株式会社京都ホテル 四半期報告書 第97期第3四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第97期第3四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社京都ホテル

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      平成27年11月11日

     【四半期会計期間】                      第97期第3四半期(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)

     【会社名】                      株式会社京都ホテル

     【英訳名】                      THE KYOTO HOTEL, LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  福永 法弘

     【本店の所在の場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町

                          537番地の4
     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【最寄りの連絡場所】                      京都府京都市中京区河原町通二条南入一之船入町

                          537番地の4
     【電話番号】                      京都075(211)5111(大代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長  西川 治彦

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第96期           第97期

              回次               第3四半期           第3四半期            第96期
                             累計期間           累計期間
                          自   平成26年1月1日         自   平成27年1月1日         自   平成26年1月1日
             会計期間
                          至   平成26年9月30日         至   平成27年9月30日         至   平成26年12月31日
     売上高                 (千円)         7,418,786           7,550,648          10,508,051
     経常損失(△)                 (千円)         △ 425,598          △ 96,887         △ 227,206

     四半期(当期)純損失(△)                 (千円)         △ 300,387           △ 6,054         △ 345,755

     持分法を適用した場合の投資利益                 (千円)             ―           ―           ―

     資本金                 (千円)          969,000           969,000           969,000

     発行済株式総数                  (株)        10,389,000           10,389,000           10,389,000

     純資産額                 (千円)         1,563,564           1,486,265           1,522,226

     総資産額                 (千円)         18,911,826           18,020,301           18,569,327

     1株当たり四半期(当期)純損失金
                       (円)          △ 29.08          △ 0.59         △ 33.48
     額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     1株当たり配当額                  (円)             ―           ―         3.00
     自己資本比率                  (%)            8.3           8.2           8.2

                              第96期           第97期

              回次               第3四半期           第3四半期
                              会計期間           会計期間
                          自   平成26年7月1日         自   平成27年7月1日
             会計期間
                          至   平成26年9月30日         至   平成27年9月30日
     1株当たり四半期純損失金額(△)                  (円)          △ 16.82          △ 6.13
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、ま
          た潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
       重要事象等

        当社は、前事業年度において経常損失を計上したことにより、シンジケートローンにかかる財務制限条項に抵触
       する懸念があり、平成28年3月31日に返済期限が到来するシンジケートローン10,540百万円(平成27年9月30日現
       在残高)について、新たなリファイナンスが実行されない場合には返済ができないことから、継続企業の前提に関
       する重要な疑義を生じさせるような事象または状況が存在しておりますが、「3財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フローの状況の分析(3)事業上及び財務上の対処すべき課題4)財務制限条項等に関する対応」に記載の
       とおり、すでに今後の主力取引銀行の支援体制も十分確保できていることから、継続企業の前提に関する重要な不
       確実性は認められないと判断しております。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
      (1) 業績の状況

        当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、一部に鈍い動きもみられますが、雇用・所得環境の改善傾向が続
       く中で、個人消費は総じて底堅い動きとなっています。加えて、企業収益は改善傾向にあるなど、全体としてみる
       と緩やかな回復基調を維持いたしました。
        京都のホテル業界におきましては、ビザ発給要件の緩和など政府の観光立国に向けた各種施策や円安の継続を背
       景とした訪日外国人客数の増加により、宿泊需要は引き続き増加傾向を維持いたしました。一方、宴会需要につき
       ましては、法人宴会、婚礼宴会ともに依然減少傾向に歯止めがかからず、飲食部門含め厳しい環境が続いておりま
       す。
        このような環境下、当社におきましても、アジア圏からの外国人宿泊客の増加等もあり、宿泊部門は引き続き好
       調を維持いたしました。また宴会部門は、一般宴会におきましては、大型宴会開催もあり前年売上を上回りました
       が、婚礼宴会におきましては、件数増加の反面、人数、単価の減少のため、前年売上を下回りました。
        この結果、当第3四半期累計期間の売上高は7,550百万円(前年同期比131百万円増)となりました。一方、収益面
       におきましては、原価管理の強化をはじめ、諸経費の削減に引き続き努めました結果、営業利益は158百万円(前年
       同期は営業損失163百万円)、経常損失96百万円(前年同期は経常損失425百万円)、四半期純損失6百万円(前年同期
       は四半期純損失300百万円)となりました。
        ホテル事業の部門別の営業概況は次のとおりです。

       (宿泊部門)

        京都ホテルオークラの宿泊売上高は、北米やアジアを中心とした外国人旅行客の増加に加え、国内エージェント
       経由の個人・団体ともに顕著に推移し、前年同期比119百万円増となりました。
        からすま京都ホテルにおきましては、年初、外壁改修工事に伴う販売制限がありましたが、その後、国内エー
       ジェントや外国人宿泊客が順調に推移した上、販売単価の上昇もあり、売上高は前年同期比36百万円増となりまし
       た。
        これらの結果、宿泊部門全体の売上高は2,412百万円(前年同期比6.9%増)となりました。
                                  3/15



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (宴会部門)
        京都ホテルオークラの一般宴会は、件数、単価は前年を下回ったものの、人数増により前年を上回る売上となり
       ました。一方、婚礼宴会におきましては、件数こそ前年を上回りましたが、人数、単価が大きく減少しました結
       果、売上高は前年を下回りました。これにより京都ホテルオークラの宴会部門の売上高は前年同期比6百万円増と
       なりました。
        からすま京都ホテルでは、一般宴会の件数、金額ともに前年を上回りました結果、売上高は前年同期比5百万円
       増となりました。
        この結果、宴会部門全体の売上高は2,209百万円(前年同期比0.6%増)となりました。
       (レストラン部門)

        京都ホテルオークラでは、館内レストランにおいて鉄板焼「ときわ」が高級ブランド牛の高単価コースが好調に
       推移しましたことに加え、昨年大型改修工事を行いました中国料理「桃李」の改修効果もあいまって、売上高は前
       年同期比87百万円増となりました。また、館外レストランにおきましても、昨年5月にスタートしました高島屋惣
       菜店「高島屋1888」や昨年7月オープンの「新町1888」の売上が今期はフルに計上されましたことにより、売上高
       は、前年同期比19百万円増となりました。これにより京都ホテルオークラのレストラン部門の売上高は前年同期比
       106百万円増となりました。
        からすま京都ホテルでは、外壁改修工事の影響もあり中国料理「桃李」、お食事処「入舟」において、売上高は
       伸び悩みました。
        この結果、レストラン部門全体の売上高は2,434百万円(前年同期比4.5%増)となりました。
       (その他部門)

        その他部門の売上高は494百万円(前年同期比141百万円減)となりました。
        売上減少の大きな要因は、不採算となっておりました「病院食事業」を本年3月で撤退したことによるもので
       す。
          部門別の売上高及び構成比等は、以下のとおりです。 

                                 当第3四半期累計期間
                                 (自 平成27年1月1日
                                                 前年同期比
                  区分
                                 至 平成27年9月30日)
                                                  (%)
                                金額(千円)         構成比(%)
         宿泊部門                        2,412,722           32.0         6.9
         宴会部門                        2,209,604           29.3         0.6
         レストラン部門                        2,434,147           32.2         4.5
         その他部門                         494,173           6.5       △22.3
                  合計               7,550,648           100.0          1.8
                                  4/15








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (2) 財政状態の分析
        当第3四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ549百万円減少し、18,020百万円となりました。
        負債につきましては、前事業年度末に比べ513百万円減少し、16,534百万円となりました。
        また、純資産は前事業年度末に比べ35百万円減少し、1,486百万円となり、自己資本比率は8.2%となりました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当社は、前事業年度において経常損失を計上したことにより、シンジケートローンにかかる財務制限条項に抵触
       する懸念があり、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しておりますが、こ
       のような状況を早期に解消すべく、以下の対応策を実施してまいりました。
        1)不採算部門の見直し
        2)コストコントロールの強化
        3)積極的な営業活動
        その結果、当第3四半期累計期間におきましては、営業利益、経常利益、四半期純利益が前年実績を大幅に上回
       りました。
        4)財務制限条項等に関する対応
           主力取引銀行からは引き続き新規融資を実行していただいており、また平成28年3月に期日が到来いたし
          ますシンジケートローンについては、既に主力取引銀行からはリファイナンスに向けたシンジケートローン
          組成手続きをすすめる同意を得ており、リファイナンス成立に向けた支援についての意思表示は明確であり
          ます。
          このような状況の中、現状では参加行、期間、返済ピッチ等条件面の検討、協議をすすめております。以上
          から、取引銀行の支援体制も確保できていることから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められ
          ないと判断しております。
      (4)  研究開発活動

        該当事項はありません。
                                  5/15












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     15,000,000

                  計                                   15,000,000

       ② 【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
              (平成27年9月30日)           (平成27年11月11日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所

                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            10,389,000           10,389,000
                                              ります。
                                    (市場第二部)
         計          10,389,000           10,389,000           ―           ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年9月30日                 ―  10,389,000            ―    969,000          ―    210,304
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/15






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成27年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ① 【発行済株式】
                                               平成27年9月30日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                                          権利内容に何ら限定のない当社に
                     普通株式       61,300
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―
                                          おける標準となる株式
                     普通株式     10,323,600
     完全議決権株式(その他)                                 103,236           同上
                     普通株式        4,100

     単元未満株式                                ―             ―
     発行済株式総数                     10,389,000           ―             ―

     総株主の議決権                     ―           103,236            ―

       ② 【自己株式等】

                                               平成27年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  京都市中京区河原町通
     株式会社京都ホテル             二条南入一之船入町                61,300         ―    61,300        0.59
                  537番地の4
           計              ―          61,300         ―    61,300        0.59
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/15









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(平成27年7月1日から平成27年
      9月30日まで)及び第3四半期累計期間(平成27年1月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期財務諸表につい
      て、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  8/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      1  【四半期財務諸表】
       (1)  【四半期貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                333,656              346,959
         売掛金                                555,108              429,323
         原材料及び貯蔵品                                124,054               76,860
         前払費用                                 77,359              81,926
         繰延税金資産                                 30,841              99,664
         その他                                 20,431              16,513
                                          △ 323             △ 520
         貸倒引当金
         流動資産合計                               1,141,129              1,050,728
       固定資産
         有形固定資産
           建物(純額)                             11,523,931              11,153,714
           構築物(純額)                              105,767               98,516
           機械装置及び運搬具(純額)                               52,409              47,000
           器具及び備品(純額)                              281,639              234,949
           土地                             5,071,341              5,071,341
                                         160,437              172,843
           リース資産(純額)
           有形固定資産合計                             17,195,527              16,778,366
         無形固定資産
           ソフトウエア                               52,269              40,485
           リース資産                               6,696              25,406
           電話加入権                               4,429              4,429
                                           466              429
           商標権
           無形固定資産合計                               63,862              70,750
         投資その他の資産
           投資有価証券                               70,415              10,000
           長期前払費用                               15,201               5,681
           前払年金費用                                 -            11,758
           差入保証金                               71,390              81,216
           その他                               11,800              12,886
                                            -           △ 1,086
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              168,807              120,455
         固定資産合計                               17,428,197              16,969,573
       資産合計                                18,569,327              18,020,301
                                  9/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度            当第3四半期会計期間
                                  (平成26年12月31日)              (平成27年9月30日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                                325,502              178,218
         短期借入金                                500,000             1,200,000
         1年内返済予定の長期借入金                               1,055,420              10,900,420
         リース債務                                 30,993              44,390
         未払金                                633,284              495,807
         未払費用                                205,117               93,315
         未払法人税等                                 12,695               8,431
         前受金                                 55,552              89,016
         預り金                                 73,369              40,910
         前受収益                                 47,231              58,247
         賞与引当金                                   -            74,700
         ポイント引当金                                 13,250              17,161
         その他                                 35,908              34,444
         流動負債合計                               2,988,325              13,235,063
       固定負債
         長期借入金                               12,960,092               2,212,527
         リース債務                                150,826              173,654
         長期未払金                                 79,217              52,920
         退職給付引当金                                 6,474                -
         役員退職慰労引当金                                 4,690              4,060
         長期預り保証金                                853,384              852,384
                                          4,090              3,426
         繰延税金負債
         固定負債合計                               14,058,775               3,298,972
       負債合計                                 17,047,100              16,534,035
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                969,000              969,000
         資本剰余金
                                         210,304              210,304
           資本準備金
           資本剰余金合計                               210,304              210,304
         利益剰余金
           利益準備金                               21,609              24,708
           その他利益剰余金
             繰越利益剰余金                             336,909              308,582
           利益剰余金合計                               358,519              333,290
         自己株式                                △ 26,329             △ 26,329
         株主資本合計                               1,511,494              1,486,265
       評価・換算差額等
                                          10,732                 -
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 10,732                 -
       純資産合計                                 1,522,226              1,486,265
      負債純資産合計                                  18,569,327              18,020,301
                                 10/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                 至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      売上高
       室料売上                                2,159,254              2,281,091
       料理売上                                3,159,567              3,111,591
       飲料売上                                 551,333              567,915
       雑貨売上                                 393,233              388,074
                                        1,155,398              1,201,974
       その他売上
       売上高合計                                7,418,786              7,550,648
      売上原価
       料理原料                                 987,245              967,647
       飲料原料                                 126,415              129,048
       雑貨原価                                 314,958              309,132
                                         180,234              190,936
       その他原価
       原価合計                                1,608,853              1,596,765
      売上総利益                                  5,809,933              5,953,882
      販売費及び一般管理費                                  5,973,570              5,795,759
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 163,637              158,122
      営業外収益
       受取利息                                    32              32
       受取配当金                                   618              648
       補助金収入                                  2,930              2,424
       受取手数料                                  3,428              3,476
                                          5,148              6,671
       その他
       営業外収益合計                                  12,158              13,253
      営業外費用
       支払利息                                 241,317              233,554
       支払手数料                                  31,800              31,800
                                          1,002              2,910
       雑損失
       営業外費用合計                                 274,120              268,264
      経常損失(△)                                  △ 425,598              △ 96,887
      特別利益
                                            -            35,129
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                    -            35,129
      特別損失
                                         26,633               6,203
       固定資産除却損
       特別損失合計                                  26,633               6,203
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 452,231              △ 67,961
      法人税、住民税及び事業税
                                          4,760              4,765
      法人税等調整額                                  △ 156,604              △ 66,672
      法人税等合計                                  △ 151,844              △ 61,907
      四半期純損失(△)                                  △ 300,387              △ 6,054
                                 11/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (会計方針の変更)
      (退職給付に関する会計基準等の適用)
        「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号                         平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。)
       及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号                                     平成27年3月26日。以下「退職給付
       適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に揚げられた定めについ
       て第1四半期会計期間より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方
       法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するとともに、割引率の決定方法を平均残存勤務期間に近似した年数
       を基礎に決定する方法から、退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引
       率を使用する方法へ変更しております。
        退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当第3四半
       期累計期間の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減してお
       ります。
        この結果、当第3四半期累計期間の期首の退職給付引当金が6,474千円減少し、前払年金費用が7,958千円及び利
       益剰余金が11,808千円それぞれ増加しております。なお、当第3四半期累計期間の四半期損益計算書に与える影響
       は軽微であります。
       (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
       間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間

                               (自    平成26年1月1日            (自    平成27年1月1日
                                至   平成26年9月30日)            至   平成27年9月30日)
         減価償却費                          561,007千円              567,481千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期累計期間(自              平成26年1月1日          至   平成26年9月30日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成26年3月27日
               普通株式         30,987        3.00   平成25年12月31日         平成26年3月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
      当第3四半期累計期間(自              平成27年1月1日          至   平成27年9月30日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年3月27日
               普通株式         30,982        3.00   平成26年12月31日         平成27年3月30日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

       もの
        該当事項はありません。
                                 12/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       前第3四半期累計期間(自                平成26年1月1日          至   平成26年9月30日)
         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       当第3四半期累計期間(自                平成27年1月1日          至   平成27年9月30日)

         当社は、内外顧客の宿泊・料理飲食・宴会等を中心とするホテル経営及びホテル付随業務を事業内容としてお
        ります。経営資源の配分の決定及び業績評価は当社全体で行っていること等から判断して、報告セグメントが単
        一であるため、セグメント情報の記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第3四半期累計期間             当第3四半期累計期間

                                (自    平成26年1月1日           (自    平成27年1月1日
                 項目
                                 至   平成26年9月30日)           至   平成27年9月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                  △29円08銭              △0円59銭
     (算定上の基礎)

     四半期純損失(△)                                △300,387千円              △6,054千円

     普通株主に帰属しない金額                                    ―千円             ―千円

     普通株式に係る四半期純損失(△)                                △300,387千円              △6,054千円

     普通株式の期中平均株式数                                 10,328,909株             10,327,610株

      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、1株当たり四半期純損失であり、また潜在株式が存
         在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        当社は、平成27年11月11日開催の取締役会において、以下のとおり、第三者割当増資を行うことについて決議し
       ております。その概要は次のとおりであります。
        1  発行する株式の種類及び数              普通株式     702,400株
        2  発行価額              1株につき      854円 ※
        3  発行価額の総額
                        599,849,600円
        4  資本組入額              299,924,800円(1株につき             427円)
        5  払込期日
                        平成27年11月27日
        6  募集又は割当の方法
                        第三者割当による新株式発行
         (割当先)              株式会社日本政策投資銀行             585,400株
                        株式会社池田泉州銀行           117,000株
                        (1)  からすま京都ホテルの客室改装費用
        7  資金の使途
                        (2)  京都ホテルオークラの宴会場改装費用
                        (3)  コンピューターシステム更新費用
         㬰v窈䱏ꆘ䴰漰Ş獢က㈀㝞琀㄀ㅧࠀ㄀づ䬰覐愰挰忿ᄰꭧ࢕錰湧煎겊㱒㡓홟ᕢ䀰欰䨰儰譽䉐⑞獗䝐␰鉗啕ะ欰崰
           6%ディスカウントとして算定しております。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 13/15



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 14/15



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社京都ホテル(E04550)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   平成27年11月11日

     株式会社京都ホテル
     取締役会      御中
                            有限責任監査法人         トーマツ

                            指定有限責任社員

                                       公認会計士  山口 弘志   印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士          岩淵 貴史   印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社京都ホ

     テルの平成27年1月1日から平成27年12月31日までの第97期事業年度の第3四半期会計期間(平成27年7月1日から平
     成27年9月30日まで)及び第3四半期累計期間(平成27年1月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期財務諸
     表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
     正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
     論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社京都ホテルの平成27年9月30日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認めら
     れなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。