株式会社ユリアインターナショナル 半期報告書 第20期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第20期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ユリアインターナショナル

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】              半期報告書

     【提出先】              関東財財務局長
     【提出日】              平成27年11月30日
     【中間会計期間】              第20期中(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)
     【会社名】              株式会社ユリアインターナショナル
     【英訳名】              Yuria   International        Co.,Ltd
     【代表者の役職氏名】              代表取締役社長 甲斐           尚任
     【本店の所在の場所】              東京都新宿区新宿二丁目4番2号
     【電話番号】              03-6380-5186
     【事務連絡者氏名】              代表取締役社長 甲斐           尚任
     【最寄りの連絡場所】              東京都新宿区新宿二丁目4番2号
     【電話番号】              03-6380-5186
     【事務連絡者氏名】              代表取締役社長 甲斐           尚任
     【縦覧に供する場所】              該当事項はありません。
                                  1/24














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
            回次           第18期中        第19期中        第20期中        第18期        第19期
                      自平成25年        自平成26年        自平成27年        自平成25年        自平成26年
                       4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
           会計期間
                      至平成25年        至平成26年        至平成27年        至平成26年        至平成27年
                       9月30日        9月30日        9月30日        3月31日        3月31日
     売上高(千円)                      285       5,292       65,407          306      81,392
     経常利益または損失(△)
                        △ 25,933       △ 19,358        9,002      △ 43,262        4,862
     (千円)
     中間(当期)純利益又は損失
                        △ 26,078       △ 19,503        8,857      △ 43,552        4,572
     (△)(千円)
     持分法を適用した場合の投資
                            -        -        -        -        -
     利益(千円)
     資本金(千円)                     27,000        27,000        27,000        27,000        27,000
     発行済株式総数(株)                    432,000        432,000        432,000        432,000        432,000
     純資産額(千円)                   △ 17,255       △ 48,233       △ 15,299       △ 28,829       △ 24,157
     総資産額(千円)                     14,496          643      37,540          859      19,469
     1株当たり純資産額(円)                    △ 44.37      △ 124.23       △ 39.41       △ 74.24       △ 62.22
     1株当たり配当額(円)                       -        -        -        -        -
     1株当たり中間(当期)純利益
                        △ 924.92       △ 50.23        22.81      △ 130.73        11.78
     又は損失金額(△)(円)
     潜在株式調整後1株当たり中間
                            -        -        -        -        -
     (当期)純利益金額(円)
     自己資本比率(%)                    △ 119.0     △ 7,492.7        △ 40.8     △ 3,355.4       △  124.1
     自己資本利益率(%)                       -        -        -        -        -
     株価収益率(%)                       -        -        -        -        -
     配当性向(%)                       -        -        -        -        -
     営業活動によるキャッシュ・
                        △ 37,529       △ 16,330        11,032       △ 57,103       △ 5,405
     フロー(千円)
     投資活動によるキャッシュ・
                          3,472         △ 7    △ 10,384        3,454       △ 4,441
     フロー(千円)
     財務活動によるキャッシュ・
                         36,995        16,115        6,182       42,904        10,539
     フロー(千円)
     現金及び現金同等物の中間期
                         14,035          129       7,875         352       1,045
     末(期末)残高(千円)
     従業員数(ほか、平均臨時雇
                           1 ( 1 )      1 ( 1 )      2 ( 1 )      1 ( 1 )      2 ( 1 )
     用人数)(名)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.当社は子会社が存在しないため中間連結財務諸表を作成しておりませんので、中間連結会計
           年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益は、関連会社が存在しないため記載しておりません。
        4.1株当たり配当額については、配当を実施していないため記載しておりません。
        5.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在していない
           ため記載しておりません。
        6.自己資本利益率については、自己資本がマイナスのため記載しておりません。
        7.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
                                  2/24



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】

       当中間会計期間において、当社が営む事業の内容に重要な変更はありません。
      3【関係会社の状況】

       該当事項はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                       平成27年9月30日現在
                       従業員数(名)
                                                2[1]
     (注)1.従業員数は就業人数であり、臨時従業員を含んでおりません。
        2.従業員数欄の[書]は、臨時従業員の当事業年度の平均雇用人員であります。
        3.従業員はすべて、特許権等の賃貸及び販売事業にかかる人員であります。
       (2)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  3/24














                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】

      1【業績等の概要】
       (1)業績
          当中間会計期間中のわが国経済は、政府及び日銀による各種経済政策や金融緩和策により、
         円安が進み、物価上昇が進行したことから、企業の業績や個人消費に改善の傾向がみられ、緩
         やかな回復傾向により推移しました。
          当社を取り巻く環境は、インターネット通信技術が急速に発達していることから、国内外に
         おけるインターネット環境の普及速度がさらに加速し、インターネットにおけるサービス需要
         の拡大が予想されます。当社が保有する「インターネットを介したTV番組情報検索システ
         ム」に係る特許権の米国特許商標庁による再発行に対する権利付与が2014年8月19日に認めら
         れたことを受け、収益の安定化を図るべく事業活動を行いました。
          このような中、特許業務への専念により、医療関係品輸入代行事業においては事業の遂行が
         困難な状況となりました。特許権等の賃貸及び販売事業については、福金有限公司との間の特
         許独占的通常実施権契約締結に至りました。
          この結果、当中間会計期間における業績は、売上高65,407千円(前年同期比1235.9%増)とな
         りました。一方で、営業費用は56,199千円(前年同期比228.2%増)を要し営業利益は9,208千円
         (前年同期は営業損失19,331千円)となりました。
        [医療関係品輸入代行事業]

          医療関係品輸入代行事業におきましては、効果的な事業の遂行が出来ない状況が継続してお
         り、当中間会計期間における業績は、売上高及び営業費用の計上額は0円(前年同期は売上高0
         千円、セグメント損失(営業損失)0千円)となりました。
        [特許権等の賃貸及び販売事業]

          「インターネットを介したTV番組情報検索システム」に係る特許権について、2014年米国
         特許商標庁による再発行に対する権利付与申請が認められたことを受け、インターネットテレ
         ビを利用している事業者、主にテレビ事業等のメディア関連事業者を対象に事業展開を図り収
         益の安定化を図った結果、福金有限公司との間の特許独占的通常実施権契約締結に至りまし
         た。その結果、当中間会計期間における業績は売上高65,407千円(前年同期比1235.9%増)、セ
         グメント利益(営業利益)9,208千円(前年同期はセグメント損失(営業損失)1,793千円)と
         なりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

          当中間会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動によ
         る資金の増加11,032千円、投資活動による資金の減少10,384千円、財務活動による資金の増加
         6,182千円となり、資金は6,830千円の増加となりました。この結果、当中間会計期間末資金は
         7,875千円となりました。当中間会計期間中における各キャッシュ・フローの状況とその要因は
         次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは、主に税引前中間純利益9,002千円、売上債権の減少
         3,400千円、前払費用の増加5,061千円等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは、主に貸付による支出22,172円、貸付金の回収12,574千
         円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは、短期借入金の増加26,483千円、短期借入金の返済
         20,301千円によるものであります。
                                  4/24




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)生産実績
         当社には生産設備がなく、生産の実績は記載しておりません。
       (2)受注状況

         当社受注生産を行っておらず、受注の実績は記載しておりません。
       (3)販売実績

         当中間会計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
              セグメントの名称                           販売高(千円)

     医療関係品輸入代行事業                                                   0
     特許権等の賃貸及び販売事業                                                65,407
     合計                                                65,407
     (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
        2.最近2事業年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、
           次のとおりであります。
                      前中間会計期間                     当中間会計期間

                     (自 平成26年4月1日                     (自 平成27年4月1日
        相手先
                      至 平成26年9月30日)                     至 平成27年9月30日)
                販売金額(千円)            割合(%)         販売金額(千円)            割合(%)
     福金有限公司                  5,292            100         65,407            100
      3【対処すべき課題】

       当中間会計期間において、当社が対処すべき課題について、重要な変更はありません。
      4【事業等のリスク】

       当中間会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に
      記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      5【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

       該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載のうち将来に関する事項は、当中間会計期間の末日現在において、当社が判断したもの
      であります。
       (1)重要な会計方針及び見積り
         当社の中間財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作
        成されております。この中間財務諸表の作成に当たりましては、経営者による会計方針の選択・
        適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要としておりま
        す。経営者は、これらの見積もりについて過去の実績や現状等を勘案し、合理的に判断しており
        ますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があり
        ます。
       (2)当中間会計期間の財政状態及び経営成績についての分析

         当中間会計期間末の資産合計は、前事業年度末に比べて18,071千円増加して37,540千円となり
        ました。主な増加要因としましては、現金及び預金、短期貸付金の増加、によるものでありま
        す。また、負債合計は9,214千円増加して52,840千円となりました。主な増加要因は短期借入
                                  5/24


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
        金、前受金の増加によるものであります。また、利益剰余金が8,857千円増加したこと等によ
        り、純資産合計は8,857千円増加して△15,299千円となりました。
         当中間会計期間の売上高は、65,407千円となりました。一方営業費用は、支払報酬等により
        56,199千円を計上し、営業利益は9,208千円計上し、中間純利益は8,857千円となっております。
       (3)キャッシュ・フローの分析

         当社の資金状況は、現金及び現金同等物が当中間会計期間末に7,875千円であります。
         当社事業の成長の為にも今後の営業活動及び財務活動により安定した資金基盤を構築してく必
        要があると考えております。当社のキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の
        状況 1 業績等の概要」に記載のとおりであります。
         当社は現在、運転資金については、原則的に内部資金により充当しております。営業活動によ
        るキャッシュ・フローを積み上げ、健全な財政状態を構築する方針であり、このことは当社の成
        長を維持するために将来必要な運転資金を調達することを可能にすると考えております。
                                  6/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】

      1【主要な設備の状況】
       当中間会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

       該当事項はありません。
                                  7/24


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】

      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
        普通株式                                              1,088,000
                  計                                    1,088,000
     (注)発行可能株式総数は提出日現在(平成27年11月30日)のものであります。
        ②【発行済株式】

                                    上場金融商品取
           中間会計期間末現在
                      提出日現在発行数(株)              引所名又は登録
      種類       発行数(株)                                       内容
                       (平成27年11月30日)             認可金融商品取
          (平成27年9月30日)
                                      引業協会名
                                              完全議決権株式であり、権
                                              利内容に何ら限定のない提
                                              出会社における標準となる
                                              株式であります。
     普通株式             432,000             432,000        非上場       なお、当社は単元株制度を
                                              採用しておりません。また
                                              株式の譲渡に当たり取締役
                                              会の承認を要する旨の定款
                                              規定を設けています。
       計           432,000             432,000         -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

     年月日      発行済株式       発行済株式        資本金増減額        資本金残高        資本準備金       資本準備金
           総数増減数       総数残高        (千円)        (千円)        増減額       残高
           (株)       (株)                       (千円)       (千円)
     平成8年      34,000       34,000        -        17,000,000        -       -
     4月19日       ※1
     平成24年      34,000       68,000        -        17,000,000        -       -
     8月21日       ※2
     平成25年      40,000       108,000        10,000,000        27,000,000        -       -
     5月31日       ※3
     平成25年      324,000       432,000        -        27,000,000        -       -
     7月26日
     (注)1.平成8年4月19日は設立当初であります。
        2.平成24年7月24日開催の取締役会決議により、平成24年8月21日付で1株を2株に分割いた
           しました。
        3.平成25年5月2日開催の臨時株主総会決議により、平成25年5月31日付で甲斐尚任氏による
           増資を行っております。
        4.平成25年6月20日開催の臨時株主総会決議により、平成25年7月26日付で1株を4株に分割
           いたしました。
                                  8/24


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
       (6)【大株主の状況】

                                                平成27年9月30日現在
                                             発行済株式総数に対する
       氏名又は名称               住所          所有株式数(株)
                                             所有株式数の割合(%)
                                     379,474                   87.84
     甲斐 尚任           東京都世田谷区
                                      1,600                   0.37

     甲斐 恵子           東京都世田谷区
                                        560                  0.13

     繁田 忠男           静岡県静岡市葵区
                                        264                  0.06
     井手口 紘子           福岡県大牟田市
                                        264                  0.06

     立山 秀己           福岡県大牟田市
                                        208                  0.05

     繁田 節子           静岡県静岡市葵区
                                        178                  0.04

     中島 巌           佐賀県佐賀市
                                        176                  0.04
     松岡 秀樹           神奈川県横浜市
                                        164                  0.04

     枡永 真宣           千葉県松戸市
                                        160                  0.04

     井手口 利徳           福岡県大牟田市
                                     383,048                   88.67
          計            -
      他に赤城由紀(160)北海道札幌市、小川美歩子(160)千葉県千葉市
      菅野栄吉(160)千葉県千葉市、小松加代子(160)埼玉県ふじみ野市
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                平成27年9月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
                                  -            -            -
     無議決権株式
                                  -            -            -
     議決権制限株式(自己株式等)
                                  -            -            -
     議決権制限株式(その他)
                         普通株式       43,731
                                              -            -
     完全議決権株式(自己株式等)
                         普通株式 388,269                  388,269               -
     完全議決権株式(その他)
                                  -            -            -
     単元未満株式
                               432,000               -            -
     発行済株式総数
                                  -         388,269               -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                平成27年9月30日現在
                                                    発行済株式総数
     所有者の氏名又は                     自己名義所有者         他人名義所有株         所有株式数の
                 所有者の住所                                   に対する所有株
         名称                  株式数(株)          式数(株)        合計(株)
                                                    式割合(%)
     株式会社ユリアイ          東京都新宿区新宿
                               43,731            -     43,731         10.1%
     ンターナショナル          二丁目4番2号
         計               -       43,731            -     43,731         10.1%
      2【株価の推移】

       当社株式は、非上場であり、かつ店頭登録もしておりませんので該当事項はありません。
      3【役員の状況】

       当中間会計期間において、役員の異動はありません。
                                  9/24



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】

      1 中間財務諸表の作成方法について
       当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大
       蔵省令第38号。以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前中間会計期間(平成26年4月1日か
       ら平成26年9月30日まで)及び当中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)の
       中間財務諸表について、公認会計士月方智彦氏により監査を受けております。
      3 中間連結財務諸表について

       当社には子会社がありませんので、中間連結財務諸表は作成しておりません。
                                 10/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     1【中間財務諸表等】
     (1)【中間財務諸表】
      ①【中間貸借対照表】
                                                      (単位:円)
                                    前事業年度             当中間会計期間
                                  (平成27年      3月31日)         (平成27年      9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                         1,045,247              7,875,325
         現金及び預金
                                         13,400,000              10,000,000
         売掛金
                                           11,245
         前渡金                                                  -
                                           64,748
         立替金                                                  -
                                           27,000             5,088,547
         前払費用
                                                         9,506
         未収収益                                    -
                                                       9,597,600
         短期貸付金                                    -
                                            261             33,329
         未収入金
                                         14,548,501              32,604,307
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          車両運搬具                               3,975,000              3,975,000
                                                       △ 795,000
                                             -
          減価償却累計額
                                         3,975,000              3,180,000
          車両運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                                              383,400
                                             -
                                                        △ 15,975
                                             -
          減価償却累計額
                                                        367,425
          工具、器具及び備品(純額)                                  -
                                         3,975,000              3,547,425
          有形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          100,000              100,000
          出資金
                                          345,000              345,000
          差入保証金
                                          314,575              735,681
          長期前払費用
                                          185,408              207,806
          保険積立金
                                            675              675
          積立配当金
                                          945,658             1,389,162
          投資その他の資産合計
                                         4,920,658              4,936,587
         固定資産合計
                                         19,469,159              37,540,894
       資産合計
                                 11/24







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
                                                      (単位:円)

                                    前事業年度             当中間会計期間
                                  (平成27年      3月31日)         (平成27年      9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                         13,143,483              19,325,593
         短期借入金
         未払金                                 2,937,786              1,667,887
                                          289,986              144,870
         未払法人税等
                                                       4,092,402
         前受金                                    -
                                          221,838              600,410
         預り金
                                         16,593,093              25,831,162
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,905,631              2,982,177
         長期未払金
                                         24,127,480              24,027,480
         長期預り金
         固定負債合計                                27,033,111              27,009,657
                                         43,626,204              52,840,819
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         27,000,000              27,000,000
         資本金
         資本剰余金
                                        231,203,551              231,203,551
          その他資本剰余金
                                        231,203,551              231,203,551
            自己株式処分差益
                                        231,203,551              231,203,551
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       △ 246,417,045             △ 237,559,925
            繰越利益剰余金
                                       △ 246,417,045             △ 237,559,925
          利益剰余金合計
                                        △ 35,943,551             △ 35,943,551
         自己株式
                                        △ 24,157,045             △ 15,299,925
         株主資本合計
                                        △ 24,157,045             △ 15,299,925
       純資産合計
                                         19,469,159              37,540,894
     負債純資産合計
                                 12/24








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      ②【中間損益計算書】
                                                      (単位:円)
                                   前中間会計期間              当中間会計期間
                                 (自 平成26年        4月  1日     (自 平成27年        4月  1日
                                  至 平成26年        9月30日)        至 平成27年        9月30日)
                                         5,292,402              65,407,598
     売上高
                                             -              -
     売上原価
                                         5,292,402              65,407,598
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                         3,000,000              4,752,000
       役員報酬
                                         3,300,000              5,650,000
       給料及び手当
                                                        487,500
       賞与                                      -
                                                       1,206,169
       法定福利費                                      -
                                          972,652              968,916
       地代家賃
                                         1,661,487                95,065
       交際費
                                         3,538,472              5,453,831
       外注費
       会議費                                      -           2,222,505
                                          848,736             6,349,576
       旅費及び交通費
                                         1,034,513              1,224,030
       通信費
                                                        486,000
       販売促進費                                      -
                                         3,825,254              4,613,978
       支払手数料
                                         5,305,811              20,322,392
       支払報酬
                                                        810,975
       減価償却費                                      -
                                         1,137,402              1,556,644
       その他
                                         24,624,327              56,199,581
       販売費及び一般管理費合計
                                       △ 19,331,925               9,208,017
     営業利益又は営業損失(△)
     営業外収益
                                             16            10,150
       受取利息
                                           38,300
                                                           -
       雑収入
                                           38,316              10,150
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           62,538              40,747
       支払利息
       為替差損                                      -            175,300
                                           2,300
                                                           -
       雑損失
                                           64,838              216,047
       営業外費用合計
                                       △ 19,358,447               9,002,120
     経常利益又は経常損失(△)
                                       △ 19,358,447               9,002,120
     税引前中間純利益又は税引前中間純損失(△)
                                          145,000              145,000
     法人税、住民税及び事業税
                                       △ 19,503,447               8,857,120
     中間純利益又は中間純損失(△)
                                 13/24






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     ③【中間株主資本等変動計算書】
       前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                                                     (単位:円)
                                 株主資本
                       資本剰余金            利益剰余金
                                その他利益
                                                       純資産合計
                資本金                剰余金            自己株式     株主資本合計
                    その他資本      資本剰余金           利益剰余金
                    剰余金      合計           合計
                                繰越利益
                                剰余金
     当期首残高          27,000,000     229,715,881      229,715,881     △ 250,989,914     △ 250,989,914     △ 34,555,881     △ 28,829,914     △ 28,829,914
     当中間期変動額
                                △ 19,503,447     △ 19,503,447           △ 19,503,447     △ 19,503,447
      中間純損失(△)              -      -      -                  -
                                            △ 1,400,000     △ 1,400,000     △ 1,400,000
      自己株式の取得              -      -      -      -      -
                     1,487,670      1,487,670                   12,330     1,500,000      1,500,000
      自己株式の処分              -                  -      -
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額             -      -      -      -      -      -      -      -
      (純額)
     当中間期変動額合計              -   1,487,670      1,487,670     △ 19,503,447     △ 19,503,447     △ 1,387,670     △ 19,403,447     △ 19,403,447
               27,000,000     231,203,551      231,203,551     △ 270,493,361     △ 270,493,361     △ 35,943,551     △ 48,233,361     △ 48,233,361
     当中間期末残高
       当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

                                                     (単位:円)
                                 株主資本
                       資本剰余金            利益剰余金
                                その他利益
                                                       純資産合計
                資本金                剰余金            自己株式     株主資本合計
                    その他資本      資本剰余金           利益剰余金
                    剰余金      合計           合計
                                繰越利益
                                剰余金
               27,000,000     231,203,551      231,203,551     △ 246,417,045     △ 246,417,045     △ 35,943,551     △ 24,157,045     △ 24,157,045
     当期首残高
     当中間期変動額
                                 8,857,120      8,857,120            8,857,120      8,857,120
      中間純利益              -      -      -                  -
      自己株式の取得              -      -      -      -      -      -      -      -
      自己株式の処分              -      -      -      -      -      -      -      -
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額             -      -      -      -      -      -      -      -
      (純額)
                        -      -   8,857,120      8,857,120            8,857,120      8,857,120
     当中間期変動額合計              -                             -
               27,000,000     231,203,551      231,203,551     △ 237,559,925     △ 237,559,925     △ 35,943,551     △ 15,299,925     △ 15,299,925
     当中間期末残高
                                 14/24









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                      (単位:円)
                                   前中間会計期間              当中間会計期間
                                 (自 平成26年        4月  1日     (自 平成27年        4月  1日
                                  至 平成26年        9月30日)        至 平成27年        9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 19,358,447               9,002,120
       税引前中間純利益又は税引前中間純損失(△)
                                                        810,975
       減価償却費                                      -
                                            △ 16           △ 10,150
       受取利息及び受取配当金
                                                         40,747
       支払利息                                      -
                                                        175,300
       為替差損益(△は益)                                      -
                                                       3,400,000
       売上債権の増減額(△は増加)                                      -
                                                      △ 5,061,547
       前払費用の増減額(△は増加)                                      -
                                             46           △ 33,068
       未収入金の増減額(△は増加)
                                                      △ 1,193,353
       前受金の増減額(△は減少)                                      -
                                         3,294,081              4,092,402
       未払金の増減額(△は減少)
                                           23,363              278,572
       預り金の増減額(△は減少)
                                                       △ 148,943
                                             -
       その他
                                       △ 16,040,973              11,353,055
       小計
                                             16            10,150
       利息及び配当金の受取額
                                                        △ 40,747
       利息の支払額                                      -
                                         △ 289,985             △ 289,986
       法人税等の支払額
                                       △ 16,330,942              11,032,472
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                                       △ 343,400
       有形固定資産の取得による支出                                      -
                                                      △ 22,172,319
       貸付けによる支出                                      -
                                                       12,574,719
       貸付金の回収による収入                                      -
                                          △ 7,466             △ 22,398
       保険積立金の取得による支出
                                                       △ 421,106
                                             -
       長期前払費用の増減額(△は増加)
                                          △ 7,466           △ 10,384,504
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入れによる収入                                  16,015,511              26,483,228
                                                      △ 20,301,118
       短期借入金の返済による支出                                      -
                                         1,500,000
       自己株式の処分による収入                                                    -
                                        △ 1,400,000
       自己株式の取得による支出                                                    -
                                        16,115,511               6,182,110
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 222,897             6,830,078
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                          352,775             1,045,247
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※1 129,878            ※1 7,875,325
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 15/24






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
        当社の当中間会計期間における売上高は65,407千円と前事業年度に比べて1235.9%の増加となっ
       ており、営業利益9,208千円、経常利益9,002千円、中間純利益8,857千円を計上しております。ま
       た、当中間会計期間の営業キャッシュ・フローにつきましては、前事業年度において△5,405千
       円、当中間会計期間において11,032千円となっております。しかしながら、当中間会計期間末にお
       いて債務超過であります。これにより、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は
       状況が存在しております。
        当社は当該状況を解消すべく、医療関係品輸入代行事業において既存顧客との取引維持等の収益
       基盤の安定化策に取り組んでまいりました。今後の取組みとして、当社が保有する「インターネッ
       トを介したTV番組情報検索システム」に係る特許権について米国特許商標庁による再発行に対す
       る権利付与申請が認められ、インターネットテレビを利用している事業者、主にテレビ事業等のメ
       ディア関連事業者を対象に特許権等の賃貸及び販売事業を展開することにより収益の安定化を図る
       ことを検討しております。
        しかしながら、これらの施策は実行途上にあり、現時点においては継続企業の前提に重要な不確
       実性が認められます。
        なお、中間財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確
       実性の影響を中間財務諸表に反映しておりません。
      (重要な会計方針)

       1.固定資産の減価償却の方法
        (1)有形固定資産
            定率法によっております。主な耐用年数は以下のとおりであります。
            車両運搬具       5年~6年
            工具器具備品      4年
       2.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益とし
        て処理しております。
       3.中間キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日又は償還日の到来する流動性の高
        い、容易に換金可能であり、かつ価値、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資
        であります。
       4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
      (中間貸借対照表関係)

        該当事項はありません。
      (中間損益計算書関係)

        該当事項はありません。
                                 16/24





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      (中間株主資本等変動計算書関係)

       前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
       1.発行済株式に関する事項
         株式の種類         当中間会計期間期首               増加          減少        当中間会計期間末
        普通株式(株)             432,000            -          -          432,000
       2.自己株式に関する事項

         株式の種類         当中間会計期間期首               増加          減少        当中間会計期間末
        普通株式(株)             43,672            74          15          43,731
      (変動事由の概要)
        自己株式の取得   74株
        平成25年7月11日の取締役会の決議による自己株式の処分                                   15株
       3.新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
       4.配当に関する事項

         該当事項はありません。
       当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

       1.発行済株式に関する事項
         株式の種類         当中間会計期間期首               増加          減少        当中間会計期間末
        普通株式(株)             432,000            -          -          432,000
       2.自己株式に関する事項

         株式の種類         当中間会計期間期首              増加          減少        当中間会計期間末
        普通株式(株)             43,731            -          -          43,731
       3.新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
       4.配当に関する事項

         該当事項はありません。
      (中間キャッシュ・フロー計算書関係)

               前中間会計期間                         当中間会計期間
             (自 平成26年4月1日                         (自 平成27年4月1日
              至 平成26年9月30日)                         至 平成27年9月30日)
       ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸                         ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸
       借対照表に記載されている科目の金額のとの関係                         借対照表に記載されている科目の金額のとの関係
             (平成26年9月30日)                         (平成27年9月30日)
           現金及び預金勘定   129千円                         現金及び預金勘定   7,875千円
           現金及び現金同等物  129千円                         現金及び現金同等物  7,875千円
      (リース取引関係)

        該当事項はありません。
      (金融商品関係)

       1.金融商品の時価等に関する事項
         中間貸借対照表計上額(貸借対照表計上額)、時価及びこれらの差額については、次のとおり
        であります。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                 17/24


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
        前事業年度(平成27年3月31日)                     (単位:千円)
                        貸借対照表計上額                時価             差額
         (1)現金及び預金                      1,045             1,045              -
         (2)売掛金                      13,400             13,400
         (3)未収入金                        0             0            -
         (4)前渡金                        11             11
         (5)立替金                        64             64
         (6)前払費用                        27             27             -
         (7)長期前払費用                       314             314
         資産計                      14,863             14,863               -
         (1)短期借入金                      13,143             13,143               -
         (2)未払金                      2,937             2,937              -
         (3)預り金                       221             221             -
         負債計                      16,303             16,303               -
        当中間会計期間(平成27年9月30日)                   (単位:千円)

                       中間貸借対照表計上額                 時価             差額
         (1)現金及び預金                      7,875             7,875              -
         (2)売掛金                      10,000             10,000
         (3)未収入金                        33             33             -
         (4)前払費用                      5,088             5,088              -
         (5)未収収益                        9             9            -
         (6)短期貸付金                      9,597             9,597              -
         (7)長期前払費用                       735             735
         資産計                      33,339             33,339               -
         (1)短期借入金                      19,325             19,325               -
         (2)未払金                      1,667             1,667              -
         (3)前受金                      4,092             4,092
         (4)預り金                       600             600             -
         負債計                      25,686             25,686               -
        (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

           資産
           (1)現金及び預金 (2)売掛金 (3)未収入金 (4)前払費用 
           (5)未収収益 
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
           (6)短期貸付金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
           (7)長期前払費用
           車両関連保険料に係る長期前払費用であるため、当該帳簿価額によっております。
           負債
           (1)短期借入金(2)未払金 (3)前受金 (4)預り金 
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
                                 18/24




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

         区分               前事業年度(平成27年3月31日)                  当中間会計期間(平成27年9月30日)
                        貸借対照表計上額                  中間貸借対照表計上額
         差入保証金 ※1                            345千円                   345千円
         長期預り金 ※2                           24,127千円                   23,027千円
         出資金 ※3                            100千円                   100千円
         
          いないため将来キャッシュ・フローを見積もることが困難と認められるため、時価開示の対
          象としておりません。
         㬀㊕睧ᾘူ誑터漰夰礰晖ﶖ鬰ꐰ묰륎譩涕ꉏ슘ူ誑터朰䈰訰Şɘ㑏ꅐ␰䰰樰估İ괰쌰뜰
          フローを合理的に見積もることが困難と認められるため、時価開示の対象としておりませ
          ん。
         㬀㍑戴작터潞ɘ㑏ꅨ㰰䰰樰估Ŧ䉏ꄰ鉢詣夰謰匰栰䱩田脰晖梊贰脰褰谰謰弰腦䉏ꆕ譹㨰湛
          象としておりません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
       1.報告セグメントの概要
        (1)報告セグメントの決定方法
            当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
           取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象と
           なっているものであります。当社は本社にて取り扱うサービスについて国内及び海外の包括
           的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
            従って、当社はサービス別セグメントから構成されており、「医療関係品輸入代行業」及
           び「特許権等の賃貸及び販売事業」の2つを報告セグメントとしております。
        (2)各報告セグメントに属するサービスの種類
            「医療関係品輸入代行事業」は、海外の美容医療において利用されている医療関係品につ
           いて、輸入者であるわが国の医師に対して輸入業務(発注、支払業務等)の代行サービスを
           提供しております。
            「特許権等の賃貸及び販売事業」は、当社が保有する「インターネットを介したTV番組
           情報検索システム」に係る特許権の賃貸及び販売を行っております。
       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一
        であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
         なお、内部管理上、事業セグメントの資産及び負債を配分しておりません。
                                 19/24








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
       3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

        前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)      (単位:千円)

                               報告セグメント
                                              調整額     中間財務諸表計上額
                        医療関係品輸入代        特許権等の賃貸及び
                                             (注)1        (注)2
                                          計
                          行事業        販売事業
         売上高
                                      5,292    5,292                5,292
         外部顧客への売上高                     -                  -
         セグメント間の内部売上高                     -         -    -     -          -
         又は振替高
                                      5,292    5,292
         計                      -                  -         5,292
                                     △ 1,793   △ 1,793    △ 17,538
         セグメント利益又は損失(△)                      -                          △19,331
         (注)1.調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用(一般管理費)であります。
            2.セグメント利益又は損失(△)は中間損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)      (単位:千円)

                               報告セグメント
                                              調整額     中間財務諸表計上額
                        医療関係品輸入代        特許権等の賃貸及び
                                             (注)1        (注)2
                                          計
                          行事業        販売事業
         売上高
                                      65,407    65,407                65,407
         外部顧客への売上高                     -                  -
         セグメント間の内部売上高                     -         -    -     -          -
         又は振替高
                                      65,407    65,407
         計                      -                  -         65,407
                                      9,208    9,208
         セグメント利益又は損失(△)                      -                  -         9,208
         (注)1.調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用(一般管理費)であります。
            2.セグメント利益又は損失(△)は中間損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      【関連情報】

      前中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
      1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

        (1)売上高                              (単位:千円)
                日本                 アジア                  合計
                        -                5,292                  5,292
        (2)有形固定資産

         本邦以外に所在する固定資産がないため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しておりま
         す。
                                 20/24





                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
      当中間会計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

      1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

        (1)売上高                              (単位:千円)
                日本                 アジア                  合計
                        -                65,407                 65,407
        (2)有形固定資産

            本邦以外に所在する固定資産がないため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しており
            ます。
      3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
      【1株当たり情報】

                前事業年度                         当中間会計期間
             (自 平成26年4月1日                          (自 平成27年4月1日
              至 平成27年3月31日)                          至 平成27年9月30日)
      1株当たり純資産額          △62.22円                         1株当たり純資産額          △39.41円
      1株当たり当期純利益金額       11.78円                         1株当たり中間純利益金額       22.81円
      潜在株式調整後1株当たり当期純損失金額について                         潜在株式調整後1株当たり中間純損失金額について
      は潜在株式がないため記載しておりません。                         は潜在株式がないため記載しておりません。
      (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。
                             前中間会計期間                当中間会計期間
                           (自 平成26年4月1日                (自 平成27年4月1日
                            至 平成26年9月30日)                至 平成27年9月30日)
      1株当たり中間純利益または損失金額                              △50.23                 22.81
      (円)
      中間純利益または損失(△)(円)                            △19,503,447                  8,857,120
      期中平均株式数(株)                              388,299                388,269
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
        (2)その他

            該当事項はありません。
                                 21/24



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
     第6 【提出会社の参考情報】

      当該半期の開始日から半期報告書提出までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券届出書及びその添付書類

         平成27年6月19日関東財務局長に提出
      (2)有価証券報告書及びその添付書類

         事業年度 第17期(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
         平成27年6月19日関東財務局長に提出
         事業年度 第18期(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
         平成27年6月19日関東財務局長に提出
         事業年度 第19期(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
         平成27年6月30日関東財務局長に提出
      (3)半期報告書及び確認書

         第17期中間期(自 平成24年4月1日 至 平成24年9月30日)
         平成27年6月19日関東財務局長に提出
         第18期中間期(自 平成25年4月1日 至 平成25年9月30日)
         平成27年6月19日関東財務局長に提出
         第19期中間期(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
         平成27年6月19日関東財務局長に提出
                                 22/24













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
      第二部【提出会社の保証会社等の情報】

       第1 【保証会社情報】
        該当事項はありません。
       第2 【保証会社以外の会社の情報】

        該当事項はありません。
       第3 【指数等の情報】

        該当事項はありません。
                                 23/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社ユリアインターナショナル(E31672)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                   平成27年11月30日
     株式会社ユリアインターナショナル
      取締役会 御中
                           月方智彦公認会計士事務所
                                        公認会計士         月方 智彦   印

      私は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲
     げられている株式会社ユリアインターナショナルの平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第20
     期事業年度の中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すな
     わち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、中間キャッシュ・フロー計算
     書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
     間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。                              これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
     運用することが含まれる。
     監査人の責任

      私の責任は、私が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。私は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して監査を
     行った。中間監査の基準は、私に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関し
     て投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な                                        保証  を得るために、中間監査
     に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比
     べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、私の判断により、不正又
     は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監
     査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性に
     ついて意見表明するためのものではないが、私は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中
     間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討す
     る。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた
     見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      私 は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      私は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
     に準拠して、株式会社ユリアインターナショナルの平成27年9月30日現在の財政状態並びに同日をもっ
     て終了する中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・
     フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、継続的な赤字の計上及び営業キャッシュ・フロー
     のマイナスについては解消しているものの、会社は特許権等の賃貸及び販売事業における収益の安定化を
     図っている途上であることに加え債務超過の状態が続いていることから、継続企業の前提に重要な疑義を生
     じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。な
     お、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。
     中間財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は中間財務諸表に
     反映されていない。
      当該事項は、私の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と私との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
                                 24/24


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。