ダイハツ工業株式会社 有価証券報告書 第174期(平成26年4月1日-平成27年3月31日)

有価証券報告書-第174期(平成26年4月1日-平成27年3月31日)

提出日:

提出者:ダイハツ工業株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成27年6月26日

     【事業年度】                      第174期(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

     【会社名】                      ダイハツ工業株式会社

     【英訳名】                      DAIHATSU MOTOR CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      取締役社長  三 井 正 則

     【本店の所在の場所】                      大阪府池田市ダイハツ町1番1号

     【電話番号】                      (072)754-3062

     【事務連絡者氏名】                      オフィスサポートセンター主査  佐 野 裕 展

     【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区日本橋本町2丁目2番10号

                          ダイハツ工業株式会社東京支社
     【電話番号】                      (03)4231-8850
     【事務連絡者氏名】                      東京支社副支社長  増 井 潤

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次            第170期       第171期       第172期       第173期       第174期
           決算年月            平成23年3月       平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月
      売上高             (百万円)       1,559,412       1,631,320       1,764,976       1,913,259       1,817,103
      経常利益             (百万円)        112,215       128,223       148,173       163,494       127,100
      当期純利益             (百万円)        52,555       65,138       81,406       83,698       68,145
      包括利益             (百万円)        65,034       75,439       121,259       117,869       107,425
      純資産額             (百万円)        448,332       504,329       591,750       665,617       751,173
      総資産額             (百万円)       1,102,981       1,277,415       1,344,542       1,449,542       1,518,604
      1株当たり純資産額              (円)       901.12      1,009.77       1,174.96       1,293.03       1,451.31
      1株当たり当期純利益              (円)       123.34       152.86       191.05       196.41       159.90
      潜在株式調整後
                   (円)         ─       ─       ─       ─       -
      1株当たり当期純利益
      自己資本比率              (%)        34.81       33.68       37.24       38.01       40.73
      自己資本利益率              (%)        14.46       16.00       17.49       15.92       11.65
      株価収益率              (倍)        9.83       9.92       10.22        9.28       11.49
      営業活動による
                  (百万円)        144,107       205,815       129,788       139,383       100,676
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                  (百万円)       △ 42,022      △ 60,673      △ 65,125      △ 125,151      △ 116,665
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                  (百万円)       △ 27,791      △ 37,831      △ 38,556      △ 22,434      △ 19,384
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                  (百万円)        187,094       291,482       324,692       321,524       288,715
      期末残高
                          39,760       40,076       39,862       40,761       42,575
      従業員数              (人)
                          ( 4,480   )    ( 4,726   )            ( 4,649   )    ( 5,489   )
      (注)   1 売上高は、消費税等抜きで表示しております。
        2 従業員数の( )内の数字は、臨時従業員の年間平均雇用人員で外数であり、臨時従業員の総数が従業員の
          100分の10未満の場合は記載を省略しております。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                   2/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第170期       第171期       第172期       第173期       第174期
           決算年月            平成23年3月       平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月
      売上高             (百万円)       1,012,004       1,088,140       1,125,033       1,210,332       1,191,081
      経常利益             (百万円)        22,380       47,683       54,728       37,854       48,583
      当期純利益             (百万円)        11,375       33,073       41,319       27,526       37,683
      資本金             (百万円)        28,404       28,404       28,404       28,404       28,404
      発行済株式総数             (千株)       427,122       427,122       427,122       427,122       427,122
      純資産額             (百万円)        278,187       298,129       321,045       327,629       359,175
      総資産額             (百万円)        615,212       797,518       778,874       785,851       783,824
      1株当たり純資産額              (円)       652.27       699.03       752.78       768.22       842.19
      1株当たり配当額
                           30.00       45.00       56.00       56.00       48.00
      (内1株当たり
                   (円)
                          ( 10.00   )    ( 13.00   )    ( 22.00   )    ( 22.00   )    ( 22.00   )
      中間配当額)
      1株当たり当期純利益              (円)        26.67       77.54       96.88       64.54       88.36
      潜在株式調整後
                   (円)         ─       ─       ─       ─       -
      1株当たり当期純利益
      自己資本比率              (%)        45.22       37.38       41.22       41.69       45.82
      自己資本利益率              (%)        4.10       11.48       13.35        8.49       10.97
      株価収益率              (倍)        45.44       19.55       20.15       28.24       20.80
      配当性向              (%)       112.48        58.03       57.80       86.76       54.32
                          12,277       11,555       11,217       11,788       11,446
      従業員数              (人)
                                                ( 1,224   )     ( 1,814   )
      (注)   1 売上高は、消費税等抜きで表示しております。
        2 従業員数の( )内の数字は、臨時従業員の年間平均雇用人員で外数であり、臨時従業員の総数が従業員の
          100分の10未満の場合は記載を省略しております。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                   3/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       年月                           沿革

     明治40年3月       内燃機関の製作と販売を目的として「発動機製造株式会社」設立(資本金200千円)
     昭和5年12月       三輪自動車発売(ダイハツ1号車)
     昭和8年6月       東京出張所開設〔現東京支社〕
     昭和12年4月       小型四輪自動車発売
     昭和14年5月       池田第一工場操業開始〔現本社(池田)工場第1地区〕
     昭和26年12月       社名を「ダイハツ工業株式会社」に改称
     昭和32年8月       軽三輪自動車発売
     昭和33年11月       小型貨物車発売
     昭和35年6月       「株式会社ダイハツ前橋製作所」〔現ダイハツ九州株式会社(連結子会社)〕設立
     昭和35年10月       軽貨物車発売
     昭和36年6月       池田第二工場操業開始〔現本社(池田)工場第2地区〕
     昭和39年2月       大衆乗用車発売
     昭和40年3月       本社事務所、池田市に完成〔現本社〕
     昭和41年5月       ディーゼル機関の製造販売部門を分離し「ダイハツディーゼル株式会社」設立
     昭和41年11月       軽乗用車発売
     昭和42年11月
            トヨタ自動車工業株式会社およびトヨタ自動車販売株式会社(両社は昭和57年7月合併、現トヨタ
            自動車株式会社)と業務提携
     昭和43年6月       販売・サービス部門を分離し「ダイハツ自動車販売株式会社」設立
     昭和45年11月       旭工業株式会社を合併(新資本金183億円)
     昭和47年3月       多田工場を工機専門工場として操業開始
     昭和48年4月       京都工場を大衆乗用車専門工場として操業開始
     昭和49年4月       滋賀(竜王)工場操業開始〔現滋賀(竜王)工場第1地区〕
     昭和54年10月       海外生産工場「P.T.ダイハツ・インドネシア」操業開始
     昭和56年5月       「ダイハツ信販株式会社」〔連結子会社〕設立
     昭和56年7月       「ダイハツ自動車販売株式会社」を合併(新資本金189億5,000万円)
     昭和60年5月       海外生産工場「P.T.ダイハツ・エンジン・マニュファクチャリング・インドネシア」操業開始
     平成元年1月       滋賀新工場操業開始〔現滋賀(竜王)工場第2地区〕
     平成4年1月
            海外生産工場「P.T.ダイハツ・インドネシア」は、「P.T.ダイハツ・エンジン・マニュファク
            チャリング・インドネシア」および現地販売会社を吸収合併〔現アストラ・ダイハツ・モーター株
            式会社(現連結子会社)〕
     平成10年9月       京都工場「ISO14001」認証取得
     平成12年2月       本社(池田)工場「ISO14001」認証取得
     平成12年3月       滋賀(竜王)第一・第二工場〔現滋賀(竜王)工場第1・第2地区〕「ISO14001」認証取得
     平成14年1月
            マレーシアで持株会社「プロドゥア・オート・コーポレーション株式会社」〔現連結子会社〕業務
            開始
     平成15年12月
            インドネシアのアストラ・ダイハツ・モーター株式会社〔連結子会社〕でトヨタ自動車株式会社と
            の共同開発車「セニア」(ダイハツ車)・「アバンザ」(トヨタ車)の生産を開始
     平成16年11月       ダイハツ車体株式会社〔現ダイハツ九州株式会社〕の大分(中津)工場操業開始
     平成20年8月       ダイハツ九州株式会社の久留米工場操業開始
            アストラ・ダイハツ・モーター株式会社のカラワン                        アッセンブリー        プラント操業開始
     平成24年10月
     平成25年4月
            当社の連結子会社であるプロドゥア・オート・コーポレーション株式会社ほかの出資により「プロ
            ドゥア・グローバル・マニュファクチャリング株式会社」〔連結子会社〕設立
     平成25年9月
            インドネシアのアストラ・ダイハツ・モーター株式会社〔連結子会社〕でインドネシア政府が発表
            したLCGC(Low Cost Green Car)政策に対応するモデルとして、「アイ
            ラ」(ダイハツ車)・「アギア」(トヨタ車)の生産を開始
     平成26年8月       マレーシアのプロドゥア・グローバル・マニュファクチャリング株式会社〔連結子会社〕でEEV
            (Energy Efficient Vehicle)政策に対応するモデルとして、「アジ
            ア」の生産を開始
                                   4/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは、当社、子会社58社及び関連会社19社(持分法適用会社16社)により構成され(平成27年3月31日現
      在)、自動車の製造・販売に関連する事業を主な事業としております。国内においては、自動車は当社及びダイハツ
      九州㈱が製造し、関係会社で製造する部品は当社に納入されております。販売はダイハツ東京販売㈱等全国60社の販
      売会社を通じて顧客に販売するとともに、一部大口顧客に対しては当社が直接販売を行っております。販売会社への
      自動車輸送はダイハツ輸送㈱が担当し、自動車の販売金融はダイハツ信販㈱が担当しております。
       一方、海外においては、販売会社を通じて自動車等を販売しており、プロドゥア・マニュファクチャリング㈱、ア
      ストラ・ダイハツ・モーター㈱等では当社からノックダウン部品等を供給し、自動車等の製造を行っております。
       また、親会社であるトヨタ自動車㈱から自動車等の製造を委託されているとともに、OEM車(相手先ブランド生
      産車)を納入しております。
      [事業系統図]

       事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                   5/103
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                             関係内容

                     資本金又は
                                  議決権の所有
                           主要な事業
         名称        住所     出資金                                  摘要
                                  (又は被所有)
                            の内容
                                                  資金  設備の
                                               役員の
                                  割合(%)
                      (百万円)
                                        営業上の取引
                                               兼任等
                                                  援助  賃貸借
     (親会社)
                                       当社への自動車お
               愛知県                        よび同部品の販売                 ※2
                                    51.50
     トヨタ自動車㈱                 397,049    自動車の製造                      有   無   有
                                    (0.14)
               豊田市                        当社製品および部                 ※3
                                       品の購入
     (連結子会社)
               大分県
     ダイハツ九州㈱                  6,000   自動車の製造          100.00    当社製品の製造        有   有   有   ※1
               中津市
               滋賀県
                                       当社製品にかかる
     葵機械工業㈱                   300  自動車部品の製造          91.17            有   有   有
                                       部品の製造
               湖南市
               兵庫県
                                       当社製品にかかる
     明石機械工業㈱                  1,000   自動車部品の製造          85.42            有   有   有
                                       部品の製造
               加古郡
               兵庫県
                          自動車部品等の製             当社製品にかかる
     ㈱ダイハツメタル                   205            91.30            有   有   有
                          造             部品の製造
               川西市
               大阪府
                          自動車の販売金             当社製品にかかる
     ダイハツ信販㈱
                        300            100.00            有   有   有
                          融、自動車の賃貸             販売金融
               池田市
               大阪府
     ダイハツ輸送㈱                   30  自動車の輸送          100.00    当社製品の輸送        有   無   有
               池田市
               北海道           自動車および部品
     ダイハツ北海道販売㈱                   40           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               札幌市
               宮城県
                          自動車および部品
     宮城ダイハツ販売㈱                   43           100.00    当社製品の販売        有   無   有
                          の小売
               仙台市
               茨城県
                          自動車および部品
     茨城ダイハツ販売㈱                   30           100.00    当社製品の販売        有   有   有
               水戸市           の小売
               栃木県
                          自動車および部品
     栃木ダイハツ販売㈱                   70           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               宇都宮市
               群馬県
                          自動車および部品
     群馬ダイハツ自動車㈱                   36           100.00    当社製品の販売        有   無   有
                          の小売
               前橋市
               埼玉県
                          自動車および部品
     埼玉ダイハツ販売㈱                   80           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               さいたま市
               千葉県
                          自動車および部品
     ダイハツ千葉販売㈱                   229            100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               千葉市
               東京都
                          自動車および部品
     ダイハツ東京販売㈱                   490            100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               中央区
               静岡県
                          自動車および部品
     静岡ダイハツ販売㈱                   30           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               浜松市
               岐阜県
                          自動車および部品
     岐阜ダイハツ販売㈱                   48            99.73   当社製品の販売        有   無   無
                          の小売
               岐阜市
               京都府
                          自動車および部品
     京都ダイハツ販売㈱                   80           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               京都市
               兵庫県
                          自動車および部品
     兵庫ダイハツ販売㈱                   100            100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               神戸市
               岡山県
                          自動車および部品
     岡山ダイハツ販売㈱                   80           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               岡山市
               広島県
                          自動車および部品
     ダイハツ広島販売㈱                   80           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               広島市
               山口県
                          自動車および部品
     山口ダイハツ販売㈱                   60           100.00    当社製品の販売        有   無   有
                          の小売
               下関市
               長崎県
                          自動車および部品
     ダイハツ長崎販売㈱                   70           100.00    当社製品の販売        有   有   有
                          の小売
               長崎市
               熊本県
                          自動車および部品
     熊本ダイハツ販売㈱                   150            100.00    当社製品の販売        有   無   無
               熊本市           の小売
                                   6/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                             関係内容

                     資本金又は
                                  議決権の所有
                           主要な事業
         名称        住所     出資金                                  摘要
                                  (又は被所有)
                            の内容
                                                  資金
                                               役員の      設備の
                                  割合(%)
                      (百万円)
                                        営業上の取引
                                               兼任等      賃貸借
                                                  援助
                     RM     プロドゥア・マ
     プロドゥア・オート・          マレーシア
                      91.8百万    ニュファクチャリ          41.00            有   無   無   ※1
                                        ―
     コーポレーション㈱          シャーラム
                          ング㈱他の統括
               マレーシア
     プロドゥア・マニュ                RM               51.00
                          自動車の製造             当社部品の購入        有   無   無   ※1
     ファクチャリング㈱                140.0百万              (51.00)
               シャーラム
     プロドゥア・グローバ
               マレーシア
                     RM               51.00
     ル・マニュファクチャ                     自動車の製造             当社部品の購入        有   無   無   ※1
                     200.0百万              (51.00)
               シャーラム
     リング㈱
               マレーシア
     ナショナル・エンジ
                     RM
     ン・マニュファクチャ                     自動車部品の製造          51.00   当社部品の購入        有   無   無   ※1
               ネグリスンビ
                     165.0百万
     リング㈱(政府申請中)
               ラン
     アストラ・ダイハツ・          インドネシア
                     RP
                          自動車の製造          61.75   当社製品の製造        有   無   無   ※1
                     8,943.7億
     モーター㈱          ジャカルタ
               マレーシア
                     RM               100.00    当社製品にかかる
     明石機械マレーシア㈱                     自動車部品の製造                      有   無   無
               ネグリスンビ
                     100.0百万               (61.00)    部品の製造
               ラン
     その他    29社
     (持分法適用関連会社)
               大阪府
                          ディーゼル機関の          35.28   当社製品にかかる
     ダイハツディーゼル㈱                  2,434                         有   無   無   ※2
               大阪市           製造・販売          (0.11)   部品の製造
               滋賀県
                          自動車部品等の製             当社製品にかかる
     ㈱メタルアート                  2,143             32.96            有   無   無   ※2
               草津市           造             部品の製造
               大阪府
                          自動車部品等の製             当社製品にかかる
     ㈱浅野歯車工作所                   324            40.00            有   無   無
                          造             部品の製造
               大阪狭山市
               大阪府
                          自動車および部品
     大阪ダイハツ販売㈱                   270            22.22   当社製品の販売        有   無   無
                          の小売
               大阪市
                     RM
               マレーシア
     ダイハツ(マレーシ
                      20.0百万    自動車の販売          18.50   当社製品の販売        有   無   無
     ア)㈱
               シャーラム
     その他    11社
      (注)   1 ※1:特定子会社に該当します。

        2 ※2:有価証券報告書を提出しております。
        3 ※3:当社と業務提携をしております。
        4 議決権の所有割合の( )内は、間接所有(又は被所有)割合で内数であります。
        5 アストラ・ダイハツ・モーター㈱、プロドゥア・マニュファクチャリング㈱については、売上高(連結会社
          相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
           アストラ・ダイハツ・モーター㈱                   (1)売上高          417,280 百万円
                              (2)経常利益           42,164 百万円
                              (3)当期純利益           32,338 百万円
                              (4)純資産額          122,407 百万円
                              (5)総資産額          183,511 百万円
           プロドゥア・マニュファクチャリング㈱                   (1)売上高          204,469 百万円

                              (2)経常利益           14,953 百万円
                              (3)当期純利益           11,905 百万円
                              (4)純資産額           62,130 百万円
                              (5)総資産額           96,987 百万円
                                   7/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社における状況
                                               平成27年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                       27,296
                 国内
                                                      (4,897)
                                                       15,279
                 海外
                                                       (592)
                                                       42,575
                 合計
                                                      (5,489)
       (注) 1    従業員数は就業人員であります。 
          2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成27年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
          11,446
                       37.7             16.5            6,644,543
         (1,814)
      (注)   1 従業員数は就業人員であり、全て国内セグメントに属しております。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。
      (3)  労働組合の状況

        当社グループ(関係会社の一部を除く)の労働組合は、全ダイハツ労働組合連合会に加盟し、同連合会を通じて全
       日本自動車産業労働組合総連合会に所属しております。また、全日本自動車産業労働組合総連合会を通じて日本労
       働組合総連合会に所属しております。
        なお、労使間に特記すべき事項はありません。
                                   8/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
       (事業を取り巻く環境)
         当期のわが国経済は、消費税増税に伴う消費マインドの冷え込みや増税前の駆け込み需要の反動による景気の落
        ち込みはありましたが、政府の経済政策などにより緩やかな回復基調で推移しました。
         世界経済におきましては、一部新興国で減速があったものの、堅調な米国市場に支えられ、景気は緩やかな回復
        基調で推移しました。 
         自動車業界におきまして、国内市場は、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動もあり、登録車市場は3,124
        千台(前期比91.1%)、軽自動車市場でも2,173千台(同96.1%)と前期を下回る結果となりました。海外におきま
        しては、当社グループの主要市場であるインドネシアは景気減速の影響を受け、自動車市場は1,149千台(同
        92.6%)と前期を下回りましたが、マレーシアは666千台(同101.6%)と前期を上回りました。 
       (事業の概況)
         このような情勢の中で当社グループは、国内において昨年9月に「ハイゼットトラック」を15年ぶりにフルモデ
        ルチェンジし、基本性能を進化させるとともに、全8色のカラーバリエーションをはじめ、用途や嗜好に合わせた
        パックオプションを豊富に設定しました。また、昨年11月には、「もっと軽にできること」の追求として「視界の
        良さ」「荷室の広さ」に着目し、日常はもちろん、レジャーまで多用途に使える新ジャンルの軽自動車として新型
        軽乗用車「ウェイク」を発売しました。そして、同月には、昨年6月に発売した「コペン」の2つ目の意匠となる
        「コペンエクスプレイ」を発売しました。さらに、昨年12月には「ムーヴ」をフルモデルチェンジし、軽の本質で
        ある低燃費・低価格をベースに、新開発の軽量高剛性ボディ骨格構造や足回りの改良などにより、基本性能を大幅
        に向上させました。
         また、軽乗用車「タント」の昨年1月から12月の販売台数がダイハツ車では初めて登録車を含めた新車販売台数
        で首位を獲得したほか、軽四輪新車販売台数は、暦年では首位を奪われたものの、年度では首位を獲得することが
        できました。
         その結果、当社の軽自動車販売台数は687千台(前期比98.4%)と減少したものの9年連続で軽自動車の市場シェ
        アトップを維持しております。
         海外におきましては、インドネシアでの当社連結子会社アストラ・ダイハツ・モーター社の販売台数は178千台
        (同94.8%)と減少しましたが、小型乗用車「アイラ」などの貢献により、シェアについては昨年に引き続き2位
        となりました。マレーシアでの当社連結子会社プロドゥア社は、市場が堅調であったことに加え、昨年9月に発売
        した小型乗用車「アジア」の好調により、当期販売は196千台(同99.7%)となり、9年連続販売台数トップを維持
        しております。
         受託・OEM事業では、国内の売上台数が減少、海外は受託車が減少し、全体で484千台(同84.0%)と減少しま
        した。
       (業績の概況)
        当社グループの国内売上台数は793,283台と前期に比べ80,816台(9.2%)の減少、海外売上台数は679,846台と前
       期に比べ71,534台(9.5%)の減少、これらを合わせた総売上台数は1,473,129台と前期に比べ152,350台(9.4%)減
       少いたしました。
        当連結会計年度の業績は、売上高が                  1兆8,171億円       と前期に比べ      961億円    ( 5.0%)の減少       となり、    営業利益は
       1,106億円     と前期に比べ      361億円    ( 24.6%)の減少       、 経常利益は1,271億円          と前期に比べ      363億円    ( 22.3%)の減少       、
       当期純利益は681億円          と前期に比べ      155億円    ( 18.6%)の減少       となりました。
          (注) 本報告書の売上高、仕入高等は、消費税等抜きで表示しております。

                                   9/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       ① 業績
                     前連結会計年度              当連結会計年度

          項目         (自平成25年4月1日              (自平成26年4月1日                  増減
                   至平成26年3月31日)              至平成27年3月31日)
                           百万円              百万円       百万円         %
     売上高                 1,913,259              1,817,103          △96,156       △5.0
     営業利益                  146,743              110,613         △36,129       △24.6
     経常利益                  163,494              127,100         △36,393       △22.3
     当期純利益                   83,698              68,145         △15,552       △18.6
       ② 売上台数
         セグメントの名称             区分         販売実績          前期比(%)
                      車両        793,283    台        △9.2

           国  内         生産用部品           8,530   セット        △71.0

                    受託エンジン          321,797    基        △1.4

           海  外           車両        679,846    台        △9.5

       ③ 売上高
         セグメントの名称            売上高         前期比(%)
                         百万円
           国  内           1,210,811          △4.1
           海  外            606,291         △6.8

           合  計           1,817,103          △5.0

      (注) 主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自平成25年4月1日                 (自平成26年4月1日
                            至平成26年3月31日)                 至平成27年3月31日)
               相手先
                            金額        割合        金額        割合
                             百万円          %      百万円          %
         トヨタ自動車㈱                257,159            13.4     237,879            13.1
         インドネシアトヨタ自動車㈱                246,665            12.9     199,894            11.0
         プロドゥア・セールス㈱                225,380            11.8     225,700            12.4
                                  10/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         セグメントの業績を示すと次のとおりであります。
       (国内)
       売上高は、     1兆2,108億円       と前期に比べ、        521億円    ( 4.1%)の減少      、 営業利益は、582億円          と前期に比べ       269億円
       ( 31.6%)の減少       となりました。
       (海外)

       売上高は、     6,062億円     と前期に比べ、       440億円    ( 6.8%)の減少      、 営業利益は、520億円          と前期に比べ      94億円   ( 15.3%)
       の減少   となりました。
      (2)  キャッシュ・フローの状況

                     前連結会計年度              当連結会計年度
          項目         (自平成25年4月1日              (自平成26年4月1日                  増減
                   至平成26年3月31日)              至平成27年3月31日)
                           百万円              百万円              百万円
     営業活動による
                        139,383              100,676             △38,706
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                       △125,151              △116,665                8,485
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       △22,434              △19,384               3,050
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物に
                         5,034              2,564             △2,469
     係る換算差額
     現金及び現金同等物の
                        △3,168             △32,808              △29,640
     増加・減少額
     現金及び現金同等物の
                        324,692              321,524              △3,168
     期首残高
     現金及び現金同等物の
                        321,524              288,715             △32,808
     期末残高
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          税金等調整前当期純          利益1,272億円       を計上したことに加え、減価償却費                 808億円    等により、     1,006億円     とな
         り、前期に比べ       387億円減少      いたしました。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          有形固定資産の取得による支出               1,378億円     等により    △1,166億円      となり、前期に比べ、          84億円増加     いたしまし
         た。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          配当金の支払      238億円    等により    △193億円     となり、前期に比べ         30億円増加     いたしました。
          以上の結果、当期の現金及び現金同等物の期末残高は                         2,887億円     と前期末残高に比べ         328億円減少      いたしまし

         た。
                                  11/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      (1) 生産実績
                    前連結会計年度             当連結会計年度

                  (自平成25年4月1日             (自平成26年4月1日                   増減
     セグメン
            区分
                   至平成26年3月31日)             至平成27年3月31日)
     トの名称
                    数量       金額       数量      金額       数量       金額
                           百万円             百万円                百万円
            車両      924,489    台    875,071      895,056    台   892,296      △29,433     台     17,225

     国内     生産用部品        29,130   セット     3,257      8,090   セット      697    △21,040    セット     △2,560

          受託エンジン        324,080    基    65,147     320,990    基    66,692      △3,090    基      1,544

     海外       車両      762,925    台    675,829      693,716    台   632,010      △69,209     台    △43,818

      (注) 生産金額算出基礎は平均販売価格によっております。

      (2) 受注状況

        当社グループは、販売見込みならびに海外市況等の資料を基礎として慎重な見込み生産を行っているため、受注
       規模を金額あるいは数量で示すことはしておりません。
      (3) 販売実績

        販売実績については、「1             業績等の概要」において示しております。
     3 【対処すべき課題】

         当社を取り巻く環境は、国内におきましては、各社の積極的な商品投入による一層の競争激化に加え、軽自動車
        税増税によりさらに厳しい市場環境が予想されます。海外につきましても、当社の主力市場であるインドネシア、
        マレーシアでは、当社が得意とするコンパクトカー分野への各社の攻勢により市場環境は厳しさを増すことが予想
        されます。
         そのような環境の中で、当社グループは、国内では主力事業である軽自動車の本質である低燃費・低価格を追求
        した商品開発を進め、お客様が求める価値をどこよりも早く実現してまいります。そして、商品ラインナップを活
        かした拡販や魅力的な新技術、新商品投入を推進するとともに、新たな顧客開拓のための東日本を軸とした営業改
        革の推進や、販売店におけるアフターセールスをサポートする仕組みづくりにも取り組んでまいります。
         海外では、軽自動車で培った技術を武器にした「現地最適」なクルマづくりを徹底して追求するとともに、お客
        様視点の商品・サービスの提供に取り組んでまいります。そして、商品力を着実に強化していくとともに、新車販
        売以外での新たなビジネスとして、アフターサービス強化の取組みも始めてまいります。また、為替悪化による収
        益への圧迫が今後も懸念されるため、原価低減や現地調達の取組みを一層推進してまいります。インドネシア、マ
        レーシア以外での取組みといたしまして、中国ユニット事業についても一層の展開を図る所存であります。そし
        て、さらなる事業拡大のために、新たな市場開拓にも取り組んでまいります。
                                  12/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     4  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のあるリスクには以下のようなものがあります。
       なお、文中には将来に関する記載を含んでおりますが、それは当連結会計年度末(平成27年3月31日)現在におい
      て判断したものであります。
      (1)  経済環境の変化
        日本および当社グループの海外における主要市場であるマレーシア、インドネシア等の政治情勢・社会情勢の混
       迷が経済環境の変化をもたらし、業績等に影響を及ぼす可能性があります。
        また、軽自動車を主力としたスモールカー事業に経営資源を集中していくことを経営戦略としている当社グルー
       プは、主要な市場において需要動向が変化すると業績等に影響を及ぼす可能性があります。
      (2) 製品の価格および市場評価の変動
        自動車業界において、供給過剰な状況の発生、他社による低価格車の投入等により価格競争が激化すると、製品
       価格の下落等により、一時的に業績等に影響を及ぼす可能性があります。
        また、消費者の需要動向等を考慮しながら新型車の投入をおこなっておりますが、市場での新型車の評価が想定
       より低い場合や現行モデルの評価が急激に下落した場合は、業績等に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  製品の原価変動
        製品を製造するため多くの原材料や部品等を購入しておりますが、これらの世界市場における需要の変動、生産
       国の経済環境の変化、物流費の上昇等により購入価格が引き上げられ当社グループ製品の製造原価が上昇すると業
       績等に影響を及ぼす可能性があります。
      (4) 為替レートの変動
        為替レートの変動は、当社グループの海外向け外貨建売上高の円換算額、海外子会社の外貨建仕入額および連結
       財務諸表作成時における海外子会社の外貨建財務諸表の円換算額等を変動させ、業績等に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
      (5)  法規制の変更
        事業を展開する各国における排出ガス規制や自動車リサイクル法等の環境に関連する法規制、企業取引に関する
       法規制、税制等様々な法規制のもと事業をおこなっておりますが、これら法規制の変更等により業績等に影響を及
       ぼす可能性があります。
      (6)  製品のリコール等
        予測できない原因による製品の欠陥が、事業を展開する日本及び各国の安全基準に適合せず、賠償責任や大規模
       なリコール等が発生し業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、上記のリスク以外に自然災害等投資者の判断に重要な影響を及ぼす事象が発生する可能性もあります。

                                  13/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     5 【経営上の重要な契約等】
      トヨタ自動車株式会社との業務提携
       昭和42年11月9日当社は、トヨタ自動車工業株式会社およびトヨタ自動車販売株式会社(両社は昭和57年7月1日合
      併、現トヨタ自動車株式会社)との業務提携覚書に調印いたしました。
       なお、現在トヨタ自動車株式会社から自動車等の製造を委託されているとともに、OEM車(相手先ブランド生産
      車)を納入しております。
     6 【研究開発活動】

       当社グループは「Innovation              for  Tomorrow」のスローガンのもと「世界の人々に愛されるスモールカーづくり」
      を使命として、お客様の視点に立ち、低燃費、高品質、環境・安全対応、お求め易い価格を高次元で融合した商品開
      発を積極的に推進しております。昨今の地球環境意識の高まり、国内の少子高齢化に伴う世帯人数の減少、新興国で
      のエントリー需要拡大の中で、「小さく、軽く、安いクルマ」へのお客様のニーズは日々高まっており、当社は「低
      燃費」「低価格」といったスモールカーならではの本質的魅力をさらに高める技術と商品の開発に注力しておりま
      す。また、お客様から選ばれる商品をタイムリーに提供するために開発のスピードアップを図ると共に、軽で培った
      小さな車作り技術の海外展開を進めております。なお、当連結会計年度における研究開発費の総額は、                                                452億円    であ
      ります。
       国内においては、軽の本質(低燃費、低価格)、軽の本流(基本性能、先進装備)を追求し、車種ごとの特性に応
      じて付加価値を加えた車を開発しております。平成26年4月にブーンを一部改良し軽自動車の低燃費化技術「e:S
      (イース)テクノロジー」を一部採用して、小型ガソリンエンジン車トップとなる27.6km/lの低燃費を達成しまし
      た。
       平成26年6月に新型「コペン」を発売し新骨格構造「D-Frame」と内外装脱着構造「DRESS-FORMATION」の採用によ
      り、「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を実現しました。平成27年6月には、ローブ、エクス
      プレイに続く「第3のモデル:セロ」を発売し、購入後でもお客様の嗜好にあわせたデザイン変更を可能にしまし
      た。
       平成26年7月にミライースを一部改良し、「e:S(イース)テクノロジー」をさらに進化させ、高圧縮比化、アトキ
      ンソンサイクル化、デュアルインジェクタの採用などによるパワートレーンの進化とエコ発電制御の改良による回生
      電力増加などエネルギーマネジメントの進化により、ガソリン車トップレベルの35.2km/lの低燃費を2WD全グレード
      で実現しました。
       平成26年9月に、15年ぶりに新型「ハイゼット                       トラック」を発売し、軽トラックに求められる積載性、耐久性や防
      錆性能などの基本性能に加え、乗降性の向上や広い室内空間を確保しました。また、クラストップの低燃費19.6km/
      を実現し、12月にはリヤデファレンシャルギヤをハイギヤ化した上で、副変速機(エコ・楽モード切替機構)を追加
      したマニュアルトランスミッションの搭載により、更なる低燃費21.0km/lを実現し、8色のカラーバリエーションと
      用途や志向に合わせたパックオプションも豊富に設定しました。
       平成26年11月に「ウェイク」を発売しました。「もっと軽にできること」を追求し、日常用途からレジャー用途ま
      で多用途に使える新ジャンルの軽自動車を開発し、座って分かる見晴らしの良さ、軽最大の室内空間、高さを感じさ
      せない安全・安心の基本性能、圧倒的な荷室の使い勝手の良さを実現しました。
       平成26年12月に、新型「ムーヴ」を発売しました。軽の本質である低燃費・低価格をベースに、新開発の軽量高剛
      性ボディ骨格構造「D           monocoque」や足回りの改良「D               suspension」などにより、基本性能を大幅に向上しました。
      また、衝突回避支援システム「スマートアシスト」に軽初の後方誤発進抑制制御機能の追加、TFTカラーマルチイン
      フォメーションディスプレイ採用など、軽初採用となる数々の先進装備を搭載し、軽の本流を一層追求しました。
       引き続き、「更なる燃費向上と低コスト化を目指した商品・技術開発」、「車両基本性能の進化と軽に相応しい先
      進装備の採用による商品力向上」、「電動化技術や将来に向けた燃料電池などの研究開発」、「徹底したお客様目線
      で製品品質を向上」の観点で開発を進めてまいります。なお、当連結会計年度における研究開発費の金額は、429億
      円であります。
       海外においては、国内における低燃費・低価格なスモールカーづくりのノウハウをベースに、当社の重点市場であ
      るインドネシア・マレーシアにおいて、現地のお客様のニーズを取り入れた地域最適商品の開発を現地事業体と協業
      で推進しております。
       平成26年9月に、新型車「アジア」を発売しました。ダイハツとプロドゥア社がマレーシア政府のエコカー政策で
      あるEEV(Energy        Efficient     Vehicle)政策に適合した同国初のクルマを企画・開発しております。引き続き、更な
      る低燃費・低価格に加え、現地に密着し、「現地ベストフィットで魅力的な新商品」をスピードを上げて開発してま
      いります。なお、当連結会計年度における研究開発費の金額は、22億円であります。
                                  14/103


                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中には将来に関する記載を含んでおりますが、それは当連結会計年度末(平成27年3月31日)現在において判断
      したものであります。
       当社グループにおけるセグメントは国内と海外で構成されておりますが、当連結会計年度における国内の全セグメ
      ントに占める割合は売上高            66.6  %、営業利益52.8%(セグメント間の内部売上高又は振替高を除く)であります。
      (1)  当連結会計年度の財政状態

        当社グループの当連結会計年度末の財政状態については、前連結会計年度末に比べ、資産合計は                                             690億円増加      し
       1兆5,186億円       、負債合計は      164億円減少      し 7,674億円     、純資産合計は、        855億円増加      し 7,511億円     となりました。
        なお、主な科目の変動分析については以下の通りであります。
       ①現金及び現金同等物

         営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純                            利益1,272億円       を計上したことに加え、減価償却
        費 808億円    等により    1,006億円     、投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出                                   1,378億
        円 等により    △1,166億円      、財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払                          238億円    等により    △193億円     とな
        りました。
         以上の結果、現金及び現金同等物は                 328億円減少      し 2,887億円     となりました。
         内部留保資金の使途については、「第4提出会社の状況」の「3配当政策」を参照。
       ②受取手形及び売掛金、電子記録債権

         受取手形及び売掛金が226億円増加、電子記録債権が4億円減少したことにより、受取手形及び売掛金は、
        3,324億円     、電子記録債権は、         57億円   となりました。
       ③有形固定資産

         設備投資1,290億円(リース用資産を除く)に対し、減価償却725億円(リース用資産を除く)等により                                                689億
        円増加   の 5,369億円     となりました。
       ④支払手形及び買掛金、電子記録債務

         支払手形及び買掛金が           234億円減少      、電子記録債務が         327億円増加      したことにより、支払手形及び買掛金は
        1,912億円     、電子記録債務は        992億円    となりました。
       ⑤借入金

         長期借入金が      25億円増加     、短期借入金が       151億円増加      したこと等により、長期借入金は                623億円    、短期借入金は
        1,290億円     となりました。
       ⑥純資産合計

         当期純利益を      681億円    計上したこと等により、           855億円増加      の 7,511億円     となりました。
      (2)  当連結会計年度の経営成績

        当連結会計年度の売上高は、              1兆8,171億円       ( 5.0%減    )、営業    利益は1,106億円        ( 24.6%減    )、経常    利益は1,271
       億円  ( 22.3%減    )、当期純     利益は681億円       ( 18.6%減    )となりました。
        営業利益を前連結会計年度と比較すると、増益要因は総額105億円であり、その内訳は、原価低減105億円であり
       ます。一方、減益要因の総額は466億円であり、その内訳は、売上および車種構成変動192億円、為替変動76億円、
       減価償却費の増加129億円、諸経費の増加等69億円であり、差し引き営業                                  利益は1,106億円        と 361億円の減少       となり
       ました。
                                  15/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       ①売上高
         国内においては、コペン、ミライース、ミラココア、ハイゼットトラック、ウェイク、ムーヴと6機種の新型車
        を販売したこともあり、軽販売台数は68万7千台で前年比98%となりました。海外においては、インドネシアで
        は、市場停滞・競争激化により販売台数は減少しました。結果、売上高は                                  961億円減少      ( 5.0%減    )となりました。
       ②営業費用

         売上原価は、売上高が減少したこと等により                     348億円減少      ( 2.4%減   )し、   1兆4,467億円       となりました。
         販売費及び一般管理費は、諸経費は増加したものの、売上台数の減少等により                                      251億円減少      ( 8.8%減   )し、
        2,597億円     となりました。
       ③営業外損益

         持分法による投資利益が            1億円の増加      となったものの、固定資産売却益が3億円の減少になったこと等によ
        り、営業外収益は前連結会計年度に比べ                   3億円の減少      となりました。
       ④法人税等(法人税、住民税及び事業税および法人税等調整額)

         法人税等は、税金等調整前当期純利益が減少したこと等により、前連結会計年度に比べ                                         174億円減少      ( 33.1%
        減 )の  352億円    となりました。
       ⑤少数株主利益

         インドネシアのアストラ・ダイハツ・モーター(株)他の当期純利益が前連結会計年度に比べ減少したこと等に
        より当連結会計年度において減算される少数株主利益は                          238億円    と前連結会計年度に比べ、             14億円の減少      となり
        ました。
         (上記における( )内は対前連結会計年度増減率を示す)

      (3)  経営者の現状認識と今後の方針

         当連結会計年度は、国内外での競争激化、インドネシアルピア安による為替の影響、将来に向けた開発、設備
        投資を積極的に行った結果、減収減益の決算となりました。
         今後の取組みとして、国内においては、引き続きお客様に選ばれる有力な商品の提供を続け、既存商品の拡
        販、ラインナップの拡充を図ってまいります。さらに長期的な視点に立つと国内市場は減少傾向にあり、そうし
        た中で生き残っていくため、体質強化に向けた営業改革を加速させてまいります。まずは弱点である東日本を強
        化すべく、平成27年4月1日に実施した組織改正で、東京を軸とした営業機能を強化し、今後新たな市場を開拓
        してまいります。また、国内販売会社の経営基盤強化に取り組んでまいります。受託・OEM事業については、こ
        れまで培ってきた開発力(低燃費、低価格、安全性、超短期開発)を活用し、OEMビジネスの拡大を図っていき
        たいと考えております。海外事業においては、インドネシア・マレーシア事業の強化として、既存商品の販売最
        大化を目指します。さらに収益拡大を目指し、バリューチェーンの強化を行ってまいります。一方、新規海外事
        業育成の取組みとして、平成27年5月より、中国向けトランスミッションの供給を開始しました。またトヨタグ
        ループの新興国事業におけるコンパクトカーの担い手として協業をさらに深め、アジア域内でのビジネスを拡大
        したいと考えております。今後もお客様に信頼される会社を目指し、改革を実行してまいります。
                                  16/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度の設備投資の総額は1,290億円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりで
      あります。
       (1)国内

       当連結会計年度は、新技術・新製品の開発、設備の更新及び販売拠点の整備など、当社において349億円、連結子
      会社において354億円の総額703億円の設備投資を実施いたしました。
       なお、生産能力に重要な影響を及ぼすような設備の除却、売却はありません。
       (2)海外

       当連結会計年度は、新工場の建設、設備の更新等、プロドゥア・グローバル・マニュファクチャリング㈱をはじめ
      として、総額586億円の設備投資を実施いたしました。
       なお、生産能力に重要な影響を及ぼすような設備の除却、売却はありません。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                               平成27年3月31日現在
                                       帳簿価額
         事業所名
                 セグメント
                       設備の内容                                従業員数
                  の名称
         (所在地)
                             建物及び     機械装置      土地
                                             その他     合計
                              構築物    及び運搬具      (面積)
                              百万円     百万円          百万円     百万円       人
                                         百万円
                                         (千㎡)
      本社(池田)工場                 自動車
                                         1,131
                  国内            4,582     6,334           925   12,973      4,403
      (大阪府池田市)                  生産設備
                                          (301)
      (注)2                 ほか
                                          [26]
      京都工場                 自動車
                                         1,422
                  国内            3,220     4,980      (153)     1,148    10,772      1,136
      (京都府乙訓郡)                  生産設備
                                           [7]
      (注)2                 ほか
                       自動車
      滋賀(竜王)工場
                                         7,926
                  国内            14,696     20,240           2,098    44,962      4,396
                       生産設備
                                         (2,067)
      (滋賀県蒲生郡)
                       ほか
      ダイハツ九州㈱
                       自動車                  4,277
      大分(中津)工場ほか
                                          (531)
                  国内             753      34          26   5,091       ―
                       生産設備
      (大分県中津市) 
                       ほか                    [2]
      (注)2
      ダイハツ東京販売㈱
                                         15,348
      (東京都中央区)ほか            国内     販売拠点        2,790       1          0  18,141        ―
                                          (324)
      (注)3
                                  17/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                               平成27年3月31日現在
                                       帳簿価額
          会社名
                 セグメント
                       設備の内容                                従業員数
                  の名称
         (所在地)
                             建物及び     機械装置      土地
                                             その他     合計
                              構築物    及び運搬具      (面積)
                              百万円     百万円          百万円     百万円       人
                                         百万円
                                         (千㎡)
      ダイハツ東京販売㈱
                                         60,633
                       販売拠点
      (東京都中央区)            国内            44,987     44,835            782   151,239      10,343
                                         (1,054)
                       ほか
                                          [669]
      ほか34社 (注)2
      ダイハツ九州㈱
                       自動車                  17,188
      (大分県中津市)            国内            25,169     17,856           3,858    64,072      4,853
                       生産設備                  (1,371)
                       ほか                   [21]
      ほか4社 (注)2
      (3)  在外子会社

                                               平成27年3月31日現在
                                       帳簿価額
         会社名
                 セグメント
                       設備の内容                                従業員数
                  の名称
         (所在地)
                             建物及び     機械装置      土地
                                             その他     合計
                              構築物    及び運搬具      (面積)
      アストラ・ダイハ
      ツ・モーター㈱
                       自動車                  8,914
      (インドネシア             海外            42,267     62,209          30,828    144,219      15,279
                       生産設備                  (1,814)
      ジャカルタ)
                       ほか                  [1,405]
      ほか9社 (注)2
      (注)   1 帳簿価額の「その他」は、建設仮勘定を含みません。
        2 土地欄の[ ]内の数字は賃借中のもので外数であります。
        3 国内販売会社等36社に貸与中であり、この内連結会社以外への貸与設備が、建物、土地(27千㎡)等556百万
          円含まれております。
        4 現在休止中の主要な設備はありません。
                                  18/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     3  【設備の新設、除却等の計画】
       重要な設備の新設、除却等の計画は以下のとおりであります。
      (1)  新設等
                                                    着手及び

                                   投資予定金額
            会社名
                                                    完了予定
                     セグメント
           事業所名                設備の内容                資金調達方法
                      の名称
           (所在地)
                                  総額    既支払額             着手     完了
                                  百万円     百万円           平成     平成
      ダイハツ工業㈱                     自動車
      本社(池田)工場                 国内     生産設備       9,000       79   自己資金       26.7     28.3
      (大阪府池田市)                     ほか
      ダイハツ工業㈱                     自動車
      京都工場                 国内     生産設備       2,000       63   自己資金       26.7     28.3
      (京都府乙訓郡)                     ほか
      ダイハツ工業㈱                     自動車
      滋賀(竜王)工場                 国内     生産設備       17,000       647    自己資金       26.6     28.3
      (滋賀県蒲生郡)                     ほか
      ダイハツ東京販売㈱
                                            自己資金
                            販売拠点
      (東京都中央区)                 国内           20,000      1,448           27.3     28.3
                            ほか
                                            及び借入金
      ほか34社
      ダイハツ九州㈱                     自動車
                                            自己資金
      (大分県中津市)                 国内     生産設備       11,000      2,383           27.3     28.3
                                            及び借入金
      ほか4社                     ほか
      アストラ・ダイハツ・モー
                            自動車
                                            自己資金
      ター㈱
                       海外     生産設備       37,000     14,891            27.3     28.3
      (インドネシア ジャカル
                                            及び借入金
                            ほか
      タ) ほか9社
      (2)  除却、売却

        経常的な設備の更新のための除・売却を除き、重要な設備の除・売却の計画はありません。
                                  19/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                         1,600,000,000

                  計                        1,600,000,000

       ②  【発行済株式】

                 事業年度末          提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成27年3月31日)          (平成27年6月26日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式          427,122,966          427,122,966                   単元株式数 100株
                                  市場第1部
         計         427,122,966          427,122,966           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当する事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当する事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当する事項はありません。
                                  20/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                   発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

          年月日         総数増減数       総数残高                    増減額       残高
                    (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成12年4月1日~
                                             (注)      2
                   (注)    8          (注)    2
                           427,122              28,404             10,827
     平成13年3月31日
      (注) 転換社債の株式転換 
      (6)  【所有者別状況】

                                               平成27年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                         外国法人等                    株式の状況
                  金融商品      その他の                   個人
                                                      (株)
            金融機関                                     計
                  取引業者       法人                 その他
                              個人以外       個人
     株主数
               90      45     357      457      17    31,429      32,395        ―
     (人)
     所有株式数
             616,199      44,112    2,499,649       698,935        144    411,376     4,270,415       81,466
     (単元)
     所有株式数
              14.43      1.03     58.53      16.37      0.00      9.64      100       ―
     の割合(%)
      (注)   1 自己株式は643,163株であり、「個人その他」の欄に6,431単元及び「単元未満株式の状況」の欄に63株含め
          て記載しております。
        2 「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が70単元含まれております。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成27年3月31日現在
                                                   発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (百株)       所有株式数
                                                   の割合(%)
     トヨタ自動車㈱                愛知県豊田市トヨタ町1番地                       2,186,499          51.19
     日本マスタートラスト
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                         73,286         1.71
     信託銀行㈱(信託口)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)   
     RE  SILCHESTER      INTERNATIONAL
     INVESTORS     INTERNATIONAL           東京都中央区日本橋3丁目11番1号                         69,808         1.63
     VALUE   EQUITY    TRUST     (常任代
     理人 香港上海銀行東京支店)
     日本トラスティ・サービス
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                         67,684         1.58
     信託銀行㈱(信託口)
     ㈱扇商會                大阪府大阪市北区西天満3丁目13番7号                         53,007         1.24
     BBH FOR VANGUARD
     INTERNATIONAL VALUE 
                     東京都千代田区丸の内2丁目7番1号                         45,057         1.05
     FUND -ARGA(常任代理人 
     ㈱三菱東京UFJ銀行)
     NORTHERN TRUST CO.(AVFC)
     RE   U.S.     TAX    EXEMPTED
                     東京都中央区日本橋3丁目11番1号                         43,683         1.02
     PENSION FUNDS (常任代理
     人 香港上海銀行東京支店)
     あいおいニッセイ同和損害保険
                     東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号                         40,930         0.96
     ㈱
     ㈱三菱東京UFJ銀行                東京都千代田区丸の内2丁目7番1号                         39,377         0.92
     ㈱三井住友銀行                東京都千代田区丸の内1丁目1番2号                         29,288         0.69

            計                   ―             2,648,620          62.01

                                  21/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成27年3月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―             ―

                                         権利内容に何ら限定のない当社にお
                     普通株式      1,350,800
                                         ける標準となる株式
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                                         単元株式数 100株
                     普通株式     425,690,700
     完全議決権株式(その他)                              4,256,907             同上
                     普通株式       81,466

     単元未満株式                               ―       1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     427,122,966          ―             ―

     総株主の議決権                     ―         4,256,907              ―

      (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」の欄の普通株式には、相互保有株式707,700株及び自己株式643,100株が含
          まれております。
        2 「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が7,000株含まれておりま
          す。なお、「議決権の数」の欄には、同機構名義の議決権の数70個が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年3月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  大阪府池田市ダイハツ町
     ダイハツ工業㈱                            643,100       ―     643,100          0.15
                  1番1号
                  兵庫県伊丹市東有岡一丁目
     ナミコー㈱                            500,000       ―     500,000          0.12
                  65番地
                  愛媛県松山市宮田町
     愛媛ダイハツ販売㈱                            60,500       ―      60,500          0.01
                  179番地
     ㈱徳島ダイハツモータース             徳島市論田町本浦下84番地               50,000       ―      50,000          0.01
                  大阪府池田市豊島南二丁目
     ㈱川村金属製作所                            43,000       ―      43,000          0.01
                  10番10号
                  滋賀県草津市野路三丁目2
     ㈱メタルアート                            30,000       ―      30,000          0.01
                  番18号
                  大阪府大阪狭山市東池尻
     ㈱浅野歯車工作所                            24,200       ―      24,200          0.01
                  四丁目1402番地の1
           計              ―        1,350,800        ―    1,350,800           0.32
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当する事項はありません。
                                  22/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得

      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当する事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】
        該当する事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

              区分                株式数(株)               価額の総額(百万円)

     当事業年度における取得自己株式                                  232                  0

     当期間における取得自己株式                                  50                  0

      (注)当期間における取得自己株式には、平成27年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                 (百万円)                  (百万円)
     引き受ける者の募集を行った
                          ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                     ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                          ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他
                          ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      643,163         ―         643,213         ―

      (注)当期間における保有自己株式には、平成27年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
                                  23/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社は、毎期の業績・投資計画・手元資金の状況等を勘案したうえで、安定的・継続的に配当を行うよう努めてい
      くことにしております。
       当期の配当金については、中間配当金は1株につき22円、期末の配当金については1株につき26円とし、年間とし
      ては1株につき48円といたしました。これにより当期の配当性向は54.3%(連結配当性向は30.0%)となりました。
       内部留保資金については、今後の事業展開に備え、より一層の企業体質の強化・充実を図るための投資に充当いた
      します。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
      決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
       なお、当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に
      定めております。
       当事業年度の剰余金の配当は以下のとおりであります。

                            配当金の総額                 1株当たり配当額
           決議年月日
                             (百万円)
         平成26年10月30日
                                     9,382                  22円
           取締役会決議
          平成27年6月26日
                                     11,088                   26円
         定時株主総会決議
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第170期         第171期         第172期         第173期         第174期

       決算年月        平成23年3月         平成24年3月         平成25年3月         平成26年3月         平成27年3月

       最高(円)            1,405         1,622         2,012         2,300         1,890

       最低(円)             784        1,101         1,217         1,514         1,472

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所の市場第一部におけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成26年10月          11月       12月     平成27年1月          2月       3月

       最高(円)           1,735       1,663       1,706       1,665       1,770       1,853

       最低(円)           1,497       1,574       1,501       1,472       1,605       1,702

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所の市場第一部におけるものであります。
                                  24/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性15名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (百株)
     取締役会長           伊 奈 功 一      昭和23年5月6日生        昭和48年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               平成14年6月      トヨタ自動車㈱取締役
     代表取締役
                               平成15年6月      同社常務役員
                               平成19年6月      同社専務取締役               (注)4     399
                               平成21年6月      当社取締役副社長
                               平成22年6月      当社取締役社長
                               平成25年6月      当社取締役会長
     取締役社長           三 井 正 則      昭和25年8月1日生        昭和50年4月      当社入社
                               平成14年7月      当社第二生産技術部長
     代表取締役
                               平成16年6月      当社取締役
                               平成18年6月      ダイハツ九州㈱常務取締役
                                                    (注)4     371
                               平成19年6月      同社専務取締役
                               平成20年6月      当社取締役
                               平成22年6月      当社取締役副社長
                               平成25年6月      当社取締役社長
     取締役副社長     トヨタ事業      横 山 裕 行      昭和26年5月16日生        昭和49年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               平成20年6月      トヨタ自動車㈱常務役員
     代表取締役     本部長
                                                    (注)4     170
                               平成24年4月      同社専務役員
                               平成27年6月      当社取締役副社長
      取締役    中国ユニット      中 脇 康 則      昭和29年9月30日生        昭和54年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               平成18年6月      当社執行役員
          事業担当
                               平成20年6月      当社上級執行役員
                                                    (注)4      63
                               平成21年6月      当社取締役
                               平成22年11月      ㈱浅野歯車工作所取締役社長
                               平成25年6月      当社取締役
      取締役    アストラ・ダイ       スディルマン      昭和29年7月1日生        昭和53年11月      ダイハツ・インドネシア㈱入社
          ハツ・モーター                     平成23年6月      当社取締役
                  ママン
                                                    (注)4      -
          ㈱取締役社長                     <主要な兼職>
                  ルスディ
                                アストラ・ダイハツ・モーター㈱取締役社長
      取締役    海外本部長      福 塚 政 廣      昭和30年9月21日生        昭和54年4月      当社入社
                               平成15年3月      当社製品企画部チーフ・エンジニ
                                     ア(部長待遇)
                                                    (注)4     144
                                     当社執行役員
                               平成18年6月
                                     当社上級執行役員
                               平成22年6月
                                     当社取締役
                               平成24年6月
      取締役    営業本部長       堀 井  仁      昭和31年3月19日生        昭和53年4月      ダイハツ自動車販売㈱入社
                               平成16年6月      当社国内営業部副部長
                               平成18年6月      当社執行役員
                                                    (注)4     234
                               平成24年4月      当社上級執行役員
                               平成26年6月      当社専務執行役員
                               平成27年6月
                                     当社取締役
      取締役    東京支社長      吉 武 一 郎      昭和32年2月5日生        昭和54年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               平成25年4月      当社上級執行役員
          営業本部
                                                    (注)4      32
                               平成26年6月      当社専務執行役員
          副本部長
                               平成27年6月      当社取締役
      取締役    久留米開発       堀  信 介      昭和31年8月15日生        昭和54年4月      当社入社
                               平成18年3月      当社製品企画部チーフ・エンジニ
          センター長
                                     ア(部長待遇)
                                     当社執行役員
                               平成20年6月
                                                    (注)4     114
                                     当社上級執行役員
                               平成23年6月
                                     当社取締役
                               平成24年6月
                                     葵機械工業㈱取締役副社長
                               平成25年6月
                                     当社取締役
                               平成27年6月
                                  25/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役名      職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (百株)
      取締役          山 本 健 司      昭和37年2月20日生        平成3年4月      弁護士登録、北浜法律事務所入所
                                     北浜法律事務所(現        北浜法律事務
                               平成8年1月
                                     所・外国法共同事業)パートナー
                                                    (注)4      15
                                     (現任)
                                     当社監査役
                               平成22年6月
                                     当社取締役
                               平成27年6月
      取締役          加 藤 光 久      昭和28年3月2日生        昭和50年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               平成16年6月      トヨタ自動車㈱常務役員
                               平成18年6月      トヨタテクノクラフト㈱取締役社
                                     長
                                                    (注)4      -
                                     トヨタ自動車㈱専務取締役
                               平成22年6月
                                     同社取締役副社長(現任)
                               平成24年6月
                                     当社取締役
                               平成27年6月
      監査役          守 田 邦 彦      昭和27年1月30日生        昭和50年4月      当社入社
                               平成15年3月      当社経営企画部長
      (常勤)
                               平成16年6月      当社取締役               (注)5     163
                               平成18年6月      当社執行役員
                               平成19年6月      当社監査役(常勤)
      監査役          池 渕 浩 介      昭和12年3月4日生        昭和35年4月      トヨタ自動車工業㈱入社
                               昭和63年9月      トヨタ自動車㈱取締役
                               平成6年9月      同社常務取締役
                               平成8年6月      同社専務取締役
                               平成11年6月      同社取締役副社長               (注)5      -
                               平成13年6月      同社取締役副会長
                               平成17年6月      同社相談役兼技監
                               平成18年6月      当社監査役
                               平成21年7月      トヨタ自動車㈱顧問兼技監(現任)
      監査役          北 島 義 貴      昭和35年9月23日生        昭和58年4月      トヨタカローラ神奈川㈱入社
                               昭和61年4月      トヨタカローラ徳島㈱入社
                                     同社取締役
                               昭和62年5月
                                     同社取締役専務
                               平成2年6月                    (注)5      -
                                     同社取締役社長
                               平成4年6月
                               平成27年5月      同社取締役会長(現任)
                               平成27年6月      当社監査役
      監査役          山 本 房 弘      昭和27年12月6日生        昭和52年11月      監査法人伊東会計事務所入所
                               平成18年9月      あらた監査法人入所
                               平成25年7月      公認会計士山本房弘会計事務所所
                                                    (注)5      -
                                     長(現任)
                                     当社監査役
                               平成27年6月
                             計                           1,705
      (注)   1 取締役 山本健司は、社外取締役であります。
        2 監査役 池渕浩介、監査役 北島義貴及び監査役 山本房弘は、社外監査役であります。
        3 当社は、監査役 守田邦彦が業務遂行困難になった場合に備え、会社法329条第3項に定める補欠監査役1
          名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                  所有株式数
              氏名       生年月日                略歴
                                                   (百株)
            別   所 則    英  昭和33年7月20日生         昭和56年4月 当社入社
                            平成26年4月 当社執行役員                          31
                            平成27年4月 当社上級執行役員
        4 取締役の任期は、平成27年6月26日開催の定時株主総会終結の時から平成28年3月期に係る定時株主総会の
          終結の時までであります。
        5 監査役の任期は、平成27年6月26日開催の定時株主総会終結の時から平成31年3月期に係る定時株主総会の
          終結の時までであります。
                                  26/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、「世界の人々に愛されるスモールカーづくり」という当社グループの使命をさらに追求し、真のグ
         ローバル化を果たすため、グループ理念、『ダイハツグループCSR基本方針』および『ダイハツグループ行動
         指針』を制定しております。これらの理念、方針および指針に則り、株主の皆様やお客様をはじめ、取引先、
         地域社会、従業員等全てのステークホルダーの期待に応えるべく、企業集団として方向性や価値観の共有を
         図っております。なお、国内での少子高齢化の進展や新興国での労働者の権利意識の向上、環境問題の深刻化
         など、国内外の環境変化を踏まえ、『ダイハツグループCSR基本方針』の見直しを2015年3月に実施し、当社グ
         ループの取組み姿勢をより明確なものといたしました。
       ①  企業統治の体制

         当社の取締役は11名(提出日現在)で、取締役会(原則として毎月1回開催)では、重要な業務執行の決定を
        行うとともに取締役の職務の執行を監督しております。また、取締役及び常勤監査役が出席する副社長会(原則
        として毎週1回開催)を設け、経営上の重要事項について、審議、報告を行っております。さらに、事業領域の
        グローバル化に対応し、コーポレート・ガバナンスの充実や経営体質の強化に向けて、執行役員制及び本部制を
        導入しております。業務執行機能を強化及び迅速化し、また、各本部単位での業務執行を完結させることで、
        「責任の明確化」と「やり切る体制」の実現を推進しております。あわせて組織の大括り化による人材の戦略的
        活用を図っております。当社は、経営の意思決定に社外の声を反映し、より一層コーポレート・ガバナンスの強
        化を図るため、2015年6月開催の第174回定時株主総会において社外取締役1名を選任いたしました。社外取締役
        からは、当社の経営判断に際し、専門的な見識、経験に基づいた助言を得られるものと考えております。
         当社は、取締役の経営判断が適切なものであるかを、社外取締役を含む取締役会により、多面的にチェックす
        る体制を構築しております。加えて、取締役の職務執行に対する監視・監督機能としては、当社は監査役制度を
        採用し、社外監査役3名による客観的、中立的な立場での監査が行われております。
         なお、当社は、会社法第427条第1項に基づき、業務執行取締役を除く取締役および常勤監査役を除く監査役と
        の間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づき損
        害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。
       ②  内部統制システム及びリスク管理体制整備の状況

         当社の内部統制システムは、前述の取締役会での業務執行決定・監督、監査役・監査役会による監査という、
        会社法で規定されている監査役制度採用会社の機関を基軸とし、内部監査部門による監査を定期的に実施してお
        り、社内における業務活動および諸制度について、経営方針に照らし、公正な立場からの検証、評価を行ってお
        ります。また、会計監査人の監査を受けている他、必要に応じ監査役は会計監査人と意見交換を行っておりま
        す。さらに、企業価値の向上、財務報告の信頼性確保および法令等遵守を目的に、社長が指名する取締役を委員
        長とし、本部長等を委員とする「内部統制委員会」を設置しております。「内部統制委員会」では、金融商品取
        引法及び米国企業改革法に基づく内部統制制度の整備や、個人情報を含む機密・情報管理等、当社グループの内
        部統制体制の拡充に取り組んでおります。
         また、グループ全体での取り組みとして、「贈収賄防止に関するガイドライン」の発行や当社/親会社/子会
        社間での事前報告/相談ルールの制定等も行っております。
         その他、個々の統制やリスク管理、コンプライアンスが必要な分野は、各部門の本来業務に加え、「輸出管理
        委員会」、「全社環境会議」および「労使協議会・機能別労使懇談会」等の諸活動を通じて、きめ細かな統制活
        動や情報収集を実施しております。さらに、子会社をはじめとした当社グループ会社に対しては、関係会社管理
        制度を通じて、これらの内部統制活動の徹底を図っております。
                                  27/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         従業員に対しては、社会との関係、取引先や外部団体との関係において、企業としてとるべき行動と社員の基
        本的な心構え・行動指針をまとめて、『ダイハツグループ行動指針』を発行し、コンプライアンス等の社内・グ
        ループでの徹底を図っております。また、法律・社会倫理・人権・社内規則等に反する行為が、職場で行われる
        恐れがある場合または行われた場合に、従業員が匿名で情報提供を行うことができる「社員の声」制度も設置
        し、未然防止と万一の場合の早期対処が可能な体制を整えております。
         また、当社は2015年4月、会社法及び会社法施行規則の改正を受け、取締役会において以下の体制整備を決議
        いたしました。
        イ.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・グループ理念やグループ行動指針に基づく、法令及び社会倫理に則った行動の徹底
         ・役員への研修等による法令及び定款に則った行動の徹底
         ・組織横断的な各種会議体での総合的な検討、意思決定
         ・社長が指名する取締役を委員長とし、本部長等を委員とする「内部統制委員会」による当社グループの内部
          統制体制の拡充
         ・業務分掌の明確化及び継続的な改善の維持
         ・従業員へのコンプライアンス教育の実施
         ・相談窓口(「社員の声」)による情報の早期把握及び解決
        ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         ・関係する社内規程並びに法令に基づく、適切な保存、管理
        ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ・各担当部署または全社横断的な各種委員会による安全、品質等の様々なリスク及びコンプライアンスの管理
        ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ・中長期の経営計画、年度方針を基にした一貫した方針管理
        ホ.当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         1)子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制及び子会社の損失の危険の管理に関
          する規程その他の体制
         ・関係会社管理制度を通じた経営上重要な事項の当社への報告
         ・子会社各社の窓口担当部署及びリスク分野ごとの担当部署の連携によるグループ全体のリスク管理
         2)子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ・子会社各社の窓口担当部署等を通じた課題の共有等によるグループ全体の方針管理
         ・当社グループ間での役員及び従業員の人事交流
         3)子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・グループ理念、グループ行動指針の当社グループ全社員周知徹底
         ・子会社へのコンプライアンス研修の提供
         ・子会社各社の窓口担当部署等による子会社のコンプライアンス活動状況の定期的ヒヤリング
         ・子会社の使用人が直接通報することができる相談窓口(「ダイハツグループヘルプライン」)の整備
        ヘ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使用
          人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関する事項
         ・監査役の監査部所属職員に対する監査業務命令及び当該命令に関する独立性の確保
        ト.監査役への報告に関する体制及び当該報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受け
          ないことを確保するための体制
         ・当社の取締役及び使用人から、当社の監査役に対する、主な業務執行に関する適切な報告及び著しい損害の
          恐れがある事実に関する迅速な報告、及び各社の取締役及び使用人から、各社の監査役と当社の監査役に対
          する、主な業務執行に関する適切な報告及び著しい損害の恐れがある事実に関する迅速な報告
         ・「社員の声」及び「ダイハツグループヘルプライン」担当部署からの定期的な当社の監査役に対する提言内
          容等の報告
         ・当社及び当社の子会社の監査役に報告を行った、当社及び当社の子会社の役員及び使用人に対する、不利な
          取り扱いの禁止
                                  28/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        チ.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用
          又は債務の処理に係る方針に関する事項
         ・監査役の職務の執行に必要な費用に関して毎年予算を設ける
        リ.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保する体制
         ・主な役員会議体出席、重要書類閲覧、会計監査人との情報交換、専門知識を有する外部人材の任用確保
       ③  内部監査及び監査役監査

         当社の監査役は、常勤監査役1名及び社外監査役3名(含む)独立役員2名で、監査方針及び監査計画に基づ
        き、取締役会及びその他の重要会議体への出席、重要な書類の調査、内部監査部門からの聴取、事業場往査、子
        会社調査を実施するなどして、取締役の職務執行を監査しております。
        ・監査役と会計監査人の連携
         監査役の監査計画及びその実績については会計監査人に報告されており、また、会計監査人の監査計画は監査
        役と協議のうえ決定され、その実績は監査役に報告されております。四半期決算及び期末決算時には会計監査人
        による監査報告会を実施し、子会社等への往査については、監査役が同行するとともに往査報告会を実施してい
        るほか、必要に応じて監査役は会計監査人と意見交換を行っております。
        ・監査役と内部監査部門との連携
         また、当社の内部監査部門としては、当社及び関係会社を対象とした財務、経理及び内部統制の監査を行う組
        織として、社長直属の監査部を置いております。常勤監査役から監査部に対し、原則として月2回、取締役会等
        の議事に関して情報連絡を行っております。また、監査部からは、内部監査計画、監査実施状況について監査役
        への報告を随時実施し、情報交換を行っております。
         さらに、内部統制部門及びコンプライアンス部門とも定期的に意見交換を実施し、相互の意思疎通及び情報収
        集に努めております。
       ④  社外取締役と社外監査役

         当社は、特定の利害関係者に偏ることなく公正に会社が社会において果たす役割を認識し、経営者の職務執行
        の客観性及び中立性を確保することができることを基準として考え、社外取締役を1名及び社外監査役を3名
        (提出日現在)選任しております。
         社外取締役は、当社の経営判断・意思決定に加わると共に、専門分野を含めた幅広い経験、見識に基づいた助
        言を行っております。
         また社外監査役は、取締役会に出席するとともに、幅広い観点から、取締役への助言や他の監査役との意見交
        換を行っております。なお、社外取締役と社外監査役の両方に対して、取締役会の開催にあたっては事前に議題
        の案内を行い、内容の説明を行っております。
         社外取締役である山本健司氏については、北浜法律事務所・外国法共同事業のパートナーであり、当社は同事
        務所に対して弁護士報酬を支払っておりますが、その性質・金額に照らして、同氏の独立性に影響を及ぼすおそ
        れはなく、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれもありません。山本健司氏個人と当社との間には、特別な
        利害関係はありません。同氏は、一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員として東京証券取引所に届
        け出ており、弁護士としての専門的な見識、経験に基づき、助言を行っております。
         社外監査役3名のうち、池渕浩介氏は、当社の親会社であるトヨタ自動車株式会社の顧問・技監であります。
        トヨタ自動車株式会社と当社との取引関係は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」及び「第5 経理の状
        況 関連当事者情報」に記載のとおりであります。また、池渕浩介氏個人と当社との間には、特別な利害関係は
        ありません。池渕浩介氏はトヨタ自動車株式会社の出身であり、当社の事業に精通しており、その見識ならびに
        実務経験を活かして、経営者に対し助言、指導を行っております。
                                  29/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         2015年6月開催の第174回定時株主総会において新たに選任された北島義貴氏は、トヨタカローラ徳島株式会社
        の代表取締役であります。当社とトヨタカローラ徳島株式会社との間には取引がありますが、一般消費者として
        の通常取引であり、取引の規模、性質に照らして、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断して
        おります。また、北島義貴氏は当社の親会社の業務執行者でありましたが、在籍期間も非常に短く、加えて退職
        後30年近くも経過しており、一般株主と利益相反が生じるおそれはないと判断しております。北島義貴氏は、長
        年にわたりトヨタカローラ徳島株式会社の経営に携わり、その経歴を通じて培った経営の専門家としての経験・
        視点を活かして、経営者に対し助言、指導を行うことを期待しております。同じく、2015年6月開催の第174回定
        時株主総会において新たに選任された山本房弘氏は、山本房弘会計事務所の所長であります。当社と山本房弘会
        計事務所との間に取引関係はありません。山本房弘氏は当社の会計監査人の業務執行者でありましたが、当社の
        監査に直接関与した事実はなく、加えて既に退職しており、一般株主と利益相反が生じるおそれはないと判断し
        ております。なお、山本房弘氏は、当社の特定関係事業者の使用人の三親等以内の親族であります。山本房弘氏
        は、会計士として監査実務に精通し、高い見識を有しており、それらを活かして経営者に対し助言、指導を行う
        ことを期待しております。なお、当社では、北島義貴氏と山本房弘氏を独立役員に指定しております。
         なお、当社と社外取締役1名及び社外監査役3名との資本的関係については、「第4 提出会社の状況 5 役
        員の状況」に記載のとおりであります。
       ⑤  役員の報酬等

        イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額

                                             対象となる
                     報酬等の総額
                                 (百万円)
            役員区分                                  役員の員数
                     (百万円)
                                              (名)
                              基本報酬         賞与
        取締役                  504        371        132        12
        監査役
                          40        30        10        1
        (社外監査役を除く。)
        社外役員                  19        16         3        3
        ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ハ.役員の報酬等の額の決定に関する方針

          ・基本報酬について
             株主総会で決議した総額の枠内で、使用人(従業員)及び役員間のバランスを加味して毎年策定して
            おります。経営環境の変化を加味し、取締役は取締役会に付議、監査役は監査役の協議により個別に決
            定しております。
          ・賞与について
             業績連動を基本的考え方として、「配当の状況」、「従業員の妥結月数」、「役員間のバランス」、
            「過去の実績推移」等を加味し支給総額を取締役会にて審議の上、株主総会で毎年決議し、取締役は取
            締役会に付議、監査役は監査役の協議により個別に決定しております。
          ・退職慰労金について
             任期毎の職務・成果を反映した透明性の高い報酬体系を目指し、取締役については「業績連動型報酬
            への移行」、監査役についても「経営に関する監査の独立性を高める」ため、平成21年6月に廃止して
            おります。
       ⑥  株式の保有状況

        イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
                               96銘柄
            銘柄数
            貸借対照表計上額の合計額                   51,063百万円
                                  30/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表
          計上額及び保有目的
          (前事業年度)
           特定投資株式
                                      貸借対照表
                                株式数
                    銘柄                    計上額          保有目的
                                (株)
                                      (百万円)
           ㈱三菱UFJフィナンシャル・グル-プ                     27,079,763         15,354    金融関連取引の維持・発展
           ㈱エクセディ                     1,241,625         3,585   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱三井住友フィナンシャルグル-プ                      587,419        2,589   金融関連取引の維持・発展
           関西ペイント㈱                     1,474,979         2,175   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱みずほフィナンシャルグル-プ                     10,400,850         2,121   金融関連取引の維持・発展
           MS&ADインシュアランスグループホール
                                 651,118        1,539   金融関連取引の維持・発展
           ディングス㈱
           日本精工㈱                     1,200,831         1,275   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ                      782,600        1,274   自動車関連取引の維持・発展
           日本通運㈱                     2,060,000         1,040   自動車関連取引の維持・発展
           伊藤忠商事㈱                      850,500        1,025   自動車関連取引の維持・発展
           野村ホ-ルディングス㈱                     1,355,553          897   金融関連取引の維持・発展
           パナソニック㈱                      763,254         895   自動車関連取引の維持・発展
           日野自動車㈱                      525,000         803   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱大和証券グループ本社                      723,408         649   金融関連取引の維持・発展
           市光工業㈱                     2,712,384          379   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱大林組                      639,378         372   自動車関連取引の維持・発展
           極東開発工業㈱                      217,800         324   自動車関連取引の維持・発展
           三井住友トラスト・ホ-ルディングス㈱                      632,874         294   金融関連取引の維持・発展
           ㈱りそなホ-ルディングス                      569,600         284   金融関連取引の維持・発展
           ㈱IHI                      600,000         260   自動車関連取引の維持・発展
           ITホールディングス㈱                      145,200         245   自動車関連取引の維持・発展
           旭硝子㈱                      317,648         189   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱不二越                      260,775         177   自動車関連取引の維持・発展
           豊田通商㈱                       66,701        174   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱池田泉州ホールディングス                      369,041         173   金融関連取引の維持・発展
           NTN㈱                      393,867         138   自動車関連取引の維持・発展
           石油資源開発㈱                       40,000        137   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱日立製作所                      160,450         122   自動車関連取引の維持・発展
            みなし保有株式

                                      貸借対照表
                                株式数
                    銘柄                    計上額          保有目的
                                (株)
                                      (百万円)
           ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ                     3,150,000         5,128    退職給付信託
           ㈱みずほフィナンシャルグループ                     2,740,000          558   退職給付信託
           (注1)特定投資株式の㈱IHI、ITホールディングス㈱等は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の
           1以下であるが、特定投資株式とみなし保有株式を合わせて上位30銘柄について記載しております。
           (注2)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりま
           せん。
                                  31/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
          (当事業年度)
           特定投資株式
                                      貸借対照表
                                株式数
                    銘柄                    計上額          保有目的
                                (株)
                                      (百万円)
           ㈱三菱UFJフィナンシャル・グル-プ                     27,079,763         20,139    金融関連取引の維持・発展
           ㈱エクセディ                     1,241,625         3,554   自動車関連取引の維持・発展
           関西ペイント㈱                     1,474,979         3,221   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱三井住友フィナンシャルグル-プ                      587,419        2,703   金融関連取引の維持・発展
           ㈱みずほフィナンシャルグル-プ                     10,400,850         2,195   金融関連取引の維持・発展
           MS&ADインシュアランスグループホール
                                 651,118        2,194   金融関連取引の維持・発展
           ディングス㈱
           日本精工㈱                     1,200,831         2,111   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ                      782,600        1,632   自動車関連取引の維持・発展
           日本通運㈱                     2,060,000         1,384   自動車関連取引の維持・発展
           パナソニック㈱                      763,254        1,203   自動車関連取引の維持・発展
           伊藤忠商事㈱                      850,500        1,106   自動車関連取引の維持・発展
           野村ホ-ルディングス㈱                     1,355,553          957   金融関連取引の維持・発展
           日野自動車㈱                      525,000         900   自動車関連取引の維持・発展
           市光工業㈱                     2,712,384          702   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱大和証券グループ本社                      723,408         684   金融関連取引の維持・発展
           ㈱大林組                      639,378         498   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱りそなホ-ルディングス                      569,600         339   金融関連取引の維持・発展
           ㈱IHI                      600,000         337   自動車関連取引の維持・発展
           ITホールディングス㈱                      145,200         318   自動車関連取引の維持・発展
           三井住友トラスト・ホ-ルディングス㈱                      632,874         313   金融関連取引の維持・発展
           極東開発工業㈱                      217,800         296   自動車関連取引の維持・発展
           NTN㈱                      393,867         250   自動車関連取引の維持・発展
           旭硝子㈱                      317,648         250   自動車関連取引の維持・発展
           豊田通商㈱                       66,701        212   自動車関連取引の維持・発展
           ㈱池田泉州ホールディングス                      369,041         210   金融関連取引の維持・発展
           ㈱不二越                      260,775         171   自動車関連取引の維持・発展
           石油資源開発㈱                       40,000        163   自動車関連取引の維持・発展
           愛三工業㈱                      145,611         150   自動車関連取引の維持・発展
            みなし保有株式

                                      貸借対照表
                                株式数
                    銘柄                    計上額          保有目的
                                (株)
                                      (百万円)
           ㈱エヌ・ティ・ティ・ドコモ                     3,150,000         6,569    退職給付信託
           ㈱みずほフィナンシャルグループ                     2,740,000          578   退職給付信託
           (注1)特定投資株式のNTN㈱、旭硝子㈱等は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下である
           が、特定投資株式とみなし保有株式を合わせて上位30銘柄について記載しております。
           (注2)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりま
           せん。
                                  32/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       ⑦  会計監査
         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は萩森正彦および河瀬博幸であり、あらた監査法人に所属しており
        ます。当年度の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士13名、その他の従事者20名であります。
       ⑧  定款の定め

        ・取締役の定数
          当社の取締役は、15名以内とする旨を定款で定めております。
        ・取締役の選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は、累積投票によらない旨を定款で定めてお
         ります。
        ・剰余金の配当等
          当社は、機動的な配当政策が遂行できるように、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
         て毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
        ・取締役及び監査役の責任免除
          当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の
         規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を
         含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役の決議によって免除することができる旨を定款に定
         めております。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                103            ▶          101           -
       連結子会社                 42           -           44           -

          計               145            ▶          145           -

       ②  【その他重要な報酬の内容】

        (前連結会計年度)
         当社の連結子会社であるダイハツ・ドイツ㈲、アストラ・ダイハツ・モーター㈱、明石機械マレーシア㈱およ
        びアカシ・ワハナ・インドネシア㈱は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているプライス
        ウォーターハウスクーパースに対して、監査証明業務に基づく報酬を30百万円支払っております。
        (当連結会計年度)
         当社の連結子会社であるダイハツ・ドイツ㈲、アストラ・ダイハツ・モーター㈱、明石機械マレーシア㈱およ
        びアカシ・ワハナ・インドネシア㈱等は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているプライス
        ウォーターハウスクーパースに対して、監査証明業務に基づく報酬を29百万円支払っております。
                                  33/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
        (前連結会計年度)
         当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、システム管理態勢に関するアドバ
        イザリー業務であります。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としては、会社と監査法人との間で合意した監査計画に
        基づき、監査の内容および監査日数等を勘案し、毎期交渉の上、決定しております。なお、監査報酬の決定にあ
        たっては、監査役会の同意を得ております。
                                  34/103

















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
       下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成26年4月1日から平成27年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成26年4月1日から平成27年3月31日まで)の財務諸表について、あらた監査
      法人による監査を受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、会計基準等の内容を適切に把握し、基準等の変更等について適切に対応できる体制を整備するため、公益
      財団法人財務会計基準機構へ加入しております。
                                  35/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                150,341              135,872
         預け金                                208,316              171,996
         受取手形及び売掛金                                309,786              332,444
         電子記録債権                                 6,159              5,745
         商品及び製品                                 30,733              52,898
         仕掛品                                 16,489              16,313
         原材料及び貯蔵品                                 25,564              26,574
         繰延税金資産                                 28,672              24,645
         その他                                 79,140              79,700
                                         △ 1,644             △ 1,755
         貸倒引当金
         流動資産合計                                853,559              844,436
       固定資産
         有形固定資産
                                     ※2 , ※4  148,168          ※2 , ※4  172,154
           建物及び構築物(純額)
                                     ※2 , ※4  129,153          ※2 , ※4  166,099
           機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※2 , ※4  129,839          ※2 , ※4  135,338
           土地
           建設仮勘定                               30,681              20,311
                                       ※4  30,149            ※4  43,068
           その他(純額)
                                       ※1  467,991            ※1  536,972
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          6,940              8,007
         投資その他の資産
                                     ※2 , ※3  96,017         ※2 , ※3  111,043
           投資有価証券
           長期貸付金                                845              782
           繰延税金資産                               18,270               9,465
           退職給付に係る資産                                452             3,315
           その他                               5,726              4,800
           貸倒引当金                               △ 261             △ 220
           投資その他の資産合計                              121,051              129,187
         固定資産合計                                595,982              674,167
       資産合計                                 1,449,542              1,518,604
                                  36/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                                214,708              191,280
         電子記録債務                                66,493              99,278
                                      ※2  113,901            ※2  129,025
         短期借入金
         未払法人税等                                22,353              10,144
         未払費用                                82,616              72,272
         役員賞与引当金                                  454              442
         製品保証引当金                                15,769              15,506
                                         114,752              112,407
         その他
         流動負債合計                                631,050              630,358
       固定負債
                                       ※2  59,805            ※2  62,330
         長期借入金
         繰延税金負債                                 2,532              5,484
         役員退職慰労引当金                                 1,650              1,773
         退職給付に係る負債                                83,265              62,290
                                          5,620              5,193
         その他
         固定負債合計                                152,873              137,072
       負債合計                                  783,924              767,430
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                28,404              28,404
         資本剰余金                                10,949              10,963
         利益剰余金                                514,793              572,337
                                          △ 610             △ 610
         自己株式
         株主資本合計                                553,536              611,094
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                18,382              26,204
         繰延ヘッジ損益                                 △ 14               0
         為替換算調整勘定                                △ 7,521             △ 4,298
                                        △ 13,342             △ 14,492
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                △ 2,496              7,414
       少数株主持分                                  114,577              132,664
       純資産合計                                  665,617              751,173
      負債純資産合計                                  1,449,542              1,518,604
                                  37/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
      売上高                                  1,913,259              1,817,103
                                     ※2  1,481,630            ※2  1,446,747
      売上原価
      売上総利益                                   431,628              370,355
                                    ※1 , ※2  284,885          ※1 , ※2  259,742
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                   146,743              110,613
      営業外収益
       受取利息                                  6,254              6,750
       受取配当金                                   939             1,168
       固定資産売却益                                   469              162
       持分法による投資利益                                  6,429              6,611
       為替差益                                  3,022              3,768
                                          4,891              3,241
       雑収入
       営業外収益合計                                  22,006              21,702
      営業外費用
       支払利息                                  1,671              1,324
       固定資産除売却損                                  1,696              1,916
                                          1,888              1,974
       雑損失
       営業外費用合計                                  5,256              5,215
      経常利益                                   163,494              127,100
      特別利益
                                        ※3  523            ※3  881
       補助金収入
       特別利益合計                                   523              881
      特別損失
                                       ※4  1,793              ※4  31
       減損損失
                                        ※5  523            ※5  667
       固定資産圧縮損
       特別損失合計                                  2,316               698
      税金等調整前当期純利益                                   161,701              127,283
      法人税、住民税及び事業税
                                         52,319              29,490
                                           384             5,784
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    52,704              35,274
      少数株主損益調整前当期純利益
                                         108,996               92,009
                                         25,298              23,863
      少数株主利益
      当期純利益                                    83,698              68,145
                                  38/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
      少数株主損益調整前当期純利益                                   108,996               92,009
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  3,024              7,751
       繰延ヘッジ損益                                    48              24
       為替換算調整勘定                                  3,373              6,987
                                           -            △ 1,224
       退職給付に係る調整額
       持分法適用会社に対する持分相当額                                  2,426              1,876
                                       ※1  8,873           ※1  15,416
       その他の包括利益合計
      包括利益                                   117,869              107,425
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                                  87,506              78,056
       少数株主に係る包括利益                                  30,363              29,368
                                  39/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成25年4月1日 至           平成26年3月31日)
                                      (単位:百万円)

                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             28,404      10,896      454,978       △ 667    493,611
      会計方針の変更によ
                                            -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  28,404      10,896      454,978       △ 667    493,611
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                       △ 23,882            △ 23,882
      当期純利益                        83,698            83,698
      自己株式の取得                                △ 7     △ 7
      自己株式の処分                    52            64      116
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               -      52    59,815        56    59,924
     当期末残高             28,404      10,949      514,793       △ 610    553,536
                          その他の包括利益累計額

                 その他                  退職給付      その他の
                                              少数株主持分       純資産合計
                      繰延ヘッジ       為替換算
                有価証券                  に係る調整       包括利益
                       損益     調整勘定
                評価差額金                   累計額     累計額合計
     当期首残高             15,390       △ 71    △ 8,280       -     7,038      91,099      591,750
      会計方針の変更によ
                                                         -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  15,390       △ 71    △ 8,280       -     7,038      91,099      591,750
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 23,882
      当期純利益                                                 83,698
      自己株式の取得                                                  △ 7
      自己株式の処分                                                  116
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純            2,992       56      759    △ 13,342      △ 9,535      23,477      13,942
      額)
     当期変動額合計             2,992       56      759    △ 13,342      △ 9,535      23,477      73,867
     当期末残高             18,382       △ 14    △ 7,521     △ 13,342      △ 2,496     114,577      665,617
                                  40/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
                                      (単位:百万円)
                             株主資本
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             28,404      10,949      514,793       △ 610    553,536
      会計方針の変更によ
                              13,281            13,281
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  28,404      10,949      528,075       △ 610    566,818
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                       △ 23,882            △ 23,882
      当期純利益                        68,145            68,145
      自己株式の取得                                △ ▶     △ ▶
      自己株式の処分                    13             3      17
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               -      13    44,262       △ 0    44,276
     当期末残高             28,404      10,963      572,337       △ 610    611,094
                          その他の包括利益累計額

                 その他                  退職給付      その他の
                                              少数株主持分       純資産合計
                      繰延ヘッジ       為替換算
                有価証券                  に係る調整       包括利益
                       損益     調整勘定
                評価差額金                   累計額     累計額合計
     当期首残高             18,382       △ 14    △ 7,521     △ 13,342      △ 2,496     114,577      665,617
      会計方針の変更によ
                                                  112     13,393
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  18,382       △ 14    △ 7,521     △ 13,342      △ 2,496     114,689      679,011
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 23,882
      当期純利益                                                 68,145
      自己株式の取得                                                  △ ▶
      自己株式の処分                                                   17
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純            7,821       15     3,223     △ 1,149      9,910      17,974      27,885
      額)
     当期変動額合計             7,821       15     3,223     △ 1,149      9,910      17,974      72,162
     当期末残高             26,204        0    △ 4,298     △ 14,492       7,414     132,664      751,173
                                  41/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益                                 161,701              127,283
       減価償却費                                  66,747              80,824
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   141               56
       受取利息及び受取配当金                                 △ 7,193             △ 7,918
       支払利息                                  1,671              1,324
       為替差損益(△は益)                                  △ 492              △ 0
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 6,429             △ 6,611
       有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 469             △ 162
       有形固定資産除却損                                  1,696              1,916
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 22              △ 5
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                    ▶              0
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 25,978             △ 20,516
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  3,390             △ 22,144
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 16,071               7,020
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   110              106
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  19,967             △ 20,974
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                    58             1,049
                                        △ 13,127              △ 7,517
       その他
       小計                                 185,704              133,730
       利息及び配当金の受取額
                                          9,120              10,109
       利息の支払額                                 △ 1,691             △ 1,306
       法人税等の支払額                                 △ 53,966             △ 44,081
                                           217             2,224
       法人税等の還付額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 139,383              100,676
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                  △ 131             △ 153
       定期預金の払戻による収入                                   127              263
       預け金の預入による支出                                 △ 37,000             △ 58,000
       預け金の払戻による収入                                    -            76,000
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 90,257             △ 137,849
       有形固定資産の売却による収入                                  2,375              1,952
       投資有価証券の取得による支出                                   △ 87              △ 7
       投資有価証券の売却による収入                                    36               6
       子会社株式の取得による支出                                   △ 0             △ 6
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                           -             △ 498
       る支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                           -              861
       る収入
       短期貸付金の純増減額(△は増加)                                 △ 1,264               699
       長期貸付けによる支出                                  △ 379             △ 509
                                          1,429               575
       長期貸付金の回収による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 125,151             △ 116,665
                                  42/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  2,582              10,047
       長期借入れによる収入                                  33,532              29,993
       長期借入金の返済による支出                                 △ 28,107             △ 22,943
       自己株式の取得による支出                                   △ 5             △ 0
       配当金の支払額                                 △ 23,882             △ 23,882
       少数株主への配当金の支払額                                 △ 9,451             △ 14,497
       少数株主からの払込みによる収入                                  2,985              2,695
       リース債務の返済による支出                                   △ 87             △ 827
                                           -              30
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 22,434             △ 19,384
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                    5,034              2,564
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 3,168             △ 32,808
      現金及び現金同等物の期首残高                                   324,692              321,524
                                      ※1  321,524            ※1  288,715
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  43/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
        (連結子会社……        58 社)
        主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しております。
        子会社は全て連結の範囲に含めております。
         ナショナル・エンジン・マニュファクチャリング㈱(政府申請中)は当連結会計年度において新たに設立した
        ため連結の範囲に含めております。
         前連結会計年度まで持分法適用会社であった福井ダイハツ販売㈱、信和ビルディング㈱は、株式を取得したこ
        とにより子会社となったため、連結の範囲に含めております。
         前連結会計年度まで連結子会社であった㈱ダイハツ・テクナーは、連結子会社である㈱ビジネスサポートセン
        ターと合併したことにより消滅し、社名を㈱ダイハツビジネスサポートセンターに変更いたしました。
      2 持分法の適用に関する事項

       (イ)持分法適用の関連会社……              16 社
        主要な会社は、ダイハツディーゼル㈱、㈱メタルアート及び大阪ダイハツ販売㈱であります。
         連結子会社化により、福井ダイハツ販売㈱、信和ビルディング㈱を持分法適用会社から除外いたしました。
       (ロ)持分法を適用していない関連会社(東濃ダイハツ㈱ほか、合計3社)は、それぞれ連結純損益及び連結利益剰余

         金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用から除外しております。
       (ハ)持分法の適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度にかかる財務諸表を

         使用しております。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

         連結子会社のうち、プロドゥア・オート・コーポレーション㈱、プロドゥア・マニュファクチャリング㈱、プ
        ロドゥア・エンジン・マニュファクチャリング㈱、プロドゥア・グローバル・マニュファクチャリング㈱、天津
        ダイハツ精密機械有限公司、ダイハツ(上海)商貿有限公司の6社の決算日は、12月31日であります。連結財務
        諸表の作成に当たっては同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上
        必要な調整を行っております。
                                  44/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      4 会計処理基準に関する事項
       (イ)有価証券の評価基準及び評価方法
         その他有価証券
          時価のあるもの
           …期末日の市場価格等に基づく時価法
            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定することとしている)
          時価のないもの
           …移動平均法による原価法
       (ロ)たな卸資産の評価基準及び評価方法

         製品(製造車両)
          …主として総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         商品(補給用部品)
          …主として総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         商品(購入車両)
          …主として個別法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         原材料及び貯蔵品
          …主として総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         仕掛品
          …主として総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
       (ハ)重要な減価償却資産の減価償却の方法

        <有形固定資産>(リース資産を除く)
          主として定率法
          ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用しております。
          また、当社及び国内連結子会社は、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで
         償却が終了した連結会計年度の翌連結会計年度から取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間で均等
         償却しております。
        <無形固定資産>

          定額法
        <リース資産>

         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           なお、リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引のうち、
          リース取引開始日が平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた
          会計処理によっております。
                                  45/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       (ニ)重要な引当金の計上基準
        <貸倒引当金>
          売掛金等の貸金の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
         特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        <役員賞与引当金>

          役員賞与の支出に備えて、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
        <役員退職慰労引当金>

          役員および執行役員の退職慰労金の支出に備えて、内規に基づき期末要支給額を計上しております。
        <製品保証引当金>

          保証書に基づく製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、保証期間内のサービス費用見積
         額を計上しております。
       (ホ)退職給付に係る会計処理の方法

        <退職給付見込額の期間帰属方法>
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
         は、給付算定式基準によっております。
        <数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法>

          過去勤務費用は、主としてその発生時の従業員の平均残存勤務期間(17年)による定額法により費用処理し
         ております。
          数理計算上の差異は、主として各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間(17年)                                                   によ
         る定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
        <小規模企業等における簡便法の採用>

          一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給
         額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          また、一部の連結子会社は、複数事業主制度を採用しており、年金財政計算上の最低積立基準額残高に基づ
         く退職給付債務相当額及び年金資産相当額の差額を退職給付に係る負債に計上しております。
       (ヘ)のれんの償却方法及び償却期間

          のれんの償却については、僅少なため発生期の損益としております。
       (ト)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

          連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金
         及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヵ月以内に償
         還期限の到来する短期投資からなります。
       (チ)消費税等の会計処理の方法

          税抜方式によっております。
                                  46/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (会計方針の変更)
        (退職給付に関する会計基準等の適用)
        「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
       う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。以下
       「退職給付適用指針」という。)を退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた定
       めについて当連結会計年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰
       属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更並びに割引率の決定方法を割引率決定の基礎となる債券の期間に
       ついて従業員の平均残存勤務期間に近似した年数を基礎に決定する方法から退職給付の支払見込期間及び支払見込
       期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更いたしました。
        退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当連結会計
       年度の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減しておりま
       す。
        この結果、当連結会計年度の期首の退職給付に係る負債が18,540百万円減少、退職給付に係る資産が2,502百万円
       増加、利益剰余金が13,281百万円増加しております。
        これにより、当連結会計年度の1株当たり純資産額は31円16銭増加しております。また、この変更による当連結
       会計年度の損益及びセグメント情報並びに1株当たり当期純利益金額に与える影響は軽微であります。
        (未適用の会計基準等)

      ・「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日)
      ・「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                             平成25年9月13日)
      ・「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                            平成25年9月13日)
      ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号                                 平成25年9月13日)
      ・「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                                平成25年9月13
       日)
      ・「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号                                           平成25年9月13日)
      (1) 概要

        本会計基準等は、①子会社株式の追加取得等において支配が継続している場合の子会社に対する親会社の持分変
       動の取扱い、②取得関連費用の取扱い、③当期純利益の表示及び少数株主持分から非支配株主持分への変更、④暫
       定的な会計処理の取扱いを中心に改正されたものです。
      (2) 適用予定日

        平成28年3月期の期首より適用予定です。なお、暫定的な会計処理の取扱いについては、平成28年3月期の期首
       以後実施される企業結合から適用予定です。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
        (表示方法の変更)

       (連結損益計算書)
        前連結会計年度において、費目別に区分掲記しておりました「販売費及び一般管理費」は、当連結会計年度より
       連結損益計算書の一覧性及び明瞭性を高めるため「販売費及び一般管理費」として一括掲記し、その主要な費目及
       び金額を注記する方法に変更しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸
       表の組替えを行っております。
        なお、前連結会計年度及び当連結会計年度における販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は「注記事項
       (連結損益計算書関係)」に記載のとおりであります。
                                  47/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (追加情報)
        (インドネシアの税務裁判)
        インドネシアの連結子会社(アストラ・ダイハツ・モーター㈱)は、インドネシア国税当局より受け取った平成20
       年3月期及び平成21年3月期の関係会社間のロイヤルティー取引価格等に関する更正通知を不服とし、税務裁判所
       に提訴し当社及び連結子会社の見解の正当性を主張してまいりました。当該更正処分に対して、当社及び連結子会
       社は、未だ税務賦課決定がなされていない期間も含め同取引にかかる将来の課税リスクを見積もり、「流動負債」
       の「未払法人税等」に計上しておりました。
        平成27年1月に当社及び連結子会社は税務裁判所より判決書を受領しました。判決はインドネシア国税当局の主
       張に合理性はなく当社及び連結子会社の見解の正当性を認めるものであったため、未払法人税等の計上額を見直
       し、取り崩した金額(4,199百万円)を「法人税、住民税及び事業税」に計上しております。
        また、平成21年3月期の売上取引価格等に関する更正通知も不服とし、税務裁判所に提訴し当社及び連結子会社
       の見解の正当性を主張してまいりましたが、平成27年1月に税務裁判所より判決書を受領しました。判決は、イン
       ドネシア国税当局の主張に合理性はなく当社及び連結子会社の見解の正当性を認めるものでありました。
                                  48/103
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (連結貸借対照表関係)
      1 ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
        有形固定資産の減価償却累計額                       821,208    百万円             849,274    百万円
        ※2 このうち担保に供している資産

           (担保提供資産)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         建物及び構築物                       5,965   百万円              5,766   百万円
         機械装置及び運搬具                          6 百万円                6 百万円
         土地                       12,654   百万円              12,268   百万円
         投資有価証券                         62 百万円                62 百万円
         計                       18,689   百万円              18,103   百万円
           (上記に対応する債務)

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         短期借入金                       7,655   百万円              9,160   百万円
         長期借入金(含む1年以内)                        704  百万円               554  百万円
         計                       8,359   百万円              9,714   百万円
        ※3 関連会社に対するものは次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         投資有価証券(株式)                       54,204   百万円              59,129   百万円
        ※4      前連結会計年度(平成26年3月31日)

            国庫補助金等(企業設備投資特別助成金、低公害自動車普及基盤整備事業費補助金、保険差益、中津市
           企業立地促進補助金、新エネルギー事業者支援対策費補助金、住宅・構築物高効率エネルギーシステム導
           入促進事業費補助金、久留米市産業立地交付金、島根県企業立地促進補助金、福岡県企業立地促進交付
           金、出雲市立地企業事業拡張補助金、自家発電設備導入促進事業費補助金及び久留米市グリーンアジア国
           際戦略総合特区事業推進交付金)を受領したことにより、建物647百万円、構築物8百万円、機械装置912
           百万円、工具、器具及び備品5百万円及び土地402百万円を取得価額より直接減額しております。
           当連結会計年度(平成27年3月31日)

            国庫補助金等(企業設備投資特別助成金、低公害自動車普及基盤整備事業費補助金、中津市企業立地促
           進補助金、新エネルギー事業者支援対策費補助金、久留米市産業立地交付金、福岡県企業立地促進交付
           金、自家発電設備導入促進事業費補助金、久留米市グリーンアジア国際戦略総合特区事業推進交付金及び
           国内立地推進事業費補助金等)を受領したことにより、建物721百万円、構築物8百万円、機械装置1,719
           百万円、工具、器具及び備品5百万円及び土地402百万円を取得価額より直接減額しております。
      2 保証債務

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
                                   被保証債務                 被保証債務
         被保証者                 保証債務残高                 保証債務残高
                                    の内容                 の内容
                                   金融機関借入                 金融機関借入
         従業員                    11 百万円                8 百万円
                                   (住宅ローン)                 (住宅ローン)
                                  49/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (連結損益計算書関係)
      ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         販売奨励金                      23,268    百万円             26,481    百万円
         製品保証引当金繰入額                      12,800    百万円             12,800    百万円
         給料及び賞与                      81,969    百万円             85,224    百万円
         退職給付費用                       3,961   百万円              4,175   百万円
         貸倒引当金繰入額                        669  百万円               73  百万円
      ※2 製造費用及び一般管理費に含まれる研究開発費は次のとおりであります。

                 前連結会計年度                         当連結会計年度
               (自    平成25年4月1日                      (自    平成26年4月1日
               至   平成26年3月31日)                       至   平成27年3月31日)
                  46,482   百万円                      45,205   百万円
      ※3 前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

          補助金収入は、福岡県企業立地促進交付金及び久留米市グリーンアジア国際戦略総合特区事業推進交付金を
         交付されたものであります。
         当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

          補助金収入は、国内立地推進事業費補助金、福岡県企業立地促進交付金及び久留米市グリーンアジア国際戦
         略総合特区事業推進交付金を交付されたものであります。
      ※4 前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

         当社グループは以下の資産について減損損失を計上しております。
             用途         種類         場所
            遊休資産          土地        大阪府他
         当社グループは、自動車用資産、遊休資産の区分にて資産のグルーピングを行っております。
         上記の資産は今後の利用計画も無く、時価も著しく低下しているため、帳簿価格を回収可能価額まで減額し、
        当該減少額を減損損失(1,793百万円)として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価格に
        より測定しており、時価については、重要性が乏しいため、土地は固定資産税評価額を基礎として算定した公示
        価格相当額をもとに評価しております。
         当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

         当社グループは以下の資産について減損損失を計上しております。
             用途         種類         場所
            遊休資産          土地        静岡県他
         当社グループは、自動車用資産、遊休資産の区分にて資産のグルーピングを行っております。
         上記の資産は今後の利用計画も無く、時価も著しく低下しているため、帳簿価格を回収可能価額まで減額し、
        当該減少額を減損損失(31百万円)として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価格によ
        り測定しており、時価については、重要性が乏しいため、土地は固定資産税評価額を基礎として算定した公示価
        格相当額をもとに評価しております。
      ※5 前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

         固定資産圧縮損は、上記※3の補助金収入に伴い取得価額から直接減額した価額であります。
         当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

         固定資産圧縮損は、上記※3の補助金収入に伴い取得価額から直接減額した価額であります。
                                  50/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (連結包括利益計算書関係)
      ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額 
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額
                                4,682   百万円              10,123   百万円
                                    〃                 〃
          組替調整額                       △18                  -
           税効果調整前
                                4,664   百万円              10,123   百万円
                                    〃                 〃
           税効果額
                               △1,639                 △2,371
           その他有価証券評価差額金
                                3,024   百万円              7,751   百万円
         繰延ヘッジ損益
          当期発生額
                                 252  百万円                39 百万円
          組替調整額                      △188    〃               △6   〃
           税効果調整前
                                  64 百万円                32 百万円
           税効果額                      △16   〃               △8   〃
           繰延ヘッジ損益
                                  48 百万円                24 百万円
         為替換算調整勘定
          当期発生額
                                3,275   百万円              7,040   百万円
                                    〃                 〃
          組替調整額                       65                 -
           税効果調整前
                                3,340   百万円              7,040   百万円
           税効果額                      33  〃               △53   〃
           為替換算調整勘定
                                3,373   百万円              6,987   百万円
         退職給付に係る調整額
          当期発生額
                                  ― 百万円             △4,515    百万円
                                    〃                 〃
          組替調整額
                                  ―               2,840
           税効果調整前
                                  ― 百万円             △1,675    百万円
           税効果額                       ―  〃               451   〃
           退職給付に係る調整額
                                  ― 百万円             △1,224    百万円
         持分法適用会社に対する
         持分相当額
          当期発生額
                                2,426   百万円              1,699   百万円
                                  0  〃               176   〃
          組替調整額
           持分法適用会社に対する
                                2,426   百万円              1,876   百万円
           持分相当額
              その他の包括利益合計                  8,873   百万円              15,416   百万円
                                  51/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (連結株主資本等変動計算書関係)
       前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               427,122,966               -           -      427,122,966
       2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                1,022,875             2,786          65,698          959,963
          (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加の内訳は、次の通りであります。
             単元未満株式の買取請求による増加2,771
              株                           
             関係会社への当社出資比率の変更による当社帰属分15株
            普通株式の自己株式の株式数の減少の内訳は、次の通りであります。
             関係会社が売却した自己株式(当社株式)の当社帰属分65,698株
       3 新株予約権等に関する事項
          該当する事項はありません。
       4 配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額
        決議       株式の種類               1株当たり配当額            基準日        効力発生日
                         (百万円)
     平成25年6月27日
                普通株式           14,500          34 円  平成25年3月31日         平成25年6月28日
     定時株主総会
     平成25年10月31日
                普通株式           9,382         22 円  平成25年9月30日         平成25年11月29日
     取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額
     平成26年6月27日
               普通株式      利益剰余金         14,500        34 円  平成26年3月31日         平成26年6月30日
     定時株主総会
                                  52/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)               427,122,966               -           -      427,122,966
       2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 959,963            5,935          15,200          950,698
          (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加の内訳は、次の通りであります。
             単元未満株式の買取請求による増加232
              株                           
             関係会社への当社出資比率の変更による当社帰属分5,703株
            普通株式の自己株式の株式数の減少の内訳は、次の通りであります。
             関係会社が売却した自己株式(当社株式)の当社帰属分15,200株
       3 新株予約権等に関する事項
          該当する事項はありません。
       4 配当に関する事項

        (1) 配当金支払額
                       配当金の総額
        決議       株式の種類               1株当たり配当額            基準日        効力発生日
                         (百万円)
     平成26年6月27日
                普通株式           14,500          34 円  平成26年3月31日         平成26年6月30日
     定時株主総会
     平成26年10月30日
                普通株式           9,382         22 円  平成26年9月30日         平成26年11月28日
     取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額
     平成27年6月26日
               普通株式      利益剰余金         11,088        26 円  平成27年3月31日         平成27年6月29日
     定時株主総会
                                  53/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      1 ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         現金及び預金                      150,341    百万円             135,872    百万円
         預入期間が3ヵ月を超える定期預
                                △131   百万円              △153   百万円
         金
         預け金                      208,316    百万円             171,996    百万円
         預入期間が3ヵ月を超える預け金                      △37,000    百万円             △19,000    百万円
         現金及び現金同等物                      321,524    百万円             288,715    百万円
      2 重要な非資金取引の内容

        ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、以下のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         ファイナンス・リース取引に係る
                                 283  百万円               415  百万円
         資産及び債務の額
                                  54/103














                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (リース取引関係)
        リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・リース取引
      (借手側)
       ① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
         前連結会計年度(平成26年3月31日)
                                      その他

                      機械装置及び運搬具                             合計
                                    (有形固定資産)
         取得価額相当額                 1,133百万円               516百万円            1,650百万円
         減価償却累計額相当額                  969百万円              426百万円             1,396百万円
         期末残高相当額                  164百万円              89百万円             253百万円
         当連結会計年度(平成27年3月31日)

                                      その他

                      機械装置及び運搬具                             合計
                                    (有形固定資産)
                                        ― 百万円
         取得価額相当額                  499百万円                          499百万円
                                        ― 百万円
         減価償却累計額相当額                  440百万円                          440百万円
                                        ― 百万円
         期末残高相当額                  58百万円                          58百万円
       ② 未経過リース料期末残高相当額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         一年内                           99百万円                  36百万円
         一年超                           154百万円                  22百万円
         合計                           253百万円                  58百万円
          なお、取得価額相当額及び未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期

         末残高等に占める割合が低いため、「支払利子込み法」により算定しております。
       ③ 支払リース料及び減価償却費相当額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         支払リース料                        186百万円                 109百万円
         減価償却費相当額                         186百万円                  109百万円
       ④ 減価償却費相当額の算定方法

          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                  55/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
     (1)リース資産の内容
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       有形固定資産
        主として、大型電子計算機及びその周辺機器、金型等であります。
     (2)リース資産の減価償却の方法

       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     2 オペレーティング・リース取引

     (借手側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         一年内                           358百万円                  272百万円
         一年超                          1,130百万円                   940百万円
         合計                          1,488百万円                  1,213百万円
     (貸手側)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         一年内                           76百万円                  76百万円
         一年超                           628百万円                  564百万円
         合計                           705百万円                  641百万円
                                  56/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (金融商品関係)
       前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
      1 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社グループは、販売金融にかかる資金及び設備投資資金等を銀行等金融機関からの借入により調達してお
        り、一時的な余資は親会社であるトヨタ自動車株式会社および銀行等金融機関への短期的な預金等を行っており
        ます。デリバティブ取引は、外貨建ての営業債務および金銭債務の為替変動リスクを回避するため行っており、
        投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクにさらされております。投資有価証
        券は主に取引先企業との業務上、保有する株式であり、時価の変動リスクを伴っております。
         営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務等は、1年以内の支払期日であります。
         借入金は運転資金及び設備投資資金であり、市場及び信用状況により金利が変動するリスクがあります。この
        うち一部は、外貨建てであるため為替相場の変動リスク及び金利の変動リスクにさらされておりますが、デリバ
        ティブ取引(金利通貨スワップ取引)を利用してヘッジしております。
         デリバティブ取引は、将来の為替レートの変動リスクを回避するため、外貨建ての営業債務および借入金に対
        して先物為替予約取引等を利用してリスクヘッジしております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

         営業債権については、取引を行うにあたり与信管理を行っており、また取引先毎の期日管理及び残高管理を
        行っております。投資有価証券については定期的に把握された時価が取締役会に報告されております。
         借入金はグループの借入金の状況を取締役会に報告しております。
         デリバティブ取引の利用にあたっては、その取引の相手方はいずれも信用力の高い銀行であり、信用リスクは
        極めて少ないと認識しております。また、その取引は社内管理規定および取締役会において認められた社内ルー
        ルに基づき行われており、取引の内容は定期的に取締役会等に報告しております。
                                  57/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      2 金融商品の時価等に関する事項
        平成26年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
     (1)現金及び預金                        150,341            150,341               ―
     (2)預け金                        208,316            208,316               ―
     (3)受取手形及び売掛金                        309,786            301,881            △7,905
     (4)電子記録債権                         6,159            6,159              ―
     (5)投資有価証券                        52,915            48,339            △4,576
     (6)長期貸付金                          845            845             ―
           資産計                  728,365            715,883            △12,482
     (1)支払手形及び買掛金                        214,708            214,708               ―
     (2)電子記録債務                        66,493            66,493               ―
     (3)短期借入金                        113,901            113,901               ―
     (4)未払法人税等                        22,353            22,353               ―
     (5)長期借入金                        59,805            60,009              204
           負債計                  477,262            477,466              204
                                                        ―
     デリバティブ取引                          (63)            (63)
      (注)1     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資 産
        (1)  現金及び預金、(2)         預け金及び(4)電子記録債権
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (3)  受取手形及び売掛金
           時価については、一定の期間ごとに区分した債権ごとに債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味し
          た利率により割り引いた現在価値によっております。
        (5)  投資有価証券
           時価については、取引所の価格によっております。
           また、投資有価証券に関する注記事項については、(有価証券関係)注記を参照。
        (6)  長期貸付金
           時価の算定は、適切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値によっております。
       負 債
        (1)  支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務及び(3)                        短期借入金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (4)  未払法人税等
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (5)  長期借入金
           時価については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価
          値等によっております。
       デリバティブ取引
           (デリバティブ取引関係)注記を参照。
      (注)2 非上場株式(連結貸借対照表計上額43,102百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困

          難と認められるため、「(5)投資有価証券」には含めておりません。
                                  58/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (注)3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                        1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内            10年超
            種類
                        (百万円)          (百万円)         (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                     150,341             ―         ―         ―
     受取手形及び売掛金                     216,999          91,440          1,347            ―
     電子記録債権                      6,159            ―         ―         ―
     長期貸付金                       243         602          ―         ―
            合計              373,743          92,043          1,347            ―
      (注)4 借入金の連結決算日後の返済予定額

                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
        種類
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     短期借入金            91,704          ―        ―        ―        ―        ―
     長期借入金            22,196        27,081        31,236        1,114         373         ―

        合計         113,901        27,081        31,236        1,114         373         ―
       当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

      1 金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         当社グループは、販売金融にかかる資金及び設備投資資金等を銀行等金融機関からの借入により調達してお
        り、一時的な余資は親会社であるトヨタ自動車株式会社および銀行等金融機関への短期的な預金等を行っており
        ます。デリバティブ取引は、外貨建ての営業債務および金銭債務の為替変動リスクを回避するため行っており、
        投機的な取引は行わない方針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクにさらされております。投資有価証
        券は主に取引先企業との業務上、保有する株式であり、時価の変動リスクを伴っております。
         営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務等は、1年以内の支払期日であります。
         借入金は運転資金及び設備投資資金であり、市場及び信用状況により金利が変動するリスクがあります。この
        うち一部は、外貨建てであるため為替相場の変動リスク及び金利の変動リスクにさらされておりますが、デリバ
        ティブ取引(金利通貨スワップ取引)を利用してヘッジしております。
         デリバティブ取引は、将来の為替レートの変動リスクを回避するため、外貨建ての営業債務および借入金に対
        して先物為替予約取引等を利用してリスクヘッジしております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

         営業債権については、取引を行うにあたり与信管理を行っており、また取引先毎の期日管理及び残高管理を
        行っております。投資有価証券については定期的に把握された時価が取締役会に報告されております。
         借入金はグループの借入金の状況を取締役会に報告しております。
         デリバティブ取引の利用にあたっては、その取引の相手方はいずれも信用力の高い銀行であり、信用リスクは
        極めて少ないと認識しております。また、その取引は社内管理規定および取締役会において認められた社内ルー
        ルに基づき行われており、取引の内容は定期的に取締役会等に報告しております。
                                  59/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      2 金融商品の時価等に関する事項
        平成27年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                      連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                                                        ―
     (1)現金及び預金                        135,872            135,872
     (2)預け金                        171,996            171,996               ―
     (3)受取手形及び売掛金                        332,444            322,270            △10,174
                                                       ― 
     (4)電子記録債権                         5,745            5,745
     (5)投資有価証券                        64,427            60,565            △3,861
     (6)長期貸付金                          782            782             ―
           資産計                  711,269            697,233            △14,035
     (1)支払手形及び買掛金                        191,280            191,280               ―
     (2)電子記録債務                        99,278            99,278               ―
     (3)短期借入金                        129,025            129,025               ―
     (4)未払法人税等                        10,144            10,144               ―
     (5)長期借入金                        62,330            62,429              99
           負債計                  492,058            492,157               99
     デリバティブ取引                          (8)            (8)             ―
      (注)1     金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
       資 産
        (1)  現金及び預金、(2)         預け金及び(4)電子記録債権
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (3)  受取手形及び売掛金
           時価については、一定の期間ごとに区分した債権ごとに債権額を満期までの期間及び信用リスクを加味し
          た利率により割り引いた現在価値によっております。
        (5)  投資有価証券
           時価については、取引所の価格によっております。
           また、投資有価証券に関する注記事項については、(有価証券関係)注記を参照。
        (6)  長期貸付金
           時価の算定は、適切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値によっております。
       負 債
        (1)  支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務及び(3)                        短期借入金
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (4)  未払法人税等
           短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (5)  長期借入金
           時価については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価
          値等によっております。
       デリバティブ取引
           (デリバティブ取引関係)注記を参照。
      (注)2 非上場株式(連結貸借対照表計上額46,616百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困

          難と認められるため、「(5)投資有価証券」には含めておりません。
                                  60/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (注)3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                        1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内            10年超
            種類
                        (百万円)          (百万円)         (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                     135,872             ―         ―         ―
     受取手形及び売掛金                     225,729         104,660          2,055            ―
     電子記録債権                      5,745            ―         ―         ―
     長期貸付金                       224         558          ―         ―
            合計              367,571         105,218          2,055            ―
      (注)4 借入金の連結決算日後の返済予定額

                1年以内      1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内          5年超
        種類
               (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     短期借入金            102,082           ―        ―        ―        ―        ―
     長期借入金            26,942        31,465        27,348        3,479         35        ―

        合計         129,025        31,465        27,348        3,479         35        ―
                                  61/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
       前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
      1 その他有価証券(平成26年3月31日)
                        連結決算日における

            種類                          取得原価             差額
                       連結貸借対照表計上額
                               百万円            百万円            百万円
     (連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの)
      株式                        39,701            11,424            28,277
            小計                 39,701            11,424            28,277
     (連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの)
      株式                         272            377           △105
            小計                   272            377           △105
            合計                 39,973            11,801            28,171
      (注) 上場有価証券の時価は、主に東京証券取引所の最終価格によっております。
      2   連結会計年度中に売却したその他有価証券(自                       平成25年4月1日          至   平成26年3月31日)

                                             (単位:百万円)

          区分            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
                                                   -
      株式                      36            22
          合計                 36            22            -
       当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

      1 その他有価証券(平成27年3月31日)
                        連結決算日における

            種類                          取得原価             差額
                       連結貸借対照表計上額
                               百万円            百万円            百万円
     (連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの)
      株式                        49,801            11,485            38,316
            小計                 49,801            11,485            38,316
     (連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの)
      株式                         275            324            △49
            小計                   275            324            △49
            合計                 50,077            11,809            38,267
      (注) 上場有価証券の時価は、主に東京証券取引所の最終価格によっております。
      2   連結会計年度中に売却したその他有価証券(自                       平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)

                                             (単位:百万円)

          区分            売却額          売却益の合計額            売却損の合計額
      株式                      -            -            -
          合計                 -            -            -
                                  62/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (デリバティブ取引関係)
        前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
      1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

       (通貨関連)
                                                  (単位:百万円)
                               契約額等のうち
              種類         契約額等                    時価        評価損益
                                 1年超
          為替予約取引
            買建 米ドル

                           4,425            ―        △7         △7
     市場取
     引以外
     の取引
            買建 タイバーツ
                            666           ―        △3         △3
            買建 円

                           1,156            ―        △38         △38
            合計               6,248            ―        △48         △48

      (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       (通貨関連)
                                                  (単位:百万円)
       ヘッジ会計        デリバティブ                           契約額等のうち
                         主なヘッジ対象           契約額等                   時価
        の方法       取引の種類等                             1年超
              為替予約取引

      為替予約等の
                買建 円
                           買掛金            6,840           ―       △112
      原則処理
                  合計                    6,840           ―       △112

      (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      (金利・通貨関連)

                                                 (単位:百万円)
       ヘッジ会計        デリバティブ                           契約額等のうち
                         主なヘッジ対象           契約額等                   時価
        の方法       取引の種類等                             1年超
              金利通貨
              スワップ取引
              支払固定・受取
      金利スワップ
              変動
      の一体処理
      (特例処理・
                買建 米ドル
                          長期借入金             1,829         1,829        (注)
      振当処理)
                買建 円          長期借入金             2,187         2,187       (注) 
                  合計                    4,017         4,017           ―

       (注)金利通貨スワップの一体処理(特例処理・振当処理)によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金
          と一体として処理されるため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  63/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

       (通貨関連)
                                                  (単位:百万円)
                               契約額等のうち
              種類         契約額等                    時価        評価損益
                                 1年超
          為替予約取引
            買建 米ドル

                           2,010            ―        △9         △9
     市場取
     引以外
     の取引
            買建 円
                           1,250            ―         0         0
            合計               3,261            ―        △9         △9

      (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       (通貨関連)
                                                  (単位:百万円)
       ヘッジ会計        デリバティブ                           契約額等のうち
                         主なヘッジ対象           契約額等                   時価
        の方法       取引の種類等                             1年超
              為替予約取引

      為替予約等の
                買建 円
                           買掛金            2,840           ―        △7
      原則処理
                  合計                    2,840           ―        △7

      (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      (金利・通貨関連)

                                                 (単位:百万円)
       ヘッジ会計        デリバティブ                           契約額等のうち
                         主なヘッジ対象           契約額等                   時価
        の方法       取引の種類等                             1年超
              金利通貨
              スワップ取引
              支払固定・受取
      金利スワップ
              変動
      の一体処理
      (特例処理・
                買建 米ドル           長期借入金             1,436         1,436        (注)
      振当処理)
                買建 円          長期借入金             1,951         1,951       (注) 
                  合計                    3,388         3,388           ―

       (注)金利通貨スワップの一体処理(特例処理・振当処理)によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金
          と一体として処理されるため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  64/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び連結子会社は、確定給付制度及び確定拠出制度を採用しており、確定給付制度として企業年金基金制度、
      総合設立型厚生年金基金制度及び退職一時金制度を設けております。
       確定給付企業年金制度(全て積立型制度であります。)である企業年金基金制度、総合設立型厚生年金基金制度
      (全て複数事業主制度であります。)では、一部、退職給付信託が設定されており、勤続年数や職能等に基づいて一
      時金又は年金を支給しております。退職一時金制度では、勤続年数や職能等に基づいて一時金を支給しております。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  131,443              135,097
        会計方針の変更による累積的影響額                                    ―          △21,042
       会計方針の変更を反映した期首残高                                  131,443              114,054
        勤務費用                                  5,800              4,469
        利息費用                                  1,831              1,794
        数理計算上の差異の発生額                                  1,770             11,654
        退職給付の支払額                                 △5,119              △5,058
        過去勤務費用の発生額                                  △343                ―
        その他                                  △283               129
       退職給付債務の期末残高                                  135,097              127,042
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       年金資産の期首残高                                  65,397              74,913
        期待運用収益                                   861             1,033
        数理計算上の差異の発生額                                  5,442              7,139
        事業主からの拠出額                                  6,867              6,529
        退職給付の支払額                                 △3,605              △3,533
        その他                                  △50               2
       年金資産の期末残高                                  74,913              86,084
      (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整(複数事業主制度を含む。)

                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       退職給付に係る負債の期首残高                                  25,402              22,628
        退職給付費用                                  △598             △2,848
        退職給付の支払額                                  △800              △768
        制度への拠出額                                 △1,374              △1,009
        その他                                    ―             15
       退職給付に係る負債の期末残高                                  22,628              18,017
                                  65/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
       産の調整表(複数事業主制度を含む。)
                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                  136,207              111,246
       年金資産                                 △105,757              △103,223
                                         30,450              8,023
       非積立型制度の退職給付債務                                  52,362              50,952
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  82,813              58,974
       退職給付に係る負債                                  83,265              62,290

       退職給付に係る資産                                   △452             △3,315
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  82,813              58,974
       (注)簡便法を適用した制度を含む。
      (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       勤務費用                                   5,800              4,469
       利息費用                                   1,831              1,794
       期待運用収益                                   △861             △1,033
       数理計算上の差異の費用処理額                                   3,355              3,335
       過去勤務費用の費用処理額                                   △447              △495
       簡便法で計算した退職給付費用(複数事業主制度
                                          △598             △2,848
       を含む)
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   9,079              5,222
      (6)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       過去勤務費用                                     ―             495
       数理計算上の差異                                     ―            1,180
       その他                                     ―              ―
       合計                                     ―            1,675
      (7)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                     (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                  △5,434              △4,939
       未認識数理計算上の差異                                  26,024              27,204
       その他                                     ―              ―
       合計                                  20,590              22,265
                                  66/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (8)  年金資産に関する事項
       ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
       債券                                    39%              36%
       株式                                    35%              31%
       一般勘定                                    19%              28%
       その他                                    7%              5%
       合計                                   100%              100%
       (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度10%、当連結会計年度
          10%含まれております。
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                                至   平成26年3月31日)            至   平成27年3月31日)
       割引率                               主として1.4%              主として0.7%
       長期期待運用収益率                               主として1.4%              主として1.4%
       予想昇給率                               主として2.2%              主として2.2%
     3.確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度1,303百万円、当連結会計年度1,357百万円
       であります。
                                  67/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
      1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         繰延税金資産
          退職給付に係る負債                      28,434百万円                  19,008百万円
          未払費用                      19,872                 14,311
          販売促進物品等の税法上の
                                1,332                 1,451
          繰延資産
          製品保証引当金                      4,318                 4,026
          貸倒引当金                       442                 454
          その他                      10,031                 11,734
         繰延税金資産小計                       64,433                 50,986
         評価性引当額                        △74                △213
         繰延税金資産合計                       64,358                 50,773
         繰延税金負債

          その他有価証券評価差額金                     △10,015                 △12,355
          固定資産圧縮積立金                     △4,420                 △3,928
          その他                     △5,511                 △5,864
         繰延税金負債合計                      △19,947                 △22,147
         繰延税金資産の純額                       44,410                 28,625
     (注) 当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         流動資産-繰延税金資産                       28,672百万円                  24,645百万円
         固定資産-繰延税金資産                       18,270                 9,465
         流動負債-繰延税金負債                         -                 -
         固定負債-繰延税金負債                      △2,532                 △5,484
      2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
                                   37.8   %              35.5   %
         法定実効税率
         (調整)
                                  △1.5   %              △1.8   %
         関連会社持分法損益
         在外子会社における適用税率差異                         △4.8   %              △3.0   %
                                  △2.2   %              △2.6   %
         法人税の特別控除税額
                                   0.2  %               0.3  %
         交際費等
         評価性引当額                         △0.2   %               0.1  %
         税率の変更による期末繰延税金資
                                   1.4  %               1.4  %
         産の減額修正
                                   1.9  %              △2.2   %
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負
                                   32.6   %              27.7   %
         担率
      3  法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27
       年法律第2号)が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の
       計算(ただし、平成27年4月1日以降解消されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前連結会計年度の
       35.4%から、回収又は支払が見込まれる期間が平成27年4月1日から平成28年3月31日までのものは33.0%、平成
       28年4月1日以降のものについては32.2%にそれぞれ変更されております。
        その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が1,148百万円減少し、当連結会計年度に
       計上された法人税等調整額が1,835百万円、その他有価証券評価差額金額が1,260百万円、退職給付に係る調整累計
       額が△573百万円それぞれ増加しております。
                                  68/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (資産除去債務関係)
       前連結会計年度(平成26年3月31日)
        重要性が乏しいため、注記を省略しております。
       当連結会計年度(平成27年3月31日)
        重要性が乏しいため、注記を省略しております。
        (賃貸等不動産関係)

       前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
        賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
        賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                  69/103
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       1   報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
        源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社グループは自動車の製造・販売を主な事業としており、国内および海外においてそれぞれ部品、自動車の
        製造・販売体制を築いております。
         したがって、当社は、製造・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「国内」及び
        「海外」の2つを報告セグメントとしております。
       2   報告セグメントごとの売上高、利益、資産の金額の算定方法

         当社の報告セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記
        載と同一であります。
         報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であり、セグメント間の内部売上高及び振替高は、市場実勢
        価格に基づいております。
       3   報告セグメントごとの売上高、利益、資産の金額に関する情報

         前連結会計年度(自           平成25年4月1日          至   平成26年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                    合計
                                国内          海外
     売上高

       外部顧客への売上高                            1,262,947           650,312         1,913,259

       セグメント間の内部売上高又は振替高                             125,185           43,006          168,191

                計                 1,388,132           693,319         2,081,451

     セグメント利益                             85,185          61,509          146,695

     セグメント資産                            1,122,182           343,158         1,465,340

     その他の項目

       減価償却費                             50,271          16,476          66,747

       のれんの償却額                               -          -          -

       持分法適用会社への投資額                             54,077            -        54,077

       有形固定資産及び無形固定資産の増加額                             65,640          31,872          97,513

                                  70/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                  報告セグメント
                                                    合計
                                国内          海外
     売上高

       外部顧客への売上高                            1,210,811           606,291         1,817,103

       セグメント間の内部売上高又は振替高                             107,387           36,052          143,439

                計                 1,318,198           642,344         1,960,542

     セグメント利益                             58,252          52,085          110,338

     セグメント資産                            1,158,216           375,349         1,533,565

     その他の項目

       減価償却費                             60,250          20,574          80,824

       のれんの償却額                                6          0          6

       持分法適用会社への投資額                             58,151            -        58,151

       有形固定資産及び無形固定資産の増加額                             70,424          58,727          129,152

       4   報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容

         前連結会計年度(自           平成25年4月1日          至   平成26年3月31日)
                                                  (単位:百万円)

                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                 146,695

     セグメント間取引消去                                                   48

     連結財務諸表の営業利益                                                 146,743

                                                  (単位:百万円)

                 資産                           金額
     報告セグメント計                                                1,465,340

     セグメント間取引消去                                                △15,798

     連結財務諸表の資産合計                                                1,449,542

                                                  (単位:百万円)

                                                   連結財務諸表
               その他の項目                 報告セグメント計            調整額
                                                    計上額
     減価償却費                                66,747           -       66,747
     のれんの償却額                                  -         -         -

     持分法適用会社への投資額                                54,077           -       54,077

     有形固定資産及び無形固定資産の増加額                                97,513           -       97,513

                                  71/103



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                                  (単位:百万円)

                 利益                           金額
     報告セグメント計                                                 110,338

     セグメント間取引消去                                                   275

     連結財務諸表の営業利益                                                 110,613

                                                  (単位:百万円)

                 資産                           金額
     報告セグメント計                                                1,533,565

     セグメント間取引消去                                                △14,961

     連結財務諸表の資産合計                                                1,518,604

                                                  (単位:百万円)

                                                   連結財務諸表
               その他の項目                 報告セグメント計            調整額
                                                    計上額
     減価償却費                                80,824           -       80,824
     のれんの償却額                                  6        -         6

     持分法適用会社への投資額                                58,151           -       58,151

     有形固定資産及び無形固定資産の増加額                               129,152            -      129,152

                                  72/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       【関連情報】
        前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       1   製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が、連結財務諸表の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2   地域ごとの情報

        (1)  売上高
                                                  (単位:百万円)
         日本         インドネシア           マレーシア          その他の地域             合計
          1,229,325            429,018           223,806           31,110         1,913,259

      (注)    売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)  有形固定資産

                                                  (単位:百万円)
             日本                 アジア                  合計
                  352,007                  115,983                  467,991

       3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     トヨタ自動車株式会社                               257,159            国内

     インドネシアトヨタ自動車㈱                               246,665            海外

     プロドゥア・セールス㈱                               225,380            海外

        当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

       1   製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が、連結財務諸表の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
       2   地域ごとの情報

        (1)  売上高
                                                  (単位:百万円)
         日本         インドネシア           マレーシア          その他の地域             合計
          1,187,143            379,048           228,068           22,842         1,817,103

      (注)    売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)  有形固定資産

                                                  (単位:百万円)
             日本                 アジア                  合計
                  377,861                  159,111                  536,972

                                  73/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       3   主要な顧客ごとの情報
                                                  (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     トヨタ自動車株式会社                               237,879            国内

     インドネシアトヨタ自動車㈱                               199,894            海外

     プロドゥア・セールス㈱                               225,700            海外

       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                       全社・消去            合計
                    国内           海外
     減損損失                  1,793            -           -         1,793

        当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

                                                  (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                       全社・消去            合計
                    国内           海外
     減損損失                   31           -           -           31

       【報告セグメントごとののれんの未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
         該当する事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

         該当する事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
         重要性が乏しいため、注記を省略しております。
        当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

         重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                  74/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
         前連結会計年度(自平成25年4月1日 至平成26年3月31日)
       1 関連当事者との取引
         親会社及び主要株主(会社等に限る)等
                  資本金    事業の     議決権等

        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容     取引金額     科目   期末残高
         又は氏名
                  資金    は職業    (被所有)割合
                                                  電子記録
                   百万円           %                 百万円        百万円
                                                  債権
                                                  売掛金
                                         受託車等の
                                               257,159         33,475
                                         販売ほか
                                                  未収入金
                          (被所有)
                                                  買掛金
                                 受託車・
                                         自動車用部
                          直接   51.37
         トヨタ             自動車
              愛知県
                                               97,664   未払費用     21,590
                                 OEM車の納入
     親会社             397,049
                                         品等の仕入
                          間接   0.13
              豊田市
         自動車㈱             の製造
                                                  ほか
                                 役員の兼任等
                                         資金一括管
                                         理による預      200,570    預け金     208,316
                                         入れ
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・受託車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
          ・自動車用部品等の購入価格については、一般取引条件と同様に、提示された見積価格、市場価格等を十分
           勘案し、交渉のうえ決定しております。
          ・資金一括管理による預入については、利率は市場金利を勘案して決定しております。なお、取引金額は期
           中平均残高を記載しております。
         同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

                  資本金    事業の     議決権等
        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容     取引金額     科目   期末残高
         又は氏名
                   資金    は職業    (被所有)割合
                 千インドネ
                    シア
                                               百万円        百万円
                   ルピア
         インドネシ
                          なし
         アトヨタ自
              インド
                                                   売掛金
                                 受託車・
     親会社
                                         受託車等の
         動車(株)
              ネシア        自動車
                                              246,665          9,017 
                                 OEM車の納入
     の子会            19,523,503
                                         販売ほか
         (トヨタ
              ジャカ        の製造
     社
              ルタ
         自動車㈱の
         子会社)
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・受託車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
         非連結子会社及び関連会社等
                  資本金    事業の     議決権等
        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容      取引金額      科目   期末残高
         又は氏名
                   資金    は職業    (被所有)割合
                    RM           %                   百万円        百万円
         プロドゥア
     関連会
         セールス
     社(当
                          (所有)
              マレー
         (株)(プ
                                 自動車の納入
     該関連
                                                    売掛金
                                         自動車の販
                          間接   20.93
              シア
         ルサハン・              自動車
                                              225,380              22,092 
                                 役員の兼任等
     会社の            10,000,000
                                         売ほか
         オトモービ              の販売
              シャー
     子会社
         ル・クドゥ
              ラム
     を  含
         ア㈱の子会
     む )
         社)
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・自動車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
                                  75/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      2 親会社又は重要な関連会社に関する注記
      (1)  親会社情報
        トヨタ自動車株式会社
        (東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所、ニューヨーク証券取引所、
         ロンドン証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        該当する事項はありません。
         当連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)

       1 関連当事者との取引
         親会社及び主要株主(会社等に限る)等
                  資本金    事業の     議決権等

        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容     取引金額     科目   期末残高
         又は氏名
                  資金    は職業    (被所有)割合
                                                  電子記録
                   百万円           %                 百万円        百万円
                                                  債権
                                                  売掛金
                                         受託車等の
                                               237,879         30,077
                                         販売ほか
                                                  未収入金
                          (被所有)
                                                  買掛金
                                 受託車・
                                         自動車用部
         トヨタ             自動車    直接   51.36
              愛知県
                                               98,901   未払費用     19,474
                                 OEM車の納入
     親会社             397,049
                                         品等の仕入
                          間接   0.14
              豊田市
         自動車㈱             の製造
                                                  ほか
                                 役員の兼任等
                                         資金一括管
                                         理による預      165,935    預け金     171,996
                                         入れ
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・受託車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
          ・自動車用部品等の購入価格については、一般取引条件と同様に、提示された見積価格、市場価格等を十分
           勘案し、交渉のうえ決定しております。
          ・資金一括管理による預入については、利率は市場金利を勘案して決定しております。なお、取引金額は期
           中平均残高を記載しております。
         同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

                  資本金    事業の     議決権等
        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容     取引金額     科目   期末残高
         又は氏名
                   資金    は職業    (被所有)割合
                 千インドネ
                    シア
                                               百万円        百万円
                   ルピア
         インドネシ
                          なし
         アトヨタ自
              インド
                                                   売掛金
                                 受託車・
     親会社
                                         受託車等の
         動車(株)
              ネシア        自動車
                                               199,894         5,907
                                 OEM車の納入
     の子会            19,523,503
                                         販売ほか
         (トヨタ     ジャカ        の製造
     社
         自動車㈱の     ルタ
         子会社)
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・受託車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
                                  76/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         非連結子会社及び関連会社等
                  資本金    事業の     議決権等
        会社等の名称
      種類        所在地    又は出    内容又     の所有     関連当事者との関係         取引の内容     取引金額     科目   期末残高
         又は氏名
                   資金    は職業    (被所有)割合
                    RM           %                 百万円        百万円
         プロドゥア
     関連会
         セールス
     社(当
                          (所有)
              マレー
         (株)(プ
                                 自動車の納入
     該関連
                                                   売掛金
                                         自動車の販
                          間接   20.93
              シア
         ルサハン・              自動車
                                               225,700         20,959
                                 役員の兼任等
     会社の            10,000,000
                                         売ほか
         オトモービ              の販売
              シャー
     子会社
         ル・クドゥ
              ラム
     を  含
         ア㈱の子会
     む )
         社)
      (注)   1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2 取引条件及び取引条件の決定方針等
          ・自動車等の販売価格については、一般取引条件と同様に、市場価格等を十分勘案し、希望価格を提示して
           交渉のうえ決定しております。
      2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1)  親会社情報
        トヨタ自動車株式会社
        (東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所、ニューヨーク証券取引所、
         ロンドン証券取引所に上場)
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

        該当する事項はありません。
                                  77/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    平成25年4月1日               (自    平成26年4月1日
                          至   平成26年3月31日)                至   平成27年3月31日)
     1株当たり純資産額                             1,293.03円                  1,451.31円
     1株当たり当期純利益金額                               196.41円                  159.90円

      (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        2.  1株当たり当期純利益金額の算定の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                                 (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                 項目
                                 至   平成26年3月31日)           至   平成27年3月31日)
       当期純利益(百万円)                                    83,698             68,145
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

       普通株式に係る当期純利益(百万円)                                    83,698             68,145

       普通株式の期中平均株式数(千株)                                    426,147             426,164

        3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                 項目
                                  (平成26年3月31日)             (平成27年3月31日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                    665,617             751,173
     純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    114,577             132,664

     (うち少数株主持分)                                   ( 114,577    )         ( 132,664    )

     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                    551,040             618,508

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                         426,163             426,172
     の数(千株)
        (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                  78/103









                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  【連結附属明細表】
          【借入金等明細表】
                       当期首残高         当期末残高

            区分                            平均利率(%)           返済期限
                        (百万円)         (百万円)
     短期借入金                     91,704        102,082          0.25        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     22,196         26,942          0.77        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       448         202        2.58       ─

                                                 平成28年     4月~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                           59,805         62,330          0.57
     のものを除く) (注)2                                            平成31年     11月
                                                 平成29年     1月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                            449         268        1.71
     のものを除く) (注)2                                            平成41年     1月
             計             174,604         191,826            ―      ―
      (注) 1 「平均利率」については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は
          以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
         長期借入金                 31,465          27,348          3,479           35
         リース債務                   90          58          47          28

          【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計年

       度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                  79/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        ①当連結会計年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高            (百万円)         429,551         848,633        1,268,052         1,817,103

     税金等調整前
                 (百万円)          29,484         45,797         63,746         127,283
     四半期(当期)純利益
     四半期(当期)純利益            (百万円)          13,845         20,454         27,913         68,145
     1株当たり
                  (円)         32.49         48.00         65.50         159.90
     四半期(当期)純利益金額
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり

                  (円)         32.49         15.51         17.50         94.40
     四半期純利益金額
        ②訴訟

        追加情報に記載のとおりであります。
                                  80/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
          ①【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                 8,901              9,754
                                       ※1  208,316            ※1  171,996
         預け金
         受取手形                                  385              239
                                        ※1  5,962            ※1  4,892
         電子記録債権
                                       ※1  170,543            ※1  180,008
         売掛金
         商品及び製品                                 4,700              5,226
         仕掛品                                 12,845              12,310
         原材料及び貯蔵品                                  768              837
         繰延税金資産                                 25,484              19,502
                                       ※1  15,318            ※1  27,741
         短期貸付金
                                       ※1  44,513            ※1  46,310
         未収入金
         その他                                  720              460
                                         △ 2,007             △ 2,150
         貸倒引当金
         流動資産合計                                496,453              477,128
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※2  44,694            ※2  50,281
           建物
                                        ※2  6,943            ※2  7,147
           構築物
                                       ※2  36,708            ※2  39,844
           機械及び装置
           車両運搬具                                495              520
                                        ※2  6,529            ※2  7,432
           工具、器具及び備品
                                       ※2  52,487            ※2  54,047
           土地
           リース資産                                 12              16
                                          4,234              1,580
           建設仮勘定
           有形固定資産合計                              152,106              160,872
         無形固定資産
           借地権                                 7              7
                                            48              44
           その他
           無形固定資産合計                                 55              51
                                  81/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
         投資その他の資産
           投資有価証券                               41,105              51,063
           関係会社株式                               62,374              66,470
           関係会社出資金                                200              200
                                       ※1  31,098            ※1  26,303
           長期貸付金
           繰延税金資産                               1,944                -
           その他                                581             1,790
                                           △ 68             △ 56
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              137,235              145,771
         固定資産合計                                289,397              306,695
       資産合計                                  785,851              783,824
      負債の部
       流動負債
                                       ※1  72,365            ※1  91,449
         電子記録債務
                                       ※1  187,109            ※1  174,014
         買掛金
         リース債務                                   9              5
                                       ※1  27,902            ※1  18,707
         未払金
                                       ※1  72,541            ※1  60,415
         未払費用
         未払法人税等                                  633               -
                                         ※1  744            ※1  757
         前受金
                                       ※1  47,913            ※1  38,075
         預り金
         役員賞与引当金                                  220              190
         製品保証引当金                                 12,800              12,800
                                        ※1  7,207            ※1  7,267
         その他
         流動負債合計                                429,448              403,684
       固定負債
         リース債務                                   3              12
         退職給付引当金                                 25,895              12,215
         役員退職慰労引当金                                  635              689
         繰延税金負債                                   -             5,940
                                        ※1  2,239            ※1  2,106
         その他
         固定負債合計                                 28,774              20,964
       負債合計                                  458,222              424,649
                                  82/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成26年3月31日)              (平成27年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                 28,404              28,404
         資本剰余金
                                          10,827              10,827
           資本準備金
           資本剰余金合計                               10,827              10,827
         利益剰余金
           利益準備金                                7,101              7,101
           その他利益剰余金
             特別準備金                             215,300              218,300
             研究資金                              1,313              1,313
             固定資産圧縮積立金                              4,754              4,626
                                          42,500              63,525
             繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                               270,969              294,866
         自己株式                                 △ 685             △ 685
         株主資本合計                                309,515              333,413
       評価・換算差額等
                                          18,113              25,761
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 18,113              25,761
       純資産合計                                  327,629              359,175
      負債純資産合計                                    785,851              783,824
                                  83/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
          ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成26年3月31日)               至 平成27年3月31日)
                                     ※1  1,210,332            ※1  1,191,081
      売上高
                                     ※1  1,021,141            ※1  1,027,109
      売上原価
      売上総利益                                   189,191              163,971
                                      ※2  169,061            ※2  141,395
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                    20,129              22,575
      営業外収益
                                       ※1  14,442            ※1  23,648
       受取利息及び受取配当金
                                       ※1  4,491            ※1  3,427
       その他
       営業外収益合計                                  18,934              27,075
      営業外費用
                                         ※1  76            ※1  76
       支払利息
                                          1,132               990
       その他
       営業外費用合計                                  1,208              1,067
      経常利益                                    37,854              48,583
      特別損失
                                          1,828                -
       減損損失
       特別損失合計                                  1,828                -
      税引前当期純利益                                    36,026              48,583
      法人税、住民税及び事業税
                                         11,400               4,900
                                         △ 2,900              6,000
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    8,500              10,900
      当期純利益                                    27,526              37,683
                                  84/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
          ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成25年4月1日 至           平成26年3月31日)
                             (単位:百万円)
                        株主資本
                           資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      資本剰余金合計
     当期首残高              28,404       10,827       10,827
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   28,404       10,827       10,827
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立
      固定資産圧縮積立金
      の積立
      固定資産圧縮積立金
      の取崩
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -       -       -
     当期末残高              28,404       10,827       10,827
                                   株主資本

                                  利益剰余金
                                 その他利益剰余金
                利益準備金                                   利益剰余金合計
                                      固定資産圧縮
                        特別準備金        研究資金             繰越利益剰余金
                                       積立金
     当期首残高              7,101      205,300        1,313       4,768       48,842       267,325
      会計方針の変更によ
                                                         -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   7,101      205,300        1,313       4,768       48,842       267,325
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立                    10,000                     △ 10,000         -
      固定資産圧縮積立金
                                          14      △ 14       -
      の積立
      固定資産圧縮積立金
                                          △ 29       29       -
      の取崩
      剰余金の配当                                         △ 23,882      △ 23,882
      当期純利益                                          27,526       27,526
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -      10,000         -      △ 14     △ 6,341       3,643
     当期末残高              7,101      215,300        1,313       4,754       42,500       270,969
                                  85/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                          (単位:百万円)
                    株主資本             評価・換算差額等
                                             純資産合計
                              その他有価証券        評価・換算
                 自己株式      株主資本合計
                               評価差額金       差額等合計
     当期首残高              △ 680      305,877        15,168       15,168       321,045
      会計方針の変更によ
                            -                      -
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   △ 680      305,877        15,168       15,168       321,045
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立                      -                      -
      固定資産圧縮積立金
                            -                      -
      の積立
      固定資産圧縮積立金
                            -                      -
      の取崩
      剰余金の配当                   △ 23,882                     △ 23,882
      当期純利益                    27,526                      27,526
      自己株式の取得              △ 5      △ 5                     △ 5
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                            2,944       2,944       2,944
      額)
     当期変動額合計               △ 5      3,638       2,944       2,944       6,583
     当期末残高              △ 685      309,515        18,113       18,113       327,629
                                  86/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成26年4月1日 至           平成27年3月31日)
                             (単位:百万円)
                        株主資本
                           資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      資本剰余金合計
     当期首残高              28,404       10,827       10,827
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   28,404       10,827       10,827
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立
      固定資産圧縮積立金
      の積立
      固定資産圧縮積立金
      の取崩
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -       -       -
     当期末残高              28,404       10,827       10,827
                                   株主資本

                                  利益剰余金
                                 その他利益剰余金
                利益準備金                                   利益剰余金合計
                                      固定資産圧縮
                        特別準備金        研究資金             繰越利益剰余金
                                       積立金
     当期首残高              7,101      215,300        1,313       4,754       42,500       270,969
      会計方針の変更によ
                                                10,097       10,097
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   7,101      215,300        1,313       4,754       52,597       281,066
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立                     3,000                     △ 3,000         -
      固定資産圧縮積立金
                                                         -
      の積立
      固定資産圧縮積立金
                                         △ 127       127        -
      の取崩
      剰余金の配当                                         △ 23,882      △ 23,882
      当期純利益                                          37,683       37,683
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                -      3,000         -      △ 127      10,927       13,800
     当期末残高              7,101      218,300        1,313       4,626       63,525       294,866
                                  87/103





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                                          (単位:百万円)
                    株主資本             評価・換算差額等
                                             純資産合計
                              その他有価証券        評価・換算
                 自己株式      株主資本合計
                               評価差額金       差額等合計
     当期首残高              △ 685      309,515        18,113       18,113       327,629
      会計方針の変更によ
                          10,097                      10,097
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   △ 685      319,613        18,113       18,113       337,726
     した当期首残高
     当期変動額
      特別準備金の積立                      -                      -
      固定資産圧縮積立金
                            -                      -
      の積立
      固定資産圧縮積立金
                            -                      -
      の取崩
      剰余金の配当                   △ 23,882                     △ 23,882
      当期純利益                    37,683                      37,683
      自己株式の取得              △ 0      △ 0                     △ 0
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                            7,648       7,648       7,648
      額)
     当期変動額合計               △ 0     13,800        7,648       7,648       21,448
     当期末残高              △ 685      333,413        25,761       25,761       359,175
                                  88/103













                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
      1 資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
         子会社株式及び関連会社株式
          …移動平均法による原価法
         その他有価証券
          時価のあるもの
           …期末日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定することとしている)
          時価のないもの
           …移動平均法による原価法
       (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法

         製品(製造車両)
          …総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         商品(購入車両)
          …個別法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         商品(補給用部品)
          …総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         原材料及び貯蔵品
          …総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
         仕掛品
          …総平均法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法
            ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用しておりま
           す。
            また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した事業年度
           の翌事業年度から取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間で均等償却しております。
       (2)  無形固定資産

          定額法
       (3)  リース資産

          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                  89/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
      3 引当金の計上基準
       (1)  貸倒引当金
          売掛金等の貸金の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
         特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  役員賞与引当金

          役員賞与の支出に備えて、支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
       (3)  製品保証引当金

          保証書に基づく製品のアフターサービスに対する費用の支出に備えるため、保証期間内のサービス費用見積
         額を計上しております。
       (4)  退職給付引当金

          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上し
         ております。
        <退職給付見込額の期間帰属方法>

          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
         付算定式基準によっております。
        <数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法>

          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間(18年)による定額法により発生時から費用処理
         しております。
          数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間(17~18年)による定額法により発生時の翌事
         業年度から費用処理しております。
       (5)  役員退職慰労引当金

          執行役員の退職慰労金の支出に備えて、内規に基づき期末要支給額を計上しております。
      4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  退職給付に係る会計処理
          退職給付に係る未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表における
         これらの会計処理の方法と異なっております。
       (2)  消費税等の会計処理の方法

          税抜方式によっております。
                                  90/103







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (会計方針の変更)

        (退職給付に関する会計基準等の適用)
        「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
       う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。)を当
       事業年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額
       基準から給付算定式基準へ変更並びに割引率の決定方法を割引率決定の基礎となる債券の期間について従業員の平
       均残存勤務期間に近似した年数を基礎に決定する方法から退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を
       反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更いたしました。
        退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当事業年度
       の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減しております。
        この結果、当事業年度の期首の退職給付引当金が15,399百万円減少、利益剰余金が10,097百万円増加しておりま
       す。
        これにより、当事業年度の1株当たり純資産額は23円68銭増加しております。また、この変更による当事業年度
       の損益及び1株当たり当期純利益金額に与える影響は軽微であります。
        (表示方法の変更)

       (貸借対照表)
        前事業年度において区分掲記しておりました「流動負債」の「従業員預り金」及び「固定負債」の「長期預り保
       証金」は、貸借対照表の明瞭性を高めるため、当事業年度よりそれぞれ「流動負債」の「その他」及び「固定負
       債」の「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組
       替えを行っております。
        この結果、前事業年度において「流動負債」の「従業員預り金」に表示していた7,205百万円は、「流動負債」の
       「その他」に含めて表示しております。また、前事業年度において「固定負債」の「長期預り保証金」に表示して
       いた1,509百万円は、「固定負債」の「その他」に含めて表示しております。 
                                  91/103











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (貸借対照表関係)
      1 ※1 関係会社項目
            関係会社に対する金銭債権及び金銭債務には区分掲記したもののほか、次のものがあります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
              短期金銭債権                 381,770    百万円             366,930    百万円
              長期金銭債権                 30,880    百万円             26,126    百万円
              短期金銭債務                 163,450    百万円             166,506    百万円
              長期金銭債務                   462  百万円               428  百万円
        ※2 前事業年度(平成26年3月31日)

            国庫補助金等(企業設備投資特別助成金、低公害自動車普及基盤整備事業費補助金、保険差益、中津市
           企業立地促進補助金、新エネルギー事業者支援対策費補助金、住宅・建築物高効率エネルギーシステム導
           入促進事業費補助金及び久留米市産業立地交付金)を受領したことにより、建物91百万円、構築物4百万
           円、機械及び装置300百万円、工具、器具及び備品1百万円および土地232百万円を取得価額より直接減額
           しております。
           当事業年度(平成27年3月31日)

            国庫補助金等(企業設備投資特別助成金、中津市企業立地促進補助金、低公害自動車普及基盤整備事業
           費補助金及び新エネルギー事業者支援対策費補助金等)を受領したことにより、建物91百万円、構築物
           4百万円、機械及び装置300百万円、工具、器具及び備品1百万円及び土地232百万円を取得価額から直接
           減額しております。
      2 保証債務

                               前事業年度                 当事業年度

                            (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
                                   被保証債務                 被保証債務
         被保証者                 保証債務残高                 保証債務残高
                                    の内容                 の内容
                                  金融機関借入                 金融機関借入
         従業員                   11 百万円                8 百万円
                                  (住宅ローン)                 (住宅ローン)
                                  92/103










                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (損益計算書関係)
      ※1 関係会社項目
          各科目に含まれている関係会社との主な取引の金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         売上高                      884,080    百万円             910,706    百万円
         仕入高                      612,973    百万円             590,731    百万円
         営業取引以外の取引高                      14,177    百万円             24,268    百万円
      ※2    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                           (自    平成25年4月1日              (自    平成26年4月1日
                            至   平成26年3月31日)               至   平成27年3月31日)
         販売奨励金                      30,561    百万円             35,481    百万円
         荷造運送費                      23,721    百万円             23,303    百万円
         広告宣伝費                      19,483    百万円             13,329    百万円
         販売諸費                      38,381    百万円              9,675   百万円
         製品保証引当金繰入額                      12,800    百万円             12,800    百万円
         給料及び賞与                      20,018    百万円             21,488    百万円
         減価償却費                       1,959   百万円              2,543   百万円
        おおよその割合

         販売費                                                58%                                        50%
         一般管理費                                                                     42%                                             50%
                                  93/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
        前事業年度(平成26年3月31日)
           子会社株式及び関連会社株式
                                                  (単位:百万円)
              区分            貸借対照表計上額               時価            差額
       (1)子会社株式                            ―            ―            ―

       (2)関連会社株式                          1,670            8,346            6,676

               計                  1,670            8,346            6,676

         (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式

                                                              (単位:百万円)
                区分              貸借対照表計上額
         (1)  子会社株式

                                       54,227
         (2)  関連会社株式                             6,477

                 計                       60,704

         上記については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。
        当事業年度(平成27年3月31日)

           子会社株式及び関連会社株式
                                                  (単位:百万円)
              区分            貸借対照表計上額               時価            差額
       (1)子会社株式                            ―            ―            ―

       (2)関連会社株式                          1,670            10,462             8,792

               計                  1,670            10,462             8,792

         (注)    時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式

                                                              (単位:百万円)
                区分              貸借対照表計上額
         (1)  子会社株式

                                       58,348
         (2)  関連会社株式

                                        6,451
                 計                       64,799

         上記については、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。
                                  94/103






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
      1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         繰延税金資産
          退職給付引当金                       9,167百万円                  3,512百万円
          未払費用                      16,956百万円                  11,571百万円
          貸倒引当金                        733百万円                  728百万円
          製品保証引当金                       4,531百万円                  4,224百万円
          販売促進物品等の税法上の繰延
                                1,233百万円                  1,318百万円
          資産
          投資有価証券等評価減                       8,672百万円                  7,894百万円
          その他                       8,434百万円                  7,864百万円
         繰延税金資産小計                       49,726百万円                  37,111百万円
         評価性引当額                       △9,100百万円                  △8,414百万円
         繰延税金資産合計                       40,626百万円                  28,697百万円
         繰延税金負債
          その他有価証券評価差額金                      △9,925百万円                 △12,235百万円
          固定資産圧縮積立金                      △2,610百万円                  △2,311百万円
          その他                       △662百万円                  △590百万円
         繰延税金負債合計                      △13,197百万円                  △15,136百万円
         繰延税金資産の純額                       27,428百万円                  13,561百万円
      2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成26年3月31日)                 (平成27年3月31日)
         法定実効税率                          37.8%                  35.5%
         (調整)
         法人税の特別控除税額                          △9.9%                  △4.7%
         評価性引当額                           0.3%                  0.3%
         受取配当金の益金不算入                         △12.3%                  △14.8%
         税率の変更による期末繰延税金資
                                    5.0%                  4.2%
         産の減額修正
         その他                           2.6%                  1.9%
         税効果会計適用後の法人税等の負
                                   23.6%                  22.4%
         担率
      3  法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成
       27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布されたことに伴い、当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計
       算(ただし、平成27年4月1日以降解消されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前事業年度の35.4%か
       ら、回収又は支払が見込まれる期間が平成27年4月1日から平成28年3月31日までのものは33.0%、平成28年4月
       1日以降のものについては32.2%にそれぞれ変更されております。
        その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が808百万円減少し、当事業年度に計上さ
       れた法人税等調整額が2,062百万円、その他有価証券評価差額金額が1,253百万円それぞれ増加しております。
        (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                  95/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:百万円)
                                                     減価償却累

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       計額
                                 9,490       265     3,637     50,281      99,965

     有形固定資産        建物                44,694
                                  977      10     763     7,147     25,770

             構築物              6,943
                                16,760       430    13,194      39,844     280,106

             機械及び装置              36,708
                                  269      13     231      520     3,565

             車両運搬具               495
                                 7,617       68    6,645      7,432     51,254

             工具、器具及び備品              6,529
                                       911
                                 2,472             -    54,047        -
             土地              52,487
                                       (0)
                                  15           10      16     114
             リース資産                12            0
                                17,783              -     1,580        -

             建設仮勘定              4,234           20,437
                                      22,137

                                55,386           24,482     160,872      460,777
                  計        152,106
                                       (0)
                                   -       -       -       7

     無形固定資産        借地権                7
                                   0      -       5     44

             その他の無形固定資産                48
                                   0      -       5     51

                  計           55
      (注)   1 当期中の主な増加額の内訳は、次のとおりであります。
                                     7,073百万円
           ・機械及び装置            滋賀(竜王)工場
                                     3,329百万円
                       京都工場
                                     3,260百万円
                       技術部門
                                     3,451百万円
           ・建物            技術部門
                                     3,100百万円
                       本社(池田)工場
        2 当期中の主な減少額の内訳は、次のとおりであります。
                                       911百万円
           ・土地            本社部門
                                       292百万円
           ・機械及び装置            滋賀(竜王)工場
          なお、当期減少額のうち              ( )    内は、減損損失による減少額で内数表示しております。
                                  96/103








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                                    (単位:百万円) 
          区分          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
     貸倒引当金                    2,075          2,206          2,074          2,207

     役員賞与引当金                     220          190          220          190

     製品保証引当金                    12,800          12,800          12,800          12,800

     役員退職慰労引当金                     635          175          121          689

      (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)  【その他】

       該当する事項はありません。
                                  97/103















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

     単元株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
       取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所             ―
       買取手数料             株式の売買の委託にかかる手数料相当額として、別途定める金額

                  電子公告により行っております。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子
                  公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載しております。
     公告掲載方法
                  当社の公告掲載URL http://www.daihatsu.co.jp/
     株主に対する特典             なし
      (注) 当社定款の定めにより、単元未満株主は、その有する単元未満株式について、会社法第189条第2項各号に掲げ
         る権利以外の権利を有しておりません。
                                  98/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及び                事業年度        自 平成25年4月1日              平成26年6月27日

       その添付書類、確認書                (第173期)         至 平成26年3月31日              関東財務局長に提出。
     (2)  内部統制報告書                事業年度        自 平成25年4月1日              平成26年6月27日

                       (第173期)         至 平成26年3月31日              関東財務局長に提出。
     (3)  四半期報告書及び              (第174期第1四半期)           自 平成26年4月1日              平成26年8月7日

       確認書                         至 平成26年6月30日              関東財務局長に提出。
                     (第174期第2四半期)           自 平成26年7月1日              平成26年11月12日
                                至 平成26年9月30日              関東財務局長に提出。
                     (第174期第3四半期)           自 平成26年10月1日              平成27年2月12日
                                至 平成26年12月31日              関東財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書                                       平成26年7月4日

                   企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9
                                              関東財務局長に提出。
                   号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定
                   に基づく臨時報告書
                                              平成26年10月22日

                   企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3
                   号(特定子会社の異動)の規定に基づく臨時報告書
                                              関東財務局長に提出。
                                  99/103












                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当する事項はありません。

                                100/103



















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

                                                    平成27年6月26日

     ダイハツ工業株式会社

       取 締 役 会 御 中
                               あ ら た 監 査 法 人

                                指定社員

                                        公認会計士 萩 森 正 彦
                                業務執行社員
                                指定社員

                                        公認会計士 河 瀬 博 幸
                                業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるダイハツ工業株式会社の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダ
     イハツ工業株式会社及び連結子会社の平成27年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経
     営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                101/103




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査> 
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ダイハツ工業株式会社の平成
     27年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内