株式会社アスモ 四半期報告書 第41期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第41期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社アスモ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年2月15日
      【四半期会計期間】                    第41期第3四半期(自            平成27年10月1日          至   平成27年12月31日)
      【会社名】                    株式会社アスモ
      【英訳名】                    ASMO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            長井    尊
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室室長               岡田    秀樹
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室室長               岡田    秀樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第40期           第41期
               回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第40期
                              累計期間           累計期間
                           自平成26年4月1日           自平成27年4月1日           自平成26年4月1日

              会計期間
                           至平成26年12月31日           至平成27年12月31日           至平成27年3月31日
                      (千円)          12,758,012           13,703,210           16,919,065

     売上高
                      (千円)            746,727           637,324           903,547
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            423,560           502,402           478,943
     期)純利益
                      (千円)            574,849           505,635           653,226
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           3,653,432           4,095,265           3,729,864
     純資産額
                      (千円)           5,571,590           6,286,446           5,474,895
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)             3.02           3.58           3.42
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             63.1           62.8           65.6
     自己資本比率
                               第40期           第41期

               回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成26年10月1日           自平成27年10月1日

              会計期間
                           至平成26年12月31日           至平成27年12月31日
                                   1.33           1.51

     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
         4.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                             平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
           計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としておりま
           す。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/18





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

          当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による経済対策や金融緩和により企業業績の向上、雇
        用情勢の改善の傾向がみられ、景気は穏やかな回復基調で推移したものの、消費税増税による個人消費への影響
        の長期化、円安による物価上昇もあり、先行きは、なお不透明な状況が続いています。
         このような状況の下、当社グループは、お客様の利便性等を追求することで購買機会の増加・シェアの拡大を
        図ってまいりました。今後におきましては、シェアの拡大によるスケールメリットを発揮することで原価や各種
        コストの見直しを図り、利益の確保に努めてまいります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高13,703百万円(前年同四半期比                                          7.4%増)、営業利
        益627百万円(前年同四半期比              13.8%減)、経常利益637百万円(前年同四半期比                        14.7%減)となり、当第3四
        半期連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純利益は、502百万円(前年同四半期比                                            18.6%増)とな
        りました。
         主なセグメントごとの業績は次のとおりであります。
              セグメント名称

                                         主要な事業の内容
           (セグメントに該当する会社)
               アスモ事業

                              グループ各社の統制・管理、不動産の賃貸
             (株式会社アスモ)
            アスモトレーディング事業

                              食肉の輸出入、食肉及び食肉加工品の販売
          (株式会社アスモトレーディング)
            アスモフードサービス事業

                              高齢者介護施設等における給食の提供
          (株式会社アスモフードサービス)
            アスモ介護サービス事業
                              訪問・居宅介護事業所の運営、有料老人ホームの運営
          (株式会社アスモ介護サービス)
            ASMO   CATERING     (HK)   事業
                              香港における外食店舗の運営
         (ASMO    CATERING     (HK)   CO.,LIMITED)
             (サーバントラスト信託株式会社)                  信託商品の販売

             (アスモ少額短期保険株式会社)                  保険商品の販売

       そ   の   他
             (ASMO    CATERING(TAIWAN)

                              台湾における外食店舗の運営
                     COMPANY    LIMITED)
                                  3/18





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        ①  アスモトレーディング事業
         アスモトレーディング事業におきましては、米国の利上げ、中国経済の鈍化及び原油価格の下落等により為替
        に円安傾向が続いたものの、為替予約の活用による為替ヘッジ効果もあり、購買価格が安定してまいりました。
        商品価格自体は引き続き高値で推移しており、未だに適正価格ではない中でも需給バランスがとれていた為、安
        定した価格で販売することができました。しかしながら、商品価格が高値で推移した為、販売数量の面では伸び
        がなく、前年同四半期と比べて減収減益となりました。
         当事業では、安価で高品質のメキシコ牛肉の販売を強化しており、冷蔵の商品だけではなく、牛内臓肉を中心
        とした冷凍食品の購買も始めており、安定的に購買することで自社が取り扱うメインブランドを増加させ、商品
        の幅を広げていきたいと考えております。また、牛肉原料の販売だけでなく、加工品の販売においてもアイテム
        数が増えましたが、国産牛の高騰により原価が上がった分、減益となりました。
         今後において、当事業においては、安価で高品質なメキシコ産牛肉を中心に販売することで、低価格商品にお
        ける顧客満足度を向上させ、また国産牛を使った加工品の販売等において、付加価値のついた高品質の商品の幅
        を広げ、高齢者向け商品や量販店向けの加工商品の開発を行い、国内のニーズに合った様々な販売方法に対応す
        ることで販路を拡大するべく取り組んでおります。すでに複数商品の納品を開始しておりますが、特に、関連会
        社向けの提供を強化し、シナジー効果を上げてグループ全体の利益に貢献してまいります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、2,235百万円(前年同四半期比                                       1.8%減)、セグメント損
        失(営業損失)は、13百万円(前年同四半期はセグメント利益1百万円)となりました。
        ②  アスモフードサービス事業

          アスモフードサービス事業におきましては、高齢者介護施設給食受託の順調な増加が安定的な収益確保に寄与
        しております。
          また、公共施設や医療施設の給食受託に向けた取り組みで、長期的な成長に向け新たな基盤の開発・強化に努
        めております。
          今後も、給食にとって大切な三大要素、「安心・安全をお届けする」「健康維持に必要な栄養を取って頂ける
        メニューの提供」「皆様に食事を楽しんで頂くための食の喜び」を基本に、様々なニーズに対応可能でありなが
        ら、全従業員が管理栄養士・栄養士・調理師である専門性の高さを強みに事業を展開してまいります。
          新たな取り組みといたしましては、4月より有名料理研究家によるレシピ監修を行うことで、他社との差別化
        及びブランド力・信頼の向上が見込め、さらに今までにないメニューの提供を行ってまいります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、5,521百万円(前年同四半期比                                       5.5%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、294百万円(前年同四半期比                       227.6%増)となりました。
        ③  アスモ介護サービス事業

          アスモ介護サービス事業におきましては、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所および有料老人ホーム運営事
        業を営んでおり、当第3四半期連結会計期末現在、訪問介護事業所38事業所(前年同四半期時点は、35事業
        所)、居宅介護支援事業所12事業所(前年同四半期は、12事業所)となり、支援させていただいておりますご契
        約者様は1,665名(前年同四半期末時点では、1,574名)となりました。
          さらに、介護人材育成を最重要課題の一つと認識し、注力実践していくことで、より良い人材の確保と定着率
        向上に努め、介護サービスの質の向上を図ってまいります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、3,600百万円(前年同四半期比                                        14.0%増)、セグメント
        利益(営業利益)は、417百万円(前年同四半期比                        30.4%減)となりました。
                                  4/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        ④  ASMO   CATERING     (HK)事業
          ASMO   CATERING(HK)事業では、中華人民共和国香港特別行政区(以下、「香港」といいます)において日本
        食飲食事業を営んでおります。当第3四半期連結累計期間における香港飲食業界は、中国人旅行者の減少・株安
        などの影響があり、香港における飲食業の環境は一段と厳しい状況です。
          このような状況の中、各事業の中でも比較的単価の低いフードコート店舗「匠工房秀吉」「神戸                                               北の坂」が
        節約志向に呼応し堅調な業績となった一方、比較的高い価格帯である「日本料理                                        今助」「山頭火」「銀座              蔵
        人」などの店舗は苦戦しております。
          以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、1,819百万円(前年同四半期比16.8%増)、セグメント
        利益(営業利益)は、41百万円(前年同四半期比25.7%増)となりました。
        ⑤  その他の事業

        a.  サーバントラスト信託株式会社
         その他セグメントに含めておりますサーバントラスト信託株式会社は、管理型信託事業を営んでおり、信託事
        業では、「特定贈与信託」「ペット飼育費保全信託」「老い支度サポート信託(遺言代用信託を含む)」「葬儀
        費用安心お預りサービス信託」などの個人向け信託商品のほか、「葬儀費用管理信託」「顧客分別金管理信託」
        「不動産証券化信託」「エスクロー信託」などの法人向けの信託商品の販売に努めました。従前からの継続的な
        営業活動による成果が着実に積み上がり、個人との信託契約件数も増えてまいりました。
         引き続き、積極的な営業活動を行っていくとともに、グループ主要事業である介護事業とのシナジーを図りな
        がら、新規契約の獲得ならびに売上増加に努めてまいります。
        b.  アスモ少額短期保険株式会社

          その他セグメントに含めておりますアスモ少額短期保険株式会社は、少額短期保険事業を営んでおり、生命保
        険3種類(生命定期保険、入院保障付生命定期保険、無選択型生命保険)と損害保険商品(高齢者施設入居者家
        財保険)を販売しております。
          既存の生命保険では、他社に先駆けて同性パートナーを死亡保険金受取人に指定できるように取り扱い方法を
        変更したことにより、性的少数者にも優しい保険会社として多くのメディアから取材を受けました。
          また、ペットを飼っている単身者向けに「ペットのお守り」を案内することにより、ニッチマーケットへの訴
        求を図っております。
          さらに、高齢者施設入居者家財保険は高齢者に起こりがちな転倒によるけがの入院も補償することから「転ば
        ぬ先の杖」というペットネームで販売しておりますが、12月より大手有料老人ホームにて新規および既存入居者
        への販売を開始し、多くのお客様からご加入いただいております。第4四半期以降、それらの新規契約の保険料
        収入が見込める予定です。
        c.  ASMO   CATERING(TAIWAN)COMPANY             LIMITED

         その他セグメントに含めております                 ASMO   CATERING(TAIWAN)COMPANY             LIMITEDは、昨年4月に「日本料理                 今
        助」がオープンしてから順調に推移しておりましたが、                          台北市内の新たな同一地下鉄路線上に、大型の商業施設
        のオープンなどがあり天母地区からお客様が流れ、                        同店が入居している天母そごう店で客足が鈍ったことによ
        り、この第3四半期から苦戦しております。
         第4四半期に向けての取り組みといたしましては、3月上旬にフードコートの2店舗を出店いたします。和食
        の丼と弁当の専門店「彩丼屋」が台北市の中心にあるそごう復興店に、「神戸北の坂」が新築市のBIGCITYにそ
        れぞれオープンします。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、522百万円(前年同四半期比0.5%減)、セグメント利益

        (営業利益)は、7百万円(前年同四半期はセグメント損失25百万円)となりました。
       (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (3)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/18




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          600,000,000

                  計                               600,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年2月15日)
              (平成27年12月31日)                         取引業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数
     普通株式            151,451,750             151,451,750
                                       市場第二部             1,000株
        計         151,451,750             151,451,750              -           -
      (注)発行済株式数のうち4,610千株は、現物出資(貸付金債権299,650千円)によるものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高
                                (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (千株)        (千株)
     平成27年10月1日~

                    -     151,451          -    2,323,272           -        -
     平成27年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(平成27年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  平成27年12月31日現在
              区分               株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                         -            -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -           -

      議決権制限株式(その他)                         -            -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式       11,243,000           -           -

      完全議決権株式(その他)                    普通株式      140,189,000            140,189           -

      単元未満株式                    普通株式         19,750         -           -

      発行済株式総数                          151,451,750           -           -

      総株主の議決権                         -            140,189           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成27年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名                     自己名義所有        他人名義所有株         所有株式数の
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
      又は名称                     株式数(株)        式数(株)         合計(株)
                                                   の割合(%)
              東京都新宿区西新宿二丁目
     株式会社アスモ                       11,243,000             -   11,243,000            7.42
              4番1号      新宿NSビル
        計           -         11,243,000             -   11,243,000            7.42
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/18










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から
        平成27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半
        期連結財務諸表について、清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,941,074              2,221,462
         現金及び預金
                                       1,754,343              2,090,655
         受取手形及び売掛金
                                        298,387              350,245
         商品
                                         13,707              14,724
         貯蔵品
                                        463,853              443,744
         その他
                                        △ 1,794             △ 2,270
         貸倒引当金
                                       4,469,571              5,118,562
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        352,491              346,918
          その他(純額)
                                        352,491              346,918
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         74,486              59,589
          のれん
                                         2,836              15,168
          その他
                                         77,323              74,757
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        890,194             1,060,778
          その他
                                       △ 314,684             △ 314,569
          貸倒引当金
                                        575,509              746,208
          投資その他の資産合計
                                       1,005,324              1,167,884
         固定資産合計
                                       5,474,895              6,286,446
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        487,368              690,249
         支払手形及び買掛金
                                        561,011              731,077
         未払金
                                            -            79,861
         未払法人税等
                                        161,224              146,481
         賞与引当金
                                        435,690              427,820
         その他
                                       1,645,294              2,075,490
         流動負債合計
       固定負債
                                         90,346              103,079
         退職給付に係る負債
                                         9,390              12,611
         その他
                                         99,736              115,691
         固定負債合計
                                       1,745,031              2,191,181
       負債合計
                                  9/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,323,272              2,323,272
         資本金
                                       1,147,907              1,510,101
         利益剰余金
                                        △ 42,382             △ 42,408
         自己株式
                                       3,428,797              3,790,965
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 269             △ 257
         繰延ヘッジ損益
                                        156,694              156,965
         為替換算調整勘定
                                         7,285              1,821
         退職給付に係る調整累計額
                                        163,710              158,528
         その他の包括利益累計額合計
                                        137,356              145,771
       非支配株主持分
                                       3,729,864              4,095,265
       純資産合計
                                       5,474,895              6,286,446
      負債純資産合計
                                 10/18















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      売上高                                 12,758,012              13,703,210
                                       9,532,611              10,395,232
      売上原価
                                       3,225,400              3,307,978
      売上総利益
                                         6,792                -
      返品調整引当金戻入額
                                       3,232,192              3,307,978
      差引売上総利益
                                       2,503,786              2,680,124
      販売費及び一般管理費
                                        728,406              627,853
      営業利益
      営業外収益
                                           889             3,345
       受取利息
                                         13,264                 -
       為替差益
                                         5,596              7,977
       助成金収入
                                         4,378              2,389
       その他
                                         24,129              13,712
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           257               97
       支払利息
                                            -            3,919
       為替差損
                                         5,552               225
       その他
                                         5,809              4,242
       営業外費用合計
                                        746,727              637,324
      経常利益
      特別利益
                                            -              27
       固定資産売却益
                                            -              27
       特別利益合計
      特別損失
                                        158,339                 -
       減損損失
                                         2,064              4,930
       固定資産除却損
                                            -            5,500
       和解金
                                            -             594
       その他
                                        160,404               11,025
       特別損失合計
                                        586,322              626,326
      税金等調整前四半期純利益
                                         96,517              106,467
      法人税、住民税及び事業税
                                         58,186               9,114
      法人税等調整額
                                        154,704              115,582
      法人税等合計
                                        431,618              510,743
      四半期純利益
                                         8,057              8,340
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        423,560              502,402
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                        431,618              510,743
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 162               11
       繰延ヘッジ損益
                                         91,760                344
       為替換算調整勘定
                                         51,633              △ 5,464
       退職給付に係る調整額
                                        143,231              △ 5,108
       その他の包括利益合計
                                        574,849              505,635
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        547,063              497,220
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         27,786               8,414
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません
        (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                                 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
        という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                   平成25年9月13日。以下「事業分離等
        会計基準」という。)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当
        社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用と
        して計上する方法に変更いたしました。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合について
        は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半
        期連結財務諸表に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分か
        ら非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累計
        期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
         企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58―2項(4)、連結会計基準第44―5項(4)
        及び事業分離等会計基準第57―4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期
        首時点から将来にわたって適用しております。
         これによる損益に与える影響はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間                    当第3四半期連結累計期間
                        (自    平成26年4月1日                 (自    平成27年4月1日
                         至   平成26年12月31日)                  至   平成27年12月31日)
        減価償却費                          106,501千円                    133,108千円
        のれんの償却額                          15,130                    14,897
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)

          1.配当に関する事項
            配当支払額
                     配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成27年5月14日
               普通株式        140,208          1  平成27年3月31日          平成27年6月26日          利益剰余金
     取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 13/18


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自               平成26年4月1日          至  平成26年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    5,167    2,276,588      5,235,800      3,157,781      1,557,686      12,233,024        524,988
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   238,804       35,625      22,495        -      -    296,925         -
      売上高又は振替高
                   243,971     2,312,213      5,258,295      3,157,781      1,557,686      12,529,949        524,988
          計
     セグメント利益又は損
                   16,744       1,515      90,027      599,955       32,724      740,967      △ 25,760
     失(△)
                            (単位:千円)

                             四半期連結
                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                 12,758,012          -  12,758,012
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   296,925     △ 296,925         -
      売上高又は振替高
                 13,054,937       △ 296,925     12,758,012
          計
     セグメント利益又は損
                   715,206       13,200      728,406
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        (差異調整に関する事項)
                                                (単位:千円)
                     利益                       金額
         報告セグメント計                                          740,967
         「その他」の区分の損失(△)                                         △25,760
         セグメント間取引消去                                          13,200
         四半期連結損益計算書の営業利益                                          728,406
       3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 14/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自               平成27年4月1日          至  平成27年12月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    3,825    2,235,710      5,521,814      3,600,353      1,819,133      13,180,837        522,373
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -    50,218      65,480        -      -    115,699         -
      売上高又は振替高
                    3,825    2,285,929      5,587,294      3,600,353      1,819,133      13,296,536        522,373
          計
     セグメント利益又は損
                  △ 118,841      △ 13,795      294,947      417,284       41,128      620,721       7,564
     失(△)
                            (単位:千円)

                             四半期連結
                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                 13,703,210          -  13,703,210
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   115,699     △ 115,699         -
      売上高又は振替高
                 13,818,910       △ 115,699     13,703,210
          計
     セグメント利益又は損
                   628,286       △ 432    627,853
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
       2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

        (差異調整に関する事項)
                                                (単位:千円)
                     利益                       金額
         報告セグメント計                                          620,721
         「その他」の区分の利益                                           7,564
         セグメント間取引消去                                           △432
         四半期連結損益計算書の営業利益                                          627,853
       3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 15/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額             及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                               至   平成26年12月31日)              至   平成27年12月31日)
                                       3円  2銭
      1株当たり四半期純利益金額                                                 3円58銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額                   (千
                                       423,560                502,402
       円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       423,560                502,402
       純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                140,208                140,208
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                              -                -
      株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
      た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
      動があったものの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                        独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成28年2月10日

     株式会社アスモ
      取締役会       御中
                           清  和  監  査  法  人

                            指定社員

                                      公認会計士
                                              坂井     浩史        印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              髙橋     潔弘        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アスモ

     の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平成27
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アスモ及び連結子会社の平成27年12月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要
     な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
            報告書提出会社)が別途保管しています。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれていません。
                                 18/18





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。