ダイト株式会社 有価証券届出書(組込方式)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(組込方式)

提出日:

提出者:ダイト株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(組込方式)

PDFビューワー表示

                                                                     EDINET提出書類
                                                                  ダイト株式会社(E24187)
                                                                有価証券届出書(組込方式)

【表紙】

【提出書類】                    有価証券届出書
【提出先】                     北陸財務局長
【提出日】                     平成25年2月4日
【会社名】                     ダイト株式会社
【英訳名】                     Daito Pharmaceutical Co.,Ltd.
【代表者の役職氏名】                代表取締役社長大津賀保信
【本店の所在の場所】                富山県富山市八日町326番地
【電話番号】                    076(421)5665(代表)
【事務連絡者氏名】                 執行役員経営企画室長埜村益夫
【最寄りの連絡場所】                富山県富山市八日町326番地
【電話番号】                    076(421)5665(代表)
【事務連絡者氏名】                 執行役員経営企画室長埜村益夫
【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】   株式
【届出の対象とした募集(売出)金額】        一般募集                            1,057,056,000円
                          引受人の買取引受けによる売出し                   84,506,400円
                          オーバーアロットメントによる売出し                181,688,760円
                          (注)1募集金額は、会社法上の払込金額(以下、本有価証
                                      券届出書において「発行価額」という。)の総額
                                      であり、平成25年1月25日(金)現在の株式会社
                                      東京証券取引所における当社普通株式の終値を基
                                      準として算出した見込額であります。
                                      ただし、今回の募集の方法は、引受人が発行価額に
                                      て買取引受けを行い、当該発行価額と異なる価額
                                      (発行価格)で一般募集を行うため、一般募集に
                                      おける発行価格の総額は上記の金額とは異なりま
                                      す。
                                2売出金額は、売出価額の総額であり、平成25年1月
                                      25日(金)現在の株式会社東京証券取引所におけ
                                      る当社普通株式の終値を基準として算出した見込
                                      額であります。
【安定操作に関する事項】              1今回の募集及び売出しに伴い、当社の発行する上場株式に
                              ついて、市場価格の動向に応じ必要があるときは、金融商
                              品取引法施行令第20条第1項に規定する安定操作取引が
                              行われる場合があります。
                          2上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市
                              場を開設する金融商品取引所は、株式会社東京証券取引
                              所であります。
【縦覧に供する場所】                ダイト株式会社東京支店
                          (東京都千代田区内神田三丁目6番2号)
                          ダイト株式会社大阪支店
                          (大阪府大阪市中央区道修町二丁目3番8号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)




                               1/33
                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)

第一部【証券情報】

第1【募集要項】

 1【新規発行株式】
      種類             発行数                    内容

                                 完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社
    普通株式              800,000株   における標準となる株式
                                 単元株式数100株
(注)1平成25年2月4日(月)開催の取締役会決議によります。
    2本募集(以下、「一般募集」という。)及び一般募集と同時に行われる「第2売出要項1売出株式(引受人の買
      取引受けによる売出し)」に記載の売出し(以下、「引受人の買取引受けによる売出し」という。)に伴い、その需
      要状況等を勘案し、大和証券株式会社が当社株主より借受ける当社普通株式の売出し(以下、「オーバーアロット
      メントによる売出し」という。)を行う場合があります。
      オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項1オー
      バーアロットメントによる売出し等について」をご参照下さい。
    3一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しとは別に、平成25年2月4日(月)開催の取締役会において、「募集
      又は売出しに関する特別記載事項1オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載の大和証券株式
      会社を割当先とする当社普通株式129,000株の第三者割当増資(以下、「本件第三者割当増資」という。)を行うこ
      とを決議しております。
    4一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、その
      内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項2ロックアップについて」をご参照下さい。
    5振替機関の名称及び住所
      株式会社証券保管振替機構
      東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号




                                 2/33
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                ダイト株式会社(E24187)
                                                                              有価証券届出書(組込方式)
 2【株式募集の方法及び条件】
  平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までの間のいずれかの日(以下、「発行価格等決定日」という。)に
  決定される発行価額にて「3株式の引受け」に記載の引受人は買取引受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価
  格)で一般募集を行います。引受人は払込期日に発行価額の総額を当社に払込み、一般募集における発行価格の総額との差
  額は引受人の手取金とします。当社は引受人に対して引受手数料を支払いません。
  (1)【募集の方法】
       区分              発行数                発行価額の総額(円)                資本組入額の総額(円)

株主割当                          −                              −                    −

その他の者に対する割当                   −                              −                    −

一般募集                    800,000株                  1,057,056,000          528,528,000

   計(総発行株式)             800,000株                  1,057,056,000          528,528,000
(注)1全株式を金融商品取引業者の買取引受けにより募集します。
    2発行価額の総額は、引受人の買取引受けによる払込金額の総額であります。
    3資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等
       増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとしま
       す。また、増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額としま
       す。
    4発行価額の総額及び資本組入額の総額は、平成25年1月25日(金)現在の株式会社東京証券取引所における当社普
       通株式の終値を基準として算出した見込額であります。


  (2)【募集の条件】
             発行価額     資本組入額   申込株数                          申込証拠金
 発行価格(円)                                    申込期間                        払込期日
              (円)      (円)    単位                             (円)

     未定
  (注)1、2
(発行価格等決定
日の株式会社東京
証券取引所におけ
                                          自平成25年
る当社普通株式の
                                          2月20日(水)         1株につき発
終値(当日に終値       未定      未定                                            平成25年2月26日(火)
                                   100株   至平成25年          行価格と同一
のない場合は、そ     (注)1、2   (注)1                                               (注)3
                                          2月21日(木)         の金額
の日に先立つ直近
                                           (注)3
日の終値)に0.90
∼1.00を乗じた価
格(1円未満端数
切捨て)を仮条件
とします。)
(注)1日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第25条に規定される方式により、上記仮条件による需要状
       況等を勘案した上で、平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までの間のいずれかの日(発行価格等
       決定日)に、一般募集における価額(発行価格)を決定し、併せて発行価額(当社が引受人より1株当たりの新株
       式払込金として受取る金額)及び資本組入額を決定いたします。なお、資本組入額は「(1)募集の方法」に記載の
       資本組入額の総額を「1新規発行株式」に記載の発行数で除した金額とします。
       今後、発行価格等(発行価格、発行価額、資本組入額、売出価格、引受価額及び引受人の手取金をいう。以下同じ。)が
       決定された場合は、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行価額(払込金額)の総
       額、資本組入額の総額、差引手取概算額、本件第三者割当増資の手取概算額上限、手取概算額合計上限、手取金の使
       途、引受人の買取引受けによる売出しの売出価額の総額、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオー
       バーアロットメントによる売出しの売出価額の総額をいう。以下同じ。)について、目論見書の訂正事項分の交付に
       代え、発行価格等決定日の翌日付の日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出
       後から申込期間の末日までの期間中のインターネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.daitonet.co.
       jp/ir/news.html)(以下、「新聞等」という。)において公表します。発行価格等が決定される前に有価証券届出
       書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付されます。また、発行価格等の決定に
       際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる
       場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等による公表は行いません。
    2「2株式募集の方法及び条件」の冒頭に記載のとおり、発行価格と発行価額とは異なります。発行価格と発行価額

                                           3/33
                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      との差額の総額は、引受人の手取金となります。
    3申込期間及び払込期日については、上記のとおり内定しておりますが、発行価格等決定日において正式に決定する予
      定であります。なお、上記申込期間及び払込期日については、需要状況等を勘案した上で繰り上げることがありま
      す。当該需要状況等の把握期間は、最長で平成25年2月12日(火)から平成25年2月19日(火)までを予定してお
      りますが、実際の発行価格等の決定期間は、平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までを予定して
      おります。
      したがいまして、
      ①発行価格等決定日が平成25年2月13日(水)の場合、申込期間は「自平成25年2月14日(木)至平成25年2
        月15日(金)」、払込期日は「平成25年2月20日(水)」
      ②発行価格等決定日が平成25年2月14日(木)の場合、申込期間は「自平成25年2月15日(金)至平成25年2
        月18日(月)」、払込期日は「平成25年2月21日(木)」
      ③発行価格等決定日が平成25年2月15日(金)の場合、申込期間は「自平成25年2月18日(月)至平成25年2
        月19日(火)」、払込期日は「平成25年2月22日(金)」
      ④発行価格等決定日が平成25年2月18日(月)の場合、申込期間は「自平成25年2月19日(火)至平成25年2
        月20日(水)」、払込期日は「平成25年2月25日(月)」
      ⑤発行価格等決定日が平成25年2月19日(火)の場合、上記申込期間及び払込期日のとおり、
      となりますのでご注意下さい。
    4申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものとします。
    5申込証拠金のうち発行価額相当額は、払込期日に新株式払込金に振替充当します。
    6申込証拠金には、利息をつけません。
    7株式の受渡期日は、払込期日の翌営業日であります。
      したがいまして、
      ①発行価格等決定日が平成25年2月13日(水)の場合、受渡期日は「平成25年2月21日(木)」
      ②発行価格等決定日が平成25年2月14日(木)の場合、受渡期日は「平成25年2月22日(金)」
      ③発行価格等決定日が平成25年2月15日(金)の場合、受渡期日は「平成25年2月25日(月)」
      ④発行価格等決定日が平成25年2月18日(月)の場合、受渡期日は「平成25年2月26日(火)」
      ⑤発行価格等決定日が平成25年2月19日(火)の場合、受渡期日は「平成25年2月27日(水)」
      となりますのでご注意下さい。
      株式は、受渡期日から売買を行うことができます。
      社債、株式等の振替に関する法律の適用により、株式の売買は、振替機関又は口座管理機関における振替口座での振
      替により行われます。


  (3)【申込取扱場所】
     「3株式の引受け」欄に記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店及び国内各支店で申込みの取
     扱いをいたします。


  (4)【払込取扱場所】
              店名                           所在地

  株式会社北陸銀行本店営業部                 富山県富山市堤町通り一丁目2番26号
(注)上記払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。




                                4/33
                                                                                EDINET提出書類
                                                                             ダイト株式会社(E24187)
                                                                           有価証券届出書(組込方式)
 3【株式の引受け】
 引受人の氏名又は名称                 住所                 引受株式数             引受けの条件

                                                          1買取引受けによります。
大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号         560,000株   2引受人は新株式払込金と
                                                            して、払込期日に払込取
                                                            扱場所へ発行価額と同額
野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目9番1号          120,000株
                                                            を払込むことといたしま
                                                            す。
                                                          3引受手数料は支払われま
SMBC日興証券株式会社         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号          80,000株
                                                            せん。ただし、一般募集に
                                                            おける価額(発行価格)
                                                            と発行価額との差額は引
三菱UFJモルガン・スタ
                     東京都千代田区丸の内二丁目5番2号          40,000株     受人の手取金となりま
ンレー証券株式会社
                                                            す。
      計                      −                 800,000株              −


 4【新規発行による手取金の使途】
  (1)【新規発行による手取金の額】
    払込金額の総額(円)             発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

          1,057,056,000           12,000,000                     1,045,056,000
(注)1引受手数料は支払われないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、消費税等
      は含まれておりません。
    2払込金額の総額(発行価額の総額)は、平成25年1月25日(金)現在の株式会社東京証券取引所における当社普通
      株式の終値を基準として算出した見込額であります。


  (2)【手取金の使途】
     上記差引手取概算額1,045,056,000円については、一般募集と同日付をもって取締役会において決議された本件第三
     者割当増資の手取概算額上限168,450,280円と合わせ、手取概算額合計上限1,213,506,280円について、400百万円を平
     成25年12月末までに当社の本社工場における製剤製造設備への設備投資資金の一部に、700百万円を平成26年5月末
     までに当社連結子会社である大和薬品工業株式会社への投融資資金に、残額が生じた場合は平成25年5月末までに返
     済期限を迎える借入金の返済資金に充当する予定であります。投融資資金については、全額を平成26年5月末までに、
     大和薬品工業株式会社の本社工場における原薬工場棟建設資金及び原薬製造設備への設備投資資金の一部に充当す
     る予定であります。
     なお、設備計画の内容については、「第三部追完情報2設備計画の変更」に記載のとおりであります。




                                  5/33
                                                                        EDINET提出書類
                                                                     ダイト株式会社(E24187)
                                                                   有価証券届出書(組込方式)
第2【売出要項】

 1【売出株式(引受人の買取引受けによる売出し)】
  平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までの間のいずれかの日(発行価格等決定日)に決定される引受価
  額にて「2売出しの条件(引受人の買取引受けによる売出し)」に記載の引受人は買取引受けを行い、当該引受価額と異
  なる価額(売出価格、発行価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、
  引受人の買取引受けによる売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金とします。売出人は引受人に対して引
  受手数料を支払いません。
                                                     売出しに係る株式の所有者の住所及び
    種類             売出数          売出価額の総額(円)
                                                     氏名又は名称

                                                     富山県富山市
   普通株式              60,000株            84,506,400
                                                      笹山眞治郎
(注)1一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、大和証券株式会社がオーバーア
        ロットメントによる売出しを行う場合があります。
        オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項1オー
        バーアロットメントによる売出し等について」をご参照下さい。
    2一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、その
        内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項2ロックアップについて」をご参照下さい。
    3振替機関の名称及び住所
        株式会社証券保管振替機構
        東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
    4売出価額の総額は、平成25年1月25日(金)現在の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の終値を基準と
        して算出した見込額であります。


 2【売出しの条件(引受人の買取引受けによる売出し)】
                                      申込証                             元引受
 売出価格      引受価額                申込単          申込受付場     引受人の住所及び氏名又は名
                    申込期間              拠金                              契約の
  (円)       (円)                位            所         称
                                      (円)                             内容

    未定                                                東京都千代田区丸の内一丁目
 (注)1、2                                               9番1号
(発行価格等                                                 大和証券株式会社
決定日の株式
会社東京証券
                                                      東京都中央区日本橋一丁目9
取引所におけ                                      右記金融商
                                                      番1号
る当社普通株                                      品取引業者
                   自平成25年            1株に              野村證券株式会社
式の終値(当                                      及びその委
            未定     2月20日(水)           つき売
日に終値のな                                      託販売先金
           (注)1、   至平成25年     100株   出価格                             (注)5
い場合は、そ                                      融商品取引     東京都千代田区丸の内三丁目
              2    2月21日(木)           と同一
の日に先立つ                                      業者の本店     3番1号
                    (注)3              の金額
直近日の終                                       及び国内各      SMBC日興証券株式会社
値)に0.90∼                                    支店
1.00を乗じた
                                                      東京都千代田区丸の内二丁目
価格(1円未
                                                      5番2号
満端数切捨
                                                       三菱UFJモルガン・スタ
て)を仮条件
                                                       ンレー証券株式会社
とします。)
(注)1日本証券業協会の定める有価証券の引受け等に関する規則第25条に規定される方式により、上記仮条件による需要状
        況等を勘案した上で、平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までの間のいずれかの日(発行価格等
        決定日)に、売出価格を決定し、併せて引受価額(売出人が引受人より1株当たりの売買代金として受取る金額)
        を決定いたします。
        今後、発行価格等(発行価格、発行価額、資本組入額、売出価格、引受価額及び引受人の手取金)が決定された場合
        は、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行価額(払込金額)の総額、資本組入額
        の総額、差引手取概算額、本件第三者割当増資の手取概算額上限、手取概算額合計上限、手取金の使途、引受人の買取
        引受けによる売出しの売出価額の総額、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオーバーアロットメン
        トによる売出しの売出価額の総額)について、目論見書の訂正事項分の交付に代え、発行価格等決定日の翌日付の
        日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間
        中のインターネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.daitonet.co.jp/ir/news.html)(新聞等)にお

                                         6/33
                                                       EDINET提出書類
                                                    ダイト株式会社(E24187)
                                                  有価証券届出書(組込方式)
    いて公表します。発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論
    見書の訂正事項分が交付されます。また、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動し
    て訂正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等
    による公表は行いません。
  2「1売出株式(引受人の買取引受けによる売出し)」の冒頭に記載のとおり、売出価格と引受価額とは異なりま
    す。売出価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となります。
  3申込期間については、「第1募集要項2株式募集の方法及び条件(2)募集の条件」において決定される申込期
    間と同一といたします。
  4株式の受渡期日については、「第1募集要項2株式募集の方法及び条件(2)募集の条件」において決定される
    株式の受渡期日と同一といたします。
  5元引受契約の内容
    買取引受けによります。
    引受手数料は支払われません。
    ただし、売出価格と引受価額との差額は、引受人の手取金となります。
    なお、引受人の手取金は「第1募集要項3株式の引受け引受けの条件」において決定される引受人の手取金と
    同一といたします。
    金融商品取引業者の引受株式数
       金融商品取引業者名                       引受株式数

大和証券株式会社                                        42,000株

野村證券株式会社                                          9,000株

SMBC日興証券株式会社                                      6,000株

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                             3,000株
  6申込みの方法は、申込期間内に申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものとします。
  7申込証拠金のうち引受価額相当額は、受渡期日に売出人への支払いに充当します。
  8申込証拠金には、利息をつけません。
  9株式は、受渡期日から売買を行うことができます。
    社債、株式等の振替に関する法律の適用により、株式の売買は、振替機関又は口座管理機関における振替口座での振
    替により行われます。




                              7/33
                                                                          EDINET提出書類
                                                                       ダイト株式会社(E24187)
                                                                     有価証券届出書(組込方式)
 3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                                     売出しに係る株式の所有者の住所及び
    種類           売出数             売出価額の総額(円)
                                                     氏名又は名称

                                                     東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
   普通株式            129,000株            181,688,760
                                                      大和証券株式会社
(注)1オーバーアロットメントによる売出しは、一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに伴い、その需要状況等を
      勘案し、129,000株を上限として大和証券株式会社が当社株主より借受ける当社普通株式の売出しであります。オー
      バーアロットメントによる売出しの売出数は上限を示したものであり、需要状況等により減少し、又はオーバーア
      ロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
      オーバーアロットメントによる売出し等の内容につきましては、「募集又は売出しに関する特別記載事項1オー
      バーアロットメントによる売出し等について」をご参照下さい。
      今後、売出数が決定された場合は、発行価格等(発行価格、発行価額、資本組入額、売出価格、引受価額及び引受人の
      手取金)及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行価額(払込金額)の総額、資本組入額の総
      額、差引手取概算額、本件第三者割当増資の手取概算額上限、手取概算額合計上限、手取金の使途、引受人の買取引受
      けによる売出しの売出価額の総額、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオーバーアロットメントに
      よる売出しの売出価額の総額)について、目論見書の訂正事項分の交付に代え、発行価格等決定日の翌日付の日本
      経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間中の
      インターネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.daitonet.co.jp/ir/news.html)(新聞等)において
      公表します。発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論見書
      の訂正事項分が交付されます。また、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂
      正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等によ
      る公表は行いません。
    2振替機関の名称及び住所
      株式会社証券保管振替機構
      東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
    3売出価額の総額は、平成25年1月25日(金)現在の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の終値を基準と
      して算出した見込額であります。


 4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                     申込証拠金                引受人の住所及び   元引受契約
売出価格(円)     申込期間         申込単位                   申込受付場所
                                      (円)                 氏名又は名称     の内容

          自平成25年                               大和証券株式会
          2月20日(水)                   1株につき      社及びその委託
   未定
          至平成25年             100株   売出価格と      販売先金融商品      −         −
  (注)1
          2月21日(木)                   同一の金額      取引業者の本店
           (注)1                                 及び国内各支店
(注)1売出価格及び申込期間については、「2売出しの条件(引受人の買取引受けによる売出し)」において決定される
      売出価格及び申込期間とそれぞれ同一といたします。
    2株式の受渡期日については、「2売出しの条件(引受人の買取引受けによる売出し)」において決定される株式の
      受渡期日と同一といたします。
    3申込みの方法は、申込期間内に申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものとします。
    4申込証拠金には、利息をつけません。
    5株式は、受渡期日から売買を行うことができます。
      社債、株式等の振替に関する法律の適用により、株式の売買は、振替機関又は口座管理機関における振替口座での振
      替により行われます。




                                         8/33
                                                                EDINET提出書類
                                                             ダイト株式会社(E24187)
                                                           有価証券届出書(組込方式)
【募集又は売出しに関する特別記載事項】

1オーバーアロットメントによる売出し等について
 一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、129,000株を上限として大和証券株式会
 社が当社株主より借受ける当社普通株式(以下、「貸借株式」という。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出
 し)を行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しの売出数は上限を示したものであり、需要状況等により
 減少し、又はオーバーアロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
 オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は平成25年2月4日(月)開催の取締役会において、一般募集及び
 引受人の買取引受けによる売出しとは別に、大和証券株式会社を割当先とする当社普通株式129,000株の第三者割当増資
 (本件第三者割当増資)を平成25年3月21日(木)を払込期日として行うことを決議しております。(注)1
 大和証券株式会社は、一般募集、引受人の買取引受けによる売出し及びオーバーアロットメントによる売出しの申込期間
 (以下、「申込期間」という。)中、当社普通株式について安定操作取引を行う場合があり、当該安定操作取引で買付けた株
 式の全部又は一部を貸借株式の返還に充当する場合があります。
 また、大和証券株式会社は、申込期間終了日の翌日から平成25年3月15日(金)までの間(以下、「シンジケートカバー取
 引期間」という。(注)2)、オーバーアロットメントによる売出しを行った株式数を上限として、株式会社東京証券取引所
 において当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該シンジケートカバー
 取引で買付けられた株式は全て貸借株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内においても、大和証券
 株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わず、又はオーバーアロットメントによる売出しを行った株式数に至
 らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
 大和証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しを行った株式数から上記の安定操作取引及びシンジケートカ
 バー取引に係る貸借株式の返還に充当する株式数を減じた株式数について、本件第三者割当増資に係る割当てに応じる予定
 であります。
 したがって、本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三
 者割当増資における最終的な発行数がその限度で減少し、又は発行そのものが全く行われない場合があります。
 なお、オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
 の売出数については発行価格等決定日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、大和証
 券株式会社による上記当社株主からの当社普通株式の借受けは行われません。したがってこの場合には、大和証券株式会社
 は本件第三者割当増資に係る割当てに応じず、申込みを行わないため、失権により本件第三者割当増資における新株式発行
 は全く行われません。また、株式会社東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
  (注)1本件第三者割当増資の内容は以下のとおりであります。
          (1)募集株式の種類及び数当社普通株式129,000株
          (2)払込金額の決定方法発行価格等決定日に決定する。なお、払込金額は一般募集における発行価額
                                     と同一とする。
          (3)増加する資本金及び資本準備金の額増加する資本金の額は、会社計算規則第14条第1項に従い算出され
                                     る資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
                                     の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増
                                     加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加
                                     する資本金の額を減じた額とする。
          (4)割当先大和証券株式会社
          (5)申込期間(申込期日)平成25年3月19日(火)
          (6)払込期日平成25年3月21日(木)
          (7)申込株数単位100株




                                     9/33
                                                          EDINET提出書類
                                                       ダイト株式会社(E24187)
                                                     有価証券届出書(組込方式)
     2シンジケートカバー取引期間は、
       ①発行価格等決定日が平成25年2月13日(水)の場合、「平成25年2月16日(土)から平成25年3月15日
         (金)までの間」
       ②発行価格等決定日が平成25年2月14日(木)の場合、「平成25年2月19日(火)から平成25年3月15日
         (金)までの間」
       ③発行価格等決定日が平成25年2月15日(金)の場合、「平成25年2月20日(水)から平成25年3月15日
         (金)までの間」
       ④発行価格等決定日が平成25年2月18日(月)の場合、「平成25年2月21日(木)から平成25年3月15日
         (金)までの間」
       ⑤発行価格等決定日が平成25年2月19日(火)の場合、「平成25年2月22日(金)から平成25年3月15日
         (金)までの間」
       となります。


2ロックアップについて
 一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しに関連して、売出人である笹山眞治郎は、大和証券株式会社に対し、発行価
 格等決定日に始まり、一般募集及び引受人の買取引受けによる売出しの受渡期日から起算して180日目の日に終了する期間
 (以下、「ロックアップ期間」という。)中、大和証券株式会社の事前の書面による同意なしには、当社株式、当社株式に転換
 若しくは交換されうる証券又は当社株式を取得若しくは受領する権利を表章する証券の売却等(ただし、引受人の買取引受
 けによる売出し等を除く。)を行わない旨合意しております。
 また、当社は、大和証券株式会社に対し、ロックアップ期間中、大和証券株式会社の事前の書面による同意なしには、当社株
 式、当社株式に転換若しくは交換されうる証券又は当社株式を取得若しくは受領する権利を表章する証券の発行等(ただ
 し、一般募集、本件第三者割当増資及び株式分割による新株式発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
 上記のいずれの場合においても、大和証券株式会社は、ロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一部又
 は全部につき解除できる権限を有しております。


第3【第三者割当の場合の特記事項】

該当事項はありません。




                             10/33
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   ダイト株式会社(E24187)
                                                                 有価証券届出書(組込方式)

第4【その他の記載事項】

特に新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとしている事項は次のとおりであります。


 ・表紙に当社のロゴ                 を記載いたします。


 ・表紙裏に以下の内容を記載いたします。


 1.募集又は売出しの公表後における空売りについて
  (1)金融商品取引法施行令第26条の6の規定により、「有価証券の取引等の規制に関する内閣府令」(以下、「取引等規
    制府令」という。)第15条の5に定める期間(有価証券の募集又は売出しについて、有価証券届出書が公衆の縦覧に
    供された日の翌日から、発行価格又は売出価格を決定したことによる当該有価証券届出書の訂正届出書が公衆の縦覧
    に供された時までの間(※1))において、当該有価証券と同一の銘柄につき取引所金融商品市場における空売り
    (※2)又はその委託若しくは委託の取次ぎの申込みを行った投資家は、当該募集又は売出しに応じて取得した有価
    証券により当該空売りに係る有価証券の借入れ(※3)の決済を行うことはできません。
  (2)金融商品取引業者等は、(1)に規定する投資家がその行った空売り(※2)に係る有価証券の借入れ(※3)の決済
    を行うために当該募集又は売出しに応じる場合には、当該募集又は売出しの取扱いにより有価証券を取得させること
    ができません。
   ※1取引等規制府令第15条の5に定める期間は、平成25年2月5日(火)から、発行価格及び売出価格を決定したこと
       による有価証券届出書の訂正届出書が平成25年2月13日(水)から平成25年2月19日(火)までの間のいずれ
       かの日に提出され、公衆の縦覧に供された時までの間となります。
   ※2取引等規制府令第15条の7各号に掲げる、次の取引を除きます。
      ・先物取引
      ・国債証券、地方債証券、社債券(新株予約権付社債券及び交換社債券を除く。)、投資法人債券等の空売り
      ・取引所金融商品市場における立会外売買による空売り
   ※3取引等規制府令第15条の6に定めるもの(売戻条件付売買又はこれに類似する取引による買付け)を含みます。


 2.今後、発行価格等(発行価格、発行価額、資本組入額、売出価格、引受価額及び引受人の手取金をいう。以下同じ。)が決定
  された場合は、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行価額(払込金額)の総額、資本組
  入額の総額、差引手取概算額、本件第三者割当増資の手取概算額上限、手取概算額合計上限、手取金の使途、引受人の買取引
  受けによる売出しの売出価額の総額、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオーバーアロットメントによる
  売出しの売出価額の総額をいう。以下同じ。)について、目論見書の訂正事項分の交付に代え、発行価格等決定日の翌日付
  の日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間中の
  インターネット上の当社ウェブサイト([URL]http://www.daitonet.co.jp/ir/news.html)(以下、「新聞等」とい
  う。)において公表します。発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目
  論見書の訂正事項分が交付されます。また、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂
  正される事項以外の記載内容についての訂正が含まれる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等による公表
  は行いません。


 ・表紙の次に、以下に掲げる「1.企業概要」から「4.業績の推移(連結)」までの内容をカラー印刷したものを記載い
  たします。




                                    11/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




12/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




13/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




14/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




15/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




16/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




17/33
             EDINET提出書類
          ダイト株式会社(E24187)
        有価証券届出書(組込方式)




18/33
                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
  ・第一部証券情報の直前に以下の内容を記載いたします。


[株価情報等]
 1【株価、PER及び株式売買高の推移】
  平成22年3月24日から平成25年1月25日までの株式会社東京証券取引所における当社普通株式の株価、PER及び株式売
  買高の推移(週単位)は以下のとおりであります。
  なお、当社株式は、平成22年3月24日をもって株式会社東京証券取引所に上場いたしましたので、それ以前の株価、PER及
  び株式売買高について該当事項はありません。




(注)1・株価のグラフ中の1本の罫線は、週単位の始値、高値、安値、終値の4種類の株価を表しております。
      ・始値と終値の間は箱形、高値と安値の間は線で表しております。
      ・終値が始値より高い時は中を白ぬき、安い時は中黒で表しております。
    2PERの算出は、以下の算式によります。
                        週末の終値
          PER(倍)=
                    1株当たり当期純利益(連結)
      ・平成22年3月24日から平成22年5月31日については、平成22年2月19日提出の有価証券届出書の平成21年5月期
       の連結財務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
      ・平成22年6月1日から平成23年5月31日については、平成22年5月期有価証券報告書の平成22年5月期の連結財
       務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
      ・平成23年6月1日から平成24年5月31日については、平成23年5月期有価証券報告書の平成23年5月期の連結財
       務諸表の1株当たり当期純利益を使用。
      ・平成24年6月1日から平成25年1月25日については、平成24年5月期有価証券報告書の平成24年5月期の連結財
       務諸表の1株当たり当期純利益を使用。


 2【大量保有報告書等の提出状況】
  平成24年8月4日から平成25年1月25日までの間における当社株式に関する大量保有報告書等の提出はありません。




                                19/33
                                                       EDINET提出書類
                                                    ダイト株式会社(E24187)
                                                  有価証券届出書(組込方式)

第二部【公開買付けに関する情報】

該当事項はありません。


第三部【追完情報】

1事業等のリスクについて
 「第四部組込情報」に記載の有価証券報告書(第70期)及び四半期報告書(第71期第2四半期)(以下、「有価証券報告
 書等」という。)に記載された「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書等の提出日以後、本有価証券届出書提出日
 (平成25年2月4日)までの間において変更すべき事由が生じております。以下の内容は、当該事業等のリスクを一括して
 記載したものであり、変更箇所については、___罫で示しております。
 また、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されておりますが、当該事項は本有価証券届出書提出日(平成25
 年2月4日)現在においてもその判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もありません。
  [事業等のリスク]
  以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性についての主な事項を記載しております。また、当
  社グループとしては必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断上、あるいは当社グループの事
  業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から記載しておりま
  す。当社グループは、これらのリスク発生可能性を認識した上で、発生回避および発生した場合の対応に努める方針であり
  ますが本株式に関する投資判断は、本「事業等のリスク」および有価証券報告書等中の「事業等のリスク」以外の記載内
  容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があります。なお、文中における将来に係る事項は、本有価証券届出書提出
  日(平成25年2月4日)現在において、当社グループが判断したものであります。
  また、以下の記載は、当社株式への投資に関連するリスクをすべて網羅するものではありませんので、ご留意ください。
  (1)当社グループの事業内容について
   当社グループは、①原薬の製造販売及び仕入販売、②他社開発の製剤の製造受託並びに③自社開発または共同開発によ
   る製剤の製造販売を主幹事業としております。
   ①原薬の製造販売及び仕入販売
    原薬の各品目は、基本的にはそれぞれ顧客が製造する特定の製剤の品目と紐付いて継続的に販売されますが、その販
    売量は当該製剤の市場での販売動向及び顧客の生産量調整による影響を受けます。また、当社グループの顧客である
    ジェネリックメーカー等の医薬品開発戦略の変更や原薬製造の内製化等の製造委託に係る方針転換等があった場合
    には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。なお、後述のとおり、当社グループは新薬メー
    カー等からの製造受託を行っているため、当該受託品目に関連するジェネリック医薬品向けの原薬に係る受注が制約
    される場合があります。


   ②他社開発の製剤の製造受託
    他社開発の製剤の製造受託に係る当社グループの収益は、当該製剤の市場での販売動向及び当該製剤に係る顧客の
    販売方針による影響を受けます。また、当社グループの顧客である製薬会社の医薬品開発戦略の変更や医薬品製造の
    内製化等の製造委託に係る方針転換等があった場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性がありま
    す。




                            20/33
                                                      EDINET提出書類
                                                   ダイト株式会社(E24187)
                                                 有価証券届出書(組込方式)
 ③自社開発または共同開発による製剤の製造販売
  当社グループは大手医薬品販売業者や医療機関向けの営業を行っていないことから、製剤の自社開発を行う場合、そ
  の販売を担う、競合品を取り扱っていない他の医薬品メーカー等を確保する必要があります。したがって、そうした医
  薬品メーカー等を確保できない場合等においては、自社開発の医薬品製造販売を行うことができない可能性がありま
  す。また、自社開発または共同開発による製剤の製造販売に係る当社グループの収益は、当該製剤の市場での販売動向
  及び当該製剤の販売を担う医薬品メーカー等の販売方針に影響を受けます。


(2)ジェネリック医薬品市場の動向について
 高齢化社会の進展に伴い、日本の国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、平成21年度においてその総額は36兆円を
 超えております。こうした医療費の増加傾向を抑制するための政府の重点施策としてジェネリック医薬品(後発品)の
 使用促進があげられます。ジェネリック医薬品(後発品)は、新薬(先発品)の特許が切れた後に発売される、新薬(先
 発品)と同じ有効成分や同等の効能・効果を持つ医薬品で、研究開発費が少額ですむため、薬価が新薬(先発品)より
 低く設定されております。また、政府は、ジェネリック医薬品(後発品)の数量シェアを平成24年までに30%以上に引き
 上げることを目標に掲げ、処方箋様式の変更や医療機関へのインセンティブの付与等の施策を行っております。
 当社グループは、今後のジェネリック医薬品市場の拡大を見込み、ジェネリックメーカー向けの医薬品原薬の販売及び
 自社開発または共同開発による製剤の製造販売の拡大を図っておりますが、政策転換その他の理由によってジェネリッ
 ク医薬品市場の成長が停滞した場合、当社グループの経営成績等に影響を受ける可能性があります。なお、平成24年5月
 期において、当社グループのジェネリック医薬品に関連する売上高(連結)は、当社グループの売上高(連結)総額の
 7割程度を占めております。


(3)薬価改定、政府による医療保険制度の見直し等について
 医療用医薬品は政府の定める薬価基準により保険償還価格が決められております。薬価基準は、市場における売買価格
 の実勢価格調査の結果に基づき、原則として2年に一度改定されており、平成22年4月には業界平均5.75%、平成24年4
 月には業界平均6.0%の引き下げ改定が行われております。
 薬価改定後には、販売価格低下等の影響を受ける可能性があります。また、医療保険財政の悪化に伴い、政府は医療保険
 制度を抜本的に見直す方針であるため、その内容によっては当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性がありま
 す。


(4)法改正及び法規制等に関するリスク
 当社グループは医薬品の製造、販売に関して薬事法、薬事法施行規則及びそれらに関するGMP(医薬品の製造管理及
 び品質管理に関する基準)関連法令の規制を受けており、主に下表のような承認・許認可等を受けております。当社グ
 ループは、これらの許認可等を受けるための諸条件及び関係法令の遵守に努めており、現時点において当該許認可等が
 取り消しとなる事由は発生しておりません。しかし、法令違反等によりこれらの許認可等が取り消された場合には、当社
 グループの事業活動に重大な影響を及ぼす可能性があります。
 また、今後これらの規制の強化、または新たな規制の導入により、事業活動が制約され、各業務の遅滞が発生した場合等
 には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。




                           21/33
                                                                        EDINET提出書類
                                                                     ダイト株式会社(E24187)
                                                                   有価証券届出書(組込方式)
   (当社)
                                                           法令違反の要件及び主な許
  許認可等の名称     所管官庁等    許認可等の内容                  有効期限
                                                           認可取消事由

                                                           薬事法その他薬事に関する
                      富山県知事許可                平成27年5月27日
              富山県                                          法令若しくはこれに基づく
                      (富卸一0083号)             (6年ごとの更新)
                                                           処分に違反する行為があっ
                                                           たとき、法人(業務を行う
                      東京都知事許可                平成28年5月7日
              東京都
医薬品卸売販売業許可                                                 役員を含む)が第5条第3
                      (第0301980004号)         (6年ごとの更新)
                                                           号の規定に該当するに至っ
                                                           たときは、許可の取り消し、
                      大阪府知事許可                平成29年12月31日   又は業務の停止(薬事法第
              大阪府
                      (B10145号)              (6年ごとの更新)     七十五条第1項)

                                                           薬事法その他薬事に関する
                                                           法令若しくはこれに基づく
                                                           処分に違反する行為があっ
                                                           たとき、法人(業務を行う
第一種医薬品製造販売業           富山県知事許可                平成26年9月30日
              富山県                                          役員を含む)が第5条第3
許可                    (16A1X00010)           (5年ごとの更新)
                                                           号の規定に該当するに至っ
                                                           たときは、許可の取り消し、
                                                           又は業務の停止(薬事法第
                                                           七十五条第1項)

                                                           薬事法その他薬事に関する
                                                           法令若しくはこれに基づく
                                                           処分に違反する行為があっ
                                                           たとき、法人(業務を行う
第二種医薬品製造販売業           富山県知事許可                平成26年9月30日
              富山県                                          役員を含む)が第5条第3
許可                    (16A2X00047)           (5年ごとの更新)
                                                           号の規定に該当するに至っ
                                                           たときは、許可の取り消し、
                                                           又は業務の停止(薬事法第
                                                           七十五条第1項)

                                                           薬事法その他薬事に関する
                                                           法令若しくはこれに基づく
                                                           処分に違反する行為があっ
                                                           たとき、法人(業務を行う
                      富山県知事許可                平成26年9月30日
医薬品製造業許可      富山県                                          役員を含む)が第5条第3
                      (16AZ0317)             (5年ごとの更新)
                                                           号の規定に該当するに至っ
                                                           たときは、許可の取り消し、
                                                           又は業務の停止(薬事法第
                                                           七十五条第1項)


   (大和薬品工業株式会社)
                                                           法令違反の要件及び主な許
  許認可等の名称     所管官庁等    許認可等の内容                  有効期限
                                                           認可取消事由

                                                           薬事法その他薬事に関する
                                                           法令若しくはこれに基づく
                                                           処分に違反する行為があっ
                                                           たとき、法人(業務を行う
                      富山県知事許可                平成28年12月31日
医薬品製造業許可      富山県                                          役員を含む)が第5条第3
                      (16AZ000183)           (5年ごとの更新)
                                                           号の規定に該当するに至っ
                                                           たときは、許可の取り消し、
                                                           又は業務の停止(薬事法第
                                                           七十五条第1項)


  (5)販売中止、製品回収、製造物責任等に関するリスク
   医薬品の発売後には、発売前に予期していなかった副作用が確認されたり、製造過程での製品への異物混入等が発見さ
   れたりすることがあります。また、薬事法に基づく再審査や再評価において、品質、有効性もしくは安全性に関して不適
   当と評価される場合があります。当社グループが原薬の供給もしくは製造の受託を行う医薬品、または当社グループの
   自社開発製品に関してこれらの事態による販売中止、製品回収もしくは損害賠償等が発生した場合、当社グループの経
   営成績等は影響を受ける可能性があります。
   また、当社グループは、健康食品の販売も行っており、品質不良等によって消費者に健康被害を与えるような事態が発
   生した場合、当該製品の販売減少、損害賠償の発生または当社グループのブランドイメージの毀損等によって当社グ
   ループの経営成績等に影響を受ける可能性があります。


                                     22/33
                                                     EDINET提出書類
                                                  ダイト株式会社(E24187)
                                                有価証券届出書(組込方式)


(6)知的財産権について
 当社グループが製造販売するジェネリック医薬品に関しては、結晶形、製法、製剤等に関する特許権あるいは剤形に関
 する意匠権等、他社の権利が残存している場合が多いため、当社グループは、物質・用途特許をはじめ、各種特許を中心
 とした知的財産権に関し徹底した調査を実施しております。しかしながら、特許抵触の疑義があることを理由に訴訟提
 起される場合があり、このような事態が生じた場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。


(7)設備投資に関するリスク
 当社グループは多種多様な製造品目及び製造工程を取扱うことから、少数の製造品目や製造工程のみを取扱う同業者
 と比較すると、収益に対応した設備投資負担が相対的に大きくなっていると考えられます。また、当社グループが継続的
 に事業を拡大していくためには、新たな製造品目や製造工程の取扱いに対応した設備投資が必要となります。
 こうした設備投資が遅延した場合には、受注機会の喪失等により、当社グループの経営成績は影響を受ける可能性があ
 ります。一方、大規模な設備投資を行った場合、原薬及び製剤を製造する際の特徴上、本格的な生産に至るまでに一定の
 期間を要するため、減価償却費が先行的に発生することによって売上原価率が大きく上昇する可能性があります。また、
 大規模な設備投資を行った際に想定していた受注を期待通りに獲得できなかった場合には、当社グループの経営成績等
 は重大な影響を受ける可能性があります。


(8)自然災害、事故等について
 当社グループの生産拠点が集中している富山県における大規模な自然災害や、当社グループの製造施設における事故
 等が発生した場合、製造設備等への損害、生産活動の停止、取引先や製造施設近隣住民への補償等により、当社グループ
 の経営成績等は影響を受ける可能性があります。


(9)原材料または商品の仕入れ等が困難になるリスク
 当社グループは、一部の原材料及び商品の仕入れや外注加工に関して、海外企業を含む特定の取引先に依存しているも
 のがあり、災害等の要因によってそうした原材料や商品の仕入れまたは外注加工が困難になり、重要な製品の製造停止
 や重要な仕入販売取引の停止等を余儀なくされた場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性がありま
 す。


(10)原材料または商品の仕入価格の変動に関するリスク
 当社グループの原薬及び製剤の製造販売に係る原材料や、仕入販売に係る原薬等の価格が何らかの事情によって急激
 に変動した場合、当社グループの経営成績及び財政状態は影響を受ける可能性があります。


(11)有利子負債依存度が高いことについて
 当社グループでは、事業拡大に必要な資金の多くを金融機関からの借入によって調達しており、平成24年11月末におけ
 る総資産に占める有利子負債の比率は39.8%と高い水準にあります。今後当社グループは、資金調達手段の多様化に積
 極的に取り組み、有利子負債比率の低減による財務体質の改善、自己資本の充実を図る方針であります。今後、市場金利
 が上昇した場合には、当社グループの借入金利も上昇することが予想され、その場合には当社グループの経営成績等に
 影響を及ぼす可能性があります。また、金融機関からの借入の一部には、純資産や経常損益の金額等を基準とした財務制
 限条項が付されているものがあり、将来においてこうした財務制限条項に抵触し、期限の利益を喪失した場合等には、当
 社グループの資金繰り等に影響を及ぼす可能性があります。




                            23/33
                                                    EDINET提出書類
                                                 ダイト株式会社(E24187)
                                               有価証券届出書(組込方式)
(12)取引先の企業再編によるリスク
 当社グループの取引先において企業統合や合併が発生した場合、あるいは外資企業の進出に伴い取引先がその傘下に
 入ること等が発生した場合には、取引高が減少する可能性があり、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性が
 あります。


(13)環境保全に関するリスク
 医薬品の研究、製造の過程等で使われる化学物質の中には、人の健康や生態系に悪影響を与える物質も含まれておりま
 す。当社グループは、環境保全に係る法規制を遵守し、土壌汚染、水質汚染及び悪臭等の発生防止に取り組んでおります
 が、万一当社グループの事業活動に起因する環境問題が発生した場合、損害賠償の発生やブランドイメージの毀損等に
 より、経営成績等に影響を受ける可能性があります。また、環境保全に係る法規制の改定に伴って多額の対策費用が発生
 する場合等においても、当社グループの経営成績等が影響を受ける可能性があります。


(14)競合に関するリスク
 現状、日本国内の品質基準への対応の面で当社グループは優位にあるものと考えておりますが、今後、大手外資系原薬
 バルクメーカーが国内企業の買収等によって日本市場への参入を図る可能性があり、そうした海外企業が増加した場
 合、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。


(15)製商品の品質の維持に関するリスク
 当社グループは、製造販売、仕入販売もしくは受託製造する原薬及び製剤の品質に関して、生産管理の徹底、継続的な研
 究開発に基づく創意工夫及び適格な人材の確保等によってその維持・向上に取り組んでおり、製品の品質に関しては日
 本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)だけでなく、FDA(米国食品医薬品局)やEMA
 (欧州医薬品庁)の基準にも適合する生産体制を備えております。しかしながら、何らかの事情によってこうした生産
 体制の維持が困難となり、製商品の品質低下が生じた場合、新規取引獲得に係る競争力の低下や既存の継続的取引の喪
 失等により、当社グループの経営成績及び財政状態は重大な影響を受ける可能性があります。


(16)海外での事業展開に関するリスク
 当社グループは、将来の米国等海外での事業展開を計画しております。海外では法規制や行政指導のあり方等を含めて
 事業環境が異なることから、予期せぬ費用の発生等により、当社グループの経営成績等が影響を受ける可能性がありま
 す。


(17)機密情報の管理について
 当社グループは、原薬の製造販売や製剤の業務受託等において、取引先の生産計画や新製品の開発に関する機密性の高
 い情報を取得する場合があります。当社グループでは、こうした機密情報の管理の徹底を図っておりますが、何らかの要
 因で情報漏洩等が発生した場合には、当社グループの信用の失墜等により、経営成績等に影響を及ぼす可能性がありま
 す。


(18)研究開発について
 当社グループは、原薬及び製剤の製造販売や業務受託等に関して研究開発活動を行っております。こうした研究開発活
 動は、製造販売や業務受託の開始に数年間先行して開始する場合がほとんどですが、これらの活動に関する投資につい
 ては、必ずしも期待通りに収益獲得に結び付かない可能性があり、その場合には、当社グループの経営成績等に影響を及
 ぼす可能性があります。


(19)固定資産に関するリスク
 当社グループは、多額の固定資産(建物、機械装置、土地、投資有価証券等)を所有しているため、経営環境の変化等に
 伴ってそれらの価値が著しく変動し、減損損失、除却・売却による損失、評価差額の変動等が発生した場合、当社グルー
 プの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。




                         24/33
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                    ダイト株式会社(E24187)
                                                                                  有価証券届出書(組込方式)
 2設備計画の変更
  「第四部組込情報」に記載の有価証券報告書(第70期)に記載された「第一部企業情報第3設備の状況3設備の新
  設、除却等の計画(1)重要な設備の新設」は、本有価証券届出書提出日(平成25年2月4日)現在(ただし、投資予定金額
  の既支払額については平成24年11月30日現在)、以下のとおりとなっております。
  (1)重要な設備の新設
                                投資予定金額                         着手及び完了予定
                                                                                   完成後の
 事業所名      所在地     設備の内容                           資金調達方法
                                                                                   増加能力
                            総額          既支払額
                                                              着手         完了
                           (千円)         (千円)

                                                   自己資金及び
当社        富山県
                  原薬製造設備      430,000      6,706   金融機関借入   平成24年6月    平成25年5月     (注)2
本社工場      富山市
                                                   金

                                                   増資資金、自
大和薬品工業㈱   富山県     原薬棟の建設
                           1,000,000           −   己資金及び金   平成25年10月   平成26年7月     (注)3
本社工場      富山市     及び製造設備
                                                   融機関借入金

                                                   増資資金、自
当社        富山県
                  製剤製造設備   1,000,000     340,148   己資金及び金   平成24年6月    平成25年12月    (注)4
本社工場      富山市
                                                   融機関借入金

(注)1上記金額には消費税等は含まれておりません。
       2品質向上及び合理化を目的としているため、完成後の増加能力については、記載しておりません。
       3従来の大和薬品工業㈱の原薬製造設備と比較して、製造能力30%増を計画しております。
       4個別受注への対応及び品質向上を目的としたものであり、完成後の増加能力の試算が困難であるため、記載を省略し
         ております。


 3臨時報告書の提出
  「第四部組込情報」に記載の有価証券報告書(第70期)の提出日(平成24年8月29日)以後、本有価証券届出書提出日
  (平成25年2月4日)までの間に、次のとおり臨時報告書を北陸財務局長に提出しております。
  Ⅰ当社は、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定に基
   づく臨時報告書を平成24年8月30日に提出しております。
   その報告内容は下記のとおりであります。
       (1)当該株主総会が開催された年月日
         平成24年8月28日


       (2)当該決議事項の内容
         第1号議案剰余金処分の件
                  期末配当に関する事項
                  ①配当財産の種類
                    金銭
                  ②配当財産の割当てに関する事項及びその額
                    当社普通株式1株につき金30円
                  ③剰余金の配当が効力を生じる日
                    平成24年8月29日


         第2号議案取締役5名選任の件
                  取締役として、笹山眞治郎、大津賀保信、加藤英之、菊田潤一及び奈良井佳洋の5氏を選任する。


         第3号議案監査役1名選任の件
                  監査役として、山本一三氏を選任する。




                                          25/33
                                                                        EDINET提出書類
                                                                     ダイト株式会社(E24187)
                                                                   有価証券届出書(組込方式)
        第4号議案取締役及び監査役の報酬額改定の件
               経営環境の変化に伴い取締役及び監査役の責務が増大したことなどを考慮して、取締役の報酬額を各
               事業年度を対象とする年額4億円以内、監査役の報酬額を各事業年度を対象とする年額7千万円以内
               に改定する。


        第5号議案役員賞与支給の件
               当事業年度末の取締役4名及び監査役3名に対し、総額7,500千円の役員賞与を支給する。


    (3)当該決議事項に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための要件
     並びに当該決議の結果
                                                         賛成比率
        決議事項       賛成(個)         反対(個)    棄権(個)   可決要件             決議の結果
                                                          (%)

第1号議案                   56,777      680       0   (注)1     78.40    可決

第2号議案                                             (注)2

 笹山眞治郎                 56,621      836       0            78.18    可決

 大津賀保信                 57,303      154       0            79.12    可決

 加藤英之                  57,303      154       0            79.12    可決

 菊田潤一                  56,986      471       0            78.69    可決

 奈良井佳洋                 57,021      436       0            78.74    可決

第3号議案                                             (注)2

 山本一三                  57,433       24       0            79.30    可決

第4号議案                   57,273      184       0   (注)1     79.08    可決

第5号議案                   57,367       90       0   (注)1     79.21    可決
(注)1出席した議決権を行使することができる株主の議決権の過半数の賛成であります。
    2議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主の出席及び出席した当該株主の議決権の
        過半数の賛成であります。


    (4)議決権の数に株主総会に出席した株主の議決権の数の一部を加算しなかった理由
     本株主総会前日までの事前行使分及び当日出席の一部の株主から各議案の賛否に関して確認できたものの集計によ
     り各決議事項が可決されるための要件を満たし、会社法に則って決議が成立したため、本株主総会当日に出席した株
     主の議決権の数の一部を集計しておりません。




                                      26/33
                                                               EDINET提出書類
                                                            ダイト株式会社(E24187)
                                                          有価証券届出書(組込方式)
Ⅱ当社は、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号の規定に基づく
 臨時報告書を平成24年9月26日に提出しております。
 その報告内容は下記のとおりであります。
  (1)当該異動に係る特定子会社の名称、住所、代表者の氏名、資本金の額及び事業の内容
   a.名称安徽微納生命科学技術開発有限公司
                (英文名:Anhui Vna Life Technology CO.,Ltd)
   b.住所中華人民共和国安徽省合肥市経済技術開発区
   c.代表者の氏名大野琴音
   d.資本金の額10百万米ドル(登録資本金)
   e.事業の内容健康食品、医薬品中間体及び化成品の製造・販売


  (2)当該異動の前後における当社の所有に係る当該特定子会社の議決権の数及び当該特定子会社の総株主等の議決権
   に対する割合
   a.当社の所有に係る当該特定子会社の議決権(出資金額)
     異動前−
     異動後7百万米ドル
   b.当該特定子会社の総株主等の議決権(出資総額)に対する割合
     異動前−
     異動後70%


  (3)当該異動の理由及びその年月日
   a.異動の理由
    当社は、医薬品の原薬及び製剤の製造・販売を行っておりますが、今後の事業の拡大及び企業価値の更なる向上を
    目指すにあたり、中国国内での医療用ジェネリック医薬品の販売を行い、海外市場への積極的な進出を図っていく
    ため、安徽微納生命科学技術開発有限公司の第三者割当増資を引き受け、子会社化いたしました。
    当該子会社の資本金の額が当社の資本金の額の100分の10以上に相当し、当社の特定子会社に該当することとなり
    ました。
   b.異動の年月日
     平成24年9月4日




                                     27/33
                                                            EDINET提出書類
                                                         ダイト株式会社(E24187)
                                                       有価証券届出書(組込方式)

第四部【組込情報】

次に掲げる書類の写しを組み込んでおります。
               事業年度       自平成23年6月1日     平成24年8月29日
  有価証券報告書
              (第70期)      至平成24年5月31日    北陸財務局長に提出

                事業年度      自平成24年9月1日     平成25年1月11日
  四半期報告書
            (第71期第2四半期)   至平成24年11月30日   北陸財務局長に提出
なお、上記書類は、金融商品取引法第27条の30の2に規定する開示用電子情報処理組織(EDINET)を使用して提出した
データを開示用電子情報処理組織による手続の特例等に関する留意事項について(電子開示手続等ガイドライン)A4−1
に基づき本有価証券届出書の添付書類としております。




                              28/33
                                  EDINET提出書類
                               ダイト株式会社(E24187)
                             有価証券届出書(組込方式)

第五部【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。


第六部【特別情報】

該当事項はありません。




                     29/33
                                                                 EDINET提出書類
                                                              ダイト株式会社(E24187)
                                                            有価証券届出書(組込方式)

                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     


                                                         平成25年1月11日
ダイト株式会社                                           
 取締役会御中 

                          有限責任 あずさ監査法人
                                            

                           指定有限責任社員
                                                 近藤久晴印
                                       公認会計士
                           業務執行社員

                           指定有限責任社員
                                                 中川敏裕印
                                       公認会計士
                           業務執行社員



当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているダイト株式会社の
平成24年6月1日から平成25年5月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成24年9月1日から平成24
年11月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成24年6月1日から平成24年11月30日まで)に係る四半期連結財務
諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。

四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結
論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して
四半期レビューを行った。
四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質問、
分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認めら
れる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

監査人の結論
当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
れる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ダイト株式会社及び連結子会社の平成24年11月30日現在の財政状態並び
に同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以上
    (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
       2.四半期連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれておりません。





                               30/33
                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)

                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 


                                                 平成24年8月29日
ダイト株式会社                                       
 取締役会御中   

                           有限責任 あずさ監査法人
                                             

                           指定有限責任社員
                                              浜田亘印
                                    公認会計士
                           業務執行社員

                           指定有限責任社員
                                              中川敏裕印
                                    公認会計士
                           業務執行社員


<財務諸表監査>
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
るダイト株式会社の平成23年6月1日から平成24年5月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作
成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。

連結財務諸表に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明すること
にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、こ
れに基づき監査を実施することを求めている。
監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を
検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含
め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

監査意見
当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイト
株式会社及び連結子会社の平成24年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

強調事項
重要な後発事象に記載されているとおり、平成24年7月10日開催の取締役会において、安徽微納生命科学技術開発有限公
司からの第三者割当増資を引き受けることを決議した。
当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。




                             31/33
                                                        EDINET提出書類
                                                     ダイト株式会社(E24187)
                                                   有価証券届出書(組込方式)
<内部統制監査>
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ダイト株式会社の平成24年5月
31日現在の内部統制報告書について監査を行った。

内部統制報告書に対する経営者の責任
経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係
る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性がある。

監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表
明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に
準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽表
示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施することを
求めている。
内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に
基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果につ
いて経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

監査意見
当監査法人は、ダイト株式会社が平成24年5月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。

利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以上
    (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
         会社)が別途保管しております。
       2.連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                              32/33
                                                              EDINET提出書類
                                                           ダイト株式会社(E24187)
                                                         有価証券届出書(組込方式)

                      独立監査人の監査報告書
                                                  


                                                      平成24年8月29日
ダイト株式会社                                        
 取締役会御中       

                            有限責任 あずさ監査法人
                                              

                            指定有限責任社員
                                               浜田亘印
                                     公認会計士
                            業務執行社員

                            指定有限責任社員
                                               中川敏裕印
                                     公認会計士
                            業務執行社員


当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
るダイト株式会社の平成23年6月1日から平成24年5月31日までの第70期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損
益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。

財務諸表に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。

監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
る。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づ
き監査を実施することを求めている。
監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査法
人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸
表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際し
て、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての
財務諸表の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

監査意見
当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイト株式
会社の平成24年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適
正に表示しているものと認める。

強調事項
重要な後発事象に記載されているとおり、平成24年7月10日開催の取締役会において、安徽微納生命科学技術開発有限公
司からの第三者割当増資を引き受けることを決議した。
当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。

利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以上
  (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
       会社)が別途保管しております。
     2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                             33/33

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。