日)                          取引業協会名
                                                     当社は単元株制
     普通株式              35,973,460             35,973,460         非上場             度は採用してお
                                                     りません。
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 A              4,215,000             4,215,000        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)1
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 B              3,000,000             3,000,000        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)2
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 C              2,000,000             2,000,000        非上場
                                                     りません。
                                                     (注)3
         計          45,188,460             45,188,460             -           -
     (注)1 種類株式Aの内容は次のとおりであります。
         1.A種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
           10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金の
           額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、当該
           超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社の会社
           法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範囲内で、
           A種株式を有する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登
           録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」という。)又は普通株式
           の登録株式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)、当社種類株式B(以下、「B種株式」と
           いう。)を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以下、「B種登
           録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」という。)を有する株主(以下、
           「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登録株式質権者」という。)に先
           立ち、下記(2)に定める額の金銭(以下、「A種配当金」という。)を支払う。
                                  7/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
          (2)  A種配当金
            1株あたりのA種配当金は、A種株式1株あたりの払込金額に、2.0%の配当年率を乗じて算出した額と
           する。ただし、平成21年3月31日を基準日とするA種配当金については、平成20年5月1日から平成21年
           3月31日までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (3)  非累積条項
            ある事業年度において、A種株主又はA種登録株式質権者に対して配当する剰余金の額がA種配当金の
           額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
          (4)  非参加条項
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、A種配当金を超えて剰余金の配当は行わない。
          (5)  期末配当以外の剰余金の配当
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
           株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義される。)
           を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株主又はA
           種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質権者に先立
           ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加算した額の金
           銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
           者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
           日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日まで
           の日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
           の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を
           365日として日割計算した額をいう。
          (5)  A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってA種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
           とができる。
          (2)  A種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
           規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、A種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、A種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
           株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条第
           1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           A種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がA種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成24年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① A種株主は、次に定める条件により、当社がA種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
             ることができる。なお、A種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたとき
             はこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
             取得と引換えに交付すべき
                         = (A種株主が取得を請求したA種株式の払込金額の総額)÷交付価額
             普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                  8/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、A種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
               変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)をもっ
               て交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりA種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
               期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項付
                新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の取得
                と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付さ
                れたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、交換又は
                行使により交付する場合を除く。)
                 調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最
                 終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、
                 当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日が
                 ある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式を
                交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)に定
                める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若しくは権
                利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株
                予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」という。)
                の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみなして交付
                価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日の翌日以降
                これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与えるため又は
                無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                 上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の時
                点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取得請
                求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交
                付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定した日の
                翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                 調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                  9/32




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場合
                には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転換、交
                換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価額を控除
                した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除した金額をい
                う。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d) 上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当
                社取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ) 当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一
                  部の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために
                  交付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ) 交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付
                  価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ) その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由
                  が発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e) 交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f) 上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式に係る普通
                          株式を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はA種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           A種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                 10/32




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
           譲渡によるA種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第1項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
           資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)2 種類株式Bの内容は次のとおりであります。

         1.B種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
           10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金の
           額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、当該
           超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社の会社
           法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範囲内で、
           B種株式を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以下、「B種登
           録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有する株主(以
           下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権者」という。)
           に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下「A種配当金」という。)が支払われたことを条件と
           して、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下、
           「普通登録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」という。)を有する株主
           (以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登録株式質権者」とい
           う。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、B種株主又はB種登録株式質権者に対して剰
           余金の配当として支払われる金銭を、「B種配当金」という。)を行う。ただし、平成21年3月31日を基
           準日とするB種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31日までの日数(初日及び最終日
           を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
           株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義される。)
           を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株主又はA
           種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質権者に先立
           ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加算した額の金
           銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
           者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
           日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日まで
           の日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
           の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を
           365日として日割計算した額をいう。
          (5)  B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
                                 11/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってB種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
           とができる。
          (2)  B種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
           規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、B種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、B種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
           株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条第
           1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           B種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がB種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成27年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① B種株主は、次に定める条件により、当社がB種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
             ることができる。なお、B種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたとき
             はこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
             取得と引換えに交付すべき
                         = (B種株主が取得を請求したB種株式の払込金額の総額)÷交付価額
             普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、B種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりB種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ) 下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当て
                 の場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条
                 項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)
                 の取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社
                 債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転
                 換、交換又は行使により交付する場合を除く。)
                  調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の
                 最終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但
                 し、当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準
                 日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                                 12/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                  調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ) 取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引
                 換えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株
                 式を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)
                 (ⅱ)に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券
                 若しくは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                  調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
              (ⅴ) 上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係に
                 ある支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の
                 場合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ) 交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切
                  り捨てる。
               (ⅱ) 交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d) 上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当
                社取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ) 当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一
                  部の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために
                  交付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ) 交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付
                  価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ) その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由
                  が発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e) 交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f) 上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
                                 13/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はB種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           B種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるB種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)3 種類株式Cの内容は次のとおりであります。

         1.C種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
           10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金の
           額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、当該
           超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社の会社
           法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範囲内で、
           C種株式を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登
           録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有する株主(以
           下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権者」という。)
           に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下、「A種配当金」という。)が支払われたことを条件
           として、普通株主又は普通登録株式質権者及び当社種類株式B(以下、「B種株式」という。)を有する
           株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以下、「B種登録株式質権者」と
           いう。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、C種株主又はC種登録株式質権者に対して
           剰余金の配当として支払われる金銭を、「C種配当金」という。)を行う。ただし、平成20年3月31日を
           基準日とするC種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31日までの日数(初日及び最終
           日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
                                 14/32




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
           株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義される。)
           を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株主又はA
           種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質権者に先立
           ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加算した額の金
           銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
           者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
           日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日まで
           の日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
           (B種株主又はB種登録株式質権者に対しての剰余金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同
           じ。)の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で
           1年を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってC種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
           とができる。
          (2)  C種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
           規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、C種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、C種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
           株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条第
           1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
            C種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定
           める条件で、当社がC種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成20年5月1日以降
          (2)  取得の条件
           ① C種株主は、次に定める条件により、当社がC種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
             ることができる。なお、C種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたとき
             はこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
             取得と引換えに交付すべき
                         = (C種株主が取得を請求したC種株式の払込金額の総額)÷交付価額
             普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                 15/32






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、C種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
               変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)をもっ
               て交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b) 交付価額調整式によりC種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用
                時期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ) 下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当て
                 の場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条
                 項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)
                 の取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社
                 債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転
                 換、交換又は行使により交付する場合を除く。)
                  調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の
                 最終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但
                 し、当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準
                 日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                  調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ) 取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引
                 換えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株
                 式を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)
                 (ⅱ)に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券
                 若しくは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                  調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                 16/32



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
              (ⅴ) 上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係に
                 ある支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の
                 場合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ) 交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切
                  り捨てる。
               (ⅱ) 交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d) 上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当
                社取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
               (ⅰ) 当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一
                  部の承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために
                  交付価額の調整を必要とするとき。
               (ⅱ) 交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付
                  価額の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があると
                  き。
               (ⅲ) その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由
                  が発生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e) 交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f) 上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はC種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           C種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金、普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余金
           の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種配
           当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                 17/32




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるC種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                              減額
                        数残高(株)         (千円)       (千円)              高(千円)
                  (株)                             (千円)
     平成28年4月1日~
                      -   45,188,460            -     500,000          -     673,704
     平成28年6月30日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 18/32









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成28年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                                                  「1  (1)  ②発行済株
                          種類株式A 2,237,500
      無議決権株式                                         -
                                                  式」の脚注1、2を
                          種類株式B 3,000,000
                                                  参照
                                                  「1  (1)  ②発行済株
                          種類株式A 1,977,500
      無議決権株式(自己株式等)                                         -
                                                  式」の脚注1、3を
                          種類株式C 2,000,000
                                                  参照
      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -            -       -

      完全議決権株式(その他)                    普通株式 35,973,460                35,973,460           -

      単元未満株式                             -            -       -

      発行済株式総数                         45,188,460                -       -

      総株主の議決権                             -        35,973,460           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成28年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)                   種類株式A                 種類株式A         種類株式A
     アルピコホール          長野県松本市井川            1,977,500                 1,977,500            4.38
                                    -
     ディングス株式会          城2丁目1番1号          種類株式C                 種類株式C         種類株式C
     社                      2,000,000                 2,000,000            4.43
         計          -        3,977,500         -        3,977,500            8.80
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 19/32








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年4月1日から平
       成28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        また、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しておりますが、
       訂正後の四半期連結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 20/32

















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       7,415,237              9,625,450
         現金及び預金
                                       1,566,844              1,870,612
         受取手形及び売掛金
                                       2,083,371              2,242,167
         商品及び製品
                                        243,319              227,840
         原材料及び貯蔵品
                                       1,566,861              1,564,776
         分譲土地等
                                        591,155              734,220
         繰延税金資産
                                       2,118,308              1,796,582
         その他
                                        △3,061              △3,790
         貸倒引当金
                                       15,582,037              18,057,860
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             24,951,234              25,575,876
          機械装置及び運搬具(純額)                              547,987              543,770
                                       11,781,571              11,781,571
          土地
          リース資産(純額)                             3,787,733              4,694,580
                                       1,180,442               465,212
          建設仮勘定
                                        635,089              663,454
          その他(純額)
                                       42,884,058              43,724,466
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                       2,233,186              2,160,533
          のれん
                                       2,496,181              2,489,438
          その他
                                       4,729,368              4,649,972
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        354,070              266,294
          投資有価証券
                                        553,152              554,426
          関係会社株式
                                         30,624              29,684
          長期貸付金
                                        773,401              623,972
          繰延税金資産
                                       2,902,017              2,818,982
          その他
                                        △15,044              △14,699
          貸倒引当金
                                       4,598,221              4,278,661
          投資その他の資産合計
                                       52,211,648              52,653,100
         固定資産合計
       資産合計                                67,793,685              70,710,961
                                 21/32








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       4,662,688              4,517,916
         支払手形及び買掛金
                                       7,171,164                  -
         短期借入金
                                       2,802,768              3,564,520
         1年内返済予定の長期借入金
                                       1,116,027              1,265,829
         リース債務
                                        306,126               6,301
         未払法人税等
                                        586,107              717,600
         賞与引当金
                                       5,050,608              5,185,902
         その他
                                       21,695,490              15,258,069
         流動負債合計
       固定負債
                                       22,519,909              31,682,465
         長期借入金
                                       3,553,227              4,364,583
         リース債務
                                         6,285              6,285
         繰延税金負債
                                       2,137,567              2,144,835
         資産除去債務
                                         55,445              71,134
         役員退職慰労引当金
                                       4,009,545              3,888,485
         その他
                                       32,281,979              42,157,789
         固定負債合計
                                       53,977,470              57,415,859
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        500,000              500,000
         資本金
                                       3,118,709              3,118,709
         資本剰余金
                                       10,186,437               9,665,311
         利益剰余金
                                       13,805,146              13,284,020
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         11,068              11,081
         その他有価証券評価差額金
                                         11,068              11,081
         その他の包括利益累計額合計
                                       13,816,214              13,295,101
       純資産合計
                                       67,793,685              70,710,961
      負債純資産合計
                                 22/32










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
       (2)【四半期連結損益及び包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
                                       17,844,816              24,268,687
      営業収益
      営業費
                                       12,455,686              17,352,812
       運輸事業等営業費及び売上原価
                                       4,763,392              6,820,286
       販売費及び一般管理費
                                       17,219,078              24,173,098
       営業費合計
                                        625,737               95,589
      営業利益
      営業外収益
                                         2,163              1,894
       受取利息
                                         4,815              5,314
       受取配当金
                                         17,863               4,129
       持分法による投資利益
                                         23,038              24,727
       その他
       営業外収益合計                                  47,880              36,066
      営業外費用
                                        135,532              107,689
       支払利息
                                           -            40,112
       シンジケートローン手数料
                                         17,518              19,488
       その他
                                        153,051              167,291
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   520,566              △35,635
      特別利益
                                           813               -
       固定資産売却益
                                           -             5,587
       補助金収入
                                            0              -
       その他
                                           813             5,587
       特別利益合計
      特別損失
                                         29,759              105,307
       固定資産除却損
                                           -            10,741
       投資有価証券売却損
                                           -            136,582
       減損損失
                                         5,656              68,560
       解体撤去費用
                                         21,238               2,645
       その他
                                         56,654              323,837
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        464,726             △353,886
      純損失(△)
                                         78,227               3,535
      法人税、住民税及び事業税
                                       △296,673                5,739
      法人税等調整額
                                       △218,446                9,274
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                   683,172             △363,161
      (内訳)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        683,172             △363,161
      に帰属する四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         5,792              △544
       その他有価証券評価差額金
                                         8,442                -
       繰延ヘッジ損益
                                         11,634                557
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         25,869                12
       その他の包括利益合計
                                        709,041             △363,148
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        709,041             △363,148
      親会社株主に係る四半期包括利益
                                 23/32




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          当第1四半期連結会計期間より、当社の連結子会社である株式会社アップルランドは、同じく当社の連結子会
         社であった株式会社マツヤを吸収合併し、株式会社デリシアに名称を変更しております。これに伴い、消滅会社
         である株式会社マツヤを連結の範囲から除外しております。
          なお、当社の連結子会社であるアルピコタクシー株式会社は、同じく当社の連結子会社であった信州アルピコ
         タクシー株式会社および株式会社宇都宮を吸収合併いたしました。これに伴い、消滅会社である信州アルピコタ
         クシー株式会社および株式会社宇都宮を連結の範囲から除外しております。
          また、当社の連結子会社であるアルピコ交通株式会社の100%出資により、アルピコ交通大阪株式会社を設立
         し、同社を連結の範囲に含めております。
        (会計方針の変更)

         (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
          法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対
         応報告第32号 平成28年6月17日)を当第1四半期連結会計期間に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建
         物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
          この結果、当第1四半期連結累計期間の営業利益が6,798千円増加し、経常損失及び税金等調整前四半期純損
         失がそれぞれ同額減少しております。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当第1
         四半期連結会計期間より適用しております。
                                 24/32













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         1.保証債務
           (1)金融機関からの借入に対する債務保証
                                前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (平成28年3月31日)                 (平成28年6月30日)
           四季の森別荘地オーナー                   23件     158,411千円            23件     154,212千円
           (2)リース債務保証

                                前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                              (平成28年3月31日)                 (平成28年6月30日)
           その他取引先                   11件      11,563千円           13件      10,449千円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成27年4月1日                (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)                至 平成28年6月30日)
           減価償却費                        622,609千円                830,448千円
           のれんの償却額                         1,325千円               72,653千円
                                 25/32













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)
          1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
               普通株式          107,920         3  平成27年3月31日          平成27年6月25日          利益剰余金
     平成27年6月24日
               種類株式A          44,750        20  平成27年3月31日          平成27年6月25日          利益剰余金
      定時株主総会
               種類株式B           9,000        3  平成27年3月31日          平成27年6月25日          利益剰余金
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)

          1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
               普通株式          107,920         3  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
     平成28年6月22日
               種類株式A          44,750        20  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
      定時株主総会
               種類株式B           9,000        3  平成28年3月31日          平成28年6月23日          利益剰余金
                                 26/32














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                   レジャー・             その他のサー
                       運輸       流通             不動産
                                   サービス              ビス
     営業収益
                      2,975,340      11,279,381       2,905,592        317,655       366,846     17,844,816
      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業収益
                        15,259       4,295      18,552       15,207      146,678       199,993
      又は振替高
                      2,990,600      11,283,677       2,924,144        332,863       513,524     18,044,809
            計
     セグメント利益又は損失(△)                  101,358       440,373       19,153       86,742       30,294      677,922
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

     報告セグメント計                                                  677,922

     セグメント間取引消去                                                   71,603
     全社費用(注)                                                 △115,852

     未実現利益の調整額                                                  △7,936
     四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益                                                  625,737
      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             当第1四半期連結累計期間において、該当事項はありません。
                                 27/32










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
           1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                   レジャー・             その他のサー
                       運輸       流通             不動産
                                   サービス              ビス
     営業収益
                      2,868,093      17,999,842       2,772,548        302,823       325,380     24,268,687
      外部顧客への営業収益
      セグメント間の内部営業収益
                        43,643       4,271      18,655       10,240      194,303       271,113
      又は振替高
                      2,911,736      18,004,113       2,791,204        313,063       519,683     24,539,801
            計
     セグメント利益又は損失(△)                  27,842      129,590      △11,463        98,024       20,110      264,103
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                  利益                            金額

     報告セグメント計                                                  264,103

     セグメント間取引消去                                                   6,483

     全社費用(注)                                                 △167,575

     未実現利益の調整額                                                  △7,422
                                                        95,589
     四半期連結損益及び包括利益計算書の営業利益
      (注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
                                                    (単位:千円)
                            レジャー・             その他のサー
                運輸       流通             不動産            全社・消去        合計
                             サービス              ビス
      減損損失             -    136,582         -       -       -       -    136,582
           (のれんの金額の重要な変動)

             当第1四半期連結累計期間において、該当事項はありません。
                                 28/32








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        (企業結合等関係)
     (共通支配下の取引等)
     1.当社の連結子会社である株式会社アップルランドにより同じく当社の連結子会社である株式会社マツヤを吸収合併し
      た上で、株式会社デリシアに商号変更を行っております。
      (1)   取引の概要
       ①結合当事企業の名称およびその事業の内容
        結合企業の名称:株式会社アップルランド
        事業の内容  :流通事業
       ②企業結合日
        平成28年4月1日
       ③企業結合の法的形式
        株式会社アップルランドを存続会社、株式会社マツヤを消滅会社とする吸収合併
       ④結合後企業の名称
        株式会社デリシア
       ⑤その他取引に関する事項
        統合による効率化、販売力強化を図り事業シナジーの早期発現を図るものです。
      (2)   会計処理の概要
       「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、共通
       支配下の取引として処理しております。
     2.当社の連結子会社であるアルピコタクシー株式会社、信州アルピコタクシー株式会社及び株式会社宇都宮の3社は合

      併し、存続会社をアルピコタクシー株式会社としております。
      (1)  取引の概要
       ①結合当事企業の名称およびその事業の内容
        結合企業の名称:アルピコタクシー株式会社
        事業の内容  :運輸事業
       ②企業結合日
        平成28年4月1日
       ③企業結合の法的形式
        アルピコタクシー株式会社を存続会社、信州アルピコタクシー株式会社及び株式会社宇都宮を消滅会社とする吸収
        合併
       ④結合後企業の名称
        アルピコタクシー株式会社
       ⑤その他取引に関する事項
        事業統合による業務効率化を図るものです。
      (2)   会計処理の概要
       「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、共通
       支配下の取引として処理しております。
                                 29/32








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期
                                       18.99円              △10.10円
     純損失金額(△)
     (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額又は親会
                                                      △363,161
      社株主に帰属する四半期純損失金額(△)                                 683,172
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                                      △363,161
      益金額又は親会社株主に帰属する四半期純損失金                                 683,172
      額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  35,973               35,973
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                          -                          -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
      (注) 前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するも
         のの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。また、当第1四半期連
         結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四
         半期純損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 30/32










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 31/32




















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                           訂正四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                             平成28年11月11日

     アルピコホールディングス株式会社
       取締役会 御中

                        新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           岩渕 道男  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           冨田 哲也  印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアルピコホール

     ディングス株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成28年
     4月1日から平成28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年6月30日まで)に係
     る訂正後の四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益及び包括利益計算書及び注記につい
     て四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アルピコホールディングス株式会社及び連結子会社の平成28年6月30
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
     項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      四半期報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂正している。なお、
     当監査法人は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して平成28年8月10日に四半期レビュー報告書を提出した。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
     (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 32/32




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。