京橋興産株式会社 訂正親会社等状況報告書(内国会社) 第28期(平成26年9月1日-平成27年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正親会社等状況報告書(内国会社)-第28期(平成26年9月1日-平成27年2月28日)

提出日:

提出者:京橋興産株式会社

カテゴリ:訂正親会社等状況報告書(内国会社)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       京橋興産株式会社(E31431)
                                                   訂正親会社等状況報告書(内国会社)
     【表紙】
      【提出書類】                    親会社等状況報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の7第3項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年6月26日
      【事業年度】                    第28期(自 平成26年9月1日 至 平成27年2月28日)
      【会社名】                    京橋興産株式会社
      【英訳名】                    Kyobashi     Kousan,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  山下 慶子
      【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区神山町20番37号
      【電話番号】                    03-3467-7781
      【事務連絡者氏名】                    永浜 英利
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
      【電話番号】                    03-5572-6600
      【事務連絡者氏名】                    永浜 英利
      【提出子会社名】                    株式会社シーアールイー
      【提出子会社代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  山下 修平
      【提出子会社本店の所在の場所】                    東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
      【縦覧に供する場所】                    株式会社シーアールイー
                         (東京都港区虎ノ門二丁目10番1号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2











                                                           EDINET提出書類
                                                       京橋興産株式会社(E31431)
                                                   訂正親会社等状況報告書(内国会社)
     1【親会社等状況報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成27年5月28日に提出いたしました第28期(自 平成26年9月1日 至 平成27年2月28日)親会社等状況報告書
      の添付文書のうち、個別注記表の一部に訂正すべき事項がありましたので、金融商品取引法第24条の7第3項に基づ
      き、本訂正報告書を提出するものであります。
     2【訂正事項】

       添付文書の個別注記表
     3【訂正箇所】

       訂正箇所には___を付しております。
      1.重要な会計方針に係る事項に関する注記

       (訂正前)
       (1)有価証券の評価基準および評価方法
        ① 売買目的有価証券        時価法(売却原価は移動平均法により算定)
        ② 子会社株式及び関連会社株式   移動平均法による原価法
       (2)固定資産の減価償却の方法
        ① 有形固定資産          法人税法の規定に基づく定率法によっています。
       (3)ヘッジ会計の方法         金利スワップについては特例処理の要件を満たしているため、特例処理を
                          採用しております。
       ( ▶ )消費税等の処理方法        税抜方式によっております。
       (訂正後)

       (1)有価証券の評価基準および評価方法
        ① 売買目的有価証券        時価法(売却原価は移動平均法により算定)
        ② 子会社株式及び関連会社株式   移動平均法による原価法
       (2)固定資産の減価償却の方法
        ① 有形固定資産          法人税法の規定に基づく定率法によっています。
       ( 3 )消費税等の処理方法        税抜方式によっております。
                                 2/2











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。