株式会社日本経済新聞社 有価証券報告書 第144期(平成27年1月1日-平成27年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第144期(平成27年1月1日-平成27年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社日本経済新聞社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
                          平成28年     3月30日
      【提出日】
                          第144期(自 平成27年           1月  1日 至 平成27年12月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    株式会社日本経済新聞社
                          Nikkei    Inc.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  岡田 直敏
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区大手町一丁目3番7号
                          03(3270)0251
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理局長  森田 勝久
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区大手町一丁目3番7号
                          03(3270)0251
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理局長  森田 勝久
      【縦覧に供する場所】                    該当ありません。
                                  1/89













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
              回次             第140期       第141期       第142期       第143期       第144期

             決算年月            平成23年12月       平成24年12月       平成25年12月       平成26年12月       平成27年12月

                   (百万円)        290,198       290,569       287,958       300,647       303,758

     売上高
                   (百万円)         12,479       17,459       19,853       19,036       18,603

     経常利益
                   (百万円)         7,313       10,641       11,395       10,259       10,148

     当期純利益
                   (百万円)         10,422       13,208       19,326       14,465        3,940

     包括利益
                   (百万円)        282,558       294,582       312,205       314,747       302,063

     純資産額
                   (百万円)        433,085       437,883       444,998       466,918       632,460

     総資産額
                    (円)      10,481.86       10,973.13       11,695.91       11,741.86       11,227.65

     1株当たり純資産額
                    (円)        292.55       425.64       455.80       410.39       405.93

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり

                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         60.5       62.6       65.7       62.9       44.4
     自己資本比率
                    (%)         2.8       4.0       4.0       3.5       3.5

     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -       -

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)         25,564       27,033       23,838       29,181       26,686
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 16,617      △ 23,886      △ 21,756      △ 17,269      △ 156,602
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 6,474      △ 3,043      △ 7,777      △ 3,437      118,297
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)         94,584       95,121       90,296       103,167        91,498
     残高
                            7,326       7,151       7,025       7,319       9,411
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                      [ 1,615   ]    [ 1,621   ]    [ 1,635   ]    [ 1,673   ]    [ 1,760   ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれていません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         3.株価収益率については、当社株式が非上場で株価の算定が困難なため記載していません。
                                  2/89







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
              回次             第140期       第141期       第142期       第143期       第144期

             決算年月            平成23年12月       平成24年12月       平成25年12月       平成26年12月       平成27年12月

                   (百万円)        170,895       171,894       169,768       170,413       180,618

     売上高
                   (百万円)         4,509       9,626       13,464       13,216       12,327

     経常利益
                   (百万円)         3,430       6,611       9,515       7,769       12,362

     当期純利益
                   (百万円)         2,500       2,500       2,500       2,500       2,500

     資本金
                    (株)      25,000,000       25,000,000       25,000,000       25,000,000       25,000,000

     発行済株式総数
                   (百万円)        216,516       223,783       237,854       247,455       252,176

     純資産額
                   (百万円)        336,327       329,907       335,458       336,455       492,243

     総資産額
                    (円)       8,660.66       8,951.33       9,514.17       9,898.22       10,087.05

     1株当たり純資産額
                             15       15       15       15       15
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純利益金額              (円)        137.20       264.44       380.63       310.77       494.48

     潜在株式調整後1株当たり

                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         64.4       67.8       70.9       73.5       51.2
     自己資本比率
                    (%)         1.6       3.0       4.1       3.2       4.9

     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -       -       -

     株価収益率
                    (%)        10.93        5.67       3.94       4.83       3.03

     配当性向
                            2,487       2,432       2,417       2,395       2,500

     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 737  ]     [ 750  ]     [ 785  ]     [ 792  ]     [ 850  ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれていません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         3.株価収益率については、当社株式が非上場で株価の算定が困難なため記載していません。
                                  3/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
      明治9年12月        三井物産会社の内外物価新報局より本紙創刊。題号は「中外物価新報」
      明治22年1月        「中外商業新報」と改題
      明治44年8月        株式会社に改組(当社設立)
      昭和21年3月        題号を「日本経済新聞」に改め、社名も日本経済新聞社に変更
      昭和26年1月        大阪での新聞印刷開始
      昭和33年7月        株式会社日経映画社(昭和59年10月に株式会社日経映像に社名変更)を設立
      昭和38年1月        「THE   JAPAN   ECONOMIC     JOURNAL」(英文日経、平成3年6月「THE                    NIKKEI    WEEKLY」に改題)を
              創刊
      昭和39年3月        東京本社大手町社屋竣工
      昭和44年4月        米国マグロウヒル社と合弁で株式会社日経マグロウヒル社(昭和63年5月に当社が全株式を取
              得、同年7月に株式会社日経BPに社名変更し、平成20年7月に株式会社日経ホーム出版社を吸収
              合併)を設立
      昭和45年9月        「NEEDS」(日本初の電算機による経済情報提供システム)業務開始
      昭和46年5月        「日経流通新聞」を創刊(平成13年4月「日経MJ」に改題)
      昭和46年10月        株式会社市況情報センター(昭和62年1月に株式会社QUICKに社名変更)を設立
      昭和48年10月        「日経産業新聞」を創刊
      昭和53年3月        ANNECS(電算機による新聞製作システム)全面移行完了、鉛活字全廃
      昭和57年11月        株式会社マーケティング・オペレーションセンター(昭和58年3月に株式会社日経リサーチに社
              名変更)に出資、子会社とする
      昭和58年3月        日経総合販売株式会社(平成12年3月に日経メディアマーケティング株式会社に社名変更)を設
              立
      昭和60年4月        株式会社日本公社債研究所(平成12年8月に株式会社格付投資情報センターに社名変更)を設立
      昭和62年3月        株式会社日経統合システムを設立
      昭和62年5月        ニューヨーク、ロサンゼルスで日経本紙現地印刷を開始。以降、同年7月にヘーレン(オラン
              ダ)、平成2年10月にシンガポール、平成4年3月にロンドン、平成8年2月に香港、平成18年
              9月にバンコクでそれぞれ現地印刷を開始
      昭和62年7月        株式会社日経総合印刷(平成20年4月に日経印刷株式会社を吸収合併し、株式会社日経首都圏印
              刷に社名変更)を設立
      昭和62年10月        「日経金融新聞」を創刊
      昭和63年12月        東京製作センター(印刷工場)竣工
      平成元年12月        日経南砂別館(コンピューターセンター)竣工
      平成4年11月        PLES(新聞の総合編集システム)稼働。記者の出稿、情報収集がオンライン化
      平成7年3月        株式会社日経大阪総合印刷(平成17年3月に株式会社日経大阪製作センターに社名変更、平成23
              年1月に株式会社日経西部製作センターを吸収合併し、株式会社日経西日本製作センターに社名
              変更)を設立
      平成11年7月        EDISON21(新聞編集組版システム)稼働。記者が紙面作成することが可能に
      平成13年1月        首都圏、近畿圏で44・48ページ一連印刷を開始
      平成14年2月        株式会社日経名古屋製作センターを設立
      平成16年8月        株式会社テレビ東京が東京証券取引所市場第一部に上場
      平成16年11月        株式会社日経東京製作センターを設立
      平成18年9月        日経川崎別館(印刷工場)竣工
      平成19年1月        株式会社日本経済新聞デジタルメディア、株式会社日本経済新聞出版社が発足
      平成20年3月        「日経ヴェリタス」を創刊
      平成21年4月        東京本社新社屋竣工
      平成22年3月        「日本経済新聞 電子版」を創刊
      平成25年11月        「NIKKEI     ASIAN   REVIEW」をリニューアル創刊
      平成26年1月        株式会社日本経済社と株式会社日経広告を経営統合
      平成26年4月        シンガポールで日経グループアジア本社を設立
      平成27年4月        大阪本社新社屋竣工
      平成27年7月        株式会社日本経済新聞デジタルメディアを吸収合併
      平成27年11月        フィナンシャル・タイムズ・グループ買収
                                  4/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社、子会社60社および関連会社24社で構成され、新聞、出版、デジタル、映像などの各媒体を
       通じた情報提供を主な内容とし、さらに各事業に関連する印刷、発送、情報処理その他のサービス等の事業活動を展
       開しています。
        当社グループの事業に係わる位置付けおよびセグメントとの関連は、次のとおりです。なお、事業区分はセグメン
       トと同一です。
        [メディア・情報事業]

        (新聞関連)
          当社が発行する新聞について、印刷・梱包を㈱日経東京製作センター、㈱日経首都圏印刷、㈱日経西日本製作
         センター、㈱日経名古屋製作センター、㈱日経茨城製作センターが請負い、㈱日経編集制作センターは編集・制
         作を行っています。日経メディアプロモーション㈱は新聞の販売促進業務を行っています。㈱日経ピーアールは
         新聞折込広告を扱う代理店です。㈱日本経済社は、当社の新聞の広告代理店業務を行っています。また、NIKKEI
         AMERICA,INC.       、NIKKEI     EUROPE    LTD.   、NIKKEI     GROUP   ASIA   PTE.   LTD.   、NIKKEI     CHINA   (HONG   KONG)LTD.     の海
         外現地法人は、当社の新聞の海外での印刷および販売を行っています。
          フィナンシャル・タイムズ・グループはフィナンシャル・タイムズを発行し、印刷および販売を行っていま
         す。全ての会社はFinancial             Times   Group   Limitedに連結されており、当該会社を1社としています。
        (出版関連)

          ㈱日経BP、㈱日本経済新聞出版社および㈱日経サイエンスは、書籍・雑誌等の発行および販売を行っていま
         す。
        (デジタル関連)

          ㈱QUICKは、オンラインによる各種市況および経済情報を提供しています。㈱日経統合システムは、当社およ
         び㈱QUICKのコンピューターセンターのシステムを管理、運用しています。日経メディアマーケティング㈱は当
         社の各種電子メディアサービスの販売を行っています。㈱日経リサーチは、市場調査等を当社から請負っていま
         す。㈱格付投資情報センターは、公社債・CPの格付を行っています。
        (放送関連)

          ㈱テレビ東京および㈱BSジャパンは、テレビ放送事業を行っています。㈱日経映像は、テレビ番組などの制作
         を行っています。
        [その他の事業]

          当社が所有する不動産について、㈱日経プラザ&サービスおよび㈱日経大阪総合サービスは、その管理を行っ
         ています。
                                  5/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は次のとおりです。                    (平成27年12月31日現在)
                                  6/89




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                            議決権の所
                              資本金               有割合又は
           名称            住所            主要な事業の内容                  関係内容
                             (百万円)               被所有割合
                                             (%)
     (連結子会社)
     Financial    Times   Group   Limited
                              百万  £                   役員の兼任等 有
                   London   U.K.
                                  新聞の発行             100.0
                               184                   営業上の取引 有
     (注)4、7
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経BP
                   東京都港区            400   出版物の発行             100.0    資金の借入 有
     (注)4
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日本経済新聞出版社              東京都千代田区               出版物の発行                 資金援助 有
                               100               100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     日経メディアマーケティング㈱              東京都千代田区            100   電子情報媒体の販売             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
                   東京都千代田区               新聞の販売
     日経メディアプロモーション㈱                          18               100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経ピーアール              東京都千代田区             30  広告代理業             66.3
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     日経大阪即売㈱              大阪府大阪市中央区             30  新聞の販売             100.0
                                                  営業上の取引 有
     ㈱日本経済社                                         48.7    役員の兼任等 有
                   東京都中央区            197   広告代理業
     (注)2、8                                         [13.1]    営業上の取引 有
                                  人材情報の提供および人             100.0    役員の兼任等 有
     ㈱日経HR              東京都千代田区             70
                                  材情報関連雑誌の発行                 営業上の取引 有
                                               (7.7)
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経首都圏印刷              東京都中央区            100   新聞の印刷             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経茨城製作センター              茨城県かすみがうら市             20  新聞の印刷             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経西日本製作センター              大阪府大阪市中央区               新聞の印刷
                               100               100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経名古屋製作センター              愛知県清須市             50  新聞の印刷             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経東京製作センター              東京都江東区            150   新聞の印刷             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経編集制作センター              東京都千代田区             50  新聞の編集・制作             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経カルチャー              東京都千代田区            100   旅行代理業             51.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経プラザ&サービス              東京都千代田区            100   不動産管理・施設管理             100.0
                                                  営業上の取引 有
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経大阪総合サービス              大阪府大阪市中央区             30  施設管理             100.0
                                                  営業上の取引 有
                              千US$                100.0    役員の兼任等 有
     NIKKEI   AMERICA,    INC.       New  York  U.S.A.
                                  新聞の発行
                                                  営業上の取引 有
                              1,000                (100.0)
                               千£                    役員の兼任等 有
     NIKKEI   EUROPE   LTD.        London   U.K.
                                  新聞の発行
                                              100.0
                               500                   営業上の取引 有
                              千SP$                100.0    役員の兼任等 有
     NIKKEI   GROUP   ASIA  PTE.  LTD.
                   Singapore               新聞の発行
                              2,627                (1.5)    営業上の取引 有
                              千HK$                     役員の兼任等 有
     NIKKEI   CHINA   (HONG   KONG)   LTD.   Hong  Kong  China
                                  新聞の発行             100.0
                                                  営業上の取引 有
                              3,500
                                               66.7    役員の兼任等 有
     ㈱日経映像              東京都中央区             60  テレビ番組制作
                                              [33.3]    営業上の取引 有
     ㈱日経CNBC                                         45.0    役員の兼任等 有
                   東京都千代田区            905   テレビ番組制作
                                                  営業上の取引 有
     (注)2、4                                         [34.9]
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経リサーチ              東京都千代田区             32  市場調査・分析             100.0
                                                  営業上の取引 有
     ㈱日経統合システム                             コンピューターの管理・             66.7    役員の兼任等 有
                   東京都千代田区            873
     (注)4                             運行             (29.1)    営業上の取引 有
                                  7/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                            議決権の所
                              資本金               有割合又は
           名称            住所            主要な事業の内容                  関係内容
                                            被所有割合
                             (百万円)
                                             (%)
     ㈱格付投資情報センター
                                               64.5    役員の兼任等 有
                   東京都中央区            588   公社債格付
                                                  営業上の取引 有
     (注)4                                         (21.7)
     ㈱QUICK
                                                  役員の兼任等 有
                   東京都中央区            660   経済情報の提供             61.2
                                                  営業上の取引 有
     (注)4
                                              100.0    役員の兼任等 有
     ㈱日経QUICKニュース社              東京都千代田区               市況情報の提供
                               100
                                              (50.0)    営業上の取引 有
     その他15社
     (持分法適用関連会社)
                                                  役員の兼任等 有
     ㈱日経サイエンス              東京都千代田区            100   出版物の発行             50.0
                                                  営業上の取引 有
                                               32.5
     ㈱テレビ東京ホールディングス
                                                  役員の兼任等 有
                   東京都港区           10,000    認定放送持株会社             (0.4)
     (注)1
                                               [1.4]
     ㈱テレビ東京                                          0.0   役員の兼任等 有
                   東京都港区           8,910    テレビ放送
     (注)3                                         [100.0]     営業上の取引 有
                                               23.9
                                                  役員の兼任等 有
                   大阪府大阪市中央区               テレビ放送
     テレビ大阪㈱                         1,000                (1.0)
                                                  営業上の取引 有
                                              [11.0]
     テレビ愛知㈱                                         19.9    役員の兼任等 有
                   愛知県名古屋市中区           1,000    テレビ放送
                                                  営業上の取引 有
     (注)3                                         [17.1]
     ㈱TVQ九州放送                                         19.9    役員の兼任等 有
                   福岡県福岡市博多区           2,000    テレビ放送
     (注)3                                         [17.9]    営業上の取引 有
     ㈱テレビ北海道                                         19.9    役員の兼任等 有
                   北海道札幌市中央区           2,000    テレビ放送
     (注)3                                             営業上の取引 有
                                               [5.3]
                                               16.6
     ㈱日経ラジオ社
                                                  役員の兼任等 有
                   東京都港区            200   ラジオ放送             (6.6)
     (注)3                                             営業上の取引 有
                                              [14.5]
     ㈱BSジャパン                                          0.0   役員の兼任等 有
                   東京都港区           6,700    テレビ放送
     (注)3                                         [100.0]     営業上の取引 有
                                  経営および人材管理なら
     ウィルソン・ラーニング ワー                                             役員の兼任等 有
                   東京都港区            722   びに販売技術に関する社             15.0
     ルドワイド㈱(注)1、3                                             営業上の取引 有
                                  員研修講座の企画・実施
     ㈱日経ナショナルジオグラ                                             役員の兼任等 有
                   東京都港区           1,000    出版物の発行             50.0
     フィック                                             営業上の取引 有
     その他1社
      (注)1.有価証券報告書を提出している会社です。
         2.議決権の所有割合は100分の50以下ですが、実質的に支配しているため子会社としたものです。
         3.議決権の所有割合は100分の20以下ですが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものです。
         4.特定子会社です。
         5.議決権の所有割合の( )内は間接所有割合で内数となっています。
         6.議決権の所有割合の[ ]内は、緊密者の所有割合で外数となっています。
         7.フィナンシャル・タイムズ・グループの全ての会社はFinancial                                Times   Group   Limitedに連結されており、
           当該会社を1社としています。
         8.売上高(連結会社間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えている会社は、次のとお
           りです。
            主要な損益情報等           ㈱日本経済社
                       (1)  売上高           36,459百万円
                       (2)  経常利益            346百万円
                       (3)  当期純利益            361百万円
                       (4)  純資産額           3,053百万円
                       (5)  総資産額           14,075百万円
                                  8/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                  平成27年12月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

      メディア・情報事業                                           8,993   [1,658]

                                                     [29]

      その他の事業                                            174
      全社共通                                            244    [73]

                  合計                                9,411   [1,760]

      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。
         2.メディア・情報事業で従業員数が前連結会計年度末に比べ2,082名増加したのは、主にFinancial                                               Times
           Group   Limitedを連結子会社に加えたことによるものです。
       (2)  提出会社の状況

                                                 平成27年12月31日現在
        従業員数(人)               平均年齢             平均勤続年数            平均年間給与(円)

        2,500[850]                43歳2ヶ月              19年1ヶ月                12,626,731

               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                     [777]

      メディア・情報事業                                           2,256
                                                      [-]

      その他の事業                                             -
      全社共通                                            244    [73]

                                                     [850]

                  合計                                2,500
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しています。

         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでいます。
       (3)  労働組合の状況

         当社の労働組合は日本経済新聞労働組合と称し、上部団体は日本新聞労働組合連合(新聞労連)に属していま
        す。一部の子会社は各業種の労働団体に属しています。
         なお、労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  9/89








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、政府、日銀の積極的な財政政策や金融緩和策を背景に企業収益、雇用、
        所得環境が改善傾向にありました。円安の継続や原油価格の下落などもあり、緩やかな回復基調で推移しました。
         新聞界においては、スマートフォンやタブレット等の携帯情報端末の普及がさらに進み、メディアの多様化が進
        展していることや、若年層を中心とした無購読層の増加などを背景に、新聞総発行部数は依然として減少傾向にあ
        ります。新聞広告も広告媒体の多様化などの影響で、厳しい状況が続きました。
         このような状況のもと、当社グループは「Global                        & Growth(G&G)」をキーワードに世界最強のビジネスメディ
        アを目指して攻めの経営を展開しており、このための基本となる新聞事業、コンテンツ力の強化に継続して取り組
        みました。関西地区での情報発信拠点となる大阪新本社ビルが4月に竣工、7月にはデジタル事業の経営基盤をより
        強化することを目的として㈱日本経済新聞デジタルメディアを吸収合併しました。
         また、11月には、英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズを発行するフィナンシャル・タイムズ・グループ
        (FT)に対する買収手続きを完了しました。メディアブランドとして世界屈指の価値をもつFTを日経グループに組
        み入れ、グローバル報道の充実とデジタル事業など成長戦略の推進につなげます。
         なお、FTの2015年末の総資産は598億円、純資産は157億円、2015年の売上高は603億円、営業利益(ピアソング
        ループからの離脱に伴う一時経費等除く)は50億円です。
         当連結会計年度の業績は、売上高が3,037億58百万円(前年同期比1.0%増)、営業利益が158億70百万円(前年
        同期比5.3%減)、経常利益が186億3百万円(前年同期比2.3%減)、税金等調整前当期純利益が187億33百万円
        (前年同期比3.6%増)、当期純利益が101億48百万円(前年同期比1.1%減)となりました。
         FTの買収完了が当連結会計年度の期末日に近いため、期末に取得したとみなします。今期は貸借対照表のみの連
        結となり、損益計算書への影響はありません。
         セグメントごとの業績は次のとおりです。

        ①メディア・情報事業
         当事業の中核となる新聞関連では、5月に紙面改革を行い、1つのテーマについて各界の専門家の意見を紹介する
        「ニュース複眼」と、取材経験の豊富な記者が解説する「ニュース解剖」を掲載する「視点・焦点面」をスター
        ト、「日曜に考える」面には「医療」と「ヘルス」、政治の奥深さを知る「政界」を加えて内容を充実させまし
        た。
         また、英文媒体「NIKKEI             ASIAN   REVIEW(NAR)」は、アジア報道における格式の高い賞として知られるアジア出
        版者協会(SOPA)の協会賞やスペインのIEビジネススクールによる2015年の「アジアにおける経済ジャーナリズム
        賞」の最優秀メディア賞を受賞するなどアジアのNo.1メディアとなる目標に向けて着実に歩んでいます。
         創刊6年目の「電子版」のサービス強化として、人事異動をお知らせするサービス「人事ウオッチ」とインター
        ネット上に文書や写真を保存するエバーノートとの連携サービスを3月に開始し、仕事に役立つ機能を強化しまし
        た。また、紙媒体の紙面改革とあわせてトップページを中心にデザインを刷新し、電子版ならではの表現に一層力
        を入れました。電子版の有料会員数は12月に44万人に達し、無料も含めた登録会員数全体で297万人を超えまし
        た。
         販売収入は、紙媒体は即売の販売方式の変更の影響で減収となりましたが、電子版が好調で全体では増収となり
        ました。12月本紙朝刊販売部数(ABC部数)に電子版有料会員数を加えた購読数は、318万となりました。12月の販
        売部数は、日経産業新聞は前年を下回りましたが、日経MJ、日経ヴェリタスは微増となりました。
         広告収入は、新聞広告市場の縮小が続くなか、電子版をはじめとした総合営業拡大や提案型企画広告を推進、広
        告専門媒体「日経マガジンスタイル」など広告獲得の間口拡大にも取り組みました。流通、銀行、ブランド品など
        の業種が前年を上回りましたが、自動車関連、スポーツ・サービス、電気機器など29業種中、18業種が前年を下回
        り、全体で減収となりました。
         出版関連のうち、従来の雑誌は広告収入が苦戦したものの、当期に創刊した専門情報メディア「日経エネルギー
        Next」、「テレコムインサイド」、「日経Robotics」が初年度から収益に貢献したほか総研事業など新分野の事業
        が成果を上げました。書籍は返品率抑制などの改革が功を奏し、正味売上の安定確保につながりました。この結
        果、全体では増収となりました。
         デジタル関連では「日経テレコン」が基本料金、情報利用料とも堅調に推移し、「NEEDS」でも「日経バリュー
        サーチ」などが好調で増収となりました。株式相場の想定を上回る活況を背景にオンライントレード向けサービス
        が伸び、増収に寄与しました。また、市場調査で官公庁の案件を受注したり、国際調査が増えたりしましたが、前
        年の選挙関連調査や証券会社向けシステム関連設備受注の反動減があり、デジタル関連全体では減収となりまし
        た。
         以上の結果、「メディア・情報事業」の売上高は2,982億69百万円(前年同期比1.0%増)、営業利益は121億35
        百万円(前年同期比6.9%減)となりました。
                                 10/89


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ②その他の事業
         賃貸関連が減収となったものの、旅行関連などで売上をのばし、全体では増収となりました。
         「その他の事業」の売上高は96億74百万円(前年同期比0.6%増)、営業利益は37億27百万円(前年同期比0.3%
        増)となりました。
       (2)  キャッシュ・フロー

         当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
        べ116億69百万円(11.3%)減少し、914億98百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における営業活動により得られた資金は266億86百万円であり、前連結会計年度に比べ24億95百
        万円(8.6%)減少しています。これは、売上債権が増加したことなどによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における投資活動の結果使用した資金は1,566億2百万円であり、前連結会計年度に比べ1,393億
        32百万円(806.8%)増加しています。これは、関係会社株式の取得による支出が増加したことなどによるもので
        す。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における財務活動の結果得られた資金は1,182億97百万円であり、前連結会計年度に比べ1,217億
        35百万円増加(前期は34億37百万円の資金の使用)しています。これは、短期借入による収入が増加したことなどに
        よるものです。
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)  販売実績
         当社グループの生産、販売品目は広範囲かつ多種多様であり、また受注生産形態をとらないものが多いため、セ
        グメントごとに生産規模および受注規模を金額あるいは数量で示すことはしていません。
         このため販売の状況についてのみ「1.業績等の概要」における各セグメント業績に関連付けて示しています。
          セグメントの名称                   金額(百万円)                  前年同期比(%)
      メディア・情報事業                             297,712                   101.0

      その他の事業                              6,046                  104.1

             合計                     303,758                   101.0

      (注)1.上記金額には、消費税等は含まれていません。
         2.主要な販売先に総販売実績の100分の10を超える相手先はありません。
         3.セグメント間の取引については相殺消去しています。
                                 11/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        国内の新聞市場は厳しい状況が続いています。過去10年で、地方紙を含めたABC販売部数は760万部、16%減りまし
       た。新聞広告の市場規模は4割、3,000億円以上縮小しました。こうした環境下だからこそ国内事業を安定させなが
       ら、グローバルに成長機会を求めていく必要があります。
        成長戦略の前提となるのは紙の新聞を核とする国内事業の安定です。その重要性は今後も変わりません。現在の販
       売部数を堅守するため、今年は販売店と協力して読者を日経本紙と日経電子版のセット商品である「Wプラン」に誘
       導する施策を進めます。Wプランは契約の継続率が高いためです。新聞広告収入は4年ぶりに前年実績を下回りまし
       たが、今後は広告費だけでなく、販売促進費や採用・研修などの人件費、CSR活動など多様な企業の資金の流れを、
       広い網ですくい取る総合営業の取り組みによって、収入増のトレンドに戻すことが必要だと考えます。営業部門を中
       心に、外部企業との連携強化はもちろん、縦割り意識が残る本社やグループ内の営業のあり方を変えることも検討し
       ていきます。
        デジタル空間ではグーグル、アップル、フェイスブックといった巨人たちが次々とニュース配信事業に参入し、業
       態の垣根を越えた競争環境が生まれています。FTの協力も得ながら、読者の属性や行動履歴の分析を紙面やコンテン
       ツの編集に生かす「オーディエンス・エンゲージメント」など先端テクノロジーを積極的に導入し、700万人超の登
       録者を抱える日経ID活用にも磨きをかけ、新しい競争に勝ち抜いていきます。
        BtoBデジタルサービスも重要な市場です。2015年7月に日経テレコンやNEEDSを手がける㈱日本経済新聞デジタルメ
       ディアを再統合した理由の一つは、ボトルネックになっていた開発リソース不足を解決することでした。BtoCとBtoB
       事業などの間で企画人材や開発リソースを共有する仕組みを築くことで両方の事業を融合させ、その中間にあるビジ
       ネスニーズも掘り起こして、デジタル事業全体をより高い成長軌道に乗せていきます。
        安定した国内収益を土台として「Global                    & Growth(G&G)戦略」を展開していきます。FTの買収は、まさにその具
       体化であります。世界的メディアブランドであるFTとの連携は、グローバルでの成長戦略を推進する強力なエンジン
       となります。2016年は日経とFTのパートナーシップ元年であり、FT買収のシナジーを徹底的に追求し、成長のギアを
       上げることが重要な経営課題となってきます。
        日経は、グローバル展開の中核としてNIKKEI                      ASIAN   REVIEW(NAR)をアジアビジネス必読のメディアに成長させるた
       め、編集、営業ともに体制を大幅に強化してきました。2015年11月にはNARの中核コンテンツとして、アジアの代表
       的な企業の動きをきめ細かく報道する「Asia300」プロジェクトを立ち上げました。その狙いはアジア企業に関する
       記事コンテンツを充実させるだけでなく、付加価値を高めた総合的な経済情報サービスへと発展させることにありま
       す。NARのコンテンツにAsia300企業の財務・株価データ、さらにはFTのコンテンツも取り込んだデータベースをつく
       り、世界の企業、金融機関に提供するサービスに育てていきます。NARとAsia300は、FTの知見やノウハウを活用しな
       がら日経がアジアで飛躍するための基盤となります。アジアに特化したNARを、グローバル報道に強いFTと併読して
       いただけるような相互補完媒体に発展させていきます。
        アジア戦略では、FTのイベント事業のノウハウや顧客基盤を活用して、FT・日経共同イベントの事業化も検討して
       います。そうした場でNARをアピールし、Nikkeiブランド、NARブランドの知名度を高め、アジア展開を加速させてい
       きます。
        すべての戦略の基盤となるのは、「クオリティー」の追求です。日経は、他では得られない価値の高い情報、質の
       高いサービスによって信頼を勝ち得てきました。クオリティーをさらに高め、読者や顧客の期待に応え続けること
       が、経営基盤のさらなる強化につながると考えます。世界に通用する記者、優れたビジネス人材を育成していくため
       に、日経は思い切った投資をしていきます。人材採用や評価システムなどもグローバルメディア、テクノロジーメ
       ディアにふさわしい形になっているか点検し、必要な改革を続けていきます。
        世界では、文明の衝突ともいえる状況が各地で発生し、金融・証券市場では激動ともいうべき相場変動が繰り返さ
       れています。変化が激しく、複雑で先が見えにくい時代だからこそ、当社グループが果たすべき役割はますます大き
       くなっています。それに応えるため、たゆまぬ自己変革が求められているということを全社員が胸に刻み、勇気を
       もって挑戦を続けてまいります。
      4【事業等のリスク】

        当社グループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、本項には将来に関する事項が含まれていますが、当該事項は当連結会計年度末現在において判断したもの
       です。
       (1)  経済環境に関するリスク

         政府、日銀の経済対策、金融政策の効果もあり、国内景気は緩やかに回復しつつあります。しかし、世界景気
        の先行きには、なお不透明感が残り、海外経済の動向次第では、国内景気の回復も足踏みする懸念があります                                                   。
        当社グループの収益基盤は国内に多くを依存しており                         、広告営業や新聞販売をはじめとする経営成績は、こうし
        た景気、経済環境の影響を大きく受ける可能性があります。
                                 12/89


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
       (2)  当社グループの事業活動に関するリスク
         当社グループの経営の柱である新聞事業を取り巻く環境は厳しさを増しています。新聞販売・広告市場の縮小
        傾向が続く中、同業他社との競争に加え、デジタル媒体など他メディアとの競争も激化しています。また今後は
        団 塊世代の大量退職や人口減少、若年層を中心とした無購読層の拡大などで発行部数が減少する恐れがあるう
        え、消費税率引き上げも予定されており、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  企業買収・提携に関するリスク

         当社グループは、経営戦略の一環として、企業買収・提携などを活用することがありますが、買収後に、当初
        期待した収益や効果が得られない場合もあります。また、買収の実行にあたり、対象会社・対象事業の財務内容
        や契約関係等についての詳細な事前調査を行い、極力リスクを回避するよう努めておりますが、買収後に偶発債
        務が発生する又は未認識の債務などが判明する可能性も皆無とは言えません。その結果、当社グループの経営成
        績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  のれんに関するリスク

         当社グループは、企業買収に伴って発生したのれんを計上しております。当該のれんは、買収した企業の事業
        価値、将来の収益力を適切に反映したものと考えておりますが、事業環境や競合状況の変化その他の事由により
        期待する成果が得られない場合、減損損失が発生し、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可
        能性があります。
       (5)  大規模災害の発生などによる事業活動に関するリスク

         当社グループは、国内外の事務所、印刷工場、情報システムセンター等の施設において業務を行っており、地
        震等の大規模な自然災害や停電、システム障害、サイバー攻撃等による被害を受ける可能性があります。各種感
        染症の流行で業務運営に支障が生じる恐れもあります。当社グループは、不測の事態に備えた業務継続に関わる
        マニュアル・設備の整備を進めていますが、被害の程度によっては経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能
        性があります。
       (6)  原材料価格の変動に関するリスク

         新聞および出版事業における主要原材料は用紙であり、用紙価格は市況変動の影響を受けます。今後、市況が
        高騰するような事態になれば、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  為替変動に関するリスク

         為替変動は、当社グループの外貨建取引から発生する資産及び負債の日本円換算額、及び外貨建で取引されて
        いる製品・サービスの価格及び売上高並びに損益にも影響を与える可能性があります。その結果、外国為替の変
        動は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       (8)  法的規制・訴訟に関するリスク

         再販売価格維持制度および新聞特殊指定制度
         独占禁止法は、メーカー等が卸売業者や小売業者に対して販売価格を示して守らせる「再販売価格維持行為」
        (再販行為)を自由な価格競争を妨げるものとして禁じています。しかし、新聞などの著作物については「法定
        再販商品」として例外的に再販行為が認められています。公正取引委員会は規制緩和等の観点から、著作物の再
        販制度の見直しを検討しましたが、平成13年3月に同制度の当面存置が相当とする結論を発表しました。また、
        独占禁止法では「不公正な取引方法」の規制に際し、その具体的な内容を公正取引委員会が告示で指定する形式
        を採用しており、その一つが「特殊指定」と呼ばれています。新聞業に関する特殊指定は新聞発行業者が地域や
        相手方により、異なる価格を付し、または定価を割り引いて新聞を販売することなどを不公正な取引として禁止
        しています。公正取引委員会は平成17年11月に新聞などの特殊指定制度の見直しを行うと発表しましたが、平成
        18年6月に新聞の特殊指定については結論を出すことを見合わせることにしました。特殊指定制度と再販売価格
        維持制度は密接な関係にあり、今後いずれかの制度の見直しがあれば、価格面で急激な変化も予想され、経営成
        績に影響を及ぼす可能性があります。
         情報管理
         言論報道機関・総合情報機関を主とする当社グループにとって、情報は経営に直結する重要資源です。平成17
        年4月からは個人情報保護法が全面施行され、情報化社会の進展の中で、情報提供を通じ社会の信頼にこたえる
        には、従来にも増して適正な管理のもとで情報を活用することが欠かせません。情報流出または不正利用もしく
        は改ざんといった行為は当社グループに著しい不利益を及ぼします。平成28年1月から実施されたマイナンバー
        制度への対応も含めて適正な情報管理に徹底して取り組んでいますが、万が一、問題が発生した場合、当社グ
        ループに対する信用低下を招き、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
       (9)  その他のリスク

         当社および国内連結子会社は、一定の受給資格を満たす従業員について、確定給付型の制度として、確定給付
        企業年金制度および退職一時金制度を設けています。従業員の動向、金利低下による割引率の引き下げや、株価
        下落による年金資産の目減りなどにより未認識の年金数理差異が発生した場合、年金制度の期間退職給付費用が
        増加する可能性があります。
      5【経営上の重要な契約等】

        (1)合併契約
         当社は、平成27年5月12日開催の取締役会において、当社の連結子会社である株式会社日本経済新聞デジタル
        メディアを消滅会社とする吸収合併を行うことを決議し、同日付で合併契約を締結しました。この契約に基づ
        き、当社は平成27年7月1日付で株式会社日本経済新聞デジタルメディアと合併しました。
         詳細につきましては、「第5 経理の状況 1.                        連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等

        関係)」に記載のとおりです。
        (2)株式売買契約

         当社は、平成27年7月24日開催の取締役会において、フィナンシャル・タイムズ・グループの全株式を取得す
        ることを決議し、株式売買契約を締結しました。
         詳細につきましては、「第5 経理の状況 1.                        連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等

        関係)」に記載のとおりです。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  重要な会計方針および見積り
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        います。
       (2)  経営成績の分析

         経営成績の分析については、「第2 事業の状況 1.業績等の概要」に記載したとおりです。
       (3)  財政状態の分析

         総資産は、前連結会計年度末と比較して35.5%増の6,324億60百万円となりました。これはのれんを計上したこ
        とが主な要因です。負債合計は、短期借入金や退職給付会計制度の変更に伴う退職給付に係る負債の増加などで前
        連結会計年度末比117.1%増の3,303億96百万円となりました。純資産額は、前連結会計年度末比4.0%減の3,020億
        63百万円となりました。これは、当期純利益を計上したものの、為替換算調整勘定の計上などで減少したことによ
        るものです。この結果、当連結会計年度末の1株当たり純資産額は前連結会計年度末の11,741円86銭に対し、
        11,227円65銭となりました。
       (4)  キャッシュ・フローの分析

         キャッシュ・フローの分析については、「第2 事業の状況 1.業績等の概要」に記載したとおりです。
                                 14/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度に123億48百万円の設備投資を実施しました。セグメント別では、メディア・情報事業で大阪本社
       新社屋などで108億41百万円、その他の事業で15億7百万円となります。
      2【主要な設備の状況】

       (1)  提出会社
                                                    平成27年12月31日現在
                                        帳簿価額
        事業所名       セグメントの                                          従業員数
                      設備の内容      建物及び     機械装置      土地
       (所在地)         名称                          リース資産      その他     合計    (人)
                            構築物    及び運搬具     (百万円)
                                           (百万円)     (百万円)     (百万円)
                           (百万円)     (百万円)
                                     (面積千㎡)
     東京本社          メディア・情                        52,151                   2,023
                     生産設備       17,767       150          23    771   70,872
     (東京都千代田区)          報事業                           ▶                 [742]
     大阪本社          メディア・情                          730                  254
                     生産設備        4,619       45          6    212    5,619
     (大阪市中央区)          報事業
                                         1                 [58]
     名古屋支社          メディア・情                         1,035                   55
                     生産設備
                              505      6          0    25   1,573
     (名古屋市中区)          報事業                           0                 [15]
     西部支社
               メディア・情                         1,065                   44
                     生産設備         269      0          0    18   1,354
     (福岡市博多区)          報事業                           2                 [14]
     札幌支社          メディア・情                           -                  19
                     生産設備         14      -          -     6    20
               報事業
     (札幌市中央区)                                    -                  [9]
     日経南砂別館          メディア・情      コンピュー                  3,616
                             1,465       0         212     323    6,145
     (東京都江東区)          報事業      ターセンター                    9
     日経東京製作センター
               メディア・情                         3,819
                     生産設備        1,512     1,083            -    19   6,435
     (東京都江東区)          報事業
                                         14
     日経横浜別館          メディア・情                         2,624
                     生産設備
                              470     415           -    20   3,532
               報事業
     (横浜市瀬谷区)                                    18
     日経埼玉別館          メディア・情                          509
                     生産設備         265     172           -    11    958
     (埼玉県鴻巣市)          報事業                           9
     日経茨城別館
               メディア・情                          551
     (茨城県かすみがうら                生産設備         732     270           -     9   1,564
               報事業
                                         18
     市)
     日経八潮別館          メディア・情                           -
                     生産設備         635     289           -     8    934
               報事業
     (埼玉県八潮市)                                    (9)
     日経立川別館          メディア・情                         1,065
                     生産設備         565      93          -     3   1,728
     (東京都立川市)          報事業                           7
     日経千葉別館          メディア・情                          734
                     生産設備         613     322           -     ▶   1,674
     (千葉県習志野市)          報事業
                                         11
     日経川崎別館
               メディア・情                         2,626
     (神奈川県川崎市高津                生産設備
                             1,034      517           -     8   4,186
               報事業                          13
     区)
     日経大手前別館          メディア・情                         2,307
                     生産設備         620     902           -    45   3,876
     (大阪市中央区)          報事業                           ▶
     日経大阪南港別館          メディア・情                         3,245
                     生産設備         365     198           -     ▶   3,814
     (大阪市住之江区)          報事業
                                         11
     日経名古屋別館          メディア・情                         1,747
                     生産設備         662     526           -     6   2,943
               報事業
     (愛知県清須市)                                    13
     日経西部別館          メディア・情                         1,482
                     生産設備         467     510           -     5   2,466
     (福岡市東区)          報事業                          13
                                 15/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                        帳簿価額
        事業所名       セグメントの                                          従業員数
                      設備の内容      建物及び     機械装置      土地
                                           リース資産
       (所在地)         名称                               その他     合計    (人)
                            構築物    及び運搬具     (百万円)
                                               (百万円)     (百万円)
                                           (百万円)
                           (百万円)     (百万円)     (面積千㎡)
                                        2,250
               メディア・情                                            92
     国内支局                生産設備         483      0     7     -    24   2,758
               報事業
                                                           [56]
                                         (0)
                                       12,222
               メディア・情
     新聞販売店                販売設備        3,033       -     29     -    169   15,426
               報事業
                                         (0)
               メディア・情                          620
     寮・社宅                厚生設備         80      -          -     2    703
               報事業
                                         1
                                        9,363                   13
     その他          その他の事業      事業所等
                             2,671       13          0    136   12,187
                                         37                  [4]
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品および建設仮勘定の合計です。
        2.( )内の数字は、賃借中の土地の面積を外数で示しています。
        3.従業員数の[ ]は、臨時雇用者数を外書しています。
       (2)  国内子会社

                                                    平成27年12月31日現在
                                          帳簿価額
              事業所名       セグメントの                                    従業員数
       会社名                    設備の内容     建物及び     機械装置      土地
             (所在地)         名称                                   (人)
                                                その他     合計
                                 構築物    及び運搬具
                                          (百万円)
                                               (百万円)     (百万円)
                                (百万円)     (百万円)     (面積千㎡)
            支社         メディア・情                          -
                           生産設備
                                   0     48          2    51    40
                    報事業
            (横浜市瀬谷区)                                   -
            支社         メディア・情                          -
                           生産設備        0     18          1    20    27
            (埼玉県鴻巣市)         報事業                          -
     ㈱日経首都圏      支社         メディア・情                          -
                           生産設備        0     308           1    310     42
     印刷      (埼玉県八潮市)         報事業
                                              -
            支社         メディア・情                          -
                           生産設備
                                   0     125           2    128     28
            (東京都立川市)         報事業                          -
            支社
                    メディア・情                          -
                           生産設備        0     55          1    56    32
            (千葉県習志野市)         報事業                          -
     ㈱日経西日本      支社         メディア・情                          -
                           生産設備        8     126           0    136     28
     製作センター               報事業
            (大阪市住之江区)                                   -
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品および建設仮勘定の合計です。
        2.連結会社以外の者へ貸与中の主要な設備はありません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当連結会計年度において、前連結会計年度末に計画した重要な設備の新設、除却等について、重要な変更は
       ありません。また、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除却、売却等の計画はありません。
                                 16/89







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           120,000,000

                  計                               120,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類          (株)             (株)         又は登録認可金融商品               内容
               (平成27年12月31日)             (平成28年3月30日)            取引業協会名
     普通株式              25,000,000             25,000,000           該当事項なし          (注)1、2

         計          25,000,000             25,000,000             -          -

     (注)1.単元株制度を採用していないため、単元株式数はありません。
        2.当社の発行するすべての株式の譲渡による取得については、取締役会の承認を要するとともに、株式の譲受
          人は当社の事業に関係のある者に限定しています。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金増
                発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日                                     減額
                数増減(株)        数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                                              (百万円)
      平成15年     7月  1日
                 5,000,000       25,000,000           500       2,500         -        ▶
        (注)
      (注)有償第三者割当 5,000,000株
         1株当たり発行価格  100円
         1株当たり資本組入額 100円
       (6)【所有者別状況】

                                                    平成27年12月31日現在
                                 株式の状況
                                                        単元未満株
         区分                             外国法人等                  式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                         (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -     -     -     -     -     -    3,941     3,941      -
     所有株式数(株)             -     -     -     -     -     -  25,000,000     25,000,000         -
     所有株式数の割合
                  -     -     -     -     -     -   100.00     100.00       -
     (%)
                                 17/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                  平成27年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
                                                   対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
                    東京都千代田区大手町1-3-7                         2,058          8.23

     日本経済新聞共栄会
     日本経済新聞福祉会               東京都千代田区大手町1-3-7                         1,030          4.12
                                              300         1.20

     喜多 恒雄               神奈川県鎌倉市
                                              300         1.20

     岡田 直敏               神奈川県横浜市青葉区
                                              180         0.72

     村上 一則               神奈川県横須賀市
                                              180         0.72

     木舟 一郎               神奈川県鎌倉市
                                              170         0.68

     長谷部 剛               神奈川県横浜市青葉区
                                              170         0.68

     石川 一郎               神奈川県横浜市磯子区
                                              170         0.68

     野村 裕知               イギリス・ロンドン
     近藤 勝義               神奈川県川崎市麻生区                          170         0.68

                                              170         0.68

     木村 芳文               東京都世田谷区
                              -                4,899          19.60

            計
       (8)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成27年12月31日現在
              区分               株式数(株)            議決権の数(個)             内容

      無議決権株式                          -             -          -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -             -          -

      議決権制限株式(その他)                          -             -          -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -             -          -

      完全議決権株式(その他)                      普通株式     25,000,000            25,000,000           -

      単元未満株式                          -             -          -

      発行済株式総数                          25,000,000             -          -

      総株主の議決権                          -            25,000,000           -

        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                 18/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          該当事項はありません。
      3【配当政策】

        当社は、経営の充実を図りながら、業績に応じた安定的配当の継続を基本方針としています。
        当社は、期末配当の年1回の剰余金配当を基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は株主総会です。
        当事業年度の配当については、普通配当12円、特別配当3円、1株につき合計15円としました。
        内部留保資金については、財務体質の改善に努めながら設備投資等に充当します。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
                              配当金の総額                  1株当たり配当額
           決議年月日
                              (百万円)                    (円)
          平成28年     3月29日
                                       375                   15
          定時株主総会決議
      4【株価の推移】

        非上場であるため該当事項はありません。
                                 19/89











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性19名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                         (千株)
                                 昭和46年4月      当社入社
                                 平成9年3月      東京本社編集局次長兼整理部長
                                 平成13年3月      東京本社編集局総務
                                 平成14年3月      出版局長
                                 平成15年3月      当社取締役 大阪本社副代表兼大
                                      阪本社代表室長
                                 平成16年3月      当社上席執行役員 大阪本社副代              平成27年
                                      表
                                                    3月26日
     代表取締役                            平成17年3月      当社常務取締役 社長室長、広              開催の定
                  喜多 恒雄      昭和21年11月16日生                                   300
     会長                                 報・法務・グループ戦略担当              時株主総
                                 平成18年3月      当社専務取締役 社長室/広報・法
                                                    会から2
                                      務・グループ戦略/内部監査室担当              年間
                                 平成19年1月      同経営企画/広報/法務担当
                                 平成19年3月      当社代表取締役専務 経営企画/広
                                      報/リスク管理・コンプライアンス
                                      担当
                                 平成20年3月      当社代表取締役社長
                                 平成27年3月      当社代表取締役会長(現任)
                                 昭和51年4月      当社入社
                                 平成16年3月      東京本社編集局次長兼経済部長
                                 平成18年3月      社長室長
                                 平成19年1月      経営企画室長
                                 平成19年3月      当社執行役員 経営企画室長
                                 平成21年3月      当社取締役 電子新聞事業/情報技
                                                    平成27年
                                      術/文化事業担当              3月26日
     代表取締役                            平成22年3月      当社常務取締役 電子新聞事業/教              開催の定
           FT事業統括        岡田 直敏      昭和28年4月15日生
                                                           300
                                      育事業担当
     社長                                               時株主総
                                 平成23年3月      同東京本社編集局長              会から2
                                 平成24年3月      当社専務取締役 東京本社編集局              年間
                                      長
                                 平成26年3月      当社取締役副社長 グローバル事
                                      業統括、NAR事業担当
                                 平成27年3月      当社代表取締役社長
                                 平成27年8月      同FT事業統括(現任)
                                 昭和49年4月      当社入社
                                 平成16年3月      経理局次長
                                 平成17年3月      経理局総務
                                 平成18年3月      経理局長              平成27年
                                 平成19年3月      当社執行役員 経理局長              3月26日
                                 平成20年3月      当社常務執行役員 経理局長
     取締役      グループ経理統                                         開催の定
                  村上 一則      昭和25年11月11日生                                   180
     副社長      括                      平成21年3月      同経理担当補佐              時株主総
                                 平成22年3月      同経理担当              会から2
                                 平成23年3月      当社常務取締役 経理担当              年間
                                 平成24年3月      当社専務取締役 経理担当
                                 平成27年3月      当社  取締役   副社長 グループ経理
                                      統括(現任)
                                 20/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 昭和50年4月      当社入社
                                 平成15年3月
                                      東京本社編集局次長兼社会部長
                                 平成17年3月      総務局総務兼総務部長
                                 平成18年3月      総務局長兼新社屋建設本部副本部
                                      長
                                 平成19年3月      当社執行役員 総務局長兼新社屋
                                      建設本部副本部長、労務担当補佐
                                                    平成28年
                                 平成20年3月      当社常務執行役員 総務局長兼新
                                                    3月29日
                                      社屋建設本部副本部長、労務担当
           販売/製作統括、
     取締役                                               開催の定
                                      補佐
           法人ソリュー       木舟 一郎      昭和27年2月7日生
                                                           180
     副社長                                               時株主総
                                 平成21年3月      同西部支社代表
           ション担当
                                                    会から2
                                 平成22年3月      同製作部門担当補佐
                                                    年間
                                 平成23年3月      同製作部門担当
                                 平成24年3月      当社常務取締役 製作部門担当
                                 平成25年3月      当社専務取締役 製作部門担当
                                 平成26年3月      同情報技術/製作部門担当
                                 平成27年3月      当社取締役副社長 販売/製作/情
                                      報技術統括
                                 平成28年3月      同販売/製作統括、法人ソリュー
                                      ション担当(現任)
                                 昭和55年4月      当社入社
                                 平成18年3月      東京本社編集局次長兼経済部長
                                 平成20年3月      東京本社編集局総務
                                 平成21年4月      経営企画室長
                                 平成23年3月      当社執行役員 経営企画室長
                                 平成23年6月      同経営企画室長、法務担当
                                 平成24年3月      当社常務取締役 経営企画/広報/
                                                    平成28年
                                      法務/リスク管理・コンプライアン
                                                    3月29日
                                      ス/インデックス事業担当
           東京本社編集局                                         開催の定
                                 平成25年3月      同経営企画/広報/法務/リスク管
     専務取締役             長谷部 剛      昭和32年8月22日生
                                                           170
                                      理・コンプライアンス/インデック
           長                                         時株主総
                                      ス事業/特別企画室担当
                                                    会から2
                                 平成26年3月      同法務/インデックス事業統括、経
                                                    年間
                                      営企画/広報/リスク管理・コンプ
                                      ライアンス担当
                                 平成27年3月      当社専務取締役 経営企画/法務/
                                      特別企画統括
                                 平成27年8月      同経営企画/法務/特別企画統括、
                                      FT事業統括補佐
                                 平成28年3月
                                      同東京本社編集局長(現任)
                                 21/89








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 昭和55年4月      当社入社
                                 平成18年3月      東京本社編集局次長兼証券部長
                                 平成19年9月      東京本社編集局次長兼新媒体準備
                                      室長
                                 平成20年1月      東京本社編集局次長兼日経ヴェリ
                                      タス編集長
                                 平成21年4月      東京本社編集局総務
                                 平成21年7月      デジタル編成局長
                                 平成23年3月      当社執行役員 デジタル編成局長
                                 平成24年3月      当社常務取締役 電子版事業/コン
                                                    平成28年
                                      テンツ事業担当
                                                    3月29日
           デジタル事業統
                                 平成25年3月      同電子版事業/コンテンツ事業/人
                                                    開催の定
     専務取締役      括、FT事業担        野村 裕知      昭和32年6月30日生              材・教育事業担当
                                                           170
                                                    時株主総
                                 平成26年3月      同デジタル事業/コンテンツ事業/
           当
                                                    会から2
                                      人材・教育事業担当
                                                    年間
                                 平成27年3月      当社専務取締役 デジタル事業/電
                                      子版/人材教育事業統括
                                 平成27年8月      同デジタル事業/電子版/人材教育
                                      事業統括、FT事業統括補佐
                                 平成27年11月      同デジタル事業/電子版/人材教育
                                      事業統括、FT事業統括補佐、日
                                      経ヨーロッパ社会長
                                 平成28年3月      同デジタル事業統括、FT事業担
                                      当、日経ヨーロッパ社会長(現
                                      任)
                                 昭和54年4月      当社入社
                                 平成18年3月      東京本社編集局次長兼日経産業新
                                      聞編集長
                                                    平成28年
                                 平成20年3月      ㈱日経BP取締役
           グローバル事業/                                         3月29日
                                 平成24年3月      当社常務執行役員 東京本社編集
           人材教育事業担                                         開催の定
                                      局長補佐
     専務取締役             近藤 勝義      昭和31年7月18日生                                   170
           当、情報技術統                                         時株主総
                                 平成26年3月      当社常務取締役 東京本社編集局
           括                                         会から2
                                      長
                                                    年間
                                 平成27年3月      当社専務取締役 東京本社編集局
                                      長
                                 平成28年3月      同グローバル事業/人材教育事業担
                                      当、情報技術統括(現任)
                                 昭和55年4月      当社入社
                                 平成18年3月      東京本社編集局次長兼社会部長
                                                    平成28年
                                 平成20年3月      東京本社製作局総務
                                                    3月29日
                                 平成21年4月      大阪本社製作本部長
           総務/労務/管財                      平成23年1月      当社執行役員 大阪本社製作本部              開催の定
     専務取締役             田中 信行      昭和30年7月29日生
                                                           170
                                      長、㈱日経西日本製作センター代
           担当、電波統括                                         時株主総
                                      表取締役社長
                                                    会から2
                                 平成24年3月      ㈱日経BP取締役
                                                    年間
                                 平成28年3月      当社専務取締役 総務/労務/管財
                                      担当、電波統括(現任)
                                 昭和57年4月      当社入社
                                 平成20年3月      大阪本社編集局次長兼経済部長
                                                    平成28年
                                 平成21年4月      東京本社編集局次長兼日経産業新
                                                    3月29日
                                      聞編集長
           クロスメディア
                                 平成24年4月      経営企画室長              開催の定
     常務取締役      営業/文化事業/        桑田 一郎      昭和32年5月17日生                                   140
                                 平成25年3月      当社執行役員 経営企画室長
                                                    時株主総
           特別企画担当
                                 平成26年3月      当社常務執行役員 秘書室長
                                                    会から2
                                 平成28年3月      当社常務取締役 クロスメディア
                                                    年間
                                      営業/文化事業/特別企画担当(現
                                      任)
                                 22/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名      職名       氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 昭和57年4月      当社入社
                                 平成20年3月      経営企画室次長
                                 平成22年4月      東京本社編集局次長兼国際部長
                                                    平成28年
                                 平成24年4月      東京本社編集局総務              3月29日
                                 平成26年3月      当社執行役員 東京本社編集局長              開催の定
     常務取締役     デジタル事業担当        平田 喜裕      昭和35年3月12日生
                                                           140
                                      補佐
                                                    時株主総
                                 平成27年3月      当社常務執行役員 東京本社編集              会から2
                                      局長補佐              年間
                                 平成28年3月      当社常務取締役 デジタル事業担
                                      当(現任)
                                 昭和58年4月      当社入社
                                 平成22年4月      東京本社編集局次長兼整理部長兼
                                                    平成28年
                                      編集組版推進センター長
                                                    3月29日
           経営企画/法務                      平成25年4月      東京本社編集局総務
                                                    開催の定
     常務取締役     担当、インデッ        吉田 直人      昭和34年7月15日生         平成26年3月      総務局長
                                                           140
                                                    時株主総
                                 平成27年3月      当社執行役員 総務局長
           クス事業統括
                                                    会から2
                                 平成28年3月      当社常務取締役 経営企画/法務担
                                                    年間
                                      当、インデックス事業統括(現
                                      任)
                                 昭和49年4月      当社入社
                                 平成14年3月      東京本社編集局次長兼論説委員
                                 平成16年3月      東京本社編集局総務兼論説委員
                                 平成17年3月      電子メディア局長
                                 平成18年3月      当社執行役員 電子メディア局長
                                 平成19年1月      ㈱日本経済新聞デジタルメディア
                                      常務取締役
                                 平成20年3月      当社常務取締役 経営企画/広報/
                                      リスク管理・コンプライアンス担
                                      当
                                 平成22年3月      同経営企画/広報/リスク管理・コ
                                                    平成28年
                                      ンプライアンス/インデックス事業
                                                    3月29日
                                      担当、法務統括
                                                    開催の定
     取締役              吉岡 昇     昭和27年2月15日生                                   100
                                 平成23年3月      当社専務取締役      経営企画/電子版/
                                                    時株主総
                                                    会から2
                                      広報/リスク管理・コンプライアン
                                                    年間
                                      ス/インデックス事業担当、法務統
                                      括
                                 平成24年3月      同デジタル事業統括、人材・教育
                                      事業担当
                                 平成25年3月      当社取締役 ㈱QUICK代表取
                                      締役社長
                                 平成26年3月      同㈱QUICK代表取締役社長、
                                      ㈱日本経済新聞デジタルメディア
                                      代表取締役社長
                                 平成27年7月      同㈱QUICK代表取締役社長
                                      (現任)
                                 23/89







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 昭和51年4月      当社入社
                                 平成16年3月      東京本社編集局次長兼産業部長
                                 平成17年3月      東京本社編集局次長兼日経産業新
                                      聞編集長
                                 平成18年3月      東京本社編集局総務
                                 平成19年3月      当社執行役員 東京本社編集局総
                                      務
                                                    平成28年
                                 平成20年3月      当社取締役 東京本社編集局長
                                                    3月29日
                                 平成22年3月      当社常務取締役 東京本社編集局
                                                    開催の定
                                      長
     取締役              小孫 茂     昭和26年11月5日生                                   100
                                                    時株主総
                                 平成23年3月      同電波・電子戦略統括
                                                    会から2
                                 平成24年3月      当社専務取締役      販売統括、電波/
                                                    年間
                                      グローバル事業担当
                                 平成26年3月      当社取締役副社長 販売統括、電
                                      波/特別企画室担当
                                 平成27年3月      同電波統括
                                 平成27年6月      当社取締役 ㈱テレビ東京ホール
                                      ディングス取締役副社長、㈱BS
                                      ジャパン代表取締役社長(現任)
                                 昭和58年4月      当社入社
                                 平成20年3月      東京本社編集局次長兼デジタル編
                                      集本部副本部長兼デジタル企画開
                                      発部長
                                                    平成28年
                                 平成21年4月      東京本社編集局次長兼電子新聞編
                                                    3月29日
                                      集本部長
                                                    開催の定
     取締役              新実 傑     昭和34年9月13日生         平成22年7月      東京本社編集局次長兼経済金融部                    100
                                                    時株主総
                                      長
                                                    会から2
                                 平成24年3月      ㈱日経BP取締役
                                                    年間
                                 平成26年3月      当社執行役員 東京本社編集局総
                                      務
                                 平成28年3月      当社取締役 ㈱日経BP代表取締
                                      役社長(現任)
                                 昭和44年4月      当社入社
                                 平成8年3月      ㈱日本公社債研究所(現㈱格付投
                                                    平成27年
                                      資情報センター)取締役年金事業
                                                    3月26日
                                      本部長
     監査役                           平成11年6月      同取締役投資評価事業本部長              開催の定
           監査役会議長       早川 好寛      昭和21年9月24日生                                   55
                                 平成12年6月      同常務取締役
     (常勤)                                               時株主総
                                 平成17年3月      同専務取締役
                                                    会から4
                                 平成18年3月      当社上席執行役員 内部監査室長
                                                    年間
                                 平成19年3月      当社専務執行役員 内部監査室長
                                 平成23年3月
                                      当社監査役(現任)
                                 昭和49年4月      当社入社
                                 平成14年3月      東京本社編集局次長兼管理部長
                                 平成16年3月      製作統括本部副本部長
                                                    平成28年
                                 平成17年3月      製作  統括  本部長
                                                    3月29日
                                 平成18年9月      ㈱格付投資情報センター管理本部
     監査役                                               開催の定
                   中村 良     昭和26年9月28日生              長                     20
     (常勤)                                               時株主総
                                 平成19年3月      同取締役
                                                    会から4
                                 平成20年3月      同取締役兼常務執行役員
                                                    年間
                                 平成22年3月      同取締役兼専務執行役員
                                 平成23年11月      ㈱日経リサーチ代表取締役社長
                                 平成28年3月      当社監査役(現任)
                                 24/89




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名      職名       氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                 昭和39年4月      TDK㈱入社
                                 平成8年6月      同取締役
                                 平成10年6月      同代表取締役社長
                                 平成18年6月      同代表取締役会長
                                 平成19年5月      日本IR協議会会長
                                                    平成27年
                                 平成20年3月      旭硝子㈱取締役
                                                    3月26日
                                 平成20年6月      帝人㈱取締役(現任)
                                                    開催の定
                                 平成20年6月      野村證券㈱取締役
     監査役              澤部 肇     昭和17年1月9日生                                   -
                                                    時株主総
                                 平成21年6月      野村ホールディングス㈱取締役
                                                    会から4
                                 平成23年3月
                                      当社監査役(現任)
                                                    年間
                                 平成23年6月      TDK㈱取締役取締役会議長
                                 平成24年6月      同相談役(現任)
                                 平成27年6月      ㈱ジャパンディスプレイ取締役
                                      (現任)
                                 平成27年6月
                                      ㈱荏原製作所取締役(現任)
                                 昭和39年4月      ㈱島津製作所入社
                                 平成5年6月      同取締役
                                 平成9年6月      同常務取締役
                                 平成15年6月      同代表取締役社長
                                                    平成27年
                                 平成21年6月      同代表取締役会長
                                                    3月26日
                                 平成23年6月
                                      田辺三菱製薬㈱取締役(現任)
                                                    開催の定
                                 平成24年3月      サッポロホールディングス㈱取締
     監査役             服部 重彦      昭和16年8月21日生                                   -
                                                    時株主総
                                      役(現任)
                                                    会から4
                                 平成24年6月      ブラザー工業㈱取締役(現任)
                                                    年間
                                 平成24年7月      明治安田生命保険相互会社取締役
                                      (現任)
                                 平成27年3月
                                      当社監査役(現任)
                                 平成27年6月      ㈱島津製作所相談役(現任)
                                 昭和37年4月      ㈱日立製作所入社
                                 平成7年6月      同取締役
                                 平成9年6月      同常務取締役
                                 平成11年4月      同代表取締役 取締役副社長
                                 平成15年4月      同取締役
                                 平成21年4月      同代表執行役 執行役会長兼執行
                                      役社長
                                                    平成28年
                                 平成21年6月      同代表執行役 執行役会長兼執行
                                      役社長兼取締役              3月29日
                                 平成22年4月      同代表執行役 執行役会長兼取締
                                                    開催の定
     監査役              川村 隆     昭和14年12月19日生
                                                           -
                                      役
                                                    時株主総
                                 平成23年4月      同取締役会長
                                                    会から4
                                 平成23年6月
                                      日本原燃㈱監査役(現任)
                                                    年間
                                 平成24年6月      日立化成㈱取締役会長(現任)
                                 平成26年6月
                                      ㈱日立製作所相談役(現任)
                                 平成26年6月      日立建機㈱取締役会長(現任)
                                 平成26年6月
                                      ㈱みずほフィナンシャルグループ
                                      取締役(現任)
                                 平成27年6月      カルビー㈱取締役(現任)
                                 平成28年3月
                                      当社監査役(現任)
                                          計                2,435

      (注)1.     監査役澤部肇、服部重彦、川村隆は社外監査役です。
         2.当社では、迅速・的確な意思決定および監督責任と業務執行責任との分離を図るため、執行役員制度を導入
           しています。提出日現在の執行役員は、以下の24名で構成されています。
           専務執行役員       川合 英雄        大阪本社代表、地域担当

           専務執行役員       鈴木 諭        販売担当
           専務執行役員       峯尾 一弘        経理担当
           専務執行役員       原田 亮介        論説委員長
           専務執行役員       今井 秀和        日経グループアジア本社社長
           常務執行役員       竹岡 倫示        グローバル事業担当補佐
           常務執行役員       山脇 晴子        大阪本社副代表兼大阪本社代表室長
                                 25/89

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
           常務執行役員       平岡 啓        西部支社代表
           常務執行役員       宮本 明彦        名古屋支社代表
           常務執行役員       高見 信三        情報技術担当
           常務執行役員       塚本 隆也        東京本社販売局長
           常務執行役員       栢  俊彦        日経アメリカ社社長
           常務執行役員       斎藤 仁志        電波担当
           常務執行役員       鈴木 克之        クロスメディア営業局長
           常務執行役員       阪本 浩伸        大阪本社編集局長
           執行役員       星野 茂樹        インデックス事業担当
           執行役員       磯野 直之        コンテンツ事業室長
           執行役員       渡辺 洋之        デジタル事業担当補佐、電子版統括
           執行役員       宮本 寿昭        製作担当
           執行役員       小松 潔        文化事業局長
           執行役員       保母 拡一朗        クロスメディア大阪営業局長
           執行役員       森田 勝久        経理局長
           執行役員       寺島 洋晶        内部監査室長
           執行役員       伊藤 圭子        文化事業担当補佐
                                 26/89















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は継続してコーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでいます。意思決定や業務執行に対する監督体制、
        リスク管理・コンプライアンス強化の組織を整備するとともに、平成26年11月からは社外有識者が参加する人事諮
        問会議を設置し、客観的な視点からトップ人事に対する助言を受ける仕組みも設けました。グループ会社を本社取
        締役が責任を持って統括する体制も整備しました。言論報道機関としての独立性、中立性を堅持しつつ、グループ
        のガバナンス確保に万全を期します。
        ①会社の機関の内容および内部統制システムの整備状況

         (ⅰ)会社の機関の基本説明
          当社は監査役制度を採用しており、取締役は12名(以下、人数は提出日時点。社外取締役はおりません)、監
         査役は5名(うち社外監査役は3名)です。
          取締役会は原則として毎月1回以上開き、当社の業務執行やグループ経営に関する重要事項を決定するととも
         に、当社およびグループ経営の状況を管理・監督しています。
          また、取締役会の補助機関として取締役等をメンバーとする「グループ経営会議」を原則として毎週1回開
         き、取締役会の付議事項などの重要事項を審議・決定し、経営判断の効率化、迅速化を図っています。平成28年
         1月には、フィナンシャル・タイムズ・グループ(FT)と本社・グループ会社のグローバル戦略を加速させるた
         め、取締役会長・社長・経営企画統括等の取締役等で構成され、海外M&A・設備投資案件を審査し、決裁又は取
         締役会への上程の可否を判断する「グローバル投資委員会」を設置しました。
          グループ運営については、「グループ運営規程」などの基本ルールを定め、当社の取締役会が事業分野ごとに
         選任した統括取締役がルールに基づいて各グループ会社の業務執行・運営を統括する仕組みとしています。
          監査役会は毎年策定する監査の方針・計画に基づいて、原則として毎月1回以上開き、各監査役から監査の状
         況等について報告を受けるほか、重要契約の内容や会計処理の是非、規則・規程類の整備、順守状況などについ
         て協議、点検しています。
          社内の体制を充実させるとともに、社外の有識者をメンバーとする人事諮問会議や経営アドバイザリー・ボー
         ドを設けており、客観的な立場から経営の諸課題に関する助言をいただいています。
         (ⅱ)会社の機関の内容および内部統制システムの整備状況
          当社は会社法の施行にともない、内部統制システムの構築に関する基本方針を平成18年5月の取締役会で決議
         しました。取締役会決議は随時見直しており、平成19年以降、毎年、決議内容を改定しています。
          内部統制の基本となる諸規程・規則も整備し、グループ企業および当社各組織の責任や権限、意思決定プロセ
         スを明文化しています。これらのルールは周知徹底を図るとともに、今後も適宜、内容を見直していきます。
          当社およびグループ会社がそれぞれの規程・規則を順守し、業務を適法かつ適正、効率的に行っていることを
         チェックするため、平成18年3月に「内部監査室」を設置しました。ルールを整備し、その順守状況をモニタリ
         ングすることで、「ルールに基づく透明な経営」という基本原則を徹底します。当社やグループ会社の内部監査
         業務を円滑かつ効果的に行うため、内部監査規程や内部監査実施要領なども整備しています。
         (ⅲ)内部監査および監査役監査の状況
          内部監査室は業務執行ラインから独立した専任組織で、平成19年1月から当社社長直属の組織としています。
         室長以下22名(兼務者を含む)で構成し、監査を実施します。監査結果は社長に報告し、必要に応じて被監査部
         門に業務改善を促します。平成27年度は内部監査計画に基づいて本社部局とグループ会社に対する定期監査を相
         次いで実施しました。
          監査役会は監査の実効性をあげることを目的に、取締役会と「監査役監査に関する覚書」を毎年交わし、取締
         役の協力や支援のあり方を文書で確認しています。監査役は取締役会だけでなく、「グループ経営会議」など各
         種重要会議に出席し、取締役の職務執行を点検する一方、代表取締役社長と定期的に会合を持ち、経営状況やガ
         バナンス、リスク管理の問題なども意見交換しました。また、主要な事業所やグループ会社を往査したほか、グ
         ループ各社の監査役をメンバーとする「日経グループ監査役連絡会議」やその分科会を主催し、連結経営を見据
         えた監査の実践に努めました。
          内部監査室員がグループ会社の監査役を務める「派遣監査役制度」については、グループの内部統制レベルを
         高めるため、平成20年春以降は間接出資会社と大会社などを除く連結対象会社をほぼカバーする体制としまし
         た。
          内部監査室および監査役、会計監査人は有機的に連係し、それぞれ効率的かつ効果的な監査に役立てていま
         す。
         (ⅳ)会計監査の状況
          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は川上豊氏、奈尾光浩氏、吉原一貴氏の3名であり、有限責任監査
         法人トーマツに所属しています。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他3名です。
         (ⅴ)社外取締役および社外監査役との関係
          社外取締役はいません。3名の社外監査役とは一切の人的関係、資本関係はありません。
                                 27/89

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ②リスク管理体制の整備の状況

         グループ全体のリスク管理、コンプライアンスを統括するため、当社および主要グループ企業の役員・有識者等
        で構成する「リスク管理・コンプライアンス委員会」を、リスク管理・コンプライアンス担当の役員を委員長とし
        て平成19年3月に設置したほか、下部の実務組織として「リスク管理委員会」と「コンプライアンス委員会」を設
        け、システム関連や大規模災害をはじめとするリスク管理、コンプライアンスを徹底しています。
         当社内では、コンプライアンスの体制を整備し機能させる推進役として、法務室内にコンプライアンスセンター
        を置くとともに、内部通報制度を設けており、効果的な研修の実施、遵法意識の向上、法的問題等の発生防止に努
        めています。平成18年春には、取締役や執行役員、社員ら当社で働く全員を対象にした「行動規範」を策定しまし
        た。言論報道機関に身を置く者として果たすべき使命やあるべき姿を示し、法令違反や倫理にもとる行為を戒める
        内容です。
         なお、当社の内部統制システム構築に関する基本方針の取締役会決議(平成27年12月)の内容は次のとおりで
        す。
         1.総論

           本決議は会社法及び会社法施行規則に基づき、業務の適正を確保するための当社の内部統制システム構築の
          基本方針を定めるものである。
           当社で働く全員が、社是を実現し、法令や社内規定、企業倫理に則ったあるべき姿を示す「行動規範」の順
          守を徹底させることにより、コンプライアンス体制を推進する。業務分野ごとに統括取締役が監督する体制を
          敷く。
           グループの経営体制と内部統制を強化するため、上記の社是、行動規範の精神をグループ会社も共有する。
          統括取締役は統括する業務分野のグループ会社に対する責任者として執行・監督する。
         2.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          (1)  コーポレート・ガバナンス強化のため、社長人事について社外識者を含む人事諮問会議から助言を受け
           る。
          (2)  業務の適法性や適正性を自らチェックするため社長直属の組織である内部監査室を通じ、内部監査規程に
           基づいて実効性のある内部監査を継続的に実施する。
          (3)  職務権限規程により、予算・経営計画の作成、設備投資、契約の締結など、会社の業務ごとに組織的な運
           営と責任・権限の分掌を明確化し、随時、見直す。
          (4)  コーポレート・ガバナンスやコンプライアンスに関する知識を習得させ、その意識を高めるため、取締
           役・執行役員・社員らに対し、地位、職責に応じ適切な研修を行う。インサイダー取引規制に関しては、全
           取締役と一部部局の執行役員、社員について株式等の取引を全面禁止とし、全部局の執行役員と社員には関
           連規定・内規を順守する誓約書の提出と、年1回の部局研修参加及びeラーニング受講を義務付ける。
          (5)  内部通報制度規定に基づき、法令・企業倫理違反の行為を通報する窓口を社内の法務室コンプライアンス
           センターに置き、社外窓口を法律事務所に置く。通報は実名が原則だが、社外窓口では会社への匿名を希望
           する通報も受け付け、通報者のプライバシーを保護する。
          (6)  コンプライアンスなどに関する情報の伝達手段として、掲示板機能を有する社内情報共有システムを維
           持・充実する。また、経営トップの考えの浸透を図るとともに社員から意見を直接トップに伝えられる双方
           向の情報伝達をできる体制を維持する。
          (7)  社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力の排除に向け、不当な要求に対しては毅然と
           した態度で対応する。
         3.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           文書取扱規程、情報管理規定などに基づき、取締役会等の議事録、稟議書その他取締役の職務の執行に係る
          文書や電子情報を適切に保存・管理する。今後、事務のIT(情報技術)化を視野に入れた上で、必要に応じて
          保存・管理体制の改善に努める。
         4.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          (1)  子会社を含めた業務分野ごとに、統括取締役または担当執行役員が当該分野のリスクを管理する。
          (2)  リスク管理・コンプライアンスを統括する取締役を委員長とするリスク管理・コンプライアンス委員会を
           中心に、情報システムのリスク管理のほか、コンプライアンス、災害対応などにグループを挙げて取り組
           む。
          (3)  財務諸表の信頼性確保については、経理規程に基づき、会計の諸取引を正確迅速に処理し、会計・財務情
           報を適正に開示する。
          (4)  新聞社、言論報道機関としての特殊性の面からは、以下の各点に留意し、今後もこれを維持、拡充する。
           ①取材・報道の指針に基づき、事実を正確、公正に伝えるとともに、取材活動正当な方法で行い、著作権を
           尊重することなどを徹底する。
           ②広告は広告掲載基準を順守し、審査したうえで掲載する。
                                 28/89

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
           ③情報管理規定に基づき、機密文書や機密電子情報の取り扱いを定め、適切に管理する。特に、日本経済新
           聞電子版の個人情報及び機密電子情報の増大に対応して、個人情報管理規定の下に設けた取扱細則に従い、
           情 報管理の徹底をはかる。
          (5)  交流サイト(SNS)やクラウドサービスの利用に当たっては、情報管理規定、情報機器等に関する管
           理・利用細則、各局の定めるガイドラインを順守させ、機密情報の漏えい、不用意な発言による日経ブラン
           ドの毀損などを防ぐ。
          (6)  情報セキュリティー対策を徹底するため機器使用などに関する年1回の研修受講を義務付ける。必要に応
           じて関連規程順守の誓約書を求める。
          (7)  地震や新型インフルエンザなどの災害に係るリスクについては部局ごとや全社的な対応マニュアルを策定
           し、全社員に訓練などを通じて周知・徹底させる。
         5.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           取締役会規則に基づき、取締役会を原則として毎月1回以上本社において開く。取締役会の補助機関とし
          て、取締役等で構成するグループ経営会議を原則として毎週1回開催し、取締役会に付議する事項の審議・決
          定などを行い、取締役会の一段の活性化につなげる。
         6.当該株式会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          (1)  グループビジョンを設け、日経グループが進む方向性や活動していく事業領域のイメージを共有する。グ
           ループ運営に関する具体的な指針であるグループ運営規程(グループ職務権限表を含む)により、グループ
           内の意思決定ルールを明確にするとともに、コーポレート統括取締役及び各業務分野の統括取締役が必要に
           応じてグループ会社に議事録や決算書類等の提出を求め、各社の経営内容を的確に把握する。グループ会社
           と本社との間で、グループ運営規程を共通の指針・理念として運営する旨を定めたグループ運営協定を結
           び、グループ運営を円滑に進める。
          (2)  グループ会社及び本社を含めたグループ全体の月次損益計算書、四半期貸借対照表を把握し、経理・財務
           状況を点検する。目標管理制度により、あらかじめ決めた予算・目標に対する実績管理を実施して必要な対
           策を講じる。
          (3)  内部監査室員がグループ会社の監査役を務める派遣監査役制度を、専任監査役のいる一部グループ会社も
           含めて適用する。内部監査室はグループ運営規程などに基づき、必要に応じてグループ会社に対する内部監
           査を定時または臨時に実施する。
          (4)  グループ会社各社の役員等の研修を本社が実施する。これによってグループ全体でのコンプライアンス体
           制の確保等を目指す。
         7.監査役制度に関する事項
          (1)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び同使
           用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の同使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
            監査役室に配置した社員により、監査役の監査業務を補佐する。
            監査役室配置の社員は専任とし、監査役の指揮監督に服し、監査に関する事項については取締役の指揮監
           督には服しないこととする。監査役室員の任免異動等にあたり、監査役会は事前に相談を受けるほか、人事
           考課についても監査役が直接行い、監査役室専任者の独立性を確保する。監査役は監査役室員に対する指揮
           命令権、同室員の権限や活動に関する費用の確保など指示の実効性を確保する。
          (2)  監査役に報告をするための体制及び報告をした者が不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
            監査役は社内の重要な会議に出席し、出席しなかった場合、必要に応じて審議事項の報告を受ける。監査
           役は取締役、会計監査人、各関係部署、子会社・関連会社の取締役、監査役および使用人並びにこれらの者
           から報告を受けた者などから適宜報告を受けることとする。監査役は報告した者が報告したことを理由とし
           て不利な取扱いを受けないことが確保されているかを確認する。
          (3)  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
            社長と監査役会議長とで締結した「監査役監査に関する覚書」に基づき、社長は年4回以上、監査役と会
           合を持って経営の執行に関し報告するとともに、監査役の報告、意見を受ける。内部監査室は監査役と緊密
           に連携し、情報の共有を図る。監査役は職務執行について生ずる費用について、会社から前払いまたは償還
           を受ける。
                                 29/89




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ③役員報酬
         当社の取締役および監査役に対する役員報酬は以下のとおりです。
          取締役の年間報酬総額    499百万円
          監査役の年間報酬総額                     80百万円
        ④取締役の選任の決議要件

         当社は取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
        し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨定款に定めています。
        ⑤株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした事項

         (ⅰ)当社は取締役が期待された役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、
          取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の取締役(取締役であった者を含む)の損害賠償責任を、法令
          の限度において免除することができる旨定款に定めています。
         (ⅱ)当社は監査役が期待された役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、
          取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の監査役(監査役であった者を含む)の損害賠償責任を、法令
          の限度において免除することができる旨定款に定めています。
        ⑥責任限定契約の内容の概要

         当社は社外監査役との間において、会社法第427条第1項の規定により、会社法第423条第1項の賠償責任を限定
        する契約を締結しており、当該契約に基づく賠償責任の限度額は、法令の定める最低責任限度額としています。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  43           -           51           440

      連結子会社                  97            5           94            0

         計              140            5          145           440

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          上記①の非監査業務に基づく報酬には、システム監査等の対価が含まれています。
         (当連結会計年度)

          上記①の非監査業務に基づく報酬には、財務デューデリジェンス等の対価が含まれています。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針として特記すべき事項はありません。
                                 30/89




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しています。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
       す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年                                        1月  1日から平成27年12月
       31日まで)の連結財務諸表および第144期事業年度(平成27年                             1月  1日から平成27年12月31日まで)の財務諸表につ
       いて、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けています。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には監査法人等が行う講
       習会、セミナーに参加し会計基準等の内容を適切に把握、対応できる体制を整備しています。
                                 31/89














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        102,984               93,199
         現金及び預金
                                         29,716              35,916
         受取手形及び売掛金
                                         36,164              23,163
         有価証券
                                         1,194              1,062
         商品及び製品
                                         1,574              1,567
         仕掛品
                                           664              904
         原材料及び貯蔵品
                                         2,522              2,331
         繰延税金資産
                                         6,605              20,067
         その他
                                         △ 164             △ 410
         貸倒引当金
                                        181,261              177,802
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        152,777              158,407
          建物及び構築物
                                      ※2 △ 113,153            ※2 △ 116,859
            減価償却累計額
                                        ※1 39,623             ※1 41,547
            建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                               71,045              72,871
                                       ※2 △ 61,351            ※2 △ 64,094
            減価償却累計額
                                        ※1 9,693             ※1 8,776
            機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※1 , ※5 104,153           ※1 , ※5 104,150
          土地
                                         24,581              25,879
          その他
                                       ※2 △ 18,357            ※2 △ 20,220
            減価償却累計額
            その他(純額)                              6,223              5,659
                                        159,694              160,133
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         18,931              22,295
          ソフトウエア
                                           -            155,564
          のれん
                                           710             3,722
          その他
                                         19,642              181,582
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※3 67,132             ※3 75,683
          投資有価証券
                                           943              938
          長期貸付金
                                         2,540              2,065
          退職給付に係る資産
                                         15,858              20,112
          繰延税金資産
                                        ※3 20,879             ※3 15,269
          その他
                                        △ 1,035             △ 1,126
          貸倒引当金
                                        106,319              112,942
          投資その他の資産合計
                                        285,656              454,657
         固定資産合計
                                        466,918              632,460
       資産合計
                                 32/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         14,394              13,871
         支払手形及び買掛金
                                                     ※1 130,640
                                         6,181
         短期借入金
                                         ※1 700
         1年内返済予定の長期借入金                                                 -
                                         1,965              3,342
         未払法人税等
                                         3,103              4,859
         賞与引当金
                                           227              573
         役員賞与引当金
                                         1,357              1,273
         返品調整引当金
                                        ※1 38,170             ※1 57,256
         その他
                                         66,101              211,817
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※5 21,746             ※5 19,683
         再評価に係る繰延税金負債
                                         51,528              86,082
         退職給付に係る負債
                                         2,670              2,793
         役員退職慰労引当金
                                         10,123              10,020
         その他
                                         86,068              118,579
         固定負債合計
                                        152,170              330,396
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,500              2,500
         資本金
                                            ▶              ▶
         資本剰余金
                                        282,693              276,814
         利益剰余金
                                        285,198              279,319
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         12,875              16,732
         その他有価証券評価差額金
                                            9              0
         繰延ヘッジ損益
                                        ※5 6,635             ※5 8,698
         土地再評価差額金
                                         1,273             △ 12,448
         為替換算調整勘定
                                        △ 12,445             △ 11,610
         退職給付に係る調整累計額
                                         8,348              1,371
         その他の包括利益累計額合計
                                         21,201              21,372
       少数株主持分
                                        314,747              302,063
       純資産合計
                                        466,918              632,460
      負債純資産合計
                                 33/89








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年       1月  1日     (自 平成27年       1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                        300,647              303,758
      売上高
                                        190,288              191,152
      売上原価
                                        110,358              112,606
      売上総利益
                                        ※1 93,605             ※1 96,735
      販売費及び一般管理費
                                         16,753              15,870
      営業利益
      営業外収益
                                           276              453
       受取利息
                                           488              611
       受取配当金
                                         1,432              1,784
       持分法による投資利益
                                           778              686
       その他
                                         2,975              3,535
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           275              260
       支払利息
                                           130              122
       支払手数料
                                           -              132
       為替差損
                                           287              286
       その他
                                           693              802
       営業外費用合計
                                         19,036              18,603
      経常利益
      特別利益
                                                        ※2 2
                                           -
       固定資産売却益
                                           -              224
       投資有価証券売却益
                                           -              143
       負ののれん発生益
                                           -              371
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※3 209             ※3 164
       固定資産除却損
                                           23              -
       投資有価証券売却損
                                           448               37
       投資有価証券評価損
                                           -              39
       関係会社出資金評価損
                                            3              -
       減損損失
                                           262               -
       持分変動損失
                                           948              241
       特別損失合計
                                         18,087              18,733
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    3,027              5,426
                                         4,319              2,530
      法人税等調整額
                                         7,346              7,956
      法人税等合計
                                         10,740              10,776
      少数株主損益調整前当期純利益
                                           481              627
      少数株主利益
                                         10,259              10,148
      当期純利益
                                 34/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年       1月  1日     (自 平成27年       1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                         10,740              10,776
      少数株主損益調整前当期純利益
      その他の包括利益
                                         2,358              3,528
       その他有価証券評価差額金
                                            8             △ 14
       繰延ヘッジ損益
                                           -             2,062
       土地再評価差額金
                                           929            △ 13,736
       為替換算調整勘定
                                           -              879
       退職給付に係る調整額
                                           428              445
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※1 3,724            ※1 △ 6,835
       その他の包括利益合計
                                         14,465               3,940
      包括利益
      (内訳)
                                         13,968               3,171
       親会社株主に係る包括利益
       少数株主に係る包括利益                                   496              769
                                 35/89















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                       資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高
                           2,500            ▶        272,808          275,313
      会計方針の変更による累積的影響
                                                           -
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                           2,500            ▶        272,808          275,313
     高
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △ 375         △ 375
      当期純利益                                         10,259          10,259
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                       -          -         9,884          9,884
     当期末残高                      2,500            ▶        282,693          285,198
                              その他の包括利益累計額

                                                   少数株主
                    その他有価                     退職給付に     その他の包          純資産合計
                         繰延ヘッジ     土地再評価     為替換算調                 持分
                    証券評価差                     係る調整     括利益累計
                         損益     差額金     整勘定
                    額金                     累計額     額合計
     当期首残高
                     10,087       3   6,635      357      -   17,084     19,807     312,205
      会計方針の変更による累積的影響
                                                           -
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                     10,087       3   6,635      357      -   17,084     19,807     312,205
     高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                    △ 375
      当期純利益                                                   10,259
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      2,788       5     -     915   △ 12,445     △ 8,736     1,393    △ 7,342
      (純額)
     当期変動額合計                 2,788       5     -     915   △ 12,445     △ 8,736     1,393     2,542
     当期末残高                12,875       9   6,635     1,273    △ 12,445      8,348     21,201     314,747
                                 36/89








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                       資本金         資本剰余金          利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                      2,500            ▶        282,693          285,198
      会計方針の変更による累積的影響
                                              △ 15,651         △ 15,651
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                           2,500            ▶        267,041          269,546
     高
     当期変動額
      剰余金の配当                                         △ 375         △ 375
      当期純利益
                                               10,148          10,148
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                       -          -         9,773          9,773
     当期末残高
                           2,500            ▶        276,814          279,319
                              その他の包括利益累計額

                                                   少数株主
                    その他有価                     退職給付に     その他の包          純資産合計
                         繰延ヘッジ     土地再評価     為替換算調                 持分
                    証券評価差                     係る調整     括利益累計
                         損益     差額金     整勘定
                    額金                     累計額     額合計
     当期首残高                12,875       9   6,635     1,273    △ 12,445      8,348     21,201     314,747
      会計方針の変更による累積的影響
                                                     △ 194   △ 15,846
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                     12,875       9   6,635     1,273    △ 12,445      8,348     21,006     298,901
     高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                          △ 375
      当期純利益                                                   10,148
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      3,856      △ 8   2,062    △ 13,721      834   △ 6,976      365   △ 6,611
      (純額)
     当期変動額合計                 3,856      △ 8   2,062    △ 13,721      834   △ 6,976      365    3,161
     当期末残高
                     16,732       0   8,698    △ 12,448    △ 11,610      1,371     21,372     302,063
                                 37/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年       1月  1日     (自 平成27年       1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         18,087              18,733
       税金等調整前当期純利益
                                         15,111              14,636
       減価償却費
                                            3              -
       減損損失
       負ののれん発生益                                    -            △ 143
       有形固定資産除売却損益(△は益)                                   209              161
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    23             △ 224
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   448               37
                                                         39
       関係会社出資金評価損                                    -
                                           262
       持分変動損益(△は益)                                                   -
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 1,432             △ 1,784
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △ 35,586                 -
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  31,983              △ 5,263
                                           104              128
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   552              645
                                         △ 765            △ 1,064
       受取利息及び受取配当金
                                           275              260
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                  5,705              1,423
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 7             155
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 8,307             △ 1,600
                                         2,403              △ 536
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         2,576              4,392
       その他
                                         31,647              29,998
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,165              1,480
                                         △ 280             △ 261
       利息の支払額
                                        △ 3,350             △ 4,530
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         29,181              26,686
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 67,082             △ 54,169
       定期預金の預入による支出
                                         67,487              70,492
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 12,300             △ 11,500
       有価証券の取得による支出
                                         16,900              15,600
       有価証券の売却による収入
                                        △ 4,661             △ 7,511
       有形固定資産の取得による支出
                                            8              77
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 8,568             △ 5,234
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 7,809             △ 5,515
       投資有価証券の取得による支出
                                            0            3,017
       投資有価証券の売却による収入
                                                    ※2 △ 161,235
                                         △ 616
       関係会社株式の取得による支出
                                         △ 744             △ 622
       貸付けによる支出
                                           614              555
       貸付金の回収による収入
                                         △ 498             △ 554
       その他
                                        △ 17,269             △ 156,602
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 38/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年       1月  1日     (自 平成27年       1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         10,853              130,258
       短期借入れによる収入
                                        △ 11,413             △ 10,275
       短期借入金の返済による支出
                                         △ 463             △ 352
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                        △ 1,600              △ 700
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 375             △ 375
       配当金の支払額
                                         △ 439             △ 258
       少数株主への配当金の支払額
                                        △ 3,437             118,297
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           538              △ 51
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    9,013             △ 11,669
      現金及び現金同等物の期首残高                                   90,296              103,167
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                         3,858                -
      額(△は減少)
                                       ※1 103,167             ※1 91,498
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/89















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社の数         44 社
            主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため、省略していま
           す。
          (2)連結範囲の変更
            Financial      Times   Group   Limitedは、株式の取得により新たに子会社となったため、当連結会計年度より
           連結の範囲に含めています。
            ㈱日本経済新聞デジタルメディアは、平成27年7月1日に当社が吸収合併したため、当連結会計年度より連
           結の範囲から除外しています。
          (3)  主要な非連結子会社の名称等
            主要な非連結子会社
             ㈱日経日本橋販売
             ㈱日経大阪中央販売
            非連結子会社について連結の範囲から除いた理由
             非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)およ
            び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためです。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)  持分法を適用した関連会社の数                12 社
            主要な会社名
             ㈱テレビ東京ホールディングス
             テレビ大阪㈱
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社(㈱日経日本橋販売等)および関連会社(㈱今田新聞店等)はそれ
           ぞれ連結純損益および利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため持分法
           の適用範囲から除外しています。
          (3)  持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の仮決算に基づく財務諸表を
           使用しています。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しています。
         4.会計処理基準に関する事項

          (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
             満期保有目的債券
              償却原価法(定額法)
             その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)
              時価のないもの
               移動平均法に基づく原価法
                                 40/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
           ② デリバティブ

             時価法
           ③ たな卸資産
             当社は原材料については総平均法に基づく原価法を、貯蔵品については先入先出法に基づく原価法を採
            用しています。連結子会社は、原材料については主として先入先出法に基づく原価法を、商品及び製品に
            ついては主として移動平均法に基づく原価法を、仕掛品については主として個別法に基づく原価法を採用
            しています(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)。
          (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             建物については主として定額法を採用しています。
             その他の有形固定資産については主として定率法を採用しています。
             主な耐用年数は以下のとおりです。
             建物及び構築物             2~60年
             機械装置及び運搬具             2~15年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しています。ただし、ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(主として5
            年)に基づく定額法により償却する方法を採用しています。
           ③ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引について、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
            額法を採用しています。
          (3)  重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
            ついては個別に債権の回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
           ② 賞与引当金
             従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当期負担額を計上しています。
           ③ 役員賞与引当金
             役員に対して支給する賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を
            計上しています。
           ④ 返品調整引当金
             返品調整引当金は、当社および連結会社のうち5社において、出版物の委託販売に関し、売上返品によ
            る損失に備えるため、過去の返品率等を勘案し、将来の返品に伴う損失予想額を計上しています。
           ⑤ 役員退職慰労引当金
             役員(執行役員を含む)の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上していま
            す。
          (4)  退職給付に係る会計処理の方法
            退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年
           金資産の見込額に基づき計上しています。
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、主として給付算定式基準を採用しています。
           ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間による定額法により発生年度から費用処
            理することとしています。
             過去勤務費用は、一部の国内連結子会社については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一
            定年数による定額法により、発生した連結会計年度から費用処理することとしています。
          (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理していま
           す。なお、在外連結子会社の資産・負債および収益・費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、
           換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定および少数株主持分に含めています。
                                 41/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          (6)  重要なヘッジ会計の方法

           ① ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理を採用しています。また、為替予約について振当処理の要件を充たしているものについ
            ては振当処理を、金利スワップについて特例処理の要件を充たしているものについては特例処理を採用し
            ています。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
             ヘッジ手段       ヘッジ対象
             為替予約       外貨建金銭債権債務および外貨建予定取引
             金利スワップ       借入金利息
           ③ ヘッジ方針
             主として社内管理制度に基づき、為替変動リスクおよび金利変動リスクをヘッジしています。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
             為替予約取引については、ヘッジ手段とヘッジ対象との高い関係性を確認し、ヘッジの有効性を評価し
            ています。金利スワップ取引については、ヘッジ手段の想定元本等とヘッジ対象の元本等が一致してお
            り、金利スワップの特例処理の要件に該当すると判断されるため、当該判定をもって有効性の判定に代え
            ています。
          (7)  のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却方法および償却期間は個別案件ごとに判断し、20年以内の合理的な期間の定額法により償却
           しますが、金額に重要性がないものについては、発生年度に一括して償却しています。
          (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
           クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。なお、当座借越に
           ついては、明らかに短期借入金と同様の資金調達活動と判断される場合を除いて、現金同等物に含めていま
           す。
          (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっています。
         (会計方針の変更)

          (退職給付に関する会計基準等の適用)
           「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
          う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。以
          下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文および退職給付適用指針第67項本文に掲
          げられた定めについて当連結会計年度より適用し、退職給付債務および勤務費用の計算方法を見直し、退職給
          付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から主として給付算定式基準へ変更しています。また、割引率の決定
          方法について、従業員の平均残存勤務期間に近似した年数に基づく割引率から、退職給付の支払見込期間およ
          び支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更しています。
           退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当連結
          会計年度の期首において、退職給付債務および勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減し
          ています。
           この結果、当連結会計年度の期首の退職給付に係る負債が22,987百万円増加、繰延税金資産が7,306百万円
          増加、利益剰余金が15,651百万円減少しています。また、当連結会計年度の営業利益、経常利益および税金等
          調整前当期純利益への影響は軽微です。
           なお、当連結会計年度の1株当たり純資産額は626円7銭減少しています。1株当たり当期純利益への影響は
          軽微です。
                                 42/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         (企業結合に関する会計基準等)
          ・「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)
          ・「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)
          ・「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日)
          ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号 平成25年9月13日)
          ・「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年
           9月13日)
          ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号 平成25年9月13
           日)
         (1)  概要

           子会社株式の追加取得等において、支配が継続している場合の子会社に対する親会社の持分変動の取扱
          い、取得関連費用の取扱い、当期純利益の表示および少数株主持分から非支配株主持分への変更並びに暫定
          的な会計処理の確定の取扱い等について改正されました。
         (2)  適用予定日

           平成28年12月期の期首から適用します。
           なお、暫定的な会計処理の確定の取扱いについては、平成28年12月期の期首以後実施される企業結合から
          適用します。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響

           「企業結合に関する会計基準」等の改正による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          です。
         (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針)

          ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成27年12月28日)
         (1)  概要

           繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「                                     繰延税金資産の回収可能性
          の 判断に関する監査上の取扱い             」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産
          の計上額を見積る枠組みを基本的に踏襲した上で、以下の取扱いについて必要な見直しが行われています。
          ①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
          ②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
          ③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
          ④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する
           取扱い
          ⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)または(分類3)に該当する場合の取扱い
         (2)  適用予定日

           平成29年12月期の期首から適用します。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響

           影響額については、現時点で評価中です。
                                 43/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 担保資産および担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりです。
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                         (平成26年12月31日)                     (平成27年12月31日)
     建物及び構築物                  2,031百万円      (   2,031   百万円)        1,891百万円      (   1,891   百万円)
     機械装置及び運搬具                  2,331      (   2,331      )     1,956      (   1,956      )
     土地                  6,127      (   6,127      )     6,127      (   6,127      )
            計           10,490       (  10,490      )     9,975      (   9,975      )
             担保付債務は、次のとおりです。

                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                         (平成26年12月31日)                     (平成27年12月31日)
     短期借入金                   - 百万円    (     - 百万円)          20百万円     (     20 百万円)
     1年内返済予定の長期借入金                   20     (     20    )       -     (     -    )
     その他の流動負債                  5,121      (   5,121      )     5,140      (   5,140      )
            計           5,141      (   5,141      )     5,160      (   5,160      )
             上記のうち( )内書は工場財団抵当並びに当該債務を示しています。
          ※2 有形固定資産の減価償却累計額には減損損失累計額を含めて表示しています。

          ※3 非連結子会社および関連会社に対するもの

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成26年12月31日)               (平成27年12月31日)
     投資有価証券(株式)                                  34,828百万円               38,486百万円
     投資その他の資産「その他」(出資金)                                   367               345
           4 保証債務

             連結会社以外の会社等の金融機関からの借入等に対し、債務保証を行っています。
               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (平成26年12月31日)                             (平成27年12月31日)
     当社グループ従業員(住宅融資)                    4,075百万円         当社グループ従業員(住宅融資)                    3,387百万円
     ㈱テレビ北海道                     261        ㈱テレビ北海道                     136
     ㈱日本経済社クリエイティブセンター                     238        ㈱日本経済社クリエイティブセンター                     116
     ㈱日経社ハビタ二十一                     100        ㈱日経社ハビタ二十一                     100
     日本経済新聞専売店                      ▶       日本経済新聞専売店                      2
              計           4,680                  計           3,743
          ※5 土地の再評価

             「土地の再評価に関する法律」(平成11年3月31日改正)に基づき、当社において事業用の土地の再評
            価を行い、再評価差額から再評価に係る繰延税金負債を控除した金額を土地再評価差額金として純資産の
            部に計上しています。再評価の方法については、路線価に奥行価格補正等合理的な調整を行って算出する
            方法を採用しています。
             再評価を行った年月日    平成12年12月31日
                                 44/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりです。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                    至 平成27年12月31日)
     販売費                               15,534   百万円              14,239   百万円
                                    28,883                  29,494
     給料手当・賞与
                                    11,131                  10,838
     発送費
                                     1,679                  3,182
     退職給付費用
          ※2 固定資産売却益の内訳

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成26年1月1日                 (自 平成27年1月1日
                             至 平成26年12月31日)                 至 平成27年12月31日)
     機械装置及び運搬具                                 - 百万円                 2百万円
     その他                                 -                  0
               計                        -                  2
          ※3 固定資産除却損の内訳

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     建物及び構築物                                 88百万円                  59百万円
     機械装置及び運搬具                                 36                  13
     工具、器具及び備品                                 71                  61
     ソフトウエア                                 12                  30
     その他                                 -                  0
               計                       209                  164
                                 45/89











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年        1月  1日      (自 平成27年        1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                3,272百万円               4,359百万円
      組替調整額                                  286                 3
       税効果調整前
                                       3,558               4,363
       税効果額                              △1,200                 △835
       その他有価証券評価差額金
                                       2,358               3,528
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                  13              △21
       税効果額                                △4                 7
       繰延ヘッジ損益
                                         8              △14
     土地再評価差額金
       税効果額
                                         -             2,062
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                  929             △13,736
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                   -             △911
      組替調整額                                   -             3,090
       税効果調整前
                                         -             2,179
       税効果額                                  -            △1,300
       退職給付に係る調整額
                                         -              879
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                  265               454
      組替調整額                                  163               △9
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        428               445
        その他の包括利益合計
                                       3,724              △6,835
                                 46/89










                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     25,000            -          -        25,000
          2.配当に関する事項

           (1)  配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)       額(円)
     平成26年3月26日
                 普通株式             375         15   平成25年12月31日          平成26年3月27日
     定時株主総会
           (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)              当額(円)
     平成27年3月26日
                普通株式           375    利益剰余金           15  平成26年12月31日         平成27年3月27日
     定時株主総会
         当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     25,000            -          -        25,000
          2.配当に関する事項

           (1)  配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)       額(円)
     平成27年3月26日
                 普通株式             375         15   平成26年12月31日          平成27年3月27日
     定時株主総会
           (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)              当額(円)
     平成28年3月29日
                普通株式           375    利益剰余金           15  平成27年12月31日         平成28年3月30日
     定時株主総会
                                 47/89







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目との金額の関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年        1月  1日     (自 平成27年        1月  1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
     現金及び預金勘定                                  102,984百万円               93,199百万円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                 △30,880              △19,765
     有価証券勘定に含まれる現金同等物                                  31,064              18,063
     現金及び現金同等物                                  103,167               91,498
          ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             株式の取得により新たにFinancial                  Times   Group   Limitedを連結したことに伴う連結開始時の資産及び
            負債の内訳並びに当該子会社株式の取得価額および取得のための支出(純額)との関係は次のとおりです。
            流動資産                                    18,496   百万円

            固定資産                                    21,078
            のれん                                   155,564
            流動負債                                   △24,913
            固定負債                                   △19,172
            為替換算調整勘定等                                    17,518
            新規連結子会社株式         の取得価額
                                               168,572
            新規連結子会社       現金及び現金同等物                            △7,726
            差引:新規連結子会社取得のための支出
                                               160,845
          (注) 発生したのれんの金額、企業結合日に受け入れた資産及び負債の額等については、取得原価の配分が完

            了していないため、当連結会計年度末の決算において入手可能な合理的情報に基づいて暫定的な会計処理
            を行っています。
                                 48/89











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
     1.オペレーティング・リース取引(借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成26年12月31日)                   (平成27年12月31日)
     1年内                                 1,089                   1,091

     1年超                                 1,814                    746

             合計                          2,904                   1,837

     2.オペレーティング・リース取引(貸主側)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (平成26年12月31日)                   (平成27年12月31日)
     1年内                                  429                   498

     1年超                                 1,379                   1,766

             合計                          1,809                   2,265

                                 49/89













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
            当社グループは、資金運用については安全性の高い預金等に限定し、資金調達については主として銀行借
           入によっています。
            受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、適切な期日管理および残高管理を行いリスクを常に把握
           可能な状態にしています。また、投資有価証券は主として業務上の関係を有する企業の株式であり、半期ご
           とに財務状況等の把握を行っています。
            借入金の使途は運転資金(短期)および設備投資資金(長期)であり、長期借入金の金利変動リスクに対
           して金利スワップ取引を実施して支払利息の固定化を実施しています。なお、デリバティブは内部管理規定
           に従い、実需の範囲で行うこととしています。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握するこ
           とが極めて困難と認められるものは含まれていません。
            前連結会計年度(平成26年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                 102,984           102,984              -
     (2)  受取手形及び売掛金
                                  29,716           29,716             -
     (3)  有価証券及び投資有価証券
                                  85,517           89,763            4,246
              資産計                   218,217           222,464            4,246

     (1)  支払手形及び買掛金
                                  14,394           14,394             -
     (2)  短期借入金
                                  6,181           6,181             -
     (3)  長期借入金
                                   700           705            5
              負債計                    21,275           21,281              5

     デリバティブ取引(*)                              20           20           -

      (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
         ては(    )で示しています。
            当連結会計年度(平成27年12月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                  93,199           93,199             -
     (2)  受取手形及び売掛金
                                  35,916           35,916             -
     (3)  有価証券及び投資有価証券
                                  77,757           76,627           △1,129
              資産計                   206,873           205,744           △1,129

     (1)  支払手形及び買掛金

                                  13,871           13,871             -
     (2)  短期借入金
                                 130,640           130,640              -
     (3)  長期借入金
                                    -           -           -
              負債計                   144,511           144,511              -

     デリバティブ取引(*)                               1           1           -

      (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
         ては(    )で示しています。
                                 50/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           資 産
           (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっていま
            す。
           (3)  有価証券及び投資有価証券
             これらの時価について、株式等は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格や取引金融機関等か
            ら提示された価格によっています。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項
            「有価証券関係」に記載したとおりです。
           負 債
           (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっていま
            す。
           (3)  長期借入金
             長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り
            引いて算定する方法によっています。
           デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」に記載したとおりです。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                 区分
                             (平成26年12月31日)                 (平成27年12月31日)
            非上場株式                          15,056                  20,734

            転換社債型新株予約権付社債                           2,418                   -
            組合出資金                            304                  354
            これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把
           握することが極めて困難と認められるため、「(3)有価証券及び投資有価証券」に含めていません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(平成26年12月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
            現金及び預金                 102,984           -         -         -

            受取手形及び売掛金                  29,716           -         -         -

            有価証券及び投資有価証券

             満期保有目的の債券

              (1)  国債・地方債等
                               100         100         -         -
              (2)  社債
                              2,000          -         -         -
              (3)  その他
                             34,000          500         225         600
             その他有価証券のうち
             満期があるもの
              (1)  国債・地方債等
                               -         -         -         -
              (2)  社債
                               -         -         -         -
              (3)  その他
                               -        178         125         200
                 合計            168,800           778         350         800

                                 51/89


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(平成27年12月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
            現金及び預金                  93,199           -         -         -

            受取手形及び売掛金                  35,916           -         -         -

            有価証券及び投資有価証券

             満期保有目的の債券

              (1)  国債・地方債等
                               100         100         -         -
              (2)  社債
                              5,000          -         -         -
              (3)  その他
                             18,000         1,325          -         -
             その他有価証券のうち
             満期があるもの
              (1)  国債・地方債等
                               -         -         -         -
              (2)  社債
                               -         -         -         -
              (3)  その他                -        117         235         -
                 合計            152,216          1,542          235         -

        4.  長期借入金の連結決算日後の返済予定額

          連結附属明細表「借入金等明細表」に記載したとおりです。
                                 52/89












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.満期保有目的の債券
            前連結会計年度(平成26年12月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)  国債・地方債等
                                     150           150            0
                  (2)  社債
                                     -           -           -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                  (3)  その他
                                    1,325           1,355            30
                      小計              1,475           1,505            30

                  (1)  国債・地方債等

                                     50           50          △0
                  (2)  社債
                                    2,000           2,000            -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計              2,050           2,050            △0

               合計                    3,525           3,555            30

      (注)譲渡性預金およびコマーシャルペーパー(連結貸借対照表計上額 33,997百万円)については、短期間で決済さ
         れるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており、上表の「満期保有目的の債券」
         には含めていません。
            当連結会計年度(平成27年12月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)  国債・地方債等
                                     100           100            0
                  (2)  社債
                                     -           -           -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                  (3)  その他
                                     725           742           17
                      小計               825           842           17

                  (1)  国債・地方債等
                                     100           100           △0
                  (2)  社債
                                    5,000           5,000            -
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計              5,100           5,100            △0

               合計                    5,925           5,942            17

      (注)譲渡性預金およびコマーシャルペーパー(連結貸借対照表計上額 18,596百万円)については、短期間で決済さ
         れるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており、上表の「満期保有目的の債券」
         には含めていません。
                                 53/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          2.その他有価証券
            前連結会計年度(平成26年12月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)  株式
                                   22,915           4,662          18,253
                  (2)  債券
                   ①  国債・地方債等
                                     -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②  社債
                                     -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③  その他
                                     203           200            3
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計              23,119           4,862          18,256
                  (1)  株式
                                     61           71          △9
                  (2)  債券
                   ①  国債・地方債等
                                     -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②  社債
                                     -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③  その他
                                     -           -           -
                  (3)  その他
                                     66           66           -
                      小計               128           137           △9
               合計                    23,247           5,000          18,246
      (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額 7,698百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
            当連結会計年度(平成27年12月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                               (百万円)
                  (1)  株式
                                   27,412           4,784          22,627
                  (2)  債券
                   ①  国債・地方債等
                                     -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②  社債
                                     -           -           -
     取得原価を超えるもの
                   ③  その他
                                     -           -           -
                  (3)  その他
                                     -           -           -
                      小計              27,412           4,784          22,627
                  (1)  株式
                                     23           32          △8
                  (2)  債券
                   ①  国債・地方債等
                                     -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②  社債
                                     -           -           -
     取得原価を超えないもの
                   ③  その他
                                     -           -           -
                  (3)  その他
                                     66           66           -
                      小計                90           98          △8
               合計                    27,502           4,883          22,619
      (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額 8,335百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
         めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めていません。
                                 54/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          3.売却したその他有価証券
            前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)  株式

                             1,920                0             23
     (2)  債券
      ①  国債・地方債等

                               -              -              -
      ②  社債
                               -              -              -
      ③  その他
                               -              -              -
     (3)  その他
                               -              -              -
           合計                   1,920                0             23

            当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)  株式

                                0              0             -
     (2)  債券
      ①  国債・地方債等

                               -              -              -
      ②  社債
                               203              -              -
      ③  その他
                               -              -              -
     (3)  その他
                               -              -              -
           合計                    203               0             -

                                 55/89











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            前連結会計年度(平成26年12月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(平成27年12月31日)

             該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           (1)  通貨関連
             前連結会計年度(平成26年12月31日)
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 為替予約取引
     原則的処理方法
                  買建
                                          194         -        20
                   米ドル         外貨建予定取引
                  買建
      為替予約の振当処理
                                          17        -         1
                   米ドル         未払金
                                          212         -        22
                   合計
      (注)時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しています。
             当連結会計年度(平成27年12月31日)

                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 為替予約取引
     原則的処理方法
                  買建
                                          193         -         1
                   米ドル         外貨建予定取引
                  買建
      為替予約の振当処理
                                          36        -         0
                   米ドル         未払金
                   合計                       230         -         1
      (注)時価の算定方法
         取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しています。
           (2)  金利関連

             前連結会計年度(平成26年12月31日)
                                             契約額等のうち
                                      契約額等                  時価
                                             1年超
      ヘッジ会計の方法             取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
                 金利スワップ取引(変
     金利スワップの
                                          700         -    (注)
                            長期借入金
     特例処理           動受取・固定支払)
      (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、
         その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
             当連結会計年度(平成27年12月31日)

              該当事項はありません。
                                 56/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社および一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度(すべて積立型制度です。)お
       よび退職一時金制度(非積立型制度ですが、退職給付信託を設定した結果、積立型制度となっているものがありま
       す。)を設けており、確定拠出型の制度として、確定拠出年金制度等を設けています。また、従業員の退職等に際し
       て、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
        なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度および退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負
       債および退職給付費用を計算しています。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
         退職給付債務の期首残高                              156,078百万円              158,319百万円
          会計方針の変更による累積的影響額                                -            22,987
         会計方針の変更を反映した期首残高                              156,078              181,307
          勤務費用                              4,769              5,708
          利息費用                              2,739              1,623
          数理計算上の差異の発生額                              △791               402
          過去勤務費用発生額                                -             △70
          退職給付の支払額                             △6,834              △6,926
          新規連結に伴う増加                              2,355             19,153
          その他                                2            △37
         退職給付債務の期末残高                              158,319              201,160
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
         年金資産の期首残高                              100,889百万円              111,855百万円
          期待運用収益                              2,982              3,303
          数理計算上の差異の発生額                              5,631              △594
          事業主からの拠出額                              7,083              6,961
          退職給付の支払額                             △5,300              △5,471
          退職給付信託設定時の拠出額                                -            3,500
          新規連結に伴う増加                               568              135
          その他                                -             △5
         年金資産の期末残高                              111,855              119,684
       (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                               2,536百万円              2,524百万円
          退職給付費用                               501              668
          退職給付の支払額                              △85             △216
          制度への拠出額                              △428              △435
          その他                                0              0
         退職給付に係る負債の期末残高                               2,524              2,540
                                 57/89




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
       (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る
         資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
         積立型制度の退職給付債務                              139,612百万円              181,384百万円
         年金資産                             △117,743              △125,899
                                        21,869              55,484
         非積立型制度の退職給付債務                              27,119              28,532
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              48,988              84,016
         退職給付に係る負債                              51,528              86,082

         退職給付に係る資産                              △2,540              △2,065
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              48,  988            84,016
         (注)簡便法を適用した制度を含みます。
       (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
         勤務費用                               4,769百万円              5,708百万円
         利息費用                               2,739              1,623
         期待運用収益                              △2,982              △3,303
         数理計算上の差異の費用処理額                               2,771              3,256
         過去勤務費用の費用処理額                              △4,  125             △ 163
         簡便法で計算した退職給付費用                                501              668
         確定給付制度に係る退職給付費用                               3,674              7,790
       (6)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
         数理計算上の差異                                 -百万円             2,272   百万円
         過去勤務費用                                 -             △92
           合 計                               -             2,179
       (7)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
         未認識数理計算上の差異                              △21,   214  百万円          △ 18,942   百万円
                                                       1,586
         未認識過去勤務費用                               1,688
           合 計                            △19,   526            △17,356
       (8)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
           債券                               42%              47%
           株式                               36              36
           生保一般勘定                               9              10
           現金及び預金                               8              1
           その他                               5              6
             合 計                            100              100
          (注)年金資産合計には、一時金制度に対して設定している退職給付信託が含まれており、その比率は前連結
            会計年度-%、当連結会計年度3%です。
                                 58/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ② 長期期待運用収益率の設定方法
          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在および予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
         る多様な資産からの現在および将来期待される長期の収益率を考慮しています。
       (9)数理計算上の計算基礎に関する事項
         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
          割引率                            主として1.8%              主として0.9%
          長期期待運用収益率                            主として3.3%              主として3.3%
      3.確定拠出制度

        当社および連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度356百万円、当連結会計年度484百万円で
       す。
                                 59/89

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                  (平成26年12月31日)            (平成27年12月31日)
           繰延税金資産
            退職給付に係る負債                          18,296百万円            25,416百万円
            固定資産償却超過額                           6,828            6,064
            繰越欠損金                           3,519            2,963
            投資有価証券評価損                           1,146             966
            賞与引当金                           1,122            1,340
            貸倒引当金繰入限度超過額                            382            413
                                       5,905            7,239
            その他
           繰延税金資産小計
                                      37,201            44,405
                                      △9,982           △12,952
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                      27,219            31,452
           繰延税金負債
            圧縮記帳積立金                           1,094             975
            その他有価証券評価差額金                           6,232            7,040
                                       1,720            1,246
            その他
           繰延税金負債合計                            9,047            9,263
           繰延税金資産(負債)の純額
                                      18,171            22,189
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
           法定実効税率
                                        38.0%              35.6%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              2.5              1.5
            住民税均等割額                              0.5              0.5
            評価性引当額                              0.5             △3.2
            持分法による投資利益税効果未認識                             △3.0              △3.4
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              1.2             11.9
                                          0.9             △0.5
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                               40.6              42.5
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年
           4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の引下げが行われることとなりました。これに伴い、
           繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.6%から、平成28年1月1日に開
           始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については33.1%に、平成29年1月1日に開始する連結
           会計年度以降に解消が見込まれる一時差異等については32.3%となります。
            この税率変更により、繰延税金資産は1,489百万円減少し、その他有価証券評価差額金は743百万円増加
           し、法人税等調整額は2,232百万円増加しています。また、再評価に係る繰延税金負債は2,062百万円減少
           し、土地再評価差額金は同額増加しています。
                                 60/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
         取得による企業結合
         1.企業結合の概要
         (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
            被取得企業の名称  Financial                   Times   Group   Limited
            事業の内容     新聞の発行等
         (2)企業結合を行った主な理由
            メディアブランドとして世界屈指の価値を持つFTグループを当社グループに組み入れ、グローバル報道
           の充実とデジタル事業など成長戦略の推進を目指すものです。
         (3)企業結合日
            平成27年11月30日(株式取得日)
            平成27年12月31日(みなし取得日)
         (4)結合後企業の名称
            Financial        Times   Group   Limited
         (5)取得した議決権比率
            100%
         (6)取得企業を決定するに至った主な根拠
            当社が、現金を対価として全株式を取得したためです。
         2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
            平成27年12月31日をみなし取得日としており、かつ、当該被取得企業については、平成27年12月31日現在
           の財務諸表を基礎として連結決算を行っているため、当連結会計年度における連結損益計算書には被取得企
           業の業績は含まれていません。
         3.取得原価及びその内訳
            取得の対価                           166,300百万円
            取得に直接要した費用                     2,272百万円
            取得原価                            168,572百万円
         4.発生したのれんの金額、発生要因、償却方法、償却期間
         (1)発生したのれんの金額
            155,564百万円
            なお、のれんの金額は、当連結会計年度末において取得原価の配分が完了していないため、当連結会計年
           度の決算において入手可能な合理的情報に基づいて暫定的に算定しています。
         (2)発生要因
            取得原価が企業結合日の受入れ資産及び引き受けた負債に配分された純額を上回ったため、その差額をの
           れんとして認識しています。
         (3)償却方法及び償却期間
            20年の期間での均等償却
         5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその内訳
            流動資産 18,496百万円
            固定資産 21,078百万円
            流動負債 24,913百万円
            固定負債 19,172百万円
            なお、取得原価の配分が完了していないため、当連結会計年度末の決算において入手可能な合理的情報に
           基づいて暫定的な会計処理を行っています。
         6.企業結合が当連結会計年度開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす
           影響の概算額及びその算定方法
            影響の概算額については、合理的な算定が困難であるため記載していません。
                                 61/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         共通支配下の取引等
           子会社の吸収合併
            当社は、平成27年5月12日開催の取締役会において、当社を存続会社とし、当社の連結子会社である株式
           会社日本経済新聞デジタルメディア(以下「日経DM」といいます。)を消滅会社とする吸収合併を行うこと
           を決議し、同日付で合併契約を締結しました。この契約に基づき、当社は平成27年7月1日付で日経DMを合併
           しました。
         1.結合当事企業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称、その他取引の概要に関
           する事項
         (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
            結合当事企業の名称  株式会社日本経済新聞デジタルメディア
            主な事業の内容
            1.  インターネットを利用した情報サービスなどの企画・開発ならびに提供
            2.  経済情報データベースの企画・開発ならびに提供
         (2)企業結合日       平成27年7月1日
         (3)企業結合の法的形式
            当社を存続会社とし、日経DMを消滅会社とする吸収合併方式によります。
         (4)結合後企業の名称
            株式会社日本経済新聞社
         (5)その他取引の概要に関する事項
            当社グループは、複合メディア戦略の一環としてデジタル事業を強化しています。日経DMは、データベー
           ス関連サービスの中核企業として、記事情報や企業情報などを検索できるサービス「日経テレコン」のほ
           か、企業財務、証券市場、マクロ経済など幅広い分野の経済データを提供するデータベースサービス
           「NEEDS」を手がけています。
            当社は、グループでデータベースの効率的な活用を一段と進める必要があると判断し、日経DMを吸収合併
           しました。
         2.実施した会計処理の概要
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日公表分)および「企業結合会計基準
           及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日公表分)に基
           づき、共通支配下の取引として処理しています。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
          1.当該資産除去債務の概要
            当社が保有する建物・工場の一部に使用されているアスベスト等の解体時の法令上の義務や連結子会社の
           不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務です。
          2.当該資産除去債務の金額の算定方法
            使用見込期間を23年~50年と見積り、割引率は2.0%~2.3%を使用して資産除去債務の金額を計算してい
           ます。
          3.当該資産除去債務の総額の増減
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年        1月  1日     (自 平成27年        1月  1日
                                 至 平成26年12月31日)              至 平成27年12月31日)
             期首残高                         1,046百万円              1,040百万円
             新規連結に伴う増加額                           -             185
             有形固定資産の取得に伴う増加額                           40              28
             時の経過による調整額                           18              19
             その他増減額(△は減少)                          △64               △3
             期末残高                         1,040              1,270
         (賃貸等不動産関係)

         前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
          賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しています。
         当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)

          賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                 62/89


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
            り、取締役会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となって
            いるものです。
             当社グループは、新聞(電子媒体を含む)、出版物、デジタルなどのメディアを組み合わせて、さまざ
            まな情報を顧客に提供する事業と、不動産賃貸などその他の事業を行っているため、「メディア・情報事
            業」と「その他の事業」の2つを報告セグメントとしています。
             各セグメントの主な事業とサービスの内容は以下のとおりです。
       報告セグメント                            事業とサービスの内容
                 日本経済新聞、日本経済新聞 電子版、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、

                 NIKKEI     ASIAN   REVIEW、Financial         Timesなど新聞の発行および販売
                 日経ビジネスなど雑誌と書籍の発行および販売
      メディア・情報事業
                 日経テレコン、QUICK           LevelXなど、各種電子メディアを利用した情報サービスの提供
                 テレビ番組等の制作および放送
                 日経平均株価など指数関連サービスの提供
      その他の事業            不動産の賃貸および管理 他

           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と同一です。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高および振替高は市場
            実勢価格に基づいています。
             「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度より、退職給付債務および勤務費用の計算方法を
            変更したことに伴い、報告セグメントの退職給付債務および勤務費用の計算方法を同様に変更していま
            す。当該変更によるセグメント利益に与える影響は軽微です。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               連結財務諸表
                                          調整額
                                                 計上額
                                          (注1)
                     メディア・
                                                (注2)
                           その他の事業         計
                     情報事業
     売上高

                       294,841        5,806      300,647         -    300,647
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         481      3,815       4,296      △ 4,296        -
      は振替高
                       295,322        9,621      304,943       △ 4,296      300,647
            計
                       13,027       3,716      16,744         9    16,753
     セグメント利益
     その他の項目

                       13,998       1,115      15,113        △ 2    15,111
      減価償却費
      (注)1.セグメント利益の調整額9百万円は、セグメント間取引の消去額です。
         2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しています。
         3.セグメント資産および負債については、取締役会に対して定期的に提供されておらず、経営資源の配分決定
           および業績評価の検討対象となっていないため記載していません。
                                 63/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               連結財務諸表
                                          調整額
                                                 計上額
                                          (注1)
                     メディア・
                                                (注2)
                           その他の事業         計
                     情報事業
     売上高

                       297,712        6,046      303,758         -    303,758
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         557      3,627       4,185      △ 4,185        -
      は振替高
                       298,269        9,674      307,944       △ 4,185      303,758
            計
                       12,135       3,727      15,862         7    15,870
     セグメント利益
     その他の項目

                       13,386       1,250      14,636         -     14,636
      減価償却費
      (注)1.セグメント利益の調整額7百万円は、セグメント間取引の消去額です。
         2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しています。
         3.セグメント資産および負債については、取締役会に対して定期的に提供されておらず、経営資源の配分決定
           および業績評価の検討対象となっていないため記載していません。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自           平成26年     1月  1日    至   平成26年12月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
          2.地域ごとの情報
           (1)  売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
           (2)  有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しています。
          3.主要な顧客ごとの情報
            連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略しています。
          当連結会計年度(自           平成27年     1月  1日    至   平成27年12月31日)

          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
          2.地域ごとの情報
           (1)  売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しています。
           (2)  有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しています。
          3.主要な顧客ごとの情報
            連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客が存在しないため、記載を省略しています。
                                 64/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          前連結会計年度(自           平成26年     1月  1日    至   平成26年12月31日)
           重要性がないため記載を省略しています。
          当連結会計年度(自           平成27年     1月  1日    至   平成27年12月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自           平成26年     1月  1日    至   平成26年12月31日)
           重要性がないため記載を省略しています。
          当連結会計年度(自           平成27年     1月  1日    至   平成27年12月31日)

                                   (単位:百万円)
                     メディア・情
                            その他の事業          合計
                      報事業
                          -        -        -
           当期償却額
                       155,564          -     155,564
           当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自           平成26年     1月  1日    至   平成26年12月31日)
           重要性がないため記載を省略しています。
          当連結会計年度(自           平成27年     1月  1日    至   平成27年12月31日)

           重要性がないため記載を省略しています。
         【関連当事者情報】

         前連結会計年度(自 平成26年               1月  1日 至 平成26年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 平成27年               1月  1日 至 平成27年12月31日)

          該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自    平成26年     1月  1日     (自    平成27年     1月  1日
                                 至   平成26年12月31日)             至   平成27年12月31日)
     1株当たり純資産額                                 11,741.86円               11,227.65円
     1株当たり当期純利益金額                                  410.39円               405.93円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自    平成26年     1月  1日    (自    平成27年     1月  1日
                                   至   平成26年12月31日)            至   平成27年12月31日)
            1株当たり当期純利益金額
             当期純利益金額(百万円)                            10,259              10,148
             普通株主に帰属しない金額(百万円)                              -              -
             普通株式に係る当期純利益金額(百万円)                            10,259              10,148
             普通株式の期中平均株式数(千株)                            25,000              25,000
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 65/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                              6,181       130,640        0.29      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                               700        -      -     -

     1年以内に返済予定のリース債務                               349        299       -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                               -        -      -     -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                               562        503       -  平成29年~33年

     その他有利子負債(従業員預り金)                              5,190        5,219       3.00      -

                 合計                  12,983       136,662         -     -

      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しています。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務
           を連結貸借対照表に計上しているため、記載していません。
         3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           す。
                      1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            リース債務               316          132           45           9

         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首および当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首および当連
         結会計年度末における負債および純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しています。
       (2)【その他】

         該当事項はありません。
                                 66/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         30,198              28,817
         現金及び預金
                                        ※2 12,589             ※2 14,212
         売掛金
                                         24,000               7,000
         有価証券
                                           527              529
         原材料及び貯蔵品
                                         ※2 738            ※2 1,167
         前払金
                                           212              169
         前払費用
                                        ※2 1,900             ※2 1,200
         短期貸付金
                                        ※2 3,805             ※2 1,243
         未収入金
                                         1,361              1,050
         繰延税金資産
                                         ※2 552             ※2 537
         その他
                                           △ 1             △ 0
         貸倒引当金
                                         75,883              55,927
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 36,655             ※1 38,908
          建物及び構築物
                                        ※1 6,779             ※1 5,492
          機械及び装置
                                           16              29
          車両運搬具
                                         1,621              1,561
          工具、器具及び備品
                                           10              242
          リース資産
                                       ※1 103,772             ※1 103,772
          土地
                                         1,156               277
          建設仮勘定
                                        150,012              150,284
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           45              45
          借地権
                                         7,561              8,690
          ソフトウエア
                                            9              10
          施設利用権
                                           30              399
          ソフトウエア仮勘定
                                         7,648              9,146
          無形固定資産合計
                                 67/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
         投資その他の資産
                                         62,091              227,045
          関係会社株式
                                           268              285
          関係会社出資金
                                         26,193              30,980
          投資有価証券
                                        ※2 2,347             ※2 2,467
          差入保証金
                                         ※2 495
                                                         277
          長期貸付金
                                         6,686              10,980
          繰延税金資産
                                         5,407              5,433
          その他
                                         △ 578             △ 585
          貸倒引当金
                                        102,911              276,886
          投資その他の資産合計
                                        260,572              436,316
         固定資産合計
                                        336,455              492,243
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                           154              163
         支払手形
                                         4,724              4,638
         買掛金
                                        ※1 5,310          ※1 , ※2 134,610
         短期借入金
                                            6             120
         リース債務
                                        ※2 9,869            ※2 11,691
         未払金
                                           143             1,805
         未払法人税等
                                         1,737              1,751
         未払消費税等
                                         1,487              1,512
         未払費用
                                        ※2 1,176             ※2 1,274
         前受金
                                         1,751              1,959
         預り金
                                           576              562
         前受収益
                                         1,115              1,168
         賞与引当金
                                           80              95
         役員賞与引当金
                                           -              46
         返品調整引当金
                                        ※1 5,190             ※1 5,219
         従業員預り金
                                          ※2 28             ※2 15
         その他
                                         33,352              166,633
         流動負債合計
       固定負債
                                            ▶             122
         リース債務
                                        ※2 10,716             ※2 10,633
         長期預り保証金
                                         21,746              19,683
         再評価に係る繰延税金負債
                                         20,985              40,788
         退職給付引当金
                                         1,081              1,084
         役員退職慰労引当金
                                           802              817
         資産除去債務
                                           311              303
         その他
                                         55,647              73,433
         固定負債合計
                                         88,999              240,067
       負債合計
                                 68/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         2,500              2,500
         資本金
         資本剰余金
                                            ▶              ▶
          資本準備金
                                            ▶              ▶
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           620              620
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         1,976              2,049
            圧縮記帳積立金
                                        212,200              212,200
            別途積立金
                                         12,195              11,447
            繰越利益剰余金
                                        226,991              226,317
          利益剰余金合計
                                        229,496              228,822
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         11,323              14,655
         その他有価証券評価差額金
                                         6,635              8,698
         土地再評価差額金
         評価・換算差額等合計                                17,959              23,354
                                        247,455              252,176
       純資産合計
                                        336,455              492,243
      負債純資産合計
                                 69/89













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年       1月  1日     (自 平成27年       1月  1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                     ※1 , ※5 170,413           ※1 , ※5 180,618
      売上高
                                        ※5 99,221            ※5 103,452
      売上原価
                                         71,191              77,166
      売上総利益
                                      ※2 , ※5 59,710           ※2 , ※5 66,440
      販売費及び一般管理費
                                         11,480              10,725
      営業利益
                                        ※5 2,082             ※5 1,965
      営業外収益
                                         ※5 346             ※5 363
      営業外費用
                                         13,216              12,327
      経常利益
      特別利益
                                                        ※3 2
                                           -
       固定資産売却益
                                           -             5,119
       抱合せ株式消滅差益
                                           -             5,122
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 163             ※4 115
       固定資産除却損
                                           23              -
       投資有価証券売却損
                                           399               -
       投資有価証券評価損
                                           900               -
       関係会社株式評価損
                                                        ※5 3
                                           -
       その他
                                         1,486               118
       特別損失合計
                                         11,729              17,331
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     60             2,600
                                         3,900              2,368
      法人税等調整額
                                         3,960              4,968
      法人税等合計
                                         7,769              12,362
      当期純利益
                                 70/89











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 平成26年        1月  1日         (自 平成27年        1月  1日
                            至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
                     注記                 構成比                  構成比

            区分               金額(百万円)                  金額(百万円)
                     番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                            18,814      19.0            17,944      17.3

     Ⅱ 労務費                            23,805      24.0            26,664      25.8

                                 56,602      57.0            58,843      56.9

     Ⅲ 経費                ※1
       合計

                                 99,221      100.0            103,452      100.0
      (注)※1.経費のうち主なものは新聞制作・印刷費24,033百万円(前期は25,615百万円)、コンテンツ原価12,479百
            万円(前期は10,754百万円)です。
          2.実際総合原価計算によっています。
                                 71/89















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成26年             1月  1日 至 平成26年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                   株主資本
                                    その他利益剰余金
                   資本金
                                               利益剰余     合計
                       資本準備金     利益準備金
                                 圧縮記帳         繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                 積立金         剰余金
     当期首残高               2,500      ▶    620    2,007    202,200     14,769    219,597     222,102
      会計方針の変更による累積的
                                                  -     -
      影響額
     会計方針の変更を反映した当期
                    2,500      ▶    620    2,007    202,200     14,769    219,597     222,102
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 375    △ 375    △ 375
      当期純利益                                      7,769     7,769     7,769
      圧縮記帳積立金の取崩
                                   △ 31         31     -     -
      別途積立金の積立                                10,000    △ 10,000      -     -
      実効税率変更に伴う積立金の
                                                  -     -
      増加
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                -     -     -    △ 31   10,000    △ 2,574     7,394     7,394
     当期末残高
                    2,500      ▶    620    1,976    212,200     12,195    226,991     229,496
                           評価・換算差額等

                                              純資産合計
                  その他有価証券評価                 評価・換算差額等合
                           土地再評価差額金
                  差額金                 計
     当期首残高                   9,116         6,635        15,752        237,854
      会計方針の変更による累積的
                                                   -
      影響額
     会計方針の変更を反映した当期
                        9,116         6,635        15,752        237,854
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 375
      当期純利益
                                                  7,769
      圧縮記帳積立金の取崩                                             -
      別途積立金の積立                                             -
      実効税率変更に伴う積立金の
                                                   -
      増加
      株主資本以外の項目の当期変
                        2,206          -       2,206         2,206
      動額(純額)
     当期変動額合計
                        2,206          -       2,206         9,601
     当期末残高                  11,323         6,635        17,959        247,455
                                 72/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成27年             1月  1日 至 平成27年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                   株主資本
                                    その他利益剰余金
                   資本金
                                               利益剰余     合計
                       資本準備金     利益準備金
                                 圧縮記帳         繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                 積立金         剰余金
     当期首残高               2,500      ▶    620    1,976    212,200     12,195    226,991     229,496
      会計方針の変更による累積的
                                          △ 12,661    △ 12,661    △ 12,661
      影響額
     会計方針の変更を反映した当期
                    2,500      ▶    620    1,976    212,200      △ 466   214,330     216,834
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △ 375    △ 375    △ 375
      当期純利益                                     12,362     12,362     12,362
      圧縮記帳積立金の取崩                             △ 29         29     -     -
      別途積立金の積立                                            -     -
      実効税率変更に伴う積立金の
                                   102         △ 102     -     -
      増加
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                -     -     -     72     -   11,914     11,987     11,987
     当期末残高               2,500      ▶    620    2,049    212,200     11,447    226,317     228,822
                           評価・換算差額等

                                              純資産合計
                  その他有価証券評価                 評価・換算差額等合
                           土地再評価差額金
                  差額金                 計
     当期首残高
                       11,323         6,635        17,959        247,455
      会計方針の変更による累積的
                                                △ 12,661
      影響額
     会計方針の変更を反映した当期
                       11,323         6,635        17,959        234,793
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 375
      当期純利益                                           12,362
      圧縮記帳積立金の取崩
                                                   -
      別途積立金の積立                                             -
      実効税率変更に伴う積立金の
                                                   -
      増加
      株主資本以外の項目の当期変
                        3,332         2,062         5,395         5,395
      動額(純額)
     当期変動額合計                   3,332         2,062         5,395        17,382
     当期末残高
                       14,655         8,698        23,354        252,176
                                 73/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
            満期保有目的債券
             償却原価法(定額法)
            子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法に基づく原価法
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
              均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法に基づく原価法
          (2)  デリバティブの評価基準及び評価方法
             時価法
          (3)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
            原材料については総平均法に基づく原価法、貯蔵品については先入先出法に基づく原価法を採用していま
           す(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)。
         2.固定資産の減価償却の方法

          (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
            建物については主として定額法を採用しています。その他の有形固定資産については定率法を採用してい
           ます。
          (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しています。ただし、ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づ
           く定額法により償却する方法を採用しています。
          (3)  リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引について、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額
           法を採用しています。
         3.引当金の計上基準

          (1)  貸倒引当金
            債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
           いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
          (2)  賞与引当金
            従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当期負担額を計上しています。
          (3)  役員賞与引当金
            役員に対して支給する賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上し
           ています。
          (4)  返品調整引当金
            出版物の委託販売に関し、売上返品による損失に備えるため、過去の返品率等を勘案し、将来の返品に
           伴う損失予想額を計上しています。
          (5)  退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、
           当事業年度末において発生していると認められる額を計上しています。
           ①退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
           は、給付算定式基準によっています。
           ②数理計算上の差異の費用処理方法
            数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間による定額法により、発生年度から費用
           処理することとしています。
          (6)  役員退職慰労引当金

                                 74/89


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
            役員(執行役員を含む)の退任慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上していま
           す。
         4.ヘッジ会計の方法

          (1)  ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理を採用しています。また、為替予約について振当処理の要件を充たしているものについて
           は振当処理を、金利スワップについて特例処理の要件を充たしているものについては特例処理を採用してい
           ます。
          (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段        ヘッジ対象
            為替予約    外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
            金利スワップ  借入金利息
          (3)  ヘッジ方針
            主として社内管理制度に基づき、為替変動リスク及び金利変動リスクをヘッジしています。
          (4)  ヘッジ有効性評価の方法
            為替予約取引については、ヘッジ手段とヘッジ対象との高い関係性を確認し、ヘッジの有効性を評価して
           います。金利スワップ取引については、ヘッジ手段の想定元本等とヘッジ対象の元本等が一致しており、金
           利スワップの特例処理の要件に該当すると判断されるため、当該判定をもって有効性の判定に代えていま
           す。
         5.消費税等の会計処理

            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっています。
         (会計方針の変更)

           (退職給付に関する会計基準等の適用)
           「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」と
          いう。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。
          以下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲
          げられた定めについて当事業年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込
          額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更しています。また、割引率の決定方法について、
          従業員の平均残存勤務期間に近似した年数に基づく割引率から、退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ご
          との金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更しています。
           退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当事業
          年度の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を繰越利益剰余金に加減して
          います。
           この結果、当事業年度の期首の退職給付引当金が19,673百万円増加、繰延税金資産が7,011百万円増加、繰
          越利益剰余金が12,661百万円減少しています。また、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益
          への影響は軽微です。
           なお、当事業年度の1株当たり純資産額は506.46円減少しています。1株当たり当期純利益への影響は軽微
          です。
                                 75/89







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりです。
                             前事業年度                   当事業年度
                           (平成26年12月31日)                   (平成27年12月31日)
                               2,031   (2,031)百万円                1,891   (1,891)百万円
       建物及び構築物
                               2,331   (2,331)                1,956   (1,956)
       機械及び装置
                               6,127   (6,127)                6,127   (6,127)
       土地
                                                  9,975   (9,975)
             計                 10,490(10,490)
             担保付債務は、次のとおりです。

                             前事業年度                   当事業年度
                           (平成26年12月31日)                   (平成27年12月31日)
                                20  (    20)百万円               20  (    20)百万円
       短期借入金
                               5,121   (5,121)                5,140   (5,140)
       従業員預り金
                               5,141   (5,141)                5,160   (5,160)
             計
             上記のうち( )内書は、工場財団抵当並びに当該債務を示しています。
          ※2 関係会社に対する債権債務

                             前事業年度                   当事業年度
                           (平成26年12月31日)                   (平成27年12月31日)
       短期金銭債権                            7,074百万円                   7,825百万円
       長期金銭債権                             386                   306
       短期金銭債務                            4,224                  14,234
       長期金銭債務                            4,849                   4,941
           3 保証債務

             従業員、関係会社等の銀行借入等に対する債務保証を行っています。
                前事業年度                            当事業年度
              (平成26年12月31日)                            (平成27年12月31日)
       当社従業員(住宅融資)                    4,011百万円        当社従業員(住宅融資)                    3,354百万円
       関係会社等                     440       関係会社等                     314
             計              4,451              計              3,668
                                 76/89









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 売上高の内訳
                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     事業売上高                              168,176百万円                  177,140百万円
     子会社受取配当金                               2,236                  3,478
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度68.9%、当事業年度66.2%、一般管理費に属する費

            用のおおよその割合は前事業年度31.1%、当事業年度33.8%です。
             このうち主要なものは次のとおりです。
                                前事業年度                   当事業年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                    至 平成27年12月31日)
     販売費                               14,713   百万円              15,839   百万円
                                    12,875                  13,804
     給料手当・賞与
                                    11,290                  11,278
     発送費
                                     5,496                  6,126
     広告宣伝費
                                     1,446                  1,622
     減価償却費
          ※3 固定資産売却益の内訳

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     車両運搬具
                                      -                  2
               計
                                      -                  2
          ※4 固定資産除却損の内訳

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     建物及び構築物
                                      78百万円                  52百万円
     工具、器具及び備品
                                      59                  57
     その他
                                      24                  5
               計
                                      163                  115
          ※5 関係会社との取引に係るもの

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成26年        1月  1日        (自 平成27年        1月  1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                              31,821百万円                  37,667百万円
      仕入高                              40,070                  41,003
     営業取引以外の取引高                               1,277                   996
                                 77/89






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          子会社株式及び関連会社株式
          前事業年度(平成26年12月31日)
                            貸借対照表計上額
               区分                         時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     関連会社株式                             12,501           26,825           14,323
          当事業年度(平成27年12月31日)

                            貸借対照表計上額
               区分                         時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
     関連会社株式                             12,501           22,627           10,125
      (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額

                                                    (単位:百万円)
                                前事業年度                 当事業年度

                 区分
                              (平成26年12月31日)                 (平成27年12月31日)
         子会社株式                              48,093                 212,741

         関連会社株式                               1,495                 1,802
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「子会
         社株式及び関連会社株式」には含めていません。
                                 78/89













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
           繰延税金資産
            退職給付引当金                             7,172百万円             12,889百万円
            固定資産償却超過額                             6,442              5,705
            投資有価証券評価損                             3,276              3,127
            貸倒引当金繰入限度超過額                              205              188
                                         4,778              4,098
            その他
           繰延税金資産小計
                                        21,876              26,009
                                        △6,876              △6,384
            評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                        14,999              19,624
           繰延税金負債
            圧縮記帳積立金                             1,094               975
            その他有価証券評価差額金                             5,766              6,540
                                          90              77
            その他
           繰延税金負債合計                              6,951              7,593
           繰延税金資産(負債)の純額
                                         8,047             12,030
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成26年12月31日)              (平成27年12月31日)
           法定実効税率                              38.0%              35.6%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              2.5              1.0
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △11.1              △9.2
            住民税均等割額                              0.5              0.3
            評価性引当額                              4.1              0.0
            税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              -             11.1
            抱合せ株式消滅差益                              -            △10.5
                                         △0.2               0.3
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              33.8              28.7
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年
           4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げが行われることとなりました。これに伴い、繰延
           税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.6%から、平成28年1月1日に開始す
           る事業年度に解消が見込まれる一時差異については33.1%に、平成29年1月1日に開始する事業年度以降に
           解消が見込まれる一時差異等については32.3%となります。
            この税率変更により、繰延税金資産は1,232百万円減少し、その他有価証券評価差額金は685百万円増加
           し、法人税等調整額は1,917百万円増加しています。また、再評価に係る繰延税金負債は2,062百万円減少
           し、土地再評価差額金は同額増加しています。
         (企業結合等関係)

        「1   連結財務諸表等        (1)連結財務諸表         注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略してい
        ます。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 79/89



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
                                            株式数       貸借対照表計上額
                      銘柄
                                            (株)         (百万円)
                 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                            251,720             190
                 ㈱三井住友フィナンシャルグループ                            70,000            322
                 ㈱みずほフィナンシャルグループ                            544,000             194
                 サカタインクス㈱                            114,307             146
                 ㈱資生堂                            70,151            177
                 ㈱電通                            936,600            6,256
                 KDDI㈱                           3,036,600             9,577
                 ㈱WOWOW                            346,000            1,057
                 りらいあコミュニケーションズ㈱                            518,400             539
                 ㈱スカパーJSATホールディングス                            400,000             273
                 ㈱博報堂DYホールディングス                           3,440,000             4,537
                                                          848
                 野村ホールディングス㈱                           1,250,000
                 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム㈱                            75,000             47
                 ㈱共同通信会館                             6,252            62
                 ㈱日本プレスセンター                             2,220            117
     投資      その他 
     有価証券      有価証券
                 ㈱三友エージェンシー                             6,000            48
                 ㈱東京商品取引所                            150,000             105
                 ㈱東京金融取引所                            10,000            227
                 ㈱静岡朝日テレビ                             2,000            106
                 ㈱東日本放送                            100,000             50
                 ㈱テレビ新広島                            104,000             52
                 北海道文化放送㈱                            70,000             35
                 ㈱テレビ信州                             7,200            36
                 ㈱新潟テレビ二十一                              600           30
                 福井エフエム放送㈱                              660           33
                 富山エフエム放送㈱                              600           30
                 横浜エフエム放送㈱                              608           30
                 ㈱エフエムラジオ新潟                              544           27
                 長野エフエム放送㈱                              560           28
                 ㈱J-WAVE                             1,480            74
                                 80/89




                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
                                            株式数       貸借対照表計上額
                      銘柄
                                            (株)         (百万円)
                 ㈱エフエムナックファイブ                              960           48

                 ㈱テレビユー山形                             1,200            60
                 ㈱エフエム山形                             1,280            64
                 ㈱ベイエフエム                              640           32
                 熊本朝日放送㈱                              600           30
                 長崎文化放送㈱                             1,200            60
                 ㈱テレビ金沢                             1,080            54
                 ㈱エフエム石川                              640           32
                 長野朝日放送㈱                             1,500            75
                 ㈱チューリップテレビ                             1,300            65
                 ㈱岩手めんこいテレビ                             1,500            75
                 青森朝日放送㈱                             1,500            75
                 北陸朝日放送㈱                             1,800            90
                 ㈱長崎国際テレビ                             1,500            75
                 ㈱あいテレビ                             2,400            120
     投資      その他
     有価証券      有価証券
                 秋田朝日放送㈱                             1,500            75
                 大分朝日放送㈱                             1,800            90
                 ㈱ベイ・コミュニケーションズ                              873           43
                 山口朝日放送㈱                             1,800            90
                 ㈱ZIP-FM                              960           48
                 ㈱鹿児島読売テレビ                             2,100            105
                 東京メトロポリタンテレビジョン㈱                             6,600            105
                 ㈱毎日放送(韓国)                            560,000             433
                 イベントレジスト㈱                            30,000            165
                 WINKONTENT      AG
                                               27           26
                 EVERNOTE     CORPORATION                      1,308,904             2,538
                 ウォンテッドリー㈱                             1,111            100
                 Sansan㈱                              23           99
                 ㈱ナウキャスト                             5,556            50
                 その他58銘柄                           1,379,327              441
                      計                     14,835,183             30,627
                                 81/89





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
          【債券】

                                           券面総額        貸借対照表計上額
                      銘柄
                                           (百万円)          (百万円)
                                              7,000           7,000
                    国内譲渡性預金
          満期保有目的の
     有価証券
          有価証券
                                              7,000           7,000
                            小計
                                              7,000           7,000
                      計
          【その他】

                                            出資口数等       貸借対照表計上額
                       銘柄
                                             (口)       (百万円)
                 (投資事業組合出資金)
                 FENOX   VENTURE    COMPANY    III,   L.P.                 -          115
                                                1          35

                 ジャフコ・スーパーV3-A号投資事業有限責任組合
          その他
     投資
     有価証券
          有価証券
                 GLOBESPAN     CAPITAL    PARTNERS     V,  L.P.               -           82
                 CORE   VENTURES     GROUP   FUND   II,  L.P.                -          120
                                               -          353

                         小計
                                               -          353
                       計
                                 82/89













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社日本経済新聞社(E00738)
                                                            有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                        当期首      当 期      当 期      当 期      当期末     減価償却
      区 分        資産の種類
                        残 高      増加額      減少額      償却額      残 高     累計額
                         36,655       5,257        28     2,975      38,908      109,343
            建物及び構築物
                          6,779       816       20     2,084      5,492      50,760
            機械及び装置
                           16      25       0      12      29      101
            車両運搬具
                          1,621       379       36      402     1,561      7,908
            工具、器具及び備品
       有形
      固定資産
                           10      324       -      91      242      543
            リース資産
                         103,772         -      -      -    103,772         -
            土地
                          1,156      2,127      3,006        -      277       -
            建設仮勘定
                         150,012       8,930      3,092      5,566     150,284      168,657
                計
                           45      -      -      -      45      -
            借地権
                          7,561      3,751        -     2,622      8,690        -
            ソフトウエア
       無形
                            9      3      -       2      10      25
            施設利用権
      固定資産
                           30     1,297       929       -      399       -
            ソフトウエア仮勘定
                          7,648      5,052       929     2,625      9,146        25
                計
      (注)1.当期増加額の主たるもの
           建物及び構築物    大阪本社 新社屋建物、設備               4,847百万円
                      西部支社 空調設備                                                              91百万円
           機械及び装置     新聞包装・結束機                                                              206百万円
           工具、器具及び備品  大阪本社 新社屋関連什器                 249百万円
           リース資産(有形)  日経デジタルメディア社統合に伴う増加           287百万円
           建設仮勘定      大阪本社 新社屋設備関連                1,833百万円
                      電波会館エレベーターリニューアル工事           100百万円
           ソフトウエア     日経デジタルメディア社統合に伴う                            増加                  2,336百万円
                      電子版開発                        845百万円
         2.当期減少額の主たるもの
           建設仮勘定      大阪本社 新社屋設備関連                2,920百万円
         【引当金明細表】

                        当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
            科目
                        (百万円)          (百万円)     &nb