日信工業株式会社 四半期報告書 第63期第1四半期(平成27年4月1日-平成27年6月30日)

四半期報告書-第63期第1四半期(平成27年4月1日-平成27年6月30日)

提出日:

提出者:日信工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2015年8月7日
      【四半期会計期間】                    第63期第1四半期(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)
      【会社名】                    日信工業株式会社
      【英訳名】                    NISSIN    KOGYO   CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長          大河原 栄次
      【本店の所在の場所】                    長野県上田市国分840番地
      【電話番号】                    0268(21)2213
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理部長  小嶋 一平
      【最寄りの連絡場所】                    長野県上田市国分840番地
      【電話番号】                    0268(21)2213
      【事務連絡者氏名】                    執行役員経理部長  小嶋 一平
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/46













                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第62期           第63期
                回次                第1四半期           第1四半期            第62期
                               連結累計期間           連結累計期間
                             自   2014年4月1日        自   2015年4月1日        自   2014年4月1日

               会計期間
                             至   2014年6月30日        至   2015年6月30日        至   2015年3月31日
                       (百万円)            53,864           57,244          221,523

     売上高
                       (百万円)             4,853           5,258          20,647
     税引前四半期利益又は税引前利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                       (百万円)             2,393           2,680          10,917
     (当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                       (百万円)             1,331           3,650          18,417
     (当期)包括利益
                       (百万円)            107,995           126,263           123,871
     親会社の所有者に帰属する持分
                       (百万円)            177,911           202,844           201,571
     資産合計
     基本的1株当たり四半期(当期)利
                        (円)            36.88           41.26          168.19
     益
     希薄化後1株当たり四半期(当期)
                        (円)             -           -           -
     利益
                        (%)            60.7           62.2           61.5
     親会社所有者帰属持分比率
                       (百万円)             4,958           7,656          23,329
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)            △ 3,097          △ 5,428         △ 13,079
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (百万円)            △ 2,229          △ 3,331          △ 4,484
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                       (百万円)            29,893           36,651           37,785
     末)残高
      (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           していません。
         2.売上高には、消費税等は含まれていません。
         3.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
         4.百万円単位で表示している金額は、単位未満を四捨五入して表示しています。
         5.上記指標は、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結
           財務諸表に基づいています。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
       ん。
        また、主要な関係会社の異動は以下のとおりです。
        当社のインドネシアにおける子会社であるP.T.                      CHEMCO    HARAPAN    NUSANTARAは、キャストホイール等のアルミ事業
       の更なる強化を図るため、2015年6月30日に当社のインドネシアにおける関連会社であるP.T.                                            ALCAR   CHEMCO
       INDONESIA     の株式の全部を取得し、当該会社を子会社としました。
                                  2/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、事業等のリスクに重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当社及び子会社の連結財務諸表は、当第1四半期からIFRSを適用しています。また前年同四半期及び前連結会計
       年度の連結財務諸表につきましても、IFRSに準拠して表示しています。
       (1)  業績の状況
         当第1四半期連結累計期間の連結経営成績は、日本では、軽自動車税増税やエコカー減税の適用条件がより厳
        しくなったこともあり自動車販売は低迷し、売上高は前年同期に比べ減収となり、利益も品質関連費用の減少はあ
        りましたが、前年同期に比べ減益となりました。次に北米地域は、景気回復基調を受けて四輪車市場が好調に推移
        し、為替による影響等もあり、前年同期に比べ増収増益となりました。アジア地域では、中国の成長率の低下とそ
        れに伴う競争激化や、インドネシアの景気低迷等による減収影響はありましたが、為替換算による影響もあり、前
        年同期に比べ増収となりました。利益面では原価低減効果はあったものの、為替換算を除いた減収影響等により、
        前年同期に比べ減益となりました。また、南米・欧州地域では、ブラジルの四輪車新機種効果や欧州での二輪車用
        製品の販売好調により前年同期比で増収増益となりました。
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は57,244百万円(前年同期比6.3%増)、営業利益は5,007百
        万円(同4.6%増)、税引前四半期利益は5,258百万円(同8.3%増)、四半期利益は3,875百万円(同11.6%増)、
        親会社の所有者に帰属する四半期利益は2,680百万円(同12.0%増)となりました。
         なお、セグメントごとの業績は以下のとおりです。
               (売上高)

        ①日 本
                メカトロ製品及び四輪車用製品の販売の減少により、9,113百万円と前年同期に比べ15.7%の減
               収となりました。
               (営業利益)
                品質関連費用の減少があったものの、減収影響などにより、1,214百万円と前年同期に比べ6.0%
               の減益となりました。
               (売上高)
        ②北 米
                四輪車市場の好調及び為替換算による影響などにより、18,710百万円と前年同期に比べ30.6%の
               増収となりました。
               (営業利益)
                増収効果及び為替影響などにより、1,082百万円と前年同期に比べ1,220百万円の増益となりまし
               た。
               (売上高)
        ③アジア
                インドネシアでの景気減速による影響などはあったものの、為替換算による影響などにより、
               25,514百万円と前年同期に比べ2.0%の増収となりました。
               (営業利益)
                原価低減及び為替影響があったものの、減収影響などにより、3,063百万円と前年同期に比べ
               12.8%の減益となりました。
        ④南米・欧州       (売上高)
                為替換算による影響はあったものの、ブラジル四輪車新機種効果、欧州向け二輪車製品の増加な
               どにより、3,907百万円と前年同期に比べ5.6%の増収となりました。
               (営業利益)
                為替影響はあったものの、前期の一時的な異常費用の解消及び増収効果などにより、7百万円の
               損失と前年同期に比べ195百万円の増益となりました。
                                  3/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       (2)  キャッシュ・フローの状況
         当第1四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、主に税引前四半期利益に
        よる資金の増加の一方、設備投資による資金の減少等により、前連結会計年度末比1,134百万円減少し、当第1四
        半期連結会計期間末には36,651百万円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動の結果得られた資金は、7,656百万円(前年同期は4,958百万円の収入)となりました。これは主に税引
        前四半期利益及び減価償却費によるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動の結果減少した資金は、5,428百万円(前年同期は3,097百万円の支出)となりました。これは主に設備
        投資によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動の結果減少した資金は、3,331百万円(前年同期は2,229百万円の支出)となりました。これは主に短期
        借入金の減少及び配当金の支払いによるものです。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社及び子会社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における当社及び子会社の研究開発費は、2,101百万円です。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、当社及び子会社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (5)  経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         当第1四半期連結累計期間において、当社及び子会社の経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状
        と見通しについて重要な変更はありません。
                                  4/46












                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2015年8月7日)
               (2015年6月30日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所
       普通株式            65,452,143             65,452,143                    単元株式数100株
                                           市場第一部
         計           65,452,143             65,452,143             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                              減額
                        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                  (株)                             (百万円)
     2015年4月1日~
                     -   65,452,143            -      3,694         -      3,419
     2015年6月30日
       (6)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/46








                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2015年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしていま
          す。
        ①【発行済株式】

                                                   2015年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                          普通株式         519,300

      完全議決権株式(自己株式等)                                     -            -
                          普通株式     64,912,400

      完全議決権株式(その他)                                      649,124          -
                          普通株式           20,443

      単元未満株式                                     -            -
      発行済株式総数                         65,452,143           -            -

      総株主の議決権                         -              649,124          -

      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,500株含まれています。また、
          「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数15個が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                   2015年6月30日現在
                                                    発行済株式総数

     所有者の氏名又は                     自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
                 所有者の住所                                   に対する所有株
     名称                     株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                長野県上田市国分
      日信工業株式会社                       390,300        -         390,300           0.59
                840番地
                長野県佐久市春日
      吉田工業株式会社                        13,500        -         13,500           0.02
                2707番地
                長野県上田市国分
      ESOP                        115,500        -         115,500           0.17
                840番地
         計          -         519,300        -         519,300           0.79
       (注)当第1四半期会計期間末現在の自己株式等は505,171株です。このうち、当第1四半期会計期間における四半
          期連結財務諸表において、自己株式として処理している「ESOP(従業員持株会発展型プラン)」信託口所
          有の当社株式は101,300株です。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報
       告」(以下「IAS第34号」という。)に準拠して作成しています。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2015年4月1日から2015
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2015年4月1日から2015年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                  7/46

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第1四半期

                               移行日         前連結会計年度
                                                    連結会計期間
                         注記
                            (2014年4月1日)           (2015年3月31日)
                                                   (2015年6月30日)
     資産
      流動資産
                                  30,791           37,785           36,651
       現金及び現金同等物
                                  33,658           34,110           32,719
       営業債権
                         7         9,460           11,332           10,265
       その他の金融資産
                                  24,356           28,257           28,944
       棚卸資産
                                   2,811           3,560           3,497
       その他の流動資産
                                  101,076           115,045           112,076
       流動資産合計
      非流動資産
                                  57,026           63,830           67,570
       有形固定資産
                                    -           -           293
       のれん
                                   2,055           3,131           3,141
       無形資産
                                   1,230            132           129
       投資不動産
                                    633           454           444
       持分法で会計処理されている投資
                         7         15,880           17,570           17,760
       その他の金融資産
                                    507           585           586
       繰延税金資産
                                    820           823           843
       その他の非流動資産
                                  78,151           86,526           90,767
       非流動資産合計
                                  179,228           201,571           202,844
      資産合計
                                  8/46












                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                                    当第1四半期

                              IFRS移行日          前連結会計年度
                                                    連結会計期間
                         注記
                            (2014年4月1日)           (2015年3月31日)
                                                   (2015年6月30日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                  22,999           23,322           24,690
        営業債務
                         7         5,288           5,982           4,470
        借入金
                         7         4,686           5,156           4,114
        その他の金融負債
                                   1,130            880           905
        未払法人所得税
                                   1,701            668           593
        引当金
                                   5,628           5,987           5,446
        その他の流動負債
                                  41,432           41,994           40,218
        流動負債合計
       非流動負債
                                    946          1,231           1,198
        借入金                 7
                         7           51           31           30
        その他の金融負債
                                   3,326           3,093           3,173
        退職給付に係る負債
                                    46           46           47
        引当金
                                   3,140           4,794           4,739
        繰延税金負債
                                    547           615           612
        その他の非流動負債
                                   8,057           9,810           9,800
        非流動負債合計
                                  49,489           51,804           50,018
       負債合計
      資本
                                   3,694           3,694           3,694
       資本金
                                   3,451           3,476           3,497
       資本剰余金
                                   △786           △693           △673
       自己株式
                                  93,304           101,957           103,276
       利益剰余金
                                   8,270           15,438           16,469
       その他の資本の構成要素
                                  107,932           123,871           126,263
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                  21,807           25,896           26,562
       非支配持分
                                  129,739           149,767           152,825
       資本合計
                                  179,228           201,571           202,844
     負債及び資本合計
                                  9/46









                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
     【要約四半期連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                            注記
                                 至 2014年6月30日)               至 2015年6月30日)
                             5             53,864               57,244
     売上高
                                        △46,028               △49,456
     売上原価
                                          7,836               7,789
     売上総利益
                                         △3,119               △2,913
     販売費及び一般管理費
                                           137               349
     その他の収益
                                          △68               △217
     その他の費用
                             5             4,787               5,007
     営業利益
     金融収益                                      330               455
                                          △197                △14
     金融費用
                                          △66               △190
     持分法による投資損失
                                          4,853               5,258
     税引前四半期利益
                                         △1,383               △1,383
     法人所得税費用
                                          3,471               3,875
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          2,393               2,680
      親会社の所有者
                                          1,078               1,195
      非支配持分
                                          3,471               3,875
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                      9             36.88               41.26
                                 10/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     【要約四半期連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                            注記
                                 至 2014年6月30日)               至 2015年6月30日)
                                          3,471               3,875
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                          △49                140
       する金融資産
                                           24              △61
       確定給付制度の再測定
       純損益に振り替えられることのない項目合
                                          △25                 78
       計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                         △1,971                  744
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社のその他の包括利益に対す
                                           △3               △8
       る持分
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                         △1,973                  736
       合計
                                         △1,998                  814
      税引後その他の包括利益
                                          1,472               4,689
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                          1,331               3,650
      親会社の所有者
                                           141              1,039
      非支配持分
                                          1,472               4,689
      四半期包括利益
                                 11/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第1四半期連結累計期間            (自 2014年4月1日 至 2014年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分

                                                   非支配
                 注記                        その他の               資本合計
                          資本          利益               持分
                    資本金          自己株式           資本の      合計
                         剰余金          剰余金
                                        構成要素
     2014年4月1日時点の
                     3,694     3,451     △786     93,304      8,270    107,932      21,807     129,739
     残高
     四半期包括利益
                       -     -     -    2,393       -    2,393     1,078     3,471
      四半期利益
                       -     -     -     -   △1,062     △1,062      △936    △1,998
      その他の包括利益
                       -     -     -    2,393    △1,062      1,331      141    1,472
      四半期包括利益合計
     所有者との取引額等
                       -      7     22     -     -     29     -     29
      自己株式の増減
                 6      -     -     -   △1,298        -   △1,298       △ 0  △1,298
      配当金
                       -     -     -     -     -     -     -     -
      その他の増減
      その他の資本の構成
                       -     -     -     24    △24      -     -     -
      要素から利益剰余金
      への振替
      所有者との取引額等
                       -      7     22   △1,274       △24    △1,269       △ 0  △1,269
      合計
     2014年6月30日時点の
                     3,694     3,458     △764     94,423      7,184    107,995      21,948     129,943
     残高
           当 第1四半期連結累計期間           (自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分

                                                   非支配
                 注記                        その他の               資本合計
                          資本          利益               持分
                    資本金          自己株式           資本の      合計
                         剰余金          剰余金
                                        構成要素
     2015年4月1日時点の
                     3,694     3,476     △693    101,957      15,438     123,871      25,896     149,767
     残高
     四半期包括利益
      四半期利益                -     -     -    2,680       -    2,680     1,195     3,875
                       -     -     -     -     970     970    △156      814
      その他の包括利益
      四半期包括利益合計                -     -     -    2,680      970    3,650     1,039     4,689
     所有者との取引額等
      自己株式の増減                -      7     20     -     -     28     -     28
                 6      -     -     -   △1,299        -   △1,299      △349    △1,648
      配当金
      その他の増減                -     14     -     -     -     14    △25     △11
      その他の資本の構成
      要素から利益剰余金                -     -     -    △61      61     -     -     -
      への振替
      所有者との取引額等
                       -     21     20   △1,360        61   △1,258          △1,631
                                                    △374
      合計
     2015年6月30日時点の
                     3,694     3,497     △673    103,276      16,469     126,263      26,562     152,825
     残高
                                 12/46



                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                            注記
                                 至 2014年6月30日)               至 2015年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          4,853               5,258
      税引前四半期利益
                                          2,196               2,790
       減価償却費及び償却費
                                           27               28
       減損損失
       金融収益及び金融費用(△は益)                                   △286               △326
       持分法による投資損益(△は益)                                    66               190
                                          △345                △33
       引当金及び退職給付に係る負債の増減
       営業債権の増減(△は増加)                                    918              1,979
       棚卸資産の増減(△は増加)                                  △2,041                  297
       営業債務の増減(△は減少)                                    305              △113
                                           434             △1,425
       その他
                                          6,127               8,646
        小計
      利息及び配当金受取額                                     331               342
                                          △25               △13
      利息の支払額
                                         △1,476               △1,319
      法人所得税の支払額
                                          4,958               7,656
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           20              △983
      定期預金の純増減額
                                          △100                 △0
      有価証券純増減額
                                         △2,830               △2,991
      有形固定資産の取得による支出
                                          △164               △195
      無形資産の取得による支出
                                          △40                △1
      投資有価証券の取得による支出
                                           -             △1,604
      貸付けによる支出
      連結範囲の変更を伴う子会社株式取得による
                                           -               231
      収入
                                           18               116
      その他
                                         △3,097               △5,428
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    △919              △1,646
                             6            △1,298               △1,299
      配当金の支払額
                                           △0              △349
      非支配持分への配当金の支払額
                                          △12               △38
      その他
                                         △2,229               △3,331
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △530                △31
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     △897              △1,134
                                         30,791               37,785
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         29,893               36,651
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          日信工業株式会社        (以下、「当社」という。)             は日本に所在する株式会社です。
          当社及び子会社(以下、「当社グループ」という。)                         の要約四半期連結財務諸表は、2015年6月30日を期末日
         として、当社グループ並びにその関連会社及び共同支配企業に対する持分により構成されています。
          当社グループの主な事業内容は、四輪車及び二輪車向けブレーキ装置並びにアルミ製品等の開発、製造、販売
         です  。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表規則」第1条の2に掲げる「特定会社」
          の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しています。
           当社グループは、当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)からIFRSを初めて適用して
          おり、IFRSへの移行日は2014年4月1日です。
           IFRSへの移行日及び比較年度において、IFRSへの移行が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッ
          シュ・フローの状況に与える影響は、注記「10.初度適用」に記載しています。
           本要約四半期連結財務諸表は、2015年8月7日に当社の代表取締役社長によって承認されています。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定
          する特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しています。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満を四捨五入して表示しています。
         (4)新基準の早期適用

           当社グループはIFRS第9号「金融商品」(2014年7月最終版、以下、「IFRS第9号」という。)を早期適用
          しています。
                                 14/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          適用する重要な会計方針は、以下のとおりであり、本要約四半期連結財務諸表(IFRSへの移行日の連結財政状
         態計算書を含む)に記載されているすべての期間に適用しています。
         (1)連結の基礎

          ① 子会社
            子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループが投資先への関与により
           生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、投資先に対するパワーにより当該リ
           ターンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該投資先を支配していると判断していま
           す。
            子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含めて
           います。
            子会社が、類似の状況での同様の取引及び事象について要約四半期連結財務諸表で採用した以外の会計方
           針を使用している場合には、要約四半期連結財務諸表の作成の際に、必要に応じて当該子会社の四半期財務
           諸表に適切な修正を行っています。当社グループ間の取引に関するグループ内の資産及び負債、資本、収
           益、費用並びにキャッシュ・フローは、全額相殺しています。また、棚卸資産や固定資産など資産として認
           識するグループ内取引から生じる損益も、全額消去しています。
            連結子会社の非支配持分は、当社グループの持分とは区別して識別しています。子会社の包括利益につい
           ては、非支配持分が負の残高となる場合であっても、親会社の所有者と非支配持分に帰属させることとして
           います。
          ② 関連会社

            関連会社とは、当社グループが重要な影響力を有している企業をいいます。当社グループが投資先の財務
           及び営業の方針決定に参加するパワーを有するものの、当該方針に対する支配又は共同支配を有していない
           場合に、当社グループは当該投資先に対する重要な影響力を有しているものと判断しています。
            関連会社への投資は、当初認識時には取得原価で認識し、当社グループが重要な影響力を有することと
           なった日から重要な影響力を喪失する日まで、持分法によって会計処理しています。
            関連会社が、類似の状況での同様の取引及び事象について要約四半期連結財務諸表で採用した以外の会計
           方針を使用している場合には、持分法を適用する際に、必要に応じて当該関連会社の四半期財務諸表に適切
           な修正を行っています。
          ③ 共同支配企業

            共同支配企業とは、当社グループを含む複数の当事者が経済活動に対する契約上合意された支配を共有
           し、その活動に関連する戦略的な財務上及び営業上の決定に際して、支配を共有する当事者すべての合意を
           必要とする企業をいいます。
            当社グループが有する共同支配企業については、持分法によって会計処理しています。
         (2)事業セグメント

           事業セグメントは、収益を稼得し費用が発生する源泉となり得る事業活動を行っている構成単位です。すべ
          ての事業セグメントは、個別にその財務情報が入手可能なものであり、かつ各セグメントに配分すべき資源に
          関する意思決定を行い、またその業績を評価するために、その経営成績を当社の取締役会が定期的に検討して
          います。
                                 15/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
         (3)企業結合
           企業結合は取得法を用いて会計処理しています。
           当社グループは、IFRS第3号「企業結合」(以下、「IFRS第3号」という。)で規定されている例外を除
          き、取得日時点において、取得した識別可能な資産、引き受けた負債及び被取得企業のすべての非支配持分を
          認識し、取得した識別可能な資産及び引き受けた負債を、取得日における公正価値で測定します。
           企業結合で移転された対価は、当社グループが移転した資産、当社グループに発生した被取得企業の旧所有
          者に対する負債及び当社グループが発行した資本持分の取得日公正価値の合計額として計算されます。移転さ
          れた対価、被取得企業のすべての非支配持分の金額及び段階的に達成される企業結合の場合には、当社グルー
          プが以前に保有していた被取得企業の資本持分の取得日公正価値の総計が、取得した識別可能な資産及び引き
          受けた負債の取得日における正味の金額を上回る場合は、取得日時点ののれんを認識します。反対に下回る場
          合には、当該利得は、取得日において当社グループの純損益として計上しています。
           企業結合を達成するために発生する仲介者手数料、弁護士費用、デュー・デリジェンス費用等の取得関連コ
          ストは、当該コストが発生してサービスが提供された期間に費用処理されます。
           非支配持分の追加取得については、資本取引として会計処理しているため、当該取引からのれんは認識して
          いません。
         (4)外貨換算

          ① 外貨建取引
            当社グループの各社は、営業活動を行う主たる経済環境の通貨として、それぞれ機能通貨を定めていま
           す。
            外貨建取引は、機能通貨での当初認識時に、機能通貨と外国通貨との間の取引日現在の直物為替レートを
           用いて換算しています。
            各報告期間の末日において、外貨建貨幣性項目は決算日レート、外国通貨において取得原価で測定してい
           る非貨幣性項目は取引日の為替レート、外国通貨において公正価値で測定している非貨幣性項目は当該公正
           価値が測定された日の為替レートを用いて換算しています。
            換算又は決済により生じる換算差額は、発生した期間の純損益として認識しています。ただし、その他の
           包括利益を通じて測定する資本性金融資産及びキャッシュ・フロー・ヘッジから生じる換算差額について
           は、その他の包括利益として認識しています。
          ② 在外営業活動体の財務諸表

            在外営業活動体の資産及び負債については期末日現在の決算日レート、収益及び費用については著しい変
           動のない限り期中平均レートを用いて日本円に換算しています。在外営業活動体の財務諸表の換算から生じ
           る換算差額は、その他の包括利益として認識しています。在外営業活動体の処分時には、その他の包括利益
           に認識し資本の独立の区分に累積していた当該在外営業活動体に係る換算差額の累計額を、処分による利得
           又は損失を認識する時に資本から純損益に振り替えます。
            なお、当社グループは、IFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下、「IFRS第1号」という。)
           の免除規定を採用しており、移行日時点の在外営業活動体の累積換算差額をゼロとみなし、すべて利益剰余
           金に振り替えています。
         (5)現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物は、手許現金、要求払預金及び容易に一定の金額に換金可能であり、かつ、価値の変動
          について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されていま
          す。
         (6)棚卸資産

           棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額とのいずれか低い額で測定しています。正味実現可能価額は、通
          常の事業の過程における見積売価から、完成までに要する原価の見積額及び販売に要するコストの見積額を控
          除した額です。取得原価は、主として総平均法に基づいて算定されており、購入原価、加工費及び現在の場所
          と状態に至るまでに発生したその他のコストのすべてを含んでいます。
                                 16/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
         (7)有形固定資産
           有形固定資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控
          除した額で測定しています。
           取得原価には、当該資産を意図した方法で稼働可能にするために必要な場所及び状態に置くことに直接起因
          するコスト、解体及び除去並びに原状回復のコストの当初見積額及び適格資産の取得、建設又は生産に直接起
          因する借入コストが含まれています。
           減価償却費は、土地等の償却しない資産を除き、有形固定資産の各構成要素の耐用年数にわたり、定額法で
          計上しています。主要な有形固定資産の種類ごとの耐用年数は以下のとおりです。
          ・建物及び構築物    5~40年
          ・機械装置及び運搬具  3~11年
          ・工具器具及び備品   2~6年
           なお、耐用年数、残存価額及び減価償却方法は各連結会計年度末に再検討を行います。変更が必要な場合、
          当該変更は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用します。
         (8)のれん

           当初認識時におけるのれんの測定は「(3)企業結合」に記載しています。当初認識後は、取得原価から減損
          損失累計額を控除した額で測定しています。
         (9)無形資産

          ① 研究開発費
            研究に関する支出は、発生時に費用として認識しています。
            開発から生じた無形資産は、次のすべてを立証できる場合に認識しています。
           ・使用又は売却に利用できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
           ・無形資産を完成させて、使用するか又は売却するという意図
           ・無形資産を使用又は売却できる能力
           ・無形資産が蓋然性の高い将来の経済的便益をどのように創出するのか
           ・開発を完成させて、無形資産を使用するか又は売却するために必要となる、適切な技術上、財務上及びそ
            の他の資源の利用可能性
           ・開発期間中の無形資産に起因する支出を信頼性をもって測定できる能力
            償却費は、開発テーマごとの耐用年数(主に2~5年)にわたり定額法で計上しています。
            なお、耐用年数及び償却方法は各連結会計年度末に再検討を行います。変更が必要な場合、当該変更は、
           会計上の見積りの変更として将来に向かって適用します。
          ② その他の無形資産

            その他の無形資産は主にソフトウエアであり、当初認識時に取得原価で測定しています。
            当初認識後、それぞれの耐用年数(主に5年)にわたって定額法で償却し、取得原価から償却累計額及び
           減損損失累計額を控除した額で測定しています。
            なお、耐用年数及び償却方法は各連結会計年度末に再検討を行います。変更が必要な場合、当該変更は、
           会計上の見積りの変更として将来に向かって適用します。
         (10)投資不動産

           投資不動産としては、賃貸収益を目的として保有する建物、土地及び将来の用途が現時点では未定のまま保
          有している土地があります。
           当社グループは、投資不動産の当初認識後の測定について原価モデルを採用しています。
           投資不動産は、それぞれの耐用年数にわたって定額法で償却し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失
          累計額を控除した額で測定しています。
                                 17/46





                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        (11)リース
          ① 貸手側
            資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にほとんどすべて借手に移転させるリースは、ファイナン
           ス・リースに分類し、それ以外の場合には、オペレーティング・リースに分類しています。
            ファイナンス・リースにより保有する資産は、営業債権として、正味リース投資未回収額で当初認識して
           います。当初認識後は、正味リース投資未回収額に対して一定の期間利益率を反映する方法で認識し、金融
           収益として計上しています。
            また、当該ファイナンス・リースが財の販売を主たる目的とし、販売政策上の目的で実行するものである
           場合は、リース対象資産の公正価値と最低リース料総額を市場金利で割引いた現在価値のいずれか低い額を
           売上高として計上し、当該リース対象資産の購入価額を売上原価として計上しています。
            オペレーティング・リースに係る資産は、その性質に応じて要約四半期連結財政状態計算書に表示してお
           り、当該資産の減価償却方法は、所有している類似資産の減価償却方法と首尾一貫する方法を用いていま
           す。リース収益は、リース期間にわたって定額法により認識し、その他の収益として計上しています。
          ② 借手側

            資産の所有に伴うリスクと経済価値が実質的にほとんどすべて当社グループに移転するリースは、ファイ
           ナンス・リースに分類し、それ以外の場合には、オペレーティング・リースに分類しています。
            ファイナンス・リース取引におけるリース資産は、リース開始日に算定したリース物件の公正価値と最低
           支払リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で当初認識しています。当初認識後は、当該資産に適用さ
           れる会計方針に基づいて、耐用年数とリース期間のいずれか短い期間にわたって、減価償却を行っていま
           す。
            リース料は、利息法に基づき金融費用と負債残高の返済部分に配分して計上しています。
            オペレーティング・リースに基づくリース料は、リース期間にわたり定額法によって費用として認識して
           います。
        (12)非金融資産の減損

           棚卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産について、各報告期間の末日現在で、資産が減
          損している可能性を示す兆候の有無を検討しています。そのような減損の兆候のいずれかが存在する場合は、
          当該資産の回収可能価額を見積ります。のれん及び耐用年数を確定出来ない、または未だ使用可能ではない無
          形資産については、回収可能価額を毎年同時期に見積っています。
           資産又は資金生成単位の回収可能価額は、資産の処分コスト控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い金
          額とされます。使用価値の算定において、将来キャッシュ・フローの見積りは、貨幣の時間的価値及び当該資
          産固有のリスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引きます。
           個別資産の回収可能価額の見積りが可能でない場合は、当該資産を含み、他の資産又は資産グループからの
          キャッシュ・インフローからおおむね独立したキャッシュ・インフローを生成する最小の資産グループである
          資金生成単位について、回収可能価額を見積ります。のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ることが期
          待される資金生成単位に配分しています。
           全社資産は、独立したキャッシュ・インフローを発生させないため、全社資産が減損している可能性を示す
          兆候がある場合は、全社資産が属する資金生成単位について回収可能価額を算定します。
           減損損失は、資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回っている場合に、純損益として認識し
          ます。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額を減額し、
          次に、当該資金生成単位内の各資産の帳簿価額に基づいた比例按分によって当該資産の帳簿価額を減額するよ
          うに配分します。
           のれんについて認識した減損損失は戻し入れません。その他の資産について過去に認識した減損損失は、各
          報告期間の末日において、もはや存在しないか又は減少している可能性を示す兆候の有無を検討しています。
          回収可能価額の算定に用いた見積りに変更があった場合は、減損損失を戻し入れます。この場合には、減損損
          失がなかったとした場合の(償却又は減価償却控除後の)帳簿価額を超えない金額を上限として、純損益とし
          て戻し入れます。
                                 18/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        (13)従業員給付
          ① 退職後給付
            当社グループの一部については、従業員の退職給付制度として確定給付制度及び確定拠出制度を設けてい
           ます。
          (ⅰ)確定給付制度
            確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除した金額に、資産上限額に制限することによ
           る影響を調整した確定給付負債の純額を、負債として計上しています。また、勤務費用及び確定給付負債の
           純額に係る利息純額は純損益として認識し、過去勤務費用が発生した場合についても、次のいずれか早い方
           の日に、純損益として認識します。
           ・制度改訂又は縮小が発生した時
           ・関連するリストラクチャリングのコスト又は解雇給付を当社グループが認識する時
            確定給付制度債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用は、予測単位積増方式を用い
           て算定しています。
            割引率は、給付支払の見積時期を反映した報告期間の末日時点の優良社債の市場利回りを参照して決定し
           ています。
            確定給付負債の純額の再測定は、数理計算上の差異、制度資産に係る収益(確定給付負債の純額に係る利
           息純額に含まれる金額を除く)及び資産上限額の影響の変動(確定給付負債の純額に係る利息純額に含まれ
           る金額を除く)から成り、税効果を調整した上でその他の包括利益として認識しますが、直ちにその他の資
           本の構成要素から利益剰余金に振り替えています。
            また、確定給付制度には複数事業主制度が含まれており、確定給付の会計処理を行うために十分な情報を
           入手できないため、確定拠出制度であるかのように掛金を費用として認識しています。
          (ⅱ)確定拠出制度

            確定拠出制度に支払うべき拠出額を、従業員が関連する勤務を提供したときに、費用として認識していま
           す。
          ② その他の従業員給付

            賞与の支払の予想コストは、当社グループが過去の事象の結果、当該支払を行う現在の法的債務又は推定
           的債務を有し、当該債務について信頼性ある見積りが可能な場合に、支払うと見込まれる割り引かない金額
           を負債として認識しています。
            累積型有給休暇の形式による従業員給付の予想コストは、その他の長期従業員給付として退職後給付に準
           じて測定しています。
        (14)引当金

           引当金は、当社グループが、過去の事象の結果として現在の法的または推定的債務を有しており、当該債務
          を決済するために経済的便益を有する資源の流出が必要となる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性
          のある見積りができる場合に認識しています。引当金は、見積将来キャッシュ・フローを貨幣の時間的価値と
          当該負債に固有のリスクについての現在の市場の評価を反映した税引前の利率を用いて現在価値に割り引いて
          測定しています。時の経過に伴う割引額の割戻しは金融費用として認識しています。
          ① 製品保証引当金

            製品の無償補修費用の支出に備えるため、得意先との部品取引基本契約書に基づく特別の無償補修費用を
           個別に見積り算出した額を計上しています。
          ② 資産除去債務

            有形固定資産の解体、撤去及び原状回復を行う義務について負債を認識するとともに、当該有形固定資産
           の取得原価の一部として認識しています。
        (15)自己株式

           自己株式は取得原価で評価され、資本から控除しています。当社の自己株式の購入、売却又は消却において
          利得又は損失は認識していません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額は、資本剰余金として認識しま
          す。
                                 19/46



                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        (16)金融商品
          ① デリバティブを除く金融資産
           (ⅰ)当初認識及び測定
              当社グループが当該金融商品の契約条項の当事者になった時点で金融資産を認識します。
              当社グループは、金融資産について、純損益又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融
             資産、償却原価で測定する金融資産に分類しています。この分類は、当初認識時に決定しています。
              すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に分類される場合を除き、公正価
             値に金融資産の取得に直接起因する取引コストを加算した金額で測定しています。
              金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しています。
             ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づい
              て、資産を保有している場合
             ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが
              特定の日に生じる場合
              償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しています。
              公正価値で測定する金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定しなければならない売買目
             的で保有される資本性金融商品に対する投資を除き、個々の資本性金融商品に対する投資ごとに、純損
             益を通じて公正価値で測定するか、その他の包括利益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指
             定を継続的に適用しています。
           (ⅱ)事後測定

              金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しています。
              償却原価で測定する金融資産については、実効金利法による償却原価で測定しています。
              公正価値で測定する金融資産の公正価値の変動額は純損益として認識しています。ただし、資本性金
             融商品に対する投資のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものについて
             は、公正価値の変動額はその他の包括利益として認識しています。なお、当該その他の包括利益に表示
             された金額が事後的に純損益に振り替えられることはありませんが、当該投資からの配当については、
             明らかに投資原価の一部回収である場合を除き、純損益に認識しています。
           (ⅲ)金融資産の減損

              償却原価で測定する金融資産等に係る減損については、当該金融資産に係る予想信用損失に対して貸
             倒引当金を認識することとしています。
              当社グループは、各報告日において、金融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大したか
             どうかを評価しています。
              ある金融商品に係る信用リスクが当初認識以降に著しく増大していない場合には、当該金融商品に係
             る貸倒引当金を12か月の予想信用損失に等しい金額で測定します。一方で、ある金融商品に係る信用リ
             スクが当初認識以降に著しく増大している場合には、当該金融商品に係る貸倒引当金を全期間の予想信
             用損失に等しい金額で測定します。
              ただし、営業債権等やリース債権については常に貸倒引当金を全期間の予想信用損失に等しい金額で
             測定します。
              金融商品の予想信用損失は、次のものを反映する方法で見積ります。
             ・一定範囲の生じ得る結果を評価することにより算定される、偏りのない確率加重金額
             ・貨幣の時間価値
             ・過去の事象、現在の状況及び将来の経済状況の予測についての、報告日において過大なコストや労力
              を掛けずに利用可能な合理的で裏付け可能な情報
              当該測定に係る金額は、純損益で認識します。
                                 20/46





                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
           (ⅳ)金融資産の認識の中止
              当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、又は金
             融資産を譲渡し、その譲渡が当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほとんどすべてを移転して
             いる場合には金融資産の認識を中止します。また、当社グループが、譲渡資産の所有に係るリスクと経
             済価値のほとんどすべてを移転したわけでも、ほとんどすべてを保持しているわけでもなく、当該資産
             に対する支配を保持している場合には、継続的関与の範囲において当該譲渡資産と関連する負債を認識
             します。
              金融資産の通常の方法による売却は、取引日会計により、認識の中止を行います。
              なお、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定した資本性金融商品に対する投資の認識
             を中止した場合は、当該投資に係るその他の資本の構成要素の残高を直接利益剰余金に振り替えていま
             す。
          ② デリバティブを除く金融負債

           (ⅰ)当初認識及び測定
              当社グループが当該金融商品の契約条項の当事者になった時点で金融負債を認識します。
              当社グループは、金融負債について、純損益を通じて公正価値で測定する金融負債と償却原価で測定
             する金融負債のいずれかに分類しています。この分類は、当初認識時に決定しています。
              すべての金融負債は公正価値で当初測定していますが、償却原価で測定する金融負債については、金
             融負債の発行に直接起因する取引コストを控除した金額で測定しています。
           (ⅱ)事後測定

              金融負債の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しています。
              損益を通じて公正価値で測定する金融負債については、当初認識時に損益を通じて公正価値で測定す
             ると指定した金融負債であり、当初認識後は公正価値で測定し、その変動については純損益として認識
             しています。
              償却原価で測定する金融負債については、実効金利法による償却原価で測定しています。
           (ⅲ)金融負債の認識の中止

              当社グループは、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は
             失効となった時に、金融負債の認識を中止します。
          ③ デリバティブ

            為替変動リスクをヘッジするため、為替予約を利用していますが、ヘッジ会計の適用要件を満たしていな
           いためヘッジ会計を適用していません。これらデリバティブは、当該デリバティブの契約条項の当事者に
           なった時点の公正価値で当初認識し、当初認識後は公正価値で事後測定しています。デリバティブの公正価
           値の変動額はすべて純損益として認識しています。
          ④ 金融資産及び金融負債の表示

            当社グループは、認識している金額を相殺する法的に強制可能な権利を現在有しており、かつ純額で決済
           するか又は資産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有している場合に、当該金融資産と金融負債と
           を相殺し、純額で表示しています。
                                 21/46







                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        (17)収益
           収益は、物品の販売から受領した又は受領可能な対価の公正価値(値引き及び割戻しの額を考慮後)により
          測定しています。
          ① 物品の販売

            物品の販売からの収益は、次の条件すべてが満たされたときに認識しています。
           ・物品の所有に伴う重要なリスク及び経済価値を買い手に移転したこと
           ・販売された物品に対して、所有と通常結び付けられる程度の継続的な管理上の関与も実質的な支配も保持
            していないこと
           ・収益の額を、信頼性をもって測定できること
           ・その取引に関連する経済的便益が流入する可能性が高いこと
           ・その取引に関連して発生した又は発生する原価を、信頼性をもって測定できること
            収益は通常は、買い手が引渡しを受け、検収が完了した時に認識しています。
          ② 利息

            利息は、実効金利法により認識しています。
          ③ 配当

            配当は、支払を受ける株主の権利が確定したときに認識しています。
        (18)法人所得税

           法人所得税費用は、当期税金と繰延税金から構成されています。これらは、その他の包括利益又は資本に直
          接認識する取引又は事象及び企業結合から生じる場合を除き、純損益として認識しています。
           当期及び過去の期間の当期税金負債及び資産は、税務当局に納付又は税務当局から還付されると予想される
          金額で測定しています。税額の算定にあたっては、報告期間の末日において制定又は実質的に制定されている
          税率及び税法を使用しています。
           繰延税金資産及び負債は、報告期間の末日における法定税率又は実質的税率及び税法に基づいて、資産が実
          現する期又は負債が決済される期に適用されると予想される税率で測定しています。
           また、繰延税金資産及び負債は、資産又は負債の財政状態計算書上の帳簿価額と税務基準額との差額である
          一時差異、税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除に対して認識しています。
           繰延税金資産は、企業結合でなく、かつ取引時に会計上の利益にも課税所得にも影響しない取引における資
          産又は負債の当初認識から生じる場合を除き、将来減算一時差異等を利用できる課税所得が生じる可能性が高
          い範囲内で、当該将来減算一時差異等について認識しています。
           未認識の繰延税金資産は各報告期間の末日現在で再評価し、繰延税金資産の便益を実現させるだけの十分な
          課税所得を稼得する可能性が高くなった範囲で認識します。
           繰延税金負債は、以下を除く将来加算一時差異に対して認識しています。
          ・のれんの当初認識
          ・企業結合ではなく、かつ取引時に会計上の利益にも課税所得にも影響を与えない取引における資産又は負債
           の当初認識から生じる場合
          ・子会社及び関連会社に対する投資に関連して生じる将来加算一時差異について、当社が一時差異を解消する
           時期をコントロールすることができ、かつ予測可能な期間内に当該一時差異が解消しない可能性が高い場合
           子会社及び関連会社に対する投資に関連する将来減算一時差異については、一時差異が予測し得る期間内に
          解消し、かつ当該一時差異を使用できる課税所得が生じる可能性が高い範囲内で、繰延税金資産を認識しま
          す。
           繰延税金資産と繰延税金負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法的強制力のある権利を有し、か
          つ同一の税務当局によって同一の納税主体に課している場合に相殺しています。
           四半期連結累計期間の法人所得税費用は、事業年度全体についての予想加重平均税率に基づいて算定してい
          ます。
        (19)1株当たり四半期利益

           基本的1株当たり四半期利益は、親会社の普通株主に帰属する四半期利益を、当該四半期連結累計期間中の
          発行済普通株式の加重平均株式数で除して計算しています。
                                 22/46



                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断
          IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益
         及び費用の報告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行うことが要求されています。これらの見積り
         及び仮定は、過去の経験及び最新の入手可能な信頼のおける情報を収集し、合理的であると考えられる様々な要
         因を勘案した経営者の最善の判断に基づいています。しかし、その性質上、将来において、これらの見積り及び
         仮定とは異なる結果となる可能性があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更の影響は、当該変更の期間及
         び将来の期間において認識します。
          経営者が行った要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは以下のとおりです。
         (1)非金融資産の減損

           使用価値の算定に用いられる将来キャッシュ・フローの見積りは、経営者が承認した直近の財務予算・予測
          を基礎とし、直近の予算・予測の期間を超えたキャッシュ・フロー予測は、後続の年度に対し一定の又は逓減
          する成長率を使用した予算・予測に基づくキャッシュ・フローを推測して延長することにより見積りますが、
          事業環境の変化等により当該将来キャッシュ・フローが変動する可能性があります。
         (2)繰延税金資産の回収可能性

           繰延税金資産の回収可能性の判断に用いられる将来期間の課税所得の見積りは、経営者が承認した直近の財
          務予算・予測を基礎としていますが、事業環境の変化等により当該将来期間の課税所得が変動する可能性があ
          ります。
         (3)製品保証引当金の測定

           製品保証引当金の測定に用いられる基礎数値は、類似の事象や直近の実績等に入手可能な将来予測を加味し
          て最善の見積りを行っていますが、実績等によって変動する可能性があります。
         (4)確定給付制度債務の測定

           確定給付制度債務の測定には、割引率、退職率、死亡率等を用いていますが、経済環境の変化等によりこれ
          らの値が変動する可能性があります。
         (5)金融商品の公正価値

           注記「7.金融商品の公正価値」をご参照ください。
                                 23/46










                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループは、グループ全体として主にブレーキシステム等自動車部品の製造・販売をしています。
           当社及び各子会社はそれぞれ独立した経営単位ですが、地域別に包括的な戦略を立案し、事業活動を展開し
          ています。
           したがって、当社グループは、地域別の事業セグメントである、「日本」、「北米」、「アジア」及び「南
          米・欧州」の4つを報告セグメントとしています。なお、当該報告セグメントの決定に当たって、事業セグメ
          ントの集約は行っていません。
           セグメント利益は、営業利益ベースの数値です。また、セグメント間の内部売上高は、市場実勢価格に基づ
          いています。
         (2)セグメント収益及び業績

          当社グループの報告セグメントによる収益及び業績は以下のとおりです。
           前第1四半期連結累計期間(自 2014年4月1日 至 2014年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント

                                                  調整額
                                            合計            連結
                                                  (注)
                   日本      北米      アジア     南米・欧州
     売上高

                    10,816      14,329      25,021       3,699      53,864        -    53,864
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    11,143        131     1,395        41    12,710     △12,710         -
      上高又は振替高
                    21,959      14,460      26,416       3,740      66,574     △12,710       53,864
          合計
     セグメント利益又は損失
                    1,292      △138      3,510      △202      4,462       325     4,787
     (△)
                                                          330
      金融収益
                                                         △197
      金融費用
                                                          △66
      持分法による投資損失
                                                         4,853

     税引前四半期利益
      (注) 調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
                                 24/46









                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント

                                                  調整額
                                            合計            連結
                                                  (注)
                   日本      北米      アジア     南米・欧州
     売上高

                    9,113      18,710      25,514       3,907      57,244        -    57,244
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                    9,864       310     1,671        62    11,906     △11,906         -
      上高又は振替高
                    18,977      19,020      27,185       3,969      69,151     △11,906       57,244
          合計
     セグメント利益又は損失
                    1,214      1,082      3,063       △7     5,352      △345      5,007
     (△)
                                                          455
      金融収益
                                                          △14
      金融費用
                                                         △190
      持分法による投資損失
                                                         5,258

     税引前四半期利益
      (注) 調整額は、セグメント間取引消去によるものです。
        6.配当金

          配当金の支払額は、次のとおりです。
          前第1四半期連結累計期間(自 2014年4月1日 至 2014年6月30日)
                     配当金の総額         1株当たり配当額
        決議      株式の種類                              基準日         効力発生日
                      (百万円)           (円)
     2014年4月24日
                          1,298            20
              普通株式                           2014年3月31日          2014年6月16日
     取締役会
          当第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)

                     配当金の総額         1株当たり配当額
        決議      株式の種類                              基準日         効力発生日
                      (百万円)           (円)
     2015年4月27日
                          1,299            20
              普通株式                           2015年3月31日          2015年6月15日
     取締役会
                                 25/46









                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        7.金融商品の公正価値
         (1)金融商品の帳簿価額及び公正価値
           金融商品の帳簿価額と公正価値は、次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                                   当第1四半期

                            移行日          前連結会計年度
                                                   連結会計期間
                         (2014年4月1日)            (2015年3月31日)
                                                  (2015年6月30日)
                        帳簿価額      公正価値      帳簿価額      公正価値      帳簿価額      公正価値

     資産:

     純損益を通じて公正価値で測定する金
     融資産
                          6,220      6,220      6,239      6,239      6,116      6,116
      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で
     測定する金融資産
                          14,928      14,928      16,781      16,781      16,981      16,981
      その他の金融資産
     償却原価で測定する金融資産

                          4,192      4,192      5,882      5,882      4,928      4,928
      その他の金融資産
                          25,341      25,341      28,902      28,902      28,025      28,025

             合計
     負債:

     純損益を通じて公正価値で測定する金
     融負債
                            -      -      13      13      12      12
      その他の金融負債
     償却原価で測定する金融負債

                          6,233      6,228      7,213      7,211      5,668      5,667
      借入金
                          4,737      4,737      5,173      5,173      4,133      4,133
      その他の金融負債
                          10,971      10,965      12,400      12,398       9,813      9,812

             合計
           償却原価で測定する金融資産及び金融負債の公正価値の測定方法

           (その他の金融資産、その他の金融負債)
            その他の金融資産のうち、定期預金等の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フ
           ローを信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。
            その他の金融負債のうち、リース債務の公正価値は、将来キャッシュ・フローを、新規に同様の契約を実
           行した場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しています。
           (借入金)

            将来キャッシュ・フローを、新規に同様の契約を実行した場合に想定される利率で割り引いた現在価値に
           より算定しています。
                                 26/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
         (2)公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
           公正価値を測定するために用いる評価技法へのインプットを以下の3つのレベルに区分しています。
           レベル1:測定日における当社グループがアクセスできる同一の資産又は負債に関する活発な市場における
                相場価格(無調整)
           レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外のインプットのうち、資産又は負債について直接又は間接に観
                察可能なもの
           レベル3:資産又は負債に関する観察可能でないインプット
           公正価値で測定する金融商品に係る公正価値ヒエラルキーのレベル別分類は、次のとおりです。
           移行日(2014年4月1日)

                                                    (単位:百万円)
                              レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     資産:

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

                                  -        28       6,192        6,220
      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
                                13,510          -       1,418        14,928
      その他の金融資産
                                13,510          28       7,610        21,148
               合計
     負債:

     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

                                  -        -        -        -
      その他の金融負債
                                  -        -        -        -
               合計
           前連結会計年度(2015年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     資産:

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
      その他の金融資産                            -        13       6,226        6,239

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
                                14,965          -       1,817        16,781
      その他の金融資産
                                14,965          13       8,043        23,021

               合計
     負債:

     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

                                  -        13        -        13
      その他の金融負債
                                  -        13        -        13

               合計
                                 27/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
           当第1四半期連結会計期間(2015年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                              レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     資産:

     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

                                  -        -       6,116        6,116
      その他の金融資産
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
                                15,171          -       1,811        16,981
      その他の金融資産
                                15,171          -       7,927        23,097

               合計
     負債:
     純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

                                  -        12        -        12
      その他の金融負債
                                  -        12        -        12

               合計
           レベル2に区分されているその他の金融資産は、為替予約に係るデリバティブ取引です。これらは市場実績

          による先物為替相場及び金利等の観察可能なインプットを使用して、主にマーケット・アプローチで評価して
          います。
           レベル3に区分されたその他の金融資産は主に活発な市場のない資本性金融商品です。これらは、主に比較
          会社評価倍率法によるマーケット・アプローチで評価しています。測定にあたっては、評価倍率等の観察可能
          でないインプットを利用しており、また、必要に応じて非流動性ディスカウントを加味しています。
           当該公正価値測定については、投資先の事業内容等を考慮したうえで対応する評価方法を決定し、グループ
          会計方針として定めています。また、公正価値測定の変動についてはインプット・データごとの変動影響の分
          析とともに他の評価方法による結果との比較分析等を行っています。
           当社グループは、これらの資産及び負債のレベル間振替を各四半期連結会計期間末に認識することとしてい
          ます。
           当第1四半期連結累計期間においてレベル間の振替はありません。                                また、前第1四半期連結累計期間及び当
          第1四半期連結累計期間において、レベル3に分類される金融商品について、重要な増減はありません。
                                 28/46









                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        8.企業結合
          当第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)
         (1)被取得企業の名称等
           被取得企業の名称  P.T.             ALCAR   CHEMCO    INDONESIA
           事業の内容     四輪・二輪車用キャストホイールの製造、販売
           資本金       20,000千米ドル
         (2)取得日

           2015年6月30日
         (3)取得した議決権比率

                        9,800,000株
                        (議決権の数:9,800,000個)
            ①異動前の所有株式数
                        (議決権所有割合:49%)
                        (当社の連結子会社であるP.T.               CHEMCO    HARAPAN    NUSANTARAによる間接所有)
                        10,200,000株
            ②取得株式数
                        (議決権の数:10,200,000個)
                        20,000,000株
                        (議決権の数:20,000,000個)
            ③異動後の所有株式数
                        (議決権所有割合:100%)
                        (当社の連結子会社であるP.T.               CHEMCO    HARAPAN    NUSANTARAによる間接所有)
         (4)企業結合の主な理由及び被取得企業の支配の獲得方法

           当社グループは自動車用ブレーキシステム及び部品の製造・販売を主な事業としています。
           当社のインドネシアにおける子会社であるP.T.                       CHEMCO    HARAPAN    NUSANTARAは、欧州地域向け四輪車用キャ
          ストホイールの生産とアジア地域向け二輪車用キャストホイールの生産を目的として、2012年1月にP.T.
          ALCAR   WHEELS    INDONESIAとの合弁でP.T.            ALCAR   CHEMCO    INDONESIA     を設立しました。
           この度、キャストホイール等のアルミ事業の更なる強化を図るため、2015年6月30日にP.T.                                            ALCAR   WHEELS
          INDONESIAより株式の全部を取得し、当該会社を子会社としました。
         (5)認識されたのれんを構成する要因

           営業活動の統合等により期待される相乗効果から構成されています。
         (6)取得対価及び内訳

                           (単位:百万円)
                  項目           公正価値
            現金                      53

            取得日に既に保有していた被取
                                  51
            得企業の資本持分の公正価値
            取得対価の合計                     104
           取得日直前に保有していた被取得企業の資本持分を、取得日において公正価値で再測定した結果生じた収
          益197百万円は、要約四半期連結損益計算書の「その他の収益」に計上しています。
                                 29/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
         (7)取得日時点における取得した資産及び引き受けた負債
                       (単位:百万円)
                項目          金額
            流動資産

             現金及び現金同等物                 285
             営業債権                 248
             棚卸資産                 627

             その他                 295

             流動資産合計                1,455

            非流動資産

             有形固定資産                2,981
             無形資産                  11
             非流動資産合計                2,993

            資産合計                4,448

            流動負債

             営業債務                1,086
             借入金                3,109

             その他                 393
            流動負債                4,588

            非流動負債                  49

            負債合計                4,638

            資本                △189

            負債及び資本合計                4,448

                             293
            のれん
           これらの金額は、要約四半期連結財務諸表の作成時点において、入手可能な合理的情報に基づいて公正価
          値を測定しています。一部については評価の検証が未了であるため、暫定的な金額で報告しています。
           なお、当該のれんは税務上、損金には算入できません。
         (8)被取得企業の収益及び純損益の金額

           取得日が期首であったとした場合の結合後企業の当第1四半期連結累計期間における売上高は58,740百万
          円、四半期利益は3,480百万円です(非四半期レビュー情報)。
        9.1株当たり四半期利益

                              前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                              (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                               至 2014年6月30日)                 至 2015年6月30日)
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益
                                         2,393                 2,680
     (百万円)
     発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                 64,883,672                 64,948,272
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                   36.88                 41.26

         (注)なお、希薄化後1株当たり四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。
                                 30/46



                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
        10.初度適用
          当社グループは、当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)からIFRSを初めて適用してい
         ます。日本基準に準拠して作成された直近の連結財務諸表は2015年3月31日に終了する連結会計年度に関するも
         のであり、IFRSへの移行日は2014年4月1日です。
         (1)遡及適用に対する免除規定

           IFRS第1号の免除規定
            IFRSでは、IFRSを初めて適用する会社(以下、「初度適用企業」という。)に対して、原則として、IFRS
           で要求される基準を遡及して適用することを求めています。ただし、IFRS第1号では、IFRSで要求される基
           準の一部について強制的に免除規定を適用しなければならないものと任意に免除規定を適用するものを定め
           ています。これらの規定の適用に基づく影響は、IFRS移行日において利益剰余金、またはその他の資本の構
           成要素で調整しています。当社グループが日本基準からIFRSへ移行するにあたり、採用した免除規定は次の
           とおりです。
           ・企業結合

            初度適用企業は、IFRS移行日前に行われた企業結合に対して、IFRS第3号を遡及適用しないことを選択す
           ることが認められています。当社グループは、当該免除規定を適用し、移行日前に行われた企業結合に対し
           て、IFRS第3号を遡及適用しないことを選択しています。この結果、移行日前の企業結合から生じたのれん
           の額については、日本基準に基づく移行日時点での帳簿価額はありません。
           ・在外営業活動体の換算差額

            IFRS第1号では、IFRS移行日現在の在外営業活動体の換算差額の累計額をゼロとみなすことを選択するこ
           とが認められています。当社グループは、在外営業活動体の換算差額の累計額を移行日現在でゼロとみなす
           ことを選択しています。
           ・リース

            IFRS第1号では、初度適用企業は、契約にリースが含まれているかの評価をIFRS移行日時点で判断するこ
           とが認められています。当社グループは、当該免除規定を適用し、移行日時点で存在する事実と状況に基づ
           いて、契約にリースが含まれているかを判断しています。
           ・借入コスト

            IFRS第1号では、適格資産に係る借入コストの資産化の開始日をIFRS移行日とすることが認められていま
           す。当社グループは、当該免除規定を適用し、移行日より前に開始した建設プロジェクトに対する借入コス
           トについては費用処理を継続しています。
           ・以前に認識した金融商品の指定

            IFRS第1号では、IFRS第9号における分類について、当初認識時点で存在する事実及び状況ではなく、移
           行日時点の事実及び状況に基づき判断することが認められています。また、移行日時点に存在する事実及び
           状況に基づき資本性金融資産の公正価値の変動をその他の包括利益を通じて測定する金融資産として指定す
           ることが認められています。
            当社グループは、IFRS第9号における分類について、移行日時点で存在する事実及び状況に基づき判断を

           行っており、一部の資本性金融資産についてその他の包括利益を通じて測定する金融資産として指定してい
           ます。
           IFRS第1号の強制的な例外規定

            IFRS第1号では、「見積り」、「金融資産及び金融負債の認識の中止」、「ヘッジ会計」、「非支配持
           分」及び「金融資産の区分及び測定」について、IFRSの遡及適用を禁止しています。当社グループはこれら
           の項目について移行日より将来に向かって適用しています。
                                 31/46




                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
         (2)調整表
           IFRSの初度適用において開示が求められる調整表は以下のとおりです。
           移行日(2014年4月1日)の資本に対する調整

                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     資産の部                                       資産

      流動資産                                       流動資産
                         31,129      △339     30,791
       現金及び預金                                       現金及び現金同等物
                         32,322      1,336     33,658
       受取手形及び売掛金                                       営業債権
                          6,000     3,460     9,460
       有価証券                                       その他の金融資産
                         24,117       240    24,356
       棚卸資産                                       棚卸資産
                          1,996    △1,996        -
       繰延税金資産                                 (6)
                          4,601    △1,790      2,811
       その他                                       その他の流動資産
                          △15      15     -
       貸倒引当金
                         100,151       926   101,076
      流動資産合計                                       流動資産合計
      固定資産                                       非流動資産
                         56,620       406    57,026
       有形固定資産                                 (6)      有形固定資産
                                352    2,055
       無形固定資産                  1,703               (1)      無形資産
                               1,230     1,230
                                        (6)      投資不動産
       投資その他の資産
                             △17,100        -
        投資有価証券                 17,100               (6)
                           72    △72      -
        出資金
                                              持分法で会計処理されている
                                633     633
                                        (6)
                                              投資
                              15,880     15,880    (2)
                                              その他の金融資産
                           418    △418       -
        退職給付に係る資産
                           231     276     507
        繰延税金資産                                (6)      繰延税金資産
                          1,245     △425      820
        その他                                      その他の非流動資産
                           △0      0     -
        貸倒引当金
                         77,389       762    78,151
      固定資産合計                                       非流動資産合計
     資産合計                   177,540      1,688    179,228         資産合計
                                 32/46









                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     負債の部                                       負債

      流動負債                                       流動負債
                         23,883      △884     22,999
       支払手形及び買掛金                                       営業債務
                          4,826      462    5,288
       短期借入金                                       借入金
                           25    △25      -  (6)
       リース債務
       未払金                  4,866    △4,866        -  (6)
                               4,686     4,686    (6)
                                              その他の金融負債
                          1,354     △224     1,130
       未払法人税等                                       未払法人所得税
                           66    △66      -
       役員賞与引当金
                          1,627    △1,627        -
       製品保証引当金
                               1,701     1,701
                                              引当金
                          3,351     2,277     5,628
       その他                                 (4)      その他の流動負債
                         39,997      1,435     41,432
      流動負債合計                                       流動負債合計
      固定負債                                       非流動負債
                           33    △33      -  (6)
       リース債務
                                946     946         借入金
                                 51     51
                                        (6)      その他の金融負債
                           142    △142       -
       役員退職慰労引当金
                           800    2,526     3,326
       退職給付に係る負債                                 (3)      退職給付に係る負債
                           46    △46      -
       資産除去債務
                                 46     46
                                              引当金
                          5,560    △2,420      3,140
       繰延税金負債                                 (6)      繰延税金負債
                          1,370     △823      547
       その他                                       その他の非流動負債
                          7,951      105    8,057
       固定負債合計                                      非流動負債合計
                         47,948      1,540     49,489
     負債合計                                       負債合計
     純資産の部                                       資本
                          3,694       -    3,694
       資本金                                       資本金
                          3,451       -    3,451
       資本剰余金                                       資本剰余金
                          △786       -    △786
       自己株式                                       自己株式
                         98,381     △5,077      93,304    (5)
       利益剰余金                                       利益剰余金
                          4,417     3,852     8,270
       その他の包括利益累計額合計                                       その他の資本の構成要素
                                              親会社の所有者に帰属する持
                              △1,225     107,932
                                              分合計
                         20,434      1,373     21,807
       少数株主持分                                       非支配持分
                         129,591       147   129,739
     純資産合計                                       資本合計
     負債純資産合計                   177,540      1,688    179,228         負債及び資本合計
                                 33/46







                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
          資本に対する調整に関する注記
           子会社及び持分法適用会社の報告期間の期末日について、親会社の報告期間の期末日に統一していることに
          より、連結財政状態計算書の表示科目に影響があります。
           当該影響を除く、主な調整理由は以下のとおりです。
          (1)開発費の計上

            日本基準において費用処理している一部の開発費用について、IFRSではIAS第38号「無形資産」(以下、
           「IAS第38号」という。)に規定される要件を満たすことから資産計上しています。
            その結果、無形資産の金額が860百万円増加しています。
          (2)その他の金融資産の公正価値の調整

            日本基準において取得原価を基礎として計上している非上場株式について、IFRSではIFRS第9号に従い、
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。
            その結果、その他の金融資産(非流動資産)の金額が1,192百万円増加しています。
          (3)退職給付の調整

            確定給付制度債務の測定方法が異なるため、IFRSではIAS第19号「従業員給付」(以下、「IAS第19号」と
           いう。)に従い、確定給付制度債務の測定を行っています。
            その結果、退職給付に係る負債が2,114百万円増加しています。
            また、日本基準では数理計算上の差異について、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
           年数による定額法により按分した額を発生の翌年度から費用処理していますが、IFRSでは数理計算上の差異
           は発生時にその他の包括利益として認識し、直ちに利益剰余金に振り替えています。
          (4)有給休暇に係る債務の計上

            日本基準において認識していない有給休暇に係る債務について、IFRSではIAS第19号に従い累積有給休暇
           の形式による従業員給付の予想コストを負債として認識しています。
            その結果、その他の流動負債が1,747百万円増加しています。
          (5)為替換算調整勘定の利益剰余金への振替

            IFRS第1号に規定されている免除規定を採用し、IFRSへの移行日現在の在外営業活動体の累積換算差額を
           ゼロとみなしています。
            その結果、為替換算調整額△3,711百万円を利益剰余金へ振り替えています。
          (6)表示科目に対する調整

            主に以下の項目について表示組替を行っています。
           ・日本基準において有形固定資産に計上している土地の一部について、IFRSではIAS第40号「投資不動産」
            (以下、「IAS第40号」という。)に従い投資不動産に組み替えています。
           ・日本基準において投資有価証券に含めている持分法で会計処理されている投資について、IFRSでは区分掲
            記を行っています。
           ・日本基準において区分掲記されている未払金及びリース債務について、IFRSではその他の金融負債に含め
            て表示しています。
           ・日本基準において流動資産に計上していた繰延税金資産を非流動資産に組み替えています。日本基準にお
            いて流動負債に計上していた繰延税金負債を非流動負債に組み替えています。
                                 34/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
           前第1四半期連結会計期間(2014年6月30日)の資本に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     資産の部                                       資産

      流動資産                                       流動資産
                         31,359     △1,466      29,893
       現金及び預金                                       現金及び現金同等物
                         32,680      △640     32,040
       受取手形及び売掛金                                       営業債権
                          6,100     3,257     9,357
       有価証券                                       その他の金融資産
                         26,193      △254     25,939
       棚卸資産                                       棚卸資産
                          6,460    △3,600      2,860    (6)
       その他                                       その他の流動資産
                           △4      ▶     -
       貸倒引当金
                         102,789     △2,700     100,089
      流動資産合計                                       流動資産合計
      固定資産                                       非流動資産
                              △1,592      56,765
       有形固定資産                  58,357               (6)      有形固定資産
                          1,656      468    2,124
       無形固定資産                                 (1)      無形資産
                               1,227     1,227
                                        (6)      投資不動産
                                              持分法で会計処理されている
                                563     563
                                        (6)
                                              投資
       投資その他の資産
                         14,465    △14,465        -
        投資有価証券                                (6)
                              15,847     15,847
                                        (2)      その他の金融資産
                                486     486
                                        (6)      繰延税金資産
                          1,535     △725      810
        その他                                      その他の非流動資産
                           △0      0     -
        貸倒引当金
                         76,013      1,809     77,822
      固定資産合計                                       非流動資産合計
     資産合計                   178,802      △891    177,911         資産合計
                                 35/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     負債の部                                       負債

      流動負債                                       流動負債
                         23,701      △957     22,744
       支払手形及び買掛金                                       営業債務
                          4,853     △375     4,477
       短期借入金                                       借入金
                          6,481    △6,481        -  (6)
       未払金
                               5,857     5,857    (6)      その他の金融負債
                          1,174     △329      845
       未払法人税等                                       未払法人所得税
                          1,200    △1,200        -
       製品保証引当金
                               1,430     1,430
                                              引当金
                          3,137     1,626     4,764
                                        (4)
       その他                                       その他の流動負債
                         40,546      △429     40,117
       流動負債合計                                       流動負債合計
      固定負債                                       非流動負債
                                730     730
                                              借入金
                                 32     32   (6)
                                              その他の金融負債
                           160    △160       -
       引当金
       退職給付に係る負債                  3,209       7   3,217    (3)      退職給付に係る負債
                           46    △46      -
       資産除去債務
                                 46     46
                                              引当金
                               3,276     3,276
                                        (6)      繰延税金負債
                          5,547    △4,996       551
       その他                                       その他の非流動負債
                          8,963    △1,111      7,851
      固定負債合計                                       非流動負債合計
                         49,509     △1,541      47,968
     負債合計                                       負債合計
     純資産の部                                       資本
      株主資本
                          3,694       -    3,694
       資本金                                       資本金
                          3,458       -    3,458
       資本剰余金                                       資本剰余金
                          △764       -    △764
       自己株式                                       自己株式
                         97,206     △2,783      94,423    (5)
       利益剰余金                                       利益剰余金
                          3,734     3,450     7,184
       その他の包括利益累計額合計                                       その他の資本の構成要素
                                              親会社の所有者に帰属する持
                                667   107,995
                                              分合計
                         21,966      △17    21,948
       少数株主持分                                       非支配持分
     純資産合計                   129,293       649   129,943         資本合計
     負債純資産合計                   178,802      △891    177,911         負債及び資本合計
                                 36/46







                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
          資本に対する調整に関する注記
           子会社及び持分法適用会社の報告期間の期末日について、親会社の報告期間の期末日に統一していること
          により、要約四半期連結財政状態計算書の表示科目に影響があります。
           当該影響を除く、主な調整理由は以下のとおりです。
          (1)開発費の計上

            日本基準において費用処理している一部の開発費用について、IFRSではIAS第38号に規定される要件を満
           たすことから資産計上しています。
            その結果、無形資産の金額が992百万円増加しています。
          (2)その他の金融資産の公正価値の調整

            日本基準において取得原価を基礎として計上している非上場株式について、IFRSではIFRS第9号に従い、
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。
            その結果、その他の金融資産(非流動資産)の金額が1,335百万円増加しています。
          (3)退職給付の調整

            確定給付制度債務の測定方法が異なるため、IFRSではIAS第19号に従い、確定給付制度債務の測定を行っ
           ています。
            その結果、退職給付に係る負債が799百万円増加しています。
            また、日本基準では数理計算上の差異について、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
           年数による定額法により按分した額を発生の翌年度から費用処理していますが、IFRSでは数理計算上の差異
           は発生時にその他の包括利益として認識し、直ちに利益剰余金に振り替えています。
          (4)有給休暇に係る債務の計上

            日本基準において認識していない有給休暇に係る債務について、IFRSではIAS第19号に従い累積有給休暇
           の形式による従業員給付の予想コストを負債として認識しています。
            その結果、その他の流動負債が1,739百万円増加しています。
          (5)為替換算調整勘定の利益剰余金への振替

            IFRS第1号に規定されている免除規定を採用し、IFRSへの移行日現在の在外営業活動体の累積換算差額を
           ゼロとみなしています。
            その結果、為替換算調整額△3,711百万円を利益剰余金へ振り替えています。
          (6)表示科目に対する調整

            主に以下の項目について表示組替を行っています。
           ・日本基準において有形固定資産に計上している土地の一部について、IFRSではIAS第40号に従い投資不動
            産に組み替えています。
           ・日本基準において投資有価証券に含めている持分法で会計処理されている投資について、IFRSでは区分掲
            記を行っています。
           ・日本基準において区分掲記されている未払金及びリース債務について、IFRSではその他の金融負債に含め
            て表示しています。
           ・日本基準において流動資産に計上していた繰延税金資産を非流動資産に組み替えています。日本基準にお
            いて流動負債に計上していた繰延税金負債を非流動負債に組み替えています。
                                 37/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
           前連結会計年度(2015年3月31日)の資本に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     資産の部                                       資産

      流動資産                                       流動資産
                         37,698       87   37,785
       現金及び預金                                       現金及び現金同等物
                         35,631     △1,521      34,110
       受取手形及び売掛金                                       営業債権
                          6,213     5,119     11,332
       有価証券                                       その他の金融資産
                         28,561      △304     28,257
       棚卸資産                                       棚卸資産
                          1,472    △1,472        -
       繰延税金資産                                 (6)
                          5,174    △1,614      3,560
       その他                                       その他の流動資産
                           △6      6     -
       貸倒引当金
                         114,744       301   115,045
      流動資産合計                                       流動資産合計
      固定資産                                       非流動資産
                         64,868     △1,038      63,830
       有形固定資産                                 (6)      有形固定資産
                          2,127     1,004     3,131
       無形固定資産                                 (1)      無形資産
                                132     132
                                        (6)      投資不動産
       投資その他の資産
                         16,188    △16,188        -
        投資有価証券                                (6)
                           97    △97      -
        出資金
                                              持分法で会計処理されている
                                454     454
                                        (6)
                                              投資
                              17,570     17,570
                                        (2)      その他の金融資産
                           238     346     585   (6)
        繰延税金資産                                      繰延税金資産
                           909     △85      823
        その他                                      その他の非流動資産
                         84,427      2,099     86,526
      固定資産合計                                       非流動資産合計
     資産合計                   199,171      2,400    201,571         資産合計
                                 38/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準      調整          注記        IFRS表示科目
     負債の部                                      負債

      流動負債                                       流動負債
                         23,778      △456     23,322
       支払手形及び買掛金                                       営業債務
                          6,215     △233     5,982
       短期借入金                                       借入金
                           21    △21      -  (6)
       リース債務
       未払金                  4,610    △4,610        -  (6)
                               5,156     5,156    (6)
                                              その他の金融負債
                           991    △112      880
       未払法人税等                                       未払法人所得税
                           90    △90      -
       役員賞与引当金
                           624    △624       -
       製品保証引当金
                                668     668
                                              引当金
                          3,830     2,157     5,987
       その他                                 (4)      その他の流動負債
                         40,159      1,835     41,994
      流動負債合計                                       流動負債合計
      固定負債                                       非流動負債
                           12    △12      -  (6)
       リース債務
                               1,231     1,231          借入金
                                 31     31  (6)
                                              その他の金融負債
                           170    △170       -
       役員退職慰労引当金
                          3,048       45    3,093
       退職給付に係る負債                                 (3)      退職給付に係る負債
                           46    △46      -
       資産除去債務
                                 46     46
                                              引当金
                          5,206     △412     4,794
       繰延税金負債                                 (6)      繰延税金負債
                          1,686    △1,071       615
       その他                                       その他の非流動負債
                         10,169      △358     9,810
      固定負債合計                                       非流動負債合計
                         50,327      1,477     51,804
     負債合計                                       負債合計
     純資産の部                                       資本
                          3,694       -    3,694
       資本金                                       資本金
                          3,476       -    3,476
       資本剰余金                                       資本剰余金
                          △693       -    △693
       自己株式                                       自己株式
                         104,216     △2,259     101,957     (5)
       利益剰余金                                       利益剰余金
                         12,369      3,069     15,438
       その他の包括利益累計額合計                                       その他の資本の構成要素
                                              親会社の所有者に帰属する持
                                810   123,871
                                              分合計
                         25,782       114    25,896
       少数株主持分                                       非支配持分
                         148,844       924   149,767
     純資産合計                                       資本合計
     負債純資産合計                   199,171      2,400    201,571         負債及び資本合計
                                 39/46







                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
          資本に対する調整に関する注記
           子会社及び持分法適用会社の報告期間の期末日について、親会社の報告期間の期末日に統一していることに
          より、連結財政状態計算書の表示科目に影響があります。
           当該影響を除く、主な調整理由は以下のとおりです。
          (1)開発費の計上

            日本基準において費用処理している一部の開発費用について、IFRSではIAS第38号に規定される要件を満
           たすことから資産計上しています。
            その結果、無形資産の金額が1,577百万円増加しています。
          (2)その他の金融資産の公正価値の調整

            日本基準において取得原価を基礎として計上している非上場株式について、IFRSではIFRS第9号に従い、
           その他の包括利益を通じて公正価値で測定しています。
            その結果、その他の金融資産(非流動資産)の金額が1,516百万円増加しています。
          (3)退職給付の調整

            確定給付制度債務の測定方法が異なるため、IFRSではIAS第19号に従い、確定給付制度債務の測定を行っ
           ています。
            その結果、退職給付に係る負債が1,005百万円増加しています。
            また、日本基準では数理計算上の差異について、発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
           年数による定額法により按分した額を発生の翌年度から費用処理していますが、IFRSでは数理計算上の差異
           は発生時にその他の包括利益として認識し、直ちに利益剰余金に振り替えています。
          (4)有給休暇に係る債務の計上

            日本基準において認識していない有給休暇に係る債務について、IFRSではIAS第19号に従い累積有給休暇
           の形式による従業員給付の予想コストを負債として認識しています。
            その結果、その他の流動負債が1,709百万円増加しています。
          (5)為替換算調整勘定の利益剰余金への振替

            IFRS第1号に規定されている免除規定を採用し、IFRSへの移行日現在の在外営業活動体の累積換算差額を
           ゼロとみなしています。
            その結果、為替換算調整額△3,711百万円を利益剰余金へ振り替えています。
          (6)表示科目に対する調整

            主に以下の項目について表示組替を行っています。
           ・日本基準において有形固定資産に計上している土地の一部について、IFRSではIAS第40号に従い投資不動
            産に組み替えています。
           ・日本基準において投資有価証券に含めている持分法で会計処理されている投資について、IFRSでは区分掲
            記を行っています。
           ・日本基準において区分掲記されている未払金及びリース債務について、IFRSではその他の金融負債に含め
            て表示しています。
           ・日本基準において流動資産に計上していた繰延税金資産を非流動資産に組み替えています。日本基準にお
            いて流動負債に計上していた繰延税金負債を非流動負債に組み替えています。
                                 40/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
            前第1四半期連結累計期間(自 2014年4月1日 至 2014年6月30日)に係る損益及び包括利益に対す
            る調整
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準       調整          注記        IFRS表示科目
                         54,099      △235     53,864     (1)
     売上高                                       売上高
                        △46,698        670   △46,028
                                         (1)
     売上原価                                       売上原価
                          7,401       436     7,836
     売上総利益                                       売上総利益
     販売費及び一般管理費                    △3,443        324    △3,119        販売費及び一般管理費
                                 137      137   (2)
                                            その他の収益
                                △68      △68
                                         (2)
                                            その他の費用
                          3,957       829     4,787
     営業利益                                       営業利益
                                         (2)
     営業外収益                      498     △498       -
                          △240       240      -  (2)
     営業外費用
                            ▶     △4      -  (2)
     特別利益
                           △5       5     -  (2)
     特別損失
                                 330      330   (2)
                                            金融収益
                                △197      △197    (2)
                                            金融費用
                                △66      △66
                                         (2)
                                            持分法による投資損失
                          4,213       640     4,853
     税金等調整前四半期純利益                                       税引前四半期利益
                         △1,059       △324     △1,383
     法人税等                                       法人所得税費用
                          3,155       316     3,471
     少数株主損益調整前四半期純利益                                       四半期利益
                                            四半期利益の帰属
                          2,138       255     2,393
     四半期純利益                                        親会社の所有者
                          1,017       61    1,078
     少数株主利益                                        非支配持分
     その他の包括利益                                       その他の包括利益

                                             純損益に振り替えられることの
                                             ない項目
                                              その他の包括利益を通じて公
                          △154       106     △49
     その他有価証券評価差額金
                                              正価値で測定する金融資産
                          △12       35      24
     退職給付に係る調整額                                         確定給付制度の再測定
                                             純損益に振り替えられる可能性
                                             のある項目
                           13   △1,984      △1,971
     為替換算調整勘定                                         在外営業活動体の換算差額
                          △11       11      -
     繰延ヘッジ損益
                                              持分法適用会社のその他の包
                           △5       3     △3
     持分法適用会社に対する持分相当額
                                              括利益に対する持分
                          △169     △1,829      △1,998
     その他の包括利益合計                                        税引後その他の包括利益
                          2,986     △1,513       1,472
     四半期包括利益                                       四半期包括利益
     (内訳)
                                            四半期包括利益の帰属
                          1,454      △123      1,331
     親会社株主に係る四半期包括利益                                        親会社の所有者
                          1,531     △1,390        141
     少数株主に係る四半期包括利益                                        非支配持分
                                 41/46





                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
          損益及び包括利益に対する調整に関する注記
           子会社及び持分法適用会社の報告期間の期末日について、親会社の報告期間の期末日に統一していることに
          より、要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書の表示科目に影響があります。
           当該影響を除く、主な調整理由は以下のとおりです。
         (1)有償支給取引の調整

            後日、加工を行ったうえで販売することになる得意先から有償で支給を受けた部品等について、日本基準
           では売上高と売上原価で総額表示していますが、IFRSではIAS第18号「収益」(以下、「IAS第18号」とい
           う。)に従い、売上高に純額表示しています。
            その結果、売上高及び売上原価が2,452百万円減少しています。
         (2)表示科目に対する調整

            日本基準では営業外収益、営業外費用、特別利益及び特別損失に表示していた項目を、IFRSでは財務関係
           損益については金融収益及び金融費用として計上し、それ以外の項目については、その他の収益、その他の
           費用及び持分法による投資損失等に表示しています。
                                 42/46
















                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
            前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)に係る損益及び包括利益に対する調整
                                                    (単位:百万円)
                                    IFRS

          日本基準表示科目              日本基準       調整          注記        IFRS表示科目
                         227,836      △6,312      221,523     (1)
     売上高                                       売上高
                        △197,334        6,011    △191,323
                                         (1)
     売上原価                                       売上原価
                         30,502      △301     30,201
     売上総利益                                       売上総利益
                        △12,918       1,463    △11,454
     販売費及び一般管理費                                       販売費及び一般管理費
                                 721      721   (2)
                                            その他の収益
                                △654      △654
                                         (2)
                                            その他の費用
                         17,584      1,228     18,813
     営業利益                                       営業利益
                                         (2)
     営業外収益                    3,000     △3,000        -
                          △517       517      -  (2)
     営業外費用
                           116     △116       -  (2)
     特別利益
                          △189       189      -  (2)
     特別損失
                                2,114      2,114    (2)
                                            金融収益
                                △77      △77   (2)
                                            金融費用
                                △204      △204
                                         (2)
                                            持分法による投資損失
                         19,995       651    20,647
     税金等調整前当期純利益                                       税引前利益
                         △5,004       △366     △5,370
     法人税等合計                                       法人所得税費用
                         14,991       285    15,276
     少数株主損益調整前当期純利益                                       当期利益
                                            当期利益の帰属
                         10,446       471    10,917
     当期純利益                                        親会社の所有者
                          4,545      △186      4,359
     少数株主利益                                        非支配持分
     その他の包括利益                                       その他の包括利益

                                             純損益に振り替えられることの
                                             ない項目
                                              その他の包括利益を通じて公
                          1,354       311     1,665
     その他有価証券評価差額金
                                              正価値で測定する金融資産
                            1     260      261
     退職給付に係る調整額                                         確定給付制度の再測定
                                             純損益に振り替えられる可能性
                                             のある項目
                          9,616     △2,114       7,503
     為替換算調整勘定                                         在外営業活動体の換算差額
                          △11       11      -
     繰延ヘッジ損益
                                              持分法適用会社のその他の包
                           21      6     27
     持分法適用会社に対する持分相当額
                                              括利益に対する持分
                         10,980     △1,524       9,455
     その他の包括利益合計                                        税引後その他の包括利益
                         25,971     △1,239      24,731
     包括利益                                       当期包括利益
     (内訳)
                                            当期包括利益の帰属
                         18,397        20    18,417
     親会社株主に係る包括利益                                        親会社の所有者
                          7,573     △1,259       6,315
     少数株主に係る包括利益                                        非支配持分
                                 43/46






                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
          損益及び包括利益に対する調整に関する注記
           子会社及び持分法適用会社の報告期間の期末日について、親会社の報告期間の期末日に統一していることに
          より、要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書の表示科目に影響があります。
           当該影響を除く、主な調整理由は以下のとおりです。
         (1)有償支給取引の調整

            後日、加工を行ったうえで販売することになる得意先から有償で支給を受けた部品等について、日本基準
           では売上高と売上原価で総額表示していますが、IFRSではIAS第18号に従い、売上高に純額表示していま
           す。
            その結果、売上高及び売上原価が9,330百万円減少しています。
         (2)表示科目に対する調整

            日本基準では営業外収益、営業外費用、特別利益及び特別損失に表示していた項目を、IFRSでは財務関係
           損益については金融収益及び金融費用として計上し、それ以外の項目については、その他の収益、その他の
           費用及び持分法による投資損失等に表示しています。
          前第1四半期連結累計期間(自 2014年4月1日 至 2014年6月30日)及び前連結会計年度(自 2014年4

          月1日 至 2015年3月31日)に係るキャッシュ・フロー計算書に対する調整
           日本基準に基づいて開示されている連結キャッシュ・フロー計算書と、IFRSに基づいて開示されている連結
          キャッシュ・フロー計算書に重要な差異はありません。
      2【その他】

        当社は、前期(2015年3月期)の期末配当について、下記のとおり取締役会の決議を行っています。
                              1株当たり
                      配当金の総額
        (決議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
                              配当額(円)
     2015年4月27日
                普通株式         1,299        20   2015年3月31日         2015年6月15日         利益剰余金
     取締役会
                                 44/46











                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 45/46




















                                                           EDINET提出書類
                                                       日信工業株式会社(E02235)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2015年8月7日

     日信工業株式会社

      取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              白羽 龍三  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              矢定 俊博  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日信工業株式会

     社の2015年4月1日から2016年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2015年4月1日から2015年6月
     30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2015年4月1日から2015年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、す
     なわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、日信工業株式会社及び連結子会社の2015年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四
     半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しています。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 46/46




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。