通天閣観光株式会社 半期報告書 第65期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

半期報告書-第65期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:通天閣観光株式会社

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成27年12月18日
      【中間会計期間】                    第65期中(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
      【会社名】                    通天閣観光株式会社
      【英訳名】                    The  Tsutenkaku      Tower   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  西上 雅章
      【本店の所在の場所】                    大阪市浪速区恵美須東1丁目18番6号
      【電話番号】                    06 ( 6641 ) 9555
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 高井 隆光
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市浪速区恵美須東1丁目18番6号
      【電話番号】                    06 ( 6641 ) 9555
      【事務連絡者氏名】                    取締役副社長 高井 隆光
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の状況
              回次            第63期中       第64期中       第65期中        第63期       第64期
                         自平成25年       自平成26年       自平成27年       自平成25年       自平成26年

                          4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
             会計期間
                         至平成25年       至平成26年       至平成27年       至平成26年       至平成27年
                          9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
                    (千円)       511,869       523,611       536,429      1,041,632       1,042,418
     売上高
                    (千円)       212,187       199,194       207,243       390,675       417,759
     経常利益
                    (千円)       131,084       128,045       136,426       221,899       265,068
     中間(当期)純利益
     持分法を適用した場合の投資
                    (千円)          -       -       -       -       -
     利益
                    (千円)       105,000       105,000       105,000       105,000       105,000
     資本金
                    (株)       210,000       210,000       210,000       210,000       210,000
     発行済株式総数
                    (千円)      1,911,032       2,067,666       2,333,163       1,947,574       2,204,689
     純資産額
                    (千円)      2,152,575       2,365,072       2,603,565       2,234,482       2,544,556
     総資産額
                    (円)      9,179.05       10,399.64       11,735.00        9,795.62       11,088.82
     1株当たり純資産額
     1株当たり中間(当期)純利益
                     (円)       629.58       644.02       686.18      1,069.86       1,333.20
     金額
     潜在株式調整後1株当たり中
                    (円)         -       -       -       -       -
     間(当期)純利益金額
                     (円)         -       -       -      40.0       40.0
     1株当たり配当額
                    (%)        88.8       87.4       89.6       87.2       86.6
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)       127,235       177,653       134,934       311,815       403,335
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 87,044      △ 60,118      △ 108,631      △ 314,329      △ 492,357
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)       △ 5,625      △ 5,553      △ 7,660      △ 8,029      △ 7,828
     フロー
     現金及び現金同等物の中間期
                    (千円)       449,818       516,692       326,501       404,710       307,859
     末(期末)残高
                             14       11       17       14       15
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        ( 29 )      ( 38 )      ( 33 )      ( 30 )      ( 35 )
      (注)1.当社は中間連結財務諸表を作成しておりませんので連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移について
           は、記載しておりません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.当社には関連会社がありませんので、持分法を適用した場合の投資利益については、記載しておりません。
         4.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
           せん。
                                  2/29





                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
       当中間会計期間において、当社が営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
      3【関係会社の状況】

       該当事項はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況

                                      平成27年9月30日現在
                                         17  (33)

           従業員数(人)
         (注)1.従業員数は就業人員であります。

            2.臨時雇用者数は、当中間会計期間の平均人員を( )外数で記載しております。
       (2)労働組合の状況

        該当事項はありません。
                                  3/29













                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当中間会計期間におけるわが国経済は、金融緩和や雇用政策により企業収益や雇用環境に改善がみられるな
        ど、緩やかな回復基調で推移したものの、中国や欧州をはじめとした世界景気の減速が懸念されるなど、依然と
        して不安定な経営環境となっております。
         このような状況の下、当社は引続き「安・近・短」指向の観光地としての地位を確立すべく、各種イベントに
        積極的に関与するとともに、来場者の皆様方に安心して楽しんで頂くため、安全確保に必要な展望塔免震補強工
        事を実施し、当中間会計期間において工事が完了致しました。
         その結果、当中間会計期間の入場者は47万5千人と前中間会計期間に比べ4.1%減少したものの、2階売店の売
        上増加等により、売上高は536,429千円と前中間会計期間に比べ2.4%増加しました。
         また、利益面におきましては、展望塔免震補強工事に伴う修繕費の増加等があったものの、売上高の増加等に
        より、経常利益は207,243千円と前中間会計期間に比べて4.0%増加し、中間純利益は136,426千円と前中間会計期
        間と比べ6.5%の増加となりました。
       (2)キャッシュ・フロー

         当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税引前中間純利益207,243千円(前
        年同期比4.0%増)や定期預金の払戻による収入364,000千円(同167.6%増)等があったものの、法人税等の支払
        額85,293千円(同59.7%増)や有形固定資産の取得による支出212,019千円(前年同期は10,105千円)等があった
        ことから、前事業年度末に比べ18,642千円増加し、当中間会計期間末には326,501千円となりました。
         当中間会計期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は134,934千円(前年同期比24.0%減)となりました。
         これは、主に税引前中間純利益207,243千円(同4.0%増)、減価償却費57,793千円(同0.4%減)等を計上した
        一方で、法人税等の支払額85,293千円(同59.7%増)、その他の流動負債の減少額30,951千円(前年同期は増加額
        17,195千円)があったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は108,631千円(前年同期比80.7%増)となりました。
         これは、主に定期預金の払戻による収入364,000千円(同167.6%増)があった一方で、定期預金の預入による支
        出260,612千円(同40.1%増)や有形固定資産の取得による支出212,019千円(前年同期は10,105千円)があったこ
        とによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果使用した資金は7,660千円(同38.0%増)となりました。
         これは、配当金の支払額によるものです。
                                  4/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
     (1)仕入実績

          セグメントの名称                    金額(千円)                 前年同期比(%)
            喫茶売店                      145,947                    100.7

      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

     (2)受注状況

       該当事項はありません。
     (3)販売実績

          セグメントの名称                      金額(千円)                 前年同期比(%)

            展  望                          243,952               100.3

            喫茶売店                          222,359                95.2

            広  告                           36,000               100.0

            賃  貸                           4,013               72.9

            そ  の  他

                                       30,104               564.4
            合  計                          536,429               102.4

      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (4)展望人員及び構成比

                                当中間会計期間
             区分                                    前年同期比(%)
                          人員(人)           構成比(%)
     大   人                       276,173           58.1              96.8
     大 学 生                       25,636           5.4              86.6

     中 高 生                       29,716           6.3             103.4

     小   人                       34,312           7.2             100.0

     団   体                       109,462           23.0              93.2

             合計               475,299           100.0               95.9

                                  5/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
      3【対処すべき課題】
       当中間会計期間において、当社が対処すべき課題について、重要な変更はありません。
      4【事業等のリスク】

        当中間会計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証券報告書に記
       載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      5【経営上の重要な契約等】

       当中間会計期間において、決定、締結、変更または解約された経営上の重要な契約はありません。
      6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)財政状態の分析
       (資産の部)
        当中間会計期間末の資産の部は、展望塔免震補強工事に係る支出で現金及び預金が減少したものの、同工事により
       有形固定資産が増加したこと等から、2,603,565千円となり、前事業年度末に比べ59,008千円増加(2.3%増)しまし
       た。
       (負債の部)
        当中間会計期間末の負債の部は、その他の流動負債の減少等により270,401千円となり、前事業年度末に比べ
       69,465千円減少(20.4%減)しました。
       (純資産の部)
        当中間会計期間末の純資産の部は、中間純利益の計上による繰越利益剰余金の増加等により2,333,163千円とな
       り、前事業年度末に比べ128,474千円増加(5.8%増)しました。
       (2)経営成績の分析

       (売上高)
        当中間会計期間の売上高は、536,429千円と、前中間会計期間に比べ12,818千円増加(2.4%増)しました。セグメン
       トごとの売上は、展望による売上が243,952千円、喫茶売店による売上が222,359千円、広告による売上が36,000千
       円、賃貸による売上が4,013千円、その他売上が30,104千円であります。
       (販売費及び一般管理費)
        当中間会計期間の販売費及び一般管理費は、197,837千円と、前中間会計期間に比べ9,238千円増加(4.9%増)しま
       した。
       (営業利益)
        以上の結果、当中間会計期間の営業利益は、197,604千円と、前中間会計期間に比べ30千円増加(0.0%増)しまし
       た。この結果、当中間会計期間の売上高に対する営業利益の割合は36.8%となり、前中間会計期間に比べ0.9ポイン
       ト低下しました。
       (営業外損益)
        当中間会計期間の営業外損益は、工事負担金等受入額の計上等により、純額で9,638千円の利益となりました。
       (経常利益)
        以上の結果、当中間会計期間の経常利益は、207,243千円と、前中間会計期間に比べ8,049千円増加(4.0%増)しま
       した。この結果、当中間会計期間の売上高に対する経常利益の割合は38.6%となり、前中間会計期間に比べ0.6ポイ
       ント上昇しました。
       (中間純利益)
        以上の結果、当中間会計期間の中間純利益は、136,426千円と、前中間会計期間に比べ8,381千円増加(6.5%増)し
       ました。
                                  6/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
       (3)キャッシュ・フローの状況
         当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、税引前中間純利益207,243千円(前
        年同期比4.0%増)や定期預金の払戻による収入364,000千円(同167.6%増)等があったものの、法人税等の支払
        額85,293千円(同59.7%増)や有形固定資産の取得による支出212,019千円(前年同期は10,105千円)等があった
        ことから、前事業年度末に比べ18,642千円増加し、当中間会計期間末には326,501千円となりました。
         当中間会計期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は134,934千円(前年同期比24.0%減)となりました。
         これは、主に税引前中間純利益207,243千円(同4.0%増)、減価償却費57,793千円(同0.4%減)等を計上した
        一方で、法人税等の支払額85,293千円(同59.7%増)、その他の流動負債の減少額30,951千円(前年同期は増加額
        17,195千円)があったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果使用した資金は108,631千円(前年同期比80.7%増)となりました。
         これは、主に定期預金の払戻による収入364,000千円(同167.6%増)があった一方で、定期預金の預入による支
        出260,612千円(同40.1%増)や有形固定資産の取得による支出212,019千円(前年同期は10,105千円)があったこ
        とによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果使用した資金は7,660千円(同38.0%増)となりました。
         これは、配当金の支払額によるものです。
                                  7/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】
      1【主要な設備の状況】
        当中間会計期間において、前事業年度に着手した展望塔免震補強工事が平成27年6月に完成し、有形固定資産が
       552,275千円増加致しました(建設仮勘定からの振替を含む)。
      2【設備の新設、除却等の計画】

        当中間会計期間において、新たに確定した重要な設備の増設計画は、次のとおりであります。
                                投資予定金額                着手及び完了予定年月

          事業所名     セグメントの                         資金調達
      会社名                  設備の内容
          (所在地)       名称                        方法
                               総額    既支払額
                                                着手        完了
                              (千円)     (千円)
           大阪市
      当社         全セグメント       屋上改修工事       107,500        -  自己資金     平成27年9月        平成27年12月
           浪速区
       (注)上記金額には、消費税等は含んでおりません。

                                  8/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                             800,000

                  計                                 800,000

        ②【発行済株式】

            中間会計期間末現在発行数                           上場金融商品取引所名又
                          提出日現在発行数(株)
       種類          (株)                      は登録認可金融商品取引                内容
                           (平成27年12月18日)
             (平成27年9月30日)                          業協会名
                                                     単元株式数
      普通株式             210,000              210,000           非上場
                                                      100株
        計            210,000              210,000           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                発行済株式総
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                        数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                  (株)
      平成27年4月1日~
                      -     210,000          -     105,000          -       -
       平成27年9月30日
                                  9/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成27年9月30日現在
                                                     発行済株式総数
                                              所有株式数
                                                     に対する所有株
           氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     式数の割合(%)
                                                66,415         31.6

     高井隆光                  大阪市浪速区
                                                65,685         31.3
     西上雅章                  大阪市阿倍野区
                                                4,310         2.1
     西上百合子                  大阪市阿倍野区
                                                4,000         1.9
     西岡卓爾                  大阪市東住吉区
                                                2,740         1.3
     東芝泰子                  奈良県奈良市
                                                2,600         1.2
     東芝寿也                  奈良県奈良市
                                                2,200         1.0
     近藤維良                  大阪市浪速区
                                                2,000         1.0
     ㈱近畿大阪銀行                  大阪市中央区城見1丁目4番27号
                                                1,900         0.9
     石田春久                  京都市中京区
                                                1,500         0.7
     ㈱大丸松坂屋百貨店                  東京都江東区木場2丁目18番11号
                                 -              153,350          73.0

             計
      (注)上記の他、自己株式が11,179株あります。

       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  平成27年9月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

                        普通株式       11,100

     完全議決権株式(自己株式等)                                    -             -
     完全議決権株式(その他)                   普通株式 195,800                   1,958           -

     単元未満株式                   普通株式  3,100                 -             -

     発行済株式総数                        210,000                 -             -

     総株主の議決権                       -               1,958           -

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式79株が含まれております。

        ②【自己株式等】

                                                  平成27年9月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)        合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
                  大阪市浪速区恵美須東1丁

       通天閣観光株式会社                          11,100        -      11,100        5.3
                  目18番6号
           計             -         11,100        -      11,100        5.3

                                 10/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
      2【株価の推移】
        当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
      3【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。
                                 11/29


















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.中間財務諸表の作成方法について
        当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)
       に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月
       30日まで)の中間財務諸表について、仰星監査法人による中間監査を受けております。
      3.中間連結財務諸表について

        当社は子会社はありませんので、中間連結財務諸表を作成しておりません。
                                 12/29

















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
      1【中間財務諸表等】
       (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,134,358              1,021,013
         現金及び預金
                                           856             1,104
         売掛金
                                         26,863              32,136
         たな卸資産
                                         7,633              5,428
         繰延税金資産
                                                      ※3 47,410
                                         38,730
         その他
                                       1,208,443              1,107,092
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               30,686              29,819
                                                     ※2 924,854
          構築物(純額)                              507,434
          昇降機設備(純額)                               34,870              32,610
          電気設備(純額)                               86,574              123,511
          冷暖房設備(純額)                               34,455              34,413
                                       ※2 119,920             ※2 137,314
          その他の附属設備(純額)
          土地                               3,104              3,104
                                        368,568                 -
          建設仮勘定
                                         69,313              99,350
          その他(純額)
                                      ※1 1,254,927             ※1 1,384,978
          有形固定資産合計
                                         1,648              1,383
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         43,000              71,600
          長期預金
                                         26,255              27,321
          繰延税金資産
                                         10,280              11,187
          その他
                                         79,536              110,109
          投資その他の資産合計
                                       1,336,113              1,496,472
         固定資産合計
                                       2,544,556              2,603,565
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         29,964              32,369
         買掛金
                                         16,517               8,336
         未払金
                                         45,239              44,983
         未払配当金
         未払法人税等                                85,320              70,185
                                           500             1,445
         前受金
                                         3,225              3,299
         賞与引当金
                                         64,997              12,583
         その他
                                        245,765              173,203
         流動負債合計
       固定負債
                                         12,780              12,780
         預り保証金
                                         7,058              7,617
         退職給付引当金
                                         74,262              76,800
         役員退職慰労引当金
                                         94,101              97,197
         固定負債合計
                                        339,866              270,401
       負債合計
                                 13/29





                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        105,000              105,000
         資本金
         利益剰余金
                                         20,605              21,400
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       2,135,186              2,262,865
            繰越利益剰余金
                                       2,155,792              2,284,266
          利益剰余金合計
                                        △ 56,102             △ 56,102
         自己株式
                                       2,204,689              2,333,163
         株主資本合計
                                       2,204,689              2,333,163
       純資産合計
                                       2,544,556              2,603,565
      負債純資産合計
                                 14/29















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
        ②【中間損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
                                        523,611              536,429
      売上高
                                        137,438              140,987
      売上原価
                                        386,173              395,442
      売上総利益
                                        188,599              197,837
      販売費及び一般管理費
                                        197,573              197,604
      営業利益
                                        ※1 1,685             ※1 9,750
      営業外収益
                                           64              111
      営業外費用
                                        199,194              207,243
      経常利益
                                                      ※2 18,922
                                            -
      特別利益
                                                      ※3 18,922
                                            -
      特別損失
                                        199,194              207,243
      税引前中間純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   74,192              69,677
                                        △ 3,043              1,139
      法人税等調整額
                                         71,149              70,816
      法人税等合計
                                        128,045              136,426
      中間純利益
                                 15/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】
          前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                             利益剰余金
                                                       純資産合計
                             その他利益剰
                 資本金                          自己株式      株主資本合計
                             余金
                       利益準備金            利益剰余金合計
                            繰越利益剰余金
     当期首残高             105,000       19,810     1,878,866       1,898,676       △ 56,102     1,947,574       1,947,574
     当中間期変動額
      剰余金の配当                         △ 7,952      △ 7,952            △ 7,952      △ 7,952
      利益準備金の積立                    795      △ 795       -             -       -
      中間純利益                         128,045       128,045             128,045       128,045
     当中間期変動額合計
                    -      795     119,297       120,092         -    120,092       120,092
     当中間期末残高             105,000       20,605     1,998,163       2,018,769       △ 56,102     2,067,666       2,067,666
          当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

                                                       (単位:千円)
                                 株主資本
                             利益剰余金
                                                       純資産合計
                             その他利益剰
                 資本金                          自己株式      株主資本合計
                             余金
                       利益準備金            利益剰余金合計
                            繰越利益剰余金
     当期首残高             105,000       20,605     2,135,186       2,155,792       △ 56,102     2,204,689       2,204,689
     当中間期変動額
      剰余金の配当                         △ 7,952      △ 7,952            △ 7,952      △ 7,952
      利益準備金の積立                    795      △ 795       -             -       -
      中間純利益                         136,426       136,426             136,426       136,426
     当中間期変動額合計
                    -      795     127,678       128,474         -    128,474       128,474
     当中間期末残高             105,000       21,400     2,262,865       2,284,266       △ 56,102     2,333,163       2,333,163
                                 16/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
        ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        199,194              207,243
       税引前中間純利益
                                         58,054              57,793
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   200               74
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                   307              558
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  2,738              2,537
                                         △ 518             △ 495
       受取利息及び受取配当金
                                            -           △ 18,922
       補助金収入
                                            -            18,922
       固定資産圧縮損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  1,034              △ 247
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 7,857             △ 5,272
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 10,592             △ 17,210
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 5,596              2,404
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  17,195             △ 30,951
                                        △ 23,412              △ 5,232
       その他
                                        230,747              211,203
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   312             1,025
                                        △ 53,406             △ 85,293
       法人税等の支払額
                                            -            8,000
       補助金の受取額
                                        177,653              134,934
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 10,105             △ 212,019
       有形固定資産の取得による支出
                                        136,025              364,000
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 186,038             △ 260,612
       定期預金の預入による支出
                                        △ 60,118             △ 108,631
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,553             △ 7,660
       配当金の支払額
                                        △ 5,553             △ 7,660
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   111,982               18,642
                                        404,710              307,859
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 516,692              ※ 326,501
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 17/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
     (イ)資産の評価基準及び評価方法

       たな卸資産
         最終仕入原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によってお
        ります。
     (ロ)固定資産の減価償却の方法

       ①    有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準
        によっております。
       ②    無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)
        に基づいております。
     (ハ)引当金の計上基準

       ①    貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       ②    賞与引当金
         従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち、当中間会計期間に負担する部分の金額を計上しており
        ます。
       ③    退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末における退職給付債務(簡便法)及び中小企業退職金共済制
        度による給付見込額に基づき計上しております。
       ④    役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に備えるために内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
     (ニ)中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (ホ)その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
                                 18/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (中間貸借対照表関係)
     ※1  有形固定資産の減価償却累計額

                前事業年度                           当中間会計期間
              (平成27年3月31日)                            (平成27年9月30日)
                        1,485,025     千円                       1,542,453     千円
     ※2  有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳累計額は、以下のとおりであります。

                              前事業年度                  当中間会計期間
                           (平成27年3月31日)                   (平成27年9月30日)
      構築物                                   -              18,922千円
      その他の附属設備                               8,000千円                   8,000千円
      計                               8,000千円                  26,922千円
     ※3  消費税等の取扱い

        当中間会計期間において、仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動資
       産の「その他」に含めて表示しております。
                                 19/29














                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (中間損益計算書関係)
     ※1  営業外収益のうち主要な項目及び金額は以下のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      受取利息                                515千円                   493千円
      受取解約違約金                                712千円                     -
      受取保険金                                   -               2,207千円
      工事負担金等受入額                                   -               6,500千円
     ※2  特別利益のうち主要な項目及び金額は以下のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      補助金収入                                 -千円                 18,922千円
     ※3  特別損失のうち主要な項目及び金額は以下のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      固定資産圧縮損                                 -千円                 18,922千円
       固定資産圧縮損の内訳は以下のとおりであります。

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      構築物                                 -千円                 18,922千円
      4   減価償却実施額

                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      有形固定資産                               57,764千円                   57,427千円
      無形固定資産                                190千円                   265千円
                                 20/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (中間株主資本等変動計算書関係)
     前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                 当事業年度期首株式数           当中間会計期間増加           当中間会計期間減少           当中間会計期間末株

                    (株)        株式数(株)           株式数(株)           式数(株)
      発行済株式
      普通株式                210,000              -           -         210,000
         合計             210,000              -           -         210,000
      自己株式
      普通株式                 11,179             -           -         11,179
         合計              11,179             -           -         11,179
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり

                株式の種類                         基準日          効力発生日
                        (千円)       配当額(円)
     (決議)
      平成26年6月24日
                 普通株式          7,952         40   平成26年3月31日           平成26年6月30日
       定時株主総会
     (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間末後となるもの

      該当事項はありません。
                                 21/29












                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                 当事業年度期首株式数           当中間会計期間増加           当中間会計期間減少           当中間会計期間末株

                    (株)        株式数(株)           株式数(株)           式数(株)
      発行済株式
      普通株式                210,000              -           -         210,000
         合計             210,000              -           -         210,000
      自己株式
      普通株式                 11,179             -           -         11,179
         合計              11,179             -           -         11,179
     2.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり

                株式の種類                         基準日          効力発生日
                        (千円)       配当額(円)
     (決議)
      平成27年6月23日
                 普通株式          7,952         40   平成27年3月31日           平成27年6月30日
       定時株主総会
     (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間末後となるもの

      該当事項はありません。
         (中間キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、下記のとおりで

       あります。
                             前中間会計期間                   当中間会計期間
                           (自   平成26年4月1日                (自   平成27年4月1日
                            至    平成26年9月30日)                 至    平成27年9月30日)
      現金及び預金勘定                             1,324,138千円                   1,021,013千円

      預入期間が3か月を超える定期預金                             △807,446千円                   △694,512千円
      現金及び現金同等物                              516,692千円                   326,501千円
                                 22/29








                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (金融商品関係)
          金融商品の時価等に関する事項

            中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
           す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)参
           照)。
           前事業年度(平成27年3月31日)
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
           (1)   現金及び預金
                              1,134,358            1,134,358                -
           (2)   売掛金
                                 856            856             -
           (3)   長期預金
                               43,000            42,688             △311
            資産計                   1,178,215            1,177,904              △311
           (4)   買掛金
                               29,964            29,964              -
           (5)   未払金
                               16,517            16,517              -
           (6)   未払配当金
                               45,239            45,239              -
           (7)   未払法人税等
                               85,320            85,320              -
            負債計                    177,041            177,041               -
           当中間会計期間(平成27年9月30日)

                        中間貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
           (1)   現金及び預金
                              1,021,013            1,021,013                -
           (2)   売掛金
                                1,104            1,104              -
           (3)   長期預金
                               71,600            71,403             △196
            資産計                   1,093,717            1,093,520              △196
           (4)   買掛金
                               32,369            32,369              -
           (5)   未払金
                                8,336            8,336              -
           (6)   未払配当金
                               44,983            44,983              -
           (7)   未払法人税等
                               70,185            70,185              -
            負債計                    155,874            155,874               -
         (注1)金融商品の時価の算定方法

              (1)現金及び預金、(2)売掛金、(4)買掛金、(5)未払金、(6)未払配当金、(7)未払法人税等
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
              ております。
              (3)長期預金
               元利金の合計額を、リスクフリーレートで割り引いた現在価値により算定しております。
         (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                              (単位:千円)
                                前事業年度            当中間会計期間
                      区分
                              (平成27年3月31日)             (平成27年9月30日)
                 預り保証金                     12,780             12,780
               預り保証金は、期限の定めがなく、将来キャッシュ・フローの予測が困難であることから、時価開

              示の対象とはしておりません。
                                 23/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要

             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
            営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
             当社は、通天閣及び同内の喫茶店・売店の運営並びに広告等を主な事業としていることから、サービス
            の種類・性質等を考慮し、「展望事業」、「喫茶売店事業」、「広告事業」及び「賃貸事業」の4つを報
            告セグメントとしております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

             報告セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一であります。
             報告セグメントの利益は、売上総利益ベースの数値であります。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

            前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                 報告セグメント                  その他
                                                        合計
                                                  (注)
                         展望    喫茶売店      広告     賃貸      計
             売上高
                         243,261     233,513      36,000      5,503    518,278      5,333    523,611
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部
                           -     -     -     -     -     -     -
             売上高又は振替高
                         243,261     233,513      36,000      5,503    518,278      5,333    523,611
                 計
                         243,261      96,075     36,000      5,503    380,839      5,333    386,173
             セグメント利益
                           -     -     -     -     -  2,365,072     2,365,072
             セグメント資産
             その他の項目
                           -     -     -     -     -   58,054     58,054
             減価償却費
             (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ロイヤリティに
                係る事業等や、全社に係る損益及び資産が含まれております。
            当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                                 報告セグメント                  その他
                                                        合計
                                                  (注)
                         展望    喫茶売店      広告     賃貸      計
             売上高
                         243,952     222,359      36,000      4,013    506,325      30,104     536,429
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部
                           -     -     -     -     -     -     -
             売上高又は振替高
                         243,952     222,359      36,000      4,013    506,325      30,104     536,429
                 計
                         243,952      81,372     36,000      4,013    365,337      30,104     395,442
             セグメント利益
                           -     -     -     -     -  2,603,565     2,603,565
             セグメント資産
             その他の項目
                           -     -     -     -     -   57,793     57,793
             減価償却費
             (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ロイヤリティに
                係る事業等や、全社に係る損益及び資産が含まれております。
                                 24/29





                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
           4.報告セグメント合計額と中間財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事
             項)
             該当事項はありません。
          【関連情報】

           Ⅰ 前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                 (単位:千円)
                           展望    喫茶売店      広告     賃貸     その他      合計
                           243,261     233,513      36,000      5,503     5,333    523,611
             外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             中間損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客がないため、記載を省略しております。
           Ⅱ 当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                 (単位:千円)
                           展望    喫茶売店      広告     賃貸     その他      合計
                           243,952     222,359      36,000      4,013     30,104     536,429
             外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
             す。
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
             め、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             中間損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客がないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 25/29



                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
         (1株当たり情報)
      1株当たり純資産額は、以下のとおりであります。

                                   前事業年度              当中間会計期間
                                (平成27年3月31日)               (平成27年9月30日)
     1株当たり純資産額                               11,088円82銭               11,735円00銭

      1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前中間会計期間               当中間会計期間
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
     1株当たり中間純利益金額                                 644円02銭               686円18銭

      (算定上の基礎)

       中間純利益金額       (千円)                         128,045               136,426

       普通株主に帰属しない金額            (千円)                      -               -

       普通株式に係る中間純利益金額              (千円)                 128,045               136,426

       普通株式の期中平均株式数(株)                                198,821               198,821

      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
       (2)【その他】


         該当事項はありません。

                                 26/29









                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】
      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

     (1)有価証券報告書及びその添付書類

        事業年度(第64期)(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月23日近畿財務局長に提出
                                 27/29



















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 28/29




















                                                           EDINET提出書類
                                                      通天閣観光株式会社(E04638)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成27年12月14日

     通天閣観光株式会社

       取締役会 御中

                          仰 星 監 査 法 人

                           代表社員

                                    公認会計士
                                            髙谷 晋介  ㊞
                           業務執行社員
                           業務執行社員        公認会計士        許 仁九   ㊞

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる通天閣観光株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第65期事業年度の中間会計期間(平成27年4月
     1日から平成27年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変
     動計算書、中間キャッシュ・フロー計算書、                     重要な会計方針       及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、通天閣観光株式会社の平成27年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成27年4月1
     日から平成27年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認め
     る。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは中間監査の対象には含                 まれておりません。
                                 29/29



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。