株式会社東京商品取引所 有価証券報告書 第70期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第70期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社東京商品取引所

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2016年6月27日
      【事業年度】                    第70期(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)
      【会社名】                    株式会社東京商品取引所
      【英訳名】                    Tokyo   Commodity     Exchange,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    取締役兼代表執行役社長  濵田 隆道
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町一丁目10番7号
      【電話番号】                    03-3661-9191
      【事務連絡者氏名】                    財務・経理部長   池田 恭祥
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町一丁目10番7号
      【電話番号】                    03-3661-9191
      【事務連絡者氏名】                    財務・経理部長   池田 恭祥  
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/78













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第66期       第67期       第68期       第69期       第70期
            決算年月             2012年3月       2013年3月       2014年3月       2015年3月       2016年3月

                   (千円)      3,496,980       3,311,685       2,853,698       2,728,583       3,007,762

     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)       △ 19,629       108,678      △ 876,004       131,939       △ 29,370

     親会社株主に帰属する当期純
     利益又は親会社株主に帰属す              (千円)      △ 205,960        20,093      △ 912,567        41,430      △ 489,100
     る当期純損失(△)
                    (千円)     △ 151,672        32,505      △ 912,567        41,430      △ 489,100
     包括利益
                   (千円)     11,414,201       10,383,243        9,470,675       9,512,106       9,023,005

     純資産額
                   (千円)     135,346,063       139,563,377       110,741,316       111,667,736       113,944,205

     総資産額
     1株当たり純資産額               (円)       909.18       910.95       830.88       834.51       791.60

     1株当たり当期純利益金額又
                    (円)       △ 67.73        6.61     △ 300.09        13.62      △ 160.83
     は当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)         7.7       7.4       8.6       8.5       7.9
     自己資本比率
                    (%)        △ 2.0       0.2      △ 9.2       0.4      △ 5.3

     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -

     株価収益率
     営業活動による
                   (千円)     △ 3,984,602      △ 1,023,550       △ 942,164     △ 2,801,286        853,762
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)     △ 2,677,909      △ 1,391,263        367,312        61,105      1,024,266
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)       △ 73,040      △ 73,040      △ 72,260      △ 72,000      △ 57,000
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (千円)      8,771,391       6,283,535       5,636,423       2,824,242       4,645,271
     残高
                             87       88       88       85       83
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 11 )      ( 8 )      ( 8 )      ( 9 )      ( 9 )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため
           記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.期末従業員数は、就業人員(当社グループ(当社及び当社の関係会社)からグループ外への出向者を除き、
           グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、                            嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社
           からの派遣社員数)は、年間の平均人数を()外数で記載しております。
         5.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
           り、「当期純利益又は当期純損失」を「親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純
           損失」としております。
                                  2/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第66期       第67期       第68期       第69期       第70期
            決算年月             2012年3月       2013年3月       2014年3月       2015年3月       2016年3月

                   (千円)      3,239,320       3,030,199       2,611,698       2,498,050       2,741,990

     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)      △ 284,295       △ 75,950      △ 967,200      △ 616,857       179,372

     当期純損失(△)              (千円)      △ 287,562       △ 55,868      △ 940,113      △ 440,026      △ 202,328

     資本金              (千円)      1,989,416       1,989,416       1,989,416       1,989,416       1,989,416

                    (株)     3,124,573       3,124,573       3,124,573       3,124,573       3,124,573

     発行済株式総数
                   (千円)      9,002,427       8,946,559       8,006,445       7,566,418       7,364,089

     純資産額
                   (千円)     17,897,646       16,162,767       13,622,947       10,459,415       10,844,176

     総資産額
                    (円)       789.80       784.90       702.42       663.81       646.06

     1株当たり純資産額
                             -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当                       ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純損失金額
                    (円)       △ 94.56      △ 18.37      △ 309.15      △ 144.69       △ 66.53
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        50.3       55.4       58.8       72.3       67.9
     自己資本比率
                    (%)        △ 3.1      △ 0.6      △ 11.1       △ 5.8      △ 2.7

     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -

     株価収益率
                    (%)         -       -       -       -       -

     配当性向
                             68       67       67       65       64
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 7 )      ( 7 )      ( 7 )      ( 7 )      ( 7 )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失で
           あるため、記載しておりません。
         3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.期末従業員数は、就業人員              (当社から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外からの当社への受入
           出向者(兼務出向を除く)を含む。)                  であり、    嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社
           員数)は、年間の平均人数を()外数で記載しております。
                                  3/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       1951年2月 東京都中央区日本橋堀留町にて東京繊維商品取引所設立

       1951年6月 スフ糸上場(東京繊維商品取引所、1997年6月上場廃止)
       1952年11月 東京都中央区日本橋堀留町にて東繊代行株式会社設立
       1952年12月 東京ゴム取引所設立
       1957年8月 綿糸上場(東京繊維商品取引所、2000年9月上場廃止)
       1958年12月 毛糸上場(東京繊維商品取引所、1999年4月上場廃止)
       1982年2月 東京金取引所設立
       1984年11月 東京繊維商品取引所、東京ゴム取引所及び東京金取引所が統合し、東京繊維商品取引所を存続取引所と
             して東京工業品取引所設立。統合によって東京ゴム取引所及び東京金取引所で行っていたゴム、金、
             銀、白金の上場商品を引継ぐ
       1990年3月 エヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社(現                           株式会社エヌ・ティ・ティ・データ)との共同出資によ
             り、当社のシステム運営会社としてコモディティ・システムズ・サービス株式会社を東京都中央区日本
             橋堀留町にて設立
       1991年4月 システム売買開始(第1期取引システム稼動)
       1992年8月 パラジウム上場(貴金属市場)
       1996年5月 当社ビル建替えのため、リバーサイド読売ビル(東京都中央区日本橋箱崎町)に移転
       1997年4月 アルミニウム市場開設                 アルミニウム上場(2010年10月休止)
       1999年6月 新当社ビルに移転(現本店:東京都中央区日本橋堀留町)
       1999年7月 石油市場開設             ガソリン・灯油上場
       2001年9月 原油上場(石油市場)
       2003年1月 第2期取引システム稼動
       2003年6月 新清算制度(インハウス型クリアリングハウス                            (注1)   )導入
       2003年9月 軽油上場(石油市場                2006年2月      休止)
       2004年5月 金先物オプション取引開始
       2004年12月 国内の全商品取引所の出資により、東京都中央区日本橋人形町にて株式会社日本商品清算機構(現100%
             子会社)設立
       2005年5月 清算業務をアウトハウス型クリアリングハウス                            (注2)   である株式会社日本商品清算機構に移管
       2007年6月 コモディティ・システムズ・サービス株式会社解散
       2007年7月 金先物ミニ取引開始
       2008年1月 取引時間を2時間延長
       2008年7月 東工商取振興株式会社(旧                   東繊代行株式会社)解散
       2008年11月 白金先物ミニ取引を開始
       2008年12月 会員商品取引所から株式会社商品取引所に組織変更
       2009年5月 第3期取引システム稼動                  夜間取引を開始
       2010年3月 日経・東工取商品指数市場開設                     日経・東工取商品指数上場(2012年10月休止)
       2010年4月 株式会社東京証券取引所グループと排出量取引所設立準備株式会社を設立
       2010年5月 軽油先物取引を再開
       2010年9月 取引時間を翌朝4時まで延長(ゴム市場を除く)
       2010年10月 中京石油市場開設               ガソリン・灯油上場
             株式会社日本商品清算機構を子会社化
       2011年1月 株式会社日本商品清算機構においてスパン証拠金制度                               (注3)   を導入
       2012年5月 株式会社日本商品清算機構が当社ビル(東京都中央区日本橋堀留町)に移転
       2012年12月 株式会社日本商品清算機構を100%子会社化
       2013年2月 株式会社東京商品取引所に商号変更
             農産物・砂糖市場開設           一般大豆、小豆、とうもろこし、粗糖上場(粗糖は2015年1月休止)
       2013年11月 GINGA         ENERGY    JAPAN株式会社との合弁により、OTC市場                   (注4)   運営のためのJAPAN         OTC  EXCHANGE株式会
             社(JOE)を設立
       2014年6月 JOEにて特定商品市場類似施設を開設しTOCOMスワップ・RIMスワップの取引を開始
             株式会社日本商品清算機構にてOTC市場のクリアリング業務を開始
       2014年7月 日中取引の終了時間を15時30分から15時15分に、夜間取引の開始時間を17時から16時30分に変更
       2014年9月 JOEにて特定商品市場類似施設にLNGを追加し取引を開始
                                  4/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       2015年1月 米国商品先物取引委員会(CFTC)からForeign                            Board   of  Trade(FBOT)登録の承認

       2015年5月 東京ゴールドスポット100の取引を開始
       2016年3月 JOEにおいて、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のクリアリング・ハウスで清算可能なDESジャパ
             ンLNGフューチャーズ取引を開始
       2016年5月       商品先物取引の情報発信と商品先物取引業者の営業支援の拠点として、当社ビル1階にTOCOMスクエア
             を開設
       (注)1.インハウス型クリアリングハウスによる清算とは、商品先物取引法第105条第2号に基づき、商品取引所

            が商品取引債務引受業に係る主務大臣の承認を受けて、当該商品取引所が開設する商品市場における取引
            に基づく債務の引受けを行う方法により取引の決済を行うことをいいます。
          2.アウトハウス型クリアリングハウスによる清算とは、商品先物取引法第105条第3号に基づき、商品取引
            清算機関が商品市場における取引に基づく債務の引受けを行う方法により取引の決済を行うことをいいま
            す。
          3.スパン証拠金とは、Chicago               Mercantile      Exchange(CME)が開発した、先物取引及びオプション取引から
            なるポートフォリオに生じるリスクに応じて証拠金を計算する方法及びそのシステムのことをいいます。
          4.OTC(Over       The  Counter)とは、取引所を介さずに、取引の当事者間で数量・価格などを決めて売買を行
            う相対取引のことをいいます。
                                  5/78















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは当社(株式会社東京商品取引所)及び連結子会社(株式会社日本商品清算機構)により構成されて
       おり、取引所事業及び清算事業を行っております。取引所事業としては商品先物取引法に基づいて、商品に係る先物
       取引及び実物取引、商品指数に係る先物取引を行うために必要な市場を開設・運営する業務を行っております。
        また、これに附帯する業務として、当社グループが開設する商品市場(以下、「当社市場」といいます。)に上場
       する商品の品質の鑑定、商品、商品指数及び経済一般に関する調査研究、刊行物の発行並びに広報宣伝、紛争の仲
       介、当社グループの事業と関連する国内外の取引所等との提携又は協力等を業務として行っております。さらに、清
       算事業として同法に規定される商品取引債務引受業及びこれに附帯する業務を行っております。
        なお、当社グループの事業概念図は、図1のとおりであります。
       (1)  取引所事業

         当社は、取引所事業として6市場(貴金属市場、ゴム市場、アルミニウム市場、石油市場、中京石油市場、農産
        物・砂糖市場)16商品を上場する商品取引所であり、当社の2015年度(自2015年4月1日至2016年3月31日)の上
        場商品別の取引高及び構成比は表1のとおりであります。
         取引所事業における営業収益は、主として定率参加料(売買約定1枚毎に徴収する手数料)で成り立っており、
        定率参加料による収益は、取引高に応じて変動するもので、2015年度においては、定率参加料による収益が取引所
        事業の営業収益の87.4%を占めております。
         なお、その他の営業収益として、定額参加料(取引資格を有する商品市場毎に一定額を徴収する手数料)、相場
        転送利用料(相場情報の利用料等)、システム関連利用料(取引システムログインユーザ利用料等)があります。
       (2)  清算事業

         当社連結子会社の株式会社日本商品清算機構は、商品先物取引法第167条の規定に基づき、農林水産大臣及び経
        済産業大臣の許可を受けて商品先物取引に関する清算業務(「商品取引債務引受業」)を行う商品取引清算機関で
        あり、当社を含めた国内の全商品取引所が開設している商品市場における取引に基づく債務の引受けを行うほか、
        商品先物取引法第170条に基づき、店頭商品デリバティブ取引等の債務の引受けを行っております。
         商品取引清算機関が行う債務の引受けとは、商品取引清算機関が商品市場において成立した取引や店頭商品取引
        等に基づき発生する債務を売買の当事者双方から引き受けると同時にそれに相当する債権を取得し、売買のそれぞ
        れの相手方に代わり債権債務の当事者となることであり、それにより決済の履行を保証するものであります。
         清算事業における営業収益は、主として清算手数料(債務引受1件毎に徴収する手数料)で成り立っており、清
        算手数料による収益は、商品市場における取引高及び店頭商品デリバティブ取引等の債務引受件数に応じて変動す
        るもので、2015年度においては、清算手数料による収益が清算事業の営業収益の99.9%を占めております。
                                  6/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       図1事業概念図
      (注)1.      市場取引参加者とは、当社の市場において自己の計算による取引を行うことができる取引資格を有する取引









           参加者のことであります。
         2.  受託取引参加者とは、当社の市場において自己の計算による取引及び委託者の計算による取引を行うことが
           できる取引資格を有する取引参加者のことであります。
         3.当業者とは、上場商品の売買、売買の仲介、取次ぎ若しくは代理、生産、加工又は使用を業として行ってい
           る者のことであります。
                                  7/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       表1上場商品別取引高・構成比
             市場・商品                 2015年度取引高(枚)                   構成比(%)

                                    8,038,387                    30.7

              標準
                                    1,224,911                    4.7

              ミニ
          金
                                    3,021,593                    11.6
              限日
                                        0                0.0

              オプション
                                      57,862                   0.2

          銀
                                    3,652,788                    14.0

              標準
          白金
                                     290,684                   1.1
              ミニ
                                      54,040                   0.2

          パラジウム
                                    16,340,265                    62.5

     貴金属市場
                                    2,455,028                    9.4

     ゴム市場
                                        -                 -

     アルミニウム市場
                                    4,888,128                    18.7

          原油
                                    1,466,314                    5.6
          ガソリン
                                     362,244                   1.4
          灯油
                                        0                0.0

          軽油
                                    6,716,686                    25.7

     石油市場
                                      13,506                   0.1

          ガソリン
                                      6,918                  0.0

          灯油
                                      20,424                   0.1

     中京石油市場
                                     162,765                   0.6

          一般大豆
                                      19,878                   0.1

          小豆
                                     444,612                   1.7

          とうもろこし
          粗糖                              -                 -

                                     627,255                   2.4

     農産物・砂糖市場
                                    26,159,658                    100.0

              合計
      (注)1.貴金属市場は、金・銀・白金・パラジウムの4商品で構成されております。
         2.ゴム市場及びアルミニウム市場は単一で市場を構成しております。
         3.石油市場は、原油・ガソリン・灯油・軽油の4商品で構成されております。
         4.中京石油市場は、ガソリン・灯油の2商品で構成されております。
         5.農産物・砂糖市場は、一般大豆・小豆・とうもろこし・粗糖の4商品で構成されております。
         6.アルミニウム市場は、2010年10月限の納会日をもって取引を休止しました。
         7.農産物・砂糖市場の粗糖は、2015年3月限の納会日をもって取引を休止しました。
                                  8/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                          議決権の

                           資本金
           名称           住所           主要な事業の内容         所有割合          関係内容
                           (千円)
                                          (%)
     (連結子会社)
                                                当社は同社を当社の市場
                                               における取引に基づく債務
                                               の引受け先として指定して
                                               おり、同社は商品取引債務
                                               引受業の対象とする債務の
     株式会社日本商品清算機構
                                               起因となる取引が行われる
                   東京都中央区        634,350       清算事業        100.0
     (注2)
                                               商品市場として当社市場を
                                               指定しております。なお、
                                               当社の一部役員が同社役員
                                               を兼任しております。
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.特定子会社に該当しております。
         3.2010年4月1日に、当社は株式会社東京証券取引所グループと50.0%ずつ出資を行い、排出量取引所設立準備
           株式会社を設立しておりますが、同社は連結子会社及び持分法適用関連会社ではないため記載しておりませ
           ん。
         4.2013年11月29日に、当社はGINGA                  ENERGY    JAPAN株式会社との共同出資(当社出資割合40.0%、議決権所有割
           合50.0%)により、JAPAN            OTC  EXCHANGE株式会社を設立しておりますが、同社は連結子会社及び持分法適用
           関連会社ではないため記載しておりません。
      5【従業員の状況】

       (1)  連結会社の状況
                                                   2016年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(名)
      取引所事業                                              64 (7)

      清算事業                                              19 (2)
                 合 計                                  83 (9)

      (注)    従業員数は、就業人員であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員数)は、年間の平
         均人数を()外数で記載しております。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2016年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

            64(7)              46.1              14.7           8,234,870

      (注)    1.従業員は、すべて取引所事業に従事しておりますので、セグメント情報は記載しておりません。
         2.従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外からの当社への受入出向
           者(兼務出向を除く)を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員
           数)は、年間の平均人数を()外数で記載しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)  労働組合の状況

         当社の従業員により東京商品取引所労働組合が組織されており、中央区労働組合協議会に加盟しております。
        2016年3月31日現在の組合員数は11名であります。
         なお、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  9/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、新興国経済の減速や原油をはじめとした資源価格の急落による資源国経
        済の変調による輸出・生産の鈍化、世界的な金融市場の混乱など懸念材料はあったものの、雇用・所得環境の改善
        もあって基調としては緩やかな回復を続けました。
         商品市場におきましては、第1・第3四半期は動意を欠き取引も軟調に推移しましたが、第2・第4四半期は、中国
        における株式市場の暴落や人民元切下げ、原油等の資源価格の急落、米国FRBによるゼロ金利解除、日銀によるマ
        イナス金利導入等の影響により高ボラティリティ環境に転換し、当社上場商品指数を原資産としたETNのカバー取
        引需要を取り込んだ「ドバイ原油」と、2015年5月に上場した「東京ゴールドスポット100」を中心に取引高が改善
        しました。
         このような環境のなかで、当社グループは、市場の活性化に向けて各種施策に取り組んだ結果、当期の取引高は
        前期を上回る2,615万枚(前年同期比15.3%増)となりました。
         これにより、当連結会計年度の営業収益は3,007,762千円(前年同期比10.2%増)となりました。営業費用は人
        件費の圧縮などから3,567,065千円(前年同期比3.3%減)となり、その結果、営業損失は559,302千円(前年同期比
        41.7%減)となりました。営業外収益に受取利息及び配当金等530,195千円を計上しましたが、経常損失は29,370
        千円(前年同期は131,939千円の経常利益)となり、特別損失に2016年9月に導入を予定している次期取引システム
        の稼働に伴う現行取引システムの解約費用430,012千円を計上したため、親会社株主に帰属する当期純損失は
        489,100千円(前年同期は41,430千円の                  親会社株主に帰属する          当期純利益)となりました。
         なお、セグメントの業績は、次のとおりであります。
         ①  取引所事業

           当社市場における取引高の回復による定率参加料収入の増加等によって、当事業部門における営業収益は、
          2,741,990千円(前年同期比9.8%増)となりました。
         ②  清算事業

           株式会社日本商品清算機構が清算を行っている2商品取引所の当期の取引高は2,655万枚(前年同期比
          15.4%増)となりました。これにより、当事業部門における営業収益は265,772千円(前年同期比15.3%増)
          となりました。
           なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等

          を適用し、「当期        純損失」を「親会社株主に帰属する当期純損失                      」としております。
       (2)キャッシュ・フローの状況

        ①  営業活動によるキャッシュ・フロー
          当連結会計年度において営業活動の結果獲得した資金は853,762千円(前年同期は2,801,286千円の使用)とな
         りました。これは主に、税金等調整前当期純損失459,382千円の計上、受取利息及び受取配当金482,951千円の計
         上及び法人税等の支払額451,765千円の計上等がありましたが、減価償却費516,073千円の計上、システム解約費
         用430,012千円の計上及び利息及び配当金の受取額1,243,061千円の計上等があったことによるものです。
        ②  投資活動によるキャッシュ・フロー

          当連結会計年度において投資活動の結果獲得した資金は1,024,266千円(前年同期比963,160千円増)となりま
         した。これは主に、定期預金の預入による支出3,400,000千円、有形固定資産の取得による支出137,431千円及び
         無形固定資産の取得による支出1,895,205千円等がありましたが、定期預金の払戻による収入6,400,000千円等が
         あったことによるものです。
        ③  財務活動によるキャッシュ・フロー

          当連結会計年度において財務活動の結果使用した資金は57,000千円(前年同期比15,000千円減)となりまし
         た。これは長期借入金57,000千円の返済によるものです。
          これらの結果、当連結会計年度における現金及び現金同等物の期末残高は、期首に比べ1,821,029千円増加の

         4,645,271千円となりました。
                                 10/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      2【業績の状況】
       (1)収益実績
                      2014年度        構成比       2015年度        構成比      前年同期比
         セグメント別収益実績
                      (千円)        (%)       (千円)        (%)       (%)
           定額参加料               87,330        3.2      81,835        2.7      △6.3
           定率参加料             2,165,690         79.4     2,397,860         79.7       10.7

           資格取得料収入               2,000        0.1         -       -       -

           相場転送利用料               94,456        3.5      108,275         3.6      14.6

           システム関連利用料              140,332         5.1      145,675         4.8       3.8

           その他
                         8,240        0.3       8,343        0.3       1.3
        取引所事業                2,498,050         91.6     2,741,990         91.2       9.8

           清算手数料              230,332         8.4      265,672         8.8      15.3

           清算資格取得手数料                200       0.0        100       0.0     △50.0

        清算事業                 230,532         8.4      265,772         8.8      15.3

        合計                2,728,583         100.0      3,007,762         100.0       10.2

      (注)1.主な相手先別の収益実績及び当該収益実績の総収益実績に対する割合は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日             (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)             至 2016年3月31日)
                   相手先
                               金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
            ニューエッジ・ジャパン証券株式会社                     424,011        15.5     576,869        19.2

            日産証券株式会社                     415,914        15.2     447,269        14.9

         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.ニューエッジ・ジャパン証券株式会社は、2016年5月にソシエテ・ジェネラル証券株式会社に商号変更して
           おります。
         4.日産証券株式会社は、2016年2月に日産センチュリー証券株式会社から商号変更しております。
                                 11/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (2)取引高実績
                                 構成比                構成比     前年同期比
          市場・商品           2014年度取引高(枚)                2015年度取引高(枚)
                                 (%)                (%)      (%)
            標準               9,117,575        40.2        8,038,387        30.7      △11.8
                           1,417,544         6.2
            ミニ                               1,224,911         4.7     △13.6
       金
            限日                   -      -       3,021,593        11.6        -
                               0    0.0
            オプション                                   0    0.0       -
                            83,166       0.4
       銀                                     57,862       0.2     △30.4
                           4,500,178        19.8
            標準                               3,652,788        14.0      △18.8
       白金
                            390,364        1.7
            ミニ                                290,684        1.1     △25.5
                            81,039       0.4
       パラジウム                                     54,040       0.2     △33.3
                          15,589,866         68.7
     貴金属市場                                     16,340,265         62.5       4.8
                           2,328,028        10.3
     ゴム市場                                      2,455,028         9.4       5.5
                              -      -
     アルミニウム市場                                         -      -       -
       原油                   1,386,136         6.1        4,888,128        18.7      252.6
       ガソリン                   2,085,435         9.2        1,466,314         5.6     △29.7
                            635,648        2.8
       灯油                                     362,244        1.4     △43.0
                              816      0.0
       軽油                                        0    0.0    △100.0
                           4,108,035        18.1
     石油市場                                      6,716,686        25.7       63.5
                            22,006       0.1
       ガソリン                                     13,506       0.1     △38.6
                            10,509       0.0
       灯油                                      6,918       0.0     △34.2
                            32,515       0.1
     中京石油市場                                       20,424       0.1     △37.2
                            151,674        0.7
       一般大豆                                     162,765        0.6       7.3
                            19,741       0.1
       小豆                                     19,878       0.1       0.7
                            454,601        2.0
       とうもろこし                                     444,612        1.7      △2.2
                              12     0.0
       粗糖                                       -      -       -
     農産物・砂糖市場                      626,028        2.8         627,255        2.4       0.2
                          22,684,472        100.0
     合計                                     26,159,658        100.0       15.3
      (注)1.貴金属市場は、金・銀・白金・パラジウムの4商品で構成されております。
         2.ゴム市場及びアルミニウム市場は単一で市場を構成しております。
         3.石油市場は、原油・ガソリン・灯油・軽油の4商品で構成されております。
         4.中京石油市場は、ガソリン・灯油の2商品で構成されております。
         5.農産物・砂糖市場は、一般大豆・小豆・とうもろこし・粗糖の4商品で構成されております。
         6.アルミニウム市場は、2010年10月限の納会日をもって取引を休止しました。
         7.農産物・砂糖市場の           粗糖は、2015年3月限の納会日をもって取引を休止しました。
                                 12/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (3)取引参加者の異動状況
                             2014年度末       2015年度末      取引参加者数
                            取引参加者数       取引参加者数         増減
                   区分
                              (社)       (社)       (社)
                                 48

                       金                 48       -
                                 45
                       銀                 45       -
             貴金属市場
                                 39
                       白金                 39       -
                                 40
                     パラジウム                   39      △1
                                 32
                  ゴム市場                       32       -
                                 18
               アルミニウム市場                         18       -
                                 43
                       原油                 43       -
                                 45
                      ガソリン                  45       -
             石油市場
                                 46
                       灯油                 46       -
                                 44
                       軽油                 44       -
                                 37
                      ガソリン                  37       -
            中京石油市場
                                 37
                       灯油                 37       -
                                 38
               農産物・砂糖市場                         35      △3
                                 88
                合計(実数)                        88       -
           (注)合計(実数)においては、重複する取引参加者を除いております。
       (4)株式会社日本商品清算機構の債務引受件数実績

                            2014年度              2015年度
                                   構成比              構成比      前年同期比
                           債務引受件数              債務引受件数
                                   (%)              (%)       (%)
                            (件)              (件)
                           45,465,044          98.6

            株式会社東京商品取引所                              52,388,290          98.5       15.2
                             659,914         1.4

            大阪堂島商品取引所                                799,036         1.5      21.1
            店頭商品デリバティブ取引等

                              1,132        0.0
                                             220       0.0     △80.6
             (注2)
                           46,126,090         100.0    53,187,546

            合計                                        100.0       15.3
           (注)1.株式会社日本商品清算機構では、債務引受1件毎に清算手数料を徴収しております。

              2.  2014年6月、JAPAN         OTC  EXCHANGE株式会社における店頭商品デリバティブ取引等の債務の引受け
                を開始しました。
                                 13/78






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        当社グループでは、市場流動性の向上及び取引高の増加に向け、多様な市場参加者の獲得や上場商品ポートフォリ
       オの充実といった施策を最重要課題と位置付け、その実現に向けた取組みを行ってまいりました。その結果、2015年
       度における当社市場の取引高は2,615万枚(前年同期比15.3%増)と、2004年度以降続いてきた減少傾向に歯止めが
       かかり、取引高増加の兆候が表れつつあります。
        2016年3月に策定した「中期経営計画(2016年度~2018年度)」では、(1)外部環境に左右されない構造的に安
       定した経営基盤の構築、(2)総合コモディティ市場整備に向けた取組みの推進、(3)他取引所等との連携強化、の
       3つの経営戦略の柱を掲げ、それに基づく重点施策を着実に実行することで、市場流動性の向上及び経営基盤の安定
       化に資する取組みを推進してまいります。
       (1)  外部環境に左右されない構造的に安定した経営基盤の構築

        ①  収益拡大に向けた施策
         (ⅰ)   取引高及び取組高(預り資産)増加に向けた取組み
          (a)  多様な市場参加者の獲得のための活動
           ・個人投資家の市場参入に向けた取組みの推進
           ・国内外の当業者の取引拡大に向けた取組みの実施
           ・新たな市場仲介者や他社清算参加者の獲得
           ・海外市場参加者に対する国際営業の強化
          (b)  上場商品ポートフォリオの充実
           ・個人投資家や当業者に対して訴求力の高い商品の上場
            - 商品設計を変更した新たな金オプションの取引開始
            - 白金限日取引(プラチナスポット(仮称))の上場
            - 石油市場における「ゼロ番限月商品」の上場
            - 電力先物の上場
            - ゴム(TSR20)の上場に向けた検討
            - 発電用燃料(石炭、LNG)先物、ゴムオプション、原油オプションの上場に向けた検討
          (c)  インフラ整備及び制度整備による利便性・信頼性向上
           ・プロキシミティ・センター設置による金融・証券プレーヤーの参入促進
           ・祝日立会の実施に向けた検討
         (ⅱ)   市場流動性向上に資する戦略的な手数料体系の構築
        ②  財務基盤の強化に向けた取組み
         ・コスト削減に向けた取組みの継続
         ・当社グループ全体として、資金の効率的な活用の検討
        ③  関係団体との連携による商品先物取引の認知度及びイメージ向上に資する広報活動の強化
         ・TOCOMスクエアにおけるリアル/バーチャルな情報発信と商品先物取引業者の営業支援
         ・商品先物取引の認知度及びイメージ向上に向けた普及啓発活動
        ④  利便性及び信頼性向上に向けた取組み
         ・ヘッジ会計及びヘッジ税制見直しに向けた働き掛けの推進
        ⑤  リスク管理に係る規制強化に向けた取組み
         ・欧米の規制当局によるグローバルなリスク管理規制強化への対応
       (2)  総合コモディティ市場整備に向けた取組みの推進

        ①  電力市場の創設
        ②  電力、石油製品、発電用燃料等をカバーする「総合エネルギー市場」の構築
        ③  JAPAN   OTC  EXCHANGEの活性化
        ④  取引所ビジネス領域の拡大による総合コモディティ市場の整備
        ⑤  将来の事業展開に向けた新規上場商品、Fintech等の研究開発の推進
       (3)  他取引所等との連携強化

        ①  株式会社日本取引所グループ(JPX)との連携強化
         ・次期取引システムの共同利用を契機に、JPXと我が国のデリバティブ市場の競争力強化に資する連携を推進
        ②  海外取引所との連携強化及び海外規制当局との協力関係の維持・強化
         ・拡大する国際間のマネーフローと裁定取引に対応し、市場の国際化及び活性化に向けて欧米及び中国を含むア
          ジアの取引所・規制当局との連携を強化
                                 14/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があると考えられる主要なリスクは、次のとおりで
       あります。当社グループは、これらのリスクが発生する可能性を認識したうえで、発生の予防及び発生した場合の適
       切な対応に努めます。
        なお、文中の将来に関する事項は、2016年3月31日時点において当社グループが判断したものであり、当社グルー
       プの事業展開に係る全てのリスクを網羅するものではありません。
       (1)  収益構造

         当社グループの取引所事業による営業収益は、主として定率参加料(売買約定1枚毎に徴収する手数料)で構成
        されており、2015年度においては、定率参加料による収益が取引所事業による営業収益の87.4%を占めておりま
        す。
         また、当社グループの清算事業による営業収益は、主として清算手数料(債務引受1件毎に徴収する手数料)で
        構成されており、2015年度においては、清算手数料による収益が清算事業による営業収益の99.9%を占めておりま
        す。
         定率参加料による収益は、当社市場における取引高に応じて変動しますが、この取引高は商品の価格水準やボラ
        ティリティ、あるいはこれらに影響を与える政治・経済動向等様々な要因により大きく変動するものであり、取引
        高の増減は当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。また、清算手数料による収益は、国内
        全商品取引所における取引高及び店頭商品デリバティブ取引等の債務引受件数に応じて変動しますが、これについ
        ても定率参加料と同様のリスクがあります。
       (2)  国際的な市場間競争の激化

         昨今、商品市場においては先進的な電子取引システムの導入や、他国のビジネス時間を視野に入れた取引時間の
        24時間化を図る動き等によって、国際的な市場間競争が激化しております。
         このような状況の中、当社グループは中期経営計画に基づき、国際競争力の強化を図ってまいりますが、その効
        果が十分発揮されない場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  取引システム

        ①  取引システム構築に伴う費用負担
          当社グループは、2009年5月7日に現在の取引システムを導入しました。この取引システムの構築及び運営コ
         ストとして、相応の資金を投下しております。また、機能追加及びアップグレード等を行う場合には、追加コス
         トが発生します。
          また、次期取引システムについては、2016年9月にJPXの次期デリバティブ売買システムの共同利用を予定して
         おり、円滑な移行に向けて相応の開発費用が発生しております。また、当社市場の利便性の向上のために仕様変
         更を行った場合には、追加コストが発生します。
        ②  取引システムに障害が発生した場合の影響

          当社市場における上場商品の取引はすべてコンピュータによる取引システムで行われていることから、大規模
         な天災や停電、誤作動等の不測の事態により取引システムの稼動が停止し、取引を継続することができない状態
         になった場合には、当社市場の信頼性の低下につながりかねず、ひいては、取引高の減少による収入減を招き、
         当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          このため、当社グループは、リスク事象発生時における当社市場の損害を最小限にとどめつつ、事業の継続、
         早期復旧に努めることを目的として、緊急時対応計画(CP:Contingency                                  Plan)を策定及び公表するとともに、
         事業継続計画(BCP:Business              Continuity      Plan)を整備しております。
          当社グループではBCPを実現するために公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)の「金融機関等コン
         ピュータシステムの安全対策基準」に準拠した堅牢なデータセンターに取引システムを設置しております。本
         データセンターでは、取引システムの稼動に万全を期すべく、取引システムを二重構成とし、障害の発生により
         主系システムが停止した場合であっても、瞬時に従系システムに切り替えることができる体制を整備しておりま
         す。更に、次期取引システムにおいては、大規模災害等が発生した場合であっても可能な限り取引を再開できる
         よう、プライマリセンター(通常時のデータセンター)との同時被災が回避可能と考えられる立地にセカンダリ
         センター(バックアップのデータセンター)を構築します。ただし、大規模な災害等により社会インフラが長期
         にわたり麻痺するような場合及び当該データセンターの機能に重大な支障が生じるような場合には、相当期間取
         引を停止せざるを得ない状況となる可能性があります。
          また、当社業務規程において、取引参加者が当社の取引システム等当社の施設を利用したことによって損害を
         被ることがあっても、法令又は業務規程で定める場合を除き、当社はこれを賠償する責めに任じない旨を定めて
         おりますが、場合によっては、市場参加者から損害賠償請求を求められる可能性があり、その結果によっては、
         当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (4)  清算事業

         当社グループの清算事業は、株式会社日本商品清算機構において行われております。同社の役割は商品取引清算
        機関として取引の決済から生じるカウンターパーティリスクを遮断することですが、同社がこの役割を十分に果た
        せなかった場合には、取引の決済の信頼性の低下につながりかねず、ひいては、取引高の減少による収入減を招
        き、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
         また、清算参加者が取引に係る債務を履行しない場合であって、当該清算参加者が株式会社日本商品清算機構等
        に預託している金銭等で損失を補填できないときは、株式会社日本商品清算機構の決済不履行積立金及び当社の違
        約担保積立金により損失を補填することになります。
         このように、株式会社日本商品清算機構の決済不履行積立金又は当社の違約担保積立金が損失の補填に充てられ
        た場合には、当社グループの資産が減じられることとなり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
        可能性があります。
         なお、株式会社日本商品清算機構は業務方法書において、清算参加者がその業務上、同社が行う商品取引債務引
        受業に関し損害を受けることがあっても、同社に故意又は重過失が認められる場合を除き、これを賠償する責めに
        任じない    旨を定めております。
       (5)  法的規制

         当社グループは、        商品先物取引法       により次の制約を受けております。
         ①  許可制における商品取引所の運営
           当社は、商品先物取引法第78条に規定されている株式会社商品取引所として先物取引を行うために必要な市
          場の開設・運営を行っており、当社定款や業務規程等諸規則の変更にあたっては農林水産大臣及び経済産業大
          臣の認可を受けなければなりません。
           また、当社は商品先物取引法の規定により、農林水産大臣及び経済産業大臣の監督を受けており、農林水産
          大臣及び経済産業大臣は、商品先物取引法の規定に従い、当社に対して業務の停止や株式会社商品取引所設立
          の許可の取消し等の処分を行うことができます。
         ②  許可制における商品取引清算機関の運営

           当社の子会社である株式会社日本商品清算機構は、商品先物取引法第167条に規定されている商品取引清算
          機関として商品取引所が開設する商品市場における取引に基づく債務の引受け及び商品先物取引法第170条に
          規定する店頭商品デリバティブ取引等の債務の引受けを行っており、定款や業務方法書等諸規則の変更にあ
          たっては農林水産大臣及び経済産業大臣の認可を受けなければなりません。
           また、同社は商品先物取引法の規定により、農林水産大臣及び経済産業大臣の監督を受けており、農林水産
          大臣及び経済産業大臣は、商品先物取引法の規定に従い、同社に対して業務の停止や商品取引清算機関設立の
          許可の取消し等の処分を行うことができます。
         ③  業務範囲の制約

           商品取引所は、商品先物取引法第3条により、商品先物取引市場の開設及び上場商品の品質の鑑定、刊行物
          の発行その他これに附帯する業務及び商品先物取引法                         第3条第1項但書に定める業務              以外の業務を行うことを
          禁止されております。
           また、商品取引清算機関は、商品先物取引法第170条により、商品取引債務引受業等及びこれらに附帯する
          業務以外の業務並びに商品先物取引法第170条第2項但書に定める業務以外の業務を行うことを禁止されてお
          ります。
         ④  議決権の保有制限

           商品先物取引法第86条の2により、株式会社商品取引所の総株主の議決権の5%超の対象議決権の保有者と
          なった者には、農林水産大臣及び経済産業大臣への届出義務が課されております。
           また、商品先物取引法第86条により、何人も総株主の議決権の20%(一定の場合は15%)以上の対象議決権
          を取得し、又は保有してはならないこととされております。ただし、商品取引所、商品取引所持株会社、金融
          商品取引所又は金融商品取引所持株会社が取得し、又は保有する場合は、この限りではありません。
           その他に、商品先物取引法第96条の19により、農林水産大臣及び経済産業大臣の認可を受けることによっ
          て、地方公共団体や海外取引所等は総株主の議決権の50%以下の対象議決権の保有が認められております。
                                 16/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (6)重要な契約
         ①  株式会社日本商品清算機構との損失保証契約
           当社は、清算参加者が当社市場における取引に係る債務を履行しないことにより、当社の子会社である株式
          会社日本商品清算機構に損失が生じた場合であって、当該損失を当該清算参加者が同社に預託している金銭等
          及び同社の決済不履行積立金で補填できないときは、同社との間で締結した契約の範囲内において、当該清算
          参加者の保証委託に基づき当該損失を保証する損失保証契約を締結しております。なお、同社は同様の損失保
          証契約を他の国内の商品取引所との間でも締結しております。
           また、当社は違約対策保険契約を、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社との間で締結しておりますが、
          保険金の支払いは支払い条件に合致した場合に限られております。
         ②  取引・清算システムに係る契約

           当社グループにおける上場商品の取引及び清算は、すべてコンピュータによる取引システム及び清算システ
          ムで行われておりますが、当該システムの開発及び運用は外部委託しており、これに伴い以下のような契約を
          締結しております。このため、万が一、これらの契約が解除された場合、当該システムの運用ができなくなる
          ため、当社グループの経営に             影響を及ぼす可能性があります              。
          (ⅰ)   NasdaqOMX社とのライセンス契約
            当社は、NasdaqOMX社との間で取引システム及び清算システムのパッケージソフトを使用するためのライ
           センス契約を締結しております。当社は同社に対して、本契約に基づきライセンス料を支払っております。
          (ⅱ)   株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                 との売買センタ・運用保守契約
            当社は、     株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                 との間で、取引システムの売買センタの運用及び保守業務の
           委託に係る契約を締結しております。当社は同社に対して、本契約に基づき委託料を支払っております。
          (ⅲ)   株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                 との事務センタ・運用保守契約
            株式会社日本商品清算機構は、               株式会社エヌ・ティ・ティ・データ                 との間で、清算システムの事務センタ
           の運用及び保守業務の委託に係る契約を締結しております。株式会社日本商品清算機構は                                         株式会社エヌ・
           ティ・ティ・データ         に対して、本契約に基づき委託料を支払っております。
         ③  次期取引システムに係る契約

           当社は、次期取引システムについて、株式会社大阪取引所が2016年中を目処に導入を予定している次期デリ
          バティブ売買システム等を共同利用すること、また、これに付随するネットワークサービスの提供を株式会社
          東京証券取引所から受けることに伴い、以下のとおり契約を締結しております。万が一、これらの契約が解除
          された場合、次期取引システム選定の見直しに伴うコストが生じること、また、次期取引システム選定の遅れ
          に伴う取引参加者等への影響により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
          す。
          (ⅰ)   株式会社大阪取引所との次期デリバティブ売買システム等のサービス利用契約
            当社は、株式会社大阪取引所との間で同社が開発する次期デリバティブ売買システム等の利用に関する契
           約を締結しております。当社は同社に対して、本契約に基づきサービス導入料の一部を支払っております。
          (ⅱ)   株式会社東京証券取引所との「arrownet」接続サービスの利用契約
            当社は、③(ⅰ)に伴い、株式会社東京証券取引所との間で、同社が運営するネットワークサービス
           「arrownet」のサービス提供に関する契約を締結しております。
          (ⅲ)株式会社エヌ・ティ・ティ・データとのシステム開発委託個別契約
            当社は、③(ⅰ)に伴い、次期取引システム利用による当社周辺システム及び株式会社日本商品清算機構の
           システム更改対応に関する契約を締結しております。
         ④  CMEとのライセンス契約

           株式会社日本商品清算機構は、Chicago                    Mercantile      Exchange     Inc.(CME)     との間で、CMEが開発した証拠金
          計算方法であるスパンを使用するためのライセンス契約を締結しております。同社は、CMEに対して本契約に
          基づきライセンス使用料を支払っております。
           万が一、本契約が解除された場合、スパン以外の証拠金計算方法を新たに採用することで証拠金計算自体は
          継続して行えますが、清算システムの変更に伴う費用負担が生じることで、当社グループの経営成績に                                               影響を
          及ぼす可能性があります           。
                                 17/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
         契約会社名           契約の相手方                 契約内容                契約期間

     提出会社              NasdaqOMX社          NasdaqOMX社の取引システム及び清算システ                      2009年5月7日から
                             ムのパッケージソフトを使用するためのライ                      2019年5月6日まで
                             センス契約
     提出会社              株式会社エヌ・          取引システムに係る売買センタの運用及び保                      2009年5月7日から
                   ティ・ティ・デー          守業務の委託に係る契約                      2019年5月6日まで
                   タ
     株式会社日本商品清算機構              株式会社エヌ・          清算システムに係る事務センタの運用及び保                      2005年5月1日から
                   ティ・ティ・デー          守業務の委託に係る契約                      1年間
                   タ                                以降1年毎に更新
     提出会社              株式会社日本商品          清算参加者が当社市場における取引に係る債                      2008年12月1日から
                   清算機構          務を履行しないことにより株式会社日本商品                      1年間
                             清算機構に損失が生じた場合に、当該損失を                      以降1年毎に更新
                             保証する契約(注)
     株式会社日本商品清算機構              提出会社          清算参加者が指定商品市場における取引に係                      2008年12月1日から
                             る債務を履行しないことにより株式会社日本                      1年間
                             商品清算機構に損失が生じた場合に、当該損                      以降1年毎に更新
                   大阪堂島商品取引
                             失を保証する契約(注)
                   所
     提出会社              あいおいニッセイ          清算参加者が当社市場における取引に係る債                      2005年5月1日から
                   同和損害保険株式          務を履行しないことにより株式会社日本商品                      1年間
                   会社          清算機構に損失が生じ、当該損失を当該清算                      以降1年毎に更新
                             参加者が同社に預託している金銭等及び同社
                             の決済不履行積立金で補填できないときで、
                             かつ、支払い条件に合致すれば当該損失の弁
                             済に充てるための保険金が支払われる違約対
                             策保険契約
     株式会社日本商品清算機構              株式会社みずほ銀          株式会社日本商品清算機構が各清算参加者と                      2005年9月16日から
                   行          の間で清算業務に係る約定差金等の決済を行                      1年間
                             うに際し、同社の口座に入金すべき清算参加                      以降1年毎に更新
                             者から入金されなかった場合であっても、出
                   株式会社りそな銀                                2005年9月28日から
                             金すべき他の清算参加者の口座に同社が出金
                   行                                2006年8月31日まで
                             するためのつなぎ資金に係る当座貸越契約
                                                   以降毎年8月31日ま
                                                   での期間で1年毎に
                                                   更新
                   株式会社三井住友                                2005年9月15日から
                   銀行                                2006年9月15日まで
                                                   2006年9月15日から
                                                   2007年2月20日まで
                                                   以降毎年2月21日ま
                                                   での期間で1年毎に
                                                   更新
     株式会社日本商品清算機構              Chicago          Chicago    Mercantile      Exchange     Inc.のスパン       2010年5月1日から
                                                   2020年4月30日まで
                   Mercantile          を使用するためのライセンス契約
                   Exchange     Inc.
     提出会社              株式会社大阪取引          提出会社が株式会社大阪取引所から提供を受                      2014年12月19日から
                   所          ける次期デリバティブ売買システム等のサー                      「当該サービスの利
                             ビス利用契約(以下「デリバティブ売買シス                      用開始日から5年を
                             テム等のサービス利用契約」といいます。)                      経過した日」まで
                                 18/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
         契約会社名           契約の相手方                 契約内容                契約期間
     提出会社              株式会社東京証券          提出会社が株式会社東京証券取引所から提供                      2015年2月13日(当
                   取引所          を受けるネットワークサービス「arrownet」                      該サービスの利用開
                             のサービス利用契約                      始日は、両者協議の
                                                   上、別途定める。)
                                                   からデリバティブ売
                                                   買システム等のサー
                                                   ビス利用契約の契約
                                                   期間の末日まで
                                                   以降1年毎に更新
     提出会社              株式会社エヌ・          次期取引システム利用による提出会社の周辺                      2015年4月27日から

                   ティ・ティ・デー          システム及び株式会社日本商品清算機構のシ                      2016年9月30日まで
                   タ          ステム更改対応に係る契約
     提出会社              株式会社日本商品          次期取引システムに係る設備投資資金借入に                     契約日は2016年3月25
                   清算機構          ついての契約                     日
                                                   (借入日は2016年4
                                                   月1日、最終弁済日
                                                   は2021年9月30日)
     (注)当社と株式会社日本商品清算機構との間で締結している当該契約は同一の契約です。
                                 19/78














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
        特記すべき事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用
       し、「当期純損失」を「親会社株主に帰属する当期純損失」としております。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
        ります。この連結財務諸表の作成にあたっては、決算日における資産・負債及び当連結会計年度における収益・費
        用の数値に影響を与える事項について、過去の実績や現在の状況に応じ合理的と考えられる様々な要因に基づき見
        積りを行ったうえで、継続して評価を行っております。ただし、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるた
        め、見積りと異なる場合があります。
       (2)当連結会計年度末の財政状態の分析

        (資産)
         資産合計は113,944,205千円で、前連結会計年度末に比較して2,276,469千円増加しました。
         流動資産は93,773,044千円で、前連結会計年度末に比較して9,648,437千円増加しました。これは主に現金及び
        預金の増加16,165,341千円、未収場勘定損金徴収額の増加525,077千円、有価証券の減少6,593,467千円、未収収益
        の減少761,247千円等によるものであります。
         固定資産は20,171,160千円で、前連結会計年度末に比較して7,371,967千円減少しました。これは主に長期預金
        の減少10,900,000千円、投資有価証券の増加1,976,836千円、ソフトウェア仮勘定の増加1,855,233千円等によるも
        のであります。
        (負債)
         負債合計は104,921,200千円で、前連結会計年度末に比較して2,765,570千円増加しました。
         流動負債は97,223,524千円で、前連結会計年度末に比較して2,607,690千円増加しました。これは主に取引証拠
        金の増加1,618,576千円、未払場勘定益金交付額の増加525,077千円、現行システムの解約費用を主とする未払金の
        増加545,414千円等によるものであります。
         固定負債は7,697,675千円で、前連結会計年度末に比較して157,879千円増加しました。これは主に清算預託金の
        増加241,675千円、役員退職長期未払金の減少106,135千円等によるものであります。
        (純資産)
         純資産は9,023,005千円で、前連結会計年度末に比較して489,100千円減少しました。これは親会社株主に帰属す
        る当期純損失の計上489,100千円によるものであります。
       (3)当連結会計年度の経営成績の分析

         当社グループでは、市場流動性の向上及び取引高の増加に向け、多様な市場参加者の獲得や上場商品ポートフォ
        リオの充実といった施策を最重要課題と位置付け、その実現に向けた取り組みを行ってまいりました。その結果、
        2015年度における当社市場の取引高は2,615万枚(前年同期比15.3%増)となりました。これにより、営業収益は
        3,007,762千円(前年同期比10.2%増)となりました。営業費用は3,567,065千円(前年同期比3.3%減)となり、営業損
        失は559,302千円(前年同期比41.7%減)となりました。営業外収益において受取利息及び配当金等を530,195千円計
        上しましたが、経常損失は29,370千円(前年同期は131,939千円の経常利益)となり、特別損失としてシステム解約
        費用430,012千円を計上したため、親会社株主に帰属する当期純損失は489,100千円(前年同期は41,430千円の親会
        社株主に帰属する当期純利益)となりました。
         なお、当連結会計年度の収支状況は、以下のとおりであります。
        ① 営業損益及び営業利益
          営業収益は、3,007,762千円(前年同期比10.2%増)となりました。これは主に当社市場の取引高が前年同期比
         15.3%増となったことにより、定率参加料収入が増加したことによるものであります。
          一方、営業費用は、3,567,065千円(前年同期比3.3%減)となりました。これは主に人件費の減少等によるもの
         であります。
          以上の結果、営業損失は559,302千円(前年同期比41.7%減)となりました。
        ② 営業外損益及び経常利益
          営業外収益は、530,195千円(前年同期比51.5%減)となりました。これは主に受取利息及び配当金が減少したこ
         とによるものであります。
          一方、営業外費用は、263千円(前年同期比88.4%減)となりました。これは主に支払利息が減少したことによる
         ものであります。
                                 20/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
          以上の結果、経常損失は29,370千円(前年同期は131,939千円の経常利益)となりました。
         ③ 特別損益及び親会社株主に帰属する当期純利益
          特別損失として次期システムの稼働に伴う現行取引システムの解約費用430,012千円を計上しました。その結
         果、親会社株主に帰属する当期純損失は489,100千円(前年同期は41,430千円の親会社株主に帰属する当期純利
         益)となりました。
       (4)  当連結会計年度の施策

         当連結会計年度において当社グループは、十全な市場機能が発揮できるように市場流動性を向上させ、安定的な
        経営基盤を確立することを目標に、以下の①~③の施策に取り組んでまいりました。
        ①  外部環境に左右されない構造的に安定した経営基盤の構築
          当社グループは、外部環境に左右されない安定的な収益基盤の構築を最優先課題と位置付け、以下の施策に取
         り組みました。
          多様な市場参加者の参入促進を図るため、グローバルに展開する国内外の大手金融機関、ネット系証券会社及
         びFX会社等の市場仲介者、プロップハウス                    (注1)  等の流動性供給者に対する営業活動を行いました。その結果、
         初の遠隔地取引参加者として海外大手プロップハウスと香港の商品先物取引業者が加入するとともに、他社清算
         参加者についても、証券会社2社に加え、外資系大手金融機関が銀行業として初めて他社清算資格を取得しまし
         た。また国内証券会社に対して、当社上場商品(貴金属・原油)に連動した金融商品(ETF/ETN等)の組成・上
         場及び既存上場商品の設定残高の増加に向けた働きかけを行いました。
          上場商品ポートフォリオの充実を図るため、決済期限がなくFX感覚で取引できる商品(限日取引)として「東
         京ゴールドスポット100」を5月に新規上場しました。また、「金オプション」についても商品設計を変更し、
         2016年9月予定の次期取引システム稼働時における取引開始に向けた準備を進めています。
          利便性及び信頼性向上に向けた取組みとしては、次期取引システム稼働時における取引時間の拡大を決定する
         とともに、立会外取引の成立を容易にする「TOCOMウィンドウ」の開設や受渡システムの改変を行いました。
          商品先物取引の認知度及びイメージ向上に資する広報活動の強化については、上場商品のアナリスト育成に向
         けたセミナーの開催、個人投資家の市場参入を促進するセミナーの開催、投資情報ネットテレビ番組への協賛、
         市況情報等の拡充等の広報・マーケティング活動を行ったほか、商品先物取引の情報発信と商品先物取引業者の
         営業支援の拠点として「TOCOMスクエア」の開設に向けた準備を進めました。また、当社の市場構造について市
         場参加者等が的確に把握し、適切な投資判断に資する目的で「市場構造分析」の公表を開始しました。
          欧米の規制当局によるグローバルなリスク管理規制強化への対応としては、株式会社日本商品清算機構におい
         てESMA(欧州証券市場監督機構)が定めたEMIR(欧州市場インフラ規則)に基づく第3国CCP                                          (注2)   に対する承認
         申請を行っています。
        ②  総合エネルギー市場創設に向けた取組みの推進
          電力先物市場開設については、経済産業省主催の「電力先物市場協議会」の報告書発表を受け、報告書にある
         「ベースロード       (注3)   」及び「日中ロード         (注4)   」の2種類の商品設計案をもとに、2016年度中の取引開始に向
         けて準備を進めています。
          電力先物以外でも、LNG、LPG、石炭等新たなエネルギー商品の上場に向けた調査を継続するなど、「総合エネ
         ルギー市場」の整備に向けた取組みを継続しています。
          当社関連会社であるOTC取引             (注5)   プラットフォームの運営会社JAPAN                 OTC  EXCHANGE(JOE)株式会社において
         は、台湾の電力会社及び燃料会社等の3社が新たにメンバーとして加入したほか、2016年3月に、シカゴ・マーカ
         ンタイル取引所(CME)のクリアリング・ハウスで清算可能な取引を新たに開始しました。
        ③  他取引所との連携強化
          株式会社日本取引所グループ(JPX)とは、次期取引システムの共同利用について、2016年9月の円滑な導入に
         向けて様々な連携を図っており、関連するセミナーをシカゴやシンガポールで共催しました。また、我が国にお
         けるオプション市場の活性化を目的としてオプションセミナーを共催しました。
          海外取引所との連携強化については、JOEにおけるLNGのOTC取引の清算について、CMEが提供するOTCクリアリ
         ングサービス「ClearPort®」での取扱いを開始したほか、中国の商品取引所とも共同マーケティングを行いまし
         た。また、タイ証券取引所及びタイ先物取引所とは、ゴム先物取引にかかる提携に向けた協議を行いました
          (注)1.プロップハウス:

                自己取引を行うトレーダーであり、主に、かつて欧米の商品取引所のフロアで取引を行っていた
               トレーダーが、コンピュータを駆使し、主として短期の売買を大量に行うようになったもの。
             2.CCP:Central         Counterparty,       「中央清算機関」
                取引における売り手と買い手の間に入り(各々の相手方となり)、決済の保証を行い、当該取引
               における売り手と買い手の取引リスクの遮断を図る役割を果たす。
                                 21/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
             3.ベースロード        :
                毎歴日における24時間を通じて消費される最低限の電力。
             4.日中ロード:
                需要が高まる日中時間帯(土日祝日を除く営業日における午前8時から午後6時)に消費される
               電力。
             5.OTC取引      :
                店頭取引(Over        The  Counter)のこと。取引所を介さずに当事者間の相対で行われる取引。
       (5)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

         「第2    事業の状況 1        業績等の概要 (1)         業績及び(2)      キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。
                                 22/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の総投資額は、2,150,679千円となりました。これは、次期取引システムに係る初期投資及び現行
       取引システムの延長に対応したプログラム構築等による無形固定資産の増加2,013,247千円及び現行取引システム延
       長対応の器具及び備品の購入等による有形固定資産の増加137,431千円によるものであります。
      2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                    2016年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
                                                         従業
       事業所名                                                  員数
              セグメン
                   設備の内容
                        建物及び               ソフト
       (所在地)       トの名称                               土地             (人)
                             機械及び
                        構築物          器具備品     ウェア         その他     合計
                                                         注3
                             装置              (面積㎡)
                         注1               注2
                   当社機能
     本店                                       12,221              64
              取引所業務     及び取引
                        1,898,440      15,527    281,490    3,702,639          5,234   5,915,554
     (東京都中央区)                                        (888)             (7)
                   関連設備
      (注)1.建設仮勘定を含んでおります。
         2.ソフトウェア仮勘定を含んでおります。
         3.  従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外からの当社への受入出向
           者(兼務出向を除く)を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員
           数)は、年間の平均人数を()外数で記載しております。
         4.金額には消費税等を含めておりません。
       (2)国内子会社

                                                     2016年3月31日現在
                                       帳簿価額(千円)
                                                         従業
             事業所名      セグメントの                                      員数
       会社名                   設備の内容                ソフト
                     名称                                    (人)
             (所在地)                   建物及び
                                          ウェア
                                    器具備品          その他     合計
                               構築物                          注2
                                          注1
                         当社機能及
     株式会社日本       本店                                               19
                    清算業務      び取引関連
                                  646    9,260    101,526      2,359    113,793
     商品清算機構      (東京都中央区)                                               (2)
                         設備
      (注)1.ソフトウェア仮勘定を含んでおります。
         2.  従業員数は、就業人員(株式会社日本商品清算機構から社外への出向者(兼務出向を除く)を除き、社外か
           らの株式会社日本商品清算機構への受入出向者(兼務出向を除く)を含む。)であり、嘱託社員を含み、臨
           時雇用者数(人材派遣会社からの派遣社員数)は、年間の平均人数を()外数で記載しております。
         3.金額には消費税等を含めておりません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  重要な設備の新設
                             投資予定金額                着手及び完了予定年月

       事業所名      セグメント                         資金調達                  完成後の
                    設備の内容
                            総額     既支払額
             の名称                         方法                  増加能力
       (所在地)
                                             着手      完了
                           (百万円)     (百万円)
                                                       機能高度化
     本店
                                      自己資金及び
                            4,117     3,335
             取引所業務     次期取引システム                         2014年10月      2016年9月     及び処理能
     (東京都中央区)                                 借入金
                                                       力向上
       (2)  重要な設備の除却等

         重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 23/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                  種類                         発行可能株式総数
                 普通株式                           15,000,000株

                無議決権株式                             100,000株

                  計                          15,100,000株

       ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引所名
             事業年度末現在発行数(株)             提出日現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
               (2016年3月31日)            (2016年6月27日)
                                       取引業協会名
                3,041,000            3,041,000                    (注)1、2

       普通株式                                 非上場・非登録
                  83,573            83,573                   (注)1、2、3、4

      無議決権株式                                  非上場・非登録
                3,124,573            3,124,573              -           -

        計
      (注)1.単元株式数は、普通株式100株、無議決権株式1株であります。
         2.株式の譲渡又は取得については、当社の承認を要します。
         3.普通株式と無議決権株式を発行している理由は、当社が商品取引所法(現                                     商品先物取引法)に基づく組織
           変更を行うにあたり、組織変更前の議決権が出資口数にかかわらず1会員1個であることを踏まえ、組織変
           更に際しての会員への株式の割当ては、議決権が全会員同じ個数になるように、普通株式と無議決権株式を
           組み合わせて行う必要があったためであります。
         4.無議決権株式の内容は、以下のとおりであります。
          ・議決権      株主総会において決議することができる事項の全部につき、議決権を行使することがで
                    きない。
          ・配当       普通株式につき剰余金の配当(期末配当金及び中間配当金に限る。)を行う場合には、
                    無議決権株主(無議決権株式の登録株式質権者を含み、株主名簿に登録株式質権者が記
                    載又は記録された無議決権株式に係る無議決権株主を除く。)に対しても、無議決権株
                    式1株につき、普通株式配当基準額に1.2を乗じて得た額(1円未満の端数について
                    は、切り捨てるものとする。)の金銭による剰余金の配当を行う。この場合、普通株式
                    配当基準額とは、剰余金の配当の効力が生ずる日における無議決権株式の株式係数
                    (100又は分割若しくは併合の行為があった場合は、当該分割等の比率に基づき調整し
                    た係数)に相当する数の普通株式に当該剰余金の配当により割当てられる配当財産の額
                    をいう。
          ・残余財産の分配  普通株主に対し残余財産の分配を行う場合には、無議決権株主に対しても、無議決権株
                    式1株につき、普通株式分配基準額の金銭を残余財産の分配として支払う。この場合、
                    普通株式分配基準額とは、残余財産の分配に係る会社法第504条第1項各号に掲げる事
                    項を定めた日における無議決権株式の株式係数に相当する数の普通株式に当該残余財産
                    の分配により割当てられる残余財産の額をいう。
          ・取得請求権    無議決権株主は、当社の普通株式が金融商品取引所に上場された日以後、当社が無議決
                    権株式1株を取得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の株式係数
                    に相当する数の当社の普通株式を交付することを請求することができる。
          ・取得条項(株式) 次の各号に掲げるいずれか早い日以後の日で会社法第168条第1項に基づき代表執行役
                    が別に定める日が到来することをもって、無議決権株式の全部又は一部を取得する事由
                    とする。
                    (1)当社が当社の普通株式を金融商品取引所に上場する旨を当該金融商品取引所に対し
                      て申請した日
                    (2)当社が消滅会社となる合併契約について当社の株主総会で承認された日(株主総会
                      決議が不要な場合は、合併契約を締結した日)
                    (3)当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画について当社の株主総会で
                      承認された日(株式交換契約について株主総会の決議が不要な場合は、株式交換契
                      約を締結した日)
                                 24/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                    上記の事由により無議決権株式を取得する場合には、当社が当該無議決権株式1株を取
                    得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の株式係数に相当する数の
                    当 社の普通株式を交付する。
                    上記の事由により無議決権株式の一部を取得する場合には、按分比例の方法又は抽選に
                    より取得する無議決権株式を定める。
          ・取得条項(金銭) 当社が当社の普通株式を金融商品取引所に上場する旨を当該金融商品取引所に対して申
                    請した日以後の日で会社法第168条第1項に基づき代表執行役が別に定める日が到来す
                    ることをもって、無議決権株式の全部又は一部を取得する事由とする。
                    上記の事由により無議決権株式を取得する場合には、当社が当該無議決権株式1株を取
                    得するのと引換えに、当該取得する日における無議決権株式の一株当たり純資産額に相
                    当する金額の金銭を交付する。
                    上記の事由により無議決権株式の一部を取得する場合には、按分比例の方法又は抽選に
                    より取得する無議決権株式を定める。
          ・全部取得条項   当社は、会社法第171条第1項の株主総会の決議に基づき無議決権株式の全部を取得す
                    ることができる。この場合において、当該無議決権株式の取得対価の価額は、取得対価
                    の内容に応じて、上記の取得条項(株式)及び取得条項(金銭)に準じて算定するもの
                    とする。
         5.  当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為を行う場合又は無議決権株式若しくは無議決権株式を目的と
           する新株予約権に関する募集事項の決定をする場合には、無議決権株主を構成員とする種類株主総会の決議
           を要しない旨を定款で定めております。
      (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
      (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金
        年月日        総数増減数        総数残高
                                (千円)        (千円)       減額(千円)        残高(千円)
                 (株)        (株)
                3,124,573        3,124,573        1,989,416        1,989,416        1,391,416        1,391,416

      2008年12月1日
     (注)1.     当社は、2008年12月1日に会員商品取引所から株式会社商品取引所へ組織変更しております。なお、組織変更

         に際し、2008年7月29日開催の臨時会員総会において承認された組織変更計画書に基づき、2008年11月30日現在
         の会員(91社)に対し、1社当たり普通株式を12,400株、無議決権株式を組織変更前日の当社企業価値の評価額
         及び会員の出資口数等に基づき算定された株数で割当てております。これによる発行済株式総数の増加は
         1,211,973株、出資金から資本金への移行が598,000千円、加入金からその他資本剰余金への移行が628,350千円
         となっております。なお、その後、組織変更時株式割当の端数について金銭にて8,306千円割当てを行ってお
         り、これによりその他資本剰余金が同額減少しております。
        2.同時に、当社は、第三者割当増資により1,912,600株の新株式の発行を実施し、総額2,782,833千円の資金調達
         を行っております。なお、1株につき発行価格は1,455円、資本組入額は727.5円となっており、資本金及び資本
         準備金がそれぞれ1,391,416千円増加しております。
                                 25/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      (6)【所有者別状況】
        ① 普通株式
                                                   2016年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
            政府及び
                                                       株式の状
       区分                             外国法人等
                       金融商品     その他の
            地方公共     金融機関                          個人その他       計
                                                       況(株)
                       取引業者     法人
                                  個人以外      個人
            団体
     株主数(人)         -        2     11      69      7   -        2    91    -
     所有株式数
              -     3,000     2,926     22,058      2,178     -       248   30,410      -
     (単元)
     所有株式数の
              -      9.9     9.6     72.5      7.2    -       0.8    100.0     -
     割合(%)
        ② 無議決権株式

                                                   2016年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数1株)
                                                       単元未満
            政府及び
       区分                             外国法人等                   株式の状
                       金融商品     その他の
            地方公共     金融機関                          個人その他       計
                                                       況(株)
                       取引業者     法人
                                  個人以外      個人
            団体
     株主数(人)         -     -       10      53      ▶   -        2    69    -
     所有株式数
              -     -     18,464      61,798      1,784     -      1,527    83,573      -
     (単元)
     所有株式数の
              -     -      22.1      73.9      2.1    -       1.8    100.0     -
     割合(%)
      (7)【大株主の状況】

                                                   2016年3月31日現在

                                                    発行済株式総数に
                                            所有株式数
                                                    対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                             (株)
                                                     の割合(%)
                     東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-12                        179,305           5.74

     豊商事株式会社
                     東京都千代田区内幸町1-2-1                        163,461           5.23
     みずほキャピタル株式会社
                     東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                        153,157           4.90

     日本ユニコム株式会社
     三菱商事RtMジャパン株式会社               東京都千代田区丸の内2-7-2                        152,623           4.88

                     東京都中央区晴海1-8-11                        151,250           4.84

     住友商事株式会社
                     東京都千代田区大手町1-3-7                        150,000           4.80

     株式会社日本経済新聞社
                     東京都中央区日本橋1-9-1                        150,000           4.80

     野村ホールディングス株式会社
                     東京都千代田区大手町1-5-5                        150,000           4.80

     株式会社みずほ銀行
                     大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                        150,000           4.80

     株式会社りそな銀行
     株式会社エヌ・ティ・ティ・
                     東京都江東区豊洲3-3-3                        149,000           4.77
     データ
                              -             1,548,796            49.57
            計
                                 26/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位17名は以下のとおりであります。
                                                   2016年3月31日現在
                                                    総株主の議決権に
                                           所有議決権数
                                                    対する所有議決権
         氏名又は名称                    住所
                                             (個)
                                                    数の割合(%)
                     東京都中央区日本橋蛎殻町1-16-12                         1,760          5.79

     豊商事株式会社
                     東京都千代田区内幸町1-2-1                         1,624          5.34
     みずほキャピタル株式会社
                     東京都中央区晴海1-8-11                         1,500          4.93

     住友商事株式会社
                     東京都千代田区大手町1-3-7                         1,500          4.93

     株式会社日本経済新聞社
                     東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11                         1,500          4.93

     日本ユニコム株式会社
                     東京都中央区日本橋1-9-1                         1,500          4.93

     野村ホールディングス株式会社
                     東京都千代田区大手町1-5-5                         1,500          4.93

     株式会社みずほ銀行
                     東京都千代田区丸の内2-7-2                         1,500          4.93

     三菱商事RtMジャパン株式会社
                     大阪府大阪市中央区備後町2-2-1                         1,500          4.93

     株式会社りそな銀行
     株式会社エヌ・ティ・ティ・
                     東京都江東区豊洲3-3-3                         1,490          4.90
     データ
     バークレイズ・バンク・ピーエ
                     東京都港区六本木6-10-1                         1,376          4.52
     ルシー(バークレイズ銀行)
                     東京都中央区銀座5-15-8                         1,000          3.29
     株式会社時事通信社
                     東京都中央区日本橋久松町12-8                          750         2.47

     カネツ商事株式会社
                     大阪府大阪市西区阿波座1-10-14                          750         2.47

     株式会社コムテックス
                     東京都中央区銀座6-15-1                          750         2.47

     電源開発株式会社
                     大阪府大阪市中央区北浜2-3-8                          372         1.22

     岡安商事株式会社
                     東京都中央区日本橋兜町4-2                          372         1.22
     フィリップ証券株式会社
                              -               20,744          68.21

            計
      (8)【議決権の状況】

       ①【発行済株式】
                                                   2016年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                         無議決権株式        83,573                  (注)1、2

     無議決権株式                                     -
     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

     議決権制限株式(その他)                         -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                         -            -            -

                          普通株式      3,041,000                     (注)1

     完全議決権株式(その他)                                       30,410
     単元未満株式                         -            -            -

     発行済株式総数                          3,124,573           -            -

     総株主の議決権                         -              30,410         -

      (注)    1.株式の譲渡又は取得については、当社の承認を要します。
         2.無議決権株式の内容については、「(1)株式の総数等 ② 発行済株式」の注記を参照願います。
                                 27/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ②【自己株式等】
         該当事項はありません。
      (9)【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】
        該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、利益配分につきましては、業績及び当社を取り巻く諸環境等を総合的に勘案して決定すること及び中間配
       当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        また、当社は「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を
       除き、株主総会によらず、取締役会の決議によって定める」旨を定款に規定しており、剰余金に関する決定機関は中
       間配当及び期末配当共に取締役会であります。
        なお、内部留保の充実が必要であること及び当事業年度における業績に鑑み、当事業年度における中間配当及び期
       末配当の実施をそれぞれ見送ることとしました。
        当社といたしましては、早期に配当が行えるよう、業績の回復に全力で取り組んでまいります。
        内部留保資金につきましては、当社市場における取引の信頼性を確保し、取引所として安定的な運営を行っていく
       ために有効活用してまいりたいと考えております。
      4【株価の推移】

        当社株式は、非上場でありますので、該当事項はありません。
                                 28/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性10名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
       (1)【取締役の状況】
                                                          所有
      役名    職名      氏名       生年月日                               任期
                                        略歴
                                                         株式数
                             1960年4月     司法修習生
                             1962年4月     東京地方裁判所      判事補任官
                             1987年4月     法制審議会     民法部会委員
                             2001年1月     名古屋高等裁判所       長官
                             2002年5月     定年退官
                             2002年9月
                                  弁護士登録(第一東京弁護士会)
                             2002年10月     社団法人日本商事仲裁協会           あっせん・調停委
                                  員(現任)
                             2002年11月     中央労働委員会委員        公益委員(会長代理)
                                  中央建設工事紛争審査会          特別委員
                                  第一東京弁護士会仲裁センター            仲裁人候補者
                                  (現任)
                             2003年3月     日本商品先物取引協会         あっせん・調停委員
      取締役     -    荒井 史男       1937年5月14日                               (注)3     -
                             2004年4月     第二東京弁護士会仲裁センター            仲裁人候補者
                                  (現任)
                             2004年6月
                                  日本商品先物取引協会         会長(現任)
                             2006年12月     委託者保護会員制法人日本商品委託者保護基金
                                  (現  日本商品委託者保護基金)理事(現任)
                                  中央建設工事紛争審査会          会長
                             2008年9月     疾病・障害認定審査会         臨時委員(厚生労働
                                  省)(現任)
                             2008年12月     当社  社外取締役、監査委員会委員(2014年2
                                  月から委員長)(現任)、自主規制委員会委員
                                  長
                             2009年7月
                                  議員秘書退職手当審査会委員(会長)(現任)
                             2010年11月
                                  中央建設工事紛争審査会          特別委員(現任)
                             2011年1月
                                  厚生労働省監察本部        専門委員(現任)
                                 29/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
      役名    職名      氏名       生年月日                               任期
                                        略歴
                                                         株式数
                             1980年4月     岡山大学経済学部       助手
                             1983年4月
                                  同学部   講師
                             1984年4月
                                  同学部   助教授
                             1986年4月
                                  京都大学経済学部       助教授
                             1987年3月     同大学   経済学博士
                             1994年4月
                                  慶應義塾大学      経済学部助教授
                             1995年4月
                                  同学部教授(現任)
                             2000年9月     日本債券信用銀行(現         株式会社あおぞら銀
                                  行)社外取締役
      取締役     -    池尾 和人       1953年1月12日                               (注)3     -
                             2003年4月
                                  日本郵政公社      社外理事
                             2003年10月
                                  慶應義塾大学大学院        経済学研究科委員長
                             2008年12月     当社  社外取締役、指名委員会委員(現任)、
                                  自主規制委員会委員
                             2014年2月     当社  報酬委員会委員(現任)
                             2014年6月     日本貸金業協会      理事(現任)
                             2014年10月
                                  日本学術会議会員(現任)
                             2016年2月
                                  新日本有限責任監査法人          社外ガバナンス委員
                                  会委員(現任)
                             1974年4月
                                  東京証券取引所入所
                             1991年6月
                                  同取引所    国際部外国課長
                                  同取引所    秘書役
                             1994年5月
                             2000年6月
                                  同取引所    決済管理部長
                             2001年11月
                                  株式会社東京証券取引所          決済管理部長
                             2002年6月     同社  執行役員
                                  株式会社日本証券クリアリング機構              取締役
                                  日本証券決済株式会社         代表取締役社長
                             2003年6月
      取締役     -    清水 寿二       1950年9月14日                               (注)3     -
                             2006年6月     株式会社東京証券取引所          常務執行役員
                             2007年8月     株式会社東京証券取引所          グループ常務執行役
                             2008年8月     宝印刷株式会社      社外取締役(現任)
                             2009年6月     株式会社日本商品清算機構           社外取締役
                             2013年6月
                                  当社  社外取締役、監査委員会委員(現任)
                             2014年2月     当社  自主規制委員会委員(2015年6月から委
                                  員長)(現任)
                             2015年6月
                                  株式会社日本商品清算機構           取締役(現任)
                                 30/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有

      役名    職名      氏名       生年月日                               任期
                                        略歴
                                                         株式数
                             1974年4月
                                  丸紅株式会社     (当社の取引参加者)         入社
                             1997年4月
                                  同社  重電機第一部長
                                  同社  電力プロジェクト第三部長
                             1998年4月
                             1999年4月
                                  同社  電力プロジェクト本部副本部長            兼 電力
                                  プロジェクト第一部長
                             2001年4月     同社  ユーティリティ・インフラ部門長代行               兼
                                  海外電力事業部長
                             2002年4月
                                  同社  執行役員、ユーティリティ・インフラ部
                                  門長
      取締役     -     関山 護       1949年8月14日                               (注)3     -
                                  同社  常務執行役員
                             2005年4月
                             2006年6月     同社  代表取締役常務執行役員
                             2007年4月
                                  同社  代表取締役専務執行役員
                             2009年4月     同社  代表取締役副社長執行役員
                             2013年4月     同社  副会長
                             2015年4月
                                  同社顧問(現任)
                                  丸紅パワーシステムズ株式会社            会長(現任)
                             2015年6月     当社  社外取締役、自主規制委員会委員(現
                                  任)
                             1960年6月
                                  豊商事株式会社(当社の取引参加者)入社
                             1981年5月     東京ゴム代行株式会社         監査役
                                  東京ゴム取引員協会        監事
                             1984年11月
                                  東京工業品取引所(現         当社)理事
                             1990年6月
                                  豊商事株式会社      代表取締役社長
                             1991年5月
                                  東工取先物市場振興協会          幹事
                             1995年11月
                                  全国砂糖取引所協会連合会           理事
                             1998年5月
                                  東工取先物市場振興協会          代表幹事
                             2002年6月
                                  社団法人商品取引受託債務補償基金協会                理事
                             2005年4月     委託者保護会員制法人日本商品委託者保護基金
                                  (現  日本商品委託者保護基金)理事長(現
                                  任)
                             2005年5月     中部商取協会      理事
      取締役         多々良 實夫        1941年8月26日
          -                                           (注)3     -
                                  株式会社日本商品清算機構           社外取締役
                                  社団法人日本商品投資販売業協会             監事
                             2006年5月
                                  東工取先物市場振興協         会幹事・相談役
                             2006年6月
                                  日本商品先物振興協会         理事(現任)
                                  日本商品先物取引協会         理事(現任)
                             2007年5月     ユタカエステート株式会社           代表取締役社長
                             2007年6月
                                  豊商事株式会社      代表取締役会長(現任)
                             2008年12月
                                  当社  社外取締役(現任)
                             2009年5月
                                  社団法人日本商品投資販売業協会             理事
                             2011年5月     ユタカエステート株式会社           代表取締役会長
                                  (現任)
                             2015年5月
                                  日本商品先物振興協会         副会長(現任)
                             2015年6月
                                  株式会社日本商品清算機構           取締役(現任)
                                 31/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有

      役名    職名      氏名       生年月日                               任期
                                        略歴
                                                         株式数
                             1975年4月
                                  通商産業省入省
                             1989年5月
                                  同省  通商政策局中東アフリカ室長
                             1991年7月
                                  同省  産業政策局サービス産業課長
                             1993年5月
                                  資源エネルギー庁       長官官房企画調査課長
                             1994年7月
                                  鹿児島県商工労働部長
                             1997年7月
                                  通商産業省     環境立地局立地政策課長
                             1999年7月     新エネルギー・産業技術総合開発機構               総務部
                                  長
                             2001年7月
                                  経済産業省     大臣官房審議官(産業技術担当)
                             2002年10月
                                  東京工業品取引所       (現  当社)   専務理事
                             2006年5月     財団法人ベンチャーエンタープライズセンター
                                  理事長
                                  富士電機ホールディングス株式会社              取締役シ
                             2008年6月
                                  ニアエグゼクティブオフィサー
      取締役     -    濵田 隆道       1950年8月14日                               (注)3
                                                          -
                             2009年1月
                                  SIP株式会社     監査役(現任)
                             2011年4月     富士電機株式会社       取締役執行役員専務 兼 
                                  富士電機企業管理(上海)社董事長              兼 総経
                                  理 兼 富士電機(中国)社董事長              兼 総経理
                             2012年6月     富士電機株式会社       取締役執行役員専務
                             2014年4月
                                  同社  取締役
                             2014年6月
                                  当社  代表執行役専務
                             2015年4月
                                  多摩大学大学院      客員教授(現任)
                             2015年6月
                                  当社  取締役、代表執行役社長、          指名委員会委
                                  員、報酬委員会委員、自主規制委員会委員                (現
                                  任)
                                  株式会社日本商品清算機構           取締役(現任)
                             2015年7月
                                  日本商品先物取引協会         理事(現任)
                                  日本商品委託者保護基金          理事(現任)
                             1958年4月
                                  日本銀行入行
                             1989年9月
                                  日本銀行    理事
                             1994年12月
                                  日本銀行    副総裁
                             1998年11月
                                  株式会社富士通総研        理事長
                             2001年4月
                                  経済同友会     副代表幹事
                             2003年3月
                                  日本銀行    総裁
                             2008年4月
                                  中央放送番組審議会        委員
                             2008年7月     日本証券業協会      公益理事
                             2008年12月     当社  社外取締役、指名委員会委員長、報酬委
      取締役     -    福井 俊彦       1935年9月7日                               (注)3     -
                                  員会委員長(現任)
                                  一般財団法人キヤノングローバル戦略研究所
                                  理事長(現任)
                             2009年3月
                                  一般社団法人クラブ関東          理事長(現任)
                             2009年6月     キッコーマン株式会社         社外取締役(現任)
                                  信越化学工業株式会社         社外取締役(現任)
                             2010年1月     程ヶ谷カントリー倶楽部株式会社             監査役(現
                                  任)
                             2010年4月
                                  アクセンチュア株式会社          アクセンチュア・ア
                                  ドバイザリー・ボード・メンバー(現任)
                                 32/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有

      役名    職名      氏名       生年月日                               任期
                                        略歴
                                                         株式数
                             1963年9月
                                  東京北辰商品株式会社入社
                             1971年5月
                                  同社  取締役
                             1979年7月     山栄物産株式会社(現         ユニコムグループホー
                                  ルディングス株式会社)代表取締役専務
                             1981年2月
                                  同社  代表取締役社長
                             1993年10月
                                  東京穀物商品取引所        理事
                             1997年6月     日本ユニコム株式会社(現           ユニコムグループ
                                  ホールディングス株式会社)代表取締役会長
                                  (現任)
                             1999年4月
                                  日本商品先物振興協会         理事(現任)
                             2001年6月
                                  日本商品先物振興協会         会長
                             2005年4月     委託者保護会員制法人日本商品委託者保護基金
                                  (現  日本商品委託者保護基金)理事(現任)
                             2006年6月
                                  日本商品先物取引協会         副会長(現任)
      取締役     -    二家 勝明       1942年1月22日                               (注)3     -
                             2006年10月     日本ユニコム株式会社         (当社の取引参加者)         代
                                  表取締役会長(現任)
                             2009年2月
                                  全国商品取引業厚生年金基金            理事長
                             2009年11月
                                  株式会社東京穀物商品取引所            取締役
                             2010年12月     日産センチュリー証券株式会社(現              日産証券
                                  株式会社)    (当社の取引参加者)         代表取締役相
                                  談役
                             2013年3月
                                  全国商品取引業厚生年金基金            代表清算人
                                  株式会社東京穀物商品取引所            監査役
                             2013年6月
                                  当社  社外取締役(現任)
                             2014年2月     当社  監査委員会委員(現任)
                             2015年12月
                                  日産センチュリー証券株式会社(現              日産証券
                                  株式会社)代表取締役相談役
                             2016年6月
                                  日産証券株式会社       (当社の取引参加者)         代表取
                                  締役会長(現任)
     (注)1.取締役 荒井史男、池尾和人、清水寿二、関山護、多々良實夫、福井俊彦及び二家勝明は社外取締役でありま
         す。
        2.当社は指名委員会等設置会社であります。委員会体制については次のとおりであります。
            指名委員会  委員長 福井 俊彦、委員 池尾 和人、委員                          濵田 隆道
            監査委員会  委員長 荒井 史男、委員 清水 寿二、委員 二家 勝明
            報酬委員会  委員長 福井 俊彦、委員 池尾 和人、委員                          濵田 隆道
        3.取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結のとき
         までであります。
                                 33/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (2)【執行役の状況】
                                                         所有
      役名    職名      氏名       生年月日                             任期
                                        略歴
                                                         株式数
     代表執行役
                               取締役の
           -    濵田 隆道       1950年8月14日             同左                 (注)     -
                               状況参照
      社長
                               1980年4月     株式会社長谷川工務店         入社
                               1983年4月     学校法人東京工学院情報専門学校             非常勤
                                    講師
                               1985年10月     株式会社ミサワ・ホーム総合研究所              企画
                                    開発室嘱託
                               1988年10月
                                    三菱総合研究所      社会公共システム部嘱託
                               1990年7月
                                    東京工業品取引所(現         当社)入所
                               1995年10月     同所  企画室長
      執行役     -    小野里 光博        1958年3月6日                              (注)     -
                               1998年6月
                                    同所  理事待遇    企画室長
                               2004年5月
                                    同所  理事
                               2007年4月
                                    多摩大学大学院客員教授(現任)
                               2008年12月
                                    株式会社東京工業品取引所(現            当社)執
                                    行役(現任)
                               2010年4月
                                    排出量取引所設立準備株式会社            代表取締
                                    役
                               2010年8月
                                    一般社団法人FIA-JAPAN理事(現任)
                               1977年4月     通商産業省東京通商産業局           入局
                               1993年4月
                                    東京工業品取引所(現         当社)入所
                               1999年4月
                                    同所  会員部長
                               2005年2月
                                    株式会社日本商品清算機構出向            業務部長
      執行役     -    飛田 成光       1957年1月15日                              (注)     -
                               2007年6月     東京工業品取引所(現         当社)理事総務部
                                    長
                               2014年6月     当社  執行役(現任)
                                    株式会社日本商品清算機構           常務取締役
                              計
                                                          -
      (注)執行役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結後最初に招
        集される取締役会の終結の時までであります。ただし、ある事業年度の終結後当該事業年度に関する定時株主総会
        の終結までに選任された執行役の任期は、当該定時株主総会の終結後最初に招集される取締役会の終結のときまで
        であります。
                                 34/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①  企業統治の体制
         (ⅰ)   株主総会
          ・会社法第309条第2項に定める株主総会における決議について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の
           1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行うことができる旨を定款にて定めてお
           ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
           ことを目的とするものであります。
         (ⅱ)   取締役会
          ・指名委員会等設置会社として、取締役会は、法令又は定款に定めのある事項その他当社の業務執行を決定
           し、取締役及び執行役の職務の執行を監督しております。
          ・取締役会を構成する取締役のうち過半数を会社法第2条第15号で規定する社外取締役としております。
          ・株主に株式の割当てを受ける権利を与える場合における募集事項等の決定については、株主総会の決議によ
           らず、取締役会の決議により定めることができる旨を定款にて定めております。これは、経済情勢の変化に
           対応して経営諸施策を機動的に遂行することを目的とするものであります。
          ・株主に新株予約権の割当てを受ける権利を与える場合における募集事項等の決定については、株主総会の決
           議によらず、取締役会の決議により定めることができる旨を定款で定めております。これは、経済情勢の変
           化に対応して経営諸施策を機動的に遂行することを目的とするものであります。
          ・剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、
           株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって定める旨定款に規定しております。これは、剰余金の配
           当等の決定を取締役会の権限とすることにより、機動的に対応することができるようにするためでありま
           す。
         (ⅲ)   指名委員会、監査委員会及び報酬委員会
          ・指名委員会、監査委員会又は報酬委員会の委員は、取締役の中から、取締役会の決議によって選定しており
           ます。
          ・指名委員会は、株主総会に提出する取締役の選任及び解任に関する議案の内容を決定する機関であります。
           取締役会の決議によって選定された取締役3名以上で構成し、その過半数は社外取締役であります。
          ・監査委員会は、執行役及び取締役の職務の執行の監査、監査報告の作成、並びに株主総会に提出する会計監
           査人の選任及び解任等に関する議案の内容を決定する機関であります。取締役会の決議によって選定された
           取締役3名以上で構成し、その過半数は社外取締役であります。また、監査委員は、当社若しくは当社の子
           会社の執行役若しくは業務執行取締役又は当社の子会社の会計参与若しくは支配人その他の使用人を兼務す
           ることはできません。
          ・報酬委員会は、取締役及び執行役の個人別の報酬等の内容を決定する機関であります。取締役会の決議に
           よって選定された取締役3名以上で構成し、その過半数は社外取締役であります。
         (ⅳ)   取締役
          ・当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
          ・当社の取締役は、商品先物取引法第92条に規定する欠格条件に該当する者は就任することができないことと
           なっております。
          ・当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
           席し、その議決権の過半数をもって行う旨及びその選任決議は累積投票によらないものとする旨を定款で定
           めております。
          ・当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含
           む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で
           定めております。
          ・当社は、会社法第427条第1項の規定により、                      取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)                       との間に、
           同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の
           限度額は、法令が規定する最低責任限度額であります。
                                 35/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
         (ⅴ)   執行役

          ・執行役は、取締役会の決議によって選任され、取締役会から委任を受けた当社の業務の執行の決定及び当社
           の業務の執行を行っております。
          ・当社の執行役は、商品先物取引法第92条に規定する欠格条件に該当する者は就任することができないことと
           なっております。
          ・当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる執行役(執行役であった者を含
           む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で
           定めております。
         (ⅵ)   自主規制委員会
          ・当社は、自主規制業務の独立性を確保するため、商品先物取引法に基づいて、取締役3名以上(うち過半数
           は社外取締役)で構成する自主規制委員会を設置しております。自主規制委員会は、取引参加者の資格の審
           査、取引参加者の商品先物取引法、当社の業務規程等の遵守状況の調査等の自主規制業務に関する事項の決
           定を行う機関であります。
        ②  内部統制システムの整備の状況(提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況を含む。)

         及び内部統制システムの運用状況の概要
         (ⅰ)   内部統制システムの整備の状況(提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況を
         含  む。)
          当社は指名委員会等設置会社であるため、取締役会は、会社法第416条の規定に基づいて監査委員会の職務の
         執行のために必要なものとして以下(a)に掲げる事項を、執行役の職務の執行が法令及び定款に適合することを
         確保するための体制その他株式会社の業務並びに当該株式会社及びその子会社から成る企業集団の業務の適正
         を確保するために必要なものとして以下(b)に掲げる事項を決定しております。
          (a)・監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項
           ・監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人の執行役からの独立性並びに当該取締役及び当該使用に
            対する指示の実効性の確保に関する事項
           ・取締役(監査委員である取締役を除く。)、執行役、使用人、子会社役員及び子会社使用人が監査委員会
            に報告するための体制
           ・上記の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体
            制
           ・その他監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制及び監査委員の職務の執行(監査
            委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務
            の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          (b)・執行役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           ・当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           ・執行役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ・当社の執行役及び使用人並びに子会社役員及び子会社使用人の職務の執行が法令及び定款等に適合するこ
            とを確保するための体制
           ・子会社取締役等の職務の執行に係る事項の当該株式会社への報告に関する体制
           ・子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ・財務報告の信頼性を確保するための体制
         (ⅱ)   内部統制システムの運用状況の概要

          当社では、上記方針に基づいて、内部統制体制の整備とその適切な運用に努めております。その概要は次のと
         おりであります。
          (a)  コンプライアンスに関する取り組み
           当社代表執行役社長を委員長とするコンプライアンス委員会が主導して、関連規程の整備、通報・相談窓
          口の設置・運用、教育啓発活動等を継続的に実施しているほか、当社グループのコンプライアンスの状況に
          ついて確認を行っております。
           その他、コンプライアンスの状況を当社取締役会及び監査委員会に報告しております。
          (b)  リスク管理に関する取り組み
            当社代表執行役社長を委員長とするリスク管理委員会が主導して、リスク管理の方針・体制の整備、運用
           等を継続的に実施しております。また、当社グループのリスク管理の状況について確認を行っているほか、
           重大性及び緊急性等のあるリスクが生じた場合、その対応策等を講じております。
            その他、リスク管理の状況を当社取締役会及び監査委員会に報告しております。
          (c)  職務執行の適正及び効率性の確保に対する取り組み
                                 36/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
            当社取締役会は、社外取締役7名を含む取締役8名で構成されており、各議案についての審議、業務執行の
           状況等の監督を行っております。
          (d)  子会社管理に関する取り組み
            当社は、当社子会社が当社代表執行役社長に対し事前承認を求める、または報告すべき事項を定めた「関
           係会社管理規程」等に基づき、必要に応じて当社子会社から承認申請・報告を受けております。また、当社
           内部監査室による当社子会社の監査を行っております。
            その他、原則として毎週開催される当社執行役会に当社子会社から代表取締役等が出席し、当社子会社の
           経営上の重要事項を報告するとともに、当社グループの経営方針・施策等の共有に努めております。
          (e)  監査委員会監査に関する取り組み
            当社は監査委員会を設けており、原則として月1回開催し、監査に関する重要な事項の決議・報告・協議
           を行っております。また、監査委員会室を設置し、室員は監査委員会の職務を補助することを規定し、監査
           委員会の要請に応じ、速やかな対応が取れる体制を整備しております。
            監査委員は取締役会への出席や主要な会議の議事録及び決裁書類等の閲覧により、監査の実効性を確保し
           ております。
        ③  内部監査及び監査委員会による監査の状況

         (ⅰ)   内部監査の状況
           内部監査部門として、当社は代表執行役社長直轄の内部監査室を設置しており、2名が在籍しております。
          内部監査部門である内部監査室は、当社及び子会社の各部署の業務の適法性や、業務管理・手続きの妥当性及
          び財務報告に係る内部統制の整備・運用状況の評価など、業務全般の状況を監査し、代表執行役社長に報告す
          るとともに、必要に応じてその改善状況を確認するためのフォローアップを行っております。
           内部監査室は、その年度監査方針及び監査計画の策定にあたっては監査委員会と事前に協議しております。
           また、監査結果については、代表執行役社長及び監査委員会に対して報告しております。
         (ⅱ)   監査委員会による監査の状況
           当社は社外取締役により構成する監査委員会を中心とした監査体制をとっており、その職務を補助する組織
          として、執行役からの独立性が保証された監査委員会室を設置しております。なお、監査委員会室員は内部監
          査室員を兼務しております。
           監査委員会は、当社の取締役及び執行役並びに子会社の取締役の会社運営が適切な内部統制システムのもと
          で適正に行われているかについての監査を実施しております。
           監査委員会は、監査方針及び監査計画を定め、当社の執行役並びに子会社の取締役及び常勤監査役から、定
          期的にその職務の執行に関する事項の報告を受け又は聴取するとともに、重要な会議等における意思決定の過
          程及び内容、主要な決裁書類その他業務執行に関する重要な書類等の内容等を調査しております。
           監査委員会は、会計監査人から、その監査計画及び監査の結果について報告及び説明を受け、これに基づき
          財務諸表監査及び内部統制監査の結果について検証を行っている他、意見交換、情報交換を監査委員会にて年
          に3回行っております。
           監査委員である清水寿二は、他社において財務部門の担当役員を務め、また財務等に係る書類等の審査部門
          を担当するなどの経歴を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有するものであります。
        ④ 会計監査の状況

          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は森谷和正公認会計士、岩下万樹公認会計士であり、有限責任監査
         法人トーマツに所属しております。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士3名、会計士試験合格者等
         4名、その他4名であります。
        ⑤ 当社と社外取締役との人的関係等の概要

         ⅰ.当社は、取引参加者の代表取締役に就任している者2名を社外取締役に選任しております。当該取締役が所
          属する取引参加者と当社の間では、当社市場で取引を行うために必要な費用等の受払いが行われますが、これ
          は、当社が定める規則等にしたがって、客観的な条件のもと行われますので、取引の公正性の確保について、
          問題はありません。
           なお、上記の者のうち1名について、商品先物取引法第270条の規定に基づき、商品先物取引法第306条第1
          項の規定による一般委託者に対する支払その他の業務を行うことにより委託者の保護を図り、もつて商品市場
          に対する信頼性を維持することを目的として設立されている日本商品委託者保護基金の理事長を兼務しており
          ます。
         ⅱ.当社は、商品先物取引法第241条の規定に基づき、商品デリバティブ取引等を公正かつ円滑ならしめ、か
          つ、委託者等の保護を図ることを目的として設立されている日本商品先物取引協会の会長に就任している者1
          名を社外取締役に選任しております。
                                 37/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ 役員報酬
              区  分           支給人員          支給額
           取   締   役                   8名       27百万円
           (うち社外取締役)                 (6名)       (26百万円)
           執   行   役                   6名       78百万円
           合       計                  12名       105百万円

          (注)1.使用人を兼務する取締役等はおりません。
              2.   上記人数には2015年6月に退任した取締役1名及び執行役3名を含んでおります                                     。
              3.   取締役と執行役を兼ねる者が2名含まれております                        。
              4.   上記に記載した取締役及び執行役の支給額には、会社役員賠償責任保険の保険料を含んでおりま
              す 。
        ⑦ 株式の種類及び単元株式数

          当社は普通株式と無議決権株式を発行しております。単元株式数は普通株式が100株、無議決権株式が1株で
         あります。
          当社が普通株式と無議決権株式を発行している理由は、当社が商品取引所法に基づく組織変更を行うにあた
         り、組織変更前の議決権が出資口数にかかわらず1会員1個であることを踏まえ、組織変更に際しての会員への
         株式の割当ては、議決権が全会員同じ個数になるように、普通株式と無議決権株式を組み合わせて行う必要が
         あったためであります。
          当社が普通株式と無議決権株式の単元株式数を異なる数とした理由は、当社は普通株式の上場を目指している
         ため、あらかじめ普通株式の単元株式数を100株と定めましたが、無議決権株式は普通株式の上場時には基本的
         に普通株式に転換されて消却されることから、単元株式数を1株としました。
                                 38/78













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
        ⑧ コーポレート・ガバナンス体制に関する模式図
                                 39/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      (2)【監査報酬の内容等】
       ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                20,500             500          20,500             -

      連結子会社                 5,850             -          5,850             -

         計             26,350             500          26,350             -

     (注)当連結会計年度における上記報酬の額以外に、提出会社において前連結会計年度に係る監査証明業務に基づく追加
        報酬が800千円あります。
       ②【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        (前連結会計年度)
          監査報酬のうち、非監査業務に基づく報酬の500千円は、公認会計士法第2条第1項に規定する業務以外の業務
         である「ITコスト改善に関する助言業務」に対する報酬であります。
        (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
       ④【監査報酬の決定方針】

         監査報酬につきましては、会計監査人としての経歴、監査の品質や監査に必要な人員と時間等を総合的に考慮の
        うえ、その妥当性を検討し、監査委員会の同意を得て決定いたします。
                                 40/78












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2015年4月1日から2016年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2015年4月1日から2016年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するために、会計基準等の内容について関連組織等が主催するセミナー等
       に参加するとともに、関連書籍等を通じて会計に関する情報の収集に努めております。また、担当監査法人との間で
       緊密なコミュニケーションも図っております。
                                 41/78














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
       ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1 75,932,932             ※1 92,098,274
         現金及び預金
                                         43,023              54,070
         営業未収入金
                                      ※1 6,593,467
                                                         -
         有価証券
                                         12,298              11,425
         貯蔵品
                                        858,660               97,413
         未収収益
                                           -            353,534
         未収還付法人税等
                                        523,455             1,048,532
         未収場勘定損金徴収額
                                         6,383              1,051
         繰延税金資産
                                        154,387              108,742
         その他
                                       84,124,607              93,773,044
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2 1,964,140             ※2 1,898,737
          建物及び構築物(純額)
                                       ※2 402,805             ※2 318,850
          その他(純額)
                                       2,366,946              2,217,587
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        477,226              383,840
          ソフトウエア
                                       1,565,092              3,420,325
          ソフトウエア仮勘定
                                         5,292              5,234
          その他
                                       2,047,610              3,809,400
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                                    ※1 1,980,060
                                         3,224
          投資有価証券
                                        ※3 9,000             ※3 9,000
          関係会社株式
                                      ※1 22,900,000             ※1 12,000,000
          長期預金
                                         5,679              3,970
          繰延税金資産
                                        210,667              151,140
          その他
                                       23,128,571              14,144,172
          投資その他の資産合計
                                       27,543,128              20,171,160
         固定資産合計
                                      111,667,736              113,944,205
       資産合計
                                 42/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         63,677              609,092
         未払金
                                         13,468                -
         未払法人税等
                                         57,000                -
         1年内返済予定の長期借入金
                                       92,235,806              93,854,383
         取引証拠金
                                       1,567,410              1,588,613
         受渡代金
                                        523,455             1,048,532
         未払場勘定益金交付額
                                         44,485              44,544
         賞与引当金
                                        110,529               78,358
         その他
                                       94,615,834              97,223,524
         流動負債合計
       固定負債
                                         26,750              32,090
         役員退職慰労引当金
                                        776,695              831,213
         退職給付に係る負債
                                        172,060               65,924
         役員退職長期未払金
         信認金                                244,000              245,300
                                       6,258,479              6,500,155
         清算預託金
                                         61,809              22,991
         その他
                                       7,539,795              7,697,675
         固定負債合計
                                      102,155,629              104,921,200
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,989,416              1,989,416
         資本金
                                       2,011,460              2,011,460
         資本剰余金
                                       5,511,229              5,022,128
         利益剰余金
                                       9,512,106              9,023,005
         株主資本合計
                                       9,512,106              9,023,005
       純資産合計
                                      111,667,736              113,944,205
      負債純資産合計
                                 43/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ②【連結損益及び包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
      営業収益
                                         87,330              81,835
       定額参加料
                                       2,165,690              2,397,860
       定率参加料
                                        230,332              265,672
       清算手数料
                                        245,230              262,394
       その他営業収益
                                       2,728,583              3,007,762
       営業収益合計
      営業費用
                                      ※1 3,687,151             ※1 3,567,065
       営業費用合計
      営業損失(△)                                  △ 958,568             △ 559,302
      営業外収益
                                        945,577              462,218
       受取利息及び配当金
                                         78,261              20,732
       有価証券利息
                                         50,125                -
       有価証券売却益
                                         18,806              47,244
       その他
                                       1,092,770               530,195
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,085               240
       支払利息
                                         1,177                22
       その他
                                         2,262               263
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   131,939              △ 29,370
      特別損失
                                           -            430,012
       システム解約費用
                                           -            430,012
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        131,939             △ 459,382
      失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   93,830              22,678
                                        △ 3,321              7,040
      法人税等調整額
                                         90,509              29,718
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   41,430             △ 489,100
      (内訳)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                         41,430             △ 489,100
      帰属する当期純損失(△)
                                         41,430             △ 489,100
      包括利益
      (内訳)
                                         41,430             △ 489,100
      親会社株主に係る包括利益
                                 44/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ③【連結株主資本等変動計算書】
         前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
                                               (単位:千円)
                             株主資本
                                               純資産合計
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
     当期首残高
                   1,989,416       2,011,460       5,469,798       9,470,675       9,470,675
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当
                                   41,430       41,430       41,430
      期純利益
     当期変動額合計                 -       -      41,430       41,430       41,430
     当期末残高              1,989,416       2,011,460       5,511,229       9,512,106       9,512,106
         当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

                                               (単位:千円)
                             株主資本
                                               純資産合計
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
     当期首残高              1,989,416       2,011,460       5,511,229       9,512,106       9,512,106
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当
                                  △ 489,100      △ 489,100      △ 489,100
      期純損失(△)
     当期変動額合計                 -       -    △ 489,100      △ 489,100      △ 489,100
     当期末残高              1,989,416       2,011,460       5,022,128       9,023,005       9,023,005
                                 45/78













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        131,939             △ 459,382
       損失(△)
                                        421,797              516,073
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,832              54,518
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,580              5,340
                                      △ 1,023,839              △ 482,951
       受取利息及び受取配当金
                                         1,085               240
       支払利息
       有価証券売却損益(△は益)                                 △ 50,125                -
                                           -            430,012
       システム解約費用
       営業未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 7,424             △ 11,047
       受渡代金の増減額(△は減少)                               △ 2,516,193                21,203
                                       △ 189,135              △ 76,035
       その他
                                      △ 3,235,642               △ 2,029
       小計
       利息及び配当金の受取額                                 429,037             1,243,061
                                         △ 928             △ 128
       利息の支払額
                                        △ 88,485             △ 451,765
       法人税等の支払額
                                         94,732              64,624
       法人税等の還付額
                                      △ 2,801,286               853,762
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 3,800,000             △ 3,400,000
       定期預金の預入による支出
                                       4,800,000              6,400,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 7,300              △ 415
       従業員に対する貸付けによる支出
                                         45,945              10,881
       従業員に対する貸付金の回収による収入
                                       △ 321,597             △ 137,431
       有形固定資産の取得による支出
                                      △ 1,750,680             △ 1,895,205
       無形固定資産の取得による支出
                                       1,050,125                  -
       有価証券の売却による収入
                                         44,612              46,436
       その他
                                         61,105             1,024,266
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 72,000             △ 57,000
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 72,000             △ 57,000
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 2,812,181              1,821,029
                                       5,636,423              2,824,242
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 2,824,242             ※1 4,645,271
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 46/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
          連結子会社の数          1 社
          連結子会社の名称
           株式会社日本商品清算機構
        2.持分法の適用に関する事項

         (1)  持分法適用の関連会社数
           該当事項はありません。
         (2)  持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の名称等
           会社等の名称
            排出量取引所設立準備株式会社
            JAPAN    OTC  EXCHANGE株式会社
           持分法を適用しない理由
             当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除
            いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ重要性がないため持分法の適用範囲から除外して
            おります。
        3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
        4.会計方針に関する事項

         (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
           有価証券
           ①  満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)によっております。
           ②  関連会社株式
             移動平均法による原価法によっております。
           ③  その他有価証券
             時価のないもの
              移動平均法による原価法によっております。
         (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ①  有形固定資産
            定率法によっております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については定
           額法によっております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物及び構築物           6年~50年
          ②  無形固定資産
            定額法によっております。
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
         (3)  重要な引当金の計上基準
          ①  貸倒引当金
            債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
           については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ②  賞与引当金
            従業員の賞与支給に備えるため、当連結会計年度末における賞与支給見込額に基づき計上しております。
          ③  役員退職慰労引当金
            連結子会社は役員の退職慰労金の支給に備えるため、当連結会計年度末における役員に係る退職慰労金規
           程に基づく期末要支給額を計上しております。
         (4)  退職給付に係る会計処理の方法
            当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
           支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 47/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
         (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
           外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
          す。
         (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
          か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          ①  消費税等の会計処理方法
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式により処理しております。
          ②  連結納税制度の適用
            連結納税制度を適用しております。
       (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
         う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
         という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等
         会計基準」という。)等を当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変
         動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す
         る方法に変更しております。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処
         理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結会計年度の                                     連結財務諸表に反映させる方法
         に変更しております。加えて、当期純利益等の表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるた
         め、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っております。
          企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事
         業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将来にわ
         たって適用しております。
          これによる連結財務諸表に与える影響はありません。
       (会計上の見積りの変更)

        (耐用年数の変更)
         当社グループが保有する取引システムの器具備品及びソフトウエアの耐用年数は主として法人税法に規定する方
        法と同一の基準によっておりましたが、これらのうち2016年9月に導入を予定している次期取引システムの稼働に
        より使用を終了する見込みの器具備品及びソフトウエアについて、2016年9月を使用期限として耐用年数を見直
        し、将来にわたって変更しております。
         これにより、従来の方法と比べて、当連結会計年度の減価償却費が67,333千円増加し、営業損失、経常損失及び
        税金等調整前当期純損失がそれぞれ67,333千円増加しております。
                                 48/78








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
      ※1 現金及び預金、有価証券、投資有価証券及び長期預金に含まれる預り資産
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
     信認金預金                              244,000千円                 245,300千円
     取引証拠金                             92,235,806                 93,854,383
     清算預託金                             6,258,479                 6,500,155
     受渡代金                             1,567,410                 1,588,613
     その他                                 -               30,000
      ※2 有形固定資産の減価償却累計額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
      有形固定資産の減価償却累計額                             3,061,111     千円             3,346,283     千円
      ※3 関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
      関係会社株式                               9,000千円                 9,000千円
       なお、上記金額のうち5,000千円は共同支配企業に対する投資であります。
       4 当社は、商品先物取引法及び当社の関係規則に基づき各取引参加者から信認金の預託を受けております。ま

        た、 連結子会社は、商品先物取引法及び同社の関係規則に基づき各清算参加者から取引証拠金及び清算預託金の
        預託を受けております。預託される資産は、金銭又は充用有価証券(当社または連結子会社の規則で認められたも
        のに限る)であります。このうち充用有価証券については、当社及び連結子会社に処分権が無いため連結貸借対照
        表には記載しておりません。なお充用有価証券の充用価格は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
      信認金充用有価証券                              26,311千円                 20,401千円
      取引証拠金充用有価証券                            50,480,136                 42,169,557
      清算預託金充用有価証券                             2,587,650                 1,783,796
       (連結損益及び包括利益計算書関係)

      ※1 営業費用(販売費及び一般管理費)のうち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。なお、全額が一般管
        理費に属する費用であります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                   至 2016年3月31日)
      給与手当等                              624,100    千円              555,697    千円
                                    44,485                 44,544
      賞与引当金繰入額
                                    85,265                 67,508
      退職給付費用
      電算事業費                             1,686,170                 1,487,899
                                    421,797                 516,073
      減価償却費
       2 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

        前連結会計年度(自            2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自            2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 49/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
        前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   3,041,000          -          -          3,041,000

      無議決権株式                     83,573        -          -           83,573

            合計             3,124,573          -          -          3,124,573

     自己株式

      普通株式                   -          -          -          -

      無議決権株式                   -          -          -          -

            合計             -          -          -          -

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
            該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   3,041,000          -          -          3,041,000

      無議決権株式                     83,573        -          -           83,573

            合計             3,124,573          -          -          3,124,573

     自己株式

      普通株式                   -          -          -          -

      無議決権株式                   -          -          -          -

            合計             -          -          -          -

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            該当事項はありません。
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
            該当事項はありません。
                                 50/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                 至 2016年3月31日)
      現金及び預金勘定                            75,932,932千円                 92,098,274千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                            △3,800,000                   △800,000
      預金勘定のうち信認金預金                             △244,000                 △245,300
      預金勘定のうち取引証拠金預金                           △64,722,757                 △79,877,547
      預金勘定のうちOTC取引証拠金預金                             △38,870                 △10,000
      預金勘定のうち清算預託金預金                            △4,278,062                 △6,500,155
      預金勘定のうちOTC清算預託金預金                             △25,000                 △20,000
      現金及び現金同等物                             2,824,242                 4,645,271
       (リース取引関係)

        前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
          重要性が乏しいため記載を省略しております。
        当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

          重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 51/78














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
        1.金融商品の状況に関する事項
          当社グループは、資金運用については安全性の確保を基本方針としており、定期預金や国債等の安全性の高い
         金融資産で運用しております。また資金調達については自己資金にて賄うことを原則としておりますが、システ
         ム投資等必要な資金については取引金融機関から一部借り入れを行っております。また緊急時に備え取引金融機
         関と当座貸越契約を締結しております。
          有価証券及び投資有価証券は主として国債であり、社内規程等に則り、安全確実な運用としております。
          営業未収入金については、当社市場へ参加するための取引資格を取得する際に厳格な審査を行うとともに、毎
         年取引参加者の財務状況を把握するなど信用リスクの低減を図っております。
          当社グループの金融資産である「現金及び預金」、「有価証券及び投資有価証券」及び「長期預金」と金融負
         債である「取引証拠金」との間に関連があります。これは、連結子会社では、商品先物取引法に基づき、各清算
         参加者から預託を受けている取引証拠金(充用有価証券を除く。)を銀行への預金及び国債の保有等による方法
         で管理していることによるものです。また、連結子会社では、商品先物取引の結果生じた約定差金及び帳入差金
         等(これらを「場勘定」といいます。)を取引の翌営業日に損方清算参加者から徴収するとともに益方清算参加
         者に交付しているため、未収場勘定損金徴収額と未払場勘定益金交付額は、それぞれ同額となります。
        2.金融商品の時価等に関する事項

          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
         とが極めて困難と認められるものは、次表に含まれておりません((注)2.参照)。
          前連結会計年度(2015年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)          差額(千円)
                             (千円)
         (1)現金及び預金                      75,932,932           75,932,932             -
         (2)営業未収入金                        43,023           43,023           -
         (3)未収場勘定損金徴収額                        523,455           523,455            -
         (4)有価証券及び投資有価証券                       6,593,467           6,610,557           17,090
         (5)長期預金                      22,900,000           23,025,622           125,622
         (6)取引証拠金                     (92,235,806)           (92,235,806)              -
         (7)受渡代金                      (1,567,410)           (1,567,410)              -
         (8)未払場勘定益金交付額                       (523,455)           (523,455)             -
          (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
          当連結会計年度(2016年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)          差額(千円)
                             (千円)
         (1)現金及び預金                      92,098,274           92,098,274             -
         (2)営業未収入金                        54,070           54,070           -
         (3)未収場勘定損金徴収額                       1,048,532           1,048,532             -
         (4)投資有価証券                       1,976,836           2,090,800          113,963
         (5)長期預金                      12,000,000           12,023,756           23,756
         (6)取引証拠金                     (93,854,383)           (93,854,383)              -
         (7)受渡代金                      (1,588,613)           (1,588,613)              -
         (8)未払場勘定益金交付額                      (1,048,532)           (1,048,532)              -
          (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
         (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

          (1)  現金及び預金、(2)         営業未収入金、(3)         未収場勘定損金徴収額
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
                                 52/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
          (4)  投資有価証券
            投資有価証券の時価については、日本証券業協会が公表している公社債店頭売買参考統計値によっており
           ます。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照下さい。
          (5)  長期預金
            定期預金については、元利金の合計額を新規に預金を行った場合に想定される預金利率で割り引いて算定
           する方法によっております。
          (6)  取引証拠金、(7)        受渡代金、(8)       未払場勘定益金交付額
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
            2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                   区分
                                (2015年3月31日)                (2016年3月31日)
             非上場株式                           3,224                3,224
              非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を
             把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券」に含めておりません。
              信認金は、取引参加者の脱退または資格喪失時期を合理的に見積もることができず、時価を把握する
             ことが極めて困難と認められるため、表に含めておりません。
              清算預託金は、性質上、返還の時期を判断することができず、時価を把握することが極めて困難と認
             められるため、表に含めておりません。
            3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

              前連結会計年度(2015年3月31日)
                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
             (1)現金及び預金                  75,932,932            -        -        -
             (2)営業未収入金                    43,023          -        -        -
             (3)有価証券
               満期保有目的の債券
                 国債・地方債等               6,592,100            -        -        -
             (4)未収場勘定損金徴収額                   523,455           -        -        -
             (5)長期預金                      -    22,900,000            -        -
               合  計                83,091,511        22,900,000            -        -
              当連結会計年度(2016年3月31日)

                                       1年超        5年超
                              1年以内                         10年超
                                      5年以内        10年以内
                              (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
             (1)現金及び預金                  92,098,274            -        -        -
             (2)営業未収入金                    54,070          -        -        -
             (3)未収場勘定損金徴収額                  1,048,532            -        -        -
             (4)投資有価証券
               満期保有目的の債券
                 国債・地方債等                  -        -    2,000,000            -
             (5)長期預金                      -    12,000,000            -        -
               合  計                93,200,877        12,000,000         2,000,000            -
                                 53/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        1.売買目的有価証券
          前連結会計年度(2015年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2016年3月31日)

           該当事項はありません。
        2.満期保有目的の債券

          前連結会計年度(2015年3月31日)
                             連結貸借対照表計上額
                                          時価(千円)          差額(千円)
                      種類
                                (千円)
                                   6,593,467          6,610,557           17,090
                 (1)国債・地方債等
                                      -          -         -
                 (2)社債
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                                      -          -         -
                 (3)その他
                                   6,593,467          6,610,557           17,090
                      小計
                                      -          -         -
                 (1)国債・地方債等
                                      -          -         -
                 (2)社債
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                                      -          -         -
                 (3)その他
                                      -          -         -
                      小計
                                   6,593,467          6,610,557           17,090
                合計
          当連結会計年度(2016年3月31日)

                             連結貸借対照表計上額
                                          時価(千円)          差額(千円)
                      種類
                                (千円)
                                   1,976,836          2,090,800          113,963
                 (1)国債・地方債等
                                      -          -         -
                 (2)社債
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                                      -          -         -
                 (3)その他
                                   1,976,836          2,090,800          113,963
                      小計
                                      -          -         -
                 (1)国債・地方債等
                                      -          -         -
                 (2)社債
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                                      -          -         -
                 (3)その他
                                      -          -         -
                      小計
                                   1,976,836          2,090,800          113,963
                合計
        3.その他有価証券

          非上場株式(前連結会計年度及び当連結会計年度の連結貸借対照表計上額3,224千円)は、市場価格がなく、
         時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
        4.連結会計年度中に売却したその他有価証券

          前連結会計年度(自           2014年4月1日 至          2015年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2015年4月1日 至          2016年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 54/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
        5.売却した満期保有目的の債券
          前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
             種類          売却原価(千円)             売却額(千円)            売却損益(千円)
            利付国債               1,000,000             1,050,125              50,125

          売却の理由
            前連結会計年度は、次期取引システムに係る初期投資等の支払いに備えるため、当社は満期保有目的の債
           券すべてを売却しております。
            なお、前連結会計年度において当社の保有する満期保有目的の有価証券を全額売却しているため、これに
           伴う有価証券の保有目的の変更はありません。
          当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

           該当事項はありません。
       (デリバティブ取引関係)

         前連結会計年度(2015年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(2016年3月31日)

          該当事項はありません。
       (退職給付関係)

        1.採用している退職給付制度の概要
          当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。
          また、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
        2.確定給付制度

         (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2014年4月1日                (自 2015年4月1日
                                至 2015年3月31日)                至 2016年3月31日)
            退職給付に係る負債の期首残高                         774,862千円                 776,695千円
             退職給付費用                         84,871                 66,769
             退職給付の支払額                        △83,039                 △12,251
            退職給付に係る負債の期末残高                         776,695                 831,213
         (2)  退職給付費用

           簡便法で計算した退職給付費用  前連結会計年度84,871千円  当連結会計年度66,769千円
       (ストック・オプション等関係)

         前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

          該当事項はありません。
                                 55/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
         繰延税金資産
          システム解約費用に係る未払金                              -千円           132,701千円
          システム利用料前受金                            12,570                -
          賞与引当金                            14,443              13,746
          退職給付に係る負債                            251,183              256,353
          役員退職長期未払金                            55,644              20,344
          繰越欠損金                           1,513,027              1,484,709
          その他                            35,184              41,615
         繰延税金資産小計
                                     1,882,053              1,949,469
         評価性引当額                           △1,869,990              △1,944,447
         繰延税金資産合計
                                      12,062              5,022
         繰延税金負債
         繰延税金負債合計                                -              -
         繰延税金資産の純額
                                      12,062              5,022
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
         法定実効税率
                                        35.6%              33.1%
          (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.5             △0.5
          住民税均等割                              2.0             △0.6
          評価性引当額の増加                              -            △34.7
          評価性引当額の減少                            △28.2                -
          連結納税適用による影響                             54.8             △3.5
          税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              2.9             △0.4
          その他                              0.0              0.1
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       68.6             △6.5
        3.法人税等の税率変更による繰延税金資産の金額の修正

          「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
         (平成28年法律第13号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以後に開始する連結会計年度から法
         人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産の計算に使用する法定実効税率は
         従来の32.3%から2016年4月1日に開始する連結会計年度及び2017年4月1日に開始する連結会計年度に解消が
         見込まれる一時差異等については30.9%に、2018年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一
         時差異等については、30.6%となります。
          なお、この税率の変更による影響は軽微であります。
       (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
       (資産除去債務関係)

        前連結会計年度(自          2014年4月1日 至          2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当連結会計年度(自          2015年4月1日 至          2016年3月31日)

          該当事項はありません。
                                 56/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

          該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
          す。
           当社グループは、当社が商品先物取引等に係る取引所の開設・運営等を行っており、連結子会社が                                              商品先物
          取引等に係る債務の引受等            を行っております。
           従って、当社グループは、当社が事業を展開している「取引所事業」と連結子会社が事業を展開している
          「清算事業」の2セグメントから構成されており、当該2セグメントを報告セグメントとしております。
         2.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
          における記載と概ね同一であります。
           報告セグメントの利益又は損失は、経常損益ベースの数値であります。
         3.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

           前連結会計年度(自            2014年4月1日         至   2015年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                調整額
                                                      連結財務諸表
                                         合計
                                                (注)
                                                       計上額
                   取引所事業        清算事業         計
       営業収益

        外部顧客への営業
                    2,498,050        230,532      2,728,583       2,728,583           -   2,728,583
        収益
        セグメント間の内
                       -       -       -       -       -       -
        部営業収益又は振
        替高
                    2,498,050        230,532      2,728,583       2,728,583           -   2,728,583
            計
       セグメント利益又は
                    △ 616,857       713,072        96,215       96,215       35,724       131,939
       損失(△)
                   10,459,415       103,196,017       113,655,433       113,655,433       △ 1,987,697      111,667,736
       セグメント資産
       その他の項目

                     343,335        78,461       421,797       421,797          -     421,797
        減価償却費
        受取利息             3,960      941,296       945,257       945,257          -     945,257

                     12,250       66,011       78,261       78,261         -     78,261

        有価証券利息
                       -      1,085       1,085       1,085         -      1,085

        支払利息
        有形固定資産及び
                    2,056,765         8,490     2,065,255       2,065,255           -   2,065,255
        無形固定資産の増
        加額
                                 57/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自            2015年4月1日         至   2016年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                調整額
                                                      連結財務諸表
                                         合計
                                                (注)
                                                       計上額
                   取引所事業        清算事業         計
       営業収益

        外部顧客への営業
                    2,741,990        265,772      3,007,762       3,007,762           -   3,007,762
        収益
        セグメント間の内
                       -       -       -       -       -       -
        部営業収益又は振
        替高
                    2,741,990        265,772      3,007,762       3,007,762           -   3,007,762
            計
                     179,372       247,703       427,075       427,075      △ 456,446       △ 29,370

       セグメント利益
                   10,844,176       105,000,352       115,844,529       115,844,529       △ 1,900,324      113,944,205

       セグメント資産
       その他の項目

                     443,013        73,060       516,073       516,073          -     516,073
        減価償却費
                      2,350      459,708       462,058       462,058          -     462,058

        受取利息
                       -     20,732       20,732       20,732         -     20,732

        有価証券利息
                       -       240       240       240        -       240

        支払利息
        有形固定資産及び
                    2,117,678         33,000      2,150,679       2,150,679           -   2,150,679
        無形固定資産の増
        加額
       (注)調整額の内容は以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
               セグメント利益                 前連結会計年度                 当連結会計年度
           セグメント間取引消去                              35,724               △465,311
           その他                                -               8,864
                  合計                       35,724               △456,446
                                                     (単位:千円)

               セグメント資産                 前連結会計年度                 当連結会計年度
           セグメント間取引消去                           △1,922,794                 △1,897,572
           その他                             △64,902                 △2,751
                  合計                    △1,987,697                 △1,900,324
                                 58/78







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                     取引参加料等          清算手数料等            その他           合計
      外部顧客への営業収益                 2,255,020           230,532          243,030         2,728,583

         2.地域ごとの情報

          (1)  営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益が連結損益及び包括利益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略
           しております。
          (2)  有形固定資産

            本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
           載を省略しております。
         3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     営業収益              関連するセグメント名
      ニューエッジ・ジャパン証券株式会社                                424,011     取引所事業、清算事業

      日産センチュリー証券株式会社                                415,914     取引所事業、清算事業

        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                     取引参加料等          清算手数料等            その他           合計
      外部顧客への営業収益                 2,479,695           265,772          262,294         3,007,762

         2.地域ごとの情報

          (1)  営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益が連結損益及び包括利益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略
           しております。
          (2)  有形固定資産

            本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
           載を省略しております。
         3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
           顧客の名称又は氏名                     営業収益              関連するセグメント名
      ニューエッジ・ジャパン証券株式会社                                576,869     取引所事業、清算事業

      日産証券株式会社                                447,269     取引所事業、清算事業

         (注)1.ニューエッジ・ジャパン証券株式会社は、2016年5月にソシエテ・ジェネラル証券株式会社に商号変
              更しております。
            2.日産証券株式会社は、2016年2月に日産センチュリー証券株式会社から商号変更しております。
                                 59/78




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

          該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

          該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

          該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

        関連当事者との取引
         連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         前連結会計年度(自2014年4月1日 至2015年3月31日)

           該当事項はありません。
         当連結会計年度(自2015年4月1日 至2016年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 60/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    2014年4月1日            (自    2015年4月1日
                                 至   2015年3月31日)             至   2016年3月31日)
     1株当たり純資産額                                  834.51円               791.60円
     1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損
                                        13.62円              △160.83円
     失金額(△)
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため
          記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    2014年4月1日            (自    2015年4月1日
                                 至   2015年3月31日)             至   2016年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益金額又は親会社株
                                       41,430              △489,100
     主に帰属する当期純損失金額(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金
     額又は親会社株主に帰属する当期純損失金額(△)                                  41,430              △489,100
     (千円)
     期中平均株式数(株)                                3,041,000               3,041,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                         無議決権株式 83,573株
     たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                         なお、無議決権株式の概要は「第4 提出会社の状況 1 株
     の概要                         式等の状況 (1)株式の総数等 ②発行済株式」に記載のと
                               おりであります。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 61/78












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ⑤【連結附属明細表】
       【社債明細表】
         該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                           当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                  返済期限
                            (千円)       (千円)        (%)
          1年以内に返済予定の長期借入金                     57,000          -       -      -
          長期借入金(1年以内に返済予定
                                -       -       -      -
          のものを除く。)
                 合計              57,000          -       -      -
          (注)平均利率については、当連結会計年度末における借入金残高が存在しないため、記載を省略しておりま

             す。
       【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません           。
      (2)【その他】

        該当事項はありません。
                                 62/78












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※1 3,859,146             ※1 2,576,541
         現金及び預金
                                         42,791              53,760
         営業未収入金
                                        119,210                 -
         関係会社未収入金
                                         12,298              11,425
         貯蔵品
                                         58,133              283,484
         未収還付法人税等
                                        160,670              110,627
         その他
                                       4,252,249              3,035,838
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                             1,960,813              1,895,977
                                        391,209              311,702
          その他(純額)
                                       2,352,023              2,207,680
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        334,454              289,536
          ソフトウエア
                                       1,565,092              3,413,103
          ソフトウエア仮勘定
                                         5,292              5,234
          その他
                                       1,904,838              3,707,874
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,224              3,224
          投資有価証券
                                       1,740,032              1,740,032
          関係会社株式
                                        207,047              149,526
          その他
                                       1,950,304              1,892,783
          投資その他の資産合計
                                       6,207,165              7,808,338
         固定資産合計
                                       10,459,415              10,844,176
       資産合計
                                 63/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         61,823              583,522
         未払金
                                           -            140,299
         関係会社未払金
                                       1,567,410              1,588,613
         受渡代金
                                         37,070              37,069
         賞与引当金
                                         63,263              51,602
         その他
                                       1,729,567              2,401,107
         流動負債合計
       固定負債
                                        720,343              764,763
         退職給付引当金
                                        443,085              314,216
         その他
                                       1,163,429              1,078,979
         固定負債合計
                                       2,892,997              3,480,087
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,989,416              1,989,416
         資本金
         資本剰余金
                                       1,391,416              1,391,416
          資本準備金
                                        620,043              620,043
          その他資本剰余金
                                       2,011,460              2,011,460
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       2,100,000              2,100,000
            違約担保積立金
                                       1,905,568              1,465,541
            別途積立金
                                       △ 440,026             △ 202,328
            繰越利益剰余金
                                       3,565,541              3,363,212
          利益剰余金合計
                                       7,566,418              7,364,089
         株主資本合計
                                       7,566,418              7,364,089
       純資産合計
                                       10,459,415              10,844,176
      負債純資産合計
                                 64/78










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
      営業収益
                                         87,330              81,835
       定額参加料
                                       2,165,690              2,397,860
       定率参加料
                                         2,000                -
       資格取得料収入
                                         94,456              108,275
       相場転送利用料
                                        140,332              145,675
       システム関連利用料
                                         8,240              8,343
       その他営業収益
                                       2,498,050              2,741,990
       営業収益合計
      営業費用
                                    ※1 , ※2 3,188,851           ※1 , ※2 3,092,388
       営業費用合計
      営業損失(△)                                  △ 690,800             △ 350,398
      営業外収益
                                                     ※2 502,511
                                         4,280
       受取利息及び配当金
                                         12,250                -
       有価証券利息
                                         50,125                -
       有価証券売却益
                                        ※2 16,425             ※2 4,800
       他社による当社システム利用料
                                        ※2 20,564             ※2 40,738
       受取賃貸料
                                         9,660              8,541
       その他
                                        113,306              556,591
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         38,388              26,798
       他社による当社システム利用関係減価償却費
                                           975               22
       その他
                                         39,363              26,820
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 616,857              179,372
      特別損失
                                           -            429,060
       システム解約費用
                                           -            429,060
      特別損失合計
      税引前当期純損失(△)                                  △ 616,857             △ 249,687
                                       △ 176,830              △ 47,358
      法人税、住民税及び事業税
                                       △ 176,830              △ 47,358
      法人税等合計
      当期純損失(△)                                  △ 440,026             △ 202,328
                                 65/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
         前事業年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                                        純資産合計
                                    その他利益剰余金                株主資本
               資本金
                        その他資     資本剰余                   利益剰余     合計
                   資本準備金
                        本剰余金     金合計     違約担保         繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                 積立金         剰余金
     当期首残高         1,989,416     1,391,416      620,043    2,011,460     2,100,000     2,845,682     △ 940,113    4,005,568     8,006,445     8,006,445
     当期変動額
      別途積立金の取崩
                                      △ 940,113     940,113       -     -     -
      当期純損失(△)                                    △ 440,026    △ 440,026    △ 440,026    △ 440,026
     当期変動額合計                                △ 940,113     500,086    △ 440,026    △ 440,026    △ 440,026
     当期末残高
              1,989,416     1,391,416      620,043    2,011,460     2,100,000     1,905,568     △ 440,026    3,565,541     7,566,418     7,566,418
         当事業年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                                        純資産合計
                                    その他利益剰余金                株主資本
               資本金
                        その他資     資本剰余                   利益剰余     合計
                   資本準備金
                        本剰余金     金合計     違約担保         繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                 積立金         剰余金
     当期首残高         1,989,416     1,391,416      620,043    2,011,460     2,100,000     1,905,568     △ 440,026    3,565,541     7,566,418     7,566,418
     当期変動額
      別途積立金の取崩
                                      △ 440,026     440,026       -     -     -
      当期純損失(△)                                    △ 202,328    △ 202,328    △ 202,328    △ 202,328
     当期変動額合計                                △ 440,026     237,698    △ 202,328    △ 202,328    △ 202,328
     当期末残高         1,989,416     1,391,416      620,043    2,011,460     2,100,000     1,465,541     △ 202,328    3,363,212     7,364,089     7,364,089
                                 66/78









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
       (重要な会計方針)
        1.有価証券の評価基準及び評価方法
         (1)  子会社株式及び関連会社株式
           移動平均法による原価法によっております。
         (2)  その他有価証券
           時価のないもの
            移動平均法による原価法によっております。
        2.固定資産の減価償却の方法

         (1)  有形固定資産
           定率法によっております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)については定額
          法によっております。
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
            建物                         6年~50年
            構築物                      10年~20年
            機械及び装置                8年~10年
            器具備品                   2年~15年
         (2)  無形固定資産
           定額法によっております。
           なお、自社利用のソフトウェアについては、当社における利用可能期間(5年)に基づいております。
        3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

          外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
         す。
        4.引当金の計上基準

         (1)  貸倒引当金
           債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
          については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)  賞与引当金
           従業員の賞与支給に備えるため、当事業年度末における賞与支給見込額に基づき計上しております。
         (3)  退職給付引当金
           従業員の退職給付に備えるため、退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
          要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         (1)  消費税等の会計処理方法
           消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (2)  連結納税制度の適用
           連結納税制度を適用しております。
       (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
         う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等に関
         する会計基準」という。)等を当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する
         方法に変更しております。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確
         定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更しており
         ます。
          企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項
         (4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用しております。
          これによる財務諸表に与える影響はありません。
       (会計上の見積りの変更)

        (耐用年数の変更)
                                 67/78


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
         当社が保有する取引システムの器具備品及びソフトウエアの耐用年数は主として法人税法に規定する方法と同一
        の基準によっておりましたが、これらのうち2016年9月に導入を予定している次期取引システムの稼働により使用
        を 終了する見込みの器具備品及びソフトウエアについて、2016年9月を使用期限として耐用年数を見直し、将来に
        わたって変更しております。
         これにより、従来の方法と比べて、当事業年度の減価償却費が58,904千円増加し、経常利益が58,904千円減少、
        営業損失及び税引前当期純損失がそれぞれ58,904千円増加しております。
                                 68/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
      ※1 現金及び預金に含まれる預り資産
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
     信認金預金                              244,000千円                 245,300千円
     受渡代金                             1,567,410                 1,588,613
      2 偶発債務

         当社は、清算参加者の保証委託に基づき、関係会社である株式会社日本商品清算機構との間で、清算参加者の決
        済不履行により株式会社日本商品清算機構が損失を受けた場合において、当該清算参加者が同社へ預託している預
        託金等で補てんしてなおその損失額に不足する場合において、当社の違約担保積立金が充当される損失保証契約を
        交わしております。
      3 当社は、商品先物取引法及び当社の関係規則に基づき各取引参加者から信認金の預託を受けております。預託され

       る資産は、金銭又は充用有価証券(当社の規則で認められたものに限る。)であります。このうち充用有価証券につ
       いては、当社に処分権が無いため貸借対照表には記載しておりません。なお充用有価証券の充用価格は次のとおりで
       あります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2015年3月31日)                 (2016年3月31日)
     信認金充用有価証券                               26,311千円                 20,401千円
       (損益計算書関係)

      ※1 営業費用(販売費及び一般管理費)のうち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。なお、全額が一般管
        理費に属する費用であります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                   至 2016年3月31日)
      給与手当等                             491,421    千円              427,039    千円
                                    37,070                 37,069
      賞与引当金繰入額
                                   1,585,083                 1,386,170
      電算事業費
                                    304,947                 416,215
      減価償却費
      ※2 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                             至 2015年3月31日)                 至 2016年3月31日)
      営業取引                               10,800千円                 39,240千円
      営業取引以外の取引                               28,120                 516,668
       (株主資本等変動計算書関係)

        前事業年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
          該当事項はありません。
        当事業年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

          該当事項はありません。
                                 69/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        1.子会社株式及び関連会社株式
          子会社株式(当事業年度の貸借対照表及び前事業年度の貸借対照表計上額1,731,032千円)及び関連会社株式
         (当事業年度の貸借対照表及び前事業年度の貸借対照表計上額9,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握す
         ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
        2.売却した満期保有目的の債券

          前事業年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
             種類          売却原価(千円)             売却額(千円)            売却損益(千円)
            利付国債               1,000,000             1,050,125              50,125

          売却の理由
            前事業年度は、次期取引システムに係る初期投資等の支払いに備えるため、当社は満期保有目的の債券す
           べてを売却しております。
            なお、前事業年度において当社の保有する満期保有目的の有価証券を全額売却しているため、これに伴う
           有価証券の保有目的の変更はありません。
          当事業年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

           該当事項はありません。
       (税効果会計関係)

        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度             当事業年度
                               (2015年3月31日)             (2016年3月31日)
        繰延税金資産
         システム解約費用に係る未払金                           -千円          132,407千円
         システム利用料前受金                         12,570               -
         賞与引当金                         11,988             11,439
         退職給付引当金                        232,959             236,005
         役員退職長期未払金                         55,644             20,344
         繰越欠損金                       1,513,027             1,484,709
         その他                         3,961            29,901
        繰延税金資産小計
                                1,830,151             1,914,808
        評価性引当額                       △1,830,151             △1,914,808
        繰延税金資産合計
                                    -             -
        繰延税金負債
        繰延税金負債合計                            -             -
        繰延税金資産の純額
                                    -             -
        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                 前事業年度             当事業年度
                               (2015年3月31日)             (2016年3月31日)
        法定実効税率
                                   35.6%             33.1%
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                        △0.3             △0.8
          住民税均等割                        △0.4             △0.9
          評価性引当額の増加                          -           △72.3
          評価性引当額の減少                         5.7             -
          連結納税適用による影響                        △11.7             △6.5
          配当金益金不算入                          -            66.3
          その他                        △0.2              0.1
        税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   28.7             19.0
        3.法人税等の税率変更による繰延税金資産の金額の修正

                                 70/78

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
          「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
         (平成28年法律第13号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以後に開始する事業年度から法人
         税 率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産の計算に使用する法定実効税率は
         従来の32.3%から2016年4月1日に開始する事業年度及び2017年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれ
         る一時差異等については30.9%に、2018年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等につ
         いては、30.6%となります。
          なお、この税率の変更による影響はありません。
       (企業結合等関係)

         該当事項はありません。
       (重要な後発事象)

         当社は、2016年4月1日に、子会社である株式会社日本商品清算機構より以下のとおり借入れを行っておりま
        す。
         (1)  資金使途
           主に次期取引システムに係る設備投資
         (2)  借入の内容
          ①  借入金額 2,000,000千円
          ②  借入日 2016年4月1日
          ③  借入利率 年利4.0%
          ④  返済条件 2016年9月を初回とし、2021年9月まで1年毎の元金均等返済
          ⑤  担保 本社土地建物
                                 71/78












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
       ④【附属明細表】
       【有価証券明細表】
        【株式】
                                                  貸借対照表計上額
                                        株式数(株)
                    銘柄
                                                    (千円)
                      株式会社日経ラジオ社                       6,400            3,224

     投資有価証券        その他有価証券
                            計                 6,400            3,224
        【その他】

          該当事項はありません。
       【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価
                                          償却累計額             差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
                                          又は償却累             残高
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)             (千円)
                                          計額             (千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
                  3,618,697        1,374        -   3,620,071      1,724,093        66,209     1,895,977
      建物
                  1,763,389       134,029       1,104    1,896,315      1,584,612       213,536      311,702
      その他
                  5,382,087       135,403       1,104    5,516,386      3,308,706       279,746     2,207,680

       有形固定資産計
     無形固定資産

                  4,559,258       134,263        250   4,693,271      4,403,735       179,181      289,536
      ソフトウエア
                  1,565,092      1,849,627        1,615    3,413,103          -      -   3,413,103

      ソフトウエア仮勘定
                   26,741        -      -    26,741      21,507        57     5,234
      その他
                  6,151,092      1,983,890        1,865    8,133,117      4,425,243       179,238     3,707,874

       無形固定資産計
       (注)1.有形固定資産のその他の当期増加額は、主に取引システムに係るものであります。
       (注)2.ソフトウエアの当期増加額は、主に取引システムに係るものであります。
       (注)3.ソフトウエア仮勘定の当期増加額は、主に取引システムに係るものであります。
       【引当金明細表】

                      当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

           科目
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
      賞与引当金                    37,070          37,069          37,070          37,069

      (2)【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

        該当事項はありません。
                                 72/78





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度               毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間
      定時株主総会               毎事業年度終了後3か月以内

      基準日               毎年3月31日

      株券の種類               -

                     期末配当:3月31日
      剰余金の配当の基準日
                     中間配当:9月30日
                     普通株式  :100株
      1単元の株式数
                     無議決権株式:1株
      株式の名義書換え
                     東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                     みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                     東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       株主名簿管理人
                     みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                     みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                     みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店及び営業所
       名義書換手数料              無料
       新券交付手数料              -

      単元未満株式の買取り

                     東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       取扱場所
                     みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                     東京都中央区八重洲一丁目2番1号
       株主名簿管理人
                     みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                     みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                     みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店及び営業所
       買取手数料              無料
                     当社の公告方法は、電子公告とします。ただし、事故その他のやむを得ない事由に
                     よって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載しま
      公告掲載方法
                     す。
                     公告掲載    URL  ( http://www.tocom.or.jp/jp/           )
      株主に対する特典               該当事項はありません。
      株式の譲渡制限               株式の譲渡又は取得については、当社の承認を要します。

                     商品先物取引法第86条に、何人も、株式会社商品取引所の総株主の議決権(株主総
                     会において決議をすることができる事項の全部につき議決権を行使することができ
                     ない株式についての議決権を除き、会社法第879条第3項の規定により議決権を有す
                     るものとみなされる株式についての議決権を含む。)の100分の20(その財務及び営
                     業の方針の決定に対して重要な影響を与えることが推測される事実として商品先物
                     取引法施行規則で定める事実がある場合には、100分の15。)以上の数の議決権(社
                     債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号)第147条第1項又は第148条
      議決権の保有制限               第1項の規定により発行者に対抗することができない株式に係る議決権を含み、取
                     得又は保有の態様その他の事情を勘案して商品先物取引法施行規則で定めるものを
                     除く。)を取得し、又は保有してはならない。ただし、商品取引所、商品取引所持
                     株会社、金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所
                     をいい、金融商品取引法施行令で定める者に限る。)又は金融商品取引所持株会社
                     (同条第18項に規定する金融商品取引所持株会社をいい、金融商品取引法施行令で
                     定める者に限る。)が取得し、又は保有する場合は、この限りでない旨規定されて
                     おります。
                                 73/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
      (注) 普通株主は、その有する単元未満株式について、次の各号に掲げる権利以外の権利を行使することができませ
          ん。
          (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
          (3)  株式取扱規則に定めるところにより、当社に対し、その有する単元未満株式の数と併せて単元株式数とな
            る数の株式を売り渡すことを請求する権利
                                 74/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は上場会社ではありませんので、金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)  有価証券報告書
          事業年度(第69期)            (自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)                       2015年6月29日関東財務局長に提出。
       (2)  半期報告書
          (第70期中)         (自 2015年4月1日 至 2015年9月30日)                       2015年12月14日関東財務局長に提出。
                                 75/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 76/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   平成28年6月16日

     株式会社東京商品取引所

       取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            森 谷  和 正   印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            岩 下  万 樹   印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている株式会社東京商品取引所の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益及び包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社東京商品取引所及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の
     経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

       (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が連結財務諸表に添

            付する形で別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社東京商品取引所(E21145)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                   平成28年6月16日

     株式会社東京商品取引所

       取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            森 谷  和 正   印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            岩 下  万 樹   印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている株式会社東京商品取引所の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第70期事業年度の財務諸表、す
     なわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     東京商品取引所の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な
     点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

       (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が財務諸表に添付

            する形で別途保管しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。