サムティ・レジデンシャル投資法人 半期報告書(内国投資証券) 第1期(平成27年3月16日-平成28年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書(内国投資証券)-第1期(平成27年3月16日-平成28年1月31日)

提出日:

提出者:サムティ・レジデンシャル投資法人

カテゴリ:半期報告書(内国投資証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
     【表紙】
      【提出書類】                   半期報告書
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   平成27年11月24日
                         第1期中(自 平成27年3月16日 至 平成27年8月31日)
      【計算期間】
      【発行者名】                   サムティ・レジデンシャル投資法人
      【代表者の役職氏名】                   執行役員 川本 哲郎
      【本店の所在の場所】                   東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
      【事務連絡者氏名】                   サムティアセットマネジメント株式会社
                         取締役 経営管理部長 藤原 剛
      【連絡場所】                   東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
                         03-5220-3841
      【電話番号】
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25















                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      1【投資法人の概況】
       (1)【主要な経営指標等の推移】
                  期                 第1期中
                                  平成27年8月

                決算年月
     営業収益(注1)                                  511
                            百万円
     経常損失(△)                                 △136
                            百万円
     中間純損失(△)                                 △137
                            百万円
                                      16,015
     出資総額                       百万円
                                     163,340
     発行済投資口の総口数                        口
                                      15,877
     純資産額                       百万円
                                      33,920
     総資産額                       百万円
                                      97,207
     1口当たり純資産額                        円
     1口当たり中間純損失(△)(注2)                                △2,063
                             円
     分配総額(注3)                                  -
                            百万円
     1口当たり分配金額(注3)                                  -
                             円
     (うち1口当たり利益分配金)(注3)                                  -
                             円
     (うち1口当たり利益超過分配金)(注3)                                  -
                             円
     自己資本比率(注4)                        %         46.8
     自己資本利益率(注5)                        %         △1.7

     (注1)営業収益については、消費税等は含まれていません。
     (注2)「1口当たり中間純損失」は、中間純損失を日数加重平均投資口数(66,525口)で除することにより算出しています。
     (注3)中間計算期間には、中間分配制度がありませんので記載していません。
     (注4)自己資本比率=中間計算期間末純資産額/中間計算期間末総資産額×100
     (注5)自己資本利益率=中間純損失/{(期首純資産額+中間計算期間末純資産額)÷2}×100
     (注6)本書において特に記載する場合を除き、数値については記載未満を切り捨て、比率については四捨五入により表示しています。
                                  2/25










                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【投資法人の出資総額】
         本書の提出日現在、本投資法人の出資総額、発行可能投資口総口数、発行済投資口の総口数は以下の通りで
        す。
           出資総額                             16,015,052,800円

           発行可能投資口総口数                               2,000,000口
           発行済投資口の総口数                                163,340口
         最近5年間の出資総額及び発行済投資口の総口数の増減は、以下のとおりです。

                             発行済投資口の総口数 
                                           出資総額(百万円)
                                 (口)
            年月日          摘要                                 備考
                              増減      残高      増減      残高
                                                       (注1)
                                1,000      1,000       100      100
          平成27年3月16日            私募設立
                                                       (注2)
                                9,000      10,000        900     1,000
          平成27年4月14日            私募増資
                                                       (注3)
                              153,340      163,340       15,015      16,015
          平成27年6月29日            公募増資
        (注1)1口当たり発行価格100,000円にて本投資法人が設立されました。
        (注2)1口当たり発行価格100,000円にて私募投資口の発行を行いました。
        (注3)1口当たり発行価格102,000円(引受価額97,920円)にて新規物件の取得資金等の調達を目的として、公募
             投資口の発行を行いました。
                                  3/25














                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【主要な投資主の状況】
                                                (平成27年10月31日現在)
                                                所有投資

                                                       比率  (注)
                                                 口数
            氏名又は名称                       住所
                                                       (%)
                                                (口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                                                  17,473
                          東京都中央区晴海一丁目8番11号                               10.69
     社(信託口)
                                                  10,000
     サムティ株式会社                     大阪市淀川区西中島四丁目3番24号                                6.12
                                                  7,588
     近畿産業信用組合                     大阪市天王寺区筆ヶ崎町2番8号                                4.64
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                  6,256
                          東京都港区浜松町二丁目11番3号                                3.83
     (信託口)
                          東京都中央区晴海一丁目8番12号
     資産管理サービス信託銀行株式会社(証券
                                                  5,077
                          晴海アイランドトリトンスクエア                                3.10
     投資信託口)
                          オフィスタワーZ棟
                                                  46,394
                        合計                                 28.40
     (注)比率は、発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合を記載しています。また、小数点第三位以下を切り捨てて表示しています。
     (参考)所有者別状況

                                                (平成27年10月31日現在)
                                    投資口の状況
          区分
                   金融機関         その他の          外国
                                            個人・その他           計
                 (証券会社を含む)
                            国内法人        法人・個人
     投資主数(人)                   49        222         32       11,014         11,317
     比率(注)(%)                  0.43         1.96         0.28        97.32        100.00

     所有投資口数(口)                 55,082         23,054         3,678        81,526        163,340

     比率(注)(%)                  33.72         14.11         2.25        49.91        100.00

     (注)比率は、小数点第三位以下を切り捨てて表示しています。
                                  4/25










                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【役員の状況】
     本書の日付現在における本投資法人の役員の状況は、以下のとおりです。
                                                      所有投資口数
       役職名       氏名
                                 主要略歴
                                                       (口)
                  平成7年4月        株式会社三和銀行(現株式会社三菱東京UFJ銀行)入行
                  平成12年8月        朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入社
                  平成13年12月        日本政策投資銀行(現株式会社日本政策投資銀行)入行
                  平成18年10月        株式会社アイディーユー(現日本アセットマーケティング
                          株式会社) 管理本部 副本部長
                  平成21年4月        マイルストーンターンアラウンドマネジメント株式会社 
                                                        -
      執行役員      川本 哲郎
                          執行役員
                  平成26年8月        同 サムティアセットマネジメント株式会社へ出向
                    同年10月        サムティアセットマネジメント株式会社 取締役
                    同年10月        同 取締役兼リート運用本部長(現任)
                  平成27年3月        本投資法人 執行役員(現任)
                  平成3年4月        株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)入行
                  平成9年11月        朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入社
                                                        -
      監督役員      藤木 隆弘
                  平成26年10月        藤木公認会計士事務所 代表者(現任)
                  平成27年3月        本投資法人 監督役員(現任)
                  平成10年4月        弁護士登録(第一東京弁護士会)
                    同年4月        原田・尾崎・服部法律事務所(現尾崎法律事務所)
                  平成14年4月        American     Family    Life   Assurance     Company    of  Columbus 
                          副法律顧問
                  平成17年9月        あさひ・狛法律事務所(現西村あさひ法律事務所)
                                                        -
      監督役員      中原 健夫
                  平成19年3月        のぞみ総合法律事務所
                          パートナー 弁護士
                  平成20年5月        弁護士法人ほくと総合法律事務所
                          代表社員 弁護士(現任)
                  平成27年3月        本投資法人 監督役員(現任)
                                  5/25











                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (5)【その他】
        (1)役員の変更
           執行役員及び監督役員は、法令に別段の定めがある場合を除き、投資主総会の決議によって選任されます
          (投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以下「投信
          法」といいます。)(第96条及び規約第17条第1項)。
           執行役員及び監督役員の任期は、就任後2年とします。ただし、投資主総会の決議によって、法令の定める
          限度において、その期間を延長又は短縮することを妨げないものとします。また、補欠又は増員のために選任
          された執行役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とします(規約第17条第2項)。
           補欠の役員の選任に係る決議が効力を有する期間は、当該決議がなされた投資主総会において選任された被
          補欠者である役員の任期が満了する時までとします。ただし、投資主総会の決議によってその期間を短縮する
          ことを妨げないものとします(規約第17条第3項)。
           原則として、執行役員及び監督役員の解任には、投資主総会における、発行済投資口の総口数の過半数の投
          資口を有する投資主が出席し、出席した当該投資主の議決権の過半数をもって行う決議が必要です(投信法第
          104条及び第106条)。執行役員又は監督役員の職務執行に関して不正な行為又は法令若しくは規約に違反する
          重大な事実があるにもかかわらず投資主総会において執行役員又は監督役員の解任が否決された場合には、発
          行済投資口の総口数の100分の3以上の口数の投資口を6か月前から引き続き有する投資主は30日以内に当該
          執行役員又は監督役員の解任を裁判所に請求することができます(投信法第104条第3項及び会社法第854条第
          1項第2号)。
        (2)規約の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項

          ① 規約等の重要事項の変更
            規約を変更するには、発行済投資口の総口数の過半数の投資口を有する投資主が出席した投資主総会にお
           いて、出席した当該投資主の議決権の3分の2以上に当たる多数により、規約の変更に関する議案が可決さ
           れる必要があります(投信法第93条の2第2項、第140条)。
          ② 事業譲渡又は事業譲受

            該当事項はありません。
          ③ 出資の状況その他の重要事項

            該当事項はありません。
        (3)訴訟事件その他投資法人に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

            本書の日付現在、訴訟事件その他投資法人に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。
        (4)特定関係法人の異動

            該当事項はありません。
                                  6/25








                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      2【投資法人の運用状況】
       (1)【投資状況】
          本投資法人の当中間計算期末における投資状況の概要は以下のとおりです。
                                              当中間期

                                           平成27年8月31日現在
                            地域区分
        資産の種類        用  途
                            (注1)
                                         保有総額
                                                 対総資産比率(%)
                                        (百万円)
                                                   (注3)
                                         (注2)
                                             21,417            63.1
                              主要地方都市
                       地方都市
        信託不動産      レジデンス
                                             2,991            8.8
                              その他地方都市
                                             7,964           23.5

                       首都圏
                                             32,373            95.4
                   信託不動産合計
                                             1,546            4.6
                  預金・その他の資産
                                             33,920           100.0
                     資産総額
                                              当中間期

                                           平成27年8月31日現在
                                                 対総資産比率(%)
                                          金額
                                         (百万円)
                                                   (注3)
                                             18,042           53.2
                     負債総額
                                             15,877           46.8
                    純資産総額
       (注1)「主要地方都市」とは、札幌市、仙台市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、広島市及び福岡市をいい、「その他地方都市」

           とは、「主要地方都市」を除く地方都市をいい、「首都圏」とは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県をいいます                                            。
       (注2)「保有総額」は、中間貸借対照表計上額(信託不動産については減価償却後の帳簿価額)によっており、百万円未満は切り捨て
           て記載しています。
       (注3)「対総資産比率」は、資産総額に対する各資産の保有総額の比率を表しており、小数点第二位を四捨五入して記載しています。
           そのため、合計が100%にならない場合があります。
                                  7/25










                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【運用実績】
        ①【純資産等の推移】
          下記計算期間末における本投資法人の総資産額、純資産総額及び1口当たり純資産額は、以下のとおりです。
         なお、総資産額、純資産総額、1口当たりの純資産額について、期中では正確に把握できないため、各月末にお
         ける推移は記載していません。
                     総資産額(百万円)             純資産総額(百万円)              1口当たりの純資産額
          年月日
                        (注1)              (注1)            (円)   (注2)
          第1期中

                            33,920              15,877              97,207
       (平成27年8月31日)
      (注1)総資産額及び純資産総額は、帳簿価額を記載しています。
      (注2)1口当たりの純資産額は、円未満を切り捨てて表示しています。
          また、本投資口は、東京証券取引所不動産投資信託証券市場に平成27年6月30日付にて上場されており、同所

         における市場相場は以下のとおりです。
                   回次        第1期中
     計算期間別最高・

                  決算年月        平成27年8月
     最低投資口価格
                 最高(円)
                             98,300
     (注)
                 最低(円)

                             79,800
                   月別       平成27年6月         平成27年7月         平成27年8月

     第1期中の月別最
                 最高(円)
                             98,300         97,900         96,000
     高・最低投資口価格
     及び本投資口売買高
                 最低(円)
                             98,300         88,900         79,800
     (注)
                 売買高(口)
                             59,099        101,274         17,981
      (注)最高・最低投資口価格は、東京証券取引所不動産投資信託証券市場の終値によります。
        ②【分配の推移】

                                    分配総額(千円)            1口当たり分配金(円)
                 計算期間
                                  中間分配制度がないため、該当事項はありません。
      第1期中      平成27年3月16日~平成27年8月31日
        ③【自己資本利益率(収益率)の推移】

                                   自己資本利益率(%)
                 計算期間
                                       (注)
                                       △1.7

      第1期中      平成27年3月16日~平成27年8月31日
      (注)自己資本利益率=中間純損失/{(期首純資産額+中間計算期間末純資産額)÷2}×100
          自己資本利益率は、小数点第一位未満を四捨五入して表示しています。
       (3)【投資リスク】

          a. 最近の有価証券届出書に記載した投資リスクについて、重要な変更はありません。
          b. 本投資法人が将来にわたって営業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状
             況その他本投資法人の経営に重要な影響を及ぼす事象はありません。
                                  8/25





                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      3【資産運用会社の概況】
       (1)【資本金の額】
          120百万円(本書の日付現在)
       (2)【大株主の状況】

          本書の日付現在、サムティアセットマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)の大株主
         の状況は以下のとおりです。
                                                   (本書の日付現在)
                                              所有株式数        比率(%)

               名称                  住所
                                               (株)        (注)
                                                4,200         100

            サムティ株式会社             大阪市淀川区西中島四丁目3番24号
          (注)「比率」は、発行済株式総数に対する当該株主の所有株式数の比率を表しております。
                                  9/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【役員の状況】
         本書の日付現在、本資産運用会社の役員の状況は以下のとおりです。
                                                       所有株式数

          役職名       氏名
                                    主要略歴
                                                        (株)
                      平成5年4月        オリックス株式会社入社
                      平成17年1月        燦キャピタルマネージメント株式会社 取締役
                      平成19年9月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社) 取締役
                                                         -
         代表取締役      増田 洋介
                      平成19年11月        株式会社グランドホテル松任 取締役
                      平成21年4月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社)取締役兼東京支社長
                      平成22年4月        同 代表取締役(現任)
                      平成5年4月        株式会社東海銀行(現株式会社三菱東京UFJ銀行)
                              入行
                      平成13年4月        サムティ開発株式会社(現サムティ株式会社)入社
                      平成17年1月        同 経営企画室長
                      平成18年9月        株式会社サン・トーア 取締役
                      平成19年2月        サムティ株式会社 取締役
                      平成23年10月        スペシャリストサポートシステム株式会社 取締役
                      平成24年2月        サムティ株式会社 常務取締役 経営管理本部長兼
          取締役
                              経営管理部長(経営管理本部担当)
          副社長                                               -
               小川 靖展
         (非常勤)
                        同年11月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社) 代表取締役副社長
                      平成26年8月        サムティ株式会社 常務取締役 支店統括本部長兼
                              特命事項担当
                        同年8月        サムティアセットマネジメント株式会社 取締役副
                              社長(現任)
                        同年12月      サムティ株式会社 常務取締役 経営企画部及び支
                              店統括本部担当、支店統括本部長(現任)
                      平成6年4月        株式会社大和銀行(現株式会社りそな銀行)入行
                      平成16年8月        株式会社ウイルステージ 取締役
                      平成20年9月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
         取締役兼私
                              セットマネジメント株式会社) クライアントサー
                                                         -
         募投資運用      濵松 貴志
                              ビス部長
          本部長
                      平成22年4月        同 投資運用本部長
                      平成24年11月        同 取締役兼投資運用本部長
                      平成26年10月        同 取締役兼私募投資運用本部長(現任)
                      平成10年4月        丸三証券株式会社入社
                      平成12年5月        里見博会計事務所入社
                      平成15年4月        サムティ株式会社入社
                      平成23年12月        同 経営企画室        課長
                                                         -
          取締役      藤原 剛
                      平成24年2月        同 経営管理本部         経営管理部      企画課長
                        同年11月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社) 取締役(現任)
                                 10/25





                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                                       所有株式数
          役職名       氏名
                                    主要略歴
                                                        (株)
                      昭和57年4月        株式会社福徳相互銀行(現株式会社近畿大阪銀行)
                              入行
                      平成11年11月        三洋電機クレジット株式会社(現日本GE株式会社)
                              入社
                      平成19年4月        同 執行役員ファイナンス事業本部 副本部長
          取締役            平成21年3月        サムティ株式会社入社 財務部長
               松井 宏昭                                         -
         (非常勤)             平成22年2月        同 取締役
                      平成24年2月        同 経営管理本部財務部長(財務部担当)
                        同年11月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社) 取締役(現任)
                      平成26年8月        サムティ株式会社 取締役兼経営管理本部長(現
                              任)
                      平成7年4月        株式会社三和銀行(現株式会社三菱東京UFJ銀
                              行)入行
                      平成12年8月        朝日監査法人(現有限責任あずさ監査法人)入社
                      平成13年12月        日本政策投資銀行(現株式会社日本政策投資銀行)
                              入行
                      平成18年10月        株式会社アイディーユー(現日本アセットマーケ
         取締役兼
                              ティング株式会社) 管理本部 副本部長
         リート運用      川本 哲郎                                         -
                      平成21年4月        マイルストーンターンアラウンドマネジメント株式
          本部長
                              会社 執行役員
                      平成26年8月        同 サムティアセットマネジメント株式会社へ出向
                        同年10月        サムティアセットマネジメント株式会社 取締役
                        同年10月        同 取締役兼リート運用本部長(現任)
                      平成27年3月        本投資法人 執行役員(現任)
                      昭和43年4月        オリックス株式会社入社
                      平成6年11月        同 大阪営業推進部長
                      平成7年6月        同 取締役
                      平成10年6月        同 取締役兼執行役員
                      平成11年6月        同 執行役
                      平成13年4月        同 常務執行役員
          監査役
                      平成15年4月        同 専務執行役
                中島 洋                                         -
         (非常勤)
                        同年10月        同 専務執行役兼リスク管理本部長・債権管理室管
                              掌
                      平成21年1月        同 顧問
                      平成22年6月        燦アセットマネージメント株式会社(現サムティア
                              セットマネジメント株式会社) 監査役(現任)
                        同年6月        燦キャピタルマネージメント株式会社 監査役
                                 11/25







                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【事業の内容及び営業の状況】
         ① 事業の内容
           本資産運用会社は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。以下「金商法」とい
          います。)に定める投資運用業(金商法第2条第8項第12号イに定める行為に係る業務に限ります。)を営む
          者として本投資法人のための資産運用に関する業務を行っております。
         ② 営業の概況

           本書の日付現在、本資産運用会社が資産の運用を行う投資法人又は運用の指図を行う投資信託財産は、本投
          資法人のみです。
         ③ 関係業務の概況

           本資産運用会社は、資産運用業務委託契約に基づき、以下の業務を行います。
          A.本投資法人の資産の運用に係る業務
          B.本投資法人が行う資金調達に係る業務
          C.本投資法人への報告業務
          D.上記A.からC.までに掲げる業務のほか、本投資法人及び本資産運用会社が協議の上別途合意する上記
            A.からC.までに付随する業務
         ④ 資本関係

           該当事項はありません。
         ⑤ 役員の兼職関係

           本資産運用会社の取締役兼リート運用本部長(常勤)である川本哲郎は、本投資法人の執行役員を兼務して
          おります。
                                 12/25













                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      4【投資法人の経理状況】
       1.中間財務諸表の作成方法について

         本投資法人の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令
        第38号。その後の改正を含みます。)及び同規則第38条並びに第57条の規定により、「投資法人の計算に関する規
        則」(平成18年内閣府令第47号、その後の改正を含みます。)に基づいて作成されます。
       2.監査証明について

         本投資法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期中間計算期間(平成27年3月16日か
        ら平成27年8月31日まで)の中間財務諸表については、新日本有限責任監査法人の中間監査を受けています。
       3.中間連結財務諸表について

         本投資法人は子会社がありませんので、中間連結財務諸表は作成しておりません。
                                 13/25
















                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (1)【中間貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                                   当中間期
                                 (平成27年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        690,689
         現金及び預金
                                        578,273
         信託現金及び信託預金
                                         5,311
         営業未収入金
                                         43,932
         前払費用
                                        103,005
         未収消費税等
                                           727
         その他
                                       1,421,940
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       19,856,604
          信託建物
                                       △ 133,188
            減価償却累計額
            信託建物(純額)                           19,723,416
                                        359,188
          信託機械及び装置
                                        △ 4,036
            減価償却累計額
            信託機械及び装置(純額)                             355,151
                                         4,372
          信託工具、器具及び備品
                                         △ 121
            減価償却累計額
            信託工具、器具及び備品(純額)                              4,250
                                       12,290,904
          信託土地
                                       32,373,722
          有形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,284
          差入敷金及び保証金
                                        114,505
          長期前払費用
                                        124,789
          投資その他の資産合計
                                       32,498,512
         固定資産合計
                                       33,920,453
       資産合計
                                 14/25










                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                                     (単位:千円)

                                   当中間期
                                 (平成27年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         29,566
         営業未払金
                                       1,350,000
         短期借入金
                                        317,725
         未払金
                                           391
         未払費用
                                           504
         未払法人税等
                                        133,333
         前受金
                                         21,077
         預り金
                                       1,852,600
         流動負債合計
       固定負債
                                       16,000,000
         長期借入金
                                        190,018
         信託預り敷金及び保証金
                                       16,190,018
         固定負債合計
                                       18,042,618
       負債合計
      純資産の部
       投資主資本
                                       16,015,052
         出資総額
         剰余金
                                       △ 137,218
          中間未処分利益又は中間未処理損失(△)
                                       △ 137,218
          剰余金合計
                                       15,877,834
         投資主資本合計
                                      ※1 15,877,834
       純資産合計
                                       33,920,453
      負債純資産合計
                                 15/25












                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (2)【中間損益計算書】
                                     (単位:千円)
                                   当中間期
                                (自 平成27年3月16日
                                至 平成27年8月31日)
      営業収益
                                       ※1 472,449
       賃貸事業収入
                                        ※1 39,043
       その他賃貸事業収入
                                        511,492
       営業収益合計
      営業費用
                                       ※1 221,318
       賃貸事業費用
                                         33,617
       資産運用報酬
                                         2,291
       資産保管手数料
                                         7,600
       一般事務委託手数料
                                         2,400
       役員報酬
                                         32,320
       その他営業費用
                                        299,548
       営業費用合計
                                        211,943
      営業利益
      営業外収益
                                           71
       受取利息
                                           71
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         59,943
       支払利息
                                        159,202
       融資関連費用
                                         70,800
       創立費
                                         58,784
       投資口交付費
                                        348,729
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 136,714
      税引前中間純損失(△)                                  △ 136,714
                                           504
      法人税、住民税及び事業税
                                           504
      法人税等合計
      中間純損失(△)                                  △ 137,218
      中間未処分利益又は中間未処理損失(△)
                                       △ 137,218
                                 16/25










                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (3)【中間投資主資本等変動計算書】
           当中間期(自 平成27年3月16日 至 平成27年8月31日)
                                                       (単位:千円)
                               投資主資本
                                剰余金

                                                      純資産合計
                 出資総額       中間未処分利益又は                    投資主資本合計
                        中間未処理損失           剰余金合計
                        (△)
     当期首残高
                       -         -         -         -        -
     当中間期変動額
      新投資口の発行

                  16,015,052                            16,015,052        16,015,052
      中間純損失(△)
                            △ 137,218        △ 137,218        △ 137,218       △ 137,218
     当中間期変動額合計
                  16,015,052          △ 137,218        △ 137,218        15,877,834        15,877,834
     当中間期末残高           ※1 16,015,052
                            △ 137,218        △ 137,218        15,877,834        15,877,834
                                 17/25















                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (4)【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                   当中間期
                                (自 平成27年3月16日
                                至 平成27年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前中間純損失(△)                                △ 136,714
       減価償却費                                 137,346
                                          △ 71
       受取利息
                                         59,943
       支払利息
                                         58,784
       投資口交付費
       営業未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 5,311
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                △ 103,005
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 43,932
       営業未払金の増減額(△は減少)                                  29,566
       未払金の増減額(△は減少)                                  93,508
       前受金の増減額(△は減少)                                 133,333
       預り金の増減額(△は減少)                                  21,077
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                △ 114,505
                                         △ 727
       その他
                                        129,292
       小計
       利息の受取額                                    71
                                        △ 59,551
       利息の支払額
                                         69,813
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 32,286,852
       信託有形固定資産の取得による支出
                                        △ 10,284
       差入敷金及び保証金の差入による支出
                                        △ 4,530
       信託預り敷金及び保証金の返還による支出
                                        194,549
       信託預り敷金及び保証金の受入による収入
                                      △ 32,107,118
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       12,500,000
       短期借入れによる収入
                                      △ 11,150,000
       短期借入金の返済による支出
                                       16,000,000
       長期借入れによる収入
                                       15,956,268
       投資口の発行による収入
                                       33,306,268
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  1,268,963
                                            -
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,268,963
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 18/25








                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
       (5)【中間注記表】
        [継続企業の前提に関する注記]
        該当事項はありません。
        [重要な会計方針に係る事項に関する注記]

     1.固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産(信託財産を含みます。)
                           定額法を採用しています。なお、主たる有形固定資産の耐用年数は以下
                           のとおりです。
                           建物             2~68年
                           機械及び装置            12~29年
                           工具、器具及び備品               3年
                         (2)長期前払費用
                           定額法を採用しています。
     2.繰延資産の処理方法                   (1)創立費
                           支出時に全額費用処理しています。
                         (2)投資口交付費
                           支出時に全額費用処理しています。
     3.収益及び費用の計上基準                   固定資産税等の処理方法
                          保有する不動産等に係る固定資産税、都市計画税及び償却資産税等につい
                         ては、賦課決定された税額のうち当中間期に対応する額を賃貸事業費用とし
                         て費用処理する方法を採用しています。
                          なお、不動産又は不動産を信託財産とする信託受益権の取得に伴い、本投
                         資法人が負担すべき初年度の固定資産税等相当額については、費用に計上せ
                         ず当該不動産等の取得原価に算入しています。
                          当中間期において、不動産等の取得原価に算入した固定資産税等相当額
                         は、78,593千円です。
     4.中間キャッシュ・フロー計算書に                     中間キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、
       おける資金の範囲                  手許現金及び信託現金、随時引出し可能な預金及び信託預金並びに容易に換
                         金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日
                         から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっています。
     5.その他中間財務諸表作成のための                   (1)不動産等を信託財産とする信託受益権に関する会計処理方針
       基本となる重要な事項                   保有する不動産等を信託財産とする信託受益権については、信託財産内の
                         全ての資産及び負債勘定並びに信託財産に生じた全ての収益及び費用勘定に
                         ついて、中間貸借対照表及            び中間損益計算書の該当勘定科目に計上していま
                         す。
                          なお、該当勘定科目に計上した信託財産のうち重要性がある下記の科目に
                         ついては、中間貸借対照表において区分掲記することとしています。
                          ①信託現金及び信託預金
                          ②信託建物、信託機械及び装置、信託工具、器具及び備品、                             信託土地
                          ③信託預り敷金及び保証金
                         (2)消費税等の処理方法
                          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっています。なお、                                  資
                         産の取得に係る控除対象外消費税等は、各資産の取得原価に算入していま
                         す。
                                 19/25






                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        [中間貸借対照表に関する注記]
        ※1.投資信託及び投資法人に関する法律第67条第4項に定める最低純資産額
               当中間期
            (平成27年8月31日)
                50,000千円
        [中間損益計算書に関する注記]

        ※1.不動産賃貸事業損益の内訳
                                    当中間期
                                 自 平成27年3月16日
                                 至 平成27年8月31日
          A.
           不動産賃貸事業収益
           賃貸事業収入
             賃料収入                  433,853千円
             地代収入                     21千円
                               38,574千円           472,449千円
             共益費収入
           その他賃貸事業収入
             駐車場収入                   20,357千円
             水道光熱費収入                   3,028千円
                               15,657千円            39,043千円
             その他収入
             不動産賃貸事業収益合計
                                          511,492千円
          B.
           不動産賃貸事業費用
           賃貸事業費用
             管理委託費                   25,896千円
             水道光熱費                   7,696千円
             保険料                    986千円
             修繕費                   11,120千円
             減価償却費                  137,346千円
             信託報酬                   4,435千円
                               33,836千円
             その他賃貸事業費用
             不動産賃貸事業費用合計
                                          221,318千円
          C. 不動産賃貸事業損益(A-B)
                                          290,174千円
        [中間投資主資本等変動計算書に関する注記]

        ※1.発行可能投資口総口数及び発行済投資口の総口数
                                  当中間期
                               自 平成27年3月16日
                               至 平成27年8月31日
         発行可能投資口総口数                             2,000,000口
         発行済投資口の総口数                              163,340口
        [中間キャッシュ・フロー計算書に関する注記]

        ※1.現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                  当中間期
                               自 平成27年3月16日
                               至 平成27年8月31日
         現金及び預金                             690,689千円
         信託現金及び信託預金                             578,273千円
         現金及び現金同等物                            1,268,963千円
                                 20/25




                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        [リース取引に関する注記]
         該当事項はありません。
        [金融商品に関する注記]

        金融商品の時価等に関する事項
        平成27年8月31日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。
                       中間貸借対照表計上額               時価           差額
                          (千円)           (千円)           (千円)
                            690,689           690,689               -
         (1)現金及び預金
                            578,273           578,273               -
         (2)信託現金及び信託預金
                           1,268,963           1,268,963                -
            資産計
                           1,350,000           1,350,000                -
         (1)短期借入金
                           16,000,000           16,000,000                -
         (2)長期借入金
                           17,350,000           17,350,000                -
            負債計
      (注1)金融商品の時価の算定方法

       資産
        (1)現金及び預金、(2)信託現金及び信託預金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       負債
        (1)短期借入金
        短期間で決済され、かつ、変動金利であるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
        います。
        (2)長期借入金
        変動金利であるため、短期間で市場金利を反映し、時価は帳簿価額にほぼ等しいと考えられることから、当該帳
        簿価額によっています。
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                  当中間期
                               (平成27年8月31日)
         (1)差入敷金及び保証金                             10,284千円
         (2)信託預り敷金及び保証金                             190,018千円
         㭎ઊᠰ欰搰䐰昰漰Şɘ㑏ꅨ㰰䰰樰估İ䬰搰ƌ쎌롐Ὑ兽а湧ᾕ錰湛騰脰䰰䈰挰昰艎ⶐᒉа葦뀰ﭑ赙兽а湓
        性があり、実質的な預託期間を算定することができないことから、合理的な将来キャッシュ・フローを見積もる
        ことが極めて困難と認められるため、時価開示の対象とはしていません。
        [有価証券に関する注記]

         該当事項はありません。
        [デリバティブ取引に関する注記]

         該当事項はありません。
        [持分法損益関係に関する注記]

         該当事項はありません。
        [資産除去債務に関する注記]

         該当事項はありません。
                                 21/25





                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        [セグメント情報等に関する注記]
        1.セグメント情報
         本投資法人は不動産賃貸事業の単一セグメントであるため、記載を省略しています。
        2.関連情報

         当中間期(自 平成27年3月16日 至 平成27年8月31日)
        (1)製品及びサービスごとの情報
           単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
           記載を省略しています。
        (2)地域ごとの情報

          ①営業収益
            本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しています。
          ②有形固定資産
            本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
            載を省略しています。
        (3)主要な顧客ごとの情報

         単一の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の10%未満であるため、記載を省略しています。
        [賃貸等不動産に関する注記]

         本投資法人では、主要地方都市その他の地域において、賃貸住宅等(土地を含みます。)を有しています。
         これら賃貸等不動産の中間貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次の通りです。
                                        (単位:千円)
                                     当中間期

                                  自 平成27年3月16日
                                  至 平成27年8月31日
           貸借対照表計上額

         中間
                                            -
            期首残高
                                        32,373,722
            期中増減額
                                        32,373,722
            中間期末残高
                                        31,483,000
         中間期末時価
       (注1)中間貸借対照表計上額は、取得価額から減価償却累計額を控除した金額です。
       (注2)期中増減額のうち、主な増加額は不動産信託受益権28物件の取得(32,506,697千円)、主な減少額は、減価償却費(137,346千
           円)によるものです。
       (注3)当中間期末の時価は、社外の不動産鑑定士による鑑定評価額または調査価額を記載しております。
        なお、賃貸等不動産に関する当中間期における損益は、「中間損益計算書に関する注記」の記載のとおりです。
                                 22/25







                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
        [1口当たり情報に関する注記]
                                      当中間期
                                   自 平成27年3月16日
                                   至 平成27年8月31日
         1口当たり純資産額                                97,207円

         1口当たり中間純損失(△)
                                         △2,063円
        (注1)1口当たり中間純損失は、中間純損失を期間の日数による加重平均投資口数で除することにより算定しています。
            また、潜在投資口調整後1口当たり中間純利益金額については、潜在投資口がないため記載していません。
        (注2)1口当たり中間純損失の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                      当中間期
                                   自 平成27年3月16日
                                   至 平成27年8月31日
         中間純損失     (△)   (千円)                        △137,218
         普通投資主に帰属しない金額(千円)                                    -

         普通投資口に係る中間純損失             (△)   (千円)               △137,218

         期中平均投資口数(口)                                 66,525

        [重要な後発事象に関する注記]

         該当事項はありません。
                                 23/25













                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
      5【販売及び買戻しの実績】
                               販売口数(口)          買戻し口数(口)          発行済口数(口)

         計算期間             販売日
                                   1,000             0        1,000

                    平成27年3月16日
         第1期中
     (自 平成27年3月16日                              9,000             0       10,000
                    平成27年4月14日
      至 平成27年8月31日)
                                  153,340              0       163,340
                    平成27年6月29日
     (注1)本邦外における販売又は買戻しの実績はありません。
     (注2)本投資法人による投資口の買戻しの実績はありません。
                                 24/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                サムティ・レジデンシャル投資法人(E31604)
                                                      半期報告書(内国投資証券)
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                    平成27年11月18日

     サムティ・レジデンシャル投資法人

       役員会 御中

                         新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                     公認会計士       竹之内 和徳  ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員
                                     公認会計士       安 部 里史  ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「投資法人の経理状況」に掲げ

     られているサムティ・レジデンシャル投資法人の平成27年3月16日から平成28年1月31日までの第1期計算期間の中間計
     算期間(平成27年3月16日から平成27年8月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算
     書、中間投資主資本等変動計算書、中間キャッシュ・フロー計算書及び中間注記表について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、サムティ・レジデンシャル投資法人の平成27年8月31日現在の財産の状態並びに同日をもって終了する中間計算期間
     (平成27年3月16日から平成27年8月31日まで)の損益及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示してい
     るものと認める。
     利害関係

      投資法人と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は独立監査人の中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は本投資法人
          が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 25/25



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。