グローバル・アロケーション・ファンド(毎月決算・為替ヘッジなしコース、年2回決算・為替ヘッジなしコース、毎月決算・限定為替ヘッジコース、年2回決算・限定為替ヘッジコース)(目標払出し型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第6期(平成27年8月11日-平成28年2月10日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成28年4月27日        提出
      【発行者名】                      新光投信株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        後藤 修一
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋一丁目17番10号
      【事務連絡者氏名】                      坂本 久
      【電話番号】                      03-3277-1800
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース
      信託受益証券に係るファンドの名称】                      (目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコー
                            ス(目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース
                            (目標払出し型)
                            グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコー
                            ス(目標払出し型)
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      継続募集額(平成28年4月28日から平成29年4月27日まで)
      信託受益証券の金額】
                             グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコー
                            ス(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなし
                            コース(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコー
                            ス(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
                             グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジ
                            コース(目標払出し型)
                              3兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                   1/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

             ファンドの正式名称                             略  称
     グローバル・アロケーション・ファンド
                                毎月決算・為替ヘッジなしコース                    毎月決算
     毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)
     グローバル・アロケーション・ファンド
                                年2回決算・為替ヘッジなしコース                   年2回決算
     年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)
     グローバル・アロケーション・ファンド
                                毎月決算・限定為替ヘッジコース                    毎月決算
     毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
     グローバル・アロケーション・ファンド
                                年2回決算・限定為替ヘッジコース                   年2回決算
     年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
      愛称として「世界街道」という名称を用いることがあります。
     㬰樰䨰Ŏઊᠰ夰礰昰渰픰ꄰ줰鉽콹地昰ర뀰ﰰ퀰אּꈰ넰ﰰ뜰אּ픰ꄰ줰രİ౫칧࡬
      算・為替ヘッジなしコース」と「年2回決算・為替ヘッジなしコース」を総称して「為替ヘッジ
      なしコース」、「毎月決算・限定為替ヘッジコース」と「年2回決算・限定為替ヘッジコース」
      を総称して「限定為替ヘッジコース」という場合があります。
      また、それぞれのファンドを「ファンド」あるいは「各コース」という場合があります。
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      (イ)追加型株式投資信託(契約型)の受益権です。

      (ロ)当初元本は1口当たり1円です。
      (ハ)新光投信株式会社(以下「委託者」といいます。)の依頼により信用格付業者から提供さ
         れもしくは閲覧に供された信用格付け、または信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供
         される予定の信用格付けはありません。
         㬰0픰ꄰ줰湓흶쩪⤰漰İ౹㹐따Ũ⩟ཻ䤰湣⽦P殕ꈰ夰譬핟謰෿ࡎର౹㹣⽬픰ര栰䐰䐰
          す。)の規定の適用を受けており、受益権の帰属は、後述の「(11)                                         振替機関に関する事
          項 」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管                                理機関(社振法第2条に規定す
          る「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替
          口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記
          録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託者は、やむを得
          ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。ま
          た、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

          各3兆円を上限とします。

     (4)【発行(売出)価格】

      (イ)発行価格は、取得申込受付日から起算して4営業日目の基準価額です。

          なお、ファンドの基準価額については1万口当たりの価額を発表します。
         㬰౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰İ픰ꄰ줰溌익⍽쾘䴰䬰覌ꁐ땽쾘䴰鉣Ꞗ搰地徑톘䷿ࡽᒌ익⍽쾘䷿र鈰
          のときの受益権口数で除した1口当たりの純資産価額をいいます。基準価額は、組み入れ
          る有価証券等の値動きにより日々変動します。
      (ロ)基準価額は毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合わせください。
                                   2/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
         
          い合わせいただけます基準価額は、前日以前のものとなります。
     (5)【申込手数料】

      (イ)申込手数料

          申込手数料は、取得申込受付日から起算して4営業日目の基準価額に、3.78%(税抜
         3.5%)を上限として販売会社がそれぞれ独自に定める手数料率を乗じて得た金額となりま
         す。商品および投資環境の説明・情報提供、購入の事務手続きなどの対価として販売会社に
         お支払いいただきます。当該手数料には消費税および地方消費税(以下「消費税等」といい
         ます。)(8%)が含まれます。
          手数料について、詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          なお、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は無手数料です。
                                       㯿                 㯿
          ファンドの受益権の取得申込者が「償還乗り換え」                               または「償還前乗り換え」                 により
         ファンド     の受益権を取得する場合、申込手数料の優遇を受けることができる場合がありま
         す。
          ただし、上記の申込手数料の優遇に関しては、優遇制度の取り扱い、優遇の内容、優遇を
         受けるための条件等は販売会社ごとに異なりますので、詳しくは各販売会社でご確認くださ
         い。
         
           託の償還金等をもって、その支払いを行った販売会社で                                ファンド     の受益権を取得する場
           合をいいます。
         
           期間内において、当該証券投資信託の一部解約金をもって、その支払いを行った販売会
           社で   ファンド     の受益権を取得する場合をいいます。
      (ロ)スイッチング手数料
                                          㯿
          ファンド     間において、乗り換え(以下「スイッチング」                             といいます。)が可能です。ス
         イッチング手数料につきましては、販売会社にお問い合わせください。
          スイッチングのお取り扱いの有無や対象ファンドなどは、販売会社により異なりますの
         で、詳しくは販売会社でご確認ください。
          なお、スイッチングの際には、換金時と同様の費用・税金がかかりますのでご留意くださ
         い。
         㯿ጰర뤰ꐰ쌰섰뀰ര栰漰İర뀰ﰰ퀰אּꈰ넰ﰰ뜰אּ픰ꄰ줰ര鉩쭢ူ夰                                                ファン
           ド を換金した場合の手取金をもって、その換金請求受付日の販売会社の営業時間内に
           「グローバル・アロケーション・ファンド」を構成する他の                                   ファンド     の取得申し込みを
                                   3/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           することをいいます。
     (6)【申込単位】

          お申込単位は、販売会社またはお申込コースにより異なります。

          お申込コースには、各コースそれぞれ収益の分配時に分配金を受け取るコース(「分配金
         受取コース」)と、分配金が税引き後無手数料で再投資されるコース(「分配金再投資コー
         ス」)があります。ただし、販売会社によっては、どちらか一方のみの取り扱いとなる場合
         があります。また、スイッチングについて、「分配金受取コース」の場合はスイッチング対
         象ファンドの同コースへの、「分配金再投資コース」の場合はスイッチング対象ファンドの
         同コースへのスイッチングとなります。なお、販売会社によってはスイッチングの取り扱い
         を行わない場合もあります。
          詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
     (7)【申込期間】

          平成28年      4月28日から平成29年             4月27日までです。

          なお、申込期間は原則として更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

          申し込みの取扱場所(販売会社)については、下記にお問い合わせください。

                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
     (9)【払込期日】

          ファンドの受益権の取得申込者は、申込金額に手数料および当該手数料にかかる消費税等

         を加算した金額を販売会社が指定する期日までに支払うものとします。
          各取得申込受付日ごとの申込金額の総額は、販売会社によって、当該追加信託が行われる
         日に、委託者の指定する口座を経由して、みずほ信託銀行株式会社(以下「受託者」といい
         ます。)の指定するファンドの口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

          払い込みの取り扱いを行う場所は、販売会社となります。詳しくは販売会社でご確認くだ

         さい。
     (11)【振替機関に関する事項】

          ファンドの振替機関は、              株式会社     証券保管振替機構です。

                                   4/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (12)【その他】

       (イ)申込証拠金

           ありません。
       (ロ)日本以外の地域における発行
           ありません。
       (ハ)振替受益権について
           ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)                                    振替機関に関する事項              」
          に記載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとしま
          す。
           ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)                                        振替機関に関する事
          項 」に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
                                   5/130















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       a.ファンドの目的及び基本的性格

          各コースは、追加型投信/内外/資産複合に属し、ブラックロック・グローバル・アロ
         ケーション・ファンドの運用成果を反映する指数連動債に投資し、世界各国のさまざまな資
                                      ;
         産への分散投資で得られる収益の獲得と、分配実施                              による定期的な運用資産の一部払い出し
         を目的として運用を行います。
         ※実質的な投資元本の払い戻しにより一部または全部の額を充当することができます。

          各コースは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類において、以下のように分類・

         区分されます。
     ■商品分類表

                                  投資対象資産
       単位型・追加型              投資対象地域
                                 (収益の源泉)
                                   株  式

                      国 内
         単位型                         債  券
                      海 外            不動産投信

         追加型                         その他資産

                      内 外           (    )
                                   資産複合

     (注)各コースが該当する商品分類を網掛け表示しています。

     ■商品分類の定義

     追加型投信        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の投資信託財産と
              ともに運用されるファンドをいう。
     内外        目論見書または投資信託約款において、国内および海外の資産による投資収益を実
              質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     資産複合        目論見書または投資信託約款において、株式・債券・不動産投信(リート)・その
              他資産のうち複数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるもの
              をいう。
                                   6/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ■属性区分表

     <毎月決算・為替ヘッジなしコース>
        投資対象資産             決算頻度          投資対象地域           為替ヘッジ
     株式             年1回           グローバル

      一般                        (含む日本)
      大型株            年2回
      中小型株                        日本           あり
                  年4回                      (   )
     債券                         北米
      一般            年6回(隔月)
      公債                        欧州
      社債            年12回(毎月)                      なし
      その他債券                        アジア
      クレジット属性            日々
      (  )                       オセアニア
                  その他(  )
     不動産投信                         中南米
     その他資産                         アフリカ

     (   )
                              中近東(中東)
     資産複合
     (   )                         エマージング
      資産配分固定型
      資産配分変更型
     (注)ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     <年2回決算・為替ヘッジなしコース>

        投資対象資産             決算頻度          投資対象地域           為替ヘッジ
                                   7/130







                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     株式             年1回           グローバル

      一般                        (含む日本)
      大型株            年2回
      中小型株                        日本           あり
                  年4回                      (   )
     債券                         北米
      一般            年6回(隔月)
      公債                        欧州
      社債            年12回(毎月)                      なし
      その他債券                        アジア
      クレジット属性            日々
      (  )                       オセアニア
                  その他(  )
     不動産投信                         中南米
     その他資産                         アフリカ

     (   )
                              中近東(中東)
     資産複合
     (   )                         エマージング
      資産配分固定型
      資産配分変更型
     (注)ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     <毎月決算・限定為替ヘッジコース>

        投資対象資産             決算頻度          投資対象地域           為替ヘッジ
                                   8/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     株式             年1回           グローバル

      一般                        (含む日本)
      大型株            年2回
      中小型株                        日本           あり
                  年4回                      (限定ヘッジ)
     債券                         北米
      一般            年6回(隔月)
      公債                        欧州
      社債            年12回(毎月)                      なし
      その他債券                        アジア
      クレジット属性            日々
      (  )                       オセアニア
                  その他(  )
     不動産投信                         中南米
     その他資産                         アフリカ

     (   )
                              中近東(中東)
     資産複合
     (   )                         エマージング
      資産配分固定型
      資産配分変更型
     (注)ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     <年2回決算・限定為替ヘッジコース>

        投資対象資産             決算頻度          投資対象地域           為替ヘッジ
                                   9/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     株式             年1回           グローバル

      一般                        (含む日本)
      大型株            年2回
      中小型株                        日本           あり
                  年4回                      (限定ヘッジ)
     債券                         北米
      一般            年6回(隔月)
      公債                        欧州
      社債            年12回(毎月)                      なし
      その他債券                        アジア
      クレジット属性            日々
      (  )                       オセアニア
                  その他(  )
     不動産投信                         中南米
     その他資産                         アフリカ

     (   )
                              中近東(中東)
     資産複合
     (   )                         エマージング
      資産配分固定型
      資産配分変更型
     (注)ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     ■属性区分の定義

     <各コース共通>
     債券 その他債券            目論見書または投資信託約款において、公債または社債以外の債券に主として
                 投資する旨の記載があるものをいう。
     年12回(毎月)            目論見書または投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があ
                 るものをいう。
     年2回            目論見書または投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものを
                 いう。
     グローバル            目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界(含む
     (含む日本)            日本)の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
             (注)
                 目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があ
     為替ヘッジなし
                 るものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     為替ヘッジあり            目論見書または投資信託約款において、為替の限定ヘッジを行う旨の記載があ
             (注)
                 るものをいう。
     (限定ヘッジ)
     (注)属性区分の「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。
     ※各コースは、指数の変動率に基づき価格が変動する仕組みの債券に投資します。このため、組み入

                                  10/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      れている資産を示す「属性区分表」の投資対象資産(債券 その他債券)と、収益の源泉となる資
      産を示す「商品分類表」の投資対象資産(資産複合)とは異なります。
          商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホーム

          ページ(http://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
       b.ファンドの特色

                                            *

     1.ブラックロック・グローバル・アロケーション・ファンド                                        の運用成果を反映する指数
        連動債に投資し、世界各国の株式や債券などさまざまな資産への分散投資で得られる収
        益の獲得を目指します。
     *正式名称は、「ブラックロック・グローバル・ファンズ                               グローバル・アロケーション・ファンド」(以下

      「参照ファンド」という場合があります。)です。参照ファンドはブラックロックが運用を行います。
     ◆指数連動債が参照する指数は、参照ファンドの運用成果に基づき円ベースで算出されますが、為

      替取引の有無により以下の通り区別されます。
     ◆各コースでは、原則として、指数連動債の組入比率を高位とします。



      

      なることがあり、この場合、委託会社は受託会社と合意のうえ投資信託契約を解約し、信託を終了させま
      す。
     ブラックロック

     ・「ブラックロック」は、運用資産総額で世界最大級の独立系運用会社であるブラックロック・インクおよび

     グループ会社の総称です。
                                       ※
     ・「ブラックロック」の運用資産総額は4.64兆米ドル(約558兆円                                   )にのぼります。
     ・「ブラックロック」は世界各国の個人投資家および機関投資家のため、株式、債券およびオルタナティブ商
     品といったさまざまな資産クラスの運用を行っています。
     上記は2015年12月末時点です。                 ※1米ドル=120.295円で換算

     2.分配を通じて運用資産の一部を定期的に払い出します。

     ◆分配金は投資収益に基づくものではなく、所定の利金乗数を用いて定期的に更新される指数連動

      債の利金に基づく額を目標とします。指数連動債は、運用資産を払い出す仕組みを有することか
      ら、各コースの分配金の一部または全部が実質的に投資元本の払い戻しにより充当されることが
                                  11/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      あります。
     ◆運用状況により分配金額は変動します。したがって、将来の分配金の支払いおよびその金額につ

      いて示唆あるいは保証するものではありません。
     3.為替ヘッジの有無および決算頻度の違いに応じて4つのコースからお選びいただけま




        す。
     各コース間においてスイッチングができる場合があります。

     ※スイッチングのお取り扱いの有無などは、販売会社により異なりますので、詳しくは販売会社でご確認ください。
     ファンドの仕組み

     ・投資対象とする指数連動債は、「為替ヘッジなしコース」ではグローバル・アロケーション・ファンド・イ




      ンデックス(為替ヘッジなし)連動債A/B、「限定為替ヘッジコース」ではグローバル・アロケーショ
      ン・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債C/Dとなります。
     ・指数連動債ごとに利金を計算する際に用いる利金乗数が異なります。
     ・指数連動債は円建てです。
     各コースの資金動向や参照ファンドの状況などによっては、また、やむを得ない事情が発生した場合に

     は、上記のような運用ができない場合があります。
     参照ファンドの概要

     ファンド名       :  ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・ファンド

     形態       :  ルクセンブルグ籍外国投資法人/クラスI米ドル建投資証券
     設定日       :  1997年1月3日(当外国投資法人の設定日)
     投資       :  ブラックロック・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シー
     運用会社
                                  12/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     投資方針       :  世界中のさまざまな資産(株式・債券など)、国・地域、セクターなどから、投資魅
              力度が高いと判断する資産を発掘します。
              多くの資産および銘柄(証券)に分散投資をすることで、株式投資より低いリスク
              で、競争力のあるリターンの獲得を目指します。
              投資環境に応じて株式や債券などの各資産への配分比率や個別銘柄(証券)への投資
              比率を機動的に変更することで、中長期的なトータルリターンの最大化を目指しま
              す。
     㭎ઊᡢ閌읏ដ㱒㠰欰搰䐰昰漰ƌ작텭䅑祝攰欰栰舰樰䑶穵ἰ夰譓홟ᖌ뭵⠰樰椰欰蠰譟厊牢閌읏ដ㱒㠰湽ᒌ

      産への影響を軽減するため、純資産価格の調整が行われることがあります。純流入額が純資産総額に対し所
      定の割合を超える場合には純資産価格が上方へ調整され、逆に純流出額が純資産総額に対し所定の割合を超
      える場合には純資産価格が下方に調整されます。したがって、資金流出入の動向が純資産価格に影響を与え
      ることになります。
     指数連動債の概要

     発行体       :  スター・ヘリオス・ピーエルシー

     通貨       :  円建て
     利金       :  各債券において1年ごとに所定の率(利金乗数)を債券価格に乗じて得た額に基づい
              て計算されます。したがって、1年ごとに更新され、変動します。
                                                   利金乗数
              グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし)連動債A                                          17.4%
              グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし)連動債B                                          4.0%
              グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債C                                          17.4%
              グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債D                                          4.0%
     利払い回数       :  原則として、連動債AおよびCは年12回、連動債BおよびDは年2回
     満期償還日       :  2023年1月20日
     債券の       :  原則として、グローバル・アロケーション・ファンド・インデックスの日々の変動率
     価格変動         と同程度に変動します。
     信用格付け       :  信用格付けは取得しておりません。
     注意事項       :  各債券の利金は、元金から生じる利子ではなく、債券の価格から差し引かれる性質の
              ものです。
              一般の債券とは異なり、この指数連動債の償還価格は、参照指数に連動して決定され
              ることに加え、償還までに払い出した利金が全額差し引かれる仕組みですので、額面
              を大きく下回ることがあります。発行体が行うスワップ取引の相手方となるUBS銀
              行ロンドン支店が債務不履行に陥った場合などには、本債券はすみやかに償還されま
              す。また、その際はスワップ取引による収益の一部が受け取れない場合があります。
     

      する、アイルランド籍の特別目的会社です。裏付資産(参照ファンドなど)は保管会社によって分別管理さ
      れています。
     グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(参照指数)の概要

      世界各国の株式や債券などに投資して、トータルリターンの最大化を目指すルクセンブルグ籍外

      国投資法人「ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・ファン
      ド」クラスI米ドル建投資証券のパフォーマンスを反映する円ベースの指数です。同指数には為
      替取引(米ドル売り/円買い)を行わない指数と行う指数があります。UBS銀行ロンドン支店
      が指数の算出・公表を行います。
                                  13/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      UBS銀行ロンドン支店は参照ファンドおよびその投資対象資産への投資の妥当性などについて
      何ら判断を行わず、参照指数のパフォーマンスにも責任を負うものではありません。
     限定為替ヘッジによる影響(限定為替ヘッジの各コースの場合)



     グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)では、参照ファンドにおけるす
     べての投資資産の発行通貨について対円での為替ヘッジを行うわけではなく、全資産を米ドルに換算した額
     とほぼ同額程度の米ドル売り/円買いの為替取引を行うことを基本とします。これにより、米ドル建資産に
     ついては対円での為替変動リスクが軽減されますが、米ドル建て以外の資産については、その発行通貨が米
     ドルに対して下落した場合は参照指数の値下がり要因に、上昇した場合には値上がり要因になります。
     主な投資制限




      株式への投資割合                株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の20%以下としま

                      す。
      外貨建資産への投資割合                外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
     分配方針

     ■原則として、毎月決算の各コースでは毎月27日(休業日の場合は翌営業日。)、年2回決算の

      各コースでは年2回(毎年1月、7月の各月27日。休業日の場合は翌営業日。)の決算時に、
      分配を行います。
      各コースの分配金の決定にあたっては、原則として、各コースの決算日の直前に支払われた指

      数連動債の利金に基づく額を払い出すことを目標とします。なお、目標として掲げる払出し額
      は、現金・その他資産も保有することによる受取利金額の減少や運用管理費用(信託報酬)な
      どの費用を考慮し、目標額決定時の基準価額に対して所定の率(毎月決算の各コース1.2%
      (年当たり14.4%)、年2回決算の各コース1%(年当たり2%))を乗じて得た額を上限と
      します。
      各コースの目標払出し額は、毎年1月に決定され、その適用は毎月決算の各コースでは2月か

      ら、年2回決算の各コースでは7月からとなります。
     <毎月決算の各コース>

                                  14/130



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <年2回決算の各コース>


       ◆分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益を含み


        ます。)などの全額とします。
       ◆留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行います。
       ※運用状況により分配金額は変動します。

       
        ません。
     指数連動債の利金について

     ◆指数連動債の利金は、参照指数の投資収益に基づくものではなく、原則として1年ごとに到来す

      る特定日(以下「利金見直し日」といいます。)の指数連動債の価格に所定の利金乗数(連動債
      A/C:年当たり17.4%、連動債B/D:年当たり4%)を乗じて得た額に基づいて計算されま
      す。利金が支払われると指数連動債の価値も利金分減少していく仕組みです。各コースにおい
      て、投資収益が十分でない場合に分配を行うと、実質的に元本の払い戻しとなることがありま
      す。その場合、各コースの基準価額が大きく下落することがあります。
                                  15/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ●上記はイメージ図であり、将来の指数連動債の価格、分配金の支払い、またはその金額について示唆ある
      いは保証するものではありません。
     ●各コースは指数連動債を高位に組み入れますが、現金・その他資産も保有することによる受取利金額の減
      少や運用管理費用(信託報酬)などの費用を考慮した内部留保により、各コースの分配金の水準および基準
      価額の値動きと、指数連動債の利金の水準および価格の値動きは同一にはなりません。
     ●こうした分配の仕組みは、投資信託に関連する現時点の法令や税制などの諸制度を前提としています。今
      後、これら制度が変更された場合は、上記のような分配ができないことがあります。また、基準価額が大き
      く下落した場合などには、分配金額が変更になる場合があります。
     収益分配金に関する留意事項

     ●投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配

       金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。なお、分配金の有無や金額は確定
       したものではありません。
     ●分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を


       超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落
       することになります。
       また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありませ
       ん。
      分配金は、分配方針に基づき、以下の分配対象額から支払われます。







       ①配当等収益(経費控除後)、②有価証券売買益・評価益(経費控除後)、③分配準備積立金、
       ④収益調整金
      上図のそれぞれのケースにおいて、前期決算日から当期決算日まで保有した場合の損益を見ると、次の

      とおりとなります。
       ケースA:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差                                         0円=    100円
                                  16/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ケースB:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差▲                                        50円=     50円
       ケースC:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差▲200円=                                            ▲100円
      ★A、B、Cのケースにおいては、分配金受取額はすべて同額ですが、基準価額の増減により、投資信

       託の損益状況はそれぞれ異なった結果となっています。このように、投資信託の収益については、分
       配金だけに注目するのではなく、「分配金の受取額」と「投資信託の基準価額の増減額」の合計額で
       ご判断ください。
      上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。

     ●投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないし全部が、実質的には元本の一部払

       い戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の
       値上がりが小さかった場合も同様です。
       普通分配金:個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。



       元本払戻金(特別分配金):個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、元
                      本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
     基準価額と分配金のイメージ図

     ◆分配金を多く受け取るほど基準価額はより大きく下落するので、投資環境にかかわらず換金代金

      または償還金は少なくなります。
     ◆好調な投資環境では、分配金を多く受け取るほど運用資産が少なくなるので再投資効果が減少
      し、結果として、分配金を全額再投資した場合の換金代金または償還金と比べて、その額は少な
      くなる傾向があります。また、投資収益が得られても、受け取る分配金よりも少ない場合には、
      基準価額は下落します。
     ◆投資環境が不振であると、分配金による基準価額の下落に投資損失が加わることで基準価額はさ
      らに下落し、換金代金または償還金は当初の元本に比べて大幅に少ない額になることがありま
      す。
     ◆投資者における実際の損益(課税前)は、すでにお受け取りになった分配金と換金代金(または
      償還金)を合算した額と、購入代金(購入時手数料を含む)の差額になります。
                                  17/130





                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     上記の図は、各コースの基準価額と分配金の関係についてご理解いただくため、仮定の投資収益率のもと、











     各コースで指数連動債を常に100%組み入れ、運用管理費用(信託報酬)などのコストを控除せず、利金相当
     額を全額分配した場合の基準価額と分配金のイメージを示したものです。実際の運用では、指数連動債を常
     に100%組み入れることはできませんし、運用管理費用(信託報酬)や指数連動債の取引コストなどがかかり
     ます。また、利金相当額を全額分配金として払い出すわけではありません。
     投資者が受け取る収益分配時の普通分配金ならびに換金時の値上がり益および償還時の償還差益は課税対象
     となります。上記の各シナリオで仮定した投資収益率は、実際の投資成果とは何ら関係がなく、運用目標や
     予想される下限などを示すものでは一切ありません。実際の投資収益率は各シナリオで仮定した投資収益率
     を大幅に下回ることもあります。各シナリオ通りの投資収益率が最終的に実現した場合であっても、期間中
     の基準価額の動きや分配金は、イメージ図に示されているものと異なることがあります。
     <参 考>

     参照指数の概要

        グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし/限定為替ヘッジ)

             [英語名称:       Global    Allocation       Fund   Index    (Unhedged      / Limited     Hedged)]
     グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし/限定為替ヘッジ)(以下、「当該

     指数」といいます。)は、ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・ファンド
     のパフォーマンスを反映する指数です。為替取引の分類により為替ヘッジなし、限定為替ヘッジの2つの指数
                                  18/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     があります。当該指数は円ベースの指数であり、新光投信株式会社(以下、「新光投信」といいます。)がイ
     ンデックス・スポンサーを務め、インデックス計算代理人であるUBS銀行ロンドン支店(以下、「UBS」
     と いいます。)によって計算および発表が行われます。
     当該指数の詳細は下記の通りです。

      -当該指数の実質的な投資対象となる参照ファンドは、ルクセンブルグ籍のブラックロック・グローバル・
       ファンズ グローバル・アロケーション・ファンド クラスI米ドル建投資証券(以下、「参照ファン
       ド」といいます。)です。
      -参照ファンドは原則として変更されませんが、インデックス計算代理人が必要と認めた場合には、変更を
       行うことが可能です。
      -為替ヘッジなし指数は、参照ファンドの純資産価格とロンドン時間16:00時点の米ドルの対円スポットレー
       トを用いて、円換算で計算されるパフォーマンスを指数化したものです。
      -限定為替ヘッジ指数は、ロンドン時間16:00時点の米ドルの対円スポットレートを用いて円換算された参照
       ファンドのパフォーマンスと、原則として約1ヵ月毎に約1ヵ月満期の外国為替予約取引(米ドル売り/
       円買い)を実施した場合のパフォーマンスを合計し、指数化したものです。外国為替予約取引に用いる直
       先スプレッドはUBSが対顧客向けに提示する売買相場値を用います。
      -インデックス計算代理人はインデックス・スポンサーとの協議に基づき、為替取引の方法を変更すること
       ができます。
      -指数の値動きには、参照ファンドのパフォーマンス(純資産価格の値動き)と、米ドルの対円でのスポッ
       トレート及び外国為替予約取引のパフォーマンス(円の米ドルに対する金利差(プレミアムまたはコス
       ト)と値動き等)が影響します。
      -指数手数料として、年率0.08%が当該指数値から日々控除されます。
      -当該指数はブルームバーグ、クイックなどの情報端末上に日々発表されます。
     当該指数に関する著作権、およびその他知的財産権は新光投信に帰属しており、新光投信の許諾なしにデータを複製・頒

     布・使用等することは禁じられております。
     UBSは、当該指数における参照ファンドおよびその投資対象証券への投資の妥当性などについて何ら判断を行わず、当該
     指数のパフォーマンスにも責任を負うものではありません。UBSはこれら指数の正確性、確実性および完全性を保証する
     ものではなく、これら指数の利用に伴う如何なる責任も負いません。
     当該指数は、事前通告なく指数の構成や算出方式等が変更される場合があります。
     指数連動債の概要

         グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし・限定為替ヘッジ)連動債シリーズ

       グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし)連動債A(“連動債A“)
       グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし)連動債B(“連動債B“)
       グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債C(“連動債C“)
       グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)連動債D(“連動債D“)
     発行体        :  STAR     Helios       plc(アイルランド籍特別目的会社)

     計算代理人        :  UBS銀行ロンドン支店
     通貨        :  円建て
     発行価格        :  100.00%
                                  19/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     参照指数        :  連動債Aおよび連動債B:
               グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(為替ヘッジなし)
              連動債Cおよび連動債D:
               グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス(限定為替ヘッジ)
     条件決定日        :  2013年2月11日
     債券発行日        :  2013年2月13日
     満期評価日        :  2023年1月6日
     満期償還日        :  2023年1月20日
              (条件決定日/債券発行日/満期評価日/満期償還日は、市場混乱事由など、英文
              タームシートに記載される条件に従い、調整される場合があります。)
     債券価格        :  原則として、参照指数の日々の変動率と同程度に変動します。ただし、利落ち日(原
               則として、クーポン支払日の4営業日前)には、利落ち前の債券価格において変動
               率が同程度の関係となります。債券価格は、計算代理人が市場実勢に基づいて計算
               を行います。
     クーポン        :  以下の算式に従って計算代理人の単独の裁量によって決定されます。したがって、期
              間毎に更新され、変動します。
              連動債Aおよび連動債C:
               クーポン     =  利金見直し日における指数連動債の価格                     ×  利金乗数     ÷  12
              連動債Bおよび連動債D:
               クーポン     =  利金見直し日における指数連動債の価格                     ×  利金乗数     ÷  2
     利金乗数        :  連動債Aおよび連動債Cの場合:17.4%
               連動債Bおよび連動債Dの場合:4%
               (なお、計算代理人は単独の裁量で利金乗数を変更することができます)
     利金        :  毎年12月の最終営業日
     見直し日          (当初は条件決定日とする)
     クーポン        :  連動債Aおよび連動債Cの場合:
     支払日
               毎月18日
              連動債Bおよび連動債Dの場合:
               毎年1月、7月の18日
     ※上記指数連動債の概要は、英文タームシートの抄訳です。
       c.信託金限度額


          委託者は、受託者と合意のうえ、各コースにつき金5,000億円を限度として信託金を追加す
         ることができます。
          委託者は、受託者と合意のうえ、上記の限度額を変更することができます。
     (2)【ファンドの沿革】

        平成25年1月7日              関東財務局長に対して有価証券届出書提出

        平成25年2月8日              投資信託契約締結、ファンドの設定・運用開始
     (3)【ファンドの仕組み】

       a.ファンドの仕組み

        図中の*には次の表の各コースの名称をあてはめてご覧ください。
                                  20/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        毎月決算・            年2回決算・            毎月決算・            年2回決算・
        為替ヘッジなしコース            為替ヘッジなしコース            限定為替ヘッジコース            限定為替ヘッジコース
       (注1)証券投資信託契約











            委託者と受託者との間において「証券投資信託契約(投資信託約款)」を締結してお
           り、委託者および受託者の業務、受益者の権利、受益権、投資信託財産の運用・評価・
           管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定しています。
       (注2)募集・販売等に関する契約
            委託者と販売会社との間において「証券投資信託に関する基本契約」を締結してお
           り、販売会社が行う募集・販売等の取り扱い、収益分配金および償還金の支払い、解約
           の取り扱い等を規定しています。
       b.委託会社の概況
       (イ)資本金の額(平成28年2月末現在)
           資本金の額                          45億2,430万円
           会社が発行する株式総数                           3,000,000株
           発行済株式総数                           1,823,250株
       (ロ)委託会社の沿革
           昭和36年6月            大井証券投資信託委託株式会社設立・免許取得
           昭和44年10月            新和光投信委託株式会社に社名変更
           昭和61年11月            有価証券等に関する投資助言・情報提供業務の認可
                                  21/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           平成8年8月            投資顧問業者の登録
           平成8年12月            投資一任契約にかかる業務の認可
           平成9年11月            投資信託の直接販売業務の認可
           平成10年12月            証券投資信託法の改正に伴う投資信託の証券投資信託委託業のみ
                       なし認可
           平成12年4月            太陽投信委託株式会社と合併し、新光投信株式会社に社名変更
       (ハ)大株主の状況
                                                 (平成28年2月末現在)
             株 主 名                      住 所             持 株 数         持株比率
      みずほ証券株式会社                     東京都千代田区大手町1-5-1                     1,396,362株          76.58%
      株式会社みずほ銀行                     東京都千代田区大手町1-5-5                      182,115         9.98
      株式会社みずほ証券リサーチ&                     東京都中央区日本橋1-17-10                      137,200         7.52
      コンサルティング
     2【投資方針】

      ・下記の*1、*2、*3、*4には次の表をあてはめてご覧ください。

                       *1          *2        *3           *4
         毎月決算・                               毎月の      (為替ヘッジなし)連動債A
      為替ヘッジなしコース
        年2回決算・                               年2回の      (為替ヘッジなし)連動債B
      為替ヘッジなしコース
         毎月決算・          と米ドル売り/円買い             と為替取引         毎月の      (限定為替ヘッジ)連動債C
      限定為替ヘッジコース            の為替取引の損益
        年2回決算・          と米ドル売り/円買い             と為替取引        年2回の      (限定為替ヘッジ)連動債D
      限定為替ヘッジコース            の為替取引の損益
     (1)【投資方針】

       a.基本方針

          各コースは、ブラックロック・グローバル・ファンズ グローバル・アロケーション・
         ファンド(以下「参照ファンド」といいます。)の運用成果*1を反映する仕組みの債券に
         投資し、世界各国の様々な資産への分散投資*2で得られる収益の獲得と、*3分配実施
         (実質的な投資元本の払い戻しにより一部または全部の額を充当することができます。)に
         よる定期的な投資信託財産の一部払い出しを目的として運用を行います。
       b.運用の方法
       (イ)主要投資対象
           内外の公社債を主要投資対象とします。
       (ロ)投資態度
          ① 原則として、グローバル・アロケーション・ファンド・インデックス*4(以下「指
           数連動債」といいます。)を高位に組み入れます。指数連動債は、参照ファンドの運用
           成果*1に基づき算出される指数(以下「参照指数」といいます。)の値動きを反映す
           る仕組みを有し、参照ファンド等を担保資産として特別目的会社により発行されるもの
           です。
          ② 指数連動債の利金は、参照指数の投資収益に基づくものではなく、原則として1年毎
                                  22/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           に到来する特定日の指数連動債の価格に所定の率を乗じて得た額として定期的に更新さ
           れます。
          ③ 指数連動債は償還時まで保有することを基本とします。ただし、指数連動債は所定の
           要件により繰上償還となることがあり、この場合、委託者は受託者と合意のうえ投資信
           託契約を解約し、信託を終了させます。
          ④ 各コースの資金動向や参照ファンドの状況等によっては、また、やむを得ない事情が
           発生した場合には、上記のような運用が行えない場合があります。
       (ハ)主な投資制限
          ① 株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の                                20 %以下とします。
          ② 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の
           10 %以下とします。
          ③ 投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、投資信託財産の純
           資産総額の5%以下とします。
          ④ 同一銘柄の株式への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
          ⑤ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、投資信託財産の純
           資産総額の5%以下とします。
          ⑥ 同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、投資信
           託財産の純資産総額の             10 %以下とします。
          ⑦ 外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
     (2)【投資対象】

       a.投資の対象とする資産の種類

           各コースにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
          1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条
           第1項で定めるものをいいます。以下同じ。)
           イ.有価証券
           ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをい
            い、約款に定めるものに限ります。)
           ハ.金銭債権
           ニ.約束手形
          2.次に掲げる特定資産以外の資産
           イ.為替手形
       b.有価証券および金融商品の指図範囲等
       (イ)委託者は、信託金を、主として次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定によ
          り有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図しま
          す。
          1.株券または新株引受権証書
          2.国債証券
          3.地方債証券
          4.特別の法律により法人の発行する債券
          5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離
           型新株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
          6.特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるもの
           をいいます。)
          7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項
                                  23/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           第6号で定めるものをいいます。)
          8.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定め
           るものをいいます。)
          9.特定目的会社にかかる優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商
           品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
          10.コマーシャル・ペーパー
          11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同
           じ。)および新株予約権証券
          12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を
           有するもの
          13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定め
           るものをいいます。)
          14.投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第
           11号で定めるものをいいます。)
          15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいい
          ます。)
          16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定める
           ものをいい、有価証券にかかるものに限ります。)
          17.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
          18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
          19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行
           信託の受益証券に限ります。)
          20.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
          21.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発
           行信託の受益証券に表示されるべきもの
          22.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
           なお、第1号の証券または証書、第12号ならびに第17号の証券または証書のうち第1号
           の証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの
           証券および第14号の証券のうち投資法人債券ならびに第12号および第17号の証券または
           証書のうち第2号から第6号までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、
           第13号および第14号の証券(投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」とい
           います。
       (ロ)委託者は、信託金を、上記(イ)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融
          商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含み
          ます。)により運用することを指図することができます。
          1.預金
          2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除
           きます。)
          3.コール・ローン
          4.手形割引市場において売買される手形
          5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
          6.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
       (ハ)上記(イ)の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への
          対応等、委託者が運用上必要と認めるときには、委託者は、信託金を、上記(ロ)に掲げ
          る金融商品により運用することの指図ができます。
                                  24/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       c.先物
       (イ)委託者は、わが国の取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第
          3号イに掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第
          8項第3号ロに掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引
          法第28条第8項第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の取引所におけるこれ
          らの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オ
          プション取引に含めるものとします(以下同じ。)。
       (ロ)委託者は、わが国の取引所における通貨にかかる先物取引ならびに外国の取引所におけ
          る通貨にかかる先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
       (ハ)委託者は、わが国の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならび
          に外国の取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができま
          す。
       d.スワップ
       (イ)委託者は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動
          リスクおよび為替変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取金利または異
          なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」と
          いいます。)を行うことの指図をすることができます。
       (ロ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超え
          ないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについて
          はこの限りではありません。
       (ハ)スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本
          の合計額が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、投資信託財産の
          一部解約等の事由により、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額
          が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、その
          超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとします。
       (ニ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額
          で評価するものとします。
       (ホ)委託者は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受け入れが必要と認めたと
          きは、担保の提供あるいは受け入れの指図を行うものとします。
       e.金利先渡取引および為替先渡取引
       (イ)委託者は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動
          リスクおよび為替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うこ
          との指図をすることができます。
       (ロ)金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則とし
          て信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可
          能なものについてはこの限りではありません。
       (ハ)金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本
          の合計額が、保有金利商品の時価総額を超えないものとします。なお、投資信託財産の一
          部解約等の事由により、上記保有金利商品の時価総額が減少して、金利先渡取引の想定元
          本の合計額が当該保有金利商品の時価総額を超えることとなった場合には、委託者は、す
          みやかに、その超える額に相当する金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       (ニ)為替先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本
          の合計額が、投資信託財産にかかる保有外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外
          貨建有価証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の時価総額
          を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、上記保有外貨
                                  25/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          建資産の時価総額が減少して、為替先渡取引の想定元本の合計額が当該保有外貨建資産の
          時価総額を超えることとなった場合には、委託者は、すみやかに、その超える額に相当す
          る 為替先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       (ホ)金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等を
          もとに算出した価額で評価するものとします。
       (ヘ)委託者は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受け入
          れが必要と認めたときは、担保の提供あるいは受け入れの指図を行うものとします。
     (3)【運用体制】

       a.ファンドの運用体制
        ※上記運用体制は、今後変更になることがあります。








      ●PLAN

       ・運用委員会において決定された信託財産等全体の運用方針等に基づき、運用会議を運用部署全
        体(運用部門、運用企画部門、調査部門)で開催し、運用にかかる基本計画を決定します。
       ・運用担当者はこの運用の基本計画を踏まえ、運用計画を作成します。
       ・運用計画は運用調査本部長および副本部長により承認されます。
      ●DO
       ・ファンドマネージャーは承認された運用計画に基づいて指図を行います。
       ・売買の執行・管理はトレーディング部門が行います。
      ●SEE
       ・コンプライアンス部門・リスク管理部門(20名程度)は日々の運用指図および売買執行につい
        て法令・諸規則等の遵守状況の点検を行い、必要に応じて運用部門を牽制します。
       ・リスク管理部門は日々の運用リスク等の分析・管理のほか、投資信託財産のパフォーマンス分
        析を行います。
       ・コンプライアンス部門・リスク管理部門およびコンプライアンスオフィサー(1名)は、原則
        として3ヵ月毎に開催されるコンプライアンス委員会、運用評価委員会において運用成果、法
        令・諸規則等の遵守状況、運用リスク管理状況等について検証・報告を行います。
                                  26/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       <受託者に対する管理体制>

         投資信託財産の管理業務を通じ、受託者の信託事務の正確性・迅速性、システム対応力等を
        総合的に検証しています。また、受託者より内部統制の整備および運用状況の報告書を受け
        取っています。
       b.運用体制に関する社内規則

          運用に関する社内規則として運用規程・細則および職務権限規程等を設けており、ファン
         ドマネージャーの任務と権限の範囲を明示するほか、各投資対象の取り扱いに関して基準を
         設け、ファンドの商品性に則った適切な運用の実現を図っています。
          また、売買執行、投資信託財産管理および法令遵守チェック等に関する各々の規程・内規
         があります。
     (4)【分配方針】

       a.収益分配方針

         <毎月決算の各コース>
          収益分配は原則として、毎月                 27 日(該当日が休業日の場合は翌営業日。)の決算時に以下
         の方針に基づき収益の分配(実質的に投資元本の払い戻しとなる分配を含みます。以下同
         じ。)を行います。
         1.分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益
          を含みます。)等の全額とします。
         2.分配金額は、原則として、各コースの決算日の直前に支払われた指数連動債の利金に基
          づく額を払い出すことを目標に委託者が決定します。当該利金は、参照指数の投資収益に
          基づくものではなく、原則として1年毎に到来する特定日の指数連動債の価格に所定の率
          を乗じて得た額に基づいて計算されます。結果として、分配金は実質的な投資元本の払い
          戻しにより一部または全部の額が充当されることがあります。
         3.留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行いま
          す。
         <年2回決算の各コース>
          収益分配は年2回、原則として、1月、7月の各月                              27 日(該当日が休業日の場合は翌営業
         日。)の決算時に以下の方針に基づき収益の分配(実質的に投資元本の払い戻しとなる分配
         を含みます。以下同じ。)を行います。
         1.分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益
          を含みます。)等の全額とします。
         2.分配金額は、原則として、各コースの決算日の直前に支払われた指数連動債の利金に基
          づく額を払い出すことを目標に委託者が決定します。当該利金は、参照指数の投資収益に
          基づくものではなく、原則として1年毎に到来する特定日の指数連動債の価格に所定の率
          を乗じて得た額に基づいて計算されます。結果として、分配金は実質的な投資元本の払い
          戻しにより一部または全部の額が充当されることがあります。
         3.留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行いま
          す。
       b.収益分配方式
         <各コース共通>
                                  27/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          投資信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         1.配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を
          控除した額(以下「配当等収益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報
          酬にかかる消費税等に相当する金額を控除した後、その残金を受益者に分配することがで
          きます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立
          てることができます。
         2.売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、
          信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあ
          るときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。
          なお、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       c.損失の繰り越し
         <各コース共通>
          毎計算期末において、投資信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
       d.分配金の取り扱い
         <各コース共通>
          「分配金受取コース」の受益者の分配金は原則として、決算日から起算して5営業日まで
         に、受益者に支払われます。
          「分配金再投資コース」の受益者の分配金は、税金を差し引いた後、別に定める契約に基
         づき、全額再投資されます。
     (5)【投資制限】

       ① 投資信託約款に定める投資制限

       a.株式への投資割合
          委託者は、投資信託財産に属する株式の時価総額が、投資信託財産の純資産総額の100分の
         20を超えることとなる投資の指図をしません。
       b.新株引受権証券等への投資割合
          委託者は、投資信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の時価総額が、投
         資信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       c.投資信託証券への投資割合
          委託者は、投資信託財産に属する投資信託証券の時価総額が、投資信託財産の純資産総額
         の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。ただし、当該投資信託証券のうち取
         引所金融商品市場(金融商品取引法第2条第17項に規定する金融商品市場をいいます。)ま
         たは外国市場に上場等され、かつ当該取引所において常時売却可能(市場急変等により一時
         的に流動性が低下している場合を除きます。)な投資信託証券の時価総額については、合計
         額の計算においてこれを算入しません。
       d.同一銘柄への投資割合
       (イ)委託者は、投資信託財産に属する同一銘柄の株式の時価総額が、投資信託財産の純資産
          総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       (ロ)委託者は、投資信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時
          価総額が、投資信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしませ
          ん。
       (ハ)委託者は、投資信託財産に属する同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権
          付社債の時価総額が、投資信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指
          図をしません。
       e.外貨建資産への投資割合
                                  28/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       f.投資する株式等の範囲
       (イ)委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引
          所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、取引所に準ずる市場において取引さ
          れている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当
          により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあ
          りません。
       (ロ)上記(イ)の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券およ
          び新株予約権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものにつ
          いては委託者が投資することを指図することができるものとします。
       g.信用取引の指図範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付け
          ることの指図をすることができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き
          渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
       (ロ)信用取引の指図は、次の各号に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行う
          ことができるものとし、かつ次の各号に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
          1.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
          2.株式分割により取得する株券
          3.有償増資により取得する株券
          4.売出しにより取得する株券
          5.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(新株予約権付社債のう
           ち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当
           該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしている
           もの(会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予
           約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といいます。以下同じ。)の新株予約
           権に限ります。)の行使により取得可能な株券
          6.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行
           使、または投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権
           (前号に定めるものを除きます。)の行使により取得可能な株券
       h.有価証券の貸し付けの指図および範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式およ
          び公社債を次の各号の範囲内で貸し付けの指図をすることができます。
          1.株式の貸し付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、投資信託財産で保
           有する株式の時価合計額の50%を超えないものとします。
          2.公社債の貸し付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、投資信
           託財産で保有する公社債の額面金額の50%を超えないものとします。
       (ロ)上記(イ)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、その
          超える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       (ハ)委託者は、有価証券の貸し付けにあたって必要と認めたときは、担保の受け入れの指図
          を行うものとします。
       i.公社債の空売りの指図範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産の計算においてす
          る投資信託財産に属さない公社債を売り付けることの指図をすることができます。なお、
          当該売り付けの決済については、公社債(投資信託財産により借り入れた公社債を含みま
          す。)の引き渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるものとしま
                                  29/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          す。
       (ロ)売り付けの指図は、当該売り付けにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総
          額の範囲内で行うものとします。
       (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の売り付けにかかる公社債の時価
          総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、
          その超える額に相当する売り付けの一部を決済するための指図をするものとします。
       j.公社債の借り入れ
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借り入れの指図をする
          ことができます。なお、当該公社債の借り入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めた
          ときは、担保の提供の指図を行うものとします。
       (ロ)借り入れの指図は、当該借り入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総
          額の範囲内とします。
       (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の借り入れにかかる公社債の時価
          総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、
          その超える額に相当する借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとしま
          す。
       (ニ)借り入れにかかる品借料は投資信託財産中から支払われます。
       k.特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
          外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認め
         られる場合には、制約されることがあります。
       l.外国為替予約の指図および範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指
          図することができます。
       (ロ)予約取引の指図は、投資信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との
          差額につき円換算した額が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただ
          し、投資信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替変動リスクを回避
          するためにする当該予約取引の指図については、この限りではありません。
       (ハ)上記(ロ)の限度額を超えることとなった場合には、委託者は所定の期間内に、その超
          える額に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をす
          るものとします。
       m.資金の借り入れ
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約
          に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借り入れた資金の返
          済を含みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを
          目的として、資金借り入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることが
          できます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日
          から投資信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解
          約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間、も
          しくは受益者への解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の
          入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券
          等の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額
          は、借入指図を行う日における投資信託財産の純資産総額の10%を超えないこととしま
          す。
       (ハ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は投資信託財産から収益分配金が支払われる日か
                                  30/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          らその翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       (ニ)借入金の利息は投資信託財産中から支払われます。
        n.利害関係人等との取引等
       (イ)受託者は、          受益者の保護に支障を生じることがないものであり、                               かつ信託業法、投資信
          託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反しない場合には、委託者の指図によ
          り、投資信託財産と、受託者(                  第三者との間において投資信託財産のためにする取引その
          他の行為であって、受託者が当該第三者の代理人となって行うものを                                        含みます     。)   および
          受託者の利害関係人、             信託業務の委託先およびその利害関係人または受託者における他の
          投資信託財産との間で、              約款に掲げる資産への投資等ならびに約款に掲げる取引                                その他こ
          れらに類する行為          を行うことができます。
       (ロ)    受託者は、受託者がこの信託の受託者としての権限に基づいて信託事務の処理として行
          うことができる取引その他の行為について、受託者または受託者の利害関係人の計算で行
          うことができるものとします。なお、受託者の利害関係人が当該利害関係人の計算で行う
          場合も同様とします。
       (ハ)委託者は、金融商品取引法、投資信託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反
          しない場合には、投資信託財産と、委託者、その取締役、執行役および委託者の利害関係
          人等(金融商品取引法第31条の4第3項および同条第4項に規定する親法人等または子法
          人等をいいます。)または委託者が運用の指図を行う他の投資信託財産との間で、約款に
          掲げる資産への投資等ならびに約款に掲げる取引その他これらに類する行為を行うことの
          指図をすることができ、受託者は、委託者の指図により、当該投資等ならびに当該取引、
          当該行為を行うことができます。
       (ニ)上記(イ)(ロ)(ハ)の場合、委託者および受託者は、受益者に対して信託法第31条
          第3項および同法第32条第3項の通知は行いません。
        o.デリバティブ取引等に係る投資制限
          デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたが
         い、合理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       ② 法令に定める投資制限
       a.同一の法人の発行する株式
          委託者は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投
         資信託につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株式にかか
         る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信
         託財産をもって取得することを受託者に指図しないものとします。
                                   (投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
     3【投資リスク】

      (1)ファンドのもつリスク

         各コースは、値動きのある有価証券などに投資しますので、基準価額は変動します。また、
       外貨建資産に投資した場合、為替相場の変動などの影響も受けます。
         これらの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者の
       みなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投
       資元本を割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金とは異なります。
       a.株価変動リスク
          株式の価格は、国内外の政治・経済・社会情勢の変化、金利動向、発行企業の業績・経営
         状況の変化、市場の需給関係などの影響を受け変動します。一般に、株価が下落した場合に
         はその影響を受け、各コースの基準価額が下落する可能性があります。
                                  31/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       b.為替変動リスク
          外貨建資産は、為替相場の変動により円換算価格が変動します。一般に、保有外貨建資産
         が現地通貨ベースで値上がりした場合でも、投資先の通貨に対して円高となった場合には、
         当該外貨建資産の円換算価格が下落し、各コースの基準価額が下落する可能性があります。
       ●限定為替ヘッジコース
          当コースでは、参照ファンドの運用成果と米ドル売り/円買いの為替取引の損益を反映す
         る指数連動債に投資します。この為替取引により参照ファンドが保有する米ドル建資産の対
         円での為替変動リスクは軽減されますが、米ドル建て以外の資産については米ドルに対する
         為替変動リスクを負うことになります。したがって、それらの通貨が米ドルに対して下落し
         た場合には、当コースの基準価額が下落する可能性があります。また、円の金利が米ドルの
         金利よりも低い場合には、その金利差相当分のコストがかかります。
       c.金利変動リスク
          公社債の価格は、金利水準の変化にともない変動します。一般に、金利が上昇した場合に
         は公社債の価格は下落し、各コースの基準価額が下落する可能性があります。
       d.信用リスク
          公社債などの信用力の低下や格付けの引き下げ、債務不履行が生じた場合には、当該公社
         債などの価格は下落します。これらの影響を受け、各コースの基準価額が下落する可能性が
         あります。投機的格付けが付与されているハイイールド債券や当該格付けが付与されている
         国が多い新興国の債券は、投資適格の債券に比べ信用リスクは高くなります。
       e.カウンターパーティ・リスク
          各コースが投資対象とする指数連動債の発行体は、UBS銀行ロンドン支店を取引相手と
         して、連動対象指数に概ね連動する投資成果と発行体の保有する資産の投資成果を交換する
         取引(スワップ取引)を行います。この取引では、原則として連動対象指数のリターンが裏
         付資産のリターンに対してプラスとなった場合には取引相手から発行体に、逆にマイナスと
         なった場合には発行体から取引相手に当該リターンの差に相当する額が支払われます。
          このスワップ取引において、取引相手となるUBS銀行ロンドン支店が債務不履行に陥っ
         た場合などには、指数連動債は繰上償還となり各コースも繰上償還されます。この場合、発
         行体は連動対象指数と保有資産のリターンの差を受け取ることができない可能性があるた
         め、保有資産を換金して指数連動債の償還金を各コースに支払いますが、リターンに相当す
         るものとして本来受け取ることができた額よりも保有資産を換金して得られた額(換金に関
         する費用控除後)が少額となる可能性があり、その差額相当分だけ各コースの償還金が減少
         する要因となります。
          また、各コースが繰上償還されると、運用を継続した場合に得られる可能性があった収益
         が獲得できなくなることになります。
       f.流動性リスク
          有価証券などを売買する際、当該有価証券などの市場規模が小さい場合や取引量が少ない
         場合には、希望する時期に、希望する価格で、希望する数量を売買することができない可能
         性があります。特に流動性の低い有価証券などを売却する場合にはその影響を受け、各コー
         スの基準価額が下落する可能性があります。また、各コースが組み入れる指数連動債は、当
         該指数連動債の値付業者が取引の相手方となる形式により流動性の確保を図りますが、参照
         ファンドなどの取引停止や、値付業者の財務状況が著しく悪化した場合などには、当該指数
         連動債の流動性が著しく低下する可能性があり、その影響により、各コースの基準価額が下
         落する可能性があります。
       g.カントリーリスク
          投資対象国・地域の政治経済情勢、通貨規制、資本規制、税制などの要因によって                                               資産価
                                  32/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         格や通貨価値が大きく変動する場合があります。これらの影響を受け、各コースの基準価額
         が下落する可能性があります。
          一般に新興国市場は、先進国市場に比べて規模が小さく、流動性も低く、金融インフラが
         未発達であり、さまざまな地政学的問題を抱えていることから、カントリーリスクはより高
         くなる可能性があります。
       h.特定の投資信託証券に投資するリスク
          各コースが実質的に投資する投資信託証券における運用会社の運用の巧拙が、各コースの
         運用成果に大きな影響を及ぼします。また、外国投資法人を通じて各国の有価証券に投資す
         る場合、国内籍の投資信託から直接投資を行う場合に比べて、税制が相対的に不利となる可
         能性があります。
       i.投資信託に関する一般的なリスクおよびその他の留意点
       (イ)各コースのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング
          オフ)の適用はありません。
       (ロ)法令や税制が変更される場合に、投資信託を保有する受益者が不利益を被る可能性があ
          ります。
       (ハ)投資信託財産の状況によっては、目指す運用が行われないことがあります。また、投資
          信託財産の減少の状況によっては、委託者が目的とする運用が困難と判断した場合、安定
          運用に切り替えることがあります。
       (ニ)投資した資産の流動性が低下し、当該資産の売却・換金が困難になる場合などがありま
          す。その結果、投資者の換金請求に伴う資金の手当てに支障が生じる場合などには、換金
          のお申し込みの受付を中止すること、およびすでに受け付けた換金のお申し込みを取り消
          す場合があります。
       (ホ)短期間に相当金額の解約申し込みがあった場合には、解約資金を手当てするために組入
          有価証券を市場実勢より大幅に安い価格で売却せざるを得ないことがあります。この場
          合、基準価額が下落する要因となり、損失を被ることがあります。
       (ヘ)証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変またはその国における天災地
          変、政変、経済事情の変化もしくは政策の変更などの諸事情により閉鎖されることがあり
          ます。これにより各コースの運用が影響を被って基準価額の下落につながる可能性があり
          ます。
     (2)リスク管理体制
      パフォーマンスの分析・管理                   : 運用成果を分析し、その結果を審議・検討して

                           その評価を行います。
      運用リスクの管理                   : 投資信託財産の運用リスクの管理およびその管理
                           の現状・適正性を把握し、管理方針を協議、必要
                           に応じ運用部門へ改善指示を行います。
                                  33/130





                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ※上記リスク管理体制は、今後変更になることがあります。








                                  34/130













                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  35/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  36/130





















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】


















     (1)【申込手数料】

                                  37/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (イ)申込手数料
          申込手数料は、取得申込受付日から起算して4営業日目の基準価額に、3.78%(税抜
         3.5%)を上限として販売会社がそれぞれ独自に定める手数料率を乗じて得た金額となりま
         す。商品および投資環境の説明・情報提供、購入の事務手続きなどの対価として販売会社に
         お支払いいただきます。当該手数料には消費税等(8%)が含まれます。
          手数料について、詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          なお、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は無手数料です。
                                       㯿                 㯿
          ファンドの受益権の取得申込者が「償還乗り換え」                               または「償還前乗り換え」                 により
         ファンド     の受益権を取得する場合、申込手数料の優遇を受けることができる場合がありま
         す。
          ただし、上記の申込手数料の優遇に関しては、優遇制度の取り扱い、優遇の内容、優遇を
         受けるための条件等は販売会社ごとに異なりますので、詳しくは各販売会社でご確認くださ
         い。
         
           託の償還金等をもって、その支払いを行った販売会社で                                ファンド     の受益権を取得する場
           合をいいます。
         
           期間内において、当該証券投資信託の一部解約金をもって、その支払いを行った販売会
           社で   ファンド     の受益権を取得する場合をいいます。
      (ロ)スイッチング手数料
                                          㯿
          ファンド     間において、乗り換え(以下「スイッチング」                             といいます。)が可能です。ス
         イッチング手数料につきましては、販売会社にお問い合わせください。
          スイッチングのお取り扱いの有無や対象ファンドなどは、販売会社により異なりますの
         で、詳しくは販売会社でご確認ください。
          なお、スイッチングの際には、換金時と同様の費用・税金がかかりますのでご留意くださ
         い。
         㯿ጰర뤰ꐰ쌰섰뀰ര栰漰İర뀰ﰰ퀰אּꈰ넰ﰰ뜰אּ픰ꄰ줰ര鉩쭢ူ夰謰픰ꄰ
           ドを換金した場合の手取金をもって、その換金請求受付日の販売会社の営業時間内に
           「グローバル・アロケーション・ファンド」を構成する他のファンドの取得申し込みを
           することをいいます。
     (2)【換金(解約)手数料】

          ご解約時の手数料等はありません。

     (3)【信託報酬等】

          日々のファンドの純資産総額に年率1.1124%(税抜1.03%)を乗じて得た額とします。

          なお、参照ファンドにおける信託報酬および指数手数料を含めた実質的な信託報酬の総額
         は、ファンドの純資産総額に対して最大で年率1.9424%(税抜1.86%)程度となります。
          信託報酬は、毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産から支払われます。
                                  38/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
         <信託報酬の配分>
           委託者            年率0.30%(税抜)              委託した資金の運用、基準価額の算出などの
                                     対価
           販売会社            年率0.70%(税抜)              購入後の情報提供、運用報告書など各種書類
                                     の送付、分配金・償還金・換金代金支払など
                                     の事務手続きなどの対価
           受託者            年率0.03%(税抜)              運用財産の管理、委託者からの指図の実行な
                                     どの対価
              (注)
                         年率0.08%            指数を算出し提供する対価
         指数手数料
          参照ファンド               年率0.75%            参照ファンドの投資運用会社に対する運用な
                                     どの対価
          実質的な負担          年率1.9424%(税抜1.86%)程度                            ―
       (注)参照指数は年率0.08%が指数手数料として日々控除された形で算出されます。
     (4)【その他の手数料等】

       a.   投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、監査法人に支払うファンド

         の監査報酬、当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額および受託者の立て替えた立替
         金の利息(以下「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、投資信託財産中から                                                  支払
         われます。
       b.投資信託財産にかかる監査報酬は、毎計算期末または信託終了のときに、当該監査報酬に
         かかる消費税等とともに投資信託財産中から支払われます。
       c.証券取引に伴う手数料・税金等、各コースの組入有価証券の売買の際に発生する売買委託
         手数料は、投資信託財産が負担します。この他に、売買委託手数料にかかる消費税等および
         資産を外国で保管する場合の費用ならびに先物取引・オプション取引等に要する費用につい
         ても投資信託財産が負担します。
       d.参照ファンドにおいても、有価証券売買時の売買手数料、計算にかかる報酬、登録および
         名義書換代行事務会社報酬、税務顧問、法律顧問、ファンド監査人などへの報酬、取締役の
         報酬、保管受託銀行への報酬などがかかります。
       e.「その他の手数料等」については、定率でないもの、定時に見直されるもの、売買条件な
         どに応じて異なるものなどがあるため、当該費用および合計額などを表示することができま
         せん。
        
         ることができません。
     (5)【課税上の取扱い】

       a.個人の受益者の場合

       (イ)収益分配金の取り扱い
           収益分配金のうち課税対象となる普通分配金については、配当所得として課税され、
          20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率で源泉徴収され
          ます。なお、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。確定申告を行い、総合課税
          (配当控除の適用はありません。)・申告分離課税のいずれかを選択することもできま
          す。
       (ロ)一部解約金・償還金の取り扱い
           一部解約時および償還時の譲渡益(解約価額または償還価額から取得費(申込手数料
                                  39/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (税込)を含みます。)を控除した額)については、譲渡所得とみなされ、20.315%(所
          得税15%、復興特別所得税0.315%および地方税5%)の税率による申告分離課税が適用さ
          れ ます。なお、特定口座(源泉徴収あり)の利用も可能です。
       (ハ)損益通算について
           一部解約時、償還時に生じた損失(譲渡損)は、確定申告を行うことにより上場株式等
          の譲渡益および上場株式等の配当所得等の金額(配当所得については申告分離課税を選択
          したものに限ります。)から差し引くこと(損益通算)ならびに3年間の繰越控除の対象
          とすることができます。一部解約時、償還時に生じた差益(譲渡益)は、上場株式等の譲
          渡損と損益通算ができます。
           また、特定口座(源泉徴収あり)をご利用の場合、その口座内において損益通算を行う
          ことが可能です(申告不要)。
           詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        <少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非課税制度「愛称:

          ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合>
          「NISA(ニーサ)」および「ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」は、上場株式や公
          募株式投資信託などについての非課税制度です。NISAおよびジュニアNISAをご利用
          の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得お
          よび譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を
          開設するなど、一定の条件に該当する方です。詳しくは、販売会社にお問い合わせくださ
          い。
       b.法人の受益者の場合

          収益分配金のうち課税対象となる普通分配金および一部解約金・償還金の個別元本超過額
         については15.315%(所得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率で源泉徴収されま
         す。なお、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。
          源泉徴収された所得税は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
          なお、益金不算入制度は適用されません。
       c.個別元本について
       (イ)追加型株式投資信託について、受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料およ
          び当該申込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別
          元本)にあたります。
       (ロ)受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加
          信託を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       (ハ)受益者が同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社ご
          とに、個別元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一
          ファンドの受益権を取得する場合は当該支店等ごとに、個別元本の算出が行われる場合が
          あります。
       (ニ)受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元
          本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本と
          なります。(「元本払戻金(特別分配金)」については、「d.収益分配金の課税につい
          て」をご参照ください。)
       d.収益分配金の課税について
          追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いと
         なる「元本払戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払い戻しに相当する部分)の
         区分があります。(前述の「収益分配金に関する留意事項」をご参照ください。)
                                  40/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          受益者が収益分配金を受け取る際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個
         別元本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金
         の 全額が普通分配金となり、②当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を
         下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益
         分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
          なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個
         別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本
         となります。
          ただし、課税対象となります分配金は普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)に
        関しましては非課税扱いとなります。
        㭎ઊᠰ潞獢က㈀㡞瓿ᑧࣿᅥ﹗⠰渰舰渰朰夰ɺ๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰漰Ŏઊᠰ೿ࠀ㗿रŠ뉺๎

        の取扱い」の内容が変更される場合があります。税金の取り扱いの詳細については、税務専門
        家などにご確認されることをお勧めします。
     5【運用状況】

     (1)【投資状況】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                                  (平成28年     2月29日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                160,600,730,000               98.99
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                 1,622,674,165              1.00
                  純資産総額                          162,223,404,165              100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                                  (平成28年     2月29日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                 13,031,440,000              99.01
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  129,922,233             0.98
                  純資産総額                          13,161,362,233              100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                                  (平成28年     2月29日現在)

                                  41/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
     社債券                       アイルランド                 5,879,650,000              99.01
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  58,574,970             0.98
                  純資産総額                           5,938,224,970             100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                                  (平成28年     2月29日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     社債券                       アイルランド                 1,313,467,100              98.29
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  22,759,917             1.70
                  純資産総額                           1,336,227,017             100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成28年     2月29日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額             投資

                     数量又は                               利率
     順
      国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
     位
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・      231,580,000,000          74.24   171,933,308,200         69.3500    160,600,730,000       0.0000   2023.01.20    98.99
       ンド       アロケーショ
              ン・ファン
              ド・インデッ
              クス(為替
              ヘッジなし)
              連動債A
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成28年     2月29日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                98.99
                  合計                               98.99
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                  42/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     イ.評価額上位銘柄明細
                                                  (平成28年     2月29日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額             投資

                     数量又は                               利率
     順
      国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
     位
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・      11,890,000,000         115.27    13,706,766,640         109.6000    13,031,440,000       0.0000   2023.01.20    99.01
       ンド       アロケーショ
              ン・ファン
              ド・インデッ
              クス(為替
              ヘッジなし)
              連動債B
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成28年     2月29日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                99.01
                  合計                               99.01
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成28年     2月29日現在)

                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額            投資

                     数量又は                               利率
     順位  国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・      10,700,000,000          55.95   5,987,053,940         54.9500    5,879,650,000      0.0000   2023.01.20    99.01
       ンド       アロケーショ
              ン・ファン
              ド・インデッ
              クス(限定為
              替ヘッジ)連
              動債C
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成28年     2月29日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                99.01
                  合計                               99.01
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                  43/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (平成28年     2月29日現在)
                           帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額             投資

                     数量又は                               利率
     順位  国/地域     種類    銘柄名             単価      金額      単価      金額        償還期限    比率
                     額面総額                               (%)
                            (円)      (円)      (円)      (円)            (%)
     1 アイルラ    社債券   グローバル・ア       1,487,000,000         88.44   1,315,102,800         88.3300    1,313,467,100      0.0000   2023.01.20    98.29
       ンド       ロケーション・
              ファンド・イン
              デックス(限定
              為替ヘッジ)連
              動債D
     (注)上記銘柄は、表示上、利率0.0000%となっておりますが、実際には変動利付債券です。

       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成28年     2月29日現在)

                  種類                     投資比率(%)

                  社債券                                98.29
                  合計                               98.29
     ②【投資不動産物件】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                  44/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     該当事項はありません。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1特定期間末         (平成25年     7月29日)       90,078,175,333         91,124,500,595             1.0331         1.0451
       第2特定期間末         (平成26年     1月27日)       78,297,276,853         79,195,025,507             1.0466         1.0586
       第3特定期間末         (平成26年     7月28日)       68,530,481,911         69,428,622,555             0.9767         0.9895
       第4特定期間末         (平成27年     1月27日)      101,644,773,954         102,917,566,631             1.0222         1.0350
       第5特定期間末         (平成27年     7月27日)      167,649,047,433         169,745,115,168             1.0078         1.0204
       第6特定期間末         (平成28年     1月27日)      174,863,415,119         177,623,532,540             0.7983         0.8109
                 平成27年     2月末日      111,534,376,306                ―      1.0393           ―
                     3月末日      120,587,969,330                ―      1.0220           ―
                     4月末日      129,939,482,155                ―      1.0316           ―
                     5月末日      140,325,667,178                ―      1.0525           ―
                     6月末日      160,382,890,783                ―      1.0329           ―
                     7月末日      171,724,555,391                ―      0.9971           ―
                     8月末日      173,113,754,408                ―      0.9230           ―
                     9月末日      175,165,098,133                ―      0.8794           ―
                     10月末日           190,251,160,641                ―      0.9138           ―
                     11月末日           196,376,683,829                ―      0.9109           ―
                     12月末日           192,024,872,156                ―      0.8671           ―
                 平成28年     1月末日      175,346,501,404                ―      0.8007           ―
                     2月末日      162,223,404,165                ―      0.7471           ―
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1計算期間末         (平成25年     7月29日)       16,655,080,352         16,806,741,758             1.0982         1.1082
       第2計算期間末         (平成26年     1月27日)       9,954,916,512        10,038,993,459             1.1840         1.1940
                                  45/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第3計算期間末         (平成26年     7月28日)       6,832,182,445         6,902,097,502            1.1824         1.1945
       第4計算期間末         (平成27年     1月27日)       9,269,744,814         9,354,269,495            1.3270         1.3391
       第5計算期間末         (平成27年     7月27日)       14,109,920,349         14,247,137,366             1.3985         1.4121
       第6計算期間末         (平成28年     1月27日)       13,915,054,708         14,073,617,566             1.1935         1.2071
                 平成27年     2月末日       10,143,105,238                ―      1.3669           ―
                     3月末日       10,959,826,178                ―      1.3609           ―
                     4月末日       11,714,992,483                ―      1.3914           ―
                     5月末日       12,510,753,706                ―      1.4376           ―
                     6月末日       13,653,644,402                ―      1.4288           ―
                     7月末日       14,263,713,134                ―      1.3842           ―
                     8月末日       14,448,662,394                ―      1.2968           ―
                     9月末日       14,422,411,979                ―      1.2536           ―
                     10月末日           15,270,626,365                ―      1.3212           ―
                     11月末日           15,776,508,329                ―      1.3355           ―
                     12月末日           15,331,484,055                ―      1.2899           ―
                 平成28年     1月末日       13,998,991,089                ―      1.1976           ―
                     2月末日       13,161,362,233                ―      1.1345           ―
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1特定期間末         (平成25年     7月29日)       26,652,062,026         26,983,784,062             0.9641         0.9761
       第2特定期間末         (平成26年     1月27日)       18,920,421,918         19,164,311,423             0.9309         0.9429
       第3特定期間末         (平成26年     7月28日)       11,870,727,864         12,022,601,674             0.8832         0.8945
       第4特定期間末         (平成27年     1月27日)       10,212,739,171         10,358,218,132             0.7933         0.8046
       第5特定期間末         (平成27年     7月27日)       7,976,767,511         8,080,180,877            0.7405         0.7501
       第6特定期間末         (平成28年     1月27日)       6,105,430,587         6,201,565,675            0.6097         0.6193
                 平成27年     2月末日       9,746,441,921               ―      0.7996           ―
                     3月末日       9,201,825,548               ―      0.7836           ―
                     4月末日       9,148,629,278               ―      0.7927           ―
                     5月末日       8,844,127,203               ―      0.7764           ―
                     6月末日       8,530,178,485               ―      0.7600           ―
                     7月末日       7,946,123,007               ―      0.7337           ―
                     8月末日       7,472,387,222               ―      0.6964           ―
                     9月末日       7,130,615,402               ―      0.6673           ―
                     10月末日            7,327,319,081               ―      0.6890           ―
                     11月末日            7,068,010,738               ―      0.6750           ―
                     12月末日            6,719,897,670               ―      0.6532           ―
                 平成28年     1月末日       6,084,579,006               ―      0.6107           ―
                     2月末日       5,938,224,970               ―      0.5997           ―
                                  46/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1計算期間末         (平成25年     7月29日)       3,687,793,136         3,723,662,136            1.0281         1.0381
       第2計算期間末         (平成26年     1月27日)       2,376,257,247         2,398,617,055            1.0627         1.0727
       第3計算期間末         (平成26年     7月28日)       1,653,051,274         1,669,462,814            1.0778         1.0885
       第4計算期間末         (平成27年     1月27日)       1,595,030,819         1,611,399,058            1.0427         1.0534
       第5計算期間末         (平成27年     7月27日)       1,595,311,526         1,611,403,310            1.0410         1.0515
       第6計算期間末         (平成28年     1月27日)       1,347,221,257         1,362,510,369            0.9252         0.9357
                 平成27年     2月末日       1,600,500,409               ―      1.0647           ―
                     3月末日       1,585,416,403               ―      1.0566           ―
                     4月末日       1,596,283,073               ―      1.0825           ―
                     5月末日       1,580,752,643               ―      1.0736           ―
                     6月末日       1,602,142,410               ―      1.0649           ―
                     7月末日       1,592,529,733               ―      1.0320           ―
                     8月末日       1,514,788,366               ―      0.9923           ―
                     9月末日       1,497,607,101               ―      0.9642           ―
                     10月末日            1,515,398,314               ―      1.0100           ―
                     11月末日            1,516,667,619               ―      1.0038           ―
                     12月末日            1,460,784,567               ―      0.9863           ―
                 平成28年     1月末日       1,349,863,770               ―      0.9270           ―
                     2月末日       1,336,227,017               ―      0.9236           ―
     ②【分配の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0720
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0720
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0768
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0768
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0756
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0756
     (注)各特定期間中の分配金の合計額を表示しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                  47/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)
        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0100
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0100
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0121
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0121
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0136
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0136
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0720
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0720
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0678
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0678
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0576
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0576
     (注)各特定期間中の分配金の合計額を表示しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                            0.0100
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                            0.0100
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                            0.0107
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            0.0107
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                            0.0105
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            0.0105
     ③【収益率の推移】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             10.5
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             8.3
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             0.7
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                             12.5
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             6.0
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △13.3
                                  48/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)収益率は各特定期間における騰落率を表示しており、当該特定期間中の分配金合計額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             10.8
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             8.7
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             0.9
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                             13.3
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             6.4
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △13.7
     (注)収益率は各計算期間における騰落率を表示しており、当該計算期間の分配金額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             3.6
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             4.0
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             2.2
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            △2.5
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             0.6
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △9.9
     (注)収益率は各特定期間における騰落率を表示しており、当該特定期間中の分配金合計額を加算して計算しています。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日                             3.8
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日                             4.3
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日                             2.4
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日                            △2.3
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日                             0.8
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日                            △10.1
     (注)収益率は各計算期間における騰落率を表示しており、当該計算期間の分配金額を加算して計算しています。

     (4)【設定及び解約の実績】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                  49/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)
        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           89,540,598,721            2,346,826,829
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日           21,387,082,966            33,768,466,970
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日           22,100,946,437            26,746,096,438
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日           40,781,411,689            11,511,721,647
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日           80,546,832,554            13,629,178,298
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日           74,495,743,250            21,793,387,199
     (注)第1特定期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           16,201,369,333            1,035,228,730
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日            1,123,274,629            7,881,720,452
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日            1,244,339,142            3,873,930,000
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日            2,776,593,448            1,569,186,487
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日            4,431,645,701            1,327,670,000
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日            3,267,807,161            1,698,260,000
     (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1特定期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日           27,996,608,624             353,105,548
        第2特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日            3,045,744,637           10,365,122,290
        第3特定期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日            1,392,564,824            8,276,530,000
        第4特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日            1,918,247,395            2,484,163,259
        第5特定期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日             761,383,991           2,863,402,694
        第6特定期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日            1,175,160,000            1,933,313,916
     (注)第1特定期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1計算期間         平成25年     2月  8日~平成25年       7月29日            3,667,200,000             80,300,000
        第2計算期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月27日             244,350,860           1,595,270,000
        第3計算期間         平成26年     1月28日~平成26年         7月28日             293,437,999            995,630,000
        第4計算期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月27日             265,473,138            269,520,000
        第5計算期間         平成27年     1月28日~平成27年         7月27日             253,330,000            250,521,131
        第6計算期間         平成27年     7月28日~平成28年         1月27日             167,795,072            244,240,000
                                  50/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     ≪参考情報≫

                                  51/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】


















     1【申込(販売)手続等】

                                  52/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (イ)取得申込者は、各コースそれぞれ「分配金受取コース」および「分配金再投資コース」に
         ついて、販売会社ごとに定める申込単位で、取得申込受付日から起算して4営業日目の基準
         価 額で購入することができます。ただし、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資す
         る場合は1口単位となります。
          また、スイッチングによりファンドを買い付ける場合は、販売会社ごとに定める申込単位
         となります。スイッチングについて、「分配金受取コース」の場合はスイッチング対象ファ
         ンドの同コースへの、「分配金再投資コース」の場合はスイッチング対象ファンドの同コー
         スへのスイッチングとなります。なお、販売会社によってはスイッチングの取り扱いを行わ
         ない場合があります。
          詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、申込金額に手数料および当該手数料に
         かかる消費税等を加算した金額を販売会社が指定する期日までに支払うものとします。
      (ロ)「分配金再投資コース」での取得申込者は、販売会社との間で「グローバル・アロケー
         ション・ファンド           *(目標払出し型)自動継続投資約款」(別の名称で同様の権利義務を規
         定する約款を含みます。)にしたがって契約(以下「別に定める契約」といいます。)を締
         結します。
         ・上記の*には次の表の各コースの名称をあてはめてご覧ください。
        毎月決算・            年2回決算・            毎月決算・            年2回決算・
        為替ヘッジなしコース            為替ヘッジなしコース            限定為替ヘッジコース            限定為替ヘッジコース
      (ハ)取得およびスイッチングの申し込みの受付は、原則として営業日の午後3時までとし、当

         該受付時間を過ぎた場合の申込受付日は翌営業日となります。ただし、受付時間は販売会社
         によって異なる場合があります。
          なお、以下のいずれかに該当する日には、取得およびスイッチングの申し込みの受付は行
         いません。
          ・申込日当日または翌営業日がロンドンの銀行の休業日となる日
          ・申込日の翌営業日がルクセンブルグの銀行の休業日となる日
          ・申込日の翌営業日が12月24日となる日
          ・投資信託財産の円滑運営の観点から委託者が別途指定する日
          また、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得
         ない事情があるとき、委託者の判断により、取得およびスイッチングの申し込みの受付を中
         止することおよび既に受け付けた取得およびスイッチングの申し込みの受付を取り消すこと
         ができます。ただし、別に定める契約に基づく収益分配金の再投資にかかる追加信託金の申
         し込みに限ってこれを受け付けるものとします。
     2【換金(解約)手続等】

       一部解約(解約請求によるご解約)

      (イ)受益者は、各コースそれぞれにおける「分配金受取コース」および「分配金再投資コー
         ス」とも、販売会社が定める単位をもって一部解約の実行を請求することができます。
          なお、受付は原則として営業日の午後3時までとし、当該受付時間を過ぎた場合の申込受
                                  53/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         付日は翌営業日となります。ただし、受付時間は販売会社によって異なる場合があります。
          また、投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の解約請求に制限を設ける場合が
         あります。
      (ロ)受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行う
         ものとします。
      (ハ)委託者は、一部解約の実行の請求を受け付けた場合には、この投資信託契約の一部を解約
         します。また、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記
         載または記録が行われます。
      (ニ)一部解約の価額は、一部解約の実行の請求受付日から起算して4営業日目の基準価額とし
         ます。
          一部解約に関して課税対象者にかかる所得税および地方税(法人の受益者の場合は所得税
         のみ)に相当する金額が控除されます。
          なお、一部解約の価額は、毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合
         わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
          
          (http://www.shinkotoushin.co.jp/)または、原則として計算日の翌日付の日本経済新
          聞朝刊に掲載されます。また、お問い合わせいただけます基準価額および一部解約の価額
          は、前日以前のものとなります。
      (ホ)一部解約金は、受益者の請求を受け付けた日から起算して、原則として、8営業日目から
         販売会社において受益者に支払われます。
      (へ)委託者は、以下のいずれかに該当する日には、上記(イ)による一部解約の実行の請求を
         受け付けないものとします。
          ・申込日当日または翌営業日がロンドンの銀行の休業日となる日
          ・申込日の翌営業日がルクセンブルグの銀行の休業日となる日
          ・申込日の翌営業日が12月24日となる日
          ・投資信託財産の円滑運営の観点から委託者が別途指定する日
      (ト)委託者は、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむ
         を得ない事情があるとき、一部解約の実行の請求の受付を中止することおよび既に受け付け
         た一部解約の実行の請求の受付を取り消すことができます。
      (チ)上記(ト)により一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付
         中止以前に行った一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の
         実行の請求を撤回しない場合には、一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の
         基準価額の計算日(各コースにおいて、この日が一部解約の実行の請求を受け付けない日で
         あるときは、この計算日以降の最初の一部解約の実行の請求を受け付けることができる日と
         します。)に一部解約の実行の請求を受け付けたものとして、上記(ニ)の規定に準じて計
         算された価額とします。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

          基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券

         を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た
                                  54/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)
         を、計算日における受益権口数で除した金額をいいます。
          基準価額は、毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合わせくださ
         い。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          
          い合わせいただけます基準価額は、前日以前のものとなります。
          各コースの主な投資対象の評価方法は以下のとおりです。

             投資対象                         評価方法
                                       ;
                        原則として基準価額計算日                における以下のいずれかの価額
                        で評価
                        ①日本証券業協会が発表する売買参考統計値(平均値)
             公社債等
                        ②金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場
                         を除く。)
                        ③価格情報会社の提供する価額
                        原則として基準価額計算日の対顧客電信売買相場の仲値で円
             外貨建資産
                        換算して評価
                        原則として基準価額計算日の対顧客先物売買相場の仲値で
            為替予約取引
                        評価
         㭙ᙖﴰ杓홟ᔰ唰谰昰䐰謰舰渰欰搰䐰昰漰œ齒䜰栰地晗﩮陏ꆘ䶊ࡻ靦䈰歷訰䘰譶터湥栰
         ます   。
     (2)【保管】

          該当事項はありません。

     (3)【信託期間】

          各コースの信託期間は、投資信託契約締結日から平成                              35 年1月    27 日までです。

          委託者は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受
         託者と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】

         <毎月決算の各コース>

          各コースの計算期間は、原則として毎月28日から翌月27日までとします。
          上記にかかわらず、上記の               原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」と
         いいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日以降の営業日で該当日に最も近い
         日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終
         了日は、投資信託約款に定める信託期間の終了日とします。
         <年2回決算の各コース>
          各コースの計算期間は、原則として毎年1月28日から7月27日まで、7月28日から翌年1
                                  55/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         月27日までとします。
          上記にかかわらず、上記の               原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」と
         いいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日以降の営業日で該当日に最も近い
         日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終
         了日は、投資信託約款に定める信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

       a.信託の終了(投資信託契約の解約)

       (イ)委託者は、投資信託契約の一部を解約することにより、各コースの受益権の総口数が30
          億口を下回ることとなった場合、またはこの投資信託契約を解約することが受益者のため
          有利であると認めるとき、もしくはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意の
          うえ、この投資信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合におい
          て、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
       (ロ)委託者は、各コースにおいて、信託終了前に、投資を行った指数連動債が繰上償還と
          なった場合には、受託者と合意のうえ、この投資信託契約を解約し、信託を終了させま
          す。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出
          ます。
       (ハ)委託者は、上記(イ)の事項について、下記「c.書面決議の手続き」の規定にしたが
          います。
       (ニ)委託者は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にし
          たがい、投資信託契約を解約し信託を終了させます。
       (ホ)委託者が監督官庁より登録の取り消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止し
          たときは、委託者は、この投資信託契約を解約し、信託を終了させます。
           上記の規定にかかわらず、監督官庁がこの投資信託契約に関する委託者の業務を他の委
          託者に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、下記「c.書面決議の手続き」の規定
          における書面決議が否決となる場合を除き、当該委託者と受託者との間において存続しま
          す。
       (ヘ)受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任
          務に違反して投資信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委
          託者または受益者は、裁判所に受託者の解任を申し立てることができます。受託者が辞任
          した場合、または裁判所が受託者を解任した場合、委託者は、下記「b.投資信託約款の
          変更等」の規定にしたがい、新受託者を選任します。なお、受益者は、上記によって行う
          場合を除き、受託者を解任することはできないものとします。
           委託者が新受託者を選任できないときは、委託者はこの投資信託契約を解約し、信託を
          終了させます。
       b.投資信託約款の変更等
       (イ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したと
          きは、受託者と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託
          との併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投
          資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変
          更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
       (ロ)委託者は、上記(イ)の事項(投資信託約款の変更事項にあっては、その内容が重大な
          ものに該当する場合に限り、併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響
          が軽微なものに該当する場合を除きます。以下「重大な約款の変更等」といいます。)に
          ついて、下記「c.書面決議の手続き」の規定にしたがいます。
                                  56/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (ハ)委託者は、監督官庁の命令に基づいてこの投資信託約款を変更しようとするときは、上
          記(イ)および(ロ)の規定にしたがいます。
          ※この投資信託約款は上記に定める以外の方法によって変更することができないものとしま
           す。
       c.書面決議の手続き
       (イ)委託者は、上記「a.信託の終了(投資信託契約の解約)」(イ)について、または
          「b.投資信託約款の変更等」(イ)の事項のうち重大な約款の変更等について、書面に
          よる決議(以下「書面決議」といいます。)を行います。この場合において、あらかじ
          め、書面決議の日ならびに投資信託契約の解約の理由または重大な約款の変更等の内容お
          よびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、各コースにかかる知れ
          ている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       (ロ)上記(イ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の投資信託財産にこの
          信託の受益権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託者を除きます。以下
          本項において同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することがで
          きます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は
          書面決議について賛成するものとみなします。
       (ハ)上記(イ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上
          に当たる多数をもって行います。
       (ニ)重大な約款の変更等における書面決議の効力は、各コースのすべての受益者に対してそ
          の効力を生じます。
       (ホ)上記(イ)から(ニ)までの規定は、委託者が投資信託契約の解約または重大な約款の
          変更等について提案をした場合において、当該提案につき、各コースにかかるすべての受
          益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときおよび上記「a.信託の終
          了(投資信託契約の解約)」(ロ)の規定に基づいてこの投資信託契約を解約する場合に
          は適用しません。また、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じてい
          る場合であって、上記(イ)から(ハ)までに規定する各コースの解約の手続きを行うこ
          とが困難な場合には適用しません。
       (ヘ)上記(イ)から(ホ)の規定にかかわらず、各コースにおいて併合の書面決議が可決さ
          れた場合にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の
          書面決議が否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
       d.反対受益者の受益権買取請求の不適用
          各コースは、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託者が投資信託契約の一部の解約
         をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金とし
         て支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、投資信託契約の解約(上記
         「a.信託の終了(投資信託契約の解約)」(ロ)の場合を除きます。)または重大な約款
         の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反
         対受益者による受益権買取請求の規定の適用を受けません。
       e.運用報告書
          委託者は、毎年1月、7月の決算時および償還時に交付運用報告書を作成し、知れている
         受益者に対し、販売会社を通じて交付します。
          運用報告書(全体版)は、下記「f.公告」に記載の委託者のホームページにおいて開示
         します。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、これを
         交付します。
       f.公告
          委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載し
                                  57/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ます。
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場
         合の公告は、日本経済新聞に掲載します。
       g.委託者の事業の譲渡および承継に伴う取り扱い
          委託者は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この投資信託契約
         に関する事業を譲渡することがあります。
          委託者は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この
         投資信託契約に関する事業を承継させることがあります。
       h.信託事務処理の再信託
       (イ)受託者は、各コースにかかる信託事務の処理の一部について資産管理サービス信託銀行
          株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託
          にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行います。
       (ロ)上記(イ)における資産管理サービス信託銀行株式会社に対する業務の委託について
          は、受益者の保護に支障を生じることがない場合に行うものとします。
       i.信託業務の委託等
       (イ)受託者は、委託者と協議のうえ、信託業務の一部について、信託業法第22条第1項に定
          める信託業務の委託をするときは、以下に掲げる基準のすべてに適合するもの(受託者の
          利害関係人を含みます。)を委託先として選定します。
          1.委託先の信用力に照らし、継続的に委託業務の遂行に懸念がないこと
          2.委託先の委託業務にかかる実績等に照らし、委託業務を確実に処理する能力があると
           認められること
          3.委託される投資信託財産に属する財産と自己の固有財産その他の財産とを区分する等
           の管理を行う体制が整備されていること
          4.内部管理に関する業務を適正に遂行するための体制が整備されていること
       (ロ)受託者は、上記(イ)に定める委託先の選定にあたっては、当該委託先が上記(イ)各
          号に掲げる基準に適合していることを確認するものとします。
       (ハ)上記(イ)および(ロ)にかかわらず、受託者は、次の各号に掲げる業務を、受託者お
          よび委託者が適当と認める者(受託者の利害関係人を含みます。)に委託することができ
          るものとします。
          1.投資信託財産の保存にかかる業務
          2.投資信託財産の性質を変えない範囲内において、その利用または改良を目的とする業
           務
          3.委託者のみの指図により投資信託財産の処分およびその他の信託の目的の達成のため
           に必要な行為にかかる業務
          4.受託者が行う業務の遂行にとって補助的な機能を有する行為
       j.他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
          受益者は、委託者または受託者に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行うことはできま
         せん。
         1.他の受益者の氏名または名称および住所
         2.他の受益者が有する受益権の内容
       k.関係法人との契約の更改
          委託者と販売会社との間において締結している「証券投資信託に関する基本契約」の有効
         期間は契約の締結日から1年ですが、期間満了前に委託者、販売会社いずれからも別段の意
         思表示のないときは自動的に1年間更新されるものとし、その後も同様とします。
                                  58/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【受益者の権利等】

       a.収益分配金請求権

          収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日(原則として決算日
         から起算して5営業日まで)に受益者に支払います。
          受益者が、収益分配金について、支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、
         その権利を失い、受託者から交付を受けた金銭は、委託者に帰属します。
          上記にかかわらず、「分配金再投資コース」の受益者の収益分配金は、原則として毎計算
         期間終了日の翌営業日に再投資されます。
       b.一部解約請求権
          受益者は、販売会社ごとに定める単位で、一部解約の実行を請求することができます。
          一部解約金は、受益者の請求を受け付けた日から起算して、原則として、8営業日目から
         受益者に支払います。
       c.償還金請求権
          償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日(原則として償還日から起算し
         て5営業日まで)に受益者に支払います。
          受益者が、信託終了による償還金について、支払開始日から                                   10 年間その支払いを請求しな
         いときは、その権利を失い、受託者から交付を受けた金銭は、委託者に帰属します。
                                  59/130













                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38

        年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
        則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成
        しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2) 当ファンドの計算期間は6ヵ月未満であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第6期特定期間(平成27年

        7月28日から平成28年             1月27日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監査
        を受けております。
     ○グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

     ○グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)
     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38

        年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
        則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作
        成しております。
         なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2) 当ファンドの計算期間は6ヵ月であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第6期計算期間(平成27年

        7月28日から平成28年             1月27日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監
        査を受けております。
     1【財務諸表】

                                  60/130






                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                  第5期特定期間末               第6期特定期間末
                                 平成27年     7月27日現在           平成28年     1月27日現在
      資産の部
       流動資産
                                       7,340,158,893               5,697,765,599
        コール・ローン
                                      165,519,774,000               173,229,422,000
        社債券
                                        181,609,410
        未収入金                                                    -
                                          10,533                7,864
        未収利息
                                        28,283,249               101,544,668
        その他未収収益
                                      173,069,836,085               179,028,740,131
        流動資産合計
                                      173,069,836,085               179,028,740,131
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,414,401,740
        未払金                                                    -
        未払収益分配金                              2,096,067,735               2,760,117,421
                                        771,539,640              1,236,648,782
        未払解約金
                                         4,022,593               4,883,638
        未払受託者報酬
                                        134,086,520               162,787,984
        未払委託者報酬
                                          670,424               887,187
        その他未払費用
                                       5,420,788,652               4,165,325,012
        流動負債合計
                                       5,420,788,652               4,165,325,012
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      166,354,582,185               219,056,938,236
        元本
        剰余金
                                       1,294,465,248
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                                          △ 44,193,523,117
                                       6,507,606,727               7,778,477,532
          (分配準備積立金)
                                      167,649,047,433               174,863,415,119
        元本等合計
                                      167,649,047,433               174,863,415,119
       純資産合計
                                      173,069,836,085               179,028,740,131
      負債純資産合計
                                  61/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  第5期特定期間               第6期特定期間
                                 自 平成27年       1月28日         自 平成27年       7月28日
                                 至 平成27年       7月27日         至 平成28年       1月27日
      営業収益
                                      11,535,871,723               18,675,162,061
       受取利息
       有価証券売買等損益                               △ 4,196,642,080              △ 44,376,820,800
                                        49,383,104               73,261,419
       その他収益
                                       7,388,612,747
                                                    △ 25,628,397,320
       営業収益合計
      営業費用
                                        20,986,534               29,990,777
       受託者報酬
                                        699,551,216               999,692,474
       委託者報酬
                                         5,693,166               8,724,333
       その他費用
                                        726,230,916              1,038,407,584
       営業費用合計
                                       6,662,381,831
                                                    △ 26,666,804,904
      営業利益
                                       6,662,381,831
                                                    △ 26,666,804,904
      経常利益
                                       6,662,381,831
                                                    △ 26,666,804,904
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                   42,333,875
                                                      △ 375,393,783
                                       2,207,846,025               1,294,465,248
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       3,003,584,029               1,974,721,574
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                                      1,974,721,574
                                             -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       3,003,584,029
                                                            -
       額
                                        450,792,106              5,521,272,664
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        450,792,106                18,204,457
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                                      5,503,068,207
                                             -
       額
                                      10,086,220,656               15,650,026,154
      分配金
                                       1,294,465,248
                                                    △ 44,193,523,117
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                  62/130










                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                       第6期特定期間

                     区分                自  平成27年     7月28日
                                     至  平成28年     1月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

               第5期特定期間末                            第6期特定期間末

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.   特定期間末日における受益権の総数                          1.   特定期間末日における受益権の総数
                        166,354,582,185口                            219,056,938,236口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        -                            元本の欠損 44,193,523,117円
     3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     1.0078円        1口当たり純資産額                     0.7983円
        (1万口当たり純資産額)                    (10,078円)         (1万口当たり純資産額)                    (7,983円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                          第5期特定期間                     第6期特定期間

          区分              自  平成27年     1月28日               自  平成27年     7月28日
                        至  平成27年     7月27日               至  平成28年     1月27日
     分配金の計算過程              第25期(自 平成27年           1月28日 至 平成27           第31期(自 平成27年           7月28日 至 平成27
                  年  2月27日)                    年  8月27日)
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (1,493,543,284円)、費用控除後、繰越欠損                     (2,515,108,205円)、費用控除後、繰越欠損
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託                     金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  約款に定める収益調整金(8,504,711,149円)                     約款に定める収益調整金(20,941,284,186
                  及び分配準備積立金(6,292,423,841円)より                     円)及び分配準備積立金(6,414,398,457円)
                  分配対象収益は16,290,678,274円(1万口当た                     より分配対象収益は29,870,790,848円(1万口
                  り1,517.95円)であり、うち1,352,210,142円                     当たり1,618.47円)であり、うち
                  (1万口当たり126円)を分配しております。                     2,325,442,176円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                                  63/130



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  第26期(自 平成27年           2月28日 至 平成27           第32期(自 平成27年           8月28日 至 平成27
                  年  3月27日)                    年  9月28日)
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (1,542,445,335円)、費用控除後、繰越欠損                     (2,753,793,312円)、費用控除後、繰越欠損
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託                     金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  約款に定める収益調整金(9,978,394,527円)                     約款に定める収益調整金(22,848,723,261
                  及び分配準備積立金(6,306,922,174円)より                     円)及び分配準備積立金(6,492,797,297円)
                  分配対象収益は17,827,762,036円(1万口当た                     より分配対象収益は32,095,313,870円(1万口
                  り1,534.29円)であり、うち1,464,038,933円                     当たり1,636.55円)であり、うち
                  (1万口当たり126円)を分配しております。                     2,471,013,532円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                  第27期(自 平成27年           3月28日 至 平成27           第33期(自 平成27年           9月29日 至 平成27
                  年  4月27日)                    年10月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (3,045,359,173円)、費用控除後、繰越欠損
                  (1,699,432,788円)、費用控除後、繰越欠損
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        約款に定める収益調整金(24,511,180,933
                  約款に定める収益調整金(11,338,812,877
                                        円)及び分配準備積立金(6,692,841,234円)
                  円)及び分配準備積立金(6,285,583,269円)
                                        より分配対象収益は34,249,381,340円(1万口
                  より分配対象収益は19,323,828,934円(1万口
                                        当たり1,661.38円)であり、うち
                  当たり1,549.98円)であり、うち
                                        2,597,458,049円(1万口当たり126円)を分配
                  1,570,838,495円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                  しております。
                  第28期(自 平成27年           4月28日 至 平成27           第34期(自 平成27年10月28日 至 平成27
                                        年11月27日)
                  年  5月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (3,009,202,096円)、費用控除後、繰越欠損
                  (1,825,502,092円)、費用控除後、繰越欠損
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        約款に定める収益調整金(26,077,580,919
                  約款に定める収益調整金(12,798,635,698
                                        円)及び分配準備積立金(6,991,222,550円)
                  円)及び分配準備積立金(6,288,142,699円)
                                        より分配対象収益は36,078,005,565円(1万口
                  より分配対象収益は20,912,280,489円(1万口
                                        当たり1,680.12円)であり、うち
                  当たり1,568.46円)であり、うち
                                        2,705,622,235円(1万口当たり126円)を分配
                  1,679,940,104円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                  しております。
                  第29期(自 平成27年           5月28日 至 平成27           第35期(自 平成27年11月28日 至 平成27
                                        年12月28日)
                  年  6月29日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (3,155,781,093円)、費用控除後、繰越欠損
                  (1,978,082,553円)、費用控除後、繰越欠損
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        約款に定める収益調整金(27,309,617,423
                  約款に定める収益調整金(15,871,133,814
                                        円)及び分配準備積立金(7,170,869,663円)
                  円)及び分配準備積立金(6,325,954,831円)
                                        より分配対象収益は37,636,268,179円(1万口
                  より分配対象収益は24,175,171,198円(1万口
                                        当たり1,699.47円)であり、うち
                  当たり1,583.91円)であり、うち
                                        2,790,372,741円(1万口当たり126円)を分配
                  1,923,125,247円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                  しております。
                                  64/130




                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  第30期(自 平成27年           6月30日 至 平成27           第36期(自 平成27年12月29日 至 平成28
                                        年  1月27日)
                  年  7月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (3,184,361,470円)、費用控除後、繰越欠損
                  (2,305,558,580円)、費用控除後、繰越欠損
                                        金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                  金補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託
                                        約款に定める収益調整金(27,143,033,392
                  約款に定める収益調整金(18,038,180,627
                                        円)及び分配準備積立金(7,354,233,483円)
                  円)及び分配準備積立金(6,298,115,882円)
                                        より分配対象収益は37,681,628,345円(1万口
                  より分配対象収益は26,641,855,089円(1万口
                                        当たり1,720.16円)であり、うち
                  当たり1,601.50円)であり、うち
                                        2,760,117,421円(1万口当たり126円)を分配
                  2,096,067,735円(1万口当たり126円)を分配
                                        しております。
                  しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第5期特定期間                   第6期特定期間

                     区分       自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
                                  65/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

               第5期特定期間末                            第6期特定期間末

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 同左
     社債券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                             第5期特定期間                   第6期特定期間

                            自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
                                  66/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                第5期特定期間末                 第6期特定期間末

               区分
                               平成27年     7月27日現在            平成28年     1月27日現在
     期首元本額                               99,436,927,929円                 166,354,582,185円
     期中追加設定元本額                               80,546,832,554円                 74,495,743,250円
     期中一部解約元本額                               13,629,178,298円                 21,793,387,199円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                           第5期特定期間末                     第6期特定期間末

                         平成27年     7月27日現在                平成28年     1月27日現在
           種類
                      当特定期間の損益に含まれた評価差額                     当特定期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                      △4,067,295,290                    △16,498,416,600

           合計                      △4,067,295,290                    △16,498,416,600

     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】


     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                          233,180,000,000            173,229,422,000
            クス(為替ヘッジなし)連動債A
                    合計                   233,180,000,000            173,229,422,000
     第2 信用取引契約残高明細表

                                  67/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                  68/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     第5期               第6期
                                 平成27年     7月27日現在           平成28年     1月27日現在
      資産の部
       流動資産
                                        567,385,886               409,055,173
        コール・ローン
                                      13,902,957,000               13,811,742,000
        社債券
                                            814               564
        未収利息
                                                        4,697,508
                                             -
        その他未収収益
                                      14,470,343,700               14,225,495,245
        流動資産合計
                                      14,470,343,700               14,225,495,245
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        68,146,300               23,078,760
        未払金
                                        137,217,017               158,562,858
        未払収益分配金
        未払解約金                                90,263,875               44,782,340
                                         1,874,634               2,429,878
        未払受託者報酬
                                        62,487,890               80,995,853
        未払委託者報酬
                                          433,635               590,848
        その他未払費用
                                        360,423,351               310,440,537
        流動負債合計
                                        360,423,351               310,440,537
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      10,089,486,584               11,659,033,745
        元本
        剰余金
                                       4,020,433,765               2,256,020,963
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       1,660,203,903               1,508,143,847
          (分配準備積立金)
                                      14,109,920,349               13,915,054,708
        元本等合計
                                      14,109,920,349               13,915,054,708
       純資産合計
                                      14,470,343,700               14,225,495,245
      負債純資産合計
                                  69/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     第5期               第6期
                                 自 平成27年       1月28日         自 平成27年       7月28日
                                 至 平成27年       7月27日         至 平成28年       1月27日
      営業収益
                                        266,854,457               318,740,670
       受取利息
       有価証券売買等損益                                 440,972,520             △ 2,394,646,290
                                         3,348,368               4,697,508
       その他収益
                                        711,175,345
                                                     △ 2,071,208,112
       営業収益合計
      営業費用
                                         1,874,634               2,429,878
       受託者報酬
                                        62,487,890               80,995,853
       委託者報酬
                                          757,094               966,307
       その他費用
                                        65,119,618               84,392,038
       営業費用合計
                                        646,055,727
                                                     △ 2,155,600,150
      営業利益
                                        646,055,727
                                                     △ 2,155,600,150
      経常利益
                                        646,055,727
                                                     △ 2,155,600,150
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                   63,128,804
                                                      △ 152,607,977
                                       2,284,233,931               4,020,433,765
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       1,737,205,057               1,051,843,556
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       1,737,205,057               1,051,843,556
       額
                                        446,715,129               654,701,327
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        446,715,129               654,701,327
       額
                                        137,217,017               158,562,858
      分配金
                                       4,020,433,765               2,256,020,963
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                  70/130











                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                         第6期

                     区分                自  平成27年     7月28日
                                     至  平成28年     1月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

                  第5期                            第6期

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.   計算期間末日における受益権の総数                          1.   計算期間末日における受益権の総数
                         10,089,486,584口                            11,659,033,745口
     2.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額                          2.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     1.3985円        1口当たり純資産額                     1.1935円
        (1万口当たり純資産額)                    (13,985円)         (1万口当たり純資産額)                    (11,935円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                            第5期                     第6期

          区分
                        自  平成27年     1月28日               自  平成27年     7月28日
                        至  平成27年     7月27日               至  平成28年     1月27日
     分配金の計算過程              計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (241,584,708円)、費用控除後、繰越欠損金                     (234,795,994円)、費用控除後、繰越欠損金
                  補填後の有価証券売買等損益(341,342,215                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  円)、信託約款に定める収益調整金                     款に定める収益調整金(2,543,534,773円)及
                  (2,360,229,862円)及び分配準備積立金                     び分配準備積立金(1,431,910,711円)より分
                  (1,214,493,997円)より分配対象収益は                     配対象収益は4,210,241,478円(1万口当たり
                  4,157,650,782円(1万口当たり4,120.75円)                     3,611.11円)であり、うち158,562,858円(1
                  であり、うち137,217,017円(1万口当たり136                     万口当たり136円)を分配しております。
                  円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                               第5期                   第6期

                     区分       自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
                                  71/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                  第5期                            第6期

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                  72/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 同左
     社債券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                               第5期                   第6期

                            自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                   第5期                 第6期

               区分
                               平成27年     7月27日現在            平成28年     1月27日現在
     期首元本額                                6,985,510,883円                 10,089,486,584円
     期中追加設定元本額                                4,431,645,701円                 3,267,807,161円
     期中一部解約元本額                                1,327,670,000円                 1,698,260,000円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                             第5期                     第6期

                         平成27年     7月27日現在                平成28年     1月27日現在
           種類
                      当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                        426,077,370                   △2,294,753,880

           合計                        426,077,370                   △2,294,753,880

     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】


                                  73/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第1 有価証券明細表
      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                           11,980,000,000            13,811,742,000
            クス(為替ヘッジなし)連動債B
                    合計                   11,980,000,000            13,811,742,000
     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                  74/130













                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                  第5期特定期間末               第6期特定期間末
                                 平成27年     7月27日現在           平成28年     1月27日現在
      資産の部
       流動資産
                                        262,434,463               199,874,719
        コール・ローン
                                       7,853,168,000               6,021,296,000
        社債券
                                        124,951,500                16,772,880
        未収入金
                                            376               275
        未収利息
                                         1,876,686               4,895,566
        その他未収収益
                                       8,242,431,025               6,242,839,440
        流動資産合計
                                       8,242,431,025               6,242,839,440
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        41,515,320
        未払金                                                    -
        未払収益分配金                               103,413,366                96,135,088
                                        113,643,555                35,313,115
        未払解約金
                                          205,148               172,338
        未払受託者報酬
                                         6,838,267               5,744,548
        未払委託者報酬
                                          47,858               43,764
        その他未払費用
                                        265,663,514               137,408,853
        流動負債合計
                                        265,663,514               137,408,853
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      10,772,225,680               10,014,071,764
        元本
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            △ 2,795,458,169              △ 3,908,641,177
                                        523,632,535               524,925,433
          (分配準備積立金)
                                       7,976,767,511               6,105,430,587
        元本等合計
                                       7,976,767,511               6,105,430,587
       純資産合計
                                       8,242,431,025               6,242,839,440
      負債純資産合計
                                  75/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  第5期特定期間               第6期特定期間
                                 自 平成27年       1月28日         自 平成27年       7月28日
                                 至 平成27年       7月27日         至 平成28年       1月27日
      営業収益
                                        806,998,324               743,636,961
       受取利息
       有価証券売買等損益                                △ 689,774,870             △ 1,478,434,880
                                         3,828,618               3,018,880
       その他収益
                                        121,052,072
                                                      △ 731,779,039
       営業収益合計
      営業費用
                                         1,462,302               1,174,537
       受託者報酬
                                        48,743,384               39,151,042
       委託者報酬
                                          702,282               639,961
       その他費用
                                        50,907,968               40,965,540
       営業費用合計
                                        70,144,104
                                                      △ 772,744,579
      営業利益
                                        70,144,104
                                                      △ 772,744,579
      経常利益
                                        70,144,104
                                                      △ 772,744,579
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額
                                       △ 11,521,216              △ 15,126,704
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △ 2,661,505,212              △ 2,795,458,169
                                        613,663,585               605,205,941
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        613,663,585               605,205,941
       額
                                        167,999,473               356,833,540
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        167,999,473               356,833,540
       額
                                        661,282,389               603,937,534
      分配金
                                      △ 2,795,458,169              △ 3,908,641,177
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                  76/130











                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                       第6期特定期間

                     区分                自  平成27年     7月28日
                                     至  平成28年     1月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

               第5期特定期間末                            第6期特定期間末

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.   特定期間末日における受益権の総数                          1.   特定期間末日における受益権の総数
                         10,772,225,680口                            10,014,071,764口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 2,795,458,169円                            元本の欠損 3,908,641,177円
     3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.7405円        1口当たり純資産額                     0.6097円
        (1万口当たり純資産額)                    (7,405円)        (1万口当たり純資産額)                    (6,097円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                          第5期特定期間                     第6期特定期間

          区分              自  平成27年     1月28日               自  平成27年     7月28日
                        至  平成27年     7月27日               至  平成28年     1月27日
     分配金の計算過程              第25期(自 平成27年           1月28日 至 平成27           第31期(自 平成27年           7月28日 至 平成27
                  年  2月27日)                    年  8月27日)
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (134,201,165円)、費用控除後、繰越欠損金                     (117,910,747円)、費用控除後、繰越欠損金
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  款に定める収益調整金(139,718,941円)及び                     款に定める収益調整金(175,978,131円)及び
                  分配準備積立金(528,644,557円)より分配対                     分配準備積立金(509,758,571円)より分配対
                  象収益は802,564,663円(1万口当たり658.39                     象収益は803,647,449円(1万口当たり738.85
                  円)であり、うち117,019,434円(1万口当た                     円)であり、うち104,417,334円(1万口当た
                  り96円)を分配しております。                     り96円)を分配しております。
                                  77/130




                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  第26期(自 平成27年           2月28日 至 平成27           第32期(自 平成27年           8月28日 至 平成27
                  年  3月27日)                    年  9月28日)
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (128,016,751円)、費用控除後、繰越欠損金                     (117,046,806円)、費用控除後、繰越欠損金
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  款に定める収益調整金(138,715,205円)及び                     款に定める収益調整金(184,319,376円)及び
                  分配準備積立金(524,045,853円)より分配対                     分配準備積立金(499,598,785円)より分配対
                  象収益は790,777,809円(1万口当たり671.67                     象収益は800,964,967円(1万口当たり753.49
                  円)であり、うち113,021,322円(1万口当た                     円)であり、うち102,046,614円(1万口当た
                  り96円)を分配しております。                     り96円)を分配しております。
                  第27期(自 平成27年           3月28日 至 平成27           第33期(自 平成27年           9月29日 至 平成27
                  年  4月27日)                    年10月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (122,328,940円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (125,088,323円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(192,561,351円)及び
                  款に定める収益調整金(138,720,593円)及び
                                        分配準備積立金(506,506,795円)より分配対
                  分配準備積立金(526,123,686円)より分配対
                                        象収益は821,397,086円(1万口当たり772.82
                  象収益は789,932,602円(1万口当たり684.32
                                        円)であり、うち102,030,678円(1万口当た
                  円)であり、うち110,812,458円(1万口当た
                                        り96円)を分配しております。
                  り96円)を分配しております。
                  第28期(自 平成27年           4月28日 至 平成27           第34期(自 平成27年10月28日 至 平成27
                                        年11月27日)
                  年  5月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (115,375,633円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (123,675,524円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(199,174,815円)及び
                  款に定める収益調整金(140,755,413円)及び
                                        分配準備積立金(510,987,389円)より分配対
                  分配準備積立金(530,073,224円)より分配対
                                        象収益は825,537,837円(1万口当たり788.23
                  象収益は794,504,161円(1万口当たり697.50
                                        円)であり、うち100,540,758円(1万口当た
                  円)であり、うち109,348,568円(1万口当た
                                        り96円)を分配しております。
                  り96円)を分配しております。
                  第29期(自 平成27年           5月28日 至 平成27           第35期(自 平成27年11月28日 至 平成27
                                        年12月28日)
                  年  6月29日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (114,871,680円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (120,142,618円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(202,318,189円)及び
                  款に定める収益調整金(155,353,583円)及び
                                        分配準備積立金(510,221,605円)より分配対
                  分配準備積立金(521,139,710円)より分配対
                                        象収益は827,411,474円(1万口当たり804.22
                  象収益は796,635,911円(1万口当たり710.29
                                        円)であり、うち98,767,062円(1万口当たり
                  円)であり、うち107,667,241円(1万口当た
                                        96円)を分配しております。
                  り96円)を分配しております。
                  第30期(自 平成27年           6月30日 至 平成27           第36期(自 平成27年12月29日 至 平成28
                                        年  1月27日)
                  年  7月27日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (112,289,503円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (118,742,591円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(200,881,291円)及び
                  款に定める収益調整金(153,616,898円)及び
                                        分配準備積立金(508,771,018円)より分配対
                  分配準備積立金(508,303,310円)より分配対
                                        象収益は821,941,812円(1万口当たり820.77
                  象収益は780,662,799円(1万口当たり724.69
                                        円)であり、うち96,135,088円(1万口当たり
                  円)であり、うち103,413,366円(1万口当た
                                        96円)を分配しております。
                  り96円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

                                  78/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第5期特定期間                   第6期特定期間

                     区分       自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

               第5期特定期間末                            第6期特定期間末

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
                                  79/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 同左
     社債券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                             第5期特定期間                   第6期特定期間

                            自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                第5期特定期間末                 第6期特定期間末

               区分
                               平成27年     7月27日現在            平成28年     1月27日現在
     期首元本額                               12,874,244,383円                 10,772,225,680円
     期中追加設定元本額                                 761,383,991円                1,175,160,000円
     期中一部解約元本額                                2,863,402,694円                 1,933,313,916円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                           第5期特定期間末                     第6期特定期間末

                         平成27年     7月27日現在                平成28年     1月27日現在
           種類
                      当特定期間の損益に含まれた評価差額                     当特定期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                       △234,715,620                     △446,742,700

           合計                       △234,715,620                     △446,742,700

     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

                                  80/130



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                           10,760,000,000             6,021,296,000
            クス(限定為替ヘッジ)連動債C
                    合計                   10,760,000,000             6,021,296,000
     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                  81/130












                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     第5期               第6期
                                 平成27年     7月27日現在           平成28年     1月27日現在
      資産の部
       流動資産
                                        61,626,315               49,531,090
        コール・ローン
                                       1,558,576,500               1,332,790,800
        社債券
                                            88               68
        未収利息
                                                         632,514
                                             -
        その他未収収益
                                       1,620,202,903               1,382,954,472
        流動資産合計
                                       1,620,202,903               1,382,954,472
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        16,091,784               15,289,112
        未払収益分配金
                                                        11,992,500
        未払解約金                                    -
        未払受託者報酬                                 254,589               244,439
                                         8,486,282               8,147,892
        未払委託者報酬
                                          58,722               59,272
        その他未払費用
                                        24,891,377               35,733,215
        流動負債合計
                                        24,891,377               35,733,215
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                       1,532,550,866               1,456,105,938
        元本
        剰余金
                                        62,760,660
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                                            △ 108,884,681
                                        87,421,210               81,570,595
          (分配準備積立金)
                                       1,595,311,526               1,347,221,257
        元本等合計
                                       1,595,311,526               1,347,221,257
       純資産合計
                                       1,620,202,903               1,382,954,472
      負債純資産合計
                                  82/130









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     第5期               第6期
                                 自 平成27年       1月28日         自 平成27年       7月28日
                                 至 平成27年       7月27日         至 平成28年       1月27日
      営業収益
                                        31,678,790               30,797,416
       受取利息
       有価証券売買等損益                                △ 10,593,575              △ 180,475,630
                                          658,130               632,514
       その他収益
                                        21,743,345
                                                      △ 149,045,700
       営業収益合計
      営業費用
                                          254,589               244,439
       受託者報酬
                                         8,486,282               8,147,892
       委託者報酬
                                          146,941               150,171
       その他費用
                                         8,887,812               8,542,502
       営業費用合計
                                        12,855,533
                                                      △ 157,588,202
      営業利益
                                        12,855,533
                                                      △ 157,588,202
      経常利益
                                        12,855,533
                                                      △ 157,588,202
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                   4,605,610
                                                      △ 11,355,296
                                        65,288,822               62,760,660
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        16,295,312
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                                       -
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        16,295,312
                                                            -
       額
                                        10,981,613               10,123,323
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        10,981,613                9,420,128
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                                         703,195
                                             -
       額
                                        16,091,784               15,289,112
      分配金
                                        62,760,660
                                                      △ 108,884,681
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                  83/130











                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                         第6期

                     区分                自  平成27年     7月28日
                                     至  平成28年     1月27日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  社債券
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気
                       配は使用いたしません。)、価格情報会社の提供する価額又は日本証券業協会発表
                       の売買参考統計値(平均値)に基づいて評価しております。
     (貸借対照表に関する注記)

                  第5期                            第6期

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.   計算期間末日における受益権の総数                          1.   計算期間末日における受益権の総数
                         1,532,550,866口                            1,456,105,938口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        -                            元本の欠損 108,884,681円
     3.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   計算期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     1.0410円        1口当たり純資産額                     0.9252円
        (1万口当たり純資産額)                    (10,410円)         (1万口当たり純資産額)                    (9,252円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                            第5期                     第6期

          区分              自  平成27年     1月28日               自  平成27年     7月28日
                        至  平成27年     7月27日               至  平成28年     1月27日
     分配金の計算過程              計算期間末における費用控除後の配当等収益                     計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  (23,435,977円)、費用控除後、繰越欠損金                     (22,521,340円)、費用控除後、繰越欠損金
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約                     補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  款に定める収益調整金(56,103,361円)及び                     款に定める収益調整金(62,219,364円)及び
                  分配準備積立金(80,077,017円)より分配対                     分配準備積立金(74,338,367円)より分配対
                  象収益は159,616,355円(1万口当たり                     象収益は159,079,071円(1万口当たり
                  1,041.49円)であり、うち16,091,784円(1万                     1,092.47円)であり、うち15,289,112円(1万
                  口当たり105円)を分配しております。                     口当たり105円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                                  84/130



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               第5期                   第6期
                     区分       自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       社債券であり、金利変動リスク等の市場
                       リスク、信用リスク及び流動性リスクを
                       有しております。
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

                  第5期                            第6期

              平成27年     7月27日現在                        平成28年     1月27日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
                                  85/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 同左
     社債券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                               第5期                   第6期

                            自  平成27年     1月28日             自  平成27年     7月28日
                            至  平成27年     7月27日             至  平成28年     1月27日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                   第5期                 第6期

               区分
                               平成27年     7月27日現在            平成28年     1月27日現在
     期首元本額                                1,529,741,997円                 1,532,550,866円
     期中追加設定元本額                                 253,330,000円                 167,795,072円
     期中一部解約元本額                                 250,521,131円                 244,240,000円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                             第5期                     第6期

                         平成27年     7月27日現在                平成28年     1月27日現在
           種類
                      当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
           社債券                        △13,851,145                    △170,706,725

           合計                       △13,851,145                    △170,706,725

     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】


                                  86/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第1 有価証券明細表
      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     社債券        グローバル・アロケーション・ファンド・インデッ                           1,507,000,000            1,332,790,800
            クス(限定為替ヘッジ)連動債D
                    合計                    1,507,000,000            1,332,790,800
     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                  87/130













                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                 (平成28年      2月29日現在)

     Ⅰ 資産総額                              165,335,703,817        円 

     Ⅱ 負債総額                               3,112,299,652       円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              162,223,404,165        円 
     Ⅳ 発行済口数                              217,124,080,673        口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.7471   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (7,471    円)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・為替ヘッジなしコース(目標払出し型)

                                 (平成28年      2月29日現在)

     Ⅰ 資産総額                               13,231,968,059       円 

     Ⅱ 負債総額                                 70,605,826     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               13,161,362,233       円 
     Ⅳ 発行済口数                               11,600,916,767       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.1345   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (11,345    円)
     グローバル・アロケーション・ファンド 毎月決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                 (平成28年      2月29日現在)

     Ⅰ 資産総額                               6,039,635,877       円 

     Ⅱ 負債総額                                101,410,907      円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               5,938,224,970       円 
     Ⅳ 発行済口数                               9,902,089,600       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.5997   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (5,997    円)
     グローバル・アロケーション・ファンド 年2回決算・限定為替ヘッジコース(目標払出し型)

                                 (平成28年      2月29日現在)

     Ⅰ 資産総額                               1,342,978,631       円 

     Ⅱ 負債総額                                 6,751,614     円 
                                  88/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               1,336,227,017       円 
     Ⅳ 発行済口数                               1,446,831,144       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.9236   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (9,236    円)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

        委託者は、このファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を

      取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継す
      る者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受
      益証券を発行しません。
      ( 1 )投資信託受益証券の名義書換等
          受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受
        益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の
        請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      ( 2 )受益者等名簿
          該当事項はありません。
      ( 3 )受益者等に対する特典
          該当事項はありません。
      ( ▶ )受益権の譲渡
        ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益
          権が記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振り替えの申請をするもの
          とします。
        ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有す
          る受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替
          口座簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開
          設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替
          機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権
          の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
        ③ 上記①の振り替えについて、委託者は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
          は記録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関
          等が異なる場合等において、委託者が必要と認めたときまたはやむを                                       得ない事情があると判
          断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      ( 5 )受益権の譲渡の対抗要件
          受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対
        抗することができません。
      ( 6 )受益権の再分割
          委託者は、受託者と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を
        均等に再分割できるものとします。
      ( 7 )償還金
          償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償
        還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以
        前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されてい
        る受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。
      ( 8 )質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
                                  89/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の
        支払い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款
        の 規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                  90/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

       a.資本金の額(平成28年2月末現在)

          資本金の額                        45億2,430万円
          会社が発行する株式総数                          3,000,000株
          発行済株式総数                          1,823,250株
          直近5ヵ年における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
       b.委託会社の機構
       (イ)株主総会において、15名以内の取締役が選任されます。
           取締役の選任は、発行済株式総数のうち議決権のある株式数の3分の1以上にあたる株
          式を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを行い、累積投票によらない
          ものとします。
           取締役の任期は、就任後1年内の最終の決算期に関する定時株主総会終結のときまでと
          します。
           取締役会の決議により、取締役の中から取締役会長1名、取締役社長1名、取締役副社
          長、専務取締役ならびに常務取締役若干名を定めることができます。
           取締役会の決議をもって代表取締役3名以内を決定します。
           代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議にしたがい業務を執行します。
           取締役会は、法令または定款に定めある事項のほか、当会社の重要なる業務執行に関す
          る事項を決定します。
       (ロ)組織図
        (ハ)投資運用の意思決定機構








                                  91/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【事業の内容及び営業の概況】











         「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投

        資信託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用
        (投資運用業)を行っています。また、「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行ってい
        ます。
         委託者が運用を行っている証券投資信託(親投資信託は除きます。)は以下のとおりです。
                                           (平成28年2月29日現在)
               基本的性格                  本数            純資産総額(円)
                                                 736,054,195,103
                                      27
           追加型公社債投資信託
                                                3,062,450,139,495
                                     244
            追加型株式投資信託
                                                  12,497,569,970
           単位型公社債投資信託                           3
                                                 236,432,738,020
                                      65
            単位型株式投資信託
                                                4,047,434,642,588
                                     339
                合計
     3【委託会社等の経理状況】

     1.財務諸表の作成方法について

       委託会社である新光投信株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様
      式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに
                                  92/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52
      号)により作成しております。
       当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)並びに同規則第38条および第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府
      令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
       なお、財務諸表及び中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第55期事業年度(平成26年4月1日から平
      成27年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
       第56期事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の中間財務諸表について、新日本有限
      責任監査法人により中間監査を受けております。
       1.財務諸表

     (1)【貸借対照表】

                                               (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                            13,492,111                 13,427,042
        有価証券                             3,291,156                 3,200,000
        貯蔵品                               5,188                 5,117
        立替金                              15,778                 23,184
        前払金                              38,614                 64,821
        前払費用                              16,530                 18,242
        未収入金                                 -                872
        未収委託者報酬                             2,654,090                 3,187,770
        未収運用受託報酬                              117,049                  99,054
        未収収益                               6,509                 6,338
        繰延税金資産                              283,616                 372,215
        流動資産合計
                                    19,920,646                 20,404,659
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                          ※2  12,380                 ※2  12,687
         構築物(純額)                          ※2       1,650             ※2       1,444
         器具・備品(純額)                          ※2    99,960               ※2    86,688
         リース資産(純額)                          ※2        340                  -
         有形固定資産合計
                                      114,332                 100,820
        無形固定資産
         電話加入権                                91                 91
                                  93/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ソフトウェア                             74,851                   85,517
         ソフトウェア仮勘定                             11,885                   669
         無形固定資産合計
                                      86,827                 86,278
        投資その他の資産
         投資有価証券                            3,213,218                 5,101,854
         関係会社株式                             77,100                 77,100
         長期差入保証金                             124,152                 124,246
         長期繰延税金資産                             63,925                    -
         前払年金費用                             374,562                 396,211
         その他                              6,632                 6,632
         投資その他の資産合計
                                    3,859,590                 5,706,044
        固定資産合計
                                    4,060,749                 5,893,143
      資産合計
                                    23,981,396                 26,297,802
                                                    (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        預り金                              21,303                 17,893
        リース債務                                810                 345
        未払金
         未払収益分配金                               177                 160
         未払償還金                             10,100                  5,083
         未払手数料                        ※1  1,296,830                 ※1  1,558,682
         その他未払金                             513,148                 952,018
         未払金合計
                                    1,820,257                 2,515,945
        未払費用
                                      548,430                 722,806
        未払法人税等                             1,462,380                 1,222,883
        賞与引当金                              362,800                 451,000
        役員賞与引当金                              44,200                 66,000
        外国税支払損失引当金                                 -             184,111
        訴訟損失引当金                                 -              30,000
        流動負債合計
                                    4,260,181                 5,210,985
      固定負債
        繰延税金負債                                 -              89,752
        長期リース債務                                345                  -
        退職給付引当金                              172,959                 155,806
        役員退職慰労引当金                              31,708                 39,333
        執行役員退職慰労引当金                              102,083                  63,916
        固定負債合計
                                      307,096                 348,809
      負債合計
                                    4,567,278                 5,559,794
     純資産の部
      株主資本
                                  94/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        資本金                             4,524,300                 4,524,300
        資本剰余金
         資本準備金                            2,761,700                 2,761,700
         資本剰余金合計
                                    2,761,700                 2,761,700
        利益剰余金
         利益準備金                             360,493                 360,493
         その他利益剰余金
          別途積立金                          8,900,000                 8,900,000
          繰越利益剰余金                          2,889,165                 3,981,245
         利益剰余金合計
                                    12,149,658                 13,241,738
        自己株式
                                     △72,415                 △72,415
        株主資本合計
                                    19,363,242                 20,455,322
      評価・換算差額等
                                      50,874                 282,685
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計
                                      50,874                 282,685
      純資産合計
                                    19,414,117                 20,738,008
     負債純資産合計
                                    23,981,396                 26,297,802
     (2)【損益計算書】

                                              (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                         (自 平成25年4月          1日       (自 平成26年4月          1日
                           至 平成26年3月31日)                 至 平成27年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                             29,107,010                 35,876,795
      運用受託報酬                               261,777                 238,412
      営業収益合計
                                    29,368,787                 36,115,207
     営業費用
      支払手数料                          ※1  15,428,327                 ※1  18,252,669
      広告宣伝費                               336,593                 456,430
      公告費                                2,919                  548
      調査費
        調査費                              339,210                 623,792
        委託調査費                             4,188,805                 5,966,340
        図書費                               4,862                 5,254
        調査費合計
                                    4,532,878                 6,595,388
      委託計算費
                                    1,151,067                 1,352,318
      営業雑経費
        通信費                              37,016                 32,335
        印刷費                              160,606                 103,093
        協会費                              14,992                 18,150
        諸会費                               3,153                 3,300
                                  95/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        その他                              27,521                 41,594
        営業雑経費合計
                                      243,290                 198,475
      営業費用合計
                                    21,695,077                 26,855,830
     一般管理費
      給料
        役員報酬                              89,886                 96,445
        給料・手当                             1,326,658                 1,368,552
        賞与                              332,688                 336,076
        給料合計
                                    1,749,233                 1,801,073
      交際費
                                       9,349                 11,426
      寄付金                                3,066                 3,198
      旅費交通費                                78,321                 100,386
      租税公課                                65,510                 68,508
      不動産賃借料                               205,792                 206,753
      賞与引当金繰入                               362,800                 451,000
      役員賞与引当金繰入                                44,200                 66,000
      役員退職慰労引当金繰入                                39,756                 24,930
      退職給付費用                               182,850                 191,900
      減価償却費                                63,615                 70,676
      諸経費                               585,445                 573,824
      一般管理費合計
                                    3,389,942                 3,569,678
     営業利益
                                    4,283,768                 5,689,698
                                                    (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                         (自 平成25年4月          1日       (自 平成26年4月          1日
                           至 平成26年3月31日)                 至 平成27年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                               143,049                 163,006
      有価証券利息                                6,052                 3,853
      受取利息                                14,495                 10,741
      時効成立分配金・償還金                                4,450                 5,080
      雑益                                20,588                   487
      営業外収益合計
                                      188,635                 183,170
     営業外費用
      支払利息                                  59                 26
      時効成立後支払分配金・償還金                                1,557                 3,083
      雑損                                8,673                 3,261
      営業外費用合計
                                      10,290                  6,371
     経常利益
                                    4,462,113                 5,866,496
     特別利益
      投資有価証券売却益                               158,386                  68,179
      特別利益合計
                                      158,386                  68,179
                                  96/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     特別損失
      固定資産除却損                                3,210                 3,177
      ゴルフ会員権売却損                                2,795                   -
      投資有価証券売却損                                42,388                 54,613
      投資有価証券評価損                                10,974                 10,952
      外国税支払損失引当金繰入額                                  -              184,111
      訴訟損失引当金繰入額                                  -              30,000
      その他特別損失                                  -              22,227
      特別損失合計
                                      59,368                 305,082
     税引前当期純利益
                                    4,561,131                 5,629,593
     法人税、住民税及び事業税
                                    1,905,519                 2,111,379
     法人税等調整額                               △113,958                  △66,999
     法人税等合計
                                    1,791,560                 2,044,380
     当期純利益
                                    2,769,571                 3,585,212
     (3)【株主資本等変動計算書】

       前事業年度(自 平成25年4月                1日 至 平成26年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                      株主資本
                               資本剰余金               利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                       資本金                                繰  越
                                資  本     利  益
                                              別  途
                                準備金       準備金
                                                       利  益
                                              積立金
                                                       剰余金
                        4,524,300        2,761,700       360,493       10,000,000        1,559,003
     当期首残高
     当期変動額
                                              △ 1,100,000        1,100,000
       別途積立金取崩
                                                      △ 2,539,409
       剰余金の配当
                                                       2,769,571
       当期純利益
       自己株式の取得
       自己株式の処分
       株主資本以外の項目の
       当期変動額(純額)
                            -        -      -             1,330,161
     当期変動額合計                                         △ 1,100,000
                        4,524,300        2,761,700       360,493        8,900,000        2,889,165
     当期末残高
                           株主資本              評価・換算差額等

                   利益剰余金
                                   株  主
                                                    純資産合計
                    利  益
                            自  己             その他有価証
                                   資  本
                                          券評価差額金
                            株  式
                    剰余金
                                   合  計
                    合  計
                                  97/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    11,919,497               19,133,081          106,625        19,239,706
                            △ 72,415
     当期首残高
     当期変動額
                                       -                   -
      別途積立金取崩
                    △ 2,539,409              △ 2,539,409                  △ 2,539,409
      剰余金の配当
                     2,769,571               2,769,571                   2,769,571
      当期純利益
                                       -                   -
      自己株式の取得
                                       -                   -
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
                                             △ 55,750         △ 55,750
      当期変動額(純額)
                      230,161          -     230,161                   174,410
                                             △ 55,750
     当期変動額合計
                    12,149,658               19,363,242           50,874        19,414,117
                            △ 72,415
     当期末残高
       当事業年度(自 平成26年4月                1日 至 平成27年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                      株主資本
                               資本剰余金               利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                       資本金
                                                      繰  越
                                資  本     利  益
                                              別  途
                                準備金       準備金
                                                      利  益
                                              積立金
                                                      剰余金
                         4,524,300        2,761,700       360,493       8,900,000        2,889,165
     当期首残高
        会計方針の変更による
                                                        46,276
        累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                         4,524,300        2,761,700       360,493       8,900,000        2,935,441
     当期首残高
     当期変動額
        別途積立金取崩
                                                      △ 2,539,409
        剰余金の配当
                                                       3,585,212
        当期純利益
        自己株式の取得
        自己株式の処分
        株主資本以外の項目の
        当期変動額(純額)
                            -        -      -        -    1,045,803
     当期変動額合計
                         4,524,300        2,761,700       360,493       8,900,000        3,981,245
     当期末残高
                           株主資本              評価・換算差額等

                    利益剰余金
                                   株  主
                                                    純資産合計
                     利  益
                             自  己            その他有価証
                                   資  本
                                           券評価差額金
                             株  式
                     剰余金
                                   合  計
                     合  計
                      12,149,658             19,363,242           50,874      19,414,117
                             △ 72,415
     当期首残高
                                  98/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      会計方針の変更による
                        46,276             46,276                  46,276
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      12,195,935             19,409,519           50,874      19,460,393
                             △ 72,415
     期首残高
     当期変動額
                                        -                  -
      別途積立金取崩
                      △ 2,539,409             △ 2,539,409                 △ 2,539,409
      剰余金の配当
                      3,585,212             3,585,212                  3,585,212
      当期純利益
                                        -                  -
      自己株式の取得
                                        -                  -
      自己株式の処分
      株主資本以外の項目の
                                              231,810        231,810
      当期変動額(純額)
                      1,045,803          -    1,045,803          231,810       1,277,614
     当期変動額合計
                      13,241,738             20,455,322           282,685       20,738,008
                             △ 72,415
     当期末残高
     重要な会計方針

     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)関連会社株式
          総平均法による原価法
      (2)その他有価証券
          時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
          は、総平均法により算定)
          時価のないもの
           総平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法
      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法。但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物      8~18年
          構築物      20年
          器具備品      2~20年
      (2)無形固定資産
          定額法。
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によ
          り償却しております。
      (3)リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定率法を採用しております。
     3.引当金の計上基準
      (1)賞与引当金
          従業員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当事業年度対応分を計上しております。
      (2)役員賞与引当金
                                  99/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          役員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当事業年度対応分を計上しております。
      (3)外国税支払損失引当金
          証券投資信託の中国株式投資に対する課税規定が明確化されたことに伴い、将来支払う可能性があ
          る金額を見積もり、計上しております。
      (4)訴訟損失引当金
          訴訟に対する損失に備えるため、将来発生する可能性のある金額を見積もり、必要と認められる額
          を計上しております。
      (5)退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づ
          き計上しております。
          ①退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につ
           いては、給付算定式基準によっております。
          ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額
           法により費用処理しております。
            数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
           (10年)による定額法により按分した額をそれぞれの発生の翌事業年度末から費用処理しており
           ます。
      (6)役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しておりま
          す。
      (7)執行役員退職慰労引当金
          執行役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しており
          ます。
     4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
      ります。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      (1)消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税等は、当事業年度の費用として
          処理しております。
     ( 会計方針の変更)

     (退職給付に関する会計基準等の適用)
      「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号                             平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
     う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号                                             平成27年3月26日。以
     下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲
     げられた定めについて当事業年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見
     込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するとともに、割引率の算定方法を退職給付
     の支払見込期間ごとに設定された複数の割引率を使用する方法に変更しました。
      退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当事業
     年度の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減してお
     ります。
      この結果、当事業年度の期首の前払年金費用が69,164千円増加、退職給付引当金が2,738千円減少し、利益
                                100/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     剰余金が46,276千円増加しております。なお、当事業年度の損益に与える影響は軽微であります。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成26年3月31日)               (平成27年3月31日)
      未払手数料                              760,018千円               777,631千円
     ※2.資産の金額から直接控除している減価償却累計額(減損損失累計額を含む)の額

                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成26年3月31日)               (平成27年3月31日)
      有形固定資産の減価償却累計額                              599,157千円               573,602千円
     (損益計算書関係)

     ※1.各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度
                             (自 平成25年4月          1日     (自 平成26年4月          1日
                             至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
      支払手数料                             8,738,779千円               9,189,399千円
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                1,823,250               -          -       1,823,250

     2.自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                  9,386             -          -         9,386

     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                株式の      配当金の        1株当たり
         決議                                 基準日          効力発生日
                種類     総額(千円)         配当額(円)
     平成25年12月19日
                普通
                       2,539,409           1,400    平成25年11月15日            平成25年12月20日
     臨時株主総会           株式
     当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                1,823,250               -          -       1,823,250

                                101/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                  9,386             -          -         9,386

     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                株式の      配当金の        1株当たり
         決議                                 基準日          効力発生日
                種類     総額(千円)         配当額(円)
     平成26年12月24日
                普通
                       2,539,409           1,400    平成26年11月26日            平成26年12月25日
     臨時株主総会           株式
     (リース取引関係)

     ファイナンス・リース取引(借主側)
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
     (1)リース資産の内容
      有形固定資産
      主として、投信システム設備としてのサーバー、ネットワーク機器他(器具備品)であります。
     (2)リース資産の減価償却方法
      重要な会計方針の「2.固定資産の減価償却の方法(3)リース資産」に記載のとおりであります。
     (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
          当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、一時的な余資は有金利預金や有価証券
        などにより、通常の取引条件から著しく乖離していないことを検証した上で行っております。また現先
        取引などの引合いを要する取引については、原則として複数の提示条件を参考に最も有利と判断する条
        件で、適切かつ効率的に行っております。
          なお、当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するための取得など、投資信託協会の規則に
        定める範囲において投資信託の取得及び処分を行っております。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク
          有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式
        であり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
          また営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産より受け入れる委託者報酬
        のうち、信託財産に未払委託者報酬として計上された金額であり、信託財産は受託銀行において分別管
        理されていることから、当社の債権としてのリスクは、認識しておりません。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制
        ① 信用リスク(預金の預入先の信用リスク)の管理
           預金の預入先については、資金管理規程に従い、格付けの高い預入先に限定することにより、リス
         クの軽減を図っております。
           また経営企画部が定期的に格付けをモニタリングし、それが資金管理規程に定める基準以下となっ
         た場合には、速やかに経営会議を開催し、残存期間などを総合的に勘案し、対処方法について決議を
         得る体制となっております。
                                102/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ② 市場リスク(価格変動リスク及び為替変動リスク)の管理
           保有している投資信託、株式の毎月末の時価など資金運用の状況については、資金管理規程に従
         い、経営企画部長が毎月の定例取締役会において報告をしております。
           また市場における価格変動リスクおよび為替変動リスクについては、資金管理規程に従い、経営企
         画部が定期的に時価をモニタリングし、その中で時価が基準を超える下落となった場合には、速やか
         に経営会議を開催し、対処方法について決議を得る体制となっております。
        ③ 流動性リスクの管理
          資金繰りについては、資金運用スケジュールを作成し、それに基づいた管理を行っております。ま
         た手元流動性を一定額以上維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
       (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
        額が含まれることがあります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提
        条件などを採用することにより、当該価額が変動することもあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
       ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
       前事業年度(平成26年3月31日)
                           貸借対照表計上額               時価          差額
                             (千円)            (千円)          (千円)
                               13,492,111            13,492,111            -
        (1)  現金及び預金
        (2)  有価証券及び投資有価証券
                               6,305,322            6,305,322            -
          その他有価証券
                               2,654,090            2,654,090           -
        (3)  未収委託者報酬
       当事業年度(平成27年3月31日)

                           貸借対照表計上額               時価          差額
                             (千円)            (千円)          (千円)
        (1)  現金及び預金                     13,427,042            13,427,042            -
        (2)  有価証券及び投資有価証券
                               8,102,802            8,102,802            -
          その他有価証券
        (3)  未収委託者報酬                      3,187,770            3,187,770           -
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
           (1)  現金及び預金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
             よっております。
           (2)  有価証券及び投資有価証券
              これらの時価について、投資信託は基準価額によっております。また譲渡性預金は短期間で
             決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
           (3)  未収委託者報酬
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
             よっております。
       (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品        (単位:千円)

                                103/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                              前事業年度                 当事業年度
                区分
                           (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
                                    276,151                 276,151
          非上場株式
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(2)                                                   有
         価証券及び投資有価証券             その他有価証券」には含めておりません。
       (注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

          前事業年度(平成26年3月31日)
                         1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          (1)  預金
                         13,491,981             -             -             -
          (2)  有価証券及び投資有
          価証券
                          3,291,156          380,080        1,261,941          269,692
            その他有価証券
          (3)  未収委託者報酬
                          2,654,090             -             -             -
          当事業年度(平成27年3月31日)

                         1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          (1)  預金
                         13,426,934             -             -            -
          (2)  有価証券及び投資有
          価証券
                          3,200,000         2,060,328         1,537,061          63,735
            その他有価証券
          (3)  未収委託者報酬
                          3,187,770             -             -            -
     (有価証券関係)

     1.関連会社株式
         関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額 77,100千円、前事業年度の貸借対照表計上額 
        77,100千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載して
        おりません。
      2.その他有価証券

      前事業年度(平成26年3月31日)
                               貸借対照表計上額              取得原価           差額
                       種類
                                  (千円)            (千円)          (千円)
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取得              (2)債券
     原価を超えるもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 1,920,996            1,709,935         211,061
                       小計             1,920,996            1,709,935         211,061
                   (1)株式                     -            -        -
                                104/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     貸借対照表計上額が取得              (2)債券                     -            -        -
     原価を超えないもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 4,384,326            4,516,340        △132,014
                       小計             4,384,326            4,516,340        △132,014
                合計                    6,305,322            6,226,275          79,047
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額199,051千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
       て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当事業年度(平成27年3月31日)

                               貸借対照表計上額              取得原価           差額
                       種類
                                  (千円)            (千円)          (千円)
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取得              (2)債券
     原価を超えるもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 2,787,026            2,215,104         571,921
                       小計             2,787,026            2,215,104         571,921
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取得              (2)債券                     -            -        -
     原価を超えないもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 5,315,776            5,470,388        △154,612
                       小計             5,315,776            5,470,388        △154,612
                合計                    8,102,802            7,685,493         417,309
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額199,051千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
       て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3.売却したその他有価証券

      前事業年度(平成26年3月31日)
                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)株式                         -             -             -
     (2)債券
     ①国債・地方債等                         -             -             -
     ②社債                         -             -             -
     ③その他                         -             -             -
     (3)その他                     1,209,919              158,386             △42,388
          合計                1,209,919              158,386             △42,388
                                105/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(平成27年3月31日)
                       売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
                       (千円)             (千円)             (千円)
     (1)株式                         -             -             -
     (2)債券
     ①国債・地方債等                         -             -             -
     ②社債                         -             -             -
     ③その他                         -             -             -
     (3)その他                      503,565              68,179            △54,613
          合計                 503,565              68,179            △54,613
     4.減損処理を行った有価証券

      前事業年度において、有価証券について10,974千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
     当事業年度において、有価証券について10,952千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
      なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
     を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を
     行っております。
     (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付企業年金制度(キャッシュバランス型)、確定拠出企業年金制度および退職一時金制
       度を設けております。
      2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表                                              (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                            (自   平成25年4月1日            (自   平成26年4月1日
                            至  平成26年3月31日)             至  平成27年3月31日)
     退職給付債務の期首残高
                                     1,281,738               1,424,739
      会計方針の変更による累積的影響額
                                          -           △71,902
     会計方針の変更を反映した期首残高
                                     1,281,738               1,352,836
        勤務費用
                                       80,449               90,967
        利息費用
                                       19,226                9,476
        数理計算上の差異の発生額
                                       91,561              △31,927
        退職給付の支払額
                                      △48,235               △73,269
        過去勤務費用の発生額
                                          -               -
       退職給付債務の期末残高
                                     1,424,739               1,348,083
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表                                              (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                            (自   平成25年4月1日            (自   平成26年4月1日
                            至  平成26年3月31日)             至  平成27年3月31日)
       年金資産の期首残高
                                     1,018,974               1,157,054
                                106/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        期待運用収益
                                       20,379               23,141
        数理計算上の差異の発生額
                                       70,810               108,961
        事業主からの拠出額
                                       78,919               78,464
        退職給付の支払額
                                     △32,029               △38,450
       年金資産の期末残高
                                     1,157,054               1,329,170
     (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

                                                   (単位:千円)
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成26年3月31日)               (平成27年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務
                                     1,187,071               1,111,797
       年金資産
                                    △1,157,054               △1,329,170
                                      30,017              △217,373
       非積立型制度の退職給付債務
                                      237,668               236,285
       未積立退職給付債務
                                      267,685                18,912
       未認識数理計算上の差異
                                     △496,048               △270,020
       未認識過去勤務費用
                                       26,759               10,703
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                     △201,603               △240,404
       退職給付引当金

                                      172,959               155,806
       前払年金費用
                                     △374,562               △396,211
       貸借対照表に計上された負債と資産の純
                                     △201,603               △240,404
     額
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額                                              (単位:千円)

                                前事業年度               当事業年度
                            (自   平成25年4月1日            (自   平成26年4月1日
                            至  平成26年3月31日)             至  平成27年3月31日)
       勤務費用(注1)
                                      110,782                119,135
       利息費用
                                      19,226                9,476
       期待運用収益
                                     △20,379                △23,141
       数理計算上の差異の費用処理額
                                      72,344                85,138
       過去勤務費用の費用処理額
                                     △16,055                △16,055
       確定給付制度に係る退職給付費用
                                      165,917                174,553
     (注)1.執行役員の退職慰労金に係る退職給付引当金繰入額(前事業年度30,333千円、当事業年度28,168千円)については「(1)勤務費
       用」に含めて記載しております。
     (5)年金資産に関する事項

                                前事業年度               当事業年度
                              (平成26年3月31日)               (平成27年3月31日)
       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
       株式
                                       41.3%               39.4%
       債券
                                       25.6%               27.3%
                                107/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       共同運用資産
                                       18.3%               21.0%
       生命保険一般勘定
                                       11.2%               10.6%
       現金及び預金
                                       3.3%               1.4%
       合計
                                       100%               100%
      ②長期期待運用収益率の設定方法
       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様な
      資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

      当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎                    
                                前事業年度               当事業年度
                            (自   平成25年4月1日            (自   平成26年4月1日
                            至  平成26年3月31日)             至  平成27年3月31日)
       割引率
                                        1.5%         0.0720%~1.625%
       長期期待運用収益率
                                        2.0%               2.0%
       予想昇給率(平均)
                                        2.6%               2.6%
      3.確定拠出制度 

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度16,933千円 当事業年度17,347千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                当事業年度
                              (平成26年3月31日)                (平成27年3月31日)
      繰延税金資産
        賞与引当金                         145,054千円                 170,920千円
        減価償却超過額                           1,076
                                                    896
        退職給付引当金
                                  98,025
                                                  70,882
        役員退職慰労引当金
                                  11,300
                                                  12,688
        投資有価証券評価損
                                  12,705
                                                  15,033
        非上場株式評価損
                                  28,430
                                                  25,733
        未払事業税
                                 103,536
                                                  90,342
        外国税支払損失引当金
                                     -
                                                  60,867
        訴訟損失引当金
                                     -
                                                  9,918
        その他
                                 109,079
                                                  87,621
      繰延税金資産小計
                                 509,208
                                                 544,905
        評価性引当額
                                     -
                                                     -
      繰延税金資産合計
                                 509,208
                                                 544,905
      繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金
                                △   28,172
                                                △134,624
        前払年金費用
                                △133,494
                                                △127,817
      繰延税金負債合計
                                △161,666
                                                △262,442
      繰延税金資産の純額
                                 347,542
                                                 282,463
                                108/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)   繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
        流動資産-繰延税金資産                          283,616千円               372,215千円
                                                    -
        固定資産-長期繰延税金資産                          63,925
                                    -                 89,752
        固定負債-長期繰延税金負債
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で
     あるため注記を省略しております。
      3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

      「所得税法等の一部を改正する法律」(平成                       27 年法律第     9 号)が平成      27 年 3 月 31 日に公布され
     平成  27 年 ▶ 月 1 日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴
     い、平成     27 年 ▶ 月 1 日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等については、繰延税金資産及び
     繰延税金負債を計算する法定実効税率の変更等を行なっております。
      その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が                                      19,637   千円減少し、その他有価証
     券評価差額金が        14,105   千円、法人税等調整額が             33,742   千円、それぞれ増加しております。
     (セグメント情報等)

     セグメント情報
      前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)及び
      当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       当社は、資産運用業という単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

      前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)及び
      当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        当社の製品及びサービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益各項目の区分と同一であることか
       ら、製品及びサービスごとの売上高の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報
      (1)営業収益
         当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者
        の情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額は、貸借対照表の有形固定資産の金額と同一であることか
        ら、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報
        当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者の
       情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
     報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                                109/130

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       該当事項はありません。
     報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       該当事項はありません。
     関連当事者情報

     1.関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る)等
       前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
                            議決権等の
         会社等の               事業の         関連当事
                  資本金又は出          所有(被所                取引金額          期末残高
      種類   名称又は     所在地          内容又         者との関     取引の内容            科目
                  資金(千円)          有)割合                (千円)          (千円)
         氏名               は職業         係
                            (%)
                            (被所有)
     親会社    みずほ証     東京都     125,167,284      金融商    直接77.05     当社設定     当社設定の       8,738,779     未払手     760,018
         券株式会     千代田          品取引    間接  7.74   の投資信     投資信託受            数料
         社     区          業         託受益権     益権の募
                                 の募集・     集・販売に
                                 販売     係る代行手
                                 役員の兼     数料の支払
                                 任     い
       当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

                            議決権等の
         会社等の               事業の         関連当事
                  資本金又は出          所有(被所                取引金額          期末残高
      種類   名称又は     所在地          内容又         者との関     取引の内容            科目
                  資金(千円)          有)割合                (千円)          (千円)
         氏名               は職業         係
                            (%)
                            (被所有)
     親会社    みずほ証     東京都     125,167,284      金融商    直接77.05     当社設定     当社設定の       9,189,399     未払手     777,631
         券株式会     千代田          品取引    間接  7.74   の投資信     投資信託受            数料
         社     区          業         託受益権     益権の募
                                 の募集・     集・販売に
                                 販売     係る代行手
                                 役員の兼     数料の支払
                                 任     い
                                110/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (イ)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

       前事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
                            議決権等の
          会社等の               事業の         関連当事
                  資本金又は出          所有(被所                取引金額          期末残高
      種類    名称又は     所在地          内容又         者との関     取引の内容            科目
                  資金(千円)          有)割合                (千円)          (千円)
          氏名               は職業         係
                            (%)
     同一の    みずほ証     東京都     4,110,000     不動産    直接  4.05   事務所の     事務所の賃        175,003    長期差     116,378

     親会社    券プロパ     中央区          賃貸業         賃借     借            入保証
     を持つ    ティマネ                                         金
     会社    ジメント
          株式会社
     同一の    日本証券     東京都      228,000    情  報  なし     計算業務     計算委託料        105,424    その他      8,030

     親会社    テクノロ     中央区          サービ         の委託     支払            未払金
     を持つ    ジー株式               ス業
     会社    会社
                                      ハウジング        16,824    その他      1,472
                                      サービス料            未払金
                                      支払
                                      メールシス        36,923    その他      3,230

                                      テムサービ            未払金
                                      ス料支払
                                      IT関連業務         4,145   その他      1,648

                                      支援            未払金
       当事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

                            議決権等の
          会社等の               事業の         関連当事
                  資本金又は出          所有(被所                取引金額          期末残高
      種類    名称又は     所在地          内容又         者との関     取引の内容            科目
                  資金(千円)          有)割合                (千円)          (千円)
          氏名               は職業         係
                            (%)
     同一の    みずほ証     東京都     4,110,000     不動産    直接  4.05   事務所の     事務所の賃        175,210    長期差     116,378

     親会社    券プロパ     中央区          賃貸業         賃借     借            入保証
     を持つ    ティマネ                                         金
     会社    ジメント
          株式会社
     同一の    日本証券     東京都      228,000    情  報  なし     計算業務     計算委託料        92,974    その他      8,479

     親会社    テクノロ     中央区          サービ         の委託     支払            未払金
     を持つ    ジー株式               ス業
                                111/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     会社    会社
                                      ハウジング        16,824    その他      1,514
                                      サービス料            未払金
                                      支払
                                      メールシス        36,923    その他      3,323

                                      テムサービ            未払金
                                      ス料支払
                                      IT関連業務        18,002    その他      1,736

                                      支援            未払金
     (注)1.上記(ア)~(イ)の金額のうち、取引金額と長期差入保証金の期末残高には消費税等が含まれておらず、未払手数
           料とその他未払金の期末残高には消費税等が含まれております。
     (注)2.取引条件及び取引条件の決定方法等
       (1)代行手数料については、投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信託報酬のうち、当社が受け取る委託者報酬
           から支払われます。委託者報酬の配分は両社協議のうえ合理的に決定しております。
       (2)事務所の賃借料の支払については、差入保証金の総額及び近隣の賃借料を勘案し、協議のうえ決定しております。
       (3)計算委託料、ハウジングサービス料及びメールシステムサービス料の支払は、協議のうえ合理的に決定しておりま
       す。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

       親会社情報
       みずほ証券株式会社(非上場)
     (1株当たり情報)

                             前事業年度                  当事業年度
                         (自 平成25年4月          1日       (自 平成26年4月          1日
                          至 平成26年3月31日)                  至 平成27年3月31日)
       1株当たり純資産額                           10,703円18銭                  11,433円05銭
       1株当たり当期純利益金額                           1,526円89銭                  1,976円56銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

     (注)2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前事業年度              当事業年度
                               (自 平成25年4月        1日      (自 平成26年4月        1日
                                至 平成26年3月31日)              至 平成27年3月31日)
      当期純利益金額(千円)                                2,769,571              3,585,212
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -              -
      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                                2,769,571              3,585,212
      期中平均株式数(千株)                                  1,813              1,813
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                112/130


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.中間財務諸表

      (1)中間貸借対照表
                                   (単位:千円)
                              当中間会計期間
                            (平成27年9月30日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                             15,954,811
        有価証券                             3,640,120
        貯蔵品                               6,357
        未収委託者報酬                             3,690,798
        未収運用受託報酬                               99,281
        繰延税金資産                              348,837
        その他                              242,660
        流動資産合計
                                    23,982,867
       固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                              11,617
         構築物(純額)                              1,354
         器具・備品(純額)                              76,976