横浜高速鉄道株式会社 有価証券報告書 第28期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第28期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:横浜高速鉄道株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年6月27日

     【事業年度】                      第28期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

     【会社名】                      横浜高速鉄道株式会社

     【英訳名】                      YOKOHAMA     MINATOMIRAI      RAILWAY    COMPANY

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長         鈴木 伸哉

     【本店の所在の場所】                      神奈川県横浜市中区元町1丁目11番地

     【電話番号】                      045(664)1621

     【事務連絡者氏名】                      経営管理部次長  小瀬村  博

     【最寄りの連絡場所】                      神奈川県横浜市中区元町1丁目11番地

     【電話番号】                      045(664)1621

     【事務連絡者氏名】                      経営管理部次長  小瀬村  博

     【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。

                                  1/54









                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

            回次           第24期       第25期       第26期       第27期       第28期

           決算年月           平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

     営業収益            (千円)      9,726,610       10,076,651       11,277,976       11,210,197       11,473,109

     経常利益又は
                 (千円)     △ 1,430,554       △ 760,292      △ 343,571      △ 317,816      △ 184,009
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                 (千円)     △ 1,330,625       △ 699,432       392,032      △ 340,092      △ 178,135
     当期純損失(△)
     持分法を適用した
                 (千円)          ―       ―       ―       ―       ―
     場合の投資利益
     資本金            (千円)     50,719,000       50,719,000       50,719,000       50,719,000       50,719,000
     発行済株式総数             (株)     1,014,380       1,014,380       1,014,380       1,014,380       1,014,380
     純資産額            (千円)     39,115,857       38,416,425       38,808,457       38,468,365       38,290,229
     総資産額            (千円)     229,408,029       228,486,647       225,386,495       221,149,497       221,182,263
     1株当たり純資産額             (円)       38,561       37,871       38,258       37,923       37,747
     1株当たり配当額
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     (内1株当たり
                  (円)         ( ―)      ( ―)      ( -)       ( -)       ( -)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
     金額又は当期純損失             (円)     △ 1,311.76       △ 689.51       386.47      △ 335.27      △ 175.61
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     り当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        17.1       16.8       17.2       17.4       17.3
     自己資本利益率             (%)          ―       ―      1.0         ―       ―
     株価収益率             (倍)          ―       ―       ―       ―       ―
     配当性向             (%)          ―       ―       ―       ―       ―
     営業活動による
                 (千円)      3,714,633       5,306,812       4,914,952       4,973,303       5,273,362
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)     △ 2,498,502      △ 2,459,661      △ 3,829,347      △ 3,071,139      △ 1,297,743
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 347,836     △ 1,356,411      △ 3,232,104      △ 2,971,517         243,811
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)      3,457,356       4,948,096       2,801,596       1,732,242       5,951,672
     の期末残高
     従業員数             (名)         38       93       97       97       107
      (注)   1 当社は、連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
          は、記載しておりません。
        2 営業収益には消費税等は含んでおりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
        4 株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
        5 第24期、第25期、第27期、第28期の自己資本利益率については当期純損失であるため、記載しておりませ
          ん。
        6 当社は、関連会社がないため、持分法を適用した場合の投資利益については、記載しておりません。
                                  2/54




                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       みなとみらい21線〔横浜~元町・中華街間4.1㎞(営業キロ)〕は、横浜駅において東急東横線と相互直通運転を行
      い、みなとみらい21地区を経て元町・中華街に至る路線です。
       本路線の整備にあたっては、多様な建設資金の確保と民間活力の活用による効率的な事業執行を図るため、平成元
      年3月29日に横浜市、神奈川県、民間企業等の出資を得て、この路線の建設及び運行を行う第三セクターとして、
      「横浜高速鉄道株式会社」が設立されました。
       その後の沿革については、次のとおりです。
       平成2年4月19日  第一種鉄道事業免許取得
       平成4年11月24日  第1期工事区間工事着手
       平成7年2月1日  第2期工事区間工事着手
       平成16年2月1日  開業
       平成25年3月16日          東急東横線、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線との5社相互直通
                 運転を開始
       また、平成12年3月から通勤線としての営業を開始しているこどもの国線については、当社が鉄道施設を保有する
      第三種鉄道事業者であり、その沿革については、次のとおりであります。
       平成9年6月27日  第三種鉄道事業免許譲渡譲受の認可
       平成9月8月1日  社会福祉法人こどもの国協会から鉄道事業資産を取得
       平成10年3月31日  東京急行電鉄株式会社から鉄道事業資産を取得
       平成12年3月29日  通勤線としての営業開始
     3  【事業の内容】

      (1)  みなとみらい21線事業
        本路線の建設工事は、鉄道・運輸機構工事(一部を除く)として施行され、平成16年1月31日に鉄道施設の譲渡を
       受けて2月1日に営業を開始しました。
      みなとみらい21線路線図

       「みなとみらい21線事業の資金等の流れ」









                                  3/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (注) 完成した鉄道施設は、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下「鉄道・運輸機構」という。)から









         譲渡を受け、当社調達資金を除く譲渡代金を、長期割賦により支払っています。
       「みなとみらい21線建設事業費の資金調達方法」

                            建設事業費      2,563億円(注5)

             P線資金(注1)          補助金及び負担金(注2)               借入金(注3)            資本金(注4)

          財政投融資等からの借            横浜市等からの補助金            日本政策投資銀行及び            地方公共団体及び民間
          入れ及び機構債の発行            及び負担金            民間銀行からの借入れ            からの出資
                 1,289億円             673億円            329億円            272億円
     調達方法
          鉄道・運輸機構が直            当社が横浜市等から受            当社が、日本政策投資            当社が、増資により調
          接、財政投融資資金等            領する資金            銀行及び民間銀行から            達する資金
          の借入れ、債券の発行                        調達する資金
          により調達する資金
      (注)   1 P線資金には、純工事費、機構管理費及び支払利息を含んでおります。

        2 補助金及び負担金は、開発者負担金、新高島駅負担金等であります。
        3 借入金は、日本政策投資銀行及び民間銀行から調達しております。また、みなとみらい21線は、多極分散型
          国土形成促進法における業務核都市中核的民間施設整備事業の対象でありますので、日本政策投資銀行から
          無利子借入を受けております。
        4 資本金は、地方公共団体(横浜市、神奈川県)から50%、民間企業等から50%の出資をしております。
        5 建設事業費は、横浜駅中心より元町までの4.2km(建設キロ)の用地費、路盤費のほか、車両費、開業設備
          費、管理費等を含んでおります。また、消費税等は含んでおりません。
                                  4/54




                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       「東急東横線地下化事業負担金の資金等の流れ」
       「東急東横線地下化事業負担金の資金調達方法」





                 負担金額     651億円(注1)

                       横浜市からの無利子借入、

           横浜市からの出資(注2)
                       民間銀行からの借入(注2)
     調達方法
                   229億円             422億円
      (注)   1 負担金額は、消費税等を含んでおります。
        2 東急東横線地下化事業に伴う当社の負担について、横浜市から出資、無利子借入、利子補給の支援を受けて
          おります。
                                  5/54












                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (2)  こどもの国線事業

        こどもの国線〔長津田~こどもの国間3.4km(営業キロ)〕については、第三種鉄道事業者として鉄道施設を保有す
       るものです。平成9年に第三種鉄道事業免許を社会福祉法人こどもの国協会より譲受し、営業しております。
        平成12年3月29日には、通勤線として運行を開始しており、東京急行電鉄株式会社が第二種鉄道事業者として運輸
       営業を行っています。
       こどもの国線路線図

                                  6/54


















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (3)  京浜急行・横浜駅の駅総合改善事業
        京浜急行電鉄株式会社の横浜駅の改良工事については、当社が事業主体となり、平成11年に創設された「鉄道駅
       総合改善事業」の制度の適用を受け、事業を実施し、平成19年度に工事が完了しました。
        平成16年2月に、きた通路に接続する北部改札の賃貸を開始し、以後みなみ通路に接続する通路、下りホーム等を
       工事完成後順次、京浜急行電鉄株式会社に賃貸しています。
       京浜急行・横浜駅の駅総合改善事業概要図

     4  【関係会社の状況】







       該当事項はありません。
     5  【従業員の状況】

      (1)  提出会社の状況
                                               平成28年3月31日現在
       従業員数(名)(注1)               平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)            平均年間給与(千円)(注2)
                107             46.8             3.66             5,930

      (注)   1 従業員数は他社から当社への出向者を含む就業人員であります。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (2)  労働組合の状況
        労働組合はありません。
                                  7/54






                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
       当社は、5社相互直通運転による広域鉄道ネットワークを生かした相互誘客や、沿線の観光施設・商業施設、企業と
      の連携の強化、駅資産の活用など、様々な施策を着実に展開し、収入確保に努めました。
       運輸収入及び構内営業・広告等の営業収益は、前期比2億6千2百万円(2.3%)増加し、114億7千3百万円となりまし
      た。また、営業費は、調達先の見直しや燃料費の低下により電力料金が減少した一方、減価償却費、修繕費等の増加
      により、前期比1億6千9百万円(1.7%)増加し、98億7千3百万円となりました。この結果、営業利益は、前期比9千3
      百万円(6.2%)増加し、16億円となりました。
       経常損益は、営業利益が増加したことに加え、支払利息・社債利息が2千5百万円減少したこと等により、前期比1億
      3千3百万円改善し、1億8千4百万円の経常損失となりました。
       また、特別利益として、こどもの国線の運営に係る補助金などで3億7千1百万円を計上し、特別損失は固定資産圧縮
      損で3億6千1百万円を計上したことにより、当期純損失は、1億7千8百万円(前期は当期純損失3億4千万円)となりま
      した。
                         単位          第27期              第28期

     Ⅰ みなとみらい21線(第一種鉄道事業)
     営業日数                    日                365              366
     期末営業距離                    km                4.1              4.1
     客車走行距離                    千km                7,520              7,538
                定期         千人               32,063              33,021
     旅客乗車人員           定期外         千人               38,751              39,385
                合計         千人               70,815              72,407
                定期         千円              3,064,623              3,173,909
     旅客運輸収入           定期外         千円              6,757,113              6,878,156
                小計         千円              9,821,737              10,052,066
     Ⅱ こどもの国線(第三種鉄道事業)
     営業日数                    日                365              366
     鉄道線路使用料収入                    千円               58,443              56,948
     運輸雑収等 計                    千円              1,330,016              1,364,094
     営業収益合計                    千円             11,210,197              11,473,109
      (注) 収入金額に消費税等は含まれていません。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度における現金及び現金同等物の期末残高は、前事業年度に比べて42億1千9百万円(243.6%)増加し、
       59億5千1百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によって得られた資金は、前事業年度同期比3億円(6.0%)増加し、52億7千3百万円の余剰となり
         ました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動においては、補助金収入が3億2千2百万円ありましたが、有形・無形固定資産の取得のための支出が
         7億8千3百万円、長期預り金の返還による支出が1億5千7百万円ありましたので、12億9千7百万円の支出超過と
         なりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動では、長期借入金・鉄道施設購入長期未払金等の返済として154億5千万円の支出がありましたが、
         長期借入金により107億3千6百万円、社債の発行により49億5千7百万円の収入がありましたので、2億4千3百万
         円の余剰となりました。
                                  8/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
       「生産、受注及び販売の状況」は、「業績」の項において記載してあります。
     3  【対処すべき課題】

      (1)安全・安定輸送の確保
        ホーム上のお客様の転落防止のための可動式ホーム柵の全駅整備や車両の火災対策、運転保安設備の更新など、
       安全対策に資する設備投資を着実に行うとともに、鉄道施設の補修・更新工事を計画的かつ確実に実施します。
       また、相直他社との事業者間連携を強化し、混雑緩和や遅延の対応策を策定するとともに、お客様の混乱を防止す
       るため適時の運行情報の提供など、事故・輸送障害時の対応力を強化します。
        平成26年2月の事故により破損した車両については、車両交換による損害賠償とする東京急行電鉄株式会社と
       締結した基本合意書に基づき、平成28年度内復旧に向けた仕様変更・改修等の協議を進めます。また、借地契約
       期間が平成31年1月末をもって満了となる車両留置場については、引き続き、確保に向けた取り組みを進めま
       す。
      (2)サービスの質の向上

        沿線のMICE関連施設との連携施策の展開や案内サインの充実、駅係員の接遇教育など、国内外から観光・M
       ICE目的で来街されるお客様の受入環境の整備を進めるとともに、駅施設のリニューアル工事やお客様の利便性
       を向上させるための改良工事を実施し、あらゆるお客様にやさしい快適な駅づくりを進めます。
      (3)経営の安定化 

        沿線において進められている駅隣接ビルと駅との接続の機会を捉えて、駅構内の店舗開発を行うとともに、街の
       魅力の発信や沿線地域との連携の強化による集客策の実施、相直他社と連携した相互誘客施策の推進、他の交通
       モードとの連携による利便性の向上などを効果的に実施します。また、収入の多角化やより一層の経費の削減に努
       め、収益力の向上を図ります。
        きめ細かな財務管理により、借入金を着実に縮減するとともに、社債の発行や設備投資におけるリースの活用な
       ど、資金調達を多様化します。
      (4)効率的な運営体制の確保

        人材育成プログラムや人事制度を再構築することにより社員の意欲を高め、全ての社員が経営目標の達成に向け
       て個々の能力を最大限に発揮できる会社へと組織力を強化します。また、会社全体のチーム力の向上やワーク・ラ
       イフ・バランスの実現に向けた取り組みを推進し、働きやすい・働きがいのある活力ある職場づくりを推進しま
       す。
      (5)豊かな社会づくりへの貢献

        キャリア教育支援、文化・芸術・スポーツに対する支援など、将来の横浜の発展を担う人材の育成に貢献しま
       す。また、利用者や沿線地域との一体的な取組により、環境への負荷低減等に貢献します。
     4  【事業等のリスク】

      (1)財務管理に関するリスク
        当社は、鉄道施設の建設に要した多額の借入金があり、財務構造の安全性向上の観点から、調達方法の多様化、
       金利変動リスクの回避など、様々な工夫をする必要があります。現在、大型リースの実施、借入金の固定金利・変
       動金利の調達割合の検討等に取り組んでおり、今後も財務管理上のリスクに対し、きめ細かく対応してまいりま
       す。ただし、財務管理上のリスクに適切に対応できなかった場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があり
       ます。
      (2)自然災害、事故等に関するリスク

        当社は、大規模地震や台風等の自然災害、事故、テロリストによる攻撃、情報システムの故障、新型インフルエ
       ンザ等の感染症の蔓延、その他トラブルの発生を想定した様々な施策を講じておりますが、これらの災害、事故等
       が発生し、人的被害や事業の中断等が生じた場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  9/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (3)コンプライアンスに関するリスク
        当社は、関係法令を遵守し、企業倫理に従って事業を行っておりますが、これらに反する行為が発生し社会的な
       信頼性を失った場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (4)個人情報の漏えいに関するリスク

        当社は、事業の遂行にあたり顧客情報等の個人情報を保有しております。個人情報については、情報管理体制を
       構築し厳正な管理を行っているものの、万一漏えいした場合には、社会的信用やブランドイメージの低下、損害賠
       償責任の発生等によって、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (5)経営環境の変化に関するリスク

       ①法的規制
        当社は、鉄道事業法等の関連法令を遵守して事業を行っておりますが、これらの法的規制が変更された場合には
       追加の費用が発生し、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。また、鉄道事業法では、一定の要件を満た
       す場合、国土交通大臣は事業の停止を命じ又は許可を取り消すことができるとされており、仮に、国土交通大臣よ
       り事業の停止や許可の取消しを受けた場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ②経済情勢
        当社は、横浜市を中心としたエリアに経営資源が集中しているため、同地域における経済動向の変化、人口の減
       少、他事業者との競合等が生じた場合には、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
       ③電力料金、労務費等の高騰
        当社は、事業の遂行にあたり大量の電力が必要であり、電力料金が高騰した場合には、当社の業績に悪影響を及
       ぼす可能性があります。また、鉄道事業は労働集約的な事業であるため、労務費が高騰した場合についても、委託
       費の上昇を通して、当社の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
     5  【経営上の重要な契約等】

        (1)  みなとみらい21線と東急東横線の相互直通運転に伴う東急東横線地下化事業費の負担に関しては、次のよう
          に横浜市及び東京急行電鉄株式会社と協定等を締結しております。
           なお、これらの協定等は、工事内容の変更等によりその都度累積されますので、直近の内容を記載してお
          ります。
     協定等名称              相互直通運転に関する覚書・確認書                   相互直通運転に伴う事業費に関する確認書

     協定等日付              平成2年11月19日                   平成5年7月21日
                                      平成12年5月15日変更
     協定者              当社、東京急行電鉄㈱                   当社、横浜市、東京急行電鉄㈱
     内容              1 相互直通運転の場所                   1 事業の範囲
                     横浜駅の地下
                                        東白楽~横浜駅中心
                   2 鉄道事業区分
                                      2 事業費
                     新たに設置する横浜駅中心
                                        概算総額:1,000億円
                   3 東急東横線の改築及び廃止に要す
                                      3 事業の施行
                     る事業費
                                        東京急行電鉄㈱が施行
                     東京急行電鉄㈱の受益相当額を除
                                      4 事業費の負担
                     き当社が負担
                                        東京急行電鉄㈱:230億円
                                        当社:770億円
                                 10/54






                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     協定等名称                相互直通運転に伴う事業費及び負担額                   みなとみらい21線と東横線との相互直
                     の変更に伴う確認書                   通運行の権利に関する契約書
     協定等日付                平成12年5月15日                   平成14年3月31日
     協定者                当社、横浜市                   当社、東京急行電鉄㈱
     内容                1 東急東横線地下化事業に伴う当社                   1 みなとみらい21線と東横線との相
                       の負担について、横浜市は適切な                   互直通運行を行うことにより運転
                       支援を行うものとする。                   効率と利便性を高める。
                     2 横浜市は、当社に対して出資する                   2 両社は、相互直通運行の権利を相
                       ものとし、その総額は240億円を                   互に承認する。
                       超えない範囲とする。
                     3 当社に借入が生じる場合は、横浜
                       市は利子補給及び損失補償、償還
                       時に適切な支援を行うものとす
                       る。
        (2)  こどもの国線通勤線化事業費の負担等について、次のように横浜市、都市基盤整備公団(現「独立行政法人
          都市再生機構」、以下同じ)及び東京急行電鉄株式会社と協定を締結しております。
     協定等名称                事業基本協定

     協定等日付                平成8年3月12日
     協定者                当社、横浜市、都市基盤整備公団、東京急行電鉄㈱
     内容                1 事業の範囲
                       ・長津田駅からこどもの国駅までとする。
                     2 鉄道事業者
                       ・当社は、第三種鉄道事業者
                       ・東京急行電鉄㈱は第二種鉄道事業者
                       ・当社は、事業に必要な鉄道施設及び車両を取得所有する。
                       ・東京急行電鉄㈱は、運送業務を行う。
                     3 事業費及びその負担
                       ・事業に関する費用は横浜市、都市基盤整備公団及び東京急行電鉄㈱が負
                         担する。
      (注) こどもの国線事業の収支については、みなとみらい21線事業の収支に影響を与えないよう、当社、横浜市及び
         東京急行電鉄㈱の三者間で協議し、対応しております。
        (3)  京浜急行・横浜駅の駅総合改善事業について、次のように京浜急行電鉄株式会社と協定を締結しておりま

          す。
     協定等名称                事業基本協定

     協定等日付                平成14年1月30日
                     平成16年4月1日変更
                     平成17年3月4日変更
                     平成19年4月2日変更
     協定者                当社、京浜急行電鉄㈱
     内容                当社と京浜急行電鉄㈱とは、この事業を国土交通省の鉄道駅総合改善事業の補
                     助対象事業として行う。
                     1 事業の範囲
                       ・下り線ホーム新設工事
                       ・北部改札施設新設工事
                       ・南部東西自由通路接続通路新設工事
                     2 財産の帰属
                      工事により築造される施設等の財産は、原則として当社に帰属する。
                     3 財産の貸付け
                      本工事完成後の当社帰属財産は、別途京浜急行電鉄㈱との間で賃貸借契約を
                      締結し、有償で京浜急行電鉄㈱に貸付けるものとする。
     6  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 11/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  財政状態について
        当事業年度末における財政状態につきましては、資産2,211億8千2百万円(前事業年度末比3千2百万円増)、負債
       1,828億9千2百万円(同2億1千万円増)、純資産382億9千万円(同1億7千8百万円減)となりました。
        現金及び預金の大幅な増加に対し、減価償却が進捗し、資産残高の動きはほとんどありませんでした。負債は、
       鉄道施設購入長期未払金の返済による減少に対し、新たに社債を発行したため、負債残高の動きはほとんどありま
       せんでした。純資産は、当期純損失を1億7千8百万円計上したため減少しました。自己資本比率は17.3%と前事業年
       度比0.1%の減少となりました。
      (2)  経営成績について

       ①営業損益
         営業収益は、前事業年度比2億6千2百万円(2.3%)増加し、114億7千3百万円となりました。このうち、旅客運
        輸収入は、2億3千万円(2.3%)増加し、100億5千2百万円となりました。
         営業費は、1億6千9百万円(1.7%)増加し、98億7千3百万円となりました。この結果、営業利益は前事業年度
        に比べ9千3百万円(6.2%)増加し、16億円となりました。
       ②経常損益
         経常損失は、前事業年度比1億3千3百万円改善し、1億8千4百万円となりました。これは、支払利息の減少等に
        よるものです。
       ③特別損益
         特別利益として、補助金収入等で3億7千1百万円を計上する一方、特別損失では固定資産圧縮損3億6千1百万円
        を計上したことにより、当期純損失は、1億7千8百万円となりました。
      (3)  キャッシュ・フローについて

         当事業年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、前事業年度に比べ3億円増加し52億7千3百万円の余剰とな
        りました。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、駅務機器の更新工事やこどもの国線こどもの国駅の屋根復旧工事等の
        支出があったため、12億9千7百万円の支出超過となりました。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローの余剰と長期借入金の調達及び社債の発行に
        により長期借入金、鉄道施設購入長期未払金の返済に充てています。
                                 12/54










                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当期に実施した設備投資は総額11億9千3百万円で、駅務機器の更新工事や横浜駅南改札前店舗設置工事等が主なも
      のです。
     2  【主要な設備の状況】

       当社の平成28年3月31日現在における設備の概要、帳簿価額、従業員数は次のとおりです。
                                                          従業

            事業所
       部門                         帳簿価額(千円)(注1,2)                          員数
            (所在地)
                                                          (名)
                                                リース
                  土地                     機械及    工具、器具
                       建物     構築物      車両                    合計
                 [面積(㎡)]                     び  装置     及び備品
                                                 資産
                     -     120                    1,433     886     2,440
          本  社
     本社               (-)      (-)      (-)     (-)     (-)     (-)    (-)      (-)   36
          (横浜市中区)
                    [-]
          鉄道施設
                                                278,822
                 4,829,714     3,876,264     94,439,011      2,041,439     1,012,996      161,949        106,640,197
          (横浜市中
     みなとみら
                                                   (-)
                    (-)  (15,965,422)      (53,405,548)         (-)  (7,444,632)        (-)      (76,815,602)      71
     い21線
          区・西区・
                 [1,547.59]
          神奈川区)
                                                   -
          鉄道施設
                   2,032      1,940     42,400       0   1,154       0        47,528
     こどもの国
                                                   (-)
          (横浜市緑      (1,311,799)      (882,713)     (4,909,302)     (1,451,034)      (619,251)     (107,655)         (9,281,756)
     線
                 [34,919.71]
          区・青葉区)
                                                   -
                     -   989,952     2,662,161         -   23,938       76       3,676,128
          鉄道施設
     駅総合改善
                                                   (-)
                    (-)  (1,168,934)      (2,480,209)         (-)   (101,596)     (13,170)        (3,763,911)
     事業
          (横浜市西区)
                    [-]
      (注)   1 表内の帳簿価額欄は、上段が帳簿価額であり、中段の( )は固定資産圧縮額であります。また、土地の下段
          の[ ]は面積(㎡)であります。
        2 建設仮勘定は含んでおりません。
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 13/54









                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      612,000

                後配株式                                      480,000

                  計                                    1,092,000

     (注) 1 当社の発行可能株式総数は1,092千株とし、このうち612千株は普通株式、480千株は次の内容を有する後配
           株式とします。ただし、後配株式につき、普通株式への転換があった場合には、これに相当する株式の数
           を普通株式については増加し、後配株式については減じます。
           (1)後配株式に対しては普通株式に対する剰余金の配当が1株につき年5,000円未満の場合は剰余金の配当
             はしません。
           (2)普通株式に対して1株につき年5,000円以上の剰余金の配当をする場合は、後配株式1株につき5,000円
             を限度として剰余金の配当をします。
         2 後配株式は、その株式に対する剰余金の配当開始後10事業年度を経過したときをもって後配株式1株につき
           普通株式1株となります。
       ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年3月31日)          (平成28年6月27日)
       普通株式            556,440          556,440       非上場              ―
                                            完全議決権株式であるが、剰
       後配株式            457,940          457,940       非上場       余金の配当が普通株式に比べ
                                            劣後する株式
         計          1,014,380          1,014,380          ―            ―
      (注) 1.普通株式、後配株式ともに単元株制度を採用しておりません。
               2.普通株式、後配株式ともに譲渡による取得については当社の承認が必要です。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
                                 14/54





                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                                                   資本準備金 
                               資本金増減額       資本金残高
                 発行済株式        発行済株式                      資本準備金 
                                                      残
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額   
                                                   高     
                   (株)       (株)                    (千円)
                                (千円)       (千円)
                                                     (千円)
     平成19年8月27日(注)               11,040     1,014,380        552,000     50,719,000           -       -
      (注)有償第三者割当(割当先 横浜市)
          発行価額  50,000円
          資本組入額 50,000円
      発行済株式種類内訳は、普通株式                556,440株 後配株式          457,940株となっております。
      (6)  【所有者別状況】

     ①普通株式                                            平成28年3月31日現在
            政府及び                                      個
                                      外国法人等
                        金融商品
                              その他
       区分     地方公共       金融機関                             人           合計
                             の  法人
                        取引業者
                                    個人以外       個人
             団体                                   その他
     株主数
                      21
                2           -     109      -      -      1     133
     (人)
     所有株式数
             276,000      71,600        -   208,240        -      -     600    556,440
     (株)
     所有株式数
              49.60      12.87       -    37.42       -      -     0.11      100
     の割合(%)
     ②後配株式                                            平成28年3月31日現在

            政府及び                                      個
                                      外国法人等
                        金融商品
                              その他
       区分     地方公共       金融機関                             人           合計
                             の  法人
                        取引業者
                                    個人以外       個人
             団体                                   その他
     株主数
                1     -      -      -      -      -      -      1
     (人)
     所有株式数
             457,940        -      -      -      -      -      -   457,940
     (株)
     所有株式数
               100      -      -      -      -      -      -     100
     の割合(%)
                                 15/54










                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (7)  【大株主の状況】
       ① 普通株式
                                               平成28年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
     横浜市                神奈川県横浜市中区港町一丁目1番地                         186,000         18.34
     神奈川県                神奈川県横浜市中区日本大通1番地                         90,000         8.87

     東京急行電鉄株式会社                東京都渋谷区南平台町5番6号                         45,000         4.44

     三菱地所株式会社                東京都千代田区大手町一丁目6番1号                         37,800         3.73

     株式会社日本政策投資銀行                東京都千代田区大手町一丁目9番6号                         20,000         1.97

     京浜急行電鉄株式会社                東京都港区高輪二丁目20番20号                         16,800         1.66

     独立行政法人都市再生機構                神奈川県横浜市中区本町六丁目50番1号                         13,000         1.28

                     神奈川県横浜市西区みなとみらい
     株式会社横浜銀行                                          11,862         1.17
                     三丁目1番1号
     相鉄ホールディングス株式会社                神奈川県横浜市西区北幸二丁目9番14号                         10,360         1.02
     株式会社三菱東京UFJ銀行                東京都千代田区丸の内二丁目7番1号                         10,155         1.00

            計                    ―               440,977         43.47

       ② 後配株式

                                               平成28年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                              (株)      所有株式数
                                                    の割合(%)
     横浜市                神奈川県横浜市中区港町一丁目1番地                         457,940         45.14
            計                    ―               457,940         45.14

      (8)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成28年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                     普通株式 556,440               556,440             ―

     完全議決権株式(その他)
                                         剰余金の配当が普通株式に比べ劣後
                     後配株式 457,940               457,940
                                         する株式
     発行済株式総数                    1,014,380          ―              ―
     総株主の議決権                     ―         1,014,380              ―

       ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
                                 16/54

                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】  該当事項はありません。
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

        該当事項はありません。
     3  【配当政策】

       繰越損失解消までは長期間を要すると見込まれますので、当面配当は行うことができません。
     4  【株価の推移】

       金融商品取引所非上場のため、該当事項はありません。
                                 17/54












                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性12名 女性1名 (役員のうち女性の比率7.7%)
                                                      所有株式数
       役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               昭和53年4月      横浜市入庁
                               平成15年4月      同都市経営局市長室調査等担当部
                                     長
                               平成17年4月      同まちづくり調整局土地利用・規
                                     制担当政策専任部長
                               平成18年4月      同都市整備局都市企画調整担当政
                                     策専任部長
     取締役社長
                鈴   木   伸   哉
             ―          昭和30年8月30日生                             (注)3      0
                               平成20年4月      同都市整備局横浜駅周辺等担当理
     (代表取締役)
                                     事
                               平成22年4月      同建築局長
                               平成24年4月      同副市長
                               平成28年4月      公益財団法人横浜市建築保全公社
                                     理事長(現職)
                               平成28年6月      当社代表取締役社長(現任)
                               昭和45年4月      神奈川県入庁
                               平成12年4月      同総務部行政改革調整担当課長兼
                                     行政システム改革推進課長代理
                               平成14年4月      同出納局出納課長
                               平成15年6月      同総務部行政システム改革推進課
                                     長
     常務取締役
                笠  原   達   夫
             ―          昭和27年1月2日生                             (注)3      0
                               平成17年4月      同総務部総務課長
     (代表取締役)
                               平成19年6月      同総務部副部長
                               平成20年4月      同教育局長
                               平成22年4月      同議会局長
                               平成24年3月      神奈川県退職
                               平成24年6月      当社代表取締役常務(現任)
                               平成元年4月      東京急行電鉄㈱入社
                               平成16年3月      同鉄道事業本部電気部駅務システ
                                     ム課長
                               平成16年10月      同鉄道事業本部電気部通信課長
                               平成18年7月      同鉄道事業本部電気部電力課長
                               平成20年1月      同鉄道事業本部電気部電気工事事
                住  村   純   也
      取締役       ―          昭和39年8月21日生                             (注)3      0
                                     務所長
                               平成21年4月      同鉄道事業本部電気部通信課長
                               平成24年4月      当社運輸部次長兼施設課長
                               平成25年6月      当社担当部長兼施設課長
                               平成25年6月      当社取締役(現任)
                               平成26年4月      当社運輸部長(現職)
                               昭和57年4月      京浜急行電鉄㈱入社
                               平成19年6月      京急電機㈱取締役社長
                               平成21年6月      京浜急行電鉄㈱鉄道本部施設部長
                               平成21年6月      京急鉄道施設㈱取締役社長
                               平成23年6月      京浜急行電鉄㈱取締役
      取締役       ―   道 平  隆      昭和33年4月10日生                             (注)3      0
                               平成26年6月      同鉄道本部運転車両部長兼総合司
                                     令所長
                               平成27年6月      当社取締役(現任)
                               平成27年6月      京浜急行電鉄㈱常務取締役鉄道本
                                     部長(現職)
                               昭和59年4月      相模鉄道㈱入社
                               平成16年10月      ㈱相鉄ビルマネジメント第一営業
                                     部長
                               平成19年6月      同取締役
                               平成20年6月      同常務取締役
                               平成22年6月      同専務取締役
      取締役       ―   滝 澤 秀 之       昭和34年10月5日生                             (注)3      0
                               平成23年6月      相鉄ホールディングス㈱執行役員
                               平成24年6月      同取締役
                               平成27年6月      同相鉄グループ執行役員
                                     相模鉄道㈱専務取締役(現職)
                               平成28年6月      当社取締役(現任)    
                                 18/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               平成2年7月      三菱地所㈱入社
                               平成14年4月      同ビル開発企画部副長
                               平成20年4月      同ビルアセット開発部副長
                               平成21年4月      同ビルアセット開発部担当部長
                               平成22年4月      同都市計画事業室長
      取締役       ―   細 包 憲 志       昭和36年2月3日生                             (注)3      0
                               平成25年4月      同ビルアセット開発部長
                               平成26年4月      同執行役員丸の内開発部長
                               平成27年4月      同執行役員横浜支店長(現職)
                               平成27年6月      当社取締役(現任)
                               昭和58年4月      横浜市入庁
                               平成13年4月      同経済局誘致促進課長
                               平成15年4月      同都市経営局政策課担当課長
                               平成17年4月      同都市経営局都市経営推進課担当
                                     課長
                               平成18年4月      同磯子土木事務所副所長
                               平成20年4月      同都市整備局都市整備・みなとみ
      取締役       ―   薬師寺 えり子       昭和35年3月27日生                             (注)3      0
                                     らい21推進部長
                               平成21年4月      同都市経営局政策部政策担当部長
                               平成23年5月      同政策局共創推進室長
                               平成24年4月      同瀬谷区長
                               平成28年4月      同都市整備局長(現職)
                               平成28年6月      当社取締役(現任)
                               昭和56年4月      横浜市入庁
                               平成11年4月      同交通局電車部駅務サービス室
                                     駅務サービス担当課長
                               平成12年4月      同交通局電車部新羽乗務管理所長
                               平成14年5月      同交通局電車部運輸サービス課長
                               平成15年4月      同交通局電車部営業課長
      取締役       ―   加 賀 生 雄       昭和34年3月7日生                             (注)3      0
                               平成17年4月      同交通局部次長
                               平成19年4月      同交通局総務部職員課長
                               平成19年7月      同交通局自動車本部長
                               平成23年5月      同交通局副局兼総務部長
                               平成27年4月      同交通事業管理者(交通局長)
                                     (現職)
                               平成27年6月      当社取締役(現任)
                               昭和57年4月      横浜市入庁
                               平成15年4月      同子育て支援事業本部地域子育て
                                     支援課長
                               平成17年4月      同健康福祉局総務課長
                               平成20年4月      同都市経営局政策課長
      取締役       ―   三 上 章 彦       昭和32年3月12日生                             (注)3      0
                               平成22年4月      同こども青少年局緊急保育対策
                                     担当部長
                               平成25年4月      同中区長(現職)
                               平成25年6月      当社取締役(現任)
                                 19/54








                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               昭和59年4月      日本開発銀行入行
                               平成13年4月      日本政策投資銀行東海支店企画調
                                     査課長
                               平成15年3月
                                     同産業・技術部課長
                               平成17年3月
                                     同環境・エネルギー部課長
                               平成18年7月
                                     同環境・エネルギー部次長
                塩 野 谷 毅
     常勤監査役       ―          昭和35年5月29日生                             (注)4      0
                               平成20年3月
                                     同企業金融第5部次長
                               平成20年10月      ㈱日本政策投資銀行企業金融第5
                                     部次長
                               平成23年6月      高松琴平電気鉄道株式会社常務取
                                     締役
                               平成28年6月
                                     当社常勤監査役(現任)
                               昭和54年4月      相模鉄道㈱入社
                               平成13年7月      相鉄企業㈱転籍
                               平成13年7月      同総務人事部長
                               平成18年7月      相模鉄道㈱入社
                               平成19年6月      相鉄企業㈱取締役
                               平成19年7月      相模鉄道㈱相鉄グループ執行役員
                               平成20年6月      同常勤監査役
      監査役       ―   小 島  弘      昭和29年6月11日生                             (注)5      0
                                     相鉄ホールディングス㈱常勤監査
                               平成21年9月
                                     役(相模鉄道㈱から商号変更)
                               平成24年6月      同取締役(現職)
                               平成24年6月      同執行役員
                               平成25年6月      当社監査役(現任)
                               平成25年6月      相鉄ホールディングス㈱常務執行
                                     役員(現職)
                               昭和54年4月      横浜市入庁
                               平成16年1月      同経済局ライフサイエンス都市推
                                     進担当部長
                               平成16年4月      同経済局ライフサイエンス都市推
                                     進担当政策専任部長
                               平成18年4月      同経済観光局副局長(政策調整部
                荻   島   尚 之
      監査役       ―          昭和28年10月9日生                             (注)4      0
                                     長)
                               平成20年4月      同経済観光局副局長(担当理事)
                               平成21年4月      同環境創造局長
                               平成26年4月      同技監
                               平成28年4月      横浜商工会議所専務理事(現職)
                               平成28年6月      当社監査役(現任)
                               昭和53年4月      ㈱横浜銀行入行
                               平成22年4月      同執行役員厚木支店長兼県央ブ
                                     ロック営業本部長
                               平成23年5月      同執行役員川崎支店長兼川崎ブ
                                     ロック営業本部長兼玉川特別ブ
                                     ロック営業本部長
                               平成24年5月      同常務執行役員川崎支店長兼川崎
                前   迫   静   美
      監査役       ―          昭和34年10月2日生              ブロック営業本部長兼玉川特別ブ              (注)4      0
                                     ロック営業本部長
                               平成25年4月      同常務執行役員本店営業本部長兼
                                     本店ブロック営業本部長
                               平成28年4月      同常務執行役員営業本部長   
                                     ブランド・CS戦略本部長(現
                                     職)
                               平成28年6月      当社監査役(現任)
                             計                             0
      (注)1 取締役道平隆、滝澤秀之、細包憲志の3名は、社外取締役であります。

        2 監査役塩野谷毅、小島弘、荻島尚之、前迫静美の4名は、社外監査役であります。
        3 取締役の任期は、平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成29年3月期に係る定時株主総会終結 
          の時までであります。なお、平成27年3月期に係る定時株主総会終結の時以降補欠選任された取締役の任期
          は、辞任した取締役の残任期間とします。
        4 監査役の任期は、平成28年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成32年3月期に係る定時株主総会終結の
          時までであります。
        5 監査役の任期は、平成25年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成29年3月期に係る定時株主総会終結の
          時までであります。
                                 20/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ①  会社の機関の内容
        当社の組織体制は、経営管理部、運輸部の2部体制となっております。
        全社的な管理を経営管理部が統括するとともに、運輸部では駅業務を直接管理するとともに運行業務等の委託先
       との調整・管理を行い、運輸業務を統括しています。
        当社の経営意思決定、執行、監督等に係る組織は次のようになっています。
       (ア) 取締役会

         取締役会は、当社の業務執行を決定し、取締役の職務の執行を監督しております。取締役9名のうち社外取締
        役が3名です。
       (イ) 監査役会

         当社は監査役会制度を採用しております。監査役は4名中4名が社外監査役です。各監査役は、監査役会で策
        定された監査方針及び監査計画に基づき、取締役会等への出席、業務及び財産の状況調査を通して、取締役の職
        務遂行を監査しております。
       (ウ) 常務会

         取締役会の下に常務会を設置し、経営に関する重要事項について協議、決定をしております。常務会は、原則
        隔週で開催しております。
      ②  役員報酬の内容

       取締役及び監査役に支払った報酬
          取締役                           20,800       千円 
          (うち社外取締役          -                           ) 
          監査役                        9,000      千円 
                       合計  29,800                        千円
                                 21/54










                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      ③  社外取締役及び社外監査役との関係
        当社は、経営の透明性を高めるため積極的に社外取締役、社外監査役を選任しております。各取締役、監査役
       は、当社の株主を出身母体としており、鉄道会社、銀行等から推薦を受け委嘱しております。
        これらの会社等との取引は、通常の定例なものはありますが、社外取締役及び社外監査役個人と当社との間で特
       別な利害関係はありません。
      ④  会計監査の状況

       (ア) 業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人名
          大和哲夫 (新日本有限責任監査法人)
          奥見正浩(新日本有限責任監査法人)
       (イ) 監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士  9名
          その他    2名
      ⑤  取締役の定数

        当社は取締役を10名以内とすることを定款で定めております。
      ⑥  取締役の選任決議要件

        定足数を3分の1以上の割合に緩和することが認められているため、会社法第309条第1項に定める取締役の選任
       決議は、議決権を行使することが出来る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数
       をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款で定めております。
      ⑦  株主総会の特別決議要件

        定足数を3分の1以上の割合に緩和することが認められているため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決
       権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもっ
       て行うことを定款で定めております。
        (2)  【監査報酬の内容等】

       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                前事業年度                           当事業年度

        監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)              基づく報酬(千円)
                         ―
               7,800                           7,800              1,000
       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         当事業年度
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、第1回無担保社債の発行にかか
        る  「監査人から引受事務幹事会社への書簡」の作成業務です。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         該当事項はありません。
                                 22/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 財務諸表の作成方法について

       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務
      諸表等規則」という。)第2条の規定に基づき、「財務諸表等規則」及び「鉄道事業会計規則」(昭和62年運輸省令第
      7号)により作成しております。
     2 監査証明について
       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日ま
      で)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
     3 連結財務諸表について

       当社は、子会社がないため、連結財務諸表は作成しておりません。
                                 23/54
















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
        該当事項はありません。
      (2)  【その他】

        該当事項はありません。
                                 24/54


















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                      (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                 492,242             5,983,340
         未収運賃                                 528,879              525,585
         未収金                                 91,285              21,319
         未収収益                                 108,971              126,586
         未収還付法人税等                                 16,798                239
         有価証券                                1,560,000              1,000,000
         商品                                   22               -
         貯蔵品                                 12,205               6,247
         前払金                                 155,196               13,039
         前払費用                                 109,272               98,177
                                            17              828
         その他の流動資産
         流動資産合計                                3,074,890              7,775,366
       固定資産
         鉄道事業固定資産
           有形固定資産
             土地                            4,831,746              4,831,746
             建物                            7,607,774              7,839,358
                                        △ 2,557,466             △ 2,971,081
               減価償却累計額
               建物(純額)                          5,050,308              4,868,276
             構築物
                                        118,857,564              118,860,251
                                       △ 19,734,511             △ 21,716,677
               減価償却累計額
               構築物(純額)                          99,123,053              97,143,573
             車両
                                         7,158,725              7,339,537
                                        △ 4,793,564             △ 5,298,098
               減価償却累計額
               車両(純額)                          2,365,161              2,041,439
             機械及び装置
                                         2,999,372              3,095,715
                                        △ 1,968,424             △ 2,057,626
               減価償却累計額
               機械及び装置(純額)                          1,030,948              1,038,089
             工具、器具及び備品
                                          358,602              389,878
                                         △ 172,326             △ 226,419
               減価償却累計額
               工具、器具及び備品(純額)                           186,276              163,459
             リース資産
                                          84,384              312,768
                                         △ 22,210             △ 33,059
               減価償却累計額
               リース資産(純額)                            62,173              279,708
           無形固定資産
             電話加入権                              4,045              4,045
             相互直通施設利用権                            52,989,227              51,892,902
             施設利用権                            23,972,046              22,892,842
             借地権                            27,797,597              27,797,597
             ソフトウエア                             295,135              333,697
                                           5,303              2,783
             リース資産
                                   ※1 , ※2 , ※3  217,713,024          ※1 , ※2 , ※3  213,290,163
           鉄道事業固定資産合計
                                        ※3  203,632              ※3  205
         建設仮勘定
         投資その他の資産
           出資金                                 10              10
           長期前払費用                               126,272               78,567
                                          31,668                 -
           長期性預金
                                 25/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
           投資その他の資産合計                               157,950               78,577
         固定資産合計                               218,074,607              213,368,946
       繰延資産
         社債発行費                                    -            37,949
         繰延資産合計                                    -            37,949
       資産合計                                221,149,497              221,182,263
      負債の部
       流動負債
                                       ※3  9,937,221            ※3  10,422,746
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※3  5,446,220            ※3  5,536,239
         1年内に支払う鉄道施設購入長期未払金
         リース債務                                 12,204              43,893
         預り連絡運賃                                 13,912              12,686
         未払金                                 248,577              309,207
         未払費用                                 426,551              474,994
         未払法人税等                                 54,838              77,048
         未払消費税等                                 262,369              134,571
         預り金                                 24,651              60,030
         前受運賃                                 448,250              433,680
         前受収益                                  6,325              8,902
         賞与引当金                                 44,085              40,927
                                           1,663              1,663
         その他の流動負債
         流動負債合計                               16,926,871              17,556,593
       固定負債
         社債                                    -          5,000,000
                                      ※3  83,284,833            ※3  83,598,762
         長期借入金
                                      ※3  78,934,397            ※3  73,365,760
         鉄道施設購入長期未払金
         リース債務                                 60,484              263,245
         長期預り金                                3,139,008              2,981,621
         退職給付引当金                                 41,977              35,867
         車両修繕引当金                                 274,840               73,126
                                          18,718              17,054
         その他の固定負債
         固定負債合計                               165,754,260              165,335,440
       負債合計                                182,681,132              182,892,033
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               50,719,000              50,719,000
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                       △ 12,250,634             △ 12,428,770
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                            △ 12,250,634             △ 12,428,770
         株主資本合計                               38,468,365              38,290,229
       純資産合計                                 38,468,365              38,290,229
      負債純資産合計                                  221,149,497              221,182,263
                                 26/54






                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       ②  【損益計算書】
                                                     (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      鉄道事業営業利益
       営業収益
         旅客運輸収入                               9,821,737              10,052,066
         鉄道線路使用料収入                                58,443              56,948
         駅施設貸付収入                                251,103              243,246
                                        1,078,912              1,120,848
         運輸雑収
         鉄道事業営業収益合計                              11,210,197              11,473,109
       営業費
         運送費                               3,709,313              3,724,736
         一般管理費                                252,229              241,441
         諸税                                426,587              448,594
                                        5,315,685              5,458,333
         減価償却費
         鉄道事業営業費合計                               9,703,816              9,873,106
       鉄道事業営業利益                                 1,506,381              1,600,002
      営業外収益
       受取利息                                    321              356
       有価証券利息                                   1,070               951
       受取事務手数料                                    680             1,790
                                           51              420
       その他
       営業外収益合計                                   2,123              3,518
      営業外費用
       支払利息                                 1,712,508              1,683,850
       社債利息                                     -            3,057
       支払手数料                                  113,812               96,403
       社債発行費償却                                     -            4,216
                                            0              2
       その他
       営業外費用合計                                 1,826,321              1,787,530
      経常損失(△)                                  △ 317,816             △ 184,009
      特別利益
       補助金収入                                  166,501              259,168
       受取保険金                                     -           111,961
                                          4,693                -
       固定資産受贈益
       特別利益合計                                  171,195              371,130
      特別損失
       固定資産圧縮損                                  166,501              361,186
       その他                                  22,899                 -
       特別損失合計                                  189,400              361,186
      税引前当期純損失(△)                                  △ 336,022             △ 174,065
      法人税、住民税及び事業税                                    4,070              4,070
      当期純損失(△)                                  △ 340,092             △ 178,135
                                 27/54





                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       【営業費明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                           至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
                     注記
           区分                  金額(千円)                  金額(千円)
                     番号
     1 鉄道事業営業費
      (1)運送費
        人件費                    556,286                  562,548
                        3,153,026                  3,162,187
        経費
            計                  3,709,313                  3,724,736
      (2)一般管理費
        人件費                    193,638                  201,711
                         58,591                  39,730
        経費
            計                   252,229                  241,441
      (3)諸税                         426,587                  448,594
                              5,315,685                  5,458,333
      (4)減価償却費
                                   9,703,816                  9,873,106
         鉄道事業営業費合計
         全事業営業費合計                              9,703,816                  9,873,106
      (注) 事業別営業費合計の100分の5を超える主な費用並びに営業費に含まれている引当金繰入額は、次のとおりであ

         ります。
                                 前事業年度               当事業年度

               科 目
                                 金額(千円)               金額(千円)
     1 鉄道事業営業費
       運送費
        委託費                                 1,278,577               1,347,962
        車両使用料                                  593,920               595,181
     2 営業費に含まれている引当金繰入額
       退職給付費用                                   7,797               9,825
         車両修繕引当金繰入額                                  69,054               38,461
       賞与引当金繰入額                                  44,085               40,927
                                 28/54








                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自        平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                              利益剰余金
                                                    純資産合計
                  資本金       その他利益剰余金                  株主資本合計
                                  利益剰余金合計
                         繰越利益剰余金
     当期首残高              50,719,000        △ 11,910,542        △ 11,910,542         38,808,457         38,808,457
     当期変動額
      当期純損失(△)                      △ 340,092        △ 340,092        △ 340,092        △ 340,092
     当期変動額合計                 -     △ 340,092        △ 340,092        △ 340,092        △ 340,092
     当期末残高              50,719,000        △ 12,250,634        △ 12,250,634         38,468,365         38,468,365
      当事業年度(自        平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                               株主資本
                              利益剰余金
                                                    純資産合計
                  資本金       その他利益剰余金                  株主資本合計
                                  利益剰余金合計
                         繰越利益剰余金
     当期首残高              50,719,000        △ 12,250,634        △ 12,250,634         38,468,365         38,468,365
     当期変動額
      当期純損失(△)                      △ 178,135        △ 178,135        △ 178,135        △ 178,135
     当期変動額合計                 -     △ 178,135        △ 178,135        △ 178,135        △ 178,135
     当期末残高              50,719,000        △ 12,428,770        △ 12,428,770         38,290,229         38,290,229
                                 29/54











                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純損失(△)                                  △ 336,022             △ 174,065
       減価償却費                                5,315,685              5,458,333
       社債発行費償却                                    -            4,216
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  3,513             △ 6,110
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 241            △ 3,157
       車両修繕引当金の増減額(△は減少)                                  69,054             △ 201,713
       受取利息及び受取配当金                                 △ 1,391             △ 1,307
       支払利息及び社債利息                                1,712,508              1,686,907
       固定資産受贈益                                 △ 4,693                -
       補助金収入                                △ 166,501             △ 259,168
       受取保険金                                    -          △ 111,961
       固定資産圧縮損                                 166,501              361,186
       支払手数料                                  27,490              22,653
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 216,292             △ 127,798
       未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                         △ 7,448              16,200
       減少)
       前受運賃の増減額(△は減少)                                △ 115,460              △ 14,569
       未収運賃の増減額(△は増加)                                 136,905               3,293
       未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 6,665              7,096
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                △ 105,138               29,996
       預り連絡運賃の増減額(△は減少)                                 △ 8,225             △ 1,225
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                △ 199,532               98,166
                                         50,053              47,748
       その他の固定資産の増減額(△は増加)
       小計                                6,746,684              6,834,722
       利息の受取額
                                          1,371              1,324
       利息の支払額                               △ 1,704,127             △ 1,680,186
       法人税等の支払額                                 △ 70,625              △ 2,035
       法人税等の還付額                                    -            16,798
       運営費にかかる補助金の返還による支出額                                    -           △ 9,222
                                            -           111,961
       保険金の受取額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                4,973,303              5,273,362
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       補助金収入                                 111,606              322,037
       有形固定資産の売却による収入                                  35,397                697
       有形固定資産の取得による支出                               △ 2,693,014              △ 774,594
       無形固定資産の取得による支出                                △ 242,086              △ 8,497
       定期預金の払戻による収入                                  21,668              30,000
       定期預金の預入による支出                                 △ 30,000             △ 10,000
       有価証券の償還による収入                                 520,000              400,000
       有価証券の取得による支出                                △ 620,000            △ 1,100,000
       長期性預金の預入による支出                                 △ 31,668                 -
       長期預り金の受入による収入                                  40,500                 -
       長期預り金の返還による支出                                △ 183,542             △ 157,386
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 3,071,139             △ 1,297,743
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入れによる収入                                11,520,404              10,736,675
       長期借入金の返済による支出                               △ 9,071,805             △ 9,937,221
       長期未払金の返済による支出                               △ 5,412,365             △ 5,501,271
       社債の発行による収入                                    -          4,957,833
                                         △ 7,751             △ 12,204
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,971,517               243,811
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 1,069,354              4,219,429
      現金及び現金同等物の期首残高                                  2,801,596              1,732,242
                                      ※1  1,732,242            ※1  5,951,672
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 30/54

                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)   満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)によっております。
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

       総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっておりま
      す。
     3 固定資産の減価償却の方法

      (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっております。
        また、有形固定資産のうち取替資産については取替法を採用しております。
      (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
      (3)   リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
     4 繰延資産の処理方法

       社債を発行するために支出した費用は、社債の償還期間に応じて償却しております。
     5 引当金の計上基準

      (1)   賞与引当金
        従業員への賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち、当事業年度に対応する額を計上しております。
      (2)   退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を
       用いた簡便法を適用しております。
      (3)車両修繕引当金
        「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」(平成13年12月25日 国土交通省令 第151号)第90条の定めによる
       車両の重要部検査及び全般検査の費用に備えるため、当該検査費用の支出見込額の内、当事業年度末までに発生し
       ていると見込まれる額を引当計上しております。
     6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易
       に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来
       する短期投資からなっております。
     7 補助金等の圧縮記帳

        当社は、横浜市等より工事費等の一部として補助金・工事負担金を受けており、これらの補助金等は、鉄道事業
       固定資産の取得価額及び建設仮勘定から直接減額して計上しております。
        なお、損益計算書においては、補助金収入等を特別利益に計上するとともに、鉄道事業固定資産の取得価額及び
       建設仮勘定から直接減額した額を固定資産圧縮損として特別損失に計上しております。
     8 その他財務諸表作成のための重要な事項

      (1)消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (2)支払利息の計上の方法
                                 31/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
         鉄道建設工事に要した資金に対する支払利息で使用開始前に生じたものは建設仮勘定に計上しております。
                                 32/54




















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 (前事業年度)
        補助金及び工事負担金の受入により、取得価額より控除した固定資産の圧縮累計額は、104,386,123千円でありま
       す。
        (当事業年度)

        補助金及び工事負担金、保険金の受入により、取得価額より控除した固定資産の圧縮累計額は、104,714,757千円
       であります。
     ※2 固定資産から直接減額した圧縮額

       (1)    当期圧縮額
                                 前事業年度                当事業年度

                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
         補助金・保険金収入に係る圧縮額
          鉄道事業固定資産                          166,501千円                361,186千円
          合計                          166,501                361,186
       (2)    圧縮累計額

                                 前事業年度                当事業年度

                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
          鉄道事業固定資産                        104,386,123千円                104,714,757千円
          合計                        104,386,123                104,714,757
     ※3 担保に供している資産

                                 前事業年度                当事業年度

                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
         鉄道財団
         土地                          671,569千円                671,569千円
         建物                         3,985,600                3,876,384
         構築物                        96,303,274                94,439,011
         車両                         2,365,161                2,041,439
         機械及び装置                          997,055               1,012,996
         無形固定資産                        27,185,111                27,185,111
         その他                          199,883                163,588
                計                     131,707,656                129,390,100
         上記資産を担保としている負債は次のとおりであります。
         1年内返済予定の長期借入金                         3,633,980千円                4,020,780千円
         長期借入金                        20,796,910                20,876,130
         1年内に支払う鉄道施設購入長期未払金                         5,446,220                5,536,239
         鉄道施設購入長期未払金                        78,934,397                73,365,760
                計                     108,811,508                103,798,910
                                 33/54






                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
      1 (前事業年度)
        横浜市からの補助金による利子補給額311,816千円は、当該支払利息と相殺しているため、損益計算書には計上さ
       れておりません。
        (当事業年度)

        横浜市からの補助金による利子補給額225,098千円は、当該支払利息と相殺しているため、損益計算書には計上さ
       れておりません。
      2   鉄道事業営業費の原価算入

        (前事業年度)
        鉄道建設に係る鉄道事業営業費は、建設原価として建設仮勘定に算入しており、当事業年度算入額は、6,636千円
       です。
        (当事業年度)

        該当事項はありません。
      3   建設工事に要した資金に対する支払利息の原価算入

        (前事業年度)
        建設原価として建設仮勘定に算入しており、当事業年度算入額は45,542千円です。
        (当事業年度)

        該当事項はありません。
                                 34/54












                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 556,440              ―           ―        556,440
     後配株式(株)                 457,940              ―           ―        457,940
     合計                1,014,380               ―           ―       1,014,380
      2 自己株式に関する事項

          該当事項はありません。
      3 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

          該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                 556,440              ―           ―        556,440
     後配株式(株)                 457,940              ―           ―        457,940
     合計                1,014,380               ―           ―       1,014,380
      2 自己株式に関する事項

          該当事項はありません。
      3 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
      4 配当に関する事項

          該当事項はありません。
       (キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         現金及び預金勘定                       492,242千円                5,983,340千円
         有価証券勘定                      1,560,000                 1,000,000
         計                      2,052,242                 6,983,340
         預入期間が3ヶ月を超える
                               △300,000                △1,000,000
         譲渡性預金(有価証券)
         預入期間が3ヶ月を超える
                               △20,000                 △31,668
         定期預金
         現金及び現金同等物                      1,732,242                 5,951,672
                                 35/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (リース取引関係)
     1 ファイナンス・リース取引
      (1)所有権移転外ファイナンス・リース取引
      (借主側)
       ①リース資産の内容
        有形固定資産
         駅務機器   複合機   パソコン
        無形固定資産
         ソフトウエア
       ②リース資産の減価償却の方法
        重要な会計方針の「3.固定資産の減価償却方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引
      (借主側)
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
         1年内                        47,902千円                 47,803千円
         1年超                       129,920                 88,568
         計                       177,822                 136,371
      (貸主側)

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
         1年内                        20,266千円                 20,266千円
         1年超                       475,320                 455,053
         計                       495,586                 475,320
                                 36/54










                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、鉄道の運行を安全に遂行するために、設備投資を計画的に実施しており、必要な資金は、銀行からの借
       入により調達しています。なお、当初の鉄道施設の建設にかかる資金については、多くの部分を鉄道運輸機構から
       の割賦債務によっています。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

        当社の資金運用については、安全性及び流動性を重視し、短期的な預金及び国内譲渡性預金に限定しておりま
       す。また、資金調達につきましては、銀行借入によっておりましたが、今期より、資金調達の多様化の観点から、
       リファイナンス資金について、社債での調達を加えました。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         運輸収入に係る決済が大半を占め、主要な取引先との契約不履行等にかかるリスクが発生する可能性は低いも
        のとなっています。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

         資金運用については、為替リスクがあるものは対象としておらず、短期の運用のため金利変動リスクも少なく
        なっています。
         資金調達については、変動金利と固定金利のバランスを考慮して、金利変動リスクに対応しています。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         財務課において資金繰の予定・実績管理を行い流動性リスクを管理しています。また、安定的に資金調達を行
        うため、取引銀行と随時情報交換等に努めるとともに、シンジケートローンの活用により、さらに安定的な資金
        調達に資する仕組みとしました。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価は、合理的に算定された価額によっております。当該価額の算定においては変動要因を織り込ん
       でいるため、異なる前提条件を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 37/54









                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前事業年度(平成27年3月31日)

                      貸借対照表計上額             時     価             差     額
     (1)有価証券
      ①満期保有目的の債券                     1,560,000     千円        1,560,000     千円            - 千円
           資産計               1,560,000             1,560,000                 -
     (1)鉄道施設購入長期未払金                    84,380,618     千円        84,380,618     千円            - 千円
     (2)   長期借入金
                         93,222,054             80,166,323             13,055,730
           負債計              177,602,673             164,546,942             13,055,730
        当事業年度(平成28年3月31日)

                      貸借対照表計上額             時     価             差     額
     (1)有価証券
      ①満期保有目的の債券                     1,000,000     千円        1,000,000     千円            - 千円
           資産計               1,000,000             1,000,000                 -
     (1)鉄道施設購入長期未払金                    78,902,000     千円        78,902,000     千円            - 千円
     (2)   長期借入金
                         94,021,508             84,801,698             9,219,810
     (3)   社債
                          5,000,000             4,997,285               2,714
           負債計              177,923,508             168,700,983              9,222,524
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

        資産
         (1)有価証券
             有価証券は国内譲渡性預金であり、短期に決済されるため、時価は帳簿価額と近似することから、当該
             帳簿価額によっています。
        負債
         (1)鉄道施設購入長期未払金
             独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構からの割賦債務でありますが、変動金利であり、時価は
             帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっています。なお、1年以内返済予定の
             鉄道施設購入長期未払金は、鉄道施設購入長期未払金に含めて時価を表示しています。
         (2)長期借入金
             元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割引いて算定する方法によっていま
             す。変動金利による借入金は、時価が帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっ
             ています。なお、1年以内返済予定の長期借入金は、長期借入金に含めて時価を表示しています。
         (3)社債
             当社が発行する社債には市場価格がないため、新規に同様の社債を発行した場合に想定される利率で、
             元利金の合計額を割引いて算定する方法によっています。
                                 38/54





                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (注2)満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
        前事業年度(平成27年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                              1年以内                  1年超
     有価証券
      満期保有目的の債券(譲渡性預金)                               1,560,000                     -
            資産計                       1,560,000                     -
        当事業年度(平成28年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                              1年以内                  1年超
     有価証券
      満期保有目的の債券(譲渡性預金)                               1,000,000                     -
            資産計                       1,000,000                     -
      (注3)鉄道施設購入長期未払金、長期借入金、社債の決算日後の返済予定額

        前事業年度(平成27年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                   1年以内      1年超2年以内       2年超3年以内       3年超4年以内       4年超5年以内         5年超
     鉄道施設購入長期未払金              5,446,220       5,508,266       5,571,017       5,634,484       5,698,674      56,521,956
     長期借入金              9,937,221       9,611,946       8,239,765       8,211,614       7,459,588      49,761,920
          負債計         15,383,441       15,120,212       13,810,782       13,846,098       13,158,262      106,283,876
        当事業年度(平成28年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                   1年以内      1年超2年以内       2年超3年以内       3年超4年以内       4年超5年以内         5年超
     鉄道施設購入長期未払金              5,536,239       5,594,467       5,653,308       5,712,766       5,772,850      50,632,367
     長期借入金             10,422,746       9,210,935       9,230,974       8,527,138       6,865,937      49,763,778
     社債                  -       -       -       -       -   5,000,000
          負債計         15,958,985       14,805,403       14,884,282       14,239,904       12,638,787      105,396,145
                                 39/54







                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
      1.満期保有目的の債券
        前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

                                                    (単位:千円)
           区分           貸借対照表計上額                 時価             差額
     時価が貸借対照表計上額

     を     超えないもの
       譲渡性預金                       1,560,000             1,560,000                  -
           合計                 1,560,000             1,560,000                  -
        当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                                                    (単位:千円)
           区分           貸借対照表計上額                 時価             差額
     時価が貸借対照表計上額

     を     超えないもの
       譲渡性預金                       1,000,000             1,000,000                  -
           合計                 1,000,000             1,000,000                  -
       (デリバティブ取引関係)

        当社は、デリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。
       (退職給付関係)

        前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

      1 採用している退職給付制度の概要

        当社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用し、退職一時金の一部を中小企業退職金共済制度から支給す
       る制度であります。退職給付債務の算定については、退職給付に係る自己都合退職金期末要支給額を退職給付債務
       とする簡便法によっております。
      2 簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付引当金の期首残高                              38,463千円 

        退職給付費用                                7,797
        退職給付への支払額                                  ―
        中退共への拠出額                               △4,284
       退職給付引当金の期末残高                               41,977
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

        退職給付債務                               41,977千円

        退職給付引当金                               41,977
      (3)退職給付費用

       簡便法で計算した退職給付費用                                                         7,797千円
        当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                                 40/54


                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      1 採用している退職給付制度の概要

        当社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用し、退職一時金の一部を中小企業退職金共済制度から支給す
       る制度であります。退職給付債務の算定については、退職給付に係る自己都合退職金期末要支給額を退職給付債務
       とする簡便法によっております。
      2 簡便法を適用した確定給付制度

      (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付引当金の期首残高                              41,977千円 

        退職給付費用                                9,825
        退職給付への支払額                              △11,455
        中退共への拠出額                               △4,480
       退職給付引当金の期末残高                               35,867
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

        退職給付債務                               35,867千円

        退職給付引当金                               35,867
      (3)退職給付費用

       簡便法で計算した退職給付費用                                                           9,825千円
       (ストック・オプション等関係)

        該当事項はありません。
       (税効果会計関係)

                       前事業年度(平成27年3月31日)                   当事業年度(平成28年3月31日)

      繰延税金資産
                                14,548千円                   12,609千円
        賞与引当金
                               13,533                   10,968
        退職給付引当金
                               88,608                   22,362
        車両修繕引当金
                                2,230                   1,993
        賞与に係る社会保険料
                               18,736                   22,484
        未払事業税
                                  -                   462
        未払事業所税
                              2,142,611                   2,143,974
        繰越欠損金
                              2,280,269                   2,214,856
       繰延税金資産小計
                             △2,280,269                   △2,214,856
       評価性引当額
                                  -                   -
       繰延税金資産合計
       (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
       (賃貸等不動産関係)

        重要性がないため、記載を省略しております。
                                 41/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
        当社は、鉄道事業のみの単一セグメントですので、記載を省略しております。
      【関連情報】

       前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
     1   製品及びサービスごとの情報
                                        (単位:千円)
                   旅客運輸           その他           合計
     外部顧客への売上高                9,821,737           1,388,459          11,210,197

     2   地域ごとの情報

      (1)  営業収益
        当社の営業収益は、全て本邦の外部顧客への営業収益であるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        当社の有形固定資産は、全て本邦に所在しているため、記載を省略しております。
     3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
       当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

     1   製品及びサービスごとの情報
                                        (単位:千円)
                   旅客運輸           その他           合計
     外部顧客への売上高               10,052,066           1,421,042          11,473,109

     2   地域ごとの情報

      (1)  営業収益
        当社の営業収益は、全て本邦の外部顧客への営業収益であるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        当社の有形固定資産は、全て本邦に所在しているため、記載を省略しております。
     3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
        該当事項はありません。
       (持分法損益等)

        1.関連会社に関する事項
        当社は、関連会社がないため、持分法を適用した場合の投資利益については、記載しておりません。
        2.開示対象特別目的会社に関する事項

        当社は、開示対象特別目的会社を有しておりません。
                                 42/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
     (1)  財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                         議決権等
               資本金又
       会社等の
                   事業の内容         関連当事者                取引金額          期末残高
                         の所有
        名称
     種類      所在地    は出資金                     取引の内容              科目
                    又は職業         との関係                (千円)          (千円)
                         (被所有)
       又は氏名
               (千円)
                         割合(%)
                                    運輸雑収         37,533   未収収益         664
                            当社事業も                 40,774    未払費用       1,368
                                  営業   営業費
                            その一部と
                                  取引
                        被所有
                            なるみなと
                        直接
          神奈川県
     主要
                            みらい21事
                                    無利子借入金        1,620,000     長期借入金     29,096,560
                         63.48
     株主  横浜市    横浜市       -  地方行政
                                  営業
                            業の推進者
                                    補助金         112,751     未収金      9,416
     等
                        間接
          中区
                                  取引
                                                  未払金      15,514
                           0
                                  以外
                            役員の兼任
                                    利子補給         311,816     未収金      6,873
                                  の取
                               2人
                                    損失被補償※2        64,089,494       -     -
                                  引
        当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                         議決権等
               資本金又
       会社等の
                   事業の内容         関連当事者                取引金額          期末残高
                         の所有
        名称
     種類      所在地    は出資金                     取引の内容              科目
                    又は職業     (被所有)     との関係                (千円)          (千円)
       又は氏名
               (千円)
                         割合(%)
                                    運輸雑収         35,641   未収収益         18
                                                 未払金          676
                            当社事業も     営業
                                              37,575    未払費用       1,334
                                    営業費
                            その一部と
                                  取引
                        被所有
                            なるみなと
          神奈川県              直接
     主要
                            みらい21事
                         63.48
     株主  横浜市    横浜市       -  地方行政
                                    無利子借入金        1,530,000     長期借入金     30,626,560
                            業の推進者
                                  営業
     等
                        間接
          中区
                                    補助金         258,872     未払金      6,291
                                  取引
                           0
                                    利子補給         225,098     未収金      7,354
                            役員の兼任
                                  以外
                                    損失被補償※2        63,394,948       -     -
                               3人
                                  の取
                                  引
      (注) 1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

          す。
         ※2.当社の借入金の一部は、横浜市の損失補償の対象となっております。
            なお、当社はこれに伴う手数料の支払いは行っておりません。
          3.取引条件及び取引条件の決定方針等
            横浜市からの無利子借入の概要については、「第5 経理の状況」の「2 財務諸表等                                         (1)  財務諸表
              ⑤附属明細表」の「借入金等明細表」に記載してあります。
           また、当社に対する地方公共団体の出資割合については、「第1 企業の概況」の「3 事業の内容
              (1)     みなとみらい21線事業」の「みなとみらい21線建設事業費の資金調達方法」(注)4に記載してあ
              ります。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                 43/54







                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
     1株当たり純資産額                               37,923円                  37,747円
     1株当たり当期純損失金額(△)                             △335.27円                  △175.61円
      (注)    1.潜在株式調整後1株あたり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前事業年度             当事業年度

                 項目                (自 平成26年4月1日             (自 平成27年4月1日
                                  至 平成27年3月31日)
                                               至 平成28年3月31日)
      当期純損失金額(△)(千円)                                   △340,092             △178,135
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -             -
      普通株式(普通株式と同等の株式を含む)に係る
                                        △340,092             △178,135
      当期純損失金額(△)(千円)
      普通株式(普通株式と同等の株式を含む)の期中
      平均株式数(株)
        普通株式                                    556,440             556,440
        後配株式                                    457,940             457,940
          計                                   1,014,380             1,014,380
         3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                    前事業年度             当事業年度

                 項目
                                  (平成27年3月31日)             (平成28年3月31日)
      純資産の部の合計額(千円)                                   38,468,365             38,290,229
      純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       -             -
      普通株式(普通株式と同等の株式を含む)に係る
                                        38,468,365             38,290,229
      期末の純資産額(千円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
      株式(普通株式と同等の株式を含む)の数(株)
        普通株式                                    556,440             556,440
        後配株式                                    457,940             457,940
          計                                   1,014,380             1,014,380
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 44/54







                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【附属明細表】
         【有価証券明細表】
         【債券】
                                                 貸借対照表計上額

                    種類                   券面総額(千円)
                                                   (千円)
       有価証券        満期保有目的の債券             国内譲渡性預金               1,000,000           1,000,000
                                 45/54


















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
        資産の種類
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                         計額(千円)
     有形固定資産
      土地             4,831,746          -      -  4,831,746          -      -  4,831,746

      建物             7,607,774       414,815      183,231     7,839,358      2,971,081       413,615     4,868,276

      構築物            118,857,564        100,608      97,921   118,860,251      21,716,677      1,982,166     97,143,573

      車両             7,158,725       209,110      28,298    7,339,537      5,298,098       504,533     2,041,439

      機械及び装置             2,999,372       280,591      184,248     3,095,715      2,057,626       225,901     1,038,089

      工具、器具及び備品              358,602      38,916      7,639     389,878      226,419      56,804     163,459

      リース資産               84,384     228,384         -   312,768      33,059      10,848     279,708

       有形固定資産計          141,898,170       1,272,425       501,339    142,669,257      32,302,963      3,193,871     110,366,294

     無形固定資産

      電話加入権               4,045        -      -    4,045        -      -    4,045

      相互直通施設利用権             64,489,703          -      - 64,489,703      12,596,801      1,096,324     51,892,902

      施設利用権             31,771,492          -      - 31,771,492      8,878,649      1,079,204     22,892,842

      借地権             27,797,597          -      - 27,797,597          -      - 27,797,597

      ソフトウエア             1,063,097       124,975         0  1,188,072       854,374      86,413     333,697

      リース資産               48,627        -      -   48,627      45,843      2,519      2,783

       無形固定資産計          125,174,563        124,975         0 125,299,538      22,375,669      2,264,461     102,923,869

     建設仮勘定              203,632         -   203,426        205       -      -     205

        建設仮勘定計            203,632         -   203,426        205       -      -     205

     長期前払費用              126,272         -   47,704      78,567        -      -   78,567

     繰延資産

      社債発行費                 -   42,166      4,216     37,949      4,216      4,216     37,949

        繰延資産計                 -   42,166      4,216     37,949      4,216      4,216     37,949

      (注)1 資産の増加額は、主に駅務機器の更新工事、横浜駅南改札前店舗の新設工事及び建設仮勘定からこどもの
          国 駅屋根復旧工事に係る鉄道事業用固定資産へ振替えたものである。
         2 鉄道事業有形固定資産の減少額は、主に補助金による圧縮額である。  
         3 建設仮勘定の減少額は、こどもの国駅屋根復旧工事に係る鉄道事業用固定資産へ振替えたものである。
         4 建設仮勘定の当期末残高は、鉄道建設工事費及び鉄道事業営業費のうち鉄道建設に係る原価算入額であり、
          次頁(イ)に内訳を記載しております。
                                 46/54





                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (イ)建設仮勘定当期末残高内訳
                        期末残高

        費目         部門                           摘要
                         (千円)
       車  両
             みなとみらい21線               205   5社相互直通運転対応車両改造工事
            合計                205
      (ロ)固定資産から直接減額した圧縮額

                        期首圧縮       当期振替額       当期増加額       当期減少額        期末圧縮

      資産の種類           部門
                       累計額(千円)         (千円)       (千円)       (千円)      累計額(千円)
     有形固定資産
      土地         こどもの国線           1,311,799           -       -       -   1,311,799
              みなとみらい21線          15,965,422            -       -       -  15,965,422
              こどもの国線            699,482          -    183,231          -    882,713
      建物
              京浜急行・横浜駅
                         1,168,934           -       -       -   1,168,934
              総合改善事業
              みなとみらい21線          53,405,548            -       -       -  53,405,548
              こどもの国線           4,811,381           -     97,921          -   4,909,302
      構築物
              京浜急行・横浜駅
                         2,480,209           -       -       -   2,480,209
              総合改善事業
      車両         こどもの国線           1,422,735           -     28,298          -   1,451,034
              みなとみらい21線           7,457,519           -       -     12,886      7,444,632
              こどもの国線            572,443          -     46,808          -    619,251
      機械及び装置
              京浜急行・横浜駅
                          121,263          -       -     19,666       101,596
              総合改善事業
              こどもの国線            102,728          -     4,927         -    107,655
     工具、器具及び
              京浜急行・横浜駅
     備品
                          13,170          -       -       -     13,170
              総合改善事業
              みなとみらい21線          14,848,260            -       -       -  14,848,260
              こどもの国線             4,906         -       -       -     4,906
     無形固定資産
              京浜急行・横浜駅
                            319        -       -       -      319
              総合改善事業
      圧縮額合計                 104,386,123            -    361,186        32,552     104,714,757
         【社債明細表】

                                           利率    

                       当期首残高              当期末残高   
        銘柄       発行年月日                                  担保     償還期限
                        (千円)          (千円)
                                           (%)
     第1回無担保社債        平成28年2月25日             ―          5,000,000         0.620   なし   平成38年2月25日
        合計         ―         ―          5,000,000         ―     ―      ―

       (注)     貸借対照表日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額

       1年以内       1年超2年以内         2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
       (千円)        (千円)         (千円)          (千円)          (千円)
         ―        ―         ―          ―          ―

                                 47/54




                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
         【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                    ―         ―         ―          ―
     1年内返済予定の長期借入金
                         6,698,546         7,491,926           1.582        ―
                 (注)3
     1年内返済予定の長期借入金
                         3,238,675         2,930,820           1.731        ―
                 (注)4
     1年以内に返済予定のリース債務                     12,204         43,893        ―          ―
             計            9,949,425        10,466,639          ―          ―

     長期借入金(1年内返済予定のも                                           平成29年12月31日~
                        43,058,614         43,616,688           1.463
     のを除く。)              (注)3
                                                平成40年12月29日
     長期借入金(1年内返済予定のも                                           平成30年2月28日~
                        40,226,219         39,982,074           1.608
     のを除く。)              (注)5
                                                平成61年12月14日
     リース債務(1年以内に返済予定                                           平成29年4月1日~
                           60,484        263,245        ―
     のものを除く。)                                           平成36年3月30日
             計            83,345,317         83,862,008          ―          ―
          1年以内に返済予定の
          鉄道建設・運輸施設整
                         4,439,323         4,510,982           1.049        ―
          備支援機構長期未払金
          (A譲渡)
          鉄道建設・運輸施設整
      その他
          備支援機構長期未払金
      有利子
          (1年以内に支払予定              59,950,763         55,415,073           1.049     平成40年9月14日
      負債
          のものを除く。)(A譲
          渡)
               計         64,390,087         59,926,055          ―          ―

          1年以内に返済予定の鉄

          道建設・運輸施設整備支
                         1,006,897         1,025,257           1.049        ―
          援機構長期未払金(B譲
          渡)
          鉄道建設・運輸施設整備
          支援機構長期未払金(1
                        18,983,634         17,950,686           1.049     平成45年3月14日
          年以内に支払予定のもの
          を除く。)(B譲渡)
               計         19,990,531         18,975,944          ―          ―

            合計            177,675,361         173,230,647          ―          ―

      (注)   1 「平均利率」は有利子借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          リース債務の「平均利率」は、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸借
          対照表に計上しているため、記載していません。
        2 長期借入金等(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年以内における返済予定額は以下の
          とおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金             9,210,935          9,230,974          8,527,138          6,865,937
                                                       39,078

           リース債務               40,081          39,245          39,106
           鉄道建設・運輸施
           設整備支援機構長             5,594,467          5,653,308          5,712,766          5,772,850
           期未払金
              合計          14,845,484          14,923,527          14,279,010          12,677,866
                                 48/54



                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
        3 有利子借入
        4 2,930,820千円のうち、504,000千円につきましては、当社の株主である日本政策投資銀行より、社会資本整
          備促進無利子借入を行っております。(3年据置12年元金均等返済)
          2,930,820千円のうち、2,426,820千円につきましては、当社の株主である横浜市より、事業推進のための支
          援として、利子補給を受けております。
        5 39,982,074千円のうち、30,626,560千円につきましては、当社の株主である横浜市より、事業推進のための
          支援として、無利子借入を行っております。(30年据置5年元金均等返済)
          39,982,074千円のうち、484,000千円につきましては、当社の株主である日本政策投資銀行より、社会資本
          整備促進無利子借入を行っております。(3年据置12年元金均等返済)
          39,982,074千円のうち、8,871,513千円につきましては、当社の株主である横浜市より、事業推進のための
          支援として、利子補給を受けております。
         【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     賞与引当金                44,085        40,927        44,085       -          40,927
     車両修繕引当金                274,840         38,461        240,175        -          73,126

         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 49/54













                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
       ① 資産の部
        a 流動資産
         (イ)現金及び預金
                 区分                         金額(千円)
     現金                                                 72,338

     預金

      普通預金                                                5,879,333

       定期預金                                                 31,668

                  計                                    5,911,001

                 合計                                    5,983,340

        (ロ)未収運賃

                 区分                         金額(千円)
     ㈱パスモ                                                 459,945

     東京急行電鉄㈱                                                 56,621

     東日本旅客鉄道㈱                                                  3,310

     京浜急行電鉄㈱                                                  1,547

     その他                                                  4,161

                  計                                     525,585

        (ハ)貯蔵品

                 区分                         金額(千円)
     工事用品                                                  5,697

     業務及び事務用品                                                   550

                  計                                      6,247

      (3)  【その他】

        該当事項はありません。
                                 50/54






                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

                  1株券、10株券、100株券、1,000株券、31,000株券、48,000株券、100,000株
     株券の種類
                  券        27,900株券、11,040株券
     剰余金の配当の基準日             3月31日
     1単元の株式数             ――

     株式の名義書換え

       取扱場所             本会社の本社において取扱う。

       株主名簿管理人             設置しない。

       取次所             設置しない。

       名義書換手数料             無料

       新券交付手数料             無料

     単元未満株式の買取り

       取扱場所             ――

       株主名簿管理人             ――

       取次所             ――

       買取手数料             ――

     公告掲載方法             官報

     株主に対する特典             なし

     株式譲渡の制限             本会社の株式を譲渡するには、定款第8条により、取締役会の承認を要する。

                                 51/54









                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社は、上場会社でないため金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
     2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度 第27期(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月25日関東財務局長に提出。
     (2)半期報告書

       第28期中(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)平成27年12月24日関東財務局長に提出。
     (3)有価証券届出書及びその他添付書類

       無担保社債の発行 平成28年1月26日関東財務局長に提出。
     (4)有価証券届出書の訂正届出書

       平成28年1月26日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書
       平成28年2月10日、平成28年2月18日 関東財務局長に提出。
                                 52/54













                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 53/54



















                                                           EDINET提出書類
                                                      横浜高速鉄道株式会社(E04152)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年6月20日

     横浜高速鉄道株式会社
       取 締 役 会            御 中
                       新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士 大 和 哲 夫  ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士 奥 見 正 浩  ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる横浜高速鉄道株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第28期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属
     明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、横浜高
     速鉄道株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・
     フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

         す。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 54/54



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。