プラマテルズ株式会社 有価証券報告書 第87期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

有価証券報告書-第87期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:プラマテルズ株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年6月23日

     【事業年度】                      第87期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

     【会社名】                      プラマテルズ株式会社

     【英訳名】                      Pla Matels Corporation

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  井 上 正 博

     【本店の所在の場所】                      東京都品川区北品川四丁目7番35号

     【電話番号】                      (03) 5789-9700

     【事務連絡者氏名】                      管理部  山 本 倫 寛

     【最寄りの連絡場所】                      東京都品川区北品川四丁目7番35号

     【電話番号】                      (03) 5789-9700

     【事務連絡者氏名】                      管理部  山 本 倫 寛

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

      (1) 連結経営指標等
              回次             第83期       第84期       第85期       第86期       第87期
             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月
     売上高               (千円)      58,022,578       55,610,752       59,568,381       57,037,121       57,795,664
     経常利益               (千円)       844,031       783,473       803,832       780,435       845,543
     親会社株主に帰属する
                    (千円)       533,747       420,175       279,665       490,030       537,019
     当期純利益
     包括利益               (千円)       442,767       684,914       872,675      1,131,825        432,864
     純資産額               (千円)      6,319,823       6,853,457       7,596,827       8,584,610       8,860,456
     総資産額               (千円)      24,561,778       23,810,015       24,747,457       24,786,292       23,706,987
     1株当たり純資産額                (円)       733.35       795.07       882.12       998.75      1,033.03
     1株当たり当期純利益金額                (円)       62.44       49.15       32.72       57.32       62.82
     潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                (%)        25.5       28.5       30.5       34.4       37.2
     自己資本利益率                (%)        8.73       6.43       3.90       6.10       6.18
     株価収益率                (倍)        5.57       8.12      12.68       7.87       7.02
     営業活動による
                    (千円)      1,088,468        418,026      △ 768,436       861,402       63,650
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (千円)        11,130     △ 118,808      △ 145,195      △ 90,585       75,037
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (千円)       406,888      △ 320,617      △ 257,303      △ 628,022      △ 339,236
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                    (千円)      3,784,701       3,863,477       2,874,798       3,110,599       2,864,509
     期末残高
     従業員数                        165       167       171       171       180
                     (人)
     (ほか、平均臨時雇用者数)                        ( 40 )     ( 44 )     ( 50 )     ( 49 )     ( 39 )
      (注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.在外子会社等の収益及び費用は、従来、在外子会社等の決算日の直物為替相場により円貨に換算しておりま
          したが、第84期より期中平均為替相場によって円貨に換算する方法に変更しております。この変更に伴い、
          第83期については、当該会計方針の変更を反映した遡及処理後の数値を記載しております。
        4.「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)第39項に掲げられた定め等
          を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
                                  2/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      (2) 提出会社の経営指標等
              回次             第83期       第84期       第85期       第86期       第87期
             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月
     売上高               (千円)      40,851,072       38,063,521       39,119,061       37,636,556       37,002,665
     経常利益               (千円)       581,770       540,699       571,101       568,472       536,530
     当期純利益               (千円)       376,847       304,575       234,757       414,867       372,046
     資本金               (千円)       793,050       793,050       793,050       793,050       793,050
     発行済株式総数                (株)     8,550,000       8,550,000       8,550,000       8,550,000       8,550,000
     純資産額               (千円)      5,557,044       5,795,657       6,044,857       6,609,995       6,858,219
     総資産額               (千円)      19,809,222       19,315,089       18,656,107       18,896,998       18,627,892
     1株当たり純資産額                (円)       650.07       677.98       707.14       773.25       802.29
     1株当たり配当額                       17.50       15.00       15.00       15.00       16.00
                     (円)
     (1株当たり中間配当額)                       ( 7.00  )    ( 7.00  )    ( 7.00  )    ( 7.00  )    ( 8.00  )
     1株当たり当期純利益金額                (円)       44.08       35.63       27.46       48.53       43.52
     潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                (%)        28.1       30.0       32.4       35.0       36.8
     自己資本利益率                (%)        6.94       5.37       3.96       6.55       5.52
     株価収益率                (倍)        7.85      11.20       15.11       9.29      10.13
     配当性向                (%)       39.70       42.10       54.62       30.91       36.76
     従業員数                         86       84       80       80       76
                     (人)
     (ほか、平均臨時雇用者数)                        ( 2 )      ( 5 )      ( 7 )      ( 6 )      ( 3 )
      (注) 1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.平成24年3月期の1株当たり配当額17円50銭には、上場10周年記念配当2円50銭を含んでおります。
                                  3/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2 【沿革】
     昭和26年3月        合成樹脂の販売を目的に日本樹脂有限会社(東京都品川区戸越、出資金300千円)を設立。
     昭和27年3月        事業拡大のため、日本樹脂株式会社(東京都品川区西中延、資本金1,000千円)に組織変更。
     昭和36年3月        資本金を15,000千円に増資し、第三者割当によりニチメン株式会社が13.3%の株主となる。
     昭和42年3月        静岡市に静岡支店を開設。
     昭和50年12月        本社を東京都大田区多摩川に移転。
     平成5年4月        本社を東京都品川区大崎に移転。
     平成6年12月        第三者割当増資によりニチメン株式会社は55.5%の支配株主となる。
     平成7年9月        ニチメン樹脂販売株式会社に商号変更。
     平成10年3月        本社を東京都大田区大森北に移転。
     平成10年10月        関西地区販売強化のため、ニチメンプラスチック株式会社と合併。
     平成10年11月        株式会社富士松グループの株式取得、子会社化。(株式会社富士松グループとは株式会社富士松及び
             その子会社であるタマツ株式会社)
     平成12年1月        プラマテルズ株式会社に商号変更。
             業容拡大のため甲子産業株式会社と合併。
     平成12年10月        杵築市に大分出張所を開設。
     平成13年4月        タイ(バンコク)に駐在員派遣。
     平成13年10月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
     平成13年10月        信和合成有限公司(香港)の株式50%を取得。
     平成15年1月        旭合成樹脂株式会社ののれんを譲受。
     平成15年1月        プラマテルズ香港現地法人(普拉材料(香港)貿易有限公司)を設立。
     平成15年2月        プラマテルズフィリピン駐在員事務所(PLA MATELS PHILIPPINE LIASON OFFICE)を設立。
     平成15年3月        プラマテルズシンガポール支店設立。
     平成15年4月        プラマテルズ上海現地法人(普楽材料貿易(上海)有限公司)を設立。
     平成15年9月        当社が81.25%出資し、フィルタレン株式会社を設立。
     平成16年3月        プラマテルズシンガポール現地法人(Pla Matels (Singapore) Pte.Ltd.)を設立。
     平成16年10月        プラマテルズ天津現地法人(普拉材料(天津)国際貿易有限公司)設立。
     平成16年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
     平成18年2月        ベトナムに東洋インキ製造株式会社と合弁でコンパウンド製造・販売会社
             (TOYO INK COMPOUNDS VIETNAM CO.,LTD.)設立。
     平成19年7月        本社を東京都品川区に移転。
     平成19年11月        信和合成有限公司(香港)の株式50%を売却。
     平成21年1月        普拉材料(香港)貿易有限公司の100%子会社として普拉材料諮詢(深セン)有限公司を設立。
     平成21年8月        プラマテルズ大連現地法人(普拉材料貿易(大連)有限公司)を設立。
     平成22年9月        普拉材料諮詢(深セン)有限公司を普拉材料国際貿易(深セン)有限公司として法人機能及び社名変更。
     平成23年7月        フィリピン駐在員事務所をプラマテルズの100%子会社として現地法人化(Pla                                            Matels
             (Philippines)       Corporation)。
     平成23年11月        普楽材料貿易(上海)有限公司の出張所として中国・安徽省合肥市に事務所を設立。
     平成24年5月        弘前市に弘前営業所を開設。
     平成24年7月        プラマテルズタイ現地法人(Pla Matels (Thailand) Co., Ltd.)を設立。
     平成24年8月        東彼杵郡に長崎出張所を開設。
     平成25年5月        プラマテルズインド現地法人(PLA MATELS INDIA PRIVATE LIMITED)を設立。
     平成25年6月        大分営業所を廃止し九州支店を開設。
     平成25年8月        プラマテルズ台湾現地法人(台灣普拉材料股フン有限公司)を設立。
     平成26年5月        プラマテルズシンガポール現地法人(Pla                   Matels    (Singapore)      Pte.Ltd.)清算結了。
     平成27年2月        プラマテルズマレーシア現地法人(PLA                  MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.)を設立。
     平成27年5月        プラマテルズ天津現地法人(普拉材料(天津)国際貿易有限公司)清算結了。
     平成28年4月        中部支社を新設し、名古屋支店及び静岡支店をその傘下に置く。
             弘前営業所を廃止し東北支店を開設。
                                  4/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     3 【事業の内容】
       当社グループ(当社及び連結子会社11社(株式会社富士松、フィルタレン株式会社及び普拉材料(香港)貿易有限公
      司、普拉材料国際貿易(深            セン  )有限公司、普楽材料貿易(上海)有限公司、普拉材料貿易(大連)有限公司、Pla                                     Matels
      (Philippines)       Corporation、Pla         Matels    (Thailand)      Co.,   Ltd.、PLA     MATELS    INDIA   PRIVATE    LIMITED、PLA       MATELS
      (MALAYSIA)      SDN.   BHD.、台灣普拉材料股フン有限公司)及び関連会社2社(TOYO                             INK  COMPOUNDS     VIETNAM    CO.,   LTD.及
      びマーベリックパートナーズ株式会社))は親会社である双日プラネット株式会社を中心とした13社(平成28年3月31日
      現在で当社グループを除く。)の企業集団に属し、当社及び連結子会社11社は合成樹脂原料・合成樹脂製品・合成樹脂
      関連機械・合成樹脂シートの販売並びに合成樹脂フィルターの製造・販売を主たる事業としております。
       また、当社及び連結子会社の事業は合成樹脂関連商品の販売等並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるた
      め、セグメント別の記載を省略しております。
      (1) 当社グループにおける取扱商品は次のとおりであります。

       ①  合成樹脂原料
         合成樹脂原料とは、合成樹脂成形品の原料であります。合成樹脂原料は、射出成形、押出成形、ブロー成形等
        の手法により、各種の合成樹脂製外装部品、内部部品、容器等に加工・成形されます。
         当社グループが主に取扱う合成樹脂原料の物性及び主な用途は以下のとおりであります。
        (イ)スチレン系樹脂
          成形収縮は小さく、成形品の寸法安定性及び表面光沢共に優れています。
           ポリスチレン───────無色透明、可視光線透過率は硝子と同程度、引張強度及び弾性率は樹脂中上
                        位
           ABS樹脂    ─────────ポリスチレンにアクリロニトリルと合成ゴムを配合し、耐衝撃性を上げた樹
                        脂ですが透明性はありません。
          当社グループでは、テレビ、エアコン、冷蔵庫等の家庭電気製品用、及びプリンター等のコンピューター端
         末機、コピー機、ファクシミリ等外装品用並びに内部部品用、また玩具用等に販売を行っております。
        (ロ)オレフィン系樹脂
          比重が小さく、耐薬品性及び耐水性ともに優れ、高周波絶縁性に優れております。
           ポリエチレン───────耐薬品性、電気絶縁性、成形性ともに優れており、低温でも脆くなりませ
                        ん。
           ポリプロピレン──────密度は0.9と非常に小さく、透明性は優れています。他の性質はポリエチレン
                        に類似しております。
          当社グループでは、家庭電気製品、注射器などの医療器具、洗剤ボトルなどの容器、自動車のハンドルや内
         装部品用に販売を行っております。
        (ハ)エンジニアリング樹脂
          金属に代替する物性を有する樹脂です。
           ポリアミド樹脂──────強靭で潤滑性、耐薬品性に優れた樹脂ですが、吸水性があるため、寸法安定
                        性に欠ける樹脂です。
           ポリアセタール樹脂────強靭で、耐磨耗性に優れた樹脂で主にギアー等に使用されます。
           ポリカーボネイト樹脂───透明性、耐衝撃性に優れた樹脂です。
          当社グループでは、カメラなどの光学機器、工業用ファスナー、ギアー等の精密部品または医療器具用、CD
         等用に販売を行っております。
                                  5/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
        (ニ)塩化ビニール樹脂
          耐酸性及び耐アルカリ性ともに優れ、無毒・難燃性であり、加えて電気絶縁性も良い樹脂です。当社グルー
         プでは床材、壁紙等の建材業界に主に販売を行っております。
        (ホ)その他樹脂
          上記に属さない樹脂でPET、MMA、エラストマー樹脂等があります。
          当社グループでは、飲料ボトル用、自動車部品用、レンズ用、玩具用等に販売を行っております。
          また、熱や触媒によって硬化し、不溶不融性物質となる熱硬化性樹脂についても、その他樹脂に分類してお
         り、当社グループでは主に食器用、電気部品用、衣服のボタン用等に販売を行っております。
       ②  合成樹脂製品
         日用雑貨品、建材、文具、玩具、フィルター等合成樹脂製の製品を取扱っております。
       ③  合成樹脂関連機械
         合成樹脂原料を加工するための機械であり、主に射出成形機を取扱っております。
       ④  合成樹脂シート
         日用雑貨品、化粧品等の包装用の合成樹脂製シートを取扱っております。
      (2) 当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

        当社は、双日プラネット株式会社から合成樹脂関連商品の仕入を行うほか、合成樹脂原料メーカーや他の商社等
       からも仕入を行っております。
        株式会社富士松は、当社の下流に位置する合成樹脂関連商品商社であり、当社から仕入を行うほか、合成樹脂原
       料メーカーや他の商社等からも仕入を行っております。フィルタレン株式会社は当社から仕入を行うほか、合成樹
       脂原料メーカーや他の商社等からも仕入を行い、合成樹脂フィルターの製造・販売を行っております。
        普拉材料(香港)貿易有限公司、普拉材料国際貿易(深セン)有限公司、普楽材料貿易(上海)有限公司、普拉材料貿
       易(大連)有限公司、Pla             Matels    (Philippines)       Corporation、Pla         Matels    (Thailand)      Co.,   Ltd.、PLA     MATELS
       INDIA   PRIVATE    LIMITED、PLA       MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.及び台灣普拉材料股フン有限公司は、当社から仕入を
       行うほか、合成樹脂原料メーカーや他の商社等からも仕入を行い、海外の得意先に販売を行っております。
                                  6/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     4 【関係会社の状況】
                                        議決権の所有
                           資本金     主要な事業
                                        (被所有)割合
          名称          住所                               関係内容
                           (百万円)      の内容
                                    所有割合(%)      被所有割合(%)
     (親会社)
      双日株式会社                                        46.56
                  東京都千代田区          160,339    総合商社         -
      (注)2,3                                       (46.56)
                                                 樹脂原料等の仕入
                                合成樹脂
      双日プラネット株式会社
                  大阪市中央区           3,000            -      46.56   役員の兼任
                                関連事業
                                                 2名
     (連結子会社)
                                                 樹脂原料等の販売
      株式会社富士松                          合成樹脂                 役員の兼任
                  大阪市生野区            49         100.00         -
      (注)1                          関連事業                 5名
                                                 借入債務に対する保証
                                                 樹脂原料等の販売
      フィルタレン株式会社                          合成樹脂
                  埼玉県戸田市            80         91.88        -  役員の兼任
      (注)1                          関連事業
                                                 4名
                                                 樹脂原料等の販売
      普拉材料(香港)貿易                                           役員の兼任
                                合成樹脂
      有限公司            香港         HK$2,400万            100.00         -  3名
                                関連事業
      (注)1,4                                           借入債務及び仕入債務
                                                 に対する保証
      普拉材料国際貿易
                                合成樹脂       100.00          役員の兼任
      (深セン)有限公司            中国深セン市         HK$100万                    -
                                関連事業      (100.00)           4名
      (注)2
                                                 樹脂原料等の販売
      普楽材料貿易(上海)                                           役員の兼任
                            2,774万    合成樹脂
      有限公司            中国上海市                     100.00         -  5名
                            人民元    関連事業
      (注)1,4                                           借入債務及び仕入債務
                                                 に対する保証
      普拉材料貿易(大連)                                           樹脂原料等の販売
                             741万   合成樹脂
      有限公司            中国大連市                     100.00         -  役員の兼任
                            人民元    関連事業
      (注)1                                           5名
      台灣普拉材料股フン                                           樹脂原料の販売
                            7,500万    合成樹脂       100.00
      有限公司            台湾台中市                             -  役員の兼任
                           台湾ドル    関連事業      (30.00)
      (注)1,2                                           6名
                                                 樹脂原料等の販売
      Pla  Matels   (Philippines)                                      役員の兼任
                  フィリピン              合成樹脂
      Corporation                     US$200万           100.00         -  3名
                  メトロマニラ              関連事業
      (注)1                                           借入債務及び仕入債務
                                                 に対する保証
      Pla  Matels   (Thailand)                                      樹脂原料の販売
                  タイ          90百万    合成樹脂
      Co.,  Ltd.                              100.00         -  役員の兼任
                  バンコク         タイバーツ     関連事業
      (注)1                                           5名
      PLA  MATELS   INDIA   PRIVATE
                  インド          30百万    合成樹脂       100.00          役員の兼任
      LIMITED                                         -
                  プネー        インドルピー      関連事業       (1.00)          4名
      (注)2
      PLA   MATELS   (MALAYSIA)     SDN.              2                   樹脂原料等の販売
                  マレーシア              合成樹脂       100.00
      BHD.                    マレーシア                     -  役員の兼任
                  クアラルンプール              関連事業      (100.00)
      (注)2                    リンギット                      3名
     (持分法適用関連会社)
                                                 樹脂原料等の販売
       TOYO INK COMPOUNDS              ベトナム              合成樹脂                 借入債務に対する保証
                           US$590万            20.00        -
      VIETNAM CO., LTD.            バクニン県              関連事業                 役員の兼任
                                                 1名
      (注)   1.特定子会社に該当しております。
        2.「議決権の所有(被所有)割合」欄の(                     )は間接所有割合であります。
        3.有価証券報告書を提出している会社であります。
        4.普拉材料(香港)貿易有限公司及び普楽材料貿易(上海)有限公司については、売上高(連結会社相互間の内部
          売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
                     普拉材料(香港)         普楽材料貿易
                      貿易有限公司       (上海)有限公司
           (1)  売上高         8,991百万円        5,871百万円
           (2) 経常利益            123百万円        151百万円
           (3) 当期純利益             86百万円       113百万円
           (4) 純資産額            901百万円        863百万円
           (5) 総資産額           1,970百万円        1,725百万円
                                  7/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     5 【従業員の状況】
      (1)    連結会社の状況
                                               平成28年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
     合成樹脂関連事業                                               180  〔 39 〕

      (注) 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、常用パート、人材会社からの派遣社員を含む。)は
        〔  〕内に当連結会計年度の平均人数を外数で記載しております。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成28年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
             76 〔 3 〕          44歳2ヶ月             11年7ヶ月              6,295,144

      (注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員を含む。)は〔  〕内に当事業年度の平
          均人数を外数で記載しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

        当社及び連結子会社11社には、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。
                                  8/78














                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1 【業績等の概要】

      (1) 業績
       当連結会計年度の概況
        当連結会計年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善など
       国内景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。
        しかしながら、中国を主とした新興国経済の減速や国際情勢不安に起因した世界経済の下振れなどに伴う資源価
       格の下落に加え、年明けからの円高の急速な進展や株価の乱高下など、景気の先行きは不透明な状況にあります。
        このような状況下、当社グループにおける当連結会計年度の業績は、                                売上高57,795百万円         と 前年同期比758百万円
       ( 対前年同期比1.3%増)の増収              となりました。一方で          営業利益は883百万円          と 同84百万円     ( 同10.6%増)の増益         、
       経常利益は845百万円          と 同65百万円     ( 同8.3%増)の増益         、 親会社株主に帰属する当期純利益は537百万円                     と 同46百万
       円 ( 同9.6%増)の増益         となりました。
      (2) キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、                                   前連結会計年度末に比べ246百万円減
       少し  2,864百万円      となりました。当連結会計年度末における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとお
       りであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動により       獲得した資金は63百万円           となりました。これは主に税金等調整前当期純利益852百万円、減価償却
       費110百万円、売上債権の減少373百万円等があった一方で、仕入債務の減少1,007百万円、法人税等の支払額330百
       万円等があった結果によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動により       獲得した資金は75百万円           となりました。これは主に定期預金の払戻による収入215百万円等があっ
       た一方で、定期預金の預入による支出112百万円、投資有価証券の取得による支出13百万円等があった結果によるも
       のです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動により       使用した資金は339百万円            となりました。これは主に長期借入れによる収入450百万円等があった
       一方で、長期借入金の返済による支出424百万円、短期借入金の純減少額142百万円、配当金の支払額136百万円等が
       あった結果によるものです。
                                  9/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2 【仕入及び販売の状況】
      (1) 仕入実績
                 区分                   仕入高(千円)             前年同期比(%)
     合成樹脂原料                                    45,124,192              99.2
     合成樹脂製品                                     7,841,373             107.0
     その他                                     1,087,381             125.9
                 合計                         54,052,947             100.7
      (注) 1.金額は、仕入価格によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2) 販売実績

                 区分                   販売高(千円)             前年同期比(%)
     合成樹脂原料                                    47,732,817              99.7
     合成樹脂製品                                     8,870,401             107.9
     その他                                     1,192,444             128.7
                 合計                         57,795,664             101.3
      (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     3 【対処すべき課題】

        当社グループが継続的に拡大・発展していくための課題として以下の5点を重要施策としております。
       ①海外拠点の充実
       ②事業の拡大に対応する人材の確保及び育成
       ③販売費及び一般管理費の効率化
       ④与信管理の徹底
       ⑤コンプライアンス経営の徹底
        これらの施策を着実に実行することにより、業績向上に向け全社員が一丸となって努力する所存であります。
                                 10/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     4 【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を
       記載しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資判断、或いは当社グ
       ループの事業活動を理解する上で重要と考えられる事項について、投資家に対する積極的な情報開示の観点から、
       記載しております。なお、当社グループはこれらのリスクの発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生し
       た場合の対応に努める方針でありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載内容も
       併せ、慎重に検討した上で行われる必要があると考えております。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計
       年度末において当社グループが判断したものであります。
      ①売上債権管理上のリスク

        当社グループは合成樹脂関連商品を当社グループの顧客に販売しておりますが、通常、商品納入後当月末或いは
       翌月末起算2ヶ月~6ヶ月後期日の手形或いは振込で回収しております。昨今の当社グループの関連する業界で
       は、東南アジアを中心として生産拠点の海外移転傾向に拍車がかかっており、それに伴う産業の空洞化現象の現出
       により、顧客の経営状況が変化する場合も考えられます。また、業界内での競争の激化などにより経営状況が悪化
       する企業が現れる可能性もあり得ます。当社グループでは、得意先の債権管理はもとより、当社グループの得意
       先・仕入先の動向、情報も把握し、より一層与信管理を強化していく方針です。
      ②為替及び金利の変動リスクについて

        当社グループの業績及び財務状況は、為替相場によって影響を受けます。為替変動は、当社グループの外貨建取
       引から発生する資産及び負債の日本円換算額、並びに外貨建で取引されている製品の価格及び売上高にも影響を与
       える可能性があります。また、当社グループは金利変動リスクにもさらされており、かかるリスクは、当社グルー
       プの営業費用全体並びに資産価値及び負債、特に長期・短期借入金の金利負担や手形売却費用に影響を与える可能
       性があります。
        当社グループでは、このような為替変動、金利変動リスクを回避するため、さまざまな手段を講じております
       が、為替変動、金利変動は当社グループの業績及び財務内容に悪影響を与える可能性があります。
      ③ 依存度の高い仕入先について

        当社グループは双日プラネットグループに属しておりますが、当社グループの双日プラネット株式会社からの仕
       入高は平成27年3月期は3,007百万円(総仕入高の5.6%)、平成28年3月期は2,816百万円(総仕入高の5.2%)となっ
       ております。一方、販売面においては当社グループ独自の顧客向けが殆どであり、当社グループの売上高の双日プ
       ラネット株式会社に対する売上高比率は、平成28年3月期において0.3%であります。
      ④最近の当社グループを取り巻く状況及び取り組み方針

        当社グループを取り巻くわが国の合成樹脂業界は、政府による経済対策等を背景に、企業収益や雇用情勢におい
       て改善が見られましたが、原油価格の下落に伴う合成樹脂原料の低価格水準継続の影響により、合成樹脂卸売業界
       の経営環境は厳しい状況で推移することが予想されます。また海外においては、中国を主とした新興国経済の減速
       など懸念材料が見受けられます。そのような状況下、当社グループの業績は、当業界における顧客の合成樹脂に対
       する需要動向や合成樹脂原料の価格推移に影響を受ける傾向にあります。
        一方で、当社グループはこれまで中国のみならず広くアジアにおける拠点の整備を行ってまいりました。これら
       の拠点については更に体制強化に努め、営業基盤の拡大を図っております。当社グループでは、今後も積極的に海
       外拠点の充実に取り組んで行く方針であり、当社グループはその動向に影響を受ける傾向があります。
                                 11/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     5 【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
     6 【研究開発活動】

        該当事項はありません。
     7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1) 経営成績の分析
                                         親会社株主に帰属
                 売上高        営業利益         経常利益                 1株当たり
                                         する当期純利益
                 (千円)         (千円)         (千円)                当期純利益(円)
                                           (千円)
     平成28年3月期            57,795,664          883,547         845,543         537,019          62.82
     平成27年3月期            57,037,121          798,775         780,435         490,030          57.32

        増減率            1.3%        10.6%         8.3%         9.6%         9.6%

        売上高は    前連結会計年度に比べ758百万円増加                 し、  57,795百万円      ( 対前年同期比1.3%増          )となりました。これは

       国内・海外の連結子会社を含め、グループ全体としての連携強化に努め、特に汎用樹脂原料価格の低迷を売上数量
       の増加や他商材の拡販により補った結果によるものです。
        売上原価は売上の増加に伴い前連結会計年度の                      53,792百万円      から  54,299百万円      ( 同0.9%増     )と  前連結会計年度と
       比べ507百万円増加         いたしました。
        売上総利益は、売上高の増加に伴い、                  前連結会計年度より251百万円増加                し 3,496百万円      となる一方で、販売費及
       び一般管理費は、円安に伴う円貨ベースでの経費増などにより、                              前連結会計年度より166百万円増加                し、  2,612百万
       円 ( 同6.8%増     )となりました。
        その結果、営業利益は          前連結会計年度の798百万円             から  883百万円     ( 同10.6%増     )となりました。
        営業外損益は前連結会計年度の18百万円の損失(純額)から38百万円の損失(純額)と悪化いたしました。これ
       は主に前連結会計年度では14百万円の為替差益であったものが当連結会計年度では7百万円の為替差損となったこ
       と、持分法による投資利益が前連結会計年度の13百万円から2百万円に減少した一方で、受取配当金が前連結会計
       年度の24百万円から30百万円に増加したこと等によるものであります。
        特別損益は前連結会計年度の31百万円の利益(純額)から当連結会計年度では6百万円の利益(純額)となりま
       した。これは前連結会計年度における子会社清算益31百万円がなくなった一方で、当連結会計年度においては8百
       万円の清算配当金を計上したこと等によるものです。
        これらの結果、       経常利益は845百万円          ( 対前年同期比8.3%増          )、  税金等調整前当期純利益は852百万円                 ( 同5.0%
       増 )、  親会社株主に帰属する当期純利益は537百万円                     ( 同9.6%増     )となりました。
       (2) 財政状態の分析

        当連結会計年度末の         資産は23,706百万円         となり、    前連結会計年度末に比べ1,079百万円の減少                    となりました。その
       要因は、現金及び預金、受取手形及び売掛金を主とした                          流動資産の減少額978百万円             及びその他無形固定資産を主と
       した  固定資産の減少額100百万円             によるものであります。
        また、負債合計は        14,846百万円      となり、    前連結会計年度末に比べ1,355百万円の減少                    となりました。その要因は、
       支払手形及び買掛金、短期借入金、1年内返済予定の長期借入金を主とした                                   流動負債の減少額1,542百万円              及び長期
       借入金を主とした        固定負債の増加額187百万円             によるものであります。
        純資産につきましては          前連結会計年度末より275百万円増加                 し、  8,860百万円      となり、    自己資本比率は37.2%          とな
       りました。
                                 12/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (3) キャッシュ・フローの状況の分析
        当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益852百万円、減価償却費110百
       万円、売上債権の減少373百万円等があった一方で、仕入債務の減少1,007百万円、法人税等の支払額330百万円等が
       あったことにより、         前期比797百万円減少          し 63百万円の収入       となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、定期預金の払戻による収入215百万円等があった一方で、定期預金の預入
       による支出112百万円、投資有価証券の取得による支出13百万円等があった結果、                                      前期比165百万円増加          し 75百万円
       の収入   となりました。
        この結果、フリー・キャッシュ・フローは138百万円のプラスとなりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは長期借入れによる収入450百万円等があった一方で、長期借入金の返済によ
       る支出424百万円、短期借入金の純減少額142百万円、配当金の支払額136百万円等があった結果、                                              前期比288百万円
       増加  し 339百万円の支出        となりました。。
        これらに、現金及び現金同等物による換算差額を調整した結果、当期末の現金及び現金同等物は                                             前期に比べ246百
       万円減少    し、  2,864百万円      となりました。
                                 13/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第3 【設備の状況】

     1 【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の総投資額は8,617千円で、その主なものは次のとおりであります。
        プラマテルズ株式会社のソフトウエア、工具・器具・備品の購入費                                              2,508千円
        連結子会社フィルタレン株式会社のソフトウエア、機械及び設備、工具・器具・備品の購入費                                              3,110千円
        連結子会社普楽材料貿易(上海)有限公司の工具・器具・備品の購入費                                              1,009千円
     2 【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1) 提出会社
                                               平成28年3月31日現在
                                  帳簿価額
                                                     従業員数
       事業所名
                                                     〔臨時
              設備の内容
                     建物及び      機械装置       土地
                                                     従業員数〕
       (所在地)
                                     リース資産       その他      合計
                     構築物    及び運搬具       (千円)
                                                      (人)
                                      (千円)      (千円)     (千円)
                     (千円)      (千円)     (面積㎡)
     本社         販売業務用                     ―
                                                        46
                      7,429        ―        18,306      1,376     27,112
                                (  ― ㎡)                    〔0〕
     (東京都品川区)         設備
      (注) 1.帳簿価額の「その他」は、工具器具備品であります。
        2.〔臨時従業員数〕は、臨時従業員の年間平均人数を外数で記載しております。
        3.上記の他、連結会社以外からの主要な賃借、リースは下記のとおりであります。
                                              年間賃借料及びリース料

              事業所名                   設備の内容
                                                  (千円)
      本社                      事務所(907.22㎡)(賃借)                           62,494
       大阪支社                      事務所(378.45㎡)(賃借)                           12,911

       名古屋支店                      事務所(104.91㎡)(賃借)                            4,130

       静岡支店                      事務所(82.35㎡) (賃借)                            4,035

      九州支店

                           事務所(30.00㎡) (賃借)                            1,320
       弘前営業所                      事務所(57.60㎡) (賃借)                            1,672

       本社、大阪支社、名古屋支店、静岡支店
                           コンピューターハード等(リース)                            3,205
       及び他営業所
       本社、大阪支社及び各営業所                      乗用車(リース)                            4,428
                                 14/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      (2) 国内子会社
                                               平成28年3月31日現在
                                  帳簿価額
                                                     従業員数
        会社名
                                                     〔臨時
              設備の内容
                     建物及び      機械装置       土地
                                                     従業員数〕
       (所在地)
                                     リース資産       その他      合計
                     構築物    及び運搬具       (千円)
                                                      (人)
                                      (千円)      (千円)     (千円)
                     (千円)      (千円)     (面積㎡)
     株式会社富士松         販売業務用
                                73,751                        36
                     141,171       1,679           10,917       988   228,509
     (大阪市生野区)         設備                 (969.68㎡)                       〔10〕
     フィルタレン
              製造販売業                                          16
     株式会社                 18,363      7,105        ―   9,602       848    35,918
              務用設備                                        〔18〕
     (埼玉県戸田市)
      (注) 1.帳簿価額の「その他」は、工具器具備品であります。
        2.〔臨時従業員数〕は、臨時従業員の年間平均人数を外数で記載しております。
        3.上記の他、連結会社以外からの主要な賃借及びリース設備代として、当連結会計年度において年間、株式会
          社富士松は17,672千円、フィルタレン株式会社は15,421千円を支払っております。
      (3) 在外子会社

        在外子会社は重要な設備は保有しておりません。
     3 【設備の新設、除却等の計画】

        該当事項はありません。
                                 15/78














                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ①   【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     25,600,000
                  計                                   25,600,000
       ②   【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年3月31日)          (平成28年6月23日)
                                   東京証券取引所
                                               単元株式数は100株
       普通株式           8,550,000          8,550,000         JASDAQ
                                                であります。
                                   (スタンダード)
         計          8,550,000          8,550,000          -            -
      (2) 【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4) 【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成15年11月5日
                   150,000      8,550,000         25,050      793,050        25,012      721,842
     (注)
      (注)  第三者割当増資
          発行株数       150,000株
          発行価格       333円75銭
          資本組入額       167円
          払込金総額       25,012千円
          割当先       UFJつばさ証券株式会社
                 (現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)
                                 16/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      (6) 【所有者別状況】
                                               平成28年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
            政府及び
                                  外国法人等
       区分                                              株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
             団体
     株主数
               -      ▶     8     59     11      1   1,041     1,124       -
     (人)
     所有株式数
               -    1,506     1,106     55,732      1,471       ▶   25,670     85,489      1,100
     (単元)
     所有株式数
               -    1.76     1.29     65.19      1.72     0.00     30.03     100.00        -
     の割合(%)
      (注)    自己株式1,690株は「個人その他」に16単元及び「単元未満株式の状況」に90株を含めて記載しております。
      (7) 【大株主の状況】

                                               平成28年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                              所有株式数      総数に対する
          氏名又は名称                      住所
                                               (百株)     所有株式数
                                                    の割合(%)
     双日プラネット株式会社                 大阪府大阪市中央区久太郎町一丁目6番29号                         39,800       46.55
     旭化成ケミカルズ株式会社                 東京都千代田区神田神保町一丁目105                          4,000       4.68
     旭有機材工業株式会社                 宮崎県延岡市中の瀬町二丁目5955                          2,200       2.57
     帝人株式会社                 大阪府大阪市中央区南本町一丁目6-7                          1,950       2.28
     JNC株式会社                 東京都千代田区大手町二丁目2-1                          1,500       1.75
     山根 正次                 奈良県橿原市                          1,080       1.26
     盟和産業株式会社                 神奈川県厚木市寿町三丁目1-1ルリエ本厚木                          1,030       1.20
     岩田 友一                 兵庫県西宮市                          1,010       1.18
     株式会社サンエー化研                 東京都中央区日本橋本町一丁目7-4                          1,000       1.17
     東洋インキSCホールディングス
                      東京都中央区京橋三丁目7-1                          1,000       1.17
     株式会社
             計                    -               54,570       63.82
      (注)   1.旭化成ケミカルズ株式会社は、平成28年4月1日付で旭化成株式会社と合併し、社名が旭化成株式会社と
          なっております。
        2.旭有機材工業株式会社は、平成28年4月1日付で旭有機材株式会社に社名変更しております。
      (8) 【議決権の状況】

       ①   【発行済株式】
                                               平成28年3月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -           -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -
     議決権制限株式(その他)                     -           -             -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                -             -
                     普通株式        1,600
     完全議決権株式(その他)                普通株式      8,547,300             85,473           -
     単元未満株式                普通株式        1,100        -             -
     発行済株式総数                      8,550,000          -             -
     総株主の議決権                     -              85,473           -
                                 17/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ②   【自己株式等】
                                               平成28年3月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都品川区北品川
      プラマテルズ株式会社                             1,600        -     1,600       0.02
                  四丁目7番35号
           計             -           1,600        -     1,600       0.02
      (9) 【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
     2 【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】            会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)    【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
      (2)    【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)    【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)

     当事業年度における取得自己株式                                     57               30

     当期間における取得自己株式                                     -               -

      (注)    当期間における取得自己株式には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
      (4)    【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                          -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                     -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                          -         -         -         -
     移転を行った取得自己株式
     その他                     -         -         -         -
     保有自己株式数                    1,690          -        1,690          -
      (注)    当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含まれておりません。
                                 18/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営基盤・財務基盤の強化のために必要な内部留保を確保し
      つつ、安定的な配当の継続を実施していくことを基本方針としております。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
       これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当につきましては株主総会、中間配当につきましては取締役会であり
      ます。
       当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は普通配当として1株当たり                                        16円00銭    の配当(うち中間配
      当 8円00銭    )を実施することを決定いたしました。この結果、当連結会計年度の連結配当性向は25.47%となりました。
       内部留保資金につきましては、今後予想される経済環境の変化に対応すべく、営業体質を強化し、海外市場での展
      開のため有効投資をしてまいりたいと考えております。
       なお、当社は「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款
      に定めております。当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                 1株当たり配当額(円)
         平成27年10月28日
                                     68,386                   8.00
          取締役会決議
         平成28年6月23日
                                     68,386                   8.00
         定時株主総会決議
     4 【株価の推移】

      (1)    【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第83期         第84期         第85期         第86期         第87期

       決算年月        平成24年3月         平成25年3月         平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月

       最高(円)             360         440         447         476         538

       最低(円)             300         316         366         397         381

      (注)    最高・最低株価は、平成25年7月15日以前は大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、平成
         25年7月16日以降は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2)    【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成27年10月          11月       12月     平成28年1月          2月       3月

       最高(円)            500       500       485       479       481       457

       最低(円)            456       476       463       430       381       426

      (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 19/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性9名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                       (百株)
                              昭和51年4月      日綿実業株式会社(現双日株式会社)
                                    入社
                              平成15年4月      同社合成樹脂第二部長
                              平成16年1月      プラネット株式会社(現双日プラ
     代表取締役
                                    ネット株式会社)出向執行役員
                井上 正博     昭和28年7月7日生                              1年間      100
       社長
                              平成19年4月      台湾双日股フン有限公司
                                    董事長兼総経理就任
                              平成22年6月      当社入社
                                    当社代表取締役社長就任(現任)
                              平成元年1月      日本樹脂株式会社(現プラマテルズ
                                    株式会社)入社
                              平成13年4月      当社営業第2部部長
                              平成17年4月      当社営業第1部門長
                              平成17年6月      当社取締役営業第1部門長就任
     専務取締役      営業部門長      駒場 諭     昭和31年7月8日生         平成20年6月      当社常務取締役第1営業部門長就任               1年間      215
                              平成22年6月      当社常務取締役第2営業部門長兼務
                              平成23年6月      当社常務取締役営業部門管掌就任
                              平成24年4月      当社常務取締役営業部門長就任
                              平成24年6月      当社専務取締役営業部門長就任(現
                                    任)
                              昭和54年4月      日綿実業株式会社(現双日株式会社)
                                    入社
                              平成15年4月      アリスタライフサイエンス株式会社
                                    入社
                              平成18年12月      当社入社
                              平成20年4月      当社財務・経理部長就任
                              平成21年4月      当社執行役員職能部門長補佐
      取締役     職能部門長      住友 宣明     昭和30年7月17日生                              1年間      15
                              平成23年6月      当社取締役職能部門管掌
                              平成23年7月      当社取締役職能部門管掌 経営企画
                                    部長兼務
                              平成24年4月      当社取締役職能部門長 経営企画部
                                    長兼務
                              平成24年6月      当社取締役職能部門長 経営企画部
                                    長兼務 経理部長兼務
                              平成25年12月      当社取締役職能部門長(現任)
                              平成2年4月      旭化成工業株式会社(現旭化成株式
                                    会社)入社
                              平成17年6月      旭サーモフィルヨーロッパ(現旭化
                                    成ヨーロッパ)出向
                              平成21年3月      旭化成プラスチックスノースアメリ
                                    カ出向 同社副社長
                              平成24年3月      旭化成ケミカルズ株式会社(現旭化
      取締役          岩佐 正義     昭和41年12月29日生               成株式会社) 機能樹脂事業部ザイ               1年間      -
                                    ロン営業部 副部長
                              平成27年8月      同社機能樹脂事業部自動車材料営業
                                    部 副部長
                              平成28年4月      旭化成株式会社 高機能ポリマー事
                                    業本部機能樹脂事業部ザイロン営業
                                    部長(現任)
                              平成28年6月      当社取締役就任(現任)
                                 20/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                       (百株)
                              昭和58年4月      ニチメン株式会社(現双日株式会社)
                                    入社
                              平成11年11月      同社エネルギー・化工営業会計部課
                                    長
                              平成15年9月      プラネット株式会社(現双日プラ
                                    ネット株式会社)出向
                              平成17年7月      同社経理部長
      取締役          穴田 清和     昭和35年10月7日生                              1年間      -
                              平成21年11月      双日プラネット株式会社財経部長
                              平成23年6月      当社取締役就任(現任)
                              平成24年4月      双日プラネット株式会社業務部長
                              平成26年4月      同社執行役員管理部門長補佐
                                    業務部長
                              平成27年4月      同社執行役員管理部門長
                                    業務部長(現任)
                              昭和60年4月      日商岩井株式会社(現双日株式会社)
                                    入社
                              平成11年4月      日商岩井プラスチック株式会社出向
                              平成14年4月      同社シンガポール店駐在
                              平成16年1月      同社バンコク店駐在
                              平成17年4月      プラネット株式会社(現双日プラ
                                    ネット株式会社)営業3部1課長
                              平成20年6月      双日プラネット株式会社
                                    樹脂1部2課長
      取締役           井 博之     昭和36年10月26日生                              1年間      -
                              平成22年4月      同社樹脂第1部長
                              平成23年6月      当社取締役就任(現任)
                              平成24年4月      双日プラネット株式会社樹脂・電材
                                    第1部長
                              平成26年4月      同社樹脂・電材副本部長
                                    樹脂・電材第1部長
                              平成27年4月      同社工業樹脂本部長
                                    工業樹脂第2部長
                              平成27年6月      同社工業樹脂本部長(現任)
                              昭和53年4月      旭化成工業株式会社(現旭化成株式
                                    会社)入社
                              平成5年6月      同社スチレン樹脂製造部ABS樹脂製
                                    造課長
                              平成10年6月      同社川崎製造所ABS技術開発部副部
                                    長
                              平成17年1月      旭化成プラスチックス(タイランド)
      監査役      常勤    日高 彰彦     昭和28年8月14日生                              (注)3      -
                                    社長就任
                              平成21年1月      旭化成ケミカルズ株式会社
                                    川崎製造所 企画室長 兼 TPM推
                                    進室長
                              平成23年3月      同製造所 環境安全部長
                              平成25年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                              昭和55年12月      旭化成工業株式会社(現旭化成株式
                                    会社)入社
                              平成9年7月      ニッピサンインドネシア出向
                              平成14年2月      旭化成(蘇州)複合塑料 総経理
                              平成19年10月      旭化成(上海) 総経理
                              平成20年4月      旭化成ケミカルズ株式会社(現旭化
                                    成株式会社) 機能樹脂事業部コン
      監査役           北岡 宏     昭和31年1月2日生                              (注)4      -
                                    パウンド生産管理部長
                              平成25年2月      旭化成塑料(蘇州) 複合塑料董事長
                              平成28年1月      旭化成ケミカルズ株式会社(現旭化
                                    成株式会社) コンパウンド生産管
                                    理部勤務
                              平成28年4月      旭化成株式会社退職
                              平成28年6月      当社監査役就任(現任)
                                 21/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴            任期
                                                       (百株)
                              昭和59年4月      チッソ石油化学株式会社(現JNC
                                    石油化学株式会社)入社
                              平成19年4月      同社五井製造所製造第2部オキソ課
                                    長
                              平成23年10月      JNC石油化学株式会社 市原製造
                                    所管理室次席
                              平成26年4月      JNC株式会社 化学品事業部付次
      監査役          小原 弘之     昭和39年3月16日生                              (注)5      -
                                    席企画員
                              平成27年4月      同社化学品統括部長(現任)
                                    日祥株式会社 社外取締役(現任)
                              平成27年6月      当社監査役就任(現任)
                              平成28年4月      オージェイケイ株式会社 社外取締
                                    役(現任)
                             計                            330
      (注)   1.取締役岩佐 正義は、社外取締役であります。
        2.監査役日高 彰彦及び北岡 宏並びに小原 弘之は、社外監査役であります。
        3.平成25年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        4.平成28年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        5.平成28年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
                                 22/78














                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方
         当社グループでは、事業活動を通じて利益を上げ、中長期的に株主価値を増大させるという株主の期待に応え
        ることが、企業経営の基本使命であると考えています。また、株主を含むすべてのステークホルダーに対する責
        任を果し、社会規範に沿った事業活動を行うとともに、社会に貢献するという考えに立ち、コーポレート・ガバ
        ナンスの向上を目指しております。
         このような考え方から、当社では、取締役会においては、豊富な知見により経営全般の助言を得て企業価値の
        増大をはかるという観点と、経営の透明性と説明責任の確保及び経営監督・監視機能の強化という観点から、6
        名の取締役の内の1名は社外取締役とし、また、2名は業務の執行と一定の距離をおく非業務執行取締役として
        おります。
         また、監査役会は常勤監査役1名、非常勤監査役2名の合計3名で構成され、3名全てが社外監査役であり、
        経営の透明性と経営監督・監視機能を果たしております。
         当社は、社外取締役または社外監査役の選任についての独立性に関する明確な基準は設けておりませんが、社
        外監査役の選任に際し、全てのステークホルダーの視点から経営監視が可能であることをひとつの方針としてお
        り、2名の社外監査役を株式会社東京証券取引所に対し、独立役員として届け出ております。
         この他、社長直属の内部監査チームを設け、業務が適切に運営されているか、グループ会社も含めた内部監査
        を実施するとともに、内部統制委員会の下で内部統制評価を行い、内部監査と併せ取締役会に報告しておりま
        す。
         コンプライアンスの徹底とリスクマネージメントはコーポレート・ガバナンスの強化の重要な要素と捉え、当
        社グループの全役職員が法令の遵守と規範に基づき行動することを徹底しております。そのために「行動規
        範」、「コンプライアンスマニュアル」を制定し、グループ全体で徹底を図っております。
       ②  コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

         正確且つ迅速な経営判断を行うために、当社は原則毎月1回定例取締役会並びに必要に応じ臨時の取締役会を
        開催し、経営並びに業務執行に関する報告・質疑・決定を行っており、監査役も意見を述べることが出来る体制
        にしております。国内連結子会社についても、原則月1回の取締役会を開催し、当社から非常勤役員及び非常勤
        監査役も出席し、企業集団における業務の適正を確保する体制を整えております。また、当社においては原則毎
        月1回部長会を開催し、事業計画の推進を図っております。海外子会社9社に対しては原則年1回海外子会社の
        各責任者を本社に参集させ、本社の経営方針などを充分に理解させると同時に、業績の向上を図るとともに経営
        計画の進捗状況の確認に努めております。また、海外子会社にも原則年1回、当社の監査役あるいは内部監査人
        を派遣して業務の適正を図っております。
         また、当社の監査役会は常勤監査役1名及び非常勤監査役2名の合計3名で構成されており、取締役の職務執
        行並びに当社及び当社の関連会社の業務執行や財政状態を監査しており、毎月1回監査役会を開催しておりま
        す。
         この他、社内においては、社長直轄の内部監査チーム(チーム構成員4名)を設け、業務が適切に運営されてい
        るか内部監査を実施しております。この監査報告は、社長に直接報告され、社長より取締役会に報告しておりま
        す。また、内部統制の評価により、会社全体の意思決定プロセスや業務プロセスが適切に行われていることを確
        認し、取締役会に報告しております。
                                 23/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ③  会計監査の状況
         当社は有限責任 あずさ監査法人と金融商品取引法に基づく監査契約を締結し、連結財務諸表及び財務諸表につ
        いて監査を受けております。
        業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人

                  公認会計士の氏名等                           所属する監査法人名
     指定有限責任社員         業務執行社員
                            根  本  剛  光
                                           有限責任 あずさ監査法人
     指定有限責任社員         業務執行社員
                            山 田 大 介
         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士2名、その他8名であります。

         なお、継続監査年数については業務を執行した公認会計士及びその他全員が7年以内であるため、記載を省略
        しております。
       ④  内部監査、監査役監査及び会計監査の状況

         内部監査に関しては、内部監査チーム(チーム構成員4名)が行っております。監査役監査は、年次の監査計画
        に基づき実施しております。会計監査に関しては、<会計監査の状況>の欄に記載のとおりです。また、監査役
        と会計監査人との相互連携については、情報交換会を適宜開催し、お互いのコミュニケーションを図っておりま
        す。監査役と内部監査チームにおいても、相互の連携を図っております。
         なお、これらの監査については、社外取締役及び社外監査役に対しても、取締役会、監査役会及び内部統制委
        員会等において適宜報告及び意見交換がなされております。
       ⑤  内部監査及び監査役監査の手続

         内部監査は、代表取締役の承認を受けた監査計画に基づき、営業部、連結子会社を対象とし、1年ごとの頻度
        で往査を行っております。法令の遵守状況や組織及び業務の運営状況などをチェックして取締役会、各部門責任
        者に報告するとともに、事業の発展に寄与することを目的として、実効的な改善提案を行っています。監査後、
        業務改善報告書を被監査部署から提出させ、フォローアップ監査により改善を確認しております。
         監査役監査は、監査役会で定めた監査方針、監査計画に基づき、取締役の業務執行の監視を行っております。
        方法としては、取締役会への出席、稟議書など重要書類の閲覧、及び社内各部署、国内外連結子会社を対象とし
        た往査などです。会議出席時及び稟議書の閲覧の結果については都度、必要と思われる意見を具申し議論をして
        おります。また往査の結果については、必要指摘事項のある場合は報告書を作成し、関係取締役及び関係部署へ
        周知させ、必要に応じ関係部署より改善計画書の提出を求め、次回のフォロー件名とし、改善を確実なものとす
        べく努力しています。
                                 24/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ⑥  取締役及び監査役に支払った報酬等の総額
        イ  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                         報酬等の種類別の総額(千円)
                   支給人員          報酬等の総額
         区分
                    (人)          (千円)
                                        基本報酬          退職慰労金
     取締役
                       3名          64,125           55,125           9,000
                       (―)            (―)           (―)           (―)
     (うち社外取締役)
     監査役
                       4名          17,250           15,450           1,800
                       (4)          (17,250)           (15,450)           (1,800)
     (うち社外監査役)
     合計
                       7名          81,375           70,575           10,800
                       (4)          (17,250)           (15,450)           (1,800)
     (うち社外役員)
      (注) 1.取締役の報酬限度額は、平成21年6月23日開催の定時株主総会において年額100百万円以内(ただし、使用人
          分給与は含まない。)と決議しております。なお、取締役個々の報酬につきましては、取締役会において決
          議しております。
        2.監査役の報酬限度額は、平成21年6月23日開催の定時株主総会において年額40百万円以内と決議しておりま
          す。なお、監査役個々の報酬につきましては、監査役会の協議によって定めております。
        3.当事業年度末現在の在籍人員は取締役6名、監査役3名であります。取締役の支給人員と期末の在籍取締役
          人員が相違しているのは、無報酬の社外取締役が3名在籍しているためです。
        4.当社は、取締役の使用人兼務部分に対する報酬を支給しておりません。
        ロ  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ⑦  社外取締役及び社外監査役との関係

         当社は、社外取締役1名及び社外監査役3名を選任しております。いずれも当社及び他取締役との人的関係、
        取引関係はありません。
         社外取締役は旭化成株式会社(当社に対する持株比率4.68%)より、社外監査役3名の内の1名はJNC株式会
        社(当社に対する持株比率1.75%)より受け入れております。なお、いずれの会社も当社と営業取引関係がありま
        す。
       ⑧  コーポレート・ガバナンスの充実に向けた取り組みの最近の1年間における実施状況

         当社グループでは、企業としての社会的責任・信頼に対応するために、企業倫理・法令遵守を経営の基本と
        し、グループの役職員全員を対象とした行動規範を制定しております。また、代表取締役社長を委員長とする内
        部統制委員会及びコンプライアンス委員会を設置し、全社的に行動基準を徹底し、社会的責任を明確に意識した
        健全な事業活動の推進に取り組んでおります。また、業務の有効性と効率な事業運営を担保するため、意思決定
        及び業務運営にかかわる各種社内規程などを定め、職務権限と責任の所在及び指揮命令系統を明確化し、内部統
        制・リスク管理が明確に機能するよう体制を整備しております。また、CSRの一環として環境保全活動として平成
        16年2月にISO14000の取得をし、継続更新しております。
       ⑨  内部管理体制の整備・運用状況

         当社は、コーポレート・ガバナンス強化の一環として、内部管理機能強化のため牽制組織(職能部門)の体制強
        化・整備を図っております。
         内部統制の実施状況につきましては、社長直属の内部監査チームを設け全部門を対象に必要な監査を定期的に
        行い、監査の結果は代表取締役社長に報告されております。なお、監査役会は内部監査チームと緊密な連携をと
        り、内部監査の状況を監視することが可能な状況になっております。
                                 25/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
         また、重要な法的判断及びコンプライアンスに関する事項については管理部が中心となり、外部弁護士に相談
        し、必要な検討を実施しております。会計監査人は第三者としての立場から財務諸表監査を実施し、当社は監査
        結果の報告を受け、意見交換、改善等の提言を受けると同時に、会計的な課題についても相談し助言を得ており
        ます。会計監査人は監査役会に対し監査結果を報告し情報交換を積極的に行っております。
         職能部門の配置状況及び現業部門への牽制状況は以下のとおりです。
                                               (平成28年6月23日現在)
       ⑩   株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項








        1.取締役、監査役の責任免除
          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であったものを含む)及び監査役(監査役であっ
         たものを含む)の会社法第423条第1項の責任につき、取締役会の決議をもって、法令の定める限度において免
         除することができる旨、定款で定めております。これは、取締役、監査役が期待される役割を十分に発揮でき
         ることを目的とするものであります。
          当社は会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)、監査役との間に
         会社法第423条第1項の責任を限定する契約を結ぶことができる旨、定款で定めております。ただし、当該契約
         に基づく損害賠償責任の限度額は、100万円または法令が規定する額のいずれか高い額としております。
        2.中間配当
          当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、会社法第454条第5項に定める剰余金の配
         当(中間配当)をすることができる旨、定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うこと
         を目的とするものであります。
                                 26/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ⑪  株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めており
        ます。これは株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。
       ⑫  取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨、定款に定めております。
       ⑬   取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。
                                 27/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ⑭   株式の保有状況
        イ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数:32
          貸借対照表計上額の合計額:1,554百万円
        ロ 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、保有区分、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
         的
      (前事業年度)

        特定投資株式
                             株式数       貸借対照表計上額
               銘柄                                   保有目的
                              (株)         (百万円)
     ㈱パイロットコーポレーション                          55,000            372   企業間取引の強化
     ㈱ニフコ                          60,800            252   企業間取引の強化

     旭化成㈱                          195,098            224   企業間取引の強化

     盟和産業㈱                          400,000             61  企業間取引の強化

     キヤノン電子㈱                          23,250            56  企業間取引の強化

     東洋インキSCホールディングス㈱                          100,000             56  企業間取引の強化

     ㈱バンダイナムコホールディングス                          20,800            48  企業間取引の強化

     アキレス㈱                          300,000             45  企業間取引の強化

     三菱電機㈱                          30,156            43  企業間取引の強化

     SMK㈱                          81,508            42  企業間取引の強化

     ミツミ電機㈱                          34,075            30  企業間取引の強化

     日東工業㈱                          12,554            28  企業間取引の強化

     ㈱ニプロ                          24,045            27  企業間取引の強化

     ㈱サンエー化研                          50,000            24  企業間取引の強化

     旭有機材工業㈱                          75,631            19  企業間取引の強化

     帝国通信工業㈱                          78,423            19  企業間取引の強化

     キヤノン㈱                           3,250            13  企業間取引の強化

     ㈱十六銀行                          30,528            13  企業間取引の強化

     コクヨ㈱                          11,320            12  企業間取引の強化

     ユーシン㈱                           7,000            5  企業間取引の強化

     天昇電気工業㈱                          30,000             ▶  企業間取引の強化

     天馬㈱                           1,000            1  企業間取引の強化

     コニカミノルタ㈱                            748           0  企業間取引の強化

      (注)ユーシン㈱以下の株式は、貸借対照表計上金額が資本金額の100分の1以下でありますが、特定投資株式の保有
         銘柄数が30銘柄以下であるため、全ての特定投資株式について記載しております。
                                 28/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      (当事業年度)
        特定投資株式
                             株式数       貸借対照表計上額
               銘柄                                   保有目的
                              (株)         (百万円)
                               110,000
     ㈱パイロットコーポレーション                                      471   企業間取引の強化
                                60,800

     ㈱ニフコ                                      328   企業間取引の強化
                               197,039

     旭化成㈱                                      149   企業間取引の強化
                                20,800

     ㈱バンダイナムコホールディングス                                       51  企業間取引の強化
                                85,839

     SMK㈱                                       49  企業間取引の強化
                               100,000

     東洋インキSCホールディングス㈱                                       45  企業間取引の強化
                               300,000

     アキレス㈱                                       43  企業間取引の強化
                                40,000

     盟和産業㈱                                       41  企業間取引の強化
                                23,250

     キヤノン電子㈱                                       38  企業間取引の強化
                                31,369

     三菱電機㈱                                       36  企業間取引の強化
                                26,032

     ㈱ニプロ                                       27  企業間取引の強化
                                50,000

     ㈱サンエー化研                                       24  企業間取引の強化
                                13,011

     日東工業㈱                                       23  企業間取引の強化
                                36,015

     ミツミ電機㈱                                       18  企業間取引の強化
                                76,890

     旭有機材工業㈱                                       15  企業間取引の強化
                                11,941

     コクヨ㈱                                       15  企業間取引の強化
                                79,787

     帝国通信工業㈱                                       13  企業間取引の強化
                                3,250

     キヤノン㈱                                       10  企業間取引の強化
                                30,528

     ㈱十六銀行                                       10  企業間取引の強化
                                30,000

     天昇電気工業㈱                                       5  企業間取引の強化
                                7,000

     ユーシン㈱                                       5  企業間取引の強化
                                1,000

     天馬㈱                                       1  企業間取引の強化
                                1,713

     コニカミノルタ㈱                                       1  企業間取引の強化
      (注)天昇電気工業㈱以下の株式は、貸借対照表計上金額が資本金額の100分の1以下でありますが、特定投資株式の
         保有銘柄数が30銘柄以下であるため、全ての特定投資株式について記載しております。
        ハ 保有目的が純投資目的の投資株式

          該当事項はありません。
                                 29/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      (2) 【監査報酬の内容等】
       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
     提出会社                 45,752           3,000          45,773             -
     連結子会社                   -           -           -           -

          計             45,752           3,000          45,773             -

         上記監査証明業務に基づく報酬45,773千円は当連結会計年度の監査報酬に係る契約であり、実績時間に基づき
        精算を行うことになっております。
       ② 【その他重要な報酬の内容】

        前連結会計年度
         当社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG税理士法人に対して、「海外法人に
        おける課税関係調査業務」に基づく報酬として1,648千円支払っております。
        当連結会計年度
         該当事項はありません。
       ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度
         当社は会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)である「決算業務の
        精度及び効率性の向上に関するアドバイザリー業務」を委託し、その対価を支払っています。
        当連結会計年度
         該当事項はありません。
       ④ 【監査報酬の決定方針】

         監査報酬は監査日数(監査時間)を勘案して決定されております。
                                 30/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
       に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表について、有限責
      任 あずさ監査法人により監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団
      法人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへの参加等を積極的に行っております。
                                 31/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     1 【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
       ①【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               3,414,481              3,063,442
                                      ※6  15,393,220
         受取手形及び売掛金                                             14,468,114
         電子記録債権                                869,861             1,317,277
         商品及び製品                               1,897,900              1,815,899
         仕掛品                                 13,123              13,028
         原材料及び貯蔵品                                 29,490              30,551
         繰延税金資産                                 58,365              52,280
         その他                                258,300              188,759
                                         △ 13,884              △ 7,254
         貸倒引当金
         流動資産合計                               21,920,860              20,942,099
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※1  696,461            ※1  696,461
           建物及び構築物
                                        △ 504,643             △ 522,626
             減価償却累計額
             建物及び構築物(純額)                             191,817              173,834
           機械装置及び運搬具
                                         200,799              184,826
                                        △ 187,765             △ 175,922
             減価償却累計額
             機械装置及び運搬具(純額)                             13,034               8,903
           工具、器具及び備品
                                         116,864              115,892
                                         △ 98,334             △ 101,739
             減価償却累計額
             工具、器具及び備品(純額)                             18,530              14,153
                                       ※1  220,948            ※1  220,948
           土地
           リース資産                               93,220              102,830
                                         △ 58,142             △ 62,140
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                             35,077              40,690
           有形固定資産合計                               479,408              458,530
         無形固定資産
           リース資産                                3,361              4,188
                                       ※2  208,451            ※2  152,213
           その他
           無形固定資産合計                               211,812              156,402
         投資その他の資産
                                    ※1 、 ※4  1,802,871          ※1 、 ※4  1,805,135
           投資有価証券
           差入保証金                               120,597              109,154
           破産更生債権等                                3,499               208
           繰延税金資産                                7,583              3,113
                                       ※4  239,867            ※4  232,552
           その他
                                          △ 208             △ 208
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              2,174,210              2,149,955
         固定資産合計                               2,865,431              2,764,888
       資産合計                                 24,786,292              23,706,987
                                 32/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                   ※1 、 ※6  10,806,100             ※1  9,742,420
         支払手形及び買掛金
         短期借入金                               3,073,804              2,905,200
         1年内返済予定の長期借入金                                365,000              179,000
         未払法人税等                                159,113              132,776
         賞与引当金                                81,791              88,225
                                         400,157              295,864
         その他
         流動負債合計                              14,885,966              13,343,487
       固定負債
         長期借入金                                420,000              632,000
         役員退職慰労引当金                                66,366              75,095
         退職給付に係る負債                                234,316              259,998
         繰延税金負債                                338,239              317,529
         その他                                256,793              218,421
         固定負債合計                               1,315,715              1,503,044
       負債合計                                16,201,681              14,846,531
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                793,050              793,050
         資本剰余金                                721,849              721,867
         利益剰余金                               5,754,581              6,154,827
                                          △ 949             △ 979
         自己株式
         株主資本合計                               7,268,531              7,668,765
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                610,510              617,652
         繰延ヘッジ損益                                 △ 455            △ 5,917
                                         659,078              550,125
         為替換算調整勘定
         その他の包括利益累計額合計                               1,269,134              1,161,860
       非支配株主持分                                  46,944              29,831
       純資産合計                                 8,584,610              8,860,456
      負債純資産合計                                  24,786,292              23,706,987
                                 33/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      売上高                                 57,037,121              57,795,664
                                     ※2  53,792,329            ※2  54,299,422
      売上原価
      売上総利益                                  3,244,791              3,496,241
      販売費及び一般管理費
       運賃                                 266,353              310,850
       役員報酬                                 110,985              104,897
       給料                                 709,729              738,879
       賞与                                  75,540              79,817
       賞与引当金繰入額                                 100,989              108,406
       退職給付費用                                  43,399              35,873
       役員退職慰労引当金繰入額                                  12,719              12,728
       福利厚生費                                 157,481              165,208
       旅費及び交通費                                 100,901              110,933
       賃借料                                 193,297              195,228
       支払手数料                                 112,496              115,658
       租税公課                                  26,688              34,215
       減価償却費                                  85,166              92,870
                                         450,266              507,124
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                2,446,015              2,612,694
      営業利益                                   798,775              883,547
      営業外収益
       受取利息                                  3,390              4,343
       受取配当金                                  24,660              30,906
       仕入割引                                   508              405
       為替差益                                  14,613                -
       持分法による投資利益                                  13,685               2,145
       貸倒引当金戻入額                                  2,639              6,629
                                         14,045              12,349
       その他
       営業外収益合計                                  73,543              56,779
      営業外費用
       支払利息                                  63,071              62,673
       手形売却損                                  10,016               7,518
       為替差損                                    -             7,183
       売上割引                                  12,856              12,849
       その他                                  5,938              4,559
       営業外費用合計                                  91,883              94,784
      経常利益                                   780,435              845,543
                                 34/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      特別利益
       子会社清算益                                  31,726                -
                                           -             8,574
       清算配当金
       特別利益合計                                  31,726               8,574
      特別損失
                                        ※1  261           ※1  1,744
       固定資産除却損
       特別損失合計                                   261             1,744
      税金等調整前当期純利益                                   811,900              852,372
      法人税、住民税及び事業税
                                         284,485              302,193
                                         30,724              10,041
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   315,209              312,234
      当期純利益                                   496,691              540,137
      非支配株主に帰属する当期純利益                                    6,660              3,118
      親会社株主に帰属する当期純利益                                   490,030              537,019
                                 35/78















                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      当期純利益                                   496,691              540,137
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金(税引前)                                 448,266              △ 10,901
       繰延ヘッジ損益(税引前)                                 △ 1,738             △ 7,898
       為替換算調整勘定(税引前)                                 291,196             △ 108,924
       持分法適用会社に対する持分相当額                                  27,869               △ 28
                                        △ 130,460               20,478
       その他の包括利益に係る税効果額
                                      ※1  635,134           ※1   △  107,273
       その他の包括利益合計
      包括利益                                  1,131,825               432,864
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                                1,125,164               429,745
       非支配株主に係る包括利益                                  6,660              3,118
                                 36/78















                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
                                             (単位:千円)

                                株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高              793,050       721,842      5,392,776         △ 949     6,906,719
     当期変動額
      非支配株主との取引に
                             6                      6
      係る親会社の持分変動
      剰余金の配当                           △ 128,225              △ 128,225
      親会社株主に帰属する
                                  490,030              490,030
      当期純利益
      自己株式の取得                                            -
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -        6     361,805         -     361,812
     当期末残高              793,050       721,849      5,754,581         △ 949     7,268,531
                          その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券評                      その他の包括利益
                        繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                  価差額金                     累計額合計
     当期首残高              293,313         674      340,012       633,999        56,108      7,596,827
     当期変動額
      非支配株主との取引に
                                                          6
      係る親会社の持分変動
      剰余金の配当                                                 △ 128,225
      親会社株主に帰属する
                                                        490,030
      当期純利益
      自己株式の取得                                                    -
      株主資本以外の項目の
                   317,197       △ 1,129      319,066       635,134       △ 9,163      625,970
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              317,197       △ 1,129      319,066       635,134       △ 9,163      987,782
     当期末残高              610,510        △ 455      659,078      1,269,134         46,944      8,584,610
                                 37/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)
                                             (単位:千円)

                                株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高              793,050       721,849      5,754,581         △ 949     7,268,531
     当期変動額
      非支配株主との取引に
                             18                      18
      係る親会社の持分変動
      剰余金の配当                           △ 136,773              △ 136,773
      親会社株主に帰属する
                                  537,019              537,019
      当期純利益
      自己株式の取得                                    △ 30      △ 30
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -       18     400,245         △ 30     400,233
     当期末残高              793,050       721,867      6,154,827         △ 979     7,668,765
                          その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券評                      その他の包括利益
                        繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                  価差額金                     累計額合計
     当期首残高              610,510        △ 455      659,078      1,269,134         46,944      8,584,610
     当期変動額
      非支配株主との取引に
                                                          18
      係る親会社の持分変動
      剰余金の配当                                                 △ 136,773
      親会社株主に帰属する
                                                        537,019
      当期純利益
      自己株式の取得                                                   △ 30
      株主資本以外の項目の
                    7,141      △ 5,462      △ 108,952      △ 107,273       △ 17,113      △ 124,387
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               7,141      △ 5,462      △ 108,952      △ 107,273       △ 17,113       275,845
     当期末残高              617,652       △ 5,917      550,125      1,161,860         29,831      8,860,456
                                 38/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益                                 811,900              852,372
       減価償却費                                 103,788              110,002
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 27,534              △ 6,629
       受取利息及び受取配当金                                 △ 28,050             △ 35,250
       支払利息                                  63,071              62,673
       為替差損益(△は益)                                    54              △ ▶
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 13,685              △ 2,145
       清算配当金                                    -            △ 8,574
       固定資産除却損                                   261             1,744
       子会社清算損益(△は益)                                 △ 31,726                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                1,321,887               373,752
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 88,169              42,223
       仕入債務の増減額(△は減少)                               △ 1,114,874             △ 1,007,377
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 11,533               6,434
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  2,319              8,728
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 38,757              25,681
       破産更生債権等の増減額(△は増加)                                  54,653               3,290
                                         34,398              △ 5,269
       その他
       小計                                1,038,001               421,654
       利息及び配当金の受取額
                                         41,195              35,023
       利息の支払額                                 △ 60,558             △ 62,222
       法人税等の支払額                                △ 238,268             △ 330,805
                                         81,032                -
       その他
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 861,402               63,650
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 52,356             △ 112,771
       定期預金の払戻による収入                                  40,000              215,837
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 16,345              △ 5,110
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 14,588              △ 5,208
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 45,129             △ 13,293
       差入保証金の差入による支出                                 △ 18,360              △ 7,583
       差入保証金の回収による収入                                  16,118               3,167
                                           77              -
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 90,585              75,037
                                 39/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 347,621             △ 142,282
       長期借入れによる収入                                 450,000              450,000
       長期借入金の返済による支出                                △ 526,000             △ 424,000
       自己株式の取得による支出                                    -             △ 30
       リース債務の返済による支出                                 △ 15,450             △ 18,174
       配当金の支払額                                △ 128,225             △ 136,773
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 913            △ 1,534
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                        △ 14,904             △ 18,680
       による支出
                                        △ 44,908             △ 47,761
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 628,022             △ 339,236
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    93,006             △ 45,540
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   235,801             △ 246,090
      現金及び現金同等物の期首残高                                  2,874,798              3,110,599
                                     ※1  3,110,599            ※1  2,864,509
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 40/78














                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
         (1)  連結子会社の数         11 社(前連結会計年度 10社)
          株式会社富士松、フィルタレン株式会社、普拉材料(香港)貿易有限公司、普拉材料国際貿易(深                                             セン  )有限公
         司、普楽材料貿易(上海)有限公司、普拉材料貿易(大連)有限公司、台灣普拉材料股フン有限公司、Pla                                                Matels
         (Philippines)       Corporation、Pla         Matels    (Thailand)      Co.,   Ltd.、PLA     MATELS    INDIA   PRIVATE    LIMITED、PLA
         MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.
          前連結会計年度において非連結子会社であったPLA                        MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.は、重要性が増したことに
         より当連結会計年度より連結の範囲に含めております。
        2.持分法の適用に関する事項

         (1)  持分法を適用した関連会社数               1 社
           TOYO   INK  COMPOUNDS     VIETNAM    CO.,   LTD.
         (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社の数 1社
           マーベリックパートナーズ株式会社
            前連結会計年度まで持分法を適用しない非連結子会社であったPLA                               MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.は、重
           要性が増加したことにより、当連結会計年度より連結子会社に含めております。
            なお、持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
           余金(持分に見合う額)等は、いずれも少額であり、連結財務諸表に及ぼす影響は軽微であります。
         (3) 持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
           当該会社の決算日は平成27年12月31日であります。連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財
          務諸表を使用しております。
        3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社である株式会社富士松及びフィルタレン株式会社の決算日は平成28年2月29日であります。普拉材
        料(香港)貿易有限公司、普拉材料国際貿易(深セン)有限公司、普楽材料貿易(上海)有限公司、普拉材料貿易(大
        連)有限公司、台灣普拉材料股フン有限公司、Pla                        Matels    (Philippines)       Corporation、Pla         Matels    (Thailand)
        Co.,   Ltd.、PLA     MATELS    INDIA   PRIVATE    LIMITED、PLA       MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.の決算日は平成27年12月31
        日であります。連結財務諸表の作成に当たっては同決算日現在の財務諸表を使用しております。なお、株式会社
        富士松及びフィルタレン株式会社においては平成28年3月1日から連結決算日平成28年3月31日までの期間、普
        拉材料(香港)貿易有限公司、普拉材料国際貿易(深セン)有限公司、普楽材料貿易(上海)有限公司、普拉材料貿易
        (大連)有限公司、台灣普拉材料股フン有限公司、Pla                             Matels    (Philippines)       Corporation、Pla         Matels
        (Thailand)      Co.,   Ltd.、PLA     MATELS    INDIA   PRIVATE    LIMITED、PLA       MATELS    (MALAYSIA)      SDN.   BHD.においては平成
        28年1月1日から連結決算日平成28年3月31日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整
        を行っております。
                                 41/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
        4.会計方針に関する事項
         (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
            その他有価証券
            ・時価のあるもの
             決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
            移動平均法により算定)を採用しております。
            ・時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
          ② デリバティブ
            時価法を採用しております。
          ③ たな卸資産
            主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)
           を採用しております。
         (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
          ① 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については定額法)を採用して
           おります。
            なお、主な耐用年数は次のとおりです。
             建物及び構築物      6年~45年
             機械装置及び運搬具  2年~8年
             工具、器具及び備品           2年~20年
            なお、取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産については、3年間で均等償却しております。
          ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5
           年)に基づいております。
          ③ 長期前払費用
            定額法を採用しております。
          ④ リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         (3) 重要な引当金の計上基準
          ① 貸倒引当金
            債権の貸倒損失に備えて、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
           は個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金
            従業員の賞与金の支出に備えて、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
          ③ 役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えて役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要支給額を計上してお
           ります。
         (4)  退職給付に係る会計処理の方法
           当社及び連結子会社は退職給付に係る負債及び退職給付費用の算定にあたり、退職給付に係る期末自己都
          合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 42/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
         (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は各連結子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算
          し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及
          び非支配株主持分に含めて計上しております。
         (6)  重要なヘッジ会計の方法
          ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、
           特例処理を採用しております。
          ② ヘッジ手段、ヘッジ対象及びヘッジ方針
            社内規程に従い、為替変動リスク及び金利変動リスクをヘッジしております。
             a.ヘッジ手段…為替予約
               ヘッジ対象…外貨建輸出入予定取引
             b.ヘッジ手段…金利スワップ
               ヘッジ対象…借入金
          ③ ヘッジ有効性評価の方法
            主として四半期毎に、内部規定に基づき、ヘッジの有効性の事前及び事後テストを実施し、有効性の確
           認を行っております。ただし、特例処理によっている金利スワップ取引については、有効性の評価を省略
           しております。
         (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
          しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           消費税等の会計処理
            消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
                                 43/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (未適用の会計基準等)
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
      (1) 概要

        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断
       に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見
       積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
         い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2) 適用予定日

        平成29年3月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (表示方法の変更)

      (「企業結合に関する会計基準」等の適用に伴う変更)
       「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)第39項に掲げられた定め等を適用
      し、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の
      変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っております。
      (連結貸借対照表関係)

       前連結会計年度において「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に含めて表示しておりました「電子記録債権」
      は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より、区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるた
      め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「受取手形及び売掛金」に表示していた16,263,082千円
      は、「受取手形及び売掛金」15,393,220千円、「電子記録債権」869,861千円として組み替えております。
                                 44/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1.担保資産及び担保付債務
     担保に供している資産は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     建物及び構築物                               4,785   千円              4,531   千円
     土地                               62,033   千円              62,033   千円
     投資有価証券                               14,937   千円              9,891   千円
     計                               81,755   千円              76,455   千円
     担保付債務は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     支払手形及び買掛金                               40,005   千円              33,368   千円
     ※2.所有権が売主に留保されている重要な固定資産

        割賦購入契約に基づき次の固定資産につき所有権が売主に留保されております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     ソフトウエア                              164,612    千円             114,415    千円
     3.受取手形割引高

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     受取手形割引高                              580,628    千円             259,479    千円
     ※4.関連会社に対するものは次のとおりです。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     投資有価証券                               15,000   千円              15,000   千円
     投資その他の資産「その他」(出資金)                              224,194    千円             218,484    千円
     5.保証債務

        次の関係会社について、金融機関からの借入金に対して債務保証を行っております。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (平成27年3月31日)                           (平成28年3月31日)
         保証先          金額        内容         保証先          金額        内容
     TOYO INK COMPOUNDS                          TOYO INK COMPOUNDS
                 262,260    千円     借入債務                   146,090    千円     借入債務
     VIETNAM CO., LTD.                          VIETNAM CO., LTD.
     ※6.期末日満期手形

        期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、一部の連結子会社の
       前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                               (平成27年3月31日)               (平成28年3月31日)
     受取手形                                 8,489   千円              - 千円
     支払手形                                16,369   千円              - 千円
                                 45/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1.固定資産除却損
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
     建物及び構築物                                   99 千円             - 千円
     機械装置及び運搬具                                   - 千円            1,566   千円
     工具、器具及び備品                                   130  千円             178  千円
     ソフトウエア                                   31 千円             - 千円
     計                                   261  千円            1,744   千円
     

     ます。なお、以下の金額は戻入額と相殺した後のものであります。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (自 平成26年4月1日                           (自 平成27年4月1日
             至 平成27年3月31日)                            至 平成28年3月31日)
                         △ 32,063   千円                       △ 5,411   千円
       (連結包括利益計算書関係)

     ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成26年4月1日            (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
       当期発生額                                   448,266              △10,901
                                          -              -
       組替調整額
         税効果調整前
                                        448,266              △10,901
                                       △131,068                18,042
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                                   317,197               7,141
     繰延ヘッジ損益
       当期発生額                                    2,013             △20,822
      組替調整額                                  △3,752               12,923
         税効果調整前
                                        △1,738              △7,898
                                          608             2,436
         税効果額
         繰延ヘッジ損益                                   △1,129              △5,462
     為替換算調整勘定
       当期発生額                                   259,470             △108,924
                                        31,726                -
       組替調整額
         税効果調整前
                                        291,196             △108,924
                                          -              -
         税効果額
       為替換算調整勘定
                                        291,196             △108,924
     持分法適用会社に対する持分相当額
                                        27,869               △28
       当期発生額
                   その他の包括利益合計                     635,134             △107,273
                                 46/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     発行済株式

       普通株式(株)                8,550,000              -           -       8,550,000

     自己株式

       普通株式(株)                  1,633            -           -         1,633

      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
      3.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成26年6月24日
               普通株式            68,386          8.00   平成26年3月31日         平成26年6月25日
     定時株主総会
     平成26年10月30日
               普通株式            59,838          7.00   平成26年9月30日         平成26年12月8日
     取締役会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成27年6月23日
               普通株式      利益剰余金         68,386        8.00   平成27年3月31日         平成27年6月24日
     定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     発行済株式

       普通株式(株)                8,550,000              -           -       8,550,000

     自己株式

       普通株式(株)                  1,633            57           -         1,690

      (変動事由の概要)
       単元未満株式の買取りによる増加 57株
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
                                 47/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      3.配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成27年6月23日
               普通株式            68,386          8.00   平成27年3月31日         平成27年6月24日
     定時株主総会
     平成27年10月28日
               普通株式            68,386          8.00   平成27年9月30日         平成27年12月7日
     取締役会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (千円)      配当額(円)
     平成28年6月23日
               普通株式      利益剰余金         68,386        8.00   平成28年3月31日         平成28年6月24日
     定時株主総会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                               至 平成27年3月31日)                至 平成28年3月31日)
     現金及び預金                               3,414,481     千円          3,063,442     千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                               △303,881     千円          △198,932     千円
     現金及び現金同等物                               3,110,599     千円          2,864,509     千円
     2.重要な非資金取引の内容

        当連結会計年度に新たに計上した割賦購入及びリース取引に係る資産及び債務の額は、以下のとおりでありま
       す。
              前連結会計年度                           当連結会計年度
             (平成27年3月31日)                           (平成28年3月31日)
                         29,804   千円                        26,395   千円
       (リース取引関係)

      1.所有権移転外ファイナンス・リース取引(借主側)
       (1) リース資産の内容
         ①  有形固定資産
          主として、コンピュータ端末機器及び事務機器(工具、器具及び備品)であります。
         ②  無形固定資産
          主として、ソフトウエアであります。
       (2) リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の注記「4.会計方針に関する事項                                          (2)  重要な減価償却資
        産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      2.オペレーティング・リース取引(借主側)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                      前連結会計年度            当連結会計年度
                      (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
         1年内                 81,946   千円         97,287   千円
         1年超                181,513    千円        136,277    千円
         合計                263,459    千円        233,565    千円
                                 48/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については、銀行借入及び債権
       流動化による直接調達にて行う方針であります。
        デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用し、投機的な取引は行いません。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証
       券である株式は、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、全てが1年以内の支払期日であります。
        借入金は主に営業取引に係る短期の資金調達でありますが、一部、資金の安定確保のため、長期借入金(3年以
       内)を導入しております。
        長期未払金は主として、ソフトウエアの割賦未払金であります。こちらは、5年以内に毎月均等額を支払う予定
       であります。
      (3) 金融商品に係るリスク管理体制

       ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         取引先の信用リスクに関しては、当社グループの信用管理規程に従い、取引先毎に期日管理及び残高管理を行
        うとともに、取引先の信用状況を1年毎に把握し、与信限度を設定する体制を取っております。
       ②  市場リスクの管理
         投資有価証券である株式は、市場の変動リスクに晒されておりますが、時価や発行体の財務状況等について定
        期的に把握しております。
         変動金利の借入金は、金利の変動リスクに晒されておりますが、このうちの一部については、支払利息の固定
        化を図るために金利スワップ取引をヘッジ手段として利用しております。なお、ヘッジの有効性の評価について
        は、金利スワップの特例処理の条件を充たしているため、その判定をもって、有効性の評価を省略しておりま
        す。
         外貨建営業債権及び営業債務の為替変動リスクについては、先物為替予約をヘッジ手段として利用しておりま
        す。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等について
        は、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の注記「4.会計方針に関する事項 (6)重要な
        ヘッジ会計の方法」をご参照ください。
         デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従っており、また、デリバティブ取
        引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っております。
       ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、グループ全体の財政状態を月
        次に把握するとともにグループ会社の銀行調達状況を、四半期毎に確認することで管理しております。
      (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
                                 49/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
      前連結会計年度(平成27年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1) 現金及び預金                        3,414,481            3,414,481               -
     (2) 受取手形及び売掛金                        15,393,220            15,393,220                -
     (3)   電子記録債権
                               869,861            869,861              -
     (4)   投資有価証券
        その他有価証券                       1,664,533            1,664,533               -
            資産計                 21,342,097            21,342,097                -
     (1) 支払手形及び買掛金                        10,806,100            10,806,100                -
     (2) 短期借入金                        3,073,804            3,073,804               -
     (3) 長期借入金                          785,000            786,878            △1,878
     (4)   長期未払金
                               112,521            110,117             2,404
            負債計                 14,777,426            14,776,900               526
     デリバティブ取引                          △3,395            △3,395              -
      当連結会計年度(平成28年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                           (千円)            (千円)            (千円)
     (1) 現金及び預金                        3,063,442            3,063,442               -
     (2) 受取手形及び売掛金                        14,468,114            14,468,114                -
     (3)   電子記録債権
                              1,317,277            1,317,277               -
     (4)   投資有価証券
        その他有価証券                       1,674,117            1,674,117               -
            資産計                 20,522,952            20,522,952                -
     (1) 支払手形及び買掛金                        9,742,420            9,742,420               -
     (2) 短期借入金                        2,905,200            2,905,200               -
     (3) 長期借入金                          811,000            813,829            △2,829
     (4)   長期未払金
                               64,759            63,740            1,019
            負債計                 13,523,380            13,525,190             △1,810
     デリバティブ取引                          △8,150            △8,150              -
      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資  産
      (1)   現金及び預金、(2)          受取手形及び売掛金、並びに(3)電子記録債権
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (4)   投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。保有目的ごとの有価証券に関する注記事項につ
       いては、「有価証券関係」注記を参照ください。
                                 50/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      負  債
      (1) 支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (3) 長期借入金

        長期借入金の時価について、固定金利によるものは、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定され
       る利率で割り引いて算定する方法によっており、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当社
       の信用状態は実行後、大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額に近似していると考え、当該帳簿価額とし
       ております。なお、長期借入金の一部は金利スワップの特例処理の対象とされており、当該金利スワップと一体と
       して処理された元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっ
       ております。
      (4)   長期未払金

        長期未払金のうち、ソフトウエアの割賦未払金については、TIBORに信用スプレッドを加算した割引率により算
       定しております。
      デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                  (単位:千円)
                区分              平成27年3月31日                 平成28年3月31日
         非上場株式                             138,338                 131,018
         上記については市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず時価を把握すること
        が極めて困難と認められるため、「(4)                   投資有価証券 その他有価証券」には含めておりません。
      (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

         前連結会計年度(平成27年3月31日)
                               1年以内                 1年超
                               (千円)                 (千円)
         現金及び預金                            3,414,481                    -
         受取手形及び売掛金                           15,393,220                     -
         電子記録債権                             869,861                   -
                合計                    19,677,563                     -
         当連結会計年度(平成28年3月31日)

                               1年以内                 1年超
                               (千円)                 (千円)
         現金及び預金                            3,063,442                    -
         受取手形及び売掛金                           14,468,114                     -
         電子記録債権                            1,317,277                    -
                合計                    18,848,835                     -
      (注4) 短期借入金、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

         前連結会計年度(平成27年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                                (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金             3,073,804          -      -      -      -      -
         長期借入金              365,000       95,000      325,000         -      -      -
         リース債務              15,109      14,003       7,834      1,793       600       -
         未払金              50,002        -      -      -      -      -
         長期未払金                -    48,899      46,282      13,613       3,726        -
             合計        3,503,916       157,903      379,117       15,407       4,326        -
                                 51/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(平成28年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                                (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         短期借入金             2,905,200          -      -      -      -      -
         長期借入金              179,000      407,000      225,000         -      -      -
         リース債務              17,974      11,916       5,996      4,956      2,851      2,233
         未払金              49,190        -      -      -      -      -
         長期未払金                -    46,578      13,914       4,032       233       -
             合計        3,151,365       465,495      244,911       8,988      3,085      2,233
       (有価証券関係)

     1.その他有価証券
      前連結会計年度(平成27年3月31日)
                         連結貸借対照表計上額                取得原価            差額
             区分
                            (千円)             (千円)           (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
       株式                          1,491,733            567,027           924,705
             小計                   1,491,733            567,027           924,705
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えないもの
       株式                           172,800           205,987          △33,187
             小計                    172,800           205,987          △33,187
             合計                   1,664,533            773,015           891,518
      (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額123,338千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(平成28年3月31日)

                         連結貸借対照表計上額                取得原価            差額
             区分
                            (千円)             (千円)           (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
       株式                          1,527,458            615,701           911,757
             小計                   1,527,458            615,701           911,757
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えないもの
       株式                           146,658           169,106          △22,448
             小計                    146,658           169,106          △22,448
             合計                   1,674,117            784,807           889,309
      (注)    非上場株式(連結貸借対照表計上額116,018千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券

      該当事項はありません。
     3.減損処理を行った有価証券

      該当事項はありません。
                                 52/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1) 通貨関連
        前連結会計年度(平成27年3月31日)
                                契約額等のうち
                        契約額等                   時価        評価損益
                種類                  1年超
                         (千円)                  (千円)         (千円)
                                  (千円)
             為替予約取引
               売建
     市場取引
                 米ドル              378,014            -       △3,920         △3,920
     以外の取引
               買建
                 米ドル              110,457            -        1,206         1,206
            合計               488,472            -       △2,713         △2,713
      (注)  時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                契約額等のうち
                        契約額等                   時価        評価損益
                種類                  1年超
                         (千円)                  (千円)         (千円)
                                  (千円)
             為替予約取引
               売建
     市場取引
                 米ドル              184,713            -        2,330         2,330
     以外の取引
               買建
                 米ドル              77,403           -       △1,901         △1,901
            合計               262,117            -         429         429
      (注)  時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      (1) 通貨関連
        前連結会計年度(平成27年3月31日)
                                         契約額等のうち
      ヘッジ会計       デリバティブ                    契約額等                   時価
                      主なヘッジ対象                     1年超
       の方法      取引の種類等                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)
             為替予約取引
     原則的
               買建
     処理方法
                 米ドル        外貨建輸入予定取引               282,968            -        △681
                 合計                   282,968            -        △681
      (注)    時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                         契約額等のうち
      ヘッジ会計       デリバティブ                    契約額等                   時価
                      主なヘッジ対象                     1年超
       の方法      取引の種類等                     (千円)                  (千円)
                                           (千円)
             為替予約取引
              売建
     原則的
               米ドル
                     外貨建輸出予定取引                7,881           -         34
     処理方法
               買建
                 米ドル        外貨建輸入予定取引               355,631            -       △8,614
                 合計                   363,513            -       △8,580
      (注)    時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                 53/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     (2) 金利関連
        前連結会計年度(平成27年3月31日)
                                          契約額等のうち
      ヘッジ会計         デリバティブ                   契約額等                  時価
                         主なヘッジ対象                   1年超
       の方法        取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                            (千円)
              金利スワップ取引
     金利スワップの
     特例処理
              支払固定・受取変動           長期借入金             75,000         25,000       (注)
      (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                          契約額等のうち
      ヘッジ会計         デリバティブ                   契約額等                  時価
                         主なヘッジ対象                   1年超
       の方法        取引の種類等                    (千円)                 (千円)
                                            (千円)
              金利スワップ取引
     金利スワップの
     特例処理
              支払固定・受取変動           長期借入金             25,000           -     (注)
      (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、退職一時金制度を設けております。また当社の子会社である株式会社富士松は企業年金制度及び退職一時
      金制度を、フィルタレン株式会社は中小企業退職金共済制度を設けております。
       また、当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の算定にあたり、簡便法を採用しておりま
      す。
     2.確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    平成26年4月1日            (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
       退職給付に係る負債の期首残高                                 273,074              234,316
        退職給付費用                                 43,576              35,420
        退職給付の支払額                                △80,361               △7,836
        制度への拠出額                                △1,973              △1,902
       退職給付に係る負債の期末残高                                 234,316              259,998
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                  76,552              83,352
       年金資産                                 △37,907              △39,818
                                         38,644              43,533
       非積立型制度の退職給付債務                                 195,671              216,465
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 234,316              259,998
       退職給付に係る負債                                 234,316              259,998

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 234,316              259,998
      (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用 前連結会計年度                       43,576千円      当連結会計年度        35,420千円
                                 54/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     3.確定拠出制度
       確定拠出制度(確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度を含む。)への要拠出額
      は、前連結会計年度         2,004千円     、当連結会計年度        2,276千円     となりました。
       (ストック・オプション等関係)

        該当事項はありません。
       (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       繰延税金資産(流動)
         未払事業税                                 10,904   千円            9,325   千円
         賞与引当金                                 27,902   千円           28,484   千円
         たな卸資産評価損                                  4,582   千円            3,470   千円
         未払費用                                  3,905   千円            4,082   千円
       繰越欠損金
                                       3,208   千円             - 千円
         その他                                  7,862   千円            6,916   千円
         合計                                 58,365   千円           52,280   千円
       繰延税金負債(流動)
         合計                                   - 千円             - 千円
       繰延税金資産(流動)の純額                                 58,365   千円           52,280   千円
       繰延税金資産(固定)

         貸倒引当金                                   51 千円             64 千円
       退職給付に係る負債
                                      76,546   千円           81,426   千円
         役員退職慰労引当金                                 21,704   千円           23,369   千円
       差入保証金評価損
                                       7,428   千円            7,043   千円
       投資有価証券評価損
                                       4,227   千円            4,007   千円
       繰越欠損金
                                       6,060   千円            2,870   千円
       その他
                                       1,125   千円            1,022   千円
         小計                                 117,144    千円           119,802    千円
         評価性引当額                                △32,214    千円          △34,419    千円
         合計                                 84,929   千円           85,382   千円
       繰延税金負債(固定)
         土地評価益                                △50,344    千円          △50,725    千円
         その他有価証券評価差額金                                △293,513     千円          △275,470     千円
       在外関係会社の留保利益
                                     △71,727    千円          △73,601    千円
         合計                                △415,585     千円          △399,798     千円
       繰延税金資産(固定)の純額                                △330,656     千円          △314,415     千円
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
     法定実効税率                                   35.64   %            33.06   %
     (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.95  %            0.91  %
       住民税均等割                                   1.19  %            1.13  %
       税率改定の影響額                                   0.40  %            0.21  %
       評価性引当額                                  △0.93   %            0.31  %
       在外関係会社の留保利益                                   1.70  %            0.66  %
       連結子会社の税率差異                                  △3.22   %           △3.31   %
      外国源泉税等
                                        2.87  %            4.17  %
       その他                                   0.22  %           △0.51   %
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                   38.82   %            36.63   %
                                 55/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
       「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会で
      成立したことに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消
      されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前連結会計年度の32.30%から、回収又は支払が見込まれる期間が平
      成28年4月1日から平成30年3月31日までのものは30.90%、平成30年4月1日以降のものについては30.66%にそれ
      ぞれ変更されております。
       その結果、繰延税金負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)が12,195千円減少し、当連結会計年度に計
      上された法人税等調整額が1,798千円、その他有価証券評価差額金が14,179千円、繰延ヘッジ損益が184千円それぞれ
      増加しております。
       (賃貸等不動産関係)

       賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
        当社及び連結子会社の事業は、合成樹脂関連商品の販売等並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるた
       め、記載を省略しております。
        【関連情報】

       前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
                     合成樹脂原料          合成樹脂製品           その他          合計
     外部顧客への売上高(千円)                  47,893,205          8,217,556           926,358        57,037,121

     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
          日本             中国             その他              合計
          38,088,123     千円        15,502,210     千円         3,446,786     千円        57,037,121     千円

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2) 有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
       当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
                     合成樹脂原料          合成樹脂製品           その他          合計
     外部顧客への売上高(千円)                  47,732,817          8,870,401          1,192,444         57,795,664

                                 56/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2.地域ごとの情報
      (1) 売上高
          日本             中国             その他              合計
          37,465,929     千円        16,174,564     千円         4,155,170     千円        57,795,664     千円

      (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2) 有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

      外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

     1.関連当事者との取引
     (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)     連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
     前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                             議決権等
          会社等        資本金又
                      事業の内容       の所有     関連当事者           取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地   は出資金                      取引の内容           科目
                       又は職業     (被所有)割合       との関係           (千円)          (千円)
         又は氏名        (百万円)
                              (%)
                                       合成樹脂
         双日
                      合成樹脂商品       (被所有)      商品の購入           3,007,945    支払手形
              大阪市
     親会社              3,000                    商品の購入               1,193,129
         プラネット
              中央区
                      関連事業       直接 46.56      役員の兼任           (仕入高)    及び買掛金
         株式会社
                                       (注)2
      (注) 1.上記の金額の内、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              市場価格を参考に決定しております。
     当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                             議決権等
          会社等        資本金又
                      事業の内容       の所有     関連当事者           取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地   は出資金                      取引の内容           科目
                       又は職業     (被所有)割合       との関係           (千円)          (千円)
         又は氏名        (百万円)
                              (%)
                                       合成樹脂
         双日
              大阪市       合成樹脂商品       (被所有)      商品の購入           2,816,286    支払手形
     親会社              3,000                    商品の購入               1,080,535
         プラネット
              中央区       関連事業       直接 46.56      役員の兼任           (仕入高)    及び買掛金
         株式会社
                                       (注)2
      (注) 1.上記の金額の内、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              市場価格を参考に決定しております。
                                 57/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (イ)     連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
     前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                 議決権等
            会社等
                      資本金又     事業の内容       の所有     関連当事者          取引金額       期末残高
      種類     の名称      所在地                          取引の内容          科目
                      は出資金     又は職業     (被所有)割合       との関係          (千円)       (千円)
           又は氏名
                                  (%)
                                           合成樹脂
                                                 592,354
          TOYO  INK
                                      原材料の
     関連会社
                                           商品の販売         売掛金    136,191
                                                 (売上高)
          COMPOUNDS
                 ベトナム       5,900   合成樹脂商品      (所有)      販売
     (当該関連
                                           (注)2
     会社の子会     VIETNAM
                 バクニン県      千米ドル    関連事業      直接 20.00      債務保証
                                           債務保証
     社を含む)
          CO.,  LTD.
                                      役員の兼任
                                                 262,260     -    -
                                           (注)3
     関連会社
          マーベリック                                 合成樹脂
                 東京都         合成樹脂商品      (所有)      商品の購入          1,090,480
     (当該関連
          パートナーズ           100百万円                      商品の購入         買掛金    284,840
     会社の子会
                 千代田区         関連事業      直接 15.00      役員の兼任           (仕入高)
          株式会社                                 (注)2
     社を含む)
      (注) 1.上記の金額の内、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              市場価格を参考に決定しております。
        3.金融機関からの借入金等に対して、当社が債務保証を行っております。
     当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

                                 議決権等
            会社等
                      資本金又     事業の内容       の所有     関連当事者          取引金額       期末残高
      種類     の名称      所在地                          取引の内容          科目
                      は出資金     又は職業     (被所有)割合       との関係          (千円)       (千円)
           又は氏名
                                  (%)
                                           合成樹脂
                                                 422,244
          TOYO  INK
                                      原材料の
     関連会社
                                           商品の販売         売掛金    59,359
                                                 (売上高)
          COMPOUNDS
                 ベトナム       5,900   合成樹脂商品      (所有)      販売
     (当該関連
                                           (注)2
     会社の子会     VIETNAM
                 バクニン県      千米ドル    関連事業      直接 20.00      債務保証
                                           債務保証
     社を含む)
          CO.,  LTD.
                                      役員の兼任
                                                 146,090     -    -
                                           (注)3
     関連会社
          マーベリック                                 合成樹脂
                                                 939,153
                 東京都         合成樹脂商品      (所有)      商品の購入
     (当該関連
          パートナーズ           100百万円                      商品の購入         買掛金    242,704
     会社の子会
                 千代田区         関連事業      直接 15.00      役員の兼任
                                                 (仕入高)
          株式会社                                 (注)2
     社を含む)
      (注) 1.上記の金額の内、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
              市場価格を参考に決定しております。
        3.金融機関からの借入金等に対して、当社が債務保証を行っております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
        双日株式会社(東京証券取引所に上場)
        双日プラネット株式会社(非上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務情報

        該当事項はありません。
                                 58/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成26年4月1日            (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 998円75銭             1,033円03銭
     1株当たり当期純利益金額                                  57円32銭              62円82銭

      (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    平成26年4月1日            (自    平成27年4月1日
                項目
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                 490,030              537,019

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       490,030              537,019
      当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                8,548,367              8,548,330
        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                項目
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                 8,584,610              8,860,456
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                   46,944              29,831

      (うち非支配株主持分(千円))                                  ( 46,944   )           ( 29,831   )

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                 8,537,665              8,830,625

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                      8,548,367              8,548,310
     株式の数(株)
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 59/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                    3,073,804         2,905,200           1.55       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                     365,000         179,000          1.38       -
     1年以内に返済予定のリース債務                     15,109         17,974          1.93       -
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          420,000         632,000          1.37     H29年~H30年
     のものを除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定
                           24,232         27,954          2.68     H28年~H36年
     のものを除く。)
     その他有利子負債
       割賦購入ソフトウエアに係る未
                           50,002         49,190          1.90       -
      払金
       割賦購入ソフトウエアに係る長
                          112,521         64,759          1.07     H29年~H32年
      期未払金
            合計             4,060,670         3,876,079         -          -
      (注) 1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金、リース債務及び長期未払金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内におけ
          る返済予定額は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金              407,000          225,000            -          -
           リース債務               11,916          5,996          4,956          2,851
           その他有利子負債
             長期未払金               46,578          13,914          4,032           233
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
      (2) 【その他】

      当連結会計年度における四半期情報等
            (累計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高               (千円)      14,577,743         29,747,965         44,350,111         57,795,664

     税金等調整前四半期(当期)
                     (千円)        197,508         409,963         656,510         852,372
     純利益金額
     親会社株主に帰属する
                     (千円)        130,009         269,374         439,454         537,019
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり四半期(当期)
                     (円)        15.21         31.51         51.41         62.82
     純利益金額
            (会計期間)              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額                (円)        15.21         16.30         19.90         11.41

                                 60/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2 【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,692,501              1,491,235
                                      ※3  2,601,130            ※3  3,285,660
         受取手形
         電子記録債権                                860,761             1,307,201
                                      ※3  9,194,166            ※3  8,001,074
         売掛金
         商品及び製品                                580,899              656,554
         原材料及び貯蔵品                                  457              839
         前渡金                                 2,133              2,365
         前払費用                                 25,106              24,956
         繰延税金資産                                 30,604              31,420
         未収入金                                 97,775              36,094
         その他                                 61,604              53,701
                                         △ 7,900             △ 5,500
         貸倒引当金
         流動資産合計                               15,139,241              14,885,605
       固定資産
         有形固定資産
           建物                               17,212              14,299
           機械及び装置                                148              105
           工具、器具及び備品                               1,608              1,745
           土地                                549              549
                                          14,538              18,306
           リース資産
           有形固定資産合計                               34,057              35,006
         無形固定資産
           商標権                               1,538              1,313
                                       ※2  184,642            ※2  129,125
           ソフトウエア
           リース資産                               2,229              2,602
                                          6,488              6,488
           電話加入権
           無形固定資産合計                              194,898              139,529
         投資その他の資産
                                      ※1  1,535,050            ※1  1,554,252
           投資有価証券
           関係会社株式                             1,258,075              1,276,756
           関係会社出資金                              640,607              640,607
           破産更生債権等                               3,499               208
           長期前払費用                               7,537              7,237
           差入保証金                               84,239              88,897
                                          △ 208             △ 208
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             3,528,800              3,567,750
         固定資産合計                               3,757,757              3,742,286
       資産合計                                18,896,998              18,627,892
                                 61/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※3  1,141,658            ※3  1,239,576
         支払手形
                                    ※1 、 ※3  7,029,699          ※1 、 ※3  6,387,032
         買掛金
         短期借入金                               2,200,000              2,300,000
         1年内返済予定の長期借入金                                365,000              179,000
         リース債務                                 6,340              8,903
         未払金                                176,535               97,287
         未払費用                                 68,826              74,867
         未払法人税等                                109,050               94,484
         前受金                                  627             1,947
         預り金                                 5,522              4,821
         賞与引当金                                 55,521              59,877
                                          5,401              11,544
         その他
         流動負債合計                               11,164,184              10,459,341
       固定負債
         長期借入金                                420,000              632,000
         リース債務                                 10,481              12,421
         退職給付引当金                                195,671              216,465
         役員退職慰労引当金                                 55,500              66,300
         長期預り保証金                                118,907              123,729
         長期未払金                                113,047               65,657
                                         209,211              193,759
         繰延税金負債
         固定負債合計                               1,122,819              1,310,331
       負債合計                                 12,287,003              11,769,673
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                793,050              793,050
         資本剰余金
                                         721,842              721,842
           資本準備金
           資本剰余金合計                               721,842              721,842
         利益剰余金
           利益準備金                               71,880              71,880
           その他利益剰余金
             別途積立金                            3,910,000              4,060,000
             繰越利益剰余金                             542,958              628,232
           利益剰余金合計                              4,524,838              4,760,112
         自己株式                                 △ 949             △ 979
         株主資本合計                               6,038,782              6,274,024
       評価・換算差額等
         その他有価証券評価差額金                                571,652              589,944
                                          △ 439            △ 5,750
         繰延ヘッジ損益
         評価・換算差額等合計                                571,213              584,194
       純資産合計                                 6,609,995              6,858,219
      負債純資産合計                                  18,896,998              18,627,892
                                 62/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
                                     ※1  37,636,556            ※1  37,002,665
      売上高
                                     ※1  35,854,290            ※1  35,206,970
      売上原価
      売上総利益                                  1,782,266              1,795,695
                                   ※1 、 ※2  1,311,870          ※1 、 ※2  1,319,659
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                   470,395              476,035
      営業外収益
       受取利息                                    10              10
                                      ※1  160,037            ※1  156,602
       受取配当金
       仕入割引                                   508              405
       為替差益                                  10,739                -
       貸倒引当金戻入額                                  3,661              2,400
                                       ※1  3,547            ※1  3,552
       その他
       営業外収益合計                                 178,503              162,970
      営業外費用
       支払利息                                  49,167              47,769
       手形売却損                                  7,912              6,086
       為替差損                                    -            27,205
       売上割引                                  12,856              12,849
                                         10,490               8,565
       その他
       営業外費用合計                                  80,426              102,476
      経常利益                                   568,472              536,530
      特別利益
                                       ※1  31,199
                                                         -
       子会社清算益
       特別利益合計                                  31,199                -
      税引前当期純利益                                   599,671              536,530
      法人税、住民税及び事業税
                                         151,911              166,015
                                         32,892              △ 1,532
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   184,803              164,483
      当期純利益                                   414,867              372,046
                                 63/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                 資本金                          その他利益剰余金
                      資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                         別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            793,050      721,842      721,842       71,880     3,760,000       406,316     4,238,196
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 128,225     △ 128,225
      当期純利益                                           414,867      414,867
      別途積立金の積立                                    150,000     △ 150,000        -
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               -      -      -      -    150,000      136,642      286,642
     当期末残高            793,050      721,842      721,842       71,880     3,910,000       542,958     4,524,838
                    株主資本              評価・換算差額等

                                               純資産合計
                            その他有価証券             評価・換算
                自己株式     株主資本合計            繰延ヘッジ損益
                            評価差額金            差額等合計
     当期首残高             △ 949    5,752,139       292,137        580    292,717     6,044,857
     当期変動額
      剰余金の配当                 △ 128,225                        △ 128,225
      当期純利益                  414,867                         414,867
      別途積立金の積立                    -                         -
      自己株式の取得                    -                         -
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                        279,515      △ 1,020     278,495      278,495
      額)
     当期変動額合計               -    286,642      279,515      △ 1,020     278,495      565,137
     当期末残高             △ 949    6,038,782       571,652       △ 439    571,213     6,609,995
                                 64/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成27年4月1日 至           平成28年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                 資本金                          その他利益剰余金
                      資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                         別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            793,050      721,842      721,842       71,880     3,910,000       542,958     4,524,838
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 136,773     △ 136,773
      当期純利益                                           372,046      372,046
      別途積立金の積立                                    150,000     △ 150,000        -
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               -      -      -      -    150,000       85,273      235,273
     当期末残高            793,050      721,842      721,842       71,880     4,060,000       628,232     4,760,112
                    株主資本              評価・換算差額等

                                               純資産合計
                            その他有価証券             評価・換算
                自己株式     株主資本合計            繰延ヘッジ損益
                            評価差額金            差額等合計
     当期首残高             △ 949    6,038,782       571,652       △ 439    571,213     6,609,995
     当期変動額
      剰余金の配当                 △ 136,773                        △ 136,773
      当期純利益                  372,046                         372,046
      別途積立金の積立                    -                         -
      自己株式の取得             △ 30     △ 30                        △ 30
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                        18,291      △ 5,310      12,981      12,981
      額)
     当期変動額合計              △ 30    235,242       18,291      △ 5,310      12,981      248,224
     当期末残高             △ 979    6,274,024       589,944      △ 5,750     584,194     6,858,219
                                 65/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
           その他有価証券
            ・時価のあるもの
             決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、
            移動平均法により算定)を採用しております。
            ・時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)  デリバティブ等の評価基準及び評価方法
            時価法を採用しております。
          (3)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
            先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)により算
           定しております。
         2.固定資産の減価償却の方法

          (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については定額法)を採用して
           おります。
            なお、取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産については、3年間で均等償却をしておりま
           す。主な耐用年数は次のとおりです。
             建物           8年~39年
             機械及び装置        2年~8年
             工具、器具及び備品           2年~20年
          (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          (3)  リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (4)  長期前払費用
            定額法を採用しております。
         3.引当金の計上基準

          (1) 貸倒引当金
            期末債権の貸倒損失に備えて、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
           いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2) 賞与引当金
            従業員の賞与金の支出に備えて、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
          (3) 退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務に基づき、当事業年度末において
           発生していると認められる額を計上しております。
            退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とす
           る方法を用いた簡便法を適用しております。
          (4) 役員退職慰労引当金
            役員の退職慰労金の支出に備えて、役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しており
           ます。
                                 66/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
         4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
           外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
          ます。
         5.ヘッジ会計の方法

          (1) ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については、
           特例処理を採用しております。
          (2) ヘッジ手段、ヘッジ対象及びヘッジ方針
            社内規程に従い、為替変動リスク及び金利変動リスクをヘッジしております。
            a.ヘッジ手段:為替予約
              ヘッジ対象:外貨建輸出入予定取引
            b.ヘッジ手段:金利スワップ
              ヘッジ対象:借入金
          (3) ヘッジ有効性評価の方法
            主として四半期毎に、内部規定に基づき、ヘッジの有効性の事前及び事後テストを実施し、有効性の確
           認を行っております。ただし、特例処理によっている金利スワップ取引については、有効性の評価を省略
           しております。
         6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           消費税等の会計処理
            消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
       (表示方法の変更)

      (貸借対照表関係)
       前事業年度において「流動資産」の「受取手形」に含めて表示しておりました「電子記録債権」は、金額的重要性
      が増加したため、当事業年度より、区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財
      務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「受取手形」に表示していた3,461,891千円は、「受取手形」
      2,601,130千円、「電子記録債権」860,761千円として組み替えております。
                                 67/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1.担保資産及び担保付債務
     担保に供している資産は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     投資有価証券                               14,937   千円              9,891   千円
     担保付債務は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     買掛金                               2,205   千円              2,270   千円
     ※2.所有権が売主に留保されている重要な固定資産

        割賦購入契約に基づき次の固定資産につき所有権が売主に留保されております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     ソフトウエア                              164,612    千円             114,415    千円
     ※3.関係会社に対する債権・債務

        区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     短期金銭債権                              977,770    千円             717,073    千円
     短期金銭債務                             1,532,217     千円            1,503,109     千円
     4.保証債務

        債務保証
        次の関係会社について、金融機関からの借入債務及び仕入先からの仕入債務に対し債務保証を行っております。
               前事業年度                           当事業年度
             (平成27年3月31日)                           (平成28年3月31日)
          保証先            金額      内容         保証先            金額      内容
     株式会社富士松                330,290    千円   借入債務     株式会社富士松                210,815    千円   借入債務
     普拉材料(香港)貿易                      借入債務     普拉材料(香港)貿易                      借入債務
                     720,900    千円                       675,720    千円
                     18,395   千円                        6,677   千円
     有限公司                      仕入債務     有限公司                      仕入債務
     普楽材料貿易(上海)                      借入債務     普楽材料貿易(上海)                   千円   借入債務
                     456,570    千円                       315,336
                     53,766   千円                        36,250
     有限公司                      仕入債務     有限公司                   千円   仕入債務
     Pla Matels (Philippines)                       借入債務     Pla Matels (Philippines)                       借入債務
                     264,330    千円                       281,550    千円
                      9,517   千円                        31,302   千円
     Corporation                      仕入債務     Corporation                      仕入債務
     TOYO INK COMPOUNDS                            TOYO INK COMPOUNDS 
                     262,260    千円   借入債務                    146,090    千円   借入債務
     VIETNAM CO., LTD.                           VIETNAM CO., LTD.
           計        2,116,030     千円              計        1,703,743     千円
     5.受取手形割引高

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     受取手形割引高                              397,437    千円             151,232    千円
                                 68/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1.関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引高が次のとおり含まれております。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
     (1)営業取引
        売上高                          2,779,024     千円            2,670,307     千円
        仕入高                          4,335,793     千円            3,878,942     千円
        販売管理費                            41,791   千円             45,257   千円
     (2)営業取引以外の取引高                              172,022    千円             133,109    千円

     ※2.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
     運賃                               55,401   千円             53,814   千円
     役員報酬                               70,343   千円             70,575   千円
     給料                              372,509    千円             373,586    千円
     賞与                               64,087   千円             66,347   千円
     賞与引当金繰入額                               55,521   千円             59,877   千円
     退職給付費用                               35,782   千円             27,816   千円
     役員退職慰労引当金繰入額                               10,800   千円             10,800   千円
     福利厚生費                               94,361   千円             100,616    千円
     旅費及び交通費                               54,585   千円             59,834   千円
     業務委託費                               57,535   千円             46,260   千円
     賃借料                               94,510   千円             97,410   千円
     支払手数料                               79,275   千円             76,401   千円
     租税公課                               12,763   千円             19,081   千円
     減価償却費                               64,374   千円             70,029   千円
     その他                              190,017    千円             187,207    千円
     販売費及び一般管理費合計                             1,311,870     千円            1,319,659     千円
        おおよその割合

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
     販売費                                57.1  %              57.2  %
     一般管理費                                42.9  %              42.8  %
                                 69/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
      子会社株式及び子会社出資金並びに関連会社出資金は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められ
     るため、時価を記載しておりません。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び子会社出資金並びに関連会社出資金の貸借対照
     表計上額は以下のとおりであります。
                             前事業年度                  当事業年度

             区分
                          (平成27年3月31日)                  (平成28年3月31日)
     子会社株式(千円)                              1,258,075                  1,276,756
     子会社出資金(千円)                               502,252                  502,252

     関連会社出資金(千円)                               138,355                  138,355

       (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       繰延税金資産(流動)
         未払事業税                                  8,319   千円            6,941   千円
         賞与引当金                                 18,377   千円           18,502   千円
         たな卸資産評価損                                   946  千円             566  千円
         その他                                  2,962   千円            5,411   千円
         合計                                 30,604   千円           31,420   千円
       繰延税金負債(流動)
         合計                                   - 千円             - 千円
       繰延税金資産(流動)の純額                                 30,604   千円           31,420   千円
       繰延税金資産(固定)

         貸倒引当金                                   51 千円             64 千円
         退職給付引当金                                 63,280   千円           66,368   千円
         役員退職慰労引当金                                 17,949   千円           20,328   千円
       差入保証金評価損                                  7,428   千円            7,043   千円
         投資有価証券評価損                                  4,227   千円            4,007   千円
       その他                                   695  千円             664  千円
         小計                                 93,630   千円           98,474   千円
         評価性引当額                                △29,604    千円          △31,378    千円
         合計                                 64,026   千円           67,096   千円
       繰延税金負債(固定)
         その他有価証券評価差額金                                △273,237     千円          △260,855     千円
         合計                                △273,237     千円          △260,855     千円
       繰延税金資産(固定)の純額                                △209,211     千円          △193,759     千円
                                 70/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
     法定実効税率                                   35.64   %            33.06   %
     (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.95  %            1.16  %
       住民税均等割                                   1.43  %            1.61  %
      受取配当金の益金不算入                                  △9.02   %           △7.49   %
       税率改定の影響額                                   1.47  %            1.07  %
       評価性引当額                                  △0.10   %            0.62  %
      外国子会社配当源泉税損金不算入                                   0.50  %            0.33  %
       その他                                  △0.06   %            0.30  %
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                   30.82   %            30.66   %
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会で
      成立したことに伴い、当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消され
      るものに限る)に使用した法定実効税率は、前事業年度の32.30%から、回収又は支払が見込まれる期間が平成28年4
      月1日から平成30年3月31日までのものは30.90%、平成30年4月1日以降のものについては30.66%にそれぞれ変更
      されております。
       その結果、繰延税金負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)が8,386千円減少し、当事業年度に計上され
      た法人税等調整額が5,724千円、その他有価証券評価差額金が14,293千円、繰延ヘッジ損益が183千円それぞれ増加し
      ております。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 71/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:千円)
                                                       減価償却
       区分        資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
     有形固定資産
             建物             17,212        -      -     2,913      14,299      40,037
             機械及び装置              148       -      -      43      105     4,288
             工具、器具及び備品             1,608      1,008        0     871     1,745      15,562
             土地              549       -      -      -      549       -
             リース資産             14,538      11,518        -     7,750      18,306      17,210
                 計        34,057      12,527         0    11,578      35,006      77,098
     無形固定資産
             商標権             1,538        -      -      225     1,313        -
             ソフトウエア            184,642       1,500        -    57,017      129,125         -
             リース資産             2,229      1,581        -     1,208      2,602        -
             電話加入権             6,488        -      -      -     6,488        -
                 計        194,898       3,081        -    58,450      139,529         -
         【引当金明細表】

                                                    (単位:千円)
                                        当期減少額
          区分         当期首残高        当期増加額                         当期末残高
                                    目的使用         その他
     貸倒引当金                 8,108        5,500        7,900          -       5,708
     賞与引当金                 55,521        59,877        55,521          -      59,877
     役員退職慰労引当金                 55,500        10,800          -        -      66,300
      (注)    引当金の計上理由及び額の算定の方法は、「(重要な会計方針)3.引当金の計上基準」に記載のとおりであ
         ります。
      (2) 【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                 72/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中
     基準日             3月31日
                  9月30日
     剰余金の配当の基準日
                  3月31日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社              証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所               ―――――
       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                  当社の公告方法は、電子公告としております。
                  ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日
     公告掲載方法             本経済新聞に掲載しております。
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  http://www.plamatels.co.jp
     株主に対する特典             該当事項なし
                                 73/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第7 【提出会社の参考情報】

     1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度(第86期)(自             平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)           平成27年6月23日関東財務局長に提出。
     (2) 内部統制報告書及びその添付書類

       平成27年6月23日関東財務局長に提出。
     (3) 四半期報告書及び確認書

       (第87期第1四半期)(自              平成27年4月1日          至   平成27年6月30日)           平成27年8月13日関東財務局長に提出。
       (第87期第2四半期)(自              平成27年7月1日          至   平成27年9月30日)           平成27年11月12日関東財務局長に提出。
       (第87期第3四半期)(自              平成27年10月1日          至   平成27年12月31日)           平成28年2月10日関東財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
       臨時報告書
       平成27年6月24日関東財務局長に提出。
                                 74/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 75/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年6月23日

     プラマテルズ株式会社
      取締役会  御中
                        有限責任 あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          根      本      剛      光      ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          山      田      大      介      ㊞
                         業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるプラマテルズ株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、プ
     ラマテルズ株式会社及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
     営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 76/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、プラマテルズ株式会社の平成
     28年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、プラマテルズ株式会社が平成28年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠し
     て、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      プラマテルズ株式会社(E02940)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年6月23日

     プラマテルズ株式会社
      取締役会  御中
                        有限責任 あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          根      本      剛      光      ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          山      田      大      介      ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるプラマテルズ株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第87期事業年度の財務諸表、すなわち、貸
     借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、プラマ
     テルズ株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点
     において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。