三谷伸銅株式会社 半期報告書‐第126期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第126期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

提出日:

提出者:三谷伸銅株式会社

カテゴリ:半期報告書‐第126期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                    EDINET提出書類
                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                        半期報告書

【表紙】
【提出書類】       半期報告書
【提出先】        近畿財務局長
【提出日】        平成22年12月24日
【中間会計期間】     第126期中(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
【会社名】        三谷伸銅株式会社
【英訳名】        MITANI SINDO COMPANY,LIMITED
【代表者の役職氏名】   代表取締役社長土井田晴夫
【本店の所在の場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1
【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)
【事務連絡者氏名】    常務取締役今田廣樹
【最寄りの連絡場所】   京都市南区上鳥羽大柳町1番地1
【電話番号】       京都(075)681-3331(代表)
【事務連絡者氏名】    常務取締役今田廣樹
【縦覧に供する場所】   該当なし




                          1/60
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                       半期報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
    1【主要な経営指標等の推移】
            回次            第124期中       第125期中       第126期中       第124期        第125期
                         自平成20年      自平成21年      自平成22年      自平成20年      自平成21年
                            4月1日         4月1日         4月1日        4月1日         4月1日
           会計期間
                         至平成20年      至平成21年      至平成22年      至平成21年      至平成22年
                            9月30日        9月30日        9月30日       3月31日        3月31日
    (1)連結経営指標等
    売上高           (千円)    9,489,107    4,761,198    5,514,183   14,429,784   11,148,325
    経常利益又は経常損
                  (千円)      253,620       68,416      197,533    △242,054       263,967
    失(△)
    中間(当期)純利益
                  (千円)      143,212       44,314      114,732    △201,756       146,891
    又は当期純損失(△)
    純資産額          (千円)    2,644,986    2,279,222    2,456,660    2,268,715    2,405,012
    総資産額          (千円)    8,036,730    5,424,204    5,569,349    5,241,616    6,262,223
    1株当たり純資産額     (円)        324.60       278.06       299.46       277.00       293.78
    1株当たり中間(当
    期)純利益金額又は
                  (円)         17.57         5.65        14.63      △25.23         18.73
    1株当たり当期純損
    失金額(△)
    潜在株式調整後1株
    当たり中間(当期)     (円)            −            −            −            −            −
    純利益金額
    自己資本比率        (%)         31.68        40.19        42.16        41.44        36.78
    営業活動による
                  (千円)      415,446      290,449      462,029    1,312,703       10,674
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)     △29,573      △13,098      △50,876     △116,045      △14,964
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)    △376,134     △262,442     △382,235     △873,419        89,474
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
    の中間期末(期末)     (千円)       48,890      377,299      476,492      362,391      447,575
    残高
    従業員数          (人)           153          150          149          145          148





                                            2/60
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                    半期報告書
        回次             第124期中       第125期中       第126期中       第124期        第125期
                      自平成20年      自平成21年      自平成22年      自平成20年      自平成21年
                         4月1日         4月1日         4月1日        4月1日         4月1日
       会計期間
                      至平成20年      至平成21年      至平成22年      至平成21年      至平成22年
                         9月30日        9月30日        9月30日       3月31日        3月31日
(2)提出会社の経営指標等
売上高            (千円)    9,203,003    4,595,268    5,283,533   13,912,765   10,755,466
経常利益又は経常損
               (千円)      190,754       46,951      141,643    △285,826       191,546
失(△)
中間(当期)純利益
               (千円)      116,356       25,991       96,551    △208,570       114,878
又は当期純損失(△)
資本金            (千円)      450,000      450,000      450,000      450,000      450,000
発行済株式総数        (株)     9,000,000    9,000,000    9,000,000    9,000,000    9,000,000
純資産額           (千円)    2,218,442    1,853,990    1,989,727    1,864,422    1,963,415
総資産額           (千円)    7,713,119    4,889,222    4,957,222    4,705,162    5,691,066
1株当たり配当額       (円)            −            −            −           7.0          7.0
自己資本比率         (%)          28.7         37.9         40.1         39.6         34.5
従業員数           (人)            93           94           90           91           93
(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
    2.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
      せん。
    3.提出会社における「1株当たり純資産額」、「1株当たり中間(当期)純利益金額」及び「潜在株式調整後
      1株当たり中間(当期)純利益金額」については、中間連結財務諸表を作成しているため記載を省略してお
      ります。
    4.従業員数の内、平均臨時雇用者数の総数は従業員の100分の10未満のため、記載を省略しております。

 2【事業の内容】
  当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変更は
  ありません。また、主要な関係会社における異動もありません。

 3【関係会社の状況】
  当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。

 4【従業員の状況】
  (1)連結会社における状況
                                                                平成22年9月30日現在
              セグメントの名称                                   従業員数(名)
 伸銅製品事業                                                          98
 アルミ製品事業                                                             24
 仕入商品事業                                                              −
 金属加工事業                                                              27
                 合計                                                 149
(注)1.従業員数は、就業人員であります。また臨時従業員については、従業員の100分の10未満のため記載を省略して
       おります。

  (2)提出会社における状況
    平成22年9月30日現在の従業員数は、90名であります。

  (3)労働組合の状況
    当社の労働組合は、産業別労働組合ジェイ・エー・エム京都に加盟しており、労使関係は引き続き友好な関係を
    保っております。




                                         3/60
                                                               EDINET提出書類
                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                   半期報告書

第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1)業績


 当中間連結会計期間における日本経済は、景気は緩やかに回復の兆しをみせたものの、政府による政策効果の息切
 れや、緊縮財政で景気は足踏み状態となっており、円高の昂進やデフレが懸念されるなど、景気の先行きが不透明な
 中、今後も厳しい経営環境が続くものと思われます。
 こうした中で当社グループ(当社及び連結子会社)の販売状況は、以前好況期の8割程度の水準で推移しており、
 頭打ちの状態が続いておりますが、銅価が小幅で変動したこともあり、当中間連結会計期間の売上高は前年同期比
 15.8%増の5,514百万円となりました。
 この結果、当中間連結会計期間の業績は、営業利益は 196百万円と前年同期に比べ 132百万円(204.6%)の増加、経
 常利益は 197百万円と前年同期に比べ 129百万円(188.7%)の増加となり、中間純利益は114百万円と前年同期に比
 べ 70百万円(158.9%)の増加となりました。
 セグメントの業績は次のとおりであります。
 ①伸銅製品事業
  分野別需要動向にバラツキがあり、自動車・電子機器・半導体等の最先端分野は世界同時不況の9割程度の回
  復をし、空調・冷凍分野も猛暑によるエアコン需要による販売増となり、水栓・バルブ・ガス関係は住宅リフォ
  −ムの需要で遅れながらも回復を見せております。このような環境下で、売上高は3,907百万円と前年同期に比べ
   919百万円(30.8%)の増加となり、営業利益も 126百万円と前年同期に比べ78百万円(163.8%)の増加となりまし
  た。
 ②アルミ製品事業
  板類は自動車向けが堅調に推移するなか、缶材は天候不順の影響で落ち込み、当社主力の押出類も建設向けは低
  調に推移しましたが、自動車向けの回復が大きく、売上高は 568百万円と前年同期に比べ165百万円(40.9%)の増
  加となり、営業利益は 13百万円と前年同期に比べ12百万円(前年同期0百万円)の増加となりました。
 ③仕入商品事業
  伸銅製品事業と同様の需要環境のなかで、一部商流の変更に伴う販売減もあり、売上高は 767百万円と前年同期
  に比べ 447百万円(△36.8%)の減少となりましたが、営業利益は2百万円と前年同期とほぼ同額となりました。
 ④金属加工事業
  半導体等向けの汎用品分野は低位安定の状況が続いてはいるが、前年落ち込んだ自動車関連が回復基調となり、
  売上高は 269百万円と前年同期に比べ115百万円(74.6%)の増加、営業利益は 75百万円と前年同期に比べ49百万
  円(199.2%)の増加となりました。


 (2)キャッシュ・フローの状況

 当中間連結会計期間におけるキャッシュ・フローは、税金等調整前中間純利益が前年同期に比べ134百万円増加と
 なりました。短期借入金の返済による支出もありましたが、たな卸資産の減少等が大きく現金及び現金同等物の増
 加額が 28百万円と前年同期に比べ 14百万円の増加となりました。 その結果、現金及び現金同等物残高は、前中間
 連結会計期間末に比べ99百万円増加し、当中間連結会計期間末残高は 476百万円となりました。
 (営業活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは462百万円の収入と前年同期に比べ 175百万
 円の増加となりました。これは主に税金等調整前中間純利益203百万円及びたな卸資産の減少162百万円等を反映し
 たものであります。
 (投資活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは50百万円の支出と前年同期に比べ 41百万円
 の支出増加となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出が前年同期比で49百万円増加したこと等を反
 映したものであります。
 (財務活動によるキャッシュ・フロ−)
 当中間連結会計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは382百万円の支出と前年同期に比べ 119百万
 円の支出増加となりました。これは主に短期借入金の返済増加119百万円等を反映したものであります。




                                4/60
                                                                    EDINET提出書類
                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                        半期報告書
 2【生産、受注及び販売の状況】
 (1)生産実績
   当中間連結会計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                        当中間連結会計期間
      セグメントの名称         (自平成22年4月1日       前年同期比(%)
                        至平成22年9月30日)
伸銅製品事業(千円)                    3,772,416         131.4
アルミ製品事業(千円)                         577,490                  148.1
仕入商品事業(千円)                               −                      −
金属加工事業(千円)                          490,542                  157.9
      合計(千円)                      4,840,449                  135.5
(注)1.金額は、販売価格によっております。
    2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。


 (2)受注状況
   当中間連結会計期間における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
     セグメントの名称     受注高(千円)      前年同期比(%) 受注残高(千円)           前年同期比(%)
伸銅製品事業               3,961,074      116.6   729,149              95.3
アルミ製品事業                 533,090          129.6    32,755              65.9
仕入商品事業                  819,731           66.8   172,736             102.0
金属加工事業                  256,833          142.7    44,480             101.5
         合計           5,570,728          106.8   979,120              95.3
(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                  5/60
                                                            EDINET提出書類
                                                        三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                半期報告書
 (3)販売実績
   当中間連結会計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                        当中間連結会計期間
      セグメントの名称         (自平成22年4月1日       前年同期比(%)
                        至平成22年9月30日)
伸銅製品事業(千円)                    3,907,449         130.8
アルミ製品事業(千円)                        568,969           140.9
仕入商品事業(千円)                         767,880            63.2
金属加工事業(千円)                         269,885           174.6
       合計(千円)                    5,514,183           115.8
(注)1.セグメント間取引については、相殺消去しております。
     2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                      前中間連結会計期間           当中間連結会計期間
                     (自平成21年4月1日       (自平成22年4月1日
        相手先           至平成21年9月30日)       至平成22年9月30日)
                   金額(千円)     割合(%)   金額(千円)      割合(%)
  三井住友金属鉱山伸銅㈱           −          −    561,770        10.2
 三井金属鉱業㈱               898,099           18.9   −            −
 榊原㈱                   828,123           17.4   −            −
    3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                 6/60
                                                    EDINET提出書類
                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                        半期報告書
3【対処すべき課題】
当中間連結会計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた
課題はありません。


4【事業等のリスク】
 当中間連結会計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業
等のリスクについての重要な変更はありません。




                          7/60
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
5【経営上の重要な契約等】
 当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。


6【研究開発活動】
 特記すべき事項はありません。


7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
(1) 財政状態の分析
  (流動資産)
        当中間連結会計期間末の流動資産の残高は、4,133百万円となり、前連結会計年度末に比べ626百万円の減少
      (13.2%減)となりました。受取手形及び売掛金の減少451百万円並びにたな卸資産の減少162百万円が主な要因で
      あります。
  (固定資産)
        当中間連結会計期間末の固定資産の残高は、1,435百万円となり、前連結会計年度末に比べ66百万円の減少
      (4.4%減)となりました。機械装置及び運搬具の減少30百万円並びに投資有価証券の減少25百万円が主な要因であ
      ります。
    (流動負債)
        当中間連結会計期間末の流動負債の残高は、2,362百万円となり、前連結会計年度末に比べ846百万円の減少
      (26.4%減)となりました。支払手形及び買掛金の減少440百万円並びに短期借入金の減少426百万円が主な要因で
      あります。
    (固定負債)
        当中間連結会計期間末の固定負債の残高は、749百万円となり、前連結会計年度末に比べ102百万円の増加
      (15.8%増)となりました。長期借入金の増加100百万円が主な要因であります。
    (純資産)
        当中間連結会計期間末の純資産の残高は、2,456百万円となり、前連結会計年度末に比べ51百万円の増加(2.1%
      増)となりました。当中間純利益計上による増加114百万円、その他有価証券評価差額金の減少15百万円並びに剰
      余金の配当による減少54百万円が主な要因であります。
  (2) 経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
   第2[事業の状況]1[業績等の概要]をご参照ください。




                               8/60
                                                       EDINET提出書類
                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                           半期報告書

第3【設備の状況】
1【主要な設備の状況】
 当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。


2【設備の新設、除却等の計画】
 当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、改修、除却、売却等の計画はありません。




                            9/60
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                       半期報告書

第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
 (1)【株式の総数等】
  ①【株式の総数】
           種類                                      発行可能株式総数(株)
 普通株式                                                       45,000,000
               計                                                  45,000,000


   ②【発行済株式】
         中間会計期間末現在発行                               上場金融商品取引所名
                               提出日現在発行数(株)
   種類    数(株)                                      又は登録認可金融商品                  内容
                                (平成22年12月24日)
          (平成22年9月30日)                             取引業協会名
                                                                         単元株式数
普通株式               9,000,000         9,000,000           非上場
                                                                          1,000株
   計               9,000,000         9,000,000                −                −


 (2)【新株予約権等の状況】
   該当事項はありません。


 (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
    該当事項はありません。
    
 (4)【ライツプランの内容】
   該当事項はありません。


  (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】
            発行済株式総 発行済株式総
                                   資本金増減額         資本金残高       資本準備金増    資本準備金残
    年月日     数増減数    数残高
                                    (千円)           (千円)       減額(千円)    高(千円)
             (千株)    (千株)
平成22年4月1日
 ∼平成22年9月30       −     9,000                 −     450,000         −               −
 日




                                      10/60
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
  (6)【大株主の状況】
                                                   平成22年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                         所有株式数
       氏名又は名称              住所                       対する所有株式数
                                          (千株)
                                                    の割合(%)
三井金属鉱業株式会社       東京都品川区大崎1丁目11番1号          5,563         61.82
日本伸銅株式会社         堺市堺区南島町3丁1番地1               315          3.50
三谷巌             京都市北区                       250          2.79
三谷伸銅社員持株会        京都市南区上鳥羽大柳町1番地1             245          2.73
三谷史生            千葉県市川市                      229          2.55
株式会社佐渡島          大阪市中央区島之内1丁目16番19号           94          1.05
岡秀地所株式会社         京都市中京区蛸薬師通新町西入不動町181         37          0.41
兼子知世            千葉県佐倉市                       30          0.34
三谷仁志            札幌市豊平区                       30          0.34
松尾新次            東京都品川区                       30          0.33
加藤綾子            京都市中京区                       30          0.33
         計                  −              6,876         76.40
 (注)1.上記のほか、自己株式が1,160千株あります。





                                 11/60
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                      半期報告書
     (7)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                                      平成22年9月30日現在
               区分               株式数(株)             議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                                    −            −               −
    議決権制限株式(自己株式等)                            −              −            −
    議決権制限株式(その他)                              −              −            −
                             (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                           −            −
                             普通株式 1,160,000
    完全議決権株式(その他)             普通株式 7,777,000               7,777           −
    単元未満株式                   普通株式      63,000                −            −
    発行済株式総数                         9,000,000                −            −
    総株主の議決権                                   −              −            −



      ②【自己株式等】
                                                                平成22年9月30日現在
                                                                 発行済株式総数に
    所有者の氏名又                  自己名義所有株        他人名義所有株     所有株式数の合
                    所有者の住所                                       対する所有株式数
    は名称                      式数(株)          式数(株)       計(株)
                                                                 の割合(%)
    (自己保有株式)
                京都市南区上鳥羽
    三谷伸銅㈱                      1,160,000            −     1,160,000           12.88
                大柳町1番地1
       計              −        1,160,000            −     1,160,000           12.88

    2【株価の推移】
     金融商品取引所非上場のため、該当事項はありません。


    3【役員の状況】
     前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                                           12/60
                                                         EDINET提出書類
                                                     三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                             半期報告書

第5【経理の状況】
1中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
 (1)当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令
   第24号。以下「中間連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前中間連結会計期間(平成21年4月1日から平成21年9月30日まで)は、改正前の中間連結財務諸表規則に
   基づき、当中間連結会計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)は、改正後の中間連結財務諸表規則
   に基づいて作成しております。


 (2)当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号。
   以下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
   なお、前中間会計期間(平成21年4月1日から平成21年9月30日まで)は、改正前の中間財務諸表等規則に基づ
   き、当中間会計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)は、改正後の中間財務諸表等規則に基づいて
   作成しております。



2監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前中間連結会計期間(平成21年4月1日から平成21年
 9月30日まで)及び当中間連結会計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)の中間連結財務諸表並び
 に前中間会計期間(平成21年4月1日から平成21年9月30日まで)及び当中間会計期間(平成22年4月1日から平
 成22年9月30日まで)の中間財務諸表について、清友監査法人による中間監査を受けております。




                            13/60
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                        半期報告書

1【中間連結財務諸表等】
(1)【中間連結財務諸表】
 ①【中間連結貸借対照表】
                                                                          (単位:千円)

                                                                    前連結会計年度の要約
                   前中間連結会計期間末               当中間連結会計期間末                 連結貸借対照表
                    (平成21年9月30日)             (平成22年9月30日)            (平成22年3月31日)

資産の部
 流動資産
  現金及び預金                         381,899                 481,092                 449,775
  受取手形及び売掛金                     2,178,350               2,248,362               2,700,096
  たな卸資産                          983,103                1,172,255               1,334,260
  繰延税金資産                         108,637                  61,804                 109,204
  その他                            119,007                 172,487                 169,529
                                 △2,290                  △2,510                  △2,930
  貸倒引当金
  流動資産合計                        3,768,708               4,133,492               4,759,934
 固定資産
  有形固定資産
                                 362,587                 333,109                 348,240
   建物及び構築物(純額)         ※1,※2                    ※1,※2                   ※1,※2
                                 462,475                 359,160                 389,897
   機械装置及び運搬具(純額)       ※1,※2                    ※1,※2                   ※1,※2
                                 217,942                 214,971                 217,942
   土地                    ※2                       ※2                      ※2
   建設仮勘定                              −                    4,949                   1,826
                                  25,994                  22,320                  21,571
   その他(純額)                ※1                       ※1                      ※1
   有形固定資産合計                     1,069,000                934,510                 979,478
  無形固定資産
   施設利用権                           1,504                   1,504                   1,504
   ソフトウエア                          8,618                   4,344                   5,544
   無形固定資産合計                       10,122                   5,849                   7,048
  投資その他の資産
   投資有価証券                        326,113                 334,522                 360,221
   繰延税金資産                        223,071                 135,436                 129,002
   その他                            27,197                  25,548                  26,546
                                    △10                     △10                     △10
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                    576,372                 495,497                 515,761
  固定資産合計                        1,655,496               1,435,857               1,502,288
 資産合計                           5,424,204               5,569,349               6,262,223




                        14/60
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                    半期報告書
                                                                       (単位:千円)

                                                                 前連結会計年度の要約
                 前中間連結会計期間末               当中間連結会計期間末                連結貸借対照表
                  (平成21年9月30日)             (平成22年9月30日)           (平成22年3月31日)

負債の部
 流動負債
  支払手形及び買掛金                   1,248,838              1,134,457              1,574,465
                                663,000                890,000              1,316,000
  短期借入金                ※2                       ※2                    ※2
  未払金                          105,545                 93,382                 87,347
  未払法人税等                        13,704                 31,054                  7,119
  賞与引当金                        102,240                100,805                101,405
  その他                          101,064                113,275                123,447
  流動負債合計                      2,234,392              2,362,975              3,209,785
 固定負債
                               600,000                400,000                300,000
  長期借入金                ※2                       ※2                     ※2
  退職給付引当金                      152,744                194,502                186,001
  役員退職慰労引当金                     34,338                 31,705                 37,917
  環境対策引当金                      123,507                123,507                123,507
  固定負債合計                       910,589                749,714                647,425
 負債合計                         3,144,982              3,112,689              3,857,210
純資産の部
 株主資本
  資本金                          450,000                450,000                450,000
  資本剰余金                         11,189                 11,189                 11,189
  利益剰余金                       2,048,142              2,210,572              2,150,719
                            △356,018                 △356,206               △356,201
  自己株式
  株主資本合計                      2,153,313              2,315,554              2,255,707
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                  26,857                 32,225                 47,579
  評価・換算差額等合計                    26,857                 32,225                 47,579
 少数株主持分                         99,051                108,880                101,725
 純資産合計                        2,279,222              2,456,660              2,405,012
負債純資産合計                       5,424,204              5,569,349              6,262,223




                      15/60
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                      半期報告書

  ②【中間連結損益計算書】
                                                                        (単位:千円)

                                                                  前連結会計年度の要約
                   前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                連結損益計算書
                  (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日            (自平成21年4月1日
                 至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)          至平成22年3月31日)

売上高                           4,761,198               5,514,183           11,148,325
売上原価                          4,362,458               4,980,249           10,197,763
売上総利益                          398,739                 533,933                 950,562
                               334,080                 336,962                 686,388
販売費及び一般管理費              ※1                       ※1                      ※1
営業利益                            64,658                 196,970                 264,173
営業外収益
 受取利息                            3,604                   2,526                  10,800
 受取配当金                           8,027                   8,900                     8,801
 その他                             4,765                   7,766                  13,541
 営業外収益合計                        16,397                  19,193                  33,142
営業外費用
 支払利息                            7,812                  10,142                  23,536
 手形売却損                           2,146                   2,634                     4,562
 その他                             2,681                   5,854                     5,249
 営業外費用合計                        12,640                  18,631                  33,348
経常利益                            68,416                 197,533                 263,967
特別利益
 前期損益修正益                            −                                                −
                                                        10,171
                                    −                                                −
 貸倒引当金戻入額                                                  420
 特別利益合計                             −                                                −
                                                        10,591
特別損失
                                                         3,710
 固定資産売却損                            −                                                −
                                                  ※2
                                                         1,082                      566
                                    −
 固定資産除却損                                          ※3                          ※3
 特別損失合計                             −                    4,792                      566
税金等調整前中間純利益                     68,416                 203,332                 263,400
法人税、住民税及び事業税                    12,212                  28,514                  20,750
法人税等調整額                          9,272                  51,580                  89,567
法人税等合計                          21,485                  80,094                 110,317
少数株主損益調整前中間純利益                      −                                                −
                                                       123,237
少数株主利益                           2,616                   8,505                     6,190
中間純利益                           44,314                 114,732                 146,891




                      16/60
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                    半期報告書

  ③【中間連結株主資本等変動計算書】
                                                                          (単位:千円)

                                                                    前連結会計年度の要約
                                                                      連結株主資本等変動
                        前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                計算書
                       (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
                      至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)

株主資本
 資本金
  前期末残高                             450,000              450,000              450,000
  当中間期変動額
                                         −                    −                    −
   当中間期変動額合計
  当中間期末残高                           450,000              450,000              450,000
 資本剰余金
  前期末残高                              11,189               11,189               11,189
  当中間期末残高                            11,189               11,189               11,189
 利益剰余金
  前期末残高                            2,058,721            2,150,719            2,058,721
  当中間期変動額
   剰余金の配当                          △54,893              △54,879              △54,893
   中間純利益                             44,314              114,732              146,891
   当中間期変動額合計                       △10,578                59,852               91,998
  当中間期末残高                          2,048,142            2,210,572            2,150,719
 自己株式
  前期末残高                        △355,469                △356,201             △355,469
  当中間期変動額
                                      △549                   △5                 △732
   自己株式の取得
   当中間期変動額合計                          △549                   △5                 △732
  当中間期末残高                      △356,018                △356,206             △356,201
 株主資本合計
  前期末残高                            2,164,441            2,255,707            2,164,441
  当中間期変動額
   剰余金の配当                          △54,893              △54,879              △54,893
   中間純利益                             44,314              114,732              146,891
                                      △549                   △5                 △732
   自己株式の取得
   当中間期変動額合計                       △11,128                59,846               91,266
  当中間期末残高                          2,153,313            2,315,554            2,255,707




                           17/60
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                         半期報告書
                                                                               (単位:千円)

                                                                         前連結会計年度の要約
                                                                           連結株主資本等変動
                             前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                計算書
                            (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
                           至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)

評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
  前期末残高                                    7,838               47,579                7,838
  当中間期変動額
                                                             △15,354
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                  19,018                                    39,740
   当中間期変動額合計                                                 △15,354
                                          19,018                                    39,740
  当中間期末残高                                 26,857               32,225               47,579
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                                    7,838               47,579                7,838
  当中間期変動額
                                                             △15,354
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                  19,018                                    39,740
   当中間期変動額合計                                                 △15,354
                                          19,018                                    39,740
  当中間期末残高                                 26,857               32,225               47,579
少数株主持分
 前期末残高                                    96,435              101,725               96,435
 当中間期変動額
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                    2,616                7,155                5,290
  当中間期変動額合計                                2,616                7,155                5,290
 当中間期末残高                                  99,051              108,880              101,725
純資産合計
 前期末残高                                  2,268,715            2,405,012            2,268,715
 当中間期変動額
  剰余金の配当                                △54,893              △54,879              △54,893
  中間純利益                                   44,314              114,732              146,891
  自己株式の取得                                  △549                   △5                 △732
                                                              △8,198
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                   21,634                                    45,030
  当中間期変動額合計                               10,506               51,648              136,296
 当中間期末残高                                2,279,222            2,456,660            2,405,012




                                18/60
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                   半期報告書

  ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                                         (単位:千円)

                                                                    前連結会計年度の要約
                                                                   連結キャッシュ・フロー
                          前中間連結会計期間              当中間連結会計期間               計算書
                         (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日        (自平成21年4月1日
                        至平成21年9月30日)         至平成22年9月30日)      至平成22年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前中間純利益                          68,416             203,332             263,400
 減価償却費                               109,420              89,479             211,155
 賞与引当金の増減額(△は減少)                                          △600                △835
                                           0
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                   △12,365               8,501              20,890
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                 △7,825              △6,212              △4,246
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                                          △420
                                          60                                    700
 受取利息及び受取配当金                         △11,631            △11,426             △19,601
 支払利息                                  7,812              10,142              23,536
 有形固定資産除却損                                −                1,082                566
 有形固定資産売却損益(△は益)                          −                                      −
                                                           3,710
 売上債権の増減額(△は増加)                  △338,066                                  △859,811
                                                         451,733
 たな卸資産の増減額(△は増加)                     △17,312                               △368,469
                                                         162,005
 未収入金の増減額(△は増加)                                                              △7,600
                                      43,477               2,565
 その他の流動資産の増減額(△は増加)                                      △7,086
                                       4,419                                   5,066
 仕入債務の増減額(△は減少)                                        △440,007
                                     360,047                                 685,675
 未払金の増減額(△は減少)                                                               △2,196
                                      16,000               6,034
 未払費用の増減額(△は減少)                                          △4,767
                                       7,093                                  16,114
 未払事業所税の増減(△は減少)額                    △5,123              △5,087                △41
 未払消費税等の増減額(△は減少)                     10,151               6,955              12,057
 その他の流動負債の増減額(△は減少)                  △1,610              △5,445                2,937
                                     △1,882              △1,965               △337
 その他
 小計                                                                         △21,039
                                     231,080             462,522
 利息及び配当金の受取額                          11,631              11,426              19,601
 利息の支払額                              △7,670              △9,923             △23,486
 法人税等の支払額                            △1,482              △3,339             △17,426
 法人税等の還付額                             53,024               1,343              53,024
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    286,582             462,029              10,674
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の払戻による収入                             −                  −                 4,800
 定期預金の預入による支出                        △2,400              △2,400              △4,800
 長期貸付金の回収による収入                           670                687                1,235
 投資有価証券の取得による支出                        △271               △269                △451
 有形固定資産の取得による支出                      △7,231             △56,687             △15,109
 会員権の償還による収入                              −                  −                   50
 有形固定資産の売却による収入                           −                                      −
                                                           6,757
                                          −                                   △689
 その他                                                       1,035
 投資活動によるキャッシュ・フロー                    △9,232             △50,876             △14,964




                             19/60
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                           半期報告書
                                                                             (単位:千円)

                                                                        前連結会計年度の要約
                                                                       連結キャッシュ・フロー
                        前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                   計算書
                       (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日            (自平成21年4月1日
                      至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)          至平成22年3月31日)

財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入れによる収入                        3,087,000               4,406,000               7,208,000
 短期借入金の返済による支出                △3,294,000               △4,732,000              △7,062,000
 長期借入れによる収入                         100,000                 200,000                 100,000
 長期借入金の返済による支出                    △100,000                 △200,000                △100,000
 自己株式の取得による支出                         △549                      △5                    △732
 親会社による配当金の支払額                     △54,893                 △54,879                 △54,893
                                         −                  △1,350                    △900
 少数株主への配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                 △262,442                 △382,235                  89,474
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                  14,907                  28,917                  85,183
                                                            447,575
現金及び現金同等物の期首残高                      362,391                                         362,391
                                                      ※1
                                    377,299                 476,492                 447,575
現金及び現金同等物の中間期末残高             ※1                       ※1                      ※1




                           20/60
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                     半期報告書

       【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
         前中間連結会計期間         当中間連結会計期間            前連結会計年度
       (自平成21年4月1日       (自平成22年4月1日       (自平成21年4月1日
        至平成21年9月30日)      至平成22年9月30日)      至平成22年3月31日)
    1.連結の範囲に関する事項      1.連結の範囲に関する事項     1.連結の範囲に関する事項
     連結子会社の数3社           同左                 同左
      三星工業株式会社
      新キタミ株式会社
      株式会社エムエス
     子会社は全て連結されています。
    2.持分法の適用に関する事項     2.持分法の適用に関する事項    2.持分法の適用に関する事項
     子会社は全て連結されており、関連         同左                  同左
     会社はありません。
    3.連結子会社の中間決算日等に関す 3.連結子会社の中間決算日等に関す 3.連結子会社の事業年度等に関する
      る事項                る事項                事項
     連結子会社のうち、三星工業株式会         同左         連結子会社のうち、三星工業株式会
     社の中間決算日は9月30日、新キタ                    社の決算日は3月31日、新キタミ株
     ミ株式会社の中間決算日は8月31                     式会社の決算日は2月28日、株式会
     日、株式会社エムエスの中間決算日                     社エムエスの決算日は12月31日であ
     は6月30日であります。中間連結財                    ります。連結財務諸表の作成に当
     務諸表の作成に当たっては、新キタ                     たって、新キタミ株式会社は2月28
     ミ株式会社は8月31日現在、株式会                    日現在、株式会社エムエスについて
     社エムエスについては6月30日現在                           は12月31日現在の決算財務諸表を使
     の中間財務諸表を使用し、中間連結                            用し、連結決算日との間に生じた重
     決算日との間に生じた重要な取引に                            要な取引については連結上必要な調
     ついては連結上必要な調整を行って                            整を行っております。
     おります。
    4.会計処理基準に関する事項         4.会計処理基準に関する事項      4.会計処理基準に関する事項
     (1)重要な資産の評価基準及び評価       (1)重要な資産の評価基準及び評価  (1)重要な資産の評価基準及び評価
        方法                        方法               方法
       ①有価証券                  ①有価証券             ①有価証券
        その他有価証券                   その他有価証券          その他有価証券
          時価のあるもの                  時価のあるもの           時価のあるもの
           中間連結決算日の市場価格           同左              決算日の市場価格等に基づ
           等に基づく時価法                             く時価法
         (評価差額は全部純資産直                                (評価差額は全部純資産直
          入法により処理し、売却原                                入法により処理し、売却原
          価は移動平均法により算                                 価は移動平均法により算
          定)                                          定)
        時価のないもの                 時価のないもの             時価のないもの
          移動平均法による原価法              同左                    同左
      ②たな卸資産                 ②たな卸資産             ②たな卸資産
         総平均法による原価法(収益            同左            同左
         性の低下による簿価切下げの
         方法)
                     





                                         21/60
                                                               EDINET提出書類
                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                   半期報告書
         前中間連結会計期間            当中間連結会計期間              前連結会計年度
        (自平成21年4月1日        (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)       至平成22年9月30日)        至平成22年3月31日)
    (2)重要な減価償却資産の減価償却    (2)重要な減価償却資産の減価償却    (2)重要な減価償却資産の減価償却
        の方法                 の方法                  の方法
      ①有形固定資産(リース資産を除     ①有形固定資産(リース資産を除     ①有形固定資産(リース資産を除
          く)                  く)                   く)
        定額法によっております。        同左                同左
      なお、主な資産の耐用年数は以下
      のとおりであります。
      建物及び構築物7∼50年
      機械装置及び運搬具4∼12年
                                          
      ②無形固定資産(リース資産を     ②無形固定資産(リース資産を       ②無形固定資産(リース資産を
          除く)                 除く)                  除く)
        定額法によっております。      同左                     同左
        なお、ソフトウェア(自社利
        用分)については、社内におけ
        る利用可能期間(5年)に基
        づく定額法によっております。
      ③リース資産              ③リース資産              ③リース資産
        リース期間を耐用年数とし残         同左                   同左
       存価格を零とする定額法に
       よっております。
    (3)重要な引当金の計上基準       (3)重要な引当金の計上基準       (3)重要な引当金の計上基準
      ①貸倒引当金              ①貸倒引当金              ①貸倒引当金
       売掛金、受取手形、貸付金等の           同左                   同左
       貸倒損失に備えるため、一般債
       権については貸倒実績率によ
       り、貸倒懸念債権等特定の債権
       については個別に回収可能性
       を勘案し、回収不能見込額を計
       上しております。
      ②賞与引当金             ②賞与引当金               ②賞与引当金
       従業員に対して支給する賞与           同左                    同左
       の支出に充てるため、支給見込
       額に基づき計上しております。
      ③退職給付引当金           ③退職給付引当金             ③退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるた      同左                従業員の退職給付に備えるた
       め、当連結会計年度末における                            め、当連結会計年度末における
       退職給付債務及び年金資産の                             退職給付債務及び年金資産の
      見込額に基づき、当中間連結会                             見込額に基づき、当連結会計年
      計期間末において発生してい                              度末において発生していると
      ると認められる額を計上して                              認められる額を計上しており
      おります。                                      ます。
     ④役員退職慰労引当金          ④役員退職慰労引当金           ④役員退職慰労引当金
      役員の退職慰労金の支出に備            同左               役員の退職慰労金の支出に備
      えるため、役員退職慰労金規程                             えるため、役員退職慰労金規程
      に基づく中間期末要支給額を計                             に基づく期末要支給額を計上し
      上しております。                                   ております。





                                  22/60
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                             半期報告書
          前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間               前連結会計年度
       (自平成21年4月1日               (自平成22年4月1日           (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)              至平成22年9月30日)         至平成22年3月31日)
      ⑤環境対策引当金                   ⑤環境対策引当金             ⑤環境対策引当金
        「ポリ塩化ビフェニル廃棄物             同左                同左
        の適正な処理に関する特別措置
        法」によって、処理することが
        義務づけられているPCB廃棄物
        の処理費用に充てるため、当社
        及び連結子会社で保管中である
        PCB廃棄物について、日本環境安
        全事業㈱から公表されている処
        理単価に基づき算出した処理費
        用見込み額を計上しておりま
        す。
    (4)重要な外貨建の資産又は負債の        (4)重要な外貨建の資産又は負債の        (4)重要な外貨建の資産又は負債の
        本邦通貨への換算基準               本邦通貨への換算基準               本邦通貨への換算基準
      外貨建金銭債権債務は、中間決算         同左                   外貨建金銭債権債務は、連結決算
      日の直物為替相場により円貨に換                                   日の直物為替相場により円貨に換
      算し、換算差額は損益として処理                                   算し、換算差額は損益として処理
      しております。                                          しております。
    (5)重要なヘッジ会計の方法           (5)重要なヘッジ会計の方法           (5)重要なヘッジ会計の方法
     ①ヘッジ会計の方法                ①ヘッジ会計の方法               ①ヘッジ会計の方法
      繰延ヘッジ処理によっており           同左                  同左
      ます。ただし、為替予約が付され
      ている外貨建金銭債権について
      は振当処理を行っております。
     ②ヘッジ手段とヘッジ対象             ②ヘッジ手段とヘッジ対象            ②ヘッジ手段とヘッジ対象
     (ヘッジ手段)為替予約           (ヘッジ手段) 同左             (ヘッジ手段) 同左
     (ヘッジ対象)外貨建金銭債権        (ヘッジ対象)同左             (ヘッジ対象)同左
     ③ヘッジ方針                   ③ヘッジ方針                  ③ヘッジ方針
      当社は、将来の外貨建による製      同左                同左
      品の販売に係る為替相場の変動
      によるリスクを軽減するため、
      実需の範囲内で為替予約取引を
      利用することとしております。
     ④ヘッジ有効性評価の方法             ④ヘッジ有効性評価の方法            ④ヘッジ有効性評価の方法
      ヘッジ対象のキャッシュ・フ       同左                同左
      ローの変動の累計と、ヘッジ手
      段のキャッシュ・フローの変動
      の累計とを比率分析する方法に
      より行っております。ただし、為
      替予約取引のうち、ヘッジ対象
      とヘッジ手段の重要な条件がほ
      ぼ同じであり、高い相関関係が
      あると考えられるものについて
      は有効性の判定を省略しており
      ます。





                                         23/60
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                       半期報告書
          前中間連結会計期間           当中間連結会計期間                前連結会計年度
        (自平成21年4月1日         (自平成22年4月1日          (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)        至平成22年9月30日)         至平成22年3月31日)
     (6)────          (6)中間連結キャッシュ・フロー計     (6)────
                            算書における資金の範囲        
                         手許現金、要求払預金及び取得日か     
                         ら3ヶ月以内に満期日又は償還日の      
                         到来する流動性の高い、容易に換金      
                         可能であり、かつ、価値の変動につい     
                         て僅少なリスクしか負わない短期的      
                         投資であります。              
     (7)その他中間連結財務諸表作成の    (7)その他中間連結財務諸表作成の     (7)その他連結財務諸表作成のため
        ための重要な事項             ための重要な事項              の重要な事項
       消費税等の会計処理            消費税等の会計処理             消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計            同左                      同左
        処理は、税抜き方式によってお
        ります。
    5.中間連結キャッシュ・フロー計算    5.────           5.連結キャッシュ・フロー計算書に
       書における資金の範囲                               おける資金の範囲
     手許現金、要求払預金及び取得日か                         手許現金、要求払預金及び取得日
     ら3ヶ月以内に満期日又は償還日の                          から3ヶ月以内に満期日又は償還
     到来する流動性の高い、容易に換金                          日の到来する流動性の高い、容易に
     可能であり、かつ、価値の変動につい                             換金可能であり、かつ、価値の変動
     て僅少なリスクしか負わない短期的                              について僅少なリスクしか負わな
     投資であります。                                        い短期的投資であります。

         【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
           前中間連結会計期間          当中間連結会計期間                前連結会計年度
          (自平成21年4月1日      (自平成22年4月1日            (自平成21年4月1日
           至平成21年9月30日)     至平成22年9月30日)           至平成22年3月31日)
        ────         (資産除去債務に関する会計基準の             ────
                         適用)
                          当中間連結会計期間より、「資産除
                          去債務に関する会計基準」(企業会
                          計基準第18号平成20年3月31日)
                          及び「資産除去債務に関する会計基
                          準の適用指針」(企業会計基準適用
                          指針第21号平成20年3月31日)を
                          適用しております。
                          これによる、営業利益、経常利益、税
                          金等調整前中間純利益に与える影響
                          はありません。







                                      24/60
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                       半期報告書
           【表示方法の変更】
             前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間
            (自平成21年4月1日                      (自平成22年4月1日
             至平成21年9月30日)                     至平成22年9月30日)
          ────           (中間連結損益計算書)
                             「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号平成20年12月26
                              日)に基づく「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部
                              を改正する内閣府令」(平成21年3月24日内閣府令第5号)の適用により、
                              当中間連結会計期間では、「少数株主損益調整前中間純利益」の科目で表示
                              しております。







                                      25/60
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                            半期報告書
    【注記事項】
     (中間連結貸借対照表関係)
     前中間連結会計期間末                     当中間連結会計期間末                         前連結会計年度末
     (平成21年9月30日)                   (平成22年9月30日)                      (平成22年3月31日)
※1.有形固定資産の減価償却累計額              ※1.有形固定資産の減価償却累計額                 ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                4,933,757千円                    5,071,616千円                       5,014,081千円
※2.担保資産及び担保債務                  ※2.担保資産及び担保債務                     ※2.担保資産及び担保債務
  担保に供している資産は次のとおりであ            担保に供している資産は次のとおりであ               担保に供している資産は次のとおりであ
  ります。                           ります。                              ります。
  工場財団                           工場財団                              工場財団
   建物              264,273千円      建物                 247,202千円      建物              253,275千円
   構築物                  39千円      構築物                     23千円      構築物                  31千円
   機械及び装置          364,768千円      機械及び装置             291,299千円      機械及び装置          313,106千円
   土地               32,118千円      土地                  32,118千円      土地               32,118千円
  債務の内容                          債務の内容                             債務の内容
   短期借入金           200,000千円      短期借入金              400,000千円      短期借入金           500,000千円
    長期借入金       600,000千円          長期借入金       400,000千円            長期借入金       300,000千円
3.手形割引高及び裏書譲渡高                3.手形割引高及び裏書譲渡高                   3.手形割引高及び裏書譲渡高
    受取手形割引高        325,938千円       受取手形割引高           405,873千円      受取手形割引高         400,086千円
4.偶発債務                        4.偶発債務                           4.偶発債務
   手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり            手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり                 手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり
  であります。                         であります。                            であります。
    買戻義務            95,362千円       買戻義務              151,782千円       買戻義務           138,207千円




                                             26/60
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                   三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                           半期報告書
        (中間連結損益計算書関係)
      前中間連結会計期間                     当中間連結会計期間                         前連結会計年度
     (自平成21年4月1日                 (自平成22年4月1日                      (自平成21年4月1日
      至平成21年9月30日)                至平成22年9月30日)                     至平成22年3月31日)
※1.販売費及び一般管理費の主なもの            ※1.販売費及び一般管理費の主なもの               ※1.販売費及び一般管理費の主なもの
   従業員給料          74,092千円       従業員給料         62,753千円           従業員給料          146,242千円
       賞与引当金繰入額    25,657千円      賞与引当金繰入額           20,084千円       賞与引当金繰入額        23,061千円
       運送・梱包費      97,686千円      運送・梱包費            112,648千円       運送・梱包費         213,829千円
       退職給付費用       6,547千円      退職給付費用             6,167千円        退職給付費用          12,731千円
       旅費・通信費      14,628千円      旅費・通信費            17,517千円        旅費・通信費          29,566千円
       減価償却費        7,668千円      減価償却費              4,042千円        減価償却費           13,181千円
       租税公課         7,716千円      租税公課               5,850千円        租税公課            11,251千円
 ────                    ※2. 固定資産売却損の内容は、次のとおり                      ────
                               であります。
                               建物                2,637千円
                               土地                1,072千円
 ─────                  ※3.固定資産除却損の内容は、次のとおり             ※3.固定資産除却損の内容は、次のとおり
                              であります。                           であります。
                             機械装置及び運搬具           1,074千円       機械装置及び運搬具        566千円
                                その他(工具器具備品)                                            
                                                       7千円
                              




                                           27/60
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                          半期報告書
    (中間連結株主資本等変動計算書関係)
前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)

 1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 前連結会計年度末  当中間連結会計期間 当中間連結会計期間 当中間連結会計期間
                 株式数(千株)    増加株式数(千株) 減少株式数(千株) 末株式数(千株)
発行済株式                                                    
普通株式             9,000          −         −        9,000
       合計           9,000          −         −        9,000
自己株式                                                   
普通株式(注)1         1,158           1        −        1,159
       合計           1,158           1        −        1,159
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1千株は、単元未満株式の買取りによるものであります。



2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                  1株当たり
                      配当金の総額
 (決議)         株式の種類                配当額           基準日        効力発生日
                       (千円)
                                   (円)
 平成21年6月24日
              普通株式       54,893           7   平成21年3月31日   平成21年6月25日
  定時株主総会


当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

 1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 前連結会計年度末  当中間連結会計期間 当中間連結会計期間 当中間連結会計期間
                 株式数(千株)    増加株式数(千株) 減少株式数(千株) 末株式数(千株)
発行済株式                                                    
普通株式             9,000          −         −        9,000
       合計           9,000          −         −        9,000
自己株式                                                   
普通株式(注)1         1,160           0        −        1,160
       合計           1,160           0        −        1,160
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによるものであります。



2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                  1株当たり
                      配当金の総額
 (決議)         株式の種類                配当額           基準日        効力発生日
                       (千円)
                                   (円)
 平成22年6月25日
              普通株式       54,879           7   平成22年3月31日   平成22年6月26日
  定時株主総会




                                  28/60
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                半期報告書
前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

    1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        前連結会計年度末
                            当連結会計年度増加 当連結会計年度減少 当連結会計年度末
                        株式数(千株)
                            株式数(千株)      株式数(千株)      株式数(千株)
発行済株式                                                          
普通株式             9,000           −            −          9,000
       合計           9,000           −            −          9,000
自己株式                                                         
普通株式(注)1         1,158            1           −          1,160
       合計           1,158            1           −          1,160
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1千株は、単元未満株式の買取り1千株であります。


2.配当に関する事項

(1)配当金支払額
                                                 1株当たり
                                     配当金の総額
    (決議)           株式の種類                          配当額                基準日          効力発生日
                                      (千円)
                                                  (円)
    平成21年6月24日
                   普通株式                 54,893            7   平成21年3月31日        平成21年6月25日
     定時株主総会

(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                                 1株当たり
                  配当金の総額
 (決議)       株式の種類          配当の原資  配当額                                     基準日        効力発生日
                   (千円)
                                  (円)
 平成22年6月25日
            普通株式    54,879 利益剰余金      7                              平成22年3月31日 平成22年6月26日
  定時株主総会


       (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      前中間連結会計期間                        当中間連結会計期間                            前連結会計年度
     (自平成21年4月1日                    (自平成22年4月1日                         (自平成21年4月1日
      至平成21年9月30日)                   至平成22年9月30日)                        至平成22年3月31日)
※1.現金及び現金同等物の中間期末残高と             ※1.現金及び現金同等物の中間期末残高と                ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結
     中間連結貸借対照表に掲記されている科               中間連結貸借対照表に掲記されている科                 貸借対照表に掲記されている科目の金額
     目の金額との関係                         目の金額との関係                           との関係
    現金及び預金勘定        381,899千円        現金及び預金勘定            481,092千円       現金及び預金勘定        449,775千円
    預入期間が3ヶ月を超える                     預入期間が3ヶ月を超える                        預入期間が3ヶ月を超える
                       △4,600〃                           △4,600〃                          △2,200〃
    定期預金                             定期預金                                定期預金
    現金及び現金同等物                        現金及び現金同等物                           現金及び現金同等物
                    377,299千円                            476,492千円                       447,575千円
                                                                   

       (リース取引関係)
       前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間                            前連結会計年度
      (自平成21年4月1日                      (自平成22年4月1日                        (自平成21年4月1日
       至平成21年9月30日)                     至平成22年9月30日)                       至平成22年3月31日)
該当事項はありません。                                同左                                同左




                                                 29/60
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
     (金融商品関係)
      当中間連結会計期間末(平成22年9月30日)
  金融商品の時価等に関する事項
平成22年9月30日における中間連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。な
お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                  連結貸借対照表計上額
                                  時価(千円)       差額(千円)
                     (千円)
(1)現金及び預金                 481,092      481,092          −
(2)受取手形及び売掛金            2,248,362                       −
(3)未収入金                 160,707                     −
                         △2,510                      −
 貸倒引当金(*1)
                      2,406,559           2,406,559      −
(4)投資有価証券                 334,522              334,522       −
    資産計                 3,222,175            3,222,175       −
(1)支払手形及び買掛金            1,134,457            1,134,457       −
(2)短期借入金                  890,000              890,000       −
(3) 長期借入金                 400,000              400,000       −
(4) デリバティブ取引                   −                    −        −
    負債計                 2,424,457            2,424,457      −
(*1)受取手形及び売掛金及び未収入金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。

     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
     資産
     (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、並びに(3)未収入金
     これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
     ております。
     (4)投資有価証券
     これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
     負債
     (1)支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
     これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
     ております。
     (3)長期借入金
     長期借入金の金利が固定されているものについては、残存期間における元利金の合計額を、新規に同様の借入
     を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値によっております。
     (4)デリバティブ取引
     注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
     
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
               区分         連結貸借対照表計上額(千円)
       投資有価証券                           
          非上場株式                               3,600
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投
       資有価証券」には含めておりません。
     
     
     




                                    30/60
                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                               半期報告書
       前連結会計年度末(平成22年3月31日)
   金融商品の時価等に関する事項
 平成22年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時
 価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                       連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)      差額(千円)
                           (千円)
 (1)現金及び預金                     449,775     449,775        −
 (2)受取手形及び売掛金                2,700,096                    −
 (3)未収入金                     163,273                   −
                              △2,930                    −
  貸倒引当金(*1)
                          2,860,439   2,860,439        −
 (4)投資有価証券                    356,621      356,621         −
     資産計                    3,666,835    3,666,835         −
 (1)支払手形及び買掛金               1,574,465    1,574,465         −
 (2)短期借入金                   1,316,000    1,316,000         −
 (3) 長期借入金                    300,000      300,000         −
 (4) デリバティブ取引                      −            −          −
     負債計                    3,190,465    3,190,465         −
 (*1)受取手形及び売掛金及び未収入金に対して計上している貸倒引当金を控除しております。

      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資産
      (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、並びに(3)未収入金
      これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
      ております。
      (4)投資有価証券
      これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
      負債
      (1)支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
      これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
      ております。
      (3)長期借入金
      長期借入金の金利が固定されているものについては、残存期間における元利金の合計額を、新規に同様の借入
      を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値によっております。
      (4)デリバティブ取引
      注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
      
      (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                区分         連結貸借対照表計上額(千円)
        投資有価証券                             
        非上場株式                         3,600
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投
       資有価証券」には含めておりません。
     
     
     
(追加情報)
   当連結会計年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金融商品の
  時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用しております。
       
       





                                31/60
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                     三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                             半期報告書
        (有価証券関係)
      前中間連結会計期間末(平成21年9月30日)
       1.その他有価証券で時価のあるもの
                                                    中間連結貸借対照表計上
                               取得原価(千円)                                         差額(千円)
                                                    額(千円)
     (1)株式                        327,809                 322,513                 △5,295
     (2)債券
         国債・地方債等                       −                         −                        −
         社債                            −                         −                        −
         その他                           −                         −                        −
     (3)その他                            −                         −                        −
      合計                     327,809                   322,513               △5,295


      2.時価評価されていない主な有価証券の内容
                                                          中間連結貸借対照表計上額(千円)
    (1)その他有価証券
        非上場株式                                                                     3,600


      当中間連結会計期間末(平成22年9月30日)
       1.その他有価証券
                                  中間連結貸借対照表
                          種類                               取得原価(千円)             差額(千円)
                                  計上額(千円)
                      (1)株式             153,646                        83,695             69,951
    中間連結貸借対照表計上
                      (2)債権                  −                             −                  −
    額が取得原価を超えるも
                      (3)その他                 −                             −                  −
    の
                          小計                    153,646                83,695             69,951
                      (1)株式                     177,276               244,563         △67,287
    中間連結貸借対照表計上
                      (2)債権                          −                     −               −
    額が取得原価を超えない
                      (3)その他                         −                     −               −
    もの
                          小計                    177,276               244,563         △67,287
                 合計                             330,922               328,258              2,664







                                            32/60
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                 半期報告書
     前連結会計年度末(平成22年3月31日)
      1.その他有価証券
                                連結貸借対照表計上
                        種類                          取得原価(千円)          差額(千円)
                                額(千円)
                    (1)株式             159,953                81,445        78,508
                    (2)債権                  −                     −             −
    連結貸借対照表計上額が
                    (3)その他                 −                     −             −
    取得原価を超えるもの
                        小計               159,953             81,445        78,508
                    (1)株式                196,667            246,542      △49,875
                    (2)債権                     −                  −            −
    連結貸借対照表計上額が
                    (3)その他                    −                  −            −
    取得原価を超えないもの
                        小計               196,667            246,542      △49,875
              合計                         356,621            327,988        28,632


       (デリバティブ取引関係)
       前中間連結会計期間末(平成21年9月30日)
        該当事項はありません。
        なお、ヘッジ会計を適用し、「外貨建取引等会計処理基準」により、外貨建金銭債権に振り当てたデリバティ
        ブ取引については、注記の対象から除いております。


       当中間連結会計期間末(平成22年9月30日)
        1.ヘッジ会計が適用されていないもの:該当するものはありません。
        2.ヘッジ会計が適用されているもの:ヘッジ会計の方法ごとの決算月における契約額又は契約において定
        められた元本相当額は、次のとおりです。
                                                    契約額等の
                                             契約額等             時価
         ヘッジ会計の方法      取引の種類   主なヘッジ対象              うち1年超
                                             (千円)           (百万円)
                                                     (千円)
                     為替予約
                      売建
        為替予約の振当処理
                                  124,717 −
                       米ドル売掛金                 (*)
        (*)為替予約の振当処理によるものは、売掛金と一体として処理されており、その時価は売掛金に含めて記
        載しています。
       
       前連結会計年度末(平成22年3月31日)
         1.ヘッジ会計が適用されていないもの:該当するものはありません。
         2.ヘッジ会計が適用されているもの:ヘッジ会計の方法ごとの決算月における契約額又は契約において定
         められた元本相当額は、次のとおりです。
                                                    契約額等の
                                             契約額等             時価
         ヘッジ会計の方法      取引の種類   主なヘッジ対象              うち1年超
                                             (千円)           (百万円)
                                                     (千円)
                     為替予約
                      売建
        為替予約の振当処理
                                  136,843 −
                       米ドル売掛金                 (*)
        (*)為替予約の振当処理によるものは、売掛金と一体として処理されており、その時価は売掛金に含めて記
        載しています。

       (資産除去債務関係)
       当中間連結会計期間末(平成22年9月30日)
       当社及び当社グル−プは不動産賃貸借契約に基づく工場土地等の退去時における原状回復に係る債務を有して
       おりますが、当該債務に関する賃借資産の使用期間が明確でなく、また移転計画もないことから、資産除去債務を
       合理的に見積もることができません。そのため、当該債務に見合う資産除去債務を計上しておりません。





                                     33/60
                                          EDINET提出書類
                                      三谷伸銅株式会社(E01306)
                                              半期報告書
(ストック・オプション等関係)
前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
 該当事項はありません。


当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
 該当事項はありません。


前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
 該当事項はありません。




                          34/60
                                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                                         半期報告書
        (セグメント情報等)
         【事業の種類別セグメント情報】
         前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
                   伸銅製品      アルミ製     仕入商品      金属加工                                 消去又は
                                                                           計                      連結
                   事業        品事業      事業        事業                                   全社
                                                                         (千円)                    (千円)
                   (千円)      (千円)     (千円)      (千円)                                 (千円)
    売上高                                                                                            
     (1)外部顧客に対する売
                   2,987,465  403,718 1,215,466  154,549                 4,761,198         −     4,761,198
        上高
     (2)セグメント間の内部
                      19,514       −         −   162,253                   181,767   (181,767)          −
        売上高又は振替高
            計           3,006,979    403,718    1,215,466      316,802   4,942,965   (181,767) 4,761,198
    営業費用                2,959,141    403,002    1,213,255      291,715   4,867,113   (170,573) 4,696,540
    営業利益                   47,838        716        2,211       25,087      75,852   (11,194)       64,658
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
      2.各区分の主な製品
        (1)伸銅製品事業      銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
        (2)アルミ製品事業     アルミ形材
        (3)仕入商品事業      銅・黄銅の仕入商品
        (4)金属加工事業      銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
      3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。

   前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

                       伸銅製品         アルミ製        仕入商品          金属加工                   消去又は
                                                                           計                      連結
                       事業           品事業         事業            事業                     全社
                                                                         (千円)                    (千円)
                       (千円)         (千円)        (千円)          (千円)                   (千円)
    売上高                                                                                            
     (1)外部顧客に対する売
                        6,592,387   1,019,320   3,131,462      405,156 11,148,325          − 11,148,325
        上高
     (2)セグメント間の内部
                           46,544          −              −    392,499     439,043   (439,043)          −
        売上高又は振替高
            計           6,638,931   1,019,320   3,131,462      797,655 11,587,368    (439,043) 11,148,325
    営業費用                6,475,320    990,385    3,123,030      742,605 11,331,340    (447,188) 10,884,152
    営業損益                  163,611     28,935        8,432       55,050     256,028       8,145     264,173
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっています。
    2.各区分の主な製品
      (1)伸銅製品事業     銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)
      (2)アルミ製品事業    アルミ形材
      (3)仕入商品事業     銅・黄銅の仕入商品
      (4)金属加工事業     銅・黄銅の表面処理及び製鋲加工
         3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。





                                                  35/60
                                                   EDINET提出書類
                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                       半期報告書
【所在地別セグメント情報】
前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
 在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
 在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。


【海外売上高】
前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるので、海外売上高の記載は省略しております。


 




                        36/60
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                         半期報告書
        【セグメント情報】
         当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経
          営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社の事業並びに連結子会社の事業を種類別に区分し、当該種類毎に戦略を立案し、事業活動を
          展開しております。
           従いまして当社は、事業の種類別のセグメントから構成されており、「伸銅製品事業」、「アルミ製品
          事業」、「仕入製品事業」及び「金属加工事業」の4つを報告セグメントとしております。
           「伸銅製品事業」は、銅・黄銅の板・棒・線及び二次加工品(プレス品)等を生産しております。「ア
          ルミ製品事業」は、住宅用アルミサッシ等のアルミ押出型材等を生産しております。「仕入製品事業」は
          銅・黄銅の板・条・棒製品を仕入販売しております。「金属加工事業」は、銅・黄銅の表面処理及び製鋲
          加工を行っております。

          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要
           な事項」における記載と概ね同一であり、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部利益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           

         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
                                                                               (単位:千円)
                                                                                  中間連結
                                          報告セグメント
                                                                          調整額     財務諸表
                                    アルミ                                  (注)1      計上額
                         伸銅製品               仕入製品 金属加工              計
                                     製品                                           (注)2
     売上高                                                     
                        3,907,449
      外部顧客への売上高                     568,969 767,880 269,885 5,514,183        − 5,514,183
                                
      セグメント間の内部売上高
                           28,810       −        − 221,204     250,014 △250,014       −
      又は振替高
                                  568,969
               計        3,936,259   767,880 491,089 5,764,197 △250,014 5,514,183
                                         
     セグメント利益              126,219    13,381    2,060   75,062   216,722 △19,752   196,970
                                                     1,071,550
     セグメント資産            4,023,277   479,781   12,118           5,586,726 △17,377 5,569,349
                                                             
     その他の項目                                                  
      減価償却費                56,321    11,364       −    19,222    86,907    2,497   89,404
    (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△19,752千円には、セグメント間取引消去△17,255千円、全社費用△2,497千円
           が含まれております。全社費用は、一般管理費であります。
         (2)セグメント資産の調整額△17,377千円には、セグメント間の債権の相殺消去△108,134千円、全社資産
           90,757千円が含まれております。
       2.セグメント利益は、中間連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。





                                             37/60
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                       半期報告書
        【関連情報】
         当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
         1.製品及びサービスごとの情報
          「[セグメント情報]3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に
          関する情報」に記載のとおりであります。
          

         2.地域ごとの情報
          (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
            
            す。

          (2)有形固定資産
             在外子会社及び在外支店がありませんので、該当事項はありません。

         3.主要な顧客ごとの情報
                                                              (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名             売上高                     関連するセグメント名
    三井住友金属鉱山伸銅㈱                         561,770   伸銅製品事業、仕入製品事業




                                38/60
                                                             EDINET提出書類
                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                 半期報告書
          
          
          
          

        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
         当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
          
          該当事項はありません。
          

        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
         当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
          
          該当事項はありません。
          

        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
         当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
          
          該当事項はありません。
          
            (追加情報)
    当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
            当中間連結会計期間より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号平成21
            年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号
            
            平成20年3月21日)を適用しております。
            




                                 39/60
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                 半期報告書

        (1株当たり情報)
         前中間連結会計期間                当中間連結会計期間                   前連結会計年度
       (自平成21年4月1日              (自平成22年4月1日              (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)            至平成22年9月30日)             至平成22年3月31日)
    1株当たり純資産額       278.06円   1株当たり純資産額      299.46円    1株当たり純資産額      293.78円
    1株当たり中間純利益        5.65円   1株当たり中間純利益      14.63円    1株当たり当期純利益      18.73円
    なお、潜在株式調整後1株当たり中間                 同左               潜在株式調整後1株当たり当期純利
    純利益については、潜在株式が存在し                                   益については、潜在株式が存在しない
    ないため記載しておりません。                                      ため記載しておりません。
(注)1株当たり中間(当期)純利益金額の算定上の基礎
                      前中間連結会計期間     当中間連結会計期間       前連結会計年度
                     (自平成21年4月1日 (自平成22年4月1日 (自平成21年4月1日
                      至平成21年9月30日) 至平成22年9月30日) 至平成22年3月31日)
 中間(当期)純利益(千円)               44,314        114,732       146,891
    普通株主に帰属しない金額(千円)                         −                −              −
    普通株式に係る中間(当期)純利益
                                         44,314          114,732        146,891
    (千円)
    期中平均株式数(株)                        7,841,845        7,839,945      7,841,154


         (重要な後発事象)
        前中間連結会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
         該当事項はありません。


        当中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
         該当事項はありません。



        前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
           該当事項はありません。

      (2)【その他】
        該当事項はありません。




                                           40/60
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
 ①【中間貸借対照表】
                                                                      (単位:千円)

                                                                  前事業年度の要約
                 前中間会計期間末                 当中間会計期間末                  貸借対照表
                (平成21年9月30日)             (平成22年9月30日)            (平成22年3月31日)

資産の部
 流動資産
  現金及び預金                        7,743                   5,921                   5,296
  受取手形                        145,300                 277,560                 204,825
  売掛金                        2,031,809               1,955,802               2,484,049
  たな卸資産                       906,612                1,082,661               1,255,369
  繰延税金資産                       82,981                  49,548                  95,651
  その他                         121,562                 172,136                 173,163
                              △2,330                  △2,510                  △2,940
  貸倒引当金
  流動資産合計                     3,293,679               3,541,121               4,215,415
 固定資産
  有形固定資産
                              309,651                 283,226                 297,710
   建物(純額)           ※1,※2                    ※1,※2                   ※1,※2
                              365,055                 291,456                 313,305
   機械及び装置(純額)       ※1,※2                    ※1,※2                   ※1,※2
                              217,942                 214,971                 217,942
   土地                 ※2                       ※2                      ※2
   建設仮勘定                           −                    4,949                   1,826
                               58,416                  50,195                  52,041
   その他(純額)          ※1,※2                    ※1,※2                   ※1,※2
   有形固定資産合計                   951,066                 844,799                 882,826
  無形固定資産                        9,783                   5,510                   6,709
  投資その他の資産
   投資有価証券                     326,113                 334,522                 360,221
   その他                        308,589                 231,279                 225,902
                                 △10                     △10                     △10
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                 634,692                 565,791                 586,114
  固定資産合計                     1,595,543               1,416,101               1,475,650
 資産合計                        4,889,222               4,957,222               5,691,066




                     41/60
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書
                                                                       (単位:千円)

                                                                   前事業年度の要約
                    前中間会計期間末                当中間会計期間末                 貸借対照表
                   (平成21年9月30日)            (平成22年9月30日)           (平成22年3月31日)

負債の部
 流動負債
  支払手形                          418,347                382,019                465,469
  買掛金                           813,289                738,648               1,077,131
                                663,000                890,000               1,316,000
  短期借入金                  ※2                      ※2                    ※2
  未払金                            69,425                 76,114                 74,117
  未払法人税等                          2,399                  3,022                  4,815
                                  3,128                 13,722
  未払消費税等                                                                           −
                          ※4                     ※4
  未払事業所税                          5,091                  5,086                 10,174
  預り金                            21,320                  7,429                 20,860
  賞与引当金                          77,749                 76,044                 75,092
  その他                            50,890                 51,227                 57,004
  流動負債合計                       2,124,642              2,243,316              3,100,665
 固定負債
                                600,000                400,000                300,000
  長期借入金                  ※2                      ※2                     ※2
  退職給付引当金                       152,744                171,296                166,061
  役員退職慰労引当金                      34,338                 29,375                 37,417
  環境対策引当金                       123,507                123,507                123,507
  固定負債合計                        910,589                724,178                626,985
 負債合計                          3,035,232              2,967,495              3,727,651
純資産の部
 株主資本
  資本金                           450,000                450,000                450,000
  資本剰余金
   その他資本剰余金                      11,189                 11,189                 11,189
       自己株式処分差益                  11,189                 11,189                 11,189
   資本剰余金合計                       11,189                 11,189                 11,189
  利益剰余金
   利益準備金                         85,600                 95,600                 85,600
   その他利益剰余金
       固定資産圧縮積立金                  6,219                  3,794                  5,058
       別途積立金                   1,500,000              1,600,000              1,500,000
       繰越利益剰余金                  160,145                183,128                250,192
   利益剰余金合計                     1,751,965              1,882,523              1,840,851
  自己株式                        △356,018                △356,206               △356,201
  株主資本合計                       1,857,135              1,987,505              1,945,839
 評価・換算差額等
                                △3,145
  その他有価証券評価差額金                                           2,222                 17,576
  評価・換算差額等合計                    △3,145                   2,222                 17,576
 純資産合計                         1,853,990              1,989,727              1,963,415
負債純資産合計                        4,889,222              4,957,222              5,691,066




                       42/60
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                               半期報告書

  ②【中間損益計算書】
                                                                     (単位:千円)

                                                                  前事業年度の要約
                  前中間会計期間                  当中間会計期間                  損益計算書
                (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日           (自平成21年4月1日
               至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)         至平成22年3月31日)

売上高                         4,595,268            5,283,533             10,755,466
売上原価                        4,271,275            4,878,691              9,996,940
売上総利益                        323,992                 404,842               758,525
販売費及び一般管理費                   293,065                 285,818               592,563
営業利益                          30,927                 119,023               165,961
                              34,285                  37,922                62,266
営業外収益                 ※1                       ※1                     ※1
                              18,262                  15,302                36,681
営業外費用                 ※2                       ※2                     ※2
経常利益                          46,951                 141,643               191,546
                                                      10,601
特別利益                              −                                            −
                                               ※3
                                                       4,792
                                  −
特別損失                                                                          172
                                                ※4
税引前中間純利益                      46,951                 147,452               191,373
法人税、住民税及び事業税                   1,116                    558                  1,110
法人税等調整額                       19,842                  50,342                75,384
法人税等合計                        20,959                  50,901                76,495
中間純利益                         25,991                  96,551               114,878




                    43/60
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                     半期報告書

  ③【中間株主資本等変動計算書】
                                                                           (単位:千円)

                                                                        前事業年度の要約
                          前中間会計期間                  当中間会計期間           株主資本等変動計算書
                        (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
                       至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)

株主資本
 資本金
  前期末残高                              450,000              450,000              450,000
  当中間期末残高                            450,000              450,000              450,000
 資本剰余金
  その他資本剰余金
   前期末残高                              11,189               11,189               11,189
   当中間期末残高                            11,189               11,189               11,189
  資本剰余金合計
   前期末残高                              11,189               11,189               11,189
   当中間期末残高                            11,189               11,189               11,189
 利益剰余金
  利益準備金
   前期末残高                              75,600               85,600               75,600
   当中間期変動額
       利益準備金の積立                       10,000               10,000               10,000
       当中間期変動額合計                      10,000               10,000               10,000
   当中間期末残高                            85,600               95,600               85,600
  その他利益剰余金
   固定資産圧縮積立金
       前期末残高                           7,380                5,058                7,380
       当中間期変動額
                                     △1,160               △1,264               △2,321
        固定資産圧縮積立金の取崩
        当中間期変動額合計                    △1,160               △1,264               △2,321
       当中間期末残高                         6,219                3,794                5,058
   別途積立金
       前期末残高                        1,700,000            1,500,000            1,700,000
       当中間期変動額
        別途積立金の積立                          −                                         −
                                                          100,000
                                △200,000                       −             △200,000
        別途積立金の取崩
        当中間期変動額合計               △200,000                                     △200,000
                                                          100,000
       当中間期末残高                      1,500,000            1,600,000            1,500,000
   繰越利益剰余金
       前期末残高                         △2,113                                    △2,113
                                                          250,192
       当中間期変動額
        固定資産圧縮積立金の取崩                   1,160                1,264                2,321
        利益準備金の積立                    △10,000              △10,000              △10,000
        別途積立金の積立                          −             △100,000                    −
        別途積立金の取崩                                               −
                                     200,000                                   200,000
        剰余金の配当                      △54,893              △54,879              △54,893




                            44/60
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                         半期報告書
                                                                               (単位:千円)

                                                                            前事業年度の要約
                              前中間会計期間                  当中間会計期間           株主資本等変動計算書
                            (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
                           至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)

        中間純利益                             25,991               96,551              114,878
        当中間期変動額合計                                            △67,063
                                         162,258                                   252,306
    当中間期末残高                              160,145              183,128              250,192
  利益剰余金合計
   前期末残高                                1,780,867            1,840,851            1,780,867
   当中間期変動額
    剰余金の配当                              △54,893              △54,879              △54,893
    中間純利益                                 25,991               96,551              114,878
    当中間期変動額合計                           △28,902                41,671               59,984
   当中間期末残高                              1,751,965            1,882,523            1,840,851
 自己株式
  前期末残高                             △355,469                △356,201             △355,469
  当中間期変動額
                                           △549                   △5                 △732
   自己株式の取得
   当中間期変動額合計                               △549                   △5                 △732
  当中間期末残高                           △356,018                △356,206             △356,201
 株主資本合計
  前期末残高                                 1,886,587            1,945,839            1,886,587
  当中間期変動額
   剰余金の配当                               △54,893              △54,879              △54,893
   中間純利益                                  25,991               96,551              114,878
                                           △549                   △5                 △732
   自己株式の取得
   当中間期変動額合計                            △29,451                41,665               59,252
  当中間期末残高                               1,857,135            1,987,505            1,945,839
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
  前期末残高                                 △22,164                                   △22,164
                                                               17,576
  当中間期変動額
                                                             △15,354
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                  19,018                                    39,740
   当中間期変動額合計                                                 △15,354
                                          19,018                                    39,740
  当中間期末残高                                △3,145                 2,222               17,576
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                                 △22,164                                   △22,164
                                                               17,576
  当中間期変動額
                                                             △15,354
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                  19,018                                    39,740
   当中間期変動額合計                                                 △15,354
                                          19,018                                    39,740
  当中間期末残高                                △3,145                 2,222               17,576




                                45/60
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                        半期報告書
                                                                              (単位:千円)

                                                                           前事業年度の要約
                             前中間会計期間                  当中間会計期間           株主資本等変動計算書
                           (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
                          至平成21年9月30日)           至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)

純資産合計
 前期末残高                                 1,864,422            1,963,415            1,864,422
 当中間期変動額
  剰余金の配当                               △54,893              △54,879              △54,893
  中間純利益                                  25,991               96,551              114,878
  自己株式の取得                                 △549                   △5                 △732
                                                            △15,354
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                  19,018                                    39,740
  当中間期変動額合計                            △10,432                26,311               98,992
 当中間期末残高                               1,853,990            1,989,727            1,963,415




                               46/60
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                             半期報告書

       【中間財務諸表作成の基本となる重要な事項】
           前中間会計期間             当中間会計期間                    前事業年度
        (自平成21年4月1日        (自平成22年4月1日              (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)       至平成22年9月30日)             至平成22年3月31日)
    1.資産の評価基準及び評価方法     1.資産の評価基準及び評価方法           1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)有価証券             (1)有価証券                   (1)有価証券
       ①子会社株式             ①子会社株式                   ①子会社株式
        移動平均法による原価法                 同左                        同左
       ②その他有価証券           ②その他有価証券                 ②その他有価証券
        時価のあるもの             時価のあるもの                   時価のあるもの
          中間決算日の市場価格等に基           同左                    決算日の市場価格等に基づく
          づく時価法(評価差額は全部                                 時価法(評価差額は全部純資
          純資産直入法により処理し、                                 産直入法により処理し、売却
          売却原価は移動平均法により                                 原価は移動平均法により算
          算定)                                           定)
        時価のないもの                 時価のないもの                  時価のないもの
         移動平均法による原価法                   同左                      同左
     (2)たな卸資産                (2)たな卸資産                 (2)たな卸資産
      総平均法による原価法(収益性の         同左                          同左
        低下による簿価切下げの方法)
                                             
 2.固定資産の減価償却の方法              2.固定資産の減価償却の方法       2.固定資産の減価償却の方法
     (1)有形固定資産(リ-ス資産を除       (1)有形固定資産(リ-ス資産を除        (1)有形固定資産(リ-ス資産を除
         く)                      く)                      く)
            定額法によっております。              同左                   同左
       なお、主な資産の耐用年数は以下        
       のとおりであります。
       建物7∼50年
       機械及び装置  7年 
                                                
     (2)無形固定資産(リ-ス資産を除       (2)無形固定資産(リ-ス資産を除        (2)無形固定資産(リ-ス資産を除
         く)                     く)                       く)
       定額法によっております。                   同左                     同左
       ただし、ソフトウェア(自社利用
       分)については、社内における利
       用可能期間(5年)に基づく定額
       法によっております。
     (3)リ-ス資産                (3)リ-ス資産                 (3)リ-ス資産
        リース期間を耐用年数とし残存               同左                     同左
       価額を零とする定額法を採用して
       おります。





                                      47/60
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                       半期報告書
            前中間会計期間               当中間会計期間               前事業年度
        (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日         (自平成21年4月1日
          至平成21年9月30日)         至平成22年9月30日)        至平成22年3月31日)
    3.引当金の計上基準             3.引当金の計上基準           3.引当金の計上基準
     (1)貸倒引当金               (1)貸倒引当金             (1)貸倒引当金
       売掛金,受取手形,貸付金等の              同左                      同左
       貸倒損失に備えるため、一般債権
       については貸倒実績率により、貸
       倒懸念債権等特定の債権について
       は個別に回収可能性を勘案し、回
       収不能見込額を計上しておりま
       す。
     (2)賞与引当金               (2)賞与引当金             (2)賞与引当金
       従業員に対して支給する賞与の             同左                   同左
       支出に充てるため、支給見込額に
       基づき計上しております。
     (3)退職給付引当金             (3)退職給付引当金           (3)退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、       同左              従業員の退職給付に備えるため、
       当期末における退職給付債務及び                             当期末における退職給付債務及び
       年金資産の見込額に基づき、当中                             年金資産の見込額に基づき、当期
       間会計期間末において発生してい                             末において発生していると認めら
       ると認められる額を計上しており                             れる額を計上しております。
       ます。
     (4)役員退職慰労引当金           (4)役員退職慰労引当金         (4)役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備え             同左              役員の退職慰労金の支出に備え
       るため、役員退職慰労金規程に基                             るため、役員退職慰労金規程に基
       づく中間期末要支給額を計上して                             づく当期末要支給額を計上してお
       おります。                                       ります。
     (5)環境対策引当金             (5)環境対策引当金           (5)環境対策引当金
        「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の           同左                   同左
       適正な処理に関する特別措置法」
       によって、処理することが義務づ
       けられているPCB廃棄物の処理費
       用に充てるため、当社で保管中で
       あるPCB廃棄物について、日本環境
       安全事業㈱から公表されている処
       理単価に基づき算出した処理費用
       見込み額を計上しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨      4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨 4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨
       への換算基準                への換算基準             への換算基準
     外貨建金銭債権債務は、中間決算日           同左          外貨建金銭債権債務は、期末日の直
     の直物為替相場により円貨換算し、                            物為替相場により円貨に換算し、換
     換算差額は損益として処理しており                            算差額は損益として処理しておりま
     ます。                                         す。





                                      48/60
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書
      前中間会計期間                  当中間会計期間                 前事業年度
   (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日           (自平成21年4月1日
    至平成21年9月30日)            至平成22年9月30日)          至平成22年3月31日)
5.重要なヘッジ会計の方法         5.重要なヘッジ会計の方法          5.重要なヘッジ会計の方法
  ①ヘッジ会計の方法              ①ヘッジ会計の方法             ①ヘッジ会計の方法
   繰延ヘッジ処理によっており     同左              同左
   ます。ただし、為替予約が付され
   ている外貨建金銭債権について
   は振当処理を行っております。
  ②ヘッジ手段とヘッジ対象           ②ヘッジ手段とヘッジ対象          ②ヘッジ手段とヘッジ対象
  (ヘッジ手段)為替予約             (ヘッジ手段)同左            (ヘッジ手段)同左
  (ヘッジ対象)外貨建金銭債権          (ヘッジ対象)同左            (ヘッジ対象)同左
  ③ヘッジ方針                 ③ヘッジ方針                ③ヘッジ方針
   当社は、将来の外貨建による製    同左              同左
   品の販売に係る為替相場の変動
   によるリスクを軽減するため、
   実需の範囲内で為替予約取引を
   利用することとしております。
  ④ヘッジ有効性評価の方法           ④ヘッジ有効性評価の方法          ④ヘッジ有効性評価の方法
   ヘッジ対象のキャッシュ・フ     同左              同左
   ローの変動の累計と、ヘッジ手                         
   段のキャッシュ・フローの変動
    の累計とを比率分析する方法に
    より行っております。ただし、為
    替予約取引のうち、ヘッジ対象
    とヘッジ手段の重要な条件がほ
    ぼ同じであり、高い相関関係が
    あると考えられるものについて
    は有効性の判定を省略しており
    ます。
6.その他中間財務諸表作成のための     6.その他中間財務諸表作成のための 6.その他財務諸表作成のための基本
  基本となる重要な事項            基本となる重要な事項        となる重要な事項
 消費税等の会計処理             消費税等の会計処理         消費税等の会計処理
  消費税及び地方消費税の会計処            同左                同左
  理は、税抜き方式によっておりま
  す。




                                  49/60
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書
        【中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
           前中間会計期間               当中間会計期間               前事業年度
        (自平成21年4月1日         (自平成22年4月1日          (自平成21年4月1日
         至平成21年9月30日)         至平成22年9月30日)        至平成22年3月31日)
                ────    (資産除去債務に関する会計基準の                   ────
                          適用)                 
                           当中間会計期間より、「資産除去債
                           務に関する会計基準」(企業会計基
                           準第18号平成20年3月31日)及び
                           「資産除去債務に関する会計基準の
                           適用指針」(企業会計基準適用指針
                           第21号平成20年3月31日)を適用
                           しております。
                           これによる、営業利益、経常利益、税
                           引前中間純利益に与える影響はあり
                           ません。
                         







                                    50/60
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                                              半期報告書
    【注記事項】
     (中間貸借対照表関係)
       前中間会計期間末                        当中間会計期間末                           前事業年度末
      (平成21年9月30日)                    (平成22年9月30日)                      (平成22年3月31日)
※1.有形固定資産の減価償却累計額               ※1.有形固定資産の減価償却累計額                 ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                 4,409,804千円                     4,514,391千円                       4,474,598千円
※2.担保資産及び担保債務                   ※2.担保資産及び担保債務                     ※2.担保資産及び担保債務
    担保に供している資産は次のとおりで               担保に供している資産は次のとおりで                 担保に供している資産は次のとおりで
   あります。                          あります。                            あります。
  工場財団                            工場財団                              工場財団
    建物              264,273千円       建物                247,202千円       建物              253,275千円
    構築物                  39千円       構築物                    23千円       構築物                  31千円
    機械及び装置          364,768千円       機械及び装置            291,299千円       機械及び装置          313,106千円
    土地               32,118千円       土地                 32,118千円       土地               32,118千円
  債務の内容                           債務の内容                             債務の内容
   短期借入金            200,000千円      短期借入金              400,000千円      短期借入金            500,000千円
    長期借入金       600,000千円           長期借入金       400,000千円             長期借入金       300,000千円
3.手形割引高及び手形裏書高                 3.手形割引高及び手形裏書高                   3.手形割引高及び手形裏書高
    受取手形割引高         325,938千円       受取手形割引高           405,873千円       受取手形割引高         400,086千円
                                                                            ─────
※4.消費税等の取扱い                     ※4.消費税等の取扱い
                                                                              
  仮払消費税等と仮受消費税等は、相殺後             仮払消費税等と仮受消費税等は、相殺後
                                                                              
  流動負債に「未払消費税等」として表示              流動負債に「未払消費税等」として表示
                                                                              
   しております。                         しております。
5.偶発債務                         5.偶発債務                           5.偶発債務
   手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり             手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり                手形流動化に伴う偶発債務は次のとおり
  であります。                          であります。                            であります。
    買戻義務            95,362千円        買戻義務              151,782千円       買戻義務            138,207千円




        (中間損益計算書関係)
        前中間会計期間                        当中間会計期間                             前事業年度
     (自平成21年4月1日                   (自平成22年4月1日                       (自平成21年4月1日
      至平成21年9月30日)                  至平成22年9月30日)                      至平成22年3月31日)
※1.営業外収益のうち主要なもの                ※1.営業外収益のうち主要なもの                  ※1.営業外収益のうち主要なもの
   固定資産賃貸料        18,793千円         固定資産賃貸料       18,531千円            固定資産賃貸料        37,627千円
    受取配当金            8,027千円        受取配当金             14,300千円        受取配当金           12,401千円
    受取利息             3,604千円        受取利息               2,526千円        受取利息             7,837千円
※2.営業外費用のうち主要なもの                ※2.営業外費用のうち主要なもの                  ※2.営業外費用のうち主要なもの
   支払利息        10,521千円            支払利息         9,785千円              支払利息        22,980千円
    手形売却損            2,146千円        手形売却損              2,634千円        手形売却損            4,562千円
    賃貸資産減価償却費        2,615千円        賃貸資産減価償却費          1,619千円        賃貸資産減価償却費       4,937千円
    賃貸資産租税課金         1,095千円        賃貸資産租税課金     1,078千円              賃貸資産租税課金         2,190千円
        ─────                   ※3.特別利益のうち主要なもの                           ─────
                                                                     
                                    貸倒引当金戻入額      430千円
                                    前期損益修正益    10,171千円
          ─────                 ※4.特別損失のうち主要なもの                   ※4.特別損失のうち主要なもの
                                   建物売却損       2,637千円             機械及び装置除却損          172千円
                                    土地売却損       1,072千円
                                    機械及び装置除却損   1,074千円
                                                       
5.減価償却実施額                      5.減価償却実施額                        5.減価償却実施額
    有形固定資産          79,307千円        有形固定資産      70,537千円              有形固定資産          152,568千円
    無形固定資産           4,509千円        無形固定資産       1,199千円              無形固定資産            7,583千円




                                              51/60
                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                               半期報告書
    (中間株主資本等変動計算書関係)

前中間会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)

  自己株式の種類及び株式数に関する事項
               前事業年度末株式数 当中間会計期間増加 当中間会計期間減少 当中間会計期間末株
               (千株)        株式数(千株)  株式数(千株) 式数(千株)
普通株式(注)1            1,158          1         −       1,159
合計               1,158          1         −       1,159
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1千株は、単元未満株式の買取り1千株によるものであります。



当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

    自己株式の種類及び株式数に関する事項
                 前事業年度末株式数 当中間会計期間増加 当中間会計期間減少 当中間会計期間末株
                 (千株)        株式数(千株)  株式数(千株) 式数(千株)
  普通株式(注)1            1,160          0         −       1,160
  合計               1,160          0         −       1,160
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取り0千株によるものであります。


前事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

  自己株式の種類及び株式数に関する事項
               前事業年度末株式数 当事業年度増加株式 当事業年度減少株式 当事業年度末株式数
               (千株)        数(千株)    数(千株)     (千株)
普通株式(注)1            1,158       1         −       1,160
合計               1,158       1         −       1,160
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1千株は、単元未満株式の買取り1千株によるものであります。




                                  52/60
                                                            EDINET提出書類
                                                        三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                半期報告書
    (リース取引関係)
        前中間会計期間           当中間会計期間               前事業年度
     (自平成21年4月1日       (自平成22年4月1日        (自平成21年4月1日
      至平成21年9月30日)      至平成22年9月30日)       至平成22年3月31日)
該当事項はありません。                 同左                 同左


    (有価証券関係)
    前中間会計期間末(平成21年9月30日)
     子会社及び関連会社株式で時価のあるものは、ありません。


    当中間会計期間末(平成22年9月30日)
     子会社株式及び関連会社株式(中間貸借対照表計上額子会社株式91,000千円)は、市場価格がなく、時価を把
     握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。


    前事業年度末(平成22年3月31日)
     子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額子会社株式91,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握す
     ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。


    (資産除去債務関係)
    当中間会計期間末(平成22年9月30日)
    当社は不動産賃貸借契約に基づく工場土地等の退去時における原状回復に係る債務を有しておりますが、当
    該債務に関する賃借資産の使用期間が明確でなく、また移転計画もないことから、資産除去債務を合理的に見
    積もることができません。そのため、当該債務に見合う資産除去債務を計上しておりません。




                               53/60
                                                 EDINET提出書類
                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                     半期報告書
           (1株当たり情報)
         中間連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。


         (重要な後発事象)
        前中間会計期間(自平成21年4月1日至平成21年9月30日)
          該当事項はありません。


        当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
          該当事項はありません。


         前事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
          該当事項はありません。

        (2)【その他】
          特記すべき事項はありません。




                                     54/60
                                                               EDINET提出書類
                                                           三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                   半期報告書

第6【提出会社の参考情報】
当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
(1)有価証券報告書及びその添付書類
    事業年度(第125期)(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)平成22年6月25日近畿財務局長に提出。


  




                                 55/60
                                 EDINET提出書類
                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                     半期報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。




                     56/60
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                     半期報告書

                      独立監査人の中間監査報告書


                                               平成21年12月22日
三谷伸銅株式会社

    取締役会御中

                           清友監査法人

                           指定社員
                                                中野雄介印
                                       公認会計士
                           業務執行社員
                           指定社員
                                                人見敏之印
                                       公認会計士
                           業務執行社員



当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成21年4月1日から平成22年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成21年4月1日
から平成21年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結株主
資本等変動計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任
は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
    当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結
財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示が
ないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追
加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明のための
合理的な基礎を得たと判断している。
    当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に
準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成21年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連結会
計期間(平成21年4月1日から平成21年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を
表示しているものと認める。
    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                              以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別途
     保管しております。
   2.中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。





                               57/60
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                     半期報告書

                      独立監査人の中間監査報告書


                                               平成22年12月21日
三谷伸銅株式会社

    取締役会御中

                           清友監査法人

                           指定社員
                                                中野雄介印
                                       公認会計士
                           業務執行社員
                           指定社員
                                                人見敏之印
                                       公認会計士
                           業務執行社員



当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成22年4月1日から平成23年3月31日までの連結会計年度の中間連結会計期間(平成22年4月1日
から平成22年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対照表、中間連結損益計算書、中間連結株主
資本等変動計算書及び中間連結キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間連結財務諸表の作成責任
は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
    当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結
財務諸表には全体として中間連結財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示が
ないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追
加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間連結財務諸表に対する意見表明のための
合理的な基礎を得たと判断している。
    当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に
準拠して、三谷伸銅株式会社及び連結子会社の平成22年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間連結会
計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を
表示しているものと認める。
    会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                              以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別途
     保管しております。
   2.中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                               58/60
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書

                       独立監査人の中間監査報告書


                                                平成21年12月22日
三谷伸銅株式会社

    取締役会御中

                            清友監査法人

                            指定社員
                                                中野雄介印
                                        公認会計士
                            業務執行社員
                            指定社員
                                                人見敏之印
                                        公認会計士
                            業務執行社員



当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成21年4月1日から平成22年3月31日までの第125期事業年度の中間会計期間(平成21年4月1日
から平成21年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計
算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財
務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
三谷伸銅株式会社の平成21年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成21年4月1日から平
成21年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                                以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会が別途保
       管しております。
     2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。





                                59/60
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三谷伸銅株式会社(E01306)
                                                                      半期報告書

                       独立監査人の中間監査報告書


                                                平成22年12月21日
三谷伸銅株式会社

    取締役会御中

                            清友監査法人

                            指定社員
                                                中野雄介印
                                        公認会計士
                            業務執行社員
                            指定社員
                                                人見敏之印
                                        公認会計士
                            業務執行社員



当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
三谷伸銅株式会社の平成22年4月1日から平成23年3月31日までの第126期事業年度の中間会計期間(平成22年4月1日
から平成22年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計
算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間財
務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
三谷伸銅株式会社の平成22年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成22年4月1日から平
成22年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                                以上


(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会が別途保
       管しております。
     2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデ−タ自体は含まれておりません。




                                60/60

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。