ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド 訂正有価証券報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                 有価証券報告書の訂正報告書
     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の2第1項
     【提出先】                 関東財務局長
     【提出日】                 平成27年8月       17 日
     【事業年度】                 自平成26年1月1日 至平成26年12月31日
     【会社名】                 ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・
                      リミテッド
                      (The   Hongkong     and  Shanghai     Banking    Corporation       Limited)
     【代表者の役職氏名】                 副会長兼最高経営責任者 ピーター・ウォン・ツン・シュン
                      (Peter    Wong   Tung   Shun,   Deputy    Chairman     and  Chief   Executive)
     【本店の所在の場所】                 香港、クイーンズ・ロード・セントラル1番
                      (1  Queen's    Road   Central,     Hong   Kong)
     【代理人の氏名又は名称】                 弁護士  小 馬 瀬 篤 史
     【代理人の住所又は所在地】                 東京都港区元赤坂一丁目2番7号赤坂Kタワー
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                 03-6888-1066
     【事務連絡者氏名】                 弁護士  井 上 貴 美 子
     【連絡場所】                 東京都港区元赤坂一丁目2番7号赤坂Kタワー
                      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                 03-6888-5873
     【縦覧に供する場所】                 該当なし
                                  1/36











                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
        平成27年5月29日に提出致しました有価証券報告書(事業年度 自平成26年1月1日 至平成26年12月31

       日)の記載事項の一部に訂正すべき事項がありましたのでこれを訂正するため、本有価証券報告書の訂正報
       告書を提出致します。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報

        第3 事業の状況

         1 業績等の概要

         3 対処すべき課題

         4 事業等のリスク

         7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

        第5 提出会社の状況

         1 株式等の状況

         5 コーポレート・ガバナンスの状況等

        第6 経理の状況

         1 財務書類

         3 その他

     3【訂正箇所】

         訂正箇所には下線を付しております。

     第一部【企業情報】

     第3【事業の状況】

     1【業績等の概要】

     <訂正前>
      地域別
                               (中略)

       資源の配分および事業セグメントの業績の評価のために当行グループの最高経営意思決定者に提供される情

      報は、香港財務報告基準(以下「HKFRS」という。)に準拠して測定される。当行グループの構造の性格によ
      り、以下に示される利益の分析には地域間のセグメント間項目が含まれ、消去は別個の欄で表示されている。
      このような取引は独立当事者間取引で行われている。共通費用は、実際の負担額に基づいてセグメントに含め
      られている。
                               (中略)

      地域別税引前当期純利益

                                  2/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                                                 セグメント間
                                      その他アジア・太平洋地域
                                  香港                  消去       合計
                               百万香港ドル            百万香港ドル       百万香港ドル       百万香港ドル
     2014  年
     正味受取利息                            50,774            44,333         2    95,109
     正味受取手数料                            29,996            14,626         -    44,622
     トレーディング純収益                            11,663            8,559        (2)     20,220
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益                             3,134            914        –    4,048
     金融投資による純収益                             2,286            103        –    2,389
     配当金                             1,362             12        –    1,374
     正味保険料収入                            50,226            7,081         –    57,307
     関連会社の再分類による純損失                               –          (251)        –     (251)
     その他営業収益                            10,872            1,944      (4,063)       8,753
     営業収益合計                            160,313            77,321       (4,063)      233,571
     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動                (52,916)            (7,266)         –    (60,182)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                                 107,397            70,055       (4,063)      173,389
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金                            (2,478)            (2,447)         –    (4,925)
     正味営業収益
                                 104,919            67,608       (4,063)      168,464
     営業費用                            (42,270)            (34,743)       4,063      (72,950)
     営業利益
                                 62,649            32,865         –    95,514
     関連会社および合弁事業における利益持分                              317          15,358         –    15,675
     税引前当期純利益
                                 62,966            48,223         –    111,189
     2013  年
     正味受取利息
                                   45,682        41,729         (46)      87,365
     正味受取手数料                              28,794        15,129         (77)      43,846
     トレーディング純収益                              11,156         5,375         46      16,577
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益
                                   2,008         467         –     2,475
     金融投資による純収益
                                    323        119         –      442
     配当金                              1,165          10        –     1,175
     正味保険料収入
                                   47,173         6,490          –     53,663
     関連会社の再分類による純収益
                                      –      8,157          –     8,157
     ピン・アン売却による利益
                                      –      34,070          –     34,070
     その他営業収益                              13,803         2,186       (4,571)       11,418
     営業収益合計
                                  150,104        113,732        (4,648)       259,188
     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動                  (50,960)         (5,632)          –    (56,592)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                                   99,144        108,100        (4,648)       202,596
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金                              (1,032)        (2,500)          –     (3,532)
     正味営業収益
                                   98,112        105,600        (4,648)       199,064
     営業費用                              (38,845)        (34,531)        4,648       (68,728)
     営業利益
                                   59,267        71,069          –    130,336
     関連会社および合弁事業における利益持分                               524       13,896          –     14,420
     税引前当期純利益
                                   59,791        84,965          –    144,756
                                  3/36









                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      香港のグローバル事業部門別税引前当期純利益

                               リテール          グローバル
                              バンキング           バンキング      グローバル
                            アンドウェルス       コマーシャル       アンド    プライベート                   香港
                             マネジメント       バンキング     マーケッツ      バンキング      その他    セグメント間消去         合計
                               百万香港      百万香港     百万香港      百万香港    百万香港       百万香港    百万香港
                                ドル      ドル     ドル      ドル    ドル       ドル    ドル
     2014  年
     正味受取利息/(費用)                          25,464      15,367     11,896       782   (2,287)        (448)    50,774
     正味受取手数料                          16,443      7,568     4,816      1,017     152         –  29,996
     トレーディング純収益/(費用)                           937     1,429     8,086       810    (47)       448   11,663
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                          3,290       (65)     (19)       –   (72)         –  3,134
     金融投資による純収益                            3      33    1,111        –  1,139         –  2,286
     配当金                            1      –     6      –  1,355         –  1,362
     正味保険料収入                          46,159      4,067       –      –    –       –  50,226
     その他営業収益                          3,277       331     572      10   8,616       (1,934)    10,872
     営業収益合計                          95,574      28,730     26,468      2,619    8,856       (1,934)    160,313

     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動               (48,870)      (4,046)       –      –    –       –  (52,916)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)                          46,704      24,684     26,468      2,619    8,856       (1,934)    107,397

     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                          (1,149)       (684)     (652)       7     –       –  (2,478)
     正味営業収益                          45,555      24,000     25,816      2,626    8,856       (1,934)    104,919

                               (16,969)      (6,445)     (11,016)      (1,361)    (8,413)        1,934    (42,270)
     営業費用
     営業利益                          28,586      17,555     14,800      1,265     443         –  62,649

     関連会社および合弁事業における利益持分                           311       2     ▶      –    –       –   317
     税引前当期純利益                          28,897      17,557     14,804      1,265     443         –  62,966

     2013  年

     正味受取利息/(費用)                         24,687     13,406     10,380      116   (2,690)     (217)    45,682
     正味受取手数料                         15,749     7,473     5,405     105     62     –   28,794
     トレーディング純収益                         1,045     1,417     8,334      78    66    216    11,156
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                         1,965       –    56     –   (14)     1   2,008
     金融投資による純収益                           –     –    323      –    –     –    323
     配当金                           1     7     47     –   1,110       –   1,165
     正味保険料収入                         43,530     3,659       –    –    –    (16)    47,173
     その他営業収益                         4,799      706     591      –   9,856    (2,149)     13,803
     営業収益合計                         91,776     26,668     25,136      299    8,390    (2,165)    150,104

     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動              (46,730)     (4,230)       –    –    –     –  (50,960)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                              45,046     22,438     25,136      299    8,390    (2,165)     99,144
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                         (1,065)      (122)     154      –    1     –   (1,032)
     正味営業収益
                              43,981     22,316     25,290      299    8,391    (2,165)     98,112
                             (15,501)     (5,955)     (10,084)      (224)    (9,246)     2,165    (38,845)
     営業費用
     営業利益/(損失)
                              28,480     16,361     15,206      75    (855)      –   59,267
     関連会社および合弁事業における利益持分                          518      2     ▶     –    –     –    524
     税引前当期純利益/(損失)
                              28,998     16,363     15,210      75    (855)      –   59,791
      香港

                               (中略)

       収益は8,253百万香港ドル(8%)増加したが、これは主にGPB事業の取得による通年の影響ならびに上記の

      2014年の売却益および減損費用を反映している。これらの要素を除くと、収益は主にCMBおよびRBWMで増加
      し、それより程度は少ないが、GB&Mでも増加した。
                                  4/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)
       RBWM  の収益は2013年と比べて4%増加したが、これは貸付残高(主にクレジットカードおよびその他の個人

      向け貸付)および預金残高の平均額の増加による正味受取利息の増加によるものであり、スプレッドの縮小に
      より一部相殺された。正味受取手数料も増加したが、主にユニット型投資信託の売買高、クレジットカード取
      引およびブローカー手数料の増加によるものである。保険事業においては、収益の増加は主に保険料収入の増
      加を反映しており、これは負債証券のポートフォリオの増加にも寄与している。しかしこれは、有効な長期保
      険契約の現在価値(以下「PVIF」という。)資産が、予定利率の有利な変更により2013年は大幅に増加したこ
      とに対して、2014年はより少ない増加にとどまったことにより一部相殺された。
       GB&M  の収益は5%増加したが、これは主にバランスシート・マネジメントのポートフォリオの成長および

      キャピタル・ファイナンシングにおける中長期貸付の平均残高の増加によるものである。これは顧客の減少に
      よるマーケッツの正味受取手数料の減少、キャピタル・ファイナンシングの手数料の圧縮および2014年に完了
      した大規模M&A案件の減少により一部相殺された。
                               (中略)

       営業費用は、2014年に3,425百万香港ドル(9%)増加したが、これは規制に関するプログラムおよびコン

      プライアンスに対する取組みへの投資を反映している。費用の増加は、GPB事業の組入れ、賃金インフレおよ
      び事業の拡大をサポートするために行われた主にCMBにおける従業員数の増加に加えて、マーケティング活動
      の増加ならびにIT、維持費用および賃料を含む施設および設備費用の増加も反映している。
      その他アジア・太平洋地域のグローバル事業別税引前当期純利益

                               リテール          グローバル
                              バンキング           バンキング      グローバル
                            アンドウェルス       コマーシャル       アンド    プライベート                  その他アジア・太平洋
                             マネジメント       バンキング     マーケッツ      バンキング      その他    セグメント間消去            地域合計
                                百万      百万     百万      百万    百万       百万         百万
                               香港ドル      香港ドル     香港ドル      香港ドル    香港ドル       香港ドル         香港ドル
     2014  年
     正味受取利息                          13,331      11,299     15,909       590    2,053       1,151         44,333
     正味受取手数料/(費用)                          4,949      4,286     5,075       417    (101)         –       14,626
     トレーディング純収益/(費用)                           635     1,466     7,384       288    (63)      (1,151)         8,559
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                           920      15      5      –   (26)         –        914
     金融投資による純収益                            5      5     79       –    14        –        103
     配当金                            5      1      –      –    6        –        12
     正味保険料収入                          4,981      2,115       –      –    1       (16)        7,081
     関連会社の再分類による純損失                            –      –     –      –   (251)         –        (251)
     その他営業収益                           724      404     489       3   1,026        (702)         1,944
     営業収益合計                          25,550      19,591     28,941      1,298    2,659        (718)        77,321
     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動               (5,246)      (2,032)       –      –    –       12        (7,266)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                               20,304      17,559     28,941      1,298    2,659        (706)        70,055
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                          (1,319)      (1,080)      (50)       1    1        –       (2,447)
     正味営業収益
                               18,985      16,479     28,891      1,299    2,660        (706)        67,608
                               (15,326)      (8,271)     (9,629)       (885)    (1,338)         706        (34,743)
     営業費用
     営業利益
                               3,659      8,208     19,262       414    1,322         –       32,865
     関連会社および合弁事業における利益持分                          2,042      11,019      2,295        –    2        –       15,358
     税引前当期純利益
                               5,701      19,227     21,557       414    1,324         –       48,223
     2013  年

     正味受取利息                         13,328     10,660     14,926      159    1,606     1,050     41,729
     正味受取手数料/(費用)                         5,411     4,304     5,398     143    (127)      –   15,129
     トレーディング純収益/(費用)                          617    1,467     7,811      44   (3,514)     (1,050)     5,375
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益                          460      2     –    –    5     –    467
     金融投資による純収益                           (8)     ▶    117      –    6     –    119
     配当金                           3     1     –    –    6     –    10
     正味保険料収入                         5,053     1,452       –    1     –    (16)    6,490
     関連会社の再分類による純利益                           –     –     –    –   8,157       –   8,157
     ピン・アン売却による利益                           –     –     –    –  34,070       –   34,070
                                  5/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     その他営業収益                         1,119      44     626     3    923    (529)    2,186
     営業収益合計                         25,983     17,934     28,878      350   41,132      (545)    113,732
     正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動              (4,531)     (1,113)       –    (1)     –    13   (5,632)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                              21,452     16,821     28,878      349   41,132      (532)    108,100
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                         (1,635)      (970)     103      –    2     –   (2,500)
     正味営業収益
                              19,817     15,851     28,981      349   41,134      (532)    105,600
                             (16,405)      (7,938)     (9,580)     (227)     (913)     532   (34,531)
     営業費用
     営業利益
                              3,412     7,913     19,401      122   40,221       –   71,069
     関連会社および合弁事業における利益持分                         1,782     10,323     1,956      –   (165)      –   13,896
     税引前当期純利益
                              5,194     18,236     21,357      122   40,056       –   84,965
      その他アジア・太平洋地域

       その他アジア・太平洋地域の税引前当期純利益は48,223百万香港ドルであり、2013年の84,965百万香港ドル
      と比べて43%減となった。税引前当期純利益の減少は、2013年                               の 数多くの事象を反映しており、主なものはピ
      ン・アンの純売却益30,747百万香港ドル、インダストリアル・バンクの再分類による会計上の利益8,454百万
      香港ドルならびにベトナム、韓国、台湾およびシンガポールにおける非中核的保険事業の売却による純収益
      685百万香港ドルである。
                               (中略)

       中国本土では、ポートフォリオの拡大および再投資率の上昇に加えて、中長期貸付の平均残高の増加によ

      り、GB&Mのバランスシート・マネジメントによる正味受取利息が増加した。さらに、トレーディング収益は、
      金利業務において負債証券に係る受取利息の増加および利回りの低下によるトレーディング債券の再評価利益
      により増加し、外国為替業務において顧客の増加により増加した。RBWMの収益の増加は主に2014年上半期に市
      場金利が上昇したことによる預金スプレッドの拡大によるものであり、CMBにおいては、収益の増加は主に預
      金および貸付の平均残高が増加したことによるものである。
                               (中略)

       貸倒損失2,447百万香港ドルは2013年と比べてわずかに減少したが、これは主に2013年にはRBWM引当金モデ

      ルの見直しにより経常外費用が生じたことに加えて、2014年にはマレーシアおよびオーストラリアの引当金が
      減少したことによるものである。これは、主に中国本土における少数の個別評価による貸倒損失により生じた
      GB&MおよびCMBにおける増加により大部分が相殺された。しかし、ニュージーランド、マレーシアおよびベト
      ナムでは2014年に個別評価による貸倒損失は減少した。
       営業費用はわずかに212百万香港ドル増加したが、これは規制に関するプログラムへの投資およびコンプラ

      イアンス費用の増加に加えて、特に中国本土で事業の拡大をサポートするために行われた従業員数の増加およ
      び賃金インフレによるものである。これらの増加は、保険合弁事業の558百万香港ドルの臨時の評価減                                                   に起因
      する  韓国における減少および2013年におけるRBWM事業のランオフに関連する再編引当金により一部相殺され
      た。
       関連会社および合弁事業における利益持分は1,462百万香港ドル増加したが、これは主に2013年                                                の ベトナム

      の銀行関連会社に係る減損費用819百万香港ドルによるものである。また、バンク・オブ・コミュニケーショ
      ンズの利益持分の増加にも起因している。
     <訂正   後 >

      地域別
                               (中略)

       資源の配分および事業セグメントの業績の評価のために当行グループの最高経営意思決定者に提供される情

      報は、香港財務報告基準(以下「HKFRS」という。)に準拠して測定される。当行グループの構造の性格によ
      り、以下に示される利益の分析には地域間のセグメント間項目が含まれ、消去は別個の欄で表示されている。
      このような取引は独立当事者間取引で行われている。共通費用は、実際の負担                                       配分  額に基づいてセグメントに
      含められている。
                               (中略)

                                  6/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      地域別税引前当期純利益

                                                 セグメント間

                                      その他アジア・太平洋地域
                                  香港                  消去       合計
                               百万香港ドル            百万香港ドル       百万香港ドル       百万香港ドル
     2014  年
     正味受取利息                            50,774            44,333         2    95,109
     正味受取手数料                            29,996            14,626         -    44,622
     トレーディング純収益                            11,663            8,559        (2)     20,220
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益                             3,134            914        –    4,048
     金融投資による純収益                             2,286            103        –    2,389
     配当金                             1,362             12        –    1,374
     正味保険料収入                            50,226            7,081         –    57,307
     関連会社の再分類による純損失                               –          (251)        –     (251)
     その他営業収益                            10,872            1,944      (4,063)       8,753
     営業収益合計                            160,313            77,321       (4,063)      233,571
     正味  支払  保険金   および   支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動            (52,916)            (7,266)         –    (60,182)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                                 107,397            70,055       (4,063)      173,389
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金                            (2,478)            (2,447)         –    (4,925)
     正味営業収益
                                 104,919            67,608       (4,063)      168,464
     営業費用                            (42,270)            (34,743)       4,063      (72,950)
     営業利益
                                 62,649            32,865         –    95,514
     関連会社および合弁事業における利益持分                              317          15,358         –    15,675
     税引前当期純利益
                                 62,966            48,223         –    111,189
     2013  年
     正味受取利息
                                   45,682        41,729         (46)      87,365
     正味受取手数料                              28,794        15,129         (77)      43,846
     トレーディング純収益                              11,156         5,375         46      16,577
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益
                                   2,008         467         –     2,475
     金融投資による純収益
                                    323        119         –      442
     配当金                              1,165          10        –     1,175
     正味保険料収入
                                   47,173         6,490          –     53,663
     関連会社の再分類による純収益
                                      –      8,157          –     8,157
     ピン・アン売却による利益
                                      –      34,070          –     34,070
     その他営業収益                              13,803         2,186       (4,571)       11,418
     営業収益合計
                                  150,104        113,732        (4,648)       259,188
     正味  支払  保険金   および   支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動              (50,960)         (5,632)          –    (56,592)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                                   99,144        108,100        (4,648)       202,596
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金                              (1,032)        (2,500)          –     (3,532)
     正味営業収益
                                   98,112        105,600        (4,648)       199,064
     営業費用                              (38,845)        (34,531)        4,648       (68,728)
     営業利益
                                   59,267        71,069          –    130,336
     関連会社および合弁事業における利益持分                               524       13,896          –     14,420
     税引前当期純利益
                                   59,791        84,965          –    144,756
                                  7/36









                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      香港のグローバル事業部門別税引前当期純利益

                               リテール          グローバル
                              バンキング           バンキング      グローバル
                            アンドウェルス       コマーシャル       アンド    プライベート                   香港
                             マネジメント       バンキング     マーケッツ      バンキング      その他    セグメント間消去         合計
                               百万香港      百万香港     百万香港      百万香港    百万香港       百万香港    百万香港
                                ドル      ドル     ドル      ドル    ドル       ドル    ドル
     2014  年
     正味受取利息/(費用)                          25,464      15,367     11,896       782   (2,287)        (448)    50,774
     正味受取手数料                          16,443      7,568     4,816      1,017     152         –  29,996
     トレーディング純収益/(費用)                           937     1,429     8,086       810    (47)       448   11,663
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                          3,290       (65)     (19)       –   (72)         –  3,134
     金融投資による純収益                            3      33    1,111        –  1,139         –  2,286
     配当金                            1      –     6      –  1,355         –  1,362
     正味保険料収入                          46,159      4,067       –      –    –       –  50,226
     その他営業収益                          3,277       331     572      10   8,616       (1,934)    10,872
     営業収益合計                          95,574      28,730     26,468      2,619    8,856       (1,934)    160,313

     正味  支払  保険金  および  支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動            (48,870)      (4,046)       –      –    –       –  (52,916)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)                          46,704      24,684     26,468      2,619    8,856       (1,934)    107,397

     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                          (1,149)       (684)     (652)       7     –       –  (2,478)
     正味営業収益                          45,555      24,000     25,816      2,626    8,856       (1,934)    104,919

                               (16,969)      (6,445)     (11,016)      (1,361)    (8,413)        1,934    (42,270)
     営業費用
     営業利益                          28,586      17,555     14,800      1,265     443         –  62,649

     関連会社および合弁事業における利益持分                           311       2     ▶      –    –       –   317
     税引前当期純利益                          28,897      17,557     14,804      1,265     443         –  62,966

     2013  年

     正味受取利息/(費用)                         24,687     13,406     10,380      116   (2,690)     (217)    45,682
     正味受取手数料                         15,749     7,473     5,405     105     62     –   28,794
     トレーディング純収益                         1,045     1,417     8,334      78    66    216    11,156
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                         1,965       –    56     –   (14)     1   2,008
     金融投資による純収益                           –     –    323      –    –     –    323
     配当金                           1     7     47     –   1,110       –   1,165
     正味保険料収入                         43,530     3,659       –    –    –    (16)    47,173
     その他営業収益                         4,799      706     591      –   9,856    (2,149)     13,803
     営業収益合計                         91,776     26,668     25,136      299    8,390    (2,165)    150,104

     正味  支払  保険金  および  支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動           (46,730)     (4,230)       –    –    –     –  (50,960)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                              45,046     22,438     25,136      299    8,390    (2,165)     99,144
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                         (1,065)      (122)     154      –    1     –   (1,032)
     正味営業収益
                              43,981     22,316     25,290      299    8,391    (2,165)     98,112
                             (15,501)     (5,955)     (10,084)      (224)    (9,246)     2,165    (38,845)
     営業費用
     営業利益/(損失)
                              28,480     16,361     15,206      75    (855)      –   59,267
     関連会社および合弁事業における利益持分                          518      2     ▶     –    –     –    524
     税引前当期純利益/(損失)
                              28,998     16,363     15,210      75    (855)      –   59,791
                                  8/36





                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      香港
                               (中略)

       収益は8,253百万香港ドル(8%)増加したが、これは主にGPB                               の 事業の取得による通年の影響ならびに上記

      の2014年の売却益および減損費用を反映している。これらの要素を除くと、収益は主にCMBおよびRBWMで増加
      し、それより程度は少ないが、GB&Mでも増加した。
                               (中略)

       RBWM  の収益は2013年と比べて4%増加したが、これは貸付残高(主にクレジットカードおよびその他の個人

      向け貸付)および預          け 金残高の平均額の増加による正味受取利息の増加によるものであり、スプレッドの縮小
      により一部相殺された。正味受取手数料も増加したが、主にユニット型投資信託の売買高、クレジットカード
      取引およびブローカー手数料の増加によるものである。保険事業においては、収益の増加は主に保険料収入の
      増加を反映しており、これは負債証券のポートフォリオの増加にも寄与している。しかしこれは、有効な長期
      保険契約の現在価値(以下「PVIF」という。)資産が、予定利率の有利な変更により2013年は大幅に増加した
      ことに対して、2014年はより少ない増加にとどまったことにより一部相殺された。
       GB&M  の収益は5%増加したが、これは主にバランスシート・マネジメントのポートフォリオの成長および

      キャピタル・ファイナンシングにおける中長期貸付の平均残高の増加によるものである。これは顧客の減少に
      よるマーケッツ        業務  の正味受取手数料の減少、キャピタル・ファイナンシングの手数料の圧縮および2014年に
      完了した大規模M&A案件の減少により一部相殺された。
                               (中略)

       営業費用は、2014年に3,425百万香港ドル(9%)増加したが、これは規制に関するプログラムおよびコン

      プライアンスに対する取組みへの投資を反映している。費用の増加は、GPB                                      の 事業の組入れ、賃金インフレお
      よび事業の拡大をサポートするために行われた主にCMBにおける従業員数の増加に加えて、マーケティング活
      動の増加ならびにIT、維持費用および賃料を含む施設および設備費用の増加も反映している。
                                  9/36











                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      その他アジア・太平洋地域のグローバル事業別税引前当期純利益
                               リテール          グローバル
                              バンキング           バンキング      グローバル
                            アンドウェルス       コマーシャル       アンド    プライベート                  その他アジア・太平洋
                             マネジメント       バンキング     マーケッツ      バンキング      その他    セグメント間消去            地域合計
                                百万      百万     百万      百万    百万       百万         百万
                               香港ドル      香港ドル     香港ドル      香港ドル    香港ドル       香港ドル         香港ドル
     2014  年
     正味受取利息                          13,331      11,299     15,909       590    2,053       1,151         44,333
     正味受取手数料/(費用)                          4,949      4,286     5,075       417    (101)         –       14,626
     トレーディング純収益/(費用)                           635     1,466     7,384       288    (63)      (1,151)         8,559
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益/(費用)                           920      15      5      –   (26)         –        914
     金融投資による純収益                            5      5     79       –    14        –        103
     配当金                            5      1      –      –    6        –        12
     正味保険料収入                          4,981      2,115       –      –    1       (16)        7,081
     関連会社の再分類による純損失                            –      –     –      –   (251)         –        (251)
     その他営業収益                           724      404     489       3   1,026        (702)         1,944
     営業収益合計                          25,550      19,591     28,941      1,298    2,659        (718)        77,321
     正味  支払  保険金  および  支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動            (5,246)      (2,032)       –      –    –       12        (7,266)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                               20,304      17,559     28,941      1,298    2,659        (706)        70,055
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                          (1,319)      (1,080)      (50)       1    1        –       (2,447)
     正味営業収益
                               18,985      16,479     28,891      1,299    2,660        (706)        67,608
                               (15,326)      (8,271)     (9,629)       (885)    (1,338)         706        (34,743)
     営業費用
     営業利益
                               3,659      8,208     19,262       414    1,322         –       32,865
     関連会社および合弁事業における利益持分                          2,042      11,019      2,295        –    2        –       15,358
     税引前当期純利益
                               5,701      19,227     21,557       414    1,324         –       48,223
     2013  年

     正味受取利息                         13,328     10,660     14,926      159    1,606     1,050     41,729
     正味受取手数料/(費用)                         5,411     4,304     5,398     143    (127)      –   15,129
     トレーディング純収益/(費用)                          617    1,467     7,811      44   (3,514)     (1,050)     5,375
     公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益                          460      2     –    –    5     –    467
     金融投資による純収益                           (8)     ▶    117      –    6     –    119
     配当金                           3     1     –    –    6     –    10
     正味保険料収入                         5,053     1,452       –    1     –    (16)    6,490
     関連会社の再分類による純利益                           –     –     –    –   8,157       –   8,157
     ピン・アン売却による利益                           –     –     –    –  34,070       –   34,070
     その他営業収益                         1,119      44     626     3    923    (529)    2,186
     営業収益合計                         25,983     17,934     28,878      350   41,132      (545)    113,732
     正味  支払  保険金  および  支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動           (4,531)     (1,113)       –    (1)     –    13   (5,632)
     正味営業収益(貸倒損失およびその他の信用リスク引当金控除前)
                              21,452     16,821     28,878      349   41,132      (532)    108,100
     貸倒損失およびその他の信用リスク引当金(繰入)/戻入                         (1,635)      (970)     103      –    2     –   (2,500)
     正味営業収益
                              19,817     15,851     28,981      349   41,134      (532)    105,600
                             (16,405)      (7,938)     (9,580)     (227)     (913)     532   (34,531)
     営業費用
     営業利益
                              3,412     7,913     19,401      122   40,221       –   71,069
     関連会社および合弁事業における利益持分                         1,782     10,323     1,956      –   (165)      –   13,896
     税引前当期純利益
                              5,194     18,236     21,357      122   40,056       –   84,965
                                 10/36





                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
      その他アジア・太平洋地域
       その他アジア・太平洋地域の税引前当期純利益は48,223百万香港ドルであり、2013年の84,965百万香港ドル
      と比べて43%減となった。税引前当期純利益の減少は、2013年                               には存在した       数多くの事象を反映しており、主
      なものはピン・アンの純売却益30,747百万香港ドル、インダストリアル・バンクの再分類による会計上の利益
      8,454百万香港ドルならびにベトナム、韓国、台湾およびシンガポールにおける非中核的保険事業の売却によ
      る純収益685百万香港ドルである。
                               (中略)

       中国本土では、ポートフォリオの拡大および再投資率の上昇に加えて、中長期貸付の平均残高の増加によ

      り、GB&Mのバランスシート・マネジメントによる正味受取利息が増加した。さらに、トレーディング収益は、
      金利業務において負債証券に係る受取利息の増加および利回りの低下によるトレーディング債券の再評価利益
      により増加し、外国為替業務において顧客の増加により増加した。RBWMの収益の増加は主に2014年上半期に市
      場金利が上昇したことによる預                け 金スプレッドの拡大によるものであり、CMBにおいては、収益の増加は主に
      預 け 金および貸付の平均残高が増加したことによるものである。
                               (中略)

       貸倒損失2,447百万香港ドルは2013年と比べてわずかに減少したが、これは主に2013年にはRBWM引当金モデ

      ルの見直しにより経常外費用が生じたことに加えて、2014年にはマレーシアおよびオーストラリアの引当金が
      減少したことによるものである。これは、主に中国本土における少数の個別評価による貸倒損失により生じた
      GB&MおよびCMBにおける            損失  増加により大部分が相殺された。しかし、ニュージーランド、マレーシアおよび
      ベトナムでは2014年に個別評価による貸倒損失は減少した。
       営業費用はわずかに212百万香港ドル増加したが、これは規制に関するプログラムへの投資およびコンプラ

      イアンス費用の増加に加えて、特に中国本土で事業の拡大をサポートするために行われた従業員数の増加およ
      び賃金インフレによるものである。これらの増加は、保険合弁事業の558百万香港ドルの臨時の評価減                                                   が再発
      生しなかった       韓国における減少および2013年におけるRBWM事業のランオフに関連する再編引当金により一部相
      殺された。
       関連会社および合弁事業における利益持分は1,462百万香港ドル増加したが、これは主に2013年                                                には  ベトナ

      ムの銀行関連会社に係る減損費用819百万香港ドル                         があったこと       によるものである。また、バンク・オブ・コ
      ミュニケーションズの利益持分の増加にも起因している。
                                 11/36










                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     3【対処すべき課題】
     <訂正前>
                               (前略)

       バーゼルⅢ

       (未監査)
                               (中略)

       バーゼルⅢの提案に詳述されている基準に加え、バーゼル銀行監督委員会は2011年1月に最低要件を定め、

      納税者に負担を強いる前に、すべてのクラスの資本調達手段によって経営破綻に伴う損失                                             を 完全に吸収      できる
      ようにし    ている。2013年1月1日以降に発行された資本証券を規制上の自己資本に含めることができるのは新
      しい要件を満たしている場合だけである。2013年1月1日より前に発行された証券の自己資本上の取扱いは
      2013年1月1日から10年間にわたって段階的に廃止される。
                               (中略)

       レバレッジ比率

       (未監査)
       バーゼルⅢは銀行の過剰なレバレッジを制限するためにリスク・ベースの自己資本比率に対する補完的な評
      価基準として非リスク・ベースの単純なレバレッジ比率を導入している。レバレッジ比率は、リスク・ベース
      の自己資本比率を補完する非リスク・ベースのバックストップ・リミットとしてバーゼルⅢの枠組みに導入さ
      れた。その目的は、モデル・リスクと評価ミスに対する追加のセーフガードを導入し、銀行セクターにおける
      過剰なレバレッジ構築を制限することである。この比率は、バーゼルⅢのTier1資本                                           として計算された数量
      ベースの数値       を、オンバランスとオフバランスのエクスポージャーの総額で除し                                  た ものである。
       バーゼルⅢでは、この比率導入にあたり、2011年に始まった監督モニタリング期間と2013年1月から2017年
      1月までの      並行運用    期間で構成された移行期間を定めている。                     並行運用    期間を利用して、2018年1月1日から
      第1の柱の要件に移行する目的において3%と提案されている最低自己資本比率の妥当性を評価している。
                               (中略)

       資金調達手段

       (未監査)
                               (中略)

       主要な特徴および当行グループの資金調達手段の完全な条件に関する説明は、当行のウェブサイト()の規

      制上の情報開示セクション(Regulatory                     Disclosures)に掲載されている。
     <訂正後>

                               (前略)

       バーゼルⅢ

       (未監査)
                               (中略)

       バーゼルⅢの提案に詳述されている基準に加え、バーゼル銀行監督委員会は2011年1月に最低要件を定め、

      納税者に負担を強いる前に、すべてのクラスの資本調達手段によって経営破綻に伴う損失                                             が 完全に吸収      される
      ように求め      ている。2013年1月1日以降に発行された資本証券を規制上の自己資本に含めることができるのは
      新しい要件を満たしている場合だけである。2013年1月1日より前に発行された証券の自己資本上の取扱いは
      2013年1月1日から10年間にわたって段階的に廃止される。
                               (中略)

       レバレッジ比率

                                 12/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       (未監査)
       バーゼルⅢは銀行の過剰なレバレッジを制限するためにリスク・ベースの自己資本比率に対する補完的な評
      価基準として非リスク・ベースの単純なレバレッジ比率を導入している。レバレッジ比率は、リスク・ベース
      の自己資本比率を補完する非リスク・ベースのバックストップ・リミットとしてバーゼルⅢの枠組みに導入さ
      れた。その目的は、モデル・リスクと評価ミスに対する追加のセーフガードを導入し、銀行セクターにおける
      過剰なレバレッジ構築を制限することである。この比率は、バーゼルⅢのTier1資本を、オンバランスとオフ
      バランスのエクスポージャーの総額で除し                     て計算される数量ベースの             ものである。
       バーゼルⅢでは、この比率導入にあたり、2011年に始まった監督モニタリング期間と2013年1月から2017年
      1月までの      試行  期間で構成された移行期間を定めている。                     試行  期間を利用して、2018年1月1日から第1の柱
      の要件に移行する目的において3%と提案されている最低自己資本比率の妥当性を評価している。
                               (中略)

       資金調達手段

       (未監査)
                               (中略)

       主要な特徴および当行グループの資金調達手段の完全な条件に関する説明は、当行のウェブサイト

      ( www.hsbc.com.hk        )の規制上の情報開示セクション(Regulatory                        Disclosures)に掲載されている。
                                 13/36














                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     4【事業等のリスク】
     <訂正前>
                               (前略)

       リスク管理      (未監査)

       当行グループの業務はいずれもある程度のリスクまたは                            統合  リスクの分析、評価、受容および管理を                    伴って
      いる  。当行グループが直面する主なリスクは、信用リスク(この中には、カントリー・リスクとクロスボー
      ダー・リスクが含まれている。)、流動性                     リスクおよび       資金調達リスク、市場リスク、保険リスク、オペレー
      ショナル・リスクおよびレピュテーショナル・リスクである。
                               (中略)

       2014  年に当行は、香港および中国において経済活動が大幅に減速するというシナリオを検討した。このスト

      レス・テストの結果によると、当行グループは想定される経営行動を考慮に入れても十分な資本基盤を維持し
      ていることが       証明  されている。
                                 14/36















                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       リスクに関する記述-銀行業務
       (監査済み)
        リスク                原因                 リスクの測定、モニタリングおよび管理
        信用リスク
        顧客またはカウンターパーティが                ・ 信用リスクは、主に、直接貸                信用リスクは:
        契約上の義務を履行しない場合に                  付、貿易金融およびリース業務               ・ 顧客またはカウンターパーティの返済不履行に
        財務損失が発生するリスク                  に起因して発生するが、保証           状      よって失うおそれがある金額として測定されて
                          やデリバティブなど他の一部の                 いる。デリバティブのエクスポージャーを測定
                          商品でも発生する。                 する場合には、取引の最新の時価             と 市場金利の
                                           変動に伴って時間の経過とともに予想される当
                                           該時価の変動を考慮に入れている。
                                         ・ 個人が委託された権限の枠組みの範囲内で承認
                                           した限度内でモニターされている。これらの限
                                           度額は、顧客またはカウンターパーティが契約
                                           上の義務を履行しない場合に当行グループが被
                                           るおそれがあるエクスポージャーまたは損失の
                                           上限に相当する。
                                         ・ リスク・マネジャーに対する明確で一貫性のあ
                                           る方針、原則および助言を概述した厳格なリス
                                           ク管理体制を通じて管理されている。
                               (中略)

        リスク               原因                 リスクの測定、モニタリングおよび管理

        市場リスク
        外国為替レート、コモディティ価               市場リスクに対するエクスポージャー                 市場リスクは:
        格、金利、信用スプレッドおよび               は2つのポートフォリオに区分されて                  ・ 具体的な対象期間について、所定の信頼水準ま
        株価を含む市場要因の変動によっ               いる。                   で、市場金利と時価の変動に伴うリスク・ポジ
        て当行の利益または当行のポート                ・ トレーディング・ポートフォリオ                   ションの潜在的な損失を見積もるために利用さ
        フォリオの価値が減少するリスク                 は、主に顧客から派生したポジ                 れるバリュー・アット・リスクの観点から測定
                         ションのマーケットメイキングと                 され、より極端だが、ありそうな事象または一
                         ウェアハウジングに起因したポジ                 連の財務変数の変動がポートフォリオの価値に
                         ションで構成されている。                 及ぼす潜在的な影響を評価するストレス・テス
                       ・ 非トレーディング・ポートフォリ                   トによって補強される。
                         オは、当行のリテール・バンキン               ・ 正味受取利息の感応度および構造的な外国為替
                         グ資産と負債およびコマーシャ                 の感応度を含む数値を利用して測定され、リス
                         ル・バンキング資産と負債、売却                 クの種類ごとに市場リスク・ポジションに適用
                         可能  目的  および満期保有目的に指              されている。
                         定されている金融投資、ならびに               ・ 当行グループのリスク管理委員会から承認され
                         当行の保険業務から生じるポジ                 たリスクの上限を利用して管理されている。こ
                         ションに起因するエクスポー                 れらのリスク単位は事業部門全体と当行グルー
                         ジャーで構成されている。                 プの事業体に配分されている。
                                 15/36









                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)

       リスクに関する記述-保険引受業務

                               (中略)

        財務リスク

        保険契約に基づいて発生する負債               以下に起因した財務リスクに対するエク                 財務リスクは:
        と保険債務の裏付けになっている               スポージャー:                 ・ リスクの種類ごとに個別に測定されている。
        資産ポートフォリオを効率的に               ・ 金利、外国為替レートおよび株価                  -市場リスクは重要な財務変数の変動に対するエク
        マッチできる能力は、市場リス                 などの変数の変動に起因して金融                 スポージャーの観点から測定されている。
        ク、信用リスクおよび流動性リス                 資産または将来のキャッシュ・フ                -信用リスクは、カウンターパーティの返済不履行
        クなどの財務リスクの管理、なら                 ローの公正価値が変動する市場リ                 によって失うおそれがある金額として測定されて
        びに保険契約者が負担するリスク                 スク                 いる。
        の程度を条件にしている。               ・ 第三者のそれぞれの債務不履行に                  -流動性リスクは、ストレス下にある営業キャッ
                         伴う信用リスクおよび財務損失の                 シュ・フロー予測を含む内部の測定基準を利用し
                         可能性                 て測定されている。
        任意参加型保険契約は、保険契約
                       ・ 必要期間内に現金化可能な資産の                 ・ 個人が委託された権限の枠組みの範囲内で承認し
        の種類および保険契約の具体的な
                         不足を理由に、期限到来時に保険                 た限度内でモニターされている。
        約款に合わせて保険契約者と株主
                         契約者に対する支払いができなく
        の間で原資産のパフォーマンスを                                ・ リスク・マネジャーに対する明確で一貫性のある
                         なる事業体の流動性リスク
        共有する。                                  方針、原則および助言を概述した厳格なリスク管
                                          理体制を通じて管理されている。通常、保証付き
                                          保険商品を引き受けている子会社は、自ら発行し
                                          た保険契約の範囲内で、市場のエクスポージャー
                                          が任意参加型(または         無償  )特約を利用しても管
                                          理できない限りにおいて、市場金利の低下および
                                          株価下落の影響を受けている。
                                        ・ 参加型の保険商品に関しては、任意参加型特約に
                                          基づいて保険契約者とリスクを分担することに
                                          よって軽減することができる。
                               (中略)

       信用リスク      (監査済み)

       信用リスクは、当行が負うリスクに関して最も多くの規制上の自己資本を必要とする。当行グループはすべ
      ての活動に起因したリスクの管理とモニタリング                         のみ  を対象にした基準、方針および手順を定めている。HSBC
      グループの本店が定めた方針に従っている当行グループの主要な信用リスク管理手順と方針の中には、以下が
      含まれている。
                               (中略)

       リスク委員会は、リスクに関する問題について取締役会を監督し、助言を行う責任も負っている。この点に

      関するリスク委員会の重要な責任の中には、当行グループ全体でのリスク選好、リスク許容度およびリスク戦
      略に関する取締役会への助言を作成すること、ならびに現在および予想されるマクロ経済環境と金融環境を考
      慮し、適切とみなした           保証  を求めることが含まれている。リスク委員会は、内部統制とリスク管理体制の有効
      性に関する定期的なレビュー、およびハイレベルのリスク問題のすべてについて取締役会に助言する責任も
      負っている。リスク委員会は当行グループの最高リスク責任者の任命と解任について承認する。
       ( ⅰ)信用エクスポージャー

       信用リスクに対するエクスポージャーの上限
       (監査済み)
                               (中略)

       下表は、保有する担保またはその他の信用補完(かかる信用補完が会計上の相殺要件に適合している場合は

      この限りではない。)を考慮する前の、オンバランスおよびオフバランスの金融商品の信用リスクに対するエ
      クスポージャーの上限を表示している。貸借対照表で認識されている金融資産については、信用リスクに対す
      るエクスポージャーの上限は簿価と等しく、財務保証および同様の約定に関しては保証                                            状 の履行を請求された
      場合に支払義務を負う金額の上限を表している。それぞれの与信枠の期間中に取り消しできない貸付の融資確
      約および与信に関連したその他のコミットメントについては、一般的には確約された与信枠の全額になる。
                               (中略)

                                 16/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       ( ⅱ)金融商品の信用の質

       (監査済み)
       当行グループの貸付および負債証券のポートフォリオの信用の質について、下表のとおり、大きく4つに分
      類されている。各々の分類には、ホールセールおよびリテール貸付業務に割り当てられた、より細分化された
      内部格付等級だけでなく、負債証券に対して外部の格付機関から付与された格付も含まれている。
       以下の4つの分類の          いずれか    に該当する場合を除き、詳細に比べると内部格付と外部格付の間には直接的な
      相関はない。
                               (中略)

       信用の質に関する分類の定義

       (監査済み)
        ・ 良好:このエクスポージャーは、デフォルトの確率がごくわずかであるか、または低く、および/ま
          たは予想損失の水準が低く、財務上のコミットメントを履行する高い能力を                                      証明  している。リテール
          勘定は、商品のパラメーターの範囲内で処理され、ごく例外的に債務不履行期間を表す。
                               (中略)

       ( ⅲ)延滞しているが、まだ減損していない金融商品の時系列分析

       (監査済み)
       下表に記載されている金額は、延滞しているが減損していないと指定されたエクスポージャーを表してい
      る。延滞しているが減損していないと指定されたエクスポージャーの例の中には、直近の返済日に支払われな
      かったが、返済日の時点で減損の証拠がない貸付のほか、                             ドキュメンテーション           の遅延などの形式的な理由に
      よって90日超延滞しているが、カウンターパーティの信用力には全く問題がない短期貿易ファシリティが含ま
      れている。
                               (中略)

       減損および信用リスクの軽減

                               (中略)

       ・ ヒストリカル・ロス法は、貸倒引当金が個別に減損と確認および評価される時点まで、担保付ポート

         フォリオまたはデフォルト確率の低いポートフォリオに対する集合的な貸倒引当金を計算するために利
         用されるのが一般的である。ヒストリカル・ロス法を利用した集合的に評価された貸付に関しては、ヒ
         ストリカル・ロス・レートは、一定の期間における回収金の                               平均的な     契約上の正味償却に基づいてい
         る。契約上の正味償却率は、担保物の実行と回収金受領後の実際に経験した損失の金額である。
                               (中略)

       集合的に評価されたホールセール貸付と個人向け担保付貸付については、発生しているが個別には確認され

      ていない減損損失を見積もるために、ヒストリカル・ロス法を適用している。損失率は定められた60ヶ月以上
      の期間にわたる回収金の契約上の正味償却に基づいている。契約上の正味償却率は担保物の実行と回収金受領
      後の実際に経験した損失の金額である。これらのヒストリカル・ロス・レートは、ポートフォリオに影響を及
      ぼしている現在の経済情勢をより良く反映させるため過去の平均を調整した経済的要因によって調整されてい
      る。確認および評価されていない損失事由の蓋然性を反映させるため、発生期間に関する推定を適用してい
      る。これは、損失の発生から損失を確認するまでの期間を反映しているものである。発生期間は当行グループ
      によって見積もられるほか、場合によっては確認された各々のポートフォリオについて現地の経営陣によって
      見積もられている。この見積もりに影響を及ぼすおそれのある要因の中には、経済情勢と市況、顧客の行動、
      ポートフォリオ管理情報、与信管理技法および市場での回収経験が含まれている。当行グループ全体では損失
      発生から損失確認までの期間について一定のレンジは定められていないほか、経験に基づいて定期的に評価さ
      れているため、これらの要因の変動に伴い時間の経過とともに変動する可能性がある。
                               (中略)

       企業、商業および金融(ノンバンク)貸付

       (監査済み)
                                 17/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       保有担保は、商業用不動産およびその他の企業、商業および金融(ノンバンク)貸付別に、以下において個
      別に分析されている。これは、ポートフォリオに保有されている担保の相違を反映している。それぞれの場合
      に おいて、分析にはオフバランスシート貸付コミットメント                             、主に未実行信用枠          が含まれる。
                               (中略)

       担保の水準別に見たCRR/EL8から10に格付されている顧客のみに対するその他の企業、商業および金融(ノ

      ンバンク)貸付(貸付コミットメントを含む。)
       (監査済み)
                               (中略)

       上記の評価で使用された担保物には、主に不動産に対する第一順位の法的担保および商業セクターと                                                  製造  業

      セクターにおける現金担保および金融セクターにおける現金と市場性のある金融商品に対する担保が含まれて
      いる。
                               (中略)

       デリバティブ

       (監査済み)
       デリバティブ業務のドキュメンテーションとして当行が優先して利用しているのは国際スワップ・デリバ
      ティブズ協会(以下「ISDA」という。)のマスター契約である。マスター契約は契約上の枠組みを定めてお
      り、当行はその範囲内で様々な店頭デリバティブ取引を行っているほか、当事者はマスター契約によって拘束
      され、いずれかの当事者がデフォルトを起こした場合、または事前に合意された別の契約終了事由が発生した
      場合には、契約の適用対象である残存するすべての取引全体で一括清算ネッティングが適用される。一般的
      に、当事者はISDAマスター契約と同時にクレジット・サポート・アネックス(以下「CSA」という。)を締結
      するが、当行においても好まれる慣行である。CSAに基づき、残存するポジションに内在するカウンターパー
      ティ・リスクを軽減するために当事者間で担保の移転が行われている。当行がCSAを締結している相手方の大
      半は金融機関顧客である。
       その他の信用リスク

       (監査済み)
                               (中略)

       当行グループの信用リスクに対するエクスポージャーの上限には、                                  財務  保証のほか、当行グループが発行ま

      たは締結する同じような取決めと取消不能の形で行われた貸付コミットメントが含まれている。取決めの条件
      によっては、保証         状 の履行が請求された場合、または貸付コミットメントが実行され、その後にデフォルトが
      発生した場合、当行は追加の信用軽減措置をとることができる。これらの取決めに関する追加情報は、「第6
      経理の状況-1        財務書類-注記42」に記載されている。
                               (中略)

       買戻  資産は、秩序だった方法により売却の対象となり、売却代金は未払債務の減額または返済に充てられ

      る。債務の返済後にも残額がある場合には低順位のその他担保権者への支払い、または顧客への返還に利用可
      能となる。当行グループは一般的には自行の事業目的での使用のため                                   買戻  財産を占有することはない。
                               (中略)

       中核的預金

                               (中略)

       レポ契約と銀行預金は中核的預金に分類することができない。

                               (中略)

       流動資産

       (未監査)
                                 18/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)

         内部分類        認識されている          資産クラス                    適格規準

                 現金流入    額
         レベル1         ・ 1ヶ月以内          ・ 中央政府                    ・ リスク加重は0%およ

                            ・ 中央銀行(確認済みの引出可能な準                      び 20 %
                              備金を含む。)
                            ・ 国際機関
                            ・ 多国間の開発銀行
                            ・ 硬貨および紙幣
                               (中略)

       処分上の制約を受ける資産および処分上の制約を受けない資産

       (未監査)
       現存する負債のために担保権が設定されている結果として、                              ある資産によって         当行が資金調達手段を確保で
      きなくなるか、必要な担保を手当てできなくなるか、または資金調達要件を削減するために当該資産を売却で
      きない場合には、流動性の観点から、当該資産は処分上の制約を受けると定義されている。そのため、現存す
      る負債のために担保権が設定されていない場合、資産は処分上の制約を受けないと分類されている。
                               (中略)

       非トレーディング・ポートフォリオ

       (未監査)
       非トレーディング・ポートフォリオの市場リスクは、主に金利変動による資産の将来利回りと資金調達費用
      のミスマッチから生じている。このリスクの分析は、住宅ローンの期限前返済の発生率など特定の投資商品分
      野に組み込まれた選択性について仮定を用いなければならないこと、および当座預金など契約上、要求に応じ
      て返済が可能な負債の残存年数について行動仮定を使用すること、ならびに管理金利の                                            変更  行動によって複雑
      になっている。
                               (後略)

     <訂正後>

                               (前略)

       リスク管理      (未監査)

       当行グループの業務はいずれも                、 ある程度のリスクまたは            複数  リスクの分析、評価、受容および管理を                    含ん
      でいる   。当行グループが直面する主なリスクは、信用リスク(この中には、カントリー・リスクとクロスボー
      ダー・リスクが含まれている。)、流動性                     ・ 資金調達リスク、市場リスク、保険リスク、オペレーショナル・
      リスクおよびレピュテーショナル・リスクである。
                               (中略)

       2014  年に当行は、香港および中国において経済活動が大幅に減速するというシナリオを検討した。このスト

      レス・テストの結果によると、当行グループは想定される経営行動を考慮に入れても十分な資本基盤を維持し
      ていることが       示 されている。
                                 19/36




                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       リスクに関する記述-銀行業務
       (監査済み)
        リスク                原因                 リスクの測定、モニタリングおよび管理
        信用リスク
        顧客またはカウンターパーティが                ・ 信用リスクは、主に、直接貸                信用リスクは:
        契約上の義務を履行しない場合に                  付、貿易金融およびリース業務               ・ 顧客またはカウンターパーティの返済不履行に
        財務損失が発生するリスク                  に起因して発生するが、保証や                 よって失うおそれがある金額として測定されて
                          デリバティブなど他の一部の商                 いる。デリバティブのエクスポージャーを測定
                          品でも発生する。                 する場合には、取引の最新の時価             、および   市場
                                           金利の変動に伴って時間の経過とともに予想さ
                                           れる当該時価の変動を考慮に入れている。
                                         ・ 個人が委託された権限の枠組みの範囲内で承認
                                           した限度内でモニターされている。これらの限
                                           度額は、顧客またはカウンターパーティが契約
                                           上の義務を履行しない場合に当行グループが被
                                           るおそれがあるエクスポージャーまたは損失の
                                           上限に相当する。
                                         ・ リスク・マネジャーに対する明確で一貫性のあ
                                           る方針、原則および助言を概述した厳格なリス
                                           ク管理体制を通じて管理されている。
                               (中略)

        市場リスク

        外国為替レート、コモディティ価               市場リスクに対するエクスポージャー                 市場リスクは:
        格、金利、信用スプレッドおよび               は2つのポートフォリオに区分されて                  ・ 具体的な対象期間について、所定の信頼水準ま
        株価を含む市場要因の変動によっ               いる。                   で、市場金利と時価の変動に伴うリスク・ポジ
        て当行の利益または当行のポート                ・ トレーディング・ポートフォリオ                   ションの潜在的な損失を見積もるために利用さ
        フォリオの価値が減少するリスク                 は、主に顧客から派生したポジ                 れるバリュー・アット・リスクの観点から測定
                         ションのマーケットメイキングと                 され、より極端だが、ありそうな事象または一
                         ウェアハウジングに起因したポジ                 連の財務変数の変動がポートフォリオの価値に
                         ションで構成されている。                 及ぼす潜在的な影響を評価するストレス・テス
                       ・ 非トレーディング・ポートフォリ                   トによって補強される。
                         オは、当行のリテール・バンキン               ・ 正味受取利息の感応度および構造的な外国為替
                         グ資産と負債およびコマーシャ                 の感応度を含む数値を利用して測定され、リス
                         ル・バンキング資産と負債、売却                 クの種類ごとに市場リスク・ポジションに適用
                         可能および満期保有目的に指定さ                 されている。
                         れている金融投資、ならびに当行               ・ 当行グループのリスク管理委員会から承認され
                         の保険業務から生じるポジション                 たリスクの上限を利用して管理されている。こ
                         に起因するエクスポージャーで構                 れらのリスク単位は事業部門全体と当行グルー
                         成されている。                 プの事業体に配分されている。
                                 20/36










                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)

       リスクに関する記述-保険引受業務

                               (中略)

        財務リスク

        保険契約に基づいて発生する負債               以下に起因した財務リスクに対するエク                 財務リスクは:
        と保険債務の裏付けになっている               スポージャー:                 ・ リスクの種類ごとに個別に測定されている。
        資産ポートフォリオを効率的に               ・ 金利、外国為替レートおよび株価                  -市場リスクは重要な財務変数の変動に対するエク
        マッチできる能力は、市場リス                 などの変数の変動に起因して金融                 スポージャーの観点から測定されている。
        ク、信用リスクおよび流動性リス                 資産または将来のキャッシュ・フ                -信用リスクは、カウンターパーティの返済不履行
        クなどの財務リスクの管理、なら                 ローの公正価値が変動する市場リ                 によって失うおそれがある金額として測定されて
        びに保険契約者が負担するリスク                 スク                 いる。
        の程度を条件にしている。               ・ 第三者のそれぞれの債務不履行に                  -流動性リスクは、ストレス下にある営業キャッ
                         伴う信用リスクおよび財務損失の                 シュ・フロー予測を含む内部の測定基準を利用し
                         可能性                 て測定されている。
        任意参加型保険契約は、保険契約
                       ・ 必要期間内に現金化可能な資産の                 ・ 個人が委託された権限の枠組みの範囲内で承認し
        の種類および保険契約の具体的な
                         不足を理由に、期限到来時に保険                 た限度内でモニターされている。
        約款に合わせて保険契約者と株主
                         契約者に対する支払いができなく
        の間で原資産のパフォーマンスを                                ・ リスク・マネジャーに対する明確で一貫性のある
                         なる事業体の流動性リスク
        共有する。                                  方針、原則および助言を概述した厳格なリスク管
                                          理体制を通じて管理されている。通常、保証付き
                                          保険商品を引き受けている子会社は、自ら発行し
                                          た保険契約の範囲内で、市場のエクスポージャー
                                          が任意参加型(または         配当  )特約を利用しても管
                                          理できない限りにおいて、市場金利の低下および
                                          株価下落の影響を受けている。
                                        ・ 参加型の保険商品に関しては、任意参加型特約に
                                          基づいて保険契約者とリスクを分担することに
                                          よって軽減することができる。
                               (中略)

       信用リスク      (監査済み)

       信用リスクは、当行が負うリスクに関して最も多くの規制上の自己資本を必要とする。当行グループはすべ
      ての活動に起因したリスクの管理とモニタリングを対象にした基準、方針および手順を定めている。HSBCグ
      ループの本店が定めた方針に従っている当行グループの主要な信用リスク管理手順と方針の中には、以下が含
      まれている。
                               (中略)

       リスク委員会は、リスクに関する問題について取締役会を監督し、助言を行う責任も負っている。この点に

      関するリスク委員会の重要な責任の中には、当行グループ全体でのリスク選好、リスク許容度およびリスク戦
      略に関する取締役会への助言を作成すること、ならびに現在および予想されるマクロ経済環境と金融環境を考
      慮し、適切とみなした           安全性   を求めることが含まれている。リスク委員会は、内部統制とリスク管理体制の有
      効性に関する定期的なレビュー、およびハイレベルのリスク問題のすべてについて取締役会に助言する責任も
      負っている。リスク委員会は当行グループの最高リスク責任者の任命と解任について承認する。
       ( ⅰ)信用エクスポージャー

       信用リスクに対するエクスポージャーの上限
       (監査済み)
                               (中略)

       下表は、保有する担保またはその他の信用補完(かかる信用補完が会計上の相殺要件に適合している場合は

      この限りではない。)を考慮する前の、オンバランスおよびオフバランスの金融商品の信用リスクに対するエ
      クスポージャーの上限を表示している。貸借対照表で認識されている金融資産については、信用リスクに対す
      るエクスポージャーの上限は簿価と等しく、財務保証および同様の約定に関しては保証の履行を請求された場
      合に支払義務を負う金額の上限を表している。それぞれの与信枠の期間中に取り消しできない貸付の融資確約
      および与信に関連したその他のコミットメントについては、一般的には確約された与信枠の全額になる。
                               (中略)

                                 21/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       ( ⅱ)金融商品の信用の質

       (監査済み)
       当行グループの貸付および負債証券のポートフォリオの信用の質について、下表のとおり、大きく4つに分
      類されている。各々の分類には、ホールセールおよびリテール貸付業務に割り当てられた、より細分化された
      内部格付等級だけでなく、負債証券に対して外部の格付機関から付与された格付も含まれている。
       以下の4つの分類の          双方  に該当する場合を除き、詳細に比べると内部格付と外部格付の間には直接的な相関
      はない。
                               (中略)

       信用の質に関する分類の定義

       (監査済み)
        ・ 良好:このエクスポージャーは、デフォルトの確率がごくわずかであるか、または低く、および/ま
          たは予想損失の水準が低く、財務上のコミットメントを履行する高い能力を                                      示 している。リテール勘
          定は、商品のパラメーターの範囲内で処理され、ごく例外的に債務不履行期間を表す。
                               (中略)

       ( ⅲ)延滞しているが、まだ減損していない金融商品の時系列分析

       (監査済み)
       下表に記載されている金額は、延滞しているが減損していないと指定されたエクスポージャーを表してい
      る。延滞しているが減損していないと指定されたエクスポージャーの例の中には、直近の返済日に支払われな
      かったが、返済日の時点で減損の証拠がない貸付のほか、                             書類  の遅延などの形式的な理由によって90日超延滞
      しているが、カウンターパーティの信用力には全く問題がない短期貿易ファシリティが含まれている。
                               (中略)

       減損および信用リスクの軽減

                               (中略)

       ・ ヒストリカル・ロス法は、貸倒引当金が個別に減損と確認および評価される時点まで、担保付ポート

         フォリオまたはデフォルト確率の低いポートフォリオに対する集合的な貸倒引当金を計算するために利
         用されるのが一般的である。ヒストリカル・ロス法を利用した集合的に評価された貸付に関しては、ヒ
         ストリカル・ロス・レートは、一定の期間における回収金                             控除後   の契約上の正味償却          額の平均値      に基づ
         いている。契約上の正味償却率は、担保物の実行と回収金受領後の実際に経験した損失の金額である。
                               (中略)

       集合的に評価されたホールセール貸付と個人向け担保付貸付については、発生しているが個別には確認され

      ていない減損損失を見積もるために、ヒストリカル・ロス法を適用している。損失率は定められた60ヶ月以上
      の 一定の   期間にわたる回収金          控除後   の契約上の正味償却に基づいている。契約上の正味償却率は担保物の実行
      と回収金受領後の実際に経験した損失の金額である。これらのヒストリカル・ロス・レートは、ポートフォリ
      オに影響を及ぼしている現在の経済情勢をより良く反映させるため過去の平均を調整した経済的要因によって
      調整されている。確認および評価されていない損失事由の蓋然性を反映させるため、発生期間に関する推定を
      適用している。これは、損失の発生から損失を確認するまでの期間を反映しているものである。発生期間は当
      行グループによって見積もられるほか、場合によっては確認された各々のポートフォリオについて現地の経営
      陣によって見積もられている。この見積もりに影響を及ぼすおそれのある要因の中には、経済情勢と市況、顧
      客の行動、ポートフォリオ管理情報、与信管理技法および市場での回収経験が含まれている。当行グループ全
      体では損失発生から損失確認までの期間について一定のレンジは定められていないほか、経験に基づいて定期
      的に評価されているため、これらの要因の変動に伴い時間の経過とともに変動する可能性がある。
                               (中略)

       企業、商業および金融(ノンバンク)貸付

       (監査済み)
                                 22/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
       保有担保は、商業用不動産およびその他の企業、商業および金融(ノンバンク)貸付別に、以下において個
      別に分析されている。これは、ポートフォリオに保有されている担保の相違を反映している。それぞれの場合
      において、分析には          、主に未実行信用枠である             オフバランスシート貸付コミットメントが含まれ                         てい  る。
                               (中略)

       担保の水準別に見たCRR/EL8から10に格付されている顧客のみに対するその他の企業、商業および金融(ノ

      ンバンク)貸付(貸付コミットメントを含む。)
       (監査済み)
                               (中略)

       上記の評価で使用された担保物には、主に不動産に対する第一順位の法的担保および商業セクターと                                                  工 業セ

      クターにおける現金担保および金融セクターにおける現金と市場性のある金融商品に対する担保が含まれてい
      る。
                               (中略)

       デリバティブ

       (監査済み)
       デリバティブ業務のドキュメンテーションとして当行が優先して利用しているのは国際スワップ・デリバ
      ティブズ協会(以下「ISDA」という。)のマスター契約である。マスター契約は契約上の枠組みを定めてお
      り、当行はその範囲内で様々な店頭デリバティブ取引を行っているほか、当事者はマスター契約によって拘束
      され、いずれかの当事者がデフォルトを起こした場合、または事前に合意された別の契約終了事由が発生した
      場合には、契約の適用対象である残存するすべての取引全体で一括清算ネッティングが適用される。一般的
      に、当事者はISDAマスター契約と同時にクレジット・サポート・アネックス(以下「CSA」という。)を締結
      するが、当行においても好まれる慣行である。CSAに基づき、残存するポジションに内在するカウンターパー
      ティ・リスクを軽減するために当事者間で担保の移転が行われている。当行がCSAを締結している相手方の大
      半は金融機関顧客である。             詳細は、「第6        経理の状況-1        財務書類-注記45」を参照のこと。
       その他の信用リスク

       (監査済み)
                               (中略)

       当行グループの信用リスクに対するエクスポージャーの上限には、                                  金融  保証のほか、当行グループが発行ま

      たは締結する同じような取決めと取消不能の形で行われた貸付コミットメントが含まれている。取決めの条件
      によっては、保証の履行が請求された場合、または貸付コミットメントが実行され、その後にデフォルトが発
      生した場合、当行は追加の信用軽減措置をとることができる。これらの取決めに関する追加情報は、「第6
      経理の状況-1        財務書類-注記42」に記載されている。
                               (中略)

       担保実行    資産は、秩序だった方法により売却の対象となり、売却代金は未払債務の減額または返済に充てら

      れる。債務の返済後にも残額がある場合には低順位のその他担保権者への支払い、または顧客への返還に利用
      可能となる。当行グループは一般的には自行の事業目的での使用のため                                    担保実行    財産を占有することはない。
                               (中略)

       中核的預金

                               (中略)

       レポ契約と銀行        による   預金は中核的預金に分類することができない。

                               (中略)

       流動資産

       (未監査)
                                 23/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)

         内部分類        認識されている          資産クラス                    適格規準

                 現金流入
         レベル1         ・ 1ヶ月以内          ・ 中央政府                    ・ リスク加重は0%およ

                            ・ 中央銀行(確認済みの引出可能な準                      び 20 %
                              備金を含む。)
                            ・ 国際機関
                            ・ 多国間の開発銀行
                            ・ 硬貨および紙幣
                               (中略)

       処分上の制約を受ける資産および処分上の制約を受けない資産

       (未監査)
       現存する負債のために           ある資産に      担保権が設定されている結果として、当行が                      さらなる    資金調達手段を確保
      できなくなるか、必要な担保を手当てできなくなるか、または資金調達要件を削減するために当該資産を売却
      できない場合には、流動性の観点から、当該資産は処分上の制約を受けると定義されている。そのため、現存
      する負債のために担保権が設定されていない場合、資産は処分上の制約を受けないと分類されている。
                               (中略)

       非トレーディング・ポートフォリオ

       (未監査)
       非トレーディング・ポートフォリオの市場リスクは、主に金利変動による資産の将来利回りと資金調達費用
      のミスマッチから生じている。このリスクの分析は、住宅ローンの期限前返済の発生率など特定の投資商品分
      野に組み込まれた選択性について仮定を用いなければならないこと、および当座預金など契約上、要求に応じ
      て返済が可能な負債の残存年数について行動仮定を使用すること、ならびに管理                                        された   金利  商品  の リプライシ
      ング  行動によって複雑になっている。
                               (後略)

                                 24/36










                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     <訂正前>
                               (前略)

       正味受取利息

                               (中略)

       純利ざやは、2013年と比べて3ベーシス・ポイント減少して1.91%となった。純金利スプレッドは2ベーシ

      ス・ポイント減少し、正味自由資金による貢献は1ベーシス・ポイント減少した。純利ざやの減少は、顧客に
      対する貸付におけるスプレッドの圧縮のほか、2013年後半の香港およびシンガポールにおけるGPB事業の取得
      後に利回りの低い資産に分散された剰余金の増加によるものである。
                               (中略)

       保険収益

       正味営業収益には、保険事業から得た以下の収益が含まれる。
                                                       2013  年
                                              2014  年
                                            百万香港ドル         百万香港ドル
       正味受取利息

                                              9,439         8,702
       正味受取手数料
                                              2,083         1,864
       トレーディング純費用
                                               (512)         (349)
       公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益
                                              4,159         2,426
       正味保険料収入
                                              57,307         53,663
       有効な保険契約の現在価値の変動
                                              3,581         4,735
       その他営業収益
                                               173        1,052
                                              76,230         72,093
       正味保険金    、 支払給付   金および   保険契約準備金の変動
                                             (60,182)         (56,592)
                                              16,048         15,501
       保険収益合計
                               (中略)

       公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益は、2013年の2,426百万香港ドルと比べて4,159百万香港

      ドルとなったが、これは株式市場の実績の改善および債券価格の上昇を反映している。再評価が保険契約者に
      帰属する範囲で、「正味保険金                、 支払給付    金および    保険契約準備金の変動」においてマイナスの変動が計上さ
      れている。
       正味保険料収入は7%増加したが、これは据置年金商品および富裕層向け商品の販売による新規保険料の増
      加ならびに契約更新によるものである。これらは、ユニット連動型商品の保険料の減少により一部相殺され
      た。保険料の伸びに応じて「正味保険金                    、 支払給付    金および    保険契約準備金の変動」も増加している。
                               (中略)

       資産

                                   2014  年              2013  年
                               百万香港ドル            %    百万香港ドル            %
       現金および中央銀行預け金                          156,475         2.3       158,879         2.5
       リバース・レポ契約-非トレーディング
                                 218,901         3.3       150,584         2.4
       銀行  に対する   貸付金                     488,313         7.3       564,521         9.0
       顧客に対する貸付金
                                2,815,216         42.3      2,619,245         42.0
       金融投資                         1,456,493         21.9      1,379,771         22.1
         1                       1,526,694         22.9      1,370,801         22.0
       その他
                                6,662,092         100.0       6,243,801         100.0
                               (後略)

                                 25/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     <訂正   後 >
                               (前略)

       正味受取利息

                               (中略)

       純利ざやは、2013年と比べて3ベーシス・ポイント減少して1.91%となった。純金利スプレッドは2ベーシ

      ス・ポイント減少し、正味自由資金による貢献は1ベーシス・ポイント減少した。純利ざやの減少は、顧客に
      対する貸付におけるスプレッドの圧縮のほか、2013年後半の香港およびシンガポールにおけるGPB                                                 の 事業の取
      得後に利回りの低い資産に分散された剰余金の増加によるものである。
                               (中略)

       保険収益

       正味営業収益には、保険事業から得た以下の収益が含まれる。
                                                       2013  年
                                              2014  年
                                            百万香港ドル         百万香港ドル
       正味受取利息

                                              9,439         8,702
       正味受取手数料
                                              2,083         1,864
       トレーディング純費用
                                               (512)         (349)
       公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益
                                              4,159         2,426
       正味保険料収入
                                              57,307         53,663
       有効な保険契約の現在価値の変動
                                              3,581         4,735
       その他営業収益
                                               173        1,052
                                              76,230         72,093
       正味  支払  保険金   および   支払給付   ならびに   保険契約準備金の変動
                                             (60,182)         (56,592)
       保険収益合計                                       16,048         15,501
                               (中略)

       公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益は、2013年の2,426百万香港ドルと比べて4,159百万香港

      ドルとなったが、これは株式市場の実績の改善および債券価格の上昇を反映している。再評価が保険契約者に
      帰属する範囲で、「正味            支払  保険金   および   支払給付    ならびに    保険契約準備金の変動」においてマイナスの変動
      が計上されている。
       正味保険料収入は7%増加したが、これは据置年金商品および富裕層向け商品の販売による新規保険料の増
      加ならびに契約更新によるものである。これらは、ユニット連動型商品の保険料の減少により一部相殺され
      た。保険料の伸びに応じて「正味                 支払  保険金   および   支払給付     ならびに     保険契約準備金の変動」も増加してい
      る。
                               (中略)

       資産

                                   2014  年              2013  年
                               百万香港ドル            %    百万香港ドル            %
       現金および中央銀行預け金                          156,475         2.3       158,879         2.5
       リバース・レポ契約-非トレーディング
                                 218,901         3.3       150,584         2.4
       銀行  預け金および     貸付金                   488,313         7.3       564,521         9.0
       顧客に対する貸付金
                                2,815,216         42.3      2,619,245         42.0
       金融投資                         1,456,493         21.9      1,379,771         22.1
         1                       1,526,694         22.9      1,370,801         22.0
       その他
                                6,662,092         100.0       6,243,801         100.0
                               (後略)

                                 26/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     第5   【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

     ( 3)【発行済株式総数及び資本金の推移】
     < 訂正前   >
                               (前略)

      非累積的償還不能優先株式

                   発行済株式総数           発行済株式総数           資本金増減額           資本金残高
                    増減数(株)           残高(株)          ( 米ドル   )      ( 米ドル   )
          年月日
        2013  年3月28日          (900,000,000)           5,753,000,000         (900,000,000.00)           5,753,000,000.00
        2013  年4月26日          (900,000,000)           4,853,000,000         (900,000,000.00)           4,853,000,000.00
        2013  年6月21日          (900,000,000)           3,953,000,000         (900,000,000.00)           3,953,000,000.00
        2014  年6月26日          (700,000,000)           3,253,000,000         (700,000,000.00)           3,253,000,000.00
         注: 発行済株式総数および資本金の減少は、発行済優先株式の発行価格での消却によるものである。
            2014  年6月   26 日付の累積的償還不能優先株式および非累積的償還不能優先株式の減少は、                                      HBAP  の
            普通株式等      Tier  1比率を改善することを目的とした合計                    1,385   百万米ドル(       10,733.75     百万香港ド
            ルに相当する。)の優先株式の普通株式資本への転換に起因する。
     累積的償還不能優先株式

                   発行済株式総数           発行済株式総数            資本金増減額           資本金残高
          年月日          増減数   ( 株 )      残高  ( 株 )       ( 米ドル   )      ( 米ドル   )
        2013  年3月20日         (1,045,000,000)            1,085,000,000         (1,045,000,000.00)           1,085,000,000.00
        2014  年6月26日          (685,000,000)            400,000,000         (685,000,000.00)           400,000,000.00
         注: 発行済株式総数および資本金の減少は、発行済優先株式の発行価格での消却によるものである。
            2014  年6月26日付の累積的償還不能優先株式および非累積的償還不能優先株式の減少は、                                           当行  の
            普通株式等Tier1比率を改善することを目的とした合計1,385百万米ドル(10,733.75百万香港ド
            ルに相当する。)の優先株式の普通株式資本への転換に起因する。
     < 訂正  後 >

                               (前略)

      非累積的償還不能優先株式

                   発行済株式総数           発行済株式総数           資本金増減額           資本金残高
          年月日          増減数(株)           残高(株)          ( 米ドル   )      ( 米ドル   )
        2013  年3月28日          (900,000,000)           5,753,000,000         (900,000,000.00)           5,753,000,000.00
        2013  年4月26日          (900,000,000)           4,853,000,000         (900,000,000.00)           4,853,000,000.00
        2013  年6月21日          (900,000,000)           3,953,000,000         (900,000,000.00)           3,953,000,000.00
        2014  年6月26日          (700,000,000)           3,253,000,000         (700,000,000.00)           3,253,000,000.00

         注: 発行済株式総数および資本金の減少は、発行済優先株式の発行価格での消却によるものである。
                                 27/36




                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
            2014  年6月   26 日付の累積的償還不能優先株式および非累積的償還不能優先株式の減少は、                                      当行  の
            普通株式等      Tier  1比率を改善することを目的とした合計                    1,385   百万米ドル(       10,733.75     百万香港ド
            ルに相当する。)の優先株式の普通株式資本への転換に起因する。
     累積的償還不能優先株式

                   発行済株式総数           発行済株式総数            資本金増減額           資本金残高
          年月日          増減数   ( 株 )      残高  ( 株 )       ( 米ドル   )      ( 米ドル   )
        2013  年3月20日         (1,045,000,000)            1,085,000,000         (1,045,000,000.00)           1,085,000,000.00
        2014  年6月26日          (685,000,000)            400,000,000         (685,000,000.00)           400,000,000.00
         注: 発行済株式総数および資本金の減少は、発行済優先株式の発行価格での消却によるものである。
            2014  年6月26日付の累積的償還不能優先株式および非累積的償還不能優先株式の減少は、                                           当行  の
            普通株式等Tier1比率を改善することを目的とした合計1,385百万米ドル(10,733.75百万香港ド
            ルに相当する。)の優先株式の普通株式資本への転換に起因する。
                                 28/36
















                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     5【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     ( 1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
     <訂正前>
      コーポレート・ガバナンス報告書

       当行は、高水準のコーポレート・ガバナンスの実現に尽力している。当行は認可機関として、ホンコン・マ
      ネタリー・オーソリティー・スーパーバイザリー・ポリシー・マニュアルCG-1「香港で設立された認可機関の
      コーポレート・ガバナンス」の適用を受け遵守している。グループは2014年において、2013年にグループに導
      入されたHSBCグループ会社のComply                   or  Explain型のコーポレート・ガバナンス・コードが当行及びその子会
      社において実施された。本コードは、当行の子会社によっても実施されている。
                               (中略)

      監査人

                               (中略)

       2013  年8月2日、HSBCグループは、2015年12月31日に終了                           した  事業年度に関しては、HSBCグループ会社の監

      査人としてプライスウォーターハウス・クーパーズ・エルエルピー(以下「PwC」という。)を選任する意図
      がある旨公表した。監査報告書に署名後のケーピーエムジーの辞任により、一時的に欠員となった監査人に
      PwCが2015年2月23日に指名された。当行の監査人としてPwCを指名する議案は、2015年5月12日に開催された
      年次総会において可決された。
     <訂正後>

      コーポレート・ガバナンス報告書

       当行は、高水準のコーポレート・ガバナンスの実現に尽力している。当行は認可機関として、ホンコン・マ
      ネタリー・オーソリティー・スーパーバイザリー・ポリシー・マニュアルCG-1「香港で設立された認可機関の
      コーポレート・ガバナンス」の適用を受け遵守している。グループは2014年において、2013年にグループに導
      入されたHSBCグループ会社の               遵守または説明(         Comply    or  Explain    ) 型のコーポレート・ガバナンス・コード
      が当行及びその子会社において実施された。本コードは、当行の子会社によっても実施されている。
                               (中略)

      監査人

                               (中略)

       2013  年8月2日、HSBCグループは、2015年12月31日に終了                           する  事業年度に関しては、HSBCグループ会社の監

      査人としてプライスウォーターハウス・クーパーズ・エルエルピー(以下「PwC」という。)を選任する意図
      がある旨公表した。監査報告書に署名後のケーピーエムジーの辞任により、一時的に欠員となった監査人に
      PwCが2015年2月23日に指名された。当行の監査人としてPwCを指名する議案は、2015年5月12日に開催された
      年次総会において可決された。
                                 29/36





                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     第6【経理の状況】
     1【財務書類】
     <訂正前>
                               (前略)

     財務諸表注記

                               (中略)

      4   営業利益

                               (中略)

        e 公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益

                                           2014  年         2013  年

                                               百万香港ドル

        公正価値評価の指定を受けた保険および投資契約に対応する資産
                                              5,025           3,589
         に係る収益
                                              (807)          (1,050)
        投資契約に基づく顧客に対する負債の公正価値の増加
                                              4,218           2,539

        公正価値評価の指定を受けたその他の金融資産/負債の公正価値の
                                              (205)           (110)
             1
         正味変動
        公正価値評価の指定を受けた金融資産および負債に係る利息
                                               35           63

         -受取利息(注記4(a))
                                               -          (17)

         -支払利息(注記4(b))
                                              4,048           2,475

        1 当行グループの発行済負債証券の公正価値の変動による利益または損失には、当行グループ自身の信用リスクの
         変動から生じた利益または損失が含まれている。2014年に、当行グループは自身の信用リスクの変動から生じた
         これらの商品の公正価値の変動による損失35百万香港ドル(2013年:損失18万香港ドル)を認識した。
                               (中略)

      24   有形固定資産

                               (中略)

        e 顧客へリースした不動産

                                 30/36





                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
         当行グループの投資不動産は、オペレーティング・リースに基づき賃貸されている。リース期間は、通
        常2-3年であり、更新オプションが付されている場合には、期間は再交渉される。当期において、オペ
        レーティング・リースに関する賃貸収益422百万香港ドル(2013年:312万香港ドル)が損益計算書に認識
        された。
                               (中略)

      50   公正価値以外の方法により計上されている金融商品の公正価値

                               (中略)

                                 31/36

















                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
        当行
                                            公正価値

                                            評価手法
                                        観察可能な
                                              重要な観察不能
                                 市場相場
                                       入力データの使       な入力データに
                                  価格       用      よるもの
                          帳簿価額       レベル1       レベル2       レベル3         合計
                                       百万香港ドル
       2014  年12月31日
       資産
                            116,113              107,809        8,709       116,518
       売戻契約-非トレーディング                             -
                            206,309              197,632        8,718       206,350
       銀行預け金                             -
                           1,590,711               17,108      1,566,741        1,583,849
       顧客に対する貸付金                             -
       金融投資負債証券                       -       -       -       -        -
       負債

                            21,033              21,033               21,033
       買戻契約-非トレーディング                             -              -
                            174,385              173,716         668      174,384
       銀行からの預金                             -
                           2,814,510              2,814,085               2,814,085
       顧客からの預金                             -              -
                            32,089              32,083         1      32,084
       発行済負債証券                             -
                             9,337                     8,412        8,412
       劣後債務                             -       -
                            36,474                     32,516        32,516
       優先株式                             -       -
       2013  年12月31日

       資産
                            86,601              86,608               86,608
       売戻契約-非トレーディング                             -              -
                            250,918              234,332       16,824       251,156
       銀行預け金                             -
                           1,483,910                2,812     1,473,508        1,476,320
       顧客に対する貸付金                             -
       金融投資負債証券                       -       -       -       -        -
       負債

                             5,951              5,951               5,951
       買戻契約-非トレーディング                             -              -
                            192,025              192,024               192,024
       銀行預け金                             -              -
                           2,723,322              2,723,353               2,723,353
       顧客からの預金                             -              -
                            30,062              30,149         1      30,150
       発行済負債証券                             -
                             9,346                     9,448       8,448
       劣後債務                             -       -
                            47,205                     41,391        41,391
       優先株式                             -       -
                               (中略)

      52   法的手続きおよび規制事項

                               (中略)

        反マネーロンダリング(資金洗浄)および制裁関連

                               (中略)

         これらの合意に基づき、エイチエスビーシー・ホールディングスおよびエイチエスビーシー・バンク・

        ユーエスエーは、米国当局に対して合計1.9十億米ドルを納付し、また義務の履行を継続していく。2013年
        7月  1日  、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所は、US                        DPAを承認し、同契約の履行状況を監視する権限
                                 32/36


                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
        を留保した。DOJ、FCAおよびFRBとの合意に基づき、独立モニター(FCAの目的では、金融サービス市場法
        セクション166の規定にある「専門家」)が、エイチエスビーシーのAMLおよび制裁遵守機能の有効性を定
        期 的に評価し、合意に基づくエイチエスビーシーの改善義務の履行状況を評価する。
                               (後略)

     <訂正   後 >

                               (前略)

     財務諸表注記

                               (中略)

      4   営業利益

                               (中略)

        e 公正価値評価の指定を受けた金融商品からの純収益

                                           2014  年         2013  年

                                               百万香港ドル

        公正価値評価の指定を受けた保険および投資契約に対応する資産
                                              5,025           3,589
         に係る収益
                                              (807)          (1,050)
        投資契約に基づく顧客に対する負債の公正価値の増加
                                              4,218           2,539

        公正価値評価の指定を受けたその他の金融資産/負債の公正価値の
                                              (205)           (110)
             1
         正味変動
        公正価値評価の指定を受けた金融資産および負債に係る利息
                                               35           63

         -受取利息(注記4(a))
                                               -          (17)

         -支払利息(注記4(b))
                                              4,048           2,475

        1 当行グループの発行済負債証券の公正価値の変動による利益または損失には、当行グループ自身の信用リスクの
         変動から生じた利益または損失が含まれている。2014年に、当行グループは自身の信用リスクの変動から生じた
         これらの商品の公正価値の変動による損失35百万香港ドル(2013年:損失18                                   百 万香港ドル)を認識した。
                               (中略)

      24   有形固定資産

                               (中略)

        e 顧客へリースした不動産

         当行グループの投資不動産は、オペレーティング・リースに基づき賃貸されている。リース期間は、通

        常2-3年であり、更新オプションが付されている場合には、期間は再交渉される。当期において、オペ
        レーティング・リースに関する賃貸収益422百万香港ドル(2013年:312                                    百 万香港ドル)が損益計算書に認
        識された。
                                 33/36

                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
                               (中略)

      50   公正価値以外の方法により計上されている金融商品の公正価値

                               (中略)

        当行

                                            公正価値

                                            評価手法
                                        観察可能な
                                              重要な観察不能
                                 市場相場
                                       入力データの使       な入力データに
                                  価格       用      よるもの
                          帳簿価額       レベル1       レベル2       レベル3         合計
                                       百万香港ドル
       2014  年12月31日
       資産
                            116,113              107,809        8,709       116,518
       売戻契約-非トレーディング                             -
                            206,309              197,632        8,718       206,350
       銀行預け金                             -
                           1,590,711               17,108      1,566,741        1,583,849
       顧客に対する貸付金                             -
       金融投資負債証券                       -       -       -       -        -
       負債

                            21,033              21,033               21,033
       買戻契約-非トレーディング                             -              -
                            174,385              173,716         668      174,384
       銀行からの預金                             -
                           2,814,510              2,814,085               2,814,085
       顧客からの預金                             -              -
                            32,089              32,083         1      32,084
       発行済負債証券                             -
                             9,337                     8,412        8,412
       劣後債務                             -       -
                            36,474                     32,516        32,516
       優先株式                             -       -
       2013  年12月31日

       資産
                            86,601              86,608               86,608
       売戻契約-非トレーディング                             -              -
                            250,918              234,332       16,824       251,156
       銀行預け金                             -
                           1,483,910                2,812     1,473,508        1,476,320
       顧客に対する貸付金                             -
       金融投資負債証券                       -       -       -       -        -
       負債

                             5,951              5,951               5,951
       買戻契約-非トレーディング                             -              -
                            192,025              192,024               192,024
       銀行預け金                             -              -
                           2,723,322              2,723,353               2,723,353
       顧客からの預金                             -              -
                            30,062              30,149         1      30,150
       発行済負債証券                             -
                             9,346                     8,448       8,448
       劣後債務                             -       -
       優先株式                     47,205        -       -     41,391        41,391
                               (中略)

      52   法的手続きおよび規制事項

                               (中略)

                                 34/36



                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
        反マネーロンダリング(資金洗浄)および制裁関連
                               (中略)

         これらの合意に基づき、エイチエスビーシー・ホールディングスおよびエイチエスビーシー・バンク・

        ユーエスエーは、米国当局に対して合計1.9十億米ドルを納付し、また義務の履行を継続していく。2013年
        7月、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所は、US                           DPAを承認し、同契約の履行状況を監視する権限を留
        保した。DOJ、FCAおよびFRBとの合意に基づき、独立モニター(FCAの目的では、金融サービス市場法セク
        ション166の規定にある「専門家」)が、エイチエスビーシーのAMLおよび制裁遵守機能の有効性を定期的
        に評価し、合意に基づくエイチエスビーシーの改善義務の履行状況を評価する。
                               (後略)

                                 35/36















                                                           EDINET提出書類
                             ザ・ホンコン・アンド・シャンハイ・バンキング・コーポレイション・リミテッド(E27669)
                                                          訂正有価証券報告書
     3 【その他】
     <訂正前>
                               (前略)

      (2) 訴訟

         上記「第6      経理の状況-1        財務書類-注記」の「52 法的手続き」を参照のこと。
     <訂正後>

                               (前略)

      (2) 訴訟

         上記「第6      経理の状況-1        財務書類-注記」の「52 法的手続き                   および規制事項        」を参照のこと。
                                 36/36















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。