ロボット・テクノロジー関連株ファンド(年1回決算型) -ロボテック(年1回)-(為替ヘッジあり) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第3期(平成27年12月16日-平成28年12月15日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)-第3期(平成27年12月16日-平成28年12月15日)

提出日:

提出者:ロボット・テクノロジー関連株ファンド(年1回決算型) -ロボテック(年1回)-(為替ヘッジあり)

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                    有価証券届出書

      【提出先】                    関東財務局長 殿

      【提出日】                    平成28年9月14日        提出

      【発行者名】                    大和証券投資信託委託株式会社

      【代表者の役職氏名】                    取締役社長 岩本 信之

      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

      【事務連絡者氏名】                    山村 政

                          連絡場所 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
      【電話番号】                    03-5555-3111
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    ロボット・テクノロジー関連株ファンド(年1回決算型)                           -ロボテック(年1

       益証券に係るファンドの名称】
                          回)-(為替ヘッジあり)
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                    (1)  当初自己設定(平成28年9月30日)
       益証券の金額】
                          100万円とします。
                          (2)  継続申込期間(平成28年9月30日から平成29年12月6日まで)
                          10兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                    該当ありません。
                                  1/68













                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部 【証券情報】

     (1)  【ファンドの名称】
       ロボット・テクノロジー関連株ファンド(年                          1 回決算型)       -ロボテック(年          1 回)-(為替ヘッジあ
      り)
     (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託(契約型)の受益権です。
       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、提供され、もし
      くは閲覧に供される予定の信用格付もありません。
       ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の適
      用を受け、受益権の帰属は、後述の「                     (11)   振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替
      機関の下位の口座管理機関(社振法第                     2 条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下
      「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振
      替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社
      は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。ま
      た、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
       なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受
      益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の                                                   請求  、受
      益証券の再発行の請求を行なわないものとします。
     (3)  【発行(売出)価額の総額】

      ① 当初自己設定           100  万円とします。
      ② 継続申込期間           10 兆円を上限とします。
     (4)  【発行(売出)価格】

      ① 当初自己設定            1 万口当たり      1 万円とします。
      ② 継続申込期間            1 万口当たり取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
       基準価額は、販売会社または委託会社に問合わせることにより知ることができます。また、委託会社

      のホームページでご覧になることもできます。
      ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

         電話番号(コールセンター)                  0120-106212
         (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
      ・委託会社のホームページ
         アドレス           http://www.daiwa-am.co.jp/
     (5)  【申込手数料】

      ① 販売会社におけるお買付時の申込手数料の料率の上限は、                                  3 .24  %(税抜     3.0  %)  となっています。
       具体的な     手数料の料率等については、販売会社または委託会社にお問合わせ                                    下さい。
       ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

                                  2/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           電話番号(コールセンター)                  0120-106212
          (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
      ②   申込手数料には、消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)が課されます。

      ③ 「分配金再投資コース」の収益                  分配金の再投資の際には、申込手数料はかかりません。

     (6)  【申込単位】

       販売会社または委託会社にお問合わせ下さい。
       ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

           電話番号(コールセンター)                  0120-106212
          (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
     (7)  【申込期間】

      ① 当初     自己設定      平成    28 年 9 月 30 日
      ② 継続申込期間 平成             28 年 9 月 30 日から平成      29 年 12 月 6 日まで
       (終了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。)
     (8)  【申込取扱場所】

       委託会社にお問合わせ下さい。また、委託会社のホームページでご覧になることもできます。
       ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

          電話番号(コールセンター)                     0120-106212
          (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
       ・委託会社のホームページ
          アドレス           http://www.daiwa-am.co.jp/
     (9)  【払込期日】

      ① 当初自己設定
        委託会社は、当初設定日(                平成  28 年 9 月 30 日 )に、当初自己設定にかかる発行価額の総額を、委託
       会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払込みます。
      ② 継続申込期間

        受益権の取得申込者は、販売会社が定める期日(くわしくは、販売会社にお問合わせ下さい。)ま
       でに、取得申込代金(取得申込金額、申込手数料および申込手数料に対する消費税等に相当する金額
       の合計額をいいます。以下同じ。)を販売会社において支払うものとします。
        販売会社は、各取得申込受付日における取得申込金額の総額に相当する金額を、追加信託が行なわ
       れる日に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払込みます。
     (10)   【払込取扱場所】

       受益権の取得申込者は、取得申込代金を、申込取扱場所において支払うものとします。申込取扱場所
      については、前        (8)  をご参照下さい。
                                  3/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (11)   【振替機関に関する事項】
       振替機関は下記のとおりです。
       株式会社 証券保管振替機構
     (12)   【その他】

      ① 受益権の取得申込者は、申込取扱場所において取引口座を開設のうえ、取得の申込みを行なうもの
       とします。
      ② ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、ニューヨークの銀行またはロンドンの銀行のいず

       れかの休業日と同じ日付の日には、受益権の取得および換金の申込みの受付けは行ないません。
        申込受付中止日は、販売会社または委託会社にお問合わせ下さい。
      ③ 委託会社の各営業日(※)の午後                     3 時までに受付けた取得および換金の申込み(当該申込みにかか

       る販売会社所定の事務手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎ
       て行なわれる申込みは、翌営業日(※)の取扱いとなります。
       (※)前②の申込受付            中止  日を除きます。
      ④ 金融商品取引所(金融商品取引法第                      2 条第  16 項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第                             2

       条第  8 項第  3 号ロに規定する外国金融商品市場をいい、単に「取引所」ということがあります。以下同
       じ。)等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対象国における非
       常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導入、自然災害、クーデター、重大な
       政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならびに資金の受渡しに関す
       る障害等)が発生し、委託会社が追加設定を制限する措置をとった場合には、販売会社は、取得申込
       みの受付けを中止することができるほか、すでに受付けた取得申込みを取消すことができるものとし
       ます。
      ⑤ 当ファンドには、収益分配金を税金を差引いた後無手数料で自動的に再投資する「分配金再投資

       コース」と、収益の分配が行なわれるごとに収益分配金を受益者に支払う「分配金支払いコース」が
       あります。取扱い可能なコースについては、販売会社にお問合わせ下さい。なお、コース名は、販売
       会社により異なる場合があります。
      ⑥ 「分配金再投資コース」を利用する場合、取得申込者は、販売会社と別に定める積立投資約款にし

       たがい契約を締結します。なお、上記の契約または規定について、別の名称で同様の権利義務関係を
       規定する契約または規定が用いられることがあり、この場合上記の契約または規定は、当該別の名称
       に読替えるものとします(以下同じ。)。
      ⑦ 取得申込金額に利息は付きません。

      ⑧ 振替受益権について

        ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「                                 (11)   振替機関に関する事項」に記載の
       振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
        ファンドの分配金、償還金、一部解約金は、社振法および上記「                                     (11)   振替機関に関する事項」に
       記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
       (参考)

       ◆投資信託振替制度とは、
        ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
                                  4/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいま
          す。)への記載・記録によって行なわれますので、受益証券は発行されません。
                                  5/68




















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部 【ファンド情報】

                          第1 【ファンドの状況】

                          1 【ファンドの性格】

     (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】

       当ファンドは、          日本を含む世界のロボット関連企業の株式(DR(預託証券)を含みます。)に投資
      し、値上がり益を追求することにより、信託財産の成長をめざして運用を行ないます。一般                                                 社団法人投
      資信託協会による商品分類・属性区分は、次のとおりです。
                  単位型投信・追加型             追加型投信

                  投信
       商品分類           投資対象地域             内外
                  投資対象資産        ( 収益    株式
                  の源泉    )
                  投資対象資産             その他資産(投資信託証券(株式 一般))
                  決算頻度             年 1 回
                  投資対象地域             グローバル(含む日本)
       属性区分
                  投資形態             ファンド・オブ・ファンズ
                  為替ヘッジ             為替ヘッジあり
                               (<ファンドの特色>            2 をご参照下さい。)
      

       ります。
      (注  1 )商品分類の定義

       ・「追加型投信」…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来の信託財産と
        ともに運用されるファンド
       ・ 「内外」…目論見書または投資信託約款(以下「目論見書等」といいます。)において、国内およ
        び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるもの
       ・「株式」…目論見書等において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の
        記載があるもの
      (注  2 )属性区分の定義

       ・「その他資産」…組入れている資産
       ・「株式 一般」…大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのもの
       ・「年    1 回」…目論見書等において、年                 1 回決算する旨の記載があるもの
       ・「グローバル」…目論見書等において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記
        載があるもの
       ・「ファンド・オブ・ファンズ」…                    「投資信託等の運用に関する規則」第                     2 条に規定するファンド・
        オブ・ファンズ
       ・「  為替ヘッジあり        」…  目論見書等において、為替のフルヘッジまたは一部の資産に為替のヘッジを
        行なう旨の記載があるもの
                                  6/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      












       レス   http://www.toushin.or.jp/               )をご参照下さい。
      <信託金の限度額>

      ・委託会社は、受託会社と合意のうえ、                      3,000   億円を限度として信託金を追加することができます。
      ・委託会社は、受託会社と合意のうえ、限度額を変更することができます。
      <ファンドの特色>

                                  7/68






                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/68





















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/68





















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/68





















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <投資対象ファンドの概要>





      1 .アクサ     IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専用)

     基本方針           < アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)
                (適格機関投資家専用)             > (以下、「ベビーファンド」)
                アクサ    IM  ・グローバル・ロボット関連株式マザーファンド(以下、「マ
                ザーファンド」)の受益証券を通じて、信託財産の成長をめざして運用を行な
                います。
                <マザーファンド>

                信託財産の成長をめざして運用を行ないます。
     主要投資対象           <ベビーファンド>
                マザーファンドの受益証券
                <マザーファンド>

                日本を含む世界の金融商品取引所に上場している                           株式(    DR(預託証券)を含
                みます。以下同じ。)            および株式関連証券
                                 11/68








                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     投資態度           <ベビーファンド>
                1.  主として、マザーファンドの受益証券に投資することにより、信託財産の
                  成長をめざして運用を行ないます。

                2.  マザーファンドの受益証券の組入比率は、原則として高位に維持します。
                3.  実質組入外貨建資産について、為替変動リスクを低減するため、為替ヘッ

                  ジを行ないます。
                   
                    大と判断される際には、為替ヘッジを行なわないまたは他の通貨による
                    代替ヘッジを行なう場合があります。
                4.  資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があり
                  ます。

                <マザーファンド>

                1.  技術革新が進展することで、ロボットおよび自動システムならびにセン
                  サーシステムが産業プロセス、交通、ヘルスケアおよびコンシューマー向
                  けアプリケーションに、より一層統合されることをめざす分野に着目し、
                  世界中の主としてロボット関連および自動システムに関する調査、開発、
                  デザインおよび製作に従事する企業に投資することで、信託財産の成長を
                  めざして運用を行ないます。
                2.  ポートフォリオの構築にあたっては、次の方針で行なうことを基本としま
                  す。

                  イ)  日本を含む世界の金融商品取引所に上場している株式から、ロボッ
                     ト・テクノロジーに関連する成長テーマを特定し、金融・経済情勢な

                     どを勘案することで長期にわたり成長の可能性を有する企業群を投資
                     対象銘柄とします。
                  ロ)  投資対象銘柄の中から、中長期的にロボット関連事業が業績に対して
                     大きな影響を有することが期待される企業に着目し、高度な技術力、
                     強力な経営陣、価格決定力および業績上方修正の可能性などを考慮す
                     ることで、組入候補銘柄を選定します。
                  ハ)  選定した組入候補銘柄から、アクサ・インベストメント・マネー
                     ジャーズの企業調査機能などを活用し、中長期的な業績拡大によって

                     株価上昇が見込まれる銘柄を選択します。また、株価の上昇期待度、
                     下落の余地やバリュエーションなどを考慮して組入比率を決定し、
                     ポートフォリオを構築します。
                3.  株式および株式関連証券の組入比率は、原則として高位に維持します。
                4.  運用にあたっては、アクサ・インベストメント・マネージャーズ                                     UK リミ
                  テッドに運用の指図に関する権限を委託します。

                5.  外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。
                6.  資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があり
                  ます。

     ベンチマーク           なし
                                 12/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     主な投資制限           <ベビーファンド> 
                1.  株式への実質投資割合には、制限を設けません。
                2.  外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。

                3.  同一企業が発行する株式の実質組入比率の合計は、純資産総額の                                   10 %以下

                  とします。

                4.  有価証券先物取引およびオプション取引、金利に係る先物取引およびオプ
                  ション取引、通貨に係る先物取引およびオプション取引、スワップ取引等

                  のデリバティブ取引(但し、為替ヘッジのための為替先渡取引および直物
                  為替先渡取引を除きます。)は行いません。
                5.  有価証券の空売りは行いません。
                6.  信用取引は行いません。
                7.  資金の借り入れは信託財産の純資産総額の                       10 %以内とします。

                8.  上記にかかわらず、一般社団法人投資信託協会の規則に規定する一の者に

                  対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバ

                  ティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則
                  としてそれぞれ        10 %、合計で      20 %以内とすることとし、当該比率を超える
                  こととなった場合には、一般社団法人投資信託協会の規則にしたがい当該
                  比率以内となるよう調整を行うこととします。
                9.  投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券等を除
                  く。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の                             5 %以内とします。

                <マザーファンド> 

                1.  株式への投資割合には、制限を設けません。
                2.  外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                3.  同一企業が発行する株式の組入比率の合計は、純資産総額の                                10 %以下とし

                  ます。

                4.  有価証券先物取引およびオプション取引、金利に係る先物取引およびオプ
                  ション取引、通貨に係る先物取引およびオプション取引、スワップ取引等

                  のデリバティブ取引は行いません。
                5.  有価証券の空売りは行いません。
                6.  信用取引は行いません。

                7.  上記にかかわらず、一般社団法人投資信託協会の規則に規定する一の者に

                  対する株式等エクスポージャーおよび債券等エクスポージャーの信託財産

                  の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ                            10 %、合計で      20 %以内
                  とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般社団法人
                  投資信託協会の規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うことと
                  します。
                8.  投資信託証券(上場投資信託証券等を除きます。)への実質投資割合は、
                  信託財産の純資産総額の             5 %以内とします。

     決算日           毎年  2 月 13 日および     8 月 13 日(休業日の場合翌営業日)
                                 13/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     信託期間           約 9 年(信託終了日:平成            37 年 9 月 11 日)
     収益分配方針           毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。
                ①  分配対象額の範囲は繰越分を含めた利子、配当等収益と売買益(繰越欠損
                  補填後、評価損益を含む)等の金額とします。

                ②  分配金額は委託会社が基準価額水準、市況動向などを勘案して決定しま
                  す。基準価額水準、市況動向等によっては分配を行わないこともありま
                  す。将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではあり
                  ません。
                ③  留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元
                  本部分と同一の運用を行ないます。

     運用管理費用(信           純資産総額に対し、年率             0.567   %(税抜     0.525   %)を乗じて得た額とします。
     託報酬)等           ; 運用管理費用(信託報酬)              の他に、信託事務の諸費用、監査報酬、およびそ
                 の他諸費用がかかります。
     設定日           平成  28 年 10 月 3 日 (予定)
     委託会社           アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
     運用委託先           <マザーファンド>
                アクサ・インベストメント・マネージャーズ                        UK リミテッド
     受託会社           株式会社りそな銀行
      2 .ダイワ・マネーストック・マザーファンド

      運用の基本方針           安定した収益の確保をめざして安定運用を行ないます。
      主要投資対象           円建ての債券
      投資態度           ①円建ての債券を中心に投資し、安定した収益の確保をめざして安定運用を行
                  ないます。
                 ②円建資産への投資にあたっては、残存期間が                         1 年未満、取得時において
                  A -2 格相当以上の債券およびコマーシャル・ペーパーに投資することを基本
                  とします。
                 ③当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な
                  変化が予想されるとき、償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規
                  模によっては、上記の運用が行なわれないことがあります。
      設定日           平成  22 年 3 月 5 日
      信託期間           無期限
      決算日           毎年  12 月 9 日(休業日の場合翌営業日)
      運用管理費用(信           かかりません。
      託報酬)
      委託会社           大和証券投資信託委託株式会社
      受託会社           株式会社りそな銀行
     (2)  【ファンドの沿革】

                                 14/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        平成  28 年 9 月 30 日       信託契約締結、当初自己設定、運用開始(予定)
     (3)  【ファンドの仕組み】

          受益者                            お申込者

                      収益分配金(注)、償還金など↑↓お申込金                         (※  3 )

                                 受益権    の募集・販売の取扱い等に関する委託会社

                                 との契約(※       1 )に基づき、次の業務を行ないま
                                 す。
                                 ① 受益権    の募集の取扱い
         お取扱窓口               販売会社
                                 ②一部解約請求に関する事務
                                 ③収益分配金、償還金、一部解約金の支払い
                                  に関する事務          など
          ↑↓   ※ 1           収益分配金、償還金など↑↓お申込金                         (※  3 )

                                 当ファンドにかかる証券投資信託契約(以下「信託

                                 契約」といいます。)(※             2 )の委託者であり、次の
                                 業務を行ないます。
                     大和証券投資信託委
                                 ① 受益権    の募集・発行
         委託会社
                       託株式会社
                                 ②信託財産の運用指図
                                 ③信託財産の計算
                                 ④運用報告書の作成        など
       ↓運用指図       ↑↓   ※ 2

                                     損益↑↓信託金                (※  3 )
                                 信託契約(※       2 )の受託者であり、次の業務を行な

                        株式会社
                                 います。なお、信託事務の一部につき日本トラス
                       りそな銀行
                                 ティ・サービス信託銀行株式会社に委託すること
                                 ができます。また、外国における資産の保管は、
                     再信託受託会社:
         受託会社
                                 その業務を行なうに充分な能力を有すると認めら
                     日本トラスティ・
                                 れる外国の金融機関が行なう場合があります。
                     サービス信託銀行株
                                 ①委託会社の指図に基づく信託財産の管理・処分
                        式会社
                                 ②信託財産の計算         など
                                     損益↑↓投資

         投資対象                     投資対象ファンド          の受益証券 など

      (注)「分配金再投資コース」の場合、収益分配金は自動的に再投資されます。

      ; 1 : 受益権    の募集の取扱い、一部解約請求に関する事務、収益分配金、償還金、一部解約金の支払い

         に関する事務の内容等が規定されています。
      ; 2 :「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づいて、あらかじめ監督官庁に届け出られた信託約款
         の内容に基づき締結されます。証券投資信託の運営に関する事項(運用方針、委託会社および受
         託会社の業務、受益者の権利、信託報酬、信託期間等)が規定されています。
                                 15/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ; 3 : 販売会社は、各取得申込受付日における取得申込金額の総額に相当する金額を、追加信託が行な
         われる日に、委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払込みま
         す。
      ◎委託会社および受託会社は、それぞれの業務に対する報酬を信託財産から収受します。また、販売会

       社には、委託会社から業務に対する代行手数料が支払われます。
     <委託会社の概況(平成             28 年 7 月末日現在)>








     ・資本金の額         151  億 7,427   万 2,500   円
     ・沿革
      昭和  34 年 12 月 12 日     設立登記
      昭和  35 年  2 月 17 日     「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
      昭和  35 年  ▶ 月  1 日     営業開始
      昭和  60 年 11 月  8 日     投資助言・情報提供業務に関する兼業承認を受ける。
      平成   7 年  5 月 31 日     「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づき投資顧
                    問業の登録を受ける。
      平成   7 年  9 月 14 日     「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づく投資一
                    任契約にかかる業務の認可を受ける。
      平成  19 年  9 月 30 日     「金融商品取引法」の施行に伴い、同法第                       29 条の登録を受けたものと
                    みなされる。
                    (金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第                              352  号)
     ・大株主の状況
              名 称                    住 所               所有       比率

                                                株式数
                                                    株      %
       株式会社大和証券グループ本社                 東京都千代田区丸の内一丁目             9 番 1 号        2,608,525        100.00
                            2 【投資方針】

                                 16/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  【投資方針】

      ① 主要投資対象
        次の受益証券(振替受益権を含みます。)を主要投資対象とします。
        1 .アクサ     IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専
        用)(以下「ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)」といいます。)の受益証券
        2 .ダイワ・マネーストック・マザーファンドの受益証券
      ② 投資態度

       イ.  主として、ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)の受益証券を通じて、日本を含む世界
        のロボット関連企業の株式(DR(預託証券)を含みます。)に投資し、値上がり益を追求するこ
        とにより、信託財産の成長をめざして運用を行ないます。
       ロ.  当ファンドは、ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)とダイワ・マネーストック・マ
        ザーファンドに投資するファンド・オブ・ファンズです。通常の状態で、ロボット関連株式ファン
        ド(為替ヘッジあり)への投資割合を高位に維持することを基本とします。
       ハ.  ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)において、保有する実質外貨建資産については為
        替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを行ないます。
         
          為替ヘッジを行なわないまたは他の通貨で代替した為替取引を行なう場合があります。
       ニ.  当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予想されると
        き、償還の準備に入ったとき等ならびに信託財産の規模によっては、上記の運用が行なわれないこ
        とがあります。
     <投資先ファンドについて>

       投資先ファンドの選定の方針は次のとおりです。
                      アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッ

       投資先ファンドの名称
                      ジあり)(適格機関投資家専用)
                      主として、日本を含む世界のロボット関連企業の株式(DR(預

                      託証券)を含む。)に投資し、値上がり益を追求することによ
       選定の方針               り、信託財産の成長をめざすファンドである。                          保有する実質外貨
                      建資産については為替変動リスクを低減するため、為替ヘッジを
                      行なう。
       くわしくは「1 ファンドの性格                      (1)  ファンドの目的及び基本的性格 <ファンドの特色>」をご

      参照下さい。
     (2)  【投資対象】

      ① 当ファンドにおいて投資の対象とする資産                         (本邦通貨表示のものに限ります。)                     の種類は、次に掲
       げるものとします。
        1 .次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行令第                                       3 条に掲げるものをいいま
        す。以下同じ。)
        イ.有価証券
                                 17/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ロ.約束手形
        ハ.金銭債権のうち、投資信託及び投資法人に関する法律施行規則第                                     22 条第  1 項第  6 号に掲げるもの
        2 .次に掲げる特定資産以外の資産
        イ.為替手形
      ② 委託会社は、信託金を、主として、大和証券投資信託委託株式会社を委託者とし、株式会社りそな
       銀行を受託者として締結された次の                   1 .に掲げる親投資信託の受益証券、次の                      2 .に掲げる      証券投資信
       託 の受益証券(振替受益権を含みます。)                      、ならびに次の        3 .から    5 .までに掲げる有価証券(金融商
       品取引法第      2 条第  2 項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資
       することを指図することができます。
        1 .ダイワ・マネーストック・マザーファンドの受益証券
        2 . アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専
        用)  の受益証券
        3 .コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
        4 .外国または外国の者の発行する証券または証書で、前                              3 .の証券の性質を有するもの
        5 .指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第                         2 条第  1 項第  14 号で定める受益証券発行信託の受益証
        券に限ります。)
        なお、前      1 . および前     2 . の受益証券      を「投資信託証券」といいます。
      ③ 委託会社は、信託金を、前②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第                                                       2
       条第  2 項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
       とを指図することができます。
        1 .預金
        2 .指定金銭信託(金融商品取引法第                   2 条第  1 項第  14 号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3 .コール・ローン
        4 .手形割引市場において売買される手形
      ④ 前②の規定にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会
       社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、前③に掲げる金融商品により運用するこ
       とを指図することができます。
     <投資先ファンドについて>

       ファンドの純資産総額の               10 %を超えて投資する可能性がある投資先ファンドの内容は次のとおりで
      す。
                      アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッ

       投資先ファンドの名称
                      ジあり)(適格機関投資家専用)
                      アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式マザーファンドの受

                      益証券を通じて、信託財産の成長をめざして運用を行います。実
       運用の基本方針
                      質組入外貨建資産について、為替変動リスクを低減するため、為
                      替ヘッジを行ないます。
                      アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式マザーファンド                             の受

       主要な投資対象
                      益証券    を通じて、日本を含む世界の金融商品取引所に上場してい
                      る株式(DR(預託証券)を含みます。)に投資します。
                                 18/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       委託会社の名称               アクサ・インベストメント・マネージャーズ株式会社
       くわしくは「1 ファンドの性格                      (1)  ファンドの目的及び基本的性格 <ファンドの特色>」をご

      参照下さい。
     (3)  【運用体制】

      ① 運用体制
        ファンドの運用体制は、以下のとおりとなっています。
      ② 運用方針の決定にかかる過程









        運用方針は次の過程を経て決定しております。
       イ.基本計画書の策定
         ファンド運営上の諸方針を記載した基本計画書を経営会議の分科会であるファンド個別会議にお
        いて審議・決定します。
       ロ.投資環境の検討
         運用最高責任者である             CIO  ( Chief    Investment       Officer    )が議長となり、原則として月                 1 回投資環
        境検討会を開催し、投資環境について検討します。
       ハ.基本的な運用方針の決定
          CIO  が議長となり、原則として月                1 回運用会議を開催し、基本的な運用方針を決定します。
       ニ.運用計画書の作成・承認
         ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定された
        基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用部長は、ファンドマネージャーから
                                 19/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項との整合性等を確認し、
        承認します。
      ③ 職務権限

        ファンド運用の意思決定機能を担う運用本部において、各職位の主たる職務権限は、社内規則に
       よって、次のように定められています。
       イ.  CIO  ( Chief    Investment       Officer    )(  1 名)
         運用最高責任者として、次の職務を遂行します。
        ・ファンド運用に関する組織運営
        ・ファンドマネージャーの任命・変更
        ・運用会議の議長として、基本的な運用方針の決定
        ・各ファンドの分配政策の決定
        ・代表取締役に対する随時の的確な状況報告
        ・その他ファンドの運用に関する重要事項の決定
       ロ.  Deputy-CIO      ( 0 ~ 5 名程度)
          CIO  を補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。
       ハ.インベストメント・オフィサー(                    0 ~ 5 名程度)
          CIO  および    Deputy-CIO      を補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。
       ニ.運用部長(各運用部に              1 名)
         ファンドマネージャーが策定する運用計画を承認します。
       ホ.ファンドマネージャー
         ファンドの運用計画を策定して、これに沿ってポートフォリオを構築します。
      ④ ファンド評価会議、運用審査会議、リスクマネジメント会議および執行役員会議

        次のとおり各会議体において必要な報告・審議等を行なっています。これら会議体の事務局となる
       内部管理関連部門の人員は              30 ~ 40 名程度です。
       イ.ファンド評価会議
         運用実績・運用リスクの状況について、分析・検討を行ない、運用部にフィードバックします。
       ロ.運用審査会議
         経営会議の分科会として、ファンドの運用実績の状況についての報告を行ない、必要事項を審
        議・決定します。
       ハ.リスクマネジメント会議
         経営会議の分科会として、ファンドの運用リスクの状況・運用リスク管理等の状況についての報
        告を行ない、必要事項を審議・決定します。
       ニ.執行役員会議
         経営会議の分科会として、法令等の遵守状況についての報告を行ない、必要事項を審議・決定し
        ます。
      ⑤ 受託会社に対する管理体制

        受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行なっています。また、受託
       会社より内部統制の整備および運用状況の報告書を受け取っています。
                                 20/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※ 上記の運用体制は平成              28 年 7 月末日現在のものであり、変更となる場合があります。
     (4)  【分配方針】

      ① 分配対象額は、経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等とします。
      ② 原則として、信託財産の成長に資することを目的に、基準価額の水準等を勘案して分配金額を決定
       します。ただし、分配対象額が少額の場合には、分配を行なわないことがあります。
      ③ 留保益は、前          (1)  に基づいて運用します。
     (5)  【投資制限】

      ① 株式(信託約款)
        株式への直接投資は、行ないません                    。
      ② 投資信託証券(信託約款)

        投資信託証券への投資割合には、制限を設けません。
      ③ 外貨建資産(信託約款)

        外貨建資産への直接投資は、行ないません。
      ④ 信用リスク集中回避(信託約款)

        一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
       ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則と
       して、それぞれ        100  分の  10 、合計で     100  分の  20 を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場
       合には、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行な
       うこととします。
      ⑤ 資金の借入れ(信託約款)

       イ.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払
        資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目
        的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コー
        ル市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価
        証券等の運用は行なわないものとします。
       ロ.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から、信
        託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間、または解約代金の入金日までの間、も
        しくは償還金の入金日までの期間が                    5 営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有
        価証券等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入額は、借
        入指図を行なう日における信託財産の純資産総額の                            10 %を超えないこととします。
       ハ.収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営
        業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       ニ.借入金の利息は信託財産中から支弁します。
     <参 考>投資対象ファンドについて

       1 .アクサ      IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専

       用)
        「1 ファンドの性格               (1)  ファンドの目的及び基本的性格 <ファンドの特色>」をご参照下さ
       い。
                                 21/68

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2 .ダイワ・マネーストック・マザーファンド

        㭎ஊᡎᘰ溘նࣿ           基本方針」、「投資態度」、「運用管理費用(信託報酬)」等)については、

        「1 ファンドの性格              (1)  ファンドの目的及び基本的性格 <ファンドの特色>」をご参照下さ
        い。
                  ① 株式への投資は、転換社債の転換および新株予約権(転換社債型新株

                    予約権付社債の新株予約権に限ります。)の行使等により取得したもの
                    に限ります。
                     株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の                         10 %以下とします。
        主な投資制限           ② 投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信
                    託財産の純資産総額の            5 %以下とします。
                  ③ 同一銘柄の転換社債および転換社債型新株予約権付社債への投資割合
                    は、信託財産の純資産総額の                10 %以下とします。
                  ④ 外貨建資産への投資は、行ないません。
                  信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるときまたはや

        償還条項           むを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、信託契約を解
                  約し、信託を終了させることができます。
                            3 【投資リスク】

     (1)  価額  変動  リスク

       当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて、株式など値動きのある証券(外国証券には為替リス
      クもあります。)に投資しますので、                     基準価額は大きく変動します。                 したがって、投資元本が保証され
      ているものではなく、これを割込むことがあります。委託会社の指図に基づく行為により信託財産に生
      じた利益および損失は、すべて投資者に帰属します。
       投資信託は預貯金とは異なります。
       投資者のみなさまにおかれましては、当ファンドの内容・リスクを十分ご理解のうえお申込み下さい
      ますよう、よろしくお願い申上げます。
       基準価額の主な変動要因については、次のとおりです。
      ① 株価の変動(価格変動リスク・信用リスク)
        株価は、政治・経済情勢、発行企業の業績、市場の需給等を反映して変動します。株価は、短期的
       または長期的に大きく下落することがあります(発行企業が経営不安、倒産等に陥った場合には、投
       資資金が回収できなくなることもあります。)。組入銘柄の株価が下落した場合には、基準価額が下
       落する要因となり、投資元本を割込むことがあります。
        当ファンドの基準価額は、株価変動の影響を大きく受けます。
        当ファンドは、特定の業種への投資比率が高くなるため、市場動向にかかわらず基準価額の変動が
       大きくなる可能性があります。
        新興国の証券市場は、先進国の証券市場に比べ、一般に市場規模や取引量が小さく、流動性が低い
       ことにより本来想定される投資価値とは乖離した価格水準で取引される場合もあるなど、価格の変動
       性が大きくなる傾向が考えられます。
                                 22/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 外国証券への投資に伴うリスク
       イ.為替リスク
         外貨建資産の円換算価値は、資産自体の価格変動のほか、当該外貨の円に対する為替レートの変
        動の影響を受けます。為替レートは、各国の金利動向、政治・経済情勢、為替市場の需給その他の
        要因により大幅に変動することがあります。組入外貨建資産について、当該外貨の為替レートが円
        高方向に進んだ場合には、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割込むことがあります。
         特に、新興国の為替レートは短期間に大幅に変動することがあり、先進国と比較して、相対的に
        高い為替変動リスクがあります。
          当ファンドの主要投資対象であるアクサ                       IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替
        ヘッジあり)(適格機関投資家専用)において、保有外貨建資産について為替ヘッジを行ない、為
        替変動リスクの低減を図ります。ただし、為替変動リスクを完全に排除できるものではありませ
        ん。また、一部の通貨について、為替ヘッジが困難、あるいは、ヘッジコストが過大と判断される
        際には、為替ヘッジを行なわないまたは他の通貨で代替した為替取引を行なう場合があるため、為
        替変動の影響を受けることがあります。なお、                         為替ヘッジを行なう際、             日本円の金利が組入資産の
        通貨の金利より低いときには、金利差相当分がコストとなり、需給要因等によっては、さらにコス
        トが拡大することもあります。
       ロ.カントリー・リスク
         投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取
        引に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想外に下落したり、方針に沿った運用
        が困難となることがあります。新興国への投資には、先進国と比べて
        大きなカントリー・リスクが伴います。
         新興国の経済状況は、先進国経済に比較して脆弱である可能性があります。そのため、当該国の
        インフレ、国際収支、外貨準備高等の悪化、また、政治不安や社会不安あるいは他国との外交関係
        の悪化などが株式市場や為替市場に及ぼす影響は、先進国以上に大きいものになることが予想され
        ます。さらに、政府当局による海外からの投資規制など数々の規制が緊急に導入されたり、あるい
        は政策の変更等により証券市場が著しい悪影響を被る可能性もあります。
         新興国においては、先進国と比較して、証券の決済、保管等にかかる制度やインフラストラク
        チャーが未発達であったり、証券の売買を行なう当該国の仲介業者等の固有の事由等により、決済
        の遅延、不能等が発生する可能性も想定されます。そのような場合、ファンドの基準価額に悪影響
        が生じる可能性があります。
         実質的な投資対象である証券が上場または取引されている新興国の税制は先進国と異なる面があ
        る場合があります。また、税制が変更されたり、あるいは新たな税制が適用されることにより、基
        準価額が影響を受ける可能性があります。
      ③ その他
       イ.解約申込みがあった場合には、解約資金を手当てするため組入証券を売却しなければならないこ
        とがあります。その際、市場規模や市場動向によっては市場実勢を押下げ、当初期待される価格で
        売却できないこともあります。この場合、基準価額が下落する要因となります。
       ロ.ファンド資産をコール・ローン、譲渡性預金証書等の短期金融資産で運用する場合、債務不履行
        により損失が発生することがあります(信用リスク)。この場合、基準価額が下落する要因となり
        ます。
     (2)  換金性等が制限される場合

                                 23/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       通常と異なる状況において、お買付け・ご換金に制限を設けることがあります。
      ①   金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対象国
       における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導入、自然災害、クーデ
       ター、重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならびに資金の
       受渡しに関する障害等)が発生した場合には、お買付け、ご換金の申込みの受付けを中止すること、
       すでに受付けたお買付けの申込みを取消すことがあります。
      ② ご換金の申込みの受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行なった当日のご換
       金の申込みを撤回することができます。ただし、受益者がそのご換金の申込みを撤回しない場合に
       は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日にご換金の申込みを受付けたものとして取
       扱います。
     (3)  その他の留意点

       当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第                             37 条の  6 の規定(いわゆるクーリング・オフ)の
      適用はありません。
     (4)  リスク管理体制

       運用リスク管理体制(※)は、以下のとおりとなっています。
      ※ 流動性リスクに対する管理体制









        当社では、運用リスクのうち、大量の解約・換金によって必要となる資金の確保のために合理的な
       条件での取引が困難となるリスク、および市場の混乱、取引所における休業、取引の停止等により市
       場において取引ができないまたは合理的な条件での取引が困難となるリスクを「流動性リスク」と
       し、当社の運用する信託財産における流動性リスクの防止および流動性リスク発生時における円滑な
                                 24/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       事務遂行を目的とした事前対策、ならびに流動性リスク発生時における対応策(コンティンジェン
       シー・プラン)を定めています。
                          4 【手数料等及び税金】
















     (1)  【申込手数料】

      ① 販売会社におけるお買付時の申込手数料の料率の上限は、                                  3 .24  %(税抜     3.0  %)  となっています。
       具体的な     手数料の料率等については、販売会社または委託会社にお問合わせ                                    下さい。
                                 25/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

           電話番号(コールセンター)                  0120-106212
          (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
      ②   申込手数料には、消費税等が課されます。

      ③ 「分配金再投資コース」の収益                  分配金の再投資の際には、申込手数料はかかりません。

       申込手数料は、お買付時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価で

      す。くわしくは販売会社にお問合わせ下さい。
     (2)  【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額
        ありません。
     (3)  【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年率                                          1.215   %(税抜     1.125   %)
       を乗じて得た額とします。              信託報酬は、毎計算期間の最初の                  6 か月終了日(       6 か月終了日が休業日の場
       合には、翌営業日とします。)および毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から支弁しま
       す 。
      ② 信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を、信託報酬支弁のときに信託財産中から支弁します。
      ③ 信託報酬にかかる委託会社、販売会社、受託会社への配分については、次のとおりです。
                  委託会社             販売会社             受託会社

                 年率  0.35  %        年率  0.75  %        年率  0.025   %

                  (税抜)             (税抜)             (税抜)
        ※上記の信託報酬の配分には、別途消費税率を乗じた額がかかります。

      ④ 前③の販売会社への配分は、販売会社の行なう業務に対する代行手数料であり、委託会社が一旦信

       託財産から収受した後、販売会社に支払われます。
      ⑤ 投資対象ファンドの信託報酬等については、「1 ファンドの性格                                         (1)  ファンドの目的及び基本
       的性格 <ファンドの特色>」の<投資対象ファンドの概要>をご参照下さい。なお、当ファンドの
       信託報酬に投資対象ファンドの信託報酬を加えた、投資者が実質的に負担する信託報酬率は、年率
       1.782   %(税込)程度です。
       信託報酬を対価とする役務の内容は、配分先に応じて、それぞれ以下のとおりです。

        委託会社:ファンドの運用と調査、受託会社への運用指図、基準価額の計算、目論見書・運用報告
               書の作成等の対価
        販売会社:運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後の情報提供等の対価
        受託会社:運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
                                 26/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)  【その他の手数料等】

      ① 信託財産において資金借入れを行なった場合、当該借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立替えた立替金の利息および
       信託財産にかかる監査報酬ならびに当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額は、受益者の負担
       とし、信託財産中から支弁します。
      ③ 信託財産に属する有価証券等に関連して発生した訴訟係争物たる権利その他の権利に基づいて益金
       が生じた場合、当該支払いに際して特別に必要となる費用(データ処理費用、郵送料等)は、受益者
       の負担とし、当該益金から支弁します。
      ④ 信託財産で有価証券の売買を行なう際に発生する売買委託手数料、当該売買委託手数料にかかる消
       費税等に相当する金額、信託財産に属する資産を外国で保管する場合の費用は、信託財産中より支弁
       します。
       (※)「その他の手数料等」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を

         示すことができません。
       手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。

      <投資対象ファンドより支弁する手数料等>

        各ファンドの投資対象等に応じて、信託財産に関する租税、有価証券売買時の売買委託手数料、先
       物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を支弁します。その
       他、マザーファンドを除く投資対象ファンドか                         らは監査報酬を支弁します。
     (5)  【課税上の取扱い】

       課税上は株式投資信託として取扱われます。
      ① 個人の投資者に対する課税
       イ.収益分配金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として課税され、                                               20 %(所得
        税 15 %および地方税         5 %)の税率による源泉徴収が行なわれ、申告不要制度が適用されます。な
        お、確定申告を行ない、申告分離課税または総合課税(配当控除の適用はありません。)を選択す
        ることもできます。           ただし、平成       49 年 12 月 31 日まで基準所得税額に            2.1  %の税率を乗じた復興特別
        所得税が課され、税率は             20.315    %(所得税      15 %、復興特別所得税           0.315   %および地方税        5 %)となり
        ます。
       ロ.解約金および償還金に対する課税
         一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料(税込)を
        含む)を控除した利益)については、譲渡所得とみなされ、                                 20 %(所得税      15 %および地方税         5 %)
        の税率により、申告分離課税が適用されます。ただし、平成                                  49 年 12 月 31 日まで基準所得税額に
        2.1  %の税率を乗じた復興特別所得税が課され、税率は                             20.315    %(所得税      15 %、復興特別所得税
        0.315   %および地方税        5 %)となります。
       ハ.損益通算について
          一部解約時および償還時の損失については、確定申告により、上場株式等(特定公社債、公募公
        社債投資信託を含みます。)の譲渡益および償還差益と相殺することができ、申告分離課税を選択
        した上場株式等の配当所得および利子所得との損益通算も可能となります。また、翌年以後                                                   3 年
                                 27/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        間、上場株式等の譲渡益・償還差益および配当等・利子から繰越控除することができます。一部解
        約時および償還時の差益については、他の上場株式等の譲渡損および償還差損との相殺が可能とな
        り ます。
        なお、特定       口座にかかる課税上の取扱いにつきましては、販売会社にお問合わせ下さい。

        ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合

        公募株式投資信託は、税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の適用対象です。満                                                    20

       歳以上の方を対象としたNISAをご利用の場合、毎年、年間                                  120  万円の範囲で新たに購入した公募
       株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が                              5 年間非課税となります(他の口座で生じた
       配当所得や譲渡所得との損益通算はできません。)。また、                                 20 歳未満の方を対象とした非課税制度
       「ジュニアNISA」をご利用の場合、毎年、年間                            80 万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託
       などから生じる配当所得および譲渡所得が                       5 年間非課税となります(他の口座で生じた配当所得や譲
       渡所得との損益通算はできません。)。
        ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方となりま
       す。当ファンドの非課税口座における取扱いは販売会社により異なる場合があります。くわしくは、
       販売会社にお問合わせ下さい。
      ② 法人の投資者に対する課税

        法人の投資者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時お
       よび償還時の個別元本超過額については、配当所得として課税され、                                     15 %(所得税      15 %)の税率で源
           ;
       泉徴収     され法人の受取額となります。地方税の源泉徴収はありません。収益分配金のうち所得税法
       上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)には課税されません。ただ
       し、平成     49 年 12 月 31 日まで基準所得税額に             2.1  %の税率を乗じた復興特別所得税が課され、税率は
       15.315    %(所得税      15 %および復興特別所得税             0.315   %)となります。なお、益金不算入制度の適用は
       ありません。
        ※源泉徴収された税金は法人税額から控除されます。
      <注  1 >個別元本について

       ① 投資者ごとの信託時の              受益権    の価額等(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相
        当する金額は含まれません。)が当該投資者の元本(個別元本)にあたります。
       ②   投資者    が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該                                    投資者    が追加信託を行
        なうつど当該       投資者    の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法が異なる場
        合がありますので、販売会社にお問合わせ下さい。
       ③ 投資者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該
        元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となります。
      <注  2 >収益分配金の課税について

       ① 追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
        「元本払戻金(特別分配金)」(投資者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
        す。
       ② 投資者が収益分配金を受取る際、イ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本
        と同額の場合または当該投資者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通
        分配金となり、ロ.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本を下回っている場合
                                 28/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻
        金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
      (※)上記は、平成           28 年 7 月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更

        になることがあります。
      (※)課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 29/68


















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            5 【運用状況】

     (1)  【投資状況】

        該当事項はありません。
     (2)  【投資資産】
        該当事項はありません。
     (3)  【運用実績】
        該当事項はありません。
     (4)  【設定及び解約の実績】
        該当事項はありません。
     (参考)マザーファンド


       ダイワ・マネーストック・マザーファンド
     (1)  投資状況     ( 平成  28 年 7 月 29 日現在    )

     投資状況

                投資資産の種類                         時価  (円 )        投資比率     (% )

                                           7,450,242,014               19.33
       国債証券
                内 日本                          7,450,242,014               19.33
       コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                   31,101,799,693               80.67
       純資産総額
                                          38,552,041,707               100.00
     ( 注 1)  投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。

     ( 注 2)  投資資産の内書きの時価および投資比率は、当該資産の地域別の内訳です。
     (2)  投資資産     ( 平成  28 年 7 月 29 日現在    )

     ①  投資有価証券の主要銘柄

     イ.主要銘柄の明細

                        株数、口数          

                                         簿価単価       評価単価       利率  (%)    投資
                              また
         銘柄名       地域    種類                     簿価       時価      償還期限      比率
                        は              
                                          ( 円 )      ( 円 )    ( 年 / 月 / 日 )  (%)
                             額面金額
       605   国庫短期証                                  100.00       100.00      -
                    国債証
                                 6,140,000,000                            15.93
     1          日本
                    券
       券                                 6,140,166,206       6,140,166,206       2016/08/08
       609   国庫短期証                                  100.00       100.00      -
                    国債証
                                  400,000,000                           1.04
     2          日本
                    券
       券                                  400,023,794       400,023,794      2016/08/22
                                           100.01       100.01    0.100000
                    国債証
       343   2年国債                         330,000,000                           0.86
     3          日本
                    券
                                         330,042,900       330,039,600      2016/08/15
                                 30/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       587   国庫短期証                                  100.00       100.00      -
                    国債証
                                  320,000,000                           0.83
     ▶          日本
                    券
       券                                  320,010,320       320,010,320      2016/08/10
       604   国庫短期証                                  100.00       100.00      -
                    国債証
                                  260,000,000                           0.67
     5          日本
                    券
       券                                  260,002,094       260,002,094      2016/08/01
     ( 注 )  投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。

     ロ.投資有価証券の種類別投資比率

         投資有価証券の種類                   投資比率

       国債証券                        19.33%
       合計                        19.33%
     ( 注 )  投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該有価証券の時価の比率です。

     ハ.投資株式の業種別投資比率

        該当事項はありません。

     ②  投資不動産物件

        該当事項はありません。

     ③  その他投資資産の主要なもの

        該当事項はありません。

     (参考情報)運用実績

     基準価額・純資産の推移

      当ファンドは、平成            28 年 9 月 30 日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。
     分配の推移

      当ファンドは、平成            28 年 9 月 30 日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。
     主要な資産の状況

      当ファンドは、平成            28 年 9 月 30 日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。
     年間収益率の推移

      当ファンドにはベンチマークはありません。
      当ファンドは、平成            28 年 9 月 30 日から運用を開始する予定であり、該当事項はありません。
                                 31/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※当ファンドの運用状況は別途、委託会社のホームページで開示される予定です。

                                 32/68




















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          第2 【管理及び運営】

                          1   【申込(販売)手続等】

      受益権    の取得申込者は、販売会社において取引口座を開設のうえ、取得の申込みを行なうものとしま

     す。
      当ファンドには、収益分配金を税金を差引いた後無手数料で自動的に再投資する「分配金再投資コー
     ス」と、収益の分配が行なわれるごとに収益分配金を受益者に支払う「分配金支払いコース」がありま
     す。
      「分配金再投資コース」を利用する場合、取得申込者は、販売会社と別に定める積立投資約款にしたが
     い契約(以下「別に定める契約」といいます。)を締結します。
      販売会社は、受益権の取得申込者に対し、最低単位を                              1 円単位または       1 口単位として販売会社が定める単
     位をもって、取得の申込みに応じることができます。
      ただし、販売会社は、ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、ニューヨークの銀行またはロン
     ドンの銀行のいずれかの休業日と同じ日付の日を取得申込受付日とする受益権の取得申込みの受付けを行
     ないません。
      お買付価額(        1 万口当たり)は、お買付申込受付日の翌営業日の基準価額(                                 当初自己設定       については      1 万
     口当たり     1 万円)です。
      お買付時の申込手数料については、販売会社が別に定めるものとします。申込手数料には、消費税等が
     課されます。なお、「分配金再投資コース」の収益分配金の再投資の際には、申込手数料はかかりませ
     ん。
      継続申込期間においては、委託会社の各営業日の午後                              3 時までに受付けた取得の申込み(当該申込みに
     かかる販売会社所定の事務手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎ
     て行なわれる申込みは、翌営業日の取扱いとなります。
      金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対象国にお
     ける非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導入、自然災害、クーデター、重大
     な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならびに資金の受渡しに関する
     障害等)が発生し、委託会社が追加設定を制限する措置をとった場合には、販売会社は、取得申込みの受
     付けを中止することができるほか、すでに受付けた取得申込みを取消すことができるものとします。
      取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ、自己のために開設された当ファンド
     の受益権の振替を行なうための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる口
     数の増加の記載または記録が行なわれます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引換え
     に、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行なうことができます。委託会社
     は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をす
     るため社振法に定める事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託会社から振替
     機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録
     を行ないます。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、追加信託によ
     り生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権にかか
     る信託を設定した旨の通知を行ないます。
                          2   【換金(解約)手続等】

                                 33/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      委託会社の各営業日の午後                3 時までに受付けた換金の申込み(当該申込みにかかる販売会社所定の事務
     手続きが完了したもの)を、当日の受付分として取扱います。この時刻を過ぎて行なわれる申込みは、翌
     営 業日の取扱いとなります。
      なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうために大口の解約請求には制限があります。
     <一部解約>
       受益者は、自己に帰属する受益権について、最低単位を                                1 口単位として販売会社が定める単位をもっ
      て、委託会社に一部解約の実行を請求することができます。
       ただし、販売会社は、ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、ニューヨークの銀行またはロ
      ンドンの銀行のいずれかの休業日と同じ日付の日を                            一部解約請求受付日とする一部解約の実行の請求の
      受付けを行ないません。
       受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとし
      ます。
       解約価額は、一部解約の実行の請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
       解約価額は、原則として、委託会社の各営業日に計算されます。
       解約価額(基準価額)は、販売会社または委託会社に問合わせることにより知ることができます。ま
      た、委託会社のホームページでご覧になることもできます。
      ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

         電話番号(コールセンター)                     0120-106212
         (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
      ・委託会社のホームページ
         アドレス           http://www.daiwa-am.co.jp/
       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情

      (投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導入、自然災
      害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖または流動性の極端な減少ならび
      に資金の受渡しに関する障害等)が発生した場合には、一部解約請求の受付けを中止することができま
      す。
       一部解約請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行なった当日の一部解約
      請求を撤回することができます。ただし、受益者がその一部解約請求を撤回しない場合には、当該受益
      権の一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約請求を受付け
      たものとして、当該計算日の翌営業日の基準価額とします。
       一部解約金は、販売会社の営業所等において、原則として一部解約の実行の請求受付日から起算して
      6 営業日目から受益者に支払います。
       受託会社は、一部解約金について、受益者への支払開始日までに、その全額を委託会社の指定する預
      金口座等に払込みます。受託会社は、委託会社の指定する預金口座等に一部解約金を払込んだ後は、受
      益者に対する支払いにつき、その責に任じません。
      一部解約の実行の請求を行なう受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の

     請求にかかる信託契約の一部解約を委託会社が行なうのと引換えに、当該一部解約にかかる受益権の口数
     と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口
     数の減少の記載または記録が行なわれます。
                                 34/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          3 【資産管理等の概要】


     (1)  【資産の評価】

       基準価額とは、信託財産の純資産総額を計算日における受益権口数で除した                                           1 万口当たりの価額をい
      います。
       純資産総額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時
      価(注    1 、注  2 )により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額をいいます。
      (注  1 )当ファンドの主要な投資対象資産の評価方法の概要

        ・ アクサ    IM・グローバル・ロボット関連株式ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専
          用)の受益証券:計算日の基準価額で評価します。
        ・ ダイワ・マネーストック・マザーファンドの受益証券:計算日の基準価額で評価します。
      (注  2 )マザーファンドの主要な投資対象資産の評価方法の概要
        ・本邦通貨表示の公社債:原則として、次に掲げるいずれかの価額で評価します。
           1 .日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
           2 .金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場を除く。)
           3 .価格情報会社の提供する価額
       基準価額は、原則として、委託会社の各営業日に計算されます。

       基準価額は、販売会社または委託会社に問合わせることにより知ることができます。                                               また、委託会社
      のホームページでご覧になることもできます。
       ・お電話によるお問合わせ先(委託会社)

           電話番号(コールセンター)                  0120-106212
          (営業日の      9:00  ~ 17:00   )
       ・委託会社のホームページ
          アドレス           http://www.daiwa-am.co.jp/
     (2)  【保管】

       該当事項はありません。
     (3)  【信託期間】

       平成    28 年 9 月 30 日 から平成     37 年 9 月 12 日までとします。ただし、               (5)  ①により信託契約を解約し、信託
      を終了させることがあります。
       委託会社は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と
      合意のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)  【計算期間】

                                 35/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       毎年    9 月 14 日から翌年      9 月 13 日までとします。ただし、第                1 計算期間は、平成          28 年 9 月 30 日から平成      29 年
      9 月 13 日までとし、最終計算期間は、平成                   36 年 9 月 14 日から平成      37 年 9 月 12 日までとします。
       上記にかかわらず、上記により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休
      業日の場合には、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日から次の計算期間が開始される
      ものとします。        ただし、最終計算期間の終了日には適用しません。
     (5)  【その他】

      ① 信託の終了
        1 .委託会社は、受益権の口数が                 30 億口を下ることとなった場合もしくは信託契約を解約することが
        受益者のため有利であると認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意
        のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、
        あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        2 .委託会社は、         当ファンドが主要投資対象とするアクサ                       IM・グローバル・ロボット関連株式
        ファンド(為替ヘッジあり)(適格機関投資家専用)が存続しないこととなる場合には、                                                受託会社
        と合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させます。この場合において、委託会社は、あらか
        じめ、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        3 .委託会社は、前          1 .の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行な
        います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項
        を定め、当該決議の日の             2 週間前までに、信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面をもっ
        てこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        4 .前  3 .の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益
        権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本                                             ▶ .において同
        じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、信託契約
        にかかる知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議につい
        て賛成するものとみなします。
        5 .前  3 .の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の                                   3 分の  2 以上にあたる多数を
        もって行ないます。
        6 .前  3 .から前     5 .までの規定は、前           2 .の規定に基づいて信託契約を解約するとき、あるいは、委
        託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提案につき、信託契約にかかるす
        べての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用しません。また、
        信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、前                                           3 .から前     5 .まで
        の手続きを行なうことが困難な場合も同じとします。
        7 .委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契
        約を解約し、信託を終了させます。
        8 .委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
        は、委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が信託契約に関する
        委託会社の業務を他の            投資信託委託会社          に引継ぐことを命じたときは、②の書面決議で否決された
        場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
        9 .受託会社が辞任した場合または裁判所が受託会社を解任した場合において、委託会社が新受託会
        社を選任できないときは、委託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。
      ② 信託約款の変更等

                                 36/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        1 .委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、
        受託会社と合意のうえ、信託約款を変更することまたは当ファンドと他のファンドとの併合(投資
        信託及び投資法人に関する法律第                  16 条第  2 号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいま
        す。  以下同じ。)を行なうことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨お
        よびその内容を監督官庁に届出ます。なお、信託約款は本②の                                  1 .から    7 .までに定める以外の方法
        によって変更することができないものとします。
        2 .委託会社は、前          1 .の事項(前       1 .の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合
        に限り、前      1 .の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当
        する場合を除きます。以下「重大な信託約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行な
        います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な信託約款の変更等の内容お
        よびその理由などの事項を定め、当該決議の日の                           2 週間前までに、信託約款にかかる知れている受
        益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        3 .前  2 .の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益
        権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下本                                             3 .において同
        じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、信託約款
        にかかる知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議につい
        て賛成するものとみなします。
        4 .前  2 .の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の                                   3 分の  2 以上にあたる多数を
        もって行ないます。
        5 .書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
        6 .前  2 .から前     5 .までの規定は、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をした場合にお
        いて、当該提案につき、信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意
        思表示をしたときには適用しません。
        7 .前  1 .から前     6 .までの規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合
        にあっても、当該併合にかかる一または複数の他のファンドにおいて当該併合の書面決議が否決さ
        れた場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできません。
        8 .委託会社は、監督官庁の命令に基づいて信託約款を変更しようとするときは、前                                             1 .から前     7 .ま
        での規定にしたがいます。
      ③ 反対受益者の受益権買取請求の不適用

        当ファンドは、          投資信託及び投資法人に関する法律第                     18 条第  1 項に定める反対受益者による受益権
       買取請求の規定の適用を受けません。
      ④ 運用報告書

        1 . 委託会社は、運用経過のほか信託財産の内容、有価証券売買状況、費用明細などのうち重要な事
        項を記載した       交付運用報告書         ( 投資信託及び投資法人に関する法律第                     14 条第  ▶ 項に定める運用報告
        書)  を計算期間の末日ごとに作成し、信託財産にかかる知れている受益者に対して交付します。ま
        た、電子交付を選択された場合には、所定の方法により交付します。
        2 .委託会社は、運用報告書(全体版)(投資信託及び投資法人に関する法律第                                           14 条第  1 項に定める
        運用報告書)を作成し、委託会社のホームページに掲載します。
        ・委託会社のホームページ
           アドレス       http://www.daiwa-am.co.jp/
        3 .前  2 .の規定にかかわらず、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、
        これを交付します。
                                 37/68

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑤ 公告

        1 . 委託  会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載しま
        す。
          http://www.daiwa-am.co.jp/
        2 .前  1 .の電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の
        公告は、日本経済新聞に掲載します。
      ⑥ 関係法人との契約の更改

        委託会社と販売会社との間で締結される                       受益権    の募集・販売の取扱い等に関する契約は、期間満了
       の 1 か月(または       3 か月)前までに、委託会社および販売会社いずれからも何ら意思の表示のないとき
       は、自動的に       1 年間更新されるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とします。
                          4 【受益者の権利等】

      信託契約締結当初および追加信託当初の受益者は、委託会社の指定する                                        受益権    取得申込者とし、分割さ

     れた受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。
      受益者の有する主な権利の内容、その行使の方法等は、次のとおりです。
     ① 収益分配金および償還金にかかる請求権
       受益者は、収益分配金(分配金額は、委託会社が決定します。)および償還金(信託終了時における
      信託財産の純資産総額を受益権口数で除した額をいいます。以下同じ。)を持分に応じて請求する権利
      を有します。
       収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収
      益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、
      当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社
      の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、原則とし
      て決算日から起算して            5 営業日までに支払います。
       上記にかかわらず、別に定める契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者については、原則とし
      て毎計算期間終了日の翌営業日に収益分配金が再投資されます。再投資により増加した受益権は、振替
      口座簿に記載または記録されます。
       償還金は、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信託終
      了日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前
      に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権に
      ついては原則として取得申込者とします。)に、原則として信託終了日から起算して                                              5 営業日までに支
      払います。
       収益分配金および償還金の支払いは、販売会社の営業所等において行なうものとします。
       受益者が、収益分配金については支払開始日から                            5 年間その支払いを請求しないときならびに信託終
      了による償還金については支払開始日から                       10 年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受
      託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
     ② 換金請求権

       受益者は、保有する受益権を換金する権利を有します。権利行使の方法等については、「2 換金
      (解約)手続等」をご参照下さい。
                                 38/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 39/68





















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         第3 【ファンドの経理状況】

                            1  【財務諸表】

      当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                                 38 年大蔵省令

     第 59 号)並びに同規則第           2 条の  2 の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成                                 12 年総理府令
     第 133  号)に基づいて作成され、監査法人による監査を受けたうえで、有価証券報告書に記載されます。
      当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                                      52 年
     大蔵省令第      38 号)並びに同規則第           38 条の  3 及び第    57 条の  2 の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
     則」(平成      12 年総理府令第       133  号)に基づいて作成され、監査法人による監査を受けたうえで、半期報告
     書に記載されます。
     (1)  【貸借対照表】

       該当事項はありません。
     (2)  【損益及び剰余金計算書】

       該当事項はありません。
     (3)  【注記表】

       該当事項はありません。
     (4)  【附属明細表】

       該当事項はありません。
                                 40/68










                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          2 【ファンドの現況】

        該当事項はありません。

     ( 参考  ) ダイワ・マネーストック・マザーファンド

     【純資産額計算書】

                                                    平成  28 年 7 月 29 日
      Ⅰ 資産総額                             38,802,053,807        円

      Ⅱ 負債総額                               250,012,100      円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                             38,552,041,707        円
      Ⅳ 発行済数量                             38,402,043,857        口
      Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                  1.0039   円
                                 41/68













                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     第4 【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)  名義書換えの手続き等

       該当事項はありません。
     (2)  受益者に対する特典

       ありません。
     (3)  譲渡制限の内容

       譲渡制限はありません。
     (4)  受益証券の再発行

       受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
      から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券
      の再発行の請求を行なわないものとします。
     (5)  受益権の譲渡

      ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
       または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受益権
       の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載また
       は記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合に
       は、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)
       に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれ
       るよう通知するものとします。
      ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録され
       ている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等に
       おいて、委託会社が必要と認めるときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日
       や振替停止期間を設けることができます。
     (6)  受益権の譲渡の対抗要件

       受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗す
      ることができません。
     (7)  受益権の再分割

       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等
      に再分割できるものとします。
       受益権の再分割を行なうにあたり、各受益者が保有する受益権口数に                                       1 口未満の端数が生じることと
      なる場合には、当該端数を切り捨てるものとし、当該端数処理は口座管理機関ごとに行ないます。ま
      た、各受益者が保有することとなる受益権口数の合計数と、受益権の再分割の比率に基づき委託会社が
      計算する受益権口数の合計数との間に差が生じることとなる場合には、委託会社が計算する受益権口数
      を当該差分減らし、当該口数にかかる金額については益金として計上することとします。
     (8)  償還金

       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
      において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
                                 42/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則
      として取得申込者とします。)に支払います。
     (9)  質権口記載または記録の受益権の取扱いについて


       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
      一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
      か、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 43/68

















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部 【委託会社等の情報】

                         第1 【委託会社等の概況】

                          1 【委託会社等の概況】

     a . 資本金の額

       平成    28 年 7 月末日現在
       資本金の額                151  億 7,427   万 2,500   円
       発行可能株式総数             799  万 9,980   株
       発行済株式総数              260  万 8,525   株
       過去    5 年間における資本金の額の増減:該当事項はありません。
     b . 委託会社の機構

      ① 会社の意思決定機構
        業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選任
       され、その任期は選任後             1 年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
       のときまでです。
        取締役会は、         ▶ 名以内の代表取締役を選定し、代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議にし
       たがい業務を執行します。
        また、取締役、役付執行役員等から構成される経営会議は、経営全般にかかる基本的事項を審議
       し、決定します。経営会議は、分科会を設置し、専門的な事項についてはその権限を委ねることがで
       きます。
      ② 投資運用の意思決定機構

        投資運用の意思決定機構の概要は、以下のとおりとなっています。
       イ.ファンド個別会議

         ファンド運営上の諸方針を記載した基本計画書を経営会議の分科会であるファンド個別会議にお
        いて審議・決定します。
       ロ.投資環境検討会
         運用最高責任者である             CIO  ( Chief    Investment       Officer    )が議長となり、原則として月                 1 回投資環
        境検討会を開催し、投資環境について検討します。
       ハ.運用会議
          CIO  が議長となり、原則として月                1 回運用会議を開催し、基本的な運用方針を決定します。
       ニ.運用部長・ファンドマネージャー
         ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定された
        基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用部長は、ファンドマネージャーから
        提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項との整合性等を確認し、
        承認します。
       ホ.ファンド評価会議、運用審査会議、リスクマネジメント会議および執行役員会議
        ・ファンド評価会議
                                 44/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           運用実績・運用リスクの状況について、分析・検討を行ない、運用部にフィードバックしま
          す。
        ・運用審査会議
           経営会議の分科会として、ファンドの運用実績の状況についての報告を行ない、必要事項を審
          議・決定します。
        ・リスクマネジメント会議
           経営会議の分科会として、ファンドの運用リスクの状況・運用リスク管理等の状況についての
          報告を行ない、必要事項を審議・決定します。
        ・執行役員会議
           経営会議の分科会として、法令等の遵守状況についての報告を行ない、必要事項を審議・決定
          します。
                       2 【事業の内容及び営業の概況】

      委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として、証券投資信託

     の設定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を
     行なっています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務等の関連する業務を行なっています。
      平成    28 年 7 月末日現在、委託会社が運用を行なっている投資信託(親投資信託を除きます。)は次のと

     おりです。
           基本的性格               本数(本)             純資産額の合計額(百万円)
      単位型株式投資信託                        51                191,367
      追加型株式投資信託                       640               11,528,035
       株式投資信託  合計                       691               11,719,403
      単位型公社債投資信託                        10                 84,783
      追加型公社債投資信託                        15               2,172,804
       公社債投資信託 合計                        25               2,257,587
      総合計                       716               13,976,989
                                 45/68







                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         3 【委託会社等の経理状況】

      1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                               38 年大蔵省令第

       59 号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等
       に関する内閣府令」(平成              19 年8月6日内閣府令第            52 号)に基づいて作成しております。
      2.当社は、金融商品取引法第                 193  条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(平成                           27 年4月1日から

       平成  28 年3月    31 日まで)の財務諸表についての監査を、有限責任                           あずさ監査法人により受けており
       ます。
      3.財務諸表の記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しております。

     (1)  【貸借対照表】

                                               (単位   : 百万円) 
                            前事業年度

                                               当事業年度
                          (平成     27 年3月    31
                                            (平成    28 年3月    31 日)
                              日)
      資産の部

       流動資産
          現金・預金
                                 31,438                     31,715
          有価証券
                                  4,878                     1,137
          前払費用
                                   139                     159
          未収委託者報酬
                                 10,295                     9,896
          未収収益
                                   110                     87
          繰延税金資産
                                   585                     468
                                   153                     83
          その他
          流動資産計
                                 47,600                     43,547
       固定資産
          有形固定資産                   ※ 1                  ※ 1
                                   255                     243
           建物
                                    21                     18
           器具備品
                                   234                     224
          無形固定資産
                                  2,759                     2,706
           ソフトウェア
                                  2,758                     2,385
           ソフトウェア仮勘定
                                    1                    321
          投資その他の資産
                                 12,979                     14,223
           投資有価証券
                                  6,667                     7,872
                                                       5,129
           関係会社株式
                                  5,129
           出資金
                                   124                     123
           長期差入保証金
                                   996                    1,049
                                    60                     47
           その他
          固定資産計 
                                 15,995                     17,173
       資産合計
                                 63,596                     60,720
                                 46/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位   : 百万円)


                               前事業年度                   当事業年度

                            (平成     27 年3月    31 日)        (平成    28 年3月    31 日)
      負債の部

       流動負債
         預り金
                                        64                   61
         未払金
                                      9,172                   8,789
          未払収益分配金
                                         5                   5
          未払償還金
                                        72                   63
          未払手数料
                                      4,965                   4,330
          その他未払金
                                ※ 2      4,127            ※ 2      4,390
         未払費用
                                      4,162                   4,215
         未払法人税等
                                      1,133                   1,155
         未払消費税等
                                      1,429                    538
         賞与引当金
                                      1,092                    937
         その他                               747                   22
         流動負債計
                                      17,801                   15,720
       固定負債
         退職給付引当金
                                      2,072                   2,209
         役員退職慰労引当金
                                        101                   93
         繰延税金負債
                                      1,745                   1,410
                                         2                   -
         その他
         固定負債計
                                      3,920                   3,714
       負債合計
                                      21,722                   19,435
      純資産の部
       株主資本
         資本金
                                      15,174                   15,174
         資本剰余金
          資本準備金                           11,495                   11,495
          資本剰余金合計
                                      11,495                   11,495
         利益剰余金
          利益準備金
                                        374                   374
          その他利益剰余金
            繰越利益剰余金                          14,126                   13,960
          利益剰余金合計
                                      14,501                   14,334
         株主資本合計
                                      41,171                   41,004
       評価・換算差額等
                                 47/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         その他有価証券評価差額金                               702                   280
         評価・換算差額等合計
                                        702                   280
       純資産合計
                                      41,873                   41,284
      負債・純資産合計
                                      63,596                   60,720
     (2)  【損益計算書】


                                                   (単位   : 百万円)
                                前事業年度                   当事業年度

                           (自 平成      26 年4月1日           (自 平成      27 年4月1日
                            至 平成      27 年3月    31 日)        至 平成      28 年3月    31 日)
      営業収益

       委託者報酬
                                      90,924                   88,850
       その他営業収益                                933                   799
       営業収益計
                                      91,858                   89,650
      営業費用
       支払手数料
                                      49,978                   46,165
       広告宣伝費
                                       670                   646
       調査費
                                      9,013                  10,116
         調査費
                                       867                   925
         委託調査費
                                      8,146                   9,191
       委託計算費
                                       756                   761
       営業雑経費
                                      1,289                   1,346
         通信費
                                       252                   249
         印刷費
                                       481                   515
         協会費
                                        53                   53
         諸会費
                                        13                   14
                                       488                   513
         その他営業雑経費
       営業費用計
                                      61,709                   59,036
      一般管理費
       給料
                                      5,881                   5,797
         役員報酬
                                       289                   354
         給料・手当
                                      3,803                   3,850
         賞与
                                       695                   654
         賞与引当金繰入額
                                      1,092                    937
       福利厚生費
                                       831                   837
       交際費
                                        45                   70
       旅費交通費
                                       176                   211
       租税公課
                                       259                   325
       不動産賃借料
                                      1,180                   1,258
       退職給付費用
                                       383                   394
                                 48/68

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       役員退職慰労引当金繰入額                                 38                   37
       固定資産減価償却費
                                      1,032                   1,110
       諸経費                               1,372                   1,486
       一般管理費計
                                      11,201                   11,531
      営業利益
                                      18,948                   19,082
                                                   (単位   : 百万円)

                               前事業年度                   当事業年度

                          (自 平成      26 年4月1日           (自 平成      27 年4月1日
                           至 平成      27 年3月    31 日)        至 平成      28 年3月    31 日)
      営業外収益

       受取配当金
                               ※ 1      1,226            ※ 1        109
       受取利息
                                       20                   25
       投資有価証券売却益
                                       145                   115
       外国税関連費用引当金戻入益
                                        -                  171
                                       226                    73
       その他
       営業外収益計
                                     1,620                    496
      営業外費用
       投資有価証券売却損
                                       84                   14
       その他                                67                   94
       営業外費用計
                                       152                   108
      経常利益
                                     20,416                   19,471
      特別利益
       固定資産売却益                                7                   -
       特別利益計
                                        7                   -
      特別損失
       外国税関連費用
                                       746                    -
       その他                                26                    -
       特別損失計                               772                    -
      税引前当期純利益
                                     19,651                   19,471
      法人税、住民税及び事業税
                                     6,238                   6,215
      法人税等調整額                                △ 17                   △ 6
      法人税等合計
                                     6,220                   6,209
      当期純利益
                                     13,431                   13,262
     (3)  【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自 平成            26 年4月1日       至 平成     27 年3月    31 日)

                                 49/68



                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 平成            27 年4月1日       至 平成     28 年3月    31 日)












                                 50/68









                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注記事項












     (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法

      ( 1 ) 子会社株式
         移動平均法による原価法により計上しております。
      ( 2 ) その他有価証券

         時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売                                              却原価は
          移動平均法により算定)を採用しております。
         時価のないもの

           移動平均法による原価法を採用しております。
     2.固定資産の減価償却の方法

      ( 1 ) 有形固定資産
         定額法によっております。
                                 51/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
           建物                    10 ~ 18 年
           器具備品      4~              20 年 
      ( 2 ) 無形固定資産
         定額法によっております。なお、自社利用のソフトウェアについては社内における利用可能期間
        (5年間)に基づく定額法によっております。 
     3.引当金の計上基準

      ( 1 ) 賞与引当金
         役員及び従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
      ( 2 ) 退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当社の退職金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上してお
        ります。これは、当社の退職金は、将来の昇給等による給付額の変動がなく、貢献度、能力及び実
        績等に応じて各事業年度毎に各人別の勤務費用が確定するためであります。また、執行役員・参与に
        ついても、当社の退職金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
      ( 3 ) 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に備えるため、当社の役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末要支給
        額を計上しております。
     4.消費税等の会計処理

        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
     5.連結納税制度の適用

        連結納税制度を適用しております。
     (表示方法の変更)

      (損益計算書)
       前事業年度において、「営業外収益」の「その他」に含めておりました「投資有価証券売却益」は、
      営業外収益の総額の           100  分の  10 を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしております。この
      表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前事業年度の財務諸表において、「営業外収益」の「その他」に表示していた                                                372  百万円
      は、「投資有価証券売却益」                145  百万円、「その他」           226  百万円として組替えております。
     (貸借対照表関係)

     ※1 有形固定資産の減価償却累計額

                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成    27 年3月    31 日)         (平成    28 年3月    31 日)
         建物                           20 百万円                  23 百万円
         器具備品                          275  百万円                 232  百万円
                                 52/68



                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※2 関係会社項目

         関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成    27 年3月    31 日)         (平成    28 年3月    31 日)
         未払金                         4,084   百万円                4,320   百万円
      3 保証債務

       前事業年度(平成          27 年3月    31 日)

        子会社である       Daiwa    Asset    Management(Singapore)Ltd.               の債務    1,834   百万円に対して保証を行ってお
       ります。
       当事業年度(平成          28 年3月    31 日)

        子会社である       Daiwa    Asset    Management(Singapore)Ltd.               の債務    1,749   百万円に対して保証を行ってお
       ります。
     (損益計算書関係)


     ※1 関係会社項目

        関係会社に対する営業外収益には次のものがあります。
                                                当事業年度

                             前事業年度
                                             (自 平成      27 年4月1日
                          (自 平成      26 年4月1日
                                              至 平成     28 年3月    31 日)
                           至 平成      27 年3月    31 日)
         受取配当金                         1,065   百万円                     -
     (株主資本等変動計算書関係)

      前事業年度(自 平成            26 年4月1日 至 平成            27 年3月    31 日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                                    (単位:千株)
                   当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                     株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
       発行済株式
        普通株式                  2,608             -           -         2,608
       合   計                  2,608             -           -         2,608
     2.配当に関する事項

      (1)    配当金支払額
                            剰余金の配当の           1株当たり

                     株式の種類                            基準日       効力発生日
                            総額(百万円)          配当額(円)
       決議
                                 53/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       平成  26 年6月    25 日                                 平成  26 年    平成  26 年
                     普通株式            10,126          3,882
       定時株主総会                                         3月  31 日    6月  26 日
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

          平成    27 年6月    23 日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとお
         り提案しております。
         ①  剰余金の配当の総額                 13,428    百万円
         ②  配当の原資                  利益剰余金
         ③  1株当たり配当額                    5,148   円
         ④  基準日              平成  27 年3  月 31 日
         ⑤  効力発生日              平成  27 年6  月 24 日
      当事業年度(自 平成            27 年4月1日 至 平成            28 年3月    31 日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                                    (単位:千株)
                   当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                     株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
       発行済株式
        普通株式                  2,608             -           -         2,608
       合   計                  2,608             -           -         2,608
     2.配当に関する事項

      (1)    配当金支払額
                            剰余金の配当の           1株当たり

                     株式の種類                            基準日       効力発生日
                            総額(百万円)          配当額(円)
       決議
       平成  27 年6月    23 日                                 平成  27 年    平成  27 年
                     普通株式            13,428          5,148
       定時株主総会                                         3月  31 日    6月  24 日
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

          平成    28 年6月    23 日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとお
         り提案しております。
         ①  剰余金の配当の総額                 13,262    百万円
         ②  配当の原資                  利益剰余金
         ③  1株当たり配当額                    5,084   円
         ④  基準日              平成  28 年3月    31 日
         ⑤  効力発生日              平成  28 年6月    24 日
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項

      (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資運用業及び投資助言・代理業などの資産運用に関する事業を行っております。資金
        運用については安全性の高い金融商品に限定しております。
                                 54/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
          証券投資信託に係る運用報酬の未決済額である未収委託者報酬は、運用するファンドの財産が信
        託されており、「投資信託及び投資法人に関する法律」、その他関係法令等により一定の制限が設
        けられているためリスクは極めて軽微であります。有価証券及び投資有価証券は、証券投資信託、
        株式であります。証券投資信託は余資運用及び事業推進目的で保有しており、価格変動リスク及び
        為替変動リスクに晒されております。株式は上場株式、非上場株式並びに子会社株式を保有してお
        り、上場株式は価格変動リスク及び発行体の信用リスクに、非上場株式及び子会社株式は発行体の
        信用リスクに晒されております。
          未払手数料は証券投資信託の販売に係る手数料の未払額であります。その他未払金は主に連結納
        税の親会社へ支払う法人税の未払額であります。未払費用は主にファンド運用に関係する業務を委
        託したこと等により発生する費用の未払額であります。これらは、そのほとんどが                                             1 年以内の支払
        期日であります。
      (3)    金融商品に係るリスク管理体制

        ①市場リスクの管理
        (ⅰ)為替変動リスクの管理
            当社は、財務リスク管理規程に従い、個別の案件ごとに為替変動リスク管理の検討を行って
           おります。
        (ⅱ)価格変動リスクの管理
            当社は、財務リスク管理規程に従い、個別の案件ごとに価格変動リスク管理の検討を行って
           おり、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しリスクマネジメント会議において報告を
           行っております。
        ②信用リスクの管理
          発行体の信用リスクは財務リスク管理規程に従い、定期的に財務状況等を把握しリスクマネジメ
        ント会議において報告を行っております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
      ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません(                                       (注2)     参照のこと)。
      前事業年度(平成          27 年3月    31 日)

                                                   (単位:百万円)
                                  貸借対照表
                                              時価         差額
                                   計上額
       (1)現金・預金                               31,438          31,438           -
       (2)未収委託者報酬                               10,295          10,295           -
       (3)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券
                                      10,520          10,520           -
       資産計                               52,254          52,254           -
       (1)未払手数料                                4,965          4,965          -
       (2)その他未払金                                4,127          4,127          -
       (3)未払費用(          * )                     3,366          3,366          -
       負債計                               12,460          12,460           -
     ( * )未払費用のうち金融商品で時価開示の対象となるものを表示しております。
                                 55/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(平成          28 年3月    31 日)

                                                   (単位:百万円)
                                  貸借対照表
                                              時価         差額
                                   計上額
       (1)現金・預金                               31,715          31,715           -
       (2)未収委託者報酬                                9,896          9,896          -
       (3)有価証券及び投資有価証券
           その他有価証券                              7,987          7,987          -
       資産計                               49,599          49,599           -
       (1)未払手数料                                4,330          4,330          -
       (2)その他未払金                                4,390          4,390          -
       (3)未払費用(          * )                     3,420          3,420          -
       負債計                               12,141          12,141           -
     ( * )未払費用のうち金融商品で時価開示の対象となるものを表示しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法

      資 産

       (1)現金・預金、並びに(2)未収委託者報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
        ております。
       (3)有価証券及び投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、証券投資信託について
        は、基準価額によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事
        項 (有価証券関係)          をご参照下さい。
      負 債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金、並びに(3)未払費用
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
        ております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                   (単位:百万円)
                                 前事業年度                 当事業年度
                区分
                              (平成    27 年3月    31 日)       (平成    28 年3月    31 日)
       (1)その他有価証券
            非上場株式                             1,025                 1,021
       (2)子会社株式及び関連会社株式
            非上場株式                             5,129                 5,129
       (3)長期差入保証金                                   996                1,049
       これらは、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握す
      ることが極めて困難と認められるものであるため、時価開示の対象としておりません。
     (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

                                 56/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      前事業年度(平成          27 年3月    31 日)
                                                    (単位:百万円)
                                        1年超        5年超
                                1年以内                        10 年超
                                        5年以内        10 年以内
       現金・預金                           31,438           -        -       -
       未収委託者報酬                           10,295           -        -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券のうち満期があるもの                              6     1,591        3,790         84
        合計                           41,740        1,591        3,790         84
      当事業年度(平成          28 年3月    31 日)

                                                    (単位:百万円)
                                        1年超        5年超
                                1年以内                        10 年超
                                        5年以内        10 年以内
       現金・預金                           31,715           -        -       -
       未収委託者報酬                           9,896          -        -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券のうち満期があるもの                           1,115        4,570        1,712         141
        合計                           42,727        4,570        1,712         141
     (有価証券関係)

     1.子会社株式及び関連会社株式

      前事業年度(平成          27 年3月    31 日)

       子会社株式(貸借対照表計上額                   5,129   百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
      困難と認められることから、記載しておりません。
      当事業年度(平成          28 年3月    31 日)

       子会社株式(貸借対照表計上額                   5,129   百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
      困難と認められることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券


      前事業年度(平成          27 年3月    31 日)

                        貸借対照表計上額               取得原価              差額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えるもの
       (1)株式                         164              55           109
       (2)その他
           証券投資信託                    4,576             3,633             943
             小計                  4,741             3,688            1,052
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えないもの
                                 57/68

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       その他
        証券投資信託                       5,779             5,793            △ 14
             小計                  5,779             5,793            △ 14
             合計                 10,520              9,482            1,038
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額                       1,025   百万円)については、市場価格がなく、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当事業年度(平成          28 年3月    31 日)

                        貸借対照表計上額               取得原価              差額
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えるもの
       (1)株式                         141              55            86
       (2)その他
           証券投資信託                    3,875             3,408             466
             小計                  4,016             3,463             553
       貸借対照表計上額が取得原
       価を超えないもの
       その他
        証券投資信託                       3,970             4,119            △ 148
             小計                  3,970             4,119            △ 148
             合計                  7,987             7,583             404
      (注)非上場株式(貸借対照表計上額                       1,021   百万円)については、市場価格がなく、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.売却したその他有価証券


      前事業年度(自 平成            26 年4月1日 至 平成            27 年3月    31 日)

                           売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             種類
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
       (1)    株式
                                 32              -            1
       (2)    その他
           証券投資信託                    34,371               145             84
             合計                  34,404               145             85
      当事業年度(自 平成            27 年4月1日 至 平成            28 年3月    31 日)

                           売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
             種類
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
       (1)株式                           3             -            0
       (2)その他
           証券投資信託                    19,069               115             13
             合計                  19,072               115             14
     4.減損処理を行った有価証券

                                 58/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       前事業年度において、            子会社株式について           11 百万円の減損処理を行っております。
       当事業年度において、証券投資信託について                        ▶ 百万円の減損処理を行っております。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要

       当社は、非積立型の確定給付制度(退職一時金制度であります)及び確定拠出制度を採用しておりま
      す。
     2.確定給付制度

      ( 1 ) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成      26 年4月1日          (自 平成      27 年4月1日
                             至 平成     27 年3月    31 日)      至 平成     28 年3月    31 日)
                                   1,959   百万円            2,072   百万円
       退職給付債務の期首残高
        勤務費用                              212               222
        退職給付の支払額                             △ 118              △ 120
        その他                              18               35
       退職給付債務の期末残高                             2,072               2,209
      ( 2 ) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表


                                                 当事業年度
                             前事業年度
                                             (自 平成      27 年4月1日
                         (自 平成      26 年4月1日
                                              至 平成     28 年3月    31 日)
                          至 平成     27 年3月    31 日)
       非積立型制度の退職給付債務                          2,072   百万円                 2,209   百万円
       貸借対照表に計上された負債と
                                 2,072                    2,209
       資産の純額
       退職給付引当金                          2,072                    2,209

       貸借対照表に計上された負債と
                                 2,072                    2,209
       資産の純額
      ( 3 ) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                前事業年度                当事業年度
                            (自 平成      26 年4月1日         (自 平成      27 年4月1日
                             至 平成     27 年3月    31 日)     至 平成     28 年3月    31 日)
       勤務費用                              212  百万円              222  百万円
       確定給付制度に係る退職給付費用                             212                222
     3.確定拠出制度

                                 59/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度                          170  百万円、当事業年度           172  百万円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳

                                                   (単位:百万円)
                             前事業年度                 当事業年度
                          (平成    27 年3月    31 日)       (平成    28 年3月    31 日)
       繰延税金資産
                                     670                676
        退職給付引当金
                                     305                225
        賞与引当金
                                     241                 -
        外国税関連費用
                                     231                224
        未払事業税
                                     128                121
        連結法人間取引(譲渡損)
                                     105                95
        投資有価証券評価損
                                     103                98
        出資金評価損
                                     206                173
        その他
                                    1,992                1,615
       繰延税金資産小計 
        評価性引当額                            △  613              △  347
                                    1,379                1,268
       繰延税金資産合計
       繰延税金負債
        連結法人間取引(譲渡益)                            2,203                2,086
                                     335                124
        その他有価証券評価差額金
                                    2,539                2,210
       繰延税金負債合計
                                    1,159                 941
       繰延税金負債の純額
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の

      原因となった主要な項目別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度

                                  (平成    27 年3月    31 日)     (平成    28 年3月    31 日)
       法定実効税率                               35.64   %           33.06   %
       (調整)
                                       1.14  %            0.77  %
        交際費等永久に損金に算入されない項目
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                              △ 2.02  %           △ 0.02  %
        評価性引当額の増減額                              △ 2.67  %           △ 1.29  %
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              △ 0.51  %           △ 0.19  %
        その他                               0.07  %           △ 0.43  %
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                               31.65   %           31.89   %

                                 60/68



                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成                        28 年法律第     15 号)及び「地方税法等の一部を改正する等
      の法律」(平成        28 年法律第     13 号)が平成      28 年3月    29 日に国会で成立し、平成             28 年4月1日以後に開始す
      る事業年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰
      延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の                            32.34%    から平成     28 年4月1日に開始する事業年度及
      び平成    29 年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については                                       30.86%    に、平成     30 年4
      月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については                                       30.62%    となります。
       この税率変更により、繰延税金資産(流動)が                         24 百万円、繰延税金負債(長期)が                  74 百万円、法人税
      等調整額が      50 百万円、それぞれ減少し、その他有価証券評価差額金が                              6 百万円増加しております。
     (セグメント情報等)

     [セグメント情報]

       当社は、資産運用に関する事業の単一セグメントであるため記載を省略しております。
     [ 関連情報     ]

     1 . サービスごとの情報
       単一のサービス区分の営業収益が損益計算書の営業収益の                               90 %を超えるため、記載を省略しておりま
      す。
     2 . 地域ごとの情報

     (1)営業収益
        内国籍証券投資信託又は本邦顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の                                         90 %を超えるため、記
       載を省略しております。
     (2)有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の                                          90 %を超えるため、
       記載を省略しております。
     3 . 主要な顧客ごとの情報

       営業収益のうち、損益計算書の営業収益の                       10 %以上を占める相手先がないため、記載はありません。
     [ 報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報                              ]

      前事業年度(自 平成            26 年4月1日 至 平成            27 年3月    31 日)

       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成            27 年4月1日 至 平成            28 年3月    31 日)

       該当事項はありません。
     [ 報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報                                    ]

       該当事項はありません。
     [ 報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報                             ]

       該当事項はありません。
                                 61/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (関連当事者情報)
     1.関連当事者との取引

     (ア)    財務諸表提出会社の子会社
     前事業年度(自 平成            26 年4月1日 至 平成            27 年3月    31 日)

                           議決権等
                   資本金又        の所有
         会社等の               事業の         関連当事者             取引金額           期末残高
      種類          所在地    は出資金        (被所有   )         取引の内容             科目
         名称               内容         との関係            (百万円)           (百万円)
                   (百万円)        割合
                           (%)
         Daiwa   Asset
                        金融商
                                        債務保証
                           (所有  )
         Management
                                                            -
                                                1,834     -
     子会社          Singapore       133  品取引         経営管理
                           直接  100.0           (注)
         (Singapore)
                        業
         Ltd.
     取引条件及び取引条件の決定方針等

                    MAS
     ( 注 ) シンガポール通貨庁(              )に対する当社からの保証状により、                     当該関連当事者の債務不履行                等に関
          MAS
        する    への損害等に対して保証してお                 ります。なお、債務総額は当該関連当事者の総運用資産額に
        応じて保証状にて定められております。
     当事業年度(自 平成            27 年4月1日 至 平成            28 年3月    31 日)

                           議決権等
                   資本金又        の所有
         会社等の               事業の         関連当事者             取引金額           期末残高
      種類          所在地    は出資金        (被所有   )         取引の内容             科目
         名称               内容         との関係            (百万円)           (百万円)
                   (百万円)        割合
                           (%)
         Daiwa   Asset
                        金融商
                                        債務保証
                           (所有  )
         Management
                                                            -
                                                1,749     -
     子会社          Singapore       133  品取引         経営管理
                           直接  100.0           (注)
         (Singapore)
                        業
         Ltd.
     取引条件及び取引条件の決定方針等

                    MAS
     ( 注 ) シンガポール通貨庁(              )に対する当社からの保証状により、                     当該関連当事者の債務不履行                等に関
          MAS
        する    への損害等に対して保証してお                 ります。なお、債務総額は当該関連当事者の総運用資産額に
        応じて保証状にて定められております。
     (イ)    財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社

      前事業年度(自 平成            26 年4月1日 至 平成            27 年3月    31 日)

                           議決権等
                   資本金ま
                           の所有                   取引金額
          会社等の         たは出資    事業の         関連当事者                        期末残高
      種類         所在地            (被所有   )          取引の内容      (百万円)       科目
          名称         金    内容          との関係                        (百万円)
                           割合                   (注  1)
                   (百万円)
                           (%)
                                       証券投資信託
     同一の親                  金融商        証券投資信託受
               東京都
                                       の代行手数料
     会社をも     大和証券㈱          100,000    品取引     -   益証券の募集販                28,838    未払手数料        3,751
               千代田区
                                       (注  2)
     つ会社                  業        売
          ㈱大和総研

                                       ソフトウェア
     同一の親                  情報
          ビジネス・     東京都                 ソフトウェアの
                                       の購入(注
     会社をも               3,000   サービ     -                     685   未払費用        348
          イノベー     江東区                 開発
                                       3)
     つ会社                  ス業
          ション
     同一の親
                                       不動産の賃借
          大和プロパ     東京都         不動産                            長期差入保
     会社をも                100       -   本社ビルの管理                 978           971
                                       料(注   ▶)
          ティ  ㈱   中央区         管理業                             証金
     つ会社
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      ( 注1  ) 上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて

          おります。
                                 62/68

                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ( 注2  ) 証券投資信託の代行手数料については、証券投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信

          託報酬のうち、当社が受け取る委託者報酬から代理事務に係る手数料として代行手数料を支払
          い ます。委託者報酬の配分は、両者協議のうえ合理的に決定しております。
      ( 注3  ) ソフトウェアの購入については、市場の実勢価格を勘案して、その都度交渉の上、購入価格を

          決定しております。
      ( 注4  ) 差入保証金および賃借料については、近隣相場等を勘案し、交渉の上、決定しております。

      当事業年度(自 平成            27 年4月1日 至 平成            28 年3月    31 日)

                           議決権等
                   資本金ま
                           の所有                   取引金額
          会社等の         たは出資    事業の         関連当事者                        期末残高
      種類         所在地            (被所有   )          取引の内容      (百万円)       科目
          名称         金    内容          との関係                        (百万円)
                           割合                   (注  1)
                   (百万円)
                           (%)
                                       証券投資信託
     同一の親                  金融商        証券投資信託受
               東京都
                                       の代行手数料
     会社をも     大和証券㈱          100,000    品取引     -   益証券の募集販                27,062    未払手数料        3,188
               千代田区
     つ会社                  業        売        (注  2)
          ㈱大和総研

                                       ソフトウェア
     同一の親                  情報
          ビジネス・     東京都                 ソフトウェアの
                                       の購入(注
     会社をも               3,000   サービ     -                     593   未払費用        252
          イノベー     江東区                 開発
                                       3)
     つ会社                  ス業
          ション
     同一の親
                                       不動産の賃借
          大和プロパ     東京都         不動産                            長期差入保
     会社をも                100       -   本社ビルの管理                1,028           1,027
                                       料(注   ▶)
          ティ  ㈱   中央区         管理業                             証金
     つ会社
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      ( 注1  ) 上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて

          おります。
      ( 注2  ) 証券投資信託の代行手数料については、証券投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信

          託報酬のうち、当社が受け取る委託者報酬から代理事務に係る手数料として代行手数料を支払
          います。委託者報酬の配分は、両者協議のうえ合理的に決定しております。
      ( 注3  ) ソフトウェアの購入については、市場の実勢価格を勘案して、その都度交渉の上、購入価格を

          決定しております。
      ( 注4  ) 差入保証金および賃借料については、近隣相場等を勘案し、交渉の上、決定しております。

     2 . 親会社に関する注記

       株式会社大和証券グループ本社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
     (1株当たり情報)

                 前事業年度                           当事業年度

             (自 平成      26 年4月1日                    (自 平成      27 年4月1日
              至 平成     27 年3月    31 日)                至 平成     28 年3月    31 日)
       1株当たり純資産額                    16,052.69     円      1株当たり純資産額                    15,826.85     円
       1株当たり当期純利益                   5,148.94     円      1株当たり当期純利益                   5 ,084.10    円
       ( 注1  ) 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
       ( 注2  ) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                 63/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               前事業年度                  当事業年度
                           (自 平成      26 年4月1日          (自 平成      27 年4月1日
                            至 平成     27 年3月    31 日)       至 平成     28 年3月    31 日)
       当期純利益(百万円)                              13,431                  13,262
       普通株式の期中平均株式数(株)                            2,608,525                  2,608,525
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。

                                 64/68

















                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        4 【利害関係人との取引制限】

      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行

     為が禁止されています。
     ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと
      ( 投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれが
      ないものとして内閣府令で定めるものを除きます。                            ) 。
     ② 運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと                                           ( 投資者の保護に欠け、若
      しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
      定めるものを除きます。             ) 。
     ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
      等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
      関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同
      じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品
      取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
      下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行なうこと。
     ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運
      用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
     ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の
      保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものと
      して内閣府令で定める行為。
                             5 【その他】


     a . 定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項

       提出日前      1 年以内において、定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項に
      該当する事実はありません。
     b . 訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

       訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。
                                 65/68






                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       第2 【その他の関係法人の概況】

                      1 【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)  受託会社

      ① 名称 株式会社りそな銀行
      ② 資本金の額           279,928    百万円(平成       28 年 3 月末日現在)
      ③ 事業の内容
        銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業
       務を営んでいます。
     (2)  販売会社

             ① 名称              ② 資本金の額                 ③ 事業の内容

                           単位:百万円
                           (平成   28 年 3 月
                            末日現在)
      株式会社りそな銀行                          279,928     (注)
      (注)    銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信
         託業務を営んでいます。
                          2 【関係業務の概要】

      受託会社は、信託契約の受託者であり、委託会社の指図に基づく信託財産の管理・処分、信託財産の計

     算等を行ないます。なお、外国における資産の保管は、その業務を行なうに充分な能力を有すると認めら
     れる外国の金融機関が行なう場合があります。
      販売会社は、受益権の募集の取扱い、信託契約の一部解約に関する事務、収益分配金・償還金・一部解
     約金の支払いに関する事務等を行ないます。
                            3 【資本関係】


      該当事項はありません。

     <再信託受託会社の概要>


       名称:      日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
       資本金の額:          51,000    百万円(平成       28 年 3 月末日現在)
       事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基
               づき信託業務を営んでいます。
                                 66/68


                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       再信託の目的:原信託契約にかかる信託事務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託
                受託会社へ委託するため、原信託財産のすべてを再信託受託会社へ移管することを
                目的とします。
                            第3 【その他】

     (1)  目論見書の表紙から本文の前までの記載等について

      ① 金融商品取引法(昭和              23 年法律第     25 号)第    13 条の規定に基づく目論見書である旨を記載することが
       あります。
      ② 目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
       書)」という名称を用いることがあります。
      ③ 委託会社等の情報、受託会社に関する情報を記載することがあります。
      ④ 詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載することがあります。
       ・委託会社のホームページアドレス、電話番号及び受付時間等
       ・請求目論見書の入手方法及び投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
      ⑤ 使用開始日を記載することがあります。
      ⑥ 届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載することがあります。
       ・届出をした日及び当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
       ・届出をした日、届出が効力を生じている旨及び効力発生日
      ⑦ 次の事項を記載することがあります。
       ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
       ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨及び当該請求を行った場合にはその
        旨の記録をしておくべきである旨
       ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
      ⑧ 委託会社、当ファンドのロゴ・マーク等を記載することがあります。
      ⑨ ファンドの形態等を記載することがあります。
      ⑩ 図案を採用することがあります。
      ⑪ ファンドの管理番号等を記載することがあります。
      ⑫ 委託会社のインターネットホームページのアドレスに加え、他のインターネットのアドレス(当該
       アドレスをコード化した図形等も含みます。)を掲載することがあります。
     (2)  当ファンドは、評価機関等の評価を取得、使用する場合があります。

     (3)  交付目論見書に最新の            運用実績を記載することがあります。

     (4)  請求目論見書に当ファンドの投資信託約款の全文を記載します。

     (5)  交付目論見書にイメージキャラクター                    等を記載することがあります。

                                 67/68





                                                           EDINET提出書類
                                                  大和証券投資信託委託株式会社(E06748)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成  28 年5月   27 日

     大和証券投資信託委託株式会社
      取締役会 御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                         公認会計士         髙波 博之  印
                              業務執行社員
                             指定有限責任社員
                                         公認会計士         貞廣 篤典  印
                              業務執行社員
                             指定有限責任社員
                                         公認会計士         内田 和男  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第                 193  条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

     状況」に掲げられている大和証券投資信託委託株式会社の平成                                27 年4月1日から平成          28 年3月   31 日までの第      57
     期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びそ
     の他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し
     適正に表示することにある。               これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準は、             当監査法人      に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な                                保証  を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
     は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択
     及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当
     監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と
     適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並
     びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人      は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、大和証券投資信託委託株式会社の平成                      28 年3月   31 日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度
     の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

     (注 )1 . 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

     (注 )2 . XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                 68/68



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。