株式会社クロップス 四半期報告書 第39期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第39期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社クロップス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    平成28年2月12日
      【四半期会計期間】                    第39期第3四半期(自 平成27年10月1日 至 平成27年12月31日)
      【会社名】                    株式会社クロップス
      【英訳名】                    CROPS CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  小池 伊知郎
      【本店の所在の場所】                    名古屋市中村区名駅四丁目23番9号
      【電話番号】                    052(588)5640(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部担当  後藤 久輝
      【最寄りの連絡場所】                    名古屋市中村区名駅四丁目23番9号
      【電話番号】                    052(588)5640(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部担当  後藤 久輝
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                                  1/17












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第38期           第39期
               回次               第3四半期           第3四半期            第38期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成26年4月1日           自 平成27年4月1日           自 平成26年4月1日

              会計期間
                           至 平成26年12月31日           至 平成27年12月31日           至 平成27年3月31日
                     (百万円)             19,554           24,205           27,020
     売上高
                     (百万円)               381           553           516
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)               147           297           178
     (当期)純利益
                     (百万円)               213           251           286
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)              4,082           4,416           4,209
     純資産額
                     (百万円)             12,865           15,587           15,552
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             15.35           30.98           18.61
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -            -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             29.7           26.2           25.0
     自己資本比率
                               第38期           第39期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成26年10月1日           自 平成27年10月1日

              会計期間
                           至 平成26年12月31日           至 平成27年12月31日
                      (円)             8.10           17.16
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
           計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としておりま
           す。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
           ません。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況1 
       四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「2.報告セグメントの変更等に関する
       事項」をご参照ください。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事
       業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
        (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、                         政府による経済政策や日銀の金融緩和を背景に、企業収益や
        雇用情勢は回復基調にあるものの、資源価格の下落や中国をはじめとするアジア新興国の景気減速が鮮明となるな
        ど、先行きは依然として不透明な状況で推移しました。
         このような経済環境の中、             移動体通信事業におきましては、キャリア間のサービス、料金体系に大きな違いはな
        く、物販や電気など通信以外のサービスを提供することにより、差別化を図っております。また、総務省からス
        マートフォンの料金及び端末販売に関して講ずべき措置について、携帯電話事業者に対し要請を行うなど、今後の
        動向が不透明な状況となっております。
         人材派遣事業につきましては、平成27年9月30日に改正労働者派遣法が施行され、派遣期間制限の見直し、派遣
        労働者の雇用安定やキャリアアップなどが新たに盛り込まれました。このような状況の中、                                          輸出関連の製造業を中
        心とした企業収益の改善により、東海地方の有効求人倍率は上昇し、完全失業率も低水準で推移するなど雇用情勢
        は改善している一方で、直接雇用化への流れが続いていることから、人材の確保が難しい状況となっております。
         ビルメンテナンス事業につきましては、                    輸出環境改善の恩恵を受ける製造業や公共投資増加の恩恵を受ける建設
        業等、顧客企業の収益に改善の傾向がみられる一方で、顧客企業のコスト削減意識は依然として強く、同業他社と
        の価格競争や既存顧客からの仕様変更、減額要請により受注価格の下落傾向が続いております。
         飲食店舗賃貸事業につきましては、世帯1人当たり外食支出額の増加等、外食産業の市場規模が拡大に転じてお
        り、出店費用を抑制できる居抜き出店、店舗貸借時に信用を補完できるサブリースとも好調に推移しております。
         文具事務用品卸事業につきましては、所得環境の停滞が続いたことによる消費者の節約志向の定着により、100
        円ショップや通信販売等のリーズナブルな商品の需要が堅調に推移しているものの、海外仕入先であるアジア諸国
        の人件費上昇や円安の影響で、仕入コストは増加傾向にあります。
         包装資材卸事業につきましては、平成27年1月に大明商事株式会社の全株式を取得して、連結子会社化いたしま
        した。みなし取得日を平成27年3月31日としていることから、第1四半期連結会計期間より収益貢献しております
        が、文具事務用品卸事業同様、海外仕入先であるアジア諸国の人件費上昇や円安の影響で、仕入コストは増加傾向
        にあります。
         なお、    前第3四半期連結会計期間において、連結子会社であった克龍風速上海商貿有限公司の出資持分を譲渡
        し、連結の範囲から除外したことに伴い、第1四半期連結会計期間より、報告セグメント「海外事業」を廃止して
        おります。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の連結業績は、売上高24,205百万円(前年同期比23.8%増)となりまし
        た。損益面におきましては営業利益530百万円(前年同期比47.1%増)、経常利益553百万円(前年同期比45.2%
        増)、親会社株主に帰属する四半期純利益297百万円(前年同期比101.8%増)となりました。
         セグメント別の概況は、次の通りであります。
         ① 移動体通信事業
          移動体通信事業においては、              データプランの多様化やフィーチャーフォン(従来型の携帯端末)型スマート
         フォンの販売による、フィーチャーフォンからスマートフォンへの買い替え促進、各ショップの立地や来店客層
         に合わせた週末キャンペーンの実施などによりスマートフォンやタブレット端末、周辺商材等の販売を強化いた
         しました。また、平成27年9月25日に発売されたiPhone6sの販売も堅調で、増収となりました。
          損益面においては、競合他社との価格競争による利益率の低下や販売員増加による人件費の増加等があったも
         のの、販売台数の増加や、契約全体に対するスマートフォン比率の上昇に伴い保有顧客の通信料等に応じて受け
         取る回線系手数料が増加し、増益となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は10,602百万円(前年同期比13.3%増)、営業利益は123百万
         円(前年同期比23.9%増)となりました。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
         ② 人材派遣事業
          人材派遣事業においては、平成26年12月に撤退した光回線販売(業務請負)の影響があったものの、製造業向
         け業務請負等が堅調に推移した結果、増収となりました。
          損益面においては、派遣スタッフ確保のための採用費増加等が響き、減益となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,640百万円(前年同期比1.4%増)、営業利益は20百万円
         (前年同期比39.6%減)となりました。
         ③ ビルメンテナンス事業
          ビルメンテナンス事業においては、大手取引先からのスポット案件が減少した結果、減収となりました。
          損益面においては、仕入先等の選定や値下げ交渉等により売上総利益率が改善しているものの、売上高の減少
         が響き、減益となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は2,981百万円(前年同期比5.3%減)、営業利益は145百万円
         (前年同期比7.0%減)となりました。
         ④ 飲食店舗賃貸事業
          飲食店舗賃貸事業においては、景気回復への期待感から顧客の新規出店意欲が高まっており、飲食店舗の開
         店・閉店支援サービスの契約件数、店舗管理業務(サブリース)の管理物件数とも好調に推移し、増収となりま
         した。
          損益面においては、営業員の増員等により販売費及び一般管理費が増加したものの、売上高の増加により、増
         益となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,077百万円(前年同期比30.4%増)、営業利益は203百万円
         (前年同期比71.2%増)となりました。
         ⑤ 文具事務用品卸事業
          文具事務用品卸事業においては、消費者の節約志向が定着しており、リーズナブルな商品を取り扱う100円
         ショップ、通信販売会社等への販売が堅調に推移し、増収となりました。
          損益面においては、円安等による仕入原価の上昇に対処すべく、販売価格の見直しを進めた結果、売上総利益
         率が改善し、増益となっております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,136百万円(前年同期比0.3%増)、営業利益は74百万円
         (前年同期比108.2%増)となりました。
         ⑥    包装資材卸事業
          包装資材卸事業においては、連結子会社化前と同水準の売上高を確保しております。また、仕入先の見直しや
         コスト削減に取り組んだ結果、営業利益を計上しております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は2,930百万円、営業利益は34百万円となりました。
        (2)財政状態の分析

          流動資産は、前連結会計年度末に比べて8.4%減少し、7,950百万円となりました。これは、主として現金及び
         預金の減少(249百万円)、受取手形及び売掛金の減少(429百万円)等によるものであります。
          固定資産は、前連結会計年度末に比べて11.2%増加し、7,636百万円となりました。これは、主として差入保
         証金の増加(478百万円)等があったことによるものであります。
          この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて0.2%増加し、15,587百万円となりました。
          流動負債は、前連結会計年度末に比べて1.2%増加し、7,227百万円となりました。これは、主として短期借入
         金の増加(400百万円)等があったことによるものであります。
          固定負債は、前連結会計年度末に比べて6.1%減少し、3,942百万円となりました。これは、主として長期借入
         金の減少(491百万円)等があったことによるものであります。
          この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて1.5%減少し、11,170百万円となりました。
          純資産は、前連結会計年度末に比べて4.9%増加し、4,416百万円となりました。これは、主として利益剰余金
         の増加(258百万円)等があったことによるものであります。
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       37,600,000
                 普通株式
                                                       37,600,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (平成28年2月12日)
               (平成27年12月31日)                        取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数は100株
                     9,597,400            9,597,400       名古屋証券取引所
       普通株式
                                                   であります。
                                        (各市場第一部)
                     9,597,400            9,597,400          -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総                             資本準備金増
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                  数増減数                             減額
         年月日
                         数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
                       -    9,597,400           -       255        -       315

     平成27年12月31日
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(平成27年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】
                                                 平成27年12月31日現在
                        株式数(株)           議決権の数(個)

            区分                                        内容
                           -            -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                      -            -             -
     議決権制限株式(その他)                      -            -             -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                       普通株式         400
     完全議決権株式(その他)                 普通株式      9,596,200               95,962          -
                       普通株式         800            -             -

     単元未満株式
                            9,597,400           -             -
     発行済株式総数
                           -               95,962          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                 平成27年12月31日現在
                                                      発行済株式総

                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                                      合(%)
     (自己保有株式)
                   名古屋市中村区名駅四丁目
                                     400        -       400       0.00
                   23番9号
     株式会社クロップス
                        -            400        -       400       0.00
           計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平
       成27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,375              2,126
         現金及び預金
                                         3,774              3,345
         受取手形及び売掛金
                                         1,785              1,763
         商品
                                           754              723
         その他
                                           △ 8             △ 7
         貸倒引当金
                                         8,682              7,950
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         1,848              1,848
          土地
                                         1,071              1,127
          その他(純額)
                                         2,920              2,975
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           485              396
          のれん
                                           58              62
          その他
                                           544              458
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,368              2,847
          差入保証金
                                         1,037              1,354
          その他
                                           △ 0              -
          貸倒引当金
                                         3,405              4,202
          投資その他の資産合計
                                         6,869              7,636
         固定資産合計
                                         15,552              15,587
       資産合計
                                  8/17











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         2,598              2,275
         支払手形及び買掛金
                                         1,920              2,320
         短期借入金
                                           713              667
         1年内返済予定の長期借入金
                                           183              202
         賞与引当金
                                         1,725              1,761
         その他
                                         7,142              7,227
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,429               938
         長期借入金
                                            8              8
         役員退職慰労引当金
                                           171              170
         退職給付に係る負債
                                         1,955              2,396
         長期預り保証金
                                           635              429
         その他
                                         4,200              3,942
         固定負債合計
                                         11,342              11,170
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           255              255
         資本金
                                           315              315
         資本剰余金
                                         3,044              3,303
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         3,614              3,873
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           276              205
         その他有価証券評価差額金
                                           276              205
         その他の包括利益累計額合計
                                           318              337
       非支配株主持分
                                         4,209              4,416
       純資産合計
                                         15,552              15,587
      負債純資産合計
                                  9/17










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                         19,554              24,205
      売上高
                                         15,678              19,688
      売上原価
                                         3,875              4,516
      売上総利益
                                         3,514              3,985
      販売費及び一般管理費
                                           361              530
      営業利益
      営業外収益
                                           10              14
       受取利息及び配当金
                                           -              15
       保険解約返戻金
                                           32              23
       その他
                                           43              54
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           18              18
       支払利息
                                            ▶              12
       その他
                                           22              31
       営業外費用合計
                                           381              553
      経常利益
      特別利益
                                            0              -
       固定資産売却益
                                           -               2
       投資有価証券売却益
                                            0              2
       特別利益合計
      特別損失
                                            8              8
       固定資産除売却損
                                           15              -
       減損損失
                                           50              -
       関係会社整理損
                                           -               6
       賃貸借契約解約損
                                           73              15
       特別損失合計
                                           307              541
      税金等調整前四半期純利益
                                           141              219
      法人税等
                                           166              321
      四半期純利益
                                           19              24
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           147              297
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/17









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
                                           166              321
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           63             △ 70
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 16               -
       為替換算調整勘定
                                           47             △ 70
       その他の包括利益合計
                                           213              251
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           194              227
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           19              24
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                               平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と
        いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                平成25年9月13日。以下「事業分離等会計
        基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分
        変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す
        る方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な
        会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表
        に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持
        分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累計期間及び前連結会
        計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
         企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業
        分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首時点から将
        来にわたって適用しております。
         これによる損益に与える影響はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて算出しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        の通りであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成26年12月31日)                  至 平成27年12月31日)
     減価償却費                                 91百万円                 100百万円
     のれんの償却額                                 46                  75
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年12月31日)
           配当金支払額
                            配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)       当額(円)
     平成26年6月20日
                                 47      5.00
                普通株式      利益剰余金                     平成26年3月31日         平成26年6月23日
     定時株主総会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)

           配当金支払額
                            配当金の総額       1株当たり配
         決議       株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)       当額(円)
     平成27年6月19日
                                 38      4.00
                普通株式      利益剰余金                     平成27年3月31日         平成27年6月22日
     定時株主総会
                                 12/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                     報告セグメント
                                   ビルメン

                      移動体      人材派遣             飲食店舗       文具事務
                                   テナンス                    海外事業
                      通信事業        事業            賃貸事業      用品卸事業
                                    事業
     売上高

                        9,353       1,494       3,147       2,360       3,127        70
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         -      122        1      -       -       -
      は振替高
                        9,353       1,617       3,149       2,360       3,127        70
            計
     セグメント利益又は損失(△)                    99       34      156       118       35      △ 42
                                  四半期連結

                             調整額      損益計算書
                       合計
                            (注1)       計上額
                                   (注2)
     売上高

                       19,554         -     19,554
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         124      △ 124       -
      は振替高
                       19,678       △ 124     19,554
            計
     セグメント利益又は損失(△)                    401      △ 40      361
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去5百万円、のれん償却額△46百万円が
           含まれております。
         2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             「海外事業」セグメントにおいて、15百万円の固定資産減損損失を計上しております。
                                 13/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                     報告セグメント
                                   ビルメン

                      移動体      人材派遣             飲食店舗       文具事務      包装資材卸事
                                   テナンス
                      通信事業        事業            賃貸事業      用品卸事業         業
                                    事業
     売上高

                       10,602       1,479       2,979       3,077       3,136       2,930
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         -      160        1      -       -       0
      は振替高
                       10,602       1,640       2,981       3,077       3,136       2,930
            計
     セグメント利益又は損失(△)                    123       20      145       203       74       34
                                  四半期連結

                             調整額      損益計算書
                       合計
                            (注1)       計上額
                                   (注2)
     売上高

                       24,205         -     24,205
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                         163      △ 163       -
      は振替高
                       24,369       △ 163     24,205
            計
     セグメント利益又は損失(△)                    600      △ 69      530
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去5百万円、のれん償却額△75百万円が
           含まれております。
         2 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントの変更等に関する事項

              前第4四半期連結会計期間において、包装資材の卸売り販売等を営む大明商事株式会社の株式を取得
             し、連結子会社化したことに伴い、第1四半期連結会計期間より、報告セグメント「包装資材卸事業」
             を追加しております。
              また、前第3四半期連結会計期間において、連結子会社であった克龍風速上海商貿有限公司の出資持
             分を譲渡し、連結の範囲から除外したことに伴い、第1四半期連結会計期間より、報告セグメント「海
             外事業」を廃止しております。
                                 14/17







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下の通りであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                項目
                                至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   15円35銭               30円98銭

     (算定上の基礎)
     親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                      147               297

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -               -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                           147               297
     金額(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                     9,596               9,596
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

      共通支配下の取引等
      (連結子会社間の吸収合併)
       当社の連結子会社である株式会社スガタと大明商事株式会社は、平成27年11月12日に、株式会社スガタを吸収合併存
      続会社、大明商事株式会社を吸収合併消滅会社とする吸収合併契約を締結し、平成28年1月1日に合併をいたしまし
      た。また、これにあわせて株式会社スガタは、株式会社ハピラに商号変更いたしました。
      1.取引の概要

       (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容

         ① 結合企業
           名称:株式会社スガタ
           事業の内容:文具・事務用品の卸売
         ② 被結合企業
           名称:大明商事株式会社
           事業の内容:包装資材の卸売
       (2)企業結合日

          平成28年1月1日
       (3)企業結合の法的形式

          株式会社スガタを存続会社とし、大明商事株式会社を消滅会社とする吸収合併
       (4)結合後企業の名称

          株式会社ハピラ
       (5)その他取引の概要に関する事項

          経営管理体制の一元化を行うことで、経営効率化、企業価値向上を図るものであります。
      2.実施した会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等
      会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                            平成25年9月13日)に基づき、共通支配下の取引として
      会計処理を行う予定であります。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年2月12日

     株式会社クロップス
      取締役会 御中
                            有限責任     あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              岩   田   国   良   印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              楠     元     宏     印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クロッ

     プスの平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平
     成27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロップス及び連結子会社の平成27年12月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。