株式会社麻生 半期報告書‐第52期(平成24年4月1日‐平成25年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第52期(平成24年4月1日‐平成25年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社麻生

カテゴリ:半期報告書‐第52期(平成24年4月1日‐平成25年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                 EDINET提出書類
                                               株式会社麻生(E01209)
                                                     半期報告書

【表紙】         
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        福岡財務支局長

【提出日】        平成24年12月21日

【中間会計期間】     第52期中(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)

【会社名】        株式会社麻生

【英訳名】        Aso Corporation

【代表者の役職氏名】   取締役社長麻生巌

【本店の所在の場所】   福岡県飯塚市芳雄町7番18号

【電話番号】       福岡(0948)(22)3604番

【事務連絡者氏名】    経営支援本部総務人事部田上智徳

【最寄りの連絡場所】   福岡県福岡市早良区百道浜2丁目4番27号

【電話番号】       福岡(092)(832)2011番

【事務連絡者氏名】    経営支援本部経理財務部大濱理

【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。

            






                         1/81
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                                                               半期報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

             回次            第50期中        第51期中        第52期中         第50期          第51期
                           自平成22年      自平成23年      自平成24年      自平成22年       自平成23年
                           4月1日       4月1日       4月1日       4月1日        4月1日
           会計期間
                           至平成22年      至平成23年      至平成24年      至平成23年       至平成24年
                           9月30日      9月30日      9月30日      3月31日       3月31日
    売上高            (百万円)       48,764       49,968       51,992      101,944       103,964

    経常利益           (百万円)        1,230          957        1,691        2,502         3,183
    中間(当期)純利益又は
                   (百万円)           19        △419           735           484        △407
    中間(当期)純損失(△)
    中間包括利益又は
                   (百万円)           92        △729           832           775         △75
    包括利益
    純資産額           (百万円)       12,753       12,403       12,455       13,311        11,743

    総資産額           (百万円)      105,760      105,595      121,719      108,272       117,237

    1株当たり純資産額       (円)      3,029.93     2,920.67     3,432.49     3,176.47      3,234.96
    1株当たり中間(当期)
    純利益金額又は中間(当     (円)          6.74     △149.12        236.01       172.09      △143.39
    期)純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当
    たり中間(当期)純利益     (円)            ―            ―            ―             ―             ―
    金額
    自己資本比率          (%)           8.1          7.8          8.8           8.2           8.6
    営業活動による
                    (百万円)      1,308     321   1,314   7,078    5,928
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (百万円)      △837  △5,789  △1,731  △2,897  △17,890
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (百万円)      2,999   1,116   5,479     733   10,888
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    (百万円)     13,935  11,027  19,366  15,378   14,303
    中間期末(期末)残高
    従業員数                       3,452   3,613   3,598   3,452    3,670
                      (人)
    [外、平均臨時雇用者数]             [1,238] [1,242] [1,364] [1,238]  [1,259]
     (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
         2第50期中、第52期中及び第50期の潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存
            在しないため記載していない。
            第51期中及び第51期の潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、1株当たり中間(当期)
            純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載していない。
         3従業員数は、就業人員数を表示している。





                                             2/81
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                                                              半期報告書

    (2) 提出会社の経営指標等

             回次           第50期中        第51期中        第52期中         第50期          第51期
                          自平成22年      自平成23年      自平成24年      自平成22年       自平成23年
                          4月1日       4月1日       4月1日       4月1日        4月1日
           会計期間
                          至平成22年      至平成23年      至平成24年      至平成23年       至平成24年
                          9月30日      9月30日      9月30日      3月31日       3月31日

    売上高           (百万円)       15,641       15,774       16,330       31,865        32,323

    経常利益          (百万円)          465           90          407           825           753
    中間(当期)純利益又は
                  (百万円)           77        △163           225           266           194
    中間純損失(△)
    資本金           (百万円)        3,080        3,080        3,580        3,080         3,580

    発行済株式総数       (千株)         3,010        3,010        3,210        3,010         3,210

    純資産額          (百万円)        6,335        5,970        8,183        6,382         8,042

    総資産額          (百万円)       47,942       50,805       61,757       50,872        57,324

    1株当たり純資産額      (円)      2,229.06     2,101.23     2,605.66     2,245.91      2,560.22
    1株当たり中間(当期)
    純利益金額又は中間純     (円)         27.31      △57.48         71.71        93.71         67.96
    損失金額(△)
    潜在株式調整後
    1株当たり中間        (円)            ―            ―            ―             ―             ―
    (当期)純利益

    1株当たり配当額       (円)            ―            ―            ―         25.00         25.00


    自己資本比率         (%)          13.2         11.8         13.3         12.5          14.0
    従業員数                      1,844   1,921   1,912   1,846  1,996
                     (人)
    [外、平均臨時雇用者数]              [289]   [278]   [371]   [310]  [300]
     (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
         2第50期中、第52期中、第50期及び第51期の潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株
            式が存在しないため記載していない。
            第51期中の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、1株当たり中間純損失であり、また、潜在
            株式が存在しないため記載していない。
         3従業員数は、就業人員数を表示している。





                                            3/81
                                                                  EDINET提出書類
                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                      半期報告書

2 【事業の内容】
             当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容につい
            て、重要な変更はない。また、主要な関係会社についても異動はない。
    
3 【関係会社の状況】
            当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はない。
        
4 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                 平成24年9月30日現在
                 セグメントの名称                   従業員数(人)
                                                   378
    セメント事業
                                                  [35]
                                                 1,874
    医療事業
                                                 [276]
                                                   195
    商社・流通事業
                                                 [188]
                                                   742
    人材事業
                                                 [711]
                                                   409
    その他事業
                                                 [154]
                                                 3,598
                 合計
                                               [1,364]
    (注)従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[]内に当中間連結会計期間の平均人員を外数で記載している。

    (2) 提出会社の状況
                   平成24年9月30日現在
                         1,912
        従業員数(人)
                         [371]
    (注)従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[]内に当中間会計期間の平均人員を外数で記載している。

    (3) 労働組合の状況
            労使関係については、特に記載すべき事項はない。





                                   4/81
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                            半期報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
   当中間連結会計期間におけるわが国経済は、復興関連需要などから緩やかな回復が見られたものの、海
 外経済の減速などの影響により景気回復は足踏み状態で推移しました。
   当社グループの基幹産業であるセメント業界におきましては、全国的には東日本大震災の復興需要に
 より緩やかな回復の兆しが見られ、民需においても回復基調となり、セメント需要は前年同期比増となり
 ました。医療業界におきましては、平成23年6月30日に政府・与党社会保障改革検討本部において決定さ
 れた「社会保障・税一体改革成案」のシナリオの具体化の側面を持った診療報酬改定が平成24年4月に
 行われました。表面上はネットで+0.004%のプラス改定となっていますが、これには長期収載品薬価の
 ▲0.9%の追加引き下げは含まれておらず、実質マイナス改定と捉えることもできます。団塊世代の後期
 高齢者化により、救急を筆頭に医療現場の疲弊は改善されておらず、医療崩壊を起こすリスクは全国的に
 知名度の高い病院でも例外ではありません。
   このような情勢の中、当社グループにおきましては、セメント事業において、麻生ラファージュセメン
 トでは、セメント製造コストの大きな割合を占めるエネルギーコストの削減のため、代替原料および代替
 燃料の使用比率上昇による製造コストの削減、工場固定費や販売費及び一般管理費の圧縮、また販売価格
 の適正化に注力いたしました。医療事業におきましては、飯塚病院では、新規入院患者の受入促進、平均在
 院日数の短縮、手術件数の増加などにより、日本病院会診療報酬改定影響度調査平均2.55%を上回る
 4.28%の増収となりました。引き続き、医療技術職のほかER-Aideや医師事務作業補助者、ORT、ORAといっ
 た臨床の現場で活動するAdministratorを積極的に採用し、チーム医療の充実による医療の質の向上と労
 働環境改善を進めています。
   以上の結果、当中間連結会計期間の業績は、売上高は51,992百万円と前年同期に比べ2,024百万円(+
 4.1%)の増収となり、営業利益は1,744百万円と前年同期に比べ600百万円(+52.5%)の増益、経常利益
 は1,691百万円と前年同期に比べ734百万円(+76.7%)の増益、中間純利益は735百万円と前年同期に比べ
 1,155百万円の増益となりました。


   セグメントの業績は、次のとおりであります。
  ①セメント事業
   販売圏である近畿以西のセメント需要も前年同期比増であり売上高は15,204百万円と前年同期比916
 百万円(+6.4%)の増収となり、更なるセメント製造コストおよび販売経費の削減に努め、営業利益は
 1,053百万円と前年同期比567百万円(+116.7%)の増益となりました。
  ②医療事業
   医療事業におきましては、増収対策を図る一方、費用の適正管理に努めた結果、売上高は15,346百万円
 と前年同期比695百万円(+4.7%)の増収となり、営業損失は42百万円と前年同期比63百万円の減益とな
 りました。
  ③商社・流通事業
   売上高は10,495百万円と前年同期比264百万円(+2.6%)の増収となり、営業利益は101百万円と前年
 同期比17百万円(+21.5%)の増益となりました。
  ④人材事業
   売上高は6,835百万円と前年同期比2百万円(+0.0%)の増収となり、営業利益は306百万円と前年同期

                              5/81
                                                     EDINET提出書類
                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                         半期報告書
比66百万円(+27.7%)の増益となりました。
⑤その他事業
 売上高は6,081百万円と前年同期比461百万円(+8.2%)の増収となり、営業利益は325百万円と前年同
期比33百万円(+11.5%)の増益となりました。




                            6/81
                                                              EDINET提出書類
                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                  半期報告書

    (2) キャッシュ・フロー
        1.当中間連結会計期間のキャッシュ・フローの概要説明
         当中間連結会計期間のキャッシュ・フローについては、営業活動により1,314百万円増加し、投資活動
        により1,731百万円減少し、財務活動により5,479百万円増加しております。この結果、現金及び現金同等
        物は5,062百万円の増加となり、中間期末残高は19,366百万円(前年同期比75.6%増)となりました。

        2.各活動別の説明及び前年同期比
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当中間連結会計期間は、税金等調整前中間純利益1,655百万円を計上し、前中間連結会計期間と比べ税
        金等調整前中間純利益が1,683百万円増加しておりますが、一方、貸倒引当金の増減額が前中間連結会計
        期間と比べ867百万円減少しております。
         この結果、営業活動によるキャッシュ・フローは前中間連結会計期間と比べて993百万円(前年同期比
        309.1%増)の増加となりました。
    
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         前中間連結会計期間において、飯塚病院新病棟建設に伴う支出が1,199百万円計上されております。そ
        の他、社債等の購入に伴いまして、投資有価証券の取得による支出が3,326百万円計上されております。
         この結果、投資活動によるキャッシュ・フローは前中間連結会計期間と比べて支出が4,058百万円(前
        年同期比70.1%減)の減少となりました。
    
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当中間連結会計期間において、長期借入金として6,530百万円を資金調達しております。また、約定弁済
        により長期借入金が3,585百万円減少しております。
         この結果、財務活動によるキャッシュ・フローは前中間連結会計期間と比べて4,362百万円(前年同期
        比390.6%増)の増加となりました。





                                   7/81
                                                                           EDINET提出書類
                                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                                               半期報告書

2 【生産、受注及び販売の状況】
    (1) 生産実績
      当社グループについては、提供するサービスの性格上、生産実績の記載に馴染まないため、記載してい
     ない。

    (2) 受注状況
      当社グループについては、受注生産形態をとらない製品が大半であるため、記載していない。

    (3) 販売実績
      当中間連結会計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。

               セグメントの名称                    金額(百万円)            前年同期比(%)
    セメント事業                                           15,095         7.5
    医療事業                                             15,343         4.7
    商社・流通事業                                           9,312        △0.6
    人材事業                                              6,817         0.2
    その他事業                                             5,423         6.0
                  合計                                 51,992         4.1
    (注)セグメント間の取引については相殺消去している。
        総販売実績に対し10%以上に該当する販売先はない。





                                    8/81
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                          半期報告書

3 【対処すべき課題】
     当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が対処すべき課題について重要な変
    更はない。

4 【事業等のリスク】
     当中間連結会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
    投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
    「事業等のリスク」について重要な変更はない。

5 【経営上の重要な契約等】
     当社が平成24年10月3日に株式取得等を目的として設立した株式会社プラネットホールディングスは平
    成24年12月17日付で、有限会社プラネットホールディングス及び株式会社ぎょうせいの株式を取得した。な
    お、詳細については、「第5 経理の状況 1中間連結財務諸表等 (1)中間連結財務諸表注記事項(重要な
    後発事象)」に記載している。

6 【研究開発活動】
     当社グループ全体の当中間連結会計期間における試験研究費は9百万円であり、各事業の種類別セグメ
    ント別の研究目的及び研究開発費は次のとおりである。
     
     (1) セメント事業
         麻生フオームクリート㈱では、原材料である気泡剤の改善・改良、工事施工用機械装置の改良・開発・
     導入等の研究開発を行っている。
         当事業における研究開発費は9百万円である。
         
     (2) 医療事業
     該当事項はない。
     
     (3) 商社・流通事業
     該当事項はない。
     
     (4) 人材事業
     該当事項はない。
     
     (5) その他事業
     該当事項はない。
     




                                 9/81
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                              半期報告書

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作
    成されている。
     (1) 当中間連結会計期間の経営成績の分析
     ①売上高
          当中間連結会計期間における売上高は、前中間連結会計期間に比べ2,024百万円増加し51,992百万
         円となった。これは主に、セメント事業における売上増加高1,056百万円及び医療事業における売上
         増加高695百万円の影響によるものである。
     ②経常利益
          当中間連結会計期間における経常利益は、前中間連結会計期間に比べ734百万円増加し1,691百万
         円となった。これは主に、セメント事業の売上増加及び製造コストの削減による影響である。
     ③中間純利益
          当中間連結会計期間における中間純利益は、前中間連結会計期間に比べ1,155百万円増加し735百
         万円の中間純利益となった。これは主に、前中間連結会計期間に計上した特別損失の貸倒引当金繰入
         額によるものである。
     (2) 当中間連結会計期間の財政状態の分析
     ①流動資産
          当中間連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ5,799百万円増加し44,832百
         万円となった。これは主に、借入による資金調達の結果、現金及び預金が増加したこと等によるもの
         である。
     ②固定資産
          当中間連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ1,303百万円減少し76,826百
         万円となった。これは主に、減価償却等により有形固定資産が減少したこと等によるものである。
     ③流動負債
          当中間連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ1,495百万円増加し54,490百
         万円となった。これは主に、短期借入金が増加したこと等によるものである。
     ④固定負債
          当中間連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ2,275百万円増加し54,774百
         万円となった。これは主に、長期借入金が増加したこと等によるものである。
     ⑤純資産
          当中間連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ711百万円増加し12,455百万円
         となった。これは主に、中間純利益735百万円を計上したこと等によるものである。
     (3) 当中間連結会計期間のキャッシュ・フローの分析
          「1業績等の概要(2)キャッシュ・フロー」に記載のとおりである。
     
     




                                 10/81
                                                   EDINET提出書類
                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                       半期報告書

第3 【設備の状況】


1 【主要な設備の状況】
     当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はない。

2 【設備の新設、除却等の計画】

     当中間連結会計期間において、前連結会計年度末に計画中であった重要な設備の新設、除却等について、
    重要な変更並びに重要な設備計画の完了はない。
     また、当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、除却等はない。





                             11/81
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                                      半期報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                 種類                                    発行可能株式総数(株)

               普通株式                                                      8,800,000

                   計                                                     8,800,000


     ② 【発行済株式】

                中間会計期間末       提出日現在     上場金融商品取引所
      種類        現在発行数(株)      発行数(株)    名又は登録認可金融                内容
              (平成24年9月30日) (平成24年12月21日) 商品取引業協会名
     普通株式              3,210,000   3,210,000      非上場       単元株式数は100株である。

          計            3,210,000   3,210,000       ―                 ―

.
    (2) 【新株予約権等の状況】
      該当事項はない。

    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
      該当事項はない。

    (4) 【ライツプランの内容】
      該当事項はない。
      




                                          12/81
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                                           半期報告書

    (5) 【発行済株式総数、資本金等の状況】

                    発行済株式   発行済株式      資本金増減額           資本金残高       資本準備金      資本準備金
          年月日       総数増減数    総数残高                                   増減額         残高
                     (千株)     (千株)      (百万円)            (百万円)       (百万円)      (百万円)
    平成24年4月1日∼
                        ―      3,210                ―      3,580           ―      2,499
    平成24年9月30日

    (6) 【大株主の状況】
                                                                      平成24年9月30日現在
                                                                             発行済株式
                                                                   所有株式数    総数に対する
           氏名又は名称                      住所
                                                                    (千株)     所有株式数
                                                                             の割合(%)

    学校法人麻生塾             福岡県飯塚市芳雄町3番83号                                 758.1      23.62

    麻生泰                 福岡県飯塚市                                         166.0       5.17

    麻生太郎                福岡県飯塚市                                         154.3       4.81

    株式会社三井住友銀行          東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                              130.0       4.05

    株式会社福岡銀行            福岡市中央区天神二丁目13番1号                               130.0       4.05

    株式会社西日本シティ銀行        福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号                              130.0       4.05

    日本トラスティ・サービス信託
                        東京都中央区晴海一丁目8番11号                               130.0       4.05
    銀行株式会社

    株式会社小澤              和歌山県和歌山市宇須二丁目3番39号                             105.0       3.27

    麻生興産株式会社            福岡市早良区百道浜二丁目4番27号                               97.0       3.02

    三井住友信託銀行株式会社        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号                               80.0       2.49

                計                      ―                             1,880.5      58.58

    (注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりである。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社             130.0千株
        2.上記のほか、当社所有の自己株式69,297株(2.16%)がある。





                                            13/81
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                                             半期報告書

    (7) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                        平成24年9月30日現在
             区分            株式数(株)             議決権の数(個)                    内容

    無議決権株式                       ―                    ―                   ―

    議決権制限株式(自己株式等)               ―                    ―                   ―

    議決権制限株式(その他)                 ―                    ―                   ―
                         (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                    ―                   ―
                         普通株式  69,200
                         普通株式 3,078,000
    完全議決権株式(その他)                                          30,780          ―
                     




                         普通株式        62,800
    単元未満株式                                            ―                   ―
                     




    発行済株式総数                      3,210,000            ―                   ―

    総株主の議決権                      ―                        30,780          ―

    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式97株が含まれている。

     ② 【自己株式等】
                                                                        平成24年9月30日現在
                                                                               発行済株式
                                               自己名義           他人名義     所有株式数
       所有者の氏名                                                                 総数に対する
                         所有者の住所               所有株式数          所有株式数      の合計
        又は名称                                                                   所有株式数
                                                (株)            (株)       (株)
                                                                               の割合(%)
(自己保有株式)           福岡県飯塚市芳雄町
                                                 69,200            ―     69,200   2.16
株式会社麻生             7番18号
         計                   ―                   69,200            ―     69,200   2.16


2 【株価の推移】
     当社の株式は非上場・非登録につき、該当がない。

3 【役員の状況】
     前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はない。







                                              14/81
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                            半期報告書

第5 【経理の状況】


1中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の中間連結財務諸表は「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大
     蔵省令第24号)に基づいて作成している。
      
    (2) 当社の中間財務諸表は「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令
     第38号)に基づいて作成している。

2監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成24年4月1日から平
    成24年9月30日まで)及び中間会計期間(平成24年4月1日から平成24年9月30日まで)の中間連結財務諸
    表及び中間財務諸表について、新日本有限責任監査法人の中間監査を受けている。





                              15/81
                                                                         EDINET提出書類
                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                             半期報告書

1【中間連結財務諸表等】
(1)【中間連結財務諸表】
   ①【中間連結貸借対照表】
                                                        (単位:百万円)

                       前連結会計年度                    当中間連結会計期間
                     (平成24年3月31日)                 (平成24年9月30日)
資産の部
 流動資産
                                       14,707                      19,841
  現金及び預金                       ※2                          ※2
                                       14,170                      14,627
  受取手形及び売掛金                    ※7                          ※7
                                          5,774                       6,059
  たな卸資産                         ※2                          ※2
  繰延税金資産                                    765                         918
                                          4,029                       3,725
  その他                        ※5, ※6                      ※5, ※6
                                          △414                        △338
  貸倒引当金
  流動資産合計                               39,033                      44,832
 固定資産
  有形固定資産
                                       18,137                      17,715
    建物及び構築物(純額)             ※1, ※2                      ※1, ※2
                                          5,606                       4,993
    機械装置及び運搬具(純額)            ※1, ※2                      ※1, ※2
                                       25,668                      25,712
    土地                         ※2                          ※2
                                           814                         772
    リース資産(純額)                        ※1                          ※1
    建設仮勘定                                 2,943                       3,045
                                          2,201                       2,100
    その他(純額)                  ※1, ※2                      ※1, ※2

    有形固定資産合計                           55,371                      54,340
  無形固定資産
   のれん                                    6,822                       6,431
                                            590                         542
    その他                              ※2                          ※2

    無形固定資産合計                              7,412                       6,973
  投資その他の資産
   投資有価証券                              7,102                       7,119
   長期貸付金                               1,761                       1,760
   繰延税金資産                              2,659                       2,777
   その他                                 5,768                       5,807
                                      △1,945                      △1,953
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                         15,346                      15,512
  固定資産合計                               78,130                      76,826
 繰延資産                                       73                          60
 資産合計                                 117,237                     121,719




                    16/81
                                                                 EDINET提出書類
                                                               株式会社麻生(E01209)
                                                                     半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                     前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                   (平成24年3月31日)              (平成24年9月30日)
負債の部
 流動負債
                                    15,311                   13,646
  支払手形及び買掛金               ※2, ※7                   ※2, ※7
                                    15,662                   18,952
  短期借入金                      ※2                       ※2
                                     8,431                    8,771
  1年内返済予定の長期借入金               ※2                       ※2
                                     1,039                    1,062
  1年内償還予定の社債                  ※2                       ※2
  リース債務                                280                      282
  未払法人税等                               692                    1,006
  繰延税金負債                                 3                        0
  賞与引当金                              1,656                    1,779
  品質補償損失引当金                             16                       16
  その他                                9,901                    8,971
  流動負債合計                            52,994                   54,490
 固定負債
                                     3,047                    2,529
  社債                          ※2                       ※2
                                    34,464                   37,067
  長期借入金                      ※2                       ※2
  リース債務                                593                      543
  繰延税金負債                                28                       26
  再評価に係る繰延税金負債                       1,585                    1,585
  退職給付引当金                            6,635                    6,661
  役員退職慰労引当金                            726                      743
  その他                                5,417                    5,616
  固定負債合計                            52,498                   54,774
 負債合計                              105,493                  109,264
純資産の部
 株主資本
   資本金                              3,580                    3,580
   資本剰余金                            2,740                    2,740
   利益剰余金                            3,750                    4,407
                                    △166                     △168
   自己株式
  株主資本合計                             9,905                   10,559
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                      △125                     △145
  繰延ヘッジ損益                            △18                      △22
  土地再評価差額金                            401                      401
                                     △85                     △101
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益累計額合計                       172                      131
 少数株主持分                              1,666                    1,764
 純資産合計                              11,743                   12,455
負債純資産合計                            117,237                  121,719




                  17/81
                                                                         EDINET提出書類
                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                             半期報告書

 ②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
  【中間連結損益計算書】
                                                          (単位:百万円)

                         前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                        (自 平成23年4月1日               (自 平成24年4月1日
                         至 平成23年9月30日)              至 平成24年9月30日)
売上高                                    49,968                     51,992
売上原価                                   42,820                     43,953
売上総利益                                   7,147                      8,038
                                        6,003                      6,294
販売費及び一般管理費                        ※1                         ※1

営業利益                                    1,143                      1,744
営業外収益
 受取利息                                         79                        106
 受取配当金                                         3                        131
 受取賃貸料                                        65                         66
 持分法による投資利益                                                              −
                                               8
 デリバティブ評価益                                    −                         123
 その他                                         430                        339
 営業外収益合計                                     588                        766
営業外費用
 支払利息                                        606                        608
 持分法による投資損失                                   −                           7
 その他                                         168                        202
 営業外費用合計                                     774                        818
経常利益又は経常損失(△)                                957                   1,691
特別利益
                                              10                         31
 固定資産売却益                               ※2                         ※2
 投資有価証券売却益                                     4                         35
                                              −
 受取保険金                                                                   35
 特別利益合計                                       14                        102
特別損失
                                              10                          2
 固定資産除売却損                              ※3                          ※3
                                              16                         47
 減損損失                                  ※4                         ※4
 投資有価証券評価損                                     0                         42
 投資有価証券売却損                                    −                          46
 貸倒引当金繰入額                                                                −
                                             952
                                                                         −
 その他                                          20
 特別損失合計                                      999                        139
税金等調整前中間純利益                                 △28                    1,655
法人税、住民税及び事業税                                 466                    995
                                            △33                    △207
法人税等調整額
法人税等合計                                       433                        787
少数株主損益調整前中間純利益                          △461                            867
少数株主利益又は少数株主損失(△)                           △41                         132
中間純利益                                   △419                            735




                        18/81
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                半期報告書

  【中間連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)

                           前中間連結会計期間          当中間連結会計期間
                          (自 平成23年4月1日       (自 平成24年4月1日
                           至 平成23年9月30日)      至 平成24年9月30日)
少数株主損益調整前中間純利益又は少数株主損益調
                                      △461                    867
整前中間純損失(△)
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                         △182                △25
 繰延ヘッジ損益                               △86                  6
 為替換算調整勘定                               −                  △6
                                                           △9
 持分法適用会社に対する持分相当額                        0
 その他の包括利益合計                           △268                △35
中間包括利益                                △729                    832
(内訳)
 親会社株主に係る中間包括利益                       △648                    694
 少数株主に係る中間包括利益                         △80                    137




                          19/81
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                半期報告書

③【中間連結株主資本等変動計算書】
                                                   (単位:百万円)

                       前中間連結会計期間             当中間連結会計期間
                      (自 平成23年4月1日          (自 平成24年4月1日
                       至 平成23年9月30日)         至 平成24年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                          3,080                  3,580
   当中間期変動額
                                       −                      −
     当中間期変動額合計
   当中間期末残高                        3,080                  3,580
 資本剰余金
  当期首残高                           2,120                  2,740
  当中間期変動額
                                       −                      −
    当中間期変動額合計
   当中間期末残高                        2,120                  2,740
 利益剰余金
  当期首残高                           4,275                  3,750
  当中間期変動額
    剰余金の配当                         △71                   △78
                                  △419
    中間純利益又は中間純損失(△)                                       735
    当中間期変動額合計                     △490                       656
   当中間期末残高                        3,784                  4,407
 自己株式
  当期首残高                           △544                  △166
  当中間期変動額
                                       △1                    △2
    自己株式の取得
    当中間期変動額合計                          △1                    △2
   当中間期末残高                        △545                  △168
 株主資本合計
  当期首残高                           8,932                  9,905
  当中間期変動額
    剰余金の配当                         △71                   △78
    中間純利益又は中間純損失(△)               △419                    735
                                    △1                    △2
    自己株式の取得
    当中間期変動額合計                     △492                       654
   当中間期末残高                        8,439                 10,559




                      20/81
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                   半期報告書
                                                       (単位:百万円)

                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                         (自 平成23年4月1日           (自 平成24年4月1日
                          至 平成23年9月30日)          至 平成24年9月30日)
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                             △146                   △125
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                     △177                    △20
    (純額)
    当中間期変動額合計                        △177                    △20
  当中間期末残高                            △323                   △145
 繰延ヘッジ損益
  当期首残高                                                      △18
                                           73
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                      △52                        △3
    (純額)
    当中間期変動額合計                         △52                        △3
  当中間期末残高                                                    △22
                                           21
 土地再評価差額金
  当期首残高                                   178                    401
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                           −                      −
    (純額)
    当中間期変動額合計                              −                      −
  当中間期末残高                                 178                    401
 為替換算調整勘定
  当期首残高                               △94                    △85
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                                             △16
                                            0
    (純額)
    当中間期変動額合計                                                △16
                                            0
  当中間期末残高                             △94                   △101
 その他の包括利益累計額合計
  当期首残高                                    11                    172
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                     △228                    △40
    (純額)
    当中間期変動額合計                        △228                    △40
  当中間期末残高                            △217                        131
少数株主持分
 当期首残高                               4,367                  1,666
 当中間期変動額
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                     △186                         98
   額)
   当中間期変動額合計                         △186                         98
 当中間期末残高                             4,181                  1,764




                         21/81
                                                              EDINET提出書類
                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                  半期報告書
                                                     (単位:百万円)

                          前中間連結会計期間            当中間連結会計期間
                         (自 平成23年4月1日         (自 平成24年4月1日
                          至 平成23年9月30日)        至 平成24年9月30日)
純資産合計
 当期首残高                               13,311               11,743
 当中間期変動額
   剰余金の配当                             △71                  △78
   中間純利益又は中間純損失(△)                   △419                   735
   自己株式の取得                             △1                   △2
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                     △415                       57
   額)
   当中間期変動額合計                         △907                      711
 当中間期末残高                             12,403               12,455




                         22/81
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                   半期報告書

④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                       (単位:百万円)

                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                         (自 平成23年4月1日           (自 平成24年4月1日
                          至 平成23年9月30日)          至 平成24年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前中間純利益又は税金等調整前中間
                                      △28                   1,655
 純損失(△)
 減価償却費                               1,818                  1,829
 減損損失                                   16                     47
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                       913                     46
 賞与引当金の増減額(△は減少)                       △9                     123
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                    △41                      26
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                   △4                      16
 受取利息及び受取配当金                          △83                   △237
 支払利息                                  606                    608
 のれん償却額                                 88                    398
 持分法による投資損益(△は益)                       △8                       7
 固定資産除売却損益(△は益)                                              △29
                                         0
 投資有価証券評価損益(△は益)                         0                     42
 売上債権の増減額(△は増加)                                             △491
                                       747
 たな卸資産の増減額(△は増加)                      △65                   △284
 仕入債務の増減額(△は減少)                     △2,414                 △1,061
                                                            △283
 その他                                   219
 小計                                  1,756                  2,415
 利息及び配当金の受取額                           41                    188
 利息の支払額                              △616                   △608
                                     △860                   △681
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                         321               1,314
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の純増減額(△は増加)                                             △71
                                       159
 短期貸付金の純増減額(△は増加)                                            △20
                                         0
 有形固定資産の取得による支出                     △2,637                 △1,464
 有形固定資産の売却による収入                         46                     46
 無形固定資産の取得による支出                        △7                    △36
 投資有価証券の取得による支出                     △3,326                  △482
 投資有価証券の売却による収入                         −                     386
 子会社株式の取得による支出                        △33                     △7
 長期貸付けによる支出                           △38                    △44
 長期貸付金の回収による収入                          80                     46
                                      △33                    △82
 その他
 投資活動によるキャッシュ・フロー                   △5,789                 △1,731




                         23/81
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                 半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                       前中間連結会計期間             当中間連結会計期間
                      (自 平成23年4月1日          (自 平成24年4月1日
                       至 平成23年9月30日)         至 平成24年9月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                   2,728                 3,290
 長期借入れによる収入                         2,647                 6,530
 長期借入金の返済による支出                     △3,433                △3,585
 社債の償還による支出                         △570                  △495
 リース債務の返済による支出                      △117                  △146
 自己株式の取得による支出                         △1                    △2
 配当金の支払額                             △71                   △78
 少数株主への配当金の支払額                       △64                   △32
                                       −
 その他                                                          1
 財務活動によるキャッシュ・フロー                   1,116                 5,479
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                △4,351                 5,062
現金及び現金同等物の期首残高                     15,378                14,303
                                   11,027                19,366
現金及び現金同等物の中間期末残高               ※                     ※




                      24/81
                                                                          EDINET提出書類
                                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                                              半期報告書

【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
1連結の範囲に関する事項
    (イ)連結子会社の数46社
      主要な連結子会社は麻生ラファージュセメント㈱、麻生商事㈱、麻生鉱山㈱、麻生フオームクリート㈱、
      福岡コンクリート工業㈱、西南コンクリート工業㈱、麻生芳雄商事㈱、㈱麻生情報システム、㈱アソウ
      ヒューマニーセンター、その他37社である。
      なお、FASエコエナジー㈱、ASO F&B HOLDINGS(ASIA) PTE. LTD.及びASO FAL UK LTD.は新規設立によ
      り、当中間連結会計期間より連結子会社に含めることにした。
    (ロ)主要な非連結子会社の名称等
      非連結子会社は、丸太商事㈱、エックスレイプラス㈱、徳和産業㈱である。
     (連結の範囲から除いた理由)
      上記非連結子会社は、合計の総資産・売上高・中間純損益及び利益剰余金のうち持分に見合う額等が
      いずれも少額であり、全体としても中間連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためである。


2持分法の適用に関する事項
    (イ)持分法適用の関連会社数14社
      主要な会社は、㈱システムプラネット、その他13社である。
    (ロ)持分法を適用しない関連会社等のうち主要な会社等の名称
      持分法を適用していない非連結子会社(丸太商事㈱、エックスレイプラス㈱、徳和産業㈱)及び関連会社
      (㈱麻生西日本新聞TNC文化サークル)は、それぞれ中間連結純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽
      微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外した。
    (ハ)持分法適用会社のうち、中間決算日が中間連結決算日と異なる会社については、各社の中間会計期間に
      係る中間財務諸表を使用している。


3連結子会社の中間決算日等に関する事項
     連結子会社のうち、麻生ラファージュセメント㈱、ソーワセメント販売㈱の中間決算日は6月30日であ
     る。
     中間連結財務諸表の作成に当たっては、同日現在の財務諸表を使用し、中間連結決算日との間に生じた重
     要な取引については、連結上必要な調整を行っている。


4会計処理基準に関する事項
    (イ)重要な資産の評価基準及び評価方法
     ①有価証券
      その他有価証券
          時価のあるもの
          …中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
           主として移動平均法により算定)
          時価のないもの
          …主として移動平均法に基づく原価法




                                       25/81
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                          半期報告書

     ②デリバティブ
       …時価法
     ③たな卸資産
      主として移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっているが、販売用不
      動産については個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)、一部の小売業の商品に
      ついては売価還元法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用している。
    (ロ)重要な減価償却資産の減価償却方法
     ①有形固定資産(リース資産を除く)
      当社及び一部の連結子会社は定額法を、その他の会社は定率法を採用している。
      なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
       建物及び構築物3∼60年
       機械装置及び運搬具6∼18年
     (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)
       国内連結子会社の一部は、法人税法の改正に伴い、当中間連結会計期間より平成24年4月1日以後に
      取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更している。
       なお、これによる当中間連結会計期間の損益に与える影響は軽微である。
     ②無形固定資産(鉱業権及びリース資産を除く)
      定額法
      なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
      いる。
     ③鉱業権
      生産高比例法
     ④リース資産
      所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。
      なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年3月31日以前リー
      ス取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっている。
    (ハ)重要な引当金の計上基準
     ①貸倒引当金
      売掛金、貸付金等の債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒
      懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。
     ②賞与引当金
      従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当中間連結会計期間の負担額を計上している。
     ③品質補償損失引当金
      製品の品質問題による損失に備えるため、当中間連結会計期間末における調査費用、原状回復工事費用
      等の支払見込み額を計上している。





                              26/81
                                                    EDINET提出書類
                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                        半期報告書

     ④退職給付引当金
      従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基
      づき、当中間連結会計期間末において発生していると認められる額を計上している。
      過去勤務債務については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による按
      分額を費用処理している。
      数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数
      (10年)による按分額をそれぞれ発生の翌連結会計年度より費用処理している。
     ⑤役員退職慰労引当金
      親会社及び連結子会社16社は、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額
      を計上している。
    (ニ)重要な収益及び費用の計上基準
     ①完成工事高及び完成工事原価の計上基準
      一部の連結子会社において、当中間連結会計期間末までの進捗部分について成果の確実性が認められ
      る工事については工事進行基準(工事の進捗率の見積もりは原価比例法)を、その他の工事については、
      工事完成基準を適用している。
    (ホ)中間連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の中間財務諸表の作成に当たって採用した重要な外
      貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
      外貨建金銭債権債務は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処
      理している。なお、在外子会社等の資産及び負債は、中間連結決算日の直物為替相場により円貨に換算
      し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘
      定に含めている。
    (ヘ)重要なヘッジ会計の方法
     ①ヘッジ会計の方法
      原則として、繰延ヘッジ処理を採用している。なお、金利スワップ取引のうち、特例処理の要件を満たし
      ているものについては、特例処理を採用している。
     ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                        
            ヘッジ手段           ヘッジ対象
                        
      金利スワップ              借入金
                         コモディティ
      コモディティ・デリバティブ
                         (石炭・重油)
      (スワップ、オプション)
                         買掛金
      為替予約

     ③ヘッジ方針
      当社及び連結子会社は、借入金に係る金利変動のリスク、購入石炭及び重油価格変動リスクを軽減する
      目的で金利スワップ取引及びコモディティ・デリバティブ(スワップ、オプション)を行っている。
      なお、投機目的でのデリバティブ取引は一切行わない方針である。
     ④ヘッジ有効性評価の方法
      ヘッジの有効性の判定は、ヘッジ対象とヘッジ手段それぞれのキャッシュ・フロー総額の変動累計額
      を比率分析する方法によっている。
      なお、金利スワップのうち特例処理を採用しているものについては、特例処理の要件を充足していると
      の判定をもって有効性の判定に代えている。




                                  27/81
                                                   EDINET提出書類
                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                       半期報告書

    (ト)中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
      手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能で
      あり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなる。
    (チ)その他の中間連結財務諸表作成のための重要な事項
     ①消費税等の会計処理
      消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっている。
      ただし、固定資産に係る控除対象外消費税等は投資その他の資産のその他に計上し、法人税法に定める
      期間(5年)で均等償却を行っている。







                            28/81
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                              半期報告書

 【注記事項】
 (中間連結貸借対照表関係)
※1   有形固定資産の減価償却累計額
                            前連結会計年度      当中間連結会計期間
     
                          (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
                            74,816百万円      76,287百万円
※2担保資産及び担保付債務
     担保に供している資産は次のとおりである。
                            前連結会計年度      当中間連結会計期間
     
                          (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
         現金及び預金(定期預金)           996百万円       1,036百万円
         たな卸資産                1,714          1,714
         建物及び構築物             10,981         10,735
         機械装置及び運搬具            5,834          5,307
         その他(工具、器具及び備品)           4              4
         土地                  21,481         21,622
         無形固定資産(その他)             78             73
         計                   41,091         40,494
     担保付債務は次のとおりである。
                            前連結会計年度      当中間連結会計期間
     
                          (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
         支払手形及び買掛金              230百万円         155百万円
         社債に係る銀行保証            1,392            415
         短期借入金                4,478          6,015
         長期借入金               15,164         17,446
         計                   21,265         24,031
  (前連結会計年度)
     なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の金融機関借入金535百万円、麻生岡山生コンクリー
  ト㈱の金融機関借入金96百万円に対し提供している次の資産を含んでいる。
         土地                    223百万円
  (当中間連結会計期間)
     なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の金融機関借入金515百万円、麻生岡山生コンクリー
  ト㈱の金融機関借入金80百万円に対し提供している次の資産を含んでいる。
         土地                    223百万円
 3保証債務
     連結会社以外の会社の銀行借入等に対する債務保証は次のとおりである。
                            前連結会計年度      当中間連結会計期間
     
                          (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
         飯塚都市開発㈱                451百万円         431百万円
         医療法人清幸会                 78             58
         ㈲西日本開発                  −              75
         計                      529百万円         565百万円




                               29/81
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                半期報告書

    4受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高
                              前連結会計年度      当中間連結会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          受取手形割引高                728百万円          15百万円
          受取手形裏書譲渡高              110            174
※5手形流動債権化による譲渡残高
                             前連結会計年度       当中間連結会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          手形流動債権化による譲渡残高        1,910百万円        882百万円
          上記の内、流動資産「その他」に
                                 493百万円         209百万円
          計上している劣後部分の残高
※6診療報酬債権流動化による債権譲渡残高
                             前連結会計年度       当中間連結会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          診療報酬債権流動化による
                                5,566百万円       4,205百万円
          譲渡残高
          上記の内、流動資産「その他」に
                                1,291百万円       1,022百万円
          計上している後払部分の残高
※7期末満期日手形の処理
      中間連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理している。
      なお、当中間連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の中間連結会計期間末日満期手形
     が、中間連結会計期間末残高に含まれている。
                              前連結会計年度      当中間連結会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          受取手形                    53百万円         237百万円
          支払手形                   561            379






                                 30/81
                                                                       EDINET提出書類
                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                           半期報告書

    (中間連結損益計算書関係)
※1販売費及び一般管理費のうち主要なものは次のとおりである。
                             前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                          (自 平成23年4月1日            (自 平成24年4月1日
                            至 平成23年9月30日)           至 平成24年9月30日)
          運賃及び諸掛                    785百万円                677百万円
          販売口銭                       44                    23
          給料・賞与                   2,100                 2,048
          賞与引当金繰入額                   87                   120
          退職給付費用                     47                    78
          役員退職慰労引当金繰入額                7                    33
          減価償却費                     194                   181
          のれん償却                      88                   398
※2固定資産売却益のうち主要なものは次のとおりである。
                             前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                          (自 平成23年4月1日            (自 平成24年4月1日
                            至 平成23年9月30日)           至 平成24年9月30日)
          土地                          9百万円                 30百万円
※3固定資産除売却損のうち主要なものは次のとおりである。
                             前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                          (自 平成23年4月1日            (自 平成24年4月1日
                            至 平成23年9月30日)           至 平成24年9月30日)
          その他(工具、器具及び備品)              4百万円                  1百万円
※4減損損失
     前中間連結会計期間(自平成23年4月1日      至平成23年9月30日)
                                                            金額
                  用途       種類                場所
                                                          (百万円)
                 事業用資産     土地                福岡県                16
      当社の連結子会社において、地価の下落により、上記資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
     減少額を減損損失(16百万円)として特別損失に計上している。
      当資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しており、時価については近隣取引事例に基づく評
     価額によっている。


     当中間連結会計期間(自平成24年4月1日      至平成24年9月30日)
                                                            金額
                  用途       種類                場所
                                                          (百万円)
                 事業用資産     土地                福岡県                34
                 事業用資産     土地                福岡県                13
      当社の連結子会社において、地価の下落により、上記資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該
     減少額を減損損失(47百万円)として特別損失に計上している。
      当資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しており、時価については近隣取引事例に基づく評
     価額と固定資産税評価額を合理的に調整した価額によっている。

      

次へ




                                   31/81
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                                                半期報告書

    (中間連結株主資本等変動計算書関係)
Ⅰ前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
 1発行済株式に関する事項
     株式の種類      当連結会計年度期首                      増加                     減少       当中間連結会計期間末

普通株式(株)                3,010,000                            ―              ―       3,010,000
       
    2自己株式に関する事項
     株式の種類      当連結会計年度期首                      増加                     減少       当中間連結会計期間末

普通株式(株)                  194,379                        415                ―         194,794
       




       (変動事由の概要)
       増加数の主な内訳は、次の通りである。
         単元未満株式の買取りによる増加                415株
       
    3新株予約権等に関する事項
該当事項はない。

    4配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
                       配当金の総額            1株当たり
      決議       株式の種類                                            基準日        効力発生日
                        (百万円)            配当額(円)
平成23年6月29日
               普通株式                71               25 平成23年3月31日 平成23年6月30日
定時株主総会
    (2) 基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となる
        もの
該当事項はない。





                                                    32/81
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                                                  半期報告書

Ⅱ当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
 1発行済株式に関する事項
      株式の種類       当連結会計年度期首                      増加                     減少       当中間連結会計期間末

    普通株式(株)              3,210,000                            ―              ―       3,210,000
        
    2自己株式に関する事項
      株式の種類       当連結会計年度期首                      増加                     減少       当中間連結会計期間末

    普通株式(株)                 94,868                        574                ―          95,442
        




        (変動事由の概要)
        増加数の主な内訳は、次の通りである。
          単元未満株式の買取りによる増加                 574株
        
    3新株予約権等に関する事項
該当事項はない。

    4配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
                         配当金の総額            1株当たり
       決議        株式の種類                                            基準日        効力発生日
                          (百万円)            配当額(円)
    平成24年6月28日
                 普通株式                78               25 平成24年3月31日 平成24年6月29日
    定時株主総会
    (2) 基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となる
        もの
該当事項はない。

次へ




                                                      33/81
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                 半期報告書

    (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
※現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前中間連結会計期間        当中間連結会計期間
                        (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                          至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
          現金及び預金勘定           11,344百万円        19,841百万円
          預入期間が3ヶ月を超える
                              △317             △474
          定期預金
                             11,027           19,366
          現金及び現金同等物





                               34/81
                                                                               EDINET提出書類
                                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                                   半期報告書

     (リース取引関係)
    リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引
(借主側)
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び中間期末(期末)残高相
    当額
         前連結会計年度(平成24年3月31日)

                                      その他
         
                                   (工具器具備品)
             取得価額相当額                1,003百万円
             減価償却累計額相当額              808
             減損損失累計額相当額               ―
             期末残高相当額                 195百万円
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子
         込み法により算定している。

         当中間連結会計期間(平成24年9月30日)

                                     その他
         
                                   (工具器具備品)
             取得価額相当額                 427百万円
             減価償却累計額相当額              309
             減損損失累計額相当額               ―
             中間期末残高相当額               118百万円
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料中間期末残高が有形固定資産の中間期末残高等に占める割合が低いため、
         支払利子込み法により算定している。

(2) 未経過リース料中間期末(期末)残高相当額及びリース資産減損勘定中間期末(期末)残高
     未経過リース料中間期末(期末)残高相当額
                                             前連結会計年度          当中間連結会計期間
         
                                           (平成24年3月31日)       (平成24年9月30日)
             1年以内                               103百万円              46百万円
             1年超                                     91            71
             合計                                    195百万円         118百万円
             リース資産減損勘定中間期末(期末)残高                     ―百万円          ―百万円
     (注)未経過リース料中間期末(期末)残高相当額は、未経過リース料中間期末(期末)残高が有形固定資産の中間期
         末(期末)残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。


(3) 支払リース料及び減価償却費相当額
                                     前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                                  (自 平成23年4月1日             (自 平成24年4月1日
                                    至 平成23年9月30日)            至 平成24年9月30日)
             支払リース料                          104百万円                76百万円
             リース資産減損勘定の取崩額                    ―                    ―
             減価償却費相当額                        104                   76
             減損損失                             ―                    ―






                                             35/81
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                      半期報告書

(4) 減価償却費相当額の算定方法
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。

      
ファイナンス・リース取引
(借主側)
(1) リース資産の内容
・有形固定資産
     主として、医療事業における医療機器(工具器具及び備品)及びその他事業におけるネットワーク関連
    設備(工具器具及び備品)である。
(2) リース資産の減価償却の方法
     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。





                            36/81
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                                         半期報告書

        (金融商品関係)
        前連結会計年度(平成24年3月31日)
    金融商品の時価等に関する事項
        平成24年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであ
    る。
                                                                    (単位:百万円)
                                 中間連結貸借対照表
                                                    時価                 差額
                                    計上額
    (1) 現金及び預金                         14,707             14,707              ―

    (2) 受取手形及び売掛金                      14,170             14,170              ―

    (3) 投資有価証券                                                   

        その他有価証券                         6,145              6,145              ―

                   資産計                 35,023             35,023              ―

    (1) 支払手形及び買掛金                      15,311             15,311              ―

    (2) 短期借入金                          15,662             15,662              ―

    (3) 長期借入金                          42,895             43,426             530

                   負債計                 73,869             74,400             530

デリバティブ取引(※)                                                      

    ヘッジ会計が適用されていないもの                     (78)               (78)              ―

    ヘッジ会計が適用されているもの                      (52)               (52)              ―

             デリバティブ取引計                  (130)              (130)              ―
    (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
       ついては()で示している。
    
    (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
        資    産
            (1) 現金及び預金
                 預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってい
             る。

            (2) 受取手形及び売掛金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
             ている。

            (3) 投資有価証券
                 これらの時価について、株式は取引所の価格によっている。




                                         37/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書


     負    債
         (1) 支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
          いる。

         (3) 長期借入金
              長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率
          で割り引いて算出する方法によっている。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の
          対象とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行っ
          た場合に適用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっている。なお、1年
          以内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めている。

         デリバティブ取引
              ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引については、取引先から提示された価格等によっ
          ている。

    (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                (単位:百万円)
              区分          連結貸借対照表計上額

          非上場株式                              432

          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資
         有価証券その他有価証券」には含めていない。





                                     38/81
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                                       半期報告書

      当中間連結会計期間(平成24年9月30日)
    金融商品の時価等に関する事項
      平成24年9月30日における中間連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで
    ある。
                                                                  (単位:百万円)
                               中間連結貸借対照表
                                                  時価                 差額
                                  計上額
    (1) 現金及び預金                       19,841             19,841              ―

    (2) 受取手形及び売掛金                    14,627             14,627              ―

    (3) 投資有価証券                                                 

      その他有価証券                         6,156              6,156              ―

                 資産計                 40,625             40,625              ―

    (1) 支払手形及び買掛金                    13,646             13,646              ―

    (2) 短期借入金                        18,952             18,952              ―

    (3) 長期借入金                        45,839             46,595             756

                 負債計                 78,438             79,195             756

デリバティブ取引(※)                                                    

    ヘッジ会計が適用されていないもの                     44                 44              ―

    ヘッジ会計が適用されているもの                    (48)               (48)              ―

           デリバティブ取引計                    (4)                (4)              ―
    (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目に
        ついては()で示している。
       
    (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資    産
          (1) 現金及び預金
               預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってい
           る。

          (2)受取手形及び売掛金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
           ている。

          (3) 投資有価証券
               これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関
           から提示された価格によっている。




                                       39/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書


     負    債
         (1) 支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
          いる。
         (3) 長期借入金
              長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率
          で割り引いて算出する方法によっている。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の
          対象とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行っ
          た場合に適用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっている。なお、1年
          以内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めている。

     デリバティブ取引
          ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引については「デリバティブ取引関係」注記を参
         照。
         ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引については、取引先から提示された価格等によってい
         る。

    (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                (単位:百万円)
              区分         中間連結貸借対照表計上額

          非上場株式                              447

          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資
         有価証券その他有価証券」には含めていない。

前へ次へ




                                     40/81
                                                                     EDINET提出書類
                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                         半期報告書

        (有価証券関係)
前連結会計年度(平成24年3月31日)
1その他有価証券で時価のあるもの
    (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)
                        連結貸借対照表
                                            取得原価         差額
                                                 
                          計上額
                                                  
    ①株式                   112百万円             80百万円        31百万円

                                                  
    ②債券                  1,526             1,482          44

                                                  
    ③その他                 1,225             1,173          52

                                                  
            小計            2,864             2,735         128





                                                
    
    (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)
                        連結貸借対照表
                                                  
                                            取得原価         差額
    
                          計上額
                           899百万円         1,101百万円
    ①株式                                                 △202百万円

                                                  
    ②債券                    221               246        △25

                                                  
    ③その他                 2,160             2,221        △60

                                                  
            小計            3,280             3,569        △288
    (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。
    




                                    41/81
                                                                        EDINET提出書類
                                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                                            半期報告書

当中間連結会計期間(平成24年9月30日)
1その他有価証券で時価のあるもの
    (中間連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)
                       中間連結貸借
                                               取得原価         差額
                                                     
                  
                       対照表計上額
                                                     
    ①株式                   64百万円                 46百万円        17百万円

                                                     
    ②債券                 1,360                 1,331          28

                                                     
    ③その他                3,802                 3,659         142

                                                     
            小計           5,226                 5,037         188





                                                   
    
    (中間連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)
                       中間連結貸借
                                               取得原価         差額
                                                     
                  
                       対照表計上額
                                                     
    ①株式                  734百万円               1,090百万円     △356百万円

                                                     
    ②債券                   166                   170         △4

                                                     
    ③その他                   29                    29         △0

                                                     
            小計             929                 1,291        △361
    (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。なお、当中間連結会計期間において減損処理を
        行い、投資有価証券評価損42百万円を計上している。





                                       42/81
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                                                              半期報告書

        (デリバティブ取引関係)
            前連結会計年度(自 平成23年4月1日至 平成24年3月31日)
                                                                    (単位:百万円)
                                                  契約額のうち
                            種類        契約額等                       時価            評価損益
                                                    一年超
                       通貨スワップ取引                                          
                       支払日本円
                                         1,936        1,539        △80            △80
                       ・受取豪ドル
                       外国為替証拠金取引                                         
        市場取引以外
                        買建                                               
          の取引
                         米ドル               158           ―         △18            △18

                         ポンド               465           ―             20          20

                         豪ドル               128           ―             △0          △0

                  合計                     2,688        1,539        △78            △78
    (注) 1.時価の算定方法 当連結会計年度末の直物為替相場によって算定している。
        2.ヘッジ会計が適用されていないもののみ開示している。
    
            当中間連結会計期間(自 平成24年4月1日至 平成24年9月30日)
                                                                    (単位:百万円)
                                                  契約額のうち
                            種類        契約額等                       時価            評価損益
                                                    一年超
                       通貨スワップ取引                                          
                       支払日本円
                                         1,738        1,341            91          91
                       ・受取豪ドル
                       外国為替証拠金取引                                         
        市場取引以外
                        買建                                               
          の取引
                         米ドル               158           ―         △25            △25

                         ポンド                97           ―             △9          △9

                         豪ドル               254           ―         △11            △11

                  合計                     2,248        1,341            44          44
    (注) 1.時価の算定方法 当中間連結会計期間末の直物為替相場によって算定している。
        2.ヘッジ会計が適用されていないもののみ開示している。
        




                                              43/81
                                   EDINET提出書類
                                 株式会社麻生(E01209)
                                       半期報告書

    (企業結合等関係)
重要性が乏しいため記載を省略している。






                         44/81
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                      半期報告書

     (資産除去債務関係)
前連結会計年度(自平成23年4月1日至平成24年3月31日)
    資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
    当連結会計年度における当該資産除去債務の総額の増減
     期首残高                           12百万円

     時の経過による調整額                     ―百万円

     期末残高                           12百万円

当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
    資産除去債務のうち中間連結貸借対照表に計上しているもの
    当中間連結会計期間における当該資産除去債務の総額の増減
     期首残高                           12百万円

     時の経過による調整額                     ―百万円

     当中間連結会計期間末残高                   12百万円





                              45/81
                                                                            EDINET提出書類
                                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                                半期報告書

     (賃貸等不動産関係)
前連結会計年度(自       平成23年4月1日    至    平成24年3月31日)
     賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における
    時価及び当該時価の算定方法は以下のとおりである。
                                                                 (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額
                                                              連結決算日における時価
       期首残高             当連結会計年度増減額         当連結会計年度末残高

              15,475               △132             15,342            16,332
    (注) 1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額である。
        2.主な変動
          減少は、賃貸用のビルの売却  30百万円
          賃貸終了による振替  30百万円
        3.時価の算定方法
          主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行ったものを含
          む。)である。

当中間連結会計期間(自          平成24年4月1日    至     平成24年9月30日)
     賃貸等不動産の中間連結貸借対照表計上額及び当中間連結会計期間における主な変動並びに中間連結決
    算日における時価及び当該時価の算定方法は以下のとおりである。
                                                                 (単位:百万円)
                       中間連結貸借対照表計上額
                                                             中間連結決算日における時価
                        当中間連結会計期間          当中間連結会計期間末
       期首残高
                           増減額                 残高
              15,342                 92             15,435            15,562
    (注) 1.中間連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額である。
        2.時価の算定方法
          主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行ったものを含
          む。)である。

前へ




                                           46/81
                                                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                                                                                   半期報告書

        (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
        前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

1 報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社及び当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
        あり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となって
        いるものである。
        当社は、グループ経営委員会を設置しておりグループ全体の戦略的な方向性を検討し、事業活動を展開
        している。
        従って、当社は、各会社や各事業部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「セ
        メント事業」、「医療事業」、「商社・流通事業」、「人材事業」及び「その他事業」の5つを報告セグ
        メントとしている。
          「セメント事業」は、各種セメント・生コンクリート・コンクリート二次製品等の製造販売等をして
        いる。「医療事業」は、病院の経営・病院コンサルティング等をしている。「商社・流通事業」は、建設資
        材等卸販売・小売業等をしている。「人材事業」は、人材派遣・介護サービス等をしている。「その他事
        業」は、情報処理・不動産の賃貸及び販売・ゴルフ場経営等をしている。


2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重
        要な事項」における記載と概ね同一である。
          棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切り下げ後の価額で評価している。報告セグメ
        ントの利益は、営業利益ベースの数値である。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づ
        いている。

3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の金額に関する情報
                                                                                                (単位:百万円)
                                                                                                           中間連結
                      セメント      商社・流                                         その他                      調整額
                          医療事業      人材事業                                                 計                財務諸表
                       事業        通事業                                          事業                      (注)1
                                                                                                            計上額
        売上高                                                                                              
        (1) 外部顧客に対す
                          14,039       14,648        9,363       6,800       5,116       49,968            ―        49,968
            る売上高
        (2) セグメント間の
            内部売上高又は          249            3          867          32         503        1,655       (1,655)           ―
            振替高
              計           14,288       14,651       10,231       6,832       5,619       51,624       (1,655)       49,968

         セグメント利益             485           21           83         239         292        1,122            21        1,143

          (注)1.セグメント利益の調整額21百万円には、セグメント間取引消去11百万円、固定資産未実現損益の調整額9百
             万円等が含まれている。
             2.セグメント利益は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
             3.当グループでは、資産を事業セグメント別に配分していないことから、セグメント資産の開示を省略してい
             る。





                                                                 47/81
                                                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                                                                                   半期報告書

        当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)

1 報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社及び当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
        あり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となって
        いるものである。
        当社は、グループ経営委員会を設置しておりグループ全体の戦略的な方向性を検討し、事業活動を展開
        している。
        従って、当社は、各会社や各事業部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「セ
        メント事業」、「医療事業」、「商社・流通事業」、「人材事業」及び「その他事業」の5つを報告セグ
        メントとしている。
          「セメント事業」は、各種セメント・生コンクリート・コンクリート二次製品等の製造販売等をして
        いる。「医療事業」は、病院の経営・病院コンサルティング等をしている。「商社・流通事業」は、建設資
        材等卸販売・小売業等をしている。「人材事業」は、人材派遣・介護サービス等をしている。「その他事
        業」は、情報処理・不動産の賃貸及び販売・ゴルフ場経営等をしている。


2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重
        要な事項」における記載と概ね同一である。
          棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切り下げ後の価額で評価している。報告セグメ
        ントの利益は、営業利益ベースの数値である。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づ
        いている。

3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の金額に関する情報
                                                                                                 (単位:百万円)
                                                                                                           中間連結
                      セメント      商社・流                                         その他                      調整額
                          医療事業      人材事業                                                 計                財務諸表
                       事業        通事業                                          事業                      (注)1
                                                                                                            計上額
        売上高                                                                                              
        (1) 外部顧客に対す
                          15,095       15,343        9,312       6,817       5,423       51,992            ―        51,992
            る売上高
        (2) セグメント間の
            内部売上高又は          108            2        1,183          17         657        1,970       (1,970)           ―
            振替高
              計           15,204       15,346       10,495       6,835       6,081       53,963       (1,970)       51,992

         セグメント利益
                      1,053 △42   101 306  325 1,743   0  1,744
          又は損失(△)
          (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額0百万円には、セグメント間取引消去20百万円、固定資産未実現損益
             の調整額4百万円、貸倒引当金の調整額△25百万円等が含まれている。
             2.セグメント利益又は損失(△)は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
             3.当グループでは、資産を事業セグメント別に配分していないことから、セグメント資産の開示を省略してい
             る。





                                                                 48/81
                                                                    EDINET提出書類
                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                        半期報告書

    【関連情報】
        前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
1 製品及びサービスごとの情報
         当社グループは、製品及びサービスに基づいてセグメントを区分しているため、記載を省略している。

2 地域ごとの情報
         本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごとの売上高
        の記載を省略している。

3 主要な顧客ごとの情報
         外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略して
        いる。

        当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
1 製品及びサービスごとの情報
         当社グループは、製品及びサービスに基づいてセグメントを区分しているため、記載を省略している。

2 地域ごとの情報
         本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごとの売上高
        の記載を省略している。

3 主要な顧客ごとの情報
         外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略して
        いる。

    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
               セメント           商社・流通               その他
                      医療事業           人材事業              合計
                事業              事業                 事業
              (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円)

        減損損失      ―       ―      16           ―     ―        16


        当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
               セメント           商社・流通               その他
                      医療事業           人材事業              合計
                事業              事業                 事業
              (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円)

        減損損失      34      ―      13           ―     ―        47






                                      49/81
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                                           半期報告書

    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
        前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
                 セメント  医療事業 商社・流通 人材事業   その他    合計
    
                  事業          事業          事業
               (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円)
    (のれん)                                                           
    当中間期償却額            17        48        2                19       ―          88
    当中間期末残高           104       376       22               155       ―         658
    (負ののれん)                                                         
    当中間期償却額            ―         ―        ―                 ―        ―          ―
    当中間期末残高            ―         ―        ―                 ―        ―          ―

        当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
                 セメント  医療事業 商社・流通 人材事業   その他    合計
    
                  事業          事業          事業
               (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円) (百万円)
    (のれん)                                                           
    当中間期償却額           331        43        3                19       ―         398
    当中間期末残高         6,068       230       16               116       ―       6,431
    (負ののれん)                                                         
    当中間期償却額            ―         ―        ―                 ―        ―          ―
    当中間期末残高            ―         ―        ―                 ―        ―          ―

    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
        前中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
         該当事項はない。


        当中間連結会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
         該当事項はない。






                                                   50/81
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                                                          半期報告書

    (1株当たり情報)
          1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額又は中間純損失金額及び算定
     上の基礎は、以下のとおりである。

                                                 前連結会計年度               当中間連結会計期間
                      項目
                                               (平成24年3月31日)            (平成24年9月30日)
    (1) 1株当たり純資産額                                    3,234.96円               3,432.49円

          (算定上の基礎)                                              

          純資産の部の合計額            (百万円)                    11,743                  12,455

          普通株式に係る純資産額          (百万円)                    10,077                  10,690

          差額の主な内訳                                               

           少数株主持分              (百万円)                     1,666                   1,764

          普通株式の発行済株式数              (千株)                  3,210                   3,210

          普通株式の自己株式数               (千株)                     94                      95
       1株当たり純資産額の算定に
                                   (千株)                  3,115                   3,114
    用いられた普通株式の数

                                               前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                      項目                      (自平成23年4月1日            (自平成24年4月1日
                                               至平成23年9月30日)           至平成24年9月30日)
    (2) 1株当たり中間純利益金額又は
                                                     △149.12円                 236.01円
    中間純損失金額(△)
          (算定上の基礎)                                              
       中間純利益金額又は
                               (百万円)                     △419                      735
    中間純損失金額(△)
          普通株主に帰属しない金額         (百万円)                        ―                       ―
       普通株式に係る中間純利益金額又は
                               (百万円)                     △419                      735
    中間純損失金額(△)
          普通株式の期中平均株式数             (千株)                  2,815                   3,114
    (注)   当中間連結会計期間の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載し
          ていない。
          前中間連結会計期間の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、1株当たり中間純損失であり、ま
          た、潜在株式が存在しないため記載していない。





                                          51/81
                                                                              EDINET提出書類
                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                                  半期報告書

    (重要な後発事象)
         株式取得による会社の買収
         当社が平成24年10月3日に株式取得等を目的として設立した株式会社プラネットホールディングス
     (本店所在地:東京都千代田区九段南一丁目6番17号 代表者:麻生 巌 下記株式取得時における当社
     の議決権比率100%、発行済株式総数に対する所有株式数の割合57.14%)は平成24年12月17日付で、有限
     会社プラネットホールディングス及び株式会社ぎょうせいの株式を取得した。
     
1企業結合の概要
    (1) 被取得企業の名称等
         被取得企業の名称        有限会社プラネットホールディングス
         本店所在地           東京都千代田区丸の内二丁目3番2号郵船ビルディング
         代表者の氏名          新島裕子
         事業内容            他の会社の株式又は持分の取得・所有
                         
         規模





                           平成21年12月期            平成22年12月期    平成23年12月期

         資本金        (百万円)            3                    3            3

         純資産        (百万円)         △98                 △288         △445

         総資産        (百万円)       12,718               12,709       12,704

         売上高        (百万円)           ―                    ―            ―
         営業利益又は
                     (百万円)          △1                   △1           △1
         営業損失(△)
         経常利益又は
                     (百万円)        △189                 △189         △157
         経常損失(△)
         純利益又
                     (百万円)        △189                 △189         △157
         は純損失 (△)





         被取得企業の名称        株式会社ぎょうせい
         本店所在地           東京都中央区銀座七丁目4番12号
         代表者の氏名          澤田裕二郎
         事業内容            出版、印刷及び製本事業等
                         
         規模





                           平成22年9月期             平成23年9月期     平成24年9月期

         資本金        (百万円)          500                  500          500

         純資産        (百万円)       38,567               40,372       44,740

         総資産        (百万円)       55,144               50,193       52,852

         売上高        (百万円)       25,350               21,447       21,641
         営業利益又は
                     (百万円)        2,409                1,911        4,572
         営業損失(△)
         経常利益又は
                     (百万円)        2,706                2,213        4,878
         経常損失(△)
         純利益又
                     (百万円)        3,618                2,695        4,337
         は純損失 (△)
    (2) 企業結合を行った主な理由
         当社は、被取得企業とのシナジーを検討した上での、今後の事業展開を見据えた長期保有を目的とし


                                          52/81
                                                                             EDINET提出書類
                                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                                 半期報告書
  て、企業結合を行った。
 (3) 企業結合日
   平成24年12月17日
 (4) 企業結合の法的形式
   現金を対価とする株式取得
 (5) 企業結合後の名称
   企業結合後の名称の変更はない。
 (6) 取得した議決権比率
   有限会社プラネットホールディングス                 100%
   株式会社ぎょうせい                             100%
2被取得企業の取得原価及びその内訳
  32,430百万円(取得に直接要した費用は含まれていない。)
3支払資金の調達及び支払方法
  株式取得資金は、主として株式会社プラネットホールディングスにおいて平成24年12月17日に下記金融
 機関からの借り入れにより調達した。
 (1) 借入先の名称、借入金額、借入条件、借入の実施時期及び借入返済日
       借入先の名称     借入金額          借入金利              借入実行日          満期日

       みずほ銀行     18,500百万円      基準金利            平成24年12月17日   平成25年1月17日

       みずほ銀行     11,500百万円   基準金利+スプレッド         平成24年12月17日   平成25年6月17日

 (2) 担保資産の有無
   有(上記取得株式等)
 (3) 保証の有無
   有

   




                                       53/81
                           EDINET提出書類
                         株式会社麻生(E01209)
                               半期報告書

    (2) 【その他】
      該当事項はない。




                 54/81
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                   半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
   ①【中間貸借対照表】
                                                 (単位:百万円)

                     前事業年度                   当中間会計期間
                  (平成24年3月31日)             (平成24年9月30日)
資産の部
 流動資産
                                   6,535                    8,674
  現金及び預金                    ※2                       ※2
  受取手形                                 1                        0
  売掛金                                891                      924
                                   3,854                    3,869
  たな卸資産                     ※2                       ※2
                                   3,171                    3,279
  その他                       ※4                       ※4
                                  △204                     △215
  貸倒引当金
  流動資産合計                          14,249                   16,533
 固定資産
  有形固定資産
                                   9,600                    9,397
    建物(純額)               ※1, ※2                   ※1, ※2
                                   8,562                    8,564
    土地                      ※2                       ※2
    建設仮勘定                          2,715                    2,741
                                   3,040                    2,852
    その他(純額)                 ※1                       ※1

    有形固定資産合計                      23,919                   23,556
  無形固定資産                            359                      305
  投資その他の資産
   投資有価証券                         6,369                    6,403
   関係会社株式                         6,800                    9,319
   リース債権                            698                      694
   その他                            5,581                    5,600
   貸倒引当金                          △540                     △542
                                  △114                     △114
   関係会社投資損失引当金
    投資その他の資産合計                    18,795                   21,361
  固定資産合計                          43,075                   45,223
 資産合計                             57,324                   61,757
負債の部
 流動負債
   買掛金                             4,229                    3,553
                                  16,353                   17,668
  短期借入金                    ※2                       ※2
  リース債務                               65                       59
  未払法人税等                              35                      212
  賞与引当金                            1,274                    1,469
  その他                              2,382                    1,938
  流動負債合計                          24,340                   24,902
 固定負債
                                  19,286                   23,005
  長期借入金                    ※2                       ※2
  リース債務                              106                       78
  退職給付引当金                          4,648                    4,688




                 55/81
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                               半期報告書
                                               (単位:百万円)

                     前事業年度                 当中間会計期間
                  (平成24年3月31日)           (平成24年9月30日)
  役員退職慰労引当金                       402                    406
  関係会社事業損失引当金                     267                    267
  その他                             230                    226
  固定負債合計                     24,941                 28,671
 負債合計                        49,282                 53,573
純資産の部
 株主資本
   資本金                           3,580                  3,580
   資本剰余金
    資本準備金                        2,499                  2,499
    その他資本剰余金                       119                    119
    資本剰余金合計                      2,619                  2,619
  利益剰余金
   利益準備金                          182                    182
   その他利益剰余金
     特別償却準備金                        87                     87
     固定資産圧縮積立金                     633                    633
     別途積立金                         190                    190
     繰越利益剰余金                     1,157                  1,304
    利益剰余金合計                      2,251                  2,398
  自己株式                       △261                   △263
  株主資本合計                         8,189                  8,333
 評価・換算差額等
                             △147                   △150
  その他有価証券評価差額金
  評価・換算差額等合計                 △147                   △150
 純資産合計                           8,042                  8,183
負債純資産合計                      57,324                 61,757




                 56/81
                                                                  EDINET提出書類
                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                      半期報告書

②【中間損益計算書】
                                                      (単位:百万円)

                          前中間会計期間                当中間会計期間
                        (自 平成23年4月1日           (自 平成24年4月1日
                         至 平成23年9月30日)          至 平成24年9月30日)
売上高                                 15,774                 16,330
売上原価                                15,056                 15,592
売上総利益                                    717                    737
販売費及び一般管理費                               601                    657
営業利益                                     116                     80
                                         435                    769
営業外収益                              ※1                     ※1
                                         461                    442
営業外費用                              ※2                     ※2

経常利益                                      90                    407
                                          10                     35
特別利益                                ※3                     ※3
                                         242                     91
特別損失                               ※4                      ※4

税引前中間純利益又は税引前中間純損失(△)                   △141                    351
法人税、住民税及び事業税                              66                    241
                                         △44                   △115
法人税等調整額
法人税等合計                                    21                    126
中間純利益又は中間純損失(△)                         △163                    225




                        57/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書

③【中間株主資本等変動計算書】
                                                 (単位:百万円)

                     前中間会計期間                当中間会計期間
                   (自 平成23年4月1日           (自 平成24年4月1日
                    至 平成23年9月30日)          至 平成24年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                       3,080                  3,580
   当中間期変動額
                                     −                      −
     当中間期変動額合計
   当中間期末残高                     3,080                  3,580
 資本剰余金
  資本準備金
    当期首残高                      1,999                  2,499
    当中間期変動額
                                     −                      −
     当中間期変動額合計
    当中間期末残高                    1,999                  2,499
   その他資本剰余金
    当期首残高                            −                     119
    当中間期変動額
                                     −                      −
      当中間期変動額合計
    当中間期末残高                          −                     119
   資本剰余金合計
    当期首残高                      1,999                  2,619
    当中間期変動額
                                     −                      −
      当中間期変動額合計
    当中間期末残高                    1,999                  2,619
 利益剰余金
  利益準備金
    当期首残高                           182                    182
    当中間期変動額
                                     −                      −
     当中間期変動額合計
    当中間期末残高                         182                    182
   その他利益剰余金
    特別償却準備金
      当期首残高                          72                     87
      当中間期変動額
                                     −                      −
       当中間期変動額合計
      当中間期末残高                        72                     87
    固定資産圧縮積立金
     当期首残高                          607                    633
     当中間期変動額
                                     −                      −
       当中間期変動額合計
      当中間期末残高                       607                    633




                   58/81
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                 半期報告書
                                                     (単位:百万円)

                         前中間会計期間                当中間会計期間
                       (自 平成23年4月1日           (自 平成24年4月1日
                        至 平成23年9月30日)          至 平成24年9月30日)
  別途積立金
   当期首残高                                190                    190
   当中間期変動額
                                         −                      −
     当中間期変動額合計
    当中間期末残高                             190                    190
  繰越利益剰余金
   当期首残高                           1,075                  1,157
   当中間期変動額
     剰余金の配当                         △71                    △78
                                   △163
     中間純利益又は中間純損失(△)                                        225
     当中間期変動額合計                     △234                        146
    当中間期末残高                             841               1,304
 利益剰余金合計
  当期首残高                            2,127                  2,251
  当中間期変動額
    剰余金の配当                          △71                    △78
                                   △163
    中間純利益又は中間純損失(△)                                         225
    当中間期変動額合計                      △234                        146
  当中間期末残高                          1,893                  2,398
自己株式
 当期首残高                             △638                   △261
 当中間期変動額
                                        △1                     △2
   自己株式の取得
  当中間期変動額合計                             △1                     △2
 当中間期末残高                           △640                   △263
株主資本合計
 当期首残高                             6,568                  8,189
 当中間期変動額
   剰余金の配当                           △71                    △78
   中間純利益又は中間純損失(△)                 △163                     225
                                     △1                     △2
   自己株式の取得
  当中間期変動額合計                        △236                        144
 当中間期末残高                           6,332                  8,333




                       59/81
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                半期報告書
                                                    (単位:百万円)

                           前中間会計期間             当中間会計期間
                         (自 平成23年4月1日        (自 平成24年4月1日
                          至 平成23年9月30日)       至 平成24年9月30日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                             △185                △147
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                     △175                     △3
    (純額)
    当中間期変動額合計                        △175                     △3
  当中間期末残高                            △361                △150
 評価・換算差額等合計
  当期首残高                              △185                △147
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                     △175                     △3
    (純額)
    当中間期変動額合計                        △175                     △3
  当中間期末残高                            △361                △150
純資産合計
 当期首残高                               6,382               8,042
 当中間期変動額
   剰余金の配当                             △71                 △78
   中間純利益又は中間純損失(△)                   △163                  225
   自己株式の取得                             △1                  △2
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                     △175                     △3
   額)
   当中間期変動額合計                         △412                     141
 当中間期末残高                             5,970               8,183




                         60/81
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                      半期報告書

    【重要な会計方針】
1資産の評価基準及び評価方法
    (1) 有価証券
     ①子会社株式及び関連会社株式
      移動平均法による原価法
     ②その他有価証券
      時価のあるもの
        中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法
        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
      時価のないもの
        移動平均法による原価法
    (2) デリバティブ
      時価法
    (3) たな卸資産
     ①販売用不動産
      個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     ②商品及び製品
      最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下による簿価切下げの方法)及
     び売価還元法に基づく原価法(貸借対照表価額については収益性の低下による簿価切下げの方法)
     ③仕掛品
      個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     ④貯蔵品
      移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)






                             61/81
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                            半期報告書

2固定資産の減価償却の方法
    (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
      定額法によっている。
      なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
      建物及び構築物3∼60年
      機械及び装置並びに車輌及び運搬具6∼18年
    (2) 無形固定資産(鉱業権、ソフトウェア、リース資産を除く)
      定額法によっている。
    (3) 鉱業権
      生産高比例法によっている。
    (4) リース資産
      所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零として算定する定額法によっている。
          なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の
      リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっている。
    (5) ソフトウェア
      自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年間)に基づく定額法によってい
     る。






                               62/81
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                          半期報告書

3引当金の計上基準
    (1) 貸倒引当金
      売掛金、貸付金等の債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸
     倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。
    (2) 賞与引当金
      従業員賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当中間会計期間の負担額を計上している。
    (3) 退職給付引当金
      従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期
     間末において発生していると認められる額を計上している。
      過去勤務債務は、その発生時の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分
     した額をそれぞれ発生時から費用の減額処理することとしている。
      数理計算上の差異は、その発生時の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按
     分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から損益処理することとしている。
    (4) 役員退職慰労引当金
      役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上している。
    (5) 関係会社投資損失引当金
      関係会社に対する投資の損失に備えるため、関係会社の事業計画及び資産内容等を勘案して必要見込
     額を計上している。
    (6) 関係会社事業損失引当金
      関係会社の事業の損失に備えるため、関係会社の事業計画及び資産内容等を勘案して必要見込額を計
     上している。






                            63/81
                                                    EDINET提出書類
                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                        半期報告書

4ヘッジ会計の方法
    (1) ヘッジ会計の方法
      原則として繰延ヘッジ処理によっている。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについて
     は特例処理によっている。
    (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
                 (ヘッジ対象)
      (ヘッジ手段)
                 借入金
      金利スワップ
    (3) ヘッジ方針
      当社は、借入金に係る金利変動のリスクを軽減する目的で、金利スワップ取引を行っている。なお、投機
     目的でのデリバティブ取引は一切行わない方針である。
    (4) ヘッジ有効性評価の方法
      金利スワップによる金利固定化の有効性判定は、ヘッジ対象とヘッジ手段それぞれのキャッシュフ
     ロー総額の変動累計額を比率分析する方法によっている。
      なお、金利スワップのうち特例処理を採用しているものについては、特例処理の要件を充足していると
     の判定をもって、有効性の判定に代えている。


5その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
     消費税等の会計処理
      消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっており、資産に係る控除対象外消費税及び地方消
     費税は、長期前払消費税等(投資その他の資産)とし、5年間で償却を行っている。






                             64/81
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                               半期報告書

    【注記事項】
    (中間貸借対照表関係)
※1    有形固定資産の減価償却累計額
                              前事業年度         当中間会計期間
      
                           (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
                             18,680百万円      19,213百万円
※2担保に供している資産
                              前事業年度         当中間会計期間
      
                           (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          預金                     800百万円         840百万円
          たな卸資産                1,714          1,714
          建物                   7,391          7,229
          土地                   5,983          5,978
          合計                  15,889百万円      15,763百万円
      上記に対応する債務
                              前事業年度         当中間会計期間
      
                           (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          短期借入金                3,599百万円       3,599百万円
          1年以内返済予定の長期借入金       2,342          2,345
          長期借入金                8,923          8,087
          合計                  14,865百万円      14,032百万円
     (前事業年度)
      なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の金融機関借入金535百万円、麻生メディカルサービ
     ス㈱の金融機関借入金500百万円、㈱麻生地所の金融機関借入金140百万円に対し提供している以下の資
     産を含んでいる。
       たな卸資産                    208百万円
       建物                        19
       土地                       241
     (当中間会計期間)
      なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の金融機関借入金515百万円、麻生メディカルサービ
     ス㈱の金融機関借入金500百万円、㈱麻生地所の金融機関借入金79百万円に対し提供している以下の資産
     を含んでいる。
       たな卸資産                    208百万円
       建物                        19
       土地                       241




                                65/81
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                半期報告書

    3保証債務
      銀行借入金等に対する保証債務は下記のとおりである。
                               前事業年度         当中間会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          麻生ラファージュセメント㈱         8,200百万円       7,367百万円
          ㈱麻生地所                 1,283          1,157
          ㈱アイエムケイ               1,022            998
          麻生鉱山㈱                   462            415
          飯塚都市開発㈱                 451            431
          麻生メディカルサービス㈱            188            163
          麻生芳雄商事㈱                 190            190
          ㈲西日本開発                   −              75
          医療法人清幸会                  78             58
          合計                   11,877百万円      10,857百万円
※4診療報酬債権流動化による譲渡残高
                               前事業年度         当中間会計期間
      
                            (平成24年3月31日)   (平成24年9月30日)
          診療報酬債権流動化による
                                5,566百万円       4,205百万円
          譲渡残高
          上記の内、流動資産「その他」に
                                1,291百万円       1,022百万円
          計上している後払部分の残高

次へ




                                 66/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書

    (中間損益計算書関係)
※1営業外収益の主要項目
                        前中間会計期間          当中間会計期間
                    (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                      至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
         受取利息               70百万円           101百万円
         受取配当金             188              281
※2営業外費用の主要項目
                        前中間会計期間          当中間会計期間
                    (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                      至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
         支払利息              343百万円           340百万円
※3特別利益の主要項目
                        前中間会計期間          当中間会計期間
                    (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                      至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
         固定資産売却益            10百万円             0百万円
         投資有価証券売却益          ―                35
※4特別損失の主要項目
                        前中間会計期間          当中間会計期間
                    (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                      至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
         貸倒引当金繰入           240百万円            ―百万円
         投資有価証券売却損          ―                46
         投資有価証券評価損          ―                42
         固定資産除却損            ―                 1
5減価償却実施額
                        前中間会計期間          当中間会計期間
                    (自 平成23年4月1日     (自 平成24年4月1日
                      至 平成23年9月30日)    至 平成24年9月30日)
         有形固定資産            604百万円           615百万円
         無形固定資産             63               59






                           67/81
                                                                           EDINET提出書類
                                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                                               半期報告書

        (中間株主資本等変動計算書関係)
    前中間会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
    1自己株式に関する事項
        株式の種類     当事業年度期首              増加             減少       当中間会計期間末

    普通株式(株)           168,129                   415        ―       168,544
    




    (変動事由の概要)
    増加数の主な内訳は、次の通りである。
         単元未満株式の買取りによる増加        415株

    当中間会計期間(自平成24年4月1日至平成24年9月30日)
    1自己株式に関する事項
        株式の種類     当事業年度期首              増加             減少       当中間会計期間末

    普通株式(株)            68,723                   574        ―        69,297
    




    (変動事由の概要)
    増加数の主な内訳は、次の通りである。
         単元未満株式の買取りによる増加        574株





                                            68/81
                                                                EDINET提出書類
                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                    半期報告書

     (リース取引関係)
リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権移転外のファイナンス・リース取引
(借主側)
    (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び中間期末(期末)残高
     相当額
      前事業年度(平成24年3月31日)

                              その他
      
                          (工具器具及び備品)
          取得価額相当額            849百万円
          減価償却累計額相当額          687
          減損損失累計額相当額           ―
          期末残高相当額             161百万円
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子
         込み法により算定している。
      当中間会計期間(平成24年9月30日)

                              その他
      
                          (工具器具及び備品)
          取得価額相当額            313百万円
          減価償却累計額相当額          217
          減損損失累計額相当額           ―
          中間期末残高相当額            95百万円
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料中間期末残高が有形固定資産の中間期末残高等に占める割合が低いため、
         支払利子込み法により算定している。
    (2) 未経過リース料中間期末(期末)残高相当額及びリース資産減損勘定中間期末(期末)残高
     未経過リース料中間期末(期末)残高相当額
                                前事業年度          当中間会計期間
      
                             (平成24年3月31日)    (平成24年9月30日)
          1年内                        87百万円          38百万円
          1年超                        74             57
          合計                        161百万円          95百万円
     (注)未経過リース料中間期末(期末)残高相当額は、未経過リース料中間期末(期末)残高が有形固定資産の中間期
         末(期末)残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。
    (3) 支払リース料及び減価償却費相当額
                               前中間会計期間          当中間会計期間
                           (自平成23年4月1日     (自平成24年4月1日
                             至平成23年9月30日)    至平成24年9月30日)
          支払リース料                     78百万円          66百万円
          リース資産減損勘定の取崩額              ―              ―
          減価償却費相当額                   78             66
          減損損失                       ―              ―
    (4) 減価償却費相当額の算定方法
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。






                                    69/81
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                 半期報告書

ファイナンス・リース取引
(借主側)
    (1) リース資産の内容
     ・有形固定資産
      主として、医療事業における医療機器(工具器具及び備品)である。
    (2) リース資産の減価償却の方法
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。
(貸主側)
    (1) リース債権の内訳
     ①投資その他の資産
                            前事業年度          当中間会計期間
      
                         (平成24年3月31日)    (平成24年9月30日)
          リース料債権部分           1,440百万円        1,418百万円
          見積残存価額部分             ―               ―
          受取利息相当額             741             724
          リース債権               698             694
    (2) リース債権に係るリース料債権部分の中間会計期間(前事業年度)末日後の回収予定額
     ①投資その他の資産
      (前事業年度)
                                           リース債権
          1年以内                                    8百万円
          1年超2年以内                                 9
          2年超3年以内                                 9
          3年超4年以内                             10
          4年超5年以内                             10
          5年超                                650


      (当中間会計期間)
                                           リース債権
          1年以内                                    8百万円
          1年超2年以内                                 9
          2年超3年以内                                 9
          3年超4年以内                             10
          4年超5年以内                             10
          5年超                                644






                              70/81
                                                                             EDINET提出書類
                                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                                 半期報告書

     (有価証券関係)
子会社株式及び関連会社株式
    前事業年度(平成24年3月31日)

                       貸借対照表計上額                 時価            差額
                          (百万円)                (百万円)         (百万円)

         子会社株式                 59                      198           139


     (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式
                          貸借対照表計上額
                            (百万円)
          
           (1)子会社株式                6,606

           (2)関連会社株式                 134

                 計                 6,741

         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものである。

    当中間会計期間(平成24年9月30日)
                       中間貸借対照表計上額                時価            差額
     
                          (百万円)                (百万円)         (百万円)

         子会社株式                 59                      147            88

     
     (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式
                         中間貸借対照表計上額
                           (百万円)
          (1)子会社株式                 9,125

          (2)関連会社株式                  134

                 計                 9,260

         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものである。







                                           71/81
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                              半期報告書

     (資産除去債務関係)
    前事業年度(自   平成23年4月1日   至   平成24年3月31日)
     資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
      当事業年度における当該資産除去債務の総額の増減

                              
       期首残高                                     12百万円

                              
       時の経過による調整額                               ―百万円

                              
       期末残高                                     12百万円

    当中間会計期間(自   平成24年4月1日     至   平成24年9月30日)
     資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
      当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

                              
        期首残高                                    12百万円

                              
        時の経過による調整額                              ―百万円

                              
        中間期末残高                                  12百万円





                                      72/81
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                                        半期報告書

     (1株当たり情報)
    1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額又は中間純損失金額及び算定上の
基礎は、以下のとおりである。

                                            前事業年度                   当中間会計期間
                    項目
                                          (平成24年3月31日)             (平成24年9月30日)
    (1) 1株当たり純資産額                              2,560.22円                 2,605.66円

     (算定上の基礎)                                               

      純資産の部の合計額          (百万円)                      8,042                     8,183

      普通株式に係る純資産額        (百万円)                      8,042                     8,183

      純資産の部の合計から控除する金額   (百万円)                           ―                        ―

      普通株式の発行済株式数            (千株)                   3,210                     3,210

      普通株式の自己株式数             (千株)                        68                       69
      1株当たり純資産額の算定に
                             (千株)                   3,141                     3,140
      用いられた普通株式の数

                                           前中間会計期間                   当中間会計期間
                    項目                  (自 平成23年4月1日              (自 平成24年4月1日
                                         至 平成23年9月30日)             至 平成24年9月30日)
    (2) 1株当たり中間純利益金額又は
                                                 △57.48円                    71.71円
        純損失金額(△)
     (算定上の基礎)                                               
      中間純利益金額又は
                         (百万円)                      △163                        225
      中間純損失金額(△)
      普通株主に帰属しない金額       (百万円)                           ―                        ―
      普通株式に係る中間純利益金額又は
                         (百万円)                      △163                        225
      中間純損失金額(△)
      普通株式の期中平均株式数           (千株)                   2,841                     3,141
    (注)当中間会計期間の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してい
        ない。
        前中間会計期間の潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、1株当たり中間純損失であり、また、潜
        在株式が存在しないため記載していない。





                                        73/81
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                      半期報告書

     (重要な後発事象)
    中間連結財務諸表の注記事項(重要な後発事象)における記載内容と同一であるため、記載を省略してい
る。





                           74/81
                          EDINET提出書類
                        株式会社麻生(E01209)
                              半期報告書

    (2) 【その他】
      該当事項なし。





                75/81
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                              半期報告書

第6 【提出会社の参考情報】


    当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出している。

(1) 有価証券報告書及びその添付書類
事業年度第51期(自平成23年4月1日至平成24年3月31日)平成24年6月28日福岡財務支局長に提出。






                              76/81
                            EDINET提出書類
                          株式会社麻生(E01209)
                                半期報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

    該当事項なし。






                  77/81
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                            半期報告書

                独立監査人の中間監査報告書


                                               平成24年12月21日
株式会社麻生
    取締役会御中


    
                  新日本有限責任監査法人

                   指定有限責任社員
                             公認会計士佐藤宏文㊞
                   業務執行社員

                   指定有限責任社員
                             公認会計士德永陽一㊞
                   業務執行社員


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている株式会社麻生の平成24年4月1日から平成25年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計
期間(平成24年4月1日から平成24年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照
表、中間連結損益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・フ
ロー計算書、中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を
行った。

中間連結財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中
間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
ない中間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運
用することが含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対す
る意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に
準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務
諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保
証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比
べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正
又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性につい
て意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間
監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。ま
た、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。





                           78/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書

中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表
の作成基準に準拠して、株式会社麻生及び連結子会社の平成24年9月30日現在の財政状態並びに同日をもっ
て終了する中間連結会計期間(平成24年4月1日から平成24年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フ
ローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。

強調事項
 重要な後発事象に、株式取得による会社の買収に関する後発事象が記載されている。
 当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。

利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                             以上

    ※1上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
          ます。
    2中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。


    





                               79/81
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                            半期報告書

                 独立監査人の中間監査報告書


                                               平成24年12月21日
株式会社麻生
    取締役会御中


    
                  新日本有限責任監査法人

                   指定有限責任社員
                             公認会計士佐藤宏文㊞
                   業務執行社員

                   指定有限責任社員
                             公認会計士德永陽一㊞
                   業務執行社員


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている株式会社麻生の平成24年4月1日から平成25年3月31日までの第52期事業年度の中間会計期
間(平成24年4月1日から平成24年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益
計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。

中間財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間
財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが
含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意
見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るため
に、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて
監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は
誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続
に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表
明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続
を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査
には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間
財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。





                           80/81
                                                         EDINET提出書類
                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                             半期報告書

中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
準に準拠して、株式会社麻生の平成24年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平
成24年4月1日から平成24年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。

強調事項
 重要な後発事象に、株式取得による会社の買収に関する後発事象が記載されている。
 当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。

利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以上

    ※1上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
          ます。
    2中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。







                               81/81

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。