有馬冨士開発株式会社 半期報告書 第53期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第53期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:有馬冨士開発株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成27年12月25日
      【中間会計期間】                    第53期中(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
      【会社名】                    有馬冨士開発株式会社
      【英訳名】                    Arimafuji     Kaihatsu     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  出口 賢二
      【本店の所在の場所】                    兵庫県三田市香下字ユルシケ谷2003番地
      【電話番号】                    079(563)2362
      【事務連絡者氏名】                    業務部長             西本 均
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県三田市香下字ユルシケ谷2003番地
      【電話番号】                    079(563)2362
      【事務連絡者氏名】                    業務部長             西本 均
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の経営指標等
              回次            第51期中       第52期中       第53期中        第51期       第52期
                         自平成25年       自平成26年       自平成27年       自平成25年       自平成26年

                          4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
             会計期間
                         至平成25年       至平成26年       至平成27年       至平成26年       至平成27年
                          9月30日        9月30日        9月30日        3月31日        3月31日
                    (千円)       198,098       213,757       195,766       369,784       379,493
     売上高
                    (千円)        8,560       13,801        7,510       6,322       12,825
     経常利益
                    (千円)        8,017       7,443       6,687       5,094       7,241
     中間(当期)純利益
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)          -       -       -       -       -
     利益
                    (千円)        77,385       77,385       77,385       77,385       77,385
     資本金
                    (千株)        1,902       1,902       1,902       1,902       1,902
     発行済株式総数
                    (千円)      2,476,184       2,480,705       2,487,190       2,473,261       2,480,503
     純資産額
                    (千円)      2,857,052       2,847,265       2,838,831       2,835,527       2,823,125
     総資産額
                    (円)       677.33       692.66       709.70       677.77       697.93
     1株当たり純資産額
     1株当たり中間(当期)純利益
                    (円)        4.83       4.48       4.03       3.07       4.36
     金額
     潜在株式調整後1株当たり中
                    (円)         -       -       -       -       -
     間(当期)純利益金額
                    (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (%)        86.7       87.1       87.6       87.2       87.9
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)        30,337       46,427       18,251       42,592       62,518
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 12,889      △ 15,681      △ 17,139      △ 41,549      △ 19,926
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 20,000      △ 10,000      △ 12,651      △ 30,000      △ 30,000
     フロー
     現金及び現金同等物の中間期
                    (千円)        48,513       42,854       23,160       22,108       34,700
     末(期末)残高
                             23       23       21       23       23
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 26 )     ( 30 )     ( 27 )     ( 29 )     ( 28 )
      (注)1.当社は中間連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
           は記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益は、該当する関連会社がありませんので記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
           せん。
                                  2/29





                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
        当中間会計期間において、当社が営む事業の内容について重要な変更はありません。また、主要な関係会社におけ
       る異動もありません。
      3【関係会社の状況】

        当中間会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況                   平成27年9月30日現在
        従業員数(人)                    21(27)

      (注) 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー)は、当中間会計期間の平均人数を( )外数で
          記載しております。
       (2)労働組合の状況

         当社の労働組合は昭和46年4月6日に結成された単一の労働組合であります(組合の名称は:有馬冨士開発労働
        組合)。上部団体は連合(UAゼンセン同盟)であり、組合員数は7名であります。
                                  3/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当中間会計期間におけるわが国経済は、企業業績の改善に伴い、堅調な雇用情勢並びに賃金の上昇等良好な状態
        を維持しているものの、景気は依然として足踏みの状況が継続しています。こうした景気の好材料が実体経済の押
        し上げにつながっておらず、個人消費は横ばいで推移し、設備投資は緩やかな増加基調にとどまっています。世界
        経済の回復に伴って輸出が増加し、設備投資は増加基調を維持すると期待されていますが、中国など新興国を中心
        に世界経済のテンポがさらに鈍れば、景気の下振れというリスクが、今後、ますます高まると予想されます。
         一方、わがゴルフ業界におきましては、若手ゴルファーの活躍や、ゴルフが2016年に開催されるリオデジャ
        ネイロ五輪の正式種目にされたことなどから、ゴルフ人口の増加が期待されるものの、現状では反対に減少となっ
        ています。レジャー白書によると平成26年のゴルフ人口は720万人で前年比140万人の減少となっていま
        す。ゴルフ人口の主体である団塊の世代の減少が著しく、今後も厳しい状況が続くものと思われます。減少する利
        用者の獲得をめぐってゴルフ場間の競争が激化することは必至であり、依然、プレー料金の低下に歯止めがかから
        ない状況は継続するものと覚悟しなければなりません。
         このような状況の下で、当社におきましては、生き残りをかけて来場者数の増加並びに業績の向上と経営基盤の
        安定を図るべく従業員一同傾注して参りました。顧客満足度を高めるために、徹底的な接客対応やコース管理等重
        点的に実施して参りました。しかしながら、当中間会計期間の来場者数は20,662名で前年同期比2,139名の減少と
        なりました。営業収入は来場者数の減少により195,766千円(前年同期比8.4%減)となりました。
         また、損益面では、人件費や水道光熱費等のこまめな管理をはじめとする経費削減、並びに設備投資の抑制によ
        り計画値並みの7,510千円の経常利益(前年同期比45.6%減)を得ることができ、中間純利益は6,687千円(前年同
        期比10.2%減)となりました。
       (2)キャッシュ・フロー
         当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ11,539千円減少
        し、当中間会計期間末には23,160千円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間会計期間における営業活動の結果、獲得した資金は18,251千円(前年同期比60.7%減)となりました。
          これは主に減価償却費21,820千円と税引前中間純利益7,194千円によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間会計期間における投資活動の結果、使用した資金は17,139千円(前年同期比9.3%増)となりました。
          これは有形固定資産の取得による支出17,139千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          当中間会計期間における財務活動の結果、使用した資金は12,651千円(前年同期比26.5%増)となりました。
          これは、長期借入金の返済による支出10,000千円及びリース債務の返済による支出2,651千円によるものであ
         ります。
                                  4/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      2【営業の状況】
       (1)入場者数
              年 度       前中間会計期間              当中間会計期間
                   (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日                前年同期比(%)
      内 訳              至 平成26年9月30日)              至 平成27年9月30日)
        メンバー(人)                     4,329              3,506              81.0

        ビジター(人)                    18,472              17,156               92.9

         合 計(人)                    22,801              20,662               90.6

       (2)営業収入

              年 度       前中間会計期間              当中間会計期間
                   (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日                前年同期比(%)
      内 訳              至 平成26年9月30日)              至 平成27年9月30日)
      来場者収入

       メンバーフィー(千円)                     14,869              11,705               78.7

       ビジターフィー(千円)                     108,331              102,212               94.4

       キャディフィー(千円)                     53,850              50,726               94.2

       競技参加料(千円)                      4,867              4,054              83.3

       その他(千円)                      3,465              3,779              109.1

       来場者収入計(千円)                     185,383              172,479               93.0

      年会費収入

       会費(千円)                     17,898              17,232               96.3

       年会費収入計(千円)                     17,898              17,232               96.3

      登録手数料収入

       件数                       13              6            46.2

       登録手数料収入
                             6,500              3,000              46.2
       (千円)
       登録手数料収入計
                             6,500              3,000              46.2
       (千円)
      その他の収入
       食堂・売店施設利用料
                             3,975              3,054              76.8
       (千円)
       その他の収入計(千円)                      3,975              3,054              76.8
      営業収入合計(千円)                      213,757              195,766               91.6

      (注) 上記金額には消費税等は含まれておりません。
                                  5/29






                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      3【対処すべき課題】
        当中間会計期間において当社が対処すべき課題について、重要な変更はありません。
      4【事業等のリスク】

        当中間会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等
       のリスクについての重要な変更はありません。
        ただし、当社の業務は、ローリング3ヵ年計画通り順調に推移しておりますが、依然として、手許資金の欠乏によ
       り長期借入金の借入先である新日鐵住金㈱グループからの継続的な支援が必要であり、継続企業の前提に重要な疑義
       を生じさせるような状況が存在しております。
        当社は当該状況を解消すべく第52期に新たに「3ヵ年計画」を策定し、安定的な黒字確保を目指すとともに、長
       期借入金の借入先である新日鐵住金㈱グループと今後の継続的な支援に関する交渉を行っており、継続企業の前提に
       関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
        なお、将来に関する事項は、当中間会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  6/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)   重要な会計方針及び見積り
         当社の中間財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しております。
       (2)財政状態
        ①資産の部
         資産合計は2,838,831千円(前事業年度2,823,125千円)となり、15,706千円増加しました。
         これは現金及び預金が11,539千円減少しましたが、リース資産(カートナビゲーションシステム)取得により、
        有形固定資産が24,885千円増加したことが主な要因であります。
        ②負債・純資産の部
         負債合計は351,640千円(前事業年度342,622千円)となり、9,018千円増加しました。
         これはリース債務(流動負債)6,363千円、リース債務(固定負債)22,802千円増加したことと、未払消費税等が
        9,077千円及び返済により長期借入金が10,000千円それぞれ減少したことが主な要因です。
         純資産合計は2,487,190千円(前事業年度2,480,503千円)となり、6,687千円増加しました。
         これは中間純利益6,687千円によるものであります。
       (3)経営成績の分析
         当中間会計期間の経営成績は、各般に亘り集客努力を行いましたが、来場者は20,662名で前年同期比2,139名の
        減少となりました。これによる来場者収入の減少等により、売上高は195,766千円で前年同期比17,991千円の減少
        となりました。
         業績につきましては、来場者の減少により売上高が減少にはなりましたが、人件費の決め細かな人員配置等をは
        じめとする支出の削減により7,510千円の経常利益(前年同期比45.6%減)を得ることができ、中間純利益は6,687
        千円(前年同期比10.2%減)となりました。
       (4)キャッシュ・フローの状況
         キャッシュ・フローの状況につきましては、「1業績等の概要」に記載しております。
        (5)   経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社はゴルフ場を取り巻く経営環境及び入手可能な情報に基づき、適切かつ最善の経営方針を立案するよう努め
        ていまいりますが、企業業績の改善に伴い、堅調な雇用情勢並びに賃金の上昇等良好な状態を維持しているもの
        の、景気は依然として足踏み状況が続いております。こうした景気の好材料が実体経済の押し上につながっておら
        ず、個人消費は横ばいで推移し、設備投資は緩やかな増加基調にとどまっております。今後、中国など新興国を中
        心に世界経済のテンポがさらに鈍れば、景気の下振れというリスクが、ますます高まると予想されます。
         一方、わがゴルフ業界におきましては、若手ゴルファーの活躍や、2016年に開催されるリオデジャネイロ五
        輪にゴルフが正式種目にされたことなどから、ゴルフ人口の増加が期待されるものの、現状では反対に減少となっ
        ています。ゴルフ人口の主体である団塊の世代の減少が著しく、今後も厳しい状況が続くものと思われます。利用
        者の獲得をめぐってゴルフ場間の競争が激化することは必至であり、依然、プレー料金の低下に歯止めがかからな
        い状況は継続するものと覚悟しなければなりません。
       (6)   重要事象を解消するための方策
         当社は「4事業等のリスク」に記載した継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しておりま
        す。当該状況を解消するためには、集客増加を図るとともに、経営合理化によるコスト削減を行い、安定的な黒字
        を図ることにより、手許資金の確保に努力することが最も重要であると認識しております。また、手許資金を確保
        しつつ、長期借入金についても計画的に返済できる経営体質への改善が必要であると認識しております。
         継続企業の前提に重要な疑義を解消するためにローリング3ヵ年計画において、以下の具体的方策を立案してお
        ります。
        ①営業面強化
         特に集客施策として、従来実施している魅力ある、またお得感のあるイベントやシニア層・レディース組及び2
        人組客等へのサービスを継続しつつ、今まで以上日々の予約管理に基づいて、インターネット及び自社WEBによ
        るメリハリをつけた日々の料金設定で新規顧客底辺を拡大し、また当日来場者にはお得感のあるフロント手渡しD
        Mにより既存顧客の囲い込みを行なっております。またインターネットクチコミ評価アップを図るためスタッフ接
        客の向上に努め、また行きたいと思えるゴルフ場を目指して大幅な集客増を図ってまいります。
        ②コスト削減
         更に業務の効率化を図り、出勤人員の削減及び時間外の減少により人件費の削減及びコース管理の効率化と電力
        量・燃料のこまめな管理、効果的・効率的な販売促進関連費用の使用によるそれぞれの経費の削減をはじめとして
        聖域を設けず、更なる費用の圧縮に努めてまいります。
        ③設備面
         中長期の設備投資計画を立案し、将来を見据えた設備投資を実施するとともに、安定的な設備投資による手許資
        金の確保に努めてまいります。
         なお、上記記載のうち、将来に関する事項につきましては当中間会計期間の末日現在において判断したものであ

        ります。
                                  7/29


                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】
      1【主要な設備の状況】
        当中間会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
       (2)重要な設備の除却等
        該当事項はありません。
                                  8/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            1,800,000

       優先株式                                             300,000

                  計                                2,100,000

        ②【発行済株式】

              中間会計期間末現在発行
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                  数(株)
                            (平成27年12月25日)
                                        取引業協会名
               (平成27年9月30日)
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     普通株式              1,660,000             1,660,000            非上場
                                                      りません。
                                                      (注)1,2
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
                                                      りません。
     優先株式               242,377             242,377           非上場
                                                      (注)1,2
                                                         3,4
         計           1,902,377             1,902,377             -           -
      (注)1.当社の株式を譲渡するには、取締役会の承認を要します。
         2.当社の株式(自己株式の処分による株式を含む。)の募集において、募集株式の種類が譲渡制限株式である
           ときは、当該種類の株式の募集事項の決定は、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決
           議を要しません。
         3.優先株式は現物出資(入会金相当額の受入)によって、発行されたものであります。
         4.優先株式の内容は次のとおりであります。
          (1) 残余財産の分配
             (イ)当社は、残余財産を分配するときは、優先株主に対し普通株主に先立ち、その優先株式の発行価額
               相当額を支払う。
             (ロ)優先株主は、前項の優先分配が行われた後の残余の財産に対しては、分配を受ける権利を有しな
               い。
          (2) 議決権
             優先株主は、株主総会における議決権を有しない。
          (3) 議決権を有しないこととしている理由
             入会金の株式化を実施するにあたり、既存株主への影響並びに経営の安定化を考慮したためでありま
             す。
          (4) 剰余金の配当
             優先株主は、剰余金の配当請求権を有しない。
         (5)   会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
             会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  9/29




                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      平成27年4月1日~

                    -
                         1,902,377          -          77,385         -          1,750
     平成27年9月30日
                                 10/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成27年9月30日現在
                                                     発行済株式総
                                       所有株式数(株)
                                                     数に対する所
        氏名又は名称                住所
                                                     有株式数の割
                                  普通株式       優先株式        合計
                                                     合(%)
                  東京都千代田区丸の内2丁目6
                                   766,000         660    766,660         40.30
     新日鐵住金株式会社
                  番1号
                                   179,600         500    180,100         9.47
     住友商事株式会社            東京都中央区晴海1丁目8番11号
                                    95,800        300     96,100         5.05
     住友化学株式会社            東京都中央区新川2丁目27番1号
                                    95,800        200     96,000         5.05
     住友電気工業株式会社            大阪市中央区北浜4丁目5番33号
                                    89,800        300     90,100         4.74
     住友生命保険相互会社            東京都中央区築地7丁目18番24号
                  東京都千代田区有楽町1丁目1番2
                                    83,000        400     83,400         4.38
     株式会社三井住友銀行
                  号
                  東京都千代田区丸の内1丁目4番1
     三井住友信託銀行株式会
                                    83,000        200     83,200         4.37
     社
                  号
                  大阪市中央区高麗橋4丁目6番12
                                    76,600         -    76,600         4.03
     銀泉株式会社
                  号
     三井住友海上火災保険株            東京都中央区新川2丁目27番2号
                                    41,800        200     42,000         2.21
     式会社
                                    40,000        200     40,200         2.11
     日東興産株式会社            兵庫県三田市下相野114番地
                         -         1,551,400         2,960    1,554,360          81.71

          計
      (注)上記のほか、自己株式(優先株式)が64,393株あります。
       なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位10名は以下のとおりであります。

                                                  平成27年9月30日現在
                                                   総株主の議決権に対
                                          所有議決権数
                                                   する所有議決権数の
         氏名又は名称                    住所
                                           (個)
                                                   割合(%)
                                            766,000           46.14

     新日鐵住金株式会社              東京都千代田区丸の内2丁目6番1号
                                            179,600           10.82
     住友商事株式会社              東京都中央区晴海1丁目8番11号
                                             95,800           5.77
     住友化学株式会社              東京都中央区新川2丁目27番1号
                                             95,800           5.77
     住友電気工業株式会社              大阪市中央区北浜4丁目5番33号
                                             89,800           5.41
     住友生命保険相互会社              東京都中央区築地7丁目18番24号
                                             83,000           5.00
     株式会社三井住友銀行              東京都千代田区有楽町1丁目1番2号
                                             83,000           5.00
     三井住友信託銀行株式会社              東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
                                             76,600           4.61
     銀泉株式会社              大阪市中央区高麗橋4丁目6番12号
     三井住友海上火災保険株式会
                                             41,800           2.52
                    東京都中央区新川2丁目27番2号
     社
                                             40,000           2.41
     日東興産株式会社              兵庫県三田市下相野114番地
                             -              1,551,400            93.46

           計
                                 11/29




                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成27年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                                                 「1(1)②発行済株
      無議決権株式                   優先株式  242,377                 -       式」の「(注4)」
                                                 の記載を参照
      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 権利の内容につき何
      完全議決権株式(その他)                   普通株式 1,660,000                1,660,000
                                                 らの制限もない株式
      単元未満株式                        -            -            -
      発行済株式総数                        1,902,377            -            -

      総株主の議決権                        -           1,660,000            -

        ②【自己株式等】

                                                 平成27年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は          所有者の住所        自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
                                                   対する所有株式数
        名称                 数(株)         数(株)          (株)
                                                    の割合(%)
         -         -         -         -         -         -

         計         -         -         -         -         -

      2【株価の推移】

        当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
      3【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の移動はありません。
                                 12/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.中間財務諸表の作成方法について
        当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)
       に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月
       30日まで)の中間財務諸表について、仰星監査法人により中間監査を受けております。
      3.中間連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、中間連結財務諸表を作成しておりません。
                                 13/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
      1【中間財務諸表等】
       (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         34,700              23,160
         現金及び預金
                                         14,104              16,479
         未収入金
                                         1,591              1,957
         貯蔵品
                                         1,338              1,375
         繰延税金資産
                                           10              15
         その他
                                         △ 100             △ 100
         貸倒引当金
                                         51,644              42,888
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,052,632              1,060,249
          建物
                                       △ 753,109             △ 761,549
            減価償却累計額
            建物(純額)                             299,523              298,699
          構築物                              806,738              814,738
                                       △ 543,257             △ 550,707
            減価償却累計額
            構築物(純額)                             263,481              264,031
          機械及び装置                              165,412              165,412
                                       △ 151,650             △ 152,794
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                             13,762              12,618
          車両運搬具                               86,524              86,524
                                        △ 83,388             △ 83,567
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                              3,135              2,956
          工具、器具及び備品                              146,213              143,815
                                       △ 116,060             △ 114,185
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             30,153              29,629
          リース資産                                 -            29,460
                                           -            △ 2,455
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               -            27,005
          土地                              568,380              568,380
                                       1,584,676              1,584,676
          コース勘定
                                       2,763,112              2,787,997
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,740              1,318
          ソフトウエア
                                           145              145
          その他
                                         1,886              1,463
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         6,482              6,482
          差入保証金
                                         6,482              6,482
          投資その他の資産合計
                                       2,771,480              2,795,943
         固定資産合計
                                       2,823,125              2,838,831
       資産合計
                                 14/29





                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         13,274              14,480
         買掛金
                                           -             6,363
         リース債務
                                         10,432               9,018
         未払金
                                         1,111               568
         未払法人税等
                                                       ※ 1,136
         未払消費税等                                10,214
                                         4,375              3,858
         預り金
                                         3,400              3,400
         賞与引当金
                                         42,808              38,827
         流動負債合計
       固定負債
                                           -            22,802
         リース債務
                                         20,213              21,061
         退職給付引当金
         役員退職慰労引当金                                 7,250              8,000
                                         10,950              10,950
         入会金
                                        260,000              250,000
         長期借入金
                                         1,400                -
         その他
         固定負債合計                                299,813              312,813
                                        342,622              351,640
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         77,385              77,385
         資本金
         資本剰余金
                                         1,750              1,750
          資本準備金
                                       3,174,635              3,174,635
          その他資本剰余金
                                       3,176,385              3,176,385
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                         40,000              40,000
            別途積立金
                                       △ 454,516             △ 447,829
            繰越利益剰余金
                                       △ 414,516             △ 407,829
          利益剰余金合計
                                       △ 358,750             △ 358,750
         自己株式
                                       2,480,503              2,487,190
         株主資本合計
                                       2,480,503              2,487,190
       純資産合計
                                       2,823,125              2,838,831
      負債純資産合計
                                 15/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ②【中間損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
                                        213,757              195,766
      営業収入
                                       ※1 197,953             ※1 188,388
      営業費用
                                         15,804               7,377
      営業利益
                                        ※2 1,216              ※2 759
      営業外収益
                                        ※3 3,219              ※3 626
      営業外費用
                                         13,801               7,510
      経常利益
                                         ※4 185
      特別利益                                                    -
                                        ※5 5,999              ※5 316
      特別損失
                                         7,986              7,194
      税引前中間純利益
                                           543              543
      法人税、住民税及び事業税
                                           -             △ 36
      法人税等調整額
                                         7,443              6,687
      中間純利益
                                 16/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】
          前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                        純資産合計
                                 その他利益剰余金                  株主資本
              資本金                                 自己株式
                  資本準備     その他資     資本剰余              利益剰余         合計
                  金     本剰余金     金合計         繰越利益     金合計
                                別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 461,758    △ 421,758    △ 358,750    2,473,261     2,473,261
     当中間期変動額
      中間純利益                                 7,443     7,443         7,443     7,443
     当中間期変動額合
                 -     -     -     -     -   7,443     7,443      -   7,443     7,443
     計
     当中間期末残高
               77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 454,314    △ 414,314    △ 358,750    2,480,705     2,480,705
          当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                       資本剰余金              利益剰余金
                                                        純資産合計
                                 その他利益剰余金                  株主資本
              資本金                                 自己株式
                  資本準備     その他資     資本剰余              利益剰余         合計
                  金     本剰余金     金合計         繰越利益     金合計
                                別途積立金
                                     剰余金
     当期首残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 454,516    △ 414,516    △ 358,750    2,480,503     2,480,503
     当中間期変動額
      中間純利益                                 6,687     6,687              6,687
     当中間期変動額合
                 -     -     -     -     -   6,687     6,687      -   6,687     6,687
     計
     当中間期末残高          77,385     1,750   3,174,635     3,176,385      40,000   △ 447,829    △ 407,829    △ 358,750    2,487,190     2,487,190
                                 17/29










                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,986              7,194
       税引前中間純利益
                                         19,759              21,820
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   200               -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    99              -
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  1,371               848
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   750              750
                                           721              625
       支払利息
                                         △ 185               -
       和解による債務免除益
                                         4,699               316
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                  1,299                -
       営業債権の増減額(△は増加)                                  △ 786            △ 2,375
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 100             △ 365
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,253              1,206
                                         9,874             △ 6,621
       その他
                                         49,944              23,397
       小計
       利息の支払額                                  △ 721             △ 625
                                        △ 1,710             △ 3,435
       和解金の支払額
                                        △ 1,086             △ 1,086
       法人税等の支払額
                                         46,427              18,251
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 21,081             △ 17,139
       有形固定資産の取得による支出
                                         5,400                -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 15,681             △ 17,139
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,000             △ 10,000
       長期借入金の返済による支出
                                           -            △ 2,651
       リース債務の返済による支出
                                        △ 10,000             △ 12,651
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   20,746             △ 11,539
                                         22,108              34,700
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 42,854              ※ 23,160
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 18/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1. たな卸資産の評価基準及び評価方法
              貯蔵品
               最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)によっております。
          2. 固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定額法によっております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                 建物    15~50年
                 構築物   15~45年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によってお
             ります。
           (3)リース資産
              所用権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          3. 引当金の計上基準
           (1)貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
             ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
              従業員賞与の支払に充てるため、支給見込額の当中間会計期間負担額に基づき計上しております。
           (3)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務(当事業年度末時点の自己都合
             要支給額を退職給付債務とする簡便法)及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発
             生していると認められる額を計上しております。
              なお、会計基準変更時差異(33,130千円)は、15年により均等額を費用処理しております。
           (4)役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支出に備えるため当社は役員退職慰労金規程に基づく中間期末要支給額を計上し
             ております。
          4. 中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
            スクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          5. その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
             消費税等の会計処理
              税抜方式によっております。
                                 19/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (中間貸借対照表関係)
       ※ 消費税等の取扱い
         当中間会計期間において、仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、流動負債の「未払消費税等」として
        表示しております。
         (中間損益計算書関係)

       ※1    営業費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日                (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       外注費                            3,093千円                   2,833千円
       コース維持費                            21,866千円                   22,082千円
       役員報酬                            6,000千円                   6,000千円
       給与及び賞与                            61,692千円                   56,953千円
       租税公課                            6,587千円                   6,316千円
       減価償却費                            19,759千円                   21,820千円
       ※2    営業外収益のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                            前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日                (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       施設使用料                             625千円                   -千円
       間接税報奨金                             390千円                   389千円
       ※3    営業外費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日               (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       支払利息                              721千円                   625千円
       雑損失
                                   2,497千円                     1千円
       ※4    特別利益のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日               (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       和解による債務免除益                              185千円                   -千円
       ※5    特別損失のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日               (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       固定資産除却損                             4,699千円                    316千円
        建物                             4,509千円                    -千円
        機械及び装置                              143千円                   -千円
        工具、器具及び備品                              46千円                  316千円
       固定資産売却損                             1,299千円                    -千円
        6    減価償却実施金額は次のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                          (自    平成26年4月1日               (自    平成27年4月1日
                           至   平成26年9月30日)                 至   平成27年9月30日)
       有形固定資産                            19,317千円                   21,398千円
       無形固定資産                              442千円                   422千円
                                 20/29


                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (中間株主資本等変動計算書関係)
         前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   1,660,000             -          -      1,660,000

      優先株式                    242,377            -          -       242,377

            合計             1,902,377             -          -      1,902,377

      自己株式

      優先株式(注)

                           60,485          1,727           -        62,212
            合計               60,485          1,727           -        62,212

      (注)優先株式の自己株式数の増加1,727株は、株式を無償で譲り受けたことによる増加であります。
         当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   1,660,000             -          -      1,660,000

      優先株式                    242,377            -          -       242,377

            合計             1,902,377             -          -      1,902,377

      自己株式

      優先株式(注)

                           63,107          1,286           -        64,393
            合計               63,107          1,286           -        64,393

      (注)優先株式の自己株式数の増加1,286株は、株式を無償で譲り受けたことによる増加であります。
         (中間キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※    現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりであ
        ります。
                               前中間会計期間                 当中間会計期間
                            (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                             至   平成26年9月30日)              至   平成27年9月30日)
         現金及び預金勘定                           42,854千円                 23,160千円
         現金及び現金同等物                           42,854千円                 23,160千円
         (リース取引関係)

          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外のファイナンス・リース取引
          (1)リース資産の内容
             有形固定資産
             カートナビゲーションシステムであります。
          (2)リース資産の減価償却の方法
            重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載の通りであります。
                                 21/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (金融商品関係)
           金融商品の時価等に関する事項
            中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
           す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前事業年度(平成27年3月31日)

                           貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                              (千円)
                                 34,700          34,700             -
           (1)現金及び預金
                                 14,104          14,104             -
           (2)未収入金
                                  △100          △100             -
              貸倒引当金(*1)
                                 14,003          14,003             -
            資産計                      48,704          48,704             -

                                 13,274
                                           13,274
           (1)買掛金                                              -
                                 10,432
                                           10,432
           (2)未払金                                              -
           (3)未払法人税等                       1,111                       -
                                            1,111
           (4)未払消費税等                                              -
                                           10,214
                                 10,214
           (5)預り金                                              -
                                            4,375
                                  4,375
            負債計                      39,408          39,408             -
           (*1)未収入金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
           当中間会計期間(平成27年9月30日)

                           中間貸借対照表計上
                                        時価(千円)            差額(千円)
                           額   (千円)
                                 23,160           23,160             -
           (1)現金及び預金
                                 16,479           16,479             -
           (2)未収入金
                                 △100           △100             -
              貸倒引当金(*1)
                                 16,379           16,379             -
            資産計                      39,540           39,540             -

           (1)買掛金                      14,480           14,480             -
           (2)リース債務(流動負債)                      6,363           6,363             -
                                            9,018
           (3)未払金                      9,018                       -
                                             568
           (4)未払法人税等                       568                      -
           (5)未払消費税等                      1,136                       -
                                            1,136
           (6)預り金                      3,858                       -
                                            3,858
           (7)リース債務(固定負債)                      22,802                        -
                                           22,802
            負債計                      58,229           58,229             -
           (*1)未収入金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
           (注)1.金融商品の時価の算定方法

               資産
               (1)現金及び預金、(2)未収入金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
                よっております。
               負債
                (1)買掛金、(3)未払金、(4)未払法人税等、(5)未払消費税等、(6)預り金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
                よっております。
                (2)リース債務(流動負債)(7)リース債務(固定負債)
                 これらの時価は、リース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定
                しております。
                                 22/29


                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
             2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品            (単位:千円)

                                 前事業年度               当中間会計期間
                  区分
                               (平成27年3月31日)                (平成27年9月30日)
            差入保証金                            6,482                 6,482
            長期借入金                           260,000                 250,000
            入会金                            10,950                 10,950
              これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価
             を把握することが極めて困難と認められるため、上記には含めておりません。
             3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              該当事項はありません。
                                 23/29
















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (有価証券関係)
          該当事項はありません。
         (デリバティブ取引関係)

          当社はデリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
         (持分法損益等)

          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          該当事項はありません。
         (賃貸等不動産関係)

          該当事項はありません。
                                 24/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
            当社は、ゴルフ場事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           Ⅰ 前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           Ⅱ 当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記
            載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産
              本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

            該当事項はありません。
                                 25/29







                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
         (1株当たり情報)
          1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前中間会計期間               当中間会計期間
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      1株当たり中間純利益金額                                  4.48円               4.03円
      (算定上の基礎)

       中間純利益金額(千円)                                   7,443               6,687

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

       普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                   7,443               6,687

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                   1,660               1,660

      (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          1株当たり純資産額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前事業年度              当中間会計期間
                                (平成27年3月31日)               (平成27年9月30日)
      1株当たり純資産額                                 697.93円               709.70円
      (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(千円)                                2,480,503               2,487,190

      純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                1,321,940               1,309,080

                                     (1,321,940)
      (うち優先株式払込金額)(千円)                                              (1,309,080)
      普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額(千
                                      1,158,563               1,178,110
      円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期末
                                        1,660               1,660
      (期末)の普通株式の数(千株)
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

          該当事項はありません。
                                 26/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】
      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     1.有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度(第52期)(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月25日 近畿財務局長に提出
                                 27/29



















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 28/29




















                                                           EDINET提出書類
                                                      有馬冨士開発株式会社(E04741)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成27年12月15日

     有馬冨士開発株式会社

       取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             代表社員

                                     公認会計士
                                            德丸 公義  印
                             業務執行社員
                             業務執行社員        公認会計士

                                            田邉 太郎  印
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる有馬冨士開発株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第53期事業年度の中間会計期間(平成27年4
     月1日から平成27年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等
     変動計算書、中間キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、有馬冨士開発株式会社の平成27年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成27年4月
     1日から平成27年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認
     める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                 まれておりません。
                                 29/29



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。