株式会社エムビーエス 有価証券報告書 第19期(平成27年6月1日-平成28年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第19期(平成27年6月1日-平成28年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社エムビーエス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      中国財務局長

     【提出日】                      平成28年8月30日

     【事業年度】                      第19期(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

     【会社名】                      株式会社エムビーエス

     【英訳名】                      mbs,inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  山 本 貴 士

     【本店の所在の場所】                      山口県宇部市小串74番地3

     【電話番号】                      0836-37-6585

     【事務連絡者氏名】                      取締役経営企画室長  栗 山 征 樹

     【最寄りの連絡場所】                      山口県宇部市小串74番地3

     【電話番号】                      0836-37-6585

     【事務連絡者氏名】                      取締役経営企画室長  栗 山 征 樹

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          証券会員制法人福岡証券取引所

                           (福岡県福岡市中央区天神二丁目14番2号)

                                  1/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

           決算年月           平成24年5月       平成25年5月       平成26年5月       平成27年5月       平成28年5月

      売上高            (千円)      1,253,972       1,374,736       1,712,780       1,849,006       2,114,524

      経常利益            (千円)        81,152       86,526       166,029       207,447       240,422
      当期純利益            (千円)        40,662       48,680       102,341       154,981       164,261

      持分法を適用した
                 (千円)          ―       ―       ―       ―       ―
      場合の投資利益
      資本金            (千円)       185,012       185,012       185,012       185,012       335,164
      発行済株式総数             (株)      619,500       619,500       619,500       619,500       727,500
      純資産額            (千円)       481,850       586,823       700,834       896,411      1,369,000
      総資産額            (千円)      1,137,797       1,352,856       1,806,325       2,135,683       2,396,003
      1株当たり純資産額             (円)       777.80       965.01      1,158.21       1,481.43       1,878.49
      1株当たり配当額
                  (円)
                           ―       ―       ―       ―       ―
      (内1株当たり
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
                  (円)
      中間配当額)
      1株当たり
                  (円)        65.57       79.34       168.73       256.13       233.52
      当期純利益金額
      潜在株式調整後
      1株当たり             (円)        65.34       79.06       168.09          ―       ―
      当期純利益金額
      自己資本比率             (%)        42.3       43.4       38.8       41.9       57.0
      自己資本利益率             (%)         8.8       9.1       15.9       19.4       14.5
      株価収益率             (倍)        13.21       14.14        9.08       9.76       10.90
      配当性向             (%)          ―       ―       ―       ―       ―
      営業活動による
                 (千円)        29,111       55,976       271,780       321,539      △ 112,529
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                 (千円)      △ 187,102       △ 14,878      △ 164,847       △ 87,270      △ 109,687
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                 (千円)      △ 78,649       41,473       77,222      △ 39,528       243,931
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物
                 (千円)        93,221       181,983       366,233       562,329       584,089
      の期末残高
      従業員数             (名)         57       66       70       70       85
      (注)   1 当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 第18期及び第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
                                  2/86




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        4 第15期より、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成22年6月30日)、
          「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号 平成22年6月30日
          公表分)及び「1株当たり当期純利益に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第9号 平成22年6月30
          日)を適用しております。
        5 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
        6 臨時雇用者数は、従業員の100分の10未満であるため記載しておりません。
                                  3/86



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
          年月                          事項
        平成5年1月        山本貴士(現:当社代表取締役社長)が足場業を個人創業

        平成9年6月        有限会社アクアビギを山口県宇部市宮地町に設立

        平成10年2月        商号を有限会社エム・ビー・エスに変更。外壁リフォーム業を開始

        平成13年7月        株式会社エムビーエスに組織変更

        平成14年5月        山口県宇部市神原町に本社を移転

                英国LIQUID      PLASTICS     Limited(現Sika        Limited)製の特殊機能性塗料の仕入れを開始

        平成14年9月
        平成16年5月        福岡支店を福岡県福岡市中央区に開設

        平成16年7月        ホームメイキャップ研究所を山口県宇部市あすとぴあに開設

        平成16年10月        東京支店開設準備室を東京都渋谷区に開設

        平成17年4月        福岡証券取引所Q-Board市場に株式を上場

        平成18年2月        東京支店開設準備室を東京支店として東京都台東区に開設

        平成18年4月        福岡支店を福岡県福岡市博多区に移転

        平成18年7月        本社及びホームメイキャップ研究所を山口県宇部市小串に移転

        平成22年5月        大阪支店を大阪府茨木市に開設

        平成22年7月        広島支店を広島県広島市に開設

        平成23年6月        横浜支店を神奈川県横浜市に開設

        平成25年6月        千葉支店を千葉県船橋市に開設

        平成26年4月        周南支店を山口県周南市に開設

        平成26年8月        西東京支店を東京都町田市に開設

                埼玉支店を埼玉県さいたま市、福山支店を広島県福山市、下関支店を山口県下関市に開
        平成27年6月
                設
        平成27年8月        東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場
        平成27年9月        久留米支店を福岡県久留米市に開設

        平成28年3月        名古屋支店を愛知県名古屋市に開設

                                  4/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
        当社の主事業は、老朽化した諸建造物(一般住宅、集合住宅、商業ビル、歴史的建造物、道路及び橋梁等)の維

       持・保全を目的とし、当社が独自で開発した施工技術を適用した外壁・内装リフォーム工事やコンクリートの落下
       防止等の補修・改修工事のほか、当社加盟店等に対するノウハウの提供及び材料の販売を行っております。
         耐久性等に優れた独自工法「ホームメイキャップ工法」(特殊機能性塗料を使用し当社独自の4つの施工技術
       (クリアコーティング施工、カラーコーティング施工、スケルトン防災コーティング施工及び応用/特殊施工)に
       より、劣化した建物の外壁の美観を再現し、優れた耐久性・補強性を提供する施工技術)による諸建造物の外・内
       装の補修・改修工事を行うホームメイキャップ事業であります。また、一般工法による既設住宅の改修や新築住宅
       の施工も手掛けております。
       ホームメイキャップ事業の特徴は、以下のとおりであります。

       〈施工サービスの特徴〉

       ・諸建造物の劣化状況の調査・診断、顧客ニーズの把握を綿密に行い、適切な補修・改修方法の採用・提案、教育
        された技術者による施工及び徹底した管理を行います。
       ・施工後10年間の品質保証を実現します。
       〈工法の概要と特徴〉

       ・特殊機能性塗料を使用し、また、研究を重ねた独自工法(ホームメイキャップ工法)を適用することで、優れた
        耐久性・補強性、美観性を提供しております。最近では、可視的にタイルやコンクリートのはく落防止等が図れ
        る「スケルトン防災コーティング施工」も提供しております。ホームメイキャップ工法については、クリアコー
        ティング施工(磁器タイルや窯業サイディング等の複雑な形状や色彩の外壁を蘇生させるための施工で白化現象
        やチョーキングを解決)、カラーコーティング施工(外壁リフォームの主流である外壁の再塗装に対応した施工
        で亀裂や爆裂の補修などの軽度の損傷部位の補修に対応)、スケルトン防災コーティング施工(コンクリート構
        造物に対する耐震補強工法とはく落防止のための施工で、クリアコーティングにより施工後素地が目視にて確認
        可能であり橋脚、橋桁及びトンネル等の土木構造物・建物の柱、梁、外壁及び基礎等に対応)、応用/特殊施工
        (止水や防水処理等の比較的損傷の程度が大きな補修施工ができ、看板や外溝へのクリアコーティング施工及び
        カラーコーティング施工の応用施工が可能)の4つの特徴をもった施工を行っております。
       〈受注・販売形態の特徴〉

       ・元請業者と複数の下請業者が施工する旧来の受注構造ではなく、足場から左官、防水・止水、塗装及びシーリン
        グに至るまで、一貫して当社のみで手掛ける業界初のワンストップ対応を可能としております。これによって、
        一元的な責任の明確化、価格体系の明瞭化、きめ細かいアフターサービスを実現しております。また、当社管理
        のもと、施工・管理能力に優れた公式施工店(公式施工店とは、ホームメイキャップ工法を修得し、当社が認定
        した外注業者)にも一部外注することで、需要にフレキシブルに対応しております。
       ・当社のホームメイキャップ事業における受注形態には、当社が元請業者(工務店、ゼネコン、ハウスメーカー等
        の企業(以下、「パートナー」という。))若しくは顧客(施主)と工事請負契約を締結する直営方式、当社が
        認定したFC加盟店等が顧客(発注者)若しくは元請業者と工事請負契約を締結する提携方式の2つがあります。
        いずれの方式も、いわゆる訪問販売は行わず、地域の優良な元請業者や設計事務所等との提携ネットワーク構築
        による営業・提案活動に注力するほか、「ホームメイキャップ」のブランド戦略を受注・販売活動における基本
        戦略としております。なお、直営方式による売上高は財務諸表上「完成工事高」、提携方式による売上高は財務
        諸表上「加盟店関連売上高」に計上・表示しております。
       各事業の概要は、次のとおりであります。なお、各事業区分は、セグメントと同一の区分であります。

      (ホームメイキャップ事業)

       耐久性等に優れた独自工法「ホームメイキャップ工法」による諸建造物(一般住宅、集合住宅、商業ビル、歴史的
      建造物、道路及び橋梁等)の外壁及び内装の補修・改修を行う事業であります。本事業は、建設業法に定める国土交
      通大臣の許可を得て行っております。
                                  5/86


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (建築工事業)
       一般的な工法による新築・改修工事を行う事業であります。本事業は、建設業法に定める国土交通大臣許可を得て
      行っております。
      (その他)

       FC加盟店に対するコーティング材等の販売等を行っております。
     [事業系統図]

      ※ホームメイキャップ事業においては、パートナー(工務店等)経由で工事を受注するケースがほとんどであります。








      ※ホームメイキャップ事業及び建築工事業においては、当社管理のもと、外注業者を使う場合があります。
      
       は、より補強性の高い「スケルトン防災コーティング施工」を適用しております。
                                  6/86









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                            資本金又は

                                  主要な事業      議決権の被所有
          名称           住所       出資金                        関係内容
                                   の内容       割合(%)
                            (百万円)
     (その他の関係会社)
                                              13.7
     極東ホールディングス㈱              山口県下関市             15  投資事業               資本業務提携
                                             [5.1]
     (注)
      (注)   議決権の被所有割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の被所有割合で外数となっております。
     5  【従業員の状況】

      (1)  提出会社の状況
                                               平成28年5月31日現在

        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
                85            32.1              5.0            4,169

              セグメントの名称                            従業員数(名)

     ホームメイキャップ事業                                                   71

     建築工事業                                                    5

     その他                                                    ―

     全社(共通)                                                    9

                 合計                                        85

      (注)   1 従業員数は、就業人員であり、使用人兼務役員は含まれておりますが、臨時雇用者数4名(パートタイ
          マー、人材会社からの派遣、季節工を含みます。)は含まれておりません。
        2 臨時雇用者数は、従業員の100分の10未満であるため記載しておりません。
        3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (2)  労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  7/86









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
        当事業年度におけるわが国経済は、政府や日本銀行による経済・金融政策を背景に、企業収益や雇用・所得環境
       の改善等が見られ、景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。しかしながら、中国をはじめとする新興国経済
       の減速や原油価格、金融市場の混乱等から、依然として、先行きに対する不透明感を払拭できない状況となってお
       ります。
        当社が属する建設業界におきましては、東京オリンピック・パラリンピックに伴う発注に期待感があるものの公
       共投資は減少傾向が続くと予想され、資材価格や労務費等の建設コストの高騰が工事収益を圧迫する等、依然とし
       て厳しい状況が続いております。
        このような状況の中、当社は、新たに平成27年6月に埼玉支店(埼玉県)、福山支店(広島県)、下関支店(山口
       県)、同年9月に久留米支店(福岡県)、平成28年3月に名古屋支店(愛知県)を設置するとともに、既存店における
       パートナー(工務店等)との関係強化に取り組み、受注拡大を図って参りました。また、原価低減と経費削減、工
       事採算性を重視した受注推進の徹底、施工管理と品質・技術の向上に努めるとともに、人材採用及び育成にも積極
       的に取り組み、業容拡大や収益力の向上等も図って参りました。      
        これらにより、当事業年度における売上高は、2,114,524千円(前年同期比14.4%増)となりました。営業利益
       は、売上高の増加に伴う売上総利益の増加、事業拡大に備えた施工・営業社員の採用、支店開設費用の発生等によ
       り、209,238千円(同20.2%増)となりました。経常利益は、太陽光発電の売電収入32,853千円、外国社債に関する
       有価証券利息14,030千円、助成金収入15,061千円、減価償却費21,387千円、株式交付費8,153千円の計上等により、
       240,422千円(同15.9%増)となりました。当期純利益は、法人税等の計上により、164,261千円(同6.0%増)とな
       りました。
       セグメントの業績は、以下のとおりであります。

      (ホームメイキャップ事業)

        ホームメイキャップ事業におきましては、ホームメイキャップ工法による内外装リフォーム工事等の増加によ
       り、売上高は1,948,646千円(前年同期比19.0%増)、セグメント利益は347,514千円(同19.0%増)となりまし
       た。
        なお、地域ごとの売上高の内訳としては、関東地域(5支店)758,789千円(同9.0%増)、中京地域(1支店)410
       千円(当事業年度設置のため前年実績無し)、関西地域(1支店)130,324千円(同36.8%増)、中国地域(5支店)
       762,616千円(同30.5%増)、九州地域(2支店)296,505千円(同13.1%増)となりました。
      (建築工事業)

        建築工事業におきましては、新築工事・改修工事等が減少したため、売上高は164,074千円(前年同期比19.3%
       減)、セグメント利益は15,926千円(同37.1%減)となりました。
      (その他)

        FC加盟店に対するコーティング材等の販売に関する事業等で構成されるその他の事業におきましては、材料販
       売等の減少により、売上高は1,802千円(前年同期比76.8%減)、セグメント利益は506千円(同80.8%減)となり
       ました。
                                  8/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、584,089千円(前事業年度末562,329千
       円)であり、前事業年度末と比較し21,760千円の増加となりました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において営業活動の結果、使用した資金は112,529千円(前事業年度は321,539千円の収入)となりま
       した。これは、主に税引前当期純利益239,525千円、売上債権の増加額122,913千円、たな卸資産の増加額65,057千
       円、仕入債務の減少額44,146千円等によるものであります。 
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において投資活動の結果、使用した資金は109,687千円(前事業年度は87,270千円の使用)となりまし
       た。これは、主に有形固定資産の取得による支出82,220千円、保険積立金の積立による支出21,233千円等によるも
       のであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において財務活動の結果、得られた資金は243,931千円(前事業年度は39,528千円の使用)となりまし
       た。これは、主に株式の発行による収入292,151千円、長期借入れによる収入180,000千円、長期借入金の返済によ
       る支出268,977千円等によるものであります。
                                  9/86













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      (1)  生産実績
        当事業年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                                      第19期
              セグメントの名称                    (自 平成27年6月1日               前年同期比(%)
                                   至 平成28年5月31日)
      ホームメイキャップ事業                                     1,948,646            19.0
      建築工事業                                      164,074          △19.3
      その他                                       1,802         △76.8
                 合計                          2,114,524            14.4
      (注)   1.  上記の金額は、販売価格によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)  受注実績

        当事業年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                                     第19期
                                 (自 平成27年6月1日
                                  至 平成28年5月31日)
        セグメントの名称
                       受注高        前年同期比(%)           受注残高        前年同期比(%)
      ホームメイキャップ事業                   1,566,188           15.8          299,416         115.6

      建築工事業                     82,175        △31.8           50,490        △82.0
           合計              1,648,364           11.9          299,960         111.4
      (注)1.    上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.  不動産事業及びFC加盟店に対するコーティング材等の販売に関する事業で構成されるその他の区分は、受
          注形態をとっていないため受注実績は記載しておりません。
        3.    受注残高には、受注金額が不明瞭なものは含んでおりません。
      (3)  販売実績

        当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                                      第19期
              セグメントの名称                    (自 平成27年6月1日               前年同期比(%)
                                   至 平成28年5月31日)
      ホームメイキャップ事業                                     1,948,646            19.0
      建築工事業                                      164,074          △19.3
      その他                                       1,802         △76.8
                 合計                          2,114,524            14.4
      (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 10/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
        当社は、今後さらなる事業拡大を志向するために、対処すべき課題として以下の項目に取組んでいます。
       ①販売チャネルの構築

        当社は継続的な事業の拡大を図っておりますが、計画した収益を確保するために、さらなる強固な営業基盤を構
       築することが必要不可欠であると認識しております。
        この課題に対処する施策としては、顧客を保有する既存パートナーとの関係強化による販売チャネルの確保・活
       用、新規パートナーの開拓に取り組むとともに、公共団体との関係強化や提案強化を図ります。また、全国への広
       域展開を目的とした支店出店のための計画も緻密な市場調査・戦略立案を行っていきます。
       ②施工生産性の強化

        受注拡大とともに施工現場における工事推進力を強化するには、標準化された施工ノウハウを実践できる社内の
       ホームメイキャップマスターの育成、当社が設定した一定の技術水準を満たす外注業者(公式施工店)の選定・確
       保等が重要な課題と考えております。
        この課題に対処する施策としては、社内のホームメイキャップマスターについては、社内打合せによる施工管理
       の日々の徹底、選定した外注業者(公式施工店)については、当社と先方との間で打合せや報告を密に行うことに
       より、厳格な品質管理及び施工管理に努めております。
       ③研究開発活動の促進

        道路、橋梁等の大型修繕工事においては、より高い品質・性能の施工技術が求められ、当社としてもそれに応え
       ていくことが課題となります。
        この課題に対処する施策としては、より高度な技術の研究開発に積極的に取り組んでいきたいと考えておりま
       す。
       ④人材育成

        広域的な営業展開を図るためには、各拠点で責任を持って管理・提案営業が行える将来の幹部社員・中堅社員候
       補の優秀な人材を計画的に採用・育成することが重要な課題と考えております。
        この課題に対処する施策としては、会社説明会・求人広告や学校廻り等により採用を強化するとともに、継続的
       にOJTによる対応力の向上に日々取り組んでおりますが、今後は、幹部社員・中堅社員への研修も企画していき
       ます。
       ⑤経営管理機能の強化

        経営の効率化、緻密化を図るためには、全社的な内部統制システムの整備・運用のさらなる向上、コーポレー
       ト・ガバナンス機能のさらなる強化への積極的な取り組みが不可欠と考えております。
        この課題に対処する施策としては、日々の業務フローの精査に加え、内部監査の人員・内容の充実等に取り組む
       ことで内部統制機能の向上を図ります。さらにコーポレート・ガバナンス機能の強化として、意思決定の明確化、
       組織体制の最適化、内部監査体制の充実及び会計監査人との連携を強化し、加えて従業員に対しても、継続的な啓
       蒙、教育活動を行っています。
                                 11/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     4  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、事業展開上のリスク要因となり、かつ
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性がある主な事項は、次のとおりであります。いずれも当社の判断により積
      極的に開示するものであり、一部リスク情報に該当しない、または当社が必ずしもリスクと認識していない事項も含
      まれております。
       なお、将来に関する事項については、本提出日現在において当社が判断したものであり、事業のリスクはこれらに
      限られるものではありません。
     1 人材の確保について

       当社は、スピード感のある事業展開・拡大を実現するために、それに対応する優秀な人材の確保と育成が必要であ
      ると考えております。
       また、当社のホームメイキャップブランドは人的資本によって維持されている要素が強いため、人員の確保と同時
      に人材の育成が必要不可欠であるとも考えられます。特に、当社は支店展開を図るうえで営業戦略の立案及び実行等
      を適切に行える人材は重要と考えております。
       当社は、施工技術から商品知識、接客マナーについて独自の研修プログラムを設けております。よって業界を特定
      していない人材マーケットからの採用も可能ではありますが、当社が求める人材が充分に確保できない場合又は在職
      している人材が流出し、必要な人員数を確保できなくなった場合、営業戦略の立案及び実行等が適切に行える人材の
      育成が計画どおり進まない場合又は人員配置を誤った場合、当社の業績及び支店設置計画の見直し等今後の事業展開
      に多大な影響を及ぼす可能性があります。
     2 建設・不動産市場の動向

       経済情勢の悪化や不測の事態の発生により、建設・不動産市場の急激な縮小や競争環境の激化が生じた場合には、
      業績に影響を及ぼす可能性があります。
     3 法的規制について

       当社の事業は、建設業法、建築基準法、宅地建物取引業法、国土利用計画法、都市計画法、独占禁止法等の法的規
      制を受けております。
       当社のホームメイキャップ事業及び建築工事業においては、事業を行うにあたり、建設業法に定める特定・一般建
      設業許可(許可番号:国土交通大臣許可(特・般-25)第22629号、有効期間:平成25年4月21日から平成30年4月
      20日まで)を取得しております。
       当社におきましては、過去において、同法に定める第3条(建設業の許可)、第7条(許可の基準)、第26条(主
      任技術者及び管理技術者の設置)等の許可要件について欠格事実はありません。
       しかしながら、当社において違法な行為があった場合や、これらの法律の改廃、法的規制の新設、適用基準の変更
      があった場合には、当社の業績等に影響を及ぼす場合があります。また、当社に対する訴訟等について、当社側の主
      張・予測と相違する結果となった場合には、当社の業績等に影響を及ぼす可能性があります。
     4 特定人物への依存について

       当社代表取締役社長である山本貴士は、当社の創業者であり、筆頭株主であります。最高経営責任者として経営方
      針や戦略の決定、さらには事業推進に至るまで中心的な役割を果たしております。このため当社では過度に同氏に依
      存しないよう経営体制を整備し、経営リスクの軽減を図ることに努めるとともに、人材育成の強化を行っておりま
      す。しかしながら、未だ、同氏は、当社において余人をもって代え難い存在であり、同氏に対する依存度は高くなっ
      ております。同氏が何らかの理由により経営から退いた場合、当社の今後の事業展開に多大な影響を及ぼす可能性が
      あります。
                                 12/86




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     5「ホームメイキャップ」の品質維持の取り組みについて
       「ホームメイキャップ」は、顧客の満足度を追求した結果、確立されたものです。悪質な訪問販売や不透明な価格
      体系、無責任な施工によるトラブルが少なくない外壁リフォームの分野で、当社が成長するためには当該ブランドの
      維持及び浸透が重要な経営課題となっております。
       当社は、施工技術から商品知識、接客マナーについて独自の研修プログラムを設けております。「ホームメイ
      キャップ」の商標を使用する当社スタッフ及び当社加盟店等スタッフに対し、当該研修プログラムの履修を義務づけ
      るなど、「ホームメイキャップ」の品質維持に努めております。
       今後、当社の予想を超える需要に対して、「ホームメイキャップ」の品質維持の取り組みが対応できない場合、当
      社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
     6 工事施工等のリスク

       当社は性能・品質技術にこだわった設計、施工を心掛けております。また、当社のホームメイキャップ事業で手掛
      けた施工については、10年保証としております。
       しかしながら、当社が設計、施工した物件に不具合が生じる可能性は否定できず、その際の手直しに要する追加の
      施工費、重大な瑕疵があった場合に対する損害賠償等の発生により、当社の業績等に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
       また、施工中に予期せぬ重大な事故が発生した場合や天候不順や大型物件工事の工期のズレ、夏季・冬季時期の季
      節的変動要因等による工期遅延が発生した場合にも、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
     7 取引先の信用リスク

       当社施工の発注者においては、施工後に工事代金の未回収及び貸倒れの発生する可能性があります。このように、
      発注者が信用不安に陥った場合、工事代金が回収できず、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       また、仕入先、外注先が信用不安に陥った場合にも、代替業者との調整による工期遅延等が発生し、当社の業績等
      に影響を及ぼす可能性があります。
     8 特定取引先への依存について

       当社がホームメイキャップ事業で採用している特殊機能性塗料は、英国製の商品を日本の気候及び当社工法に適応
      させたものであります。当該塗料は、耐候性、防水性、伸縮性、水蒸気透過性、低刺激性、コンクリートの中性化防
      止機能、追従性といった総合的な機能を併せ持つ、環境に配慮した水性コーティング材であります。
       当社は、当該塗料について仕入先である㈱ダイフレックスと契約を締結しております。当該契約の締結は、同社塗
      料の特性を生かすことのできる当社独自の施工方法が評価されたことによるものであり、同社との取引関係は相互補
      完的なものであります。このような関係から、当社の仕入総額に占める同社からの仕入割合は、平成28年5月期にお
      いては約52%であります。
       当社は、同社との良好な関係維持に十分留意しておりますが、同社との取引条件に関して当社の意図するとおりに
      合意できない場合、契約更新が拒絶された場合又は契約が解除された場合には、当社の業績に影響を及ぼす可能性が
      あります。
     9 利益配当の未実施について

       当社株主に対する利益還元を重要な課題として認識しておりますが、当社は内部留保の充実に努めるため設立以来
      配当を実施しておりません。配当については、今後も各期の経営成績及び今後の事業展開に備えるため、内部留保の
      充実の必要性を勘案して決定する方針であります。
                                 13/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     5  【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     6  【研究開発活動】

       当社は、多様化するユーザーニーズや社会構造の変化に対応するために、研究所を中心に、品質の向上及び生産性
      の向上を目指し、研究開発を積極的に行っております。
       当社は、既存技術の課題を解決するため、薄膜の補修材による素地への透明性確保・はく落防止を強化するスケル
      トン防災コーティングの施工方法の研究、スケルトン防災コーティングへの付加価値向上を図るための研究を引き続
      き行っております。
       なお、当事業年度において使用した研究開発費の総額は、12,192千円であります。
       セグメントごとの研究開発活動は、次のとおりであります。

       (1)   ホームメイキャップ事業

          ホームメイキャップ事業では、引き続き、薄膜の補修材による素地への透明性確保・はく落防止を強化する
         スケルトン防災コーティングの施工方法について、耐久性や高強度化といった機能性の向上を目的とした研究
         開発、スケルトン防災コーティングへの付加価値向上のために、メンテナンス状況や記録を一元管理できるシ
         ステム開発及び構築化も行っております。
          当事業年度において使用した研究開発費の総額は、12,192千円であります。
       (2)   建築工事業

          該当事項はありません。
       (3)   その他

          該当事項はありません。
                                 14/86











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  財政状態の分析
       (流動資産)
        当事業年度末における流動資産の残高は、1,227,787千円(前事業年度末1,017,984千円)であり、前事業年度末
       と比較し209,803千円増加致しました。その主な要因は、完成工事未収入金の増加(前事業年度末より95,046千円の
       増加)、未成工事支出金の増加(同55,484千円の増加)、受取手形の増加(同24,262千円の増加)、現金及び預金
       の増加(同21,760千円の増加)等によるものであります。
       (固定資産)

        当事業年度末における固定資産の残高は、1,168,215千円(前事業年度末1,117,699千円)であり、前事業年度末
       と比較し50,516千円増加致しました。その主な要因は、機械装置費の増加(前事業年度末より73,443千円の増
       加)、保険積立金の増加(同21,233千円の増加)、投資有価証券の評価替えによる減少(同57,058千円の減少)等に
       よるものであります。
       (流動負債)

        当事業年度末における流動負債の残高は、620,849千円(前事業年度末729,862千円)であり、前事業年度末と比
       較し109,012千円減少致しました。その主な要因は、未払法人税等の減少(前事業年度末より57,417千円の減少)、
       工事未払金の減少(同43,158千円の減少)、未払消費税等の減少(同22,264千円の減少)等によるものであります。
       (固定負債)

        当事業年度末における固定負債の残高は、406,152千円(前事業年度末509,409千円)であり、前事業年度末と比
       較し103,257千円減少致しました。その主な要因は、長期借入金の減少(前事業年度末より81,634千円の減少)、長
       期繰延税金負債の減少(同28,696千円の減少)等によるものであります。
      (純資産)

        当事業年度末における純資産の残高は、1,369,000千円(前事業年度末896,411千円)であり、前事業年度末と比
       較し472,588千円増加致しました。その主な要因は、公募増資による資本金150,152千円及び資本準備金150,152千円
       の増加、繰越利益剰余金の増加(前事業年度末より189,186千円の増加)、その他有価証券評価差額金の減少(同
       34,418千円の減少)、特別償却準備金の減少(同24,923千円の減少)等によるものであります。
                                 15/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (2)  経営成績の分析
       (売上高)
        当事業年度における売上高は、2,114,524千円(前年同期比14.4%増)となりました。その主な要因は、ホーム
       メイキャップ事業におきましては、当事業年度に新たに設置した埼玉支店、福山支店、下関支店、久留米支店、名
       古屋支店の受注基盤の確立及び既存店におけるパートナー(工務店等)との関係強化を図ったことによりホームメ
       イキャップ工法による内外装リフォーム工事等の増加により、また、スケルトン施工の対象となる公共案件も順調
       に取り組み、主軸事業のホームメイキャップ事業において受注拡大ができたためであります。
        また、建築工事業につきましては、受注・着工時期のズレ込みによる工期遅れの影響を受け工事が完工しなかっ
       たことから売上高は減少となっております。
       (営業利益)

        当事業年度における売上原価は、1,439,928千円(前年同期比11.3%増)となりました。これは、完成工事原価
       1,390,084千円、加盟店関連売上原価49,562千円等によるものであります。
        また、販売費及び一般管理費は、465,357千円(前年同期比22.2%増)となりました。これは、給料及び手当
       200,322千円、支払手数料36,070千円等によるものであります。
        売上原価及び販売費及び一般管理費につきましては、原価低減と経費削減に取り組み、施工管理と品質・技術の
       向上に努め、売上高の増加に伴う工事売上総利益の増加及び事業拡大に備えた施工・営業社員の採用、支店開設費
       用の発生等の経費が増加したことによるものであります。
        この結果、営業利益は、209,238千円(前年同期比20.2%増)となりました。
       (経常利益)

        当事業年度における営業外収益は、68,706千円(前年同期比0.9%減)となりました。これは、太陽光発電の売電
       収入32,853千円、外国社債に関する有価証券利息14,030千円、技術研究に対する助成金収入15,061千円等によるも
       のであります。 
        また、営業外費用につきましては、37,523千円(前年同期比4.5%増)となりました。これは、減価償却費
       21,387千円、株式交付費8,153千円、支払利息3,426千円、売電費用3,000千円等によるものであります。  
        この結果、経常利益は、240,422千円(前年同期比15.9%増)となりました。 
       (税引前当期純利益)

        当事業年度における特別利益は、固定資産売却益953千円であります。また、特別損失は、投資有価証券の評価
       減1,850千円であります。 
        この結果、税引前当期純利益は、239,525千円(前年同期比0.05%減)となりました。
       (当期純利益)

        当事業年度における法人税等(法人税等調整額を含む。)は、75,263千円となりました。
        この結果、当期純利益は、164,261千円(前年同期比6.0%増)となりました。
                                 16/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況の分析
        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、584,089千円(前事業年度末562,329千
       円)であり、前事業年度末と比較し21,760千円の増加となりました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において営業活動の結果、使用した資金は112,529千円(前事業年度は321,539千円の収入)となりま
       した。これは、主に税引前当期純利益239,525千円、売上債権の増加額122,913千円、たな卸資産の増加額65,057千
       円、仕入債務の減少額44,146千円等によるものであります。 
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において投資活動の結果、使用した資金は109,687千円(前事業年度は87,270千円の使用)となりまし
       た。これは、主に有形固定資産の取得による支出82,220千円、保険積立金の積立による支出21,233千円等によるも
       のであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当事業年度において財務活動の結果、得られた資金は243,931千円(前事業年度は39,528千円の使用)となりまし
       た。これは、主に株式の発行による収入292,151千円、長期借入れによる収入180,000千円、長期借入金の返済によ
       る支出268,977千円等によるものであります。
      (4)  経営戦略の現状と見通し

        わが国経済におきましては、消費税の増税が先送りされるとともに日本銀行による金融緩和策がされ、また為替
       の変動や海外経済の減速等から、引き続き不透明感の強い状況が続くものと予想しております。
        建設業界におきましては、東京オリンピック・パラリンピックに伴う発注に期待感があるものの公共投資は減少
       傾向が続くと予想され、資材価格や労務費の逼迫等の建設コストの高騰が工事収益を圧迫する等が懸念されており
       ます。
        こうした状況の中、当社は、引き続きホームメイキャップ工法を全国展開するための直営店の設置活動を強化
       し、既存パートナー(工務店等)との関係強化や新規エリアにおける新たなるパートナーの開拓推進を行ってまいり
       ます。
      (5)  経営者の問題意識と今後の方針

        当社は、引き続きホームメイキャップ工法を全国展開するための直営店の設置活動を強化し、既存パートナー
       (工務店等)との関係強化や新規エリアにおける新たなるパートナーの開拓を推進していく必要があると考えており
       ます。
        特に重要な課題としては、原価低減と経費削減、工事採算性を重視した受注推進の徹底、施工管理技術と品質の
       向上、施工・営業社員の採用や育成、支店拡大、研究開発の推進が挙げられます。
        これらに関する具体的な課題認識と今後の取り組み方針につきましては、「3対処すべき課題」に記載のとおり
       であります。
                                 17/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当事業年度に実施した設備投資の総額は、111,939千円であり、その主なものは太陽光発電設備(79,500千円)及び
      調色機(14,549千円)の取得であります。
     2  【主要な設備の状況】

                                                 平成28年5月31日現在
                                 帳簿価額(千円)
     事業所名     セグメント                                              従業員数
               設備の
                内容
     (所在地)      の名称                                              (名)
                                   工具、器具
                           機械及び     車輌運          土地
                                             リース資産
                    建物    構築物                            合計
                                    及び備品     (面積㎡)
                            装置    搬具
      本社                                   395,240
          ホームメ
               統括業
                                            (
          イキャッ         48,647     142   227,708     4,993      310         12,084    293,887        36
     (山口県
               務他
          プ事業等
     宇部市)                                  55,375.23)
      (注)   1 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 現在休止中の設備はありません。
        3 本社建物の一部を賃貸しております。
        4 従業員数は就業人員であり、使用人兼務役員は含まれておりますが、臨時雇用者数(パートタイマー、人材
          会社からの派遣、季節工を含みます。)は含まれておりません。
        5 帳簿価額の合計のうち557,641千円は、太陽光発電設備(土地含む。)であります。
       主要なリース設備として、以下のものがあります。                 平成28年5月31日現在

      事業所名       セグメント                               年間リース料       リース契約残高
                     設備の内容         数量      リース期間
      (所在地)        の名称                               (千円)        (千円)
             ホームメイ
       本社
             キャップ事業          車両          51台     1~6年間          13,253        5,582
     (山口県宇部市)
             等
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
                                 投資予定金額
                                  (千円)
          事業所名       セグメントの
                        設備の内容                資金調達方法       着手及び完了予定
         (所在地)         名称
                                総額    既支払額
           本社

                                                     平成30年
                ホームメイ                                平成27年
                       建設工事用備品         45,000       ―  増資資金
                キャップ事業                                 12月
                                                      5月
        (山口県宇部市)
          新規出店             事務所及び事務
                ホームメイ                         自己資金、増       平成27年     平成30年
                                 32,000     10,000
          16支店
                キャップ事業                          資資金
                                                 5月     5月
                       所備品等
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 18/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                 2,478,000

                  計                               2,478,000

       ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成28年5月31日)          (平成28年8月30日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                   (マザーズ市場)
                                            単元株式数は100株でありま
                                   福岡証券取引所
       普通株式             727,500          727,500
                                            す。
                                   (Q-Board
                                      市場)
         計           727,500          727,500         ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        平成27年5月24日の取締役会決議に基づいて発行した会社法に基づく新株予約権は、次のとおりであります。
                              事業年度末現在                提出日の前月末現在
                             (平成28年5月31日)                 (平成28年7月31日)
      新株予約権の数(個)                         500(注)1                 500(注)1

      新株予約権のうち自己新株予約権の数

                                  ―                 ―
      (個)
      新株予約権の目的となる株式の種類                         普通株式                 普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                    50,000(注)2                          50,000(注)2       

      新株予約権の行使時の払込金額(円)                         2,450(注)3                  2,408(注)3


                          平成30年9月1日から平成32年6                 平成30年9月1日から平成32年6


      新株予約権の行使期間
                          月4日までとする。                 月4日までとする。
      新株予約権の行使により株式を発行す
                          発行価格   4,800                 発行価格   4,800
      る場合の株式の発行価格及び資本組入
                          資本組入額 1,812.5                 資本組入額 1,812.5
      額(円)
                                 19/86




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                              事業年度末現在                提出日の前月末現在
                             (平成28年5月31日)                 (平成28年7月31日)
                         ① 新株予約権者は、平成28年5                 ① 新株予約権者は、平成28年5
                           月期から平成30年5月期まで                 月期から平成30年5月期まで
                           の期の営業利益の累計額が下                 の期の営業利益の累計額が下
                           記(a)から(c)に掲げる各                 記(a)から(c)に掲げる各
                           金額を超過した場合、各新株                 金額を超過した場合、各新株
                           予約権者に割り当てられた新                 予約権者に割り当てられた新
                           株予約権のうち、それぞれ定                 株予約権のうち、それぞれ定
                           められた割合(以下「行使可                 められた割合(以下「行使可
                           能割合」という。)の個数を                 能割合」という。)の個数を
                           限度として行使することがで                 限度として行使することがで
                           きる。なお、行使可能な新株                 きる。なお、行使可能な新株
                           予約権の数に1個未満の端数                 予約権の数に1個未満の端数
                           が生じる場合は、これを切り                 が生じる場合は、これを切り
                           捨てた数とする。                 捨てた数とする。
                           (a)営業利益の累計額が520百                 (a)営業利益の累計額が520百
                             万円を超過した場合 行使                 万円を超過した場合 行使
                             可能割合:30%                 可能割合:30%
                           (b)営業利益の累計額が550百                 (b)営業利益の累計額が550百
                             万円を超過した場合 行使                 万円を超過した場合 行使
                             可能割合:60%                 可能割合:60%
                           (c)営業利益の累計額が580百                 (c)営業利益の累計額が580百
                             万円を超過した場合 行使                 万円を超過した場合 行使
                             可能割合:100%                 可能割合:100%
                         ② 上記①に関わらず、平成28年                 ② 上記①に関わらず、平成28年
                           5月期から平成30年5月期の                 5月期から平成30年5月期の
                           いずれかの期の営業利益が144                 いずれかの期の営業利益が144
                           百万円を下回った場合には、                 百万円を下回った場合には、
                           上記①(a)から(c)の各条                 上記①(a)から(c)の各条
                           件を充たした場合において                 件を充たした場合において
                           も、本新株予約権を行使する                 も、本新株予約権を行使する
                           ことができない。                 ことができない。
      新株予約権の行使の条件                   ③ 上記①および②における営業                 ③ 上記①および②における営業
                           利益の判定においては、当社                 利益の判定においては、当社
                           の有価証券報告書に記載され                 の有価証券報告書に記載され
                           る連結損益計算書(連結損益                 る連結損益計算書(連結損益
                           計算書を作成していない場                 計算書を作成していない場
                           合、損益計算書)における営                 合、損益計算書)における営
                           業利益を参照するものとし、                 業利益を参照するものとし、
                           適用される会計基準の変更等                 適用される会計基準の変更等
                           により参照すべき営業利益の                 により参照すべき営業利益の
                           概念に重要な変更があった場                 概念に重要な変更があった場
                           合には、当社は合理的な範囲                 合には、当社は合理的な範囲
                           内において、別途参照すべき                 内において、別途参照すべき
                           適正な指標を取締役会にて定                 適正な指標を取締役会にて定
                           めるものとする。                 めるものとする。
                         ④ 新株予約権者は、新株予約権                 ④ 新株予約権者は、新株予約権
                           の権利行使時においても、当                 の権利行使時においても、当
                           社または当社関係会社の取締                 社または当社関係会社の取締
                           役、監査役または従業員であ                 役、監査役または従業員であ
                           ることを要する。ただし、任                 ることを要する。ただし、任
                           期満了による退任、定年退                 期満了による退任、定年退
                           職、その他正当な理由がある                 職、その他正当な理由がある
                           と取締役会が認めた場合は、                 と取締役会が認めた場合は、
                           この限りではない。                 この限りではない。
                         ⑤ 新株予約権者の相続人による                 ⑤ 新株予約権者の相続人による
                           本新株予約権の行使は認めな                 本新株予約権の行使は認めな
                           い。                 い。
                         ⑥ 本新株予約権の行使によっ                 ⑥ 本新株予約権の行使によっ
                           て、当社の発行済株式総数が                 て、当社の発行済株式総数が
                           当該時点における授権株式数                 当該時点における授権株式数
                           を超過することとなるとき                 を超過することとなるとき
                           は、当該本新株予約権の行使                 は、当該本新株予約権の行使
                           を行うことはできない。                 を行うことはできない。
                          新株予約権を譲渡するには取締役                 新株予約権を譲渡するには取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項
                          会の承認を要する。                 会の承認を要する。
      代用払込みに関する事項                            ―                 ―
      組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                  ―                 ―
      交付に関する事項
      (注)   1 新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。
                                 20/86


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        2 当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合は、次の算
          式により調整するものとする。ただし、かかる調整は本新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていな
          い新株予約権の目的たる株式数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
          調整後株式数=調整前株式数×分割(または併合)の比率
          また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本新株予約権が承継される場合、または当社が新設分
          割もしくは吸収合併を行う場合、その他これらの場合に準じて新株予約権の目的である株式の数の調整を必
          要とする場合には、当社は合理的な範囲で新株予約権の目的である株式の数の調整を行う。
        3 当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
          の端数は切り上げるものとします。
                                      1
           調整行使価額        =   調整前行使価額         ×
                                  分割・併合の比率
          また、割当日後、当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式を処分を行う場合に
          は、次の算式より行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                    新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                          既発行株式数        +
                                           1株当たり時価
          調整後        調整前
                =       ×
          行使価額        行使価額
                                 既発行株式数 + 新規発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除し
         て得た数とし、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己の株式数」、「1株当
         たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      平成23年6月1日
                   613,305       619,500          ―    185,012          ―    165,642
            (注)1
      平成27年8月12日
                   108,000       727,500       150,152       335,164       150,152       315,794
            (注)2
      (注)1 平成23年6月1日付で1株を100株とする株式分割を実施し、あわせて100株を1単元とする単元株制度を採
          用しております。これにより、発行可能株式総数は2,077,020株増加して2,098,000株となっております。ま
          た、発行済株式の総数は613,305株増加して619,500株となっております。
      (注)2 平成27年8月12日を払込期日とする有償一般募集による増資により、発行済株式総数が108,000株、資本金及
          び資本準備金がそれぞれ150,152千円増加しております。
                                 21/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成28年5月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                    株式
            政府及び
                            その他の                 個人
                       金融商品
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                 計
                       取引業者
                             法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
                ―     2     11      7     2     1    964     987      ―
     (人)
     所有株式数
                ―     15     64    1,058       5     15    6,117     7,274      100
     (単元)
     所有株式数
                ―    0.21     0.87     14.54      0.07     0.21     84.10     100.00       ―
     の割合(%)
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成28年5月31日現在
                                         所有株式数      発行済株式総数に対する
          氏名又は名称                    住所
                                          (株)     所有株式数の割合(%)
     山本 貴士                山口県宇部市                     190,800             26.22
     極東ホールディングス株式会社                山口県下関市彦島老町3丁目1-2                     99,500             13.68

     鳴本 聡一郎                山口県下関市                     37,100             5.10

     エムビーエス従業員持株会                山口県宇部市小串74番地3                     24,400             3.35

     田中 栄                神奈川県横浜市西区                     16,400             2.25

     井野口 房雄                山口県防府市                     15,400             2.11

     山本 朋子                山口県宇部市                     13,000             1.79

     原 真也                兵庫県明石市                     12,000             1.65

     松岡 弘晃                山口県宇部市                     12,000             1.65

     安藤 元裕                千葉県夷隅郡                      9,100             1.25

            計                  ―            429,700             59.07

                                 22/86









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成28年5月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                                         権利内容に何ら限定のない当社におけ
     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―
                                         る標準となる株式
                      普通株式      727,400
     完全議決権株式(その他)                                 7,274           同上
     単元未満株式                        100       ―              ―

     発行済株式総数                      727,500         ―              ―

     総株主の議決権                     ―            7,274            ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成28年5月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―          ―       ―       ―       ―
          計              ―          ―       ―       ―       ―

                                 23/86











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (9)  【ストックオプション制度の内容】
        当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は会社法に基づき、平成27年5月24日の取締役
       会において決議されたものであります。
        当該制度の内容は、以下のとおりであります。
     決議年月日                                平成27年5月24日

                         当社取締役6名(うち社外取締役1名)

     付与対象者の区分及び人数                   当社監査役3名(うち社外監査役1名)
                         当社従業員39名          
     新株予約権の目的となる株式の種類                                 当社普通株式

                                     50,000株     (注)1

     株式の数
     新株予約権の行使時の払込金額                                 2,408(注)2


     新株予約権の行使期間                   平成30年9月1日から平成32年6月4日までとする。


                        ① 新株予約権者は、平成28年5月期から平成30年5月期までの期の営
                          業利益の累計額が下記(a)から(c)に掲げる各金額を超過した場
                          合、各新株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それぞれ
                          定められた割合(以下「行使可能割合」という。)の個数を限度と
                          して行使することができる。なお、行使可能な新株予約権の数に1
                          個未満の端数が生じる場合は、これを切り捨てた数とする。
                          (a)営業利益の累計額が520百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            30%
                          (b)営業利益の累計額が550百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            60%
                          (c)営業利益の累計額が580百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            100%
                        ② 上記①に関わらず、平成28年5月期から平成30年5月期のいずれか
                          の期の営業利益が144百万円を下回った場合には、上記①(a)から
                          (c)の各条件を充たした場合においても、本新株予約権を行使する
                          ことができない。
     新株予約権の行使の条件
                        ③ 上記①および②における営業利益の判定においては、当社の有価証
                          券報告書に記載される連結損益計算書(連結損益計算書を作成して
                          いない場合、損益計算書)における営業利益を参照するものとし、
                          適用される会計基準の変更等により参照すべき営業利益の概念に重
                          要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途
                          参照すべき適正な指標を取締役会にて定めるものとする。
                        ④ 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または
                          当社関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要する。
                          ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由がある
                          と取締役会が認めた場合は、この限りではない。
                        ⑤ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
                        ⑥ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点に
                          おける授権株式数を超過することとなるときは、当該本新株予約権
                          の行使を行うことはできない。
     新株予約権の譲渡に関する事項                        新株予約権を譲渡するには取締役会の承認を要する。

     代用払込みに関する事項                                    ―

     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                         ―
     交付に関する事項
      (注)1 当社が株式分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合は、次の算
          式により調整するものとする。ただし、かかる調整は本新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていな
          い新株予約権の目的たる株式数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。
                                 24/86


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
          調整後株式数=調整前株式数×分割(または併合)の比率
          また、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併を行い本新株予約権が承継される場合、または当社が新設分
          割もしくは吸収合併を行う場合、その他これらの場合に準じて新株予約権の目的である株式の数の調整を必
          要とする場合には、当社は合理的な範囲で新株予約権の目的である株式の数の調整を行う。
        2 当社が株式分割又は株式併合を行う場合は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
          の端数は切り上げるものとします。
                                       1
           調整行使価額        =   調整前行使価額         ×
                                   分割・併合の比率
          また、割当日後、当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式を処分を行う場合に
          は、次の算式より行使価額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げるものとします。
                                    新規発行株式
                                           ×  1株当たり払込金額
                                    数
                          既発行株式数       +
          調整後        調整前                       1株当たり時価
                =        ×
          行使価額        行使価額
                                既発行株式数 + 新規発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除し

         て得た数とし、自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己の株式数」、「1株当
         たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
                                 25/86















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           該当事項はありません。
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          該当事項はありません。
     3  【配当政策】

       当社は、経営基盤の強化や財務安全性を優先する必要性から、創業以来配当を実施しておりませんが、株主に対す
      る利益還元に関しては、経営の重要課題の一つとして位置付けております。
       今後につきましては、将来の事業発展のために必要な内部留保の充実を考慮したうえで、各期の経営成績及び財政
      状態を勘案しつつ、利益配当による株主に対する利益還元を検討していく所存であります。なお、内部留保につきま
      しては、主軸事業であるホームメイキャップ事業の収益拡大及び施工品質強化を目的とした設備資金(全国の出店資
      金を含む。)、研究開発費及び運転資金に充当してまいります。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
      決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       当事業年度の配当につきましては、当期純利益を計上いたしましたが、経営体質及び今後の事業展開、内部留保の
      充実を図るために、誠に遺憾ながら、無配とさせて頂きました。 
       また、当社は「取締役会の決議によって、毎年11月30日を基準日として中間配当を行うことができる。」旨を定款
      に定めております。
                                 26/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     4  【株価の推移】
      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第15期         第16期         第17期         第18期         第19期

       決算年月        平成24年5月         平成25年5月         平成26年5月         平成27年5月         平成28年5月

       最高(円)            1,382         1,378         1,800         2,690         3,100

       最低(円)             800         655         910        1,490         1,454

      (注) 最高・最低株価は、平成27年8月13日より東京証券取引所マザーズ市場におけるものであり、それ以前は福岡
         証券取引所Q-Board市場におけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成27年12月       平成28年1月          2月       3月       4月       5月

       最高(円)           1,849       1,756       1,717       1,831       2,982       2,620

       最低(円)           1,610       1,461       1,454       1,550       1,650       2,141

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所マザーズ市場におけるものであります。
                                 27/86














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性7名 女性       -  名 (役員のうち女性の比率              -  %)
                                                       所有株式数
       役名      職名     氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                               平成3年4月      ㈱ヤナセ入社
                                     足場業を個人創業(屋号:プロ
                               平成5年1月
                                     ジェクトBIGI)
                                     ㈲アクアビギ(現:㈱エムビーエ
                               平成9年6月
      代表取締役
              ―   山本 貴士     昭和47年7月17日生               ス)を設立 代表取締役社長に就              (注)3      190,800
       社長
                                     任
                                     ㈱エムビーエスに組織変更
                               平成13年7月
                                     代表取締役社長就任(現任)
                                     ㈱お成り道取締役就任(現任)
                               平成19年7月
                               平成7年8月      プロジェクトBIGIに参加
                               平成13年7月      当社取締役就任(現任)
            ホームメイ
                               平成18年2月      当社東京支店長就任(現任)
           キャップ事業
       取締役           松岡 弘晃     昭和49年5月8日生                             (注)3      12,000
                                     当社ホームメイキャップ事業本
                               平成21年12月
           本部本部長兼
                                     部副本部長就任
            東京支店長
                                     当社ホームメイキャップ事業本
                               平成23年11月
                                     部本部長就任(現任)
                               平成11年4月      ㈱フォーバル入社
                               平成14年2月      当社入社
                               平成16年7月      当社営業部長就任
            ホームメイ
                                     当社取締役就任(現任)
                               平成20年8月
           キャップ事業
                                     当社ホームメイキャップ事業本
       取締役           高木 弘敬     昭和50年1月5日生                             (注)3      4,700
                               平成21年12月
           本部本部長兼
                                     部副本部長就任
             本店長
                               平成23年11月      当社本店長就任(現任)
                                     当社ホームメイキャップ事業本
                               平成28年6月
                                     部本部長就任(現任)
                               昭和60年4月      芙蓉総合リース㈱入社
                               平成2年12月      ㈱ナイルス(現:㈱ヴァレオジャ
                                     パン)入社
                                     ㈲ベル洋装店 取締役就任 
                               平成9年4月
                                     ㈲ベル洋装店 代表取締役就
                               平成14年1月
                                     任 
                               平成16年7月
       取締役     経営企画室長      栗山 征樹     昭和37年12月7日生                             (注)3      1,100
                                     ㈲ベルックスコーポレーショ
                                     ン 代表取締役就任 
                               平成19年7月
                                     当社入社
                               平成21年2月
                                     当社管理部長就任
                               平成23年8月
                                     当社取締役就任(現任)
                               平成28年6月      当社経営企画室長就任(現任)
                               昭和51年4月      ヤンマーディーゼル㈱(現:ヤン
                                     マー㈱)入社
                                     ㈱エスエムシー入社
                               平成3年4月
                                     ㈱社長室設立      専務取締役就任
                               平成7年10月
                                     当社取締役就任
                               平成13年7月
                                     (財)経営会議倶楽部設立          代表理
                               平成21年4月
                                     事就任
       取締役
              ―   井野口 房雄      昭和32年9月17日生                             (注)4      15,400
     (監査等委員)                                ㈱夢のかけはし      取締役就任
                               平成24年4月
                               平成26年4月      ㈱インキュベーション&リボー
                                     ン設立   代表取締役就任(現任)
                                     ㈱夢のかけはし      代表取締役就任
                               平成26年6月
                                     当社取締役(監査等委員)就任(現
                                     任)
                               平成28年8月
                                 28/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         (株)
                               平成10年4月
                                     日本ブーズ・アレン・アンド・ハ
                                     ミルトン㈱(現:プライスウォー
                                     ターハウスクーパース・ストラテ
                                     ジー㈱)入社
                               平成12年9月
                                     大前・ビジネス・ディベロップメ
                                     ンツ㈱入社
                               平成13年8月
                                     当社社外取締役就任
                               平成15年5月
                                     日興アントファクトリー㈱(現:
                                     アント・キャピタル・パートナー
                                     ズ㈱)入社
                               平成15年6月
                                     ㈱シーエーエー取締役就任
                               平成15年12月
                                     中日本自動車総合卸センター㈱
                                     (現:㈱シーエーエー)取締役就
                                     任
       取締役
              ―    伊藤 尚毅      昭和47年7月19日生                             (注)4      6,000
                               平成16年2月      アートウェッブハウス㈱取締役就
     (監査等委員)
                                     任
                                     ㈱シーエーエー取締役事業開発本
                               平成16年11月
                                     部長就任
                                     アント・キャピタル・パートナー
                               平成19年1月
                                     ズ㈱入社(現任)
                                     ㈱ジャパン・リリーフ代表取締役
                               平成19年1月
                                     社長就任
                                     ㈱アクティヴィジョン取締役就任
                               平成21年3月
                                     Menue㈱(現:㈱ビーグリー)取締
                               平成23年3月
                                     役就任
                                     ㈱ムーンスター取締役就任(現
                               平成25年11月
                                     任)
                                     当社取締役(監査等委員)就任(現
                               平成28年8月
                                     任)
                               平成8年7月      伊藤博税理士事務所(現:伊藤隆
                                     啓税理士事務所)入所
                               平成12年4月      ㈱ディー・ブレイン九州入社
                               平成13年6月       同社取締役コンサルティング部長
                                      就任
                               平成21年8月
                                      同社代表取締役就任
                                     ㈱ポルコロッソ監査役就任(現任)
                               平成21年10月
                               平成24年8月       当社監査役就任
       取締役
              ―    前田 隆     昭和47年5月19日生                             (注)4       ―
                                      LIEN㈱取締役就任(現任)
                               平成26年8月
     (監査等委員)
                                     ㈱トライアンド設立        代表取締役就
                               平成26年9月
                                     任(現任)
                               平成27年5月
                                     五洋食品産業㈱取締役就任(現任)
                               平成28年2月
                                     ㈱フロンティア取締役就任(現任)
                               平成28年6月
                                     ㈱アクアネット広島取締役就任(現
                                     任)
                               平成28年8月
                                     当社取締役(監査等委員)就任(現
                                     任)
                              計                           230,000
      (注)   1 平成28年8月30日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって
          監査等委員会設置会社へ移行しました。
        2 取締役伊藤尚毅及び前田隆は、社外取締役であります。
        3   監査等委員以外の取締役の任期は、平成29年5月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        4   監査等委員である取締役の任期は、平成30年5月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
        5 監査等委員会の体制は次のとおりであります。
          委員長 井野口房雄  委員 伊藤尚毅 委員 前田隆
                                 29/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       コーポレート・ガバナンスに関する企業方針
        当社は、コンプライアンス経営の徹底とコーポレート・ガバナンス体制の構築が経営機能の軸になるものである
       と認識しております。これらを実践することで経営の効率性・透明性が高まり、結果として企業価値の最大化に繋
       がると考えております。今後も、成長の各ステージにおいて、可能な限りコーポレート・ガバナンスの充実を図
       り、公正な経営システムづくりに取り組んでいく所存であります。
        当社は、平成28年8月30日開催の第19期定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行を内容とする定
       款の変更が決議されたことにより、同日付けで監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しております。
       この移行は、「会社法の一部を改正する法律」(平成26年法律第90号)が平成27年5月1日に施行され、新たな機
       関設計として監査等員会設置会社制度が創設されたことに伴い、取締役会の監督機能をより一層強化し、コーポ
       レート・ガバナンス体制の更なる充実を図るために実施したものであります。
       ①   企業統治の体制

        当社の取締役会は、監査等委員である取締役3名を含む計7名の取締役(うち、社外取締役2名)で構成されて
       おります。定例取締役会を毎月開催し、議決権を付与された監査等委員である取締役を含め、コーポレート・ガバ
       ナンス体制の更なる充実を図っております。
        当社の意思決定の仕組みは、代表取締役もしくは取締役が取締役会での議案を起案し取締役会での審議の上、取
       締役会の決議により決定しております。また、当社では毎月開催される定時取締役会に加え、必要に応じて臨時取
       締役会も開催しており、迅速かつ適確で合理的な意思決定を図りつつ、活発な質疑応答により経営の妥当性、効率
       性及び公正性等について適宜検討し、法令、定款及び社内規程等で定めた事項、並びに重要な業務に関する事項を
       決議し、業務執行しております。
        当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役3名(うち、社外取締役2名)で構成されております。取締役
       会への出席により、意思決定事項や報告事項に対する監査を行うとともに、適宜意見具申を行っております。ま
       た、平素においても、経営全般の適法性および適正性の観点から、業務監査および会計監査を実施しております。
       なお、監査等委員会は、毎月開催し、重要事項の決定および監査状況の報告・検討を行っております。
        また、当社は会計監査人として三優監査法人を選任しております。
                                 30/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        当社のコーポレート・ガバナンスの体制(模式図)は、以下のとおりであります。
                                 31/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        イ 内部統制システムの整備状況
          当社は、取締役会において、内部統制システムの構築に関する基本方針として、①取締役及び使用人の職務
         の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、②取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管
         理に関する体制、③損失の危険の管理に関する規程その他の体制、④取締役の職務の執行が効率的に行われる
         ことを確保するための体制、⑤監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における
         当該使用人に関する事項、⑥監査等委員会がその職務を補助すべき使用人の取締役(監査等委員である取締役
         を除く。)からの独立性に関する事項、⑦取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委
         員会に報告をするための体制その他監査等委員への報告に関する体制、⑧その他監査等委員の監査が実効的に
         行われることを確保するための体制、⑨反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況等につい
         て決議しております。当該基本方針に基づき、代表取締役社長をはじめ担当の取締役が業務の適正を確保する
         ための体制の確立を図っております。
          現在まで当社は、当該基本方針に沿って、果たすべき社会的責任を認識し、コーポレート・ガバナンスの充
         実とコンプライアンス体制の強化を目的として、事業推進状況の把握、チェック、報告、評価等を適切に実施
         し、問題の早期発見と迅速な解決に努めるとともに、各種リスクを未然に防止する体制を整えてまいりまし
         た。
          また、情報開示については、迅速かつ正確な開示を行うべく、決算の早期化や証券取引所等が規定する重要
         事実の適時開示を行うとともに、当社ホームページを通じた開示等も行っております。
        ロ リスク管理体制の整備状況

          当社は、リスク管理に係る規程を制定し、事業・経営上のリスクの吟味・分析、リスクヘッジのための対処
         策の検討・実施、投資家保護の観点によるリスク開示事項の検討等を行っております。
       ② 内部監査及び監査等委員会による監査の状況

          内部監査は、内部監査部門は設けておらず、組織横断型のチームを作って行っております。(専任者はおら
         ず、2名で行っております。)被監査部門から独立した部門に属する内部監査担当者が、内部監査規程に基づ
         き、代表取締役社長の命により、内部監査規程に基づき、社内諸規程や法令等の遵守状況の確認、内部統制シ
         ステムの運用状況の確認、効率性・安全性等に関する指摘・勧告等を行っております。
          期初に策定した内部監査計画に基づき、業務全般にわたる内部監査を実施し、監査結果は直接代表取締役社
         長に文書で報告されております。被監査部門に対しては、監査結果を踏まえて改善指示を行い、監査後は遅滞
         なく改善状況を報告させることにより、内部監査の実効性を担保しております。
          監査等委員会は、社外取締役2名を含む計3名で構成されており、取締役会その他重要な会議に出席し意見
         を述べ、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の職務執行の監査を実施しております。
          また、会計監査人及び内部監査部門と緊密な連携を保ち、意見交換、情報交換を行い、監査の実効性及び効
         率性等の向上を図っております。
                                 32/86








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       ③ 社外取締役との関係
          当社は、独立性を保ちながら中立な立場から客観的に監視を実施していただくことを目的として社外取締役
         を2名選任しており、いずれも監査等委員であります。
          社外取締役の伊藤尚毅氏及び前田隆氏とは、伊藤尚毅が当社株式を6,000株保有している他は、当社と特別
         な利害関係はなく、客観的な立場で取締役の職務を行っております。社外監査役2名につきましても、当社と
         特別な利害関係はなく、専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督・監査業務を行っております。
          社外取締役伊藤尚毅氏については、会社経営及び他社での取締役の豊富な経験を有しており、経営管理体制
         の適合性等について専門的な立場で意見・監督する観点から適任であるたと考えており、社外取締役に選任し
         ております。社外取締役前田隆氏については、会社経営及び他社での監査役の豊富な経験を有しており、経営
         管理体制の適合性等のチェック機能として適任であると考えており、社外取締役に選任しております。
          社外取締役は、その他の取締役と常に連携を取り会計監査人、内部監査部門からの報告内容を含め、経営の
         監視・監督に必要な情報を共有し、取締役会等への出席を通じて決議事項や報告事項について適宜質問すると
         ともに、必要に応じ社外の立場から意見を述べております。
          なお、当社は、社外取締役伊藤尚毅を東京証券取引所及び福岡証券取引所の定めに基づく独立役員として同
         取引所に届出を行っております。社外取締役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針は
         ないものの、選任にあたっては、東京証券取引所及び福岡証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等
         を参考にしております。
       ④   役員の報酬等

        イ   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)

                                                  対象となる
                     報酬等の総額
             役員区分                                     役員の員数
                       (千円)
                                     ストック
                                                   (名)
                             基本報酬               賞与
                                    オプション
          取締役
                        27,600       27,600          ―       ―      5
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                                 960        ―
                          960                       ―      1
          (社外監査役を除く。)
          社外取締役                 ―       ―       ―       ―      1
          社外監査役                240       240        ―       ―      2

          (注)    報酬等の総額には、使用人兼務役員の使用人分給与は含まれておりません。
        ロ   使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

                   対象となる役員の

           総額(千円)                              内容
                     員数(名)
               23,393            3  使用人兼務役員の使用人部分に係る給与(賞与含む。)
        ハ   役員の報酬等の額の決定に関する方針

          当社の役員の報酬等の額又はその算定方式に関する方針は、取締役については、株主総会で決定した限度額
         の範囲内で、取締役会において、会社及び個々の役員の業績を勘案し決定しております。一方、監査役につい
         ては、株主総会で決定した範囲内で、監査役会において決定しております。
                                 33/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       ⑤   株式の保有状況
        イ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          該当事項はありません。
        ロ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目

         的
          該当事項はありません。
        ハ   保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
       ⑥ 会計監査の状況

          会計監査につきましては、三優監査法人による適正かつ厳正な会計監査を受け、会計上の課題につきまして
         は随時相談・確認を行い、管理機能を充実させるためのアドバイスを受け、公正な経営システムづくりに取り
         組んでおります。
          また、業務を執行した公認会計士の氏名等は、以下のとおりであります。
         業務を執行した公認会計士の氏名                       所属する監査法人名
         吉川 秀嗣
                                         三優監査法人
         大神 匡
         (注) 監査業務に係る補助者の構成:公認会計士 4名
       ⑦ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

         (取締役の選任決議要件)
           当社は、監査等委員である取締役以外の取締役および監査等委員である取締役を、それぞれ区別して株主
          総会の決議によって選任しております。
           なお、当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
          を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款で
          定めております。
          (自己株式取得の決定機関)
          当社は取締役会決議によって、会社法第165条第2項に定める市場取引等により自己株式を取得することが
         できる旨を定款で定めております。これは、機動的な資本政策を遂行できるようにすることを目的とするもの
         であります。
          (中間配当)
           当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
          よって毎年11月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。
                                 34/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       ⑧ 取締役の定数
          当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、8名以内、監査等委員である取締役は5名以内とす
         る旨を定款に定めております。
       ⑨ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
         株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めて
         おります。
          これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
         的とするものであります。
       ⑩ 取締役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)
         の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で定めてお
         ります。
          これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮し、期待される役割を果たしうる環境を
         整備することを目的とするものであります。
       ⑪ 取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との責任限定契約の内容

          当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)との間で会社法
         第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結できる旨を定款に定めております。ただし、当該契約に基づ
         く賠償責任の限度額は、法令に定める最低責任限度額とする旨を定款に定めております。
          これは、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)が職務の遂行にあたり、期待された役割を十分に発
         揮できるようにすることを目的とするものであります。
       ⑫ 会計監査人との責任限定契約の内容

          当社は、会社法第427条第1項の規定により、会計監査人との間に会社法第423条第1項の損害賠償責任を限
         定する契約を締結できる旨を定款に定めております。ただし、当該契約に基づく責任限度額は、法令が定める
         額とする旨を定款に定めております。
                                 35/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                   前事業年度                     当事業年度

             監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
            基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                  10,400             ―       11,000               ―
       ② 【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         該当事項はありません。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありませんが、監査日数等を勘案の上で決定しております。
                                 36/86














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて
      作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成27年6月1日から平成28年5月31日ま
      で)の財務諸表について、三優監査法人により監査を受けております。
     3 連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表は作成しておりません。
     4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容や
      変更等を適切に把握し、変更等について的確に対応できるよう、各種セミナーへ積極的に参加し、社内周知を図って
      おります。
                                 37/86














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     1  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年5月31日)              (平成28年5月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                562,329              584,089
         受取手形                                 72,605              96,867
         完成工事未収入金                                291,827              386,874
         売掛金                                 11,720              15,324
         未成工事支出金                                 45,717              101,201
         仕掛販売用不動産                                   -            6,210
         原材料及び貯蔵品                                 12,037              15,401
         前払費用                                 4,397              3,934
         繰延税金資産                                 9,287              6,212
         その他                                 12,586              17,324
                                         △ 4,524             △ 5,651
         貸倒引当金
         流動資産合計                               1,017,984              1,227,787
       固定資産
         有形固定資産
           建物                               73,432              74,621
                                         △ 21,532             △ 24,311
             減価償却累計額
             建物(純額)                             51,900              50,309
           構築物
                                          5,340              5,340
                                         △ 4,963             △ 5,198
             減価償却累計額
             構築物(純額)                               376              142
           機械及び装置
                                         183,244              277,593
                                         △ 28,979             △ 49,884
             減価償却累計額
             機械及び装置(純額)                             154,265              227,708
           車両運搬具
                                          12,326              15,911
                                         △ 8,514             △ 10,917
             減価償却累計額
             車両運搬具(純額)                              3,812              4,993
           工具、器具及び備品
                                          13,662              13,662
                                         △ 13,262             △ 13,351
             減価償却累計額
             工具、器具及び備品(純額)                               399              310
                                       ※1  395,240            ※1  395,240
           土地
           リース資産                                3,402              14,420
                                          △ 737            △ 2,335
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                              2,665              12,084
           有形固定資産合計                               608,661              690,790
         無形固定資産
           ソフトウエア                                  -            1,560
                                            66              66
           電話加入権
           無形固定資産合計                                 66             1,626
                                 38/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年5月31日)              (平成28年5月31日)
         投資その他の資産
           投資有価証券                              383,352              326,293
           出資金                                130              140
           破産更生債権等                               1,553              3,315
           長期前払費用                               10,165              11,172
           長期貸付金                               5,025              5,722
           保険積立金                              105,592              126,826
           その他                               6,378              7,549
                                         △ 3,226             △ 5,221
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              508,971              475,798
         固定資産合計                               1,117,699              1,168,215
       資産合計                                 2,135,683              2,396,003
                                 39/86















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年5月31日)              (平成28年5月31日)
      負債の部
       流動負債
         工事未払金                                307,102              263,944
         買掛金                                 41,053              40,065
                                        ※1  95,615            ※1  88,272
         1年内返済予定の長期借入金
         リース債務                                  731             3,052
         未払金                                 62,051              66,061
         未払費用                                 10,082              12,104
         未払法人税等                                106,402               48,985
         未払消費税等                                 32,620              10,356
         未成工事受入金                                 20,184              27,216
         預り金                                 1,695              1,872
         前受収益                                  305              305
         完成工事補償引当金                                 51,654              58,367
         その他                                  361              245
         流動負債合計                                729,862              620,849
       固定負債
                                       ※1  397,994            ※1  316,360
         長期借入金
         リース債務                                 2,161              10,105
         資産除去債務                                 4,672              5,802
         繰延税金負債                                101,643               72,946
                                          2,938               938
         その他
         固定負債合計                                509,409              406,152
       負債合計                                 1,239,271              1,027,002
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                185,012              335,164
         資本剰余金
           資本準備金                               165,642              315,794
                                             -            28,136
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                               165,642              343,931
         利益剰余金
           その他利益剰余金
             特別償却準備金                             149,543              124,619
                                         292,650              481,836
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                               442,194              606,455
         自己株式                                △ 11,904                 -
         株主資本合計                                780,944             1,285,551
       評価・換算差額等
                                         115,467               81,049
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                115,467               81,049
       新株予約権                                     -            2,400
       純資産合計                                  896,411             1,369,000
      負債純資産合計                                   2,135,683              2,396,003
                                 40/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年6月1日              (自 平成27年6月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      売上高
       完成工事高                                1,767,337              1,985,524
       不動産売上高                                  4,050                -
       加盟店関連売上高                                  77,618              128,824
                                            -             174
       その他売上高
       売上高合計                                1,849,006              2,114,524
      売上原価
       完成工事原価                                1,260,446              1,390,084
       不動産売上原価                                  1,769                -
       加盟店関連売上原価                                  31,729              49,562
                                           216              281
       その他売上原価
       売上原価合計                                1,294,161              1,439,928
      売上総利益                                   554,844              674,595
      販売費及び一般管理費
       販売手数料                                  20,033              24,045
       広告宣伝費                                  10,829              10,937
       役員報酬                                  27,600              28,800
       給料及び手当                                 153,453              200,322
       法定福利費                                  16,015              21,054
       通信費                                  2,795              3,592
       旅費及び交通費                                  13,859              21,166
       交際費                                  5,410              6,796
       地代家賃                                  22,225              30,055
       減価償却費                                  5,303              6,446
       支払手数料                                  30,819              36,070
       保険料                                  4,322              6,196
       貸倒引当金繰入額                                   544             1,720
       貸倒損失                                    -            1,576
       車両費                                  8,152              8,416
                                       ※1  24,090            ※1  12,192
       研究開発費
                                         35,364              45,965
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                 380,820              465,357
      営業利益                                   174,023              209,238
                                 41/86








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年6月1日              (自 平成27年6月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      営業外収益
       受取利息                                   280              353
       助成金収入                                  8,354              15,061
       有価証券利息                                  16,651              14,030
       売電収入                                  30,820              32,853
       不動産賃貸収入                                  4,020              4,367
                                          9,198              2,040
       その他
       営業外収益合計                                  69,324              68,706
      営業外費用
       支払利息                                  3,844              3,426
       売電費用                                  3,837              3,000
       減価償却費                                  21,505              21,387
       貸倒引当金繰入額                                  2,889              1,400
       株式交付費                                    -            8,153
                                          3,823               154
       その他
       営業外費用合計                                  35,901              37,523
      経常利益                                   207,447              240,422
      特別利益
       違約金収入                                  43,200                 -
                                                       ※2  953
                                            -
       固定資産売却益
       特別利益合計                                  43,200                953
      特別損失
                                         11,000               1,850
       投資有価証券評価損
       特別損失合計                                  11,000               1,850
      税引前当期純利益                                   239,647              239,525
      法人税、住民税及び事業税
                                         107,448               80,095
                                        △ 22,782              △ 4,831
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    84,665              75,263
      当期純利益                                   154,981              164,261
                                 42/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       【完成工事原価報告書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成26年6月1日                  (自 平成27年6月1日
                           至 平成27年5月31日)                  至 平成28年5月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                         115,568        9.3          135,264        9.4
     Ⅱ 労務費                          99,228       8.0          99,016       6.8
     Ⅲ 外注加工費                         902,191       72.6         1,091,313        75.5
                               125,763                  119,974
     Ⅳ 経費                ※1                 10.1                  8.3
       当期総工事費用                                100.0                  100.0
                              1,242,751                  1,445,567
       期首未成工事支出金                          63,412                  45,717
                               45,717                 101,201
       期末未成工事支出金
       完成工事原価
                              1,260,446                  1,390,084
     (注)原価計算の方法は個別原価計算によっております。
     ※1  主な内容は次のとおりであります。

                項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          工事補償引当金繰入                            9,421                12,332

          賃借料                           13,443                 15,397

          旅費交通費                            8,911                 7,673

       【不動産売上原価報告書】

                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成26年6月1日                  (自 平成27年6月1日
                           至 平成27年5月31日)                  至 平成28年5月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     不動産売上原価
        土地                        1,769        ―            ―      ―
        建物                          ―      ―            ―      ―
                               (  ― )               (  ― )
        (外注費)                            (  ― )              (  ― )
       不動産売上原価                                 ―                  ―
                                1,769                    ―
      (注) 原価計算の方法は個別原価計算によっております。
       【加盟店関連売上原価報告書】

                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成26年6月1日                  (自 平成27年6月1日
                           至 平成27年5月31日)                  至 平成28年5月31日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     加盟店関連売上原価                          31,729        ―         49,562        ―
      (注) 原価計算の方法は個別原価計算によっております。
                                 43/86



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成26年6月1日 至           平成27年5月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金              利益剰余金
                                                      株主資本合
                                    その他利益剰余金
                資本金                                 自己株式
                         その他資本     資本剰余金              利益剰余金
                                                       計
                    資本準備金
                                  特別償却準     繰越利益剰
                          剰余金     合計              合計
                                    備金     余金
     当期首残高           185,012     165,642       ―  165,642     174,467     112,745     287,212    △ 11,904    625,962
     当期変動額
      当期純利益                                  154,981     154,981          154,981
      自己株式の処分                                                   ―
      新株の発行                                                   ―
      特別償却準備金の取
                                   △ 24,923     24,923       ―          ―
      崩
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計              ―     ―     ―     ―  △ 24,923    179,905     154,981       ―  154,981
     当期末残高           185,012     165,642       ―  165,642     149,543     292,650     442,194    △ 11,904    780,944
                評価・換算差額等

               その他有価

                         新株予約権     純資産合計
                    評価・換算
               証券評価差
                    差額等合計
                 額金
     当期首残高           74,872     74,872       ―  700,834

     当期変動額
      当期純利益                         154,981
      自己株式の処分                           ―
      新株の発行                           ―
      特別償却準備金の取
                                 ―
      崩
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純           40,595     40,595       ―   40,595
      額)
     当期変動額合計           40,595     40,595       ―  195,576
     当期末残高           115,467     115,467       ―  896,411
                                 44/86








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成27年6月1日 至           平成28年5月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金              利益剰余金
                                                      株主資本合
                                    その他利益剰余金
                資本金                                 自己株式
                         その他資本     資本剰余金              利益剰余金
                                                       計
                    資本準備金
                                  特別償却準     繰越利益剰
                          剰余金     合計              合計
                                    備金     余金
     当期首残高           185,012     165,642       ―  165,642     149,543     292,650     442,194    △ 11,904    780,944
     当期変動額
      当期純利益                                  164,261     164,261          164,261
      自己株式の処分                    28,136     28,136                   11,904     40,040
      新株の発行          150,152     150,152          150,152                        300,304
      特別償却準備金の取
                                   △ 24,923     24,923       ―          ―
      崩
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計           150,152     150,152     28,136    178,289    △ 24,923    189,185     164,261     11,904    504,607
     当期末残高           335,164     315,794     28,136    343,931     124,619     481,836     606,455       ― 1,285,551
                評価・換算差額等

               その他有価

                         新株予約権     純資産合計
                    評価・換算
               証券評価差
                    差額等合計
                 額金
     当期首残高           115,467     115,467       ―  896,411

     当期変動額
      当期純利益                         164,261
      自己株式の処分                         40,040
      新株の発行                         300,304
      特別償却準備金の取
                                 ―
      崩
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純          △ 34,418    △ 34,418     2,400    △ 32,018
      額)
     当期変動額合計           △ 34,418    △ 34,418     2,400    472,589
     当期末残高           81,049     81,049     2,400   1,369,000
                                 45/86









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                 46/86





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年6月1日              (自 平成27年6月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前当期純利益                                 239,647              239,525
       減価償却費                                  26,945              28,428
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,905              3,121
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                  3,644              6,713
       受取利息及び受取配当金                                 △ 17,186             △ 14,744
       支払利息及び社債利息                                  3,844              3,426
       為替差損益(△は益)                                 △ 1,355               △ 45
       固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 953
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  11,000               1,850
       株式交付費                                    -            8,153
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 121,148             △ 122,913
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  30,524             △ 65,057
       前払費用の増減額(△は増加)                                  2,719               659
       長期滞留債権の増減額(△は増加)                                  8,097                -
       破産更生債権等の増減額(△は増加)                                 △ 1,553             △ 1,762
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 1,983             △ 1,006
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,003             △ 1,293
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  70,187             △ 44,146
       未払金の増減額(△は減少)                                  23,213             △ 11,703
       未払費用の増減額(△は減少)                                  1,482              2,021
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                 △ 7,839              7,031
       その他の負債の増減額(△は減少)                                  30,873             △ 22,439
                                          2,870              △ 562
       その他
       小計                                 294,077               14,304
       利息及び配当金の受取額
                                         17,139              14,809
       利息の支払額                                 △ 3,742             △ 3,622
       法人税等の還付額                                  18,563                 -
                                         △ 4,498            △ 138,020
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 321,539             △ 112,529
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 56,528             △ 82,220
       有形固定資産の売却による収入                                    -             953
       無形固定資産の取得による支出                                    -           △ 1,800
       保険積立金の積立による支出                                 △ 21,230             △ 21,233
       短期貸付けによる支出                                 △ 1,000                -
       短期貸付金の回収による収入                                   500               -
       長期貸付けによる支出                                 △ 9,000             △ 6,800
       長期貸付金の回収による収入                                  1,823              2,593
       出資金の払込による支出                                  △ 105              △ 10
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 3,173             △ 2,049
                                          1,444               878
       敷金及び保証金の回収による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 87,270             △ 109,687
                                 47/86




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年6月1日              (自 平成27年6月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の返済による支出                                △ 155,000                 -
       長期借入れによる収入                                 210,000              180,000
       長期借入金の返済による支出                                 △ 93,802             △ 268,977
       リース債務の返済による支出                                  △ 726            △ 1,683
       株式の発行による収入                                    -           292,151
       自己株式の売却による収入                                    -            40,040
                                            -            2,400
       新株予約権の発行による収入
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 39,528              243,931
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    1,355                45
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   196,096               21,760
      現金及び現金同等物の期首残高                                   366,233              562,329
                                       ※1  562,329            ※1  584,089
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/86















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 資産の評価基準及び評価方法
      (1)   有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法によっております。(評価差額は、全部純資産直入法により処理
          し、売却原価は、移動平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法に基づく原価法によっております。
      (2)   たな卸資産
        評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       ① 原材料
         移動平均法による原価法
       ② 未成工事支出金
         個別法による原価法
       ③ 仕掛販売用不動産
         個別法による原価法
     2 固定資産の減価償却の方法

      (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法によっております。
        ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)、及び平成28年4月1日以降に取得した建
       物附属設備並びに構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
         建物            13~36年
         構築物            8~10年
         機械及び装置            6~17年
         車両運搬具            4~6年
         工具、器具及び備品            2~20年
        また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間均
       等償却する方法によっております。
      (2)   ソフトウエア(リース資産を除く)

        社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
      (3)   リース資産

        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。 
     3 引当金の計上基準

      (1)   貸倒引当金
        債権の貸倒れに備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個
       別の回収可能性を勘案して回収不能見込額を計上しております。
      (2)   完成工事補償引当金
        建設工事の補償工事費に充当するため過年度の実績を基準として計上しております。
                                 49/86



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     4 収益及び費用の計上基準
       工事売上高及び完成工事原価の計上基準
       イ 当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事(工期がごく短期間のものを除く)
         工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
       ロ その他の工事
         工事完成基準
     5 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
      ない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     6 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        税抜方式によっております。
        なお、資産に係る控除対象外消費税等は発生事業年度に費用処理しております。
                                 50/86















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (会計方針の変更)
        法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応
       報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築
       物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
        なお、当事業年度において財務諸表に与える影響はありません。
       (未適用の会計基準等)

      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
      (1) 概要

        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断
       に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見
       積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
         い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2) 適用予定日

        平成29年5月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

         当該会計基準の適用による財務諸表に与える影響額は、現時点ではありません。
       (追加情報)

        該当事項はありません。
                                 51/86











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 担保に供している資産とこれに対応する債務は、次のとおりであります。
      (イ)    担保に供している資産
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年5月31日)                 (平成28年5月31日)
         土地                        344,764千円                  344,764千円
      (ロ)    上記に対応する債務

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年5月31日)                 (平成28年5月31日)
         1年内返済予定の長期借入金                        15,158千円                 13,992千円
         長期借入金                       183,182千円                 169,190千円
       (損益計算書関係)

     ※1    一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成26年6月1日              (自    平成27年6月1日
                            至   平成27年5月31日)               至   平成28年5月31日)
         一般管理費                        24,090   千円              12,192   千円
     ※2    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                                前事業年度                当事業年度
                             (自    平成26年6月1日             (自    平成27年6月1日
                             至   平成27年5月31日)              至   平成28年5月31日)
         車両運搬具                          ―                953千円
                                 52/86












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 平成26年6月1日 至 平成27年5月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首株式数           当事業年度増加株式数           当事業年度減少株式数           当事業年度末株式数
                   (株)           (株)           (株)           (株)
     発行済株式数
       普通株式                 619,500              ―           ―        619,500

         合計             619,500              ―           ―        619,500

     自己株式

       普通株式(注)                 14,400             ―           ―        14,400

         合計             14,400             ―           ―        14,400

     2.新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当事業年度期首株式数           当事業年度増加株式数           当事業年度減少株式数           当事業年度末株式数
                   (株)           (株)           (株)           (株)
     発行済株式数
       普通株式(注)                 619,500           108,000              ―        727,500

         合計             619,500           108,000              ―        727,500

     自己株式

       普通株式(注)                 14,400             ―        14,400             ―

         合計             14,400             ―        14,400             ―

      (変動の概要)
       普通株式の増加及び減少の主な内訳は、次のとおりであります。
        公募増資による増加             108,000株
        自己株式の処分による減少                14,400株
     2.新株予約権に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                      当事業
                      目的となる
      会社名         内訳                                      年度末残高
                      株式の種類
                             当事業                  当事業
                                                      (千円)
                                    増加      減少
                             年度期首                   年度末
           平成27年ストック・オ
     提出会社                 普通株式          ―      ―      ―      ―     2,400
           プション新株予約権
               合計                 ―      ―      ―      ―     2,400
     3.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 53/86


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成26年6月1日              (自    平成27年6月1日
                            至   平成27年5月31日)               至   平成28年5月31日)
         現金及び預金勘定                        562,329千円                  584,089千円
         現金及び現金同等物                        562,329千円                 584,089千円
       (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容

        社用車(車両運搬具)及び事務用機器(工具、器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却の方法

        重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年5月31日)                 (平成28年5月31日)
         1年以内                         4,056千円                 4,858千円
         1  年  超
                                 7,061千円                 7,795千円
         合    計
                                 11,117千円                 12,653千円
                                 54/86











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については、一時的に生じる余資を安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金
       を銀行借入により調達をしております。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
        営業債権である、完成工事未収入金及び受取手形は、顧客の信用リスクに晒されております。営業債務である、
       工事未払金及び買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日です。
        借入金は、営業取引に係る資金調達であり、返済期日は決算日後、最長で8年2ヶ月後であります。このうち一
       部は、金利変動リスクに晒されております。
        投資有価証券は、資金運用目的の債券及び取引先企業との業務に関連する株式であり、市場価格の変動リスクに
       晒されております。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制
       ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、与信管理規程に従い、営業債権について、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手先ごとに
       期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。未回
       収の場合は、適切な保全措置をとることとしております。 
       ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
        投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先企業との
       関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
        借入金の支払金利の変動リスクに対しては、借入金の一部について金利の固定化を行っております。
       ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
        当社は、各部門の報告を受け管理部が月次に資金繰計画を作成することなどの方法により、流動性リスクを管理
       しております。
      (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合に合理的に算定された価額が含まれて
       おります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
       当該価額が変動することもあります。 
                                 55/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて困
       難と認められるものは、次表には含まれておりません((注)2.                               参照)。
        前事業年度(平成27年5月31日)
                       貸借対照表計上額(千円)               時価(千円)          差額(千円)

        (1)現金及び預金
                               562,329          562,329              ―
        (2)受取手形                       72,605          72,605             ―
                               291,827          291,827              ―
        (3)完成工事未収入金
                               381,502          381,502              ―
        (4)投資有価証券
              資産計                1,308,264          1,308,264               ―
        (1)工事未払金
                               307,102          307,102              ―
        (2)買掛金                              41,053          41,053             ―
        (3)   長期借入金(※1)                    493,609          494,430             821
              負債計                 841,765          842,586             821
         ※1.1年内返済予定の長期借入金を含めております。
        当事業年度(平成28年5月31日)

                       貸借対照表計上額(千円)               時価(千円)          差額(千円)

        (1)現金及び預金
                               584,089          584,089              ―
        (2)受取手形                       96,867          96,867             ―
                               386,874          386,874              ―
        (3)完成工事未収入金
                               326,293          326,293              ―
        (4)投資有価証券
              資産計                1,394,124          1,394,124               ―
        (1)工事未払金
                               263,944          263,944              ―
        (2)買掛金                              40,065          40,065             ―
        (3)   長期借入金(※1)                    404,632          410,296            5,664
              負債計                 708,642          714,307            5,664
         ※1.1年内返済予定の長期借入金を含めております。
         (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

          資産
          (1)    現金及び預金、(2)受取手形、(3)完成工事未収入金
           これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
          によっております。
         (4)投資有価証券
           これらの時価について、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によっております。ま
          た、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
                                 56/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
          負債
          (1)    工事未払金、(2)買掛金
           これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
          によっております。
          (3)    長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引
          いた現在価値により算定しております。
         (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                (単位:千円)
                              前事業年度              当事業年度
                           (平成27年5月31日)              (平成28年5月31日)
           投資有価証券
            非上場株式                         1,850                ―
           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められること 
          から、時価の表示をしておりません。
         (注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

          前事業年度(平成27年5月31日)
                                 1年超       5年超
                         1年以内                      10年超
                                5年以内       10年以内
                          (千円)                     (千円)
                                 (千円)       (千円)
             現金及び預金             562,329          ―       ―       ―
             受取手形              72,605          ―       ―       ―
             完成工事未収入金             291,827          ―       ―       ―
             投資有価証券
                              ―       ―       ―    381,502
              その他有価証券
                 合計         926,762          ―       ―    381,502
          当事業年度(平成28年5月31日)

                                 1年超       5年超
                         1年以内                      10年超
                                5年以内       10年以内
                          (千円)                     (千円)
                                 (千円)       (千円)
             現金及び預金             584,089          ―       ―       ―
             受取手形              96,867          ―       ―       ―
             完成工事未収入金             386,874          ―       ―       ―
             投資有価証券
                              ―       ―    326,293          ―
              その他有価証券
                 合計        1,067,831           ―    326,293          ―
                                 57/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
         (注)4.社債、長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
          前事業年度(平成27年5月31日)
                         1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                  5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
         長期借入金          95,615       88,260       86,614       78,304       16,436      128,380
           合計        95,615       88,260       86,614       78,304       16,436      128,380
          当事業年度(平成28年5月31日)

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                  1年以内                                  5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
         長期借入金          88,272       88,272       83,272       17,602       13,992      113,222
           合計        88,272       88,272       83,272       17,602       13,992      113,222
                                 58/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
       1.その他有価証券
         前事業年度(平成27年5月31日)
                           貸借対照表計上額           取得原価          差額
                  区分
                              (千円)         (千円)         (千円)
            貸借対照表計上額が
            取得原価を超えるもの
             株式                       ―        ―         ―
             債券
                                381,502        209,675         171,827
              社債
             その他                       ―        ―         ―
                  小計              381,502        209,675         171,827

                  合計              381,502        209,675         171,827

          非上場株式(貸借対照表計上額1,850千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
         と認められることから記載を省略しております。
         当事業年度(平成28年5月31日)

                           貸借対照表計上額           取得原価          差額
                  区分
                              (千円)         (千円)         (千円)
            貸借対照表計上額が
            取得原価を超えるもの
             株式                       ―        ―         ―
             債券
                                326,293        209,675         116,617
              社債
             その他                       ―        ―         ―
                  小計              326,293        209,675         116,617

                  合計              326,293        209,675         116,617

       2.減損処理したその他有価証券

         前事業年度(自 平成26年6月1日 至 平成27年5月31日)
          当事業年度において、有価証券について11,000千円(その他有価証券11,000千円)の減損処理を行っており
         ます。
         当事業年度(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

          当事業年度において、有価証券について1,850千円(その他有価証券1,850千円)の減損処理を行っておりま
         す。
                                 59/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
        該当事項はありません。
       (退職給付関係)

        該当事項はありません。
                                 60/86



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (ストック・オプション等関係)
     1.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
     ①  ストック・オプションの内容
      決議年月日                  平成27年5月24日
                        当社取締役6名(うち社外取締役1名)
                        当社監査役3名(うち社外監査役1名)
      付与対象者の区分及び人数
                        当社従業員39名
      株式の種類及び付与数                  普通株式 50,000株
      付与日                  平成27年6月5日
                        ① 新株予約権者は、平成28年5月期から平成30年5月期までの期の営業利
                          益の累計額が下記(a)から(c)に掲げる各金額を超過した場合、各新
                          株予約権者に割り当てられた新株予約権のうち、それぞれ定められた割
                          合(以下「行使可能割合」という。)の個数を限度として行使すること
                          ができる。なお、行使可能な新株予約権の数に1個未満の端数が生じる
                          場合は、これを切り捨てた数とする。
                         (a)営業利益の累計額が520百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            30%
                         (b)営業利益の累計額が550百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            60%
                         (c)営業利益の累計額が580百万円を超過した場合 行使可能割合:
                            100%
                        ② 上記①に関わらず、平成28年5月期から平成30年5月期のいずれかの期
                          の営業利益が144百万円を下回った場合には、上記①(a)から(c)の
                          各条件を充たした場合においても、本新株予約権を行使することができ
      権利確定条件
                          ない。
                        ③ 上記①および②における営業利益の判定においては、当社の有価証券報
                          告書に記載される連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場
                          合、損益計算書)における営業利益を参照するものとし、適用される会
                          計基準の変更等により参照すべき営業利益の概念に重要な変更があった
                          場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標
                          を取締役会にて定めるものとする。
                        ④ 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社
                          関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要する。ただし、
                          任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が
                          認めた場合は、この限りではない。
                        ⑤ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
                        ⑥ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点におけ
                          る授権株式数を超過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を
                          行うことはできない。
      対象勤務期間                  対象勤務期間の定めはありません。
      権利行使期間                  平成30年9月1日から平成32年6月4日まで
      ②   ストック・オプションの規模及びその変動状況

       当事業年度(平成28年5月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数に
      ついては、株式数に換算して記載しております。
       イ.ストック・オプションの数                                                                      (単位:株)
          決議年月日                            平成27年5月24日
          権利確定前
           前事業年度末
                                                      ―
           付与
                                                    50,000
           失効
                                                      ―
           権利確定
                                                      ―
           未確定残
                                                    50,000
          権利確定後
           前事業年度末
                                                      ―
           権利確定
                                                      ―
           権利行使
                                                      ―
           失効
                                                      ―
           未行使残
                                                      ―
                                 61/86



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       ロ.単価情報                                                                              (単位:円)
          決議年月日                             平成27年5月24日
          権利行使価格(円)                                           2,408
          行使時平均株価(円)                                             ―
          付与日における公正な評価単価(円)                                           4,800
     2.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      (1)  使用した評価技法  モンテカルロ・シミュレーション方式
      (2)  主な基礎数値及びその見積方法
       株価変動性     (注)1                          74.77%
       予想残存期間    (注)2                           5年
       予想配当      (注)3                          0円/株
       無リスク利子率   (注)4                          0.087%
      (注)   1.満期までの期間に対応した直近の期間の株価実績に基づき算定しております。

        2.割当日から権利行使期間満了までの期間であります。
        3.直近の配当実績によります。
        4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
     3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
      ます。
                                 62/86













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年5月31日)                 (平成28年5月31日)
         繰延税金資産
           貸倒引当金                         2,347千円                 3,327千円
           未払事業税                         7,402千円                  3,890千円
           完成工事補償引当金                        16,581千円                 17,802千円
                                 5,378千円                 4,161千円
           その他
          繰延税金資産 小計
                                 31,709千円                  29,180千円
                                △19,104千円                  △21,729千円
            評価性引当額
          繰延税金資産 合計
                                 12,605千円                  7,451千円
         繰延税金負債
                                48,177千円
           特別償却                                         38,108千円
           その他有価証券評価差額金                        56,359千円                  35,568千円
           その他                          424千円                  509千円
          繰延税金負債 合計                        104,961千円                  74,186千円
         繰延税金資産(△負債)の純額
                                △92,356千円                  △66,734千円
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

        前事業年度(平成27年5月31日)
         法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率の間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注
        記を省略しております。
        当事業年度(平成28年5月31日)

         法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率の間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注
        記を省略しております。
     3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会
       で成立したことに伴い、当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消
       されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前事業年度の32.1%から、回収又は支払が見込まれる期間が平成
       28年6月1日から平成30年5月31日までのものは30.7%、平成30年6月1日以降のものについては30.5%にそれ
     ぞ 
       れ変更されております。
        この税率変更による影響額は軽徴であります。
                                 63/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (賃貸等不動産関係)
       当社では、山口県において、賃貸住宅及び土地を有しております。
       平成27年5月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は1,969千円(賃貸収益は営業外収益、賃貸費用は営業
      外費用に計上)であります。
       平成28年5月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は3,328千円(賃貸収益は営業外収益、賃貸費用は営業
      外費用に計上)であります。
       また、当該賃貸等不動産の貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                   (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自    平成26年6月1日               (自    平成27年6月1日
                           至   平成27年5月31日)               至   平成28年5月31日)
                 期首残高                    43,567                  42,648
     貸借対照表計上額            期中増減額                    △918                  △884

                 期末残高                    42,648                  41,764

     期末時価                                42,230                  40,067

      (注)   1.  貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
        2.  前事業年度増減額のうち、主な減少額は減価償却費918千円であります。
          当事業年度増減額のうち、主な減少額は減価償却費884千円であります。
        3.  期末の時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価に基づく金額によっております。ただし、第三者
          からの取得時や直近の評価時点から一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に重要
          な変動が生じていない場合には、当該評価額や指標を用いて調整した金額によっております。
                                 64/86












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (持分法損益等)
        当社は関連会社が存在しないため記載しておりません。
       (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     (1)  当該資産除去債務の概要
        各支店の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
     (2) 当該資産除去債務の金額の算定方法

        使用見込期間を取得からそれぞれ5年または10年と見積り、割引率はそれぞれ0.370%または1.197%を使用して
       資産除去債務の金額を計算しております。
     (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成26年6月1日              (自    平成27年6月1日
                            至   平成27年5月31日)               至   平成28年5月31日)
         期首残高                         3,668千円                  4,672千円
         有形固定資産の取得に伴う増加額                         983                1,111
                                   20                 18
         時の経過による調整額
         期末残高
                                 4,672                 5,802
                                 65/86













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社を構成する単位のうち分離された財務情報が入手可能のものであり、取締役会に
       おいて配分すべき経営資源に関する意思決定が行われ、かつ業績を評価するために経営成績を定期的に検討する対
       象となっているものであります。
        なお、当社は事業本部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「ホームメイキャップ事
       業」、「建築工事業」を報告セグメントとしております。「ホームメイキャップ事業」はホームメイキャップ工法
       等による、諸建造物における内外装リフォーム工事、「建築工事業」は新築及び改修工事を行っております。
     2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価
       格に基づいております。
                                 66/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
       前事業年度(自         平成26年6月1日          至   平成27年5月31日)
                                                   (単位:千円)
                          報告セグメント
                                             その他
                                                     合計
                                             (注)
                   ホームメイ        建築工事業          計
                   キャップ事業
     売上高
       外部顧客への売上高               1,638,059         203,188       1,841,248          7,758      1,849,006

       セグメント間の内部
                         ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
           計          1,638,059         203,188       1,841,248          7,758      1,849,006
     セグメント利益                292,123         25,300        317,424         2,642       320,066

     セグメント資産                423,021         14,159        437,181          726      437,907

     その他の項目

       減価償却費                  551         ―       551         ―       551

      有形固定資産及び
                        983         ―       983         ―       983
      無形固定資産の増加額
     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産事業、FC加盟店に対するコー
        ティング材等の販売に関する事業等を含んでおります。
       当事業年度(自         平成27年6月1日          至   平成28年5月31日)

                                                   (単位:千円)
                          報告セグメント
                                             その他
                                                     合計
                                             (注)
                   ホームメイ        建築工事業          計
                   キャップ事業
     売上高
       外部顧客への売上高               1,948,646         164,074       2,112,721          1,802      2,114,524

       セグメント間の内部
                         ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
           計          1,948,646         164,074       2,112,721          1,802      2,114,524
     セグメント利益                347,514         15,926        363,441          506      363,947

     セグメント資産                593,326         46,287        639,613         6,336       645,950

     その他の項目

       減価償却費                 1,126          ―      1,126          ―      1,126

      有形固定資産及び
                      16,037           ―      16,037           ―      16,037
      無形固定資産の増加額
     (注)   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、FC加盟店に対するコーティング材等
        の販売に関する事業等を含んでおります。
                                 67/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     4   報告セグメント合計額と財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                 売上高                   前事業年度             当事業年度
     報告セグメント計                                  1,841,248             2,112,721

     「その他」の区分の売上高                                     7,758             1,802

     財務諸表の売上高                                  1,849,006             2,114,524

                                                   (単位:千円)

                 利益                   前事業年度             当事業年度
     報告セグメント計                                   317,424             363,441

     「その他」の区分の利益                                     2,642              506

     全社費用(注)                                  △146,042             △154,709

     財務諸表の営業利益                                   174,023             209,238

     (注)   全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                   (単位:千円)

                 資産                   前事業年度             当事業年度
     報告セグメント計                                   437,181             639,613

     「その他」の区分の資産                                      726            6,336

     全社資産(注)                                  1,697,775             1,750,052

     財務諸表の資産合計                                  2,135,683             2,396,003

     (注)   全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない長期投資資産(投資不動産、投資有価証券)、本社建物及び管理
        部門に係る資産等であります。
                                                    (単位:千円)

                報告セグメント計              その他           調整額         財務諸表計上額
      その他の項目
               前事業年度      当事業年度      前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度     前事業年度     当事業年度
     減価償却費             551     1,126       ―     ―   26,394     27,302     26,945     28,428

     有形固定資産及び
     無形固定資産の             983    16,037        ―     ―   3,668     95,902      4,652    111,939
     増加額
      (注)    調整額は、各報告セグメントに配分していない本社管理部門設備等に関するものであります。
                                 68/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
      前事業年度(自         平成26年6月1日          至   平成27年5月31日)
     1   製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%を占める相手先がないため、記載はありません。
      当事業年度(自         平成27年6月1日          至   平成28年5月31日)

     1   製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%を占める相手先がないため、記載はありません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
                                 69/86







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
     (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
       前事業年度(自 平成26年6月1日 至 平成27年5月31日)
                             議決権等
                    資本金又
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)         (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
     主要株主
     が議決権
                                       違約金収入       43,200     ―     ―
     を過半数
                                  不動産売買取
                山口県
     を自己の    極東建設株式               総合不動産
                    90,000              引、業務委託
                               ―
     計算にお    会社               業・建設業
                下関市
                                  等
     いて所有
                                       不動産仲介        193    ―     ―
     している
     会社
      (注)1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含んでおります。
        2 極東建設株式会社は、当社の主要株主である極東ホールディングス株式会社の100%出資子会社であります。
        3 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・違約金収入については、契約当事者間の合意に基づいて決定しております。
          ・不動産仲介については、宅地建物取引業法の規定に基づき国土交通大臣が定める報酬額の範囲内で、一般
           的条件と同様に決定しております。
       当事業年度(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

       該当事項はありません。
     (2) 財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

       該当事項はありません。
     (3) 財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

       該当事項はありません。
     (4)  財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等

       前事業年度(自 平成26年6月1日 至 平成27年5月31日)
                             議決権等
                    資本金又
         会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
      種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
          又は氏名               又は職業     (被所有)     との関係           (千円)         (千円)
                    (千円)
                             割合(%)
                                       工事請負・
         三本竹 稔        ―    ―     ―        施工依頼            48,000     ―     ―
                               ―
                                         施工
     役員及び
     その近親
     者
                             (被所有)
                                       工事請負・
         斉藤 久士        ―       当社従業員           施工依頼            15,938     ―     ―
                     -
                                         施工
                             直接0.00
      (注)1 上記金額のうち、取引金額は消費税等を含んでおります。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          工事請負・施工については、市場価格を勘案して交渉の上決定しております。
        3 三本竹稔は当社代表取締役山本貴士の義弟であります。
        4 斉藤久士は当社代表取締役山本貴士の実兄であり、当社従業員であります。
       当事業年度(自 平成27年6月1日 至 平成28年5月31日)

       該当事項はありません。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1)  親会社情報
        該当事項はありません。
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        該当事項はありません。
                                 70/86


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                                 71/86





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (企業結合等関係)
         該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                             前事業年度                  当事業年度

             項目             (自 平成26年6月1日                  (自 平成27年6月1日
                          至 平成27年5月31日)                  至 平成28年5月31日)
                                1,481円          43銭            1,878円          49銭
     1株当たり純資産額
                                 256円        13銭             233円        52銭

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                               ―                   ―
     益金額
     (注)1    前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
         ません。また、当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している
         潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2  算定上の基礎は、次のとおりであります。
        (1)1株当たり純資産額
                                     前事業年度            当事業年度

                     項目
                                   (平成27年5月31日)            (平成28年5月31日)
           純資産の部の合計金額(千円)                               896,411           1,369,000

           純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                             ―               2,400
           普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               896,411           1,366,600
           普通株式の発行済株式数(株)                               619,500            727,500
           普通株式の自己株式数(株)                               14,400               ―
           1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株
                                         605,100            727,500
           式の数(株)
        (2)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

                                     前事業年度            当事業年度

                     項目              (自 平成26年6月1日            (自 平成27年6月1日
                                   至 平成27年5月31日)            至 平成28年5月31日)
          1株当たり当期純利益金額
           当期純利益金額(千円)                               154,981            164,261

           普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               154,981            164,261

           普通株主に帰属しない金額(千円)                             ―            ―

           普通株式の期中平均株式数(株)                               605,100            703,421

          潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

           当期純利益調整額(千円)                             ―            ―

           普通株式増加数(株)                                         ―

                                        ―
          希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                                      新株予約権1種類
          当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株                              ―       (新株予約権の目的とな
          式の概要                                     る株式の数50,000株)
                                 72/86




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
        該当事項はありません。
                                 73/86




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                        当期末減価

                                                    差引当期末
                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額
        資産の種類                                              残高
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)      又は償却       (千円)
                                                     (千円)
                                       累計額(千円)
     有形固定資産
      建物             73,432      1,188        ―   74,621       24,311      2,957      50,309

                                ―

      構築物             5,340        ―         5,340       5,198       234       142
      機械及び装置            183,244      94,349        ―   277,593       49,884      20,905      227,708

      車輌運搬具             12,326      3,584        0   15,911       10,917      2,403       4,993

      工具、器具及び備品

                  13,662        ―      ―   13,662       13,351        89      310
      土地            395,240         ―      ―   395,240          ―      ―    395,240

      リース資産             3,402     11,018        ―   14,420       2,335      1,598      12,084

       有形固定資産計           686,649      110,139         0   796,789       105,999      28,188      690,790

     無形固定資産

      ソフトウェア             4,120      1,800        ―    5,920       4,360       240      1,560

      電話加入権               66      ―      ―    66          ―      ―      66

       無形固定資産計            4,186      1,800        ―    5,986       4,360       240      1,626

      (注) 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
         機械及び装置   太陽光発電設備の取得  79,500千円
         機械及び装置   調色機の取得      14,549千円
         車両運搬具    社用車の取得                               3,584千円
                                 74/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                        ―         ―         ―      ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     95,615         88,272          0.40        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       731        3,052         1.75        ―

                                                 平成29年6月~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          397,994         316,360          0.65
     のものを除く。)
                                                   平成36年7月
                                                 平成29年6月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                           2,161        10,105          1.75
     のものを除く。)
                                                   平成32年11月
     その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
            合計              496,501         417,789            ―      ―

      (注)   1  「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年内における返済予定
          額は、以下のとおりであります。
                       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

               区分
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           長期借入金                88,272         83,272         17,602         13,992
           リース債務                 3,102         3,091         2,455         1,454

         【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     貸倒引当金                 7,751        9,349          ―      6,227        10,872
     完成工事補償引当金                51,654        12,332         5,619          ―      58,367

      (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、債権回収等による取崩額及び一般債権の貸倒実績率による洗替額で
         あります。
         【資産除去債務明細表】

       本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資産除去
      債務明細表の記載を省略しております。
                                 75/86








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
       ① 資産の部
        a 現金及び預金
                 区分                         金額(千円)
     現金                                                  1,457

     預金

      普通預金                                                 570,565

      外貨普通預金                                                 12,065

                 小計                                     582,631

                 合計                                     584,089

        b 受取手形

         イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     ㈱アルシスホーム                                                 10,962

     ㈱コセガワ                                                  8,640

     ㈱大藤工業                                                  6,550

     ㈱アーテック                                                  6,318

     その他                                                 66,057

                  計                                     96,867

         ロ 期日別内訳

                 期日別                          金額(千円)
     平成28年6月                                                 40,111

       〃    7月

                                                       17,479
       〃    8月                                             18,375

       〃    9月

                                                       20,901
                  計                                     96,867

                                 76/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        c 完成工事未収入金
         イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     サニーハイム平尾管理組合                                                 37,584

     ㈱きづき                                                 35,351

     ㈱YUTAKA                                                 21,600

     新協建設工業㈱                                                 14,340

     星和リフォームサービス㈱                                                 12,358

     その他                                                 265,640

                  計                                     386,874

         ロ 完成工事未収入金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)
                                          回収率(%)
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                                   (A)+(D)
        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     2
                                           (C)
                                              ×100
                                                     (B)
                                         (A)+(B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                                     366
         291,827        1,773,678         1,678,631          386,874          81.3         69.8
      (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記金額には消費税等が含まれております。
        d 売掛金

         イ 相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
     ㈱大阪防水建設社                                                  4,932

     光和商事㈱                                                  2,505

     ㈱東亜・ソロ・リフォーム                                                  2,373

     その他                                                  5,512

                  計                                     15,324

         ロ 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                   滞留期間(日)
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高         回収率(%)
                                                   (A)+(D)
        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     2
                                           (C)
                                              ×100
                                                     (B)
                                         (A)+(B)
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                                     366
          11,720        134,054         130,450         15,324          89.5         36.8
      (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 77/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        e 未成工事支出金
         期首残高             当期支出額          完成工事原価への振替額                 期末残高

         (千円)             (千円)             (千円)             (千円)
              45,717            1,413,299             1,357,816              101,201
        期末残高の内訳は次のとおりであります。
         材料費          18,314千円
         労務費           5,230
         外注費          73,916
         経費           3,738
         計          101,201
        f 原材料及び貯蔵品

                 区分                         金額(千円)

     塗料                                                 15,275

     貯蔵品                                                   126

                  計                                     15,401

        g 投資有価証券

                 銘柄                         金額(千円)
     シティーグループインク ポンド建社債                                                 326,293

                  計                                     326,293

        h 保険積立金

                 銘柄                         金額(千円)
     アリコジャパン                                                 106,712

     アクサ生命保険㈱                                                 20,114

                  計                                     126,826

                                 78/86








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
       ② 負債の部
        a 工事未払金
                 相手先                          金額(千円)

     ㈲スキル工業                                                 19,792

     ㈱ピースタイル                                                 15,099

     ㈲早伸松陽組                                                 12,784

     ㈱コヤマックス                                                  9,987

     ㈱ナガシマ                                                  9,180

     ㈱六角屋                                                  7,836

     その他                                                 189,264

                  計                                     263,944

        b 買掛金

                 相手先                          金額(千円)
     ㈱ダイフレックス                                                 22,287

     ㈱日東紡マテリアル                                                  6,760

     山本通産㈱                                                  1,159

     荻野化成㈱                                                   882

     その他                                                  8,975

                  計                                     40,065

        c 未払金

                 相手先                          金額(千円)
     未払賞与                                                 19,795

     山本通産㈱                                                 15,400

     その他                                                 30,864

                  計                                     66,061

                                 79/86






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
        d 繰延税金負債
          繰延税金負債は、72,946千円であり、その内容については、「1                                財務諸表等      (1)財務諸表 注記事項
        (税効果会計関係)」に記載しております。
        e 長期借入金

                 借入先                          金額(千円)
     ㈱三井住友銀行                                                 183,182

     ㈱山口銀行                                                 175,000

     ㈱広島銀行                                                 46,450

                  計                                     404,632

                                 80/86
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【その他】
        当事業年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

     売上高          (千円)         310,331          867,908         1,423,376          2,114,524

     税引前四半期
                (千円)           125        96,644         177,000          239,525
     (当期)純利益金額
     四半期(当期)純利益
     金額又は四半期純損          (千円)         △2,579          61,043         113,119          164,261
     失金額(△)
     1株当たり四半期
     (当期)純利益金額又
                (円)         △4.08          89.86         162.68          233.52
     は1株当たり四半期
     純損失金額(△)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純
     利益金額又は1株当
                (円)         △4.08          93.65          74.89          74.25
     たり四半期純損失金
     額(△)
                                 81/86














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度              6月1日から5月31日まで

     定時株主総会              8月中

     基準日              5月31日

     剰余金の配当の基準日              11月30日、5月31日

     1単元の株式数              100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
       取扱場所
                  福岡県福岡市中央区天神二丁目14番2号 日本証券代行株式会社福岡支店
                  (特別口座)
       株主名簿管理人
                  東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番4号 日本証券代行株式会社
       取次所              ―
       買取手数料             無料

                  当会社の公告方法は、電子公告により行う。
                  ただし、やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日本経済新
     公告掲載方法
                  聞に掲載する。
                  電子公告(URL http://www.homemakeup.co.jp/koukoku/ )
     株主に対する特典             該当事項はありません。
      (注)    当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規
         定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集形式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受け
         る権利以外の権利を有しておりません。
                                 82/86











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社は、親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書              事業年度       自 平成26年6月1日             平成27年8月28日

       及びその添付書類              (第18期)       至 平成27年5月31日             中国財務局長に提出
       並びに有価証券
       報告書の確認書
     (2)  内部統制報告書              事業年度       自 平成26年6月1日             平成27年8月28日

       及びその添付書類              (第18期)       至 平成27年5月31日             中国財務局長に提出
     (3)  四半期報告書及び四半期              (第19期       自 平成27年6月1日             平成27年10月13日

       報告書の確認書
                    第1四半期)        至 平成27年8月31日             中国財務局長に提出
                     (第19期       自 平成27年9月1日             平成28年1月12日
                    第2四半期)        至 平成27年11月30日             中国財務局長に提出
                     (第19期       自 平成27年12月1日             平成28年4月11日
                    第3四半期)        至 平成28年2月29日             中国財務局長に提出
     (4)  臨時報告書            企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会に

                   おける議決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告書
                   平成27年8月31日中国財務局長に提出
       有価証券届出書及びそ            (一般募集による新株の発行及び自己株式の処分ならびにオーバーア

     (5)
       の添付書類            ロットメントによる株式の売出)を平成27年7月24日中国財務局長に提
                    出
       有価証券届出書の訂正            (上記(5)有価証券届出書(平成27年7月24日中国財務局長に提出(一般募

     (6)
       届出書            集による新株の発行及び自己株式の処分ならびにオーバーアロットメン
                    トによる株式の売出し))の訂正届出書)を平成27年8月3日及び平成27
                    年8月20日に中国財務局長へ提出
                                 83/86










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 84/86



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年8月30日

     株式会社 エムビーエス
      取 締 役 会 御中
                          三優監査法人
                           代表社員

                                    公認会計士  吉  川  秀  嗣                      ㊞
                           業務執行社員
                           業務執行社員         公認会計士  大  神     匡                      ㊞

     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社エムビーエスの平成27年6月1日から平成28年5月31日までの第19期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社エムビーエスの平成28年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
     フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 85/86





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エムビーエス(E00323)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社エムビーエスの平成
     28年5月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社エムビーエスが平成28年5月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

         出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 86/86








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。