株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス 有価証券報告書 第19期(平成27年3月1日-平成28年2月29日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第19期(平成27年3月1日-平成28年2月29日)

提出日:

提出者:株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年5月30日

     【事業年度】                      第19期(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

     【会社名】                      株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

     【英訳名】                      create    restaurants      holdings     inc.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  岡本 晴彦

     【本店の所在の場所】                      東京都品川区東五反田五丁目10番18号

     【電話番号】                      03(5488)8001(代表)

     【事務連絡者氏名】                      専務取締役  川井 潤

     【最寄りの連絡場所】                      東京都品川区東五反田五丁目10番18号

     【電話番号】                      03(5488)8001(代表)

     【事務連絡者氏名】                      専務取締役  川井 潤

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/85









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
            回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

           決算年月           平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月       平成27年2月       平成28年2月

     売上高            (千円)     34,624,754       37,167,220       52,523,177       69,309,858       103,271,669

     経常利益            (千円)     3,558,313       2,827,851       3,796,122       4,383,960       7,340,019

     当期純利益            (千円)     1,314,569       1,317,612       1,811,741       6,495,571       3,321,580

     包括利益            (千円)     1,284,310       1,505,004       2,203,215       6,712,801       4,050,524

     純資産額            (千円)     6,127,239       3,744,623       9,332,001       19,676,054       22,996,236

     総資産額            (千円)     16,514,476       19,047,655       35,819,142       47,034,270       72,530,421

     1株当たり純資産額             (円)       44.45       46.10       98.87       161.55       185.42

     1株当たり当期純利益             (円)        9.54       11.94       20.41       68.82       35.19

     潜在株式調整後
                  (円)         -       -      20.37       64.88       32.96
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        37.1       19.7       26.1       32.4       24.1
     自己資本利益率             (%)        23.3       26.7       27.7       52.9       20.3

     株価収益率             (倍)        6.0       16.8       15.8        7.4       27.7

     営業活動による
                 (千円)     2,936,367       3,602,043       4,567,746       6,298,211       10,352,672
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)    △ 2,017,504      △ 2,604,114      △ 10,135,346       △ 8,077,932      △ 20,540,375
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)     1,217,849         441,126      4,824,174       10,238,813       11,542,485
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)     3,808,525       5,649,080       5,253,119       13,798,102       15,136,900
     の期末残高
     従業員数
                         1,266       1,325       1,940       2,259       3,171
     〔外、平均臨時
                  (名)
                        〔 2,131   〕    〔 2,433   〕    〔 3,777   〕    〔 4,976   〕    〔 7,049   〕
      雇用者数〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を、平成28年3月1日付で普通株式1株に
          つき3株の割合で株式分割をそれぞれ行っております。このため、第15期の期首に当該株式分割が行われた
          と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定し
          ております。
        3.第15期から第16期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
                                  2/85






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
            回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

           決算年月           平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月       平成27年2月       平成28年2月

     売上高            (千円)     3,712,278       5,165,774       5,416,638       5,383,573       5,467,611

     経常利益            (千円)     2,358,293       3,697,267       2,811,671       2,718,704       2,749,865

     当期純利益            (千円)      889,625      2,519,501       1,667,167       1,069,656       1,021,628

     資本金            (千円)     1,012,212       1,012,212       1,012,212       1,012,212       1,012,212

     発行済株式総数             (株)    15,314,832       10,524,738       10,524,738       31,574,214       31,574,214

     純資産額            (千円)     5,214,565       3,923,044       8,991,253       9,326,408       9,470,593

     総資産額            (千円)     21,785,225       24,720,410       28,488,259       33,294,481       48,032,366

     1株当たり純資産額             (円)       37.83       48.30       95.26       98.81       100.34

     1株当たり配当額
                         25.00       48.00       66.00       45.34       35.00
     (内、1株当たり             (円)
                          ( -)       ( -)     ( 30.00   )    ( 34.00   )    ( 16.50   )
      中間配当額)
     1株当たり当期純利益             (円)        6.45       22.83       18.78       11.33       10.82
     潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        23.9       15.9       31.6       28.0       19.7
     自己資本利益率             (%)        18.0       55.1       25.8       11.7       10.9

     株価収益率             (倍)        8.9       8.8       17.2       44.9       90.1

     配当性向             (%)        43.0       23.4       39.1       66.7      107.79

     従業員数
                          78       111       113       124       112
     〔外、平均臨時
                  (名)
                          〔 1 〕     〔 35 〕     〔 43 〕     〔 49 〕      〔 5 〕
      雇用者数〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.当社は、平成24年9月5日付でその他の関係会社であった三菱商事株式会社が所有する当社株式のすべて
          (6,290,000株)を自己株式の公開買付けにより取得し、平成24年9月28日付で自己株式4,790,094株を消却
          しております。
        4.第17期の1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第一部への市場変更による記念配当6円を含んでおり
          ます。
        5.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を、平成28年3月1日付で普通株式1株に
          つき3株の割合で株式分割をそれぞれ行っております。このため、第15期の期首に当該株式分割が行われた
          と仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び配当性向を算定しております。
                                  3/85






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       当社は、平成9年4月22日に地ビール製造販売を主な事業とする、株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニー
      として設立されました。その後、平成11年4月1日に株式会社クリエイト・レストランツへと商号変更し、平成11年
      5月1日に株式会社徳壽より洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受けて、本格的にレストラン事業の展開を開始いた
      しました。平成12年1月の三菱商事株式会社の資本参加につきましては、同社がレストラン事業の運営ノウハウを
      もった当社へ事業投資を行ったものであります。
       また、平成22年1月15日に当社が100%の出資を行い、株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパン(現 株式会
      社クリエイト・レストランツ)を設立し、当社は平成22年3月1日より、事業持株会社体制へ移行いたしました。
       株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニー設立以後の経緯は、次のとおりであります。
      平成9年4月        徳壽クリエイティブサービス株式会社〔(注)1〕が100%出資し、地ビール製造販売会社とし
             て、神奈川県横須賀市に株式会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニーを設立
      平成11年4月        東京都渋谷区神南一丁目17番5号に本店移転
        同     株式会社クリエイト・レストランツに商号変更
      平成11年5月        株式会社徳壽〔(注)2〕より洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受け、レストラン事業を開始
      平成12年1月        三菱商事株式会社が資本参加
      平成12年6月        株式会社オリエント・レストランツより洋食レストラン5店舗の営業譲渡を受ける
      平成12年7月        静岡県御殿場市の御殿場プレミアムアウトレット内に「フードバザー御殿場」を出店し、フード
             コート事業を開始
      平成15年7月        株式会社徳壽(旧徳壽クリエイティブサービス株式会社)より「雛鮨」等13店舗の営業譲渡を受
             ける
      平成16年4月        営業店舗数100店舗を達成
      平成16年8月        本店を東京都渋谷区渋谷二丁目15番1号に移転
      平成17年3月        2005年日本国際博覧会に「フェスティバルフードコート 愛知万博」を出店
      平成17年4月        営業店舗数200店舗を達成
      平成17年9月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
      平成18年11月        営業店舗数300店舗を達成
      平成19年8月        株式会社吉祥との合弁会社「株式会社クリエイト吉祥」が営業を開始
      平成20年5月        上海豫園南翔饅頭店有限公司との合弁会社「上海豫園商城創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成22年1月        100%出資により「株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパン」〔(注)3〕を設立
      平成22年3月        事業持株会社体制へ移行
      平成22年5月        上海豫園商城創造餐飲管理有限公司を通じて、2010年上海国際博覧会に「上海豫園南翔饅頭店」
             を出店、「中華美食街」の運営管理を受託
      平成22年6月        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスに商号変更
      平成22年10月        100%出資により「中國創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成23年2月        100%出資により「create            restaurants      asia   Pte.   Ltd.」を設立
      平成23年3月        「中國創造餐飲管理有限公司」の100%出資により「上海創思餐飲管理有限公司」を設立
      平成23年12月        本店を東京都品川区東五反田五丁目10番18号に移転
      平成24年3月        株式会社ルモンデグルメの株式を100%取得し完全子会社化
      平成24年7月        「中國創造餐飲管理有限公司」の100%出資により「香港創造餐飲管理有限公司」を設立
      平成25年4月        SFPダイニング株式会社の株式を74.6%取得し子会社化
        同     株式会社イートウォーク、株式会社イートウォークWEST、有限会社EWC3社の株式を
             100%取得し完全子会社化〔(注)4〕
      平成25年10月        東京証券取引所市場第一部へ市場変更
                                  4/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      平成26年4月        株式会社YUNARIの株式を100%取得し完全子会社化
      平成26年10月        100%出資により「台湾創造餐飲股份有限公司」を設立
      平成26年11月        R21Cuisine株式会社の株式(99.97%)取得し子会社化、商号を「株式会社上海美食
             中心」に変更
      平成26年12月        連結子会社SFPダイニング株式会社が東京証券取引所市場第二部へ新規上場〔(注)5〕
      平成27年3月        共同新設分割(簡易分割)により、株式会社グルメブランズカンパニーを設立〔(注)6〕
      平成27年6月        株式会社KRフードサービスの株式を99.8%取得し子会社化
      平成27年8月        株式会社アールシー・ジャパンの株式を100%取得し完全子会社化
      平成28年3月        100%出資により「Create            Restaurants      NY  Inc.」を設立
      (注)   1.徳壽クリエイティブサービス株式会社は、その後平成13年4月に株式会社徳壽へ商号変更しました。
        2.株式会社徳壽は、その後平成13年4月にレストラン・インベストメンツ株式会社へ商号変更しました。
        3.株式会社クリエイト・レストランツ・ジャパンは、その後平成22年6月に株式会社クリエイト・レストラン
          ツへ商号変更しました。
        4.平成25年8月1日付で、株式会社イートウォークを存続会社、株式会社イートウォークWEST及び有限会
          社EWCをそれぞれ消滅会社とし、合併いたしました。
        5.SFPダイニング株式会社の新規上場に伴い、同社が公募増資等を実施したことから、当社の同社株式保有
          割合は、93.50%から68.68%に変更しております。なお、自己株式の取得や処分並びにストックオプション
          の行使により、当連結会計年度末時点での当社の同社株式保有割合は、67.20%となっております。
        6.当社及び子会社である株式会社クリエイト・レストランツとの共同新設分割により、株式会社グルメブラン
          ズカンパニーを設立し、一部事業を承継しております。
      3【事業の内容】

       当社グループは、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(当社)、株式会社クリエイト・レスト
      ランツ、株式会社クリエイト吉祥、株式会社ルモンデグルメ、株式会社イートウォーク、SFPダイニング株式会
      社、株式会社YUNARI、株式会社上海美食中心、平成27年3月6日付で株式会社クリエイト・レストランツとの
      共同新設分割により設立した株式会社グルメブランズカンパニー、平成27年6月30日付で株式99.8%を取得し、新た
      に子会社となった株式会社KRフードサービス、平成27年8月31日付で全株式を取得し、新たに子会社となった株式
      会社アールシー・ジャパン、中國創造餐飲管理有限公司、create                               restaurants      asia   Pte.   Ltd.、上海創思餐飲管理有
      限公司及び香港創造餐飲管理有限公司の連結子会社14社、台湾創造餐飲股份有限公司及び平成28年2月18日付でSF
      Pダイニング株式会社が100%出資して設立した子会社SFP音響株式会社の非連結子会社2社、上海豫園商城創造餐
      飲管理有限公司、上海造恵餐飲管理有限公司、大連造恵美食有限公司及びEastern                                       Cuisine(Thailand)Co.Ltd.の関連
      会社4社で構成されており、飲食事業を展開しております。なお、台湾創造餐飲股份有限公司及びSFP音響株式会
      社は持分法を適用していない非連結子会社、上海豫園商城創造餐飲管理有限公司、上海造恵餐飲管理有限公司、大連
      造恵美食有限公司及びEastern              Cuisine(Thailand)Co.Ltd.は、持分法を適用していない関連会社であります。
       また、株式会社後藤国際商業研究所が親会社等に該当し、同社は当社の株式を平成28年2月29日現在、14,721,000
      株(議決権比率46.81%)保有しております。
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  5/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (事業系統図)
      (注)   1.平成27年3月6日付で、当社と株式会社クリエイト・レストランツとの共同新設分割(簡易分割)により、














          新たに株式会社グルメブランズカンパニーを設立し、子会社としております。
        2.平成27年6月30日付で、株式会社KRフードサービスの株式99.8%を取得し、新たに子会社としておりま
          す。
        3.平成27年8月31日付で、株式会社アールシー・ジャパンの全株式を取得し、新たに子会社としております。
        4.平成28年2月18日付で、SFPダイニング株式会社が100%出資の子会社SFP音響株式会社を設立いたし
          ました。同社は、持分法を適用していない非連結子会社です。
        5.台湾創造餐飲股份有限公司は、持分法を適用していない非連結子会社です。
        6.上海豫園商城創造餐飲管理有限公司、上海造恵餐飲管理有限公司、大連造恵美食有限公司及びEastern
          Cuisine(Thailand)Co.Ltd.は、持分法を適用していない関連会社です。
        7.株式会社後藤国際商業研究所は、当社の代表取締役会長である後藤仁史が代表を務める資産保全会社です。
                                  6/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                           議決権の
                                    主要な事業の       所有割合又は
           名称           住所       資本金                      関係内容
                                      内容     被所有割合
                                            (%)
     (連結子会社)
                                                   役員の兼任あり
                                            直接所有       店舗設備の賃貸
                    東京都品川区         100,000千円        飲食事業
     株式会社クリエイト・
                                             100.00     店舗運営業務委託
     レストランツ(注)1、2
                                                    資金の貸付
     (連結子会社)
                                                   役員の兼任あり
                                            直接所有       店舗設備の賃貸
                    東京都品川区         55,000千円       飲食事業
                                             100.00     店舗運営業務委託
     株式会社クリエイト吉祥
                                                    資金の借入
     (連結子会社)
                                            直接所有
                    東京都品川区         90,000千円       飲食事業               資金の借入
                                             100.00
     株式会社ルモンデグルメ
                                                   役員の兼任あり
     (連結子会社)
                                            直接所有       店舗設備の賃貸
                    東京都品川区         10,000千円       飲食事業
                                             100.00     店舗運営業務委託
     株式会社イートウォーク
                                                    資金の貸付
     (連結子会社)
                                            直接所有
                    東京都世田谷区        6,640,175千円         飲食事業              役員の兼任あり
     SFPダイニング株式会社
                                             67.20
     (注)1、3、5
     (連結子会社)
                                                   役員の兼任あり
                                            直接所有
                    東京都品川区          3,000千円       飲食事業
                                             100.00
                                                    資金の貸付
     株式会社YUNARI
                                                   役員の兼任あり
     (連結子会社)
                                            直接所有       店舗設備の賃貸
                    東京都品川区          9,900千円       飲食事業
                                             99.97     店舗運営業務委託
     株式会社上海美食中心
                                                    資金の借入
     (連結子会社)                                             役員の兼任あり
                                            直接所有
                    東京都品川区         10,000千円       飲食事業              店舗設備の賃貸
     株式会社グルメブランズカン
                                             100.00
                                                  店舗運営業務委託
     パニー
                                                   役員の兼任あり
     (連結子会社)
                                            直接所有
                                                   店舗設備の賃貸
                    大阪府大阪市         100,000千円        飲食事業
     株式会社KRフードサービス
                                                  店舗運営業務委託
                                             99.80
     (注)1、4
                                                    資金の借入
     (連結子会社)
                                            直接所有
                                                   役員の兼任あり
                    東京都品川区         100,000千円        飲食事業
     株式会社アールシー・ジャパ
                                                    資金の貸付
                                             100.00
     ン
     (連結子会社)
                                    香港、中国に
                    中華人民共和国
                                    おけるグルー        直接所有
                            167,000千HK$                      役員の兼任あり
     中國創造餐飲管理有限公司
                                    プ会社の統括         100.00
                    香港特別行政区
     (注)1
                                      事業
     (連結子会社)
                                            直接所有
     create    restaurants      asia     シンガポール         9,500千SGP$        飲食事業              役員の兼任あり
                                             100.00
     Pte.   Ltd. (注)1
     (連結子会社)
                    中華人民共和国
                                            間接所有
                             125,000千元
                                     飲食事業              役員の兼任あり
     上海創思餐飲管理有限公司
                                             100.00
                      上海市
     (注)1
     (連結子会社)
                    中華人民共和国                        直接所有
                             20,000千HK$        飲食事業              役員の兼任あり
     香港創造餐飲管理有限公司
                    香港特別行政区                         100.00
     (注)1
     (親会社等)
                                    株式、社債等
                                    有価証券の取         被所有      役員の兼任あり
                     東京都港区         1,000千円
                                    得・保有・売          46.81      取引関係なし
     株式会社後藤国際商業研究所
                                      買他
                                  7/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (注)   1.特定子会社に該当しております。
        2.株式会社クリエイト・レストランツについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売
          上高に占める割合が10%を超えております。
                     (1)  売上高
          主要な損益情報等                    39,084百万円
                     (2)  経常利益
                                △29百万円
                     (3)  当期純利益
                               △134百万円
                     (4)  純資産額
                                △32百万円
                     (5)  総資産額
                               4,197百万円
        3.SFPダイニング株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占
          める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等           (1)  売上高       36,091百万円
                     (2)  経常利益
                               4,668百万円
                     (3)  当期純利益
                               2,959百万円
                     (4)  純資産額
                               16,713百万円
                     (5)  総資産額
                               21,497百万円
        4.株式会社KRフードサービスについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
          占める割合が10%を超えております。
                     (1)  売上高
          主要な損益情報等                    15,586百万円
                     (2)  経常利益
                                884百万円
                     (3)  当期純利益
                                397百万円
                     (4)  純資産額
                               6,806百万円
                     (5)  総資産額       15,076百万円
        5.有価証券報告書の提出会社であります。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
        セグメント情報を記載していないため、事業部門の従業員数を示すと次のとおりであります。
                                                平成28年2月29日現在
              事業部門の名称                           従業員数(名)
     飲食事業                                              3,171(7,049)

                 合計                                  3,171(7,049)

      (注)   1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        2.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員(15名)は含んでおりません。
        3.従業員数が前連結会計年度末に比べて912名増加しておりますが、主に店舗数増加に比例したもの及び平成
          27年6月に株式会社KRフードサービス、同年8月に株式会社アールシー・ジャパンの株式取得により、2
          社を子会社としたことによるものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                平成28年2月29日現在
         従業員数             平均年齢            平均勤続年数             平均年間給与
          112名(5名)                  38.9歳              6.8年          5,270,092円

      (注)   1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3.臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員(15名)は含んでおりません。
       (3)労働組合の状況

        当社グループには労働組合はありませんが、労使関係は円滑であり、特記すべき事項はありません。
                                  8/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】

      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善に加え、訪日観光客によるインバウンド消
        費の増加などにより、全体として緩やかな回復基調で推移しているものの、中国経済をはじめとする新興国経済
        の下振れリスクに加え、年初からの株安、原油安や日銀のマイナス金利導入、さらには軽減税率導入、来年4月
        に予定されている消費税再増税を睨んだ動き等から、慎重な消費マインドが継続しており、先行き不透明な状況
        が続いております。
         外食産業におきましては、引き続き円安基調に伴う原材料価格の高止まりや物流費の上昇、人手不足による人
        件費の上昇等、依然として厳しい経営環境が続いております。
         こうした環境の中、当社グループは、好立地への積極的な新規出店を実施したほか、各グループ事業会社にお
        いてメニューの開発・刷新や来店動機につなげるべく付加価値のある営業施策等を実施し、既存店の店舗力の向
        上を図ったことに加え、近年のインバウンド消費の増加に対応すべく専門部署を立ち上げる等、訪日外国人の獲
        得にも積極的に取り組んでまいりました。
         また、新規M&Aの実施に伴い、当連結会計年度より、株式会社KRフードサービスの106店舗、株式会社
        アールシー・ジャパンの3店舗が新たに連結されたことに加え、優良案件に絞り込んだ出店や商況の変化に合わ
        せた業態変更及び撤退等の迅速な判断を行い、グループ全体では106店舗の新規出店、38店舗の撤退を実施した
        結果、当連結会計年度末における業務受託等を含む連結店舗数は779店舗となりました。
         なお、当社は、平成27年6月30日付で株式会社KRフードサービスの株式99.8%、平成27年8月31日付で株式
        会社アールシー・ジャパンの全株式を取得し、連結子会社としております。
         以上の結果、当連結会計年度における売上高は                      103,271百万円       (前連結会計年度比         49.0%増    )、営業利益      6,749
        百万円   (前連結会計年度比         62.1%増    )、経常利益      7,340百万円      (前連結会計年度比         67.4%増    )、当期純利益は、
        3,321百万円      (前連結会計年度比         48.9%減    )となりました。
         報告セグメントにつきましては、当社は飲食事業以外の報告セグメントが無いため、記載を省略しておりま
        す。なお、飲食事業における主要カテゴリー毎の状況は以下のとおりです。
        (CRカテゴリー)

         当カテゴリーは、株式会社クリエイト・レストランツが運営する店舗で構成されており、郊外のショッピング
        センターを中心に多様なブランドにてレストラン及びフードコートを運営しております。
         株式会社クリエイト・レストランツでは、既存店舗の店舗力向上に注力するとともに、出店による新たなブ
        ラ  ンドを創造することに努めております。
         当連結会計年度におきましては、ローストビーフ丼専門店やキャラクターカフェ等の新たな業態の開発を推進
        し、45店舗の新規出店、20店舗の撤退を実施しております。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は39,084百万円となり、連結店舗数は381店舗となって
        おります。
        (SFPカテゴリー)

         当カテゴリーは、SFPダイニング株式会社が運営する店舗で構成されており、都心繁華街を中心に居酒屋を
        運営しております。主なブランドといたしましては手羽先唐揚げをはじめとする鶏料理専門店の「鳥良」や、海
        鮮居酒屋「磯丸水産」等があります。
         当連結会計年度におきましては、引き続き海鮮居酒屋「磯丸水産」の好調な出店や「鳥良商店」、「きづなす
        し」等の出店により、44店舗の新規出店を実施しております。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は36,091百万円、連結店舗数は176店舗となっておりま
        す。
        (専門ブランドカテゴリー)

         当カテゴリーは、当社100%出資の国内子会社である株式会社クリエイト吉祥、株式会社ルモンデグルメ、株
        式会社イートウォーク、株式会社YUNARIや99.97%出資の株式会社上海美食中心及び平成27年3月6日付
        で当社と株式会社クリエイト・レストランツとの共同新設分割により設立した株式会社グルメブランズカンパ
        ニーに加え、平成27年6月30日に株式99.8%を取得し子会社化した株式会社KRフードサービス、平成27年8月
        31日に全株式を取得し子会社化した株式会社アールシー・ジャパンが運営する店舗で構成されております。
                                  9/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度におきましては、株式会社KRフードサービスが新たに連結されたことに加え、株式会社YU
        NARIが「つけめんTETSU」等を出店した結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は25,198百万
        円、  連結店舗数は192店舗となっております。
        (海外カテゴリー)

         当カテゴリーは、海外において展開している店舗で構成されており、シンガポール国内にて展開している
        create    restaurants      asia   Pte.   Ltd.が運営する店舗、香港にて展開している香港創造餐飲管理有限公司が運営
        する店舗、中國創造餐飲管理有限公司を親会社とし、上海にて展開している上海創思餐飲管理有限公司が運営す
        る店舗で構成されております。
         当連結会計年度におきましては、香港にて「つけめんTETSU」や「ポムポムプリンカフェ」等、4店舗の
        新規出店及びM&Aにより11店舗が増加した一方、中国における不採算店舗の閉鎖等9店舗の撤退を実施いたし
        ました。
         以上の結果、当カテゴリーの当連結会計年度の売上高は2,832百万円、連結店舗数は30店舗となっておりま
        す。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、営業活動によるキャッシュ・フロー
        が 10,352百万円      (前連結会計年度比64.3%増)の資金増、投資活動によるキャッシュ・フローが                                      20,540百万円
        (前連結会計年度比154.3%増)の資金減、財務活動によるキャッシュ・フロー                                     11,542百万円      (前連結会計年度
        比12.7%増)の資金増となり、更に換算差額等を加味した当連結会計年度末の資金残高は                                         15,136百万円      (前連結
        会計年度比9.7%増)となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における営業活動によって得られた資金は                           10,352百万円      となりました。この主な要因は、税金
        等調整前当期純利益         6,713百万円      、減価償却費      3,777百万円      及びのれん償却額        827百万円     を計上する一方で、法人
        税等の支払額      2,238百万円      等があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動によって使用した資金は                           20,540百万円      となりました。この主な要因は、連結
        の範囲の変更を伴う子会社株式の取得よる支出                      12,147百万円      、有形固定資産の取得による支出                6,304百万円      及び
        差入保証金の差入による支出             1,677百万円      等があったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動によって得られた資金は                           11,542百万円      となりました。この主な要因は、長期
        借入れによる収入        16,444百万円      及び社債の発行による収入             3,700百万円      等があった一方で、長期借入金の返済に
        よる支出    5,812百万円      等があったことによるものであります。
                                 10/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【仕入及び販売の状況】
       (1)仕入実績
         当連結会計年度における仕入実績をカテゴリー別に示すと、次のとおりであります。
          カテゴリー名称                 仕入高(千円)                 前年同期比(%)

     CRカテゴリー                            11,742,307                    +8.6

     SFPカテゴリー                            10,414,334                   +63.0
     専門ブランドカテゴリー                             7,535,531                  +299.3
     海外カテゴリー                              731,218                  +2.6
     その他                             △535,370                   +68.8
            合計                     29,888,021                   +53.4
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.金額は、仕入価格で記載しております。
        3.その他は、主に本社一括購入による仕入割戻であります。
        4.上記の金額には、他勘定振替高は含まれておりません。
       (2)販売実績

         当連結会計年度における販売実績をカテゴリー別に示すと、次のとおりであります。
          カテゴリー名称                 販売高(千円)                 前年同期比(%)

     CRカテゴリー                            39,084,813                    +5.9

     SFPカテゴリー                            36,091,241                   +61.9
     専門ブランドカテゴリー                            25,198,099                   +239.5
     海外カテゴリー                             2,832,021                   +14.0
     その他                              65,494                 △68.7
            合計                     103,271,669                    +49.0
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.その他は、主に業務受託収入であります。
      3【対処すべき課題】

        当社は、食の安全性に対する消費者意識の高まりや、外部環境の厳しさが増すと目される中、以下の課題に適切
       に対処してまいります。
       (1)「食の安全・安心」への取り組み

          お客様に「安全」なメニューをご提供し、「安心」して召し上がって頂けるようにすることは、飲食企業に
         とって最重要事項であると認識しております。当社グループといたしましては、「食の安全・安心」に対する
         全役職員の意識浸透及びレベルアップに全力で取り組んでまいります。
          具体的には、お客様の目線から見た「食の安全・安心」に関するモラルについて、従業員に対するメッセー
         ジを繰り返し発信するとともに、経営理念の中核にあるのが「お客様からの信頼」であることを広く浸透させ
         る取り組みを実施しております。また、食の安全安心推進室を中心に、料理や食材の取り扱いに関するマニュ
         アルを随時見直し、これに基づく従業員教育の徹底、店舗オペレーションの強化に努めております。更に、店
         舗と本社の情報共有の仕組みを見直し、社内及びグループ間の報告・連絡体制を迅速化することに加え、店舗
         内のコミュニケーション及びチームワークの強化に取り組んでおります。
       (2)お客様から支持される商品及び業態開発の推進

          お客様の食に対するニーズは、近年のスマートフォン等の普及による情報収集力の向上やライフスタイルの
         変化等により多様化が進んでおり、加えてニーズの変化のスピードも速まっている中、業態(ブランド)及び
         立地の陳腐化も早まる傾向にあります。
          当社では、このようなニーズの変化に機敏に対応していくために、新業態開発室を中心に、立地や店舗の規
         模に合う新たな業態の創出や、マーケティング調査等に取り組んでおります。今後もお客様のニーズに的確か
                                 11/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         つスピーディーに対応するため、マーチャンダイジングの強化を図るとともに、立地特性に応じた業態開発を
         推進してまいります。
       (3)競争力強化に向けた各グループ事業会社の育成

          今後も『グループ連邦経営』を推進するにあたり、各グループ事業会社の競争力の強化は当社グループの持
         続的成長にとって重要であり、各社の競争状況、役割、ステージに応じた効果的な経営指導及び機動的かつ最
         適な経営資源の配分を行っていくことが必要であると認識しております。そのために、当社が各社の経営状態
         を的確に把握できる管理体制の強化に努めるとともに、複数の専門的かつ特徴的な企業文化、戦略を持つ各社
         の経営陣が、グループ内にてそれぞれのノウハウや情報交換等を密に行い、個々の経営力を拡充することがで
         き、加えて、各グループ事業会社が成長に向け、迅速かつ最適な意思決定が可能となる組織体制及び環境を整
         えてまいります。
       (4)本社機能の更なる強化

          『グループ連邦経営』の当社の役割として、グループ全体の経営戦略を策定、実行することのほかに、各グ
         ループ事業会社が持続的な成長戦略の実行に集中できる環境(プラットフォーム)を提供することも必要であ
         ると認識しております。具体的には、各社の間接部門業務の集約化、標準化による効率性の向上と多様な立
         地・業態に対する開発機能の強化、原材料・設備等の集約化によるコスト面でのシナジーの最大化、食の安
         全・安心やコンプライアンスに関連する情報の提供等において一層の強化に取り組み、各社の収益性の最大化
         に資する支援体制強化に努めてまいります。
       (5)人材の確保及び育成の強化

          当社グループは、現在、国内外の複数のグループ事業会社で構成されており、今後も継続的なM&A等の実
         施により、更にグループ事業会社は増加することが見込まれることから、高い専門性を持ち、様々な課題に対
         処し、進化させ、経営することができる人材の育成強化及び優秀な人材の確保が必須と認識しております。
          そのため、人材の確保に関しましては、即戦力となる中途採用に加えて、将来の幹部人材の早期育成のため
         に新卒採用を引き続き拡充してまいります。人材の育成に関しましては、「スピード、クリエイティブ、チャ
         レンジ」という当社グループの経営理念を牽引することを期待される幹部人材の育成強化を計画的に実施でき
         るよう教育・研修システムの整備を進めてまいります。
      4【事業等のリスク】

        当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要
       な影響を及ぼす可能性のある主な事項については、以下のようなものがあります。
        なお、当社グループの事業においてはこれら以外にも様々なリスクを伴っており、ここに記載されたものがリス
       クの全てではありません。また、文中において将来について記載した事項は、当連結会計年度末現在において当社
       グループが判断したものであります。
       (1)外食業界の動向について

        ① 既存店売上高の減少について
          当社グループが属している外食産業については、生活防衛意識の高まりによる消費マインドの低下、調理済
         食材や惣菜を家庭に持ち帰って食する中食市場の成長等の影響により、外食事業者の既存店売上高については
         減少する傾向にあります。
          当社グループといたしましては、サービスの提供方法の変更、内装のリニューアル及び業態変更等を実施す
         ることにより、既存店売上高の維持拡大を目指しております。
          ただし、当社グループが出店している商業施設、ショッピングセンター、駅前及び繁華街等の立地において
         商流の変化及び周辺の商業施設との競合等が生じることによる立地自体の集客力の低下、自然災害等の影響に
         より、既存店舗の売上高が減少した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ② 食材の調達について
          食材につきましては、残留農薬や鳥インフルエンザ等に代表されるように、その安全性が特に問われる環境
         下にあり、以前にも増して安全な食材の確保が重要になっております。
          また、天候不順などによる農作物の不作や新規需要の増加、政府によるセーフガード(緊急輸入制限措置)
         の発動やTPPの発効など需給関係の変動を伴う事態が生じた場合、食材市況に大きな影響を与える可能性が
         あります。
          当社グループにおきましては、様々な業態を運営しているため、特定の食材に依存している事実はありませ
         んが、安全かつ安定した食材の確保については、積極的に取り組む方針であります。
                                 12/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
          ただし、食材に係わる安全性の問題や、諸原材料価格の高騰による食材市況の変動激化等の事態が生じた場
         合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ③ 短時間労働者に対する厚生年金適用拡大等について
          厚生労働省は、将来にわたる年金財政の安定化等を目的に、短時間労働者(正社員以外の労働者で、一週間
         の所定労働時間が正社員より短い労働者)に対する厚生年金への加入基準の拡大を決定しております。
          当社グループは、平成28年2月29日現在において19,591人の臨時従業員を雇用しており、業種柄多くの短時
         間労働者が就業しております。今後、当該年金制度が変更され、厚生年金適用基準の拡大が実施された場合に
         は、当社グループが負担する保険料の増加等により当社グループの業績等に影響を与える可能性があります。
       (2)当社グループのビジネスモデルに係わるリスクについて

        ① 出店政策について
          当社グループは、予め一定以上の集客を見込めるショッピングセンター、地下鉄を含む駅構内、百貨店等の
         商業施設、駅前、繁華街及び郊外ロードサイド等に出店しており、立地条件、賃貸条件、店舗の採算性等の観
         点から、好立地を選別した上で、出店候補地を決定しております。そのため、計画した出店数に見合った出店
         地を十分に確保できない可能性もあり、その場合には、当社グループの業績見通しに影響を与える可能性があ
         ります。
          また、商業施設につきましては、商業デベロッパーとの交渉を経て、当社グループの計画した業態と異なる
         業態の出店を行う場合があります。当社グループにおいては、各業態によりその収益力に差異があるため、計
         画通りの店舗数を出店した場合であっても、業態構成の状況によっては、業績に影響が生じる可能性がありま
         す。
          加えて、当社グループは、賃貸による出店形態を基本としており、賃貸借契約のうち、特に、定期賃貸借契
         約は、契約終了後再契約されない可能性があります。このような場合には、当社グループの業績に影響を与え
         る可能性があります。
        ② 敷金・保証金について
          当社グループは、賃貸による出店形態を基本としており、出店等に際しては、賃貸人へ敷金・保証金を差し
         入れております。契約に際しては、賃貸人の信用状況の確認等を行い、十分検討しておりますが、今後、契約
         期間満了による撤退等が発生した際に、賃貸人の財政状況によっては、当該敷金・保証金の全部若しくは一部
         回収不能となる可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③ 業態開発について
          当社グループは、商業施設の価値向上といった商業デベロッパーのニーズに対して、新規に開発した業態を
         継続的に提案することに加え、駅前や繁華街においては、ドミナント戦略等により好調な業態の出店を加速さ
         せ、事業の拡大を図っております。ただし、市場の変化への対応の遅れ等により、お客様に受け入れられる業
         態を開発できなかった場合には、売上高が減少し、また、これにより商業デベロッパーとの関係が損なわれた
         場合には当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ④ 出退店時に発生する費用及び損失について
          当社グループでは、新規出店時に什器、備品等の消耗品や、販売促進にかかる費用が一時的に発生するた
         め、大量の新規出店や、期末に近い新規出店は、利益を押し下げる要因となります。また、収益性改善のた
         め、業績の改善が見込めない店舗を閉鎖しておりますが、店舗閉鎖時においては、固定資産除却損、賃貸借契
         約解約及びリース契約解約による違約金等が発生するため、大量に店舗を閉鎖した場合には、一時的に当社グ
         ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤ 商標権の管理について
          当社グループは、多業態による店舗展開を行っており、多数の店舗ブランドを保有しているため、同一ブラ
         ンドをチェーン展開する飲食企業と比較して、商標権侵害等による係争・訴訟のリスクが相対的に高いものと
         認識しております。そのため、新たな業態の店舗を出店する際には、商標の出願、登録を行うか、若しくは商
         標登録には馴染まない一般的な名称を用いた店舗名を使用する等、第三者の商標権を侵害しないように常に留
         意しております。
          過年度において出店した一部の業態においては、第三者が類似商標を登録している等の理由により、商標の
         登録が承認されていない業態、若しくは登録未申請の業態がありますが、これらはあくまで当社が独自に開発
         した知的所有権であり、第三者の商標権等の知的財産権には該当しないものと認識しております。従いまし
         て、当社グループは既存登録商標との非類似性を主張することにより、商標権を取得する方針であります。
          ただし、出店時における当社グループの調査内容が十分である保証はなく、当社グループの見解が法的に常
         に正当性があるとは保証できません。万一、当社グループが第三者の商標権等の知的財産権を侵害していると
                                 13/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         認定され、その結果、損害賠償請求、差止請求等がなされた場合、若しくは、当該事項により当社グループの
         信用力が低下した場合には、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。なお、現在商標権に関す
         る 係争・訴訟はありません。
        ⑥ 人材の育成及び確保について
          当社グループは、各社員の創意工夫がサービス力の強化、競争力の向上に寄与すると考えているため、店舗
         の運営、サービス提供方法等については、画一的な運用を行わず、現場における創意工夫を活かす仕組みとし
         ております。その結果、各業態、各店舗によって、お客様に提供する食材、サービス内容及び店舗運営方法等
         が異なっており、また、各店舗における顧客満足度は、各店舗で提供するサービスの水準に影響を受けること
         となります。そのため、当社グループは人材の育成及び確保を経営上の重要課題であると認識しております。
          人材育成については、お客様へのより一層のサービス向上と店舗運営に焦点をあてたオペレーション教育、
         店舗マネジメント教育を計画的に実施できるよう教育・研修システムの整備を進めていく方針であります。ま
         た、人材確保については、即戦力となる中途採用に加えて、将来幹部となる人材を早期から育成するために新
         卒採用を拡充していく方針であります。
          ただし、今後においても当社グループは積極的な業態開発及び店舗網の拡大を図っていく方針であるため、
         業容に見合った人材の育成及び確保が出来ない場合には、サービスの質の低下による信用力の低下が生じ、又
         は、出店計画通りの出店が困難となり、当社グループの業績に影響が生じる可能性があります。
       (3)法的規制等について

          当社グループが属する外食産業においては、主な法的規制として、「食品衛生法」、「食品循環資源の再生
         利用等の促進に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」、「健康増進法」、「牛の個体識別のための
         情報の管理及び伝達に関する特別措置法」等の法的規制があります。これらの法的規制が強化され、その対応
         のため新たなコストが発生した場合には、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
        ① 食品衛生法に係わる規制について
          当社グループが経営する店舗は、食品衛生法の規定に基づき、所管保健所より飲食店営業の営業許可を取得
         しております。食品衛生法は、飲食に起因する衛生上の危害防止、公衆衛生の向上及び増進に寄与することを
         目的としております。当社グループにおいては、衛生管理マニュアルに基づき、衛生管理体制の強化を図って
         おりますが、仮に食中毒事故等が発生した場合には、食品等の廃棄処分、営業許可の取り消し、営業の禁止、
         若しくは一定期間の営業停止の処分、被害者からの損害賠償請求、信用力の低下等により、当社グループの業
         績に影響を与える可能性があります。
        ② 食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)に係わる規制について
          平成13年5月に施行された「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」が平成19年6月に改正され、
         同年12月より食品廃棄物等の発生量が年間100トン以上の外食事業者は、毎年度、主務大臣に定期報告を行う
         ことが義務付けられております。また、食べ残し等の食品廃棄物について、発生抑制と減量化により最終的に
         処分される量を減少させるとともに、肥料等の原材料としての再生利用を促されております。
          そのため、今後の出店の増加により食品廃棄物の排出量が増加する場合には、新たに対応費用が発生し、当
         社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ③ 個人情報の管理について
          当社グループは、従業員の情報及び店舗にご来店頂いたお客様の情報等の多数の個人情報を保有しており、
         全社を挙げて適正管理に努めておりますが、万が一個人情報の漏洩や不正使用等の事態が生じた場合には、社
         会的信用の失墜、損害賠償請求の提起等により業績及び財務状態に影響を受ける可能性があります。
       (4)金利変動の影響について

          当社グループは、出店時における設備投資資金を主として金融機関からの借入により調達しており、当連結
         会計年度末における総資産に占める有利子負債の割合は46.6%となっております。現在は、当該資金を主とし
         て固定金利に基づく長期借入金により調達しているため、一定期間においては金利変動の影響を受けないこと
         となりますが、新たに借り換え等を行う際、資金調達コストが変動している場合には、当社グループの業績に
         影響を及ぼす可能性があります。
       (5)災害等及び感染症等の流行による影響について

          当社グループは、国内外に店舗展開しておりますが、地震や津波、台風等の自然災害の発生や、自然災害に
         起因するライフラインや交通網の遮断・制限、感染症の流行等により、来店客数の減少、原材料の調達の阻害
                                 14/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         や従業員の人員の確保できない場合は、店舗運営に支障をきたし、営業が困難となることから、当社グループ
         の業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)海外展開におけるカントリーリスクについて

          当社グループは、海外へ店舗展開しておりますが、海外子会社及び関連会社の進出国における、市場動向、
         競合会社の存在、政治、経済、法律、文化、宗教、習慣や為替、その他の様々なカントリーリスクにより、当
         社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)M&A等による業容の拡大に係るリスクについて

          当社グループは、成長戦略の一つとして、シナジー効果が期待できるM&A(企業の合併及び買収)につい
         て前向きに検討していくことを基本方針としております。
          当社グル―プは、当社グループが展開するコアビジネスとのシナジー効果が期待できる事業のM&A(企業
         の合併及び買収)を含めた業容拡大を進めてまいりますが、これらの業容拡大がもたらす影響について、当社
         グループが予め想定しなかった結果が生じた場合には、当社グループの財政状況及び業績に影響を及ぼす可能
         性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        当連結会計年度において、新たに締結した重要な契約は次のとおりであります。
       (1)当社及び当社連結子会社の共同新設分割(簡易分割)による新会社設立
         当社は、平成27年3月6日付で、連結子会社である株式会社クリエイト・レストランツ(以下、「CR社」)
        との共同新設分割により、新たに株式会社グルメブランズカンパニー(以下、「GBC社」)を設立いたしまし
        た。
         本分割は、当社グループ事業会社や他社にはない、「独自性」や「特異性」のある「付加価値の高い商品」を
        専門的かつ戦略的に開発し、多様なブランドの創出を目的としております。
         本分割契約の概要は、次のとおりであります。
         ①本分割の方法
          当社及びCR社を新設分割会社とし、GBC社を新設分割設立会社とする共同新設分割(簡易分割)であり
         ます。
         ②本分割の要旨
          分割効力発生日  平成27年3月6日
         ③本分割に係る割当ての内容及び算定根拠
          GBC社は、本分割に際して普通株式200株を発行し、その全てを当社に割り当てております。割当株式数
         は、本分割による当社の純資産への影響が軽微であり、またGBC社の株式の全てが当社に割り当てられるこ
         とから、株式数を任意に定めることができると認められるため、完全子会社となるGBC社の効率的な管理を
         行う観点から決定しております。
         ④分割資産及び負債
                                                (単位:千円)
                    資産                      負債
           流動資産                  5,141    流動負債                    650
           固定資産                  4,720    固定負債                     0
           合計                  9,861    合計                    650
                                 15/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ⑤GBC社の概要
           イ.   商号
                                株式会社グルメブランズカンパニー
           ロ.   本店所在地
                                東京都品川区東五反田五丁目10番18号
           ハ.   代表者の役職・氏名
                                代表取締役社長 石井 克二
                                新規ブランド開発、ベーカリー・スイーツの店舗運営、
           ニ.   主な事業内容
                                業務受託事業等
           ホ.   資本金
                                10百万円
           ヘ.   設立年月日
                                平成27年3月6日
       (2)株式会社KRフードサービスの株式取得

         当社は、平成27年5月28日開催の取締役会において、株式会社KRフードサービスの株式99.8%を取得するこ
        とを決議し、同日付で株式譲渡契約を締結いたしました。これに基づき、平成27年6月30日付で当社は株式会社
        KRフードサービスの株式99.8%を取得しておりますが、詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結
        財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
       (3)株式会社アールシー・ジャパンの株式取得

         当社は、平成27年8月4日開催の取締役会において、株式会社アールシー・ジャパンの全株式を取得すること
        を決議し、同日付で株式譲渡契約を締結いたしました。これに基づき、平成27年8月31日付で当社は株式会社
        アールシー・ジャパンの全株式を取得しておりますが、詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財
        務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、提出日(平成28年5月30日)現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
        おります。当社グループは連結財務諸表作成の基礎となる見積り、判断及び仮定を過去の経験や状況に応じ合理
        的と判断される入手可能な情報により継続的に検証し、意思決定を行っておりますが、これらの見積り、判断及
        び仮定は不確実性を伴うため、実際の結果と異なる場合があります。当社グループが現在において見積り、判断
        及び仮定により当社グループの連結財務諸表に重要な影響を及ぼすと考えている項目は次のとおりであります。
        ①ポイント引当金
         顧客に付与したポイント使用に備えるため、将来行使されると見込まれる額をポイント引当金として計上して
        おります。
        ②株主優待引当金
         株主優待制度に基づく費用の発生に備えるため、株主優待券の利用実績に基づいて、翌連結会計年度以降に発
        生すると見込まれる額を計上しております。
        ③店舗閉鎖損失引当金
         店舗閉鎖による損失に備え、社内にて閉鎖の意思決定を行った店舗に関わる将来の損失見積額を、店舗閉鎖損
        失引当金として計上しております。
        ④固定資産の減損
         固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議
        会 平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号 
        平成15年10月31日)を適用しております。
       (2)当連結会計年度の経営成績の分析

         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善に加え、訪日観光客によるインバウンド消
        費の増加などにより、全体として緩やかな回復基調で推移しているものの、中国経済をはじめとする新興国経済
        の下振れリスクに加え、年初からの株安、原油安や日銀のマイナス金利導入、さらには軽減税率導入、来年4月
                                 16/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        に予定されている消費税再増税を睨んだ動き等から、慎重な消費マインドが継続しており、先行き不透明な状況
        が続いております。
         外食産業におきましては、引き続き円安基調に伴う原材料価格の高止まりや物流費の上昇、人手不足による人
        件費の上昇等、依然として厳しい経営環境が続いております。
         こうした環境の中、当社グループは、好立地への積極的な新規出店を実施したほか、各グループ事業会社にお
        いてメニューの開発・刷新や来店動機につなげるべく付加価値のある営業施策等を実施し、既存店の店舗力の向
        上を図ったことに加え、近年のインバウンド消費の増加に対応すべく専門部署を立ち上げる等、訪日外国人の獲
        得にも積極的に取り組んでまいりました。
         また、新規M&Aの実施に伴い、当連結会計年度より、株式会社KRフードサービスの106店舗、株式会社
        アールシー・ジャパンの3店舗が新たに連結されたことに加え、優良案件に絞り込んだ出店や商況の変化に合わ
        せた業態変更及び撤退等の迅速な判断を行い、グループ全体では106店舗の新規出店、38店舗の撤退を実施した
        結果、当連結会計年度末における業務受託等を含む連結店舗数は779店舗となりました。
         なお、当社は、平成27年6月30日付で株式会社KRフードサービスの株式99.8%、平成27年8月31日付で株式
        会社アールシー・ジャパンの全株式を取得し、連結子会社としております。
         以上の結果、当連結会計年度における売上高は                      103,271百万円       (前連結会計年度比         49.0%増    )、営業利益      6,749
        百万円   (前連結会計年度比         62.1%増    )、経常利益      7,340百万円      (前連結会計年度比         67.4%増    )、当期純利益は、
        3,321百万円      (前連結会計年度比         48.9%減    )となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         キャッシュ・フローの状況につきましては、1[業績等の概要]に記載しております。
       (4)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループの事業領域である外食業界全般では残留農薬や鳥インフルエンザ、BSE等の食材リスクの顕在
        化や、調理済食材や惣菜を家庭に持ち帰って食する中食との競合、外食店舗のオーバーストア傾向による外食店
        舗同士の過当競争等による需要減退の影響があります。また、個別店舗における食中毒事故等を起こした場合に
        は、食品等の廃棄処分、営業許可の取り消し、営業の禁止、若しくは一定期間の営業停止の処分、被害者からの
        損害賠償請求、信用力低下等により、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
       (5)経営戦略の現状と見通し

         当社グループは「スピード、クリエイティブ、チャレンジ」という経営理念に基づき、業態、メニュー、サー
        ビス、雰囲気、価格帯等、立地特性に応じたレストランに対するお客様の様々なニーズにスピーディーにお応え
        するだけでなく、ニーズを先取りしたクリエイティブなレストラン・フードコートの提案にチャレンジすること
        を通じて、豊かな食生活への貢献を目指してまいります。
         今後の見通しにつきましては、国内の経済状況は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、経済政策等の各種政
        策の効果により、景気の緩やかな回復が期待されるものの、中国をはじめとする新興国経済の下振れリスクや来
        年4月に予定されている消費税再増税を睨んだ動き等、予断の許さない状況が続くものと思われます。
         外食業界におきましても、引き続き円安基調による原材料価格の高騰や慢性的な人材不足の解消に向けた採用
        コストの増加等が懸念され、今後も厳しい経営環境が続くと予想されます。
         このような環境のなか、当社グループは、継続して実施しております『グループ連邦経営』を推進し、複数の
        企業文化や戦略による成長、立地開発手法の多様化への対応、競争力強化に向けたグループ事業会社の育成、経
        営人材の育成、本社機能の更なる強化を図り、当社の求心力と各グループ事業会社の遠心力により、更なる企業
        価値の向上を目指してまいります。具体的には、①国内グループ事業会社がそれぞれ成長戦略を明確化し、着実
        に実行することによる成長機会の最大化及び持続的な成長、②良質なM&Aの実施による、継続的かつ複数の成
        長ブランドの獲得及び当社グループへの連結貢献、③拠点マネジメントの高度化による、ASEAN圏、中華
        圏、北米圏へのグローバル展開を促進してまいります。
                                 17/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】

      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度においては、販売の拡充を目的として店舗展開のための設備投資を継続的に実施しております。
        当連結会計年度の設備投資等の総額は8,555,416千円(差入保証金を含む)であります。当社グループにおける報
       告セグメントは、店舗による飲食事業のみであるため、セグメント別の設備投資等の概要については記載しており
       ません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                平成28年2月29日現在
                                    帳簿価額(千円)
        事業所名
                                                      従業員数
                  設備の内容
                                                       (人)
        (所在地)
                          建物及び    工具、器具      土地     リース
                                              その他     合計
                           構築物    及び備品     (面積㎡)      資産
     本社                               1,143,247                     112
                    本社       622,819     35,095               15,037   1,816,200
                                            ―
                                   (1,060.06    )                 [ 5 ]
     (東京都品川区)
                                                         ―
     店舗(東京都港区)他              店舗等       5,610,376      725,085               183,604    6,519,065
                                       ―     ―
                                                        [―]
      (注)  1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.従業員の[外書]は、1日8時間換算の臨時従業員数であります。
        3.店舗設備はすべて連結子会社に賃貸しております。
       (2)国内子会社

                                                平成28年2月29日現在
                                  帳簿価額(千円)
              事業所名     設備の
                                                      従業員数
        会社名
                                                      (人)
              (所在地)      内容
                       建物及び               土地    リース
                           機械及び    工具、器具
                                             その他     合計
                            装置    及び備品
                       構築物             (面積㎡)      資産
              店舗
                                                        861
     SFPダイニング
              (東京都     店舗等   5,490,484        ―  791,636         174,490    855,476    7,312,088
                                       ―
                                                      [ 2,148   ]
     株式会社
              新宿区)他
              店舗
                                                        546
     株式会社KRフー                               2,001,000
              (大阪府     店舗等   4,649,442     334,048     170,114         135,403    893,439    8,183,448
                                                      [ 1,436   ]
     ドサービス                               (4,931.16)
              大阪市)他
      (注)  1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.従業員の[外書]は、1日8時間換算の臨時従業員数であります。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
                                                平成28年2月29日現在
                              投資予定額(千円)
                                                       完成後の
                                       資金調達
                事業所名
                                                       増加能力
        会社名               設備の内容                     着手年月     完成予定年月
               (所在地)
                                        方法
                                                        (店舗)
                              総額    既支払額
                 店舗
                                       借入金
     提出会社        (神奈川県横浜市)          店舗等     1,170,987      253,037         平成28年1月      平成28年10月         19
                                       自己資金
                 他
                 店舗
     SFPダイニング
              (神奈川県横浜市)          店舗等     1,665,265      427,285    自己資金     平成27年12月      平成28年9月         22
     株式会社
                 他
                 店舗
     株式会社KRフー
              (兵庫県たつの市)          店舗等      769,300       ―  自己資金     平成28年3月      平成29年12月         4
     ドサービス
                 他
      (注)   投資予定額には、差入保証金を含んでおります。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 18/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】

      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     63,600,000

                  計                                   63,600,000

      (注)平成27年10月14日開催の取締役会決議により、平成28年3月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行
         可能株式総数は127,200,000株増加し、190,800,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成28年2月29日)          (平成28年5月30日)
                                   東京証券取引所
       普通株式           31,574,214          94,722,642                   単元株式数100株
                                     (一部)
         計         31,574,214          94,722,642          -            -
      (注)平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割いたしました。これにより、発行済株式総数
         が63,148,428株増加しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成24年9月28日
                 △4,790,094       10,524,738           -   1,012,212           -   1,224,170
     (注1)
     平成26年9月1日
                  21,049,476       31,574,214           -   1,012,212           -   1,224,170
     (注2)
      (注)   1.自己株式の消去による減少であります。
        2.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
        3.平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株
          式総数が63,148,428株増加しております。
                                 19/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                平成28年2月29日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     21     19     143      91     36   25,721     26,031        -
     (人)
     所有株式数
               ―   16,205       810   157,467      20,104       244   120,776     315,606      13,614
     (単元)
     所有株式数
               ―    5.13     0.26     49.89      6.37     0.08     38.27     100.00        -
     の割合(%)
      (注) 自己株式111,015株は、「個人その他」に1,110単元及び「単元未満株式の状況」に15株を含めて記載して
         おります。
       (7)【大株主の状況】

                                                平成28年2月29日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   所有株式数の
                                                    割合(%)
     株式会社後藤国際商業研究所                東京都港区高輪四丁目5番17号                       14,721,000          46.62
     株式会社ユリッサ                東京都港区南青山四丁目17番40号                         894,000         2.83

     岡本 晴彦                東京都港区                         795,900         2.52

     川井 潤                東京都世田谷区                         405,000         1.28

     ビービーエイチ フオー フイ

     デリテイ ロー プライスド 
     ストツク フアンド(プリンシ
                     245  SUMMER    STREET    BOSTON,MA     02210   U.S.A
     パル オール セクター サブ                                         402,800         1.28
                     (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
     ポートフオリオ)(常任代理
     人 株式会社三菱東京UFJ銀
     行決済事業部)
     日本トラスティ・サービス信託

                     東京都中央区晴海一丁目8番11号                         378,800         1.20
     銀行株式会社(信託口)
     岡本 梨紗子                東京都港区                         282,000         0.89

     岡本 侑里子                東京都港区                         282,000         0.89

     ステート ストリート バン

                     ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
     ク アンド トラスト カンパ
                                              244,000         0.77
     ニー(常任代理人 香港上海銀
                     (東京都中央区日本橋三丁目11番1号)
     行東京支店カストディ業務部)
     クリエイト・レストランツ・グ

                     東京都品川区東五反田五丁目10番18号                         195,900         0.62
     ループ従業員持株会
            計                   -              18,601,400          58.90

      (注) 上記のほか、自己株式が111,015株あります。
                                 20/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                平成28年2月29日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     -          -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -          -             -

     議決権制限株式(その他)                     -          -             -

                     普通株式       111,000

     完全議決権株式(自己株式等)                               -             -
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
                     普通株式      31,449,600
     完全議決権株式(その他)                                314,496
                                          おける標準となる株式
                     普通株式            13,614
     単元未満株式                               -      一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     31,574,214          -             -

     総株主の議決権                     -           314,496            -

        ②【自己株式等】

                                                平成28年2月29日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
                                                    総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                    所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     株式会社クリエイト・レ
                  東京都品川区東五反田五
     ストランツ・ホールディ                            111,000       -       111,000        0.35
                  丁目10番18号
     ングス
           計             -          111,000       -       111,000        0.35
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】
          該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
                                 21/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った取得
                              ―         ―         ―         ―
     自己株式
     消去の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      111,015            ―      333,045            ―

      (注)1.平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
        2.当期間における保有自己株式には、平成28年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含めておりません。
      3【配当政策】

        当社は、株主への利益還元を経営上の重要政策と位置付け、業績や今後の事業展開等を勘案、連結配当性向30%
       程度を目安として安定的な配当を行うことを基本方針としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本としております。これらの剰余金の配当
       の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        また、内部留保資金につきましては、新規出店投資、人材育成及び内部管理体制強化のための設備投資等の原資
       とし、企業価値向上に努めてまいります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期の配当につきましては、1株当たり16.50円の中間配当
       を実施し、1株当たり18.50円の期末配当を実施することを決定いたしました。
        当事業年度における剰余金の配当は以下のとおりであります。
                   配当金の総額        1株当たり配当額
          決議年月日
                   (百万円)           (円)
        平成27年10月14日
                        519        16.50
          取締役会
        平成28年5月27日
                        582        18.50
         定時株主総会
        なお、当社は取締役会の決議により、毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定
       めております。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第15期         第16期         第17期         第18期         第19期

       決算年月        平成24年2月         平成25年2月         平成26年2月         平成27年2月         平成28年2月

                                              1,740         3,445
       最高(円)              596        2,440         3,665
                                              ※5,220         ※1,148
                                              1,215         1,517
       最低(円)              355         491        1,800
                                              ※3,645          ※505
      (注)1.株価は、平成25年10月22日より東京証券取引所(第一部)におけるものであり、それ以前は東京証券取引
           所(マザーズ)におけるものであります。
         2.第18期欄の最高・最低株価は、平成26年9月1日付で実施した、普通株式1株につき3株の割合での株式
           分割を考慮した額を記載しております。
           なお、第18期の※印は、当該株式分割調整前換算の最高・最低株価を記載しております。
         3.第19期欄の※印は、平成28年3月1日付で実施した、普通株式1株につき3株の割合での株式分割調整後
           換算の最高・最低株価を記載しております。
                                 22/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
        月別      平成27年9月          10月       11月       12月     平成28年1月          2月

                                                       3,245
       最高(円)           2,684       3,365       3,380       3,445       3,390
                                                       ※1,081
                                                       2,635
       最低(円)           2,324       2,455       2,906       3,115       2,639
                                                        ※878
      (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(第一部)におけるものであります。
         2.2月欄の※印は、平成28年3月1日付で実施した、普通株式1株につき3株の割合での株式分割調整後換
           算の最高・最低株価を記載しております。
      5【役員の状況】

     男性8名 女性―名 (役員のうち女性の比率―%)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                              昭和55年4月      旭化成ホームズ株式会社入社
                              昭和57年9月      同社退社
                                 同    株式会社徳壽入社、専務取締役に
                                     就任
                              平成9年4月      当社の前身である株式会社ヨコス
                                     カ・ブルーイング・カンパニーを
                                     設立、代表取締役社長に就任
                              平成13年5月      株式会社徳壽(旧徳壽クリエイ
     代表取締役
            -    後藤 仁史      昭和32年7月5日                            (注)2      -
      会長
                                     ティブサービス株式会社)の代表
                                     取締役に就任
                              平成15年7月      当社代表取締役会長に就任(現
                                     任)
                              平成20年8月      株式会社後藤国際商業研究所代表
                                     取締役に就任(現任)
                              平成25年4月      株式会社イートウォーク代表取締
                                     役会長に就任(現任)
                              昭和62年4月      三菱商事株式会社入社
                              平成12年2月      同社より当社に出向、代表取締役
                                     専務に就任
                              平成13年5月      当社代表取締役副社長に就任
                              平成15年7月      三菱商事株式会社退社、当社入社
     代表取締役
            -    岡本 晴彦      昭和39年2月3日          同    当社代表取締役社長(現任)兼営              (注)2   2,387,700
      社長
                                     業本部長に就任
                              平成19年7月      株式会社クリエイト吉祥代表取締
                                     役に就任
                              平成22年10月      中國創造餐飲管理有限公司董事長
                                     に就任(現任)
                              昭和62年4月      株式会社日本興業銀行(現株式会
                                     社みずほ銀行)入行
                              平成14年4月      みずほ証券株式会社へ出向
                              平成15年8月      同社退社
                                 同    当社入社、取締役管理本部長に就
                                     任
                              平成16年6月      当社常務取締役管理本部長に就任
                              平成16年9月      当社  常務取締役管理グループ担
           管理本部
     専務取締役            川井 潤      昭和38年10月7日              当に就任              (注)2   1,215,000
            担当
                              平成18年5月      当社専務取締役管理グループ担当
                                     に就任
                              平成20年3月      当社専務取締役管理本部担当に就
                                     任
                              平成22年9月      当社専務取締役管理本部担当兼海
                                     外営業本部担当に就任
                              平成28年1月      当社専務取締役管理本部担当及び
                                     人事総務本部管掌に就任(現任)
                                 23/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                     所有株式数
      役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                               平成5年4月      三菱商事株式会社入社
                               平成14年1月      同社より当社に出向、経営企画
                                     室長に就任
                               平成15年8月      当社取締役サポートセンター統
                                     括マネージャーに就任
                               平成16年9月      当社取締役経営企画担当マネー
                                     ジャーに就任
                               平成16年11月      当社取締役人事担当に就任
                               平成17年2月      三菱商事株式会社退社、当社入
                                     社
                               平成17年6月      当社取締役人事総務グループ担
                                     当に就任
                               平成20年3月      当社取締役人事総務本部担当に
           海外営業
                                     就任
      取締役           田中 孝和      昭和43年5月21日                           (注)2    450,000
           本部担当
                               平成23年1月      当社取締役海外営業本部担当に
                                     就任(現任)
                               平成23年2月      create   restaurants     asia  Pte.
                                     Ltd.  Director(CEO)に就任(現
                                     任)
                               平成23年3月      上海創思餐飲管理有限公司董事
                                     長に就任(現任)
                               平成24年7月      香港創造餐飲管理有限公司董事
                                     長に就任(現任)
                               平成26年10月      台湾創造餐飲股份有限公司董事
                                     長に就任(現任)
                               平成28年3月      Create   Restaurants     NY Inc.
                                     Director(CEO)に就任(現任)
                               平成5年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                               平成19年7月      株式会社サンマルクホールディ
                                     ングス入社
                               平成20年4月      株式会社サンマルクチャイナ代
                                     表取締役に就任
                               平成21年4月      株式会社サンマルクホールディ
                                     ングス取締役に就任
                               平成23年4月      同社常務取締役開発本部長に就
           開発本部
      取締役           島村 彰      昭和44年11月6日              任             (注)2     90,000
          兼商品部担当
                               平成24年3月      同社退社
                               平成24年5月      当社入社、顧問に就任
                                     当社取締役に就任
                               平成25年2月      当社取締役開発本部担当に就任
                               平成26年10月      当社取締役開発本部担当兼商品
                                     部担当に就任(現任)
                               平成27年8月      株式会社アールシー・ジャパン
                                     代表取締役社長に就任(現任)
                                 24/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
       役名     職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              昭和62年4月      日興證券株式会社入社
                              平成18年1月      当社入社
                              平成21年3月      当社内部統制システム推進室室
                                     長に就任
                              平成23年5月      当社常勤監査役に就任
      取締役
            -    森本 裕文      昭和39年1月5日        平成25年5月      SFPダイニング株式会社社外              (注)3      -
     (監査等委員)
                                     監査役に就任
                              平成27年6月      株式会社KRフードサービス監
                                     査役に就任(現任)
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                              昭和54年4月      中央監査法人入所
                              昭和57年3月      公認会計士登録
                              昭和63年1月      中央監査法人
                                     カナダトロント事務所配属
                              平成4年10月      中央青山監査法人社員就任
                              平成17年7月      クリフィックス税理士法人代表
                                     社員に就任
      取締役
            -    根本 博史      昭和31年9月2日        平成24年5月      当社社外監査役に就任              (注)3      -
     (監査等委員)
                              平成27年1月      クリフィックス税理士法人シニ
                                     ア・アドバイザーに就任(現
                                     任)
                              平成27年1月      根本公認会計士事務所所長に就
                                     任(現任)
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                              昭和54年10月      司法試験合格
                              昭和57年4月      東京地方検察庁 検事任官
                              昭和63年3月      東京地方検察庁 特別捜査部
                              平成3年3月      千葉地方検察庁 検事
                              平成5年3月         同    検事退官
                              平成5年4月      第一東京弁護士会にて弁護士登
                                     録
      取締役
            -    大木 丈史      昭和29年4月3日                            (注)3      -
     (監査等委員)
                              平成6年9月      大木丈史法律事務所設立
                              平成17年4月      垣鍔法律事務所と合併し
                                     東京ウィル法律事務所設立(現
                                     任)
                              平成25年5月      当社社外監査役に就任
                              平成28年5月      当社取締役(監査等委員)に就
                                     任(現任)
                             計                         4,142,700
      (注)   1.当社は、平成28年5月27日開催の定時株主総会において定款の変更決議が行われたことにより、同日付を
          もって監査等委員会設置会社となりました。
        2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、平成28年5月27日開催の定時株主総会の終結の時か
          ら1年間であります。
        3.監査等委員である取締役の任期は、平成28年5月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間でありま
          す。
        4.根本博史及び大木丈史の両氏は、監査等委員である社外取締役であります。
        5.監査等委員会の体制は次のとおりであります。
          委員長 森本裕文、委員 根本博史、委員 大木丈史
        6.当社では、迅速な業務執行を目的として、執行役員制度を導入しております。執行役員は、石井克二、池田
          宏の2名で構成されております。
                                 25/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、企業責任を果たし、且つ、企業価値を継続的に高めていくため、「公正且つ透明な経営」「迅速且つ
        的確な経営及び執行判断」をなし得るコーポレート・ガバナンス体制の構築が不可欠と考えております。
        ① 企業統治の体制

         イ.企業統治の体制の概要
           当社は、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行を内容と
          する定款の変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移
          行しております。これは構成員の過半数を社外取締役とする監査等委員会を設置し、監査等委員である取締
          役に取締役会における議決権を付与することで、取締役会の監査・監督機能とコーポレートガバナンス体制
          の一層の強化を図ることを目的としたものであります。また会社の機関としては、会社法に規程する株主総
          会、取締役会、監査等委員会、及び会計監査人を設置しております。なお、以下のコーポレートガバナンス
          の状況については、当有価証券報告書提出日現在のものを記載しております。
          (取締役会)
           当社の取締役会は、取締役8名(当社の取締役は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)9名以
          内、監査等委員である取締役5名以内とする旨定款に定めております。)、うち監査等委員である社外取締
          役2名で構成されております。取締役会は、「迅速且つ的確な経営及び執行判断」を行うため、業務執行上
          の最高意思決定機関として原則毎月1回開催しており、法令上の規定事項その他経営の重要事項について審
          議及び決定を行っております。
          (監査等委員会)
           当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役3名、うち監査等委員である社外取締役2名で構成され
          ております。監査等委員会は、「公正且つ透明な経営」の実現のため、経営や業務執行の監督・牽制機能を
          果たすべく、監査等に関する重要な事項について報告を受け、協議又は決議を行っております。
         ロ.会社の機関及び内部統制の仕組み

                                 26/85











                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ハ.当該体制を採用する理由
           当社は、取締役による迅速且つ的確な意思決定が行える体制と同時に業務執行の状況が監督できる体制が
          重要と考えており、取締役会は実質的な審議を行うことができる適切な規模とし、また、監査等委員である
          取締役が監査・監督する体制により、経営監視機能の面で十分な透明性と適法性が確保されていると判断し
          ているため、当該体制を採用しております。
         ニ.会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況

           当社は営業本部、海外営業本部、管理本部、開発本部及び人事総務本部により運営されております。取締
          役若しくは執行役員は、部門責任者として各本部の業務を分掌しており、牽制機能が働く組織体制となって
          おります。また、グループ全体の運営においては、当社の取締役または使用人が、各事業会社の取締役また
          は監査役に就任することで、各事業会社の業務を分掌しており、牽制機能が働く組織体制となっておりま
          す。
           更に、当社は、社長直属の内部監査チームを設置の上、専属担当者を配属し、グループ全体の業務遂行状
          況についてコンプライアンスに留意した内部監査を行っております。また、当社は取締役会において内部統
          制システム構築の基本方針を決定しており、当該基本方針に従い、法令遵守、リスク管理及び業務の適正を
          確保すべく、体制の整備と業務の執行を行っております。
         ホ.リスク管理体制の整備の状況

         (オペレーショナル・リスクへの対応)
           当社は外食事業を営んでいるため、店舗衛生管理は重要な課題と認識しております。そのため、食の安全
          安心推進室にて全店舗の衛生管理状況を把握するとともに、独立した第三者機関に定期的な衛生検査を委託
          する等、店舗衛生に対する管理体制を整備しております。
         (コンプライアンス・リスクへの対応)
           当社は、チーフ・コンプライアンス・オフィサー及び複数のコンプライアンス・オフィサーからなるコン
          プライアンス委員会を組織しており、定期的な会合のほか、必要に応じて随時コンプライアンス施策を協議
          しております。また、従業員からの相談窓口としてコンプライアンス相談窓口及び顧問弁護士宛の内部通報
          窓口を設置する等、コンプライアンス・リスクの抑制に努める体制を整えております。
         (その他のリスク管理及び包括的なリスク管理)
           当社は、業務執行上の最高機関としての取締役会の実効性を重視しております。具体的には、取締役会
          は、月次決算に基づく会計計数をモニターするとともに、個別の業務遂行上の事項のうち重要なものについ
          ては、取締役会規程及び職務権限規程に基づき担当部署より取締役会に上程させ、決議を得て実施させるも
          のとしております。
         ヘ.責任限定契約の内容の概要

           当社と取締役(業務執行取締役等である者を除く。)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第
          423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額
          は、法令が定める額を上限としております。なお、当該責任限定が認められるのは、取締役(業務執行取締
          役等である者を除く。)がその職務を行うにつき善意であり且つ重大な過失がないときに限られておりま
          す。
        ② 内部監査及び監査等委員会監査の状況

           当社は、内部監査部門として、社長直属の内部監査チームを設置し、チームリーダー以下3名において作
          成した年間の監査計画に基づき、往査または書面により内部監査を行います。内部監査チームリーダーは当
          該監査終了後、監査報告書を作成、社長に提出し、その承認をもって結果を被監査部門に通知します。その
          後、被監査部門長より指摘事項にかかる改善状況について報告を受け、状況の確認を行います。
           監査等委員会監査につきましては、監査等委員会が年間の監査方針を立案後、実施計画を作成しておりま
          す。監査にあたっては、議事録、稟議書、契約書、取引記録書類の査閲を行うとともに、関係者へのヒアリ
          ング、会計監査人の会計監査への立会、実地調査並びに取締役会ほか社内の重要会議への出席を実施してお
          ります。期末監査終了後は、監査法人と意見交換を行い、監査報告書を作成、社長に提出し、定時株主総会
          の席上で、監査報告を行っております。
           監査等委員である取締役は、会計監査人と監査業務に関し適宜情報・意見交換等を行い、また内部監査担
          当者は、内部監査に関し適宜監査等委員である取締役へ報告を行う等、相互に連携をとり監査業務にあたっ
          ております。
                                 27/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
           当社は、会計監査については、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結しており、法定監査の他、会
          計上の課題について随時確認を行い、適正な処理を行っております。
           当期において、会計監査業務を執行した公認会計士は原田誠司、山本千鶴子の2名であります。その他に
          公認会計士16名、その他の者16名が補助者として当期の会計監査業務に携わっております。
        ④ 社外取締役

           当社の社外取締役は2名、うち監査等委員である社外取締役は2名(2名ともに独立社外取締役)であり
          ます。
           社外取締役根本博史氏は、クリフィックス税理士法人の公認会計士及び税理士として財務及び会計に関す
          る相当程度の知見を有しております。
           社外取締役大木丈史氏は、東京ウィル法律事務所の弁護士として企業法務に精通しており、専門的知識や
          豊富な実績を有しております。
           なお、根本博史氏及び大木丈史氏は、当社との間に特別な利害関係はなく、一般株主と利益相反が生じる
          おそれがないと考えられることから、当社は根本氏及び大木氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員と
          して指定し、同取引所に届け出ております。
           社外取締役は取締役会及び監査等委員会に出席しており、それぞれ専門的な立場からの指導・提言を行う
          ほか、経営や業務執行の監査・監督を行い、経営の透明性や適法性の確保を通じてコーポレート・ガバナン
          スの強化・充実を図っております。
           なお当社は、社外取締役を選任するための独立性については、会社法上の社外取締役の要件や株式会社東
          京証券取引所の定める独立性基準等を考慮し判断しております。
           なお、内部監査及び会計監査との連携については、「② 内部監査及び監査等委員会監査の状況」に記載
          のとおりです。
        ⑤ 役員報酬の内容

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)

                                                   対象となる
                   報酬等の総額
          役員区分                                         役員の員数
                    (百万円)
                                 ストック
                                                    (人)
                           基本報酬              賞与     退職慰労金
                                オプション
     取締役
                       171      171       ―      ―      ―      5
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                        9      9      ―      ―      ―      1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                   7      7      ―      ―      ―      2
      (注)1.取締役の報酬額は、平成18年5月30日開催の第9期定時株主総会において、年額200百万円以内(ただし使
           用人分給与は含まない。)と決議いただいております。
         2.監査役の報酬額は、平成18年5月30日開催の第9期定時株主総会において、年額20百万円以内と決議いた
           だいております。
         3.当社は、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、監査役会設置会社から監査等委員会設置
           会社への移行を決議しております。
         ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

           株主総会の決議に基づく報酬限度額の範囲内で、職務、実績等を総合的に判断し決定しております。報酬
          限度額につきましては、平成28年5月27日開催の第19期定時株主総会において、取締役(監査等委員である
          取締役を除く。)を年額200百万円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)、監査等委員である取締役を
          年額20百万円以内とすることを決議しております。
        ⑥ 株式の保有状況

         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           該当事項はありません。
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

           該当事項はありません。
                                 28/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並
          びに当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
           該当事項はありません。
        ⑦ 取締役の定数

           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は、9名以内とし、この他監査等委員である取締役は
          5名以内とする旨定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任及び解任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
          る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑨ 中間配当

           当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会決議
          によって毎年8月31日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        ⑩ 自己の株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができ
          る旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
          め、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
        ⑪ 取締役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
          取締役(取締役であったものを含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めて
          おります。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果た
          しうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑫ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定め
          ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
          行うことを目的とするものであります。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく          監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                 報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
        提出会社                 33           ―          48           ―
       連結子会社                 -           ―           ―           ―

         計               33           ―          48           ―

                                 29/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ②【その他重要な報酬の内容】
         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。 
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。 
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の規模・特性・監査日数等を勘案
         したうえで決定しております。
                                 30/85















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】

      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
       号 以下「連結財務諸表規則」という)に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号 以下

       「財務諸表等規則」という)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年3月1日から平成28年2月
      29日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年3月1日から平成28年2月29日まで)の財務諸表について、有限
      責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保する為の特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入しており
      ます。また、専門的情報を有する団体等が主催する研修会等への参加及び専門雑誌等の定期購読を行い、情報収集に
      努めております。
                                 31/85













                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
         ①【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               13,802,302              13,142,300
         売掛金                               2,586,662              2,504,715
         有価証券                                   -           2,000,000
         原材料及び貯蔵品                                308,076              491,276
         繰延税金資産                                185,870              451,475
                                         828,425             1,404,440
         その他
         流動資産合計                               17,711,337              19,994,208
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物                             22,673,868              34,349,984
                                       △ 11,777,878             △ 16,837,611
             減価償却累計額
                                      ※2  10,895,989            ※2  17,512,373
             建物及び構築物(純額)
           機械及び装置
                                            -           1,145,545
                                            -           △ 810,366
             減価償却累計額
             機械及び装置(純額)                               -            335,178
           工具、器具及び備品
                                        3,269,702              5,206,723
                                       △ 1,946,934             △ 3,251,075
             減価償却累計額
                                      ※2  1,322,768            ※2  1,955,648
             工具、器具及び備品(純額)
           リース資産
                                         635,778              796,604
                                        △ 378,430             △ 484,553
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                             257,348              312,050
                                      ※2  1,143,247            ※2  3,144,247
           土地
           建設仮勘定                               83,669              366,388
           その他                               12,813                583
                                         △ 12,559               △ 97
             減価償却累計額
             その他(純額)                               254              485
           有形固定資産合計                             13,703,278              23,626,372
         無形固定資産
           のれん                              7,876,057              15,385,595
                                          58,299             1,815,505
           その他
           無形固定資産合計                              7,934,356              17,201,101
         投資その他の資産
                                       ※1  398,901            ※1  384,376
           投資有価証券
           長期前払費用                               591,546             1,654,609
           繰延税金資産                               793,847             1,035,956
           差入保証金                              5,885,282              8,617,850
           その他                               24,220              32,860
                                         △ 8,500             △ 16,915
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              7,685,298              11,708,738
         固定資産合計                               29,322,933              52,536,212
       資産合計                                 47,034,270              72,530,421
                                 32/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                               1,971,472              2,597,083
         短期借入金                               1,400,000                  -
         1年内償還予定の社債                                20,000              530,000
                                      ※2  4,392,960            ※2  10,623,620
         1年内返済予定の長期借入金
         リース債務                                59,795              137,960
                                      ※2  2,175,104            ※2  3,680,764
         未払金
         未払費用                               1,988,919              2,149,941
         未払法人税等                                488,589             1,206,645
         未払消費税等                                656,006              708,967
         賞与引当金                                178,968              442,401
         ポイント引当金                                  -            213,755
         株主優待引当金                                70,614              112,344
         店舗閉鎖損失引当金                                111,800               62,271
         資産除去債務                                112,265              101,213
                                         625,271              519,488
         その他
         流動負債合計                              14,251,769              23,086,457
       固定負債
         社債                                40,000             3,090,000
                                     ※2  10,362,560            ※2  19,163,860
         長期借入金
         リース債務                                255,561              245,303
         役員退職慰労引当金                                33,397              33,412
         退職給付に係る負債                                141,666              534,941
         資産除去債務                               1,465,557              1,959,639
         繰延税金負債                                  -            814,599
                                       ※2  807,703            ※2  605,971
         その他
         固定負債合計                              13,106,446              26,447,727
       負債合計                                27,358,215              49,534,185
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,012,212              1,012,212
         資本剰余金                               4,576,030              4,576,030
         利益剰余金                               8,976,570              11,431,341
                                        △ 20,323             △ 20,323
         自己株式
         株主資本合計                              14,544,490              16,999,261
       その他の包括利益累計額
         繰延ヘッジ損益                                 △ 83            △ 1,590
         為替換算調整勘定                                692,249              513,189
                                         11,877              △ 9,221
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                704,043              502,377
       少数株主持分                                 4,427,520              5,494,597
       純資産合計                                19,676,054              22,996,236
      負債純資産合計                                  47,034,270              72,530,421
                                 33/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
           【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
      売上高                                 69,309,858              103,271,669
                                       19,370,060              29,769,933
      売上原価
      売上総利益                                 49,939,798              73,501,735
                                     ※1  45,774,816            ※1  66,751,899
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                  4,164,982              6,749,835
      営業外収益
       受取利息                                  1,102              15,614
       受取補償金                                 100,000              140,000
       協賛金収入                                 345,945              595,286
                                         92,944              160,231
       その他
       営業外収益合計                                 539,992              911,132
      営業外費用
       支払利息                                 199,580              210,669
       社債発行費                                    -            41,222
                                         121,433               69,056
       その他
       営業外費用合計                                 321,013              320,948
      経常利益                                  4,383,960              7,340,019
      特別利益
       持分変動利益                                6,456,979                  -
       負ののれん発生益                                    -            205,257
                                           -             3,823
       その他
       特別利益合計                                6,456,979               209,081
      特別損失
       持分変動損失                                    -            217,940
                                       ※2  68,762            ※2  58,917
       固定資産除却損
                                      ※3  2,095,429             ※3  378,877
       減損損失
       関係会社株式評価損                                 159,512              109,325
                                         321,892               70,856
       その他
       特別損失合計                                2,645,597               835,918
      税金等調整前当期純利益                                  8,195,342              6,713,183
      法人税、住民税及び事業税
                                        1,827,048              2,623,723
      過年度法人税等                                      -            273,576
                                        △ 201,084             △ 446,184
      法人税等調整額
      法人税等合計                                  1,625,964              2,451,115
      少数株主損益調整前当期純利益                                  6,569,378              4,262,068
      少数株主利益                                    73,806              940,488
      当期純利益                                  6,495,571              3,321,580
                                 34/85






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
           【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
      少数株主損益調整前当期純利益                                  6,569,378              4,262,068
      その他の包括利益
       繰延ヘッジ損益                                  △ 162            △ 1,506
       為替換算調整勘定                                 143,585             △ 179,060
                                           -           △ 30,976
       退職給付に係る調整額
                                       ※  143,423            ※  △  211,543
       その他の包括利益合計
      包括利益                                  6,712,801              4,050,524
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                                6,638,994              3,119,914
       少数株主に係る包括利益                                  73,806              930,610
                                 35/85
















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自           平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高             1,012,212       4,576,030       3,215,142        △ 20,127      8,783,258
      会計方針の変更によ
                                                  -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  1,012,212       4,576,030       3,215,142        △ 20,127      8,783,258
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                          △ 734,143              △ 734,143
      当期純利益                          6,495,571              6,495,571
      自己株式の取得                                   △ 196      △ 196
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -       -    5,761,428         △ 196     5,761,231
     当期末残高             1,012,212       4,576,030       8,976,570        △ 20,323      14,544,490
                         その他の包括利益累計額

                                             少数株主持分        純資産合計
                              退職給付に係る       その他の包括利益
                繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                               調整累計額       累計額合計
     当期首残高                78     548,663         -     548,742         -    9,332,001
      会計方針の変更によ
                                                         -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                     78     548,663         -     548,742         -    9,332,001
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 734,143
      当期純利益                                                6,495,571
      自己株式の取得                                                  △ 196
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純             △ 162      143,585        11,877       155,300      4,427,520       4,582,821
      額)
     当期変動額合計              △ 162      143,585        11,877       155,300      4,427,520       10,344,053
     当期末残高               △ 83     692,249        11,877       704,043      4,427,520       19,676,054
                                 36/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                            (単位:千円)
                               株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
     当期首残高             1,012,212       4,576,030       8,976,570        △ 20,323      14,544,490
      会計方針の変更によ
                                  9,126              9,126
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  1,012,212       4,576,030       8,985,696        △ 20,323      14,553,616
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                          △ 875,935              △ 875,935
      当期純利益                          3,321,580              3,321,580
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -       -    2,445,644          -    2,445,644
     当期末残高             1,012,212       4,576,030       11,431,341        △ 20,323      16,999,261
                         その他の包括利益累計額

                                             少数株主持分        純資産合計
                              退職給付に係る       その他の包括利益
                繰延ヘッジ損益       為替換算調整勘定
                               調整累計額       累計額合計
     当期首残高               △ 83     692,249        11,877       704,043      4,427,520       19,676,054
      会計方針の変更によ
                                                4,162       13,288
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                    △ 83     692,249        11,877       704,043      4,431,683       19,689,343
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 875,935
      当期純利益                                                3,321,580
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純             △ 1,506      △ 179,060       △ 21,098      △ 201,666      1,062,914        861,248
      額)
     当期変動額合計             △ 1,506      △ 179,060       △ 21,098      △ 201,666      1,062,914       3,306,893
     当期末残高             △ 1,590      513,189       △ 9,221      502,377      5,494,597       22,996,236
                                 37/85










                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益                                8,195,342              6,713,183
       減価償却費                                2,635,959              3,777,085
       減損損失                                2,095,429               378,877
       のれん償却額                                 640,386              827,693
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    -             8,415
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  42,422              161,494
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 19,256
       株主優待引当金の増減額(△は減少)                                 △ 22,426              41,729
       店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)                                  89,141             △ 46,233
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  10,663                14
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                △ 155,111                 -
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 141,666               15,937
       受取利息                                 △ 1,102             △ 15,614
       支払利息                                 199,580              210,669
       株式交付費                                  50,277                -
       負ののれん発生益                                    -           △ 205,257
       持分変動損益(△は益)                               △ 6,456,979               217,940
       固定資産売却損益(△は益)                                    -            △ 2,340
       固定資産除却損                                  68,762              58,917
       関係会社株式評価損                                 159,512              109,325
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 866,570              338,359
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 67,178             △ 10,982
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 481,184               46,310
       未払金の増減額(△は減少)                                  74,556              179,468
       未払費用の増減額(△は減少)                                 827,240              286,559
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 404,103              △ 49,780
       長期未払金の増減額(△は減少)                                  5,316            △ 304,883
                                         247,556              △ 39,601
       その他
       小計                                8,799,732              12,678,031
       利息及び配当金の受取額
                                          1,102              15,767
       利息の支払額                                △ 198,750             △ 209,875
       法人税等の支払額                               △ 2,316,836             △ 2,238,935
                                         12,963              107,684
       法人税等の還付額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                6,298,211              10,352,672
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有価証券の取得による支出                                    -           △ 500,000
       有価証券の売却による収入                                    -            500,000
       定期預金の預入による支出                                 △ 1,000             △ 1,200
       有形固定資産の取得による支出                               △ 5,221,304             △ 6,304,463
       有形固定資産の売却による収入                                  10,453               8,695
       資産除去債務の履行による支出                                △ 125,535             △ 147,963
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 13,271             △ 59,393
       長期前払費用の取得による支出                                  △ 498           △ 366,263
       差入保証金の差入による支出                               △ 1,140,139             △ 1,677,134
       差入保証金の回収による収入                                 115,227              165,159
       関係会社株式の取得による支出                                △ 304,972              △ 9,900
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                    ※2  △  1,396,890           ※2  △  12,147,911
       る支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 8,077,932             △ 20,540,375
                                 38/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                1,134,200             △ 1,700,000
       長期借入れによる収入                                6,000,000              16,444,160
       長期借入金の返済による支出                               △ 8,983,119             △ 5,812,200
       社債の発行による収入                                    -           3,700,000
       社債の償還による支出                                 △ 20,000             △ 140,000
       リース債務の返済による支出                                 △ 81,544             △ 103,275
       自己株式の取得による支出                                  △ 196               -
       配当金の支払額                                △ 733,884             △ 875,284
       少数株主からの払込みによる収入                                12,923,357                210,715
                                           -           △ 181,629
       少数株主への配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                10,238,813              11,542,485
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    85,890             △ 15,984
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  8,544,983              1,338,797
      現金及び現金同等物の期首残高                                  5,253,119              13,798,102
                                     ※1  13,798,102            ※1  15,136,900
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/85














                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社の数            14 社
         連結子会社の名称
          株式会社クリエイト・レストランツ
          株式会社クリエイト吉祥
          株式会社ルモンデグルメ
          株式会社イートウォーク
          SFPダイニング株式会社
          株式会社YUNARI
          株式会社上海美食中心
          株式会社グルメブランズカンパニー
          株式会社KRフードサービス
          株式会社アールシー・ジャパン
          中國創造餐飲管理有限公司
          create    restaurants      asia   Pte.Ltd.
          上海創思餐飲管理有限公司
          香港創造餐飲管理有限公司
         上記のうち、株式会社グルメブランズカンパニーは平成27年3月6日付で当社及び連結子会社である株式会社
        クリエイト・レストランツとの共同新設分割(簡易分割)により新たに設立したこと、株式会社KRフードサー
        ビスは、平成27年6月30日付で同社の株式の99.8%を取得したこと、株式会社アールシー・ジャパンは、平成27
        年8月31日付で全株式を取得したことにより、連結の範囲に含めております。
     (2)非連結子会社の数 2社
         非連結子会社の名称
          台湾創造餐飲股份有限公司
          SFP音響株式会社
         連結の範囲から除いた理由
          非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等は連結財務諸表に重要な影響
         を及ぼしていないためであります。
     2.持分法の適用に関する事項

     (1)持分法適用の非連結子会社及び関連会社
         該当事項はありません。
     (2)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社
         非連結子会社 
          台湾創造餐飲股份有限公司
          SFP音響株式会社
         関連会社
          上海豫園商城創造餐飲管理有限公司
          上海造恵餐飲管理有限公司
          大連造恵美食有限公司
          Eastern     Cuisine(Thailand)         Co.,Ltd
         持分法の適用範囲から除いた理由
          持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社は、いずれも当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持
         分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ重要性が
         ないため持分法の適用範囲から除いております。
                                 40/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
         中國創造餐飲管理有限公司、create                 restaurants      asia   Pte.Ltd.、上海創思餐飲管理有限公司、香港創造餐飲
        管理有限公司の決算日は12月31日であります。
         当連結会計年度において、SFPダイニング株式会社は、決算日を9月30日から2月末日に変更し、連結決算
        日と同一となっております。なお、当該子会社の平成28年1月1日から平成28年2月29日までの2か月分の損益
        については連結損益計算書を通して調整する方法を採用しており、当連結会計年度における会計期間は14か月と
        なっております。当該子会社の平成28年1月1日から平成28年2月29日までの売上高は5,389,117千円、営業利益
        は489,411千円、経常利益は530,666千円、税引前当期純利益は435,496千円であります。
         また、株式会社上海美食中心は決算日を9月30日から2月末日に変更しております。
         なお、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
     4.会計処理基準に関する事項

     (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        関連会社株式
         移動平均法による原価法
       ②  たな卸資産
        原材料及び貯蔵品
         主に先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
       ③  デリバティブ
        時価法
     (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
         ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                   15~50年
        建物
                   3~17年
        建物附属設備
                   10~50年
        構築物
                   3~17年
        機械及び装置
                   2~10年
        工具、器具及び備品
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法を採用しております。
         なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
        おります。
       ③  リース資産
        a.所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
        b.所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。なお、所有権移転外ファイナン
        ス・リース取引のうち、リース取引開始日がリース取引に関する会計基準適用初年度開始前のリース取引につい
        ては、通常の賃貸借取引に準じた会計処理によっております。
       ④  長期前払費用
        定額法を採用しております。
         主な耐用年数は3~5年であります。
         ただし、契約期間に定めがあるものについては、その契約期間に基づく定額法によっております。
                                 41/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     (3)重要な引当金の計上基準
       ①  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
       いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②  賞与引当金
        一部の連結子会社は、従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       ③ポイント引当金
        一部の連結子会社は、顧客に付与したポイント使用に備えるため、将来行使されると見込まれる額をポイント引
       当金として計上しております。
       ④  株主優待引当金
        株主優待制度に基づく費用の発生に備えるため、株主優待券の利用実績に基づいて、翌連結会計年度以降に発生
       すると見込まれる額を計上しております。
       ⑤  店舗閉鎖損失引当金
        店舗閉鎖による損失に備えて、翌連結会計年度以降に閉鎖が見込まれる店舗について、損失見積額を計上してお
       ります。
       ⑥  役員退職慰労引当金
        一部の連結子会社は、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
     (4)重要なヘッジ会計の方法
       ①  ヘッジ会計の方法
        為替予約については繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たす取引については、振当
       処理を採用しております。
        金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
       ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
        ヘッジ手段       金利スワップ、為替予約
        ヘッジ対象       変動金利の借入金、外貨建予定取引
       ③  ヘッジ方針
        将来の為替変動及び金利変動によるリスク回避を目的として利用しており、リスクヘッジ目的以外の取引は行わ
       ない方針であります。
       ④  ヘッジ有効性評価の方法
        為替予約については、予約取引と同一通貨、同一金額、同一期日の為替予約を締結しているため、その後の為替
       相場の変動による相関関係は確保されており、決算日における有効性の評価を省略しております。
        また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、決算日における有効性の評価を省略して
       おります。
     (5)退職給付に係る会計処理の方法
        一部の連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づ
       き、退職給付に係る負債を計上しております。退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末
       までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
        数理計算上の差異については、発生の翌連結会計年度に一括して費用処理、もしくは各連結会計年度の発生時に
       おける従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連
       結会計年度から費用処理しております。
     (6)のれんの償却方法及び償却期間
        のれんの償却については、5~20年の定額法により償却を行っております。
     (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金、容易に換金可能でありかつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない
       取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (8)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (会計方針の変更)

       (退職給付に関する会計基準等の適用)
                                 42/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
       う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。以下
       「退  職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた
       定めについて当連結会計年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間
       帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するとともに、割引率の決定方法を従業員の平均残存勤務時間
       に基づく割引率から単一の加重平均割引率に変更いたしました。
        退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っており、当連結
       会計年度の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減しており
       ます。
        この結果、当連結会計年度の期首の退職給付に係る負債が20,646千円減少し、利益剰余金が9,126千円増加してお
       ります。
        この変更による当連結会計年度の損益に与える影響は軽微であります。
        なお、1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
      (未適用の会計基準等)

      ・「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日)
      ・「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                             平成25年9月13日)
      ・「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                            平成25年9月13日)
      ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号                                 平成25年9月13日)
      ・「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                                平成25年9月13
       日)
      ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号                                           平成25年9月13日)
      (1)   概要
        本会計基準等は、①子会社株式の追加取得等において支配が継続している場合の子会社に対する親会社の持分変
       動の取扱い、②取得関連費用の取扱い、③当期純利益の表示及び少数株主持分から非支配株主持分への変更、④暫
       定的な会計処理の取扱いを中心に改正されたものです。
      (2)   適用予定日
        平成29年2月期の期首より適用する予定です。なお、暫定的な会計処理の取扱いについては、平成29年2月期の
       期首以後実施される企業結合から適用する予定です。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)

      (1)   概要
        繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断
       に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見
       積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われております。
        ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
          い
        ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
      (2)   適用予定日
        平成30年2月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
                                 43/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (表示方法の変更)
        (連結貸借対照表関係)
          前連結会計年度において独立掲記しておりました「流動資産」の「原材料」は、当連結会計年度において新
         たに連結範囲に含めた連結子会社において貯蔵品が生じているため、当連結会計年度より「原材料及び貯蔵
         品」に科目名を変更しております。
          前連結会計年度において独立掲記しておりました「流動資産」の「前払費用」及び「未収還付法人税等」に
         ついては、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「流動資産」の「その他」に含めて表示し
         ております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っておりま
         す。
          この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「前払費用」に表示しておりました
         503,175千円、「未収還付法人税等」に表示しておりました104,806千円及び「その他」に表示しておりました
         220,444千円は、「その他」828,425千円として組替えを行っております。
          前連結会計年度において「流動負債」の「その他」に含めておりました「1年内償還予定の社債」について
         は、金額的重要性が高まったため、当連結会計年度より独立掲記することといたしました。また、「流動負
         債」の「前受収益」については、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「流動負債」の「そ
         の他」に含めて表示しております。この表示方法を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替え
         を行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「前受収益」に表示しておりました
         503,550千円及び「その他」に表示しておりました141,721千円は、「1年内償還予定の社債」20,000千円及び
         「その他」625,271千円として組替えを行っております。
          前連結会計年度において独立掲記しておりました「固定負債」の「長期前受収益」及び「長期未払金」につ
         いては、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「固定負債」の「その他」に含めて表示して
         おります。この表示方法を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度において、「固定負債」の「長期前受収益」に表示しておりました183,806千円、
         「長期未払金」に表示しておりました601,197千円及び「その他」に表示しておりました22,700千円は「その
         他」807,703千円として組替えを行っております。
        (連結損益計算書関係)

          前連結会計年度において「営業外収益」の「仕入割引」については、金額的重要性が乏しくなったため、当
         連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法を反映させるため、前連結会計年度の
         連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度において「営業外収益」の「仕入割引」に表示しておりました12,376千円及び
         「その他」に表示しておりました80,567千円は、「その他」92,944千円として組替えを行っております。
          前連結会計年度において独立掲記しておりました「特別損失」の「店舗閉鎖損失」及び「店舗閉鎖損失引当
         金繰入額」は金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。
         この表示方法を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度において、「特別損失」の「店舗閉鎖損失」に表示しておりました213,472千円、
         「店舗閉鎖損失引当金繰入額」に表示しておりました97,147千円及び「その他」に表示しておりました11,272
         千円は、「その他」321,892千円として組替えを行っております。
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          前連結会計年度において独立掲記しておりました「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他の資産
         の増減額(△は増加)」及び「その他の負債の増減額(△は減少)」については、明瞭性を高めるために表示
         方法の見直しを行ったため、当連結会計年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更
         を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
         ロー」の「その他の資産の増減額(△は増加)」に表示しておりました△241,600千円、「その他の負債の増減
         額(△は減少)」に表示しておりました452,374千円及び「その他」に表示しておりました36,781千円は、「そ
         の他」247,556千円として組替えを行っております。
                                 44/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
       ※1.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成27年2月28日)                   (平成28年2月29日)
     投資有価証券(株式)                          398,901    千円                384,376    千円
       ※2.担保資産及び担保付債務

          担保に供されている資産は次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成27年2月28日)                   (平成28年2月29日)
     建物及び構築物                          827,813    千円               1,270,316     千円
     工具、器具及び備品                           8,770                   5,185
     土地                         1,143,247                   3,144,247
            計                  1,979,832                   4,419,749
          担保付債務は、次のとおりであります。

                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (平成27年2月28日)                   (平成28年2月29日)
     1年内返済予定の長期借入金                          214,200    千円               4,414,200     千円
     未払金                          59,479                   60,107
     長期借入金                          429,000                   214,800
     長期未払金                          166,356                    96,283
            計                   869,036                  4,785,391
      (連結損益計算書関係)

       ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成26年3月1日                   (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                   至 平成28年2月29日)
     給与                        18,334,418     千円              27,647,487     千円
     賃借料                         9,800,332                   13,223,549
       ※2.固定資産除却損の内訳

                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成26年3月1日                   (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                   至 平成28年2月29日)
     建物及び構築物                          64,301   千円                35,442   千円
     その他                           4,461                   23,475
            計                   68,762                   58,917
                                 45/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ※3.減損損失
          連結会計年度において、減損損失を計上しており、その内容は以下のとおりであります。
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

                場所              用途            種類        減損損失(千円)
                                      建物及び構築物                 1,485,560
                                      工具、器具及び備品                  364,626
             東京都港区虎ノ門他                 97店舗
                                      長期前払費用                  245,075
                                      その他                    167
                合計               -            -             2,095,429
          当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、また遊休資産等につ

         いては物件単位をグルーピングの最小単位としております。
          営業活動から生ずる損益が著しく低下した店舗及び閉鎖の決定した店舗について、当該店舗の資産グループ
         の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額2,095,429千円を減損損失として特別損失に計上しておりま
         す。
          なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しております。使用価値は将来キャッシュ・フ
         ローがマイナス又は使用期間が短期であるため割引計算は行っておりません。
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

                場所              用途            種類        減損損失(千円)
                                      建物及び構築物                  337,024
                                      機械及び装置                    931
              東京都町田市他                14店舗        工具、器具及び備品                  29,149
                                      長期前払費用                   7,034
                                      リース資産                   4,737
                合計               -            -              378,877
          当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として店舗を基本単位とし、また遊休資産等につ

         いては物件単位をグルーピングの最小単位としております。
          営業活動から生ずる損益が著しく低下した店舗及び閉鎖の決定した店舗について、当該店舗の資産グループ
         の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額378,877千円を減損損失として特別損失に計上しておりま
         す。
          当資産グループの回収可能価額は使用価値に基づき、将来キャッシュ・フローを5.4%で割り引いて算出して
         おります。なお、将来キャッシュ・フローがマイナス又は使用期間が短期の場合には、割引計算は行っており
         ません。
                                 46/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成26年3月1日              (自    平成27年3月1日
                             至   平成27年2月28日)               至   平成28年2月29日)
     繰延ヘッジ損益
                                   △256   千円             △2,246    千円
       当期発生額
         税効果額                               94                739
       繰延ヘッジ損益
                                   △162                △1,506
     為替換算調整勘定
                                  143,585                △24,153
       当期発生額
      税効果額                               -             △154,906
      為替換算調整勘定                            143,585                △179,060
     退職給付に係る調整額
       当期発生額                               ―             △16,546
                                     ―             △26,870
      組替調整額
       税効果調整前
                                     ―             △43,417
                                     ―              12,441
         税効果額
       退職給付に係る調整額
                                     ―             △30,976
               その他の包括利益合計                  143,423                △211,543
                                 47/85












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                 期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式              10,524,738           21,049,476               -       31,574,214

         合計           10,524,738           21,049,476               -       31,574,214

     自己株式

      普通株式                36,955           74,060             -        111,015

         合計             36,955           74,060             -        111,015

      (注)   1.普通株式の増加の内容は次のとおりであります。

          平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で
                                      21,049,476      株
          株式分割を行ったことによる増加
        2.自己株式の増加の内容は次のとおりであります。
          ①                                50  株
            単元未満株式の買取
          ②  平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割
                                        74,010    株
            合で株式分割を行ったことによる増加
       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     平成26年5月28日
                普通株式          377,560           36  平成26年2月28日         平成26年5月29日
      定時株主総会
     平成26年10月10日
                普通株式          356,582           34  平成26年8月31日         平成26年11月10日
       取締役会
         計                 734,143
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
        決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)             配当額(円)
     平成27年5月27日
               普通株式        356,792     利益剰余金          11.34   平成27年2月28日         平成27年5月28日
      定時株主総会
                                 48/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                 期首株式数(株)           増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
     発行済株式
      普通株式              31,574,214               -           -       31,574,214

         合計           31,574,214               -           -       31,574,214

     自己株式

      普通株式                111,015             -           -        111,015

         合計             111,015             -           -        111,015

       2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
       3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
        決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     平成27年5月27日
                普通株式          356,792          11.34    平成27年2月28日         平成27年5月28日
      定時株主総会
     平成27年10月14日
                普通株式          519,142          16.50    平成27年8月31日         平成27年11月9日
       取締役会
         計                 875,935
      (注)当社は平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を実施しておりますが、1株当たり配
         当額は当該株式分割前の株式数を基準に記載しております。
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
        決議      株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)             配当額(円)
     平成28年5月27日
               普通株式        582,069     利益剰余金          18.50   平成28年2月29日         平成28年5月30日
      定時株主総会
      (注)当社は、平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を実施しておりますが、1株当たり
         配当額は当該株式分割前の株式数を基準としております。
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                           至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
     現金及び預金勘定                          13,802,302     千円             13,142,300     千円
     取得日から3か月以内に償還期限の
                                   -               2,000,000
     到来する短期投資(有価証券)
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                           △4,200                  △5,400
     現金及び現金同等物                          13,798,102                  15,136,900
                                 49/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ※2.株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳
        前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
         株式の取得により新たに株式会社YUNARIを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに
        同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純増)との関係は次のとおりです。
         流動資産                       255,058千円
         固定資産                       456,055
         のれん                      1,263,270
         流動負債                      △244,224
                              △224,856
         固定負債
          株式の取得価額
                              1,505,304
                              △170,064
         現金及び現金同等物
          差引:取得のための支出                      1,335,239
         株式の取得により新たに株式会社上海美食中心を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに

        同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純増)との関係は次のとおりです。
         流動資産                       131,890千円
         固定資産                       17,353
         のれん                       55,529
         流動負債                      △19,804
                               △4,448
         固定負債
          株式の取得価額
                               180,520
                              △118,869
         現金及び現金同等物
          差引:取得のための支出                       61,650
        当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)

         株式の取得により新たに株式会社KRフードサービスを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳
        並びに同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純増)との関係は次のとおりです。
         流動資産                      3,773,403千円
         固定資産                     11,011,587
         のれん                      8,461,218
         流動負債                     △2,757,690
         固定負債                     △5,496,722
                               △13,061
         少数株主持分
          株式の取得価額
                              14,978,735
                             △2,837,596
         現金及び現金同等物
          差引:取得のための支出                     12,141,139
         株式の取得により新たに株式会社アールシー・ジャパンを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内

        訳並びに同社株式の取得価額と同社取得のための支出(純増)との関係は次のとおりです。
         流動資産                       143,220千円
         固定資産                       260,769
         流動負債                      △95,806
         固定負債                      △38,028
                              △205,257
         負ののれん発生益
          株式の取得価額
                                64,896
                               △58,124
         現金及び現金同等物
          差引:取得のための支出                        6,772
                                 50/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        3.重要な非資金取引の内容
         新たに計上した資産除去債務の額
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 平成26年3月1日                   (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                   至 平成28年2月29日)
     資産除去債務の額                          179,345    千円                201,897    千円
      (リース取引関係)

       (借主側)
       1.ファイナンス・リース取引
        所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)リース資産の内容
         有形固定資産
          店舗における厨房設備等(工具、器具及び備品)であります。
       (2)リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計処理基準に関する事項(2)重要な減価償却資
         産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      (金融商品関係)

       1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、銀行等金融機関からの借入により資金を
          調達しております。また、デリバティブ取引については、借入金の金利変動リスクを回避するために利用
          し、為替予約についても将来の為替変動リスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方
          針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           有価証券については、主に満期保有目的の債券であり、発行体の信用リスク、市場価格の変動リスクに晒
          されております。発行体の信用リスクについては、格付けの高い債券を保有し、また定期的に発行体の財政
          状況等を把握することによって、リスクの軽減を図っております。市場価格の変動リスクについては、時価
          のあるものについては四半期ごとに時価を把握し、保有状況を継続的に見直ししております。
           差入保証金については、主に、店舗賃借取引に伴うものであり、差入先の信用リスクに晒されております
          が、取引開始時に信用判定を行うとともに、契約更新時その他適宜契約先の信用状況の把握に努めておりま
          す。
           借入金の使途は主に設備投資資金であり、一部の長期借入金については、金利変動リスクに対して金利ス
          ワップ取引を実施して支払利息の固定化を実施しております。なお、デリバティブ取引については、内部規
          程に基づき、財務担当部門が決裁担当者の承認を得て行っております。
                                 51/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
         ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
         前連結会計年度(平成27年2月28日)
                         連結貸借対照表
                                    時価(千円)          差額(千円)
                         計上額(千円)
          (1)現金及び預金                  13,802,302          13,802,302              -
          (2)売掛金                   2,586,662          2,586,662              -
          (3)有価証券                       -          -          -
          (4)差入保証金                   5,885,282          5,586,906          △298,375
             資産計                  22,274,247          21,975,872           △298,375
           長期借入金(*1)
                             14,755,520          14,814,713            59,193
             負債計                  14,755,520          14,814,713            59,193
           デリバティブ取引(*2)                     △129          △129            -
          (*1)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
         当連結会計年度(平成28年2月29日)

                         連結貸借対照表
                                    時価(千円)          差額(千円)
                         計上額(千円)
          (1)現金及び預金                  13,142,300          13,142,300              -
          (2)売掛金                   2,504,715          2,504,715              -
          (3)有価証券                   2,000,000          2,000,000              -
          (4)差入保証金                   8,617,850          8,412,877          △204,973
             資産計                  26,264,866          26,059,893           △204,973
           長期借入金(*1)
                             29,787,480          30,207,850            420,370
             負債計                  29,787,480          30,207,850            420,370
           デリバティブ取引(*2)                    △2,375          △2,375             -
          (*1)1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
          (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
        (注)   1.金融商品の時価の算定方法及びデリバティブ取引に関する事項

        資産
        (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)有価証券
           預金はすべて短期であり、売掛金についても短期間で決済されるため時価は帳簿価額にほぼ等しいことか
          ら、当該帳簿価額によっております。
        (4)差入保証金
           差入保証金の時価については、想定した賃借契約期間に基づき、相手先の信用リスクを加味した上で、そ
          の将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定して
          おります。
        負債
         長期借入金
           長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引
          いて算定する方法によっております。一部の変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象と
          されており(下記「デリバティブ取引」参照)、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額
          を、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっており
          ます。
        デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
                                 52/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        (注)   2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                区分
                            (平成27年2月28日)                 (平成28年2月29日)
         投資有価証券                             398,901                 384,376
          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の対
         象としておりません。
        (注)   3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(平成27年2月28日)
                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                         13,802,302          -      -      -
           合計
                                  13,802,302          -      -      -
        差入保証金については、現時点において償還予定が確定したものがないため、記載をしておりません。
        当連結会計年度(平成28年2月29日)

                                         1年超      5年超
                                   1年以内                   10年超
                                         5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
         現金及び預金                         13,142,300          -      -      -
         有価証券                          2,000,000          -      -      -
         差入保証金                           49,758      116,137         -      -
           合計
                                  15,192,058        116,137         -      -
        差入保証金のうち、現時点において償還予定が確定していないものについては、記載をしておりません。
        (注)   4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(平成27年2月28日)
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         長期借入金              4,392,960      4,293,160      3,195,344      1,539,922       986,194      347,940
        当連結会計年度(平成28年2月29日)

                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                               5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
         長期借入金             10,623,620       5,325,804      3,737,043      3,225,930      1,839,466      5,035,617
                                 53/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
     1.満期保有目的の債券
       前連結会計年度(平成27年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(平成28年2月29日)

                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額

            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     時価が連結貸借対照表計上額
                                ―            ―            ―
     を超えるもの
            小計                     ―            ―            ―

     時価が連結貸借対照表計上額

     を超えないもの
      合同運用金銭信託                       2,000,000            2,000,000                 ―

            小計                2,000,000            2,000,000                 ―

            合計                2,000,000            2,000,000                 ―

      (注)上記の合同運用金銭信託は短期間で決済されるため、時価の帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
         額によっております。
     2.減損処理を行った有価証券

       前連結会計年度(平成27年2月28日)
       当連結会計年度において、有価証券について159,512千円(関係会社株式159,512千円)の減損処理を行っておりま
      す。
       当連結会計年度(平成28年2月29日)

       当連結会計年度において、有価証券について109,325千円(関係会社株式109,325千円)の減損処理を行っておりま
      す。
                                 54/85









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
       ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
       1.通貨関連
        前連結会計年度(平成27年2月28日)
                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (千円)       1年超(千円)          (千円)
               為替予約取引
       為替予約等の                     外貨建の
                買建
      繰延ヘッジ処理                     予定取引
                 ユーロ
                                      22,834          -       △129
      (注)    時価の算定方法

         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成28年2月29日)

                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (千円)       1年超(千円)          (千円)
               為替予約取引
                買建

       為替予約等の                     外貨建の
      繰延ヘッジ処理                     予定取引
                 ユーロ                       47,305          -      △2,351
                 米ドル

                                       1,492          -       △24
                  合計                    48,797          -      △2,375

      (注)    時価の算定方法

         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
       2.金利関連

        前連結会計年度(平成27年2月28日)
                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (千円)       1年超(千円)          (千円)
               金利スワップ取引
       金利スワップ
                変動受取・
                           長期借入金
       の特例処理
                 固定支払
                                     2,280,490        1,887,890          (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成28年2月29日)

                                    契約額等       契約額等のうち           時価
      ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (千円)       1年超(千円)          (千円)
               金利スワップ取引
       金利スワップ
                変動受取・
                           長期借入金
       の特例処理
                 固定支払
                                    12,338,153        10,706,849          (注)
      (注)    金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

         め、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                 55/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        一部の連結子会社は、確定給付年金制度及び給与規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日               (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
       退職給付債務の期首残高                                  164,641               141,666
        会計方針の変更による累積的影響額                                     ―           △20,646
       会計方針の変更を反映した期首残高                                     ―            121,019
        勤務費用                                   20,753               68,017
        利息費用                                   1,313               1,623
        数理計算上の差異の発生額                                  △35,827                6,671
        退職給付の支払額                                  △9,213              △35,139
        連結子会社取得による増加                                     ―            613,555
       退職給付債務の期末残高                                  141,666               775,747
       (2)    年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成26年3月1日            (自    平成27年3月1日
                                 至   平成27年2月28日)             至   平成28年2月29日)
       年金資産の期首残高                                     ―               ―
        期待運用収益                                    ―            △3,648
        数理計算上の差異の発生額                                    ―             9,875
        事業主からの拠出額                                    ―            11,227
        退職給付の支払額                                    ―           △12,683
        連結子会社取得による増加                                    ―          △245,577
       年金資産の期末残高                                     ―          △240,806
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
       積立型制度の退職給付債務                                     ―            250,591
       年金資産                                     ―          △240,806
                                                         9,784
       非積立型制度の退職給付債務                                  141,666               525,156
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  141,666               534,941
       退職給付に係る負債                                  141,666               534,941

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  141,666               534,941
                                 56/85






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日               (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
       勤務費用                                   20,753               68,017
       利息費用                                   1,313               1,623
       期待運用収益                                     ―            △3,648
       数理計算上の差異の費用処理額                                    572            △26,870
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   22,639               39,121
       (5)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成26年3月1日            (自    平成27年3月1日
                                 至   平成27年2月28日)             至   平成28年2月29日)
       数理計算上の差異                                     ―           △43,417
       合計                                     ―           △43,417
       (6)退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
       未認識数理計算上の差異                                   26,870               16,546
       合計                                   26,870               16,546
       (7)    年金資産に関する事項

        ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
       債券                                    ―%             70.9%
       株式                                    ―%             25.1%
       現金及び預金                                    ―%              3.2%
       その他                                    ―%              0.7%
       合計                                    ―%             100.0%
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (8)    数値計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成26年3月1日               (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
       割引率                                   1.0%               0.2%
       長期期待運用収益率                                    ―%              2.2%
      (ストック・オプション等関係)

        該当事項はありません。
                                 57/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
         繰延税金資産(流動)
          リース債務                          11,933   千円           24,514   千円
          未払事業税                          41,346               78,846
          未払事業所税                          16,150               13,683
          賞与引当金                          63,784              147,891
          株主優待引当金                          25,167               37,046
          店舗閉鎖損失引当金                          8,742               1,634
          資産除去債務                          30,244               33,946
          繰越欠損金                            -             1,081
          前受収益                            -             77,035
                                     145             47,181
          その他
            小計
                                   197,514               462,862
                                   △1,733              △10,597
          評価性引当額
            合計                          195,780               452,265
         繰延税金負債(流動)
          その他                         △9,910                △789
            合計                          △9,910                △789
         繰延税金資産・負債(流動)の純額                          185,870               451,475
         繰延税金資産(固定)
          減価償却超過額                         126,686               163,474
          減損損失                         337,793               302,406
          リース債務                          68,124               32,652
          退職給付に係る負債                          53,489              172,769
          役員退職慰労引当金                         119,179               10,792
          資産除去債務                         508,314               634,820
          長期未払金                          1,315                -
          繰越欠損金                         521,295               946,915
          関係会社株式                            -            439,390
          長期前受収益                            -             51,942
          減価償却費                            -             33,910
          土地                            -             96,553
                                    9,912              135,289
          その他
            小計
                                  1,746,112               3,020,919
                                  △676,569              △1,315,164
          評価性引当額
            合計
                                  1,069,543               1,705,755
         繰延税金負債(固定)
          リース資産                         △59,907               △39,319
          資産除去債務に対応する除去費用                        △211,481               △264,047
          土地                            -           △427,902
          商標権                            -           △595,393
          為替換算調整勘定                            -           △154,906
                                   △4,306               △2,828
          その他
            合計                         △275,695              △1,484,398
         繰延税金資産・負債(固定)の純額                          793,847               221,357
                                 58/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と
        なった主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
         法定実効税率
                                    38.0   %             -  %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                           0.4               -
          住民税均等割額                           0.4               -
          評価性引当額                           6.4               -
          のれん償却額                           3.0               -
          関係会社株式評価損                           0.7               -
          持分変動利益                          △29.9                 -
          税率変更による期末繰延税金資産の減額
                                     0.3               -
          修正
                                     0.5               -
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                            19.8                -
        (注)当連結会計年度は、法定実効税率と税効果適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率
           の100分の5以下であるため注記を省略しております。
       3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成
        27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率
        等の引下げ等が行われることになりました。これに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計
        算に使用した法定実効税率は従来の35.6%から平成28年3月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一
        時差異については33.0%に、平成29年3月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異につい
        ては32.2%に変更されております。
         この税率変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
       4.連結決算日後の法人税等の税率の変更

         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
        (平成28年法律第13号)が平成28年3月31日に公布され、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法
        人税率等の引下げ等が行われることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用す
        る法定実効税率は、従来の33.0%及び32.2%から、平成29年3月1日に開始する連結会計年度及び平成30年3月
        1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.8%に、平成31年3月1日に開始する連
        結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.6%となります。
         この税率変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
                                 59/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (企業結合等関係)
      取得による企業結合
      Ⅰ  株式会社KRフードサービス
      1.企業結合の概要
        (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
             名   称          株式会社KRフードサービス
             事業の内容          飲食店舗の運営
        (2)企業結合を行った主な理由

           当社は、双方がもつブランド及びこれまで培ってきた経験・ノウハウ、立地、人員、運営・管理手法や仕
          入の共有化等を互いに利用することで、店舗運営力の更なる向上及びコスト削減等のシナジー効果を創出す
          ることが可能であると考えております。また、本件の取組みは、当社グループが本格的に参入していない
          「郊外ロードサイド立地」を中心に事業展開するKRフードサービス社が当社グループに参画することで、
          当社グループの事業基盤の拡大と「グループ連邦経営」の更なる進化、ひいては企業価値の向上につながる
          ものと判断し、同社の株式を取得することといたしました。      
        (3)企業結合日          
           平成27年6月30日
        (4)企業結合の法的形成 
           現金を対価とした株式取得 
        (5)結合後企業の名称
           結合後の企業名称に変更はありません。 
        (6)取得した議決権比率 
           99.8%
        (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           現金を対価とした株式取得による子会社化によるためであります。
      2.当連結会計年度に含まれる被取得企業の業績の期間

         平成27年7月1日から平成28年2月29日まで
      3.被取得企業の取得原価及びその内訳

          取得の対価(現金)                14,970,000千円
          取得に要した費用                   8,735千円
          取得原価                14,978,735千円
      4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

        (1)発生したのれんの金額
           8,461,218千円
        (2)発生原因
           今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
        (3)償却方法及び償却期間
           20年間にわたる定額法
                                 60/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
         流動資産             3,773,403      千円
                      11,011,587       〃
         固定資産
         資産合計             14,784,991       〃
         流動負債
                       2,757,690      〃
                       5,496,722      〃
         固定負債
         負債合計             8,254,413      〃
       6.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響

       の概算額及びその算定方法
         売上高             6,755,933      千円
         営業利益               73,090     〃
         経常利益               83,005     〃
         税金等調整前当期純利益              △32,606      〃
         当期純利益              △46,615      〃
         1株当たり当期純利益               △0.49     円
        (概算額の算定方法)

         企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、取得企業の連結損
        益計算書における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。
         なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
      Ⅱ  株式会社アールシー・ジャパン

      1.企業結合の概要
        (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
             名   称          株式会社アールシー・ジャパン
             事業の内容          飲食店舗の運営
        (2)企業結合を行った主な理由

           株式会社アールシー・ジャパンがもつ著名な海外ブランド獲得によるブランドラインナップの強化と当社
          グループの観光立地における事業の強化につながるものであり、当社のグループ連邦経営に基づくノウハウ
          の共有により、更なる店舗展開と成長が可能であると考えており、当社グループの事業基盤の拡大と企業価
          値の向上に資するものと判断し、同社の株式を取得することといたしました。      
        (3)企業結合日          
           平成27年8月31日
        (4)企業結合の法的形成 
           現金を対価とした株式取得 
        (5)結合後企業の名称 
           結合後の企業名称に変更はありません。 
        (6)取得した議決権比率 
           100.0%
        (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           現金を対価とした株式取得による子会社化によるためであります。
      2.当連結会計年度に含まれる被取得企業の業績の期間

         平成27年9月1日から平成28年2月29日まで
      3.被取得企業の取得原価及びその内訳

          取得の対価(現金)                  60,000千円
                                 61/85


                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
          取得に要した費用                   4,896千円
          取得原価                  64,896千円
      4.発生した負ののれん発生益の金額及び発生原因

        (1)発生した負ののれん発生益の金額
           205,257千円
        (2)発生原因
           企業結合日の被取得企業の時価純資産が取得原価を上回ったためであります。
      5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

         流動資産              143,220     千円
                        260,769     〃
         固定資産
         資産合計              403,989     〃
         流動負債
                        95,806     〃
                        38,028     〃
         固定負債
         負債合計              133,834     〃
       6.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響

       の概算額及びその算定方法
         売上高              558,002     千円
         営業利益              △11,008      〃
         経常利益              △20,943      〃
         税金等調整前当期純利益              △68,637      〃
         当期純利益              △70,593      〃
         1株当たり当期純利益               △0.75     円
        (概算額の算定方法)

         企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、取得企業の連結損
        益計算書における売上高及び損益情報との差額を、影響の概算額としております。
         なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
                                 62/85









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (資産除去債務関係)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       1.当該資産除去債務の概要
         店舗の賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       2.当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を取得から3年から50年と見積り、割引率は国債の利回り等適切な指標に基づく利率により資産
        除去債務の金額を計算しております。
       3.当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成26年3月1日                 (自 平成27年3月1日
                              至 平成27年2月28日)                 至 平成28年2月29日)
         期首残高                        1,432,598     千円            1,577,822     千円
         有形固定資産の取得に伴う増加額                         179,345                 201,897
         新規連結子会社の取得に伴う増加額                         67,149                378,195
         時の経過による調整額                         21,702                 26,126
         資産除去債務の履行による減少額                        △127,552                 △136,585
         その他の増減額                           -               16,336
         為替換算差額                          4,579                △2,940
         期末残高                        1,577,822                 2,060,853
      (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
        当社グループは店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載を
       省略しております。
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)

        当社グループは店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載を
       省略しております。
        【関連情報】

       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
       1.製品及びサービスごとの情報

         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
         載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
                                 63/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)
       1.製品及びサービスごとの情報

         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2.地域ごとの情報

       (1)売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
         載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)

        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)

        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自          平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自          平成27年3月1日 至           平成28年2月29日)

        当社グループは、店舗による飲食提供を主な事業としており、報告セグメントは当該事業のみであるため、記載
       を省略しております。
                                 64/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
       1.関連当事者との取引
       (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

                              議決権等の所
         会社等の名称又           資本金又                関連当事者     取引の内    取引金額          期末残高
      種類          所在地         事業の内容     有(被所有)
                                                   科目
          は氏名         は出資金                 との関係      容   (千円)          (千円)
                              割合(%)
     非連結    台湾創造餐飲       台湾      6,000         所有      役員の兼任              投      資
                         飲食事業        100.0         出資
                                              219,402          219,402
     子会社    股份有限公司           (千NT$)                 資本取引
               (台北)               直接                     有価証券
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

          該当事項はありません。
       (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
          前連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

                              議決権等の所
         会社等の名称又           資本金又                関連当事者     取引の内    取引金額          期末残高
      種類          所在地         事業の内容     有(被所有)
                                                   科目
          は氏名         は出資金                 との関係      容   (千円)          (千円)
                              割合(%)
                中国                                  投      資
     関連会    上海造恵餐飲            10,000          所有
                         飲食事業        49.0   資本取引     出資
                                              97,418          97,418
     社    管理有限公司           (千RMB)          間接
               (上海)                                   有価証券
          当連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

          該当事項はありません。
                                 65/85












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
                                   161円   55銭               185円   42銭
     1株当たり純資産額
                                   68円   82銭               35円   19銭

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後

                                   64円   88銭               32円   96銭
     1株当たり当期純利益金額
      (注)   1.平成26年9月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を、平成28年3月1日付で、普通株式

          1株につき3株の割合で株式分割をそれぞれ行っております。このため、前連結会計年度の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1
          株当たり当期純利益金額を算定しております。
        2.「会計方針の変更」に記載のとおり、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に定める
          経過的な取扱いに従っております。この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産額が、0円10銭増加
          しております。
        3.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のと
          おりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自 平成26年3月1日             (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)             至 平成28年2月29日)
     1株当たり当期純利益金額
      当期純利益(千円)                                   6,495,571             3,321,580

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -             -

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                   6,495,571             3,321,580

      普通株式の期中平均株式数(株)                                  94,389,803             94,389,597

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      当期純利益調整額(千円)                                   △371,513             △210,343

      (うち連結子会社が発行した新株予約権に係る持分

                                      (△371,513)             (△153,572)
      変動差額(千円))
       (うち少数株主利益(千円))                                     (―)          (△70,032)

      (うちのれん償却減少額(千円))                                     (―)           (13,262)

      普通株式増加数(株)                                       ―             ―

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

                                            ―             ―
     純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 66/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ⑤【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                          担保     償還期限
                               (千円)       (千円)      (%)
                        平成27年                              平成32年
                                     1,080,000
       提出会社       第1回無担保社債                  ―           0.22    無担保社債
                                     (240,000)
                        8月31日                              8月31日
                        平成28年                              平成38年
                                     2,000,000
         〃      第2回無担保社債                  ―           0.50    無担保社債
                                     (200,000)
                        1月29日                              1月30日
                        平成28年                              平成35年
                                      500,000
         〃      第3回無担保社債                  ―           0.36    無担保社債
                        1月29日              (70,000)                1月31日
       株式会社                 平成25年                              平成30年
                                       40,000
              第1回無担保社債                 60,000            0.59    無担保社債
                                      (20,000)
      YUNARI                  2月25日                              2月23日
                                     3,620,000
        合計          -        -      60,000             -     -      -
                                      (530,000)
      (注)    1.「当期末残高」欄の(内書)は、1年内の償還予定の金額であります。
        2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
             1年以内       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
             (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
               530,000         530,000         510,000         510,000         390,000
        【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                    1,400,000            -         -      -
     1年以内に返済予定の長期借入金                    4,392,960        10,623,620           0.735        -

     1年以内に返済予定のリース債務                      59,795        137,960           -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定                                            平成29年3月27日~

                         10,362,560         19,163,860           0.793
     のものを除く)                                            平成38年1月30日
     リース債務(1年以内に返済予定                                            平成29年3月31日~

                          255,561         245,303           -
     のものを除く)                                            平成32年8月6日
     その他有利子負債                        -         -         -      -

            合計             16,470,877         30,170,743             -      -

      (注) 1.「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務
          を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3.長期借入及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結貸借対照表日後5年内における1年
          ごとの返済予定額の総額は、以下のとおりであります。
                  1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内

         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
        長期借入金              5,325,804           3,737,043           3,225,930           1,839,466
        リース債務               149,965           43,555           39,549           12,232

        【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、
         資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 67/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (2)【その他】
          当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高(千円)                  19,817,720          44,212,365          69,779,938         103,271,669

     税金等調整前四半期(当期)
                        1,564,208          3,696,487          4,861,699          6,713,183
     純利益金額(千円)
     四半期(当期)
                         664,228         1,880,392          2,363,457          3,321,580
     純利益金額(千円)
     1株当たり四半期(当期)
                           7.04         19.92          25.04          35.19
     純利益金額(円)
         (会計期間)             第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                           7.04         12.88          5.12         10.15
     (円)
      (注)当社は、平成28年3月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。このため、当
         連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益を算定しており
         ます。
                                 68/85














                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
         ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               2,540,321              3,110,928
         関係会社売掛金                                181,092              320,738
         前払費用                                119,669              125,433
         繰延税金資産                                 88,336              161,624
         関係会社短期貸付金                                   -            125,000
         1年内回収予定の関係会社長期貸付金                                145,000              285,940
         未収入金                               2,088,196              1,928,373
         関係会社未収入金                               2,896,386              2,009,543
                                          32,352              20,012
         その他
         流動資産合計                               8,091,355              8,087,595
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※  5,559,702             ※  6,218,884
           建物
           構築物                               16,311              14,311
           工具、器具及び備品                              586,958              760,181
                                      ※  1,143,247             ※  1,143,247
           土地
                                          46,488              96,671
           建設仮勘定
           有形固定資産合計                             7,352,708              8,233,296
         無形固定資産
           ソフトウエア                               29,880              69,047
                                          8,582              8,582
           その他
           無形固定資産合計                               38,463              77,630
         投資その他の資産
           関係会社株式                             13,563,335              27,475,292
           関係会社長期貸付金                             1,328,620               737,700
           長期前払費用                               79,171              101,970
           繰延税金資産                              561,893              889,224
                                        2,278,933              2,429,657
           差入保証金
           投資その他の資産合計                             17,811,954              31,633,845
         固定資産合計                               25,203,125              39,944,771
       資産合計                                33,294,481              48,032,366
                                 69/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年2月28日)              (平成28年2月29日)
      負債の部
       流動負債
         短期借入金                               1,400,000                  -
         関係会社短期借入金                                329,000             1,840,000
         1年内償還予定の社債                                   -            510,000
                                       ※  4,247,960             ※  6,278,620
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                               1,969,234              1,459,002
         関係会社未払金                               3,098,442              4,085,781
         未払費用                                869,354               33,648
         未払法人税等                                270,624              447,598
         株主優待引当金                                 70,614              99,956
         店舗閉鎖損失引当金                                 23,475               3,926
         資産除去債務                                 84,861              97,579
                                         253,273              298,925
         その他
         流動負債合計                               12,616,840              15,155,039
       固定負債
         社債                                   -           3,070,000
                                      ※  10,006,310             ※  18,957,610
         長期借入金
         資産除去債務                               1,177,626              1,225,826
                                         167,296              153,297
         その他
         固定負債合計                               11,351,233              23,406,733
       負債合計                                 23,968,073              38,561,772
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,012,212              1,012,212
         資本剰余金
           資本準備金                              1,224,170              1,224,170
                                        3,351,860              3,351,860
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                              4,576,030              4,576,030
         利益剰余金
           その他利益剰余金
                                        3,758,571              3,904,264
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                              3,758,571              3,904,264
         自己株式                                △ 20,323             △ 20,323
         株主資本合計                               9,326,491              9,472,184
       評価・換算差額等
                                           △ 83            △ 1,590
         繰延ヘッジ損益
         評価・換算差額等合計                                  △ 83            △ 1,590
       純資産合計                                 9,326,408              9,470,593
      負債純資産合計                                  33,294,481              48,032,366
                                 70/85






                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
         ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成27年2月28日)               至 平成28年2月29日)
                                      ※2  5,383,573            ※2  5,467,611
      売上高
                                        1,640,319              1,618,485
      売上原価
      売上総利益                                  3,743,254              3,849,125
                                      ※1  1,547,147            ※1  1,691,846
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                  2,196,107              2,157,278
      営業外収益
       受取利息                                  8,277              9,836
                                       ※2  440,579            ※2  583,386
       受取配当金
       協賛金収入                                 190,059              221,247
                                         17,529              18,825
       その他
       営業外収益合計                                 656,445              833,294
      営業外費用
       支払利息                                 123,390              184,967
       社債発行費                                    -            41,222
                                         10,458              14,518
       その他
       営業外費用合計                                 133,848              240,707
      経常利益                                  2,718,704              2,749,865
      特別損失
       減損損失                                1,089,863               161,569
       関係会社株式評価損                                    -           1,141,674
                                         78,876              15,960
       その他
       特別損失合計                                1,168,739              1,319,204
      税引前当期純利益                                  1,549,964              1,430,661
      法人税、住民税及び事業税
                                         746,875              628,202
      過年度法人税等                                      -            180,712
                                        △ 266,567             △ 399,880
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   480,307              409,033
      当期純利益                                  1,069,656              1,021,628
       【売上原価明細書】

                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 平成26年3月1日                  (自 平成27年3月1日
                           至 平成27年2月28日)                  至 平成28年2月29日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分              金額(千円)                  金額(千円)
                     番号               (%)                  (%)
     Ⅰ  減価償却費
                              1,334,958        81.4         1,438,444        88.9
     Ⅱ  経費

                               247,320       15.1          177,114       10.9
     Ⅲ  食材等仕入

                               58,040       3.5           2,926       0.2
         当期売上原価                    1,640,319        100.0          1,618,485        100.0

                                 71/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自         平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                     その他利益
                資本金                                自己株式     株主資本合計
                                      剰余金
                          その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                           剰余金      合計           合計
                                      繰越利益
                                      剰余金
     当期首残高           1,012,212     1,224,170     3,351,860     4,576,030     3,423,058     3,423,058      △ 20,127    8,991,174
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 734,143     △ 734,143          △ 734,143
      当期純利益                                1,069,656     1,069,656           1,069,656
      自己株式の取得                                            △ 196     △ 196
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計              -     -     -     -   335,513     335,513      △ 196    335,317
     当期末残高           1,012,212     1,224,170     3,351,860     4,576,030     3,758,571     3,758,571      △ 20,323    9,326,491
                 評価・換算差額等

                          純資産合計

                繰延ヘッジ     評価・換算
                 損益    差額等合計
     当期首残高              78     78  8,991,253

     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 734,143
      当期純利益                     1,069,656
      自己株式の取得                      △ 196
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純            △ 162     △ 162     △ 162
      額)
     当期変動額合計            △ 162     △ 162    335,155
     当期末残高             △ 83     △ 83  9,326,408
                                 72/85









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自         平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)
                                                    (単位:千円)

                                   株主資本
                          資本剰余金              利益剰余金
                                     その他利益
                資本金                                自己株式     株主資本合計
                                      剰余金
                          その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                     資本準備金
                           剰余金      合計           合計
                                      繰越利益
                                      剰余金
     当期首残高           1,012,212     1,224,170     3,351,860     4,576,030     3,758,571     3,758,571      △ 20,323    9,326,491
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 875,935     △ 875,935          △ 875,935
      当期純利益                                1,021,628     1,021,628           1,021,628
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計              -     -     -     -   145,692     145,692        -   145,692
     当期末残高           1,012,212     1,224,170     3,351,860     4,576,030     3,904,264     3,904,264      △ 20,323    9,472,184
                 評価・換算差額等

                          純資産合計

                繰延ヘッジ     評価・換算
                 損益    差額等合計
     当期首残高             △ 83     △ 83  9,326,408

     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 875,935
      当期純利益                     1,021,628
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純           △ 1,506     △ 1,506     △ 1,506
      額)
     当期変動額合計            △ 1,506     △ 1,506     144,185
     当期末残高            △ 1,590     △ 1,590    9,470,593
                                 73/85










                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式
        移動平均法による原価法
     2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

       原材料
        先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法)
     3.デリバティブの評価基準及び評価方法

       デリバティブ
        時価法
     4.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産
        定率法を採用しております。
        ただし、建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                    15~50年
        建物
                    3~17年
        建物附属設備
                    10~50年
        構築物
                    2~10年
        工具、器具及び備品
     (2)無形固定資産

        定額法を採用しております。
        なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
       ります。
     (3)長期前払費用
        定額法を採用しております。
        主な耐用年数は5年であります。
        ただし、契約期間に定めがあるものについては、その契約期間に基づく定額法によっております。
     5.引当金の計上基準

     (1)貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般の債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
       ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)株主優待引当金
        株主優待制度に基づく費用の発生に備えるため、株主優待券の利用実績に基づいて、翌事業年度以降に発生する
       と見込まれる額を計上しております。
     (3)店舗閉鎖損失引当金
        店舗閉鎖による損失に備えて、翌事業年度以降に閉鎖が見込まれる店舗について、損失見積額を計上しておりま
       す。
                                 74/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     6.ヘッジ会計の方法
     (1)ヘッジ会計の方法
        為替予約については繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、振当処理の要件を満たす取引については、振当
       処理を採用しております。
        金利スワップ取引については、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
     (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
        ヘッジ手段       金利スワップ、為替予約
        ヘッジ対象       変動金利の借入金、外貨建予定取引
     (3)ヘッジ方針
        将来の為替変動及び金利変動によるリスク回避を目的として利用しており、リスクヘッジ目的以外の取引は行わ
       ない方針であります。
     (4)ヘッジ有効性評価の方法
        為替予約については、予約取引と同一通貨、同一金額、同一期日の為替予約を締結しているため、その後の為替
       相場の変動による相関関係は確保されており、決算日における有効性の評価を省略しております。
        また、金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、決算日における有効性の評価を省略して
       おります。
     7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (貸借対照表関係)

       ※ 担保資産及び担保付債務
         担保に供されている資産は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成27年2月28日)                   (平成28年2月29日)
     建物                          576,277    千円                608,580    千円
     土地                         1,143,247                   1,143,247
            計                  1,719,524                   1,751,827
         担保付債務は、次のとおりであります。

                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成27年2月28日)                   (平成28年2月29日)
     1年内返済予定の長期借入金                          214,200    千円                214,200    千円
     長期借入金                          429,000                   214,800
            計                   643,200                   429,000
                                 75/85







                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
       㯿ᇿຌ꥘묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰崰湒牔࠰潒䵎譩浞瑞ꘀ㄀ヿ԰ş华譩浞瑞ꘀ㄀ヿ԰Ŏ'ⱻꅴڌ묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰
         よその割合は前事業年度90%、当事業年度90%であります。
          販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                         (自 平成26年3月1日                   (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                   至 平成28年2月29日)
     給与                          628,728    千円                581,784    千円
     役員報酬                          173,985                   188,361
     法定福利費                          105,501                    95,496
     業務委託費                          98,117                   155,051
     株主優待引当金繰入額                          44,103                   99,956
     減価償却費                          63,205                   67,711
       ※2.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

                            前事業年度                   当事業年度
                         (自 平成26年3月1日                   (自 平成27年3月1日
                          至 平成27年2月28日)                   至 平成28年2月29日)
      営業取引による取引高
       売上高                         4,914,917     千円               5,285,575     千円
      営業取引以外の取引高                          450,173                   599,853
      (有価証券関係)

        子会社株式
         前事業年度(平成27年2月28日)
                                                  (単位:千円)
             区分         貸借対照表計上額               時価            差額
        子会社株式                   7,884,452            25,662,030            17,777,577

         当事業年度(平成28年2月29日)

                                                  (単位:千円)
             区分         貸借対照表計上額               時価            差額
        子会社株式                   7,884,452            30,786,582            22,902,130

        (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額

                                             (単位:千円)
                            前事業年度               当事業年度
              区分
                         (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
         子会社株式                       5,678,883              19,590,840
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。
                                 76/85





                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
         繰延税金資産(流動)
          未払事業税                          23,173   千円           16,737   千円
          未払事業所税                          1,337               1,184
          株主優待引当金                          25,167               33,045
          前受収益                            -             69,813
          店舗閉鎖損失引当金                          8,366               1,298
          資産除去債務                          30,244               32,259
                                     46             7,285
          その他
            合計                           88,336              161,624
         繰延税金資産(固定)
          減損損失                         329,017               221,585
          資産除去債務                         419,706               395,451
          関係会社株式評価損                          32,076              398,058
          長期前受収益                            -             49,453
          減価償却費                            -             39,117
                                     164               153
          その他
            小計
                                   780,963              1,103,819
                                  △32,076               △29,754
          評価性引当額
            合計
                                   748,887              1,074,065
         繰延税金負債(固定)
                                  △186,994               △184,841
          資産除去債務に対応する除去費用
            合計                         △186,994               △184,841
         繰延税金資産・負債(固定)の純額                          561,893               889,224
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

        なった主要な項目別の内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成27年2月28日)               (平成28年2月29日)
         法定実効税率
                                    38.0  %             35.6  %
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目                           2.0               2.8
          受取配当金等永久に益金に算入されない
                                   △10.8               △14.5
          項目
          住民税均等割額                           0.2               0.3
          税率変更による期末繰延税金資産の減額
                                     0.5              △3.3
          修正
          税額控除                            -             △3.7
          過年度法人税等                            -              12.0
                                     1.1              △0.7
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                            31.0               28.5
                                 77/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成
        27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され平成27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下
        げ等が行われました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の
        35.6%から平成28年3月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については、33.0%に、平成29年
        3月1日に開始する事業年度以降については、32.2%に変更されております。
         この変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は、105,641千円減少し、法人税
        等調整額が105,580千円、繰延ヘッジ損益が61千円、それぞれ増加しております。
       4.決算日後の法人税等の税率の変更

         「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
        (平成28年法律第13号)が平成28年3月31日に公布され、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税
        率等の引下げ等が行われることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法
        定実効税率は、従来の33.0%及び32.2%から、平成29年3月1日に開始する事業年度及び平成30年3月1日に開
        始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、平成31年3月1日に開始する事業年度以降に
        解消が見込まれる一時差異については30.5%となります。
         この税率変更による財務諸表に与える影響は軽微であります。
      (企業結合等関係)

      取得による企業結合
       連結財務諸表に関する注記事項(企業結合等関係)に記載のとおりであります。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 78/85












                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
       ④【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
                                                       減価償却

       区分       資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
                                     158,007

            建物           5,559,702      1,954,349             1,137,160      6,218,884      8,346,215
     有形固定資産
                                    (139,872)
            構築物            16,311        -      -     1,999      14,311      13,859
                                     26,508
            工具、器具及び備品            586,958      531,300             331,568      760,181      1,384,540
                                    (18,923)
            土地           1,143,247         -      -      -   1,143,247         -
            建設仮勘定            46,488      50,182        -      -     96,671        -

                                     184,516
                計        7,352,708      2,535,831             1,470,728      8,233,296      9,744,614
                                    (158,795)
            ソフトウエア            29,880      48,456        -     9,289      69,047        -
     無形固定資産
            その他             8,582        -      -      -     8,582        -

                計         38,463      48,456        -     9,289      77,630        -

      (注)   1.「当期減少額」欄の( )は内数で、当事業年度の減損損失計上額であります。

        2.建物の主な増加
         彩の国レストラン富士見                        105,846千円     (店舗新設による取得)
         ワイルドオーシャン沖縄                        101,348     (店舗新設による取得)
         シュプリーム池袋                         97,303    (店舗新設による取得)
         ポムポムプリンカフェ横浜                         89,198    (店舗新設による取得)
         アトランティックエキスポシティ                         88,617    (店舗新設による取得)
         その他新規出店等92店舗分                        1,472,034      (店舗新設等による取得)
        3.工具、器具及び備品の主な増加
                                       (テストキッチン設営及び
         本社                         32,190千円
                                        サーバー等の情報関連機器
                                        購入による取得)
         ワイルドオーシャン沖縄                         22,124    (店舗新設による取得)
         グランドグリル廿日市                         20,459    (店舗新設による取得)
         彩の国レストラン富士見                         17,839    (店舗新設による取得)
         シュプリーム池袋                         17,423    (店舗新設による取得)
         その他新規出店等187店舗分                        421,263     (店舗新設等による取得)
        【引当金明細表】

                   当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

          区分
                   (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     株主優待引当金                70,614        99,956        70,614        99,956

     店舗閉鎖損失引当金                23,475         3,926        23,475         3,926

      (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 79/85



                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             3月1日から2月末日まで
     定時株主総会             5月中

     基準日             2月末日

                  8月31日
     剰余金の配当の基準日
                  2月末日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
      取扱場所            東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
      株主名簿管理人
                  三井住友信託銀行株式会社
      取次所            ―

      買取手数料            株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当会社の公告方法は、電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由に
                  よって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方
     公告掲載方法
                  法により行う。当社の公告掲載URLは次のとおり。
                  http://www.createrestaurants.com/
                   1.対象株主
                     毎年2月末現在及び8月末現在の株主名簿に記載された株主を対象としており
                    ます。
                   2.贈呈内容

                     弊社グループ店舗で使用できる食事券を贈呈しております。   
     株主に対する特典
                   3.贈呈基準
                     100株以上300株未満                  3,000円分×年2回の食事券贈呈
                     300株以上1,500株未満                  6,000円分×年2回の食事券贈呈
                     1,500株以上                     30,000円分×年2回の食事券贈呈
     (注)特別口座に記載された単元未満株式の買取り・買増しについては、三菱UFJ信託銀行株式会社が取り扱いを行

        います。
                                 80/85









                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】

      1【提出会社の親会社等の情報】
       当社の金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第18期)(自           平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)平成27年5月28日関東財務局長に提出。
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
         平成27年5月28日関東財務局長に提出。
       (3)四半期報告書及び確認書
         第19期第1四半期(自 平成27年3月1日 至 平成27年5月31日)平成27年7月14日関東財務局長に提出。
         第19期第2四半期(自 平成27年6月1日 至 平成27年8月31日)平成27年10月15日関東財務局長に提出。
         第19期第3四半期(自 平成27年9月1日 至 平成27年11月30日)平成28年1月14日関東財務局長に提出。
       (4)臨時報告書
        ①平成28年2月19日関東財務局長に提出。
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(親会社又は特
         定子会社の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
        ②平成28年2月19日関東財務局長に提出。
         金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(親会社又は特
         定子会社の異動)の規定に基づく臨時報告書であります。
       (5)有価証券報告書の訂正報告書及び確認書
         事業年度 第17期(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         事業年度 第18期(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日) 平成27年10月14日関東財務局長に提出。
         事業年度 第18期(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
       (6)四半期報告書の訂正報告書及び確認書
         第17期第2四半期(自 平成25年6月1日 至 平成25年8月31日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         第17期第3四半期(自 平成25年9月1日 至 平成25年11月30日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         第18期第1四半期(自 平成26年3月1日 至 平成26年5月31日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         第18期第2四半期(自 平成26年6月1日 至 平成26年8月31日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         第18期第3四半期(自 平成26年9月1日 至 平成26年11月30日) 平成28年4月14日関東財務局長に提出。
         第19期第1四半期(自 平成27年3月1日 至 平成27年5月31日) 平成28年4月15日関東財務局長に提出。
         第19期第2四半期(自 平成27年6月1日 至 平成27年8月31日) 平成28年4月15日関東財務局長に提出。
         第19期第3四半期(自 平成27年9月1日 至 平成27年11月30日) 平成28年4月15日関東財務局長に提出。
                                 81/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

           該当事項はありません。
                                 82/85




















                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年5月27日

     株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
      取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士       原  田   誠  司  ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                            山   本    千     鶴   子  ㊞
                                    公認会計士
                           業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成27年3月1日から平成28年2月29日までの連結会計
     年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算
     書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明
     細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス及び連結子会社の平成28年2月29日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
                                 83/85




                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社クリエイト・レスト
     ランツ・ホールディングスの平成28年2月29日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスが平成28年2月29日現在の財務報告に係る内
     部統制は有効であると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る
     内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表
     示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 84/85








                                                           EDINET提出書類
                                        株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年5月27日

     株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
      取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                    公認会計士       原  田  誠  司  ㊞
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                    公認会計士       山 本  千 鶴 子  ㊞
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成27年3月1日から平成28年2月29日までの第19期事
     業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び
     附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社クリエイト・レストランツ・ホールディングスの平成28年2月29日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年
     度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
          出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 85/85




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。