総合商研株式会社 訂正四半期報告書 第44期第2四半期(平成26年11月1日-平成27年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第44期第2四半期(平成26年11月1日-平成27年1月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書の訂正報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条4の7第4項

     【提出先】               北海道財務局長

     【提出日】               平成27年10月5日

     【四半期会計期間】               第44期第2四半期(自 平成26年8月1日 至 平成27年1月31日)

     【会社名】               総合商研株式会社

     【英訳名】               SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/5









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     1  【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成27年3月13日に提出いたしました第44期(自 平成26年8月1日 至 平成27年1月31日)に係る四半期報告
      書の記載事項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため四半期報告書の訂正報告書を提出するものであり
      ます。
     2  【訂正事項】

        第一部 企業情報
         第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (1)業績の状況
         第4 経理の状況

          1 四半期連結財務諸表
           注記事項
           (セグメント情報等)
           セグメント情報
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は       を付して表示しております。
     第一部【企業情報】

     第2【事業の状況】
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  業績の状況
       (省略)
       (訂正前)
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
      (商業印刷事業)
        商業印刷事業においては、既存顧客の広告費削減による影響はあったものの、受注シェアの向上や本州において
       新規大口顧客のレギュラーチラシ受注の獲得等があったことにより、当事業の売上高は                                        5,207百万円      (前年同四半期
       比 110百万円     増)となりました。
        利益につきましては、          利幅の薄い折込売上の受注が減少した一方で、印刷売上の割合が高まったことにより、営
       業利益は3百万円(前年同四半期の営業損失は79百万円)                           となりました。
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、効果的な販促活動により大口顧客からの受注が堅調に推移したことで取扱い件数が
       増加(前年同期比117%)し、当事業の売上高は5,753百万円(前年同四半期比694百万円増)となりました。
        利益につきましては、営業利益は               856百万円     (前年同四半期比        5百万円増     )となりました。
      (その他)
        その他においては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・
       サービスの提供を行った結果、売上高は                   24百万円    (前年同四半期比        0百万円    減)、営業損失は        6百万円    (前年同四
       半期の営業損失は        6百万円    )となりました。
                                 2/5




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
      (訂正後)
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
      (商業印刷事業)
        商業印刷事業においては、既存顧客の広告費削減による影響はあったものの、受注シェアの向上や本州において
       新規大口顧客のレギュラーチラシ受注の獲得等があったことにより、当事業の売上高は                                        4,933百万円      (前年同四半期
       比 129百万円増      )となりました。
        利益につきましては、          外注費が増加したことにより、営業利益は142百万円(前年同四半期比5百万円減)                                       となり
       ました。
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、効果的な販促活動により大口顧客からの受注が堅調に推移したことで取扱い件数が
       増加(前年同期比117%)し、当事業の売上高は5,753百万円(前年同四半期比694百万円増)となりました。
        利益につきましては、営業利益は               756百万円     (前年同四半期比        1百万円減     )となりました。
      (ふりっぱー事業)
        ふりっぱー事業におきましては、各受注の採算性を見直し、利益重視へと営業戦略を変更した結果、当事業の売
       上高は247百万円(前年同四半期比10百万円減)、営業損失は31百万円(前年同四半期の営業損失は79百万円)とな
       りました。
      (その他)
        その他においては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・
       サービスの提供を行った結果、売上高は                   51百万円    (前年同四半期比        9百万   円減)、営業損失は         12百万円    (前年同四
       半期の営業損失は        13百万円    )となりました。
     第4【経理の状況】

     1【四半期連結財務諸表】
      【注記事項】
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     (訂正前)
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成25年8月1日          至   平成26年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                    その他            調整額
                                          合計          益計算書計上
                                    (注1)            (注2)
                  商業印刷
                       年賀状印刷
                                                      額(注3)
                               計
                         事業
                   事業
     売上高
     外部顧客への売上高            5,096,716      5,059,027      10,155,744        25,563    10,181,307             10,181,307

     セグメント間の
                   9,370      3,209      12,580      2,670      15,251     △15,251           ―
     内部売上高又は振替高
          計       5,106,087      5,062,237      10,168,324        28,233    10,196,558       △15,251      10,181,307
     セグメント利益
                  △79,561      850,644      771,083      △6,228      764,854     △155,472        609,382
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業を含んでおり
          ます。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △155,472     千円には、セグメント間取引消去2,394千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △157,866     千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 3/5



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成27年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                    その他            調整額
                                          合計          益計算書計上
                                    (注1)            (注2)
                  商業印刷
                       年賀状印刷
                                                      額(注3)
                               計
                         事業
                   事業
     売上高
     外部顧客への売上高            5,207,405      5,753,446      10,960,852        24,810    10,985,662             10,985,662

     セグメント間の
                   1,486      3,035      4,522      1,583      6,105     △6,105          ―
     内部売上高又は振替高
          計       5,208,891      5,756,482      10,965,374        26,393    10,991,768       △6,105      10,985,662
     セグメント利益
                   3,417     856,042      859,459      △6,496      852,963     △190,919        662,043
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業を含んでおり
          ます。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △190,919     千円には、セグメント間取引消去1,944千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △192,864     千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
     (訂正後)

     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成25年8月1日          至   平成26年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                     報告セグメント
                                      その他            調整額
                                                      損益計算書
                                            合計
                                                      計上額(注
                                      (注1)            (注2)
              商業印刷
                   年賀状印刷      ふりっぱー
                                 計
                                                        3)
                     事業      事業
               事業
     売上高
      外部顧客への
              4,803,548      5,059,027       257,839    10,120,415        60,891    10,181,307            10,181,307
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高          32,801      3,209     22,755      58,766      2,639     61,405     △61,405         ―
      又は振替高
        計     4,836,349      5,062,237       280,595    10,179,181        63,531    10,242,712       △61,405     10,181,307
     セグメント利益
               147,574      758,124     △79,990      825,708     △13,545      812,163     △202,780       609,382
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業                                             等 を含んでお
          ります。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △202,780     千円には、セグメント間取引消去2,394千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △205,174     千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 4/5





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成27年1月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                     報告セグメント
                                      その他            調整額
                                                      損益計算書
                                            合計
                                                      計上額(注
                                      (注1)            (注2)
              商業印刷
                   年賀状印刷      ふりっぱー
                                 計
                                                        3)
                     事業      事業
               事業
     売上高
      外部顧客への
              4,933,502      5,753,446       247,257    10,934,207        51,455    10,985,662            10,985,662
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高          36,041      3,035     17,859      56,937      1,538     58,475     △58,475         ―
      又は振替高
        計     4,969,543      5,756,482       265,117    10,991,144        52,994    11,044,138       △58,475     10,985,662
     セグメント利益
               142,423      756,763     △31,795      867,391     △12,403      854,987     △192,943       662,043
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業                                             等 を含んでお
          ります。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △192,943     千円には、セグメント間取引消去1,944千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △194,888     千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                 5/5













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。