ヒビノ株式会社 四半期報告書 第53期第2四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第53期第2四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

提出日:

提出者:ヒビノ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年11月12日
      【四半期会計期間】                    第53期第2四半期(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)
      【会社名】                    ヒビノ株式会社
      【英訳名】                    Hibino    Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  日比野 晃久
      【本店の所在の場所】                    東京都港区港南三丁目5番14号
      【電話番号】                    (03)3740-4391
      【事務連絡者氏名】                    ヒビノGMC経営企画本部長  大関 靖
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区港南三丁目5番14号
      【電話番号】                    (03)3740-4391
      【事務連絡者氏名】                    ヒビノGMC経営企画本部長  大関 靖
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第52期           第53期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第52期
                              累計期間           累計期間
                           自平成26年4月1日           自平成27年4月1日           自平成26年4月1日
              会計期間
                           至平成26年9月30日           至平成27年9月30日           至平成27年3月31日
                      (千円)           8,832,447           13,108,619           19,220,208
     売上高
                      (千円)            777,050          1,456,499           1,350,650
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            488,848           937,469           755,412
     期)純利益
                      (千円)            523,144           926,659           828,669
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           4,889,115           5,920,728           5,069,289
     純資産額
                      (千円)          14,915,127           20,311,705           16,148,686
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            97.76           187.31           151.00
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            96.85             -         150.29
     (当期)純利益金額
                      (%)             32.8           29.1           31.4
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            617,820          △ 151,289          1,389,617
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 930,270          △ 708,027         △ 1,684,103
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            195,557          1,386,452            192,262
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,552,259           2,127,315           1,601,794
     (期末)残高
                               第52期           第53期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自平成26年7月1日           自平成27年7月1日
              会計期間
                           至平成26年9月30日           至平成27年9月30日
                                   64.08           99.15
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
        3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累計
          期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としております。
        4.  第53期第2四半期連結累計期間の               潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在し
          ないため記載しておりません。
                                  2/26





                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループは、当社(ヒビノ株式会社)と連結子会社10社及び関連会社1社により構成されており、音響機器販
       売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主たる事業としておりま
       す。
        平成27年4月30日に日東紡音響エンジニアリング株式会社(現商号:日本音響エンジニアリング株式会社)の株式
       を取得し、同社を子会社化したことを契機に、従来の報告セグメントの名称について「音響機器販売事業」を「音響
       機器販売・施工事業」に変更しております。
        当第2四半期連結累計期間            における、各セグメントに係る主な事業内容の変更と主要な関係会社の異動は、次のと
       おりであります。
       <音響機器販売・施工事業>
        当第2四半期連結累計期間において、当社の関係会社は連結子会社が1社増加しました。当該連結子会社の主な事
       業内容は、     建築音響工事の設計・監理及び請負、音響設備・システムの製作販売、運営管理                                     であります。
       <映像製品の開発・製造・販売事業>
        主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。
       <コンサート・イベント事業>
        主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。
       <その他の事業>
        主な事業内容及び主要な関係会社の異動はありません。
                                  3/26














                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて変更が
       あった事項は次のとおりです。
        なお、将来に関する部分の記載は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであり
       ます。
        また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
       業の状況 4 事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
       (14)   設計・施工、機材運用業務における品質・安全性

         当社グループでは、設計・施工及び機材運用業務における品質向上・安全性確保には万全を期しておりますが、
        万一、重大な瑕疵があった場合や、人身・施工物等に関わる重大な事故が発生した場合には、当社グループの財政
        状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能性があります。
       (16)   法的規制について

         当社グループは、事業活動を行う上で、建設業法、製造物責任法、電気用品安全法、下請法等さまざまな法規制
        の適用を受けております。今後、法律の改廃、法的規制の新設、適用基準の変更等があった場合、また、何らかの
        事情により法律に抵触する事態が生じた場合には、当社グループの財政状態、経営成績及び信用に影響が及ぶ可能
        性があります。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  4/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
        なお、第1四半期連結累計期間より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)
       等を適用し、「四半期純利益」を「親会社株主に帰属する四半期純利益」としております。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の着実な改善が続く中、設備投
        資、個人消費ともに底堅く、緩やかな回復基調で推移しておりますが、中国をはじめとするアジア新興国等の景気
        下振れによる国内景気への影響が懸念されており、先行きは不透明な状況であります。
         このような状況のもと当社グループ(当社と連結子会社10社及び関連会社1社)は、当連結会計年度よりスター
        トした中期経営計画「ビジョン300」においてM&Aを成長戦略の中核と位置づけ、第1四半期には建築音響(室内音
        響・防音・防振)工事に強みを持つ日東紡音響エンジニアリング株式会社(平成27年7月1日をもって日本音響エ
        ンジニアリング株式会社に商号を変更)を連結子会社化いたしました。
         また、伸び続けるコンサート需要をはじめ、特定ラジオマイクの周波数移行、東京オリンピック・パラリンピッ
        クの開催や都市再開発など、目の前のビジネスチャンスを確実に掴むため、グループ連携の一層の強化に努め、グ
        ループ全体の経営資源を活用したソリューションの提案及び経営効率化を具現化する体制を整えることで、収益の
        極大化を図っております。
         当第2四半期連結累計期間は、特定ラジオマイクの周波数移行に伴う特需が勢いを増し、業績を大きく押し上げ
        ました。また、コンサート・イベント市場の活況が続いたことや、特需以外の大型案件を多数獲得したこと等によ
        り好調に推移いたしました。加えて、上記新規連結子会社の寄与を取り込んだこともあり、売上高及び利益は、前
        年同四半期と比べ大幅に増加いたしました。
         これらの結果、売上高13,108百万円(前年同四半期比48.4%増)、営業利益1,406百万円(同95.6%増)、経常
        利益1,456百万円(同87.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益937百万円(同91.8%増)となりました。
        セグメントの業績は次のとおりであります。

         平成27年4月30日に日東紡音響エンジニアリング株式会社(現商号:日本音響エンジニアリング株式会社)の株
        式を取得し、同社を子会社化したことを契機に、従来の報告セグメントの名称について「音響機器販売事業」を
        「音響機器販売・施工事業」に変更しております。
        [音響機器販売       ・施工   事業]

         音響機器販売・施工事業は、電波法改正による特定ラジオマイクの周波数移行の恩恵を受け、Shureブランドの
        ワイヤレスシステムの需要が急拡大しており、当社グループ全体の収益を牽引いたしました。また、放送局やコン
        サート音響会社を中心に設備投資が活発化し、特需以外の大型案件も増加したことに加え、売上の基礎となる流通
        商品の販売も過去最高水準で推移いたしました。さらに第1四半期に新たに連結子会社とした日本音響エンジニア
        リング株式会社が、放送局の新社屋移転に伴い新設されるスタジオ案件等を手掛けたことも寄与し、前年同四半期
        と比べ大幅な増収増益となりました。
         これらの結果、音響機器販売             ・施工   事業の売上高は7,100百万円(前年同四半期比131.4%増)となりました。
        [映像製品の開発・製造・販売事業]

         映像製品の開発・製造・販売事業は、製品認知度の向上と、海外パートナー会社の発掘・選定を目的に、アメリ
        カで開催された世界最大の国際放送機器展「NAB                       Show   2015」及び世界最大規模のAV機器展「InfoComm                      2015」に出
        展いたしました。
         LEDディスプレイ・システムの受注環境は、価格・品質の両面で存在感を高める中国製品がグローバル市場を牽
        引していることから、苦戦を強いられております。当第2四半期連結累計期間は大型案件が減少し、売上高は前年
        同四半期を下回りました。
         これらの結果、映像製品の開発・製造・販売事業の売上高は351百万円(前年同四半期比44.6%減)となりまし
        た。
                                  5/26




                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        [コンサート・イベント事業]
         コンサート・イベント事業は、コンサート市場が引き続き活発な状況であり、ドーム、アリーナ等の大規模会場
        でのコンサートツアーや野外フェスティバル案件が増加いたしました。また、「2015年ミラノ国際博覧会                                                 日本
        館」における映像・音響システムの運用業務を受注するなど、大型案件を多数獲得したことから、高い収益性を確
        保いたしました。さらに、株主総会をはじめとした企業イベント需要の取り込みも順調に運んだことから、対前年
        同四半期比で増収増益となりました。
         これらの結果、コンサート・イベント事業の売上高は5,301百万円(前年同四半期比9.2%増)となりました。
        [その他の事業]

         その他の事業は、コンサート市場の活況を受け、コンサート照明会社の大型案件を受注したこと等により、前年
        同四半期実績を上回りました。
         その他の事業の売上高は355百万円(前年同四半期比30.3%増)となりました。
       (2)  財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末の資産合計は20,311百万円となり、前連結会計年度末と比べて4,163百万円増加し
        ました。これは受取手形及び売掛金、商品及び製品、機械装置及び運搬具並びに現金及び預金が増加したことが主
        な要因であります。
         負債合計は14,390百万円となり、前連結会計年度末と比べて3,311百万円増加しました。これは長期借入金、短
        期借入金並びに支払手形及び買掛金が増加したことが主な要因であります。
         純資産合計は5,920百万円となり、前連結会計年度末と比べて851百万円増加しました。これは利益剰余金が増加
        したことが主な要因であります。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末
        に比べて525百万円増加し、2,127百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果使用した資金は151百万円(前年同四半期は617百万円の資金増加)となりました。
         資金の主な減少要因としては、たな卸資産                     の増加額1,217百万円、売上債権               の増加額678百万円及び法人税等の支
        払額368百万円       であります。      また、主な増加要因としては、              税金等調整前四半期純利益            1,456   百万円及び     減価償却費
        786  百万円の計上      であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は708百万円(前年同四半期比23.9%減)となりました。
         資金の主な減少要因としては、               有形固定資産の取得による支出              811  百万円であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は1,386百万円(前年同四半期比609.0%増)となりました。
         資金の主な増加要因としては、長期借入れによる収入1,580百万円及び短期借入金の純増額725百万円でありま
        す。また、資金の主な減少要因としては、長期借入金の返済による支出597百万円及びリース債務の返済による支
        出247百万円であります。
                                  6/26






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
        社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        会社の支配に関する基本方針

        ① 基本方針の内容
          当社は、「創造と革新」を経営理念に掲げ、音と映像の事業を基軸としたプロ用AV&ITのトータル・ソリュー
         ション企業として、各事業部門間及び子会社との相乗効果を高めるとともに、時代の変化を先取りして創造性を
         最大限に発揮できる体制を企業グループ全体で共有しながら、日々の改善・改革を実行し、事業の継続的な発展
         により、企業価値の最大化を目指してまいります。
          当社は、顧客のニーズに、長年の実績により積み上げてきたノウハウや技術力に裏打ちされた、信頼性の高
         い、安全で高品質の製品・商品・サービスを適正な価格で提供してまいります。
          事業を拡大していくことで株主の皆様をはじめとしたすべてのステークホルダー(利害関係者)に満足してい
         ただくことが最善であるとの考えから、企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に向けて法令等を遵守し
         ながら利潤を追求してまいりますが、社会への貢献や環境への配慮も重要なファクターと考えております。
          当社では、以上の経営方針を支持する者が「会社の財務及び事業の方針を決定する者」であることが望ましい
         と考えております。
        ② 基本方針の実現に資する特別な取組み

          当社は上記①の方針を実現するため、企業グループとして、組織体制の見直しや施策の実施等に加え積極的な
         IR活動と適時適切な情報開示を行うことで、透明性の確保された質の高い企業グループ体制を構築することを目
         指し、平成22年3月期から平成27年3月期まで中期経営計画「Action                                50」に、平成28年3月期より中期経営計
         画「ビジョン       300」に取り組んでおります。
        ③ 不適切な支配の防止のための取組み

          当社取締役会は、公開会社として当社株式の自由な売買を認める以上、特定の者の大規模買付行為に応じて当
         社株式の売却を行うか否かは、最終的には当社株式を保有する当社株主の皆様の判断に委ねられるべきものであ
         ると考えます。
          しかし、株式の大規模買付行為の中には、その目的等から、企業価値・株主共同の利益に対する明白な侵害を
         もたらすおそれのあるもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれのあるもの、対象会社に、当該買収に対
         する代替案を提示するために合理的に必要とされる情報を十分に提供することなく行われるもの、買収の条件等
         (対価・種類、買付けの時期、買付けの方法等)が対象会社の有する本来の企業価値・株主共同の利益に照らし
         て不十分または不適当なもの、対象会社の持続的な企業価値増大のために必要不可欠な従業員、顧客を含む取引
         先、債権者などのステークホルダーとの関係を破壊し、企業価値・株主共同の利益に反する重大なおそれをもた
         らすもの等が含まれていることも想定されます。
          また、当社は創業者およびその親族等の株主が発行済株式数の約44%を保有しておりますが、株主個々の事情
         による株式の譲渡や、相続等の処分によって持株比率が低下する可能性も否定できないことから、今後、当社株
         式に対する大規模な買付がなされる可能性を有するものと考えております。
          さらに上記①の方針により、安定的かつ持続的な企業価値の向上を目指す当社の経営にあたっては、幅広いノ
         ウハウと豊富な経験、並びに顧客・従業員及び取引先等のステークホルダーとの間に築かれた関係等への十分な
         理解が不可欠と考えております。これらに関する十分な理解がなくては、株主の皆様が将来実現することのでき
         る企業価値を適正に判断することはできません。当社は、当社株式の適正な価値を株主の皆様や投資家の皆様に
         ご理解いただくようなIR活動を目指しておりますものの、突然大規模買付行為がなされたときに、大規模買付者
         の提示する当社株式の取得対価が妥当かどうかを株主の皆様が短期間の内に適切に判断するためには、大規模買
         付者及び当社取締役会の双方から適切かつ十分な情報が提供されることが不可欠であり、さらに当社株式をその
         まま継続的に保有することを考える株主の皆様にとっても、大規模買付行為が当社に与える影響や、当社の従業
         員、関係会社、顧客及び取引先等のステークホルダーとの関係についての方針を含む、大規模買付者が考える当
         社の経営に参画したときの経営方針や事業計画の内容等は、その継続保有を検討するうえで重要な判断材料であ
         ります。同様に、当社取締役会が当該大規模買付行為についてどのような意見を有しているのかも、当社株主の
         皆様にとっては重要な判断材料となると考えます。
          これらを考慮し、当社取締役会は、大規模買付行為に際しては、大規模買付者から事前に、株主の皆様の判断
         のために必要かつ十分な大規模買付行為に関する情報が提供されるべきである、という結論に至りました。当社
         取締役会は、かかる情報が提供された後、大規模買付行為に対する当社取締役会としての意見の検討を速やかに
         開始し、独立の外部専門家等の助言を受けながら慎重に検討したうえで意見を形成し公表いたします。さらに、
         必要と認めれば、大規模買付者の提案の改善についての交渉や当社取締役会としての株主の皆様に対する代替案
                                  7/26


                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
         の提示も行います。かかるプロセスを経ることにより、当社株主の皆様は、当社取締役会の意見を参考にしつ
         つ、大規模買付者の提案と(代替案が提示された場合には)その代替案を検討することが可能となり、最終的な応
         否 を適切に決定する機会を与えられることとなります。
          そこで、平成18年5月29日開催の当社取締役会において、大規模買付行為が、上記の見解を具体化した一定の
         合理的なルールに従って行われることが、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に合致すると考え、「大規模
         買付行為への対応方針」(以下「本対応方針」といいます。)の導入を決議し、平成26年6月24日開催の取締役会
         において、内容を一部更新いたしました。本対応方針の有効期間は、毎年の当社定時株主総会終了後、最初に開
         催される当社取締役会の時までとしております。
          本対応方針の詳細につきましては、当社ホームページに記載しております、平成27年6月23日付プレスリリー

        ス「大規模買付行為への対応方針(買収防衛策)の継続及び特別委員会委員の異動について」をご覧ください。
        ( http://www.hibino.co.jp/gmc/ir/news.html )
        ④ 上記の取組みについての取締役会の判断

          当社取締役会は、上記③の取組みが上記①の基本方針に沿って策定され、また大規模買付行為が一定の合理的
         なルールに従って行われることが、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保するための取組みであり、株
         主の皆様の共同の利益を損なうものではないと考えます。
          また、当社取締役会は、大規模買付行為に係る対応方針を適正に運用し、取締役会によって恣意的な判断がさ
         れることを防止するため、特別委員会規程を採択するとともに、特別委員会を設置し、大規模買付行為に対する
         対抗措置を取る場合には特別委員会の勧告を最大限尊重することとしており、取締役の地位の維持を目的とする
         ものではありません。
       (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、107百万円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                  8/26












                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          17,000,000

                  計                                17,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (平成27年11月12日)
               (平成27年9月30日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所

     普通株式              5,132,740             5,132,740                      (注)
                                        JASDAQ
                                        (スタンダード)
         計           5,132,740             5,132,740             -           -
      (注)完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式。なお、単元株式数は100株で
         あります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                                                     資本準備金
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)
                                                     残高(千円)
                 (株)
     平成27年7月1日~
                  -       5,132,740        -       1,748,655        -       2,101,769
     平成27年9月30日
                                  9/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成27年9月30日現在
                                        所有株式数         発行済株式総数に対する

         氏名又は名称                  住所
                                        (千株)        所有株式数の割合(%)
                                           1,499             29.22

      ㈲ハイビーノ               東京都港区芝4丁目16-2-3302号
      日比野 晃久               東京都港区                        517            10.08

      日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8-11                        453            8.84
      信託銀行㈱(信託口)
      ヒビノ従業員持株会

                     東京都港区港南3丁目5-14                        293            5.72
                                            123            2.40

      日比野 宏明               東京都港区
      日比野 純子                                      117            2.28

                     東京都港区
                     東京都千代田区丸の内1丁目6-6

                                            104            2.03
      日本生命保険相互会社
                     日本生命証券管理部内
                     東京都千代田区大手町1丁目5-5                        100            1.94

      ㈱みずほ銀行
                     東京都千代田区丸の内2丁目7-1                        100            1.94

      ㈱三菱東京UFJ銀行
      野村ホールディングス㈱               東京都中央区日本橋1丁目9-1                        100            1.94

                           -               3,410             66.44

            計
      (注)1.上記のほか、自己株式が127千株あります。
         2.野村ホールディングス株式会社から、平成27年10月16日付で、野村ホールディングス株式会社、NOMURA
          INTERNATIONAL       PLC及び朝日火災海上保険株式会社を共同保有者とする大量保有報告書(変更報告書)が提出
          されておりますが、野村ホールディングス株式会社、朝日火災海上保険株式会社以外については当社として平
          成27年9月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記「大株主の状況」には含めており
          ません。
          なお、当該大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                        所有株式数         発行済株式総数に対する
         氏名又は名称                  住所
                                        (千株)        所有株式数の割合(%)
                    東京都中央区日本橋1丁目9             - 1
      野村ホールディングス㈱                                       100            1.96
      NOMURA    INTERNATIONAL       PLC   1 Angel   Lane,London      BC4R   3AB,UK
                                            64            1.25
      朝日火災海上保険㈱               東京都千代田区神田美土代町7番地                         50            0.97

            計                -                214            4.17

                                 10/26






                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成27年9月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                      -             -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                      -             -            -

      議決権制限株式(その他)                      -             -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                                                 い当社における標準とな
                       普通株式         127,700
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                                                 る株式
                                                 単元株式数100株
                       普通株式      5,003,600

      完全議決権株式(その他)                                   50,036            同上
                                                 1単元(100株)未満の

      単元未満株式                 普通株式            1,440            -
                                                 株式
                            5,132,740
      発行済株式総数                                    -            -
      総株主の議決権                      -             50,036             -

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式57株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成27年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
                東京都港区港南
      ヒビノ株式会社                     127,700          -       127,700          2.48
                三丁目5番14号
         計          -        127,700          -       127,700          2.48
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 11/26








                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成27年7月1日から平
       成27年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 12/26

















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,601,794              2,127,315
         現金及び預金
                                       4,610,732              5,897,857
         受取手形及び売掛金
                                       2,023,089              2,942,459
         商品及び製品
                                        396,425              748,037
         仕掛品
                                         99,811              160,504
         原材料及び貯蔵品
                                        689,080              827,422
         その他
                                        △ 5,812             △ 6,950
         貸倒引当金
                                       9,415,121              12,696,646
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,270,461              1,488,161
          建物及び構築物
                                       △ 814,605             △ 938,827
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             455,855              549,334
          機械装置及び運搬具                             7,287,014              8,304,174
                                      △ 5,134,038             △ 5,603,288
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                            2,152,976              2,700,885
          工具、器具及び備品                             1,052,683              1,188,534
                                       △ 663,321             △ 779,455
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             389,362              409,079
                                       2,744,498              2,834,525
          リース資産
                                      △ 1,544,390             △ 1,749,097
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                            1,200,108              1,085,428
                                        760,057              705,936
          その他
                                       4,958,360              5,450,664
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        105,194              291,055
          のれん
                                         78,641              149,694
          その他
                                        183,835              440,750
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       1,663,453              1,770,384
          その他
                                        △ 72,085             △ 46,740
          貸倒引当金
                                       1,591,368              1,723,644
          投資その他の資産合計
                                       6,733,564              7,615,058
         固定資産合計
       資産合計                                16,148,686              20,311,705
                                 13/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       1,301,450              1,878,197
         支払手形及び買掛金
                                       2,530,000              3,255,001
         短期借入金
                                        996,980             1,177,892
         1年内返済予定の長期借入金
                                        452,787              425,800
         リース債務
                                        350,652              552,544
         未払法人税等
                                        481,631              538,984
         賞与引当金
                                       1,030,269              1,561,355
         その他
                                       7,143,772              9,389,775
         流動負債合計
       固定負債
                                       1,800,300              2,602,334
         長期借入金
                                        735,446              608,435
         リース債務
                                       1,302,787              1,660,709
         退職給付に係る負債
                                         13,990              35,229
         資産除去債務
                                         83,099              94,493
         その他
                                       3,935,624              5,001,201
         固定負債合計
                                       11,079,396              14,390,976
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,748,655              1,748,655
         資本金
                                       2,101,769              2,101,769
         資本剰余金
                                       1,238,638              2,101,032
         利益剰余金
                                        △ 77,134             △ 77,279
         自己株式
                                       5,011,928              5,874,177
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         22,904              22,324
         その他有価証券評価差額金
                                         2,187             △ 2,878
         繰延ヘッジ損益
                                         48,424              44,921
         為替換算調整勘定
                                        △ 16,154             △ 17,816
         退職給付に係る調整累計額
                                         57,361              46,551
         その他の包括利益累計額合計
                                       5,069,289              5,920,728
       純資産合計
                                       16,148,686              20,311,705
      負債純資産合計
                                 14/26









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      売上高                                  8,832,447              13,108,619
                                       5,678,047              8,613,820
      売上原価
                                       3,154,400              4,494,799
      売上総利益
                                      ※1 2,435,078             ※1 3,088,105
      販売費及び一般管理費
                                        719,321             1,406,694
      営業利益
      営業外収益
                                           532              967
       受取利息
                                         2,666              2,739
       受取配当金
                                           -            14,297
       為替差益
                                       ※2 124,150             ※2 89,003
       固定資産受贈益
                                         19,365              33,244
       その他
                                        146,715              140,253
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  47,533              48,041
                                         29,322              36,850
       持分法による投資損失
                                         7,424                -
       為替差損
                                         4,706              5,555
       その他
                                         88,986              90,447
       営業外費用合計
                                        777,050             1,456,499
      経常利益
                                        777,050             1,456,499
      税金等調整前四半期純利益
                                        288,202              519,029
      法人税等
                                        488,848              937,469
      四半期純利益
                                        488,848              937,469
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/26











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
                                        488,848              937,469
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         4,208             △ 1,461
       その他有価証券評価差額金
                                         1,930             △ 5,065
       繰延ヘッジ損益
                                         30,933              △ 3,502
       為替換算調整勘定
                                        △ 3,640             △ 1,662
       退職給付に係る調整額
                                           863              881
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         34,295             △ 10,810
       その他の包括利益合計
                                        523,144              926,659
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        523,144              926,659
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 16/26















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        777,050             1,456,499
       税金等調整前四半期純利益
                                        708,551              786,989
       減価償却費
                                         9,041              11,334
       無形固定資産償却費
                                         16,133              38,576
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 58,327             △ 37,362
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 32,240             △ 20,245
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  19,100              28,525
                                        △ 3,199             △ 3,707
       受取利息及び受取配当金
                                       △ 124,150              △ 79,322
       固定資産受贈益
                                         47,533              48,041
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   573              376
       持分法による投資損益(△は益)                                  29,322              36,850
       売上債権の増減額(△は増加)                                 287,081             △ 678,499
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 635,283            △ 1,217,874
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 8,568             △ 48,374
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 108,671              151,239
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 △ 86,886             △ 364,000
                                         56,348              154,645
       その他
                                        893,406              263,691
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  31,265              29,749
                                        △ 47,711             △ 46,418
       利息の支払額
                                           -           △ 30,216
       役員退職慰労金の支払額
                                       △ 259,140             △ 368,095
       法人税等の支払額
                                        617,820             △ 151,289
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 17/26











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         3,600                -
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 364             △ 392
       投資有価証券の取得による支出
                                         4,200                -
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -            178,403
       収入
                                       △ 912,848             △ 811,622
       有形固定資産の取得による支出
                                         1,871              1,255
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 10,171             △ 65,196
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 16,558             △ 10,475
       その他
                                       △ 930,270             △ 708,027
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 326,664              725,001
                                        730,000             1,580,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                △ 615,494             △ 597,054
                                       △ 263,660             △ 247,235
       リース債務の返済による支出
                                         11,072                -
       株式の発行による収入
                                           -             △ 145
       自己株式の取得による支出
                                        △ 74,769             △ 75,056
       配当金の支払額
                                         81,745                941
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                        195,557             1,386,452
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         21,688              △ 1,615
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 95,204              525,520
                                       1,647,464              1,601,794
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,552,259              ※ 2,127,315
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 18/26











                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         連結の範囲の重要な変更
          第1四半期連結会計期間より、日東紡音響エンジニアリング㈱は新たに株式を取得したことから連結の範囲に
         含めております。
          なお、同社は平成27年7月1日をもって日本音響エンジニアリング㈱に商号を変更しております。
        (会計方針の変更)

       ( 企業結合に関する会計基準等の適用                 )
       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
      う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」とい
      う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基
      準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動
      による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法
      に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理
      の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表に反映させ
      る方法に変更しております。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の
      変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度について
      は、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
       当第2四半期連結累計期間の四半期連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変動を伴う子会社株式
      の取得関連費用に係るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載しております。
       企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業分
      離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首時点から将来に
      わたって適用しております。
       この結果、当第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ42,302千円
      減少しております。また、当第2四半期連結会計期間末の資本剰余金に与える影響はありません。
       ( 在外子会社の収益及び費用の換算方法の変更                     )

       在外子会社の収益及び費用は、従来、在外子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算しておりましたが、第
      1四半期連結会計期間より期中平均為替相場により円貨に換算する方法に変更しております。
       この変更は、一時的な為替相場の変動による期間損益への影響を緩和し、在外子会社の業績をより適切に連結財務
      諸表に反映させることを目的とするものであります。
       なお、この変更による前連結会計年度の損益への影響額及び当連結会計年度の期首までの累積的影響額はいずれも
      軽微であり、遡及適用は行っておりません。
                                 19/26









                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         貸出コミットメント
          当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と貸出コミットメント契約を締結しております。こ
         の契約に基づく第2四半期連結会計期間末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成27年3月31日)                  (平成27年9月30日)
     貸出コミットメントの総額                              2,000,000千円                  2,000,000千円
     借入実行残高                              1,000,000                  1,000,000
              差引額                      1,000,000                  1,000,000
        なお、貸出コミットメント契約の締結につきましては以下の財務制限条項が付されており、これに抵触した場
       合、借入先の請求に基づき、借入金を一括返済することがあります。(複数ある場合は、条件の厳しい方を記載し
       ております。)
        ①各年度及び第2四半期の決算期末日において、貸借対照表(連結及び個別)における純資産の部の金額を、前
         年度決算期末日における純資産の部の合計額の80%以上に維持すること。
        ②各年度及び第2四半期の決算期末日における、損益計算書(連結及び個別)の営業損益及び経常損益において
         それぞれ損失を計上しないこと。
        なお、当第2四半期連結会計期間末において財務制限条項に抵触しておりません。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                             至     平成26年9月30日)               至     平成27年9月30日)
     給与及び賞与                               851,521    千円              980,376    千円
                                     249,854                  309,763
     賞与引当金繰入額
                                       -                1,538
     貸倒引当金繰入額
                                     49,633                  56,595
     退職給付費用
         ※2 固定資産受贈益の内容は次のとおりであります。

            電波法改正による特定ラジオマイク(ワイヤレスマイクロホン等)の新周波数帯域への移行に伴い、一般
           社団法人700MHz利用推進協会より旧周波数機器と交換に提供された新周波数機器を                                      計上したためでありま
           す。
                                 20/26










                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                             至   平成26年9月30日)               至   平成27年9月30日)
     現金及び預金                              1,552,259千円                  2,127,315千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                  -                  -
     現金及び現金同等物                              1,552,259                  2,127,315
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
          1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     決議                  (千円)
                             配当額(円)
     平成26年5月21日
                普通株式         74,817       15.00    平成26年3月31日         平成26年6月25日          利益剰余金
     取締役会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           末後となるもの
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     決議                  (千円)
                             配当額(円)
     平成26年11月7日
                普通株式         125,127        25.00    平成26年9月30日         平成26年12月8日          利益剰余金
     取締役会
         Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年9月30日)

          1.配当金支払額
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     決議                  (千円)
                             配当額(円)
     平成27年5月20日
                普通株式         75,075       15.00    平成27年3月31日         平成27年6月24日          利益剰余金
     取締役会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           末後となるもの
                              1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
     決議                  (千円)
                             配当額(円)
     平成27年11月6日
                普通株式         100,099        20.00    平成27年9月30日         平成27年12月10日          利益剰余金
     取締役会
                                 21/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成26年4月1日                         至平成26年9月30日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額     損益計算書
                  音響機器      映像製品の      コンサート              合計
                                                 (注)1       計上額
                                    その他の
                 販売・施工      開発・製造      ・イベント
                                                       (注)2
                                     事業
                   事業     ・販売事業        事業
     売上高

                  3,068,754       634,147     4,856,748       272,798     8,832,447          -   8,832,447

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部

                   69,820      14,719      22,838       1,302     108,681     △ 108,681         -
      売上高又は振替高
                  3,138,575       648,866     4,879,586       274,101     8,941,129      △ 108,681     8,832,447

          計
                   85,489      54,932      811,793       24,355      976,570     △ 257,248      719,321
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額△257,248千円には、セグメント間取引消去28,487千円、各報告セグメントに配分し
         ていない全社費用△285,735千円が含まれております。全社費用は、主に当社の総務・経理部門等の管理部門に
         係る費用であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 22/26













                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自平成27年4月1日                         至平成27年9月30日)
            1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                          報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                  調整額     損益計算書
                                            合計
                  音響機器      映像製品の      コンサート
                                                 (注)1       計上額
                                    その他の
                 販売・施工      開発・製造      ・イベント
                                                       (注)2
                                     事業
                   事業     ・販売事業        事業
     売上高

                  7,100,414       351,343     5,301,396       355,465     13,108,619          -  13,108,619

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部

                   67,811      37,299      15,602      12,398      133,111     △ 133,111         -
      売上高又は振替高
                  7,168,226       388,642     5,316,999       367,863     13,241,731       △ 133,111     13,108,619

          計
     セグメント利益又は
                   813,994      △ 17,579      959,671       47,105     1,803,192      △ 396,498     1,406,694
     損失(△)
     (注)1.セグメント利益の調整額△396,498千円には、セグメント間取引消去△9,178千円、各報告セグメントに配分し
         ていない全社費用△387,319千円が含まれております。全社費用は、主に当社の総務・経理部門等の管理部門に
         係る費用であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            2.  報告セグメントの変更等に関する事項

             (報告セグメントの名称変更)
             平成27年4月30日に日東紡音響エンジニアリング㈱(                         平成27年7月1日をもって日本音響エンジニアリ
            ング㈱に商号を変更しております。                 )の株式を取得し、同社を子会社化したことを契機に、従来の報告セ
            グメントの名称について「音響機器販売事業」を「音響機器販売・施工事業」に変更しております。
             なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの名称に基づき作成し
            たものを開示しております。
             (会計方針の変更)

           (企業結合に関する会計基準等の適用)
           第1四半期連結会計期間から「企業結合に関する会計基準」等を適用し、支配が継続している場合の子会
          社に対する当社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結
          会計年度の費用として計上する方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施さ
          れる企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する
          四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。
            この変更により、        従来の方法によった場合に比べて、当第2四半期連結累計期間のセグメント利益が「音
          響機器販売・施工事業」で42,302千円減少しております。
                                 23/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
     (1)   1株当たり四半期純利益金額                              97円76銭               187円31銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       488,848               937,469
        (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)
                                          -               -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       488,848               937,469
        純利益金額(千円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)
                                        5,000               5,004
     (2)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                       96円85銭                   -
       (算定上の基礎)
        親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
        (千円)
        普通株式増加数(千株)
                                          47               -
                              平成16年6月29日定時株主総会                      -
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                              決議(第1回新株予約権)につ
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                              きましては、行使期間満了に伴
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
                              い平成26年6月29日に失効して
     のの概要
                              おります。
     (注) 当第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないた
         め記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        平成27年11月6日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当による配当金の総額……………………100,099千円
        (ロ)1株当たりの金額…………………………………20円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………平成27年12月10日
       (注)平成27年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 24/26







                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 25/26




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ヒビノ株式会社(E05550)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年11月9日

     ヒビノ株式会社

      取締役会 御中

                              東陽監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              神保 正人 印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              岡田 基宏 印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているヒビノ株式会社

     の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成27年7月1日から平成27
     年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ヒビノ株式会社及び連結子会社の平成27年9月30日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.     上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半報告書

          提出会社)が別途保管しています。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                    まれていません。
                                 26/26


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。